人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

Size: px
Start display at page:

Download "人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )"

Transcription

1 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年 8 月 18 日 ) 214 年 における 我 が 国 の 難 民 庇 護 の 状 況 は 難 民 認 定 申 請 者 数 5 人 に 対 し 認 定 された 者 が11 人 と 報 告 されている 同 年 韓 国 では 申 請 者 数 2896 人 中 認 定 された 者 が 94 人 であった また ドイツは1 万 1 人 英 国 は95 人 フランスは9 人 米 国 は2 万 1 人 をそれぞれ 難 民 として 認 定 しており 我 が 国 の 認 定 数 及 び 認 定 率 の 低 さが 突 出 している 申 請 数 条 約 難 民 補 完 的 保 護 , 25, 2, 15, 1, 5, - 申 請 数 の 多 い 上 位 1カ 国 そこで 以 下 質 問 する 一 難 民 認 定 実 務 の 実 績 について 1 25 年 から215 年 までの 難 民 認 定 申 請 件 数 難 民 認 定 件 数 及 び 認 定 率 を 示 さ れたい 一 の1について 平 成 17 年 以 降 に 難 民 認 定 申 請 ( 出 入 国 管 理 及 び 難 民 認 定 法 ( 昭 和 26 年 政 令 第 3 19 号 以 下 入 管 法 という ) 第 61 条 の2 第 1 項 の 規 定 による 難 民 の 認 定 の 申 請 をいう 以 下 同 じ )をした 者 の 数 は 平 成 17 年 が384 人 平 成 18 年 が95 4 人 平 成 19 年 が816 人 平 成 2 年 が1599 人 平 成 21 年 が1388 人 平 成 22 年 が122 人 平 成 23 年 が1867 人 平 成 24 年 が2545 人 平 成 25 年 が326 人 平 成 26 年 が5 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で1422 人 である 平 成 17 年 以 降 に 難 民 の 認 定 を 受 けた 者 の 数 は 平 成 17 年 が46 人 平 成 18 年 が34 人 平 成 19 年 が41 人 平 成 2 年 が57 人 平 成 21 年 3 人 平 成 22 年 が39 人 平 成 23 年 が21 人 平 成 24 年 が18 人 平 成 25 年 が6 人 平 成 2 1

2 人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 認 定 数 ( 人 ) 認 定 率 (%) お 尋 ねの 認 定 率 が 何 を 指 すのか 必 ずしも 明 らかではないが 難 民 の 認 定 を 受 け た 者 の 数 を 処 理 した 難 民 認 定 申 請 の 数 と 処 理 した 異 議 申 立 て( 入 管 法 第 61 条 の2の 9 第 1 項 の 規 定 による 異 議 申 立 てをいう 以 下 同 じ )の 数 とを 合 算 した 数 で 除 した 率 は 平 成 17 年 が 約 9.1パーセント 平 成 18 年 が 約 5.4パーセント 平 成 1 9 年 が 約 5.4パーセント 平 成 2 年 が 約 4.5パーセント 平 成 21 年 が 約 1. 4パーセント 平 成 22 年 が 約 2.パーセント 平 成 23 年 が 約.7パーセン ト 平 成 24 年 が 約.6パーセント 平 成 25 年 が 約.2パーセント 平 成 26 年 が 約.2パーセント 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で 約.1パ ーセントである 2 本 年 3 月 時 点 で 難 民 認 定 申 請 中 の 人 数 異 議 申 立 て 継 続 中 の 人 数 同 日 時 点 での 収 容 者 の 数 及 びそれぞれの 申 請 念 ごとの 内 訳 国 籍 の 内 訳 を 示 されたい また そのうち 213 年 1 月 以 前 の 難 民 認 定 申 請 者 については いまだに 申 請 が 継 続 している 理 由 を 明 らかにされたい 一 の2について 平 成 27 年 3 月 末 日 時 点 で 難 民 認 定 申 請 中 の 者 の 数 は3926 人 であり このうち 同 日 時 点 で 入 国 管 理 局 の 収 容 施 設 に 収 容 されていた 者 の 数 は152 人 である 同 日 時 点 で 難 民 認 定 申 請 中 の 者 の 難 民 認 定 申 請 をした 年 別 の 内 訳 は 平 成 25 年 が155 人 平 成 26 年 が248 人 平 成 27 年 が1363 人 である 同 日 時 点 で 難 民 認 定 申 請 中 の 者 の 国 籍 は アフガニスタン アメリカ アルジェリア アルゼンチン ア ンゴラ イエメン イラク イラン インド インドネシア ウガンダ ウクライ ナ ウズベキスタン エジプト エチオピア エリトリア ガーナ カナダ カメル ーン ガンビア カンボジア ギニア キューバ ケニア コートジボワール コロ 2

3 ンビア コンゴ 民 主 共 和 国 シエラレオネ シリア シンガポール ジンバブエ ス ーダン スリランカ スロバキア セネガル タイ タンザニア チュニジア トル コ トンガ ナイジェリア ネパール ハイチ パキスタン パレスチナ バングラ デシュ フィリピン ブラジル ベトナム ベナン ペルー マラウイ マリ ミャ ンマー メキシコ モロッコ モンゴル ラオス リトアニア リベリア ルワン ダ レバノン ロシア 韓 国 中 国 南 アフリカ 共 和 国 及 び 無 国 籍 である 年 末 時 点 での 未 済 数 ( 一 次 手 続 ) 年 申 請 214 年 申 請 213 年 申 請 合 計 また 平 成 27 年 3 月 末 日 時 点 で 異 議 申 立 て 中 の 者 の 数 は5988 人 であり この うち 同 日 時 点 で 入 国 管 理 局 の 収 容 施 設 に 収 容 されていた 者 の 数 は224 人 である 同 日 時 点 で 異 議 申 立 て 中 の 者 の 異 議 申 立 てをした 年 別 の 内 訳 は 平 成 17 年 が1 人 平 成 18 年 が1 人 平 成 2 年 が14 人 平 成 21 年 が37 人 平 成 22 年 が65 人 平 成 23 年 が38 人 平 成 24 年 が1532 人 平 成 25 年 が243 人 平 成 2 6 年 が155 人 平 成 27 年 が23 人 である 同 日 時 点 で 異 議 申 立 て 中 の 者 の 国 籍 は アフガニスタン アメリカ アルゼンチン アンゴラ イラク イラン イン ド インドネシア ウガンダ ウズベキスタン エジプト エチオピア ガーナ カ メルーン ガンビア カンボジア ギニア キプロス キューバ グアテマラ ケニ ア コートジボワール コロンビア コンゴ 民 主 共 和 国 サウジアラビア ザンビ ア シリア ジンバブエ スーダン スペイン スリランカ セネガル ソマリア タイ タンザニア チュニジア チリ トーゴ トルコ ナイジェリア ネパール パキスタン パラグアイ バングラデシュ フィリピン ブラジル ブルキナファ ソ ブルンジ ベトナム ペルー ボリビア マリ マレーシア ミャンマー モー リシャス モザンビーク モロッコ モンゴル ラオス リベリア ルワンダ ロシ ア 韓 国 中 国 南 アフリカ 共 和 国 及 び 無 国 籍 である 3

4 年 末 時 点 での 未 済 数 ( 異 議 ) 年 申 請 214 年 申 請 213 年 申 請 212 年 申 請 211 年 申 請 21 年 以 前 の 申 請 合 計 さらに お 尋 ねの 申 請 が 継 続 している 理 由 については 事 実 確 認 に 時 間 が 必 要 な 案 件 であること 難 民 認 定 申 請 者 からの 立 証 資 料 の 提 出 等 に 期 間 を 要 したこと 難 民 認 定 申 請 数 の 急 増 により 難 民 認 定 申 請 に 係 る 事 務 手 続 が 相 当 程 度 輻 輳 していること 等 である 年 中 に 異 議 申 立 ての 結 果 が 出 た 審 査 件 数 及 び 難 民 認 定 申 請 を 行 ってからの 平 均 審 査 期 間 を 示 されたい このうち 認 定 不 認 定 別 の 平 均 審 査 期 間 についても 明 らか にされたい 一 の3について 平 成 26 年 に 処 理 した 異 議 申 立 ての 数 処 理 期 間 ( 異 議 案 件 ) は1176 件 であり 難 民 認 定 申 請 か ら 異 議 申 立 ての 処 理 までに 要 した 期 間 6 の 平 均 は 約 37か 月 である このう 5 ち 異 議 申 立 てに 理 由 があるとして 難 4 37 民 の 認 定 をしたものの 難 民 認 定 申 請 か 3 ら 難 民 の 認 定 までに 要 した 期 間 の 平 均 5 件 1171 件 2 は 約 69.7か 月 異 議 申 立 てに 理 由 1 がないとして 棄 却 したものの 難 民 認 定 申 請 から 棄 却 までに 要 した 期 間 の 平 均 処 理 期 間 は 約 37か 月 である 難 民 認 定 難 民 不 認 定 4 25 年 から215 年 までの 難 民 認 定 手 続 の 一 次 審 査 で 医 師 臨 床 心 理 士 そ の 他 これに 準 ずるものが 同 席 した 件 数 を 示 されたい 4

5 一 の4について お 尋 ねのような 形 での 統 計 をとっておらず お 答 えすることは 困 難 である 5 25 年 から215 年 までの 難 民 認 定 手 続 の 一 次 審 査 の 平 均 処 理 期 間 を 示 された い 一 の5について 難 民 認 定 申 請 の 処 理 に 要 した 期 間 の 統 計 をとって 公 表 することとしたのは 平 成 22 年 以 降 に 処 理 した 難 民 認 定 申 請 についてであり これについて 当 該 期 間 の 平 均 を 難 民 認 定 申 請 を 処 理 した 年 別 にお 示 しすると 平 成 22 年 が 約 13.9か 月 平 成 23 年 が 約 7.1か 月 平 成 24 年 が 約 5.8か 月 平 成 25 年 が 約 5.9か 月 平 成 2 6 年 が 約 7.6か 月 平 成 27 年 1 月 から 同 年 3 月 までの 間 が 約 8.1か 月 である 6 25 年 から215 年 までの 認 定 と 不 認 定 の 案 件 それぞれの 一 次 審 査 におけるイ ンタビューの 平 均 回 数 を 示 されたい また 不 認 定 となった 案 件 のうち インタビュー がなされなかった 件 数 を 明 らかにされたい 一 の6について お 尋 ねのような 形 での 統 計 をとっておらず お 答 えすることは 困 難 である 7 25 年 から215 年 までの 難 民 不 認 定 取 消 し 又 は 無 効 訴 訟 の 裁 判 件 数 また 訴 訟 が 提 起 された 件 数 及 び 難 民 認 定 申 請 者 が 勝 訴 した 件 数 を 示 されたい 一 の7について 難 民 不 認 定 処 分 取 消 請 求 訴 訟 及 び 難 民 不 認 定 処 分 無 効 確 認 請 求 訴 訟 について 平 成 17 年 1 月 から 平 成 27 年 7 月 末 日 までの 間 に 提 起 された 件 数 は492 件 であり 当 該 期 間 に 終 局 裁 判 がなされた 件 数 は87 件 そのうち 難 民 不 認 定 処 分 が 取 消 し 又 は 無 効 とされた 件 数 は8 件 これが 確 定 した 件 数 は51 件 である 年 中 に 仮 滞 在 を 許 可 した 人 数 不 許 可 の 人 数 及 びその 平 均 審 査 期 間 を 示 され たい 一 の8について 平 成 26 年 に 仮 滞 在 の 許 可 を 受 けた 者 の 数 は111 人 仮 滞 在 が 不 許 可 となった 者 ( 以 下 仮 滞 在 不 許 可 外 国 人 という )の 数 は79 人 である また 難 民 認 定 申 請 から 仮 滞 在 の 許 否 の 判 断 までに 要 した 期 間 の 平 均 は 約 4.9か 月 である 年 中 の 我 が 国 の 国 際 空 港 における 難 民 認 定 申 請 の 件 数 を 示 されたい このう ち 仮 滞 在 を 許 可 した 人 数 不 許 可 の 人 数 及 び 仮 滞 在 不 許 可 の 場 合 の 理 由 別 の 人 数 を 明 5

6 らかにされたい 一 の9について 平 成 26 年 に 出 入 国 港 である 空 港 で 難 民 認 定 申 請 をした 者 の 数 は117 人 であり このうち 仮 滞 在 の 許 可 を 受 けた 者 の 数 は2 人 仮 滞 在 不 許 可 外 国 人 の 数 は15 人 で ある 仮 滞 在 不 許 可 外 国 人 について その 許 可 をしなかった 理 由 別 の 内 訳 は 入 管 法 第 61 条 の2の4 第 1 項 第 6 号 に 該 当 する 者 が9 人 同 項 第 8 号 に 該 当 する 者 が11 人 同 項 第 9 号 に 該 当 する 者 が88 人 その 他 の 者 が1 人 である 港 湾 での 難 民 申 請 一 次 庇 護 上 陸 許 可 申 請 許 可 1 5 不 許 可 取 下 げ 仮 滞 在 許 可 % % 7 8.3% 2 1.9% 不 許 可 % % % % ( 逃 亡 のおそれ) (88) 年 中 に 行 われた 難 民 認 定 申 請 に 際 し 難 民 認 定 申 請 書 が 日 本 語 以 外 の 言 葉 で 書 かれていた 件 数 を 言 語 別 で 示 されたい このうち 入 国 管 理 局 として 翻 訳 サービス を 提 供 した 件 数 を 言 語 別 に 示 されたい 一 の1について お 尋 ねのような 形 での 統 計 をとっておらず お 答 えすることは 困 難 である 二 複 数 回 申 請 者 の 難 民 認 定 状 況 について 21 年 から214 年 の5 年 間 に 難 民 として 認 定 された 人 ( 異 議 申 立 手 続 における 認 定 者 を 含 む)の 中 で 2 回 目 以 降 の 難 民 認 定 申 請 手 続 又 は 異 議 申 立 手 続 において 難 民 認 定 を 受 けた 又 は 在 留 許 可 をもらった 者 の 数 を 明 らかにされたい 二 について 1 第 61 条 の2の4 第 1 項 6 第 61 条 の2の2 第 1 項 第 1 号 又 は 第 2 号 のいずれかに 該 当 することが 明 らかであるとき 8 退 去 強 制 令 書 の 発 付 を 受 けているとき 9 逃 亡 するおそれがあると 疑 うに 足 りる 相 当 の 理 由 があるとき 第 61 条 の2の2 1 本 邦 に 上 陸 した 日 ( 本 邦 にある 間 に 難 民 となる 事 由 が 生 じた 者 にあつては その 事 実 を 知 つた 日 )から6 月 を 経 過 した 後 前 条 第 1 項 の 申 請 を 行 つたものであるとき ただし やむを 得 ない 事 情 がある 場 合 を 除 く 2 本 邦 にある 間 に 難 民 となる 事 由 が 生 じた 場 合 を 除 き その 者 の 生 命 身 体 又 は 身 体 の 自 由 が 難 民 条 約 第 1 条 A (2)に 規 定 する 理 由 によつて 害 されるおそれのあつた 領 域 から 直 接 本 邦 に 入 つたものでないとき 6

7 人 平 成 22 年 から 平 成 26 年 までの 間 に 難 民 の 認 定 を 受 けた 者 のうち 難 民 の 認 定 を 受 けるまでに2 回 以 上 難 民 認 定 申 請 をした 者 の 数 は14 人 であり これとは 別 に 当 該 期 間 に 難 民 不 認 定 処 分 を 受 けたが 在 留 許 可 を 受 けた 者 のうち 在 留 許 可 を 受 けるま でに2 回 以 上 難 民 認 定 申 請 をした 者 の 数 は292 人 である 難 民 認 定 人 道 配 慮 うち 複 数 回 申 請 うち 初 回 申 請 三 難 民 審 査 参 与 員 制 度 について 1 25 年 から215 年 3 月 末 までで 難 民 認 定 意 見 を 出 したことのない 難 民 審 査 参 与 員 ( 以 下 参 与 員 という )の 数 を 示 されたい 三 の1について お 尋 ねのような 形 での 統 計 をとっておらず お 答 えすることは 困 難 である 2 参 与 員 が 認 定 という 結 論 を 出 したにもかかわらず 法 務 大 臣 が 不 認 定 とした 逆 転 ケー スの 件 数 その 対 象 者 の 国 籍 と 不 認 定 決 定 の 理 由 を 明 らかにされたい 三 の2について 平 成 17 年 5 月 16 日 以 降 法 務 大 臣 は 異 議 申 立 てに 対 する 決 定 をするに 当 たっ て 一 件 の 異 議 申 立 てについて3 人 の 難 民 審 査 参 与 員 の 意 見 を 聴 くこととされてい る お 尋 ねの 参 与 員 が 認 定 という 結 論 を 出 したにもかかわらず 法 務 大 臣 が 不 認 定 とした 逆 転 ケース が 具 体 的 に 何 を 意 味 するのか 必 ずしも 明 らかではないが 同 日 以 降 異 議 申 立 てに 理 由 がないとして 棄 却 した 事 案 のうち 法 務 大 臣 が 意 見 を 聴 いた3 人 の 難 民 審 査 参 与 員 のうち2 人 以 上 が 異 議 申 立 てに 理 由 があり 難 民 の 認 定 をすべきで ある 旨 の 意 見 を 提 出 したものの 数 は 平 成 25 年 が7 件 平 成 26 年 が5 件 平 成 2 7 年 が1 件 の 計 13 件 であり これらの 異 議 申 立 てを 行 った 者 の 国 籍 は スリラン カ トルコ ミャンマー 及 び 中 国 である また これらの 異 議 申 立 てを 棄 却 した 理 由 は 本 国 政 府 から 自 己 名 義 の 旅 券 の 発 給 を 受 けて 本 国 に 一 時 帰 国 した 事 実 が 認 められ 7

8 たこと 本 国 政 府 から 反 政 府 活 動 家 として 殊 更 注 視 され 迫 害 される 蓋 然 性 が 高 いと は 認 められないことなどから 難 民 の 地 位 に 関 する 条 約 ( 昭 和 56 年 条 約 第 21 号 以 下 難 民 条 約 という ) 第 1 条 の 規 定 又 は 難 民 の 地 位 に 関 する 議 定 書 ( 昭 和 57 年 条 約 第 1 号 ) 第 1 条 の 規 定 により 難 民 条 約 の 適 用 を 受 ける 難 民 の 要 件 を 満 たすと 認 められなかったことである 異 議 認 容 多 数 又 は 全 員 が 認 容 意 見 だが 法 務 大 臣 が 棄 却 3 25 年 5 月 16 日 から215 年 3 月 1 日 までに 異 議 申 立 手 続 で 決 定 が 出 された 事 案 について 理 由 あり とされた 事 案 と 理 由 なし とされた 事 案 の 件 数 をそれぞ れ 示 されたい 4 前 記 三 の3のうち 参 与 員 のうち2 名 又 は3 名 全 員 が 認 定 意 見 を 出 したにもかかわら ず 法 務 大 臣 が 理 由 なし とした 事 案 は 年 別 で 何 件 ずつあったか 示 されたい 三 の3 及 び4について お 尋 ねの 期 間 において 異 議 申 立 てに 理 由 があるとして 難 民 の 認 定 をした 事 案 は9 2 件 であり 異 議 申 立 てが 不 適 法 であるとして 却 下 し 又 は 理 由 がないとして 棄 却 し た 事 案 は4891 件 である 後 者 のうち 法 務 大 臣 が 意 見 を 聴 いた3 人 の 難 民 審 査 参 与 員 のうち2 人 以 上 が 異 議 申 立 てに 理 由 があり 難 民 の 認 定 をすべきである 旨 の 意 見 を 提 出 した 事 案 は12 件 である 5 25 年 5 月 16 日 から215 年 3 月 1 日 までの 期 間 に 参 与 員 を 経 験 した 全 1 2 名 について 1 元 外 交 官 2 元 裁 判 官 3 元 検 事 4 元 弁 護 士 ( 日 弁 連 推 薦 ) 5 商 社 等 海 外 勤 務 経 験 者 6 海 外 特 派 員 経 験 者 (ジャーナリスト) 7NGO 国 際 関 係 機 関 の 勤 務 経 験 者 及 び7 以 外 の 地 域 情 勢 や 国 際 問 題 に 明 るい 者 9 国 際 法 の 8

9 専 門 家 ( 学 者 ) 1 国 際 法 以 外 の 法 律 の 専 門 家 ( 学 者 )という 分 類 で それぞれの 人 数 及 び 各 人 が 何 件 の 認 定 意 見 を 出 したか 明 らかにされたい 三 の5について 入 管 法 は 難 民 審 査 参 与 員 について 人 格 が 高 潔 であって 難 民 不 認 定 処 分 等 に 対 する 異 議 申 立 てに 関 し 公 正 な 判 断 をすることができ かつ 法 律 又 は 国 際 情 勢 に 関 す る 学 識 経 験 を 有 する 者 のうちから 任 命 する 旨 規 定 しており 法 務 大 臣 において 1 事 実 認 定 を 含 む 法 律 実 務 の 経 験 豊 富 な 法 曹 実 務 家 2 地 域 情 勢 や 国 際 問 題 に 明 るい 元 外 交 官 商 社 等 海 外 勤 務 経 験 者 海 外 特 派 員 経 験 者 NGO 国 連 関 係 機 関 勤 務 経 験 者 等 3 国 際 法 外 国 法 行 政 法 等 の 分 野 の 法 律 専 門 家 から 難 民 審 査 参 与 員 を 選 任 して おり お 尋 ねの 期 間 に 難 民 審 査 参 与 員 に 任 命 した19 人 の 内 訳 は それぞれ 1が 39 人 2が38 人 3が32 人 である 当 該 19 人 について お 尋 ねのような 更 に 細 分 化 した 分 類 で 内 訳 をお 示 しすることは 困 難 であり また 各 人 が 何 件 の 認 定 意 見 を 出 したか については 統 計 をとっておらず お 答 えすることは 困 難 であ る 四 保 護 費 の 支 給 状 況 について 21 年 から215 年 のそれぞれ3 月 末 現 在 で 保 護 費 を 受 給 していた 者 の 数 そ の 国 籍 及 び 平 均 受 給 期 間 を 示 されたい 四 について 平 成 22 年 から 平 成 27 年 までのそれぞれ3 月 末 日 時 点 で 難 民 認 定 申 請 をしてい る 者 のうち 生 活 に 困 窮 するものに 対 する 支 援 として 支 給 している 保 護 費 の 支 給 を 受 け た 者 の 数 は 平 成 22 年 が353 人 平 成 23 年 が357 人 平 成 24 年 が318 人 平 成 25 年 が32 人 平 成 26 年 が266 人 平 成 27 年 が16 人 であり 当 該 支 給 を 受 けた 者 の 国 籍 は 平 成 22 年 がアフガニスタン アメリカ アンゴラ イラン インド ウガンダ エチオピア ガーナ カメルーン ギニア グアテマ ラ ケニア コートジボワール コロンビア コンゴ 民 主 共 和 国 ザンビア シエラ レオネ スーダン スリランカ チュニジア トーゴ トルコ ナイジェリア ネパ ール パキスタン バングラデシュ フィリピン ブルンジ ペルー ボリビア ミ ャンマー ヨルダン リベリア ルワンダ ロシア 及 び 中 国 平 成 23 年 がアメリ カ アルメニア アンゴラ イラク イラン インド ウガンダ エチオピア エリ トリア ガーナ カメルーン ギニア ケニア コートジボワール コロンビア コ ンゴ 民 主 共 和 国 ザンビア ジンバブエ スーダン スリランカ タンザニア チュ ニジア トーゴ トルコ ナイジェリア ネパール パキスタン バングラデシュ フィリピン ブルンジ ボリビア マリ ミャンマー モロッコ リベリア ルワン ダ 南 アフリカ 共 和 国 及 び 無 国 籍 平 成 24 年 がアフガニスタン アンゴラ イラ ク イラン インド ウガンダ ウズベキスタン エチオピア ガーナ カメルー 9

10 ン ケニア コートジボワール コロンビア コンゴ 民 主 共 和 国 ジンバブエ スー ダン スリランカ セネガル チュニジア トーゴ トルコ ナイジェリア ニジェ ール ネパール パキスタン バングラデシュ フィリピン ブルンジ ベナン マ リ ミャンマー リベリア ルワンダ ロシア 韓 国 及 び 無 国 籍 平 成 25 年 がアフ ガニスタン アンゴラ イラン インド インドネシア ウガンダ エジプト エチ オピア ガーナ カメルーン ガンビア ギニア ケニア コートジボワール コン ゴ 民 主 共 和 国 シリア ジンバブエ スーダン スリランカ セネガル チュニジ ア トーゴ トルコ ナイジェリア ネパール パキスタン バングラデシュ フィ ジー フランス ブルンジ マリ ミャンマー モロッコ ルワンダ ロシア 韓 国 中 国 南 アフリカ 共 和 国 及 び 無 国 籍 平 成 26 年 がアフガニスタン アンゴラ イラク イラン インド ウガンダ エジプト エチオピア エリトリア ガーナ カメルーン ケニア コートジボワール コンゴ 民 主 共 和 国 ジンバブエ スーダ ン スリランカ セネガル ソマリア チュニジア トルコ ナイジェリア ネパー ル パキスタン バングラデシュ フィジー フィリピン フランス ベトナム ペ ルー マリ ミャンマー モロッコ リベリア ルワンダ 韓 国 中 国 及 び 無 国 籍 平 成 27 年 がアルジェリア アルゼンチン アンゴラ イエメン イラン インド インドネシア ウガンダ エジプト エチオピア エリトリア ガーナ カメルー ン ギニア キューバ ケニア コンゴ 民 主 共 和 国 シンガポール スーダン スリ ランカ セネガル チュニジア トルコ ナイジェリア ネパール パキスタン バ ングラデシュ フィジー フィリピン ベナン ペルー マリ ミャンマー モロッ コ リベリア 韓 国 及 び 無 国 籍 である また 当 該 支 給 を 受 けた 者 の 平 均 受 給 期 間 は 平 成 22 年 が 約 11か 月 平 成 23 年 が 約 13か 月 平 成 24 年 が 約 14か 月 平 成 25 年 が 約 14か 月 平 成 26 年 が 約 15か 月 平 成 27 年 が 約 14か 月 である 3 月 末 日 時 点 受 給 者 数 ( 人 ) 平 均 受 給 期 間 (ヶ 月 )

11 五 抜 本 的 な 改 革 について 今 世 界 各 地 で 難 民 問 題 が 深 刻 化 する 中 で 難 民 庇 護 の 取 組 は 国 際 社 会 共 通 の 課 題 であ り 我 が 国 にとっても 重 要 な 責 務 である 現 在 の 状 況 を 打 破 し 真 の 難 民 を 確 実 かつ 積 極 的 に 庇 護 するために 現 在 の 制 度 運 用 の 見 直 しを 含 めた 抜 本 的 な 改 革 を 推 進 することが 必 要 だと 考 えるが 政 府 の 見 解 を 明 らかにされたい 五 について 難 民 認 定 制 度 については 法 務 大 臣 の 下 で 開 催 された 第 6 次 出 入 国 管 理 政 策 懇 談 会 及 び 難 民 認 定 制 度 に 関 する 専 門 部 会 の 報 告 書 の 内 容 を 踏 まえ 手 続 全 体 の 公 平 性 透 明 性 の 向 上 を 図 りつつ 真 に 庇 護 されるべき 者 を 迅 速 かつ 確 実 に 認 定 するた めの 手 続 の 運 用 方 法 について 鋭 意 検 討 を 行 っているところである 右 質 問 する [ 了 ] 11

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

危機にある世界遺産

危機にある世界遺産 人 間 開 発 指 標 (HDI) 高 0.8 中 ベネズエラ エクアドル アセ ルハ イシ ャン イラン アルジェリア カンボジア パキスタン ネパール 0.5 イエメン ウガンダ ギニア コートジボアール コンゴ 民 主 エチオピア ニジェール 低 中 央 アフリカ ポーランド クロアチア アルバニア ブルガリア ブラジル オーマン ペルー ヨルダン チュニジア フィリピン エジプト ホンジュラス

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32 日 本 国 籍 の 観 光 査 証 渡 航 認 証 要 否 旅 券 の 残 存 期 間 ご 注 意! 渡 航 される 場 合 は 必 ず 関 係 諸 機 関 へお 問 い 合 わせいただき その 時 点 の 最 新 情 報 を 入 手 してください 弊 社 では 下 記 情 報 に 起 因 する 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 事 をあらかじめご 承 知 おきください 2013 年 9 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63> 地 域 戦 略 安 全 保 障 特 集 : 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 武 器 貿 易 漢 和 防 務 評 論 20150805 ( 抄 訳 ) ( 訳 者 コメント) 阿 部 信 行 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 中 国 が 最 近 提 唱 した アジアインフラ 投 資 銀 行 は 表 裏 一 体 のものであると 見 られています 中 国 は 必 要 な 資 源 を 獲 得

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

日 本 の 地 域 と 途 上 国 相 互 依 存 度 調 査 愛 知 県 ファイナル レポート 要 約 版 平 成 24 年 3 月 (202 年 ) 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構 (JICA) 中 部 国 際 センター 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 序 調 査 の 目 的 日 本 の 経 済 社 会 は 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 を 経

More information

《株価急落の背景》

《株価急落の背景》 エマージングにとって 一 人 当 たり GDP3, ドルの 壁 ~タイの 教 訓 ~ 29 年 7 月 2 日 アセットマネジメント 部 チーフ エコノミスト チーフ ストラテジスト 黒 瀬 浩 一 近 年 エマージング 向 けの 株 式 投 資 がある 種 のブームとなっている 昨 年 秋 には リーマン ショッ ク で 株 価 と 通 貨 が 共 に 大 きく 下 落 したものの 景 気 の 底

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人 平 成 27 年 4 月 来 日 外 国 人 犯 罪 の 検 挙 状 況 ( 平 成 26 年 ) 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 国 際 捜 査 管 理 官 凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れの 概 要 平 成 24 年 6 月 19 日 1 1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ 総 会 A/HRC/RES/25/1 配 布 : 一 般 2014 年 4 月 9 日 原 文 : 英 語 人 権 理 事 会 第 25 会 期 議 事 日 程 議 題 2 国 際 連 合 人 権 高 等 弁 務 官 年 次 報 告 書 および 高 等 弁 務 官 事 務 所 並 びに 事 務 総 長 報 告 書 人 権 理 事 会 により 採 択 された 決 議 25/1. スリランカにおける 和

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698A6D92E894C5816A3232944E93788E788B8B8E9696B1977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698A6D92E894C5816A3232944E93788E788B8B8E9696B1977697CC2E646F6378> 平 成 22 年 2 月 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 研 究 協 力 第 二 課 際 学 会 等 派 遣 事 業 平 成 22 年 度 支 給 事 務 取 扱 要 領 標 記 事 業 にかかる 経 費 請 求 等 の 手 続 きについては 下 記 の 事 項 にご 留 意 のうえ 所 属 機 関 事 務 局 においては 本 要 領 に 従 って 採 用 者 の 必 要 書 類

More information

グローバルな投資環境の整備のあり方に関する意見 【 参考資料 】

グローバルな投資環境の整備のあり方に関する意見 【 参考資料 】 グローバルな 環 境 の 整 備 のあり 方 に 関 する 意 見 わが 国 海 外 の 法 的 基 盤 の 整 備 等 に 向 けて 参 考 資 料 わが 国 の 締 結 状 況 (1) 保 護 を 主 な 目 的 とする 2 (2) 自 由 化 を 含 む 3 (3) 交 渉 中 の 4 日 系 企 業 海 外 現 地 法 人 数 社 会 保 障 租 税 条 約 締 結 状 況 5 の 構 成

More information

untitled

untitled 国 際 緊 急 援 助 隊 の 沿 革 と 今 日 の 課 題 ~ 求 められる 大 規 模 災 害 に 対 する 国 際 協 力 の 推 進 ~ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 なかうち 中 内 やすお 康 夫 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 に 対 しては 海 外 から 様 々な 形 での 緊 急 援 助 が 寄 せられた これまでに

More information

幼 児 教 育 は 幼 児 やその 親 へのアプローチにより 栄 養 失 調 や 予 防 可 能 な 病 気 の 危 険 に 直 面 する 子 どもを 守 り 精 神 的 身 体 的 社 会 的 発 達 の 基 礎 を 築 く 役 割 を 果 たす これは まさに 発 展 途 上 国 が 直 面 す

幼 児 教 育 は 幼 児 やその 親 へのアプローチにより 栄 養 失 調 や 予 防 可 能 な 病 気 の 危 険 に 直 面 する 子 どもを 守 り 精 神 的 身 体 的 社 会 的 発 達 の 基 礎 を 築 く 役 割 を 果 たす これは まさに 発 展 途 上 国 が 直 面 す 東 京 女 子 大 学 経 済 研 究 第 1 号 2013 年 3 月 卒 業 論 文 要 約 発 展 途 上 国 における 幼 児 教 育 の 意 義 と 課 題 池 田 知 歌 子 序 論 幼 児 i 教 育 とは 0 歳 から 6 歳 ( 国 によっては 8 歳 )の 就 学 前 児 童 に 対 する 教 育 と ケア( 保 育 ) の 双 方 をさす 幼 児 に 対 する 教 育 とは 語

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

2010.8 A C P F N E W S No.49 (31) 平 成 21 年 9 月 1 日 アジア 刑 政 通 信 48 号 発 刊 平 成 21 年 9 月 30 日 本 部 支 部 運 営 会 議 敷 田 先 生 感 謝 の 集 い 平 成 21 年 12 月 カレンダー 作 成 配

2010.8 A C P F N E W S No.49 (31) 平 成 21 年 9 月 1 日 アジア 刑 政 通 信 48 号 発 刊 平 成 21 年 9 月 30 日 本 部 支 部 運 営 会 議 敷 田 先 生 感 謝 の 集 い 平 成 21 年 12 月 カレンダー 作 成 配 (30) A C P F N E W S No.49 2010.8 役 員 会 で 東 京 支 部 設 立 を 決 定 平 成 22 年 6 月 30 日 に 第 92 回 役 員 会 ( 理 事 会 )が 開 催 され 21 年 度 事 業 報 告 収 支 決 算 等 についての 承 認 及 びこ れらの 法 務 大 臣 報 告 等 並 びに 東 京 支 部 の 新 規 設 立 につい て 議 決

More information

各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等

各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等 平 成 26 年 3 月 平 成 2 5 年 の 薬 物 銃 器 情 勢 確 定 値 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 薬 物 銃 器 対 策 課 各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

NCGM2013_0章-はじめに.indd

NCGM2013_0章-はじめに.indd Appendix 2013 年 度 長 期 派 遣 者 リスト 氏 名 出 発 日 帰 国 日 派 遣 国 区 分 業 務 内 容 岡 林 広 哲 2010/5/25 2013/5/24 ラオス JICA 母 子 保 健 統 合 統 合 サービス 強 化 プロジェクト 長 期 派 遣 専 門 家 (チーフアドバイザー) 永 井 真 理 2011/4/23 2014/4/22 セネガル JICA 保

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DEC90AC8EE888F882AB816995A8956990BB91A29399816A3230313630313038>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DEC90AC8EE888F882AB816995A8956990BB91A29399816A3230313630313038> 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 類 ( 物 品 製 造 等 )の 作 成 の 手 引 き 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 の 物 品 製 造 等 ( 物 品 の 製 造 物 品 の 販 売 役 務 の 提 供 等 物 品 の 買 受 け)の 契 約 に 係 る 競 争 入 札 参 加 者 に 必 要 な 資 格 の 取

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

別冊

別冊 平 成 19 年 度 食 品 規 制 実 態 調 査 タイの 農 業 政 策 農 業 の 現 状 と 周 辺 国 を 巡 る 動 き 別 冊 タイの 主 要 農 水 産 物 の 生 産 貿 易 統 計 集 2008 年 3 月 (2006 年 までの 統 計 データ 収 載 ) 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 目 次 1. 米 1 2. 米 粉 および 米 菓 子 10 3. メイズ

More information

Microsoft Word - 文書 1

Microsoft Word - 文書 1 ビザ 要 否 覧 ( 本 籍 ) ア ジ ア 査 旗 名 証 要 備 考 旅 券 の 残 存 期 間 旅 券 の 未 使 査 証 欄 否 アフガニ スタン イ スラム 時 6 ヶ 未 使 査 証 欄 連 続 3 インド 観 光 のみ 条 件 付 きで 現 地 取 得 可 能 申 請 時 6 ヵ 未 使 査 証 欄 2 インドネ シア 和 30 以 内 の 滞 在 は 現 地 主 要 海 空 港 にて

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録 平 成 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 6 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 不 正 薬 物 の 押 収 量 が 連 続 で 6kg 超 え 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数

More information

International Economic Review

International Economic Review 2016.09.06 (No.19, 2016) 欧 州 の 難 民 受 け 入 れ 問 題 ~EU は 危 機 をのりきれるか?~ 公 益 財 団 法 人 国 際 通 貨 研 究 所 経 済 調 査 部 上 席 研 究 員 山 口 綾 子 yamaguchi@iima.or.jp < 要 旨 > 1. 欧 州 への 難 民 流 入 は 2015 年 に 急 増 した 中 東 北 アフリカ 地 域

More information

’00

’00 明 石 の 人 口 平 成 17 年 (2005 年 ) 国 勢 調 査 結 果 報 告 書 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 ほぼ 5 年 ごとに 行 われており, 平 成 17 年 国 勢 調 査 はその 18 回 目 に 当 たる 国 勢

More information

NO.2 (1) 途 上 国 の 食 料 不 足 1. 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 2009 年 の 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 ( 推 計 値 ) 先 進 諸 国 15 (1.5) (100 万 人 ) 近 東 北 アフリカ 42 (4.1) ラテンアメリカ カリブ 海 53 (5

NO.2 (1) 途 上 国 の 食 料 不 足 1. 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 2009 年 の 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 ( 推 計 値 ) 先 進 諸 国 15 (1.5) (100 万 人 ) 近 東 北 アフリカ 42 (4.1) ラテンアメリカ カリブ 海 53 (5 NO.1 2 食 料 不 足 と 食 料 問 題 (1) 途 上 国 の 食 料 不 足 (2) 世 界 の 食 料 問 題 (3) 人 口 爆 発 (4) 食 料 生 産 の 増 大 (5) 不 平 等 な 食 料 分 配 (6) 食 料 自 給 率 NO.2 (1) 途 上 国 の 食 料 不 足 1. 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 2009 年 の 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 (

More information

平 成 14 年 度 鉱 プロジェクト フォローアップ 調 査 報 告 書 ( 開 発 調 査 実 施 済 案 件 現 状 調 査 ) 2003 年 3 月 国 際 協 力 事 業 団 鉱 開 発 調 査 部

平 成 14 年 度 鉱 プロジェクト フォローアップ 調 査 報 告 書 ( 開 発 調 査 実 施 済 案 件 現 状 調 査 ) 2003 年 3 月 国 際 協 力 事 業 団 鉱 開 発 調 査 部 No. 平 成 14 年 度 鉱 プロジェクト フォローアップ 調 査 報 告 書 ( 開 発 調 査 実 施 済 案 件 現 状 調 査 ) 2003 年 3 月 国 際 協 力 事 業 団 鉱 開 発 調 査 部 鉱 調 計 J R 03-077 平 成 14 年 度 鉱 プロジェクト フォローアップ 調 査 報 告 書 ( 開 発 調 査 実 施 済 案 件 現 状 調 査 ) 2003 年

More information

はじめに 〜草の根技術協力事業の特色〜

はじめに 〜草の根技術協力事業の特色〜 平 成 24 年 度 募 集 草 の 根 技 術 協 力 事 業 ( 地 域 提 案 型 ) 募 集 要 項 平 成 24 年 8 月 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構 目 次 主 な 改 定 点 1 はじめに~ 草 の 根 技 術 協 力 事 業 地 域 提 案 型 について~ 2 対 象 団 体 3 事 業 の 規 模 期 間 3 事 業 の 対 象 となる 活 動 3 対 象 国

More information

本 保 証 の 適 用 除 外 本 保 証 は 以 下 のものに 適 用 されません a. 誤 用 (Lenovo が 文 書 にて 認 めた 容 量 および 能 力 を 超 えた 使 用 を 含 みますが これに 限 るものではありません) 事 故 改 変 Lenovo 所 定 の 設 備 条 件

本 保 証 の 適 用 除 外 本 保 証 は 以 下 のものに 適 用 されません a. 誤 用 (Lenovo が 文 書 にて 認 めた 容 量 および 能 力 を 超 えた 使 用 を 含 みますが これに 限 るものではありません) 事 故 改 変 Lenovo 所 定 の 設 備 条 件 Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 L814-0010-00 8/2014 第 1 章 共 通 条 項 本 保 証 の 内 容 と 制 限 ( 以 下 本 書 といいます) は 第 1 章 - 共 通 条 項 第 2 章 - 各 国 固 有 の 条 項 および 第 3 章 - 保 証 情 報 により 構 成 されています 第 2 章 には 第 1 章 記 載 の 条 項 を 置 き 換 えた

More information

資料3 東アジアにおける文化交流のあり方について(文化庁提出資料)

資料3 東アジアにおける文化交流のあり方について(文化庁提出資料) 資 料 3 東 アジアにおける 文 化 交 流 のあり 方 について 平 成 22 年 4 月 8 日 文 化 庁 目 次 1. 国 際 文 化 交 流 の 枠 組 み (1) 国 の 機 関 (2) 地 方 公 共 団 体 (3) 民 間 団 体 (4) 東 アジアにおける 既 存 の 交 流 枠 組 み 2. 国 際 文 化 交 流 の 実 績 (1) 舞 台 芸 術 交 流 実 績 (2) 映

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

目 次 はじめに... 1 第 1 章 コンサルタント 等 契 約 における 経 費 見 積 りの 留 意 点... 2 (1) JICA の 積 算 基 準 に 基 づく 見 積 り... 2 (2) 海 外 での 業 務 を 主 体 とする 業 務... 2 (3) 選 定 評 価 における 価

目 次 はじめに... 1 第 1 章 コンサルタント 等 契 約 における 経 費 見 積 りの 留 意 点... 2 (1) JICA の 積 算 基 準 に 基 づく 見 積 り... 2 (2) 海 外 での 業 務 を 主 体 とする 業 務... 2 (3) 選 定 評 価 における 価 コンサルタント 等 契 約 における 見 積 書 作 成 ガイドライン 2014 年 4 月 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構 調 達 部 目 次 はじめに... 1 第 1 章 コンサルタント 等 契 約 における 経 費 見 積 りの 留 意 点... 2 (1) JICA の 積 算 基 準 に 基 づく 見 積 り... 2 (2) 海 外 での 業 務 を 主 体 とする 業

More information

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税 平 成 8 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 指 定 薬 物 の 輸 入 してはならない 貨 物 への 追 加 に 伴 い 摘 発 件 数

More information

SR-0067

SR-0067 SR-0067 緊 急 通 報 用 電 気 通 信 番 号 の 取 り 扱 い に 関 する 調 査 報 告 書 第 1.0 版 2015 年 3 月 16 日 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 技 術 委 員 会 番 号 計 画 専 門 委 員 会 本 書 は 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 技 術 委 員 会 が 著 作 権 を 保 有 しています 内 容 の 一 部 又 は 全

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1 規 制 改 革 ホットライン へ 提 案 内 容 と 官 回 答 参 考 資 料 1 提 案 官 制 度 現 状 寄 港 地 上 陸 許 可 手 続 運 用 改 善 とトランジット ビザ 発 給 方 法 見 直 し 要 望 具 体 的 内 容 観 光 立 国 実 現 観 点 から わが 国 主 要 国 際 空 港 等 において 自 動 化 ゲート 活 用 混 雑 時 既 存 ブ ースフル 運 用 を

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

Microsoft Word - 090115Associate_正解用).doc

Microsoft Word - 090115Associate_正解用).doc 問 題 1 ワッセナー アレンジメントは 化 学 兵 器 や 生 物 兵 器 に 関 する 専 用 品 や 汎 用 品 を 規 制 する 国 際 輸 出 管 理 レジームである 問 題 2 外 為 法 第 48 条 第 1 項 の 国 際 的 な 平 和 及 び 安 全 の 維 持 を 妨 げること となると 認 められるものとして 政 令 で 定 める 特 定 の 地 域 を 仕 向 地 とする

More information

学校制度(学制)-諸外国との比較

学校制度(学制)-諸外国との比較 資 料 1 学 校 制 度 ( 学 制 )- 諸 外 国 との 比 較 再 生 実 行 会 議 平 成 25 年 11 月 26 日 ( 火 )17:45-19:15 官 邸 2 階 小 ホール あきら 二 宮 皓 比 治 山 大 学 比 治 山 大 学 短 期 大 学 部 学 長 二 宮 皓 @ 比 治 山 大 学 1 1 学 制 学 校 体 系 ( 学 校 段 階 の 区 分 接 続 及 び 学

More information

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界 料 2 株 式 会 社 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 について 平 成 27 年 7 月 総 務 省 1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000

More information

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx 最 近 の 中 東 情 勢 について 外 務 省 中 東 アフリカ 局 長 上 村 司 中 東 北 アフリカ 情 勢 平 成 26 年 8 月 中 東 アフリカ 局 中 東 地 域 の 特 質 と 重 要 性 (1) 異 なる 帰 属 意 識 ( 宗 教 宗 派 民 族 )の 混 在 と 人 為 的 国 境 線 により 国 家 統 治 が 脆 弱 (2)5つの 主 要 勢 力 (サウジ(GCC),エジプト,イラン,イスラエル,トルコ)が

More information

フェスティバル 想定問答集

フェスティバル 想定問答集 採 用 についての FAQ(よくある 質 問 ) 目 次 1 JICS の 組 織 1 (1) 一 般 財 団 法 人 1 (2)JICS の 設 立 1 (3)JICS の 組 織 構 成 2 2 JICS の 職 員 2 3 職 員 の 待 遇 勤 務 状 況 3 4 JICS 職 員 募 集 4 (1) 求 める 人 材 像 および 入 団 後 のキャリア 4 (2) 職 員 の 募 集 (

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態 建 設 分 野 における 競 合 国 に 関 する 調 査 研 究 概 要 (1) 調 査 研 究 の 目 的 技 術 力 等 の 強 みを 活 かした 海 外 展 開 の 取 組 が 進 められているところ 日 本 の 技 術 力 品 質 信 頼 等 に 関 する 定 評 に 拘 わらず 受 注 に 結 びつかない 状 況 が 生 じている また 人 口 減 少 に 伴 う 日 本 国 内 市 場

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 海 外 旅 行 調 査 2014 Market Survey Of Overseas Travel ~2013 年 海 外 旅 行 者 の 選 択 プロセス 評 価 と 今 後 の 意 向 ~ 目 次 序 章 本 報 告 書 の 概 要 5 1. 調 査 概 要 6 2. 回 答 者 プロフィール 7 参 考 2013 年 の 海 外 渡 航 状 況 11 1. 調 査 概 要 12 2.2013

More information

二 外 国 旅 行 本 邦 と 外 国 本 邦 以 外 の 領 域 ( 公 海 を 含 む )をいう 以 下 同 じ との 間 における 旅 行 及 び 外 国 における 旅 行 をいう 三 出 張 役 職 員 が 機 構 の 業 務 のため 一 時 その 勤 務 地 ( 常 時 勤 務 している

二 外 国 旅 行 本 邦 と 外 国 本 邦 以 外 の 領 域 ( 公 海 を 含 む )をいう 以 下 同 じ との 間 における 旅 行 及 び 外 国 における 旅 行 をいう 三 出 張 役 職 員 が 機 構 の 業 務 のため 一 時 その 勤 務 地 ( 常 時 勤 務 している 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 旅 費 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 規 程 第 3-19 号 平 成 20 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 19 日 一 部 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 -

More information

年 60 億 人 が 1998 そして 70 億 人 が 2011 年 と 10 億 人 が 地 球 上 に 加 わる 年 数 が 短 くなっている 今 後 はどうなるのだろうか 中 位 推 計 によると 2013 年 の 71 億 6212 万 が 2025 年 には 80 億 人 を 超 して

年 60 億 人 が 1998 そして 70 億 人 が 2011 年 と 10 億 人 が 地 球 上 に 加 わる 年 数 が 短 くなっている 今 後 はどうなるのだろうか 中 位 推 計 によると 2013 年 の 71 億 6212 万 が 2025 年 には 80 億 人 を 超 して 2100 年 世 界 人 口 は 109 億 人 平 均 寿 命 は 82 歳 に 国 連 が 2012 年 版 世 界 人 口 推 計 143 国 連 経 済 社 会 局 人 口 部 は 6 月 13 日 2012 年 版 の 世 界 人 口 推 計 (World Population Prospects: The 2012 Revision)を 発 表 した そのうち 現 実 に 起 こ りそうな

More information

最近の無償資金協力の動向と 新JICAの下での新たな無償資金協力制度

最近の無償資金協力の動向と 新JICAの下での新たな無償資金協力制度 最 近 無 償 資 金 協 力 動 向 と 新 たな 無 償 資 金 協 力 制 度 外 務 省 国 際 協 力 局 無 償 資 金 技 術 協 力 課 和 田 充 広 1. 最 近 無 償 資 金 協 力 動 向 (1) 無 償 資 金 協 力 特 徴 機 動 性 が 高 い 国 際 社 会 ニーズに 迅 速 に 対 応 するため 有 効 な 手 段 ( 例.スマトラ 沖 津 波 被 害 復 興

More information

留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 ( 見 城 ) まとめる 中 で 地 域 社 会 と 留 学 生 がどのような 形 で 関 わりを 持 ち 続 けているのかを 整 理 す るとともに 交 流 をめぐる 諸 問 題 を 考 察 することを 課

留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 ( 見 城 ) まとめる 中 で 地 域 社 会 と 留 学 生 がどのような 形 で 関 わりを 持 ち 続 けているのかを 整 理 す るとともに 交 流 をめぐる 諸 問 題 を 考 察 することを 課 国 際 教 育 第 1 号 (2007 年 3 月 ) 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 見 城 悌 治 要 旨 ホースステイやホームビジットを 経 験 した 日 本 人 家 庭 が プログラム 終 了 後 留 学 生 とどのような 継 続 的 交 流 をしているのかについてのアンケ ート 調 査 の 分 析 が 本 稿 である 大 学 側 が

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc) 平 成 25 年 7 月 5 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 17 号 加 給 年 金 額 対 象 者 不 該 当 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 厚 生 労 働 大 臣 が 原 告 に 対 し 平 成 22 年 6 月 16 日 付 けでしたAを 老 齢 厚 生 年 金 加 給 年 金 額 対 象 者 としない 旨 の 処 分 を 取 り 消 す 2 訴 訟 費

More information

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために 第 6 次 出 入 国 管 理 政 策 懇 談 会 新 宿 区 1 新 宿 区 は 外 国 人 住 民 が 全 国 で 一 番 多 く 暮 らす 自 治 体 で 全 区 民 の10%を 超 えています 地 域 別 全 国 平 成 26 年 1 月 1 日 現 在 住 民 記 録 人 口 総 数 ( 人 ) 日 本 人 住 民 人 口 外 国 人 住 民 人 口 人 数 ( 人 ) 割 合 (%) 人

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 参 考 資 料 観 光 を 取 り 巻 く 現 状 平 成 28 年 5 月 11 日 東 京 都 目 次 世 界 の 旅 行 者 数 の 推 移 ( 今 後 の 予 測 ) 1 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 2 国 地 域 別 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 内 訳 (2015 年 ) 3 外 国 人 旅 行 者 受 入 数 の 国 際 比 較 (2014 年 ) 4 空

More information

金属表紙2012年05月pdf用

金属表紙2012年05月pdf用 1) JOGMEC 特 別 顧 問 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 サスティナブル 材 料 国 際 センター 客 員 教 授 澤 田 賢 治 BRICsVISTAGDPGDP 1. 世 界 主 要 国 におけるマクロ GDP Gross Domestic Product NIEsNewly Industrializing Economies IT PPPPurchasing Power

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

<4D F736F F D E616C817A92CA8AFA5F E93788A438A4F504590AC96F18EC090D192B28DB895F18D908F E646F63>

<4D F736F F D E616C817A92CA8AFA5F E93788A438A4F504590AC96F18EC090D192B28DB895F18D908F E646F63> < 報告書目次 > 第 1 章調査実施概要... 1 1. 調査の背景 目的... 1 2. 調査の実施内容... 1 3. 調査対象... 1 3-1. 調査対象案件... 1 3-2. 調査対象企業 回答企業... 1 4. 用語と分類... 2 4-1. 主な用語の意味... 2 4-2. プラント機種分類... 3 4-3. 地域 国分類... 4 第 2 章成約実績アンケート調査... 5

More information

RESEARCH MATERIAL NO.228 Investigation into Changes in the Global Index (GII) in INSEAD Yumiko Kanda March 2014 Research Unit for Science and Technolo

RESEARCH MATERIAL NO.228 Investigation into Changes in the Global Index (GII) in INSEAD Yumiko Kanda March 2014 Research Unit for Science and Technolo 調 査 資 料 -228 INSEAD における グローバルイノベーションインデックス(GII)の 変 遷 の 調 査 2014 年 3 月 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 科 学 技 術 学 術 基 盤 調 査 研 究 室 神 田 由 美 子 RESEARCH MATERIAL NO.228 Investigation into Changes in the Global

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63> 第 二 章 軍 事 科 学 技 術 中 国 は 装 備 の 近 代 化 を 急 いでいる ロシアからの 最 新 鋭 兵 器 を 次 々に 買 い 世 界 最 大 の 兵 器 輸 入 国 になった 中 国 は 軍 事 力 の 矛 先 について 台 湾 独 立 阻 止 と 海 洋 権 益 の 保 護 を 挙 げている だが ICBM や SLBM など 戦 略 兵 器 の 開 発 能 力 強 化 も 同

More information

1.アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)の 食 品 流 通 システム UAE は 食 品 に 関 しては 政 治 的 な 規 制 であるアラブボイコット(イスラエル 製 品 の 輸 入 禁 止 :1 次 ボイコ ット)や 宗 教 上 で 規 制 のあるアルコールや 肉 製 品 ( 豚 肉 製 品

1.アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)の 食 品 流 通 システム UAE は 食 品 に 関 しては 政 治 的 な 規 制 であるアラブボイコット(イスラエル 製 品 の 輸 入 禁 止 :1 次 ボイコ ット)や 宗 教 上 で 規 制 のあるアルコールや 肉 製 品 ( 豚 肉 製 品 (ドバイ 発 ) UAE 食 品 流 通 概 観 (2010 年 3 月 ) ジェトロ 食 品 農 林 水 産 輸 出 促 進 海 外 コーディネーター スポット 調 査 免 責 条 項 ジェトロは 本 報 告 書 の 記 載 内 容 に 関 して 生 じた 直 接 的 間 接 的 あるいは 懲 罰 的 損 害 及 び 利 益 の 喪 失 については 一 切 の 責 任 を 負 いません これは たとえジェトロがかかる

More information

TOPICs 南 北 アメリカ 大 陸 は 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にとって 重 要 な 市 場 となっている by EIA 1 月 20 日 北 米 中 米 カリブ 海 南 米 をまとめてアメリカとすれば 世 界 の 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にはアメリカは 大 きな 割 合

TOPICs 南 北 アメリカ 大 陸 は 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にとって 重 要 な 市 場 となっている by EIA 1 月 20 日 北 米 中 米 カリブ 海 南 米 をまとめてアメリカとすれば 世 界 の 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にはアメリカは 大 きな 割 合 週 刊 原 油 世 界 の 原 油 情 報 がここに 凝 縮 されています 毎 週 木 曜 日 午 後 発 行 NY 原 油 価 格 100ドル 超 え 発 行 日 : 2014/2/13 12 日 のNY 原 油 3 月 限 は+0.43ドル 高 の100.37ドル 米 エネルギー 情 報 局 (EIA) 統 計 でのガソリン 在 庫 の 予 想 外 の 減 少 や 受 渡 場 所 となるオクラホマ

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6 主 文 一 被 告 栃 木 県 宇 都 宮 県 税 事 務 所 長 が 原 告 に 対 し 別 紙 目 録 記 載 の 建 物 につき 昭 和 五 一 年 一 二 月 一 〇 日 付 けでした 課 税 標 準 を 金 三 億 一 五 六 一 万 九 〇 〇 〇 円 税 額 を 金 九 四 六 万 八 五 七 〇 円 とする 不 動 産 取 得 税 賦 課 決 定 を 取 り 消 す 二 被 告 栃

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

柳 条 湖 事 件 の 周 年 日 を 控 えていたこともあって 中 国 情 勢 における 反 日 活 動 に ついての 関 心 が 高 かった 今 回 その 後 の 中 国 情 勢 について 概 況 を 述 べる 9 月 18 日 を 前 にして 反 日 デモの 発 生 が 予 想 されたため 在

柳 条 湖 事 件 の 周 年 日 を 控 えていたこともあって 中 国 情 勢 における 反 日 活 動 に ついての 関 心 が 高 かった 今 回 その 後 の 中 国 情 勢 について 概 況 を 述 べる 9 月 18 日 を 前 にして 反 日 デモの 発 生 が 予 想 されたため 在 海 外 安 全 官 民 協 力 会 議 第 37 回 幹 事 会 開 催 結 果 1. 日 時 平 成 22 年 11 月 19 日 ( 金 ) 午 後 4 時 ~ 午 後 6 時 2. 場 所 外 務 省 ( 国 際 会 議 室 272 号 ) 3. 出 席 者 幹 事 会 メンバー 21 名 オブザーバー 2 名 外 務 省 領 事 局 海 外 邦 人 安 全 課 長 一 方 井 克 哉 領 事

More information

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され 主 文 1 札 幌 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 告 に 対 して 平 成 24 年 12 月 6 日 付 けでした 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 24 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 のうち, 価 格 1 億 2698 万

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

1.216 年 世 界 経 済 の 注 目 点 :1 米 国 の 利 上 げ - 慎 重 な 利 上 げペース 7% 6% 5% 4% 3% 2% 1% % 利 上 げペースの 過 去 実 績 と 今 次 予 測 4.25% 4.% 3.75% 3.5% 3.25% 3.% 2.75% 2.5% 2

1.216 年 世 界 経 済 の 注 目 点 :1 米 国 の 利 上 げ - 慎 重 な 利 上 げペース 7% 6% 5% 4% 3% 2% 1% % 利 上 げペースの 過 去 実 績 と 今 次 予 測 4.25% 4.% 3.75% 3.5% 3.25% 3.% 2.75% 2.5% 2 215 年 12 月 24 日 丸 紅 経 済 研 究 所 1.216 年 世 界 経 済 の 注 目 点 :1 米 国 の 利 上 げ - 慎 重 な 利 上 げペース 7% 6% 5% 4% 3% 2% 1% % 利 上 げペースの 過 去 実 績 と 今 次 予 測 4.25% 4.% 3.75% 3.5% 3.25% 3.% 2.75% 2.5% 2.25% 2.% 1.75% 1.5% 1.25%

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information