職 業 能 力 開 発 研 究 誌,31 巻,1 号 市 場 の 動 向 わが 国 の 水 素 エネルギー 導 入 に 向 けた 取 り 組 みを 紹 介 する 2013 年 3 月 経 済 産 業 省 は 水 素 をエネルギー 源 として 活 用 する 水 素 社 会 の 実

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "職 業 能 力 開 発 研 究 誌,31 巻,1 号 2015 2.2. 市 場 の 動 向 わが 国 の 水 素 エネルギー 導 入 に 向 けた 取 り 組 みを 紹 介 する 2013 年 3 月 経 済 産 業 省 は 水 素 をエネルギー 源 として 活 用 する 水 素 社 会 の 実"

Transcription

1 研 究 資 料 水 素 関 連 ビジネス 市 場 動 向 の 一 考 察 A Study of Hydrogen-Related Business Market Trends 藤 井 享 ( 日 立 製 作 所 産 業 ソリューション 営 業 本 部 営 業 企 画 部 ) Toru Fujii 水 素 エネルギーは 高 いエネルギー 効 率 と 環 境 にやさしい 負 荷 特 性 により 将 来 的 には 二 次 エネルギーの 中 心 的 役 割 を 担 うことが 期 待 される 以 上 のことから 世 界 の 水 素 インフラ 市 場 規 模 は 2015 年 で 7 兆 円 規 模 だが 2020 年 には 10 兆 円 2025 年 には 20 兆 円 2050 年 には 160 兆 円 規 模 に 伸 張 すると 予 想 されている この 爆 発 的 な 市 場 拡 大 の 背 景 には 燃 料 電 池 車 (FCV)と 定 置 型 燃 料 電 池 の 進 行 があり 水 素 エネルギー 普 及 の 起 爆 剤 となっている 本 稿 では 以 上 のことを 鑑 み 将 来 の 水 素 社 会 の 実 現 に 向 けて 今 後 急 激 に 伸 張 する 水 素 関 連 ビジネス 市 場 の 概 要 と 動 向 を 紹 介 する また PEST 分 析 を 行 い FCV( 燃 料 電 池 自 動 車 )と 水 素 ステーション 導 入 に 向 けた 水 素 社 会 実 現 に 向 けた 課 題 点 を 抽 出 する キーワード:Hydrogen-Related Business, FCV (Fuel Cell Vehicle),PEST Analysis 1. はじめに 2. 水 素 関 連 ビジネス 市 場 動 向 水 素 エネルギーは 高 いエネルギー 効 率 と 環 境 にやさ しい 負 荷 特 性 により 将 来 的 には 二 次 エネルギーの 中 心 的 役 割 を 担 うことが 期 待 される 本 稿 では 今 後 急 激 に 伸 張 する 水 素 関 連 ビジネスの 概 要 を 紹 介 し PEST 分 析 を 行 い FCV( 燃 料 電 池 自 動 車 )と 水 素 ステーション 導 入 に 向 けた 水 素 社 会 実 現 に 向 けた 課 題 点 を 抽 出 する 2.1. 水 素 エネルギーとは 水 素 エネルギーとは 燃 料 電 池 を 使 用 して 水 素 ガスと 酸 素 ガスを 反 応 させて 電 気 エネルギーを 発 生 させる この 原 理 ( 燃 料 電 池 )は 水 の 電 気 分 解 の 真 逆 の 反 応 を 利 用 したものである また 排 気 ガスは 水 だけであり 環 境 にやさしいグリーンなエネルギーである さらに 燃 料 電 池 の 優 れた 特 徴 としては エネルギー 利 用 効 率 が 最 大 40%と 非 常 に 高 く 次 世 代 の 二 次 エネル ギーの 中 心 的 役 割 を 担 うことが 期 待 される 図 1 水 素 インフラ 市 場 動 向 ( 出 所 ) 日 経 BP クリーンテック 研 究 所 世 界 水 素 インフラプロジェクト 総 覧 より 引 用 [6] 一 部 加 筆

2 職 業 能 力 開 発 研 究 誌,31 巻,1 号 市 場 の 動 向 わが 国 の 水 素 エネルギー 導 入 に 向 けた 取 り 組 みを 紹 介 する 2013 年 3 月 経 済 産 業 省 は 水 素 をエネルギー 源 として 活 用 する 水 素 社 会 の 実 現 に 向 けたロードマ ップ 作 りに 着 手 すると 発 表 した 同 日 産 官 学 のメンバ ーで 構 成 する 水 素 燃 料 電 池 戦 略 協 議 会 が 発 足 [1] した また 自 民 党 議 員 による FCV( 燃 料 電 池 車 )を 中 心 とした 水 素 社 会 実 現 を 促 進 する 研 究 会 も 設 立 [2] され た さらに 東 京 都 は 水 素 社 会 の 実 現 に 向 けた 東 京 戦 略 会 議 を 設 置 し 東 京 オリンピックでの 水 素 エネルギ ーの 活 用 に 向 けた 環 境 整 備 や 2030 年 までを 見 据 えた 水 素 利 用 活 用 の 可 能 性 や 課 題 について 議 論 し 東 京 都 長 期 ビジョンに 反 映 していくと 表 明 [3] している その 一 方 で 企 業 側 の 開 発 として 千 代 田 化 工 建 設 は 2015 年 度 に 川 崎 市 で 世 界 発 となる 水 素 燃 料 の 大 型 供 給 基 地 を 建 設 予 定 である [4] トヨタ 自 動 車 は 2015 年 度 に 4 人 乗 り 水 素 自 動 車 を 市 販 する また 産 総 研 と 日 立 製 作 所 は 郡 山 で 水 素 を 使 い 電 気 大 量 貯 蔵 実 験 を 開 始 する [5] といった 動 きがみられる 世 界 の 水 素 インフラ 市 場 規 模 は 図 1の 通 り 2015 年 で 7 兆 円 の 規 模 だが 2020 年 には 10 兆 円 2025 年 には 20 兆 円 2050 年 には 160 兆 円 の 規 模 に 拡 大 すると 予 想 [6] されている この 爆 発 的 な 市 場 拡 大 の 背 景 には 燃 料 電 池 車 (FCV) と 定 置 型 燃 料 電 池 の 普 及 の 進 行 があり 水 素 エネルギー 普 及 の 起 爆 剤 となっている 3. 水 素 社 会 とは 水 素 社 会 とは 水 素 エネルギーを 媒 体 として 電 力 石 油 ガス 等 の 既 存 のエネルギーシステムとの 系 統 連 携 を 図 り 分 散 型 のエネルギー 供 給 の 実 現 が 可 能 となる 社 会 である 系 統 連 携 とは 既 存 のエネルギー( 電 力 石 油 ガス 等 )の 需 要 供 給 サイクルにおける 水 素 エネル ギーの 利 活 用 のことである また 水 素 エネルギーは 再 生 可 能 であり クリーン な 特 性 を 持 つことから 製 造 運 搬 備 蓄 といったサイ クルを 確 立 させることで 環 境 にやさしい 次 世 代 の 都 市 (スマートシティやスマートコミュニティ) 分 野 への 応 用 が 考 えられている 以 上 のことから 次 世 代 型 の 水 素 都 市 社 会 の 形 成 に 向 けて 電 力 ガス 石 油 等 のエネルギー 産 業 水 素 製 造 機 器 に 係 る 化 学 機 器 製 造 業 及 び 運 搬 業 者 燃 料 電 池 自 動 車 開 発 に 関 わる 自 動 車 製 造 メーカー 等 燃 料 電 池 家 電 蓄 電 池 エネルギーマネジメント 関 連 の 電 機 メーカー 等 多 くの 業 界 企 業 が 同 分 野 に 参 画 している 4. FCV( 燃 料 電 池 自 動 車 )の 特 徴 と 水 素 ステーション 導 入 に 向 けた 開 発 動 向 4.1. FCV( 燃 料 電 池 自 動 車 )とは FCV( 燃 料 電 池 自 動 車 )は 燃 料 電 池 で 水 素 と 酸 素 の 化 学 反 応 によって 発 電 した 電 気 エネルギーを 使 って モ ーターを 回 転 させ 走 行 する 自 動 車 である 従 来 のガソリン 自 動 車 が ガソリンスタンドで 燃 料 を 補 給 するように 燃 料 電 池 自 動 車 は 水 素 ステーションで 燃 料 となる 水 素 を 補 給 することになる 燃 料 電 池 の 仕 組 みは 内 部 に 電 気 を 蓄 えるものではな く 電 気 を 作 り 出 す 装 置 で 燃 料 の 水 素 は 車 載 の 高 圧 水 素 タンクへ 充 填 され 酸 素 は 大 気 中 の 空 気 から 取 り 入 れる モーター 起 動 時 は 燃 料 電 池 のマイナス 極 へ 水 素 を 供 給 し ここで 水 素 は 内 部 の 触 媒 と 反 応 し 活 性 化 されること で 電 子 だけが 分 離 する 分 離 した 電 子 がマイナス 極 とプ ラス 極 を 結 ぶ 回 路 へと 流 れてこの 回 路 を 流 れるときに 電 気 を 作 り 出 し 発 電 する FCV( 燃 料 電 池 自 動 車 )は EV やハイブリッド 車 の モーター 走 行 時 と 同 じ 点 としては 電 気 でモーターをま わす 点 が 挙 げられるが 水 素 さえ 充 填 されていればすぐ に 走 行 に 必 要 な 電 気 を 作 り 出 すことが 可 能 な 点 が 最 大 の 特 徴 である そのため EV や PHV 車 のように 走 行 の ための 蓄 電 池 は 基 本 的 に 必 要 としない さらに FCV( 燃 料 電 池 自 動 車 )の 主 な 特 徴 は 以 下 の 通 りである ( 特 徴 1) 大 気 汚 染 の 原 因 となる 有 害 物 質 の 排 出 がない 走 行 時 に 水 素 を 直 接 燃 料 として 使 用 する 直 接 水 素 方 式 の FCV( 燃 料 電 池 自 動 車 )が 走 行 時 に 排 出 するのは 水 蒸 気 のみであり 大 気 汚 染 の 原 因 となる 二 酸 化 炭 素 (CO2)や 窒 素 酸 化 物 (NOx) 炭 化 水 素 (HC) 一 酸 化 炭 素 (CO) 浮 遊 粒 子 状 物 質 (PM) ベンゼンやアルデ ヒドなどの 有 害 大 気 汚 染 物 質 の 排 出 が 一 切 ない ( 特 徴 2) 高 効 率 なエネルギー 利 用 が 可 能 従 来 のガソリン 自 動 車 のエネルギー 効 率 は 20% 程 度 であるのに 対 して FCV( 燃 料 電 池 自 動 車 )は 約 2 倍 の 40% 程 度 と 非 常 に 高 いエネルギー 効 率 の 実 現 が 可 能 である ( 特 徴 3) 環 境 への 負 荷 の 軽 減 につながる 石 油 以 外 のグリーンエネルギーを 利 用 して 水 素 を 製 造 することが 可 能 である ( 特 徴 4) 充 電 が 不 要

3 図 2 水 素 関 連 ビジネス 市 場 の PEST 分 析 電 気 自 動 車 とは 異 なり 長 時 間 の 充 電 が 不 要 である ま た FCV( 燃 料 電 池 自 動 車 )は 1 回 の 充 填 による 走 行 距 離 は 電 気 自 動 車 よりも 長 く 近 い 将 来 はガソリン 自 動 車 と 同 程 度 になると 考 えられている 4.2. 水 素 ステーションの 開 発 動 向 FCV( 燃 料 電 池 自 動 車 )には 水 素 ステーションから 直 接 水 素 を 補 給 する 直 接 水 素 形 と 水 素 以 外 の 燃 料 を 補

4 職 業 能 力 開 発 研 究 誌,31 巻,1 号 2015 給 して 車 載 改 質 器 で 水 素 を 製 造 する 車 上 改 質 形 の 2 つの 種 類 があるが エネルギー 効 率 二 酸 化 炭 素 (CO2) 削 減 などの 観 点 から 比 較 すると 直 接 水 素 形 の 方 が 理 想 的 と 考 えられている 水 素 の 貯 蔵 車 載 方 法 は 水 素 ( 気 体 )を 高 圧 に 圧 縮 して 専 用 の 高 圧 タンクに 貯 蔵 車 載 し 水 素 吸 蔵 合 金 水 素 ( 気 体 )を 特 殊 な 合 金 に 吸 蔵 して 貯 蔵 車 載 し 加 温 により 水 素 を 取 出 す 液 体 水 素 タンク 水 素 を 極 低 温 (-253 )にして 専 用 の 遮 熱 タンクに 貯 蔵 車 載 する 水 素 は 燃 料 供 給 などの 面 で 課 題 があるため 現 在 はイ ンフラの 整 備 や 取 扱 い 価 格 効 率 などの 面 で 各 種 燃 料 を 比 較 検 討 している 段 階 にある 5. PEST 分 析 本 章 では FCV( 燃 料 電 池 自 動 車 )の 特 徴 と 水 素 ス テーション 導 入 に 向 けた 開 発 動 向 の PEST 分 析 を 行 う PEST 分 析 とは 企 業 の 経 営 戦 略 策 定 に 関 する 外 部 の 環 境 要 因 を 考 慮 し 分 析 する 手 法 である 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく3つに 分 類 することが 出 来 る この3つの 環 境 とは 1マクロ 環 境 2 産 業 レベルの 環 境 3 内 部 環 境 である その 内 1マクロ 環 境 とは 企 業 の 事 業 活 動 の 環 境 で あり 企 業 にとって 統 制 不 可 能 なものであり 具 体 的 に は4つの 外 部 環 境 要 因 にわけることができる PEST(Politics 政 治 法 律 的 環 境 要 因 Economy 経 済 的 環 境 要 因 Society 社 会 的 環 境 要 因 Technology 技 術 的 環 境 要 因 )である これら4つの 外 部 環 境 要 因 を 分 析 するフレームワークが PEST 分 析 で ある PEST 分 析 は 経 営 学 者 でマーケティングの 第 一 人 者 で ある ノースウェスタン 大 学 ケロッグビジネススクール の 教 授 フィリップ コトラーが 提 唱 したものであり コトラーの 戦 略 的 マーケティング [7] の 中 で 環 境 分 析 の 重 要 性 を 説 いている コトラーによれば 売 上 を 伸 張 させている 企 業 や 製 品 には 社 会 の 変 化 や 流 行 などのトレンドを 味 方 につけて おり マーケティング 活 動 から 外 部 環 境 の 変 化 を 的 確 にとらえ 自 社 の 組 織 や 製 品 を 時 代 のトレンドに 合 致 さ せていくことこそが 生 き 残 るための 条 件 であると 指 摘 している このようなマーケティング 活 動 において 外 部 環 境 を 把 握 して 自 社 への 影 響 をはかるフレームワークとして PEST 分 析 が 重 要 とされている では 水 素 ビジネス 市 場 における 取 組 みを PEST 分 析 で 紹 介 する まず P( 政 治 ) 的 背 景 では 2010 年 高 圧 ガス 保 安 法 や 消 防 法 など 水 素 スタンドに 係 る 規 制 の 整 備 2012 年 水 素 ステーションの 立 地 規 制 の 緩 和 2015 年 FCV の 一 部 ユーザーへの 普 及 開 始 がある また 2025 年 FCV 普 及 200 万 台 の 目 標 を 掲 げ 2011 年 自 動 車 3 社 エネルギー 事 業 者 10 社 が FCV と 水 素 インフラ 整 備 に 向 けた 共 同 声 明 発 表 した さらに 2015 年 水 素 ステーションを 全 国 に 100 か 所 ( 東 京 名 古 屋 大 阪 北 九 州 を 結 ぶ) 設 置 することを 目 指 しており 2025 年 には 全 国 に 1,000 か 所 設 置 する との 施 策 が 出 されている E( 経 済 ) 的 には 2009 年 家 庭 用 燃 料 電 池 価 格 (300~ 350 万 円 ) 2013 年 水 素 供 給 コスト(120 円 /N m3 程 度 ) 2015 年 水 素 貯 蔵 機 コスト(100~200 万 円 ) 2016 年 家 庭 用 燃 料 電 池 価 格 (70~80 万 円 ) 2020 年 水 素 供 給 コスト(60 円 /N m3 程 度 ガソリン 並 み)と 見 込 まれる 続 いて S( 社 会 ) 的 背 景 では 2009 年 家 庭 用 エネ ファーム(PEFC タイプ)の 販 売 開 始 2011 年 家 庭 用 エネファーム(SOFC タイプ)の 販 売 開 始 があり 2012 年 埼 玉 県 庁 がソーラー 水 素 ステーションを 設 置 した さらには 2013 年 とよたエコタウンで 水 素 ステーシ ョンの 運 用 開 始 2015 年 千 代 田 加 工 建 設 が 川 崎 市 に 水 素 燃 料 の 大 型 供 給 基 地 を 建 設 2015 年 トヨタ 自 動 車 が 4 人 乗 り 水 素 自 動 車 を 市 販 化 する 予 定 である 最 後 に T( 技 術 ) 的 要 素 としては 2011 年 千 葉 大 学 が 植 物 工 業 を 建 設 し 羽 田 水 素 ステーションで 回 収 し た CO2 の 利 用 を 開 始 した 2011 年 には JX が 横 浜 旭 区 に 日 本 発 のオンサイト 水 素 ステーションを 開 設 2015 年 水 素 貯 蔵 機 コスト(100~200 万 円 ) 2016 年 家 庭 用 燃 料 電 池 価 格 (70~80 万 円 ) 2020 年 水 素 供 給 コス ト(60 円 /N m3 程 度 ガソリン 並 み)と 見 込 まれる 続 いて S( 社 会 ) 的 背 景 では 2009 年 家 庭 用 エネ ファーム(PEFC タイプ) 販 売 開 始 し 2011 年 家 庭 用 エ ネファーム(SOFC タイプ) 販 売 開 始 した 6. 課 題 点 現 在 水 素 エネルギーは 宇 宙 開 発 (ロケット 燃 料 ) 分 野 で 使 用 されている 程 度 で 一 般 的 ではない しかし 水 素 がエネルギーの 中 心 となる 可 能 性 がある まずはそのためのメリットを 述 べると 1 水 素 は 等 の 温 室 効 果 ガスを 排 出 しないため 二 酸 化 炭 素 ( ) が 削 減 できる また 水 素 エネルギーは あらゆるエネル ギーから 作 ることができる 例 えば 太 陽 光 発 電 や 風 力 発 電 のような 再 生 可 能 エネルギーによる 電 力 使 用 時 の 水 の 電 気 分 解 で 水 素 を 製 造 することができる この 水 素 エネルギーで 発 電 を 行 うことで 電 力 消 費 の ピークカットや 非 常 時 や 緊 急 時 の 対 応 等 への 利 用 が 可 能 である また 水 素 は の 利 用 により 車 の 燃

5 料 にもなる 他 生 活 に 必 要 な 様 々なエネルギーを 水 素 の みで 賄 うことも 可 能 である 水 素 社 会 には 上 記 の 利 点 が ある 一 方 で その 実 現 には 多 くの 課 題 がある それは 使 用 者 のニーズの 合 わせた 安 全 で 利 便 性 がよく 安 価 で の 機 器 やサービスの 提 供 である しかしながら 現 段 階 では 機 器 の 開 発 ( 技 術 ) 経 済 性 (コスト) インフラの 整 備 (プラットフォーム) において いずれも 課 題 点 は 多 い では 水 素 社 会 の 早 期 実 現 に 向 けた 取 り 組 みとして 何 をして 行 くべきなのかを 述 べる まず 第 一 に 重 要 なの は 水 素 エネルギーを 大 量 かつ 安 価 に 製 造 する 技 術 を 開 発 することである 次 に 重 要 なことは 水 素 エネルギ ーの 運 搬 方 法 の 簡 素 化 である それは 物 性 的 に 貯 蔵 輸 送 が 困 難 な 水 素 を 安 全 大 量 かつ 安 価 に 貯 蔵 輸 送 する 方 向 を 確 立 することが 急 務 である 水 素 は 超 低 温 ( )で 液 化 されるが 液 化 して も 外 部 からの 自 然 入 熱 によるボイル オフ( 自 然 蒸 発 ) を 止 めることは 不 可 能 である また 水 素 は 漏 洩 すると 爆 発 する 危 険 性 がきわめて 高 く さらに 臭 いを 付 けるのが 難 しいため 漏 れている か 否 かの 判 断 が 付 きにくいという 問 題 点 もある 以 上 のことから 水 素 社 会 の 実 現 に 向 けた 課 題 点 とし ては 危 険 性 の 高 い 水 素 エネルギーを 大 量 に 取 り 扱 うこ とができる 水 素 の 貯 蔵 設 備 や 輸 送 手 段 の 確 立 といった 技 術 と 仕 組 みの 開 発 が 急 務 である 以 上 のような 水 素 社 会 実 現 に 向 けた 取 り 組 みとして は 図 2の 通 り 政 治 的 経 済 的 社 会 的 技 術 的 な 取 り 組 みがなされている 特 に 2015 年 ~2025 年 に 向 けた 今 後 10 年 間 で 上 記 の 課 題 点 を 解 決 して 一 般 社 会 へ の 普 及 が 期 待 されている 7. あとがき 以 上 の 通 り FCV( 燃 料 電 池 自 動 車 )とそれに 伴 う 水 素 ステーション 導 入 や 他 の 水 素 関 連 ビジネスの 市 場 規 模 は 2020 年 には 10 兆 円 2025 年 には 20 兆 円 2050 年 には 160 兆 円 規 模 と 爆 発 的 な 成 長 市 場 になると 予 想 さ れている しかしながら これらの 成 長 を 継 続 させていく 上 で 水 素 ステーション 等 のインフラ 整 備 の 問 題 等 も 考 えられ る 本 稿 では 同 分 野 の 市 場 動 向 について 紹 介 したが 今 後 はこれらの 課 題 解 決 に 向 けた 施 策 ( 政 府 自 治 体 関 連 企 業 の 動 向 )を 検 討 していきたい 参 考 文 献 1. 日 本 経 済 新 聞 2013/12/20 記 事 2. 日 経 産 業 新 聞 2013/7/26 記 事 3. 環 境 ビジネスオンライン 2014/5/13 記 事 4. 日 本 経 済 新 聞 2013/9/30 記 事 5. 日 経 産 業 新 聞 2014/4/8 記 事 6. 日 経 BP クリーンテック 研 究 所 世 界 水 素 インフラ プロジェクト 総 監, information/newsrelease/newsrelease shtml#ref1 (2015 年 2 月 20 日 確 認 ) 7. Philip Kotler ( 著 ), 木 村 達 也 ( 訳 ): コトラーの 戦 略 的 マーケティング いかに 市 場 を 創 造 し 攻 略 し 支 配 するか (2000) ( 原 稿 受 付 2015/1/16 受 理 2015/2/26) * 藤 井 享, 博 士 ( 学 術 ) 株 式 会 社 日 立 製 作 所 インフラシステム 総 合 営 業 本 部 産 業 ソリ ューション 営 業 本 部 営 業 企 画 部 部 長 代 理, 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 Toru Fujii, Hitachi,Ltd.Infrastructure Sysems General Sales Division,Manager

次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項

次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 地 球 環 境 への 貢 献 と 新 たな 産 業 の 創 出 に 向 けて 平 成 25 年 9 10 千 代 化 建 設 株 式 会 社 川 崎 市 次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの

More information

スライド 1

スライド 1 総 合 資 源 エネルギー 調 査 会 総 合 部 会 第 1 回 会 合 参 考 資 料 1-4 我 が 国 のエネルギー 情 勢 4 < 消 費 > 平 成 25 年 3 月 15 日 資 源 エネルギー 庁 目 次 < 最 近 の 環 境 変 化 > 1. 東 日 本 大 震 災 と 東 電 福 島 原 発 事 故 2. 国 際 情 勢 の 変 化 3. 安 定 供 給 不 安 4. エネルギーコストの

More information

地域エネルギーMOTプログラム 新エネルギー利用(3) 燃料電池

地域エネルギーMOTプログラム 新エネルギー利用(3) 燃料電池 YUMOT 新 エネルギー 利 用 (3) 燃 料 電 池 山 口 大 学 大 学 院 技 術 経 営 研 究 科 福 代 和 宏 本 講 義 の 概 要 燃 料 電 池 とは? なぜ, 今, 燃 料 電 池? 技 術 の 現 状 将 来 展 望 まとめ 燃 料 電 池 とは? 電 池 の 定 義 化 学 エネルギー(または 物 理 エネルギー)を 直 接 電 気 エネルギーに 変 換 化 学 電

More information

燃 料 池 車 (FCV: Fuel Cell Vehicle) 果 たす 役 割 FCV 持 つ 経 済 的 ポテンシャル 非 常 源 してポテンシャル 製 品 部 品 材 FCV FCスタック 極 材 非 常 時 力 消 費 非 常 時 1 日 間 維 持 必 要 な FCバス (455kWh/

燃 料 池 車 (FCV: Fuel Cell Vehicle) 果 たす 役 割 FCV 持 つ 経 済 的 ポテンシャル 非 常 源 してポテンシャル 製 品 部 品 材 FCV FCスタック 極 材 非 常 時 力 消 費 非 常 時 1 日 間 維 持 必 要 な FCバス (455kWh/ 2014 2 月 13 日 自 由 民 主 党 資 源 エネルギー 戦 略 調 査 会 社 会 推 進 小 委 員 会 説 明 資 料 FCV( 燃 料 池 車 ) 中 心 した 社 会 促 進 する 研 究 会 事 務 局 長 衆 議 院 議 員 ふくだ 峰 之 1 燃 料 池 車 (FCV: Fuel Cell Vehicle) 果 たす 役 割 FCV 持 つ 経 済 的 ポテンシャル 非 常

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション FCVの 普 及 に 向 けた 水 素 供 給 事 業 の 展 開 について 2015 年 2 月 10 日 総 合 企 画 部 1 JXグループ 概 要 2010 年 7 月 発 足 国 内 燃 料 油 販 売 シェア シェア36%: 国 内 1 位 *2012 年 度 需 要 統 計 ベース パラキシレン 供 給 能 力 262 万 トン/ 年 :アジア1 位 原 油 天 然 ガス 生 産 量

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

12 資料2  H2Osakaビジョンについて.pptx

12 資料2  H2Osakaビジョンについて.pptx 資 料 2 H2Osaka(エイチツーオオサカ) ビジョンについて H2Osakaビジョン( 概 要 ) H2Osakaビジョン( 本 文 ) 1 H2Osakaビジョン 概 要 版 2 策 定 の 背 景 1 様 々な 社 会 課 題 の 解 決 に 貢 献 する 水 素 エネルギーの 有 望 性 エネルギーの 多 様 な 選 択 肢 の 一 つとして 水 素 が 活 用 されている 水 素 社

More information

自治体と国の連携

自治体と国の連携 資 料 4-2 燃 料 電 池 自 動 車 等 の 普 及 促 進 に 向 けた 自 治 体 と 国 の 連 携 について 平 成 27 年 2 月 24 日 資 源 エネルギー 庁 燃 料 電 池 推 進 室 1. 基 本 的 な 考 え 方 1-1. 自 治 体 連 携 会 議 の 趣 旨 目 的 燃 料 電 池 自 動 車 等 の 水 素 利 活 用 技 術 の 普 及 には 国 が 基 本

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし EV PHV 普 及 に 向 けた 経 済 産 業 省 の 取 組 について 2015 年 6 月 8 日 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 自 動 車 課 電 池 次 世 代 技 術 ITS 推 進 室 長 吉 田 健 一 郎 化 石 燃 料 への 依 存 とCO2 排 出 化 石 燃 料 への 依 存 度 95% 以 上 運 輸 部 門 からのCO2 排 出 量 は 日 本 全 体 の 排

More information

Microsoft Word - 答申本文.doc

Microsoft Word - 答申本文.doc 第 3 章 窒 素 酸 化 物 対 策 の 環 境 改 善 効 果 予 測 1 対 策 効 果 予 測 について 第 2 章 で 検 討 した 更 なる 対 策 について 対 策 の 実 施 による 将 来 の NOx 排 出 量 や 環 境 濃 度 の 低 減 効 果 等 を 把 握 することは 対 策 を 進 めていく 上 で 重 要 な 根 拠 となる そのため 第 1 章 -3で 設 定 した

More information

CHIYODA PowerPoint Format

CHIYODA PowerPoint Format SPERA 千 代 田 の 供 給 事 業 千 代 田 化 工 建 設 株 式 会 社 アジェンダ 0. 需 給 ポテンシャル P.2 1.SPERA 技 術 のご 紹 介 P.3 2.SPERA による 新 しいエネルギーネットワーク P.7 3.サプライチェーン 確 立 に 向 けた 事 業 展 開 ( 川 崎 1 号 案 件 ) P.12 4. 東 京 オリンピック パラリンピックに 向 けた

More information

まえがき目次.indd

まえがき目次.indd ま え が き 本 書 新 石 油 読 本 は 石 油 製 品 販 売 店 の 皆 さまを 中 心 に 油 田 がどのように 探 鉱 開 発 され 生 産 されて 日 本 に 輸 送 されるのか また 日 本 に 到 着 した 原 油 が 製 品 化 され 給 油 所 で 販 売 されるまでのサプライチェーン 全 般 の 基 礎 知 識 をやさしく 解 説 した 書 籍 が 欲 しい という 要 望

More information

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって 平 成 28 年 度 税 制 改 正 結 果 概 要 ( 車 体 課 税 関 係 ) 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 資 料 1 ( 参 考 ) 平 成 28 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な 考 え 方 > 資 料 2 ( 参 考 ) 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な

More information

x x な 別 添 6 規 制 の 特 例 措 置 等 の 提 案 書 提 案 団 体 名 : 長 崎 県 長 崎 市 佐 世 保 市 西 海 市 政 策 課 題 解 決 策 との 関 係 区 分 ( 1) 現 行 の 規 制 制 度 の 所 管 関 係 官 庁 ( 該 当 に を 記 載 ) 提

More information

Microsoft PowerPoint - 講演用WG4(PDF用).ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 講演用WG4(PDF用).ppt [互換モード] 広 報 活 動 報 告 ( 財 ) 日 本 自 動 車 研 究 所 FC EVセンター 主 管 岩 瀬 孝 邦 目 次 広 報 活 動 の 位 置 づけ 想 定 されるターゲット 平 成 19 年 度 実 施 項 目 1イベント 活 動 報 告 2 教 育 活 動 報 告 3 認 知 度 調 査 報 告 広 報 の 機 会 と 素 材 について まとめ JHFCの 目 的 1. 燃 料 電 池 自

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円 平 成 26 年 2 月 19 日 政 策 総 務 財 政 委 員 会 配 付 資 料 財 政 局 平 成 26 年 度 制 改 正 ( 地 方 )の 概 要 について 平 成 26 年 度 制 改 正 のうち に 関 係 する 主 な 改 正 事 項 は 次 のとおりです なお これらの 事 項 について 地 方 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 が 可 決 された 場 合 には

More information

別紙1

別紙1 Ⅳ. 特 記 事 項 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 重 視 した 教 育 研 究 - 地 域 に 愛 される 大 学 として - 基 準 10で 述 べたように 本 学 は 地 域 社 会 との 協 力 を 極 めて 重 視 し 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 通 し 地 域 に 愛 される 大 学 として 教 育 研 究 活 動 を 活 発 に 展 開 している その 中 で も 特 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20908591668145945297BF9364927290ED97AA838D815B8368837D8362837681698DC58F498BA68B6394C58146835283818393836794B282AB816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20908591668145945297BF9364927290ED97AA838D815B8368837D8362837681698DC58F498BA68B6394C58146835283818393836794B282AB816A2E646F6378> 水 素 燃 料 電 池 戦 略 ロードマップ ~ 水 素 社 会 の 実 現 に 向 けた 取 組 の 加 速 ~ 平 成 26 年 6 月 23 日 水 素 燃 料 電 池 戦 略 協 議 会 水 素 燃 料 電 池 戦 略 ロードマップ ~ 水 素 社 会 の 実 現 に 向 けた 取 組 の 加 速 ~ 目 次 第 1 章 総 論... 1 第 1 節 水 素 社 会 実 現 の 意 義...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323381798B4C8ED294AD955C817A3233924589B7926789BB8AD698418EE597768E968BC681693032303231383030816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323381798B4C8ED294AD955C817A3233924589B7926789BB8AD698418EE597768E968BC681693032303231383030816A2E646F63> ( 予 算 概 要 参 考 資 料 ) 平 成 23 年 度 予 算 案 における 地 球 温 暖 化 対 策 関 連 事 業 昨 年 12 月 に 策 定 された 横 浜 市 中 期 4か 年 計 画 において 地 球 温 暖 化 対 策 は 横 浜 版 成 長 戦 略 の 筆 頭 に 当 たる 環 境 最 先 端 都 市 戦 略 の 中 核 を 担 う 施 策 と 位 置 づけ られました 低

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 5 回 バイオマス 事 業 化 戦 略 検 討 チーム 資 料 1 JX 日 鉱 日 石 エネルギーにおける バイオマス 燃 料 に 対 する 取 組 み 2012. 4. 11 JX 日 鉱 日 石 エネルギー 株 式 会 社 執 行 役 員 研 究 開 発 企 画 部 長 吉 田 正 寛 1 ご 説 明 内 容 1.はじめに 2.バイオガソリンの 導 入 状 況 3.バイオマス 燃 料 の

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

自動車使用管理実績報告書(25年度実績)作成マニュアル

自動車使用管理実績報告書(25年度実績)作成マニュアル 自 動 車 使 用 管 理 実 績 報 告 書 の 作 成 マニュアル 平 成 26 年 4 月 近 畿 運 輸 局 自 動 車 交 通 部 自 動 車 使 用 管 理 実 績 報 告 書 作 成 について 1. 制 度 の 概 要 1 目 的 大 気 汚 染 の 著 しい 地 域 である 対 策 地 域 において その 防 止 に 関 して 国 地 方 公 共 団 体 事 業 者 等 の 果 たすべき

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203136303630382088A4926D8CA7908591668ED089EF8C6090AC8CA48B8689EF835A837E8369815B81694D45544990AF96EC816A2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203136303630382088A4926D8CA7908591668ED089EF8C6090AC8CA48B8689EF835A837E8369815B81694D45544990AF96EC816A2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D> 素 社 会 の 実 現 に 向 けた 取 組 素 燃 料 電 池 戦 略 ロードマップ 改 訂 を 中 に 平 成 28 年 6 8 資 源 エネルギー 庁 燃 料 電 池 推 進 室 星 野 昌 志 素 エネルギー 利 活 の 意 義 多 様 な 次 エネルギーからの 製 造 あらゆる 形 態 での 輸 送 貯 蔵 が 可 能 な 素 は 従 来 の 次 エネルギー 構 造 を きく 変 するポテンシャルを

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

トピックス 水 素 社 会 実 現 に 向 けた 動 き 水 素 社 会 とは 石 油 などの 化 石 燃 料 に 代 え て 水 素 をエネルギー 源 として 幅 広 く 活 用 する 社 会 のことである 今 年 月 安 倍 総 理 が 施 政 方 針 演 説 において 成 長 戦 略 の 一

トピックス 水 素 社 会 実 現 に 向 けた 動 き 水 素 社 会 とは 石 油 などの 化 石 燃 料 に 代 え て 水 素 をエネルギー 源 として 幅 広 く 活 用 する 社 会 のことである 今 年 月 安 倍 総 理 が 施 政 方 針 演 説 において 成 長 戦 略 の 一 6 トピックス 水 素 社 会 実 現 に 向 けた 動 き 水 素 社 会 とは 石 油 などの 化 石 燃 料 に 代 え て 水 素 をエネルギー 源 として 幅 広 く 活 用 する 社 会 のことである 今 年 月 安 倍 総 理 が 施 政 方 針 演 説 において 成 長 戦 略 の 一 つとして 水 素 社 会 の 実 現 について 言 及 するに 至 り 水 素 エネ ルギーをめぐって

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

大それた表題をつけてしまったがこの小論でそのような大それた

大それた表題をつけてしまったがこの小論でそのような大それた コラム 歩 行 のエネルギー 消 費 についての 考 察 (1) 計 量 分 析 ユニット 松 尾 雄 司 本 稿 は 宮 川 卓 也 自 転 車 のエネルギー 消 費 についての 考 察 1 の 続 報 である 勝 手 な 引 用 を 許 可 していただいた 宮 川 氏 にはこの 場 で 初 めて 感 謝 申 し 上 げたい ここでの 論 点 は 運 輸 部 門 のエネルギー 消 費 の 形 態

More information

< E EC93E08E AC28BAB B93738E7392F188C48F C8EAE3129>

< E EC93E08E AC28BAB B93738E7392F188C48F C8EAE3129> 環 境 モデル 都 市 提 案 書 ( 様 式 1) タイトル 超 スマート! 薩 摩 川 内 市 ~みんなで 創 るエネルギーのまちの 未 来 ~ 提 案 団 体 鹿 児 島 県 薩 摩 川 内 市 (さつませんだいし) 人 口 :99,589 人 ( 平 成 22 年 度 国 勢 調 査 ) 担 当 者 名 及 担 当 者 の 所 属 : 薩 摩 川 内 市 役 所 新 エネルギー 対 策 課

More information

Microsoft PowerPoint - 201503豊田市-配付資料PPt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 201503豊田市-配付資料PPt [互換モード] 豊 田 市 企 画 政 策 部 環 境 モデル 都 市 推 進 課 2015 年 3 月 豊 田 市 の 概 要 岐 阜 県 長 野 県 人 口 421,465 人 (2015 年 1 月 1 日 ) 面 積 918.47km 2 ( 愛 知 県 の18%) 産 業 都 市 と 中 山 間 地 の 過 疎 地 域 が 共 存 愛 知 県 FCV 市 街 地 近 くにラムサール 条 約 湿 地 東 海

More information

環 境 目 標 成 に 努 め 廃 棄 物 の 再 資 源 化 グリーン 調 達 環 境 関 連 法 規 の 環 境 会 計 スト 回 収 商 品 処 分 などの 上 下 流 コストに20% 使 用 し てい 遵 守 などの 目 標 は 達 成 しました 今 後 は 中 期 目 標 を 2010 年

環 境 目 標 成 に 努 め 廃 棄 物 の 再 資 源 化 グリーン 調 達 環 境 関 連 法 規 の 環 境 会 計 スト 回 収 商 品 処 分 などの 上 下 流 コストに20% 使 用 し てい 遵 守 などの 目 標 は 達 成 しました 今 後 は 中 期 目 標 を 2010 年 環 境 理 念 環 境 方 針 私 たちは お 客 様 第 一 主 義 の 経 営 理 念 のもと 経 皮 吸 収 型 貼 付 剤 を 中 心 とした 医 薬 品 の 提 供 を 通 じて 貼 って 手 当 てすることの 良 さ を 伝 えながら 世 界 中 の 人 々の 健 康 づくりに 積 極 的 に 取 り 組 んできました 地 球 環 境 の 保 全 に 貢 献 することは 当 社 の 経

More information

社 会 還 元 加 速 プロジェクト 情 報 通 信 技 術 を 用 いた 安 全 で 効 率 的 な 道 路 交 通 システムの 実 現 報 告 書 平 成 25 年 3 月 目 次 1.はじめに 1-1. 社 会 還 元 加 速 プロジェクト 1 1-2. 本 プロジェクトが 目 指 す 道 路 交 通 社 会 の 姿 と 目 標 2 1-3. 具 体 的 な 取 り 組 みと 実 施 計 画

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478> 名 古 屋 大 学 エネルギーマネジメント 研 究 検 討 会 平 成 27 年 度 エネルギーに 関 する 文 理 融 合 研 究 合 同 成 果 報 告 会 第 11 回 名 大 発 - 省 エネ 推 進 と 地 球 温 暖 化 防 止 省 エネ 法 等 に 係 る 最 近 の 動 向 平 成 28 年 3 月 16 日 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 文 教 施 設 企 画 部 参 事 官

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 2. 保 安 基 準 適 合 証 等 における 記 載 事 項 の 訂 正 等 について 業 務 連 絡 第 4 号 平 成 13 年 5 月 9 日 近 畿 運 輸 局 整 備 部 整 備 課 長 指 定 自 動 車 整 備 事 業 関 係 業 務 処 理 要 領 第 13 条 第 6 項 第 3 号 における 別 途 定 めるもの とは 下 記 の 事 項 とする なお 指 定 自 動 車 整

More information

電 気 自 動 車 等 : 電 気 自 動 車 天 然 ガス 自 動 車 (H21 年 排 出 ガス 10% 以 上 低 減 ) ガソリン 車 ハイブリッド 車 はいずれも 平 成 17 年 排 出 ガス 基 準 75% 低 減 達 成 車 ( )に 限 ります 各 燃 費 基 準 の 達 成 状

電 気 自 動 車 等 : 電 気 自 動 車 天 然 ガス 自 動 車 (H21 年 排 出 ガス 10% 以 上 低 減 ) ガソリン 車 ハイブリッド 車 はいずれも 平 成 17 年 排 出 ガス 基 準 75% 低 減 達 成 車 ( )に 限 ります 各 燃 費 基 準 の 達 成 状 平 成 26 27 年 度 税 制 改 正 に 係 る 軽 自 動 車 税 の 税 率 について 三 輪 及 び 四 輪 以 上 の 軽 自 動 車 について 新 規 税 率 重 課 税 率 等 三 輪 及 び 四 輪 以 上 の 軽 自 動 車 については, 新 規 検 査 年 月 ( 車 検 証 に 記 載 )により 税 率 が 変 わります また, 最 初 の 新 規 検 査 以 降 13 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798D4C95F18C5792F18F6F9770817A8D829378906C8DDE837C83438393836790A782CC89C1935F91CE8FDB82C682C882E98343836D8378815B83568387839391A390698E788987915B927588EA97972E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798D4C95F18C5792F18F6F9770817A8D829378906C8DDE837C83438393836790A782CC89C1935F91CE8FDB82C682C882E98343836D8378815B83568387839391A390698E788987915B927588EA97972E646F63> 高 度 人 材 ポイント 制 の 加 点 対 象 となるイノベーション 促 進 支 援 措 置 一 覧 高 度 人 材 ポイント 制 の 申 請 を 行 う 外 国 人 の 方 が 所 属 する 大 学 企 業 等 の 機 関 が, 次 の1 又 は2に 掲 げる 措 置 を 受 けている 場 合 には, 特 別 加 算 としてポイントが 加 点 されます(1 0 点 所 属 機 関 が 中 小 企

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 1 第 7 回 検 討 会 資 料 2 各 論 点 の 方 向 性 について 論 点 項 目 ( 案 ) Ⅰ 自 動 車 関 係 諸 税 の 在 り 方 について( 簡 素 化 及 び 負 担 の 軽 減 等 について) (1) 車 体 課 税 のあり 方 について 1 現 行 の 車 体 課 税 の 体 系 と 今 後 のあり 方 について 2 自 動 車 に 関 する 国 都 道 府 県

More information

1. 水 素 供 給 の 現 状

1. 水 素 供 給 の 現 状 資 料 2 水 素 の 製 造 輸 送 貯 蔵 について 平 成 26 年 4 月 14 日 資 源 エネルギー 庁 燃 料 電 池 推 進 室 1. 水 素 供 給 の 現 状 1-1. 水 素 利 用 の 現 状 水 素 は 他 の 原 子 と 共 有 結 合 しやすい 燃 焼 時 に 生 成 されるものは 水 のみである 質 量 当 たりの 熱 量 が 大 き いなどの 性 質 がある このため

More information

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再 5.6 築 地 市 場 を 中 心 としたエネルギー 供 給 システムの 提 案 5.6.1 築 地 市 場 をめぐる 動 向 (1) 現 状 の 築 地 市 場 の 問 題 点 東 京 都 築 地 市 場 の 現 状 の 問 題 点 としては 1 施 設 の 老 朽 化 ( 開 設 以 来 60 年 ) 2 市 場 内 の 交 通 の 混 雑 があげられる これらの 問 題 は 再 整 備 により

More information

平成23年度事業計画書(案)

平成23年度事業計画書(案) 平 成 26 年 度 書 1. 各 WG における について さいたま 市 地 球 温 暖 化 対 策 地 域 協 議 会 において 平 成 26 年 度 に 実 施 予 定 の は さいたま 市 地 球 温 暖 化 対 策 実 行 計 画 ( 区 域 施 策 編 ) に 位 置 づけられている の 体 系 に 基 づき 各 ワーキンググループ( 以 下 WG とする )が 次 のような を 企 画

More information

1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組 み 8 環 境 関 連 の 法 規 状 況 の 確 認 及 び 評 価 並 びに 違 反

1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組 み 8 環 境 関 連 の 法 規 状 況 の 確 認 及 び 評 価 並 びに 違 反 髙 木 工 業 所 対 象 期 間 : 2015 年 1 月 1 日 ~2015 年 12 月 31 日 発 行 日 2016 年 3 月 4 日 改 定 日 2016 年 3 月 29 日 1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

目 次 国 家 公 務 員 給 与 の 概 要 1 公 務 員 の 種 類 と 給 与 勧 告 の 対 象 職 員 1 2 適 用 俸 給 表 別 人 員 2 3 適 用 俸 給 表 別 平 均 年 齢 平 均 俸 給 額 及 び 平 均 給 与 月 額 3 4 適 用 俸 給 表 別 年 齢 階

目 次 国 家 公 務 員 給 与 の 概 要 1 公 務 員 の 種 類 と 給 与 勧 告 の 対 象 職 員 1 2 適 用 俸 給 表 別 人 員 2 3 適 用 俸 給 表 別 平 均 年 齢 平 均 俸 給 額 及 び 平 均 給 与 月 額 3 4 適 用 俸 給 表 別 年 齢 階 国 家 公 務 員 給 与 の 概 要 平 成 28 年 4 月 人 事 院 目 次 国 家 公 務 員 給 与 の 概 要 1 公 務 員 の 種 類 と 給 与 勧 告 の 対 象 職 員 1 2 適 用 俸 給 表 別 人 員 2 3 適 用 俸 給 表 別 平 均 年 齢 平 均 俸 給 額 及 び 平 均 給 与 月 額 3 4 適 用 俸 給 表 別 年 齢 階 層 別 平 均 給 与

More information

(Microsoft PowerPoint - 02.\214\247\223\340IR\216\221\227\2772013\202\2261.0.pptx)

(Microsoft PowerPoint - 02.\214\247\223\340IR\216\221\227\2772013\202\2261.0.pptx) 会 社 説 明 会 資 料 2013 年 3 月 1 日 地 域 とともに 地 域 のために 証 券 コード 9511 沖 縄 電 力 の 概 要 当 社 の 特 徴 広 大 な 海 域 に 点 在 する 沖 縄 本 島 および37 37の の 島 々に 電 力 を 供 給 沖 縄 県 の 発 展 とともに 今 後 も 成 長 本 土 と 送 電 線 が 繋 がっていない 単 独 系 統 のため ため

More information

平成17~20年度補助事業者の 実施状況に関する分析

平成17~20年度補助事業者の 実施状況に関する分析 岡 山 県 環 境 未 来 都 市 構 想 ~オカヤマ エコスマートエリアプロジェクト~ 備 前 みどりのまほろば 協 議 会 備 前 グリーンエネルギー 株 式 会 社 岡 山 県 の 現 状 1.80 1.60 岡 山 県 のエネルギー 消 費 の 特 徴 75% 以 上 が 産 業 利 用 産 業 は90 年 より 消 費 量 減 尐 運 輸 業 務 家 庭 は 増 加 傾 向 運 輸, 1.57

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Microsoft Word - 温対編_1章_130531 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が

More information

Microsoft PowerPoint - METI Asahi 20090205 J .ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - METI Asahi 20090205 J .ppt [互換モード] 次 世 代 自 動 車 燃 料 イニシアティブについて 平 成 21 年 2 月 13 日 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 自 動 車 課 目 次 1. 自 動 車 環 境 エネルギー 制 約 2. 大 気 汚 染 問 題 への 対 応 3. 地 球 温 暖 化 問 題 への 対 応 4.エネルギー 制 約 への 対 応 5.おわりに ~ 次 世 代 自 動 車 燃 料 イニシアティブは 美

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203033332090A28A4582CC90CE96FB8E598BC68B7982D1974191979770945297BF82CC8FAB97889357965D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203033332090A28A4582CC90CE96FB8E598BC68B7982D1974191979770945297BF82CC8FAB97889357965D2E646F63> ミニレポート 2010-033 平 成 23 年 2 月 21 日 世 界 の 石 油 産 業 及 び 輸 送 用 燃 料 の 将 来 展 望 ~ 米 ハート 社 による 2030 年 までの 長 期 予 測 ~ 本 レポートでは 2010 年 11 月 に 米 国 ハート エネルギー コンサルティング 社 が 発 表 した 2030 年 までの 世 界 の 石 油 需 給 と 精 製 業 界 輸

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2015 年 度 エコアクション21 環 境 活 動 レポート 活 動 期 間 (2014 年 10 月 ~2015 年 9 月 ) 2015 年 11 月 発 行 有 限 会 社 ダイハチ http://www.kobe-daihachi.co.jp/ 1 目 次 環 境 方 針 ごあいさつ 事 業 概 要 主 な 環 境 負 荷 の 実 績 と 環 境 目 標 環 境 活 動 計 画 環 境 活

More information

1

1 -------------------------------------------------------------------------------- 別 添 5-4 事 後 調 査 の 計 画 -------------------------------------------------------------------------------- 1 事 後 調 査 項 目 の 選

More information

スライド 1

スライド 1 セラミックス 研 究 所 研 究 推 進 計 画 平 成 28~32 年 度 1. 岐 阜 県 の 陶 磁 器 産 業 の 現 状 と 今 後 の 展 望 2.セラミックス 研 究 所 の 重 点 方 針 3. 研 究 所 の 固 有 技 術 と 課 題 今 後 5 年 間 の 技 術 開 発 の 方 向 4. 技 術 開 発 ロードマップ 5. 技 術 支 援 6. 人 材 育 成 1. 岐 阜

More information

1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 社 名 代 表 者 み 株 式 会 社 三 ま つ せ い さ く し ょ 松 製 作 所 事 業 内 容 た か は し し ん い ち 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 慎 一 設 立 年 月 日 1950( 昭 和 25) 年 5 月 25 日

1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 社 名 代 表 者 み 株 式 会 社 三 ま つ せ い さ く し ょ 松 製 作 所 事 業 内 容 た か は し し ん い ち 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 慎 一 設 立 年 月 日 1950( 昭 和 25) 年 5 月 25 日 2014 年 度 環 境 活 動 レポート 2014 年 3 月 ~2015 年 2 月 株 式 会 社 三 松 製 作 所 認 証 登 録 番 号 0006406 作 成 日 2016 年 5 月 17 日 承 認 日 2016 年 5 月 18 日 作 成 者 環 境 管 理 責 任 者 高 橋 毅 承 認 者 代 表 取 締 役 高 橋 慎 一 1 / 6 1. 組 織 の 概 要 2. 対

More information

Microsoft Word - FINAL_suppliers report.docx

Microsoft Word - FINAL_suppliers report.docx クリーンな 電 力 会 社 選 べる? 電 力 小 売 全 面 自 由 化 を 前 に 電 力 会 社 のクリーン 度 調 査 を 実 施 2016 年 3 月 発 行 グリーンピースレポート 2016 年 4 月 からスタートする 電 力 小 売 市 場 の 全 面 自 由 化 を 前 に 国 際 環 境 NGO グ リーンピース ジャパンは 一 般 電 気 事 業 者 に 代 わるクリーンな 電

More information

< 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家 用 乗 用 車 については 税 率 を 1.5 倍 に 引 き 上 げ それ 以 外 ( 貨 物 用 営

< 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家 用 乗 用 車 については 税 率 を 1.5 倍 に 引 き 上 げ それ 以 外 ( 貨 物 用 営 軽 自 動 車 税 における 税 制 改 正 ( 平 成 26 年 度 27 年 度 改 正 関 係 ) に 係 るQ&A 集 平 成 28 年 2 月 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 < 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家

More information

2030年までのエネルギー需給展望の見直し-2010年度改訂版総合エネルギー統計に準拠した試算結果の概要-

2030年までのエネルギー需給展望の見直し-2010年度改訂版総合エネルギー統計に準拠した試算結果の概要- ( 一 財 ) 電 力 中 央 研 究 所 社 会 経 済 研 究 所 ディスカッションペーパー(SERC Discussion Paper): SERC15001 2030 年 までのエネルギー 需 給 展 望 の 見 直 し -2010 年 度 改 訂 版 総 合 エネルギー 統 計 に 準 拠 した 試 算 結 果 の 概 要 - 星 野 優 子 永 田 豊 浜 潟 純 大 社 会 経 済 研

More information

Microsoft Word - 1502(last).docx

Microsoft Word - 1502(last).docx 今 号 のトピックス 環 境 保 護 汚 染 物 質 排 出 削 減 1. 環 境 保 護 部 2014 年 の 汚 染 物 質 総 量 削 減 目 標 を 達 成 2.2014 年 浙 江 省 の PM2.5 平 均 濃 度 53μg/m3 2013 年 比 13.1% 減 3. 浙 江 省 が 2015 年 環 境 汚 染 対 策 を 発 表 水 大 気 工 業 重 金 属 を 重 点 に 4.

More information

平成14年1月28日

平成14年1月28日 P13007 平 成 28 年 度 実 施 方 針 スマートコミュニティ 部 1. 件 名 : 先 進 革 新 蓄 電 池 材 料 評 価 技 術 開 発 2. 根 拠 法 国 立 研 究 開 発 法 人 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 法 第 15 条 第 1 号 ニ 3. 背 景 及 び 目 的 目 標 (1) 政 策 的 な 重 要 性 新 成 長 戦 略 ( 基 本

More information

目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と

目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と 平 成 6 年 度 版 梅 田 クリーン 工 業 株 式 会 社 発 行 : 平 成 7 年 7 月 目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と

More information

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2 第 3 回 [ミネラルウォーターに 関 する 税 ] 検 討 会 2005.11.15 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 森 林 と 地 下 水 の 関 係 を 中 心 に 東 京 農 業 大 学 太 田 猛 彦 1 森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001

More information

最終処分場の市場動向 調査分科会報告書

最終処分場の市場動向 調査分科会報告書 A-1グループ 最 終 処 分 場 市 場 動 向 調 査 研 究 報 告 書 第 Ⅰ 期 調 査 研 究 期 間 平 成 25 年 9 月 27 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 研 究 調 査 の 目 的 1. 最 終 処 分 場 の 市 場 予 測 を 行 い 会 員 のビジ ネス 戦 略 に 資 する 2.LSAの 会 員 の 最 終 処 分 場 分 野 の 活 動 状 況 を 調

More information

1. 本 資 料 の 趣 旨 電 気 の 大 口 使 用 者 への 小 売 事 業 ( 電 気 の 供 給 事 業 )については 平 成 12 年 から 参 入 規 制 が 順 次 撤 廃 され 地 域 の 電 力 会 社 ( 北 海 道 電 力 から 沖 縄 電 力 までの 計 10 社 の こと

1. 本 資 料 の 趣 旨 電 気 の 大 口 使 用 者 への 小 売 事 業 ( 電 気 の 供 給 事 業 )については 平 成 12 年 から 参 入 規 制 が 順 次 撤 廃 され 地 域 の 電 力 会 社 ( 北 海 道 電 力 から 沖 縄 電 力 までの 計 10 社 の こと 電 力 小 売 市 場 の 自 由 化 について 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 電 力 ガス 事 業 部 電 力 市 場 整 備 課 平 成 24 年 8 月 本 資 料 は 資 源 エネルギー 庁 のホームページからもダウンロードできます http://www.enecho.meti.go.jp/denkihp/index.html http://www.enecho.meti.go.jp/denkihp/genjo/seido.pdf

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303132303732335F89B7926789BB91CE8DF48E968BC68ED28BA68B6389EF5F8D7296D85F8CF68A4A97702E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303132303732335F89B7926789BB91CE8DF48E968BC68ED28BA68B6389EF5F8D7296D85F8CF68A4A97702E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D> 元 素 原 理 からとらえる 二 次 電 池 の 特 徴 とこれから 横 浜 国 立 大 学 工 学 研 究 院 荒 木 拓 人 講 演 会 荒 木 拓 人 (アラキ タクト) 自 己 紹 介 2003 年 3 月 博 士 ( 工 学 ) 取 得 於 京 都 大 学 機 械 工 学 専 攻 マイクロスケールにおける 熱 流 動 特 性 マイクロ 加 工 yaxis(um) 260 255 250 245

More information

いばらき 水 素 戦 略 平 成 28 年 3 月 茨 城 県 目 次 第 1 章 戦 略 策 定 の 趣 旨 目 標 等... 1 第 1 節 策 定 の 背 景... 1 1 国 等 の 動 向... 1 2 茨 城 県 の 特 性 課 題... 2 第 2 節 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方... 3 1 策 定 の 基 本 方 針... 3 2 策 定 の 方 向 性... 3 第

More information

環境活動レポート

環境活動レポート 作 成 日 平 成 26 年 1 月 20 日 環 境 活 動 レポート H24 年 11 月 ~H25 年 10 月 有 限 会 社 星 山 商 店 ご 挨 拶 有 限 会 社 星 山 商 店 は1965 年 創 業 以 来 資 源 回 収 業 として 歩 んでまいりました 私 共 の 活 動 は 自 然 環 境 に 対 する 貢 献 が 大 きいことを 重 く 受 け 止 め 次 ページの 環

More information

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー 地 球 温 暖 化 対 策 実 施 状 況 書 1 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 の 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 ( 届 出 者 ) の 名 称 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 ( 届 出 者 ) の 住 所 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 名 古 屋 支 店 名 古 屋 市 中 区 大 須 四 丁 目 9 番 60 号 工 場 等 の 名 称 NTT

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

untitled

untitled . 低 コスト 木 造 化 のためのチェックポイントと 解 説 1 建 設 費 以 外 のコスト 評 価 ここでは 建 設 費 以 外 のコスト 評 価 におけるチェックポイントを5つ 挙 げ 解 説 します 1) 県 産 材 利 用 の 助 成 制 度 1. 教 育 福 祉 関 連 施 設 建 設 費 の 補 助 を 利 用 岐 阜 県 の 木 の 香 る 快 適 な 教 育 施 設 等 整 備

More information

目 次 1 組 織 の 概 要 1-1 事 業 活 動 の 概 要 1-2 組 織 図 2 環 境 方 針 3 環 境 目 標 とその 実 績 3-1 環 境 目 標 3-2 環 境 への 負 荷 実 績 4 主 要 な 環 境 活 動 計 画 の 内 容 5 次 年 度 の 活 動 計 画 6 環

目 次 1 組 織 の 概 要 1-1 事 業 活 動 の 概 要 1-2 組 織 図 2 環 境 方 針 3 環 境 目 標 とその 実 績 3-1 環 境 目 標 3-2 環 境 への 負 荷 実 績 4 主 要 な 環 境 活 動 計 画 の 内 容 5 次 年 度 の 活 動 計 画 6 環 2015 年 度 環 境 活 動 レポート ( 活 動 期 間 :2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 ) 飯 塚 商 亊 株 式 会 社 2016 年 4 月 1 日 発 行 1 ページ 目 次 1 組 織 の 概 要 1-1 事 業 活 動 の 概 要 1-2 組 織 図 2 環 境 方 針 3 環 境 目 標 とその 実 績 3-1 環 境 目 標 3-2 環 境 への 負 荷 実 績

More information

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx 綱 島 サスティナブル スマートタウン 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 市 素 案 説 明 会 平 成 27 年 6 月 12 日 横 浜 市 ~ 本 日 の 説 明 内 容 ~ 地 区 の 概 要 と 上 位 計 画 経 緯 地 区 計 画 の 都 市 計 画 市 素 案 今 後 の 都 市 計 画 手 続 地区の概要 港北区 日吉駅 綱島サスティナブル スマートタウン地区 面積 約4.4ha

More information

8

8 第 8 章 における 低 炭 素 まちづくり 中 心 市 街 地 にふさわしい 質 の 高 い 居 住 環 境 の 創 出 と, 環 境 に 配 慮 した 道 路 公 園 等 の 公 共 施 設 の 整 備 改 善 を 行 い, 本 市 の 経 済 社 会 の 活 性 化 発 展 に 寄 与 すること を 事 業 の 目 的 としている 守 谷 市 松 並 土 地 区 画 整 理 事 業 を とします

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

Microsoft PowerPoint - DWL_TZ-13-0927_中国のインフラビジネス_都市交通、地下鉄現状

Microsoft PowerPoint - DWL_TZ-13-0927_中国のインフラビジネス_都市交通、地下鉄現状 TZ-13-0927 中 国 市 場 最 前 線 ビジネスレポート 中 国 社 会 インフラの 市 場 現 状 と 今 後 動 向 道 路 交 通 都 市 交 通 地 下 鉄 ビジネス 2013 年 11 月 中 国 の 交 通 運 輸 が 直 面 する 課 題 ( 不 足 点 )と 政 府 の 主 な 対 策 ( 商 機 ) 中 国 の 交 通 運 輸 が 直 面 する 課 題 項 目 (2010

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 1 節 目 的 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 1 目 的 本 ガイドラインは 下 水 道 事 業 における 大 幅 なコスト 縮 減 や 省 エネルギー 創 エネルギー 効 果 の 増 大 に 寄 与 するため 下 水 道 革 新 的 技 術 実 証 事 業 (B-DASH プロジェクト)の 革 新 的 技 術 の1つである 下 水 道 バイオマスからの 電 力 創 造 システムに 関

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

テ ク ノ ロ ジ ー にも 0.3 ~ 0.7% 程 度 の 非 常 に 濃 度 の 薄 い 通 気 メ タン (VAM:Ventilation Air Methane) というメ タンガスが 含 まれています メタンガスは CO2 の 21 倍 の 温 暖 化 係 数 を 持 つため メタンガス

テ ク ノ ロ ジ ー にも 0.3 ~ 0.7% 程 度 の 非 常 に 濃 度 の 薄 い 通 気 メ タン (VAM:Ventilation Air Methane) というメ タンガスが 含 まれています メタンガスは CO2 の 21 倍 の 温 暖 化 係 数 を 持 つため メタンガス 中 国 におけるCDM 事 業 の 推 進 CDM( 排 出 権 取 引 ) 事 業 は 先 進 国 と 発 展 途 上 国 と が 協 力 してプロジェクトを 実 施 し その 結 果 得 られた CO2 排 出 抑 制 効 果 または CO2 吸 収 増 大 効 果 に 応 じ て 発 行 されたクレジットをプロジェクト 参 加 者 間 で 分 け 合 うというものです この 制 度 によって

More information

表紙_責了.indd

表紙_責了.indd 2012 Vol. 36 環 境 都 市 宣 言 シンボルマーク 稚 内 市 では 生 ごみや 下 水 汚 泥 を 微 生 物 の 発 酵 により 減 容 すると 共 に 発 生 するバイオガスを 回 収 してエネルギーとして 活 用 するため 稚 内 市 バイオエネルギーセンターを 整 備 しました この 施 設 では 生 ごみ(4,200トン/ 年 ) 下 水 汚 泥 (2,100トン/ 年 )を

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

環境活動レポート

環境活動レポート 作 成 日 平 成 27 年 1 月 20 日 環 境 活 動 レポート H25 年 11 月 ~H26 年 10 月 有 限 会 社 星 山 商 店 ご 挨 拶 有 限 会 社 星 山 商 店 は1965 年 創 業 以 来 資 源 回 収 業 として 歩 んでまいりました 私 共 の 活 動 は 自 然 環 境 に 対 する 貢 献 が 大 きいことを 重 く 受 け 止 め 次 ページの 環

More information

Microsoft Word - 0003738 69期 環境活動レポート2015.12.17.docx

Microsoft Word - 0003738 69期 環境活動レポート2015.12.17.docx 目 次 1. 組 織 の 概 要 1 頁 2. 対 象 範 囲 2 頁 3. 環 境 方 針 3 頁 4. 環 境 目 標 とその 実 績 4 頁 5. 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 とその 評 価 次 年 度 の 取 組 内 容 6. 環 境 関 連 法 規 等 の 遵 守 状 況 の 確 認 及 び 5 頁 評 価 の 結 果 並 びに 違 反 訴 訟 等 の 有 無 12 頁 7.

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030393038323720819A91BE977A944D8145834F838A815B8393944D835A837E8369815B816994AD955C97708F4390B394C5816A2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030393038323720819A91BE977A944D8145834F838A815B8393944D835A837E8369815B816994AD955C97708F4390B394C5816A2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D> (2009/8/27 グリーンエネルギー 政 策 環 境 セミナー~ 眠 れる 巨 人 太 陽 熱 とグリーン 熱 利 用 の 拡 大 を 目 指 して~) 東 京 都 の 太 陽 熱 新 市 場 拡 大 プロジェクト 東 京 都 環 境 局 都 市 地 球 環 境 部 再 生 可 能 エネルギー 担 当 小 林 省 二 1 本 日 お 話 する 内 容 1 太 陽 熱 の 利 用 拡 大 向 けた

More information

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸 Ⅱ. 運 輸 部 門 における 主 要 な 環 境 問 題 の 現 状 1 地 球 環 境 問 題 の 現 状 わたしたちの 住 む 地 球 は 地 球 温 暖 化 やオゾン 層 の 破 壊 等 深 刻 な 環 境 問 題 に 直 面 しています 次 世 代 の 人 々に 安 心 した 生 活 を 営 める 惑 星 を 受 け つぐため わたしたちの 世 代 が 早 急 な 対 策 を 講 じ ることが

More information

Microsoft Word - 柏木原稿.R42013.10.17doc.doc

Microsoft Word - 柏木原稿.R42013.10.17doc.doc スマートシティによる 日 本 の 経 済 成 長 モデル 1.はじめに 東 京 工 業 大 学 特 命 教 授 東 京 都 市 大 学 教 授 柏 木 孝 夫 昨 年 来 民 主 党 政 権 が 大 敗 し 自 民 党 に 政 権 が 交 代 した 民 主 党 政 権 下 で 原 子 力 ゼロ 社 会 を 目 指 す としたエネルギー 政 策 も 今 後 大 きく 変 化 することになる 筆 者 としては

More information

参考資料2:既存の環境家計簿の現状について

参考資料2:既存の環境家計簿の現状について 参 考 資 料 2 既 存 の 環 境 家 計 簿 の 現 状 について (1) 環 境 家 計 簿 の 概 要 1 環 境 家 計 簿 が 普 及 した 経 緯 環 境 家 計 簿 は 家 庭 の 活 動 による 温 室 効 果 ガスの 排 出 実 態 を 把 握 するものとして 開 発 さ れ 自 分 の 生 活 を 点 検 し 環 境 との 関 わりを 確 認 するための 有 効 な 試 みとして

More information

<5461726F2D837083758352838188D38CA989F1939A2E6A7464>

<5461726F2D837083758352838188D38CA989F1939A2E6A7464> 総 合 物 流 施 策 大 綱 (2013-2017) 案 に 関 する パブリックコメントの 募 集 結 果 について 平 成 25 年 6 月 25 日 国 土 交 通 省 経 済 産 業 省 国 土 交 通 省 経 済 産 業 省 では 総 合 物 流 施 策 大 綱 (2013-2017) 案 について ホー ムページを 通 じてご 意 見 を 募 集 したところ 7 名 の 方 から22

More information

目 次 1. ガイドライン 作 成 の 考 え 方 2. ガイドラインの 内 容 3. エコ アクション ポイントの 位 置 付 け 等 4. エコ アクション ポイントの 基 本 モデル 5. 他 の 政 府 主 導 型 エコ ポイント 制 度 との 違 い 6. プログラム 参 加 者 の メリ

目 次 1. ガイドライン 作 成 の 考 え 方 2. ガイドラインの 内 容 3. エコ アクション ポイントの 位 置 付 け 等 4. エコ アクション ポイントの 基 本 モデル 5. 他 の 政 府 主 導 型 エコ ポイント 制 度 との 違 い 6. プログラム 参 加 者 の メリ エコ アクション ポイントに 関 する ガイドラインについて 1 目 次 1. ガイドライン 作 成 の 考 え 方 2. ガイドラインの 内 容 3. エコ アクション ポイントの 位 置 付 け 等 4. エコ アクション ポイントの 基 本 モデル 5. 他 の 政 府 主 導 型 エコ ポイント 制 度 との 違 い 6. プログラム 参 加 者 の メリット 7. プログラムへの 参 加

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208262826E825182CC8B7A8EFB97A682A982E782DD82BD93FA967B82CC8E5297D182CC8CBB8FF32E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208262826E825182CC8B7A8EFB97A682A982E782DD82BD93FA967B82CC8E5297D182CC8CBB8FF32E646F6378> CO2の 吸 収 率 からみた 日 本 の 山 林 の 現 状 青 木 一 郎 Ⅰ 森 林 に 関 する 京 都 議 定 書 の 内 容 1. 平 成 9 年 (1997 年 )に 京 都 で 気 候 変 動 枠 条 約 第 3 回 締 結 国 会 議 (COP 3)が 開 催 され 京 都 議 定 書 が 全 会 一 致 で 採 択 された 京 都 議 定 書 は 平 成 20 年 (2008 年

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information