農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである"

Transcription

1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1

2 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである このため 農 企 業 は 本 指 針 に 拠 り 計 算 書 類 を 作 成 することが 推 奨 され る Ⅱ 対 象 1. 本 指 針 の 適 用 対 象 者 本 指 針 の 適 用 対 象 は 農 業 法 人 とする 農 業 法 人 とは 農 事 組 合 法 人 株 式 会 社 又 は 持 分 会 社 であって 農 業 を 営 むものをいう 個 人 農 業 者 並 びに 集 落 営 農 組 織 など 個 人 農 業 者 を 構 成 員 とする 任 意 組 合 ( 民 法 上 の 組 合 をいう ) 及 び 人 格 のない 社 団 についても 計 算 書 類 を 作 成 するに 当 たり 本 指 針 に 拠 るこ とが 推 奨 される 本 指 針 では 本 指 針 の 適 用 対 象 者 を 農 企 業 という 関 連 項 目 農 業 法 人 に 対 する 投 資 の 円 滑 化 に 関 する 特 別 措 置 法 第 2 条 Ⅲ 本 指 針 の 記 載 範 囲 及 び 適 用 に 当 たっての 留 意 事 項 1. 本 指 針 の 記 載 範 囲 農 企 業 が 計 算 書 類 を 作 成 するに 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 を 網 羅 的 に 示 すこと は およそ 不 可 能 である そのため 本 指 針 では 特 に 農 企 業 において 必 要 と 考 えられる ものについて 重 点 的 に 言 及 している また 農 企 業 のほとんどが 中 小 企 業 であり 中 小 企 業 として 必 要 な 会 計 指 針 については 本 指 針 において 特 段 の 定 めがあるものを 除 き 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 を 準 用 する なお 農 業 会 計 においては これまで 勘 定 科 目 について 独 自 の 名 称 ( 注 )が 用 いられて きたが 商 業 簿 記 や 工 業 簿 記 と 共 通 の 概 念 を 持 つ 勘 定 科 目 は それらに 準 じた 共 通 の 勘 定 科 目 を 使 用 することとする また 製 造 原 価 報 告 書 に 相 当 する 財 務 諸 表 の 名 称 についても 生 産 原 価 報 告 書 と 呼 び 慣 わしてきたが 生 産 原 価 報 告 書 とした 場 合 農 産 加 工 業 などを 兼 営 する 場 合 には 農 業 に 係 る 生 産 原 価 報 告 書 と 農 産 加 工 業 に 係 る 製 造 原 価 報 告 書 の2 通 りを 財 務 会 計 において 作 成 しなければならないといった 問 題 が 生 ずる このため 2

3 いわゆる 農 業 の6 次 産 業 化 の 傾 向 も 踏 まえ これらを 一 本 化 して 製 造 原 価 報 告 書 とす ることとする あわせて 生 産 規 模 のように 熟 語 として 定 着 している 用 語 を 除 き 本 指 針 では できるかぎり 生 産 という 用 語 を 製 造 に 統 一 して 表 記 することとする 注 :たとえば 仕 掛 品 を 未 収 穫 農 産 物 肥 育 牛 機 械 装 置 を 大 農 具 などとしてきた 第 二 貸 借 対 照 表 Ⅰ 資 産 ( 棚 卸 資 産 ) 1. 棚 卸 資 産 の 範 囲 棚 卸 資 産 とは 商 品 又 は 製 品 ( 副 産 物 及 び 作 業 くずを 含 む ) 半 製 品 仕 掛 品 ( 未 収 穫 農 産 物 販 売 用 動 物 を 含 む ) 原 材 料 貯 蔵 品 ( 消 耗 品 で 貯 蔵 中 のもの)その 他 これらに 準 ずるものをいう 農 産 物 について 個 人 農 業 者 においては 収 穫 基 準 の 適 用 によって 時 価 で 評 価 されるため 農 産 物 勘 定 で 表 示 するが 農 業 法 人 においては 製 品 勘 定 を 使 用 する なお 本 指 針 における 棚 卸 資 産 とは 通 常 の 販 売 目 的 ( 販 売 するための 製 造 目 的 を 含 む ) で 保 有 する 棚 卸 資 産 をいうものとする したがって 育 成 仮 勘 定 は 販 売 するための 製 造 目 的 ではないため 棚 卸 資 産 の 区 分 ではなく 有 形 固 定 資 産 の 区 分 に 表 示 すること に 留 意 する また 果 樹 の 未 収 穫 果 実 及 び 家 畜 の 胎 児 については 未 収 穫 農 産 物 及 び 販 売 用 動 物 と 区 分 し 原 則 として 固 定 資 産 ( 生 物 又 は 育 成 仮 勘 定 ) 又 は 繰 延 資 産 ( 繰 延 生 物 ) の 一 部 分 として 取 り 扱 う 2. 棚 卸 資 産 の 取 得 価 額 (1) 取 得 価 額 自 己 の 栽 培 等 に 係 る 棚 卸 資 産 の 取 得 価 額 は その 資 産 の 栽 培 等 のために 要 した 原 材 料 費 労 務 費 及 び 経 費 の 額 とする ただし その 資 産 を 消 費 し 又 は 販 売 の 用 に 供 するために 直 接 要 した 費 用 の 額 がある 場 合 にはその 額 を 加 算 する (2) 副 産 物 又 は 副 産 物 を 原 材 料 とする 棚 卸 資 産 の 取 得 価 額 1 搾 乳 牛 が 出 産 した 子 牛 搾 乳 牛 が 出 産 した 子 牛 は 出 産 直 後 の 子 牛 の 評 価 額 にその 育 成 等 のために 要 した 費 用 の 額 を 加 算 して 取 得 額 を 計 算 する 出 産 直 後 の 子 牛 の 評 価 額 については 搾 乳 牛 が 出 産 した 子 牛 は 生 乳 生 産 の 副 産 物 であ るため 時 価 で 評 価 することになるが 人 工 授 精 等 の 繁 殖 作 業 を 自 己 が 行 った 場 合 におい ては 人 工 授 精 の 種 付 料 ( 冷 凍 精 液 代 等 を 含 む ) 又 は 受 精 卵 移 植 の 移 植 料 ( 受 精 卵 の 購 入 代 価 を 含 む )などの 費 用 の 額 をもって 評 価 額 とする 一 方 初 妊 牛 を 導 入 した 場 合 に おいては 種 付 料 や 移 植 料 の 実 際 原 価 は 不 明 であるが これら 種 付 料 等 の 標 準 原 価 をも って 評 価 額 とする 2 堆 厩 肥 原 材 料 費 のうち 主 要 原 材 料 である 家 畜 の 糞 尿 ( 混 合 された 使 用 済 みの 敷 料 を 含 む ) 3

4 の 評 価 額 を 零 として 取 得 価 額 を 計 算 する 3. 棚 卸 資 産 の 評 価 基 準 (1) 棚 卸 資 産 の 評 価 損 棚 卸 資 産 の 期 末 における 時 価 が 帳 簿 価 額 より 下 落 し かつ 金 額 的 重 要 性 がある 場 合 に は 時 価 をもって 貸 借 対 照 表 価 額 とする なお 次 の 事 実 が 生 じた 場 合 には その 事 実 を 反 映 させて 帳 簿 価 額 を 切 り 下 げなければ ならないことに 留 意 する 必 要 がある 1 棚 卸 資 産 について 災 害 により 著 しく 損 傷 したとき 2 著 しく 陳 腐 化 したとき 3 上 記 に 準 ずる 特 別 の 事 実 が 生 じたとき (2) 個 人 農 業 者 における 農 産 物 の 評 価 基 準 個 人 農 業 者 については 収 穫 基 準 の 適 用 により 農 産 物 の 収 穫 時 の 時 価 をもって 貸 借 対 照 表 価 額 とする (3) 副 産 物 副 産 物 は 搾 乳 牛 が 出 産 した 子 牛 を 除 き 時 価 で 評 価 することを 原 則 とする (4) 未 収 穫 果 実 胎 児 果 樹 の 未 収 穫 果 実 及 び 家 畜 の 胎 児 の 原 価 は 果 樹 又 は 母 畜 の 資 本 的 支 出 としてその 取 得 価 額 に 加 算 することを 原 則 とするが 果 樹 の 未 収 穫 果 実 及 び 家 畜 の 胎 児 を 原 価 により 評 価 して 別 個 の 資 産 とする 場 合 は 仕 掛 品 として 計 上 することができる (5) 時 価 (1)~(4)における 時 価 とは 原 則 として 正 味 売 却 価 額 ( 売 却 市 場 における 時 価 ( 売 却 市 場 がない 場 合 においては 見 積 売 却 価 額 )から 見 積 追 加 製 造 原 価 及 び 見 積 販 売 直 接 経 費 を 控 除 した 金 額 )をいう ( 有 形 固 定 資 産 ) 4. 生 物 育 成 仮 勘 定 (1) 生 物 の 定 義 農 業 用 の 減 価 償 却 資 産 である 生 物 をいう 果 樹 などの 永 年 性 作 物 や 繁 殖 用 家 畜 などがこ れに 該 当 する 税 法 上 減 価 償 却 資 産 となるものは 限 定 列 挙 されており 具 体 的 な 種 類 は 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 に 関 する 省 令 別 表 四 ( 以 下 別 表 四 という )に 掲 げられている なお ばら の 親 株 や 採 卵 用 鶏 など 別 表 四 に 掲 げられていない 生 物 を 資 産 計 上 のうえ 償 却 する 場 合 には 税 法 固 有 の 繰 延 資 産 として 取 り 扱 い 繰 延 生 物 として 表 示 する (2) 生 物 の 取 得 価 額 及 び 育 成 仮 勘 定 自 己 が 成 育 成 熟 させた( 以 下 自 己 育 成 という ) 生 物 の 取 得 価 額 は 購 入 代 価 等 又 は 種 付 費 出 産 費 種 苗 費 に 成 育 成 熟 のために 要 した 飼 料 費 肥 料 費 等 の 材 料 費 労 務 費 経 費 の 額 を 加 えた 金 額 とする 自 己 育 成 した 生 物 の 取 得 価 額 は 育 成 仮 勘 定 を 用 いて 取 得 価 額 を 集 計 する 棚 卸 資 産 で 4

5 ある 農 畜 産 物 などの 取 得 に 要 した 費 用 と 育 成 に 要 した 費 用 に 共 通 するものが 多 いので 期 中 においては 肥 料 費 や 飼 料 費 などの 費 用 勘 定 で 経 理 しておき 決 算 整 理 において 育 成 にか かる 原 価 を 按 分 して 育 成 費 振 替 高 として 製 造 原 価 ( 生 産 原 価 )から 除 外 して 期 末 日 又 は 成 熟 日 において 育 成 仮 勘 定 に 振 り 替 える さらに 期 中 に 成 熟 した 生 物 については 成 熟 日 において 育 成 仮 勘 定 から 生 物 勘 定 に 振 り 替 える 有 形 固 定 資 産 を 自 己 建 設 した 場 合 に 建 設 仮 勘 定 を 用 いるが 建 設 仮 勘 定 では 支 出 時 に 直 接 集 計 勘 定 に 経 理 するのに 対 し て 育 成 仮 勘 定 では 決 算 整 理 において 集 計 勘 定 に 振 り 替 える 処 理 をすることに 留 意 する なお 育 成 費 振 替 高 は 製 造 原 価 報 告 書 の 末 尾 において 控 除 形 式 により 表 示 する (3) 生 物 の 減 価 償 却 減 価 償 却 は 固 定 資 産 を 事 業 の 用 に 供 したときから 開 始 するが 生 物 の 減 価 償 却 は 当 該 生 物 の 成 熟 の 時 点 から 行 う 成 熟 の 時 点 とは 家 畜 のうち 乳 牛 については 初 産 分 娩 時 乳 牛 を 除 く 繁 殖 用 家 畜 については 初 産 のための 種 付 時 であり 果 樹 等 については 当 該 果 樹 等 の 償 却 額 を 含 めて 通 常 の 場 合 におおむね 収 支 相 償 うに 至 ると 認 められる 樹 齢 とする (4) 貸 借 対 照 表 上 の 表 示 生 物 及 び 繰 延 生 物 育 成 仮 勘 定 は 固 定 資 産 の 部 の 有 形 固 定 資 産 の 区 分 に 表 示 する 生 物 の 減 価 償 却 累 計 額 は 減 価 償 却 累 計 額 勘 定 により 有 形 固 定 資 産 から 一 括 して 控 除 形 式 で 表 示 する 方 法 ( 間 接 法 )によることを 原 則 とする これに 対 して 繰 延 生 物 に 対 す る 償 却 累 計 額 は その 繰 延 生 物 の 金 額 から 直 接 控 除 し その 控 除 残 高 を 繰 延 生 物 の 金 額 と して 表 示 する 方 法 ( 直 接 法 )による (5) 損 益 計 算 書 上 の 表 示 1 生 物 売 却 収 入 生 物 の 売 却 収 入 は 収 入 金 額 を 総 額 により 売 上 高 の 内 訳 科 目 として 表 示 する 勘 定 科 目 としては 一 括 して 生 物 売 却 収 入 とするか 又 は 飼 養 する 畜 種 に 応 じて 適 宜 廃 牛 売 上 高 廃 豚 売 上 高 などのように 区 分 して 記 載 する 固 定 資 産 売 却 損 益 のうち 営 業 目 的 によるものでないものは 重 要 性 に 乏 しいことから 一 般 に 純 額 により 特 別 損 益 の 部 に 表 示 されるが 畜 産 農 業 において 繁 殖 用 の 牛 や 豚 種 付 用 の 豚 などの 反 復 継 続 した 売 却 は 営 業 目 的 によるものであるから 総 額 主 義 の 原 則 が 適 用 され 純 額 による 表 示 は 認 められないことに 留 意 する 2 生 物 売 却 原 価 生 物 の 売 却 直 前 の 帳 簿 価 額 を 売 上 原 価 の 内 訳 科 目 として 表 示 する 勘 定 科 目 としては 一 括 して 生 物 売 却 原 価 とするか 又 は 飼 養 する 畜 種 に 応 じて 適 宜 廃 牛 売 上 原 価 廃 豚 売 上 原 価 などように 区 分 して 記 載 する 生 物 の 売 却 は 収 入 金 額 を 総 額 により 生 物 売 却 収 入 として 表 示 するとともに 売 却 直 前 の 帳 簿 価 額 を 生 物 売 却 原 価 に 振 り 替 えて 売 上 原 価 の 内 訳 科 目 として 表 示 す る ただし 事 故 として 家 畜 共 済 の 共 済 金 を 受 領 した 場 合 には 資 産 損 失 の 金 額 を 受 取 共 済 金 から 控 除 するため 生 物 売 却 原 価 のうち 資 産 損 失 相 当 額 を 受 取 共 済 金 と 相 殺 す 5

6 る 資 産 損 失 の 金 額 は 未 償 却 残 高 から 発 生 直 後 における 当 該 資 産 の 価 額 ( 処 分 価 額 ) を 控 除 した 残 額 となる なお この 場 合 資 産 損 失 相 当 額 控 除 後 の 受 取 共 済 金 の 金 額 が 保 険 差 益 の 額 となる (6) 未 収 穫 果 実 胎 児 の 取 扱 い 果 樹 の 未 収 穫 果 実 及 び 家 畜 の 胎 児 は 果 樹 又 は 母 畜 の 一 部 であるため 未 収 穫 果 実 又 は 胎 児 の 育 成 を 目 的 として 果 樹 又 は 母 畜 に 対 して 投 下 された 費 用 は 果 樹 又 は 母 畜 の 固 定 資 産 ( 又 は 繰 延 資 産 )としての 価 値 を 高 める 部 分 に 対 応 する 金 額 として 資 本 的 支 出 となる しかしながら 1 回 の 収 穫 における1 園 地 等 ( 資 産 計 上 の 単 位 ) 当 たりの 未 収 穫 果 実 の 育 成 に 要 した 費 用 又 は1 回 の 出 産 における 母 畜 1 頭 当 たりの 胎 児 の 育 成 に 要 した 費 用 が 各 事 業 年 度 又 は 各 年 別 に 20 万 円 に 満 たない 場 合 には 果 樹 又 は 母 畜 の 取 得 価 額 に 加 算 しない で 費 用 として 経 理 することが 認 められる なお 未 収 穫 果 実 及 び 胎 児 を 母 畜 と 一 体 として 時 価 により 評 価 する 場 合 未 収 穫 果 実 又 は 胎 児 は 果 樹 又 は 母 畜 と 未 分 離 の 状 態 で 単 体 での 販 売 が 不 能 のため 果 実 又 は 胎 児 の 部 分 の 金 額 を 零 とする 関 連 項 目 法 人 税 基 本 通 達 7-8-3( 少 額 又 は 周 期 の 短 い 費 用 の 損 金 算 入 ) 所 得 税 基 本 通 達 37-12( 少 額 又 は 周 期 の 短 い 費 用 の 必 要 経 費 算 入 ) 5. 圧 縮 記 帳 固 定 資 産 の 圧 縮 記 帳 の 会 計 処 理 は 原 則 として その 他 利 益 剰 余 金 の 区 分 における 積 立 金 として 計 上 するのが 原 則 であるが 国 庫 補 助 金 等 で 取 得 した 資 産 については 直 接 減 額 方 式 による 圧 縮 記 帳 をすることができる また 交 換 並 びに 収 用 等 特 定 の 資 産 の 買 換 え 及 び 保 険 金 等 で 交 換 に 準 ずると 認 められるものにより 取 得 した 固 定 資 産 についても 直 接 減 額 方 式 に 準 じた 処 理 も 認 められる 農 業 経 営 基 盤 強 化 準 備 金 制 度 による 圧 縮 記 帳 の 対 象 資 産 として 取 得 した 固 定 資 産 につい ては 本 来 積 立 金 として 計 上 すべきであるが 実 務 で 広 く 採 用 されていることを 踏 まえ 農 用 地 を 取 得 した 場 合 を 除 き 直 接 減 額 方 式 に 準 じた 処 理 も 認 められる 6. 助 成 付 きリース 国 等 の 事 業 による 助 成 付 きリースは 原 則 として 所 有 権 移 転 リース に 該 当 し 税 務 上 はリース 物 件 の 売 買 があったものとして 取 り 扱 われ 賃 借 人 はリース 物 件 を 資 産 に 計 上 して 減 価 償 却 することになる この 際 賃 借 人 は 実 質 的 な 助 成 金 交 付 対 象 者 として 助 成 金 相 当 額 を 圧 縮 記 帳 することができる この 場 合 において リース 料 総 額 に 助 成 金 相 当 額 を 加 算 し リース 期 間 終 了 後 の 買 取 価 格 が 定 められている 場 合 にはさらにこれを 加 算 した 金 額 が 圧 縮 記 帳 前 の 取 得 価 額 となるこ とに 留 意 する ( 投 資 その 他 の 資 産 ) 7. 経 営 安 定 積 立 金 (1) 経 営 安 定 積 立 金 の 定 義 6

7 国 の 経 営 安 定 対 策 によって 拠 出 した 生 産 者 積 立 金 のうち 資 産 計 上 すべきものをいう なお 国 の 経 営 安 定 対 策 の 制 度 としては 水 田 畑 作 経 営 所 得 安 定 対 策 による 収 入 減 少 影 響 緩 和 対 策 ( 収 入 減 少 補 てん) 加 工 原 料 乳 生 産 者 経 営 安 定 対 策 などがある (2) 貸 借 対 照 表 上 の 表 示 経 営 安 定 積 立 金 は 固 定 資 産 の 部 の 投 資 その 他 の 資 産 の 区 分 に 表 示 する (3) 損 益 計 算 書 上 の 表 示 経 営 安 定 対 策 の 補 填 金 は 特 別 利 益 の 部 に 経 営 安 定 補 填 収 入 として 表 示 する なお 拠 出 時 に 生 産 者 積 立 金 を 資 産 計 上 しているため 補 填 金 のうち 生 産 者 積 立 金 相 当 分 の 経 営 安 定 積 立 金 勘 定 を 取 り 崩 し 残 額 を 経 営 安 定 補 填 収 入 とする 関 連 項 目 企 業 会 計 原 則 第 二 一 第 三 五 及 び 同 注 解 1 法 人 税 法 施 行 令 第 54 条 所 得 税 基 本 通 達 27-1( 貸 衣 装 等 の 譲 渡 による 所 得 ) 所 得 税 基 本 通 達 49-27( 成 熟 の 年 齢 又 は 樹 齢 ) Ⅱ 負 債 ( 租 税 特 別 措 置 法 上 の 準 備 金 ) 1. 農 業 経 営 基 盤 強 化 準 備 金 (1) 貸 借 対 照 表 上 の 表 示 租 税 特 別 措 置 法 上 の 準 備 金 は 原 則 として 純 資 産 の 部 の その 他 利 益 剰 余 金 の 区 分 における 任 意 積 立 金 として 表 示 する( 剰 余 金 処 分 経 理 方 式 ) ただし 繰 越 利 益 剰 余 金 が 農 業 経 営 基 盤 強 化 準 備 金 の 積 立 限 度 額 を 下 回 る 場 合 に 剰 余 金 処 分 経 理 方 式 によって 積 立 限 度 額 までの 積 立 てをした 場 合 に 繰 越 利 益 剰 余 金 がマイナスになって 繰 越 欠 損 金 が 生 ずると いう 問 題 がある このような 事 態 を 避 けるため 農 業 経 営 基 盤 強 化 準 備 金 については 損 金 経 理 により 固 定 負 債 の 部 における 引 当 金 として 計 上 する 方 法 も 認 められる( 損 金 経 理 方 式 ) なお 個 人 農 業 者 における 農 業 経 営 基 盤 強 化 準 備 金 の 会 計 処 理 は 損 金 経 理 方 式 による (2) 損 益 計 算 書 上 の 表 示 農 業 経 営 基 盤 強 化 準 備 金 を 損 金 経 理 によって 積 み 立 てる 場 合 には 損 益 計 算 書 において 農 業 経 営 基 盤 強 化 準 備 金 繰 入 額 として 特 別 損 失 に 表 示 する また 過 年 度 の 損 金 経 理 によって 引 当 金 として 計 上 された 農 業 経 営 基 盤 強 化 準 備 金 を 取 り 崩 す 場 合 には 損 益 計 算 書 において 農 業 経 営 基 盤 強 化 準 備 金 戻 入 額 として 特 別 利 益 に 表 示 する Ⅲ 純 資 産 1. 資 本 金 資 本 金 は 設 立 又 は 株 式 の 発 行 に 際 して 株 主 となる 者 が 払 込 み 又 は 給 付 した 財 産 の 額 ( 払 込 金 額 )のうち 資 本 金 として 計 上 した 額 ( 会 社 法 第 445 条 )である 農 事 組 合 法 人 にお いては 資 本 金 を 出 資 金 出 資 金 を 外 部 出 資 として 表 示 することができる 7

8 2. 剰 余 金 剰 余 金 は 払 込 資 本 を 構 成 する 資 本 剰 余 金 と 留 保 利 益 を 表 す 利 益 剰 余 金 に 区 分 する (1) 資 本 剰 余 金 資 本 剰 余 金 は 資 本 取 引 から 生 じた 剰 余 金 であり 以 下 の2つに 区 分 する 1 資 本 準 備 金 株 式 会 社 又 は 持 分 会 社 における 増 資 による 株 式 の 払 込 金 額 のうち 資 本 金 に 組 み 入 れな かった 株 式 払 込 剰 余 金 のほか 農 事 組 合 法 人 が 新 たにその 出 資 者 となる 者 から 徴 収 した 加 入 金 の 額 も 資 本 準 備 金 として 取 り 扱 う 2その 他 資 本 剰 余 金 資 本 剰 余 金 のうち 資 本 準 備 金 以 外 のものである 資 本 金 及 び 資 本 準 備 金 の 取 崩 しによ って 生 じる 剰 余 金 ( 資 本 金 及 び 資 本 準 備 金 減 少 差 益 ) 及 び 自 己 株 式 処 分 差 益 が 含 まれる (2) 利 益 剰 余 金 利 益 剰 余 金 は 利 益 を 源 泉 とする 剰 余 金 (すなわち 利 益 の 留 保 額 )であり 以 下 の2 つに 区 分 される 1 利 益 準 備 金 株 式 会 社 又 は 持 分 会 社 においては その 他 利 益 剰 余 金 から 配 当 する 場 合 資 本 準 備 金 の 額 と 合 わせて 資 本 金 の 額 の4 分 の1に 達 していないときは 達 していない 額 か 配 当 額 の 10 分 の1の 額 のいずれか 少 ない 額 に 利 益 剰 余 金 配 当 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 計 上 しなけ ればならない( 会 社 法 第 445 条 第 4 項 会 社 計 算 規 則 第 22 条 ) 一 方 農 事 組 合 法 人 に おいては 配 当 額 に 関 係 なく 定 款 で 定 める 額 に 達 するまでは 毎 事 業 年 度 の 剰 余 金 の 10 分 の1 以 上 を 利 益 準 備 金 として 積 立 てなければならない( 農 業 協 同 組 合 法 第 51 条 第 73 条 第 2 項 ) 2その 他 利 益 剰 余 金 その 他 利 益 剰 余 金 のうち 任 意 積 立 金 のように 株 主 総 会 もしくは 取 締 役 会 又 は 総 会 の 決 議 に 基 づき 設 定 される 項 目 については その 内 容 を 示 す 項 目 をもって 区 分 し それ 以 外 については 繰 越 利 益 剰 余 金 に 区 分 する 税 法 上 の 特 例 を 利 用 するために 設 ける 農 業 経 営 基 盤 強 化 準 備 金 も 任 意 積 立 金 に 含 まれる 3. 剰 余 金 処 分 計 算 書 ( 又 は 損 失 金 処 理 計 算 書 ) 及 び 剰 余 金 処 分 案 ( 損 失 金 処 理 案 ) 剰 余 金 処 分 計 算 書 とは 繰 越 利 益 剰 余 金 ( 当 期 未 処 分 剰 余 金 )の 処 分 状 況 を 示 した 財 務 諸 表 で 農 事 組 合 法 人 など 協 同 組 合 法 人 において 作 成 されるものである 理 事 が 作 成 した 剰 余 金 処 分 案 ( 又 は 損 失 金 処 理 案 )が 総 会 において 承 認 されることによって 剰 余 金 処 分 計 算 書 ( 又 は 損 失 金 処 理 計 算 書 )となる 出 資 農 事 組 合 法 人 の 理 事 は 事 業 報 告 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 及 び 剰 余 金 処 分 案 又 は 損 失 処 理 案 を 作 成 しなければならない( 農 業 協 同 組 合 法 第 72 条 の 12 の9) 会 社 法 の 施 行 により 株 式 会 社 又 は 持 分 会 社 においては 利 益 処 分 案 ( 損 失 処 理 案 )が 廃 止 され これに 代 わって 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 の 作 成 が 義 務 付 けられたが 農 事 組 合 法 人 の 場 合 には 引 き 続 き 剰 余 金 処 分 案 の 作 成 が 必 要 とされることに 留 意 する 8

9 関 連 項 目 法 人 税 法 施 行 令 第 8 条 第 1 項 第 4 号 農 業 協 同 組 合 法 第 72 条 の 12 の9 第 三 損 益 計 算 書 Ⅰ 収 益 費 用 の 計 上 1. 収 益 及 び 費 用 の 計 上 に 関 する 一 般 原 則 農 企 業 の 経 営 成 績 を 明 らかにするため 損 益 計 算 書 において 一 会 計 期 間 に 属 するすべて の 収 益 とこれに 対 応 するすべての 費 用 を 計 上 する( 費 用 収 益 対 応 の 原 則 ) 原 則 として 収 益 については 実 現 主 義 により 認 識 し 費 用 については 発 生 主 義 により 認 識 する 収 益 及 び 費 用 の 計 上 について 複 数 の 会 計 処 理 の 適 用 が 考 えられる 場 合 取 引 の 実 態 を 最 も 適 切 に 表 す 方 法 を 選 択 する 選 択 した 方 法 は 毎 期 継 続 して 適 用 し 正 当 な 理 由 がな い 限 り 変 更 してはならない 2. 収 益 認 識 収 益 は 農 産 物 等 の 販 売 や 役 務 の 給 付 に 基 づき 認 識 され 農 企 業 は 各 取 引 の 実 態 に 応 じて 販 売 の 事 実 を 認 識 する 時 点 を 選 択 しなければならない (1) 一 般 的 な 販 売 契 約 における 収 益 認 識 基 準 商 品 等 の 販 売 や 役 務 の 給 付 に 基 づく 収 益 認 識 基 準 には 出 荷 基 準 引 渡 基 準 検 収 基 準 等 がある (2) 委 託 販 売 における 収 益 認 識 基 準 受 託 者 が 委 託 品 を 販 売 した 日 ( 精 算 書 に 記 録 )をもって 売 上 収 益 の 実 現 の 日 とする( 受 託 者 販 売 日 基 準 ) ただし 精 算 書 又 は 売 上 計 算 書 が 販 売 のつど 又 は 週 旬 月 を 単 位 とし て 一 括 して 送 付 されている 場 合 には 当 該 精 算 書 が 到 達 した 日 をもって 売 上 収 益 の 実 現 の 日 とみなすことができる( 売 上 計 算 書 到 達 日 基 準 ) なお 農 協 を 通 じて 出 荷 する 米 麦 大 豆 等 の 農 産 物 については 産 地 銘 柄 別 の 共 同 販 売 共 同 計 算 によっており 受 託 者 が 委 託 品 を 販 売 した 日 を 認 識 することができない こ の 場 合 売 上 計 算 書 到 達 日 基 準 によれば 最 終 精 算 書 が 到 達 した 日 をもって 売 上 収 益 の 実 現 の 日 とみなすことになるが 最 終 精 算 が 出 荷 した 年 の 翌 年 又 は 翌 々 年 となり 精 算 書 は 週 旬 月 を 単 位 として 送 付 されていないことから 売 上 計 算 書 到 達 日 基 準 を 採 用 することが 必 ずしも 適 切 とは 言 えない このため 農 協 を 通 じて 出 荷 する 米 麦 大 豆 等 の 農 産 物 に ついては その 取 引 の 特 殊 性 に 鑑 み 売 上 計 算 書 到 達 日 基 準 を 適 用 しない 場 合 概 算 金 精 算 金 をそれぞれ 受 け 取 った 日 をもって 売 上 収 益 の 実 現 の 日 とすることになる( 概 算 金 等 受 領 日 基 準 ) (3) 農 作 業 受 託 など 請 負 における 収 益 認 識 基 準 農 作 業 受 託 など 物 の 引 渡 しを 要 しない 請 負 契 約 にあってはその 約 した 役 務 の 全 部 を 完 了 した 日 をもって 売 上 収 益 の 実 現 の 日 とする 9

10 ただし 特 定 作 業 受 託 すなわち 基 幹 三 作 業 ( 注 )のすべてを 受 託 して 自 ら 農 作 業 を 行 い 収 穫 物 についての 販 売 名 義 を 有 し 販 売 収 入 を 農 作 業 及 び 販 売 の 受 託 の 対 価 として 充 当 する 場 合 の 作 業 受 託 については 実 質 的 には 受 託 者 の 農 業 経 営 であるため 作 業 受 託 で はなく 販 売 受 託 した 農 産 物 の 販 売 として 収 益 を 認 識 したうえで 精 算 金 相 当 額 を 費 用 ( 圃 場 管 理 費 等 )とする 注 : 水 稲 にあっては 耕 起 代 かき 田 植 え 及 び 収 穫 脱 穀 麦 及 び 大 豆 にあっては 耕 起 整 地 播 種 及 び 収 穫 その 他 の 農 産 物 にあってはこれらに 準 ずる 農 作 業 をいう (4) 交 付 金 等 の 収 益 認 識 基 準 法 令 に 基 づき 交 付 を 受 ける 給 付 金 等 については その 給 付 の 事 実 があった 日 の 属 する 事 業 年 度 終 了 の 日 において 金 額 が 未 確 定 であってもその 金 額 を 見 積 るのが 原 則 である( 交 付 事 実 発 生 日 基 準 ) しかしながら 農 業 に 関 する 交 付 金 等 については 価 格 動 向 によって 交 付 単 価 が 事 後 的 に 決 められるものも 多 く また 交 付 対 象 となる 数 量 等 の 確 定 に 農 産 物 検 査 が 義 務 付 けられているため その 交 付 の 原 因 となった 農 畜 産 物 の 出 荷 の 事 実 からこれに 関 する 交 付 金 の 交 付 までの 期 間 が 長 く その 金 額 の 見 積 もりが 困 難 な 場 合 が 多 い このた め 交 付 金 等 の 収 益 の 計 上 時 期 については 支 払 の 通 知 を 受 けた 日 ( 通 知 書 がない 場 合 は 交 付 を 受 けるべき 日 )をもって 収 益 の 実 現 の 日 とすることができる( 交 付 金 等 通 知 日 基 準 ) ただし 肉 用 牛 免 税 に 関 連 する 交 付 金 等 は 税 務 上 1 頭 ごとに 収 益 と 費 用 を 対 応 させ る 必 要 があることから 対 象 牛 を 売 却 した 日 をもって 収 益 の 実 現 の 日 とする( 交 付 事 実 発 生 日 基 準 ) 注 : 肉 用 牛 免 税 に 関 連 する 交 付 金 等 には 肉 用 子 牛 生 産 者 補 給 金 肉 用 牛 繁 殖 経 営 支 援 交 付 金 肉 用 牛 肥 育 経 営 安 定 補 填 金 ( 新 マルキン)がある 注 : 収 穫 基 準 について 所 得 税 法 により 個 人 農 業 者 が 米 麦 等 の 農 産 物 を 収 穫 した 場 合 には 収 穫 時 における 生 産 者 販 売 価 額 により 収 益 を 計 上 することとなる 生 産 者 販 売 価 額 とは 農 家 の 庭 先 における 農 産 物 の 裸 価 格 具 体 的 には 市 場 の 取 引 価 格 から 市 場 手 数 料 市 場 までの 運 賃 包 装 費 その 他 の 出 荷 経 費 を 差 し 引 いた 金 額 をいう 一 方 で 農 産 物 は 収 穫 時 に 収 穫 価 額 をもつて 取 得 したものと みなされ 販 売 時 に 収 穫 価 額 が 費 用 に 計 上 されることになる このため 収 穫 された 農 産 物 のうち 収 穫 年 に 販 売 された 農 産 物 については 収 穫 基 準 によって 収 益 に 計 上 された 金 額 と 同 額 が 費 用 に 計 上 されることになるため 結 果 的 には 引 渡 基 準 や 受 託 者 販 売 日 基 準 などの 一 般 的 な 基 準 によって 収 益 に 計 上 される ただし 個 人 農 業 者 の 場 合 収 穫 年 に 販 売 されなかった 期 末 農 産 物 棚 卸 高 及 び 事 業 消 費 高 家 事 消 費 高 については 収 穫 基 準 の 適 用 の 結 果 として 収 穫 時 における 生 産 者 販 売 価 額 をもって 収 益 に 計 上 することになることに 留 意 する 4. 費 用 認 識 費 用 は その 支 出 ( 将 来 支 出 するものを 含 む )に 基 づいた 金 額 を その 性 質 により 収 益 に 対 応 ( 個 別 対 応 又 は 期 間 対 応 )させ その 発 生 した 期 間 に 正 しく 計 上 する 関 連 項 目 10

11 企 業 会 計 原 則 第 二 一 及 び 三 及 び 同 注 解 6 所 得 税 法 第 41 条 法 人 税 法 第 64 条 国 税 庁 ホームページ 質 疑 応 答 事 例 消 費 税 農 協 を 通 じて 出 荷 する 農 産 物 の 譲 渡 の 時 期 法 人 税 基 本 通 達 2-1-3( 委 託 販 売 による 収 益 の 帰 属 の 時 期 ) 法 人 税 基 本 通 達 2-1-5( 請 負 による 収 益 の 帰 属 の 時 期 ) 法 人 税 基 本 通 達 ( 法 令 に 基 づき 交 付 を 受 ける 給 付 金 等 の 帰 属 の 時 期 ) Ⅱ 損 益 計 算 書 上 の 表 示 1. 生 物 売 却 収 入 畜 産 農 業 においては 固 定 資 産 である 生 物 についても 畜 産 物 として 販 売 目 的 に 切 り 替 え られて 棚 卸 資 産 である 家 畜 と 同 様 営 業 目 的 で 売 却 されるものであるから 営 業 収 益 ( 売 上 高 )の 区 分 に 生 物 売 却 収 入 等 として 表 示 する 2. 作 業 受 託 収 入 農 作 業 の 受 託 も 営 業 目 的 で 行 うものであるから 営 業 収 益 ( 売 上 高 )の 区 分 に 作 業 受 託 収 入 として 表 示 する 3. 価 格 補 填 収 入 売 上 高 は 商 品 の 販 売 などによって 実 現 したものに 限 るが 農 畜 産 物 の 販 売 数 量 に 基 づ き 交 付 される 補 填 金 交 付 金 は 販 売 代 金 そのものではないものの 農 畜 産 物 の 販 売 によ って 実 現 するものであるため 営 業 収 益 ( 売 上 高 )の 区 分 に 価 格 補 填 収 入 として 計 上 する 4. 作 付 助 成 収 入 国 の 所 得 補 償 政 策 等 によって 農 産 物 の 作 付 けを 条 件 として 作 付 面 積 に 基 づいて 交 付 される 助 成 金 交 付 金 は 毎 期 経 常 的 に 交 付 されることが 予 定 されているものであるた め 営 業 外 収 益 の 区 分 に 作 付 助 成 収 入 として 計 上 する 5. 一 般 助 成 収 入 農 業 の 場 合 中 山 間 地 域 等 直 接 支 払 交 付 金 など 作 付 面 積 以 外 の 基 準 に 基 づいて 交 付 さ れる 交 付 金 で 経 常 的 に 交 付 されるものについても 重 要 性 が 高 いため 営 業 外 収 益 の 区 分 に 一 般 助 成 収 入 として 計 上 する 6. 飼 料 補 填 収 入 配 合 飼 料 安 定 基 金 から 補 填 される 補 填 金 は 配 合 飼 料 価 格 の 高 騰 にともない 交 付 される ものであるため 製 造 原 価 報 告 書 において 材 料 費 から 控 除 することを 原 則 とする 具 体 的 には 飼 料 補 填 収 入 として 飼 料 費 の 次 行 において 控 除 形 式 により 表 示 するが 飼 料 費 か ら 直 接 控 除 して 注 記 する 方 法 によることもできる この 場 合 において 生 産 者 負 担 金 は 共 済 掛 金 等 の 勘 定 科 目 によって 製 造 原 価 に 計 上 する ただし 生 産 者 負 担 金 を 原 価 外 で 経 理 した 場 合 には 費 用 収 益 対 応 の 原 則 により 補 填 11

12 金 も 原 価 から 控 除 しないで 営 業 外 収 益 の 区 分 に 計 上 することになる 第 四 製 造 原 価 報 告 書 Ⅰ 原 価 計 算 の 一 般 的 基 準 1. 一 般 的 基 準 原 価 計 算 制 度 においては 次 の 一 般 的 基 準 にしたがって 原 価 を 計 算 する 財 務 諸 表 の 作 成 に 役 立 つために 原 価 計 算 は 原 価 を 一 定 の 給 付 にかかわらせて 集 計 し 製 品 原 価 及 び 期 間 原 価 を 計 算 する (1) 製 造 原 価 原 価 計 算 は 原 則 としてすべての 製 造 原 価 要 素 を 製 品 に 集 計 し 損 益 計 算 書 上 の 売 上 品 の 製 造 原 価 を 売 上 高 に 対 応 させ 貸 借 対 照 表 上 仕 掛 品 半 製 品 製 品 等 の 製 造 原 価 を 棚 卸 資 産 として 計 上 することを 可 能 にさせる (2) 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 を 計 算 し これを 損 益 計 算 書 上 期 間 原 価 として 当 該 期 間 の 売 上 高 に 対 応 させる 2. 製 品 原 価 と 期 間 原 価 原 価 は 財 務 諸 表 上 収 益 との 対 応 関 係 に 基 づいて 製 品 原 価 と 期 間 原 価 とに 区 別 される 製 品 原 価 とは 一 定 単 位 の 製 品 に 集 計 された 原 価 をいい 期 間 原 価 とは 一 定 期 間 におけ る 発 生 額 を 当 期 の 収 益 に 直 接 対 応 させて 把 握 した 原 価 をいう 製 品 原 価 と 期 間 原 価 との 範 囲 の 区 別 は 相 対 的 であるが 通 常 売 上 品 及 び 棚 卸 資 産 の 価 額 を 構 成 する 全 部 の 製 造 原 価 を 製 品 原 価 とし 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 は これを 期 間 原 価 とする Ⅱ 製 造 原 価 要 素 の 分 類 基 準 1. 形 態 別 分 類 農 業 における 製 造 原 価 要 素 を 形 態 別 分 類 基 準 によって 分 類 する 場 合 材 料 費 労 務 費 及 び 経 費 に 属 する 各 費 目 に 分 類 する (1) 材 料 費 材 料 費 とは 物 品 の 消 費 によって 生 ずる 原 価 をいい 1 生 産 過 程 で 消 費 され 期 末 に 在 庫 の 棚 卸 を 行 うもの 2 純 粋 に 変 動 費 としての 性 格 を 有 するもの を 基 準 として 材 料 費 と して 計 上 する 農 業 会 計 では 原 価 構 造 を 詳 しく 見 るため 耕 種 農 業 及 び 畜 産 農 業 など 農 業 の 種 類 別 におおむね 次 のように 細 分 する 1 耕 種 農 業 種 苗 費 肥 料 費 農 薬 費 諸 材 料 費 なお 施 設 園 芸 の 場 合 にハウスの 暖 房 に 係 る 原 価 の 費 目 として 燃 油 費 を 追 加 する ことができる 2 畜 産 農 業 12

13 素 畜 費 飼 料 費 敷 料 費 諸 材 料 費 原 価 計 算 基 準 ( 昭 和 37 年 11 月 8 日 企 業 会 計 審 議 会 )では 消 耗 工 具 器 具 備 品 費 を 製 造 経 費 ではなく 材 料 費 に 分 類 しているが 農 業 会 計 では 材 料 費 を 変 動 費 の 性 格 を 持 つも のに 限 定 するため 消 耗 工 具 器 具 備 品 費 を 農 具 費 として 表 示 し 製 造 経 費 に 分 類 する (2) 労 務 費 労 務 費 とは 労 務 用 役 の 消 費 によって 生 ずる 原 価 をいい 農 業 会 計 では おおむね 次 の ように 細 分 する 賃 金 手 当 雑 給 賞 与 法 定 福 利 費 福 利 厚 生 費 作 業 用 衣 料 費 就 業 規 則 等 の 定 めに 基 づく 退 職 金 などの 退 職 給 付 制 度 を 採 用 している 農 業 法 人 において は 退 職 給 付 引 当 金 繰 入 額 を 追 加 する 中 小 企 業 退 職 金 共 済 制 度 特 定 退 職 金 共 済 制 度 のように 拠 出 以 後 に 追 加 的 な 負 担 が 生 じない 外 部 拠 出 型 の 制 度 については 当 該 制 度 に 基 づく 要 拠 出 額 である 掛 金 を 福 利 厚 生 費 に 含 めて 処 理 する 作 業 服 等 の 購 入 費 用 について 中 小 企 業 一 般 においては 福 利 厚 生 費 に 含 めて 処 理 するが 農 業 においては 作 業 用 衣 料 費 として 独 立 した 勘 定 科 目 を 用 いるのが 一 般 的 である (3) 製 造 経 費 製 造 経 費 とは 材 料 費 労 務 費 以 外 の 原 価 要 素 をいい 農 業 会 計 では 農 業 の 種 類 に 共 通 して おおむね 次 のように 細 分 する 農 具 費 修 繕 費 動 力 光 熱 費 共 済 掛 金 減 価 償 却 費 地 代 賃 借 料 租 税 公 課 また 耕 種 農 業 及 び 畜 産 農 業 など 農 業 の 種 類 別 に 次 の 費 目 を 追 加 する 1 耕 種 農 業 作 業 委 託 費 支 払 小 作 料 土 地 改 良 費 なお 集 落 営 農 の 場 合 に 畦 畔 の 草 刈 り 水 管 理 肥 培 管 理 作 業 などの 農 作 業 委 託 料 に 係 る 費 用 として 圃 場 管 理 費 を 追 加 する 2 畜 産 農 業 診 療 衛 生 費 預 託 費 ヘルパー 利 用 費 なお 農 産 物 加 工 を 行 う 場 合 には 委 託 加 工 費 及 び 工 場 消 耗 品 費 などを 追 加 する 2. 製 品 仕 掛 品 育 成 仮 勘 定 との 関 連 における 分 類 ( 直 接 費 間 接 費 ) 製 品 及 び 仕 掛 品 育 成 仮 勘 定 ( 以 下 製 品 等 という )との 関 連 における 分 類 とは 製 品 等 に 対 する 原 価 発 生 の 態 様 すなわち 原 価 の 発 生 が 一 定 単 位 の 製 品 の 生 成 に 関 して 直 接 的 に 認 識 されるかどうかの 性 質 上 の 区 別 による 分 類 であり 原 価 要 素 は この 分 類 基 準 に よってこれを 直 接 費 と 間 接 費 とに 分 類 する (1) 直 接 費 直 接 費 は これを 直 接 材 料 費 直 接 労 務 費 及 び 直 接 経 費 に 分 類 し さらに 適 当 に 細 分 す る (2) 間 接 費 間 接 費 は これを 間 接 材 料 費 間 接 労 務 費 及 び 間 接 経 費 に 分 類 し さらに 適 当 に 細 分 す 13

14 る 必 要 ある 場 合 には 直 接 材 料 費 以 外 の 原 価 要 素 を 総 括 して これを 加 工 費 として 分 類 す ることができる 3. 生 産 規 模 との 関 連 における 分 類 ( 変 動 費 固 定 費 ) 生 産 規 模 との 関 連 における 分 類 とは 生 産 規 模 の 増 減 に 対 する 原 価 発 生 の 態 様 による 分 類 であり 原 価 要 素 は この 分 類 基 準 によってこれを 固 定 費 と 変 動 費 とに 分 類 する 生 産 規 模 とは 耕 種 農 業 においては 作 付 面 積 畜 産 農 業 においては 飼 養 頭 羽 数 などをいう 固 定 費 とは 生 産 規 模 の 増 減 にかかわらず 変 化 しない 原 価 要 素 をいい 変 動 費 とは 生 産 規 模 の 増 減 に 応 じて 比 例 的 に 増 減 する 原 価 要 素 をいう ある 範 囲 内 の 生 産 規 模 の 変 化 では 固 定 的 であり これをこえると 急 増 し 再 び 固 定 化 す る 原 価 要 素 たとえば 農 業 機 械 の 減 価 償 却 費 などを 準 固 定 費 と 名 付 ける また 作 付 け 前 の 状 態 などで 生 産 規 模 が 零 の 段 階 でも 一 定 額 が 発 生 し 同 時 に 生 産 規 模 の 増 加 に 応 じて 比 例 的 に 増 加 する 原 価 要 素 たとえば 動 力 光 熱 費 のうちの 電 力 料 などを 準 変 動 費 と 名 付 ける 準 固 定 費 又 は 準 変 動 費 は 固 定 費 又 は 変 動 費 とみなして これをそのいずれかに 帰 属 さ せるか もしくは 固 定 費 と 変 動 費 とが 合 成 されたものであると 解 し これを 固 定 費 の 部 分 と 変 動 費 の 部 分 とに 分 類 する なお 農 業 では 限 界 利 益 の 算 出 において 売 上 高 の 代 わりに 変 動 益 の 概 念 を 用 い ることに 留 意 する 変 動 益 とは 生 産 規 模 の 増 減 に 応 じて 比 例 的 に 増 減 する 収 益 をいい 変 動 益 には 営 業 収 益 に 属 する 項 目 のほか 作 付 助 成 収 入 が 含 まれる 関 連 項 目 原 価 計 算 基 準 八 Ⅲ 原 価 の 費 目 別 計 算 原 価 の 費 目 別 計 算 とは 一 定 期 間 における 原 価 要 素 を 費 目 別 に 分 類 測 定 する 手 続 をいい 財 務 会 計 における 費 用 計 算 であると 同 時 に 原 価 計 算 における 第 一 次 の 計 算 段 階 である 1. 材 料 費 計 算 出 入 記 録 を 行 なう 材 料 に 関 する 原 価 は 各 種 の 材 料 につき 原 価 計 算 期 間 における 実 際 の 消 費 量 に その 消 費 価 格 を 乗 じて 計 算 する 材 料 の 実 際 の 消 費 量 は 原 則 として 継 続 記 録 法 によって 計 算 する ただし 材 料 であって その 消 費 量 を 継 続 記 録 法 によって 計 算 する ことが 困 難 なもの 又 はその 必 要 のないものについては 棚 卸 計 算 法 を 適 用 することができ る 材 料 の 消 費 価 格 は 原 則 として 購 入 原 価 をもって 計 算 する 2. 労 務 費 計 算 作 業 時 間 又 は 作 業 量 の 測 定 を 行 なう 労 務 費 は 実 際 の 作 業 時 間 又 は 作 業 量 に 賃 率 を 乗 じ て 計 算 する 賃 率 は 実 際 の 個 別 賃 率 又 は 職 場 もしくは 作 業 区 分 ごとの 平 均 賃 率 による 3. 経 費 計 算 経 費 は 原 則 として 当 該 原 価 計 算 期 間 の 実 際 の 発 生 額 をもって 計 算 する 14

15 Ⅳ 原 価 の 部 門 別 計 算 原 価 の 部 門 別 計 算 とは 費 目 別 計 算 において 把 握 された 原 価 要 素 を 原 価 部 門 別 に 分 類 集 計 する 手 続 をいい 原 価 計 算 における 第 二 次 の 計 算 段 階 である 1. 原 価 部 門 の 設 定 原 価 部 門 とは 原 価 の 発 生 を 機 能 別 責 任 区 分 別 に 管 理 するとともに 製 品 原 価 の 計 算 を 正 確 にするために 原 価 要 素 を 分 類 集 計 する 計 算 組 織 上 の 区 分 をいう 一 般 に 耕 種 農 業 においては 作 目 ごとに 畜 産 農 業 においては 成 畜 育 成 畜 販 売 畜 ( 必 要 に 応 じて 哺 育 畜 )などの 飼 育 目 的 に 応 じた 種 類 ごとに 原 価 部 門 を 設 定 する 2. 部 門 個 別 費 と 部 門 共 通 費 原 価 要 素 は これを 原 価 部 門 に 分 類 集 計 するに 当 たり 当 該 部 門 において 発 生 したこと が 直 接 的 に 認 識 されるかどうかによって 部 門 個 別 費 と 部 門 共 通 費 とに 分 類 する 1 部 門 個 別 費 特 定 の 部 門 で 消 費 したと 認 識 できる 原 価 要 素 を 部 門 個 別 費 という 部 門 個 別 費 は 原 価 部 門 における 発 生 額 を 直 接 に 当 該 部 門 に 賦 課 する 農 業 会 計 では 作 目 ごとに 部 門 を 設 定 して 作 目 ごとに 部 門 個 別 費 を 賦 課 する 材 料 費 に 属 する 費 用 ( 種 苗 費 素 畜 費 肥 料 費 飼 料 費 農 薬 費 敷 料 費 燃 油 費 諸 材 料 費 )は 原 則 として 部 門 個 別 費 として 取 り 扱 う 2 部 門 共 通 費 特 定 の 部 門 で 発 生 したことが 認 識 できない 原 価 を 部 門 共 通 費 という 部 門 共 通 費 は 原 価 要 素 別 に 又 はその 性 質 に 基 づいて 分 類 された 原 価 要 素 群 別 にもしくは 一 括 して 適 当 な 配 賦 基 準 によって 関 係 各 部 門 に 配 賦 する 財 務 会 計 において 共 通 部 門 を 設 定 して 会 計 処 理 を 行 い 部 門 共 通 費 を 集 計 する さらに 部 門 別 原 価 計 算 において 部 門 共 通 費 を 各 原 価 部 門 に 配 賦 する 農 業 会 計 では 配 賦 基 準 として 作 付 面 積 稼 動 時 間 の 割 合 な ど 合 理 的 な 基 準 を 用 いる 関 連 項 目 原 価 計 算 基 準 一 五 Ⅴ 原 価 の 製 品 別 計 算 原 価 の 製 品 別 計 算 とは 原 価 要 素 を 一 定 の 製 品 単 位 に 集 計 し 単 位 製 品 の 製 造 原 価 を 算 定 する 手 続 をいい 原 価 計 算 における 第 三 次 の 計 算 段 階 である 畜 産 物 については 未 販 売 動 物 すなわち 期 末 に 肥 育 している 家 畜 の 期 末 仕 掛 品 棚 卸 高 を 計 算 する 必 要 がある 1. 直 接 費 と 間 接 費 原 価 の 発 生 が 一 定 単 位 の 製 品 の 生 成 に 関 して 直 接 的 に 認 識 されるかどうかの 性 質 上 の 区 別 による 分 類 によって 直 接 費 と 間 接 費 とに 分 類 する (1) 直 接 費 畜 産 農 業 における 畜 産 物 の 原 価 計 算 において 子 畜 購 入 代 や 種 付 料 ( 不 受 胎 の 場 合 を 15

16 除 く )などの 素 畜 費 は 家 畜 1 頭 ごとに 直 接 的 に 賦 課 することができる このような 原 価 要 素 を 直 接 費 という なお 不 受 胎 となった 場 合 の 種 付 料 は 製 品 原 価 に 算 入 せず これを 期 間 原 価 とすることができる (2) 間 接 費 畜 産 物 の 原 価 計 算 において たとえば 飼 料 費 は 1 回 の 取 引 によって 発 生 した 費 用 が 特 定 の 家 畜 に 対 応 するわけでなく 個 別 に 直 接 賦 課 することができない このような 原 価 要 素 を 間 接 費 という 農 業 会 計 の 実 務 では 部 門 を 設 定 して 会 計 処 理 を 行 い 個 別 部 門 ごとに 部 門 間 接 費 を 費 目 別 に 集 計 する さらに 製 品 別 原 価 計 算 において 部 門 間 接 費 を 一 定 の 配 賦 基 準 で 個 別 の 製 品 又 は 仕 掛 品 に 配 賦 する たとえば 畜 産 物 の 原 価 計 算 においては 延 べ 飼 育 日 数 を 計 算 して 1 日 当 たりの 飼 料 費 など 間 接 費 を 計 算 し 個 別 原 価 計 算 の 対 象 となる 家 畜 の 飼 育 日 数 にこの 1 日 当 たりの 間 接 費 を 乗 じて 個 別 の 家 畜 に 配 賦 する 関 連 項 目 原 価 計 算 基 準 一 九 16

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63> 付 属 入 出 金 取 引 の 一 覧 表 (Version Version4.1 以 降 ) 第 1 章 出 金 取 引 の 一 覧 表 税 に 記 載 されているものは 消 費 税 の 課 税 情 報 です 課 課 税 仕 入 不 不 課 税 仕 入 非 非 課 税 仕 入 [ 資 金 移 動 ]--- 取 引 内 容 区 分 借 方 勘 定 科 目 税 青 色 決 算 科 目 預 金 の 場

More information

新農中政第号

新農中政第号 平 成 25 年 分 の 農 業 所 得 計 算 上 の 留 意 事 項 平 成 2 6 年 1 月 JA 新 潟 中 央 会 この 資 料 の 仕 訳 例 の 科 目 のあとの( )は 消 費 税 の 取 扱 いを 示 す 課 : 課 税 不 : 不 課 税 非 : 非 課 税?: 個 別 内 容 により 判 断 1. 米 の 仮 渡 金 の 入 金 共 計 における 精 算 払 いの 処 理 (1)

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

32 農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正)

32  農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正) 一 定 農 事 組 合 法 人 に 係 る 法 人 事 業 税 課 税 標 準 算 定 方 法 等 について(お 知 らせ) 平 成 23 年 4 月 大 分 県 地 方 税 法 第 72 条 4 第 3 項 規 定 により 一 定 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされていますが 大 分 県 では そ 具 体 的 な 取 扱 いについて 以

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

Ⅴ 個 別 評 価 貸 倒 引 当 金 ( 法 51)3 不 動 産 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 事 業 と 称 するに 至 らない 業 務 として 行 う 者 は その 業 務 の 遂 行 上 生 じた 未 収 家 賃 等 の 貸 倒 による 損 失 の 見 込 額 について 貸 倒 引

Ⅴ 個 別 評 価 貸 倒 引 当 金 ( 法 51)3 不 動 産 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 事 業 と 称 するに 至 らない 業 務 として 行 う 者 は その 業 務 の 遂 行 上 生 じた 未 収 家 賃 等 の 貸 倒 による 損 失 の 見 込 額 について 貸 倒 引 035-8900-1091-19 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

は じ め に 農 業 所 得 の 計 算 は 収 支 計 算 で 所 得 金 額 の 計 算 は 収 入 金 額 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いて 計 算 する 収 支 計 算 が 原 則 です 収 支 計 算 では 必 要 経 費 を 項 目 ( 科 目 )ごとに 分 類 して 計 算

は じ め に 農 業 所 得 の 計 算 は 収 支 計 算 で 所 得 金 額 の 計 算 は 収 入 金 額 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いて 計 算 する 収 支 計 算 が 原 則 です 収 支 計 算 では 必 要 経 費 を 項 目 ( 科 目 )ごとに 分 類 して 計 算 平 成 23 年 分 以 降 申 告 用 収 支 計 算 の 手 引 ( 農 業 所 得 のある 方 用 ) この 収 支 計 算 の 手 引 は 農 業 を 営 む 方 ( 青 色 申 告 をされる 方 を 除 く ) が 収 支 計 算 に 基 づき 農 業 所 得 を 計 算 できるようポイントを 絞 って 作 成 したもの です 収 支 計 算 の 手 引 の 内 容 や 農 業 所 得 について

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Microsoft Word - ②【発出版】140319通知案(医療法人会計基準)

Microsoft Word - ②【発出版】140319通知案(医療法人会計基準) 医 政 発 0319 第 7 号 平 成 26 年 3 月 19 日 各 都 道 府 県 知 事 各 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 医 療 法 人 会 計 基 準 について 医 療 法 人 の 会 計 処 理 については これまで 病 院 会 計 準 則 の 改 正 について ( 平 成 16 年 8 月 19 日 医 政 発 0819001 号 厚 生

More information

農業申告のしおり

農業申告のしおり 農 業 申 告 のしおり 79-86 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 役 所 財 務 部 市 民 税 課 TEL (82)42-9( 直 通 ) FAX (82)422-68 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 農 業 所 得 の 申 告 農 業 所 得 申 告 が 必 要 な 人 p 2 農 業 所

More information

目 次 第 1 章 農 地 保 有 合 理 化 事 業 制 度 第 1 節 農 地 保 有 合 理 化 事 業 の 創 設 と 変 遷 1 農 地 保 有 合 理 化 事 業 とは 何 か 1 P 2 の 創 設 と 変 遷 1 3 の 事 業 内 容 2 第 2 節 農 地 保 有 合 理 化 法

目 次 第 1 章 農 地 保 有 合 理 化 事 業 制 度 第 1 節 農 地 保 有 合 理 化 事 業 の 創 設 と 変 遷 1 農 地 保 有 合 理 化 事 業 とは 何 か 1 P 2 の 創 設 と 変 遷 1 3 の 事 業 内 容 2 第 2 節 農 地 保 有 合 理 化 法 平 成 23 年 度 版 2011( 平 成 23) 年 8 月 ( 社 ) 岩 手 県 農 業 公 社 目 次 第 1 章 農 地 保 有 合 理 化 事 業 制 度 第 1 節 農 地 保 有 合 理 化 事 業 の 創 設 と 変 遷 1 農 地 保 有 合 理 化 事 業 とは 何 か 1 P 2 の 創 設 と 変 遷 1 3 の 事 業 内 容 2 第 2 節 農 地 保 有 合 理 化

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

スライド 1

スライド 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 地 方 公 営 企 業 とは 那 覇 市 上 下 水 道 局 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 営 企 業 の 会 計 制 度 は 地 方 公 営 企 業 法 及 び 関 係 政 省 令 の 改 正 に 伴 い 昭 和 41 年 以 来 約 半 世 紀 ぶりに

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部 平 成 28 年 5 月 18 日 10 時 15 分 ~ 第 一 特 別 会 議 室 平 成 28 年 熊 本 地 震 復 興 推 進 本 部 第 7 回 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 議 事 次 第 1 開 会 2 本 部 長 御 発 言 ( 大 臣 ) 3 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 被 災 農 林 漁

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

農業収支ノート(25年分)

農業収支ノート(25年分) 平 成 年 分 農 業 収 支 ノ ー ト 氏 名 : 住 所 : 電 話 番 号 : このノートに 記 載 した 金 額 を 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所 得 用 ) に 転 記 することで 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所 得 用 ) を 作 成 することができます 農 産 物 の 棚 卸 高 など 別 に 計 算 が 必 要 な 項 目 もあります 記 載 されている 項 目 や 事

More information

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 実 施 条 例 第 1 章 総 則 第 1 条 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 ( 以 下 企 業 所 得 税 法 と 略 称 )の 規 定 に 基 づ き 本 条 例 を 制 定 する 第 2 条 企 業 所 得 税 法 第 1 条 にいう 個 人 独 資 企 業 パートナーシップ 企 業 とは 中 国 の 法 律 行 政 法

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 22 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 22 年 5 月 14 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 改 正 概 要 について < 趣 旨 > 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 改 正 については 総 務 省 資 料 では4つの 背 景 を 掲 げ ているが その 趣 旨 は 公 営 企 業 が 経 営 の 実 態 をより 正 確 に 把 握 し それに 基 づいた 経 営 戦 略 を 立 てることができるようにするとともに その 戦 略 を 主 体

More information

私たちの市税

私たちの市税 ❺ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 土 地 家 屋 償 却 資 産 (これらを 固 定 資 産 といいます )を 所 有 している 人 がその 固 定 資 産 の 価 格 を 基 に 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 する 市 町 村 に 納 める 税 金 です 納 税 義 務 者 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 で 市 内 に 固 定

More information

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非 記 載 例 1 ( 現 預 金 以 外 に 資 産 負 債 がない 場 合 ) ( 名 称 ) 活 動 計 算 書 ( 注 ) 年 月 日 から 年 月 日 まで Ⅰ 経 常 収 益 1. 受 取 会 費 700,000 2. 受 取 寄 付 金 290,000 3. その 他 収 益 10,000 経 常 収 益 計 1,000,000 Ⅱ 経 常 費 用 1. 事 業 費 臨 時 雇 賃 金 200,000

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 2016( 平 成 28) 年 度 税 制 改 正 大 綱 決 定 2016.1.15 ~ 収 益 力 ある 企 業 の 投 資 や 賃 金 の 引 き 上 げ 促 進! 本 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 について この 度 政 府 は 2016 年 度 税 制 改 正 の 関 連 法 案 を 閣 議 決 定 しました(2015.12.24) 3 月 末 までの 成 立 を 目 指 します 本

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

Ⅰ 所 得 金 額 1 営 業 等 所 得 2 農 業 所 得 3 不 動 産 所 得 営 業 等 所 得 農 業 所 得 不 動 産 所 得 必 要 経 費 平 成 27 年 中 に 収 入 を 得 るために 直 接 要 した 費 用 です これには 販 売 した 商 品 など の 原 価 雇 人

Ⅰ 所 得 金 額 1 営 業 等 所 得 2 農 業 所 得 3 不 動 産 所 得 営 業 等 所 得 農 業 所 得 不 動 産 所 得 必 要 経 費 平 成 27 年 中 に 収 入 を 得 るために 直 接 要 した 費 用 です これには 販 売 した 商 品 など の 原 価 雇 人 平 成 28 年 度 分 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 見 附 市 この 申 告 書 は 平 成 27 年 中 のあなたの 収 入 状 況 を 証 明 する 大 切 な 資 料 となりますので 収 入 控 除 など 該 当 する 項 目 を もれなく 記 載 し 申 告 期 間 内 ( 平 成 28 年 2 月 16 日 ~3 月 1 日 )に 必 ず 提 出 してください 提 出

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73>

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73> 山 形 県 公 営 企 業 資 産 運 用 事 業 会 決 算 書 目 次 1 決 算 書 1 決 算 報 告 書 1 2 損 益 算 書 5 3 剰 余 金 算 書 8 4 剰 余 金 処 分 算 書 ( 案 ) 9 5 貸 借 対 照 表 11 2 事 業 報 告 書 1 概 況 13 2 業 務 13 3 会 14 3 決 算 附 属 書 1 収 益 費 用 明 細 書 15 2 固 定 資

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

Microsoft Word - P01-12.doc

Microsoft Word - P01-12.doc 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 種 雄 馬 管 理 規 程 設 定 昭 和 50 年 7 月 1 日 改 正 昭 和 54 年 9 月 26 日 改 正 昭 和 60 年 6 月 7 日 改 正 平 成 5 年 4 月 1 日 改 正 平 成 14 年 3 月 18 日 改 正 平 成 17 年 11 月 1 日 改 正 平 成 19 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林 業 基 本 計 画 に 基 づく 諸 施 策 並 びに

Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林 業 基 本 計 画 に 基 づく 諸 施 策 並 びに Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサス の 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 2010 年 世 界 農 林 業 センサスマスコットキャラクター Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林

More information

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表 資 料 4 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 する Q& と ( 案 )の 新 旧 対 照 表 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 1. 有 形 固 定 資 産 の 譲 渡 取 引 に 係 る 会 計 処 理 の 見 直 し Q31 5 有 形 固 定 資 産

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63>

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 8 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築 物 機 械 装 置

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

untitled

untitled 24 4 1 25 3 31 33の21 国 税 太 郎 東 京 都 千 代 田 区 霞 ヶ 関 - - 電 話 (03)1234-5678 国 税 太 郎 関 東 信 越 精 機 東 京 都 千 代 田 区 霞 ヶ 関 - - 電 話 (03)1234-5678 東 京 123456 法 人 税 所 得 税 埼 玉 県 さいたま 市 大 宮 区 赤 城 電 話 (048)123-4567 貸 借

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出 036-8900-1090-19 税 16 第 6 6 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

) 1. 2. [ ] [ ] 個 別 決 算 4 貸 借 対 照 表 平 成 25 年 3 月 31 日 資 産 の 部 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 単 位 : 百 万 円 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 10,721 高 速 道 路 事 業 営 業 未 収 入 金 5,882 未 収 入 金 144 未 収 還

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

空 白

空 白 空 白 空 白 Ⅰ 償 却 資 産 のあらまし 1 償 却 資 産 とは 償 却 資 産 とは 土 地 及 び 家 屋 以 外 の 事 業 の 用 に 供 することができる 資 産 で その 減 価 償 却 額 又 は 減 価 償 却 費 が 法 人 税 法 又 は 所 得 税 法 の 規 定 による 所 得 の 計 算 上 損 金 又 は 必 要 な 経 費 に 算 入 されるもの(これに 類

More information

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 貸 借 対 照 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 当 年 度 前 年 度 ( 注 ) 増 減 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 286,929,827 217,799,894 69,129,933 未 収 金 24,691,586 24,68,834 82,752 前 払 金 2,857,973 2,75,243

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<8E9197BF DE096B18F94955C2E786C73>

<8E9197BF DE096B18F94955C2E786C73> 平 成 19 年 度 財 務 諸 表 第 1 期 事 業 年 度 自 平 成 19 年 4 月 1 日 至 平 成 20 年 3 月 31 日 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 134 貸 借 対 照 表 ) 567 損 益 計 算 書 キャッシュ フロー 計 算 書 損 失 の 処 理 に 関 する 書 類 ( 案 行 政 サービス 実 施 コスト 計 算 書 注 記 11

More information