六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令"

Transcription

1 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する 薬 事 法 ( 昭 和 三 十 五 年 法 律 第 百 四 十 五 号 ) 及 び 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 三 十 六 年 法 律 第 二 百 二 十 三 号 )の 規 定 に 基 づき この 政 令 を 制 定 する ( 都 道 府 県 等 の 事 務 の 委 託 の 手 続 ) 第 一 条 災 害 対 策 基 本 法 施 行 令 ( 昭 和 三 十 七 年 政 令 第 二 百 八 十 八 号 ) 第 三 十 一 条 の 規 定 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 十 三 条 の 規 定 による 都 道 府 県 の 事 務 又 は 都 道 府 県 知 事 等 の 権 限 に 属 する 事 務 の 委 託 について 準 用 する ( 都 道 府 県 知 事 による 市 町 村 長 の 事 務 の 代 行 ) 第 二 条 災 害 対 策 基 本 法 施 行 令 第 三 十 条 第 二 項 及 び 第 三 項 の 規 定 は 法 第 十 四 条 第 一 項 の 規 定 に よる 都 道 府 県 知 事 による 市 町 村 長 の 事 務 の 代 行 について 準 用 する ( 国 民 保 護 等 派 遣 の 要 請 等 の 手 続 ) 第 三 条 法 第 十 五 条 第 一 項 の 規 定 により 都 道 府 県 知 事 が 自 衛 隊 の 部 隊 等 の 派 遣 を 要 請 しようとする 場 合 には 次 の 事 項 を 明 らかにするものとする 一 武 力 攻 撃 災 害 ( 法 第 二 条 第 四 項 の 武 力 攻 撃 災 害 をいう 以 下 同 じ )の 状 況 及 び 派 遣 を 要 請 する 事 由 二 派 遣 を 希 望 する 期 間 三 派 遣 を 希 望 する 区 域 及 び 活 動 内 容 四 その 他 参 考 となるべき 事 項 2 前 項 の 派 遣 の 要 請 は 文 書 により 行 うものとする ただし 事 態 が 急 迫 して 文 書 によることがで きない 場 合 には 口 頭 又 は 電 話 その 他 の 通 信 によることができる 3 前 項 ただし 書 の 場 合 においては 事 後 において 速 やかに 文 書 を 提 出 するものとする 4 前 三 項 の 規 定 は 法 第 十 五 条 第 二 項 の 規 定 により 対 策 本 部 長 が 自 衛 隊 の 部 隊 等 の 派 遣 を 求 める 場 合 について 準 用 する ( 市 町 村 等 の 事 務 の 委 託 の 手 続 ) 第 四 条 災 害 対 策 基 本 法 施 行 令 第 二 十 八 条 の 規 定 は 法 第 十 九 条 の 規 定 による 市 町 村 の 事 務 又 は 市 町 村 長 等 の 権 限 に 属 する 事 務 の 委 託 について 準 用 する ( 国 民 の 保 護 に 関 する 計 画 等 の 軽 微 な 変 更 ) 第 五 条 法 第 三 十 三 条 第 七 項 ただし 書 第 三 十 四 条 第 八 項 ただし 書 第 三 十 五 条 第 八 項 ただし 書 及 び 第 三 十 六 条 第 七 項 ただし 書 の 政 令 で 定 める 軽 微 な 変 更 は 次 のとおりとする 一 行 政 区 画 郡 区 市 町 村 内 の 町 若 しくは 字 若 しくはこれらの 名 称 の 変 更 地 番 の 変 更 又 は 住 居 表 示 に 関 する 法 律 ( 昭 和 三 十 七 年 法 律 第 百 十 九 号 ) 第 三 条 第 一 項 及 び 第 二 項 若 しくは 同 法 第 四 条 の 規 定 による 住 居 表 示 の 実 施 若 しくは 変 更 に 伴 う 変 更 二 指 定 行 政 機 関 ( 武 力 攻 撃 事 態 等 における 我 が 国 の 平 和 と 独 立 並 びに 国 及 び 国 民 の 安 全 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 五 年 法 律 第 七 十 九 号 以 下 事 態 対 処 法 という ) 第 二 条 第 四 号 の 指 定 行 政 機 関 をいう 以 下 同 じ ) 指 定 地 方 行 政 機 関 ( 同 条 第 五 号 の 指 定 地 方 行 政 機 関 をいう 以 下 同 じ ) 都 道 府 県 市 町 村 指 定 公 共 機 関 ( 同 条 第 六 号 の 指 定 公 共 機 関 をいう 以 下 同 じ ) 指 定 地 方 公 共 機 関 ( 法 第 二 条 第 二 項 の 指 定 地 方 公 共 機 関 をいう 以 下 同 じ )その 他 の 関 係 機 関 又 はその 組 織 の 名 称 又 は 所 在 地 の 変 更 に 伴 う 変 更 三 前 二 号 に 掲 げるもののほか 誤 記 の 訂 正 人 又 は 物 の 呼 称 の 変 更 統 計 の 数 値 の 修 正 その 他 こ れらに 類 する 記 載 事 項 の 修 正 に 伴 う 変 更 ( 訓 練 のための 交 通 の 禁 止 又 は 制 限 の 手 続 ) 第 六 条 法 第 四 十 二 条 第 二 項 の 規 定 による 歩 行 者 又 は 車 両 の 道 路 における 通 行 の 禁 止 又 は 制 限 の 手 続 については 災 害 対 策 基 本 法 施 行 令 第 二 十 条 の 二 の 規 定 の 例 による ( 政 令 で 定 める 管 区 海 上 保 安 本 部 の 事 務 所 ) 第 七 条 法 第 六 十 一 条 第 三 項 の 政 令 で 定 める 管 区 海 上 保 安 本 部 の 事 務 所 は その 管 轄 区 域 及 び 所 掌 事 務 を 勘 案 して 国 土 交 通 省 令 で 定 める 事 務 所 とする ( 政 令 で 定 める 自 衛 隊 の 部 隊 等 の 長 ) 第 八 条 法 第 六 十 一 条 第 三 項 の 政 令 で 定 める 自 衛 隊 の 部 隊 等 の 長 は 当 該 市 町 村 の 区 域 を 担 当 区 域 とする 自 衛 隊 地 方 連 絡 部 の 地 方 連 絡 部 長 とする 2 法 第 六 十 三 条 第 一 項 の 政 令 で 定 める 自 衛 隊 の 部 隊 等 の 長 は 次 のとおりとする 一 方 面 総 監 二 師 団 長 三 旅 団 長 四 団 長 五 連 隊 長

2 六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 部 又 は 地 方 総 監 部 の 所 在 地 に 所 在 する 航 空 隊 の 長 を 除 く ) 十 六 教 育 航 空 集 団 司 令 官 十 七 教 育 航 空 群 司 令 十 八 練 習 艦 隊 司 令 官 十 九 海 上 自 衛 隊 補 給 本 部 長 二 十 航 空 総 隊 司 令 官 二 十 一 航 空 支 援 集 団 司 令 官 二 十 二 航 空 教 育 集 団 司 令 官 二 十 三 航 空 方 面 隊 司 令 官 二 十 四 航 空 混 成 団 司 令 二 十 五 航 空 自 衛 隊 補 給 本 部 長 二 十 六 基 地 司 令 の 職 にある 部 隊 等 の 長 ( 航 空 総 隊 司 令 部 航 空 教 育 集 団 司 令 部 航 空 方 面 隊 司 令 部 航 空 混 成 団 司 令 部 又 は 航 空 自 衛 隊 補 給 本 部 の 所 在 する 基 地 の 基 地 司 令 の 職 にある 部 隊 等 の 長 を 除 く ) 二 十 七 自 衛 隊 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 百 六 十 五 号 ) 第 二 十 二 条 第 一 項 又 は 第 二 項 の 規 定 によ り 編 成 される 特 別 の 部 隊 の 長 で 防 衛 大 臣 が 指 定 するもの ( 政 令 で 定 める 救 援 ) 第 九 条 法 第 七 十 五 条 第 一 項 第 八 号 の 政 令 で 定 める 救 援 は 次 のとおりとする 一 武 力 攻 撃 災 害 を 受 けた 住 宅 の 応 急 修 理 二 学 用 品 の 給 与 三 死 体 の 捜 索 及 び 処 理 四 武 力 攻 撃 災 害 によって 住 居 又 はその 周 辺 に 運 ばれた 土 石 竹 木 等 で 日 常 生 活 に 著 しい 支 障 を 及 ぼしているものの 除 去 ( 救 援 の 程 度 方 法 及 び 期 間 ) 第 十 条 法 第 七 十 五 条 第 三 項 に 規 定 する 救 援 の 程 度 及 び 方 法 は 災 害 救 助 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 二 年 政 令 第 二 百 二 十 五 号 ) 第 九 条 第 一 項 の 基 準 を 勘 案 して あらかじめ 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 2 法 第 七 十 五 条 第 三 項 に 規 定 する 救 援 の 期 間 は 法 第 七 十 四 条 の 規 定 による 指 示 があった 日 ( 法 第 七 十 五 条 第 一 項 ただし 書 の 場 合 にあっては その 救 援 を 開 始 した 日 )から 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 日 までとする ( 市 町 村 長 による 救 援 の 実 施 に 関 する 事 務 の 実 施 ) 第 十 一 条 災 害 救 助 法 施 行 令 第 二 十 三 条 の 規 定 は 都 道 府 県 知 事 が 法 第 七 十 六 条 第 一 項 の 規 定 によ り 救 援 の 実 施 に 関 するその 権 限 に 属 する 事 務 の 一 部 を 市 町 村 長 が 行 うこととする 場 合 について 準 用 する この 場 合 において 同 令 第 二 十 三 条 第 二 項 中 法 第 二 十 四 条 から 第 二 十 七 条 まで とある のは 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 第 八 十 条 から 第 八 十 五 条 まで と 同 条 第 三 項 中 法 の 規 定 とあるのは 武 力 攻 撃 事 態 等 にお ける 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 及 び 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 政 令 第 二 百 七 十 五 号 )の 規 定 と 読 み 替 えるものとする ( 救 援 の 実 施 に 必 要 な 物 資 ) 第 十 二 条 法 第 八 十 一 条 第 一 項 の 政 令 で 定 める 物 資 は 次 のとおりとする 一 医 療 機 器 その 他 衛 生 用 品 二 飲 料 水 三 被 服 その 他 生 活 必 需 品 四 建 設 資 材 ( 法 第 八 十 九 条 第 一 項 に 規 定 する 収 容 施 設 等 に 係 る 建 設 工 事 に 必 要 なものに 限 る 五 燃 料 六 前 各 号 に 掲 げるもののほか 法 第 七 十 五 条 第 一 項 第 五 号 から 第 八 号 までに 掲 げる 救 援 の 実 施 に 必 要 な 物 資 として 厚 生 労 働 大 臣 が 定 めるもの ( 公 用 令 書 を 交 付 すべき 相 手 方 ) 第 十 三 条 法 第 八 十 三 条 第 一 項 の 規 定 による 公 用 令 書 の 交 付 は 次 の 各 号 に 掲 げる 処 分 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 者 に 対 して 行 うものとする 一 特 定 物 資 ( 法 第 八 十 一 条 第 一 項 の 特 定 物 資 をいう 以 下 この 号 及 び 次 号 において 同 じ )の 収 用 収 用 する 特 定 物 資 の 所 有 者 及 び 占 有 者

3 二 特 定 物 資 の 保 管 命 令 特 定 物 資 を 保 管 すべき 者 三 土 地 家 屋 又 は 物 資 の 使 用 使 用 する 土 地 家 屋 又 は 物 資 の 所 有 者 及 び 占 有 者 ( 公 用 令 書 を 事 後 に 交 付 することができる 場 合 ) 第 十 四 条 法 第 八 十 三 条 第 一 項 ただし 書 の 政 令 で 定 める 場 合 は 次 のとおりとする 一 次 のイ 又 はロに 掲 げる 処 分 の 区 分 に 応 じ 当 該 イ 又 はロに 定 める 場 合 イ 土 地 の 使 用 公 用 令 書 を 交 付 すべき 相 手 方 の 所 在 が 不 明 である 場 合 ロ 家 屋 又 は 物 資 の 使 用 使 用 する 家 屋 又 は 物 資 の 占 有 者 に 公 用 令 書 を 交 付 した 場 合 ( 当 該 占 有 者 が 所 有 者 と 異 なる 場 合 に 限 る )において 所 有 者 の 所 在 が 不 明 であるとき 二 公 用 令 書 を 交 付 すべき 相 手 方 が 遠 隔 の 地 に 居 住 することその 他 の 事 由 により 当 該 相 手 方 に 公 用 令 書 を 交 付 して 処 分 を 行 うことが 著 しく 困 難 と 認 められる 場 合 において 当 該 相 手 方 に 公 用 令 書 の 内 容 を 通 知 したとき ( 公 用 令 書 の 事 後 交 付 の 手 続 ) 第 十 五 条 都 道 府 県 知 事 並 びに 指 定 行 政 機 関 の 長 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 は 前 条 第 一 号 に 規 定 す る 場 合 に 該 当 して 法 第 八 十 三 条 第 一 項 ただし 書 の 規 定 により 処 分 を 行 った 場 合 において 公 用 令 書 を 交 付 すべき 相 手 方 の 所 在 を 知 ったときは 遅 滞 なく 当 該 相 手 方 に 公 用 令 書 を 交 付 するものと する 2 都 道 府 県 知 事 並 びに 指 定 行 政 機 関 の 長 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 は 前 条 第 二 号 に 掲 げる 場 合 に 該 当 して 当 該 相 手 方 に 公 用 令 書 の 内 容 を 通 知 したときは 遅 滞 なく 当 該 相 手 方 に 公 用 令 書 を 交 付 するものとする ( 公 用 取 消 令 書 の 交 付 ) 第 十 六 条 都 道 府 県 知 事 並 びに 指 定 行 政 機 関 の 長 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 は 法 第 八 十 三 条 第 一 項 の 規 定 により 公 用 令 書 を 交 付 した 後 当 該 公 用 令 書 に 係 る 処 分 の 全 部 又 は 一 部 を 取 り 消 したとき は 遅 滞 なく 当 該 公 用 令 書 を 交 付 した 者 に 公 用 取 消 令 書 を 交 付 しなければならない ( 公 用 令 書 等 の 様 式 ) 第 十 七 条 法 第 八 十 三 条 第 一 項 の 公 用 令 書 には 同 条 第 二 項 において 準 用 する 災 害 対 策 基 本 法 第 八 十 一 条 第 二 項 各 号 に 掲 げる 事 項 のほか 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 しなければならない 一 公 用 令 書 の 番 号 二 公 用 令 書 の 交 付 の 年 月 日 三 処 分 を 行 う 都 道 府 県 知 事 又 は 指 定 行 政 機 関 の 長 若 しくは 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 四 処 分 を 行 う 理 由 2 前 条 の 公 用 取 消 令 書 には 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 しなければならない 一 公 用 取 消 令 書 の 番 号 二 公 用 取 消 令 書 の 交 付 の 年 月 日 三 公 用 取 消 令 書 の 交 付 を 受 ける 者 の 氏 名 及 び 住 所 ( 法 人 にあっては その 名 称 及 び 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 ) 四 取 り 消 した 処 分 に 係 る 公 用 令 書 の 番 号 及 び 交 付 の 年 月 日 五 取 り 消 した 処 分 の 内 容 六 処 分 を 取 り 消 した 都 道 府 県 知 事 又 は 指 定 行 政 機 関 の 長 若 しくは 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 3 前 二 項 に 定 めるもののほか 公 用 令 書 及 び 公 用 取 消 令 書 の 様 式 は 厚 生 労 働 省 令 で 定 める ( 政 令 で 定 める 医 療 関 係 者 ) 第 十 八 条 法 第 八 十 五 条 第 一 項 の 政 令 で 定 める 医 療 関 係 者 は 次 のとおりとする 一 医 師 二 歯 科 医 師 三 薬 剤 師 四 保 健 師 五 助 産 師 六 看 護 師 七 准 看 護 師 八 診 療 放 射 線 技 師 九 臨 床 検 査 技 師 十 臨 床 工 学 技 士 十 一 救 急 救 命 士 十 二 歯 科 衛 生 士 ( 外 国 医 療 関 係 者 による 医 療 の 提 供 の 許 可 の 手 続 ) 第 十 九 条 法 第 九 十 一 条 第 一 項 の 規 定 による 許 可 ( 以 下 この 条 において 単 に 許 可 という )を 受 けようとする 外 国 医 療 関 係 者 は その 外 国 において 有 する 同 項 各 号 に 掲 げる 資 格 に 相 当 する 資 格 を 証 する 書 面 の 写 しその 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 書 面 を 厚 生 労 働 大 臣 に 提 出 しなければならな い 2 厚 生 労 働 大 臣 は 許 可 を 受 けようとする 外 国 医 療 関 係 者 が 次 の 各 号 に 掲 げる 基 準 に 適 合 している と 認 めるときでなければ 許 可 を 与 えてはならない

4 一 その 者 が 外 国 において 有 する 資 格 に 相 当 する 法 第 九 十 一 条 第 一 項 各 号 に 掲 げる 資 格 に 係 る 業 務 を 行 うのに 必 要 な 知 識 及 び 技 能 を 有 すること 二 外 国 において 法 第 九 十 一 条 第 一 項 各 号 に 掲 げる 資 格 に 相 当 する 資 格 を 取 得 した 後 三 年 以 上 当 該 資 格 に 係 る 業 務 に 従 事 した 経 験 を 有 すること 三 我 が 国 において 医 療 を 行 うのに 支 障 がない 程 度 に 日 本 語 による 会 話 能 力 を 有 すること 又 は 通 訳 人 を 確 保 する 見 込 みがあること 3 厚 生 労 働 大 臣 は 許 可 を 受 けようとする 外 国 医 療 関 係 者 が 前 項 各 号 に 掲 げる 基 準 に 適 合 している と 認 める 場 合 であっても 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 には 許 可 を 与 えてはならない 一 医 師 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 二 百 一 号 ) 第 三 条 歯 科 医 師 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 二 百 二 号 ) 第 三 条 又 は 薬 剤 師 法 ( 昭 和 三 十 五 年 法 律 第 百 四 十 六 号 ) 第 四 条 に 規 定 する 者 ( 外 国 にお いて 有 する 医 師 歯 科 医 師 又 は 薬 剤 師 に 相 当 する 資 格 に 基 づいて 許 可 を 受 けようとする 場 合 に 限 る ) 二 外 国 の 法 令 による 処 分 であって 医 師 法 第 七 条 第 二 項 歯 科 医 師 法 第 七 条 第 二 項 薬 剤 師 法 第 八 条 第 二 項 又 は 保 健 師 助 産 師 看 護 師 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 二 百 三 号 ) 第 十 四 条 第 一 項 若 しくは 第 二 項 の 規 定 による 業 務 の 停 止 の 命 令 又 は 救 急 救 命 士 法 ( 平 成 三 年 法 律 第 三 十 六 号 ) 第 九 条 第 一 項 の 規 定 による 名 称 の 使 用 の 停 止 の 命 令 に 相 当 するものを 受 け 当 該 外 国 において その 者 が 有 する 法 第 九 十 一 条 第 一 項 各 号 に 掲 げる 資 格 に 相 当 する 資 格 に 係 る 業 務 を 行 うことが できない 者 三 外 国 の 法 令 上 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 と 同 様 に 取 り 扱 われている 者 ( 外 国 において 有 する 医 師 歯 科 医 師 又 は 薬 剤 師 に 相 当 する 資 格 に 基 づいて 許 可 を 受 けようとする 場 合 に 限 る ) 4 厚 生 労 働 大 臣 は 許 可 を 受 けようとする 外 国 医 療 関 係 者 が 第 二 項 各 号 に 掲 げる 基 準 に 適 合 してい ると 認 める 場 合 であっても 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 には 許 可 を 与 えないことができる 一 医 師 法 第 四 条 各 号 歯 科 医 師 法 第 四 条 各 号 薬 剤 師 法 第 五 条 各 号 保 健 師 助 産 師 看 護 師 法 第 九 条 各 号 又 は 救 急 救 命 士 法 第 四 条 各 号 に 掲 げる 者 二 罰 金 以 上 の 刑 に 相 当 する 外 国 の 法 令 による 刑 に 処 せられた 者 5 厚 生 労 働 大 臣 は 許 可 をする 場 合 において その 許 可 の 有 効 期 間 を 定 めるものとする 6 許 可 は その 有 効 期 間 が 満 了 したとき 及 び 法 第 九 十 一 条 第 三 項 又 は 第 四 項 の 規 定 により 取 り 消 されたときのほか 許 可 を 受 けた 外 国 医 療 関 係 者 が 外 国 医 療 関 係 者 でなくなったときは その 効 力 を 失 う 7 前 二 項 に 規 定 するもののほか 許 可 には 条 件 を 付 し 及 びこれを 変 更 することができる 8 前 項 の 条 件 は 許 可 に 係 る 事 項 の 確 実 な 実 施 を 図 るため 必 要 な 最 小 限 度 のものに 限 り かつ 許 可 を 受 ける 者 に 不 当 な 義 務 を 課 することとなるものであってはならない 9 厚 生 労 働 大 臣 は 外 国 医 療 関 係 者 に 対 し 許 可 をしたときは 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるところにより 許 可 証 を 交 付 するものとする 10 許 可 を 受 けた 外 国 医 療 関 係 者 は 医 療 を 行 うときは 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるところにより 前 項 の 許 可 証 を 着 用 しなければならない ( 許 可 外 国 医 療 関 係 者 の 許 可 の 取 消 事 由 ) 第 二 十 条 法 第 九 十 一 条 第 四 項 の 政 令 で 定 める 事 由 は 次 のとおりとする 一 前 条 第 二 項 第 三 号 に 掲 げる 基 準 ( 通 訳 人 に 係 る 部 分 に 限 る )に 適 合 しなくなったと 認 めると き 二 前 条 第 三 項 各 号 又 は 第 四 項 各 号 に 掲 げる 者 に 該 当 するに 至 ったとき 三 法 第 九 十 一 条 第 一 項 の 規 定 により 指 定 された 区 域 以 外 の 区 域 において 医 療 を 行 ったとき 四 法 第 九 十 一 条 第 一 項 の 規 定 により 指 定 された 業 務 の 内 容 と 異 なる 内 容 の 医 療 を 行 ったとき 五 前 条 第 七 項 の 規 定 による 条 件 に 違 反 したとき ( 政 令 で 定 める 法 律 の 規 定 ) 第 二 十 一 条 法 第 九 十 一 条 第 五 項 の 政 令 で 定 める 法 律 の 規 定 は 次 のとおりとする 一 医 師 法 第 十 九 条 から 第 二 十 四 条 の 二 まで 二 歯 科 医 師 法 第 十 九 条 から 第 二 十 三 条 の 二 まで 三 保 健 師 助 産 師 看 護 師 法 第 六 条 第 三 十 五 条 第 三 十 七 条 及 び 第 四 十 二 条 の 二 四 歯 科 衛 生 士 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 二 百 四 号 ) 第 二 条 第 一 項 第 十 三 条 の 二 及 び 第 十 三 条 の 三 五 結 核 予 防 法 ( 昭 和 二 十 六 年 法 律 第 九 十 六 号 ) 第 二 十 二 条 第 一 項 第 二 十 六 条 及 び 第 二 十 七 条 六 診 療 放 射 線 技 師 法 ( 昭 和 二 十 六 年 法 律 第 二 百 二 十 六 号 ) 第 二 条 第 二 項 第 二 十 四 条 の 二 第 二 十 六 条 及 び 第 二 十 八 条 第 一 項 七 覚 せい 剤 取 締 法 ( 昭 和 二 十 六 年 法 律 第 二 百 五 十 二 号 ) 第 八 条 第 一 項 第 十 四 条 第 一 項 並 びに 第 二 項 第 一 号 及 び 第 三 号 第 十 七 条 第 三 項 第 十 八 条 第 一 項 第 十 九 条 第 二 号 及 び 第 四 号 第 二 十 条 第 一 項 から 第 四 項 まで 第 三 十 条 の 七 第 六 号 から 第 八 号 まで 第 十 一 号 及 び 第 十 二 号 第 三 十 条 の 九 第 三 号 第 三 十 条 の 十 一 第 三 号 並 びに 第 三 十 二 条 第 一 項 八 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 ( 昭 和 二 十 八 年 法 律 第 十 四 号 ) 第 三 条 第 二 項 第 七 号 及 び 第 八 号 並 びに 第 五 十 八 条 の 二 第 一 項

5 九 歯 科 技 工 士 法 ( 昭 和 三 十 年 法 律 第 百 六 十 八 号 ) 第 二 条 第 一 項 及 び 第 三 項 第 十 七 条 第 一 項 並 びに 第 十 八 条 十 臨 床 検 査 技 師 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 三 十 三 年 法 律 第 七 十 六 号 ) 第 二 条 及 び 第 二 十 条 の 二 十 一 薬 事 法 第 四 十 六 条 第 二 項 並 びに 第 四 十 九 条 第 一 項 及 び 第 二 項 十 二 薬 剤 師 法 第 十 九 条 第 二 十 一 条 から 第 二 十 六 条 まで 第 二 十 八 条 第 二 項 及 び 第 二 十 九 条 十 三 臨 床 工 学 技 士 法 ( 昭 和 六 十 二 年 法 律 第 六 十 号 ) 第 二 条 第 二 項 及 び 第 三 十 八 条 十 四 救 急 救 命 士 法 第 二 条 第 二 項 及 び 第 四 十 四 条 から 第 四 十 七 条 まで 十 五 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 年 法 律 第 百 十 四 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 及 び 第 四 項 第 十 四 条 第 二 項 並 びに 第 十 七 条 第 一 項 ( 外 国 医 薬 品 等 の 輸 入 の 許 可 を 受 けた 者 に 義 務 として 課 することができる 措 置 等 ) 第 二 十 二 条 薬 事 法 施 行 令 ( 昭 和 三 十 六 年 政 令 第 十 一 号 ) 第 二 十 八 条 の 規 定 は 法 第 九 十 二 条 第 一 項 において 準 用 する 薬 事 法 第 十 四 条 の 三 第 二 項 の 政 令 で 定 める 措 置 について 準 用 する この 場 合 において 同 令 第 二 十 八 条 第 三 号 中 法 第 十 四 条 の 三 第 一 項 ( 法 第 二 十 条 第 一 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) とあるのは 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 第 九 十 二 条 第 一 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 法 第 十 四 条 の 三 第 一 項 と 第 十 四 条 又 は 第 十 九 条 の 二 の 承 認 ( 以 下 特 例 承 認 という ) とあるのは 第 十 四 条 の 承 認 と 読 み 替 えるものとする 2 薬 事 法 施 行 令 第 七 十 五 条 の 規 定 は 法 第 九 十 二 条 第 一 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 薬 事 法 第 十 四 条 の 三 第 一 項 の 規 定 により 輸 入 される 医 薬 品 又 は 医 療 機 器 について 準 用 する この 場 合 にお いて 同 令 第 七 十 五 条 第 二 項 中 その 直 接 の 容 器 又 は 直 接 の 被 包 とあるのは とあるのは 厚 生 労 働 大 臣 が 薬 事 食 品 衛 生 審 議 会 の 意 見 を 聴 いて とあるのは 厚 生 労 働 大 臣 が と その 直 接 の 容 器 又 は 直 接 の 被 包 とあるのは と 同 条 第 五 項 中 第 十 四 条 の 三 第 一 項 ( 第 二 十 条 第 一 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) とあるのは 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 第 九 十 二 条 第 一 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 第 十 四 条 の 三 第 一 項 と 第 十 四 条 又 は 第 十 九 条 の 二 とあるのは 第 十 四 条 と 同 条 第 六 項 中 第 十 四 条 の 三 第 一 項 ( 第 二 十 条 第 一 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) とあるのは 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のた めの 措 置 に 関 する 法 律 第 九 十 二 条 第 一 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 第 十 四 条 の 三 第 一 項 と 第 十 四 条 又 は 第 十 九 条 の 二 とあるのは 第 十 四 条 と 薬 事 法 施 行 令 第 七 十 五 条 第 二 項 とあるのは 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 第 二 十 二 条 第 二 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 薬 事 法 施 行 令 第 七 十 五 条 第 二 項 と 読 み 替 えるものとする ( 避 難 住 民 に 関 する 安 否 情 報 の 収 集 及 び 整 理 ) 第 二 十 三 条 市 町 村 長 は 法 第 五 十 四 条 第 二 項 に 規 定 する 避 難 の 指 示 を 伝 達 したときは 法 第 六 十 二 条 第 一 項 の 規 定 により 法 第 百 四 十 八 条 第 一 項 の 避 難 施 設 又 は 法 第 七 十 五 条 第 一 項 第 一 号 の 収 容 施 設 に 向 けて 誘 導 する 避 難 住 民 及 びこれらの 施 設 に 滞 在 する 避 難 住 民 について 速 やかに 次 に 掲 げる 情 報 を 収 集 し 及 び 整 理 するよう 努 めなければならない 一 氏 名 二 出 生 の 年 月 日 三 男 女 の 別 四 住 所 五 国 籍 ( 日 本 国 籍 を 有 しない 者 に 限 る ) 六 前 各 号 に 掲 げるもののほか 個 人 を 識 別 するための 情 報 ( 前 各 号 のいずれかに 掲 げる 情 報 が 不 明 である 場 合 において 当 該 情 報 に 代 えて 個 人 を 識 別 することができるものに 限 る ) 2 前 項 に 規 定 するもののほか 同 項 の 市 町 村 長 は 同 項 に 規 定 する 避 難 住 民 について 法 第 六 十 九 条 第 一 項 の 規 定 による 避 難 住 民 の 復 帰 のための 措 置 を 終 了 するまでの 間 継 続 的 に 次 に 掲 げる 情 報 を 収 集 し 及 び 整 理 するよう 努 めなければならない 一 居 所 二 負 傷 又 は 疾 病 の 状 況 三 前 二 号 に 掲 げるもののほか 連 絡 先 その 他 安 否 の 確 認 に 必 要 と 認 められる 情 報 3 法 第 五 十 四 条 第 六 項 ( 法 第 五 十 八 条 第 六 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 避 難 住 民 を 受 け 入 れた 市 町 村 長 は 当 該 市 町 村 の 区 域 内 に 所 在 する 法 第 百 四 十 八 条 第 一 項 の 避 難 施 設 及 び 法 第 七 十 五 条 第 一 項 第 一 号 の 収 容 施 設 に 滞 在 する 避 難 住 民 について 第 一 項 の 市 町 村 長 と 協 力 して 同 項 各 号 及 び 前 項 各 号 に 掲 げる 情 報 を 収 集 し 及 び 整 理 するよう 努 めなければならない 4 前 三 項 に 規 定 するもののほか 市 町 村 長 は 次 のいずれかの 事 実 を 知 ったときは 当 該 事 実 に 係 る 避 難 住 民 ( 第 一 項 及 び 前 項 に 規 定 する 避 難 住 民 を 除 く )について 第 一 項 各 号 及 び 第 二 項 各 号 に 掲 げる 情 報 を 収 集 し 及 び 整 理 するよう 努 めなければならない 一 当 該 市 町 村 の 住 民 が 避 難 住 民 となったこと 二 当 該 市 町 村 の 区 域 内 に 避 難 住 民 が 滞 在 していること ( 武 力 攻 撃 災 害 により 死 亡 し 又 は 負 傷 した 住 民 に 関 する 安 否 情 報 の 収 集 及 び 整 理 ) 第 二 十 四 条 市 町 村 長 は 当 該 市 町 村 の 区 域 内 で 武 力 攻 撃 災 害 により 死 亡 した 住 民 ( 当 該 市 町 村 の 住

6 民 以 外 の 者 で 当 該 市 町 村 の 区 域 内 で 死 亡 したものを 含 む )があると 認 めるときは その 者 につい て 次 に 掲 げる 情 報 を 収 集 し 及 び 整 理 するよう 努 めなければならない 一 前 条 第 一 項 各 号 に 掲 げる 情 報 二 死 亡 の 日 時 場 所 及 び 状 況 三 死 体 の 所 在 2 市 町 村 長 は 当 該 市 町 村 の 区 域 内 で 武 力 攻 撃 災 害 により 負 傷 した 住 民 ( 当 該 市 町 村 の 住 民 以 外 の 者 で 当 該 市 町 村 の 区 域 内 に 在 るものを 含 む )があると 認 めるときは その 者 について 前 条 第 一 項 各 号 及 び 第 二 項 各 号 に 掲 げる 情 報 を 収 集 し 及 び 整 理 するよう 努 めなければならない 3 市 町 村 長 は 当 該 市 町 村 の 区 域 外 において 当 該 市 町 村 の 住 民 が 武 力 攻 撃 災 害 により 死 亡 し 又 は 負 傷 した 事 実 を 知 ったときは 当 該 住 民 について 第 一 項 各 号 に 掲 げる 情 報 又 は 前 項 に 規 定 する 情 報 を 収 集 し 及 び 整 理 するよう 努 めなければならない ( 安 否 情 報 の 収 集 及 び 報 告 の 方 法 ) 第 二 十 五 条 法 第 九 十 四 条 第 一 項 の 規 定 による 安 否 情 報 の 収 集 は 市 町 村 が 保 有 する 資 料 の 調 査 法 第 六 十 二 条 第 一 項 の 規 定 により 避 難 住 民 を 誘 導 する 者 による 調 査 又 は 都 道 府 県 警 察 消 防 機 関 医 療 機 関 その 他 の 関 係 機 関 に 対 する 照 会 その 他 これらに 準 ずる 方 法 により 行 うものとする 2 法 第 九 十 四 条 第 一 項 の 規 定 による 安 否 情 報 の 報 告 は 書 面 ( 電 子 的 方 式 磁 気 的 方 式 その 他 人 の 知 覚 によっては 認 識 することができない 方 式 で 作 られる 記 録 を 含 む )の 送 付 その 他 の 総 務 省 令 で 定 める 方 法 により 行 うものとする ( 安 否 情 報 の 提 供 ) 第 二 十 六 条 法 第 九 十 五 条 第 一 項 の 規 定 により 安 否 情 報 について 照 会 をしようとする 者 は 照 会 を する 理 由 その 氏 名 及 び 住 所 ( 法 人 その 他 の 団 体 にあっては その 名 称 代 表 者 の 氏 名 及 び 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 ) 並 びに 照 会 に 係 る 者 を 特 定 するために 必 要 な 事 項 を 明 らかにしなければならない 2 前 項 の 照 会 を 受 けた 総 務 大 臣 又 は 地 方 公 共 団 体 の 長 は 当 該 照 会 に 係 る 者 の 安 否 情 報 を 保 有 して いる 場 合 において 当 該 照 会 が 不 当 な 目 的 によるものと 認 めるとき 又 は 照 会 に 対 する 回 答 により 知 り 得 た 事 項 が 不 当 な 目 的 に 使 用 されるおそれがあると 認 めるときを 除 き 当 該 照 会 に 係 る 者 が 避 難 住 民 に 該 当 するか 否 か 及 び 武 力 攻 撃 災 害 により 死 亡 し 又 は 負 傷 した 住 民 に 該 当 するか 否 かを 回 答 す るものとする 3 前 項 の 場 合 において 総 務 大 臣 又 は 地 方 公 共 団 体 の 長 は 照 会 に 係 る 者 の 同 意 があるとき 又 は 公 益 上 特 に 必 要 があると 認 めるときは 第 二 十 三 条 第 一 項 各 号 及 び 第 二 項 各 号 に 掲 げる 情 報 ( 武 力 攻 撃 災 害 により 死 亡 した 住 民 にあっては 第 二 十 四 条 第 一 項 各 号 に 掲 げる 情 報 )を 回 答 するものとす る 4 前 三 項 に 定 めるもののほか 安 否 情 報 の 照 会 及 び 回 答 の 手 続 その 他 の 必 要 な 事 項 は 総 務 省 令 で 定 める ( 生 活 関 連 等 施 設 ) 第 二 十 七 条 法 第 百 二 条 第 一 項 の 政 令 で 定 める 施 設 は 次 のとおりとする 一 電 気 事 業 法 ( 昭 和 三 十 九 年 法 律 第 百 七 十 号 ) 第 二 条 第 一 項 第 十 号 の 電 気 事 業 者 又 は 同 項 第 十 二 号 の 卸 供 給 事 業 者 がその 事 業 の 用 に 供 する 発 電 所 ( 最 大 出 力 五 万 キロワット 以 上 のものに 限 る ) 又 は 変 電 所 ( 使 用 電 圧 十 万 ボルト 以 上 のものに 限 る ) 二 ガス 事 業 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 五 十 一 号 ) 第 二 条 第 十 三 項 のガス 工 作 物 ( 同 項 に 規 定 す るガス 発 生 設 備 ガスホルダー 及 びガス 精 製 設 備 に 限 り 同 条 第 三 項 の 簡 易 ガス 事 業 の 用 に 供 するものを 除 く ) 三 水 道 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 七 十 七 号 ) 第 三 条 第 二 項 の 水 道 事 業 又 は 同 条 第 四 項 の 水 道 用 水 供 給 事 業 の 用 に 供 する 取 水 貯 水 若 しくは 浄 水 のための 施 設 又 は 配 水 池 であって これらの 事 業 のため 一 日 につき 十 万 立 方 メートル 以 上 の 水 を 供 給 する 能 力 を 有 するもの 四 鉄 道 事 業 法 ( 昭 和 六 十 一 年 法 律 第 九 十 二 号 ) 第 八 条 第 一 項 の 鉄 道 施 設 又 は 軌 道 法 ( 大 正 十 年 法 律 第 七 十 六 号 )による 軌 道 施 設 であって 鉄 道 又 は 軌 道 を 利 用 する 旅 客 の 乗 降 待 合 いその 他 の 用 に 供 するもののうち 当 該 施 設 の 一 日 当 たりの 平 均 的 な 利 用 者 の 人 数 が 十 万 人 以 上 である もの 五 電 気 通 信 事 業 法 ( 昭 和 五 十 九 年 法 律 第 八 十 六 号 ) 第 二 条 第 五 号 の 電 気 通 信 事 業 者 ( 同 法 第 九 条 の 登 録 を 受 けた 者 に 限 る )がその 事 業 の 用 に 供 する 交 換 設 備 ( 同 法 第 三 十 三 条 第 一 項 の 利 用 者 の 電 気 通 信 設 備 と 接 続 される 伝 送 路 設 備 と 接 続 される 交 換 設 備 で 当 該 伝 送 路 設 備 の 電 気 通 信 回 線 の 数 が 三 万 に 満 たないもの 及 び 同 項 の 移 動 端 末 設 備 と 接 続 される 伝 送 路 設 備 と 接 続 される 交 換 設 備 で 当 該 移 動 端 末 設 備 の 数 が 三 万 に 満 たないものを 除 く ) 六 日 本 放 送 協 会 又 は 放 送 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 三 十 二 号 ) 第 二 条 第 三 号 の 三 の 一 般 放 送 事 業 者 ( 同 条 第 三 号 の 四 の 受 託 放 送 事 業 者 及 び 同 条 第 三 号 の 五 の 委 託 放 送 事 業 者 を 除 く )が 同 条 第 一 号 の 二 の 国 内 放 送 を 行 う 放 送 局 ( 同 条 第 三 号 の 放 送 局 をいい 人 工 衛 星 の 無 線 局 である ものを 除 く 以 下 この 号 において 同 じ )であって 同 法 第 二 条 の 二 第 二 項 第 三 号 に 規 定 する 放 送 系 において 他 の 放 送 局 から 放 送 ( 同 法 第 二 条 第 一 号 の 放 送 をいう 以 下 この 号 において 同 じ )をされる 同 法 第 二 条 第 四 号 の 放 送 番 組 を 受 信 し 同 時 にこれをそのまま 再 送 信 する 放 送 を 主 として 行 うもの 以 外 のものの 無 線 設 備

7 七 港 湾 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 二 百 十 八 号 ) 第 五 十 二 条 第 一 項 第 一 号 の 国 土 交 通 省 令 で 定 める 水 域 施 設 又 は 係 留 施 設 八 空 港 整 備 法 ( 昭 和 三 十 一 年 法 律 第 八 十 号 ) 第 二 条 第 一 項 の 空 港 の 同 法 第 六 条 第 一 項 の 滑 走 路 等 及 び 当 該 空 港 の 敷 地 内 の 旅 客 ターミナル 施 設 並 びに 当 該 空 港 における 航 空 機 の 離 陸 又 は 着 陸 の 安 全 を 確 保 するために 必 要 な 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 ) 第 二 条 第 四 項 の 航 空 保 安 施 設 九 河 川 管 理 施 設 等 構 造 令 ( 昭 和 五 十 一 年 政 令 第 百 九 十 九 号 ) 第 二 章 の 規 定 の 適 用 を 受 けるダム 十 法 第 百 三 条 第 一 項 の 危 険 物 質 等 の 取 扱 所 ( 危 険 物 質 等 ) 第 二 十 八 条 法 第 百 三 条 第 一 項 ( 同 条 第 五 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 政 令 で 定 める 物 質 は 次 のとおりとする 一 消 防 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 百 八 十 六 号 ) 第 二 条 第 七 項 の 危 険 物 ( 同 法 第 九 条 の 四 の 指 定 数 量 以 上 のものに 限 る ) 二 毒 物 及 び 劇 物 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 三 百 三 号 ) 第 二 条 第 一 項 の 毒 物 及 び 同 条 第 二 項 の 劇 物 ( 同 法 第 三 条 第 三 項 の 毒 物 劇 物 営 業 者 同 法 第 三 条 の 二 第 一 項 の 特 定 毒 物 研 究 者 並 びに 当 該 毒 物 及 び 劇 物 を 業 務 上 取 り 扱 う 者 が 取 り 扱 うものに 限 る ) 三 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 九 号 ) 第 二 条 第 一 項 の 火 薬 類 四 高 圧 ガス 保 安 法 ( 昭 和 二 十 六 年 法 律 第 二 百 四 号 ) 第 二 条 の 高 圧 ガス( 同 法 第 三 条 第 一 項 各 号 に 掲 げるものを 除 く ) 五 原 子 力 基 本 法 ( 昭 和 三 十 年 法 律 第 百 八 十 六 号 ) 第 三 条 第 二 号 に 規 定 する 核 燃 料 物 質 及 びこれ によって 汚 染 された 物 ( 核 原 料 物 質 核 燃 料 物 質 及 び 原 子 炉 の 規 制 に 関 する 法 律 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 六 号 ) 第 六 十 四 条 第 一 項 に 規 定 する 原 子 力 事 業 者 等 が 所 持 するものに 限 る ) 六 原 子 力 基 本 法 第 三 条 第 三 号 に 規 定 する 核 原 料 物 質 ( 核 原 料 物 質 核 燃 料 物 質 及 び 原 子 炉 の 規 制 に 関 する 法 律 第 五 十 七 条 の 八 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 核 原 料 物 質 を 除 く ) 七 放 射 性 同 位 元 素 等 による 放 射 線 障 害 の 防 止 に 関 する 法 律 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 七 号 ) 第 二 条 第 二 項 に 規 定 する 放 射 性 同 位 元 素 及 びこれによって 汚 染 された 物 ( 同 法 第 三 十 二 条 に 規 定 する 許 可 届 出 使 用 者 等 が 所 持 するものに 限 る ) 八 薬 事 法 第 四 十 四 条 第 一 項 の 毒 薬 及 び 同 条 第 二 項 の 劇 薬 ( 同 法 第 四 十 六 条 第 一 項 の 薬 局 開 設 者 等 が 取 り 扱 うものに 限 る ) 九 電 気 事 業 法 第 三 十 八 条 第 三 項 の 事 業 用 電 気 工 作 物 ( 発 電 用 のものに 限 る ) 内 における 高 圧 ガス 保 安 法 第 二 条 の 高 圧 ガス( 当 該 事 業 用 電 気 工 作 物 の 外 にあるとしたならば 同 法 の 適 用 を 受 けることとなるものに 限 る ) 十 細 菌 兵 器 ( 生 物 兵 器 ) 及 び 毒 素 兵 器 の 開 発 生 産 及 び 貯 蔵 の 禁 止 並 びに 廃 棄 に 関 する 条 約 等 の 実 施 に 関 する 法 律 ( 昭 和 五 十 七 年 法 律 第 六 十 一 号 ) 第 二 条 第 一 項 に 規 定 する 生 物 剤 及 び 同 条 第 二 項 に 規 定 する 毒 素 ( 業 としてこれらを 取 り 扱 う 者 が 取 り 扱 うものに 限 る ) 十 一 化 学 兵 器 の 禁 止 及 び 特 定 物 質 の 規 制 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 七 年 法 律 第 六 十 五 号 ) 第 二 条 第 一 項 の 毒 性 物 質 ( 同 法 第 七 条 第 一 項 の 許 可 製 造 者 同 法 第 十 二 条 の 許 可 使 用 者 同 法 第 十 五 条 第 一 項 第 二 号 の 承 認 輸 入 者 及 び 同 法 第 十 八 条 第 二 項 の 廃 棄 義 務 者 並 びに 同 法 第 二 十 四 条 第 一 項 から 第 三 項 まで( 同 法 第 二 十 六 条 及 び 第 二 十 七 条 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 又 は 同 法 第 二 十 八 条 の 規 定 による 届 出 をした 者 が 所 持 するものに 限 る ) ( 危 険 物 質 等 に 係 る 武 力 攻 撃 災 害 を 防 止 するため 緊 急 に 講 ずべき 措 置 ) 第 二 十 九 条 法 第 百 三 条 第 三 項 ( 同 条 第 五 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 政 令 で 定 める 区 分 は 次 の 表 の 上 欄 に 掲 げる 物 質 の 種 類 ごとにそれぞれ 同 表 の 中 欄 に 定 める 区 分 とし 同 項 の 政 令 で 定 める 措 置 は 当 該 区 分 に 応 じてそれぞれ 同 表 の 下 欄 に 定 める 措 置 とする 物 質 の 種 類 区 分 措 置 前 条 第 一 号 に 掲 イ 二 以 上 の 都 道 府 県 の 区 域 にわたって 設 置 される 移 送 取 法 第 百 三 条 第 三 項 第 げる 物 質 扱 所 ( 消 防 法 第 十 一 条 第 一 項 第 一 号 の 移 送 取 扱 所 をいう 二 号 及 び 第 三 号 に 掲 以 下 この 項 において 同 じ )において 取 り 扱 うものにあ げる 措 置 っては 総 務 大 臣 ロ 消 防 本 部 等 所 在 市 町 村 ( 消 防 法 第 十 一 条 第 一 項 第 一 号 の 消 防 本 部 等 所 在 市 町 村 をいう 以 下 この 項 において 同 じ ) 以 外 の 市 町 村 の 区 域 に 設 置 される 製 造 所 貯 蔵 所 若 しくは 取 扱 所 ( 移 送 取 扱 所 を 除 く ) 又 は 移 送 取 扱 所 ( 二 以 上 の 都 道 府 県 の 区 域 にわたって 設 置 されるもの 及 び 一 の 消 防 本 部 等 所 在 市 町 村 の 区 域 のみに 設 置 されるも のを 除 く )において 貯 蔵 し 又 は 取 り 扱 うものにあっ ては これらが 設 置 される 区 域 を 管 轄 する 都 道 府 県 知 事 ハ 消 防 本 部 等 所 在 市 町 村 の 区 域 に 設 置 される 製 造 所 貯

8 蔵 所 若 しくは 取 扱 所 ( 移 送 取 扱 所 を 除 く ) 又 は 一 の 消 防 本 部 等 所 在 市 町 村 の 区 域 のみに 設 置 される 移 送 取 扱 所 において 貯 蔵 し 又 は 取 り 扱 うものにあっては 当 該 市 町 村 長 前 条 第 二 号 に 掲 イ 毒 物 及 び 劇 物 取 締 法 第 四 条 第 一 項 の 登 録 を 受 けた 者 が 法 第 百 三 条 第 三 項 各 げる 物 質 取 り 扱 うものにあっては 当 該 登 録 の 権 限 を 有 する 者 ( 都 号 に 掲 げる 措 置 道 府 県 知 事 が 当 該 登 録 の 権 限 を 有 する 場 合 にあっては 厚 生 労 働 大 臣 及 び 都 道 府 県 知 事 ) ロ 毒 物 及 び 劇 物 取 締 法 第 三 条 の 二 第 一 項 の 特 定 毒 物 研 究 者 又 は 前 条 第 二 号 に 掲 げる 物 質 を 業 務 上 取 り 扱 う 者 が 取 り 扱 うものにあっては 厚 生 労 働 大 臣 及 び 都 道 府 県 知 事 前 条 第 六 号 に 掲 文 部 科 学 大 臣 ( 核 原 料 物 質 核 燃 料 物 質 及 び 原 子 炉 の 規 制 法 第 百 三 条 第 三 項 各 げる 物 質 に 関 する 法 律 第 六 条 第 一 項 に 規 定 する 製 錬 事 業 者 ( 同 法 第 号 に 掲 げる 措 置 十 二 条 の 七 第 一 項 に 規 定 する 旧 製 錬 事 業 者 等 を 含 む )が 所 持 するものにあっては 経 済 産 業 大 臣 ) 前 条 第 八 号 に 掲 厚 生 労 働 大 臣 ( 薬 事 法 施 行 令 第 八 十 条 の 規 定 による 都 道 府 法 第 百 三 条 第 三 項 各 げる 物 質 県 知 事 の 処 分 を 受 けている 者 が 所 持 するものにあっては 厚 号 に 掲 げる 措 置 生 労 働 大 臣 及 び 都 道 府 県 知 事 専 ら 動 物 のために 使 用 され ることが 目 的 とされているものにあっては 農 林 水 産 大 臣 ) 前 条 第 九 号 に 掲 経 済 産 業 大 臣 げる 物 質 法 第 百 三 条 第 三 項 各 号 に 掲 げる 措 置 前 条 第 十 号 に 掲 細 菌 兵 器 ( 生 物 兵 器 ) 及 び 毒 素 兵 器 の 開 発 生 産 及 び 貯 蔵 法 第 百 三 条 第 三 項 各 げる 物 質 の 禁 止 並 びに 廃 棄 に 関 する 条 約 の 実 施 に 関 する 法 律 施 行 令 号 に 掲 げる 措 置 ( 平 成 七 年 政 令 第 三 百 九 十 六 号 ) 第 二 条 第 二 項 に 規 定 する 主 務 大 臣 前 条 第 十 一 号 に 経 済 産 業 大 臣 掲 げる 物 質 法 第 百 三 条 第 三 項 各 号 に 掲 げる 措 置 備 考 この 表 の 下 欄 に 定 める 措 置 には 指 定 行 政 機 関 及 び 地 方 公 共 団 体 が 事 態 対 処 法 第 二 条 第 七 号 の 対 処 措 置 の 用 に 供 する 危 険 物 質 等 に 係 る 措 置 を 含 まないものとする ( 通 報 手 続 ) 第 三 十 条 法 第 百 五 条 第 一 項 前 段 の 規 定 による 通 報 の 手 続 については 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 百 五 十 六 号 ) 第 十 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 主 務 省 令 及 び 原 子 力 事 業 者 防 災 業 務 計 画 の 定 めの 例 による ( 放 射 性 物 質 等 による 汚 染 の 拡 大 を 防 止 するための 措 置 の 手 続 ) 第 三 十 一 条 指 定 行 政 機 関 の 長 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 並 びに 都 道 府 県 知 事 は 法 第 百 八 条 第 一 項 第 一 号 から 第 四 号 までに 掲 げる 措 置 を 講 ずるときは 当 該 措 置 の 名 あて 人 に 対 し 次 に 掲 げる 事 項 を 通 知 しなければならない ただし 当 該 事 項 を 通 知 しないで 当 該 措 置 を 講 ずべき 差 し 迫 った 必 要 があるときは この 限 りでない 一 当 該 措 置 を 講 ずる 旨 二 当 該 措 置 を 講 ずる 理 由 三 当 該 措 置 の 対 象 となる 物 件 生 活 の 用 に 供 する 水 又 は 死 体 四 当 該 措 置 を 講 ずる 時 期 五 当 該 措 置 の 内 容 2 前 項 ただし 書 の 場 合 においては 指 定 行 政 機 関 の 長 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 並 びに 都 道 府 県 知 事 は 当 該 措 置 を 講 じた 後 相 当 の 期 間 内 に 同 項 各 号 に 掲 げる 事 項 を 当 該 措 置 の 名 あて 人 に 通 知 し なければならない 3 指 定 行 政 機 関 の 長 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 並 びに 都 道 府 県 知 事 は 法 第 百 八 条 第 一 項 第 五 号 又 は 第 六 号 に 掲 げる 措 置 を 講 ずるときは 適 当 な 場 所 に 次 に 掲 げる 事 項 を 掲 示 しなければならな い ただし 当 該 事 項 を 掲 示 しないで 当 該 措 置 を 講 ずべき 差 し 迫 った 必 要 があるときは その 職 員 の 現 場 における 指 示 をもってこれに 代 えることができる 一 当 該 措 置 を 講 ずる 旨 二 当 該 措 置 を 講 ずる 理 由

9 三 当 該 措 置 の 対 象 となる 建 物 又 は 場 所 四 当 該 措 置 を 講 ずる 時 期 五 当 該 措 置 の 内 容 4 前 三 項 の 規 定 は 法 第 百 八 条 第 二 項 において 準 用 する 同 条 第 一 項 の 規 定 により 関 係 市 町 村 長 関 係 消 防 組 合 の 管 理 者 若 しくは 長 又 は 警 視 総 監 若 しくは 道 府 県 警 察 本 部 長 が 同 項 各 号 に 掲 げる 措 置 を 講 ずる 場 合 について 準 用 する ( 土 地 等 への 立 入 りの 手 続 ) 第 三 十 二 条 指 定 行 政 機 関 の 長 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 並 びに 都 道 府 県 知 事 は 法 第 百 九 条 第 一 項 の 規 定 により その 職 員 に 他 人 の 土 地 等 に 立 ち 入 らせようとするときは あらかじめ その 旨 を 当 該 土 地 等 の 占 有 者 又 は 所 有 者 に 通 知 しなければならない ただし あらかじめ 通 知 することが 困 難 であるときは この 限 りでない 2 前 項 の 規 定 は 法 第 百 九 条 第 三 項 において 準 用 する 同 条 第 一 項 の 規 定 により 関 係 市 町 村 長 関 係 消 防 組 合 の 管 理 者 若 しくは 長 又 は 警 視 総 監 若 しくは 道 府 県 警 察 本 部 長 がその 職 員 に 他 人 の 土 地 等 に 立 ち 入 らせる 場 合 について 準 用 する ( 応 急 公 用 負 担 の 手 続 等 ) 第 三 十 三 条 法 第 百 十 三 条 第 一 項 の 規 定 による 応 急 公 用 負 担 の 手 続 同 条 第 四 項 において 読 み 替 え て 準 用 する 災 害 対 策 基 本 法 第 六 十 四 条 第 三 項 の 規 定 による 公 示 の 方 法 及 び 事 項 並 びに 同 条 第 四 項 の 規 定 による 工 作 物 等 の 売 却 の 手 続 については 災 害 対 策 基 本 法 施 行 令 第 二 十 四 条 から 第 二 十 七 条 までの 規 定 の 例 による 2 法 第 百 十 三 条 第 五 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 災 害 対 策 基 本 法 第 六 十 四 条 第 九 項 の 政 令 で 定 める 自 衛 隊 法 第 八 条 に 規 定 する 部 隊 等 の 長 については 災 害 対 策 基 本 法 第 六 十 四 条 第 九 項 の 内 閣 府 令 の 定 めの 例 による ( 墓 地 埋 葬 等 に 関 する 法 律 第 五 条 及 び 第 十 四 条 の 手 続 の 特 例 ) 第 三 十 四 条 厚 生 労 働 大 臣 は 法 第 百 二 十 二 条 の 規 定 により 墓 地 埋 葬 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 四 十 八 号 以 下 この 条 において 墓 地 埋 葬 法 という ) 第 五 条 及 び 第 十 四 条 に 規 定 する 手 続 の 特 例 を 定 めるときは その 対 象 となる 地 域 を 指 定 するものとする 2 厚 生 労 働 大 臣 は その 定 める 期 間 内 に 前 項 の 規 定 により 指 定 した 地 域 において 死 亡 した 者 の 死 体 に 係 る 墓 地 埋 葬 法 第 五 条 第 一 項 の 規 定 による 埋 葬 又 は 火 葬 の 許 可 について 同 条 第 二 項 に 規 定 す る 市 町 村 長 のほか 当 該 死 体 の 現 に 存 する 地 の 市 町 村 長 その 他 の 市 町 村 長 がこれを 行 うものとする ことができる 3 厚 生 労 働 大 臣 は 第 一 項 の 規 定 により 指 定 した 地 域 において 公 衆 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 する ため 特 に 緊 急 の 必 要 があると 認 めるときは 前 項 に 規 定 する 死 体 の 埋 葬 又 は 火 葬 を 行 おうとする 者 について 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 墓 地 又 は 火 葬 場 において 当 該 埋 葬 又 は 火 葬 を 行 うときに 限 り 墓 地 埋 葬 法 第 五 条 第 一 項 の 規 定 にかかわらず 同 項 の 規 定 による 許 可 を 要 しないものとすることが できる 4 厚 生 労 働 大 臣 は 前 項 の 場 合 における 墓 地 埋 葬 法 第 十 四 条 に 規 定 する 手 続 については 次 に 定 めるところにより 特 例 を 定 めるものとする 一 墓 地 埋 葬 法 第 十 四 条 に 規 定 する 埋 葬 許 可 証 又 は 火 葬 許 可 証 に 代 わるべき 書 類 として 死 亡 診 断 書 死 体 検 案 書 その 他 当 該 死 体 に 係 る 死 亡 の 事 実 を 証 する 書 類 を 定 めること 二 前 項 に 規 定 する 墓 地 又 は 火 葬 場 の 管 理 者 は 前 号 の 書 類 を 受 理 したときは 市 町 村 長 に 対 し 当 該 書 類 に 記 載 された 事 項 の 確 認 を 求 めなければならず 当 該 市 町 村 長 がその 確 認 をした 後 でな ければ 埋 葬 をさせ 又 は 火 葬 を 行 ってはならないものとすること 三 墓 地 又 は 納 骨 堂 の 管 理 者 は 第 一 号 の 書 類 であって 火 葬 場 の 管 理 者 が 墓 地 埋 葬 法 第 十 六 条 第 二 項 に 規 定 する 事 項 を 記 載 したものを 受 理 したときは 焼 骨 の 埋 蔵 をさせ 又 は 焼 骨 の 収 蔵 を することができるものとすること ( 避 難 施 設 の 基 準 ) 第 三 十 五 条 法 第 百 四 十 八 条 第 一 項 の 政 令 で 定 める 基 準 は 次 のとおりとする 一 公 園 広 場 その 他 の 公 共 施 設 又 は 学 校 公 民 館 駐 車 場 地 下 街 その 他 の 公 益 的 施 設 であるこ と 二 避 難 住 民 等 を 受 け 入 れ 又 はその 救 援 を 行 うために 必 要 かつ 適 切 な 規 模 のものであること 三 速 やかに 避 難 住 民 等 を 受 け 入 れ 又 はその 救 援 を 行 うことが 可 能 な 構 造 又 は 設 備 を 有 するも のであること 四 火 災 その 他 の 災 害 による 影 響 が 比 較 的 少 ない 場 所 にあるものであること 五 車 両 その 他 の 運 搬 手 段 による 輸 送 が 比 較 的 容 易 な 場 所 にあるものであること ( 避 難 施 設 の 重 要 な 変 更 ) 第 三 十 六 条 法 第 百 四 十 九 条 の 政 令 で 定 める 重 要 な 変 更 は 当 該 施 設 の 避 難 住 民 等 の 受 入 れ 又 は 救 援 の 用 に 供 すべき 部 分 の 総 面 積 の 十 分 の 一 以 上 の 面 積 の 増 減 を 伴 う 変 更 とする ( 職 員 の 派 遣 の 要 請 及 び 職 員 の 派 遣 のあっせんの 求 めの 手 続 ) 第 三 十 七 条 災 害 対 策 基 本 法 施 行 令 第 十 五 条 の 規 定 は 法 第 百 五 十 一 条 第 一 項 の 規 定 による 職 員 の 派 遣 の 要 請 について 同 令 第 十 六 条 の 規 定 は 法 第 百 五 十 二 条 第 一 項 又 は 第 二 項 の 規 定 による 職 員

10 の 派 遣 のあっせんの 求 めについて それぞれ 準 用 する ( 武 力 攻 撃 災 害 等 派 遣 手 当 及 び 職 員 の 身 分 取 扱 い) 第 三 十 八 条 法 第 百 五 十 四 条 において 読 み 替 えて 準 用 する 災 害 対 策 基 本 法 第 三 十 二 条 第 一 項 の 武 力 攻 撃 災 害 等 派 遣 手 当 及 び 法 第 百 五 十 三 条 の 規 定 により 指 定 行 政 機 関 指 定 地 方 行 政 機 関 又 は 特 定 指 定 公 共 機 関 から 派 遣 される 職 員 の 身 分 取 扱 いについては 災 害 対 策 基 本 法 施 行 令 第 十 七 条 から 第 十 九 条 までの 規 定 の 例 による ( 国 民 の 保 護 のための 措 置 の 実 施 時 における 交 通 の 規 制 の 手 続 等 ) 第 三 十 九 条 法 第 百 五 十 五 条 第 一 項 の 規 定 による 緊 急 通 行 車 両 以 外 の 車 両 の 道 路 における 通 行 の 禁 止 又 は 制 限 の 手 続 同 項 の 政 令 で 定 める 車 両 及 び 同 条 第 二 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 災 害 対 策 基 本 法 第 七 十 六 条 の 四 の 規 定 による 国 家 公 安 委 員 会 の 指 示 については 災 害 対 策 基 本 法 施 行 令 第 三 十 二 条 から 第 三 十 三 条 の 二 まで( 第 三 十 三 条 第 四 項 を 除 く )の 規 定 の 例 による ( 損 失 補 償 の 申 請 手 続 ) 第 四 十 条 法 第 百 五 十 九 条 第 一 項 の 規 定 による 損 失 の 補 償 を 受 けようとする 者 は 損 失 補 償 申 請 書 を 次 の 各 号 に 掲 げる 処 分 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 者 に 提 出 しなければならない 一 法 第 八 十 一 条 第 四 項 ( 同 条 第 一 項 に 係 る 部 分 を 除 く )の 規 定 による 処 分 当 該 処 分 を 行 っ た 指 定 行 政 機 関 の 長 又 は 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 二 法 第 百 二 十 五 条 第 四 項 の 規 定 による 処 分 文 化 庁 長 官 三 法 第 八 十 一 条 第 二 項 若 しくは 第 三 項 第 八 十 二 条 又 は 第 百 十 三 条 第 三 項 ( 同 条 第 一 項 に 係 る 部 分 に 限 る )の 規 定 による 処 分 当 該 処 分 を 行 った 都 道 府 県 知 事 四 法 第 百 五 十 五 条 第 二 項 において 準 用 する 災 害 対 策 基 本 法 第 七 十 六 条 の 三 第 二 項 後 段 ( 同 条 第 三 項 又 は 第 四 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 による 処 分 当 該 処 分 に 係 る 車 両 その 他 の 物 件 が 所 在 した 場 所 を 管 轄 する 都 道 府 県 知 事 五 法 第 百 十 三 条 第 一 項 の 規 定 による 処 分 当 該 処 分 を 行 った 市 町 村 長 六 法 第 百 十 三 条 第 五 項 ( 同 条 第 一 項 に 係 る 部 分 に 限 る )において 読 み 替 えて 準 用 する 災 害 対 策 基 本 法 第 六 十 四 条 第 七 項 又 は 第 八 項 の 規 定 による 処 分 当 該 処 分 に 係 る 土 地 建 物 その 他 の 工 作 物 又 は 土 石 竹 木 その 他 の 物 件 が 所 在 した 場 所 を 管 轄 する 市 町 村 長 2 前 項 各 号 に 定 める 者 は 同 項 の 損 失 補 償 申 請 書 を 受 理 したときは 補 償 すべき 損 失 の 有 無 及 び 損 失 を 補 償 すべき 場 合 には 補 償 の 額 を 決 定 し 遅 滞 なく これを 当 該 申 請 をした 者 に 通 知 しなければ ならない 3 第 一 項 の 損 失 補 償 申 請 書 には 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 しなければならない 一 損 失 の 補 償 を 受 けようとする 者 の 氏 名 及 び 住 所 ( 法 人 にあっては その 名 称 代 表 者 の 氏 名 及 び 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 ) 二 請 求 額 及 びその 明 細 三 損 失 の 発 生 した 日 時 又 は 期 間 四 損 失 の 発 生 した 区 域 又 は 場 所 五 損 失 の 内 容 ( 実 費 弁 償 の 基 準 ) 第 四 十 一 条 法 第 百 五 十 九 条 第 二 項 の 政 令 で 定 める 基 準 は 次 のとおりとする 一 手 当 は 法 第 八 十 五 条 第 一 項 の 規 定 による 要 請 に 応 じ 又 は 同 条 第 二 項 の 規 定 による 指 示 に 従 って 医 療 を 行 った 時 間 に 応 じて 支 給 するものとする 二 前 号 の 手 当 の 支 給 額 は 法 第 八 十 五 条 第 一 項 の 規 定 による 要 請 を 行 い 又 は 同 条 第 二 項 の 規 定 による 指 示 をした 都 道 府 県 知 事 の 統 括 する 都 道 府 県 の 常 勤 の 職 員 である 医 療 関 係 者 の 給 与 を 考 慮 して 定 めるものとする 三 一 日 につき 八 時 間 を 超 えて 医 療 を 行 ったときは 第 一 号 の 規 定 にかかわらず その 八 時 間 を 超 える 時 間 につき 割 増 手 当 を 医 療 を 行 うため 一 時 その 住 所 又 は 居 所 を 離 れて 旅 行 するときは 旅 費 を それぞれ 支 給 するものとする 四 前 号 の 割 増 手 当 及 び 旅 費 の 支 給 額 は 第 一 号 の 手 当 の 支 給 額 を 基 礎 とし 第 二 号 に 規 定 する 医 療 関 係 者 に 支 給 される 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 旅 費 の 算 定 の 例 に 準 じて 算 定 するものとする ( 実 費 弁 償 の 申 請 手 続 ) 第 四 十 二 条 法 第 百 五 十 九 条 第 二 項 の 規 定 による 実 費 の 弁 償 を 受 けようとする 者 は 実 費 弁 償 申 請 書 を 法 第 八 十 五 条 第 一 項 の 規 定 による 要 請 又 は 同 条 第 二 項 の 規 定 による 指 示 を 行 った 都 道 府 県 知 事 に 提 出 しなければならない 2 都 道 府 県 知 事 は 前 項 の 実 費 弁 償 申 請 書 を 受 理 したときは 弁 償 すべき 実 費 の 有 無 及 び 実 費 を 弁 償 すべき 場 合 には 弁 償 の 額 を 決 定 し 遅 滞 なく これを 当 該 申 請 をした 者 に 通 知 しなければならな い 3 第 一 項 の 実 費 弁 償 申 請 書 には 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 しなければならない 一 実 費 の 弁 償 を 受 けようとする 者 の 氏 名 及 び 住 所 二 請 求 額 及 びその 明 細 三 医 療 に 従 事 した 期 間 及 び 場 所 四 従 事 した 医 療 の 内 容

11 ( 損 害 補 償 の 額 ) 第 四 十 三 条 法 第 百 六 十 条 第 一 項 の 規 定 による 損 害 の 補 償 の 額 は 非 常 勤 消 防 団 員 等 に 係 る 損 害 補 償 の 基 準 を 定 める 政 令 ( 昭 和 三 十 一 年 政 令 第 三 百 三 十 五 号 ) 中 消 防 法 第 二 十 五 条 第 一 項 若 しくは 第 二 項 ( 同 法 第 三 十 六 条 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 若 しくは 第 二 十 九 条 第 五 項 ( 同 法 第 三 十 条 の 二 及 び 第 三 十 六 条 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) の 規 定 により 消 防 作 業 に 従 事 した 者 同 法 第 三 十 五 条 の 七 第 一 項 の 規 定 により 救 急 業 務 に 協 力 した 者 又 は 水 防 法 ( 昭 和 二 十 四 年 法 律 第 百 九 十 三 号 ) 第 二 十 四 条 の 規 定 により 水 防 に 従 事 した 者 に 係 る 損 害 補 償 の 規 定 の 例 により 算 定 す るものとする 2 法 第 百 六 十 条 第 二 項 の 規 定 による 損 害 の 補 償 の 額 は 災 害 救 助 法 施 行 令 中 扶 助 金 に 係 る 規 定 の 例 により 算 定 するものとする ( 損 害 補 償 の 申 請 手 続 ) 第 四 十 四 条 法 第 百 六 十 条 第 一 項 の 規 定 による 損 害 の 補 償 を 受 けようとする 者 は 損 害 補 償 申 請 書 を 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 者 に 提 出 しなければならない 一 海 上 保 安 官 の 要 請 を 受 けて 協 力 した 場 合 海 上 保 安 庁 長 官 二 自 衛 官 の 要 請 を 受 けて 協 力 した 場 合 防 衛 大 臣 三 都 道 府 県 知 事 若 しくは 都 道 府 県 の 職 員 又 は 警 察 官 の 要 請 を 受 けて 協 力 した 場 合 当 該 要 請 が 行 われた 場 所 を 管 轄 する 都 道 府 県 知 事 四 市 町 村 長 又 は 消 防 吏 員 その 他 の 市 町 村 の 職 員 の 要 請 を 受 けて 協 力 した 場 合 当 該 要 請 が 行 われ た 場 所 を 管 轄 する 市 町 村 長 2 法 第 百 六 十 条 第 二 項 の 規 定 による 損 害 の 補 償 を 受 けようとする 者 は 損 害 補 償 申 請 書 を 法 第 八 十 五 条 第 一 項 の 規 定 による 要 請 又 は 同 条 第 二 項 の 規 定 による 指 示 を 行 った 都 道 府 県 知 事 に 提 出 しなければならない 3 第 一 項 各 号 に 定 める 者 及 び 前 項 の 都 道 府 県 知 事 は 前 二 項 の 損 害 補 償 申 請 書 を 受 理 したときは 補 償 すべき 損 害 の 有 無 及 び 損 害 を 補 償 すべき 場 合 には 補 償 の 額 を 決 定 し 遅 滞 なく これを 当 該 申 請 をした 者 に 通 知 しなければならない 4 第 一 項 及 び 第 二 項 の 損 害 補 償 申 請 書 には 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 しなければならない 一 損 害 の 補 償 を 受 けようとする 者 の 氏 名 及 び 住 所 二 負 傷 し 疾 病 にかかり 又 は 死 亡 した 者 の 氏 名 及 び 住 所 三 負 傷 し 疾 病 にかかり 又 は 死 亡 した 日 時 及 び 場 所 四 負 傷 疾 病 又 は 死 亡 の 状 況 五 死 亡 した 場 合 にあっては 遺 族 の 状 況 ( 損 失 補 てんの 対 象 ) 第 四 十 五 条 法 第 百 六 十 一 条 第 一 項 の 規 定 による 損 失 の 補 てんは 都 道 府 県 又 は 指 定 公 共 機 関 が 同 項 に 規 定 する 総 合 調 整 又 は 指 示 に 基 づく 措 置 に 従 事 させたその 職 員 又 は 当 該 措 置 の 用 に 供 したそ の 財 産 が 武 力 攻 撃 災 害 を 受 けた 場 合 において 当 該 武 力 攻 撃 災 害 により 当 該 都 道 府 県 又 は 指 定 公 共 機 関 に 生 じた 損 失 について 行 う 2 前 項 の 規 定 は 法 第 百 六 十 一 条 第 二 項 の 規 定 による 損 失 の 補 てんについて 準 用 する この 場 合 において 前 項 中 都 道 府 県 又 は 指 定 公 共 機 関 とあるのは 市 町 村 又 は 指 定 公 共 機 関 若 しくは 指 定 地 方 公 共 機 関 と 読 み 替 えるものとする ( 損 失 補 てんの 手 続 ) 第 四 十 六 条 都 道 府 県 又 は 指 定 公 共 機 関 は 前 条 第 一 項 に 規 定 する 職 員 又 は 財 産 が 武 力 攻 撃 災 害 を 受 けた 場 合 において 武 力 攻 撃 災 害 により 生 ずる 損 失 の 補 てんを 受 けようとするときは 対 策 本 部 長 ( 事 態 対 処 法 第 十 九 条 第 一 項 の 規 定 により 対 策 本 部 が 廃 止 された 後 にあっては 内 閣 総 理 大 臣 次 項 において 同 じ )に 当 該 武 力 攻 撃 災 害 の 状 況 を 通 知 しなければならない 2 対 策 本 部 長 は 前 項 の 規 定 による 通 知 を 受 けた 場 合 において 損 失 を 補 てんすることが 相 当 と 認 めるときは 所 要 の 調 整 その 他 の 必 要 な 措 置 を 講 ずるものとする 3 前 二 項 の 規 定 は 法 第 百 六 十 一 条 第 二 項 の 規 定 による 損 失 の 補 てんについて 準 用 する この 場 合 において 第 一 項 中 都 道 府 県 又 は 指 定 公 共 機 関 とあるのは 市 町 村 又 は 指 定 公 共 機 関 若 しく は 指 定 地 方 公 共 機 関 と 対 策 本 部 長 ( 事 態 対 処 法 第 十 九 条 第 一 項 の 規 定 により 対 策 本 部 が 廃 止 された 後 にあっては 内 閣 総 理 大 臣 とあるのは 都 道 府 県 国 民 保 護 対 策 本 部 長 ( 法 第 三 十 条 の 規 定 により 都 道 府 県 対 策 本 部 が 廃 止 された 後 にあっては 都 道 府 県 知 事 と 前 項 中 対 策 本 部 長 とあるのは 都 道 府 県 国 民 保 護 対 策 本 部 長 と 読 み 替 えるものとする ( 国 が 負 担 する 費 用 ) 第 四 十 七 条 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 本 文 の 政 令 で 定 める 費 用 は 同 項 第 一 号 から 第 三 号 までに 規 定 する 措 置 に 通 常 要 すると 認 められる 費 用 及 び 同 項 第 四 号 に 掲 げる 費 用 とする ただし 同 項 第 一 号 に 規 定 する 措 置 のうち 法 第 六 十 二 条 第 六 項 ( 法 第 六 十 九 条 第 二 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 にあっては 第 十 条 第 一 項 の 規 定 により 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 程 度 及 び 方 法 によるものとした 場 合 に 当 該 措 置 に 要 する 費 用 とし 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 措 置 のうち 法 第 七 十 五 条 の 規 定 による 救 援 に 要 する 費 用 にあっては 第 十 条 の 規 定 により 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 程 度 方 法 及 び 期 間 による 救 援 に 要 する 費 用 とする

12 2 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 の 規 定 による 国 の 負 担 は 前 項 の 費 用 の 額 から 同 条 第 一 項 ただし 書 の 規 定 により 地 方 公 共 団 体 が 負 担 することとなる 費 用 の 額 を 控 除 した 額 について 行 う ( 政 令 で 定 める 手 当 ) 第 四 十 八 条 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 ただし 書 の 政 令 で 定 める 手 当 は 地 域 手 当 住 居 手 当 初 任 給 調 整 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 特 地 勤 務 手 当 (これに 準 ずる 手 当 を 含 む ) へき 地 手 当 (こ れに 準 ずる 手 当 を 含 む ) 管 理 職 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 期 末 特 別 手 当 寒 冷 地 手 当 特 定 任 期 付 職 員 業 績 手 当 任 期 付 研 究 員 業 績 手 当 義 務 教 育 等 教 員 特 別 手 当 定 時 制 通 信 教 育 手 当 産 業 教 育 手 当 農 林 漁 業 普 及 指 導 手 当 及 び 退 職 手 当 とする ( 地 方 公 共 団 体 の 管 理 及 び 行 政 事 務 の 執 行 に 要 する 費 用 ) 第 四 十 九 条 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 ただし 書 の 地 方 公 共 団 体 の 管 理 及 び 行 政 事 務 の 執 行 に 要 する 費 用 で 政 令 で 定 めるものは 消 耗 品 費 通 信 費 その 他 の 費 用 ( 国 民 の 保 護 のための 措 置 の 実 施 により 増 加 し 又 は 新 たに 必 要 となったものを 除 く )とする ( 施 設 の 管 理 者 として 行 う 事 務 に 要 する 費 用 ) 第 五 十 条 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 ただし 書 の 地 方 公 共 団 体 が 施 設 の 管 理 者 として 行 う 事 務 に 要 する 費 用 で 政 令 で 定 めるものは 当 該 施 設 の 維 持 管 理 に 通 常 要 すると 認 められる 費 用 とする ( 地 方 公 共 団 体 が 負 担 する 共 同 訓 練 費 用 ) 第 五 十 一 条 法 第 百 六 十 八 条 第 二 項 の 政 令 で 定 める 費 用 は 次 のとおりとする 一 地 方 公 共 団 体 の 職 員 の 給 料 及 び 手 当 二 地 方 公 共 団 体 の 管 理 及 び 行 政 事 務 の 執 行 に 要 する 消 耗 品 費 通 信 費 その 他 の 費 用 ( 法 第 百 六 十 八 条 第 二 項 に 規 定 する 訓 練 の 実 施 により 増 加 し 又 は 新 たに 必 要 となったものを 除 く ) 三 地 方 公 共 団 体 が 施 設 の 管 理 者 として 行 う 当 該 施 設 の 維 持 管 理 に 通 常 要 すると 認 められる 費 用 ( 準 用 ) 第 五 十 二 条 第 一 条 から 第 四 条 まで 第 六 条 から 第 三 十 四 条 まで 第 三 十 七 条 から 第 四 十 四 条 まで 第 四 十 五 条 第 二 項 第 四 十 六 条 第 三 項 及 び 第 四 十 七 条 から 前 条 までの 規 定 は 法 第 百 七 十 二 条 第 一 項 の 緊 急 対 処 事 態 及 び 緊 急 対 処 保 護 措 置 について 準 用 する この 場 合 において 次 の 表 の 上 欄 に 掲 げる 規 定 中 同 表 の 中 欄 に 掲 げる 字 句 は それぞれ 同 表 の 下 欄 に 掲 げる 字 句 に 読 み 替 えるものとす る 第 一 条 第 十 三 条 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 十 三 条 第 二 条 法 第 十 四 条 第 一 項 る 法 第 十 四 条 第 一 項 第 三 条 第 一 項 法 第 十 五 条 第 一 項 る 法 第 十 五 条 第 一 項 第 三 条 第 一 項 第 一 号 武 力 攻 撃 災 害 ( 法 第 二 条 第 緊 急 対 処 事 態 における 災 害 ( 武 力 攻 撃 に 準 四 項 の 武 力 攻 撃 災 害 をいう ずる 攻 撃 により 直 接 又 は 間 接 に 生 ずる 人 の 以 下 同 じ ) 死 亡 又 は 負 傷 火 事 爆 発 放 射 性 物 質 の 放 出 その 他 の 人 的 又 は 物 的 災 害 をいう 以 下 同 じ ) 第 三 条 第 四 項 法 第 十 五 条 第 二 項 る 法 第 十 五 条 第 二 項 対 策 本 部 長 緊 急 対 処 事 態 対 策 本 部 長 第 四 条 法 第 十 九 条 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 十 九 条 第 六 条 法 第 四 十 二 条 第 二 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 四 十 二 条 第 二 項 第 七 条 及 び 第 八 条 第 一 項 法 第 六 十 一 条 第 三 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 六 十 一 条 第 三 項 第 八 条 第 二 項 法 第 六 十 三 条 第 一 項 る 法 第 六 十 三 条 第 一 項 第 九 条 法 第 七 十 五 条 第 一 項 第 八 号 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 七 十

13 五 条 第 一 項 第 八 号 第 九 条 第 一 号 及 び 第 四 号 武 力 攻 撃 災 害 緊 急 対 処 事 態 における 災 害 第 二 十 四 条 ( 見 出 しを 含 む ) 第 二 十 六 条 第 二 項 及 び 第 三 項 並 びに 第 二 十 九 条 の 見 出 し 第 十 条 法 第 七 十 五 条 第 三 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 七 十 五 条 第 三 項 第 十 条 第 二 項 法 第 七 十 四 条 る 法 第 七 十 四 条 法 第 七 十 五 条 第 一 項 ただし 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 七 十 書 五 条 第 一 項 ただし 書 第 十 一 条 法 第 七 十 六 条 第 一 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 七 十 六 条 第 一 項 第 八 十 条 から 第 八 十 五 条 ま 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 同 法 第 八 十 で 条 から 第 八 十 五 条 まで 第 十 二 条 法 第 八 十 一 条 第 一 項 る 法 第 八 十 一 条 第 一 項 第 十 二 条 第 四 号 法 第 八 十 九 条 第 一 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 八 十 九 条 第 一 項 第 十 二 条 第 六 号 法 第 七 十 五 条 第 一 項 第 五 号 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 七 十 から 第 八 号 まで 五 条 第 一 項 第 五 号 から 第 八 号 まで 第 十 三 条 第 十 六 条 及 び 法 第 八 十 三 条 第 一 項 第 十 七 条 第 一 項 る 法 第 八 十 三 条 第 一 項 第 十 三 条 第 一 号 法 第 八 十 一 条 第 一 項 る 法 第 八 十 一 条 第 一 項 第 十 四 条 及 び 第 十 五 条 第 法 第 八 十 三 条 第 一 項 ただし 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 八 十 一 項 書 三 条 第 一 項 ただし 書 第 十 五 条 第 一 項 及 び 第 二 前 条 第 一 号 十 九 条 第 十 五 条 第 二 項 及 び 第 二 前 条 第 二 号 十 九 条 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 一 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 二 号 第 十 七 条 第 二 項 前 条 第 五 十 二 条 において 読 み 替 えて 準 用 する 前 条 第 十 八 条 第 四 十 一 条 第 法 第 八 十 五 条 第 一 項 一 号 及 び 第 二 号 第 四 十 二 条 第 一 項 並 びに 第 四 十 四 条 第 二 項 第 十 九 条 第 一 項 並 びに 第 法 第 九 十 一 条 第 一 項 二 十 条 第 三 号 及 び 第 四 号 第 十 九 条 第 二 項 第 一 号 及 法 第 九 十 一 条 第 一 項 各 号 び 第 二 号 並 びに 第 三 項 第 る 法 第 八 十 五 条 第 一 項 る 法 第 九 十 一 条 第 一 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 九 十 一 条 第 一 項 各 号

14 二 号 第 十 九 条 第 六 項 法 第 九 十 一 条 第 三 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 九 十 一 条 第 三 項 第 二 十 条 法 第 九 十 一 条 第 四 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 九 十 一 条 第 四 項 第 二 十 条 第 一 号 前 条 第 二 項 第 三 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 二 項 第 三 号 第 二 十 条 第 二 号 前 条 第 三 項 各 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 三 項 各 号 第 二 十 条 第 五 号 前 条 第 七 項 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 七 項 第 二 十 一 条 法 第 九 十 一 条 第 五 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 九 十 一 条 第 五 項 第 二 十 二 条 法 第 九 十 二 条 第 一 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 九 十 二 条 第 一 項 第 二 十 二 条 第 一 項 第 二 十 二 条 第 二 項 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のため 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 の 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 十 二 号 ) 第 九 十 二 条 第 一 項 第 百 十 二 号 ) 第 九 十 二 条 第 一 項 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のため 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 の 措 置 に 関 する 法 律 第 百 八 十 三 条 において する 法 律 第 九 十 二 条 第 一 項 準 用 する 同 法 第 九 十 二 条 第 一 項 第 二 十 二 条 第 二 項 第 五 十 二 条 において 読 み 替 えて 準 用 する 同 令 第 二 十 二 条 第 二 項 第 二 十 三 条 第 一 項 法 第 五 十 四 条 第 二 項 る 法 第 五 十 四 条 第 二 項 第 二 十 三 条 第 一 項 及 び 第 法 第 六 十 二 条 第 一 項 二 十 五 条 第 一 項 第 二 十 三 条 第 一 項 及 び 第 法 第 七 十 五 条 第 一 項 第 一 号 三 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 六 十 二 条 第 一 項 る 法 第 七 十 五 条 第 一 項 第 一 号 第 二 十 三 条 第 二 項 法 第 六 十 九 条 第 一 項 る 法 第 六 十 九 条 第 一 項 第 二 十 三 条 第 三 項 法 第 五 十 四 条 第 六 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 五 十 四 条 第 六 項 法 第 五 十 八 条 第 六 項 第 二 十 四 条 第 一 項 第 一 号 前 条 第 一 項 各 号 及 び 第 二 項 る 法 第 五 十 八 条 第 六 項 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 一 項 各 号 第 二 十 五 条 法 第 九 十 四 条 第 一 項 る 法 第 九 十 四 条 第 一 項 第 二 十 六 条 第 一 項 法 第 九 十 五 条 第 一 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 九 十

15 五 条 第 一 項 第 二 十 六 条 第 三 項 第 二 十 三 条 第 一 項 各 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 第 二 十 三 条 第 一 項 各 号 第 二 十 四 条 第 一 項 各 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 第 二 十 四 条 第 一 項 各 号 第 二 十 七 条 法 第 百 二 条 第 一 項 る 法 第 百 二 条 第 一 項 第 二 十 七 条 第 十 号 及 び 第 法 第 百 三 条 第 一 項 二 十 八 条 る 法 第 百 三 条 第 一 項 第 二 十 九 条 法 第 百 三 条 第 三 項 ( る 法 第 百 三 条 第 三 項 ( 法 第 百 三 条 第 三 項 第 二 号 法 第 百 三 条 第 三 項 各 号 前 条 第 六 号 前 条 第 八 号 前 条 第 九 号 前 条 第 十 号 前 条 第 十 一 号 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 百 三 条 第 三 項 第 二 号 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 百 三 条 第 三 項 各 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 六 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 八 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 九 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 十 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 十 一 号 事 態 対 処 法 第 二 条 第 七 号 の 事 態 対 処 法 第 二 十 五 条 第 三 項 の 緊 急 対 処 措 対 処 措 置 置 第 三 十 条 法 第 百 五 条 第 一 項 前 段 る 法 第 百 五 条 第 一 項 前 段 第 三 十 一 条 第 一 項 法 第 百 八 条 第 一 項 第 一 号 か 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 百 八 ら 第 四 号 まで 条 第 一 項 第 一 号 から 第 四 号 まで 第 三 十 一 条 第 三 項 法 第 百 八 条 第 一 項 第 五 号 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 百 八 条 第 一 項 第 五 号 第 三 十 一 条 第 四 項 法 第 百 八 条 第 二 項 る 法 第 百 八 条 第 二 項 第 三 十 二 条 第 一 項 法 第 百 九 条 第 一 項 る 法 第 百 九 条 第 一 項 第 三 十 二 条 第 二 項 法 第 百 九 条 第 三 項 る 法 第 百 九 条 第 三 項 第 三 十 三 条 第 一 項 及 び 第 法 第 百 十 三 条 第 一 項 四 十 条 第 一 項 第 五 号 第 三 十 三 条 第 二 項 及 び 第 法 第 百 十 三 条 第 五 項 四 十 条 第 一 項 第 六 号 る 法 第 百 十 三 条 第 一 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 百 十 三 条 第 五 項

16 第 三 十 四 条 第 一 項 法 第 百 二 十 二 条 る 法 第 百 二 十 二 条 第 三 十 七 条 法 第 百 五 十 一 条 第 一 項 る 法 第 百 五 十 一 条 第 一 項 法 第 百 五 十 二 条 第 一 項 る 法 第 百 五 十 二 条 第 一 項 第 三 十 八 条 法 第 百 五 十 四 条 る 法 第 百 五 十 四 条 法 第 百 五 十 三 条 る 法 第 百 五 十 三 条 第 三 十 九 条 法 第 百 五 十 五 条 第 一 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 百 五 十 五 条 第 一 項 第 四 十 条 第 一 項 法 第 百 五 十 九 条 第 一 項 る 法 第 百 五 十 九 条 第 一 項 第 四 十 条 第 一 項 第 一 号 法 第 八 十 一 条 第 四 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 八 十 一 条 第 四 項 第 四 十 条 第 一 項 第 二 号 法 第 百 二 十 五 条 第 四 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 百 二 十 五 条 第 四 項 第 四 十 条 第 一 項 第 三 号 法 第 八 十 一 条 第 二 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 八 十 一 条 第 二 項 第 四 十 条 第 一 項 第 四 号 法 第 百 五 十 五 条 第 二 項 る 法 第 百 五 十 五 条 第 二 項 第 四 十 一 条 及 び 第 四 十 二 法 第 百 五 十 九 条 第 二 項 条 第 一 項 第 四 十 三 条 第 一 項 及 び 第 法 第 百 六 十 条 第 一 項 四 十 四 条 第 一 項 第 四 十 三 条 第 二 項 及 び 第 法 第 百 六 十 条 第 二 項 四 十 四 条 第 二 項 第 四 十 五 条 第 二 項 及 び 第 法 第 百 六 十 一 条 第 二 項 四 十 六 条 第 三 項 る 法 第 百 五 十 九 条 第 二 項 る 法 第 百 六 十 条 第 一 項 る 法 第 百 六 十 条 第 二 項 る 法 第 百 六 十 一 条 第 二 項 第 四 十 六 条 第 三 項 都 道 府 県 国 民 保 護 対 策 本 部 都 道 府 県 緊 急 対 処 事 態 対 策 本 部 長 長 法 第 三 十 条 る 法 第 三 十 条 第 四 十 七 条 第 一 項 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 本 文 る 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 本 文 法 第 六 十 二 条 第 六 項 法 第 六 十 九 条 第 二 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 六 十 二 条 第 六 項 る 法 第 六 十 九 条 第 二 項

17 第 十 条 第 一 項 第 五 十 二 条 において 読 み 替 えて 準 用 する 第 十 条 第 一 項 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 第 二 号 る 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 第 二 号 法 第 七 十 五 条 第 十 条 の 規 定 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 七 十 五 条 第 五 十 二 条 において 読 み 替 えて 準 用 する 第 十 条 の 規 定 第 四 十 七 条 第 二 項 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 る 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 第 四 十 八 条 から 第 五 十 条 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 ただ 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 百 六 まで し 書 十 八 条 第 一 項 ただし 書 前 条 法 第 百 六 十 八 条 第 二 項 る 法 第 百 六 十 八 条 第 二 項 ( 事 務 の 区 分 ) 第 五 十 三 条 この 政 令 の 規 定 により 地 方 公 共 団 体 が 処 理 することとされている 事 務 ( 都 道 府 県 警 察 が 処 理 することとされているものを 除 く )は 地 方 自 治 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 六 十 七 号 ) 第 二 条 第 九 項 第 一 号 に 規 定 する 第 一 号 法 定 受 託 事 務 とする

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

航空隊等の内部組織に関する達

航空隊等の内部組織に関する達 平 成 10 年 12 月 2 日 海 上 自 衛 隊 達 第 32 号 航 空 隊 及 び 教 育 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 40 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 ) 第 32 条 整 備 補 給 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 平 成 10 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 28 号 ) 第 11 条 及 び 航 空 基 地 隊 の 編

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

田 原 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 編 水 防 計 画 地 震 災 害 対 策 編 津 波 災 害 対 策 編 津 波 避 難 計 画 原 子 力 災 害 対 策 編 ( 平 成 27 年 6 月 修 正 ) 田 原 市 防 災 会 議 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 方 針 等 1 第 2 章 本 市 の 概 況 5 第 3 章 予 想 される

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

我孫子市小規模水道条例

我孫子市小規模水道条例 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 施 行 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 46 号 以 下 条 例 という ) の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ( 検 査 項 目 等 ) 第 2 条 条 例 第 3 条 第 2 項 に 規 定 する 基 準 ( 以 下 水 質 基

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9 茅 野 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 人 % % 55,760 22,775,329 804,761 3,955,168

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与 電 子 版 職 員 給 与 のあらまし < 公 営 企 業 版 > 平 成 24 年 度 目 次 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 2 工 業 用 水 道 事 業 3 下 水 道 事 業 4 自 動 車 運 送 事 業 5 高 速 度 鉄 道 事 業 6 病 院 事 業 < 問 い 合 わせ 先 > 上 下 水 道 局 総 務 部 総 務 課 交 通 局 総 務 部 労 務 課

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始 部 案 参 照 文 目 1 1 持 可 能 療 険 制 構 築 国 民 険 部 9 部 11 1 5 特 別 15 6 17 7 運 確 18 8 0 9 独 立 10 - 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の 別 紙 薬 局 等 における 管 理 薬 剤 師 の 兼 任 の 取 扱 いについて 1 共 通 事 項 管 理 薬 剤 師 兼 任 許 可 申 請 は 平 成 10 年 4 月 27 日 付 け 保 衛 第 283 号 保 健 福 祉 部 長 通 知 薬 局 及 び 医 薬 品 販 売 業 の 構 造 設 備 規 則 及 び 許 可 等 の 取 扱 いについて による 学 校 薬 剤 師 の 兼

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

(\202g22\214\366\225\\.xls)

(\202g22\214\366\225\\.xls) 別 (1) 紙 3 区 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 分 住 民 基 本 (21 台 年 帳 度 人 末 口 ) 歳 出 額 A 人 件 費 別 海 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (2) 職 員 給 与 16,052 費 の 状 況 ( 普 14,873,338 通 会 計 決 算 ) 586,003千 円 2,316,507 千

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

月 額 を100として 計 算 した 指 数 2 類 似 団 体 平 均 とは 人 口 規 模 産 業 構 造 が 類 似 している 団 体 のラスパイレス 指 数 を 単 純 平 均 し たものです 3 参 考 値 は 国 家 公 務 員 の 時 限 的 な(2 年 間 ) 給 与 改 定 臨 時

月 額 を100として 計 算 した 指 数 2 類 似 団 体 平 均 とは 人 口 規 模 産 業 構 造 が 類 似 している 団 体 のラスパイレス 指 数 を 単 純 平 均 し たものです 3 参 考 値 は 国 家 公 務 員 の 時 限 的 な(2 年 間 ) 給 与 改 定 臨 時 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 人 口 (24 年 度 末 ) A 人 24 年 度 18,191 10,065,529 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 23 年 度 人 件 費 率 % ( 注 ) 人 件 費 には 町 長 や 副 町

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

<904588F582CC8B8B975E814592E888F58AC7979D82CC8CF6955C4832322E348DEC90AC2E786C73>

<904588F582CC8B8B975E814592E888F58AC7979D82CC8CF6955C4832322E348DEC90AC2E786C73> 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 幌 延 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (1 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 1 年 度,9,1,468 77,6 76,98 13.8 18.7 () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 国 見 町 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 4.6 歳 3

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 国 見 町 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 4.6 歳 3 国 見 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 年 度 末 ) B B/ 平 成 9 年 度 の 件 費 率 平 成 年 度,478 4,55,53 79,66 94,46 3.. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普

More information

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災 第 2 節 消 防 通 信 指 令 体 制 消 防 緊 急 情 報 システムによる 情 報 の 一 元 化 を 図 るとともに 迅 速 的 確 な 情 報 収 集 及 び 消 防 隊 等 に 対 する 指 令 指 示 連 絡 その 他 必 要 な 情 報 の 受 伝 達 を 行 うものとする 1 災 害 通 信 の 取 扱 い 災 害 通 信 の 取 扱 いについては 逗 子 市 消 防 専 用 無

More information

別紙3

別紙3 美 濃 加 茂 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 (24 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 55,018 人 17,404,089 1,057,991 2,446,300

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477>

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477> 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 要 領 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 ( 以 下 本 市 という )が 施 工 する 建 設 工 事 から 生 じる 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 いを 定 めることにより 資 源 の 有 効 な 利 用 及 び 廃 棄 物 の

More information

Taro-38 H270401 財形貯蓄事務取

Taro-38 H270401 財形貯蓄事務取 270050 新 潟 県 警 察 職 員 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 綱 の 制 定 について( 例 規 通 達 ) 厚 生 課 昭 和 63 年 3 月 9 日 本 部 ( 厚 ) 第 10 号 沿 革 平 成 5 年 12 月 本 部 ( 厚 ) 第 44 号 12 年 2 月 第 9 号 13 年 5 月 第 39 号 14 年 3 月 第 30 号 15 年 2 月 第 4

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版 役 員 退 職 手 当 規 程 目 次 第 1 条 総 則 第 2 条 退 職 手 当 の 受 給 者 第 2 条 の2 遺 族 の 範 囲 及 び 順 位 第 3 条 退 職 手 当 の 額 第 4 条 在 職 期 間 の 計 算 第 5 条 再 任 等 の 場 合 の 取 り 扱 い 第 6 条 解 任 された 場 合 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 第 7 条 退 職 手 当 の 支

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 42.8 類 似 団 体 平 均 年 齢 39.5 43.5 42.6 平 均 給 料 月 額 ( ベ

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 42.8 類 似 団 体 平 均 年 齢 39.5 43.5 42.6 平 均 給 料 月 額 ( ベ 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 237,074 62,820,258 千 2,607,274 千 13,549,661 千 21.6 % (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 12 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 という )

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC> 鳥 取 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 の 手 引 き 研 究 国 際 協 力 部 国 際 交 流 課 国 際 交 流 係 平 成 24 年 9 月 1 日 改 正 目 次 [ 来 日 前 の 手 続 き] P1 1. 手 続 きの 流 れ 2. 在 留 資 格 認 定 証 明 書 交 付 申 請 手 続 き 3. 住 居 について [ 来 日 後 の 手 続 き] P4 1. 新 規 住

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 161,7 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 161,7 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 158,172 44,66,25 1,13,136 7,281,69 16.3 16.7 (2) 職 員 給 与

More information

<483233303389FC90B38347834E835A838B976C8EAE81698E7392AC91BA94C5816A81698F4390B394C5816A2E786C73>

<483233303389FC90B38347834E835A838B976C8EAE81698E7392AC91BA94C5816A81698F4390B394C5816A2E786C73> 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) 22 年 度 千 千 千 68,989 藤 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A ( 平 成 23 年 度 ) 24,215,785 679,588 3,67,444 B 15.2

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73>

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73> 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 (H6.1.1 現 在 ) A B B/A ( 参 考 ) 4 年 度 の 人 件 費 率 5 年 度 85,650 人 40,99,763 1,445,080 7,48,057 18.1%

More information