それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場"

Transcription

1 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する ことなどができます このあらましでは 主 に 新 築 や 購 入 した 住 宅 増 改 築 をした 部 分 を 平 成 27 年 中 に 居 住 の 用 に 供 した 方 が 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 において これらの 税 額 控 除 を 受 けられる 場 合 の 要 件 や 手 続 のあらまし を 説 明 しています より 詳 しい 内 容 をお 知 りになりたい 方 は それぞれの 税 額 控 除 ごとの 説 明 書 を 国 税 庁 ホームページに 掲 載 していますので そちらをご 覧 ください( 税 務 署 にも 用 意 しています ) 税 額 控 除 控 除 を 受 けられる 場 合 掲 載 ページ ロ ー ン 型 A B 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 ) 特 定 増 改 築 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 の3の2) 住 宅 の 新 築 や 購 入 をした 場 合 住 宅 の 増 改 築 ( )をした 場 合 住 宅 のバリアフリー 改 修 工 事 をした 場 合 住 宅 の 省 エネ 改 修 工 事 をした 場 合 4ページ 14 ページ 自 己 資 金 型 C D E 住 宅 耐 震 改 修 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 の 19 の2) 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 ( 措 法 41 条 の 19 の3) 認 定 住 宅 新 築 特 別 税 額 控 除 ( 措 法 41 条 の 19 の4) 住 宅 の 耐 震 改 修 工 事 をした 場 合 住 宅 のバリアフリー 改 修 工 事 をした 場 合 住 宅 の 省 エネ 改 修 工 事 をした 場 合 認 定 住 宅 を 新 築 した 場 合 新 築 の 認 定 住 宅 を 購 入 した 場 合 21 ページ 23 ページ 28 ページ 増 改 築 には 住 宅 耐 震 改 修 工 事 やバリアフリー 改 修 工 事 省 エネ 改 修 工 事 を 含 みます このほか 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 の 方 が 受 けられる 特 例 があります 詳 しくは 説 明 書 東 日 本 大 震 災 により 自 己 の 所 有 する 家 屋 が 被 害 を 受 け 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 場 合 に 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 を 受 けられる 方 へ をご 覧 ください ローン 型 と 自 己 資 金 型 の 違 い ローン 型 A 及 びBの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けるためには その 償 還 期 間 又 は 賦 払 期 間 が 10 年 (Bは5 年 ) 以 上 である 一 定 の 借 入 金 を 利 用 している 必 要 があります 居 住 の 用 に 供 した 年 から 原 則 として 10 年 間 (Bは5 年 間 ) 各 年 の 年 末 時 点 での 借 入 金 の 残 高 の 合 計 額 に 一 定 割 合 を 乗 じて 算 出 した 金 額 を その 年 分 の 所 得 税 額 から 差 し 引 くことができます( 借 入 金 の 借 換 えや 繰 上 返 済 を 行 うことにより 税 額 控 除 の 適 用 要 件 を 満 たさなくなり その 後 の 年 において 税 額 控 除 を 受 けられなくなる 場 合 があります ) 自 己 資 金 型 CからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 ける 場 合 借 入 金 の 利 用 の 有 無 は 問 われません それぞれの 税 額 控 除 に 応 じた 計 算 方 法 に 沿 って 算 出 した 金 額 を 原 則 として 居 住 の 用 に 供 した 年 ( 住 宅 耐 震 改 修 特 別 控 除 の 適 用 を 受 け る 場 合 は 改 修 を 行 った 年 )に 限 り その 年 分 の 所 得 税 額 から 差 し 引 くことができます 1

2 それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 合 無 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) 認 定 住 宅 以 外 Eのみ 適 用 なし 有 バリアフリー 改 修 工 事 省 エネ 改 修 工 事 住 宅 耐 震 改 修 工 事 A B 又 はDの 中 から1つを 選 択 ( ) A 及 びCの 両 方 住 宅 の 増 改 築 を 上 記 以 外 の 増 改 築 Aのみ した 場 合 無 バリアフリー 改 修 工 事 省 エネ 改 修 工 事 住 宅 耐 震 改 修 工 事 Dのみ Cのみ 上 記 以 外 の 増 改 築 適 用 なし いずれの 税 額 控 除 が 有 利 となるかは 毎 年 の 所 得 金 額 や 借 入 金 の 年 末 残 高 などによって 異 なります また 一 度 確 定 申 告 にお いて 選 択 した 税 額 控 除 は その 後 更 正 の 請 求 や 修 正 申 告 により 変 更 することはできません このあらましにおいて 使 用 している 用 語 の 説 明 措 法 租 税 特 別 措 置 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 26 号 )をいいます 居 住 者 国 内 に 住 所 を 有 し 又 は 現 在 まで 引 き 続 いて1 年 以 上 居 所 を 有 する 個 人 をいいます 住 所 は 個 人 の 生 活 の 本 拠 をいい 生 活 の 本 拠 かどうかは 客 観 的 事 実 によって 判 定 することになります 合 計 所 得 金 額 次 の1と2の 合 計 額 に 退 職 所 得 金 額 山 林 所 得 金 額 を 加 算 した 金 額 をいいます 1 事 業 所 得 不 動 産 所 得 利 子 所 得 給 与 所 得 総 合 課 税 の 配 当 所 得 短 期 譲 渡 所 得 及 び 雑 所 得 の 合 計 額 ( 損 益 の 通 算 後 の 金 額 ) 2 総 合 課 税 の 長 期 譲 渡 所 得 と 一 時 所 得 の 合 計 額 ( 損 益 の 通 算 後 の 金 額 )の 2 分 の 1 の 金 額 申 告 分 離 課 税 の 所 得 がある 場 合 には それらの 特 別 控 除 前 の 所 得 金 額 の 合 計 額 を 加 算 した 金 額 です また 純 損 失 や 雑 損 失 の 繰 越 控 除 など 損 失 の 繰 越 控 除 の 適 用 を 受 けている 場 合 は その 適 用 前 の 金 額 をいいます 床 面 積 登 記 簿 に 表 示 されている 床 面 積 をいいます ただし マンションなどのように 建 物 の 一 部 を 区 分 所 有 している 住 宅 の 場 合 は 登 記 簿 上 の 専 有 部 分 の 床 面 積 をいいます 補 助 金 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 親 族 国 又 は 地 方 公 共 団 体 から 交 付 される 補 助 金 又 は 給 付 金 などをいいます 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 税 の 非 課 税 又 は 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 を 受 けた 場 合 の 相 続 時 精 算 課 税 選 択 の 特 例 をいいます( 詳 しくは 平 成 27 年 分 贈 与 税 の 申 告 のしかた をご 覧 ください ) 親 族 のほか 次 の1から3のいずれかに 該 当 する 方 をいいます 1 婚 姻 の 届 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 方 2 家 屋 を 購 入 した 人 から 受 ける 金 銭 その 他 の 資 産 によって 生 計 を 維 持 している 方 3 親 族 1 又 は2の 方 と 生 計 を 一 にするこれらの 方 の 親 族 2

3 その 他 税 額 控 除 の 適 用 が 受 けられない 場 合 他 の 特 例 との 併 用 の 可 否 A B 及 びEの 税 額 控 除 については 入 居 した 年 やその 入 居 した 年 の 前 後 2 年 以 内 に 次 の1から5の 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 の 適 用 を 受 ける 場 合 (Eは 次 の1 及 び2の 適 用 を 受 ける 場 合 )は その 適 用 を 受 けられま せん 1 居 住 用 財 産 を 譲 渡 した 場 合 の 長 期 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 ( 措 法 31 条 の3) 2 居 住 用 財 産 の 譲 渡 所 得 の 特 別 控 除 ( 措 法 35 条 ) 3 特 定 の 居 住 用 財 産 の 買 換 え 交 換 をした 場 合 の 長 期 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 ( 措 法 36 条 の2 36 条 の5) 4 既 成 市 街 地 内 にある 土 地 の 中 高 層 耐 火 建 築 物 の 建 設 のための 買 換 え 交 換 の 場 合 の 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 ( 措 法 37 条 の5) 5 認 定 事 業 用 地 適 正 化 計 画 の 事 業 用 地 の 区 域 内 にある 土 地 の 交 換 の 場 合 の 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 ( 旧 措 法 37 条 の9の2) A 及 びBの 税 額 控 除 と 居 住 用 財 産 の 買 換 え の 場 合 の 譲 渡 損 失 の 損 益 通 算 及 び 繰 越 控 除 制 度 ( 措 法 41 条 の5)との 併 用 は 認 められます 重 複 適 用 について 住 宅 を 購 入 してその 後 にその 購 入 をした 住 宅 を 増 改 築 した 場 合 など 一 定 の 要 件 を 満 たせば 住 宅 の 購 入 に ついてAの 税 額 控 除 を 受 け その 後 の 増 改 築 についても A 又 はBの 税 額 控 除 を 重 ねて 適 用 できる 場 合 があ ります このように Aの 税 額 控 除 と A 又 はBの 税 額 控 除 を 重 ねて 適 用 する 場 合 を 重 複 適 用 といい この 場 合 重 ねて 適 用 するAやBの 税 額 控 除 の 控 除 額 の 合 計 額 (ただし A 又 はBの 税 額 控 除 限 度 額 のいずれか 多 い 方 が 限 度 となります )について 適 用 を 受 けることができます 参 考 個 人 住 民 税 の 住 宅 借 入 金 特 別 税 額 控 除 制 度 Aの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けた 場 合 所 得 税 額 から 差 し 引 くことのできなかった 金 額 について 翌 年 度 分 の 個 人 住 民 税 額 から 差 し 引 くことができる 制 度 が 設 けられています この 制 度 の 適 用 を 受 けるためには Aの 税 額 控 除 を 年 末 調 整 において 受 けている 場 合 を 除 いて 原 則 としてその 年 の 確 定 申 告 期 限 ( 平 成 27 年 分 は 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 ))までに Aの 税 額 控 除 を 受 けるための 確 定 申 告 書 を 所 轄 税 務 署 に 提 出 する 必 要 が あります また 翌 年 度 分 の 個 人 住 民 税 額 から 差 し 引 くことができる 金 額 には 一 定 の 上 限 ( 住 宅 の 取 得 の 対 価 又 は 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をいいます )の 税 率 が8%の 場 合 は 136,500 円 それ 以 外 の 場 合 は 97,500 円 )があります ( 参 考 ) 平 成 27 年 分 の 確 定 申 告 において 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 適 用 を 受 ける 場 合 の 手 続 例 このあらまし で 控 除 の 適 用 要 件 などを 確 認 した 上 1 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 を 用 意 します 国 税 庁 HPの 確 定 申 告 書 作 成 コーナー で 画 面 の 案 内 に 従 って 2 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 と3 確 定 申 告 書 を 作 成 し これらをプリントアウトします 1 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 を 基 に 2 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 を 手 書 きに より 作 成 します 国 税 庁 HPの 確 定 申 告 書 作 成 コーナ ー で 画 面 の 案 内 に 従 って(2で 計 算 した 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 を 入 力 の 上 )3 確 定 申 告 書 を 作 成 してプリン トアウトします 手 書 きにより3 確 定 申 告 書 を 作 成 し ます 作 成 に 当 たっては 給 与 所 得 者 の( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 記 載 例 などを 参 照 してください 1 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 2 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 及 び 3 確 定 申 告 書 を 所 轄 税 務 署 に 提 出 します 確 定 申 告 書 作 成 コーナー で 作 成 した ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 や 確 定 申 告 書 は e-tax( 電 子 申 告 )を 利 用 して 提 出 することもできます 3

4 A 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 ) 控 除 を 受 けられる 場 合 適 用 を 受 ける 税 額 控 除 掲 載 ページ 一 般 住 宅 ( 1)の 新 築 や 購 入 ( 2)をした 場 合 A1 5ページ 認 定 住 宅 の 新 築 や 購 入 をした 場 合 A2 7ページ 中 古 住 宅 を 購 入 した 場 合 A3 9ページ 住 宅 の 増 改 築 をした 場 合 A4 11 ページ 転 勤 命 令 などにより 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 しなくなった 後 これを 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 A5 13 ページ 1 一 般 住 宅 とは 認 定 住 宅 ( 7ページ)に 該 当 しない 住 宅 のことをいいます 2 建 築 後 使 用 されたことのない 住 宅 の 購 入 のことをいいます 4

5 A1 一 般 住 宅 の 新 築 に 係 る 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 1) 対 象 者 について この 控 除 を 受 ける 各 年 分 において 判 断 します 居 住 者 であること その 年 の 12 月 31 日 ( )まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 していること 死 亡 した 場 合 や 災 害 により 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 場 合 には それぞれ 死 亡 した 日 や 災 害 により 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 日 合 計 所 得 金 額 が 3,000 万 円 以 下 であること 対 象 となる 住 宅 などについて 適 用 要 件 一 般 住 宅 の 新 築 や 購 入 ( )( 新 築 )をし その 新 築 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること 建 築 後 使 用 されたことのないものに 限 ります 一 般 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 専 ら 自 己 の 居 住 用 であること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 購 入 時 において 自 己 と 生 計 を 一 にし 購 入 後 においても 引 き 続 き 自 己 と 生 計 を 一 にしている 親 族 か ら 購 入 したものでないこと 贈 与 により 取 得 したものでないこと 給 与 所 得 者 が 使 用 者 などから 使 用 人 である 地 位 に 基 づいて 一 般 住 宅 又 はその 敷 地 となる 土 地 を 時 価 の 2 分 の1 未 満 の 価 額 で 取 得 していないこと 対 象 となる 借 入 金 について 一 般 住 宅 の 新 築 に 係 る 借 入 金 のうち 次 の 要 件 を 満 たす 借 入 金 を 有 すること 1 償 還 期 間 が 10 年 以 上 の 割 賦 償 還 の 方 法 により 返 済 される 借 入 金 であること 2 一 定 の 借 入 先 ( 金 融 機 関 など)からの 借 入 金 であること 3 無 利 息 又 は 著 しく 低 い 利 息 ( 年 利 1% 未 満 )である 一 定 の 借 入 金 に 該 当 しないこと 計 算 式 (100 円 未 満 端 数 切 捨 て) 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 a 控 除 率 = その 年 分 の 所 得 税 額 から 差 し 引 くことができる 控 除 額 控 除 額 の 計 算 方 法 aは 一 般 住 宅 の 新 築 とともにその 敷 地 となる 土 地 を 購 入 した 場 合 におけるその 土 地 の 購 入 に ついての 借 入 金 の 金 額 を 含 みます aが 一 般 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 新 築 の 対 価 の 額 又 は 費 用 の 額 ( 注 1 及 び2)を 超 えるとき は その 対 価 の 額 又 は 費 用 の 額 までの 金 額 となります ( 注 1) 一 般 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 新 築 に 関 して 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 い た 後 の 金 額 となります ( 注 2) 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 の 適 用 を 受 けた 場 合 には その 適 用 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 差 し 引 い た 後 の 金 額 となります 店 舗 併 用 住 宅 など 一 般 住 宅 ( 及 び 土 地 )のうち 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 は aに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 金 額 となります 控 除 を 受 けることができる 年 分 借 入 金 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 各 年 分 の 控 除 限 度 額 控 除 を 受 け る ことができる 年 分 平 成 27 年 分 ~ 平 成 36 年 分 借 入 金 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 各 年 分 の 控 除 限 度 額 最 大 控 除 額 (10 年 間 ) 4,000 万 円 1.0% 40 万 円 400 万 円 2,000 万 円 1.0% 20 万 円 200 万 円 一 般 住 宅 の 対 価 又 は 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をいいます ) が8%の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 でない 場 合 を 示 しています 5

6 平 成 27 年 分 申 告 手 続 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 を 計 算 の 上 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 金 融 機 関 から 交 付 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 ( 原 本 ) 次 の 書 類 などで 1 一 般 住 宅 ( 及 び 土 地 )を 新 築 したこと 2 一 般 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 新 築 年 月 日 又 は 購 入 年 月 日 3 一 般 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 新 築 工 事 の 請 負 代 金 又 は 購 入 の 対 価 の 額 4 一 般 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であること などを 明 らかにするもの 一 般 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 ) 一 般 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 売 買 契 約 書 の 写 しや 工 事 請 負 契 約 書 の 写 し 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 交 付 を 受 けた 補 助 金 の 額 を 証 する 書 類 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 を 受 けた 場 合 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 に 係 る 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 証 する 書 類 の 写 し 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 土 地 を 先 行 して 取 得 した 場 合 などで 上 記 書 類 のみではこの 控 除 を 受 けるための 要 件 が 確 認 でき ないときは 一 定 の 書 類 の 添 付 が 必 要 となる 場 合 があります 平 成 28 年 分 以 後 給 与 所 得 者 が 年 末 調 整 によってこの 控 除 の 適 用 を 受 ける 場 合 平 成 27 年 分 の 確 定 申 告 によりこの 控 除 の 適 用 を 受 けた 給 与 所 得 者 は 平 成 28 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 について 年 末 調 整 によってこの 控 除 を 受 けることができます 年 末 調 整 によってこの 控 除 を 受 けようとする 場 合 には 必 要 事 項 を 記 載 した 次 の 書 類 を 年 末 調 整 を 受 けるときまでに 給 与 支 払 者 に 提 出 する 必 要 があります 給 与 所 得 者 の( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 申 告 書 及 び 年 末 調 整 のための( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 証 明 書 ( ) これらの 書 類 は 平 成 27 年 分 の 確 定 申 告 書 に 添 付 する ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 にチェックを 付 すことにより 後 日 税 務 署 から 送 付 されます 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 確 定 申 告 書 を 提 出 してこの 控 除 の 適 用 を 受 ける 場 合 確 定 申 告 書 を 提 出 してこの 控 除 の 適 用 を 受 けようとする 場 合 には 必 要 事 項 を 記 載 した 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 所 轄 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 6

7 A2 認 定 住 宅 の 新 築 に 係 る 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 特 例 ( 措 法 41 条 10) 対 象 者 について この 控 除 の 適 用 を 受 ける 各 年 分 において 判 断 します 居 住 者 であること その 年 の 12 月 31 日 ( )まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 していること 死 亡 した 場 合 や 災 害 により 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 場 合 には それぞれ 死 亡 した 日 や 災 害 により 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 日 合 計 所 得 金 額 が 3,000 万 円 以 下 であること 対 象 となる 住 宅 について 認 定 住 宅 の 新 築 や 購 入 ( )( 新 築 )をし その 新 築 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること 建 築 後 使 用 されたことのないものに 限 ります 新 築 をした 住 宅 が 認 定 住 宅 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 されること 認 定 住 宅 とは 次 の1から3の 住 宅 です 適 用 要 1 長 期 優 良 住 宅 の 普 及 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 20 年 法 律 第 87 号 )に 定 める 認 定 長 期 優 良 住 宅 2 都 市 の 低 炭 素 化 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 24 年 法 律 第 84 号 )に 定 める 低 炭 素 建 築 物 3 都 市 の 低 炭 素 化 の 促 進 に 関 する 法 律 に 定 める2とみなされる 特 定 建 築 物 件 認 定 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 専 ら 自 己 の 居 住 用 であること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 購 入 時 において 自 己 と 生 計 を 一 にし 購 入 後 においても 引 き 続 き 自 己 と 生 計 を 一 にしている 親 族 か ら 購 入 したものでないこと 贈 与 により 取 得 したものでないこと 給 与 所 得 者 が 使 用 者 などから 使 用 人 である 地 位 に 基 づいて 認 定 住 宅 又 はその 敷 地 となる 土 地 を 時 価 の 2 分 の1 未 満 の 価 額 で 取 得 していないこと 対 象 となる 借 入 金 について 認 定 住 宅 の 新 築 に 係 る 借 入 金 のうち 次 の 要 件 を 満 たす 借 入 金 を 有 すること 1 償 還 期 間 が 10 年 以 上 の 割 賦 償 還 の 方 法 により 返 済 される 借 入 金 であること 2 一 定 の 借 入 先 ( 金 融 機 関 など)からの 借 入 金 であること 3 無 利 息 又 は 著 しく 低 い 利 息 ( 年 利 1% 未 満 )である 一 定 の 借 入 金 に 該 当 しないこと 計 算 式 (100 円 未 満 端 数 切 捨 て) 控 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 a 控 除 率 = そ の 年 分 の 所 得 税 額 か ら 差 し 引 くことができる 控 除 額 除 額 の 計 算 方 法 aは 認 定 住 宅 の 新 築 とともにその 敷 地 となる 土 地 を 購 入 した 場 合 におけるその 土 地 の 購 入 に ついての 借 入 金 の 金 額 を 含 みます aが 認 定 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 新 築 の 対 価 の 額 又 は 費 用 の 額 ( 注 1 及 び2)を 超 えるとき は その 対 価 の 額 又 は 費 用 の 額 までの 金 額 となります ( 注 1) 認 定 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 新 築 に 関 して 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 い た 後 の 金 額 となります ( 注 2) 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 の 適 用 を 受 けた 場 合 には その 適 用 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 差 し 引 い た 後 の 金 額 となります 店 舗 併 用 住 宅 など 認 定 住 宅 ( 及 び 土 地 )のうち 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 は aに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 金 額 となります 7

8 控 除 を 受 けることができる 年 分 借 入 金 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 各 年 分 の 控 除 限 度 額 控 除 を 受 け る ことができる 年 分 借 入 金 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 各 年 分 の 控 除 限 度 額 最 大 控 除 額 (10 年 間 ) 平 成 27 年 分 ~ 平 成 36 年 分 5,000 万 円 1.0% 50 万 円 500 万 円 3,000 万 円 1.0% 30 万 円 300 万 円 認 定 住 宅 の 対 価 又 は 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をいいます )が8% の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 でない 場 合 を 示 しています 平 成 27 年 分 申 告 手 続 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 を 計 算 の 上 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 金 融 機 関 から 交 付 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 ( 原 本 ) 次 の 書 類 などで 1 認 定 住 宅 ( 及 び 土 地 )を 新 築 したこと 2 認 定 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 新 築 年 月 日 又 は 購 入 年 月 日 3 認 定 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 新 築 工 事 の 請 負 代 金 又 は 購 入 の 対 価 の 額 4 認 定 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であること などを 明 らかにするもの 認 定 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 ) 認 定 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 売 買 契 約 書 の 写 しや 工 事 請 負 契 約 書 の 写 し 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 交 付 を 受 けた 補 助 金 の 額 を 証 する 書 類 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 を 受 けた 場 合 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 に 係 る 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 証 する 書 類 の 写 し 認 定 住 宅 であることを 証 明 する 次 の 書 類 1 認 定 長 期 優 良 住 宅 の 場 合 所 管 行 政 庁 ( 都 道 府 県 市 区 町 村 )の 長 期 優 良 住 宅 建 築 計 画 の 認 定 通 知 書 の 写 し いずれかの 書 類 市 区 町 村 の 住 宅 用 家 屋 証 明 書 ( 写 し 可 ) 建 築 士 の 認 定 長 期 優 良 住 宅 建 築 証 明 書 2 低 炭 素 建 築 物 の 場 合 所 管 行 政 庁 ( 都 道 府 県 市 区 町 村 )の 低 炭 素 建 築 物 新 築 計 画 の 認 定 通 知 書 の 写 し いずれかの 書 類 市 区 町 村 の 住 宅 用 家 屋 証 明 書 ( 写 し 可 ) 建 築 士 の 認 定 低 炭 素 住 宅 建 築 証 明 書 3 低 炭 素 建 築 物 とみなされる 特 定 建 築 物 の 場 合 市 区 町 村 の 住 宅 用 家 屋 証 明 書 ( 特 定 建 築 物 用 ) 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 土 地 を 先 行 して 取 得 した 場 合 などで 上 記 書 類 のみではこの 控 除 を 受 けるための 要 件 が 確 認 でき ないときは 一 定 の 書 類 の 添 付 が 必 要 となる 場 合 があります 平 成 28 年 分 以 後 A1の 申 告 手 続 の 平 成 28 年 分 以 後 ( P6)を 参 照 してください 8

9 A3 中 古 住 宅 の 購 入 に 係 る 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 1 ) 対 象 者 について この 控 除 を 受 ける 各 年 分 において 判 断 します 居 住 者 であること その 年 の 12 月 31 日 ( )まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 していること 死 亡 した 場 合 や 災 害 により 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 場 合 には それぞれ 死 亡 した 日 や 災 害 により 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 日 合 計 所 得 金 額 が 3,000 万 円 以 下 であること 対 象 となる 住 宅 について 中 古 住 宅 を 購 入 し その 購 入 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること 購 入 した 住 宅 が 中 古 住 宅 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 されること 中 古 住 宅 とは 建 築 後 使 用 されたことのある 住 宅 で 次 の1 又 は2の 基 準 を 満 たす 住 宅 です 1 経 過 年 数 基 準 建 築 された 日 から 購 入 の 日 までの 期 間 が 20 年 (マンションなどの 耐 火 建 築 物 については 25 年 ) 以 内 であること 2 耐 震 基 準 地 震 に 対 する 安 全 上 必 要 な 構 造 方 法 に 関 する 技 術 的 基 準 又 はこれに 準 ずるものに 適 合 すること 上 記 1 又 は2の 基 準 を 満 たさない 建 築 後 使 用 されたことのある 住 宅 ( 要 耐 震 改 修 住 宅 といいます )であ 適 用 要 件 っても 購 入 の 日 までに 耐 震 改 修 を 行 うことについて 申 請 をし 居 住 の 用 に 供 した 日 までにその 耐 震 改 修 に より 家 屋 が 耐 震 基 準 に 適 合 することにつき 証 明 がされた 住 宅 は 中 古 住 宅 とみなされ 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 適 用 を 受 けることが 可 能 となります ただし この 場 合 において 行 った 耐 震 改 修 については 住 宅 耐 震 改 修 特 別 控 除 ( P21)の 適 用 の 対 象 とはなりませんので 注 意 してください また 要 耐 震 改 修 住 宅 の 購 入 と 耐 震 改 修 について それぞれ 住 宅 借 入 金 を 利 用 しているなど 一 定 の 要 件 を 満 たす 場 合 は これらの 住 宅 借 入 金 に 係 る 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 適 用 ( 重 複 適 用 )を 受 けることがで きます 中 古 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 専 ら 自 己 の 居 住 用 であること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 購 入 時 において 自 己 と 生 計 を 一 にし 購 入 後 においても 引 き 続 き 自 己 と 生 計 を 一 にしている 親 族 か ら 購 入 したものでないこと 贈 与 により 取 得 したものでないこと 給 与 所 得 者 が 使 用 者 などから 使 用 人 である 地 位 に 基 づいて 中 古 住 宅 又 はその 敷 地 となる 土 地 を 時 価 の 2 分 の1 未 満 の 価 額 で 取 得 していないこと 対 象 となる 借 入 金 について 中 古 住 宅 の 購 入 に 係 る 借 入 金 のうち 次 の 要 件 を 満 たす 借 入 金 を 有 すること 1 償 還 期 間 が 10 年 以 上 の 割 賦 償 還 の 方 法 により 返 済 される 借 入 金 であること 2 一 定 の 借 入 先 ( 金 融 機 関 など)からの 借 入 金 であること 3 無 利 息 又 は 著 しく 低 い 利 息 ( 年 利 1% 未 満 )である 一 定 の 借 入 金 に 該 当 しないこと 計 算 式 (100 円 未 満 端 数 切 捨 て) 控 除 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 a 控 除 率 = その 年 分 の 所 得 税 額 から 差 し 引 くことができる 控 除 額 額 の 計 算 方 法 aは 中 古 住 宅 の 購 入 とともにその 敷 地 となる 土 地 を 購 入 した 場 合 におけるその 土 地 の 購 入 につ いての 借 入 金 の 金 額 を 含 みます aが 中 古 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 購 入 の 対 価 の 額 ( 注 1 及 び2)を 超 えるときは その 対 価 の 額 までの 金 額 と なります ( 注 1) 中 古 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 購 入 に 関 して 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 で 判 断 します ( 注 2) 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 の 適 用 を 受 けた 場 合 には その 適 用 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 差 し 引 い た 後 の 金 額 で 判 断 します 9

10 店 舗 併 用 住 宅 など 中 古 住 宅 ( 及 び 土 地 )のうち 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 は aに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 金 額 となります 控 除 を 受 けることができる 年 分 借 入 金 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 各 年 分 の 控 除 限 度 額 控 除 を 受 ける ことができる 年 分 借 入 金 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 各 年 分 の 控 除 限 度 額 最 大 控 除 額 (10 年 間 ) 平 成 27 年 分 ~ 4,000 万 円 1.0% 40 万 円 400 万 円 平 成 36 年 分 2,000 万 円 1.0% 20 万 円 200 万 円 中 古 住 宅 の 対 価 又 は 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をいいます )が8% の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 でない 場 合 ( 個 人 間 の 売 買 契 約 により 中 古 住 宅 の 対 価 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 がない 場 合 など)を 示 しています 平 成 27 年 分 申 告 手 続 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 を 計 算 の 上 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 金 融 機 関 から 交 付 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 ( 原 本 ) 次 の 書 類 などで 1 中 古 住 宅 ( 及 び 土 地 )を 購 入 したこと 2 中 古 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 購 入 年 月 日 3 中 古 住 宅 ( 及 び 土 地 ) 購 入 の 対 価 の 額 4 中 古 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であること などを 明 ら かにするもの 中 古 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 ) 中 古 住 宅 ( 及 び 土 地 )の 売 買 契 約 書 の 写 し 中 古 住 宅 であることを 証 明 する 次 の 書 類 中 古 住 宅 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 ) 再 掲 中 古 住 宅 が 耐 震 基 準 を 満 たすものの 場 合 次 のいずれかの 書 類 建 築 士 の 耐 震 基 準 適 合 証 明 書 ( 家 屋 の 購 入 の 日 前 2 年 以 内 にその 証 明 のための 家 屋 の 調 査 が 終 了 したもの) 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 の 建 設 住 宅 性 能 評 価 書 の 写 し( 家 屋 の 購 入 の 日 前 2 年 以 内 に 評 価 されたもの) 既 存 住 宅 売 買 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 契 約 に 係 る 付 保 証 明 書 ( 家 屋 の 購 入 の 日 前 2 年 以 内 に 締 結 されたもの) 中 古 住 宅 が 要 耐 震 改 修 住 宅 ( P9)の 場 合 ( 耐 震 改 修 に 係 る) 請 負 契 約 書 の 写 し 次 のいずれかの 書 類 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 施 行 規 則 別 記 第 5 号 様 式 に 規 定 する 認 定 申 請 書 の 写 し 及 び 耐 震 基 準 適 合 証 明 書 耐 震 基 準 適 合 証 明 申 請 書 ( 耐 震 基 準 適 合 証 明 仮 申 請 書 )の 写 し 及 び 耐 震 基 準 適 合 証 明 書 建 設 住 宅 性 能 評 価 申 請 書 ( 建 設 住 宅 性 能 評 価 仮 申 請 書 )の 写 し 及 び 建 設 住 宅 性 能 評 価 書 既 存 住 宅 売 買 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 契 約 の 申 込 書 及 び 既 存 住 宅 売 買 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 契 約 が 締 結 されていることを 証 する 書 類 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 交 付 を 受 けた 補 助 金 の 額 を 証 する 書 類 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 を 受 けた 場 合 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 に 係 る 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 証 する 書 類 の 写 し 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 借 入 金 が 他 の 者 から 承 継 した 債 務 である 場 合 ( 中 古 住 宅 を 個 人 間 で 売 買 し その 売 主 から 債 務 を 承 継 した 場 合 など)は その 承 継 に 関 する 契 約 書 の 写 し 平 成 28 年 分 以 後 A1の 申 告 手 続 の 平 成 28 年 分 以 後 ( P6)を 参 照 してください 10

11 A4 住 宅 の 増 改 築 に 係 る 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 113) 対 象 者 について この 控 除 を 受 ける 各 年 分 において 判 断 します 居 住 者 であること その 年 の 12 月 31 日 ( )まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 していること 死 亡 した 場 合 や 災 害 により 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 場 合 には それぞれ 死 亡 した 日 や 災 害 により 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 日 合 計 所 得 金 額 が3,000 万 円 以 下 であること 対 象 となる 増 改 築 について 住 宅 の 増 改 築 をし その 増 改 築 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること 増 改 築 が 一 定 の 増 改 築 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 されること 一 定 の 増 改 築 とは 次 の1から6の 工 事 です 1 増 築 改 築 建 築 基 準 法 に 規 定 する 大 規 模 の 修 繕 大 規 模 の 模 様 替 えの 工 事 1 号 工 事 2 マンションなどの 区 分 所 有 建 物 のうち 区 分 所 有 する 部 分 の 床 階 段 又 は 壁 の 過 半 について 行 う 一 定 の 修 繕 模 様 替 えの 工 事 2 号 工 事 3 家 屋 (マンションなどの 区 分 所 有 建 物 にあっては 区 分 所 有 する 部 分 )のうち 居 室 調 理 室 浴 室 便 所 洗 面 所 納 戸 玄 関 又 は 廊 下 の 一 室 の 床 又 は 壁 の 全 部 について 行 う 修 繕 模 様 替 えの 工 事 3 号 工 事 適 用 要 件 4 家 屋 について 行 う 地 震 に 対 する 一 定 の 安 全 基 準 に 適 合 させるための 修 繕 模 様 替 えの 工 事 4 号 工 事 住 宅 耐 震 改 修 工 事 ( P21) 5 家 屋 について 行 う 高 齢 者 が 自 立 した 日 常 生 活 を 営 むのに 必 要 な 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 適 合 させるため の 修 繕 模 様 替 えの 工 事 5 号 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 ( P15) 6 家 屋 について 行 うエネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 資 する 修 繕 模 様 替 えの 工 事 6 号 工 事 省 エネ 改 修 工 事 ( P18) 上 記 1から6の 工 事 と 併 せて 行 うその 工 事 を 施 した 家 屋 と 一 体 となって 効 用 を 果 たす 電 気 設 備 給 排 水 設 備 衛 生 設 備 ガス 設 備 の 取 替 えや 取 付 けに 係 る 工 事 ( 付 随 工 事 )を 含 みます 自 己 が 所 有 し 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 家 屋 について 行 う 増 改 築 であること 増 改 築 に 要 した 費 用 の 額 が 100 万 円 ( )を 超 えるものであること 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 で 判 定 します 増 改 築 をした 後 の 家 屋 が 主 としてその 居 住 の 用 に 供 すると 認 められるものであること 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 部 分 に 係 る 増 改 築 に 要 した 費 用 の 額 がその 総 額 の2 分 の1 以 上 であること 増 改 築 をした 後 の 家 屋 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 専 ら 自 己 の 居 住 の 用 に 供 されるものであること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 対 象 となる 借 入 金 について 増 改 築 に 係 る 借 入 金 のうち 次 の 要 件 を 満 たす 借 入 金 を 有 すること 1 償 還 期 間 が 10 年 以 上 の 割 賦 償 還 の 方 法 により 返 済 される 借 入 金 であること 2 一 定 の 借 入 先 ( 金 融 機 関 など)からの 借 入 金 であること 3 無 利 息 又 は 著 しく 低 い 利 息 ( 年 利 1% 未 満 )である 一 定 の 借 入 金 に 該 当 しないこと 控 計 算 式 (100 円 未 満 端 数 切 捨 て) 除 額 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 a 控 除 率 = そ の 年 分 の 所 得 税 額 か ら 差 し 引 くことができる 控 除 額 の 計 算 aが 増 改 築 の 費 用 の 額 ( 注 1 及 び2)を 超 えるときは その 費 用 の 額 までの 金 額 となります ( 注 1) 住 宅 の 増 改 築 に 関 して 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 で 判 断 します 11

12 方 法 ( 注 2) 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 の 適 用 を 受 けた 場 合 には その 適 用 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 差 し 引 い た 後 の 金 額 で 判 断 します 店 舗 併 用 住 宅 など 増 改 築 をした 家 屋 のうち 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 は aに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 金 額 となります 控 除 を 受 けることができる 年 分 借 入 金 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 各 年 の 控 除 限 度 額 控 除 を 受 ける ことができる 年 分 平 成 27 年 分 ~ 平 成 36 年 分 借 入 金 の 年 末 残 高 の 限 度 額 控 除 率 各 年 分 の 控 除 限 度 額 最 大 控 除 額 (10 年 間 ) 4,000 万 円 1.0% 40 万 円 400 万 円 2,000 万 円 1.0% 20 万 円 200 万 円 増 改 築 の 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をいいます )が 8%の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 でない 場 合 を 示 しています 平 成 27 年 分 申 告 手 続 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 を 計 算 の 上 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 添 付 書 類 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 金 融 機 関 から 交 付 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 ( 原 本 ) 増 改 築 をした 住 宅 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 )など 増 改 築 をした 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であ ることを 明 らかにする 書 類 次 の 書 類 などで 1 増 改 築 をした 年 月 日 2 増 改 築 に 要 した 費 用 の 額 などを 明 らかにするもの 増 改 築 の 工 事 請 負 契 約 書 の 写 し 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 交 付 を 受 けた 補 助 金 の 額 を 証 する 書 類 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 を 受 けた 場 合 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 に 係 る 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 証 する 書 類 の 写 し 一 定 の 増 改 築 に 該 当 することを 証 明 する 次 の 書 類 1 増 改 築 が1 号 工 事 に 該 当 する 場 合 いずれかの 書 類 特 定 行 政 庁 ( 市 町 村 又 は 都 道 府 県 ) の 確 認 済 証 の 写 し 特 定 行 政 庁 の 検 査 済 証 の 写 し 建 築 士 の 増 改 築 工 事 証 明 書 2 増 改 築 が2 号 工 事 から6 号 工 事 に 該 当 する 場 合 建 築 士 の 増 改 築 工 事 証 明 書 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 平 成 28 年 分 以 後 A1の 申 告 手 続 の 平 成 28 年 分 以 後 ( P6)を 参 照 してください 12

13 A5 転 勤 命 令 などにより 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 しなくなった 後 これを 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 の 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 特 例 ( 措 法 41 条 1821) 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 の 再 適 用 A1からA4までのいずれかの 適 用 を 受 けていた 人 が 勤 務 先 からの 転 任 の 命 令 に 伴 う 転 居 などのやむを 得 ない 事 由 により その 適 用 を 受 けていた 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 しなくなった 後 その 住 宅 を 再 び 居 住 の 用 に 供 し た 場 合 には その 住 宅 に 居 住 しなくなる 日 までに 一 定 の 手 続 を 行 うことにより 再 びA1からA4までのいず れかの 適 用 を 受 けることができます 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 の 適 用 住 宅 の 新 築 購 入 や 増 改 築 をして 居 住 の 用 に 供 した 人 が その 居 住 の 用 に 供 した 日 以 後 その 年 の 年 末 まで に 勤 務 先 からの 転 任 の 命 令 に 伴 う 転 居 などのやむを 得 ない 事 由 により A1からA4までのいずれかを 適 用 す ることなくその 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 しなくなった 後 その 事 由 が 解 消 し その 住 宅 を 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 勤 務 先 からの 転 任 の 命 令 に 伴 う 転 居 の 事 由 が 生 ずる 前 において 居 住 の 用 に 供 していたことを 証 する 書 類 の 提 出 の 一 定 の 手 続 を 行 うことにより A1からA4までのいずれかの 適 用 を 受 けることができます 居 住 していなかった 期 間 については A1からA4までの 適 用 はありません また A1からA4までの 適 用 が 受 けられる 期 間 は 延 長 されません なお 適 用 要 件 や 申 告 手 続 については 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 の( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 手 続 をされる 方 へ をご 覧 ください 13

14 B 特 定 増 改 築 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 の3の2) 控 除 を 受 けられる 場 合 適 用 を 受 ける 税 額 控 除 掲 載 ページ 住 宅 のバリアフリー 改 修 工 事 をした 場 合 B1 15 ページ 住 宅 の 省 エネ 改 修 工 事 をした 場 合 B2 18 ページ 住 宅 のバリアフリー 改 修 工 事 と 省 エネ 改 修 工 事 を 両 方 した 場 合 B1(その 他 ) 17 ページ 転 勤 命 令 などにより 居 住 の 用 に 供 しなくなった 後 これを 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 B3 20 ページ 14

15 B1 高 齢 者 居 住 改 修 工 事 に 係 る 特 定 増 改 築 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 の3の21) 対 象 者 について この 控 除 を 受 ける 各 年 分 において 判 断 します 特 定 居 住 者 であること 特 定 居 住 者 とは 次 の1から4のいずれかに 該 当 する 居 住 者 のことです 1 50 歳 以 上 の 方 2 要 介 護 又 は 要 支 援 の 認 定 を 受 けている 方 3 所 得 税 法 上 の 障 害 者 である 方 ( 身 体 障 害 者 手 帳 の 交 付 を 受 けた 方 など) 4 高 齢 者 ( )である 親 族 と 同 居 を 常 況 としている 方 上 記 2 若 しくは3に 該 当 する 方 又 は 年 齢 が 65 歳 以 上 である 方 のことです 居 住 者 の 年 齢 が50 歳 以 上 であるかどうか その 居 住 者 の 親 族 の 年 齢 が65 歳 以 上 であるかどうかの 判 定 は 原 則 として 居 住 した 年 の12 月 31 日 の 年 齢 によります 適 用 要 件 その 年 の 12 月 31 日 ( )まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 していること 死 亡 した 場 合 や 災 害 により 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 場 合 には それぞれ 死 亡 した 日 又 は 災 害 により 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 日 合 計 所 得 金 額 が3,000 万 円 以 下 であること 対 象 となる 増 改 築 について 家 屋 の 増 改 築 をし その 増 改 築 をした 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること 増 改 築 がバリアフリー 改 修 工 事 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 され ること バリアフリー 改 修 工 事 とは 特 定 居 住 者 が 行 う 高 齢 者 が 自 立 した 日 常 生 活 を 営 むのに 必 要 な 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 適 合 させるための 修 繕 又 は 模 様 替 えで 次 の1から8のいずれかの 工 事 です 1 介 助 用 の 車 いすで 容 易 に 移 動 するために 通 路 や 出 入 口 の 幅 を 拡 張 する 工 事 2 階 段 の 設 置 ( 既 存 の 階 段 の 撤 去 を 伴 うものに 限 ります ) 又 は 改 良 により 勾 配 を 緩 和 する 工 事 3 浴 室 を 改 良 する 工 事 であって 次 のいずれかに 該 当 するもの イ 入 浴 又 はその 介 助 を 容 易 に 行 うために 浴 室 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 ロ 浴 槽 をまたぎ 高 さの 低 いものに 取 り 替 える 工 事 ハ 固 定 式 の 移 乗 台 や 踏 み 台 など 高 齢 者 の 浴 槽 の 出 入 りを 容 易 にする 設 備 を 設 置 する 工 事 ニ 高 齢 者 の 身 体 の 洗 浄 を 容 易 にする 水 栓 器 具 を 設 置 し 又 は 同 器 具 に 取 り 替 える 工 事 4 便 所 を 改 良 する 工 事 であって 次 のいずれかに 該 当 するもの イ 排 泄 又 はその 介 助 を 容 易 に 行 うために 便 所 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 ロ 便 器 を 座 便 式 のものに 取 り 替 える 工 事 ハ 座 便 式 の 便 器 の 座 高 を 高 くする 工 事 5 便 所 浴 室 脱 衣 室 などの 居 室 及 び 玄 関 並 びにこれらを 結 ぶ 経 路 に 手 すりを 取 り 付 ける 工 事 6 便 所 浴 室 脱 衣 室 などの 居 室 及 び 玄 関 並 びにこれらを 結 ぶ 経 路 の 床 の 段 差 を 解 消 する 工 事 7 出 入 口 の 戸 を 改 良 する 工 事 であって 次 のいずれかに 該 当 するもの イ 開 戸 を 引 戸 折 戸 に 取 り 替 える 工 事 ロ 開 戸 のドアノブをレバーハンドル に 取 り 替 える 工 事 ハ 戸 に 戸 車 など 戸 の 開 閉 を 容 易 にする 器 具 を 設 置 する 工 事 8 便 所 浴 室 脱 衣 室 その 他 の 居 室 及 び 玄 関 並 びにこれらを 結 ぶ 経 路 の 床 の 材 料 を 滑 りにくいものに 取 り 替 える 工 事 上 記 1から8の 工 事 と 併 せて 行 うその 工 事 を 施 した 家 屋 と 一 体 となって 効 用 を 果 たす 設 備 の 取 替 え 又 は 取 付 けに 係 る 工 事 ( 付 随 工 事 )を 含 みます 自 己 が 所 有 し 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 家 屋 について 行 う 増 改 築 であること バリアフリー 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 ( )が 50 万 円 を 超 えるものであること 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 で 判 定 します 増 改 築 をした 後 の 家 屋 が 主 としてその 居 住 の 用 に 供 すると 認 められるものであること 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 部 分 に 係 る 増 改 築 に 要 した 費 用 の 額 がその 総 額 の2 分 の1 以 上 であること 15

16 適 用 要 件 増 改 築 をした 後 の 家 屋 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 専 ら 自 己 の 居 住 の 用 に 供 されるものであること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 給 与 所 得 者 が 使 用 者 などから 使 用 人 である 地 位 に 基 づいて 家 屋 の 敷 地 となる 土 地 を 時 価 の2 分 の1 未 満 の 価 額 で 取 得 していないこと 対 象 となる 借 入 金 について 増 改 築 に 係 る 借 入 金 のうち 次 の 要 件 を 満 たす 借 入 金 を 有 すること 1 償 還 期 間 が5 年 以 上 の 割 賦 償 還 の 方 法 により 返 済 される 借 入 金 や 死 亡 時 に 一 括 償 還 をする 方 法 により 支 払 うこととされている 借 入 金 であること 2 一 定 の 借 入 先 ( 金 融 機 関 など)からの 借 入 金 であること 3 無 利 息 又 は 著 しく 低 い 利 息 ( 年 利 1% 未 満 )である 一 定 の 借 入 金 に 該 当 しないこと 計 算 式 ( 控 除 額 は 100 円 未 満 切 捨 て) 特 定 増 改 築 に 係 る 借 入 金 ( )の 年 末 残 高 の 合 計 額 a 控 除 率 1 + 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 - a 控 除 率 2 = その 年 分 の 所 得 税 額 から 差 し 引 くことが で き る 控 除 額 控 除 額 の 計 算 方 法 申 告 手 続 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 のうちバリアフリー 改 修 工 事 ( 特 定 増 改 築 )に 要 し た 費 用 の 額 に 相 当 する 部 分 の 金 額 ( 補 助 金 を 受 ける 場 合 は その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 )をいいます 増 改 築 とともにその 増 改 築 に 係 る 住 宅 の 敷 地 となる 土 地 を 購 入 した 場 合 その 土 地 の 購 入 に ついての 借 入 金 が 増 改 築 に 係 る 借 入 金 に 含 まれます 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 が 増 改 築 の 費 用 の 額 ( 注 1 及 び2)を 超 えると きは その 費 用 の 額 までの 金 額 となります ( 注 1) 増 改 築 に 関 して 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 となります ( 注 2) 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 の 適 用 を 受 けた 場 合 には その 適 用 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 差 し 引 い た 後 の 金 額 となります 店 舗 併 用 住 宅 など 増 改 築 をした 後 の 家 屋 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 は 一 定 の 居 住 用 割 合 を 乗 じた 後 の 金 額 となります 特 定 増 改 築 及 び 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 限 度 額 控 除 率 各 年 分 の 控 除 限 度 額 控 除 を 受 け る ことができる 年 分 平 成 27 年 分 ~ 平 成 31 年 分 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 限 度 額 特 定 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 限 度 額 控 除 率 各 年 の 控 除 限 度 額 最 大 控 除 額 (5 年 間 ) 1,000 万 円 1.0% ( 計 )12.5 万 円 ( 計 )62.5 万 円 250 万 円 2.0% 5 万 円 25 万 円 1000 万 円 1.0% ( 計 )12 万 円 ( 計 )60 万 円 200 万 円 2.0% 4 万 円 20 万 円 増 改 築 の 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をいいます )が 8%の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 でない 場 合 を 示 しています 平 成 27 年 分 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 を 計 算 の 上 次 に 掲 げる 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 特 定 居 住 者 のうち4( P15)に 該 当 する 場 合 には この 税 額 控 除 の 対 象 となる 家 屋 の 所 在 地 が 税 額 控 除 を 受 ける 方 の 住 所 地 として 記 載 されているとともに その 方 と 同 居 を 常 況 とする 高 齢 者 である 親 族 の 住 所 地 としても 記 載 されたものが 必 要 です 金 融 機 関 から 交 付 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 ( 原 本 ) 増 改 築 をした 住 宅 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 )など 増 改 築 をした 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であ 16

17 申 告 手 続 ることを 明 らかにする 書 類 次 の 書 類 などで 1 増 改 築 をした( 及 び 土 地 を 購 入 した)こと 2 増 改 築 をした( 及 び 土 地 を 購 入 した) 年 月 日 3 増 改 築 に 要 した 費 用 の 額 ( 及 び 土 地 の 購 入 の 対 価 の 額 ) 4バリアフリー 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 などを 明 らかにするもの 増 改 築 の 工 事 請 負 契 約 書 の 写 し 土 地 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 ) 土 地 の 売 買 契 約 書 の 写 し 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 交 付 を 受 けた 補 助 金 の 額 を 証 する 書 類 増 改 築 がバリアフリー 改 修 工 事 である( 又 は 同 工 事 を 含 む)ことなどを 証 明 する 建 築 士 の 増 改 築 工 事 証 明 書 特 定 居 住 者 のうち2 又 は4( P15)に 該 当 する 場 合 は 要 介 護 認 定 又 は 要 支 援 認 定 を 受 けている 方 の 介 護 保 険 の 被 保 険 者 証 の 写 し 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 土 地 を 先 行 して 取 得 した 場 合 などで 上 記 書 類 のみではこの 控 除 を 適 用 するための 要 件 が 確 認 で きないときは 一 定 の 書 類 の 添 付 が 必 要 となる 場 合 があります 平 成 28 年 分 以 後 給 与 所 得 者 が 年 末 調 整 によってこの 控 除 の 適 用 を 受 ける 場 合 平 成 27 年 分 の 確 定 申 告 をしてこの 控 除 の 適 用 を 受 けた 給 与 所 得 者 は 平 成 28 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 について 年 末 調 整 によってこの 控 除 を 受 けることができます 年 末 調 整 によってこの 控 除 を 受 けようとする 場 合 には 必 要 事 項 を 記 載 した 次 の 書 類 を 年 末 調 整 を 受 けるときまでに 給 与 支 払 者 に 提 出 する 必 要 があります 給 与 所 得 者 の( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 申 告 書 及 び 年 末 調 整 のための( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 証 明 書 ( ) これらの 書 類 は 平 成 27 年 分 の 確 定 申 告 書 に 添 付 する ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 にチェックを 付 すことにより 後 日 税 務 署 から 送 付 されます 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 確 定 申 告 書 を 提 出 してこの 控 除 の 適 用 を 受 ける 場 合 確 定 申 告 書 を 提 出 してこの 控 除 の 適 用 を 受 けようとする 場 合 には 必 要 事 項 を 記 載 した 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 所 轄 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 バリアフリー 改 修 工 事 と 省 エネ 改 修 工 事 の 両 方 を 行 った 場 合 そ の 他 特 定 居 住 者 ( P15)がバリアフリー 改 修 工 事 と 省 エネ 改 修 工 事 の 両 方 を 行 った 場 合 は 前 頁 に 示 す 計 算 式 の 特 定 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 (a)をバリアフリー 改 修 工 事 及 び 特 定 断 熱 改 修 工 事 に 要 した 金 額 の 合 計 額 ( 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 )に 相 当 する 金 額 として 計 算 し その 合 計 額 (250 万 円 又 は 200 万 円 を 限 度 )に 対 して 2% の 控 除 率 が 適 用 されます 17

18 B2 断 熱 改 修 工 事 に 係 る 特 定 増 改 築 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 の3の25) 対 象 者 について この 控 除 の 適 用 を 受 ける 各 年 において 判 断 します 居 住 者 であること その 年 の 12 月 31 日 ( )まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 していること 死 亡 した 場 合 や 災 害 により 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 場 合 には それぞれ 死 亡 した 日 や 災 害 により 居 住 の 用 に 供 することができなくなった 日 合 計 所 得 金 額 が3,000 万 円 以 下 であること 対 象 となる 増 改 築 について 家 屋 の 増 改 築 をし その 増 改 築 をした 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること 増 改 築 が 省 エネ 改 修 工 事 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 されたこと 省 エネ 改 修 工 事 とは 次 の 断 熱 改 修 工 事 又 は 特 定 断 熱 改 修 工 事 です 断 熱 改 修 工 事 とは 家 屋 について 行 うエネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 資 する 増 改 築 修 繕 又 は 模 様 替 えで 次 の 1 及 び2の 工 事 のうち 改 修 した 部 位 の 断 熱 性 能 ( 省 エネ 性 能 )がいずれも 平 成 25 年 基 準 相 当 となると 認 められる 工 事 をいいます 1 居 室 の 全 ての 窓 の 改 修 工 事 2 1の 工 事 と 併 せて 行 う 床 や 天 井 壁 の 断 熱 工 事 適 用 要 件 特 定 断 熱 改 修 工 事 とは 家 屋 について 行 うエネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 著 しく 資 する 増 築 築 修 繕 又 は 模 様 替 えで 断 熱 改 修 工 事 のうち 改 修 後 の 住 宅 全 体 の 断 熱 性 能 ( 省 エネ 性 能 )が 平 成 25 年 基 準 相 当 となると 認 められる 工 事 をいいます これらの 工 事 が 行 われる 構 造 又 は 設 備 と 一 体 となって 効 用 を 果 たす 設 備 の 取 替 え 又 は 取 付 けに 係 る 工 事 ( 付 随 工 事 )を 含 みます 自 己 が 所 有 し 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 家 屋 について 行 う 増 改 築 であること 省 エネ 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 ( )が 50 万 円 を 超 えるものであること 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 で 判 定 します 増 改 築 をした 後 の 家 屋 が 主 としてその 居 住 の 用 に 供 すると 認 められるものであること 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 部 分 に 係 る 増 改 築 に 要 した 費 用 の 額 がその 総 額 の2 分 の1 以 上 であること 増 改 築 をした 後 の 家 屋 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 専 ら 自 己 の 居 住 の 用 に 供 されるものであること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 給 与 所 得 者 が 使 用 者 などから 使 用 人 である 地 位 に 基 づいて 家 屋 の 敷 地 となる 土 地 を 時 価 の2 分 の1 未 満 の 価 額 で 取 得 していないこと 対 象 となる 借 入 金 について 増 改 築 に 係 る 借 入 金 で 次 の 要 件 を 満 たす 借 入 金 を 有 すること 1 償 還 期 間 が5 年 以 上 の 割 賦 償 還 の 方 法 により 返 済 される 借 入 金 であること 2 一 定 の 借 入 先 ( 金 融 機 関 など)からの 借 入 金 であること 3 無 利 息 又 は 著 しく 低 い 利 息 ( 年 利 1% 未 満 )である 一 定 の 借 入 金 に 該 当 しないこと 計 算 式 ( 控 除 額 は 100 円 未 満 切 捨 て) 特 定 断 熱 改 修 に 係 る 借 入 金 ( )の 年 末 残 高 の 合 計 額 a 控 除 率 1 + 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 - a 控 除 率 2 = その 年 分 の 所 得 税 額 から 差 し 引 くことが で き る 控 除 額 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 のうち 特 定 断 熱 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 に 相 当 す る 部 分 の 金 額 ( 補 助 金 を 受 ける 場 合 は その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 )をいいます 18

19 控 除 額 の 計 算 方 法 増 改 築 とともにその 増 改 築 に 係 る 住 宅 の 敷 地 となる 土 地 を 購 入 した 場 合 その 土 地 の 購 入 に ついての 借 入 金 が 増 改 築 に 係 る 借 入 金 に 含 まれます 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 が 増 改 築 の 費 用 の 額 ( 注 1 及 び2)を 超 えると きは その 費 用 の 額 までの 金 額 となります ( 注 1) 増 改 築 に 関 して 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 いた 後 の 金 額 となります ( 注 2) 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 の 特 例 の 適 用 を 受 けた 場 合 には その 適 用 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 の 額 を 差 し 引 い た 後 の 金 額 となります 店 舗 併 用 住 宅 など 増 改 築 をした 後 の 家 屋 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 の 合 計 額 は 一 定 の 居 住 用 割 合 を 乗 じた 後 の 金 額 となります 特 定 断 熱 改 修 及 び 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 限 度 額 控 除 率 各 年 の 控 除 限 度 額 控 除 を 受 け る ことができる 年 分 平 成 27 年 分 ~ 平 成 31 年 分 増 改 築 に 係 る 借 入 金 の 限 度 額 特 定 断 熱 改 修 に 係 る 借 入 金 の 限 度 額 控 除 率 各 年 の 控 除 限 度 額 最 大 控 除 額 (5 年 間 ) 1,000 万 円 1.0% ( 計 )12.5 万 円 ( 計 )62.5 万 円 250 万 円 2.0% 5 万 円 25 万 円 1000 万 円 1.0% ( 計 )12 万 円 ( 計 )60 万 円 200 万 円 2.0% 4 万 円 20 万 円 増 改 築 の 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をいいます )が 8%の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 でない 場 合 を 示 しています 平 成 27 年 分 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 を 計 算 の 上 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 ( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 金 融 機 関 から 交 付 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 に 係 る 借 入 金 の 年 末 残 高 証 明 書 ( 原 本 ) 増 改 築 をした 住 宅 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 )など 増 改 築 をした 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であ 申 告 手 続 ることを 明 らかにする 書 類 次 の 書 類 などで 1 増 改 築 をした( 及 び 土 地 を 購 入 した)こと 2 増 改 築 をした( 及 び 土 地 を 購 入 した) 年 月 日 3 増 改 築 に 要 した 費 用 の 額 ( 及 び 土 地 の 購 入 の 対 価 の 額 ) 4 省 エネ 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 などを 明 らかにするもの 増 改 築 の 工 事 請 負 契 約 書 の 写 し 土 地 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 ) 土 地 の 売 買 契 約 書 の 写 し 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 交 付 を 受 けた 補 助 金 の 額 を 証 する 書 類 増 改 築 が 省 エネ 改 修 工 事 であることなどを 証 明 する 建 築 士 の 増 改 築 工 事 証 明 書 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 土 地 を 先 行 して 取 得 した 場 合 などで 上 記 書 類 のみではこの 控 除 を 適 用 するための 要 件 が 確 認 で きないときは 一 定 の 書 類 の 添 付 が 必 要 となる 場 合 があります 平 成 28 年 分 以 後 B1の 申 告 手 続 の 平 成 28 年 分 以 後 ( P17)を 参 照 してください 19

20 B3 転 勤 命 令 などにより 居 住 の 用 に 供 しなくなった 後 これを 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 の 特 定 増 改 築 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 特 例 ( 措 法 41 条 の3の217) 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 の 再 適 用 B1 又 はB2の 適 用 を 受 けていた 人 が 勤 務 先 からの 転 任 の 命 令 に 伴 う 転 居 などのやむを 得 ない 事 由 によ り その 適 用 を 受 けていた 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 しなくなった 後 その 住 宅 を 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には その 住 宅 に 居 住 しなくなる 日 までに 一 定 の 手 続 を 行 うことにより 再 びB1 又 はB2の 適 用 を 受 けることがで きます 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 の 適 用 住 宅 の 新 築 購 入 や 増 改 築 をして 居 住 の 用 に 供 した 人 が その 居 住 の 用 に 供 した 日 以 後 その 年 の 年 末 まで に 勤 務 先 からの 転 任 の 命 令 に 伴 う 転 居 などのやむを 得 ない 事 由 により B1 又 はB2を 適 用 することなくその 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 しなくなった 後 その 事 由 が 解 消 し その 住 宅 を 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 勤 務 先 からの 転 任 の 命 令 に 伴 う 転 居 の 事 由 が 生 ずる 前 において 居 住 の 用 に 供 していたことを 証 する 書 類 の 提 出 の 一 定 の 手 続 を 行 うことにより B1 又 はB2の 適 用 を 受 けることができます 居 住 していなかった 期 間 については B1 又 はB2の 適 用 はありません また B1 又 はB2の 適 用 が 受 け られる 期 間 は 延 長 されません なお 適 用 要 件 や 申 告 手 続 については 再 び 居 住 の 用 に 供 した 場 合 の( 特 定 増 改 築 ) 住 宅 借 入 金 特 別 控 除 の 手 続 をされる 方 へ をご 覧 ください 20

21 C 住 宅 耐 震 改 修 特 別 控 除 ( 措 法 41 条 の 19 の2) 対 象 者 について 居 住 者 であること 対 象 となる 住 宅 耐 震 改 修 工 事 について 適 用 要 件 平 成 27 年 中 に 耐 震 改 修 工 事 をしたこと 耐 震 改 修 工 事 が 住 宅 耐 震 改 修 工 事 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 され たこと 住 宅 耐 震 改 修 工 事 とは 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 を 目 的 とした 増 改 築 修 繕 模 様 替 えであって その 家 屋 が 現 行 の 耐 震 基 準 ( )に 適 合 するもののことです 建 築 基 準 法 施 行 令 第 3 章 及 び 第 5 章 の4の 規 定 又 は 国 土 交 通 大 臣 が 財 務 大 臣 と 協 議 して 定 める 地 震 に 定 め る 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 基 準 ( 平 成 18 年 1 月 国 土 交 通 省 告 示 第 185 号 ) 昭 和 56 年 5 月 31 日 ( 建 築 基 準 法 の 改 正 により 現 行 の 耐 震 基 準 が 適 用 される 日 ) 以 前 に 建 築 された 家 屋 ( )についての 住 宅 耐 震 改 修 であること 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 家 屋 で 居 住 の 用 に 供 する 家 屋 を2 以 上 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 家 屋 に 限 ります 計 算 式 (100 円 未 満 端 数 切 捨 て) 住 宅 耐 震 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 ( ) 10% = その 年 分 の 所 得 税 額 から 差 し 引 くことができる 控 除 額 住 宅 耐 震 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 とは 住 宅 耐 震 改 修 工 事 の 内 容 ごとに 単 位 当 たりの 標 準 的 な 工 事 費 用 の 額 ( 下 表 参 照 )として 定 められた 金 額 に その 住 宅 耐 震 改 修 に 係 る 工 事 を 行 った 床 面 積 を 乗 じて 計 算 した 金 額 の 合 計 額 をいいます 具 体 的 には 建 築 士 の 住 宅 耐 震 改 修 証 明 書 に 記 載 された 金 額 となります また 住 宅 耐 震 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 は 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 き 耐 震 改 修 工 事 限 度 額 を 超 える 場 合 には この 限 度 額 までの 金 額 となります 控 除 額 の 計 算 方 法 ( 住 宅 耐 震 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 ) 改 修 工 事 内 容 単 位 当 たりの 金 額 単 位 1 木 造 住 宅 の 基 礎 に 係 る 耐 震 改 修 15,900 円 建 築 面 積 ( 単 位 m2) 2 木 造 住 宅 の 壁 に 係 る 耐 震 改 修 23,400 円 床 面 積 ( 単 位 m2) 3 木 造 住 宅 の 屋 根 に 係 る 耐 震 改 修 20,200 円 施 工 面 積 ( 単 位 m2) 以 外 の 木 造 住 宅 に 係 る 耐 震 改 修 34,700 円 床 面 積 ( 単 位 m2) 5 木 造 住 宅 以 外 の 住 宅 の 壁 に 係 る 耐 震 改 修 78,000 円 床 面 積 ( 単 位 m2) 6 木 造 住 宅 以 外 の 住 宅 の 柱 に 係 る 耐 震 改 修 2,552,000 円 耐 震 改 修 の 箇 所 以 外 に 係 る 耐 震 改 修 267,600 円 床 面 積 ( 単 位 m2) 工 事 完 了 日 耐 震 改 修 工 事 限 度 額 控 除 率 控 除 限 度 額 工 事 完 了 日 耐 震 改 修 工 事 限 度 額 控 除 率 税 額 控 除 限 度 額 平 成 27 年 中 250 万 円 10% 25 万 円 200 万 円 10% 20 万 円 住 宅 耐 震 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をいい ます )のうちに 8%の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 が 含 まれていない 場 合 を 示 しています 21

22 住 宅 耐 震 改 修 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 耐 震 改 修 特 別 控 除 額 を 計 算 の 上 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 申 告 手 続 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 住 宅 耐 震 改 修 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 地 方 公 共 団 体 の 長 建 築 士 の 住 宅 耐 震 改 修 証 明 書 家 屋 の 登 記 事 項 証 明 書 など 家 屋 が 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 建 築 されたものであることを 明 らか にする 書 類 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 22

23 D 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 ( 措 法 41 条 の 19 の3) 控 除 を 受 けられる 場 合 ( ) 適 用 を 受 ける 税 額 控 除 掲 載 ページ 住 宅 のバリアフリー 改 修 工 事 をした 場 合 D1 24 ページ 住 宅 の 省 エネ 改 修 工 事 ( )をした 場 合 D2 26 ページ 改 修 工 事 と 併 せて 行 う 太 陽 光 発 電 設 備 設 置 工 事 を 含 みます 住 宅 のバリアフリー 改 修 工 事 と 省 エネ 改 修 工 事 の 両 方 を 行 った 場 合 は D1とD2をそれぞれ 適 用 ( 併 用 ) することができます 23

24 D1 高 齢 者 居 住 改 修 工 事 に 係 る 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 ( 措 法 41 条 の 19 の31) 対 象 者 について 適 用 要 件 特 定 居 住 者 ( P15)であること 合 計 所 得 金 額 が3,000 万 円 以 下 であること 前 年 又 は 前 々 年 において バリアフリー 改 修 工 事 ( 付 随 工 事 を 除 きます 以 下 同 じです )( P15) をしてこの 控 除 の 適 用 を 受 けていないこと( ) バリアフリー 改 修 工 事 について 介 護 保 険 法 施 行 規 則 第 76 条 第 2 項 ( 介 護 の 必 要 な 程 度 が 著 しく 高 くなった 場 合 の 特 例 )の 規 定 の 適 用 を 受 けた 場 合 など 一 定 の 場 合 を 除 きます 対 象 となる 増 改 築 について 家 屋 のバリアフリー 改 修 工 事 をし その 工 事 をした 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること バリアフリー 改 修 工 事 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 されたこと 自 己 が 所 有 し 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 家 屋 について 行 うバリアフリー 改 修 工 事 であること バリアフリー 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 ( 下 の 控 除 額 の 計 算 方 法 中 の 計 算 式 参 照 )が 50 万 円 を 超 えるものであること バリアフリー 改 修 工 事 をした 後 の 家 屋 が 主 としてその 居 住 の 用 に 供 すると 認 められるものであること 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 部 分 に 係 るバリアフリー 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 がその 総 額 の2 分 の1 以 上 であること バリアフリー 改 修 工 事 をした 後 の 家 屋 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 専 ら 自 己 の 居 住 の 用 に 供 されるものであること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 計 算 式 (100 円 未 満 端 数 切 捨 て) 控 除 額 の 計 算 方 法 バリアフリー 改 修 工 事 の そ の 年 分 の 所 得 税 額 か ら 10% = 標 準 的 な 費 用 の 額 ( ) 差 し 引 くことができる 控 除 額 バリアフリー 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 とは バリアフリー 改 修 工 事 の 内 容 ごとに 単 位 当 たりの 標 準 的 な 工 事 費 用 の 額 として 定 められた 金 額 に そのバリアフリー 改 修 工 事 に 係 る 工 事 を 行 った 施 工 面 積 を 乗 じて 計 算 した 金 額 の 合 計 額 をいいます 具 体 的 には 建 築 士 の 増 改 築 工 事 証 明 書 に 記 載 された 金 額 となります また 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 き 改 修 工 事 限 度 額 を 超 える 場 合 には この 限 度 額 までの 金 額 となります なお 例 えば 店 舗 併 用 住 宅 など バリアフリー 改 修 工 事 をした 後 の 家 屋 のうち 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 は バリアフリー 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 に 居 住 の 用 に 供 する 部 分 に 係 る 改 修 工 事 の 費 用 の 額 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 金 額 となります 居 住 日 改 修 工 事 限 度 額 控 除 率 税 額 控 除 限 度 額 居 住 日 改 修 工 事 限 度 額 控 除 率 税 額 控 除 限 度 額 平 成 27 年 中 200 万 円 10% 20 万 円 150 万 円 10% 15 万 円 バリアフリー 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 を いいます )のうちに 8%の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 が 含 まれていない 場 合 を 示 しています 24

25 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 額 を 計 算 の 上 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 申 告 手 続 特 定 居 住 者 のうち4( P15)に 該 当 する 場 合 には この 税 額 控 除 の 対 象 となる 家 屋 の 所 在 地 が 税 額 控 除 を 受 ける 方 の 住 所 地 として 記 載 されているとともに その 方 と 同 居 を 常 況 とする 高 齢 者 である 親 族 の 住 所 地 としても 記 載 されたものが 必 要 です バリアフリー 改 修 工 事 をした 住 宅 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 )など 増 改 築 をした 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であることを 明 らかにする 書 類 増 改 築 がバリアフリー 改 修 工 事 であることなどを 証 明 する 建 築 士 の 増 改 築 工 事 証 明 書 特 定 居 住 者 のうち2 又 は4( P15)に 該 当 する 場 合 は 要 介 護 認 定 又 は 要 支 援 認 定 を 受 けている 方 の 介 護 保 険 の 被 保 険 者 証 の 写 し 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 前 年 分 又 は 前 々 年 分 においてこの 控 除 の 適 用 を 受 けている 方 で 本 年 分 においてもこの 控 除 の 適 用 を 受 ける 場 合 は 介 護 保 険 法 施 行 規 則 第 76 条 第 2 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けたことを 証 する 書 類 も 必 要 です 25

26 D2 一 般 断 熱 改 修 工 事 に 係 る 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 額 ( 措 法 41 条 の 19 の33) 対 象 者 について 居 住 者 であること 合 計 所 得 金 額 が3,000 万 円 以 下 であること 対 象 となる 増 改 築 について 家 屋 の 一 般 断 熱 改 修 工 事 である 省 エネ 改 修 工 事 をし その 工 事 をした 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること 適 用 要 件 一 般 断 熱 改 修 工 事 とは 次 の1から3の 工 事 をいいます 1 断 熱 改 修 工 事 ( 付 随 工 事 を 除 きます )( P18) 2 1の 工 事 が 行 われる 構 造 及 び 設 備 と 一 体 になって 効 用 を 果 たす 一 定 の 太 陽 熱 利 用 冷 温 熱 装 置 などの 設 置 工 事 3 1の 工 事 と 併 せて 行 う 太 陽 光 発 電 設 備 設 置 工 事 一 般 断 熱 改 修 工 事 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 されたこと 自 己 が 所 有 し 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 家 屋 について 行 う 一 般 断 熱 改 修 工 事 であること 一 般 断 熱 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 ( 下 の 控 除 額 の 計 算 方 法 の 計 算 式 参 照 )が 50 万 円 を 超 えるものであること 一 般 断 熱 改 修 工 事 をした 後 の 家 屋 が 主 としてその 居 住 の 用 に 供 すると 認 められるものであること 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 部 分 に 係 る 一 般 断 熱 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 がその 総 額 の2 分 の1 以 上 であること 一 般 断 熱 改 修 工 事 をした 後 の 家 屋 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 専 ら 自 己 の 居 住 の 用 に 供 されるものであること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 計 算 式 (100 円 未 満 端 数 切 捨 て) 一 般 断 熱 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 ( ) 10% = そ の 年 分 の 所 得 税 額 か ら 差 し 引 くことができる 控 除 額 控 除 額 の 計 算 方 法 一 般 断 熱 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 とは 一 般 断 熱 改 修 工 事 の 内 容 ごとに 単 位 当 たりの 標 準 的 な 工 事 費 用 の 額 として 定 められた 金 額 に その 一 般 断 熱 改 修 工 事 に 係 る 工 事 を 行 った 施 工 面 積 を 乗 じて 計 算 した 金 額 の 合 計 額 をいいます 具 体 的 には 建 築 士 の 増 改 築 工 事 証 明 書 に 記 載 された 金 額 となります また 補 助 金 の 交 付 を 受 ける 場 合 には その 補 助 金 の 額 を 差 し 引 き 改 修 工 事 限 度 額 を 超 える 場 合 には この 限 度 額 までの 金 額 となります なお 店 舗 併 用 住 宅 など 一 般 断 熱 改 修 工 事 をした 後 の 家 屋 のうち 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 は 一 般 断 熱 改 修 工 事 の 標 準 的 な 費 用 の 額 に 居 住 の 用 に 供 する 部 分 に 係 る 改 修 費 用 の 額 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 金 額 となります 居 住 日 改 修 工 事 限 度 額 控 除 率 税 額 控 除 限 度 額 居 住 日 改 修 工 事 限 度 額 控 除 率 税 額 控 除 限 度 額 平 成 27 年 中 250(350) 万 円 10% 25(35) 万 円 200(300) 万 円 10% 20(30) 万 円 太 陽 光 発 電 設 備 設 置 工 事 を 併 せて 行 う 場 合 は 括 弧 内 の 金 額 なります 一 般 断 熱 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 をい います )のうちに 8%の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 が 含 まれていない 場 合 を 示 しています 26

27 申 告 手 続 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 額 を 計 算 の 上 次 に 掲 げる 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 住 宅 特 定 改 修 特 別 税 額 控 除 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 一 般 断 熱 改 修 工 事 をした 住 宅 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 )など 増 改 築 をした 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であることを 明 らかにする 書 類 一 般 断 熱 改 修 工 事 であることなどを 証 明 する 建 築 士 の 増 改 築 工 事 証 明 書 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) 27

28 E 認 定 住 宅 新 築 特 別 税 額 控 除 ( 措 法 41 条 の 19 の4) 対 象 者 について 適 用 要 件 居 住 者 であること 合 計 所 得 金 額 が3,000 万 円 以 下 であること 対 象 となる 増 改 築 について 認 定 住 宅 ( P7)の 新 築 や 購 入 ( )( 新 築 )をし その 新 築 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 の 用 に 供 すること 建 築 後 使 用 されたことのないものに 限 ります 新 築 をした 住 宅 が 認 定 住 宅 であると 次 頁 に 示 す 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 により 証 明 されたこと 認 定 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であり そのうち2 分 の1 以 上 が 居 住 用 であること 住 宅 を2 以 上 所 有 する 場 合 には 主 として 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 であること 購 入 の 場 合 購 入 時 において 自 己 と 生 計 を 一 にし 購 入 後 においても 引 き 続 き 自 己 と 生 計 を 一 にしている 親 族 か ら 購 入 したものでないこと 贈 与 により 取 得 したものでないこと 計 算 式 (100 円 未 満 端 数 切 捨 て) 認 定 住 宅 の 構 造 及 び 設 備 に 係 る 標 準 的 な 費 用 の 額 ( ) 10% = その 年 分 の 所 得 税 額 から 差 し 引 くことができる 控 除 額 控 除 額 の 計 算 方 法 認 定 住 宅 の 構 造 及 び 設 備 に 係 る 標 準 的 な 費 用 の 額 とは 認 定 住 宅 の 認 定 基 準 に 適 合 するため に 必 要 となる 標 準 的 なかかり 増 し 費 用 ( 性 能 強 化 費 用 )の 額 をいい 具 体 的 には 床 面 積 1 m2 当 た り 43,800 円 に 認 定 住 宅 の 床 面 積 を 乗 じた 金 額 となります ただし 認 定 住 宅 限 度 額 を 超 える 場 合 には この 限 度 額 までの 金 額 となります また 店 舗 併 用 住 宅 など 認 定 住 宅 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 以 外 がある 場 合 は 認 定 住 宅 の 構 造 及 び 設 備 に 係 る 標 準 的 な 費 用 の 額 に 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 し た 金 額 となります 居 住 日 認 定 住 宅 限 度 額 控 除 率 税 額 控 除 限 度 額 居 住 日 認 定 住 宅 限 度 額 控 除 率 税 額 控 除 限 度 額 申 告 手 続 そ の 他 650 万 円 10% 65 万 円 平 成 27 年 中 500 万 円 10% 50 万 円 認 定 住 宅 の 新 築 や 購 入 の 費 用 の 額 に 含 まれる 消 費 税 額 ( 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 額 の 合 計 額 を いいます )のうちに 8%の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 税 率 による 消 費 税 額 が 含 まれていない 場 合 を 示 しています 認 定 住 宅 新 築 特 別 税 額 控 除 額 の 計 算 明 細 書 の 所 定 の 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 し 認 定 住 宅 新 築 特 別 税 額 控 除 額 を 計 算 の 上 次 の 書 類 を 添 付 して 確 定 申 告 書 を 税 務 署 に 提 出 する 必 要 があります 確 定 申 告 書 に 添 付 すべき 書 類 認 定 住 宅 新 築 特 別 税 額 控 除 額 の 計 算 明 細 書 住 民 票 の 写 し 次 の 書 類 などで 1 認 定 住 宅 の 新 築 や 購 入 をしたこと 2その 新 築 や 購 入 をした 年 月 日 3 認 定 住 宅 の 床 面 積 が 50 m2 以 上 であることなど を 明 らかにするもの 認 定 住 宅 の 登 記 事 項 証 明 書 ( 原 本 ) 工 事 請 負 契 約 書 又 は 売 買 契 約 書 の 写 し 認 定 住 宅 であることを 証 明 する 書 類 ( 認 定 住 宅 の 種 類 に 応 じたそれぞれの 書 類 ( P8)) 給 与 所 得 者 の 場 合 は 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 原 本 ) この 控 除 の 適 用 を 受 ける 年 分 において 控 除 しきれない 金 額 がある 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすとき は その 控 除 しきれない 金 額 を 翌 年 分 の 所 得 税 の 額 から 控 除 することができます 28

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

控 除 を 受 けるための 要 件 と 必 要 な 添 付 書 類 (マイホームの 新 築 や 購 入 増 改 築 等 をして 平 成 28 年 中 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 ) 1 新 築 住 宅 2 中 古 住 宅 増 改 築 等 要 件 イ 住 宅 取 得 後 6か 月 以 内 に 入 居 し 引 き 続 き 居 住 していること ロ 家 屋 の 床 面 積 ( 登 記 面 積

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

N 一 般 の 住 宅 について 控 除 の 対 象 となる 借 入 金 は 平 成 26 年 4 月 平 成 31 年 6 月 30 日 までの 入 居 の 場 合 は4,000 万 円 ( 平 成 26 年 3 月 までの 入 居 の 場 合 は2,000 万 円 )までとなります 建 物 や

N 一 般 の 住 宅 について 控 除 の 対 象 となる 借 入 金 は 平 成 26 年 4 月 平 成 31 年 6 月 30 日 までの 入 居 の 場 合 は4,000 万 円 ( 平 成 26 年 3 月 までの 入 居 の 場 合 は2,000 万 円 )までとなります 建 物 や 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 100 40 50 年 の12 月 31 日 まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 するこ とが 条 件 です) N 日 本 に 居 住 する 者 が 借 入 金 で 自 己 の 居 住 用 住 宅 の 取 得 等 をしたときに 次 の 要 件 に 該 当 する 場 合 には その 年 の12 月 31 日 の 借 入 金 の 残 高 に 応 じて 一

More information

1. 固 定 資 産 税 ( 村 税 ) 会 に 対 して 審 査 の 申 し 出 をすることができます 1 納 める 人 および 毎 年 1 月 1 日 現 在 の 所 有 者 賦 課 期 日 2 税 率 課 税 標 準 額 1.4% 3 土 地 の 免 税 点 課 税 標 準 額 となるべき 額

1. 固 定 資 産 税 ( 村 税 ) 会 に 対 して 審 査 の 申 し 出 をすることができます 1 納 める 人 および 毎 年 1 月 1 日 現 在 の 所 有 者 賦 課 期 日 2 税 率 課 税 標 準 額 1.4% 3 土 地 の 免 税 点 課 税 標 準 額 となるべき 額 土 地 や 建 物 を 取 得 したとき の 税 金 と 軽 減 等 のあらまし < 目 次 > 1. 固 定 資 産 税 ( 村 税 ) 役 場 税 務 課 固 定 資 産 税 係 2. 不 動 産 取 得 税 ( 県 税 ) 西 尾 張 県 税 事 務 所 不 動 産 取 得 税 グ 3. 所 得 税 ( 国 税 ) 津 島 税 務 署 個 人 課 税 部 門 住 宅 借 入 金 等 特 別 控

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

国税

国税 Guide to Metropolitan Taxes for 2016 (3) 年 金 所 得 者 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 が400 万 円 以 下 であり かつ その 公 的 年 金 等 の 全 部 が 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 場 合 において 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 以 外 の 所 得 金 額 が20 万 円 以 下 である 場 合 には 確 定

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

2

2 1 2 3 4 5 Ⅰ 復 興 支 援 住 宅 エコポイント 231121 241031 1 A 窓 の 断 熱 改 修 発 行 されるポイントは 戸 あたり 万 ポイントが 上 限 となります ( 耐 震 改 修 を 伴 う 場 合 は45 万 ポイントが 上 限 となります ) 改 修 後 の 窓 が 省 エネ 基 準 ( 平 成 11 年 基 準 )に 規 定 する 断 熱 性 能 に 適 合

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

所 得 税 の 控 除 ( 投 資 型 減 税 ) 3. 所 得 税 の 控 除 ⑴ 投 資 型 減 税 リフォームのための 借 入 金 の 有 無 にかかわらずご 利 用 できます マンション 共 用 部 分 の 改 修 工 事 を 行 う 場 合 は 全 体 工 事 費 用 のうち 申 請 者

所 得 税 の 控 除 ( 投 資 型 減 税 ) 3. 所 得 税 の 控 除 ⑴ 投 資 型 減 税 リフォームのための 借 入 金 の 有 無 にかかわらずご 利 用 できます マンション 共 用 部 分 の 改 修 工 事 を 行 う 場 合 は 全 体 工 事 費 用 のうち 申 請 者 減 税 制 度 の 種 類 税 制 の 組 み 合 わせ 1. 住 宅 リフォームの 減 税 制 度 について 住 宅 リフォームを 行 うと 要 件 を 満 たす 場 合 は 税 の 優 遇 を 受 けることができます 優 遇 を 受 けることのできる 税 の 種 類 は 次 のとおりです 所 得 税 の 控 除 所 得 税 とは 1 月 1 日 から12 月 31 日 までの1 年 間 に 生

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

2 省 エネルギー 性 耐 震 性 及 バリアフリー 性 を 満 たす 住 宅 とは 新 築 住 宅 既 存 住 宅 ( 中 古 住 宅 ) 増 改 築 等 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 級 4の 住 宅 一 次 エ

2 省 エネルギー 性 耐 震 性 及 バリアフリー 性 を 満 たす 住 宅 とは 新 築 住 宅 既 存 住 宅 ( 中 古 住 宅 ) 増 改 築 等 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 級 4の 住 宅 一 次 エ 住 宅 性 能 証 明 及 び 業 務 のご 案 内 住 宅 取 得 等 資 金 に 係 る 贈 与 税 の 非 課 税 措 置 の 概 要 < 制 度 について> 父 母 や 祖 父 母 などの 直 系 尊 属 から 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 の 新 築 もしくは 取 得 増 改 築 等 のための 金 銭 を 贈 与 する 場 において 一 定 金 額 までの 贈 与 につき

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378> 総 税 市 第 5 3 号 平 成 21 年 11 月 6 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 住 宅 借 入 金 等 特 税 額 控 除 に 係 る 取 扱 いについて 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 附 則 第 5 条 の 4 及 び 第 5 の

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個 所 得 税 ( 国 税 )のあらまし 税 額 の 計 算 方 法 市 県 民 税 所 得 割 の 計 算 方 法 とほぼ 同 じです 総 合 課 税 ( 所 得 金 額 - 所 得 控 除 額 ) 税 率 - 税 額 控 除 額 ( 課 税 される 所 得 金 額 ) 分 離 課 税 退 職 所 得 山 林 所 得 土 地 建 物 株 式 等 の 譲 渡 所 得 などは 他 の 所 得 と 分 離

More information

2009住宅優遇税制 バリアフリー改修 必要書類編

2009住宅優遇税制 バリアフリー改修 必要書類編 住 宅 リフォーム 減 税 バリアフリー 改 修 必 要 書 類 編 本 内 容 は2011 年 4 月 に 施 行 された 平 成 23 年 度 予 算 関 連 法 案 に 基 づいております 詳 しくは 最 寄 りの 税 務 署 各 市 区 町 村 の 窓 口 までご 相 談 下 さい 11 年 4 月 1 日 現 在 の 情 報 に 基 づき TOTOにてまとめたものです 予 告 なく 改 訂

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒)

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒) 市 府 民 税 ( 住 民 税 )の 課 税 のしくみ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 度 の 市 府 民 税 の 課 税 は 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 住 所 地 の 市 町 村 で 課 税 されます 平 成 27 年 1 月 2 日 以 降 亀 岡 市 に 在 住 しなくなった 場 合 ( 転 出 した 場 合 または 死 亡 した 場 合 )に ついても 平

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

図 表 1 住 開 始 分 ま で の 5 年 間 延 長 さ れ ま し た 住 宅 ロ ー ン 控 除 の た め の フ ロ ー チ ャ ー ト 住 宅 ローンで 住 宅 及 びその 敷 地 を 取 得 し 取 得 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 して いますか? 所 得 金 額 が

図 表 1 住 開 始 分 ま で の 5 年 間 延 長 さ れ ま し た 住 宅 ロ ー ン 控 除 の た め の フ ロ ー チ ャ ー ト 住 宅 ローンで 住 宅 及 びその 敷 地 を 取 得 し 取 得 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 して いますか? 所 得 金 額 が Q-24 住 宅 を 購 入 し た り 増 改 築 し た 場 合 に は 税 額 控 除 制 度 を 使 え る と 聞 き ま し た 制 度 の 内 容 を 教 え て く だ さ い A 最 近 の 税 制 改 正 に よ り 下 記 の よ う に 様 々 な 税 額 控 除 制 度 が 使 え る よ う A に最 な 近 っ の て税 い制 ま改 す 正 に よ り 様 々 な 税

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

Microsoft Word - h28rifo

Microsoft Word - h28rifo 作 成 日 : 平 成 28 年 6 月 14 日 大 村 市 の 住 宅 リフォーム 支 援 事 業 住 宅 リフォームをお 考 えの 方 へ 大 村 市 では いろいろな 住 宅 のリフォーム 支 援 事 業 を 実 施 しています あなたの 目 的 に 応 じた 支 援 事 業 をご 利 用 ください 図 はあくまでイメージです 注 1) となる 部 分 は 各 支 援 事 業 によって 異

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

給 与 所 得 控 除 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 360 万 円 以 下 の 場 合 360 万 円 を 超 え 660 万 円 以 下 の 場 合

給 与 所 得 控 除 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 360 万 円 以 下 の 場 合 360 万 円 を 超 え 660 万 円 以 下 の 場 合 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な 復 興 特 別 法 人 あらまし 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 する ために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 関 係 平 成 24 3 月 国 庁 平 成 23 12 月 2 日 に 公 布 された 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

平 成 28 年 度 版 岩 出 市 誕 生 10 周 年 記 念 ロゴマーク 2,749 円 1,717 円 1,358 円 1,135 円 1,090 円 889 円 607 円 301 円 154 円 平 成 26 年 度 1 課 税 所 得 金 額 に 応 じた 税 額 を 負 担 16 歳 未 満 の 扶 養 親 族 も 含 みます 3,500 2,000 2 公 的 年 金 等 の 雑

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc)

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc) 国 から 地 方 への 税 源 移 譲 による 税 率 構 造 の 改 正 平 成 18 年 度 税 制 改 正 で 所 得 税 から 個 人 住 民 税 への3 兆 円 規 模 の 本 格 的 な 税 源 移 譲 が 実 施 されます この 税 源 移 譲 にあたっては 所 得 税 及 び 個 人 住 民 税 の 役 割 分 担 を 明 確 化 する とともに 全 ての 納 税 者 の 負 担 が

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303130395F8FC88347836C8F5A91EE837C83438393836790A7937882CC93E0976582C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303130395F8FC88347836C8F5A91EE837C83438393836790A7937882CC93E0976582C982C282A282C4> 省 エネ 住 宅 ポイント 制 度 の 内 容 について この 制 度 は 平 成 26 年 度 補 正 予 算 の 成 立 を 前 提 としています 正 式 には 国 会 での 審 議 を 踏 まえ 制 度 として 創 設 されますので 以 下 の 内 容 に 変 更 があり 得 ることをご 了 承 下 さい Ⅰ. 対 象 住 宅 本 制 度 では 省 エネ 性 能 を 満 たすエコ 住 宅 の

More information

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

様 式 第 2 号 ( 第 7 条 関 係 中 古 住 宅 賃 借 の 場 合 ) ( 記 入 例 ) 提 出 時 にご 記 入 ください 平 成 年 月 日 泉 佐 野 市 長 様 申 請 者 泉 佐 野 市 空 き 家 バンクに 登 録 され ている 物 件 を 借 りた 場 合 の 引 越 費

様 式 第 2 号 ( 第 7 条 関 係 中 古 住 宅 賃 借 の 場 合 ) ( 記 入 例 ) 提 出 時 にご 記 入 ください 平 成 年 月 日 泉 佐 野 市 長 様 申 請 者 泉 佐 野 市 空 き 家 バンクに 登 録 され ている 物 件 を 借 りた 場 合 の 引 越 費 様 式 第 1 号 ( 第 7 条 関 係 住 宅 建 替 え 又 は 購 入 の 場 合 ) 泉 佐 野 市 長 様 申 請 者 提 出 時 に 記 入 してください 平 成 年 月 日 住 宅 を 新 築 した 場 合 新 築 住 宅 を 購 入 した 場 合 泉 佐 野 市 空 き 家 バンクに 登 録 され ている 中 古 住 宅 を 購 入 された 場 合 の 申 請 書 です 住 所 泉

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得 政 令 第 十 六 号 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する 政 令 内 閣 は 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 二 十 三 年 法 律 第 百 十 七 号 ) 第 四 章 の 規 定 に 基 づき この 政 令 を 制 定 する ( 定 義 ) 第 一 条 この 政

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

平 成 24 年 分 年 末 調 整 チェックシート 氏 名 男 女 年 末 調 整 の 時 期 となりました 下 記 項 目 のチェックと 該 当 書 類 の 提 出 をお 願 いします 今 年 入 社 である はい 本 年 中 前 職 がある 方 は 前 職 の 源 泉 徴 収 票 を 提 出 して 下 さい 源 泉 徴 収 票 の 提 出 有 ( 社 ) 無 住 宅 借 入 金 等 特 別 控

More information

注 雇 促 進 税 制 と 本 制 度 のどちらかを 利 する 可 能 性 があるが あらかじめどちらの 制 度 を 利 するか 判 断 できない という 場 合 雇 促 進 税 制 の 事 前 届 出 ( 雇 促 進 計 画 の 提 出 )をした 上 で 申 告 の 際 にどちらを 利 するかご

注 雇 促 進 税 制 と 本 制 度 のどちらかを 利 する 可 能 性 があるが あらかじめどちらの 制 度 を 利 するか 判 断 できない という 場 合 雇 促 進 税 制 の 事 前 届 出 ( 雇 促 進 計 画 の 提 出 )をした 上 で 申 告 の 際 にどちらを 利 するかご Q1. 所 得 拡 促 進 税 制 とはどのような 制 度 か A1. 平 成 25 年 4 1 から 平 成 28 年 3 31 までの 期 間 内 に 開 始 する 各 事 業 年 度 ( 個 人 事 業 主 の 場 合 は 平 成 26 年 1 1 から 平 成 28 年 12 月 31 までの 各 年 以 下 適 事 業 年 度 といいます )において 国 内 雇 用 者 に 対 して 給

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引 第 1 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 給 与 支 払 報 告 書 ) 1 提 出 する 必 要 がある 者 平 成 22 年 中 に 俸 給 給 料 賃 金 歳 費 賞 与 その 他 これらの 性 質 を 有 する 給 与 ( 以 下 給 与 等 といいます ) を 支 払 った 者 です 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 提 出 範 囲 年 末 調 整 を し た も の 年 末

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

002363-016第6号様式記載の手引.indd

002363-016第6号様式記載の手引.indd 第 6 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1)この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 び これらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します なお 事 業 税 及 び 地 方 法

More information

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超 5 神 奈 川 県 の 県 税 県 税 相 談 神 奈 川 県 の 県 税 県 民 の 声 相 談 室 (かながわ 県 民 センター2 階 神 奈 川 区 鶴 屋 町 2-24-2) 土 日 祝 日 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 日 ) を 除 く 毎 日 ( 午 前 9 時 ~12 時 午 後 1 時 ~4 時 ) 平 成 24 年 度 地 方 財 政 計 画 によると 都 道

More information

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となります なお 利 子 の 支 払 いを 受 ける 際 に 源

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

(3) 評 価 替 え 土 地 と 家 屋 については, 原 則 として, 基 準 年 度 (3 年 ごと)に 評 価 替 えを 行 い, 賦 課 期 日 (1 月 1 日 ) 現 在 の 価 格 を 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 します 第 2 年 度 と 第 3 年 度 は, 新

(3) 評 価 替 え 土 地 と 家 屋 については, 原 則 として, 基 準 年 度 (3 年 ごと)に 評 価 替 えを 行 い, 賦 課 期 日 (1 月 1 日 ) 現 在 の 価 格 を 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 します 第 2 年 度 と 第 3 年 度 は, 新 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は, 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 という )に 土 地, 家 屋, 償 却 資 産 (これらを 総 称 して 固 定 資 産 という )の 所 有 者 がその 固 定 資 産 の 価 格 をも とに 算 定 される 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 する 市 区 町 村 に 納 める 税 金 です 1. 課 税 の 対 象 となる 資

More information

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後 ( 様 式 第 K66 号 ) 処 理 コード 7464 01 特 定 処 分 対 象 農 地 等 及 び 特 定 農 業 用 施 設 処 分 届 ( 特 例 付 加 年 金 ) (1) 特 例 付 加 年 金 証 書 の 記 号 番 号 (2) (フリガナ) 記 号 番 号 新 制 度 (H26.4) K66 号 1/9 A 面 氏 名 印 () 生 年 月 日 昭 和 2 年 月 日 各 事 由

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303531378F4390B3816991A1975E90C5816A82E682AD82A082E98EBF96E2202D2083528373815B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303531378F4390B3816991A1975E90C5816A82E682AD82A082E98EBF96E2202D2083528373815B> 住 宅 取 得 等 資 金 に 係 る 贈 与 税 の 非 課 税 措 置 に 関 するよくある 質 問 質 問 非 課 税 の 対 象 となる 住 宅 取 得 等 Q1 非 課 税 の 対 象 となる 住 宅 取 得 等 には 何 が 含 まれますか 回 答 非 課 税 の 対 象 となる 住 宅 取 得 等 とは 次 のと おりです 住 宅 の 新 築 又 は 新 築 住 宅 の 取 得 既 存

More information

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 四 日 市 市 告 示 第 356 号 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 8 月 10 日 田 中 俊 行 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 のリフォームを 促 進 し 地 域 経 済 の 活 性 化 をより 確 かなも

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 14-15 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2014 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 生 保 顧 客 資 産 相 談 業 務 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 1ハ 2ニ 3ト 国 民 年 金 の 毎 月 の 保

More information

固 定 資 産 税 について( 市 税 ) 1 固 定 資 産 税 の 概 要 固 定 資 産 税 とは その 年 の1 月 1 日 (これを 賦 課 期 日 といいます ) 現 在 で 土 地 家 屋 及 び 償 却 資 産 (これらを 固 定 資 産 といいます )を 所 有 している 人 が

固 定 資 産 税 について( 市 税 ) 1 固 定 資 産 税 の 概 要 固 定 資 産 税 とは その 年 の1 月 1 日 (これを 賦 課 期 日 といいます ) 現 在 で 土 地 家 屋 及 び 償 却 資 産 (これらを 固 定 資 産 といいます )を 所 有 している 人 が 平 成 28 年 度 版 家 屋 を 新 築 増 築 された 皆 様 へ ~ 固 定 資 産 税 等 のあらまし ~ このたび あなた 様 が 新 築 増 築 された 家 屋 について 固 定 資 産 税 に 係 る 評 価 のため ご 家 族 の 方 々のご 協 力 を 得 て 調 査 させていただきました 厚 くお 礼 申 し 上 げます 調 査 させていただきました 家 屋 については 平 成

More information

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算 7. 損 益 通 算 繰 越 控 除 損 益 通 算 の 対 象 となる 損 失 原 則 不 動 産 所 得 事 業 所 得 山 林 所 得 譲 渡 所 得 に 生 じた 損 失 ( 赤 字 ) 一 定 の 順 序 によって 他 の 黒 字 の 所 得 から 控 除 して 相 殺 できる これら4つ 以 外 の 所 得 は 赤 字 でも 控 除 できない 例 外 損 益 通 算 できる 所 得 の

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 竣 工 現 場 検 に 関 する 通 知 書 書 ( 新 築 住 宅 )(フラット35 財 形 住 宅 ) [ 新 工 6 書 式 ] ( 24 4 改 正 後 の 書 式 )( 見 本 ) [ 新 工 6 書 式 ] 竣 工 現 場 検 に 関 する 通 知 書 書 ( 新 築 住 宅 ) 申 請 用 融 資 を 実 施 するための 確 認 書 (フラット35 財 形 住 宅 ) 以 下 の 申

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

<817995A19094944E937894C5817A8F5A96AF90C5905C8D90288D5A97B9292E786C73>

<817995A19094944E937894C5817A8F5A96AF90C5905C8D90288D5A97B9292E786C73> 市 民 税 県 民 税 申 の 手 引 き この 手 引 き 市 民 税 県 民 税 申 を 作 成 する 際 の 一 般 的 な 事 項 を 説 明 しています 申 についてお 分 かりにならない 点 がありましたら 税 務 課 に おたずねください 申 笠 間 市 ホームページからダウンロードできます なお 本 庁 税 務 課 笠 間 支 所 地 域 課 岩 間 支 所 地 域 課 にも 用 意

More information

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱 南 伊 豆 町 空 き 家 バンクリフォーム 等 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 27 年 4 月 16 日 要 綱 第 15 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 南 伊 豆 町 空 き 家 バンク 設 置 要 綱 ( 平 成 23 年 要 綱 第 14 号 ) に 定 める 空 き 家 の 有 効 活 用 をとおして 町 内 への 移 住 及 び 定 住 の 促 進 による

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information