⑨持分法基準

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "⑨持分法基準"

Transcription

1 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 平 成 20 年 3 月 10 日 改 正 平 成 20 年 12 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 会 計 処 理 6 持 分 法 の 適 用 範 囲 6 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 8 持 分 法 の 会 計 処 理 11 関 連 会 社 等 に 該 当 しなくなった 場 合 の 会 計 処 理 15 開 示 16 表 示 16 注 記 事 項 17 適 用 時 期 等 18 議 決 19 結 論 の 背 景 20 経 緯 20 範 囲 22 用 語 の 定 義 23 会 計 処 理 25 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 25 持 分 法 の 会 計 処 理 等 26 開 示 27 表 示 27 適 用 時 期 等 28 本 会 計 基 準 の 公 表 による 他 の 会 計 基 準 等 についての 修 正 29

2 目 的 1. 本 会 計 基 準 は 持 分 法 に 関 する 会 計 処 理 及 び 開 示 を 定 めることを 目 的 とする なお 持 分 法 の 会 計 処 理 及 び 開 示 並 びに 関 連 会 社 の 定 義 については 連 結 財 務 諸 表 原 則 ( 連 結 財 務 諸 表 原 則 注 解 を 含 む 以 下 同 じ ) 及 び 連 結 財 務 諸 表 制 度 における 子 会 社 及 び 関 連 会 社 の 範 囲 の 見 直 しに 係 る 具 体 的 な 取 扱 い ( 平 成 10 年 10 月 企 業 会 計 審 議 会 ) に 定 めがあるが 当 該 事 項 に 関 しては 本 会 計 基 準 が 優 先 して 適 用 される 2. 本 会 計 基 準 の 適 用 にあたっては 以 下 も 参 照 する 必 要 がある (1) 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 8 号 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 の 表 示 に 関 する 会 計 基 準 等 の 適 用 指 針 (2) 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 22 号 連 結 財 務 諸 表 における 子 会 社 及 び 関 連 会 社 の 範 囲 の 決 定 に 関 する 適 用 指 針 (3) 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 9 号 持 分 法 会 計 に 関 する 実 務 指 針 会 計 基 準 範 囲 3. 本 会 計 基 準 は 連 結 財 務 諸 表 を 作 成 する 場 合 に 適 用 する なお 連 結 財 務 諸 表 を 作 成 していないが 個 別 財 務 諸 表 において 持 分 法 を 適 用 して 算 定 された 財 務 情 報 に 係 る 注 記 を 行 う 場 合 には 本 会 計 基 準 による 用 語 の 定 義 4. 持 分 法 とは 投 資 会 社 が 被 投 資 会 社 の 資 本 及 び 損 益 のうち 投 資 会 社 に 帰 属 する 部 分 の 変 動 に 応 じて その 投 資 の 額 を 連 結 決 算 日 ごとに 修 正 する 方 法 をいう 4-2. 企 業 とは 会 社 及 び 会 社 に 準 ずる 事 業 体 をいい 会 社 組 合 その 他 これらに 準 ずる 事 業 体 ( 外 国 におけるこれらに 相 当 するものを 含 む )を 指 す 5. 関 連 会 社 とは 企 業 ( 当 該 企 業 が 子 会 社 を 有 する 場 合 には 当 該 子 会 社 を 含 む ) が 出 資 人 事 資 金 技 術 取 引 等 の 関 係 を 通 じて 子 会 社 以 外 の 他 の 企 業 の 財 務 及 び 営 業 又 は 事 業 の 方 針 の 決 定 に 対 して 重 要 な 影 響 を 与 えることができる 場 合 におけ る 当 該 子 会 社 以 外 の 他 の 企 業 をいう 5-2. 子 会 社 以 外 の 他 の 企 業 の 財 務 及 び 営 業 又 は 事 業 の 方 針 の 決 定 に 対 して 重 要 な 影 響 を 与 えることができる 場 合 とは 次 の 場 合 をいう ただし 財 務 上 又 は 営 業 上 若 し くは 事 業 上 の 関 係 からみて 子 会 社 以 外 の 他 の 企 業 の 財 務 及 び 営 業 又 は 事 業 の 方 針 の 決 定 に 対 して 重 要 な 影 響 を 与 えることができないことが 明 らかであると 認 められるとき は この 限 りでない (1) 子 会 社 以 外 の 他 の 企 業 ( 更 生 会 社 破 産 会 社 その 他 これらに 準 ずる 企 業 であって - 2 -

3 かつ 当 該 企 業 の 財 務 及 び 営 業 又 は 事 業 の 方 針 の 決 定 に 対 して 重 要 な 影 響 を 与 える ことができないと 認 められる 企 業 を 除 く 下 記 (2) 及 び(3)においても 同 じ )の 議 決 権 の 100 分 の 20 以 上 を 自 己 の 計 算 において 所 有 している 場 合 (2) 子 会 社 以 外 の 他 の 企 業 の 議 決 権 の 100 分 の 15 以 上 100 分 の 20 未 満 を 自 己 の 計 算 において 所 有 している 場 合 であって かつ 次 のいずれかの 要 件 に 該 当 する 場 合 1 役 員 若 しくは 使 用 人 である 者 又 はこれらであった 者 で 自 己 が 子 会 社 以 外 の 他 の 企 業 の 財 務 及 び 営 業 又 は 事 業 の 方 針 の 決 定 に 関 して 影 響 を 与 えることができ る 者 が 当 該 子 会 社 以 外 の 他 の 企 業 の 代 表 取 締 役 取 締 役 又 はこれらに 準 ずる 役 職 に 就 任 していること 2 子 会 社 以 外 の 他 の 企 業 に 対 して 重 要 な 融 資 ( 債 務 の 保 証 及 び 担 保 の 提 供 を 含 む )を 行 っていること 3 子 会 社 以 外 の 他 の 企 業 に 対 して 重 要 な 技 術 を 提 供 していること 4 子 会 社 以 外 の 他 の 企 業 との 間 に 重 要 な 販 売 仕 入 その 他 の 営 業 上 又 は 事 業 上 の 取 引 があること 5 その 他 子 会 社 以 外 の 他 の 企 業 の 財 務 及 び 営 業 又 は 事 業 の 方 針 の 決 定 に 対 して 重 要 な 影 響 を 与 えることができることが 推 測 される 事 実 が 存 在 すること (3) 自 己 の 計 算 において 所 有 している 議 決 権 ( 当 該 議 決 権 を 所 有 していない 場 合 を 含 む )と 自 己 と 出 資 人 事 資 金 技 術 取 引 等 において 緊 密 な 関 係 があることに より 自 己 の 意 思 と 同 一 の 内 容 の 議 決 権 を 行 使 すると 認 められる 者 及 び 自 己 の 意 思 と 同 一 の 内 容 の 議 決 権 を 行 使 することに 同 意 している 者 が 所 有 している 議 決 権 とを 合 わせて 子 会 社 以 外 の 他 の 企 業 の 議 決 権 の 100 分 の 20 以 上 を 占 めているときであっ て かつ 上 記 (2)の1から5までのいずれかの 要 件 に 該 当 する 場 合 会 計 処 理 持 分 法 の 適 用 範 囲 6. 非 連 結 子 会 社 及 び 関 連 会 社 に 対 する 投 資 については 原 則 として 持 分 法 を 適 用 する ただし 持 分 法 の 適 用 により 連 結 財 務 諸 表 に 重 要 な 影 響 を 与 えない 場 合 には 持 分 法 の 適 用 会 社 としないことができる 7. ( 削 除 ) 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 8. 持 分 法 の 適 用 に 際 しては 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 の 適 正 な 修 正 や 資 産 及 び 負 債 の 評 価 に 伴 う 税 効 果 会 計 の 適 用 等 原 則 として 連 結 子 会 社 の 場 合 と 同 様 の 処 理 を 行 う 9. 同 一 環 境 下 で 行 われた 同 一 の 性 質 の 取 引 等 について 投 資 会 社 (その 子 会 社 を 含 む ) 及 び 持 分 法 を 適 用 する 被 投 資 会 社 が 採 用 する 会 計 処 理 の 原 則 及 び 手 続 は 原 則 として 統 一 する - 3 -

4 10. 持 分 法 の 適 用 にあたっては 投 資 会 社 は 被 投 資 会 社 の 直 近 の 財 務 諸 表 を 使 用 する 投 資 会 社 と 被 投 資 会 社 の 決 算 日 に 差 異 があり その 差 異 の 期 間 内 に 重 要 な 取 引 又 は 事 象 が 発 生 しているときには 必 要 な 修 正 又 は 注 記 を 行 う 持 分 法 の 会 計 処 理 11. 投 資 会 社 の 投 資 日 における 投 資 とこれに 対 応 する 被 投 資 会 社 の 資 本 との 間 に 差 額 が ある 場 合 には 当 該 差 額 はのれん 又 は 負 ののれんとし のれんは 投 資 に 含 めて 処 理 す る 12. 投 資 会 社 は 投 資 の 日 以 降 における 被 投 資 会 社 の 利 益 又 は 損 失 のうち 投 資 会 社 の 持 分 又 は 負 担 に 見 合 う 額 を 算 定 して 投 資 の 額 を 増 額 又 は 減 額 し 当 該 増 減 額 を 当 期 純 利 益 の 計 算 に 含 める のれん( 又 は 負 ののれん)の 会 計 処 理 は 企 業 会 計 基 準 第 21 号 企 業 結 合 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 企 業 結 合 会 計 基 準 という ) 第 32 項 ( 又 は 第 33 項 )に 準 じて 行 う 13. 投 資 の 増 減 額 の 算 定 にあたっては 連 結 会 社 ( 親 会 社 及 び 連 結 される 子 会 社 )と 持 分 法 の 適 用 会 社 との 間 の 取 引 に 係 る 未 実 現 損 益 を 消 去 するための 修 正 を 行 う 14. 被 投 資 会 社 から 配 当 金 を 受 け 取 った 場 合 には 当 該 配 当 金 に 相 当 する 額 を 投 資 の 額 から 減 額 する 関 連 会 社 等 に 該 当 しなくなった 場 合 の 会 計 処 理 15. 関 連 会 社 に 対 する 投 資 の 売 却 等 により 被 投 資 会 社 が 関 連 会 社 に 該 当 しなくなった 場 合 には 連 結 財 務 諸 表 上 残 存 する 当 該 被 投 資 会 社 に 対 する 投 資 は 個 別 貸 借 対 照 表 上 の 帳 簿 価 額 をもって 評 価 する なお 持 分 法 の 適 用 対 象 となる 非 連 結 子 会 社 に 対 する 投 資 の 売 却 等 により 当 該 被 投 資 会 社 が 子 会 社 及 び 関 連 会 社 に 該 当 しなくなった 場 合 には 上 記 に 準 じて 処 理 する 開 示 表 示 16. 連 結 財 務 諸 表 上 持 分 法 による 投 資 損 益 は 営 業 外 収 益 又 は 営 業 外 費 用 の 区 分 に 一 括 して 表 示 する 注 記 事 項 17. 連 結 財 務 諸 表 には 次 の 事 項 を 注 記 する (1) 持 分 法 を 適 用 した 非 連 結 子 会 社 及 び 関 連 会 社 の 範 囲 に 関 する 事 項 及 びこれらに 重 要 な 変 更 があったときは その 旨 及 びその 理 由 (2) 持 分 法 の 適 用 の 手 続 について 特 に 記 載 する 必 要 があると 認 められる 事 項 がある 場 合 には その 内 容 - 4 -

5 適 用 時 期 等 18. 平 成 20 年 3 月 に 公 表 された 本 会 計 基 準 ( 以 下 平 成 20 年 3 月 会 計 基 準 という ) は 平 成 22 年 4 月 1 日 以 後 開 始 する 連 結 会 計 年 度 及 び 事 業 年 度 から 適 用 する ただし 平 成 22 年 3 月 31 日 以 前 に 開 始 する 連 結 会 計 年 度 及 び 事 業 年 度 から 適 用 することがで きる 平 成 20 年 12 月 に 改 正 された 本 会 計 基 準 ( 以 下 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 と いう )は 平 成 22 年 4 月 1 日 以 後 実 施 される 非 連 結 子 会 社 及 び 関 連 会 社 に 対 する 投 資 に 係 る 会 計 処 理 から 適 用 する ただし 平 成 21 年 4 月 1 日 以 後 開 始 する 連 結 会 計 年 度 において 最 初 に 実 施 される 非 連 結 子 会 社 及 び 関 連 会 社 に 対 する 投 資 に 係 る 会 計 処 理 から 適 用 することができる こ の 場 合 企 業 結 合 会 計 基 準 企 業 会 計 基 準 第 22 号 連 結 財 務 諸 表 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 連 結 会 計 基 準 という ) 企 業 会 計 基 準 第 23 号 研 究 開 発 費 等 に 係 る 会 計 基 準 の 一 部 改 正 及 び 平 成 20 年 に 改 正 された 企 業 会 計 基 準 第 7 号 事 業 分 離 等 に 関 する 会 計 基 準 についても 適 用 する なお 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 の 適 用 初 年 度 においては 会 計 基 準 の 変 更 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 として 取 り 扱 う ただし 会 計 方 針 の 変 更 による 影 響 額 の 注 記 は 要 しない また 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 の 適 用 前 に 実 施 された 非 連 結 子 会 社 及 び 関 連 会 社 に 対 する 投 資 に 係 る 会 計 処 理 についての 従 前 の 取 扱 いは 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 の 適 用 後 においても 継 続 し 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 の 適 用 日 における 会 計 処 理 の 見 直 し 及 び 遡 及 的 な 処 理 は 行 わない 連 結 財 務 諸 表 を 作 成 していないが 個 別 財 務 諸 表 において 持 分 法 を 適 用 して 算 定 さ れた 財 務 情 報 に 係 る 注 記 を 行 っている 場 合 も 同 様 とする 議 決 19. 平 成 20 年 3 月 会 計 基 準 は 第 147 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 に 出 席 した 委 員 13 名 全 員 の 賛 成 により 承 認 された なお 出 席 した 委 員 は 以 下 のとおりである 西 川 郁 生 ( 委 員 長 ) 逆 瀬 重 郎 ( 副 委 員 長 ) 新 井 武 広 石 井 健 明 石 原 秀 威 川 北 英 隆 小 宮 山 賢 坂 本 道 美 中 村 亮 一 - 5 -

6 野 村 嘉 浩 平 松 一 夫 山 田 浩 史 米 家 正 三 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 は 第 168 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 に 出 席 した 委 員 12 名 全 員 の 賛 成 により 承 認 された なお 出 席 した 委 員 は 以 下 のとおりである 西 川 郁 生 ( 委 員 長 ) 逆 瀬 重 郎 ( 副 委 員 長 ) 新 井 武 広 石 井 健 明 石 原 秀 威 川 北 英 隆 小 宮 山 賢 中 村 亮 一 野 村 嘉 浩 平 松 一 夫 万 代 勝 信 山 田 浩 史 - 6 -

7 結 論 の 背 景 経 緯 ( 平 成 20 年 3 月 会 計 基 準 の 公 表 ) 20. 持 分 法 に 関 する 会 計 処 理 については 企 業 会 計 審 議 会 が 昭 和 50 年 6 月 に 公 表 した 連 結 財 務 諸 表 の 制 度 化 に 関 する 意 見 書 及 び 連 結 財 務 諸 表 原 則 において 連 結 子 会 社 の 会 計 処 理 と 併 せる 形 で 取 扱 いが 定 められた 同 審 議 会 は 平 成 9 年 6 月 に 従 来 の 個 別 情 報 を 中 心 としたディスクロージャーから 連 結 情 報 を 中 心 とするディスクロー ジャーへ 転 換 を 図 ることとする 連 結 財 務 諸 表 制 度 の 見 直 しに 関 する 意 見 書 及 び 改 訂 連 結 財 務 諸 表 原 則 ( 以 下 連 結 原 則 という )を 公 表 し 連 結 範 囲 の 見 直 し 等 の 連 結 子 会 社 に 関 する 取 扱 いの 改 正 及 び 関 連 会 社 の 範 囲 や 連 結 財 務 諸 表 を 作 成 してい ない 会 社 における 持 分 法 損 益 の 注 記 等 といった 持 分 法 に 関 連 する 取 扱 いの 改 正 を 行 っ た 21. これまで 連 結 原 則 においては 親 会 社 及 び 子 会 社 の 会 計 処 理 については 原 則 とし て 統 一 するとされているものの 投 資 会 社 及 び 持 分 法 を 適 用 する 関 連 会 社 ( 以 下 持 分 法 適 用 関 連 会 社 という )については 統 一 すべきか 否 かが 明 示 されていないため 原 則 として 統 一 することが 望 ましいと 解 されてきた また 持 分 法 の 適 用 対 象 となる 非 連 結 子 会 社 についても 必 ずしも 統 一 することを 要 しないと 考 えられてきた しかしながら 当 委 員 会 では 会 計 基 準 の 国 際 的 なコンバージェンスを 進 めるにあ たり 持 分 法 の 適 用 対 象 となる 非 連 結 子 会 社 や 持 分 法 適 用 関 連 会 社 の 会 計 処 理 の 原 則 及 び 手 続 について 従 来 の 取 扱 いの 見 直 しに 関 する 審 議 を 行 った 審 議 の 結 果 連 結 子 会 社 と 同 様 にこれを 原 則 として 統 一 することとし これに 伴 って 国 際 的 な 会 計 基 準 と 同 様 に 持 分 法 に 関 する 会 計 処 理 等 に 係 る 取 扱 いを 連 結 原 則 とは 別 の 会 計 基 準 とし て 整 備 することとした 公 開 草 案 を 平 成 19 年 11 月 に 公 表 し 広 く 意 見 を 求 めた 当 委 員 会 では 寄 せられた 意 見 を 参 考 にしてさらに 審 議 を 行 い 平 成 20 年 3 月 会 計 基 準 を 公 表 することとした ( 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 の 公 表 ) 平 成 20 年 3 月 会 計 基 準 の 公 表 後 当 委 員 会 では 国 際 的 な 動 向 に 鑑 み 平 成 20 年 12 月 に 企 業 結 合 会 計 基 準 を 改 正 し また 連 結 会 計 基 準 を 公 表 したが これに 関 連 して 本 会 計 基 準 についても 次 の 項 目 を 中 心 に 改 正 を 行 うこととした 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 は 平 成 20 年 6 月 に 公 表 した 公 開 草 案 に 対 して 一 般 から 寄 せられた 意 見 を 参 考 にしつつ 審 議 を 重 ね 公 開 草 案 の 内 容 を 一 部 修 正 した 上 で 公 表 するものである (1) 関 連 会 社 は 平 成 20 年 3 月 会 計 基 準 以 外 に 連 結 財 務 諸 表 制 度 における 子 会 社 及 び 関 連 会 社 の 範 囲 の 見 直 しに 係 る 具 体 的 な 取 扱 い において 定 義 が 設 けられ ていたが 連 結 会 計 基 準 において 親 会 社 及 び 子 会 社 の 定 義 を 見 直 すことと - 7 -

8 したことに 伴 い 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 でもこの 定 義 を 見 直 すこととした( 第 5 項 及 び 第 5-2 項 参 照 ) (2) 平 成 20 年 3 月 会 計 基 準 において 規 則 的 に 償 却 することとされていた 負 ののれんに ついて 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 では 今 後 企 業 結 合 会 計 基 準 に 準 じて 会 計 処 理 することとした( 第 12 項 参 照 ) この 結 果 負 ののれんが 生 じると 見 込 まれる 場 合 には 被 投 資 会 社 の 資 産 及 び 負 債 の 把 握 並 びにそれらに 対 する 取 得 原 価 の 配 分 が 適 切 に 行 われているかどうかを 見 直 し 見 直 しを 行 っても なお 生 じた 負 ののれ んは 当 該 負 ののれんが 生 じた 事 業 年 度 の 利 益 として 処 理 されることとなる 範 囲 22. 連 結 財 務 諸 表 を 作 成 していないが 個 別 財 務 諸 表 において 持 分 法 を 適 用 して 算 定 さ れた 財 務 情 報 に 係 る 注 記 を 行 う 場 合 には 本 会 計 基 準 によることとなる( 第 3 項 なお 書 き 参 照 ) したがって 連 結 財 務 諸 表 を 作 成 していない 会 社 において 関 連 会 社 へ の 投 資 に 対 して 持 分 法 を 適 用 した 場 合 の 投 資 の 金 額 及 び 投 資 利 益 又 は 投 資 損 失 の 金 額 等 の 注 記 については 本 会 計 基 準 の 定 めが 適 用 されることとなる 点 に 留 意 が 必 要 であ る 用 語 の 定 義 23. 関 連 会 社 の 範 囲 については 投 資 会 社 が 直 接 間 接 に 議 決 権 の 一 定 以 上 ( 例 えば 100 分 の 20 以 上 )を 所 有 しているかどうかにより 判 定 を 行 う 持 株 基 準 と 実 質 的 な 影 響 力 の 有 無 に 基 づいて 判 定 を 行 う 影 響 力 基 準 の 考 え 方 があるが 持 株 基 準 によると 財 務 及 び 営 業 又 は 事 業 の 方 針 決 定 に 対 して 重 要 な 影 響 を 与 えることができると 認 められる 場 合 であっても 議 決 権 の 所 有 割 合 が 一 定 未 満 であるときは 関 連 会 社 に 該 当 せず 持 分 法 が 適 用 されないこととなる このため 連 結 原 則 は 関 連 会 社 の 判 定 基 準 として 会 社 ( 当 該 会 社 が 子 会 社 を 有 す る 場 合 には 当 該 子 会 社 を 含 む )が 子 会 社 以 外 の 他 の 会 社 の 財 務 及 び 営 業 又 は 事 業 の 方 針 決 定 に 対 して 重 要 な 影 響 を 与 えることができるかどうかという 観 点 から 判 定 を 行 う 影 響 力 基 準 を 導 入 していた 本 会 計 基 準 でも このような 従 来 の 取 扱 いを 踏 襲 し た 取 扱 いを 定 めている( 第 5 項 参 照 ) 24. ( 削 除 ) 会 計 処 理 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 ( 会 計 処 理 の 原 則 及 び 手 続 の 統 一 ) 25. 連 結 原 則 では 持 分 法 を 適 用 するにあたり 投 資 会 社 及 び 被 投 資 会 社 の 会 計 処 理 の 原 則 及 び 手 続 については 統 一 すべきか 否 かが 明 示 されていなかったが 本 会 計 基 準 では - 8 -

9 同 一 環 境 下 で 行 われた 同 一 の 性 質 の 取 引 等 について 投 資 会 社 及 び 被 投 資 会 社 が 採 用 する 会 計 処 理 の 原 則 及 び 手 続 は 連 結 子 会 社 の 場 合 と 同 様 に これを 原 則 として 統 一 することとした 会 計 処 理 の 原 則 及 び 手 続 の 統 一 が 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 上 で 行 われ ていない 場 合 には 持 分 法 の 適 用 に 際 して これを 統 一 するための 修 正 を 行 うことと なる なお 連 結 会 計 基 準 では 親 会 社 及 び 子 会 社 の 会 計 処 理 の 統 一 にあたり より 合 理 的 な 会 計 処 理 の 原 則 及 び 手 続 を 選 択 すべきであり 親 会 社 の 会 計 処 理 を 子 会 社 の 会 計 処 理 に 合 わせる 場 合 も 考 えられるとされているため 投 資 会 社 の 会 計 処 理 をその 連 結 子 会 社 の 会 計 処 理 に 合 わせている 場 合 には 被 投 資 会 社 の 会 計 処 理 についても 当 該 連 結 子 会 社 に 合 わせることとなる( 第 9 項 参 照 ) 持 分 法 の 会 計 処 理 等 ( 重 要 性 の 原 則 の 適 用 ) 26. 持 分 法 の 適 用 に 際 しては 重 要 性 の 原 則 が 適 用 されることとなる したがって 持 分 法 のための 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 の 修 正 投 資 会 社 及 び 持 分 法 を 適 用 する 被 投 資 会 社 が 採 用 する 会 計 処 理 の 原 則 及 び 手 続 の 統 一 のれんの 処 理 未 実 現 損 益 の 消 去 等 に 関 して 重 要 性 が 乏 しいものについては これらの 修 正 又 は 処 理 等 を 行 わないことが できる ( 投 資 と 資 本 の 差 額 の 会 計 処 理 ) 持 分 法 の 適 用 に 際 しては 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 について 原 則 として 連 結 子 会 社 の 場 合 と 同 様 の 処 理 を 行 うものとされている( 第 8 項 参 照 ) ただし 連 結 会 計 基 準 の 公 表 により 時 価 により 評 価 する 子 会 社 の 資 産 及 び 負 債 の 範 囲 については 少 数 株 主 持 分 に 相 当 する 部 分 を 含 めてすべてを 時 価 評 価 する 方 法 ( 全 面 時 価 評 価 法 )のみに することとされたが 持 分 法 適 用 関 連 会 社 については 投 資 会 社 の 持 分 に 相 当 する 部 分 に 限 定 する 方 法 ( 部 分 時 価 評 価 法 )により これまでと 同 様 に 原 則 として 投 資 日 ごとに 当 該 日 における 時 価 によって 評 価 する 持 分 法 適 用 関 連 会 社 に 対 する 投 資 が 段 階 的 に 行 われている 場 合 には これまでと 同 様 に 原 則 として 投 資 日 ごとの 原 価 とこれに 対 応 する 被 投 資 会 社 の 資 本 との 差 額 は のれん 又 は 負 ののれんとして 処 理 することとなる( 第 11 項 参 照 ) なお 各 投 資 日 後 に 生 じた 持 分 法 適 用 関 連 会 社 の 利 益 剰 余 金 のうち 当 該 関 連 会 社 に 対 する 投 資 に 対 応 す る 部 分 は 投 資 会 社 の 利 益 剰 余 金 として 処 理 することとなる 開 示 表 示 27. 連 結 原 則 では 持 分 法 による 投 資 損 益 については 投 資 に 係 る 損 益 であるため 一 - 9 -

10 括 して 営 業 外 損 益 の 区 分 に 表 示 し 経 常 損 益 に 反 映 させることとしていた 本 会 計 基 準 でも このような 従 来 の 取 扱 いを 踏 襲 している( 第 16 項 参 照 ) なお 持 分 法 を 適 用 する 被 投 資 会 社 に 係 るのれんの 当 期 償 却 額 及 び 減 損 処 理 額 並 びに 負 ののれんについ ても 持 分 法 による 投 資 損 益 に 含 めて 表 示 することに 留 意 する 適 用 時 期 等 28. 平 成 20 年 3 月 会 計 基 準 は 第 21 項 で 述 べたとおり 持 分 法 に 関 する 会 計 処 理 等 に 係 る 取 扱 いを 連 結 原 則 とは 別 の 会 計 基 準 とするために 整 備 されたものであり 連 結 原 則 に 定 められていた 持 分 法 に 関 する 会 計 処 理 及 び 開 示 の 定 めを 原 則 としてそのまま 踏 襲 している したがって 平 成 20 年 3 月 会 計 基 準 の 適 用 により 原 則 として 新 たな 会 計 処 理 又 は 表 示 方 法 の 採 用 が 強 制 されることはないが 第 9 項 の 定 めにより 被 投 資 会 社 の 会 計 処 理 の 原 則 及 び 手 続 を 投 資 会 社 と 統 一 するために 変 更 する 場 合 は 会 計 基 準 の 変 更 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 にあたることに 留 意 が 必 要 である 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 では 企 業 結 合 会 計 基 準 の 改 正 及 び 連 結 会 計 基 準 の 公 表 を 受 けて 関 連 会 社 の 定 義 及 び 負 ののれんの 会 計 処 理 の 改 正 を 行 っている これら の 改 正 後 の 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 を 適 用 する 場 合 には 前 項 と 同 様 会 計 基 準 の 変 更 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 にあたることに 留 意 が 必 要 である ただし この 場 合 で あっても 企 業 結 合 会 計 基 準 及 び 連 結 会 計 基 準 と 同 様 に 会 計 方 針 の 変 更 による 影 響 額 の 注 記 は 要 しないものとした( 第 18-2 項 参 照 ) 第 18-2 項 における 非 連 結 子 会 社 及 び 関 連 会 社 に 対 する 投 資 に 係 る 会 計 処 理 には 負 ののれん( 追 加 取 得 の 結 果 生 じたものを 含 む )の 会 計 処 理 ( 第 12 項 参 照 )が 含 まれ ることに 留 意 が 必 要 である 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 は 国 際 的 な 動 向 に 鑑 み 企 業 結 合 会 計 基 準 の 改 正 及 び 連 結 会 計 基 準 の 公 表 に 合 わせて 新 たな 取 扱 いを 定 めたものであるため 第 18-2 項 た だし 書 きの 適 用 は 企 業 結 合 会 計 基 準 等 を 平 成 21 年 4 月 1 日 以 後 開 始 する 連 結 会 計 年 度 及 び 事 業 年 度 において 最 初 に 実 施 される 企 業 結 合 等 から 適 用 した 場 合 に 行 うものと した 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 の 適 用 初 年 度 において 連 結 会 計 年 度 の 非 連 結 子 会 社 及 び 関 連 会 社 に 対 する 投 資 に 係 る 会 計 処 理 が 当 該 連 結 会 計 年 度 を 構 成 する 中 間 又 は 四 半 期 連 結 会 計 期 間 における 会 計 処 理 と 異 なることとなる 場 合 であっても いわゆる 中 間 又 は 四 半 期 年 度 の 首 尾 一 貫 性 が 保 持 されていない 場 合 には 該 当 しない ただし 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 の 適 用 日 の 前 後 において 経 済 的 に 同 一 の 事 象 と 考 えられる 非 連 結 子 会 社 及 び 関 連 会 社 に 対 する 投 資 に 係 る 会 計 処 理 が 同 一 連 結 会 計 年 度 ( 又 は 同 一 中 間 若 しくは 四 半 期 連 結 会 計 期 間 ) 内 に 行 われており かつ 適 用 される 会 計 処 理 が 異 なる 場 合 には 会 計 処 理 の 相 違 が 重 要 なものについて その 旨 及 びその 内 容 を 追 加 情 報 として 連 結 財 務 諸 表 に 注 記 することが 適 当 である

11 本 会 計 基 準 の 公 表 による 他 の 会 計 基 準 等 についての 修 正 29. 平 成 20 年 3 月 会 計 基 準 の 公 表 に 伴 い 当 委 員 会 が 公 表 した 会 計 基 準 等 については 次 の 修 正 を 行 う( 下 線 は 追 加 部 分 取 消 線 は 削 除 部 分 を 示 す ) (1) ( 削 除 ) (2) 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 第 94 項 第 1 段 落 持 分 法 の 適 用 において 投 資 会 社 の 投 資 日 における 投 資 と これに 対 応 する 持 分 法 適 用 会 社 の 資 本 との 間 の 差 額 ( 以 下 持 分 法 適 用 会 社 に 関 するのれん とい う )は 関 連 会 社 株 式 などの 投 資 に 含 められ 連 結 子 会 社 に 関 するのれんと 同 様 に 処 理 されている( 連 結 財 務 諸 表 原 則 注 解 17 3(1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 第 11 項 及 び 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 9 号 持 分 法 に 関 する 実 務 指 針 第 9 項 参 照 ) ( 以 下 略 ) (3) 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 8 号 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 の 表 示 に 関 する 会 計 基 準 等 の 適 用 指 針 1 第 2 項 (2) 連 結 財 務 諸 表 原 則 ( 以 下 連 結 原 則 という ) 及 び 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 持 分 法 会 計 基 準 という )の 適 用 指 針 の 一 部 として 資 本 連 結 における 子 会 社 の 資 本 及 び 持 分 法 の 適 用 における 被 投 資 会 社 の 資 本 2 第 14 項 ( 前 略 )また 新 株 予 約 権 や 少 数 株 主 持 分 繰 延 ヘッジ 損 益 を 純 資 産 の 部 に 記 載 することとしたことから 本 適 用 指 針 では 連 結 原 則 持 分 法 会 計 基 準 や 外 貨 基 準 の 適 用 指 針 の 一 部 として 資 本 連 結 における 子 会 社 の 資 本 及 び 持 分 法 の 適 用 における 被 投 資 会 社 の 資 本 ( 第 5 項 及 び 第 6 項 参 照 )や 在 外 子 会 社 等 の 純 資 産 の 換 算 ( 第 7 項 参 照 )についても 明 確 にしている 3 第 24 項 持 分 法 の 適 用 に 際 しては 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 について 原 則 として 連 結 子 会 社 の 場 合 と 同 様 の 処 理 を 行 うものとする( 連 結 原 則 注 解 ( 注 解 17) 持 分 法 会 計 基 準 第 8 項 )とされている このため 被 投 資 会 社 の 資 本 は 第 5 項 に 準 じ 被 投 資 会 社 の 貸 借 対 照 表 上 の 純 資 産 の 部 における 株 主 資 本 及 び 評 価 換 算 差 額 等 を 基 礎 とし 被 投 資 会 社 の 資 産 及 び 負 債 の 評 価 差 額 を 加 減 した 額 (ただし それぞ れ 税 効 果 会 計 適 用 後 )となる( 第 6 項 参 照 )

12 (4) ( 削 除 ) (5) 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 15 号 一 定 の 特 別 目 的 会 社 に 係 る 開 示 に 関 する 適 用 指 針 第 10 項 連 結 財 務 諸 表 を 作 成 するにあたっては 企 業 集 団 の 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 関 す る 利 害 関 係 者 の 判 断 を 誤 らせない 限 り 連 結 の 範 囲 や 持 分 法 の 適 用 範 囲 の 決 定 等 に 関 して 重 要 性 の 原 則 が 適 用 される( 連 結 原 則 注 解 ( 注 解 1) 並 びに 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 第 6 項 及 び 第 26 項 ) このため 開 示 対 象 特 別 目 的 会 社 の 開 示 についても 連 結 の 範 囲 等 に 係 る 重 要 性 が 乏 しいものと 同 程 度 のものは 重 要 性 が 乏 しいものとして 注 記 を 省 略 することができる( 第 3 項 参 照 ) ( 以 下 略 ) (6) 実 務 対 応 報 告 第 15 号 排 出 量 取 引 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 1 3(2)また 書 き また 出 資 先 が 子 会 社 又 は 関 連 会 社 に 該 当 する 場 合 には 連 結 財 務 諸 表 上 連 結 財 務 諸 表 原 則 及 び 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 持 分 法 会 計 基 準 という )に 従 って 連 結 又 は 持 分 法 により 会 計 処 理 する ( 以 下 略 ) 2 4(2) 専 ら 第 三 者 に 販 売 する 目 的 で 取 得 する 場 合 (3(2) 参 照 )と 同 様 に 当 該 出 資 は 個 別 財 務 諸 表 上 金 融 商 品 会 計 基 準 に 従 って 会 計 処 理 し また 出 資 先 が 子 会 社 又 は 関 連 会 社 に 該 当 する 場 合 には 連 結 財 務 諸 表 上 連 結 財 務 諸 表 原 則 及 び 持 分 法 会 計 基 準 に 従 って 連 結 又 は 持 分 法 により 会 計 処 理 する ( 以 下 略 ) (7) 実 務 対 応 報 告 第 20 号 投 資 事 業 組 合 に 対 する 支 配 力 基 準 及 び 影 響 力 基 準 の 適 用 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 目 的 第 1 段 落 企 業 会 計 審 議 会 から 平 成 9 年 6 月 に 公 表 された 連 結 財 務 諸 表 制 度 の 見 直 しに 関 する 意 見 書 及 び 連 結 財 務 諸 表 原 則 ( 以 下 連 結 原 則 という )では 子 会 社 及 び 関 連 会 社 の 判 定 基 準 として 支 配 力 基 準 及 び 影 響 力 基 準 を 導 入 している( 関 連 会 社 の 判 定 基 準 については 平 成 20 年 3 月 に 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 持 分 法 会 計 基 準 という )が 公 表 されている ) また 平 成 10 年 10 月 に 公 表 された 連 結 財 務 諸 表 制 度 における 子 会 社 及 び 関 連 会 社 の 範 囲 の 見 直 しに 係 る 具 体 的 な 取 扱 い ( 以 下 子 会 社 等 の 範 囲 の 見 直 しに 係 る 具 体 的 な 取 扱 い という また これと 連 結 原 則 及 び 持 分 法 会 計 基 準 とを 合 わせて 連 結 原 則 等 と いう ) 一 及 び 二 では その 範 囲 を 会 社 組 合 その 他 これらに 準 ずる 事 業 体 ( 外 国 の

13 法 令 に 準 拠 して 設 立 されたものを 含 む )としている ( 以 下 略 ) (8) 実 務 対 応 報 告 第 21 号 有 限 責 任 事 業 組 合 及 び 合 同 会 社 に 対 する 出 資 者 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 1 目 的 第 2 段 落 有 限 責 任 事 業 組 合 や 合 同 会 社 への 会 計 処 理 は 他 の 事 業 体 への 出 資 と 同 様 に 企 業 会 計 審 議 会 から 公 表 された 連 結 財 務 諸 表 原 則 ( 以 下 連 結 原 則 という ) ( 持 分 法 の 会 計 処 理 については 平 成 20 年 3 月 に 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 持 分 法 会 計 基 準 という )が 公 表 されている )や 当 委 員 会 が 公 表 した 企 業 会 計 基 準 第 10 号 金 融 商 品 に 関 する 会 計 基 準 に 基 づいて 行 われることとなる 本 実 務 対 応 報 告 では 現 行 の 会 計 基 準 等 に 基 づくこれらの 事 業 体 への 出 資 の 取 扱 いについて 明 確 にすることとした 2 Q2 の A 第 1 段 落 企 業 会 計 審 議 会 から 平 成 9 年 6 月 に 公 表 された 連 結 財 務 諸 表 制 度 の 見 直 しに 関 する 意 見 書 第 二 部 二 1 及 び 持 分 法 会 計 基 準 第 5 項 では 子 会 社 及 び 関 連 会 社 の 範 囲 には 会 社 のほか 会 社 に 準 ずる 事 業 体 が 含 まれるものとされ また 平 成 10 年 10 月 に 公 表 された 連 結 財 務 諸 表 制 度 における 子 会 社 及 び 関 連 会 社 の 範 囲 の 見 直 しに 係 る 具 体 的 な 取 扱 い 一 及 び 二 では その 範 囲 を 会 社 組 合 その 他 これらに 準 ずる 事 業 体 ( 外 国 の 法 令 に 準 拠 して 設 立 されたものを 含 む )として いる 3 Q4のA 合 同 会 社 は 他 の 持 分 会 社 と 同 様 に 会 社 法 第 2 条 第 1 号 に 定 める 会 社 であり 子 会 社 又 は 関 連 会 社 に 該 当 するかどうかについては 支 配 力 基 準 又 は 影 響 力 基 準 によって 判 定 することとなる この 際 合 同 会 社 については 原 則 として 株 式 会 社 のように 出 資 者 が 業 務 執 行 者 を 選 任 するのではなく 意 思 決 定 を 行 う 出 資 者 が 業 務 執 行 の 決 定 も 直 接 行 うことから 株 式 会 社 における 議 決 権 を 想 定 している 連 結 原 則 又 は 持 分 法 会 計 基 準 を 合 同 会 社 に 適 用 する 場 合 には 基 本 的 には 業 務 執 行 の 権 限 を 用 いることによって 当 該 合 同 会 社 に 対 する 支 配 力 又 は 影 響 力 を 判 断 す ることが 適 当 である ( 中 略 ) また 連 結 上 の 会 計 処 理 は 株 式 会 社 と 同 様 に 連 結 原 則 又 は 持 分 法 会 計 基 準 に 従 って 行 われることとなるが 出 資 比 率 と 異 なる 損 益 分 配 を 行 うことを 定 めた 場 合 ( 会 社 法 第 622 条 )には 有 限 責 任 事 業 組 合 の 場 合 と 同 様 に 当 該 損 益 分 配 の 比 率 を 考 慮 のうえ 損 益 の 持 分 相 当 額 を 調 整 することに 留 意 する 必 要 がある

14 30. 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 により 当 委 員 会 が 公 表 した 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い Q2 の A3( 受 益 者 が 複 数 である 金 銭 の 信 託 が 子 会 社 及 び 関 連 会 社 と 判 定 される 場 合 )また 書 きについては 次 の 修 正 を 行 う( 下 線 は 追 加 部 分 取 消 線 は 削 除 部 分 を 示 す) また 子 会 社 等 の 範 囲 の 見 直 しに 係 る 具 体 的 な 取 扱 い 二 2 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 持 分 法 会 計 基 準 という ) 第 5-2 項 で 示 す 他 の 会 社 等 企 業 の 議 決 権 を 信 託 における 受 益 者 の 議 決 権 と 読 み 替 えて 子 会 社 等 の 範 囲 の 見 直 しに 係 る 具 体 的 な 取 扱 い 二 2 持 分 法 会 計 基 準 第 5-2 項 の 会 社 企 業 に 該 当 することとなる 受 益 者 は 当 該 信 託 を 関 連 会 社 として 取 り 扱 うこととなる なお 次 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 及 び 実 務 対 応 報 告 については 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 及 びその 他 の 会 計 基 準 等 の 公 表 に 伴 う 改 正 を 別 途 行 うことが 予 定 されてい るため 平 成 20 年 12 月 改 正 会 計 基 準 による 修 正 の 対 象 とはしていない 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 22 号 連 結 財 務 諸 表 における 子 会 社 及 び 関 連 会 社 の 範 囲 の 決 定 に 関 する 適 用 指 針 実 務 対 応 報 告 第 20 号 投 資 事 業 組 合 に 対 する 支 配 力 基 準 及 び 影 響 力 基 準 の 適 用 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 実 務 対 応 報 告 第 21 号 有 限 責 任 事 業 組 合 及 び 合 同 会 社 に 対 する 出 資 者 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 以 上

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63> 企 業 会 計 基 準 第 5 号 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 の 表 示 に 関 する 会 計 基 準 平 成 17 年 12 月 9 日 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 会 計 基 準 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業 会 計 基 準 第 21

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の 企 業 会 計 基 準 第 1 号 自 己 株 式 及 び 準 備 金 の 額 の 減 少 等 に 関 する 会 計 基 準 平 成 14 年 2 月 21 日 改 正 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 18 年 8 月 11 日 最 終 改 正 平 成 2 7 年 3 月 2 6 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ 第 42 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 第 42 期 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 はるやま 商 事 株 式 会 社 本 内 容 は 法 令 及 び 当 社 定 款 第 17 条 の

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親 第 265 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (3) 2013 年 5 月 29 日 プロジェクト 項 目 企 業 結 合 (ステップ2) 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 I. 検 討 の 経 緯 1. 平 成 25 年 1 月 に 企 業 会 計 基 準 公 開 草 案 第 49 号 企 業 結 合 に 関 する 会 計 基 準 (

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

Microsoft Word - ②【発出版】140319通知案(医療法人会計基準)

Microsoft Word - ②【発出版】140319通知案(医療法人会計基準) 医 政 発 0319 第 7 号 平 成 26 年 3 月 19 日 各 都 道 府 県 知 事 各 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 医 療 法 人 会 計 基 準 について 医 療 法 人 の 会 計 処 理 については これまで 病 院 会 計 準 則 の 改 正 について ( 平 成 16 年 8 月 19 日 医 政 発 0819001 号 厚 生

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 木 村 化 工 機

More information

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表 資 料 4 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 する Q& と ( 案 )の 新 旧 対 照 表 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 1. 有 形 固 定 資 産 の 譲 渡 取 引 に 係 る 会 計 処 理 の 見 直 し Q31 5 有 形 固 定 資 産

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

(2) 実 務 上 の 取 扱 い 減 価 償 却 の 方 法 は 会 計 方 針 にあたるため その 変 更 は 本 来 会 計 方 針 の 変 更 として 遡 及 適 用 の 対 象 と なります しかしながら 減 価 償 却 方 法 の 変 更 については 会 計 方 針 の 変 更 を 会

(2) 実 務 上 の 取 扱 い 減 価 償 却 の 方 法 は 会 計 方 針 にあたるため その 変 更 は 本 来 会 計 方 針 の 変 更 として 遡 及 適 用 の 対 象 と なります しかしながら 減 価 償 却 方 法 の 変 更 については 会 計 方 針 の 変 更 を 会 平 成 24 年 3 月 期 から 会 計 上 の 変 更 及 び 誤 謬 の 訂 正 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 過 年 度 遡 及 会 計 基 準 ) ( 企 業 会 計 基 準 第 24 号 平 成 21 年 12 月 4 日 )が 新 たに 適 用 されます また 平 成 23 年 3 月 期 から 導 入 された 資 産 除 去 債 務 に 関 する 会 計 基 準 ( 企

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当 平 成 20 年 度 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 報 告 書 金 融 資 産 負 債 台 帳 の 作 成 手 引 き 平 成 20 年 6 月 30 日 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表

More information

委 託 会 社 等 の 経 理 状 況 1. 委 託 会 社 の 財 務 諸 表 は 財 務 諸 表 等 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 昭 和 38 年 大 蔵 省 令 第 59 号 )ならびに 同 規 則 第 2 条 の 規 定 に 基 づき 金 融 商 品

委 託 会 社 等 の 経 理 状 況 1. 委 託 会 社 の 財 務 諸 表 は 財 務 諸 表 等 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 昭 和 38 年 大 蔵 省 令 第 59 号 )ならびに 同 規 則 第 2 条 の 規 定 に 基 づき 金 融 商 品 マニュライフ インベストメンツ ジャパン 株 式 会 社 第 7 期 自 : 平 成 25 年 4 月 1 日 至 : 平 成 26 年 3 月 31 日 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 委 託 会 社 等 の 経 理 状 況 1. 委 託 会 社 の 財 務 諸 表 は 財 務 諸 表 等 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す 第 332 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (6)-3 2016 年 3 月 23 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 税 効 果 会 計 に 関 する 開 示 の 検 討 - 合 理 的 な 説 明 に 関 連 する 開 示 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 税 効 果 会 計 に 係 る 開 示 に 関 する 論 点 のうち

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非 記 載 例 1 ( 現 預 金 以 外 に 資 産 負 債 がない 場 合 ) ( 名 称 ) 活 動 計 算 書 ( 注 ) 年 月 日 から 年 月 日 まで Ⅰ 経 常 収 益 1. 受 取 会 費 700,000 2. 受 取 寄 付 金 290,000 3. その 他 収 益 10,000 経 常 収 益 計 1,000,000 Ⅱ 経 常 費 用 1. 事 業 費 臨 時 雇 賃 金 200,000

More information

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに 生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 損 益 計 算 書 は 事 業 年 度 経 営 成 績 を 表 すもです こ 章 では まず 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 説 明 し さらに 主 な 項 目 について どように 損 益 を 計 算 しているかを 解 説 していきます 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 知 る 生 命 保 険 会 社 損 益

More information

丸三の総合取引約款

丸三の総合取引約款 総 合 取 引 約 款 第 1 章 総 合 取 引 ( 平 成 28 年 1 月 改 定 ) ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 取 引 口 座 の 設 定 累 積 投 資 取 引 証 券 総 合 口 座 サービス 自 動 運 用 買 付 換 金 取 引 および 国 内 外 貨 建 債 券 取 引 又 はそれらを 組 合 わせた 取 引 等 ( 以 下 総 合 取 引 といいます

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築

More information

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 子 会 社 22 社 は 全 て 連 結 しております なお 当 連 結 会 計 年 度 より 新 たに 山 形 ア

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 子 会 社 22 社 は 全 て 連 結 しております なお 当 連 結 会 計 年 度 より 新 たに 山 形 ア 連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 子 会 社 22 社 は 全 て 連 結 しております なお 当 連 結 会 計 年 度 より 新 たに 山 形 アキレスエアロン 株 式 会 社 を 設 立 したことにより 連 結 の 範 囲 に 含 めております

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

2013_06不動産105_03_4K.mcd

2013_06不動産105_03_4K.mcd 第 Ⅲ 部 投 資 法 人 資 産 運 用 業 における 利 益 相 反 取 引 の 諸 規 制 について ケネディクス( 株 ) 小 松 浩 樹 著 者 紹 介 小 松 浩 樹 (こまつ こうじゅ) 1996 年 早 稲 田 大 学 法 学 部 卒 業 同 年 三 井 信 託 銀 行 株 式 会 社 ( 現 三 井 住 友 信 託 銀 行 株 式 会 社 ) 入 社 同 社 不 動 産 営 業 部

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

第177回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項

第177回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項 第 177 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 1 頁 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 14 頁 上 記 の 事 項 につきましては 法 令 及 び 当 社 定 款 第 15 条 の 規 定 に 基 づき インター ネット 上 の 当 社 ホームページ(http://www.kirinholdings.co.jp/irinfo/)に

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ 1 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 注 記 表 個 別 注 記 表 第 146 期 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) 上 記 の 事 項 につきましては 法 令 および 当 社 定 款 第 15 条 の 規 定 に 基 づき インターネット 上 の 当 社 ホームページ (http://www.nipponseika.co.jp/)に

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 株 主 資 本 ( 単 位 : 千 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 期 首 残 高 2,049,318

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 株 主 資 本 ( 単 位 : 千 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 期 首 残 高 2,049,318 株 主 各 位 第 79 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 情 報 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 上 記 の 事 項 は 法

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63> 厚 生 年 金 基 金 実 務 基 準 第 4 号 [ 平 成 17 年 4 月 改 訂 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 分 配 の 実 務 基 準 [ 内 容 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 基 金 解 散 時 の 分 配 < 参 考 資 料 > 解 散 実 務 の 流 れ( 例 ) [ 留 意 事 項 ] 解 散 時 の 最

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)  

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)   会 計 監 査 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価 の 算 定 に 関 す る 研 究 資 料 非 金 融 商 品 の 時 価 算 定 の 概 要 公 認 会 計 士 こ 小 ぼり 堀 かずひで 一 英 はじめに 日 本 公 認 会 計 士 協 会 (JICPA)は 平 成 25 年 7 月 9 日 付 けで 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A>

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A> 政 務 活 動 費 制 度 と 運 用 指 針 平 成 25 年 3 月 施 行 平 成 27 年 4 月 改 訂 静 岡 県 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 制 度 1 制 度 の 目 的 1 2 これまでの 経 緯 1 (1) 制 度 の 創 設 1 (2) 透 明 性 の 確 保 1 (3) 政 務 活 動 費 への 移 行 1 3 政 務 活 動 とは 2 4 根 拠 法 令 等

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 22 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 22 年 5 月 14 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経

More information

り 知 事 の 承 認 を 受 けること (2) 補 助 事 業 を 中 止 し, 又 は 廃 止 する 場 合 においては, 様 式 第 5 号 により 知 事 の 承 認 を 受 けること (3) 補 助 事 業 が 予 定 の 期 間 内 に 完 了 しない 場 合 又 は 補 助 事 業 の

り 知 事 の 承 認 を 受 けること (2) 補 助 事 業 を 中 止 し, 又 は 廃 止 する 場 合 においては, 様 式 第 5 号 により 知 事 の 承 認 を 受 けること (3) 補 助 事 業 が 予 定 の 期 間 内 に 完 了 しない 場 合 又 は 補 助 事 業 の 観 光 施 設 再 生 立 地 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 県 内 の 観 光 施 設 の 早 期 の 再 生 を 支 援 することにより, 多 くの 観 光 客 が 訪 れ, 交 流 人 口 が 増 加 し, 地 域 経 済 及 び 地 域 社 会 が 活 性 化 される 観 光 王 国 み やぎ の 実 現

More information

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63>

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 8 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築 物 機 械 装 置

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を

役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を 一 般 社 団 法 人 長 崎 県 診 療 放 射 線 技 師 会 規 程 役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 第 3 条 選

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

ソフトウェア取引の収益の会計処理に関する実務上の取扱い

ソフトウェア取引の収益の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 17 号 ソフトウェア 取 引 の 収 益 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 18 年 3 月 30 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 ソフトウェア 取 引 を 事 業 の 中 心 とした 情 報 サービス 産 業 においては 無 形 の 資 産 である ソフトウェアの 内 容 及 び 状 況 の 確 認 の 困 難 さや その

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド < 購 入 換 金 手 数 料 なし> ニッセイTOPIXインデックスファンド 投 資 信 託 説 明 書 ( 請 求 目 論 見 書 ) < 訂 正 事 項 分 > 2016.01.26 ニッセイアセットマネジメント 株 式 会 社 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 詳 細 情 報 を 記

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

国立大学法人会計基準等検討会議(第2回)議事録・配付資料 [資料3(後半)]

国立大学法人会計基準等検討会議(第2回)議事録・配付資料 [資料3(後半)] 2. 実 務 上 の 観 点 から 要 請 された 項 目 第 24 行 政 サービス 実 施 コスト 第 24 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 独 法 基 準 の 改 訂 内 容 を 踏 まえ 語 句 訂 正 の 上 同 様 の 修 正 を 次 に 掲 げるコストは 行 政 サービス 実 施 コストに 次 に 掲 げるコストは 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コ 行

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称 第 18 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての イ ン タ ー ネ ッ ト 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 株 式 会 社 Eストアー 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 及 び 計 算 書 類 の 個 別

More information

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応)

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応) 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35に 関 する 覚 書 に 関 する 制 度 リスク 説 明 Ⅰ 制 度 内 容 について< 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 内 容 の 説 明 > 1~17は 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35 の 制 度 内 容 留 意 点 等 についての 説 明 です なお 本 内 容 については

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information