方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

Size: px
Start display at page:

Download "方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地"

Transcription

1 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連 の 諸 決 議 に 従 って 国 連 加 盟 国 が 自 発 的 に 派 遣 した 部 隊 から 構 成 されたものである 1953 年 7 月 に 休 戦 協 定 が 成 立 して 以 降 現 在 でも 朝 鮮 半 島 の 平 和 と 安 全 の 確 保 のために 大 きな 役 割 を 果 た している 韓 国 には 国 連 軍 司 令 部 (main)が 置 かれているが 国 連 軍 に 十 分 な 兵 站 (logistics) 上 の 支 援 を 与 えるための 国 連 軍 後 方 司 令 部 (rear)は 1957 年 にキャンプ 座 間 に 設 立 2007 年 11 月 に 横 田 飛 行 場 へ 移 転 されたが 現 在 でも 日 本 に 置 かれている 朝 鮮 戦 争 によって わが 国 には 朝 鮮 特 需 が 舞 い 込 んだ すなわち 在 韓 米 軍 や 在 日 米 軍 からわが 国 に 発 注 された 物 資 や 兵 器 の 整 備 修 理 などのサービスの 需 要 が 急 増 し その 需 要 を 満 たすために 各 種 産 業 の 業 績 が 好 転 して 戦 後 経 済 の 疲 弊 を 克 服 するきっかけ となった また 朝 鮮 戦 争 勃 発 とともに 占 領 米 軍 の 命 令 によって 日 本 の 特 別 掃 海 部 隊 は 元 山 や 釜 山 方 面 等 の 機 雷 の 掃 海 に 出 動 した 国 連 軍 の 作 戦 に 寄 与 するとともに 朝 鮮 半 島 と 日 本 との 間 の 海 上 交 通 路 を 確 保 するためである さらに わが 国 は 朝 鮮 戦 争 間 に 終 戦 処 理 用 として 米 国 から 貸 与 されたLST (Landing Ship Tank: 戦 車 揚 陸 艦 )やチャーターされた 日 本 の 商 船 などをもって 米 軍 の 物 資 や 兵 員 の 輸 送 韓 国 からの 避 難 民 の 輸 送 や 米 軍 人 の 後 送 等 の 特 殊 輸 送 などの 海 上 輸 送 に 従 事 した 日 本 人 船 員 が 運 行 するLSTは 仁 川 上 陸 作 戦 元 山 上 陸 作 戦 興 南 撤 収 作 戦 等 の 重 要 な 作 戦 にも 参 加 した これらも 多 くの 日 本 人 にはよく 知 られていない 歴 史 であろうが このように 朝 鮮 戦 争 時 わが 国 は 国 連 軍 ( 米 軍 )の 物 資 や 兵 員 の 海 上 輸 送 物 資 の 供 給 及 び 兵 器 の 整 備 や 修 理 機 雷 掃 海 による 海 上 交 通 路 の 確 保 などを 行 った 国 連 軍 の 後 方 連 絡 線 (Line of Communication)は 釜 山 港 等 から 対 馬 海 峡 を 経 て 日 本 へとつながり 日 本 は 在 韓 国 連 軍 の 一 大 兵 站 基 地 あるいは 支 援 基 地 として 朝 鮮 戦 争 を 後 1

2 方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 としての 重 要 な 役 割 を 果 たすことになろう わが 国 は 1996 年 4 月 に 発 表 された 日 米 安 全 保 障 共 同 宣 言 ならびに1997 年 9 月 に 作 成 された 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 ( 新 ガイドライン) を 踏 まえ 朝 鮮 半 島 有 事 などを 想 定 した 周 辺 事 態 法 (1999 年 5 月 公 布 ) 日 米 物 品 役 務 相 互 提 供 協 定 を 改 正 する 協 定 (1999 年 9 月 発 効 ) 在 外 邦 人 などの 輸 送 手 段 として 船 舶 とその 搭 載 ヘリコプターを 加 える 自 衛 隊 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 (1999 年 5 月 発 効 )およ び 船 舶 検 査 法 (2000 年 12 月 公 布 )を 整 備 した 2013 年 1 月 のアルジェリア 人 質 事 件 を 受 け 安 倍 内 閣 は 現 行 の 航 空 機 船 舶 に 加 え 陸 上 における 車 両 での 邦 人 輸 送 を 可 能 とし また 輸 送 中 の 保 護 対 象 者 を 拡 大 して 現 地 で 面 会 する 家 族 や 随 行 の 政 府 関 係 者 らも 武 器 で 防 護 できるよう 自 衛 隊 法 改 正 案 を 閣 議 決 定 (2013 年 4 月 19 日 )した 朝 鮮 戦 争 当 時 わが 国 は 占 領 下 にあり 大 戦 の 後 遺 症 もあって 非 公 然 の 隠 れた 役 割 しか 果 たすことができなかった しかし 今 日 周 辺 事 態 法 等 が 整 備 され 国 家 として 組 織 立 った 協 力 を 行 える 一 応 の 体 制 ができている 憲 法 の 制 約 上 自 衛 隊 の 活 動 は あくまで 非 戦 闘 地 域 に 限 定 され 米 軍 の 武 力 行 使 との 一 体 化 を 避 ける 内 容 になっているが 朝 鮮 戦 争 当 時 と 比 較 して はるかに 広 範 多 岐 にわたる 役 割 を 果 たすのは 間 違 いなかろう 韓 国 防 衛 に 不 可 欠 な 在 日 米 軍 の 来 援 と 自 衛 隊 との 連 携 韓 国 陸 軍 の 主 要 部 隊 の 配 置 は 北 朝 鮮 と 対 峙 している 軍 事 境 界 線 の 防 衛 任 務 をもつ 第 1 軍 を 東 部 戦 線 に 第 3 軍 を 西 部 戦 線 に 並 列 して 配 置 し その 後 方 地 域 防 衛 のために 第 2 軍 を 配 置 している さらに 首 都 ソウルの 防 衛 のために 大 統 領 直 属 の 首 都 防 衛 司 令 部 を 配 置 する 体 制 をとっている 第 2 軍 は 北 朝 鮮 の 侵 攻 時 に 予 想 される 後 方 地 域 へのゲリラ コマンド 攻 撃 空 挺 攻 撃 などによる 後 方 撹 乱 や 浸 透 作 戦 を 阻 止 するとともに 第 一 線 部 隊 に 対 する 後 方 兵 站 支 援 予 備 役 の 動 員 訓 練 避 難 民 の 保 護 などの 任 務 を 果 たすものと 考 えられる このため 第 2 軍 の 任 務 はわが 国 自 衛 隊 との 関 係 が 深 く 同 司 令 官 と 九 州 及 び 南 西 諸 島 の 防 衛 警 備 の 責 任 者 である 陸 上 自 衛 隊 西 部 方 面 総 監 は 定 期 的 に 相 互 訪 問 して 意 見 交 換 を 行 っている また 韓 国 南 方 海 域 で 海 上 における 日 米 韓 共 同 訓 練 を 行 うとともに 航 空 自 衛 隊 西 部 航 空 方 面 隊 司 令 官 と 韓 国 空 軍 南 部 戦 闘 司 令 官 相 互 の 交 流 など 部 隊 レベルにまで 踏 み 込 んだ 防 衛 協 力 交 流 が 進 んでいる ( 以 上 資 料 源 は 防 衛 白 書 ) 2

3 これらは 明 らかに 朝 鮮 半 島 有 事 の 相 互 協 力 を 睨 んだものと 見 て 間 違 いないであろ う 他 方 在 韓 国 連 軍 ( 在 韓 米 軍 主 体 )は 第 2 歩 兵 師 団 第 19 戦 域 支 援 コマンド 第 35 防 空 砲 兵 旅 団 等 からなる 米 第 8 軍 と 第 7 空 軍 (F16 40 機 を 含 む 作 戦 機 約 60 機 )を 主 力 とする 部 隊 である 首 都 ソウルに 国 連 軍 司 令 部 米 韓 連 合 軍 司 令 部 及 び 在 韓 米 軍 司 令 部 が 置 かれ 米 第 8 軍 司 令 官 がそれぞれの 司 令 官 を 兼 任 している 国 連 軍 司 令 部 では 国 連 軍 参 加 各 国 の 代 表 ( 大 使 館 付 駐 在 武 官 )が 情 報 交 換 や 情 勢 分 析 などのため 定 期 的 あるいは 随 時 に 会 合 を 開 いている 前 述 の 通 り わが 国 には 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれ 司 令 部 には 司 令 部 の 要 員 として 4 名 が 常 駐 している そのほか 各 国 大 使 館 に 駐 在 武 官 の 兼 務 を 含 めて23 名 の 連 絡 将 校 団 が 常 駐 し 3~4ヶ 月 に1 回 程 度 の 頻 度 で 情 報 交 換 や 必 要 な 連 絡 調 整 のための 非 公 式 会 合 が 行 われている また 在 日 米 軍 基 地 のうち キャンプ 座 間 と 横 田 飛 行 場 に 加 え 横 須 賀 海 軍 施 設 佐 世 保 海 軍 施 設 嘉 手 納 飛 行 場 普 天 間 飛 行 場 及 びホワイトビーチ 地 区 の 計 7か 所 が 日 本 国 における 国 際 連 合 の 軍 隊 の 地 位 に 関 する 協 定 ( 国 連 軍 地 位 協 定 ) に 基 づいて 国 連 軍 施 設 に 指 定 されている 現 在 も 必 要 に 応 じて 国 連 軍 参 加 各 国 が 国 連 軍 基 地 として 使 用 している 朝 鮮 半 島 有 事 に 際 し 在 日 米 軍 は 地 位 協 定 に 基 づき これらの 基 地 から 国 連 軍 とし て 直 ちに 参 戦 することができる 在 韓 米 軍 は 陸 上 兵 力 1.7 万 人 作 戦 機 60 機 である 一 方 在 日 米 軍 は 沖 縄 海 兵 隊 を 主 力 とする 兵 員 1.7 万 人 作 戦 機 140 機 に 加 え 第 7 艦 隊 の 空 母 を 含 む 艦 船 2 0 隻 (32.3 万 トン) 艦 載 機 50 機 である ( 数 字 はいずれも 約 数 ) 特 に 海 空 戦 力 は 在 韓 米 軍 より 在 日 米 軍 が 大 きく それらが 主 力 となり 国 連 軍 と して あるいは 米 韓 相 互 防 衛 条 約 の 義 務 を 履 行 するため 韓 国 へ 展 開 する このように 韓 国 の 防 衛 には 在 日 米 軍 の 来 援 並 びに 自 衛 隊 との 連 携 が 不 可 欠 であり 韓 国 の 命 運 はそれらに 大 きく 依 存 しているのである 3

4 アジア 太 平 洋 地 域 における 主 な 兵 力 の 状 況 ( 概 数 ) ( 上 記 2 図 とも 平 成 24 年 版 防 衛 白 書 から 引 用 ) 4

5 韓 国 は 日 本 防 衛 のバッファー ゾーン( 緩 衝 地 帯 ) わが 国 に 対 する 脅 威 は 歴 史 的 に 元 寇 をはじめ 冊 封 体 制 下 の 朝 鮮 をめぐる 清 朝 中 国 との 対 立 あるいは 朝 鮮 半 島 に 勢 力 を 拡 張 しようとしたロシアの 南 下 政 策 等 に 見 られ るように 大 陸 から 朝 鮮 半 島 を 経 由 してもたらされた わが 国 は 日 清 戦 争 (1894 年 ~95 年 )に 勝 利 して 下 関 条 約 で 清 ( 中 国 )に 朝 鮮 の 独 立 を 認 めさせた その 後 日 露 戦 争 (1904 年 ~05 年 )を 戦 い 韓 国 併 合 条 約 によって 日 韓 併 合 (1910 年 )に 踏 み 切 ったのは 朝 鮮 ( 大 韓 帝 国 ) 最 大 政 党 に よる 韓 日 合 邦 を 要 求 する 声 明 書 等 を 受 け 入 れるとともに わが 国 の 安 全 保 障 あるい は 防 衛 上 の 死 活 的 理 由 からであった また 今 日 主 として 北 朝 鮮 の 核 開 発 問 題 の 解 決 のため 六 者 が 集 まった 協 議 ( 六 者 協 議 六 者 会 合 )が 行 われている そのことからも 明 らかのように 朝 鮮 半 島 は 大 陸 勢 力 ( 中 国 ロシア)と 海 洋 勢 力 ( 日 本 米 国 )との 接 点 に 在 って 半 島 国 家 ( 韓 国 北 朝 鮮 )を 含 めそれぞれの 利 害 が 複 雑 に 交 錯 し 衝 突 する 地 政 学 的 要 衝 にある 朝 鮮 半 島 が 海 洋 勢 力 つまり 韓 国 寄 りで 統 一 されることは 北 朝 鮮 と 国 境 を 直 接 接 し ている 中 国 はもとより ロシアも 受 け 入 れない 逆 に 大 陸 勢 力 つまり 北 朝 鮮 寄 りで 統 一 されることは 喉 元 に 刃 を 突 き 付 けられる 日 本 はもとより 米 国 も 受 け 入 れない だろう かくして 朝 鮮 半 島 の 統 一 は 一 向 に 進 展 しそうにない むしろ 北 東 アジア 全 体 の 平 和 と 安 定 を 維 持 するためには 南 北 分 断 の 現 状 維 持 はやむを 得 ないと 認 識 している 国 が 多 いのではないだろうか 中 国 と 北 朝 鮮 は 相 互 参 戦 を 定 めた 中 朝 友 好 協 力 相 互 援 助 条 約 を 締 結 している 朝 鮮 戦 争 では 中 国 が 人 民 義 勇 軍 と 称 して 大 部 隊 ( 実 態 は 人 民 解 放 軍 )を 送 り 込 んだ 中 国 が 第 一 列 島 線 を 突 破 して 第 二 列 島 線 まで 侵 出 し 西 太 平 洋 の 覇 権 確 立 に 向 けた 軍 事 行 動 を 起 こす 場 合 には 北 朝 鮮 が 連 携 して 行 動 を 起 こす 可 能 性 は 極 めて 高 いと 見 な ければならないだろう その 際 米 軍 が 駐 留 する 韓 国 を 素 通 りして わが 国 だけに 脅 威 が 及 ぶとは 考 えにくい このように 韓 国 は わが 国 の 防 衛 あるいは 安 全 保 障 上 のバッファー ゾーン( 緩 衝 地 帯 )を 形 成 している 日 本 は 韓 国 防 衛 にとっての 生 命 線 であり 同 時 に 韓 国 は 日 本 防 衛 にとってのバッフ ァー ゾーン( 緩 衝 地 帯 )である つまり 日 韓 は 戦 略 的 相 互 依 存 の 関 係 にあり そ の 認 識 を 共 有 して 国 家 間 関 係 を 着 実 に 発 展 させることが 重 要 なのである わが 国 も 嫌 韓 感 情 を 克 服 し 日 米 韓 の 防 衛 協 力 の 強 化 を 2012 年 4 月 朝 鮮 労 働 党 第 一 書 記 と 北 朝 鮮 国 防 委 員 会 第 一 書 記 に 就 任 した 金 正 恩 は その 直 後 人 工 衛 星 と 称 するミサイルを 発 射 した 今 年 (2013 年 )に 入 って 北 朝 鮮 の 暴 走 が 止 まらない 5

6 国 連 安 全 保 障 理 事 会 は 北 朝 鮮 が2 月 に 実 施 した3 回 目 の 核 実 験 に 対 する 制 裁 決 議 案 の 採 決 を 行 い 全 会 一 致 で 採 択 した この 制 裁 決 議 に 反 発 し 北 朝 鮮 は3 月 8 日 南 北 軍 事 境 界 線 にある 板 門 店 の 南 北 直 通 電 話 を 直 ちに 断 絶 するなどとぶち 上 げた さらに 停 戦 協 定 の 白 紙 化 ワシントンを 火 の 海 にする 日 本 の 米 軍 基 地 はミサイルの 標 的 だ などと 情 勢 をエスカレートする 瀬 戸 際 外 交 を 繰 り 返 しており 一 歩 間 違 えば 一 触 即 発 の 事 態 へと 急 展 開 しよう 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 が 起 これば 日 本 は 国 連 軍 あるいは 在 韓 米 軍 そして 韓 国 軍 の 生 命 線 となり 後 方 兵 站 基 地 としての 重 要 な 役 割 を 果 たすのは 朝 鮮 戦 争 当 時 と 同 等 あ るいはそれ 以 上 のものとなろう 韓 国 は 国 防 白 書 において 北 朝 鮮 政 権 と 朝 鮮 軍 は 韓 国 の 敵 と 明 確 に 位 置 付 けてい る 同 国 は 北 朝 鮮 と 戦 える 万 全 の 体 制 を 整 備 しなければならない 筈 だが その 後 方 を 支 える 日 本 に 対 して 反 日 政 策 を 採 っている 韓 国 の 朴 槿 惠 大 統 領 は 5 月 7 日 の 米 韓 首 脳 会 談 において 北 東 アジア 地 域 の 平 和 の ためには 日 本 が 正 しい 歴 史 認 識 をもたなければならない と 述 べ オバマ 米 大 統 領 に 異 例 の 日 本 批 判 を 展 開 した 前 方 を 敵 の 北 朝 鮮 そして 後 方 を 嫌 韓 感 情 に 追 いやっている 日 本 に 挟 まれた 態 勢 の 下 で 自 国 の 防 衛 を 果 たし 得 るとでも 考 えているのであろうか 韓 国 の 安 全 保 障 あるいは 防 衛 上 日 本 の 協 力 が 不 可 欠 であるとするならば 同 国 の 外 交 上 の 反 日 政 策 は 明 らかに 論 理 矛 盾 を 来 しており 戦 略 的 一 貫 性 が 保 持 されていないこ とになる 核 ミサイルの 開 発 をはじめとする 北 朝 鮮 の 脅 威 が 高 まり 挑 発 が 続 いている 今 日 韓 国 は 外 交 と 安 全 保 障 の 戦 略 的 矛 盾 を 早 急 に 調 整 し 日 米 韓 の 安 全 保 障 協 力 を 強 化 する 方 向 に 向 かって 確 かな 歩 みを 進 めなければならないのではないか それとも 清 朝 中 国 までの 冊 封 体 制 下 に 甘 んじていたように 親 中 路 線 へ 先 祖 返 り しようとしているの か 韓 国 の 現 状 は そのような 疑 念 を 持 たれても 致 し 方 ない 迷 走 状 態 にあるようにも 見 えるのだが 果 たして 韓 国 はどこを 向 こうとしているのか 今 後 の 外 交 安 全 保 障 の 基 本 路 線 の 選 択 如 何 によってその 将 来 を 大 きく 左 右 されるのは 間 違 いない 他 方 わが 国 は 朝 鮮 半 島 の 地 政 学 的 意 義 を 再 確 認 し 大 陸 勢 力 による 同 半 島 の 支 配 や 影 響 力 の 拡 大 を 阻 止 する 不 断 の 努 力 が 必 要 である そのためには 多 くの 日 本 人 の 中 に 高 まっている 嫌 韓 感 情 を 断 ち 切 り わが 国 の 地 政 学 的 宿 命 に 従 い 国 益 を 優 先 することである すなわち 韓 国 を 同 じ 陣 営 の 一 員 として 引 き 止 め 安 全 保 障 防 衛 協 力 を 強 化 しなけ ればならない そして 北 東 アジアひいては 東 アジアの 平 和 と 安 全 を 確 保 するとともに 6

7 朝 鮮 半 島 情 勢 を 日 米 韓 にとって 有 利 に 導 くよう 常 に 三 者 の 共 同 行 動 を 念 頭 に 結 束 を 強 める 途 を 模 索 して 行 くことが 重 要 であると 言 えるのではないだろうか 本 稿 は 付 で JAPAN BUSINESS Press に 掲 載 された 筆 者 論 文 を 転 載 したものである 7

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表)

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表) 防 衛 省 表 20-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/portal/index.htm l)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の 結

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9> 憲 法 から 平 和 と 安 全 保 障 を 考 える 日 本 の 未 来 はどうなるか? 関 西 学 院 大 学 法 学 部 長 岡 徹 一 統 幕 内 部 文 書 の 衝 撃 1 ガイドラインこそが 防 衛 当 局 にとっての 最 高 法 規 4.27 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 第 3 次 ガイドライン 合 意 4.29 安 倍 首 相 米 議 会 演 説 安 保 法 制 の

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

5月8日証言要旨

5月8日証言要旨 5 月 8 日 証 言 要 旨 2006 年 4 月 20 日 明 治 大 学 山 田 朗 Ⅰ 緒 論 戦 争 と 軍 事 を 解 析 す る 基 本 的 視 点 1 戦 争 と 報 道 (1) 戦 争 報 道 の 大 半 は 当 事 者 からの 発 表 であり 情 報 戦 心 理 戦 の 要 素 を 含 ん でいる (2)マスメディアによる 報 道 は 映 像 を 伴 うものであっても 実 態 を

More information

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 ) 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本

More information

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊 東 日 本 大 地 震 に 対 する 海 上 自 衛 隊 の 活 動 状 況 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 一 帯 を 震 源 地 とするマグニチュー ド 9.0 の 大 地 震 が 発 生 した 発 災 から 約 3 時 間 後 に 自 衛 隊 に 対 して 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 命 令 が 発 出 され 翌 々 日

More information

報 道 によると 米 韓 軍 は 2 月 7 日 恒 例 の 軍 事 演 習 を 過 去 最 大 規 模 の 合 同 軍 事 演 習 キー リゾ ルブ と 野 外 機 動 訓 練 フォール イーグル を 韓 国 や 周 辺 海 域 で 開 始 した 演 習 には 北 朝 鮮 が 核 ミサイルを 発

報 道 によると 米 韓 軍 は 2 月 7 日 恒 例 の 軍 事 演 習 を 過 去 最 大 規 模 の 合 同 軍 事 演 習 キー リゾ ルブ と 野 外 機 動 訓 練 フォール イーグル を 韓 国 や 周 辺 海 域 で 開 始 した 演 習 には 北 朝 鮮 が 核 ミサイルを 発 基 調 報 告 宮 里 政 玄 ( 沖 縄 対 外 問 題 研 究 会 顧 問 ) 福 岡 高 裁 那 覇 支 部 は 国 と 県 に 対 し 和 解 を 勧 告 し それが 受 け 入 れられた 勧 告 文 には 次 の 指 摘 がある 本 来 あるべき 姿 としては 沖 縄 を 含 めオールジャパンで 最 善 の 解 決 策 を 合 意 して 米 国 に 協 力 を 求 めるべきである そうなれば

More information

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 資 料 3 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 平 成 21 年 4 月 9 日 北 海 道 千 歳 市 長 山 口 幸 太 郎 意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 北 海 道 ( 千 歳 市 )と 防 衛 施 設 自 衛 隊 の 係 わり 北 海 道 千 歳 市 大 正

More information

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警 ご 異 議 なしと 認 め よって 本 案 は 原 案 の 通 り 可 決 する 事 に 決 定 いたしました 日 程 第 19 請 願 第 1 号 日 本 を 海 外 で 戦 争 する 国 にする 立 法 案 の 廃 案 へ の 意 見 書 の 提 出 を 求 める 請 願 書 を 議 題 といたし これより 先 ほどの 委 員 長 報 告 に 対 する 質 疑 を 開 始 いたし ( 質 疑 なし

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367> 基 礎 からわかる 現 代 社 会 第 45 講 日 本 の 国 際 貢 献 PKO 国 連 平 和 維 持 活 動 協 力 法 日 本 の PKO 参 加 5 原 則 1 当 事 者 間 の 停 戦 合 意 2 当 事 国 の 合 意 3 中 立 公 平 4 武 器 使 用 は 正 当 防 衛 の 場 合 のみ 5 上 記 1~3の3 原 則 が 崩 れれば 撤 収 か 中 断 PKO 監 視 団

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13)( 続 き) [ 邦 人 への 危 害 ] 憲 法 九 条 のもとで 許 容 されております 自 衛 権 の 発 動 としての 武 力 の 行 使 につきまして は 政 府 は 従 来 から 自 衛 権 発 動 は 三 要 件 に 該 当 する そうい

米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13)( 続 き) [ 邦 人 への 危 害 ] 憲 法 九 条 のもとで 許 容 されております 自 衛 権 の 発 動 としての 武 力 の 行 使 につきまして は 政 府 は 従 来 から 自 衛 権 発 動 は 三 要 件 に 該 当 する そうい 米 艦 防 護 ( 事 例 8 9 12 13) 事 例 8~15と 関 連 する 過 去 の 答 弁 [ 自 衛 艦 と 米 艦 が 極 めて 接 近 しているような 場 合 ] 武 力 攻 撃 に 当 たらない 武 器 の 使 用 といたしまして 自 己 等 や 武 器 等 の 防 護 のための 武 器 使 用 の 規 定 こ れはテロ 特 法 の 十 二 条 あるいは 自 衛 隊 法 の 九

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 24 年 度 防 衛 予 算 案 の 概 要 防 衛 省 注 1: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 装 備 品 等 の 製 造 等 に 要 する 初 度 費 を 除 く 経 費 を 表 示 している 2: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 契 約 ベースである 3: 本 文 中 の 青 字 は 新 規 事 業 を

More information

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を 平 成 25 年 6 月 4 日 新 防 衛 計 画 の 大 綱 策 定 に 係 る 提 言 ( 防 衛 を 取 り 戻 す ) 自 由 民 主 党 一 はじめに 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 が 策 定 されて 以 降 わが 国 周 辺 にお いては 北 朝 鮮 が 弾 道 ミサイル 発 射 や 核 実 験 を 強 行 し また 中 国 がわが 国 周 辺

More information

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し) 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 共 同 発 表 変 化 する 安 全 保 障 環 境 のためのより 力 強 い 同 盟 新 たな 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 岸 田 外 務 大 臣 中 谷 防 衛 大 臣 ケリー 国 務 長 官 カーター 国 防 長 官 1. 概 観 2015 年 4 月 27 日 ニューヨークにおいて 岸 田 文 雄 外

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A>

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A> 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 主 任 教 官 ) 1 等 陸 佐 佐 藤 末 明 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 帯 広 駐 屯 地 業 務 隊 長 ) 1 等 陸 佐 土 生 円 徳 防 衛 医 科 大 学 校 学 生 部 主 任 訓 練 教 官 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 東 北

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト (

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト ( 事 業 開 始 年 度 大 臣 官 房 企 画 評 価 課 事 業 概 要 説 明 書 -1 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 根 拠 法 改 革 会 議 報 告 書 (20.7.15) 1 実 施 方 法 ( 該 当 項 目 にチェッ ク)) 直 接 実 施 業 務 委 託 補 助 金 貸 付 その 他 上 記 実 施 方 法 が 業 務 委

More information

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って 平 成 28 年 度 防 関 係 費 について 主 計 局 主 計 官 堀 内 斉 1.はじめに 平 成 28 年 度 の 防 関 係 費 については 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 計 画 の 大 綱 について 及 び 中 期 防 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について ( 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会

More information

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 3 年 度 ~ 平 成 7 年 度 )について 平 成 2 年 12 月 20 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 3 年 度 から 平 成 7 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 3 年 度 以 降 の 防 衛 計 画 の 基 本 的 考 え 方 について ( 平 成 2 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有 海 難 事 故 調 査 について 海 上 自 衛 隊 護 衛 艦 あたご 漁 船 清 徳 丸 衝 突 事 故 を 例 に 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1310 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 首 席 研 究 員 池 田 敏 郎 ポイント 小 型 船 を 巻 き 込 んだ 海 難 事 故 調 査 は 必 ずしも 容 易 ではない 海 難 審 判 と 刑 事 裁

More information

県外行政視察報告(H16)

県外行政視察報告(H16) 基 地 対 策 特 別 委 員 会 行 政 視 察 報 告 平 成 25 年 11 月 29 日 狭 山 市 議 会 議 長 東 山 徹 様 基 地 対 策 特 別 委 員 会 委 員 長 栗 原 武 当 委 員 会 は 下 記 のとおり 北 海 道 千 歳 市 及 び 航 空 自 衛 隊 千 歳 基 地 陸 上 自 衛 隊 東 千 歳 駐 屯 地 の 視 察 をして 参 りましたので その 概 要

More information

3 基地の沿革

3 基地の沿革 基 地 の 沿 革 昭 1 20. 2 2 2 2 2 30. 3 3 3 3 3 3 3 40. 4 4 4 4 4 4 1 1 1 旧 陸 軍 飛 行 第 5 連 隊 ( 立 川 ) 附 属 多 摩 飛 行 場 として 設 置 当 時 の 滑 走 路 は 1,300m 米 軍 ( 第 一 騎 兵 師 団 一 個 中 隊 )が 進 駐 し 旧 陸 軍 の 施 設 を 接 収 第 3 爆 撃 飛 行

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

(2)82 年 から 陸 自 は 日 米 共 同 演 習 訓 練 冷 戦 下 ソ 連 に 想 定 1 戦 車 による 大 砲 射 撃 訓 練 が 必 要 のため 広 大 な 演 習 地 ( 北 海 道 大 演 習 地 矢 臼 別 演 習 地 ) 大 規 模 の 部 隊 が 対 決 する 訓 練 米

(2)82 年 から 陸 自 は 日 米 共 同 演 習 訓 練 冷 戦 下 ソ 連 に 想 定 1 戦 車 による 大 砲 射 撃 訓 練 が 必 要 のため 広 大 な 演 習 地 ( 北 海 道 大 演 習 地 矢 臼 別 演 習 地 ) 大 規 模 の 部 隊 が 対 決 する 訓 練 米 07 年 12 月 1 日 北 海 道 基 地 問 題 交 流 集 会 問 題 提 起 北 海 道 平 和 委 員 会 石 田 明 義 北 海 道 における 軍 事 基 地 と 軍 事 協 力 体 制 1. 北 海 道 の 特 徴 として (1) かつて 北 方 の 脅 威 の 防 備 体 制 をになう 部 隊 対 ソ 戦 場 になりえる 地 域 いま 対 テロ ゲリラを 対 象 とする 訓 練 (

More information

<3131348160313231814090A38CCB93E082CC90ED90D5838A835883672E786C73>

<3131348160313231814090A38CCB93E082CC90ED90D5838A835883672E786C73> 第 6 節 既 刊 文 献 より 作 成 した 軍 事 施 設 部 一 覧 所 在 集 落 所 在 地 詳 細 部 施 設 備 考 文 献 初 出 年 典 拠 阿 木 名 暁 部 ( 陸 軍 ) 糧 秣 倉 庫 管 理 ほか 昭 和 20 年 度 阿 木 名 防 衛 ( 現 地 召 集 ) 各 部 に 配 属 陣 地 構 築 ほ か 昭 和 20 年 度 阿 木 名 海 軍 防 備 阿 木 名 海

More information

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 )について 平 成 7 年 12 月 14 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 7 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

Microsoft Word - HOPS コラム原稿(集団的自衛権議論の「盲点」としての台湾問題)簡略訂正版.docx

Microsoft Word - HOPS コラム原稿(集団的自衛権議論の「盲点」としての台湾問題)簡略訂正版.docx 我 が 国 の 安 全 保 障 政 策 と 台 湾 問 題 ~ 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 議 論 の 盲 点? 准 教 授 柿 澤 未 知 1.はじめに 2013 年 9 月 に 外 務 省 から 北 海 道 大 学 公 共 政 策 大 学 院 に 出 向 してきて 早 いもので 既 に1 年 が 経 過 した 外 務 省 においては 一 貫 して 台 湾 中 国 に 関 する 情 勢 分

More information

集団的自衛権の行使容認と安全保障法制整備の基本方針

集団的自衛権の行使容認と安全保障法制整備の基本方針 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 容 認 と 安 全 保 障 法 制 整 備 の 基 本 方 針 閣 議 決 定 を 受 けての 国 会 論 戦 の 概 要 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 中 内 康 夫 はじめに 安 全 保 障 法 制 の 見 直 しに 向 けて 検 討 を 進 めてきた 安 倍 内 閣 は 平 成 26 年 7 月 1 日 新 た な 安 全 保 障 法 制 の 整

More information

MAGTF(マグタフ) 入 門 講 座 海 兵 空 陸 任 務 部 隊 兵 空 陸 任 務 部 隊 MAGTF(マグタフ) は 様 々な 軍 事 作 戦 任 務 を 行 うための 海 兵 隊 の 基 本 海 的 な 組 織 規 模 の 拡 大 縮 小 が 可 能 で 多 用 途 に 使 え 広 範

MAGTF(マグタフ) 入 門 講 座 海 兵 空 陸 任 務 部 隊 兵 空 陸 任 務 部 隊 MAGTF(マグタフ) は 様 々な 軍 事 作 戦 任 務 を 行 うための 海 兵 隊 の 基 本 海 的 な 組 織 規 模 の 拡 大 縮 小 が 可 能 で 多 用 途 に 使 え 広 範 MAGTF(マグタフ) 入 門 講 座 海 兵 空 陸 任 務 部 隊 兵 空 陸 任 務 部 隊 MAGTF(マグタフ) は 様 々な 軍 事 作 戦 任 務 を 行 うための 海 兵 隊 の 基 本 海 的 な 組 織 規 模 の 拡 大 縮 小 が 可 能 で 多 用 途 に 使 え 広 範 囲 にわたる 有 事 危 機 紛 争 に 対 応 可 能 な 遠 征 兵 力 を 戦 闘 部 隊 指

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

中 央 部 隊 歴 史 全 般 34 陸 軍 北 方 部 隊 略 歴 (その7) 内 地 転 用 部 隊 (1401 頁 ~1551 頁 ) 他 戦 域 転 用 部 隊 (1 601 頁 ~1614 頁 ) その 他 の 部 隊 (2011 厚 生 省 援 護 局 頁 ~2018 頁 ) 中 央 部

中 央 部 隊 歴 史 全 般 34 陸 軍 北 方 部 隊 略 歴 (その7) 内 地 転 用 部 隊 (1401 頁 ~1551 頁 ) 他 戦 域 転 用 部 隊 (1 601 頁 ~1614 頁 ) その 他 の 部 隊 (2011 厚 生 省 援 護 局 頁 ~2018 頁 ) 中 央 部 中 央 部 隊 歴 史 全 般 1 陸 軍 船 舶 部 隊 略 歴 目 次 厚 生 省 援 護 局 中 央 部 隊 歴 史 全 般 2 陸 軍 船 舶 部 隊 略 歴 目 次 厚 生 省 援 護 局 中 央 部 隊 歴 史 全 般 3 陸 軍 船 舶 部 隊 略 歴 その1 厚 生 省 援 護 局 中 央 部 隊 歴 史 全 般 4 陸 軍 船 舶 部 隊 略 歴 その2 厚 生 省 援 護 局 中

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推 平 成 28 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 12 月 堀 内 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を

More information

Microsoft Word - JFAS50 要請 HP用ファイル

Microsoft Word - JFAS50 要請 HP用ファイル A 航 空 行 政 A01 航 空 の 安 全 に 対 する 行 政 の 基 本 的 な 考 え 方 について A01-1 安 全 上 必 要 な 規 則 が 守 られるための 適 切 な 規 制 を 講 じること 航 空 の 安 全 を 確 保 するためには 適 切 な 安 全 規 制 が 設 定 されることが 必 要 であ るが それだけでは 十 分 ではない 安 全 を 確 保 するための 規

More information

差し替え(目次追加ver)12月10日x1a

差し替え(目次追加ver)12月10日x1a 巻 末 資 料 最 近 の 主 要 公 安 動 向 国 際 関 係 主 要 公 安 動 向 1 月 6 日 1 2 月 3 月 3 日 4 月 13 日 5 月 1 我 が 国 の 海 上 保 安 庁 が, 島 根 県 の 隠 岐 島 沖 で 北 朝 鮮 からの 漂 流 船 の 乗 員 3 人 を 発 見, 保 護 した 後, 中 国 大 連 に 出 国 させ, 北 朝 鮮 側 に 引 渡 (9 日

More information

K

K 134 135 です つまり 日 米 安 保 条 約 によって 日 本 が 米 国 の 戦 争 に 巻 き 込 まれる 可 能 性 は 常 にあると 考 えるのが 正 しい 日 米 同 盟 の 評 価 の 在 り 方 と 考 えます そして それが いみじくもそれが 安 倍 総 理 自 らによる 事 例 設 定 となって いるのが 米 国 と 交 戦 中 の 北 朝 鮮 が 日 本 に 武 力 攻

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

綾瀬市と厚木基地.indd

綾瀬市と厚木基地.indd 昭 和 13 年 年 月 日 事 項 旧 日 本 軍 が 航 空 基 地 として 建 設 に 着 手 16 年 帝 都 防 衛 海 軍 基 地 として 建 設 を 開 始 し 相 模 野 航 空 隊 高 座 海 軍 工 廠 を 設 置 20 年 8 月 15 日 太 平 洋 戦 争 終 結 8 月 30 日 連 合 国 軍 最 高 司 令 官 ダグラス マッカーサー 元 帥 が 到 着 し 占 領

More information

グローバルな 指 導 力 の 欠 陥 をさらけ 出 した 日 本 は アメリカの 身 勝 手 な 要 求 の 中 身 を 的 確 につかみ 取 り 日 米 同 盟 のもたらす 現 実 的 なメリットを 進 んで 受 け 取 ろうとしている 小 野 寺 防 衛 相 は ヘーゲル 国 防 長 官 との

グローバルな 指 導 力 の 欠 陥 をさらけ 出 した 日 本 は アメリカの 身 勝 手 な 要 求 の 中 身 を 的 確 につかみ 取 り 日 米 同 盟 のもたらす 現 実 的 なメリットを 進 んで 受 け 取 ろうとしている 小 野 寺 防 衛 相 は ヘーゲル 国 防 長 官 との 松 本 地 区 労 組 会 議 データ File 2013 No.54 2014/7/16 松 本 地 区 労 働 組 合 会 議 390-0811 長 野 県 松 本 市 中 央 4-7-22 松 本 市 勤 労 会 館 内 Tel: 0263-33-9513/Fax: 0263-33-6000/Email: ape03602@go.tvm.ne.jp アジア 世 界 は 集 団 的 自 衛 権

More information

5 AF CC - JAAGA Convention 2014 QDR Speech_J.docx

5 AF CC - JAAGA Convention 2014 QDR Speech_J.docx 皆 様 こんばんは 只 今 ご 紹 介 に 与 りました アンジェレラでございます 米 空 軍 幹 部 達 にとって 名 高 いイベントである 日 米 エアフォース 友 好 協 会 総 会 へお 招 き 頂 きまして まこ とにありがとうございます 素 晴 らしいメンバーの 方 々の 前 で 講 演 する 場 を 設 けてくださった 協 会 会 長 吉 田 元 空 将 にも 感 謝 を 申 し 上

More information

ある 東 西 冷 戦 間 アジアには 朝 鮮 戦 争 とベトナム 戦 争 に 代 表 されるように 冷 戦 が 熱 戦 化 した 歴 史 がある そのいずれにも 米 中 は 敵 対 する 関 係 で 直 接 的 間 接 的 に 関 与 した 特 に 朝 鮮 戦 争 において 両 国 は 直 接 戦

ある 東 西 冷 戦 間 アジアには 朝 鮮 戦 争 とベトナム 戦 争 に 代 表 されるように 冷 戦 が 熱 戦 化 した 歴 史 がある そのいずれにも 米 中 は 敵 対 する 関 係 で 直 接 的 間 接 的 に 関 与 した 特 に 朝 鮮 戦 争 において 両 国 は 直 接 戦 台 湾 有 事 は 日 本 有 事 その 時 に わが 国 はどう 備 えなければならないか? 樋 口 譲 次 はじめに アジアを 主 戦 場 とした 米 中 冷 戦 はすでに 始 まっている 中 東 における 対 テロ 戦 に 一 応 の 決 着 をつけた 米 国 は 戦 略 の 重 点 をアジアへ 向 けて 急 転 換 している その 矛 先 は 21 世 紀 の 東 アジア/アジア 太 平 洋

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

安 保 関 連 法 制 における 自 治 体 や 市 民 の 協 力 - 本 資 料 作 成 の 問 題 意 識 - 安 保 法 制 は 新 法 国 際 平 和 支 援 法 と 既 存 の10の 有 事 関 連 法 の 改 正 を 束 ねた 平 和 安 全 法 制 整 備 法 との2 本 立 てと

安 保 関 連 法 制 における 自 治 体 や 市 民 の 協 力 - 本 資 料 作 成 の 問 題 意 識 - 安 保 法 制 は 新 法 国 際 平 和 支 援 法 と 既 存 の10の 有 事 関 連 法 の 改 正 を 束 ねた 平 和 安 全 法 制 整 備 法 との2 本 立 てと 安 保 有 事 法 制 における 市 や 自 治 体 の 協 と 今 後 の 課 題 新 潟 市 議 会 議 員 中 山 均 ( 緑 の 党 政 策 部 / 自 治 体 議 員 立 憲 ネットワーク) (2015/10/5 最 新 版 ) 連 絡 問 い 合 わせ 先 :nakayama@jca.apc.org 1 安 保 関 連 法 制 における 自 治 体 や 市 民 の 協 力 - 本 資 料

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF>

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF> 問 1 キャンプ 座 間 への 米 陸 軍 新 司 令 部 の 移 転 は 世 界 的 な 米 軍 の 改 編 の 一 環 として 行 われ また 沖 縄 の 負 担 軽 減 も 含 む 日 米 再 編 協 議 の 中 で 統 合 任 務 可 能 な 作 戦 司 令 部 として 米 国 本 土 より 移 転 してくる 唯 一 の 基 地 であり ます このことは 機 能 強 化 として 認 められたところでありますが

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0% 平 成 27 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 1 月 井 口 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%の

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は いわゆる 密 約 問 題 に 関 する 有 識 者 委 員 会 報 告 書 ( 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 9 日 序 論 密 約 とは 何 か (1) 狭 義 の 密 約 とは 両 国 間 の 合 意 あるいは 了 解 であって 国 民 に 知 らされて おらず かつ 公 表 されている 合 意 や 了 解 と 異 なる 重 要 な 内 容 ( 追 加 的 に 重 要 な 権 利 や 自

More information

28 1 1 58 号 ⑵ 謹 祝 詞 清 迎 慶 常 頃 積 極 衷 心 近 巻 脅 威 緊 迫 度 急 速 朝 鮮 核 兵 器 ミ サ イ ル 潜 水 艦 射 弾 道 ミ サ イ ル 射 験 挑 為 施 増 強 近 背 景 沙 諸 埋 洋 由 ぐ セ 諸 尖 閣 諸 度 領 侵 領 侵 犯 施

28 1 1 58 号 ⑵ 謹 祝 詞 清 迎 慶 常 頃 積 極 衷 心 近 巻 脅 威 緊 迫 度 急 速 朝 鮮 核 兵 器 ミ サ イ ル 潜 水 艦 射 弾 道 ミ サ イ ル 射 験 挑 為 施 増 強 近 背 景 沙 諸 埋 洋 由 ぐ セ 諸 尖 閣 諸 度 領 侵 領 侵 犯 施 ⑴ 58 号 28 1 1 58 号 28 1 1 : 印 刷 : 印 刷 工 株 式 遠 石 幡 宮 絵 馬 種 情 報 ホムペジ クセス http://www.y-defense.jp/ 28 1 1 58 号 ⑵ 謹 祝 詞 清 迎 慶 常 頃 積 極 衷 心 近 巻 脅 威 緊 迫 度 急 速 朝 鮮 核 兵 器 ミ サ イ ル 潜 水 艦 射 弾 道 ミ サ イ ル 射 験 挑 為 施 増

More information

1 朝 鮮 戦 争 前 夜 の 港 湾 (1) 港 湾 法 と 旧 軍 港 市 転 換 法 の 成 立 明 治 以 来 の 港 湾 行 政 に 関 する 根 本 的 な 考 え 方 は 港 湾 は 国 の 営 造 物 であり 国 の 機 関 と しての 地 方 長 官 がこれを 管 理 する という

1 朝 鮮 戦 争 前 夜 の 港 湾 (1) 港 湾 法 と 旧 軍 港 市 転 換 法 の 成 立 明 治 以 来 の 港 湾 行 政 に 関 する 根 本 的 な 考 え 方 は 港 湾 は 国 の 営 造 物 であり 国 の 機 関 と しての 地 方 長 官 がこれを 管 理 する という 朝 鮮 戦 争 と 日 本 の 港 湾 国 連 軍 への 支 援 とその 影 響 石 丸 安 蔵 はじめに 1950( 昭 和 25) 年 6 月 25 日 朝 鮮 戦 争 が 勃 発 した 当 時 日 本 は 連 合 国 の 占 領 下 にあった が 兵 員 物 資 の 供 給 中 継 を 行 い 後 方 基 地 としての 役 割 を 果 たした 戦 場 となった 朝 鮮 半 島 と 後 方 基

More information

untitled

untitled 緊 迫 化 する 東 アジア 情 勢 と 我 が 国 の 外 交 防 衛 ~ 当 面 する 外 交 防 衛 の 主 要 課 題 ~ なかうち 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 中 内 やすお ささもと 康 夫 笹 本 ひろし 浩 普 天 間 飛 行 場 移 設 問 題 への 対 応 や 同 盟 深 化 の 議 論 など 日 米 同 盟 の 在 り 方 が 模 索 される 中 2010 年 には

More information

Microsoft Word 制裁強化の動きについて

Microsoft Word 制裁強化の動きについて 最 近 における 制 裁 強 化 の 動 きについて 2013.4.23 連 合 会 館 金 東 鶴 1. 制 裁 期 間 を2 年 に 拡 大 し 継 続 決 定 2. 再 入 国 許 可 の 不 許 可 対 象 の 拡 大 3. 高 校 無 償 化 から 制 度 的 に 締 め 出 すための 省 令 改 正 4. 補 助 金 固 定 資 産 税 についても 締 め 付 け 強 化 か!? 1 [

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

Microsoft Word - 20130308071.docx

Microsoft Word - 20130308071.docx 平 成 25 年 度 防 衛 関 係 費 の 概 要 11 年 ぶりに 増 額 された 防 衛 予 算 くつぬぎ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 沓 脱 かずひと いまい 和 人 今 井 かずまさ 和 昌 はじめに 平 成 25 年 1 月 29 日 平 成 25 年 度 予 算 政 府 案 が 閣 議 決 定 され 防 衛 関 係 費 として 対 前 年 度 比 0.8%(400 億 円

More information

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー 宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クーデターが 起 きないの Titleか? -- 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 ( 書 評 ) Author(s) 柳, 学 洙 Citation アジア 経 済 55.2 (2014.6): 109-112 Issue Date 2014-06 URL http://hdl.handle.net/2344/1346

More information

<50524553424F5895B68F91>

<50524553424F5895B68F91> 中 部 方 面 隊 のイラク 派 遣 に 関 する 要 請 八 尾 市 長 柴 谷 光 謹 様 私 たちは 激 化 するイラク 情 勢 の 安 定 にむけて 国 際 社 会 が 協 調 して 取 り 組 みを 強 める べきときに なによりも 日 本 が 憲 法 の 平 和 精 神 に 則 った 態 度 を 示 すことを 望 むものです そして 自 衛 隊 員 のみなさんの 安 全 を 考 え 一

More information

資料6:事前分析表

資料6:事前分析表 第 6 回 防 衛 省 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 資 料 (4.8.0) 資 料 6 目 標 管 理 型 の 政 策 評 価 ( 事 前 分 析 表 ) 平 成 4 年 事 前 分 析 表 (FU 変 更 試 作 案 ) 8 月 7 日 調 整 達 成 手 段 は4 年 レビュー 時 点 平 成 4 年 実 施 施 策 に 係 る 事 前 分 析 表 ( 防 衛 省 4( 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多 本 郷 台 の 歴 史 軍 用 地 の 返 還 と 再 開 発 神 奈 川 県 立 柏 陽 高 等 学 校 矢 野 慎 一 は じ め に 2011 年 秋 に 栄 区 役 所 地 域 振 興 課 か ら 栄 の 歴 史 ( 2013 年 3 月 刊 )の 原 稿 執 筆 を 依 頼 さ れ た 与 え ら れ た テ ー マ は 旧 第 一 海 軍 燃 料 廠 の 返 還 で あ っ た 以 前

More information

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点

航空機の防衛生産・技術基盤に必要な論点・視点 航 空 自 衛 隊 の 戦 闘 機 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 平 成 23 年 1 月 25 日 防 衛 省 航 空 幕 僚 監 部 1 目 次 1 我 が 国 の 航 空 作 戦 における 戦 闘 機 の 役 割 等 2 航 空 自 衛 隊 における 運 用 支 援 の 現 状 3 航 空 自 衛 隊 における 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 役 割 2 1 我 が

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

積極的平和主義と統合機動防衛力への転換

積極的平和主義と統合機動防衛力への転換 積 極 的 平 和 主 義 と 統 合 機 動 防 衛 力 への 転 換 国 家 安 全 保 障 戦 略 新 防 衛 大 綱 新 中 期 防 平 成 26 年 度 防 衛 関 係 費 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 沓 脱 和 人 今 井 和 昌 はじめに 政 府 は 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 (NSC) 及 び 閣 議 において 中 長 期 的

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

防 衛 省 表 19-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/seisaku_fusyou.ht ml)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の

More information

(3) 不 開 示 とした 部 分 について ア 文 書 29, 文 書 48, 文 書 101, 文 書 102 及 び 文 書 124の 大 臣 発 電 信 案 FAX 公 信 案 の 総 番 号 (1 頁 目 左 上 ( 日 付 の 上 ), 左 下 ( 転 報 の 下 )) 及 びパターンコ

(3) 不 開 示 とした 部 分 について ア 文 書 29, 文 書 48, 文 書 101, 文 書 102 及 び 文 書 124の 大 臣 発 電 信 案 FAX 公 信 案 の 総 番 号 (1 頁 目 左 上 ( 日 付 の 上 ), 左 下 ( 転 報 の 下 )) 及 びパターンコ 諮 問 庁 : 外 務 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 2 月 8 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 49 号 ) 答 申 日 : 平 成 26 年 2 月 25 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 400 号 ) 事 件 日 : 在 日 米 軍 の 移 動 につづられている 文 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

Microsoft Word - 20121101069.docx

Microsoft Word - 20121101069.docx 尖 閣 諸 島 をめぐる 問 題 と 日 中 関 係 日 本 の 領 土 編 入 から 今 日 までの 経 緯 と 今 後 の 課 題 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 なかうち 中 内 やすお 康 夫 はじめに 2012 年 8 月 15 日 香 港 の 活 動 家 等 を 乗 せた 船 が 沖 縄 県 尖 閣 諸 島 の 領 海 内 に 侵 入 し 海 上 保 安 庁 巡 視 船 による

More information

冊子21 表紙

冊子21 表紙 三 菱 重 工 を 分 析 す る 21 三 菱 重 工 のミサイル 戦 車 目 次 1 三 菱 重 工 のミサイル 生 産 2 三 菱 重 工 の 戦 車 生 産 1 7 2015 年 7 月 この 冊 子 は 三 菱 重 工 を 分 析 する のブログから 関 係 する 部 分 を 取 り 出 し 再 編 集 して 作 成 しました 日 本 共 産 党 三 菱 重 工 広 製 支 部 の ホームページからダウンロードできますので

More information

Microsoft Word - 基地協211117表紙重点要望.doc

Microsoft Word - 基地協211117表紙重点要望.doc 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 関 係 市 町 村 議 会 は 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 十 分 な 理 解 と 協 力 を 得 るため 生 活 環 境 の 整 備 や 住 民 福 祉 の 向 上 等 に 鋭 意 努 力 しているところである しかしながら 基 地 関 係 市 町 村 は 基 地 所 在 に 伴 う 特 殊 な

More information

安全保障理事会決議1929(2010)

安全保障理事会決議1929(2010) 安 全 保 障 理 事 会 決 議 1929(2010) 2010 年 6 月 9 日 安 全 保 障 理 事 会 第 6335 回 会 合 にて 採 択 安 全 保 障 理 事 会 は 安 保 理 議 長 声 明 S/PRST/2006/15 および 安 保 理 諸 決 議 1696(2006) 1737(2006) 1747(2007) 1803(2008) 1835(2008)および 1887(2009)を

More information

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2 9 条 の 会 北 九 州 憲 法 ネット 結 成 10 周 年 記 念 憲 法 講 演 会 資 料 2014.11.29 渡 辺 治 ( 資 料 1) 九 条 の 会 の 発 展 と 世 論 の 変 化 年 結 成 数 活 動 状 況 備 考 内 訳 2004.04 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 65% 反 対 22.7% 2004.6.10. 九 条 の 会 呼 びかけ 2004.7.29.

More information

20年度隊友会要望書(案―1)

20年度隊友会要望書(案―1) 平 成 25 年 度 政 策 提 言 書 公 益 社 団 法 人 隊 友 会 目 次 ( 提 言 項 目 ) ( 頁 ) はじめに 1 1 憲 法 の 改 正 2 (1) 国 を 防 衛 する 実 力 組 織 を 軍 として 憲 法 に 明 記 (2) 軍 ( 刑 ) 法 や 軍 事 裁 判 所 などの 軍 事 司 法 制 度 の 整 備 2 日 米 共 同 防 衛 国 際 共 同 行 動 の 実

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

アは 一 つ というアジア 主 義 は ヨーロッパを 模 倣 した 近 代 日 本 に 対 してで あり 侵 略 主 義 ではなく 抵 抗 の 言 葉 である 岡 倉 の アジア 主 義 を 引 き 受 けて 竹 内 好 は 大 東 亜 戦 争 を 対 英 米 戦 争 を 帝 国 主 義 間 戦 争

アは 一 つ というアジア 主 義 は ヨーロッパを 模 倣 した 近 代 日 本 に 対 してで あり 侵 略 主 義 ではなく 抵 抗 の 言 葉 である 岡 倉 の アジア 主 義 を 引 き 受 けて 竹 内 好 は 大 東 亜 戦 争 を 対 英 米 戦 争 を 帝 国 主 義 間 戦 争 第 31 回 高 畠 ゼミOB OG 会 読 書 会 松 本 健 一 著 日 本 のナショナリズム 2011.3.19 報 告 : 櫛 野 幸 孝 島 嶼 国 家 の 日 本 は 海 洋 によって 囲 まれ 守 られてきた そのため 島 国 の 内 部 を 平 和 で 豊 かで 安 定 した 状 態 に 保 つことが 巧 みである 外 の 世 界 が 秩 序 を 変 えたときには それに 応 じて

More information

参考

参考 参 考 参 考 1 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 5 年 ごとに 行 っており, 平 成 27 年 国 勢 調 査 はその20 回 目 に 当 たります 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする10 年 ごとの 大 規 模 調

More information

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非 自 衛 隊 防 衛 問 題 に 関 する 世 論 調 査 の 概 要 調 査 対 象 全 国 0 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 する 者 3,000 人 有 効 回 収 数,680 人 ( 回 収 率 56.0%) 平 成 7 3 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 時 期 平 成 7 8 日 ~ 8 日 ( 調 査 員 による 個 別 面 接 聴 取 ) 調 査 目 的 自 衛 隊

More information

平成24(2012)年3月25日

平成24(2012)年3月25日 政 策 提 言 平 成 24(2012) 年 3 月 25 日 日 本 李 登 輝 友 の 会 会 長 : 小 田 村 四 郎 副 会 長 : 岡 崎 久 彦 加 瀬 英 明 黄 文 雄 田 久 保 忠 衛 中 西 輝 政 アジア 太 平 洋 地 域 のパワーバランスを 大 きく 変 える 要 因 の 1 つとして 台 湾 の 今 後 の 行 方 が 挙 げられる 中 国 の 急 激 な 軍 備 増

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

死 者 も 出 なかったのは 平 和 憲 法 が 存 在 したお 蔭 であります 平 和 憲 法 の 存 在 によって 日 本 は アメリカによる 海 外 派 兵 の 要 求 を 断 ることができたのであります 3 平 和 国 家 としての 日 本 の 立 場 は 世 界 中 が 認 めているもので

死 者 も 出 なかったのは 平 和 憲 法 が 存 在 したお 蔭 であります 平 和 憲 法 の 存 在 によって 日 本 は アメリカによる 海 外 派 兵 の 要 求 を 断 ることができたのであります 3 平 和 国 家 としての 日 本 の 立 場 は 世 界 中 が 認 めているもので 平 成 26 年 6 月 26 日 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 様 元 防 衛 庁 教 育 訓 練 局 長 新 潟 県 加 茂 市 長 小 池 清 彦 憲 法 解 釈 の 変 更 による 集 団 的 自 衛 権 の 容 認 に 関 する 意 見 書 1 まず はじめに 申 し 上 げます 政 府 が 示 された 集 団 的 自 衛 権 行 使 の 事 例 とされる8 事 例 は 一 見

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63> 第 二 章 軍 事 科 学 技 術 中 国 は 装 備 の 近 代 化 を 急 いでいる ロシアからの 最 新 鋭 兵 器 を 次 々に 買 い 世 界 最 大 の 兵 器 輸 入 国 になった 中 国 は 軍 事 力 の 矛 先 について 台 湾 独 立 阻 止 と 海 洋 権 益 の 保 護 を 挙 げている だが ICBM や SLBM など 戦 略 兵 器 の 開 発 能 力 強 化 も 同

More information

0 法 令 海 戦 法 令 16 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 中 0 法 令 海 戦 法 令 17 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 下 0 法 令 海 戦 法 令 18 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国

0 法 令 海 戦 法 令 16 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 中 0 法 令 海 戦 法 令 17 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 下 0 法 令 海 戦 法 令 18 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )1 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )2 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )3 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )4 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )5 戦 時 国 際 法 規

More information