(1) 明 治 40 年 8 月 洪 水 明 治 40 年 8 月 には 中 旬 から 下 旬 にかけて 4 つの 台 風 が 日 本 を 襲 った 利 根 川 では 大 洪 水 となった 降 雨 は 8 月 23 日 と 24 日 が 最 も 激 しく 23 日 から 27 日 の 5 日 間 で

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(1) 明 治 40 年 8 月 洪 水 明 治 40 年 8 月 には 中 旬 から 下 旬 にかけて 4 つの 台 風 が 日 本 を 襲 った 利 根 川 では 大 洪 水 となった 降 雨 は 8 月 23 日 と 24 日 が 最 も 激 しく 23 日 から 27 日 の 5 日 間 で"

Transcription

1 4. 水 害 と 治 水 事 業 の 沿 革 4.1 既 往 洪 水 の 概 要 利 根 川 流 域 の 平 均 年 間 降 水 量 は 約 1,300mm であり 全 国 平 均 の 約 1,700mm と 比 べて 少 ない 主 要 な 洪 水 の 要 因 は 台 風 ( 台 風 により 刺 激 された 前 線 の 活 発 化 )によるものが 多 い 利 根 川 流 域 における 主 要 な 洪 水 の 降 雨 出 水 及 び 被 害 の 状 況 を 表 4-1に 示 す 洪 水 発 生 年 流 域 平 均 3 日 雨 量 ( 八 斗 島 上 流 域 ) 表 4-1 既 往 洪 水 の 概 要 流 量 ( 八 斗 島 ) 明 治 18 年 7 月 ( 台 風 ) 3,700 浸 水 面 積 2,800 ha 明 治 23 年 8 月 ( 台 風 ) 3,780 明 治 27 年 8 月 ( 台 風 ) 3,710 浸 水 面 積 27,600 ha 明 治 29 年 9 月 ( 台 風 ) 3,870 浸 水 面 積 81,700 ha 明 治 40 年 8 月 ( 台 風 ) 浸 水 面 積 78,000 ha 明 治 43 年 8 月 ( 台 風 ) (6,960) 昭 和 10 年 9 月 ( 前 線 ) 9,030 昭 和 13 年 6 7 月 ( 台 風 ) 2,850 昭 和 16 年 7 月 ( 前 線 ) 8,990 昭 和 22 年 9 月 15 日 ( 台 風 ) 318 (17,000) 昭 和 23 年 9 月 16 日 ( 台 風 ) 204 昭 和 24 年 9 月 1 日 ( 台 風 ) ,500 昭 和 25 年 8 月 5 日 ( 台 風 ) 151 8,640 昭 和 33 年 9 月 18 日 ( 台 風 ) 168 昭 和 34 年 8 月 14 日 ( 台 風 ) 214 9,250 戻 し 流 量 8,330 戻 し 流 量 昭 和 41 年 6 月 26 日 ( 台 風 ) 162 6,040 昭 和 41 年 9 月 24 日 ( 台 風 ) 130 6,040 昭 和 49 年 9 月 1 日 ( 台 風 ) 119 昭 和 56 年 8 月 23 日 ( 台 風 ) 221 昭 和 57 年 8 月 2 日 ( 台 風 ) 221 昭 和 57 年 9 月 13 日 ( 台 風 ) 214 平 成 10 年 9 月 16 日 ( 台 風 ) 186 ( ) 書 きは 推 定 値 書 きは 中 田 地 点 の 流 量 5,960 戻 し 流 量 8,280 戻 し 流 量 9,100 戻 し 流 量 8,400 戻 し 流 量 9,960 戻 し 流 量 被 害 状 況 全 潰 家 屋 2,121 棟 流 失 家 屋 2,796 棟 床 上 浸 水 15,579 戸 床 下 浸 水 11,575 戸 群 馬 県 下 の 合 計 値 浸 水 家 屋 戸 数 5,638 戸 浸 水 面 積 12,600 ha 利 根 川 水 系 氾 濫 地 点 9 箇 所 の 合 計 浸 水 面 積 214,500 ha 利 根 川 水 系 全 体 ( 中 川 流 域 含 )の 値 浸 水 面 積 200,000 ha 利 根 川 本 川 の 内 水 氾 濫 の 推 定 値 浸 水 家 屋 303,160 戸 家 屋 流 失 倒 壊 23,736 戸 家 屋 半 壊 7,645 戸 田 畑 の 浸 水 176,789 ha 1 都 5 県 の 合 計 値 床 下 浸 水 1,523 戸 床 上 浸 水 829 戸 利 根 川 本 川 筋 渡 良 瀬 川 の 合 計 値 床 下 浸 水 1,792 戸 床 上 浸 水 3,969 戸 家 屋 倒 壊 流 失 639 戸 家 屋 半 壊 1,044 戸 浸 水 面 積 4,284 ha 渡 良 瀬 川 鬼 怒 川 江 戸 川 の 合 計 値 浸 水 家 屋 3,517 戸 小 貝 川 破 堤 による 被 害 床 上 浸 水 29,900 戸 浸 水 面 積 28,000 ha 中 川 流 域 での 被 害 各 所 で 護 岸 水 制 等 の 流 失 床 下 浸 水 33,328 棟 半 壊 床 上 浸 水 6,778 棟 全 壊 流 失 2 棟 農 地 41,505 ha 宅 地 その 他 10,739 ha 床 下 浸 水 5,212 棟 半 壊 床 上 浸 水 2,250 棟 全 壊 流 失 161 棟 農 地 14,988 ha 宅 地 その 他 7,119 ha 床 下 浸 水 2,689 棟 床 上 浸 水 97 棟 全 半 壊 5 棟 農 地 773 ha 宅 地 その 他 475 ha 床 下 浸 水 646 棟 床 上 浸 水 269 棟 全 半 壊 3 棟 農 地 1,568 ha 宅 地 その 他 120 ha 床 下 浸 水 1,478 棟 床 上 浸 水 137 棟 全 半 壊 4 棟 農 地 234 ha 宅 地 その 他 130 ha 床 下 浸 水 27,649 棟 床 上 浸 水 7,242 棟 全 半 壊 3 棟 農 地 4,273 ha 宅 地 その 他 4,690 ha 床 下 浸 水 1,176 棟 床 上 浸 水 98 棟 全 半 壊 2 棟 農 地 623 ha 宅 地 その 他 759 ha 被 害 状 況 については 昭 和 34 年 洪 水 までは 利 根 川 百 年 史 それ 以 降 は 水 害 統 計 ( 建 設 省 河 川 局 ) の 値 を 用 いた 25

2 (1) 明 治 40 年 8 月 洪 水 明 治 40 年 8 月 には 中 旬 から 下 旬 にかけて 4 つの 台 風 が 日 本 を 襲 った 利 根 川 では 大 洪 水 となった 降 雨 は 8 月 23 日 と 24 日 が 最 も 激 しく 23 日 から 27 日 の 5 日 間 で 下 仁 田 628.3mm 前 橋 168.9mm 本 庄 276.9mm となった この 洪 水 により 利 根 川 本 川 の 右 岸 仁 手 村 ( 現 本 庄 市 ) 地 先 で 延 長 約 918m にわたって 破 堤 したのをはじめ 支 川 の 渡 良 瀬 川 小 貝 川 で 破 堤 し 各 地 が 浸 水 した (2) 明 治 43 年 8 月 洪 水 明 治 43 年 洪 水 は 8 月 上 旬 の 台 風 の 豪 雨 によるものであり 奥 利 根 流 域 の 出 水 は 少 なか ったが 吾 妻 川 烏 川 などの 上 流 部 支 川 で 大 出 水 となった 利 根 川 上 流 部 の 高 水 位 は 後 述 する 昭 和 22 年 洪 水 を 上 回 っていた 利 根 川 流 域 のみならず 東 海 関 東 東 北 一 帯 にも 未 曾 有 の 大 被 害 を 及 ぼした 関 東 における 被 害 は 死 者 769 名 行 方 不 明 78 名 家 屋 全 壊 2,121 戸 家 屋 流 失 2,796 戸 等 であった この 洪 水 は 明 治 期 における 最 大 規 模 のものであり 利 根 川 本 支 川 の 堤 防 はいたるとこ ろで 破 堤 越 水 し 利 根 川 沿 岸 はじめ 東 京 下 町 に 至 る 平 野 部 一 帯 が 浸 水 して 関 東 平 野 全 域 に 大 被 害 を 及 ぼした 中 でも それまでの 利 根 川 の 治 水 の 要 ともいえる 中 条 堤 が 破 堤 したことにより この 洪 水 を 契 機 に 治 水 計 画 の 転 換 を 図 ることとなった 出 典 :カスリーン 50th WATARASE 洪 水 写 真 集 写 真 4-1 栃 木 県 足 利 市 ( 渡 良 瀬 川 ) 出 典 :カスリーン 50th WATARASE 洪 水 写 真 集 写 真 4-2 栃 木 県 足 利 市 ( 渡 良 瀬 川 ) 26

3 (3) 昭 和 10 年 9 月 洪 水 昭 和 10 年 9 月 洪 水 は 台 風 の 前 面 に 伴 う 温 暖 前 線 によって 起 こされた 豪 雨 によるもので 降 雨 は 利 根 川 水 源 域 特 に 烏 川 吾 妻 川 流 域 に 集 中 し 大 出 水 となった この 洪 水 は そ れまで 最 高 であった 明 治 43 年 洪 水 の 水 位 をはるかに 越 え 栗 橋 では 1.35m 佐 原 では 1.47m 上 回 った 利 根 川 改 修 工 事 により 施 工 した 区 間 では 越 水 破 堤 を 免 れることができたが 未 改 修 の 無 堤 部 や 旧 堤 部 では 越 水 被 害 を 生 じた また 利 根 運 河 左 右 岸 が 越 水 破 堤 し さら に 小 貝 川 筋 左 岸 高 須 の 堤 防 が 破 堤 し 大 きな 被 害 を 及 ぼした 写 真 4-3 群 馬 県 榛 名 町 写 真 4-4 群 馬 県 前 橋 市 (4) 昭 和 13 年 6 7 月 洪 水 昭 和 13 年 6 7 月 洪 水 は 八 丈 島 から 南 西 に 向 かって 形 成 されていた 不 連 続 線 が 台 風 の 北 上 に 伴 って 北 に 押 し 出 され 関 東 南 部 から 東 海 地 方 を 横 切 ったことにより 発 生 した 関 東 地 方 では 6 月 28 日 朝 から 30 日 まで 激 しい 雨 が 降 り 続 いた 静 岡 県 富 士 町 ( 当 時 ) から 東 京 を 経 て 水 戸 に 至 る 東 海 道 線 常 磐 線 沿 線 の 平 地 部 では 6 月 27~29 日 の 3 日 間 雨 量 が 400~500mm に 達 した 霞 ヶ 浦 流 域 は 最 も 降 雨 量 の 多 かった 地 域 で 流 域 平 均 雨 量 は 連 続 7 日 間 雨 量 で 600mm(3 日 雨 量 で 400mm 程 度 )に 達 し 湖 水 位 は 既 往 最 高 のY.P+3.34mを 記 録 した この 洪 水 では 利 根 川 水 系 全 体 ( 中 川 流 域 を 含 む)の 浸 水 面 積 は 214,500ha に 及 んだ 写 真 4-5 茨 城 県 土 浦 市 ( 霞 ヶ 浦 ) 写 真 4-6 茨 城 県 土 浦 市 ( 霞 ヶ 浦 ) 27

4 (5) 昭 和 13 年 8 9 月 洪 水 昭 和 13 年 8 9 月 洪 水 は 台 風 によるものであり 関 東 山 地 の 東 斜 面 及 び 男 体 山 を 中 心 とする 地 域 では 大 雨 となった この 台 風 による 出 水 は 渡 良 瀬 川 および 鬼 怒 川 の 大 洪 水 の 合 流 により 栗 橋 で 計 画 高 水 位 を 60cm 上 回 ったのをはじめ 全 川 にわたり 計 画 高 水 位 を 上 回 った 観 測 最 大 流 量 は 布 川 で 計 画 高 水 流 量 を 上 回 る 5,700 m3/sを 記 録 した 支 川 につい ては 特 に 渡 良 瀬 川 下 流 部 では かつて 経 験 したことのないような 大 洪 水 となった 渡 良 瀬 遊 水 地 では 昭 和 10 年 9 月 に 匹 敵 するまで 水 位 が 上 昇 した 鬼 怒 川 でも 大 正 3 年 に 次 ぐ 大 洪 水 となった この 洪 水 による 死 傷 者 は 関 東 全 域 で 328 人 に 及 んだ 写 真 4-7 栃 木 県 水 海 道 市 ( 鬼 怒 川 ) 写 真 4-8 栃 木 県 足 利 市 ( 渡 良 瀬 川 ) (6) 昭 和 16 年 7 月 洪 水 昭 和 16 年 7 月 洪 水 は 台 風 の 影 響 を 受 けた 梅 雨 前 線 により 大 雨 となり さらに 台 風 の 上 陸 による 豪 雨 が 重 なり 大 出 水 となった 台 風 の 接 近 に 伴 い 利 根 川 水 系 では 19 日 頃 から 再 び 降 り 始 め 日 は 豪 雨 となり 20 日 から 22 日 までの 3 日 雨 量 は 鬼 怒 川 渡 良 瀬 川 上 流 域 では 300mm 以 上 烏 神 流 川 流 域 で 200~300mm 平 地 部 で 200~250mm を 記 録 した 本 川 の 上 流 部 は 昭 和 10 年 9 月 洪 水 をやや 下 回 る 洪 水 であったが 下 流 部 では 中 旬 の 洪 水 が 減 水 しないうちに 再 び 増 水 し 異 常 な 高 水 位 となった 栗 橋 より 下 流 では それまでの 既 往 最 高 水 位 を 軒 並 み 上 回 った 浸 水 面 積 は 昭 和 13 年 6 7 月 を 上 回 る 約 200,000ha と 推 定 されている 写 真 4-9 茨 城 県 土 浦 市 ( 霞 ヶ 浦 ) 写 真 4-10 茨 城 県 龍 ヶ 崎 市 ( 小 貝 川 ) 28

5 (7) 昭 和 22 年 9 月 洪 水 (カスリーン 台 風 ) 昭 和 22 年 9 月 洪 水 は カスリーン 台 風 によるものであり 利 根 川 流 域 のおいて 未 曾 有 の 降 雨 となった 3 日 間 の 流 域 平 均 雨 量 は 利 根 川 本 川 八 斗 島 上 流 域 で 318mm に 達 した 利 根 川 本 川 では 全 川 にわたって 計 画 高 水 位 を 上 回 り 支 川 においても 渡 良 瀬 川 で 全 川 で 計 画 高 水 位 を 上 回 ったのをはじめ その 他 の 支 川 についても 部 分 的 に 計 画 高 水 位 を 上 回 った 被 害 状 況 については 本 川 右 岸 埼 玉 県 北 埼 玉 郡 東 村 新 川 通 り 地 先 ( 現 大 利 根 町 )におい ては 延 長 約 340m に 達 する 破 提 を 生 じたのをはじめ 本 川 及 び 支 派 川 で 合 わせて 24 箇 所 約 5.9km の 堤 防 が 破 堤 した 新 川 通 りの 破 提 では 洪 水 は 埼 玉 県 下 のみにとどまらず 東 京 都 葛 飾 区 江 戸 川 区 に 侵 入 し 浸 水 面 積 は 約 45,000ha に 及 んだ この 破 堤 による 被 害 だ けでも 死 者 78 名 負 傷 者 1,506 人 家 屋 浸 水 138,854 戸 という 激 甚 なものであった 1 都 5 県 での 死 者 は 1,100 人 家 屋 の 浸 水 は 303,160 戸 田 畑 の 浸 水 は 176,789ha に 達 し その 被 害 の 規 模 において 明 治 43 年 の 洪 水 に 匹 敵 する 洪 水 であった 写 真 4-11 埼 玉 県 栗 橋 町 ( 利 根 川 ) 写 真 4-12 埼 玉 県 栗 橋 町 ( 利 根 川 ) 氾 濫 流 は 東 京 まで 到 達 決 壊 口 利 根 川 写 真 4-13 決 壊 口 の 様 子 ( 利 根 川 ) 写 真 4-14 埼 玉 県 東 部 ( 利 根 川 ) 29

6 出 典 : 利 根 川 百 年 史 図 4-1 カスリーン 台 風 の 経 路 図 4-2 昭 和 22 年 9 月 22 日 の 様 子 破 堤 6 日 後 都 県 名 表 4-2 カスリーン 台 風 による 被 害 状 況 (1 都 5 県 ) 家 屋 の 浸 水 ( 戸 ) 床 上 床 下 家 屋 流 出 倒 壊 ( 戸 ) 家 屋 半 壊 ( 戸 ) 死 者 ( 人 ) 傷 者 ( 人 ) 田 畑 の 浸 水 (ha) 東 京 72,945 15, ,349 千 葉 ,010 埼 玉 44,610 34,334 1,118 2, ,394 66,524 群 馬 31,091 39,938 19,936 1, ,300 茨 城 10,482 7, ,204 栃 木 45,642 2,417 3, ,402 合 計 303,160 23,736 7,645 1,100 2, ,789 昭 和 22 年 洪 水 氾 濫 実 績 決 壊 場 所 利 根 川 もし カスリーン 台 風 規 模 の 台 風 に 襲 われ 利 根 川 が 破 堤 したら 首 都 圏 は 甚 大 な 被 害 が 発 生 その 被 害 額 は 当 該 地 域 だけでも 約 34 兆 円 と 推 定 出 典 : 利 根 川 百 年 史 現 況 想 定 氾 濫 計 算 想 定 決 壊 場 所 利 根 川 利 根 利 根 江 戸 川 川 江 戸 川 川 荒 川 荒 川 洪 水 S22 年 実 績 氾 濫 計 算 破 堤 地 点 134.5km( 右 岸 ) 136km( 右 岸 ) 地 形 S22 年 当 時 現 況 氾 濫 面 積 約 440km2 約 530km2 浸 水 区 域 人 口 約 60 万 人 (S22 年 当 時 ) 約 232 万 人 (H16 年 推 定 ) 被 害 額 約 70 億 円 (S22 年 当 時 ) ( 一 般 資 産 + 農 作 物 ) 約 34 兆 円 (H16 年 推 定 ) ( 一 般 資 産 + 農 作 物 ) 図 4-3 昭 和 22 年 9 月 洪 水 (カスリーン 台 風 )による 氾 濫 実 績 と 想 定 氾 濫 区 域 30

7 (8) 昭 和 23 年 9 月 洪 水 (アイオン 台 風 ) 昭 和 23 年 9 月 洪 水 は アイオン 台 風 によるものであり 関 東 地 方 では 15 日 午 前 中 南 部 に 雨 が 降 り 始 めて 16 日 には 全 域 で 強 い 雨 となった このアイオン 台 風 がもたらした 出 水 による 各 地 点 の 最 大 流 量 は 布 川 において 昭 和 22 年 9 月 のカスリーン 台 風 をも 上 回 るも のであった 支 派 川 については 小 貝 川 下 流 部 で 本 川 の 影 響 により 計 画 高 水 位 を 上 回 った のをはじめ 渡 良 瀬 川 の 下 流 部 および 鬼 怒 川 の 下 流 部 でも 計 画 高 水 位 を 上 回 った この 洪 水 では 利 根 川 本 川 筋 および 渡 良 瀬 川 において 床 上 浸 水 829 戸 床 下 浸 水 1,523 戸 の 被 害 があった 写 真 4-15 千 葉 県 佐 原 町 写 真 4-16 千 葉 県 我 孫 子 市 (9) 昭 和 24 年 9 月 洪 水 (キティ 台 風 ) 昭 和 24 年 9 月 洪 水 は キティ 台 風 によるものであり 鬼 怒 川 では 上 流 域 で 600mm を 超 す 豪 雨 があり 最 高 水 位 は 計 画 高 水 位 に 迫 る 大 出 水 となった また キティ 台 風 では 高 潮 が 発 生 し 東 京 湾 の 霊 岸 島 では 最 大 偏 差 1.41mを 記 録 した このため 江 戸 川 河 口 部 付 近 で はカスリーン 台 風 による 最 高 水 位 および 計 画 高 水 位 を 上 回 る 水 位 となった このように 昭 和 24 年 9 月 洪 水 では 高 潮 の 影 響 による 水 位 の 上 昇 が 著 しく 異 常 高 潮 と 烈 風 により 河 口 付 近 では 著 しい 被 害 を 受 けた また 記 録 的 な 出 水 と 言 われた 渡 良 瀬 川 で は 未 改 修 部 分 からの 浸 水 により 相 当 の 被 害 となった 写 真 4-17 群 馬 県 桐 生 市 ( 渡 良 瀬 川 ) 写 真 4-18 群 馬 県 桐 生 市 ( 渡 良 瀬 川 ) 31

8 (10) 昭 和 25 年 8 月 洪 水 昭 和 25 年 の 8 月 洪 水 は 2 つの 弱 い 台 風 が 相 次 いで 関 東 地 方 を 襲 ったことによって 生 じ たものである 利 根 川 本 川 の 鬼 怒 川 合 流 点 より 下 流 部 では 昭 和 23 年 9 月 24 年 9 月 の 両 洪 水 を 越 え 布 川 や 佐 原 では 昭 和 24 年 に 改 定 した 改 修 計 画 の 計 画 高 水 流 量 を 上 回 る 水 位 となった 烏 川 渡 良 瀬 川 鬼 怒 川 江 戸 川 等 の 各 支 派 川 の 水 位 はほぼ 23 年 9 月 洪 水 に 匹 敵 するものであった 小 貝 川 下 流 部 では 利 根 川 本 川 の 逆 流 を 受 け 茨 城 県 北 相 馬 郡 高 須 村 ( 現 竜 ヶ 崎 市 ) 地 先 で 7 日 1 時 15 分 減 水 中 ではあったが 約 220m にわたり 破 堤 し 浸 水 面 積 は 約 2,400ha に 及 んだ 写 真 4-19 茨 城 県 北 相 馬 郡 藤 代 町 大 留 地 先 ( 小 貝 川 ) 写 真 4-20 茨 城 県 北 相 馬 郡 藤 代 町 大 留 地 先 ( 小 貝 川 ) (11) 昭 和 33 年 9 月 洪 水 昭 和 33 年 9 月 洪 水 は 狩 野 川 台 風 によるものであり 降 り 始 めからの 総 雨 量 は 鬼 怒 川 上 流 域 及 び 神 流 川 上 流 域 で 200mm を 超 えたが その 他 の 地 域 は 山 間 部 で 100~200mm 平 地 部 で 100~150mm 程 度 であった 利 根 川 下 流 の 一 部 で 計 画 高 水 位 に 迫 る 水 位 を 記 録 した この 洪 水 では 特 に 平 野 部 で 豪 雨 があったため 平 地 河 川 の 洪 水 は 大 きく 中 川 流 域 では 浸 水 面 積 約 28,000ha 浸 水 家 屋 約 41,500 戸 という 大 被 害 となった また 利 根 川 下 流 や 小 貝 川 沿 岸 等 で 内 水 被 害 が 発 生 した 写 真 4-21 茨 城 県 下 妻 市 32

9 (12) 昭 和 34 年 8 月 洪 水 昭 和 34 年 8 月 洪 水 は 台 風 によるものであり 支 川 の 鬼 怒 川 上 流 域 で 豪 雨 となり 12~ 14 日 に 中 宮 祠 で 765mm 黒 部 で 659mmと 記 録 的 な 雨 量 となった この 洪 水 により 利 根 川 本 川 は 鬼 怒 川 の 影 響 を 受 けて 増 水 し 一 部 で 計 画 高 水 位 を 上 回 った 特 に 取 手 から 下 流 の 最 大 流 量 は 計 画 高 水 流 量 (5,500m 3 /s)を 上 回 る 5,500~6,000m 3 /sを 観 測 した また 鬼 怒 川 でも 計 画 高 水 位 を 上 回 った この 洪 水 では 利 根 川 各 川 の 各 所 で 護 岸 水 制 の 流 失 が 起 こり 特 に 田 中 菅 生 調 節 池 では 越 流 堤 が 破 壊 され 江 戸 川 流 頭 部 でも 床 止 や 護 岸 が 流 失 する 被 害 となった 写 真 4-22 群 馬 県 嬬 恋 村 ( 吾 妻 川 ) (13) 昭 和 41 年 6 月 洪 水 昭 和 41 年 6 月 洪 水 は 台 風 によるものであり 関 東 地 方 の 総 雨 量 は 山 間 部 では 400mm を超 え 平 地 部 でも 東 京 埼 玉 神 奈 川 の 一 部 で 300mm に 達 した 利 根 川 の 本 川 では 中 規 模 の 洪 水 で 特 に 大 きな 被 害 は 見 られなかったが 綾 瀬 川 及 び 小 貝 川 では 計 画 高 水 位 を 突 破 またはそれを 上 回 る 洪 水 となった 綾 瀬 川 を 含 む 中 川 流 域 では 約 35,000ha 約 2,400 戸 が 浸 水 した 写 真 4-23 栃 木 県 足 利 市 ( 渡 良 瀬 川 ) 写 真 4-24 千 葉 県 市 川 市 33

10 (14) 昭 和 56 年 8 月 洪 水 昭 和 56 年 8 月 洪 水 は 台 風 によるものであり 関 東 地 方 では 強 い 雨 が 22~23 日 までの 約 30 時 間 の 比 較 的 短 時 間 に 降 った 特 に 利 根 川 と 鬼 怒 川 の 上 流 山 間 部 では 総 雨 量 300 ~500mm に 達 し 利 根 川 では 昭 和 47 年 洪 水 を 上 回 る 規 模 の 出 水 となって 警 戒 水 位 を 大 幅 に 超 え 昭 和 34 年 8 月 洪 水 以 来 22 年 ぶりに 利 根 川 に 警 戒 警 報 が 発 令 された この 洪 水 により 利 根 川 水 系 は 随 所 で 河 岸 護 岸 崩 壊 漏 水 根 固 め 流 失 等 の 被 害 を 受 け た 特 に 支 川 小 貝 川 下 流 左 岸 の 龍 ヶ 崎 市 では 24 日 午 前 2 時 頃 堤 防 が 決 壊 した 浸 水 戸 数 915 戸 浸 水 面 積 は 約 1,600ha に 達 した 写 真 4-25 茨 城 県 龍 ヶ 崎 市 ( 小 貝 川 ) 写 真 4-26 茨 城 県 龍 ヶ 崎 市 ( 小 貝 川 ) (15) 昭 和 57 年 8 月 洪 水 昭 和 57 年 8 月 洪 水 は 台 風 によるものであり 7 月 31 日 から 8 月 3 日 までの 雨 により 関 東 西 部 や 北 部 の 山 間 部 で 総 降 水 量 が 300mmを 越 えた この 降 水 量 のため 利 根 川 本 川 で は 上 流 部 から 下 流 まで 警 戒 水 位 を 超 え 特 に 栗 橋 地 点 では 計 画 水 位 5mを 3.3m 上 回 り 最 大 流 量 は 11,118m 3 /sを 記 録 した これは 昭 和 16 年 7 月 洪 水 の 10,692m 3 /sを 上 回 る 既 往 最 大 流 量 を 更 新 するものであり 昭 和 22 年 9 月 のカスリーン 台 風 以 来 の 出 水 となった この 洪 水 により 1,615 戸 約 360ha が 浸 水 した 利 根 川 写 真 4-27 千 葉 県 印 旛 郡 栄 町 布 鎌 地 先 ( 利 根 川 ) 34

11 (16) 昭 和 61 年 8 月 洪 水 昭 和 61 年 8 月 洪 水 は 台 風 から 変 った 温 帯 低 気 圧 によるものであり 利 根 川 では 特 に 小 貝 川 流 域 や 綾 瀬 川 流 域 で 豪 雨 となった 降 り 始 めからのほぼ 24 時 間 で 小 貝 川 では 流 域 平 均 雨 量 が 300mmを 超 す 記 録 的 な 大 雨 となり 上 流 の 無 堤 部 から 越 水 し 下 館 市 のほぼ 1/4 を 浸 水 させた また 全 川 にわたり 計 画 高 水 位 を 超 え 流 量 は 黒 子 で 1,320m 3 /sと 計 画 高 水 流 量 を 超 える 流 量 を 記 録 した 小 貝 川 では 石 下 町 本 豊 田 明 野 町 ( 現 筑 西 市 ) 赤 浜 地 先 で 破 堤 するなど 小 貝 川 沿 川 で 約 4,500 戸 約 4,300ha の 浸 水 が 発 生 した また 綾 瀬 川 では 草 加 市 越 谷 市 を 中 心 と して 約 9,000 戸 約 1,400ha の 浸 水 被 害 が 発 生 した 写 真 4-28 茨 城 県 石 下 町 本 豊 田 地 先 ( 小 貝 川 ) 写 真 4-29 埼 玉 県 草 加 市 新 栄 町 ( 綾 瀬 川 ) 35

12 (17) 平 成 10 年 9 月 洪 水 平 成 10 年 9 月 洪 水 は 台 風 によるものであり 前 線 の 影 響 も 加 わり 関 東 地 方 で 大 雨 をも たらした 江 戸 川 では 利 根 川 上 流 域 の 豪 雨 により 平 成 10 年 8 月 末 豪 雨 より 大 きな 洪 水 と なり 野 田 水 位 観 測 所 で 6.70m を 記 録 したほか 利 根 川 の 栗 橋 水 位 観 測 所 では 昭 和 22 年 の カスリーン 台 風 以 来 戦 後 3 番 目 の 流 量 を 記 録 する 出 水 となり 利 根 川 中 流 部 の 群 馬 県 板 倉 町 及 び 埼 玉 県 北 川 辺 町 では 35 ヶ 所 もの 堤 防 の 被 害 が 発 生 した また この 洪 水 により 約 1,300 戸 約 1,400ha の 浸 水 が 発 生 した 利 根 川 写 真 4-30 水 防 活 動 ( 利 根 川 ) 写 真 4-31 埼 玉 県 栗 橋 町 ( 利 根 川 ) 36

13 4.2 治 水 事 業 の 沿 革 縄 文 ~ 中 世 数 十 万 年 かけ 関 東 の 地 形 を 形 成 間 氷 期 には 氷 がとけて 海 面 が 上 昇 ( 海 進 )し 少 しずつ 土 砂 が 堆 積 した 逆 に 氷 河 期 には 海 面 が 低 下 ( 海 退 )して 堆 積 した 土 砂 を 浸 食 しながら 水 が 引 いていった このよ うに 関 東 平 野 が 現 在 の 地 形 になるまでには 数 十 万 年 の 長 い 年 月 がかかった 縄 文 初 期 利 根 川 は 海 だった 海 進 と 海 退 が 何 度 か 繰 り 返 され 最 も 海 面 が 上 昇 したのは 12~13 万 年 前 である このこ ろは 海 が 鹿 島 灘 の 辺 りから 関 東 平 野 の 奥 深 くまで 入 り 込 んでいた 縄 文 時 代 の 初 期 ( 約 5 千 年 前 )にも 大 規 模 な 海 進 があり 海 面 が 10m ほど 高 くなって 今 の 利 根 川 の 大 部 分 は 海 になっていた この 海 進 によって 関 東 平 野 の 広 大 な 地 表 面 の 基 礎 が 築 かれた この 海 は 縄 文 中 期 から 下 がりはじめ 川 は 大 地 をけずり 土 砂 を 中 下 流 部 に 堆 積 させ 現 在 の 沖 積 平 野 をつくった 東 京 湾 に 流 れ 込 んでいた 利 根 川 中 世 までは 利 根 川 渡 良 瀬 川 鬼 怒 川 はそれぞれ 別 の 川 として 存 在 しており 川 筋 も 一 定 せず 洪 水 のたびに 変 流 していた そして 今 から 1000 年 前 の 利 根 川 は 江 戸 ( 東 京 ) 湾 に 流 れ 込 んでいた 図 4-4 五 千 年 前 ( 縄 文 海 進 期 )の 関 東 地 方 図 出 典 : 流 域 をたどる 歴 史 関 東 編 37

14 4.2.2 江 戸 時 代 (1) 利 根 川 東 遷 江 戸 時 代 以 前 は 利 根 川 渡 良 瀬 川 鬼 怒 川 は 別 々の 川 であった 利 根 川 は 荒 川 と 合 流 して 東 京 湾 に 注 ぎ 渡 良 瀬 川 は 今 の 江 戸 川 筋 を 下 って 東 京 湾 に 注 いでいた 鬼 怒 川 は 小 貝 川 を 合 わせて 太 平 洋 に 流 れる 流 路 をとっていた 江 戸 時 代 に 入 り 文 禄 3 年 (1594)に 忍 藩 主 松 平 忠 吉 の 家 臣 小 笠 原 三 郎 左 衛 門 吉 次 が 会 (あい)の 川 を 締 切 り 利 根 川 の 主 流 路 は 初 めて 人 為 的 に 東 へ 移 動 することとなった 一 般 に この 会 の 川 の 締 切 りが 利 根 川 の 東 遷 の 始 まりと 考 えられている 元 和 7 年 から 承 応 3 年 の 間 に 関 東 代 官 頭 から 関 東 郡 代 を 努 めた 伊 奈 氏 により 赤 堀 川 が 開 削 拡 幅 され 利 根 川 の 水 が 常 陸 川 方 面 へと 流 れるようになり その 後 も 治 水 事 業 が 進 められ 現 在 の 利 根 川 の 流 れとなっていった 利 根 川 の 東 遷 の 目 的 は 水 路 の 整 備 新 田 開 発 農 業 生 産 の 安 定 洪 水 対 策 など さま ざまな 条 件 がからんでのことであったと 考 えられており 東 遷 事 業 は 江 戸 時 代 から 今 日 ま で 続 けられている 大 事 業 である 台 地 を 開 削 図 4-5 利 根 川 東 遷 概 要 図 38

15 利 根 川 東 遷 と 舟 運 天 正 18 年 (1590)に 徳 川 家 康 が 江 戸 に 幕 府 が 開 いたことにより 江 戸 が 政 治 の 中 心 とな った そのため 年 貢 米 の 輸 送 や 寛 永 11 年 (1635)の 参 勤 交 代 制 度 江 戸 城 普 請 などをき っかけとして 江 戸 の 人 口 が 増 加 し 大 量 の 物 資 輸 送 が 必 要 となった 東 北 諸 藩 では 江 戸 への 廻 米 によって 換 金 する 必 要 があったが 外 海 を 通 って 江 戸 に 向 かう 航 路 では 風 待 ちのために 多 くの 日 数 を 要 し 鹿 島 灘 や 房 総 沖 の 難 所 を 通 るため 大 きな 危 険 を 伴 うため 常 陸 の 那 珂 湊 に 入 り 途 中 陸 送 を 伴 うルートをとっていたが 輸 送 力 が 限 られて いた 東 遷 事 業 により 利 根 川 水 系 は 関 東 平 野 に 巨 大 な 水 路 網 を 形 成 し 関 東 地 方 だけでなく 外 海 ルートと 結 ばれた 津 軽 や 仙 台 など 陸 奥 方 面 からも 物 資 が 盛 んに 行 き 交 うようになった その ため 利 根 川 は 日 本 きっての 内 陸 水 路 として 栄 え 本 川 支 川 の 沿 岸 には 荷 を 下 ろす 河 岸 が 数 多 く 設 けられ 蔵 や 河 岸 問 屋 が 建 ち 並 び 賑 わっていた 明 治 23 年 (1890)には 利 根 運 河 が 開 通 し 東 京 への 舟 運 は 従 来 と 比 較 して 航 路 日 程 とも 大 幅 に 短 縮 できたため 運 賃 も 安 くなり 明 治 24(1891) 年 には 年 間 3 万 7,594 艘 もの 船 が 利 根 運 河 を 通 った 明 治 20 年 代 前 半 まで 荷 物 輸 送 の 中 で 重 要 な 地 位 を 占 めていた 舟 運 であったが 明 治 17 年 (1884)の 高 崎 線 明 治 29(1896)の 土 浦 線 ( 常 磐 線 )をはじめとする 鉄 道 網 の 整 備 や 道 路 の 改 良 など 陸 上 交 通 が 発 達 し 舟 運 は 徐 々に 衰 退 していった 図 4-6 江 戸 時 代 の 利 根 川 39

16 浅 間 山 大 噴 火 利 根 川 水 系 の 水 源 山 地 には 多 数 の 火 山 が 存 在 している これらの 火 山 は 溶 岩 と 火 山 砕 屑 物 との 互 層 から 成 り 急 峻 な 地 形 を 呈 している このため 豪 雨 のたびごとに 水 源 山 地 にお いて 多 くの 崩 壊 が 発 生 するとともに 多 量 の 土 砂 が 流 下 し 下 流 では 河 床 の 上 昇 等 が 発 生 し 治 水 利 水 機 能 等 に 障 害 をもたらしてきた 天 明 3 年 (1783)の 浅 間 山 大 噴 火 は わが 国 でも 最 大 級 のもので 利 根 川 の 支 川 吾 妻 川 上 流 端 にあった 群 馬 県 嬬 恋 村 の 鎌 原 集 落 を 全 滅 させ 浅 間 山 麓 だけでも 泥 流 によって 多 く の 家 が 流 され 多 くの 死 者 を 出 す 大 惨 事 となった 浅 間 山 は 5 月 ( 旧 暦 4 月 )から 噴 火 を 始 め 震 動 を 繰 り 返 し 8 月 ( 旧 暦 7 月 )の 利 根 川 流 域 が 大 雨 に 襲 われていた 時 期 に 大 噴 火 を 起 こし 激 しく 降 灰 した 爆 発 によって 吾 妻 川 に 流 れ 込 んだ 火 砕 流 は すさまじい 泥 流 を 引 き 起 こしながら 利 根 川 に 流 れ 込 み 前 橋 にかけての 沿 岸 の 村 々を 襲 った 泥 流 は 烏 川 との 合 流 点 で 3m 堆 積 し 河 口 から 流 れ 出 した 泥 流 は 海 を 真 っ 黒 にしたといわれている 浅 間 山 の 噴 火 は 多 量 の 泥 流 で 利 根 川 の 流 れを 一 変 させただけでなく 土 砂 の 堆 積 によ り 河 床 の 上 昇 を 招 いて 以 後 利 根 川 が 氾 濫 しやすくなる 要 因 となった また この 噴 火 は 天 明 の 大 飢 饉 の 一 因 にもなった 図 4-7 浅 間 山 大 噴 火 のようす 埼 玉 県 立 文 書 館 保 管 美 斉 津 洋 夫 氏 蔵 浅 間 山 の 噴 火 により 吾 妻 川 の 水 が 利 根 川 に 流 れ 込 んで 押 し 出 された 家 屋 は 下 流 の 幸 手 市 まで 達 した 浅 間 山 からおよそ 70km も 離 れた 埼 玉 県 本 庄 市 の 利 根 川 流 域 には 噴 火 により 運 ばれた 石 を 利 用 してできた 石 垣 がある 40

17 4.2.3 明 治 以 降 (1) 利 根 川 江 戸 川 利 根 川 水 系 では 明 治 以 降 から 現 在 まで 大 きく 分 けて 5 つの 改 修 計 画 が 立 てられ それ に 基 づき 改 修 が 行 われてきた 低 水 工 事 ( 明 治 初 期 ) 明 治 18 年 洪 水 明 治 23 年 洪 水 明 治 27 年 洪 水 明 治 29 年 洪 水 改 修 計 画 ( 明 治 33 年,34 年 ) 明 治 43 年 洪 水 利 根 川 全 川 の 築 堤, 浚 渫 改 修 計 画 改 訂 ( 明 治 44 年 ) 昭 和 10 年 洪 水 昭 和 13 年 洪 水 増 補 計 画 ( 昭 和 14 年 ) 江 戸 川 の 改 修 着 手 利 根 川 河 道 の 骨 格 を 形 成 利 根 川 放 水 路 流 量 の 増 分 は 堤 防 の 嵩 上 げ, 河 道 掘 削 で 対 応 渡 良 瀬 遊 水 池, 田 中 菅 生 遊 水 地 の 調 節 池 化 計 画 利 根 川 放 水 路 の 計 画 昭 和 22 年 洪 水 戦 時 下 の 影 響 により 工 事 はほとんど 進 展 せず 改 修 改 訂 計 画 ( 昭 和 24 年 ) ダムによる 洪 水 調 節 流 量 の 増 分 は 堤 防 の 嵩 上 げ, 引 堤, 河 道 掘 削 で 対 応 田 中 菅 生 稲 戸 井 遊 水 池 の 拡 張 利 根 川 放 水 路 の 規 模 拡 大,ダムによる 洪 水 調 節 の 導 入 藤 原 ダム( 昭 和 33 年 ) 相 俣 ダム( 昭 和 34 年 ) 完 成 工 事 実 施 基 本 計 画 ( 昭 和 40 年 ) 社 会 経 済 の 発 展 水 需 要 の 増 大 改 訂 改 修 計 画 を 踏 襲 薗 原 ダム( 昭 和 41 年 ) 矢 木 沢 ダム( 昭 和 42 年 ) 下 久 保 ダム( 昭 和 44 年 ) 完 成 工 事 実 施 基 本 計 画 策 定 ( 昭 和 55 年 ) 奈 良 俣 ダム( 平 成 3 年 ) 完 成 流 量 増 分 は 河 道 掘 削 で 対 応 河 道 で 対 応 できない 量 を 上 流 ダム 群 による 洪 水 調 節 渡 良 瀬 遊 水 地 田 中 菅 生 稲 戸 井 調 節 池 の 機 能 向 上 で 対 応 図 4-8 利 根 川 における 改 修 計 画 の 変 遷 と 河 道 整 備 41

18 1) 明 治 33 年 改 修 計 画 明 治 33 年 改 修 計 画 は 明 治 18 年 29 年 等 の 洪 水 を 契 機 としており 当 初 明 治 18 年 洪 水 ( 妻 沼 における 最 大 流 量 3,780m 3 /s)をもととして 計 画 規 模 の 決 定 を 行 ったが 直 後 に 明 治 23 年 洪 水 ( 妻 沼 における 最 大 流 量 5,070m 3 /s)が 起 き 新 たに 改 修 を 行 う 必 要 が 生 じたの で 明 治 24 年 に 計 画 を 修 正 した その 後 明 治 29 年 洪 水 ( 栗 橋 における 最 大 流 量 3,860m 3 /s) による 大 水 害 を 受 け 明 治 33 年 より 改 修 工 事 に 着 手 した これが 一 般 に 言 われている 明 治 改 修 である 鬼 怒 川 利 根 川 3, , 改 修 計 画 ( 明 治 33 年 ) 江 戸 川 図 4-9 明 治 33 年 改 修 計 画 の 流 量 配 分 ( 単 位 m 3 /s) 2) 明 治 44 年 改 修 計 画 明 治 44 年 改 修 計 画 は 明 治 40 年 43 年 洪 水 を 契 機 としており この 計 画 改 定 によって 既 定 計 画 を 変 更 した 江 戸 川 については 流 量 を 増 大 させ 棒 出 しを 撤 去 するなど 改 修 に 着 手 し 支 川 渡 良 瀬 川 は 下 流 部 および 遊 水 地 の 整 備 に 重 点 をおき 明 治 43 年 度 に 改 修 工 事 に 着 手 した これらの 工 事 の 他 支 川 小 山 川 福 川 石 田 川 鬼 怒 川 小 貝 川 等 の 合 流 点 付 近 の 改 良 工 事 印 旛 沼 霞 ヶ 浦 の 逆 流 防 止 工 事 等 に 着 手 した 渡 良 瀬 川 2,500 1,700 思 川 鬼 怒 川 小 貝 川 遊 水 池 利 根 川 ,570 5,570 3,340 4,310 4,310 2,230 改 修 計 画 改 訂 ( 明 治 44 年 ) 1, 放 水 路 江 戸 川 図 4-10 明 治 44 年 改 修 計 画 の 流 量 配 分 ( 単 位 m 3 /s) 42

19 3) 昭 和 14 年 増 補 計 画 昭 和 14 年 増 補 計 画 は 昭 和 10 年 9 月 及 び 昭 和 13 年 6 月 洪 水 を 契 機 として 計 画 されたもの である この 計 画 は 概 ね 昭 和 10 年 9 月 洪 水 を 対 象 とし 八 斗 島 の 計 画 高 水 流 量 を 10,000m 3 /sとし 江 戸 川 の 分 流 量 を 増 加 するとともに 渡 良 瀬 遊 水 地 の 調 節 量 を 増 大 させ また 利 根 運 河 を 利 用 して 江 戸 川 下 流 部 に 分 流 し さらに 新 放 水 路 に 2,300m 3 /sを 分 流 し 利 根 川 下 流 部 の 流 量 を 改 修 計 画 高 水 流 量 より 増 大 させないこととした 鬼 怒 川 小 貝 川 渡 良 瀬 遊 水 池 利 根 川 ,780 1, ,000 9,200 6,200 7,100 6,600 4,300 増 補 計 画 ( 昭 和 14 年 ) 3, 利 根 運 河 ,300 江 戸 川 図 4-11 昭 和 14 年 増 補 計 画 の 流 量 配 分 ( 単 位 m 利 根 川 放 水 路 3 /s) 4) 昭 和 24 年 改 修 改 訂 計 画 昭 和 24 年 改 修 計 画 は 昭 和 22 年 9 月 のカスリーン 台 風 洪 水 を 契 機 としており 八 斗 島 直 上 流 の 観 測 所 における 出 水 記 録 既 往 の 水 文 資 料 等 を 検 討 した 結 果 八 斗 島 の 基 本 高 水 のピーク 流 量 を 17,000m 3 /sと 決 定 し 八 斗 島 下 流 の 現 在 の 計 画 高 水 流 量 配 分 を 定 めた 流 量 の 増 分 は 上 下 流 及 び 本 支 川 で 均 衡 のとれた 分 担 とし 上 流 ダム 群 による 洪 水 調 節 と 利 根 川 上 流 江 戸 川 ( 野 田 地 点 上 流 )での 大 規 模 な 引 堤 で 対 応 することとした 利 根 川 下 流 では 布 川 狭 窄 部 での 大 幅 な 流 量 増 が 困 難 なため 田 中 菅 生 稲 戸 井 調 節 池 と 利 根 川 放 水 路 の 機 能 を 拡 大 することとした 八 斗 島 14,000 <17,000> 改 修 改 訂 計 画 ( 昭 和 24 年 ) < > 内 は 基 本 高 水 ( ) 内 は 合 流 量 渡 良 瀬 川 巴 波 川 思 川 (0) 鬼 怒 川 小 貝 川 渡 良 瀬 遊 水 池 田 中 菅 生 2,000 田 中 5,000 稲 戸 井 遊 水 池 池 境 取 手 (0) 5,000 江 戸 川 9, 利 根 運 河 8,500 図 4-12 昭 和 24 年 改 修 改 訂 計 画 の 流 量 配 分 5,500 5,500 3,000 佐 原 常 陸 川 (0) 5,500 ( 単 位 m 3 /s) 利 根 川 放 水 路 銚 子 43

20 5) 利 根 川 水 系 工 事 実 施 基 本 計 画 ( 昭 和 55 年 ) 昭 和 24 年 の 改 修 改 訂 計 画 の 後 河 川 法 の 改 正 に 伴 い 昭 和 40 年 4 月 に 利 根 川 水 系 工 事 実 施 基 本 計 画 が 策 定 された そして その 後 の 利 根 川 流 域 の 経 済 的 社 会 的 発 展 に 伴 い 近 年 の 水 状 況 から 流 域 の 出 水 特 性 を 検 討 した 結 果 利 根 川 水 系 として 大 幅 な 改 定 が 必 要 と なり 昭 和 55 年 12 月 利 根 川 上 流 の 基 準 地 点 八 斗 島 における 基 本 高 水 のピーク 流 量 を 22,000m 3 /sとし 上 流 ダムで 6,000m 3 /sを 調 節 することを 骨 子 とする 計 画 を 決 定 した 現 計 画 では 土 地 利 用 状 況 沿 川 地 域 への 影 響 から 利 根 川 上 流 江 戸 川 での 再 引 堤 は 困 難 であるため できるだけ 河 道 掘 削 で 対 応 することとした また それ 以 上 の 増 分 は 上 下 流 のバランスに 配 慮 し 上 流 ダム 群 の 分 担 量 を 増 加 することとした 烏 川 八 斗 島 16,000 22,000 広 瀬 川 渡 良 利 根 川 瀬 川 巴 波 川 思 川 渡 良 瀬 遊 水 地 17,000 (0) 栗 橋 江 戸 川 鬼 怒 川 菅 生 調 節 池 5,000 稲 戸 井 調 節 池 境 取 手 11,000 10,500 (6,000) 6,000 関 宿 野 田 500(500) 利 根 運 河 田 中 調 節 池 3,000 (3,000) 7,500 小 貝 川 1,300 (500) 利 根 川 放 水 路 常 陸 利 根 川 (0) 8,000 布 川 佐 原 銚 子 太 平 洋 工 事 実 施 基 本 計 画 ( 昭 和 55 年 ) 内 は 基 本 高 水 ( ) 内 は 分 合 流 量 旧 江 戸 川 7,000 東 京 湾 0 ( 単 位 ;m3/s) 東 京 湾 図 4-13 利 根 川 水 系 工 事 実 施 基 本 計 画 ( 昭 和 55 年 )の 流 量 配 分 44

21 6) 明 治 ~ 戦 前 の 改 修 工 事 の 概 要 利 根 川 では 明 治 33 年 (1900)より 河 口 から 群 馬 県 佐 波 郡 芝 草 村 ( 現 玉 里 村 )までを 3 期 に 分 け 浚 渫 築 堤 を 中 心 とする 工 事 を 実 施 した この 改 修 計 画 に 基 づき 明 治 33 年 度 ~42 年 度 第 1 期 改 修 工 事 として 佐 原 ~ 銚 子 間 にこれを 施 工 した また 明 治 40 年 度 に は 第 2 期 として 取 手 ~ 佐 原 間 明 治 42 年 度 には 第 3 期 として 沼 ノ 上 ~ 取 手 間 の 改 修 工 事 に 着 手 した この 工 事 は 明 治 43 年 8 月 の 大 洪 水 による 改 修 計 画 の 改 定 を 挟 みながら 昭 和 5 年 に 竣 工 した 図 4-14 明 治 以 降 の 工 期 区 分 図 45

22 7) 第 3 期 改 修 工 事 第 3 期 で 利 根 川 上 流 部 の 改 修 着 工 改 修 計 画 による 第 3 期 改 修 工 事 は 3 区 間 に 分 けた 利 根 川 本 川 の 改 修 区 間 のうち 最 も 上 流 で 現 在 の 利 根 川 上 流 河 川 事 務 所 管 理 区 間 に 相 当 し 施 工 すべき 延 長 も 一 番 長 い ものであった 主 な 工 事 は 瀬 戸 井 酒 巻 の 狭 窄 部 拡 幅 赤 堀 川 拡 幅 権 現 堂 川 の 締 切 および 江 戸 川 流 頭 部 の 改 修 などであった 赤 堀 川 の 拡 幅 工 事 等 に 着 手 瀬 戸 井 酒 巻 の 狭 窄 部 拡 幅 は 川 幅 を 従 前 の 約 2 倍 下 流 とほぼ 同 じ 程 度 まで 広 げ そ の 上 流 部 右 岸 に 連 続 堤 防 を 設 けるものであった 赤 堀 川 の 拡 幅 工 事 は 明 治 45 年 (1912)4 月 に 開 始 され 途 中 洪 水 等 による 中 断 などではばまれながら 大 正 6 年 (1917)2 月 に 完 了 した 急 ピッチで 進 められた 権 現 堂 川 締 切 権 現 堂 川 の 締 切 工 事 は 江 戸 川 流 頭 部 改 修 との 関 係 上 大 正 末 期 まで 未 着 手 であったが 江 戸 川 流 頭 改 修 の 進 捗 の 結 果 大 正 14 年 (1925)8 月 の 洪 水 では 権 現 堂 川 堤 防 の 最 高 水 位 と 天 端 との 余 裕 がわずか 1mに 過 きず 浸 透 漏 水 も 著 しく 危 険 であったため 急 ピッ チで 進 められ 昭 和 2 年 (1927)に 完 了 した 図 4-15 第 3 期 改 修 工 事 の 概 要 46

23 8) 戦 後 の 改 修 工 事 戦 後 昭 和 22 年 9 月 のカスリーン 台 風 は 未 曽 有 の 豪 雨 をもたらし 従 来 の 記 録 を 一 新 す る 大 洪 水 となった このため 治 水 計 画 の 再 検 討 が 必 要 となり 昭 和 24 年 2 月 に 利 根 川 改 修 改 訂 計 画 が 樹 立 した これ 以 降 利 根 川 では 羽 生 千 代 田 五 霞 地 区 江 戸 川 での 宝 珠 花 地 区 等 の 150m を 越 え る 大 規 模 な 引 堤 を 始 め 流 下 能 力 の 確 保 に 主 眼 を 置 く 河 道 改 修 の 他 渡 良 瀬 遊 水 地 等 の 調 節 地 化 工 事 が 進 められ 一 部 完 成 をみた 上 流 部 においては 昭 和 27 年 利 根 川 本 川 の 藤 原 ダムに 着 工 したのを 始 め 相 俣 薗 原 矢 木 沢 下 久 保 等 のダムが 完 成 した これらのダ ム 群 は 利 根 川 の 治 水 に 大 きな 役 割 を 果 していると 同 時 に 発 電 をはじめ 農 業 工 業 上 水 道 用 水 など 多 角 的 な 水 資 源 の 活 用 が 図 られている また 砂 防 事 業 については 昭 和 26 年 利 根 川 の 支 川 片 品 川 における 栗 原 川 第 1 砂 防 ダ ムの 完 成 を 始 めとし 山 腹 工 流 路 工 等 が 施 工 されている 五 大 引 堤 図 4-16 大 規 模 引 堤 図 4-17 渡 良 瀬 遊 水 地 調 節 池 化 工 事 矢 木 沢 ダム 図 4-18 ダム 群 の 建 設 足 尾 砂 防 堰 堤 図 4-19 砂 防 事 業 47

24 (2) 渡 良 瀬 川 1) 改 修 計 画 渡 良 瀬 川 では 明 治 以 降 から 現 在 まで 大 きく 分 けて 6 つの 改 修 計 画 が 立 てられ それに 基 づき 改 修 が 行 われてきた 利 根 川 第 Ⅲ 期 改 修 ( 明 治 43 年 ) 全 区 間 計 画 高 水 流 量 2,500m 3 /s 増 補 計 画 および 渡 良 瀬 川 上 流 改 修 計 画 ( 昭 和 16 年 ) 昭 和 22 年 洪 水 岩 井 地 点 計 画 高 水 のピーク 流 量 2,800m 3 /s 岩 井 山 の 堀 削 改 訂 計 画 ( 昭 和 24 年 改 定 ) 早 川 田 地 点 計 画 高 水 流 量 4,350m 3 /s 昭 和 38 年 以 降 総 体 計 画 高 津 戸 地 点 基 本 高 水 のピーク 流 量 4,300m 3 /s 計 画 高 水 流 量 3,500m 3 /s 神 戸 ダム( 現 草 木 ダム)により800m 3 /s 調 節 河 川 法 施 行 工 事 実 施 基 本 計 画 ( 昭 和 40 年 ) 高 津 戸 地 点 計 画 高 水 流 量 3,500m 3 /s 利 根 川 水 系 工 事 実 施 基 本 計 画 の 全 面 改 定 草 木 ダム( 昭 和 52 年 ) 完 成 工 事 実 施 基 本 計 画 ( 昭 和 55 年 改 定 ) 渡 良 瀬 遊 水 地 流 入 地 点 計 画 高 水 のピーク 流 量 4,500m 3 /s 高 津 戸 地 点 基 本 高 水 のピーク 流 量 4,600m 3 /s 計 画 高 水 流 量 3,500m 3 /s 基 準 点 及 び 補 助 地 点 の 計 画 流 量 は 改 修 改 定 計 画 と 同 一 図 4-20 渡 良 瀬 川 における 改 修 計 画 の 変 遷 と 河 道 整 備 48

25 2) 改修工事 渡良瀬川は 岩井地先において 岩井山を回り込む形で異常な急曲と狭窄部を形成して いた このため 昭和 22 年のカスリーン台風による洪水で 岩井山直上流において堰上げ による越水破堤が生じ大災害となった カスリーン台風の大災害を契機に 渡良瀬川の河川改修は大幅に見直され 足利地点の 計画高水流量が 2,800m3/sから 4,000m3/sへと見直された そして 洪水を安全に流下させ るために 岩井分水路が設けられた 分水路は 昭和 38 年に着手され 昭和 42 年に完成 した 昭和 36 年 岩井分水路 昭和 56 年 平成 7 年 写真 4-32 岩井分水路の変遷 49

26 (3) 鬼 怒 川 1) 改 修 計 画 鬼 怒 川 では 明 治 以 降 から 現 在 まで 大 きく 分 けて 5 つの 改 修 計 画 が 立 てられ それに 基 づき 改 修 が 行 われてきた 当 初 計 画 ( 大 正 15 年 ) ダム 設 置 計 画 の 中 止 風 見 地 点 基 本 高 水 のピーク 流 量 5,000m3/s 計 画 高 水 流 量 4,000m3/s 利 根 川 への 合 流 量 970m 3 /s 第 2 回 計 画 ( 昭 和 8 年 ) 昭 和 10,13 年 洪 水 風 見 地 点 計 画 高 水 流 量 4,480m 3 /s 利 根 川 への 合 流 量 970m 3 /s 利 根 川 増 補 計 画 ( 昭 和 16 年 改 定 ) 昭 和 22 年 カスリン 台 風 風 見 地 点 および 石 井 地 点 基 本 高 水 のピーク 流 量 5,400m3/s 計 画 高 水 流 量 4,000m3/s 利 根 川 改 定 改 修 計 画 ( 昭 和 24 年 ) 石 井 地 点 計 画 高 水 流 量 4,000m 3 /s 上 流 2ダムで1,400m 3 /s 調 節 利 根 川 への 合 流 量 2,000m 3 /sを 調 節 池 で 全 量 調 節 五 十 里 ダム( 昭 和 31 年 ) 川 俣 ダム( 昭 和 41 年 ) 完 成 河 川 法 施 施 行 工 事 実 施 基 本 計 画 ( 昭 和 48 年 ) 石 井 地 点 計 画 高 水 流 量 6,200m 3 /s 利 根 川 への 合 流 量 5,000m 3 /sを 調 節 池 で 全 量 調 節 川 冶 ダム( 昭 和 58 年 ) 完 成 図 4-21 鬼 怒 川 における 改 修 計 画 の 変 遷 と 河 道 整 備 50

27 2) 改修工事 鎌庭捷水路 茨城県結城郡千代川村鎌庭地先の鬼怒川は著しく湾曲し 出水時に流れを阻害するだけ でなく水衝部となり 昔から堤防護岸の維持に苦労してきた そこで 従来の河道を 2,350m 短縮し河道をまっすぐにするために 右岸鎌庭地先から下流に向かって 2,050m の新河道の 開削が昭和 3 年に着工された この工事は昭和 11 年に完成した 以来 幾度となく大洪水による破損と復旧が繰り返されたが 昭和 41 年 6 月と 9 月の台 風により上流床固めが大破したほか 護岸にも大被害が生じた このため 捷水路の計画 の再検討がなされた 低水路幅を 60m から 110m に拡幅し 護岸基礎には鋼矢板長 L 7m を 打ち込み 法覆工としてコンクリート法枠工 根固工は粗朶沈床とし 下流床固め本体は 全面改築するに至った 工事としては昭和 41 年 12 月より着工し 昭和 42 年 10 月末で主 要工事の大部分を完成させた 出典 迅速図 鎌庭放水路 図 4-22 鎌庭捷水路 51

28 田川放水路 鬼怒川支川田川は 古くから流域に生活用水や農業用水を供給し 人々の生活を支えて きた その一方で 蛇行が激しく かつ無堤のため洪水期に氾濫を生じやすく 特に下流 部において多大の耕地が被害を受けていた このため 上流部 宇都宮地先 は栃木県が 改修工事にあたり 下流部 結城堰 合流点 は建設省 現国土交通省 が改修計画を立 てていた しかし 昭和 35 年 6 月末の梅雨前線豪雨による出水は 宇都宮以南においてその流域面 積の約 30 に相当する約 35km2が氾濫浸水するという被害を生じた これを契機として 田川上下流の工事を統合して 水系一貫の抜本的改革により 早急に田川の治水対策を行 うこととなった この計画に基づき開削された田川放水路は 計画高水流量 600m3/sを鬼怒川に放流するも ので 田川下流域の洪水被害が軽減されることとなった 田川 田 川 鬼怒川 田川放水路 田川 田川放水路 鬼怒川 図 4-23 田川放水路 52

29 (4) 小 貝 川 1) 改 修 計 画 小 貝 川 では 明 治 以 降 から 現 在 まで 大 きく 分 けて 6 つの 改 修 計 画 が 立 てられ それに 基 づ き 改 修 が 行 われてきた 改 修 計 画 ( 昭 和 8 年 ) 昭 和 13 年 洪 水 川 又 地 点 計 画 高 水 流 量 450m 3 /s 1 次 改 訂 計 画 ( 昭 和 16 年 ) 昭 和 16 年 洪 水 川 又 地 点 計 画 高 水 流 量 750m 3 /s 1 次 改 訂 計 画 ( 昭 和 17 年 改 定 ) 昭 和 25 年 洪 水 川 又 地 点 計 画 高 水 流 量 850m 3 /s 河 川 法 施 行 工 事 実 施 基 本 計 画 ( 昭 和 40 年 ) 基 本 地 点 黒 子 地 点 計 画 高 水 流 量 850m 3 /s 利 根 川 水 系 工 事 実 施 基 本 計 画 の 全 面 改 定 工 事 実 施 基 本 計 画 ( 昭 和 55 年 改 定 ) 昭 和 56 年 洪 水 昭 和 61 年 洪 水 黒 子 地 点 計 画 高 水 流 量 1,300m 3 /s 工 事 実 施 基 本 計 画 ( 昭 和 62 年 改 定 ) 黒 子 地 点 基 本 高 水 のピーク 流 量 1,950m 3 /s 計 画 高 水 流 量 1,300m 3 /s 母 子 島 遊 水 地 ( 平 成 3 年 ) 図 4-24 小 貝 川 における 改 修 計 画 の 変 遷 と 河 道 整 備 53

30 2) 改 修 工 事 下 流 部 の 堤 防 強 化 昭 和 56 年 8 月 洪 水 では 利 根 川 本 川 の 洪 水 の 影 響 を 受 け 下 流 部 の 龍 ヶ 崎 市 で 堤 防 が 決 壊 した これを 契 機 として 下 流 部 におい ては 本 川 の 堤 防 断 面 を 考 慮 した 堤 防 強 化 が 実 施 されている 母 子 島 遊 水 地 図 4-25 筑 波 郡 谷 和 原 村 付 近 昭 和 61 年 8 月 台 風 10 号 による 集 中 豪 雨 が 関 東 地 方 を 襲 い 小 貝 川 流 域 では 150 年 に 1 度 といわれるほどの 大 洪 水 に 見 舞 われた 特 に 下 館 市 の 母 子 島 飯 田 一 丁 田 椿 宮 小 釜 の 5 集 落 全 戸 が 床 上 浸 水 するなど 被 害 が 大 きく 小 貝 川 激 甚 災 害 対 策 特 別 緊 急 事 業 が 採 択 し 被 災 地 である 母 子 島 地 区 を 母 子 島 遊 水 地 として 整 備 するとともに 49km~59km までの 約 10km 区 間 の 堤 防 護 岸 等 の 改 修 を 行 った 母 子 島 遊 水 地 田 川 昭 和 61 洪 水 による 浸 水 下 流 部 の 堤 防 強 化 完 成 した 母 子 島 遊 水 地 写 真 4-33 激 特 事 業 54

31 小貝川河川災害復旧等関連緊急事業 平成 11 年 7 年 13 日の出水では 小貝川上流栃木県管理区間で浸水被害が発生したこと から 河川等災害助成事業が認定された 河川改修に伴い増加する下流部の氾濫の危険性 を解消するため 災害復旧等関連緊急事業 復緊事業 を実施した 復緊事業では 県道 下館つくば線の養蚕橋 58.8km から栃木県二宮町の水戸部橋 69.8km 下流までの約 11km 区間 左岸の東下館地区 協和地区 右岸の下館地区 二宮地区の 4 地区で堤防 護岸 排水 用水樋管などの改修 新設を行った 事業前 田 川 下館築堤工事 事業後 写真 4-34 下館築堤工事 km 区間 55

32 (5) 霞 ヶ 浦 霞 ヶ 浦 沿 岸 は 低 平 地 のため 古 くから 洪 水 に 見 舞 われていたが 関 東 郡 代 伊 奈 備 前 忠 次 ( 約 400 年 前 )による 利 根 川 の 東 遷 により 一 層 拍 車 がかかり 水 害 常 襲 地 帯 となった このため 霞 ヶ 浦 の 洪 水 低 下 計 画 は 古 くから 行 われ 中 でも 現 在 の 鰐 川 干 拓 地 から 鹿 島 灘 へ 通 ずる 放 水 路 ( 居 切 堀 )を 明 治 初 年 に 疎 通 したが 効 果 は 見 られず 現 在 では 用 水 河 川 としての 堀 割 川 にその 跡 をみることができる また 現 在 の 常 陸 利 根 川 の 川 筋 は 利 根 川 の 第 一 期 工 事 の 中 で 利 根 川 本 川 の 付 替 えによ り 誕 生 したものである 工 事 は 明 治 33 年 から 明 治 42 年 の 間 で 計 画 施 工 され 川 幅 182m 深 さ 2.7m に 浚 渫 し 霞 ヶ 浦 北 浦 の 放 水 路 として 現 改 修 工 事 以 前 の 姿 が 形 成 された しかしながら 湖 水 貯 水 量 に 対 し その 吐 口 である 河 道 は 狭 小 で 排 水 が 悪 いほか 利 根 川 本 川 の 水 位 に 影 響 され 易 い 地 形 であったことから 昭 和 13 年 6 7 月 昭 和 16 年 7 月 昭 和 22 年 9 月 等 の 大 出 水 では 湖 岸 周 辺 に 莫 大 な 被 害 を 与 えた このため 抜 本 的 な 湖 水 位 低 下 のための 改 修 計 画 の 策 定 が 強 く 要 望 され 昭 和 23 年 8 月 30 日 付 ( 建 設 省 告 示 55 号 )で 法 河 川 として 認 定 された 常 陸 利 根 川 の 改 修 工 事 は 霞 ヶ 浦 放 水 路 計 画 に 基 づき 河 道 流 下 能 力 の 増 大 を 図 るた めに 当 時 の 川 幅 約 100~150m を 北 利 根 川 280m 常 陸 川 320m に 拡 幅 するため 昭 和 23 年 度 より 低 水 路 部 の 浚 渫 から 着 手 された 昭 和 38 年 には 利 根 川 本 川 合 流 点 に 利 根 川 の 逆 流 防 止 のため 常 陸 川 水 門 を 完 成 した 他 河 道 拡 幅 工 事 も 進 められた 湖 岸 堤 工 事 については 昭 和 26 年 から 茨 城 県 が 暫 定 断 面 で 湖 岸 堤 工 事 を 進 めてきたが 昭 和 42 年 6 月 霞 ヶ 浦 北 浦 横 利 根 川 及 び 鰐 川 が 大 臣 管 理 区 域 に 指 定 され 以 後 建 設 省 ( 現 国 土 交 通 省 )で 湖 岸 堤 工 事 を 施 行 してきた また 昭 和 45 年 度 からは 水 資 源 開 発 公 団 ( 現 水 資 源 開 発 機 構 )による 霞 ヶ 浦 総 合 開 発 事 業 が 加 わり 工 事 が 進 められ 平 成 8 年 3 月 霞 ヶ 浦 開 発 事 業 終 了 に 合 わせて 暫 定 断 面 でほぼ 完 成 となった この 間 昭 和 55 年 12 月 には 利 根 川 水 系 工 事 実 施 基 本 計 画 の 改 定 にともない 霞 ヶ 浦 も 昭 和 13 年 洪 水 規 模 でも 安 全 であるような 計 画 となっている 北 利 根 川 の 引 堤 図 4-26 北 利 根 川 加 藤 洲 地 先 の 引 堤 56

33 (6) 中 川 綾 瀬 川 中 川 綾 瀬 川 では 明 治 以 降 から 現 在 まで 図 4-27のように 改 修 計 画 が 立 てられ それに 基 づき 改 修 が 行 われてきた 1) 改 修 計 画 内 務 省 直 轄 改 修 計 画 ( 大 正 5 年 ) 吉 川 基 準 地 点 264m 3 /s 東 京 都 埼 玉 県 に 管 理 引 き 継 ぎ 改 修 完 了 ( 昭 和 5 年 ) 昭 和 13 年 6,7 月 洪 水 昭 和 13 年 9 月 高 潮 中 川 綾 瀬 川 芝 川 三 川 総 合 河 川 改 修 増 補 計 画 ( 昭 和 13 年 ) 吉 川 基 準 地 点 415m 3 /s 昭 和 22 年 8,9 月 洪 水 改 修 計 画 ( 昭 和 24 年 ) 昭 和 33 年 9 月 洪 水 昭 和 36 年 6 月 洪 水 昭 和 30 年 市 街 化 率 5% 昭 和 36 年 中 川 綾 瀬 川 の 中 流 主 要 区 間 が 直 轄 編 入 中 川 総 体 計 画 ( 昭 和 38 年 ) 吉 川 基 準 地 点 800m 3 /s(1/50) 昭 和 41 年 6 月 洪 水 流 域 に 一 部 湛 水 許 容 (3,600 万 m 3 ) 工 事 実 施 基 本 計 画 ( 昭 和 41 年 ) 三 郷 放 水 路 を 計 画 に 位 置 付 け 昭 和 40 年 市 街 化 率 11% ( 中 川 改 修 計 画 ( 昭 和 44 年 ) ) 綾 瀬 川 放 水 路 位 置 変 更 ( 昭 和 46 年 改 修 計 画 ) ( 昭 和 51 年 改 修 計 画 ) 改 修 10ヶ 年 計 画 を 策 定 昭 和 54 年 10 月 洪 水 昭 和 50 年 市 街 化 率 26% ( 昭 和 55 年 改 修 計 画 ) 吉 川 基 準 地 点 1,100m 3 /s(1/100) 無 被 害 湛 水 許 容 5,500 万 m 3 昭 和 56 年 10 月 洪 水 昭 和 57 年 9 月 洪 水 昭 和 61 年 8 月 洪 水 ( 平 成 元 年 改 修 計 画 ) 綾 瀬 川 放 水 路 を150m 3 /sに 変 更 中 川 綾 瀬 川 流 域 整 備 計 画 ( 昭 和 58 年 ) 吉 川 基 準 地 点 550m 3 /s(1/10) 目 標 年 次 : 平 成 5 年 想 定 市 街 化 率 38% 流 域 対 策 量 600 万 m 3 平 成 3 年 9 月 洪 水 工 事 実 施 基 本 計 画 ( 平 成 5 年 ) 首 都 圏 外 郭 放 水 路 流 域 対 策 量 を 位 置 付 け 平 成 7 年 市 街 化 率 43% 中 川 綾 瀬 川 流 域 整 備 計 画 改 定 ( 平 成 12 年 ) 目 標 年 次 : 平 成 22 年 想 定 市 街 化 率 51% 流 域 対 策 量 800 万 m 3 図 4-27 中 川 綾 瀬 川 における 改 修 計 画 の 変 遷 と 河 道 整 備 57

34 2) 改 修 工 事 中 川 綾 瀬 川 流 域 では 流 域 の 都 市 化 の 進 展 が 著 しく 河 川 整 備 だけでは 治 水 対 策 に 対 応 できないため 流 域 における 保 水 遊 水 機 能 の 維 持 浸 水 被 害 を 抑 える 土 地 利 用 方 法 など 河 川 と 流 域 の 両 面 から 水 害 の 軽 減 と 防 止 を 図 る 総 合 治 水 対 策 を 実 施 している 河 川 で 実 施 する 対 策 としては 河 川 改 修 放 水 路 調 節 池 の 整 備 があり 流 域 対 策 では 調 整 池 浸 透 施 設 内 水 ポンプの 整 備 土 地 利 用 の 適 正 化 等 を 行 っている 放 水 路 の 整 備 では 綾 瀬 川 放 水 路 は 綾 瀬 川 と 中 川 を 三 郷 放 水 路 は 中 川 と 江 戸 川 を 結 ぶ などそれぞれの 治 水 施 設 の 連 動 により 被 害 軽 減 に 努 め 人 々の 暮 らしの 安 全 に 役 立 って いる 中 でも 首 都 圏 外 郭 放 水 路 は 中 川 倉 松 川 大 落 古 利 根 川 などの 排 水 を 江 戸 川 に 行 う 地 下 放 水 路 である 改 修 前 改 修 後 写 真 4-35 河 道 改 修 首 都 圏 外 郭 放 水 路 八 潮 排 水 機 場 写 真 4-36 放 水 路 排 水 機 場 の 整 備 58

35 4.3 砂 防 事 業 大 雨 の 時 に 流 出 した 土 砂 は 下 流 河 川 の 氾 濫 の 原 因 となるばかりでなく 人 家 を 直 撃 して 土 石 流 災 害 を 引 き 起 こす このため 国 土 保 全 および 土 砂 流 出 に 起 因 する 災 害 防 止 を 目 的 とする 直 轄 砂 防 事 業 が 利 根 川 上 流 部 鬼 怒 川 渡 良 瀬 川 で 実 施 されている 利 根 川 上 流 域 では 明 治 15 年 3 月 榛 名 山 東 南 麓 で 行 ったものが 最 初 の 直 轄 砂 防 事 業 であるが 昭 和 10 年 の 災 害 に 対 する 措 置 の 一 貫 として 昭 和 11 年 より 烏 川 流 域 に 着 手 し その 後 カスリー ン 台 風 など 多 数 の 災 害 を 踏 まえ 順 次 片 品 川 流 域 神 流 川 流 域 吾 妻 川 流 域 を 直 轄 区 域 に 編 入 し 事 業 を 実 施 している 鬼 怒 川 においては 明 治 32 年 栃 木 県 の 事 業 として 稲 荷 川 流 域 で 砂 防 工 事 が 開 始 されたが そ の 後 相 次 ぐ 災 害 により 水 源 部 が 荒 廃 し 下 流 部 への 土 砂 流 出 が 顕 著 となったため 大 正 7 年 から 直 轄 砂 防 工 事 が 開 始 された 渡 良 瀬 川 においては 足 尾 銅 山 の 煙 害 地 より 流 出 する 土 砂 が 水 害 の 原 因 であることが 度 々の 水 害 により 明 らかであり 明 治 30 年 代 より 治 山 など 種 々の 対 策 が 行 われたのち 昭 和 12 年 か ら 直 轄 砂 防 事 業 が 開 始 された また 神 流 川 左 岸 の 譲 原 地 区 においては 従 来 から 地 すべり 活 動 が 活 発 化 しており 昭 和 39 年 から 群 馬 県 による 地 すべり 対 策 事 業 が 実 施 された 平 成 3 年 より 再 び 地 すべり 活 動 が 活 発 化 したため 直 轄 地 すべり 調 査 が 開 始 され 平 成 7 年 から 直 轄 事 業 に 着 手 している 表 4-3 砂 防 施 設 の 整 備 状 況 砂 防 堰 堤 床 固 工 護 岸 工 山 腹 工 ( 基 ) ( 基 ) ( 箇 所 ) (km) ( 箇 所 ) (ha) 利 根 川 本 川 鬼 怒 川 渡 良 瀬 川 合 計 図 4-28 直 轄 砂 防 管 内 図 59

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6 甲 66 号 証 国 土 交 通 省 のホームページより 入 手 した 近 隣 の 各 水 系 の 主 要 洪 水 の 概 要 ( 富 山 県 ) 黒 部 川 常 願 寺 川 神 通 川 小 矢 部 川 ( 石 川 県 ) 梯 川 手 取 川 北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概

More information

目 次 1. 流 域 の 概 要... 1 2. 治 水 事 業 の 経 緯... 4 3. 既 往 洪 水 の 概 要... 8 4. 基 本 高 水 の 検 討... 9

目 次 1. 流 域 の 概 要... 1 2. 治 水 事 業 の 経 緯... 4 3. 既 往 洪 水 の 概 要... 8 4. 基 本 高 水 の 検 討... 9 資 料 4 利 根 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 基 本 高 水 等 に 関 する 資 料 抜 粋 平 成 18 年 2 月 国 土 交 通 省 河 川 局 目 次 1. 流 域 の 概 要... 1 2. 治 水 事 業 の 経 緯... 4 3. 既 往 洪 水 の 概 要... 8 4. 基 本 高 水 の 検 討... 9 1. 流 域 の 概 要 と ね おおみなかみ あかぎ

More information

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号 三 重 県 における 戦 後 の 主 な 気 象 災 害 主 な 被 害 発 生 年 月 日 要 因 主 な 被 害 地 域 概 況 死 者 行 方 不 明 者 ( 名 ) 負 傷 者 ( 名 ) 住 宅 全 壊 流 出 ( 棟 ) 住 宅 半 壊 一 部 破 損 ( 棟 ) 床 上 浸 1987 年 水 ( 棟 ) までは 住 家 半 壊 の み 床 下 浸 水 ( 棟 ) 台 風 第 28 号

More information

1-5-1

1-5-1 1-5-1 過 去 における 主 な 災 害 一 覧 ( 地 震 火 山 を 除 く) 年 月 日 1662.7.28 寛 文 2.6.3 ( 地 暴 風 雨 大 風 雨 稲 荷 川 洪 水 のため 沿 岸 の 人 家 300 戸 流 失 660 人 死 亡 ( 栃 木 風 土 記 ) 1667.7 寛 文 7.6 1700.9.30 元 禄 13.8.18 1723.9.9 享 保 8.8.10

More information

気 象 状 況 8 月 9 日 から11 日 にかけては 大 型 の 台 風 第 11 号 が 接 近 し 岐 阜 県 の 山 間 部 を 中 心 に 非 常 に 激 しい 降 雨 をもたらしました 8 月 8 日 の 降 り 始 めからの 降 水 量 (11 日 12 時 迄 )は 杉 原 観 測

気 象 状 況 8 月 9 日 から11 日 にかけては 大 型 の 台 風 第 11 号 が 接 近 し 岐 阜 県 の 山 間 部 を 中 心 に 非 常 に 激 しい 降 雨 をもたらしました 8 月 8 日 の 降 り 始 めからの 降 水 量 (11 日 12 時 迄 )は 杉 原 観 測 速 報 版 平 成 26 年 8 月 27 日 平 成 26 年 8 月 9 日 ~11 日 台 風 第 11 号 による 揖 斐 及 び 長 良 流 域 の 出 水 状 況 ( 第 2 報 ) 揖 斐 揖 斐 の 出 水 状 況 (8 月 10 日 19 時 頃 ) 揖 斐 大 橋 付 近 ( 岐 阜 県 大 垣 市 ) 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 木 曽 上 流 河 事 務

More information

地震被害 訂正.indd

地震被害 訂正.indd 序 本 報 告 書 は 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 以 下 東 日 本 大 震 災 という )における 水 道 事 業 の 被 害 状 況 の 全 貌 を 可 能 な 限 り 体 系 立 てて 整 理 したものである 断 水 等 の 状 況 については 東 日 本 大 震 災 発 生 当 時 厚 生 労 働 省 に 報 告 いただき 厚 生 労 働 省 において 整 理 発 表 した

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野

重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野 資 料 編 110 重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野 々 島 川 合 志 市 野 々 島 辻 ~ (C ランク 県 知 事 管 理 区

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

60本文.ec7

60本文.ec7 地 震 日 誌 平 成 21 年 1 月 1 日 ~ 平 成 21 年 12 月 31 日 (from January to December,2009) 神 奈 川 県 温 泉 地 学 研 究 所 行 竹 番 号 月 日 時 分 震 源 地 深 さkm 最 大 有 感 地 ( 震 度 ) 緯 度 経 度 規 模 1 1 3 16 13 福 島 県 沖 51 福 島 県 : 田 村 市 川 内 村

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63> ( 別 紙 2) 再 評 価 調 書 ( 案 ) Ⅰ 概 要 名 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 地 区 名 一 級 河 川 箇 所 岡 崎 市 西 尾 市 幸 田 町 あ らまし は 幸 田 町 桐 山 を 源 とし 右 支 川 である 等 を 合 流 させ 岡 崎 市 市 街 地 を 貫 流 し て 矢 作 古 川 に 注 ぐ 流 域 面 積 約 101km 2 河 川 延 長 約 19km

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

Microsoft Word - siryo8-2

Microsoft Word - siryo8-2 [ 危 険 ] 1 河 川 法 一 二 級 河 川 一 覧 表 < 資 料 8-3> 表 1 河 川 法 一 級 河 川 ( 単 位 :m)< 県 土 整 備 部 河 川 環 境 課 > 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 河 川 名 指 定 延 長 河 川 名 指 定 延 長 1 利 根 川 左 岸 22,500m 右 岸 100,640m 45 富 ヶ 沢 川 左 右 岸 各 510m 2

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利

注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利 注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利 用 のお 客 様 は 店 内 ご 利 用 は11 時 30 分 まででお 願 い 致 します 注 4)

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭 県 移 22-1 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 一 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 16~17 4-1 一 覧 表 有 県 移 22-2 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 二 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 18~28 5-1 一 覧 表 有 県 移 22-3 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台

More information

群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原 佐 久 玉 原 水 上 鎌 白 根 上 牧 鎌 上 牧 幡 谷 岩 本 岩 本 群 馬 上 毛 金 井 佐 久 上 越 群 馬 上 群 佐 波 東 群 馬 一 ノ 瀬 東 太 新

群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原 佐 久 玉 原 水 上 鎌 白 根 上 牧 鎌 上 牧 幡 谷 岩 本 岩 本 群 馬 上 毛 金 井 佐 久 上 越 群 馬 上 群 佐 波 東 群 馬 一 ノ 瀬 東 太 新 栃 木 県 塩 原 那 須 野 短 猪 苗 旧 東 那 須 野 今 市 鬼 怒 下 滝 栃 那 猪 苗 新 新 今 市 新 栃 木 安 西 宇 都 宮 西 宇 都 宮 白 沢 河 内 芳 賀 新 茂 木 栃 山 芳 賀 佐 野 佐 野 野 木 小 小 山 猪 苗 新 野 木 八 千 群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原

More information

にかほ 市 にかほ 市 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 秋 田 秋 田 県 6 秋 田 県 七 滝 土 地 改 良 区 雄 勝 郡 山 田 五 ヶ 村 堰 土 地 改 良 区 西 目 土 地 改 良 区 西 川 町 土 地 改 良 区 水 土 里 ネットやまがた 山 形 県 4 野 川 土

にかほ 市 にかほ 市 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 秋 田 秋 田 県 6 秋 田 県 七 滝 土 地 改 良 区 雄 勝 郡 山 田 五 ヶ 村 堰 土 地 改 良 区 西 目 土 地 改 良 区 西 川 町 土 地 改 良 区 水 土 里 ネットやまがた 山 形 県 4 野 川 土 北 海 道 4 青 森 県 5 岩 手 県 21 宮 城 県 11 平 成 25 年 9 月 27 日 現 在 石 狩 市 江 別 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 北 海 道 岩 見 沢 市 篠 津 中 央 土 地 改 良 区 沼 田 町 当 別 土 地 改 良 区 士 別 市 中 新 土 地 改 良 区 占 冠 村 北 海 土 地 改 良 区 愛 別 町 浦 臼 土 地 改 良 区 美 瑛

More information

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt 真 間 総 合 治 水 対 策 特 定 河 事 業 ( 千 葉 県 ) 大 柏 都 市 基 盤 整 備 事 業 ( 市 市 ) 事 業 再 評 価 社 会 情 勢 と 公 共 事 業 のこれまで 我 が 国 の 経 済 状 況 S30~48 高 度 成 長 期 S48~H1 安 定 成 長 期 円 高 不 況 S58~60 バブル 景 気 S61~H3 真 間 の 治 水 事 業 31 年 経 過

More information

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 一 単 位 の 単 価 発 令 : 平 成 18 年 9 月 29 日 号 外 厚 生 労 働 省 告 示 第 539 号 最 終 改 正 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 改 正 内 容 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 [ 平 成 24 年 3 月 14 日

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

第6節  災害想定

第6節  災害想定 第 5 節 災 害 の 想 定 第 1 項 既 往 災 害 の 事 例 1. 既 往 災 害 事 例 資 料 編 * 1 参 照 昭 和 30 年 代 後 半 からの 治 山 治 水 事 業 対 策 の 進 展 基 本 法 による 防 災 体 制 の 充 実 気 象 観 測 施 設 の 整 備 情 報 伝 達 手 段 の 発 達 や 普 及 等 により 昭 和 28 年 の 大 水 害 以 後 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8742817C3181468EA991528FF08C8F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8742817C3181468EA991528FF08C8F2E646F63> 1. 天 竜 区 の 自 然 条 件 資 料 3 気 象 気 温 天 竜 春 野 / 佐 久 間 / 龍 山 / 水 窪 降 雨 量 風 向 風 力 地 形 地 質 特 徴 年 平 均 気 温 は 15.2 であり 山 間 地 に 位 置 する 割 に 気 温 が 高 い 地 域 です 山 間 部 特 有 の 内 陸 性 気 候 に 属 し 気 温 の 日 較 差 や 年 較 差 が 大 きいです

More information

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 土 砂 災 害 とその 対 策 平 成 17 年 8 月 26 日 国 土 交 通 省 河 川 局 砂 防 部 砂 防 計 画 課 課 長 補 佐 草 野 慎 一 1 日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 日 本 は 土 砂 災 害 との 共 存 を 運 命 づけられた 唯 一 の 先 進 国 ヨーロッパの 先 進 諸 国 の 多 くは 安 定 した 地 質 の 上 にあり 火 山 噴 火 や 地

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

ÿþ

ÿþ (2) 騒 音 振 動 悪 臭 の 防 止 ア 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 (ア) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 と 地 域 類 型 指 定 時 の 区 分 地 域 類 型 夜 ( 午 前 6 時 ~ 午 後 10 時 ) ( 午 後 10 時 ~ 午 前 6 時 ) A 55 デシベル 以 下 5 デシベル 以 下 類 型 指 定 地 域 ( 概 要 ) 第 1 種 低 層 住 居

More information

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4>

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4> 事 業 計 画 5. 港 湾 八 戸 港 1 応 急 復 旧 により 11 月 24 日 現 在 で 公 共 岸 壁 44バース( 水 深 4.5m 以 深 ) のうち 41バースが 喫 水 制 限 や 上 載 荷 重 制 限 があるものの 利 用 可 能 2 八 太 郎 地 区 コンテナターミナル 等 基 幹 的 輸 送 を 担 う 施 設 製 紙 製 鉄 飼 料 等 の 産 業 復 興 に 必

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

★01 表紙

★01 表紙 第 1 回 定 例 会 平 成 24 年 度 予 算 案 関 係 資 料 ( 補 正 ) 茨 城 県 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 第 1 回 県 議 会 定 例 会 提 出 議 案 等 一 覧 ( 1) Ⅱ 平 成 24 年 度 補 正 予 算 案 の 概 要 1 今 回 補 正 額 ( 2) 2 今 回 補 正 の 主 なもの ( 2) 3 繰 越 明 許 費 ( 3) 4 一 般 会 計 補

More information

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池 平 成 27 年 期 P.1 1 日 辞 職 総 務 部 総 括 調 整 官 事 関 根 伸 章 1 日 総 務 部 総 括 調 整 官 総 務 部 調 査 官 事 渡 邉 猛 雄 1 日 総 務 部 調 査 官 主 任 監 査 官 事 五 味 田 文 和 1 日 主 任 監 査 官 総 務 部 財 産 管 理 官 事 八 子 康 幸 1 日 総 務 部 財 産 管 理 官 道 路 部 路 政 調

More information

平成17年度 静岡県地域防災計画

平成17年度 静岡県地域防災計画 資 料 2 平 成 17 年 度 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 新 旧 対 照 表 一 般 対 策 編 1ページ-23ページ 地 震 対 策 編 24ページ-62ページ 原 子 力 対 策 編 63ページ-66ページ 平 成 17 年 4 月 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 ( 一 般 対 策 編 ) 修 正 新 旧 対 照 表 第 1 章 総 論 第 1 章 総 論 1 1 2 3 3

More information

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考 資 料 3-2 九 州 ブロック 各 県 の 地 震 津 波 による 被 害 想 定 試 算 1. 福 岡 県 (1) 推 計 手 法 1) 基 礎 データ 地 震 に 関 する 防 災 アセスメント 調 査 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 ) 及 び 津 波 に 関 する 防 災 アセスメント 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 )で 想 定 されている 建 物 被 害 棟 数 火

More information

法 律 にもとづき 4 年 に 一 度 以 上 のお 客 さま 電 気 設 備 の 安 全 調 査 を 国 に 登 録 された 調 査 機 関 へ 委 託 しております 各 委 託 先 調 査 機 関 の 調 査 区 域 は 以 下 のとおりです 市 町 村 合 併 に 伴 い 一 部 表 示 が

法 律 にもとづき 4 年 に 一 度 以 上 のお 客 さま 電 気 設 備 の 安 全 調 査 を 国 に 登 録 された 調 査 機 関 へ 委 託 しております 各 委 託 先 調 査 機 関 の 調 査 区 域 は 以 下 のとおりです 市 町 村 合 併 に 伴 い 一 部 表 示 が 平 成 28 年 度 のお 客 さま 電 気 設 備 の 安 全 調 査 について 平 素 は 電 気 事 業 にご 理 解 を 賜 り 誠 にありがとうございます 弊 社 は 法 律 にもとづき4 年 に 一 度 以 上 お 客 さまの 電 気 設 備 の 安 全 調 査 を 国 に 登 録 さ れた 調 査 機 関 へ 委 託 し 実 施 しております この 度 平 成 28 年 度 の 委 託

More information

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt 第 1 回 委 員 会 資 料 -5 桂 川 下 流 圏 域 河 川 整 備 計 画 検 討 委 員 会 第 1 回 資 料 ( 河 川 及 び 圏 域 の 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 3 日 有 栖 川 ( 大 覚 寺 付 近 ) 京 都 府 建 設 交 通 部 河 川 課 京 都 土 木 事 務 所 乙 訓 土 木 事 務 所 目 次 瀬 戸 川 起 点 付 近 小 泉 川 有 栖 川

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6>

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6> 働 省 告 示 が い 制 改 革 推 進 本 部 お け 検 討 踏 ま え て 保 健 祉 策 見 直 ま で 間 お い て た め 関 係 律 整 備 関 律 成 年 律 伴 い 並 び づ く 祉 サ ー ビ ス 及 び 準 該 当 祉 サ ー ビ ス 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 百 づ く 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 づ く 要 費 用 額

More information

東日本大震災の社会保険料特例措置

東日本大震災の社会保険料特例措置 Legal and Tax Report 東 日 本 大 震 災 の 社 会 保 険 料 特 例 措 置 2011 年 5 月 13 日 全 5 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 是 枝 俊 悟 被 災 した 事 業 所 の 厚 生 年 金 健 康 保 険 雇 用 保 険 労 災 保 険 の 保 険 料 を 免 除 [ 要 約 ] 2011 年 5 月 2 日 に 東 日 本 大

More information

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩 都 道 府 県 所 属 名 住 所 北 海 道 大 麻 高 等 学 校 江 別 市 大 麻 147 番 地 北 海 道 士 別 翔 雲 高 校 士 別 市 東 六 条 北 6 丁 目 24 番 地 北 海 道 旭 川 北 高 校 旭 川 市 花 咲 町 3 丁 目 北 海 道 富 良 野 高 校 富 良 野 市 末 広 町 1 1 北 海 道 札 幌 開 成 高 校 札 幌 市 東 区 北 22 条

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

Taro-b07.jtd

Taro-b07.jtd 1 臣 が め 位 価 変 更 点 線 部 改 正 案 現 行 月 月 月 及 び 月 及 び 等 等 月 づ き 臣 が め 月 づ き 臣 が め 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 等 等 七 七 及 び 及 び 臣 が め 位 価 以 位 価 と う 臣 が め 位 価 円 次 円 次 険 律 険 律 事 業 事 業 2 事 業 行 う 事 事 業

More information

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度

More information

< F2D DEC8BC C8E868E6490D82E>

< F2D DEC8BC C8E868E6490D82E> 資 料 1. 指 定 水 防 管 理 団 体 一 覧 表 指 定 水 防 区 域 主 要 河 川 指 定 水 防 区 域 主 要 河 川 管 理 団 体 管 理 団 体 佐 保 川 東 生 駒 川 秋 篠 川 生 駒 市 生 駒 市 地 内 別 院 川 岩 井 川 竜 田 川 富 雄 川 下 川 奈 良 市 奈 良 市 地 内 能 登 川 鳥 居 川 地 蔵 院 川 香 芝 市 香 芝 市 地 内

More information

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA>

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA> 1 臣 が め 位 価 ( 平 省 告 示 ( 傍 線 部 改 正 部 改 正 案 現 づ づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 づ 要 費 用 額 算 関 ( ( 平 省 告 示 平 省 告 示 臣 が め 位 価 ( 以

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地 阿 賀 野 水 系 河 整 備 基 本 方 針 の 骨 子 1. 河 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 (1) 流 域 及 び 河 の 概 要 ( 概 要 ) 水 源 から 河 口 までの 概 要 河 流 路 延 長 流 域 面 積 流 域 の 土 地 利 用 本 州 日 本 海 側 初 の 政 令 指 定 都 市 である 新 潟 市 や 福 島 県 の 地 方

More information

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx 防 災 気 象 講 習 会 1 平 成 25 年 2 月 25 日 の 栃 木 県 北 部 で 発 生 した 地 震 とその 後 の 状 況 について 2 緊 急 地 震 速 報 を 活 用 した 避 難 訓 練 について 平 成 25 年 5 月 31 日 宇 都 宮 地 方 気 象 台 防 災 業 務 課 藤 崎 発 生 時 刻 平 成 25 年 2 月 25 日 16 時 23 分 震 源 栃

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

会 社 名 所 在 地 名 推 薦 務 所 多 田 工 業 ( 株 ) 徳 島 県 海 部 郡 海 陽 町 久 保 字 松 本 111-1 平 成 25ー26 年 度 長 安 口 ダム 用 道 路 設 置 (その1) ( 株 ) 那 賀 建 設 徳 島 県 阿 南 市 才 見 町 野 中 3 桑 野

会 社 名 所 在 地 名 推 薦 務 所 多 田 工 業 ( 株 ) 徳 島 県 海 部 郡 海 陽 町 久 保 字 松 本 111-1 平 成 25ー26 年 度 長 安 口 ダム 用 道 路 設 置 (その1) ( 株 ) 那 賀 建 設 徳 島 県 阿 南 市 才 見 町 野 中 3 桑 野 務 所 優 良 (53 社 ) 会 社 名 所 在 地 名 推 薦 務 所 井 原 工 業 ( 株 ) 愛 媛 県 四 国 中 央 市 三 島 宮 川 4 丁 目 2 番 18 号 四 国 中 央 職 安 耐 震 改 修 その 他 (2) 営 繕 部 ( 株 ) 井 上 組 徳 島 県 美 馬 郡 つ るぎ 町 半 田 字 西 久 保 342-3 加 茂 第 二 堤 防 佐 々 木 建 設 ( 株

More information

Microsoft Word - Ⅰ 01 表紙(土地利用審査会用)

Microsoft Word - Ⅰ 01 表紙(土地利用審査会用) 解 禁 日 時 ラジオ テレビ インターネット:3 月 18 日 ( 水 )16 時 50 分 以 降 解 禁 ( 記 者 発 表 資 料 ) 新 聞 :3 月 19 日 ( 木 ) 付 朝 刊 以 降 解 禁 参 考 2 ( 取 扱 注 意 ) 記 者 発 表 ( 発 表 資 料 配 付 ) 月 / 日 ( 曜 ) 担 当 課 電 話 番 号 発 表 者 名 ( 担 当 主 幹 名 ) その 他

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

二級河川朝明川水系河川整備基本方針(案)

二級河川朝明川水系河川整備基本方針(案) 2. 河 川 の 現 状 と 課 題 2.1 治 水 の 現 状 と 課 題 2.1.1 過 去 の 主 要 な 洪 水 の 概 要 い せ の 流 域 及 びその 近 傍 で 発 生 した 主 要 な 洪 水 被 害 としては 1959 年 ( 昭 和 34 年 )の 伊 勢 わんたいふう 湾 台 風 時 に 流 域 を 含 む 広 い 範 囲 で 高 潮 被 害 が 発 生 した 1974 年

More information

平成18年7月21日~23日発生

平成18年7月21日~23日発生 平 成 18 年 7 月 鹿 児 島 県 北 部 豪 雨 災 害 後 の 取 組 み 川 内 川 流 域 では, 平 成 18 年 7 月 に 上 流 部 の 西 ノ 野 雨 量 観 測 所 で 総 雨 量 1,165mmを 観 測 するなど 各 地 で 記 録 的 な 豪 雨 となり, 流 域 の 15 の 観 測 所 のうち 11 箇 所 で 既 往 最 高 水 位 を 記 録 し, 上 流 から

More information

表 14-3-1 農 業 農 村 整 備 事 業 等 に 係 る 事 前 評 価 の 結 果 一 覧 事 業 名 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 予 算 科 目 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 費 補 助 事 業 の 主 な 目 的 将 来 の 地 域 農 業 を 担 う 経 営 体 を 育 成 しながら 地 域 農 業 の 展 開 方 向 等 を 勘 案 して 必 要 となる

More information

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月 豪 雨 による 奄 美 肝 付 町 道 路 被 災 箇 所 調 査 工 学 部 北 村 良 介 酒 匂 一 成 1.はじめに 奄 美 大 島 加 計 呂 麻 島 では,21 年,212 年, 肝 付 町 では 212 年 に 豪 雨 に 伴 う 斜 面 崩 壊 によ り 多 くの 道 路 が 被 災 している 著 者 らは, 奄 美 での 21 年 1 月 2 日,212 年 6 月 1 日 に 発

More information

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く 調 べて GO! 志 筑 た ん け ん 隊 志 筑 小 4 年 秋 山 遥 浅 野 琴 美 安 達 未 来 石 井 敬 太 市 ノ 澤 翔 一 梅 沢 幸 斗 大 山 陽 人 釜 津 田 優 花 久 保 田 健 太 小 松 崎 永 遠 杉 本 梨 奈 鈴 木 花 佳 冨 田 明 日 香 友 常 瑞 稀 長 澤 龍 人 中 島 綾 香 中 島 唯 沼 田 博 樹 長 谷 川 晴 香 長 谷 川 莉

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

計 19,931

計 19,931 事 業 番 号 復 興 庁 :94 農 林 水 産 省 :0423 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 復 興 庁 農 林 水 産 省 ) 事 業 名 農 地 農 業 用 施 設 等 の 復 興 関 連 事 業 担 当 部 局 庁 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 23 年 度 ~ 担 当 課 室 会 計 区 分 一 般 会 計 東 日 本

More information

津市地域防災計画(案)

津市地域防災計画(案) 1 被 害 想 定 ( 危 機 管 理 部 ) 本 市 に 被 害 を 及 ぼす 地 震 は 南 海 トラフを 震 源 とし 広 域 的 な 被 害 を 特 徴 とするプレート 境 界 型 地 震 及 び 地 殻 上 部 の 活 断 層 を 震 源 とし 局 所 的 な 被 害 を 特 徴 とする 内 陸 直 下 型 地 震 である 現 在 国 の 中 央 防 災 会 議 及 び 三 重 県 等 が

More information

第 70 回 奈 良 県 河 川 整 備 委 員 会 (H ) 資 料 2-1 大 和 川 ( 初 瀬 川 ) 河 川 改 修 事 業 再 評 価 平 成 26 年 12 月 県 土 マネジメント 部

第 70 回 奈 良 県 河 川 整 備 委 員 会 (H ) 資 料 2-1 大 和 川 ( 初 瀬 川 ) 河 川 改 修 事 業 再 評 価 平 成 26 年 12 月 県 土 マネジメント 部 事 事 業 業 評 価 項 目 大 和 覧 川 表 名 一 級 河 ( 川 初 瀬 大 やまと 川 和 ) 川 河 ( 川 初 はせ 改 瀬 修 川 事 ) 業 事 業 箇 主 所 体 奈 桜 良 さくらいし 井 県 市 おおいずみ 大 泉 地 内 ~ 三 みわ 河 川 の 概 と 事 業 の 目 的 及 び 必 要 性 評 価 項 目 及 び 評 価 の 内 容 輪 地 内 河 川 の 概 要 流

More information

03 公立学校建物の実態 P8~p10、P18~P41

03 公立学校建物の実態 P8~p10、P18~P41 カ 地 震 防 災 対 策 事 業 の 状 況 学 校 施 設 については 児 童 生 徒 の 安 全 確 保 はもとより 地 域 の 防 災 拠 点 としての 役 割 も 求 められて おり 建 物 の 耐 震 性 の 確 保 等 地 震 防 災 対 策 の 促 進 が 図 られている 地 震 防 災 対 策 事 業 としては 地 震 改 築 事 業 及 び 地 震 補 強 事 業 のいずれも 指

More information

<93798DB2928691BA5F555241205B8D5890568DCF82DD5D2E4149>

<93798DB2928691BA5F555241205B8D5890568DCF82DD5D2E4149> 1:25,000 土 地 条 件 図 土 佐 中 村 四 万 十 町 黒 潮 町 四 万 十 市 宿 毛 市 土 佐 清 水 市 国 土 地 理 院 1:25,000 土 地 条 件 図 について 1. 土 地 条 件 図 の 構 成 1:25,000 土 地 条 件 図 は 自 治 体 等 が 作 成 するハザードマップをはじめ 地 域 の 適 正 な 開 発 保 全 防 災 対 策 などの 検

More information

地 震 1:818 年 関 東 諸 国 地 震 発 生 年 月 日 : 西 暦 年 月 日 818/--/-- 和 暦 元 号 弘 仁 9 年 7 月 -- 日 震 央 : 緯 度 ( 北 緯 ) 36.0~37.0 経 度 ( 東 経 ) 139.0~140.0 領 海 内 対 応 地 域 名 :

地 震 1:818 年 関 東 諸 国 地 震 発 生 年 月 日 : 西 暦 年 月 日 818/--/-- 和 暦 元 号 弘 仁 9 年 7 月 -- 日 震 央 : 緯 度 ( 北 緯 ) 36.0~37.0 経 度 ( 東 経 ) 139.0~140.0 領 海 内 対 応 地 域 名 : 1. 想 定 地 震 に 係 る 歴 史 地 震 の 整 理 について 本 編 2.2~2.3 節 で 抽 出 した 各 想 定 地 震 と 対 比 される 歴 史 地 震 ( で 表 示 )を 含 む 埼 玉 県 に 被 害 をもたらした 以 下 の 地 震 について 概 要 及 び 埼 玉 県 内 の 震 度 分 布 につい て 個 別 に 整 理 した 地 震 1: 818 年 関 東 諸 国

More information

埼 玉 県 春 日 部 市 春 日 部 豊 町 17:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 入 間 仏 子 11:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 武 蔵 藤 沢 11:00~23:00 11

埼 玉 県 春 日 部 市 春 日 部 豊 町 17:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 入 間 仏 子 11:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 武 蔵 藤 沢 11:00~23:00 11 バーミヤン 火 鍋 しゃぶしゃぶ 食 べ 放 題 販 売 時 間 一 覧 2016.7.1 現 在 制 限 時 間 100 分 ( 終 了 20 分 前 がラストオーダーになります) 都 道 府 県 市 町 村 店 舗 名 火 鍋 販 売 時 間 火 鍋 販 売 時 間 火 鍋 販 売 時 間 最 終 時 間 茨 城 県 水 戸 市 水 戸 河 和 田 11:00~23:00 11:00~23:00

More information

<95CA8E8682502E786C73>

<95CA8E8682502E786C73> 平 成 27 年 度 優 良 工 事 優 秀 工 事 技 術 者 局 長 表 彰 優 秀 工 事 技 術 者 NO 事 務 所 名 工 事 名 工 種 会 社 名 1 下 館 河 川 事 務 所 H26 小 通 幸 谷 町 築 堤 工 事 一 般 土 木 工 事 株 式 会 社 高 橋 芝 園 土 木 現 場 代 理 人 髙 橋 拓 也 2 渡 良 瀬 川 河 川 事 務 所 H26 伊 保 内 橋

More information

【HP掲載用】H27 中間評価シート(東近江土木)

【HP掲載用】H27 中間評価シート(東近江土木) 1 2 地 域 の 主 要 渋 滞 箇 所 近 江 八 幡 竜 王 線 等 の 事 業 推 進 2 路 線 彦 根 八 日 市 甲 西 線 等 の 通 学 路 の 歩 道 整 備 事 業 の 推 進 6 路 線 近 江 八 幡 竜 王 線 ( 六 枚 橋 ) 交 差 点 改 良 工 事 着 手 国 道 421 ( 四 ツ 辻 ) 交 差 点 改 良 工 事 着 手 彦 根 八 日 市 甲 西 線 (

More information

Microsoft PowerPoint - 要旨.pptx

Microsoft PowerPoint - 要旨.pptx 東 日 本 大 震 災 の 被 災 状 況 と 復 興 への 課 題 ~ 分 野 別 エリア 別 分 析 ~ 目 次 サマリー P. 2 1. 総 括 P. 9 2. 生 活 社 会 インフラ P.11 3. 住 宅 P.19 4. 医 療 福 祉 P. 27 5. 製 造 業 P.35 6. 非 製 造 業 P.43 7. 農 林 水 産 業 P.51 補 論 被 害 額 の 推 定 プロセスの

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

歳入金等取扱庁一覧

歳入金等取扱庁一覧 ア 00036256 相 生 税 務 署 国 税 収 納 金 整 理 資 金 678-0055 相 生 市 那 波 本 町 6-1 管 理 運 営 徴 収 部 門 0791(23)0231 ア 00008837 愛 光 女 子 学 園 一 般 会 法 務 省 201-0001 狛 江 市 西 野 川 3-14-6 庶 務 課 0424(480)2178-9 ア 00077445 愛 知 県 一 般

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 (

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 固 定 資 産 評 価 基 準 新 旧 対 照 表 改 正 案 現 行 固 定 資 産 評 価 基 準 固 定 資 産 評 価 基 準 目 次 略 目 次 略 第 1 章 土 地 第 1 章 土 地 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 11 節 その 他 第 11 節 その 他 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 砂 防 法 (

More information

男 子 シングルス () 平 成 3 年 度 全 日 本 卓 球 選 手 権 大 会 ジュニアの 部 茨 城 県 予 選 会 平 成 3 年 9 月 4 日 ( 土 ),5 日 ( 日 ) 小 林 ( 佐 和 ) 友 部 ( 岩 日 ) 83 3 内 山 ( 科 技 ) 佐 藤 ( 田 彦 中 )

男 子 シングルス () 平 成 3 年 度 全 日 本 卓 球 選 手 権 大 会 ジュニアの 部 茨 城 県 予 選 会 平 成 3 年 9 月 4 日 ( 土 ),5 日 ( 日 ) 小 林 ( 佐 和 ) 友 部 ( 岩 日 ) 83 3 内 山 ( 科 技 ) 佐 藤 ( 田 彦 中 ) 男 子 シングルス () 平 成 3 年 度 全 日 本 卓 球 選 手 権 大 会 ジュニアの 部 茨 城 県 予 選 会 平 成 3 年 9 月 4 日 ( 土 ),5 日 ( 日 ) 羽 賀 相 田 ( 瓜 連 中 ) 6 新 保 ( 館 南 中 ) 石 井 ( 桜 ノ 牧 ) 63 3 小 林 ( 佐 竹 ) 西 野 ( 波 崎 ) 64 4 鈴 木 ( 境 ) 相 田 65 5 小 林 (

More information

事 名 事 型 事 箇 所 名 経 営 体 育 成 型 第 一 湯 前 事 実 施 主 体 関 係 市 村 球 磨 郡 湯 前 の 事 内 容 用 水 路 工 L=5,400m 暗 渠 排 水 工 L=0.ha 工 期 の 総 事 費 H7 ~ H9 50,000 経 営 体 育 成 型 川 登 荒

事 名 事 型 事 箇 所 名 経 営 体 育 成 型 第 一 湯 前 事 実 施 主 体 関 係 市 村 球 磨 郡 湯 前 の 事 内 容 用 水 路 工 L=5,400m 暗 渠 排 水 工 L=0.ha 工 期 の 総 事 費 H7 ~ H9 50,000 経 営 体 育 成 型 川 登 荒 別 記 参 考 様 式 第 号 計 画 の 名 称 農 山 漁 村 地 域 整 備 計 画 ( 期 ) 計 画 策 定 主 体 対 象 市 村 計 画 の 期 間 計 画 の 目 標 農 山 漁 村 地 域 整 備 計 画 八 代 市 人 吉 市 荒 尾 市 水 俣 市 玉 名 市 天 草 市 山 鹿 市 菊 池 市 宇 土 市 上 天 草 市 宇 城 市 阿 蘇 市 合 志 市 美 里 玉 東 南

More information

淀川水系 湖東圏域

淀川水系 湖東圏域 淀 川 水 系 湖 東 圏 域 河 川 整 備 計 画 計 画 概 要 説 明 資 料 平 成 25 年 12 月 滋 賀 県 目 次 1. 圏 域 河 川 の 概 要 1 1.1 湖 東 圏 域 の 概 要 1 1.2 河 川 の 現 状 と 課 題 15 2. 河 川 整 備 計 画 の 目 標 に 関 する 事 項 39 2.1 計 画 対 象 期 間 計 画 対 象 河 川 39 2.2

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

’V3000Form−®’¬.xls

’V3000Form−®’¬.xls 1821 姓 3034 本 SET 1-5 コート 姓 数 量 184 天 野 383 池 野 556 入 江 728 梅 林 910 大 上 あ 190 雨 宮 391 池 本 559 入 沢 729 梅 原 912 大 内 3 阿 久 津 197 綾 部 395 石 井 567 岩 井 731 梅 村 913 大 浦 12 阿 部 201 荒 井 397 石 上 570 岩 上 732 梅 本

More information

<8E9197BF8251814095578F80926E95CA8CF68EA689BF8A6988EA97972E786C73>

<8E9197BF8251814095578F80926E95CA8CF68EA689BF8A6988EA97972E786C73> 前 年 葵 - 1 葵 - 1 静 岡 市 葵 区 音 羽 町 214 番 3 208,000 206,000 1.0 音 羽 町 5-6 * 葵 - 2 葵 - 2 静 岡 市 葵 区 西 草 深 町 19 番 7 247,000 244,000 1.2 西 草 深 町 19-16 葵 - 3 葵 - 3 静 岡 市 葵 区 安 東 2 丁 目 150 番 201,000 199,000 1.0

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478> 九 州 の 自 然 災 害 と 防 災 激 甚 化 する 自 然 災 害 から 命 を 守 る 福 岡 管 区 気 象 台 長 横 山 博 文 今 年 8 月 は 暑 かった? 福 岡 の 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 推 移 35 日 最 高 気 温 日 最 高 気 温 平 年 値 25 日 最 低 気 温 日 最 低 気 温 平 年 値 6 月 7 月 8 月 2015 年 : (

More information

4 消 防 名 称 所 在 地 電 話 番 号 峡 南 広 域 行 政 組 合 消 防 本 部 市 川 三 郷 町 下 大 鳥 居 27 055 272 1919 中 部 消 防 署 身 延 町 下 山 端 淵 231 52 0556 62 5119 中 部 消 防 署 下 部 分 駐 所 身 延

4 消 防 名 称 所 在 地 電 話 番 号 峡 南 広 域 行 政 組 合 消 防 本 部 市 川 三 郷 町 下 大 鳥 居 27 055 272 1919 中 部 消 防 署 身 延 町 下 山 端 淵 231 52 0556 62 5119 中 部 消 防 署 下 部 分 駐 所 身 延 防 災 関 係 組 織 等 防 災 関 係 機 関 連 絡 先 一 覧 1 町 名 称 所 在 地 電 話 番 号 身 延 町 役 場 ( 本 庁 舎 ) 身 延 町 切 石 350 0556 42 2111 下 部 支 所 身 延 町 常 葉 1093 0556 36 0011 身 延 支 所 身 延 町 梅 平 2483 36 0556 62 1111 久 那 土 出 張 所 身 延 町 三 沢

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030308E9197BF95D2955C8E865F8D95>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030308E9197BF95D2955C8E865F8D95> 佐 野 市 地 域 防 災 計 画 ( 資 料 編 ) 平 成 25 年 3 月 佐 野 市 防 災 会 議 佐 野 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 印 は 本 編 に 引 用 がある 資 料 < 防 災 関 係 機 関 等 連 絡 先 > 資 料 1-1 防 災 関 係 機 関 等 連 絡 先 資 料 1-1-1 佐 野 市 資 料 1-1-1 消 防 機 関 資 料 1-1-1

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

28 第 1 章 総 則 第 1 節 前 文 本 県 では 安 全 で 安 心 できる 生 活 空 間 を 創 出 するため 河 川 砂 防 地 すべり 急 傾 斜 地 崩 壊 防 止 海 岸 施 設 等 の 整 備 を 行 っているが 気 象 的 地 形 的 地 質 的 にも 水 災 の 発 生 しやすい 条 件 下 にあり これま でにも 過 去 の 水 災 により 数 多 くの 人 命

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

12_県_Jr.xlsx

12_県_Jr.xlsx 男 子 シングルス (1) 1 大 友 ( 明 秀 学 ) 石 川 ( 霞 ヶ 浦 ) 64 2 小 沼 ( 桜 ノ 牧 ) 大 和 田 ( 古 河 三 ) 65 3 荒 井 ( 手 代 木 中 ) 坂 本 ( 水 戸 工 ) 66 4 齋 藤 (つくば 明 光 ク) 平 塚 ( 美 和 中 ) 67 5 長 浜 悠 ( 古 河 三 ) 石 川 ( 科 技 ) 68 6 清 水 ( 佐 和 ) 木

More information

1

1 参 考 資 料 1- 上 小 国 ダム 事 業 の 検 証 に 係 る 検 討 報 告 書 補 足 資 料 平 成 年 月 山 形 県 < 目 次 > 第 1 章 上 小 国 の 流 域 の 状 況 ( 報 告 書.1.7 自 然 環 境 )... 1 第 章 治 対 の 沿 革 ( 報 告 書... 治 事 業 の 沿 革 )... 第 章 河 整 備 基 本 方 針 及 び 河 整 備 画 の

More information

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水 警 察 の 名 称 位 置 及 び 管 轄 区 域 平 成 18 年 4 月 1 日 現 在 名 称 位 置 管 轄 区 域 兵 庫 県 東 灘 警 察 神 戸 市 東 灘 区 神 戸 市 のうち 東 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 灘 警 察 神 戸 市 灘 区 神 戸 市 のうち 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警

More information

気 象 情 報 発 表 時 刻 14: 14: 第 1 回 山 口 災 害 対 策 本 部 員 会 議 14:55 土 砂 災 害 警 戒 情 報 解 除 を 開 催 ( 防 府 周 南 美 祢 ) 15: 15: 時 点 水 防 警 報 発 令 [5 河 川 11 地 点 ] 16: 17: 17

気 象 情 報 発 表 時 刻 14: 14: 第 1 回 山 口 災 害 対 策 本 部 員 会 議 14:55 土 砂 災 害 警 戒 情 報 解 除 を 開 催 ( 防 府 周 南 美 祢 ) 15: 15: 時 点 水 防 警 報 発 令 [5 河 川 11 地 点 ] 16: 17: 17 2. 7 月 28 日 早 朝 から 昼 過 ぎにかけて 萩 須 佐 で1 時 間 雨 量 138.5mm 観 測 史 上 最 大 を するなど 北 部 や 中 部 一 部 で 猛 烈 な 雨 となり 山 口 萩 阿 武 等 に 土 砂 災 害 警 戒 情 報 が 発 表 されほか 気 象 庁 から これまでに 経 験 しことないような 大 雨 と 発 表 がされことも 踏 まえ 11 時 3 分

More information