第二世代小電力データ通信システム/ワイヤレスLANシステム標準規格

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第二世代小電力データ通信システム/ワイヤレスLANシステム標準規格"

Transcription

1 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム/ ワイヤレスLANシステム SECOND GENERATION LOW POWER DATA COMMUNICATION SYSTEM/ WIRELESS LAN SYSTEM 標 準 規 格 ARIB STANDARD ARIB STD-T 版 平 成 11 年 12 月 14 日 策 定 平 成 14 年 3 月 28 日 2.0 改 定 平 成 15 年 3 月 26 日 2.1 改 定 平 成 17 年 9 月 29 日 2.2 改 定 平 成 17 年 11 月 30 日 2.3 改 定 平 成 18 年 3 月 14 日 2.4 改 定 平 成 19 年 9 月 26 日 3.0 改 定 平 成 20 年 3 月 19 日 3.1 改 定 平 成 20 年 9 月 25 日 3.2 改 定 社 団 法 人 電 波 産 業 会 Association of Radio Industries and Businesses

2

3 ま え が き 社 団 法 人 電 波 産 業 会 は 無 線 機 器 製 造 者 電 気 通 信 事 業 者 放 送 事 業 者 及 び 利 用 者 等 の 参 加 を 得 て 各 種 の 電 波 利 用 システムに 関 する 無 線 設 備 に 標 準 的 な 仕 様 等 の 基 本 的 な 要 件 を 標 準 規 格 と して 策 定 している 標 準 規 格 は 周 波 数 の 有 効 利 用 及 び 他 の 利 用 者 との 混 信 の 回 避 を 図 る 目 的 から 定 められる 国 の 技 術 基 準 と 併 せて 無 線 設 備 の 適 正 品 質 互 換 性 の 確 保 等 無 線 機 器 製 造 者 及 び 利 用 者 の 利 便 を 図 る 目 的 から 策 定 される 民 間 の 任 意 基 準 をとりまとめて 策 定 される 民 間 の 規 格 である 本 標 準 規 格 は 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 の 無 線 設 備 及 び ワイヤレス LAN システムの 設 備 について 策 定 されたもので 策 定 段 階 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため 内 外 無 差 別 に 広 く 無 線 機 器 製 造 者 利 用 者 等 利 害 関 係 者 の 参 加 を 得 た 当 会 の 規 格 会 議 の 総 意 により 策 定 されたものである 本 標 準 規 格 で 規 定 する 無 線 設 備 は 2,400~2,483.5MHz を 使 用 するもので 既 往 の 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 の 無 線 設 備 (2,471~2,497MHz を 使 用 するもので RCR STD-33 で 規 定 さ れるもの)と 区 別 するために 第 二 世 代 を 付 した この 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 使 用 周 波 数 帯 は 2.4GHz 帯 移 動 体 識 別 装 置 ( 構 内 無 線 局 及 び 特 定 小 電 力 無 線 局 ) 並 びにアマチュア 無 線 局 と 重 複 しており 電 波 の 干 渉 による 障 害 が 発 生 する 可 能 性 がある 同 一 周 波 数 帯 での 干 渉 を 回 避 するために 干 渉 回 避 方 法 や 解 決 方 法 を 記 述 した 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム 無 線 局 の 運 用 の 手 引 き を 作 成 し 参 考 資 料 として 添 付 した 本 標 準 規 格 が 無 線 機 器 製 造 者 試 験 機 関 利 用 者 等 に 積 極 的 に 活 用 されることを 希 望 する なお 本 標 準 規 格 の 策 定 は 社 団 法 人 電 信 電 話 技 術 委 員 会 と 共 同 で 行 った 注 意 : 本 標 準 規 格 には 本 標 準 規 格 に 係 る 必 須 の 工 業 所 有 権 に 関 して 特 別 の 記 述 は 行 われていないが 当 該 必 須 の 工 業 所 有 権 の 権 利 所 有 者 は 本 標 準 規 格 に 係 る 工 業 所 有 権 である 別 表 に 掲 げる 権 利 は 別 表 に 掲 げる 者 の 保 有 するところのものであるが 本 標 準 規 格 を 使 用 する 者 に 対 し 適 切 な 条 件 の 下 に 非 排 他 的 かつ 無 差 別 に 当 該 別 表 に 掲 げる 権 利 の 実 施 を 許 諾 する ただし 本 標 準 規 格 を 使 用 する 者 が 本 標 準 規 格 で 規 定 する 内 容 の 全 部 又 は 一 部 が 対 象 となる 必 須 の 工 業 所 有 権 を 所 有 し かつ その 権 利 を 主 張 した 場 合 その 者 についてはこの 限 りでない 旨 表 明 している

4 別 表 ( 第 二 号 選 択 ) 特 許 出 願 人 発 明 の 名 称 出 願 番 号 等 備 考 ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 無 線 電 話 システム 及 び 無 線 電 話 ネ ットワーク 内 でのデータ 送 信 方 法 並 びに 無 線 電 話 器 特 開 平 ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 ノキア ジャパン 株 式 会 社 無 線 電 話 TDMA システムにおいて パケットデータを 伝 送 するシステ ム TDMA システムにおける 無 線 容 量 の 動 的 割 り 振 り 方 法 情 報 の 暗 号 化 方 法 およびデータ 通 信 システム 移 動 通 信 システム 内 でパケット 交 換 データを 伝 送 するための 方 法 移 動 通 信 システムにおけるパケッ トモード 送 信 の 保 安 性 の 改 良 移 動 通 信 システムにおいてある 複 数 プロトコルに 従 ってある 複 数 層 でデータを 処 理 するための 方 法 と 装 置 特 開 平 特 表 平 特 開 平 特 表 特 許 第 号 特 許 第 号 ARIB STD-T 版 について 包 括 確 認 書 を 提 出 *1 これらの 特 許 は ARIB STD-T 版 における 改 定 部 分 に 係 ります (Reference) 特 許 出 願 人 発 明 の 名 称 出 願 番 号 等 備 考 ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 情 報 順 序 を 変 更 した 自 動 再 送 信 特 表 審 査 請 求 せず ノキア ジャパン 株 式 会 社 *1 System for transmitting packet data in digital cellular time division multiple access (TDMA) air interface US5,640,395 *1 これらの 特 許 は ARIB STD-T 版 における 改 定 部 分 に 係 ります 米 国

5 本 書 の 記 述 方 法 について 第 1 章 から 第 4 章 までは 規 定 と 規 格 を 記 述 している 第 5 章 には 規 格 に 対 応 する 測 定 法 を 記 述 している 参 考 1には 特 定 無 線 設 備 に 係 る 試 験 項 目 を 記 述 している 参 考 2には 移 動 体 識 別 装 置 との 電 波 の 干 渉 回 避 方 法 や 解 決 方 法 を 記 述 している 参 考 3には 参 考 2の 概 要 を 記 述 している 参 考 4には セクタアンテナ 規 制 に 関 する 解 説 を 記 述 している 参 考 5には 漏 洩 同 軸 ケーブルに 関 する 解 説 を 記 述 している 参 考 6には 40MHz システム 使 用 時 の 与 干 渉 の 可 能 性 を 低 減 する 方 法 を 記 述 している 本 標 準 規 格 の 無 線 設 備 に 関 する 技 術 的 条 件 等 については 関 連 規 則 を 付 記 している 法 令 略 語 は 次 による 法 : 電 波 法 省 令 : 平 成 12 年 以 前 は 郵 政 省 令 平 成 13 年 以 降 は 総 務 省 令 告 示 : 平 成 12 年 以 前 は 郵 政 省 告 示 平 成 13 年 以 降 は 総 務 省 告 示 施 行 : 電 波 法 施 行 規 則 設 備 : 無 線 設 備 規 則 技 適 : 特 定 無 線 設 備 の 技 術 基 準 適 合 証 明 等 に 関 する 規 則 端 末 : 端 末 設 備 等 規 則 端 末 技 適 : 端 末 機 器 の 技 術 基 準 適 合 認 定 等 に 関 する 規 則

6

7 目 次 まえがき 第 1 章 一 般 事 項 概 要 適 用 範 囲 引 用 文 書 2 第 2 章 標 準 システム システムの 概 要 システムの 構 成 3 第 3 章 無 線 設 備 の 技 術 的 条 件 一 般 条 件 4 (1) 通 信 方 式 4 (2) 通 信 の 内 容 4 (3) 使 用 周 波 数 帯 4 (4) 使 用 環 境 条 件 送 信 装 置 4 (1) 変 調 方 式 4 (2) 空 中 線 電 力 4 (3) 空 中 線 電 力 の 許 容 偏 差 6 (4) 周 波 数 の 許 容 偏 差 6 (5) 伝 送 速 度 6 (6) スプリアス 発 射 又 は 不 要 輻 射 の 強 度 の 許 容 値 6 (7) 占 有 周 波 数 帯 幅 の 許 容 値 6 (8) 拡 散 帯 域 幅 6 (9) 拡 散 率 6 (10) キャリア 数 6 (11) 滞 留 時 間 受 信 装 置 7 (1) 副 次 的 に 発 する 電 波 等 の 限 度 7 (2) その 他 制 御 装 置 7 i

8 3.4.1 混 信 防 止 機 能 7 (1) 識 別 符 号 の 送 受 信 7 (2) 周 波 数 の 切 替 等 7 (3) キャリアセンス 回 線 接 続 手 順 電 気 通 信 回 線 との 接 続 7 (1) 識 別 装 置 7 (2) 識 別 符 号 7 (3) 使 用 する 電 波 の 周 波 数 が 空 き 状 態 にあるとの 判 定 方 法 7 (4) 電 気 通 信 回 線 設 備 とのインタフェース 条 件 空 中 線 8 (1) 空 中 線 の 構 造 8 (2) 空 中 線 の 利 得 その 他 8 (1) 筐 体 8 (2) 技 術 基 準 適 合 証 明 に 係 る 表 示 9 (3) 端 末 機 器 の 技 術 基 準 適 合 認 定 に 係 る 表 示 9 第 4 章 相 互 接 続 を 行 うシステムの 条 件 システム 概 要 等 通 信 プロトコル 等 MAC サービス 定 義 MAC フレームフォーマット 認 証 とプライバシー MAC サブレイヤ 機 能 記 述 レイヤ 管 理 MAC レイヤ 管 理 エンティティ 物 理 レイヤサービス 仕 様 物 理 レイヤ 管 理 無 線 設 備 の 条 件 周 波 数 ホッピング 方 式 直 接 拡 散 方 式 赤 外 線 設 備 の 条 件 付 則 11 ii

9 第 5 章 測 定 法 12 参 考 1 特 定 無 線 設 備 の 技 術 基 準 適 合 証 明 に 係 る 試 験 項 目 13 参 考 2 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム 無 線 局 の 運 用 の 手 引 き 14 参 考 3 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム 無 線 局 の 運 用 の 手 引 き( 概 要 版 ) 21 参 考 4 ARIB STD-T66 添 付 の 運 用 の 手 引 き セクタアンテナ 規 制 に 関 する 解 説 書 24 参 考 5 漏 洩 同 軸 ケーブルに 関 する 解 説 書 29 参 考 6 40 MHz システムとして 使 用 可 能 な 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 の 無 線 設 備 の 設 計 基 準 及 び 運 用 の 手 引 き 39 改 定 履 歴 表 iii

10

11 第 1 章 一 般 事 項 1.1 概 要 本 標 準 規 格 は 電 波 法 施 行 規 則 第 6 条 第 4 項 第 4 号 に 規 定 される 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 のうち 2,400MHz 以 上 2,483.5MHz 以 下 の 周 波 数 の 電 波 を 使 用 する 無 線 設 備 であって 主 と してデータ 伝 送 のために 無 線 通 信 を 行 う( 電 気 通 信 回 線 設 備 に 接 続 するものを 含 む ) 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 の 無 線 設 備 及 び ワイヤレス LAN システムの 設 備 について 規 定 したものである 1.2 適 用 範 囲 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 及 びワイヤレス LAN システムは 図 1.1 に 示 す 無 線 設 備 又 は 赤 外 線 設 備 及 びデータ 端 末 装 置 等 ( 電 気 通 信 回 線 設 備 に 接 続 するものを 含 む )によ り 構 成 される 本 標 準 規 格 は 当 該 無 線 設 備 及 び 赤 外 線 設 備 について 規 定 したものである デ ー タ 端 末 装 置 等 制 御 装 置 混 信 防 止 機 能 識 別 装 置 無 線 設 備 送 信 装 置 受 信 装 置 適 用 範 囲 (1) 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 デ ー タ 端 末 装 置 等 制 御 装 置 混 信 防 止 機 能 識 別 装 置 無 線 設 備 送 信 装 置 受 信 装 置 データリンク 層 MACサブレイヤ 物 理 層 適 用 プロトコルスタック 適 用 範 囲 (2) ワイヤレス LAN システムの 無 線 設 備 の 構 成 1

12 デ ー タ 端 末 装 置 等 赤 外 線 設 備 データリンク 層 MACサブレイヤ 物 理 層 適 用 プロトコルスタック 適 用 範 囲 (3) ワイヤレス LAN システムの 赤 外 線 設 備 の 構 成 図 1.1 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 及 びワイヤレス LAN システムの 構 成 1.3 引 用 文 書 本 標 準 規 格 において 引 用 する 文 書 は 以 下 のとおりである 1 Information technology Telecommunications and Information Exchange Between Systems LAN/MAN Specific Requirements Specific requirements Part 11: Wireless Medium Access Control(MAC) and Physical Layer(PHY) specifications(iso /IEC ) 2

13 第 2 章 標 準 システム 2.1 システムの 概 要 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム 及 びワイヤレス LAN システムは デジタル 化 された 情 報 信 号 を 無 線 伝 送 又 は 赤 外 線 伝 送 を 行 うシステムである ただし プロトコルまでの 条 件 は 規 定 しないものとするが ISO/IEC に 準 拠 し 相 互 接 続 を 行 うことを 目 的 としたシステム( 以 下 相 互 接 続 を 行 うシステム という )については プロトコルまで 規 定 するものとする 2.2 システムの 構 成 システムの 構 成 は 特 に 規 定 しない 3

14 第 3 章 無 線 設 備 の 技 術 的 条 件 3.1 一 般 条 件 (1) 通 信 方 式 ( 設 備 第 49 条 の 20) デジタル 信 号 を 伝 送 するもの(スペクトル 拡 散 方 式 を 含 む )であって 単 向 通 信 方 式 単 信 方 式 半 複 信 方 式 又 は 複 信 方 式 であること (2) 通 信 の 内 容 通 信 の 内 容 は デジタル 化 された 主 としてデータ 信 号 の 伝 送 を 行 うものであること (3) 使 用 周 波 数 帯 ( 施 行 第 6 条 ) 使 用 する 周 波 数 帯 は 2,400MHz 以 上 2,483.5MHz 以 下 の 周 波 数 とする (4) 使 用 環 境 条 件 使 用 環 境 条 件 は 特 に 規 定 しない 3.2 送 信 装 置 (1) 変 調 方 式 ( 設 備 第 49 条 の 20) ア スペクトル 拡 散 方 式 及 び 直 交 周 波 数 分 割 多 重 方 式 スペクトル 拡 散 方 式 は 直 接 拡 散 方 式 (スペクトルを 拡 散 させるべき 信 号 に それより 広 帯 域 の 信 号 を 直 接 乗 算 させてスペクトル 拡 散 させる 方 式 以 下 DS 方 式 という ) 周 波 数 ホ ッピング 方 式 ( 情 報 信 号 で 変 調 された 主 信 号 の 搬 送 周 波 数 を 拡 散 信 号 に 応 じて 与 えられた 周 波 数 帯 内 でランダムに 離 散 的 に 切 り 替 え 掃 引 する 方 式 以 下 FH 方 式 という ) 若 しく はこれらの 複 合 方 式 又 は FH 方 式 及 び 直 交 周 波 数 分 割 多 重 方 式 ( 以 下 OFDM 方 式 という ) の 複 合 方 式 であること イ 情 報 変 調 スペクトル 拡 散 方 式 において 情 報 を 伝 送 するための 情 報 変 調 方 式 は 特 に 規 定 しない ウ スペクトル 拡 散 方 式 及 び OFDM 方 式 以 外 の 変 調 方 式 振 幅 変 調 周 波 数 変 調 位 相 変 調 あるいはこれらを 組 み 合 わせたデジタル 変 調 方 式 であるこ と (2) 空 中 線 電 力 ( 設 備 第 49 条 の 20) ア FH 方 式 又 は DS 方 式 及 び FH 方 式 の 複 合 方 式 若 しくは FH 方 式 と OFDM 方 式 の 複 合 方 式 を 使 用 するスペクトル 拡 散 方 式 であって 2,427MHz 以 上 2,470.75MHz 以 下 の 周 波 数 帯 を 使 用 する 送 信 装 置 の 空 中 線 電 力 は 変 調 信 号 の 送 信 速 度 と 同 じ 送 信 速 度 の 標 準 符 号 化 試 験 信 号 によ り 変 調 した 場 合 において 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 3mW 以 下 であること イ ア 以 外 のスペクトル 拡 散 方 式 を 使 用 する 送 信 装 置 の 空 中 線 電 力 は 変 調 信 号 の 送 信 速 度 と 同 じ 送 信 速 度 の 標 準 符 号 化 試 験 信 号 により 変 調 した 場 合 において 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 10mW 以 下 であること ウ OFDM 方 式 を 使 用 する 送 信 装 置 の 空 中 線 電 力 は 変 調 信 号 の 送 信 速 度 と 同 じ 送 信 速 度 の 標 準 符 号 化 試 験 信 号 により 変 調 した 場 合 において 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 次 のいずれ かであること 1 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz 以 下 の 送 信 装 置 の 場 合 は 10mW 以 下 であること 2 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz を 超 え 38MHz 以 下 の 送 信 装 置 の 場 合 は 5mW 以 下 であること エ ア イ 及 びウ 以 外 の 送 信 装 置 の 空 中 線 電 力 は 10mW 以 下 であること 4

15 空 中 線 電 力 10 [mw/mhz] 3 周 波 数 2,400 2,427 2, ,483.5 [MHz] 1 2,427MHz 以 上 2,470.75MHz 以 下 を 使 用 する あるいは 2,427MHz 以 上 2,470.75MHz 以 下 を 含 んで 2,427MHz 以 下 2,470.75MHz 以 上 を 使 用 する FH 方 式 又 は DS 方 式 及 び FH 方 式 の 複 合 方 式 若 しくは FH 方 式 及 び OFDM 方 式 の 複 合 方 式 空 中 線 電 力 10 [mw/mhz] 3 周 波 数 2,400 2,427 2, ,483.5 [MHz] 2 2,400MHz 以 上 2,427MHz 未 満 又 は 2,470.75MHz を 超 え 2,483.5MHz 以 下 を 使 用 する FH 方 式 又 は DS 方 式 及 び FH 方 式 の 複 合 方 式 若 しくは FH 方 式 及 び OFDM 方 式 の 複 合 方 式 空 中 線 電 力 10 DS 方 式 又 は 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz 以 下 の OFDM 方 式 [mw/mhz] 5 占 有 帯 周 波 数 帯 幅 が 26MHz を 超 え 38MHz 以 下 の OFDM 方 式 周 波 数 2,400 2,427 2, ,483.5 [MHz] 3 DS 方 式 又 はOFDM 方 式 空 中 線 電 力 10 [mw] 3 周 波 数 2,400 2,427 2, ,483.5 [MHz] 4 スペクトル 拡 散 以 外 の 方 式 図 2.1 変 調 方 式 別 の 空 中 線 電 力 5

16 (3) 空 中 線 電 力 の 許 容 偏 差 ( 設 備 第 14 条 ) 空 中 線 電 力 の 許 容 偏 差 は 上 限 20% 下 限 80%であること なお 定 格 空 中 線 電 力 の 最 大 値 に 対 する 許 容 偏 差 であり 通 信 の 都 合 上 で 空 中 線 電 力 を 低 下 させる 場 合 の 許 容 偏 差 の 上 限 及 び 下 限 は 規 定 しない (4) 周 波 数 の 許 容 偏 差 ( 設 備 第 5 条 別 表 第 1 号 ) ± 以 内 であること (5) 伝 送 速 度 信 号 の 伝 送 速 度 は 規 定 しない (6) スプリアス 発 射 又 は 不 要 発 射 の 強 度 の 許 容 値 ア 平 成 17 年 12 月 1 日 以 降 適 用 される 許 容 値 ( 設 備 第 7 条 別 表 第 3 号 ) 不 要 発 射 の 強 度 の 許 容 値 ( 変 調 時 において 給 電 線 に 供 給 される 周 波 数 ごとの 不 要 発 射 の 平 均 電 力 により 規 定 される 許 容 値 をいう )は 次 のとおりとする 周 波 数 帯 不 要 発 射 の 強 度 の 許 容 値 2,387MHz 未 満 及 び 2,496.5MHz を 超 える 任 意 の 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が もの 2.5μW 以 下 2,387MHz 以 上 2,400MHz 未 満 及 び 任 意 の 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 2,483.5MHz を 超 え 2,496.5MHz 以 下 25μW 以 下 ただし 経 過 措 置 がある ( 設 備 附 則 ( 平 成 17 年 8 月 9 日 総 務 省 令 第 119 号 )による ) イ 平 成 17 年 11 月 30 日 以 前 の 無 線 設 備 規 則 に 基 づく 許 容 値 (6) スプリアス 発 射 の 強 度 ( 設 備 第 7 条 ) 給 電 線 に 供 給 される 周 波 数 ごとのスプリアス 発 射 の 平 均 電 力 の 許 容 値 は 使 用 周 波 数 帯 を 除 いた 周 波 数 f において スプリアス 発 射 の 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 次 に 定 める 値 以 下 である 値 とする ア 2,387MHz f<2,400mhz 及 び 2,483.5MHz<f 2,496.5MHz 25μW 以 下 イ 2,387MHz>f 及 び 2,496.5MHz<f 2.5μW 以 下 (ARIB STD-T 版 ) (7) 占 有 周 波 数 帯 幅 の 許 容 値 ( 設 備 第 6 条 別 表 第 2 号 ) FH 方 式 又 は DS 方 式 と FH 方 式 の 複 合 方 式 若 しくは FH 方 式 と OFDM 方 式 の 複 合 方 式 を 使 用 する 送 信 装 置 は 83.5MHz 以 下 OFDM 方 式 を 使 用 する 送 信 装 置 は 38MHz 以 下 それら 以 外 の 方 式 を 使 用 する 送 信 装 置 は 26MHz 以 下 の 必 要 周 波 数 帯 幅 ( 与 えられた 発 射 の 種 別 について 特 定 の 条 件 のもとにおいて 使 用 される 方 式 に 必 要 な 速 度 及 び 質 で 情 報 の 伝 送 を 確 保 するために 十 分 な 占 有 周 波 数 帯 幅 の 最 小 値 をいう )であること (8) 拡 散 帯 域 幅 ( 設 備 第 49 条 の 20) スペクトル 拡 散 方 式 においては 拡 散 帯 域 幅 (その 上 限 の 周 波 数 を 超 えて 輻 射 され 及 びその 下 限 の 周 波 数 未 満 において 輻 射 される 平 均 電 力 が それぞれ 与 えられた 発 射 によって 輻 射 される 全 平 均 電 力 の 5%に 等 しい 上 限 及 び 下 限 の 周 波 数 帯 幅 をいう 以 下 同 じ )は 500kHz 以 上 である こと (9) 拡 散 率 ( 設 備 第 49 条 の 20) スペクトル 拡 散 方 式 における 拡 散 率 ( 拡 散 帯 域 幅 を 変 調 信 号 の 送 信 速 度 に 等 しい 周 波 数 で 除 し た 値 をいう 以 下 同 じ )は 5 以 上 であること (10) キャリア 数 ( 設 備 第 49 条 の 20) 6

17 OFDM 方 式 は 1MHz の 帯 域 幅 当 たりのキャリア 数 が1 以 上 であること (11) 滞 留 時 間 ( 設 備 第 49 条 の 20) FH 方 式 を 使 用 する 送 信 装 置 は 周 波 数 滞 留 時 間 ( 特 定 の 周 波 数 において 電 波 を 発 射 し 続 ける 時 間 をいう )は 0.4 秒 以 下 ( 屋 外 で 使 用 する 模 型 飛 行 機 の 無 線 操 縦 の 用 に 供 する 送 信 装 置 にあ っては 0.05 秒 以 下 )とし かつ DS 方 式 又 は OFDM 方 式 との 複 合 方 式 を 除 く FH 方 式 を 用 いる 送 信 装 置 にあっては 0.4 秒 に 拡 散 率 を 乗 じた 時 間 内 で 任 意 の 周 波 数 での 周 波 数 滞 留 時 間 の 合 計 が 0.4 秒 以 下 であること 3.3 受 信 装 置 (1) 副 次 的 に 発 する 電 波 等 の 限 度 ( 設 備 第 24 条 ) 副 次 的 に 発 する 電 波 が 他 の 無 線 設 備 の 機 能 に 支 障 を 与 えない 限 度 は 受 信 空 中 線 と 電 気 的 常 数 の 等 しい 擬 似 空 中 線 回 路 を 使 用 して 測 定 した 場 合 に その 回 路 の 電 力 が1GHz 未 満 の 周 波 数 にお いては 4nW 以 下 1GHz 以 上 の 周 波 数 にあっては 20nW 以 下 であること (2) その 他 隣 接 チャネル 選 択 度 相 互 変 調 特 性 及 びスプリアスレスポンスは 規 定 しない 3.4 制 御 装 置 制 御 装 置 は 次 の 装 置 及 び 機 能 を 備 え それぞれの 条 件 に 適 合 するものとする 混 信 防 止 機 能 (1) 識 別 符 号 の 送 受 信 ( 施 行 第 6 条 の 2) ( 設 備 第 9 条 の 4) 主 として 同 一 の 構 内 において 使 用 される 無 線 局 の 無 線 設 備 であって 識 別 符 号 を 自 動 的 に 送 信 し 又 は 受 信 するもの (2) 周 波 数 の 切 替 等 利 用 者 による 周 波 数 の 切 替 又 は 電 波 の 発 射 の 停 止 が 容 易 にできること (3) キャリアセンス ( 設 備 第 49 条 の 20) ア 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz を 超 え 38MHz 以 下 の 送 信 装 置 については キャリアセンスを 備 え 付 けること イ 屋 外 で 使 用 する 模 型 飛 行 機 の 無 線 操 縦 の 用 に 供 する 送 信 装 置 (FH 方 式 のものを 除 く )にあ っては 送 信 開 始 時 において 動 作 するキャリアセンスを 備 え 付 けること 回 線 接 続 手 順 回 線 接 続 手 順 は 特 に 規 定 しない 3.5 電 気 通 信 回 線 との 接 続 電 気 通 信 回 線 設 備 に 接 続 するものは 次 の 条 件 に 適 合 すること (1) 識 別 装 置 ( 端 末 第 9 条 ) 識 別 符 号 ( 端 末 設 備 に 使 用 される 無 線 設 備 を 識 別 するための 符 号 であって 通 信 路 の 設 定 にあ たってその 照 合 が 行 われるものをいう )を 有 すること (2) 識 別 符 号 ( 告 示 平 成 6 年 第 424 号 ) 識 別 符 号 の 符 号 長 は 48 ビットで 構 成 するものとする 7

18 (3) 使 用 する 電 波 の 周 波 数 が 空 き 状 態 にあるとの 判 定 方 法 ( 端 末 第 9 条 ) ( 告 示 平 成 6 年 第 424 号 ) 他 の 無 線 局 から 発 射 される 電 波 を 検 出 し 又 は 受 信 信 号 と 拡 散 のための 信 号 を 演 算 し 信 号 レベ ルを 検 出 することにより 判 定 を 行 う ただし 通 信 品 質 劣 化 時 に 通 信 路 ( 自 通 信 リンク)の 切 断 を 行 う 機 能 を 有 するものにあっては 通 信 路 ( 自 通 信 リンク)の 正 常 性 を 確 認 することにより 判 定 を 行 うことができる (4) 電 気 通 信 回 線 設 備 とのインタフェース 条 件 電 気 通 信 回 線 設 備 とのインタフェース 条 件 は 端 末 設 備 等 規 則 に 定 める 技 術 基 準 ( 第 一 種 電 気 通 信 事 業 者 が 定 める 技 術 的 条 件 を 含 む )に 適 合 したものであること 3.6 空 中 線 (1) 空 中 線 の 構 造 特 に 規 定 しない (2) 空 中 線 の 利 得 ( 設 備 第 49 条 の 20) ア 送 信 空 中 線 の 絶 対 利 得 は 12.14dB 以 下 であること ただし 等 価 等 方 輻 射 電 力 ( 周 波 数 拡 散 方 式 及 び OFDM 方 式 の 場 合 は 1MHz の 帯 域 幅 における 等 価 等 方 輻 射 電 力 )が 絶 対 利 得 12.14dB の 送 信 空 中 線 に 平 均 電 力 が 10mW( 周 波 数 拡 散 方 式 及 び 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz 以 下 の OFDM 方 式 の 場 合 は 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 10mW 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHzを 超 え38MHz 以 下 のOFDM 方 式 の 場 合 は1MHzの 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が5mW ただし FH 方 式 又 は DS 方 式 及 び FH 方 式 の 複 合 方 式 若 しくは FH 方 式 及 び OFDM 方 式 の 複 合 方 式 を 用 いるものであって 2,427MHz 以 上 2,470.75MHz 以 下 の 周 波 数 の 電 波 を 使 用 する ものにあっては 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 3mW)の 空 中 線 電 力 を 加 えたときの 値 以 下 となる 場 合 は その 低 下 分 を 送 信 空 中 線 の 利 得 で 補 うことができるものとする イ 送 信 空 中 線 の 水 平 面 及 び 垂 直 面 の 主 輻 射 の 角 度 ( 輻 射 電 力 が1/2になる 点 を 挟 む 角 度 )は 次 の 式 で 求 められる 値 を 超 えないこと 360 A [ 度 ] ここで 定 数 Aは 等 価 等 方 輻 射 電 力 ( 周 波 数 拡 散 方 式 及 び OFDM 方 式 の 場 合 は 1MHz の 帯 域 幅 における 等 価 等 方 輻 射 電 力 )を 絶 対 利 得 2.14dB の 送 信 空 中 線 に 平 均 電 力 が 10mW( 周 波 数 拡 散 方 式 及 び 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz 以 下 の OFDM 方 式 の 場 合 は 1MHz の 帯 域 幅 にお ける 平 均 電 力 が 10mW 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz を 超 え 38MHz 以 下 の OFDM 方 式 の 場 合 は 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 5mW ただし FH 方 式 又 は DS 方 式 及 び FH 方 式 の 複 合 方 式 若 しくは FH 方 式 及 び OFDM 方 式 の 複 合 方 式 を 用 いるものであって 2,427MHz 以 上 2,470.75MHz 以 下 の 周 波 数 の 電 波 を 使 用 するものにあっては 1MHz の 帯 域 幅 における 平 均 電 力 が 3mW)の 空 中 線 電 力 を 加 えたときの 値 で 除 したものとし 1を 下 回 るときは1とする 3.7 その 他 (1) 筐 体 ( 設 備 第 49 条 の 20) ( 端 末 第 9 条 ) ( 告 示 平 成 6 年 第 424 号 ) 使 用 される 無 線 設 備 は 一 の 筐 体 に 収 められており かつ 容 易 に 開 けることができないこと 8

19 ただし 次 の 条 件 を 満 たすものは 一 の 筐 体 に 収 めることを 要 しない ア 次 の 条 件 を 満 たす 無 線 設 備 1 空 中 線 系 を 除 く 高 周 波 部 及 び 変 調 部 は 容 易 に 開 けることができないこと 2 識 別 装 置 は 容 易 に 取 り 外 しできないこと イ 次 に 掲 げる 無 線 設 備 の 装 置 1 電 源 装 置 送 話 器 及 び 受 話 器 2 受 信 専 用 空 中 線 3 操 作 器 表 示 器 音 量 調 整 器 その 他 これに 準 ずるもの (2) 技 術 基 準 適 合 証 明 に 係 る 表 示 ( 技 適 第 8 条 ) 無 線 設 備 の 見 易 い 箇 所 に 規 定 された 様 式 の 技 術 基 準 適 合 証 明 に 係 る 表 示 を 行 うこと (3) 端 末 機 器 の 技 術 基 準 適 合 認 定 に 係 る 表 示 ( 端 末 技 適 第 10 条 ) 電 気 通 信 回 線 設 備 に 接 続 するものは 無 線 設 備 の 見 易 い 箇 所 に 規 定 された 様 式 の 端 末 機 器 の 技 術 基 準 適 合 認 定 に 係 る 表 示 を 行 うこと 9

20 第 4 章 相 互 接 続 を 行 うシステムの 条 件 4.1 システム 概 要 等 ISO/IEC 第 1 章 から 第 5 章 の 規 定 による 4.2 通 信 プロトコル 等 MAC サービス 定 義 ISO/IEC 第 6 章 の 規 定 による MAC フレームフォーマット ISO/IEC 第 7 章 の 規 定 による 認 証 とプライバシー ISO/IEC 第 8 章 の 規 定 による MAC サブレイヤ 機 能 記 述 ISO/IEC 第 9 章 の 規 定 による レイヤ 管 理 ISO/IEC 第 10 章 の 規 定 による MAC レイヤ 管 理 エンティティ ISO/IEC 第 11 章 の 規 定 による 物 理 レイヤサービス 仕 様 ISO/IEC 第 12 章 の 規 定 による 物 理 レイヤ 管 理 ISO/IEC 第 13 章 の 規 定 による 4.3 無 線 設 備 の 条 件 第 3 章 無 線 設 備 の 技 術 的 条 件 に 適 合 することの 他 下 記 に 適 合 すること ただし 両 者 に 重 複 し て 規 格 が 存 在 する 場 合 には 第 3 章 の 規 定 内 で 適 用 されるものとする 周 波 数 ホッピング 方 式 ISO/IEC 第 14 章 の 規 定 による 直 接 拡 散 方 式 ISO/IEC 第 15 章 の 規 定 による 4.4 赤 外 線 設 備 の 条 件 ISO/IEC 第 16 章 の 規 定 による 10

21 4.5 付 則 ISO/IEC Annex A から Annex E の 規 定 による 11

22 第 5 章 測 定 法 測 定 法 は 技 適 別 表 第 1 号 1(3)に 規 定 する 総 務 省 告 示 ( 注 1)の 試 験 方 法 又 はこれと 同 等 以 上 の 方 法 とする ただし これらに 定 められている 試 験 項 目 以 外 の 項 目 については 一 般 に 行 われている 方 法 によるものとする ( 注 1) 本 標 準 規 格 3.2 版 改 定 時 点 ( 平 成 20 年 9 月 25 日 )では 平 成 16 年 1 月 26 日 総 務 省 告 示 第 88 号 特 性 試 験 の 試 験 方 法 を 指 すが その 後 その 告 示 及 び 告 示 に 記 載 の 内 容 が 改 定 された 場 合 は 最 新 版 によるものとする なお 本 標 準 規 格 3.2 版 改 定 時 点 ( 平 成 20 年 9 月 25 日 )においては 平 成 16 年 1 月 26 日 総 務 省 告 示 第 88 号 特 性 試 験 の 試 験 方 法 に 基 づいて 財 団 法 人 テレコムエンジニアリングセンターがその 詳 細 を 規 定 した TELEC-T401 2,400MHz 以 上 2,483.5MHz 以 下 の 周 波 数 の 電 波 を 使 用 する 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 に 使 用 するための 無 線 設 備 (2.4GHz 帯 高 度 化 小 電 力 データ 通 信 システ ム)の 特 性 試 験 方 法 を 参 考 とすることができる 12

23 参 考 1 特 定 無 線 設 備 の 技 術 基 準 適 合 証 明 に 係 る 試 験 項 目 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム/ワイヤレス LAN システムの 無 線 局 の 無 線 設 備 の 技 術 基 準 適 合 証 明 に 係 る 試 験 項 目 は 次 に 掲 げるとおりである なお 詳 細 については 第 5 章 を 参 照 のこと (1) 送 信 装 置 周 波 数 の 偏 差 占 有 周 波 数 帯 幅 及 び 拡 散 帯 域 幅 スプリアス 発 射 又 は 不 要 発 射 の 強 度 ( 平 成 17 年 11 月 30 日 以 前 は スプリアス 発 射 の 強 度 ) 空 中 線 電 力 の 偏 差 送 信 空 中 線 絶 対 利 得 (アンテナ 端 子 付 きで 等 価 等 方 輻 射 電 力 が 12.14dBm を 超 える 場 合 ) 送 信 空 中 線 の 主 輻 射 の 角 度 幅 ( 等 価 等 方 輻 射 電 力 が 12.14dBm を 超 える 場 合 ) (2) 受 信 装 置 副 次 的 に 発 する 電 波 等 の 限 度 (3) その 他 混 信 防 止 機 能 ホッピング 周 波 数 滞 留 時 間 13

24 参 考 2 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム 無 線 局 の 運 用 の 手 引 き 1. 概 要 1.1 目 的 2,400MHz 以 上 2,483.5MHz 以 下 の 周 波 数 の 電 波 を 使 用 する 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 を 運 用 するにあたって 2,427MHz 以 上 2,470.75MHz 以 下 の 周 波 数 の 電 波 を 使 用 する 移 動 体 識 別 装 置 ( 移 動 体 識 別 用 構 内 無 線 局 及 び 移 動 体 識 別 用 特 定 小 電 力 無 線 局 ) 並 びに 2,400MHz 以 上 2,450MHz 以 下 の 周 波 数 の 電 波 を 使 用 するアマチュア 無 線 局 との 有 害 な 電 波 干 渉 を 回 避 し 周 波 数 有 効 利 用 を 図 るとともにユーザの 利 便 性 を 確 保 することを 目 的 とする なお ここで 有 害 な 電 波 干 渉 と は 他 の 無 線 設 備 の 機 能 に 継 続 的 かつ 重 大 な 障 害 を 与 えることをいう( 法 第 82 条 ) 1.2 摘 要 本 運 用 の 手 引 きは 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムのユーザ 及 び 製 造 販 売 施 工 運 用 保 守 する 業 者 ( 以 下 専 門 業 者 という )に 適 用 する 1.3 対 象 システム 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 と 同 一 周 波 数 帯 の 電 波 を 使 用 する 次 のシステムを 対 象 とする (1) 構 内 無 線 局 2.4GHz 帯 移 動 体 識 別 用 無 線 設 備 :2,427~2,470.75MHz RCR STD-1 (2) 特 定 小 電 力 無 線 局 2.4GHz 帯 移 動 体 識 別 用 無 線 設 備 :2,427~2,470.75MHz RCR STD-29 (3) 特 定 小 電 力 無 線 局 周 波 数 ホッピング 方 式 を 用 いる 2.4GHz 帯 移 動 体 識 別 用 無 線 設 備 :2,400~2,483.5MHz ARIB STD-T81 (4) 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 :2,400~2,483.5MHz ARIB STD-T66 (5) アマチュア 無 線 局 :2,400~2,450MHz 1.4 基 本 思 想 (1) 課 題 の 明 示 専 門 業 者 は 取 扱 説 明 書 等 への 注 意 書 きの 記 載 電 波 干 渉 を 事 前 に 防 止 するための 広 報 などの 事 前 防 止 方 策 について 誠 意 をもって 対 応 すること (2) 事 前 調 査 ユーザあるいは 専 門 業 者 が 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 設 備 を 導 入 しようとする 場 合 は 導 入 前 に 干 渉 調 査 を 実 施 し 当 該 無 線 設 備 が 他 の 無 線 設 備 に 有 害 な 電 波 干 渉 を 発 生 しないことを 確 認 すること (3) 協 調 対 応 万 一 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムから 他 の 無 線 設 備 への 有 害 な 電 波 干 渉 が 発 生 した 場 合 に は ユーザ 及 び 専 門 業 者 は 誠 意 をもって 電 波 干 渉 回 避 に 協 力 すること その 際 既 に 運 用 されている 構 内 無 線 局 の 保 護 について 最 大 限 留 意 すること 14

25 2. 課 題 の 明 示 2.1 取 扱 説 明 書 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 取 扱 説 明 書 に 以 下 の 枠 内 に 示 す 趣 旨 の 注 意 書 き 及 び 後 述 の 現 品 表 示 内 容 の 意 味 を 記 載 すること この 機 器 の 使 用 周 波 数 帯 では 電 子 レンジ 等 の 産 業 科 学 医 療 用 機 器 のほか 工 場 の 製 造 ラ イン 等 で 使 用 されている 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 ( 免 許 を 要 する 無 線 局 ) 及 び 特 定 小 電 力 無 線 局 ( 免 許 を 要 しない 無 線 局 ) 並 びにアマチュア 無 線 局 ( 免 許 を 要 する 無 線 局 )が 運 用 されて います 1 この 機 器 を 使 用 する 前 に 近 くで 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 及 び 特 定 小 電 力 無 線 局 並 びに アマチュア 無 線 局 が 運 用 されていないことを 確 認 して 下 さい 2 万 一 この 機 器 から 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 に 対 して 有 害 な 電 波 干 渉 の 事 例 が 発 生 した 場 合 には 速 やかに 使 用 周 波 数 を 変 更 するか 又 は 電 波 の 発 射 を 停 止 した 上 下 記 連 絡 先 にご 連 絡 頂 き 混 信 回 避 のための 処 置 等 ( 例 えば パーティションの 設 置 など)についてご 相 談 して 下 さい 3 その 他 この 機 器 から 移 動 体 識 別 用 の 特 定 小 電 力 無 線 局 あるいはアマチュア 無 線 局 に 対 し て 有 害 な 電 波 干 渉 の 事 例 が 発 生 した 場 合 など 何 かお 困 りのことが 起 きたときは 次 の 連 絡 先 へお 問 い 合 わせ 下 さい 連 絡 先 : 2.2 ステッカー 取 扱 説 明 書 と 同 様 の 注 意 書 きを 記 載 したステッカーを 添 付 すること ステッカーの 材 質 寸 法 形 状 等 は 特 に 定 めない 2.3 カタログ パンフレット ホームページ 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムのカタログ パンフレットあるいはホームページなどに 取 扱 説 明 書 と 同 様 の 注 意 書 き 及 び 後 述 の 現 品 表 示 内 容 の 意 味 を 記 述 すること 2.4 現 品 表 示 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 設 備 本 体 に 2.4GHz 帯 使 用 機 器 変 調 方 式 想 定 干 渉 距 離 周 波 数 変 更 の 可 否 を 下 図 の 記 号 で 表 示 すること ただし 無 線 設 備 の 物 理 的 大 きさや 実 装 形 態 デザイン 上 の 制 限 などで 無 線 設 備 本 体 に 表 示 できないときは 同 一 内 容 を 記 載 したステッカーで 代 替 可 とする (1) (2) (3) 2.4DS1 (4) (1) 2.4 : 2.4GHz 帯 を 使 用 する 無 線 設 備 を 表 す (2) DS : 変 調 方 式 を 表 す( 詳 細 は 項 を 参 照 ) なお 複 数 の 変 調 方 式 の 電 波 を 発 射 で 15

26 きる 無 線 設 備 は DS/OF のようにスラッシュで 区 切 って 併 記 する (3) 1 : 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 に 対 して 想 定 される 与 干 渉 距 離 を 表 す( 詳 細 は 項 を 参 照 ) なお 複 数 の 変 調 方 式 の 電 波 を 発 射 できる 無 線 設 備 で 変 調 方 式 によって 与 干 渉 距 離 が 異 なる 場 合 は DS2/OF1 のように 変 調 方 式 と 与 干 渉 距 離 を 表 す 記 号 をスラッシュで 区 切 って 併 記 する (4) : 全 帯 域 を 使 用 し かつ 移 動 体 識 別 装 置 の 帯 域 を 回 避 可 能 であるこ とを 意 味 する( 詳 細 は 項 を 参 照 ) 変 調 方 式 の 種 類 変 調 方 式 を 表 2.1 に 示 す 記 号 で 表 示 すること 表 2.1 変 調 方 式 の 種 類 記 号 変 調 方 式 備 考 DS DS-SS 方 式 FH FH-SS 方 式 HY DS-FH FH-OFDM 複 合 方 式 OF OFDM 方 式 XX その 他 の 方 式 狭 帯 域 変 調 など 与 干 渉 距 離 の 表 示 表 示 記 号 と 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 に 対 する 想 定 干 渉 距 離 及 び 空 中 線 電 力 の 対 照 表 を 表 2.2 に 示 す いずれも 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 の 空 中 線 利 得 を 2.14dBi とし 電 波 伝 搬 損 失 を 3.5 乗 則 で 計 算 したときの 値 である 一 方 被 干 渉 局 としては 標 準 的 な 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 (RCR TR-1 移 動 体 識 別 装 置 研 究 開 発 報 告 書 のモデルA)の 諸 元 である 空 中 線 電 力 300mW 質 問 器 空 中 線 利 得 11dBi 質 問 器 給 電 線 損 失 0dB 応 答 器 空 中 線 利 得 2dBi 応 答 器 全 体 損 失 10dB( 空 中 線 利 得 給 電 線 損 失 を 含 む) 通 信 距 離 5m 受 信 帯 域 幅 32kHz 受 信 機 雑 音 -118dBm 伝 搬 マー ジン 10dB を 採 用 し 干 渉 電 力 が 標 準 受 信 入 力 より 10dB 以 上 低 くなれば 有 害 な 電 波 干 渉 は 発 生 しな いとした アンテナ 利 得 が 2.14dBi 以 外 のときあるいは 空 中 線 電 力 が 異 なるときはその 数 値 に 応 じて 想 定 干 渉 距 離 ひいては 表 示 記 号 を 変 更 してよい また 表 2.2 の 表 示 記 号 は の4 種 類 としてい るが これ 以 外 の 記 号 を 用 いてもよい その 際 想 定 与 干 渉 距 離 の1/10 を 記 号 とすること 表 2.2 与 干 渉 距 離 の 表 示 表 示 記 号 想 定 干 渉 距 離 10m 20m 40m 80m 狭 帯 域 変 調 0.01mW 0.1mW 1mW 10mW 無 線 DS OFDM 1mW 1mW/MHz 10mW/MHz - 設 備 F 空 中 線 電 力 1mW 0.1mW/MHz 1mW/MHz 10mW/MHz 3mW/MHz 例 H 拡 散 帯 域 幅 83.5MHz 26MHz 26MHz 26MHz 83.5MHz 注 ここでの 与 干 渉 距 離 は 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムから 移 動 体 識 別 用 構 内 無 線 局 への 想 定 数 値 である 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム 同 士 や 対 アマチュア 無 線 局 の 場 合 は 必 ずしもこの 通 りにならない 16

27 2.4.3 周 波 数 変 更 可 否 の 表 示 (1) 2,400 2,427 2, ,483.5MHz 全 帯 域 を 使 用 し かつ 移 動 体 識 別 装 置 の 帯 域 を 回 避 可 能 であることを 意 味 する 表 示 は3 分 割 にな っているが 3チャネルを 意 味 するものではなく チャネル 数 に 係 わらず 表 示 は3 分 割 となる (2) 2,400 2,483.5MHz 全 帯 域 を 使 用 し かつ 移 動 体 識 別 装 置 の 帯 域 を 回 避 不 可 であることを 意 味 する (3) 2,400 2, ,483.5MHz 高 域 ( 例 えば 2,471MHz~2,483.5MHz)のみを 使 用 することを 意 味 する 本 書 の 基 準 からは 2,470.75MHz 以 上 だけあるいは 2,427MHz 以 下 だけを 使 用 する 無 線 設 備 は 表 示 する 義 務 はないが 明 確 化 のために 表 示 することが 望 ましい (4) 2,400 2,427 2, ,483.5MHz 中 域 のみを 使 用 し かつ 移 動 体 識 別 装 置 の 帯 域 を 回 避 不 可 であることを 意 味 する (5) 2,400 2,427 2, ,483.5MHz 中 域 のみを 使 用 し その 中 で 周 波 数 変 更 可 能 であることを 意 味 する 表 示 は3 分 割 になっているが 移 動 体 識 別 装 置 の 帯 域 内 で 周 波 数 の 変 更 が 可 能 であることを 表 すもので チャネル 数 に 係 わらず 表 示 は3 分 割 となる 表 示 方 法 等 (1) 表 示 方 法 特 に 定 めない シール 装 置 銘 板 内 に 印 刷 筐 体 のエンボス( 浮 き 彫 り) 等 の 方 法 が 取 れる (2) 寸 法 縦 横 比 地 色 枠 の 有 無 特 に 定 めない (3) 材 質 特 に 定 めないが はがれにくく 汚 れにくいこと (4) フォント 文 字 記 号 の 色 特 に 定 めないが 読 みやすく わかりやすいこと (5) 使 用 周 波 数 表 示 グラフ 寸 法 縦 横 比 分 割 比 等 はとくに 定 めないが 使 用 周 波 数 帯 を 容 易 に 確 認 できる 形 状 や 色 彩 を 心 が けること 17

28 2.5 屋 外 固 定 設 置 の 場 合 の 現 品 表 示 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 を 屋 外 固 定 局 として 運 用 するにあたっては 前 節 の 現 品 表 示 とは 別 に 当 該 無 線 局 の 所 有 者 名 又 は 事 業 者 名 と 連 絡 先 を 表 示 すること 表 示 例 を 下 図 に 示 す 2.4GHz 帯 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 運 用 者 通 信 株 式 会 社 IP 事 業 部 お 客 様 相 談 室 連 絡 先 TEL URL (1) (2) (3) 表 示 内 容 (1) 無 線 局 の 表 示 2.4GHz 帯 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 であることを 表 示 すること (2) 所 有 者 名 又 は 運 用 事 業 者 名 個 人 が 所 有 運 用 する 場 合 は 個 人 氏 名 事 業 者 が 所 有 運 用 する 場 合 は 事 業 者 名 及 び 担 当 職 場 名 あ るいは 担 当 者 氏 名 を 表 示 すること (3) 連 絡 先 電 話 番 号 又 はEメールアドレス 若 しくはホームページアドレスを 表 示 すること (4) その 他 必 要 に 応 じて 電 波 干 渉 回 避 に 有 用 な 情 報 を 表 示 してもよい 表 示 方 法 等 (1) 表 示 方 法 特 に 定 めない シール 銘 板 印 刷 手 書 きなどの 方 法 が 取 れる (2) 寸 法 縦 横 比 地 色 枠 の 有 無 特 に 定 めない (3) 材 質 特 に 定 めないが 屋 外 に 長 期 間 放 置 しても はがれにくく 汚 れにくいこと (4) フォント 文 字 記 号 の 色 特 に 定 めないが 読 みやすく わかりやすいこと (5) 表 示 場 所 無 線 装 置 本 体 アンテナあるいは 収 容 ケースなどの 特 別 な 操 作 を 必 要 とせずに 確 認 できる 場 所 に 表 示 すること 2.6 個 装 箱 (パッケージ) 無 線 設 備 の 個 装 箱 (パッケージ)の 見 やすい 位 置 に 2.4GHz 帯 使 用 機 器 変 調 方 式 想 定 干 渉 距 離 周 波 数 変 更 の 可 否 を 現 品 表 示 と 同 様 形 式 で 表 示 すること ただし 当 該 個 装 箱 (パッケージ) が 搬 送 だけを 目 的 としたものの 場 合 はこの 限 りでない 18

29 3. 事 前 調 査 3.1 事 前 調 査 方 法 (1) 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 を 開 設 しようとする 者 は 表 2.2 に 示 す 想 定 与 干 渉 距 離 内 において 運 用 中 あるいは 開 設 が 決 定 している 移 動 体 識 別 装 置 及 びアマチュア 無 線 局 の 存 在 の 有 無 を 調 査 すること (2) 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 の 存 在 が 確 認 できた 場 合 あるいは 存 在 が 想 定 される 場 合 は 当 該 周 波 数 帯 で 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムを 運 用 してはならない ただし あらかじめ 相 手 局 のユーザと 相 談 した 上 で 試 験 運 用 を 実 施 し 又 はスペクトルアナライザなどの 測 定 装 置 あるい は 専 用 の 試 験 装 置 などを 使 用 して 電 波 干 渉 による 障 害 のないことを 確 認 できた 場 合 はこの 限 り でない 3.2 専 門 業 者 の 対 応 (1) コンサルティング 専 門 業 者 が 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムを 納 入 するにおいて ユーザから 依 頼 された 場 合 は 事 前 調 査 を 実 施 しなければならない ユーザからの 依 頼 がない 場 合 でも 自 発 的 に 専 門 業 者 が 事 前 調 査 を 実 施 することが 望 ましい (2) 試 験 機 能 専 門 業 者 は 無 線 設 備 に 連 続 送 信 機 能 やビット 誤 り 率 測 定 機 能 など 事 前 調 査 に 必 要 な 試 験 機 能 をあ らかじめ 製 品 に 組 み 込 んでおくことが 望 ましい 製 品 に 組 み 込 まない 場 合 は その 機 能 に 代 わる 試 験 装 置 や 測 定 器 などを 用 意 しておくことが 望 ましい 4. 協 調 対 応 4.1 干 渉 回 避 への 協 力 専 門 業 者 は 製 造 販 売 設 置 したあるいは 保 守 を 依 頼 されている 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 シス テムの 使 用 に 起 因 する 移 動 体 識 別 装 置 あるいはアマチュア 無 線 局 への 有 害 な 電 波 干 渉 の 事 例 が 発 生 し かつ 当 該 システムのユーザと 移 動 体 識 別 装 置 のユーザあるいはアマチュア 無 線 局 の 免 許 人 の 間 で 電 波 干 渉 回 避 方 策 の 検 討 を 行 う 必 要 が 生 じた 場 合 には 誠 意 を 持 って 電 波 干 渉 回 避 に 協 力 すること 4.2 既 設 の 無 線 局 優 先 既 に 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 を 運 用 中 のエリアあるいは 導 入 が 決 定 しているエリアで 時 間 的 に 後 発 で 同 一 周 波 数 帯 の 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 を 開 設 しようとする 場 合 は 後 発 者 の 責 任 で 事 前 調 査 及 び 干 渉 回 避 対 策 を 実 施 すること 万 一 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムが 稼 働 後 に 既 設 の 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 に 有 害 な 電 波 干 渉 を 与 えた 場 合 は 速 やかに 使 用 周 波 数 を 変 更 するか 又 は 電 波 の 発 射 を 停 止 し 干 渉 回 避 対 策 を 実 施 すること ただし 当 該 局 間 の 距 離 が 表 2.2 に 示 す 想 定 与 干 渉 距 離 より 大 きいときは 相 互 のユーザが 協 力 して 干 渉 回 避 対 策 を 実 施 すること 4.3 セクタ 指 向 性 空 中 線 の 制 限 EIRP を 増 加 しても 与 干 渉 面 積 が 増 加 しないように 空 中 線 のビーム 半 値 角 を 制 限 しているが 同 一 箇 所 に 複 数 の 無 線 局 を 設 置 して 空 中 線 のビームを 複 数 方 向 に 向 けると 結 果 的 に 与 干 渉 面 積 が 増 大 す る そのため 利 得 が 2.14dBi を 超 える 送 信 空 中 線 を 使 用 し かつ EIRP が 表 4.1 の 無 指 向 性 欄 に 示 19

30 す 数 値 を 超 える 場 合 は 同 一 場 所 ( 表 2.2 に 示 す 想 定 与 干 渉 距 離 内 )で 複 数 の 無 線 局 を 動 作 させては ならない 表 4.1 変 調 方 式 に 対 する EIRP の 上 限 変 調 方 式 使 用 周 波 数 帯 空 中 線 電 力 EIRP( 最 大 ) ( 最 大 ) 無 指 向 性 ビーム 指 向 性 DS 2,400~2,483.5MHz 10mW/MHz 12.14dBm/MHz 22.14dBm/MHz OFDM1 2,400~2,483.5MHz 10mW/MHz 12.14dBm/MHz 22.14dBm/MHz OFDM2 2,400~2,483.5MHz 5mW/MHz 9.14dBm/MHz 19.14dBm/MHz FH DS-FH 2,400~2,483.5MHz 3mW/MHz 6.91dBm/MHz 16.91dBm/MHz FH-OFDM 2,427~2,470.75MHz を 除 く 10mW/MHz 12.14dBm/MHz 22.14dBm/MHz 上 記 以 外 2,400~2,483.5MHz 10mW 12.14dBm 22.14dBm 注 1 ビーム 指 向 性 の 半 値 角 は 360 A 度 以 下 でなければならない Aは 当 該 EIRP が 無 指 向 性 EIRP の 上 限 値 を 超 え る 率 とする 注 2 変 調 方 式 欄 の OFDM1は 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz 以 下 のもの OFDM2 は 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26MHz を 超 え 38MHz 以 下 のものを 示 す 4.4 屋 外 で 使 用 する 模 型 飛 行 機 の 無 線 操 縦 に 使 用 する 場 合 の 留 意 事 項 (1) 注 意 事 項 屋 外 で 使 用 する 模 型 飛 行 機 の 無 線 操 縦 用 として 使 用 する 場 合 電 波 干 渉 等 を 回 避 するために 機 器 の 設 計 や 運 用 について 特 別 の 注 意 を 払 う 必 要 がある (2) 汎 用 との 相 違 点 ( 設 備 第 49 条 の 20) (ア) FH 方 式 の 周 波 数 滞 留 時 間 は 0.05 秒 以 下 であること (イ) 送 信 開 始 時 において 動 作 するキャリアセンスを 有 すること(FH 方 式 を 除 く) (3) 模 型 飛 行 機 の 定 義 ここでいう 模 型 飛 行 機 とは 無 線 で 操 縦 ( 制 御 )する 固 定 翼 機 (いわゆる 飛 行 機 ) 回 転 翼 機 (ヘ リコプタ) グライダなどをいう (4) 適 用 除 外 画 像 伝 送 や 測 定 データ 伝 送 用 に 使 用 するもので 飛 行 体 の 制 御 に 関 与 しない 場 合 は 屋 外 で 使 用 す る 模 型 飛 行 機 の 無 線 操 縦 の 用 に 供 する 送 信 装 置 に 含 まれない (5) 問 い 合 わせ 先 屋 外 で 使 用 する 模 型 飛 行 機 の 無 線 操 縦 用 として 使 用 する 場 合 は 詳 しい 情 報 を 以 下 に 問 い 合 わせ る 事 が 望 ましい 財 団 法 人 日 本 ラジコン 電 波 安 全 協 会 TEL: FAX: 東 京 都 台 東 区 浅 草 橋 T F A ビル 10 階 20

31 参 考 3 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム 無 線 局 の 運 用 の 手 引 き( 概 要 版 ) はじめに 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 使 用 周 波 数 帯 は 2,400~2,483.5MHz であり 移 動 体 識 別 装 置 ( 移 動 体 識 別 用 構 内 無 線 局 及 び 移 動 体 識 別 用 特 定 小 電 力 無 線 局 )の 使 用 周 波 数 帯 2,427MHz~ 2,470.75MHz 並 びにアマチュア 無 線 局 の 使 用 周 波 数 帯 2,400MHz~2,450MHz と 重 複 していま す この 重 複 する 周 波 数 帯 で 有 害 な 干 渉 を 回 避 し 周 波 数 有 効 利 用 を 図 るとともにユーザの 利 便 性 を 確 保 することを 目 的 に 運 用 の 手 引 き を 作 成 しました 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 設 備 を 製 造 販 売 施 工 運 用 保 守 する 者 ( 以 下 専 門 業 者 といいます )は ユーザに 干 渉 の 可 能 性 を 明 示 し 干 渉 回 避 方 法 を 案 内 するとともに 万 一 干 渉 が 生 じた 場 合 は 相 互 に 協 力 して 干 渉 回 避 対 策 を 実 施 するようお 願 いします 1. 課 題 の 明 示 (1) 取 扱 説 明 書 次 の 枠 内 に 示 す 趣 旨 の 注 意 書 き 及 び 現 品 表 示 記 号 の 意 味 を 取 扱 説 明 書 に 記 載 して 下 さい また 同 様 の 内 容 を 記 載 したステッカーを 用 意 し 製 品 に 添 付 して 下 さい この 機 器 の 使 用 周 波 数 帯 では 電 子 レンジ 等 の 産 業 科 学 医 療 用 機 器 のほか 工 場 の 製 造 ライ ン 等 で 使 用 されている 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 ( 免 許 を 要 する 無 線 局 ) 及 び 特 定 小 電 力 無 線 局 ( 免 許 を 要 しない 無 線 局 ) 並 びにアマチュア 無 線 局 ( 免 許 を 要 する 無 線 局 )が 運 用 されています 1 この 機 器 を 使 用 する 前 に 近 くで 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 及 び 特 定 小 電 力 無 線 局 並 びにア マチュア 無 線 局 が 運 用 されていないことを 確 認 して 下 さい 2 万 一 この 機 器 から 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 に 対 して 有 害 な 電 波 干 渉 の 事 例 が 発 生 した 場 合 には 速 やかに 使 用 周 波 数 を 変 更 するか 又 は 電 波 の 発 射 を 停 止 した 上 下 記 連 絡 先 にご 連 絡 頂 き 混 信 回 避 のための 処 置 等 ( 例 えば パーティションの 設 置 など)についてご 相 談 し て 下 さい 3 その 他 この 機 器 から 移 動 体 識 別 用 の 特 定 小 電 力 無 線 局 あるいはアマチュア 無 線 局 に 対 して 有 害 な 電 波 干 渉 の 事 例 が 発 生 した 場 合 など 何 かお 困 りのことが 起 きたときは 次 の 連 絡 先 へ お 問 い 合 わせ 下 さい 連 絡 先 : (2) カタログ パンフレット ホームページ カタログ パンフレットあるいはホームページなどに 取 扱 説 明 書 と 同 様 の 注 意 書 き 及 び 現 品 表 示 記 号 の 意 味 を 記 載 して 下 さい (3) 現 品 表 示 無 線 設 備 本 体 に 2.4GHz 帯 使 用 機 器 変 調 方 式 想 定 干 渉 距 離 周 波 数 変 更 の 可 否 を 下 図 の 記 号 で 表 示 して 下 さい また 個 装 箱 (パッケージ)にも 同 様 形 式 で 表 示 して 下 さい なお 下 図 は 表 示 方 法 の 一 例 ですので 詳 細 は ARIB STD-T66 を 参 照 して 下 さい DS1 4 21

32 1 2.4 : 2.4GHz 帯 を 使 用 する 無 線 設 備 を 表 す 2 DS : 変 調 方 式 を 表 す なお 複 数 の 変 調 方 式 の 電 波 を 発 射 できる 無 線 設 備 は DS /OF のようにスラッシュで 区 切 って 併 記 する DSSS 方 式 :DS FHSS 方 式 :FH OFDM 方 式 :OF 複 合 方 式 :HY その 他 :XX 3 1 : 想 定 される 与 干 渉 距 離 を 表 す 例 は 想 定 干 渉 距 離 (1 10)m 以 下 を 表 す なお 複 数 の 変 調 方 式 の 電 波 を 発 射 できる 無 線 設 備 で 変 調 方 式 によって 与 干 渉 距 離 が 異 なる 場 合 は DS2/OF1 のように 変 調 方 式 と 与 干 渉 距 離 を 表 す 記 号 をスラッシュで 区 切 って 併 記 する 4 : 全 帯 域 を 使 用 し かつ 移 動 体 識 別 装 置 の 帯 域 を 回 避 可 能 であることを 意 味 する (4) 屋 外 固 定 設 置 の 場 合 の 現 品 表 示 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 を 屋 外 固 定 局 として 運 用 するときは 無 線 装 置 本 体 アンテナあるいは 収 容 ケースなどの 見 易 い 位 置 に 下 図 の 内 容 を 表 示 して 下 さい 2.4GHz 帯 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 運 用 者 通 信 株 式 会 社 IP 事 業 部 お 客 様 相 談 室 連 絡 先 TEL URL GHz 帯 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 であることを 表 示 2 所 有 者 名 又 は 運 用 事 業 者 名 を 表 示 3 電 話 番 号 又 はEメールアドレスあるいはホームページアドレスを 表 示 2. 事 前 調 査 (1) 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 を 開 設 しようとする 者 は 想 定 干 渉 距 離 内 におけ る 移 動 体 識 別 装 置 及 びアマチュア 無 線 局 の 存 在 の 有 無 を 調 査 して 下 さい (2) 想 定 干 渉 距 離 内 に 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 が 存 在 する 場 合 は 当 該 周 波 数 帯 で 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムを 運 用 しないで 下 さい ただし あらかじめ 相 手 局 のユーザと 相 談 した 上 で 試 験 運 用 を 実 施 し 又 はスペクトルアナライザなどの 測 定 装 置 あるいは 専 用 の 試 験 装 置 などを 使 用 して 干 渉 による 障 害 がないことを 確 認 できた 場 合 はこの 限 りでありません (3) 専 門 業 者 は ユーザから 依 頼 された 場 合 は 事 前 調 査 を 実 施 して 下 さい ユーザからの 依 頼 がな い 場 合 でも 自 発 的 に 事 前 調 査 を 実 施 することを 推 奨 します 3. 協 調 対 応 (1) 干 渉 回 避 への 協 力 専 門 業 者 は 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 使 用 に 起 因 する 移 動 体 識 別 装 置 あるいはアマチ ュア 無 線 局 への 有 害 な 電 波 干 渉 の 事 例 が 発 生 し かつ 当 該 システムのユーザと 移 動 体 識 別 装 置 のユー ザあるいはアマチュア 無 線 局 の 免 許 人 の 間 で 電 波 干 渉 回 避 方 策 の 検 討 を 行 う 必 要 が 生 じた 場 合 には 誠 意 を 持 って 電 波 干 渉 回 避 に 協 力 して 下 さい 22

33 (2) 既 設 の 無 線 局 優 先 既 に 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 を 運 用 中 のエリアあるいは 導 入 が 決 定 しているエリアで 時 間 的 に 後 発 で 同 一 周 波 数 帯 の 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 を 開 設 しようとする 場 合 は 後 発 者 の 責 任 で 事 前 調 査 及 び 干 渉 回 避 対 策 を 実 施 して 下 さい 万 一 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムが 稼 働 後 に 既 設 の 移 動 体 識 別 用 の 構 内 無 線 局 に 有 害 な 電 波 干 渉 を 与 えた 場 合 は 速 やかに 使 用 周 波 数 を 変 更 するか 又 は 電 波 の 発 射 を 停 止 し 干 渉 回 避 対 策 を 実 施 して 下 さい 注 1 この 運 用 の 手 引 き( 概 要 版 )は 民 間 の 任 意 規 格 の 参 考 です ARIB STD-T66 に 運 用 の 手 引 きの 詳 細 を 参 考 として 添 付 してありますので 参 照 して 下 さい 注 2 問 い 合 わせ 先 社 団 法 人 電 波 産 業 会 規 格 会 議 無 線 LAN 作 業 班 事 務 局 あて TEL: FAX: 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 日 土 地 ビル 11 階 なお 屋 外 で 使 用 する 模 型 飛 行 機 の 無 線 操 縦 用 として 使 用 する 機 器 に 関 する 問 い 合 わせ 先 は 以 下 になります 財 団 法 人 日 本 ラジコン 電 波 安 全 協 会 TEL: FAX: 東 京 都 台 東 区 浅 草 橋 T F A ビル 10 階 23

34 参 考 4 ARIB STD-T66 添 付 の 運 用 の 手 引 き セクタアンテナ 規 制 に 関 する 解 説 書 1. はじめに ARIB STD-T66 に 添 付 してある 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム 無 線 局 の 運 用 の 手 引 き にお いてセクタアンテナの 使 用 制 限 を 自 主 規 制 しており ある 範 囲 内 に 複 数 局 を 設 置 しないこととしてい ます しかし 運 用 の 手 引 き は 文 章 だけの 説 明 であり 具 体 的 事 例 を 適 用 する 上 で 判 断 に 迷 う 場 合 が 生 じています そこで 無 線 LAN ユーザやメーカの 利 便 性 を 損 なわずに 自 主 規 制 を 円 滑 に 運 用 で きるよう セクタアンテナ 規 制 に 関 する 解 説 書 を 作 成 しました 2. EIRP 規 制 緩 和 の 趣 旨 2002 年 2 月 28 日 の 無 線 設 備 規 則 等 の 改 正 によって 小 電 力 データ 通 信 システム 用 無 線 設 備 ( 以 下 無 線 LAN といいます )の 等 価 等 方 輻 射 電 力 (EIRP)の 上 限 が 緩 和 (+10dB)されました 単 純 に EIRP の 上 限 を 緩 和 すると 同 一 周 波 数 帯 を 使 用 する 他 の 無 線 局 ( 移 動 体 識 別 装 置 やアマチュア 無 線 局 )に 対 する 与 干 渉 範 囲 が 拡 大 し 周 波 数 共 用 に 支 障 を 来 たします そこで EIRP を 上 げる 場 合 はその 量 に 応 じてアンテナビームの 半 値 角 を 狭 くし 与 干 渉 面 積 を 従 来 規 制 の 与 干 渉 面 積 * 以 下 に することによって 周 波 数 共 用 を 図 るようにしています( 図 1 参 照 ) * 利 得 2.14dBi の 無 指 向 性 アンテナに 最 大 定 格 電 力 (DSSS の 場 合 10mW/MHz)を 供 給 したとき 与 干 渉 面 積 無 指 向 性 アンテナ 指 向 性 アンテナ 無 指 向 性 アンテナ 指 向 性 アンテナ EIRP 22.14dBm/MHz A 10dB EIRP 12.14dBm/MHz EIRP 12.14dBm/MHz 従 来 の 規 制 規 制 緩 和 後 図 1 EIRP 規 制 の 概 念 これを 面 積 で 規 定 するのは 困 難 なので 実 際 はアンテナの 半 値 角 で 規 制 しています 半 値 角 360 度 A( 実 数 ) ここで A は 当 該 EIRP が 無 指 向 性 EIRP の 上 限 値 を 超 える 率 とします 例 えば 規 制 緩 和 後 の 最 大 EIRP にする 場 合 は アンテナの 半 値 角 を 36 度 (=360 度 10 倍 ) 以 下 にしなければなりません 逆 に 半 値 角 が 60 度 のアンテナの 場 合 は 無 指 向 性 アンテナの 利 得 (2.14dBi)に 対 して 最 大 6 倍 (=360 度 60 度 )の 利 得 即 ち 9.9dBi(=2.14dBi+7.78dB)のア ンテナを 使 用 できることになります 24

35 3. セクタ 指 向 性 アンテナ 規 制 の 趣 旨 規 制 緩 和 によって EIRP が 増 加 した 無 線 局 を 同 一 場 所 に 複 数 設 置 すれば 当 然 ながら 与 干 渉 面 積 が 増 加 します 極 端 な 例 でいえば EIRP=22.14dBm/MHz で 半 値 角 36 度 のアンテナを 10 本 設 置 すれ ば 全 方 向 (360 度 )にわたって 最 大 EIRP を 確 保 でき 与 干 渉 面 積 は 従 来 の 10 倍 になってしまい ます 他 の 無 線 局 から 見 れば 一 方 的 に 干 渉 を 受 ける 範 囲 が 広 がることになり 周 波 数 共 用 の 観 点 から 許 容 できないということになります そこで 同 一 場 所 に 設 置 できる 高 EIRP の 無 線 局 の 数 を 自 主 的 に 制 限 し 他 の 無 線 局 との 周 波 数 共 用 を 図 ることになりました ここでいう 同 一 場 所 とは 無 線 LAN から 移 動 体 識 別 装 置 ( 構 内 無 線 局 ) に 対 して 有 害 な 干 渉 を 与 えないと 想 定 した 距 離 以 内 のことで 無 線 LAN の 空 中 線 電 力 によって 変 化 します( 表 1 参 照 ) 表 1 与 干 渉 距 離 想 定 干 渉 距 離 10m 20m 40m 80m 無 線 設 備 例 狭 帯 域 変 調 0.01mW 0.1mW 1mW 10mW DS OFDM 1mW 1mW/MHz 10mW/MHz - F 空 中 線 電 力 1mW 0.1mW/MHz 1mW/MHz 10mW/MHz 3mW/MHz H 拡 散 帯 域 幅 83.5MHz 26MHz 26MHz 26MHz 83.5MHz 4. 運 用 上 の 問 題 と 解 決 方 法 セクタアンテナの 定 義 に 関 し 同 一 場 所 で 複 数 無 線 局 という 定 義 をそのまま 適 用 すると 中 継 局 を 構 成 できないことになってしまいます また 直 線 状 の 通 信 エリア( 道 路 沿 いや 鉄 道 沿 い)をカ バーするためには 上 り/ 下 りの 両 方 向 にビーム 指 向 性 を 持 たせたいところですが これも 禁 止 され ることになり ユーザの 利 便 性 を 阻 害 してしまいます セクタ 指 向 性 アンテナを 規 制 する 趣 旨 は 与 干 渉 面 積 を 規 制 前 の 最 大 面 積 より 小 さくすることにあ ります 逆 にいえば 与 干 渉 面 積 が 増 えないという 条 件 内 であれば 同 一 場 所 に 複 数 の 無 線 局 を 設 置 しても 自 主 規 制 に 反 しないということになります 5. 規 制 の 判 断 例 以 下 具 体 的 設 置 例 を 挙 げ 自 主 規 制 にかかる/かからないの 判 断 基 準 を 示 します 基 本 的 考 え 方 は 次 のとおりです (1) 従 来 規 格 (EIRP 12.14dBm/MHz)の 無 線 設 備 従 来 規 格 の 無 線 設 備 は 自 主 規 制 対 象 外 ですから 従 来 規 格 の 無 線 設 備 だけで 構 成 する 場 合 は 1 箇 所 の 設 置 台 数 の 制 限 はありません ただし 設 置 台 数 によってはスループットが 低 下 することも 考 えら れます (2) 従 来 規 格 内 の 無 線 設 備 と 高 EIRP 無 線 設 備 の 組 合 せ 高 EIRP 無 線 設 備 側 で 緩 和 規 格 (EIRP 22.14dBm/MHz かつ 半 値 角 360 度 A)を 守 っていれ ば 従 来 規 格 の 無 線 設 備 が 何 台 あっても 問 題 ありません (3) 同 一 場 所 に 該 当 しない 場 合 同 一 場 所 とは 無 線 LAN から 移 動 体 識 別 装 置 ( 構 内 無 線 局 )に 対 して 有 害 な 干 渉 を 与 えないと 想 定 した 距 離 ( 無 線 LAN の 空 中 線 電 力 によって 変 化 ) 以 内 を 指 しますが 異 なるユーザが 設 置 する 場 合 は 同 一 場 所 に 該 当 しません 25

36 具 体 的 設 置 例 凡 例 : 許 容 : 条 件 付 き 許 容 : 不 可 従 来 規 格 範 囲 内 でのセクタアンテナ EIRP=12.14dBm/MHz の 範 囲 EIRP=12.14dBm/MHz の 範 囲 従 来 規 格 範 囲 内 (EIRP 12.14dBm/MHz)で あれば 同 一 箇 所 に 何 局 設 置 し ても 許 容 します 指 向 性 アンテナ 指 向 性 アンテナ 無 指 向 性 アンテナ 高 EIRP アンテナと 無 指 向 性 アンテナ 無 指 向 性 アンテナ EIRP 22.14dBm/MHz 指 向 性 アンテナ A 10dB 半 値 角 360 度 A 従 来 規 格 内 の 無 指 向 性 アンテ ナは 自 主 規 制 対 象 外 ですか ら 高 EIRP 側 で 規 格 を 守 っ ていればと 従 来 規 格 の 台 数 に 制 限 はありません EIRP 12.14dBm/MHz 従 来 規 格 内 であればビームアンテナも 可 半 値 角 の 狭 い 高 EIRP アンテナを 複 数 : 条 件 による EIRP 22.14dBm/MHz EIRP 12.14dBm/MHz EIRP 22.14dBm/MHz A 10dB A 10dB 高 EIRP アンテナを 複 数 設 置 する 場 合 でも 各 アンテナの 半 値 角 の 合 計 が 以 下 の 式 を 満 足 すれば 許 容 します 合 計 半 値 角 360 度 A 例 えば EIRP=22.14dBm/MHz のときの 半 値 角 制 限 は 36 度 以 下 となりますので 半 値 角 10 度 のアンテナであれば 3 本 まで 設 置 できることになります(36 度 10 度 3) 26

37 それぞれのアンテナ 利 得 が 異 なる 場 合 は 以 下 の 式 を 満 足 させる 必 要 があります θ1 A1+θ2 A2+ +θn An 360 度 θn: 各 アンテナの 半 値 角 An: 各 アンテナの EIRP 12.14dBm/MHz に 対 する 倍 率 ( 実 数 ) An 10 双 ビームアンテナ : 条 件 による EIRP 22.14dBm/MHz EIRP 12.14dBm/MHz EIRP 22.14dBm/MHz A 10dB A 10dB 双 ビームアンテナの 合 計 半 値 角 が 以 下 の 式 を 満 足 すれば 許 容 します 合 計 半 値 角 360 度 A 例 えば EIRP=22.14dBm/MHz のときの 半 値 角 制 限 は 36 度 以 下 となりますので 片 ビーム 半 値 角 は 最 大 18 度 まで 許 容 できます 高 EIRP 無 指 向 性 アンテナ EIRP=12.14dBm/MHz の 範 囲 高 利 得 無 指 向 性 アンテナ( 多 段 コーリニアなど) わずかでも 飛 び 出 せば 不 可 コーリニアアンテナを 水 平 方 向 に 設 置 しても 規 格 外 です 6. おわりに セクタアンテナの 自 主 規 制 は 周 波 数 共 用 が 目 的 であり 無 線 LAN ユーザやメーカの 利 便 性 を 損 な うことは 意 図 していません 例 えば 無 線 LAN から 移 動 体 識 別 装 置 ( 構 内 無 線 局 )に 対 して 有 害 な 干 渉 を 与 えないと 想 定 した 距 離 以 内 がすべて 当 該 ユーザの 管 理 する 敷 地 である 場 合 には セクタアン テナの 使 用 を 制 限 するものではありません また 周 辺 に 移 動 体 識 別 装 置 ( 構 内 無 線 局 )やアマチュア 無 線 局 が 存 在 する 可 能 性 が 極 めて 少 ない 山 岳 部 などでは セクタアンテナの 使 用 を 必 ずしも 制 限 する ものではありません(もちろん 十 分 な 事 前 調 査 が 必 要 ですが) 自 主 規 制 の 趣 旨 を 理 解 の 上 で 運 用 して いただければ 幸 いです 27

38 問 合 せ 先 : ( 社 ) 電 波 産 業 会 規 格 会 議 無 線 LAN 作 業 班 事 務 局 TEL: FAX: 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 日 土 地 ビル 11 階 28

39 参 考 5 漏 洩 同 軸 ケーブルに 関 する 解 説 書 平 成 17 年 7 月 6 日 策 定 平 成 17 年 10 月 4 日 改 定 1 はじめに ARIB STD-T66 及 び RCR STD-33 は これまで 漏 洩 同 軸 ケーブルをアンテナとして 使 用 することを 前 提 としていなかったため 運 用 の 場 面 で 混 乱 が 生 じないように 規 格 会 議 無 線 LAN 作 業 班 の 審 議 を 経 て 本 解 説 書 を 作 成 した これは ARIB STD-T66( 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム/ワイヤレス LAN システム) 及 び RCR STD-33( 小 電 力 データ 通 信 システム/ワイヤレス LAN システム)を 対 象 とし アンテナ 利 得 2.14dBi 以 下 とい う 条 件 で 検 討 されたものであり その 他 の 無 線 システムについては 導 入 にあたり 別 途 検 討 が 必 要 である 2 本 書 の 目 的 漏 洩 同 軸 ケーブルは 同 軸 ケーブルの 外 部 導 体 部 分 にスロットを 設 けたもので 各 スロ ットが 相 互 に 作 用 し 全 体 が 一 つのアンテナとして 輻 射 角 度 や 利 得 を 持 つ その 構 造 はフ レキシブルで 様 々な 形 状 で 敷 設 できるため 同 じスロット 構 成 であっても 全 体 の 敷 設 形 状 や 長 さによって 利 得 に 差 が 生 ずる 従 来 は 主 に 鉄 道 トンネル 地 下 街 などの 公 共 設 備 において 免 許 を 付 与 された 無 線 局 に 使 用 されていたので その 運 用 状 態 は 行 政 やメーカが 管 理 可 能 であった しかし 無 線 LAN のような 免 許 不 要 局 のアンテナとして 市 場 に 流 通 する 場 合 には その 扱 いは 技 術 基 準 適 合 証 明 を 受 けた 者 又 は 工 事 設 計 認 証 を 受 けた 者 にゆ だねられ 最 終 的 には 一 般 ユーザの 手 に 渡 ることになり 電 波 法 の 遵 守 と 他 システムへの 与 干 渉 防 止 を 図 るために いかなる 状 況 でもアンテナ 利 得 が 上 限 値 を 超 えないという 担 保 が 必 要 になる また 現 行 の 技 術 基 準 や 審 査 基 準 との 整 合 性 が 保 たれるよう アンテナ 利 得 の 測 定 及 び 算 出 方 法 を 定 める 必 要 がある 3 漏 洩 同 軸 ケーブルの 考 え 方 (1) 漏 洩 同 軸 ケーブル 構 造 の 定 義 漏 洩 同 軸 ケーブルとは 中 心 導 体 絶 縁 体 外 部 導 体 が 同 心 円 上 に 配 置 され 電 波 が 漏 洩 するよう 外 部 導 体 に 規 則 的 な 開 口 部 (スロット)が 設 けられた 同 軸 ケーブルを 指 す そ の 構 造 は 同 一 特 性 区 間 内 のスロット 構 造 が 均 一 であり また 外 力 で 同 心 円 構 造 が 容 易 に 変 形 しないものとする (2)アンテナとしての 捉 え 方 漏 洩 同 軸 ケーブルは 給 電 線 ではなくアンテナとみなす 図 1のように 単 一 型 グレ ーディング 型 分 岐 型 といった 接 続 形 態 に 関 わらず 給 電 点 から 先 の 全 体 を 一 つのアンテ ナとみなす また 分 岐 型 とグレーディング 型 の 混 合 型 においても 同 様 とする また 同 一 のスロット 構 成 であっても 全 長 が 異 なる 場 合 は 別 のアンテナとみなす 同 様 に 全 長 が 同 じでも 特 性 ( 結 合 損 失 伝 送 損 失 )が 異 なる 場 合 は 別 のアンテナとみなす (3)アンテナ 利 得 漏 洩 同 軸 ケーブルのアンテナ 利 得 は 2.14dBi 以 下 を 担 保 しなければならない 専 用 の 付 属 給 電 線 を 使 用 する 場 合 は その 損 失 分 も 含 めてアンテナ 利 得 として 良 いこととする 29

40 終 端 器 一 つのアンテナ 漏 洩 同 軸 ケーブル 給 電 線 送 信 機 給 電 点 単 一 型 終 端 器 特 性 Cの 区 間 一 つのアンテナ 漏 洩 同 軸 ケーブル 特 性 Bの 区 間 特 性 Aの 区 間 給 電 線 送 信 機 給 電 点 グレーディング 型 一 つのアンテナ 終 端 器 漏 洩 同 軸 ケーブル 分 配 器 漏 洩 同 軸 ケーブル 終 端 器 分 岐 型 給 電 点 給 電 線 送 信 機 図 1 (4) 終 端 部 連 結 部 分 配 部 の 構 造 漏 洩 同 軸 ケーブルの 終 端 部 には その 特 性 インピーダンスに 等 しい 終 端 器 を 接 続 し 容 易 に 分 解 できない 構 造 とする グレーディング 型 において 異 なる 特 性 区 間 の 境 目 に 連 結 部 (コネクタ 接 続 など)があ る 場 合 は その 部 分 を 容 易 に 取 り 外 せない 構 造 とする 分 岐 型 において 分 配 部 ( 分 配 器 と 漏 洩 同 軸 ケーブルの 接 続 部 )は 容 易 に 取 り 外 しがで きない 構 造 とする 4 利 得 の 測 定 と 算 出 方 法 前 述 のように 漏 洩 同 軸 ケーブルは 敷 設 形 状 を 変 えると 利 得 が 変 化 するので いかなる 敷 設 形 状 でも 利 得 が 2.14dBi を 越 えないという 担 保 が 必 要 となる そこで 全 てのスロッ トから 送 信 される 電 波 が 同 じ 伝 搬 距 離 の 受 信 点 において 全 て 同 位 相 で 加 算 ( 最 大 値 合 成 )されるという 理 論 上 考 えられる 最 も 厳 しい 条 件 を 仮 定 し 測 定 と 計 算 によって 最 大 利 得 を 推 定 する 最 大 利 得 の 計 算 は 漏 洩 同 軸 ケーブルの 接 続 形 態 ( 単 一 型 分 岐 型 グレーディング 型 ) によってそれぞれ 異 なる 算 出 式 を 用 い 以 下 に 説 明 する 単 位 長 (1m) 利 得 と 伝 送 損 失 を 共 通 に 使 用 する (1) 単 位 長 (1m) 利 得 Gu の 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブルは 全 長 が 長 いため 多 くの 場 合 そのままでは 電 波 暗 室 での 測 定 は 困 難 である そこで 電 波 暗 室 内 での 回 転 が 可 能 な1mのサンプルを 用 い 単 位 長 (1m) 利 得 Gu を 置 換 法 で 測 定 する ( 図 2) 30

41 ア 測 定 場 所 電 波 暗 室 とする イ 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブル 測 定 に 用 いる 漏 洩 同 軸 ケーブルは 給 電 側 の 最 初 のスロットから 終 端 側 の 最 後 のスロ ットまでの 長 さを 約 1mとし 終 端 側 に 無 反 射 終 端 器 を 接 続 する ウ エ オ カ キ 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブルの 設 置 条 件 高 さ 1.5mの 絶 縁 材 料 で 作 られた 回 転 台 の 上 に 水 平 に 設 置 する 測 定 器 の 条 件 (1)スペクトルアナライザは MAX HOLD に 設 定 する (2) 最 大 受 信 電 力 がスペクトルアナライザの 雑 音 レベルより 20dB 以 上 高 くなるように 標 準 信 号 発 生 器 の 出 力 を 調 整 する このとき 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブル 給 電 点 におけ る 送 信 電 力 をPin(dBm)とする (3) 測 定 周 波 数 は 以 下 のとおりとする ARIB STD-T66 に 該 当 する 無 線 設 備 を 接 続 する 場 合 2400MHz MHz MHz RCR STD-33 に 該 当 する 無 線 設 備 を 接 続 する 場 合 2471MHz 2484MHz 2497MHz 測 定 用 アンテナの 条 件 ホーン 型 アンテナ 又 は 標 準 ダイポールアンテナとする 測 定 の 方 法 (1) 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブルと 測 定 用 アンテナを 対 向 させ 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブル 表 面 のスロット 開 口 面 を 測 定 用 アンテナ 方 向 に 向 ける 測 定 用 アンテナは 垂 直 偏 波 とす る (2) 回 転 台 を 回 転 させ 受 信 電 力 最 大 点 に 調 整 し 固 定 する (3) 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブルを 同 心 円 軸 を 中 心 に 回 転 させ 受 信 電 力 最 大 点 に 調 整 し このときの 受 信 電 力 を 記 録 する (4) 測 定 用 アンテナを 水 平 偏 波 にして 上 記 (2) 及 び(3)を 再 度 行 う (5) 上 記 (3)と(4)の 測 定 結 果 のいずれか 大 きい 方 を 最 大 受 信 電 力 PLCX(dBm)とする (6) 次 に 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブルを 台 上 から 外 し 同 じ 位 置 に 置 換 用 標 準 ダイポール アンテナ( 利 得 2.14dBi)を 垂 直 偏 波 で 設 置 する (7)これに 漏 洩 同 軸 ケーブルの 場 合 と 同 じ 送 信 電 力 Pin を 給 電 して 垂 直 偏 波 にした 測 定 用 アンテナから 得 られる 最 大 受 信 電 力 Pdp(dBm)を 測 定 する 単 位 長 (1m) 利 得 Gu の 算 出 単 位 長 (1m)の 漏 洩 同 軸 ケーブルの 最 大 利 得 Gu を (1) 式 により 算 出 する Gu = P LCX - P dp dbi (1) 31

42 回 転 台 を 上 から 見 た 図 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブル 終 端 器 回 転 台 給 電 点 1m PLCX 又 は Pdp 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブル Pin 3m 回 転 台 1.5m 1.5m 測 定 用 アンテナ 標 準 信 号 発 生 器 スペクトル アナライザ 図 2 (2) 伝 送 損 失 の 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブルの1mあたりの 伝 送 損 失 をαc(dB/m)とする この 伝 送 損 失 αc は ケ ーブル 内 を 電 力 が 伝 送 される 際 にケーブル 自 体 で 生 ずる 損 失 ( 抵 抗 損 誘 電 体 損 など)と 電 力 の 一 部 が 各 スロットから 電 波 として 外 部 へ 出 ていくことによる 輻 射 損 失 を 合 わせたも のとなる この 値 は 使 用 周 波 数 帯 域 内 での 最 小 値 を 採 用 する コネクタ 損 失 などによる 誤 差 を 小 さくするために 図 3のように 全 長 50m 以 上 のサンプ ルを コンクリートフロアから 10cm の 距 離 を 保 持 して 直 線 状 に 敷 設 し 測 定 する その 際 スロット 開 口 面 が 上 空 に 向 くようにする また 全 長 50m に 満 たない 短 い 漏 洩 同 軸 ケーブルで 測 定 する 場 合 は コネクタロス(0.1dB/ 個 )を 計 算 に 入 れる 漏 洩 同 軸 ケーブルメーカから 提 示 される 伝 送 損 失 値 を 採 用 する 場 合 その 値 が 上 記 の 方 法 又 は これに 準 ずる 高 確 度 な 方 法 で 測 定 された 最 小 値 であることを 確 認 する 必 要 がある 標 準 信 号 発 生 器 漏 洩 同 軸 ケーブルのスロット 開 口 面 は 上 空 に 向 ける スペクトルアナライザ 又 はRFパワーメータ 10cm コンクリートフロア 非 金 属 の 支 持 台 M 図 3 (3) 単 一 型 のアンテナ 利 得 の 算 出 長 さn(m)の 単 一 型 のアンテナ 利 得 Gn(dBi)は 以 下 の 前 提 条 件 に 基 づいて (2) 式 によ 32

43 って 算 出 する 前 提 条 件 1) 長 さn(m)の 漏 洩 同 軸 ケーブルは 単 位 長 (1m)のアンテナ 素 子 がn 個 つながった ものとする 2) 各 素 子 から 発 射 される 電 波 は 評 価 地 点 において 同 じ 空 間 伝 搬 損 且 つ 同 位 相 で 加 算 される 3) 給 電 点 からk 番 目 のアンテナ 素 子 に 到 達 する 電 力 は k αc (db)の 伝 送 損 失 を 受 け るものとする 但 し 一 つのアンテナ 素 子 ( 単 位 長 1m) 内 の 各 スロットの 励 振 電 力 は 全 て 同 じとする 利 得 G u 単 位 長 1m 全 長 n(m) 利 得 G n k=0 k=1 k=2 k= n -1 給 電 点 終 端 器 図 4 算 出 式 α n 1 Gu k c 10 Gn[ dbi] = 10Log10 10 (n: 整 数 ) (2) k = 0 算 出 例 全 長 n=100m Gu=-18 dbi αc= 0.13 db/mの 場 合 (2) 式 から G100=-2.92 dbi を 得 る 更 に n=500mまで 計 算 した 結 果 をグラフにすると 図 5のようになり この 漏 洩 同 軸 ケーブルは 150m 付 近 から 利 得 が 飽 和 し これ 以 上 延 長 しても 2.14dBi を 超 えないこと が 分 かる 0-5 最 大 利 得 Gn(dBi) 漏 洩 同 軸 ケーブル 長 n(m) 図 5 33

44 (4)グレーディング 型 のアンテナ 利 得 の 算 出 図 6のように 特 性 の 異 なる 漏 洩 ケーブルを 直 列 に 連 結 した 場 合 それぞれの 特 性 区 間 ごとのアンテナ 利 得 を 求 め その 合 計 をアンテナ 利 得 Gn とする 利 得 G n 利 得 G u 単 位 長 1m n l =0 n l =1 n l =n-1 n l =0 n l =1 n l =n-1 n l =0 n l =1 n l =n-1 給 電 点 l=1 l=2 l=l 図 6 終 端 器 算 出 式 G [ dbi] = 10Log n L n 1 10 l= 1 n = 0 l 10 G ul n α l cl l [ n ] ( q 1) αc ( q 1) q= (3) Gn: アンテナ 利 得 L: グレーディング 数 l : 区 間 番 号 n: 区 間 の LCX 長 ( 整 数 ) Gu: 単 位 長 アンテナ 利 得 α c: 単 位 長 減 衰 量 ただし n 0 = α c0 = 0 とする 算 出 例 図 6において 給 電 点 側 から 第 1 区 間 (l=1) 全 長 n1=20m Gu1=-15 dbi αc1= db/m 第 2 区 間 (l=2) 全 長 n2=20m Gu2=-10 dbi αc2= db/m 第 3 区 間 (l=3) 全 長 n3=20m Gu3=-5.8dBi αc3= db/m とした 場 合 (3) 式 から Gn= 1.73 dbi となる 34

45 (5) 分 岐 型 アンテナ 利 得 の 算 出 図 7のように m 本 の 漏 洩 同 軸 ケーブルを 並 列 に 接 続 した 場 合 それぞれの 漏 洩 同 軸 ケ ーブルごとのアンテナ 利 得 を 求 め その 合 計 をアンテナ 利 得 Gn とする この 計 算 方 法 の 根 拠 は 算 出 例 の 後 に 詳 しく 述 べる 図 7の 場 合 まず 一 番 上 (m=1)のアンテナ 利 得 G1 を 給 電 点 から 終 端 器 までに 含 ま れる 利 得 要 素 と 損 失 要 素 を 加 算 して 求 める その 際 分 配 部 分 については 分 配 器 の 理 論 上 の 電 力 分 配 損 は 計 算 に 含 めず 抵 抗 損 などで 生 じる Ldm だけを 計 算 する 同 様 に2 番 目 以 降 のアンテナ 利 得 G2 から Gm も 順 次 計 算 し これらの 利 得 を 全 て 合 計 した 値 が 分 岐 型 ア ンテナ 全 体 の 最 大 合 成 利 得 Gn となる これを 式 で 表 すと 式 (4)となる Ld m 利 得 G u 単 位 長 1m m n =0 m n =1 m n =2 m n =n-1 m=1 給 電 線 分 配 器 m n =0 m n =1 m n =2 m n =n-1 m=2 利 得 G n 給 電 点 m n =0 m n =1 m n =2 m n =n-1 m=m 終 端 器 図 7 算 出 式 G [ dbi] = 10Log n M n 1 G m= 1 m = 0 n um m α n 10 cm Ld m (4) : アンテナ 利 得 M : 分 岐 数 n : LCX 長 ( 整 数 ) Gu : 単 位 長 アンテナ 利 得 αc : 単 位 長 減 衰 量 Ldm : 分 配 器 損 失 Gn ( 理 論 上 の 電 力 分 配 損 を 除 いた 損 失 分 即 ち 抵 抗 損 や 誘 電 体 損 などを 指 す ) 35

46 算 出 例 分 岐 数 m=2 全 長 n1=n2=50m Gu= dbi αc= 0.13 db/m Ld1=Ld2=0.2dB の 場 合 式 (4)から Gn=-3.85dBi となる この 分 岐 接 続 において 最 大 合 成 利 得 が 各 アンテナ 利 得 の 和 となる 理 論 的 根 拠 は 以 下 の 通 りである 漏 洩 同 軸 ケーブルを 二 分 岐 接 続 にした 場 合 の 最 大 合 成 利 得 を 下 記 のモデルで 考 える 利 得 が G1 と G2 の 二 つのアンテナに 電 力 P1 と P2 を 同 相 で 加 えたとき それぞれのアンテ ナから 同 じ 距 離 d のある 測 定 点 における 合 成 電 界 強 度 Eは 式 (a)で 表 される E = K G P G P ) / d (a) ( 二 つのアンテナの 中 間 に 利 得 Gt の 仮 想 アンテナ を 考 え これに 電 力 P1+P2 を 加 えたとき 距 離 d における 電 界 強 度 が 上 記 Eと 等 しいとすれば E = K Gt ( P P ) 2 / d (b) 1 + P 1 P 2 G 1 G 2 d d E 測 定 点 (a) 式 と(b) 式 から Gt は G1 G2 r によって(c) 式 の ように 表 される 但 し r は 電 力 配 分 比 r=p2/p1 P1+P2 は 常 に 一 定 とする 2 G t = ( G + G r ) /(1 + ) (c) 1 2 r 合 成 利 得 Gt は 電 力 配 分 比 r によって 変 化 するが これが 最 大 になる r を dgt / dr = (d) という 条 件 で 求 めると r = G /G (e) となり 式 (e)を(c)に 代 入 すると G t = G + G (f) (max) 1 2 従 って Gt の 最 大 値 は 常 に G1+G2 であり 電 力 配 分 比 r に 依 存 しない このことから 送 信 機 からの 給 電 電 力 を 分 配 器 で 何 分 配 しても また どのよう な 分 配 比 にしても 理 論 上 の 最 大 合 成 利 得 は 各 アン テナ 利 得 の 和 であることが 分 かる Gt Gt P 1 +P G t d G 1 =G 2 =1の 場 合 Gt(max) r G 1 =0.5 G 2 =1の 場 合 Gt(max) E 測 定 点 r 36

47 (6) 結 合 損 失 の 算 出 単 位 長 (1m) 利 得 Guの 測 定 において 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブルと 測 定 アンテナ 間 の 空 間 伝 搬 損 失 である 結 合 損 失 Lc(dB)を (5) 式 で 算 出 する (Pinは 被 測 定 漏 洩 同 軸 ケーブ ルへの 給 電 電 力 ) 但 し 直 接 Lcを 測 定 する 場 合 はPin PLCXを 測 定 する 必 要 はない L c=pin-plcx db (5) この 結 合 損 失 の 値 は アンテナ 利 得 算 出 には 直 接 使 用 しないが 参 考 事 項 として 把 握 して おく 必 要 がある なお この 値 は 一 般 に 漏 洩 同 軸 ケーブルの 特 性 としてカタログ 等 に 示 される 結 合 損 失 (50% 確 率 値 など)とは 定 義 が 異 なるので 注 意 が 必 要 である 5 工 事 設 計 書 への 記 載 について( 参 考 ) 漏 洩 同 軸 ケーブルをアンテナとして 用 いる 場 合 工 事 設 計 書 の 該 当 項 目 を 以 下 のように 記 載 することにより 技 術 基 準 及 び 審 査 基 準 との 整 合 を 図 ることができると 考 える 項 目 4 空 中 線 (1) 型 式 及 び 構 成 漏 洩 同 軸 空 中 線 ( 構 成 は 添 付 の 図 面 のとおり)と 記 載 し 構 成 を 示 す 図 面 を 添 付 する (2) 利 得 実 際 の 漏 洩 同 軸 ケーブルの 長 さで 4 利 得 の 測 定 と 算 出 方 法 により 算 出 した 最 大 利 得 を 記 載 する 項 目 8 参 考 事 項 4 利 得 の 測 定 と 算 出 方 法 で 求 めた 結 合 損 失 を 記 載 する 37

48 6 おわりに この 漏 洩 同 軸 ケーブルに 関 する 解 説 書 は 電 波 法 の 遵 守 と 他 システムへの 与 干 渉 防 止 を 図 ることによって 漏 洩 同 軸 ケーブルを 無 線 LAN 用 アンテナの 一 つの 選 択 肢 として 円 滑 に 利 用 可 能 にすることを 目 的 としており 無 線 LAN ユーザやメーカの 利 便 性 を 損 なう ことは 意 図 していない 本 書 の 趣 旨 を 理 解 した 上 で 適 切 に 運 用 されたい 問 合 せ 先 : ( 社 ) 電 波 産 業 会 規 格 会 議 無 線 LAN 作 業 班 事 務 局 TEL: FAX: 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 日 土 地 ビル 11 階 38

49 参 考 6 40 MHz システムとして 使 用 可 能 な 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システム の 無 線 局 の 無 線 設 備 の 設 計 基 準 及 び 運 用 の 手 引 き 1. はじめに 平 成 19 年 7 月 5 日 策 定 平 成 19 年 12 月 21 日 改 定 平 成 19 年 6 月 28 日 に 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 にかかわる 無 線 設 備 規 則 等 の 改 正 が 行 われ 2,400 MHz 以 上 2,483.5 MHz 以 下 の 電 波 を 使 用 する 無 線 設 備 において OFDM 方 式 を 用 いる 場 合 にはキャリアセンスを 備 え 付 けることを 条 件 に 占 有 周 波 数 帯 幅 26 MHz を 超 え 38 MHz 以 下 の 送 信 を 行 うことができるようになった しかしながら 同 一 周 波 数 帯 を 使 用 する 他 の 無 線 局 においては キャリアセンス 等 による 干 渉 回 避 を 採 って いない 場 合 があるため これらの 無 線 局 に 対 する 与 干 渉 の 可 能 性 が 拡 大 し 周 波 数 共 用 に 支 障 を 来 たす 事 が 懸 念 される そこで 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 の 無 線 設 備 を 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26 MHz を 超 え 38 MHz 以 下 の 送 信 を 行 う 40 MHz システムとして 使 用 する 場 合 に 同 一 周 波 数 帯 を 使 用 する 他 の 無 線 局 に 対 して 与 える 有 害 な 干 渉 の 可 能 性 を 低 減 し 周 波 数 有 効 利 用 を 図 るとともにユーザの 利 便 性 を 確 保 することを 目 的 に 40 MHz システムとして 使 用 可 能 な 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 の 無 線 設 備 の 設 計 基 準 及 び 運 用 の 手 引 きを 作 成 した MHz システムが 与 える 干 渉 の 可 能 性 40 MHz システム( 占 有 周 波 数 帯 域 幅 が 26 MHz を 超 え 38 MHz 以 下 であるものをいう ) は 普 及 するに 従 い より 高 速 性 を 要 求 されるようになった 無 線 LAN( 小 電 力 データ 通 信 システム 用 無 線 設 備 )において 占 有 周 波 数 帯 幅 が 26 MHz を 超 える 送 信 を 行 うことで 従 来 の2 倍 以 上 の 伝 送 速 度 を 実 現 する 無 線 設 備 のことである 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 シ ステムの 無 線 局 の 無 線 設 備 においては OFDM 方 式 ( 直 交 周 波 数 分 割 多 重 方 式 )に 限 られ 送 信 にあたってはキャリアセンスを 行 い 送 信 装 置 の 占 有 周 波 数 帯 を 他 の 無 線 局 が 使 用 さ れていないことを 確 認 した 場 合 のみ 送 信 する 事 ができる しかしながら 他 の 無 線 局 におい てはキャリアセンス 等 を 採 っていない 場 合 があるために 干 渉 を 回 避 するには 十 分 ではな い また 他 の 無 線 局 の 送 信 装 置 が 周 波 数 ホッピング 方 式 を 用 いている 場 合 には 40 MHz システムのキャリアセンスのタイミングに キャリアセンスを 行 う 周 波 数 範 囲 に 他 の 無 線 局 の 送 信 装 置 が 電 波 を 発 射 していないこともあるために やはり 干 渉 を 回 避 できない した がって これらの 干 渉 の 可 能 性 を 少 しでも 低 減 するためには ユーザが 必 要 な 時 にのみ 40 MHz システムとして 使 用 できるように 無 線 設 備 を 設 計 することが 望 ましい また 必 要 な 時 にのみ 40 MHz システムとして 使 用 するように ユーザに 対 して 注 意 を 喚 起 すること が 望 ましい MHz システムとして 使 用 可 能 な 無 線 設 備 の 設 計 基 準 40 MHz システムとして 使 用 可 能 な 第 二 世 代 小 電 力 データ 通 信 システムの 無 線 局 の 無 線 設 備 の 設 計 においては 40 MHz システムの 使 用 設 定 を ON にすること 又 は OFF にするこ とのいずれかを 切 り 替 えることができること また 当 該 無 線 設 備 の 初 期 設 定 状 態 ( 製 39

Microsoft Word - 21 別添(表紙カラー).doc

Microsoft Word - 21 別添(表紙カラー).doc 諮 問 第 2014 号 5GHz 帯 の 無 線 アクセスシステムの 技 術 的 条 件 のうち 高 速 無 線 LAN の 技 術 的 条 件 諮 問 第 2014 号 5GHz 帯 の 無 線 アクセスシステムの 技 術 的 条 件 のうち 高 速 無 線 LAN の 技 術 的 条 件 に 対 する 答 申 1 技 術 的 条 件 の 適 用 範 囲 送 受 信 装 置 及 び 制 御 装

More information

特定ラジオマイクの陸上移動局の無線設備(TVホワイトスペース帯、特定ラジオマイク専用帯、1.2GHz帯)標準規格

特定ラジオマイクの陸上移動局の無線設備(TVホワイトスペース帯、特定ラジオマイク専用帯、1.2GHz帯)標準規格 特 定 ラジオマイクの 陸 上 移 動 局 の 無 線 設 備 (TVホワイトスペース 帯 特 定 ラジオマイク 専 用 帯 1.2GHz 帯 ) SPECIFIED RADIO MICROPHONE FOR LAND MOBILE RADIO STATION TV WHITE SPACE BAND, EXCLUSIVE BAND, 1.2GHz BAND 標 準 規 格 ARIB STANDARD

More information

920MHz帯テレメータ用、テレコントロール用及びデータ伝送用無線設備標準規格

920MHz帯テレメータ用、テレコントロール用及びデータ伝送用無線設備標準規格 920MHz 帯 テレメータ 用 テレコントロール 用 及 びデータ 伝 送 用 無 線 設 備 920MHz-BAND TELEMETER, TELECONTROL AND DATA TRANSMISSION RADIO EQUIPMENT 標 準 規 格 ARIB STANDARD ARIB STD-T108 1.0 版 平 成 24 年 2 月 14 日 策 定 一 般 社 団 法 人 電 波

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

目 次 1. 目 的... 3 2. 用 語 の 定 義... 3 3. チャネル 割 り 当 て... 4 3.1. チャネルプラン... 4 3.2. チャネル 割 り 当 ての 考 え 方... 6 4. システム 構 築 の 注 意 点... 8 4.1. 無 線 局 の 選 択... 8

目 次 1. 目 的... 3 2. 用 語 の 定 義... 3 3. チャネル 割 り 当 て... 4 3.1. チャネルプラン... 4 3.2. チャネル 割 り 当 ての 考 え 方... 6 4. システム 構 築 の 注 意 点... 8 4.1. 無 線 局 の 選 択... 8 920MHz 帯 RFID(パッシブ 型 ) 周 波 数 利 用 ガイドライン Ver. 1.0 平 成 27 年 8 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 認 識 システム 協 会 RFID 技 術 グループ 920MHz 帯 周 波 数 利 用 ガイドライン 作 成 WG 1 目 次 1. 目 的... 3 2. 用 語 の 定 義... 3 3. チャネル 割 り 当 て... 4 3.1.

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

小電力セキュリティシステムの無線局の無線設備

小電力セキュリティシステムの無線局の無線設備 SECURITY RADIO EQUIPMENT FOR LOW POWER RADIO STATION ARIB STANDARD RCR STD-302.1 Association of Radio Industries and Businesses 1 1 1.1 1 1.2 1 1.3 1 2 2 2.1 2 2.2 2 2.3 3 3 4 3.1 4 (1) 4 (2) 4 (3)

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43> 一 般 配 布 用 鎌 ケ 谷 市 道 路 位 置 指 定 関 係 法 令 集 平 成 15 年 4 月 1 日 ( 平 成 20 年 4 月 1 日 一 部 改 訂 ) 鎌 ケ 谷 市 都 市 建 設 部 建 築 住 宅 課 Tel.047(445)1141( 内 )496 Fax.047(445)1400 目 次 1. 手 続 きの 流 れ 1 2. 添 付 書 類 2 3. 建 築 基 準 法

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型 一 問 題 状 況 1) 平 成 24 年 度 労 働 契 約 法 改 正 (18~20 条 の 新 設 ) 5 年 ルール( 無 期 転 換 ルール)の 導 入 判 例 による 雇 止 め 規 制 の 立 法 化 有 期 契 約 の 差 別 禁 止 規 定 の 新 設 2) 関 連 法 令 の 改 正 (5 年 ルール 関 係 ) 任 期 法 の 改 正 特 例 についての 法 律 案 3) 有

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

建築基準法第43条第1項ただし書き許可

建築基準法第43条第1項ただし書き許可 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 許 可 申 請 マニュアル 平 成 17 年 4 月 作 成 ( 平 成 23 年 8 月 改 正 ) 特 定 行 政 庁 桑 名 市 目 次 許 可 制 度 と 手 続 き P. 1 許 可 手 続 きフロー P. 3 道 路 判 断 の 流 れ P. 4 建 築 審 査 会 における 取 り 扱 い P. 5 建 築 審 査 会 包 括

More information

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 21 日 制 定 ) ( 総 則 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 号 以 下 令 という ) 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 ( 以 下 事 業 という )の 円 滑 な 遂 行 に 資

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

柏 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 基 準 柏 市 平 成 10 年 10 月 制 定 平 成 24 年 4 月 改 正 目 次 第 1 総 則.........1 1 趣 旨...1 2 運 用 方 針...1 3 用 語 の 定 義...2 第 2 基 本 要 件.........3 1 一 般 総 合 設 計...3 2 市 街 地 住 宅 総 合 設 計...7 3 環 境 配

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

ン 審 査 )により 最 優 秀 者 を 選 定 します 2 企 画 提 案 に 関 する 質 問 はメールで 行 うこととします ただし 軽 易 なものについては 電 話 でも 可 とします 3 審 査 は 総 合 販 売 戦 略 課 長 を 審 査 員 長 とした 審 査 員 により 行 うこと

ン 審 査 )により 最 優 秀 者 を 選 定 します 2 企 画 提 案 に 関 する 質 問 はメールで 行 うこととします ただし 軽 易 なものについては 電 話 でも 可 とします 3 審 査 は 総 合 販 売 戦 略 課 長 を 審 査 員 長 とした 審 査 員 により 行 うこと 本 業 務 を 委 託 するにあたり 次 のとおり 企 画 提 案 を 募 集 し 総 合 的 な 審 査 により 事 業 者 を 決 定 します 近 年 インターネットの 普 及 による 情 報 量 の 増 加 や 個 人 の 趣 味 嗜 好 の 多 様 化 などから 消 費 者 の 心 を 捉 える 情 報 の 質 や 手 法 が 変 化 してきており 青 森 県 産 品 のイメージアップや 顧

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面

目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面 面 接 ガイドライン 審 判 編 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 27 年 2 月 特 許 庁 目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前

More information

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477>

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477> 豊 島 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 豊 島 区 都 市 整 備 部 平 成 25 年 10 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹 線

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

平成■■年■■月■■日

平成■■年■■月■■日 入 札 公 告 事 後 審 査 型 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 及 び 西 宮 市 上 下 水 道 局 契 約 規 程 ( 昭 和 42 年 西 宮 市 水 道 局 管 理 規 程 第 13 号 )において 準 用 する 西 宮 市 契 約 規 則 ( 昭 和

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

13-01-00任意売却パンフレット【5枚】

13-01-00任意売却パンフレット【5枚】 平 成 24 年 4 月 独 立 行 政 法 人 住 宅 金 融 支 援 機 構 任 意 売 却 パンフレット このパンフレットは 独 立 行 政 法 人 住 宅 金 融 支 援 機 構 等 ( 以 下 機 構 といいます )の 抵 当 権 が 設 定 された 物 件 の 売 買 の 際 当 方 ( 機 構 並 びに 機 構 の 業 務 を 受 託 する 金 融 機 関 又 は 債 権 回 収 会

More information

要求仕様策定支援業務仕様書

要求仕様策定支援業務仕様書 ( 資 料 1) 第 8 期 病 院 情 報 システム 構 築 における 要 求 仕 様 策 定 支 援 業 務 募 集 要 項 1. 基 本 的 な 考 え 方 本 委 託 業 務 は 平 成 28 年 1 月 に 本 番 稼 動 する 電 子 カルテシステムを 中 心 とした 第 8 期 病 院 情 報 システム 構 築 についての 提 案 を 得 るため 実 施 するものである 前 回 第 7

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203038303232328D5C91A290528DB88C9F8DB882CC895E977089F090E081698DC58F4994C5816A476F6A6F4B6F4F7381698D589056959495AA82CC90D48F9182AB816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203038303232328D5C91A290528DB88C9F8DB882CC895E977089F090E081698DC58F4994C5816A476F6A6F4B6F4F7381698D589056959495AA82CC90D48F9182AB816A2E646F63> 編 集 : 日 本 建 築 行 政 会 議 構 造 審 査 検 査 の 運 用 解 説 平 成 19 年 10 月 10 日 ( 修 正 : 平 成 20 年 2 月 22 日 ) 指 針 研 修 等 検 討 委 員 会 指 針 等 検 討 WG 目 次 本 書 について...4 1. 本 書 の 位 置 づけ...4 2. 本 書 の 取 扱 いに 関 する 留 意 事 項...4 3. 本 書

More information

土 地 家 屋 購 入 家 賃 地 代 駐 車 料 ( 一 時 預 りを 除 く) 等 の 不 動 産 に 関 わる 支 払 い 現 金 との 換 金 金 融 機 関 への 預 け 入 れ 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年

土 地 家 屋 購 入 家 賃 地 代 駐 車 料 ( 一 時 預 りを 除 く) 等 の 不 動 産 に 関 わる 支 払 い 現 金 との 換 金 金 融 機 関 への 預 け 入 れ 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 津 市 プレミアム 商 品 券 発 行 等 運 営 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 津 市 プレミアム 商 品 券 発 行 等 運 営 業 務 2 委 託 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 3 業 務 の 概 要 (1) 目 的 津 市 内 に 店 舗 のある 商 店 等 において 使 用 できるプレミアム 商 品 券 を 発 行 することによ

More information

アラビアントラベルマーケット 2016(ドバイ) 出 展 ブースの 企 画 実 施 運 営 業 務 に 係 る 企 画 提 案 依 頼 書 1. 業 務 の 概 要 (ア) 事 業 の 目 的 中 東 からの 誘 客 にむけ, 平 成 26 年 度 よりアラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)のドバ

アラビアントラベルマーケット 2016(ドバイ) 出 展 ブースの 企 画 実 施 運 営 業 務 に 係 る 企 画 提 案 依 頼 書 1. 業 務 の 概 要 (ア) 事 業 の 目 的 中 東 からの 誘 客 にむけ, 平 成 26 年 度 よりアラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)のドバ 各 位 平 成 28 年 2 月 17 日 公 益 財 団 法 人 京 都 文 化 交 流 コンベンションビューロー アラビアントラベルマーケット 2016 ドバイ 出 展 ブースの 企 画 実 施 運 営 業 務 に 係 る 企 画 提 案 の 募 集 について 時 下,ますますご 清 祥 のことと 慶 び 申 し 上 げます さて, 本 財 団 におきましては, 今 年 4 月 に 開 催 されますアラビアントラベルマーケッ

More information

(4) 本 学 において 個 別 の 入 学 資 格 審 査 により 高 等 学 校 を 卒 業 した 者 と 同 等 以 上 の 学 力 があると 認 めた 者 で 18 歳 に 達 した 者 及 び 平 成 27 年 3 月 31 日 までに18 歳 に 達 する 者 注 1. 本 学 は 分

(4) 本 学 において 個 別 の 入 学 資 格 審 査 により 高 等 学 校 を 卒 業 した 者 と 同 等 以 上 の 学 力 があると 認 めた 者 で 18 歳 に 達 した 者 及 び 平 成 27 年 3 月 31 日 までに18 歳 に 達 する 者 注 1. 本 学 は 分 第 1 学 年 学 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 募 集 の 方 法 等 (1) 募 集 人 員 学 部 課 程 工 学 部 機 械 創 造 工 学 課 程 電 気 電 子 情 報 工 学 課 程 物 質 材 料 工 学 課 程 環 境 社 会 基 盤 工 学 課 程 生 物 機 能 工 学 課 程 情 報 経 営 システム 工 学 課 程 募 集 人 員 前 期 日 程 50 人 (2)

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領 宮 古 島 市 ふるさと 納 税 寄 附 金 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 1. 趣 旨 宮 古 島 市 ( 以 下 本 市 という )では ふるさと 納 税 制 度 を 活 用 し ふるさと 宮 古 島 市 の 役 に 立 ちたい 宮 古 島 市 に 関 心 があり 応 援 したい と 考 えてくださる 方 々 に 対 し 本 市 の PRやふるさと 納 税 寄 附 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303930337A31343093FA92B29841814631348FF08DEC8BC68B4B92F689FC92E8969482CD8DF492E882CC9776935F89F090E043>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303930337A31343093FA92B29841814631348FF08DEC8BC68B4B92F689FC92E8969482CD8DF492E882CC9776935F89F090E043> 全 公 連 発 第 1 4 0 号 平 成 2 7 年 9 月 3 日 各 公 共 嘱 託 登 記 土 地 家 屋 調 査 士 協 会 理 事 長 殿 全 国 公 共 嘱 託 登 記 土 地 家 屋 調 査 士 協 会 連 絡 協 議 会 会 長 倉 富 雄 志 法 務 省 不 動 産 登 記 法 第 14 条 第 1 項 地 図 作 成 作 業 規 程 ( 基 準 点 測 量 を 除 く) 等 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378>

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378> 地 縁 団 体 規 約 作 成 例 と 作 成 上 の 留 意 事 項 資 料 1 規 約 の 例 を 示 すと 次 のとおりです ただし これは 一 般 的 な 例 を 示 したものに 過 ぎないの で 各 地 縁 団 体 で 規 約 作 成 に 当 たっては 規 約 例 及 び 留 意 点 を 参 考 としながら 各 地 縁 団 体 の 実 情 に 合 った 定 めをすることが 必 要 です なお

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

Microsoft Word - 071101 参考資料(委員会版).doc

Microsoft Word - 071101 参考資料(委員会版).doc 別 添 2 参 考 資 料 79 参 考 資 料 目 次 ページ 参 考 資 料 1 950MHz 帯 アクティブ 系 小 電 力 無 線 システムの 普 及 台 数 予 測 及 び 同 時 送 信 台 数 計 算 81 参 考 資 料 2 950MHz 帯 アクティブ 系 小 電 力 無 線 システムの 通 信 距 離 の 検 討 88 参 考 資 料 3 950MHz 帯 アクティブ 系 小 電

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

守口市総合設計制度許可実施基準

守口市総合設計制度許可実施基準 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 要 綱 実 施 基 準 平 成 26 年 12 月 改 正 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 要 綱 実 施 基 準 目 次 第 1 条 趣 旨 1 第 2 条 計 画 の 基 本 要 件 1 第 3 条 敷 地 の 条 件 等 1 第 4 条 配 置 計 画 2 第 5 条 その 他 所 要 施 設 3 第 6 条 住 宅 等

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB> 大 村 市 位 置 指 定 申 請 手 続 きの 手 引 き 平 成 23 年 4 月 1 日 大 村 市 建 築 住 宅 課 目 次 1. 適 用 1 2. 事 前 協 議 及 び 取 扱 基 準 について (1) 事 前 協 議 1 (2) 取 扱 基 準 1 1) の 位 置 指 定 から 指 定 を 延 長 する 場 合 の 取 り 扱 い 1 2) 関 係 規 定 の 適 用 における 指

More information

ARIB機関誌No.78(抜粋)

ARIB機関誌No.78(抜粋) 特 別 寄 稿 第 23 回 電 波 功 績 賞 を 受 賞 して AXGP(Advanced extended Global Platform) システムの 実 用 化 Wireless City Planning 株 式 会 社 取 締 役 COO 宮 川 潤 一 このたび AXGP(Advanced extended Global Platform)システムの 実 用 化 に 対 して 名 誉

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

堺東観光案内所改装業務仕様書

堺東観光案内所改装業務仕様書 公 益 財 団 法 人 堺 市 産 業 振 興 センター 常 設 展 示 場 1 階 改 装 業 務 仕 様 書 この 仕 様 書 は 委 託 者 公 益 財 団 法 人 堺 市 産 業 振 興 センター( 以 下 甲 と 呼 ぶ)と 受 託 者 ( 以 下 乙 と 呼 ぶ)で 契 約 を 締 結 する 公 益 財 団 法 人 堺 市 産 業 振 興 センター 常 設 展 示 場 1 階 改 装 業

More information

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行)

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行) 凍 り 豆 腐 製 造 業 における 景 品 類 の 提 供 の 制 限 及 び 凍 り 豆 腐 の 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 と 施 行 規 則 規 約 施 行 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 という ) は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 ) 第 31

More information

7. 参 加 資 格 要 件 (1) 那 覇 市 内 に 本 社 もしくは 支 店 または 営 業 所 のいずれかを 置 いている 単 体 企 業 または 那 覇 市 内 に 本 社 もしくは 支 店 または 営 業 所 のいずれかを 置 いている 企 業 を 代 表 とするコンソーシア ム 形 式

7. 参 加 資 格 要 件 (1) 那 覇 市 内 に 本 社 もしくは 支 店 または 営 業 所 のいずれかを 置 いている 単 体 企 業 または 那 覇 市 内 に 本 社 もしくは 支 店 または 営 業 所 のいずれかを 置 いている 企 業 を 代 表 とするコンソーシア ム 形 式 那 覇 市 立 壺 屋 焼 物 博 物 館 展 示 室 照 明 設 備 改 修 業 務 委 託 プロポーザル 実 施 要 項 1.はじめに 那 覇 市 立 壺 屋 焼 物 博 物 館 は 沖 縄 を 代 表 する 伝 統 的 な 焼 物 の 一 つである 壺 屋 焼 を 中 心 に 土 器 瓦 陶 片 などの 焼 物 に 関 する 資 料 約 7 千 点 を 収 蔵 展 示 している 沖 縄 県 で

More information

電波防護WGの活動報告

電波防護WGの活動報告 UHF 帯 電 波 防 護 の 運 用 ガイドライン Rev. B 平 成 27 年 9 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 認 識 システム 協 会 RFID 技 術 グループ RFID 人 体 防 護 ガイドライン 作 成 WG 目 次 1. はじめに... 1 2. 目 的... 1 3. 対 象 者... 1 4. 対 象 機 器... 1 5. 電 波 出 力 と 基 準 値 を

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

○道路位置指定申請と関係手続きの流れ

○道路位置指定申請と関係手続きの流れ 豊 中 市 道 路 位 置 指 定 申 請 のしおり 平 成 20 年 4 月 都 市 計 画 推 進 部 開 発 審 査 課 はじめに 建 築 物 の 敷 地 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 43 条 の 規 定 により 同 法 第 42 条 に 定 められる 道 路 に 接 しなければなりません その 道 路 として 認 められるものの 一 つとして

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

柏市防犯灯LED化事業

柏市防犯灯LED化事業 柏 市 防 犯 灯 LED 化 リース 事 業 募 集 要 領 平 成 27 年 4 柏 市 1 募 集 目 的 本 市 の 防 犯 灯 は, 町 会 自 治 会 区 等 ( 以 下 町 会 等 と い う ) が 維 持 管 理 を し て お り, 平 成 2 6 年 度 末 時 点 で は, 約 3 3, 0 0 0 灯 設 置 さ れ て い る 本 市 は, 省 エ ネ 対 策 や 電 気

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91> 資 料 2 よこはまウォーキングポイント 事 業 基 本 協 定 書 ( 目 次 ) 第 1 条 ( 定 義 ) 第 2 条 ( 協 働 事 業 ) 第 3 条 ( 本 事 業 の 目 的 ) 第 4 条 ( 本 協 定 の 趣 旨 ) 第 5 条 ( 基 本 的 合 意 ) 第 6 条 ( 協 定 期 間 ) 第 7 条 ( 協 働 契 約 の 締 結 ) 第 8 条 ( 本 事 業 の 役 割

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

パンフレット

パンフレット 書 式 1 平 成 27 年 10 月 独 立 行 政 法 人 住 宅 金 融 支 援 機 構 任 意 売 却 パンフレット このパンフレットは 独 立 行 政 法 人 住 宅 金 融 支 援 機 構 等 ( 以 下 機 構 といいます )の 抵 当 権 が 設 定 された 物 の 売 買 の 際 当 方 ( 機 構 並 びに 機 構 の 業 務 を 受 託 する 金 融 機 関 又 は 債 権 回

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2.

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 研 究 者 向 け 受 入 各 種 手 続 ガイド SHIMANE UNIVERSITY 島 根 大 学 学 術 国 際 部 国 際 交 流 課 2012 年 度 連 絡 先 : TEL: 0852-32-9735 ( 内 線 2072) FAX: 0852-32-6481 ( 内 線 2075) Email: ied-koryu@office.shimane-u.ac.jp

More information

<93FC8E448CF68D B43816A2E786477>

<93FC8E448CF68D B43816A2E786477> 入 札 公 告 次 のとおり 総 合 評 価 ( 特 別 簡 易 型 事 後 確 認 ) 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 10 月 6 日 名 古 屋 市 病 院 局 長 大 原 弘 隆 [1] 工 事 名 東 部 医 療 センター 新 病 棟 改 築 電 気 工 事 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内 容 [4]

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A817989FC90B388C4817A88CA92758E7792E882CC82B582A882E881693133303531338F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A817989FC90B388C4817A88CA92758E7792E882CC82B582A882E881693133303531338F4390B3816A2E646F63> 横 浜 市 位 置 指 定 申 請 のしおり 平 成 25 年 5 月 横 浜 市 建 築 局 本 しおりで 引 用 した 主 な 法 令 名 は 次 のような 略 称 名 を 用 いました 法 : 建 築 基 準 法 令 : 建 築 基 準 法 施 行 令 条 例 : 横 浜 市 建 築 基 準 条 例 細 則 : 横 浜 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 目 次 第 1 章 位 置 指 定

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

事業目的

事業目的 事 業 受 託 者 募 集 公 告 平 成 24 年 度 新 しい 公 共 支 援 事 業 寄 附 促 進 のための 広 告 キャンペーンについて 岡 山 県 から 受 託 しております 平 成 24 年 度 岡 山 県 新 しい 公 共 の 担 い 手 育 成 支 援 事 業 の 一 部 におきまして 下 記 の 内 容 の 事 業 契 約 を 締 結 するために 次 のとおり 募 集 いたします

More information

放送法第9条第2項第2号の業務の基準案の策定にあたっての考え方

放送法第9条第2項第2号の業務の基準案の策定にあたっての考え方 放 送 法 第 20 条 第 2 項 第 2 号 の 業 務 の 基 準 協 会 が 放 送 した 放 送 番 組 およびその 編 集 上 必 要 な 資 料 (これらを 編 集 したものを 含 む 以 下 既 放 送 番 組 等 という )を 電 気 通 信 回 線 を 通 じて 一 般 の 利 用 に 供 する 業 務 ( 放 送 に 該 当 するものを 除 く )( 放 送 法 第 20 条

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

確定給付企業年金 DBパッケージプランのご提案

確定給付企業年金 DBパッケージプランのご提案 企 業 年 金 のマイナンバーの 取 扱 いに 関 する 厚 労 省 通 知 について 平 成 7 年 0 月 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 本 資 料 は 作 成 時 点 における 信 頼 できる 情 報 にもとづいて 作 成 されたものですが その 情 報 の 確 実 性 を 保 証 するものではありません 本 資 料 に 含 まれる 会 計 税 務 法 律 等 の 取 扱 いについては

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各 入 札 参 加 時 の 遵 守 事 項 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 決 裁 ) 羽 生 市 発 注 工 事 及 び 委 託 の 入 札 及 び 施 工 等 に 当 たっては 下 記 の 事 項 を 遵 守 してください なお 請 け 負 った 工 事 等 の 一 部 を 下 請 させるときは 下 請 負 者 に 対 し この 遵 守 事 項 について 周 知 し また これらの 従 事 する

More information

しなければなりません (3) 謝 金 事 業 を 実 施 するために 追 加 的 に 必 要 となる 行 為 ( 資 料 整 理 作 業 補 助 専 門 的 知 識 の 提 供 資 料 の 収 集 等 )に 対 して 謝 礼 として 支 払 う 経 費 です 謝 金 の 単 価 については 業 務

しなければなりません (3) 謝 金 事 業 を 実 施 するために 追 加 的 に 必 要 となる 行 為 ( 資 料 整 理 作 業 補 助 専 門 的 知 識 の 提 供 資 料 の 収 集 等 )に 対 して 謝 礼 として 支 払 う 経 費 です 謝 金 の 単 価 については 業 務 苗 木 安 定 供 給 推 進 事 業 のうち 花 粉 症 対 策 苗 木 への 植 替 促 進 事 業 に 係 る 公 募 要 領 1 総 則 苗 木 安 定 供 給 推 進 事 業 のうち 花 粉 症 対 策 苗 木 への 植 替 促 進 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう)に 係 る 課 題 提 案 の 実 施 については この 要 領 に 定 めるところによるものとします 2 公 募

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た 入 札 公 告 次 のとおり 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 9 月 30 日 [1] 工 事 名 西 築 地 小 埋 設 給 排 水 管 改 修 工 事 契 約 事 務 受 任 者 名 古 屋 市 財 政 局 契 約 監 理 監 柴 田 真 吾 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内

More information

Microsoft Word - 委託仕様書_H270327修正

Microsoft Word - 委託仕様書_H270327修正 福 岡 市 プレミアム 付 商 品 券 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 福 岡 市 プレミアム 付 商 品 券 事 業 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 3 業 務 の 概 要 (1) 目 的 福 岡 市 に 所 在 し, 地 域 振 興 に 貢 献 する 商 店 等 において 使 用 できるプレミアム 付 商

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

e-Probatio PS2サービス利用約款

e-Probatio PS2サービス利用約款 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 本 約 款 の 目 的 と 範 囲 ) 第 1 条 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)は 株 式 会 社 エヌ テ ィ ティ ネオメイト( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する 電 子 認 証 局 ( 以 下 認 証 局 とい います)が 提 供 する e-probatio

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

1 道 路 位 置 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 4 月 横 須 賀 市 都 市 部 目 次 位 置 指 定 編 道 路 の 位 置 の 指 定 とは 1 目 的 1 道 路 位 置 指 定 申 請 と 関 係 手 続 きの 流 れ 2 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 事 前 審 査 3 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 本 申 請 5 道 路 の 位 置 の 表 示

More information

Untitled

Untitled 2 27 2 3601-1 28 2 26 R( 2 248 514 2514 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 : 南 方 熊 楠 記 念 館 ( 旧 館 ) 耐 震 改 修 工 事 設 計 業 務 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以 下 対 象 施 設 という )の 概 要 は 次 のとおりとする

More information