<4D F736F F D2082CD82B682DF82C DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>"

Transcription

1 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市

2

3 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地 利 用 誘 導 の 目 標 を 示 すとともに, 土 地 利 用 を 実 現 するための 規 制 誘 導 施 策 として,まちづくりの 目 標 を 実 現 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たしてきた 平 成 23 年 8 月, 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 るための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 第 2 次 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い, 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正 され, 用 途 地 域 等 に 係 る 都 市 計 画 決 定 権 限 が, 平 成 24 年 4 月 1 日 より 東 京 都 から 多 摩 26 市 に 移 譲 された そのため, 市 独 自 の 用 途 地 域 等 の 指 定 の 考 え 方 を 定 めることが 必 要 とされてい た 平 成 26 年 9 月 には, 前 述 の 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン を 改 定 し, 住 み 続 けた い 緑 につつまれるまち 調 布 の 実 現 に 向 けて, 市 民, 事 業 者 及 び 行 政 が 連 携 して,まちづ くりの 取 組 をより 一 層 進 めていくものとしている このような 背 景 から, 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 ( 以 下, 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 という )を 定 め, 用 途 地 域 等 の 指 定 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 を 示 す こととした

4 目 次 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 Ⅰ 土 地 利 用 誘 導 の 基 本 的 な 考 え 方 3 1 東 京 の 都 市 づくりビジョン( 改 定 ) 3 2 多 摩 部 19 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備, 開 発 及 び 保 全 の 方 針 4 3 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン 4 土 地 利 用 構 想 図 6 Ⅱ 用 途 地 域 等 地 域 地 区 の 指 定 方 針 8 1 用 途 地 域 等 に 関 する 設 定 方 針 8 (1) 住 宅 地 8 1 低 密 度 住 宅 地 区 8 2 中 密 度 住 宅 地 区 8 (2) 業 務 商 業 地 8 1 業 務 商 業 地 区 8 (3) 工 業 地 8 1 住 工 共 存 地 区 8 (4) 複 合 市 街 地 9 1 業 務 商 業 系 沿 道 地 区 9 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 10 (1) 特 別 用 途 地 区 10 (2) 高 度 地 区 10 (3) 高 度 利 用 地 区 10 (4) 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 10 (5)その 他 の 地 区 10 3 用 途 地 域 等 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 11 (1) 用 途 地 域 等 の 適 時 適 切 な 見 直 し 11 (2) 地 区 計 画 の 原 則 化 11 (3) 区 域 の 設 定 11 1 区 域 の 境 界 線 等 11 2 標 準 面 積 及 び 路 線 式 指 定 の 区 域 12 (4)その 他 12 1 一 団 地 の 住 宅 施 設 12

5 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 基 準 Ⅰ 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 基 準 14 (1) 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 14 (2) 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 16 (3) 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 18 (4) 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 20 (5) 第 一 種 住 居 地 域 22 (6) 第 二 種 住 居 地 域 24 (7) 準 住 居 地 域 26 (8) 近 隣 商 業 地 域 28 (9) 商 業 地 域 30 (10) 準 工 業 地 域 32 Ⅱ その 他 の 地 域 地 区 の 指 定 基 準 34 1 特 別 用 途 地 区 34 2 高 度 地 区 34 3 高 度 利 用 地 区 34 4 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 34 5 その 他 の 地 区 34 運 用 について 35

6

7 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針

8

9 Ⅰ 土 地 利 用 誘 導 の 基 本 的 な 考 え 方 調 布 市 における 適 切 な 土 地 利 用 を 実 現 するため, 以 下 に 示 す 広 域 的 な 都 市 構 造 の 位 置 付 けや, 本 市 の 土 地 利 用 誘 導 に 関 連 する 方 針 を 踏 まえて 土 地 利 用 誘 導 を 進 めていく 1 東 京 の 都 市 づくりビジョン( 改 定 ) 東 京 の 都 市 づくりビジョン( 改 定 )は, 東 京 の 都 市 づくりがめざすべき 都 市 像 や 戦 略 を 明 らかにするために, 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン( 平 成 13 年 10 月 策 定 ) を, 平 成 21 年 7 月 に 東 京 都 が 改 定 したものであり, 平 成 37 年 を 目 標 時 期 としている 環 状 メガロポリス 構 造 を 構 成 する 骨 格 を 基 本 に, 東 京 を5つのゾーンに 区 分 し,それ ぞれのゾーンが 東 京 圏 の 中 でどのような 役 割 を 果 たし,どのようなイメージの 市 街 地 と していくべきか, 広 域 的 な 視 点 を 踏 まえた 将 来 像 が 示 されている 調 布 市 は, 都 市 環 境 再 生 ゾーン 及 び 核 都 市 広 域 連 携 ゾーン に 位 置 付 けられて いる(ゾーン 区 分 図 参 照 ) 都 市 環 境 再 生 ゾーン においては, コミュニティ 活 動 の 根 づくコンパクトなまちづくり 河 川 道 路 等 の 整 備 やまちづくりに 合 わせた 水 と 緑 の 骨 格 づくり 緑 豊 かで 潤 いのある 良 好 な 景 観 の 形 成 豊 かな 住 環 境 の 形 成 等 が, 広 域 的 な 視 点 から 重 点 的 に 取 り 組 む 戦 略 として 示 されている また, 核 都 市 連 携 ゾ ーンでは, 都 市 基 盤 整 備 等 による 活 力 ある 多 摩 の 拠 点 育 成 産 学 公 連 携 による 産 業 立 地 の 促 進 等 が 戦 略 として 示 されている ゾーン 区 分 図 3

10 2 多 摩 部 19 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備, 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 改 定 中 ) 多 摩 部 19 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備, 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は, 前 述 の 東 京 の 都 市 づくりビジョン( 改 定 ) を 踏 まえた 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 推 進 するため に 広 域 的 見 地 から 都 市 計 画 の 基 本 的 な 方 針 を 定 めたものであり, 平 成 37 年 を 目 標 とし ている 土 地 利 用 に 関 しては, 住 宅 地, 業 務 商 業 地, 工 業 地, 複 合 市 街 地 などの 用 途 を 適 切 に 配 置 することにより, 各 地 区 の 特 性 を 活 かした 土 地 利 用 の 誘 導 を 図 るとともに, 都 市 構 造 上 重 要 な 拠 点 等 について, 整 備 の 方 針 を 示 している また, 環 境 負 荷 の 少 ない 都 市 を 実 現 するために 職 住 近 接 の 都 市 の 形 成 を 図 るとともに,うるおいのある 都 市 環 境 を 形 成 するため, 水 と 緑 の 軸 の 形 成, 質 の 高 いオープンスペースの 創 出 などを 図 るとと もに, 都 市 としての 魅 力 を 向 上 させるため, 歴 史 的 資 源 などを 活 かしながら 良 好 な 景 観 や 街 並 みを 形 成 することとしている 3 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン 調 布 市 では, 広 域 的 な 見 地 から 都 市 づくりの 方 向 性 を 示 す 東 京 の 都 市 づくりビジョ ン( 改 定 ) 多 摩 部 19 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備, 開 発 及 び 保 全 の 方 針 との 連 携 を 図 りながら, 調 布 市 都 市 計 画 マスタープランの 改 定 を 行 った 将 来 の 都 市 の 構 造, 土 地 利 用 については, 次 のように 方 向 づけられている 将 来 都 市 構 造 図 4

11 ゾーン 拠 点 軸 名 称 等 にぎわい 交 流 ゾーン 緑 と 歴 史 ゾーン 中 心 市 街 地 ゾーン やすらぎゾーン ふれあいゾーン 業 務 商 業 の 拠 点 商 業 の 拠 点 水 と 緑 の 拠 点 文 化 交 流 の 拠 点 交 流 軸 水 と 緑 の 軸 まちづくりの 方 向 性 駅 周 辺 の 活 気 ある 商 店 街 や 大 学 などの 文 化 拠 点 を 核 とし て, 多 世 代 の 人 々が 交 流 するまちづくりを 進 めます 野 川 と 湧 水, 雑 木 林 と 深 大 寺 など, 武 蔵 野 の 自 然 と 歴 史 を 大 切 にし, 市 民 そして 都 民 のオアシスとして, 緑 と 調 和 し たまちづくりを 進 めます 旧 甲 州 街 道 などの 歴 史 や 業 務 商 業 文 化 コミュニティ などの 集 積 を 生 かし,まちの 中 心 にふさわしい 市 街 地 の 形 成 を 図 ります 特 に, 京 王 線 連 続 立 体 交 差 事 業 と 一 体 とな って, 業 務 商 業 機 能 を 重 点 的 に 誘 導 するとともに, 都 市 型 住 宅 の 立 地 を 誘 導 するなど, 良 好 な 市 街 地 の 形 成 を 進 め ます 多 摩 川 の 水 辺 はくつろぎ, 遊 べる 貴 重 な 空 間 です 都 市 的 利 便 性 と 快 適 さを 備 えた, 健 康 なまちづくりを 進 めます 野 川 公 園, 調 布 基 地 跡 地, 多 摩 川 などを 核 に,これらを 緑 でネットワーク 化 し, 良 好 な 住 宅 市 街 地 を 形 成 します さ らに, 調 布 基 地 跡 地 のふれあい, 交 流 機 能 を 生 かしたまち づくりを 進 めます 調 布 駅, 国 領 駅, 飛 田 給 駅,つつじヶ 丘 駅, 及 び 仙 川 駅 周 辺 を, 商 業 業 務 機 能 の 充 実 を 図 り, 身 近 な 生 活 圏 の 中 心 として 魅 力 ある 市 街 地 の 形 成 を 目 指 す 業 務 商 業 の 拠 点 として 位 置 付 けます 特 に, 中 心 市 街 地 の 核 となる 調 布 駅 については, 多 摩 地 域 内 の 主 要 な 玄 関 口, 交 通 ターミ ナルにふさわしい 広 域 的 な 中 心 性 を 備 えた 業 務 商 業 の 拠 点 として 位 置 付 けます 西 調 布 駅, 布 田 駅, 柴 崎 駅, 及 び 京 王 多 摩 川 駅 周 辺 を, 地 域 に 密 着 した 商 業 集 積 と 居 住 機 能 の 保 全 誘 導 を 図 り, 地 域 の 商 業 生 活 の 核 となる 商 業 の 拠 点 として 位 置 付 け ます 深 大 寺 神 代 植 物 公 園 周 辺, 野 川 公 園, 及 び 多 摩 川 河 川 敷 を, 良 好 な 河 川 景 観 を 保 全 活 用 するとともに, 緑 豊 かな ふれあい 交 流 の 場 となる 水 と 緑 の 拠 点 として 位 置 付 けます 味 の 素 スタジアム 周 辺, 白 百 合 女 子 大 学 桐 朋 学 園 周 辺, 及 びNTT 中 央 研 修 センタ 周 辺 を, 地 区 住 民 が 交 流 する 活 力 ある 文 化 交 流 の 拠 点 として 位 置 付 けます 京 王 線 の 鉄 道 を, 拠 点 相 互 の 連 携 及 び 交 流 を 図 り, 市 内 の 生 活 利 便 性 を 確 保 する 交 流 軸 として 位 置 付 けます ま た, 都 市 間 アクセスの 強 化 や 経 済 の 活 性 化 に 資 する 道 路 で あることから, 武 蔵 境 通 りから 鶴 川 街 道 を 交 流 軸 とし て 位 置 付 けます 多 摩 川, 野 川, 崖 線, 及 び 水 と 緑 の 拠 点 を 結 ぶ 軸 を, 市 内 の 個 性 をはぐくむとともに, 循 環 型 のまちづくりを 実 現 す るうえで 重 要 な 役 割 を 担 う 水 と 緑 の 軸 として 位 置 付 け ます 5

12 土 地 利 用 構 想 図 6

13 業 務 商 業 地 区 : 駅 周 辺 地 区 において, 広 域 交 通 の 利 便 性 を 生 かしながら, 魅 力 的 で 活 気 のある 業 務 商 業 施 設 の 重 点 的 な 集 積 を 誘 導 するとともに, 既 存 商 店 街 の 活 性 化 を 図 ります /バリアフリー 化 の 促 進 や 交 通 結 節 機 能 の 充 実 を 図 り, 駅 前 市 街 地 の 利 便 性 向 上 を 図 ります 業 務 商 業 系 沿 道 地 区 : 主 要 幹 線 道 路 沿 道 において, 広 域 交 通 の 利 便 性 を 生 かし ながら, 生 活 サービス 施 設 等 の 業 務 商 業 機 能 の 立 地 を 誘 導 しつつ,これと 調 和 した 住 居 の 環 境 を 保 全 します / 沿 道 建 築 物 の 不 燃 化 による 防 災 性 の 向 上 を 図 る とともに, 歩 行 者 や 自 転 車 の 安 全 な 通 行 に 配 慮 しながら, 地 区 計 画 等 による 都 市 計 画 制 度 等 を 活 用 し, 周 辺 の 住 宅 地 等 との 調 和 を 図 ります 低 密 度 住 宅 地 区 : 低 層 住 宅 を 主 とした 市 街 地 として, 狭 あい 道 路 の 改 善 などの 安 全 な 住 環 境 への 改 善 を 図 りながら, 緑 豊 かなゆとりある 安 全 安 心 な 住 環 境 を 維 持 形 成 します / 農 地 や 屋 敷 林 が 多 く 残 る 地 域 においては, 住 宅 開 発 に 対 する 適 切 な 土 地 利 用 を 図 っていくため, 営 農 環 境 や 住 宅 地 と 調 和 した 土 地 利 用 を 誘 導 するとともに, 崖 線 周 辺 の 住 宅 地 においては, 崖 線 の 緑 と 連 続 した 住 環 境 を 形 成 し, 緑 豊 かでうるおいとくつろぎのある 住 環 境 を 保 全 します 中 密 度 住 宅 地 区 : 共 同 住 宅 や 戸 建 て 住 宅 等 を 主 とした 市 街 地 として,ゆとりある 都 市 型 住 宅 と 日 常 生 活 に 必 要 な 生 活 利 便 施 設 が 調 和 した, 緑 豊 かで 秩 序 ある 住 環 境 を 形 成 成 熟 化 します / 老 朽 化 が 進 む 住 宅 団 地 では, 施 設 の 更 新 改 善 に 向 けたまちづくりを 検 討 推 進 します / 住 宅 市 街 地 を 抜 ける 幹 線 道 路 や 主 要 な 生 活 道 路 沿 道 においては, 後 背 地 の 低 層 住 宅 地 の 住 環 境 との 調 和 を 図 りながら, 日 常 生 活 サービスなどを 扱 う 生 活 利 便 施 設 の 立 地 を 誘 導 します 住 工 共 存 地 区 : 工 場 等 の 立 地 誘 導 や 広 域 交 通 の 利 便 性 を 生 かした 流 通 業 務 等 の 促 進 を 基 本 としつつ, 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 に 伴 う 土 地 利 用 転 換 に 当 たっては, 地 区 計 画 や 特 別 用 途 地 区 等 の 制 度 を 活 用 し, 適 切 な 土 地 利 用 を 誘 導 します / 既 に 工 場 と 住 宅 が 混 在 している 地 区 は, 既 存 工 場 と 住 環 境 が 調 和 した 市 街 地 環 境 へ 改 善 を 図 ります 産 業 観 光 交 流 地 区 : 地 域 の 環 境 を 保 全 しつつ, 歴 史 的 資 源 や 撮 影 所 等 の 地 域 資 源 を 生 かしながら, 産 業 振 興 観 光 交 流 の 拠 点 として, 土 地 利 用 を 推 進 します 公 園 緑 地 地 区 : 良 好 な 都 市 環 境 を 形 成 するうえで 重 要 な 要 素 として, 各 種 制 度 を 活 用 しながら, 積 極 的 な 保 全 に 努 めます / 都 市 計 画 公 園 緑 地 等 が 計 画 され ている 地 区 は, 地 元 意 向 等 を 踏 まえ 柔 軟 に 整 備 を 推 進 します 文 教 研 究 施 設 地 区 : 地 域 固 有 の 資 源 として 周 辺 環 境 と 調 和 した 秩 序 ある 公 共 的 な 土 地 利 用 を 推 進 します スポーツ レクリエーション 地 区 : 広 域 的 な 憩 い 親 しみの 場 として 活 用 保 全 を 推 進 します 大 規 模 公 共 利 用 施 設 : 周 辺 環 境 に 配 慮 しながら, 公 共 的 な 施 設 の 機 能 の 維 持 適 正 な 配 置 を 推 進 します 処 理 施 設 : 周 辺 環 境 に 配 慮 しながら, 都 市 生 活 を 支 える 処 理 施 設 の 機 能 の 維 持 適 正 な 配 置 を 推 進 します 7

14 Ⅱ 用 途 地 域 等 地 域 地 区 の 指 定 方 針 1 用 途 地 域 等 に 関 する 設 定 方 針 めざすべき 市 街 地 像 を 実 現 するため, 都 市 計 画 マスタープランに 示 される 土 地 利 用 の 方 針 におけるそれぞれの 地 区 の 特 性 に 応 じた 方 針 を 示 す なお, 指 定 にあたっては, 道 路 鉄 道 等 の 整 備 状 況 や 市 街 地 開 発 事 業 等 の 進 捗 状 況 等 を 考 慮 する また, 用 途 地 域 以 外 の 地 域 地 区 や 地 区 計 画 を 併 用 して, 街 並 みや 環 境 に 配 慮 するものとする (1) 住 宅 地 1 低 密 度 住 宅 地 区 低 層 住 宅 地 として 良 好 な 環 境 を 維 持 する 区 域 は, 原 則 として 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 を 指 定 する また, 日 用 品 販 売 店 舗 の 立 地 を 許 容 する 区 域 は, 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 を 指 定 する 2 中 密 度 住 宅 地 区 中 高 層 住 宅 地 の 住 環 境 を 維 持 する 区 域 は, 原 則 として 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 を 指 定 する また, 中 小 規 模 の 店 舗 や 事 務 所 の 立 地 を 許 容 する 区 域 は, 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 を 指 定 する 商 業 地 域 に 接 するなど, 用 途 が 複 合 する 区 域 で 住 環 境 の 保 護 を 図 る 区 域 は, 第 一 種 住 居 地 域 を 指 定 する また, 大 規 模 な 店 舗 や 事 務 所 が 複 合 する 区 域 は, 第 二 種 住 居 地 域 を 指 定 する 道 路 の 沿 道 において 自 動 車 関 連 施 設 などの 立 地 を 誘 導 し,これ と 調 和 した 住 環 境 の 保 護 を 図 る 区 域 は 準 住 居 地 域 を 指 定 する 住 宅 市 街 地 を 抜 ける 幹 線 道 路 や 主 要 な 生 活 道 路 沿 道 で 生 活 利 便 施 設 の 立 地 を 誘 導 する 区 域 は, 原 則 として 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域, 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 を 指 定 する (2) 業 務 商 業 地 1 業 務 商 業 地 区 調 布 市 都 市 計 画 マスタープランにおける 商 業 業 務 の 拠 点 及 び 商 業 の 拠 点 の 区 域 や, 日 常 生 活 利 便 施 設 などのコミュニティインフラが 集 積 した 区 域 及 び 業 務 商 業 機 能 を 集 積 すべき 幹 線 道 路 沿 道 等 に 商 業 もしくは 近 隣 商 業 地 域 を 指 定 する 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン 等 による 当 該 市 の 核 としての 位 置 付 けや, 文 化, 福 祉, 教 育 などの 生 活 機 能 の 集 積 の 状 況 又 はその 見 通 しを 踏 まえ, 業 務 商 業 の 拠 点 として 育 成 すべき 区 域 に 商 業 地 域 を 指 定 する (3) 工 業 地 1 住 工 共 存 地 区 既 存 の 産 業 機 能 が 集 積 した 地 域 の 活 力 を 維 持 し, 地 場 産 業 などが 集 積 した 住 工 混 在 地 域 などの 既 存 のストックを 生 かした 産 業 機 能 の 育 成 を 図 るべき 区 域, 幹 線 道 路 8

15 沿 道 等 の 流 通 業 務 施 設 等 の 立 地 を 誘 導 する 区 域 は, 準 工 業 地 域 を 指 定 する また, 住 宅 と 工 場 の 混 在 する 区 域 は, 住 環 境 の 保 護 に 配 慮 しつつ 準 工 業 地 域 を 指 定 する 指 定 にあたっては, 地 区 計 画 や 特 別 用 途 地 区 を 活 用 し, 住 工 の 調 和 した 市 街 地 が 形 成 されるように 配 慮 する (4) 複 合 市 街 地 1 業 務 商 業 系 沿 道 地 区 業 務 商 業 の 拠 点 及 び 商 業 の 拠 点 に 隣 接 する 地 域 や 幹 線 道 路 の 沿 道 などの 区 域 は, 生 活 利 便 性 を 向 上 させる 業 務, 商 業, 住 宅 等 が 複 合 的 に 立 地 する 複 合 市 街 地 の 形 成 を 図 る 交 通 結 節 点 機 能 などを 生 かした 大 規 模 な 土 地 利 用 転 換 等 が 見 込 まれる 区 域 は, 居 住 機 能 に 加 えて 文 化, 商 業, 業 務, 福 祉 など 多 様 な 機 能 を 積 極 的 に 誘 導 し, 住 民 に とって 快 適 性 を 備 えた 拠 点 性 の 高 い 複 合 市 街 地 を 形 成 する 用 途 地 域 等 の 指 定 にあたっては, 周 辺 の 土 地 利 用 の 状 況 や 隣 接 する 用 途 地 域 等 相 互 の 関 係 に 留 意 する 9

16 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 特 別 用 途 地 区, 高 度 地 区, 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 並 びにその 他 の 地 域 地 区 を 有 効 に 活 用 し, 防 災 性 の 向 上, 良 好 な 街 並 み 景 観 の 形 成 など, 地 域 の 特 性 を 生 かして 目 標 とす る 市 街 地 像 へ 誘 導 を 図 る (1) 特 別 用 途 地 区 特 別 用 途 地 区 については, 市 の 創 意 工 夫 により 種 類 と 規 制 内 容 を 定 めることができ ることから, 土 地 利 用 の 増 進 や 環 境 の 保 護 などの 特 別 の 目 的 を 実 現 するため, 用 途 地 域 を 補 完 し, 特 定 の 建 築 物 の 用 途 等 を 制 限 又 は 緩 和 することが 必 要 な 区 域 について, 積 極 的 に 活 用 を 図 る (2) 高 度 地 区 住 環 境 の 保 護 や 良 好 な 都 市 環 境 の 形 成 を 図 るため, 基 本 となる 用 途 地 域 との 整 合 に 留 意 し,それぞれの 市 街 地 の 特 性 に 応 じて 高 度 地 区 を 指 定 する 主 として 居 住 環 境 の 保 全 を 図 る 場 合 は, 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 主 として 街 並 み 景 観 の 形 成 を 図 る 場 合 は, 絶 対 高 さを 定 める 高 度 地 区 居 住 環 境 の 保 全 及 び 街 並 み 景 観 の 形 成 を 図 る 場 合 は, 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 の 斜 線 勾 配 を 一 定 の 高 さに 留 め, 建 物 の 最 高 高 さを 制 限 する 高 度 地 区 なお, 土 地 の 高 度 利 用 を 図 る 観 点 から,400% 以 上 の 容 積 率 が 指 定 された 区 域 に ついては 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 を 指 定 しないものとする ただし, 路 線 式 指 定 の 区 域 で, 特 に 住 環 境 の 保 護 を 図 る 必 要 がある 場 合 は 指 定 することができる (3) 高 度 利 用 地 区 土 地 の 合 理 的 かつ 健 全 な 高 度 利 用 と 都 市 機 能 の 更 新 を 図 るため, 東 京 都 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 に 基 づき, 市 街 地 の 特 性 を 踏 まえて 適 切 な 土 地 利 用 を 誘 導 する (4) 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 市 街 地 の 防 災 性 を 高 めるため, 原 則 として, 建 ぺい 率 50% 以 上 の 区 域 は 準 防 火 地 域, 容 積 率 400% 以 上 の 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 する (5) その 他 の 地 区 風 致 地 区 等 その 他 の 地 区 は,それぞれの 基 準 等 により 適 切 に 定 めるものとする 10

17 3 用 途 地 域 等 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 (1) 用 途 地 域 等 の 適 時 適 切 な 見 直 し 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため, 社 会 状 況 の 変 化 による 土 地 利 用 の 動 向, 都 市 計 画 事 業 等 の 進 捗 状 況, 都 市 基 盤 等 の 公 共 公 益 施 設 の 整 備 状 況 等 に 応 じ, 適 時 適 切 に 用 途 地 域 等 を 見 直 す (2) 地 区 計 画 の 原 則 化 用 途 地 域 等 の 変 更 にあたっては, 都 市 機 能 の 更 新, 住 環 境 の 保 全 など 地 区 の 課 題 に きめ 細 かく 対 応 し, 地 域 の 特 性 に 応 じためざすべき 市 街 地 像 を 実 現 するため, 必 要 な 事 項 を 原 則 として 地 区 計 画 に 定 める ただし, 下 記 に 示 す 容 積 率 や 建 ぺい 率 の 低 減 や, 地 形 地 物 の 変 化 による 用 途 地 域 の 変 更 など 市 街 地 環 境 に 及 ぼす 影 響 が 想 定 されない 場 合 は 地 区 計 画 を 定 めないことがで きるものとする 1 地 区 計 画 を 伴 わない 用 途 地 域 の 変 更 について ある 一 定 の 条 件 のもと, 以 下 に 示 す 地 区 で 周 辺 の 環 境 に 大 きな 影 響 を 与 えないもの については, 地 区 計 画 を 定 めることなく 用 途 地 域 の 変 更 を 行 うことができる (ア) 用 途 地 域 の 境 界 の 基 準 としていた 地 形 地 物 が 変 更 した 地 区 建 築 物 の 用 途 の 制 限 や 斜 線 制 限 による 形 態 規 制 などの 集 団 規 定 が 緩 和 される 場 合 は, 周 辺 環 境 に 与 える 影 響 が 軽 微 であること (イ) 再 開 発 等 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 に 基 づき 土 地 利 用 転 換 が 完 了 した 地 区 (ウ) 事 業 中 又 は 整 備 が 完 了 した 都 市 計 画 道 路 等 の 沿 道 地 区 目 標 とする 市 街 地 像 の 実 現 手 段 が 都 市 計 画 マスタープランなどの 上 位 計 画 に 明 記 されており, 地 区 計 画 によらず 他 の 都 市 計 画 によって, 目 標 とする 市 街 地 像 の 実 現 が 担 保 できること また, 都 市 計 画 道 路 等 の 整 備 を 契 機 に 市 街 地 環 境 が 改 善 するなど, 地 区 計 画 により 地 区 施 設 を 定 める 必 要 がないこと (エ) 都 市 計 画 を 伴 わずに 土 地 利 用 が 転 換 した 地 区 土 地 利 用 転 換 の 方 針 が 都 市 計 画 マスタープランなどの 上 位 計 画 に 明 記 されてお り, 建 築 物 の 用 途 の 制 限 や 斜 線 制 限 による 形 態 規 制 などの 集 団 規 定 が 強 化 され, 市 街 地 環 境 の 悪 化 を 伴 わないこと (3) 区 域 の 設 定 1 区 域 の 境 界 線 等 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域, 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域, 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 又 は 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 と 商 業 地 域 とは, 原 則 として 相 互 に 接 して 指 定 しな いものとする また, 住 居 系 用 途 地 域 と 路 線 式 商 業 系 用 途 地 域 が 隣 接 する 場 合 など, 隣 接 する 用 途 地 域 相 互 の 容 積 率 の 差 が 過 大 にならないよう 配 慮 して 設 定 するものとする 11

18 用 途 地 域 等 の 区 域 の 境 界 線 は, 道 路, 鉄 道, 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等, 土 地 の 範 囲 を 明 示 するために 適 当 なものを 境 界 線 とする ただし, 幹 線 道 路 沿 道 など 地 域 の 特 性 によりこれにより 難 い 場 合 は, 路 線 式 指 定 とすることができるものとする なお, 地 形 地 物 等 により 難 い 場 合 は, 市 街 地 再 開 発 事 業 境 界, 行 政 界 などを 境 界 線 とすることができる 2 標 準 面 積 及 び 路 線 式 指 定 の 区 域 用 途 地 域 等 の 最 小 標 準 面 積 は, 指 定 基 準 に 示 された 数 値 を 原 則 とするが, 都 市 計 画 事 業 や, 特 別 用 途 地 区, 地 区 計 画 等 により 計 画 的 な 市 街 地 の 整 備 を 図 る 区 域, 比 較 的 規 模 の 大 きい 供 給 処 理 施 設 等 の 公 共 施 設 の 区 域 については, 指 定 基 準 の 数 値 によらないことができる また, 用 途 地 域 等 を 路 線 式 指 定 とする 場 合, 原 則 として,その 区 域 の 幅 は 道 路 境 界 線 より20mとする ただし,おおむね15m 以 上 の 幅 員 を 有 する 道 路 沿 いの 区 域 を 路 線 式 指 定 とする 場 合 は, 延 焼 遮 断 帯 形 成 など 土 地 利 用 の 目 標, 地 域 の 特 性 及 び 周 辺 の 土 地 利 用 等 を 勘 案 し,その 区 域 の 幅 は 道 路 境 界 線 より30mとすることが できる (4) その 他 1 一 団 地 の 住 宅 施 設 一 団 地 の 住 宅 施 設 の 都 市 計 画 が 指 定 されている 大 規 模 な 住 宅 団 地 においては, 地 域 に 必 要 な 道 路, 公 園 及 び 緑 の 保 全 など 骨 格 的 な 事 項 を 定 めた 上 で, 原 則 として 一 団 地 の 住 宅 施 設 の 都 市 計 画 を 廃 止 し, 周 辺 地 区 の 状 況 も 勘 案 した 地 区 計 画 への 移 行 を 促 進 する 12

19 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 基 準

20 Ⅰ 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 基 準 (1) 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 指 定, 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 低 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 す るため 定 める 地 域 (1) 良 好 な 低 層 住 宅 地 として,その 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 土 地 区 画 整 理 事 業 その 他 の 市 街 地 開 発 事 業 等 により 低 層 住 宅 地 として, 面 的 な 市 街 地 整 備 を 図 る 区 域 2. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは, 指 定 標 準 の とおりとする 3. 外 壁 の 後 退 距 離 外 壁 の 後 退 距 離 は, 必 要 な 区 域 について 1.5m 又 は1mに 指 定 する ただし, 地 区 計 画 により 異 なる 数 値 を 定 めることができ る 8. 規 模 おおむね5ha 以 上 とし, 形 状 は 整 形 とす る ただし, 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 と 隣 接 する 区 域 又 は 地 区 計 画 等 による 区 域 は,この 限 りでない また, 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 指 定 を 行 う 場 合 は, 良 好 な 住 環 境 を 維 持 するため, 敷 地 面 積 の 最 低 限 度, 区 域 の 道 路 等 公 共 施 設 の 整 備 水 準 に 応 じた 壁 面 の 位 置, 容 積 率 の 最 高 限 度 等 に 関 する 事 項 を 必 要 に 応 じて 定 めることとする 4. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は, 必 要 な 区 域 につい て 指 定 する 5. 高 度 地 区 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 する 6. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 建 ぺい 率 50% 以 上 の 区 域 は 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし, 公 共 施 設 の 整 備 された 区 域 で 延 焼 のおそれの 低 い 区 域 については,こ の 限 りでない また, 延 焼 の 防 止 を 図 る 必 要 のある 区 域 に ついては, 建 ぺい 率 40%の 区 域 についても 指 定 することができる 7. 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 は,10mに 指 定 する 14

21 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 (%) 容 積 率 (%) 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 (m) ( 注 1) 用 途 地 域 の 指 定 に 合 わせて 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 2) 1. 環 境 良 好 な 一 般 的 な 低 層 住 宅 地 として 将 来 ともその 環 境 を 保 護 すべき 区 域 敷 2. 農 地 等 が 多 く, 道 路 等 の 都 市 基 盤 が 未 整 備 な 区 域 及 び 良 好 な 樹 林 地 等 の 保 全 を 図 る 区 域 地 区 計 画 等 において, 敷 地 規 模 及 び 壁 面 の 位 置, 敷 地 内 の 道 路 沿 いの 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 に 関 する 事 項 等 住 宅 地 の 環 境 の 向 上 に 寄 与 する 事 項 が 定 められた 区 域, 駅 周 辺 において 整 備 された 幹 線 道 路 に 囲 まれた 低 層 住 宅 地 で 良 好 な 住 環 境 を 維 持 しつつ 土 地 の 有 効 利 用 を 図 るべき 区 域, 又 は 道 路 等 の 公 共 施 設 が 整 備 された 区 域 敷 ( 注 1) 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 限 度 については, 東 京 都 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 制 限 に 関 する 条 例 に 基 づくものとする( 商 業 地 域 を 除 く ) ( 注 2) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり, 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 す べき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 15

22 (2) 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 指 定, 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 低 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 良 好 な 低 層 住 宅 地 の 環 境 を 保 護 しつつ, 日 用 品 販 売 店 舗 等 の 利 便 施 設 等 が 立 地 して いる 区 域 又 は 計 画 的 に 立 地 を 図 る 区 域 (2) 主 要 な 生 活 道 路 沿 いの 区 域 で, 良 好 な 低 層 住 宅 地 の 環 境 を 保 護 する 区 域 2. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは, 指 定 標 準 の とおりとする 8. 規 模 おおむね1ha 以 上 とし, 形 状 は 整 形 とす る ただし, 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 と 隣 接 する 区 域 又 は 路 線 式 指 定 とする 区 域 は,この 限 りでない 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 指 定 を 行 う 場 合 は, 良 好 な 住 環 境 を 維 持 するため, 敷 地 面 積 の 最 低 限 度, 区 域 の 道 路 等 公 共 施 設 の 整 備 水 準 に 応 じた 壁 面 の 位 置, 容 積 率 の 最 高 限 度 等 に 関 する 事 項 を 必 要 に 応 じて 定 めることとする 3. 外 壁 の 後 退 距 離 外 壁 の 後 退 距 離 は, 必 要 な 区 域 について 1.5m 又 は1mに 指 定 する ただし, 地 区 計 画 により 異 なる 数 値 を 定 めることができ る 4. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は, 必 要 な 区 域 につい て 指 定 する 5. 高 度 地 区 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 する 6. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 建 ぺい 率 50% 以 上 の 区 域 は 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし, 公 共 施 設 の 整 備 された 区 域 で 延 焼 のおそれの 低 い 区 域 については,こ の 限 りでない また, 延 焼 の 防 止 を 図 る 必 要 のある 区 域 に ついては, 建 ぺい 率 40%の 区 域 についても 指 定 することができる 7. 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 は,10m 又 は 12mに 指 定 する 16

23 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 (%) 容 積 率 (%) 建 築 物 の 高 さ の 最 高 限 度 (m) 用 途 地 域 の 指 定 に 合 わせて 導 入 を 検 討 すべき 事 項 1. 環 境 良 好 な 低 層 住 宅 地 で, 小 規 模 な 店 舗 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 な 立 地 を 図 る 区 域 で,その 環 境 を 保 護 する 区 域 敷 2. 環 境 良 好 な 低 層 住 宅 地 の 主 要 な 生 活 道 路 沿 いで, 小 規 模 な 店 舗 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 な 立 地 を 図 る 区 域 で,その 環 境 を 保 護 する 区 域 3. 地 区 計 画 等 において, 敷 地 規 模 及 び 壁 面 の 位 置, 敷 地 内 の 道 路 沿 いの 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 に 関 する 事 項 等 住 宅 地 の 環 境 の 向 上 に 寄 与 する 事 項 が 定 められた 区 域, 駅 周 辺 において 整 備 された 幹 線 道 路 に 囲 まれた 低 層 住 宅 地 で 良 好 な 住 環 境 を 維 持 しつつ 土 地 の 有 効 利 用 を 図 るべき 区 域, 又 は 道 路 等 の 公 共 施 設 が 整 備 された 区 域 で, 小 規 模 な 店 舗 が 立 地 又 は 計 画 的 な 立 地 を 図 る 区 域 で, その 環 境 を 保 護 する 区 域 敷 敷 150 敷 壁 ( 注 1) 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 限 度 については, 東 京 都 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 制 限 に 関 する 条 例 に 基 づくものとする( 商 業 地 域 を 除 く ) ( 注 2) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり, 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 す べき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 17

24 (3) 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 指 定, 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 中 高 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 として,その 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 土 地 区 画 整 理 事 業 その 他 の 市 街 地 開 発 事 業 等 により 道 路, 下 水 道, 公 園 等 が 整 備 さ れた 区 域 で, 住 環 境 の 保 護 を 図 りつつ 住 宅 を 中 高 層 化 する 区 域 (3) 低 層 住 居 専 用 地 域 を 貫 通 する 主 要 な 道 路 沿 いで, 特 に 後 背 地 の 良 好 な 環 境 を 保 護 す べき 区 域 2. 容 積 率 原 則 として200% 以 下 とする ただし, 特 に 高 度 利 用 を 図 ることが 必 要 な 区 域 は300%とする 3. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは, 指 定 標 準 の とおりとする 6. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただ し, 容 積 率 200% 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は, 防 火 地 域 に 指 定 す ることができる 7. 規 模 おおむね3ha 以 上 とし, 形 状 は 整 形 とす る ただし, 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 と 隣 接 する 区 域 又 は 路 線 式 指 定 とする 区 域 は,こ の 限 りではない また, 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 8. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 指 定 を 行 う 場 合 は, 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 としてその 環 境 の 整 備 を 図 るため, 敷 地 面 積 の 最 低 限 度, 壁 面 の 位 置 等 に 関 する 事 項 や 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 等 に 関 する 事 項 を 必 要 に 応 じて 定 めることとする 4. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は, 必 要 な 区 域 につい て 指 定 する 5. 高 度 地 区 (1) 容 積 率 150% 以 下 の 区 域 は, 原 則 とし て15m 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただ し, 地 域 の 特 性 に 応 じて15m 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる (2) 容 積 率 200% 以 上 の 区 域 は, 原 則 とし て25m 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただ し, 地 域 の 特 性 に 応 じて25m 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる 18

25 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 (%) 容 積 率 (%) 用 途 地 域 の 指 定 に 合 わせて 導 入 を 検 討 す べき 事 項 1. 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 として,その 環 境 を 保 護 する 区 域 又 は 開 発, 整 備 する 区 域 敷 商 業 業 務 の 拠 点 及 び 商 業 の 拠 点 の 周 辺 の 区 域 で, 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 化 を 図 るべき 区 域 敷 壁 3. 学 校, 病 院 等 の 公 共 公 益 施 設 が 立 地 する 区 域 で, 周 辺 の 良 好 な 住 宅 地 の 環 境 を 保 護 すべき 区 域 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 又 は 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 を 貫 通 する 主 要 な 道 路 沿 いで, 特 に 後 背 地 の 良 好 な 環 境 を 保 護 すべき 区 域 敷 ( 注 1) 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 限 度 については, 東 京 都 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 制 限 に 関 する 条 例 に 基 づくものとする( 商 業 地 域 を 除 く ) ( 注 2) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり, 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 す べき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 19

26 (4) 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 指 定, 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 中 高 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 許 容 しつつ 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 の 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 土 地 区 画 整 理 事 業 その 他 の 市 街 地 開 発 事 業 等 により 道 路, 下 水 道, 公 園 等 が 整 備 さ れた 区 域 で, 住 環 境 の 保 護 を 図 りつつ 住 宅 を 中 高 層 化 する 区 域 (3) 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 等 を 貫 通 する 主 要 な 道 路 沿 いで, 特 に 後 背 地 の 良 好 な 環 境 を 保 護 すべき 区 域 2. 容 積 率 原 則 として200% 以 下 とする ただし, 特 に 高 度 利 用 を 図 ることが 必 要 な 区 域 は300%とする 3. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは, 指 定 標 準 の とおりとする 6. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただ し, 容 積 率 200% 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は, 防 火 地 域 に 指 定 す ることができる 7. 規 模 おおむね3ha 以 上 とし, 形 状 は 整 形 とす る ただし, 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 と 隣 接 する 区 域 又 は 路 線 式 指 定 とする 区 域 は,こ の 限 りではない また, 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 8. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 指 定 を 行 う 場 合 は, 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 としてその 環 境 の 整 備 を 図 るため, 敷 地 面 積 の 最 低 限 度, 壁 面 の 位 置 等 に 関 する 事 項 や 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 等 に 関 する 事 項 を 必 要 に 応 じて 定 めることとする 4. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は, 必 要 な 区 域 につい て 指 定 する 5. 高 度 地 区 (1) 容 積 率 150% 以 下 の 区 域 は, 原 則 とし て15m 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただ し, 地 域 の 特 性 に 応 じて15m 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる (2) 容 積 率 200% 以 上 の 区 域 は, 原 則 とし て25m 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただ し, 地 域 の 特 性 に 応 じて25m 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる 20

27 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 (%) 容 積 率 (%) 用 途 地 域 の 指 定 に 合 わせて 導 入 を 検 討 すべき 事 項 1. 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 又 は 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 を 貫 通 する 広 幅 員 の 主 要 な 道 路,かつ, 十 分 な 歩 道 空 間 が 確 保 されている 道 路 沿 いで, 後 背 地 の 良 好 な 環 境 を 保 護 すべき 区 域 敷 2. 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 を 貫 通 する 主 要 な 道 路 沿 いで, 特 に 後 背 地 の 良 好 な 住 環 境 を 保 護 すべき 区 域 3. 中 高 層 住 宅 地 として 開 発, 整 備 する 区 域 又 はすでに 中 高 層 住 宅 地 として 整 備 されている 区 域 で, 住 民 の 日 常 生 活 の 利 便 から 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 図 る 区 域 4. 業 務 商 業 の 拠 点 及 び 商 業 の 拠 点 の 周 辺 の 区 域 で あって, 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 化 を 図 る 区 域 で, 住 民 の 日 常 生 活 の 利 便 から 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 図 る 区 域 敷 壁 ( 注 1) 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 限 度 については, 東 京 都 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 制 限 に 関 する 条 例 に 基 づくものとする( 商 業 地 域 を 除 く ) ( 注 2) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり, 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 す べき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 21

28 (5) 第 一 種 住 居 地 域 指 定, 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 商 業 地 又 は 工 業 地 に 接 する 区 域 等, 用 途 が 混 在 しているが, 住 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 住 居 専 用 地 域 を 貫 通 する 幹 線 道 路 沿 いの 区 域 で, 特 に 後 背 地 の 住 環 境 を 保 護 すべき 区 域 2. 容 積 率 原 則 として200% 以 下 とし, 高 度 利 用 を 図 る 区 域 は300%とする 3. 建 ぺい 率 原 則 として60%とする ただし, 地 域 の 特 性 に 応 じて50%とすることができる 8. 規 模 おおむね3ha 以 上 とし, 形 状 は 整 形 とす る ただし, 道 路 沿 いに 路 線 式 指 定 とする 区 域 は,この 限 りではない また, 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 指 定 を 行 う 場 合 は, 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため, 用 途, 敷 地 面 積 の 最 低 限 度, 壁 面 の 位 置 等 に 関 する 事 項 や 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 等 に 関 する 事 項 を 必 要 に 応 じ て 定 めることとする 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは, 指 定 標 準 の とおりとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は, 必 要 な 区 域 につい て 指 定 する 6. 高 度 地 区 (1) 容 積 率 150% 以 下 の 区 域 は, 原 則 とし て15m 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただ し, 地 域 の 特 性 に 応 じて15m 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる (2) 容 積 率 200% 以 上 の 区 域 は, 原 則 とし て25m 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただ し, 地 域 の 特 性 に 応 じて25m 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただ し, 容 積 率 200% 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は, 防 火 地 域 に 指 定 す ることができる 22

29 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 (%) 容 積 率 (%) 用 途 地 域 の 指 定 に 合 わせて 導 入 を 検 討 す べき 事 項 1. 商 業 地 又 は 工 業 地 に 接 する 区 域 等, 用 途 が 混 在 して いるが, 住 環 境 を 保 護 する 区 域 用 敷 2. 行 政 施 設, 学 校, 病 院 等 の 公 共 公 益 施 設 が 立 地 する 区 域 で, 周 辺 の 住 環 境 を 保 護 すべき 区 域 3.おおむね12m 以 上 の 幅 員 の 道 路 沿 いの 区 域 又 は 業 務 商 業 の 拠 点 周 辺 等 の 高 度 利 用 を 図 る 区 域 ( 注 1) 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 限 度 については, 東 京 都 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 制 限 に 関 する 条 例 に 基 づくものとする( 商 業 地 域 を 除 く ) ( 注 2) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり, 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 す べき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 23

30 (6) 第 二 種 住 居 地 域 指 定, 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 大 規 模 な 店 舗, 事 務 所 等 が 混 在 している 住 宅 地 で, 住 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 第 一 種 住 居 地 域 等 を 貫 通 する 幹 線 道 路 沿 いの 区 域 で, 住 環 境 を 保 護 すべき 区 域 2. 容 積 率 原 則 として200% 以 下 とし, 高 度 利 用 を 図 る 区 域 は300%とする 3. 建 ぺい 率 原 則 として60%とする ただし, 地 域 の 特 性 に 応 じて50%とすることができる 8. 規 模 おおむね3ha 以 上 とし, 形 状 は 整 形 とす る ただし, 道 路 沿 いに 路 線 式 指 定 とする 区 域 は,この 限 りではない また, 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 指 定 を 行 う 場 合 は, 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため, 用 途, 敷 地 面 積 の 最 低 限 度, 壁 面 の 位 置 等 に 関 する 事 項 や 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 等 に 関 する 事 項 を 必 要 に 応 じ て 定 めることとする 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは, 指 定 標 準 の とおりとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は, 必 要 な 区 域 につい て 指 定 する 6. 高 度 地 区 (1) 容 積 率 150% 以 下 の 区 域 は, 原 則 とし て15m 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただ し, 地 域 の 特 性 に 応 じて15m 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる (2) 容 積 率 200% 以 上 の 区 域 は, 原 則 とし て25m 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただ し, 地 域 の 特 性 に 応 じて25m 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただ し, 容 積 率 200% 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は, 防 火 地 域 に 指 定 す ることができる 24

31 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 (%) 容 積 率 (%) 用 途 地 域 の 指 定 に 合 わせて 導 入 を 検 討 す べき 事 項 1. 大 規 模 な 店 舗, 事 務 所 等 が 混 在 している 住 宅 地 で, 住 環 境 を 保 護 する 区 域 用 敷 2.おおむね12m 以 上 の 幅 員 の 道 路 沿 いの 区 域 又 は 業 務 商 業 の 拠 点 の 周 辺 等 の 高 度 利 用 を 図 る 区 域 ( 注 1) 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 限 度 については, 東 京 都 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 制 限 に 関 する 条 例 に 基 づくものとする( 商 業 地 域 を 除 く ) ( 注 2) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり, 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 す べき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 25

32 (7) 準 住 居 地 域 指 定, 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 道 路 の 沿 道 としての 地 域 の 特 性 にふさわし い 業 務 の 利 便 の 増 進 を 図 りつつ,これと 調 和 した 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 住 宅 地 を 貫 通 する 幹 線 道 路 等 の 沿 道 のう ち, 自 動 車 関 連 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 に 立 地 を 図 る 地 域 で, 住 環 境 を 保 護 する 区 域 2. 容 積 率 原 則 として200% 以 下 とし, 高 度 利 用 を 図 る 区 域 は300%とする 8. 規 模 おおむね1ha 以 上 とする 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 指 定 を 行 う 場 合 は, 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため, 用 途, 敷 地 面 積 の 最 低 限 度, 壁 面 の 位 置 等 に 関 する 事 項 や 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 等 に 関 する 事 項 を 必 要 に 応 じ て 定 めることとする 3. 建 ぺい 率 原 則 として60%とする ただし, 地 域 の 特 性 に 応 じて50%とすることができる 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは, 指 定 標 準 の とおりとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は, 必 要 な 区 域 につい て 指 定 する 6. 高 度 地 区 原 則 として,25m 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし, 地 域 の 特 性 に 応 じて25m 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただ し, 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は, 防 火 地 域 に 指 定 することができる 26

33 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 (%) 容 積 率 (%) 用 途 地 域 の 指 定 に 合 わせて 導 入 を 検 討 す べき 事 項 1. 道 路 沿 いに 自 動 車 関 連 施 設 等 が 立 地 している 区 域 用 敷 2. 住 宅 地 を 貫 通 するおおむね12m 以 上 の 幅 員 の 道 路 沿 いの 区 域 において 自 動 車 関 連 施 設 等 が 立 地 してい る 区 域 又 は 計 画 的 な 立 地 を 図 る 区 域 であって, 住 居 の 環 境 の 保 護 を 図 る 必 要 がある 区 域 ( 注 1) 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 限 度 については, 東 京 都 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 制 限 に 関 する 条 例 に 基 づくものとする( 商 業 地 域 を 除 く ) ( 注 2) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり, 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 す べき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 27

34 (8) 近 隣 商 業 地 域 指 定, 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 近 隣 の 住 宅 地 の 住 民 に 対 する 日 用 品 の 供 給 を 行 うことを 主 たる 内 容 とする 商 業 その 他 の 業 務 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 地 域 (1) 業 務 商 業 の 拠 点 及 び 商 業 の 拠 点 の 区 域, 又 はその 周 辺 の 区 域 (2) 日 常 購 買 品 を 扱 う 店 舗 を 主 体 とした 区 域 (3) 幹 線 道 路 沿 いで, 沿 道 にふさわしい 業 務 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 に 立 地 を 図 る 区 域 2. 容 積 率 (1) 原 則 として300%とする (2) 業 務 商 業 の 拠 点 又 は 幹 線 道 路 沿 いの 区 域 で, 高 度 利 用 を 図 る 区 域 は400%を 指 定 することができる (3) 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 又 は 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 に 囲 まれた 区 域 は 原 則 として 200%とする 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 容 積 率 400%の 区 域 は, 防 火 地 域 に 指 定 する その 他 の 区 域 は, 準 防 火 地 域 に 指 定 す る ただし, 容 積 率 300% 以 下 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は, 防 火 地 域 に 指 定 することができる 8. 規 模 おおむね0.5ha 以 上 とする ただし, 商 業 地 域 に 隣 接 する 区 域 又 は 道 路 沿 いに 路 線 式 指 定 とする 区 域 は,この 限 りではない 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 指 定 を 行 う 場 合 は, 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため, 用 途, 敷 地 面 積 の 最 低 限 度, 壁 面 の 位 置 等 に 関 する 事 項 や, 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 等 に 関 する 事 項 を 必 要 に 応 じて 定 めることとする 3. 建 ぺい 率 原 則 として80%とする ただし, 地 域 の 特 性 に 応 じて60%とすることができる 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは, 指 定 標 準 の とおりとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は, 必 要 な 区 域 につい て 指 定 する 6. 高 度 地 区 (1) 容 積 率 200%の 区 域 は, 原 則 として 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 する (2) 容 積 率 300%の 区 域 は, 原 則 として 第 三 種 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし, 地 域 の 特 性 に 応 じて31m 高 度 地 区 に 指 定 する ことができる 28

35 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 (%) 容 積 率 (%) 集 団, 路 線 式 の 別 用 途 地 域 の 指 定 に 合 わ せて 導 入 を 検 討 すべき 事 項 1. 日 常 購 買 品 を 扱 う 店 舗 を 主 体 とした 区 域 若 しくは 計 画 的 に 立 地 を 図 る 区 域, 又 は 生 活 利 便 性 の 向 上 による 地 域 活 性 化 を 図 る 区 域 集 団 又 は 路 線 式 用 敷 2. 幹 線 道 路 沿 いで, 沿 道 にふさわしい 業 務 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 に 立 地 を 図 る 区 域 路 線 式 3. 業 務 商 業 の 拠 点 及 び 商 業 の 拠 点 の 区 域, 又 はその 周 辺 の 区 域 集 団 4. 上 記 2.の 区 域 で,おおむね16m 以 上 の 幹 線 道 路 沿 いで 高 度 利 用 を 図 る 区 域 用 敷 壁 400 路 線 式 ( 注 1) 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 限 度 については, 東 京 都 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 制 限 に 関 する 条 例 に 基 づくものとする( 商 業 地 域 を 除 く ) ( 注 2) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり, 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 す べき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 29

36 (9) 商 業 地 域 指 定, 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 商 業 その 他 の 業 務 の 利 便 を 増 進 す るため 定 める 地 域 (1) 業 務 商 業 の 拠 点 及 び 商 業 の 拠 点 で 商 業 業 務 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 立 地 を 図 る 区 域 (2) 幹 線 道 路 沿 いで, 商 業 業 務 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 立 地 を 図 る 区 域 (3) 近 隣 商 業 地 域 では 許 容 されない 商 業 施 設 が 多 く 立 地 している 区 域 2. 容 積 率 (1) 都 市 計 画 マスタープランにおける 業 務 商 業 の 拠 点 に 位 置 付 けのある 区 域 で, 特 に 広 域 的 な 中 心 性 を 備 えた 拠 点 として 育 成 を 図 る 区 域 は,500%から700%とす る 4. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 容 積 率 400% 以 上 の 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 する その 他 の 区 域 は, 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし, 容 積 率 300% 以 下 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は, 防 火 地 域 に 指 定 することができる 5. 規 模 おおむね0.5ha 以 上 とする ただし, 近 隣 商 業 地 域 と 接 する 区 域 及 び 路 線 式 指 定 と する 区 域 は,この 限 りではない 6. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 指 定 を 行 う 場 合 は, 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため, 用 途, 敷 地 面 積 の 最 低 限 度, 建 築 物 の 高 さ, 壁 面 の 位 置 等 に 関 する 事 項 や 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 等 に 関 する 事 項 を 必 要 に 応 じて 定 めることとする (2) その 他 の 商 業 地 域 は, 原 則 400% 又 は 500%とする ただし, 高 度 利 用 を 図 る ことが 不 適 当 な 区 域 又 は 道 路 幅 員 が 狭 く 高 度 利 用 を 図 ることができない 区 域 若 しくは 高 度 利 用 を 図 る 必 要 がない 区 域 は,200 % 又 は300%とする 3. 高 度 地 区 (1) 容 積 率 200%の 区 域 は, 原 則 として 第 二 種 高 度 地 区 に, 容 積 率 300%の 区 域 は, 原 則 として 第 三 種 種 高 度 地 区 に 指 定 す る ただし, 地 域 の 特 性 に 応 じて31m 高 度 地 区 に 指 定 することができる (2) 容 積 率 400% 以 上 の 区 域 については, 原 則 として 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 に 指 定 しな いものとする 30

37 指 定 標 準 適 用 区 域 容 積 率 (%) 集 団, 路 線 式 の 別 用 途 地 域 の 指 定 に 合 わ せて 導 入 を 検 討 すべき 事 項 1. 近 隣 商 業 地 域 では 許 容 されない 商 業 施 設 が 多 く 立 地 している 区 域 で 高 度 利 用 を 図 ることが 不 適 当 な 区 域 又 は 道 路 幅 員 が 狭 く 高 度 利 用 を 図 ることができない 区 域 若 しくは 高 度 利 用 を 図 る 必 要 がない 区 域 集 団 又 は 路 線 式 用 敷 2. 近 隣 商 業 地 域 では 許 容 されない 商 業 施 設 が 多 く 立 地 している 区 域 で, 高 度 利 用 を 図 る 区 域 幅 員 20m 以 上 の 幹 線 道 路 沿 いの 区 域 路 線 式 4. 業 務 商 業 の 拠 点 及 び 商 業 の 拠 点 で 商 業 業 務 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 立 地 を 図 る 区 域 集 団 5. 都 市 計 画 マスタープランにおける 業 務 商 業 の 拠 点 に 位 置 付 けのある 区 域 で, 特 に 広 域 的 な 中 心 性 を 備 え た 拠 点 として 育 成 を 図 る 区 域 ( 注 1) 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 限 度 については, 東 京 都 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 制 限 に 関 する 条 例 に 基 づくものとする( 商 業 地 域 を 除 く ) ( 注 2) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり, 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 す べき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 31

38 (10) 準 工 業 地 域 指 定, 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として, 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれの ない 工 業 の 利 便 を 増 進 するために 定 める 地 域 (1) 工 場 と 住 宅 が 混 在 しており, 住 工 の 調 和 を 図 りながら 都 市 型 工 業 や 地 場 産 業 等 の 育 成 を 図 るべき 区 域 又 は 住 環 境 の 保 護 を 図 り つつ 工 業 の 立 地 を 図 る 区 域 (2) 流 通 関 連 施 設 等 の 立 地 を 誘 導 する 区 域 (3) 水 道, 下 水 道,ごみ 焼 却 場 等 の 供 給 処 理 施 設 の 立 地 する 区 域 又 は 飛 行 場 等 の 区 域 (4) 店 舗, 事 務 所, 流 通 関 連 施 設 等 の 業 務 系 施 設 又 は 自 動 車 修 理 工 場 等 沿 道 サービス 施 設 等 の 立 地 する 区 域 2. 容 積 率 原 則 として200%とする ただし, 都 市 施 設 の 整 備 状 況 又 は 土 地 利 用 状 況 に 応 じ 高 度 利 用 を 図 る 区 域 は,300%とすることがで きる 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし, 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は, 防 火 地 域 に 指 定 することができる 8. 規 模 おおむね5ha 以 上 とし, 形 状 は 整 形 とす る ただし, 供 給 処 理 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 道 路 沿 いに 路 線 式 指 定 する 区 域 は, この 限 りでない 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 指 定 を 行 う 場 合 は, 工 場 と 住 宅 が 調 和 する 市 街 地 像 を 実 現 するため, 用 途, 敷 地 面 積 の 最 低 限 度, 壁 面 の 位 置 等 に 関 する 事 項 や 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 等 に 関 する 事 項 を 必 要 に 応 じて 定 めることとする 3. 建 ぺい 率 原 則 として60%とする ただし, 地 域 の 特 性 に 応 じて50%とすることができる 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは, 指 定 標 準 の とおりとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は, 必 要 な 区 域 につい て 指 定 する 6. 高 度 地 区 原 則 として,25m 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし, 地 域 の 特 性 に 応 じて25m 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる 32

39 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 (%) 容 積 率 (%) 用 途 地 域 の 指 定 に 合 わせて 導 入 を 検 討 すべき 事 項 1. 住 宅 と 調 和 した 複 合 市 街 地 を 目 指 す 区 域 又 は 供 給 処 理 施 設 の 立 地 する 区 域 2. 上 記 1.の 区 域 で, 高 度 利 用 を 図 る 区 域 3. 工 業 系 の 施 設 があり, 店 舗, 事 務 所, 流 通 関 連 施 設 等 又 は 沿 道 サービス 施 設 等 が 立 地 している 区 域 で, 高 度 利 用 を 図 る 区 域 4. 鉄 道 沿 線, 幹 線 道 路 沿 道, 飛 行 場 周 辺 等 で, 騒 音 等 が 著 しい 区 域 又 は 著 しくなると 予 想 される 区 域 で, 特 に 後 背 地 の 良 好 な 住 環 境 を 保 護 することが 必 要 な 区 域 用 敷 ( 注 1) 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 限 度 については, 東 京 都 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 制 限 に 関 する 条 例 に 基 づくものとする( 商 業 地 域 を 除 く ) ( 注 2) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり, 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 す べき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 33

40 Ⅱ その 他 の 地 域 地 区 の 指 定 基 準 1 特 別 用 途 地 区 特 別 用 途 地 区 を, 以 下 のような 考 え 方 に 基 づき 指 定 する 1 土 地 利 用 の 増 進 や 環 境 の 保 護 などの 特 別 の 目 的 を 実 現 するため, 用 途 地 域 を 補 完 し, 特 定 の 建 築 物 の 用 途 等 を 制 限 または 緩 和 することが 必 要 な 区 域 について, 市 の 創 意 工 夫 を 活 かして, 地 区 の 特 性 にふさわしい 特 別 用 途 地 区 を 指 定 する 2 指 定 にあたっては, 用 途 地 域 との 関 係 を 十 分 に 考 慮 したうえで, 当 該 地 区 の 特 性 にふさわしい 土 地 利 用 の 増 進, 環 境 の 保 護 等, 実 現 を 図 るべき 特 別 の 目 的 を 明 確 に 設 定 して, 適 切 な 位 置 及 び 規 模 で 定 める 2 高 度 地 区 斜 線 型 の3 種 類 の 高 度 地 区, 絶 対 高 さを 定 めた5 種 類 の 高 度 地 区 を, 以 下 により 定 め る 1 原 則 として, 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域, 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 は, 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 する 2 原 則 として, 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域, 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 を 除 く 容 積 率 150% 以 下 の 地 域 は,15m 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし, 地 域 の 特 性 に 応 じて15m 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる 3 原 則 として, 近 隣 商 業 地 域, 商 業 地 域 を 除 く 容 積 率 200% 以 上 の 区 域 は,25 m 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし, 地 域 の 特 性 に 応 じて25m 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる 4 原 則 として, 近 隣 商 業 地 域, 商 業 地 域 の 容 積 率 200%の 区 域 は, 第 二 種 高 度 地 区, 容 積 率 300%の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし, 容 積 率 300% の 区 域 は, 地 域 の 特 性 に 応 じて31m 高 度 地 区 に 指 定 することができる 3 高 度 利 用 地 区 高 度 利 用 地 区 は, 東 京 都 高 度 利 用 地 区 指 定 基 準 により 指 定 する 4 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 1 原 則 として, 建 ぺい 率 50% 以 上 の 区 域 は 準 防 火 地 域 に 指 定 する また, 延 焼 の 防 止 を 図 ることが 必 要 な 区 域 については, 建 ぺい 率 40%の 区 域 についても 準 防 火 地 域 に 指 定 することができる 2 容 積 率 400% 以 上 の 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 する また, 容 積 率 200% 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 については, 防 火 地 域 に 指 定 することがで きる 5 その 他 の 地 区 その 他 の 地 区 については,それぞれの 法 令 等 及 び 指 定 基 準 等 により 適 切 に 定 める 34

41 運 用 に つ い て 1 法 律 等 の 改 正 が 行 われた 場 合 等, 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 を 踏 まえ,この 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 の 内 容 を 再 検 討 し, 必 要 に 応 じて 変 更 するものとする 2 土 地 利 用 に 関 するその 他 の 都 市 計 画 の 決 定 等 にあたっても,この 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 を 踏 まえて 行 うものとする 3 この 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 は, 調 布 市 全 域 を 対 象 として 統 一 的 な 運 用 を 図 るものと するが, 特 段 の 定 めのない 事 項 のほか,この 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 により 難 い 理 由 が あるときは, 別 途 関 係 機 関 等 と 協 議 することにより 特 別 の 運 用 ができるものとする 4 この 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 は, 平 成 26 年 9 月 30 日 から 施 行 する 35

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

タイトル

タイトル 8. 地 区 内 道 路 整 備 プログラム 8. 地 区 内 道 路 整 備 プログラム (1) 地 区 内 道 路 整 備 プログラムの 検 討 地 区 内 道 路 整 備 プログラムは, 目 指 すべき 地 区 内 道 路 網 の 各 路 線 を 対 象 に, 整 備 の 優 先 度 を 明 示 した もので, 整 備 優 先 度 の 考 え 方 に 基 づき, 優 先 整 備 路 線, 局

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

市街化調整区域における地区計画の

市街化調整区域における地区計画の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 運 用 方 針 平 成 23 年 8 月 日 野 市 1. 背 景 及 び 目 的 平 成 18 年 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 については 大 規 模 な 開 発 計 画 などを 開 発 許 可 制 度 により 認 める 制 度 が 廃 止 され 改 正 後 地 区 計

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477>

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477> 豊 島 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 豊 島 区 都 市 整 備 部 平 成 25 年 10 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹 線

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を 佐 久 都 市 計 画 ( 佐 久 市 御 代 田 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 長 野 県 変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

Taro-04日南(2.19).jtd

Taro-04日南(2.19).jtd 日 南 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 23 年 4 月 宮 崎 県 目 次 第 1 章 基 本 的 事 項 第 1 節 本 県 の 目 指 す 都 市 づくり 1 第 2 節 圏 域 の 設 定 と 将 来 都 市 構 造 3 1. 圏 域 の 設 定 2. 本 県 の 将 来 都 市 構

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準 東 京 都 再 開 発 等 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 運 用 基 準 東 京 都 都 市 整 備 局 平 成 2 5 年 4 月 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 基 本 目 標 1 3 本 運 用 基 準 の 位 置 付 け 1 4 用 語 の 定 義 2 第 2 策 定 基 準 5 1 区 域 の 要 件 5 (1) 基 本 計 画 等 との 適 合 5 (2) 基

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

越谷の都市計画2012.indd

越谷の都市計画2012.indd LAND USE それぞれの 地 域 に 見 合 った 土 地 の 使 い 方 や 建 物 の 建 て 方 な どのルールを 定 めていくことが 都 市 で 生 活 する 私 たちに は 必 要 なのです 都 市 計 画 区 域 City Planning Areas 区 域 区 分 ( 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ) Urbanization Promotion

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

4 盛 岡 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 27 年 3 月 岩 手 県 Ⅰ. 都 市 計 画 の 目 標 Ⅰ-1. 都 市 計 画 区 域 の 名 称 規 模 等 本 方 針 は 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 ( 以 下 本 区 域 という )を 対 象 とし

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基 千 早 赤 阪 村 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 千 早 赤 阪 村 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率 (1) 区 区 分 市 街 化 区 及 び 市 街 化 調 整 区 都 市 計 画 区 のうち すでに 市 街 化 を 形 成 している 区 及 びおおむね10 年 以 内 に 優 先 的 かつ 計 画 的 に 市 街 化 を 図 るべき 区 として 市 街 化 区 を また 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 として 市 街 化 調 整 区 をそれぞれ 決 定 しています 計 画 書 ( 平 成

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 都 市 計 画 法 第 6 条 の 2 に 規 定 する 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A> 竜 ヶ 崎 牛 久 都 市 計 画 ( 龍 ケ 崎 市, 牛 久 市, 利 根 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備, 開 発 及 び 保 全 の 方 針 茨 城 県 1 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 竜 ヶ 崎 牛 久 1 1) 都 市 計 画 区 域 の 名 称 及 び 範 囲 竜 ヶ 崎 牛 久 1 2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 竜 ヶ 崎 牛 久 1 3) 地 域

More information

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保 延 岡 市 市 街 化 調 整 区 域 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 17 年 3 月 28 日 策 定 平 成 18 年 8 月 12 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 区 計 画 の 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 内 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 当 該

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378> 東 広 島 市 街 化 調 における 運 用 基 準 の 1 作 目 的 成 この に 関 運 し 用 必 基 要 準 な は 事 項 本 を 市 定 の めることにより 市 街 化 調 整 区 域 内 市 における 街 化 調 整 地 区 区 域 計 における 画 制 度 の 良 運 好 用 な 及 環 び 境 地 の 区 維 計 持 画 及 の び 素 形 案 成 に 寄 与 することを 目 的

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

テーマ: 放 射 5 号 線 沿 道 の 土 地 利 用 ( 第 3 回 まちづくり 意 見 交 換 会 ) 開 催 日 :6 月 12 日 ( 金 ) / 会 場 : 久 我 山 会 館 2 階 第 1 第 2 集 会 室 / 参 加 人 数 :20 名 放 射 5 号 線 沿 道 のまちづくりの

テーマ: 放 射 5 号 線 沿 道 の 土 地 利 用 ( 第 3 回 まちづくり 意 見 交 換 会 ) 開 催 日 :6 月 12 日 ( 金 ) / 会 場 : 久 我 山 会 館 2 階 第 1 第 2 集 会 室 / 参 加 人 数 :20 名 放 射 5 号 線 沿 道 のまちづくりの 玉 川 上 水 放 射 5 号 線 周 辺 地 区 まちづくりだより No.3 発 行 日 : 平 成 27 年 10 月 / 発 行 : 杉 並 区 都 市 整 備 部 まちづくり 推 進 課 / 編 集 協 力 : 首 都 圏 総 合 計 画 研 究 所 まちづくり 意 見 交 換 会 オープンハウスを 開 催 しました 日 頃 より 杉 並 区 のまちづくりにご 理 解 とご 協 力 をいただきありがとうございます

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

はじめに

はじめに Ⅱ.まちの 骨 格 基 盤 以 下 では Ⅰ. 都 市 機 能 環 境 景 観 で 示 された 東 部 拠 点 のまちづくりを 支 えるための 骨 格 基 盤 について 主 に 公 的 主 体 が 整 備 又 は 誘 導 を 図 る 方 針 として 記 述 します 1. 都 市 基 盤 整 備 1) 土 地 区 画 整 理 事 業 a. 土 地 区 画 整 理 事 業 は 吹 田 操 車 場 跡 地

More information

あきる野市土地利用方針(案)

あきる野市土地利用方針(案) あきる 野 土 利 用 方 針 平 成 24 年 11 月 あきる 野 あ き る 野 土 利 用 方 針 1 策 定 の 趣 旨 目 的 P2 2 土 利 用 の 現 状 と 課 題 P2 (1) 域 の 特 性 P2 (2) 化 区 域 及 び 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 P7 (3) 域 の 土 利 用 の 課 題 P10 3 域 における 適 正 な 土 利 用 の 形 成

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案)

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案) 港 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 平 成 27 年 6 月 1 日 27 港 街 計 第 791 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 法 という ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 容 積 率 の 許

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

市街化調整区域の保全と活用の方針

市街化調整区域の保全と活用の方針 市 街 化 調 整 区 域 の 保 全 と 活 用 の 方 針 ( 平 成 18 年 3 月 29 日 市 長 決 裁 ) ( 平 成 22 年 11 月 22 日 最 終 改 正 ) Ⅰ 方 針 策 定 にあたって 2 1 方 針 策 定 の 背 景 2 2 目 的 と 位 置 づけ 4 Ⅱ 札 幌 市 都 市 計 画 マスタープランにおける 基 本 方 針 5 1 市 街 地 の 範 囲 5 2

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093738E738C698ACF837D8358835E815B83768389839381698C8892E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093738E738C698ACF837D8358835E815B83768389839381698C8892E8816A2E646F63> 住 宅 地 板 橋 区 の 景 観 要 素 戸 建 て 住 宅 地 板 橋 の 景 8 板 橋 区 の 歴 史 を 伝 える 良 好 な 住 宅 地 の 姿 常 盤 台 一 二 丁 目 は 昭 和 11 年 には 田 園 都 市 構 想 の 一 環 として 東 武 鉄 道 による 常 盤 台 住 宅 地 の 分 譲 が 始 まり 公 園 駅 前 広 場 街 路 樹 を 配 置 する など 健 康 住

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx 綱 島 サスティナブル スマートタウン 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 市 素 案 説 明 会 平 成 27 年 6 月 12 日 横 浜 市 ~ 本 日 の 説 明 内 容 ~ 地 区 の 概 要 と 上 位 計 画 経 緯 地 区 計 画 の 都 市 計 画 市 素 案 今 後 の 都 市 計 画 手 続 地区の概要 港北区 日吉駅 綱島サスティナブル スマートタウン地区 面積 約4.4ha

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303033328E528C608CA782CC93738E738C7689E65F88CF91F58CB4967B5F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303033328E528C608CA782CC93738E738C7689E65F88CF91F58CB4967B5F2E646F63> 第 3 章 山 形 県 の 都 市 計 画 1.マスタープラン (1) 都 市 計 画 区 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 マスタープラン) ( 都 市 計 画 法 第 6 条 の2) 平 成 12 年 の 都 市 計 画 法 改 正 により 創 設 された 都 市 計 画 区 マスタープランの 策 定 にあた り 山 形 県 では 平 成 13 年 度 に

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc Ⅳ. 実 現 方 策 ここでは まちづくり 基 本 方 針 に 基 づき 地 区 計 画 の 導 入 を 前 提 に 分 野 別 方 針 を 実 現 し ていくための 方 策 を 明 らかにするとともに 住 民 と 行 政 の 協 働 で 取 り 組 むまちづくりの 進 め 方 と 都 市 計 画 の 見 直 しの 考 え 方 を 示 して います Ⅳ-1 分 野 別 の 実 現 方 策 ここでは

More information

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層 第 1 章 第 4 節 第 4 節 4-1. 土 地 利 用 都 市 空 間 の 方 針 (1) 土 地 利 用 都 市 空 間 の 基 本 的 考 え 方 近 年 の 人 口 減 少 少 子 高 齢 社 会 の 到 来 産 業 構 造 の 変 化 等 を 背 景 に これまでの 都 市 の 拡 大 成 長 を 前 提 としたまちづくりから 成 熟 する 社 会 に 対 応 し 質 的 な 豊 かさの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

Microsoft Word - 20150512ガイドライン構成11(最終).docx

Microsoft Word - 20150512ガイドライン構成11(最終).docx はじめに 1 Ⅰ. 地 区 計 画 の 概 要 2 Ⅱ. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 概 要 3 Ⅲ. 地 区 計 画 案 申 し 出 までの 流 れ( 地 元 の 取 り 組 み) 8 Ⅳ. 地 区 計 画 案 申 し 出 後 の 流 れ( 地 元 市 の 続 き) 29 Ⅴ. 地 区 計 画 原 案 の 作 成 法 と 留 意 点 ( 市 の 続 き) 31 参 考

More information

東京都高度利用地区

東京都高度利用地区 新 宿 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 新 宿 区 都 市 計 画 部 平 成 2 7 年 11 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹

More information

Microsoft Word - 090401_橿原市都市MP-★本編修正案.doc

Microsoft Word - 090401_橿原市都市MP-★本編修正案.doc 5. 地 域 別 まちづくりの 方 針 ( 地 域 別 構 想 ) (1) 地 域 区 分 について 地 域 別 構 想 の 地 域 区 分 の 方 法 として まちづくりの 特 性 が 類 似 している 地 域 によって 地 域 を 区 分 すると 本 市 の 都 市 拠 点 を 担 う 大 和 八 木 駅 周 辺 の 中 心 市 街 地 が 形 成 されている 中 部 地 域 藤 原 宮 跡 や

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3)

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3) 3) 計 画 容 積 率 設 定 の 考 え 方 計 画 容 積 率 は 見 直 し 相 当 容 積 率 に 評 価 容 積 率 を 加 えた 範 囲 内 で 計 画 内 容 の 優 良 性 当 該 区 域 及 び 周 辺 市 街 地 に 対 する 貢 献 度 道 路 等 の 都 市 基 盤 施 設 等 とのバランス 日 照 や 景 観 に 対 する 配 慮 周 辺 市 街 地 との 調 和 等 を

More information

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx 5-4 南 部 地 区 () 南 部 地 区 の 概 要 地 域 資 源 本 地 区 は 市 の 南 に 位 置 し 東 から 熊 川 緑 地 拝 島 駅 を 経 由 し 福 生 南 公 園 に 至 る 地 区 です 歴 史 的 に 古 くから 開 けてきた 地 区 ですが 基 盤 整 備 が 整 わないまま 市 街 化 が 進 展 したため 狭 あい 道 路 や 行 き 止 まりなどの 問 題 が

More information

Microsoft Word - 秋田都市計画区域マスタープラン

Microsoft Word - 秋田都市計画区域マスタープラン 秋田都市計画 都市計画区域の整備 開発及び保全の方針 都市計画区域マスタープラン 平成26年7月 秋 田 県 秋 田 都 市 計 画 及 び 河 辺 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 の 変 更 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 を 次 のように 変 更 する 都 市 計 画 法 の 改 正

More information

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究 第 3 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 利 用 行 為 の 基 準 ( 開 発 事 業 の 遵 守 基 準 ) 第 30 条 市 街 化 調 整 区 域 内 において 開 発 事 業 ( 区 域 の 面 積 が 3,000 平 方 メートル 以 上 の 建 築 物 系 の 開 発 事 業 又 は 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 に 限 る 以 下 この 条 において 同 じ

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) B 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の 保 存 に 関 する 法 律 により 指 定 された 保 存 樹 木 または これに 準 ずる 樹 木 の 保 全 のために これらの

区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) B 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の 保 存 に 関 する 法 律 により 指 定 された 保 存 樹 木 または これに 準 ずる 樹 木 の 保 全 のために これらの 別 表 第 1( 第 4 条 関 係 ) 2つの 要 件 に 該 当 する 場 合 または のうち の 緩 い 方 との 組 合 せが 適 用 できる : 緩 和 措 置 あり : 限 定 緩 和 措 置 あり : 緩 和 措 置 なし 区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) A 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の

More information

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について まちづくりにおける 福 祉 施 設 について 都 市 再 生 特 別 措 置 法 と 建 築 基 準 法 厚 生 労 働 省 老 健 局 高 齢 者 支 援 課 振 興 課 課 長 補 佐 ( 高 齢 者 居 住 福 祉 担 当 ) 山 口 義 敬 都 市 再 生 特 別 措 置 法 建 築 基 準 法 の 改 正 について( 情 報 提 供 ) 都 市 再 生 特 別 措 置 法 等 の 改 正

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 (1) 米 野 名 駅 南 地 区 総 合 整 備 米 野 名 駅 南 地 区 ( 約 180ha)は 名 古 屋 駅 の 南 に 位 置 し 周 囲 を 広 小 路 線 江 川 線 岩 井 町 線 名 古 屋 環 状 線 に 囲 まれた 地 区 である

6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 (1) 米 野 名 駅 南 地 区 総 合 整 備 米 野 名 駅 南 地 区 ( 約 180ha)は 名 古 屋 駅 の 南 に 位 置 し 周 囲 を 広 小 路 線 江 川 線 岩 井 町 線 名 古 屋 環 状 線 に 囲 まれた 地 区 である 都 市 計 画 概 要 2013 第 2 編 名 古 屋 の 都 市 計 画 の 現 況 第 6 章 市 街 地 の 開 発 整 備 6-1 市 街 地 整 備 の 沿 革 と 方 針 6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 6-3 土 地 区 画 整 理 事 業 6-4 市 街 地 再 開 発 事 業 6-5 優 良 建 築 物 等 整 備 事 業 6-6 開 発 行 為 6-7 都 心 部

More information

目 次 はじめに 1 1 府 中 基 地 跡 地 の 概 要 と 経 過 2 2 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 現 状 4 3 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 課 題 8 4 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 活 用 の 基 本 理 念 と 基 本 原 則 9 5 府 中 基 地

目 次 はじめに 1 1 府 中 基 地 跡 地 の 概 要 と 経 過 2 2 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 現 状 4 3 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 課 題 8 4 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 活 用 の 基 本 理 念 と 基 本 原 則 9 5 府 中 基 地 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 活 用 基 本 方 針 平 成 28 年 2 月 府 中 市 目 次 はじめに 1 1 府 中 基 地 跡 地 の 概 要 と 経 過 2 2 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 現 状 4 3 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 課 題 8 4 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 活 用 の 基 本 理 念 と 基 本 原 則 9 5 府 中 基 地 跡

More information

序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参 考 資 料 > 79

序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参 考 資 料 > 79 静 岡 市 中 山 間 地 域 ( 市 街 化 調 整 区 域 等 ) 土 地 利 用 ガイドライン 平 成 21 年 10 月 静 岡 市 序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

Microsoft Word - 概要版.doc

Microsoft Word - 概要版.doc 杉 戸 町 都 市 計 画 マスタープラン 概 要 版 平 成 20 年 3 月 杉 戸 町 1 杉 戸 町 都 市 計 画 マスタープランについて 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 及 び 地 域 の 将 来 像 を 明 ら かにし その 実 現 化 を 計 画 的 に 進 めていくための 基 本 方 針 です 本 町 では 平 成 7 年 度 に 都 市 計 画 マスタープラン を

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information