六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令"

Transcription

1 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する 薬 事 法 ( 昭 和 三 十 五 年 法 律 第 百 四 十 五 号 ) 及 び 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 三 十 六 年 法 律 第 二 百 二 十 三 号 )の 規 定 に 基 づき この 政 令 を 制 定 する ( 都 道 府 県 等 の 事 務 の 委 託 の 手 続 ) 第 一 条 災 害 対 策 基 本 法 施 行 令 ( 昭 和 三 十 七 年 政 令 第 二 百 八 十 八 号 ) 第 三 十 一 条 の 規 定 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 十 三 条 の 規 定 による 都 道 府 県 の 事 務 又 は 都 道 府 県 知 事 等 の 権 限 に 属 する 事 務 の 委 託 について 準 用 する ( 都 道 府 県 知 事 による 市 町 村 長 の 事 務 の 代 行 ) 第 二 条 災 害 対 策 基 本 法 施 行 令 第 三 十 条 第 二 項 及 び 第 三 項 の 規 定 は 法 第 十 四 条 第 一 項 の 規 定 に よる 都 道 府 県 知 事 による 市 町 村 長 の 事 務 の 代 行 について 準 用 する ( 国 民 保 護 等 派 遣 の 要 請 等 の 手 続 ) 第 三 条 法 第 十 五 条 第 一 項 の 規 定 により 都 道 府 県 知 事 が 自 衛 隊 の 部 隊 等 の 派 遣 を 要 請 しようとする 場 合 には 次 の 事 項 を 明 らかにするものとする 一 武 力 攻 撃 災 害 ( 法 第 二 条 第 四 項 の 武 力 攻 撃 災 害 をいう 以 下 同 じ )の 状 況 及 び 派 遣 を 要 請 する 事 由 二 派 遣 を 希 望 する 期 間 三 派 遣 を 希 望 する 区 域 及 び 活 動 内 容 四 その 他 参 考 となるべき 事 項 2 前 項 の 派 遣 の 要 請 は 文 書 により 行 うものとする ただし 事 態 が 急 迫 して 文 書 によることがで きない 場 合 には 口 頭 又 は 電 話 その 他 の 通 信 によることができる 3 前 項 ただし 書 の 場 合 においては 事 後 において 速 やかに 文 書 を 提 出 するものとする 4 前 三 項 の 規 定 は 法 第 十 五 条 第 二 項 の 規 定 により 対 策 本 部 長 が 自 衛 隊 の 部 隊 等 の 派 遣 を 求 める 場 合 について 準 用 する ( 市 町 村 等 の 事 務 の 委 託 の 手 続 ) 第 四 条 災 害 対 策 基 本 法 施 行 令 第 二 十 八 条 の 規 定 は 法 第 十 九 条 の 規 定 による 市 町 村 の 事 務 又 は 市 町 村 長 等 の 権 限 に 属 する 事 務 の 委 託 について 準 用 する ( 国 民 の 保 護 に 関 する 計 画 等 の 軽 微 な 変 更 ) 第 五 条 法 第 三 十 三 条 第 七 項 ただし 書 第 三 十 四 条 第 八 項 ただし 書 第 三 十 五 条 第 八 項 ただし 書 及 び 第 三 十 六 条 第 七 項 ただし 書 の 政 令 で 定 める 軽 微 な 変 更 は 次 のとおりとする 一 行 政 区 画 郡 区 市 町 村 内 の 町 若 しくは 字 若 しくはこれらの 名 称 の 変 更 地 番 の 変 更 又 は 住 居 表 示 に 関 する 法 律 ( 昭 和 三 十 七 年 法 律 第 百 十 九 号 ) 第 三 条 第 一 項 及 び 第 二 項 若 しくは 同 法 第 四 条 の 規 定 による 住 居 表 示 の 実 施 若 しくは 変 更 に 伴 う 変 更 二 指 定 行 政 機 関 ( 武 力 攻 撃 事 態 等 における 我 が 国 の 平 和 と 独 立 並 びに 国 及 び 国 民 の 安 全 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 五 年 法 律 第 七 十 九 号 以 下 事 態 対 処 法 という ) 第 二 条 第 四 号 の 指 定 行 政 機 関 をいう 以 下 同 じ ) 指 定 地 方 行 政 機 関 ( 同 条 第 五 号 の 指 定 地 方 行 政 機 関 をいう 以 下 同 じ ) 都 道 府 県 市 町 村 指 定 公 共 機 関 ( 同 条 第 六 号 の 指 定 公 共 機 関 をいう 以 下 同 じ ) 指 定 地 方 公 共 機 関 ( 法 第 二 条 第 二 項 の 指 定 地 方 公 共 機 関 をいう 以 下 同 じ )その 他 の 関 係 機 関 又 はその 組 織 の 名 称 又 は 所 在 地 の 変 更 に 伴 う 変 更 三 前 二 号 に 掲 げるもののほか 誤 記 の 訂 正 人 又 は 物 の 呼 称 の 変 更 統 計 の 数 値 の 修 正 その 他 こ れらに 類 する 記 載 事 項 の 修 正 に 伴 う 変 更 ( 訓 練 のための 交 通 の 禁 止 又 は 制 限 の 手 続 ) 第 六 条 法 第 四 十 二 条 第 二 項 の 規 定 による 歩 行 者 又 は 車 両 の 道 路 における 通 行 の 禁 止 又 は 制 限 の 手 続 については 災 害 対 策 基 本 法 施 行 令 第 二 十 条 の 二 の 規 定 の 例 による ( 政 令 で 定 める 管 区 海 上 保 安 本 部 の 事 務 所 ) 第 七 条 法 第 六 十 一 条 第 三 項 の 政 令 で 定 める 管 区 海 上 保 安 本 部 の 事 務 所 は その 管 轄 区 域 及 び 所 掌 事 務 を 勘 案 して 国 土 交 通 省 令 で 定 める 事 務 所 とする ( 政 令 で 定 める 自 衛 隊 の 部 隊 等 の 長 ) 第 八 条 法 第 六 十 一 条 第 三 項 の 政 令 で 定 める 自 衛 隊 の 部 隊 等 の 長 は 当 該 市 町 村 の 区 域 を 担 当 区 域 とする 自 衛 隊 地 方 連 絡 部 の 地 方 連 絡 部 長 とする 2 法 第 六 十 三 条 第 一 項 の 政 令 で 定 める 自 衛 隊 の 部 隊 等 の 長 は 次 のとおりとする 一 方 面 総 監 二 師 団 長 三 旅 団 長 四 団 長 五 連 隊 長

2 六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 部 又 は 地 方 総 監 部 の 所 在 地 に 所 在 する 航 空 隊 の 長 を 除 く ) 十 六 教 育 航 空 集 団 司 令 官 十 七 教 育 航 空 群 司 令 十 八 練 習 艦 隊 司 令 官 十 九 海 上 自 衛 隊 補 給 本 部 長 二 十 航 空 総 隊 司 令 官 二 十 一 航 空 支 援 集 団 司 令 官 二 十 二 航 空 教 育 集 団 司 令 官 二 十 三 航 空 方 面 隊 司 令 官 二 十 四 航 空 混 成 団 司 令 二 十 五 航 空 自 衛 隊 補 給 本 部 長 二 十 六 基 地 司 令 の 職 にある 部 隊 等 の 長 ( 航 空 総 隊 司 令 部 航 空 教 育 集 団 司 令 部 航 空 方 面 隊 司 令 部 航 空 混 成 団 司 令 部 又 は 航 空 自 衛 隊 補 給 本 部 の 所 在 する 基 地 の 基 地 司 令 の 職 にある 部 隊 等 の 長 を 除 く ) 二 十 七 自 衛 隊 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 百 六 十 五 号 ) 第 二 十 二 条 第 一 項 又 は 第 二 項 の 規 定 によ り 編 成 される 特 別 の 部 隊 の 長 で 防 衛 大 臣 が 指 定 するもの ( 政 令 で 定 める 救 援 ) 第 九 条 法 第 七 十 五 条 第 一 項 第 八 号 の 政 令 で 定 める 救 援 は 次 のとおりとする 一 武 力 攻 撃 災 害 を 受 けた 住 宅 の 応 急 修 理 二 学 用 品 の 給 与 三 死 体 の 捜 索 及 び 処 理 四 武 力 攻 撃 災 害 によって 住 居 又 はその 周 辺 に 運 ばれた 土 石 竹 木 等 で 日 常 生 活 に 著 しい 支 障 を 及 ぼしているものの 除 去 ( 救 援 の 程 度 方 法 及 び 期 間 ) 第 十 条 法 第 七 十 五 条 第 三 項 に 規 定 する 救 援 の 程 度 及 び 方 法 は 災 害 救 助 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 二 年 政 令 第 二 百 二 十 五 号 ) 第 九 条 第 一 項 の 基 準 を 勘 案 して あらかじめ 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 2 法 第 七 十 五 条 第 三 項 に 規 定 する 救 援 の 期 間 は 法 第 七 十 四 条 の 規 定 による 指 示 があった 日 ( 法 第 七 十 五 条 第 一 項 ただし 書 の 場 合 にあっては その 救 援 を 開 始 した 日 )から 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 日 までとする ( 市 町 村 長 による 救 援 の 実 施 に 関 する 事 務 の 実 施 ) 第 十 一 条 災 害 救 助 法 施 行 令 第 二 十 三 条 の 規 定 は 都 道 府 県 知 事 が 法 第 七 十 六 条 第 一 項 の 規 定 によ り 救 援 の 実 施 に 関 するその 権 限 に 属 する 事 務 の 一 部 を 市 町 村 長 が 行 うこととする 場 合 について 準 用 する この 場 合 において 同 令 第 二 十 三 条 第 二 項 中 法 第 二 十 四 条 から 第 二 十 七 条 まで とある のは 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 第 八 十 条 から 第 八 十 五 条 まで と 同 条 第 三 項 中 法 の 規 定 とあるのは 武 力 攻 撃 事 態 等 にお ける 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 及 び 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 政 令 第 二 百 七 十 五 号 )の 規 定 と 読 み 替 えるものとする ( 救 援 の 実 施 に 必 要 な 物 資 ) 第 十 二 条 法 第 八 十 一 条 第 一 項 の 政 令 で 定 める 物 資 は 次 のとおりとする 一 医 療 機 器 その 他 衛 生 用 品 二 飲 料 水 三 被 服 その 他 生 活 必 需 品 四 建 設 資 材 ( 法 第 八 十 九 条 第 一 項 に 規 定 する 収 容 施 設 等 に 係 る 建 設 工 事 に 必 要 なものに 限 る 五 燃 料 六 前 各 号 に 掲 げるもののほか 法 第 七 十 五 条 第 一 項 第 五 号 から 第 八 号 までに 掲 げる 救 援 の 実 施 に 必 要 な 物 資 として 厚 生 労 働 大 臣 が 定 めるもの ( 公 用 令 書 を 交 付 すべき 相 手 方 ) 第 十 三 条 法 第 八 十 三 条 第 一 項 の 規 定 による 公 用 令 書 の 交 付 は 次 の 各 号 に 掲 げる 処 分 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 者 に 対 して 行 うものとする 一 特 定 物 資 ( 法 第 八 十 一 条 第 一 項 の 特 定 物 資 をいう 以 下 この 号 及 び 次 号 において 同 じ )の 収 用 収 用 する 特 定 物 資 の 所 有 者 及 び 占 有 者

3 二 特 定 物 資 の 保 管 命 令 特 定 物 資 を 保 管 すべき 者 三 土 地 家 屋 又 は 物 資 の 使 用 使 用 する 土 地 家 屋 又 は 物 資 の 所 有 者 及 び 占 有 者 ( 公 用 令 書 を 事 後 に 交 付 することができる 場 合 ) 第 十 四 条 法 第 八 十 三 条 第 一 項 ただし 書 の 政 令 で 定 める 場 合 は 次 のとおりとする 一 次 のイ 又 はロに 掲 げる 処 分 の 区 分 に 応 じ 当 該 イ 又 はロに 定 める 場 合 イ 土 地 の 使 用 公 用 令 書 を 交 付 すべき 相 手 方 の 所 在 が 不 明 である 場 合 ロ 家 屋 又 は 物 資 の 使 用 使 用 する 家 屋 又 は 物 資 の 占 有 者 に 公 用 令 書 を 交 付 した 場 合 ( 当 該 占 有 者 が 所 有 者 と 異 なる 場 合 に 限 る )において 所 有 者 の 所 在 が 不 明 であるとき 二 公 用 令 書 を 交 付 すべき 相 手 方 が 遠 隔 の 地 に 居 住 することその 他 の 事 由 により 当 該 相 手 方 に 公 用 令 書 を 交 付 して 処 分 を 行 うことが 著 しく 困 難 と 認 められる 場 合 において 当 該 相 手 方 に 公 用 令 書 の 内 容 を 通 知 したとき ( 公 用 令 書 の 事 後 交 付 の 手 続 ) 第 十 五 条 都 道 府 県 知 事 並 びに 指 定 行 政 機 関 の 長 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 は 前 条 第 一 号 に 規 定 す る 場 合 に 該 当 して 法 第 八 十 三 条 第 一 項 ただし 書 の 規 定 により 処 分 を 行 った 場 合 において 公 用 令 書 を 交 付 すべき 相 手 方 の 所 在 を 知 ったときは 遅 滞 なく 当 該 相 手 方 に 公 用 令 書 を 交 付 するものと する 2 都 道 府 県 知 事 並 びに 指 定 行 政 機 関 の 長 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 は 前 条 第 二 号 に 掲 げる 場 合 に 該 当 して 当 該 相 手 方 に 公 用 令 書 の 内 容 を 通 知 したときは 遅 滞 なく 当 該 相 手 方 に 公 用 令 書 を 交 付 するものとする ( 公 用 取 消 令 書 の 交 付 ) 第 十 六 条 都 道 府 県 知 事 並 びに 指 定 行 政 機 関 の 長 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 は 法 第 八 十 三 条 第 一 項 の 規 定 により 公 用 令 書 を 交 付 した 後 当 該 公 用 令 書 に 係 る 処 分 の 全 部 又 は 一 部 を 取 り 消 したとき は 遅 滞 なく 当 該 公 用 令 書 を 交 付 した 者 に 公 用 取 消 令 書 を 交 付 しなければならない ( 公 用 令 書 等 の 様 式 ) 第 十 七 条 法 第 八 十 三 条 第 一 項 の 公 用 令 書 には 同 条 第 二 項 において 準 用 する 災 害 対 策 基 本 法 第 八 十 一 条 第 二 項 各 号 に 掲 げる 事 項 のほか 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 しなければならない 一 公 用 令 書 の 番 号 二 公 用 令 書 の 交 付 の 年 月 日 三 処 分 を 行 う 都 道 府 県 知 事 又 は 指 定 行 政 機 関 の 長 若 しくは 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 四 処 分 を 行 う 理 由 2 前 条 の 公 用 取 消 令 書 には 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 しなければならない 一 公 用 取 消 令 書 の 番 号 二 公 用 取 消 令 書 の 交 付 の 年 月 日 三 公 用 取 消 令 書 の 交 付 を 受 ける 者 の 氏 名 及 び 住 所 ( 法 人 にあっては その 名 称 及 び 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 ) 四 取 り 消 した 処 分 に 係 る 公 用 令 書 の 番 号 及 び 交 付 の 年 月 日 五 取 り 消 した 処 分 の 内 容 六 処 分 を 取 り 消 した 都 道 府 県 知 事 又 は 指 定 行 政 機 関 の 長 若 しくは 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 3 前 二 項 に 定 めるもののほか 公 用 令 書 及 び 公 用 取 消 令 書 の 様 式 は 厚 生 労 働 省 令 で 定 める ( 政 令 で 定 める 医 療 関 係 者 ) 第 十 八 条 法 第 八 十 五 条 第 一 項 の 政 令 で 定 める 医 療 関 係 者 は 次 のとおりとする 一 医 師 二 歯 科 医 師 三 薬 剤 師 四 保 健 師 五 助 産 師 六 看 護 師 七 准 看 護 師 八 診 療 放 射 線 技 師 九 臨 床 検 査 技 師 十 臨 床 工 学 技 士 十 一 救 急 救 命 士 十 二 歯 科 衛 生 士 ( 外 国 医 療 関 係 者 による 医 療 の 提 供 の 許 可 の 手 続 ) 第 十 九 条 法 第 九 十 一 条 第 一 項 の 規 定 による 許 可 ( 以 下 この 条 において 単 に 許 可 という )を 受 けようとする 外 国 医 療 関 係 者 は その 外 国 において 有 する 同 項 各 号 に 掲 げる 資 格 に 相 当 する 資 格 を 証 する 書 面 の 写 しその 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 書 面 を 厚 生 労 働 大 臣 に 提 出 しなければならな い 2 厚 生 労 働 大 臣 は 許 可 を 受 けようとする 外 国 医 療 関 係 者 が 次 の 各 号 に 掲 げる 基 準 に 適 合 している と 認 めるときでなければ 許 可 を 与 えてはならない

4 一 その 者 が 外 国 において 有 する 資 格 に 相 当 する 法 第 九 十 一 条 第 一 項 各 号 に 掲 げる 資 格 に 係 る 業 務 を 行 うのに 必 要 な 知 識 及 び 技 能 を 有 すること 二 外 国 において 法 第 九 十 一 条 第 一 項 各 号 に 掲 げる 資 格 に 相 当 する 資 格 を 取 得 した 後 三 年 以 上 当 該 資 格 に 係 る 業 務 に 従 事 した 経 験 を 有 すること 三 我 が 国 において 医 療 を 行 うのに 支 障 がない 程 度 に 日 本 語 による 会 話 能 力 を 有 すること 又 は 通 訳 人 を 確 保 する 見 込 みがあること 3 厚 生 労 働 大 臣 は 許 可 を 受 けようとする 外 国 医 療 関 係 者 が 前 項 各 号 に 掲 げる 基 準 に 適 合 している と 認 める 場 合 であっても 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 には 許 可 を 与 えてはならない 一 医 師 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 二 百 一 号 ) 第 三 条 歯 科 医 師 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 二 百 二 号 ) 第 三 条 又 は 薬 剤 師 法 ( 昭 和 三 十 五 年 法 律 第 百 四 十 六 号 ) 第 四 条 に 規 定 する 者 ( 外 国 にお いて 有 する 医 師 歯 科 医 師 又 は 薬 剤 師 に 相 当 する 資 格 に 基 づいて 許 可 を 受 けようとする 場 合 に 限 る ) 二 外 国 の 法 令 による 処 分 であって 医 師 法 第 七 条 第 二 項 歯 科 医 師 法 第 七 条 第 二 項 薬 剤 師 法 第 八 条 第 二 項 又 は 保 健 師 助 産 師 看 護 師 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 二 百 三 号 ) 第 十 四 条 第 一 項 若 しくは 第 二 項 の 規 定 による 業 務 の 停 止 の 命 令 又 は 救 急 救 命 士 法 ( 平 成 三 年 法 律 第 三 十 六 号 ) 第 九 条 第 一 項 の 規 定 による 名 称 の 使 用 の 停 止 の 命 令 に 相 当 するものを 受 け 当 該 外 国 において その 者 が 有 する 法 第 九 十 一 条 第 一 項 各 号 に 掲 げる 資 格 に 相 当 する 資 格 に 係 る 業 務 を 行 うことが できない 者 三 外 国 の 法 令 上 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 と 同 様 に 取 り 扱 われている 者 ( 外 国 において 有 する 医 師 歯 科 医 師 又 は 薬 剤 師 に 相 当 する 資 格 に 基 づいて 許 可 を 受 けようとする 場 合 に 限 る ) 4 厚 生 労 働 大 臣 は 許 可 を 受 けようとする 外 国 医 療 関 係 者 が 第 二 項 各 号 に 掲 げる 基 準 に 適 合 してい ると 認 める 場 合 であっても 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 には 許 可 を 与 えないことができる 一 医 師 法 第 四 条 各 号 歯 科 医 師 法 第 四 条 各 号 薬 剤 師 法 第 五 条 各 号 保 健 師 助 産 師 看 護 師 法 第 九 条 各 号 又 は 救 急 救 命 士 法 第 四 条 各 号 に 掲 げる 者 二 罰 金 以 上 の 刑 に 相 当 する 外 国 の 法 令 による 刑 に 処 せられた 者 5 厚 生 労 働 大 臣 は 許 可 をする 場 合 において その 許 可 の 有 効 期 間 を 定 めるものとする 6 許 可 は その 有 効 期 間 が 満 了 したとき 及 び 法 第 九 十 一 条 第 三 項 又 は 第 四 項 の 規 定 により 取 り 消 されたときのほか 許 可 を 受 けた 外 国 医 療 関 係 者 が 外 国 医 療 関 係 者 でなくなったときは その 効 力 を 失 う 7 前 二 項 に 規 定 するもののほか 許 可 には 条 件 を 付 し 及 びこれを 変 更 することができる 8 前 項 の 条 件 は 許 可 に 係 る 事 項 の 確 実 な 実 施 を 図 るため 必 要 な 最 小 限 度 のものに 限 り かつ 許 可 を 受 ける 者 に 不 当 な 義 務 を 課 することとなるものであってはならない 9 厚 生 労 働 大 臣 は 外 国 医 療 関 係 者 に 対 し 許 可 をしたときは 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるところにより 許 可 証 を 交 付 するものとする 10 許 可 を 受 けた 外 国 医 療 関 係 者 は 医 療 を 行 うときは 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるところにより 前 項 の 許 可 証 を 着 用 しなければならない ( 許 可 外 国 医 療 関 係 者 の 許 可 の 取 消 事 由 ) 第 二 十 条 法 第 九 十 一 条 第 四 項 の 政 令 で 定 める 事 由 は 次 のとおりとする 一 前 条 第 二 項 第 三 号 に 掲 げる 基 準 ( 通 訳 人 に 係 る 部 分 に 限 る )に 適 合 しなくなったと 認 めると き 二 前 条 第 三 項 各 号 又 は 第 四 項 各 号 に 掲 げる 者 に 該 当 するに 至 ったとき 三 法 第 九 十 一 条 第 一 項 の 規 定 により 指 定 された 区 域 以 外 の 区 域 において 医 療 を 行 ったとき 四 法 第 九 十 一 条 第 一 項 の 規 定 により 指 定 された 業 務 の 内 容 と 異 なる 内 容 の 医 療 を 行 ったとき 五 前 条 第 七 項 の 規 定 による 条 件 に 違 反 したとき ( 政 令 で 定 める 法 律 の 規 定 ) 第 二 十 一 条 法 第 九 十 一 条 第 五 項 の 政 令 で 定 める 法 律 の 規 定 は 次 のとおりとする 一 医 師 法 第 十 九 条 から 第 二 十 四 条 の 二 まで 二 歯 科 医 師 法 第 十 九 条 から 第 二 十 三 条 の 二 まで 三 保 健 師 助 産 師 看 護 師 法 第 六 条 第 三 十 五 条 第 三 十 七 条 及 び 第 四 十 二 条 の 二 四 歯 科 衛 生 士 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 二 百 四 号 ) 第 二 条 第 一 項 第 十 三 条 の 二 及 び 第 十 三 条 の 三 五 結 核 予 防 法 ( 昭 和 二 十 六 年 法 律 第 九 十 六 号 ) 第 二 十 二 条 第 一 項 第 二 十 六 条 及 び 第 二 十 七 条 六 診 療 放 射 線 技 師 法 ( 昭 和 二 十 六 年 法 律 第 二 百 二 十 六 号 ) 第 二 条 第 二 項 第 二 十 四 条 の 二 第 二 十 六 条 及 び 第 二 十 八 条 第 一 項 七 覚 せい 剤 取 締 法 ( 昭 和 二 十 六 年 法 律 第 二 百 五 十 二 号 ) 第 八 条 第 一 項 第 十 四 条 第 一 項 並 びに 第 二 項 第 一 号 及 び 第 三 号 第 十 七 条 第 三 項 第 十 八 条 第 一 項 第 十 九 条 第 二 号 及 び 第 四 号 第 二 十 条 第 一 項 から 第 四 項 まで 第 三 十 条 の 七 第 六 号 から 第 八 号 まで 第 十 一 号 及 び 第 十 二 号 第 三 十 条 の 九 第 三 号 第 三 十 条 の 十 一 第 三 号 並 びに 第 三 十 二 条 第 一 項 八 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 ( 昭 和 二 十 八 年 法 律 第 十 四 号 ) 第 三 条 第 二 項 第 七 号 及 び 第 八 号 並 びに 第 五 十 八 条 の 二 第 一 項

5 九 歯 科 技 工 士 法 ( 昭 和 三 十 年 法 律 第 百 六 十 八 号 ) 第 二 条 第 一 項 及 び 第 三 項 第 十 七 条 第 一 項 並 びに 第 十 八 条 十 臨 床 検 査 技 師 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 三 十 三 年 法 律 第 七 十 六 号 ) 第 二 条 及 び 第 二 十 条 の 二 十 一 薬 事 法 第 四 十 六 条 第 二 項 並 びに 第 四 十 九 条 第 一 項 及 び 第 二 項 十 二 薬 剤 師 法 第 十 九 条 第 二 十 一 条 から 第 二 十 六 条 まで 第 二 十 八 条 第 二 項 及 び 第 二 十 九 条 十 三 臨 床 工 学 技 士 法 ( 昭 和 六 十 二 年 法 律 第 六 十 号 ) 第 二 条 第 二 項 及 び 第 三 十 八 条 十 四 救 急 救 命 士 法 第 二 条 第 二 項 及 び 第 四 十 四 条 から 第 四 十 七 条 まで 十 五 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 年 法 律 第 百 十 四 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 及 び 第 四 項 第 十 四 条 第 二 項 並 びに 第 十 七 条 第 一 項 ( 外 国 医 薬 品 等 の 輸 入 の 許 可 を 受 けた 者 に 義 務 として 課 することができる 措 置 等 ) 第 二 十 二 条 薬 事 法 施 行 令 ( 昭 和 三 十 六 年 政 令 第 十 一 号 ) 第 二 十 八 条 の 規 定 は 法 第 九 十 二 条 第 一 項 において 準 用 する 薬 事 法 第 十 四 条 の 三 第 二 項 の 政 令 で 定 める 措 置 について 準 用 する この 場 合 において 同 令 第 二 十 八 条 第 三 号 中 法 第 十 四 条 の 三 第 一 項 ( 法 第 二 十 条 第 一 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) とあるのは 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 第 九 十 二 条 第 一 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 法 第 十 四 条 の 三 第 一 項 と 第 十 四 条 又 は 第 十 九 条 の 二 の 承 認 ( 以 下 特 例 承 認 という ) とあるのは 第 十 四 条 の 承 認 と 読 み 替 えるものとする 2 薬 事 法 施 行 令 第 七 十 五 条 の 規 定 は 法 第 九 十 二 条 第 一 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 薬 事 法 第 十 四 条 の 三 第 一 項 の 規 定 により 輸 入 される 医 薬 品 又 は 医 療 機 器 について 準 用 する この 場 合 にお いて 同 令 第 七 十 五 条 第 二 項 中 その 直 接 の 容 器 又 は 直 接 の 被 包 とあるのは とあるのは 厚 生 労 働 大 臣 が 薬 事 食 品 衛 生 審 議 会 の 意 見 を 聴 いて とあるのは 厚 生 労 働 大 臣 が と その 直 接 の 容 器 又 は 直 接 の 被 包 とあるのは と 同 条 第 五 項 中 第 十 四 条 の 三 第 一 項 ( 第 二 十 条 第 一 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) とあるのは 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 第 九 十 二 条 第 一 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 第 十 四 条 の 三 第 一 項 と 第 十 四 条 又 は 第 十 九 条 の 二 とあるのは 第 十 四 条 と 同 条 第 六 項 中 第 十 四 条 の 三 第 一 項 ( 第 二 十 条 第 一 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) とあるのは 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のた めの 措 置 に 関 する 法 律 第 九 十 二 条 第 一 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 第 十 四 条 の 三 第 一 項 と 第 十 四 条 又 は 第 十 九 条 の 二 とあるのは 第 十 四 条 と 薬 事 法 施 行 令 第 七 十 五 条 第 二 項 とあるのは 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 第 二 十 二 条 第 二 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 薬 事 法 施 行 令 第 七 十 五 条 第 二 項 と 読 み 替 えるものとする ( 避 難 住 民 に 関 する 安 否 情 報 の 収 集 及 び 整 理 ) 第 二 十 三 条 市 町 村 長 は 法 第 五 十 四 条 第 二 項 に 規 定 する 避 難 の 指 示 を 伝 達 したときは 法 第 六 十 二 条 第 一 項 の 規 定 により 法 第 百 四 十 八 条 第 一 項 の 避 難 施 設 又 は 法 第 七 十 五 条 第 一 項 第 一 号 の 収 容 施 設 に 向 けて 誘 導 する 避 難 住 民 及 びこれらの 施 設 に 滞 在 する 避 難 住 民 について 速 やかに 次 に 掲 げる 情 報 を 収 集 し 及 び 整 理 するよう 努 めなければならない 一 氏 名 二 出 生 の 年 月 日 三 男 女 の 別 四 住 所 五 国 籍 ( 日 本 国 籍 を 有 しない 者 に 限 る ) 六 前 各 号 に 掲 げるもののほか 個 人 を 識 別 するための 情 報 ( 前 各 号 のいずれかに 掲 げる 情 報 が 不 明 である 場 合 において 当 該 情 報 に 代 えて 個 人 を 識 別 することができるものに 限 る ) 2 前 項 に 規 定 するもののほか 同 項 の 市 町 村 長 は 同 項 に 規 定 する 避 難 住 民 について 法 第 六 十 九 条 第 一 項 の 規 定 による 避 難 住 民 の 復 帰 のための 措 置 を 終 了 するまでの 間 継 続 的 に 次 に 掲 げる 情 報 を 収 集 し 及 び 整 理 するよう 努 めなければならない 一 居 所 二 負 傷 又 は 疾 病 の 状 況 三 前 二 号 に 掲 げるもののほか 連 絡 先 その 他 安 否 の 確 認 に 必 要 と 認 められる 情 報 3 法 第 五 十 四 条 第 六 項 ( 法 第 五 十 八 条 第 六 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 避 難 住 民 を 受 け 入 れた 市 町 村 長 は 当 該 市 町 村 の 区 域 内 に 所 在 する 法 第 百 四 十 八 条 第 一 項 の 避 難 施 設 及 び 法 第 七 十 五 条 第 一 項 第 一 号 の 収 容 施 設 に 滞 在 する 避 難 住 民 について 第 一 項 の 市 町 村 長 と 協 力 して 同 項 各 号 及 び 前 項 各 号 に 掲 げる 情 報 を 収 集 し 及 び 整 理 するよう 努 めなければならない 4 前 三 項 に 規 定 するもののほか 市 町 村 長 は 次 のいずれかの 事 実 を 知 ったときは 当 該 事 実 に 係 る 避 難 住 民 ( 第 一 項 及 び 前 項 に 規 定 する 避 難 住 民 を 除 く )について 第 一 項 各 号 及 び 第 二 項 各 号 に 掲 げる 情 報 を 収 集 し 及 び 整 理 するよう 努 めなければならない 一 当 該 市 町 村 の 住 民 が 避 難 住 民 となったこと 二 当 該 市 町 村 の 区 域 内 に 避 難 住 民 が 滞 在 していること ( 武 力 攻 撃 災 害 により 死 亡 し 又 は 負 傷 した 住 民 に 関 する 安 否 情 報 の 収 集 及 び 整 理 ) 第 二 十 四 条 市 町 村 長 は 当 該 市 町 村 の 区 域 内 で 武 力 攻 撃 災 害 により 死 亡 した 住 民 ( 当 該 市 町 村 の 住

6 民 以 外 の 者 で 当 該 市 町 村 の 区 域 内 で 死 亡 したものを 含 む )があると 認 めるときは その 者 につい て 次 に 掲 げる 情 報 を 収 集 し 及 び 整 理 するよう 努 めなければならない 一 前 条 第 一 項 各 号 に 掲 げる 情 報 二 死 亡 の 日 時 場 所 及 び 状 況 三 死 体 の 所 在 2 市 町 村 長 は 当 該 市 町 村 の 区 域 内 で 武 力 攻 撃 災 害 により 負 傷 した 住 民 ( 当 該 市 町 村 の 住 民 以 外 の 者 で 当 該 市 町 村 の 区 域 内 に 在 るものを 含 む )があると 認 めるときは その 者 について 前 条 第 一 項 各 号 及 び 第 二 項 各 号 に 掲 げる 情 報 を 収 集 し 及 び 整 理 するよう 努 めなければならない 3 市 町 村 長 は 当 該 市 町 村 の 区 域 外 において 当 該 市 町 村 の 住 民 が 武 力 攻 撃 災 害 により 死 亡 し 又 は 負 傷 した 事 実 を 知 ったときは 当 該 住 民 について 第 一 項 各 号 に 掲 げる 情 報 又 は 前 項 に 規 定 する 情 報 を 収 集 し 及 び 整 理 するよう 努 めなければならない ( 安 否 情 報 の 収 集 及 び 報 告 の 方 法 ) 第 二 十 五 条 法 第 九 十 四 条 第 一 項 の 規 定 による 安 否 情 報 の 収 集 は 市 町 村 が 保 有 する 資 料 の 調 査 法 第 六 十 二 条 第 一 項 の 規 定 により 避 難 住 民 を 誘 導 する 者 による 調 査 又 は 都 道 府 県 警 察 消 防 機 関 医 療 機 関 その 他 の 関 係 機 関 に 対 する 照 会 その 他 これらに 準 ずる 方 法 により 行 うものとする 2 法 第 九 十 四 条 第 一 項 の 規 定 による 安 否 情 報 の 報 告 は 書 面 ( 電 子 的 方 式 磁 気 的 方 式 その 他 人 の 知 覚 によっては 認 識 することができない 方 式 で 作 られる 記 録 を 含 む )の 送 付 その 他 の 総 務 省 令 で 定 める 方 法 により 行 うものとする ( 安 否 情 報 の 提 供 ) 第 二 十 六 条 法 第 九 十 五 条 第 一 項 の 規 定 により 安 否 情 報 について 照 会 をしようとする 者 は 照 会 を する 理 由 その 氏 名 及 び 住 所 ( 法 人 その 他 の 団 体 にあっては その 名 称 代 表 者 の 氏 名 及 び 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 ) 並 びに 照 会 に 係 る 者 を 特 定 するために 必 要 な 事 項 を 明 らかにしなければならない 2 前 項 の 照 会 を 受 けた 総 務 大 臣 又 は 地 方 公 共 団 体 の 長 は 当 該 照 会 に 係 る 者 の 安 否 情 報 を 保 有 して いる 場 合 において 当 該 照 会 が 不 当 な 目 的 によるものと 認 めるとき 又 は 照 会 に 対 する 回 答 により 知 り 得 た 事 項 が 不 当 な 目 的 に 使 用 されるおそれがあると 認 めるときを 除 き 当 該 照 会 に 係 る 者 が 避 難 住 民 に 該 当 するか 否 か 及 び 武 力 攻 撃 災 害 により 死 亡 し 又 は 負 傷 した 住 民 に 該 当 するか 否 かを 回 答 す るものとする 3 前 項 の 場 合 において 総 務 大 臣 又 は 地 方 公 共 団 体 の 長 は 照 会 に 係 る 者 の 同 意 があるとき 又 は 公 益 上 特 に 必 要 があると 認 めるときは 第 二 十 三 条 第 一 項 各 号 及 び 第 二 項 各 号 に 掲 げる 情 報 ( 武 力 攻 撃 災 害 により 死 亡 した 住 民 にあっては 第 二 十 四 条 第 一 項 各 号 に 掲 げる 情 報 )を 回 答 するものとす る 4 前 三 項 に 定 めるもののほか 安 否 情 報 の 照 会 及 び 回 答 の 手 続 その 他 の 必 要 な 事 項 は 総 務 省 令 で 定 める ( 生 活 関 連 等 施 設 ) 第 二 十 七 条 法 第 百 二 条 第 一 項 の 政 令 で 定 める 施 設 は 次 のとおりとする 一 電 気 事 業 法 ( 昭 和 三 十 九 年 法 律 第 百 七 十 号 ) 第 二 条 第 一 項 第 十 号 の 電 気 事 業 者 又 は 同 項 第 十 二 号 の 卸 供 給 事 業 者 がその 事 業 の 用 に 供 する 発 電 所 ( 最 大 出 力 五 万 キロワット 以 上 のものに 限 る ) 又 は 変 電 所 ( 使 用 電 圧 十 万 ボルト 以 上 のものに 限 る ) 二 ガス 事 業 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 五 十 一 号 ) 第 二 条 第 十 三 項 のガス 工 作 物 ( 同 項 に 規 定 す るガス 発 生 設 備 ガスホルダー 及 びガス 精 製 設 備 に 限 り 同 条 第 三 項 の 簡 易 ガス 事 業 の 用 に 供 するものを 除 く ) 三 水 道 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 七 十 七 号 ) 第 三 条 第 二 項 の 水 道 事 業 又 は 同 条 第 四 項 の 水 道 用 水 供 給 事 業 の 用 に 供 する 取 水 貯 水 若 しくは 浄 水 のための 施 設 又 は 配 水 池 であって これらの 事 業 のため 一 日 につき 十 万 立 方 メートル 以 上 の 水 を 供 給 する 能 力 を 有 するもの 四 鉄 道 事 業 法 ( 昭 和 六 十 一 年 法 律 第 九 十 二 号 ) 第 八 条 第 一 項 の 鉄 道 施 設 又 は 軌 道 法 ( 大 正 十 年 法 律 第 七 十 六 号 )による 軌 道 施 設 であって 鉄 道 又 は 軌 道 を 利 用 する 旅 客 の 乗 降 待 合 いその 他 の 用 に 供 するもののうち 当 該 施 設 の 一 日 当 たりの 平 均 的 な 利 用 者 の 人 数 が 十 万 人 以 上 である もの 五 電 気 通 信 事 業 法 ( 昭 和 五 十 九 年 法 律 第 八 十 六 号 ) 第 二 条 第 五 号 の 電 気 通 信 事 業 者 ( 同 法 第 九 条 の 登 録 を 受 けた 者 に 限 る )がその 事 業 の 用 に 供 する 交 換 設 備 ( 同 法 第 三 十 三 条 第 一 項 の 利 用 者 の 電 気 通 信 設 備 と 接 続 される 伝 送 路 設 備 と 接 続 される 交 換 設 備 で 当 該 伝 送 路 設 備 の 電 気 通 信 回 線 の 数 が 三 万 に 満 たないもの 及 び 同 項 の 移 動 端 末 設 備 と 接 続 される 伝 送 路 設 備 と 接 続 される 交 換 設 備 で 当 該 移 動 端 末 設 備 の 数 が 三 万 に 満 たないものを 除 く ) 六 日 本 放 送 協 会 又 は 放 送 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 三 十 二 号 ) 第 二 条 第 三 号 の 三 の 一 般 放 送 事 業 者 ( 同 条 第 三 号 の 四 の 受 託 放 送 事 業 者 及 び 同 条 第 三 号 の 五 の 委 託 放 送 事 業 者 を 除 く )が 同 条 第 一 号 の 二 の 国 内 放 送 を 行 う 放 送 局 ( 同 条 第 三 号 の 放 送 局 をいい 人 工 衛 星 の 無 線 局 である ものを 除 く 以 下 この 号 において 同 じ )であって 同 法 第 二 条 の 二 第 二 項 第 三 号 に 規 定 する 放 送 系 において 他 の 放 送 局 から 放 送 ( 同 法 第 二 条 第 一 号 の 放 送 をいう 以 下 この 号 において 同 じ )をされる 同 法 第 二 条 第 四 号 の 放 送 番 組 を 受 信 し 同 時 にこれをそのまま 再 送 信 する 放 送 を 主 として 行 うもの 以 外 のものの 無 線 設 備

7 七 港 湾 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 二 百 十 八 号 ) 第 五 十 二 条 第 一 項 第 一 号 の 国 土 交 通 省 令 で 定 める 水 域 施 設 又 は 係 留 施 設 八 空 港 整 備 法 ( 昭 和 三 十 一 年 法 律 第 八 十 号 ) 第 二 条 第 一 項 の 空 港 の 同 法 第 六 条 第 一 項 の 滑 走 路 等 及 び 当 該 空 港 の 敷 地 内 の 旅 客 ターミナル 施 設 並 びに 当 該 空 港 における 航 空 機 の 離 陸 又 は 着 陸 の 安 全 を 確 保 するために 必 要 な 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 ) 第 二 条 第 四 項 の 航 空 保 安 施 設 九 河 川 管 理 施 設 等 構 造 令 ( 昭 和 五 十 一 年 政 令 第 百 九 十 九 号 ) 第 二 章 の 規 定 の 適 用 を 受 けるダム 十 法 第 百 三 条 第 一 項 の 危 険 物 質 等 の 取 扱 所 ( 危 険 物 質 等 ) 第 二 十 八 条 法 第 百 三 条 第 一 項 ( 同 条 第 五 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 政 令 で 定 める 物 質 は 次 のとおりとする 一 消 防 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 百 八 十 六 号 ) 第 二 条 第 七 項 の 危 険 物 ( 同 法 第 九 条 の 四 の 指 定 数 量 以 上 のものに 限 る ) 二 毒 物 及 び 劇 物 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 三 百 三 号 ) 第 二 条 第 一 項 の 毒 物 及 び 同 条 第 二 項 の 劇 物 ( 同 法 第 三 条 第 三 項 の 毒 物 劇 物 営 業 者 同 法 第 三 条 の 二 第 一 項 の 特 定 毒 物 研 究 者 並 びに 当 該 毒 物 及 び 劇 物 を 業 務 上 取 り 扱 う 者 が 取 り 扱 うものに 限 る ) 三 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 九 号 ) 第 二 条 第 一 項 の 火 薬 類 四 高 圧 ガス 保 安 法 ( 昭 和 二 十 六 年 法 律 第 二 百 四 号 ) 第 二 条 の 高 圧 ガス( 同 法 第 三 条 第 一 項 各 号 に 掲 げるものを 除 く ) 五 原 子 力 基 本 法 ( 昭 和 三 十 年 法 律 第 百 八 十 六 号 ) 第 三 条 第 二 号 に 規 定 する 核 燃 料 物 質 及 びこれ によって 汚 染 された 物 ( 核 原 料 物 質 核 燃 料 物 質 及 び 原 子 炉 の 規 制 に 関 する 法 律 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 六 号 ) 第 六 十 四 条 第 一 項 に 規 定 する 原 子 力 事 業 者 等 が 所 持 するものに 限 る ) 六 原 子 力 基 本 法 第 三 条 第 三 号 に 規 定 する 核 原 料 物 質 ( 核 原 料 物 質 核 燃 料 物 質 及 び 原 子 炉 の 規 制 に 関 する 法 律 第 五 十 七 条 の 八 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 核 原 料 物 質 を 除 く ) 七 放 射 性 同 位 元 素 等 による 放 射 線 障 害 の 防 止 に 関 する 法 律 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 七 号 ) 第 二 条 第 二 項 に 規 定 する 放 射 性 同 位 元 素 及 びこれによって 汚 染 された 物 ( 同 法 第 三 十 二 条 に 規 定 する 許 可 届 出 使 用 者 等 が 所 持 するものに 限 る ) 八 薬 事 法 第 四 十 四 条 第 一 項 の 毒 薬 及 び 同 条 第 二 項 の 劇 薬 ( 同 法 第 四 十 六 条 第 一 項 の 薬 局 開 設 者 等 が 取 り 扱 うものに 限 る ) 九 電 気 事 業 法 第 三 十 八 条 第 三 項 の 事 業 用 電 気 工 作 物 ( 発 電 用 のものに 限 る ) 内 における 高 圧 ガス 保 安 法 第 二 条 の 高 圧 ガス( 当 該 事 業 用 電 気 工 作 物 の 外 にあるとしたならば 同 法 の 適 用 を 受 けることとなるものに 限 る ) 十 細 菌 兵 器 ( 生 物 兵 器 ) 及 び 毒 素 兵 器 の 開 発 生 産 及 び 貯 蔵 の 禁 止 並 びに 廃 棄 に 関 する 条 約 等 の 実 施 に 関 する 法 律 ( 昭 和 五 十 七 年 法 律 第 六 十 一 号 ) 第 二 条 第 一 項 に 規 定 する 生 物 剤 及 び 同 条 第 二 項 に 規 定 する 毒 素 ( 業 としてこれらを 取 り 扱 う 者 が 取 り 扱 うものに 限 る ) 十 一 化 学 兵 器 の 禁 止 及 び 特 定 物 質 の 規 制 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 七 年 法 律 第 六 十 五 号 ) 第 二 条 第 一 項 の 毒 性 物 質 ( 同 法 第 七 条 第 一 項 の 許 可 製 造 者 同 法 第 十 二 条 の 許 可 使 用 者 同 法 第 十 五 条 第 一 項 第 二 号 の 承 認 輸 入 者 及 び 同 法 第 十 八 条 第 二 項 の 廃 棄 義 務 者 並 びに 同 法 第 二 十 四 条 第 一 項 から 第 三 項 まで( 同 法 第 二 十 六 条 及 び 第 二 十 七 条 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 又 は 同 法 第 二 十 八 条 の 規 定 による 届 出 をした 者 が 所 持 するものに 限 る ) ( 危 険 物 質 等 に 係 る 武 力 攻 撃 災 害 を 防 止 するため 緊 急 に 講 ずべき 措 置 ) 第 二 十 九 条 法 第 百 三 条 第 三 項 ( 同 条 第 五 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 政 令 で 定 める 区 分 は 次 の 表 の 上 欄 に 掲 げる 物 質 の 種 類 ごとにそれぞれ 同 表 の 中 欄 に 定 める 区 分 とし 同 項 の 政 令 で 定 める 措 置 は 当 該 区 分 に 応 じてそれぞれ 同 表 の 下 欄 に 定 める 措 置 とする 物 質 の 種 類 区 分 措 置 前 条 第 一 号 に 掲 イ 二 以 上 の 都 道 府 県 の 区 域 にわたって 設 置 される 移 送 取 法 第 百 三 条 第 三 項 第 げる 物 質 扱 所 ( 消 防 法 第 十 一 条 第 一 項 第 一 号 の 移 送 取 扱 所 をいう 二 号 及 び 第 三 号 に 掲 以 下 この 項 において 同 じ )において 取 り 扱 うものにあ げる 措 置 っては 総 務 大 臣 ロ 消 防 本 部 等 所 在 市 町 村 ( 消 防 法 第 十 一 条 第 一 項 第 一 号 の 消 防 本 部 等 所 在 市 町 村 をいう 以 下 この 項 において 同 じ ) 以 外 の 市 町 村 の 区 域 に 設 置 される 製 造 所 貯 蔵 所 若 しくは 取 扱 所 ( 移 送 取 扱 所 を 除 く ) 又 は 移 送 取 扱 所 ( 二 以 上 の 都 道 府 県 の 区 域 にわたって 設 置 されるもの 及 び 一 の 消 防 本 部 等 所 在 市 町 村 の 区 域 のみに 設 置 されるも のを 除 く )において 貯 蔵 し 又 は 取 り 扱 うものにあっ ては これらが 設 置 される 区 域 を 管 轄 する 都 道 府 県 知 事 ハ 消 防 本 部 等 所 在 市 町 村 の 区 域 に 設 置 される 製 造 所 貯

8 蔵 所 若 しくは 取 扱 所 ( 移 送 取 扱 所 を 除 く ) 又 は 一 の 消 防 本 部 等 所 在 市 町 村 の 区 域 のみに 設 置 される 移 送 取 扱 所 において 貯 蔵 し 又 は 取 り 扱 うものにあっては 当 該 市 町 村 長 前 条 第 二 号 に 掲 イ 毒 物 及 び 劇 物 取 締 法 第 四 条 第 一 項 の 登 録 を 受 けた 者 が 法 第 百 三 条 第 三 項 各 げる 物 質 取 り 扱 うものにあっては 当 該 登 録 の 権 限 を 有 する 者 ( 都 号 に 掲 げる 措 置 道 府 県 知 事 が 当 該 登 録 の 権 限 を 有 する 場 合 にあっては 厚 生 労 働 大 臣 及 び 都 道 府 県 知 事 ) ロ 毒 物 及 び 劇 物 取 締 法 第 三 条 の 二 第 一 項 の 特 定 毒 物 研 究 者 又 は 前 条 第 二 号 に 掲 げる 物 質 を 業 務 上 取 り 扱 う 者 が 取 り 扱 うものにあっては 厚 生 労 働 大 臣 及 び 都 道 府 県 知 事 前 条 第 六 号 に 掲 文 部 科 学 大 臣 ( 核 原 料 物 質 核 燃 料 物 質 及 び 原 子 炉 の 規 制 法 第 百 三 条 第 三 項 各 げる 物 質 に 関 する 法 律 第 六 条 第 一 項 に 規 定 する 製 錬 事 業 者 ( 同 法 第 号 に 掲 げる 措 置 十 二 条 の 七 第 一 項 に 規 定 する 旧 製 錬 事 業 者 等 を 含 む )が 所 持 するものにあっては 経 済 産 業 大 臣 ) 前 条 第 八 号 に 掲 厚 生 労 働 大 臣 ( 薬 事 法 施 行 令 第 八 十 条 の 規 定 による 都 道 府 法 第 百 三 条 第 三 項 各 げる 物 質 県 知 事 の 処 分 を 受 けている 者 が 所 持 するものにあっては 厚 号 に 掲 げる 措 置 生 労 働 大 臣 及 び 都 道 府 県 知 事 専 ら 動 物 のために 使 用 され ることが 目 的 とされているものにあっては 農 林 水 産 大 臣 ) 前 条 第 九 号 に 掲 経 済 産 業 大 臣 げる 物 質 法 第 百 三 条 第 三 項 各 号 に 掲 げる 措 置 前 条 第 十 号 に 掲 細 菌 兵 器 ( 生 物 兵 器 ) 及 び 毒 素 兵 器 の 開 発 生 産 及 び 貯 蔵 法 第 百 三 条 第 三 項 各 げる 物 質 の 禁 止 並 びに 廃 棄 に 関 する 条 約 の 実 施 に 関 する 法 律 施 行 令 号 に 掲 げる 措 置 ( 平 成 七 年 政 令 第 三 百 九 十 六 号 ) 第 二 条 第 二 項 に 規 定 する 主 務 大 臣 前 条 第 十 一 号 に 経 済 産 業 大 臣 掲 げる 物 質 法 第 百 三 条 第 三 項 各 号 に 掲 げる 措 置 備 考 この 表 の 下 欄 に 定 める 措 置 には 指 定 行 政 機 関 及 び 地 方 公 共 団 体 が 事 態 対 処 法 第 二 条 第 七 号 の 対 処 措 置 の 用 に 供 する 危 険 物 質 等 に 係 る 措 置 を 含 まないものとする ( 通 報 手 続 ) 第 三 十 条 法 第 百 五 条 第 一 項 前 段 の 規 定 による 通 報 の 手 続 については 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 百 五 十 六 号 ) 第 十 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 主 務 省 令 及 び 原 子 力 事 業 者 防 災 業 務 計 画 の 定 めの 例 による ( 放 射 性 物 質 等 による 汚 染 の 拡 大 を 防 止 するための 措 置 の 手 続 ) 第 三 十 一 条 指 定 行 政 機 関 の 長 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 並 びに 都 道 府 県 知 事 は 法 第 百 八 条 第 一 項 第 一 号 から 第 四 号 までに 掲 げる 措 置 を 講 ずるときは 当 該 措 置 の 名 あて 人 に 対 し 次 に 掲 げる 事 項 を 通 知 しなければならない ただし 当 該 事 項 を 通 知 しないで 当 該 措 置 を 講 ずべき 差 し 迫 った 必 要 があるときは この 限 りでない 一 当 該 措 置 を 講 ずる 旨 二 当 該 措 置 を 講 ずる 理 由 三 当 該 措 置 の 対 象 となる 物 件 生 活 の 用 に 供 する 水 又 は 死 体 四 当 該 措 置 を 講 ずる 時 期 五 当 該 措 置 の 内 容 2 前 項 ただし 書 の 場 合 においては 指 定 行 政 機 関 の 長 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 並 びに 都 道 府 県 知 事 は 当 該 措 置 を 講 じた 後 相 当 の 期 間 内 に 同 項 各 号 に 掲 げる 事 項 を 当 該 措 置 の 名 あて 人 に 通 知 し なければならない 3 指 定 行 政 機 関 の 長 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 並 びに 都 道 府 県 知 事 は 法 第 百 八 条 第 一 項 第 五 号 又 は 第 六 号 に 掲 げる 措 置 を 講 ずるときは 適 当 な 場 所 に 次 に 掲 げる 事 項 を 掲 示 しなければならな い ただし 当 該 事 項 を 掲 示 しないで 当 該 措 置 を 講 ずべき 差 し 迫 った 必 要 があるときは その 職 員 の 現 場 における 指 示 をもってこれに 代 えることができる 一 当 該 措 置 を 講 ずる 旨 二 当 該 措 置 を 講 ずる 理 由

9 三 当 該 措 置 の 対 象 となる 建 物 又 は 場 所 四 当 該 措 置 を 講 ずる 時 期 五 当 該 措 置 の 内 容 4 前 三 項 の 規 定 は 法 第 百 八 条 第 二 項 において 準 用 する 同 条 第 一 項 の 規 定 により 関 係 市 町 村 長 関 係 消 防 組 合 の 管 理 者 若 しくは 長 又 は 警 視 総 監 若 しくは 道 府 県 警 察 本 部 長 が 同 項 各 号 に 掲 げる 措 置 を 講 ずる 場 合 について 準 用 する ( 土 地 等 への 立 入 りの 手 続 ) 第 三 十 二 条 指 定 行 政 機 関 の 長 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 並 びに 都 道 府 県 知 事 は 法 第 百 九 条 第 一 項 の 規 定 により その 職 員 に 他 人 の 土 地 等 に 立 ち 入 らせようとするときは あらかじめ その 旨 を 当 該 土 地 等 の 占 有 者 又 は 所 有 者 に 通 知 しなければならない ただし あらかじめ 通 知 することが 困 難 であるときは この 限 りでない 2 前 項 の 規 定 は 法 第 百 九 条 第 三 項 において 準 用 する 同 条 第 一 項 の 規 定 により 関 係 市 町 村 長 関 係 消 防 組 合 の 管 理 者 若 しくは 長 又 は 警 視 総 監 若 しくは 道 府 県 警 察 本 部 長 がその 職 員 に 他 人 の 土 地 等 に 立 ち 入 らせる 場 合 について 準 用 する ( 応 急 公 用 負 担 の 手 続 等 ) 第 三 十 三 条 法 第 百 十 三 条 第 一 項 の 規 定 による 応 急 公 用 負 担 の 手 続 同 条 第 四 項 において 読 み 替 え て 準 用 する 災 害 対 策 基 本 法 第 六 十 四 条 第 三 項 の 規 定 による 公 示 の 方 法 及 び 事 項 並 びに 同 条 第 四 項 の 規 定 による 工 作 物 等 の 売 却 の 手 続 については 災 害 対 策 基 本 法 施 行 令 第 二 十 四 条 から 第 二 十 七 条 までの 規 定 の 例 による 2 法 第 百 十 三 条 第 五 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 災 害 対 策 基 本 法 第 六 十 四 条 第 九 項 の 政 令 で 定 める 自 衛 隊 法 第 八 条 に 規 定 する 部 隊 等 の 長 については 災 害 対 策 基 本 法 第 六 十 四 条 第 九 項 の 内 閣 府 令 の 定 めの 例 による ( 墓 地 埋 葬 等 に 関 する 法 律 第 五 条 及 び 第 十 四 条 の 手 続 の 特 例 ) 第 三 十 四 条 厚 生 労 働 大 臣 は 法 第 百 二 十 二 条 の 規 定 により 墓 地 埋 葬 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 四 十 八 号 以 下 この 条 において 墓 地 埋 葬 法 という ) 第 五 条 及 び 第 十 四 条 に 規 定 する 手 続 の 特 例 を 定 めるときは その 対 象 となる 地 域 を 指 定 するものとする 2 厚 生 労 働 大 臣 は その 定 める 期 間 内 に 前 項 の 規 定 により 指 定 した 地 域 において 死 亡 した 者 の 死 体 に 係 る 墓 地 埋 葬 法 第 五 条 第 一 項 の 規 定 による 埋 葬 又 は 火 葬 の 許 可 について 同 条 第 二 項 に 規 定 す る 市 町 村 長 のほか 当 該 死 体 の 現 に 存 する 地 の 市 町 村 長 その 他 の 市 町 村 長 がこれを 行 うものとする ことができる 3 厚 生 労 働 大 臣 は 第 一 項 の 規 定 により 指 定 した 地 域 において 公 衆 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 する ため 特 に 緊 急 の 必 要 があると 認 めるときは 前 項 に 規 定 する 死 体 の 埋 葬 又 は 火 葬 を 行 おうとする 者 について 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 墓 地 又 は 火 葬 場 において 当 該 埋 葬 又 は 火 葬 を 行 うときに 限 り 墓 地 埋 葬 法 第 五 条 第 一 項 の 規 定 にかかわらず 同 項 の 規 定 による 許 可 を 要 しないものとすることが できる 4 厚 生 労 働 大 臣 は 前 項 の 場 合 における 墓 地 埋 葬 法 第 十 四 条 に 規 定 する 手 続 については 次 に 定 めるところにより 特 例 を 定 めるものとする 一 墓 地 埋 葬 法 第 十 四 条 に 規 定 する 埋 葬 許 可 証 又 は 火 葬 許 可 証 に 代 わるべき 書 類 として 死 亡 診 断 書 死 体 検 案 書 その 他 当 該 死 体 に 係 る 死 亡 の 事 実 を 証 する 書 類 を 定 めること 二 前 項 に 規 定 する 墓 地 又 は 火 葬 場 の 管 理 者 は 前 号 の 書 類 を 受 理 したときは 市 町 村 長 に 対 し 当 該 書 類 に 記 載 された 事 項 の 確 認 を 求 めなければならず 当 該 市 町 村 長 がその 確 認 をした 後 でな ければ 埋 葬 をさせ 又 は 火 葬 を 行 ってはならないものとすること 三 墓 地 又 は 納 骨 堂 の 管 理 者 は 第 一 号 の 書 類 であって 火 葬 場 の 管 理 者 が 墓 地 埋 葬 法 第 十 六 条 第 二 項 に 規 定 する 事 項 を 記 載 したものを 受 理 したときは 焼 骨 の 埋 蔵 をさせ 又 は 焼 骨 の 収 蔵 を することができるものとすること ( 避 難 施 設 の 基 準 ) 第 三 十 五 条 法 第 百 四 十 八 条 第 一 項 の 政 令 で 定 める 基 準 は 次 のとおりとする 一 公 園 広 場 その 他 の 公 共 施 設 又 は 学 校 公 民 館 駐 車 場 地 下 街 その 他 の 公 益 的 施 設 であるこ と 二 避 難 住 民 等 を 受 け 入 れ 又 はその 救 援 を 行 うために 必 要 かつ 適 切 な 規 模 のものであること 三 速 やかに 避 難 住 民 等 を 受 け 入 れ 又 はその 救 援 を 行 うことが 可 能 な 構 造 又 は 設 備 を 有 するも のであること 四 火 災 その 他 の 災 害 による 影 響 が 比 較 的 少 ない 場 所 にあるものであること 五 車 両 その 他 の 運 搬 手 段 による 輸 送 が 比 較 的 容 易 な 場 所 にあるものであること ( 避 難 施 設 の 重 要 な 変 更 ) 第 三 十 六 条 法 第 百 四 十 九 条 の 政 令 で 定 める 重 要 な 変 更 は 当 該 施 設 の 避 難 住 民 等 の 受 入 れ 又 は 救 援 の 用 に 供 すべき 部 分 の 総 面 積 の 十 分 の 一 以 上 の 面 積 の 増 減 を 伴 う 変 更 とする ( 職 員 の 派 遣 の 要 請 及 び 職 員 の 派 遣 のあっせんの 求 めの 手 続 ) 第 三 十 七 条 災 害 対 策 基 本 法 施 行 令 第 十 五 条 の 規 定 は 法 第 百 五 十 一 条 第 一 項 の 規 定 による 職 員 の 派 遣 の 要 請 について 同 令 第 十 六 条 の 規 定 は 法 第 百 五 十 二 条 第 一 項 又 は 第 二 項 の 規 定 による 職 員

10 の 派 遣 のあっせんの 求 めについて それぞれ 準 用 する ( 武 力 攻 撃 災 害 等 派 遣 手 当 及 び 職 員 の 身 分 取 扱 い) 第 三 十 八 条 法 第 百 五 十 四 条 において 読 み 替 えて 準 用 する 災 害 対 策 基 本 法 第 三 十 二 条 第 一 項 の 武 力 攻 撃 災 害 等 派 遣 手 当 及 び 法 第 百 五 十 三 条 の 規 定 により 指 定 行 政 機 関 指 定 地 方 行 政 機 関 又 は 特 定 指 定 公 共 機 関 から 派 遣 される 職 員 の 身 分 取 扱 いについては 災 害 対 策 基 本 法 施 行 令 第 十 七 条 から 第 十 九 条 までの 規 定 の 例 による ( 国 民 の 保 護 のための 措 置 の 実 施 時 における 交 通 の 規 制 の 手 続 等 ) 第 三 十 九 条 法 第 百 五 十 五 条 第 一 項 の 規 定 による 緊 急 通 行 車 両 以 外 の 車 両 の 道 路 における 通 行 の 禁 止 又 は 制 限 の 手 続 同 項 の 政 令 で 定 める 車 両 及 び 同 条 第 二 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 災 害 対 策 基 本 法 第 七 十 六 条 の 四 の 規 定 による 国 家 公 安 委 員 会 の 指 示 については 災 害 対 策 基 本 法 施 行 令 第 三 十 二 条 から 第 三 十 三 条 の 二 まで( 第 三 十 三 条 第 四 項 を 除 く )の 規 定 の 例 による ( 損 失 補 償 の 申 請 手 続 ) 第 四 十 条 法 第 百 五 十 九 条 第 一 項 の 規 定 による 損 失 の 補 償 を 受 けようとする 者 は 損 失 補 償 申 請 書 を 次 の 各 号 に 掲 げる 処 分 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 者 に 提 出 しなければならない 一 法 第 八 十 一 条 第 四 項 ( 同 条 第 一 項 に 係 る 部 分 を 除 く )の 規 定 による 処 分 当 該 処 分 を 行 っ た 指 定 行 政 機 関 の 長 又 は 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 二 法 第 百 二 十 五 条 第 四 項 の 規 定 による 処 分 文 化 庁 長 官 三 法 第 八 十 一 条 第 二 項 若 しくは 第 三 項 第 八 十 二 条 又 は 第 百 十 三 条 第 三 項 ( 同 条 第 一 項 に 係 る 部 分 に 限 る )の 規 定 による 処 分 当 該 処 分 を 行 った 都 道 府 県 知 事 四 法 第 百 五 十 五 条 第 二 項 において 準 用 する 災 害 対 策 基 本 法 第 七 十 六 条 の 三 第 二 項 後 段 ( 同 条 第 三 項 又 は 第 四 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 による 処 分 当 該 処 分 に 係 る 車 両 その 他 の 物 件 が 所 在 した 場 所 を 管 轄 する 都 道 府 県 知 事 五 法 第 百 十 三 条 第 一 項 の 規 定 による 処 分 当 該 処 分 を 行 った 市 町 村 長 六 法 第 百 十 三 条 第 五 項 ( 同 条 第 一 項 に 係 る 部 分 に 限 る )において 読 み 替 えて 準 用 する 災 害 対 策 基 本 法 第 六 十 四 条 第 七 項 又 は 第 八 項 の 規 定 による 処 分 当 該 処 分 に 係 る 土 地 建 物 その 他 の 工 作 物 又 は 土 石 竹 木 その 他 の 物 件 が 所 在 した 場 所 を 管 轄 する 市 町 村 長 2 前 項 各 号 に 定 める 者 は 同 項 の 損 失 補 償 申 請 書 を 受 理 したときは 補 償 すべき 損 失 の 有 無 及 び 損 失 を 補 償 すべき 場 合 には 補 償 の 額 を 決 定 し 遅 滞 なく これを 当 該 申 請 をした 者 に 通 知 しなければ ならない 3 第 一 項 の 損 失 補 償 申 請 書 には 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 しなければならない 一 損 失 の 補 償 を 受 けようとする 者 の 氏 名 及 び 住 所 ( 法 人 にあっては その 名 称 代 表 者 の 氏 名 及 び 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 ) 二 請 求 額 及 びその 明 細 三 損 失 の 発 生 した 日 時 又 は 期 間 四 損 失 の 発 生 した 区 域 又 は 場 所 五 損 失 の 内 容 ( 実 費 弁 償 の 基 準 ) 第 四 十 一 条 法 第 百 五 十 九 条 第 二 項 の 政 令 で 定 める 基 準 は 次 のとおりとする 一 手 当 は 法 第 八 十 五 条 第 一 項 の 規 定 による 要 請 に 応 じ 又 は 同 条 第 二 項 の 規 定 による 指 示 に 従 って 医 療 を 行 った 時 間 に 応 じて 支 給 するものとする 二 前 号 の 手 当 の 支 給 額 は 法 第 八 十 五 条 第 一 項 の 規 定 による 要 請 を 行 い 又 は 同 条 第 二 項 の 規 定 による 指 示 をした 都 道 府 県 知 事 の 統 括 する 都 道 府 県 の 常 勤 の 職 員 である 医 療 関 係 者 の 給 与 を 考 慮 して 定 めるものとする 三 一 日 につき 八 時 間 を 超 えて 医 療 を 行 ったときは 第 一 号 の 規 定 にかかわらず その 八 時 間 を 超 える 時 間 につき 割 増 手 当 を 医 療 を 行 うため 一 時 その 住 所 又 は 居 所 を 離 れて 旅 行 するときは 旅 費 を それぞれ 支 給 するものとする 四 前 号 の 割 増 手 当 及 び 旅 費 の 支 給 額 は 第 一 号 の 手 当 の 支 給 額 を 基 礎 とし 第 二 号 に 規 定 する 医 療 関 係 者 に 支 給 される 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 旅 費 の 算 定 の 例 に 準 じて 算 定 するものとする ( 実 費 弁 償 の 申 請 手 続 ) 第 四 十 二 条 法 第 百 五 十 九 条 第 二 項 の 規 定 による 実 費 の 弁 償 を 受 けようとする 者 は 実 費 弁 償 申 請 書 を 法 第 八 十 五 条 第 一 項 の 規 定 による 要 請 又 は 同 条 第 二 項 の 規 定 による 指 示 を 行 った 都 道 府 県 知 事 に 提 出 しなければならない 2 都 道 府 県 知 事 は 前 項 の 実 費 弁 償 申 請 書 を 受 理 したときは 弁 償 すべき 実 費 の 有 無 及 び 実 費 を 弁 償 すべき 場 合 には 弁 償 の 額 を 決 定 し 遅 滞 なく これを 当 該 申 請 をした 者 に 通 知 しなければならな い 3 第 一 項 の 実 費 弁 償 申 請 書 には 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 しなければならない 一 実 費 の 弁 償 を 受 けようとする 者 の 氏 名 及 び 住 所 二 請 求 額 及 びその 明 細 三 医 療 に 従 事 した 期 間 及 び 場 所 四 従 事 した 医 療 の 内 容

11 ( 損 害 補 償 の 額 ) 第 四 十 三 条 法 第 百 六 十 条 第 一 項 の 規 定 による 損 害 の 補 償 の 額 は 非 常 勤 消 防 団 員 等 に 係 る 損 害 補 償 の 基 準 を 定 める 政 令 ( 昭 和 三 十 一 年 政 令 第 三 百 三 十 五 号 ) 中 消 防 法 第 二 十 五 条 第 一 項 若 しくは 第 二 項 ( 同 法 第 三 十 六 条 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 若 しくは 第 二 十 九 条 第 五 項 ( 同 法 第 三 十 条 の 二 及 び 第 三 十 六 条 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) の 規 定 により 消 防 作 業 に 従 事 した 者 同 法 第 三 十 五 条 の 七 第 一 項 の 規 定 により 救 急 業 務 に 協 力 した 者 又 は 水 防 法 ( 昭 和 二 十 四 年 法 律 第 百 九 十 三 号 ) 第 二 十 四 条 の 規 定 により 水 防 に 従 事 した 者 に 係 る 損 害 補 償 の 規 定 の 例 により 算 定 す るものとする 2 法 第 百 六 十 条 第 二 項 の 規 定 による 損 害 の 補 償 の 額 は 災 害 救 助 法 施 行 令 中 扶 助 金 に 係 る 規 定 の 例 により 算 定 するものとする ( 損 害 補 償 の 申 請 手 続 ) 第 四 十 四 条 法 第 百 六 十 条 第 一 項 の 規 定 による 損 害 の 補 償 を 受 けようとする 者 は 損 害 補 償 申 請 書 を 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 者 に 提 出 しなければならない 一 海 上 保 安 官 の 要 請 を 受 けて 協 力 した 場 合 海 上 保 安 庁 長 官 二 自 衛 官 の 要 請 を 受 けて 協 力 した 場 合 防 衛 大 臣 三 都 道 府 県 知 事 若 しくは 都 道 府 県 の 職 員 又 は 警 察 官 の 要 請 を 受 けて 協 力 した 場 合 当 該 要 請 が 行 われた 場 所 を 管 轄 する 都 道 府 県 知 事 四 市 町 村 長 又 は 消 防 吏 員 その 他 の 市 町 村 の 職 員 の 要 請 を 受 けて 協 力 した 場 合 当 該 要 請 が 行 われ た 場 所 を 管 轄 する 市 町 村 長 2 法 第 百 六 十 条 第 二 項 の 規 定 による 損 害 の 補 償 を 受 けようとする 者 は 損 害 補 償 申 請 書 を 法 第 八 十 五 条 第 一 項 の 規 定 による 要 請 又 は 同 条 第 二 項 の 規 定 による 指 示 を 行 った 都 道 府 県 知 事 に 提 出 しなければならない 3 第 一 項 各 号 に 定 める 者 及 び 前 項 の 都 道 府 県 知 事 は 前 二 項 の 損 害 補 償 申 請 書 を 受 理 したときは 補 償 すべき 損 害 の 有 無 及 び 損 害 を 補 償 すべき 場 合 には 補 償 の 額 を 決 定 し 遅 滞 なく これを 当 該 申 請 をした 者 に 通 知 しなければならない 4 第 一 項 及 び 第 二 項 の 損 害 補 償 申 請 書 には 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 しなければならない 一 損 害 の 補 償 を 受 けようとする 者 の 氏 名 及 び 住 所 二 負 傷 し 疾 病 にかかり 又 は 死 亡 した 者 の 氏 名 及 び 住 所 三 負 傷 し 疾 病 にかかり 又 は 死 亡 した 日 時 及 び 場 所 四 負 傷 疾 病 又 は 死 亡 の 状 況 五 死 亡 した 場 合 にあっては 遺 族 の 状 況 ( 損 失 補 てんの 対 象 ) 第 四 十 五 条 法 第 百 六 十 一 条 第 一 項 の 規 定 による 損 失 の 補 てんは 都 道 府 県 又 は 指 定 公 共 機 関 が 同 項 に 規 定 する 総 合 調 整 又 は 指 示 に 基 づく 措 置 に 従 事 させたその 職 員 又 は 当 該 措 置 の 用 に 供 したそ の 財 産 が 武 力 攻 撃 災 害 を 受 けた 場 合 において 当 該 武 力 攻 撃 災 害 により 当 該 都 道 府 県 又 は 指 定 公 共 機 関 に 生 じた 損 失 について 行 う 2 前 項 の 規 定 は 法 第 百 六 十 一 条 第 二 項 の 規 定 による 損 失 の 補 てんについて 準 用 する この 場 合 において 前 項 中 都 道 府 県 又 は 指 定 公 共 機 関 とあるのは 市 町 村 又 は 指 定 公 共 機 関 若 しくは 指 定 地 方 公 共 機 関 と 読 み 替 えるものとする ( 損 失 補 てんの 手 続 ) 第 四 十 六 条 都 道 府 県 又 は 指 定 公 共 機 関 は 前 条 第 一 項 に 規 定 する 職 員 又 は 財 産 が 武 力 攻 撃 災 害 を 受 けた 場 合 において 武 力 攻 撃 災 害 により 生 ずる 損 失 の 補 てんを 受 けようとするときは 対 策 本 部 長 ( 事 態 対 処 法 第 十 九 条 第 一 項 の 規 定 により 対 策 本 部 が 廃 止 された 後 にあっては 内 閣 総 理 大 臣 次 項 において 同 じ )に 当 該 武 力 攻 撃 災 害 の 状 況 を 通 知 しなければならない 2 対 策 本 部 長 は 前 項 の 規 定 による 通 知 を 受 けた 場 合 において 損 失 を 補 てんすることが 相 当 と 認 めるときは 所 要 の 調 整 その 他 の 必 要 な 措 置 を 講 ずるものとする 3 前 二 項 の 規 定 は 法 第 百 六 十 一 条 第 二 項 の 規 定 による 損 失 の 補 てんについて 準 用 する この 場 合 において 第 一 項 中 都 道 府 県 又 は 指 定 公 共 機 関 とあるのは 市 町 村 又 は 指 定 公 共 機 関 若 しく は 指 定 地 方 公 共 機 関 と 対 策 本 部 長 ( 事 態 対 処 法 第 十 九 条 第 一 項 の 規 定 により 対 策 本 部 が 廃 止 された 後 にあっては 内 閣 総 理 大 臣 とあるのは 都 道 府 県 国 民 保 護 対 策 本 部 長 ( 法 第 三 十 条 の 規 定 により 都 道 府 県 対 策 本 部 が 廃 止 された 後 にあっては 都 道 府 県 知 事 と 前 項 中 対 策 本 部 長 とあるのは 都 道 府 県 国 民 保 護 対 策 本 部 長 と 読 み 替 えるものとする ( 国 が 負 担 する 費 用 ) 第 四 十 七 条 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 本 文 の 政 令 で 定 める 費 用 は 同 項 第 一 号 から 第 三 号 までに 規 定 する 措 置 に 通 常 要 すると 認 められる 費 用 及 び 同 項 第 四 号 に 掲 げる 費 用 とする ただし 同 項 第 一 号 に 規 定 する 措 置 のうち 法 第 六 十 二 条 第 六 項 ( 法 第 六 十 九 条 第 二 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 にあっては 第 十 条 第 一 項 の 規 定 により 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 程 度 及 び 方 法 によるものとした 場 合 に 当 該 措 置 に 要 する 費 用 とし 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 措 置 のうち 法 第 七 十 五 条 の 規 定 による 救 援 に 要 する 費 用 にあっては 第 十 条 の 規 定 により 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 程 度 方 法 及 び 期 間 による 救 援 に 要 する 費 用 とする

12 2 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 の 規 定 による 国 の 負 担 は 前 項 の 費 用 の 額 から 同 条 第 一 項 ただし 書 の 規 定 により 地 方 公 共 団 体 が 負 担 することとなる 費 用 の 額 を 控 除 した 額 について 行 う ( 政 令 で 定 める 手 当 ) 第 四 十 八 条 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 ただし 書 の 政 令 で 定 める 手 当 は 地 域 手 当 住 居 手 当 初 任 給 調 整 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 特 地 勤 務 手 当 (これに 準 ずる 手 当 を 含 む ) へき 地 手 当 (こ れに 準 ずる 手 当 を 含 む ) 管 理 職 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 期 末 特 別 手 当 寒 冷 地 手 当 特 定 任 期 付 職 員 業 績 手 当 任 期 付 研 究 員 業 績 手 当 義 務 教 育 等 教 員 特 別 手 当 定 時 制 通 信 教 育 手 当 産 業 教 育 手 当 農 林 漁 業 普 及 指 導 手 当 及 び 退 職 手 当 とする ( 地 方 公 共 団 体 の 管 理 及 び 行 政 事 務 の 執 行 に 要 する 費 用 ) 第 四 十 九 条 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 ただし 書 の 地 方 公 共 団 体 の 管 理 及 び 行 政 事 務 の 執 行 に 要 する 費 用 で 政 令 で 定 めるものは 消 耗 品 費 通 信 費 その 他 の 費 用 ( 国 民 の 保 護 のための 措 置 の 実 施 により 増 加 し 又 は 新 たに 必 要 となったものを 除 く )とする ( 施 設 の 管 理 者 として 行 う 事 務 に 要 する 費 用 ) 第 五 十 条 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 ただし 書 の 地 方 公 共 団 体 が 施 設 の 管 理 者 として 行 う 事 務 に 要 する 費 用 で 政 令 で 定 めるものは 当 該 施 設 の 維 持 管 理 に 通 常 要 すると 認 められる 費 用 とする ( 地 方 公 共 団 体 が 負 担 する 共 同 訓 練 費 用 ) 第 五 十 一 条 法 第 百 六 十 八 条 第 二 項 の 政 令 で 定 める 費 用 は 次 のとおりとする 一 地 方 公 共 団 体 の 職 員 の 給 料 及 び 手 当 二 地 方 公 共 団 体 の 管 理 及 び 行 政 事 務 の 執 行 に 要 する 消 耗 品 費 通 信 費 その 他 の 費 用 ( 法 第 百 六 十 八 条 第 二 項 に 規 定 する 訓 練 の 実 施 により 増 加 し 又 は 新 たに 必 要 となったものを 除 く ) 三 地 方 公 共 団 体 が 施 設 の 管 理 者 として 行 う 当 該 施 設 の 維 持 管 理 に 通 常 要 すると 認 められる 費 用 ( 準 用 ) 第 五 十 二 条 第 一 条 から 第 四 条 まで 第 六 条 から 第 三 十 四 条 まで 第 三 十 七 条 から 第 四 十 四 条 まで 第 四 十 五 条 第 二 項 第 四 十 六 条 第 三 項 及 び 第 四 十 七 条 から 前 条 までの 規 定 は 法 第 百 七 十 二 条 第 一 項 の 緊 急 対 処 事 態 及 び 緊 急 対 処 保 護 措 置 について 準 用 する この 場 合 において 次 の 表 の 上 欄 に 掲 げる 規 定 中 同 表 の 中 欄 に 掲 げる 字 句 は それぞれ 同 表 の 下 欄 に 掲 げる 字 句 に 読 み 替 えるものとす る 第 一 条 第 十 三 条 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 十 三 条 第 二 条 法 第 十 四 条 第 一 項 る 法 第 十 四 条 第 一 項 第 三 条 第 一 項 法 第 十 五 条 第 一 項 る 法 第 十 五 条 第 一 項 第 三 条 第 一 項 第 一 号 武 力 攻 撃 災 害 ( 法 第 二 条 第 緊 急 対 処 事 態 における 災 害 ( 武 力 攻 撃 に 準 四 項 の 武 力 攻 撃 災 害 をいう ずる 攻 撃 により 直 接 又 は 間 接 に 生 ずる 人 の 以 下 同 じ ) 死 亡 又 は 負 傷 火 事 爆 発 放 射 性 物 質 の 放 出 その 他 の 人 的 又 は 物 的 災 害 をいう 以 下 同 じ ) 第 三 条 第 四 項 法 第 十 五 条 第 二 項 る 法 第 十 五 条 第 二 項 対 策 本 部 長 緊 急 対 処 事 態 対 策 本 部 長 第 四 条 法 第 十 九 条 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 十 九 条 第 六 条 法 第 四 十 二 条 第 二 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 四 十 二 条 第 二 項 第 七 条 及 び 第 八 条 第 一 項 法 第 六 十 一 条 第 三 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 六 十 一 条 第 三 項 第 八 条 第 二 項 法 第 六 十 三 条 第 一 項 る 法 第 六 十 三 条 第 一 項 第 九 条 法 第 七 十 五 条 第 一 項 第 八 号 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 七 十

13 五 条 第 一 項 第 八 号 第 九 条 第 一 号 及 び 第 四 号 武 力 攻 撃 災 害 緊 急 対 処 事 態 における 災 害 第 二 十 四 条 ( 見 出 しを 含 む ) 第 二 十 六 条 第 二 項 及 び 第 三 項 並 びに 第 二 十 九 条 の 見 出 し 第 十 条 法 第 七 十 五 条 第 三 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 七 十 五 条 第 三 項 第 十 条 第 二 項 法 第 七 十 四 条 る 法 第 七 十 四 条 法 第 七 十 五 条 第 一 項 ただし 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 七 十 書 五 条 第 一 項 ただし 書 第 十 一 条 法 第 七 十 六 条 第 一 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 七 十 六 条 第 一 項 第 八 十 条 から 第 八 十 五 条 ま 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 同 法 第 八 十 で 条 から 第 八 十 五 条 まで 第 十 二 条 法 第 八 十 一 条 第 一 項 る 法 第 八 十 一 条 第 一 項 第 十 二 条 第 四 号 法 第 八 十 九 条 第 一 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 八 十 九 条 第 一 項 第 十 二 条 第 六 号 法 第 七 十 五 条 第 一 項 第 五 号 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 七 十 から 第 八 号 まで 五 条 第 一 項 第 五 号 から 第 八 号 まで 第 十 三 条 第 十 六 条 及 び 法 第 八 十 三 条 第 一 項 第 十 七 条 第 一 項 る 法 第 八 十 三 条 第 一 項 第 十 三 条 第 一 号 法 第 八 十 一 条 第 一 項 る 法 第 八 十 一 条 第 一 項 第 十 四 条 及 び 第 十 五 条 第 法 第 八 十 三 条 第 一 項 ただし 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 八 十 一 項 書 三 条 第 一 項 ただし 書 第 十 五 条 第 一 項 及 び 第 二 前 条 第 一 号 十 九 条 第 十 五 条 第 二 項 及 び 第 二 前 条 第 二 号 十 九 条 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 一 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 二 号 第 十 七 条 第 二 項 前 条 第 五 十 二 条 において 読 み 替 えて 準 用 する 前 条 第 十 八 条 第 四 十 一 条 第 法 第 八 十 五 条 第 一 項 一 号 及 び 第 二 号 第 四 十 二 条 第 一 項 並 びに 第 四 十 四 条 第 二 項 第 十 九 条 第 一 項 並 びに 第 法 第 九 十 一 条 第 一 項 二 十 条 第 三 号 及 び 第 四 号 第 十 九 条 第 二 項 第 一 号 及 法 第 九 十 一 条 第 一 項 各 号 び 第 二 号 並 びに 第 三 項 第 る 法 第 八 十 五 条 第 一 項 る 法 第 九 十 一 条 第 一 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 九 十 一 条 第 一 項 各 号

14 二 号 第 十 九 条 第 六 項 法 第 九 十 一 条 第 三 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 九 十 一 条 第 三 項 第 二 十 条 法 第 九 十 一 条 第 四 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 九 十 一 条 第 四 項 第 二 十 条 第 一 号 前 条 第 二 項 第 三 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 二 項 第 三 号 第 二 十 条 第 二 号 前 条 第 三 項 各 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 三 項 各 号 第 二 十 条 第 五 号 前 条 第 七 項 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 七 項 第 二 十 一 条 法 第 九 十 一 条 第 五 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 九 十 一 条 第 五 項 第 二 十 二 条 法 第 九 十 二 条 第 一 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 九 十 二 条 第 一 項 第 二 十 二 条 第 一 項 第 二 十 二 条 第 二 項 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のため 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 の 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 十 二 号 ) 第 九 十 二 条 第 一 項 第 百 十 二 号 ) 第 九 十 二 条 第 一 項 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のため 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 の 措 置 に 関 する 法 律 第 百 八 十 三 条 において する 法 律 第 九 十 二 条 第 一 項 準 用 する 同 法 第 九 十 二 条 第 一 項 第 二 十 二 条 第 二 項 第 五 十 二 条 において 読 み 替 えて 準 用 する 同 令 第 二 十 二 条 第 二 項 第 二 十 三 条 第 一 項 法 第 五 十 四 条 第 二 項 る 法 第 五 十 四 条 第 二 項 第 二 十 三 条 第 一 項 及 び 第 法 第 六 十 二 条 第 一 項 二 十 五 条 第 一 項 第 二 十 三 条 第 一 項 及 び 第 法 第 七 十 五 条 第 一 項 第 一 号 三 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 六 十 二 条 第 一 項 る 法 第 七 十 五 条 第 一 項 第 一 号 第 二 十 三 条 第 二 項 法 第 六 十 九 条 第 一 項 る 法 第 六 十 九 条 第 一 項 第 二 十 三 条 第 三 項 法 第 五 十 四 条 第 六 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 五 十 四 条 第 六 項 法 第 五 十 八 条 第 六 項 第 二 十 四 条 第 一 項 第 一 号 前 条 第 一 項 各 号 及 び 第 二 項 る 法 第 五 十 八 条 第 六 項 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 一 項 各 号 第 二 十 五 条 法 第 九 十 四 条 第 一 項 る 法 第 九 十 四 条 第 一 項 第 二 十 六 条 第 一 項 法 第 九 十 五 条 第 一 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 九 十

15 五 条 第 一 項 第 二 十 六 条 第 三 項 第 二 十 三 条 第 一 項 各 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 第 二 十 三 条 第 一 項 各 号 第 二 十 四 条 第 一 項 各 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 第 二 十 四 条 第 一 項 各 号 第 二 十 七 条 法 第 百 二 条 第 一 項 る 法 第 百 二 条 第 一 項 第 二 十 七 条 第 十 号 及 び 第 法 第 百 三 条 第 一 項 二 十 八 条 る 法 第 百 三 条 第 一 項 第 二 十 九 条 法 第 百 三 条 第 三 項 ( る 法 第 百 三 条 第 三 項 ( 法 第 百 三 条 第 三 項 第 二 号 法 第 百 三 条 第 三 項 各 号 前 条 第 六 号 前 条 第 八 号 前 条 第 九 号 前 条 第 十 号 前 条 第 十 一 号 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 百 三 条 第 三 項 第 二 号 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 百 三 条 第 三 項 各 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 六 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 八 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 九 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 十 号 第 五 十 二 条 において 準 用 する 前 条 第 十 一 号 事 態 対 処 法 第 二 条 第 七 号 の 事 態 対 処 法 第 二 十 五 条 第 三 項 の 緊 急 対 処 措 対 処 措 置 置 第 三 十 条 法 第 百 五 条 第 一 項 前 段 る 法 第 百 五 条 第 一 項 前 段 第 三 十 一 条 第 一 項 法 第 百 八 条 第 一 項 第 一 号 か 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 百 八 ら 第 四 号 まで 条 第 一 項 第 一 号 から 第 四 号 まで 第 三 十 一 条 第 三 項 法 第 百 八 条 第 一 項 第 五 号 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 百 八 条 第 一 項 第 五 号 第 三 十 一 条 第 四 項 法 第 百 八 条 第 二 項 る 法 第 百 八 条 第 二 項 第 三 十 二 条 第 一 項 法 第 百 九 条 第 一 項 る 法 第 百 九 条 第 一 項 第 三 十 二 条 第 二 項 法 第 百 九 条 第 三 項 る 法 第 百 九 条 第 三 項 第 三 十 三 条 第 一 項 及 び 第 法 第 百 十 三 条 第 一 項 四 十 条 第 一 項 第 五 号 第 三 十 三 条 第 二 項 及 び 第 法 第 百 十 三 条 第 五 項 四 十 条 第 一 項 第 六 号 る 法 第 百 十 三 条 第 一 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 百 十 三 条 第 五 項

16 第 三 十 四 条 第 一 項 法 第 百 二 十 二 条 る 法 第 百 二 十 二 条 第 三 十 七 条 法 第 百 五 十 一 条 第 一 項 る 法 第 百 五 十 一 条 第 一 項 法 第 百 五 十 二 条 第 一 項 る 法 第 百 五 十 二 条 第 一 項 第 三 十 八 条 法 第 百 五 十 四 条 る 法 第 百 五 十 四 条 法 第 百 五 十 三 条 る 法 第 百 五 十 三 条 第 三 十 九 条 法 第 百 五 十 五 条 第 一 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 百 五 十 五 条 第 一 項 第 四 十 条 第 一 項 法 第 百 五 十 九 条 第 一 項 る 法 第 百 五 十 九 条 第 一 項 第 四 十 条 第 一 項 第 一 号 法 第 八 十 一 条 第 四 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 八 十 一 条 第 四 項 第 四 十 条 第 一 項 第 二 号 法 第 百 二 十 五 条 第 四 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 百 二 十 五 条 第 四 項 第 四 十 条 第 一 項 第 三 号 法 第 八 十 一 条 第 二 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 八 十 一 条 第 二 項 第 四 十 条 第 一 項 第 四 号 法 第 百 五 十 五 条 第 二 項 る 法 第 百 五 十 五 条 第 二 項 第 四 十 一 条 及 び 第 四 十 二 法 第 百 五 十 九 条 第 二 項 条 第 一 項 第 四 十 三 条 第 一 項 及 び 第 法 第 百 六 十 条 第 一 項 四 十 四 条 第 一 項 第 四 十 三 条 第 二 項 及 び 第 法 第 百 六 十 条 第 二 項 四 十 四 条 第 二 項 第 四 十 五 条 第 二 項 及 び 第 法 第 百 六 十 一 条 第 二 項 四 十 六 条 第 三 項 る 法 第 百 五 十 九 条 第 二 項 る 法 第 百 六 十 条 第 一 項 る 法 第 百 六 十 条 第 二 項 る 法 第 百 六 十 一 条 第 二 項 第 四 十 六 条 第 三 項 都 道 府 県 国 民 保 護 対 策 本 部 都 道 府 県 緊 急 対 処 事 態 対 策 本 部 長 長 法 第 三 十 条 る 法 第 三 十 条 第 四 十 七 条 第 一 項 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 本 文 る 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 本 文 法 第 六 十 二 条 第 六 項 法 第 六 十 九 条 第 二 項 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 六 十 二 条 第 六 項 る 法 第 六 十 九 条 第 二 項

17 第 十 条 第 一 項 第 五 十 二 条 において 読 み 替 えて 準 用 する 第 十 条 第 一 項 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 第 二 号 る 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 第 二 号 法 第 七 十 五 条 第 十 条 の 規 定 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 七 十 五 条 第 五 十 二 条 において 読 み 替 えて 準 用 する 第 十 条 の 規 定 第 四 十 七 条 第 二 項 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 る 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 第 四 十 八 条 から 第 五 十 条 法 第 百 六 十 八 条 第 一 項 ただ 法 第 百 八 十 三 条 において 準 用 する 法 第 百 六 まで し 書 十 八 条 第 一 項 ただし 書 前 条 法 第 百 六 十 八 条 第 二 項 る 法 第 百 六 十 八 条 第 二 項 ( 事 務 の 区 分 ) 第 五 十 三 条 この 政 令 の 規 定 により 地 方 公 共 団 体 が 処 理 することとされている 事 務 ( 都 道 府 県 警 察 が 処 理 することとされているものを 除 く )は 地 方 自 治 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 六 十 七 号 ) 第 二 条 第 九 項 第 一 号 に 規 定 する 第 一 号 法 定 受 託 事 務 とする

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

総 則

総 則 第 1 基 本 方 針 第 3 章 害 応 急 計 画 第 14 節 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 14 節 害 救 助 法 の 適 用 計 画 1 市 本 部 長 は, 地 害 による 住 家 の 滅 失 が 一 定 規 模 以 上 となった 場 合, 害 救 助 法 ( 以 下 本 節 中 法 という )の 適 用 を 県 本 部 長 に 要 請 す 2 市 本 部 長 は, 法 に

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378>

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378> 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 岐 阜 市 の 給 与 定 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 08,307 1,9,10 9,07,66 7,1,77 18.8 18.7 ( 注 ) 人

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 職 員 給 与 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 号

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 平 成 26 年 度 鶴 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 % % 25 年 度 134,630

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

国立大学法人富山大学職員給与規則

国立大学法人富山大学職員給与規則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 給 与 規 則 平 成 17 年 1 0 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 10 月 1 日 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 21 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00 熊 本 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 H24 年 度 731,815 277,665,883 2,881,104 47,758,592

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 下 関 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 人 % % 24 年 度 278,962 117,798,811 3,247,399 21,495,273

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

(4) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 平 成 26 年 度 398,627 減 額 前 人 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 383,279 15,348 397,629 (0.25%) 勧 告 A B A-B ( 平 均 改 定 率 ) 給 与

(4) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 平 成 26 年 度 398,627 減 額 前 人 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 383,279 15,348 397,629 (0.25%) 勧 告 A B A-B ( 平 均 改 定 率 ) 給 与 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 北 海 道 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 26 年 度 公 表 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 千 千 千 % %

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

2. 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 23 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 件 費 とは 一 般 職 員 に 支 給 される 給 与 と 市 長 や 議 員 など 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 手 当 の 他 共 済 費 ( 社 会 保 険 料 の 事 業 主 負 担

2. 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 23 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 件 費 とは 一 般 職 員 に 支 給 される 給 与 と 市 長 や 議 員 など 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 手 当 の 他 共 済 費 ( 社 会 保 険 料 の 事 業 主 負 担 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1. 職 員 の 構 成 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 に 在 職 する 職 員 は 3,290 人 で 市 民 生 活 にかかわるさまざまな 仕 事 に 携 わっています 市 行 政 の 部 門 別 職 員 構 成 はグラフ1 職 種 別 の 職 員 構 成 はグラフ2のとおりです 部 門 別 職 員 構 成 3,290 3,421 3,374

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共 参 考 茂 原 市 国 民 保 護 計 画 用 語 集 あ 行 安 定 ヨウ 素 剤 原 子 力 施 設 等 の 事 故 に 備 えて 服 用 するために 調 合 した 放 射 能 をもたないヨウ 素 をいう 被 ばく 前 に 安 定 ヨウ 素 剤 を 服 用 することにより 甲 状 腺 (ヨウ 素 が 濃 集 しやすい )をヨウ 素 で 飽 和 して おくと 被 ばくしても 放 射 性 ヨウ 素

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F976C8EAE8F4390B38DCF82DD5F8B8B975E814592E888F58AC7979D82C982C282A282C4817995BD90AC3232944E937894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F976C8EAE8F4390B38DCF82DD5F8B8B975E814592E888F58AC7979D82C982C282A282C4817995BD90AC3232944E937894C5817A2E646F63> 京 丹 後 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (20 年 度 末 ) 61,661 歳 出 額 A 34,956,333 実 質 収 支 737,422 件 費 B 5,484,627 件 費 率 B/A 15.7 ( 注 )1 平 成 21 年 度 決 算 ( 一 般 会

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261 津 幡 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 人 件 費 率 23 年 度 人 37,549 12,760,557 199,134 2,173,562

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 十 五 日 法 律 第 二 百 三 十 一 号 ) E-1 航 空 法 ( 抜 粋 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 六 年 六 月 一 三 日 法 律 第 七 〇 号 (この 法 律 の 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 国 際 民 間 航 空 条 約 の 規 定 並 びに 同 条 約 の 附 属 書 として 採 択 された 標 準 方 式 及 び 手

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

7 前 項 の 委 員 は 再 任 されることができる ( 専 門 委 員 ) 第 4 条 防 災 会 議 に 専 門 の 事 項 を 調 査 させるため 専 門 委 員 を 置 くことができる 2 専 門 委 員 は 関 係 地 方 行 政 機 関 の 職 員 府 の 職 員 町 の 職 員 関

7 前 項 の 委 員 は 再 任 されることができる ( 専 門 委 員 ) 第 4 条 防 災 会 議 に 専 門 の 事 項 を 調 査 させるため 専 門 委 員 を 置 くことができる 2 専 門 委 員 は 関 係 地 方 行 政 機 関 の 職 員 府 の 職 員 町 の 職 員 関 参 考 資 料 -1 豊 能 町 防 災 会 議 条 例 豊 能 町 防 災 会 議 条 例 昭 和 38 年 6 月 25 日 条 例 第 6 号 改 正 昭 和 53 年 3 月 11 日 条 例 第 12 号 平 成 3 年 9 月 27 日 条 例 第 18 号 昭 和 55 年 7 月 2 日 条 例 第 21 号 平 成 12 年 3 月 30 日 条 例 第 20 号 昭 和 56 年

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

(4) 給 与 改 定 の 状 況 須 坂 市 には 事 委 員 会 が 設 置 されていないため 事 委 員 会 による 勧 告 はありません 月 例 給 の 給 与 改 定 率 特 別 給 の 年 間 支 給 月 数 は 国 に 準 じて 改 定 をおこなっています 1 月 例 給 区 分 民

(4) 給 与 改 定 の 状 況 須 坂 市 には 事 委 員 会 が 設 置 されていないため 事 委 員 会 による 勧 告 はありません 月 例 給 の 給 与 改 定 率 特 別 給 の 年 間 支 給 月 数 は 国 に 準 じて 改 定 をおこなっています 1 月 例 給 区 分 民 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 須 坂 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 25 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 千 千 千 52,53 2,86,482 523,994 3,612,15

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 和 歌 山 県 42.9 42.5 平 均 給 料 月 額 ( 国 比 較 ベース) 歳 329,49 366,889 348,96 歳 333,5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 和 歌 山 県 42.9 42.5 平 均 給 料 月 額 ( 国 比 較 ベース) 歳 329,49 366,889 348,96 歳 333,5 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (24 年 度 末 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 3,871 11,86,75 657,66 2,462,693 22.2 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 23 年 度 の 件 費 率 19.7 (2) 職 員 給 与 費

More information

26 年 4 月 1 日 のラスパイレス 指 数 が 13 年 前 に 比 べ1ポイント 以 上 上 昇 している 場 合 23 年 連 続 で 上 昇 して いる 場 合 31 を 超 えている 場 合 について その 理 由 及 び 改 善 の 見 込 み 該 当 なし (4) 給 与 制 度

26 年 4 月 1 日 のラスパイレス 指 数 が 13 年 前 に 比 べ1ポイント 以 上 上 昇 している 場 合 23 年 連 続 で 上 昇 して いる 場 合 31 を 超 えている 場 合 について その 理 由 及 び 改 善 の 見 込 み 該 当 なし (4) 給 与 制 度 八 幡 浜 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 2 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (26 年 1 月 1 日 ) 37,38 出 額 A 18,314,46 実 質 収 支 36,717 件 費 B 2,86,4 件 費 率 B/A % 1.6 ( 参 考 ) 24 年 度 の 件 費 率 % 1.7 (2) 職

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399,

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399, の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 715,637 268,79,786 4,138,833 47,61,99 17.5 16.5 (48,651,395)

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 大 規 模 事 故 編 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 1 第 1 防 災 体 制 の 確 立 1 第 2 報 告 2 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 3 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 5 第 1 基 本 方 針 5 第 2 予 防 計 画 5 第 3 応 急 対 策 計 画 6 第 2 節

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

<81798AAE90AC94C5817A483236906C8E968D7390AD81694832372E348C668DDA94C5816A288F4390B3292E786C73>

<81798AAE90AC94C5817A483236906C8E968D7390AD81694832372E348C668DDA94C5816A288F4390B3292E786C73> 函 館 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 25 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 (25 年 12 月 31 日 ) 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B/A 人 274,485 135,133,615 1,560,497 17,631,082 B 人 件 費 率 13.1 ( 参 考 ) 24

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

大分大学職員給与規程(案)

大分大学職員給与規程(案) 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 16 年 規 程 第 18 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

Taro-H25給与定員管理

Taro-H25給与定員管理 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 沖 縄 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 状 況 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 平 成 23 ( 平 成 24 年 度 末 ) A 実 質 収 支 B B A 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 平 成 24 年 度 1,437,994

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 大 分 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (21 年 度 末 ) A B B/A 20 年 度 の 件 費 率 21 年 度 470,293 156,838,223 5,062,259 32,753,681 20.9

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information