本 日 のアジェンダ 債 権 回 収 率 (LGD)については 自 己 資 本 比 率 規 制 の 改 定 (バーゼルII)を 契 機 と して 内 部 格 付 手 法 採 用 行 を 中 心 に 国 内 での 理 論 実 務 両 面 の 知 見 の 積 み 上 げが 急 速 に 進 んだ 分 野

Size: px
Start display at page:

Download "本 日 のアジェンダ 債 権 回 収 率 (LGD)については 自 己 資 本 比 率 規 制 の 改 定 (バーゼルII)を 契 機 と して 内 部 格 付 手 法 採 用 行 を 中 心 に 国 内 での 理 論 実 務 両 面 の 知 見 の 積 み 上 げが 急 速 に 進 んだ 分 野"

Transcription

1 日 本 統 計 学 会 金 融 の 計 量 リスク 管 理 分 科 会 JAFEE 信 用 リスク 理 論 研 究 部 会 講 演 資 料 債 権 回 収 率 の 実 務 利 用 に 関 する 現 状 と 課 題 2011 年 10 月 20 日 ( 木 ) 日 本 リスク データ バンク 株 式 会 社 取 締 役 常 務 執 行 役 員 尾 藤 剛

2 本 日 のアジェンダ 債 権 回 収 率 (LGD)については 自 己 資 本 比 率 規 制 の 改 定 (バーゼルII)を 契 機 と して 内 部 格 付 手 法 採 用 行 を 中 心 に 国 内 での 理 論 実 務 両 面 の 知 見 の 積 み 上 げが 急 速 に 進 んだ 分 野 である 本 発 表 では バーゼルIIの 導 入 期 より 共 同 データベースの 運 営 を 通 じてLGDに 関 す る 調 査 研 究 と 実 務 家 との 意 見 交 換 を 継 続 的 に 行 ってきた 立 場 から 銀 行 の 信 用 リスク 管 理 業 務 におけるLGDの 位 置 づけと 推 計 の 現 状 活 用 に 向 けた 課 題 につ いて 概 観 する 本 資 料 の 無 断 転 載 複 製 は 固 くお 断 りいたします なお 本 資 料 につきましては 作 成 時 点 における 筆 者 の 個 人 的 見 解 を 示 しており 日 本 リスク データ バンク 株 式 会 社 の 意 見 を 表 すものではありません また その 作 成 においては 筆 者 が 信 頼 に 足 ると 判 断 した 情 報 に 基 づき 正 確 性 を 期 しておりますが その 完 全 性 を 保 証 するものではありません 2011/10/20 The Risk Data Bank of Japan, Ltd. All rights reserved. 1

3 信 用 リスク 管 理 業 務 におけるLGD 推 計 の 位 置 づけ 信 用 リスク 管 理 業 務 の 全 体 像 信 用 格 付 資 産 査 定 債 務 者 区 分 判 定 債 権 分 類 債 務 者 格 付 財 務 評 価 非 財 務 修 正 債 務 者 格 付 (PD) 自 己 資 本 比 率 計 算 パラメータセット リスクウェイト 計 算 案 件 格 付 回 収 率 評 価 正 常 化 率 等 修 正 案 件 格 付 (LGD) 個 社 で 実 施 全 体 で 実 施 ポートフォリオ リスク 計 量 パラメータセット シミュレーション 銀 行 におけるLGD 推 計 は 規 制 上 の 所 要 自 己 資 本 額 の 計 算 を 目 的 とする 1つのパラメータ 計 測 と して 位 置 づけられている (EL = PD x LGD x EAD) LGDパラメータの 計 測 に 当 たっては 信 用 格 付 制 度 の 一 部 分 を 構 成 する 案 件 格 付 制 度 により 貸 出 ごとにLGD 推 計 値 を 割 り 当 てるのが 通 常 である リテール 向 け 貸 出 ( 例 : 住 宅 ローン カードロー ン 法 人 向 け 小 口 融 資 )の 場 合 複 数 の 貸 出 をひ とまとめにして(プール 区 分 ) 案 件 格 付 制 度 に よらずLGDを 推 計 することも 多 い 地 方 銀 行 をはじめとする 大 多 数 の 金 融 機 関 におい ては そもそも 所 要 自 己 資 本 額 の 計 算 に 際 して 自 らLGDを 推 計 する 規 制 上 の 必 要 性 は 無 い 開 示 債 権 額 償 却 金 額 引 当 金 自 己 資 本 比 率 非 予 想 損 失 (UL) ( 出 所 :ゼロからはじめる 信 用 リスク 管 理 ) 大 半 の 銀 行 においてはこれまで 回 収 率 = 保 全 率 であり バーゼルIIが 導 入 された 現 在 においても 貸 出 業 務 において 債 権 評 価 実 務 における 主 役 を 担 うのは 依 然 として 保 全 率 である 2011/10/20 The Risk Data Bank of Japan, Ltd. All rights reserved. 2

4 邦 銀 の 貸 出 業 務 におけるLGDの 特 徴 邦 銀 の 実 務 において 必 要 とされるLGDは 規 制 上 の 所 要 自 己 資 本 額 の 計 算 を 出 発 点 とすることに 起 因 す るいくつかの 特 徴 を 有 しており 精 緻 な 推 計 のためには 海 外 のものを 中 心 とする 過 去 の 知 見 を 単 純 に 導 入 するだけでは 済 まないいくつかの 課 題 が 存 在 している ワークアウトLGDとマーケットLGD バーゼル 銀 行 監 督 委 員 会 も 参 照 した 先 行 知 見 とされる90 年 代 以 降 の 北 米 でのLGDの 実 証 研 究 については その 大 半 が 債 券 市 場 や ローン 売 買 市 場 における 債 権 の 市 場 価 格 データをもとにした マーケットLGD を 対 象 としている これに 対 して 邦 銀 の 資 産 の 多 くを 占 める 貸 出 債 権 については バルクセールのようなケースを 除 いて 市 場 で 債 権 を 処 分 するケースは 限 られており 市 場 価 格 をもとにLGDを 推 計 するのも 実 績 値 をとるのも 困 難 である このため 実 回 収 金 額 をもとにした ワークアウトLGD の 推 計 が 求 められている 統 計 モデルと 構 造 モデル ローン 売 買 市 場 は 言 うに 及 ばず 社 債 市 場 に 至 っても 本 邦 では 北 米 と 比 較 して 十 分 なデータ 量 を 得 られるだ けの 厚 みが 無 いと 言 われており 構 造 モデルの 構 築 が 技 術 的 に 難 しいとされている また タイムリーな 時 価 情 報 の 取 得 が 難 しいとされる 非 上 場 企 業 や 個 人 の 貸 出 先 のウェイトも 相 応 に 高 く そうしたケースにも 適 用 で きる 統 計 モデルの 開 発 が 望 まれていた 根 担 保 根 保 証 構 造 事 業 会 社 向 けの 貸 出 を 中 心 に 満 期 金 利 元 本 金 額 資 金 使 途 など あらゆる 融 資 条 件 が 異 なる 貸 出 に 共 通 の 担 保 を 設 定 する 貸 出 先 (obligor) 単 位 の 根 担 保 根 保 証 という 融 資 慣 行 が 本 邦 には 存 在 するため 貸 出 (facility) 単 位 のLGD 計 測 に 立 脚 する 海 外 知 見 をそのまま 導 入 することが 難 しい 2011/10/20 The Risk Data Bank of Japan, Ltd. All rights reserved. 3

5 ワークアウトLGDのイメージ ( 例 ) 回 収 事 例 と 回 収 率 の 計 算 結 果 キャッシュフロー 上 :イン 下 :アウト 2010/3/31 デフォルト 時 点 2010/6/30 商 手 落 ち /9/30 担 保 処 分 /12/31 信 用 回 収 /3/31 償 却 500 保 全 状 況 左 : 残 高 右 : 保 全 500 商 手 200 根 抵 当 根 抵 当 デフォルト 時 貸 出 残 高 (EAD) : 500 保 全 率 : ( ) / 500 = 88 % 総 回 収 率 : ( ) / 500 = 94 % LGD = 100 % - 94 % = 6 % 担 保 回 収 率 ( 商 手 ) : 200 / 200 = 100 % ( 不 動 産 ) : 220 / 240 = 91.7 % 信 用 回 収 率 1 : 50 / ( ) = 83.3 % ( 分 母 をデフォルト 時 点 の 非 保 全 部 分 の 債 権 額 とする) 信 用 回 収 率 2 : 50 / 500 = 10 % ( 分 母 をデフォルト 時 点 の 債 権 額 合 計 (EAD)とする) 2011/10/20 The Risk Data Bank of Japan, Ltd. All rights reserved. 4

6 根 担 保 根 保 証 とは? カードローン 住 宅 ローン この 人 がカードローン 住 宅 ロー ンともに 返 済 できなくなった 場 合 には 銀 行 は 抵 当 権 を 設 定 してい た 不 動 産 担 保 を 処 分 して その 売 却 代 金 をもってローンの 回 収 がで きるが... 担 保 ( 抵 当 権 ) ( 普 通 抵 当 権 の 場 合 ) 住 宅 ローンの 回 収 にのみ 充 当 ができる ( 根 抵 当 権 の 場 合 ) カードローン 住 宅 ローン いずれの 回 収 にも 充 当 ができる 後 者 を 特 に 根 担 保 などといい 貸 出 (facility) 単 位 での 回 収 率 の 計 測 や 推 計 を 行 うと 担 保 と 回 収 との 直 接 的 な 関 係 を 妨 げるノイズとして 作 用 しがちである 根 担 保 制 度 を 前 提 とする 貸 出 資 産 においては 貸 出 先 (obligor) 単 位 の 計 測 が 基 本 となる 2011/10/20 The Risk Data Bank of Japan, Ltd. All rights reserved. 5

7 銀 行 におけるLGDと 案 件 格 付 制 度 案 件 格 付 制 度 のイメージ ( 低 ) LGD ( 高 ) ( 狭 L 義 G の D 案 格 件 付 格 付 ) ( 低 ) 債 務 者 格 付 LGD1 1 EL1 2 LGD2 2 EL2 3 LGD3 3 EL3 4 LGD4 4 EL4 5 LGD5 5 EL5 PD1 PD2 PD3 PD4 PD5 PD6 PD7 PD ( 高 ) LGD 格 付 けによるランク 及 び 推 計 値 を 適 用 する ( 広 義 の) 案 件 格 付 PDxLGD 銀 行 における 信 用 格 付 制 度 は PD(probability of default デフォルト 率 )の 水 準 によって 貸 出 先 を 区 分 する 債 務 者 格 付 と LGD(loss given default デフォ ルト 時 損 失 率 )の 水 準 によって 貸 出 を 区 分 する( 狭 義 の) 案 件 格 付 の 組 み 合 わせから 成 り 立 っている 債 務 者 格 付 と ( 狭 義 の) 案 件 格 付 を 組 み 合 わせること で 貸 出 をEL(expected loss 予 想 損 失 )の 水 準 別 に 区 分 できる これを 特 に( 広 義 の) 案 件 格 付 と 呼 ぶ 案 件 格 付 という 言 葉 づかいには ELを 基 準 にするもの と LGDを 基 準 とするものとが 混 在 しており いずれを 指 しているのかについては 文 脈 から 解 釈 する 必 要 がある なお 英 文 では 前 者 がfacility rating 後 者 がloss severity ratingと 使 い 分 けられていることがある かかる 体 系 においては ( 狭 義 の) 案 件 格 付 を 付 与 する ために 貸 出 をLGD(または 債 権 回 収 率 )の 順 番 に 並 べ るロジックが 求 められている また ( 狭 義 の) 案 件 格 付 の 各 区 分 に 割 り 当 てられた 貸 出 については それぞれのLGD 推 計 値 が 必 要 となる 2011/10/20 The Risk Data Bank of Japan, Ltd. All rights reserved. 6

8 案 件 格 付 制 度 に 用 いるLGD 推 計 手 法 の 現 状 案 件 格 付 制 度 には 貸 出 のLGDの 水 準 を 有 意 に 区 分 する 尺 度 が 必 要 となるが 内 部 格 付 手 法 を 採 用 する 銀 行 でも 簡 易 なアプローチを 採 用 しているケースが 多 い 案 件 ごとの 保 証 与 信 期 間 担 保 等 の 取 引 条 件 を 勘 案 した 与 信 の 回 収 の 確 実 性 を 示 す 指 標 個 々の 案 件 の 特 性 ( 保 証 担 保 等 )を 考 慮 したうえで 案 件 ごとのデフォルト 時 における 損 失 の 程 度 に 応 じて 評 価 し 分 類 債 務 者 格 付 とは 別 に 個 々の 債 権 単 位 での 保 全 状 況 に 基 づいて 付 与 される ( 各 行 ディスクロージャー 資 料 より) 一 部 の 銀 行 では 統 計 モデル*を 採 用 するケースもあるが 多 くの 場 合 は 保 全 率 (+α)を 用 いて 貸 出 を LGDの 序 列 にて 並 べており また 区 分 別 のLGD 推 計 値 としては 過 去 の 実 績 値 を 用 いていることが 多 い ( ただし 区 分 別 の 推 計 値 に 過 去 の 実 績 値 をほぼそのまま 用 いることが 多 いのは PDも 同 じである) *ロジスティック 回 帰 モデル 決 定 木 など 2011/10/20 The Risk Data Bank of Japan, Ltd. All rights reserved. 7

9 ワークアウトLGDを 前 提 とする 推 計 モデルの 例 ワークアウトLGDを 前 提 とした 統 計 モデルの 一 例 が 回 収 源 泉 ごとに 得 られるキャッシュフローを 推 計 し 最 後 にこれらを 足 し 合 わせて 回 収 率 を 推 計 する ボトムアップ 型 のアプローチである 通 常 は 担 保 を 源 泉 とする 回 収 と それ 以 外 の( 信 用 による) 回 収 とを 別 々のモデルで 推 計 する 1EAD 2 保 全 ( 定 数 とすることも 多 い) Ⅰ 保 全 回 収 額 の 推 計 保 全 額 ( 種 類 別 ) 保 全 回 収 率 推 計 値 ( 種 類 別 )の 合 計 3 保 全 回 収 額 ( 推 計 値 ) 未 回 収 額 ( 推 計 値 ) 未 回 収 額 ( 推 計 値 ) = 1-3 (ロジスティック 回 帰 モデル) Ⅱ 信 用 回 収 額 の 推 計 未 回 収 額 ( 推 計 値 ) 信 用 回 収 率 2 推 計 値 4 信 用 回 収 額 ( 推 計 値 ) Ⅲ 統 合 5 回 収 額 合 計 3+4 回 収 率 推 計 値 = 5/1 ( 参 考 ) 統 計 モデルによるLGD 推 計 値 の 検 証 結 果 例 ( 実 績 値 と 推 計 値 の 順 位 相 関 を 比 較 ) 構 築 時 検 証 用 データ 検 証 用 データⅠ データⅡ 調 整 前 調 整 Ⅰ 調 整 Ⅱ ( 出 所 :RDB) 2011/10/20 The Risk Data Bank of Japan, Ltd. All rights reserved. 8

10 統 計 的 アプローチによるLGD 推 計 の 技 術 的 課 題 1 データの 数 量 ( 期 間 ) 品 質 ( 均 質 性 )の 制 約 双 峰 分 布 への 対 応 80% 60% 回 収 率 の 分 布 無 担 保 無 保 証 先 全 体 回 収 期 間 1 年 未 満 回 収 期 間 3 年 未 満 回 収 期 間 5 年 未 満 回 収 期 間 2 年 未 満 回 収 期 間 4 年 未 満 回 収 期 間 5.5 年 未 満 構 成 比 40% 20% 0% 0 20% 未 満 40% 未 満 60% 未 満 80% 未 満 95% 未 満 95% 以 上 正 常 化 ( 出 所 :RDB 2010 年 12 月 時 点 のデータより) 2011/10/20 The Risk Data Bank of Japan, Ltd. All rights reserved. 9

11 統 計 的 アプローチによるLGD 推 計 の 技 術 的 課 題 2 ランクアップ( 正 常 化 )する 貸 出 先 の 取 り 扱 い ランクアップとは? ランクアップ 率 を 考 慮 したLGD( 回 収 率 )の 推 計 期 初 デフォルト デフォルト 期 末 N% ランクアップ ( 回 収 率 100%) ランクアップ 先 の 回 収 率 は 通 常 は 100%とみなす 正 常 化 率 40% 30% 20% 正 常 先 要 管 理 先 正 常 先 要 管 理 先 正 常 先 1 初 回 のデフォルトのみを1 件 としてカウント 実 績 デフォルト 率 =1 100=1% 2 デフォルト ランクアップの 都 度 それぞれを1 件 としてカウント 実 績 デフォルト 率 =2 (100+2)=1.96% 3 期 末 の 状 態 だけでデフォルトをカウント 実 績 デフォルト 率 =0 100=0% ランクアップ 率 の 推 移 ランクアップ 正 常 化 率 の 推 移 無 担 保 無 保 証 先 2005 年 度 デフォルト 先 2006 年 度 デフォルト 先 2007 年 度 デフォルト 先 2008 年 度 デフォルト 先 2009 年 度 デフォルト 先 ランクアップ LGD デフォルト 100-N % ランクアップする 確 率 をランクアッ プ 率 (N%)として 定 義 し 回 収 率 と は 別 個 に 推 計 する 通 常 回 収 (R%) =100- 回 収 率 =100-(100x ランクアップ 率 + 通 常 回 収 率 x 非 ランクアップ 率 ) =100-{(100xN+Rx(100-N)} (%) ランクアップしない 先 の 通 常 回 収 率 (R%)は ランクアップ 先 のサンプルを 除 いて 計 算 した 実 績 値 をもとに 推 計 する ( 出 所 :ゼロからはじめる 信 用 リスク 管 理 ) 10% 0% 1 年 未 満 2 年 未 満 3 年 未 満 4 年 未 満 5 年 未 満 回 収 観 測 期 間 ( 出 所 :RDB 2010 年 12 月 時 点 のデータより) 2011/10/20 The Risk Data Bank of Japan, Ltd. All rights reserved. 10

12 統 計 的 アプローチによるLGD 推 計 の 技 術 的 課 題 3 処 分 されない 担 保 の 取 り 扱 い 銀 行 貸 出 先 データによる 回 収 行 動 を 追 跡 すると デフォルト 事 象 ( 要 管 理 先 以 下 )が 貸 出 先 の 破 綻 そのものを 表 すわけでは 無 いため 必 ずしも デフォルト 発 生 と 同 時 に 担 保 処 分 行 動 を 起 こす わけではない 担 保 処 分 による 回 収 行 動 は デフォルト 発 生 以 降 の 回 収 状 況 に 応 じて 銀 行 の 意 思 決 定 によっ て 発 生 する 選 択 的 なプロセスとなる 銀 行 が 回 収 率 LGDの 序 列 づけにおいて 最 も 重 視 するのが 貸 出 先 の 保 全 率 であるが 保 全 があるにもかかわらず それを 行 使 することなく100% 回 収 になるケースなどもあり 保 全 率 と 回 収 率 は 必 ずしもイコールではない 保 全 による 回 収 率 の 推 移 回 収 率 100% 80% 60% 40% 20% 0% 保 全 回 収 率 の 推 移 優 良 保 証 2005 年 度 デフォルト 先 2006 年 度 デフォルト 先 2007 年 度 デフォルト 先 2008 年 度 デフォルト 先 2009 年 度 デフォルト 先 1 年 未 満 2 年 未 満 3 年 未 満 4 年 未 満 5 年 未 満 回 収 観 測 期 間 優 良 保 証 による 回 収 率 は 銀 行 が 保 証 人 に 代 位 弁 済 請 求 を 行 えば 通 常 は100% 回 収 につながるはずであるが 実 際 の 優 良 保 証 カバー 先 における 回 収 率 の 推 移 をみる と 1 年 未 満 では20% 強 3 年 後 でも40% 程 度 にとどまっている これは 銀 行 定 義 のデフォルト 先 においては デフォルト 事 象 が 発 生 しても それ が 直 ちに 代 位 弁 済 請 求 につながっていない 実 態 を 表 している このため 保 全 率 をそのまま 回 収 率 推 計 値 に 用 いても 処 分 されない 担 保 実 行 されない 保 証 * の 分 だけ 実 績 値 との 間 に 乖 離 が 生 じることになる * 担 保 カバー 先 のうち 実 際 に 担 保 処 分 が 実 行 される 貸 出 先 の 割 合 を 特 に 実 行 率 と 呼 ぶことがある ( 出 所 :RDB 2010 年 12 月 時 点 のデータより) 2011/10/20 The Risk Data Bank of Japan, Ltd. All rights reserved. 11

13 尾 藤 剛 (びとう ごう) 日 本 リスク データ バンク 株 式 会 社 本 資 料 の 無 断 転 載 複 製 は 固 くお 断 りいたします なお 本 資 料 につきましては 作 成 時 点 における 筆 者 の 個 人 的 見 解 を 示 しており 日 本 リスク データ バンク 株 式 会 社 の 意 見 を 表 すものではありません また その 作 成 においては 筆 者 が 信 頼 に 足 ると 判 断 した 情 報 に 基 づき 正 確 性 を 期 しておりますが その 完 全 性 を 保 証 するものではありません 2011/10/20 The Risk Data Bank of Japan, Ltd. All rights reserved 12

Market Outlook( 市 場 の 見 通 し) 今 後 のインド 市 況 の 見 通 しについて インド 国 内 では 銀 行 ( 監 督 ) 局 の 設 立 破 産 法 の 整 備 金 融 や 電 力 送 電 会 社 にかかる 再 生 のための 法 案 提 出 などが 行 われました 銀

Market Outlook( 市 場 の 見 通 し) 今 後 のインド 市 況 の 見 通 しについて インド 国 内 では 銀 行 ( 監 督 ) 局 の 設 立 破 産 法 の 整 備 金 融 や 電 力 送 電 会 社 にかかる 再 生 のための 法 案 提 出 などが 行 われました 銀 2016 年 4 月 吉 日 SBIインド&ベトナム 株 ファンドの 組 入 れマザーファンドである ステイト バンク オブ インディア インド 株 マザーファンド の 運 用 会 社 CIO( 運 用 最 高 責 任 者 )からのレポートをお 届 けします SBIファンズ マネジメント 社 (SBI Funds Management Pvt. Ltd.)CIO Navneet Munot 氏 SBIファンズ

More information

役 員 の 退 職 金 を 支 払 う 場 合 の 注 意 点 役 員 に 対 する 退 職 金 はよく 節 税 目 的 で 利 用 さ れますが トラブルの 多 い 項 目 の 一 つとなって いるため 注 意 が 必 要 です 役 員 に 対 する 退 職 金 を 支 払 う 場 合 の 注 意

役 員 の 退 職 金 を 支 払 う 場 合 の 注 意 点 役 員 に 対 する 退 職 金 はよく 節 税 目 的 で 利 用 さ れますが トラブルの 多 い 項 目 の 一 つとなって いるため 注 意 が 必 要 です 役 員 に 対 する 退 職 金 を 支 払 う 場 合 の 注 意 ニュースレター 2015 年 6 月 号 Jun. 2015 6 YOSHIKAWA TAX JOURNAL 役 員 の 退 職 金 を 支 払 う 場 合 の 注 意 点 注 目 トピックス 01 役 員 の 退 職 金 を 支 払 う 場 合 の 注 意 点 役 員 に 対 する 退 職 金 はよく 節 税 目 的 で 利 用 されますが ト ラブルの 多 い 項 目 の 一 つとなっているため

More information

メニューは 以 下 の9 分 野 約 200 項 目 をご 用 意 年 金 日 本 の 公 的 年 金 の 仕 組 みと 給 付 内 容 公 的 年 金 は 何 歳 からいくらもらえるの? 毎 年 年 金 額 を 教 えてくれる ねんきん 定 期 便 とは マクロ 経 済 スライドとは 今 後 の

メニューは 以 下 の9 分 野 約 200 項 目 をご 用 意 年 金 日 本 の 公 的 年 金 の 仕 組 みと 給 付 内 容 公 的 年 金 は 何 歳 からいくらもらえるの? 毎 年 年 金 額 を 教 えてくれる ねんきん 定 期 便 とは マクロ 経 済 スライドとは 今 後 の FP 相 談 シート&データ 集 2012 の 主 な 使 い 方 PC 画 面 に 表 示 することで 相 談 時 のプレゼンツールに! 補 足 資 料 として 印 刷 すれば お 客 様 にお 渡 しすることも 可 能 です! 相 談 経 験 が 浅 い 方 への 強 い 味 方 に! これがあれば 苦 手 な 分 野 の 質 問 をされても 安 心!! セミナーの 配 付 資 料 としての 活

More information

Microsoft PowerPoint - 【New】2804申込書の書き方ポイント集0323

Microsoft PowerPoint - 【New】2804申込書の書き方ポイント集0323 平 成 8 年 度 お 申 込 用 買 証 66 対 応 版 申 込 書 の 書 き 方 (ポイント 集 ) - 平 成 8 年 4 月 現 在 - ポイント 集 について このポイント 集 は フラット35の 申 込 書 の 記 入 に 当 たって 特 にご 照 会 の 多 い 箇 所 や 間 違 いの 多 い 箇 所 を 抜 粋 したも のです 詳 細 については [ 申 込 書 の 書 き 方

More information

Ⅱ.内部格付制度と信用リスク計量化

Ⅱ.内部格付制度と信用リスク計量化 Ⅱ. 内 部 格 付 制 度 と 信 用 リスク 計 量 化 2011 年 3 月 日 本 銀 行 金 融 機 構 局 金 融 高 度 化 センター 目 次 1. 信 用 リスク 管 理 の 高 度 化 2. 内 部 格 付 制 度 の 整 備 3. 内 部 格 付 制 度 の 検 証 4. 信 用 リスクの 計 量 化 2 1. 信 用 リスク 管 理 の 高 度 化 信 用 リスク 計 量 化

More information

成 長 期 待 が 大 きいインド 市 場 インドは 一 人 当 たりGDP 水 準 が2,000ドルを 下 回 っています 一 般 的 に 一 人 当 たりGDP 水 準 が2,000ドルを 超 えてくると 財 やサービス 需 要 が 著 しく 上 昇 すると 言 われており 同 国 の 経 済

成 長 期 待 が 大 きいインド 市 場 インドは 一 人 当 たりGDP 水 準 が2,000ドルを 下 回 っています 一 般 的 に 一 人 当 たりGDP 水 準 が2,000ドルを 超 えてくると 財 やサービス 需 要 が 著 しく 上 昇 すると 言 われており 同 国 の 経 済 インド 経 済 と 降 雨 量 の 潜 在 的 な 関 係 性 LGM Investments 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 2015 年 8 月 吉 日 ITだけではない 農 業 大 国 インド インドはIT 産 業 が 活 発 であり 優 れた 技 術 者 を 多 く 抱 える 国 ですが 実 は 農 業 も 国 を 支 える 重 要 な 産 業 となっています

More information

警 察 庁 丁 保 発 第 121 号 平 成 25 年 8 月 27 日 原 義 保 存 期 間 5 年 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長 ( 平 成 30 年 12 月 31 日 まで) 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等

警 察 庁 丁 保 発 第 121 号 平 成 25 年 8 月 27 日 原 義 保 存 期 間 5 年 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長 ( 平 成 30 年 12 月 31 日 まで) 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 P 店 舗 勝 ち 残 りポイント 改 正 風 営 法 を 遵 守 された 店 舗 設 計 更 に 改 正 される 風 営 法 を 見 抜 く 〇 IR 法 案 を 先 読 み 〇 IR 法 案 7 号 営 業 への 改 正 影 響 警 察 庁 丁 保 発 第 121 号 平 成 25 年 8 月 27 日 原 義 保 存 期 間 5 年 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長 ( 平 成

More information

源 泉 所 得 税 の 支 払 に 注 意 いる 会 社 は1 年 に2 回 しかないイベントですので 納 付 手 続 きを 忘 れないようにしなければなりません いる 会 社 は 1 年 に 2 回 しかないイベントですので 納 付 手 続 きを 忘 れないようにしなければなりません 源 泉 所

源 泉 所 得 税 の 支 払 に 注 意 いる 会 社 は1 年 に2 回 しかないイベントですので 納 付 手 続 きを 忘 れないようにしなければなりません いる 会 社 は 1 年 に 2 回 しかないイベントですので 納 付 手 続 きを 忘 れないようにしなければなりません 源 泉 所 ニュースレター 2015 年 7 月 号 Jul. 2015 7 YOSHIKAWA TAX JOURNAL 源 泉 所 得 税 支 払 の 注 意 点 注 目 トピックス 01 源 泉 所 得 税 支 払 の 注 意 点 いる 会 社 は 1 年 に 2 回 しかないイベントですので 納 付 手 続 きを 忘 れないようにしなければなりません 特 集 02 借 上 社 宅 の 注 意 点 優 秀

More information

情報提供資料 グローバル リート トリプル プレミアム ファンド 毎月分配型 関連レポート 最近の米国リートとブラジルレアルの動向 215年3月2日 米国リートの今後の見通し ポイント ①過去の金利上昇局面での影響は一時的 その後 米国リート市場は堅調に推移 ②回復傾向が続く米国の不動産市場 ①過去

情報提供資料 グローバル リート トリプル プレミアム ファンド 毎月分配型 関連レポート 最近の米国リートとブラジルレアルの動向 215年3月2日 米国リートの今後の見通し ポイント ①過去の金利上昇局面での影響は一時的 その後 米国リート市場は堅調に推移 ②回復傾向が続く米国の不動産市場 ①過去 1 利 上 げを 意 識 しつつも 堅 調 に 推 移 する 米 国 リート 市 場 米 国 リート 市 場 は 1 月 に 最 高 値 を 更 新 する 展 開 となりましたが 3 月 6 日 発 表 の 米 雇 用 統 計 が 市 場 予 想 を 大 幅 に 上 回 る 結 果 となり 米 国 1 年 債 利 回 りが 上 昇 したことが 嫌 気 され 下 落 しました 過 去 の 金 利 上

More information

- はじめに - 明 けましておめでとうございます 日 頃 より 当 社 商 品 SBIグローバル ラップファンド 愛 称 :My-ラップ をご 愛 顧 いただきありがとうございます 今 月 は12 月 の 運 用 環 境 の 背 景 と コラムでは My-ラップ この1 年 間 を 振 り 返 っ

- はじめに - 明 けましておめでとうございます 日 頃 より 当 社 商 品 SBIグローバル ラップファンド 愛 称 :My-ラップ をご 愛 顧 いただきありがとうございます 今 月 は12 月 の 運 用 環 境 の 背 景 と コラムでは My-ラップ この1 年 間 を 振 り 返 っ 2016 年 1 月 号 My-ラップ/オーナー の 貴 方 様 に My-ラップ 通 信 My-ラップ 通 信 は My-ラップのオーナー 様 と My-ラップ 運 用 チームを 繋 ぐ 架 け 橋 です 毎 月 お 届 けいたします - はじめに - 明 けましておめでとうございます 日 頃 より 当 社 商 品 SBIグローバル ラップファンド 愛 称 :My-ラップ をご 愛 顧 いただきありがとうございます

More information

untitled

untitled http://www.riskdatabank.co.jp The of Japan, Ltd. All rights reserved. 2 The of Japan, Ltd. All rights reserved. 3 The of Japan, Ltd. All rights reserved. 4 The of Japan, Ltd. All rights reserved. 5 The

More information

運 用 実 績 ( 期 間 :2010 年 9 月 2 日 ~2016 年 4 月 25 日 ) ( 円 ) ( 百 万 円 ) 12,000 25,000 11,000 純 資 産 総 額 ( 右 軸 ) 基 準 価 額 [ 分 配 金 再 投 資 ]( 左 軸 ) 基 準 価 額 ( 左 軸 )

運 用 実 績 ( 期 間 :2010 年 9 月 2 日 ~2016 年 4 月 25 日 ) ( 円 ) ( 百 万 円 ) 12,000 25,000 11,000 純 資 産 総 額 ( 右 軸 ) 基 準 価 額 [ 分 配 金 再 投 資 ]( 左 軸 ) 基 準 価 額 ( 左 軸 ) DIAM 毎 月 分 配 債 券 ファンド ( 愛 称 : 円 パワーズ) 追 加 型 投 信 / 内 外 / 債 券 販 売 用 資 料 2016 年 4 月 26 日 マイナス 金 利 環 境 下 における 当 ファンドの 運 用 状 況 について 今 年 1 月 29 日 の 日 銀 によるマイナス 金 利 導 入 発 表 後 10 年 国 債 利 回 りはマイナス 金 利 をつ けるなど 長

More information

Microsoft Word - 04-日本塘利枝子.doc

Microsoft Word - 04-日本塘利枝子.doc 幼 兒 教 保 研 究 期 刊 2010 第 5 期 57 57 日 本 における 幼 児 教 育 保 育 と 保 育 者 の 人 材 育 成 塘 利 枝 子 同 志 社 女 子 大 学 はじめに 日 本 における 幼 児 期 の 家 庭 外 保 育 は 主 として3 種 類 の 機 関 が 担 っている 1つ 目 は 文 部 科 学 省 の 管 轄 下 にある 幼 稚 園 2つ 目 は 厚 生 労

More information

佐 賀 県 における 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 金 額 の 推 移 百 万 円 800 700 600 7.0 億 円 鳥 獣 全 体 H25 鳥 獣 全 体 2.0 億 円 (100) うち イノシシ 1.1 億 円 ( 54) カラス 0.5 億 円 ( 22) 500 400 4.2

佐 賀 県 における 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 金 額 の 推 移 百 万 円 800 700 600 7.0 億 円 鳥 獣 全 体 H25 鳥 獣 全 体 2.0 億 円 (100) うち イノシシ 1.1 億 円 ( 54) カラス 0.5 億 円 ( 22) 500 400 4.2 耕 作 放 棄 地 再 生 利 用 緊 急 対 策 担 当 者 会 資 料 平 成 26 年 6 月 30 日 生 産 者 支 援 課 中 山 間 地 域 鳥 獣 対 策 担 当 1 1. 有 害 鳥 獣 対 策 1 佐 賀 県 における 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 金 額 の 推 移 百 万 円 800 700 600 7.0 億 円 鳥 獣 全 体 H25 鳥 獣 全 体 2.0 億 円

More information

All About について 専 門 家 =ガイド 約 880 名 が 情 報 を 発 信 する 日 本 最 大 級 の 総 合 情 報 サイト インターネット 上 にあふれている さまざまな 情 報 その 中 から 本 当 に 知 りたいこと や 信 頼 のできる 情 報 を 選 ぶことは そう

All About について 専 門 家 =ガイド 約 880 名 が 情 報 を 発 信 する 日 本 最 大 級 の 総 合 情 報 サイト インターネット 上 にあふれている さまざまな 情 報 その 中 から 本 当 に 知 りたいこと や 信 頼 のできる 情 報 を 選 ぶことは そう Updated: 2015. 3. 5 Ver. 1.0.1 2015 年 度 MEDIA GUIDE -お 問 い 合 わせ 先 - 株 式 会 社 オールアバウト 150-0013 東 京 都 渋 谷 区 恵 比 寿 1-18-18 東 急 不 動 産 恵 比 寿 ビル 5F WEB 上 で 見 られる 広 告 案 内 ページ ADINFO http://corp.allabout.co.jp/adinfo/

More information

決 算 で 注 意 すべき 復 興 特 別 所 得 税 今 年 1 月 以 降 に 決 算 期 末 を 迎 える 事 業 年 度 の 法 人 税 の 申 告 では 所 得 税 と 復 興 特 別 所 得 税 の 切 り 分 けが 必 要 となります 今 年 1 月 以 降 に 決 算 期 末 を 迎

決 算 で 注 意 すべき 復 興 特 別 所 得 税 今 年 1 月 以 降 に 決 算 期 末 を 迎 える 事 業 年 度 の 法 人 税 の 申 告 では 所 得 税 と 復 興 特 別 所 得 税 の 切 り 分 けが 必 要 となります 今 年 1 月 以 降 に 決 算 期 末 を 迎 ニュースレター 2013 年 4 月 号 Apr. 2013 4 YOSHIKAWA TAX JOURNAL 決 算 で 注 意 すべき 復 興 特 別 所 得 税 注 目 トピックス 01 決 算 で 注 意 すべき 復 興 特 別 所 得 税 今 年 1 月 以 降 に 決 算 期 末 を 迎 える 事 業 年 度 の 法 人 税 の 申 告 では 復 興 特 別 所 得 税 の 税 額 控 除

More information

五 外 幣 存 款 存 放 於 國 內 外 金 融 機 構 之 信 用 評 等 等 級, 依 勞 工 退 休 金 條 例 退 休 基 金 存 放 外 幣 存 款 作 業 要 點 辦 理 六 以 貸 放 方 式 供 各 級 政 府 或 公 營 事 業 機 構 ( 以 下 簡 稱 申 借 單 位 ) 辦

五 外 幣 存 款 存 放 於 國 內 外 金 融 機 構 之 信 用 評 等 等 級, 依 勞 工 退 休 金 條 例 退 休 基 金 存 放 外 幣 存 款 作 業 要 點 辦 理 六 以 貸 放 方 式 供 各 級 政 府 或 公 營 事 業 機 構 ( 以 下 簡 稱 申 借 單 位 ) 辦 勞 動 部 勞 動 基 金 運 用 局 令 中 華 民 國 103 年 7 月 9 日 勞 金 企 字 第 10315602962 號 訂 定 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點, 並 自 即 日 起 生 效 附 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點 局 長 黃 肇 熙 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點 勞 動 部 103 年 6 月 24 日 勞 動 福 4 字 第 1030135632

More information

調 査 概 要 調 査 概 要 調 査 期 間 : 調 査 対 象 : 調 査 方 法 : 2012 年 4 月 1 日 ~2013 年 6 月 30 日 上 記 期 間 内 に スーモカウンター 注 文 住 宅 を 利 用 した 注 文 住 宅 検 討 者 スーモカウンター 注 文 住 宅 をご

調 査 概 要 調 査 概 要 調 査 期 間 : 調 査 対 象 : 調 査 方 法 : 2012 年 4 月 1 日 ~2013 年 6 月 30 日 上 記 期 間 内 に スーモカウンター 注 文 住 宅 を 利 用 した 注 文 住 宅 検 討 者 スーモカウンター 注 文 住 宅 をご 2013 年 9 月 4 日 スーモカウンター 利 用 者 調 査 注 文 住 宅 編 ~ 建 築 会 社 選 びの 重 視 条 件 ~ 価 格 提 案 に 対 する 重 視 傾 向 が 高 まる 株 式 会 社 リクルート 住 まいカンパニー( 本 社 : 東 京 都 千 代 田 区 代 表 取 締 役 社 長 野 口 孝 広 )が 運 営 する スーモカウンター 注 文 住 宅 では 注 文 住

More information

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制 テ ィスクローシ ャー 誌 の 記 載 項 目 について このディスクロージャー 資 料 は 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 並 びに 金 融 庁 告 示 農 林 水 産 省 告 示 の 規 定 に 基 づいて 作 成 しています なお 同 規 則 告 示 に 規 定 する 開 示 項 目 は 次 のとおりです 単 体 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 第 204 条 第 1

More information

競 合 分 析 から 得 られるもの (1) 競 合 各 社 のパフォーマンスが 把 握 できます 自 社 サイトと 競 合 サイトを 比 較 し 各 サイトのパフォーマンスはどうなっているか? 集 客 力 が 強 いのはどこ か?CV 率 (*1)が 高 いのはどこか?など 各 社 の 状 況 の

競 合 分 析 から 得 られるもの (1) 競 合 各 社 のパフォーマンスが 把 握 できます 自 社 サイトと 競 合 サイトを 比 較 し 各 サイトのパフォーマンスはどうなっているか? 集 客 力 が 強 いのはどこ か?CV 率 (*1)が 高 いのはどこか?など 各 社 の 状 況 の パネルデータを 用 いた 競 合 サイト 分 析 サービス 開 始 2013/02/13 株 式 会 社 アイ エム ジェイ 東 京 都 目 黒 区 青 葉 台 3-6-28 代 表 取 締 役 社 長 櫻 井 徹 パネルデータを 用 いた 競 合 サイト 分 析 サービス 開 始 株 式 会 社 アイ エム ジェイ( 本 社 : 東 京 都 目 黒 区 代 表 取 締 役 社 長 : 櫻 井 徹

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

はじめに

はじめに 日 本 薬 剤 師 会 が 構 築 中 の 電 子 お 薬 手 帳 について 自 民 党 I T 戦 略 特 命 員 会 社 会 保 障 に 関 す る 情 報 シ ス テ ム 小 委 員 会 ヒ ア リ ン グ 説 明 資 料 平 成 27 年 6 月 10 日 はじめに 本 会 とお 薬 手 帳 の 関 わり 平 成 8~9 年 都 道 府 県 や 地 域 の 薬 剤 師 会 が 中 心 となり

More information

調 査 概 要 (2012 年 注 文 住 宅 動 向 トレンド 調 査 ) 調 査 目 的 注 文 住 宅 建 築 者 / 検 討 者 ( 建 築 予 定 者 ) 意 識 や 行 動 把 握 調 査 対 象 下 記 条 件 満 すマクロミルモニター 男 女 個 人 建 築 者 1 年 以 内 一

調 査 概 要 (2012 年 注 文 住 宅 動 向 トレンド 調 査 ) 調 査 目 的 注 文 住 宅 建 築 者 / 検 討 者 ( 建 築 予 定 者 ) 意 識 や 行 動 把 握 調 査 対 象 下 記 条 件 満 すマクロミルモニター 男 女 個 人 建 築 者 1 年 以 内 一 2012 年 11 月 16 日 家 づくり 全 体 2012 年 注 文 住 宅 動 向 トレンド 調 査 スマートハウス 認 知 率 87.3% 87.3% 対 前 年 46.2ポイント 増 平 均 許 容 コストは240 万 円 台 水 準 株 式 会 社 リクルート 住 まカンパニー( 本 社 : 東 京 都 千 代 田 区 代 表 取 締 役 社 長 : 葛 原 孝 司 )は 注 文 住

More information

1 UR 賃 貸 住 宅 の 現 状 1

1 UR 賃 貸 住 宅 の 現 状 1 第 2 回 第 4WG 資 料 6 UR 賃 貸 住 宅 の 現 状 と 今 後 の 方 向 性 について 平 成 25 年 10 月 18 日 1 UR 賃 貸 住 宅 の 現 状 1 1-1 UR 賃 貸 住 宅 ストックの 特 性 事 業 経 営 上 の 特 徴 一 定 年 数 で 出 口 戦 略 を 想 定 している 民 間 に 対 し 70 年 という 長 いタームで 事 業 実 施 減

More information

解 約 停 止 が 英 国 の 上 場 リートに 与 える 影 響 今 回 の 不 動 産 ファンドの 解 約 停 止 の 動 きについて 当 ファンドの 外 部 委 託 先 によると このような 不 動 産 ファン ドは 個 人 向 けに 過 去 5 年 間 人 気 がありファンド 残 高 は 1

解 約 停 止 が 英 国 の 上 場 リートに 与 える 影 響 今 回 の 不 動 産 ファンドの 解 約 停 止 の 動 きについて 当 ファンドの 外 部 委 託 先 によると このような 不 動 産 ファン ドは 個 人 向 けに 過 去 5 年 間 人 気 がありファンド 残 高 は 1 DIAM ワールド リート インカム オープン ( 毎 月 決 算 コース) 愛 称 : 世 界 家 主 倶 楽 部 販 売 用 資 料 2016 年 7 月 8 日 追 加 型 投 信 / 海 外 / 不 動 産 投 信 英 国 の 不 動 産 ファンド 解 約 停 止 報 道 について 7 月 5 日 に 英 国 の 不 動 産 ファンドが 解 約 を 停 止 したとの 報 道 がありましたが

More information

クルーズコントロール 下値目安値は 基準価額がこれを下回らないように目標とされる水準であり 基準価額が下値目安値を下回らないことを 委託会社が保証するものではありません ただし 当該水準は委託会社の判断により今後変更する場合があります 上記はイメージ図であり 実際にはこれと異なる場合があります 資金

クルーズコントロール 下値目安値は 基準価額がこれを下回らないように目標とされる水準であり 基準価額が下値目安値を下回らないことを 委託会社が保証するものではありません ただし 当該水準は委託会社の判断により今後変更する場合があります 上記はイメージ図であり 実際にはこれと異なる場合があります 資金 クルーズコントロール 販 売 用 資 料 2016 年 4 月 19 日 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 マイナス 金 利 環 境 下 における 当 ファンドの 現 金 等 の 運 用 について マイナス 金 利 環 境 下 4 月 18 日 より 投 資 信 託 の 余 資 運 用 として 利 用 する 金 銭 信 託 について 年 率 0.1%の 手 数 料 がかかる 状 況

More information

調 査 概 要 調 査 期 : 2011 年 10 月 ~2012 年 9 月 ーモカウ 利 者 調 査 新 築 マショ 編 2012 年 秋 版 調 査 概 要 調 査 対 象 : ーモカウ 新 築 マショ を 利 し 新 築 マショ 検 討 者 うち ーモカウ 新 築 マショ で 紹 介 れ 新

調 査 概 要 調 査 期 : 2011 年 10 月 ~2012 年 9 月 ーモカウ 利 者 調 査 新 築 マショ 編 2012 年 秋 版 調 査 概 要 調 査 対 象 : ーモカウ 新 築 マショ を 利 し 新 築 マショ 検 討 者 うち ーモカウ 新 築 マショ で 紹 介 れ 新 2012 年 12 月 4 ーモカウ 利 者 調 査 新 築 マショ 編 2012 年 度 秋 版 ~ マショ 購 入 者 特 徴 非 購 入 者 特 徴 ~ 購 入 者 新 築 マショ 見 学 は 非 購 入 者 約 2.6 倍 株 式 ルー まいカパニー( 本 : 東 京 都 千 代 田 区 代 表 締 役 長 葛 原 孝 司 )が 運 営 する ーモカウ 新 築 マショ では 新 築 マショ

More information

第 2 章 高 齢 者 を 取 り 巻 く 現 状 年 少 人 口 (0~14 歳 ) 生 産 年 齢 人 口 (15~64 歳 ) 老 年 人 口 (65 歳 以 上 ) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 ( 再 掲 ) 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年

第 2 章 高 齢 者 を 取 り 巻 く 現 状 年 少 人 口 (0~14 歳 ) 生 産 年 齢 人 口 (15~64 歳 ) 老 年 人 口 (65 歳 以 上 ) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 ( 再 掲 ) 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 第 2 章 高 齢 者 を 取 り 巻 く 現 状 1 八 王 子 市 の 高 齢 者 の 状 況 (1) 高 齢 者 人 口 の 推 移 ~ 本 市 においても 少 子 高 齢 化 がより 本 格 化 ~ 〇 本 市 の 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 をみると 年 少 人 口 (0~14 歳 )と 生 産 年 齢 人 口 (15 ~64 歳 )は 微 減 傾 向 にありますが 老 年

More information

事例でわかる!スマートフォン対応手法カタログ

事例でわかる!スマートフォン対応手法カタログ お 役 立立ち 資 料料 事 例例 でわかる! スマートフォン 対 応 手 法 カタログ 本 資 料料 が 提 供 される 目 的 以 外 の ならびに 御 社 ( 御 社 関 連 会 社 を 含 む) 以 外 の 第 3 者 による 利利 用 複 製 はご 遠 慮 願 います IMAGICA Imageworks, Inc. All rights reserved. 2014. 07. 18 はじめに

More information

ホテルオーナーに1 億 円 の 支 払 いを 命 じる 判 決 も 阪 神 淡 路 大 震 災 のとき 神 戸 市 兵 庫 区 内 でホテルの 一 部 が 倒 壊 し 宿 泊 客 2 人 が 死 亡 した この 事 故 では ホテルの 増 築 部 分 には 地 震 に 耐 える 強 度 がなく 工

ホテルオーナーに1 億 円 の 支 払 いを 命 じる 判 決 も 阪 神 淡 路 大 震 災 のとき 神 戸 市 兵 庫 区 内 でホテルの 一 部 が 倒 壊 し 宿 泊 客 2 人 が 死 亡 した この 事 故 では ホテルの 増 築 部 分 には 地 震 に 耐 える 強 度 がなく 工 地 震 国 の 責 任 : 全 面 ガラス 張 りの 高 層 ビルは 無 用 保 険 屋 が 見 た 建 築 のプロ 責 任 (4) 2011/ 02/25 2 月 22 日 にニュージーランドで 直 下 型 地 震 が 起 き 大 きな 被 害 が 発 生 している ( ニュージーランドで 再 びM6.3の 直 下 型 地 震 ) 改 めて 地 震 の 怖 さを 痛 感 すると ともに ガラスの

More information

All About特集 とは 約1,300に及ぶガイドサイトの160,000本以上の記事を中心にシーズナリティ や流行にマッチした旬のテーマで記事をまとめた All Aboutの編集企画です 特集トップページ または スポンサードコンテンツ ガイド記事 まとめ 様々なガイドがそれぞれの切り口で執筆し

All About特集 とは 約1,300に及ぶガイドサイトの160,000本以上の記事を中心にシーズナリティ や流行にマッチした旬のテーマで記事をまとめた All Aboutの編集企画です 特集トップページ または スポンサードコンテンツ ガイド記事 まとめ 様々なガイドがそれぞれの切り口で執筆し 2014.5.20 更 新 All About 特 集 広 告 案 内 2015 年 7 月 ~9 月 掲 載 分 -お 問 い 合 わせ 先 - 株 式 会 社 オールアバウト 150-0013 東 京 都 渋 谷 区 恵 比 寿 1-18-18 東 急 不 動 産 恵 比 寿 ビル 5F WEB 上 で 見 られる 広 告 案 内 ページ ADINFO http://corp.allabout.co.jp/adinfo/

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

施 設 名 ア ひがし イ 豊 後 大 野 市 等 施 設 一 覧 双 葉 在 地 連 絡 先 等 受 入 年 齢 開 時 間 三 重 町 小 坂 三 重 町 市 場 延 長 一 時 経 営 主 体 ~19:00 ( 社 ) 三 重 福

施 設 名 ア ひがし イ 豊 後 大 野 市 等 施 設 一 覧 双 葉 在 地 連 絡 先 等 受 入 年 齢 開 時 間 三 重 町 小 坂 三 重 町 市 場 延 長 一 時 経 営 主 体 ~19:00 ( 社 ) 三 重 福 ~ 豊 後 大 野 市 の 教 施 設 情 報 ~ ケ:おおのルンビニ サ: 千 歳 ツ: 市 立 おおのさくら 幼 稚 テ: 市 立 千 歳 幼 稚 コ: :いぬかい ト: 市 立 通 山 幼 稚 ナ: 犬 飼 幼 稚 大 野 町 犬 飼 町 ナ コ ク:あさじルンビニ 朝 地 町 ツ ケ 千 歳 町 テ サ ト エ:えだ ク エ オ シ ス オ:すがお キ キ: 緒 方 カ タ セ チ ウ イ

More information

社 会 保 険 算 定 基 礎 届 の 提 出 について 社 会 保 険 の 保 険 料 を 年 1 回 決 め 直 す 算 定 基 礎 届 の 提 出 時 期 になりました 社 会 保 険 料 はどのように 決 められているのでしょうか 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 と 厚 生 年 金 保

社 会 保 険 算 定 基 礎 届 の 提 出 について 社 会 保 険 の 保 険 料 を 年 1 回 決 め 直 す 算 定 基 礎 届 の 提 出 時 期 になりました 社 会 保 険 料 はどのように 決 められているのでしょうか 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 と 厚 生 年 金 保 事 務 所 だより 2015 年 6 月 号 Jun. 2015 6 SR-OFFICE JOURNAL 社 会 保 険 算 定 基 礎 届 の 提 出 について 注 目 トピックス 01 社 会 保 険 算 定 基 礎 届 の 提 出 について 社 会 保 険 の 保 険 料 を 年 1 回 決 め 直 す 算 定 基 礎 届 の 提 出 時 期 になりました 社 会 保 険 料 はどのように 決

More information

社 会 保 険 料 変 更 の 仕 組 み はじめに 社 会 保 険 料 の 変 更 には 2 つのタイミングがあります 毎 年 見 直 すタイミング 給 与 額 により 定 時 に 見 直 すタイミング 毎 年 9 月 に 社 会 保 険 料 算 定 基 礎 届 に 基 づき 社 会 保 険 料

社 会 保 険 料 変 更 の 仕 組 み はじめに 社 会 保 険 料 の 変 更 には 2 つのタイミングがあります 毎 年 見 直 すタイミング 給 与 額 により 定 時 に 見 直 すタイミング 毎 年 9 月 に 社 会 保 険 料 算 定 基 礎 届 に 基 づき 社 会 保 険 料 事 務 所 だより 2011 年 8 月 号 SR KUBO OFFICE NEWS LETTER August 2011 8 今 申 請 しておきたい 助 成 金 と 活 用 方 法 注 目 トピックス 01 社 会 保 険 料 変 更 の 仕 組 み 02 雇 用 促 進 税 の 活 用 について 6 月 下 旬 に 成 立 した 租 税 特 別 措 置 法 に 雇 用 促 進 税 制 が 盛

More information

Flow of presentation No. 0 ゼミの 流流 れ 0. はじめに 1.データの 種 類 と 説 明 2. 基 礎 集 計 の 方 法 3. 行行 動 モデルの 基 礎 4. 課 題

Flow of presentation No. 0 ゼミの 流流 れ 0. はじめに 1.データの 種 類 と 説 明 2. 基 礎 集 計 の 方 法 3. 行行 動 モデルの 基 礎 4. 課 題 第 1 回 スタートアップゼミ データの 集 計 と 行行 動 モデルの 基 礎 Data Aggregation and the Basis of Behavior Model M2 大 山 雄 己 Flow of presentation No. 0 ゼミの 流流 れ 0. はじめに 1.データの 種 類 と 説 明 2. 基 礎 集 計 の 方 法 3. 行行 動 モデルの 基 礎 4. 課

More information

はじめに 国 際 連 携 したいよね 国 際 シンポジウムの 開 催 が 決 まった! 日 本 の 存 在 感 が 薄 い 今 時 代 は 国 際 化 だ! 今 度度 海 外 から ポスドクが 来 る キャンパスに 留留 学 生が 増 えた 海 外 企 業 へ 成 果 を ライセンスすることに すば

はじめに 国 際 連 携 したいよね 国 際 シンポジウムの 開 催 が 決 まった! 日 本 の 存 在 感 が 薄 い 今 時 代 は 国 際 化 だ! 今 度度 海 外 から ポスドクが 来 る キャンパスに 留留 学 生が 増 えた 海 外 企 業 へ 成 果 を ライセンスすることに すば RA- S02 日 本 の 大 学 のファンを 増 やせ! ~ 国 際 連 携 プラットフォームづくりへ ~ 第 3 回 URAシンポジウム 第 5 回 RA 研 究 会 ~ 合 同 大 会 ~ 2013 年年 11 月18 日( 月) 13:00~ 14:30 2 階 交 流流 ホールI はじめに 国 際 連 携 したいよね 国 際 シンポジウムの 開 催 が 決 まった! 日 本 の 存 在 感

More information

IoTとダイバーシティ 日 時 : 12 月11 日 15:00-16:30 概 要 : ダイバーシティ とは 幅 広 く 性 質 が 異異 なるものが 混 在 しているという 意 味 の 英 語 です 私 達 の 社 会 にあてはめれば 性 別 や 年年 齢 国 籍 民 族 身 体 の 特 性 な

IoTとダイバーシティ 日 時 : 12 月11 日 15:00-16:30 概 要 : ダイバーシティ とは 幅 広 く 性 質 が 異異 なるものが 混 在 しているという 意 味 の 英 語 です 私 達 の 社 会 にあてはめれば 性 別 や 年年 齢 国 籍 民 族 身 体 の 特 性 な 2015 TRON Symposium Session IoTとダイバーシティ 2015 年年 12 月11 日( 金金) 越 塚 登 東 京 大 学 教 授 トロンフォーラム YRPユビキタス ネットワーキング 研 究 所 副 所 長 1 IoTとダイバーシティ 日 時 : 12 月11 日 15:00-16:30 概 要 : ダイバーシティ とは 幅 広 く 性 質 が 異異 なるものが 混 在

More information

日本の生命保険業績動向 ざっくり30年史(3)保険料収入・保険金支払など-銀行窓販で、復調?

日本の生命保険業績動向 ざっくり30年史(3)保険料収入・保険金支払など-銀行窓販で、復調? ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レター -- 日 本 の 生 命 保 険 業 績 動 向 ざっくり 3 年 史 (3) 保 険 料 収 入 保 険 金 支 払 など 銀 行 窓 販 で 復 調? 保 険 研 究 部 主 任 研 究 員 安 井 義 浩 (3)3-833 yyasui@nli-research.co.jp お 金 の 流 れだけみると 保 険 会 社 はまず 保 険 料 を

More information

建設特別・資産運用の基本方針

建設特別・資産運用の基本方針 建 設 業 退 職 金 特 別 共 済 事 業 資 産 運 用 の 基 本 方 針 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 変 更 平 成 22 年 12 月 27 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 変 更 平 成 28 年 3 月 1 日 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機

More information

個人事業者データベースのメリット 個人事業者を含むマス リテール層は 大量データベースを生かしたモデルの活用 格付制度の体系化など 客観的 定量的手法によるリスク管理 が特に効率的に機能する分野です 個人事業者データベース導入のメリット RDB 大企業モデル 大企業 事務コスト軽減 個人事業者向け融

個人事業者データベースのメリット 個人事業者を含むマス リテール層は 大量データベースを生かしたモデルの活用 格付制度の体系化など 客観的 定量的手法によるリスク管理 が特に効率的に機能する分野です 個人事業者データベース導入のメリット RDB 大企業モデル 大企業 事務コスト軽減 個人事業者向け融 日本リスク データ バンク株式会社個人事業者データベース 未来を想像し創造する データアーティスト 個人事業者データベースのメリット 個人事業者を含むマス リテール層は 大量データベースを生かしたモデルの活用 格付制度の体系化など 客観的 定量的手法によるリスク管理 が特に効率的に機能する分野です 個人事業者データベース導入のメリット RDB 大企業モデル 大企業 事務コスト軽減 個人事業者向け融資は一般に

More information

Microsoft Word - WSABMobile_FAQ_201408.docx

Microsoft Word - WSABMobile_FAQ_201408.docx FAQ はじめに 弊 社 が 昨 今 2000 人 以 上 のスマートデバイス 使 用 者 を 対 象 に 実 施 した 調 査 によると 対 象 者 の 40% 以 上 がスマートフォン 並 びにタブレットを 業 務 にも 利利 用していることが 分 かりました 個 人 用 端 末 の 業 務 利利 用 率率率 の 予 想 は 更更 に 高く 60%に 上 ります 近 年年 の 携 帯 電 話 タブレット

More information

株 式 や 債 券 の 発 行 会 社 が 倒 産 したら どうなるのですか? 証 券 会 社 の 分 別 管 理 とは どういうものですか? 株 式 や 債 券 は 大 幅 な 価 格 下 落 が 生 じます 元 本 はもちろん 配 当 や 利 息 なども 受 け 取 れなくなる 場 合 がありま

株 式 や 債 券 の 発 行 会 社 が 倒 産 したら どうなるのですか? 証 券 会 社 の 分 別 管 理 とは どういうものですか? 株 式 や 債 券 は 大 幅 な 価 格 下 落 が 生 じます 元 本 はもちろん 配 当 や 利 息 なども 受 け 取 れなくなる 場 合 がありま 証 券 会 社 が 破 たんした 場 合 のセーフティネット 投 資 者 の 保 護 について 証 券 会 社 が 破 たんしたら 株 式 や 債 券 はどうなるのですか? 破 たんした 証 券 会 社 の 発 行 した 株 式 や 社 債 に 投 資 した 場 合 で なければ 資 産 は 返 還 されます 2009 年 1 月 5 日 から 上 場 会 社 の 株 券 電 子 化 が スタートしました

More information

LSD2014_manual.ppt

LSD2014_manual.ppt 1 ライフサイエンス 辞 書 2014のご 案 内 ライフサイエンス 辞 書 の 基 本 的 な 使 い 方について 次 の 順 にご 紹 介 します 1. パソコン 設 定 2. オンライン 辞 書 3. プロジェクト 紹 介 まずインターネットで http://lsd-project.jp/ に 接 続 しましょう 辞 書 ダウンロードページ 2 ホームページ 右 端 にある ダウンロード をクリッ

More information

Microsoft Word - 修正對照表_1000105.doc

Microsoft Word - 修正對照表_1000105.doc 採 購 專 業 人 員 資 格 考 試 訓 練 發 證 及 管 理 辦 法 部 分 條 文 修 正 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 第 六 條 採 購 單 位 主 管 人 員 宜 取 得 採 購 專 業 人 員 進 階 資 格, 採 購 單 位 非 主 管 人 員 宜 取 得 採 購 專 業 人 員 基 本 資 格 前 項 主 管 及 非 主 管 人 員, 宜 於 其 就

More information

CONTENTS 1 2017 年 2 月 期 第 1 四 半 期 決 算 概 要 1 2 3 4 2017 年 2 月 期 第 1 四 半 期 セグメント 別 営 業 実 績 2017 年 2 月 期 上 期 施 策 について 巻 末 資 料 8 15 25

CONTENTS 1 2017 年 2 月 期 第 1 四 半 期 決 算 概 要 1 2 3 4 2017 年 2 月 期 第 1 四 半 期 セグメント 別 営 業 実 績 2017 年 2 月 期 上 期 施 策 について 巻 末 資 料 8 15 25 ディップ 株 式 会 社 ( 東 証 一 部 2379) 2017 年 2 月 期 第 1 四 半 期 決 算 説 明 資 料 2016 年 7 月 13 日 1 CONTENTS 1 2017 年 2 月 期 第 1 四 半 期 決 算 概 要 1 2 3 4 2017 年 2 月 期 第 1 四 半 期 セグメント 別 営 業 実 績 2017 年 2 月 期 上 期 施 策 について 巻 末

More information

【NEC発表用】離島ICT活用企画提案書 (読み取り専用)

【NEC発表用】離島ICT活用企画提案書 (読み取り専用) 沖 縄 県 御 中 離離 島 におけるICT 利利 活 用の 促 進 事 業 企 画 提 案 書 2015 年年 11 月25 日 日 本 電 気 株 式 会 社 教 育 分 野 ICT 活 用 離離 島 高 度度 人 材 育 成 プログラム コンセプト 離離 島 の 子 供 たちは 学 習 環 境 に 恵 まれないだけでなく 将 来 の 職 業 の 選 択 や 人 生における 大きな 影 響 を

More information

ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 (2) 国 民 年 金 (3) 厚 生 年 金 保 険 (4) 共 済 年 金 (5) 老 齢 給 付 (6) 障 害 給 付 (7) 遺 族 給 付 (8) 併 給 調 整 (9) 離 婚 時 年 金 分 割 (10) 請 求 手 続 6. 企 業

ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 (2) 国 民 年 金 (3) 厚 生 年 金 保 険 (4) 共 済 年 金 (5) 老 齢 給 付 (6) 障 害 給 付 (7) 遺 族 給 付 (8) 併 給 調 整 (9) 離 婚 時 年 金 分 割 (10) 請 求 手 続 6. 企 業 ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 ファイナンシャル プランニング3 級 学 科 試 験 A ライフプランニングと 資 金 計 画 1. ファイナンシャル プランニングと 倫 理 2. ファイナンシャル プランニングと 関 連 法 規 3. ライフプランニングの 考 え 方 手 法 ファイナンシャル プランニングと 倫 理 に 関 し 次 に 掲 げる 事 項 について 詳 細 な 知

More information

Microsoft Word - sr_office_journal_103_201401.doc

Microsoft Word - sr_office_journal_103_201401.doc 事 務 所 だより 2014 年年 1 月 号 Jan. 2014 1 YOSAKOI SR JOURNAL ブラック 企 業 と 言 われな いための 労 働 時 間 管 理 注 目トピックス 01 ブラック 企 業 と 言われないための 労 働 時 間 管 理理 就 業 環 境 に 関 する 世 間 の 関 心が 高まっています 労 働 時 間 管 理理 やルール 整 備 を 行行い ブラック

More information

ゲートキーパー養成研修用テキスト(第3版)

ゲートキーパー養成研修用テキスト(第3版) 木 食 日 身 金金 金金 日 大 子 心 大 辛 心 心 食 生 心 生 - 123 - 方 自 辛 子 子 食 生 大 生 文 言 大 生 生 生 子 心 - 124 - 子 入 生 心 一 心 心 食 身 生 辛 行行 自 自 車車 - 125 - 手 一 辛 行行 自 心 金金 金金 大 金金 金金 金金 一 生 金金 子 自 - 126 - 支 方 大 目 食 心 父 見見 心 心 母 父

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

Microsoft Word 住宅ローン債権

Microsoft Word 住宅ローン債権 ( 最 終 更 新 日 :2012 年 6 月 1 日 ) 1. 住 宅 ローンのリスクと 信 用 補 完 RMBS(Residential Mortgage Backed Securities: 住 宅 ローン 担 保 証 券 )の 信 用 補 完 は 貸 倒 リ スク 対 応 部 分 金 利 リスク 対 応 部 分 コミングルリスク 対 応 部 分 相 殺 リスク 対 応 部 分 に 分 解 でき

More information

2

2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 行行 二 人 十 目 入 日 一 行行 飛 鳥 月 車車 金金 生 見見 生 飛 人 行行 行行 山 日 行行 日 一 行行 自 自 身 生 長 見見 一 長 生 二 人 生 長 生 自 生 日 大 山 車車 山 一 人 金金 老老 生 入 行行 金金 自 老老 子 一 行行 見見 人 長 行行 子 高 生 行行 行行 行行 長 入 見見 自 日 一 自 一 人

More information

Microsoft Word - Megalodon_JPN.doc

Microsoft Word - Megalodon_JPN.doc 目 用 用 8. 言 入 足 音 手 言 一 音 方 1. 2. Windows XP SP2 or higher / x64 / Vista / Vista64 3. 方 手 立 手 手 自 手 手 音 行 日 行 日 入 4. 音 金 工 音 力 大 入 力 皮 金 工 比 一 音 音 音 音 5. 用 日 見 力 日 行 音 音 音 力 力 行 一 音 音 音 音 音 音 音 音 手 方 音

More information

は 以 下 のことに 注 意 する 必 要 がある 1 買 収 合 併 関 係 者 は 中 国 の 外 貨 管 理 に 関 する 法 律 に 従 い 遅 滞 なく 外 貨 管 理 機 関 にて 外 貨 の 許 可 登 記 記 録 と 変 更 手 続 をしなければなら ない 2 外 国 投 資 者 が

は 以 下 のことに 注 意 する 必 要 がある 1 買 収 合 併 関 係 者 は 中 国 の 外 貨 管 理 に 関 する 法 律 に 従 い 遅 滞 なく 外 貨 管 理 機 関 にて 外 貨 の 許 可 登 記 記 録 と 変 更 手 続 をしなければなら ない 2 外 国 投 資 者 が 資 本 取 引 2016 年 06 月 30 日 更 新 1. 資 本 取 引 の 外 貨 口 座 の 種 類 国 内 外 貨 口 座 管 理 規 定 (1997 年 10 月 15 日 より 実 施 )により 外 資 企 業 の 中 国 現 地 法 人 の 場 合 外 貨 資 金 は 用 途 に 応 じて 資 本 金 口 座 国 内 外 貨 ローン 専 用 口 座 外 債 専 用 口 座 などで

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

E1-KRS_2

E1-KRS_2 大 力力 支 高 力力 自 高 音 一 二 高 音 生 一 小 小 自 見見 一 一 手 力力 音 音 立立 用 高 用 金金 方 用 高 生 用 一 一 自 車車 工 金金 工 力力 力力 用 高 力力 一 欠 高 音 生 入 力力 高 入 力力 入 力力 入 力力 力力 入 力力 入 力力 大 高 力力 一 欠 用 子 用 音 方 用 用 入 方 用 力力 用 音 音 色 一 目 大 力力 高

More information

Excel(エクセル) 表 計 算 ソフト Vel. 対 応 2010 1. Excel の 了 起 動 と 終 2. 基 本 操 作 1(ブックを 開 く 画 面 操 作 ) Excel 基 礎 基 本 操 作 3. 基 本 操 作 2( 範 囲 選 択 ブックを 閉 じる) 4. 新 規 ブック

Excel(エクセル) 表 計 算 ソフト Vel. 対 応 2010 1. Excel の 了 起 動 と 終 2. 基 本 操 作 1(ブックを 開 く 画 面 操 作 ) Excel 基 礎 基 本 操 作 3. 基 本 操 作 2( 範 囲 選 択 ブックを 閉 じる) 4. 新 規 ブック 無 料 e ラーニング L-TEMP コース 一 覧 ビジネス 仕 事 に 役 立 つ ビジネスマナー 仕 事 で 使 える 電 話 応 対 今 さらきけない ビジネス 敬 語 かりやすいビジネス e メール の 作 り 方 ビジネス コミュニケーション 上 手 な 会 話 のコツ ビジネス 仕 事 がデキる 人 の 伝 え 方 キャリアコンサルタントから 学 ぶ 将 来 に 向 けたキャリア 復

More information

求人記事

求人記事 [ 本 気 で お 客 様 のことを 考 える ] [ 太 平 洋 建 材 株 式 会 社 ] 1. 大 阪 市 内 を 囲 い 込 む 建 材 商 社 皆 さんは 普 段 壁 や 天 井 を 意 識識 して 生 活 しているだろうか? 壁 天 井 と 一 言で 言ってもその 材 質 や 機 能 は 様 々だ デザイン 性 の 高いアルミ 化 粧 材 や 断 熱 材 不不 燃 性 吸 音 性 に 優

More information

GOLUCK報告資料

GOLUCK報告資料 スマホ 世 代 のマーケティング 戦 略略 ~ 若若 者 はどこに 消 えたのか?? ~ パチ 研 無 料料 セミナー 用 資 料料 (サマリー) 2014.3.5 開 催 株 式 会 社 GOLUCK 代 表 取 締 役 伊 藤 文 彦 会 社 案 内 株 式 会 社 GOLUCK e-まちタウン 100% 子 会 社 ( 光 通 信 Grp) 設 立立 2007 年年 3 月1 日 所 在 地

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内 参 考 資 料 平 成 25 年 6 月 28 日 総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内 法 ) 帰 属 主 義 ( 典 型 例 ) (

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

真 正 の 学 びとは 真 正 Authentic: 正 統 派 まっとう 本 物 真 正 の 学 び 教 科 の 本 質 に 即 した 学 び (by 佐 藤 学 ) ほんものの 学 び(まがいものでない 学 び) n 学 問 ( 自 然 科 学 社 会 科 学 人 文 科 学 諸 芸 )に 根

真 正 の 学 びとは 真 正 Authentic: 正 統 派 まっとう 本 物 真 正 の 学 び 教 科 の 本 質 に 即 した 学 び (by 佐 藤 学 ) ほんものの 学 び(まがいものでない 学 び) n 学 問 ( 自 然 科 学 社 会 科 学 人 文 科 学 諸 芸 )に 根 真 正 の 学 びの 授 業 デザイン Aug. 2012 村 瀬 公 胤 麻 布 教 育 研 究 所 真 正 の 学 びとは 真 正 Authentic: 正 統 派 まっとう 本 物 真 正 の 学 び 教 科 の 本 質 に 即 した 学 び (by 佐 藤 学 ) ほんものの 学 び(まがいものでない 学 び) n 学 問 ( 自 然 科 学 社 会 科 学 人 文 科 学 諸 芸 )に 根

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

歩 行行 者 移 動 支 援 とオープンデータ 日 時 : 12 月11 日 13:00-14:30 概 要 : 歩 行行 者 移 動 支 援 サービスは ユニバーサル 社 会 の 実 現 に 向 けた 取 組 の 一 環 として 身 体 的 状 況 年年 齢 言 語 等 を 問 わず いつでも ど

歩 行行 者 移 動 支 援 とオープンデータ 日 時 : 12 月11 日 13:00-14:30 概 要 : 歩 行行 者 移 動 支 援 サービスは ユニバーサル 社 会 の 実 現 に 向 けた 取 組 の 一 環 として 身 体 的 状 況 年年 齢 言 語 等 を 問 わず いつでも ど 2015 TRON Symposium Session 歩 行行 者 移 動 支 援 とオープンデータ 2015 年年 12 月11 日( 金金) 越 塚 登 東 京 大 学 教 授 トロンフォーラム YRPユビキタス ネットワーキング 研 究 所 副 所 長 1 歩 行行 者 移 動 支 援 とオープンデータ 日 時 : 12 月11 日 13:00-14:30 概 要 : 歩 行行 者 移 動

More information

_表紙.indd

_表紙.indd リスク 管 理 の 体 制 リスク 管 理 体 制 リスク 管 理 基 本 方 針 利 用 者 の 皆 さまに 安 心 してご 利 用 いただくためには より 健 全 性 の 高 い 経 営 を 確 保 し 信 頼 性 を 高 めていくことが 重 要 であると 感 じております このため 有 効 な 内 部 管 理 態 勢 を 構 築 し 直 面 する 様 々なリスクに 適 切 に 対 応 すべく

More information

ETF通期決算短信(サマリー情報様式)

ETF通期決算短信(サマリー情報様式) 平 成 28 年 8 月 期 決 算 短 信 ( 平 成 27 年 10 月 19 日 ~ 平 成 28 年 8 月 9 日 ) 平 成 28 年 9 月 27 日 フ ァ ン ド 名 i シェアーズ MSCI 日 本 株 最 小 分 散 ETF 上 場 取 引 所 東 大 名 福 札 コ ー ド 番 号 1477 売 買 単 位 1 口 連 動 対 象 指 標 MSCI 日 本 株 最 小 分 散

More information

㈱FESTIVAL PLAZA APPに対する違約金等請求訴訟の提起について

㈱FESTIVAL PLAZA APPに対する違約金等請求訴訟の提起について 費 用 補 償 請 求 事 件 及 び 事 業 配 当 金 請 求 事 件 判 決 概 要 (オスカードリーム) < 判 決 概 要 ( 平 成 23 年 12 月 9 日 )> 費 用 補 償 請 求 事 件 に 係 るみずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 の 請 求 を 認 容 する 事 業 配 当 金 請 求 事 件 に 係 る 大 阪 市 の 請 求 を 棄 却 する この 判 決 は 大

More information

2016/6/3 IMJ スマートフォ ン サイ ト最適化コン サルティン グサービ ス 開始 リリース情報 Press Room 当社の専門コンサルタントが定性的にユーザ ビリティをチェックする ヒューリスティッ ク評価 と 定量的にデータを分析する ア クセス解析 の2軸にて現状分析を行い ス

2016/6/3 IMJ スマートフォ ン サイ ト最適化コン サルティン グサービ ス 開始 リリース情報 Press Room 当社の専門コンサルタントが定性的にユーザ ビリティをチェックする ヒューリスティッ ク評価 と 定量的にデータを分析する ア クセス解析 の2軸にて現状分析を行い ス スマートフォンサイト 最 適 化 コンサルティングサービ ス 開 始 2012/11/29 株 式 会 社 アイ エム ジェイ 東 京 都 目 黒 区 青 葉 台 3-6-28 代 表 取 締 役 社 長 櫻 井 徹 大 証 JASDAQ (4305) スマートフォンサイト 最 適 化 コンサルティングサービス 開 始 - スマートフォンならではのニーズや 課 題 に 対 応 したサイト 最 適 化

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

士 人 月 革 月 鹿鹿 身 鹿鹿 立立 月 鹿鹿 士 人 立立 月 人 士 人 月 田 田 立立 士 一 入 月 士 谷 口 入 月 士 入 月 田 立立 士 子 入 月 立立 月 立立 立立

士 人 月 革 月 鹿鹿 身 鹿鹿 立立 月 鹿鹿 士 人 立立 月 人 士 人 月 田 田 立立 士 一 入 月 士 谷 口 入 月 士 入 月 田 立立 士 子 入 月 立立 月 立立 立立 士 人 月 立立 士 月 士 人 月 日 谷 士 鹿鹿 山 田 田 田 西 田 田 八 立立 立立 士 金金 金金 士 人 月 革 月 鹿鹿 身 鹿鹿 立立 月 鹿鹿 士 人 立立 月 人 士 人 月 田 田 立立 士 一 入 月 士 谷 口 入 月 士 入 月 田 立立 士 子 入 月 立立 月 立立 立立 日 士 士 自 自 士 1 2 3 4 5 6 7 8 9 金金 金金 n 行行 n 大

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

2 交 通 アクセス 3 会 社 概 要 4 そんぽの 家 の 特 徴 5 入 居 費 用 6 オーダーメイドケア 7 居 室 のレイアウト 8 そんぽの 家 での 生 活 ( 屋 内 ) 9 そんぽの 家 での 生 活 ( 屋 外 ) 10 ご 家 族 様 との 関 係 作 り 11 居 室 のご

2 交 通 アクセス 3 会 社 概 要 4 そんぽの 家 の 特 徴 5 入 居 費 用 6 オーダーメイドケア 7 居 室 のレイアウト 8 そんぽの 家 での 生 活 ( 屋 内 ) 9 そんぽの 家 での 生 活 ( 屋 外 ) 10 ご 家 族 様 との 関 係 作 り 11 居 室 のご SOMPOケア そんぽの 家 大 和 施 設 のご 案 内 入 居 一 時 金 0 円 の 介 護 付 有 料 老 人 ホーム 要 支 援 1~ 要 介 護 5 対 応 施 設.046-201-0100 242-0024 神 奈 川 県 大 和 市 福 田 1885-1 運 営 会 社.シルバーケア&サポートシステム 株 式 会 社 2016 Sompo Care Message Inc. All

More information

CONTENTS 1 2 3 4 第 19 期 第 1 四 半 期 決 算 概 要 第 19 期 第 1 四 半 期 セグメント 別 営 業 実 績 第 19 期 施 策 について 第 19 期 業 績 予 想 修 正 株 式 分 割 株 主 優 待 1

CONTENTS 1 2 3 4 第 19 期 第 1 四 半 期 決 算 概 要 第 19 期 第 1 四 半 期 セグメント 別 営 業 実 績 第 19 期 施 策 について 第 19 期 業 績 予 想 修 正 株 式 分 割 株 主 優 待 1 第 19 期 (2016 年 2 月 期 ) 第 1 四 半 期 決 算 説 明 会 2015.7.13 ディップ 株 式 会 社 ( 東 証 一 部 2379) CONTENTS 1 2 3 4 第 19 期 第 1 四 半 期 決 算 概 要 第 19 期 第 1 四 半 期 セグメント 別 営 業 実 績 第 19 期 施 策 について 第 19 期 業 績 予 想 修 正 株 式 分 割 株

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

目 次 Ⅰ. 目 的 2 (1) 背 景 (2) 検 討 にあたっての 問 題 意 識 Ⅱ. 現 状 と 課 題 4 (1) 建 物 価 値 の 評 価 に 関 する 取 組 と 課 題 1 評 価 者 検 査 事 業 者 宅 建 事 業 者 2 金 融 機 関 3 保 証 会 社 (2) 建 物

目 次 Ⅰ. 目 的 2 (1) 背 景 (2) 検 討 にあたっての 問 題 意 識 Ⅱ. 現 状 と 課 題 4 (1) 建 物 価 値 の 評 価 に 関 する 取 組 と 課 題 1 評 価 者 検 査 事 業 者 宅 建 事 業 者 2 金 融 機 関 3 保 証 会 社 (2) 建 物 リフォーム 市 場 活 性 化 のための 金 融 機 関 と 住 宅 関 連 事 業 者 の 連 携 に 向 けて 平 成 27 年 4 月 目 次 Ⅰ. 目 的 2 (1) 背 景 (2) 検 討 にあたっての 問 題 意 識 Ⅱ. 現 状 と 課 題 4 (1) 建 物 価 値 の 評 価 に 関 する 取 組 と 課 題 1 評 価 者 検 査 事 業 者 宅 建 事 業 者 2 金 融 機

More information

SRVとは SRVは 東 京 メトロ 南 北 線 東 急 目 黒 線 東 横 線 に 乗 り 入 れをしている 埼 玉 高 速 鉄 道 の 全 車 輌 に 取 り 付 けた 液 晶 画 面 に よる 映 像 広 告 媒 体 です 埼 玉 高 速 鉄 道 所 有 のすべて60 車 輌 (6 車 両 1

SRVとは SRVは 東 京 メトロ 南 北 線 東 急 目 黒 線 東 横 線 に 乗 り 入 れをしている 埼 玉 高 速 鉄 道 の 全 車 輌 に 取 り 付 けた 液 晶 画 面 に よる 映 像 広 告 媒 体 です 埼 玉 高 速 鉄 道 所 有 のすべて60 車 輌 (6 車 両 1 SRV 媒 体 資 料 車 輌 2016 年 度 2 月 版 株 式 会 社 サイホープロパティーズ さいたま 市 中 央 区 下 落 合 4-14-22 TEL 048-855-1581 1 SRVとは SRVは 東 京 メトロ 南 北 線 東 急 目 黒 線 東 横 線 に 乗 り 入 れをしている 埼 玉 高 速 鉄 道 の 全 車 輌 に 取 り 付 けた 液 晶 画 面 に よる 映 像

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

との 取 引 の 際 に 準 拠 法 をインド 法 としたとして も 通 常 そのこと 自 体 によって 日 本 企 業 に 大 き な 不 利 益 が 生 じるということはない ただし インドの 法 令 の 中 には 植 民 地 時 代 の 法 令 を 改 正 を 重 ねて 現 在 でも 使 用

との 取 引 の 際 に 準 拠 法 をインド 法 としたとして も 通 常 そのこと 自 体 によって 日 本 企 業 に 大 き な 不 利 益 が 生 じるということはない ただし インドの 法 令 の 中 には 植 民 地 時 代 の 法 令 を 改 正 を 重 ねて 現 在 でも 使 用 シリーズ インドの 投 資 関 連 法 制 1 インドの 法 制 度 の 概 要 /インド 企 業 と 契 約 する 場 合 の 留 意 点 琴 浦 諒 * 1.はじめに 近 時 成 長 市 場 としての 将 来 性 を 見 込 んで ま た 中 国 に 次 ぐ 戦 略 的 な 進 出 先 として インドに 投 資 進 出 する 日 本 企 業 が 増 加 してい インドに 投 資 進 出 するに

More information

koboデスクトップアプリ ユーザーガイド

koboデスクトップアプリ ユーザーガイド 1 目... 4... 5 用... 6 用... 8 子 入... 10... 13 2 ... 13... 13 子... 16 子... 18... 19... 22 3 用 子 子 4 子 子 5 用 用 子 用 6 用 1. 2. 用 3. 4. 5. 面 行行 7 用 用 子 用 8 用 1. 2. 用 3. 4. 自 5. 9 子 入 方 見見 見見 入 入 入 子 子 子 10 見見

More information

住 宅 融 資 の 仕 組 み 住 宅 融 資 は 独 政 法 住 宅 融 援 機 構 ( 以 下 機 構 といいます )が う 融 機 関 の 住 宅 ローン 貸 出 に 対 する 公 的 な 信 用 です 住 宅 融 資 は 融 機 関 の う 住 宅 ローン 貸 出 の 損 害 を 填 補 す

住 宅 融 資 の 仕 組 み 住 宅 融 資 は 独 政 法 住 宅 融 援 機 構 ( 以 下 機 構 といいます )が う 融 機 関 の 住 宅 ローン 貸 出 に 対 する 公 的 な 信 用 です 住 宅 融 資 は 融 機 関 の う 住 宅 ローン 貸 出 の 損 害 を 填 補 す 平 成 28 年 度 版 ( 融 機 関 さま 向 け 資 料 ) 住 宅 融 資 ご 案 内 住 宅 融 資 についてのご 相 談 お 問 合 せ 先 住 宅 融 援 機 構 住 宅 融 資 部 融 資 企 画 グループ 112-8570 東 京 都 文 京 区 後 楽 1 丁 目 4 番 10 号 03-5800-8149 ( 平 成 28 年 4 現 在 ) 住 宅 融 資 の 仕 組 み 住

More information

(2) 非 破 綻 清 算 参 加 者 の 特 別 清 算 料 による 負 担 に 係 る 上 限 設 定 期 間 の 導 入 特 別 清 算 料 による 補 填 は 上 限 設 定 期 間 に 発 生 した 破 綻 について 最 初 の 破 綻 発 生 時 における 各 非 破 綻 清 算 参 加

(2) 非 破 綻 清 算 参 加 者 の 特 別 清 算 料 による 負 担 に 係 る 上 限 設 定 期 間 の 導 入 特 別 清 算 料 による 補 填 は 上 限 設 定 期 間 に 発 生 した 破 綻 について 最 初 の 破 綻 発 生 時 における 各 非 破 綻 清 算 参 加 CDS 取 引 の 清 算 業 務 に 係 る 損 失 補 償 制 度 等 の 見 直 しについて 平 成 24 年 6 月 11 日 株 式 会 社 日 本 証 券 クリアリング 機 構 Ⅰ. 趣 旨 CDS 取 引 の 清 算 制 度 においては 清 算 参 加 者 の 破 綻 に 伴 い 損 失 が 生 じた 場 合 破 綻 清 算 参 加 者 から 預 託 を 受 けた 担 保 等 によりその

More information

ハピタス のコピー.pages

ハピタス のコピー.pages Copyright (C) All Rights Reserved. 10 12,500 () ( ) ()() 1 : 2 : 3 : 2 4 : 5 : Copyright (C) All Rights Reserved. Copyright (C) All Rights Reserved. Copyright (C) All Rights Reserved. Copyright (C) All

More information

Copyright 2008 All Rights Reserved 2

Copyright 2008 All Rights Reserved 2 Copyright 2008 All Rights Reserved 1 Copyright 2008 All Rights Reserved 2 Copyright 2008 All Rights Reserved 3 Copyright 2008 All Rights Reserved 4 Copyright 2008 All Rights Reserved 5 Copyright 2008 All

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

Amazon VPCスターターパック Amazon VPCスターターパックのご 紹 介 Amazon VPCの 運 用に 際 しアルテリア ネットワークス 社 とサーバーワー クスが 協 業 で 提 供 するサービスです 1 万 拠 点 以 上 の VPN サービスを 手がけているアルテリア ネット

Amazon VPCスターターパック Amazon VPCスターターパックのご 紹 介 Amazon VPCの 運 用に 際 しアルテリア ネットワークス 社 とサーバーワー クスが 協 業 で 提 供 するサービスです 1 万 拠 点 以 上 の VPN サービスを 手がけているアルテリア ネット AWSで 仮 想 プライベートクラウドを 安 定 運 用 VPCスターターパック 説 明 資 料料 株 式 会 社 サーバーワークス 2015 年年 4 月 現 在 Amazon VPCスターターパック Amazon VPCスターターパックのご 紹 介 Amazon VPCの 運 用に 際 しアルテリア ネットワークス 社 とサーバーワー クスが 協 業 で 提 供 するサービスです 1 万 拠 点

More information

目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に 対 する 課 税 問 題... 1 1.2 長 期 に 渡 り 未 払 状 態 である 債 務 の 処 理... 3 1.3 中

目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に 対 する 課 税 問 題... 1 1.2 長 期 に 渡 り 未 払 状 態 である 債 務 の 処 理... 3 1.3 中 < 中 国 税 務 会 計 情 報 > 中 国 内 の 日 系 企 業 に 散 見 される 税 務 上 の 問 題 等 についての 考 察 2013 年 3 月 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

い Q. 中 途 退 社 の 人 の 源 泉 徴 収 票 を 出 力 したい A. 従 業 員 マスタ 給 与 タブの 年 調 区 分 を 不 要 とし 年 末 調 整 計 算 処 理 画 面 を 開 いて( 中 途 のデ ータで 再 計 算 されます) 画 面 を 保 存 後 出 力 してください

い Q. 中 途 退 社 の 人 の 源 泉 徴 収 票 を 出 力 したい A. 従 業 員 マスタ 給 与 タブの 年 調 区 分 を 不 要 とし 年 末 調 整 計 算 処 理 画 面 を 開 いて( 中 途 のデ ータで 再 計 算 されます) 画 面 を 保 存 後 出 力 してください 年 末 調 整 関 連 年 調 画 面 / 年 調 処 理 についてFAQ Q. 過 不 足 セットを 間 違 えたので セットする 前 の 状 態 に 戻 したい A. 年 調 計 算 処 理 画 面 を 開 き 直 して (1) 過 不 足 欄 の 数 字 を0にする (2) 充 当 金 額 (または 徴 収 金 額 )の 値 を0にする その 後 画 面 を 保 存 してください 違 う 明

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

ある なお, 中 国 政 府 は 増 値 税 と 営 業 税 の 統 合 を 目 指 しており, 一 部 取 引 に 関 して, 営 業 税 から 増 値 税 への 移 行 を 上 海 市 にて 2012 年 に 試 行 開 始 し, 順 次 その 地 域 を 拡 大 している 対 象 企 業 個

ある なお, 中 国 政 府 は 増 値 税 と 営 業 税 の 統 合 を 目 指 しており, 一 部 取 引 に 関 して, 営 業 税 から 増 値 税 への 移 行 を 上 海 市 にて 2012 年 に 試 行 開 始 し, 順 次 その 地 域 を 拡 大 している 対 象 企 業 個 国 際 税 務 研 究 会 国 際 税 務 2012 年 12 月 号 掲 載 中 国 PE 課 税 の 申 告 納 税 実 務 と 対 応 ポイント 税 理 士 法 人 プライスウォーターハウスクーパース 中 国 ビジネスグループ 公 認 会 計 士 税 理 士 簗 瀬 正 人 中 国 では 現 在, 徴 税 強 化 の 一 環 として 外 国 企 業 に 対 する PE(Permanent Establishment;

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information