用途地域等に関する指定方針

Save this PDF as:
Size: px
Start display at page:

Download "用途地域等に関する指定方針"

Transcription

1 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市

2

3 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 ( 以 下 方 針 等 という )を 策 定 し 市 と 連 携 のもと 適 切 に 用 途 地 域 等 の 指 定 等 を 行 ってきた しかし 平 成 23 年 8 月 の 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 るための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 及 び 都 市 計 画 法 施 行 令 が 一 部 改 正 され 用 途 地 域 等 に 係 る 都 市 計 画 決 定 権 限 が 東 京 都 から 市 に 移 譲 された ( 平 成 24 年 4 月 1 日 施 行 ) そこで 東 京 都 の 方 針 等 が 東 京 都 全 体 を 捉 え 広 域 の 見 地 から 定 められたものである ことから この 方 針 等 を 参 酌 し 東 大 和 市 の 実 情 に 即 し 市 のまちづくりの 方 針 等 に 沿 ったものとすることを 目 的 に 東 大 和 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 ( 以 下 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 という )を 策 定 する 今 後 は 第 二 次 基 本 構 想 で 定 めた めざす 都 市 像 人 と 自 然 が 調 和 した 生 活 文 化 都 市 東 大 和 や 都 市 マスタープランに 掲 げた 方 針 をもとに 狭 山 丘 陵 の 豊 かな 自 然 と 共 生 した 活 力 ある 都 市 づくりを 進 めていくため この 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 に 基 づき 適 切 に 用 途 地 域 等 の 指 定 等 を 行 うものとする

4 目 次 ページ Ⅰ 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 1 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 1 (1) 商 業 業 務 住 宅 複 合 市 街 地 1 (2) 幹 線 道 路 沿 道 複 合 市 街 地 1 (3) 工 業 業 務 住 宅 複 合 市 街 地 1 (4) 公 共 公 益 施 設 地 区 1 (5) 丘 陵 住 宅 地 及 び 緑 と 水 の 保 全 地 1 (6) 低 密 度 住 宅 地 2 (7) 中 高 密 度 住 宅 地 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 (1) 特 別 用 途 地 区 2 (2) 高 度 地 区 2 (3) 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 2 (4) その 他 の 地 区 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 (1) 用 途 地 域 等 の 適 時 適 切 な 見 直 し 3 (2) 地 区 計 画 の 原 則 化 3 (3) 区 域 の 設 定 3 1 区 域 の 境 界 線 等 3 2 標 準 面 積 及 び 路 線 式 指 定 の 区 域 4 (4) 柔 軟 な 土 地 利 用 施 策 の 展 開 4

5 Ⅱ 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 基 準 5 (1) 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 5 (2) 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 7 (3) 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 9 (4) 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 11 (5) 第 一 種 住 居 地 域 13 (6) 第 二 種 住 居 地 域 15 (7) 準 住 居 地 域 17 (8) 近 隣 商 業 地 域 19 (9) 商 業 地 域 21 (10) 準 工 業 地 域 23 (11) 工 業 地 域 25 (12) 工 業 専 用 地 域 26 Ⅲ その 他 の 地 域 地 区 の 指 定 基 準 27 1 特 別 用 途 地 区 27 2 高 度 地 区 27 3 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 27 4 その 他 の 地 区 27 Ⅳ 運 用 について 27

6 Ⅰ 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 現 況 の 土 地 利 用 及 び 東 大 和 市 都 市 マスタープランの 土 地 利 用 の 方 針 を 踏 まえて 地 域 特 性 に 応 じた 地 域 地 区 の 指 定 方 針 を 次 のように 定 める (1) 商 業 業 務 住 宅 複 合 市 街 地 活 力 のある 都 市 づくりの 核 となる 生 活 関 連 施 設 等 が 身 近 にある 利 便 性 の 高 い 地 区 と しての 土 地 利 用 を 図 る 鉄 道 駅 周 辺 の 地 区 は 土 地 の 有 効 利 用 を 促 し 生 活 心 としての 育 成 を 図 る 区 域 として 商 業 系 の 用 途 地 域 を 指 定 する 古 くからの 街 道 沿 い 等 に 集 積 している 商 店 街 等 は 日 常 生 活 の 中 心 的 な 地 区 として の 育 成 を 図 る 区 域 として 原 則 として 近 隣 商 業 地 域 を 指 定 する (2) 幹 線 道 路 沿 道 複 合 市 街 地 幹 線 道 路 としての 機 能 を 生 かすとともに 都 市 活 動 を 支 えるロードサイド 型 施 設 の 立 地 を 受 け 止 めるため 周 辺 住 宅 地 と 調 和 の 取 れた 土 地 利 用 を 図 る 幹 線 道 路 沿 道 は 業 務 商 業 住 宅 等 の 複 合 市 街 地 としての 土 地 利 用 の 増 進 を 図 り つつ これと 調 和 した 住 居 の 環 境 を 保 護 する 区 域 として 住 居 系 の 用 途 地 域 を 指 定 する 周 辺 住 宅 地 への 影 響 を 極 力 抑 えるため 沿 道 の 用 途 地 域 を 段 階 的 に 設 定 するなど 緩 衝 的 機 能 の 方 策 を 図 る (3) 工 業 業 務 住 宅 複 合 市 街 地 既 存 の 産 業 機 能 が 立 地 した 地 域 の 活 力 を 維 持 し 工 業 業 務 住 宅 混 在 地 域 などの 既 存 のストックを 活 かした 機 能 の 育 成 を 図 るべき 区 域 は 原 則 として 工 業 地 域 を 指 定 する (4) 公 共 公 益 施 設 地 区 市 役 所 図 書 館 学 校 公 民 館 等 が 集 まっている 地 区 は 親 しみのあるコミュニティ 形 成 の 場 として 機 能 の 向 上 や 基 盤 整 備 の 整 った 環 境 の 保 全 を 図 るため 住 居 系 の 用 途 地 域 を 指 定 する (5) 丘 陵 住 宅 地 及 び 緑 と 水 の 保 全 地 青 梅 街 道 並 びに 都 道 128 号 線 以 北 の 地 域 は 多 摩 湖 とその 周 辺 の 丘 陵 地 の 自 然 と 一 戸 建 て 住 宅 等 を 中 心 とする 現 在 の 環 境 を 維 持 するため 原 則 として 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 を 指 定 する 1

7 (6) 低 密 度 住 宅 地 幹 線 道 路 沿 道 活 力 ある 都 市 づくりの 拠 点 等 とする 複 合 市 街 地 等 以 外 の ゆとりある 低 層 住 宅 地 は 原 則 として 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 を 指 定 する (7) 中 高 密 度 住 宅 地 計 画 的 に 整 備 された 中 高 層 の 住 宅 地 は オープンスペースを 備 えた 中 高 層 住 宅 地 とし ての 土 地 利 用 を 誘 導 するため 原 則 として 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 を 指 定 する 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 特 別 用 途 地 区 高 度 地 区 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 並 びにその 他 の 地 域 地 区 を 有 効 に 活 用 し 防 災 性 の 向 上 良 好 な 街 並 み 景 観 の 形 成 など 地 域 の 特 性 を 生 かして 目 標 とする 市 街 地 像 への 誘 導 を 図 る (1) 特 別 用 途 地 区 現 況 の 土 地 利 用 を 踏 まえ 土 地 利 用 の 増 進 や 環 境 の 保 護 などの 特 別 の 目 的 を 実 現 する ため 用 途 地 域 を 補 完 し 特 定 の 建 築 物 の 用 途 等 を 制 限 又 は 緩 和 することが 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 活 用 を 図 る (2) 高 度 地 区 住 環 境 の 保 護 や 良 好 な 都 市 景 観 の 形 成 を 図 るため 基 本 となる 用 途 地 域 との 整 合 に 留 意 し 地 域 特 性 に 応 じて 原 則 として 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 の 斜 線 勾 配 を 一 定 の 高 さに 留 め 建 物 の 最 高 高 さを 制 限 する 併 用 型 の 高 度 地 区 を 指 定 する また 原 則 として 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 を 指 定 しない 場 合 は 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 を 指 定 する なお 土 地 の 高 度 利 用 を 図 る 観 点 から 400の 容 積 率 が 指 定 された 区 域 について は 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 を 指 定 しない (3) 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 防 災 上 の 観 点 から 400の 容 積 率 が 指 定 された 区 域 に 防 火 地 域 を 指 定 する また 50 以 上 の 建 ぺい 率 が 指 定 された 区 域 は 原 則 として 準 防 火 地 域 を 指 定 する (4) その 他 の 地 区 それぞれの 地 域 特 性 を 十 分 に 検 討 し 適 時 適 切 に 定 めるものとする 2

8 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 (1) 用 途 地 域 等 の 適 時 適 切 な 見 直 し 既 成 市 街 地 の 機 能 更 新 等 を 効 果 的 かつ 円 滑 に 進 めるため 都 市 計 画 事 業 等 の 進 捗 状 況 に 応 じ 適 時 適 切 に 用 途 地 域 等 を 見 直 す 市 街 地 再 開 発 事 業 等 面 的 な 都 市 計 画 事 業 を 行 う 場 合 は 事 業 の 都 市 計 画 決 定 とあわせ 用 途 地 域 等 の 変 更 を 行 う 土 地 区 画 整 理 事 業 の 施 行 区 域 にあっては 原 則 として 仮 換 地 指 定 以 降 に 用 途 地 域 等 の 変 更 を 行 うこととし 区 域 の 一 部 に 仮 換 地 指 定 がなされた 場 合 は 誘 導 容 積 型 地 区 計 画 とあわせて 用 途 地 域 等 の 変 更 を 行 うものとする 都 市 計 画 道 路 等 の 整 備 に 伴 う 用 途 地 域 等 の 変 更 は 供 用 開 始 の 時 期 等 を 捉 え 適 切 に 見 直 しを 行 うとともに 誘 導 容 積 型 地 区 計 画 を 有 効 に 活 用 していく (2) 地 区 計 画 の 原 則 化 用 途 地 域 等 の 変 更 にあたっては 都 市 機 能 の 更 新 住 環 境 の 保 全 など 地 区 の 課 題 にき め 細 かく 対 応 し 地 域 の 特 性 に 応 じためざすべき 市 街 地 像 を 実 現 するため 必 要 な 事 項 を 原 則 として 地 区 計 画 に 定 める なお 容 積 率 や 建 ぺい 率 の 低 減 や 地 形 地 物 による 用 途 地 域 の 変 更 など 市 街 地 環 境 に 及 ぼす 影 響 が 想 定 されない 場 合 は 地 区 計 画 を 定 めないことができる (3) 区 域 の 設 定 1 区 域 の 境 界 線 等 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 又 は 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 と 商 業 地 域 工 業 地 域 又 は 工 業 専 用 地 域 とは 原 則 として 相 互 に 接 して 指 定 しないものとする また 住 居 系 用 途 地 域 と 路 線 式 商 業 系 用 途 地 域 が 隣 接 する 場 合 など 隣 接 する 用 途 地 域 相 互 の 容 積 率 の 差 が 過 大 にならないよう 配 慮 して 設 定 するものとする 用 途 地 域 等 の 区 域 の 境 界 線 は 道 路 鉄 道 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するために 適 当 なものを 境 界 線 とする ただし 幹 線 道 路 沿 道 など 地 域 の 特 性 によりこれにより 難 い 場 合 は 路 線 式 指 定 とすることができるものとする な お 地 形 地 物 等 により 難 い 場 合 は 市 街 地 再 開 発 事 業 境 界 行 政 界 などを 境 界 線 と することができる 3

9 2 標 準 面 積 及 び 路 線 式 指 定 の 区 域 用 途 地 域 等 の 最 小 標 準 面 積 は 指 定 基 準 に 示 された 数 値 を 原 則 とするが 都 市 計 画 事 業 や 特 別 用 途 地 区 地 区 計 画 等 により 計 画 的 な 市 街 地 の 整 備 を 図 る 区 域 比 較 的 規 模 の 大 きい 供 給 処 理 施 設 等 の 公 共 施 設 の 区 域 については 指 定 基 準 の 数 値 によらないことができる また 用 途 地 域 等 を 路 線 式 指 定 とする 場 合 原 則 として その 区 域 の 幅 は 道 路 境 界 線 から20mとする ただし おおむね15m 以 上 の 幅 員 を 有 する 道 路 沿 いの 区 域 を 路 線 式 指 定 とする 場 合 は 延 焼 遮 断 帯 形 成 など 土 地 利 用 の 目 標 地 域 の 特 性 及 び 周 辺 の 土 地 利 用 等 を 勘 案 し その 区 域 の 幅 は 道 路 境 界 線 から30mとすることができる (4) 柔 軟 な 土 地 利 用 施 策 の 展 開 一 団 地 の 住 宅 施 設 の 都 市 計 画 が 決 定 されている 大 規 模 な 住 宅 団 地 においては 地 域 に 必 要 な 道 路 公 園 の 整 備 や 緑 の 保 全 など 骨 格 的 な 事 項 を 定 め 周 辺 地 区 の 状 況 も 勘 案 し た 地 区 計 画 への 移 行 を 促 進 する その 上 で 地 区 整 備 方 針 に 相 応 しい 容 積 率 や 建 ぺい 率 を 指 定 するものとする 4

10 Ⅱ 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 基 準 (1) 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 低 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 するた め 定 める 地 域 (1) 良 好 な 低 層 住 宅 地 として その 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 土 地 区 画 整 理 事 業 その 他 の 市 街 地 開 発 事 業 等 により 低 層 住 宅 地 として 面 的 な 市 街 地 整 備 を 図 る 区 域 2. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとおり とする 3. 外 壁 の 後 退 距 離 外 壁 の 後 退 距 離 は 必 要 な 区 域 について1.5m 又 は1mに 指 定 する ただし 地 区 計 画 により 異 な る 数 値 を 定 めることができる 4. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 指 定 する 7. 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 は 10mに 指 定 す る 8. 規 模 おおむね5ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする ただし 地 区 計 画 等 による 区 域 は この 限 りでな い また 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 良 好 な 住 環 境 を 維 持 するため 原 則 として 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 を 定 めることとする また 区 域 の 道 路 等 公 共 施 設 の 整 備 水 準 に 応 じ て 壁 面 の 位 置 容 積 率 の 最 高 限 度 などに 関 する 事 項 を 定 める 5. 高 度 地 区 原 則 として 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 する 6. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 建 ぺい 率 50 以 上 の 区 域 は 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 公 共 施 設 の 整 備 された 区 域 で 延 焼 の おそれの 低 い 区 域 については この 限 りでない また 延 焼 の 防 止 を 図 る 必 要 のある 区 域 について は 建 ぺい 率 40の 区 域 についても 指 定 すること ができる 5

11 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 m 用 途 地 域 の 変 更 に あたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 2) 1. 環 境 良 好 な 一 般 的 な 低 層 住 宅 地 として 将 来 ともその 環 境 を 保 護 すべき 区 域 2. 農 地 等 が 多 く 道 路 等 の 都 市 基 盤 が 未 整 備 な 区 域 及 び 良 好 な 樹 林 地 等 の 保 全 を 図 る 区 域 3. 地 区 計 画 耕 地 整 理 事 業 等 により 道 路 等 が ある 程 度 整 備 されている 区 域 で 区 画 道 路 率 がおおむね16 未 満 の 区 域 4. 地 区 計 画 耕 地 整 理 事 業 等 により 道 路 等 が ある 程 度 整 備 されている 区 域 で 区 画 道 路 率 がおおむね16 以 上 の 区 域 敷 敷 上 記 3.の 区 域 にあって 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 において 敷 地 規 模 及 び 壁 面 の 位 置 敷 地 内 の 道 路 沿 いの 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 に 関 する 事 項 など 住 宅 地 の 環 境 の 向 上 に 寄 与 する 事 項 が 定 められた 区 域 6. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 完 了 した 区 域 若 しくは 仮 換 地 指 定 ( 仮 換 地 未 指 定 の 区 域 を 含 めて 誘 導 容 積 型 地 区 計 画 をかける 場 合 は 当 該 区 域 を 含 む ) が 行 われた 区 域 又 は 道 路 等 の 公 共 施 設 が 整 備 された 区 域 敷 壁 容 敷 ( 注 1) 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 限 度 については 東 京 都 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 制 限 に 関 する 条 例 に 基 づくものとする( 商 業 地 域 工 業 地 域 及 び 工 業 専 用 地 域 を 除 く 以 降 同 様 ) ( 注 2) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 6

12 (2) 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 低 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 良 好 な 低 層 住 宅 地 の 環 境 を 保 護 しつつ 日 用 品 販 売 店 舗 等 の 利 便 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 に 立 地 を 図 る 区 域 (2) 主 要 な 生 活 道 路 沿 いの 区 域 で 良 好 な 低 層 住 宅 地 の 環 境 を 保 護 する 区 域 2. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとおり とする 8. 規 模 おおむね1ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする た だし 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 と 隣 接 する 区 域 又 は 路 線 式 指 定 とする 区 域 は この 限 りでない 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 良 好 な 住 環 境 を 維 持 するため 原 則 として 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 を 定 め ることとする また 区 域 の 道 路 等 公 共 施 設 の 整 備 水 準 に 応 じ て 壁 面 の 位 置 容 積 率 の 最 高 限 度 などに 関 する 事 項 を 定 める 3. 外 壁 の 後 退 距 離 外 壁 の 後 退 距 離 は 必 要 な 区 域 について1.5m 又 は1mに 指 定 する ただし 地 区 計 画 により 異 な る 数 値 を 定 めることができる 4. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 指 定 する 5. 高 度 地 区 原 則 として 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 する 6. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 建 ぺい 率 50 以 上 の 区 域 は 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 公 共 施 設 の 整 備 された 区 域 で 延 焼 の おそれの 低 い 区 域 については この 限 りでない また 延 焼 の 防 止 を 図 る 必 要 のある 区 域 について は 建 ぺい 率 40の 区 域 についても 指 定 すること ができる 7. 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 は 10mに 指 定 する 7

13 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 m 用 途 地 域 の 変 更 に あたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 1. 環 境 良 好 な 低 層 住 宅 地 で 小 規 模 な 店 舗 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 な 立 地 を 図 る 区 域 で その 環 境 を 保 護 する 区 域 敷 2. 環 境 良 好 な 低 層 住 宅 地 の 主 要 な 生 活 道 路 沿 いで 小 規 模 な 店 舗 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 な 立 地 を 図 る 区 域 で その 環 境 を 保 護 する 区 域 敷 3. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 完 了 した 区 域 若 しくは 仮 換 地 指 定 ( 仮 換 地 未 指 定 の 区 域 を 含 めて 誘 導 容 積 型 地 区 計 画 をかける 場 合 は 当 該 区 域 を 含 む )が 行 われた 区 域 又 は 道 路 等 の 公 共 施 設 が 整 備 された 区 域 であって 小 規 模 な 店 舗 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 な 立 地 を 図 る 区 域 で その 環 境 を 保 護 する 区 域 敷 敷 壁 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 8

14 (3) 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 中 高 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 する ため 定 める 地 域 (1) 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 として その 環 境 を 保 護 す る 区 域 (2) 土 地 区 画 整 理 事 業 その 他 の 市 街 地 開 発 事 業 等 により 道 路 下 水 道 公 園 等 が 整 備 された 区 域 で 住 環 境 の 保 護 を 図 りつつ 住 宅 を 中 高 層 化 する 区 域 2. 容 積 率 200 以 下 とする 3. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとおり とする 7. 規 模 おおむね3ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする ただし 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 と 隣 接 する 区 域 又 は 路 線 式 指 定 とする 区 域 は この 限 りではな い また 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 8. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 としてその 環 境 の 整 備 を 図 るため 原 則 とし て 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 を 定 めるとともに 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 め ることとする 4. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 指 定 する 5. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし 容 積 率 150 以 下 の 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる (2) 住 環 境 の 保 全 良 好 な 街 並 み 景 観 の 形 成 などを 図 るため 原 則 として 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 に 指 定 する 6. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 200 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができ る 9

15 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 1. 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 として その 環 境 を 保 護 する 区 域 又 は 開 発 整 備 する 区 域 敷 生 活 心 の 周 辺 の 区 域 で 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 化 を 図 るべき 区 域 敷 壁 学 校 図 書 館 その 他 の 教 育 施 設 病 院 等 の 立 地 を 図 る 区 域 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 又 は 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 を 貫 通 する 主 要 な 道 路 沿 いで 特 に 後 背 地 の 良 好 な 環 境 を 保 護 する 区 域 敷 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 10

16 (4) 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 中 高 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 許 容 しつつ 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 の 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 土 地 区 画 整 理 事 業 その 他 の 市 街 地 開 発 事 業 等 に より 道 路 下 水 道 公 園 等 が 整 備 された 区 域 で 住 環 境 の 保 護 を 図 りつつ 住 宅 を 中 高 層 化 する 区 域 (3) 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 等 を 貫 通 する 主 要 な 道 路 沿 いで 特 に 後 背 地 の 良 好 な 住 環 境 を 保 護 す るべき 区 域 2. 容 積 率 200 以 下 とする 3. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとおり とする 7. 規 模 おおむね3ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする ただし 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 と 隣 接 する 区 域 又 は 路 線 式 指 定 とする 区 域 は この 限 りではな い また 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 8. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 としてその 環 境 の 整 備 を 図 るため 原 則 とし て 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 を 定 めるとともに 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 め ることとする 4. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 指 定 する 5. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし 容 積 率 150 以 下 の 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる (2) 住 環 境 の 保 全 良 好 な 街 並 み 景 観 の 形 成 などを 図 るため 原 則 として 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 に 指 定 する 6. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 200の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができる 11

17 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 1. 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 等 を 貫 通 する 主 要 な 道 路 沿 いで 特 に 後 背 地 の 良 好 な 住 環 境 を 保 護 すべき 区 域 敷 中 高 層 住 宅 地 として 開 発 整 備 する 区 域 又 はすでに 中 高 層 住 宅 地 として 整 備 されている 区 域 で 住 民 の 日 常 生 活 の 利 便 から 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 図 る 区 域 敷 3. 生 活 心 の 周 辺 の 区 域 であって 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 化 を 図 る 区 域 で 住 民 の 日 常 生 活 の 利 便 から 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 図 る 区 域 敷 壁 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 12

18 (5) 第 一 種 住 居 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 商 業 地 又 は 工 業 地 に 接 する 区 域 で 用 途 が 混 在 しているが 住 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 住 居 専 用 地 域 を 貫 通 する 幹 線 道 路 沿 いの 区 域 で 住 環 境 を 保 護 する 区 域 8. 規 模 おおむね3ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする ただし 道 路 沿 いに 路 線 式 指 定 とする 区 域 は こ の 限 りではない また 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 2. 容 積 率 200 以 下 とする 3. 建 ぺい 率 原 則 として60とする ただし 地 域 の 特 性 に 応 じて50とすることができる 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとおり とする 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 を 定 めるとともに 必 要 に 応 じて 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 めることとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 指 定 する 6. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし 容 積 率 150 以 下 の 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる (2) 住 環 境 の 保 全 良 好 な 街 並 み 景 観 の 形 成 などを 図 るため 原 則 として 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 に 指 定 する 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 200の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができ る 13

19 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 1. 商 業 地 又 は 工 業 地 に 接 する 区 域 で 用 途 が 混 在 して いるが 住 環 境 を 保 護 する 区 域 おおむね12m 以 上 の 幅 員 の 道 路 沿 い 又 は 駅 周 辺 若 しくは 生 活 心 周 辺 等 の 高 度 利 用 を 図 る 区 域 用 敷 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 14

20 (6) 第 二 種 住 居 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 大 規 模 な 店 舗 事 務 所 等 が 混 在 している 住 宅 地 で 住 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 第 一 種 住 居 地 域 を 貫 通 する 幹 線 道 路 沿 いの 区 域 で 住 環 境 を 保 護 する 区 域 8. 規 模 おおむね3ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする た だし 道 路 沿 いに 路 線 式 指 定 とする 区 域 は この 限 りではない また 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 2. 容 積 率 200 以 下 とする 3. 建 ぺい 率 原 則 として60とする ただし 地 域 の 特 性 に 応 じて50とすることができる 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとお りとする 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 を 定 めるとともに 必 要 に 応 じて 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 めるこ ととする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 指 定 する 6. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし 容 積 率 150 以 下 の 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる (2) 住 環 境 の 保 全 良 好 な 街 並 み 景 観 の 形 成 などを 図 るため 原 則 として 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 に 指 定 する 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 200の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができる 15

21 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 1. 大 規 模 な 店 舗 事 務 所 等 が 混 在 している 住 宅 地 で 住 環 境 を 保 護 する 区 域 おおむね12m 以 上 の 幅 員 の 道 路 沿 い 又 は 駅 周 辺 若 しくは 生 活 心 周 辺 等 の 高 度 利 用 を 図 る 区 域 用 敷 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 16

22 (7) 準 住 居 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 道 路 の 沿 道 としての 地 域 の 特 性 にふさわしい 業 務 の 利 便 の 増 進 を 図 りつつ これと 調 和 した 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 住 宅 地 を 貫 通 する 幹 線 道 路 等 の 沿 道 のうち 自 動 車 関 連 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 に 立 地 を 図 る 区 域 で 住 環 境 を 保 護 する 区 域 2. 容 積 率 200 以 下 とする 8. 規 模 おおむね1ha 以 上 とする 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 を 定 めるとともに 必 要 に 応 じて 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 めることとする 3. 建 ぺい 率 原 則 として60とする ただし 地 域 の 特 性 に 応 じて50とすることができる 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 み 合 わせ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 み 合 わせは 指 定 標 準 のと おりとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 指 定 する 6. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 する (2) 住 環 境 の 保 全 良 好 な 街 並 み 景 観 の 形 成 などを 図 るため 原 則 として 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 に 指 定 する 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 200の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 すること ができる 17

23 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 1. 道 路 沿 いに 自 動 車 関 連 施 設 等 が 立 地 している 区 域 住 宅 地 を 貫 通 するおおむね12m 以 上 の 幅 員 の 道 路 沿 いの 区 域 において 自 動 車 関 連 施 設 等 が 立 地 し ている 区 域 又 は 計 画 的 な 立 地 を 図 る 区 域 であって 住 居 の 環 境 の 保 護 を 図 る 必 要 がある 区 域 用 敷 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 18

24 (8) 近 隣 商 業 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 近 隣 の 住 宅 地 の 住 民 に 対 する 日 用 品 の 供 給 を 行 うことを 主 たる 内 容 とする 商 業 その 他 の 業 務 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 地 域 (1) 生 活 心 及 び 生 活 心 周 辺 の 区 域 (2) 日 常 購 買 品 を 扱 う 店 舗 を 主 体 とした 区 域 (3) 乗 降 人 員 の 尐 ない 鉄 道 駅 周 辺 の 区 域 (2) 又 は(3)について 指 定 する 場 合 の 基 準 は 店 舗 又 は 事 務 所 等 の 数 がおおむね30 以 上 集 中 し ている 区 域 で 区 域 内 の 店 舗 若 しくは 事 務 所 等 の 建 築 物 の 棟 数 又 は 床 面 積 の 合 計 が おおむね 全 体 の70を 超 える 区 域 とする (4) 住 宅 地 に 新 駅 が 設 置 されるなど 日 常 購 買 品 を 扱 う 店 舗 等 の 立 地 を 図 る 区 域 (5) 幹 線 道 路 沿 いで 沿 道 にふさわしい 業 務 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 に 立 地 を 図 る 区 域 6. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 容 積 率 200の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 し 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 する (2) 住 環 境 の 保 全 良 好 な 街 並 み 景 観 の 形 成 などを 図 るため 原 則 として 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 に 指 定 する 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができる 8. 規 模 おおむね0.5ha 以 上 とする ただし 商 業 地 域 に 隣 接 する 区 域 又 は 道 路 沿 いに 路 線 式 指 定 とす る 区 域 は この 限 りではない 2. 容 積 率 (1) 原 則 として300とする (2) 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 又 は 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 に 囲 まれた 区 域 は 原 則 として200 とする 3. 建 ぺい 率 原 則 として80とする ただし 地 域 の 特 性 に 応 じて60とすることができる 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 めることとする 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとお りとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 指 定 する 19

25 適 用 区 域 1. 住 居 系 用 途 地 域 に 接 する 区 域 又 は 古 く からの 街 道 沿 いで 日 常 購 買 品 等 を 扱 う 店 舗 が 立 地 している 区 域 若 しくは 立 地 を 図 る 区 域 2. 年 間 の 乗 車 人 員 がおおむね200 万 人 以 下 の 駅 周 辺 の 区 域 で 周 辺 の 環 境 を 保 護 する 区 域 又 は 商 業 地 域 の 周 辺 にあっ て 主 として 日 常 購 買 品 等 を 扱 う 店 舗 事 務 所 等 の 多 く 立 地 している 区 域 若 しく はそれらの 立 地 を 図 る 区 域 指 定 標 準 建 ぺい 率 容 積 率 集 団 路 線 式 の 別 路 線 式 用 敷 集 団 用 敷 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 3. 生 活 心 及 び 生 活 心 周 辺 の 区 域 集 団 用 敷 おおむね16m 以 上 の 幹 線 道 路 沿 いで 沿 道 にふさわしい 業 務 施 設 等 が 立 地 して いる 区 域 又 は 計 画 的 に 立 地 を 図 る 区 域 路 線 式 用 敷 壁 80 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 20

26 (9) 商 業 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 商 業 その 他 の 業 務 の 利 便 を 増 進 するた め 定 める 地 域 (1) 生 活 心 の 区 域 (2) 乗 降 人 員 の 多 い 鉄 道 駅 周 辺 の 区 域 (3) 幹 線 道 路 沿 いで 商 業 業 務 施 設 等 が 立 地 して いる 区 域 又 は 立 地 を 図 る 区 域 (4) 近 隣 商 業 地 域 では 許 容 されない 商 業 施 設 が 多 く 立 地 している 区 域 2. 容 積 率 (1) 原 則 として400 以 下 とする (2) 幹 線 道 路 沿 いで 住 宅 地 に 接 する 場 合 は 後 背 地 との 容 積 率 の 差 が 過 大 とならないよう 配 慮 する 5. 規 模 おおむね0.5ha 以 上 とする ただし 近 隣 商 業 地 域 と 接 する 区 域 及 び 路 線 式 指 定 とする 区 域 は この 限 りではない 6. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 を 定 めるとともに 必 要 に 応 じて 建 築 物 の 高 さ 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 な どに 関 する 事 項 を 定 めることとする 3. 高 度 地 区 (1) 容 積 率 200の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 に 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 す ることができる 容 積 率 400の 区 域 について は 原 則 として 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 に 指 定 しない ものとする (2) 住 環 境 の 保 全 良 好 な 街 並 み 景 観 の 形 成 などを 図 るため 原 則 として 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 に 指 定 する 4. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 容 積 率 400の 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 する その 他 の 区 域 は 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 300 以 下 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができ る 21

27 適 用 区 域 1. 近 隣 商 業 地 域 では 許 容 されない 商 業 施 設 が 多 く 立 地 している 区 域 指 定 標 準 容 積 率 都 市 施 設 の 整 備 集 団 路 線 式 の 別 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 200 未 完 集 団 又 は 用 敷 300 完 成 路 線 式 2. 幅 員 20m 以 上 の 幹 線 道 路 沿 いの 区 域 300 路 線 式 用 敷 3. 年 間 の 乗 車 人 員 がおおむね200 万 人 以 上 の 駅 周 辺 区 域 生 活 心 の 区 域 200 未 完 集 団 用 敷 完 成 400 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 22

28 (10) 準 工 業 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 を 増 進 するために 定 める 地 域 (1) 工 場 と 住 宅 が 混 在 しており 住 工 の 調 和 を 図 り ながら 都 市 型 工 業 や 地 場 産 業 などの 育 成 を 図 る べき 区 域 又 は 住 環 境 の 保 護 を 図 りつつ 工 業 の 立 地 を 図 る 区 域 (2) 流 通 関 連 施 設 などの 立 地 を 誘 導 する 区 域 (3) 水 道 下 水 道 ごみ 焼 却 場 等 の 供 給 処 理 施 設 の 立 地 する 区 域 又 は 電 車 操 車 場 等 の 区 域 (4) 店 舗 事 務 所 流 通 関 連 施 設 等 の 業 務 系 施 設 又 は 自 動 車 修 理 工 場 等 沿 道 サービス 施 設 等 の 立 地 する 区 域 2. 容 積 率 (1) 原 則 として200とする ただし 都 市 施 設 の 整 備 状 況 又 は 土 地 利 用 状 況 に 応 じ 高 度 利 用 を 図 る 区 域 は 300とすることができる (2) 特 に 高 度 利 用 を 必 要 としない 区 域 は 150 以 下 とする 6. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 容 積 率 200 以 下 の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 に 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし 容 積 率 150 以 下 の 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することが できる (2) 住 環 境 の 保 全 良 好 な 街 並 み 景 観 の 形 成 など を 図 るため 原 則 として 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 に 指 定 する 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 すること ができる 8. 規 模 おおむね5ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする ただし 供 給 処 理 施 設 等 が 立 地 している 区 域 工 業 地 域 と 隣 接 する 区 域 又 は 道 路 沿 いに 路 線 式 指 定 する 区 域 は この 限 りでない 3. 建 ぺい 率 原 則 として60とする ただし 地 域 の 特 性 に 応 じて50とすることができる 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとおり とする 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 工 場 と 住 宅 との 調 和 する 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 を 定 めるとともに 必 要 に 応 じて 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 など に 関 する 事 項 を 定 めることとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 指 定 する 23

29 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 1. 住 宅 と 調 和 した 複 合 市 街 地 を 目 指 す 区 域 又 は 供 給 処 理 施 設 若 しくは 車 両 操 車 場 等 の 立 地 する 区 域 用 敷 上 記 1.の 区 域 で 高 度 利 用 を 図 る 区 域 用 敷 工 業 系 の 施 設 があり 店 舗 事 務 所 流 通 関 連 施 設 等 又 は 沿 道 サービス 施 設 等 が 立 地 している 区 域 で 高 度 利 用 を 図 る 区 域 用 敷 鉄 道 沿 線 幹 線 道 路 沿 道 等 で 騒 音 等 が 著 しい 区 域 又 は 著 しくなると 予 想 される 区 域 で 特 に 後 背 地 の 良 好 な 住 環 境 を 保 護 することが 必 要 な 区 域 用 敷 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 24

30 (11) 工 業 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 ( 指 定 標 準 及 び 適 用 区 域 ) 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 工 業 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 地 域 (1) 準 工 業 地 域 では 許 容 されない 工 場 又 は 危 険 物 の 貯 蔵 所 処 理 場 の 立 地 を 図 るべき 区 域 (2) 工 業 団 地 など 産 業 機 能 を 集 積 させ その 機 能 の 育 成 を 図 るべき 区 域 (3) 住 宅 等 との 混 在 を 排 除 することが 困 難 又 は 不 適 当 な 工 業 地 で 産 業 機 能 の 維 持 を 図 るべき 区 域 2. 容 積 率 原 則 として200とする ただし 特 に 高 度 利 用 を 必 要 としない 区 域 については150 以 下 とする 3. 建 ぺい 率 原 則 として60とする ただし 地 域 の 特 性 に 応 じて50とすることができる 4. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 に 指 定 しないものとする ただし 地 区 内 又 はその 周 辺 の 環 境 に 配 慮 が 必 要 な 場 合 指 定 することができる (2) 住 環 境 の 保 全 などを 図 るため 原 則 として 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 に 指 定 する 5. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する 6. 規 模 おおむね5ha 以 上 とする 25

31 (12) 工 業 専 用 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 ( 指 定 標 準 及 び 適 用 区 域 ) 1. 指 定 すべき 区 域 工 業 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 地 域 (1) 工 業 の 集 積 が 多 く その 機 能 の 育 成 を 図 り 住 宅 の 立 地 を 防 止 する 区 域 (2) 計 画 的 に 開 発 する 工 業 団 地 の 区 域 2. 容 積 率 原 則 として200とする ただし 特 に 高 度 利 用 を 必 要 としない 区 域 については150 以 下 とする 3. 建 ぺい 率 原 則 として60とする ただし 容 積 率 150 以 下 の 区 域 は50とすることができる 4. 高 度 地 区 指 定 しない 5. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する 6. 規 模 おおむね5ha 以 上 とする 26

32 Ⅲ その 他 の 地 域 地 区 の 指 定 基 準 1 特 別 用 途 地 区 用 途 地 域 との 関 係 を 十 分 に 考 慮 したうえで 当 該 地 区 の 特 性 にふさわしい 土 地 利 用 の 増 進 環 境 の 保 護 等 実 現 を 図 るべき 特 別 の 目 的 を 明 確 に 設 定 して 適 切 な 位 置 及 び 規 模 で 定 めることとする 2 高 度 地 区 1 原 則 として 低 層 住 居 専 用 地 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 する 2 原 則 として 容 積 率 200の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 とする 3 原 則 として 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 とする 4 住 環 境 の 保 全 良 好 な 街 並 み 景 観 の 形 成 などを 図 るため 原 則 として 絶 対 高 さ 制 限 を 定 める 高 度 地 区 に 指 定 する 3 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 1 原 則 として 建 ぺい 率 50 以 上 の 区 域 は 準 防 火 地 域 に 指 定 する また 延 焼 の 防 止 を 図 ることが 必 要 な 区 域 については 建 ぺい 率 40 以 上 の 区 域 についても 準 防 火 地 域 に 指 定 することができる 2 容 積 率 400の 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 する また 容 積 率 200 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 については 防 火 地 域 に 指 定 することができる 4 その 他 の 地 区 その 他 の 地 区 の 指 定 又 は 変 更 については それぞれの 法 令 等 に 基 づくものとする Ⅳ 運 用 について 1 法 律 等 の 改 正 が 行 われた 場 合 など 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 を 踏 まえ 政 策 誘 導 の 視 点 からこの 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 の 内 容 を 再 検 討 し 必 要 に 応 じて 変 更 するものとする 2 土 地 利 用 に 関 するその 他 の 都 市 計 画 の 決 定 等 にあたっても この 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 を 踏 まえて 行 うものとする 3 この 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 は 平 成 24 年 12 月 12 日 から 施 行 する 27

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

Microsoft Word - 資料3(用途)

Microsoft Word - 資料3(用途) 姶 良 用 途 地 域 見 直 し 方 針 について 資 料 4 1 用 途 地 域 現 状 都 計 画 区 域 内 に 地 域 地 区 として 用 途 地 域 を 定 めることができます 用 途 地 域 は 地 域 地 区 制 うち 最 も 基 本 的 なもで 建 築 物 用 途 形 態 高 さなどに 制 限 を 加 えることにより 都 機 能 維 持 増 進 居 住 環 境 保 護 商 工 業

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

市街化調整区域における地区計画の

市街化調整区域における地区計画の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 運 用 方 針 平 成 23 年 8 月 日 野 市 1. 背 景 及 び 目 的 平 成 18 年 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 については 大 規 模 な 開 発 計 画 などを 開 発 許 可 制 度 により 認 める 制 度 が 廃 止 され 改 正 後 地 区 計

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率 (1) 区 区 分 市 街 化 区 及 び 市 街 化 調 整 区 都 市 計 画 区 のうち すでに 市 街 化 を 形 成 している 区 及 びおおむね10 年 以 内 に 優 先 的 かつ 計 画 的 に 市 街 化 を 図 るべき 区 として 市 街 化 区 を また 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 として 市 街 化 調 整 区 をそれぞれ 決 定 しています 計 画 書 ( 平 成

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保 延 岡 市 市 街 化 調 整 区 域 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 17 年 3 月 28 日 策 定 平 成 18 年 8 月 12 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 区 計 画 の 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 内 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 当 該

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

佐渡市都市計画区域の見直し

佐渡市都市計画区域の見直し 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 について 佐 渡 市 建 設 課 都 市 計 画 とは 土 地 の 使 い 方 や 建 物 の 建 て 方 についての ルールをはじめ まちづくりに 必 要 なことがら について 総 合 的 一 体 的 に 定 め まちづく り 全 体 を 秩 序 だてて 進 めていくことを 目 的 と した 都 市 計 画 法 という 法 律 で 定 められた 計 画 です 住

More information

京成成田駅東口地区地区計画運用基準

京成成田駅東口地区地区計画運用基準 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 目 的 この 運 用 基 準 は 成 田 市 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 ( 以 下 地 区 計 画 という ) の 都 市 計 画 決 定 に 伴 い 地 区 整 備 計 画 に 規 定 する 事 項 に 関 する 運 用 の 基 準 を 定 める ことにより 適 正 な 都 市 機 能 と 健 全

More information

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 目 黒 区 決 定 ) 都 市 計 画 を 次 のように 変 更 する す 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 高 又 は 低 備 考 高 第 1 種 17m 第 1 種 第 2 種 17m 第 2 種 20m 第 2 種 30m 第 2 種 587.2 64.4 (66.6) 4.7 480.6 (478.4)

More information

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基 千 早 赤 阪 村 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 千 早 赤 阪 村 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

Microsoft Word - H27概要版

Microsoft Word - H27概要版 本 市 は 大 正 14 年 4 月 の 都 市 計 画 法 の 適 用 を 受 け 大 正 15 年 4 月 30 日 に 都 市 計 画 区 域 の 決 定 をしました 昭 和 6 年 には 都 市 計 画 道 路 翌 昭 和 7 年 には 用 途 地 域 昭 和 10 年 には 風 致 地 区 が それぞれ 計 画 決 定 され 本 市 における 都 市 計 画 の 礎 が 定 められました

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) B 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の 保 存 に 関 する 法 律 により 指 定 された 保 存 樹 木 または これに 準 ずる 樹 木 の 保 全 のために これらの

区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) B 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の 保 存 に 関 する 法 律 により 指 定 された 保 存 樹 木 または これに 準 ずる 樹 木 の 保 全 のために これらの 別 表 第 1( 第 4 条 関 係 ) 2つの 要 件 に 該 当 する 場 合 または のうち の 緩 い 方 との 組 合 せが 適 用 できる : 緩 和 措 置 あり : 限 定 緩 和 措 置 あり : 緩 和 措 置 なし 区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) A 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の

More information

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来 とうおん まちづくりプラ プラン 東 温 市 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 方 針 都 市 づくりの 全 体 構 想 編 愛 媛 県 東 温 市 目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人

More information

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4 資 料 1 土 地 区 画 整 理 事 業 画 書 ( 案 ) ( 仮 称 ) 箕 面 市 船 場 東 地 区 土 地 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1

More information

★計画書(石江地区計画).doc

★計画書(石江地区計画).doc 名 称 新 城 地 区 計 画 位 置 青 森 市 大 字 新 城 字 山 田 一 部 区 域 計 画 図 表 示 とおり 面 積 約 2.6ha 区 域 整 備 開 発 及 び 保 全 方 針 地 区 計 画 目 標 土 地 利 用 方 針 建 築 物 等 整 備 方 針 本 地 区 は 本 市 中 心 部 から 約 6.5km 西 部 市 街 地 縁 辺 部 に 位 置 し 工 業 及 び 流

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

越谷の都市計画2012.indd

越谷の都市計画2012.indd LAND USE それぞれの 地 域 に 見 合 った 土 地 の 使 い 方 や 建 物 の 建 て 方 な どのルールを 定 めていくことが 都 市 で 生 活 する 私 たちに は 必 要 なのです 都 市 計 画 区 域 City Planning Areas 区 域 区 分 ( 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ) Urbanization Promotion

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 す

は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 す 区 計 画 ガイド 新 蛇 田 区 平 成 27 年 2 月 石 巻 市 改 訂 版 は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 することにより 低

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評 別 紙 広 大 地 の 判 定 に 当 たり 留 意 すべき 事 項 広 大 地 については 平 成 16 年 6 月 4 日 付 課 評 2-7 ほか2 課 共 同 財 産 評 価 基 本 通 達 の 一 部 改 正 に ついて( 法 令 解 釈 通 達 ) により その 評 価 方 法 を 改 正 し その 改 正 の 趣 旨 等 については 平 成 16 年 6 月 29 日 付 資 産 評

More information

03

03 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 文 京 区 決 定 ) 平 成 年 月 日 文 京 区 告 示 第 号 最 高 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 す 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 最 高 又 は 最 低 備 考 第 1 種 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さ( 地 盤 面 からの 高 さによる 以 下 同 じ )は 当 該 部 分 から 前 面 道 路 の 反

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx 様 式 (7)~1 建 売 住 宅 共 同 住 宅 宅 地 分 譲 公 営 住 宅 公 共 施 設 関 係 1. 転 用 目 的 とその 内 容 イ. 建 売 住 宅 ロ. 共 同 住 宅 ハ. 宅 地 分 譲 ニ. 公 営 住 宅 ホ. 公 共 施 設 ( ) 転 用 敷 地 総 面 積 ( 内 農 地 面 積 その 他 ) 土 地 利 用 計 画 住 宅 用 地 店 舗 集 会 所 等 施 設

More information

主要生活道路について

主要生活道路について 議 題 2 資 料 1. 本 日 の 検 討 テーマ 主 要 生 活 道 路 について 基 本 構 想 ( 平 成 23 年 3 月 の 中 間 報 告 資 料 )では 主 要 生 活 道 路 A~C 主 要 生 活 道 路 D~G の2 種 類 の 主 要 生 活 道 路 整 備 を 提 言 しています 各 路 線 の 具 体 的 な 整 備 手 法 については 地 区 計 画 制 度 の 適 用

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に

More information

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 の 一 部 改 正 について 1. 改 正 の 背 景 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 ( 以 下 条 例 という )では 日 照 障 害 により 近 隣 の 生 活 環 境 に 支 障 を 及 ぼさないことを 目 的 に 建 物 高 さに 対 して 規 制 を 定 めております この 規 制 は 建 築 基 準 法 に 定 める 日 影 規 制 より

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保

和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 地 区 計 画 の 目 標 土 地 利 用 の 方 針 地 区 施 設 の 整 備 方

More information

(2) 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 1 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 旧 石 巻 市 ( 単 位 :ha) ( 単 位 :ha) 変 更 都 市 計 画 区 域 行

(2) 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 1 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 旧 石 巻 市 ( 単 位 :ha) ( 単 位 :ha) 変 更 都 市 計 画 区 域 行 1. 都 市 計 画 区 域 等 について (1) 全 体 総 括 表 (H27.3.31 現 在 ) 行 政 区 域 都 市 計 画 区 域 石 巻 市 (A) (B) 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 B/A (C) C/A C/B (D) D/A D/B ha ha % ha % % ha % % 旧 石 巻 市 11,765.0 21.2 3,001.2 5.4 25.5 8,763.8

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

2 地 地 区 整 備 方 針 名 称 芝 樋 ノ 爪 及 び 芝 4 5 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 川 口 市 芝 樋 ノ 爪 1 2 丁 目 芝 4 5 丁 目 及 び 大 字 芝 の 一 部 面 積 約 51.0ha 本 地 区 は 川 口 市 の 西 端 部 に 位 置 しJR

2 地 地 区 整 備 方 針 名 称 芝 樋 ノ 爪 及 び 芝 4 5 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 川 口 市 芝 樋 ノ 爪 1 2 丁 目 芝 4 5 丁 目 及 び 大 字 芝 の 一 部 面 積 約 51.0ha 本 地 区 は 川 口 市 の 西 端 部 に 位 置 しJR 芝 樋 ノ 爪 及 び 芝 4 5 丁 目 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 決 定 平 成 27 年 4 月 1 日 1 芝 樋 ノ 爪 及 び 芝 4 5 丁 目 地 区 のまちづくりについて 本 地 区 は 川 口 市 の 西 端 部 に 位 置 し JR 京 浜 東 北 線 蕨 駅 東 口 から 徒 歩 圏 内 に 位 置 し 約 3/4が 延 焼 危 険 性 又 は 避 難 困 難

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

(Microsoft Word - \221\346\202P\202U\201@\214i\212\317.doc)

(Microsoft Word - \221\346\202P\202U\201@\214i\212\317.doc) (1) 1 ア 調 査 すべき の 手 法 情 報 できる 主 要 な 眺 望 地 点 及 び 主 要 で 身 近 な 視 点 の 状 況 な 実 視 施 点 地 ( 区 点 不 域 のうち 特 周 定 辺 の 多 主 数 の 要 な なものをいう 人 々 眺 望 又 地 は 点 周 ( 辺 の 不 以 住 特 下 民 定 が 同 多 じ ) 数 の する 人 及 々が 場 び 所 対 利 で 象

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80> 市 川 市 風 致 地 区 条 例 に 基 づく 許 可 の 審 査 基 準 第 1 章 総 則 第 1 通 則 1 本 基 準 は 市 川 市 風 致 地 区 条 例 ( 以 下 条 例 という )に 基 づく 建 築 物 等 の 行 為 許 可 の 統 一 的 運 用 を 定 め 事 務 の 円 滑 な 処 理 を 図 ることを 目 的 とする 2 条 例 第 4 条 ただし 書 の 適 用 は

More information

Microsoft Word - 概要版.doc

Microsoft Word - 概要版.doc 杉 戸 町 都 市 計 画 マスタープラン 概 要 版 平 成 20 年 3 月 杉 戸 町 1 杉 戸 町 都 市 計 画 マスタープランについて 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 及 び 地 域 の 将 来 像 を 明 ら かにし その 実 現 化 を 計 画 的 に 進 めていくための 基 本 方 針 です 本 町 では 平 成 7 年 度 に 都 市 計 画 マスタープラン を

More information

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464>

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464> 第 2 開 発 行 為 の 許 可 第 1 節 許 可 を 要 する 開 発 行 為 1 面 積 要 件 ( 法 第 29 条 第 1 項 第 1 号 第 2 項 本 文 ) 下 表 のそれぞれの 区 域 ごとに 定 めた 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 法 令 により 許 可 不 要 及 び 協 議 が 必 要 とされるものを 除 く )を 行 おうとする 者 は あらかじめ 知 事 の

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information

平 成 28 年 価 公 示 概 要 ( 札 幌 市 価 動 向 ) 平 成 28 年 (2016 年 )3 月 担 当 : 札 幌 市 市 民 まちづくり 局 都 市 計 画 部 都 市 計 画 課 調 査 係 TEL:011 211 2506 価 公 示 制 度 の 概 要 1. 目 的 価 公 示 は 都 市 及 びその 周 辺 の 域 等 において 国 土 交 通 省 が 設 置 する 土

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378> 東 広 島 市 街 化 調 における 運 用 基 準 の 1 作 目 的 成 この に 関 運 し 用 必 基 要 準 な は 事 項 本 を 市 定 の めることにより 市 街 化 調 整 区 域 内 市 における 街 化 調 整 地 区 区 域 計 における 画 制 度 の 良 運 好 用 な 及 環 び 境 地 の 区 維 計 持 画 及 の び 素 形 案 成 に 寄 与 することを 目 的

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

Microsoft Word - 14_1パンフレット最終版v02_111024【決定版】.docx

Microsoft Word - 14_1パンフレット最終版v02_111024【決定版】.docx 石 神 井 公 園 駅 南 地 まちづくり 計 画 1 まちづくり 計 画 目 標 ------------------------------------------------ 2 2 まちづくり 計 画 ------------------------------------------------ 3 3 土 地 利 用 考 え 方 ----------------------------------------------------

More information

目 次 第 1 条 目 的 1 第 2 条 用 語 の 定 義 1 第 3 条 評 価 方 法 1 第 4 条 土 地 利 用 区 分 2 第 5 条 路 線 価 を 付 す 道 路 2 第 6 条 路 線 価 の 付 け 方 2 第 7 条 路 線 価 指 数 の 算 定 2 第 8 条 画 地

目 次 第 1 条 目 的 1 第 2 条 用 語 の 定 義 1 第 3 条 評 価 方 法 1 第 4 条 土 地 利 用 区 分 2 第 5 条 路 線 価 を 付 す 道 路 2 第 6 条 路 線 価 の 付 け 方 2 第 7 条 路 線 価 指 数 の 算 定 2 第 8 条 画 地 第 14 回 審 議 会 資 料 1 和 光 都 市 計 画 事 業 和 光 市 駅 北 口 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 和 光 市 目 次 第 1 条 目 的 1 第 2 条 用 語 の 定 義 1 第 3 条 評 価 方 法 1 第 4 条 土 地 利 用 区 分 2 第 5 条 路 線 価 を 付 す 道 路 2 第 6 条 路 線 価 の 付 け 方 2 第 7

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

事 業 概 要 利 用 時 間 休 館 日 使 用 方 法 使 用 料 施 設 を 取 り 巻 く 状 況 や 課 題 < 松 山 駅 前 駐 輪 場 > JR 松 山 駅 を 利 用 する 人 の 自 転 車 原 付 を 収 容 する 施 設 として 設 置 され 有 料 駐 輪 場 の 利 用

事 業 概 要 利 用 時 間 休 館 日 使 用 方 法 使 用 料 施 設 を 取 り 巻 く 状 況 や 課 題 < 松 山 駅 前 駐 輪 場 > JR 松 山 駅 を 利 用 する 人 の 自 転 車 原 付 を 収 容 する 施 設 として 設 置 され 有 料 駐 輪 場 の 利 用 駐 輪 場 ( 都 市 整 備 部 総 合 交 通 課 所 管 ) 市 が 設 置 している 有 料 駐 輪 場 は 市 内 に 2か 所 あります 松 山 駅 前 駐 輪 場 基 本 情 報 施 設 名 所 在 地 敷 地 面 積 構 造 階 層 延 べ 面 積 建 築 年 管 理 形 態 敷 地 の 状 態 松 山 駅 前 駐 輪 場 三 番 町 八 丁 目 364-6 681.25 m2 軽

More information

港区東京都市計画高度地区の絶対高さ制限の特例に係る区長の認定及び許可に関する基準の解説

港区東京都市計画高度地区の絶対高さ制限の特例に係る区長の認定及び許可に関する基準の解説 港 区 東 京 都 市 計 画 高 度 地 区 の 絶 対 高 さ 制 限 の 特 例 に 係 る 区 長 の 認 定 及 び 許 可 に 関 する 基 準 の 解 説 1 用 語 の 定 義 (1) 空 地 面 積 及 び 空 地 率 第 2 条 第 1 項 第 3 号 第 4 号 図 空 地 面 積 とは 原 則 として 敷 地 面 積 から 建 築 基 準 法 施 行 令 第 2 条 第 1

More information

(3) 調 査 の 進 め 方 2 月 28 日 2 月 28 日 ~6 月 30 日 平 成 25 年 9 月 サウンディング 型 市 場 調 査 について 公 表 松 戸 市 から 基 本 的 な 土 地 情 報 サウンディングの 実 施 活 用 意 向 アイデアのある 民 間 事 業 者 と

(3) 調 査 の 進 め 方 2 月 28 日 2 月 28 日 ~6 月 30 日 平 成 25 年 9 月 サウンディング 型 市 場 調 査 について 公 表 松 戸 市 から 基 本 的 な 土 地 情 報 サウンディングの 実 施 活 用 意 向 アイデアのある 民 間 事 業 者 と 公 民 連 携 によるサウンディング 型 市 場 調 査 の 実 施 要 領 1 調 査 の 名 称 公 民 連 携 によるサウンディング 型 市 場 調 査 ( ) 2 調 査 の 対 象 松 戸 市 東 松 戸 二 丁 目 5 番 地 1 および 14 番 地 4 他 6 筆 ( 以 下 ( 旧 ) 紙 敷 土 地 区 画 整 理 66 65 街 区 と 言 う)の 土 地 約 13,876 m2

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378>

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378> 平 成 27 年 度 施 策 評 価 調 書 施 策 の 名 称 等 整 理 番 号 22 評 価 担 当 課 営 業 戦 略 課 職 氏 名 施 策 名 ( 基 本 事 業 ) 商 業 の 活 性 化 総 合 計 画 の 位 置 づけ 基 本 目 主 要 施 策 4 想 像 力 と 活 力 にあふれたまちづくり 商 業 の 振 興 2 施 策 の 現 状 分 析 と 意 図 施 策 の 対 象 意

More information

表紙

表紙 現 況 の 指 定 容 積 率 をすべて 使 い 切 った 場 合 に 現 況 容 積 率 の 2.25 倍 以 上 になるかどうかを 確 認 する 現 況 の 街 区 面 積 は 3,569,759m2 延 べ 床 面 積 は 3,569,759m2であるから 目 標 とする 延 べ 床 面 積 はその 2.25 倍 の 8,031,958m2である 一 方 指 定 容 積 率 をすべて 使 い

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx 綱 島 サスティナブル スマートタウン 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 市 素 案 説 明 会 平 成 27 年 6 月 12 日 横 浜 市 ~ 本 日 の 説 明 内 容 ~ 地 区 の 概 要 と 上 位 計 画 経 緯 地 区 計 画 の 都 市 計 画 市 素 案 今 後 の 都 市 計 画 手 続 地区の概要 港北区 日吉駅 綱島サスティナブル スマートタウン地区 面積 約4.4ha

More information