Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10 持続可能な社会 植樹をはじめ 下刈りや手作業による間伐など 計画的な森林整備活動に取り組んでいます 日本の豊かな自然環境を 次世代に継承していくために 森林を育て 木質材の利用を促進する森林保全プロジェクト セブンの森 地球温暖化対策をはじめ 生物多様性や森林環境の保全のために セブン-イレブン記念財団と恊働 で各地域で森林保全プロジェクト セブンの森 づくりに取り組んでいます このプロジェクトは 植樹 に限定することなく 健全な森林づくりに向けて間伐や下刈りなどの森林整備を行う活動です 全国 各地で行政や森林組合 NPO法人などと協定を結び 14地域で加盟店オーナーやセブン-イレブン 社員が参加して活動を行うとともに 間伐した木材からセブン イレブン店頭の募金箱を製作してい ます この店頭募金箱は2014年7月から順次設置されています また 間伐材が含まれた紙製飲料 容器を使用している商品をセブン-イレブンなどで販売しています 裏面 社会的背景 日本の森林に 高齢樹木が増えている ことが課題となっています 日本は 国土の約3分の2が森林という世界有数の 森林国 です 樹木 人工林中の高齢樹木が占める割合 は20年を過ぎるとCO2を酸素に変える機能が衰えてしまいますが 近 年では50年以上経った 高齢樹木 が増えすぎてしまっていることが課 題となっています 今後 計画的な森林整備で若い樹木を増やしていく ことが求められています 18 間伐材が含まれた紙製飲料容器 60% 35% 2007 現状のまま 10年間推移 した場合 2017 出典 林野庁 森林 林業統計要覧2012 セブン&アイの森 は セブンの森 に名称変更しました 皆さまからの募金で環境活動を支援 セブン-イレブン店頭の募金箱にお客さまから寄せられた募金は セブン-イ レブン記念財団を通して地域の環境保護 保全に取り組んでいる環境市民 団体への助成金として活用されています 2014年度は 応募総数379件の なかから253件に1億4,951万5,421円の助成が決定しました 間伐材を使って1つずつ 手づくりされた募金箱 19

11

12

トヨタの森づくり 地域・社会の基盤である森づくりに取り組む

トヨタの森づくり 地域・社会の基盤である森づくりに取り組む http://www.toyota.co.jp/jpn/sustainability/feature/forest/ 2011/9/12 地域 社会の基盤である森づくりに取り組む トヨタは トヨタ基本理念 において 地域に根ざした企業活動を通じて 経済 社会の発展に貢献する としていま す それに基づき 豊かな社会づくりと持続的な発展のため 事業でお世話になっている各国 地域において 社会的 三重宮川山林

More information

NPO 1 2 3 77 4 5 6 7 21 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67

More information

20110124-02-01

20110124-02-01 100 13 13 148 4 60 8 21 18 3 2 19 2 23 3 22 22 9 23 10 1 2 18 3 3 60.0 31.12 33.3 24.5 23.1 22.7 29 201714 22 13.310 32 12.137 11.2 65 22 20.532 27.437 28.7 18 1 46.31 81.6 20.9 23.821.4 19.0 34.9 28.9

More information

勘定科目別経理セミナー

勘定科目別経理セミナー 16 8 21 2 15-1 (1) (2) (3) (4) (5) 3 (6) (7) (1) (2) (3) (1) (2) (3) 4 (4) (1) (2) (3) 5 8/1 8/30 9/20 20 (1) (2) (3) (4) 6 (1) (2) (3) (4) 7 (1) (2) (3) (4) (5) (6) 8 (1) (2) 50% (1) (2) 9 (3) (1) (2)

More information

untitled

untitled 420 40 41 100 18 6 18 61 17 1 20 29 10 12 2.0 17 4.3 12 17 400-10 65 40,438 17 24.2 19.9 15 35 60 17 60 17 1700 17 65 2 17 23 58,000 28 58,900 1 23 2.77 / 28 2.63 / 7 17 15 15 11,769 3 60 17 45,618 59.36

More information

- 82 -

- 82 - - 82 - 1 2 3 4 5 6-83 - 7 3,000 100 8 9 10 11 4559 59 24 51 61 51-84 - 5373-85 - 3,000 100 3,000 12 100-86 - 1,000 44 5462-87 - 3,000 23 24 10,000 23 8,000 24 2,000 22 2,000 23 22 2,000 8,000 3,000 22

More information

Microsoft Word - 文書4

Microsoft Word - 文書4 5 8 NPO http://plaza.rakuten.co.jp/dassen/ http://www.youtube.com/watch?v=rcdkhqunyte 20 10 10 10 20 10 20 10 20 20 2 1 '93.5 http://youtu.be/gwrfcglitxk 7 1 13 5000 20 1000 60 550 30 20 1 9 14 3 5 50

More information

大崎市耐震改修促進計画(案)

大崎市耐震改修促進計画(案) 1 1 2 2 4 2520 5661 3 1 4 2 12 11 15 11 12 20 1 11 5 3 19781933 6 7 4 8 9 1 10 7 11 50 90 3 12 56 1 13 14 15 2 56,041 30,528 54,572 10,991 27 27 27 16 17 18 19 1 20 21 22 2 3 4 23 5 24 6 25 1-26 2 3 4

More information

01_表紙_修

01_表紙_修 0% 20% 40% 60% 80% 100% H7 H12 H17 H22 19.1% 17.1% 15.5% 14.4% 65.1% 64.5% 63.9% 62.2% 15.8% 18.4% 20.6% 23.4% H27 H27 H27 13.7% 13.0% 12.6% 59.2% 57.4% 60.7% 27.1% 29.6% 26.6% 15 1564 65 3.50 3.00 2.50

More information

1 2 (1) (2) (3) 10 (4) 10 (5) 12 3 (1) 13 (2) 13 (3) 14 4 (1) 14 (2) 15 (3) 15 (4) 16 (5) 16 1 2009 24 1,440 360 2 (1) 1,800 (2) 23 4 1 102 169 73 96 13 5 1 178 69 1 NPO 4 1 2 40 35 4 3 23 4 1 1 443 622-0844

More information

ブック 1.indb

ブック 1.indb 20 29 29 18 21 29 10 30 31 10 11 12 30 13 10 30 14 11 30 15 12 16 13 17 14 18 15 19 16 20 17 21 18 10 20 29 82 83 84 85 86 87 88 20 10 89 20 12 11 90 20 13 12 91 20 14 13 92 20 14 14 93 15 15 94 15 16

More information

CSRコミュニケーションブック

CSRコミュニケーションブック 地域との 地域とともに 森を育て守っています 共生を目指して 全国に広がる森林保全活動 JTの森 JTグループは 事業活動において葉たばこ 紙 野菜 茶葉などを原材料として使用しており 事業を支える自然の恵みに 対する感謝の想いと企業の社会的責任の観点から 森林保全活動 JTの森 に取り組んでいます JTの森 は国内各地の森林 を一定期間借り受け 専門家や地元の方々との対話を重ねながら 森づくりに必要な手入れを支援するしくみです

More information

untitled

untitled 1 2 3 4 5 6 7 http://attaka-attaka.net/ 018-852-5027 attaka-go@leaf.ocn.ne.jp 42 2 1 11,800 3 500 2 12 BDF BDF BDF TMO BDF TMO TMO 8 BDF BDF BDF 2 20 TMO 21 21 2 TMO 5 TMO TMO TMO CSR 9 URL http://map.yahoo.co.jp/

More information

58

58 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 第Ⅳ章 林業と山村

More information

平成 21 年度から あいち森と緑づくり税 を活用し 森林 里山林 都市の緑の整備 保全等に取り組んできた結果 第 4 章に示したとおり 一定の成果を上げることができました しかしながら 本県の森と緑を健全な状態で将来に引き継ぐためには 依然としてさまざまな課題があります 次ページ以降に 森と緑づく

平成 21 年度から あいち森と緑づくり税 を活用し 森林 里山林 都市の緑の整備 保全等に取り組んできた結果 第 4 章に示したとおり 一定の成果を上げることができました しかしながら 本県の森と緑を健全な状態で将来に引き継ぐためには 依然としてさまざまな課題があります 次ページ以降に 森と緑づく 第 6 章課題と今後の方向性 < 課題 > < 今後の方向性 > 林(人工林里)山林都市の緑環境活動 学習推進普及啓発 PR 効果の高い施設や用途森 間伐対象森林は依然として多く存在 道路沿いや集落周辺の危険木への対策が必要 流木対策や間伐材の有効活用が必要 高齢化した人工林の若返りが必要 これまでのモデル的な取組を県内各地へと展開 波及が必要 多様なニーズを捉え 県民協働の取組の促進が必要 都市の緑の減少が続いており

More information

Chapter 3 3 章森林経営信託制度と木造化 木質化 ~ 岐阜県御嵩町の取り組み ~ P 岐阜県御嵩町における森林経営信託方式の紹介 P 森林経営信託方式と木造化 木質化 030

Chapter 3 3 章森林経営信託制度と木造化 木質化 ~ 岐阜県御嵩町の取り組み ~ P 岐阜県御嵩町における森林経営信託方式の紹介 P 森林経営信託方式と木造化 木質化 030 Chapter 3 3 章森林経営信託制度と木造化 木質化 ~ 岐阜県御嵩町の取り組み ~ P031 1. 岐阜県御嵩町における森林経営信託方式の紹介 P031 2. 森林経営信託方式と木造化 木質化 030 [ 第 3 章 ] 森林経営信託制度と木造化 木質化 ~ 岐阜県御嵩町の取り組み ~ 環境モデル都市の取り組みから 森林経営信託へ 町有林の整備が 公共木造施設建設へ向けて効率的に木材調達へつながる事例である

More information

環境NGO/NPOの活動状況

環境NGO/NPOの活動状況 単位 : 団体 未記入 50 万円未満 50 万円 ~ 500 万円未満 500 万円 ~ 5000 万円未満 5000 万円以上 合計 393 676 511 152 93 1825 ではない 504 796 609 238 160 2307 5000 万円以上 500 万円 ~5000 万円未満 50 万円 ~500 万円未満 50 万円未満未記入 0 200 400 600 800 ではない

More information

利用することをいう (4) 林業事業者森林において森林施業 ( 伐採, 植栽, 保育その他の森林における施業をいう 第 12 条において同じ ) を行う者をいう (5) 木材産業事業者木材の加工又は流通に関する事業を行う者をいう (6) 建築関係事業者建築物の設計又は施工に関する事業を行う者をいう

利用することをいう (4) 林業事業者森林において森林施業 ( 伐採, 植栽, 保育その他の森林における施業をいう 第 12 条において同じ ) を行う者をいう (5) 木材産業事業者木材の加工又は流通に関する事業を行う者をいう (6) 建築関係事業者建築物の設計又は施工に関する事業を行う者をいう 森林資源の循環利用の促進に関するかごしま県民条例 本県の森林は, 県土の約 6 割を占め, 本県森林面積の5 割を占めるスギ ヒノキ等の人工林は, その多くが本格的な利用期を迎えている これらの森林に群生する樹木などの森林資源は, 土砂災害の防止, 水源の涵養, 生物多様性の保全, 地球温暖化の防止など森林の有する公益的機能を発揮するだけでなく, 森は海の恋人 と称されるように, 森林の生み出す養分が川を流れ海に供給されることで,

More information

第 1 部森林及び林業の動向 森林 林業の再生に向けた新たな取組 東日本大震災 で森林 林業 木材産業に甚大な被害 公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律 の成立 生物多様性に関する新たな世界目標 ルールの採択 国際森林年 林業 木材産業関係者が天皇杯等を受賞 木材の需要拡大の背景 ( )

第 1 部森林及び林業の動向 森林 林業の再生に向けた新たな取組 東日本大震災 で森林 林業 木材産業に甚大な被害 公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律 の成立 生物多様性に関する新たな世界目標 ルールの採択 国際森林年 林業 木材産業関係者が天皇杯等を受賞 木材の需要拡大の背景 ( ) 平成 22 年度 森林及び林業の動向 第 177 回国会 ( 常会 ) 提出 第 1 部森林及び林業の動向 森林 林業の再生に向けた新たな取組 東日本大震災 で森林 林業 木材産業に甚大な被害 公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律 の成立 生物多様性に関する新たな世界目標 ルールの採択 国際森林年 林業 木材産業関係者が天皇杯等を受賞 木材の需要拡大の背景 ( ) 木材の供給 ( 国産材の供給は増加傾向

More information

ANNUAL REPORT

ANNUAL REPORT ANNUAL REPORT 218 218 3 31 1 1 2 3 5 9 11 13 13 15 16 17 18 19 21 23 25 26 27 28 28 29 31 32 33 34 35 37 39 4 41 42 43 44 2 214 215 216 217 218 218 483,112 54,153 49,314 451,627 438,26 $ 4,132,32 27,196

More information

H28秋_24地方税財源

H28秋_24地方税財源 次世代に向けて持続可能な地方税財政基盤の確立について 1. 提案 要望項目 提案 要望先 総務省 (1) 地方交付税総額の確保 充実 減少等特別対策事業費等における取組の成果を反映した算定 減少等特別対策事業費 における 取組の成果 へ配分の段階的引き上げ 地域の元気創造事業費 における 地域活性化分 へ配分の重点化 緊急防災 減災事業債の延長および対象事業等の拡大 老朽化対策に係る地方財政計画における所要総額の確保

More information

北見市総合計画.indd

北見市総合計画.indd 第 2 章 旧 4 市町のまちづくりの課題 3 世帯数 1 将来像 等の達成状況と課題 旧北見市は 愛情豊かな創造的文化都市 旧端野町は 人を育み 自然を大切にするまち 旧 常呂町は 心 潤いの里 まち ところ 旧留辺蘂町は 人と緑を育む いきいきふれあいのまち を将来像 目標として掲げてきましたが これらの将来像は住民に十分浸透したとはいえませんで した 今後は 市民と行政がまちの将来像を共有し

More information

2012.indb

2012.indb 96 97 98 99 100 101 102 103 Section3 住宅リフォーム供給の現状 2 3 就業者数 平成 21 年度の建設業の就業者数を業種別にみると 以下のとおりとなった 表 2-4 建設業の就業者 出典 国土交通省 建設工事施工統計調査 参照 http://www.mlit.go.jp/report/press/joho04_hh_000216.html 104 105 106

More information

様式 2 作成年度 平成 28 年度 森林整備加速化 林業再生基金変更事業計画書 区分 : 強い林業 木材産業構築緊急対策 区分 : 林業成長産業化総合対策 福井県

様式 2 作成年度 平成 28 年度 森林整備加速化 林業再生基金変更事業計画書 区分 : 強い林業 木材産業構築緊急対策 区分 : 林業成長産業化総合対策 福井県 様式 2 作成年度 森林整備加速化 林業再生基金変更事業計画書 区分 : 強い林業 木材産業構築緊急対策 区分 : 林業成長産業化総合対策 福井県 第 1. 基本的事項 1. 都道府県の森林整備及び林業 木材産業の現状と課題 12 万 ha に及ぶ人工林が 順次 利用可能な段階を迎えてきているが 十分に利用されている状況にはない このような中 木質バイオマス発電の導入により A 材から C 材余すことなく利用できる環境が整ったことから

More information

資料 3 ー 1 環境貢献型商品開発 販売促進支援事業 環境省市場メカニズム室

資料 3 ー 1 環境貢献型商品開発 販売促進支援事業 環境省市場メカニズム室 資料 3 ー 1 環境貢献型商品開発 販売促進支援事業 環境省市場メカニズム室 平成 27 年度 環境貢献型の商品開発 販売促進支援事業 の概要 1 クレジットを活用した個別商品の開発や販売促進 ( 環境貢献型商品開発 販売促進支援 ) 2 特定地域協議会による商品開発 販促支援 ( 特定地域協議会運営支援 ) に対して補助金を交付 地域社会 ( クレジット創出者 ) クレジット メーカー 小売店等

More information

1 自然に対する関心 (1) 自然に対する関心 平成 24 年 6 月 平成 26 年 7 月 関心がある( 小計 ) 90.4% 89.1% 非常に関心がある 29.5% 21.9%( 減 ) ある程度関心がある 60.9% 67.2%( 増 ) 関心がない( 小計 ) 8.8% 10.5% あま

1 自然に対する関心 (1) 自然に対する関心 平成 24 年 6 月 平成 26 年 7 月 関心がある( 小計 ) 90.4% 89.1% 非常に関心がある 29.5% 21.9%( 減 ) ある程度関心がある 60.9% 67.2%( 増 ) 関心がない( 小計 ) 8.8% 10.5% あま 環境問題に関する世論調査 の概要 平成 26 年 9 月内閣府政府広報室 調 査 対 象 全国 20 歳以上の者 3,000 人 有効回収数 1,834 人 ( 回収率 61.1%) 調査期間平成 26 年 7 月 24 日 ~8 月 3 日 ( 調査員による個別面接聴取 ) 調査目的環境問題に関する国民の意識を調査し 今後の施策の参考とする 調 査 項 目 1 自然に対する関心 2 エコツーリズム

More information

大田地域企業ガイドブック Catch2018

大田地域企業ガイドブック Catch2018 Ohda area company guidebook 10 Catch2018 10 690-0003 478-18 694-0064 1182-1 435.71 2 35,166 13,613 27 28 30 : : : : 25 botan 10 15 やま うち けん と 山 内 建 人 さん 大田市森林組合 PROFILE 山内建人 さん 21 鳥取県で生まれ 4歳から大田市仁摩町で過ごし

More information

奄美地域の自然資源の保全・活用に関する基本的な考え方(案)

奄美地域の自然資源の保全・活用に関する基本的な考え方(案) 1 15 5 15 16 19 20 2 3 10 25,000 30,000 6 8 710 11 16 4 1213 1415 17 17 28 17 126,483 30 5 70,462 8,572 27,167 14,551 5,731 29 18 560 10 1,032 1 6 1,300 47 28 4 19 1 8 23 17 100 7 15 8 NPO IT 1979 9 NPO

More information

実効ある民生対策

実効ある民生対策 2007/9/22 http://www.kikonet.org/ 12% 2 200262008 Post 2012 3 4 500 450 400 350 300 250 C O 2 200 150 100 50 0 482t 217t 164t 127t 68t 62t 23t ( 456t 257t 238t 174t 78t 54t 37t 1990 1991 1992 1993 1994

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 国有林野事業における木材の販売に係る提案募集 ( マーケットサウンディング ) 提案の取りまとめと課題の整理 平成 29 年 12 月 26 日 ( 火 ) 民間提案募集における取組状況について 未来投資戦略 2017 林業の成長産業化に向けた先駆的な取組として 国有林野において 民間が長期 大ロットで伐採から販売までを一括して行うことにより現行より有利な立木資産の売却となる手法の可能性を検証するため

More information

5 10 10-1 - 5 20-2 - - 3 - - 4 - 22 6 30 10 12 22 7 8 1 30 4 30 1 22 7 14 10 12 20 22 7 21 1 30 3 30-5 - - 6 - - 7 - 11 9 9 14 10 9 15 7 9 10 NPO - 8 - - 15 - - 16 - - 17 - - 19 - - 20 - - 21 - - 22

More information

untitled

untitled 21 1 28 () 21 2 10 () 2,000 814 40.7% 65 4 2 30.61 19.23 19.0 7074 105 12.9% 75 121 14.9% 6569 107 13.1% 4 0.5% 6064 99 12.2% 19 0 0.0% 2029 36 4.4% 5559 67 8.2% 3039 107 13.1% 4049 102 12.5% 5054 66 8.1%

More information

( ) () ( ) 12/6

( ) () ( ) 12/6 ( ) () ( ) 12/6 ( ) 21 20 167 167 25 25 36.08 36.65 0.57 52 73 51 99 142 36.65 138 36.08 2500 99 5000 99 51 158 51 51 52 52 73 110 158 165 165 99 166 48.04 138 36.08 28 11.96 PR 51 52 158 99 52 51 73 52

More information

テレビやインターネット、本や教育雑誌、教育研究会により、

テレビやインターネット、本や教育雑誌、教育研究会により、 小学校で求められている森林環境教育 ~ 事例を基にした聞き取り調査から ~ No.10 藤井裕樹 はじめに 21 世紀を迎え 環境や資源の有限性が認識され 循環型社会 の構築が求められる中で 地球温暖化防止 など森林の多面的機能や森林資源の循環利用の必要性等に対する理解を醸成するため 林野庁では森林内での多様な体験活動などを通じて人々の生活や環境と森林との関係について学ぶ 森林環境教育 の機会を 子どもたちをはじめ広く国民に提供していくための取組を推進している

More information

資料4-1

資料4-1 17 2 3 30.0 25.0 20.0 15.0 10.0 5.0 0.0 ( 総数 ) 百万人 23.9 22.3 21.1 ( 総数 ) 18.1 百万人 15.7 13.9 11.2 11.5 9.3 9.9 10.8 7.3 4.4 4.0 3.4 3.0 2.7 2.3 2010 2020 2030 2040 2050 2060 ( 総数 ) 50.0 百万人 45.0 43.0 39.6

More information

untitled

untitled 1993 2 2.1 2 1 200235 1992 6 7 3 3 84 JA 1990 47.3% 46.5% 1990 31.7% 56.9% 37 6 4 1976 2.2 2.2 1976 1974 1976 1981 1 3.5 1985 60 2005 2006 2006 27 103 522 284 3.5 3.6 2003 109 59.6% 54.1% 31.2% 1970

More information

1 1 2 2 3 4 5 5 6 7 8 10 9 10 10 10 11 13 14 15 15 16 17 18 19 21 21 22 22 24 28 38 40 41 41 43 45 46 47 47 47 47 48 50 50 50 50 51 52 54 54 55 56 56 57 57 57 58 58 59 59 59 61 61 61 62 62 62 62 63 63

More information

(Microsoft Word - H30\216\226\213\306\214v\211\346.docx)

(Microsoft Word - H30\216\226\213\306\214v\211\346.docx) 平成 30 年度事業計画について Ⅰ 事業実施方針 近年 我が国においては 地震や豪雨による災害など自然災害が各地で相次いでいる こうした状況の中 環境に対する県民の関心は従前にも増して高まっており 自然環境の保全を社会全体で支えるという意識を醸成していくことはますます重要な課題となっている また 緑や森林の持つ多様性が 山 川 海等の自然環境を創出する源であることを海づくり大会を通して改めて認識したところである

More information

untitled

untitled 2 3-22 23-24 25-1 - - 2 - 2-3 - 1848 1901 1936 3 1960 2005 10 27.8 1-4 - 2 5 A 3000 4-5 - 4 20 120 160 70 10-6 - 12 40 6070 80 20 20 7 5 9 15 130 I U 8 4 2 3-7 - 4 1,600 500 200 48 100 80-8 - - 9 - 1 12

More information

(1) (2)

(1) (2) 1998 2000 (1) (2) (3) 1997 11 25 1998 6 17 1997 89 25 (4) (5) 25 25 25 1 1993 (6) 1998 12 8 2 2000 6 (7) (8) 1980 1990 (9) (10) (11) 1 8/10 1986 1989 1986 1987 86 (12) (13) 2 1989 1989 3 (14) 1989 12 10

More information

Microsoft Word - 「子ども・若者の『居場所#D1.doc

Microsoft Word - 「子ども・若者の『居場所#D1.doc 2006 03D096 1 p.3 1 1-1 p.5 1-2 p.6 1-3 p.7 1-4 p.8 2 2-1 p.9 2-2 p.11 2-3 p.13 3 3-1 p.15 3-2 p.17 3-3 p.19 4 4 4-1 4 p.22 4-2 p.23 4-3 NPO p.25 5 p.26 6 p.28 7 p.30 p.33 p.35 2 70 80 3 2 NPO 4 1 1-1

More information

Microsoft Word - ②(添付資料)家庭の夏期節電実態調査の結果について

Microsoft Word - ②(添付資料)家庭の夏期節電実態調査の結果について CO 2 1. 2012 CO 2 CO 2 CO 2 2. 2012 9 28 10 1 8,241 CO 2 3. (1) 2012 2.7%CO 2 1% 1 2 5.8% 3.7% (2.8%)(2.8%) 6 4 5% 1 3 7 5%3 (2) 2012 32%2011 21 (39%)(38%)(37%) 8 2011 (+17.9 ) (+11.9 )(+9.3 )2012 8 (-14.9

More information

老いても美しく輝くために

老いても美しく輝くために 1998 11-1- 1998 1 1 1979 82 3 1 2 3 20 3 1 2 3 1 2 3 3 1985 3-2- 1998 11 20 2 1985 1985 1-3- 1998 1989 4 3 1 80 5 6 1-4- 1998 1985 1 1 2 2-5- 1998 1 11 11-6- 1998 GDP 16% 19% 1 2 3 14 18 42 3 ( 3) 3-7-

More information

4 5 2 3 7 9 10 11 1 2 4 6 No.3709 5 9 10 3 1 9 10 11 11 1 4 6 No.3710 5 10 1 6 6 9 10

4 5 2 3 7 9 10 11 1 2 4 6 No.3709 5 9 10 3 1 9 10 11 11 1 4 6 No.3710 5 10 1 6 6 9 10 No.3707 5 2 29 30 1976 27 40 S K 40 30 8 9 9 11 ( ) No.3708 5 6 2 4 11 1 4 5 2 3 7 9 10 11 1 2 4 6 No.3709 5 9 10 3 1 9 10 11 11 1 4 6 No.3710 5 10 1 6 6 9 10 10 ( ) 1 No.3711 5 11 ( ) 7 9 10 11 11 1 2

More information

4 推進体制別途添付いたします 5 公表の方法等 ホームページアドレス 閲覧場所 窓口で閲覧 所在地 冊 子 閲覧可能時間 冊子名 入手方法 その他

4 推進体制別途添付いたします 5 公表の方法等 ホームページアドレス   閲覧場所 窓口で閲覧 所在地 冊 子 閲覧可能時間 冊子名 入手方法 その他 地球温暖化対策実施状況報告書 ( 報告先 ) 横浜市長 平成 25 年 7 月 31 日 住所東京都渋谷区神南 1-10-1 氏名 株式会社ドトールコーヒー代表取締役社長鳥羽豊 ( 法人の場合は 名称及び代表者の氏名 ) 横浜市生活環境の保全等に関する条例 ( 以下 条例 という ) 第 144 条第 2 項の規定により 次のとおり報告します 1 地球温暖化対策事業者等の概要 事業者の氏名又は名称株式会社ドトールコーヒー代表取締役社長鳥羽豊

More information

1 2

1 2 ( ) ( ) ( ) 1 2 59 2 21 24 275 43 3 26 486 103 27 28 98 105 104 99 1 48 25 29 72 14 33 11-10 3 11 8 14,663 4 8 1 6.0 8 1 0.7 11-6 27 19 22 71 5 12 22 12 1,356 6 4,397 3 4 11 8 9 5 10 27 17 6 12 22 9

More information

(2)里山の整備

(2)里山の整備 森林の現状と課題 1 森林を取り巻く状況の変化 戦後 荒廃した国土の復興と急増した木材需要に応えるため 昭和 30 年代には 盛んに木材生産が行われるとともに 成長が早く利用価値の高い針葉樹の造林や木材の輸入自由化等の対策が進められました こうした状況を背景に 木材生産の量的拡大に向けて林業振興を図ることを目指した林業基本法が昭和 39 年に制定されました この法律では 森林の持つ公益的機能は 基本的には

More information

. 1. 26 13 21 27 31 11 35 10. 26 29 146. 26 . 24 11 285 34. 29 31 1 26 12 12 24 12 27 31 31 4 26 30 26 30 26 12 27 26 80 29 31 1 26 30 NPO 26 10 27 23 27 26 26 1 26 1 27 3 31 26 5 31 26 6 1 26 4 1 26 1

More information

小笠原諸島における海岸漂着物対策推進計画

小笠原諸島における海岸漂着物対策推進計画 ---------------------------- 1 ------------------------------------------------------------------------------ 1 ------------------------------------------------------------------------------ 1 ---------------------------------------------------------------------------------------

More information

2 3 4 2 2 2

2 3 4 2 2 2 2 3 4 2 2 2 ! @ # 2 3 4 ! @! 2 3 4 5 6 2 @ # 2 29年度の事業計画 予算 1 はじめに に出会い 実態を調べる取り組みとします 企画内容や諸経費の抜本的な見直しを行 い 突出した経費負担の改善を図ります 組織 事業のあり方についての抜本的な検 討をすすめ 2年度以降の組織 事業の再 構築に向け検討をすすめます 4 企業向け企画 下期に情報提供を目的とした啓発企画を予

More information

2

2 1 2 1 3 1 3 1 2 3 1 1 ( ) 245 2 ( ) 2 3 2 ( ) NPO 4 0.1 2 ( ) 8 (1) 5 6 3 4 2 1 2 3 5 7 8 (1) 8 90 8 30 3 9 8 90 9 2 9 2 9 3 10 (1) (3) 20 11 12 ha ha 13 ha ha 14 15 ha ha ha ha ha ha 16 17 18 19 20 21

More information

資料1:地球温暖化対策基本法案(環境大臣案の概要)

資料1:地球温暖化対策基本法案(環境大臣案の概要) 地球温暖化対策基本法案 ( 環境大臣案の概要 ) 平成 22 年 2 月 環境省において検討途上の案の概要であり 各方面の意見を受け 今後 変更があり得る 1 目的この法律は 気候系に対して危険な人為的干渉を及ぼすこととならない水準において大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ地球温暖化を防止すること及び地球温暖化に適応することが人類共通の課題であり すべての主要国が参加する公平なかつ実効性が確保された地球温暖化の防止のための国際的な枠組みの下に地球温暖化の防止に取り組むことが重要であることにかんがみ

More information

与党の平成 29 年度税制改正大綱 ( 平成 28 年 12 月 8 日 ) に記載された事項 森林吸収源対策の財源確保に係る森林環境税 ( 仮称 ) の創設について 第一 平成 29 年度税制改正の基本的考え方 6 森林吸収源対策 2020 年度及び2020 年以降の温室効果ガス削減目標の達成に向

与党の平成 29 年度税制改正大綱 ( 平成 28 年 12 月 8 日 ) に記載された事項 森林吸収源対策の財源確保に係る森林環境税 ( 仮称 ) の創設について 第一 平成 29 年度税制改正の基本的考え方 6 森林吸収源対策 2020 年度及び2020 年以降の温室効果ガス削減目標の達成に向 平成 28 年 12 月 22 日林野庁 平成 29 年度 林野庁税制改正事項 新規 拡充事項 山林に係る相続税の納税猶予制度について 次の見直しを行う ( 相続税 ) 1 森林経営計画に定められている区域に存する山林のうち同一の小流域内に存するものの面積が5ha未満である一定の山林を 納税猶予の適用対象に加える 2 猶予期間中に身体障害等のやむを得ない事情により林業経営の継続が困難となったときは

More information

1 発病のとき

1 発病のとき 3 2 1996 1996 539 3 1953 1954 1960 1961 1975 1976 1990 1990 1996 1953 1960 2001 5 11 1975 1990 1996 1 1953 1951 26 112 3 126 127 3 130 22 223 518 2 519 2 623 2 821 540 3 9 27 255 1 1026 2 114 1110 1111

More information

ブック 1.indb

ブック 1.indb 21 1211 27 11 27 12 16 20 11 27 10 20 28 29 30 12 10 11 12 30 13 30 14 10 30 15 11 16 12 17 13 18 14 19 15 20 16 10 21 11 27 106 21 107 108 109 110 21 111 28 112 28 10 113 29 11 11421 30 12 11521 32 13

More information

CSR報告書2005 (和文)

CSR報告書2005 (和文) A 250 200 150 100 50 0 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 1,000 800 600 400 200 0 168 14 14 27 54 60 2000 16,975 1,314 1,207 8,977 5,477 2000 698 112 115 292 178 2000 223 24 28

More information

1. 応募書類の提出 1) 提出期限 2017 年 6 月 30 日 ( 金曜日 )17:00( 日本時間 ) 必着 2) 提出方法 グローバル賞 岡山地域賞 各部門の募集要項を確認のうえ 応募に必要な資料等を 以下 の応募先に電子メールにて提出してください (A) グローバル賞募集要項 3 4 ペ

1. 応募書類の提出 1) 提出期限 2017 年 6 月 30 日 ( 金曜日 )17:00( 日本時間 ) 必着 2) 提出方法 グローバル賞 岡山地域賞 各部門の募集要項を確認のうえ 応募に必要な資料等を 以下 の応募先に電子メールにて提出してください (A) グローバル賞募集要項 3 4 ペ 気候変動の緩和や適応 生物多様性の保全 貧困削減など直面する様々な課題を解決し 現在および将来の世代が安心して暮らせる社会を実現するために 価値観や思考 行動を変革するための学びや実践を促進する 持続可能な開発のための教育 (ESD) が世界各地で推進されています 2015 年 9 月 25 日には 国連総会において 我々の世界を変革する : 持続可能な開発のための2030アジェンダ が採択され その中でも

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 日本のバイオマス利用の現状と課題 2015 年 2 月 13 日 ( 金 ) ( 独 ) 新エネルギー 産業技術総合開発機構 (NEDO) 新エネルギー部バイオマスグループテクニカルコーディネーター只隈祐輔 本日の内容 1. バイオマスエネルギーについて 2. NEDO のこれまでの取り組み 3. 何故 バイオマス発電が進まないのか! 4. 国内に熱需要と資源は有るのか? 5. 地域自立システム化実証事業の概要

More information

1 2 2

1 2 2 23 12 22 3 15 NPO NPO 1 1 2 2 1 100 3 10 3 21 2 4 60 Q 1.0 1.2 3 1 HEMS 15 1 kwh/ 2002 CO2 5 17 18 20 3 2000 2 100 2 3 2 100 3 5 30 30 90 6 3 3 20 20 7 5 6 6 100 100 EU 20 20 20 15 100 100 8 200 100 10

More information

20横浜01

20横浜01 amagin 2015eport P 1 C S RCSR P 3 P 7 P 11 Environment 地域の環境を保全し 美しい環境を未来に残すため お客さまへの環境配慮型商品の提 供や 社会的課題を意識し環境に配慮した業務体制の構築 寄付やボランティア活動によ る植樹などをおこなっています 従業員一人ひとりが自ら考えて行動する姿勢を大切にし 内外の発想やノウハウを積極的に取り入れ 環境の変化を感じる姿勢を常に持ち

More information

分野別目次

分野別目次 50 / 180 51 / 180 52 / 180 53 / 180 54 / 180 55 / 180 56 / 180 amagin 2015eport P 1 C S RCSR P 3 P 7 P 11 57 / 180 Environment 地域の環境を保全し 美しい環境を未来に残すため お客さまへの環境配慮型商品の提 供や 社会的課題を意識し環境に配慮した業務体制の構築 寄付やボランティア活動によ

More information

untitled

untitled 18-1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - 69 100-7 - - 8 - - 9 - - 10 - 2,000-11 - - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - - 19 - - 20 - - 21 - - 22 - - 23 - 114% 135% 57% - 24 - 163% 138% 164% 252%

More information

一方 明るい話題もあります 平成 20 年 4 月うきは市は 福岡県初の森林セラピー基地として認定されました 筑後川支流の巨瀬川源流に位置し 水源の森百選にも選ばれた 調音の滝公園 日本棚田百選に選ばれた つづら棚田 などが人気コースとして 年間通じ多くの方々に癒しの時間を提供しています 現在 森林

一方 明るい話題もあります 平成 20 年 4 月うきは市は 福岡県初の森林セラピー基地として認定されました 筑後川支流の巨瀬川源流に位置し 水源の森百選にも選ばれた 調音の滝公園 日本棚田百選に選ばれた つづら棚田 などが人気コースとして 年間通じ多くの方々に癒しの時間を提供しています 現在 森林 平成 22 年度 林業グループ活動 研究事例集 全林研会長賞 福岡県 うきは市林業研究グループ 所在地 福岡県うきは市浮羽町設立 昭和 37 年 4 月会員 男 35 人 年齢 18 歳 ~ 58 歳平均 40 歳 主なプロジェクト 低コスト林業の推進 林業技術技能の向上 地域社会への貢献と森林環境教育 ウキウキうきは地域とともに走るうきは林研 1. 地域の概要うきは市は福岡県中部 筑後平野の東部に位置し

More information

1. 家電エコポイント制度の概要 目的 1 地球温暖化対策の推進 2 経済活性化 3 地上デジタル放送対応テレビの普及 実施期間 家電エコポイント発行対象期間 : 平成 21 年 5 月 15 日 ~ 平成 23 年 3 月 31 日購入分 家電エコポイント登録申請受付期間 : 平成 21 年 7

1. 家電エコポイント制度の概要 目的 1 地球温暖化対策の推進 2 経済活性化 3 地上デジタル放送対応テレビの普及 実施期間 家電エコポイント発行対象期間 : 平成 21 年 5 月 15 日 ~ 平成 23 年 3 月 31 日購入分 家電エコポイント登録申請受付期間 : 平成 21 年 7 家電エコポイント制度の政策効果等について 政策効果 平成 23 年 6 月 14 日環境省 経済産業省 総務省 地上デジタル放送対応テレビを中心に 対象家電 3 品目の販売を押し上げるとともに 省エネ性能の高い製品への買い換えに大きく貢献 地球温暖化対策の推進 の観点 統一省エネラベル 4 相当以上の省エネ家電製品の割合が大きく増加 制度実施期間の省エネ家電製品の普及に伴う CO2 削減効果は約 270

More information

第3章  行政サービス提供のあり方

第3章  行政サービス提供のあり方 -1 BPMedWave -2 1 14 11 13 15:0017:00 F NPO 15 2 17 15:0017:00 KKR F NPO 10 15 3 13 14:0017:00 KKR F -3 -4 14 3-5 14 3-6 14 3-7 14 3-8 14 3-9 2000-10 65 8,495 9,400 10,816 12,695 15,647 24.0% 25.3% 26.9%

More information

平成31年度予算概算決定額 森林整備事業 治山事業 林野公共事業 (平成30年度1次補正予算額5,199百万円 182, ,049 百万円 平成30年度第2次補正予算額 32,528百万円) 臨時 特別の措置 として31年度概算決定額44,128百万円を別途措置 対策のポイント 林業の成

平成31年度予算概算決定額 森林整備事業 治山事業 林野公共事業 (平成30年度1次補正予算額5,199百万円 182, ,049 百万円 平成30年度第2次補正予算額 32,528百万円) 臨時 特別の措置 として31年度概算決定額44,128百万円を別途措置 対策のポイント 林業の成 平成31年度予算概算決定額 森林整備事業 治山事業 林野公共事業 (平成30年度1次補正予算額5,199百万円 182,734 180,049 百万円 平成30年度第2次補正予算額 32,528百万円) 臨時 特別の措置 として31年度概算決定額44,128百万円を別途措置 対策のポイント 林業の成長産業化と森林資源の適切な管理を実現するため 新たな森林管理システムが導入される地域 を中心に 間伐や路網整備

More information

Taro-01概要1,2頁0613.jtd

Taro-01概要1,2頁0613.jtd 平成 23 年 3 月 29 日 平成 21 年度食料 農林水産業 農山漁村に関する意向調査林業経営に関する意向調査結果 この調査は 平成 22 年 3 月上旬から4 月上旬にかけて 2005 年農林業センサスで把握された林家を母集団として 保有山林面積規模別に信頼度 回収率を勘案して決定した1,607 名に対して実施し 1,013 名から回答を得た結果である 調査結果の概要 1 今後 5 年間の主伐及びその後の植林の実施に関する意向

More information

東洋インキグループの環境データ(2011〜2017年)

東洋インキグループの環境データ(2011〜2017年) No. 1 環境データ 2011 2020 年 環境負荷のマスバランス 1 INPUT 原料 副資材 エネルギー 用水 溶剤 t 46,920 46,863 47,418 47,628 38,715 40,305 42,404 樹脂 t 57,205 53,136 50,518 47,177 45,859 43,231 41,217 顔料 t 25,841 31,645 30,036 29,560

More information

ecopro_maetuke_sample_j.indd

ecopro_maetuke_sample_j.indd Eco-products Directory 2009 2009 2009FSC Forest Stewardship Council FSC/ Forest Stewardship CouncilFSC/ VOC100 GPN GL-14 APO 102-0093 1-2-10 2F T EL03-5226-3920 FAX03-5226-3950 E-mail apo@apo-tokyo.org

More information