グローバルな投資環境の整備のあり方に関する意見 【 参考資料 】

Size: px
Start display at page:

Download "グローバルな投資環境の整備のあり方に関する意見 【 参考資料 】"

Transcription

1 グローバルな 環 境 の 整 備 のあり 方 に 関 する 意 見 わが 国 海 外 の 法 的 基 盤 の 整 備 等 に 向 けて 参 考 資 料 わが 国 の 締 結 状 況 (1) 保 護 を 主 な 目 的 とする 2 (2) 自 由 化 を 含 む 3 (3) 交 渉 中 の 4 日 系 企 業 海 外 現 地 法 人 数 社 会 保 障 租 税 条 約 締 結 状 況 5 の 構 成 要 素 (1) の 保 護 紛 争 処 理 等 6 (2) の 定 義 の 円 滑 化 7 (3) 自 由 化 / 外 資 参 入 規 制 の 規 律 8 (4)パフォーマンス 要 求 禁 止 項 目 の 比 較 9 わが 国 企 業 が 直 面 する 課 題 年 4 月 1 5 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会

2 わが 国 の / 締 結 状 況 (1) 保 護 を 主 な 目 的 とする 9カ 国 と 締 結 締 約 国 による 恣 意 的 な 収 用 等 の 抑 止 損 害 の 補 償 などが 期 待 できる 含 まれる 規 定 後 の 内 国 民 最 恵 国 待 遇 収 用 の 際 の 補 償 送 金 の 自 由 家 対 国 家 の 仲 裁 ( 中 国 は 収 用 の 補 償 額 を 巡 る 紛 争 に 限 定 ) 署 名 年 月 発 効 年 月 エジプト 1977 年 1 月 1978 年 1 月 スリランカ 1982 年 3 月 1989 年 8 月 中 国 1988 年 8 月 1989 年 5 月 トルコ 1992 年 2 月 1993 年 3 月 香 港 1997 年 5 月 1997 年 6 月 パキスタン 1998 年 3 月 2002 年 5 月 バングラディシュ 1998 年 11 月 1999 年 8 月 ロシア 1998 年 11 月 2000 年 5 月 モンゴル 2001 年 2 月 2002 年 3 月 2

3 わが 国 の / 締 結 状 況 (2) 自 由 化 を 含 む 12カ 国 と 締 結 では 章 に おいて 自 由 化 等 を 規 定 含 まれる 規 定 自 由 化 ( 出 資 比 率 規 制 など 外 資 参 入 規 制 の 撤 廃 等 ) パフォーマンス 要 求 禁 止 等 活 動 の 円 滑 化 ( 法 令 の 公 表 パブ リックコメント 等 によ る 透 明 性 の 確 保 ) 署 名 年 月 発 効 年 月 シンガポール() 2002 年 1 月 2002 年 11 月 韓 国 ( :BIT) 2002 年 3 月 2003 年 1 月 ベトナム(BIT) 2003 年 11 月 2004 年 12 月 メキシコ() 2004 年 9 月 2005 年 4 月 マレーシア() 2005 年 12 月 2006 年 7 月 フィリピン() 2006 年 9 月 未 発 効 チリ() 2007 年 3 月 2007 年 9 月 タイ() 2007 年 4 月 2007 年 11 月 ブルネイ() 2007 年 6 月 未 発 効 カンボジア(BIT) 2007 年 6 月 未 発 効 イント ネシア() 2007 年 8 月 未 発 効 ラオス(BIT) 2008 年 1 月 未 発 効 3

4 わが 国 の / 締 結 状 況 (3) 交 渉 中 の 交 渉 開 始 年 月 備 考 サウジアラビア(BIT) 2006 年 10 月 2007 年 12 月 に 第 5 回 交 渉 会 合 日 中 韓 (BIT) 2007 年 3 月 2008 年 3 月 に 第 4 回 交 渉 会 合 ウズベキスタン(BIT) 2008 年 2 月 第 1 回 交 渉 終 了 豪 州 () 2007 年 4 月 2008 年 2 月 に 第 4 回 交 渉 会 合 スイス() 2007 年 5 月 2008 年 2 月 に 第 5 回 交 渉 会 合 インド() 2007 年 1 月 2008 年 1 月 に 第 5 回 交 渉 ベトナム() 2007 年 1 月 2007 年 10 月 に 第 5 回 交 渉 会 合 4

5 日 系 企 業 海 外 現 地 法 人 数 社 会 保 障 租 税 条 約 締 結 状 況 締 結 国 交 渉 中 通 商 航 海 条 約 等 締 結 国 予 備 : 予 備 交 渉 中 国 名 社 数 社 会 保 障 租 税 条 約 国 名 社 数 社 会 保 障 租 税 条 約 国 名 社 数 社 会 保 障 租 税 条 約 国 名 社 数 社 会 保 障 租 税 条 約 国 名 社 数 社 会 保 障 租 税 条 約 中 国 4757 ロシア 68 ペルー 15 ネパール 3 モンテネグロ 1 アメリカ 3367 スウェーデン 67 予 備 ナイジェリア 14 クウェート 3 交 渉 ホンジュラス 1 タイ 1575 ケイマン 諸 島 63 ミャンマー 12 オマーン 3 バルバドス 1 香 港 1129 スイス 62 予 備 ギリシア 12 モロッコ 3 ドミニカ 共 和 国 1 シンガポール 1029 ハンガリー 62 予 備 ルーマニア 11 チュニジア 3 アルジェリア 1 台 湾 917 アラフ 首 長 国 連 邦 54 交 渉 エジプト 10 タンザニア 3 セネガル 1 イギリス 784 オーストリア 50 リベリア 9 マダガスカル 3 コートジボワール 1 マレーシア 779 南 アフリカ 47 サイパン 9 モーリシャス 3 トーゴ 1 韓 国 705 チリ 43 マカオ 8 ハ フ アニューキ ニア 3 マリ 1 インドネシア 681 アイルランド 38 予 備 バングラディシュ 8 サモア 3 ブルキナファソ 1 ドイツ 632 ポルトガル 31 ウクライナ 8 フィジー 3 ニジェール 1 フィリピン 444 アルゼンチン 31 カンボジア 7 ヨルダン 2 カメルーン 1 オーストラリア 403 署 名 デンマーク 28 イスラエル 7 レバノン 2 アンゴラ 1 フランス 376 トルコ 28 スロベニア 6 リトアニア 2 エチオピア 1 オランダ 354 署 名 ベネズエラ 25 コスタリカ 5 クロアチア 2 ケニア 1 ベトナム 286 グアム 25 エクアドル 5 バハマ 2 モザンビーク 1 カナダ 269 バージン 諸 島 24 モンゴル 4 ジャマイカ 2 レユニオン 1 ブラジル 252 サウジアラビア 22 ラオス 4 トリニータ ート トハ コ 2 マラウイ 1 メキシコ 218 フィンランド 22 カザフスタン 4 交 渉 ボリビア 2 ザンビア 1 インド 216 パキスタン 19 署 名 バーレーン 4 ガーナ 2 スワジランド 1 イタリア 199 交 渉 スリランカ 19 グアテマラ 4 ジンバブエ 2 トンガ 1 スペイン 155 交 渉 ノルウェー 18 エルサルバドル 4 ソロモン 諸 島 2 ニューカレドニア 1 ベルギー 146 スロバキア 17 プエルトリコ 4 パラオ 2 米 領 サモア 1 パナマ 122 コロンビア 17 アンティール 4 グルジア 1 カタール 0 ニュージーランド 80 バミューダ 16 パラグアイ 4 セルビア 1 ウズベキスタン 0 ポーランド 76 イラン 15 バヌアツ 4 ブルガリア 1 ウルグアイ 0 チェコ 76 署 名 ルクセンブルク 15 予 備 ブルネイ 3 交 渉 エストニア 1 注 ) 現 地 法 人 : 日 本 企 業 の 出 資 比 率 合 計 10% 以 上 の 現 地 法 人 海 外 支 店 事 務 所 出 典 : 海 外 進 出 企 業 総 覧 2007( 東 洋 経 済 新 報 社 ) 5

6 の 構 成 要 素 (1) の 保 護 紛 争 処 理 等 保 護 を 主 目 的 とする 日 星 日 韓 日 越 日 墨 日 マレーシア 日 フィリ ピン 日 チリ 日 タイ 日 カンホ 日 フ ルネイ シ ア 日 イント ネシア 日 ラオス 後 の 内 国 民 待 遇 後 の 最 恵 国 待 遇 公 正 衡 平 待 遇 国 が 家 になした 約 束 の 遵 守 義 務 (アン ブレラ 条 項 ) 収 用 と 補 償 送 金 の 自 由 紛 争 処 理 ( 国 対 家 ) 合 同 委 員 会 ( 実 施 に 関 する 討 議 見 直 し 等 の 場 ) ビジネス 環 境 整 備 委 員 会 NT: 内 国 民 待 遇 (National Treatment) PR:パフォーマンス 要 求 プレ: 前 (NT PR を 除 外 ) ( 再 協 議 ) (PR プレを 除 外 ) (プレを 除 外 ) MFN: 最 恵 国 待 遇 (Most-Favored-Nation) 6

7 の 構 成 要 素 (2) の 定 義 の 円 滑 化 保 護 を 主 目 的 とする 日 星 日 韓 日 越 日 墨 日 マレーシア 日 フィリ ピン 日 チリ 日 タイ 日 カンホ 日 フ ルネイ シ ア 日 イント ネシア 日 ラオス の 定 義 限 定 列 挙 ( 短 期 貸 付 国 営 企 業 向 け 貸 付 等 を 除 く) 直 接 投 資 と 関 連 する 知 財 等 貿 易 金 融 ポート フォリオ は 国 内 法 の 要 件 を 満 た す 必 要 家 の 入 国 申 請 へ の 配 慮 透 明 性 ( 法 令 公 表 ) パブリックコメント 努 力 義 務 汚 職 防 止 努 力 義 務 7

8 の 構 成 要 素 (3) 自 由 化 / 外 資 参 入 規 制 の 規 律 保 護 を 主 目 的 とする 日 星 日 韓 日 越 日 墨 日 マレーシア 日 フィリ ピン 日 チリ 日 タイ 日 カンホ 日 フ ルネイ シ ア 日 イント ネシア 日 ラオス 許 可 段 階 の 内 国 民 待 遇 (ポート フォリオ を 除 く) ( 自 動 車 のみ) 許 可 段 階 の 最 恵 国 待 遇 パフォーマンス 要 求 の 禁 止 ( 最 大 11 項 目 )( 注 1) (9) (11) (10) (8) (TRIMs の 義 務 を 確 認 ) (11) (11) (TRIMs +1) (10) (TRIMs の 義 務 を 確 認 ) (9) (7) 留 保 の 方 式 (ネガティ ブリストの 採 用 )( 注 2) (ポジ) ( 注 3) TRIMs:WTO 貿 易 に 関 連 する 措 置 に 関 する (Agreement on Trade-Related Investment Measures) 注 1: パフォーマンス 要 求 とは 外 資 参 入 を 認 めるにあたり 特 定 の 義 務 の 履 行 を 要 求 すること ( ) 内 は 禁 止 される 要 求 項 目 数 ( 具 体 的 内 容 は 次 頁 参 照 ) 注 2: ネガティブリストとは 外 資 参 入 を 原 則 自 由 化 し 参 入 を 規 制 する 項 目 を 列 挙 する 方 式 8 注 3: ポジ(ポジティブリスト)とは 外 資 参 入 を 自 由 化 する 項 目 を 列 挙 する 方 式

9 の 構 成 要 素 (4) パフォーマンス 要 求 禁 止 項 目 の 比 較 保 護 を 主 目 的 とする 日 星 日 韓 日 越 日 墨 日 マレーシア 日 フィリ ピン 日 チリ 日 タイ 日 カンホ 日 フ ルネイ シ ア 日 イント ネシア 日 ラオス 規 定 数 ( 規 定 なし) (9) (11) (10) (8) (TRIMs (11) の 義 務 を 確 認 ) (8) (TRIMs (10) レベル) (TRIMs の 義 務 を 確 認 ) (9) (7) 輸 出 要 求 ( 注 ) 輸 出 制 限 原 材 料 調 達 要 求 ( 注 ) 物 品 サービスの 使 用 購 入 要 求 輸 出 入 均 衡 要 求 国 内 販 売 制 限 役 員 国 籍 要 求 自 国 民 雇 用 要 求 ( 注 ) ( 注 ) 技 術 移 転 要 求 ( 注 ) 事 業 本 部 要 求 研 究 開 発 要 求 独 占 的 供 給 要 求 注 : 留 保 表 において 制 約 あり TRIMs:WTO 貿 易 に 関 連 する 措 置 に 関 する (Agreement on Trade-Related Investment Measures) はTRIMsで 規 定 される 項 目 9

10 わが 国 企 業 が 直 面 する 課 題 2007 年 10 月 提 言 対 外 経 済 戦 略 の 構 築 と 推 進 を 求 める 補 論 より 外 資 規 制 ( 卸 小 売 物 流 ) 外 資 規 制 ( 金 融 ) 東 アジア 地 域 において 小 売 業 の 外 資 規 制 が 障 壁 となっている 特 にインドにおいては 単 独 資 本 による が 認 められない 中 国 では2001 年 のWTO 加 盟 以 降 石 油 卸 売 小 売 市 場 を 外 資 に 開 放 したが これら 事 業 の 経 営 要 件 を 定 めた 成 品 油 市 場 管 理 弁 法 により 外 資 の 活 動 や 参 入 が 実 質 的 に 制 約 されている 例 :(1) 卸 売 : 供 給 ルートの 確 保 義 務 輸 入 制 約 ( 実 質 的 に 中 国 国 内 企 業 に 依 存 せざるをえない (2) 小 売 : 外 資 比 率 規 制 が50% 未 満 東 アジア 地 域 において 物 流 事 業 の 外 資 規 制 が 厳 しく 100%の 資 本 参 加 が 許 容 されない 場 合 には 現 地 と 合 弁 が 必 要 となる ASEANをはじめとするアジア 諸 国 の 生 保 損 害 保 険 市 場 は 外 資 規 制 が 厳 しい( 特 にインド タイ マレーシア フィリピン 中 国 等 インドは 26% タイは25% 中 国 は50%まで) インド タイなど 成 長 性 の 高 い 市 場 ほど 外 資 に 対 する 出 資 規 制 が 問 題 となっている 単 独 では 進 出 でき ず 提 携 相 手 を 探 す 必 要 がある 米 国 においては 保 険 事 業 の 規 制 が 州 別 となっている 銀 行 証 券 業 態 と 同 様 保 険 についても 連 邦 ベースの 監 督 制 度 を 導 入 し 州 による 監 督 とのいずれかを 選 択 できるようにすることを 希 望 する インドにおいて 外 資 の 証 券 業 に 最 低 資 本 金 規 制 が 存 在 ( 内 資 に 適 用 される1.2 百 万 米 ドルの 純 資 産 額 維 持 に 加 え 外 資 は 最 低 資 本 金 50 百 万 米 ドルが 必 要 ) ベトナムは 証 券 業 の 外 資 持 分 規 制 の 上 限 は49% 非 上 場 にも 制 限 があり 上 限 は30% タイは 外 資 が 過 半 数 の 証 券 会 社 では 引 き 受 け 業 務 とブローカレッジ 業 務 のみ 可 能 マレーシアは 証 券 業 の 外 資 持 分 規 制 の 上 限 は49% 中 国 における 対 内 規 制 について QFII 制 度 (Qualified Foreign Institutional Investors)により 外 国 人 家 には 中 国 当 局 から 個 別 の 認 可 が 必 要 となる 極 めて 限 定 的 な 認 定 であり 各 社 ごとに 可 能 額 も 決 められている 台 湾 では 海 外 家 のうち 法 人 はFINIs(Foreign Institutional Investors) 登 録 が 必 要 金 額 の 上 限 は 設 定 されていない 個 人 の 場 合 には 上 限 が5 百 万 米 ドルまでとされている 国 内 決 済 制 度 保 護 の 観 点 から T+1 決 済 ( 受 渡 )をフェイルすると3 年 間 取 引 禁 止 となる ベトナムでは 海 外 家 は 当 局 に 登 録 し IDを 取 得 する 必 要 がある IDの 取 得 には 現 地 のカストディアン 銀 行 を 指 定 する 必 要 がある 海 外 家 は 取 引 するローカル 証 券 会 社 を 一 社 に 限 定 される 東 アジアにおいて 証 券 業 を 営 む 上 での 阻 害 要 因 として 海 外 における に 対 する 規 制 があり 台 湾 韓 国 で 為 替 管 理 規 制 が 厳 格 である 例 え ば オフショアでの 為 替 取 引 も 禁 止 されており 通 貨 スワップや 他 のデリバティブ 取 引 でも 通 貨 が 関 連 する 取 引 には 規 制 がある 国 内 に 対 する 規 制 に 関 しては ローカル 通 貨 を 利 用 する 金 融 商 品 の 組 成 や 取 引 への 規 制 がある その 他 外 資 規 制 インドにおいては 既 にインド 企 業 との 間 に 合 弁 会 社 や 技 術 提 携 商 標 使 用 契 約 などを 持 つ 外 資 企 業 が 新 たな 合 弁 設 立 や 技 術 提 携 を 行 なう 場 合 に 外 国 促 進 委 員 会 の 事 前 許 可 と 既 存 のパートナー インド 企 業 から 同 意 書 の 取 得 が 義 務 付 けられる 既 存 合 弁 に 参 加 しているインド 企 業 が 新 たな 合 弁 相 手 となる 別 のインド 企 業 への 対 抗 上 同 意 書 を 出 し 渋 る 事 例 が 出 ており 対 インドで 事 業 を 計 画 する 上 での 実 質 的 障 害 になっている 10

11 その 他 外 資 規 制 等 わが 国 企 業 が 直 面 する 課 題 2007 年 10 月 提 言 対 外 経 済 戦 略 の 構 築 と 推 進 を 求 める 補 論 より 行 政 手 続 透 明 性 等 インドにおいては 外 国 企 業 の 優 先 株 取 得 に 関 する 規 制 がある 外 国 企 業 が 議 決 権 を 持 たない 優 先 株 に 出 資 取 得 する 場 合 に B/S 上 で 資 本 ではなく 負 債 に 計 上 し かつインドの 海 外 商 業 借 入 (ECB) 規 則 の 遵 守 を 求 めている ECBでは 外 国 企 業 が 貸 付 元 になる 場 合 の 資 格 要 件 を 厳 しく 制 限 しており 外 国 の 一 般 企 業 ( 非 金 融 )が 出 資 者 になることが 実 質 的 に 難 しくなる 可 能 性 がある 中 国 において 90 年 代 後 半 から 維 持 されて 来 た 加 工 貿 易 免 税 制 度 ( 再 輸 出 に 関 する 非 課 税 制 度 )を 撤 廃 する 動 きが 出 ている 現 地 進 出 を 進 めてきた 日 系 製 造 業 には 急 激 かつ 著 しい 経 営 環 境 の 悪 化 となり 得 る 中 国 においてQFII 免 許 ( 外 国 人 家 としての 認 可 )を 取 得 するにあたっては 当 局 に 何 度 も 足 を 運 びプレゼンを 繰 り 返 し 半 年 以 上 の 時 間 を 要 するなど 非 常 に 困 難 があった インドでは 海 外 家 は 当 局 による 個 別 の 認 可 が 必 要 となる 認 可 取 得 までの 手 続 きに 要 する 時 間 が 非 常 に 長 く 適 格 要 件 も 不 明 確 である 韓 国 では 外 国 人 による には 登 録 が 必 要 東 アジアにおいては 金 融 関 連 規 制 の 不 透 明 性 が 問 題 である 例 えば 認 可 業 務 として 細 かいライセンスが 多 く 設 けられ 限 定 列 挙 さ れる 法 令 整 備 は 各 国 とも 急 速 に 進 んでいるが ガイドライン 等 の 公 布 が 遅 れることが 多 い 税 制 等 二 重 課 税 の 回 避 移 転 価 格 税 制 問 題 解 決 に 向 けて 租 税 条 約 等 による 相 互 協 議 の 円 滑 化 国 際 的 な 紛 争 解 決 のためのルール 整 備 が 重 要 な 課 題 二 重 課 税 は 意 欲 や 輸 出 意 欲 の 減 退 につながる 日 インド 租 税 条 約 におけるソフトウェア 開 発 役 務 税 の 撤 廃 が 必 要 インドにおいては ソフトウェアのオフショア 開 発 を 委 託 する 際 日 イ ンド 租 税 条 約 に 基 づき 源 泉 徴 収 が 行 われる 2006 年 の 条 約 改 正 により 税 額 は20%から10%に 引 き 下 げられたが こうした 税 が 発 生 するのはインドのみである 米 国 企 業 の 場 合 は 米 インド 租 税 条 約 に 基 づき 課 税 は 行 われず 日 本 企 業 にとって 不 利 である 基 準 規 格 タイにおける 国 内 価 格 統 制 制 度 が 現 地 進 出 企 業 のコストを 圧 迫 している 足 元 の 原 資 材 高 騰 で 現 地 合 弁 企 業 の 輸 入 調 達 価 格 が 上 昇 し ているにもかかわらず 最 終 製 品 価 格 を 抑 え 込 む 統 制 制 度 の 為 に 実 質 的 に 合 弁 企 業 が 内 部 で 価 格 上 昇 分 を 吸 収 せざるをえない タイ 国 内 でエンジン 油 ( 潤 滑 油 )を 販 売 する 場 合 現 状 は 米 国 規 格 (API=American Petroleum Institute)に 合 致 することが 必 要 問 題 は 日 本 車 がタイでは 趨 勢 にもかかわらず 日 本 車 に 適 合 した 日 本 規 格 がタイでは 認 められていない タイにおいては 建 設 に 使 用 する 鋼 材 材 料 の 基 準 についても JIS 規 格 が 認 められることを 希 望 する 機 械 ( 圧 力 容 器 等 )の 設 計 基 準 溶 接 工 等 の 資 格 の 国 際 的 な 統 一 等 が 必 要 中 国 において 独 自 規 格 ( 第 三 世 代 携 帯 電 話 無 線 LAN 次 世 代 DVD 等 )を 定 める 動 きがある 規 格 形 成 プロセスの 透 明 化 仕 様 の 明 確 化 国 際 標 準 の 採 用 または 国 際 標 準 に 沿 った 国 内 規 格 化 が 必 要 である 欧 州 において 化 学 物 質 規 制 (REACH)が 施 行 されることになったが 不 明 確 な 点 も 多 く 懸 念 が 大 きい 11

12 わが 国 企 業 が 直 面 する 課 題 2007 年 10 月 提 言 対 外 経 済 戦 略 の 構 築 と 推 進 を 求 める 補 論 より その 他 規 制 グローバルな 競 争 条 件 の 平 等 化 の 観 点 から 各 国 の 制 度 のイコールフッティング( 独 禁 法 等 競 争 政 策 M&A 制 度 環 境 法 制 等 )が 必 要 グローバルな 規 模 で 政 府 調 達 の 市 場 開 放 と 透 明 性 の 確 保 が 望 まれる 特 に 豪 州 は 政 府 調 達 に 加 盟 していない 政 府 調 達 市 場 としては 北 米 に 関 心 が 高 いが 米 国 は 加 盟 国 であるものの 州 によって 参 入 障 壁 がある 海 上 輸 送 にも 米 国 籍 の 船 舶 の 利 用 が 求 められる 米 国 国 家 安 全 保 障 計 画 (NISP)における 機 密 情 報 取 り 扱 い の 認 定 要 件 の 緩 和 が 必 要 である 米 国 では 機 密 情 報 を 扱 う 連 邦 政 府 の 機 関 ( 国 防 総 省 ほか23 省 庁 )において NISP(National Security Program)が 実 施 され 民 間 企 業 に 対 する 事 業 参 加 や 情 報 公 開 に 制 限 が 設 けられ ている NISP 対 象 事 業 に 民 間 企 業 が 参 加 するためには 機 密 情 報 取 り 扱 い の 認 定 が 必 要 であり 海 外 企 業 には ボードメンバー 全 員 が 米 国 市 民 であることが 要 求 される これを 日 本 企 業 が 満 たすことは 事 実 上 無 理 であり 国 籍 要 件 はボードメンバーの 一 部 でよいとするなど 要 件 の 緩 和 が 望 まれる 著 作 権 補 償 金 制 度 ( 欧 州 )の 廃 止 を 求 める ドイツにおいては 1965 年 より 機 器 や 記 憶 媒 体 の 製 造 者 から 補 償 金 を 徴 収 して 権 利 者 に 分 配 す る 制 度 が 実 施 され カセットレコーダー CD 記 憶 媒 体 ブランクのCDなどが 対 象 となった 2000 年 パソコン ハードディスクにも 補 償 金 を 賦 課 する 方 針 が 決 定 され 著 作 権 団 体 からの 一 方 的 な 通 知 により 1 台 あたり12ユーロが 課 されることとされた この 点 の 違 法 性 を 争 うべく 欧 州 内 で 訴 訟 を 開 始 したが 下 級 審 では 敗 訴 し 上 告 している 上 級 審 でも 敗 訴 すれば 2002 年 まで 遡 及 して 年 間 100 万 台 の 販 売 につき12ユーロとい う 巨 額 の 支 払 い 義 務 が 発 生 する この 問 題 は 欧 州 全 体 だけでなく 日 本 を 含 め 各 国 に 影 響 を 及 ぼしつつある 食 品 輸 入 における 安 定 供 給 安 全 性 の 確 保 の 両 立 が 課 題 となっている 2006 年 5 月 より 食 品 衛 生 法 に 基 づき 食 品 中 に 残 留 する 農 薬 飼 料 飼 料 添 加 物 動 物 用 医 薬 品 につき 一 定 の 残 留 値 を 超 える 食 品 を 販 売 流 通 することを 禁 止 するポジティブリスト 制 が 導 入 された しかし 毒 性 物 質 を 含 んだBSEや 中 国 から 品 質 安 全 性 に 問 題 のある 品 目 が 輸 入 されるなど 円 滑 な 輸 入 の 確 保 に 向 けて 課 題 は 多 い EUや 米 国 の 独 禁 法 において 一 定 の 域 外 の 企 業 同 士 の 合 併 等 についても 事 前 許 可 ないし 事 後 審 査 が 必 要 とされているが 域 外 適 用 を 明 記 した 中 国 の 独 禁 法 において その 運 用 を 踏 襲 する 懸 念 がある これに 対 処 するためには の 枠 組 において 通 商 の 問 題 に 限 らず 独 禁 法 といった 課 題 に 関 しても 政 策 調 整 を 図 る 必 要 がある 日 本 において 米 国 の 証 券 法 が 適 用 されている 日 本 において 日 本 企 業 同 士 が 株 式 交 換 を 行 う 場 合 米 国 市 場 に 上 場 されていなくても 一 人 でも 米 国 に 株 主 が 存 在 すれば 米 国 に 届 け 出 る 必 要 がある 株 主 が10% 未 満 の 場 合 簡 易 の 届 出 10% 以 上 は 事 前 の 登 録 が 必 要 となる 日 本 では 米 国 企 業 同 士 の 合 併 に 同 様 の 義 務 は 課 していない 12

13 わが 国 企 業 が 直 面 する 課 題 2007 年 10 月 提 言 対 外 経 済 戦 略 の 構 築 と 推 進 を 求 める 補 論 より 知 的 権 有 効 期 限 切 れの 模 倣 品 に 関 しては 多 くの 先 進 国 で 実 施 されているように 不 正 競 争 防 止 法 に 基 づく 対 応 が 必 要 知 的 権 侵 害 物 品 に 関 しては 輸 入 時 だけでなく 輸 出 時 にも 一 定 の 対 応 が 必 要 である ブラジル パナマ 中 東 アフリカ 等 に 流 通 している 例 が 発 見 されている 中 国 においては 模 倣 品 が 通 関 において 発 見 されても 輸 出 先 等 の 情 報 については 中 国 当 局 から 開 示 されない また メキシコはOECD 諸 国 で 唯 一 税 関 が 国 内 法 に 基 づいて 知 的 権 侵 害 物 品 を 差 し 止 める 権 限 を 有 していない 模 倣 品 の 流 通 防 止 には 危 険 性 に 関 するPRの 促 進 も 重 要 である 例 えば 自 動 車 のボンネットの 模 倣 などは 事 故 の 際 に 人 命 にかかわる 問 題 となりうる 途 上 国 政 府 国 民 の 権 利 侵 害 の 違 法 性 等 の 認 識 の 向 上 に 向 けて 取 り 組 みが 必 要 である 例 えば インド ブラジル 等 において ロイヤリティ の 支 払 いが 円 滑 に 行 われないケースがある また ロイヤリティ 支 払 いには 工 業 相 中 央 銀 行 の 許 可 が 必 要 となっている 場 合 があり そうし た 制 度 がロイヤリティの 回 収 の 障 害 となっている 今 後 インターネットを 通 じた 模 倣 品 の 販 売 も 増 加 すると 思 われることから インターネットの 販 売 業 者 に 対 する 模 倣 品 販 売 の 摘 発 への 協 力 を 依 頼 することについても 検 討 が 必 要 となる 模 倣 品 は 日 本 以 外 で 販 売 されるケースが 圧 倒 的 であることから 海 外 政 府 との 取 締 り 等 の 連 携 強 化 や 模 倣 品 海 賊 版 に 関 する 条 約 の 締 結 推 進 など 世 界 的 枠 組 での 解 決 の 推 進 が 重 要 である 意 匠 に 関 しては スタイル 全 体 が 類 似 していれば 国 内 裁 判 所 に 提 訴 できるが 例 えば 自 動 車 のテールランプの 形 状 など 部 分 (パーツ)ごとの 意 匠 の 権 利 を 認 める 制 度 がない 部 分 意 匠 制 度 の 導 入 を 検 討 すべき 13

14 わが 国 企 業 が 直 面 する 課 題 2007 年 10 月 提 言 対 外 経 済 戦 略 の 構 築 と 推 進 を 求 める 補 論 より 人 の 移 動 グローバルな 規 模 で 迅 速 な 人 員 配 置 を 可 能 とするため 各 国 におけるビザ 取 得 の 迅 速 化 が 必 要 である 英 語 圏 以 外 の 国 においては 高 度 な 能 力 を 有 し 当 該 国 の 言 語 を 理 解 する 人 材 を 現 地 で 採 用 することが 必 要 となっている 高 度 な 人 材 を 確 保 するためには そうした 人 材 が 魅 力 を 感 じるグローバルなキャリア 形 成 を 可 能 とする 必 要 があり 日 本 と 他 国 との 間 の 二 国 間 だけでなく 第 三 国 間 の 人 の 移 動 を 円 滑 化 することの 重 要 性 が 増 している 外 国 の 銀 行 では IT 関 連 の 専 門 家 をインドで 採 用 し 24 時 間 以 内 にビザを 取 得 した 上 で 直 後 にシンガポールで 就 労 させるなど グローバルな 人 事 異 動 を 実 現 しているようである 資 源 エネ ルギー 価 格 の 高 止 まりを 背 景 に 一 部 の 資 源 産 出 国 に 資 源 の 囲 い 込 み いわゆる 資 源 ナショナリズムの 動 きが 顕 著 となっている ベネズエラやボリ ビア ロシアといった 国 では 上 流 権 益 の 国 有 化 あるいは 外 資 の 上 流 参 入 が 厳 格 化 され こうした 動 きの 中 上 流 事 業 に 外 資 参 入 を 認 めてい ない 石 油 は 埋 蔵 量 ベースで 世 界 の70% 程 度 である 資 源 の 安 定 供 給 確 保 には 資 源 国 とのや 首 脳 外 交 を 含 めた 官 民 一 体 となった 関 係 強 化 が 重 要 である 最 近 のわが 国 政 府 の 取 り 組 みに おいては 経 済 界 が 同 行 するミッションや 資 金 面 での 支 援 が 充 実 するなど 政 府 の 資 源 外 交 や 民 間 に 対 する 支 援 体 制 は 強 化 されており 今 後 とも 継 続 した 取 り 組 みを 期 待 する の 資 源 エネルギー 章 には 輸 出 税 の 制 限 を 盛 り 込 むべきである WTOにおいて 必 ずしも 違 法 とはいえないケースがあるので 中 国 など の 輸 出 税 による 資 源 の 囲 い 込 みについては 等 個 別 の で 対 応 する 必 要 がある また 加 盟 約 束 等 WTOルールに 違 反 する 場 合 に は 紛 争 解 決 手 続 きの 活 用 も 視 野 に 働 きかける 必 要 がある 14

15 わが 国 企 業 が 直 面 する 課 題 2007 年 10 月 提 言 対 外 経 済 戦 略 の 構 築 と 推 進 を 求 める 補 論 より 貿 易 ルール の 履 行 確 保 不 公 正 貿 易 措 置 の 是 正 欧 州 においてITA 対 象 品 目 として 関 税 がゼロとされるIT 製 品 に 対 して 課 税 する 動 きが 顕 著 である 96 年 のITA 憲 章 の 目 的 は パソコンに 接 続 す る 周 辺 機 器 の 関 税 をゼロとし IT 製 品 を 世 界 に 普 及 させることであった パソコンは 多 国 籍 にまたがる 部 品 で 構 成 され 世 界 各 国 から 部 品 を 融 通 しあう 生 産 システムが 採 用 されている ITAにより 多 くの 国 の 生 産 者 がウィンウィンの 関 係 を 構 築 することができ ユーザー 側 にとっても 接 続 コストが 逓 減 する しかし EUは モニターをパソコンに 接 続 し DVDの 信 号 を 送 ることが 可 能 となれば モニターはIT 製 品 でなくビデオモニ ターに 分 類 すべきと 主 張 するようになった ウインドウズビスタを 搭 載 するためには パソコンにDVD 信 号 を 受 信 する 機 能 等 を 付 加 することが メーカーに 求 められており この 点 が 深 刻 な 問 題 になっている また 将 来 的 には ワンセグによりTVが 受 信 できる 携 帯 電 話 がTVに 音 楽 が 再 生 できる 携 帯 電 話 がオーディオに 分 類 されるといった 事 態 が 生 じる 可 能 性 もある 将 来 的 に 中 国 からの 輸 出 が 急 増 することが 見 込 まれる 中 他 国 で 中 国 製 品 の 輸 入 急 増 被 害 に 対 する 貿 易 救 済 措 置 の 発 動 により 日 本 製 品 が 巻 き 添 えとなる 可 能 性 が 高 く アンチ ダンピング 等 のルールの 厳 格 な 運 用 の 確 保 WTOルール 交 渉 の 推 進 が 望 まれる 例 えば 米 国 のア ンチ ダンピング 制 度 においては 一 定 の 場 合 複 数 国 からの 輸 入 による 国 内 産 業 への 影 響 が 義 務 的 に 累 積 評 価 される そのため 中 国 から 米 国 への 輸 出 が 急 増 した 場 合 日 本 からの 輸 出 も 調 査 対 象 に 含 まれる 懸 念 がある また セーフガードについてはそもそも 対 象 国 を 特 定 した 発 動 がみとめられていないが 日 本 も 中 国 と 同 様 の 製 品 を 輸 出 している アンチ ダンピング 調 査 は 措 置 が 結 果 的 に 発 動 されなくても 調 査 への 対 応 に 割 かれる 人 員 コストは 膨 大 である 日 本 においてアンチ ダン ピング 措 置 が 発 動 しにくく 欧 米 では 発 動 しやすいというアンバランスがあることは 問 題 である 15

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32 日 本 国 籍 の 観 光 査 証 渡 航 認 証 要 否 旅 券 の 残 存 期 間 ご 注 意! 渡 航 される 場 合 は 必 ず 関 係 諸 機 関 へお 問 い 合 わせいただき その 時 点 の 最 新 情 報 を 入 手 してください 弊 社 では 下 記 情 報 に 起 因 する 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 事 をあらかじめご 承 知 おきください 2013 年 9 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界 料 2 株 式 会 社 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 について 平 成 27 年 7 月 総 務 省 1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

untitled

untitled 国 際 緊 急 援 助 隊 の 沿 革 と 今 日 の 課 題 ~ 求 められる 大 規 模 災 害 に 対 する 国 際 協 力 の 推 進 ~ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 なかうち 中 内 やすお 康 夫 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 に 対 しては 海 外 から 様 々な 形 での 緊 急 援 助 が 寄 せられた これまでに

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

危機にある世界遺産

危機にある世界遺産 人 間 開 発 指 標 (HDI) 高 0.8 中 ベネズエラ エクアドル アセ ルハ イシ ャン イラン アルジェリア カンボジア パキスタン ネパール 0.5 イエメン ウガンダ ギニア コートジボアール コンゴ 民 主 エチオピア ニジェール 低 中 央 アフリカ ポーランド クロアチア アルバニア ブルガリア ブラジル オーマン ペルー ヨルダン チュニジア フィリピン エジプト ホンジュラス

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ 総 会 A/HRC/RES/25/1 配 布 : 一 般 2014 年 4 月 9 日 原 文 : 英 語 人 権 理 事 会 第 25 会 期 議 事 日 程 議 題 2 国 際 連 合 人 権 高 等 弁 務 官 年 次 報 告 書 および 高 等 弁 務 官 事 務 所 並 びに 事 務 総 長 報 告 書 人 権 理 事 会 により 採 択 された 決 議 25/1. スリランカにおける 和

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698A6D92E894C5816A3232944E93788E788B8B8E9696B1977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698A6D92E894C5816A3232944E93788E788B8B8E9696B1977697CC2E646F6378> 平 成 22 年 2 月 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 研 究 協 力 第 二 課 際 学 会 等 派 遣 事 業 平 成 22 年 度 支 給 事 務 取 扱 要 領 標 記 事 業 にかかる 経 費 請 求 等 の 手 続 きについては 下 記 の 事 項 にご 留 意 のうえ 所 属 機 関 事 務 局 においては 本 要 領 に 従 って 採 用 者 の 必 要 書 類

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

《株価急落の背景》

《株価急落の背景》 エマージングにとって 一 人 当 たり GDP3, ドルの 壁 ~タイの 教 訓 ~ 29 年 7 月 2 日 アセットマネジメント 部 チーフ エコノミスト チーフ ストラテジスト 黒 瀬 浩 一 近 年 エマージング 向 けの 株 式 投 資 がある 種 のブームとなっている 昨 年 秋 には リーマン ショッ ク で 株 価 と 通 貨 が 共 に 大 きく 下 落 したものの 景 気 の 底

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を

する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を クロアチアの 船 員 教 育 海 技 資 格 制 度 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1410 日 本 海 事 センター 研 究 員 野 村 摂 雄 ポイント 外 航 船 員 の 資 質 には 定 評 あり ほとんどが 海 外 船 社 に 雇 用 されている 外 航 船 員 教 育 は 中 等 教 育 ( 海 事 高 校 ) 及 び 高 等 教 育 ( 海 事 大 学 ) 乗

More information

Microsoft Word - 09 P88~102 研究ノート 青木健.doc

Microsoft Word - 09  P88~102  研究ノート 青木健.doc 研 究 ノ ー ト 廃 プラスチックと 古 紙 にみる リサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 青 木 健 Takeshi Aoki 杏 林 大 学 総 合 政 策 学 部 教 授 ( 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 客 員 研 究 員 東 アジア 諸 国 の 多 くは 世 界 平 均 を 上 回 る 経 済 成 長 を 遂 げている そのた め 中 国 を 筆 頭 に 東 アジア 諸

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

P 関 連 政 策 大 綱 平 成 27 年 度 農 林 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 Q.3 海 外 から 大 量 の 食 品 が 輸 入 され 食 の 安 全 や 安 心 が 損 なわれませんか 残 留 農 薬 や 食 品 添 加 物 の 基 準 が 緩 和 されませんか 遺 伝

P 関 連 政 策 大 綱 平 成 27 年 度 農 林 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 Q.3 海 外 から 大 量 の 食 品 が 輸 入 され 食 の 安 全 や 安 心 が 損 なわれませんか 残 留 農 薬 や 食 品 添 加 物 の 基 準 が 緩 和 されませんか 遺 伝 TPPを 巡 る 懸 念 や 不 安 に 関 する Q&A (2015 年 12 月 24 日 作 成 ) Q.1 恩 恵 を 受 けるのは 大 企 業 だけで 地 方 の 中 小 企 業 にはメリットがないの ではないでしょうか A. TPP 協 定 には これまで 海 外 展 開 を 躊 躇 してきた 中 堅 中 小 企 業 にとって もメリットとなる 様 々な 内 容 が 盛 り 込 まれています

More information

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用 営 ViewPoint 相 談 海 外 派 遣 に 伴 う 社 会 保 険 労 働 保 険 の 取 扱 いの 留 意 点 松 田 由 員 部 東 京 室 市 本 進 治 部 大 阪 室 ビジネスの 国 際 化 が 益 々 進 展 する 経 営 環 境 のなか 中 小 中 堅 企 業 においても 社 員 を 海 外 派 遣 する 機 会 が 増 加 しています そこで 今 回 は 従 業 員 の 海

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カンボジア 投 資 セミナー( 日 本 アセアンセンター 駐 日 カンボジア 王 国 大 使 館 主 催 ) カンボジアでのビジネスの 可 能 性 ~カンボジアへの 投 資 促 進 に 関 する 調 査 結 果 を 踏 まえて~ 2006 年 11 月 15 日 : 名 古 屋 11 月 17 日 : 東 京 JICAカンボジア 国 経 済 政 策 支 援 調 査 団 1 目 次 1. 調 査 の

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

資    料 (法人課税)

資    料 (法人課税) 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 際 課 税 関 係 ) 1 外 国 税 額 控 除 制 度 の 適 正 化 外 国 税 額 控 除 制 度 は 国 際 的 二 重 課 税 を 排 除 するために 外 国 で 納 付 した 外 国 税 額 を 国 外 所 得 に 対 しわが 国 で 納 付 すべき 法 人 の 税 額 ( 控 除 限 度 額 )の 範 囲 内 で 控 除

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

Microsoft PowerPoint - sample_ ppt

Microsoft PowerPoint - sample_ ppt 追 加 型 証 券 投 資 信 託 /ファンド オブ ファンズ/ 自 動 継 続 投 資 適 用 080324-CS-6 7エジプト 主 な 投 資 対 象 地 域 1サウジアラビア 8モロッコ 2アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE) 9チュニジア 8 9 7 10 11 3 6 5 3クウェート 10ヨルダン 1 2 4 4オマーン 11レバノン 5カタール 6バーレーン 上 記 の 国 への

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 :

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 平 成 28 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 2 月 2 日 上 場 会 社 名 横 河 電 機 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 6841 URL http://www.yokogawa.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 西 島 剛 志 問 合 せ 先

More information

日 本 の 地 域 と 途 上 国 相 互 依 存 度 調 査 愛 知 県 ファイナル レポート 要 約 版 平 成 24 年 3 月 (202 年 ) 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構 (JICA) 中 部 国 際 センター 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 序 調 査 の 目 的 日 本 の 経 済 社 会 は 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 を 経

More information

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税 平 成 8 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 指 定 薬 物 の 輸 入 してはならない 貨 物 への 追 加 に 伴 い 摘 発 件 数

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

学校制度(学制)-諸外国との比較

学校制度(学制)-諸外国との比較 資 料 1 学 校 制 度 ( 学 制 )- 諸 外 国 との 比 較 再 生 実 行 会 議 平 成 25 年 11 月 26 日 ( 火 )17:45-19:15 官 邸 2 階 小 ホール あきら 二 宮 皓 比 治 山 大 学 比 治 山 大 学 短 期 大 学 部 学 長 二 宮 皓 @ 比 治 山 大 学 1 1 学 制 学 校 体 系 ( 学 校 段 階 の 区 分 接 続 及 び 学

More information

日経平均と騰落レシオ

日経平均と騰落レシオ 今 さら 人 に 聞 けない!!マレーシアってどんな 国? 1 基 礎 データ 面 積 約 33 万 平 方 キロメートル( 日 本 の 約.9 倍 ) 人 口 約 2995 万 人 (213 年 マレーシア 統 計 局 ) 主 な 都 市 クアラルンプール( 首 都 ) ペナン ジョホールバル コタキナバル 南 シナ 海 をはさんで 東 西 に 分 かれている 左 側 のタイから 南 に 延 び

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ これからの 需 要 と マーケティング 世 界 の 需 要 拡 大 に 応 える4つの 戦 略 2014 年 4 月 Copyright 2014 The Nielsen Company 目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える...

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内 参 考 資 料 平 成 25 年 6 月 28 日 総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内 法 ) 帰 属 主 義 ( 典 型 例 ) (

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料)

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料) 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 状 況 についての 調 査 結 果 報 告 ( 平 成 27 年 10 月 実 施 分 ) 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 第 1 調 査 の 概 要 目 的 : 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 の 現 状 等 について 調 査 実 施 時 期 : 平 成 27 年 10

More information

イルカを 水 族 館 などの 施 設 に 囲 うことを 禁 止 した 国 と 厳 しい 基 準 によって 水 族 館 でイルカを 飼 育 できなくなった 国 及 び その 詳 細 クロアチア:2009 年 7 月 イルカのいる 水 族 館 (イルカ 水 族 館 ) 及 び それに 準 ずる 施 設

イルカを 水 族 館 などの 施 設 に 囲 うことを 禁 止 した 国 と 厳 しい 基 準 によって 水 族 館 でイルカを 飼 育 できなくなった 国 及 び その 詳 細 クロアチア:2009 年 7 月 イルカのいる 水 族 館 (イルカ 水 族 館 ) 及 び それに 準 ずる 施 設 水 族 館 に 関 する 世 界 の 動 向 及 び イルカ クジラ 類 の 保 護 イルカ 保 護 の 認 識 を 持 たない 日 本 の 現 状 国 際 連 合 は 2007 年 及 び 2008 年 を 国 際 イルカ 年 と 宣 言 し 地 球 的 規 模 で イルカを 保 護 するために 活 動 しました しかし 日 本 ではほとんどニュースに なりませんでした 日 本 では イルカ クジラ

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れの 概 要 平 成 24 年 6 月 19 日 1 1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2

More information

はじめに 本 報 告 書 は 2012 年 に 実 施 された OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA: Programme for International Student Assessment)のうち 国 際 オプ ションとして 実 施 された 問 題 解 決 能 力 の 国 際 調 査 結 果 を 基 に 日 本 にとって 特 に

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録 平 成 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 6 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 不 正 薬 物 の 押 収 量 が 連 続 で 6kg 超 え 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数

More information

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め 1 2010 学 習 院 大 学 2/7 文 問 1 下 図 の 空 欄 1~3に 適 する 国 際 経 済 組 織 名 をアルファベットを 用 いた 略 称 で 答 えなさい また, 空 欄 4 ~8に 適 する 加 盟 国 名 を 答 えなさい 解 答 用 紙 記 述 問 2 EEC に 対 抗 して 発 足 し た EFTA の 現 在 の 加 盟 国 は, 設 立 当 時 と 大 きく 異

More information

SR-0067

SR-0067 SR-0067 緊 急 通 報 用 電 気 通 信 番 号 の 取 り 扱 い に 関 する 調 査 報 告 書 第 1.0 版 2015 年 3 月 16 日 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 技 術 委 員 会 番 号 計 画 専 門 委 員 会 本 書 は 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 技 術 委 員 会 が 著 作 権 を 保 有 しています 内 容 の 一 部 又 は 全

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 3 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 3 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

スライド 1

スライド 1 タイ 投 資 セミナー in 仙 台 札 幌 最 近 の 日 本 企 業 の 進 出 動 向 とタイの 魅 力 目 次 1. タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 2. タイのビジネス 環 境 上 の 優 位 点 ~ 生 産 拠 点 として 消 費 市 場 として~ 3. の 課 題 4.まとめ 2 1.タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 3 ASEANでは 日 本 企 業 はタイに

More information

Microsoft Word - 300346_十二航路_表紙.doc

Microsoft Word - 300346_十二航路_表紙.doc 月 次 運 用 レポート 作 成 基 準 日 : 2016 年 5 月 31 日 資 料 作 成 日 : 2016 年 6 月 7 日 通 貨 分 散 外 国 債 券 ファンド < 愛 称 > 十 二 航 路 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 投 資 信 託 ご 購 入 時 の 注 意 事 項 ファンドの 取 得 のお 申 込 みを 行 う 場 合 には 投 資 信 託 説 明 書 ( 交

More information

Microsoft PowerPoint - 参考資料(前田様).pptx

Microsoft PowerPoint - 参考資料(前田様).pptx 対 日 投 資 の 現 状 とJETROの 活 動 について 2015 年 6 月 21 日 日 本 貿 易 振 興 機 構 (JETRO) 対 日 投 資 部 長 前 田 茂 樹 Section 1 対 日 直 接 投 資 の 現 状 と 日 本 の 魅 力 国 際 的 に 見 た 日 本 の 対 内 直 接 投 資 の 現 状 対 日 直 接 投 資 残 高 とGDP 比 率 の 推 移 (2000~2013

More information

第 2 章 アジア 内 需 とともに 成 長 する 我 が 国 持 続 的 成 長 実 現 に 向 けたアジア 太 平 洋 の 枠 組 み 第 2-3-4-2 図 主 要 国 地 域 の 家 計 貯 蓄 率 の 推 計 2-3-4-2 72.5 71.4 17.2 5.7 2-3-4-3 Maste

第 2 章 アジア 内 需 とともに 成 長 する 我 が 国 持 続 的 成 長 実 現 に 向 けたアジア 太 平 洋 の 枠 組 み 第 2-3-4-2 図 主 要 国 地 域 の 家 計 貯 蓄 率 の 推 計 2-3-4-2 72.5 71.4 17.2 5.7 2-3-4-3 Maste アジア 消 費 市 場 の 拡 大 良 質 な 市 場 へ 向 けて 第 3 節 第 2-3-3-4 図 中 国 におけるB to C 電 子 商 取 引 市 場 の 推 移 第 2-3-3-6 表 最 近 のネットビジネス 分 野 の 日 系 企 業 海 外 進 出 事 例 ( 株 )ファーストリティリング 2009 年 4 月 中 国 でネット 通 販 大 手 アリババと 提 携 SBIベリトランス(

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DEC90AC8EE888F882AB816995A8956990BB91A29399816A3230313630313038>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DEC90AC8EE888F882AB816995A8956990BB91A29399816A3230313630313038> 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 類 ( 物 品 製 造 等 )の 作 成 の 手 引 き 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 の 物 品 製 造 等 ( 物 品 の 製 造 物 品 の 販 売 役 務 の 提 供 等 物 品 の 買 受 け)の 契 約 に 係 る 競 争 入 札 参 加 者 に 必 要 な 資 格 の 取

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 ) 平 成 27 年 12 月 中 小 企 業 庁 < 主 な 改 正 事 項 > 新 たな 機 械 装 置 の 投 資 に 係 る 固 定 資 産 税 の 特 例 の 創 設 中 小 企 業 者 等 の 少 額 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 の 損 金 算 入 の 特 例 の 延 長

More information

防衛産業政策の実行に向けた提言

防衛産業政策の実行に向けた提言 防 衛 産 業 政 策 の 実 行 に 向 けた 提 言 2015 年 9 月 15 日 経 団 連 は 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 強 化 や 装 備 品 の 国 際 共 同 開 発 生 産 の 推 進 に 向 けた 提 言 を 重 ねてきた 昨 年 4 月 に 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 1 が 閣 議 決 定 され てから わが 国 と 欧 米 やアジアの 諸 国 等 との

More information

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1 規 制 改 革 ホットライン へ 提 案 内 容 と 官 回 答 参 考 資 料 1 提 案 官 制 度 現 状 寄 港 地 上 陸 許 可 手 続 運 用 改 善 とトランジット ビザ 発 給 方 法 見 直 し 要 望 具 体 的 内 容 観 光 立 国 実 現 観 点 から わが 国 主 要 国 際 空 港 等 において 自 動 化 ゲート 活 用 混 雑 時 既 存 ブ ースフル 運 用 を

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 参 考 資 料 観 光 を 取 り 巻 く 現 状 平 成 28 年 5 月 11 日 東 京 都 目 次 世 界 の 旅 行 者 数 の 推 移 ( 今 後 の 予 測 ) 1 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 2 国 地 域 別 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 内 訳 (2015 年 ) 3 外 国 人 旅 行 者 受 入 数 の 国 際 比 較 (2014 年 ) 4 空

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208273826F826F82C6945F8BC68145904897BF814594EC97BF81698250816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208273826F826F82C6945F8BC68145904897BF814594EC97BF81698250816A2E70707478> TPPと 農 業 食 料 肥 料 の 変 化 ( 社 ) 全 国 肥 料 商 連 合 会 会 長 上 杉 登 1 安 倍 首 相 TPP 交 渉 参 加 表 明 TPP 交 渉 参 加 表 明 首 相 米 と 新 経 済 圏 7 月 にも 合 流 農 業 は 攻 めの 政 策 安 倍 首 相 の 記 者 会 見 平 成 二 十 五 年 三 月 十 五 日 ( 金 ) 内 閣 支 持 率 TPP 参

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63> 地 域 戦 略 安 全 保 障 特 集 : 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 武 器 貿 易 漢 和 防 務 評 論 20150805 ( 抄 訳 ) ( 訳 者 コメント) 阿 部 信 行 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 中 国 が 最 近 提 唱 した アジアインフラ 投 資 銀 行 は 表 裏 一 体 のものであると 見 られています 中 国 は 必 要 な 資 源 を 獲 得

More information

8 国 家 秘 密 保 護 法 実 施 条 例 9 政 府 情 報 公 開 条 例 ( 中 国 経 済 六 法 2010 年 版 に 収 録 ) 10 政 府 情 報 公 開 行 政 事 件 の 審 理 における 若 干 問 題 に 関 する 規 定 11 上 海 市 政 府 情 報 公 開 規 定

8 国 家 秘 密 保 護 法 実 施 条 例 9 政 府 情 報 公 開 条 例 ( 中 国 経 済 六 法 2010 年 版 に 収 録 ) 10 政 府 情 報 公 開 行 政 事 件 の 審 理 における 若 干 問 題 に 関 する 規 定 11 上 海 市 政 府 情 報 公 開 規 定 Ⅰ 憲 法 行 政 法 一 憲 法 国 家 機 構 1 改 革 の 全 面 的 深 化 における 若 干 の 重 大 な 問 題 に 関 する 決 定 2 法 による 国 家 統 治 の 全 面 的 な 推 進 における 若 干 の 重 大 問 題 に 関 する 決 定 ( 中 国 経 済 六 法 2015 年 版 に 収 録 ) 3 全 国 人 民 代 表 大 会 及 び 地 方 各 級 人 民

More information