PowerPoint プレゼンテーション

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "PowerPoint プレゼンテーション"

Transcription

1 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課

2 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例

3 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 の 実 態 等 の 調 査 について ( 平 成 27 年 1 月 14 日 付 け 消 防 予 第 12 号 ) 調 査 対 象 = 重 大 違 反 対 象 物 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1に 掲 げる 用 途 に 供 する 防 火 対 象 物 のうち 消 防 法 第 17 条 第 1 項 の 政 令 で 定 め る 技 術 上 の 基 準 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 条 例 で 定 める 技 術 上 の 基 準 に 従 って 屋 内 消 火 栓 設 備 スプリンクラー 設 備 又 は 自 動 火 災 報 知 設 備 を 設 置 しなければならないもので 次 に 掲 げるもの (1) これらの 消 防 用 設 備 等 のいずれかが 設 置 されていないもの (2) これらの 消 防 用 設 備 等 のいずれかが 当 該 消 防 用 設 備 等 の 設 置 義 務 がある 部 分 の 床 面 積 の 過 半 にわたって 未 設 置 であるもの 又 は 機 能 に 重 大 な 支 障 があるもの 機 能 に 重 大 な 支 障 があるもの とは 機 能 不 良 の 程 度 が 著 しく 本 来 の 機 能 が 損 なわれている 状 態 にあるものをい う 注 ) 調 査 対 象 に 該 当 するか 否 かは 消 防 用 設 備 等 の 設 置 単 位 ごとに かつ 複 合 用 途 防 火 対 象 物 の 場 合 は 同 一 用 途 に 供 される 部 分 ごとに 判 断 するものとする 調 査 基 準 日 平 成 26 年 12 月 31 日 基 準 日 の 集 計 ができない 本 部 は 集 計 可 能 な 任 意 の 日 にちで 実 施 ( 最 新 の 統 計 でも 構 わない) 調 査 項 目 重 大 違 反 対 象 物 数 重 大 違 反 対 象 物 の 覚 知 年 月 日 重 大 違 反 対 象 物 の 是 正 指 導 是 正 措 置 の 状 況 ( 履 行 期 限 改 修 年 月 日 ) 重 大 違 反 対 象 物 の 違 反 率 重 大 違 反 対 象 物 の 概 要 等 3

4 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 屋 内 消 火 栓 設 備 ( 違 反 率 ) 重 大 違 反 対 象 物 違 反 率 : 都 道 府 県 都 道 府 県 違 反 率 滋 賀 県 3.7% 京 都 府 4.9% 大 阪 府 3.0% 兵 庫 県 0.7% 奈 良 県 4.4% 和 歌 山 県 1.1% 鳥 取 県 1.3% 島 根 県 0.7% 岡 山 県 5.1% 広 島 県 2.6% 山 口 県 0.9% 徳 島 県 4.8% 香 川 県 6.0% 愛 媛 県 4.5% 高 知 県 3.0% 福 岡 県 2.0% 佐 賀 県 3.5% 長 崎 県 1.1% 熊 本 県 1.9% 大 分 県 0.4% 宮 崎 県 2.5% 鹿 児 島 県 2.8% 沖 縄 県 0.3% 1% 未 満 : 8 1%から3% 未 満 : 20 3%から5% 未 満 : 14 5% 以 上 : 5 全 国 平 均 2.5% 都 道 府 県 違 反 率 北 海 道 1.5% 青 森 県 4.3% 岩 手 県 3.0% 宮 城 県 1.6% 秋 田 県 3.4% 山 形 県 2.7% 福 島 県 2.7% 茨 城 県 3.6% 栃 木 県 2.9% 群 馬 県 5.1% 埼 玉 県 1.5% 千 葉 県 1.3% 東 京 都 0.2% 神 奈 川 県 0.6% 新 潟 県 1.6% 富 山 県 0.5% 石 川 県 2.5% 福 井 県 3.3% 山 梨 県 7.0% 長 野 県 4.3% 岐 阜 県 3.9% 静 岡 県 3.4% 愛 知 県 5.9% 三 重 県 2.9%

5 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 屋 内 消 火 栓 設 備 ( 覚 知 から5 年 以 上 経 過 割 合 ) 5 年 以 上 経 過 割 合 : 都 道 府 県 都 道 府 県 5 年 以 上 割 合 滋 賀 県 38.2% 京 都 府 54.8% 大 阪 府 51.4% 兵 庫 県 28.0% 奈 良 県 50.0% 和 歌 山 県 87.5% 鳥 取 県 12.5% 島 根 県 60.0% 岡 山 県 51.4% 広 島 県 59.7% 山 口 県 33.3% 徳 島 県 68.8% 香 川 県 62.5% 愛 媛 県 36.8% 高 知 県 55.0% 福 岡 県 34.4% 佐 賀 県 37.0% 長 崎 県 64.3% 熊 本 県 33.3% 大 分 県 50.0% 宮 崎 県 81.0% 鹿 児 島 県 64.7% 沖 縄 県 33.3% 30% 未 満 : 4 30% 以 上 50% 未 満 : 14 50% 以 上 70% 未 満 : 23 70% 以 上 : 6 全 国 平 均 51.3% 都 道 府 県 5 年 以 上 割 合 北 海 道 53.9% 青 森 県 56.5% 岩 手 県 57.5% 宮 城 県 57.7% 秋 田 県 71.4% 山 形 県 48.5% 福 島 県 62.2% 茨 城 県 49.2% 栃 木 県 53.2% 群 馬 県 38.8% 埼 玉 県 36.4% 千 葉 県 55.3% 東 京 都 23.1% 神 奈 川 県 35.3% 新 潟 県 53.8% 富 山 県 36.4% 石 川 県 86.2% 福 井 県 51.7% 山 梨 県 52.7% 長 野 県 70.1% 岐 阜 県 71.0% 静 岡 県 64.7% 愛 知 県 28.4% 三 重 県 48.7%

6 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 スプリンクラー 設 備 ( 違 反 率 ) 重 大 違 反 対 象 物 違 反 率 : 都 道 府 県 都 道 府 県 違 反 率 滋 賀 県 0.47% 京 都 府 1.23% 大 阪 府 0.82% 兵 庫 県 0.05% 奈 良 県 0.84% 和 歌 山 県 0.13% 鳥 取 県 0.00% 島 根 県 0.00% 岡 山 県 0.16% 広 島 県 0.52% 山 口 県 0.19% 徳 島 県 0.53% 香 川 県 0.55% 愛 媛 県 0.50% 高 知 県 0.55% 福 岡 県 0.17% 佐 賀 県 0.14% 長 崎 県 0.00% 熊 本 県 0.20% 大 分 県 0.30% 宮 崎 県 0.11% 鹿 児 島 県 0.62% 沖 縄 県 1.07% 0.3% 未 満 : %から0.5% 未 満 : 6 0.5%から0.7% 未 満 : 8 0.7% 以 上 : 10 全 国 平 均 0.5% 都 道 府 県 違 反 率 北 海 道 0.24% 青 森 県 0.46% 岩 手 県 0.23% 宮 城 県 0.49% 秋 田 県 0.11% 山 形 県 0.28% 福 島 県 0.83% 茨 城 県 0.93% 栃 木 県 1.65% 群 馬 県 0.75% 埼 玉 県 0.30% 千 葉 県 0.33% 東 京 都 0.10% 神 奈 川 県 0.23% 新 潟 県 0.07% 富 山 県 0.00% 石 川 県 0.00% 福 井 県 0.00% 山 梨 県 0.00% 長 野 県 0.77% 岐 阜 県 0.16% 静 岡 県 0.63% 愛 知 県 0.75% 三 重 県 0.56%

7 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 スプリンクラー 設 備 ( 覚 知 から5 年 以 上 経 過 割 合 ) 5 年 以 上 経 過 割 合 : 都 道 府 県 都 道 府 県 5 年 以 上 割 合 滋 賀 県 0.0% 京 都 府 33.3% 大 阪 府 26.5% 兵 庫 県 0.0% 奈 良 県 50.0% 和 歌 山 県 0.0% 鳥 取 県 0.0% 島 根 県 0.0% 岡 山 県 0.0% 広 島 県 0.0% 山 口 県 0.0% 徳 島 県 100.0% 香 川 県 50.0% 愛 媛 県 20.0% 高 知 県 33.3% 福 岡 県 0.0% 佐 賀 県 0.0% 長 崎 県 0.0% 熊 本 県 0.0% 大 分 県 66.7% 宮 崎 県 100.0% 鹿 児 島 県 33.3% 沖 縄 県 11.1% 30% 未 満 : 32 30% 以 上 50% 未 満 : 6 50% 以 上 80% 未 満 : 7 80% 以 上 : 2 全 国 平 均 21.5% 都 道 府 県 5 年 以 上 割 合 北 海 道 0.0% 青 森 県 60.0% 岩 手 県 0.0% 宮 城 県 0.0% 秋 田 県 0.0% 山 形 県 50.0% 福 島 県 11.1% 茨 城 県 23.1% 栃 木 県 5.9% 群 馬 県 27.3% 埼 玉 県 33.3% 千 葉 県 0.0% 東 京 都 0.0% 神 奈 川 県 0.0% 新 潟 県 0.0% 富 山 県 0.0% 石 川 県 0.0% 福 井 県 0.0% 山 梨 県 0.0% 長 野 県 30.0% 岐 阜 県 50.0% 静 岡 県 50.0% 愛 知 県 14.3% 三 重 県 33.3%

8 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 自 動 火 災 報 知 設 備 ( 違 反 率 ) 重 大 違 反 対 象 物 違 反 率 : 都 道 府 県 都 道 府 県 違 反 率 滋 賀 県 1.9% 京 都 府 2.2% 大 阪 府 1.7% 兵 庫 県 0.5% 奈 良 県 2.4% 和 歌 山 県 0.8% 鳥 取 県 1.4% 島 根 県 0.8% 岡 山 県 2.8% 広 島 県 2.1% 山 口 県 0.9% 徳 島 県 3.0% 香 川 県 5.0% 愛 媛 県 4.0% 高 知 県 3.6% 福 岡 県 1.4% 佐 賀 県 3.0% 長 崎 県 1.1% 熊 本 県 1.4% 大 分 県 0.9% 宮 崎 県 1.4% 鹿 児 島 県 2.1% 沖 縄 県 1.0% 1% 未 満 : 9 1%から2% 未 満 : 14 2%から3% 未 満 : 16 3% 以 上 : 8 全 国 平 均 1.7% 都 道 府 県 違 反 率 北 海 道 1.4% 青 森 県 4.7% 岩 手 県 2.0% 宮 城 県 0.6% 秋 田 県 3.1% 山 形 県 1.7% 福 島 県 2.5% 茨 城 県 2.0% 栃 木 県 2.1% 群 馬 県 2.4% 埼 玉 県 1.3% 千 葉 県 2.1% 東 京 都 0.2% 神 奈 川 県 0.8% 新 潟 県 1.1% 富 山 県 0.5% 石 川 県 2.6% 福 井 県 1.6% 山 梨 県 2.4% 長 野 県 2.5% 岐 阜 県 3.6% 静 岡 県 1.9% 愛 知 県 2.7% 三 重 県 2.4%

9 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 自 動 火 災 報 知 設 備 ( 覚 知 から5 年 以 上 経 過 割 合 ) 5 年 以 上 経 過 割 合 : 都 道 府 県 都 道 府 県 5 年 以 上 割 合 滋 賀 県 51.2% 京 都 府 60.8% 大 阪 府 52.3% 兵 庫 県 44.5% 奈 良 県 67.1% 和 歌 山 県 80.4% 鳥 取 県 28.0% 島 根 県 57.9% 岡 山 県 53.5% 広 島 県 67.4% 山 口 県 56.1% 徳 島 県 86.5% 香 川 県 79.8% 愛 媛 県 67.3% 高 知 県 47.9% 福 岡 県 59.2% 佐 賀 県 55.8% 長 崎 県 75.0% 熊 本 県 42.6% 大 分 県 80.6% 宮 崎 県 70.5% 鹿 児 島 県 71.9% 沖 縄 県 14.9% 30% 未 満 : 3 30% 以 上 50% 未 満 : 5 50% 以 上 70% 未 満 : 25 70% 以 上 : 14 全 国 平 均 62.4 % 都 道 府 県 5 年 以 上 割 合 北 海 道 67.9% 青 森 県 72.5% 岩 手 県 67.1% 宮 城 県 57.6% 秋 田 県 71.3% 山 形 県 64.0% 福 島 県 81.5% 茨 城 県 64.8% 栃 木 県 58.4% 群 馬 県 69.7% 埼 玉 県 61.2% 千 葉 県 55.9% 東 京 都 9.7% 神 奈 川 県 43.1% 新 潟 県 78.7% 富 山 県 54.2% 石 川 県 66.5% 福 井 県 59.1% 山 梨 県 86.5% 長 野 県 69.3% 岐 阜 県 73.9% 静 岡 県 66.7% 愛 知 県 44.0% 三 重 県 77.5%

10 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例

11 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 について 制 度 概 要 消 防 庁 の 認 識 多 くの 消 防 本 部 において 違 反 を 覚 知 しても 警 告 命 令 と 次 の 措 置 に 移 行 することなく 言 わば 放 置 されている 場 合 があることは 消 防 の 責 任 も 問 われかねず 大 きな 問 題 また 移 行 するとしても 違 反 の 覚 知 から 命 令 による 公 示 まで 長 期 間 かかる 実 態 を 踏 まえると 特 に 重 大 な 違 反 を 消 防 機 関 が 覚 知 しているのに その 事 実 がその 間 住 民 に 知 らされないこと は 避 けなければならない 重 大 な 消 防 法 令 違 反 に 係 る 情 報 をホームページ 等 において 公 表 地 域 の 実 情 に 応 じて その 内 容 を 追 加 拡 大 できる 1 公 表 の 対 象 特 定 防 火 対 象 物 2 対 象 となる 違 反 内 栓 SP 自 火 報 の 未 設 置 3 公 表 の 時 期 2の 内 容 を 通 知 してから 一 定 期 間 経 過 後 4 公 表 の 方 法 市 町 村 又 は 消 防 本 部 のホームページに 掲 載 5 公 表 する 事 項 a 防 火 対 象 物 の 名 称 b 所 在 地 c 違 反 内 容 平 成 25 年 12 月 に 条 例 案 を 示 した 通 知 を 発 出 し 平 成 26 年 4 月 以 降 の 順 次 導 入 を 促 進 制 度 は あくまで 情 報 公 開 制 度 の 一 環 として 消 防 本 部 が 有 する 建 物 の 火 災 危 険 に 関 す る 情 報 を 公 表

12 火 災 予 防 条 例 ( 案 ) 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 について ( 参 考 ) ( 防 火 対 象 物 の 消 防 用 設 備 等 の 状 況 の 公 表 ) 第 条 消 防 長 は 防 火 対 象 物 を 利 用 しようとする 者 の 防 火 安 全 性 の 判 断 に 資 するため 当 該 防 火 対 象 物 の 消 防 用 設 備 等 の 状 況 が 法 令 若 しくはこれに 基 づく 命 令 又 はこの 条 例 の 規 定 に 違 反 する 場 合 は その 旨 を 公 表 すること ができる 2 消 防 長 は 前 項 の 規 定 による 公 表 をしようとするときは 当 該 防 火 対 象 物 の 関 係 者 にその 旨 を 通 知 するものとす る 3 第 1 項 の 規 定 による 公 表 の 対 象 となる 防 火 対 象 物 及 び 違 反 の 内 容 並 びに 公 表 の 手 続 は 規 則 で 定 める 火 災 予 防 条 例 施 行 規 則 ( 案 ) ( 公 表 の 対 象 となる 防 火 対 象 物 及 び 違 反 の 内 容 ) 第 条 条 例 第 条 第 3 項 の 規 則 で 定 める 公 表 の 対 象 となる 防 火 対 象 物 は 令 別 表 第 1(1) 項 から (4) 項 まで (5) 項 イ (6) 項 (9) 項 イ (16) 項 イ (16の2) 及 び(16の3) 項 に 掲 げる 防 火 対 象 物 で 法 第 17 条 第 1 項 の 政 令 で 定 める 技 術 上 の 基 準 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 条 例 で 定 める 技 術 上 の 基 準 に 従 って 屋 内 消 火 栓 設 備 スプリンクラー 設 備 又 は 自 動 火 災 報 知 設 備 を 設 置 しなければならないもののうち 法 第 4 条 第 1 項 に 規 定 する 立 入 検 査 においてこれ らの 消 防 用 設 備 等 が 設 置 されていないと 認 められたものとする 2 条 例 第 条 第 3 項 の 規 則 で 定 める 公 表 の 対 象 となる 違 反 の 内 容 は 前 項 の 防 火 対 象 物 に 屋 内 消 火 栓 設 備 ス プリンクラー 設 備 又 は 自 動 火 災 報 知 設 備 が 設 置 されていないこととする ( 公 表 の 手 続 ) 第 条 条 例 第 条 第 1 項 の 公 表 は 前 条 第 1 項 の 立 入 検 査 の 結 果 を 通 知 した 日 から 日 を 経 過 した 日 において なお 当 該 立 入 検 査 の 結 果 と 同 一 の 違 反 の 内 容 が 認 められる 場 合 に 当 該 違 反 が 是 正 されたことを 確 認 できる までの 間 市 ( 消 防 本 部 )ホームページへの 掲 載 により 行 う 2 前 項 に 規 定 する 方 法 により 公 表 する 事 項 は 次 に 掲 げるものとする 一 前 条 第 2 項 に 規 定 する 違 反 が 認 められた 防 火 対 象 物 の 名 称 及 び 所 在 地 二 前 条 第 2 項 に 規 定 する 違 反 の 内 容 ( 当 該 違 反 が 認 められた 防 火 対 象 物 の 部 分 を 含 む ) 三 その 他 消 防 長 が 必 要 と 認 める 事 項

13 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 について 公 表 の 対 象 となる 違 反 の 内 容 規 則 ( 案 ) ( 公 表 の 対 象 となる 防 火 対 象 物 及 び 違 反 の 内 容 ) 第 条 条 例 第 条 第 3 項 の 規 則 で 定 める 公 表 の 対 象 となる 防 火 対 象 物 は 令 別 表 第 1(1) 項 から (4) 項 まで (5) 項 イ (6) 項 (9) 項 イ (16) 項 イ (16の2) 及 び(16の3) 項 に 掲 げる 防 火 対 象 物 で 法 第 17 条 第 1 項 の 政 令 で 定 める 技 術 上 の 基 準 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 条 例 で 定 める 技 術 上 の 基 準 に 従 って 屋 内 消 火 栓 設 備 スプリンクラー 設 備 又 は 自 動 火 災 報 知 設 備 を 設 置 しなければならないもののうち 法 第 4 条 第 1 項 に 規 定 する 立 入 検 査 においてこれらの 消 防 用 設 備 等 が 設 置 されていないと 認 められたものとする 2 条 例 第 条 第 3 項 の 規 則 で 定 める 公 表 の 対 象 となる 違 反 の 内 容 は 前 項 の 防 火 対 象 物 に 屋 内 消 火 栓 設 備 スプリンクラー 設 備 又 は 自 動 火 災 報 知 設 備 が 設 置 されていないこととする 参 考 消 防 庁 通 知 の 条 例 規 則 案 に 独 自 の 内 容 を 入 れて 公 表 制 度 を 運 用 している 消 防 本 部 消 防 本 部 名 千 葉 市 消 防 局 横 浜 市 消 防 局 大 阪 市 消 防 局 堺 市 消 防 局 独 自 の 内 容 公 表 対 象 となる 設 備 に 避 難 器 具 ( 特 定 一 階 段 等 防 火 対 象 物 に 限 る)を 加 え 公 表 対 象 となる 違 反 に 主 たる 機 能 が 喪 失 しているものを 追 加 公 表 する 対 象 物 を 全 ての 防 火 対 象 物 とし 公 表 対 象 となる 違 反 に 主 たる 機 能 が 喪 失 しているものを 追 加 公 表 対 象 となる 違 反 に 防 火 管 理 者 の 未 選 任 を 追 加 公 表 対 象 となる 設 備 に 避 難 器 具 ( 特 定 一 階 段 等 防 火 対 象 物 に 限 る)を 追 加

14 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 について 公 表 制 度 の 実 施 状 況 政 令 指 定 都 市 平 成 26 年 8 月 制 度 開 始 1 本 部 10 月 制 度 開 始 7 本 部 全 ての 政 令 指 定 都 市 で 制 度 開 始 平 成 27 年 4 月 制 度 開 始 12 本 部 東 京 消 防 庁 は 平 成 23 年 4 月 1 日 から 制 度 を 開 始 している 公 表 制 度 の 実 施 推 進 違 反 対 象 物 に 係 る 公 表 制 度 の 実 施 の 推 進 について ( 平 成 27 年 3 月 31 日 付 け 消 防 予 第 133 号 ) 平 成 27 年 4 月 に 全 ての 政 令 指 定 都 市 の 消 防 本 部 において 違 反 対 象 物 に 係 る 公 表 制 度 が 実 施 さ れたことから 公 表 制 度 の 趣 旨 を 理 解 のうえ 政 令 指 定 都 市 以 外 の 消 防 本 部 における 公 表 制 度 の 実 施 について 下 記 により 積 極 的 な 推 進 を 図 るよう 通 知 1 管 内 人 口 が20 万 人 以 上 の 消 防 本 部 遅 くとも 平 成 29 年 3 月 末 までには 条 例 等 の 改 正 を 行 い 公 布 後 に 十 分 な 周 知 期 間 を 確 保 したう えで 遅 くとも 平 成 30 年 4 月 1 日 から 実 施 するものとする 2 管 内 人 口 が20 万 人 以 下 の 消 防 本 部 管 内 の 防 火 対 象 物 の 状 況 等 を 踏 まえつつ 具 体 的 な 検 討 を 進 められたい

15 公 表 制 度 の 実 施 推 進 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 について 違 反 対 象 物 に 係 る 公 表 制 度 の 実 施 の 推 進 に 係 る 留 意 事 項 ついて ( 平 成 27 年 3 月 31 日 付 け 消 防 予 第 134 号 ) 公 表 制 度 の 実 施 についての 留 意 事 項 を 以 下 のとおり 通 知 政 令 指 定 都 市 以 外 の 消 防 本 部 においては 積 極 的 に 公 表 制 度 の 実 施 を 推 進 されたいこと 特 に 管 内 人 口 が20 万 人 以 上 の 消 防 本 部 にあっては 政 令 指 定 都 市 の 消 防 本 部 とともに 違 反 是 正 に 係 る 各 地 域 の 中 心 的 な 役 割 が 期 待 されるところであるから 公 表 制 度 の 実 施 を 推 進 するとともに その 他 の 消 防 本 部 にあっても 管 内 の 防 火 対 象 物 の 状 況 等 を 踏 まえつつ 実 施 に 向 けた 具 体 的 な 検 討 を 進 められたいこと 公 表 制 度 の 実 施 時 期 については これまで 特 段 目 処 となる 時 期 を 示 していないが その 目 的 に 鑑 みれば 各 消 防 本 部 において 可 能 な 限 り 速 やかに 条 例 等 の 改 正 を 行 い 準 備 が 整 った 消 防 本 部 から 順 次 公 表 制 度 を 実 施 する ことが 望 ましいこと この 場 合 各 消 防 本 部 においては 公 表 制 度 実 施 のための 体 制 整 備 等 に 所 要 の 準 備 期 間 を 要 するものと 考 えられるが 公 表 の 対 象 となる 法 令 違 反 の 内 容 に 示 した 消 防 用 設 備 等 ( 屋 内 消 火 栓 設 備 スプ リンクラー 設 備 及 び 自 動 火 災 報 知 設 備 )については 平 成 25 年 政 令 第 368 号 等 による 消 防 法 施 行 令 の 改 正 により 設 置 基 準 の 強 化 等 が 行 われていることから 準 備 期 間 については その 経 過 措 置 の 期 間 等 も 考 慮 し 検 討 する 必 要 があること 屋 内 消 火 栓 設 備 スプリンクラー 設 備 及 び 自 動 火 災 報 知 設 備 については いずれもその 経 過 措 置 の 期 間 が 平 成 30 年 3 月 31 日 であることを 踏 まえ 管 内 人 口 が20 万 人 以 上 の 消 防 本 部 においては 遅 くとも 平 成 29 年 3 月 末 までに は 条 例 等 の 改 正 を 行 い 公 布 後 に 十 分 な 周 知 期 間 を 確 保 したうえで 遅 くとも 平 成 30 年 4 月 1 日 から 公 表 制 度 を 実 施 できるよう 所 要 の 準 備 を 進 められたいこと 公 表 制 度 の 実 施 に 係 る 所 要 の 準 備 とあわせて 厳 格 な 違 反 処 理 を 実 施 するための 必 要 な 体 制 整 備 を 推 進 されたい こと 既 に 公 表 制 度 を 実 施 している 消 防 本 部 においては 公 表 制 度 の 実 施 のため 参 考 になると 考 えられる 事 例 や 取 扱 い 等 の 情 報 について 消 防 本 部 相 互 に 共 有 し 蓄 積 することができるよう 各 種 会 議 等 の 機 会 を 捉 え 積 極 的 に 発 信 されたいこと

16 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 について 公 表 制 度 の 実 施 検 討 状 況 の 調 査 違 反 対 象 物 に 係 る 実 施 検 討 状 況 の 調 査 について ( 平 成 27 年 1 月 14 日 付 け 消 防 予 第 13 号 ) 違 反 公 表 制 度 の 推 進 方 策 検 討 に 係 る 基 礎 資 料 とするため 政 令 指 定 都 市 以 外 の 消 防 本 部 における 本 公 表 制 度 の 実 施 検 討 状 況 について 調 査 を 実 施 調 査 内 容 1 実 施 検 討 状 況 ( 実 施 予 定 検 討 中 予 定 なし) 2 実 施 予 定 又 は 検 討 中 の 場 合 の 準 備 期 間 3 実 施 予 定 なしの 場 合 の 理 由 4 制 度 実 施 に 係 る 懸 案 事 項 等 の 記 入 調 査 結 果 本 部 中 254 本 部 が 実 施 予 定 又 は 検 討 中 実 施 予 定 又 は 実 施 検 討 中 の 本 部 の60.4%が3 年 程 度 での 実 施 を 検 討 している 2 実 施 予 定 なしとしている 消 防 本 部 のうち 90.2%が 他 の 消 防 本 部 の 動 向 を 踏 まえつつ 導 入 を 検 討 各 都 道 府 県 においては 管 内 の 市 町 村 における 調 査 結 果 の 詳 細 等 について 必 要 に 応 じ 各 市 町 村 における 事 務 の 参 考 になるよう 適 切 に 情 報 共 有 いただきたい

17 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 3 査 察 規 程 の 作 成 例

18 3 査 察 規 程 の 作 成 例 について 立 入 検 査 違 反 処 理 の 課 題 ( 立 入 検 査 の 課 題 ) 立 入 検 査 実 施 計 画 の 策 定 立 入 検 査 の 実 施 件 数 を 重 視 した 計 画 となっており 火 災 危 険 や 違 反 状 況 等 の 優 先 順 位 が 考 慮 さ れていないこと 消 防 署 で 策 定 された 計 画 を 消 防 本 部 でチェックする 体 制 が 整 備 されていない 整 備 されていても 十 分 でない 状 況 があり 結 果 として 長 期 間 立 入 検 査 を 実 施 していない 対 象 物 が 生 じる 状 況 となっ ていること 進 捗 管 理 消 防 本 部 においては 立 入 検 査 実 施 件 数 のみの 把 握 にとどまり 違 反 やその 是 正 状 況 が 把 握 管 理 できていないこと 消 防 署 において 違 反 の 追 跡 調 査 の 未 実 施 や 是 正 状 況 等 の 未 把 握 など 立 入 検 査 実 施 後 の フォローが 適 切 になされていないこと ( 違 反 処 理 の 課 題 ) 上 位 措 置 への 移 行 に 係 る 内 部 規 程 等 が 整 備 されていないこと 違 反 処 理 に 係 る 内 部 規 程 等 の 内 容 が 十 分 でないこと 内 部 規 程 等 に 従 い 適 切 に 警 告 命 令 等 の 上 位 措 置 へ 移 行 できない 状 況 があること 消 防 本 部 が 違 反 是 正 の 状 況 等 を 把 握 しておらず 組 織 として 有 効 な 対 策 が 取 られていないこと 立 入 検 査 及 び 違 反 是 正 の 執 行 管 理 体 制 について 各 消 防 本 部 で 整 備 しておくべき 規 定 の 例 を 例 示 平 成 27 年 3 月 31 日 に 査 察 規 程 の 作 成 例 について 予 防 課 長 通 知 を 発 出

19 3 査 察 規 程 の 作 成 例 について 規 程 作 成 例 1 責 任 の 所 在 (1) 査 察 の 執 行 区 分 1 査 察 対 象 物 に 対 する 査 察 は 当 該 査 察 対 象 物 を 管 轄 する 署 長 が 行 うことを 規 定 2 消 防 長 は 必 要 があると 認 めるときは 署 長 が 行 う 査 察 の 支 援 を 行 うことを 規 定 管 轄 区 域 内 の 査 察 については 署 長 が 行 政 上 の 必 要 性 に 応 じて 行 うという 原 則 を 規 定 するととも に 消 防 長 が 必 要 と 認 めるときは 署 長 が 行 う 査 察 の 支 援 を 行 うことを 規 定 するもの 消 防 本 部 が 消 防 署 のまかせの 体 制 とならないようにすることが 重 要 (2) 査 察 員 の 指 定 消 防 長 又 は 署 長 は 査 察 対 象 物 の 状 況 違 反 内 容 に 応 じて あらかじめ 査 察 に 従 事 する 職 員 を 指 定 することを 規 定 職 員 の 予 防 関 係 知 識 技 術 等 を 勘 案 し 査 察 対 象 物 の 区 分 等 に 応 じて 消 防 長 又 は 署 長 が 事 前 に 査 察 員 を 指 定 しておくことを 規 定 するもの 予 防 専 従 職 員 予 防 兼 務 職 員 のみを 指 定 するのではなく 主 として 消 防 活 動 に 従 事 する 交 代 制 勤 務 職 員 を 含 めた 職 員 を 指 定 することが 必 要 (3) 査 察 員 の 派 遣 1 署 長 は 必 要 と 認 めるときは 消 防 長 に 査 察 員 の 派 遣 を 要 請 することを 規 定 2 消 防 長 は 必 要 と 認 めるときは 査 察 員 を 派 遣 すると 規 定 3 消 防 長 は 特 に 必 要 があると 認 めるときは 他 の 署 長 に 査 察 員 の 派 遣 を 指 示 すると 規 定 消 防 署 に 配 置 された 人 員 のみでは 査 察 の 適 正 な 執 行 が 困 難 な 場 合 に 署 長 は 消 防 長 に 査 察 員 の 派 遣 を 要 請 することができ 消 防 長 はこれに 応 じることを 規 定 するもの 機 動 的 な 査 察 等 を 実 施 できる 体 制 作 りが 必 要

20 3 査 察 規 程 の 作 成 例 について 2 立 入 検 査 実 施 計 画 の 策 定 執 行 方 針 及 び 計 画 (1) 消 防 長 は 査 察 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するための 方 針 ( 執 行 方 針 )を 定 めることを 規 定 執 行 方 針 は 火 災 予 防 上 の 対 応 の 必 要 性 が 高 い 防 火 対 象 物 を 重 点 的 に 立 入 検 査 するために 優 先 順 位 を 明 確 化 しておくことが 必 要 また 査 察 対 象 物 の 用 途 規 模 収 容 人 員 等 による 一 般 的 火 災 危 険 性 のほか 過 去 の 立 入 検 査 における 指 摘 の 改 修 状 況 なども 考 慮 することが 重 要 予 防 行 政 上 の 必 要 性 から 判 断 し 長 期 間 立 入 検 査 が 未 実 施 となる 査 察 対 象 物 が 生 じないよう 火 災 危 険 等 に 応 じた 立 入 検 査 の 実 施 頻 度 についても 考 慮 する 必 要 がある (2) 署 長 は 執 行 方 針 に 基 づき 立 入 検 査 実 施 計 画 を 策 定 し 消 防 長 に 報 告 することを 規 定 立 入 検 査 実 施 計 画 とは 立 入 検 査 の 実 施 方 法 ( 実 施 時 期 実 施 項 目 等 ) 実 施 者 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めた 計 画 をいい 年 間 の 立 入 検 査 実 施 ( 予 定 ) 防 火 対 象 物 数 のみを 定 めるのではなく 計 画 段 階 において 具 体 的 に 防 火 対 象 物 名 等 を 特 定 しておくことが 必 要 立 入 検 査 台 帳 防 火 対 象 物 データベース 等 において 管 轄 区 域 内 の 防 火 対 象 物 について 網 羅 的 にその 概 要 や 点 検 結 果 報 告 等 の 自 主 管 理 の 実 施 状 況 違 反 の 有 無 等 の 過 去 の 立 入 検 査 の 実 施 状 況 及 びその 結 果 を 把 握 し 立 入 検 査 計 画 の 策 定 に 活 用 できる 体 制 を 構 築 しておくことが 必 要

21 3 査 察 規 程 の 作 成 例 について 3 進 捗 状 況 及 び 違 反 状 況 の 管 理 (1) 執 行 状 況 の 報 告 1 署 長 は 査 察 の 執 行 状 況 を 定 期 に 消 防 長 に 報 告 することを 規 定 2 消 防 長 は 必 要 と 認 めるときは 署 長 に 査 察 の 執 行 状 況 について 報 告 を 求 め 又 は 必 要 な 指 示 をすることを 規 定 消 防 長 が 管 内 の 査 察 の 執 行 状 況 を 一 元 的 に 把 握 することができるよう 署 長 は 査 察 の 執 行 状 況 について 定 期 に 消 防 長 に 報 告 することを 規 定 また 法 令 違 反 是 正 又 は 火 災 危 険 等 の 排 除 のた め 特 に 必 要 があると 認 めるときは 随 時 署 長 に 査 察 の 執 行 状 況 について 報 告 を 求 め 又 は 法 令 違 反 の 是 正 若 しくは 火 災 危 険 等 の 排 除 のための 措 置 について 指 示 すべき 旨 を 規 定 するもの 報 告 すべき 内 容 や 頻 度 方 法 等 について 具 体 的 に 定 めることが 必 要 (2) 執 行 方 針 及 び 査 察 の 執 行 体 制 の 見 直 し 消 防 長 は 査 察 の 執 行 状 況 を 管 理 し 毎 年 度 執 行 方 針 及 び 査 察 の 執 行 体 制 の 見 直 しを 行 うこ とを 規 定 消 防 本 部 における 査 察 の 執 行 状 況 を 管 理 し 毎 年 度 執 行 方 針 及 び 査 察 執 行 体 制 の 見 直 しを 行 う ことで PDCAサイクルにより 改 善 の 取 組 を 実 施 していく 旨 を 規 定 するもの 消 防 本 部 として 査 察 を 実 施 するために 十 分 な 体 制 が 確 保 されているかどうか 定 期 的 に 検 証 を 行 うことが 必 要 また 毎 年 度 の 立 入 検 査 実 施 計 画 の 達 成 度 違 反 処 理 の 進 捗 度 合 い 等 を 検 討 して 次 年 度 以 降 の 体 制 に 反 映 させる 等 PDCAサイクルにより 改 善 の 取 組 を 継 続 することが 必 要

22 3 査 察 規 程 の 作 成 例 について 4 違 反 是 正 指 導 及 び 違 反 処 理 への 移 行 (1) 改 修 ( 計 画 ) 報 告 書 の 提 出 消 防 長 又 は 署 長 は 査 察 対 象 物 に 法 令 違 反 の 事 実 又 は 火 災 危 険 等 があることを 確 認 した 場 合 は 権 限 を 有 するものに 改 修 ( 計 画 ) 報 告 書 の 提 出 を 求 めることを 規 定 ただし 口 頭 による 是 正 指 導 により 直 ちに 法 令 違 反 が 是 正 され 又 は 火 災 危 険 等 が 排 除 された 場 合 はこの 限 りではない 査 察 対 象 物 に 法 令 違 反 の 事 実 又 は 火 災 危 険 等 があることを 確 認 したときに 提 出 期 限 を 定 めて 権 限 を 有 する 者 に 法 令 違 反 等 の 改 善 の 報 告 や 改 善 計 画 ( 今 後 の 是 正 方 向 や 是 正 計 画 )の 提 出 を 求 める 提 出 された 改 修 ( 計 画 ) 報 告 書 は 是 正 内 容 が 法 令 基 準 に 沿 った 適 切 なものであるかを 確 認 し 以 下 の 場 合 は 報 告 内 容 の 修 正 等 を 求 める 内 容 に 具 体 性 がない 場 合 内 容 に 不 明 な 点 がある 場 合 法 令 違 反 の 是 正 又 は 火 災 危 険 等 の 排 除 を 行 う 期 限 が 適 切 でない 場 合 法 令 違 反 の 是 正 又 は 火 災 危 険 等 の 排 除 を 行 う 期 限 については 違 反 処 理 標 準 マニュアルの 履 行 期 限 を 参 照 ( 例 ) 消 防 計 画 の 未 作 成 2 週 間 以 内 消 火 通 報 及 び 避 難 訓 練 未 実 施 1か 月 以 内 自 動 火 災 報 知 設 備 の 未 設 置 延 べ 面 積 500m2では2か 月 以 内 延 べ 面 積 500m2 以 上 1000m2 未 満 では3か 月 以 内 延 べ 面 積 1000m2 以 上 では4か 月 以 内

23 3 査 察 規 程 の 作 成 例 について 4 違 反 是 正 指 導 及 び 違 反 処 理 への 移 行 (2) 違 反 処 理 への 移 行 消 防 長 又 は 消 防 署 長 は 次 に 掲 げる 場 合 には 違 反 処 理 を 行 うと 規 定 1 提 出 期 限 を 過 ぎても 改 善 ( 計 画 ) 報 告 書 が 提 出 されない 場 合 2 提 出 された 改 善 ( 計 画 ) 報 告 書 の 内 容 に 不 備 があり かつ その 報 告 書 の 是 正 を 指 導 したに もかかわらず 応 じない 場 合 3 改 善 ( 計 画 ) 報 告 書 に 記 載 された 期 限 までに 法 令 違 反 等 の 是 正 が 完 了 していない 場 合 4 法 令 違 反 の 事 実 又 は 火 災 危 険 等 があることが 明 白 で かつ 直 ちに 違 反 処 理 を 行 う 必 要 があ る 場 合 ただし 違 反 処 理 を 一 定 期 間 留 保 すべき 特 段 の 事 情 があると 認 める 場 合 であって 防 火 対 象 物 の 位 置 構 造 設 備 又 は 管 理 の 状 況 から 判 断 して 直 ちに 違 反 処 理 を 行 わなくとも 当 該 期 間 にお いて 火 災 の 発 生 又 は 延 焼 のおそれが 著 しく 少 なく かつ 火 災 等 の 災 害 による 被 害 を 最 小 限 度 に 止 めることができると 認 めるときはこの 限 りではない 違 反 処 理 を 一 定 期 間 留 保 すべき 特 段 の 事 情 ( 例 ) 都 市 計 画 等 により 違 反 建 物 の 取 壊 し 移 転 等 の 工 事 が 具 体 化 している 場 合 違 反 建 物 の 所 有 権 等 の 権 利 関 係 について 係 争 中 で 違 反 処 理 の 名 宛 て 人 が 特 定 できない 場 合 社 会 通 念 上 違 反 処 理 を 留 保 すべき 特 段 の 事 情 がある 場 合 違 反 処 理 に 移 行 すべき 一 定 の 要 件 に 該 当 した 場 合 に 躊 躇 することなく 違 反 処 理 に 移 行 すること を 規 定 したもの 特 に 人 命 危 険 が 高 いものを 優 先 して 違 反 処 理 を 行 うことが 重 要 また 違 反 処 理 の 留 保 要 件 については 要 領 等 に 具 体 的 に 明 示 しておくことが 必 要 違 反 処 理 を 留 保 する 場 合 は その 違 反 の 様 態 危 険 性 緊 急 性 比 例 原 則 との 均 衡 などにつ いても 十 分 な 検 討 を 行 い その 説 明 責 任 や 消 防 機 関 の 権 限 不 履 行 を 理 由 とする 損 害 賠 償 請 求 等 の 可 能 性 等 についても 考 慮 しておくことが 必 要

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464>

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464> 参 考 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 推 進 本 部 は, 平 成 9 年 7 月 に 人 権 教 育 のた めの 国 連 10 年 に 関 する 国 内 行 動 計 画 を

More information

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子 9 体 操 競 技 1 期 日 競 技 平 成 28 年 10 月 2 日 ( 日 )から 10 月 5 日 ( 水 )まで(4 日 間 ) 種 別 10 月 2 日 ( 日 ) 10 月 3 日 ( 月 ) 10 月 4 日 ( 火 ) 10 月 5 日 ( 水 ) 成 年 男 子 自 由 ( 決 勝 ) 成 年 女 子 自 由 ( 決 勝 ) 少 年 男 子 自 由 ( 予 選 ) 自 由 (

More information

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2 2016 1 20 12-6288 ... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2.1... 10 2.2.2... 11 2.3... 12 2.3.1...

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 9 月 3 日 照 会 先 保 険 局 調 査 課 課 長 秋 田 倫 秀 ( 内 線 3291) 数 理 企 画 官 鎌 田 真 隆 ( 内 線 3293) 担 当 係 医 療 機 関 医 療 費 係 ( 内 線 3298) 電 話 : 03(5253)1111 ( 代 表 ) 03(3595)2579 ( 直 通 ) 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63> 消 防 危 第 245 号 平 成 1 7 年 1 0 月 2 6 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 東 京 消 防 庁 各 指 定 都 市 消 防 長 殿 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 長 給 油 取 扱 所 等 における 単 独 荷 卸 しに 係 る 運 用 について 危 険 物 取 扱 者 の 立 会 いなしに 移 動 タンク 貯 蔵 所 に 乗 務 する 危 険

More information

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3 平 成 13 年 12 月 19 日 衆 議 院 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 についての 勧 告 参 考 資 料 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 区 割 りの 改 定 案 により 変 更 される 選 挙 区 の 数 都 道 府 県 別 区 割

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 11 月 24 日 第 49 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 5 国 保 組 合 の 国 庫 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 11 月 24 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された 国

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

設 問 一 覧 全 員 にお 聞 きします 103 万 円 の 壁 130 万 円 の 壁 について 知 っていますか?...(SA) あなたの 年 収 を 教 えてください...(SA) 年 収 が 103 万 円 以 下 103 万 円 超 130 万 円 以 下 と 答 えた 人 あなたは 年

設 問 一 覧 全 員 にお 聞 きします 103 万 円 の 壁 130 万 円 の 壁 について 知 っていますか?...(SA) あなたの 年 収 を 教 えてください...(SA) 年 収 が 103 万 円 以 下 103 万 円 超 130 万 円 以 下 と 答 えた 人 あなたは 年 まとめ 全 国 の 主 婦 736 人 (うち 専 業 主 婦 53.5% フルタイム18.2% パート アルバイト/ が28.3%)に 最 近 見 直 しの 議 論 が 始 まった 配 偶 者 控 除 について 聞 いた まず 年 収 103 万 円 を 超 えると 世 帯 の 所 得 税 負 担 が 増 加 する 103 万 円 の 壁 年 収 130 万 円 を 超 えると 配 偶 者 の 社

More information

個人住民税徴収対策会議

個人住民税徴収対策会議 個 人 住 民 税 徴 収 対 策 会 議 平 成 26 年 8 月 7 日 税 収 に 占 める 個 人 住 民 税 の 割 合 個 人 住 民 税 は 県 市 町 村 いずれも 税 収 の 約 3 割 を 占 めており 重 要 な 財 源 となっている 岡 山 県 現 年 繰 越 合 計 市 町 村 その 他 18.5% 自 動 車 税 13.1% 個 人 県 民 税 29.6% その 他 15.0%

More information

学校安全の推進に関する計画の取組事例

学校安全の推進に関する計画の取組事例 学 校 安 全 の 推 進 に 関 する 計 画 と Ⅱ 学 校 安 全 を 推 進 するための 方 策 項 目 1. 安 全 に 関 する 教 育 の 充 実 方 策 (1) 安 全 教 育 にお ける 主 体 的 に 行 動 する 態 度 や 共 助 公 助 の 視 点 (2) 教 育 手 法 の 改 善 被 災 地 へのボランティア 活 動 を 行 う 学 校 等 の 生 きる 力 をはぐくむ

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

‚æ39›ñ‚“›ï„‹™è‘W/P1~2 ‡à‡Ł‡¶†E…V…“

‚æ39›ñ‚“›ï„‹™è‘W/P1~2 ‡à‡Ł‡¶†E…V…“ 運 動 方 針 Do action! Green Hospital Activities of Daily Living Instrumental ADL Nutrition Support Team InfectionControl Team Emargency Room 1996 年 1998 年 2000 年

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

いう )は 警 告 をしたときは 速 やかに その 内 容 及 び 日 時 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 出 をした 者 に 通 知 しなければならないこととされ また 警 告 をし なかったときは 速 やかに その 旨 及 び 理 由 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申

いう )は 警 告 をしたときは 速 やかに その 内 容 及 び 日 時 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 出 をした 者 に 通 知 しなければならないこととされ また 警 告 をし なかったときは 速 やかに その 旨 及 び 理 由 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 について ( 平 成 25 年 7 月 16 日 付 け 通 達 香 生 企 第 311 号 ) ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 73 号 以 下 改 正 法 という( 別 添 官 報 参

More information

<5461726F2D8CF68D908A549776816989BA97AC89CD90EC8FF38BB592B28DB8>

<5461726F2D8CF68D908A549776816989BA97AC89CD90EC8FF38BB592B28DB8> 入 札 公 告 をご 覧 いただく 前 に ( 公 告 概 要 のお 知 らせ) この 度 公 告 する 滝 沢 ダム 下 流 河 川 状 況 調 査 の 主 な 内 容 は 以 下 のとおりです ( 入 札 公 告 本 文 は このお 知 らせの 後 段 に 掲 載 しております ) 一. 業 務 内 容 等 について 1 業 務 名 滝 沢 ダム 下 流 河 川 状 況 調 査 2 履 行 期

More information

する 婦 人 相 談 所 その 他 適 切 な 施 設 による 支 援 の 明 記 禁 止 命 令 等 をすることが できる 公 安 委 員 会 等 の 拡 大 等 の 措 置 が 講 じられたものである 第 2 改 正 法 の 概 要 1 電 子 メールを 送 信 する 行 為 の 規 制 ( 法

する 婦 人 相 談 所 その 他 適 切 な 施 設 による 支 援 の 明 記 禁 止 命 令 等 をすることが できる 公 安 委 員 会 等 の 拡 大 等 の 措 置 が 講 じられたものである 第 2 改 正 法 の 概 要 1 電 子 メールを 送 信 する 行 為 の 規 制 ( 法 1 0 年 保 存 平 成 35 年 12 月 31 日 満 了 FNo.-20120102 崎 安 (ス) 第 6 6 号 平 成 25 年 7 月 12 日 各 所 属 長 殿 長 崎 県 警 察 本 部 長 ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 につ いて( 通 達 ) ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 26 号 改 正 平 成 22 年 9 月 30 日 条 例 第 23 号 平 成 23 年 9 月 29 日 条 例 第 40 号 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 目 次 第 1 章

More information

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴 第 27 回 日 本 エイズ 学 会 学 術 集 会 2013 年 11 月 22 日 熊 本 シンポジウム 7 臨 床 ) なかなか 減 少 しないHIV 感 染 妊 娠 いまだ 散 発 発 生 するHIV 母 子 感 染 H25 年 わが 国 における HIV 感 染 妊 娠 の 動 向 と 近 年 の 特 徴 喜 21 多 恒 和 1,2 吉 野 直 人 2 外 川 正 生 2 稲 葉 憲 之

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

平成19年9月改定

平成19年9月改定 参 考 建 設 工 事 に 係 る 資 源 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 建 設 リサイクル 法 )に 基 づく 通 知 及 び 契 約 書 の 記 載 事 項 等 に 関 する 取 扱 要 領 技 術 計 画 課 作 成 平 成 14 年 5 月 30 日 改 正 平 成 15 年 5 月 30 日 1. 建 設 リサイクル 法 の 目 的 特 定 の 建 設 資 材 について

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

機 11. 心 神 喪 失 者 等 医 療 観 察 法 指 定 医 療 機 関 の 整 備 等 について 医 療 観 察 法 ( 以 下 法 という ) は 平 成 15 年 7 月 に 公 布 平 成 17 年 7 月 に 施 行 され 心 神 喪 失 者 等 の 状 態 で 重 大 な 他 害 行 為 を 行 った 法 対 象 者 に 対 して 適 切 な 医 療 を 提 供 し 社 会 復 帰 の

More information

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門 新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051101 86 取 組 施 策 地 方 政 府 を 担 う 職 員 像 の 策 定 と 人 材 育 成 ( 新 人 材 育 成 ビジョンの 策 定 ) 平 成 17 年 度 静 岡 市 人 材 育 成 ビジョン を 策 定 平 成 20 年 度 進 捗 管 理 に 伴 う 一 部 改 訂 職 員 セッションの 試 行 を 行 った

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 に 準 じた 手 続 による 手 続 開 始 掲 示 次 とおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 選 定 手 続 を 開 始 します 平 成 23 年 6 月 1 日 中 根 金 田 台 開 発 事 務 所 長 関 根 宣 由 1 務 概 要 (1) 務 名 中 根 金 田 台 地 区 平 成 23 年 度 補 償 説 明 務 (2) 務 内 容 研

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定 62 (Q&A) 目 次 1 鑑 定 評 価 の 委 託 は 入 札 か 随 意 契 約 か またその 理 由 は 何 か 2 委 託 料 は 他 県 と 比 べて 妥 当 性 のある 金 額 か 3 地 価 公 示 ( 国 の 調 査 )との 違 いは 何 か また 国 の 調 査 結 果 はどう 活 用 しているか 4 路 線 価 を 利 用 しない 理 由 は 何 か 5 委 託 料 の 算

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73>

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73> 平 成 19 年 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 結 果 の 概 要 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 現 在 ) 平 成 19 年 12 月 総 務 省 ( 連 絡 先 ) 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 担 当 : 岡 田 山 家 (やまが) 電 話 : 03-5253-5551( 直 ) 03-5253-5111( 代 ) ( 内 線 3245

More information

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1 基 礎 資 料 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 配 備 状 況 1 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 配 備 状 況 76 機 (45 都 道 府 県 55 団 体 ) (1) 消 防 庁 ヘリコプター 5 機 ( 東 京 消 防 庁 京 都 市 消 防 局 埼 玉 県 宮 城 県 高 知 県 に 無 償 使 用 ) (2) 消 防 機 関 ヘリコプター 31 機 ( 東 京 消 防 庁

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知)

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知) 27 文 科 初 第 1593 号 平 成 28 年 3 月 22 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 各 指 定 都 市 教 育 委 員 会 殿 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 構 造 改 革 特 別 区 域 法 第 12 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けた 地 方 公 共 団 体 の 長 文 部 科 学 省 初 等 中 等

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

平成17年度予算案事業本部・局別記者発表日程表(案)

平成17年度予算案事業本部・局別記者発表日程表(案) 横 浜 市 記 者 発 表 資 料 平 成 27 年 2 月 3 日 建 築 局 違 反 対 策 課 緑 区 白 山 四 丁 目 の 宅 地 造 成 等 規 制 法 違 反 に 対 して 行 政 代 執 行 法 に 基 づく 代 執 行 令 書 を 交 付 しました 平 成 26 年 10 月 の 台 風 18 号 による 大 雨 に 伴 い 違 反 造 成 地 において 大 規 模 な 崖 崩 れが

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73>

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73> 備 考 欄 に 記 載 のお 願 い 従 前 と 改 定 後 に2 等 級 以 上 の 差 がある 場 合 固 定 的 賃 金 の 変 動 がない 場 合 月 額 変 更 に 該 当 しません 非 固 定 的 賃 金 ( 残 業 等 )のみが 変 動 した 方 につきましては 必 ず 算 定 基 礎 届 の 備 考 欄 に 固 定 給 の 変 動 なし と ください 固 定 的 賃 金 の 変 動

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

1, 1

1, 1 0 1, 1 ( 人 ) 40,000 35,000 30,000 移 民 取 扱 人 による 者 移 民 取 扱 人 によらない 者 合 計 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 1899 年 1900 年 1901 年 1902 年 1903 年 1904 年 1905 年 1906 年 1907 年 1908 年 1909 年 1910 年 1911 年 1912

More information

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの)

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの) 平 成 24 年 度 開 設 予 定 大 学 院 等 一 覧 ( 判 定 を 不 可 とするもの) 1 研 究 科 を 設 置 するもの 1 校 平 成 23 年 12 月 区 分 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 入 学 定 員 位 置 設 置 者 理 由 備 考 人 私 立 東 京 福 祉 大 学 大 学 院 経 営 学 研 究 科 群 馬 県 伊 勢 崎 市 学 校 法 人 ( 別

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

人事行政の運営状況の報告について

人事行政の運営状況の報告について 市 職 員 の 給 与 などの 状 況 目 次 給 与 決 定 の 仕 組 み 2 給 与 や 報 酬 の 削 減 2 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し 4 給 与 制 度 の 見 直 し 5 人 件 費 の 抑 制 5 給 与 水 準 (ラスパイレス 指 数 ) 6 職 員 数 の 推 移 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 7 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 参 考 資 料 ( 都 市 農 地 に 係 る 土 地 利 用 計 画 制 度 について) 平 成 2 4 年 4 月 1. 土 地 利 用 計 画 制 度 における 都 市 農 地 の 位 置 付 けの 変 化 (1) 新 都 市 計 画 法 の 制 定 現 行 の 新 都 市 計 画 法 は 昭 和 43 年 高 度 経 済 成 長 に 伴 い 都 市 への 急 激 な 人 口 流

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information