それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場"

Transcription

1 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する ことなどができます このあらましでは 主 に 新 築 や 購 入 した 住 宅 増 改 築 をした 部 分 を 平 成 27 年 中 に 居 住 の 用 に 供 した 方 が 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 において これらの 税 額 控 除 を 受 けられる 場 合 の 要 件 や 手 続 のあらまし を 説 明 しています より 詳 しい 内 容 をお 知 りになりたい 方 は それぞれの 税 額 控 除 ごとの 説 明 書 を 国 税 庁 ホームページに 掲 載 していますので そちらをご 覧 ください( 税 務 署 にも 用 意 しています ) 税 額 控 除 控 除 を 受 けられる 場 合 掲 載 ページ ロ ー ン 型 A B 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 ) 特 定 増 改 築 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 の3の2) 住 宅 の 新 築 や 購 入 をした 場 合 住 宅 の 増 改 築 ( )をした 場 合 住 宅 のバリアフリー 改 修 工 事 をした 場 合 住 宅 の 省 エネ 改 修 工 事 をした 場 合 4ページ 14 ページ 自 己 資 金 型 C D E 住 宅 耐 震 改 修 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 の 19 の2) 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 ( 措 法 41 条 の 19 の3) 認 定 住 宅 新 築 特 別 税 額 控 除 ( 措 法 41 条 の 19 の4) 住 宅 の 耐 震 改 修 工 事 をした 場 合 住 宅 のバリアフリー 改 修 工 事 をした 場 合 住 宅 の 省 エネ 改 修 工 事 をした 場 合 認 定 住 宅 を 新 築 した 場 合 新 築 の 認 定 住 宅 を 購 入 した 場 合 21 ページ 23 ページ 28 ページ 増 改 築 には 住 宅 耐 震 改 修 工 事 やバリアフリー 改 修 工 事 省 エネ 改 修 工 事 を 含 みます このほか 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 の 方 が 受 けられる 特 例 があります 詳 しくは 説 明 書 東 日 本 大 震 災 により 自 己 の 所 有 する 家 屋 が 被 害 を 受 け 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 場 合 に 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 を 受 けられる 方 へ をご 覧 ください ローン 型 と 自 己 資 金 型 の 違 い ローン 型 A 及 びBの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けるためには その 償 還 期 間 又 は 賦 払 期 間 が 10 年 (Bは5 年 ) 以 上 である 一 定 の 借 入 金 を 利 用 している 必 要 があります 居 住 の 用 に 供 した 年 から 原 則 として 10 年 間 (Bは5 年 間 ) 各 年 の 年 末 時 点 での 借 入 金 の 残 高 の 合 計 額 に 一 定 割 合 を 乗 じて 算 出 した 金 額 を その 年 分 の 所 得 税 額 から 差 し 引 くことができます( 借 入 金 の 借 換 えや 繰 上 返 済 を 行 うことにより 税 額 控 除 の 適 用 要 件 を 満 たさなくなり その 後 の 年 において 税 額 控 除 を 受 けられなくなる 場 合 があります ) 自 己 資 金 型 CからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 ける 場 合 借 入 金 の 利 用 の 有 無 は 問 われません それぞれの 税 額 控 除 に 応 じた 計 算 方 法 に 沿 って 算 出 した 金 額 を 原 則 として 居 住 の 用 に 供 した 年 ( 住 宅 耐 震 改 修 特 別 控 除 の 適 用 を 受 け る 場 合 は 改 修 を 行 った 年 )に 限 り その 年 分 の 所 得 税 額 から 差 し 引 くことができます 1

2 それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 合 無 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) 認 定 住 宅 以 外 Eのみ 適 用 なし 有 バリアフリー 改 修 工 事 省 エネ 改 修 工 事 住 宅 耐 震 改 修 工 事 A B 又 はDの 中 から1つを 選 択 ( ) A 及 びCの 両 方 住 宅 の 増 改 築 を 上 記 以 外 の 増 改 築 Aのみ した 場 合 無 バリアフリー 改 修 工 事 省 エネ 改 修 工 事 住 宅 耐 震 改 修 工 事 Dのみ Cのみ 上 記 以 外 の 増 改 築 適 用 なし いずれの 税 額 控 除 が 有 利 となるかは 毎 年 の 所 得 金 額 や 借 入 金 の 年 末 残 高 などによって 異 なります また 一 度 確 定 申 告 にお いて 選 択 した 税 額 控 除 は その 後 更 正 の 請 求 や 修 正 申 告 により 変 更 することはできません このあらましにおいて 使 用 している 用 語 の 説 明 措 法 租 税 特 別 措 置 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 26 号 )をいいます 居 住 者 国 内 に 住 所 を 有 し 又 は 現 在 まで 引 き 続 いて1 年 以 上 居 所 を 有 する 個 人 をいいます 住 所 は 個 人 の 生 活 の 本 拠 をいい 生 活 の 本 拠 かどうかは 客 観 的 事 実 によって 判 定 することになります 合 計 所 得 金 額 次 の1と2の 合 計 額 に 退 職 所 得 金 額 山 林 所 得 金 額 を 加 算 した 金 額 をいいます 1 事 業 所 得 不 動 産 所 得 利 子 所 得 給 与 所 得 総 合 課 税 の 配 当 所 得 短 期 譲 渡 所 得 及 び 雑 所 得 の 合 計 額 ( 損 益 の 通 算 後 の 金 額 ) 2 総 合 課 税 の 長 期 譲 渡 所 得 と 一 時 所 得 の 合 計 額 ( 損 益 の 通 算 後 の 金 額 )の 2 分 の 1 の 金 額 申 告 分 離 課 税 の 所 得 がある 場 合 には それらの 特 別 控 除 前 の 所 得 金 額 の 合 計 額 を 加 算 した 金 額 です また 純 損 失 や 雑 損 失 の 繰 越 控 除 など 損 失 の 繰 越 控 除 の 適 用 を 受 けている 場 合 は その 適 用 前 の 金 額 をいいます 床 面 積 登 記 簿 に 表 示 されている 床 面 積 をいいます ただし マンションなどのように 建 物 の 一 部 を 区 分 所 有 している 住 宅 の 場 合 は 登 記 簿 上 の 専 有 部 分 の 床 面 積 をいいます 補 助 金 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 親 族 国 又 は 地 方 公 共 団 体 から 交 付 される 補 助 金 又 は 給 付 金 などをいいます 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 税 の 非 課 税 又 は 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 を 受 けた 場 合 の 相 続 時 精 算 課 税 選 択 の 特 例 をいいます( 詳 しくは 平 成 27 年 分 贈 与 税 の 申 告 のしかた をご 覧 ください ) 親 族 のほか 次 の1から3のいずれかに 該 当 する 方 をいいます 1 婚 姻 の 届 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 方 2 家 屋 を 購 入 した 人 から 受 ける 金 銭 その 他 の 資 産 によって 生 計 を 維 持 している 方 3 親 族 1 又 は2の 方 と 生 計 を 一 にするこれらの 方 の 親 族 2

3 その 他 税 額 控 除 の 適 用 が 受 けられない 場 合 他 の 特 例 との 併 用 の 可 否 A B 及 びEの 税 額 控 除 については 入 居 した 年 やその 入 居 した 年 の 前 後 2 年 以 内 に 次 の1から5の 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 の 適 用 を 受 ける 場 合 (Eは 次 の1 及 び2の 適 用 を 受 ける 場 合 )は その 適 用 を 受 けられま せん 1 居 住 用 財 産 を 譲 渡 した 場 合 の 長 期 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 ( 措 法 31 条 の3) 2 居 住 用 財 産 の 譲 渡 所 得 の 特 別 控 除 ( 措 法 35 条 ) 3 特 定 の 居 住 用 財 産 の 買 換 え 交 換 をした 場 合 の 長 期 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 ( 措 法 36 条 の2 36 条 の5) 4 既 成 市 街 地 内 にある 土 地 の 中 高 層 耐 火 建 築 物 の 建 設 のための 買 換 え 交 換 の 場 合 の 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 ( 措 法 37 条 の5) 5 認 定 事 業 用 地 適 正 化 計 画 の 事 業 用 地 の 区 域 内 にある 土 地 の 交 換 の 場 合 の 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 ( 旧 措 法 37 条 の9の2) A 及 びBの 税 額 控 除 と 居 住 用 財 産 の 買 換 え の 場 合 の 譲 渡 損 失 の 損 益 通 算 及 び 繰 越 控 除 制 度 ( 措 法 41 条 の5)との 併 用 は 認 められます 重 複 適 用 について 住 宅 を 購 入 してその 後 にその 購 入 をした 住 宅 を 増 改 築 した 場 合 など 一 定 の 要 件 を 満 たせば 住 宅 の 購 入 に ついてAの 税 額 控 除 を 受 け その 後 の 増 改 築 についても A 又 はBの 税 額 控 除 を 重 ねて 適 用 できる 場 合 があ ります このように Aの 税 額 控 除 と A 又 はBの 税 額 控 除 を 重 ねて 適 用 する 場 合 を 重 複 適 用 といい この 場 合 重 ねて 適 用 するAやBの 税 額 控 除 の 控 除 額 の 合 計 額 (ただし A 又 はBの 税 額 控 除 限 度 額 のいずれか 多 い 方 が 限 度 となります )について 適 用 を 受 けることができます 参 考 個 人 住 民 税 の 住 宅 借 入 金 特 別 税 額 控 除 制 度 Aの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けた 場 合 所 得 税 額 から 差 し 引 くことのできなかった 金 額 について 翌 年 度 分 の 個 人 住 民 税 額 から 差 し 引 くことができる 制 度 が 設 けられています この 制 度 の 適 用 を 受 けるためには Aの 税 額 控 除 を 年 末 調 整 において 受 けている 場 合 を 除 いて 原 則 としてその 年 の 確 定 申 告 期 限 ( 平 成 27 年 分 は 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 ))までに Aの 税 額 控 除 を 受 けるための 確 定 申 告 書 を 所 轄 税 務 署 に 提 出 する 必 要 が あります また 翌 年 度 分 の 個 人 住 民 税 額 から 差 し 引 くことができる 金 額 には 一 定 の 上 限 ( 住 宅 の 取 得 の 対 価 又 は 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をいいます )の 税 率 が8%の 場 合 は 136,500 円 それ 以 外 の 場 合 は 97,500 円 )があります ( 参 考 ) 平 成 27 年 分 の 確 定 申 告 において 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 適 用 を 受 ける 場 合 の 手 続 例 このあらまし で 控 除 の 適 用 要 件 などを 確 認 した 上 1 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 を 用 意 します 国 税 庁 HPの 確 定 申 告 書 作 成 コーナー で 画 面 の 案 内 に 従 って 2 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 と3 確 定 申 告 書 を 作 成 し これらをプリントアウトします 1 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 を 基 に 2 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 を 手 書 きに より 作 成 します 国 税 庁 HPの 確 定 申 告 書 作 成 コーナ ー で 画 面 の 案 内 に 従 って(2で 計 算 した 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 を 入 力 の 上 )3 確 定 申 告 書 を 作 成 してプリン トアウトします 手 書 きにより3 確 定 申 告 書 を 作 成 し ます 作 成 に 当 たっては 給 与 所 得 者 の( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 記 載 例 などを 参 照 してください 1 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 2 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 及 び 3 確 定 申 告 書 を 所 轄 税 務 署 に 提 出 します 確 定 申 告 書 作 成 コーナー で 作 成 した ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 や 確 定 申 告 書 は e-tax( 電 子 申 告 )を 利 用 して 提 出 することもできます 3

4 A 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 ) 控 除 を 受 けられる 場 合 適 用 を 受 ける 税 額 控 除 掲 載 ページ 一 般 住 宅 ( 1)の 新 築 や 購 入 ( 2)をした 場 合 A1 5ページ 認 定 住 宅 の 新 築 や 購 入 をした 場 合 A2 7ページ 中 古 住 宅 を 購 入 した 場 合 A3 9ページ 住 宅 の 増 改 築 をした 場 合 A4 11 ページ 転 勤 命 令 などにより 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 しなくなった 後 これを 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 A5 13 ページ 1 一 般 住 宅 とは 認 定 住 宅 ( 7ページ)に 該 当 しない 住 宅 のことをいいます 2 建 築 後 使 用 されたことのない 住 宅 の 購 入 のことをいいます 4

5 A1 一 般 住 宅 の 新 築 に 係 る 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 1) 対 象 者 について この 控 除 を 受 ける 各 年 分 において 判 断 します 居 住 者 であること その 年 の 12 月 31 日 ( )まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 していること 死 亡 した 場 合 や 災 害 により 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 場 合 には それぞれ 死 亡 した 日 や 災 害 により 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 日 合 計 所 得 金 額 が 3,000 万 円 以 下 であること 対 象 となる 住 宅 などについて 適 用 要 件 一 般 住 宅 の 新 築 や 購 入 ( )( 新 築 )をし その 新 築 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること 建 築 後 使 用 されたことのないものに 限 ります 一 般 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 専 ら 自 己 の 居 住 用 であること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 購 入 時 において 自 己 と 生 計 を 一 にし 購 入 後 においても 引 き 続 き 自 己 と 生 計 を 一 にしている 親 族 か ら 購 入 したものでないこと 贈 与 により 取 得 したものでないこと 給 与 所 得 者 が 使 用 者 などから 使 用 人 である 地 位 に 基 づいて 一 般 住 宅 又 はその 敷 地 となる 土 地 を 時 価 の 2 分 の1 未 満 の 価 額 で 取 得 していないこと 対 象 となる 借 入 金 について 一 般 住 宅 の 新 築 に 係 る 借 入 金 のうち 次 の 要 件 を 満 たす 借 入 金 を 有 すること 1 償 還 期 間 が 10 年 以 上 の 割 賦 償 還 の 方 法 により 返 済 される 借 入 金 であること 2 一 定 の 借 入 先 ( 金 融 機 関 など)からの 借 入 金 であること 3 無 利 息 又 は 著 しく 低 い 利 息 ( 年 利 1% 未 満 )である 一 定 の 借 入 金 に 該 当 しないこと 計 算 式 (100 円 未 満 端 数 切 捨 て) 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 a 控 除 率 = その 年 分 の 所 得 税 額 から 差 し 引 くことができる 控 除 額 控 除 額 の 計 算 方 法 aは 一 般 住 宅 の 新 築 とともにその 敷 地 となる 土 地 を 購 入 した 場 合 におけるその 土 地 の 購 入 に ついての 借 入 金 の 金 額 を 含 みます aが 一 般 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 新 築 の 対 価 の 額 又 は 費 用 の 額 ( 注 1 及 び2)を 超 えるとき は その 対 価 の 額 又 は 費 用 の 額 までの 金 額 となります ( 注 1) 一 般 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 新 築 に 関 して 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 い た 後 の 金 額 となります ( 注 2) 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 の 適 用 を 受 けた 場 合 には その 適 用 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 差 し 引 い た 後 の 金 額 となります 店 舗 併 用 住 宅 など 一 般 住 宅 ( 及 び 土 地 )のうち 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 は aに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 金 額 となります 控 除 を 受 けることができる 年 分 借 入 金 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 各 年 分 の 控 除 限 度 額 控 除 を 受 け る ことができる 年 分 平 成 27 年 分 ~ 平 成 36 年 分 借 入 金 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 各 年 分 の 控 除 限 度 額 最 大 控 除 額 (10 年 間 ) 4,000 万 円 1.0% 40 万 円 400 万 円 2,000 万 円 1.0% 20 万 円 200 万 円 一 般 住 宅 の 対 価 又 は 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をいいます ) が8%の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 でない 場 合 を 示 しています 5

6 平 成 27 年 分 申 告 手 続 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 を 計 算 の 上 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 金 融 機 関 から 交 付 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 ( 原 本 ) 次 の 書 類 などで 1 一 般 住 宅 ( 及 び 土 地 )を 新 築 したこと 2 一 般 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 新 築 年 月 日 又 は 購 入 年 月 日 3 一 般 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 新 築 工 事 の 請 負 代 金 又 は 購 入 の 対 価 の 額 4 一 般 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であること などを 明 らかにするもの 一 般 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 ) 一 般 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 売 買 契 約 書 の 写 しや 工 事 請 負 契 約 書 の 写 し 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 交 付 を 受 けた 補 助 金 の 額 を 証 する 書 類 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 を 受 けた 場 合 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 に 係 る 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 証 する 書 類 の 写 し 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 土 地 を 先 行 して 取 得 した 場 合 などで 上 記 書 類 のみではこの 控 除 を 受 けるための 要 件 が 確 認 でき ないときは 一 定 の 書 類 の 添 付 が 必 要 となる 場 合 があります 平 成 28 年 分 以 後 給 与 所 得 者 が 年 末 調 整 によってこの 控 除 の 適 用 を 受 ける 場 合 平 成 27 年 分 の 確 定 申 告 によりこの 控 除 の 適 用 を 受 けた 給 与 所 得 者 は 平 成 28 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 について 年 末 調 整 によってこの 控 除 を 受 けることができます 年 末 調 整 によってこの 控 除 を 受 けようとする 場 合 には 必 要 事 項 を 記 載 した 次 の 書 類 を 年 末 調 整 を 受 けるときまでに 給 与 支 払 者 に 提 出 する 必 要 があります 給 与 所 得 者 の( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 申 告 書 及 び 年 末 調 整 のための( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 証 明 書 ( ) これらの 書 類 は 平 成 27 年 分 の 確 定 申 告 書 に 添 付 する ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 にチェックを 付 すことにより 後 日 税 務 署 から 送 付 されます 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 確 定 申 告 書 を 提 出 してこの 控 除 の 適 用 を 受 ける 場 合 確 定 申 告 書 を 提 出 してこの 控 除 の 適 用 を 受 けようとする 場 合 には 必 要 事 項 を 記 載 した 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 所 轄 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 6

7 A2 認 定 住 宅 の 新 築 に 係 る 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 特 例 ( 措 法 41 条 10) 対 象 者 について この 控 除 の 適 用 を 受 ける 各 年 分 において 判 断 します 居 住 者 であること その 年 の 12 月 31 日 ( )まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 していること 死 亡 した 場 合 や 災 害 により 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 場 合 には それぞれ 死 亡 した 日 や 災 害 により 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 日 合 計 所 得 金 額 が 3,000 万 円 以 下 であること 対 象 となる 住 宅 について 認 定 住 宅 の 新 築 や 購 入 ( )( 新 築 )をし その 新 築 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること 建 築 後 使 用 されたことのないものに 限 ります 新 築 をした 住 宅 が 認 定 住 宅 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 されること 認 定 住 宅 とは 次 の1から3の 住 宅 です 適 用 要 1 長 期 優 良 住 宅 の 普 及 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 20 年 法 律 第 87 号 )に 定 める 認 定 長 期 優 良 住 宅 2 都 市 の 低 炭 素 化 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 24 年 法 律 第 84 号 )に 定 める 低 炭 素 建 築 物 3 都 市 の 低 炭 素 化 の 促 進 に 関 する 法 律 に 定 める2とみなされる 特 定 建 築 物 件 認 定 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 専 ら 自 己 の 居 住 用 であること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 購 入 時 において 自 己 と 生 計 を 一 にし 購 入 後 においても 引 き 続 き 自 己 と 生 計 を 一 にしている 親 族 か ら 購 入 したものでないこと 贈 与 により 取 得 したものでないこと 給 与 所 得 者 が 使 用 者 などから 使 用 人 である 地 位 に 基 づいて 認 定 住 宅 又 はその 敷 地 となる 土 地 を 時 価 の 2 分 の1 未 満 の 価 額 で 取 得 していないこと 対 象 となる 借 入 金 について 認 定 住 宅 の 新 築 に 係 る 借 入 金 のうち 次 の 要 件 を 満 たす 借 入 金 を 有 すること 1 償 還 期 間 が 10 年 以 上 の 割 賦 償 還 の 方 法 により 返 済 される 借 入 金 であること 2 一 定 の 借 入 先 ( 金 融 機 関 など)からの 借 入 金 であること 3 無 利 息 又 は 著 しく 低 い 利 息 ( 年 利 1% 未 満 )である 一 定 の 借 入 金 に 該 当 しないこと 計 算 式 (100 円 未 満 端 数 切 捨 て) 控 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 a 控 除 率 = そ の 年 分 の 所 得 税 額 か ら 差 し 引 くことができる 控 除 額 除 額 の 計 算 方 法 aは 認 定 住 宅 の 新 築 とともにその 敷 地 となる 土 地 を 購 入 した 場 合 におけるその 土 地 の 購 入 に ついての 借 入 金 の 金 額 を 含 みます aが 認 定 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 新 築 の 対 価 の 額 又 は 費 用 の 額 ( 注 1 及 び2)を 超 えるとき は その 対 価 の 額 又 は 費 用 の 額 までの 金 額 となります ( 注 1) 認 定 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 新 築 に 関 して 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 い た 後 の 金 額 となります ( 注 2) 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 の 適 用 を 受 けた 場 合 には その 適 用 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 差 し 引 い た 後 の 金 額 となります 店 舗 併 用 住 宅 など 認 定 住 宅 ( 及 び 土 地 )のうち 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 は aに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 金 額 となります 7

8 控 除 を 受 けることができる 年 分 借 入 金 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 各 年 分 の 控 除 限 度 額 控 除 を 受 け る ことができる 年 分 借 入 金 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 各 年 分 の 控 除 限 度 額 最 大 控 除 額 (10 年 間 ) 平 成 27 年 分 ~ 平 成 36 年 分 5,000 万 円 1.0% 50 万 円 500 万 円 3,000 万 円 1.0% 30 万 円 300 万 円 認 定 住 宅 の 対 価 又 は 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をいいます )が8% の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 でない 場 合 を 示 しています 平 成 27 年 分 申 告 手 続 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 を 計 算 の 上 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 金 融 機 関 から 交 付 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 ( 原 本 ) 次 の 書 類 などで 1 認 定 住 宅 ( 及 び 土 地 )を 新 築 したこと 2 認 定 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 新 築 年 月 日 又 は 購 入 年 月 日 3 認 定 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 新 築 工 事 の 請 負 代 金 又 は 購 入 の 対 価 の 額 4 認 定 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であること などを 明 らかにするもの 認 定 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 ) 認 定 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 売 買 契 約 書 の 写 しや 工 事 請 負 契 約 書 の 写 し 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 交 付 を 受 けた 補 助 金 の 額 を 証 する 書 類 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 を 受 けた 場 合 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 に 係 る 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 証 する 書 類 の 写 し 認 定 住 宅 であることを 証 明 する 次 の 書 類 1 認 定 長 期 優 良 住 宅 の 場 合 所 管 行 政 庁 ( 都 道 府 県 市 区 町 村 )の 長 期 優 良 住 宅 建 築 計 画 の 認 定 通 知 書 の 写 し いずれかの 書 類 市 区 町 村 の 住 宅 用 家 屋 証 明 書 ( 写 し 可 ) 建 築 士 の 認 定 長 期 優 良 住 宅 建 築 証 明 書 2 低 炭 素 建 築 物 の 場 合 所 管 行 政 庁 ( 都 道 府 県 市 区 町 村 )の 低 炭 素 建 築 物 新 築 計 画 の 認 定 通 知 書 の 写 し いずれかの 書 類 市 区 町 村 の 住 宅 用 家 屋 証 明 書 ( 写 し 可 ) 建 築 士 の 認 定 低 炭 素 住 宅 建 築 証 明 書 3 低 炭 素 建 築 物 とみなされる 特 定 建 築 物 の 場 合 市 区 町 村 の 住 宅 用 家 屋 証 明 書 ( 特 定 建 築 物 用 ) 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 土 地 を 先 行 して 取 得 した 場 合 などで 上 記 書 類 のみではこの 控 除 を 受 けるための 要 件 が 確 認 でき ないときは 一 定 の 書 類 の 添 付 が 必 要 となる 場 合 があります 平 成 28 年 分 以 後 A1の 申 告 手 続 の 平 成 28 年 分 以 後 ( P6)を 参 照 してください 8

9 A3 中 古 住 宅 の 購 入 に 係 る 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 1 ) 対 象 者 について この 控 除 を 受 ける 各 年 分 において 判 断 します 居 住 者 であること その 年 の 12 月 31 日 ( )まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 していること 死 亡 した 場 合 や 災 害 により 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 場 合 には それぞれ 死 亡 した 日 や 災 害 により 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 日 合 計 所 得 金 額 が 3,000 万 円 以 下 であること 対 象 となる 住 宅 について 中 古 住 宅 を 購 入 し その 購 入 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること 購 入 した 住 宅 が 中 古 住 宅 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 されること 中 古 住 宅 とは 建 築 後 使 用 されたことのある 住 宅 で 次 の1 又 は2の 基 準 を 満 たす 住 宅 です 1 経 過 年 数 基 準 建 築 された 日 から 購 入 の 日 までの 期 間 が 20 年 (マンションなどの 耐 火 建 築 物 については 25 年 ) 以 内 であること 2 耐 震 基 準 地 震 に 対 する 安 全 上 必 要 な 構 造 方 法 に 関 する 技 術 的 基 準 又 はこれに 準 ずるものに 適 合 すること 上 記 1 又 は2の 基 準 を 満 たさない 建 築 後 使 用 されたことのある 住 宅 ( 要 耐 震 改 修 住 宅 といいます )であ 適 用 要 件 っても 購 入 の 日 までに 耐 震 改 修 を 行 うことについて 申 請 をし 居 住 の 用 に 供 した 日 までにその 耐 震 改 修 に より 家 屋 が 耐 震 基 準 に 適 合 することにつき 証 明 がされた 住 宅 は 中 古 住 宅 とみなされ 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 適 用 を 受 けることが 可 能 となります ただし この 場 合 において 行 った 耐 震 改 修 については 住 宅 耐 震 改 修 特 別 控 除 ( P21)の 適 用 の 対 象 とはなりませんので 注 意 してください また 要 耐 震 改 修 住 宅 の 購 入 と 耐 震 改 修 について それぞれ 住 宅 借 入 金 を 利 用 しているなど 一 定 の 要 件 を 満 たす 場 合 は これらの 住 宅 借 入 金 に 係 る 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 適 用 ( 重 複 適 用 )を 受 けることがで きます 中 古 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 専 ら 自 己 の 居 住 用 であること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 購 入 時 において 自 己 と 生 計 を 一 にし 購 入 後 においても 引 き 続 き 自 己 と 生 計 を 一 にしている 親 族 か ら 購 入 したものでないこと 贈 与 により 取 得 したものでないこと 給 与 所 得 者 が 使 用 者 などから 使 用 人 である 地 位 に 基 づいて 中 古 住 宅 又 はその 敷 地 となる 土 地 を 時 価 の 2 分 の1 未 満 の 価 額 で 取 得 していないこと 対 象 となる 借 入 金 について 中 古 住 宅 の 購 入 に 係 る 借 入 金 のうち 次 の 要 件 を 満 たす 借 入 金 を 有 すること 1 償 還 期 間 が 10 年 以 上 の 割 賦 償 還 の 方 法 により 返 済 される 借 入 金 であること 2 一 定 の 借 入 先 ( 金 融 機 関 など)からの 借 入 金 であること 3 無 利 息 又 は 著 しく 低 い 利 息 ( 年 利 1% 未 満 )である 一 定 の 借 入 金 に 該 当 しないこと 計 算 式 (100 円 未 満 端 数 切 捨 て) 控 除 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 a 控 除 率 = その 年 分 の 所 得 税 額 から 差 し 引 くことができる 控 除 額 額 の 計 算 方 法 aは 中 古 住 宅 の 購 入 とともにその 敷 地 となる 土 地 を 購 入 した 場 合 におけるその 土 地 の 購 入 につ いての 借 入 金 の 金 額 を 含 みます aが 中 古 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 購 入 の 対 価 の 額 ( 注 1 及 び2)を 超 えるときは その 対 価 の 額 までの 金 額 と なります ( 注 1) 中 古 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 購 入 に 関 して 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 で 判 断 します ( 注 2) 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 の 適 用 を 受 けた 場 合 には その 適 用 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 差 し 引 い た 後 の 金 額 で 判 断 します 9

10 店 舗 併 用 住 宅 など 中 古 住 宅 ( 及 び 土 地 )のうち 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 は aに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 金 額 となります 控 除 を 受 けることができる 年 分 借 入 金 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 各 年 分 の 控 除 限 度 額 控 除 を 受 ける ことができる 年 分 借 入 金 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 各 年 分 の 控 除 限 度 額 最 大 控 除 額 (10 年 間 ) 平 成 27 年 分 ~ 4,000 万 円 1.0% 40 万 円 400 万 円 平 成 36 年 分 2,000 万 円 1.0% 20 万 円 200 万 円 中 古 住 宅 の 対 価 又 は 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をいいます )が8% の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 でない 場 合 ( 個 人 間 の 売 買 契 約 により 中 古 住 宅 の 対 価 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 がない 場 合 など)を 示 しています 平 成 27 年 分 申 告 手 続 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 を 計 算 の 上 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 金 融 機 関 から 交 付 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 ( 原 本 ) 次 の 書 類 などで 1 中 古 住 宅 ( 及 び 土 地 )を 購 入 したこと 2 中 古 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 購 入 年 月 日 3 中 古 住 宅 ( 及 び 土 地 ) 購 入 の 対 価 の 額 4 中 古 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であること などを 明 ら かにするもの 中 古 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 ) 中 古 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 売 買 契 約 書 の 写 し 中 古 住 宅 であることを 証 明 する 次 の 書 類 中 古 住 宅 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 ) 再 掲 中 古 住 宅 が 耐 震 基 準 を 満 たすものの 場 合 次 のいずれかの 書 類 建 築 士 の 耐 震 基 準 適 合 証 明 書 ( 家 屋 の 購 入 の 日 前 2 年 以 内 にその 証 明 のための 家 屋 の 調 査 が 終 了 したもの) 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 の 建 設 住 宅 性 能 評 価 書 の 写 し( 家 屋 の 購 入 の 日 前 2 年 以 内 に 評 価 されたもの) 既 存 住 宅 売 買 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 契 約 に 係 る 付 保 証 明 書 ( 家 屋 の 購 入 の 日 前 2 年 以 内 に 締 結 されたもの) 中 古 住 宅 が 要 耐 震 改 修 住 宅 ( P9)の 場 合 ( 耐 震 改 修 に 係 る) 請 負 契 約 書 の 写 し 次 のいずれかの 書 類 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 施 行 規 則 別 記 第 5 号 様 式 に 規 定 する 認 定 申 請 書 の 写 し 及 び 耐 震 基 準 適 合 証 明 書 耐 震 基 準 適 合 証 明 申 請 書 ( 耐 震 基 準 適 合 証 明 仮 申 請 書 )の 写 し 及 び 耐 震 基 準 適 合 証 明 書 建 設 住 宅 性 能 評 価 申 請 書 ( 建 設 住 宅 性 能 評 価 仮 申 請 書 )の 写 し 及 び 建 設 住 宅 性 能 評 価 書 既 存 住 宅 売 買 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 契 約 の 申 込 書 及 び 既 存 住 宅 売 買 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 契 約 が 締 結 されていることを 証 する 書 類 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 交 付 を 受 けた 補 助 金 の 額 を 証 する 書 類 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 を 受 けた 場 合 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 に 係 る 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 証 する 書 類 の 写 し 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 借 入 金 が 他 の 者 から 承 継 した 債 務 である 場 合 ( 中 古 住 宅 を 個 人 間 で 売 買 し その 売 主 から 債 務 を 承 継 した 場 合 など)は その 承 継 に 関 する 契 約 書 の 写 し 平 成 28 年 分 以 後 A1の 申 告 手 続 の 平 成 28 年 分 以 後 ( P6)を 参 照 してください 10

11 A4 住 宅 の 増 改 築 に 係 る 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 113) 対 象 者 について この 控 除 を 受 ける 各 年 分 において 判 断 します 居 住 者 であること その 年 の 12 月 31 日 ( )まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 していること 死 亡 した 場 合 や 災 害 により 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 場 合 には それぞれ 死 亡 した 日 や 災 害 により 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 日 合 計 所 得 金 額 が3,000 万 円 以 下 であること 対 象 となる 増 改 築 について 住 宅 の 増 改 築 をし その 増 改 築 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること 増 改 築 が 一 定 の 増 改 築 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 されること 一 定 の 増 改 築 とは 次 の1から6の 工 事 です 1 増 築 改 築 建 築 基 準 法 に 規 定 する 大 規 模 の 修 繕 大 規 模 の 模 様 替 えの 工 事 1 号 工 事 2 マンションなどの 区 分 所 有 建 物 のうち 区 分 所 有 する 部 分 の 床 階 段 又 は 壁 の 過 半 について 行 う 一 定 の 修 繕 模 様 替 えの 工 事 2 号 工 事 3 家 屋 (マンションなどの 区 分 所 有 建 物 にあっては 区 分 所 有 する 部 分 )のうち 居 室 調 理 室 浴 室 便 所 洗 面 所 納 戸 玄 関 又 は 廊 下 の 一 室 の 床 又 は 壁 の 全 部 について 行 う 修 繕 模 様 替 えの 工 事 3 号 工 事 適 用 要 件 4 家 屋 について 行 う 地 震 に 対 する 一 定 の 安 全 基 準 に 適 合 させるための 修 繕 模 様 替 えの 工 事 4 号 工 事 住 宅 耐 震 改 修 工 事 ( P21) 5 家 屋 について 行 う 高 齢 者 が 自 立 した 日 常 生 活 を 営 むのに 必 要 な 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 適 合 させるため の 修 繕 模 様 替 えの 工 事 5 号 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 ( P15) 6 家 屋 について 行 うエネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 資 する 修 繕 模 様 替 えの 工 事 6 号 工 事 省 エネ 改 修 工 事 ( P18) 上 記 1から6の 工 事 と 併 せて 行 うその 工 事 を 施 した 家 屋 と 一 体 となって 効 用 を 果 たす 電 気 設 備 給 排 水 設 備 衛 生 設 備 ガス 設 備 の 取 替 えや 取 付 けに 係 る 工 事 ( 付 随 工 事 )を 含 みます 自 己 が 所 有 し 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 家 屋 について 行 う 増 改 築 であること 増 改 築 に 要 した 費 用 の 額 が 100 万 円 ( )を 超 えるものであること 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 で 判 定 します 増 改 築 をした 後 の 家 屋 が 主 としてその 居 住 の 用 に 供 すると 認 められるものであること 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 部 分 に 係 る 増 改 築 に 要 した 費 用 の 額 がその 総 額 の2 分 の1 以 上 であること 増 改 築 をした 後 の 家 屋 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 専 ら 自 己 の 居 住 の 用 に 供 されるものであること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 対 象 となる 借 入 金 について 増 改 築 に 係 る 借 入 金 のうち 次 の 要 件 を 満 たす 借 入 金 を 有 すること 1 償 還 期 間 が 10 年 以 上 の 割 賦 償 還 の 方 法 により 返 済 される 借 入 金 であること 2 一 定 の 借 入 先 ( 金 融 機 関 など)からの 借 入 金 であること 3 無 利 息 又 は 著 しく 低 い 利 息 ( 年 利 1% 未 満 )である 一 定 の 借 入 金 に 該 当 しないこと 控 計 算 式 (100 円 未 満 端 数 切 捨 て) 除 額 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 a 控 除 率 = そ の 年 分 の 所 得 税 額 か ら 差 し 引 くことができる 控 除 額 の 計 算 aが 増 改 築 の 費 用 の 額 ( 注 1 及 び2)を 超 えるときは その 費 用 の 額 までの 金 額 となります ( 注 1) 住 宅 の 増 改 築 に 関 して 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 で 判 断 します 11

12 方 法 ( 注 2) 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 の 適 用 を 受 けた 場 合 には その 適 用 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 差 し 引 い た 後 の 金 額 で 判 断 します 店 舗 併 用 住 宅 など 増 改 築 をした 家 屋 のうち 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 は aに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 金 額 となります 控 除 を 受 けることができる 年 分 借 入 金 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 各 年 の 控 除 限 度 額 控 除 を 受 ける ことができる 年 分 平 成 27 年 分 ~ 平 成 36 年 分 借 入 金 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 各 年 分 の 控 除 限 度 額 最 大 控 除 額 (10 年 間 ) 4,000 万 円 1.0% 40 万 円 400 万 円 2,000 万 円 1.0% 20 万 円 200 万 円 増 改 築 の 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をいいます )が 8%の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 でない 場 合 を 示 しています 平 成 27 年 分 申 告 手 続 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 を 計 算 の 上 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 添 付 書 類 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 金 融 機 関 から 交 付 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 ( 原 本 ) 増 改 築 をした 住 宅 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 )など 増 改 築 をした 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であ ることを 明 らかにする 書 類 次 の 書 類 などで 1 増 改 築 をした 年 月 日 2 増 改 築 に 要 した 費 用 の 額 などを 明 らかにするもの 増 改 築 の 工 事 請 負 契 約 書 の 写 し 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 交 付 を 受 けた 補 助 金 の 額 を 証 する 書 類 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 を 受 けた 場 合 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 に 係 る 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 証 する 書 類 の 写 し 一 定 の 増 改 築 に 該 当 することを 証 明 する 次 の 書 類 1 増 改 築 が1 号 工 事 に 該 当 する 場 合 いずれかの 書 類 特 定 行 政 庁 ( 市 町 村 又 は 都 道 府 県 ) の 確 認 済 証 の 写 し 特 定 行 政 庁 の 検 査 済 証 の 写 し 建 築 士 の 増 改 築 工 事 証 明 書 2 増 改 築 が2 号 工 事 から6 号 工 事 に 該 当 する 場 合 建 築 士 の 増 改 築 工 事 証 明 書 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 平 成 28 年 分 以 後 A1の 申 告 手 続 の 平 成 28 年 分 以 後 ( P6)を 参 照 してください 12

13 A5 転 勤 命 令 などにより 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 しなくなった 後 これを 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 の 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 特 例 ( 措 法 41 条 1821) 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 の 再 適 用 A1からA4までのいずれかの 適 用 を 受 けていた 人 が 勤 務 先 からの 転 任 の 命 令 に 伴 う 転 居 などのやむを 得 ない 事 由 により その 適 用 を 受 けていた 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 しなくなった 後 その 住 宅 を 再 び 居 住 の 用 に 供 し た 場 合 には その 住 宅 に 居 住 しなくなる 日 までに 一 定 の 手 続 を 行 うことにより 再 びA1からA4までのいず れかの 適 用 を 受 けることができます 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 の 適 用 住 宅 の 新 築 購 入 や 増 改 築 をして 居 住 の 用 に 供 した 人 が その 居 住 の 用 に 供 した 日 以 後 その 年 の 年 末 まで に 勤 務 先 からの 転 任 の 命 令 に 伴 う 転 居 などのやむを 得 ない 事 由 により A1からA4までのいずれかを 適 用 す ることなくその 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 しなくなった 後 その 事 由 が 解 消 し その 住 宅 を 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 勤 務 先 からの 転 任 の 命 令 に 伴 う 転 居 の 事 由 が 生 ずる 前 において 居 住 の 用 に 供 していたことを 証 する 書 類 の 提 出 の 一 定 の 手 続 を 行 うことにより A1からA4までのいずれかの 適 用 を 受 けることができます 居 住 していなかった 期 間 については A1からA4までの 適 用 はありません また A1からA4までの 適 用 が 受 けられる 期 間 は 延 長 されません なお 適 用 要 件 や 申 告 手 続 については 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 の( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 手 続 をされる 方 へ をご 覧 ください 13

14 B 特 定 増 改 築 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 の3の2) 控 除 を 受 けられる 場 合 適 用 を 受 ける 税 額 控 除 掲 載 ページ 住 宅 のバリアフリー 改 修 工 事 をした 場 合 B1 15 ページ 住 宅 の 省 エネ 改 修 工 事 をした 場 合 B2 18 ページ 住 宅 のバリアフリー 改 修 工 事 と 省 エネ 改 修 工 事 を 両 方 した 場 合 B1(その 他 ) 17 ページ 転 勤 命 令 などにより 居 住 の 用 に 供 しなくなった 後 これを 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 B3 20 ページ 14

15 B1 高 齢 者 居 住 改 修 工 事 に 係 る 特 定 増 改 築 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 の3の21) 対 象 者 について この 控 除 を 受 ける 各 年 分 において 判 断 します 特 定 居 住 者 であること 特 定 居 住 者 とは 次 の1から4のいずれかに 該 当 する 居 住 者 のことです 1 50 歳 以 上 の 方 2 要 介 護 又 は 要 支 援 の 認 定 を 受 けている 方 3 所 得 税 法 上 の 障 害 者 である 方 ( 身 体 障 害 者 手 帳 の 交 付 を 受 けた 方 など) 4 高 齢 者 ( )である 親 族 と 同 居 を 常 況 としている 方 上 記 2 若 しくは3に 該 当 する 方 又 は 年 齢 が 65 歳 以 上 である 方 のことです 居 住 者 の 年 齢 が50 歳 以 上 であるかどうか その 居 住 者 の 親 族 の 年 齢 が65 歳 以 上 であるかどうかの 判 定 は 原 則 として 居 住 した 年 の12 月 31 日 の 年 齢 によります 適 用 要 件 その 年 の 12 月 31 日 ( )まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 していること 死 亡 した 場 合 や 災 害 により 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 場 合 には それぞれ 死 亡 した 日 又 は 災 害 により 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 日 合 計 所 得 金 額 が3,000 万 円 以 下 であること 対 象 となる 増 改 築 について 家 屋 の 増 改 築 をし その 増 改 築 をした 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること 増 改 築 がバリアフリー 改 修 工 事 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 され ること バリアフリー 改 修 工 事 とは 特 定 居 住 者 が 行 う 高 齢 者 が 自 立 した 日 常 生 活 を 営 むのに 必 要 な 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 適 合 させるための 修 繕 又 は 模 様 替 えで 次 の1から8のいずれかの 工 事 です 1 介 助 用 の 車 いすで 容 易 に 移 動 するために 通 路 や 出 入 口 の 幅 を 拡 張 する 工 事 2 階 段 の 設 置 ( 既 存 の 階 段 の 撤 去 を 伴 うものに 限 ります ) 又 は 改 良 により 勾 配 を 緩 和 する 工 事 3 浴 室 を 改 良 する 工 事 であって 次 のいずれかに 該 当 するもの イ 入 浴 又 はその 介 助 を 容 易 に 行 うために 浴 室 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 ロ 浴 槽 をまたぎ 高 さの 低 いものに 取 り 替 える 工 事 ハ 固 定 式 の 移 乗 台 や 踏 み 台 など 高 齢 者 の 浴 槽 の 出 入 りを 容 易 にする 設 備 を 設 置 する 工 事 ニ 高 齢 者 の 身 体 の 洗 浄 を 容 易 にする 水 栓 器 具 を 設 置 し 又 は 同 器 具 に 取 り 替 える 工 事 4 便 所 を 改 良 する 工 事 であって 次 のいずれかに 該 当 するもの イ 排 泄 又 はその 介 助 を 容 易 に 行 うために 便 所 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 ロ 便 器 を 座 便 式 のものに 取 り 替 える 工 事 ハ 座 便 式 の 便 器 の 座 高 を 高 くする 工 事 5 便 所 浴 室 脱 衣 室 などの 居 室 及 び 玄 関 並 びにこれらを 結 ぶ 経 路 に 手 すりを 取 り 付 ける 工 事 6 便 所 浴 室 脱 衣 室 などの 居 室 及 び 玄 関 並 びにこれらを 結 ぶ 経 路 の 床 の 段 差 を 解 消 する 工 事 7 出 入 口 の 戸 を 改 良 する 工 事 であって 次 のいずれかに 該 当 するもの イ 開 戸 を 引 戸 折 戸 に 取 り 替 える 工 事 ロ 開 戸 のドアノブをレバーハンドル に 取 り 替 える 工 事 ハ 戸 に 戸 車 など 戸 の 開 閉 を 容 易 にする 器 具 を 設 置 する 工 事 8 便 所 浴 室 脱 衣 室 その 他 の 居 室 及 び 玄 関 並 びにこれらを 結 ぶ 経 路 の 床 の 材 料 を 滑 りにくいものに 取 り 替 える 工 事 上 記 1から8の 工 事 と 併 せて 行 うその 工 事 を 施 した 家 屋 と 一 体 となって 効 用 を 果 たす 設 備 の 取 替 え 又 は 取 付 けに 係 る 工 事 ( 付 随 工 事 )を 含 みます 自 己 が 所 有 し 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 家 屋 について 行 う 増 改 築 であること バリアフリー 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 ( )が 50 万 円 を 超 えるものであること 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 で 判 定 します 増 改 築 をした 後 の 家 屋 が 主 としてその 居 住 の 用 に 供 すると 認 められるものであること 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 部 分 に 係 る 増 改 築 に 要 した 費 用 の 額 がその 総 額 の2 分 の1 以 上 であること 15

16 適 用 要 件 増 改 築 をした 後 の 家 屋 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 専 ら 自 己 の 居 住 の 用 に 供 されるものであること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 給 与 所 得 者 が 使 用 者 などから 使 用 人 である 地 位 に 基 づいて 家 屋 の 敷 地 となる 土 地 を 時 価 の2 分 の1 未 満 の 価 額 で 取 得 していないこと 対 象 となる 借 入 金 について 増 改 築 に 係 る 借 入 金 のうち 次 の 要 件 を 満 たす 借 入 金 を 有 すること 1 償 還 期 間 が5 年 以 上 の 割 賦 償 還 の 方 法 により 返 済 される 借 入 金 や 死 亡 時 に 一 括 償 還 をする 方 法 により 支 払 うこととされている 借 入 金 であること 2 一 定 の 借 入 先 ( 金 融 機 関 など)からの 借 入 金 であること 3 無 利 息 又 は 著 しく 低 い 利 息 ( 年 利 1% 未 満 )である 一 定 の 借 入 金 に 該 当 しないこと 計 算 式 ( 控 除 額 は 100 円 未 満 切 捨 て) 特 定 増 改 築 に 係 る 借 入 金 ( )の 年 末 残 高 の 合 計 額 a 控 除 率 1 + 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 - a 控 除 率 2 = その 年 分 の 所 得 税 額 から 差 し 引 くことが で き る 控 除 額 控 除 額 の 計 算 方 法 申 告 手 続 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 のうちバリアフリー 改 修 工 事 ( 特 定 増 改 築 )に 要 し た 費 用 の 額 に 相 当 する 部 分 の 金 額 ( 補 助 金 を 受 ける 場 合 は その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 )をいいます 増 改 築 とともにその 増 改 築 に 係 る 住 宅 の 敷 地 となる 土 地 を 購 入 した 場 合 その 土 地 の 購 入 に ついての 借 入 金 が 増 改 築 に 係 る 借 入 金 に 含 まれます 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 が 増 改 築 の 費 用 の 額 ( 注 1 及 び2)を 超 えると きは その 費 用 の 額 までの 金 額 となります ( 注 1) 増 改 築 に 関 して 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 となります ( 注 2) 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 の 適 用 を 受 けた 場 合 には その 適 用 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 差 し 引 い た 後 の 金 額 となります 店 舗 併 用 住 宅 など 増 改 築 をした 後 の 家 屋 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 は 一 定 の 居 住 用 割 合 を 乗 じた 後 の 金 額 となります 特 定 増 改 築 及 び 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 限 度 額 控 除 率 各 年 分 の 控 除 限 度 額 控 除 を 受 け る ことができる 年 分 平 成 27 年 分 ~ 平 成 31 年 分 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 限 度 額 特 定 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 限 度 額 控 除 率 各 年 の 控 除 限 度 額 最 大 控 除 額 (5 年 間 ) 1,000 万 円 1.0% ( 計 )12.5 万 円 ( 計 )62.5 万 円 250 万 円 2.0% 5 万 円 25 万 円 1000 万 円 1.0% ( 計 )12 万 円 ( 計 )60 万 円 200 万 円 2.0% 4 万 円 20 万 円 増 改 築 の 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をいいます )が 8%の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 でない 場 合 を 示 しています 平 成 27 年 分 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 を 計 算 の 上 次 に 掲 げる 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 特 定 居 住 者 のうち4( P15)に 該 当 する 場 合 には この 税 額 控 除 の 対 象 となる 家 屋 の 所 在 地 が 税 額 控 除 を 受 ける 方 の 住 所 地 として 記 載 されているとともに その 方 と 同 居 を 常 況 とする 高 齢 者 である 親 族 の 住 所 地 としても 記 載 されたものが 必 要 です 金 融 機 関 から 交 付 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 ( 原 本 ) 増 改 築 をした 住 宅 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 )など 増 改 築 をした 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であ 16

17 申 告 手 続 ることを 明 らかにする 書 類 次 の 書 類 などで 1 増 改 築 をした( 及 び 土 地 を 購 入 した)こと 2 増 改 築 をした( 及 び 土 地 を 購 入 した) 年 月 日 3 増 改 築 に 要 した 費 用 の 額 ( 及 び 土 地 の 購 入 の 対 価 の 額 ) 4バリアフリー 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 などを 明 らかにするもの 増 改 築 の 工 事 請 負 契 約 書 の 写 し 土 地 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 ) 土 地 の 売 買 契 約 書 の 写 し 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 交 付 を 受 けた 補 助 金 の 額 を 証 する 書 類 増 改 築 がバリアフリー 改 修 工 事 である( 又 は 同 工 事 を 含 む)ことなどを 証 明 する 建 築 士 の 増 改 築 工 事 証 明 書 特 定 居 住 者 のうち2 又 は4( P15)に 該 当 する 場 合 は 要 介 護 認 定 又 は 要 支 援 認 定 を 受 けている 方 の 介 護 保 険 の 被 保 険 者 証 の 写 し 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 土 地 を 先 行 して 取 得 した 場 合 などで 上 記 書 類 のみではこの 控 除 を 適 用 するための 要 件 が 確 認 で きないときは 一 定 の 書 類 の 添 付 が 必 要 となる 場 合 があります 平 成 28 年 分 以 後 給 与 所 得 者 が 年 末 調 整 によってこの 控 除 の 適 用 を 受 ける 場 合 平 成 27 年 分 の 確 定 申 告 をしてこの 控 除 の 適 用 を 受 けた 給 与 所 得 者 は 平 成 28 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 について 年 末 調 整 によってこの 控 除 を 受 けることができます 年 末 調 整 によってこの 控 除 を 受 けようとする 場 合 には 必 要 事 項 を 記 載 した 次 の 書 類 を 年 末 調 整 を 受 けるときまでに 給 与 支 払 者 に 提 出 する 必 要 があります 給 与 所 得 者 の( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 申 告 書 及 び 年 末 調 整 のための( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 証 明 書 ( ) これらの 書 類 は 平 成 27 年 分 の 確 定 申 告 書 に 添 付 する ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 にチェックを 付 すことにより 後 日 税 務 署 から 送 付 されます 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 確 定 申 告 書 を 提 出 してこの 控 除 の 適 用 を 受 ける 場 合 確 定 申 告 書 を 提 出 してこの 控 除 の 適 用 を 受 けようとする 場 合 には 必 要 事 項 を 記 載 した 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 所 轄 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 バリアフリー 改 修 工 事 と 省 エネ 改 修 工 事 の 両 方 を 行 った 場 合 そ の 他 特 定 居 住 者 ( P15)がバリアフリー 改 修 工 事 と 省 エネ 改 修 工 事 の 両 方 を 行 った 場 合 は 前 頁 に 示 す 計 算 式 の 特 定 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 (a)をバリアフリー 改 修 工 事 及 び 特 定 断 熱 改 修 工 事 に 要 した 金 額 の 合 計 額 ( 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 )に 相 当 する 金 額 として 計 算 し その 合 計 額 (250 万 円 又 は 200 万 円 を 限 度 )に 対 して 2% の 控 除 率 が 適 用 されます 17

18 B2 断 熱 改 修 工 事 に 係 る 特 定 増 改 築 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 の3の25) 対 象 者 について この 控 除 の 適 用 を 受 ける 各 年 において 判 断 します 居 住 者 であること その 年 の 12 月 31 日 ( )まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 していること 死 亡 した 場 合 や 災 害 により 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 場 合 には それぞれ 死 亡 した 日 や 災 害 により 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 日 合 計 所 得 金 額 が3,000 万 円 以 下 であること 対 象 となる 増 改 築 について 家 屋 の 増 改 築 をし その 増 改 築 をした 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること 増 改 築 が 省 エネ 改 修 工 事 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 されたこと 省 エネ 改 修 工 事 とは 次 の 断 熱 改 修 工 事 又 は 特 定 断 熱 改 修 工 事 です 断 熱 改 修 工 事 とは 家 屋 について 行 うエネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 資 する 増 改 築 修 繕 又 は 模 様 替 えで 次 の 1 及 び2の 工 事 のうち 改 修 した 部 位 の 断 熱 性 能 ( 省 エネ 性 能 )がいずれも 平 成 25 年 基 準 相 当 となると 認 められる 工 事 をいいます 1 居 室 の 全 ての 窓 の 改 修 工 事 2 1の 工 事 と 併 せて 行 う 床 や 天 井 壁 の 断 熱 工 事 適 用 要 件 特 定 断 熱 改 修 工 事 とは 家 屋 について 行 うエネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 著 しく 資 する 増 築 築 修 繕 又 は 模 様 替 えで 断 熱 改 修 工 事 のうち 改 修 後 の 住 宅 全 体 の 断 熱 性 能 ( 省 エネ 性 能 )が 平 成 25 年 基 準 相 当 となると 認 められる 工 事 をいいます これらの 工 事 が 行 われる 構 造 又 は 設 備 と 一 体 となって 効 用 を 果 たす 設 備 の 取 替 え 又 は 取 付 けに 係 る 工 事 ( 付 随 工 事 )を 含 みます 自 己 が 所 有 し 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 家 屋 について 行 う 増 改 築 であること 省 エネ 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 ( )が 50 万 円 を 超 えるものであること 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 で 判 定 します 増 改 築 をした 後 の 家 屋 が 主 としてその 居 住 の 用 に 供 すると 認 められるものであること 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 部 分 に 係 る 増 改 築 に 要 した 費 用 の 額 がその 総 額 の2 分 の1 以 上 であること 増 改 築 をした 後 の 家 屋 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 専 ら 自 己 の 居 住 の 用 に 供 されるものであること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 給 与 所 得 者 が 使 用 者 などから 使 用 人 である 地 位 に 基 づいて 家 屋 の 敷 地 となる 土 地 を 時 価 の2 分 の1 未 満 の 価 額 で 取 得 していないこと 対 象 となる 借 入 金 について 増 改 築 に 係 る 借 入 金 で 次 の 要 件 を 満 たす 借 入 金 を 有 すること 1 償 還 期 間 が5 年 以 上 の 割 賦 償 還 の 方 法 により 返 済 される 借 入 金 であること 2 一 定 の 借 入 先 ( 金 融 機 関 など)からの 借 入 金 であること 3 無 利 息 又 は 著 しく 低 い 利 息 ( 年 利 1% 未 満 )である 一 定 の 借 入 金 に 該 当 しないこと 計 算 式 ( 控 除 額 は 100 円 未 満 切 捨 て) 特 定 断 熱 改 修 に 係 る 借 入 金 ( )の 年 末 残 高 の 合 計 額 a 控 除 率 1 + 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 - a 控 除 率 2 = その 年 分 の 所 得 税 額 から 差 し 引 くことが で き る 控 除 額 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 のうち 特 定 断 熱 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 に 相 当 す る 部 分 の 金 額 ( 補 助 金 を 受 ける 場 合 は その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 )をいいます 18

19 控 除 額 の 計 算 方 法 増 改 築 とともにその 増 改 築 に 係 る 住 宅 の 敷 地 となる 土 地 を 購 入 した 場 合 その 土 地 の 購 入 に ついての 借 入 金 が 増 改 築 に 係 る 借 入 金 に 含 まれます 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 が 増 改 築 の 費 用 の 額 ( 注 1 及 び2)を 超 えると きは その 費 用 の 額 までの 金 額 となります ( 注 1) 増 改 築 に 関 して 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 となります ( 注 2) 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 の 適 用 を 受 けた 場 合 には その 適 用 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 差 し 引 い た 後 の 金 額 となります 店 舗 併 用 住 宅 など 増 改 築 をした 後 の 家 屋 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 は 一 定 の 居 住 用 割 合 を 乗 じた 後 の 金 額 となります 特 定 断 熱 改 修 及 び 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 限 度 額 控 除 率 各 年 の 控 除 限 度 額 控 除 を 受 け る ことができる 年 分 平 成 27 年 分 ~ 平 成 31 年 分 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 限 度 額 特 定 断 熱 改 修 に 係 る 借 入 金 の 限 度 額 控 除 率 各 年 の 控 除 限 度 額 最 大 控 除 額 (5 年 間 ) 1,000 万 円 1.0% ( 計 )12.5 万 円 ( 計 )62.5 万 円 250 万 円 2.0% 5 万 円 25 万 円 1000 万 円 1.0% ( 計 )12 万 円 ( 計 )60 万 円 200 万 円 2.0% 4 万 円 20 万 円 増 改 築 の 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をいいます )が 8%の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 でない 場 合 を 示 しています 平 成 27 年 分 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 を 計 算 の 上 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 金 融 機 関 から 交 付 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 ( 原 本 ) 増 改 築 をした 住 宅 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 )など 増 改 築 をした 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であ 申 告 手 続 ることを 明 らかにする 書 類 次 の 書 類 などで 1 増 改 築 をした( 及 び 土 地 を 購 入 した)こと 2 増 改 築 をした( 及 び 土 地 を 購 入 した) 年 月 日 3 増 改 築 に 要 した 費 用 の 額 ( 及 び 土 地 の 購 入 の 対 価 の 額 ) 4 省 エネ 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 などを 明 らかにするもの 増 改 築 の 工 事 請 負 契 約 書 の 写 し 土 地 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 ) 土 地 の 売 買 契 約 書 の 写 し 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 交 付 を 受 けた 補 助 金 の 額 を 証 する 書 類 増 改 築 が 省 エネ 改 修 工 事 であることなどを 証 明 する 建 築 士 の 増 改 築 工 事 証 明 書 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 土 地 を 先 行 して 取 得 した 場 合 などで 上 記 書 類 のみではこの 控 除 を 適 用 するための 要 件 が 確 認 で きないときは 一 定 の 書 類 の 添 付 が 必 要 となる 場 合 があります 平 成 28 年 分 以 後 B1の 申 告 手 続 の 平 成 28 年 分 以 後 ( P17)を 参 照 してください 19

20 B3 転 勤 命 令 などにより 居 住 の 用 に 供 しなくなった 後 これを 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 の 特 定 増 改 築 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 特 例 ( 措 法 41 条 の3の217) 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 の 再 適 用 B1 又 はB2の 適 用 を 受 けていた 人 が 勤 務 先 からの 転 任 の 命 令 に 伴 う 転 居 などのやむを 得 ない 事 由 によ り その 適 用 を 受 けていた 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 しなくなった 後 その 住 宅 を 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には その 住 宅 に 居 住 しなくなる 日 までに 一 定 の 手 続 を 行 うことにより 再 びB1 又 はB2の 適 用 を 受 けることがで きます 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 の 適 用 住 宅 の 新 築 購 入 や 増 改 築 をして 居 住 の 用 に 供 した 人 が その 居 住 の 用 に 供 した 日 以 後 その 年 の 年 末 まで に 勤 務 先 からの 転 任 の 命 令 に 伴 う 転 居 などのやむを 得 ない 事 由 により B1 又 はB2を 適 用 することなくその 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 しなくなった 後 その 事 由 が 解 消 し その 住 宅 を 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 勤 務 先 からの 転 任 の 命 令 に 伴 う 転 居 の 事 由 が 生 ずる 前 において 居 住 の 用 に 供 していたことを 証 する 書 類 の 提 出 の 一 定 の 手 続 を 行 うことにより B1 又 はB2の 適 用 を 受 けることができます 居 住 していなかった 期 間 については B1 又 はB2の 適 用 はありません また B1 又 はB2の 適 用 が 受 け られる 期 間 は 延 長 されません なお 適 用 要 件 や 申 告 手 続 については 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 の( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 手 続 をされる 方 へ をご 覧 ください 20

21 C 住 宅 耐 震 改 修 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 の 19 の2) 対 象 者 について 居 住 者 であること 対 象 となる 住 宅 耐 震 改 修 工 事 について 適 用 要 件 平 成 27 年 中 に 耐 震 改 修 工 事 をしたこと 耐 震 改 修 工 事 が 住 宅 耐 震 改 修 工 事 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 され たこと 住 宅 耐 震 改 修 工 事 とは 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 を 目 的 とした 増 改 築 修 繕 模 様 替 えであって その 家 屋 が 現 行 の 耐 震 基 準 ( )に 適 合 するもののことです 建 築 基 準 法 施 行 令 第 3 章 及 び 第 5 章 の4の 規 定 又 は 国 土 交 通 大 臣 が 財 務 大 臣 と 協 議 して 定 める 地 震 に 定 め る 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 基 準 ( 平 成 18 年 1 月 国 土 交 通 省 告 示 第 185 号 ) 昭 和 56 年 5 月 31 日 ( 建 築 基 準 法 の 改 正 により 現 行 の 耐 震 基 準 が 適 用 される 日 ) 以 前 に 建 築 された 家 屋 ( )についての 住 宅 耐 震 改 修 であること 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 家 屋 で 居 住 の 用 に 供 する 家 屋 を2 以 上 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 家 屋 に 限 ります 計 算 式 (100 円 未 満 端 数 切 捨 て) 住 宅 耐 震 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 ( ) 10% = その 年 分 の 所 得 税 額 から 差 し 引 くことができる 控 除 額 住 宅 耐 震 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 とは 住 宅 耐 震 改 修 工 事 の 内 容 ごとに 単 位 当 たりの 標 準 的 な 工 事 費 用 の 額 ( 下 表 参 照 )として 定 められた 金 額 に その 住 宅 耐 震 改 修 に 係 る 工 事 を 行 った 床 面 積 を 乗 じて 計 算 した 金 額 の 合 計 額 をいいます 具 体 的 には 建 築 士 の 住 宅 耐 震 改 修 証 明 書 に 記 載 された 金 額 となります また 住 宅 耐 震 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 は 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 き 耐 震 改 修 工 事 限 度 額 を 超 える 場 合 には この 限 度 額 までの 金 額 となります 控 除 額 の 計 算 方 法 ( 住 宅 耐 震 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 ) 改 修 工 事 内 容 単 位 当 たりの 金 額 単 位 1 木 造 住 宅 の 基 礎 に 係 る 耐 震 改 修 15,900 円 建 築 面 積 ( 単 位 m2) 2 木 造 住 宅 の 壁 に 係 る 耐 震 改 修 23,400 円 床 面 積 ( 単 位 m2) 3 木 造 住 宅 の 屋 根 に 係 る 耐 震 改 修 20,200 円 施 工 面 積 ( 単 位 m2) 以 外 の 木 造 住 宅 に 係 る 耐 震 改 修 34,700 円 床 面 積 ( 単 位 m2) 5 木 造 住 宅 以 外 の 住 宅 の 壁 に 係 る 耐 震 改 修 78,000 円 床 面 積 ( 単 位 m2) 6 木 造 住 宅 以 外 の 住 宅 の 柱 に 係 る 耐 震 改 修 2,552,000 円 耐 震 改 修 の 箇 所 以 外 に 係 る 耐 震 改 修 267,600 円 床 面 積 ( 単 位 m2) 工 事 完 了 日 耐 震 改 修 工 事 限 度 額 控 除 率 控 除 限 度 額 工 事 完 了 日 耐 震 改 修 工 事 限 度 額 控 除 率 税 額 控 除 限 度 額 平 成 27 年 中 250 万 円 10% 25 万 円 200 万 円 10% 20 万 円 住 宅 耐 震 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をいい ます )のうちに 8%の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 が 含 まれていない 場 合 を 示 しています 21

22 住 宅 耐 震 改 修 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 耐 震 改 修 特 別 控 除 額 を 計 算 の 上 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 申 告 手 続 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 住 宅 耐 震 改 修 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 地 方 公 共 団 体 の 長 建 築 士 の 住 宅 耐 震 改 修 証 明 書 家 屋 の 登 記 事 項 証 明 書 など 家 屋 が 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 建 築 されたものであることを 明 らか にする 書 類 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 22

23 D 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 ( 措 法 41 条 の 19 の3) 控 除 を 受 けられる 場 合 ( ) 適 用 を 受 ける 税 額 控 除 掲 載 ページ 住 宅 のバリアフリー 改 修 工 事 をした 場 合 D1 24 ページ 住 宅 の 省 エネ 改 修 工 事 ( )をした 場 合 D2 26 ページ 改 修 工 事 と 併 せて 行 う 太 陽 光 発 電 設 備 設 置 工 事 を 含 みます 住 宅 のバリアフリー 改 修 工 事 と 省 エネ 改 修 工 事 の 両 方 を 行 った 場 合 は D1とD2をそれぞれ 適 用 ( 併 用 ) することができます 23

24 D1 高 齢 者 居 住 改 修 工 事 に 係 る 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 ( 措 法 41 条 の 19 の31) 対 象 者 について 適 用 要 件 特 定 居 住 者 ( P15)であること 合 計 所 得 金 額 が3,000 万 円 以 下 であること 前 年 又 は 前 々 年 において バリアフリー 改 修 工 事 ( 付 随 工 事 を 除 きます 以 下 同 じです )( P15) をしてこの 控 除 の 適 用 を 受 けていないこと( ) バリアフリー 改 修 工 事 について 介 護 保 険 法 施 行 規 則 第 76 条 第 2 項 ( 介 護 の 必 要 な 程 度 が 著 しく 高 くなった 場 合 の 特 例 )の 規 定 の 適 用 を 受 けた 場 合 など 一 定 の 場 合 を 除 きます 対 象 となる 増 改 築 について 家 屋 のバリアフリー 改 修 工 事 をし その 工 事 をした 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること バリアフリー 改 修 工 事 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 されたこと 自 己 が 所 有 し 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 家 屋 について 行 うバリアフリー 改 修 工 事 であること バリアフリー 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 ( 下 の 控 除 額 の 計 算 方 法 中 の 計 算 式 参 照 )が 50 万 円 を 超 えるものであること バリアフリー 改 修 工 事 をした 後 の 家 屋 が 主 としてその 居 住 の 用 に 供 すると 認 められるものであること 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 部 分 に 係 るバリアフリー 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 がその 総 額 の2 分 の1 以 上 であること バリアフリー 改 修 工 事 をした 後 の 家 屋 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 専 ら 自 己 の 居 住 の 用 に 供 されるものであること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 計 算 式 (100 円 未 満 端 数 切 捨 て) 控 除 額 の 計 算 方 法 バリアフリー 改 修 工 事 の そ の 年 分 の 所 得 税 額 か ら 10% = 標 準 的 な 費 用 の 額 ( ) 差 し 引 くことができる 控 除 額 バリアフリー 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 とは バリアフリー 改 修 工 事 の 内 容 ごとに 単 位 当 たりの 標 準 的 な 工 事 費 用 の 額 として 定 められた 金 額 に そのバリアフリー 改 修 工 事 に 係 る 工 事 を 行 った 施 工 面 積 を 乗 じて 計 算 した 金 額 の 合 計 額 をいいます 具 体 的 には 建 築 士 の 増 改 築 工 事 証 明 書 に 記 載 された 金 額 となります また 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 き 改 修 工 事 限 度 額 を 超 える 場 合 には この 限 度 額 までの 金 額 となります なお 例 えば 店 舗 併 用 住 宅 など バリアフリー 改 修 工 事 をした 後 の 家 屋 のうち 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 は バリアフリー 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 に 居 住 の 用 に 供 する 部 分 に 係 る 改 修 工 事 の 費 用 の 額 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 金 額 となります 居 住 日 改 修 工 事 限 度 額 控 除 率 税 額 控 除 限 度 額 居 住 日 改 修 工 事 限 度 額 控 除 率 税 額 控 除 限 度 額 平 成 27 年 中 200 万 円 10% 20 万 円 150 万 円 10% 15 万 円 バリアフリー 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 を いいます )のうちに 8%の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 が 含 まれていない 場 合 を 示 しています 24

25 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 額 を 計 算 の 上 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 申 告 手 続 特 定 居 住 者 のうち4( P15)に 該 当 する 場 合 には この 税 額 控 除 の 対 象 となる 家 屋 の 所 在 地 が 税 額 控 除 を 受 ける 方 の 住 所 地 として 記 載 されているとともに その 方 と 同 居 を 常 況 とする 高 齢 者 である 親 族 の 住 所 地 としても 記 載 されたものが 必 要 です バリアフリー 改 修 工 事 をした 住 宅 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 )など 増 改 築 をした 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であることを 明 らかにする 書 類 増 改 築 がバリアフリー 改 修 工 事 であることなどを 証 明 する 建 築 士 の 増 改 築 工 事 証 明 書 特 定 居 住 者 のうち2 又 は4( P15)に 該 当 する 場 合 は 要 介 護 認 定 又 は 要 支 援 認 定 を 受 けている 方 の 介 護 保 険 の 被 保 険 者 証 の 写 し 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 前 年 分 又 は 前 々 年 分 においてこの 控 除 の 適 用 を 受 けている 方 で 本 年 分 においてもこの 控 除 の 適 用 を 受 ける 場 合 は 介 護 保 険 法 施 行 規 則 第 76 条 第 2 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けたことを 証 する 書 類 も 必 要 です 25

26 D2 一 般 断 熱 改 修 工 事 に 係 る 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 額 ( 措 法 41 条 の 19 の33) 対 象 者 について 居 住 者 であること 合 計 所 得 金 額 が3,000 万 円 以 下 であること 対 象 となる 増 改 築 について 家 屋 の 一 般 断 熱 改 修 工 事 である 省 エネ 改 修 工 事 をし その 工 事 をした 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること 適 用 要 件 一 般 断 熱 改 修 工 事 とは 次 の1から3の 工 事 をいいます 1 断 熱 改 修 工 事 ( 付 随 工 事 を 除 きます )( P18) 2 1の 工 事 が 行 われる 構 造 及 び 設 備 と 一 体 になって 効 用 を 果 たす 一 定 の 太 陽 熱 利 用 冷 温 熱 装 置 などの 設 置 工 事 3 1の 工 事 と 併 せて 行 う 太 陽 光 発 電 設 備 設 置 工 事 一 般 断 熱 改 修 工 事 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 されたこと 自 己 が 所 有 し 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 家 屋 について 行 う 一 般 断 熱 改 修 工 事 であること 一 般 断 熱 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 ( 下 の 控 除 額 の 計 算 方 法 の 計 算 式 参 照 )が 50 万 円 を 超 えるものであること 一 般 断 熱 改 修 工 事 をした 後 の 家 屋 が 主 としてその 居 住 の 用 に 供 すると 認 められるものであること 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 部 分 に 係 る 一 般 断 熱 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 がその 総 額 の2 分 の1 以 上 であること 一 般 断 熱 改 修 工 事 をした 後 の 家 屋 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 専 ら 自 己 の 居 住 の 用 に 供 されるものであること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 計 算 式 (100 円 未 満 端 数 切 捨 て) 一 般 断 熱 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 ( ) 10% = そ の 年 分 の 所 得 税 額 か ら 差 し 引 くことができる 控 除 額 控 除 額 の 計 算 方 法 一 般 断 熱 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 とは 一 般 断 熱 改 修 工 事 の 内 容 ごとに 単 位 当 たりの 標 準 的 な 工 事 費 用 の 額 として 定 められた 金 額 に その 一 般 断 熱 改 修 工 事 に 係 る 工 事 を 行 った 施 工 面 積 を 乗 じて 計 算 した 金 額 の 合 計 額 をいいます 具 体 的 には 建 築 士 の 増 改 築 工 事 証 明 書 に 記 載 された 金 額 となります また 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 き 改 修 工 事 限 度 額 を 超 える 場 合 には この 限 度 額 までの 金 額 となります なお 店 舗 併 用 住 宅 など 一 般 断 熱 改 修 工 事 をした 後 の 家 屋 のうち 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 は 一 般 断 熱 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 に 居 住 の 用 に 供 する 部 分 に 係 る 改 修 費 用 の 額 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 金 額 となります 居 住 日 改 修 工 事 限 度 額 控 除 率 税 額 控 除 限 度 額 居 住 日 改 修 工 事 限 度 額 控 除 率 税 額 控 除 限 度 額 平 成 27 年 中 250(350) 万 円 10% 25(35) 万 円 200(300) 万 円 10% 20(30) 万 円 太 陽 光 発 電 設 備 設 置 工 事 を 併 せて 行 う 場 合 は 括 弧 内 の 金 額 なります 一 般 断 熱 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をい います )のうちに 8%の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 が 含 まれていない 場 合 を 示 しています 26

27 申 告 手 続 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 額 を 計 算 の 上 次 に 掲 げる 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 一 般 断 熱 改 修 工 事 をした 住 宅 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 )など 増 改 築 をした 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であることを 明 らかにする 書 類 一 般 断 熱 改 修 工 事 であることなどを 証 明 する 建 築 士 の 増 改 築 工 事 証 明 書 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 27

28 E 認 定 住 宅 新 築 特 別 税 額 控 除 ( 措 法 41 条 の 19 の4) 対 象 者 について 適 用 要 件 居 住 者 であること 合 計 所 得 金 額 が3,000 万 円 以 下 であること 対 象 となる 増 改 築 について 認 定 住 宅 ( P7)の 新 築 や 購 入 ( )( 新 築 )をし その 新 築 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること 建 築 後 使 用 されたことのないものに 限 ります 新 築 をした 住 宅 が 認 定 住 宅 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 されたこと 認 定 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 居 住 用 であること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 購 入 の 場 合 購 入 時 において 自 己 と 生 計 を 一 にし 購 入 後 においても 引 き 続 き 自 己 と 生 計 を 一 にしている 親 族 か ら 購 入 したものでないこと 贈 与 により 取 得 したものでないこと 計 算 式 (100 円 未 満 端 数 切 捨 て) 認 定 住 宅 の 構 造 及 び 設 備 に 係 る 標 準 的 な 費 用 の 額 ( ) 10% = その 年 分 の 所 得 税 額 から 差 し 引 くことができる 控 除 額 控 除 額 の 計 算 方 法 認 定 住 宅 の 構 造 及 び 設 備 に 係 る 標 準 的 な 費 用 の 額 とは 認 定 住 宅 の 認 定 基 準 に 適 合 するため に 必 要 となる 標 準 的 なかかり 増 し 費 用 ( 性 能 強 化 費 用 )の 額 をいい 具 体 的 には 床 面 積 1 m2 当 た り 43,800 円 に 認 定 住 宅 の 床 面 積 を 乗 じた 金 額 となります ただし 認 定 住 宅 限 度 額 を 超 える 場 合 には この 限 度 額 までの 金 額 となります また 店 舗 併 用 住 宅 など 認 定 住 宅 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 は 認 定 住 宅 の 構 造 及 び 設 備 に 係 る 標 準 的 な 費 用 の 額 に 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 し た 金 額 となります 居 住 日 認 定 住 宅 限 度 額 控 除 率 税 額 控 除 限 度 額 居 住 日 認 定 住 宅 限 度 額 控 除 率 税 額 控 除 限 度 額 申 告 手 続 そ の 他 650 万 円 10% 65 万 円 平 成 27 年 中 500 万 円 10% 50 万 円 認 定 住 宅 の 新 築 や 購 入 の 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 を いいます )のうちに 8%の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 が 含 まれていない 場 合 を 示 しています 認 定 住 宅 新 築 特 別 税 額 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 認 定 住 宅 新 築 特 別 税 額 控 除 額 を 計 算 の 上 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 認 定 住 宅 新 築 特 別 税 額 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 次 の 書 類 などで 1 認 定 住 宅 の 新 築 や 購 入 をしたこと 2その 新 築 や 購 入 をした 年 月 日 3 認 定 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であることなど を 明 らかにするもの 認 定 住 宅 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 ) 工 事 請 負 契 約 書 又 は 売 買 契 約 書 の 写 し 認 定 住 宅 であることを 証 明 する 書 類 ( 認 定 住 宅 の 種 類 に 応 じたそれぞれの 書 類 ( P8)) 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) この 控 除 の 適 用 を 受 ける 年 分 において 控 除 しきれない 金 額 がある 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすとき は その 控 除 しきれない 金 額 を 翌 年 分 の 所 得 税 の 額 から 控 除 することができます 28

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

控 除 を 受 けるための 要 件 と 必 要 な 添 付 書 類 (マイホームの 新 築 や 購 入 増 改 築 等 をして 平 成 28 年 中 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 ) 1 新 築 住 宅 2 中 古 住 宅 増 改 築 等 要 件 イ 住 宅 取 得 後 6か 月 以 内 に 入 居 し 引 き 続 き 居 住 していること ロ 家 屋 の 床 面 積 ( 登 記 面 積

More information

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請 国 住 政 第 116 号 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 建 築 士 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 士 事 務 所 協 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 家 協 会 会 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 長 住 宅 企 画 官 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動

More information

所 得 税 の 控 除 ( 投 資 型 減 税 ) 3. 所 得 税 の 控 除 ⑴ 投 資 型 減 税 リフォームのための 借 入 金 の 有 無 にかかわらずご 利 用 できます マンション 共 用 部 分 の 改 修 工 事 を 行 う 場 合 は 全 体 工 事 費 用 のうち 申 請 者

所 得 税 の 控 除 ( 投 資 型 減 税 ) 3. 所 得 税 の 控 除 ⑴ 投 資 型 減 税 リフォームのための 借 入 金 の 有 無 にかかわらずご 利 用 できます マンション 共 用 部 分 の 改 修 工 事 を 行 う 場 合 は 全 体 工 事 費 用 のうち 申 請 者 減 税 制 度 の 種 類 税 制 の 組 み 合 わせ 1. 住 宅 リフォームの 減 税 制 度 について 住 宅 リフォームを 行 うと 要 件 を 満 たす 場 合 は 税 の 優 遇 を 受 けることができます 優 遇 を 受 けることのできる 税 の 種 類 は 次 のとおりです 所 得 税 の 控 除 所 得 税 とは 1 月 1 日 から12 月 31 日 までの1 年 間 に 生

More information

1. 固 定 資 産 税 ( 村 税 ) 会 に 対 して 審 査 の 申 し 出 をすることができます 1 納 める 人 および 毎 年 1 月 1 日 現 在 の 所 有 者 賦 課 期 日 2 税 率 課 税 標 準 額 1.4% 3 土 地 の 免 税 点 課 税 標 準 額 となるべき 額

1. 固 定 資 産 税 ( 村 税 ) 会 に 対 して 審 査 の 申 し 出 をすることができます 1 納 める 人 および 毎 年 1 月 1 日 現 在 の 所 有 者 賦 課 期 日 2 税 率 課 税 標 準 額 1.4% 3 土 地 の 免 税 点 課 税 標 準 額 となるべき 額 土 地 や 建 物 を 取 得 したとき の 税 金 と 軽 減 等 のあらまし < 目 次 > 1. 固 定 資 産 税 ( 村 税 ) 役 場 税 務 課 固 定 資 産 税 係 2. 不 動 産 取 得 税 ( 県 税 ) 西 尾 張 県 税 事 務 所 不 動 産 取 得 税 グ 3. 所 得 税 ( 国 税 ) 津 島 税 務 署 個 人 課 税 部 門 住 宅 借 入 金 等 特 別 控

More information

N 一 般 の 住 宅 について 控 除 の 対 象 となる 借 入 金 は 平 成 26 年 4 月 平 成 31 年 6 月 30 日 までの 入 居 の 場 合 は4,000 万 円 ( 平 成 26 年 3 月 までの 入 居 の 場 合 は2,000 万 円 )までとなります 建 物 や

N 一 般 の 住 宅 について 控 除 の 対 象 となる 借 入 金 は 平 成 26 年 4 月 平 成 31 年 6 月 30 日 までの 入 居 の 場 合 は4,000 万 円 ( 平 成 26 年 3 月 までの 入 居 の 場 合 は2,000 万 円 )までとなります 建 物 や 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 100 40 50 年 の12 月 31 日 まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 するこ とが 条 件 です) N 日 本 に 居 住 する 者 が 借 入 金 で 自 己 の 居 住 用 住 宅 の 取 得 等 をしたときに 次 の 要 件 に 該 当 する 場 合 には その 年 の12 月 31 日 の 借 入 金 の 残 高 に 応 じて 一

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

国税

国税 Guide to Metropolitan Taxes for 2016 (3) 年 金 所 得 者 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 が400 万 円 以 下 であり かつ その 公 的 年 金 等 の 全 部 が 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 場 合 において 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 以 外 の 所 得 金 額 が20 万 円 以 下 である 場 合 には 確 定

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

税 額 の 計 算 方 法 課 税 標 準 額 税 率 (1.4%) 土 地 家 屋 価 格 等 縦 覧 帳 簿 には 所 在 地 番 地 目 ( 構 造 ) 地 積 ( 建 床 面 積 ) 評 価 額 等 が 記 載 されており 町 内 の 他 の 土 地 又 は 家 屋 の 価 格 等 を 比

税 額 の 計 算 方 法 課 税 標 準 額 税 率 (1.4%) 土 地 家 屋 価 格 等 縦 覧 帳 簿 には 所 在 地 番 地 目 ( 構 造 ) 地 積 ( 建 床 面 積 ) 評 価 額 等 が 記 載 されており 町 内 の 他 の 土 地 又 は 家 屋 の 価 格 等 を 比 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 現 在 で 土 地 家 屋 償 却 資 産 (これらを 総 称 して 固 定 資 産 といいます )を 所 有 している 人 が その 固 定 資 産 の 価 格 をもとに 算 定 される 税 額 を その 固 定 資 産 の 所 在 する 町 に 納 める 税 金 です 固 定 資 産 税 を 納 める 人 ( 納 税 義 務 者

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

住宅版エコポイントについて

住宅版エコポイントについて 省 エネ 住 宅 ポイントについて 国 土 交 通 省 1. 制 度 概 要 2. 対 象 住 宅 の 性 能 要 件 等 3. 発 行 ポイント 数 4.ポイントの 交 換 商 品 等 5. 申 請 手 続 き 6. 完 成 済 購 入 タイプ 参 考 資 料 P.2 P.6 P.9 P.19 P.22 P.25 P.27 1 1. 制 度 概 要 2 1. 制 度 概 要 制 度 の 趣 旨 地

More information

はじめに

はじめに 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 といいます ) 現 在 で 土 地 家 屋 償 却 資 産 (これらを 総 称 して 固 定 資 産 といいます)を 所 有 している 人 が その 固 定 資 産 の 価 格 をもとに 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 する 市 町 村 に 納 める 税 金 です 1 課 税 の 対

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

り 知 事 の 承 認 を 受 けること (2) 補 助 事 業 を 中 止 し, 又 は 廃 止 する 場 合 においては, 様 式 第 5 号 により 知 事 の 承 認 を 受 けること (3) 補 助 事 業 が 予 定 の 期 間 内 に 完 了 しない 場 合 又 は 補 助 事 業 の

り 知 事 の 承 認 を 受 けること (2) 補 助 事 業 を 中 止 し, 又 は 廃 止 する 場 合 においては, 様 式 第 5 号 により 知 事 の 承 認 を 受 けること (3) 補 助 事 業 が 予 定 の 期 間 内 に 完 了 しない 場 合 又 は 補 助 事 業 の 観 光 施 設 再 生 立 地 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 県 内 の 観 光 施 設 の 早 期 の 再 生 を 支 援 することにより, 多 くの 観 光 客 が 訪 れ, 交 流 人 口 が 増 加 し, 地 域 経 済 及 び 地 域 社 会 が 活 性 化 される 観 光 王 国 み やぎ の 実 現

More information

1. 概 要 所 得 税 固 定 資 産 税 1 1. 省 エネの 減 税 制 度 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 には 次 の 制 度 があります ❶ 所 得 税 額 の 控 除 省 エネを 対 象 とした 所 得 税 額 の

1. 概 要 所 得 税 固 定 資 産 税 1 1. 省 エネの 減 税 制 度 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 には 次 の 制 度 があります ❶ 所 得 税 額 の 控 除 省 エネを 対 象 とした 所 得 税 額 の 1. 概 要 Ⅲ. 省 エネ 1-1. 省 エネの 減 税 制 度 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 P.Ⅲ - 2 1-2. 対 象 となる 省 エネとは 1) 断 熱 改 修 工 事 の 種 類 P.Ⅲ- 3 2) 対 象 となる 工 事 と 部 位 P.Ⅲ- 4 3) 特 定 断 熱 改 修 工 事 等 の 内 容 P.Ⅲ- 6 4) 代 表 的 な 窓 の 仕 様 P.Ⅲ-

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926D82C182C493BE82B782E9837D8343837A815B838090DF90C58F7032303133303631368D5D8CCB90EC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926D82C182C493BE82B782E9837D8343837A815B838090DF90C58F7032303133303631368D5D8CCB90EC2E646F63> 税 理 士 が 教 える 知 って 得 するマイホーム 節 税 術 2013 年 度 税 制 改 正 の 概 要 とスケジュール- 家 計 相 続 税 基 礎 控 除 を4 割 圧 縮 相 続 税 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 要 件 緩 和 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 1,500 万 円 まで 非 課 税 (~15 年 12 月 末 ) リフォーム 減 税 の 拡 充 延 長 (~17

More information

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令 国 家 公 務 員 等 の 有 料 宿 舎 の 使 用 料 の 算 定 について 昭 和 46 年 3 月 27 日 蔵 理 第 1289 号 改 正 昭 和 48 年 05 月 01 日 蔵 理 第 1922 号 同 50 年 01 月 24 日 同 第 5462 号 同 52 年 01 月 28 日 同 第 5438 号 同 54 年 04 月 27 日 同 第 1645 号 同 56 年 06

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

Q1 不 動 産 取 得 税 とは どのような 税 金 ですか? 不 動 産 取 得 税 とは 不 動 産 ( 土 地 や 家 屋 )を 売 買 贈 与 新 築 増 築 改 築 などによって 取 得 したときに かかる 税 金 です この 場 合 有 償 無 償 の 別 登 記 の 有 無 取 得

Q1 不 動 産 取 得 税 とは どのような 税 金 ですか? 不 動 産 取 得 税 とは 不 動 産 ( 土 地 や 家 屋 )を 売 買 贈 与 新 築 増 築 改 築 などによって 取 得 したときに かかる 税 金 です この 場 合 有 償 無 償 の 別 登 記 の 有 無 取 得 平 成 27 年 7 月 1 日 現 在 不 動 産 取 得 税 Q&A 不 動 産 取 得 税 について Q 1 不 動 産 取 得 税 とは どのような 税 金 ですか? Q 2 税 額 の 計 算 方 法 は どのようになっていますか? Q 3 土 地 や 家 屋 を 取 得 すると 不 動 産 取 得 税 は 必 ず 課 税 されますか? Q 4 不 動 産 取 得 税 が 非 課 税 になる

More information

耐震対策危険ブロック塀除却事業費補助金交付要綱(案)

耐震対策危険ブロック塀除却事業費補助金交付要綱(案) 平 成 27 年 度 山 形 市 住 宅 リフォーム 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 及 び 交 付 ) 第 1 条 市 長 は この 市 の 市 民 の 居 住 環 境 の 質 の 向 上 及 びこの 市 の 住 宅 関 連 産 業 を 中 心 とした 経 済 の 活 性 化 を 図 るため リフォーム 等 工 事 を 行 う 市 民 に 対 し 山 形 市 補

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

修正済・まちなかマンション購入奨励金交付要綱取扱要領H28.4.1

修正済・まちなかマンション購入奨励金交付要綱取扱要領H28.4.1 金 沢 市 まちなかマンション 購 入 奨 励 金 交 付 要 綱 取 扱 要 領 平 成 18 年 3 月 31 日 決 裁 平 成 21 年 10 月 1 日 改 正 平 成 23 年 4 月 1 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 通 則 ) 第 1 条 この 要 領 は 金 沢 市 まちなかマンション 購 入 奨 励 金 交 付

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 自 営 業 ( 個 人 事 業 者 ) 決 算 説 明 会 はじめて 決 算 書 を 作 成 される 方 ( 不 動 産 所 得 編 ) 平 成 27 年 1 月 31 日 横 浜 中 青 色 申 告 会 (ご 案 内 ) 税 理 士 飯 田 真 之 自 営 業 者 ( 個 人 事 業 者 ) 決 算 説 明 会 ( 不 動 産 所 得 編 ) 目 次 1.はじめに 確 定 申 告 書 と 決 算

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303531378F4390B3816991A1975E90C5816A82E682AD82A082E98EBF96E2202D2083528373815B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303531378F4390B3816991A1975E90C5816A82E682AD82A082E98EBF96E2202D2083528373815B> 住 宅 取 得 等 資 金 に 係 る 贈 与 税 の 非 課 税 措 置 に 関 するよくある 質 問 質 問 非 課 税 の 対 象 となる 住 宅 取 得 等 Q1 非 課 税 の 対 象 となる 住 宅 取 得 等 には 何 が 含 まれますか 回 答 非 課 税 の 対 象 となる 住 宅 取 得 等 とは 次 のと おりです 住 宅 の 新 築 又 は 新 築 住 宅 の 取 得 既 存

More information

ブック 1.indb

ブック 1.indb 2013 6 347 14 8 7 774 18 2 11 148 26 0 7 652 17 9 3 347 7 8 2 175 5 1 1 092 2 6 960 2 2 713 1 7 335 0 8 475 1 1 411 1 0 178 0 4 179 0 4 11 0 0 6 0 0 0 0 0 42 804 100 0 大 きな 文 字 版 の 凡 例 a すべて 横 書 きです b

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

修 繕 基 本 融 資 額 補 修 資 金 引 方 移 転 資 金 整 地 資 金 730 万 円 440 万 円 440 万 円 引 方 移 転 資 金 と 整 地 資 金 の 両 方 を 利 用 する 場 合 は 合 計 で 440 万 円 が 限 度 となる 引 方 移 転 資 金 および 整

修 繕 基 本 融 資 額 補 修 資 金 引 方 移 転 資 金 整 地 資 金 730 万 円 440 万 円 440 万 円 引 方 移 転 資 金 と 整 地 資 金 の 両 方 を 利 用 する 場 合 は 合 計 で 440 万 円 が 限 度 となる 引 方 移 転 資 金 および 整 三 訂 版 住 宅 ローン 相 談 マニュアル 補 遺 1 平 成 28 年 6 月 ビジネス 教 育 出 版 社 三 訂 版 住 宅 ローン 相 談 マニュアル をご 購 入 いただきありがとうございます 住 宅 ローンに 関 する 改 正 情 報 等 を 下 記 のとおりお 知 らせさせていただきます 記 1.マイナンバー 制 度 ( 関 連 ページ 5 6 10 31 ページ) (1) 平 成

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

平成20年

平成20年 第 5 章 税 法 その 他 の 分 野 1. 不 動 産 取 得 税 (H24-24) 不 動 産 取 得 税 に 関 する 次 の 記 述 のうち 正 しいものはどれか (1) 不 動 産 取 得 税 の 課 税 標 準 となるべき 額 が 土 地 の 取 得 にあっては 10 万 円 家 屋 の 取 得 のうち 建 築 に 係 るものにあっては1 戸 につき 23 万 円 その 他 のものにあっては

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

1表紙

1表紙 固 定 資 産 税 ハンドブック 平 成 28 年 8 月 垂 井 町 目 次 固 定 資 産 税 とは 1 固 定 資 産 税 を 納 める 人 ( 納 税 義 務 者 ) 1 税 額 計 算 方 法 2 課 税 標 準 額 2 免 税 点 3 納 税 方 法 3 土 地 に 対 する 課 税 4 評 価 のしくみ 4 地 目 及 びその 評 価 方 法 4 路 線 価 5 時 点 修 正 措 置

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AAE90AC94C581758A6D92E8905C8D9082C591B982F082B582C882A282BD82DF82CC218176814089BC87422E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AAE90AC94C581758A6D92E8905C8D9082C591B982F082B582C882A282BD82DF82CC218176814089BC87422E646F63> 確 定 申 告 で 損 をしないための!! 損 をしない シリーズ 第 一 弾 専 門 的 知 識 により 税 金 の 額 は 変 わります! ズバリ 私 が 皆 様 の 質 問 に お 答 えします 南 九 州 税 理 士 会 イメージキャラクター 税 理 士 皆 尾 たすく 目 次 届 出 で 損 をしないための!! P. P. 2 ~ P. 5 1 所 得 税 の 青 色 承 認 申 請 書

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 震 災 で 家 財 道 具 を 失 ってしまいました この 損 害 を 税 金 で 控 除 する 制 度 があると 聞 きました 雑 損 控 除 について 教 えてください Q2 私 は サラリーマン(または 年 金 受 給 者 )なのですが 震 災 による 被 害 を 受 けた 場 合 支 給 される 給 与 (または 年 金 )について 源 泉 徴 収 の 猶 予 や 源 泉 所

More information

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A>

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A> 1-1 相 続 税 又 は 贈 与 税 の 納 税 義 務 者 及 び 課 税 財 産 の 範 囲 1 3の 下 線 部 分 を 修 正 する 1. 相 続 税 の 納 税 義 務 者 次 の 者 は 相 続 税 を 納 める 義 務 がある 居 住 無 制 限 納 税 義 務 者 ( 法 1の3 一 ) 相 続 又 は 遺 贈 により 財 産 を 取 得 した 個 人 でその 財 産 を 取 得

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63> 添 付 書 面 作 成 基 準 ( 指 針 ) 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 日 本 税 理 士 会 連 合 会 一 はじめに 税 理 士 の 使 命 は 税 理 士 法 第 1 条 に 規 定 する 独 立 した 公 正 な 立 場 において 国 民 の 納 税 義 務 の 適 正 な 実 現 を 図 ることであり この 使 命 に 沿 って 税 理 士 業 務 を 遂 行 することで

More information

2

2 1 2 3 4 5 Ⅰ 復 興 支 援 住 宅 エコポイント 231121 241031 1 A 窓 の 断 熱 改 修 発 行 されるポイントは 戸 あたり 万 ポイントが 上 限 となります ( 耐 震 改 修 を 伴 う 場 合 は45 万 ポイントが 上 限 となります ) 改 修 後 の 窓 が 省 エネ 基 準 ( 平 成 11 年 基 準 )に 規 定 する 断 熱 性 能 に 適 合

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

002363-016第6号様式記載の手引.indd

002363-016第6号様式記載の手引.indd 第 6 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1)この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 び これらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します なお 事 業 税 及 び 地 方 法

More information

2 計 算 しくみ も 士 ( 1) 不 動 産 事 業 山 林 譲 渡 損 失 は 他 から 控 除 ( 損 益 通 算 )ができます ただし 不 動 産 一 部 損 失 つては 損 益 通 算 はできません お 一 定 要 件 も 上 場 株 式 等 を 譲 渡 した 損 失 は 上 場 株 式

2 計 算 しくみ も 士 ( 1) 不 動 産 事 業 山 林 譲 渡 損 失 は 他 から 控 除 ( 損 益 通 算 )ができます ただし 不 動 産 一 部 損 失 つては 損 益 通 算 はできません お 一 定 要 件 も 上 場 株 式 等 を 譲 渡 した 損 失 は 上 場 株 式 1 種 類 計 算 1 種 類 額 は 次 10 種 類 区 分 して 計 算 します 種 類 内 容 計 算 法 1 利 子 預 貯 国 債 利 子 収 入 額 = 額 2 配 当 株 式 や 出 資 配 当 収 入 額 - 株 式 を 取 するため 借 入 利 子 3 不 動 産 土 や 建 物 を 貸 してる 場 合 総 収 入 額 - 必 要 経 4 事 業 商 工 業 農 業 事 業 をしてる

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

に-1_リフォーム_戸別.indd

に-1_リフォーム_戸別.indd 省 エネ 住 宅 に1 リフォム( 戸 別 ) 申 請 書 提 出 不 要 申 請 書 記 入 の 前 にご 確 認 ください 住 宅 のエコリフォムに 係 る 工 事 請 負 契 約 を 締 結 した 方 が 申 請 者 となります 複 数 の 方 でリフォムの 契 約 を 締 結 された 場 合 代 表 の 方 が 申 請 を 行 ってください 正 しい 申 請 書 か 確 認 しましょう 戸

More information

Microsoft Word - 【最終版】不動産取得税のあらましH27

Microsoft Word - 【最終版】不動産取得税のあらましH27 不 動 産 取 得 税 のあらまし 兵 庫 県 県 税 事 務 所 平 成 27 年 度 版 みなさんが 土 地 や 家 屋 をお 買 いになったり 家 屋 を 建 築 なさった 場 合 には 各 種 の 税 を 納 める 必 要 が 生 じ ます(8ページ 参 照 ) このパンフレットでは このうち 不 動 産 取 得 税 のあらましについてお 知 らせします なお このパンフレットは 平 成 27

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303130395F8FC88347836C8F5A91EE837C83438393836790A7937882CC93E0976582C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303130395F8FC88347836C8F5A91EE837C83438393836790A7937882CC93E0976582C982C282A282C4> 省 エネ 住 宅 ポイント 制 度 の 内 容 について この 制 度 は 平 成 26 年 度 補 正 予 算 の 成 立 を 前 提 としています 正 式 には 国 会 での 審 議 を 踏 まえ 制 度 として 創 設 されますので 以 下 の 内 容 に 変 更 があり 得 ることをご 了 承 下 さい Ⅰ. 対 象 住 宅 本 制 度 では 省 エネ 性 能 を 満 たすエコ 住 宅 の

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒)

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒) 市 府 民 税 ( 住 民 税 )の 課 税 のしくみ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 度 の 市 府 民 税 の 課 税 は 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 住 所 地 の 市 町 村 で 課 税 されます 平 成 27 年 1 月 2 日 以 降 亀 岡 市 に 在 住 しなくなった 場 合 ( 転 出 した 場 合 または 死 亡 した 場 合 )に ついても 平

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 2016( 平 成 28) 年 度 税 制 改 正 大 綱 決 定 2016.1.15 ~ 収 益 力 ある 企 業 の 投 資 や 賃 金 の 引 き 上 げ 促 進! 本 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 について この 度 政 府 は 2016 年 度 税 制 改 正 の 関 連 法 案 を 閣 議 決 定 しました(2015.12.24) 3 月 末 までの 成 立 を 目 指 します 本

More information

<8F8A93BE96CD94CD89F0939A>

<8F8A93BE96CD94CD89F0939A> 第 66 回 税 理 士 試 験 解 答 速 報 所 得 税 法 合 ついて 本 があります また 解 答 保 の は 証 著 平 するものではありません 作 成 権 28 は 年 学 本 8 校 解 月 法 答 12 人 は 日 大 学 原 校 15 学 法 時 園 人 30 に 大 分 帰 原 に 属 学 学 します 園 校 が 法 独 人 自 無 大 の 断 原 見 転 学 解 用 園 で 転

More information

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出 036-8900-1090-19 税 16 第 6 6 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

2 省 エネルギー 性 耐 震 性 及 バリアフリー 性 を 満 たす 住 宅 とは 新 築 住 宅 既 存 住 宅 ( 中 古 住 宅 ) 増 改 築 等 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 級 4の 住 宅 一 次 エ

2 省 エネルギー 性 耐 震 性 及 バリアフリー 性 を 満 たす 住 宅 とは 新 築 住 宅 既 存 住 宅 ( 中 古 住 宅 ) 増 改 築 等 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 級 4の 住 宅 一 次 エ 住 宅 性 能 証 明 及 び 業 務 のご 案 内 住 宅 取 得 等 資 金 に 係 る 贈 与 税 の 非 課 税 措 置 の 概 要 < 制 度 について> 父 母 や 祖 父 母 などの 直 系 尊 属 から 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 の 新 築 もしくは 取 得 増 改 築 等 のための 金 銭 を 贈 与 する 場 において 一 定 金 額 までの 贈 与 につき

More information

<92B28DB8976C8EAE81698BE38F42816A2E786C73>

<92B28DB8976C8EAE81698BE38F42816A2E786C73> 地 方 公 共 団 体 におけるリフォーム 支 援 策 に 関 する 調 査 結 果 (1) 名 称 および 地 方 公 共 団 体 (2)リフォーム 支 援 策 の について (3) 支 援 方 法 について (4) 要 件 (5) 内 容 について リフォーム 支 援 の について 支 援 方 法 について リフォーム 工 事 内 容 について 工 事 施 工 者 発 注 者 対 象 となる 費

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

図 表 1 住 開 始 分 ま で の 5 年 間 延 長 さ れ ま し た 住 宅 ロ ー ン 控 除 の た め の フ ロ ー チ ャ ー ト 住 宅 ローンで 住 宅 及 びその 敷 地 を 取 得 し 取 得 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 して いますか? 所 得 金 額 が

図 表 1 住 開 始 分 ま で の 5 年 間 延 長 さ れ ま し た 住 宅 ロ ー ン 控 除 の た め の フ ロ ー チ ャ ー ト 住 宅 ローンで 住 宅 及 びその 敷 地 を 取 得 し 取 得 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 して いますか? 所 得 金 額 が Q-24 住 宅 を 購 入 し た り 増 改 築 し た 場 合 に は 税 額 控 除 制 度 を 使 え る と 聞 き ま し た 制 度 の 内 容 を 教 え て く だ さ い A 最 近 の 税 制 改 正 に よ り 下 記 の よ う に 様 々 な 税 額 控 除 制 度 が 使 え る よ う A に最 な 近 っ の て税 い制 ま改 す 正 に よ り 様 々 な 税

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

2. 住 宅 土 地 税 制 (1) 次 の 住 宅 取 得 等 に 係 る 特 例 の 適 用 期 限 が 平 成 31 年 6 月 30 日 まで 1 年 6 カ 月 延 長 される 1 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 ( 住 宅 ローン 控 除 ) 2 特 定 の 増 改 築 等 に

2. 住 宅 土 地 税 制 (1) 次 の 住 宅 取 得 等 に 係 る 特 例 の 適 用 期 限 が 平 成 31 年 6 月 30 日 まで 1 年 6 カ 月 延 長 される 1 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 ( 住 宅 ローン 控 除 ) 2 特 定 の 増 改 築 等 に 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 のポイント( 抜 粋 ) 平 成 27 年 1 月 30 日 中 川 税 理 士 社 労 士 事 務 所 東 京 都 目 黒 区 青 葉 台 3-10-1 パシフィックマークス 青 葉 台 7 階 TEL:03-3769-1656FAX:03-3769-1657 http://www.nakagawaoffice.com/ e-mail:k.nakagawa@nakagawaoffice.com

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油 林 業 木 材 産 業 関 係 税 制 の 概 要 H28.4 税 目 山 林 の 伐 所 得 税 < 山 林 所 得 に 係 る 所 得 税 の 計 算 > 所 得 税 額 速 算 表 採 譲 ( 山 林 所 1 山 林 所 得 の 計 算 課 税 所 得 の 金 額 (A) 算 式 渡 林 業 得 ) 概 算 経 費 控 除 ( 必 要 経 費 計 算 の 簡 便 化 ) 195 万 円 以 下

More information

(1) 上 記 1の 計 画 が 認 定 された 日 ( 以 下 受 給 資 格 認 定 日 という)の 翌 日 から6か 月 以 内 に 雇 い 入 れ ること (2)10 人 以 上 雇 い 入 れること (3) 雇 用 保 険 一 般 被 保 険 者 として 雇 い 入 れ 継 続 して 雇

(1) 上 記 1の 計 画 が 認 定 された 日 ( 以 下 受 給 資 格 認 定 日 という)の 翌 日 から6か 月 以 内 に 雇 い 入 れ ること (2)10 人 以 上 雇 い 入 れること (3) 雇 用 保 険 一 般 被 保 険 者 として 雇 い 入 れ 継 続 して 雇 7 中 小 企 業 障 害 者 多 数 雇 用 施 設 設 置 等 助 成 金 障 害 者 の 雇 入 れに 係 る 計 画 を 作 成 し 当 該 計 画 に 基 づき 障 害 者 を10 人 以 上 雇 用 すると ともに 障 害 者 の 雇 入 れに 必 要 な 事 業 所 の 施 設 設 備 等 の 設 置 整 備 をする 中 小 企 業 であ る 事 業 主 に 対 して 助 成 を 行

More information

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2 第 5 章 植 物 工 場 の 法 規 制 等 -73- 概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2. 農 地 関 連 (1) 農 業 振 興

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

ガラス店様、サッシ店様の 窓の省エネリフォーム減税セミナー

ガラス店様、サッシ店様の 窓の省エネリフォーム減税セミナー エコ 窓 リフォーム 使 える!お 得 な 制 度! 復 興 支 援 住 宅 エコ リフォーム 減 税 平 成 24 年 2 月 19 日 復 興 支 援 住 宅 エコの 概 要 復 興 支 援 住 宅 エコとは 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 資 する 住 宅 の 省 エネ 化 住 宅 市 場 の 活 性 化 東 日 本 大 震 災 の 被 災 地 復 興 支 援 のため エコ 住 宅

More information