(Microsoft Word -

Size: px
Start display at page:

Download "(Microsoft Word -"

Transcription

1 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課

2 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県 等 内 専 の 門 大 学 校 等 大 ( 学 以 院 下 短 大 期 学 大 等 という )において 学 大 学 校 専 修 学 教 育 門 を 受 課 ける る 留 外 学 国 の 人 在 留 留 学 資 生 で 格 により 出 入 在 国 留 管 する 理 及 者 び 難 民 認 定 法 別 表 第 一 に 定 め 3 機 関 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 4 調 査 方 法 各 ( 大 留 学 等 生 に 在 調 籍 査 校 票 数 120 を 送 付 校 し 全 学 調 校 査 内 でとりまとめを 対 象 校 数 225 校 依 ) 頼 回 答 率 100.0% 校 専 (

3 区 分 平 成 23 年 度 神 23 奈 年 川 8,208 度 県 (A) 内 大 ( (120 学 校 数 等 ) 在 22 籍 年 6,734(103 留 度 (B)( 学 生 調 学 校 査 数 ) 結 果 ((A)-(B) 増 単 総 減 位 括 1,474 数 : 表 人 ( 前 記 増 年 載 減 度 あるものを 21.9% 率 比 )(22 構 除 年 成 く ) 7,146 (105 ( % 100.0% 度 比 ) 1 学 短 期 校 院 大 種 ( 日 学 別 本 語 参 合 教 考 育 : 合 機 計 関 を 除 く) 大 学 校 等 1,754 2, (37 (31 (2 2,761 1, (37 (31 ( % 7.3% 7.4% 1.9% 21.4% 36.1% 専 日 修 本 学 語 校 教 育 ( 専 機 門 関 課 程 ) 2,226 1,062 (32 (15 校 ) 2,1450 (28 校 ー ) 1, % % 27.1% 0.5% 2 経 別 2.0% 3 出 私 国 外 費 国 身 政 府 地 派 域 遣 別 7, , , % 57.0% 2.7% 103.7% 2.5% 8.7% アジア 中 韓 タイ 国 地 域 7,775 5,032 1, ,336 3,792 1, ,439 1, % 32.7% 12.2% 2.0% 108.8% 台 湾 % 70.4% ネパール % 18.1% その 他 のアジア 地 域 % 11.0% 3.0% 2.6% 3.7% 4 居 その 県 内 住 横 他 地 浜 の 別 地 域 6,432 4, ,290 3, ,142 1, % 32.5% 8.8% 90.0% 57.1% 6.1% 川 相 秦 厚 崎 模 野 木 原 市 市 % 13.2% 0.8% 1.2% 11.8% その 他 の 市 町 村 % 10.0% 3.9% 2.5% 4.7% 5 学 県 不 横 外 明 浜 校 ( 校 舎 ) 所 在 地 別 1,686 5, ,396 3, , % 20.8% 87.5% 73.2% 23.6% 川 崎 % 12.9% 1.3% 平 相 藤 その 塚 模 沢 他 原 市 の 市 市 町 村 % 13.9% 3.0% 8.9% 10.5% 5.5% 5.1% 7.7% 6 進 国 内 路 に その 別 含 む 就 職 活 動 中 ) 3,828 2, % 就 職 % 9.6% 母 国 で その 進 他 学 ( 未 定 不 明 ) % 就 職 8 8.5% その 他 の 地 域 で 進 学 9 0.3% ー - ー 9.1% 注 (1) 構 成 比 は それぞれ 算 出 し 四 捨 五 入 しているので 計 が 一 致 しない 場 合 がある (2) 5 不 明 学 校 ( 校 舎 ) 所 在 地 別 は 平 成 18 年 度 から 6 進 路 別 は 平 成 23 年 度 から 集 計 0.2% 8.6%

4 1 学 校 種 別 留 学 生 数 (1) 総 数 男 女 別 留 学 生 数 ( 単 位 : 人 ) 調 査 対 象 留 学 生 留 学 生 数 比 率 学 校 種 別 学 校 数 受 入 校 数 総 数 男 女 別 総 数 男 女 別 大 学 ,964 男 1, % 36.1% 女 1, % 大 学 院 男 1, % 12.0% 女 % 短 期 大 学 男 9 0.5% 0.1% 女 % 専 修 学 校 32 2,226 男 1, % 13.0% 女 1, % ( 専 門 課 程 ) 100 大 学 校 等 男 % 1.8% 女 % 日 本 語 教 育 男 % , % 注 ) 機 比 関 率 は それぞれ 算 出 し 四 捨 五 入 しているので 女 計 が 一 致 しない 529 場 合 がある 6.4% 男 4, % 合 計 , % 女 3, %

5 (2) 経 費 別 在 学 身 分 別 留 学 生 数 国 経 費 私 費 政 府 派 遣 別 計 正 規 生 在 研 究 生 学 学 71 2, ,964 2, 聴 講 身 生 ( 分 16その 単 位 他 : 別 人 ) 5 2,964 計 短 大 期 学 大 院 学 , , , ,754 大 学 校 等 日 ( 専 本 修 門 語 学 課 教 程 校 育 ) 2,226 2,226 2, ,226 合 機 関 計 ,410 1, ,208 1,062 7,840 1, ,208 1,062 注 (1) ( 比 率 ) 私 費 には かながわ 7.5% 90.3% 国 際 2.2%100.0% スカラシップ による 95.5% 県 費 招 へい 3.6% 留 学 生 を 0.3% 含 む 0.7%100.0% (3) (2) う 両 者 聴 研 生 講 究 は1 生 をいう 正 は とは 規 生 に 学 開 狭 位 講 義 取 されている の 得 聴 講 を 目 的 と とせず 1 科 目 科 や 目 講 履 修 学 を 生 期 又 非 正 は1 規 分 生 類 学 年 される として の 間 受 特 講 定 する2 の 専 門 学 事 位 項 の 取 の 得 研 究 を 等 目 的 を 行 (4) 在 単 していないという 学 位 身 を 分 取 別 得 において できるという 点 で 共 正 通 点 規 で しており 生 異 なる 研 究 生 狭 義 の 聴 講 生 のいずれにも は 単 位 を 取 得 該 当 できないが しない 場 合 科 は その 目 履 修 生 他 はと (5) へ 比 分 率 類 は それぞれ した 算 出 し 四 捨 五 入 しているので 計 が 一 致 しない 場 合 がある

6 (3) 学 校 ( 校 舎 ) 所 在 地 別 留 学 生 数 ( 単 位 : 人 ) 市 町 村 名 人 数 比 率 横 浜 市 5, % 川 崎 市 % 平 塚 市 % 相 模 原 市 % 藤 沢 市 % 厚 木 市 % 横 須 賀 市 % 大 和 市 % 茅 ヶ 崎 市 % 伊 勢 原 市 % 小 田 原 市 4 0.0% 秦 野 市 2 0.0% 葉 山 町 1 0.0% 逗 鎌 合 計 8, % 井 注 (1) 湯 子 倉 町 河 市 原 松 同 一 町 の 三 綾 田 大 愛 浦 瀬 町 それぞれの 校 学 川 市 は 山 (2) 比 率 は それぞれ 舎 等 町 の でも 海 該 北 清 老 当 町 川 名 者 なし 開 所 在 算 出 する 留 村 市 し 学 は 成 座 市 四 生 該 町 間 市 南 足 柄 市 寒 川 町 大 磯 町 中 井 町 二 宮 町 大 捨 が 村 五 属 当 箱 ごとに 入 する 学 根 校 しているので 校 ( 町 集 舎 校 真 鶴 町 計 (キャンパス 舎 )なし 計 が 一 等 致 )が しない 市 場 村 合 で がある 分 かれている 場 合 は

7 2 中 出 身 国 ( 地 地 域 域 ) 別 名 留 学 生 数 人 数 5,032 フランス 国 ( 地 域 ) 名 人 数 36 ブラジル 国 ( 地 域 )( 名 単 位 : 人 数 ) ア 韓 台 国 湾 1, ドイツ イギリス メキシコ ペルー 9 ジ タイ ベトナム ブルガリア スペイン 9 ボリビア コロンビア 5 3 マレーシア 132ヨ ネパール 183ーロ ルーマニア ノルウェー 3中 インドネシア モンゴル オーストリア スウェーデン 10 セネガル アルゼンチン エジプト エルサルバドル 122 スリランカ 65ッパ 南 米 ボスニア ヘルツェゴビナ ナイジェリア 1 バングラデシュ ミャンマー イタリア ポーランド エチオピア 南 アフリカ 共 和 国 6 インド 30 ポルトガル タンザニア 4 カンボジア フィリピン ラオス パキスタン デンマーク セルビア フィンランド スロバキア 43 チュニジア ケニア マラウイ シエラレオネ シンガポール 13 スイス 2 モロッコ 東 ブータン サウジアラビア ティモール 5965 クロアチア オランダ チェコ ガーナ マダガスカル ウガンダ 5 イラン トルコ ハンガリー アイスランド アフリカ ジンバブエ カメルーン 3 中 東 アラブ シリア オマーン イラク首 長 国 連 邦 7 3 マルタ ロシア リトアニア ウズベキスタン 17 1 アルジェリア ザンビア コートジボワール ベナン レバノン 2 キルギス 9 ボツワナ ヨルダン ロシア カザフスタン 7 コンゴ 24 イスラエル 1及 びNIS ベラルーシ モルドバ グルジア タジキスタン 32 スーダン オーストラリア ギニヤ アンゴラ ウクライナ 1 ニュージーランド 621 北 米 諸 国 アメリカ カナダ人 数 合 ( 人 衆 ) 国 比 率 369 8,2088 ロシア アジア ヨーロッパ 東 地 域 別 ( 国 地 域 及 びNIS 諸 国 (24か (20か (10か 数 ) その 大 洋 州 他 (9か 7, % 計 ( 無 101か 国 籍 ) 国 北 米 (2か % 1.2% 中 アフリカ 南 米 (25か (8か % 0.3% 0.5% 0.6% ( 注 大 その (1) 洋 州 他 国 計 名 地 域 名 は 通 (101か (1か (2か 称 を 使 国 用 ) している ) 8, % 8 0.1% (2) (3) CIS(Commonwealth 旧 比 ソ 率 連 は それぞれ の 新 独 立 国 のうちロシア of 算 出 Independent し 四 捨 五 連 入 邦 しているので States)ともいう エストニア ラトビア リトアニアを 計 が 一 致 しない 場 合 がある 除 く11か 国 のこと

8 3 居 住 地 別 留 学 生 数 居 県 住 地 区 内 分 人 6,428 数 ( 単 位 比 : 78.4% 人 率 ) 横 市 川 町 浜 県 崎 村 内 名 の 内 訳 人 4,079 数 東 京 23 区 内 外 1, % 3.7% 相 秦 模 野 原 その 県 他 外 の 地 域 計 1, % 2.2% 厚 藤 横 須 木 沢 賀 180 不 明 % 平 塚 173 大 和 総 計 8, % 茅 伊 ヶ 勢 崎 126 県 内 の 政 令 指 定 都 市 の 内 訳 海 老 名 31 座 間 27 小 田 原 22 綾 瀬 西 中 1047 川 崎 312 鶴 南 562 多 摩 262 神 保 見 奈 土 川 ヶ 区 谷 区 川 幸 区 94 鎌 葉 倉 山 9 港 北 295 崎 原 63 横 青 葉 196市 宮 前 42 逗 子 5 浜 市 緑 高 津 36 三 浦 2 旭 麻 生 32 磯 南 足 柄 市 金 153 寒 川 戸 子 沢 塚 相 中 央 区 140 港 南 21模 原 南 136 泉 市 緑 区 58 山 北 計 町 6,428 1 瀬 都 栄 谷 筑 区 大 磯 町 大 井 町 松 田 町 開 成 町 箱 根 町 真 鶴 町 湯 河 原 町 愛 川 町 清 川 村 に 注 ) は 区 31 該 比 率 当 は それぞれ 者 なし 147 算 出 し 四 捨 五 入 しているので 計 が 一 致 しない 場 合 がある

9 4 (1) 留 学 生 校 数 種 の 別 留 推 学 移 生 数 の 推 移 2,801 2,928 2,761 2,964 1,6431,5531,3761,3521,4881,7032,009 2,441 2,966 2,7122,5712,4872,642 1,634 2,145 1,754 2, , ,0821,1481,2861,3521,3731,3961,3551,3821,479 1,4621,6971,6881,4451,3761,6071,959 1,000 1,500 2,000 2,500 3,000 人 数 500 1, ,049 0H7H8H9H10H11H12H13H14H15H16H17H18H19H20H21H22H 大 年 学 度 院 短 期 大 学 (2) 経 費 別 留 学 生 数 の 推 移 大 学 校 等 専 修 学 校 ( 専 門 課 程 ) 日 本 語 教 育 機 関 6,017 6,734 7,410 8,208 3,0612,9142,6282,5902,7773,2024,0094,8605,7466,2626,2465,8105,5395,689 2,7532,5972,2552,2342,3102,7923,5524,3945,2365,6535,6105,1424,9535,0275,538 6,273 1,000 2,000 3,000 4,000 5,000 6,000 7,000 8,000 9,000 人 数 0H7H8H9H10H11H12H13H14H15H16H17H18H19H20H21H22H 年 度 国 費 私 費 外 国 政 府 派 遣 総 計

10 (3) 全 国 及 び 県 内 の 留 学 生 1990(H2) 数 の 推 移 外 国 国 政 府 派 遣 1,026 4, (H3)1992(H4)1993(H5)1994(H6)1995(H7)1996(H8) 1,072 5,219 1,058 5,699 1,214 6,408 1,330 6,880 1,231 7,371 ( 単 位 : 人 合 私 計 35,360 41,347 38,775 45,066 41,804 48,561 44,783 52,405 45,577 53,787 45,245 53,847 43,573 52,921 1,297 8,051 ) 全 国 県 内 伸 国 外 私 国 政 府 派 率 費 遣 2, , , , , , 合 計 2, ,872 3,295 3,350 3,167 3,061 2,597 2, 伸 率 全 国 国 外 国 政 府 派 遣 1997(H9)1998(H10)1999(H11)2000(H12)2001(H13)2002(H14)2003(H15) 合 私 計 41,273 51,047 1,524 8,250 41,331 51,298 1,585 8,382 45,439 55,755 1,542 8,774 53,640 64,011 1,441 8,930 68,270 78,812 1,369 9,173 85,024 95,550109,508 1,517 9,009 98,135 1,627 9,746 県 内 伸 国 外 私 国 政 府 派 率 費 遣 , , , , , , 合 計 2,628 2,590 2,777 3,202 4,009 4,860 5,236 5, 伸 率 全 国 国 外 私 国 政 府 派 遣 2004(H16)2005(H17)2006(H18)2007(H19)2008(H20)2009(H21)2010(H22) 合 計 105,592110,018106,102106,297111, ,302121,812117,927118,498123,829 1,906 9,804 1,903 9,891 1,956 9,869 10,020 2,181 2,681 9, ,317127, ,720 10,168 3,235 10,349 伸 率 ,505 国 外 国 政 府 派 遣 県 内 私 合 伸 費 計 率 5,653 6, ,610 6, ,142 5, ,953 5, ,027 5, ,538 6, , (H23) 6,734 国 全 国 外 合 伸 私 国 政 府 派 計 率 遣 国 注 外 国 政 府 派 遣 (1) (2) 局 留 学 生 課 伸 全 発 率 国 行 欄 は 1990 については 我 が 年 国 を100とした 留 学 文 生 部 制 科 度 学 指 省 の 数 高 概 等 要 県 内 私 費 - 合 計 7,410 8,208( 育 ( 機 ら)による 平 機 構 (3)2011 成 関 発 15 表 も 年 対 度 年 象 留 まで) から 学 とする 生 受 及 在 入 び 留 独 資 れの 立 格 行 概 の 政 況 統 法 一 ( 人 により 日 平 本 成 学 16 日 生 年 本 支 度 語 援 教 か 伸 率 参 考 ) 日 本 語 教 を 除 く 伸 び % 率 平 成 23 年 度 在 籍 留 学 生 調 査 結 果

11 (4) 出 身 国 ( 地 域 ) 別 留 学 生 数 ( 上 位 5か 国 の 推 移 ) 1 中 1,118 中 1,354 中 1,519 中 1,524 中 1,458 中 1,379 ( 中 単 位 : 1,300 人 ) 2 台 湾 1990(H2) 490 韓 国 1991(H3) 600 韓 国 1992(H4) 742 韓 国 1993(H5) 797 韓 国 1994(H6) 3 韓 国 403 台 湾 529 台 湾 554 台 湾 494 台 湾 韓 台 国 1995(H7) 4イント ネシア 55イント ネシア 57マレーシア 70マレーシア 85マレーシア 85マレーシア 湾 マレーシア 韓 台 国 1996(H8) 湾 763 5マレーシア 47マレーシア 55イント ネシア 65イント ネシア 68タイ 56タイ 57タイ 375 国 数 中 韓 国 1997(H9) 46 1, 韓 中 国 1998(H10) 41 1, 韓 中 国 1999(H11) 55 1, 韓 中 国 2000(H12) 65 1, 韓 中 2001(H13) 59 3 台 湾 291 台 湾 277 台 湾 247 台 湾 216 台 国 湾 2, 韓 台 中 国 湾 2002(H14) 66 3, 韓 台 中 2003(H15) 65 国 湾 3,870 4マレーシア 81マレーシア 86マレーシア 86タイ 84タイ 84タイ 97タイ タイ 49タイ 53タイ 70マレーシア 71マレーシア イント ネシア 72イント ネシア 80マレーシア 国 数 12 中 韓 国 2004(H16) 71 4, 韓 中 国 2005(H17) 64 4, 韓 中 国 2006(H18) 69 3 台 湾 240 台 湾 201 台 湾 3, 韓 台 中 国 湾 2007(H19) 72 3, タイ 韓 中 国 2008(H20) 77 3, タイ 韓 中 国 2009(H21) 86 3,446 1, 台 中 韓 2010(H22) 87 湾 国 3,792 4タイ 146タイ 142タイ 150タイ 183 台 湾 223 台 湾 248タイ 1,153 5マレーシア 131マレーシア 134マレーシア 130ヘ トナム 122ヘ トナム 128ヘ トナム 153ヘ トナム 国 数 タイ 韓 中 国 2011(H23) ,032 4 台 湾 ネパール 注 国 ) 数 中 国 には 101平 216 成 10 年 度 から 香 港 平 成 11 年 度 からマカオを 含 む

12 5 外 国 人 留 学 生 1 進 路 状 況 生 業 1 就 職 2 進 貴 学 校 に3 外 貴 に 校 進 以 学 4その ( 職 含 中 活 む ) 動 就 他 1 就 職 2 進 学 3その ( 定 明 含 ) む 不 他 学 いる 留 の 生 が学 卒 留 がいな 2 28い 学 生 3 生 るが 卒 10はいな い 留 業 学 生 学 校 計 A 日 本 国 内 1の 内 訳 留 学 B 生 母 進 国 路 別 未 1 C 就 職 AB 以 外 32 の 進 国 学 3その ( 大 学 院 定 明 含 ) む 不 他 未 人 数 計 大 短 学 期 校 大 等 学 ( 日 専 本 修 門 語 課 学 教 程 校 機 関 育 ) , ,029 合 計 , ,828 1,332 の 1 2 理 ( 比 由 率 比 3 が ) 率 寄 は それぞれ 留 せられた また 学 生 42.2%44.9%12.9%100.0% はいるが 算 出 防 卒 し 衛 業 四 大 生 捨 学 五 はいない については 校 入 しているので 国 9.6%11.4%43.7% 家 計 間 が の 一 新 受 致 設 託 しない 校 教 育 である のため 場 合 がある 交 卒 換 業 留 と 学 扱 生 わないとの 8.3% 主 のため 回 8.5% 答 卒 であった 業 まで 0.3% 在 籍 しない 9.1% 前 期 のみ 0.2% 履 修 する 学 0.2% 部 のため 卒 8.6%100.0% 費 注 滞 3 納 専 による 修 学 校 中 途 日 退 本 学 語 が 教 多 育 いためとのことであった 機 関 在 籍 数 から 見 て 卒 業 生 が 少 ない 場 合 が 見 られるので 照 会 したところ 婚 姻 等 による 在 留 資 格 の 業 途 生 中 がいない 変 更 や 等

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32 日 本 国 籍 の 観 光 査 証 渡 航 認 証 要 否 旅 券 の 残 存 期 間 ご 注 意! 渡 航 される 場 合 は 必 ず 関 係 諸 機 関 へお 問 い 合 わせいただき その 時 点 の 最 新 情 報 を 入 手 してください 弊 社 では 下 記 情 報 に 起 因 する 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 事 をあらかじめご 承 知 おきください 2013 年 9 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

表紙(第1巻)

表紙(第1巻) 神 奈 川 県 県 土 整 備 部 住 宅 課 平 成 20 年 度 住 宅 団 地 立 地 調 査 結 果 報 告 書 < 第 1 巻 > 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 巻 第 1 調 査 方 法 について 1 調 査 結 果 報 告 利 用 上 の 注 意 2 2 平 成 20 年 度 住 宅 団 地 立 地 調 査 実 施 要 領 3 3 調 書 の 記 載 方 法 5 第 2 調

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

危機にある世界遺産

危機にある世界遺産 人 間 開 発 指 標 (HDI) 高 0.8 中 ベネズエラ エクアドル アセ ルハ イシ ャン イラン アルジェリア カンボジア パキスタン ネパール 0.5 イエメン ウガンダ ギニア コートジボアール コンゴ 民 主 エチオピア ニジェール 低 中 央 アフリカ ポーランド クロアチア アルバニア ブルガリア ブラジル オーマン ペルー ヨルダン チュニジア フィリピン エジプト ホンジュラス

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

学校制度(学制)-諸外国との比較

学校制度(学制)-諸外国との比較 資 料 1 学 校 制 度 ( 学 制 )- 諸 外 国 との 比 較 再 生 実 行 会 議 平 成 25 年 11 月 26 日 ( 火 )17:45-19:15 官 邸 2 階 小 ホール あきら 二 宮 皓 比 治 山 大 学 比 治 山 大 学 短 期 大 学 部 学 長 二 宮 皓 @ 比 治 山 大 学 1 1 学 制 学 校 体 系 ( 学 校 段 階 の 区 分 接 続 及 び 学

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

日 本 の 地 域 と 途 上 国 相 互 依 存 度 調 査 愛 知 県 ファイナル レポート 要 約 版 平 成 24 年 3 月 (202 年 ) 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構 (JICA) 中 部 国 際 センター 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 序 調 査 の 目 的 日 本 の 経 済 社 会 は 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 を 経

More information

《株価急落の背景》

《株価急落の背景》 エマージングにとって 一 人 当 たり GDP3, ドルの 壁 ~タイの 教 訓 ~ 29 年 7 月 2 日 アセットマネジメント 部 チーフ エコノミスト チーフ ストラテジスト 黒 瀬 浩 一 近 年 エマージング 向 けの 株 式 投 資 がある 種 のブームとなっている 昨 年 秋 には リーマン ショッ ク で 株 価 と 通 貨 が 共 に 大 きく 下 落 したものの 景 気 の 底

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

グローバルな投資環境の整備のあり方に関する意見 【 参考資料 】

グローバルな投資環境の整備のあり方に関する意見 【 参考資料 】 グローバルな 環 境 の 整 備 のあり 方 に 関 する 意 見 わが 国 海 外 の 法 的 基 盤 の 整 備 等 に 向 けて 参 考 資 料 わが 国 の 締 結 状 況 (1) 保 護 を 主 な 目 的 とする 2 (2) 自 由 化 を 含 む 3 (3) 交 渉 中 の 4 日 系 企 業 海 外 現 地 法 人 数 社 会 保 障 租 税 条 約 締 結 状 況 5 の 構 成

More information

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ これからの 需 要 と マーケティング 世 界 の 需 要 拡 大 に 応 える4つの 戦 略 2014 年 4 月 Copyright 2014 The Nielsen Company 目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える...

More information

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ 総 会 A/HRC/RES/25/1 配 布 : 一 般 2014 年 4 月 9 日 原 文 : 英 語 人 権 理 事 会 第 25 会 期 議 事 日 程 議 題 2 国 際 連 合 人 権 高 等 弁 務 官 年 次 報 告 書 および 高 等 弁 務 官 事 務 所 並 びに 事 務 総 長 報 告 書 人 権 理 事 会 により 採 択 された 決 議 25/1. スリランカにおける 和

More information

SR-0067

SR-0067 SR-0067 緊 急 通 報 用 電 気 通 信 番 号 の 取 り 扱 い に 関 する 調 査 報 告 書 第 1.0 版 2015 年 3 月 16 日 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 技 術 委 員 会 番 号 計 画 専 門 委 員 会 本 書 は 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 技 術 委 員 会 が 著 作 権 を 保 有 しています 内 容 の 一 部 又 は 全

More information

はじめに 本 報 告 書 は 2012 年 に 実 施 された OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA: Programme for International Student Assessment)のうち 国 際 オプ ションとして 実 施 された 問 題 解 決 能 力 の 国 際 調 査 結 果 を 基 に 日 本 にとって 特 に

More information

International Economic Review

International Economic Review 2016.09.06 (No.19, 2016) 欧 州 の 難 民 受 け 入 れ 問 題 ~EU は 危 機 をのりきれるか?~ 公 益 財 団 法 人 国 際 通 貨 研 究 所 経 済 調 査 部 上 席 研 究 員 山 口 綾 子 yamaguchi@iima.or.jp < 要 旨 > 1. 欧 州 への 難 民 流 入 は 2015 年 に 急 増 した 中 東 北 アフリカ 地 域

More information

各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等

各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等 平 成 26 年 3 月 平 成 2 5 年 の 薬 物 銃 器 情 勢 確 定 値 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 薬 物 銃 器 対 策 課 各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 参 考 資 料 観 光 を 取 り 巻 く 現 状 平 成 28 年 5 月 11 日 東 京 都 目 次 世 界 の 旅 行 者 数 の 推 移 ( 今 後 の 予 測 ) 1 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 2 国 地 域 別 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 内 訳 (2015 年 ) 3 外 国 人 旅 行 者 受 入 数 の 国 際 比 較 (2014 年 ) 4 空

More information

NCGM2013_0章-はじめに.indd

NCGM2013_0章-はじめに.indd Appendix 2013 年 度 長 期 派 遣 者 リスト 氏 名 出 発 日 帰 国 日 派 遣 国 区 分 業 務 内 容 岡 林 広 哲 2010/5/25 2013/5/24 ラオス JICA 母 子 保 健 統 合 統 合 サービス 強 化 プロジェクト 長 期 派 遣 専 門 家 (チーフアドバイザー) 永 井 真 理 2011/4/23 2014/4/22 セネガル JICA 保

More information

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れの 概 要 平 成 24 年 6 月 19 日 1 1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698A6D92E894C5816A3232944E93788E788B8B8E9696B1977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698A6D92E894C5816A3232944E93788E788B8B8E9696B1977697CC2E646F6378> 平 成 22 年 2 月 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 研 究 協 力 第 二 課 際 学 会 等 派 遣 事 業 平 成 22 年 度 支 給 事 務 取 扱 要 領 標 記 事 業 にかかる 経 費 請 求 等 の 手 続 きについては 下 記 の 事 項 にご 留 意 のうえ 所 属 機 関 事 務 局 においては 本 要 領 に 従 って 採 用 者 の 必 要 書 類

More information

第 49 回 1996 年 2 月 村 山 富 市 前 内 閣 総 理 大 臣 今 川 幸 雄 前 駐 カンボジア 大 使 第 50 回 1996 年 3 月 加 藤 紘 一 自 民 党 幹 事 長 第 51 回 1996 年 4 月 三 塚 博 前 自 民 党 幹 事 長 黒 河 内 康 前 駐

第 49 回 1996 年 2 月 村 山 富 市 前 内 閣 総 理 大 臣 今 川 幸 雄 前 駐 カンボジア 大 使 第 50 回 1996 年 3 月 加 藤 紘 一 自 民 党 幹 事 長 第 51 回 1996 年 4 月 三 塚 博 前 自 民 党 幹 事 長 黒 河 内 康 前 駐 第 1 回 1992 年 1 月 加 藤 紘 一 内 閣 官 房 長 官 栗 山 尚 一 次 期 駐 米 大 使 第 2 回 1992 年 2 月 小 沢 一 郎 元 自 民 党 幹 事 長 中 平 立 日 朝 交 渉 首 席 代 表 第 3 回 1992 年 3 月 C Fバーグステン 米 国 際 経 済 研 究 所 長 渡 辺 泰 造 前 外 務 省 報 道 官 第 4 回 1992 年 4 月

More information

県 出 先 機 関 神 奈 川 県 東 京 事 務 所 048-300-9 調 査 課 2458 FAX( 調 査 課 ) 2459 安 全 防 災 局 -425 温 泉 地 学 研 究 所 観 測 室 研 究 部 長 室 事 務 室 FAX( 観 測 室 ) 9200 安 全 防 災 局 -407

県 出 先 機 関 神 奈 川 県 東 京 事 務 所 048-300-9 調 査 課 2458 FAX( 調 査 課 ) 2459 安 全 防 災 局 -425 温 泉 地 学 研 究 所 観 測 室 研 究 部 長 室 事 務 室 FAX( 観 測 室 ) 9200 安 全 防 災 局 -407 神 奈 川 県 庁 危 機 管 理 対 策 課 維 持 防 災 G 9345 議 会 局 -400 政 策 局 知 事 室 知 事 室 秘 書 G 総 務 G 9210 自 治 振 興 部 市 町 村 課 調 整 G 9211 総 務 局 総 務 G 情 報 通 信 G 9302 9303 消 防 課 企 画 G 9305 工 業 保 安 課 火 薬 電 気 G 9225 危 機 管 理 センター

More information

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 と 日 本 政 府 観 光 局 の 取 り 組 み 2012 年 7 月 23 日 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) 理 事 長 松 山 良 一 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 2012.07.23 作 成 :JNTO 1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の

More information

2010.8 A C P F N E W S No.49 (31) 平 成 21 年 9 月 1 日 アジア 刑 政 通 信 48 号 発 刊 平 成 21 年 9 月 30 日 本 部 支 部 運 営 会 議 敷 田 先 生 感 謝 の 集 い 平 成 21 年 12 月 カレンダー 作 成 配

2010.8 A C P F N E W S No.49 (31) 平 成 21 年 9 月 1 日 アジア 刑 政 通 信 48 号 発 刊 平 成 21 年 9 月 30 日 本 部 支 部 運 営 会 議 敷 田 先 生 感 謝 の 集 い 平 成 21 年 12 月 カレンダー 作 成 配 (30) A C P F N E W S No.49 2010.8 役 員 会 で 東 京 支 部 設 立 を 決 定 平 成 22 年 6 月 30 日 に 第 92 回 役 員 会 ( 理 事 会 )が 開 催 され 21 年 度 事 業 報 告 収 支 決 算 等 についての 承 認 及 びこ れらの 法 務 大 臣 報 告 等 並 びに 東 京 支 部 の 新 規 設 立 につい て 議 決

More information

二 外 国 旅 行 本 邦 と 外 国 本 邦 以 外 の 領 域 ( 公 海 を 含 む )をいう 以 下 同 じ との 間 における 旅 行 及 び 外 国 における 旅 行 をいう 三 出 張 役 職 員 が 機 構 の 業 務 のため 一 時 その 勤 務 地 ( 常 時 勤 務 している

二 外 国 旅 行 本 邦 と 外 国 本 邦 以 外 の 領 域 ( 公 海 を 含 む )をいう 以 下 同 じ との 間 における 旅 行 及 び 外 国 における 旅 行 をいう 三 出 張 役 職 員 が 機 構 の 業 務 のため 一 時 その 勤 務 地 ( 常 時 勤 務 している 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 旅 費 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 規 程 第 3-19 号 平 成 20 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 19 日 一 部 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 -

More information

Setting up Business in Japan

Setting up Business in Japan 海 外 医 療 機 器 市 場 と ジェトロの 販 路 開 拓 支 援 2013 年 9 月 19 日 機 械 環 境 産 業 部 ライフサイエンス 班 設 楽 隆 裕 ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 等 をできる 限 り 正 確 に 記 すよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した 情 報 等 の 正 確 性 等 についてジェトロが 保 証 するものでは ないことを 予 めご

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63> 地 域 戦 略 安 全 保 障 特 集 : 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 武 器 貿 易 漢 和 防 務 評 論 20150805 ( 抄 訳 ) ( 訳 者 コメント) 阿 部 信 行 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 中 国 が 最 近 提 唱 した アジアインフラ 投 資 銀 行 は 表 裏 一 体 のものであると 見 られています 中 国 は 必 要 な 資 源 を 獲 得

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DEC90AC8EE888F882AB816995A8956990BB91A29399816A3230313630313038>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DEC90AC8EE888F882AB816995A8956990BB91A29399816A3230313630313038> 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 類 ( 物 品 製 造 等 )の 作 成 の 手 引 き 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 の 物 品 製 造 等 ( 物 品 の 製 造 物 品 の 販 売 役 務 の 提 供 等 物 品 の 買 受 け)の 契 約 に 係 る 競 争 入 札 参 加 者 に 必 要 な 資 格 の 取

More information

1

1 広 告 やブランド メッセージに 対 する 信 頼 グローバル 調 査 2013 年 9 月 1 信 憑 性 が 広 告 の 効 果 を 左 右 する 友 人 家 族 の 推 薦 は 今 もなお 最 も 信 頼 できる 情 報 源 ほとんどのメディアへの 信 頼 度 が 上 昇 する 中 新 聞 広 告 に 対 しては 低 下 オウンドメディア( 企 業 が 自 社 で 所 有 しているメディア)は

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 海 外 旅 行 調 査 2014 Market Survey Of Overseas Travel ~2013 年 海 外 旅 行 者 の 選 択 プロセス 評 価 と 今 後 の 意 向 ~ 目 次 序 章 本 報 告 書 の 概 要 5 1. 調 査 概 要 6 2. 回 答 者 プロフィール 7 参 考 2013 年 の 海 外 渡 航 状 況 11 1. 調 査 概 要 12 2.2013

More information

Microsoft Word - 09 P88~102 研究ノート 青木健.doc

Microsoft Word - 09  P88~102  研究ノート 青木健.doc 研 究 ノ ー ト 廃 プラスチックと 古 紙 にみる リサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 青 木 健 Takeshi Aoki 杏 林 大 学 総 合 政 策 学 部 教 授 ( 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 客 員 研 究 員 東 アジア 諸 国 の 多 くは 世 界 平 均 を 上 回 る 経 済 成 長 を 遂 げている そのた め 中 国 を 筆 頭 に 東 アジア 諸

More information

本 保 証 の 適 用 除 外 本 保 証 は 以 下 のものに 適 用 されません a. 誤 用 (Lenovo が 文 書 にて 認 めた 容 量 および 能 力 を 超 えた 使 用 を 含 みますが これに 限 るものではありません) 事 故 改 変 Lenovo 所 定 の 設 備 条 件

本 保 証 の 適 用 除 外 本 保 証 は 以 下 のものに 適 用 されません a. 誤 用 (Lenovo が 文 書 にて 認 めた 容 量 および 能 力 を 超 えた 使 用 を 含 みますが これに 限 るものではありません) 事 故 改 変 Lenovo 所 定 の 設 備 条 件 Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 L814-0010-00 8/2014 第 1 章 共 通 条 項 本 保 証 の 内 容 と 制 限 ( 以 下 本 書 といいます) は 第 1 章 - 共 通 条 項 第 2 章 - 各 国 固 有 の 条 項 および 第 3 章 - 保 証 情 報 により 構 成 されています 第 2 章 には 第 1 章 記 載 の 条 項 を 置 き 換 えた

More information

210X297

210X297 Education at a Glance: OECD Indicators - 2004 Edition Summary in Japanese 図 表 でみる 教 育 OECD インディケータ(2004 年 版 ) まとめ 経 済 状 況 や 社 会 情 勢 の 変 化 に 伴 い 個 人 の 成 功 や 国 家 の 繁 栄 に 果 たす 教 育 の 役 割 はますます 重 要 になってきている

More information

平 成 14 年 度 鉱 プロジェクト フォローアップ 調 査 報 告 書 ( 開 発 調 査 実 施 済 案 件 現 状 調 査 ) 2003 年 3 月 国 際 協 力 事 業 団 鉱 開 発 調 査 部

平 成 14 年 度 鉱 プロジェクト フォローアップ 調 査 報 告 書 ( 開 発 調 査 実 施 済 案 件 現 状 調 査 ) 2003 年 3 月 国 際 協 力 事 業 団 鉱 開 発 調 査 部 No. 平 成 14 年 度 鉱 プロジェクト フォローアップ 調 査 報 告 書 ( 開 発 調 査 実 施 済 案 件 現 状 調 査 ) 2003 年 3 月 国 際 協 力 事 業 団 鉱 開 発 調 査 部 鉱 調 計 J R 03-077 平 成 14 年 度 鉱 プロジェクト フォローアップ 調 査 報 告 書 ( 開 発 調 査 実 施 済 案 件 現 状 調 査 ) 2003 年

More information

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税 平 成 8 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 指 定 薬 物 の 輸 入 してはならない 貨 物 への 追 加 に 伴 い 摘 発 件 数

More information

別紙1~9

別紙1~9 国 際 戦 略 港 国 際 拠 点 港 重 要 港 湾 の 一 覧 別 紙 1 港 格 都 道 府 県 港 湾 名 港 格 都 道 府 県 港 湾 名 国 際 戦 略 港 湾 東 京 都 東 京 港 重 要 港 湾 大 阪 府 阪 南 港 神 奈 川 県 横 浜 港 尼 崎 西 宮 芦 屋 港 兵 庫 県 川 崎 港 東 播 磨 港 大 阪 府 大 阪 港 和 歌 山 県 日 高 港 国 際 拠 点

More information

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd 学 園 の 現 況 平 成 28(2016) 28 (2016) 年 度 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 教 育 研 究 組 織 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 日 本 文 学 専 攻 ( 博 士 課 程 前 期 課 程 後 期 課 程 ) 大 学 院 文 学 研 究 科 中 国 学 専 攻 ( 博 士

More information

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日 PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 27 年 1 月 20 日 理 事 長 松 山 良 一 2014 年 過 去 最

More information

平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 推 薦 要 項 1. 対 象 となる 奨 学 金

平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 推 薦 要 項 1. 対 象 となる 奨 学 金 教 留 海 平 成 28 年 9 月 12 日 各 学 部 研 究 科 長 殿 教 育 学 生 支 援 部 長 ( 公 印 省 略 ) 平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 の 募 集 について(

More information

<30305F947A957A8E9197BF955C8E86>

<30305F947A957A8E9197BF955C8E86> 参 考 資 料 教 職 員 及 び 高 校 生 の 国 際 化 について 1 県 内 教 職 員 及 び 高 校 生 の 国 際 化 等 に 関 する 現 状 (1) 高 校 生 の 海 外 渡 航 の 状 況... 1 (2) 海 外 高 校 生 の 受 入 れ 状 況 等... 4 (3) 県 内 教 職 員 の 海 外 研 修 等 の 実 績... 5 (4) 私 立 高 等 学 校 の 国

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

日 本 のホテル 市 場 は 1980 年 代 の 不 動 産 バブル 1990 年 代 の 失 われた 10 年 と 呼 ばれる 長 期 不 況 期 2008 年 のリーマンショックにかけての ファンドバブル その 後 のデフレ 不 況 という 景 気 の 浮 沈 の 中 で 紆 余 曲 折 を

日 本 のホテル 市 場 は 1980 年 代 の 不 動 産 バブル 1990 年 代 の 失 われた 10 年 と 呼 ばれる 長 期 不 況 期 2008 年 のリーマンショックにかけての ファンドバブル その 後 のデフレ 不 況 という 景 気 の 浮 沈 の 中 で 紆 余 曲 折 を 663-8006 兵 庫 県 西 宮 市 段 上 町 3-14-4-607 TEL:0798-52-7470 FAX:0798-52-7480 ホテルマーケットレポート ~ 変 革 期 に 入 った 日 本 のホテル 市 場 ~ 2015 年 12 月 24 日 エーエム ワークス 日 本 のホテル 市 場 は 1980 年 代 の 不 動 産 バブル 1990 年 代 の 失 われた 10 年 と

More information

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録 平 成 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 6 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 不 正 薬 物 の 押 収 量 が 連 続 で 6kg 超 え 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数

More information

3. 観 光 消 費 額 も 着 実 に 増 加 観 光 客 の 増 加 に 伴 い, 平 成 26 年 の 福 岡 市 内 における 観 光 消 費 額 は, 前 年 比 12.4%(416 億 円 ) 増 の 3,773 億 円 と 推 計 される 観 光 消 費 額 平 成 26 年 平 成

3. 観 光 消 費 額 も 着 実 に 増 加 観 光 客 の 増 加 に 伴 い, 平 成 26 年 の 福 岡 市 内 における 観 光 消 費 額 は, 前 年 比 12.4%(416 億 円 ) 増 の 3,773 億 円 と 推 計 される 観 光 消 費 額 平 成 26 年 平 成 平 成 28 年 3 月 30 日 経 済 観 光 文 化 局 観 光 産 業 課 平 成 26 年 観 光 統 計 の 概 要 1. 入 込 観 光 客 数 は, 過 去 最 高 を 更 新!(3 年 連 続 ) 本 編 p1,2 参 照 平 成 26 年 の 福 岡 市 の 入 込 観 光 客 数 ( 推 計 )は,NHK 大 河 ドラマ 軍 師 官 兵 衛 の 放 映 機 会 を 捉 えた 黒

More information

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流 資 料 2 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 と 青 少 年 の 国 際 交 流 平 成 22 年 4 月 30 日 ( 金 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 1.スポーツを 通 じた 国 際 交 流 について 11 国 際 競 技 力 の 向 上 と 国 際 スポーツ 界 をリードする 人 材 育 成 の 強 化 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 は 国 際 競 技 力 の

More information

資料3 東アジアにおける文化交流のあり方について(文化庁提出資料)

資料3 東アジアにおける文化交流のあり方について(文化庁提出資料) 資 料 3 東 アジアにおける 文 化 交 流 のあり 方 について 平 成 22 年 4 月 8 日 文 化 庁 目 次 1. 国 際 文 化 交 流 の 枠 組 み (1) 国 の 機 関 (2) 地 方 公 共 団 体 (3) 民 間 団 体 (4) 東 アジアにおける 既 存 の 交 流 枠 組 み 2. 国 際 文 化 交 流 の 実 績 (1) 舞 台 芸 術 交 流 実 績 (2) 映

More information

(Microsoft Word - 01_1\214\366\225\345\227v\227\314\(H28\)160317\217C\220\263\224\305.doc)

(Microsoft Word - 01_1\214\366\225\345\227v\227\314\(H28\)160317\217C\220\263\224\305.doc) 平 成 2 8 年 度 広 島 県 環 境 浄 化 産 業 クラスター 形 成 事 業 補 助 金 公 募 要 領 に 4 応 募 月 を 締 15 締 切 め 日 切 ( り, 金 ),5 原 則 月 として, 20 日 ( 応 金 募 ),6 締 切 から10 月 17 日 ( 以 金 内 ),8 に 審 月 査 26 を, 日 審 ( 査 金 日 ),10 月 28 日 ( 金 ) ムページにおいて

More information

野球部の歴史

野球部の歴史 横 浜 市 立 鶴 見 工 業 高 等 学 校 野 球 部 の 歴 史 (1946~2010) 西 暦 和 暦 全 国 高 等 学 校 野 球 選 手 権 大 会 地 区 名 回 戦 勝 利 校 スコア 敗 戦 校 備 考 1946 年 昭 和 21 年 第 28 回 大 会 南 関 東 2 回 戦 鶴 見 工 16-8 興 国 中 神 奈 川 予 選 1946 年 昭 和 21 年 第 28 回

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 ( 見 城 ) まとめる 中 で 地 域 社 会 と 留 学 生 がどのような 形 で 関 わりを 持 ち 続 けているのかを 整 理 す るとともに 交 流 をめぐる 諸 問 題 を 考 察 することを 課

留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 ( 見 城 ) まとめる 中 で 地 域 社 会 と 留 学 生 がどのような 形 で 関 わりを 持 ち 続 けているのかを 整 理 す るとともに 交 流 をめぐる 諸 問 題 を 考 察 することを 課 国 際 教 育 第 1 号 (2007 年 3 月 ) 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 見 城 悌 治 要 旨 ホースステイやホームビジットを 経 験 した 日 本 人 家 庭 が プログラム 終 了 後 留 学 生 とどのような 継 続 的 交 流 をしているのかについてのアンケ ート 調 査 の 分 析 が 本 稿 である 大 学 側 が

More information

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人 平 成 27 年 4 月 来 日 外 国 人 犯 罪 の 検 挙 状 況 ( 平 成 26 年 ) 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 国 際 捜 査 管 理 官 凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米

More information

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために 第 6 次 出 入 国 管 理 政 策 懇 談 会 新 宿 区 1 新 宿 区 は 外 国 人 住 民 が 全 国 で 一 番 多 く 暮 らす 自 治 体 で 全 区 民 の10%を 超 えています 地 域 別 全 国 平 成 26 年 1 月 1 日 現 在 住 民 記 録 人 口 総 数 ( 人 ) 日 本 人 住 民 人 口 外 国 人 住 民 人 口 人 数 ( 人 ) 割 合 (%) 人

More information

<4D F736F F F696E74202D ACF8CF592A1816A F DB92B781698B9E A2D32205B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D ACF8CF592A1816A F DB92B781698B9E A2D32205B8CDD8AB B83685D> 第 2 回 京 都 市 コンテンツビジネス 研 究 会 資 料 3 観 光 庁 の 設 立 と 観 光 立 国 の 推 進 について 平 成 21 年 1 月 29 日 観 光 庁 観 光 資 源 課 長 水 嶋 智 Japan Tourism Agency 目 次 1. 観 光 立 国 推 進 への 動 き 2. 観 光 庁 の 設 置 3. 国 際 観 光 の 推 進 4. 観 光 資 源 の

More information

(発出)【rapid alert】「医薬品・医療機器等の回収について」の一部改正について

(発出)【rapid alert】「医薬品・医療機器等の回収について」の一部改正について 薬 食 発 0701 第 2 号 平 成 26 年 7 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 長 ( 公 印 省 略 ) 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 について の 一 部 改 正 について 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 又 は 医 療 機 器 ( 以 下 医 薬 品 医 療 機 器 等 と いう )の 回 収 については 薬

More information

中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書

中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書 刊 行 によせて 一 般 社 団 法 人 日 本 舶 用 工 業 会 では 我 が 国 の 造 船 関 係 事 業 の 振 興 に 資 するために ボートレース 事 業 の 交 付 金 による 日 本 財 団 の 助 成 金 を 受 けて 造 船 関 連 海 外 情 報 収 集 及 び 海 外 業 務 協 力 事 業 を 実 施 しております その 一 環 としてジェトロ 関 係 海 外 事 務 所

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

金属表紙2012年05月pdf用

金属表紙2012年05月pdf用 1) JOGMEC 特 別 顧 問 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 サスティナブル 材 料 国 際 センター 客 員 教 授 澤 田 賢 治 BRICsVISTAGDPGDP 1. 世 界 主 要 国 におけるマクロ GDP Gross Domestic Product NIEsNewly Industrializing Economies IT PPPPurchasing Power

More information

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 1 厚 労 働 全 般 人 口 構 造 概 要 我 が 国 の 人 口 ピラミッド 我 が 国 の 人 口 動 態 ( 平 成 23 年 ) 4 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 詳 細 データ1 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 )

More information

税 額 の 計 算 方 法 1 次 の 算 式 により 計 算 します 不 動 産 の 価 格 税 率 = 税 額 ( 納 める 額 ) 不 動 産 の 価 格 について 土 地 や 家 屋 を 売 買 贈 与 交 換 等 により 取 得 した 場 合 原 則 として 市 町 村 の 固 定 資 産

税 額 の 計 算 方 法 1 次 の 算 式 により 計 算 します 不 動 産 の 価 格 税 率 = 税 額 ( 納 める 額 ) 不 動 産 の 価 格 について 土 地 や 家 屋 を 売 買 贈 与 交 換 等 により 取 得 した 場 合 原 則 として 市 町 村 の 固 定 資 産 不 動 産 取 得 税 のあらまし 不 動 産 取 得 税 は 土 地 や 家 屋 を 売 買 贈 与 交 換 新 築 増 築 改 築 など によって 取 得 した 場 合 に 県 に 納 付 する 税 金 です 税 の 性 格 不 動 産 取 得 税 は 土 地 の 購 入 や 家 屋 の 建 築 などによる 不 動 産 の 取 得 に 対 し その 取 得 者 に 課 税 される 税 で 不 動

More information

別冊

別冊 平 成 19 年 度 食 品 規 制 実 態 調 査 タイの 農 業 政 策 農 業 の 現 状 と 周 辺 国 を 巡 る 動 き 別 冊 タイの 主 要 農 水 産 物 の 生 産 貿 易 統 計 集 2008 年 3 月 (2006 年 までの 統 計 データ 収 載 ) 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 目 次 1. 米 1 2. 米 粉 および 米 菓 子 10 3. メイズ

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

1. 観 光 立 国 の 実 現 の 課 題 と 訪 日 外 国 人 旅 行 (インバウンド 旅 行 )の 状 況 3 観 光 立 国 の 実 現 観 光 立 国 の 推 進 に 関 する 目 標 (インバウンド 旅 行 関 連 ) 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 を 平 成 28 年 (201

1. 観 光 立 国 の 実 現 の 課 題 と 訪 日 外 国 人 旅 行 (インバウンド 旅 行 )の 状 況 3 観 光 立 国 の 実 現 観 光 立 国 の 推 進 に 関 する 目 標 (インバウンド 旅 行 関 連 ) 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 を 平 成 28 年 (201 日 本 観 光 振 興 協 会 寄 附 講 義 訪 日 外 国 人 1,800 万 人 時 代 を 目 指 して 平 成 25 年 4 月 15 日 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) 事 業 連 携 推 進 部 山 田 洋 本 日 の 構 成 1. 観 光 立 国 の 実 現 の 課 題 と 訪 日 外 国 人 旅 行 (インバウンド 旅 行 )の 状 況 2. 日 本 政 府 観 光 局

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

Microsoft PowerPoint - ACN2015スポンサー募集要項.pptx

Microsoft PowerPoint - ACN2015スポンサー募集要項.pptx 第 12 回 アジア 栄 養 学 会 議 12th Asian Congress of Nutrition (ACN2015) スポンサー 募 集 要 項 主 催 公 益 社 団 法 人 日 本 栄 養 食 糧 学 会 共 同 主 催 ( 予 定 ) 日 本 学 術 会 議 母 体 団 体 アジア 栄 養 学 会 連 合 (FANS) ご 挨 拶 挨 拶 この 度 第 12 回 アジア 栄 養 学

More information

untitled

untitled 国 際 緊 急 援 助 隊 の 沿 革 と 今 日 の 課 題 ~ 求 められる 大 規 模 災 害 に 対 する 国 際 協 力 の 推 進 ~ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 なかうち 中 内 やすお 康 夫 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 に 対 しては 海 外 から 様 々な 形 での 緊 急 援 助 が 寄 せられた これまでに

More information

日本の国際観光発展のために

日本の国際観光発展のために 日 本 の 国 際 観 光 発 展 のために 地 方 の 観 光 地 特 徴 別 の 最 適 公 共 民 間 投 資 先 704077 松 波 利 明 2008 年 月 論 文 概 要 本 稿 では 我 が 国 の 国 際 観 光 の 発 展 について 考 察 する そして 本 稿 では 地 方 の 特 徴 に 合 った 観 光 政 策 とは 何 かを 探 る 本 稿 の 特 徴 は 観 光 の 現

More information