項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対"

Transcription

1 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 11 評 価 書 名 地 方 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 福 山 市 は, 地 方 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイ ルの 取 扱 いにあたり, 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いが 個 人 のプライバ シー 等 の 権 利 利 益 に 影 響 を 及 ぼしかねないことを 認 識 し, 特 定 個 人 情 報 の 漏 えいその 他 の 事 態 を 発 生 させるリスクを 軽 減 させるために 適 切 な 措 置 を 講 じ,もって 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 に 取 り 組 んでいること を 宣 言 する 特 記 事 項 評 価 実 施 機 関 名 福 山 市 長 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 承 認 日 行 政 機 関 等 のみ 公 表 日 [ 平 成 26 年 4 月 様 式 4] 1

2 項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対 策 Ⅴ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅵ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 3) 変 更 箇 所 2

3 Ⅰ 基 本 情 報 1. 特 定 個 人 情 報 ファイルを 取 り 扱 う 事 務 1 事 務 の 名 称 地 方 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 事 務 本 市 は, 個 人 住 民 税, 固 定 資 産 税 及 び 軽 自 動 車 税 ( 以 下 市 税 という )の 適 正 かつ 公 平 な 賦 課 並 びに 徴 収 を 行 うため, 市 税 の 賦 課 徴 収 事 務 を1 個 人 住 民 税 賦 課 事 務,2 固 定 資 産 税 賦 課 事 務,3 軽 自 動 車 税 賦 課 事 務,4 市 税 の 徴 収 事 務,5 他 自 治 体 との 情 報 連 携 事 務 に 分 けて 行 っている 1 個 人 住 民 税 賦 課 事 務 賦 課 期 日 (1 月 1 日 ) 時 点 で 本 市 に 居 住 する 者 及 び 本 市 内 に 事 業 所 や 家 屋 敷 を 有 する 者 に 対 して 申 告 書 等 の 課 税 資 料 から 賦 課 決 定 を 行 い, 税 額 を 通 知 するものである 2 固 定 資 産 税 賦 課 事 務 賦 課 期 日 (1 月 1 日 ) 時 点 で 本 市 に 土 地, 家 屋 又 は 償 却 資 産 を 所 有 している 者 に 対 して,その 固 定 資 産 の 価 格 に 応 じて 賦 課 決 定 を 行 い, 税 額 を 通 知 するものである 2 事 務 の 内 容 3 軽 自 動 車 税 賦 課 事 務 賦 課 期 日 (4 月 1 日 ) 時 点 で, 原 動 機 付 自 転 車, 軽 自 動 車, 小 型 特 殊 自 動 車 及 び 二 輪 の 小 型 自 動 車 ( 以 下 軽 自 動 車 等 という )の 主 たる 定 置 場 を, 本 市 内 に 有 する 所 有 者 に 対 して 賦 課 決 定 を 行 い, 税 額 を 通 知 するものである 4 市 税 の 徴 収 事 務 納 税 の 管 理, 納 税 者 への 還 付 金 の 支 払 い, 納 期 限 内 に 納 付 がない 者 への 滞 納 整 理 等 を 行 うもの である 5 他 自 治 体 との 情 報 連 携 事 務 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 以 下 番 号 法 という )においては, 別 表 第 二 に 基 づいて 情 報 保 有 機 関 は 情 報 提 供 ネットワーク システムに 接 続 し, 各 情 報 保 有 機 関 が 保 有 する 個 人 情 報 について 情 報 連 携 を 行 うことが 必 要 とされて いる これにより, 他 自 治 体 への 情 報 提 供 のために 必 要 な 税 情 報 を 副 本 として 中 間 サーバに 保 有 する また, 他 自 治 体 への 情 報 照 会 を 中 間 サーバ 機 能 を 利 用 し 実 施 する 詳 細 は,( 別 添 1) 事 務 の 内 容 1 個 人 住 民 税 賦 課 事 務, 2 固 定 資 産 税 賦 課 事 務, 3 軽 自 動 車 税 賦 課 事 務 及 び 4 市 税 の 徴 収 事 務 を 参 照 3 対 象 人 数 2. 特 定 個 人 情 報 ファイルを 取 り 扱 う 事 務 において 使 用 するシステム システム1 1システムの 名 称 [ 30 万 人 以 上 ] 1) 1,000 人 未 満 2) 1,000 人 以 上 1 万 人 未 満 3) 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 4) 10 万 人 以 上 30 万 人 未 満 5) 30 万 人 以 上 宛 名 管 理 システム 2システムの 機 能 1 住 民 基 本 台 帳 に 登 録 された 住 民 情 報 ( 以 下 住 民 票 情 報 という ) 及 び 住 民 基 本 台 帳 に 登 録 された 者 以 外 の 情 報 ( 以 下 住 登 外 情 報 という )を 一 元 管 理 する 2 連 絡 先, 振 替 口 座 及 び 振 込 口 座 情 報 を 管 理 する 3 他 のシステムとの 接 続 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ ] 税 務 システム 個 人 住 民 税 システム, 固 定 資 産 税 システム, 軽 自 動 車 税 システム, [ ] その 他 ( 収 納 管 理 システム, 滞 納 管 理 システム, 固 定 資 産 税 GIS 及 びファイリングシステム ) 3

4 システム2 1システムの 名 称 2システムの 機 能 個 人 住 民 税 システム 1 対 象 年 度 の 課 税 処 理 等 を 行 うため, 宛 名 管 理 システムの 情 報 を 基 に 課 税 対 象 者 を 登 録 する 2 納 税 義 務 者 等 より 提 出 される 課 税 資 料 を 登 録 する 3 課 税 資 料 の 個 人 特 定 を 行 い, 各 種 資 料 の 合 算 及 び 徴 収 区 分 を 決 定 し 当 初 課 税 処 理 を 行 う 4 課 税 資 料 等 により 税 額 の 変 更 が 発 生 した 場 合 に 税 額 変 更 処 理 を 行 う 5 納 税 通 知 書 並 びに 納 付 書 及 び 納 入 書 の 作 成 を 行 う 6 各 種 証 明 書 の 作 成 を 行 う 7 各 種 統 計 情 報 の 作 成 を 行 う 3 他 のシステムとの 接 続 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ ] 税 務 システム [ ] その 他 ( 宛 名 管 理 システム, 収 納 管 理 システム, 滞 納 管 理 システム ) システム3 1システムの 名 称 2システムの 機 能 固 定 資 産 税 システム 1 法 務 局 ( 登 記 所 )の 登 記 異 動 通 知 等 より, 共 有 者 を 含 めた 課 税 客 体 の 登 録, 修 正 を 行 う 2 調 査 した 項 目 を 評 価 情 報 に 登 録, 修 正 する 3 評 価 基 本 情 報 をもとに 家 屋, 土 地, 償 却 資 産 それぞれで 評 価 計 算 を 行 う 4 各 資 産 ごとに 課 税 標 準 額 を 計 算 し 課 税 標 準 額 特 例, 軽 減 を 算 出 する 5 課 税 客 体 ごとに 各 資 産 の 課 税 標 準 額, 軽 減 税 額 を 計 算 し 当 初 課 税 処 理 を 行 う 6 減 免 等 により 税 額 の 変 更 が 発 生 した 場 合 に 税 額 変 更 処 理 を 行 う 7 納 税 通 知 書 及 び 納 付 書 の 作 成 を 行 う 8 各 種 証 明 書 の 作 成 を 行 う 9 各 種 統 計 情 報 の 作 成 を 行 う 3 他 のシステムとの 接 続 システム4 1システムの 名 称 2システムの 機 能 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ [ ] その 他 ( 軽 自 動 車 税 システム ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ ] 税 務 システム 宛 名 管 理 システム, 収 納 管 理 システム, 滞 納 管 理 システム, 固 定 資 産 税 GIS 及 びファイリングシステム 1 車 両 台 帳 へ 新 規 登 録, 修 正, 廃 車 の 登 録 を 行 う 2 当 初 課 税 処 理 を 行 う 3 減 免 等 により 税 額 の 変 更 が 発 生 した 場 合 に 税 額 変 更 処 理 を 行 う 4 納 税 通 知 書 及 び 納 付 書 の 作 成 を 行 う 5 各 種 証 明 書 の 作 成 を 行 う 6 各 種 統 計 情 報 の 作 成 を 行 う ) 3 他 のシステムとの 接 続 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ ] 税 務 システム [ ] その 他 ( 宛 名 管 理 システム, 収 納 管 理 システム, 滞 納 管 理 システム ) 4

5 システム5 1システムの 名 称 2システムの 機 能 収 納 管 理 システム 1 個 人 住 民 税 システム, 固 定 資 産 税 システム 及 び 軽 自 動 車 税 システムより 賦 課 情 報 を 受 け 取 り, 収 納 情 報 に 登 録 する 2 納 税 者 が 納 税 した 情 報 を 各 収 納 機 関 より 受 け 取 り, 収 納 情 報 の 更 新 を 行 う 3 過 誤 納 等 の 処 理 のため 還 付 及 び 充 当 処 理 を 行 う 4 督 促 状 の 発 行 を 行 う 5 納 付 書 の 作 成 を 行 う 6 各 種 証 明 書 の 作 成 を 行 う 7 各 種 統 計 情 報 の 作 成 を 行 う 3 他 のシステムとの 接 続 システム6 1システムの 名 称 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ [ ] その 他 ( 滞 納 管 理 システム ] 税 務 システム 宛 名 管 理 システム, 個 人 住 民 税 システム, 固 定 資 産 税 システム, 軽 自 動 車 税 システム, 滞 納 管 理 システム ) 2システムの 機 能 1 督 促 状 発 布 後 10 日 を 経 過 してもなお 滞 納 額 がある 者 に, 各 種 滞 納 処 分 を 行 う 2 滞 納 者 の 財 産 に 対 して 各 種 照 会, 調 査 を 行 う 3 執 行 停 止 及 び 不 納 欠 損 処 理 を 行 う 4 納 付 書 の 作 成 を 行 う 5 各 種 データの 取 り 込 みを 行 う 3 他 のシステムとの 接 続 システム7 1システムの 名 称 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ [ ] その 他 ( eltax 審 査 システム ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ ] 税 務 システム 宛 名 管 理 システム, 個 人 住 民 税 システム, 固 定 資 産 税 システム, 軽 自 動 車 税 システム, 収 納 管 理 システム ) 2システムの 機 能 納 税 義 務 者 等 により 申 告 された 電 子 データを 専 用 回 線 により 受 信 する また, 個 人 住 民 税 においては 特 別 徴 収 税 額 通 知 データ 及 び 年 金 特 徴 データの 送 信 をする 1 申 告, 申 請 又 は 届 出 データの 審 査 機 能 2 申 告 データの 連 携 機 能 3 年 金 特 徴 データの 受 信, 送 信 機 能 4 特 別 徴 収 税 額 通 知 データの 送 信 機 能 3 他 のシステムとの 接 続 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ ] 税 務 システム [ ] その 他 ( ) 5

6 システム8 1システムの 名 称 2システムの 機 能 国 税 連 携 システム 国 税 庁 から 送 信 された 国 税 連 携 データを 専 用 回 線 により 受 信 する 1 国 税 連 携 データ 照 会 機 能 2 申 告 書 等 印 刷 機 能 3 団 体 間 回 送 機 能 3 他 のシステムとの 接 続 システム9 1システムの 名 称 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ ] 税 務 システム [ ] その 他 ( ) 申 告 支 援 システム 2システムの 機 能 確 定 申 告 及 び 住 民 税 申 告 の 受 付 業 務 を 行 うため, 申 告 に 必 要 な 資 料 や 情 報 を 事 前 に 取 り 込 み, 申 告 者 が 持 参 した 各 資 料 を 基 に 入 力 を 行 い, 各 申 告 書 を 作 成 し 印 刷 する また, 個 人 住 民 税 システムへの 取 り 込 みのためのデータやイメージを 作 成 する 1 各 種 データ 取 り 込 み 2 宛 名 情 報 取 り 込 み 機 能 対 象 年 度 の 入 力 処 理 を 行 うための 宛 名 情 報 を 取 り 込 む 3 課 税 資 料 情 報 取 り 込 み 機 能 給 与 支 払 報 告 書 情 報, 公 的 年 金 等 支 払 報 告 書 情 報 を 取 り 込 む 4 社 会 保 険 料 収 納 情 報 取 り 込 み 機 能 国 民 健 康 保 険 税, 介 護 保 険 料 及 び 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 の 収 納 情 報 を 取 り 込 む 5 申 告 情 報 入 力 機 能 申 告 内 容 に 基 づき 所 得 情 報 や 控 除 情 報 を 入 力 し, 確 定 申 告 書 または 住 民 税 申 告 書 の 作 成 を 行 う 6 課 税 資 料 チェック 機 能 各 課 税 資 料 の 関 連 チェックを 行 う 7 当 初 課 税 データ 作 成 機 能 個 人 住 民 税 システムで 取 り 込 まれる 当 初 課 税 用 ファイルの 作 成 を 行 う 3 他 のシステムとの 接 続 システム10 1システムの 名 称 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ ] 税 務 システム [ ] その 他 ( 国 税 連 携 ツールシステム, 資 料 課 税 台 帳 システム ) 資 料 課 税 台 帳 システム 2システムの 機 能 法 定 資 料 に 基 づき, 必 要 な 金 額 情 報, 支 払 先 等 入 力 を 行 い, 本 人 や 税 理 士 に 送 付 するための, 資 料 課 税 通 知 書 の 発 行 を 行 う 1 入 力 一 覧 表 や 資 料 課 税 通 知 送 付 一 覧 表 などのチェックリストの 発 行 を 行 う 2 個 人 住 民 税 システムへの 連 携 データを 作 成 をする 3 各 種 データの 取 り 込 みを 行 う 3 他 のシステムとの 接 続 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ ] 税 務 システム [ ] その 他 ( 申 告 支 援 システム ) 6

7 システム11 1システムの 名 称 国 税 連 携 ツールシステム 2システムの 機 能 国 税 連 携 システムにおいて 受 信 した 確 定 申 告 書 データを 取 り 込 み, 仕 分 ( 年 度, 申 告 書 種 類 ) 及 び 個 人 特 定 処 理 を 行 い,パンチ 委 託 用 の 確 定 申 告 書 を 印 刷 する 1 確 定 申 告 書 データに 資 料 番 号 を 付 設 する 2 申 告 書 の 第 二 表 部 分 の 補 足 及 び 反 映 入 力 を 行 う 3 エラーチェックリストの 発 行 を 行 う 4 連 携 データ 状 況 の 確 認 を 行 う 5 個 人 住 民 税 システムへの 連 携 データを 作 成 する 3 他 のシステムとの 接 続 システム12 1システムの 名 称 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ ] 税 務 システム [ ] その 他 ( 申 告 支 援 システム ) 家 屋 評 価 システム 2システムの 機 能 法 務 局 ( 登 記 所 )の 登 記 異 動 通 知 等 と 現 地 調 査 結 果 をもとに 家 屋 評 価 調 書, 家 屋 評 点 調 査 票 及 び 家 屋 平 面 図 を 作 成 し, 評 価 額 を 算 出 する 3 他 のシステムとの 接 続 システム13 1システムの 名 称 2システムの 機 能 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ 固 定 資 産 税 GIS 及 びファイリングシステム ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ ] 税 務 システム [ ] その 他 ( ) 1 固 定 資 産 税 GIS 機 能 (1) 土 地 現 地 調 査 資 料 を 作 成 する 現 地 調 査 の 結 果 をもとに, 土 地 の 評 価 内 容 を 入 力 し, 評 価 額 を 算 出 する (2) 家 屋 現 地 調 査 資 料 を 作 成 する 現 地 調 査 の 結 果 をもとに, 滅 失 情 報 の 入 力 を 行 う 2 ファイリングシステム 機 能 (1) 家 屋 現 地 調 査 資 料 を 作 成 する (2) 共 通 登 記 異 動 通 知 を 管 理 する 台 帳 情 報, 調 査 情 報 及 び 申 告 書 情 報 等 を 保 管 する 3 他 のシステムとの 接 続 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ ] 税 務 システム [ ] その 他 ( 宛 名 管 理 システム, 固 定 資 産 税 システム ) 7

8 システム14 1システムの 名 称 団 体 内 統 合 宛 名 システム( 以 下 宛 名 システム 等 という ) 2システムの 機 能 1 業 務 情 報 連 携 機 能 ( 受 信 のみ) (1) 番 号 情 報 宛 名 管 理 システムにおける 宛 名 異 動 情 報 ( 住 民 票 情 報, 住 登 外 情 報 ) 及 び 福 祉 総 合 シス テムにおける 宛 名 異 動 ( 住 登 外 情 報 のみ) 情 報 を 準 リアル 方 式 ( 又 は 条 件 検 索 方 式 )で 庁 内 連 携 システムより 連 携 する (2) 個 人 住 民 税 情 報 個 人 住 民 税 システムより 月 次 での 確 定 データ( 中 間 サーバ 連 携 レイアウト)をFTP 方 式 で 連 携 する (3) 一 括 照 会 データ 年 次 ( 基 本 1 回 / 年 であるが 複 数 回 の 場 合 もあり)での 照 会 データ ( 中 間 サーバ 連 携 レイ アウト)をFTP 方 式 で 連 携 する 2 団 体 内 統 合 宛 名 番 号 管 理 機 能 ( 個 人 番 号, 宛 名 番 号 との 紐 付 け 管 理 ) (1) 団 体 内 統 合 宛 名 番 号 決 定 個 人 番 号 がすでに 登 録 ある 場 合 該 当 の 団 体 内 統 合 宛 名 番 号 に 宛 名 番 号 を 紐 付 け 登 録 し, 宛 名 番 号 ごとに 基 本 4 情 報 を 上 書 き 登 録 する 個 人 番 号 が 登 録 なき 場 合 団 体 内 統 合 宛 名 番 号 を 新 規 付 番 し, 個 人 番 号, 宛 名 番 号 を 紐 付 け 登 録 する また, 宛 名 番 号 で 基 本 4 情 報 を 登 録 する (2)オンライン 画 面 照 会 及 び 人 手 更 新 機 能 登 録 済 の 管 理 テーブル 情 報 をオンライン 画 面 で 検 索 表 示 し, 団 体 内 統 合 宛 名 番 号, 個 人 番 号 及 び 業 務 宛 名 番 号 の 紐 付 け 関 係 を 変 更 する 3 中 間 サーバ 連 携 機 能 ( 送 信 ) (1) 団 体 内 統 合 宛 名 番 号 連 携 機 能 団 体 内 統 合 宛 名 番 号 の 変 更, 抹 消 及 び 生 成 を 行 った 場 合 に 自 動 で 更 新 情 報 を 中 間 サーバ へ 連 携 する (2) 団 体 内 統 合 宛 名 情 報 ( 基 本 4 情 報 ) 連 携 機 能 基 本 4 情 報 を 中 間 サーバからの 要 求 により, 団 体 内 統 合 宛 名 番 号 をキーに 中 間 サーバに 自 動 送 信 する (3) 副 本 情 報 送 信 機 能 住 民 票 関 係 情 報 番 号 情 報 を 基 にレイアウト 変 換 後, 団 体 内 統 合 宛 名 番 号 をキーに 中 間 サーバに 自 動 送 信 する 地 方 税 関 係 情 報 個 人 民 税 情 報 の 宛 名 番 号 を 団 体 内 統 合 宛 名 番 号 に 変 換 後, 中 間 サーバに 送 信 する 4 符 号 取 得 機 能 (1) 処 理 通 番 取 得 機 能 新 規 の 団 体 内 統 合 宛 名 番 号 を 中 間 サーバに 送 信 した 場 合 に, 符 号 取 得 のための 処 理 通 番 の 要 求 データを 中 間 サーバに 自 動 送 信 する (2) 処 理 通 番 受 領 機 能 要 求 した 結 果 の 処 理 通 番 を 中 間 サーバより 受 領 する (3) 符 号 要 求 機 能 返 送 された 処 理 通 番 と 個 人 番 号 を 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム 経 由 全 国 共 有 の 本 人 確 認 システムへ 送 信 する 5 職 員 認 証, 権 限 管 理 宛 名 システム 等 を 利 用 する 職 員 の 認 証 と 職 員 に 付 与 された 権 限 に 基 づいた 各 種 機 能 や 特 定 個 人 情 報 ( 連 携 対 象 )へのアクセス 制 御 を 行 う 機 能 6 システム 管 理 機 能 バッチの 状 況 管 理, 稼 動 状 態 の 通 知 を 行 う 機 能 3 他 のシステムとの 接 続 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ ] 税 務 システム [ ] その 他 ( 個 人 住 民 税 システム, 中 間 サーバー ) 8

9 システム15 1システムの 名 称 中 間 サーバー 2システムの 機 能 1 符 号 管 理 機 能 符 号 管 理 機 能 は 情 報 照 会, 情 報 提 供 に 用 いる 個 人 の 識 別 子 である 符 号 と 情 報 保 有 機 関 内 で 個 人 を 特 定 するために 利 用 する 団 体 内 統 合 宛 名 番 号 とを 紐 付 け,その 情 報 を 保 管, 管 理 する 機 能 2 情 報 照 会 機 能 情 報 照 会 機 能 は, 情 報 提 供 ネットワークシステムを 介 して, 特 定 個 人 情 報 ( 連 携 対 象 )の 情 報 照 会 及 び 情 報 提 供 受 領 ( 照 会 した 情 報 の 受 領 )を 行 う 機 能 3 情 報 提 供 機 能 情 報 提 供 機 能 は, 情 報 提 供 ネットワークシステムを 介 して, 情 報 照 会 要 求 の 受 領 及 び 当 該 特 定 個 人 情 報 ( 連 携 対 象 )の 提 供 を 行 う 機 能 4 既 存 システム 接 続 機 能 中 間 サーバーと 宛 名 システム 等 との 間 で 情 報 照 会 内 容, 符 号 取 得 のための 情 報 等 について 連 携 するための 機 能 5 情 報 提 供 等 記 録 管 理 機 能 特 定 個 人 情 報 ( 連 携 対 象 )の 照 会 又 は 提 供 があった 旨 の 情 報 提 供 等 記 録 を 生 成 し, 管 理 する 機 能 6 情 報 提 供 データベース 管 理 機 能 特 定 個 人 情 報 ( 連 携 対 象 )を 副 本 として, 保 持, 管 理 する 機 能 7 データ 送 受 信 機 能 中 間 サーバーと 情 報 提 供 ネットワークシステム(インターフェイスシステム)との 間 で 情 報 照 会, 情 報 提 供, 符 号 取 得 のための 情 報 等 について 連 携 するための 機 能 8 セキュリティ 管 理 機 能 中 間 サーバシステム 方 式 設 計 書 1.1 版 で 機 能 の 詳 細 が 公 開 される 予 定 9 職 員 認 証 権 限 管 理 中 間 サーバーを 利 用 する 職 員 の 認 証 と 職 員 に 付 与 された 権 限 に 基 づいた 各 種 機 能 や 特 定 個 人 情 報 ( 連 携 対 象 )へのアクセス 制 御 を 行 う 機 能 10システム 管 理 機 能 バッチの 状 況 管 理, 業 務 統 計 情 報 の 集 計, 稼 動 状 態 の 通 知, 保 管 期 限 切 れ 情 報 の 削 除 を 行 う 機 能 3 他 のシステムとの 接 続 システム16 1システムの 名 称 2システムの 機 能 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ 庁 内 連 携 システム 庁 内 システムの 連 携 を 効 率 的 に 行 う 1 転 送 機 能 2 文 字 コード 変 換 3 業 務 コード 変 換 機 能 ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ ] 税 務 システム [ ] その 他 ( ) 3 他 のシステムとの 接 続 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ [ ] その 他 ( ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ ] 税 務 システム 宛 名 管 理 システム, 個 人 住 民 税 システム, 収 納 管 理 システム, 住 民 情 報 システム, 公 営 住 宅 管 理 システム, 教 育 事 務 システム, 選 挙 管 理 システム, 農 家 基 本 台 帳 システム, 健 康 管 理 システム, 受 益 者 負 担 金 システム, 土 木 使 用 料 システム, 保 育 システム, 福 祉 総 合 システム ) 9

10 システム17 1システムの 名 称 2システムの 機 能 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム 1 本 人 確 認 情 報 検 索 本 市 コミュニケーションサーバー 端 末 において 入 力 された4 情 報 ( 氏 名, 性 別, 生 年 月 日, 住 所 ) の 組 合 せをキーに 本 人 確 認 情 報 の 検 索 を 行 い, 検 索 条 件 に 該 当 する 本 人 確 認 情 報 の 一 覧 を 画 面 上 に 表 示 する 2 機 構 への 本 人 確 認 情 報 照 会 全 国 サーバに 対 して 住 民 票 コード, 個 人 番 号 又 は4 情 報 の 組 合 せをキーとした 本 人 確 認 情 報 照 会 要 求 を 本 市 コミュニケーションサーバー 端 末 から 行 い, 該 当 する 個 人 の 本 人 確 認 情 報 を 受 領 する 3 他 のシステムとの 接 続 3. 特 定 個 人 情 報 ファイル 名 (1) 個 人 住 民 税 情 報 ファイル,(2) 申 告 支 援 情 報 ファイル,(3) 国 税 連 携 ツール 情 報 ファイル,(4) 固 定 資 産 税 情 報 ファイル, (5) 軽 自 動 車 税 情 報 ファイル,(6) 収 納 情 報 ファイル,(7) 滞 納 情 報 ファイル,(8) 宛 名 情 報 ファイル 4. 特 定 個 人 情 報 ファイルを 取 り 扱 う 理 由 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] 庁 内 連 携 システム [ ] 住 民 基 本 台 帳 ネットワークシステム [ ] 既 存 住 民 基 本 台 帳 システム [ ] 宛 名 システム 等 [ ] 税 務 システム [ ] その 他 ( ) 1 事 務 実 施 上 の 必 要 性 2 実 現 が 期 待 されるメリット (1) 個 人 住 民 税 情 報 ファイル 提 出 された 申 告 等 情 報 と 課 税 対 象 者 を 紐 付 けることができ, 本 人 特 定 及 び 申 告 等 情 報 の 合 算 を 正 確 に 行 うため (2) 申 告 支 援 情 報 ファイル 個 人 を 正 確 かつ 迅 速 に 特 定 し, 個 人 住 民 税 賦 課 事 務 を 効 率 的 に 行 うため (3) 国 税 連 携 ツール 情 報 ファイル 課 税 対 象 者 と 確 定 申 告 書 及 び 法 定 資 料 データの 突 合 を 行 うことにより 個 人 住 民 税 賦 課 事 務 を 効 率 的 に 行 うため (4) 固 定 資 産 税 情 報 ファイル 個 人 を 正 確 かつ 迅 速 に 特 定 し, 固 定 資 産 税 賦 課 事 務 を 効 率 的 に 行 うため (5) 軽 自 動 車 税 情 報 ファイル 提 出 された 申 告 等 情 報 と 課 税 対 象 者 を 紐 付 けることができ, 本 人 特 定 を 正 確 に 行 うため (6) 収 納 情 報 ファイル 個 人 を 正 確 かつ 迅 速 に 特 定 し, 市 税 の 徴 収 事 務 を 効 率 的 に 行 うため (7) 滞 納 情 報 ファイル 個 人 を 正 確 かつ 迅 速 に 特 定 し, 市 税 の 徴 収 事 務 を 効 率 的 に 行 うため (8) 宛 名 情 報 ファイル 個 人 を 正 確 かつ 迅 速 に 特 定 し, 市 税 の 賦 課 徴 収 事 務 を 効 率 的 に 行 うため 各 種 所 得 情 報 をより 的 確 かつ 効 率 的 に 把 握 することが 可 能 となり, 適 正 かつ 公 平 な 課 税 が 行 える 被 扶 養 者 の 所 得 等 の 確 認 や 障 害 者 情 報 又 は 生 活 保 護 情 報 については, 情 報 提 供 ネットワークシステ ムを 通 じて 照 会 することが 可 能 となり, 納 税 者 の 利 便 性 が 向 上 する 5. 個 人 番 号 の 利 用 法 令 上 の 根 拠 番 号 法 第 9 条 第 1 項 別 表 第 一 の 第 16の 項 6. 情 報 提 供 ネットワークシステムによる 情 報 連 携 1 実 施 の 有 無 2 法 令 上 の 根 拠 7. 評 価 実 施 機 関 における 担 当 部 署 1 部 署 2 所 属 長 8. 他 の 評 価 実 施 機 関 [ 実 施 する ] 企 画 財 政 局 税 務 部 税 務 部 長 岡 本 卓 1) 実 施 する 2) 実 施 しない 3) 未 定 情 報 照 会 番 号 法 第 19 条 第 7 号 別 表 第 二 の 第 27の 項 情 報 提 供 番 号 法 第 19 条 第 7 号 別 表 第 二 の 第 1,2,3,4,6,8,10,15,16,18,23,26,27,28,29,31,34,35,37,39,40,42,48,54,57,58,59,61,62,63, 64,65,66,67,70,71,74,80,84,87,91,92,94,97,101,102,103,106,107,108,113,114,115,116,117,120の 項 10

11 ( 別 添 1) 1 事 務 の 内 容 1 個 人 住 民 税 賦 課 事 務 特 定 個 人 情 報 の 流 れ 特 定 個 人 情 報 以 外 の 流 れ 11

12 ( 備 考 ) 賦 課 期 日 (1 月 1 日 ) 時 点 で 本 市 に 居 住 する 者 及 び 本 市 内 に 事 業 所 や 家 屋 敷 を 有 する 者 に 対 して 申 告 書 等 の 課 税 資 料 から 賦 課 決 定 を 行 い, 税 額 を 通 知 するものである 1 給 与 支 払 報 告 書, 異 動 届 出 書 給 与 支 払 者 より, 紙, 地 方 税 ポータルシステム(eLTAX) 及 び 光 ディスク 等 の 媒 体 で 提 出 された 給 与 支 払 報 告 書 及 び 給 与 所 得 者 異 動 届 出 書 の 受 理 紙 で 受 理 した 給 与 支 払 報 告 書 については, 総 括 表 と 共 に, 給 与 支 払 者 ごとにファイルへ 綴 り, 施 錠 ができる 書 庫 に 保 管 している 保 管 期 間 を 過 ぎたものについては 溶 解 処 理 を 行 っている 地 方 税 ポータルシステム(eLTAX) 及 び 光 ディスク 等 の 媒 体 で 提 出 された 給 与 支 払 報 告 書 については, 施 錠 のできる 書 庫 に 保 管 している 提 出 された 同 封 文 書 はファイルで 綴 り, 給 与 支 払 者 の 一 覧 を 作 成 する 事 により, 給 与 支 払 者 の 管 理 をしている 徴 収 方 法 が 特 別 徴 収 の 場 合 には, 特 別 徴 収 義 務 がある 給 与 支 払 者 へ 税 額 を 通 知 する 2 公 的 年 金 等 支 払 報 告 書, 年 金 特 徴 データ 年 金 支 払 者 より, 紙, 地 方 税 ポータルシステム(eLTAX) 及 び 光 ディスク 等 の 媒 体 で 提 出 された, 公 的 年 金 等 支 払 報 告 書 の 受 理 紙 で 受 理 した 公 的 年 金 等 支 払 報 告 書 については, 総 括 表 と 共 に, 年 金 支 払 者 ごとにファイルへ 綴 り, 施 錠 ができる 書 庫 に 保 管 し ている 保 管 期 間 を 過 ぎたものについては 溶 解 処 理 を 行 っている 地 方 税 ポータルシステム(eLTAX) 及 び 光 ディスク 等 の 媒 体 で 提 出 された, 公 的 年 金 等 支 払 報 告 書 については, 年 金 支 払 者 より 提 出 された 同 封 文 書 はファイルで 綴 り, 年 金 支 払 者 の 一 覧 を 作 成 する 事 により, 年 金 支 払 者 の 管 理 をし, 施 錠 ができる 書 庫 に 保 管 している 地 方 税 ポータルシステム(eLTAX)で 提 出 された, 年 金 保 険 者 の 市 町 村 に 対 する 年 金 特 別 徴 収 に 係 る 通 知 の 受 理 また 本 市 より, 年 金 保 険 者 へ 地 方 税 ポータルシステム(eLTAX)を 介 し, 年 金 特 別 徴 収 に 係 る 通 知 を 送 信 する 3 確 定 申 告 書, 法 定 資 料 国 税 連 携 システムにより 国 税 庁 から 提 供 された 確 定 申 告 書 の 受 理 また, 法 定 資 料 の 収 集 を 行 う 受 理 を 行 った 確 定 申 告 書 と 法 定 資 料 についてはシステム 入 力 後, 施 錠 ができる 書 庫 に 保 管 している 4 住 民 税 申 告 書 窓 口, 郵 送 及 び 申 告 支 援 システムで 受 付 を 行 った 住 民 税 申 告 の 申 告 書 については,システム 入 力 後, 施 錠 ができる 書 庫 に 保 管 している 5 回 送 資 料 他 市 区 町 村 より 回 送 された 課 税 資 料 についてはシステム 入 力 後, 施 錠 ができる 書 庫 に 保 管 している 6 申 告, 申 請, 届 出 等 減 免 申 請 書 や 租 税 条 約 に 係 る 届 出 書 等 並 びに 所 得 証 明 書 等 を 発 行 する 際 に 必 要 な 申 請 書 等 についてはファイルに 綴 り, 施 錠 ができる 書 庫 に 保 管 している 7 税 額 等 通 知 書, 所 得 証 明 書, 所 得 課 税 証 明 書 税 額 が 発 生 した 個 人 に 対 して 納 税 通 知 書 を 交 付 する 住 民 の 請 求 による 所 得 証 明 書 及 び 所 得 課 税 証 明 書 を 交 付 する 8 国 民 健 康 保 険 税, 介 護 保 険 料, 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料, 障 害 者 情 報, 生 活 保 護 情 報, 死 離 別 情 報 を 関 係 課 より, 適 正 かつ 公 平 な 課 税 を 保 つため, 各 種 関 係 情 報 の 収 集 を 行 う 9 必 要 に 応 じ, 中 間 サーバーを 介 して 情 報 照 会 を 行 う 12

13 ( 別 添 1) 1 事 務 の 内 容 2 固 定 資 産 税 賦 課 事 務 13

14 ( 備 考 ) 賦 課 期 日 (1 月 1 日 ) 時 点 で 本 市 に 土 地, 家 屋 又 は 償 却 資 産 を 所 有 している 者 に 対 して,その 固 定 資 産 の 価 格 に 応 じて 賦 課 決 定 を 行 い, 税 額 を 通 知 する 1 土 地 又 は 家 屋 の 所 有 者 は, 法 務 局 ( 登 記 所 )に 対 し 登 記 の 申 請 を 行 う 市 民 課 より 住 民 票 の 一 部 情 報 を 宛 名 管 理 システムに 取 り 込 み,その 情 報 を 固 定 資 産 税 システムで 参 照 する 2 納 税 義 務 者 より 提 出 される 償 却 資 産 申 告 書 を 直 接 又 は 地 方 電 子 化 協 議 会 を 経 由 し 受 領 する 納 税 義 務 者 より 直 接 提 出 された 申 告 書 等 の 紙 媒 体 については 施 錠 ができる 書 庫 に 保 管 し, 保 管 期 間 を 過 ぎたものについては, 溶 解 処 理 を 行 う 3 法 務 局 ( 登 記 所 )から 通 知 される 登 記 異 動 通 知 に 伴 い, 固 定 資 産 課 税 台 帳 の 登 録 修 正 削 除 を 行 う 登 記 異 動 通 知 の 紙 媒 体 に ついては 施 錠 ができる 書 庫 に 保 管 し, 保 管 期 間 を 過 ぎたものについては, 溶 解 処 理 を 行 う データについてはファイリングシステムに 取 り 込 み, 保 管 する 4 本 市 所 在 の 固 定 資 産 に 対 し, 現 地 調 査 を 行 い, 適 正 な 評 価 を 実 施 する 5 固 定 資 産 の 価 格 等 を 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 後, 縦 覧 帳 簿 を 作 成 する 6 納 税 義 務 者 等 は 名 寄 帳 等 の 閲 覧 により, 価 格 等 に 不 服 がある 場 合 は 納 税 通 知 書 受 領 後 3ヶ 月 を 経 過 する 日 までに, 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 に 審 査 の 申 出 を 行 うことができる 7 固 定 資 産 課 税 台 帳 を 基 に,その 固 定 資 産 の 価 格 に 応 じて 賦 課 決 定 を 行 い, 土 地 及 び 家 屋 に 関 しては 課 税 明 細 書 とともに 納 税 義 務 者 に 対 して 納 税 通 知 書 を 交 付 する また, 減 免 等 による 税 額 の 修 正 に 伴 い, 税 額 変 更 通 知 を 納 税 義 務 者 に 交 付 する 8 減 免 申 請 書 を 受 領 後, 条 例 の 定 めるところにより 固 定 資 産 税 の 減 免 を 行 う 減 免 申 請 書 は 施 錠 ができる 書 庫 に 保 管 し, 保 管 期 間 を 過 ぎたものについては, 溶 解 処 理 を 行 う 9 固 定 資 産 情 報 の 提 供 をデータで 行 う 10 本 市 に 住 所 を 有 しない 所 有 者 に 住 所 異 動 があった 場 合 に 他 市 に 文 書 にて 照 会 し, 回 答 文 書 にて 新 住 所 を 取 得 する 回 答 文 書 については, 施 錠 ができる 書 庫 にて 保 管 し, 保 管 期 間 を 過 ぎたものについては, 溶 解 処 理 を 行 う 11 県 に 概 要 調 書, 評 価 変 動 割 合, 総 評 価 見 込 及 び 各 種 統 計 情 報 の 報 告 をデータで 行 う データについては 本 市 の 判 断 にて 適 宜 削 除 する 12 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 不 動 産 の 価 格 等 を 県 に 通 知 する 13 家 屋 (500m2 以 上 の 非 木 造 家 屋 )を 県 が 評 価 し, 評 価 データを 紙 媒 体 にて 受 領 する 受 領 後, 施 錠 ができる 書 庫 にて 保 管 する 14 建 築 指 導 課 から 提 供 される 建 築 確 認 申 請 情 報 データを 固 定 資 産 税 GIS 及 びファイリングシステムに 取 り 込 み,その 情 報 をもとに 4 現 地 調 査 を 行 う データについては 本 市 の 判 断 にて 適 宜 削 除 する 15 生 活 福 祉 課 から 提 供 される 生 活 保 護 情 報 については 紙 媒 体 で 受 領 し, 施 錠 ができる 書 庫 にて 保 管 する 保 管 期 間 を 過 ぎたものについては, 溶 解 処 理 を 行 う 16 必 要 に 応 じ, 中 間 サーバーを 介 して 情 報 照 会 を 行 う 14

15 ( 別 添 1) 1 事 務 の 内 容 3 軽 自 動 車 税 賦 課 事 務 納 税 者 税 務 システム 住 民 票 住 登 外 情 報 参 照 宛 名 管 理 システム 2 登 録 廃 車 申 告 書 殊 3 自 原 動 動 車 機 標 付 識 自 の 転 交 車 付 小 返 型 納 特 4 納 税 通 知 書 5 減 免 課 税 免 除 申 請 書 6 減 免 課 税 免 除 決 定 通 知 書 軽 自 動 車 税 システム( 軽 自 動 車 情 報 ファイル) 7 税 額 の 更 正 に 関 す る 通 知 住 民 票 住 登 外 課 税 情 報 連 携 調 定 情 報 連 携, 収 納 情 報 参 照 収 納 管 理 システム 調 定 情 報 連 携 滞 納 管 理 システム 庁 内 連 携 システム 住 民 票 市 民 課 1 住 民 票 情 報 住 民 票 8 軽 四 県 外 転 出 車 両 情 報 9 車 両 情 報 照 会 10 車 両 情 報 回 答 11 車 両 情 報 照 会 回 答 答 12 車 両 情 報 照 会 13 車 両 情 報 回 答 14 統 計 資 料 等 提 供 15 障 害 者 情 報 中 間 サーバー 福 山 市 軽 自 動 車 検 査 協 会 軽 自 動 車 協 会 運 輸 支 局 他 市 町 村 軽 自 担 当 県 税 自 動 車 税 担 当 消 防 警 察 各 関 係 機 関 情 報 提 供 ネットワークシステム 特 定 個 人 情 報 の 流 れ 特 定 個 人 情 報 以 外 の 流 れ ( 備 考 ) 賦 課 期 日 (4 月 1 日 ) 時 点 で 本 市 内 に 定 置 場 がある 軽 自 動 車 等 を 所 有 する 納 税 義 務 者 に 対 して 賦 課 決 定 を 行 ない, 納 税 義 務 者 に 通 知 し 徴 収 する 1 賦 課 期 日 に 本 市 内 に 定 置 場 がある 軽 自 動 車 等 を 所 有 する 者 を 課 税 対 象 者 として 課 税 対 象 者 情 報 を 準 備 する 2 納 税 義 務 者 より, 軽 自 動 車 税 の 賦 課 徴 収 に 関 し 必 要 な 事 項 を 記 載 した 申 告 書 又 は 報 告 書 を 受 領 する 受 領 した 申 告 書 及 び 報 告 書 は, 施 錠 ができる 書 庫 に 保 管 し, 保 管 期 間 が 過 ぎたものについては, 溶 解 処 理 を 行 う 3 原 動 機 付 自 転 車 及 び 小 型 特 殊 自 動 車 の 標 識 の 交 付 又 は 返 納 を 行 う 4 納 税 義 務 者 に 対 し, 納 税 通 知 書 及 び 納 付 書 を 交 付 する 5 納 税 義 務 者 から, 減 免 申 請 書, 課 税 免 除 申 請 書 を 受 領 する 受 領 した 申 請 書 は, 施 錠 ができる 書 庫 に 保 管 し, 保 管 期 間 が 過 ぎたものについては, 溶 解 処 理 を 行 う 6 納 税 義 務 者 に 対 し, 減 免 決 定 通 知 書 及 び 課 税 免 除 決 定 通 知 書 を 交 付 する 7 納 税 義 務 者 に 対 し, 税 額 の 更 正 に 関 する 通 知 書 を 交 付 する 8 軽 四 輪 の 県 外 転 出 車 両 情 報 について, 軽 自 動 車 検 査 協 会 よりデータでの 情 報 提 供 を 受 ける 910 軽 自 動 車 検 査 協 会, 軽 自 動 車 協 会 又 は 運 輸 支 局 が 管 轄 する 車 両 について, 照 会 する 11 車 両 登 録 情 報, 減 免 情 報 について, 関 係 市 町 村, 県 税 とでお 互 いに 照 会 回 答 する 1213 関 係 機 関 からの 照 会 に 対 し, 回 答 を 行 う 14 統 計 資 料 等 の 提 供 依 頼 に 対 し, 回 答 を 行 う 15 必 要 に 応 じ, 中 間 サーバーを 介 して 情 報 照 会 を 行 う 15

16 ( 別 添 1) 1 事 務 の 内 容 4 市 税 の 徴 収 事 務 ( 備 考 ) 納 税 の 管 理, 納 税 者 への 還 付 金 の 支 払 い, 納 期 限 内 に 納 付 がない 者 への 滞 納 整 理 等 を 行 うものである 1 過 誤 納 金 が 発 生 した 場 合 に 還 付 を 行 う 2 納 期 限 経 過 後, 未 納 のものに 対 して, 督 促 状 を 発 布 する 3 税 務 署, 他 自 治 体 及 び 裁 判 所 との 間 で 滞 納 者 の 実 態 調 査 を 行 う 滞 納 者 の 財 産 に 対 して 各 種 調 査 を 行 い, 回 答 を 得 る 回 答 書 類 は 施 錠 可 能 な 書 庫 に 保 管 し, 保 管 期 間 が 過 ぎたものについては 溶 解 処 分 を 行 う 4 督 促 状 発 布 後 10 日 を 経 過 してもなお 滞 納 額 があるものに, 各 種 滞 納 処 分 を 行 う 処 分 帳 票 は 施 錠 可 能 な 書 庫 に 保 管 し, 保 管 期 間 が 過 ぎたものについては 溶 解 処 分 を 行 う 5,6 納 税 折 衝 において 適 宜 入 手 する 取 得 した 書 類 は 施 錠 可 能 な 書 庫 に 保 管 し, 保 管 期 間 が 過 ぎたものについては 溶 解 処 分 を 行 う 7 納 税 義 務 者 より 受 け 付 けた 口 座 情 報 を 宛 名 管 理 システムへ 登 録 し, 収 納 管 理 システムから 参 照 する 口 座 振 替 依 頼 書 は 施 錠 可 能 な 書 庫 に 保 管 する 8 証 明 発 行 のため 国 保 年 金 課 より 庁 内 連 携 システムを 介 して 収 納 情 報 を 取 得 する 9 住 民 票 情 報 を 庁 内 連 携 システムを 介 して 取 得 する 10 納 税 者 の 担 税 力 確 認 のために 生 活 福 祉 課 より 生 活 保 護 情 報 を 取 得 する 11 市 保 管 用 の 領 収 済 通 知 書 を 施 錠 可 能 な 書 庫 へ 保 管 し, 保 管 期 間 が 過 ぎたものについては 溶 解 処 分 を 行 う 12 還 付 対 象 となった 納 税 者 より 還 付 口 座 情 報 を 取 得 し, 宛 名 管 理 システムから 参 照 する 取 得 した 書 類 は 施 錠 可 能 な 書 庫 に 保 管 し, 保 管 期 間 が 過 ぎたものについては 溶 解 処 分 を 行 う 16

17 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 1. 特 定 個 人 情 報 ファイル 名 (1) 個 人 住 民 税 情 報 ファイル 2. 基 本 情 報 1ファイルの 種 類 [ システム 用 ファイル ] 1) システム 用 ファイル 2) その 他 の 電 子 ファイル( 表 計 算 ファイル 等 ) 2 対 象 となる 本 人 の 数 [ 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 ] 1) 1 万 人 未 満 2) 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 3) 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 4) 100 万 人 以 上 1,000 万 人 未 満 5) 1,000 万 人 以 上 3 対 象 となる 本 人 の 範 囲 賦 課 期 日 (1 月 1 日 ) 時 点 で 本 市 に 住 所 を 有 する 個 人 並 びに 本 市 に 住 所 を 有 しないその 配 偶 者, 被 扶 養 者 又 は, 本 市 内 に 事 業 所 や 家 屋 敷 を 有 する 個 人 並 びに 本 市 に 住 所 を 有 しない 者 のうち, 所 得 にかか る 各 種 申 告 があった 者 及 びその 配 偶 者, 被 扶 養 者 その 必 要 性 4 記 録 される 項 目 個 人 住 民 税 の 適 正 かつ 公 平 な 課 税 のため, 申 告 情 報 等 を 保 有 し, 所 得 情 報 を 的 確 かつ 効 率 的 に 把 握 する [ 100 項 目 以 上 ] 1) 10 項 目 未 満 2) 10 項 目 以 上 50 項 目 未 満 3) 50 項 目 以 上 100 項 目 未 満 4) 100 項 目 以 上 識 別 情 報 主 な 記 録 項 目 その 妥 当 性 [ ] 個 人 番 号 連 絡 先 等 情 報 [ ] 4 情 報 ( 氏 名 性 別 生 年 月 日 住 所 ) [ ] 連 絡 先 ( 電 話 番 号 等 ) [ ] その 他 住 民 票 関 係 情 報 業 務 関 係 情 報 [ ] 国 税 関 係 情 報 [ ] 地 方 税 関 係 情 報 [ ] 医 療 保 険 関 係 情 報 [ ] 児 童 福 祉 子 育 て 関 係 情 報 [ ] 障 害 者 福 祉 関 係 情 報 [ ] 生 活 保 護 社 会 福 祉 関 係 情 報 [ ] 介 護 高 齢 者 福 祉 関 係 情 報 [ ] 雇 用 労 働 関 係 情 報 [ ] 年 金 関 係 情 報 [ ] 災 害 関 係 情 報 [ ] 個 人 番 号 対 応 符 号 [ ] その 他 識 別 情 報 ( 内 部 番 号 ) [ ] その 他 ( ) 個 人 番 号,その 他 識 別 情 報 ( 内 部 番 号 ): 対 象 者 を 特 定 するために 保 有 4 情 報 : 賦 課 期 日 時 点 の 名 前, 住 所 を 管 理 するために 保 有 その 他 の 住 民 票 関 係 情 報 : 配 偶 者 及 び 扶 養 者 の 特 定 のために 保 有 国 税 関 係 情 報 : 個 人 住 民 税 賦 課 事 務 のために 保 有 地 方 税 関 係 情 報 : 個 人 住 民 税 賦 課 事 務 のために 保 有 障 害 者 福 祉 関 係 情 報 : 個 人 住 民 税 賦 課 事 務 のために 保 有 生 活 保 護 社 会 福 祉 関 係 情 報 : 個 人 住 民 税 賦 課 事 務 のために 保 有 介 護 高 齢 者 福 祉 関 係 情 報 : 個 人 住 民 税 賦 課 事 務 のために 保 有 年 金 関 係 情 報 : 個 人 住 民 税 賦 課 事 務 のために 保 有 [ ] 健 康 医 療 関 係 情 報 [ ] 学 校 教 育 関 係 情 報 全 ての 記 録 項 目 別 添 2を 参 照 5 保 有 開 始 日 6 事 務 担 当 部 署 平 成 27 年 10 月 企 画 財 政 局 税 務 部 市 民 税 課 17

18 3. 特 定 個 人 情 報 の 入 手 使 用 1 入 手 元 [ ] 本 人 又 は 本 人 の 代 理 人 [ ] 評 価 実 施 機 関 内 の 他 部 署 ( 市 民 課, 国 保 年 金 課, 介 護 保 険 課, 後 期 高 齢 者 医 療 課, 生 活 福 祉 課, 障 がい 福 祉 課 [ ] 行 政 機 関 独 立 行 政 法 人 等 ( 国 税 庁 ) [ ] 地 方 公 共 団 体 地 方 独 立 行 政 法 人 ( 他 自 治 体 ) [ ] 民 間 事 業 者 ( ) [ ] その 他 ( 給 与 支 払 報 告 書 等 提 出 義 務 者, 公 的 年 金 等 支 払 報 告 書 提 出 義 務 者 ) ) 2 入 手 方 法 [ ] 紙 [ ] 電 子 記 録 媒 体 (フラッシュメモリを 除 く ) [ ] フラッシュメモリ [ ] 電 子 メール [ ] 専 用 線 [ ] 庁 内 連 携 システム [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] その 他 ( ) 3 入 手 の 時 期 頻 度 当 初 賦 課 事 務 においての 入 手 給 与 支 払 報 告 書, 公 的 年 金 等 支 払 報 告 書 及 び 確 定 申 告 書 については, 1~4 月 の 期 間 にかけて 複 数 回 住 民 税 申 告 書 は,1 月 ~4 月 にかけて 日 々 生 活 保 護 情 報, 障 害 者 情 報, 賦 課 期 日 住 所 及 び 住 民 票 関 係 情 報 については,1 月 個 別 的 において 入 手 申 告, 申 請 又 は 届 出 等 情 報 については, 随 時 年 金 特 別 徴 収 情 報 については, 毎 月 1 回 4 入 手 に 係 る 妥 当 性 5 本 人 への 明 示 6 使 用 目 的 変 更 の 妥 当 性 個 人 住 民 税 の 適 正 かつ 公 平 な 賦 課 事 務 を 行 うためには, 法 令 等 の 範 囲 内 で 申 告 情 報 等 を 入 手 する 必 要 がある 地 方 税 法 第 317 条 の2 及 び 番 号 法 第 9 条 に 規 定 されている 個 人 住 民 税 の 適 正 かつ 公 平 な 賦 課 徴 収 事 務 を 効 率 的 に 行 うため 7 使 用 の 主 体 使 用 部 署 使 用 者 数 市 民 税 課, 税 制 課, 納 税 課, 国 保 年 金 課, 介 護 保 険 課, 後 期 高 齢 者 医 療 課, 各 支 所 [ 100 人 以 上 500 人 未 満 ] 1) 10 人 未 満 2) 10 人 以 上 50 人 未 満 3) 50 人 以 上 100 人 未 満 4) 100 人 以 上 500 人 未 満 5) 500 人 以 上 1,000 人 未 満 6) 1,000 人 以 上 8 使 用 方 法 1 申 告 書 等 の 課 税 資 料 から 個 人 特 定 を 行 い, 賦 課 決 定 する 2 通 知 書 の 発 行 3 証 明 書 の 発 行 4 納 期 限 内 に 納 付 がない 者 への 滞 納 整 理 に 活 用 する 5 納 税 相 談 に 活 用 する 情 報 の 突 合 情 報 の 統 計 分 析 (1) 申 告 情 報 と 地 方 税 関 係 情 報 を 突 合 して, 所 得 情 報 を 把 握 する 上 記 1 (2) 国 税 関 係 情 報 と 地 方 税 関 係 情 報 を 突 合 して, 所 得 情 報 を 把 握 する 上 記 1 (3) 申 告 情 報 等 と 他 自 治 体 や 情 報 提 供 ネットワークシステムから 入 手 した 地 方 税 関 係 情 報, 障 害 者 関 係 情 報 又 は 生 活 保 護 関 係 情 報 を 突 合 して, 賦 課 決 定 する 上 記 1 課 税 状 況 調 査 等 の 集 計 を 行 うが, 特 定 の 個 人 を 識 別 するような 情 報 の 統 計 分 析 は 行 わない 権 利 利 益 に 影 響 を 与 え 得 る 決 定 申 告 内 容 の 正 当 性 を 確 認 し, 個 人 住 民 税 の 賦 課 決 定, 賦 課 更 正 を 行 う 9 使 用 開 始 日 平 成 28 年 1 月 1 日 18

19 4. 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いの 委 託 委 託 の 有 無 委 託 事 項 1 1 委 託 内 容 2 取 扱 いを 委 託 する 特 定 個 人 情 報 ファイルの 範 囲 対 象 となる 本 人 の 数 対 象 となる 本 人 の 範 囲 その 妥 当 性 3 委 託 先 における 取 扱 者 数 4 委 託 先 への 特 定 個 人 情 報 ファイルの 提 供 方 法 [ 委 託 する ] 1) 委 託 する ( 7 ) 件 税 務 システム 運 用 保 守 業 務 1) 1 万 人 未 満 [ 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 ] 2) 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 3) 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 4) 100 万 人 以 上 1,000 万 人 未 満 5) 1,000 万 人 以 上 2.3 対 象 となる 本 人 の 範 囲 と 同 様 個 人 住 民 税 システムの 安 定 した 稼 動 のため, 専 門 的 な 知 識 を 有 する 事 業 者 に 委 託 し, 適 正 な 賦 課 事 務 を 行 う 必 要 がある [ 10 人 未 満 ] 1) 10 人 未 満 2) 10 人 以 上 50 人 未 満 3) 50 人 以 上 100 人 未 満 4) 100 人 以 上 500 人 未 満 5) 500 人 以 上 1,000 人 未 満 6) 1,000 人 以 上 [ ] 専 用 線 [ [ ] フラッシュメモ リ [ ] 電 子 メール [ ] 電 子 記 録 媒 体 (フラッシュメモリを 除 く ) ] 紙 2) 委 託 しない 税 務 システム 運 用 管 理, 障 害 対 応 及 び 軽 微 な 仕 様 変 更 を 行 うシステム 運 用 維 持 管 理 [ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 全 体 ] 1) 特 定 個 人 情 報 ファイルの 全 体 2) 特 定 個 人 情 報 ファイルの 一 部 [ ] その 他 ( サーバー 室 内 において 限 定 された 端 末 による 個 人 住 民 税 システムの 直 接 操 作 ) 5 委 託 先 名 の 確 認 方 法 6 委 託 先 名 福 山 市 情 報 公 開 条 例 第 10 条 の 規 定 に 基 づく 開 示 請 求 を 行 うことで 確 認 ができる 日 本 電 気 株 式 会 社 中 国 支 社 7 再 委 託 の 有 無 [ 再 委 託 する ] 1) 再 委 託 する 2) 再 委 託 しない 再 委 託 8 再 委 託 の 許 諾 方 法 9 再 委 託 事 項 再 委 託 は 原 則 行 わない ただし, 再 委 託 を 行 う 場 合, 委 託 先 から 再 委 託 承 諾 申 請 書 ( 再 委 託 先 の 商 号 又 は 名 称, 住 所, 再 委 託 す る 理 由, 再 委 託 する 業 務 の 範 囲 及 び 本 市 が 求 める 情 報 ), 体 制 図, 機 密 保 持 に 関 する 誓 約 書 等 の 提 出 を 受 け, 再 委 託 先 の 安 全 管 理 措 置 を 確 認 した 上 で, 再 委 託 を 承 認 する 運 用 保 守 計 画 書 作 成 業 務, 問 い 合 わせ 対 応 業 務, 障 害 対 応 業 務, 随 時 対 応 業 務, 定 期 保 守 業 務, 定 期 報 告 業 務, 対 象 機 器 に 対 するハードウェアの 定 期 点 検, 障 害 時 のオンサイト 修 理 委 託 事 項 2 1 委 託 内 容 2 取 扱 いを 委 託 する 特 定 個 人 情 報 ファイルの 範 囲 対 象 となる 本 人 の 数 対 象 となる 本 人 の 範 囲 その 妥 当 性 3 委 託 先 における 取 扱 者 数 システム 運 用 支 援 業 務 個 人 住 民 税 システムにおけるオペレーション 運 用 [ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 一 部 ] 1) 特 定 個 人 情 報 ファイルの 全 体 2) 特 定 個 人 情 報 ファイルの 一 部 1) 1 万 人 未 満 [ 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 ] 2) 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 3) 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 4) 100 万 人 以 上 1,000 万 人 未 満 5) 1,000 万 人 以 上 2.3 対 象 となる 本 人 の 範 囲 のうちオペレーション 運 用 にかかる 者 個 人 住 民 税 システムの 安 定 した 稼 動 のため, 専 門 的 な 知 識 を 有 する 事 業 者 に 委 託 する [ 10 人 未 満 ] 1) 10 人 未 満 2) 10 人 以 上 50 人 未 満 3) 50 人 以 上 100 人 未 満 4) 100 人 以 上 500 人 未 満 5) 500 人 以 上 1,000 人 未 満 6) 1,000 人 以 上 19

20 4 委 託 先 への 特 定 個 人 情 報 ファイルの 提 供 方 法 5 委 託 先 名 の 確 認 方 法 [ ] 専 用 線 [ ] 電 子 メール [ ] フラッシュメモ リ [ ] 紙 [ ] 電 子 記 録 媒 体 (フラッシュメモリを 除 く ) [ ] その 他 ( サーバー 室 内 において 限 定 された 端 末 による 個 人 住 民 税 システムの 直 接 操 作 福 山 市 情 報 公 開 条 例 第 10 条 の 規 定 に 基 づく 開 示 請 求 を 行 うことで 確 認 ができる ) 6 委 託 先 名 日 本 電 気 株 式 会 社 中 国 支 社 7 再 委 託 の 有 無 [ 再 委 託 する ] 1) 再 委 託 する 2) 再 委 託 しない 再 委 託 8 再 委 託 の 許 諾 方 法 9 再 委 託 事 項 再 委 託 は 原 則 行 わない ただし, 再 委 託 を 行 う 場 合, 委 託 先 から 再 委 託 承 諾 申 請 書 ( 再 委 託 先 の 商 号 又 は 名 称, 住 所, 再 委 託 す る 理 由, 再 委 託 する 業 務 の 範 囲 及 び 本 市 が 求 める 情 報 ), 体 制 図, 機 密 保 持 に 関 する 誓 約 書 等 の 提 出 を 受 け, 再 委 託 先 の 安 全 管 理 措 置 を 確 認 した 上 で, 再 委 託 を 承 認 する システム 管 理 運 用 業 務,オペレーション 運 用 業 務, 業 務 引 き 継 ぎ 委 託 事 項 3 1 委 託 内 容 2 取 扱 いを 委 託 する 特 定 個 人 情 報 ファイルの 範 囲 3 委 託 先 における 取 扱 者 数 4 委 託 先 への 特 定 個 人 情 報 ファイルの 提 供 方 法 5 委 託 先 名 の 確 認 方 法 6 委 託 先 名 対 象 となる 本 人 の 数 対 象 となる 本 人 の 範 囲 その 妥 当 性 当 初 課 税 資 料 の 入 力 作 業 支 援 業 務 給 与 支 払 報 告 書, 公 的 年 金 等 支 払 報 告 書, 確 定 申 告 書 の 情 報 のデータパンチ 入 力 作 業 [ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 一 部 ] 1) 特 定 個 人 情 報 ファイルの 全 体 2) 特 定 個 人 情 報 ファイルの 一 部 1) 1 万 人 未 満 [ 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 ] 2) 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 3) 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 4) 100 万 人 以 上 1,000 万 人 未 満 5) 1,000 万 人 以 上 給 与 支 払 報 告 書, 公 的 年 金 等 支 払 報 告 書, 確 定 申 告 書 が 紙 で 提 出 された 者 短 時 間 での 大 量 の 入 力 事 務 が 発 生 するため, 職 員 以 外 に 入 力 補 助 要 員 の 支 援 が 必 要 となる [ 10 人 未 満 ] 1) 10 人 未 満 2) 10 人 以 上 50 人 未 満 3) 50 人 以 上 100 人 未 満 4) 100 人 以 上 500 人 未 満 5) 500 人 以 上 1,000 人 未 満 6) 1,000 人 以 上 [ ] 専 用 線 [ ] 電 子 メール [ ] フラッシュメモ [ ] 紙 リ [ ] その 他 ( ) 委 託 先 が 決 定 した 際 には, 入 札 結 果 として 本 市 ホームページにて 公 表 している 株 式 会 社 エーエスイー [ ] 電 子 記 録 媒 体 (フラッシュメモリを 除 く ) 再 委 託 7 再 委 託 の 有 無 8 再 委 託 の 許 諾 方 法 9 再 委 託 事 項 [ 再 委 託 しない ] 1) 再 委 託 する 2) 再 委 託 しない 20

21 委 託 事 項 4 1 委 託 内 容 2 取 扱 いを 委 託 する 特 定 個 人 情 報 ファイルの 範 囲 5 委 託 先 名 の 確 認 方 法 6 委 託 先 名 対 象 となる 本 人 の 数 対 象 となる 本 人 の 範 囲 その 妥 当 性 3 委 託 先 における 取 扱 者 数 4 委 託 先 への 特 定 個 人 情 報 ファイルの 提 供 方 法 eltax 審 査 システム 及 び 国 税 連 携 システム 運 用 支 援 業 務 eltax 審 査 システム, 国 税 連 携 システムに 関 するサービスの 提 供 及 び 運 用 支 援 [ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 一 部 ] 1) 特 定 個 人 情 報 ファイルの 全 体 2) 特 定 個 人 情 報 ファイルの 一 部 1) 1 万 人 未 満 [ 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 ] 2) 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 3) 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 4) 100 万 人 以 上 1,000 万 人 未 満 5) 1,000 万 人 以 上 eltax 利 用 事 業 所 から 給 与 の 支 払 を 受 ける 者 及 び 公 的 年 金 等 受 給 者 並 びに 国 税 連 携 により 受 信 され た 確 定 申 告 者 及 び 法 定 調 書 の 支 払 を 受 ける 者 一 般 社 団 法 人 地 方 税 電 子 化 協 議 会 において 運 営 する 地 方 税 ポータルセンタよりLGWAN 回 線 ( 専 用 線 )を 経 由 して 送 信 されるため [ 10 人 未 満 ] 1) 10 人 未 満 3) 50 人 以 上 100 人 未 満 2) 10 人 以 上 50 人 未 満 4) 100 人 以 上 500 人 未 満 5) 500 人 以 上 1,000 人 未 満 6) 1,000 人 以 上 [ ] 専 用 線 [ ] 電 子 メール [ 委 託 先 が 決 定 した 際 には, 入 札 結 果 として 本 市 ホームページにて 公 表 している TIS 株 式 会 社 ] 電 子 記 録 媒 体 (フラッシュメモリを 除 く ) [ ] フラッシュメモ [ ] 紙 リ [ ] その 他 ( ) 7 再 委 託 の 有 無 [ 再 委 託 する ] 1) 再 委 託 する 2) 再 委 託 しない 再 委 託 8 再 委 託 の 許 諾 方 法 9 再 委 託 事 項 再 委 託 は 原 則 行 わない ただし, 再 委 託 を 行 う 場 合, 委 託 先 から 再 委 託 承 諾 申 請 書 ( 再 委 託 先 の 商 号 又 は 名 称, 住 所, 再 委 託 す る 理 由, 再 委 託 する 業 務 の 範 囲 及 び 本 市 が 求 める 情 報 ), 体 制 図, 機 密 保 持 に 関 する 誓 約 書 等 の 提 出 を 受 け, 再 委 託 先 の 安 全 管 理 措 置 を 確 認 した 上 で, 再 委 託 を 承 認 する ポータルセンター 環 境 設 定 支 援, 障 害 発 生 時 の 現 地 対 応, 試 験 用 端 末 セットアップ, 端 末 バージョンアッ プ, 操 作 研 修, 端 末 再 セットアップ, 総 合 運 転 試 験, 問 い 合 わせ 対 応, 本 番 用 端 末 セットアップ 等 委 託 事 項 5 1 委 託 内 容 2 取 扱 いを 委 託 する 特 定 個 人 情 報 ファイルの 範 囲 対 象 となる 本 人 の 数 対 象 となる 本 人 の 範 囲 その 妥 当 性 3 委 託 先 における 取 扱 者 数 4 委 託 先 への 特 定 個 人 情 報 ファイルの 提 供 方 法 5 委 託 先 名 の 確 認 方 法 市 税 の 電 話 催 告 業 務 委 託 市 税 の 電 話 催 告 業 務 [ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 一 部 ] 1) 特 定 個 人 情 報 ファイルの 全 体 2) 特 定 個 人 情 報 ファイルの 一 部 1) 1 万 人 未 満 [ 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 ] 2) 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 3) 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 4) 100 万 人 以 上 1,000 万 人 未 満 5) 1,000 万 人 以 上 当 該 年 度 のみの 未 納 者 電 話 催 告 等 の 専 門 的 な 知 識 を 有 する 事 業 者 に 委 託 し, 未 納 者 への 催 告 強 化 を 行 う 必 要 がある [ 10 人 未 満 ] 1) 10 人 未 満 2) 10 人 以 上 50 人 未 満 3) 50 人 以 上 100 人 未 満 4) 100 人 以 上 500 人 未 満 5) 500 人 以 上 1,000 人 未 満 6) 1,000 人 以 上 [ ] 専 用 線 [ ] 電 子 メール [ ] 電 子 記 録 媒 体 (フラッシュメモリを 除 く ) [ ] フラッシュメモ [ ] 紙 リ 庁 舎 内 の 決 められた 事 務 室 において 限 定 された 端 末 による [ ] その 他 ( 個 人 住 民 税 システムの 直 接 操 作 福 山 市 情 報 公 開 条 例 第 10 条 の 規 定 に 基 づく 開 示 請 求 を 行 うことで 確 認 ができる ) 21

22 6 委 託 先 名 株 式 会 社 パソナ 岡 山 再 委 託 7 再 委 託 の 有 無 8 再 委 託 の 許 諾 方 法 [ 再 委 託 しない ] 1) 再 委 託 する 2) 再 委 託 しない 9 再 委 託 事 項 委 託 事 項 6 1 委 託 内 容 2 取 扱 いを 委 託 する 特 定 個 人 情 報 ファイルの 範 囲 5 委 託 先 名 の 確 認 方 法 6 委 託 先 名 対 象 となる 本 人 の 数 対 象 となる 本 人 の 範 囲 その 妥 当 性 3 委 託 先 における 取 扱 者 数 4 委 託 先 への 特 定 個 人 情 報 ファイルの 提 供 方 法 納 税 通 知 書 等 封 入 封 緘 業 務 委 託 市 県 民 税 納 税 通 知 書 のブッキング, 封 入 封 緘 及 び 保 管, 納 品 業 務 [ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 一 部 ] 1) 特 定 個 人 情 報 ファイルの 全 体 2) 特 定 個 人 情 報 ファイルの 一 部 1) 1 万 人 未 満 [ 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 ] 2) 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 3) 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 4) 100 万 人 以 上 1,000 万 人 未 満 5) 1,000 万 人 以 上 納 税 者 のうち, 個 人 住 民 税 を 普 通 徴 収 の 方 法 によって 徴 収 しようとする 者 短 期 間 で 大 量 の 納 税 通 知 書 等 の 封 入 封 緘 となり, 庁 内 だけでの 対 応 は 困 難 であるため, 専 門 業 者 への 委 託 が 必 要 となる [ 10 人 以 上 50 人 未 満 ] 1) 10 人 未 満 2) 10 人 以 上 50 人 未 満 3) 50 人 以 上 100 人 未 満 4) 100 人 以 上 500 人 未 満 5) 500 人 以 上 1,000 人 未 満 6) 1,000 人 以 上 [ ] 専 用 線 [ ] 電 子 メール [ ] フラッシュメモ [ ] 紙 リ [ ] その 他 ( ) 福 山 市 情 報 公 開 条 例 第 10 条 の 規 定 に 基 づく 開 示 請 求 を 行 うことで 確 認 ができる 西 尾 総 合 印 刷 株 式 会 社 [ ] 電 子 記 録 媒 体 (フラッシュメモリを 除 く ) 7 再 委 託 の 有 無 [ 再 委 託 しない ] 1) 再 委 託 する 2) 再 委 託 しない 再 委 託 8 再 委 託 の 許 諾 方 法 9 再 委 託 事 項 委 託 事 項 7 1 委 託 内 容 2 取 扱 いを 委 託 する 特 定 個 人 情 報 ファイルの 範 囲 対 象 となる 本 人 の 数 対 象 となる 本 人 の 範 囲 その 妥 当 性 3 委 託 先 における 取 扱 者 数 市 県 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 変 更 通 知 書 ( 納 税 義 務 者 用 )の 圧 着 業 務 委 託 市 県 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 変 更 通 知 書 ( 納 税 義 務 者 用 )の 圧 着 業 務 [ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 一 部 ] 1) 特 定 個 人 情 報 ファイルの 全 体 2) 特 定 個 人 情 報 ファイルの 一 部 1) 1 万 人 未 満 [ 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 ] 2) 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 3) 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 4) 100 万 人 以 上 1,000 万 人 未 満 5) 1,000 万 人 以 上 納 税 者 のうち, 個 人 住 民 税 を 特 別 徴 収 の 方 法 によって 徴 収 しようとする 者 短 期 間 で 大 量 の 決 定 変 更 通 知 書 ( 納 税 義 務 者 用 )の 圧 着 となり, 庁 内 だけでの 対 応 は 困 難 であるた め, 専 門 業 者 への 委 託 が 必 要 となる [ 10 人 未 満 ] 1) 10 人 未 満 2) 10 人 以 上 50 人 未 満 3) 50 人 以 上 100 人 未 満 4) 100 人 以 上 500 人 未 満 5) 500 人 以 上 1,000 人 未 満 6) 1,000 人 以 上 22

23 4 委 託 先 への 特 定 個 人 情 報 ファイルの 提 供 方 法 5 委 託 先 名 の 確 認 方 法 6 委 託 先 名 [ ] 専 用 線 [ ] 電 子 メール [ ] 電 子 記 録 媒 体 (フラッシュメモリを 除 く ) [ ] フラッシュメモ [ ] 紙 リ [ ] その 他 ( ) 福 山 市 情 報 公 開 条 例 第 10 条 の 規 定 に 基 づく 開 示 請 求 を 行 うことで 確 認 ができる 藤 システムズ 株 式 会 社 再 委 託 7 再 委 託 の 有 無 8 再 委 託 の 許 諾 方 法 9 再 委 託 事 項 [ 再 委 託 しない ] 1) 再 委 託 する 2) 再 委 託 しない 5. 特 定 個 人 情 報 の 提 供 移 転 ( 委 託 に 伴 うものを 除 く ) 提 供 移 転 の 有 無 1 法 令 上 の 根 拠 番 号 法 第 19 条 第 7 号 別 表 第 二 ( 別 紙 1 参 照 ) 2 提 供 先 における 用 途 番 号 法 第 19 条 第 7 号 別 表 第 二 に 定 める 事 務 ( 別 紙 1 参 照 ) 3 提 供 する 情 報 4 提 供 する 情 報 の 対 象 となる 本 人 の 数 5 提 供 する 情 報 の 対 象 となる 本 人 の 範 囲 [ ] 提 供 を 行 っている ( 59 ) 件 [ ] 行 っていない 提 供 先 1 番 号 法 第 19 条 第 7 号 別 表 第 二 に 定 める 情 報 照 会 者 ( 別 紙 1 参 照 ) 番 号 法 第 19 条 第 7 号 別 表 第 二 第 四 欄 に 定 める 住 民 税 関 係 情 報 [ 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 2.3 対 象 となる 本 人 の 範 囲 と 同 様 1) 1 万 人 未 満 ] 2) 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 3) 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 4) 100 万 人 以 上 1,000 万 人 未 満 5) 1,000 万 人 以 上 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] 専 用 線 [ ] 移 転 を 行 っている ( 18 ) 件 6 提 供 方 法 7 時 期 頻 度 提 供 先 2 1 法 令 上 の 根 拠 2 提 供 先 における 用 途 [ ] 電 子 メール [ ] 電 子 記 録 媒 体 (フラッシュメモリを 除 く ) [ ] フラッシュメモリ [ ] 紙 [ ] その 他 ( ) 照 会 を 受 ける 都 度 給 与 からの 特 別 徴 収 義 務 者 番 号 法 第 19 条 第 1 号 給 与 からの 特 別 徴 収 税 額 情 報 を 特 別 徴 収 義 務 者 が 把 握 する 3 提 供 する 情 報 4 提 供 する 情 報 の 対 象 となる 本 人 の 数 給 与 からの 特 別 徴 収 税 額 [ 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 5 提 供 する 情 報 の 対 象 となる 給 与 からの 特 別 徴 収 対 象 となる 給 与 所 得 者 本 人 の 範 囲 1) 1 万 人 未 満 ] 2) 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 3) 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 4) 100 万 人 以 上 1,000 万 人 未 満 5) 1,000 万 人 以 上 23

24 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] 専 用 線 6 提 供 方 法 [ ] 電 子 メール [ ] 電 子 記 録 媒 体 (フラッシュメモリを 除 く ) [ ] フラッシュメモリ [ ] 紙 [ ] その 他 ( ) 7 時 期 頻 度 当 初 賦 課 時 期 ( 年 1 回 ) 及 び 更 正 時 ( 月 1 回 ) 提 供 先 3 1 法 令 上 の 根 拠 2 提 供 先 における 用 途 年 金 保 険 者 番 号 法 第 19 条 第 1 号 年 金 からの 特 別 徴 収 税 額 情 報 を 年 金 保 険 者 が 把 握 する 3 提 供 する 情 報 4 提 供 する 情 報 の 対 象 となる 本 人 の 数 5 提 供 する 情 報 の 対 象 となる 本 人 の 範 囲 6 提 供 方 法 年 金 からの 特 別 徴 収 税 額 情 報 [ 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 年 金 からの 特 別 徴 収 対 象 となる 年 金 受 給 者 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] 専 用 線 [ ] 電 子 メール [ ] 電 子 記 録 媒 体 (フラッシュメモリを 除 く ) [ ] フラッシュメモリ [ [ ] その 他 ( ) 7 時 期 頻 度 当 初 賦 課 時 期 ( 年 1 回 ) 及 び 更 正 時 (2ヶ 月 に1 回 ) 1) 1 万 人 未 満 ] 2) 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 3) 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 4) 100 万 人 以 上 1,000 万 人 未 満 5) 1,000 万 人 以 上 ] 紙 提 供 先 4 1 法 令 上 の 根 拠 2 提 供 先 における 用 途 市 区 町 村 長 番 号 法 第 19 条 第 8 号 個 人 住 民 税 の 賦 課 及 び 徴 収 3 提 供 する 情 報 本 市 で 課 税 しない 者 に 係 る 申 告 情 報 ( 給 与 支 払 報 告 書, 公 的 年 金 等 支 払 報 告 書 及 び 確 定 申 告 書 等 ) 4 提 供 する 情 報 の 対 象 となる 本 人 の 数 5 提 供 する 情 報 の 対 象 となる 本 人 の 範 囲 6 提 供 方 法 [ 1 万 人 未 満 本 市 で 課 税 しない 者 に 係 る 申 告 情 報 が 提 出 された 者 [ ] 情 報 提 供 ネットワークシステム [ ] 専 用 線 [ 1) 1 万 人 未 満 ] 2) 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 3) 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 4) 100 万 人 以 上 1,000 万 人 未 満 5) 1,000 万 人 以 上 ] 電 子 メール [ ] 電 子 記 録 媒 体 (フラッシュメモリを 除 く ) [ ] フラッシュメモリ [ ] 紙 [ ] その 他 ( ) 7 時 期 頻 度 提 出 される 都 度 24

25 移 転 先 1 番 号 法 第 9 条 第 1 項 別 表 第 一 に 定 める 事 務 ( 別 紙 2 参 照 ) 1 法 令 上 の 根 拠 番 号 法 第 9 条 第 1 項 別 表 第 一 ( 別 紙 2 参 照 ) 2 移 転 先 における 用 途 番 号 法 第 9 条 第 1 項 別 表 第 一 に 定 める 事 務 ( 別 紙 2 参 照 ) 3 移 転 する 情 報 4 移 転 する 情 報 の 対 象 となる 本 人 の 数 5 移 転 する 情 報 の 対 象 となる 本 人 の 範 囲 6 移 転 方 法 住 民 税 関 係 情 報 [ 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 2.3 対 象 となる 本 人 の 範 囲 と 同 様 [ ] 庁 内 連 携 システム [ ] 専 用 線 [ ] 電 子 メール [ ] 電 子 記 録 媒 体 (フラッシュメモリを 除 く ) [ ] フラッシュメモリ [ 1) 1 万 人 未 満 ] 2) 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 3) 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 4) 100 万 人 以 上 1,000 万 人 未 満 5) 1,000 万 人 以 上 [ ] その 他 ( ) ] 紙 7 時 期 頻 度 当 初 賦 課 時 及 び 異 動 入 力 があった 都 度 6. 特 定 個 人 情 報 の 保 管 消 去 < 個 人 住 民 税 賦 課 事 務 における 措 置 > 1 鍵 等 により 入 室 が 制 限 されている 場 所 (サーバ 室 )に 設 置 したサーバ 内 に 保 管 する また,サーバ 室 への 入 室 については, 事 前 に 名 前, 用 務 等 を 確 認 の 上, 許 可 した 者 以 外 入 らないよう 入 室 の 管 理 を 実 施 し, 管 理 簿 及 びICカードによる 入 退 室 の 管 理 を 実 施 している 2 申 告 書 等 の 紙 媒 体 については, 施 錠 ができる 書 庫 に 保 管 し 担 当 者 以 外 の 入 退 室 を 制 限 している 3サーバへのアクセスは 個 人 認 証 による 制 限 管 理 を 実 施 している 1 保 管 場 所 < 遠 隔 地 バックアップにおける 措 置 > 大 規 模 な 自 然 災 害 や 人 的 災 害 において, 市 民 生 活 に 必 要 となる 本 市 の 業 務 機 能 を 維 持 するため, 必 要 となる 業 務 システム 環 境 を 外 部 ハウジングセンター 内 に 保 管 する 2 保 管 期 間 期 間 < 中 間 サーバー プラットフォームにおける 措 置 > 1 中 間 サーバー プラットフォームはデータセンターに 設 置 しており,データセンターへの 入 館 及 びサー バー 室 への 入 室 を 厳 重 に 管 理 する 2 特 定 個 人 情 報 は,サーバー 室 に 設 置 された 中 間 サーバーのデータベース 内 に 保 存 され,バックアップ もデータベース 上 に 保 存 される [ 6 年 以 上 10 年 未 満 ] 7) 6 年 以 上 10 年 未 満 8) 10 年 以 上 20 年 未 満 9) 20 年 以 上 10) 定 められていない 1) 1 年 未 満 4) 3 年 2) 1 年 5) 4 年 3) 2 年 6) 5 年 その 妥 当 性 地 方 税 法 の 規 定 に 基 づき, 本 市 においては7 年 間 保 管 と 定 めているため < 個 人 住 民 税 賦 課 事 務 における 措 置 > 1 保 管 期 間 を 過 ぎたデータについては,アクセス 制 御 により 対 応 を 行 っている 2 申 告 書 等 の 紙 媒 体 については, 溶 解 処 理 を 行 っている 3ディスク 交 換 やハード 更 改 等 の 際 はサーバー プラットフォームの 保 守 及 び 運 用 を 行 う 事 業 者 におい て, 保 存 された 情 報 が 読 み 出 しできないよう, 物 理 的 破 壊 又 は 専 用 ソフト 等 を 利 用 して 完 全 に 消 去 する 3 消 去 方 法 < 遠 隔 地 バックアップにおける 措 置 > バックアップが 目 的 のためデータについては 日 々 更 新 されており 消 去 することはない < 中 間 サーバー プラットフォームにおける 措 置 > 1 特 定 個 人 情 報 の 消 去 は 地 方 公 共 団 体 からの 操 作 によって 実 施 されるため, 通 常, 中 間 サーバー プ ラットフォームの 保 守 及 び 運 用 を 行 う 事 業 者 が 特 定 個 人 情 報 を 消 去 することはない 2ディスク 交 換 やハード 更 改 等 の 際 は, 中 間 サーバー プラットフォームの 保 守 及 び 運 用 を 行 う 事 業 者 に おいて, 保 存 された 情 報 が 読 み 出 しできないよう, 物 理 的 破 壊 又 は 専 用 ソフト 等 を 利 用 して 完 全 に 消 去 する 7. 備 考 25

26 ( 別 紙 1) 番 号 法 第 19 条 第 7 号 別 表 第 二 に 定 める 事 務 提 供 先 1 法 令 上 の 根 拠 1 厚 生 労 働 大 臣 1 2 提 供 先 における 用 途 健 康 保 険 法 第 5 条 第 2 項 の 規 定 により 厚 生 労 働 大 臣 が 行 うこととされた 健 康 保 険 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 2 全 国 健 康 保 険 協 会 2 健 康 保 険 法 による 保 険 給 付 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 3 健 康 保 険 組 合 3 健 康 保 険 法 による 保 険 給 付 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 4 厚 生 労 働 大 臣 4 5 全 国 健 康 保 険 協 会 6 6 都 道 府 県 知 事 8 7 市 町 村 長 10 8 都 道 府 県 知 事 又 は 市 町 村 長 15 船 員 保 険 法 第 4 項 第 2 項 の 規 定 により 厚 生 労 働 大 臣 が 行 うこととされた 船 員 保 険 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 船 員 保 険 法 による 保 険 給 付 又 は 平 成 19 年 法 律 第 30 号 附 則 第 39 条 の 規 定 によりな お 従 前 の 例 によるものとされた 平 成 19 年 法 律 第 30 号 第 4 条 の 規 定 による 改 正 前 の 船 員 保 険 法 による 保 険 給 付 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 児 童 福 祉 法 による 里 親 の 認 定, 養 育 里 親 の 登 録 又 は 障 害 児 入 所 給 付 費, 高 額 障 害 児 入 所 給 付 費 若 しくは 特 定 入 所 障 害 児 食 費 等 給 付 費 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 児 童 福 祉 法 による 障 害 児 通 所 給 付 費, 特 例 障 害 児 通 所 給 付 費, 高 額 障 害 児 通 所 給 付 費, 障 害 児 相 談 支 援 給 付 費 若 しくは 特 例 障 害 児 相 談 支 援 給 付 費 の 支 給 又 は 障 害 福 祉 サービスの 提 供 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 児 童 福 祉 法 による 負 担 能 力 の 認 定 又 は 費 用 の 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 9 都 道 府 県 知 事 16 児 童 福 祉 法 による 費 用 の 支 払 命 令 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 10 市 町 村 長 都 道 府 県 知 事 都 道 府 県 知 事 等 市 町 村 長 都 道 府 県 知 事 厚 生 労 働 大 臣 又 は 共 済 組 合 等 公 営 住 宅 法 第 2 条 第 16 号 に 規 定 する 事 業 主 体 である 都 道 府 県 知 事 又 は 市 町 村 長 17 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 厚 生 労 働 大 臣 又 は 共 済 組 合 等 文 部 科 学 大 臣 又 は 都 道 府 県 教 育 委 員 会 20 国 家 公 務 員 共 済 組 合 国 家 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 40 予 防 接 種 法 による 給 付 の 支 給 又 は 実 費 の 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 による 入 院 措 置 又 は 費 用 の 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 生 活 保 護 法 による 保 護 の 決 定 及 び 実 施 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるも の 地 方 税 法 その 他 の 地 方 税 に 関 する 法 律 及 びこれらの 法 律 に 基 づく 条 例 による 地 方 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 地 方 税 法 その 他 の 地 方 税 に 関 する 法 律 及 びこれらの 法 律 に 基 づく 条 例 による 地 方 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 地 方 税 法 その 他 の 地 方 税 に 関 する 法 律 及 びこれらの 法 律 に 基 づく 条 例 による 地 方 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 31 公 営 住 宅 法 による 公 営 住 宅 の 管 理 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 市 町 村 長 又 は 国 民 健 康 保 険 組 合 厚 生 労 働 大 臣 48 私 立 学 校 教 職 員 共 済 法 による 短 期 給 付 又 は 年 金 である 給 付 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 厚 生 年 金 保 険 法 による 年 金 である 保 険 給 付 又 は 一 時 金 の 支 給 に 関 する 事 務 で あって 主 務 省 令 で 定 めるもの 特 別 支 援 学 校 への 就 学 奨 励 に 関 する 法 律 による 特 別 支 援 学 校 への 就 学 のため 必 要 な 経 費 の 支 弁 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 による 短 期 給 付 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 又 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 の 長 期 給 付 に 関 する 施 行 法 に よる 年 金 である 給 付 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 国 民 健 康 保 険 法 による 保 険 給 付 の 支 給 又 は 保 険 料 の 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 国 民 年 金 法 による 年 金 である 給 付 若 しくは 一 時 金 の 支 給, 保 険 料 の 納 付 に 関 する 処 分 又 は 保 険 料 その 他 徴 収 金 の 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 26

27 ( 別 紙 1) 番 号 法 第 19 条 第 7 号 別 表 第 二 に 定 める 事 務 提 供 先 24 住 宅 地 区 改 良 法 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 施 行 者 である 都 道 府 県 知 事 又 は 市 町 村 長 1 法 令 上 の 根 拠 都 道 府 県 知 事 等 地 方 公 務 員 共 済 組 合 58 2 提 供 先 における 用 途 住 宅 地 区 改 良 法 による 改 良 住 宅 の 管 理 若 しくは 家 賃 若 しくは 敷 金 の 決 定 若 しくは 変 更 又 は 収 入 超 過 者 に 対 する 措 置 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 児 童 扶 養 手 当 法 による 児 童 扶 養 手 当 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 による 短 期 給 付 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 27 地 方 公 務 員 共 済 組 合 又 は 全 国 市 町 村 職 員 共 済 組 合 連 合 会 59 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 又 は 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 の 長 期 給 付 等 に 関 する 施 行 法 による 年 金 である 給 付 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 28 市 町 村 長 61 老 人 福 祉 法 による 福 祉 の 措 置 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 29 市 町 村 長 62 老 人 福 祉 法 による 費 用 の 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 30 都 道 府 県 知 事 都 道 府 県 知 事 及 び 市 町 村 長 都 道 府 県 知 事 等 厚 生 労 働 大 臣 又 は 都 道 府 県 知 事 都 道 府 県 知 事 67 母 子 及 び 父 子 並 びに 寡 婦 福 祉 法 による 償 還 未 済 額 の 免 除 又 は 資 金 の 貸 付 けに 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 母 子 及 び 父 子 並 びに 寡 婦 福 祉 法 による 配 偶 者 のない 者 で 現 に 児 童 を 扶 養 している もの 又 は 寡 婦 についての 便 宜 の 供 与 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 母 子 及 び 父 子 並 びに 寡 婦 福 祉 法 による 給 付 金 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 特 別 児 童 扶 養 手 当 等 の 支 給 に 関 する 法 律 による 特 別 児 童 扶 養 手 当 の 支 給 に 関 す る 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 特 別 児 童 扶 養 手 当 等 の 支 給 に 関 する 法 律 による 障 害 児 福 祉 手 当 若 しくは 特 別 障 害 者 手 当 又 は 昭 和 60 年 法 律 第 34 号 附 則 第 97 条 第 1 項 の 福 祉 手 当 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 35 市 町 村 長 70 母 子 保 健 法 による 費 用 の 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 36 厚 生 労 働 大 臣 又 は 都 道 府 県 知 事 市 町 村 長 ( 児 童 手 当 法 第 17 条 第 1 項 の 表 の 下 欄 に 掲 げる 者 を 含 む ) 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 厚 生 労 働 大 臣 84 雇 用 対 策 法 による 職 業 転 換 給 付 金 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 め るもの 児 童 手 当 法 による 児 童 手 当 又 は 特 例 給 付 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 高 齢 者 の 医 療 の 確 保 に 関 する 法 律 による 後 期 高 齢 者 医 療 給 付 の 支 給 又 は 保 険 料 の 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 昭 和 60 年 法 律 第 34 号 附 則 第 87 条 第 2 項 の 規 定 により 厚 生 年 金 保 険 の 実 施 者 たる 政 府 が 支 給 するものとされた 年 金 である 保 険 給 付 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 40 都 道 府 県 知 事 等 87 中 国 残 留 邦 人 等 支 援 給 付 等 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 41 厚 生 労 働 大 臣 平 成 8 年 法 律 第 82 号 附 則 第 32 条 第 2 項 に 規 定 する 存 続 組 合 又 は 平 成 8 年 法 律 第 82 号 附 則 第 48 条 第 1 項 に 規 定 する 指 定 基 金 都 道 府 県 知 事 又 は 保 健 所 を 設 置 する 市 の 長 市 町 村 長 厚 生 労 働 大 臣 101 平 成 8 年 法 律 第 82 号 附 則 第 16 条 第 3 項 の 規 定 により 厚 生 年 金 保 険 の 実 施 者 たる 政 府 が 支 給 するものとされた 年 金 である 給 付 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 平 成 8 年 法 律 第 82 号 による 年 金 である 長 期 給 付 又 は 年 金 である 給 付 の 支 給 に 関 す る 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 介 護 保 険 法 による 保 険 給 付 の 支 給 又 は 保 険 料 の 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 による 費 用 の 負 担 又 は 療 養 費 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 厚 生 年 金 保 険 制 度 及 び 農 林 漁 業 団 体 職 員 共 済 組 合 制 度 の 統 合 を 図 るための 農 林 漁 業 団 体 職 員 共 済 組 合 法 等 を 廃 止 する 等 の 法 律 附 則 第 16 条 第 3 項 の 規 定 により 厚 生 年 金 保 険 の 実 施 者 たる 政 府 が 支 給 するものとされた 年 金 である 給 付 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 27

28 ( 別 紙 1) 番 号 法 第 19 条 第 7 号 別 表 第 二 に 定 める 事 務 提 供 先 1 法 令 上 の 根 拠 46 農 林 漁 業 団 体 職 員 共 済 組 合 独 立 行 政 法 人 農 業 者 年 金 基 金 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 提 供 先 における 用 途 厚 生 年 金 保 険 制 度 及 び 農 林 漁 業 団 体 職 員 共 済 組 合 制 度 の 統 合 を 図 るための 農 林 漁 業 団 体 職 員 共 済 組 合 法 等 を 廃 止 する 等 の 法 律 による 年 金 である 給 付 ( 同 法 附 則 第 16 条 第 3 項 の 規 定 により 厚 生 年 金 保 険 の 実 施 者 たる 政 府 が 支 給 するものとされ た 年 金 である 給 付 を 除 く ) 若 しくは 一 時 金 の 支 給 又 は 特 例 業 務 負 担 金 の 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 独 立 行 政 法 人 農 業 者 年 金 基 金 法 による 農 業 者 年 金 事 業 の 給 付 の 支 給 若 しくは 保 険 料 その 他 徴 収 金 の 徴 収 又 は 同 法 附 則 第 6 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 により 独 立 行 政 法 人 農 業 者 年 金 基 金 が 行 うものとされた 平 成 13 年 法 律 第 39 号 による 改 正 前 の 農 業 者 年 金 基 金 法 若 しくは 平 成 2 年 法 律 第 21 号 による 改 正 前 の 農 業 者 年 金 基 金 法 によ る 給 付 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 法 による 学 資 の 貸 与 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 49 厚 生 労 働 大 臣 都 道 府 県 知 事 又 は 市 町 村 長 108 特 定 障 害 者 に 対 する 特 別 障 害 給 付 金 の 支 給 に 関 する 法 律 による 特 別 障 害 給 付 金 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 による 自 立 支 援 給 付 の 支 給 又 は 地 域 生 活 支 援 事 業 の 実 施 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 め るもの 51 文 部 科 学 大 臣 都 道 府 県 知 事 又 は 都 道 府 県 教 育 委 員 会 113 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 による 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 52 厚 生 労 働 大 臣 114 職 業 訓 練 の 実 施 等 による 特 定 求 職 者 の 就 職 の 支 援 に 関 する 法 律 による 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 53 平 成 23 年 法 律 第 56 号 附 則 第 23 条 第 1 項 第 3 号 に 規 定 する 存 続 共 済 会 115 平 成 23 年 法 律 第 56 号 による 年 金 である 給 付 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 54 市 町 村 長 厚 生 労 働 大 臣 都 道 府 県 知 事 120 子 ども 子 育 て 支 援 方 による 子 どものための 教 育 保 育 給 付 の 支 給 又 は 地 域 子 ど も 子 育 て 支 援 事 業 の 実 施 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 年 金 生 活 支 援 給 付 金 の 支 給 に 関 する 法 律 による 年 金 生 活 者 支 援 給 付 金 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 難 病 の 患 者 に 対 する 医 療 等 に 関 する 法 律 による 特 定 医 療 費 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 28

29 ( 別 紙 2) 番 号 法 第 9 条 第 1 項 別 表 第 一 に 定 める 事 務 移 転 先 1 法 令 上 の 根 拠 1 子 育 て 支 援 課 7 2 移 転 先 における 用 途 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )による 里 親 の 認 定, 養 育 里 親 の 登 録, 療 育 の 給 付, 障 害 児 入 所 給 付 費, 高 額 障 害 児 入 所 給 付 費, 特 定 入 所 障 害 児 食 費 等 給 付 費 若 しくは 障 害 児 入 所 医 療 費 の 支 給, 医 療 の 給 付 等 の 事 業 若 しくは 日 常 生 活 上 の 援 助 及 び 生 活 指 導 並 びに 就 業 の 支 援 の 実 施, 負 担 能 力 の 認 定 又 は 費 用 の 徴 収 若 しくは 支 払 命 令 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 2 障 がい 福 祉 課 8 3 児 童 部 庶 務 課 8 4 生 活 福 祉 課 15 5 国 保 年 金 課 16 6 国 保 年 金 課 30 7 国 保 年 金 課 31 8 子 育 て 支 援 課 37 9 高 齢 者 支 援 課 子 育 て 支 援 課 子 育 て 支 援 課 障 がい 福 祉 課 障 がい 福 祉 課 子 育 て 支 援 課 後 期 高 齢 者 医 療 課 生 活 福 祉 課 介 護 保 険 課 障 がい 福 祉 課 84 児 童 福 祉 法 による 障 害 児 通 所 給 付 費, 特 例 障 害 児 通 所 給 付 費, 高 額 障 害 児 通 所 給 付 費, 肢 体 不 自 由 児 通 所 医 療 費, 障 害 児 相 談 支 援 給 付 費 若 しくは 特 例 障 害 児 相 談 支 援 給 付 費 の 支 給, 障 害 福 祉 サービスの 提 供, 保 育 所 における 保 育 の 実 施 若 しくは 措 置 又 は 費 用 の 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 児 童 福 祉 法 による 障 害 児 通 所 給 付 費, 特 例 障 害 児 通 所 給 付 費, 高 額 障 害 児 通 所 給 付 費, 肢 体 不 自 由 児 通 所 医 療 費, 障 害 児 相 談 支 援 給 付 費 若 しくは 特 例 障 害 児 相 談 支 援 給 付 費 の 支 給, 障 害 福 祉 サービスの 提 供, 保 育 所 における 保 育 の 実 施 若 しくは 措 置 又 は 費 用 の 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 生 活 保 護 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 144 号 )による 保 護 の 決 定 及 び 実 施, 保 護 に 要 す る 費 用 の 返 還 又 は 費 用 の 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 の 定 めるもの 地 方 税 法 その 他 の 地 方 税 に 関 する 法 律 及 びこれらの 法 律 に 基 づく 条 例 による 地 方 税 の 賦 課 徴 収 又 は 地 方 税 に 関 する 調 査 ( 犯 則 事 件 の 調 査 を 含 む )に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 192 号 )による 保 険 給 付 の 支 給 又 は 保 険 料 の 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )による 年 金 である 給 付 若 しくは 一 時 金 の 支 給, 保 険 料 その 他 徴 収 金 の 徴 収, 基 金 の 設 立 の 認 可 又 は 加 入 員 の 資 格 の 取 得 及 び 喪 失 に 関 する 事 項 の 届 出 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 児 童 扶 養 手 当 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 238 号 )による 児 童 扶 養 手 当 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 老 人 福 祉 法 ( 昭 和 38 年 法 律 第 133 号 )による 福 祉 の 措 置 又 は 費 用 の 徴 収 に 関 す る 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 母 子 及 び 父 子 並 びに 寡 婦 福 祉 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 129 号 )による 資 金 の 貸 付 け に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 母 子 及 び 父 子 並 びに 寡 婦 福 祉 法 による 給 付 金 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 特 別 児 童 扶 養 手 当 等 の 支 給 に 関 する 法 律 ( 昭 和 39 年 法 律 第 134 号 )による 特 別 児 童 扶 養 手 当 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 特 別 児 童 扶 養 手 当 等 の 支 給 に 関 する 法 律 による 障 害 児 福 祉 手 当 若 しくは 特 別 障 害 者 手 当 又 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 60 年 法 律 第 34 号 以 下 昭 和 60 年 法 律 第 34 号 という ) 附 則 第 97 条 第 1 項 の 福 祉 手 当 の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 児 童 手 当 法 による 児 童 手 当 又 は 特 例 給 付 ( 同 法 附 則 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 給 付 をいう 以 下 同 じ )の 支 給 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 高 齢 者 の 医 療 の 確 保 に 関 する 法 律 による 後 期 高 齢 者 医 療 給 付 又 は 保 険 料 の 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 中 国 残 留 邦 人 等 の 円 滑 な 帰 国 の 促 進 及 び 永 住 帰 国 後 の 自 立 の 支 援 に 関 する 法 律 による 支 援 給 付 ( 以 下 中 国 残 留 邦 人 等 支 援 給 付 という )の 支 給 に 関 す る 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 介 護 保 険 法 ( 平 成 9 年 法 律 第 123 号 )による 保 険 給 付 の 支 給 又 は 保 険 料 の 徴 収 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 による 自 立 支 援 給 付 の 支 給 又 は 地 域 生 活 支 援 事 業 の 実 施 に 関 する 事 務 であって 主 務 省 令 で 定 めるもの 29

30 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 1. 特 定 個 人 情 報 ファイル 名 (2) 申 告 支 援 情 報 ファイル 2. 基 本 情 報 1ファイルの 種 類 2 対 象 となる 本 人 の 数 3 対 象 となる 本 人 の 範 囲 [ システム 用 ファイル ] [ 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 ] 1) システム 用 ファイル 2) その 他 の 電 子 ファイル( 表 計 算 ファイル 等 ) 1) 1 万 人 未 満 2) 1 万 人 以 上 10 万 人 未 満 3) 10 万 人 以 上 100 万 人 未 満 4) 100 万 人 以 上 1,000 万 人 未 満 5) 1,000 万 人 以 上 賦 課 期 日 (1 月 1 日 ) 時 点 で 本 市 に 住 所 を 有 する 個 人 並 びに 本 市 に 住 所 を 有 しないその 配 偶 者, 被 扶 養 者 又 は, 本 市 内 に 事 業 所 や 家 屋 敷 を 有 する 個 人 並 びに 本 市 に 住 所 を 有 しない 者 のうち, 所 得 にかか る 各 種 申 告 があった 者 及 びその 配 偶 者, 被 扶 養 者 その 必 要 性 4 記 録 される 項 目 個 人 住 民 税 の 適 正 かつ 公 平 な 課 税 事 務 を 効 率 的 に 行 うため [ 100 項 目 以 上 ] 1) 10 項 目 未 満 2) 10 項 目 以 上 50 項 目 未 満 3) 50 項 目 以 上 100 項 目 未 満 4) 100 項 目 以 上 識 別 情 報 主 な 記 録 項 目 その 妥 当 性 [ ] 個 人 番 号 連 絡 先 等 情 報 [ ] 4 情 報 ( 氏 名 性 別 生 年 月 日 住 所 ) [ ] 連 絡 先 ( 電 話 番 号 等 ) [ ] その 他 住 民 票 関 係 情 報 業 務 関 係 情 報 [ ] 国 税 関 係 情 報 [ ] 地 方 税 関 係 情 報 [ ] 医 療 保 険 関 係 情 報 [ ] 児 童 福 祉 子 育 て 関 係 情 報 [ [ ] 生 活 保 護 社 会 福 祉 関 係 情 報 [ ] 介 護 高 齢 者 福 祉 関 係 情 報 [ ] 雇 用 労 働 関 係 情 報 [ ] 年 金 関 係 情 報 [ ] 災 害 関 係 情 報 [ ] 個 人 番 号 対 応 符 号 [ ] その 他 識 別 情 報 ( 内 部 番 号 ) [ ] その 他 ( ) 個 人 番 号,その 他 識 別 情 報 ( 内 部 番 号 ),4 情 報 : 対 象 者 を 特 定 するために 保 有 その 他 の 住 民 票 関 係 情 報 : 配 偶 者 及 び 扶 養 者 の 特 定 のために 保 有 連 絡 先 : 確 定 申 告 書 に 印 字 するために 保 有 国 税 関 係 情 報, 地 方 税 関 係 情 報 : 申 告 受 付 情 報 のために 保 有 [ ] 健 康 医 療 関 係 情 報 ] 障 害 者 福 祉 関 係 情 報 [ ] 学 校 教 育 関 係 情 報 全 ての 記 録 項 目 別 添 2を 参 照 5 保 有 開 始 日 6 事 務 担 当 部 署 平 成 27 年 10 月 企 画 財 政 局 税 務 部 市 民 税 課 30

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

特定個人情報保護評価書(全項目評価書)

特定個人情報保護評価書(全項目評価書) 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 3 評 価 書 名 職 業 安 定 行 政 業 務 に 関 する 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 職 業 安 定 行 政 業 務 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 については 全 国 の 都 道 府 県 労 働

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868 議 案 第 36 号 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 利 用 及 び 特 定 個 人 情 報 提 供 に 関 する 条 例 制 定 について 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817995CA93598251817A837D834383698393836F815B90A7937890E096BE8E9197BF88C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817995CA93598251817A837D834383698393836F815B90A7937890E096BE8E9197BF88C4> マイナンバー 制 度 の 導 入 に 向 けて ( 雇 用 保 険 業 務 ) ~ 事 業 主 の 皆 様 へ~ 平 成 27 年 7 月 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 ハローワーク 平 成 25 年 5 月 平 成 27 年 10 月 ~ 番 号 関 連 法 の 成 立 公 布 国 民 への 個 人 番 号 の 通 知 の 開 始 平 成 28 年 1 月 ~ 雇 用 保 険 手

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人 佐 野 市 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 する 条 例 ( 案 ) の 概 要 について 1 条 例 制 定 の 背 景 目 的 平 成 25 年 5 月 31 日 に 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

65 発 送 管 理 2 賦 課 期 日 情 報 66 発 送 管 理 3 賦 課 期 日 情 報 67 発 送 管 理 4 賦 課 期 日 情 報 68 発 送 管 理 5 賦 課 期 日 情 報 69 発 送 管 理 6 賦 課 期 日 情 報 70 発 送 管 理 7 賦 課 期 日 情 報

65 発 送 管 理 2 賦 課 期 日 情 報 66 発 送 管 理 3 賦 課 期 日 情 報 67 発 送 管 理 4 賦 課 期 日 情 報 68 発 送 管 理 5 賦 課 期 日 情 報 69 発 送 管 理 6 賦 課 期 日 情 報 70 発 送 管 理 7 賦 課 期 日 情 報 1 宛 名 番 号 全 情 報 共 通 2 年 度 賦 課 期 日 情 報 3 算 定 団 体 コード 賦 課 期 日 情 報 4 履 歴 連 番 賦 課 期 日 情 報 5 氏 名 カナ 賦 課 期 日 情 報 6 氏 名 漢 字 賦 課 期 日 情 報 7 生 年 月 日 賦 課 期 日 情 報 8 性 別 賦 課 期 日 情 報 9 町 名 賦 課 期 日 情 報 10 番 地 賦 課 期 日

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

Microsoft Word - y0813040.doc

Microsoft Word - y0813040.doc 桜 井 市 規 程 要 綱 集 y0813040 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 昭 和 58 年 1 月 25 日 告 示 第 9 号 改 正 平 成 12 年 07 月 01 日 告 示 第 82 号 改 正 平 成 14 年 09 月 27 日 告 示 第 146 号 改 正 平 成

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 1 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について (1) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 趣 旨 について( 概 要 資 料 P.1~2) 1 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 行 政 機 関 等 が 所 得 や 他 の 行 政 サービスの 受 給 状 況 を 把 握 しやすくな るため 負 担 を 不 当 に 免 れることや 給 付 を

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告 市 役 所 窓 口 等 においてマイナンバーの 記 入 が 必 要 となる 手 続 き 等 手 続 きの 通 知 カード 通 知 カード 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )の 変 更 等 引 越 し 婚 姻 などで 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )に 変 更 が 生 じた 市 民 課 住 民 登 録 係 0533-89-2272 手 続 時 には

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁 定 請 求 など 健 康 保 険 の 資 格 喪 失 国 民 健 康 保 険 の 加 入 健 康 保 険

2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁 定 請 求 など 健 康 保 険 の 資 格 喪 失 国 民 健 康 保 険 の 加 入 健 康 保 険 1 参 考 資 料 6 退 職 関 連 手 続 の 現 行 業 務 分 析 1. ヒアリング 対 象 2. ワンストップ 化 に 向 けて 検 討 すべき 課 題 ( 参 考 )ヒアリング 結 果 分 析 2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

技術専門委員会

技術専門委員会 資 料 No. 業 務 1-20 自 治 体 業 務 アプリケーションユニット 標 準 仕 様 法 改 正 対 応 状 況 と 留 意 事 項 V2.1 財 団 法 人 全 国 地 域 情 報 化 推 進 協 会 目 次 本 書 の 位 置 づけ 1 1. 業 務 ユニットの 法 改 正 対 応 状 況 および 固 有 の 留 意 事 項 2 2. 法 改 正 への 対 応 の 考 え 方 8 本

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083528373815B208160208375838D8362834E90E096BE89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083528373815B208160208375838D8362834E90E096BE89EF8E9197BF2E70707478> 住 民 基 本 台 帳 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 < 改 正 概 要 > ( 平 成 21 年 7 月 15 日 公 布 ) 1 外 国 人 住 民 の 利 便 の 増 進 及 び 市 町 村 等 の 行 政 の 合 理 化 を 目 的 として 外 国 人 住 民 を 住 民 基 本 台 帳 法 の 適 用 対 象 に 加 える ( 施 行 期 日 : 入 管 法 等 改

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4)

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4) 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 留 意 事 項 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 26 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 足 寄 町 の 住 民 基 本 台 帳 に 記 録 されている 方 ( ) 2 平 成 26 年 度 分 の 市 町 村 民 税 ( 均 等 割

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引 第 1 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 給 与 支 払 報 告 書 ) 1 提 出 する 必 要 がある 者 平 成 22 年 中 に 俸 給 給 料 賃 金 歳 費 賞 与 その 他 これらの 性 質 を 有 する 給 与 ( 以 下 給 与 等 といいます ) を 支 払 った 者 です 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 提 出 範 囲 年 末 調 整 を し た も の 年 末

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者 財 務 省, 内 定 者 総 務 省 会 計 部 門 定 員 要 求 書 内 示 書 人 事 記 録 ( 甲 ) 記 載 事 項 の 変 更 申 請 退 職 申 請 ( 辞 職 願 ) 定 年 日 通 知 書 人 事 異 動 通 知 書 内 定 通 知 書 採 用 決 定 通 知 書 任 命 結 果 俸 給 関 係 審 議 協 議 採 用 状 況 報 告 提 示 請 求 選 択 結 果 通 知 派

More information

西関東書式

西関東書式 No.1 件 名 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 金 の 誤 支 給 助 成 額 計 算 時 に 象 者 の 加 入 保 険 情 報 を 確 認 し な か っ た た め に 計 算 を 誤 り 過 払 い が 発 生 し た も の < 過 払 い 金 額 76,002 円 > 職 員 の 計 算 時 の 確 認 不 足 象 者 に 経 緯 を 説 明 し お 詫 び し ま し

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378> 総 税 市 第 5 3 号 平 成 21 年 11 月 6 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 住 宅 借 入 金 等 特 税 額 控 除 に 係 る 取 扱 いについて 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 附 則 第 5 条 の 4 及 び 第 5 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC> 鳥 取 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 の 手 引 き 研 究 国 際 協 力 部 国 際 交 流 課 国 際 交 流 係 平 成 24 年 9 月 1 日 改 正 目 次 [ 来 日 前 の 手 続 き] P1 1. 手 続 きの 流 れ 2. 在 留 資 格 認 定 証 明 書 交 付 申 請 手 続 き 3. 住 居 について [ 来 日 後 の 手 続 き] P4 1. 新 規 住

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 平 成 28 年 度 臨 時 福 祉 給 付 金 の 申 請 に 係 る 留 意 事 項 1. 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 28 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 平 成 28 年 1 月 1 日 において 枝 幸 町 の 住 民

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 祉 法 人 氏 名 人 見 君 子 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 番 の 電 話 番 号 075-77 - 388 FAX 番

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

平 成 24 年 分 年 末 調 整 チェックシート 氏 名 男 女 年 末 調 整 の 時 期 となりました 下 記 項 目 のチェックと 該 当 書 類 の 提 出 をお 願 いします 今 年 入 社 である はい 本 年 中 前 職 がある 方 は 前 職 の 源 泉 徴 収 票 を 提 出 して 下 さい 源 泉 徴 収 票 の 提 出 有 ( 社 ) 無 住 宅 借 入 金 等 特 別 控

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第

代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 58 条 第 1 項 に 定 める 財 政 再 計 算 の 実 施 第 2 号 議 案 : 基 金 規

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

6 謝金(給与等)

6 謝金(給与等) (7) 謝 金 ( 給 与 等 ) アルバイトの 雇 用 平 成 27 年 度 研 究 費 執 行 マニュアル P33-36 差 替 版 ア 研 究 協 力 者 への 謝 金 所 得 税 法 上 の 謝 金 の 種 類 によって 手 続 きが 異 なりますので ご 注 意 ください 1 協 力 に 基 づく 研 究 遂 行 のための 資 料 整 理 又 は 実 験 補 助 2 協 力 に 基 づく

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 三 島 市 は 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )は 私 立 の 幼 稚 園 及 び 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )に 在 籍 する 幼 児 の 就 園 に 係 る 父 母 負 担 の 軽

More information

綾瀬市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

綾瀬市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 綾 瀬 市 幼 稚 園 類 似 施 設 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幼 稚 園 類 似 施 設 の 設 置 者 ( 以 下 設 置 者 という )が 入 園 料 及 び 保 育 料 ( 以 下 保 育 料 等 という )の 減 免 をする 場 合 に 綾 瀬 市 が 行 う 幼 稚 園 類 似 施 設 就 園 奨 励 費 補 助 金

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321 平 成 24 年 度 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 千 千 千 23 年 度 16,465 1,969,859 183,816 2,34,765 21.3

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information

日 雇 い 等 の 収 入 の 場 合 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 所 得 額 証 勤 務 先 が 不 特 定 の 日 雇 いをしている 方 前 年 分 確 定 申 告 書 ( 控 ) 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分

日 雇 い 等 の 収 入 の 場 合 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 所 得 額 証 勤 務 先 が 不 特 定 の 日 雇 いをしている 方 前 年 分 確 定 申 告 書 ( 控 ) 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 書 類 審 査 に 必 要 なもの 書 類 審 査 には 次 の1~5の 該 当 する 全 ての 書 類 が 必 要 です 必 要 な 書 類 が 提 出 されない 場 合 は 失 格 になります なお 必 要 事 項 の 記 入 漏 れや 証 明 者 等 の 印 鑑 のないもの およびコピーは 無 効 な 書 類 となります また 提 出 された 書 類 はお 返 しできません 1. 世 帯 員

More information

<8AC48DB88C8B89CA82C98AEE82C382AD915B92758169955C8E8682C696DA8E9F2832362E313129816A>

<8AC48DB88C8B89CA82C98AEE82C382AD915B92758169955C8E8682C696DA8E9F2832362E313129816A> 平 成 26 年 度 監 査 結 果 に 基 づく 措 置 監 査 結 果 に 基 づく 措 置 について 監 査 結 果 に 基 づく 措 置 が 次 のとおり 講 じられましたので 地 方 自 治 法 第 199 条 第 12 項 の 規 定 により 公 表 します 浜 松 市 監 査 委 員 [ 監 査 結 果 に 基 づく 措 置 ] 産 業 部 産 業 総 務 課 1 産 業 振 興 課

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

(2) 質 問 受 付 回 答 方 法 電 子 メールにて 行 うものとし 下 記 担 当 宛 に 送 信 すること 誤 認 防 止 のため 電 話 による 質 問 は 受 け 付 けない また 誤 送 信 等 による 不 達 を 防 止 するた め 質 問 を 送 信 後 に 下 記 担 当 に

(2) 質 問 受 付 回 答 方 法 電 子 メールにて 行 うものとし 下 記 担 当 宛 に 送 信 すること 誤 認 防 止 のため 電 話 による 質 問 は 受 け 付 けない また 誤 送 信 等 による 不 達 を 防 止 するた め 質 問 を 送 信 後 に 下 記 担 当 に 東 京 都 下 水 道 局 職 員 等 個 人 番 号 収 集 管 理 委 託 企 画 コンペティション 実 施 要 領 1 企 画 コンペティションの 目 的 本 企 画 コンペティションは 東 京 都 下 水 道 局 職 員 等 個 人 番 号 収 集 管 理 委 託 業 務 ( 以 下 委 託 業 務 という )を 最 も 適 確 に 実 施 できる 企 画 提 案 を 特 定 することを 目

More information