税務証明事務取扱要綱

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "税務証明事務取扱要綱"

Transcription

1 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20 条 ) 第 6 章 その 他 ( 第 21 条 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 の 能 率 的 運 営 を 図 るため 税 務 証 明 閲 覧 の 範 囲 交 付 始 期 及 び 請 求 者 並 びに 手 数 料 の 件 数 区 分 等 を 定 め 当 該 窓 口 事 務 の 統 一 的 取 り 扱 いを 行 い 併 せて 納 税 者 等 の 秘 密 保 持 に 資 することを 目 的 とす る 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 証 明 閲 覧 の 範 囲 ) 第 2 条 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 第 20 条 の 10 及 び 第 382 条 の 3 に 規 定 する 証 明 法 第 22 条 の 規 定 に 抵 触 しない 限 りで 行 う 課 税 台 帳 収 納 簿 等 に 証 明 根 拠 があるその 他 の 証 明 の 範 囲 及 び 法 第 382 条 の 2 に 規 定 す る 閲 覧 については 次 に 掲 げる 事 項 とする (1) 納 税 に 関 する 証 明 ( 以 下 納 税 証 明 という ) (2) 所 得 及 び 課 税 に 関 する 証 明 ( 以 下 所 得 課 税 証 明 という ) (3) 市 県 民 税 の 課 税 がない 旨 の 証 明 ( 以 下 非 課 税 証 明 という ) (4) 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 記 載 されている 事 項 の 証 明 ( 以 下 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 という ) (5) 公 図 の 写 しの 証 明 (6) その 他 の 諸 証 明 (7) 固 定 資 産 の 課 税 台 帳 及 び 参 考 資 料 の 閲 覧 ( 以 下 閲 覧 という ) ( 証 明 及 び 閲 覧 の 内 容 ) 第 3 条 各 証 明 及 び 閲 覧 の 内 容 においては 次 に 掲 げる 事 項 とする (1) 納 税 証 明 各 証 明 年 度 について 納 付 または 納 入 すべき 税 額 納 付 または 納 入 した 税 額 未 納 の 税 額 納 期 限 未 到 来 額 がある 場 合 はその 旨 過 去 に 遡 って 証 明 する 場 合 の 範 囲 は その 請 求 日 に 交 付 することができる 最 新 のものを 含 む 過 去 5 年 分 とする - 1 -

2 (2) 所 得 課 税 証 明 ア 1 月 1 日 現 在 の 住 所 氏 名 収 入 金 額 ( 給 与 収 入 及 び 年 金 収 入 のみ) 所 得 金 額 所 得 控 除 額 課 税 標 準 額 税 額 税 法 上 の 扶 養 親 族 の 人 数 等 ただ し 申 請 時 の 住 所 と1 月 1 日 現 在 の 住 所 が 異 なる 場 合 は 最 新 の 住 所 地 を 記 載 するものとする 過 去 に 遡 って 証 明 する 場 合 の 範 囲 は その 請 求 日 に 交 付 することができる 最 新 のものを 含 む 過 去 5 年 分 とする ただし 年 度 切 替 処 理 時 において 過 去 4 年 以 前 の 交 付 が 難 しい 場 合 はこの 限 りではない イ アに 掲 げる 税 額 がないときは アでの 課 税 額 が 0 であることをもって 非 課 税 証 明 に 代 えることができるものとする (3) 非 課 税 証 明 当 該 年 度 に 市 県 民 税 の 課 税 がない 旨 の 証 明 を 行 うものとする (4) 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 ( 課 税 証 明 ( 公 課 証 明 ) 評 価 証 明 評 価 額 通 知 ) 証 明 は 各 証 明 年 度 の 1 月 1 日 現 在 の 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 記 載 されている 事 項 について 行 うものとする ア 土 地 については 納 税 義 務 者 の 住 所 及 び 氏 名 ( 名 称 ) 所 有 者 の 氏 名 ( 名 称 ) 所 在 地 番 現 況 地 目 登 記 地 目 地 積 評 価 額 課 税 標 準 額 税 額 等 イ 家 屋 については 納 税 義 務 者 の 住 所 及 び 氏 名 ( 名 称 ) 所 有 者 の 氏 名 ( 名 称 ) 所 在 地 番 家 屋 番 号 構 造 及 び 階 数 用 途 床 面 積 評 価 額 課 税 標 準 額 税 額 等 ウ 償 却 資 産 については 納 税 義 務 者 の 住 所 及 び 氏 名 ( 名 称 ) 所 有 者 の 氏 名 ( 名 称 ) 評 価 額 課 税 標 準 額 税 額 等 エ 民 事 訴 訟 費 用 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 46 年 法 律 第 40 号 ) 別 表 第 1 の 1 の 項 から 7 の 項 まで 10 の 項 13 の 項 及 び 14 の 項 の 上 欄 に 掲 げる 申 立 に 添 付 す るため 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 書 ( 評 価 証 明 )を 必 要 とする 場 合 は 課 税 標 準 額 税 額 等 の 記 載 はしないものとする オ 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 書 ( 評 価 額 通 知 )は 申 請 書 と 共 に 法 務 局 発 行 の 評 価 依 頼 書 の 提 出 があった 場 合 に 交 付 するものとする カ 過 去 に 遡 って 証 明 する 場 合 の 範 囲 は その 請 求 日 に 交 付 することができる 最 新 のものを 含 む 過 去 10 年 分 とする (5) 公 図 の 写 しの 証 明 公 図 の 写 しに 証 明 するもの (6) その 他 の 諸 証 明 ア 道 路 運 送 車 両 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 185 号 ) 第 97 条 の 2 の 規 定 により 運 輸 局 長 又 は 軽 自 動 車 検 査 協 会 に 提 出 する 軽 自 動 車 税 の 滞 納 がない 旨 の 証 明 イ 資 産 の 無 いことの 証 明 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 事 項 がないときは その 旨 の 証 明 また 共 有 資 産 については その 確 認 が 困 難 な 場 合 も 考 えられるため ( 共 有 資 産 を 除 く) 旨 付 記 するものとする - 2 -

3 ウ 滞 納 の 無 いことの 証 明 証 明 日 現 在 納 期 限 が 経 過 している 市 税 に 係 る 徴 収 金 に 未 納 となっている ものが 無 いことの 記 載 をするものとする ただし 市 県 民 税 ( 法 人 において は 法 人 市 民 税 及 び 特 別 徴 収 納 入 分 ) 固 定 資 産 税 軽 自 動 車 税 を 証 明 の 範 囲 とし いずれかの 税 目 に 未 納 がある 場 合 滞 納 の 無 いことの 証 明 を 交 付 する ことはできない エ 法 人 所 在 証 明 市 内 に 事 業 所 がある 法 人 の 名 称 本 店 及 び 営 業 所 等 の 所 在 地 を 法 人 市 民 税 の 課 税 台 帳 により 証 明 するもの (7) 閲 覧 ア 固 定 資 産 課 税 台 帳 固 定 資 産 の 所 有 者 納 税 義 務 者 その 他 政 令 で 定 める 者 に 係 る 固 定 資 産 とし て 政 令 で 定 めるものに 関 する 事 項 が 記 載 されている 部 分 又 はその 写 しを 閲 覧 に 供 するものとする 過 去 に 遡 って 閲 覧 の 申 請 がある 場 合 の 範 囲 は その 請 求 日 に 交 付 すること ができる 最 新 のものを 含 む 過 去 10 年 分 とする イ 固 定 資 産 参 考 資 料 公 図 の 写 しを 閲 覧 に 供 するものとする ( 証 明 の 交 付 時 期 及 び 閲 覧 の 開 始 時 期 ) 第 4 条 各 証 明 の 交 付 時 期 及 び 閲 覧 の 開 始 時 期 については 次 に 揚 げる 各 事 項 のと おりとする (1) 納 税 証 明 賦 課 処 分 ( 納 税 通 知 書 の 発 送 )をした 後 から ただし 法 人 等 の 市 民 税 の 納 税 証 明 については 申 告 書 が 提 出 され その 納 付 の 確 認 ができた 日 から 行 い 新 規 開 設 又 は 設 立 法 人 で 初 年 度 の 納 期 限 が 未 到 来 の 場 合 については 備 考 欄 に 〇 年 〇 月 〇 日 設 立 ( 又 は 開 設 ) 初 年 度 納 期 限 到 来 〇 年 〇 月 〇 日 と 記 載 するものとする (2) 所 得 課 税 証 明 非 課 税 証 明 については 事 務 処 理 終 了 後 とする (3) 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 については 原 則 として 4 月 1 日 から 行 うも のとする (4) 公 図 の 写 しの 証 明 については 年 間 を 通 じて 行 うものとし 撮 影 時 期 及 び 複 製 による 精 度 等 の 注 意 事 項 を 付 して 交 付 するものとする (5) その 他 の 諸 証 明 ア 資 産 の 無 いことの 証 明 年 間 を 通 じて 行 うことができる イ 滞 納 の 無 いことの 証 明 滞 納 の 無 いことの 証 明 については 年 間 を 通 じて 行 うことができる ただし 滞 納 の 無 いことの 証 明 の 証 明 基 準 日 について 原 則 請 求 日 現 在 と すべきであるが 各 税 目 とも 納 期 限 直 後 はその 納 付 が 確 認 できない 事 態 も 考 えられるため 直 近 の 納 期 限 から 営 業 日 10 日 以 内 ( 納 期 限 日 を 含 む )に 申 請 があった 場 合 で 当 該 直 近 の 納 期 に 係 る 納 付 状 況 のみが 不 明 であり 納 付 済 - 3 -

4 みの 確 認 が 困 難 であるものについては 当 該 証 明 に 係 る 申 請 日 直 前 の 納 期 限 の 前 日 ( 原 則 平 日 とし 休 日 の 場 合 は 直 近 の 金 融 機 関 営 業 日 ) を 証 明 基 準 日 として 基 準 日 現 在 において 滞 納 のないことについて 証 明 するものとする ただし 確 認 できないものについて 領 収 書 等 を 持 参 され 納 付 の 確 認 ができ る 場 合 は 請 求 日 現 在 で 証 明 できる ( 例 ) 請 求 日 平 成 26 年 5 月 13 日 で 直 近 の 納 期 限 が 4 月 30 日 の 場 合 平 成 26 年 4 月 28 日 現 在 次 の 市 税 に 係 る 徴 収 金 において 滞 納 はありま せん 市 県 民 税 ( 法 人 においては 法 人 市 民 税 及 び 特 別 徴 収 納 入 分 ) 固 定 資 産 税 軽 自 動 車 税 (6) 固 定 資 産 課 税 台 帳 については 固 定 資 産 の 価 格 を 登 録 した 旨 を 公 示 した 日 より 年 間 を 通 じて 閲 覧 することができるものとする (7) 固 定 資 産 参 考 資 料 については 年 間 を 通 じて 閲 覧 することができるものと する ( 市 民 税 課 で 取 り 扱 わない 証 明 ) 第 5 条 次 の 事 項 については 取 り 扱 わないものとする (1) 無 職 の 事 実 の 証 明 等 ( 所 管 は 山 口 市 健 康 福 祉 部 社 会 課 及 び 各 総 合 支 所 総 合 サ-ビス 課 健 康 福 祉 担 当 ) (2) 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 ( 昭 和 32 年 政 令 第 43 号 )の 規 定 による 住 宅 用 家 屋 の 証 明 ( 所 管 は 山 口 市 都 市 整 備 部 開 発 指 導 課 及 び 各 総 合 支 所 施 設 維 持 課 ) (3) 法 人 の 所 在 証 明 のうち 課 税 台 帳 にない 法 人 の 証 明 ( 所 管 は 山 口 市 総 務 部 総 務 課 及 び 各 総 合 支 所 総 務 課 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 次 に 掲 げる 者 以 外 の 者 からの 証 明 閲 覧 申 請 は 受 理 しないものとする ( 本 人 ) 第 6 条 税 務 証 明 交 付 閲 覧 申 請 書 ( 以 下 申 請 書 という 別 紙 様 式 1)に 自 ら 記 入 し 申 請 した 者 同 時 に 下 記 の 証 明 の 提 示 を 求 め 本 人 であることの 確 認 を 行 う (1) 1 種 類 の 提 示 でよいもの 運 転 免 許 証 パスポート 障 害 者 手 帳 等 在 留 カード 住 基 カード 健 康 保 険 証 年 金 手 帳 官 公 署 が 発 行 した 顔 写 真 のある 証 明 書 のいずれか (2) 複 数 提 示 が 必 要 なもの 納 税 通 知 書 福 祉 優 待 バス 乗 車 証 公 立 図 書 館 の 利 用 カード キャッシュ カード 社 員 証 学 生 証 クレジットカード 診 察 券 等 で 発 行 者 の 記 載 が あ り 発 行 者 によって 管 理 がなされているもの (3) これらの 証 明 書 を 持 参 していない 場 合 は 聴 聞 により 本 人 でなくては 知 り 得 ない 情 報 で 確 認 する ( 本 人 確 認 の 証 明 の 例 別 紙 2) - 4 -

5 う なお 以 下 ( 第 7~18 条 )の 全 てにおいても 証 明 の 提 示 を 求 め 確 認 を 行 ( 法 人 等 ) 第 7 条 法 人 関 係 の 証 明 の 場 合 は 法 人 名 入 り 代 表 者 印 またはその 代 表 者 印 の 押 印 された 申 請 書 を 持 参 していること 併 せて 窓 口 申 請 者 の 本 人 確 認 を 行 う 法 人 所 在 証 明 については 申 請 書 ( 別 紙 様 式 1)により 申 請 した 者 ( 本 人 自 筆 の 委 任 状 ( 別 紙 様 式 3)を 持 参 した 者 ) 第 8 条 委 任 状 は 次 の 項 目 を 記 載 した 原 本 とし 委 任 者 代 理 人 委 任 事 項 を 確 認 する (1) 証 明 の 請 求 受 領 に 関 する 権 限 を 代 理 人 に 委 任 する 事 項 日 付 (2) 代 理 人 の 現 住 所 氏 名 (3) 委 任 者 の 住 所 氏 名 押 印 ( 認 印 ) 生 年 月 日 連 絡 先 電 話 番 号 (4) 必 要 な 証 明 書 の 年 度 名 称 必 要 通 数 ( 納 税 管 理 人 ) 第 9 条 届 出 の 有 無 によって 確 認 する ( 相 続 人 ) 第 10 条 戸 籍 謄 本 等 の 相 続 関 係 が 分 かる 書 類 又 は 市 民 税 県 民 税 相 続 人 代 表 者 指 定 通 知 書 または 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 納 税 義 務 代 表 者 指 定 通 知 書 によって 確 認 し 写 しを 徴 する ただし 所 有 者 と 同 一 世 帯 であったことが 公 簿 等 で 確 認 できる 場 合 はこの 限 りではない ( 同 一 世 帯 の 親 族 ) 第 11 条 住 民 基 本 台 帳 上 同 一 世 帯 の 親 族 で 原 則 として 証 明 申 請 時 に 同 一 世 帯 で あることの 確 認 を 公 簿 等 により 行 う ( 物 件 の 買 受 人 でその 物 件 に 係 る 登 記 簿 謄 本 権 利 証 書 等 移 転 確 認 のできるも のを 持 参 した 者 ) 第 12 条 登 記 簿 謄 本 権 利 証 書 の 写 しを 徴 する ただし 申 請 日 に 取 得 できる 最 新 年 度 の 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 書 に 限 る ( 家 屋 又 は 土 地 について 賃 借 権 その 他 の 使 用 又 は 収 益 を 目 的 とする 権 利 ( 対 価 が 支 払 われるものに 限 る )を 有 する 者 ) 第 13 条 賃 貸 借 契 約 書 等 当 該 物 件 に 係 る 契 約 内 容 が 分 かる 書 面 の 写 しを 徴 する ( 破 産 管 財 人 清 算 人 等 の 法 定 代 理 人 ) 第 14 条 選 任 を 証 する 書 面 又 は 登 記 簿 謄 本 の 提 示 を 求 め 写 しを 徴 する - 5 -

6 ( 訴 訟 関 係 者 等 ) 第 15 条 訴 訟 関 係 者 等 からの 申 請 については 以 下 の 各 事 項 のとおり 取 り 扱 う (1) 民 事 執 行 規 則 ( 昭 和 54 年 最 高 裁 規 則 第 5 号 ) 第 23 条 第 5 号 の 規 定 により 民 事 執 行 の 強 制 執 行 における 強 制 競 売 の 申 立 書 の 添 付 書 類 として 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 書 ( 公 課 証 明 )を 求 める 者 不 動 産 の 強 制 競 売 申 立 書 及 び 執 行 力 のある 正 本 等 ( 債 務 名 義 )により 確 認 し 申 立 関 係 書 類 一 式 の 写 しを 徴 する (2) 民 事 執 行 規 則 第 73 条 の 規 定 により 民 事 執 行 の 強 制 執 行 における 強 制 管 理 の 申 立 の 添 付 書 類 として 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 書 ( 公 課 証 明 )を 求 め る 者 不 動 産 の 強 制 管 理 申 立 書 及 び 執 行 力 のある 正 本 等 ( 債 務 名 義 )により 確 認 し 申 立 関 係 書 類 一 式 の 写 しを 徴 する (3) 民 事 執 行 規 則 第 173 条 の 規 定 により 民 事 執 行 の 担 保 権 の 実 行 としての 不 動 産 競 売 の 申 立 又 は 不 動 産 収 益 執 行 の 申 立 の 添 付 書 類 として 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 書 ( 公 課 証 明 )を 求 める 者 不 動 産 競 売 申 立 書 又 は 不 動 産 収 益 執 行 申 立 書 担 保 権 の 存 在 を 証 する 確 定 判 決 若 しくは 家 事 審 判 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 152 号 ) 第 15 条 の 審 判 又 はこれらと 同 一 の 効 力 を 有 するものの 謄 本 等 により 確 認 し 写 しを 徴 する (4) 民 事 保 全 規 則 ( 平 成 2 年 最 高 裁 規 則 第 3 号 ) 第 20 条 第 1 号 ハの 規 定 により 民 事 執 行 の 仮 差 押 え 又 は 仮 処 分 命 令 の 申 立 の 不 動 産 の 価 額 を 証 する 書 面 とし て 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 書 ( 評 価 証 明 )を 求 める 者 平 成 2 年 9 月 27 日 自 治 省 税 務 局 固 定 資 産 税 課 長 内 かん( 以 下 自 治 省 固 定 資 産 税 課 長 内 かん という )により 示 された 様 式 又 は 税 務 証 明 交 付 閲 覧 申 請 書 ( 使 用 目 的 及 び 提 出 先 の 詳 細 な 記 載 があること)により 申 請 されているも のであること 及 び 仮 差 押 え 又 は 仮 処 分 命 令 の 申 立 書 により 確 認 し 写 しを 徴 する ただし 弁 護 士 司 法 書 士 が 自 治 省 税 務 局 固 定 資 産 税 課 長 内 かんにより 示 さ れた 様 式 で 申 請 する 場 合 は 申 立 書 は 必 要 としない (5) 民 事 保 全 規 則 第 32 条 第 1 号 の 規 定 により 民 事 保 全 の 仮 差 し 押 えの 執 行 に おける 不 動 産 の 強 制 管 理 の 申 立 の 添 付 書 類 として 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 書 ( 公 課 証 明 )を 求 める 者 仮 差 押 えの 執 行 の 申 立 書 及 び 仮 差 押 え 命 令 の 申 立 についての 手 続 きにおい てその 執 行 の 申 立 をする 旨 を 明 示 したことを 証 する 書 面 により 確 認 し 写 しを 徴 する (6) 訴 えの 提 起 にあたり 民 事 訴 訟 費 用 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 46 年 法 律 第 40 号 ) 第 3 条 及 び 第 4 条 ( 別 表 の 申 立 手 数 料 が 定 額 のものは 除 く )の 規 定 により 訴 訟 物 の 価 格 の 算 定 資 料 として 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 書 ( 評 価 証 明 )を 求 める 者 自 治 省 税 務 局 固 定 資 産 税 課 長 内 か ん に よ り 示 さ れ た 様 式 又 は 税 務 証 明 交 付 閲 覧 申 請 書 ( 使 用 目 的 及 び 提 出 先 の 詳 細 な 記 載 があること)により 申 請 さ れているものであること 及 び 当 該 訴 えに 係 る 訴 状 を 確 認 し 写 しを 徴 する ただし 弁 護 士 司 法 書 士 が 自 治 省 固 定 資 産 税 課 長 内 かんにより 示 された 様 - 6 -

7 式 で 申 請 する 場 合 訴 状 は 必 要 としない (7) 民 事 調 停 法 による 調 停 の 申 立 にあたり 民 事 訴 訟 費 用 等 に 関 する 法 律 第 3 条 及 び 第 4 条 の 規 定 により 申 立 手 数 料 の 算 定 資 料 として 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 書 ( 評 価 証 明 )を 求 める 者 自 治 省 税 務 局 固 定 資 産 税 課 長 内 か ん に よ り 示 さ れ た 様 式 又 は 税 務 証 明 交 付 閲 覧 申 請 書 ( 使 用 目 的 及 び 提 出 先 の 詳 細 な 記 載 があること)により 申 請 さ れているものであること 及 び 民 事 調 停 の 申 立 書 を 確 認 し 写 しを 徴 する ただし 弁 護 士 司 法 書 士 が 自 治 省 固 定 資 産 税 課 長 内 かんにより 示 された 様 式 で 申 請 する 場 合 は 申 立 書 を 必 要 としない (8) 借 地 非 訴 事 件 の 申 立 にあたり 民 事 訴 訟 費 用 等 に 関 する 法 律 第 3 条 及 び 第 4 条 の 規 定 により 借 地 非 訴 事 件 の 申 立 手 数 料 の 額 の 算 定 資 料 として 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 書 ( 評 価 証 明 )を 求 める 者 自 治 省 税 務 局 固 定 資 産 税 課 長 内 か ん に よ り 示 さ れ た 様 式 又 は 税 務 証 明 交 付 閲 覧 申 請 書 ( 使 用 目 的 及 び 提 出 先 の 詳 細 な 記 載 があること)により 申 請 さ れているものであること 及 び 借 地 非 訴 事 件 申 立 書 借 地 契 約 書 等 により 確 認 し 写 しを 徴 する ただし 弁 護 士 司 法 書 士 が 自 治 省 固 定 資 産 税 課 長 内 かんにより 示 された 様 式 で 申 請 する 場 合 は 申 立 書 を 必 要 としない (9) 民 事 執 行 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 4 号 ) 第 18 条 第 2 項 第 58 条 第 4 項 により 評 価 または 公 課 証 明 及 び 市 町 村 が 固 定 資 産 税 に 関 して 保 有 する 図 面 その 他 の 資 料 ( 家 屋 見 取 図 等 )の 写 しを 請 求 する 者 執 行 裁 判 所 の 請 求 の 場 合 には 調 査 嘱 託 書 ( 民 事 執 行 法 第 20 条 において 準 用 する 民 事 訴 訟 法 第 186 条 に 基 づくもの) 等 の 書 面 を 確 認 し 写 しを 徴 する ただし 証 明 事 項 に 関 しては 当 該 書 面 に 記 載 の 目 的 財 産 ( 執 行 の 目 的 財 産 が 土 地 である 場 合 にはその 上 にある 建 物 建 物 である 場 合 にはその 敷 地 ( 以 下 件 外 物 件 という )も 含 む )に 限 る 執 行 官 の 請 求 の 場 合 には 現 況 調 査 命 令 書 及 び 執 行 官 の 身 分 証 明 書 を 確 認 し 写 しを 徴 する ただし 証 明 事 項 に 関 しては 当 該 現 況 調 査 命 令 書 の 物 件 目 録 記 載 の 不 動 産 ( 件 外 物 件 を 含 む )に 限 る 評 価 人 の 請 求 の 場 合 には 評 価 命 令 書 及 び 請 求 者 が 評 価 命 令 により 評 価 人 に 選 任 されている 者 であることを 確 認 することができる 身 分 証 明 ( 運 転 免 許 証 等 )を 確 認 し 写 しを 徴 する ただし 証 明 事 項 に 関 しては 当 該 評 価 命 令 書 の 物 件 目 録 記 載 の 不 動 産 ( 件 外 物 件 を 含 む )に 限 る ( 司 法 書 士 又 は 土 地 家 屋 調 査 士 による 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 書 ( 評 価 額 通 知 )の 申 請 ) 第 16 条 司 法 書 士 又 は 土 地 家 屋 調 査 士 の 会 員 証 の 提 示 を 求 め 本 人 であることの 確 認 を 行 う 司 法 書 士 又 は 土 地 家 屋 調 査 士 本 人 が 来 庁 しない 場 合 には 司 法 書 士 又 は 土 地 家 屋 調 査 士 本 人 の 職 印 が 税 務 証 明 交 付 閲 覧 申 請 書 に 押 印 してあること 及 びその 事 務 所 の 職 員 であることの 証 明 ( 補 助 者 証 等 )で 確 認 し なお 必 要 があると 認 める 時 は 写 しを 徴 する - 7 -

8 法 務 局 が 発 行 する 評 価 依 頼 書 の 添 付 を 必 要 とする (その 他 ) 第 17 条 その 他 市 長 が 必 要 と 認 めたもの 第 4 章 手 数 料 証 明 手 数 料 は 山 口 市 使 用 料 手 数 料 徴 収 条 例 ( 平 成 17 年 10 月 1 日 条 例 第 2 号 ) 別 表 10 に 規 定 されている 額 を 徴 収 するものとする なお 手 数 料 の 徴 収 につい て 計 算 の 基 礎 となる 件 数 区 分 及 び 手 数 料 の 免 除 の 取 り 扱 いについては 次 により 行 うものとする ( 件 数 区 分 及 び 手 数 料 ) 第 18 条 件 数 区 分 は 山 口 市 使 用 料 手 数 料 徴 収 条 例 別 表 10 によるが 証 明 事 務 の 性 格 上 次 のとおり 扱 うものとする (1) 所 得 課 税 非 課 税 証 明 及 び 納 税 証 明 原 則 として 税 目 ( 個 人 市 民 税 と 個 人 県 民 税 は 同 一 の 税 目 と 見 なす) 及 び 年 度 ごとに1 件 100 円 とする (2) 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 ア 1 所 有 者 1 年 度 ごとに 土 地 又 は 家 屋 5 筆 ( 棟 )までを 100 円 とする また 共 有 名 義 についても1 所 有 者 として 扱 い 土 地 又 は 家 屋 5 筆 ( 棟 ) までを 100 円 とする 償 却 資 産 については 1 納 税 義 務 者 1 年 度 100 円 とする イ 法 務 局 発 行 の 評 価 依 頼 書 に 基 づいて 交 付 する 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 ( 評 価 額 通 知 )については 無 料 とする (3) 公 図 の 写 しの 証 明 1 枚 につき 300 円 とする (4) その 他 の 諸 証 明 ア 資 産 の 無 いことの 証 明 は 1 納 税 義 務 者 につき 1 件 100 円 とする イ 滞 納 の 無 いことの 証 明 は 1 納 税 義 務 者 につき 1 件 100 円 とする ウ 法 人 所 在 証 明 は 1 納 税 義 務 者 1 件 100 円 とする (5) 閲 覧 ア 固 定 資 産 課 税 台 帳 1 納 税 義 務 者 1 年 度 分 の 閲 覧 について 1 件 とし 1 件 1 回 100 円 とする また 共 有 名 義 分 を 閲 覧 する 場 合 についても 1 納 税 義 務 者 1 年 度 分 を 1 件 1 回 100 円 とする ただし 山 口 市 税 条 例 ( 平 成 17 年 10 月 1 日 条 例 第 52 号 以 下 市 税 条 例 という ) 第 73 条 の 2 により 縦 覧 期 間 中 における 閲 覧 については 手 数 料 を 徴 収 しないものとする 閲 覧 に 伴 う 公 図 の 写 し(コピー)は 1 枚 10 円 ( 雑 入 ) とする イ 固 定 資 産 参 考 資 料 公 図 の 写 しの 閲 覧 については 1 人 1 回 を 1 件 とし 100 円 とする 閲 覧 に 伴 う 公 図 の 写 し(コピー)は 1 枚 10 円 ( 雑 入 )とする (6) 道 路 運 送 車 両 法 第 97 条 の 2 の 規 定 により 運 輸 局 長 又 は 軽 自 動 車 検 査 協 会 に - 8 -

9 提 出 する 軽 自 動 車 税 の 滞 納 がない 旨 の 証 明 については 市 税 条 例 第 18 条 の 4 により 手 数 料 を 徴 収 しない ( 手 数 料 の 減 額 及 び 免 除 ) 第 19 条 手 数 料 の 減 額 及 び 免 除 は 山 口 市 使 用 料 手 数 料 徴 収 条 例 第 4 条 及 び 同 施 行 規 則 第 3 条 によるが 市 長 において 特 に 公 益 上 必 要 ありと 認 めたもの (2 号 )は 証 明 事 務 の 性 格 上 次 のとおり 扱 うものとする (1) 国 又 は 地 方 公 共 団 体 がその 事 務 の 執 行 につき 文 書 で 依 頼 したもので 市 長 が 必 要 と 認 めた 証 明 (2) 専 ら 公 益 のために 使 用 されることが 明 らかであると 市 長 が 認 めた 証 明 第 5 章 証 明 書 等 の 様 式 第 20 条 証 明 は 原 則 として 所 定 の 様 式 によって 行 うものとする ただし 所 定 の 様 式 による 証 明 が 困 難 な 場 合 には 別 の 様 式 によって 証 明 するものとする 第 6 章 その 他 第 21 条 証 明 書 交 付 に 関 する 具 体 的 取 り 扱 いについては 次 に 掲 げる 各 事 項 のと おりとする (1) 所 得 課 税 証 明 の 交 付 については 以 下 のとおり 扱 うものとする ア 世 帯 全 員 の 証 明 を 申 請 された 場 合 原 則 申 請 時 の 最 新 世 帯 について 同 一 の 世 帯 員 全 員 の 証 明 を 出 力 し 綴 じた 上 で 交 付 する 手 数 料 については 世 帯 全 員 で1 件 100 円 とする なお 最 新 世 帯 で 同 一 の 世 帯 員 であるが 転 出 再 転 入 等 による 事 務 処 理 が 原 因 で やむを 得 ず 別 に 証 明 が 出 力 される 場 合 は 別 途 綴 じないで 交 付 する こととなるが 手 数 料 については 最 新 の 同 一 世 帯 員 として 取 扱 い 世 帯 員 全 員 で1 件 100 円 とする また 最 新 世 帯 員 の 世 帯 員 の 中 に 他 市 区 町 村 課 税 等 で 発 行 できない 者 が 有 る 場 合 は その 原 因 が 本 人 又 は 同 一 の 世 帯 員 の 責 に 起 因 しない 場 合 に 限 り 他 の 世 帯 員 全 員 を 出 力 綴 じた 上 で 交 付 し 手 数 料 については 他 の 世 帯 員 全 員 で 1 件 100 円 として 扱 うものとする イ 世 帯 員 個 人 の 証 明 を 申 請 された 場 合 手 数 料 については 一 人 1 件 100 円 として 交 付 する なお 世 帯 員 全 員 について 各 員 個 別 に 証 明 が 必 要 な 場 合 は 一 人 ずつ 出 力 綴 じないで 交 付 するものとする (2) 非 課 税 証 明 書 の 交 付 については 以 下 のとおり 扱 うものとする 手 数 料 については 一 人 1 件 100 円 として 交 付 する なお 世 帯 員 全 員 について 課 税 者 については 所 得 課 税 証 明 を 非 課 税 者 については 非 課 税 証 明 を 申 請 された 場 合 は 前 号 の 規 定 にかかわらず 所 得 課 税 証 明 及 び 非 課 税 証 明 について 全 て 一 人 1 件 100 円 として 扱 うものとする (3) 所 得 課 税 証 明 非 課 税 証 明 の 申 請 時 に 本 人 と 世 帯 を 別 にしている 者 への - 9 -

10 証 明 交 付 については 原 則 として 委 任 状 を 必 要 とするが 生 計 を 一 にしているこ とが 明 らかで そのことが 公 簿 ( 家 族 氏 名 生 年 月 日 現 住 所 地 本 籍 地 等 ) 又 は 保 険 証 の 扶 養 等 により 確 認 できる 場 合 には 当 該 申 請 者 に 対 して 証 明 書 を 交 付 することができるものとする また 民 法 に 基 づく 親 権 者 が 申 請 日 現 在 20 歳 未 満 の 子 の 証 明 書 を 申 請 する 時 は 親 権 者 であることが 確 認 できる 場 合 に 限 って 交 付 することができるものとする なお この 場 合 の 別 世 帯 員 の 証 明 の 交 付 手 数 料 については ( 1) 号 の 規 定 に より 別 途 手 数 料 を 徴 収 する (4) 本 人 が 入 院 又 は 施 設 入 所 等 で 申 請 者 と 世 帯 を 別 にしており 税 及 びその 他 の 扶 養 確 認 もできず なおかつ 委 任 状 も 記 入 押 印 できない 状 態 である 場 合 には 当 該 申 請 者 に 委 任 状 が 持 参 できない 理 由 証 明 の 使 用 目 的 提 出 先 等 を 所 定 の 様 式 ( 申 立 書 ( 別 紙 様 式 4))に 記 入 押 印 を 求 めた 上 で 記 入 された 内 容 を 確 認 し 得 ると 判 断 するに 足 る 関 係 書 類 等 の 提 示 を 求 め もしくは 同 書 類 の 写 しを 徴 した 上 で その 状 況 及 び 内 容 等 から 証 明 発 行 することが 適 当 と 考 え られる 場 合 に 限 り 交 付 することができるものとする なお 必 要 があると 認 められる 場 合 は 証 明 該 当 者 が 入 院 入 所 している 病 院 施 設 等 に 電 話 による 確 認 等 を 行 うものとする (5) 納 税 証 明 について 納 税 者 が 該 当 の 税 額 を 既 に 納 付 又 は 納 入 しているが 収 納 簿 に 反 映 されていない 場 合 は 納 付 書 等 による 納 入 については 当 該 徴 収 金 の 領 収 書 口 座 振 替 による 納 入 については 記 帳 した 通 帳 の 提 示 を 求 めて 確 認 し 納 付 済 額 等 をシステム 上 でダイレクト 修 正 処 理 の 上 証 明 書 を 交 付 するものとす る ただし 特 別 徴 収 に 係 る 個 人 の 市 県 民 税 については 個 人 の 納 入 状 況 によ らず 特 別 徴 収 義 務 者 が 市 へ 納 入 した 税 額 をもって 納 税 証 明 を 行 うものとする (6) 特 別 徴 収 義 務 者 が 自 ら 特 別 徴 収 し 納 入 した 税 額 の 納 税 証 明 を 求 めてきた 場 合 には 特 別 徴 収 簿 で 税 額 到 来 額 未 納 額 等 を 確 認 の 上 証 明 する ( 参 考 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) 第 1 章 第 13 節 の 60 地 方 団 体 の 長 は 納 税 義 務 者 及 び 特 別 徴 収 義 務 者 が 法 令 等 に 掲 げられてい る 事 項 につき 納 税 証 明 書 の 交 付 を 求 めたときは これを 交 付 しなければなら ない (7) 年 度 を 越 えて 旧 年 度 の 追 徴 課 税 を 行 った 場 合 の 納 税 証 明 については 課 税 年 度 を 基 準 にして 同 一 課 税 年 度 で 2 納 税 年 度 分 の 納 税 証 明 書 を 出 力 することにな る なお この 場 合 の 手 数 料 については 1 件 として 扱 うものとする (8) 道 路 運 送 車 両 法 第 97 条 の 2 の 規 定 により 運 輸 局 長 又 は 軽 自 動 車 検 査 協 会 に 提 出 する 軽 自 動 車 税 の 滞 納 がない 旨 の 証 明 について 当 該 年 度 の 4 月 1 日 以 降 取 得 で 納 税 義 務 のない 場 合 については 当 該 車 両 の 車 検 証 で 登 録 年 月 日 を 確 認 の 上 手 入 力 により 当 該 年 度 について 滞 納 が 無 いことを 示 した 証 明 を 交 付 するも のとする また 減 免 又 は 非 課 税 の 場 合 には 上 記 と 同 様 に 減 免 又 は 非 課 税 であること を 示 した 証 明 を 交 付 するものとする (9) マンションの 敷 地 権 に 係 る 部 分 の 納 税 証 明 については 単 有 部 分 とは 別 に 個 人 コードが 作 成 されており システム 上 は 別 々に 表 示 される 年 度 がある この

11 場 合 は 単 有 納 税 分 とマンション 敷 地 権 納 税 分 両 方 の 合 算 分 の 納 税 証 明 書 を 出 力 することとなるが この 場 合 の 手 数 料 については 1 件 100 円 として 扱 うも のとする (10) 自 治 省 固 定 資 産 税 課 長 内 かんにより 示 された 様 式 で 固 定 資 産 課 税 台 帳 記 載 事 項 証 明 ( 評 価 証 明 )が 申 請 されている 場 合 は 土 地 又 は 家 屋 について 物 件 が 特 定 されていること (11) 庁 内 関 係 課 が 公 用 で 証 明 を 申 請 する 場 合 には 依 頼 文 書 本 人 の 同 意 を 確 認 できる 書 類 及 び 当 該 証 明 を 公 用 発 行 することが 公 益 上 妥 当 であることを 示 す 書 類 ( 事 業 計 画 の 決 裁 等 )の 写 しを 徴 し 証 明 書 に 公 用 印 を 押 印 の 上 交 付 するも のとする (12) 閲 覧 については 管 理 担 当 窓 口 で 申 請 受 付 及 び 手 数 料 の 徴 収 を 行 い 申 請 者 を 閲 覧 会 場 へ 誘 導 するものとする このとき 申 請 者 には 当 該 申 請 書 及 び 領 収 書 を 閲 覧 担 当 者 に 提 示 する 旨 を 伝 えるものとする (ただし 縦 覧 期 間 中 の 閲 覧 については 管 理 担 当 を 経 由 せず 閲 覧 会 場 で 直 接 受 け 付 けを 行 うものとす る ) また 閲 覧 担 当 者 は 当 該 申 請 者 より 申 請 書 及 び 領 収 書 の 提 示 があった 場 合 当 該 申 請 者 の 閲 覧 内 容 及 び 領 収 額 の 確 認 を 行 うものとし 申 請 された 内 容 以 外 の 閲 覧 防 止 に 努 めるものとする (13) 滞 納 の 無 いことの 証 明 の 確 認 方 法 について システム 上 で 納 期 経 過 分 の 市 税 について 未 納 となっているものが 無 いか 及 び 申 告 義 務 違 反 にあたるものは 無 いかを 確 認 するものとする ア 法 人 市 民 税 については 申 告 納 付 期 限 が 経 過 しているにもかかわらず 確 定 申 告 がなされていないものを 申 告 義 務 違 反 として 扱 う (その 際 申 告 延 長 が ないか 確 認 すること ) イ 固 定 資 産 税 の 納 付 確 認 範 囲 は 単 有 及 び 共 有 名 義 においては その 代 表 者 に ついてのみ 行 うものとする ウ 償 却 資 産 の 申 告 義 務 違 反 の 調 査 については その 納 税 義 務 者 が 法 人 であって 申 告 履 歴 が 無 い 場 合 又 は 個 人 で 以 前 に 申 告 履 歴 があるもののみ 償 却 資 産 担 当 へ 調 査 を 依 頼 するものとする エ 申 告 義 務 違 反 がある 場 合 は ただちに 申 告 を 依 頼 する そして 申 告 の 確 認 ができ 税 が 発 生 した 場 合 は 納 付 の 確 認 がとれれば 証 明 を 交 付 することができ る (14) 滞 納 の 無 いことの 証 明 について 証 明 基 準 日 において 滞 納 がある 場 合 は 収 納 課 と 連 携 を 取 り 滞 納 額 を 直 ちに 納 付 するよう 勧 奨 するものとする 納 付 勧 奨 に 応 じて 滞 納 額 を 納 付 した 場 合 は 証 明 日 現 在 滞 納 がないものとして 取 り 扱 う ものとし 以 下 の 場 合 についての 取 扱 いを 下 記 に 定 める ア 滞 納 の 無 いことの 証 明 で 減 免 を 受 けている 場 合 の 取 り 扱 い 全 額 減 免 されている 場 合 は 滞 納 の 発 生 する 余 地 がないため 滞 納 が 無 いもの として 扱 うものとする イ 滞 納 の 無 いことの 証 明 について 証 明 日 現 在 該 当 税 目 の 課 税 権 が 無 い 場 合 の 取 り 扱 い 証 明 日 現 在 該 当 年 度 の 該 当 税 目 に 滞 納 がないものとして 取 り 扱 うものと

12 する ウ 滞 納 の 無 いことの 証 明 について 不 納 欠 損 及 び 執 行 停 止 の 取 り 扱 い 不 納 欠 損 については 法 的 に 時 効 が 成 立 した( 調 定 が 無 くなる)ものである ため 未 納 には 含 まないものとする 執 行 停 止 については 調 定 自 体 が 無 くなるも のではないため 未 納 として 取 り 扱 う (15) 郵 便 による 証 明 の 請 求 については 以 下 に 定 める 郵 送 請 求 用 申 請 書 による 申 請 のほか 請 求 の 要 件 を 具 備 した 書 面 によってなされたものに 限 り 証 明 を 行 う ものとする ア 所 得 課 税 ( 非 課 税 ) 証 明 交 付 申 請 書 郵 便 請 求 用 ( 別 紙 様 式 5) イ 納 税 証 明 交 付 申 請 書 郵 便 請 求 用 ( 別 紙 様 式 6) ウ 納 税 証 明 ( 軽 自 動 車 車 検 用 ) 交 付 申 請 書 郵 便 請 求 用 ( 別 紙 様 式 7) エ 固 定 資 産 証 明 交 付 申 請 書 郵 便 請 求 用 ( 別 紙 様 式 8) オ 法 人 所 在 証 明 交 付 申 請 書 郵 便 請 求 用 ( 別 紙 様 式 9) (16) 山 口 市 ホームページからの 電 子 申 請 による 証 明 の 請 求 については 請 求 の 要 件 を 具 備 した 申 請 によるものに 限 り 証 明 を 行 うものとする (17) 証 明 事 務 の 詳 細 及 び 証 明 事 務 に 関 する 守 秘 義 務 の 範 囲 等 については 簿 冊 各 種 証 明 業 務 資 料 及 び 冊 子 守 秘 義 務 と 証 明 交 付 等 を 参 照 のこと (18) オンライン 停 止 時 には 別 紙 オンライン 停 止 時 における 税 証 明 の 窓 口 業 務 について の 手 順 で 対 処 するものとする (19) 証 明 事 務 に 関 し 疑 義 を 生 じた 場 合 には その 都 度 上 司 の 指 示 を 受 け 適 切 な 処 理 をすること この 要 領 は 平 成 17 年 10 月 1 日 から 施 行 する この 要 領 は 平 成 18 年 3 月 1 日 から 施 行 する この 要 領 は 平 成 19 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 要 領 は 平 成 20 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 要 領 は 平 成 21 年 2 月 23 日 から 施 行 する この 要 領 は 平 成 22 年 1 月 16 日 から 施 行 する この 要 領 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 要 領 は 平 成 23 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 要 領 は 平 成 24 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 要 領 は 平 成 25 年 1 月 7 日 から 施 行 する

13 この 要 領 は 平 成 25 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 要 領 は 平 成 26 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 要 領 は 平 成 27 年 1 月 5 日 から 施 行 する

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか,

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか, 個 人 再 生 手 続 申 立 てチェックリスト ver4,0 このチェックリストは, 申 立 書 の 作 成 にあたり, 各 項 目 をチェック( 確 認 調 査 検 討 )していくことにより, 申 立 書 を 正 確 に 作 成 するためのものです 各 チェック 項 目 は, 添 付 書 類 一 覧 表 で 提 出 すべき 資 料 としているにもかかわらず, これまで 提 出 忘 れが 多 かったものや,

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1 第 5 章 第 1 意 義 滞 納 処 分 事 務 第 1 節 通 則 滞 納 処 分 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 ( 納 入 )が 遅 滞 した 場 合 において 原 則 として 督 促 を 前 提 条 件 とし て 徴 税 吏 員 が 滞 納 者 の 財 産 を 差 し 押 さえ その 換 価 代 金 等 を 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 充 てる 行 政 処 分 をいい

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

Ⅴ Ⅵ 目 予 算 編 成 のフローチャートと 決 算 書 類 19 図 表 6 予 算 編 成 のフローチャート 20 図 表 7 収 支 報 告 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 備 品 台 帳 モデル 21 滞 納 金 回 収 に 関 する 管 理 会 社 の 業 務 と 役 割 25

Ⅴ Ⅵ 目 予 算 編 成 のフローチャートと 決 算 書 類 19 図 表 6 予 算 編 成 のフローチャート 20 図 表 7 収 支 報 告 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 備 品 台 帳 モデル 21 滞 納 金 回 収 に 関 する 管 理 会 社 の 業 務 と 役 割 25 目 マンションの 滞 納 管 理 費 等 回 収 実 務 ハンドブック 目 第 1 章 総 論 管 理 費 修 繕 積 立 金 の 重 要 性 と 徴 収 の 論 理 Ⅰ マンション 管 理 組 合 管 理 費 等 2 1 マンションとは 2 2 管 理 組 合 とは 2 3 管 理 費 等 とは 3 Ⅱ 管 理 費 修 繕 積 立 金 徴 収 の 論 理 とその 重 要 性 4 図 表 1 管 理

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手

は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手 申 請 の 手 引 平 成 24 年 3 月 東 京 都 収 用 委 員 会 事 務 局 は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手 続 編 で

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

につき 過 誤 納 となった 税 ( 金 ) 額 を 基 礎 金 額 として 端 数 計 算 を 行 うこと (2) 還 付 加 算 金 確 定 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるとき 又 はその 全 額 が1,000 円 未 満 であるときは その 端 数 金 額 又 はその 全 額

につき 過 誤 納 となった 税 ( 金 ) 額 を 基 礎 金 額 として 端 数 計 算 を 行 うこと (2) 還 付 加 算 金 確 定 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるとき 又 はその 全 額 が1,000 円 未 満 であるときは その 端 数 金 額 又 はその 全 額 ら 順 次 さか のぼって 過 誤 納 金 が 納 付 された ものとみ なして 計 算 すること (4) 還 付 又 は 充 当 をすべき 金 額 に 加 算 還 付 加 算 金 を 過 誤 納 金 に 加 算 して 還 付 し 又 は 充 当 を す る こ と を い う も の で あ る こ と オ 過 誤 納 金 債 権 の 質 入 れの 通 知 を 受 けた 場 合 に おいて そ の

More information

<93FC8E448CF68D B43816A2E786477>

<93FC8E448CF68D B43816A2E786477> 入 札 公 告 次 のとおり 総 合 評 価 ( 特 別 簡 易 型 事 後 確 認 ) 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 10 月 6 日 名 古 屋 市 病 院 局 長 大 原 弘 隆 [1] 工 事 名 東 部 医 療 センター 新 病 棟 改 築 電 気 工 事 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内 容 [4]

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A>

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A> 政 務 活 動 費 制 度 と 運 用 指 針 平 成 25 年 3 月 施 行 平 成 27 年 4 月 改 訂 静 岡 県 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 制 度 1 制 度 の 目 的 1 2 これまでの 経 緯 1 (1) 制 度 の 創 設 1 (2) 透 明 性 の 確 保 1 (3) 政 務 活 動 費 への 移 行 1 3 政 務 活 動 とは 2 4 根 拠 法 令 等

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当 平 成 20 年 度 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 報 告 書 金 融 資 産 負 債 台 帳 の 作 成 手 引 き 平 成 20 年 6 月 30 日 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表

More information

社会福祉法人 吉寿会定款

社会福祉法人 吉寿会定款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスがその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 し つつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会 において 営 むことができるよう 支 援 することを

More information

側 方 2, 裏 ), 38 正 面 路 線 ( 路 線 価 NO, 路 線 価 下 落 率 第 1 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 2 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 3 年 度 1, 正 面 非 道 路 サイン, 現 基 準 年 度 路 線 価, 奥 行 率, 補 正 1,

側 方 2, 裏 ), 38 正 面 路 線 ( 路 線 価 NO, 路 線 価 下 落 率 第 1 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 2 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 3 年 度 1, 正 面 非 道 路 サイン, 現 基 準 年 度 路 線 価, 奥 行 率, 補 正 1, ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 宛 名 情 報 1 レコードキー, 2 宛 名 番 号, 3 履 歴 番 号, 4 個 人 法 人 区 分, 5 宛 名 種 別, 6 住 所 コード, 7 市 外 識 別 サイン, 8 市 町 村 コード, 9 住 所 文 字 数, 10 住 所, 11 方 書, 12 個 人 法 人 名, 13 個 人 本 名, 14 個 人

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立 当 初 の 財 産 が 法

法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立 当 初 の 財 産 が 法 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 平 成 25 年 4 月 都 留 市 市 民 厚 生 部 福 祉 課 法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

目 次 1 手 続 の 流 れ P1 2 登 記 事 項 証 明 書 の 申 請 方 法 P2 3 財 産 目 録 の 提 出 方 法 P3 ( 財 産 目 録 年 間 収 支 予 定 表 と 記 載 例,コピーの 取 り 方 ) 4 後 見 ( 保 佐, 補 助 ) 監 督 について P10 (

目 次 1 手 続 の 流 れ P1 2 登 記 事 項 証 明 書 の 申 請 方 法 P2 3 財 産 目 録 の 提 出 方 法 P3 ( 財 産 目 録 年 間 収 支 予 定 表 と 記 載 例,コピーの 取 り 方 ) 4 後 見 ( 保 佐, 補 助 ) 監 督 について P10 ( 平 成 27 年 1 月 ( 第 4 版 ) 成 年 後 見 人 保 佐 人 補 助 人 ハンドブック 東 京 家 庭 裁 判 所 後 見 センター 東 京 家 庭 裁 判 所 立 川 支 部 後 見 係 目 次 1 手 続 の 流 れ P1 2 登 記 事 項 証 明 書 の 申 請 方 法 P2 3 財 産 目 録 の 提 出 方 法 P3 ( 財 産 目 録 年 間 収 支 予 定 表 と 記

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋 諮 問 ( 情 ) 第 27 号 答 申 第 1 審 査 会 の 結 論 特 定 区 分 所 有 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 という )に 係 る 家 屋 評 価 調 書 非 木 造 家 屋 評 価 計 算 書 及 び 図 面 ( 以 下 これらを 本 件 対 象 公 文 書 という )に 記 載 された 課 税 床 面 積 課 税 用 途 延 床 面 積 及 び 求 積 表 ( 以 下 本

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た 入 札 公 告 次 のとおり 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 9 月 30 日 [1] 工 事 名 西 築 地 小 埋 設 給 排 水 管 改 修 工 事 契 約 事 務 受 任 者 名 古 屋 市 財 政 局 契 約 監 理 監 柴 田 真 吾 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成 職 員 の 旅 費 に 関 する 条 例 の 一 部 を する 条 例 等 の 施 行 に 伴 う 旅 費 の 取 扱 いについて 平 成 18 年 3 月 29 日 17 高 教 職 第 1370 号 教 育 長 通 知 平 成 19 年 1 月 4 日 18 高 教 政 第 486 号 教 育 長 通 知 平 成 20 年 11 月 12 日 20 高 総 福 第 646 号 教 育 長 通 知

More information

野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 市 民 一 人 ひとりが 役 割 をもって 社 会 に 参 加 できるよう 市 が 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という

野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 市 民 一 人 ひとりが 役 割 をもって 社 会 に 参 加 できるよう 市 が 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という 要 綱 様 式 等 参 考 資 料 集 野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 P.1 野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 相 談 申 込 書 P.2 野 洲 市 市 民 相 談 総 合 推 進 委 員 会 設 置 要 綱 P.4 野 洲 市 自 立 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 P.6 野 洲 市 支 援 調 整 会 議 設 置 要 綱 P.8 野 洲

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

<413035918A926B8ED2977090E096BE8E9197BF8169918D8D878E7889878E918BE0816A2831292E786C73>

<413035918A926B8ED2977090E096BE8E9197BF8169918D8D878E7889878E918BE0816A2831292E786C73> 2013.04~ 総 合 支 援 資 金 を 利 用 して 生 活 建 に 向 けた 取 り 組 みをされる 方 へ 社 会 福 祉 法 人 東 京 都 社 会 福 祉 協 議 会 総 合 支 援 資 金 は 日 常 生 活 全 般 に 困 難 を 抱 えた 世 帯 の 生 活 の 建 て 直 しのために 継 続 的 な 相 談 支 援 と 生 活 費 及 び 一 時 的 な 資 金 の 貸 付 を

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 等 の 支 援 による 経 営 者 保 証 に 関 する ガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 手 順 本 手 順 は 産 業 競 争 力 強 化 法 第 127 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 中 小 企 業 再 生 支 援 業 務 を 行 う 者 として 認 定 を 受 けた 者 ( 以 下 認 定 支 援 機 関 という )

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

[ ] 13 13 13 13 14 14 34 46 55 55 56 57 62 64 69 70 71 72 27 23 *2. 1,500 500. 2 ( ( 1 2 25 3 P 0.25X10.15X20.20Y0.25Z0.15W P X1 X2 Y Z W X X2 Z Y 0.20 X1 0.25 X2 0.15 Z 0.25 (P W 0.15 4 5 ( ( ( 1 11,000

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8293878E7396AF9561894088E38BC696A28EFB8BE089F18EFB8BC696B188CF91F58CF695E58C5E8376838D837C815B8355838B8EC08E7B977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8293878E7396AF9561894088E38BC696A28EFB8BE089F18EFB8BC696B188CF91F58CF695E58C5E8376838D837C815B8355838B8EC08E7B977697CC2E646F6378> 高 島 市 民 病 院 医 業 未 収 金 回 収 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 本 要 領 は 高 島 市 民 病 院 医 業 未 収 金 回 収 業 務 委 託 に 係 る 契 約 の 相 手 方 となる 事 業 者 の 選 定 にあたり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 める 2 業 務 名 高 島 市 民 病

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

<5461726F2D323830363031208A6D94468F9197DE8FDA8DD72E6A7464>

<5461726F2D323830363031208A6D94468F9197DE8FDA8DD72E6A7464> 確 認 書 類 について 国 土 交 通 大 臣 許 可 業 者 については 経 営 事 項 審 査 に 係 る 経 営 規 模 等 評 価 を 申 請 す る 際 に 申 請 書 等 ( 経 営 規 模 等 評 価 申 請 書 別 紙 一 別 紙 二 及 び 別 紙 三 他 ) と 併 せて 確 認 書 類 を 提 出 して 下 さい 確 認 書 類 の 内 容 等 については 九 州 地 方 整

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

税 額 控 除 電 子 申 告 控 除, 配 当 控 除, 住 宅 取 得, 正 当 寄 附 金, 災 害 減 免 額, 外 国 税 額 控 除, 所 得 税 額,その 他 税 額 控 除, 耐 震 改 修 特 別 控 除, 復 興 特 別 所 得 税 額 特 徴 給 報 2 給 与 収 入 額,

税 額 控 除 電 子 申 告 控 除, 配 当 控 除, 住 宅 取 得, 正 当 寄 附 金, 災 害 減 免 額, 外 国 税 額 控 除, 所 得 税 額,その 他 税 額 控 除, 耐 震 改 修 特 別 控 除, 復 興 特 別 所 得 税 額 特 徴 給 報 2 給 与 収 入 額, ( 別 紙 1) 特 定 個 人 情 報 ファイルの 記 録 税 務 情 報 ファイル( 宛 名 管 理 関 係 ) 記 録 基 本 マスタ 個 人 番 号, 個 人 コード, 世 帯 コード, 生 年 月 日, 続 柄, 住 所 コード, 方 書 (カナ), 方 書 ( 漢 字 ), 世 帯 主 名 (カナ), 世 帯 主 名 ( 漢 字 ) 住 登 外 マスタ 15 個 人 コード, 世 帯 コード,

More information

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応)

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応) 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35に 関 する 覚 書 に 関 する 制 度 リスク 説 明 Ⅰ 制 度 内 容 について< 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 内 容 の 説 明 > 1~17は 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35 の 制 度 内 容 留 意 点 等 についての 説 明 です なお 本 内 容 については

More information

Microsoft Word - ②募集要項.doc

Microsoft Word - ②募集要項.doc 県 営 住 宅 滞 納 家 賃 回 収 弁 護 士 業 務 委 託 提 案 募 集 要 項 静 岡 県 県 営 住 宅 の 退 去 者 の 滞 納 家 賃 回 収 に 係 る 弁 護 士 業 務 委 託 に 関 する 提 案 募 集 について は 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 募 集 要 項 によるものとする 1 業 務 概 要 (1) 目 的 静 岡 県 が 管 理 する 県 営

More information

9 支 給 要 件 対 象 社 員 求 人 の 要 件 ハローワークが 実 施 する 面 接 会 で 対 象 となる 若 者 を 採 用 し た 場 合 にも 対 象 になります ハローワークが 実 施 する 面 接 会 の 場 合 本 奨 励 金 においてはその 開 催 日 を 紹 介 日 とみな

9 支 給 要 件 対 象 社 員 求 人 の 要 件 ハローワークが 実 施 する 面 接 会 で 対 象 となる 若 者 を 採 用 し た 場 合 にも 対 象 になります ハローワークが 実 施 する 面 接 会 の 場 合 本 奨 励 金 においてはその 開 催 日 を 紹 介 日 とみな 1 支 給 要 件 対 象 事 業 主 対 象 事 業 主 の 範 囲 東 京 労 働 局 管 内 で 若 者 応 援 宣 言 をしており 35 歳 未 満 の 若 者 を 採 用 すれば 奨 励 金 の 対 象 になります 本 奨 励 金 は 東 京 労 働 局 管 内 のハローワークから 紹 介 を 受 けた 日 において 都 内 の 若 者 応 援 宣 言 企 業 又 はユースエール 認 定

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

Ⅰ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 現 在 において 所 有 する 固 定 資 産 について 課 税 される 税 であ る 学 校 法 人 の 所 有 する 固 定 資 産 は 殆 ど 非 課 税 資 産 であるが 用 途 により 課 税 資 産 される 場 合

Ⅰ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 現 在 において 所 有 する 固 定 資 産 について 課 税 される 税 であ る 学 校 法 人 の 所 有 する 固 定 資 産 は 殆 ど 非 課 税 資 産 であるが 用 途 により 課 税 資 産 される 場 合 学 校 会 計 固 定 資 産 研 究 会 第 136 回 研 究 会 学 校 法 人 の 固 定 資 産 に 関 する 税 務 と 会 計 学 校 経 理 研 究 会 常 務 理 事 / 税 理 士 村 山 英 政 2015 年 6 月 17 日 Ⅰ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 現 在 において 所 有 する 固 定 資 産 について 課 税 される 税 であ

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information