第二世代小電力データ通信システム/ワイヤレスLANシステム標準規格

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第二世代小電力データ通信システム/ワイヤレスLANシステム標準規格"

Transcription

1 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム/ ワイヤレスLANシステム SECOND GENERATION LOW POWER DATA COMMUNICATION SYSTEM/ WIRELESS LAN SYSTEM 標 準 規 格 ARIB STANDARD ARIB STD-T 版 平 成 11 年 12 月 14 日 策 定 平 成 14 年 3 月 28 日 2.0 改 定 平 成 15 年 3 月 26 日 2.1 改 定 平 成 17 年 9 月 29 日 2.2 改 定 平 成 17 年 11 月 30 日 2.3 改 定 平 成 18 年 3 月 14 日 2.4 改 定 平 成 19 年 9 月 26 日 3.0 改 定 平 成 20 年 3 月 19 日 3.1 改 定 平 成 20 年 9 月 25 日 3.2 改 定 社 団 法 人 電 波 産 業 会 Association of Radio Industries and Businesses

2

3 ま え が き 社 団 法 人 電 波 産 業 会 は 無 線 機 器 製 造 者 電 気 通 信 事 業 者 放 送 事 業 者 及 び 利 用 者 等 の 参 加 を 得 て 各 種 の 電 波 利 用 システムに 関 する 無 線 設 備 に 標 準 的 な 仕 様 等 の 基 本 的 な 要 件 を 標 準 規 格 と して 策 定 している 標 準 規 格 は 周 波 数 の 有 効 利 用 及 び 他 の 利 用 者 との 混 信 の 回 避 を 図 る 目 的 から 定 められる 国 の 技 術 基 準 と 併 せて 無 線 設 備 の 適 正 品 質 互 換 性 の 確 保 等 無 線 機 器 製 造 者 及 び 利 用 者 の 利 便 を 図 る 目 的 から 策 定 される 民 間 の 任 意 基 準 をとりまとめて 策 定 される 民 間 の 規 格 である 本 標 準 規 格 は 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 の 無 線 設 備 及 び ワイヤレス LAN システムの 設 備 について 策 定 されたもので 策 定 段 階 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため 内 外 無 差 別 に 広 く 無 線 機 器 製 造 者 利 用 者 等 利 害 関 係 者 の 参 加 を 得 た 当 会 の 規 格 会 議 の 総 意 により 策 定 されたものである 本 標 準 規 格 で 規 定 する 無 線 設 備 は 2,400~2,483.5MHz を 使 用 するもので 既 往 の 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 の 無 線 設 備 (2,471~2,497MHz を 使 用 するもので RCR STD-33 で 規 定 さ れるもの)と 区 別 するために 第 二 世 代 を 付 した この 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 使 用 周 波 数 帯 は 2.4GHz 帯 移 動 体 識 別 装 置 ( 構 内 無 線 局 及 び 特 定 小 電 力 無 線 局 ) 並 びにアマチュア 無 線 局 と 重 複 しており 電 波 の 干 渉 による 障 害 が 発 生 する 可 能 性 がある 同 一 周 波 数 帯 での 干 渉 を 回 避 するために 干 渉 回 避 方 法 や 解 決 方 法 を 記 述 した 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム 無 線 局 の 運 用 の 手 引 き を 作 成 し 参 考 資 料 として 添 付 した 本 標 準 規 格 が 無 線 機 器 製 造 者 試 験 機 関 利 用 者 等 に 積 極 的 に 活 用 されることを 希 望 する なお 本 標 準 規 格 の 策 定 は 社 団 法 人 電 信 電 話 技 術 委 員 会 と 共 同 で 行 った 注 意 : 本 標 準 規 格 には 本 標 準 規 格 に 係 る 必 須 の 工 業 所 有 権 に 関 して 特 別 の 記 述 は 行 われていないが 当 該 必 須 の 工 業 所 有 権 の 権 利 所 有 者 は 本 標 準 規 格 に 係 る 工 業 所 有 権 である 別 表 に 掲 げる 権 利 は 別 表 に 掲 げる 者 の 保 有 するところのものであるが 本 標 準 規 格 を 使 用 する 者 に 対 し 適 切 な 条 件 の 下 に 非 排 他 的 かつ 無 差 別 に 当 該 別 表 に 掲 げる 権 利 の 実 施 を 許 諾 する ただし 本 標 準 規 格 を 使 用 する 者 が 本 標 準 規 格 で 規 定 する 内 容 の 全 部 又 は 一 部 が 対 象 となる 必 須 の 工 業 所 有 権 を 所 有 し かつ その 権 利 を 主 張 した 場 合 その 者 についてはこの 限 りでない 旨 表 明 している

4 別 表 ( 第 二 号 選 択 ) 特 許 出 願 人 発 明 の 名 称 出 願 番 号 等 備 考 ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 無 線 電 話 システム 及 び 無 線 電 話 ネ ットワーク 内 でのデータ 送 信 方 法 並 びに 無 線 電 話 器 特 開 平 ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 ノキア ジャパン 株 式 会 社 無 線 電 話 TDMA システムにおいて パケットデータを 伝 送 するシステ ム TDMA システムにおける 無 線 容 量 の 動 的 割 り 振 り 方 法 情 報 の 暗 号 化 方 法 およびデータ 通 信 システム 移 動 通 信 システム 内 でパケット 交 換 データを 伝 送 するための 方 法 移 動 通 信 システムにおけるパケッ トモード 送 信 の 保 安 性 の 改 良 移 動 通 信 システムにおいてある 複 数 プロトコルに 従 ってある 複 数 層 でデータを 処 理 するための 方 法 と 装 置 特 開 平 特 表 平 特 開 平 特 表 特 許 第 号 特 許 第 号 ARIB STD-T 版 について 包 括 確 認 書 を 提 出 *1 これらの 特 許 は ARIB STD-T 版 における 改 定 部 分 に 係 ります (Reference) 特 許 出 願 人 発 明 の 名 称 出 願 番 号 等 備 考 ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 情 報 順 序 を 変 更 した 自 動 再 送 信 特 表 審 査 請 求 せず ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 System for transmitting packet data in digital cellular time division multiple access (TDMA) air interface US5,640,395 *1 これらの 特 許 は ARIB STD-T 版 における 改 定 部 分 に 係 ります 米 国

5 本 書 の 記 述 方 法 について 第 1 章 から 第 4 章 までは 規 定 と 規 格 を 記 述 している 第 5 章 には 規 格 に 対 応 する 測 定 法 を 記 述 している 参 考 1には 特 定 無 線 設 備 に 係 る 試 験 項 目 を 記 述 している 参 考 2には 移 動 体 識 別 装 置 との 電 波 の 干 渉 回 避 方 法 や 解 決 方 法 を 記 述 している 参 考 3には 参 考 2の 概 要 を 記 述 している 参 考 4には セクタアンテナ 規 制 に 関 する 解 説 を 記 述 している 参 考 5には 漏 洩 同 軸 ケーブルに 関 する 解 説 を 記 述 している 参 考 6には 40MHz システム 使 用 時 の 与 干 渉 の 可 能 性 を 低 減 する 方 法 を 記 述 している 本 標 準 規 格 の 無 線 設 備 に 関 する 技 術 的 条 件 等 については 関 連 規 則 を 付 記 している 法 令 略 語 は 次 による 法 : 電 波 法 省 令 : 平 成 12 年 以 前 は 郵 政 省 令 平 成 13 年 以 降 は 総 務 省 令 告 示 : 平 成 12 年 以 前 は 郵 政 省 告 示 平 成 13 年 以 降 は 総 務 省 告 示 施 行 : 電 波 法 施 行 規 則 設 備 : 無 線 設 備 規 則 技 適 : 特 定 無 線 設 備 の 技 術 基 準 適 合 証 明 等 に 関 する 規 則 端 末 : 端 末 設 備 等 規 則 端 末 技 適 : 端 末 機 器 の 技 術 基 準 適 合 認 定 等 に 関 する 規 則

6

7 目 次 まえがき 第 1 章 一 般 事 項 概 要 適 用 範 囲 引 用 文 書 2 第 2 章 標 準 システム システムの 概 要 システムの 構 成 3 第 3 章 無 線 設 備 の 技 術 的 条 件 一 般 条 件 4 (1) 通 信 方 式 4 (2) 通 信 の 内 容 4 (3) 使 用 周 波 数 帯 4 (4) 使 用 環 境 条 件 送 信 装 置 4 (1) 変 調 方 式 4 (2) 空 中 線 電 力 4 (3) 空 中 線 電 力 の 許 容 偏 差 6 (4) 周 波 数 の 許 容 偏 差 6 (5) 伝 送 速 度 6 (6) スプリアス 発 射 又 は 不 要 輻 射 の 強 度 の 許 容 値 6 (7) 占 有 周 波 数 帯 幅 の 許 容 値 6 (8) 拡 散 帯 域 幅 6 (9) 拡 散 率 6 (10) キャリア 数 6 (11) 滞 留 時 間 受 信 装 置 7 (1) 副 次 的 に 発 する 電 波 等 の 限 度 7 (2) その 他 制 御 装 置 7 i

8 3.4.1 混 信 防 止 機 能 7 (1) 識 別 符 号 の 送 受 信 7 (2) 周 波 数 の 切 替 等 7 (3) キャリアセンス 回 線 接 続 手 順 電 気 通 信 回 線 との 接 続 7 (1) 識 別 装 置 7 (2) 識 別 符 号 7 (3) 使 用 する 電 波 の 周 波 数 が 空 き 状 態 にあるとの 判 定 方 法 7 (4) 電 気 通 信 回 線 設 備 とのインタフェース 条 件 空 中 線 8 (1) 空 中 線 の 構 造 8 (2) 空 中 線 の 利 得 その 他 8 (1) 筐 体 8 (2) 技 術 基 準 適 合 証 明 に 係 る 表 示 9 (3) 端 末 機 器 の 技 術 基 準 適 合 認 定 に 係 る 表 示 9 第 4 章 相 互 接 続 を 行 うシステムの 条 件 システム 概 要 等 通 信 プロトコル 等 MAC サービス 定 義 MAC フレームフォーマット 認 証 とプライバシー MAC サブレイヤ 機 能 記 述 レイヤ 管 理 MAC レイヤ 管 理 エンティティ 物 理 レイヤサービス 仕 様 物 理 レイヤ 管 理 無 線 設 備 の 条 件 周 波 数 ホッピング 方 式 直 接 拡 散 方 式 赤 外 線 設 備 の 条 件 付 則 11 ii

9 第 5 章 測 定 法 12 参 考 1 特 定 無 線 設 備 の 技 術 基 準 適 合 証 明 に 係 る 試 験 項 目 13 参 考 2 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム 無 線 局 の 運 用 の 手 引 き 14 参 考 3 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム 無 線 局 の 運 用 の 手 引 き( 概 要 版 ) 21 参 考 4 ARIB STD-T66 添 付 の 運 用 の 手 引 き セクタアンテナ 規 制 に 関 する 解 説 書 24 参 考 5 漏 洩 同 軸 ケーブルに 関 する 解 説 書 29 参 考 6 40 MHz システムとして 使 用 可 能 な 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 の 無 線 設 備 の 設 計 基 準 及 び 運 用 の 手 引 き 39 改 定 履 歴 表 iii

10

11 第 1 章 一 般 事 項 1.1 概 要 本 標 準 規 格 は 電 波 法 施 行 規 則 第 6 条 第 4 項 第 4 号 に 規 定 される 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 のうち 2,400MHz 以 上 2,483.5MHz 以 下 の 周 波 数 の 電 波 を 使 用 する 無 線 設 備 であって 主 と してデータ 伝 送 のために 無 線 通 信 を 行 う( 電 気 通 信 回 線 設 備 に 接 続 するものを 含 む ) 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 の 無 線 設 備 及 び ワイヤレス LAN システムの 設 備 について 規 定 したものである 1.2 適 用 範 囲 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 及 びワイヤレス LAN システムは 図 1.1 に 示 す 無 線 設 備 又 は 赤 外 線 設 備 及 びデータ 端 末 装 置 等 ( 電 気 通 信 回 線 設 備 に 接 続 するものを 含 む )によ り 構 成 される 本 標 準 規 格 は 当 該 無 線 設 備 及 び 赤 外 線 設 備 について 規 定 したものである デ ー タ 端 末 装 置 等 制 御 装 置 混 信 防 止 機 能 識 別 装 置 無 線 設 備 送 信 装 置 受 信 装 置 適 用 範 囲 (1) 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 デ ー タ 端 末 装 置 等 制 御 装 置 混 信 防 止 機 能 識 別 装 置 無 線 設 備 送 信 装 置 受 信 装 置 データリンク 層 MACサブレイヤ 物 理 層 適 用 プロトコルスタック 適 用 範 囲 (2) ワイヤレス LAN システムの 無 線 設 備 の 構 成 1

12 デ ー タ 端 末 装 置 等 赤 外 線 設 備 データリンク 層 MACサブレイヤ 物 理 層 適 用 プロトコルスタック 適 用 範 囲 (3) ワイヤレス LAN システムの 赤 外 線 設 備 の 構 成 図 1.1 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 及 びワイヤレス LAN システムの 構 成 1.3 引 用 文 書 本 標 準 規 格 において 引 用 する 文 書 は 以 下 のとおりである 1 Information technology Telecommunications and Information Exchange Between Systems LAN/MAN Specific Requirements Specific requirements Part 11: Wireless Medium Access Control(MAC) and Physical Layer(PHY) specifications(iso /IEC ) 2

13 第 2 章 標 準 システム 2.1 システムの 概 要 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム 及 びワイヤレス LAN システムは デジタル 化 された 情 報 信 号 を 無 線 伝 送 又 は 赤 外 線 伝 送 を 行 うシステムである ただし プロトコルまでの 条 件 は 規 定 しないものとするが ISO/IEC に 準 拠 し 相 互 接 続 を 行 うことを 目 的 としたシステム( 以 下 相 互 接 続 を 行 うシステム という )については プロトコルまで 規 定 するものとする 2.2 システムの 構 成 システムの 構 成 は 特 に 規 定 しない 3

14 第 3 章 無 線 設 備 の 技 術 的 条 件 3.1 一 般 条 件 (1) 通 信 方 式 ( 設 備 第 49 条 の 20) デジタル 信 号 を 伝 送 するもの(スペクトル 拡 散 方 式 を 含 む )であって 単 向 通 信 方 式 単 信 方 式 半 複 信 方 式 又 は 複 信 方 式 であること (2) 通 信 の 内 容 通 信 の 内 容 は デジタル 化 された 主 としてデータ 信 号 の 伝 送 を 行 うものであること (3) 使 用 周 波 数 帯 ( 施 行 第 6 条 ) 使 用 する 周 波 数 帯 は 2,400MHz 以 上 2,483.5MHz 以 下 の 周 波 数 とする (4) 使 用 環 境 条 件 使 用 環 境 条 件 は 特 に 規 定 しない 3.2 送 信 装 置 (1) 変 調 方 式 ( 設 備 第 49 条 の 20) ア スペクトル 拡 散 方 式 及 び 直 交 周 波 数 分 割 多 重 方 式 スペクトル 拡 散 方 式 は 直 接 拡 散 方 式 (スペクトルを 拡 散 させるべき 信 号 に それより 広 帯 域 の 信 号 を 直 接 乗 算 させてスペクトル 拡 散 させる 方 式 以 下 DS 方 式 という ) 周 波 数 ホ ッピング 方 式 ( 情 報 信 号 で 変 調 された 主 信 号 の 搬 送 周 波 数 を 拡 散 信 号 に 応 じて 与 えられた 周 波 数 帯 内 でランダムに 離 散 的 に 切 り 替 え 掃 引 する 方 式 以 下 FH 方 式 という ) 若 しく はこれらの 複 合 方 式 又 は FH 方 式 及 び 直 交 周 波 数 分 割 多 重 方 式 ( 以 下 OFDM 方 式 という ) の 複 合 方 式 であること イ 情 報 変 調 スペクトル 拡 散 方 式 において 情 報 を 伝 送 するための 情 報 変 調 方 式 は 特 に 規 定 しない ウ スペクトル 拡 散 方 式 及 び OFDM 方 式 以 外 の 変 調 方 式 振 幅 変 調 周 波 数 変 調 位 相 変 調 あるいはこれらを 組 み 合 わせたデジタル 変 調 方 式 であるこ と (2) 空 中 線 電 力 ( 設 備 第 49 条 の 20) ア FH 方 式 又 は DS 方 式 及 び FH 方 式 の 複 合 方 式 若 しくは FH 方 式 と OFDM 方 式 の 複 合 方 式 を 使 用 するスペクトル 拡 散 方 式 であって 2,427MHz 以 上 2,470.75MHz 以 下 の 周 波 数 帯 を 使 用 する 送 信 装 置 の 空 中 線 電 力 は 変 調 信 号 の 送 信 速 度 と 同 じ 送 信 速 度 の 標 準 符 号 化 試 験 信 号 によ り 変 調 した 場 合 において 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 3mW 以 下 であること イ ア 以 外 のスペクトル 拡 散 方 式 を 使 用 する 送 信 装 置 の 空 中 線 電 力 は 変 調 信 号 の 送 信 速 度 と 同 じ 送 信 速 度 の 標 準 符 号 化 試 験 信 号 により 変 調 した 場 合 において 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 10mW 以 下 であること ウ OFDM 方 式 を 使 用 する 送 信 装 置 の 空 中 線 電 力 は 変 調 信 号 の 送 信 速 度 と 同 じ 送 信 速 度 の 標 準 符 号 化 試 験 信 号 により 変 調 した 場 合 において 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 次 のいずれ かであること 1 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz 以 下 の 送 信 装 置 の 場 合 は 10mW 以 下 であること 2 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz を 超 え 38MHz 以 下 の 送 信 装 置 の 場 合 は 5mW 以 下 であること エ ア イ 及 びウ 以 外 の 送 信 装 置 の 空 中 線 電 力 は 10mW 以 下 であること 4

15 空 中 線 電 力 10 [mw/mhz] 3 周 波 数 2,400 2,427 2, ,483.5 [MHz] 1 2,427MHz 以 上 2,470.75MHz 以 下 を 使 用 する あるいは 2,427MHz 以 上 2,470.75MHz 以 下 を 含 んで 2,427MHz 以 下 2,470.75MHz 以 上 を 使 用 する FH 方 式 又 は DS 方 式 及 び FH 方 式 の 複 合 方 式 若 しくは FH 方 式 及 び OFDM 方 式 の 複 合 方 式 空 中 線 電 力 10 [mw/mhz] 3 周 波 数 2,400 2,427 2, ,483.5 [MHz] 2 2,400MHz 以 上 2,427MHz 未 満 又 は 2,470.75MHz を 超 え 2,483.5MHz 以 下 を 使 用 する FH 方 式 又 は DS 方 式 及 び FH 方 式 の 複 合 方 式 若 しくは FH 方 式 及 び OFDM 方 式 の 複 合 方 式 空 中 線 電 力 10 DS 方 式 又 は 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz 以 下 の OFDM 方 式 [mw/mhz] 5 占 有 帯 周 波 数 帯 幅 が 26MHz を 超 え 38MHz 以 下 の OFDM 方 式 周 波 数 2,400 2,427 2, ,483.5 [MHz] 3 DS 方 式 又 はOFDM 方 式 空 中 線 電 力 10 [mw] 3 周 波 数 2,400 2,427 2, ,483.5 [MHz] 4 スペクトル 拡 散 以 外 の 方 式 図 2.1 変 調 方 式 別 の 空 中 線 電 力 5

16 (3) 空 中 線 電 力 の 許 容 偏 差 ( 設 備 第 14 条 ) 空 中 線 電 力 の 許 容 偏 差 は 上 限 20% 下 限 80%であること なお 定 格 空 中 線 電 力 の 最 大 値 に 対 する 許 容 偏 差 であり 通 信 の 都 合 上 で 空 中 線 電 力 を 低 下 させる 場 合 の 許 容 偏 差 の 上 限 及 び 下 限 は 規 定 しない (4) 周 波 数 の 許 容 偏 差 ( 設 備 第 5 条 別 表 第 1 号 ) ± 以 内 であること (5) 伝 送 速 度 信 号 の 伝 送 速 度 は 規 定 しない (6) スプリアス 発 射 又 は 不 要 発 射 の 強 度 の 許 容 値 ア 平 成 17 年 12 月 1 日 以 降 適 用 される 許 容 値 ( 設 備 第 7 条 別 表 第 3 号 ) 不 要 発 射 の 強 度 の 許 容 値 ( 変 調 時 において 給 電 線 に 供 給 される 周 波 数 ごとの 不 要 発 射 の 平 均 電 力 により 規 定 される 許 容 値 をいう )は 次 のとおりとする 周 波 数 帯 不 要 発 射 の 強 度 の 許 容 値 2,387MHz 未 満 及 び 2,496.5MHz を 超 える 任 意 の 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が もの 2.5μW 以 下 2,387MHz 以 上 2,400MHz 未 満 及 び 任 意 の 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 2,483.5MHz を 超 え 2,496.5MHz 以 下 25μW 以 下 ただし 経 過 措 置 がある ( 設 備 附 則 ( 平 成 17 年 8 月 9 日 総 務 省 令 第 119 号 )による ) イ 平 成 17 年 11 月 30 日 以 前 の 無 線 設 備 規 則 に 基 づく 許 容 値 (6) スプリアス 発 射 の 強 度 ( 設 備 第 7 条 ) 給 電 線 に 供 給 される 周 波 数 ごとのスプリアス 発 射 の 平 均 電 力 の 許 容 値 は 使 用 周 波 数 帯 を 除 いた 周 波 数 f において スプリアス 発 射 の 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 次 に 定 める 値 以 下 である 値 とする ア 2,387MHz f<2,400mhz 及 び 2,483.5MHz<f 2,496.5MHz 25μW 以 下 イ 2,387MHz>f 及 び 2,496.5MHz<f 2.5μW 以 下 (ARIB STD-T 版 ) (7) 占 有 周 波 数 帯 幅 の 許 容 値 ( 設 備 第 6 条 別 表 第 2 号 ) FH 方 式 又 は DS 方 式 と FH 方 式 の 複 合 方 式 若 しくは FH 方 式 と OFDM 方 式 の 複 合 方 式 を 使 用 する 送 信 装 置 は 83.5MHz 以 下 OFDM 方 式 を 使 用 する 送 信 装 置 は 38MHz 以 下 それら 以 外 の 方 式 を 使 用 する 送 信 装 置 は 26MHz 以 下 の 必 要 周 波 数 帯 幅 ( 与 えられた 発 射 の 種 別 について 特 定 の 条 件 のもとにおいて 使 用 される 方 式 に 必 要 な 速 度 及 び 質 で 情 報 の 伝 送 を 確 保 するために 十 分 な 占 有 周 波 数 帯 幅 の 最 小 値 をいう )であること (8) 拡 散 帯 域 幅 ( 設 備 第 49 条 の 20) スペクトル 拡 散 方 式 においては 拡 散 帯 域 幅 (その 上 限 の 周 波 数 を 超 えて 輻 射 され 及 びその 下 限 の 周 波 数 未 満 において 輻 射 される 平 均 電 力 が それぞれ 与 えられた 発 射 によって 輻 射 される 全 平 均 電 力 の 5%に 等 しい 上 限 及 び 下 限 の 周 波 数 帯 幅 をいう 以 下 同 じ )は 500kHz 以 上 である こと (9) 拡 散 率 ( 設 備 第 49 条 の 20) スペクトル 拡 散 方 式 における 拡 散 率 ( 拡 散 帯 域 幅 を 変 調 信 号 の 送 信 速 度 に 等 しい 周 波 数 で 除 し た 値 をいう 以 下 同 じ )は 5 以 上 であること (10) キャリア 数 ( 設 備 第 49 条 の 20) 6

17 OFDM 方 式 は 1MHz の 帯 域 幅 当 たりのキャリア 数 が1 以 上 であること (11) 滞 留 時 間 ( 設 備 第 49 条 の 20) FH 方 式 を 使 用 する 送 信 装 置 は 周 波 数 滞 留 時 間 ( 特 定 の 周 波 数 において 電 波 を 発 射 し 続 ける 時 間 をいう )は 0.4 秒 以 下 ( 屋 外 で 使 用 する 模 型 飛 行 機 の 無 線 操 縦 の 用 に 供 する 送 信 装 置 にあ っては 0.05 秒 以 下 )とし かつ DS 方 式 又 は OFDM 方 式 との 複 合 方 式 を 除 く FH 方 式 を 用 いる 送 信 装 置 にあっては 0.4 秒 に 拡 散 率 を 乗 じた 時 間 内 で 任 意 の 周 波 数 での 周 波 数 滞 留 時 間 の 合 計 が 0.4 秒 以 下 であること 3.3 受 信 装 置 (1) 副 次 的 に 発 する 電 波 等 の 限 度 ( 設 備 第 24 条 ) 副 次 的 に 発 する 電 波 が 他 の 無 線 設 備 の 機 能 に 支 障 を 与 えない 限 度 は 受 信 空 中 線 と 電 気 的 常 数 の 等 しい 擬 似 空 中 線 回 路 を 使 用 して 測 定 した 場 合 に その 回 路 の 電 力 が1GHz 未 満 の 周 波 数 にお いては 4nW 以 下 1GHz 以 上 の 周 波 数 にあっては 20nW 以 下 であること (2) その 他 隣 接 チャネル 選 択 度 相 互 変 調 特 性 及 びスプリアスレスポンスは 規 定 しない 3.4 制 御 装 置 制 御 装 置 は 次 の 装 置 及 び 機 能 を 備 え それぞれの 条 件 に 適 合 するものとする 混 信 防 止 機 能 (1) 識 別 符 号 の 送 受 信 ( 施 行 第 6 条 の 2) ( 設 備 第 9 条 の 4) 主 として 同 一 の 構 内 において 使 用 される 無 線 局 の 無 線 設 備 であって 識 別 符 号 を 自 動 的 に 送 信 し 又 は 受 信 するもの (2) 周 波 数 の 切 替 等 利 用 者 による 周 波 数 の 切 替 又 は 電 波 の 発 射 の 停 止 が 容 易 にできること (3) キャリアセンス ( 設 備 第 49 条 の 20) ア 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz を 超 え 38MHz 以 下 の 送 信 装 置 については キャリアセンスを 備 え 付 けること イ 屋 外 で 使 用 する 模 型 飛 行 機 の 無 線 操 縦 の 用 に 供 する 送 信 装 置 (FH 方 式 のものを 除 く )にあ っては 送 信 開 始 時 において 動 作 するキャリアセンスを 備 え 付 けること 回 線 接 続 手 順 回 線 接 続 手 順 は 特 に 規 定 しない 3.5 電 気 通 信 回 線 との 接 続 電 気 通 信 回 線 設 備 に 接 続 するものは 次 の 条 件 に 適 合 すること (1) 識 別 装 置 ( 端 末 第 9 条 ) 識 別 符 号 ( 端 末 設 備 に 使 用 される 無 線 設 備 を 識 別 するための 符 号 であって 通 信 路 の 設 定 にあ たってその 照 合 が 行 われるものをいう )を 有 すること (2) 識 別 符 号 ( 告 示 平 成 6 年 第 424 号 ) 識 別 符 号 の 符 号 長 は 48 ビットで 構 成 するものとする 7

18 (3) 使 用 する 電 波 の 周 波 数 が 空 き 状 態 にあるとの 判 定 方 法 ( 端 末 第 9 条 ) ( 告 示 平 成 6 年 第 424 号 ) 他 の 無 線 局 から 発 射 される 電 波 を 検 出 し 又 は 受 信 信 号 と 拡 散 のための 信 号 を 演 算 し 信 号 レベ ルを 検 出 することにより 判 定 を 行 う ただし 通 信 品 質 劣 化 時 に 通 信 路 ( 自 通 信 リンク)の 切 断 を 行 う 機 能 を 有 するものにあっては 通 信 路 ( 自 通 信 リンク)の 正 常 性 を 確 認 することにより 判 定 を 行 うことができる (4) 電 気 通 信 回 線 設 備 とのインタフェース 条 件 電 気 通 信 回 線 設 備 とのインタフェース 条 件 は 端 末 設 備 等 規 則 に 定 める 技 術 基 準 ( 第 一 種 電 気 通 信 事 業 者 が 定 める 技 術 的 条 件 を 含 む )に 適 合 したものであること 3.6 空 中 線 (1) 空 中 線 の 構 造 特 に 規 定 しない (2) 空 中 線 の 利 得 ( 設 備 第 49 条 の 20) ア 送 信 空 中 線 の 絶 対 利 得 は 12.14dB 以 下 であること ただし 等 価 等 方 輻 射 電 力 ( 周 波 数 拡 散 方 式 及 び OFDM 方 式 の 場 合 は 1MHz の 帯 域 幅 における 等 価 等 方 輻 射 電 力 )が 絶 対 利 得 12.14dB の 送 信 空 中 線 に 平 均 電 力 が 10mW( 周 波 数 拡 散 方 式 及 び 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz 以 下 の OFDM 方 式 の 場 合 は 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 10mW 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHzを 超 え38MHz 以 下 のOFDM 方 式 の 場 合 は1MHzの 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が5mW ただし FH 方 式 又 は DS 方 式 及 び FH 方 式 の 複 合 方 式 若 しくは FH 方 式 及 び OFDM 方 式 の 複 合 方 式 を 用 いるものであって 2,427MHz 以 上 2,470.75MHz 以 下 の 周 波 数 の 電 波 を 使 用 する ものにあっては 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 3mW)の 空 中 線 電 力 を 加 えたときの 値 以 下 となる 場 合 は その 低 下 分 を 送 信 空 中 線 の 利 得 で 補 うことができるものとする イ 送 信 空 中 線 の 水 平 面 及 び 垂 直 面 の 主 輻 射 の 角 度 ( 輻 射 電 力 が1/2になる 点 を 挟 む 角 度 )は 次 の 式 で 求 められる 値 を 超 えないこと 360 A [ 度 ] ここで 定 数 Aは 等 価 等 方 輻 射 電 力 ( 周 波 数 拡 散 方 式 及 び OFDM 方 式 の 場 合 は 1MHz の 帯 域 幅 における 等 価 等 方 輻 射 電 力 )を 絶 対 利 得 2.14dB の 送 信 空 中 線 に 平 均 電 力 が 10mW( 周 波 数 拡 散 方 式 及 び 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz 以 下 の OFDM 方 式 の 場 合 は 1MHz の 帯 域 幅 にお ける 平 均 電 力 が 10mW 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz を 超 え 38MHz 以 下 の OFDM 方 式 の 場 合 は 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 5mW ただし FH 方 式 又 は DS 方 式 及 び FH 方 式 の 複 合 方 式 若 しくは FH 方 式 及 び OFDM 方 式 の 複 合 方 式 を 用 いるものであって 2,427MHz 以 上 2,470.75MHz 以 下 の 周 波 数 の 電 波 を 使 用 するものにあっては 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 3mW)の 空 中 線 電 力 を 加 えたときの 値 で 除 したものとし 1を 下 回 るときは1とする 3.7 その 他 (1) 筐 体 ( 設 備 第 49 条 の 20) ( 端 末 第 9 条 ) ( 告 示 平 成 6 年 第 424 号 ) 使 用 される 無 線 設 備 は 一 の 筐 体 に 収 められており かつ 容 易 に 開 けることができないこと 8

19 ただし 次 の 条 件 を 満 たすものは 一 の 筐 体 に 収 めることを 要 しない ア 次 の 条 件 を 満 たす 無 線 設 備 1 空 中 線 系 を 除 く 高 周 波 部 及 び 変 調 部 は 容 易 に 開 けることができないこと 2 識 別 装 置 は 容 易 に 取 り 外 しできないこと イ 次 に 掲 げる 無 線 設 備 の 装 置 1 電 源 装 置 送 話 器 及 び 受 話 器 2 受 信 専 用 空 中 線 3 操 作 器 表 示 器 音 量 調 整 器 その 他 これに 準 ずるもの (2) 技 術 基 準 適 合 証 明 に 係 る 表 示 ( 技 適 第 8 条 ) 無 線 設 備 の 見 易 い 箇 所 に 規 定 された 様 式 の 技 術 基 準 適 合 証 明 に 係 る 表 示 を 行 うこと (3) 端 末 機 器 の 技 術 基 準 適 合 認 定 に 係 る 表 示 ( 端 末 技 適 第 10 条 ) 電 気 通 信 回 線 設 備 に 接 続 するものは 無 線 設 備 の 見 易 い 箇 所 に 規 定 された 様 式 の 端 末 機 器 の 技 術 基 準 適 合 認 定 に 係 る 表 示 を 行 うこと 9

20 第 4 章 相 互 接 続 を 行 うシステムの 条 件 4.1 システム 概 要 等 ISO/IEC 第 1 章 から 第 5 章 の 規 定 による 4.2 通 信 プロトコル 等 MAC サービス 定 義 ISO/IEC 第 6 章 の 規 定 による MAC フレームフォーマット ISO/IEC 第 7 章 の 規 定 による 認 証 とプライバシー ISO/IEC 第 8 章 の 規 定 による MAC サブレイヤ 機 能 記 述 ISO/IEC 第 9 章 の 規 定 による レイヤ 管 理 ISO/IEC 第 10 章 の 規 定 による MAC レイヤ 管 理 エンティティ ISO/IEC 第 11 章 の 規 定 による 物 理 レイヤサービス 仕 様 ISO/IEC 第 12 章 の 規 定 による 物 理 レイヤ 管 理 ISO/IEC 第 13 章 の 規 定 による 4.3 無 線 設 備 の 条 件 第 3 章 無 線 設 備 の 技 術 的 条 件 に 適 合 することの 他 下 記 に 適 合 すること ただし 両 者 に 重 複 し て 規 格 が 存 在 する 場 合 には 第 3 章 の 規 定 内 で 適 用 されるものとする 周 波 数 ホッピング 方 式 ISO/IEC 第 14 章 の 規 定 による 直 接 拡 散 方 式 ISO/IEC 第 15 章 の 規 定 による 4.4 赤 外 線 設 備 の 条 件 ISO/IEC 第 16 章 の 規 定 による 10

21 4.5 付 則 ISO/IEC Annex A から Annex E の 規 定 による 11

22 第 5 章 測 定 法 測 定 法 は 技 適 別 表 第 1 号 1(3)に 規 定 する 総 務 省 告 示 ( 注 1)の 試 験 方 法 又 はこれと 同 等 以 上 の 方 法 とする ただし これらに 定 められている 試 験 項 目 以 外 の 項 目 については 一 般 に 行 われている 方 法 によるものとする ( 注 1) 本 標 準 規 格 3.2 版 改 定 時 点 ( 平 成 20 年 9 月 25 日 )では 平 成 16 年 1 月 26 日 総 務 省 告 示 第 88 号 特 性 試 験 の 試 験 方 法 を 指 すが その 後 その 告 示 及 び 告 示 に 記 載 の 内 容 が 改 定 された 場 合 は 最 新 版 によるものとする なお 本 標 準 規 格 3.2 版 改 定 時 点 ( 平 成 20 年 9 月 25 日 )においては 平 成 16 年 1 月 26 日 総 務 省 告 示 第 88 号 特 性 試 験 の 試 験 方 法 に 基 づいて 財 団 法 人 テレコムエンジニアリングセンターがその 詳 細 を 規 定 した TELEC-T401 2,400MHz 以 上 2,483.5MHz 以 下 の 周 波 数 の 電 波 を 使 用 する 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 に 使 用 するための 無 線 設 備 (2.4GHz 帯 高 度 化 小 電 力 データ 通 信 システ ム)の 特 性 試 験 方 法 を 参 考 とすることができる 12

23 参 考 1 特 定 無 線 設 備 の 技 術 基 準 適 合 証 明 に 係 る 試 験 項 目 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム/ワイヤレス LAN システムの 無 線 局 の 無 線 設 備 の 技 術 基 準 適 合 証 明 に 係 る 試 験 項 目 は 次 に 掲 げるとおりである なお 詳 細 については 第 5 章 を 参 照 のこと (1) 送 信 装 置 周 波 数 の 偏 差 占 有 周 波 数 帯 幅 及 び 拡 散 帯 域 幅 スプリアス 発 射 又 は 不 要 発 射 の 強 度 ( 平 成 17 年 11 月 30 日 以 前 は スプリアス 発 射 の 強 度 ) 空 中 線 電 力 の 偏 差 送 信 空 中 線 絶 対 利 得 (アンテナ 端 子 付 きで 等 価 等 方 輻 射 電 力 が 12.14dBm を 超 える 場 合 ) 送 信 空 中 線 の 主 輻 射 の 角 度 幅 ( 等 価 等 方 輻 射 電 力 が 12.14dBm を 超 える 場 合 ) (2) 受 信 装 置 副 次 的 に 発 する 電 波 等 の 限 度 (3) その 他 混 信 防 止 機 能 ホッピング 周 波 数 滞 留 時 間 13

24 参 考 2 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム 無 線 局 の 運 用 の 手 引 き 1. 概 要 1.1 目 的 2,400MHz 以 上 2,483.5MHz 以 下 の 周 波 数 の 電 波 を 使 用 する 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 を 運 用 するにあたって 2,427MHz 以 上 2,470.75MHz 以 下 の 周 波 数 の 電 波 を 使 用 する 移 動 体 識 別 装 置 ( 移 動 体 識 別 用 構 内 無 線 局 及 び 移 動 体 識 別 用 特 定 小 電 力 無 線 局 ) 並 びに 2,400MHz 以 上 2,450MHz 以 下 の 周 波 数 の 電 波 を 使 用 するアマチュア 無 線 局 との 有 害 な 電 波 干 渉 を 回 避 し 周 波 数 有 効 利 用 を 図 るとともにユーザの 利 便 性 を 確 保 することを 目 的 とする なお ここで 有 害 な 電 波 干 渉 と は 他 の 無 線 設 備 の 機 能 に 継 続 的 かつ 重 大 な 障 害 を 与 えることをいう( 法 第 82 条 ) 1.2 摘 要 本 運 用 の 手 引 きは 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムのユーザ 及 び 製 造 販 売 施 工 運 用 保 守 する 業 者 ( 以 下 専 門 業 者 という )に 適 用 する 1.3 対 象 システム 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 と 同 一 周 波 数 帯 の 電 波 を 使 用 する 次 のシステムを 対 象 とする (1) 構 内 無 線 局 2.4GHz 帯 移 動 体 識 別 用 無 線 設 備 :2,427~2,470.75MHz RCR STD-1 (2) 特 定 小 電 力 無 線 局 2.4GHz 帯 移 動 体 識 別 用 無 線 設 備 :2,427~2,470.75MHz RCR STD-29 (3) 特 定 小 電 力 無 線 局 周 波 数 ホッピング 方 式 を 用 いる 2.4GHz 帯 移 動 体 識 別 用 無 線 設 備 :2,400~2,483.5MHz ARIB STD-T81 (4) 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 :2,400~2,483.5MHz ARIB STD-T66 (5) アマチュア 無 線 局 :2,400~2,450MHz 1.4 基 本 思 想 (1) 課 題 の 明 示 専 門 業 者 は 取 扱 説 明 書 等 への 注 意 書 きの 記 載 電 波 干 渉 を 事 前 に 防 止 するための 広 報 などの 事 前 防 止 方 策 について 誠 意 をもって 対 応 すること (2) 事 前 調 査 ユーザあるいは 専 門 業 者 が 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 設 備 を 導 入 しようとする 場 合 は 導 入 前 に 干 渉 調 査 を 実 施 し 当 該 無 線 設 備 が 他 の 無 線 設 備 に 有 害 な 電 波 干 渉 を 発 生 しないことを 確 認 すること (3) 協 調 対 応 万 一 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムから 他 の 無 線 設 備 への 有 害 な 電 波 干 渉 が 発 生 した 場 合 に は ユーザ 及 び 専 門 業 者 は 誠 意 をもって 電 波 干 渉 回 避 に 協 力 すること その 際 既 に 運 用 されている 構 内 無 線 局 の 保 護 について 最 大 限 留 意 すること 14

25 2. 課 題 の 明 示 2.1 取 扱 説 明 書 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 取 扱 説 明 書 に 以 下 の 枠 内 に 示 す 趣 旨 の 注 意 書 き 及 び 後 述 の 現 品 表 示 内 容 の 意 味 を 記 載 すること この 機 器 の 使 用 周 波 数 帯 では 電 子 レンジ 等 の 産 業 科 学 医 療 用 機 器 のほか 工 場 の 製 造 ラ イン 等 で 使 用 されている 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 ( 免 許 を 要 する 無 線 局 ) 及 び 特 定 小 電 力 無 線 局 ( 免 許 を 要 しない 無 線 局 ) 並 びにアマチュア 無 線 局 ( 免 許 を 要 する 無 線 局 )が 運 用 されて います 1 この 機 器 を 使 用 する 前 に 近 くで 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 及 び 特 定 小 電 力 無 線 局 並 びに アマチュア 無 線 局 が 運 用 されていないことを 確 認 して 下 さい 2 万 一 この 機 器 から 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 に 対 して 有 害 な 電 波 干 渉 の 事 例 が 発 生 した 場 合 には 速 やかに 使 用 周 波 数 を 変 更 するか 又 は 電 波 の 発 射 を 停 止 した 上 下 記 連 絡 先 にご 連 絡 頂 き 混 信 回 避 のための 処 置 等 ( 例 えば パーティションの 設 置 など)についてご 相 談 して 下 さい 3 その 他 この 機 器 から 移 動 体 識 別 用 の 特 定 小 電 力 無 線 局 あるいはアマチュア 無 線 局 に 対 し て 有 害 な 電 波 干 渉 の 事 例 が 発 生 した 場 合 など 何 かお 困 りのことが 起 きたときは 次 の 連 絡 先 へお 問 い 合 わせ 下 さい 連 絡 先 : 2.2 ステッカー 取 扱 説 明 書 と 同 様 の 注 意 書 きを 記 載 したステッカーを 添 付 すること ステッカーの 材 質 寸 法 形 状 等 は 特 に 定 めない 2.3 カタログ パンフレット ホームページ 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムのカタログ パンフレットあるいはホームページなどに 取 扱 説 明 書 と 同 様 の 注 意 書 き 及 び 後 述 の 現 品 表 示 内 容 の 意 味 を 記 述 すること 2.4 現 品 表 示 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 設 備 本 体 に 2.4GHz 帯 使 用 機 器 変 調 方 式 想 定 干 渉 距 離 周 波 数 変 更 の 可 否 を 下 図 の 記 号 で 表 示 すること ただし 無 線 設 備 の 物 理 的 大 きさや 実 装 形 態 デザイン 上 の 制 限 などで 無 線 設 備 本 体 に 表 示 できないときは 同 一 内 容 を 記 載 したステッカーで 代 替 可 とする (1) (2) (3) 2.4DS1 (4) (1) 2.4 : 2.4GHz 帯 を 使 用 する 無 線 設 備 を 表 す (2) DS : 変 調 方 式 を 表 す( 詳 細 は 項 を 参 照 ) なお 複 数 の 変 調 方 式 の 電 波 を 発 射 で 15

26 きる 無 線 設 備 は DS/OF のようにスラッシュで 区 切 って 併 記 する (3) 1 : 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 に 対 して 想 定 される 与 干 渉 距 離 を 表 す( 詳 細 は 項 を 参 照 ) なお 複 数 の 変 調 方 式 の 電 波 を 発 射 できる 無 線 設 備 で 変 調 方 式 によって 与 干 渉 距 離 が 異 なる 場 合 は DS2/OF1 のように 変 調 方 式 と 与 干 渉 距 離 を 表 す 記 号 をスラッシュで 区 切 って 併 記 する (4) : 全 帯 域 を 使 用 し かつ 移 動 体 識 別 装 置 の 帯 域 を 回 避 可 能 であるこ とを 意 味 する( 詳 細 は 項 を 参 照 ) 変 調 方 式 の 種 類 変 調 方 式 を 表 2.1 に 示 す 記 号 で 表 示 すること 表 2.1 変 調 方 式 の 種 類 記 号 変 調 方 式 備 考 DS DS-SS 方 式 FH FH-SS 方 式 HY DS-FH FH-OFDM 複 合 方 式 OF OFDM 方 式 XX その 他 の 方 式 狭 帯 域 変 調 など 与 干 渉 距 離 の 表 示 表 示 記 号 と 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 に 対 する 想 定 干 渉 距 離 及 び 空 中 線 電 力 の 対 照 表 を 表 2.2 に 示 す いずれも 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 の 空 中 線 利 得 を 2.14dBi とし 電 波 伝 搬 損 失 を 3.5 乗 則 で 計 算 したときの 値 である 一 方 被 干 渉 局 としては 標 準 的 な 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 (RCR TR-1 移 動 体 識 別 装 置 研 究 開 発 報 告 書 のモデルA)の 諸 元 である 空 中 線 電 力 300mW 質 問 器 空 中 線 利 得 11dBi 質 問 器 給 電 線 損 失 0dB 応 答 器 空 中 線 利 得 2dBi 応 答 器 全 体 損 失 10dB( 空 中 線 利 得 給 電 線 損 失 を 含 む) 通 信 距 離 5m 受 信 帯 域 幅 32kHz 受 信 機 雑 音 -118dBm 伝 搬 マー ジン 10dB を 採 用 し 干 渉 電 力 が 標 準 受 信 入 力 より 10dB 以 上 低 くなれば 有 害 な 電 波 干 渉 は 発 生 しな いとした アンテナ 利 得 が 2.14dBi 以 外 のときあるいは 空 中 線 電 力 が 異 なるときはその 数 値 に 応 じて 想 定 干 渉 距 離 ひいては 表 示 記 号 を 変 更 してよい また 表 2.2 の 表 示 記 号 は の4 種 類 としてい るが これ 以 外 の 記 号 を 用 いてもよい その 際 想 定 与 干 渉 距 離 の1/10 を 記 号 とすること 表 2.2 与 干 渉 距 離 の 表 示 表 示 記 号 想 定 干 渉 距 離 10m 20m 40m 80m 狭 帯 域 変 調 0.01mW 0.1mW 1mW 10mW 無 線 DS OFDM 1mW 1mW/MHz 10mW/MHz - 設 備 F 空 中 線 電 力 1mW 0.1mW/MHz 1mW/MHz 10mW/MHz 3mW/MHz 例 H 拡 散 帯 域 幅 83.5MHz 26MHz 26MHz 26MHz 83.5MHz 注 ここでの 与 干 渉 距 離 は 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムから 移 動 体 識 別 用 構 内 無 線 局 への 想 定 数 値 である 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム 同 士 や 対 アマチュア 無 線 局 の 場 合 は 必 ずしもこの 通 りにならない 16

27 2.4.3 周 波 数 変 更 可 否 の 表 示 (1) 2,400 2,427 2, ,483.5MHz 全 帯 域 を 使 用 し かつ 移 動 体 識 別 装 置 の 帯 域 を 回 避 可 能 であることを 意 味 する 表 示 は3 分 割 にな っているが 3チャネルを 意 味 するものではなく チャネル 数 に 係 わらず 表 示 は3 分 割 となる (2) 2,400 2,483.5MHz 全 帯 域 を 使 用 し かつ 移 動 体 識 別 装 置 の 帯 域 を 回 避 不 可 であることを 意 味 する (3) 2,400 2, ,483.5MHz 高 域 ( 例 えば 2,471MHz~2,483.5MHz)のみを 使 用 することを 意 味 する 本 書 の 基 準 からは 2,470.75MHz 以 上 だけあるいは 2,427MHz 以 下 だけを 使 用 する 無 線 設 備 は 表 示 する 義 務 はないが 明 確 化 のために 表 示 することが 望 ましい (4) 2,400 2,427 2, ,483.5MHz 中 域 のみを 使 用 し かつ 移 動 体 識 別 装 置 の 帯 域 を 回 避 不 可 であることを 意 味 する (5) 2,400 2,427 2, ,483.5MHz 中 域 のみを 使 用 し その 中 で 周 波 数 変 更 可 能 であることを 意 味 する 表 示 は3 分 割 になっているが 移 動 体 識 別 装 置 の 帯 域 内 で 周 波 数 の 変 更 が 可 能 であることを 表 すもので チャネル 数 に 係 わらず 表 示 は3 分 割 となる 表 示 方 法 等 (1) 表 示 方 法 特 に 定 めない シール 装 置 銘 板 内 に 印 刷 筐 体 のエンボス( 浮 き 彫 り) 等 の 方 法 が 取 れる (2) 寸 法 縦 横 比 地 色 枠 の 有 無 特 に 定 めない (3) 材 質 特 に 定 めないが はがれにくく 汚 れにくいこと (4) フォント 文 字 記 号 の 色 特 に 定 めないが 読 みやすく わかりやすいこと (5) 使 用 周 波 数 表 示 グラフ 寸 法 縦 横 比 分 割 比 等 はとくに 定 めないが 使 用 周 波 数 帯 を 容 易 に 確 認 できる 形 状 や 色 彩 を 心 が けること 17

28 2.5 屋 外 固 定 設 置 の 場 合 の 現 品 表 示 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 を 屋 外 固 定 局 として 運 用 するにあたっては 前 節 の 現 品 表 示 とは 別 に 当 該 無 線 局 の 所 有 者 名 又 は 事 業 者 名 と 連 絡 先 を 表 示 すること 表 示 例 を 下 図 に 示 す 2.4GHz 帯 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 運 用 者 通 信 株 式 会 社 IP 事 業 部 お 客 様 相 談 室 連 絡 先 TEL URL (1) (2) (3) 表 示 内 容 (1) 無 線 局 の 表 示 2.4GHz 帯 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 であることを 表 示 すること (2) 所 有 者 名 又 は 運 用 事 業 者 名 個 人 が 所 有 運 用 する 場 合 は 個 人 氏 名 事 業 者 が 所 有 運 用 する 場 合 は 事 業 者 名 及 び 担 当 職 場 名 あ るいは 担 当 者 氏 名 を 表 示 すること (3) 連 絡 先 電 話 番 号 又 はEメールアドレス 若 しくはホームページアドレスを 表 示 すること (4) その 他 必 要 に 応 じて 電 波 干 渉 回 避 に 有 用 な 情 報 を 表 示 してもよい 表 示 方 法 等 (1) 表 示 方 法 特 に 定 めない シール 銘 板 印 刷 手 書 きなどの 方 法 が 取 れる (2) 寸 法 縦 横 比 地 色 枠 の 有 無 特 に 定 めない (3) 材 質 特 に 定 めないが 屋 外 に 長 期 間 放 置 しても はがれにくく 汚 れにくいこと (4) フォント 文 字 記 号 の 色 特 に 定 めないが 読 みやすく わかりやすいこと (5) 表 示 場 所 無 線 装 置 本 体 アンテナあるいは 収 容 ケースなどの 特 別 な 操 作 を 必 要 とせずに 確 認 できる 場 所 に 表 示 すること 2.6 個 装 箱 (パッケージ) 無 線 設 備 の 個 装 箱 (パッケージ)の 見 やすい 位 置 に 2.4GHz 帯 使 用 機 器 変 調 方 式 想 定 干 渉 距 離 周 波 数 変 更 の 可 否 を 現 品 表 示 と 同 様 形 式 で 表 示 すること ただし 当 該 個 装 箱 (パッケージ) が 搬 送 だけを 目 的 としたものの 場 合 はこの 限 りでない 18

29 3. 事 前 調 査 3.1 事 前 調 査 方 法 (1) 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 を 開 設 しようとする 者 は 表 2.2 に 示 す 想 定 与 干 渉 距 離 内 において 運 用 中 あるいは 開 設 が 決 定 している 移 動 体 識 別 装 置 及 びアマチュア 無 線 局 の 存 在 の 有 無 を 調 査 すること (2) 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 の 存 在 が 確 認 できた 場 合 あるいは 存 在 が 想 定 される 場 合 は 当 該 周 波 数 帯 で 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムを 運 用 してはならない ただし あらかじめ 相 手 局 のユーザと 相 談 した 上 で 試 験 運 用 を 実 施 し 又 はスペクトルアナライザなどの 測 定 装 置 あるい は 専 用 の 試 験 装 置 などを 使 用 して 電 波 干 渉 による 障 害 のないことを 確 認 できた 場 合 はこの 限 り でない 3.2 専 門 業 者 の 対 応 (1) コンサルティング 専 門 業 者 が 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムを 納 入 するにおいて ユーザから 依 頼 された 場 合 は 事 前 調 査 を 実 施 しなければならない ユーザからの 依 頼 がない 場 合 でも 自 発 的 に 専 門 業 者 が 事 前 調 査 を 実 施 することが 望 ましい (2) 試 験 機 能 専 門 業 者 は 無 線 設 備 に 連 続 送 信 機 能 やビット 誤 り 率 測 定 機 能 など 事 前 調 査 に 必 要 な 試 験 機 能 をあ らかじめ 製 品 に 組 み 込 んでおくことが 望 ましい 製 品 に 組 み 込 まない 場 合 は その 機 能 に 代 わる 試 験 装 置 や 測 定 器 などを 用 意 しておくことが 望 ましい 4. 協 調 対 応 4.1 干 渉 回 避 への 協 力 専 門 業 者 は 製 造 販 売 設 置 したあるいは 保 守 を 依 頼 されている 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 シス テムの 使 用 に 起 因 する 移 動 体 識 別 装 置 あるいはアマチュア 無 線 局 への 有 害 な 電 波 干 渉 の 事 例 が 発 生 し かつ 当 該 システムのユーザと 移 動 体 識 別 装 置 のユーザあるいはアマチュア 無 線 局 の 免 許 人 の 間 で 電 波 干 渉 回 避 方 策 の 検 討 を 行 う 必 要 が 生 じた 場 合 には 誠 意 を 持 って 電 波 干 渉 回 避 に 協 力 すること 4.2 既 設 の 無 線 局 優 先 既 に 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 を 運 用 中 のエリアあるいは 導 入 が 決 定 しているエリアで 時 間 的 に 後 発 で 同 一 周 波 数 帯 の 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 を 開 設 しようとする 場 合 は 後 発 者 の 責 任 で 事 前 調 査 及 び 干 渉 回 避 対 策 を 実 施 すること 万 一 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムが 稼 働 後 に 既 設 の 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 に 有 害 な 電 波 干 渉 を 与 えた 場 合 は 速 やかに 使 用 周 波 数 を 変 更 するか 又 は 電 波 の 発 射 を 停 止 し 干 渉 回 避 対 策 を 実 施 すること ただし 当 該 局 間 の 距 離 が 表 2.2 に 示 す 想 定 与 干 渉 距 離 より 大 きいときは 相 互 のユーザが 協 力 して 干 渉 回 避 対 策 を 実 施 すること 4.3 セクタ 指 向 性 空 中 線 の 制 限 EIRP を 増 加 しても 与 干 渉 面 積 が 増 加 しないように 空 中 線 のビーム 半 値 角 を 制 限 しているが 同 一 箇 所 に 複 数 の 無 線 局 を 設 置 して 空 中 線 のビームを 複 数 方 向 に 向 けると 結 果 的 に 与 干 渉 面 積 が 増 大 す る そのため 利 得 が 2.14dBi を 超 える 送 信 空 中 線 を 使 用 し かつ EIRP が 表 4.1 の 無 指 向 性 欄 に 示 19

30 す 数 値 を 超 える 場 合 は 同 一 場 所 ( 表 2.2 に 示 す 想 定 与 干 渉 距 離 内 )で 複 数 の 無 線 局 を 動 作 させては ならない 表 4.1 変 調 方 式 に 対 する EIRP の 上 限 変 調 方 式 使 用 周 波 数 帯 空 中 線 電 力 EIRP( 最 大 ) ( 最 大 ) 無 指 向 性 ビーム 指 向 性 DS 2,400~2,483.5MHz 10mW/MHz 12.14dBm/MHz 22.14dBm/MHz OFDM1 2,400~2,483.5MHz 10mW/MHz 12.14dBm/MHz 22.14dBm/MHz OFDM2 2,400~2,483.5MHz 5mW/MHz 9.14dBm/MHz 19.14dBm/MHz FH DS-FH 2,400~2,483.5MHz 3mW/MHz 6.91dBm/MHz 16.91dBm/MHz FH-OFDM 2,427~2,470.75MHz を 除 く 10mW/MHz 12.14dBm/MHz 22.14dBm/MHz 上 記 以 外 2,400~2,483.5MHz 10mW 12.14dBm 22.14dBm 注 1 ビーム 指 向 性 の 半 値 角 は 360 A 度 以 下 でなければならない Aは 当 該 EIRP が 無 指 向 性 EIRP の 上 限 値 を 超 え る 率 とする 注 2 変 調 方 式 欄 の OFDM1は 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz 以 下 のもの OFDM2 は 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz を 超 え 38MHz 以 下 のものを 示 す 4.4 屋 外 で 使 用 する 模 型 飛 行 機 の 無 線 操 縦 に 使 用 する 場 合 の 留 意 事 項 (1) 注 意 事 項 屋 外 で 使 用 する 模 型 飛 行 機 の 無 線 操 縦 用 として 使 用 する 場 合 電 波 干 渉 等 を 回 避 するために 機 器 の 設 計 や 運 用 について 特 別 の 注 意 を 払 う 必 要 がある (2) 汎 用 との 相 違 点 ( 設 備 第 49 条 の 20) (ア) FH 方 式 の 周 波 数 滞 留 時 間 は 0.05 秒 以 下 であること (イ) 送 信 開 始 時 において 動 作 するキャリアセンスを 有 すること(FH 方 式 を 除 く) (3) 模 型 飛 行 機 の 定 義 ここでいう 模 型 飛 行 機 とは 無 線 で 操 縦 ( 制 御 )する 固 定 翼 機 (いわゆる 飛 行 機 ) 回 転 翼 機 (ヘ リコプタ) グライダなどをいう (4) 適 用 除 外 画 像 伝 送 や 測 定 データ 伝 送 用 に 使 用 するもので 飛 行 体 の 制 御 に 関 与 しない 場 合 は 屋 外 で 使 用 す る 模 型 飛 行 機 の 無 線 操 縦 の 用 に 供 する 送 信 装 置 に 含 まれない (5) 問 い 合 わせ 先 屋 外 で 使 用 する 模 型 飛 行 機 の 無 線 操 縦 用 として 使 用 する 場 合 は 詳 しい 情 報 を 以 下 に 問 い 合 わせ る 事 が 望 ましい 財 団 法 人 日 本 ラジコン 電 波 安 全 協 会 TEL: FAX: 東 京 都 台 東 区 浅 草 橋 T F A ビル 10 階 20

31 参 考 3 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム 無 線 局 の 運 用 の 手 引 き( 概 要 版 ) はじめに 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 使 用 周 波 数 帯 は 2,400~2,483.5MHz であり 移 動 体 識 別 装 置 ( 移 動 体 識 別 用 構 内 無 線 局 及 び 移 動 体 識 別 用 特 定 小 電 力 無 線 局 )の 使 用 周 波 数 帯 2,427MHz~ 2,470.75MHz 並 びにアマチュア 無 線 局 の 使 用 周 波 数 帯 2,400MHz~2,450MHz と 重 複 していま す この 重 複 する 周 波 数 帯 で 有 害 な 干 渉 を 回 避 し 周 波 数 有 効 利 用 を 図 るとともにユーザの 利 便 性 を 確 保 することを 目 的 に 運 用 の 手 引 き を 作 成 しました 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 設 備 を 製 造 販 売 施 工 運 用 保 守 する 者 ( 以 下 専 門 業 者 といいます )は ユーザに 干 渉 の 可 能 性 を 明 示 し 干 渉 回 避 方 法 を 案 内 するとともに 万 一 干 渉 が 生 じた 場 合 は 相 互 に 協 力 して 干 渉 回 避 対 策 を 実 施 するようお 願 いします 1. 課 題 の 明 示 (1) 取 扱 説 明 書 次 の 枠 内 に 示 す 趣 旨 の 注 意 書 き 及 び 現 品 表 示 記 号 の 意 味 を 取 扱 説 明 書 に 記 載 して 下 さい また 同 様 の 内 容 を 記 載 したステッカーを 用 意 し 製 品 に 添 付 して 下 さい この 機 器 の 使 用 周 波 数 帯 では 電 子 レンジ 等 の 産 業 科 学 医 療 用 機 器 のほか 工 場 の 製 造 ライ ン 等 で 使 用 されている 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 ( 免 許 を 要 する 無 線 局 ) 及 び 特 定 小 電 力 無 線 局 ( 免 許 を 要 しない 無 線 局 ) 並 びにアマチュア 無 線 局 ( 免 許 を 要 する 無 線 局 )が 運 用 されています 1 この 機 器 を 使 用 する 前 に 近 くで 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 及 び 特 定 小 電 力 無 線 局 並 びにア マチュア 無 線 局 が 運 用 されていないことを 確 認 して 下 さい 2 万 一 この 機 器 から 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 に 対 して 有 害 な 電 波 干 渉 の 事 例 が 発 生 した 場 合 には 速 やかに 使 用 周 波 数 を 変 更 するか 又 は 電 波 の 発 射 を 停 止 した 上 下 記 連 絡 先 にご 連 絡 頂 き 混 信 回 避 のための 処 置 等 ( 例 えば パーティションの 設 置 など)についてご 相 談 し て 下 さい 3 その 他 この 機 器 から 移 動 体 識 別 用 の 特 定 小 電 力 無 線 局 あるいはアマチュア 無 線 局 に 対 して 有 害 な 電 波 干 渉 の 事 例 が 発 生 した 場 合 など 何 かお 困 りのことが 起 きたときは 次 の 連 絡 先 へ お 問 い 合 わせ 下 さい 連 絡 先 : (2) カタログ パンフレット ホームページ カタログ パンフレットあるいはホームページなどに 取 扱 説 明 書 と 同 様 の 注 意 書 き 及 び 現 品 表 示 記 号 の 意 味 を 記 載 して 下 さい (3) 現 品 表 示 無 線 設 備 本 体 に 2.4GHz 帯 使 用 機 器 変 調 方 式 想 定 干 渉 距 離 周 波 数 変 更 の 可 否 を 下 図 の 記 号 で 表 示 して 下 さい また 個 装 箱 (パッケージ)にも 同 様 形 式 で 表 示 して 下 さい なお 下 図 は 表 示 方 法 の 一 例 ですので 詳 細 は ARIB STD-T66 を 参 照 して 下 さい DS1 4 21

32 1 2.4 : 2.4GHz 帯 を 使 用 する 無 線 設 備 を 表 す 2 DS : 変 調 方 式 を 表 す なお 複 数 の 変 調 方 式 の 電 波 を 発 射 できる 無 線 設 備 は DS /OF のようにスラッシュで 区 切 って 併 記 する DSSS 方 式 :DS FHSS 方 式 :FH OFDM 方 式 :OF 複 合 方 式 :HY その 他 :XX 3 1 : 想 定 される 与 干 渉 距 離 を 表 す 例 は 想 定 干 渉 距 離 (1 10)m 以 下 を 表 す なお 複 数 の 変 調 方 式 の 電 波 を 発 射 できる 無 線 設 備 で 変 調 方 式 によって 与 干 渉 距 離 が 異 なる 場 合 は DS2/OF1 のように 変 調 方 式 と 与 干 渉 距 離 を 表 す 記 号 をスラッシュで 区 切 って 併 記 する 4 : 全 帯 域 を 使 用 し かつ 移 動 体 識 別 装 置 の 帯 域 を 回 避 可 能 であることを 意 味 する (4) 屋 外 固 定 設 置 の 場 合 の 現 品 表 示 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 を 屋 外 固 定 局 として 運 用 するときは 無 線 装 置 本 体 アンテナあるいは 収 容 ケースなどの 見 易 い 位 置 に 下 図 の 内 容 を 表 示 して 下 さい 2.4GHz 帯 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 運 用 者 通 信 株 式 会 社 IP 事 業 部 お 客 様 相 談 室 連 絡 先 TEL URL GHz 帯 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 であることを 表 示 2 所 有 者 名 又 は 運 用 事 業 者 名 を 表 示 3 電 話 番 号 又 はEメールアドレスあるいはホームページアドレスを 表 示 2. 事 前 調 査 (1) 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 を 開 設 しようとする 者 は 想 定 干 渉 距 離 内 におけ る 移 動 体 識 別 装 置 及 びアマチュア 無 線 局 の 存 在 の 有 無 を 調 査 して 下 さい (2) 想 定 干 渉 距 離 内 に 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 が 存 在 する 場 合 は 当 該 周 波 数 帯 で 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムを 運 用 しないで 下 さい ただし あらかじめ 相 手 局 のユーザと 相 談 した 上 で 試 験 運 用 を 実 施 し 又 はスペクトルアナライザなどの 測 定 装 置 あるいは 専 用 の 試 験 装 置 などを 使 用 して 干 渉 による 障 害 がないことを 確 認 できた 場 合 はこの 限 りでありません (3) 専 門 業 者 は ユーザから 依 頼 された 場 合 は 事 前 調 査 を 実 施 して 下 さい ユーザからの 依 頼 がな い 場 合 でも 自 発 的 に 事 前 調 査 を 実 施 することを 推 奨 します 3. 協 調 対 応 (1) 干 渉 回 避 への 協 力 専 門 業 者 は 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 使 用 に 起 因 する 移 動 体 識 別 装 置 あるいはアマチ ュア 無 線 局 への 有 害 な 電 波 干 渉 の 事 例 が 発 生 し かつ 当 該 システムのユーザと 移 動 体 識 別 装 置 のユー ザあるいはアマチュア 無 線 局 の 免 許 人 の 間 で 電 波 干 渉 回 避 方 策 の 検 討 を 行 う 必 要 が 生 じた 場 合 には 誠 意 を 持 って 電 波 干 渉 回 避 に 協 力 して 下 さい 22

33 (2) 既 設 の 無 線 局 優 先 既 に 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 を 運 用 中 のエリアあるいは 導 入 が 決 定 しているエリアで 時 間 的 に 後 発 で 同 一 周 波 数 帯 の 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 を 開 設 しようとする 場 合 は 後 発 者 の 責 任 で 事 前 調 査 及 び 干 渉 回 避 対 策 を 実 施 して 下 さい 万 一 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムが 稼 働 後 に 既 設 の 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 に 有 害 な 電 波 干 渉 を 与 えた 場 合 は 速 やかに 使 用 周 波 数 を 変 更 するか 又 は 電 波 の 発 射 を 停 止 し 干 渉 回 避 対 策 を 実 施 して 下 さい 注 1 この 運 用 の 手 引 き( 概 要 版 )は 民 間 の 任 意 規 格 の 参 考 です ARIB STD-T66 に 運 用 の 手 引 きの 詳 細 を 参 考 として 添 付 してありますので 参 照 して 下 さい 注 2 問 い 合 わせ 先 社 団 法 人 電 波 産 業 会 規 格 会 議 無 線 LAN 作 業 班 事 務 局 あて TEL: FAX: 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 日 土 地 ビル 11 階 なお 屋 外 で 使 用 する 模 型 飛 行 機 の 無 線 操 縦 用 として 使 用 する 機 器 に 関 する 問 い 合 わせ 先 は 以 下 になります 財 団 法 人 日 本 ラジコン 電 波 安 全 協 会 TEL: FAX: 東 京 都 台 東 区 浅 草 橋 T F A ビル 10 階 23

34 参 考 4 ARIB STD-T66 添 付 の 運 用 の 手 引 き セクタアンテナ 規 制 に 関 する 解 説 書 1. はじめに ARIB STD-T66 に 添 付 してある 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム 無 線 局 の 運 用 の 手 引 き にお いてセクタアンテナの 使 用 制 限 を 自 主 規 制 しており ある 範 囲 内 に 複 数 局 を 設 置 しないこととしてい ます しかし 運 用 の 手 引 き は 文 章 だけの 説 明 であり 具 体 的 事 例 を 適 用 する 上 で 判 断 に 迷 う 場 合 が 生 じています そこで 無 線 LAN ユーザやメーカの 利 便 性 を 損 なわずに 自 主 規 制 を 円 滑 に 運 用 で きるよう セクタアンテナ 規 制 に 関 する 解 説 書 を 作 成 しました 2. EIRP 規 制 緩 和 の 趣 旨 2002 年 2 月 28 日 の 無 線 設 備 規 則 等 の 改 正 によって 小 電 力 データ 通 信 システム 用 無 線 設 備 ( 以 下 無 線 LAN といいます )の 等 価 等 方 輻 射 電 力 (EIRP)の 上 限 が 緩 和 (+10dB)されました 単 純 に EIRP の 上 限 を 緩 和 すると 同 一 周 波 数 帯 を 使 用 する 他 の 無 線 局 ( 移 動 体 識 別 装 置 やアマチュア 無 線 局 )に 対 する 与 干 渉 範 囲 が 拡 大 し 周 波 数 共 用 に 支 障 を 来 たします そこで EIRP を 上 げる 場 合 はその 量 に 応 じてアンテナビームの 半 値 角 を 狭 くし 与 干 渉 面 積 を 従 来 規 制 の 与 干 渉 面 積 * 以 下 に することによって 周 波 数 共 用 を 図 るようにしています( 図 1 参 照 ) * 利 得 2.14dBi の 無 指 向 性 アンテナに 最 大 定 格 電 力 (DSSS の 場 合 10mW/MHz)を 供 給 したとき 与 干 渉 面 積 無 指 向 性 アンテナ 指 向 性 アンテナ 無 指 向 性 アンテナ 指 向 性 アンテナ EIRP 22.14dBm/MHz A 10dB EIRP 12.14dBm/MHz EIRP 12.14dBm/MHz 従 来 の 規 制 規 制 緩 和 後 図 1 EIRP 規 制 の 概 念 これを 面 積 で 規 定 するのは 困 難 なので 実 際 はアンテナの 半 値 角 で 規 制 しています 半 値 角 360 度 A( 実 数 ) ここで A は 当 該 EIRP が 無 指 向 性 EIRP の 上 限 値 を 超 える 率 とします 例 えば 規 制 緩 和 後 の 最 大 EIRP にする 場 合 は アンテナの 半 値 角 を 36 度 (=360 度 10 倍 ) 以 下 にしなければなりません 逆 に 半 値 角 が 60 度 のアンテナの 場 合 は 無 指 向 性 アンテナの 利 得 (2.14dBi)に 対 して 最 大 6 倍 (=360 度 60 度 )の 利 得 即 ち 9.9dBi(=2.14dBi+7.78dB)のア ンテナを 使 用 できることになります 24

35 3. セクタ 指 向 性 アンテナ 規 制 の 趣 旨 規 制 緩 和 によって EIRP が 増 加 した 無 線 局 を 同 一 場 所 に 複 数 設 置 すれば 当 然 ながら 与 干 渉 面 積 が 増 加 します 極 端 な 例 でいえば EIRP=22.14dBm/MHz で 半 値 角 36 度 のアンテナを 10 本 設 置 すれ ば 全 方 向 (360 度 )にわたって 最 大 EIRP を 確 保 でき 与 干 渉 面 積 は 従 来 の 10 倍 になってしまい ます 他 の 無 線 局 から 見 れば 一 方 的 に 干 渉 を 受 ける 範 囲 が 広 がることになり 周 波 数 共 用 の 観 点 から 許 容 できないということになります そこで 同 一 場 所 に 設 置 できる 高 EIRP の 無 線 局 の 数 を 自 主 的 に 制 限 し 他 の 無 線 局 との 周 波 数 共 用 を 図 ることになりました ここでいう 同 一 場 所 とは 無 線 LAN から 移 動 体 識 別 装 置 ( 構 内 無 線 局 ) に 対 して 有 害 な 干 渉 を 与 えないと 想 定 した 距 離 以 内 のことで 無 線 LAN の 空 中 線 電 力 によって 変 化 します( 表 1 参 照 ) 表 1 与 干 渉 距 離 想 定 干 渉 距 離 10m 20m 40m 80m 無 線 設 備 例 狭 帯 域 変 調 0.01mW 0.1mW 1mW 10mW DS OFDM 1mW 1mW/MHz 10mW/MHz - F 空 中 線 電 力 1mW 0.1mW/MHz 1mW/MHz 10mW/MHz 3mW/MHz H 拡 散 帯 域 幅 83.5MHz 26MHz 26MHz 26MHz 83.5MHz 4. 運 用 上 の 問 題 と 解 決 方 法 セクタアンテナの 定 義 に 関 し 同 一 場 所 で 複 数 無 線 局 という 定 義 をそのまま 適 用 すると 中 継 局 を 構 成 できないことになってしまいます また 直 線 状 の 通 信 エリア( 道 路 沿 いや 鉄 道 沿 い)をカ バーするためには 上 り/ 下 りの 両 方 向 にビーム 指 向 性 を 持 たせたいところですが これも 禁 止 され ることになり ユーザの 利 便 性 を 阻 害 してしまいます セクタ 指 向 性 アンテナを 規 制 する 趣 旨 は 与 干 渉 面 積 を 規 制 前 の 最 大 面 積 より 小 さくすることにあ ります 逆 にいえば 与 干 渉 面 積 が 増 えないという 条 件 内 であれば 同 一 場 所 に 複 数 の 無 線 局 を 設 置 しても 自 主 規 制 に 反 しないということになります 5. 規 制 の 判 断 例 以 下 具 体 的 設 置 例 を 挙 げ 自 主 規 制 にかかる/かからないの 判 断 基 準 を 示 します 基 本 的 考 え 方 は 次 のとおりです (1) 従 来 規 格 (EIRP 12.14dBm/MHz)の 無 線 設 備 従 来 規 格 の 無 線 設 備 は 自 主 規 制 対 象 外 ですから 従 来 規 格 の 無 線 設 備 だけで 構 成 する 場 合 は 1 箇 所 の 設 置 台 数 の 制 限 はありません ただし 設 置 台 数 によってはスループットが 低 下 することも 考 えら れます (2) 従 来 規 格 内 の 無 線 設 備 と 高 EIRP 無 線 設 備 の 組 合 せ 高 EIRP 無 線 設 備 側 で 緩 和 規 格 (EIRP 22.14dBm/MHz かつ 半 値 角 360 度 A)を 守 っていれ ば 従 来 規 格 の 無 線 設 備 が 何 台 あっても 問 題 ありません (3) 同 一 場 所 に 該 当 しない 場 合 同 一 場 所 とは 無 線 LAN から 移 動 体 識 別 装 置 ( 構 内 無 線 局 )に 対 して 有 害 な 干 渉 を 与 えないと 想 定 した 距 離 ( 無 線 LAN の 空 中 線 電 力 によって 変 化 ) 以 内 を 指 しますが 異 なるユーザが 設 置 する 場 合 は 同 一 場 所 に 該 当 しません 25

36 具 体 的 設 置 例 凡 例 : 許 容 : 条 件 付 き 許 容 : 不 可 従 来 規 格 範 囲 内 でのセクタアンテナ EIRP=12.14dBm/MHz の 範 囲 EIRP=12.14dBm/MHz の 範 囲 従 来 規 格 範 囲 内 (EIRP 12.14dBm/MHz)で あれば 同 一 箇 所 に 何 局 設 置 し ても 許 容 します 指 向 性 アンテナ 指 向 性 アンテナ 無 指 向 性 アンテナ 高 EIRP アンテナと 無 指 向 性 アンテナ 無 指 向 性 アンテナ EIRP 22.14dBm/MHz 指 向 性 アンテナ A 10dB 半 値 角 360 度 A 従 来 規 格 内 の 無 指 向 性 アンテ ナは 自 主 規 制 対 象 外 ですか ら 高 EIRP 側 で 規 格 を 守 っ ていればと 従 来 規 格 の 台 数 に 制 限 はありません EIRP 12.14dBm/MHz 従 来 規 格 内 であればビームアンテナも 可 半 値 角 の 狭 い 高 EIRP アンテナを 複 数 : 条 件 による EIRP 22.14dBm/MHz EIRP 12.14dBm/MHz EIRP 22.14dBm/MHz A 10dB A 10dB 高 EIRP アンテナを 複 数 設 置 する 場 合 でも 各 アンテナの 半 値 角 の 合 計 が 以 下 の 式 を 満 足 すれば 許 容 します 合 計 半 値 角 360 度 A 例 えば EIRP=22.14dBm/MHz のときの 半 値 角 制 限 は 36 度 以 下 となりますので 半 値 角 10 度 のアンテナであれば 3 本 まで 設 置 できることになります(36 度 10 度 3) 26

37 それぞれのアンテナ 利 得 が 異 なる 場 合 は 以 下 の 式 を 満 足 させる 必 要 があります θ1 A1+θ2 A2+ +θn An 360 度 θn: 各 アンテナの 半 値 角 An: 各 アンテナの EIRP 12.14dBm/MHz に 対 する 倍 率 ( 実 数 ) An 10 双 ビームアンテナ : 条 件 による EIRP 22.14dBm/MHz EIRP 12.14dBm/MHz EIRP 22.14dBm/MHz A 10dB A 10dB 双 ビームアンテナの 合 計 半 値 角 が 以 下 の 式 を 満 足 すれば 許 容 します 合 計 半 値 角 360 度 A 例 えば EIRP=22.14dBm/MHz のときの 半 値 角 制 限 は 36 度 以 下 となりますので 片 ビーム 半 値 角 は 最 大 18 度 まで 許 容 できます 高 EIRP 無 指 向 性 アンテナ EIRP=12.14dBm/MHz の 範 囲 高 利 得 無 指 向 性 アンテナ( 多 段 コーリニアなど) わずかでも 飛 び 出 せば 不 可 コーリニアアンテナを 水 平 方 向 に 設 置 しても 規 格 外 です 6. おわりに セクタアンテナの 自 主 規 制 は 周 波 数 共 用 が 目 的 であり 無 線 LAN ユーザやメーカの 利 便 性 を 損 な うことは 意 図 していません 例 えば 無 線 LAN から 移 動 体 識 別 装 置 ( 構 内 無 線 局 )に 対 して 有 害 な 干 渉 を 与 えないと 想 定 した 距 離 以 内 がすべて 当 該 ユーザの 管 理 する 敷 地 である 場 合 には セクタアン テナの 使 用 を 制 限 するものではありません また 周 辺 に 移 動 体 識 別 装 置 ( 構 内 無 線 局 )やアマチュア 無 線 局 が 存 在 する 可 能 性 が 極 めて 少 ない 山 岳 部 などでは セクタアンテナの 使 用 を 必 ずしも 制 限 する ものではありません(もちろん 十 分 な 事 前 調 査 が 必 要 ですが) 自 主 規 制 の 趣 旨 を 理 解 の 上 で 運 用 して いただければ 幸 いです 27

38 問 合 せ 先 : ( 社 ) 電 波 産 業 会 規 格 会 議 無 線 LAN 作 業 班 事 務 局 TEL: FAX: 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 日 土 地 ビル 11 階 28

39 参 考 5 漏 洩 同 軸 ケーブルに 関 する 解 説 書 平 成 17 年 7 月 6 日 策 定 平 成 17 年 10 月 4 日 改 定 1 はじめに ARIB STD-T66 及 び RCR STD-33 は これまで 漏 洩 同 軸 ケーブルをアンテナとして 使 用 することを 前 提 としていなかったため 運 用 の 場 面 で 混 乱 が 生 じないように 規 格 会 議 無 線 LAN 作 業 班 の 審 議 を 経 て 本 解 説 書 を 作 成 した これは ARIB STD-T66( 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム/ワイヤレス LAN システム) 及 び RCR STD-33( 小 電 力 データ 通 信 システム/ワイヤレス LAN システム)を 対 象 とし アンテナ 利 得 2.14dBi 以 下 とい う 条 件 で 検 討 されたものであり その 他 の 無 線 システムについては 導 入 にあたり 別 途 検 討 が 必 要 である 2 本 書 の 目 的 漏 洩 同 軸 ケーブルは 同 軸 ケーブルの 外 部 導 体 部 分 にスロットを 設 けたもので 各 スロ ットが 相 互 に 作 用 し 全 体 が 一 つのアンテナとして 輻 射 角 度 や 利 得 を 持 つ その 構 造 はフ レキシブルで 様 々な 形 状 で 敷 設 できるため 同 じスロット 構 成 であっても 全 体 の 敷 設 形 状 や 長 さによって 利 得 に 差 が 生 ずる 従 来 は 主 に 鉄 道 トンネル 地 下 街 などの 公 共 設 備 において 免 許 を 付 与 された 無 線 局 に 使 用 されていたので その 運 用 状 態 は 行 政 やメーカが 管 理 可 能 であった しかし 無 線 LAN のような 免 許 不 要 局 のアンテナとして 市 場 に 流 通 する 場 合 には その 扱 いは 技 術 基 準 適 合 証 明 を 受 けた 者 又 は 工 事 設 計 認 証 を 受 けた 者 にゆ だねられ 最 終 的 には 一 般 ユーザの 手 に 渡 ることになり 電 波 法 の 遵 守 と 他 システムへの 与 干 渉 防 止 を 図 るために いかなる 状 況 でもアンテナ 利 得 が 上 限 値 を 超 えないという 担 保 が 必 要 になる また 現 行 の 技 術 基 準 や 審 査 基 準 との 整 合 性 が 保 たれるよう アンテナ 利 得 の 測 定 及 び 算 出 方 法 を 定 める 必 要 がある 3 漏 洩 同 軸 ケーブルの 考 え 方 (1) 漏 洩 同 軸 ケーブル 構 造 の 定 義 漏 洩 同 軸 ケーブルとは 中 心 導 体 絶 縁 体 外 部 導 体 が 同 心 円 上 に 配 置 され 電 波 が 漏 洩 するよう 外 部 導 体 に 規 則 的 な 開 口 部 (スロット)が 設 けられた 同 軸 ケーブルを 指 す そ の 構 造 は 同 一 特 性 区 間 内 のスロット 構 造 が 均 一 であり また 外 力 で 同 心 円 構 造 が 容 易 に 変 形 しないものとする (2)アンテナとしての 捉 え 方 漏 洩 同 軸 ケーブルは 給 電 線 ではなくアンテナとみなす 図 1のように 単 一 型 グレ ーディング 型 分 岐 型 といった 接 続 形 態 に 関 わらず 給 電 点 から 先 の 全 体 を 一 つのアンテ ナとみなす また 分 岐 型 とグレーディング 型 の 混 合 型 においても 同 様 とする また 同 一 のスロット 構 成 であっても 全 長 が 異 なる 場 合 は 別 のアンテナとみなす 同 様 に 全 長 が 同 じでも 特 性 ( 結 合 損 失 伝 送 損 失 )が 異 なる 場 合 は 別 のアンテナとみなす (3)アンテナ 利 得 漏 洩 同 軸 ケーブルのアンテナ 利 得 は 2.14dBi 以 下 を 担 保 しなければならない 専 用 の 付 属 給 電 線 を 使 用 する 場 合 は その 損 失 分 も 含 めてアンテナ 利 得 として 良 いこととする 29

40 終 端 器 一 つのアンテナ 漏 洩 同 軸 ケーブル 給 電 線 送 信 機 給 電 点 単 一 型 終 端 器 特 性 Cの 区 間 一 つのアンテナ 漏 洩 同 軸 ケーブル 特 性 Bの 区 間 特 性 Aの 区 間 給 電 線 送 信 機 給 電 点 グレーディング 型 一 つのアンテナ 終 端 器 漏 洩 同 軸 ケーブル 分 配 器 漏 洩 同 軸 ケーブル 終 端 器 分 岐 型 給 電 点 給 電 線 送 信 機 図 1 (4) 終 端 部 連 結 部 分 配 部 の 構 造 漏 洩 同 軸 ケーブルの 終 端 部 には その 特 性 インピーダンスに 等 しい 終 端 器 を 接 続 し 容 易 に 分 解 できない 構 造 とする グレーディング 型 において 異 なる 特 性 区 間 の 境 目 に 連 結 部 (コネクタ 接 続 など)があ る 場 合 は その 部 分 を 容 易 に 取 り 外 せない 構 造 とする 分 岐 型 において 分 配 部 ( 分 配 器 と 漏 洩 同 軸 ケーブルの 接 続 部 )は 容 易 に 取 り 外 しがで きない 構 造 とする 4 利 得 の 測 定 と 算 出 方 法 前 述 のように 漏 洩 同 軸 ケーブルは 敷 設 形 状 を 変 えると 利 得 が 変 化 するので いかなる 敷 設 形 状 でも 利 得 が 2.14dBi を 越 えないという 担 保 が 必 要 となる そこで 全 てのスロッ トから 送 信 される 電 波 が 同 じ 伝 搬 距 離 の 受 信 点 において 全 て 同 位 相 で 加 算 ( 最 大 値 合 成 )されるという 理 論 上 考 えられる 最 も 厳 しい 条 件 を 仮 定 し 測 定 と 計 算 によって 最 大 利 得 を 推 定 する 最 大 利 得 の 計 算 は 漏 洩 同 軸 ケーブルの 接 続 形 態 ( 単 一 型 分 岐 型 グレーディング 型 ) によってそれぞれ 異 なる 算 出 式 を 用 い 以 下 に 説 明 する 単 位 長 (1m) 利 得 と 伝 送 損 失 を 共 通 に 使 用 する (1) 単 位 長 (1m) 利 得 Gu の 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブルは 全 長 が 長 いため 多 くの 場 合 そのままでは 電 波 暗 室 での 測 定 は 困 難 である そこで 電 波 暗 室 内 での 回 転 が 可 能 な1mのサンプルを 用 い 単 位 長 (1m) 利 得 Gu を 置 換 法 で 測 定 する ( 図 2) 30

41 ア 測 定 場 所 電 波 暗 室 とする イ 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブル 測 定 に 用 いる 漏 洩 同 軸 ケーブルは 給 電 側 の 最 初 のスロットから 終 端 側 の 最 後 のスロ ットまでの 長 さを 約 1mとし 終 端 側 に 無 反 射 終 端 器 を 接 続 する ウ エ オ カ キ 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブルの 設 置 条 件 高 さ 1.5mの 絶 縁 材 料 で 作 られた 回 転 台 の 上 に 水 平 に 設 置 する 測 定 器 の 条 件 (1)スペクトルアナライザは MAX HOLD に 設 定 する (2) 最 大 受 信 電 力 がスペクトルアナライザの 雑 音 レベルより 20dB 以 上 高 くなるように 標 準 信 号 発 生 器 の 出 力 を 調 整 する このとき 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブル 給 電 点 におけ る 送 信 電 力 をPin(dBm)とする (3) 測 定 周 波 数 は 以 下 のとおりとする ARIB STD-T66 に 該 当 する 無 線 設 備 を 接 続 する 場 合 2400MHz MHz MHz RCR STD-33 に 該 当 する 無 線 設 備 を 接 続 する 場 合 2471MHz 2484MHz 2497MHz 測 定 用 アンテナの 条 件 ホーン 型 アンテナ 又 は 標 準 ダイポールアンテナとする 測 定 の 方 法 (1) 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブルと 測 定 用 アンテナを 対 向 させ 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブル 表 面 のスロット 開 口 面 を 測 定 用 アンテナ 方 向 に 向 ける 測 定 用 アンテナは 垂 直 偏 波 とす る (2) 回 転 台 を 回 転 させ 受 信 電 力 最 大 点 に 調 整 し 固 定 する (3) 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブルを 同 心 円 軸 を 中 心 に 回 転 させ 受 信 電 力 最 大 点 に 調 整 し このときの 受 信 電 力 を 記 録 する (4) 測 定 用 アンテナを 水 平 偏 波 にして 上 記 (2) 及 び(3)を 再 度 行 う (5) 上 記 (3)と(4)の 測 定 結 果 のいずれか 大 きい 方 を 最 大 受 信 電 力 PLCX(dBm)とする (6) 次 に 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブルを 台 上 から 外 し 同 じ 位 置 に 置 換 用 標 準 ダイポール アンテナ( 利 得 2.14dBi)を 垂 直 偏 波 で 設 置 する (7)これに 漏 洩 同 軸 ケーブルの 場 合 と 同 じ 送 信 電 力 Pin を 給 電 して 垂 直 偏 波 にした 測 定 用 アンテナから 得 られる 最 大 受 信 電 力 Pdp(dBm)を 測 定 する 単 位 長 (1m) 利 得 Gu の 算 出 単 位 長 (1m)の 漏 洩 同 軸 ケーブルの 最 大 利 得 Gu を (1) 式 により 算 出 する Gu = P LCX - P dp dbi (1) 31

42 回 転 台 を 上 から 見 た 図 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブル 終 端 器 回 転 台 給 電 点 1m PLCX 又 は Pdp 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブル Pin 3m 回 転 台 1.5m 1.5m 測 定 用 アンテナ 標 準 信 号 発 生 器 スペクトル アナライザ 図 2 (2) 伝 送 損 失 の 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブルの1mあたりの 伝 送 損 失 をαc(dB/m)とする この 伝 送 損 失 αc は ケ ーブル 内 を 電 力 が 伝 送 される 際 にケーブル 自 体 で 生 ずる 損 失 ( 抵 抗 損 誘 電 体 損 など)と 電 力 の 一 部 が 各 スロットから 電 波 として 外 部 へ 出 ていくことによる 輻 射 損 失 を 合 わせたも のとなる この 値 は 使 用 周 波 数 帯 域 内 での 最 小 値 を 採 用 する コネクタ 損 失 などによる 誤 差 を 小 さくするために 図 3のように 全 長 50m 以 上 のサンプ ルを コンクリートフロアから 10cm の 距 離 を 保 持 して 直 線 状 に 敷 設 し 測 定 する その 際 スロット 開 口 面 が 上 空 に 向 くようにする また 全 長 50m に 満 たない 短 い 漏 洩 同 軸 ケーブルで 測 定 する 場 合 は コネクタロス(0.1dB/ 個 )を 計 算 に 入 れる 漏 洩 同 軸 ケーブルメーカから 提 示 される 伝 送 損 失 値 を 採 用 する 場 合 その 値 が 上 記 の 方 法 又 は これに 準 ずる 高 確 度 な 方 法 で 測 定 された 最 小 値 であることを 確 認 する 必 要 がある 標 準 信 号 発 生 器 漏 洩 同 軸 ケーブルのスロット 開 口 面 は 上 空 に 向 ける スペクトルアナライザ 又 はRFパワーメータ 10cm コンクリートフロア 非 金 属 の 支 持 台 M 図 3 (3) 単 一 型 のアンテナ 利 得 の 算 出 長 さn(m)の 単 一 型 のアンテナ 利 得 Gn(dBi)は 以 下 の 前 提 条 件 に 基 づいて (2) 式 によ 32

43 って 算 出 する 前 提 条 件 1) 長 さn(m)の 漏 洩 同 軸 ケーブルは 単 位 長 (1m)のアンテナ 素 子 がn 個 つながった ものとする 2) 各 素 子 から 発 射 される 電 波 は 評 価 地 点 において 同 じ 空 間 伝 搬 損 且 つ 同 位 相 で 加 算 される 3) 給 電 点 からk 番 目 のアンテナ 素 子 に 到 達 する 電 力 は k αc (db)の 伝 送 損 失 を 受 け るものとする 但 し 一 つのアンテナ 素 子 ( 単 位 長 1m) 内 の 各 スロットの 励 振 電 力 は 全 て 同 じとする 利 得 G u 単 位 長 1m 全 長 n(m) 利 得 G n k=0 k=1 k=2 k= n -1 給 電 点 終 端 器 図 4 算 出 式 α n 1 Gu k c 10 Gn[ dbi] = 10Log10 10 (n: 整 数 ) (2) k = 0 算 出 例 全 長 n=100m Gu=-18 dbi αc= 0.13 db/mの 場 合 (2) 式 から G100=-2.92 dbi を 得 る 更 に n=500mまで 計 算 した 結 果 をグラフにすると 図 5のようになり この 漏 洩 同 軸 ケーブルは 150m 付 近 から 利 得 が 飽 和 し これ 以 上 延 長 しても 2.14dBi を 超 えないこと が 分 かる 0-5 最 大 利 得 Gn(dBi) 漏 洩 同 軸 ケーブル 長 n(m) 図 5 33

44 (4)グレーディング 型 のアンテナ 利 得 の 算 出 図 6のように 特 性 の 異 なる 漏 洩 ケーブルを 直 列 に 連 結 した 場 合 それぞれの 特 性 区 間 ごとのアンテナ 利 得 を 求 め その 合 計 をアンテナ 利 得 Gn とする 利 得 G n 利 得 G u 単 位 長 1m n l =0 n l =1 n l =n-1 n l =0 n l =1 n l =n-1 n l =0 n l =1 n l =n-1 給 電 点 l=1 l=2 l=l 図 6 終 端 器 算 出 式 G [ dbi] = 10Log n L n 1 10 l= 1 n = 0 l 10 G ul n α l cl l [ n ] ( q 1) αc ( q 1) q= (3) Gn: アンテナ 利 得 L: グレーディング 数 l : 区 間 番 号 n: 区 間 の LCX 長 ( 整 数 ) Gu: 単 位 長 アンテナ 利 得 α c: 単 位 長 減 衰 量 ただし n 0 = α c0 = 0 とする 算 出 例 図 6において 給 電 点 側 から 第 1 区 間 (l=1) 全 長 n1=20m Gu1=-15 dbi αc1= db/m 第 2 区 間 (l=2) 全 長 n2=20m Gu2=-10 dbi αc2= db/m 第 3 区 間 (l=3) 全 長 n3=20m Gu3=-5.8dBi αc3= db/m とした 場 合 (3) 式 から Gn= 1.73 dbi となる 34

45 (5) 分 岐 型 アンテナ 利 得 の 算 出 図 7のように m 本 の 漏 洩 同 軸 ケーブルを 並 列 に 接 続 した 場 合 それぞれの 漏 洩 同 軸 ケ ーブルごとのアンテナ 利 得 を 求 め その 合 計 をアンテナ 利 得 Gn とする この 計 算 方 法 の 根 拠 は 算 出 例 の 後 に 詳 しく 述 べる 図 7の 場 合 まず 一 番 上 (m=1)のアンテナ 利 得 G1 を 給 電 点 から 終 端 器 までに 含 ま れる 利 得 要 素 と 損 失 要 素 を 加 算 して 求 める その 際 分 配 部 分 については 分 配 器 の 理 論 上 の 電 力 分 配 損 は 計 算 に 含 めず 抵 抗 損 などで 生 じる Ldm だけを 計 算 する 同 様 に2 番 目 以 降 のアンテナ 利 得 G2 から Gm も 順 次 計 算 し これらの 利 得 を 全 て 合 計 した 値 が 分 岐 型 ア ンテナ 全 体 の 最 大 合 成 利 得 Gn となる これを 式 で 表 すと 式 (4)となる Ld m 利 得 G u 単 位 長 1m m n =0 m n =1 m n =2 m n =n-1 m=1 給 電 線 分 配 器 m n =0 m n =1 m n =2 m n =n-1 m=2 利 得 G n 給 電 点 m n =0 m n =1 m n =2 m n =n-1 m=m 終 端 器 図 7 算 出 式 G [ dbi] = 10Log n M n 1 G m= 1 m = 0 n um m α n 10 cm Ld m (4) : アンテナ 利 得 M : 分 岐 数 n : LCX 長 ( 整 数 ) Gu : 単 位 長 アンテナ 利 得 αc : 単 位 長 減 衰 量 Ldm : 分 配 器 損 失 Gn ( 理 論 上 の 電 力 分 配 損 を 除 いた 損 失 分 即 ち 抵 抗 損 や 誘 電 体 損 などを 指 す ) 35

46 算 出 例 分 岐 数 m=2 全 長 n1=n2=50m Gu= dbi αc= 0.13 db/m Ld1=Ld2=0.2dB の 場 合 式 (4)から Gn=-3.85dBi となる この 分 岐 接 続 において 最 大 合 成 利 得 が 各 アンテナ 利 得 の 和 となる 理 論 的 根 拠 は 以 下 の 通 りである 漏 洩 同 軸 ケーブルを 二 分 岐 接 続 にした 場 合 の 最 大 合 成 利 得 を 下 記 のモデルで 考 える 利 得 が G1 と G2 の 二 つのアンテナに 電 力 P1 と P2 を 同 相 で 加 えたとき それぞれのアンテ ナから 同 じ 距 離 d のある 測 定 点 における 合 成 電 界 強 度 Eは 式 (a)で 表 される E = K G P G P ) / d (a) ( 二 つのアンテナの 中 間 に 利 得 Gt の 仮 想 アンテナ を 考 え これに 電 力 P1+P2 を 加 えたとき 距 離 d における 電 界 強 度 が 上 記 Eと 等 しいとすれば E = K Gt ( P P ) 2 / d (b) 1 + P 1 P 2 G 1 G 2 d d E 測 定 点 (a) 式 と(b) 式 から Gt は G1 G2 r によって(c) 式 の ように 表 される 但 し r は 電 力 配 分 比 r=p2/p1 P1+P2 は 常 に 一 定 とする 2 G t = ( G + G r ) /(1 + ) (c) 1 2 r 合 成 利 得 Gt は 電 力 配 分 比 r によって 変 化 するが これが 最 大 になる r を dgt / dr = (d) という 条 件 で 求 めると r = G /G (e) となり 式 (e)を(c)に 代 入 すると G t = G + G (f) (max) 1 2 従 って Gt の 最 大 値 は 常 に G1+G2 であり 電 力 配 分 比 r に 依 存 しない このことから 送 信 機 からの 給 電 電 力 を 分 配 器 で 何 分 配 しても また どのよう な 分 配 比 にしても 理 論 上 の 最 大 合 成 利 得 は 各 アン テナ 利 得 の 和 であることが 分 かる Gt Gt P 1 +P G t d G 1 =G 2 =1の 場 合 Gt(max) r G 1 =0.5 G 2 =1の 場 合 Gt(max) E 測 定 点 r 36

47 (6) 結 合 損 失 の 算 出 単 位 長 (1m) 利 得 Guの 測 定 において 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブルと 測 定 アンテナ 間 の 空 間 伝 搬 損 失 である 結 合 損 失 Lc(dB)を (5) 式 で 算 出 する (Pinは 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブ ルへの 給 電 電 力 ) 但 し 直 接 Lcを 測 定 する 場 合 はPin PLCXを 測 定 する 必 要 はない L c=pin-plcx db (5) この 結 合 損 失 の 値 は アンテナ 利 得 算 出 には 直 接 使 用 しないが 参 考 事 項 として 把 握 して おく 必 要 がある なお この 値 は 一 般 に 漏 洩 同 軸 ケーブルの 特 性 としてカタログ 等 に 示 される 結 合 損 失 (50% 確 率 値 など)とは 定 義 が 異 なるので 注 意 が 必 要 である 5 工 事 設 計 書 への 記 載 について( 参 考 ) 漏 洩 同 軸 ケーブルをアンテナとして 用 いる 場 合 工 事 設 計 書 の 該 当 項 目 を 以 下 のように 記 載 することにより 技 術 基 準 及 び 審 査 基 準 との 整 合 を 図 ることができると 考 える 項 目 4 空 中 線 (1) 型 式 及 び 構 成 漏 洩 同 軸 空 中 線 ( 構 成 は 添 付 の 図 面 のとおり)と 記 載 し 構 成 を 示 す 図 面 を 添 付 する (2) 利 得 実 際 の 漏 洩 同 軸 ケーブルの 長 さで 4 利 得 の 測 定 と 算 出 方 法 により 算 出 した 最 大 利 得 を 記 載 する 項 目 8 参 考 事 項 4 利 得 の 測 定 と 算 出 方 法 で 求 めた 結 合 損 失 を 記 載 する 37

48 6 おわりに この 漏 洩 同 軸 ケーブルに 関 する 解 説 書 は 電 波 法 の 遵 守 と 他 システムへの 与 干 渉 防 止 を 図 ることによって 漏 洩 同 軸 ケーブルを 無 線 LAN 用 アンテナの 一 つの 選 択 肢 として 円 滑 に 利 用 可 能 にすることを 目 的 としており 無 線 LAN ユーザやメーカの 利 便 性 を 損 なう ことは 意 図 していない 本 書 の 趣 旨 を 理 解 した 上 で 適 切 に 運 用 されたい 問 合 せ 先 : ( 社 ) 電 波 産 業 会 規 格 会 議 無 線 LAN 作 業 班 事 務 局 TEL: FAX: 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 日 土 地 ビル 11 階 38

49 参 考 6 40 MHz システムとして 使 用 可 能 な 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム の 無 線 局 の 無 線 設 備 の 設 計 基 準 及 び 運 用 の 手 引 き 1. はじめに 平 成 19 年 7 月 5 日 策 定 平 成 19 年 12 月 21 日 改 定 平 成 19 年 6 月 28 日 に 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 にかかわる 無 線 設 備 規 則 等 の 改 正 が 行 われ 2,400 MHz 以 上 2,483.5 MHz 以 下 の 電 波 を 使 用 する 無 線 設 備 において OFDM 方 式 を 用 いる 場 合 にはキャリアセンスを 備 え 付 けることを 条 件 に 占 有 周 波 数 帯 幅 26 MHz を 超 え 38 MHz 以 下 の 送 信 を 行 うことができるようになった しかしながら 同 一 周 波 数 帯 を 使 用 する 他 の 無 線 局 においては キャリアセンス 等 による 干 渉 回 避 を 採 って いない 場 合 があるため これらの 無 線 局 に 対 する 与 干 渉 の 可 能 性 が 拡 大 し 周 波 数 共 用 に 支 障 を 来 たす 事 が 懸 念 される そこで 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 の 無 線 設 備 を 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26 MHz を 超 え 38 MHz 以 下 の 送 信 を 行 う 40 MHz システムとして 使 用 する 場 合 に 同 一 周 波 数 帯 を 使 用 する 他 の 無 線 局 に 対 して 与 える 有 害 な 干 渉 の 可 能 性 を 低 減 し 周 波 数 有 効 利 用 を 図 るとともにユーザの 利 便 性 を 確 保 することを 目 的 に 40 MHz システムとして 使 用 可 能 な 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 の 無 線 設 備 の 設 計 基 準 及 び 運 用 の 手 引 きを 作 成 した MHz システムが 与 える 干 渉 の 可 能 性 40 MHz システム( 占 有 周 波 数 帯 域 幅 が 26 MHz を 超 え 38 MHz 以 下 であるものをいう ) は 普 及 するに 従 い より 高 速 性 を 要 求 されるようになった 無 線 LAN( 小 電 力 データ 通 信 システム 用 無 線 設 備 )において 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26 MHz を 超 える 送 信 を 行 うことで 従 来 の2 倍 以 上 の 伝 送 速 度 を 実 現 する 無 線 設 備 のことである 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 シ ステムの 無 線 局 の 無 線 設 備 においては OFDM 方 式 ( 直 交 周 波 数 分 割 多 重 方 式 )に 限 られ 送 信 にあたってはキャリアセンスを 行 い 送 信 装 置 の 占 有 周 波 数 帯 を 他 の 無 線 局 が 使 用 さ れていないことを 確 認 した 場 合 のみ 送 信 する 事 ができる しかしながら 他 の 無 線 局 におい てはキャリアセンス 等 を 採 っていない 場 合 があるために 干 渉 を 回 避 するには 十 分 ではな い また 他 の 無 線 局 の 送 信 装 置 が 周 波 数 ホッピング 方 式 を 用 いている 場 合 には 40 MHz システムのキャリアセンスのタイミングに キャリアセンスを 行 う 周 波 数 範 囲 に 他 の 無 線 局 の 送 信 装 置 が 電 波 を 発 射 していないこともあるために やはり 干 渉 を 回 避 できない した がって これらの 干 渉 の 可 能 性 を 少 しでも 低 減 するためには ユーザが 必 要 な 時 にのみ 40 MHz システムとして 使 用 できるように 無 線 設 備 を 設 計 することが 望 ましい また 必 要 な 時 にのみ 40 MHz システムとして 使 用 するように ユーザに 対 して 注 意 を 喚 起 すること が 望 ましい MHz システムとして 使 用 可 能 な 無 線 設 備 の 設 計 基 準 40 MHz システムとして 使 用 可 能 な 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 の 無 線 設 備 の 設 計 においては 40 MHz システムの 使 用 設 定 を ON にすること 又 は OFF にするこ とのいずれかを 切 り 替 えることができること また 当 該 無 線 設 備 の 初 期 設 定 状 態 ( 製 39

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

特定ラジオマイクの陸上移動局の無線設備(TVホワイトスペース帯、特定ラジオマイク専用帯、1.2GHz帯)標準規格

特定ラジオマイクの陸上移動局の無線設備(TVホワイトスペース帯、特定ラジオマイク専用帯、1.2GHz帯)標準規格 特 定 ラジオマイクの 陸 上 移 動 局 の 無 線 設 備 (TVホワイトスペース 帯 特 定 ラジオマイク 専 用 帯 1.2GHz 帯 ) SPECIFIED RADIO MICROPHONE FOR LAND MOBILE RADIO STATION TV WHITE SPACE BAND, EXCLUSIVE BAND, 1.2GHz BAND 標 準 規 格 ARIB STANDARD

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 21 日 制 定 ) ( 総 則 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 号 以 下 令 という ) 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 ( 以 下 事 業 という )の 円 滑 な 遂 行 に 資

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

6. 共 有 等 に 係 る 固 定 資 産 の 判 定 3 共 有 に 係 る 固 定 資 産 については それぞれの 共 有 者 が 他 に 固 定 資 産 を 所 有 している 場 合 であっても その 資 産 とは 別 個 に 共 有 されている 固 定 資 産 を 別 の 人 格 が 所

6. 共 有 等 に 係 る 固 定 資 産 の 判 定 3 共 有 に 係 る 固 定 資 産 については それぞれの 共 有 者 が 他 に 固 定 資 産 を 所 有 している 場 合 であっても その 資 産 とは 別 個 に 共 有 されている 固 定 資 産 を 別 の 人 格 が 所 第 64 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 免 税 点 及 び 固 定 資 産 課 税 台 帳 からの 出 題 であった 問 1の 免 税 点 については 判 断 に 迷 う 点 もないことから 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった 問 の 固 定 資 産 課 税 台 帳 については 事 例 部 分 の 解 答 方 法 に 迷 う 問

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

(3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 補 助 金 の 交 付 決 定 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 申 請 書 を 受 理 したときは 速 やかにその 内 容 を 審 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 規 則 第 7 条 に 規 定 す

(3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 補 助 金 の 交 付 決 定 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 申 請 書 を 受 理 したときは 速 やかにその 内 容 を 審 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 規 則 第 7 条 に 規 定 す 篠 山 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 9 月 30 日 要 綱 第 55 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 民 が 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 目 指 し 自 主 防 犯 活 動 を 補 完 するため 防 犯 カメラの 設 置 に 係 る 経 費 の 一 部 を 補 助 することに 関 し 篠 山 市 補 助 金 交 付

More information

理化学研究所の役職員への兼業(兼職)依頼について

理化学研究所の役職員への兼業(兼職)依頼について 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 への 兼 業 ( 兼 職 ) 依 頼 について 役 職 員 が 兼 業 を 行 なう 場 合 事 前 に 弊 所 の 承 認 が 必 要 です 役 職 員 へ 兼 業 を 依 頼 さ れる 場 合 は 下 記 を 御 一 読 戴 き 役 職 員 本 人 宛 に 御 依 頼 くださいますようお 願 い 致 し ます 1. 兼 業 依 頼 から 承 認 までの 流

More information

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自 飯 能 市 社 会 保 障 税 番 号 制 度 ( マ イ ナ ン バ ー 制 度 ) 導 入 基 本 方 針 平 成 2 7 年 8 月 4 日 市 長 決 裁 行 政 手 続 に お け る 特 定 の 個 人 を 識 別 す る た め の 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 2 5 年 法 律 第 2 7 号 以 下 番 号 法 と い う ) 等 の 通 称 マ イ

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

Taro-H19退職金(修正版).jtd

Taro-H19退職金(修正版).jtd 調 査 結 果 の 概 要 1 退 職 金 制 度 (1) 採 用 状 況 ( 表 1) 集 計 第 1 表 第 2 表 退 職 金 制 度 の 採 用 状 況 をみると 退 職 一 時 金 制 度 のみ 14 社 ( 退 職 金 制 度 採 用 企 業 246 社 の5.7 %) 退 職 年 金 制 度 のみ 27 社 ( 同 11.0%) 退 職 一 時 金 制 度 と 退 職 年 金 制 度

More information

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料 別 添 72 後 退 灯 の 技 術 基 準 1. 適 用 範 囲 等 この 技 術 基 準 は 自 動 車 に 備 える 後 退 灯 に 適 用 する( 保 安 基 準 第 40 条 関 係 ) ただし 法 第 75 条 の2 第 1 項 の 規 定 によりその 型 式 について 指 定 を 受 けた 白 色 の 前 部 霧 灯 が 後 退 灯 として 取 付 けられている 自 動 車 にあっては

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 第 3 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 ~ 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )の 概 要 について~ 平 成 27 年 12 月 4 日 ( 金 ) 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )で 整 備 する の 目 次 1. 需 要 家 への 適 切 な 情 報 提 供 (1) 一 般 的 な 情 報 提 供 (2) 契

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

慶應義塾利益相反対処規程

慶應義塾利益相反対処規程 慶 應 義 塾 利 益 相 反 マネジメント 内 規 平 成 17 年 12 月 6 日 制 定 平 成 23 年 4 月 1 日 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 10 月 30 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 慶 應 義 塾 利 益 相 反 マネジメント 内 規 ( 以 下 本 内 規 という )は, 慶 應 義 塾 利 益 相 反 マネジメント ポリシー(

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464>

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464> 第 2 開 発 行 為 の 許 可 第 1 節 許 可 を 要 する 開 発 行 為 1 面 積 要 件 ( 法 第 29 条 第 1 項 第 1 号 第 2 項 本 文 ) 下 表 のそれぞれの 区 域 ごとに 定 めた 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 法 令 により 許 可 不 要 及 び 協 議 が 必 要 とされるものを 除 く )を 行 おうとする 者 は あらかじめ 知 事 の

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知)

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知) 27 文 科 初 第 1593 号 平 成 28 年 3 月 22 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 各 指 定 都 市 教 育 委 員 会 殿 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 構 造 改 革 特 別 区 域 法 第 12 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けた 地 方 公 共 団 体 の 長 文 部 科 学 省 初 等 中 等

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 28 年 4 月 国 税 庁 平 成 28 年 4 月 の 熊 本 地 震 により 被 害 を 受 けられた 方 を 支 援 するために 熊 本 県 下 や 大 分 県 下 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いや

More information

草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 3 条 第 4 項 の 規 定 により 草 加 市 が 施 行 する 草

草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 3 条 第 4 項 の 規 定 により 草 加 市 が 施 行 する 草 草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 草 加 市 草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 3 条 第 4 項 の 規 定 により 草 加 市 が 施

More information

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住 第 66 回 税 理 士 試 験 解 答 速 報 固 定 資 産 税 本 解 答 は 平 成 28 年 8 月 12 日 16 時 に 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 に 作 成 したもので 予 告 なしに 内 容 を 変 更 する 場 合 が あります また 本 解 答 は 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 の 見 解 で 作 成 / 提 供 しており 試 験 機 関 による

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル は じ め に 合 格 (うかる) 勉 強 とは 1 試 験 に 合 格 するのに 絶 対 的 に 必 要 なことは 問 いに 正 しく 答 えることである このあたりまえのことを 考 えたこと 有 りますか 2 試 験 問 題 の 出 題 (= 作 問 )の 仕 方 から 勉 強 方 法 を 考 える 択 一 試 験 では 必 ず 正 誤 が 問 われるのでついつい 思 考 が 二 者 択 一 的

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者 労 災 レセプト 電 算 処 理 システム 利 用 規 約 ( 目 的 及 び 定 義 ) 第 1 条 本 規 約 は 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 ( 以 下 労 働 基 準 局 という )が 運 営 する 労 災 レセプト 電 算 処 理 システムを 利 用 する 場 合 に 必 要 な 事 項 を 定 めるものです 2 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 意 義 は 次

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

< F2D E518D6C817A938A82B08D9E82DD8E9197BF8140>

< F2D E518D6C817A938A82B08D9E82DD8E9197BF8140> 平 成 26 年 10 月 15 日 関 東 地 方 整 備 局 国 営 昭 和 記 念 公 園 事 務 所 H26 昭 和 四 阿 新 築 その 他 工 事 で 見 積 活 用 方 式 の 試 行 を 行 います 昨 今 工 事 発 注 において 予 定 価 格 超 過 や 入 札 参 加 がいないことなどを 理 由 として 入 札 のとりやめや 不 調 となる 工 事 が 相 次 いでいることから

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評 別 紙 広 大 地 の 判 定 に 当 たり 留 意 すべき 事 項 広 大 地 については 平 成 16 年 6 月 4 日 付 課 評 2-7 ほか2 課 共 同 財 産 評 価 基 本 通 達 の 一 部 改 正 に ついて( 法 令 解 釈 通 達 ) により その 評 価 方 法 を 改 正 し その 改 正 の 趣 旨 等 については 平 成 16 年 6 月 29 日 付 資 産 評

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63> 土 木 部 建 築 設 計 及 び 工 事 監 理 等 委 託 業 務 成 績 評 定 要 領 の 運 用 ( 建 築 設 計 等 委 託 業 務 編 ) ( 評 定 の 方 法 ) 第 1 評 定 者 は 評 定 を 行 おうとする 業 務 ( 以 下 対 象 業 務 という )について 別 添 の 採 点 表 により 評 定 を 行 うものとし 評 価 項 目 評 価 の 視 点 及 び 評 価

More information

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心 福 山 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 2014 年 ( 平 成 26 年 )4 月 市 民 局 市 民 部 生 活 安 全 推 進 課 福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378> 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 利 益 相 反 マネジメント 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 ( 以 下 本 学 会 と 略 す)は その 活 動 におい て 社 会 的 責 任 と 倫 理 性 が 求 められていることに 鑑 み 利 益 相 反 マネジメント 規 程 を 策 定 する その 目

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

3 大 規 模 の 償 却 資 産 大 規 模 の 償 却 資 産 について 道 府 県 知 事 は 決 定 した 価 格 等 に 重 大 な 錯 誤 があることを 発 見 した 場 合 に おいては 直 ちに 当 該 価 格 等 を 修 正 し 遅 滞 なく 修 正 した 価 格 等 及 び 道

3 大 規 模 の 償 却 資 産 大 規 模 の 償 却 資 産 について 道 府 県 知 事 は 決 定 した 価 格 等 に 重 大 な 錯 誤 があることを 発 見 した 場 合 に おいては 直 ちに 当 該 価 格 等 を 修 正 し 遅 滞 なく 修 正 した 価 格 等 及 び 道 第 63 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 価 格 の 修 正 及 び 家 屋 の 所 有 権 移 転 に 係 る 課 税 関 係 からの 出 題 であった 1の 価 格 の 修 正 については 過 去 の 本 試 験 問 題 を 通 じて 対 策 をしていた 論 点 であり 判 断 に 迷 う 点 もないこと から 高 得 点 を 取 ることが 可 能

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 秋 田 河 川 国 道 事 務 所 長 渡 邊 政 義 1. 業 務 概 要

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 き 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 27 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 三 陸 国 道 事 務 所 長 永 井 浩 泰 1. 業 務 概 要 (1)

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

Microsoft Word - 実施について.doc

Microsoft Word - 実施について.doc 平 成 19 年 4 月 24 日 証 券 会 員 制 法 人 札 幌 証 券 取 引 所 による パブリックコメント( 意 見 提 出 手 続 ) 実 施 について 本 所 は 上 場 制 度 の 整 備 等 を 行 います 概 要 は 次 のとおりです 取 引 所 取 引 に 係 る 約 定 取 消 しルールの 制 定 について ( 別 紙 参 照 ) ご 意 見 等 は 住 所 氏 名 会 社

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

平成19年9月改定

平成19年9月改定 参 考 建 設 工 事 に 係 る 資 源 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 建 設 リサイクル 法 )に 基 づく 通 知 及 び 契 約 書 の 記 載 事 項 等 に 関 する 取 扱 要 領 技 術 計 画 課 作 成 平 成 14 年 5 月 30 日 改 正 平 成 15 年 5 月 30 日 1. 建 設 リサイクル 法 の 目 的 特 定 の 建 設 資 材 について

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB82C98AD682B782E9827081954182512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB82C98AD682B782E9827081954182512E646F63> 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 2 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 介 護 保 険 課 国 民 健 康 保 険 課 高 齢 者 医 療 制 度 施 行 準 備 室 問 1 年 度 途 中 において 保 険 料 が 増 額 された 場 合 は 特 別 徴 収 と 普 通 徴 収 を 併 用 すること( 併 徴 )が 可 能 であるとのことだが 特 別 徴 収 依 頼 の 時 点

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63> 接 続 検 討 回 答 書 ( 高 圧 版 ) 別 添 様 式 AP8-20160401 回 答 日 年 月 日 1. 申 込 者 等 の 概 要 申 込 者 検 討 者 2. 接 続 検 討 の 申 込 内 容 発 電 者 の 名 称 発 電 場 所 ( 住 所 ) 最 大 受 電 電 力 アクセス の 運 用 開 始 希 望 日 3. 接 続 検 討 結 果 (1) 希 望 受 電 電 力 に

More information

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 Up Newsletter 養 老 保 険 の 減 額 逓 増 定 期 保 険 の 取 扱 い 変 更 介 護 費 用 保 険 の 導 入 企 業 の 保 険 のポイント http://www.up-firm.com 1 養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者

More information

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80>

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80> 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 調 理 室 改 修 設 計 施 工 プロポーザル( 公 募 型 ) 実 施 要 項 平 成 23 年 8 月 飛 騨 市 -1- 1 目 的 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 は 平 成 24 年 度 より 指 定 管 理 者 制 度 を 導 入 する 予 定 です 給 食 については 現 在 3 歳 未 満 児 ( 以 下 未 満 児 という )を 含 め 外

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63> 消 防 危 第 245 号 平 成 1 7 年 1 0 月 2 6 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 東 京 消 防 庁 各 指 定 都 市 消 防 長 殿 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 長 給 油 取 扱 所 等 における 単 独 荷 卸 しに 係 る 運 用 について 危 険 物 取 扱 者 の 立 会 いなしに 移 動 タンク 貯 蔵 所 に 乗 務 する 危 険

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information