1. 測 定 原 理 アルカリ 溶 液 中 で 亜 鉛 イオンは ピリジルアゾレゾルシノール(PAR)と 反 応 して 赤 色 の 錯 体 を 形 成 し これを 光 学 的 に 測 定 し 2. アプリケーション 本 法 は 亜 鉛 イオンを 測 定 し 不 溶 性 や 錯 体 と 結 合 した

Size: px
Start display at page:

Download "1. 測 定 原 理 アルカリ 溶 液 中 で 亜 鉛 イオンは ピリジルアゾレゾルシノール(PAR)と 反 応 して 赤 色 の 錯 体 を 形 成 し これを 光 学 的 に 測 定 し 2. アプリケーション 本 法 は 亜 鉛 イオンを 測 定 し 不 溶 性 や 錯 体 と 結 合 した"

Transcription

1 00861 亜 鉛 (4-(ピリジルアゾ)レゾルシノール 法 ) 測 定 範 囲 : 0.025~1.000mg/l Zn 結 果 は mmol/l 単 位 でも 表 示 でき 1. 試 料 の ph が ph 1~7 であるかチェックし ウム 水 溶 液 または 塩 酸 を 1 滴 ずつ 加 えて ph を 調 整 し 2. ピペットで 10ml の 試 料 をガラス 容 器 に 取 り 3. 緑 のミクロスプーンで 1 回 分 の 試 薬 Zn-1K を 加 え よく 振 って 固 体 物 を 溶 かし ます: 試 料 試 薬 混 合 液 4. ピペットで 0.50ml の 試 薬 Zn-2K を 反 応 セルに 取 り ねじぶたで 閉 じて 攪 拌 し 5. ピペットで 2.0ml の 試 料 - 試 薬 混 合 液 を 加 え ねじぶ たでセルを 閉 じて 攪 拌 しま す 6. 試 薬 Zn-3K を 5 滴 加 え ねじぶたでセルを 閉 じて 7. 反 応 時 間 :15 分 間 8. 各 セルをセルコンパート メントにセットし 測 定 しま す セルのマークを 光 度 計 のマークに 合 わせ 重 要 : 品 質 保 証 : 亜 鉛 の 総 量 を 測 定 するには Crack Set 10C(CAT 番 号 ) または Crack Set 10(CAT 番 号 )およびリアクターが 必 要 です 結 果 は 亜 鉛 の 全 量 (ΣZn)として 表 され 測 定 システム( 試 薬 測 定 装 置 および 取 り 扱 い)の 点 検 のため 使 用 準 備 が 完 了 した 亜 鉛 標 準 液 (CAT 番 号 濃 度 1000mg/l Zn)を 適 宜 希 釈 して 使 用 でき ba75728d09 07/2015 photolab / spectroflex Serie 6000/

2 1. 測 定 原 理 アルカリ 溶 液 中 で 亜 鉛 イオンは ピリジルアゾレゾルシノール(PAR)と 反 応 して 赤 色 の 錯 体 を 形 成 し これを 光 学 的 に 測 定 し 2. アプリケーション 本 法 は 亜 鉛 イオンを 測 定 し 不 溶 性 や 錯 体 と 結 合 した 亜 鉛 は あら かじめ 分 解 してから 測 定 する 必 要 があり 本 法 は 海 水 には 適 しません サンプル: 地 下 水 地 表 水 飲 料 水 排 水 浸 透 水 7. ご 注 意 試 薬 ビンは ご 使 用 後 直 ちに 蓋 をしてください 未 使 用 の 試 薬 あるいは 測 定 後 の 溶 液 の 廃 棄 につきましてはシアン 化 カリウムが 含 まれるので 各 都 道 府 県 地 域 の 条 例 に 従 って 行 っ てください 決 してそのまま 廃 水 に 流 さないでください 幼 児 の 手 の 届 かないところおよび 食 品 から 離 れたところに 保 管 して ください 肌 や 目 に 試 薬 が 触 れた 場 合 には 直 ちに 流 水 で 試 薬 を 良 く 洗 い 流 した 後 医 療 機 関 に 指 示 を 仰 いでください 3. 妨 害 物 質 の 影 響 亜 鉛 濃 度 0 mg/l および 0.5 mg/l Zn をそれぞれ 含 んだ 標 準 試 料 に 対 す る 妨 害 物 質 の 影 響 を 確 認 しました 妨 害 物 質 が 表 中 の 濃 度 以 下 であれ ば 測 定 に 影 響 はしません 妨 害 物 質 濃 度 (mg/l または %) Al Fe NO EDTA 0.5 Ca Hg 2+ 1 Pb 2+ 2 界 面 活 性 剤 100 Cd Mg PO 酢 酸 ナトリウム 10% Cr Mn SiO NaCl 20% Cr 2O NH NaNO 3 20% Cu 2+ 5 Ni 2+ 5 Na 2SO 4 1% 非 イオン 性 および 陽 イオン 性 陰 イオン 性 界 面 活 性 剤 を 使 用 4. 試 薬 の 保 存 条 件 パッケージに 記 載 された 注 意 書 きをよくお 読 みください キットに 含 まれる 試 薬 類 は 密 閉 状 態 で 以 下 の 条 件 で 保 存 された 場 合 容 器 に 記 載 された 有 効 期 限 まで 安 定 してご 使 用 頂 け 保 管 温 度 : +15~+25 C 注 意 : 丸 セルにはシアン 化 カリウムが 含 まれていお 取 扱 いには 十 分 ご 留 意 ください 5. 使 用 する 試 薬 器 具 試 薬 セット( 測 定 回 数 25 回 ) 内 訳 ) 試 薬 Zn-1K 試 薬 Zn-2K 試 薬 Zn-3K 反 応 用 丸 セル(25 本 ) 品 番 M 品 番 M (オプション) リアクター CR2200 型 リアクター CR3200 型 リアクター CR4200 型 品 番 W1P21-2 品 番 W1P22 品 番 W1P 精 度 管 理 測 定 結 果 は 測 定 器 操 作 法 の 精 度 管 理 がなされていることを 前 提 にして 正 式 に 認 められるものです(DWA A 704) 光 度 測 定 系 ( 試 薬 測 定 器 操 作 法 )および 作 業 条 件 の 確 認 には 希 釈 して 調 製 した mg/l 亜 鉛 標 準 液 をご 利 用 することが 可 能 です サンプル 由 来 の 影 響 (サンプル 中 のマトリックスの 影 響 )は 濃 度 既 知 の 標 準 液 を 添 加 し 測 定 を 行 うことによって 判 定 出 来 ます( 回 収 率 による 判 定 ) データ 製 品 の 品 質 管 理 は ISO および DIN A51 に 準 拠 して 下 記 のようにコントロールされてい 標 準 偏 差 (mg/l Zn) ± CV( 変 動 係 数 )(%) ± 1.0 信 頼 区 間 (mg/l Zn) ± ロット 数 6 感 度 (0.010 A に 相 当 する mg/l Zn) 測 定 精 度 (mg/l Zn) 最 大 ± ba75728d09 07/2015 photolab / spectroflex Serie 6000/

3 14566 亜 鉛 (4-(ピリジルアゾ)レゾルシノール 法 ) 測 定 範 囲 : 0.20~5.00mg/l Zn 結 果 は mmol/l 単 位 でも 表 示 でき 1. 試 料 の ph が ph 3~10 であるかチェックし ウム 水 溶 液 または 塩 酸 を 1 滴 ずつ 加 えて ph を 調 整 し 2. 反 応 セルに 試 薬 Zn-1K を 5 滴 加 え ねじぶたで 閉 じ て 3. ピペットで 0.50 ml の 試 料 を 加 え ねじぶたでセル を 閉 じて 4. 試 薬 Zn-2K を 5 滴 加 え ねじぶたでセルを 閉 じて 5. 反 応 時 間 :15 分 間 6. 各 セルをセルコンパート メントにセットし 測 定 しま す セルのマークを 光 度 計 のマークに 合 わせ 重 要 : 亜 鉛 の 総 量 を 測 定 するには Crack Set 10C(CAT 番 号 ) または Crack Set 10(CAT 番 号 )およびリアクターが 必 要 です 結 果 は 亜 鉛 の 全 量 (ΣZn)として 表 され 品 質 保 証 : 測 定 システム( 試 薬 測 定 装 置 および 取 り 扱 い)の 点 検 のため CombiCheck 40(CAT 番 号 )の 使 用 を 推 奨 し また CAT 番 号 の 使 用 準 備 が 完 了 した 亜 鉛 標 準 液 ( 濃 度 1000mg/l Zn)を 濃 度 を 適 宜 希 釈 して 使 用 することもでき 試 料 による 影 響 を 確 認 するため 添 加 液 ( 例 :CombiCheck 40 中 ) の 使 用 を 強 く 推 奨 し ba75728d09 07/2015 photolab / spectroflex Serie 6000/

4 1. 測 定 原 理 アルカリ 溶 液 中 で 亜 鉛 イオンは ピリジルアゾレゾルシノール(PAR)と 反 応 して 赤 色 の 錯 体 を 形 成 しこれを 光 学 的 に 測 定 し 2. アプリケーション 本 法 は 亜 鉛 イオンを 測 定 し 不 溶 性 や 錯 体 と 結 合 した 亜 鉛 は あら かじめ 分 解 してから 測 定 する 必 要 があり 本 法 は 海 水 には 適 しません サンプル: 地 下 水 地 表 水 飲 料 水 排 水 浸 透 水 食 品 ( 前 処 理 後 ) 3. 妨 害 物 質 の 影 響 亜 鉛 濃 度 0 mg/l および 2 mg/l Zn をそれぞれ 含 んだ 標 準 試 料 に 対 する 妨 害 物 質 の 影 響 を 確 認 しました 妨 害 物 質 が 表 中 の 濃 度 以 下 であれば 測 定 に 影 響 はしません 妨 害 物 質 濃 度 (mg/l または %) Al Cu 2+ 1 Ni EDTA 10 Ca F NO ) 界 面 活 性 剤 100 Cd 2+ 1 Fe 3+ 1 Pb 2+ 5 酢 酸 ナトリウム 10% CN Hg PO NaCl 10% CO Mg SCN NaNO 3 10% Cr Mn SiO Na 2SO 4 10% Cr 2O NH SO 非 イオン 性 および 陽 イオン 性 陰 イオン 性 界 面 活 性 剤 を 使 用 データ 製 品 の 品 質 管 理 は ISO および DIN A51 に 準 拠 して 下 記 のようにコントロールされてい 標 準 偏 差 (mg/l Zn) ± CV( 変 動 係 数 )(%) ± 1.6 信 頼 区 間 (mg/l Zn) ± 0.08 ロット 数 12 感 度 (0.010 A に 相 当 する mg/l Zn) 測 定 精 度 (mg/l Zn) 最 大 ± ご 注 意 試 薬 ビンは ご 使 用 後 直 ちに 蓋 をしてください 未 使 用 の 試 薬 あるいは 測 定 後 の 溶 液 の 廃 棄 につきましてはシアン 化 カリウムが 含 まれるので 各 都 道 府 県 地 域 の 条 例 に 従 って 行 っ てください 決 してそのまま 廃 水 に 流 さないでください 幼 児 の 手 の 届 かないところおよび 食 品 から 離 れたところに 保 管 して ください 肌 や 目 に 試 薬 が 触 れた 場 合 には 直 ちに 流 水 で 試 薬 を 良 く 洗 い 流 した 後 医 療 機 関 に 指 示 を 仰 いでください 4. 試 薬 の 保 存 条 件 パッケージに 記 載 された 注 意 書 きをよくお 読 みください キットに 含 まれる 試 薬 類 は 密 閉 状 態 で 以 下 の 条 件 で 保 存 された 場 合 容 器 に 記 載 された 有 効 期 限 まで 安 定 してご 使 用 頂 け 保 管 温 度 : +15~+25 C 注 意 : 丸 セルにはシアン 化 カリウムが 含 まれていお 取 扱 いには 十 分 ご 留 意 ください 5. 使 用 する 試 薬 器 具 試 薬 セット( 測 定 回 数 25 回 ) 内 訳 ) 試 薬 Zn-1K 試 薬 Zn-2K 反 応 用 丸 セル(25 本 ) 品 番 M 品 番 M (オプション) リアクター CR2200 型 リアクター CR3200 型 リアクター CR4200 型 品 番 W1P21-2 品 番 W1P22 品 番 W1P 精 度 管 理 測 定 結 果 は 測 定 器 操 作 法 の 精 度 管 理 がなされていることを 前 提 にして 正 式 に 認 められるものです(ATV M 704) この 目 的 のために CombiCheck40( 品 番 M がご 使 用 にな れこの 製 品 には 光 度 測 定 系 ( 試 薬 測 定 器 操 作 法 )および 作 業 条 件 の 確 認 用 の 2.00 mg/l 亜 鉛 標 準 液 と サンプル 由 来 の 影 響 (サンプル 中 のマトリックスの 影 響 )を 調 べるための 添 加 溶 液 が 含 まれてい 濃 度 既 知 の 溶 液 を 添 加 し 測 定 を 行 うことで 判 定 出 来 ます( 回 収 率 による 判 定 ) ba75728d09 07/2015 photolab / spectroflex Serie 6000/

5 14832 亜 鉛 (4-(ピリジルアゾ)レゾルシノール 法 ) 測 定 範 囲 : 0.05~2.50 mg/l Zn 10mm セル 結 果 は mmol/l 単 位 でも 表 示 でき 1. 試 料 の ph が ph 4~10 であるかチェックし ウム 水 溶 液 または 塩 酸 を 1 滴 ずつ 加 えて ph を 調 整 し 2. ピペットで 5.0 ml の 試 料 を 試 験 管 に 取 り ねじぶた で 閉 じ 3. 試 薬 Zn-1 を 5 滴 加 え 4. ph が ph 12~13 である かチェックし ウム 水 溶 液 を 1 滴 ずつ 加 え て ph を 調 整 し 5. 試 薬 Zn-2 を 2 滴 加 え 6. 試 薬 Zn-3 を 5 滴 加 え 7. 試 薬 Zn-4 を 3 滴 加 え 8. 反 応 時 間 :3 分 間 9. グレーのミクロスプーン で 1 回 分 の 試 薬 Zn-5 を 加 え ねじぶたで 試 験 管 を 閉 じて 固 体 物 を 溶 かし 10. ピペットで 5.0ml の 試 薬 Zn-6(CAT 番 号 メチルイソブチルケトン)を 加 えて ねじぶたで 試 験 管 を 閉 じ 秒 間 試 験 管 をよく 振 り 分 間 放 置 し 13. 試 験 管 から 上 澄 液 をピ ペットで 吸 引 し 14. 溶 液 をセルに 移 しま す 分 間 放 置 し 重 要 : 16. AutoSelector で 測 定 法 を 選 択 し 17. 各 セルをセルコンパー トメントにセットし 測 定 しま す 亜 鉛 の 総 量 を 測 定 するには Crack Set 10C(CAT 番 号 ) または Crack Set 10(CAT 番 号 )およびリアクターが 必 要 です 結 果 は 亜 鉛 の 全 量 (ΣZn)として 表 され 品 質 保 証 : 測 定 システム( 試 薬 測 定 装 置 および 取 り 扱 い)の 点 検 のため 使 用 準 備 が 完 了 した 亜 鉛 標 準 液 (CAT 番 号 濃 度 1000mg/l Zn)を 適 宜 希 釈 して 使 用 でき ba75728d09 07/2015 photolab / spectroflex Serie 6000/

6 1. 測 定 原 理 アルカリ 溶 液 中 で 亜 鉛 イオンは 1-(ピリジルアゾ)-ナフトール(PAN) 誘 導 体 と 反 応 し 赤 色 の 錯 体 を 形 成 し これを 光 学 的 に 測 定 し 2. アプリケーション 本 法 は 亜 鉛 イオンを 測 定 し 不 溶 解 性 の 亜 鉛 や 結 合 した 亜 鉛 等 を 含 むサンプルの 場 合 は あらかじめ 分 解 する 必 要 があり 本 テストキットは 海 水 には 適 しません サンプル: 廃 水 ( 特 に 電 気 メッキおよび 金 属 加 工 工 場 ) 地 下 水 地 表 水 飲 料 水 3. 妨 害 物 質 の 影 響 亜 鉛 0 mg/l および 2 mg/l Zn をそれぞれ 含 んだ 標 準 試 料 に 対 する 妨 害 物 質 の 影 響 を 確 認 しました 妨 害 物 質 が 表 中 の 濃 度 以 下 であれば 測 定 に 影 響 はしません 妨 害 物 質 濃 度 (mg/l または %) Ag + 10 Cu NO EDTA 0.1 Al F Pb ヒト ラシ ン 1000 Ca Fe PO 界 面 活 性 剤 10 Cd Hg S 1 酢 酸 ナトリウム 10% CN Mg SiO NaCl 5% Co Mn 2+ 1 Sn NaN0 3 15% Cr NH SO Na 2S0 4 15% Cr 2O Ni 2+ 5 非 イオン 性 および 陽 イオン 性 陰 イオン 性 界 面 活 性 剤 を 使 用 データ 製 品 の 品 質 管 理 は ISO および DIN A51 に 準 拠 して 下 記 のようにコントロールされてい 標 準 偏 差 (mg/l Zn) ± CV ( 変 動 係 数 ) (%) ± 2.5 信 頼 区 間 (mg/l Zn) ± 0.06 ロット 数 17 感 度 (0.010 A に 相 当 する mg/l Zn) 0.01 測 定 精 度 (mg/l Zn) 最 大 ± ご 注 意 試 薬 ビンは 使 用 後 直 ちに 蓋 をしてください 個 々の 測 定 時 には 塩 酸 および 蒸 留 水 で 完 全 に 洗 浄 した 試 験 管 お よび 角 セルをご 使 用 ください 幼 児 の 手 の 届 かないところおよび 食 品 から 離 れたところに 保 管 して ください 肌 や 目 に 試 薬 が 触 れた 場 合 には 直 ちに 流 水 で 試 薬 を 良 く 洗 い 流 した 後 医 療 機 関 に 指 示 を 仰 いでください 未 使 用 の 試 薬 あるいは 測 定 後 の 廃 液 にはシアン 化 カリウム ホル ムアルデヒドが 含 まれるので 廃 棄 につきましては 各 都 道 府 県 地 域 の 条 例 に 従 って 行 ってください 4. 試 薬 の 保 存 条 件 キットに 含 まれる 試 薬 類 は 密 閉 状 態 で 以 下 の 条 件 で 保 存 された 場 合 容 器 に 記 載 された 有 効 期 限 まで 安 定 してご 使 用 頂 け 保 管 温 度 : +15~+25 C 注 意 : 試 薬 Zn-2 にはシアン 化 カリウムが 試 薬 Zn-4にはホルムアルデ ヒドが 含 まれてい 取 扱 い 保 管 には 十 分 ご 注 意 ください 5. 使 用 する 試 薬 器 具 試 薬 セット( 測 定 回 数 100 回 ) 内 訳 ) 試 薬 Zn-1 試 薬 Zn-2 試 薬 Zn-3 試 薬 Zn-4 試 薬 Zn-5 角 セル 10mm(2 個 入 り ガラス 製 ) 品 番 M 品 番 M (オプション) リアクター CR2200 型 リアクター CR3200 型 リアクター CR4200 型 抽 出 用 試 薬 品 番 W1P21-2 品 番 W1P22 品 番 W1P23-2 品 番 M 精 度 管 理 測 定 結 果 は 測 定 器 操 作 法 の 精 度 管 理 がなされていることを 前 提 にして 正 式 に 認 められるものです(DWA A 704) 光 度 測 定 系 ( 測 定 器 試 薬 操 作 法 )および 作 業 条 件 の 確 認 サンプル 由 来 の 影 響 (サンプル 中 のマトリックスの 影 響 )の 確 認 には 希 釈 して 調 製 した 1.25 mg/l 亜 鉛 標 準 液 を 利 用 することも 可 能 です 濃 度 既 知 の 標 準 液 を 添 加 して 測 定 を 行 うことによって 確 認 出 来 ます( 回 収 率 による 判 定 ) ba75728d09 07/2015 photolab / spectroflex Serie 6000/

1. 測定原理 弱酸性溶液中で 遊離塩素はジエチル p フェニレンジアミンと反応して赤紫色の色素を形成し これを光学的に測定します 本法は EPA330.5 および US Standard Methods 4500-Cl₂ G EN ISO7393 に準拠しています 2. アプリケーション サンプル

1. 測定原理 弱酸性溶液中で 遊離塩素はジエチル p フェニレンジアミンと反応して赤紫色の色素を形成し これを光学的に測定します 本法は EPA330.5 および US Standard Methods 4500-Cl₂ G EN ISO7393 に準拠しています 2. アプリケーション サンプル 00595 塩素 (DPD 法 ) 遊離塩素の測定 測定範囲 : 0.03~6.00mg/l Cl 2 結果は mmol/l 単位でも表示できます 2. ピペットで 5.0ml の試料を丸セルに取ります 3. 青のミクロスプーンで 1 回分の試薬 Cl 1 を加えて ねじぶたで閉じます 4. セルをよく振とうして 固体物を溶かします 5. 反応時間 :1 分間 6. 各セルをセルコンパートメントにセットし

More information

untitled

untitled NPO 2006( ) 11 14 ( ) (2006/12/3) 1 50% % - - (CO+H2) ( ) 6 44 1) --- 2) ( CO H2 ) 2 3 3 90 3 3 2 3 2004 ( ) 1 1 4 1 20% 5 ( ) ( ) 2 6 MAWERA ) MAWERA ( ) ( ) 7 6MW -- 175kW 8 ( ) 900 10 2 2 2 9 -- - 10

More information

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫 廃 棄 物 埋 立 地 から 発 生 する 硫 化 水 素 とその 対 策 - 埼 玉 の 環 境 と 地 域 産 業 を 見 据 えた 埋 立 工 法 の 開 発 に 向 けて- 廃 棄 物 管 理 担 当 小 野 雄 策 1 廃 棄 物 埋 立 地 における 硫 化 水 素 問 題 最 近 廃 棄 物 最 終 処 分 場 において 発 生 した によって 処 分 場 の 作 業 員 が 死 亡

More information

イオン交換樹脂の試験方法

イオン交換樹脂の試験方法 イオン 交 換 樹 脂 の 試 験 方 法 三 菱 化 学 株 式 会 社 機 能 化 学 本 部 イオン 交 換 樹 脂 事 業 部 100-8251 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-1-1ハ レスヒ ル TEL 03-6748-7146 FAX 03-3286-1209-1 - イオン 交 換 樹 脂 の 試 験 方 法 1. 原 液 の 調 整 イオン 交 換 樹 脂 に 接 触

More information

近畿中国四国農業研究センター研究報告 第7号

近畿中国四国農業研究センター研究報告 第7号 230 C B A D E 50m 558 0 1km (mg L 1 ) T N NO 2 3 N NH 4 N 2.0 0 (a) 2001 1.5 6 20 21 5 1.0 0.5 0.0 2.0 1.5 1.0 0.5 0.0 14:00 17:00 (b) 2001 7 3 4 20:00 23:00 2:00 (h) 5:00 8:00 11:00 10 0 5 10 15

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CF68A4A9770837E836C8389838B8AAE90AC2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CF68A4A9770837E836C8389838B8AAE90AC2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 日 本 人 の 食 事 摂 取 基 準 (2010 年 版 ) ブロック 別 講 習 会 講 習 会 スライド 作 成 : 江 指 隆 年 (ミネラルWG) 吉 田 宗 弘 (ミネラルWG) ミネラルワーキンググループ 多 量 ミネラル 石 見 佳 子 ( 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 ) 上 西 一 弘 ( 女 子 栄 養 大 学 ) 江 指 隆 年 ( 聖 徳 大 学 ) 中 村 和 利

More information

コロイド化学と界面化学

コロイド化学と界面化学 x 25 1 kg 1 kg = 1 l mmol dm -3 ----- 1000 mg CO 2 -------------------------------------250 mg Li + --------------------------------1 mg Sr 2+ -------------------- 10

More information

1 1 H Li Be Na M g B A l C S i N P O S F He N Cl A e K Ca S c T i V C Mn Fe Co Ni Cu Zn Ga Ge As Se B K Rb S Y Z Nb Mo Tc Ru Rh Pd Ag Cd In Sn Sb T e

1 1 H Li Be Na M g B A l C S i N P O S F He N Cl A e K Ca S c T i V C Mn Fe Co Ni Cu Zn Ga Ge As Se B K Rb S Y Z Nb Mo Tc Ru Rh Pd Ag Cd In Sn Sb T e No. 1 1 1 H Li Be Na M g B A l C S i N P O S F He N Cl A e K Ca S c T i V C Mn Fe Co Ni Cu Zn Ga Ge As Se B K Rb S Y Z Nb Mo Tc Ru Rh Pd Ag Cd In Sn Sb T e I X e Cs Ba F Ra Hf Ta W Re Os I Rf Db Sg Bh

More information

行 われている この 可 逆 的 性 質 はCの 特 性 であって ビタミンCの 測 定 法 にもかかわ りのある 点 である 酸 化 が 進 むとデヒドロアスコルビン 酸 はすみやかにビタミン 効 力 を 持 たないジケトグロン 酸 へと 変 化 し その 後 シュウ 酸 とステレオン 酸 に 分

行 われている この 可 逆 的 性 質 はCの 特 性 であって ビタミンCの 測 定 法 にもかかわ りのある 点 である 酸 化 が 進 むとデヒドロアスコルビン 酸 はすみやかにビタミン 効 力 を 持 たないジケトグロン 酸 へと 変 化 し その 後 シュウ 酸 とステレオン 酸 に 分 食 品 化 学 はじめに 平 成 18 年 度 I 部 化 学 研 究 部 火 曜 日 班 普 段 何 も 考 えずに 色 々 食 べていると 思 うが 食 品 には 色 々な 酵 素 が 含 まれている 肉 と 一 緒 にパイナップルを 食 べるとよいと 聞 いたことがあるだろう それはパイナッ プルにブロメラインと 呼 ばれるたんぱく 質 分 解 酵 素 が 含 まれているからである 食 品 の

More information

02

02 Q A Ax Pb Ni Cd Hg Al Q A Q A Q A 1 2 3 2 0 1 2 3 4 5 6 7 0 1 2 3 4 5 6 7 8 0 0 1 2 3 4 1 0 1 2 Q A ng/ml 4500 D H E A 4000 3500 3000 2500 2000 DHEA-S - S 1500 1000 500 0 10 15 20 25 30 35 40 45

More information

地 表 面 から 主 に 出 ている 放 射 線 2 I-131は 現 在 かなり 減 っている 8 日 で 半 分 の 割 合 で 減 少 している 現 在 Cs-137 Cs-134から 134から 放 出 さ れるこれらのガンマ 線 と 一 緒 に 放 出 されるベータ 線 が 主 な 放 射

地 表 面 から 主 に 出 ている 放 射 線 2 I-131は 現 在 かなり 減 っている 8 日 で 半 分 の 割 合 で 減 少 している 現 在 Cs-137 Cs-134から 134から 放 出 さ れるこれらのガンマ 線 と 一 緒 に 放 出 されるベータ 線 が 主 な 放 射 1 水 洗 浄 による 放 射 性 セシウム 汚 染 土 壌 の 除 染 方 法 について 原 子 力 委 員 会 定 例 会 議 平 成 23 年 9 月 6 日 10:00~00 東 北 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 石 井 慶 造 1 地 表 面 から 主 に 出 ている 放 射 線 2 I-131は 現 在 かなり 減 っている 8 日 で 半 分 の 割 合 で 減 少 している

More information

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発 5-(1)-2 高 濃 度 硫 化 水 素 削 減 のための 汚 泥 脱 気 装 置 の 開 発 計 画 調 整 部 技 術 開 発 課 廣 繁 直 治 山 下 博 史 ( 現 経 理 部 業 務 管 理 課 ) 1. 目 的 東 京 都 区 部 で は 汚 泥 処 理 の 効 率 化 を 図 る た め に 集 約 処 理 を 進 め て い る 汚 泥 の 集 約 処 理 の 進 展 と と も

More information

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

Microsoft Word - minifile-1976-2010.doc

Microsoft Word - minifile-1976-2010.doc ミニファイル:1976 年 ~2010 年 1976 年 1977 年 1977 年 1978 年 1979 年 1980 年 標 準 の 話 化 合 物 命 名 法 試 薬 標 準 試 料 公 定 分 析 法 海 外 の 標 準 公 定 分 析 法 単 位 と 標 準 の 歩 み 正 式 名 とは 何 か 日 本 における 公 定 試 薬 規 格 有 機 分 析 用 標 準 試 料 大 気 汚 染

More information

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一 25 消 安 第 5776 号 環 水 大 土 発 第 1403281 号 平 成 26 年 3 月 28 日 ( 改 正 : 平 成 26 年 11 月 25 日 ) 各 都 道 府 県 知 事 宛 農 林 水 産 省 消 費 安 全 局 長 環 境 省 水 大 気 環 境 局 長 特 定 農 薬 ( 特 定 防 除 資 材 )として 指 定 された 資 材 ( 天 敵 を 除 く )の 留 意

More information

加西の環境平成18年度版

加西の環境平成18年度版 Ⅹ 資 料 1 環 境 基 準 とは 環 境 基 準 とは 人 の 健 康 を 保 護 し 生 活 環 境 を 保 全 する 上 で 維 持 されることが 望 ましい 基 準 とし て 政 府 が 定 めるもので 公 害 対 策 全 般 にわたる 行 政 上 の 努 力 目 標 です 個 々の 工 場 事 業 場 から 排 出 される 汚 染 物 質 の 許 容 限 度 を 排 出 基 準 というのに

More information

= 牛 乳 からカゼインの 分 離 とタンパク 質 の 定 性 = 1 目 的 タンパク 質 の 性 質 を 利 用 して 牛 乳 (スキムミルク)からカゼインを 分 離 する さらに 得 られた 化 合 物 がカゼ インであることを 証 明 するためにタンパク 質 の 定 性 反 応 とリン 定

= 牛 乳 からカゼインの 分 離 とタンパク 質 の 定 性 = 1 目 的 タンパク 質 の 性 質 を 利 用 して 牛 乳 (スキムミルク)からカゼインを 分 離 する さらに 得 られた 化 合 物 がカゼ インであることを 証 明 するためにタンパク 質 の 定 性 反 応 とリン 定 10. 身 近 な 食 品 の 化 学 = 牛 乳 からカゼインの 分 離 とタンパク 質 の 定 性 反 応 葉 緑 素 の 抽 出 と 銅 クロロフィルの 合 成 = 家 政 教 育 講 座 井 奥 加 奈 調 理 すること は もっとも 身 近 な 化 学 反 応 実 験 である たとえば ゆで 卵 を 作 る のは タンパク 質 が 加 熱 により 凝 固 変 性 する 性 質 を 持 つ

More information

中村アツ子

中村アツ子 東 京 家 政 学 院 大 学 紀 要 第 45 号 2005 年 1 中 村 アツコ 多 くの 人 が 飲 料 水 には 関 心 をもっており, 国 産 および 輸 入 の 各 種 銘 柄 水 が 飲 料 水 として 多 量 に 消 費 されている 一 方 で,フィルターで 塩 素 関 連 物 質 を 除 去 する, 特 殊 な 物 資 を 加 えて 水 素 豊 富 にす る, 電 気 分 解 によりイオン

More information

( 約 9.3ml)を 加 えて 磨 砕 して 粥 状 物 とし それを 10g 採 り メタリン 酸 酢 酸 溶 液 で 100mlに 定 容 した これを 濾 過 後 10ml 採 り 5%メタリン 酸 溶 液 を 20ml 加 えて 試 料 とした これにインドフェノール 試 液 (2,6-ジ

( 約 9.3ml)を 加 えて 磨 砕 して 粥 状 物 とし それを 10g 採 り メタリン 酸 酢 酸 溶 液 で 100mlに 定 容 した これを 濾 過 後 10ml 採 り 5%メタリン 酸 溶 液 を 20ml 加 えて 試 料 とした これにインドフェノール 試 液 (2,6-ジ 発 芽 野 菜 (スプラウト) 1. 目 的 スプラウトとよばれる 発 芽 野 菜 の 種 類 が 以 前 より 増 えているが これら の 野 菜 は 生 食 で 利 用 される 場 合 も 多 い そこで 発 芽 野 菜 を 消 費 者 が 利 用 するときの 参 考 となるよう その 性 質 を 探 るため 包 装 容 器 より 取 り 出 したそのままのものと 煮 沸 した 湯 へ3 秒 間

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BB388E789DB91E892548B868169979D89C8816A81409590936390E690B682D682CC92F18F6F97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BB388E789DB91E892548B868169979D89C8816A81409590936390E690B682D682CC92F18F6F97702E646F63> Identification of medicinal tablets using chemical tests 化 学 の 反 応 を 用 いた 薬 の 錠 剤 の 確 認 自 然 系 ( 理 科 ) コース 自 然 系 ( 理 科 ) コース 吉 田 幸 代 K. M. ナディラ Ⅰ はじめに 高 校 の 化 学 における 陽 イオンと 陰 イオンの 確 認 は 非 常 に 重 要 な 単 元

More information

り 生 成 する また アンモニウムイオンや 有 機 前 躯 体 と 残 留 塩 素 との 反 応 によっても 生 成 し 塩 素 消 毒 及 クロラミン 消 毒 の 副 生 成 物 の 一 つである 毒 性 は 青 酸 ガスや 青 酸 カリとして 知 られている 中 毒 症 状 としては めまい

り 生 成 する また アンモニウムイオンや 有 機 前 躯 体 と 残 留 塩 素 との 反 応 によっても 生 成 し 塩 素 消 毒 及 クロラミン 消 毒 の 副 生 成 物 の 一 つである 毒 性 は 青 酸 ガスや 青 酸 カリとして 知 られている 中 毒 症 状 としては めまい 水 質 基 準 50 項 目 の 説 明 です 1 一 般 細 菌 ( 基 準 値 :1mLの 検 水 で 形 成 される 集 落 数 が 100 以 下 であること) 自 然 界 のあらゆ るところに 存 在 するもので 一 般 細 菌 として 検 出 される 細 菌 の 多 くは 病 原 菌 との 直 接 の 関 連 はな いが 汚 染 された 水 ほど 多 数 検 出 される 傾 向 があるので

More information

発行日 2010/12/28

発行日 2010/12/28 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N), 日 立 ハイテクノロジーズ, 1/7 発 行 日 2011/7/10 製 品 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 製 品 コード 986-8008 整 理 番 号 会 社 名 住 所 担 当 部 門 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N) MSM0003 日 立 ハイテクノロジーズ 電 話

More information

T 10 3 31 4-1 - WHO EPA 表 1: 水 質 基 準 項 目 と 身 体 への 影 響 検 査 項 目 基 準 値 身 体 に 対 する 影 響 主 な 原 因 一 般 細 菌 100 個 /mリットル 以 下 経 口 伝 染 病 等 消 化 器 系 病 原 菌 によ る 疾 病 など 汚 染 の 指 標 し 尿, 下 水, 排 水 等 大 腸 菌 群 検 出 されないこと

More information

<4D F736F F D C8E F DA8E9F816989FC31816A81402E646F63>

<4D F736F F D C8E F DA8E9F816989FC31816A81402E646F63> ORGANO LCD 工 場 超 純 水 使 用 量 (m3/h; 100k/month) 4500 4000 3500 3000 2500 2000 1500 1000 500 0 0 1 2 3 4 5 6 7 基 板 面 積 (m2) 弊 社 では 1 水 回 収 率 向 上 技 術 のための 排 水 回 収 開 発 とともに 2 省 水 型 基 板 洗 浄 技 術 の 開 発 を 鋭 意 行

More information

Microsoft Word - 670057_D-ソルビトールキシリトール_New.doc

Microsoft Word - 670057_D-ソルビトールキシリトール_New.doc 製 品 番 号 :670057(201303150330) 研 究 用 試 薬 Fキット Dソルビトール/キシリトール 取 扱 説 明 書 (Roche/RBiopharm 社 製 ) 冷 蔵 保 存 (2~8 ) ( 必 ず 原 文 をご 確 認 ください 万 一 内 容 が 原 文 と 異 なる 場 合 は 原 文 を 正 と します なお 仕 様 価 格 は

More information

本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発

本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 含 量 野 菜 の 栽 培 とその 応 用 小 川 敦 史 ( 秋 田 県 立 大 学 ) 本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発 1. 低 カリウム 含 有 量

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087542D328DC58F498F8895AA8FEA82C982A882AF82E997B089BB90859166834B83588B7982D18D959046905A93A7908582CC94AD90B691CE8DF482C98AD682B782E98CA48B862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087542D328DC58F498F8895AA8FEA82C982A882AF82E997B089BB90859166834B83588B7982D18D959046905A93A7908582CC94AD90B691CE8DF482C98AD682B782E98CA48B862E646F63> 長 崎 県 環 境 保 健 研 究 センター 所 報 4, (28) 報 文 最 終 処 分 場 における 硫 化 水 素 ガス 及 び 黒 色 浸 透 水 の 発 生 対 策 に 関 する 研 究 坂 本 陵 治 竹 野 大 志 東 川 圭 吾 産 業 廃 棄 物 安 定 型 最 終 処 分 場 における 高 濃 度 硫 化 水 素 ガス 及 び 黒 色 浸 透 水 の 発 生 防 止 を 目 的

More information

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc 脱 灰 液 K-CX 使 用 ガイド 使 用 説 明 書 K-CX を 使 用 される 前 に 必 ず 本 書 をお 読 み 下 さい 目 次 1. はじめに 1 2. K-CX について 1 3. K-CX を 用 いた 一 般 的 な 脱 灰 手 順 2 4. K-CX の 利 用 法 について 4 5. イヌ 硬 組 織 標 本 作 製 における K-CX 低 温 希 釈 脱 灰 法 7 6.

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 鉄 筋 腐 食 抑 制 タイプ RC 構 造 物 用 含 浸 系 表 面 保 護 材 取 扱 : 関 西 ペイント 株 式 会 社 国 内 総 代 理 店 :BASFジャパン 株 式 会 社 建 設 化 学 品 事 業 部 プロテクトシルCITの 効 果 鉄 筋 コンクリート 構 造 物 全 般 の 長 寿 命 化 対 策 として 有 効 コンクリート 表 面 に 塗 布 するだけで 鉄 筋 の 腐

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

タ イ ト ル

タ イ ト ル 海 の 森 づくり 第 9 回 シンポジウム 鉄 鋼 スラグによる 海 域 環 境 再 生 2012 年 6 月 2 日 新 日 本 製 鐵 株 式 會 社 1 海 域 環 境 の 変 化 ( 漁 場 の 消 失 ) 海 岸 線 の 変 化 埋 立 等 による 人 工 海 岸 の 増 加 浅 場 干 潟 藻 場 の 消 失 浚 渫 窪 地 の 出 現 土 砂 採 取 跡 干 潟 面 積 の 推 移

More information

<5461726F2D303830333331817990568B8C2D8AAE915394C5817A819A202474>

<5461726F2D303830333331817990568B8C2D8AAE915394C5817A819A202474> 食 品 添 加 物 等 の 規 格 基 準 の 一 部 を 改 正 する 件 新 旧 対 照 条 文 食 品 添 加 物 等 の 規 格 基 準 ( 昭 和 34 年 厚 生 省 告 示 第 370 号 ) 平 成 0 年 3 月 31 日 改 正 改 正 後 改 正 前 ( 傍 線 部 分 は 改 正 部 分 ) 第 4 おもちや 第 4 おもちや A おもちや 又 はその 原 材 料 の 規 格

More information

Ⅶ 用 語 の 解 説 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 ( 炭 酸 ガス)やメタン フロンガス 等 は 太 陽 光 線 は 通 過 させても 地 上 から 放 射 される 熱 を 吸 収 する 働 きがあり その 結 果 地 球 表 面 の 温 度 が

Ⅶ 用 語 の 解 説 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 ( 炭 酸 ガス)やメタン フロンガス 等 は 太 陽 光 線 は 通 過 させても 地 上 から 放 射 される 熱 を 吸 収 する 働 きがあり その 結 果 地 球 表 面 の 温 度 が Ⅶ 用 語 の 解 説 Ⅶ 用 語 の 解 説 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 ( 炭 酸 ガス)やメタン フロンガス 等 は 太 陽 光 線 は 通 過 させても 地 上 から 放 射 される 熱 を 吸 収 する 働 きがあり その 結 果 地 球 表 面 の 温 度 が 上 昇 する これを 温 室 効 果 と 呼 んでいる しかし 化 石 燃

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

E-Holder製品説明書

E-Holder製品説明書 2013.09.05 更 新 TRANSEM Holder 取 扱 説 明 書 株 式 会 社 ライフセム TRANSEM Holder 取 扱 手 順 (1) TRANSEM Holder の 箱 の 製 造 年 月 日 をご 確 認 ください 製 造 後 2 年 以 内 の ご 使 用 を 推 奨 いたします 保 証 期 間 は 販 売 後 1 年 です (2) パウダーレスのグローブを 手 に

More information

2 6 8 10 12 14 18 20 22 24 26 29 32 34 36 1 40 42 44 39 47 48 50 52 54 56 58 60 62 64 68 70 72 74 76 78 80 67 83 84 86 88 90 92 94 96 97 98 100 102 103 104 106 110 112 114 116 118 120 122 124 126 128 130

More information

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合 太 田 市 簡 易 専 用 水 道 の 手 引 き 問 い 合 わせ 先 太 田 市 役 所 環 境 政 策 課 電 話 : 0276-47-1893 FAX : 0276-47-1881 1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給

More information

Al アルミニウム Cu 銅 Fe 鉄 Ni ニ

Al アルミニウム Cu 銅 Fe 鉄 Ni ニ Al アルミニウム 30000 30000 30000 26000 26000 26000 28000 Cu 銅 140000 140000 140000 110000 110000 110000 130000 Fe 鉄 86000 87000 88000 140000 140000 140000 110000 Ni ニッケル 13000 13000 14000 23000 23000 23000

More information

3. 暴 露 試 験 3-1 暴 露 試 験 方 法 大 気 暴 露 試 験 は JIS Z 2381 大 気 暴 露 試 験 方 法 通 則 に 準 じた 直 接 暴 露 試 験 方 法 暴 露 試 験 片 は 45 度 の 角 度 で 架 台 に 取 り 付 けた ( 写 真 4~5 参 照 )

3. 暴 露 試 験 3-1 暴 露 試 験 方 法 大 気 暴 露 試 験 は JIS Z 2381 大 気 暴 露 試 験 方 法 通 則 に 準 じた 直 接 暴 露 試 験 方 法 暴 露 試 験 片 は 45 度 の 角 度 で 架 台 に 取 り 付 けた ( 写 真 4~5 参 照 ) 溶 融 亜 鉛 めっきの 耐 食 性 に 対 する 火 山 ガスの 影 響 一 般 社 団 法 人 日 本 溶 融 亜 鉛 鍍 金 協 会 技 術 標 準 化 委 員 会 耐 食 性 グループ 1.はじめに 鋼 材 の 腐 食 に 大 きく 影 響 を 与 える 要 因 として 海 塩 粒 子 とともに 硫 化 水 素 ガ ス 亜 硫 酸 ガスが 挙 げられる 日 本 は 火 山 国 であり 全 国

More information

申出書記載に当たっての注意事項(中間物)

申出書記載に当たっての注意事項(中間物) 申 出 書 記 載 に 当 たっての 注 意 事 項 ( 輸 出 専 用 品 ) Ⅰ. 全 体 を 通 しての 注 意 事 項 申 出 書 及 び 確 認 書 の 様 式 は 新 規 化 学 物 質 の 製 造 又 は 輸 入 に 係 る 届 出 等 に 関 する 省 令 で 定 められているため 項 目 の 名 称 等 が 様 式 と 異 なる 場 合 に は 軽 微 なものであっても 受 け 付

More information

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 - 日 本 病 院 薬 剤 師 会 - 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 当 該 医 薬 品 について 製 薬 企 業 の 医 薬 情 報 担 当 者 ( 以 下 MRと 略 す) 等 にインタビュ ーし 当 該 医 薬 品 の 評

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 - 日 本 病 院 薬 剤 師 会 - 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 当 該 医 薬 品 について 製 薬 企 業 の 医 薬 情 報 担 当 者 ( 以 下 MRと 略 す) 等 にインタビュ ーし 当 該 医 薬 品 の 評 2015 年 4 月 改 訂 ( 第 5 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 873311 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 (1998 年 9 月 )に 準 拠 して 作 成 処 方 箋 医 薬 品 日 本 薬 局 方 生 理 食 塩 液 生 理 食 塩 液 ヒカリ Isotonic Sodium Chloride Solution

More information

() 2 (O) 1 ( 2.1) 2 O 2:1 ( 2.2) 2 O ( 2.1(c)) O ( ) ( 2.1(d)) O Å(, m) 2 O ( 2.1(d))

() 2 (O) 1 ( 2.1) 2 O 2:1 ( 2.2) 2 O ( 2.1(c)) O ( ) ( 2.1(d)) O Å(, m) 2 O ( 2.1(d)) 2 10 2 2.1 2.1.1 2.1 () 2 (O) 1 ( 2.1) 2 O 2:1 ( 2.2) 2 O 2.1.2 2.3 ( 2.1(c)) O ( ) ( 2.1(d)) 2.1.3 O- 0.958 Å(, 10 10 m) 2 O- 104.5 ( 2.1(d)) 2.1 11 2 O (c) (d) O 104.5 0.958Å 2.1 (c) (d) 負 極 水 素 ガス 直

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

08 クロム ( 六 価 ) 0.05mg/l 自 然 水 中 にはほとんど 存 在 しないが, 工 場 排 水 (メッキ 染 料 皮 革 等 )の 混 入 による 汚 染 が 起 こることがある クロムは 生 体 の 微 量 必 須 元 素 で, 不 足 すると 糖, 脂 質,タンパク 質 代 謝

08 クロム ( 六 価 ) 0.05mg/l 自 然 水 中 にはほとんど 存 在 しないが, 工 場 排 水 (メッキ 染 料 皮 革 等 )の 混 入 による 汚 染 が 起 こることがある クロムは 生 体 の 微 量 必 須 元 素 で, 不 足 すると 糖, 脂 質,タンパク 質 代 謝 8 水 質 基 準 項 目 解 説 項 目 基 準 値 01 一 般 細 菌 100 個 /ml 02 大 腸 菌 不 検 出 03 カドミウム 0.003 mg/l 04 水 銀 0.0005mg/l 05 セレン 0.01mg/l 06 鉛 0.01mg/l 07 ヒ 素 0.01mg/l 検 出 される 細 菌 の 多 くは, 病 原 菌 との 直 接 の 関 連 はないが, 汚 染 された

More information

寺さんのもっと健康セミナー18   夏バテ

寺さんのもっと健康セミナー18   夏バテ はじめに 近 年 はエルニーニョ 現 象 のため 高 温 の 日 が 何 日 も 続 くようになってきまし た また 原 発 停 止 による 節 電 のため 冷 房 をなるべく 使 わず じっと 暑 さを 耐 え しのぐ 生 活 を 強 いられるようになってきました 高 温 の 日 には 熱 中 症 搬 送 者 が 何 人 いたかが 報 道 され この 人 数 が 暑 さのバロメータになっています

More information

日本水処理工業株式会社

日本水処理工業株式会社 価 値 のあるサービスエンジニア 日 本 水 処 理 工 業 株 式 会 社 1 エアコン 洗 浄 を 取 り 巻 く 環 境 エアコン 洗 浄 の 需 要 は 高 まっている 室 内 環 境 向 上 省 エネ 対 策 ( 事 業 としての 確 立 ) エンドユーザーでのエアコン 洗 浄 認 知 (ハウスクリーニング 業 界 でのコマーシャリング) 修 理 として 洗 浄 ( 顧 客 ニーズは 喚

More information

椊物とイオンの関係

椊物とイオンの関係 植 物 とイオンの 関 係 青 木 慶 和 田 代 裕 慶 野 口 俊 介 指 導 教 諭 千 葉 先 生 Ⅰ 動 機 と 目 的 私 たちは まずスポーツドリンクに 含 まれる 様 々なイオンが 体 にどのような 影 響 を 与 えるかに 興 味 を 持 った さらに 先 輩 たちが 行 った メダカの 耐 塩 性 の 研 究 を 読 んでイオンが 生 物 に 対 して 与 える 影 響 についてより

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 研 究 会 資 料 09-3 090826 第 27 回 戦 略 調 査 セミナー 海 水 ウラン 回 収 技 術 の 現 状 と 展 望 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 量 子 ビーム 応 用 研 究 部 門 環 境 産 業 応 用 研 究 開 発 ユニット 金 属 捕 集 生 分 解 性 高 分 子 研 究 グループ 瀬 古 典 明 鉱 山 ウラン 海 水 ウラン 鉱 山 採 掘 鉱

More information

平成22年6月28日

平成22年6月28日 平 成 22 年 6 月 28 日 海 洋 深 層 水 及 びβ-グルカンを 基 材 に 用 いた 化 粧 品 の 機 能 評 価 皮 膚 における 機 能 性 の 研 究 高 知 大 学 医 学 部 看 護 学 科 臨 床 看 護 学 教 室 渡 部 嘉 哉 溝 渕 俊 二 我 々はこれまで 深 層 水 と ソフィβ グルカン(SBG) の 機 能 性 をそれ ぞれ 独 立 したテーマとして 研

More information

安 全 データシート(SDS) 1/4 作 成 日 :2013( 平 成 25 年 )12 月 17 日 ( 改 訂 0) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :1)ステンレス 鋼 製 差 し 込 み 溶 接 継 手 突 合 せ 溶 接 継 手 溶 接 フランジ 参 考 規 格 ( 以

安 全 データシート(SDS) 1/4 作 成 日 :2013( 平 成 25 年 )12 月 17 日 ( 改 訂 0) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :1)ステンレス 鋼 製 差 し 込 み 溶 接 継 手 突 合 せ 溶 接 継 手 溶 接 フランジ 参 考 規 格 ( 以 お 取 引 先 様 各 位 平 成 25 年 12 月 R1 イハラサイエンス 株 式 会 社 特 定 化 学 物 質 へのコバルト 追 加 指 定 とその 対 応 について 拝 啓 時 下 益 々 御 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 又 平 素 は 格 別 の 御 高 配 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げ ます さて 労 働 安 全 衛 生 法 施 行 令 の 一 部 改 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090858EBF95CF89BB91CE899E955C2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090858EBF95CF89BB91CE899E955C2E646F63> 時 Q&A 1 赤 色 (1) 赤 い 水 水 道 工 事 や 火 災 で 消 火 栓 から 多 量 の 放 水 をした 時 配 給 水 管 の 腐 食 鉄 サビ( 水 酸 化 第 二 鉄 )の 流 出 対 応 方 法 1 2 白 色 (1) 白 い 水 ( 数 秒 水 道 設 備 や 給 水 装 置 後 に 透 明 になる が 負 圧 になり, 吸 引 空 気 対 応 方 法 2(1) が 微 細

More information

じ 図 2-2-1 河 川 水 質 測 定 地 点 図 思 案 橋 川 河 口 上 の 出 橋 西 ノ 宮 橋 陣 屋 川 橋 大 城 橋 片 の 瀬 猿 尾 橋 中 原 橋 行 徳 北 橋 瀬 ノ 下 大 刀 洗 川 河 口 下 野 久 留 米 大 橋 神 代 橋 善 導 寺 山 橋 筒 川 河

じ 図 2-2-1 河 川 水 質 測 定 地 点 図 思 案 橋 川 河 口 上 の 出 橋 西 ノ 宮 橋 陣 屋 川 橋 大 城 橋 片 の 瀬 猿 尾 橋 中 原 橋 行 徳 北 橋 瀬 ノ 下 大 刀 洗 川 河 口 下 野 久 留 米 大 橋 神 代 橋 善 導 寺 山 橋 筒 川 河 第 2 節 水 質 汚 濁 1. 概 況 本 市 における 河 川 や 溜 池 等 の 公 共 用 水 域 の 水 質 は 公 共 下 水 道 の 整 備 や 工 場 事 業 場 における 排 水 規 制 等 により 改 善 されてきていますが 下 水 道 未 整 備 地 域 の 中 小 河 川 等 においては 住 居 密 集 地 からの 生 活 排 水 や 未 規 制 の 小 規 模 事 業 場

More information

Microsoft Word - JFEA-001_業務用食器洗浄機基準2013.1.28.docx

Microsoft Word - JFEA-001_業務用食器洗浄機基準2013.1.28.docx 業 務 用 食 器 洗 浄 機 基 準 JFEA 007-2012 一 般 社 団 法 人 日 本 厨 房 工 業 会 [ 厨 房 研 究 会 ] 20130327 本 基 準 は 一 般 社 団 法 人 日 本 厨 房 工 業 会 に 置 かれた 厨 房 研 究 会 により 作 成 されたものです 本 基 準 は 必 要 により 見 直 しが 行 われます 最 新 版 は 当 工 業 会 に 確

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

対馬中部汚泥再生処理センター建設工事

対馬中部汚泥再生処理センター建設工事 鹿 島 藤 津 地 区 衛 生 施 設 組 合 第 2 処 理 場 大 規 模 改 造 工 事 技 術 提 案 公 募 要 領 平 成 25 年 5 月 鹿 島 藤 津 地 区 衛 生 施 設 組 合 目 次 はじめに 第 1 章 大 規 模 改 造 工 事 の 概 要 1 1 事 業 者 1 2 工 事 名 1 3 工 事 場 所 1 4 敷 地 面 積 1 5 工 事 場 所 の 立 地 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

整 水 モードについて スイッチ 整 水 モード レベル 用 途 ph 目 安 レベル 表 示 整 水 ランプ ( 通 水 時 ) 4 調 理 用 9.0 ~ 10.5 黄 色 点 灯 1 水 素 水. スイッチ 電 解 水 素 水 モード 3 飲 用 8.5 ~ 飲 用 8.0 ~ 9

整 水 モードについて スイッチ 整 水 モード レベル 用 途 ph 目 安 レベル 表 示 整 水 ランプ ( 通 水 時 ) 4 調 理 用 9.0 ~ 10.5 黄 色 点 灯 1 水 素 水. スイッチ 電 解 水 素 水 モード 3 飲 用 8.5 ~ 飲 用 8.0 ~ 9 分 岐 水 栓 について 切 り 替 えレバーを 回 して 原 水 シャワー 整 水 に 切 り 替 えることができます p p 水 道 水 を 使 う 場 合 は 原 水 または シャワー に 切 り 替 えてお 使 いください p p 整 水 ( 電 解 水 素 水 / 浄 水 / 酸 性 水 )を 使 う 場 合 は 整 水 に 切 り 替 えてお 使 いください 切 り 替 え レ バ ー

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E968BC690AC89CA95F18D9089EF816948508CF68A4A9770816A207070745B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E968BC690AC89CA95F18D9089EF816948508CF68A4A9770816A207070745B93C782DD8EE682E890EA97705D> 5. 石 炭 利 用 技 術 振 興 費 補 助 金 石 炭 灰 有 効 利 用 促 進 調 査 事 業 平 成 23 年 度 JCOAL 事 業 成 果 報 告 会 日 時 : 平 成 24 年 7 月 26 日 場 所 :JCOAL 大 会 議 室 石 炭 灰 有 効 利 用 促 進 調 査 事 業 と 体 制 H23 年 度 石 炭 灰 有 効 利 用 促 進 調 査 事 業 石 炭 灰 基

More information

環境衛生の知識(改訂5版).doc

環境衛生の知識(改訂5版).doc 改 訂 10 版 平 成 28 年 5 月 環 境 衛 生 の 知 識 ( 土 壌 ) 厚 生 労 働 省 水 道 法 第 20 条 登 録 検 査 機 関 経 済 産 業 省 工 業 標 準 化 法 に 基 づく 試 験 事 業 者 (JNLA) 登 録 機 関 I S O 9 0 0 1 認 証 取 得 機 関 I S O / I E C 1 7 0 2 5 認 定 試 験 所 特 定 計 量

More information

2/8 注 意 書 き: 原 料 および 加 工 で 生 じる 粉 塵 等 安 全 対 策 使 用 前 に 安 全 パンフレットを 入 手 し 参 照 す ること すべての 安 全 注 意 を 読 み 理 解 するまで 取 扱 わないこと 適 切 な 個 人 用 保 護 具 や 換 気 装 置 を

2/8 注 意 書 き: 原 料 および 加 工 で 生 じる 粉 塵 等 安 全 対 策 使 用 前 に 安 全 パンフレットを 入 手 し 参 照 す ること すべての 安 全 注 意 を 読 み 理 解 するまで 取 扱 わないこと 適 切 な 個 人 用 保 護 具 や 換 気 装 置 を 1/8 安 全 データシート(SDS) 作 成 改 訂 2003 年 04 月 10 日 2013 年 04 月 27 日 製 品 名 セラミック( 酸 化 アルミニウム 炭 化 チタン 系 ) 1. 化 学 物 質 等 および 会 社 情 報 製 品 化 学 物 質 等 の 名 称 : セラミック 被 覆 セラミック セラミック 工 具 被 覆 セラミック 工 具 ( 酸 化 アルミニウム 炭 化

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 新 技 術 説 明 会 EDX 分 析 必 見! 進 化 し 続 けるEDX 分 析 株 式 会 社 堀 場 製 作 所 エネルギー 分 散 型 X 線 分 析 装 置 (EDX) 3109-7508-2 EDX 検 出 器 の 進 歩 3109-7508-3 エネルギー 分 散 型 X 線 分 析 法 Energy

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208347839383688367834C835683938AEE967B82CC82AB5F949290CE81418CC393638F4390B3816A2D312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208347839383688367834C835683938AEE967B82CC82AB5F949290CE81418CC393638F4390B3816A2D312E646F63> 作 成 日 2009 年 6 月 12 日 修 正 日 2009 年 月 日 1.エンドトキシンとは 2.エンドトキシン 試 験 の 種 類 と 種 々のライセート 試 薬 3. 使 用 器 具 について 4.エンドトキシン 標 準 品 について 5. 試 料 の 影 響 6. 参 考 資 料 (もっとよく 知 るために) 1/8 1.エンドトキシンとは エンドトキシンとは グラム 陰 性 菌 の

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

水 道 水 で30 日 間 栽 培 した その 結 果 全 ての 水 槽 でDOが3.0 mg/l 以 下 そのうち2つが 1.0mg/l 以 下 に 減 少 した( 図 2) このことから WHがDOを 低 下 させる 一 因 であるこ とが 確 かめられた このDOの 降 下 が 従 属 栄 養

水 道 水 で30 日 間 栽 培 した その 結 果 全 ての 水 槽 でDOが3.0 mg/l 以 下 そのうち2つが 1.0mg/l 以 下 に 減 少 した( 図 2) このことから WHがDOを 低 下 させる 一 因 であるこ とが 確 かめられた このDOの 降 下 が 従 属 栄 養 第 53 回 日 本 学 生 科 学 賞 入 選 3 等 第 53 回 静 岡 県 学 生 科 学 賞 県 教 育 長 賞 3 ホテイアオイのつくるバイオループ 学 校 法 人 静 岡 理 工 科 大 学 静 岡 北 高 等 学 校 科 学 部 水 質 班 2 年 五 島 菜 々 鈴 木 圭 祐 高 橋 周 平 瀧 田 祐 介 村 田 稔 恭 1.はじめに ホテイアオイ( 以 後 は 英 語 名 がWater

More information

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 製 品 番 号 :AB5174 PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 製 品 和 名 :RABBIT ANTI-Kv1.1, VOLTAGE GATED POTASSIUM CHANNEL AFFINITY PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 会 社 名 :メルク 株 式 会 社 住 所 : 東

More information

食 塩 専 営 弁 法 第 1 章 総 則 第 1 条 食 塩 に 対 する 管 理 を 強 化 し 食 塩 にヨウ 素 を 加 える 業 務 の 有 効 的 実 施 を 保 障 し かつ 公 民 の 身 体 の 健 康 を 保 護 するため この 弁 法 を 制 定 する 第 2 条 国 は 食

食 塩 専 営 弁 法 第 1 章 総 則 第 1 条 食 塩 に 対 する 管 理 を 強 化 し 食 塩 にヨウ 素 を 加 える 業 務 の 有 効 的 実 施 を 保 障 し かつ 公 民 の 身 体 の 健 康 を 保 護 するため この 弁 法 を 制 定 する 第 2 条 国 は 食 資 料 ( 法 令 等 の 翻 訳 ) 食 塩 専 営 弁 法 食 塩 専 営 許 可 証 管 理 弁 法 食 塩 価 格 管 理 弁 法 食 塩 へのヨウ 素 添 加 によるヨウ 素 欠 乏 被 害 除 去 に 関 する 管 理 条 例 中 華 人 民 共 和 国 国 家 標 準 GB5461-2000( 食 用 塩 ) 中 華 人 民 共 和 国 国 家 標 準 GB2721-2003 ( 食

More information

I

I I II 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 Rp.1) 50mg 3 3 14 Rp.2) 2.5mg 2 14 Rp.1) 2.5mg 3 2 2:1 14 Rp.) 15g 1 3 28 Rp.2) 50 600mg 1 2 28 12 Rp.1) CR 20mg 1 1 1 14 Rp.2) R 200 1 2 14 Rp.3) 3 1 3 14 Rp.1) 2.5mg 0.4

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

Microsoft Word - ③特記仕様書

Microsoft Word - ③特記仕様書 名 護 久 志 浄 水 場 及 び 久 志 管 理 施 設 運 転 管 理 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 度 沖 縄 県 企 業 局 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 沖 縄 県 企 業 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 管 理 する 名 護 久 志 浄 水 場 及 び 両 浄 水 場 の 排 水 処 理 施 設 並 びに 久 志

More information

Microsoft PowerPoint - JEOL環境セミナー2008_榎本係長

Microsoft PowerPoint - JEOL環境セミナー2008_榎本係長 JEOL 環 境 セミナー 2008 溶 媒 抽 出 法 による 臭 素 系 難 燃 剤 分 析 - 前 処 理 からデータ 解 析 まで- 日 本 電 子 データム 国 際 技 術 R&Dサポートグループ 榎 本 剛 司 RoHS 指 令 における 臭 素 化 難 燃 剤 の 検 査 フロー 蛍 光 X 線 分 析 による1 次 スクリーニング Br のモニター( 全 臭 素 濃 度 の 測 定

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089BA908593B982C982A882AF82E995FA8ECB90AB95A88EBF91CE8DF48C9F93A282CC8A54977682C690AC89CA>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089BA908593B982C982A882AF82E995FA8ECB90AB95A88EBF91CE8DF48C9F93A282CC8A54977682C690AC89CA> 下 水 道 における 放 射 性 物 質 対 策 検 討 の 概 要 と 成 果 ~ 平 成 23 年 度 3 次 補 正 予 算 調 査 ~ < 目 的 > 下 水 道 における 放 射 性 物 質 対 策 に 活 用 しうる 技 術 を 広 く 募 集 し 実 証 試 験 等 により 実 用 性 を 評 価 して 対 策 の 促 進 を 図 る < 実 施 概 要 > 対 象 : 下 水 汚 泥

More information

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川 大 気 汚 染 防 止 法 第 4 条 第 1 項 の 規 定 による 排 出 基 準 及 び 水 質 汚 濁 防 止 法 第 3 条 第 3 項 の 規 定 による 排 水 基 準 を 定 める 条 例 ( 昭 和 46 年 月 15 日 条 例 第 5 号 ) 改 正 昭 和 48 年 月 19 日 条 例 第 59 号 昭 和 50 年 月 1 日 条 例 第 33 号 昭 和 55 年 3

More information

untitled

untitled 平 成 21 年 度 水 道 事 業 年 報 平 成 21 年 4 月 1 日 ~ 平 成 22 年 3 月 31 日 岩 国 市 水 道 局 目 次 水 道 事 業 (Ⅰ) 概 要 ページ 1 水 道 事 業 の 沿 革 1 2 水 道 事 業 の 歩 み 3 拡 張 事 業 の 推 移 4 平 成 21 年 度 事 業 概 況 2 6 6 5 写 真 で 見 る 概 要 7 (Ⅱ) 施 設 1

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A8386815B835890488AED82CC897190B68AC7979D82C98AD682B782E9834B8343836883898343839388C481518DC58F4994C52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A8386815B835890488AED82CC897190B68AC7979D82C98AD682B782E9834B8343836883898343839388C481518DC58F4994C52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> リユース 食 器 の 衛 生 管 理 に 関 する 自 主 ガイドライン 2011 年 3 月 リユース 食 器 ネットワーク 本 ガイドラインは 三 井 物 産 環 境 基 金 の 助 成 を 受 けて 作 成 しました 1 はじめに リユース 食 器 は 繰 り 返 し 使 用 することから きちんとした 衛 生 管 理 を 行 うこ とが 不 可 欠 です 食 品 の 取 り 扱 いに 関 する

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

リグニン班 春輪講 要旨

リグニン班 春輪講 要旨 リグニンの 抽 出 と 利 用 2007 年 度 水 曜 班 報 告 書 1. 目 的 現 在 は 不 要 な 物 質 として 廃 棄 されているリグニンの 利 用 法 を 見 つけ 出 し 環 境 への 負 荷 を 減 らす 2. 概 要 2-1. リグニン リグニンとは 木 材 の 主 要 な 成 分 の 一 つで 植 物 の 細 胞 壁 中 に 存 在 している 木 材 は 主 にセルロース

More information

官 報 公 示 整 理 番 号 官 報 公 示 整 理 番 号 化 学 名 又 は 一 般 名 含 有 率 化 学 式 ( 化 審 法 ) ( 安 衛 法 ) CAS 番 号 EC 番 号 水 酸 化 カリウム 3.3% KOH (1)-369 公 表 メタノ

官 報 公 示 整 理 番 号 官 報 公 示 整 理 番 号 化 学 名 又 は 一 般 名 含 有 率 化 学 式 ( 化 審 法 ) ( 安 衛 法 ) CAS 番 号 EC 番 号 水 酸 化 カリウム 3.3% KOH (1)-369 公 表 メタノ 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 製 品 番 号 :109351 製 品 和 名 : 水 酸 化 カリウムメタノール 溶 液 c(koh) = 0.5 mol/l (0.5 N) チトリピュア 会 社 名 :メルク 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 目 黒 区 下 目 黒 1-8-1 アルコタワー 製 品 取 扱 部 門 :メルクミリポア 事 業 本 部 MSDS

More information

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の 栄 養 機 能 食 品 として 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 を 行 うには 1 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 に 含 まれる 栄 養 成 分 量 が 国 が 定 めた 下 限 上 限 値 の 基 準 に 適 合 していることが 必 要 です 定 められた 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 のほか 摂 取 す る 上 での 注 意 事 項 や 消 費 者 庁 長 官 の 個 別

More information

TOC

TOC 2.7.1 生 物 薬 剤 学 及 び 関 連 する 分 析 法 の 概 要 1 目 次 2.7 臨 床 概 要 2.7 臨 床 概 要...4 2.7.1 生 物 薬 剤 学 及 び 関 連 する 分 析 法 の 概 要...4 2.7.1.1 背 景 及 び 概 観...4 2.7.1.1.1 製 剤 開 発 の 経 緯...4 2.7.1.1.2 生 物 薬 剤 学 に 関 する 概 要...5

More information

土壌の観察・実験テキスト −土壌を調べよう!−

土壌の観察・実験テキスト −土壌を調べよう!− ( ) 2006 7 20 i 21 1962 1969 1987 1992 2005 65 1972 1977 1997 1977 1998 1982 1998 2002 2004 2005 SPP 1999 ii 1 g cm m 6378km ( ) 4.2, 4.3 5.1 7.1 8.1 4.1 7.3, 7.4 7.1 1 2 7.1 8.2 2 5 6 1, 2 2.3 4.2, 4.3

More information

0 目 次 1. 畑 のあしあとの 使 い 方 P.3 2.オプション P.6 3.モバイルデバイスより 履 歴 取 得 P.8 4. 基 本 情 報 管 理 P.11 5. 栽 培 計 画 P.22 6.ドキュメント 出 力 P.25 7. 栽 培 履 歴 管 理 P.28 8.モバイルでの 栽

0 目 次 1. 畑 のあしあとの 使 い 方 P.3 2.オプション P.6 3.モバイルデバイスより 履 歴 取 得 P.8 4. 基 本 情 報 管 理 P.11 5. 栽 培 計 画 P.22 6.ドキュメント 出 力 P.25 7. 栽 培 履 歴 管 理 P.28 8.モバイルでの 栽 畑 のあしあと 詳 細 マニュアル 1 0 目 次 1. 畑 のあしあとの 使 い 方 P.3 2.オプション P.6 3.モバイルデバイスより 履 歴 取 得 P.8 4. 基 本 情 報 管 理 P.11 5. 栽 培 計 画 P.22 6.ドキュメント 出 力 P.25 7. 栽 培 履 歴 管 理 P.28 8.モバイルでの 栽 培 履 歴 登 録 P.31 2 1 畑 のあしあとの 使 い

More information

Microsoft PowerPoint - 20121122日遮協_endo2.pptx

Microsoft PowerPoint - 20121122日遮協_endo2.pptx 放 射 能 廃 棄 物 の 現 状 と その 取 り 組 み ( 独 ) 資 源 循 環 廃 棄 物 研 究 センター k-endo@nies.go.jp 本 の 内 容 研 究 所 と 分 の 紹 介 放 射 性 物 質 に 汚 染 された 廃 棄 物 の 埋 除 染 壌 等 の 仮 置 き Page. 2 の 研 究 分 野 第 三 期 中 期 計 画 は 平 成 23 年 度 から5 年 間

More information

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 日 本 病 院 薬 剤 師 会 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 医 療 用 医 薬 品 の 基 本 的 な 要 約 情 報 として 医 療 用 医 薬 品 添 付 文 書 ( 以 下 添 付 文 書 と 略 す)がある 医 療 現

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 日 本 病 院 薬 剤 師 会 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 医 療 用 医 薬 品 の 基 本 的 な 要 約 情 報 として 医 療 用 医 薬 品 添 付 文 書 ( 以 下 添 付 文 書 と 略 す)がある 医 療 現 2015 年 7 月 改 訂 ( 第 8 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 873311 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 2013 に 準 拠 して 作 成 血 液 代 用 剤 日 本 薬 局 方 生 理 食 塩 液 生 理 食 塩 液 ヒカリ Isotonic Sodium Chloride Solution Hikari

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303132303732335F89B7926789BB91CE8DF48E968BC68ED28BA68B6389EF5F8D7296D85F8CF68A4A97702E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303132303732335F89B7926789BB91CE8DF48E968BC68ED28BA68B6389EF5F8D7296D85F8CF68A4A97702E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D> 元 素 原 理 からとらえる 二 次 電 池 の 特 徴 とこれから 横 浜 国 立 大 学 工 学 研 究 院 荒 木 拓 人 講 演 会 荒 木 拓 人 (アラキ タクト) 自 己 紹 介 2003 年 3 月 博 士 ( 工 学 ) 取 得 於 京 都 大 学 機 械 工 学 専 攻 マイクロスケールにおける 熱 流 動 特 性 マイクロ 加 工 yaxis(um) 260 255 250 245

More information

取扱説明書 [F-06E]

取扱説明書 [F-06E] F-06E 3.6 2 3 4 5 6 7 8 9 0 2 3 4 5 6 a b c d a b c d 7 a b cd e a b c 8 d e 9 20 a b b a a b 2 22 b a c 23 d 24 a b c d e f g h l m n o p i j k ku v w q r s t x y a b c d e f g h i j k l m n o p q

More information

聖徳学園大学紀要第四十六集.indd

聖徳学園大学紀要第四十六集.indd 65 保 育 所 給 食 における 効 果 的 なアレルゲン 洗 浄 の 検 討 高 木 瞳 Dishwashing Methods and Food Allergic Residues in Day Nurseries Hitomi TAKAGI 要 旨 食 物 アレルギー 児 の 給 食 対 応 は 調 理 中 のアレルゲン 混 入 防 止 と 給 食 時 の 誤 配 誤 食 防 止 が 重 要

More information

A9RF112.tmp.pdf

A9RF112.tmp.pdf 9 1-1 9 9 10 11 13 17 1-2 18 18 19 20 21 21 22 23 24 26 2-1 26 26 26 30 33 35 2-2 36 36 38 40 44 44 45 3-1 45 45 47 49 51 53 58 3-2 59 59 60 62 64 68 69 70 4-1 70 70 72 4-2 73 73 74 74 75 76 77 77 79 80

More information

Ⅰ 2015 年 3 月 ( 改 訂 第 3 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 871319 医 薬 品 イ ン タ ビ ュ ー フ ォ ー ム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 2008 に 準 拠 して 作 成 角 結 膜 上 皮 障 害 治 療 剤 < 精 製 ヒアルロン 酸 ナトリウム> 製 剤 剤 形 点 眼 剤 製 剤 の 規 制 区 分 規 格 含 量

More information

Microsoft Word - comment18.doc

Microsoft Word - comment18.doc 屋 外 用 木 材 塗 料 1. 屋 外 用 木 材 塗 料 の 定 義 屋 外 用 木 材 塗 料 とは 羽 目 板 窓 枠 ウッドデッキおよび 門 扉 などの 屋 外 木 部 に 適 用 され 高 耐 候 性 防 腐 性 防 かび 性 および 防 蟻 性 などの 性 能 を 有 することを 謳 ったものと 定 義 する 2. 調 査 対 象 商 品 の 選 定 方 法 調 査 対 象 商 品 は

More information

本 ガイドラインの 策 定 経 緯 位 置 付 け 平 成 22 年 4 月 1 日 より 改 正 土 壌 汚 染 対 策 法 ( 以 下 改 正 法 という )が 全 面 施 行 されたことを 受 け 実 務 に 従 事 する 地 方 公 共 団 体 及 び 事 業 者 の 方 が 改 正 法 に

本 ガイドラインの 策 定 経 緯 位 置 付 け 平 成 22 年 4 月 1 日 より 改 正 土 壌 汚 染 対 策 法 ( 以 下 改 正 法 という )が 全 面 施 行 されたことを 受 け 実 務 に 従 事 する 地 方 公 共 団 体 及 び 事 業 者 の 方 が 改 正 法 に 汚 染 土 壌 の 処 理 業 に 関 するガイドライン ( 改 訂 第 2 版 ) 平 成 24 年 5 月 環 境 省 水 大 気 環 境 局 土 壌 環 境 課 本 ガイドラインの 策 定 経 緯 位 置 付 け 平 成 22 年 4 月 1 日 より 改 正 土 壌 汚 染 対 策 法 ( 以 下 改 正 法 という )が 全 面 施 行 されたことを 受 け 実 務 に 従 事 する 地

More information

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ 1-7483-21 Instruction Manual ELECTRIC ASPIRATOR アスピレータ GAS-1 取 扱 説 明 書 この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました

More information

土 壌 地 下 水 汚 染 対 策 の 分 類 措 置 分 類 内 容 浄 化 原 位 置 浄 化 原 位 置 分 解 原 位 置 抽 出 汚 染 土 壌 地 下 水 に 含 まれる 汚 染 物 質 を 地 下 ( 原 位 置 )で 分 解 する 技 術 汚 染 地 下 水 または 土 壌 中 の

土 壌 地 下 水 汚 染 対 策 の 分 類 措 置 分 類 内 容 浄 化 原 位 置 浄 化 原 位 置 分 解 原 位 置 抽 出 汚 染 土 壌 地 下 水 に 含 まれる 汚 染 物 質 を 地 下 ( 原 位 置 )で 分 解 する 技 術 汚 染 地 下 水 または 土 壌 中 の 東 北 大 学 大 学 院 環 境 科 学 研 究 科 第 4 回 震 災 フォーラム ヒ 素 汚 染 土 壌 の バイオレメディエーション 東 北 大 学 大 学 院 環 境 科 学 研 究 科 教 授 井 上 千 弘 東 北 学 院 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 教 授 遠 藤 銀 朗 2011.10.8 仙 台 国 際 センター 土 壌 地 下 水 汚 染 対 策 の 分 類 措 置

More information

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22 図 1-Ⅱ-2 冷 却 塔 の 例 ( 左 : 開 放 型 右 : 密 閉 型 ) < 維 持 管 理 方 法 > 1. 維 持 管 理 の 留 意 点 建 築 物 の 冷 却 水 は 空 調 用 冷 凍 機 などの 熱 を 発 生 する 機 器 と 冷 却 塔 の 間 を 循 環 して 発 生 した 熱 を 冷 却 塔 から 放 出 するのに 用 いられる 冷 却 水 は 夏 期 に 水 温 25~35

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874187414831388CA48B8695F18D908F9191E6825082548D8696DA8E9F95AA96EC95CA30352E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874187414831388CA48B8695F18D908F9191E6825082548D8696DA8E9F95AA96EC95CA30352E646F63> 地 域 中 小 企 業 集 積 創 造 的 発 展 支 援 促 進 事 業 58 環 境 対 応 革 ( 非 クロム 鞣 し 系 およびクロム 鞣 し 系 )の 製 品 化 研 究 安 藤 博 美, 松 本 誠, 礒 野 禎 三, 岸 部 正 行, 杉 本 太, 西 森 昭 人, 志 方 徹 中 国 を 中 心 とする 東 南 アジア 諸 国 からの 革 製 品 の 輸 入 が 非 常 に 増 加

More information

E-Holder製品説明書

E-Holder製品説明書 2014.02.27 更 新 TRANSEM Holder 取 扱 説 明 書 更 新 箇 所 : 再 遠 心 ブロックセットなど 部 分 株 式 会 社 ライフセム TRANSEM Holder 取 扱 手 順 (1) 使 用 可 能 な SEM の 機 種 TRANSEM は 熱 エミッション 方 式 の SEM フィールドエミッション 方 式 の SEM(FE-SEM)いずれでも 観 察 可

More information

45 年 法 律 第 138 号 )( 以 下 大 気 汚 染 防 止 法 等 という )に 基 づき 届 出 が 必 要 な 施 設 の 設 置 及 び 構 造 変 更 等 について 事 務 処 理 の 迅 速 化 に 資 する 取 組 や 工 夫 の 事 例 を 整 理 し また 審 査 事 務

45 年 法 律 第 138 号 )( 以 下 大 気 汚 染 防 止 法 等 という )に 基 づき 届 出 が 必 要 な 施 設 の 設 置 及 び 構 造 変 更 等 について 事 務 処 理 の 迅 速 化 に 資 する 取 組 や 工 夫 の 事 例 を 整 理 し また 審 査 事 務 環 水 大 総 発 第 120330003 号 環 水 大 大 発 第 120330004 号 環 水 大 水 発 第 120330017 号 平 成 24 年 3 月 30 日 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 中 核 市 ダイオキシン 類 対 策 担 当 部 ( 局 ) 長 殿 都 道 府 県 大 気 汚 染 防 止 法 政 令 市 大 気 保 全 担 当 部 ( 局 ) 長 殿 都 道

More information