理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3, ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3, ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3, ( 通 勤 交 通 費 ) 監

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監"

Transcription

1 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券 の 発 売 実 績 その 他 の 業 績 を 主 たる 指 標 として 改 定 を 検 討 しています 平 成 24 年 度 においては 東 日 本 大 震 災 の 影 響 があったものの 平 成 23 年 度 の 発 売 金 が 対 前 年 度 比 5.6と14 年 連 続 での 減 少 となったこと 等 を 踏 まえ 特 別 手 当 は 役 職 に 応 じ 最 大 220 万 円 を 減 額 して 支 給 しました 2 役 員 報 酬 基 準 の 改 定 内 容 法 の 長 特 別 手 当 のうち220 万 円 を 減 額 して 支 給 理 事 特 別 手 当 のうち 役 職 に 応 じ170~120 万 円 を 減 額 して 支 給 監 事 特 別 手 当 のうち70 万 円 を 減 額 して 支 給 監 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 24 年 度 は 改 定 なし 2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 平 成 24 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 理 事 長 20,335 14,712 1,765 3,858 副 理 事 長 A 副 理 事 長 B 常 務 理 事 理 事 A 理 事 B 理 事 C 理 事 D 理 事 E 12,782 15,863 3,234 2,108 16,550 2,860 15,939 11,400 10, ,264 2,504 1,368 3, ,294 3, ,294 3, ( 通 勤 交 通 費 ) 10,788 1,294 3,660 ( 通 勤 交 通 費 ) 121 ( 通 勤 交 通 費 ) 1, ,889 14,308 10,540 8,990 10,788 1,078 2, ( 通 勤 交 通 費 ) ( 通 勤 交 通 費 ) 就 任 退 任 の 状 況 就 任 退 任 3 月 1 日 3 月 1 日 2 月 29 日 2 月 29 日 前 職 * *

2 理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3, ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3, ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3, ( 通 勤 交 通 費 ) 監 事 14,903 9,888 1,186 3, ( 通 勤 交 通 費 ) 監 事 A ( 非 常 勤 ) 4,646 4,646 9 月 15 日 監 事 B ( 非 常 勤 ) 1,893 1,893 9 月 16 日 注 1. 特 別 調 整 手 当 とは 民 間 における 賃 金 物 価 及 び 生 計 費 が 特 に 高 い 地 域 に 在 勤 する 役 員 に 支 給 されるものである 2. 特 別 手 当 とは 年 間 2 回 支 給 される 手 当 で 一 般 的 には ボーナス に 相 当 する 手 当 である 3. 本 表 の 前 職 欄 の * は 退 職 公 務 員 は 役 員 出 向 者 は 独 立 行 政 法 等 の 退 職 者 * は 退 職 公 務 員 でその 後 独 立 行 政 法 等 の 退 職 者 空 欄 は 該 当 がない 場 合 で あることを 示 す

3 3 役 員 の 退 職 手 当 の 支 給 状 況 ( 平 成 24 年 度 中 に 退 職 手 当 を 支 給 された 退 職 者 の 状 況 ) 区 分 理 事 長 副 理 事 長 支 給 額 ( 総 額 ) 14,336 法 での 在 職 期 間 年 月 年 月 退 職 年 月 日 業 績 勘 案 率 1.25 摘 要 該 当 者 なし 業 績 勘 案 率 検 討 委 員 会 にて 対 売 上 収 益 率 等 を 勘 案 し 決 定 支 給 額 ( 総 額 )のう ち 業 績 勘 案 率 の 適 用 にかかる 額 は 13,826 である 前 職 常 務 理 事 理 事 7,281 4 年 年 6 月 月 該 当 者 なし 業 績 勘 案 率 検 討 委 員 会 にて 対 売 上 収 益 率 等 を 勘 案 し 決 定 監 事 2,472 2 年 0 月 業 績 勘 案 率 検 討 委 員 会 にて 対 売 上 収 益 率 等 を 勘 案 し 決 定 監 事 ( 非 常 勤 ) 注 : 年 月 該 当 者 なし 本 表 の 前 職 欄 の * は 退 職 公 務 員 は 役 員 出 向 者 は 独 立 行 政 法 等 の 退 職 者 * は 退 職 公 務 員 でその 後 独 立 行 政 法 等 の 退 職 者 空 欄 は 該 当 がない 場 合 で あることを 示 す

4 Ⅱ 職 員 給 与 について 1 職 員 給 与 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 件 費 管 理 の 基 本 方 針 日 本 中 央 競 馬 会 (JRA)は 国 庫 からの 補 助 金 等 を 一 切 前 提 とせず 事 業 運 営 に 必 要 な 経 費 は 全 て 勝 馬 投 票 券 の 売 上 収 入 によってまかなっているため 件 費 を 含 む 事 業 運 営 費 全 般 につい ては 勝 馬 投 票 券 の 発 売 実 績 等 を 勘 案 の 上 健 全 な 経 営 が 行 えるよう 適 正 かつ 効 率 的 に 管 理 し ています 2 職 員 給 与 決 定 の 基 本 方 針 ア 給 与 水 準 の 決 定 に 際 しての 考 慮 事 項 とその 考 え 方 JRAは 国 庫 からの 補 助 金 等 を 一 切 受 けず 独 立 採 算 で 中 央 競 馬 を 運 営 する 事 業 体 であり その 事 業 運 営 にあたっては 売 上 の 増 大 と 利 益 の 確 保 を 目 指 しつつ 勝 馬 投 票 券 の 発 売 実 績 等 の 業 績 を 踏 まえた 自 律 的 経 営 を 行 っています 職 員 給 与 については 設 立 時 より 国 家 公 務 員 や 事 院 勧 告 に 準 拠 するのではなく 勝 馬 投 票 券 の 発 売 実 績 その 他 の 業 績 を 勘 案 するとともに 望 ましい 材 を 確 保 する 上 で 競 合 関 係 にあると 考 えられる 主 要 民 間 企 業 等 における 処 遇 や 給 与 改 定 の 状 況 等 をも 考 慮 し いわゆる 春 闘 方 式 に より 労 働 組 合 と 交 渉 の 上 決 定 してきています また 昨 今 の 中 央 競 馬 を 取 り 巻 く 環 境 は 極 めて 厳 しく その 変 化 も 大 きく 早 いことから 抜 本 的 な 給 与 構 造 改 革 に 着 手 し 事 評 価 制 度 や 新 たな 報 酬 制 度 を 導 入 しました それにより 年 功 的 な 給 与 上 昇 の 抑 制 職 責 や 評 価 に 応 じた 適 正 な 給 与 水 準 の 達 成 など より 適 正 な 件 費 管 理 を 行 うことで 今 後 の 事 業 運 営 基 盤 を 一 層 強 化 していくこととします イ 職 員 の 発 揮 した 能 率 又 は 職 員 の 勤 務 成 績 の 給 与 への 反 映 方 法 についての 考 え 方 管 理 専 門 職 職 員 については 目 標 管 理 型 の 事 評 価 制 度 を 導 入 し 職 務 上 の 成 果 各 職 務 の 役 割 の 大 きさ 責 任 の 重 さを 等 を 処 遇 により 一 層 適 正 に 反 映 させています 具 体 的 には 職 務 上 の 成 果 及 び 職 務 遂 行 のプロセスにおける 行 動 を 数 値 化 して 評 価 し その 評 価 結 果 を 昇 格 昇 給 ( 降 給 ) 及 び 特 別 手 当 に 反 映 させています 一 般 職 職 員 については 材 育 成 型 の 事 評 価 制 度 を 導 入 し 職 務 遂 行 のプロセスにおける 行 動 等 に 係 る 評 価 結 果 を 昇 格 昇 給 等 に 反 映 させて います ウ 平 成 24 年 度 における 給 与 制 度 の 主 な 改 正 点 本 俸 月 額 について 最 大 10 相 当 額 の 減 額 を 恒 久 措 置 として 実 施 特 別 手 当 について 支 給 月 数 を0.05 月 分 削 減 するとともに 役 職 に 応 じ60~20 万 円 の 減 額 を 実 施

5 2 職 員 給 与 の 支 給 状 況 1 職 種 別 支 給 状 況 区 分 常 勤 職 員 事 務 技 術 研 究 職 種 開 催 専 門 職 種 獣 医 職 種 装 蹄 職 種 競 馬 学 校 教 育 職 種 乗 馬 指 導 職 種 技 能 職 種 平 成 24 年 度 の 年 間 給 与 額 ( 平 均 ) 員 平 均 年 齢 うち 所 定 内 総 額 うち 賞 与 うち 通 勤 手 当 1,541 1, ,000 6, ,273 6, ,594 10,978 12,556 7,247 6,335 8,122 9,305 5,328 5,412 3, ,884 8, ,826 8, , ,919 2,259 2,185 2,856 3,251 2,807 2, ,447 注 1. 開 催 専 門 職 種 とは 裁 決 ハンデキャップ 作 成 発 走 決 勝 審 判 等 の 競 馬 開 催 に 係 る 専 門 業 務 を 行 う 職 種 を 示 す 注 2. 獣 医 職 種 とは 競 走 馬 の 医 療 や 伝 染 病 の 予 防 等 に 関 する 業 務 を 行 う 職 種 を 示 す 注 3. 装 蹄 職 種 とは 競 走 馬 の 装 蹄 に 関 する 業 務 を 行 う 職 種 を 示 す 注 4. 競 馬 学 校 教 育 職 種 とは 中 央 競 馬 の 騎 手 を 目 指 す 生 徒 等 に 対 する 教 育 業 務 を 行 う 職 種 を 示 す 注 5. 乗 馬 指 導 職 種 とは 乗 馬 指 導 及 び 馬 事 文 化 の 普 及 等 に 関 する 業 務 を 行 う 職 種 を 示 す 注 6. 技 能 職 種 とは 競 走 馬 の 診 療 に 携 わる 助 手 競 馬 場 の 馬 場 その 他 の 施 設 の 維 持 管 理 等 に 関 する 業 務 を 行 う 職 種 を 示 す 在 外 職 員 ,434 10, ,185 任 期 付 職 員 事 務 技 術 , ,928 4,789 4, ,139 1,139 再 任 用 職 員 事 務 技 術 ,404 5, ,404 5, ,137 1,137 注 1. 常 勤 職 員 については 在 外 職 員 任 期 付 職 員 及 び 再 任 用 職 員 を 除 く 注 2. 各 区 分 の 教 育 職 種 任 期 付 職 員 及 び 再 任 用 職 員 の 研 究 職 種 並 びに 非 常 勤 職 員 については 該 当 者 がいないため 省 略 した

6 2 年 間 給 与 の 分 布 状 況 ( 事 務 技 術 職 員 / 研 究 職 員 ) 在 外 職 員 任 期 付 職 員 及 び 再 任 用 職 員 を 除 く 以 下 5まで 同 じ 年 間 給 与 の 分 布 状 況 ( 事 務 技 術 職 員 ) 16,000 14,000 12,000 10,000 8,000 6,000 4,000 2, 数 平 均 給 与 額 第 3 四 分 位 第 1 四 分 位 国 の 平 均 給 与 額 注 1:1の 年 間 給 与 額 から 通 勤 手 当 を 除 いた 状 況 である 以 下 5まで 同 じ ( 事 務 技 術 職 員 ) 分 布 状 況 を 示 すグループ 員 平 均 年 齢 四 分 位 第 1 分 位 代 表 的 職 位 本 部 部 長 ,066 本 部 課 長 ,157 本 部 係 長 ,450 本 部 係 員 ,974 地 方 機 関 の 本 部 部 長 相 当 職 ,967 地 方 機 関 の 本 部 課 長 相 当 職 ,998 地 方 機 関 の 本 部 係 長 相 当 職 ,792 地 方 機 関 係 員 ,899 平 均 15,202 13,403 8,136 4,085 15,126 11,617 7,797 4,163 四 分 位 第 3 分 位 15,366 13,562 8,878 4,272 15,522 12,270 8,736 4,320 年 間 給 与 の 分 布 状 況 ( 研 究 職 員 ) 16,000 14,000 12,000 10,000 8,000 6,000 4,000 2, 数 平 均 給 与 額 第 3 四 分 位 第 1 四 分 位 国 の 平 均 給 与 額 注 : 年 齢 の 該 当 者 は4 名 以 下 であり 第 1 四 分 位 第 3 四 分 位 の 折 れ 線 を 表 示 していない ( 研 究 職 員 ) 分 布 状 況 を 示 すグループ 員 平 均 年 齢 四 分 位 第 1 分 位 四 分 位 第 3 分 位 代 表 的 職 位 地 方 機 関 の 本 部 研 究 課 長 相 当 職 ,091 12,112 13,191 地 方 機 関 の 本 部 主 任 研 究 員 相 当 職 ,408 8,579 9,312 地 方 機 関 の 本 部 研 究 員 相 当 職 1 注 : 地 方 機 関 の 本 部 研 究 員 相 当 職 については 該 当 職 員 が1 のため 当 該 個 に 関 する 情 報 が 特 定 されるおそれのあることから 数 以 外 は 記 載 していない 平 均

7 3 職 級 別 在 職 状 況 等 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 現 在 )( 事 務 技 術 職 員 / 研 究 職 員 ) ( 事 務 技 術 職 員 ) 区 分 計 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 標 準 的 な 職 位 員 1, ( 割 合 ) 16.4 年 齢 ( 最 高 ~ 最 低 ) 所 定 内 給 与 年 額 ( 最 高 ~ 最 低 ) 年 間 給 与 額 ( 最 高 ~ 最 低 ) 係 員 57~22 5,132 ~ 2,258 6,985 ~ 3,083 主 任 ~25 6,729 ~ 3,149 9,180 ~ 4,330 係 長 場 外 副 所 長 10,621 ~ 5, ~28 7,825 ~ 4,080 課 長 課 長 補 佐 部 長 補 佐 副 場 長 場 外 所 長 調 査 役 ~37 9,623 ~ 7,203 13,010 ~9,830 本 部 課 長 上 席 調 査 役 ~47 11,728 ~ 9,412 15,522 ~12,725 部 長 場 長 59~54 11,880 ~ 11,220 15,750 ~14, ( 研 究 職 員 ) 区 分 計 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 標 準 的 な 職 位 員 ( 割 合 ) 年 齢 ( 最 高 ~ 最 低 ) 所 定 内 給 与 年 額 ( 最 高 ~ 最 低 ) 年 間 給 与 額 ( 最 高 ~ 最 低 ) ~ 6,918 ~10,027 ~12,857 注 : 研 究 職 2 級 については 該 当 職 員 が1 のため 当 該 個 に 関 する 情 報 が 特 定 される おそれのあることから 数 以 外 は 記 載 していない ( 事 務 技 術 職 員 ) 一 般 職 員 一 律 支 給 分 ( 期 末 相 当 ) 最 高 ~ 最 低 一 律 支 給 分 ( 期 末 相 当 ) 査 定 支 給 分 ( 勤 勉 相 当 ) ( 平 均 ) 最 高 ~ 最 低 40 該 当 者 なし 18.1 ~ ~ ~ ~ ~ ~ 室 長 研 究 役 57~39 9,351 ~ 7,400 10,698 ~9,506 4 賞 与 ( 平 成 24 年 度 )における 査 定 部 分 の 比 率 ( 事 務 技 術 職 員 / 研 究 職 員 ) 管 理 職 員 区 分 夏 季 (6 月 ) 冬 季 (12 月 ) 査 定 支 給 分 ( 勤 勉 相 当 ) ( 平 均 ) 係 員 主 任 係 長 ~31 7,135 ~ 5,070 9,868 計 84.3 所 長 次 長 上 席 研 究 役 12, ~49 14,449

8 ( 研 究 職 員 ) 区 分 管 理 職 員 査 定 支 給 分 ( 勤 勉 相 当 ) ( 平 均 ) 一 般 職 員 一 律 支 給 分 ( 期 末 相 当 ) 最 高 ~ 最 低 一 律 支 給 分 ( 期 末 相 当 ) 査 定 支 給 分 ( 勤 勉 相 当 ) ( 平 均 ) 最 高 ~ 最 低 夏 季 (6 月 ) 冬 季 (12 月 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ 20.0 計 職 員 と 国 家 公 務 員 との 給 与 水 準 ( 年 額 )の 比 較 指 標 ( 事 務 技 術 職 員 / 研 究 職 員 ) 1. 事 務 技 術 職 員 対 国 家 公 務 員 ( 行 政 職 ( 一 )) 2. 研 究 職 員 対 国 家 公 務 員 ( 研 究 職 ) 注 : 当 法 の 年 齢 別 員 構 成 をウエイトに 用 い 当 法 の 給 与 を 国 の 給 与 水 準 に 置 き 換 えた 場 合 の 給 与 水 準 を100として 法 が 現 に 支 給 している 給 与 費 から 算 出 される 指 数 をいい 事 院 におい て 算 出

9 給 与 水 準 の 比 較 指 標 について 参 考 となる 事 項 事 務 技 術 職 員 項 目 指 数 の 状 況 国 に 比 べて 給 与 水 準 が 高 くなっている 定 量 的 な 理 由 内 容 対 国 家 公 務 員 地 域 勘 案 参 考 学 歴 勘 案 地 域 学 歴 勘 案 Ⅱ-1-2-アに 記 載 のとおり JRAの 職 員 給 与 については 設 立 時 ( 昭 和 29 年 )より 国 家 公 務 員 や 事 院 勧 告 に 準 拠 するのではなく 売 上 や 利 益 を 主 たる 指 標 としつつ 民 間 企 業 等 における 処 遇 や 給 与 改 定 状 況 等 も 考 慮 し て いわゆる 春 闘 方 式 により 職 員 組 合 と 交 渉 の 上 自 主 的 に 決 定 してお ります 現 在 のJRAの 給 与 水 準 には JRA 設 立 時 から 平 成 9 年 に 至 るまでの 好 調 な 業 績 を 下 支 えとしつつ その 後 も 一 定 程 度 の 利 益 を 計 上 してきたことも 踏 まえて 決 定 したことが 反 映 しております JRAの 員 構 成 によるもの JRAの 従 業 員 全 体 ( 約 1 万 2 千 名 : 非 常 勤 含 む)のうち 常 勤 職 員 の 占 める 割 合 は 約 14とわずかであることから JRAの 常 勤 職 員 は 高 度 な 企 画 立 案 等 の 事 務 に 従 事 する 総 合 職 中 心 の 員 構 成 となっており 事 務 技 術 職 員 のうち 総 合 職 は 約 70となっております 一 方 で 事 院 調 査 によると 国 家 公 務 員 行 政 職 俸 給 表 ( 一 ) 適 用 者 のう ち 総 合 職 に 相 当 すると 考 えられるⅠ 種 等 試 験 採 用 職 員 は 約 8となって おります こうした 員 構 成 の 違 いが 全 体 の 指 数 を 高 める 要 因 となっていると 考 え られます JRAの 年 齢 構 成 によるもの 他 の 年 齢 階 層 と 比 較 して32 から47 までの 年 齢 階 層 の 指 数 が 高 い 傾 向 にあり かつ 当 該 年 齢 階 層 に 属 する 数 の 割 合 が 比 較 的 大 きい( 指 数 対 象 職 員 の 約 43を 占 める)ことが 全 体 の 指 数 を 高 める 要 因 となっていま すが その 原 因 については 以 下 のとおりです 1 平 成 3 年 にJRAの 好 調 な 業 績 等 を 背 景 として 日 本 中 央 競 馬 会 法 が 改 正 され JRAの 事 業 範 囲 が 拡 大 したことに 対 応 するため 平 成 4 年 から 数 年 間 にわたり 総 合 職 を 中 心 に 採 用 員 を 増 やしたが それらの 職 員 が 現 在 給 与 水 準 の 高 い 年 齢 層 に 属 していること 2 国 家 公 務 員 の 課 長 補 佐 とJRAの 課 長 補 佐 は 概 ね 上 記 の 年 齢 階 層 ( 概 ね35 以 上 )に 属 していると 考 えられるが 国 家 公 務 員 の 課 長 補 佐 には 管 理 職 手 当 ( 俸 給 の 特 別 調 整 額 )が 支 給 されず 給 与 水 準 の 比 較 指 標 に 係 る 給 与 の 対 象 外 である 超 過 勤 務 手 当 が 支 給 されるのに 対 し JRAにおいて は 課 長 補 佐 に 管 理 職 手 当 ( 役 付 手 当 )を 支 給 し 超 過 勤 務 手 当 ( 時 間 外 勤 務 手 当 )を 支 給 しないこととしていること 国 家 公 務 員 の 給 与 臨 時 特 例 措 置 によるもの 国 においては 国 家 公 務 員 の 給 与 の 改 定 及 び 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 ( 平 成 24 年 法 律 第 2 号 ) に 基 づき 2 年 間 の 時 限 措 置 として 平 均 7.8の 給 与 削 減 を 実 施 しておりますが JRAにおいては 国 に 先 行 する 形 で 平 成 23 年 より 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 ( 経 過 措 置 として 平 成 23 年 中 は 最 大 6)を 実 施 しているため 平 成 23 年 度 の 給 与 水 準 の 比 較 指 標 ( 対 国 家 公 務 員 年 齢 勘 案 :144.1)に 比 べて 平 成 24 年 度 の 給 与 水 準 の 比 較 指 標 は 上 昇 しており ます

10 主 務 大 臣 の 検 証 結 果 給 与 水 準 については 事 院 勧 告 に 準 拠 するのではなく 勝 馬 投 票 券 ( 馬 券 )の 売 上 げ 等 の 業 績 を 勘 案 するとともに 主 要 民 間 企 業 の 給 与 状 況 を 踏 ま え 春 闘 方 式 により 決 定 しているため 国 家 公 務 員 と 比 較 して 相 対 的 に 高 い 水 準 となっている しかしながら 近 年 馬 券 売 上 げが 減 少 傾 向 にあり かつ 民 間 企 業 の 給 与 が 低 下 傾 向 にあるという 事 情 も 踏 まえつつ 削 減 に 取 り 組 み 平 成 17 年 以 降 7 年 間 で 約 22(47 億 円 )を 削 減 している さらに 先 般 件 費 削 減 の 方 策 として 平 成 29 年 度 までに 平 成 22 年 度 比 で10 削 減 する 員 削 減 の 目 標 を 打 ち 出 したところである また 国 の 特 例 措 置 に 先 行 する 形 で 平 成 23 年 度 から 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 (23 年 実 施 6 24 年 実 施 4)を 恒 久 措 置 として 実 施 しており 平 成 24 年 度 はさらに 特 別 手 当 について 一 律 0.05 月 分 を 削 減 するとともに 役 職 に 応 じて 最 大 60 万 円 の 減 額 を 実 施 したところであるが 国 家 公 務 員 が 平 成 24 年 度 から2 年 間 の 特 例 措 置 として 平 均 7.8の 削 減 を 実 施 したことから 対 国 家 公 務 員 指 数 ( 年 齢 地 域 学 歴 勘 案 指 数 )は 昨 年 度 に 比 べて5.7ポ イント 上 昇 している なお 平 成 25 年 5 月 の 当 省 からの 要 請 を 踏 まえ JRAとしての 給 与 の 支 給 基 準 を 作 成 し 国 家 公 務 員 の 処 遇 の 実 情 を 勘 案 する こと 及 び 給 与 等 について その 総 額 を 含 めて 適 切 かつ 効 率 的 なものとなるよう 配 慮 する 旨 を 記 述 し 公 表 している 平 成 25 年 度 の 給 与 削 減 の 取 組 としては 恒 久 措 置 としての 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 の 継 続 に 加 え 特 別 手 当 についても 昨 年 同 様 役 職 に 応 じて 最 大 60 万 円 の 減 額 を 行 うことが 決 定 しているほか 55 以 上 の 職 員 の 給 与 抑 制 及 び 国 家 公 務 員 に 準 じた 職 員 の 退 職 手 当 の 見 直 しについて 実 施 の 方 針 が 確 定 したところである 引 き 続 き これらの 取 組 を 着 実 に 進 めるとともに JRAが 将 来 的 な 給 与 水 準 として 定 めた 平 成 30 年 末 までにラスパイレス 指 数 ( 年 齢 地 域 学 歴 勘 案 )を120 台 半 ばに 相 当 する 水 準 を 目 指 す とする 目 標 の 実 現 に 向 けて 具 体 的 な 方 策 を 精 力 的 に 推 し 進 めるよう 求 めるとともに 社 会 一 般 の 情 勢 に 適 合 した 給 与 水 準 となるよう また 総 件 費 の 抑 制 に 努 めるよう 指 導 助 言 を 行 っ ていくこととする 給 与 水 準 の 適 切 性 の 検 証 国 からの 財 政 支 出 について 国 からの 財 政 支 出 はない JRAは 毎 年 勝 馬 投 票 券 ( 馬 券 )の 売 上 げの10 及 び 剰 余 金 の1/2を 国 庫 納 付 しており 馬 券 売 上 げが 減 少 している 中 平 成 24 年 度 においても 2,394 億 円 を 国 庫 納 付 し 大 きく 国 家 財 政 に 寄 与 している

11 先 述 のとおり JRAの 職 員 給 与 は 勝 馬 投 票 券 の 発 売 実 績 等 の 業 績 等 を 勘 案 して 決 定 しており 平 成 10 年 以 降 は 勝 馬 投 票 券 の 発 売 実 績 が 減 少 傾 向 にあること 等 を 踏 まえ あらゆる 経 費 の 徹 底 的 な 見 直 しを 実 施 していま す こうした 中 特 別 手 当 の 大 幅 な 減 率 ( 平 成 10 年 から22 年 で 2.57 月 )を 実 施 したことに 加 え 自 律 的 な 経 営 改 革 の 一 環 として 平 成 13 年 から 事 制 度 と 給 与 構 造 の 抜 本 的 な 改 革 に 着 手 し 平 成 17 年 には 管 理 専 門 職 職 員 を 対 象 に また 平 成 20 年 には 一 般 職 職 員 を 対 象 に 従 来 よりも 昇 給 カーブ を 抑 制 した 俸 給 表 の 全 面 改 訂 や 一 部 手 当 の 廃 止 抑 制 等 の 内 容 を 主 眼 と する 新 たな 報 酬 制 度 を 導 入 しました 更 に 平 成 23 年 度 の 春 闘 交 渉 において 恒 久 措 置 として 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 を 決 定 ( 経 過 措 置 として 年 度 内 の 実 施 は 最 大 6 削 減 )するとと もに 特 別 手 当 の 減 額 ( 役 職 に 応 じ 最 大 30 万 円 )を 実 施 しています また 平 成 24 年 度 には 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 の 完 全 実 施 に 加 え 特 別 手 当 について 支 給 月 数 を0.05 月 分 削 減 するとともに 特 別 手 当 の 減 額 ( 役 職 に 応 じて 最 大 60 万 円 )を 実 施 しています 講 ずる 措 置 平 成 25 年 度 においては 1 月 1 日 付 昇 給 において 20 代 後 半 から40 代 の 一 般 職 職 員 を 中 心 として 昇 給 幅 の 抑 制 措 置 を 実 施 しています 特 別 手 当 については 支 給 月 数 は 前 年 と 同 月 数 とし 平 成 24 年 に 実 施 した 特 別 手 当 の 減 額 措 置 ( 役 職 に 応 じ 最 大 60 万 円 )を 平 成 25 年 度 も 引 き 続 き 実 施 することで 職 員 組 合 と 妥 結 し 経 営 委 員 会 の 了 承 を 得 ております また 国 家 公 務 員 に 先 行 する 形 で 平 成 23 年 に 実 施 した 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 措 置 を 恒 久 措 置 として 引 き 続 き 実 施 しています 加 えて 新 たに 早 期 退 職 制 度 の 整 備 等 により50 代 の 職 員 の 早 期 退 職 を 促 進 するとともに 55 以 上 の 高 齢 層 職 員 を 対 象 として 給 与 の 支 給 額 を 最 大 10 削 減 する 給 与 抑 制 措 置 を 平 成 25 年 10 月 より 実 施 します ( 経 過 措 置 として 平 成 26 年 3 月 までは 最 大 5 削 減 ) こうした 措 置 により 平 成 25 年 度 の 指 数 見 込 は 仮 に 平 成 24 年 度 の 国 家 公 務 員 給 与 を 比 較 指 標 とした 場 合 概 ね0.5ポイント 下 がることが 見 込 まれてお ります 平 成 25 年 度 指 数 見 込 地 域 勘 案 学 歴 勘 案 また 平 成 26 年 1 月 1 日 付 の 昇 給 より 管 理 専 門 職 職 員 の 昇 給 幅 を 現 行 よ りも 抑 制 する 措 置 を 導 入 します 今 後 の 給 与 水 準 については 平 成 30 年 末 に120 台 半 ば( 地 域 学 歴 勘 案 ) に 相 当 する 水 準 を 目 指 して 取 り 組 むこととします 勝 馬 投 票 券 の 売 上 や 社 会 情 勢 等 を 踏 まえつつ 自 主 的 自 律 的 な 労 使 関 係 の 中 で 今 後 も 適 正 な 件 費 管 理 を 行 っていきます

12 研 究 職 員 項 目 指 数 の 状 況 国 に 比 べて 給 与 水 準 が 高 くなっている 定 量 的 な 理 由 内 容 対 国 家 公 務 員 地 域 勘 案 参 考 学 歴 勘 案 地 域 学 歴 勘 案 Ⅱ-1-2-アに 記 載 のとおり JRAの 職 員 給 与 については 設 立 時 ( 昭 和 29 年 )より 国 家 公 務 員 や 事 院 勧 告 に 準 拠 するのではなく 売 上 や 利 益 を 主 たる 指 標 としつつ 民 間 企 業 等 における 処 遇 や 給 与 改 定 状 況 等 も 考 慮 し て いわゆる 春 闘 方 式 により 職 員 組 合 と 交 渉 の 上 自 主 的 に 決 定 してお ります 現 在 のJRAの 給 与 水 準 には JRA 設 立 時 から 平 成 9 年 に 至 るまでの 好 調 な 業 績 を 下 支 えとしつつ その 後 も 一 定 程 度 の 利 益 を 計 上 してきたことも 踏 まえて 決 定 したことが 反 映 しております JRAの 年 齢 構 成 によるもの 他 の 年 齢 階 層 と 比 較 して36 から51 までの 年 齢 階 層 の 指 数 が 高 い 傾 向 にあり かつ 当 該 年 齢 階 層 に 属 する 数 の 割 合 が 比 較 的 大 きい( 指 数 対 象 職 員 の 約 65を 占 める)ことが 全 体 の 指 数 を 高 める 要 因 となっており ますが これは 平 成 3 年 にJRAの 好 調 な 業 績 等 を 背 景 として 日 本 中 央 競 馬 会 法 が 改 正 され JRAの 事 業 範 囲 が 拡 大 したことに 対 応 するため 平 成 4 年 から 数 年 間 にわたり 採 用 員 を 増 やし それらの 職 員 が 現 在 給 与 水 準 の 高 い 年 齢 階 層 に 属 していることが 原 因 となっています JRA 研 究 職 の 勤 務 地 によるもの JRAの 研 究 職 の 勤 務 地 は 競 走 馬 総 合 研 究 所 ( 栃 木 県 宇 都 宮 市 ) 日 高 育 成 牧 場 等 国 の 地 域 手 当 の5 級 地 又 は 非 支 給 地 に 該 当 していますが J RAの 管 理 職 には 勤 務 地 域 にかかわらず 全 国 一 律 の 給 与 基 準 が 適 用 され ており 研 究 職 においては 約 68が 管 理 職 と 高 い 割 合 となっていることが 地 域 を 勘 案 した 場 合 の 指 数 を 高 める 要 因 となっています 国 家 公 務 員 の 給 与 臨 時 特 例 措 置 によるもの 国 においては 国 家 公 務 員 の 給 与 の 改 定 及 び 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 ( 平 成 24 年 法 律 第 2 号 ) に 基 づき 2 年 間 の 時 限 措 置 として 平 均 7.8の 給 与 削 減 を 実 施 しておりますが JRAにおいては 国 に 先 行 する 形 で 平 成 23 年 より 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 ( 経 過 措 置 として 平 成 23 年 中 は 最 大 6)を 実 施 しているため 平 成 23 年 度 の 給 与 水 準 の 比 較 指 標 ( 対 国 家 公 務 員 年 齢 勘 案 :132.4)に 比 べて 平 成 24 年 度 の 給 与 水 準 の 比 較 指 標 は 上 昇 しており ます 主 務 大 臣 の 検 証 結 果 事 務 技 術 職 職 員 と 同 様 給 与 水 準 の 適 切 性 の 検 証 国 からの 財 政 支 出 について 国 からの 財 政 支 出 はない JRAは 毎 年 勝 馬 投 票 券 ( 馬 券 )の 売 上 げの10 及 び 剰 余 金 の1/2を 国 庫 納 付 しており 馬 券 売 上 げが 減 少 している 中 平 成 24 年 度 においても 2,394 億 円 を 国 庫 納 付 し 大 きく 国 家 財 政 に 寄 与 している

13 先 述 のとおり JRAの 職 員 給 与 は 勝 馬 投 票 券 の 発 売 実 績 等 の 業 績 等 を 勘 案 して 決 定 しており 平 成 10 年 以 降 は 勝 馬 投 票 券 の 発 売 実 績 が 減 少 傾 向 にあること 等 を 踏 まえ あらゆる 経 費 の 徹 底 的 な 見 直 しを 実 施 していま す こうした 中 特 別 手 当 の 大 幅 な 減 率 ( 平 成 10 年 から22 年 で 2.57 月 )を 実 施 したことに 加 え 自 律 的 な 経 営 改 革 の 一 環 として 平 成 13 年 から 事 制 度 と 給 与 構 造 の 抜 本 的 な 改 革 に 着 手 し 平 成 17 年 には 管 理 専 門 職 職 員 を 対 象 に また 平 成 20 年 には 一 般 職 職 員 を 対 象 に 従 来 よりも 昇 給 カーブ を 抑 制 した 俸 給 表 の 全 面 改 訂 や 一 部 手 当 の 廃 止 抑 制 等 の 内 容 を 主 眼 と する 新 たな 報 酬 制 度 を 導 入 しました 更 に 平 成 23 年 度 の 春 闘 交 渉 において 恒 久 措 置 として 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 を 決 定 ( 経 過 措 置 として 年 度 内 の 実 施 は 最 大 6 削 減 )するとと もに 特 別 手 当 の 減 額 ( 役 職 に 応 じ 最 大 20 万 円 )を 実 施 しています また 平 成 24 年 度 には 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 の 完 全 実 施 に 加 え 特 別 手 当 について 支 給 月 数 を0.05 月 分 削 減 するとともに 特 別 手 当 の 減 額 ( 役 職 に 応 じて 最 大 45 万 円 )を 実 施 しています 講 ずる 措 置 平 成 25 年 度 においては 1 月 1 日 付 昇 給 において 20 代 後 半 から40 代 の 一 般 職 職 員 を 中 心 として 昇 給 幅 の 抑 制 措 置 を 実 施 しています 特 別 手 当 については 支 給 月 数 は 前 年 と 同 月 数 とし 平 成 24 年 に 実 施 した 特 別 手 当 の 減 額 措 置 ( 役 職 に 応 じ 最 大 45 万 円 )を 平 成 25 年 度 も 引 き 続 き 実 施 することで 職 員 組 合 と 妥 結 し 経 営 委 員 会 の 了 承 を 得 ております また 国 家 公 務 員 に 先 行 する 形 で 平 成 23 年 に 実 施 した 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 措 置 を 恒 久 措 置 として 引 き 続 き 実 施 しています 加 えて 新 たに 早 期 退 職 制 度 の 整 備 等 により50 代 の 職 員 の 早 期 退 職 を 促 進 するとともに 55 以 上 の 高 齢 層 職 員 を 対 象 として 給 与 の 支 給 額 を 最 大 10 削 減 する 給 与 抑 制 措 置 を 平 成 25 年 10 月 より 実 施 します ( 経 過 措 置 として 平 成 26 年 3 月 までは 最 大 5 削 減 ) こうした 措 置 により 平 成 25 年 度 の 指 数 見 込 は 仮 に 平 成 24 年 度 の 国 家 公 務 員 給 与 を 比 較 指 標 とした 場 合 概 ね0.5ポイント 下 がることが 見 込 まれてお ります 平 成 25 年 度 指 数 見 込 地 域 勘 案 学 歴 勘 案 また 平 成 26 年 1 月 1 日 付 の 昇 給 より 管 理 専 門 職 職 員 の 昇 給 幅 を 現 行 よ りも 抑 制 する 措 置 を 導 入 します 今 後 の 給 与 水 準 については 平 成 30 年 末 に120 台 半 ばに 相 当 する 水 準 を 目 指 して 取 り 組 むこととします 勝 馬 投 票 券 の 売 上 や 社 会 情 勢 等 を 踏 まえつつ 自 主 的 自 律 的 な 労 使 関 係 の 中 で 今 後 も 適 正 な 件 費 管 理 を 行 っていきます

14 Ⅲ 総 件 費 について 区 分 最 広 義 件 費 (A) (C) ( 平 成 24 年 度 ) 36,909,197 () 給 与 報 酬 等 支 給 総 額 17,087,585 17,988, , 退 職 手 当 支 給 額 非 常 勤 役 職 員 等 給 与 福 利 厚 生 費 (B) (D) 当 年 度 2,337,053 14,789,110 前 年 度 ( 平 成 23 年 度 ) () ,056,127 () ,147,234 () 4.5 2,695,449 2,822, ,555 () ,013,546 比 較 増 減 719,074 1,358,124 3,104,349 (A+B+C+D) 注 ) 非 常 勤 役 職 員 等 給 与 及 び 福 利 厚 生 費 には 競 馬 開 催 日 を 中 心 に 全 国 で 雇 用 している 臨 時 雇 用 者 分 を 含 む 総 件 費 について 参 考 となる 事 項 1 給 与 報 酬 等 支 給 総 額 及 び 最 広 義 件 費 について 1 給 与 報 酬 等 支 給 総 額 対 前 年 度 比 900,596 : 5.0 増 減 の 要 因 Ⅱ-1-2-ウ 記 載 の 給 与 制 度 改 正 による 効 果 本 措 置 については 国 家 公 務 員 の 給 与 の 改 定 及 び 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 ( 平 成 24 年 法 律 第 2 号 ) に 基 づく 国 家 公 務 員 の 給 与 見 直 しの 動 向 を 踏 まえつつ 平 成 23 年 より 国 家 公 務 員 に 先 行 する 形 で 実 施 しており 実 施 前 である 平 成 22 年 度 の 給 与 報 酬 等 支 給 総 額 と 比 較 すると 2,005,948 ( 10.51)となる 2 最 広 義 件 費 対 前 年 度 比 3,104,349 : 7.8 増 減 の 要 因 臨 時 雇 用 者 の 退 職 不 補 充 等 による 給 与 削 減 ( 1,358,124 : 8.4) Ⅱ-1-2-ウ 記 載 の 給 与 制 度 改 正 による 効 果 ( 900,596 : 5.0) JRAでは1 月 1 日 ~12 月 31 日 までを 事 業 年 度 としており 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 の 支 給 水 準 引 下 げ 等 について ( 平 成 24 年 8 月 7 日 閣 議 決 定 )に 基 づく 退 職 手 当 の 見 直 し 措 置 は 平 成 25 年 度 より 実 施 ( 下 記 Ⅳ 参 照 ) 2 行 政 改 革 の 重 要 方 針 ( 平 成 17 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 )による 件 費 削 減 計 画 1 主 務 大 臣 からの 要 請 事 項 行 政 改 革 の 重 要 方 針 に 基 づき 国 家 公 務 員 の 定 員 の 純 減 ( 今 後 5 年 間 で5 以 上 の 純 減 ) 及 び 給 与 構 造 改 革 を 踏 まえて 国 家 公 務 員 に 準 じた 件 費 削 減 に 取 り 組 む 2JRAにおける 見 直 し 方 針 及 び 削 減 目 標 削 減 目 標 平 成 17 年 度 末 における 員 数 (1,923 名 )を 平 成 18 年 度 以 降 の5 年 間 で5 以 上 削 減 給 与 構 造 改 革 既 に 行 政 改 革 の 重 要 方 針 の 主 旨 に 沿 った 給 与 構 造 改 革 に 取 り 組 み 中 ではあるが 今 後 その 取 組 を 一 層 推 進 3 JRAの 今 後 の 件 費 及 び 給 与 水 準 に 係 る 取 り 組 みについては 下 記 Ⅳ 参 照

15 年 度 基 準 年 度 ( 平 成 17 年 度 ) 平 成 18 年 度 総 件 費 改 革 の 取 組 状 況 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 員 数 ( ) 1,923 1,899 1,877 1,858 1,842 1,814 1,768 1,752 員 純 減 率 () 主 務 大 臣 の 検 証 結 果 平 成 24 年 度 においては 平 成 17 年 度 比 で 8.9の 削 減 となっており 適 正 に 取 り 組 んでいる

16 Ⅳ 法 が 必 要 と 認 める 事 項 民 間 的 自 律 的 な 経 営 で 国 家 公 務 員 には 準 拠 しないJRAの 給 与 等 JRAは 競 馬 法 等 の 規 定 により 競 馬 の 健 全 な 発 展 を 図 り 馬 の 改 良 増 殖 その 他 畜 産 の 振 興 に 寄 与 すること を 事 業 目 的 とし 競 馬 を 通 じて 健 全 なレジャーの 提 供 や 国 家 財 政 への 寄 与 等 を 遂 行 する 事 業 体 として 昭 和 29 年 に 設 立 されました JRAは 設 立 に 際 して 国 から 約 49 億 円 の 現 物 出 資 を 受 けましたが その 後 は 国 からの 補 助 金 等 は 一 切 受 けず 勝 馬 投 票 券 の 売 上 収 入 による 独 立 採 算 の 事 業 運 営 により 資 本 の 充 実 を 図 るとともに 国 家 財 政 にも 寄 与 してまいりました 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 の 公 表 対 象 となっている 他 の 多 くの 法 が 国 からの 補 助 金 等 を 主 たる 収 入 として 広 義 の 国 の 行 政 事 務 サービスの 一 部 を 代 行 しているのとは 大 きく 異 なり JRAは 一 切 の 国 庫 補 助 を 前 提 とせず 独 立 採 算 で 中 央 競 馬 事 業 を 運 営 しなければならないため 常 に 顧 客 サービス を 向 上 させることにより 売 上 の 増 大 と 利 益 の 確 保 を 目 指 すという 民 間 的 で 自 律 的 な 経 営 が 求 められ ます また レジャーやスポーツの 多 様 化 により 他 の 娯 楽 産 業 との 競 争 が 激 化 するなか 魅 力 的 な サービスや 商 品 を 提 供 することにより 顧 客 サービスを 向 上 させるためには 高 度 な 技 術 と 知 識 を 有 し た 優 秀 な 材 を 継 続 的 に 確 保 し 養 成 する 必 要 があります これらの 理 由 から JRAの 給 与 等 については 設 立 時 においても 国 家 公 務 員 には 準 拠 しておらず その 後 の 給 与 改 定 についても 他 法 の 多 くが 概 ね 国 家 公 務 員 に 対 する 事 院 勧 告 に 準 じて 給 与 改 定 を 行 っているなかにあって 発 売 金 実 績 等 の 業 績 や 主 要 民 間 企 業 等 の 給 与 改 定 状 況 を 主 たる 指 標 としつつ いわゆる 春 闘 方 式 により 職 員 組 合 と 交 渉 の 上 自 主 的 に 決 定 してまいりました このようなJRAの 独 自 性 に 加 えて 限 られた 員 による 事 業 運 営 と 業 績 の 伸 張 維 持 平 常 の 業 務 と 併 せて 土 曜 日 曜 の 開 催 業 務 に 従 事 するという 独 特 な 一 二 役 の 勤 務 形 態 材 確 保 面 で 主 要 民 間 企 業 と 競 合 しているといった 要 因 もあり 現 在 のJRAの 職 員 給 与 は 主 要 民 間 企 業 等 に 比 べても 相 応 の 水 準 にあると 認 識 しております 今 後 の 件 費 及 び 給 与 水 準 に 係 る 取 り 組 みについて JRAを 取 り 巻 く 経 営 環 境 が 引 き 続 き 厳 しい 中 将 来 にわたって 中 央 競 馬 事 業 の 安 定 的 な 維 持 発 展 を 図 るため JRAでは 販 売 促 進 施 策 のスピード 感 をもった 実 行 とともに 中 長 期 的 な 取 組 として 既 存 事 業 の 再 編 縮 小 廃 止 を 含 めた 中 央 競 馬 事 業 の 抜 本 的 改 革 に 着 手 しているところでありま す その 一 環 として 件 費 についても より 適 正 な 管 理 を 行 うべく 自 主 的 な 見 直 しに 取 り 組 んでいると ころです 具 体 的 には 国 家 公 務 員 に 先 行 する 形 で 平 成 23 年 に 実 施 した 本 俸 月 額 最 大 10 削 減 措 置 を 恒 久 措 置 として 国 家 公 務 員 の 給 与 削 減 が 終 了 する 平 成 26 年 4 月 以 降 も 継 続 します 加 えて 新 たに 早 期 退 職 制 度 の 整 備 等 により50 代 の 職 員 の 早 期 退 職 を 促 進 するとともに 55 以 上 の 高 齢 層 職 員 を 対 象 として 給 与 の 支 給 額 を 最 大 10 削 減 する 給 与 抑 制 措 置 を 平 成 25 年 10 月 より 導 入 します ( 経 過 措 置 として 平 成 26 年 3 月 までは 最 大 5 削 減 ) 更 に 事 業 の 再 編 等 と 並 行 し て 新 規 採 用 を 抑 制 し 員 の 削 減 を 図 ります こうした 取 組 を 通 じて 総 件 費 を 抑 制 するとともに 今 後 の 給 与 水 準 については 平 成 30 年 末 に120 台 半 ばに 相 当 する 水 準 を 目 指 して 取 り 組 むこととしま す また JRAの 役 職 員 給 与 について 以 下 の3 点 を 基 本 的 な 考 え 方 とする 支 給 基 準 を 経 営 委 員 会 の 議 決 を 経 て 作 成 公 表 しました 1 役 職 員 の 給 与 等 ( 役 員 にあっては 給 与 及 び 役 員 慰 労 金 職 員 にあっては 給 与 及 び 職 員 退 職 手 当 をいう 以 下 同 じ )は 各 役 職 の 職 責 及 び 必 要 とされる 能 力 等 に 応 じたものであること 職 員 にあっ ては 勤 務 条 件 及 び 生 計 費 等 も 考 慮 すること 2 役 員 の 給 与 等 は 勝 馬 投 票 券 の 売 上 利 益 等 の 業 績 を 勘 案 し 日 本 中 央 競 馬 会 の 適 切 な 事 業 運 営 及 びお 客 様 サービスの 維 持 向 上 を 図 るために 必 要 な 材 を 確 保 する 上 での 競 争 力 を 考 慮 する とともに 民 間 企 業 等 の 役 員 及 びそれに 相 当 する 国 家 公 務 員 の 処 遇 の 実 情 をも 勘 案 すること 職 員 の 給 与 等 は 勝 馬 投 票 券 の 売 上 利 益 等 の 業 績 を 勘 案 するとともに 日 本 中 央 競 馬 会 の 適 切 な 事 業 運 営 及 びお 客 様 サービスの 維 持 向 上 を 図 るために 必 要 な 材 を 確 保 する 上 で 十 分 競 争 力 のあるものとし 材 確 保 面 で 競 合 関 係 にある 民 間 企 業 等 における そうした 材 の 処 遇 の 実 情 をも 勘 案 すること また 職 員 の 給 与 については 役 員 の 給 与 との 均 衡 を 考 慮 すること 3 日 本 中 央 競 馬 会 は 競 馬 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 158 号 ) 及 び 日 本 中 央 競 馬 会 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 205 号 )に 基 づき 設 立 された 特 殊 法 であることにかんがみ 効 率 的 に 業 務 を 運 営 し 中 央 競 馬 事 業 を 安 定 的 に 発 展 させていくため 役 職 員 の 給 与 等 について その 総 額 を 含 めて 適 正 かつ 効 率 的 なも のとなるよう 配 慮 すること

17 JRAの 使 命 は 国 民 の 皆 様 に 健 全 かつ 高 品 質 な 娯 楽 を 提 供 するとともに 国 庫 納 付 金 の 納 付 等 を 通 じて 国 家 財 政 に 貢 献 することと 認 識 しております この 使 命 を 果 たすためには 勝 馬 投 票 券 の 売 り 上 げの 維 持 向 上 を 図 る 必 要 がありますが そのためには 今 後 も 組 織 の 中 核 となる 優 秀 な 材 を 継 続 的 に 確 保 していく 必 要 があります 将 来 にわたって 中 央 競 馬 事 業 を 安 定 的 に 維 持 発 展 させて いくため 経 営 委 員 会 の 設 置 により 確 立 された 自 律 的 な 業 務 運 営 体 制 のもと 勝 馬 投 票 券 の 売 上 や 社 会 情 勢 等 を 踏 まえつつ 自 主 的 自 律 的 な 労 使 関 係 の 中 で 今 後 も 適 正 な 件 費 管 理 を 行 って いきます 役 員 慰 労 金 職 員 退 職 手 当 の 見 直 し JRAでは 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 の 見 直 しを 踏 まえ 以 下 のとおり 役 員 慰 労 金 及 び 職 員 退 職 手 当 を 見 直 しております 役 員 慰 労 金 に 関 して 講 じた 措 置 の 概 要 : 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 に 退 任 した 役 員 について 従 前 の 支 給 基 準 による 額 に100 分 の87を 乗 じた 額 に 引 き 下 げることとしました ( 経 過 措 置 として 100 分 の 87 とあるのは 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 9 月 30 日 までに 退 任 した 者 については 100 分 の98 平 成 25 年 10 月 1 日 から 平 成 26 年 6 月 30 日 までに 退 任 した 者 については 100 分 の92 とする ) 職 員 退 職 手 当 に 関 して 講 じた 措 置 の 概 要 : 平 成 25 年 10 月 1 日 以 降 に 退 職 した 職 員 について 在 職 期 間 に 応 じた 退 職 手 当 支 給 率 を 平 均 19.1 最 大 22.3 引 き 下 げることとしました ( 経 過 措 置 として 退 職 手 当 支 給 率 の 引 下 げ 幅 は 平 成 25 年 10 月 1 日 から 平 成 26 年 6 月 30 日 までに 退 職 した 職 員 については 約 6 平 成 26 年 7 月 1 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 までに 退 職 した 職 員 については 約 12 とする )

18

19 参 考 平 成 25 年 6 月 28 日 公 表 資 料 は 以 下 のとおりです 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券 の 発 売 実 績 その 他 の 業 績 を 主 たる 指 標 として 改 定 を 検 討 しています 平 成 24 年 度 においては 東 日 本 大 震 災 の 影 響 があったものの 平 成 23 年 度 の 発 売 金 が 対 前 年 度 比 5.6と14 年 連 続 での 減 少 となったこと 等 を 踏 まえ 特 別 手 当 は 役 職 に 応 じ 最 大 220 万 円 を 減 額 して 支 給 しました 2 役 員 報 酬 基 準 の 改 定 内 容 法 の 長 特 別 手 当 のうち220 万 円 を 減 額 して 支 給 理 事 特 別 手 当 のうち 役 職 に 応 じ170~120 万 円 を 減 額 して 支 給 監 事 特 別 手 当 のうち70 万 円 を 減 額 して 支 給 監 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 24 年 度 は 改 定 なし 2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 平 成 24 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 理 事 長 20,335 14,712 1,765 3,858 副 理 事 長 A 3,234 2,108 副 理 事 長 B 常 務 理 事 理 事 A 理 事 B 理 事 C 理 事 D 理 事 E 16,550 2,860 12,782 15,939 15,863 11,400 1,798 8,990 10,788 10,788 15,889 14,308 10, ,264 2,504 1,368 3, ( 通 勤 交 通 費 ) ,078 2, ,294 3, ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3, ( 通 勤 交 通 費 ) 10,788 1,294 3,660 ( 通 勤 交 通 費 ) 121 ( 通 勤 交 通 費 ) 就 任 退 任 の 状 況 就 任 退 任 3 月 1 日 3 月 1 日 2 月 29 日 2 月 29 日 前 職 * *

20 理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3, ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3, ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3, ( 通 勤 交 通 費 ) 監 事 14,903 9,888 1,186 3, ( 通 勤 交 通 費 ) 監 事 A ( 非 常 勤 ) 4,646 4,646 9 月 15 日 監 事 B ( 非 常 勤 ) 1,893 1,893 9 月 16 日 注 1. 特 別 調 整 手 当 とは 民 間 における 賃 金 物 価 及 び 生 計 費 が 特 に 高 い 地 域 に 在 勤 する 役 員 に 支 給 されるものである 2. 特 別 手 当 とは 年 間 2 回 支 給 される 手 当 で 一 般 的 には ボーナス に 相 当 する 手 当 である 3. 本 表 の 前 職 欄 の * は 退 職 公 務 員 は 役 員 出 向 者 は 独 立 行 政 法 等 の 退 職 者 * は 退 職 公 務 員 でその 後 独 立 行 政 法 等 の 退 職 者 空 欄 は 該 当 がない 場 合 で あることを 示 す

21 3 役 員 の 退 職 手 当 の 支 給 状 況 ( 平 成 24 年 度 中 に 退 職 手 当 を 支 給 された 退 職 者 の 状 況 ) 区 分 理 事 長 副 理 事 長 支 給 額 ( 総 額 ) 14,336 法 での 在 職 期 間 年 月 年 月 8 1 退 職 年 月 日 業 績 勘 案 率 摘 要 該 当 者 なし 業 績 勘 案 率 検 討 委 員 会 にて 対 売 上 収 益 率 等 を 勘 案 し 決 定 支 給 額 ( 総 額 )のう ち 業 績 勘 案 率 の 適 用 にかかる 額 は 13,826 である 前 職 常 務 理 事 理 事 7,281 年 年 4 6 月 月 該 当 者 なし 業 績 勘 案 率 検 討 委 員 会 にて 対 売 上 収 益 率 等 を 勘 案 し 決 定 監 事 2,472 2 年 0 月 業 績 勘 案 率 検 討 委 員 会 にて 対 売 上 収 益 率 等 を 勘 案 し 決 定 監 事 ( 非 常 勤 ) 注 : 年 月 該 当 者 なし 本 表 の 前 職 欄 の * は 退 職 公 務 員 は 役 員 出 向 者 は 独 立 行 政 法 等 の 退 職 者 * は 退 職 公 務 員 でその 後 独 立 行 政 法 等 の 退 職 者 空 欄 は 該 当 がない 場 合 で あることを 示 す

22 Ⅱ 職 員 給 与 について 1 職 員 給 与 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 件 費 管 理 の 基 本 方 針 日 本 中 央 競 馬 会 (JRA)は 国 庫 からの 補 助 金 等 を 一 切 前 提 とせず 事 業 運 営 に 必 要 な 経 費 は 全 て 勝 馬 投 票 券 の 売 上 収 入 によってまかなっているため 件 費 を 含 む 事 業 運 営 費 全 般 につい ては 勝 馬 投 票 券 の 発 売 実 績 等 を 勘 案 の 上 健 全 な 経 営 が 行 えるよう 適 正 かつ 効 率 的 に 管 理 し ています 2 職 員 給 与 決 定 の 基 本 方 針 ア 給 与 水 準 の 決 定 に 際 しての 考 慮 事 項 とその 考 え 方 JRAは 国 庫 からの 補 助 金 等 を 一 切 受 けず 独 立 採 算 で 中 央 競 馬 を 運 営 する 事 業 体 であり その 事 業 運 営 にあたっては 売 上 の 増 大 と 利 益 の 確 保 を 目 指 しつつ 勝 馬 投 票 券 の 発 売 実 績 等 の 業 績 を 踏 まえた 自 律 的 経 営 を 行 っています 職 員 給 与 については 設 立 時 より 国 家 公 務 員 や 事 院 勧 告 に 準 拠 するのではなく 勝 馬 投 票 券 の 発 売 実 績 その 他 の 業 績 を 勘 案 するとともに 望 ましい 材 を 確 保 する 上 で 競 合 関 係 にあると 考 えられる 主 要 民 間 企 業 等 における 処 遇 や 給 与 改 定 の 状 況 等 をも 考 慮 し いわゆる 春 闘 方 式 に より 労 働 組 合 と 交 渉 の 上 決 定 してきています また 昨 今 の 中 央 競 馬 を 取 り 巻 く 環 境 は 極 めて 厳 しく その 変 化 も 大 きく 早 いことから 抜 本 的 な 給 与 構 造 改 革 に 着 手 し 事 評 価 制 度 や 新 たな 報 酬 制 度 を 導 入 しました それにより 年 功 的 な 給 与 上 昇 の 抑 制 職 責 や 評 価 に 応 じた 適 正 な 給 与 水 準 の 達 成 など より 適 正 な 件 費 管 理 を 行 うことで 今 後 の 事 業 運 営 基 盤 を 一 層 強 化 していくこととします イ 職 員 の 発 揮 した 能 率 又 は 職 員 の 勤 務 成 績 の 給 与 への 反 映 方 法 についての 考 え 方 管 理 専 門 職 職 員 については 目 標 管 理 型 の 事 評 価 制 度 を 導 入 し 職 務 上 の 成 果 各 職 務 の 役 割 の 大 きさ 責 任 の 重 さを 等 を 処 遇 により 一 層 適 正 に 反 映 させています 具 体 的 には 職 務 上 の 成 果 及 び 職 務 遂 行 のプロセスにおける 行 動 を 数 値 化 して 評 価 し その 評 価 結 果 を 昇 格 昇 給 ( 降 給 ) 及 び 特 別 手 当 に 反 映 させています 一 般 職 職 員 については 材 育 成 型 の 事 評 価 制 度 を 導 入 し 職 務 遂 行 のプロセスにおける 行 動 等 に 係 る 評 価 結 果 を 昇 格 昇 給 等 に 反 映 させて います ウ 平 成 24 年 度 における 給 与 制 度 の 主 な 改 正 点 本 俸 月 額 について 最 大 10 相 当 額 の 減 額 を 恒 久 措 置 として 実 施 特 別 手 当 について 支 給 月 数 を0.05 月 分 削 減 するとともに 役 職 に 応 じ60~20 万 円 の 減 額 を 実 施

23 2 職 員 給 与 の 支 給 状 況 1 職 種 別 支 給 状 況 区 分 常 勤 職 員 事 務 技 術 研 究 職 種 開 催 専 門 職 種 獣 医 職 種 装 蹄 職 種 競 馬 学 校 教 育 職 種 乗 馬 指 導 職 種 技 能 職 種 平 成 24 年 度 の 年 間 給 与 額 ( 平 均 ) 員 平 均 年 齢 うち 所 定 内 総 額 うち 賞 与 うち 通 勤 手 当 1,541 1, ,000 6, , ,978 7, ,556 9, ,884 8, ,273 6,335 6,088 8,122 5,328 5,412 3, ,826 8, , ,919 2,259 2,185 2,856 3,251 2,807 2, ,447 注 1. 開 催 専 門 職 種 とは 裁 決 ハンデキャップ 作 成 発 走 決 勝 審 判 等 の 競 馬 開 催 に 係 る 専 門 業 務 を 行 う 職 種 を 示 す 注 2. 獣 医 職 種 とは 競 走 馬 の 医 療 や 伝 染 病 の 予 防 等 に 関 する 業 務 を 行 う 職 種 を 示 す 注 3. 装 蹄 職 種 とは 競 走 馬 の 装 蹄 に 関 する 業 務 を 行 う 職 種 を 示 す 注 4. 競 馬 学 校 教 育 職 種 とは 中 央 競 馬 の 騎 手 を 目 指 す 生 徒 等 に 対 する 教 育 業 務 を 行 う 職 種 を 示 す 注 5. 乗 馬 指 導 職 種 とは 乗 馬 指 導 及 び 馬 事 文 化 の 普 及 等 に 関 する 業 務 を 行 う 職 種 を 示 す 注 6. 技 能 職 種 とは 競 走 馬 の 診 療 に 携 わる 助 手 競 馬 場 の 馬 場 その 他 の 施 設 の 維 持 管 理 等 に 関 する 業 務 を 行 う 職 種 を 示 す 在 外 職 員 ,434 10, ,185 任 期 付 職 員 事 務 技 術 , ,928 4,789 4, ,139 1,139 再 任 用 職 員 事 務 技 術 ,404 5, ,404 5, ,137 1,137 注 1. 常 勤 職 員 については 在 外 職 員 任 期 付 職 員 及 び 再 任 用 職 員 を 除 く 注 2. 各 区 分 の 教 育 職 種 任 期 付 職 員 及 び 再 任 用 職 員 の 研 究 職 種 並 びに 非 常 勤 職 員 については 該 当 者 がいないため 省 略 した

24 2 年 間 給 与 の 分 布 状 況 ( 事 務 技 術 職 員 / 研 究 職 員 ) 在 外 職 員 任 期 付 職 員 及 び 再 任 用 職 員 を 除 く 以 下 5まで 同 じ 年 間 給 与 の 分 布 状 況 ( 事 務 技 術 職 員 ) 16,000 14,000 12,000 10,000 8,000 6,000 4,000 2, 数 平 均 給 与 額 第 3 四 分 位 第 1 四 分 位 国 の 平 均 給 与 額 注 1:1の 年 間 給 与 額 から 通 勤 手 当 を 除 いた 状 況 である 以 下 5まで 同 じ ( 事 務 技 術 職 員 ) 分 布 状 況 を 示 すグループ 員 平 均 年 齢 四 分 位 第 1 分 位 代 表 的 職 位 本 部 部 長 ,066 本 部 課 長 ,157 本 部 係 長 ,450 本 部 係 員 ,974 地 方 機 関 の 本 部 部 長 相 当 職 ,967 地 方 機 関 の 本 部 課 長 相 当 職 ,998 地 方 機 関 の 本 部 係 長 相 当 職 ,792 地 方 機 関 係 員 ,899 平 均 15,202 13,403 8,136 4,085 15,126 11,617 7,797 4,163 四 分 位 第 3 分 位 15,366 13,562 8,878 4,272 15,522 12,270 8,736 4,320 年 間 給 与 の 分 布 状 況 ( 研 究 職 員 ) 16,000 14,000 12,000 10,000 8,000 6,000 4,000 2, 数 平 均 給 与 額 第 3 四 分 位 第 1 四 分 位 国 の 平 均 給 与 額 注 : 年 齢 の 該 当 者 は4 名 以 下 であり 第 1 四 分 位 第 3 四 分 位 の 折 れ 線 を 表 示 していない ( 研 究 職 員 ) 分 布 状 況 を 示 すグループ 員 平 均 年 齢 四 分 位 第 1 分 位 四 分 位 第 3 分 位 代 表 的 職 位 地 方 機 関 の 本 部 研 究 課 長 相 当 職 ,091 12,112 13,191 地 方 機 関 の 本 部 主 任 研 究 員 相 当 職 ,408 8,579 9,312 地 方 機 関 の 本 部 研 究 員 相 当 職 1 注 : 地 方 機 関 の 本 部 研 究 員 相 当 職 については 該 当 職 員 が1 のため 当 該 個 に 関 する 情 報 が 特 定 されるおそれのあることから 数 以 外 は 記 載 していない 平 均

25 3 職 級 別 在 職 状 況 等 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 現 在 )( 事 務 技 術 職 員 / 研 究 職 員 ) ( 事 務 技 術 職 員 ) 区 分 計 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 標 準 的 な 職 位 員 1, ( 割 合 ) 16.4 年 齢 ( 最 高 ~ 最 低 ) 所 定 内 給 与 年 額 ( 最 高 ~ 最 低 ) 年 間 給 与 額 ( 最 高 ~ 最 低 ) ( 研 究 職 員 ) 係 員 57~22 5,132 ~ 2,258 6,985 ~ 3,083 主 任 ~25 6,729 ~ 3,149 9,180 ~ 4,330 係 長 場 外 副 所 長 7,825 ~ 4, ~28 10,621 ~ 5,670 課 長 課 長 補 佐 部 長 補 佐 副 場 長 場 外 所 長 調 査 役 ~37 9,623 ~ 7,203 13,010 ~9,830 本 部 課 長 上 席 調 査 役 ~47 11,728 ~ 9,412 15,522 ~12,725 部 長 場 長 59~54 11,880 ~ 11,220 15,750 ~14, 区 分 計 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 標 準 的 な 職 位 員 ( 割 合 ) 年 齢 ( 最 高 ~ 最 低 ) 所 定 内 給 与 年 額 ( 最 高 ~ 最 低 ) 年 間 給 与 額 ( 最 高 ~ 最 低 ) ~ 6,918 ~10,027 ~12,857 注 : 研 究 職 2 級 については 該 当 職 員 が1 のため 当 該 個 に 関 する 情 報 が 特 定 される おそれのあることから 数 以 外 は 記 載 していない ( 事 務 技 術 職 員 ) 一 般 職 員 一 律 支 給 分 ( 期 末 相 当 ) 最 高 ~ 最 低 一 律 支 給 分 ( 期 末 相 当 ) 査 定 支 給 分 ( 勤 勉 相 当 ) ( 平 均 ) 最 高 ~ 最 低 40 該 当 者 なし 18.1 ~ ~ ~ ~ ~ ~ 室 長 研 究 役 57~39 9,351 ~ 7,400 10,698 ~9,506 4 賞 与 ( 平 成 24 年 度 )における 査 定 部 分 の 比 率 ( 事 務 技 術 職 員 / 研 究 職 員 ) 管 理 職 員 区 分 夏 季 (6 月 ) 冬 季 (12 月 ) 査 定 支 給 分 ( 勤 勉 相 当 ) ( 平 均 ) 係 員 主 任 係 長 ~31 7,135 ~ 5,070 9,868 計 所 長 次 長 上 席 研 究 役 12, ~49 14,449

26 ( 研 究 職 員 ) 区 分 管 理 職 員 査 定 支 給 分 ( 勤 勉 相 当 ) ( 平 均 ) 一 般 職 員 一 律 支 給 分 ( 期 末 相 当 ) 最 高 ~ 最 低 一 律 支 給 分 ( 期 末 相 当 ) 査 定 支 給 分 ( 勤 勉 相 当 ) ( 平 均 ) 最 高 ~ 最 低 夏 季 (6 月 ) 冬 季 (12 月 ) ~ ~ ~ 20.0 計 ~ ~ ~ 職 員 と 国 家 公 務 員 との 給 与 水 準 ( 年 額 )の 比 較 指 標 ( 事 務 技 術 職 員 / 研 究 職 員 ) 1. 事 務 技 術 職 員 対 国 家 公 務 員 ( 行 政 職 ( 一 )) 2. 研 究 職 員 対 国 家 公 務 員 ( 研 究 職 ) 注 : 当 法 の 年 齢 別 員 構 成 をウエイトに 用 い 当 法 の 給 与 を 国 の 給 与 水 準 に 置 き 換 えた 場 合 の 給 与 水 準 を100として 法 が 現 に 支 給 している 給 与 費 から 算 出 される 指 数 をいい 事 院 におい て 算 出

27 給 与 水 準 の 比 較 指 標 について 参 考 となる 事 項 事 務 技 術 職 員 項 目 指 数 の 状 況 国 に 比 べて 給 与 水 準 が 高 くなっている 定 量 的 な 理 由 内 容 対 国 家 公 務 員 地 域 勘 案 参 考 学 歴 勘 案 地 域 学 歴 勘 案 Ⅱ-1-2-アに 記 載 のとおり JRAの 職 員 給 与 については 設 立 時 ( 昭 和 29 年 )より 国 家 公 務 員 や 事 院 勧 告 に 準 拠 するのではなく 売 上 や 利 益 を 主 たる 指 標 としつつ 民 間 企 業 等 における 処 遇 や 給 与 改 定 状 況 等 も 考 慮 し て いわゆる 春 闘 方 式 により 職 員 組 合 と 交 渉 の 上 自 主 的 に 決 定 してお ります 現 在 のJRAの 給 与 水 準 には JRA 設 立 時 から 平 成 9 年 に 至 るまでの 好 調 な 業 績 を 下 支 えとしつつ その 後 も 一 定 程 度 の 利 益 を 計 上 してきたことも 踏 まえて 決 定 したことが 反 映 しております JRAの 員 構 成 によるもの JRAの 従 業 員 全 体 ( 約 1 万 2 千 名 : 非 常 勤 含 む)のうち 常 勤 職 員 の 占 める 割 合 は 約 14とわずかであることから JRAの 常 勤 職 員 は 高 度 な 企 画 立 案 等 の 事 務 に 従 事 する 総 合 職 中 心 の 員 構 成 となっており 事 務 技 術 職 員 のうち 総 合 職 は 約 70となっております 一 方 で 事 院 調 査 によると 国 家 公 務 員 行 政 職 俸 給 表 ( 一 ) 適 用 者 のう ち 総 合 職 に 相 当 すると 考 えられるⅠ 種 等 試 験 採 用 職 員 は 約 8となって おります こうした 員 構 成 の 違 いが 全 体 の 指 数 を 高 める 要 因 となっていると 考 え られます JRAの 年 齢 構 成 によるもの 他 の 年 齢 階 層 と 比 較 して32 から47 までの 年 齢 階 層 の 指 数 が 高 い 傾 向 にあり かつ 当 該 年 齢 階 層 に 属 する 数 の 割 合 が 比 較 的 大 きい( 指 数 対 象 職 員 の 約 43を 占 める)ことが 全 体 の 指 数 を 高 める 要 因 となっていま すが その 原 因 については 以 下 のとおりです 1 平 成 3 年 にJRAの 好 調 な 業 績 等 を 背 景 として 日 本 中 央 競 馬 会 法 が 改 正 され JRAの 事 業 範 囲 が 拡 大 したことに 対 応 するため 平 成 4 年 から 数 年 間 にわたり 総 合 職 を 中 心 に 採 用 員 を 増 やしたが それらの 職 員 が 現 在 給 与 水 準 の 高 い 年 齢 層 に 属 していること 2 国 家 公 務 員 の 課 長 補 佐 とJRAの 課 長 補 佐 は 概 ね 上 記 の 年 齢 階 層 ( 概 ね35 以 上 )に 属 していると 考 えられるが 国 家 公 務 員 の 課 長 補 佐 には 管 理 職 手 当 ( 俸 給 の 特 別 調 整 額 )が 支 給 されず 給 与 水 準 の 比 較 指 標 に 係 る 給 与 の 対 象 外 である 超 過 勤 務 手 当 が 支 給 されるのに 対 し JRAにおいて は 課 長 補 佐 に 管 理 職 手 当 ( 役 付 手 当 )を 支 給 し 超 過 勤 務 手 当 ( 時 間 外 勤 務 手 当 )を 支 給 しないこととしていること 国 家 公 務 員 の 給 与 臨 時 特 例 措 置 によるもの 国 においては 国 家 公 務 員 の 給 与 の 改 定 及 び 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 ( 平 成 24 年 法 律 第 2 号 ) に 基 づき 2 年 間 の 時 限 措 置 として 平 均 7.8の 給 与 削 減 を 実 施 しておりますが JRAにおいては 国 に 先 行 する 形 で 平 成 23 年 より 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 ( 経 過 措 置 として 平 成 23 年 中 は 最 大 6)を 実 施 しているため 平 成 23 年 度 の 給 与 水 準 の 比 較 指 標 ( 対 国 家 公 務 員 年 齢 勘 案 :144.1)に 比 べて 平 成 24 年 度 の 給 与 水 準 の 比 較 指 標 は 上 昇 しており ます

28 主 務 大 臣 の 検 証 結 果 給 与 水 準 については 事 院 勧 告 に 準 拠 するのではなく 勝 馬 投 票 券 ( 馬 券 )の 売 上 げ 等 の 業 績 を 勘 案 するとともに 主 要 民 間 企 業 の 給 与 状 況 を 踏 ま え 春 闘 方 式 により 決 定 しているため 国 家 公 務 員 と 比 較 して 相 対 的 に 高 い 水 準 となっている しかしながら 近 年 馬 券 売 上 げが 減 少 傾 向 にあり かつ 民 間 企 業 の 給 与 が 低 下 傾 向 にあるという 事 情 も 踏 まえつつ 削 減 に 取 り 組 み 平 成 17 年 以 降 7 年 間 で 約 22(47 億 円 )を 削 減 している さらに 先 般 件 費 削 減 の 方 策 として 平 成 29 年 度 までに 平 成 22 年 度 比 で10 削 減 する 員 削 減 の 目 標 を 打 ち 出 したところである また 国 の 特 例 措 置 に 先 行 する 形 で 平 成 23 年 度 から 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 (23 年 実 施 6 24 年 実 施 4)を 恒 久 措 置 として 実 施 しており 平 成 24 年 度 はさらに 特 別 手 当 について 一 律 0.05 月 分 を 削 減 するとともに 役 職 に 応 じて 最 大 60 万 円 の 減 額 を 実 施 したところであるが 国 家 公 務 員 が 平 成 24 年 度 から2 年 間 の 特 例 措 置 として 平 均 7.8の 削 減 を 実 施 したことから 対 国 家 公 務 員 指 数 ( 年 齢 地 域 学 歴 勘 案 指 数 )は 昨 年 度 に 比 べて5.7ポ イント 上 昇 している なお 平 成 25 年 5 月 の 当 省 からの 要 請 を 踏 まえ JRAとしての 給 与 の 支 給 基 準 を 作 成 し 国 家 公 務 員 の 処 遇 の 実 情 を 勘 案 する こと 及 び 給 与 等 について その 総 額 を 含 めて 適 切 かつ 効 率 的 なものとなるよう 配 慮 する 旨 を 記 述 し 公 表 している 平 成 25 年 度 の 給 与 削 減 の 取 組 としては 恒 久 措 置 としての 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 の 継 続 に 加 え 特 別 手 当 についても 昨 年 同 様 役 職 に 応 じて 最 大 60 万 円 の 減 額 を 行 うことが 決 定 しているほか 55 以 上 の 職 員 の 給 与 抑 制 及 び 国 家 公 務 員 に 準 じた 職 員 の 退 職 手 当 の 見 直 しについて 実 施 の 方 針 が 確 定 したところである 引 き 続 き これらの 取 組 を 着 実 に 進 めるとともに 現 在 JRAが 策 定 中 の 今 後 の 給 与 水 準 について 年 限 を 定 めた 具 体 的 な 目 標 について 年 内 ので きるだけ 早 い 時 期 に 結 論 を 得 その 実 現 に 向 けて 具 体 的 な 方 策 を 精 力 的 に 推 し 進 め 社 会 一 般 の 情 勢 に 適 合 した 給 与 水 準 となるよう また 総 件 費 の 抑 制 に 努 めるよう 指 導 助 言 を 行 っていくこととする 給 与 水 準 の 適 切 性 の 検 証 国 からの 財 政 支 出 について 国 からの 財 政 支 出 はない JRAは 毎 年 勝 馬 投 票 券 ( 馬 券 )の 売 上 げの10 及 び 剰 余 金 の1/2を 国 庫 納 付 しており 馬 券 売 上 げが 減 少 している 中 平 成 24 年 度 においても 2,394 億 円 を 国 庫 納 付 し 大 きく 国 家 財 政 に 寄 与 している

29 先 述 のとおり JRAの 職 員 給 与 は 勝 馬 投 票 券 の 発 売 実 績 等 の 業 績 等 を 勘 案 して 決 定 しており 平 成 10 年 以 降 は 勝 馬 投 票 券 の 発 売 実 績 が 減 少 傾 向 にあること 等 を 踏 まえ あらゆる 経 費 の 徹 底 的 な 見 直 しを 実 施 していま す こうした 中 特 別 手 当 の 大 幅 な 減 率 ( 平 成 10 年 から22 年 で 2.57 月 )を 実 施 したことに 加 え 自 律 的 な 経 営 改 革 の 一 環 として 平 成 13 年 から 事 制 度 と 給 与 構 造 の 抜 本 的 な 改 革 に 着 手 し 平 成 17 年 には 管 理 専 門 職 職 員 を 対 象 に また 平 成 20 年 には 一 般 職 職 員 を 対 象 に 従 来 よりも 昇 給 カーブ を 抑 制 した 俸 給 表 の 全 面 改 訂 や 一 部 手 当 の 廃 止 抑 制 等 の 内 容 を 主 眼 と する 新 たな 報 酬 制 度 を 導 入 しました 更 に 平 成 23 年 度 の 春 闘 交 渉 において 恒 久 措 置 として 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 を 決 定 ( 経 過 措 置 として 年 度 内 の 実 施 は 最 大 6 削 減 )するとと もに 特 別 手 当 の 減 額 ( 役 職 に 応 じ 最 大 30 万 円 )を 実 施 しています また 平 成 24 年 度 には 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 の 完 全 実 施 に 加 え 特 別 手 当 について 支 給 月 数 を0.05 月 分 削 減 するとともに 特 別 手 当 の 減 額 ( 役 職 に 応 じて 最 大 60 万 円 )を 実 施 しています 講 ずる 措 置 平 成 25 年 度 においては 1 月 1 日 付 昇 給 において 20 代 後 半 から40 代 の 一 般 職 職 員 を 中 心 として 昇 給 幅 の 抑 制 措 置 を 実 施 しています 特 別 手 当 については 支 給 月 数 は 前 年 と 同 月 数 とし 平 成 24 年 に 実 施 した 特 別 手 当 の 減 額 措 置 ( 役 職 に 応 じ 最 大 60 万 円 )を 平 成 25 年 度 も 引 き 続 き 実 施 することで 職 員 組 合 と 妥 結 し 経 営 委 員 会 の 了 承 を 得 ております また 国 家 公 務 員 に 先 行 する 形 で 平 成 23 年 に 実 施 した 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 措 置 を 恒 久 措 置 として 引 き 続 き 実 施 しています 加 えて 新 たに 早 期 退 職 制 度 の 整 備 等 により50 代 の 職 員 の 早 期 退 職 を 促 進 するとともに 55 以 上 の 高 齢 層 職 員 を 対 象 として 給 与 の 支 給 額 を 最 大 10 削 減 する 給 与 抑 制 措 置 を 平 成 25 年 10 月 より 実 施 します ( 経 過 措 置 として 平 成 26 年 3 月 までは 最 大 5 削 減 ) こうした 措 置 により 平 成 25 年 度 の 指 数 見 込 は 仮 に 平 成 24 年 度 の 国 家 公 務 員 給 与 を 比 較 指 標 とした 場 合 概 ね0.5ポイント 下 がることが 見 込 まれてお ります 平 成 25 年 度 指 数 見 込 地 域 勘 案 学 歴 勘 案 また 平 成 26 年 1 月 1 日 付 の 昇 給 より 管 理 専 門 職 職 員 の 昇 給 幅 を 現 行 よ りも 抑 制 する 措 置 を 導 入 します 勝 馬 投 票 券 の 売 上 や 社 会 情 勢 等 を 踏 まえつつ 自 主 的 自 律 的 な 労 使 関 係 の 中 で 今 後 も 適 正 な 件 費 管 理 を 行 っていきます

30 研 究 職 員 項 目 指 数 の 状 況 国 に 比 べて 給 与 水 準 が 高 くなっている 定 量 的 な 理 由 内 容 対 国 家 公 務 員 地 域 勘 案 参 考 学 歴 勘 案 地 域 学 歴 勘 案 Ⅱ-1-2-アに 記 載 のとおり JRAの 職 員 給 与 については 設 立 時 ( 昭 和 29 年 )より 国 家 公 務 員 や 事 院 勧 告 に 準 拠 するのではなく 売 上 や 利 益 を 主 たる 指 標 としつつ 民 間 企 業 等 における 処 遇 や 給 与 改 定 状 況 等 も 考 慮 し て いわゆる 春 闘 方 式 により 職 員 組 合 と 交 渉 の 上 自 主 的 に 決 定 してお ります 現 在 のJRAの 給 与 水 準 には JRA 設 立 時 から 平 成 9 年 に 至 るまでの 好 調 な 業 績 を 下 支 えとしつつ その 後 も 一 定 程 度 の 利 益 を 計 上 してきたことも 踏 まえて 決 定 したことが 反 映 しております JRAの 年 齢 構 成 によるもの 他 の 年 齢 階 層 と 比 較 して36 から51 までの 年 齢 階 層 の 指 数 が 高 い 傾 向 にあり かつ 当 該 年 齢 階 層 に 属 する 数 の 割 合 が 比 較 的 大 きい( 指 数 対 象 職 員 の 約 65を 占 める)ことが 全 体 の 指 数 を 高 める 要 因 となっており ますが これは 平 成 3 年 にJRAの 好 調 な 業 績 等 を 背 景 として 日 本 中 央 競 馬 会 法 が 改 正 され JRAの 事 業 範 囲 が 拡 大 したことに 対 応 するため 平 成 4 年 から 数 年 間 にわたり 採 用 員 を 増 やし それらの 職 員 が 現 在 給 与 水 準 の 高 い 年 齢 階 層 に 属 していることが 原 因 となっています JRA 研 究 職 の 勤 務 地 によるもの JRAの 研 究 職 の 勤 務 地 は 競 走 馬 総 合 研 究 所 ( 栃 木 県 宇 都 宮 市 ) 日 高 育 成 牧 場 等 国 の 地 域 手 当 の5 級 地 又 は 非 支 給 地 に 該 当 していますが J RAの 管 理 職 には 勤 務 地 域 にかかわらず 全 国 一 律 の 給 与 基 準 が 適 用 され ており 研 究 職 においては 約 68が 管 理 職 と 高 い 割 合 となっていることが 地 域 を 勘 案 した 場 合 の 指 数 を 高 める 要 因 となっています 国 家 公 務 員 の 給 与 臨 時 特 例 措 置 によるもの 国 においては 国 家 公 務 員 の 給 与 の 改 定 及 び 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 ( 平 成 24 年 法 律 第 2 号 ) に 基 づき 2 年 間 の 時 限 措 置 として 平 均 7.8の 給 与 削 減 を 実 施 しておりますが JRAにおいては 国 に 先 行 する 形 で 平 成 23 年 より 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 ( 経 過 措 置 として 平 成 23 年 中 は 最 大 6)を 実 施 しているため 平 成 23 年 度 の 給 与 水 準 の 比 較 指 標 ( 対 国 家 公 務 員 年 齢 勘 案 :132.4)に 比 べて 平 成 24 年 度 の 給 与 水 準 の 比 較 指 標 は 上 昇 しており ます 主 務 大 臣 の 検 証 結 果 事 務 技 術 職 職 員 と 同 様 給 与 水 準 の 適 切 性 の 検 証 国 からの 財 政 支 出 について 国 からの 財 政 支 出 はない JRAは 毎 年 勝 馬 投 票 券 ( 馬 券 )の 売 上 げの10 及 び 剰 余 金 の1/2を 国 庫 納 付 しており 馬 券 売 上 げが 減 少 している 中 平 成 24 年 度 においても 2,394 億 円 を 国 庫 納 付 し 大 きく 国 家 財 政 に 寄 与 している

31 先 述 のとおり JRAの 職 員 給 与 は 勝 馬 投 票 券 の 発 売 実 績 等 の 業 績 等 を 勘 案 して 決 定 しており 平 成 10 年 以 降 は 勝 馬 投 票 券 の 発 売 実 績 が 減 少 傾 向 にあること 等 を 踏 まえ あらゆる 経 費 の 徹 底 的 な 見 直 しを 実 施 していま す こうした 中 特 別 手 当 の 大 幅 な 減 率 ( 平 成 10 年 から22 年 で 2.57 月 )を 実 施 したことに 加 え 自 律 的 な 経 営 改 革 の 一 環 として 平 成 13 年 から 事 制 度 と 給 与 構 造 の 抜 本 的 な 改 革 に 着 手 し 平 成 17 年 には 管 理 専 門 職 職 員 を 対 象 に また 平 成 20 年 には 一 般 職 職 員 を 対 象 に 従 来 よりも 昇 給 カーブ を 抑 制 した 俸 給 表 の 全 面 改 訂 や 一 部 手 当 の 廃 止 抑 制 等 の 内 容 を 主 眼 と する 新 たな 報 酬 制 度 を 導 入 しました 更 に 平 成 23 年 度 の 春 闘 交 渉 において 恒 久 措 置 として 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 を 決 定 ( 経 過 措 置 として 年 度 内 の 実 施 は 最 大 6 削 減 )するとと もに 特 別 手 当 の 減 額 ( 役 職 に 応 じ 最 大 20 万 円 )を 実 施 しています また 平 成 24 年 度 には 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 の 完 全 実 施 に 加 え 特 別 手 当 について 支 給 月 数 を0.05 月 分 削 減 するとともに 特 別 手 当 の 減 額 ( 役 職 に 応 じて 最 大 45 万 円 )を 実 施 しています 講 ずる 措 置 平 成 25 年 度 においては 1 月 1 日 付 昇 給 において 20 代 後 半 から40 代 の 一 般 職 職 員 を 中 心 として 昇 給 幅 の 抑 制 措 置 を 実 施 しています 特 別 手 当 については 支 給 月 数 は 前 年 と 同 月 数 とし 平 成 24 年 に 実 施 した 特 別 手 当 の 減 額 措 置 ( 役 職 に 応 じ 最 大 45 万 円 )を 平 成 25 年 度 も 引 き 続 き 実 施 することで 職 員 組 合 と 妥 結 し 経 営 委 員 会 の 了 承 を 得 ております また 国 家 公 務 員 に 先 行 する 形 で 平 成 23 年 に 実 施 した 本 俸 月 額 の 最 大 10 削 減 措 置 を 恒 久 措 置 として 引 き 続 き 実 施 しています 加 えて 新 たに 早 期 退 職 制 度 の 整 備 等 により50 代 の 職 員 の 早 期 退 職 を 促 進 するとともに 55 以 上 の 高 齢 層 職 員 を 対 象 として 給 与 の 支 給 額 を 最 大 10 削 減 する 給 与 抑 制 措 置 を 平 成 25 年 10 月 より 実 施 します ( 経 過 措 置 として 平 成 26 年 3 月 までは 最 大 5 削 減 ) こうした 措 置 により 平 成 25 年 度 の 指 数 見 込 は 仮 に 平 成 24 年 度 の 国 家 公 務 員 給 与 を 比 較 指 標 とした 場 合 概 ね0.5ポイント 下 がることが 見 込 まれてお ります 平 成 25 年 度 指 数 見 込 地 域 勘 案 学 歴 勘 案 また 平 成 26 年 1 月 1 日 付 の 昇 給 より 管 理 専 門 職 職 員 の 昇 給 幅 を 現 行 よ りも 抑 制 する 措 置 を 導 入 します 勝 馬 投 票 券 の 売 上 や 社 会 情 勢 等 を 踏 まえつつ 自 主 的 自 律 的 な 労 使 関 係 の 中 で 今 後 も 適 正 な 件 費 管 理 を 行 っていきます

32 Ⅲ 総 件 費 について 区 分 最 広 義 件 費 (A) (C) ( 平 成 24 年 度 ) 36,909,197 () 給 与 報 酬 等 支 給 総 額 17,087,585 17,988, , 退 職 手 当 支 給 額 非 常 勤 役 職 員 等 給 与 福 利 厚 生 費 (B) (D) 当 年 度 2,337,053 14,789,110 前 年 度 ( 平 成 23 年 度 ) () ,056,127 () ,147, ,074 () 4.5 2,695,449 2,822, ,555 () ,013,546 比 較 増 減 1,358,124 3,104,349 (A+B+C+D) 注 ) 非 常 勤 役 職 員 等 給 与 及 び 福 利 厚 生 費 には 競 馬 開 催 日 を 中 心 に 全 国 で 雇 用 している 臨 時 雇 用 者 分 を 含 む 総 件 費 について 参 考 となる 事 項 1 給 与 報 酬 等 支 給 総 額 及 び 最 広 義 件 費 について 1 給 与 報 酬 等 支 給 総 額 対 前 年 度 比 900,596 : 5.0 増 減 の 要 因 Ⅱ-1-2-ウ 記 載 の 給 与 制 度 改 正 による 効 果 本 措 置 については 国 家 公 務 員 の 給 与 の 改 定 及 び 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 ( 平 成 24 年 法 律 第 2 号 ) に 基 づく 国 家 公 務 員 の 給 与 見 直 しの 動 向 を 踏 まえつつ 平 成 23 年 より 国 家 公 務 員 に 先 行 する 形 で 実 施 しており 実 施 前 である 平 成 22 年 度 の 給 与 報 酬 等 支 給 総 額 と 比 較 すると 2,005,948 ( 10.51)となる 2 最 広 義 件 費 対 前 年 度 比 3,104,349 : 7.8 増 減 の 要 因 臨 時 雇 用 者 の 退 職 不 補 充 等 による 給 与 削 減 ( 1,358,124 : 8.4) Ⅱ-1-2-ウ 記 載 の 給 与 制 度 改 正 による 効 果 ( 900,596 : 5.0) JRAでは1 月 1 日 ~12 月 31 日 までを 事 業 年 度 としており 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 の 支 給 水 準 引 下 げ 等 について ( 平 成 24 年 8 月 7 日 閣 議 決 定 )に 基 づく 退 職 手 当 の 見 直 し 措 置 は 平 成 25 年 度 より 実 施 ( 下 記 Ⅳ 参 照 ) 2 行 政 改 革 の 重 要 方 針 ( 平 成 17 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 )による 件 費 削 減 計 画 1 主 務 大 臣 からの 要 請 事 項 行 政 改 革 の 重 要 方 針 に 基 づき 国 家 公 務 員 の 定 員 の 純 減 ( 今 後 5 年 間 で5 以 上 の 純 減 ) 及 び 給 与 構 造 改 革 を 踏 まえて 国 家 公 務 員 に 準 じた 件 費 削 減 に 取 り 組 む 2JRAにおける 見 直 し 方 針 及 び 削 減 目 標 削 減 目 標 平 成 17 年 度 末 における 員 数 (1,923 名 )を 平 成 18 年 度 以 降 の5 年 間 で5 以 上 削 減 給 与 構 造 改 革 既 に 行 政 改 革 の 重 要 方 針 の 主 旨 に 沿 った 給 与 構 造 改 革 に 取 り 組 み 中 ではあるが 今 後 その 取 組 を 一 層 推 進 3 JRAの 今 後 の 件 費 及 び 給 与 水 準 に 係 る 取 り 組 みについては 下 記 Ⅳ 参 照

33 年 度 基 準 年 度 ( 平 成 17 年 度 ) 平 成 18 年 度 総 件 費 改 革 の 取 組 状 況 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 員 数 ( ) 1,923 1,899 1,877 1,858 1,842 1,814 1,768 1,752 員 純 減 率 () 主 務 大 臣 の 検 証 結 果 平 成 24 年 度 においては 平 成 17 年 度 比 で 8.9の 削 減 となっており 適 正 に 取 り 組 んでいる

34 Ⅳ 法 が 必 要 と 認 める 事 項 民 間 的 自 律 的 な 経 営 で 国 家 公 務 員 には 準 拠 しないJRAの 給 与 等 JRAは 競 馬 法 等 の 規 定 により 競 馬 の 健 全 な 発 展 を 図 り 馬 の 改 良 増 殖 その 他 畜 産 の 振 興 に 寄 与 すること を 事 業 目 的 とし 競 馬 を 通 じて 健 全 なレジャーの 提 供 や 国 家 財 政 への 寄 与 等 を 遂 行 する 事 業 体 として 昭 和 29 年 に 設 立 されました JRAは 設 立 に 際 して 国 から 約 49 億 円 の 現 物 出 資 を 受 けましたが その 後 は 国 からの 補 助 金 等 は 一 切 受 けず 勝 馬 投 票 券 の 売 上 収 入 による 独 立 採 算 の 事 業 運 営 により 資 本 の 充 実 を 図 るとともに 国 家 財 政 にも 寄 与 してまいりました 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 の 公 表 対 象 となっている 他 の 多 くの 法 が 国 からの 補 助 金 等 を 主 たる 収 入 として 広 義 の 国 の 行 政 事 務 サービスの 一 部 を 代 行 しているのとは 大 きく 異 なり JRAは 一 切 の 国 庫 補 助 を 前 提 とせず 独 立 採 算 で 中 央 競 馬 事 業 を 運 営 しなければならないため 常 に 顧 客 サービス を 向 上 させることにより 売 上 の 増 大 と 利 益 の 確 保 を 目 指 すという 民 間 的 で 自 律 的 な 経 営 が 求 められ ます また レジャーやスポーツの 多 様 化 により 他 の 娯 楽 産 業 との 競 争 が 激 化 するなか 魅 力 的 な サービスや 商 品 を 提 供 することにより 顧 客 サービスを 向 上 させるためには 高 度 な 技 術 と 知 識 を 有 し た 優 秀 な 材 を 継 続 的 に 確 保 し 養 成 する 必 要 があります これらの 理 由 から JRAの 給 与 等 については 設 立 時 においても 国 家 公 務 員 には 準 拠 しておらず その 後 の 給 与 改 定 についても 他 法 の 多 くが 概 ね 国 家 公 務 員 に 対 する 事 院 勧 告 に 準 じて 給 与 改 定 を 行 っているなかにあって 発 売 金 実 績 等 の 業 績 や 主 要 民 間 企 業 等 の 給 与 改 定 状 況 を 主 たる 指 標 としつつ いわゆる 春 闘 方 式 により 職 員 組 合 と 交 渉 の 上 自 主 的 に 決 定 してまいりました このようなJRAの 独 自 性 に 加 えて 限 られた 員 による 事 業 運 営 と 業 績 の 伸 張 維 持 平 常 の 業 務 と 併 せて 土 曜 日 曜 の 開 催 業 務 に 従 事 するという 独 特 な 一 二 役 の 勤 務 形 態 材 確 保 面 で 主 要 民 間 企 業 と 競 合 しているといった 要 因 もあり 現 在 のJRAの 職 員 給 与 は 主 要 民 間 企 業 等 に 比 べても 相 応 の 水 準 にあると 認 識 しております 今 後 の 件 費 及 び 給 与 水 準 に 係 る 取 り 組 みについて JRAを 取 り 巻 く 経 営 環 境 が 引 き 続 き 厳 しい 中 将 来 にわたって 中 央 競 馬 事 業 の 安 定 的 な 維 持 発 展 を 図 るため JRAでは 販 売 促 進 施 策 のスピード 感 をもった 実 行 とともに 中 長 期 的 な 取 組 として 既 存 事 業 の 再 編 縮 小 廃 止 を 含 めた 中 央 競 馬 事 業 の 抜 本 的 改 革 に 着 手 しているところでありま す その 一 環 として 件 費 についても より 適 正 な 管 理 を 行 うべく 自 主 的 な 見 直 しに 取 り 組 んでいると ころです 具 体 的 には 国 家 公 務 員 に 先 行 する 形 で 平 成 23 年 に 実 施 した 本 俸 月 額 最 大 10 削 減 措 置 を 恒 久 措 置 として 国 家 公 務 員 の 給 与 削 減 が 終 了 する 平 成 26 年 4 月 以 降 も 継 続 します 加 えて 新 たに 早 期 退 職 制 度 の 整 備 等 により50 代 の 職 員 の 早 期 退 職 を 促 進 するとともに 55 以 上 の 高 齢 層 職 員 を 対 象 として 給 与 の 支 給 額 を 最 大 10 削 減 する 給 与 抑 制 措 置 を 平 成 25 年 10 月 より 導 入 します ( 経 過 措 置 として 平 成 26 年 3 月 までは 最 大 5 削 減 ) 更 に 事 業 の 再 編 等 と 並 行 し て 新 規 採 用 を 抑 制 し 員 の 削 減 を 図 ります こうした 取 組 を 通 じて 総 件 費 を 抑 制 するとともに 今 後 の 給 与 水 準 について 年 限 を 定 めて 具 体 的 目 標 を 策 定 するよう 検 討 を 進 めているところです また JRAの 役 職 員 給 与 について 以 下 の3 点 を 基 本 的 な 考 え 方 とする 支 給 基 準 を 経 営 委 員 会 の 議 決 を 経 て 作 成 公 表 しました 1 役 職 員 の 給 与 等 ( 役 員 にあっては 給 与 及 び 役 員 慰 労 金 職 員 にあっては 給 与 及 び 職 員 退 職 手 当 をいう 以 下 同 じ )は 各 役 職 の 職 責 及 び 必 要 とされる 能 力 等 に 応 じたものであること 職 員 にあっ ては 勤 務 条 件 及 び 生 計 費 等 も 考 慮 すること 2 役 員 の 給 与 等 は 勝 馬 投 票 券 の 売 上 利 益 等 の 業 績 を 勘 案 し 日 本 中 央 競 馬 会 の 適 切 な 事 業 運 営 及 びお 客 様 サービスの 維 持 向 上 を 図 るために 必 要 な 材 を 確 保 する 上 での 競 争 力 を 考 慮 する とともに 民 間 企 業 等 の 役 員 及 びそれに 相 当 する 国 家 公 務 員 の 処 遇 の 実 情 をも 勘 案 すること 職 員 の 給 与 等 は 勝 馬 投 票 券 の 売 上 利 益 等 の 業 績 を 勘 案 するとともに 日 本 中 央 競 馬 会 の 適 切 な 事 業 運 営 及 びお 客 様 サービスの 維 持 向 上 を 図 るために 必 要 な 材 を 確 保 する 上 で 十 分 競 争 力 のあるものとし 材 確 保 面 で 競 合 関 係 にある 民 間 企 業 等 における そうした 材 の 処 遇 の 実 情 をも 勘 案 すること また 職 員 の 給 与 については 役 員 の 給 与 との 均 衡 を 考 慮 すること 3 日 本 中 央 競 馬 会 は 競 馬 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 158 号 ) 及 び 日 本 中 央 競 馬 会 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 205 号 )に 基 づき 設 立 された 特 殊 法 であることにかんがみ 効 率 的 に 業 務 を 運 営 し 中 央 競 馬 事 業 を 安 定 的 に 発 展 させていくため 役 職 員 の 給 与 等 について その 総 額 を 含 めて 適 正 かつ 効 率 的 なも のとなるよう 配 慮 すること

35 JRAの 使 命 は 国 民 の 皆 様 に 健 全 かつ 高 品 質 な 娯 楽 を 提 供 するとともに 国 庫 納 付 金 の 納 付 等 を 通 じて 国 家 財 政 に 貢 献 することと 認 識 しております この 使 命 を 果 たすためには 勝 馬 投 票 券 の 売 り 上 げの 維 持 向 上 を 図 る 必 要 がありますが そのためには 今 後 も 組 織 の 中 核 となる 優 秀 な 材 を 継 続 的 に 確 保 していく 必 要 があります 将 来 にわたって 中 央 競 馬 事 業 を 安 定 的 に 維 持 発 展 させて いくため 経 営 委 員 会 の 設 置 により 確 立 された 自 律 的 な 業 務 運 営 体 制 のもと 勝 馬 投 票 券 の 売 上 や 社 会 情 勢 等 を 踏 まえつつ 自 主 的 自 律 的 な 労 使 関 係 の 中 で 今 後 も 適 正 な 件 費 管 理 を 行 って いきます 役 員 慰 労 金 職 員 退 職 手 当 の 見 直 し JRAでは 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 の 見 直 しを 踏 まえ 以 下 のとおり 役 員 慰 労 金 及 び 職 員 退 職 手 当 を 見 直 しております 役 員 慰 労 金 に 関 して 講 じた 措 置 の 概 要 : 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 に 退 任 した 役 員 について 従 前 の 支 給 基 準 による 額 に100 分 の87を 乗 じた 額 に 引 き 下 げることとしました ( 経 過 措 置 として 100 分 の 87 とあるのは 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 9 月 30 日 までに 退 任 した 者 については 100 分 の98 平 成 25 年 10 月 1 日 から 平 成 26 年 6 月 30 日 までに 退 任 した 者 については 100 分 の92 とする ) 職 員 退 職 手 当 に 関 して 講 じた 措 置 の 概 要 : 平 成 25 年 10 月 1 日 以 降 に 退 職 した 職 員 について 在 職 期 間 に 応 じた 退 職 手 当 支 給 率 を 平 均 19.1 最 大 22.3 引 き 下 げることとしました ( 経 過 措 置 として 退 職 手 当 支 給 率 の 引 下 げ 幅 は 平 成 25 年 10 月 1 日 から 平 成 26 年 6 月 30 日 までに 退 職 した 職 員 については 約 6 平 成 26 年 7 月 1 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 までに 退 職 した 職 員 については 約 12 とする )

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

70 愛媛大学

70 愛媛大学 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 役 員 給 与 規 程 により

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

80 鹿児島大学

80 鹿児島大学 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 鹿 児 島 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

d02 国際交流基金 様式1

d02 国際交流基金 様式1 独 立 行 政 法 人 国 際 交 流 基 金 ( 法 人 番 号 3011105603801)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 法 人 は 外 交 政 策 に 資 する 国 際 文 化 交 流 事 業

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

理 事 役 員 報 酬 基 準 は 月 額 及 び 特 別 手 当 から 構 成 されている 月 額 に ついては 情 報 通 信 研 究 機 構 役 員 報 酬 規 程 に 則 り 本 給 (834,000 円 以 内 )に 特 別 調 整 手 当 ( 本 給 の12%) 通 勤 手 当 ( 支

理 事 役 員 報 酬 基 準 は 月 額 及 び 特 別 手 当 から 構 成 されている 月 額 に ついては 情 報 通 信 研 究 機 構 役 員 報 酬 規 程 に 則 り 本 給 (834,000 円 以 内 )に 特 別 調 整 手 当 ( 本 給 の12%) 通 勤 手 当 ( 支 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 情 報 通 信 研 究 機 構 は 通 信 総 合 研 究 所 ( 国 立 研 究 所 )と 通 信 放 送

More information

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 野 迫 川 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 (2 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 2 年 度 の 件 費 率 2 年 度 556,96,86 8,9 27,59 2..9 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

波佐見町の給与・定員管理等について

波佐見町の給与・定員管理等について 波 佐 見 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 24 年 度 15,253 人 5,698,68 113,830 46,156 13.1 %

More information

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73>

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73> 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (18 年 度 末 ) むつ 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A B B/A 17 年 度 の 件 費 率 18 年 度 65,960 32,435,254 2,134,451 5,440,498 16.77 18.00 (2)

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 類 団 府 分 似 体 平 均 年 齢

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 類 団 府 分 似 体 平 均 年 齢 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 4 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 5 年 3 月 31 日 ) 1, 歳 出 額 5,95,3 A の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 3 年 度 の 件 費 率 1,4 1,3,9.9 7. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 44. 歳 6,4,6 6 4.4 歳,44 4,7 7,6 4. 歳 7,

職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 44. 歳 6,4,6 6 4.4 歳,44 4,7 7,6 4. 歳 7, 別 紙 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 4 年 度 (4 年 度 末 ),7 4,,4 A 千 千 千,4 4, B. B/A 年 度 の 件 費 率. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 4 年 度

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73>

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について ( 平 成 23 年 4 月 1 日 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (21 年 度 末 ) A 21 年 度 3,455 19,33,478 実 質 収 支 472,685 件 費 B 3,364,471 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 2 年 度 の 件 費 率 17.7

More information

( 注 )1 ラスパイレス 指 数 とは 全 地 方 公 共 団 体 の 一 般 行 政 職 の 給 料 月 額 を 一 の 基 準 で 比 較 するため の 職 員 数 ( 構 成 )を 用 いて 学 歴 や 経 験 年 数 の 差 による 影 響 を 補 正 し の 行 政 職 俸 給 表 (

( 注 )1 ラスパイレス 指 数 とは 全 地 方 公 共 団 体 の 一 般 行 政 職 の 給 料 月 額 を 一 の 基 準 で 比 較 するため の 職 員 数 ( 構 成 )を 用 いて 学 歴 や 経 験 年 数 の 差 による 影 響 を 補 正 し の 行 政 職 俸 給 表 ( 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 平 成 5 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 千 千 千 31,131 15,5,15 311,66,57,939 16.9 17.9 () 職 員

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 年 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 年 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 別 紙 新 篠 津 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,,,,.. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 職 員 数 給 与 費 一 当

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1) 一 般 行 政 職 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 平

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1) 一 般 行 政 職 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 ( 各 年 度 末 ) 40,427 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 % % 24,380,602 1,175,572 3,729,291 15.3 16.6 (2) 職

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 81,619 27,450,520 1,365,377 4,783,695 17.4%

More information

Taro-給与公表(H25).jtd

Taro-給与公表(H25).jtd 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 玄 海 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 実 質 収 支 (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 23 年 度 6,381 7,330,475 230,520

More information

24kohyou

24kohyou 熊 取 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 平 成 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費,7,8,,88,7, B 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 平 成 年 度 の 件 費 率 8. 8. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 平

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 2 年 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです ( 単 位 : ) 3 職 員 の 平 均 給 与 月

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 2 年 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです ( 単 位 : ) 3 職 員 の 平 均 給 与 月 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B 73,89 18,96,951 629,218,05,29 ( 注 )1 件 費 とは 一 般 職 に 支 給 される 給 与 と 市 長

More information

Microsoft Word - 通達(参考).doc

Microsoft Word - 通達(参考).doc 参 考 1 基 発 第 0909001 号 平 成 20 年 9 月 9 日 都 道 府 県 労 働 局 長 殿 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 ( 公 印 省 略 ) 多 店 舗 展 開 する 小 売 業 飲 食 業 等 の 店 舗 における 管 理 監 督 者 の 範 囲 の 適 正 化 について 小 売 業 飲 食 業 等 において いわゆるチェーン 店 の 形 態 により 相 当

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9 茅 野 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 人 % % 55,760 22,775,329 804,761 3,955,168

More information

<483233944E937895AA8CF6955C976C8EAE904588F58B8B975E2E786C73>

<483233944E937895AA8CF6955C976C8EAE904588F58B8B975E2E786C73> 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 (22 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 44,247 千 千 千 24,155,948 435,246 3,573,53 14.8 14.2

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 46,466 17,32,594 1,516,543 3,34,747 19.2 19.9 (2) 職 員 給 与

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321 平 成 24 年 度 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 千 千 千 23 年 度 16,465 1,969,859 183,816 2,34,765 21.3

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 最 高 号 給 の 給 料 月 額 243,7 37,8 35

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 最 高 号 給 の 給 料 月 額 243,7 37,8 35 別 紙 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 千 千 千 13,86 7,431,661 284,84 1,349,392 18.2 19.8 (2)

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最 飛 騨 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 実 質 収 支 (H23 年 度 末 ) A B B/A H22 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 23 年 度 26,858 17,655,457 1,317,559

More information

技 能 労 務 職 平 均 年 齢. 7. 9.9 歳,7 平 均 給 料 月 額 歳 7,,8, 歳,9,57, 7,7 7,9 9,5 - (8,85) (5,) 類 似 団 体 5. 歳 9,8 9, 85, ( 注 ) 平 均 給 料 月 額 とは 平 成 5 年 月 日 現 在 における

技 能 労 務 職 平 均 年 齢. 7. 9.9 歳,7 平 均 給 料 月 額 歳 7,,8, 歳,9,57, 7,7 7,9 9,5 - (8,85) (5,) 類 似 団 体 5. 歳 9,8 9, 85, ( 注 ) 平 均 給 料 月 額 とは 平 成 5 年 月 日 現 在 における の 給 与 定 員 管 理 等 について 職 員 の 給 与 などは 村 議 会 の 審 議 を 経 て 給 与 条 例 で 定 められています その 内 容 についてお 知 らせします 新 島 村 の 職 員 は 平 成 5 年 月 日 で ( 特 別 職 の 村 長 副 村 長 教 育 長 を 含 む) 福 祉 医 療 教 育 土 木 観 光 産 業 など みなさんの 暮 らしに 関 わるさまざまな

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 243,7 2 級 185,8 37,8 3 級 4 級 222,9 354,7 ( 注 )

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 243,7 2 級 185,8 37,8 3 級 4 級 222,9 354,7 ( 注 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 平 成 23 年 度 (23 年 度 末 ) 31,244 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 件 費 率 B/A 千 千 千 21,46,642 97,678 2,698,812 B 12.6 ( 参 考 ) 前 年 度 の 件 費 率 13.1 (2)

More information

Microsoft Word - 様式(H22)[1].rtf

Microsoft Word - 様式(H22)[1].rtf 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) 21 年 度 18,774 当 別 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 A B B/A 9,004,766 161,383 1,749,847 19.4 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率

More information

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】 給与勧告の仕組みと報告のポイント 平成 26 年 10 月 静岡県人事委員会 目 次 1 給 与 勧 告 の 仕 組 み ページ 1 給 与 勧 告 の 対 象 職 員 1 2 給 与 勧 告 の 手 順 2 3 民 間 給 与 との 比 較 方 法 (ラスパイレス 比 較 ) 3 4 民 間 給 与 と 職 員 給 与 との 比 較 4 2 本 年 の 給 与 改 定 1 本 年 の 給 与 改

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 千 千 千 5,594,744,222 164,19 62,94

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

スライド 1

スライド 1 835.0 840.0 810.0 900.0 800.0 700.0 706.4 751.5 722.2 739.8 771.2 766.8 784.3 774.3 754.8 739.5 731.3 732.8 736.3 653.7 600.0 556.0 602.2 500.0 400.0 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 現 況 ( 平 成 22 1 号 給 の 給 料 月 額 137,9 188,9 226,7 266,4 294,3 最 高 号 給 の 給 料 月 額 247,9 314,9 362,8 399,9 415,1 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 現 況 ( 平 成 22 1 号 給 の 給 料 月 額 137,9 188,9 226,7 266,4 294,3 最 高 号 給 の 給 料 月 額 247,9 314,9 362,8 399,9 415,1 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (21 年 度 末 ) A B B/A 2 年 度 の 件 費 率 21 年 度 61,319 27,554,966 1,5,665 4,594,2 % 16.7 % 19.6 (2) 職 員 給

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 栃 木 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 栃 木 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (2 年 度 末 ) A B 2 年 度 千 千 千 8,779 8,82,25 84,446,8,5 件 費 率 B/A 2.7 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2. (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 岐 阜 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 均 給

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 岐 阜 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 H23 年 度 (H23 年 度 末 ) 92,515 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 A B 47,237,799 3,355,983 7,34,613 件 費 率 B/A 15.5 ( 参 考 ) H22 年 度 の 件 費 率 14.3 (2) 職

More information

一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 3 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 級 3 級 4 級 5 級 6 級 単 位 : ( ) 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 137, 163,7 4,9 31,4 71, 33,3 359,7 最 高 号 給 の 給 料 月 額

一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 3 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 級 3 級 4 級 5 級 6 級 単 位 : ( ) 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 137, 163,7 4,9 31,4 71, 33,3 359,7 最 高 号 給 の 給 料 月 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 年 度 46,68 9,564,141,933,73 1,178,183 13.4 15.3 () 職 員 給 与 費 の 状 況 (

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 ( 単 位 : ) 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 366,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 ( 単 位 : ) 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 366, の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 % % 29,854 14,381,143 1,154,206 2,125,081 14.8 18.4 (2)

More information

Taro-H19退職金(修正版).jtd

Taro-H19退職金(修正版).jtd 調 査 結 果 の 概 要 1 退 職 金 制 度 (1) 採 用 状 況 ( 表 1) 集 計 第 1 表 第 2 表 退 職 金 制 度 の 採 用 状 況 をみると 退 職 一 時 金 制 度 のみ 14 社 ( 退 職 金 制 度 採 用 企 業 246 社 の5.7 %) 退 職 年 金 制 度 のみ 27 社 ( 同 11.0%) 退 職 一 時 金 制 度 と 退 職 年 金 制 度

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. (H2.4.1) 92. (H25.4.1) 12.7 (H25.4.1) 参 考 値 94.8 (H25.7.1) 99.4 (H25.4.1) 14.5 (H25.4.1) (H25.7.1) 13.2 12.2 (H25.

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. (H2.4.1) 92. (H25.4.1) 12.7 (H25.4.1) 参 考 値 94.8 (H25.7.1) 99.4 (H25.4.1) 14.5 (H25.4.1) (H25.7.1) 13.2 12.2 (H25. 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) (A) 24 年 度 千 千 19,973 13,566,146 243,191 件 費 (B) 千 2,7,115 件 費 率 ( 参 考 ) (B/A) 23 年 度 の 件 費 率

More information

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73>

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73> 別 紙 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 8 年 日 ) A B B/A 5 年 度 の 件 費 率 6 年 度,6,9,979 千 千 千 5,5 58,6 8..4 () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B A-B ( 改 定 率 ) 19 年 度 ( ) 0.0 ( 注 ) 民 間 給 与 公 務 員

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B A-B ( 改 定 率 ) 19 年 度 ( ) 0.0 ( 注 ) 民 間 給 与 公 務 員 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 19 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 南 三 陸 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (19 年 度 末 ) 18,285 歳 出 額 A 8,398,986 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 18 年 度 の 件 費 率 180,597 1,853,799 22.1

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 には 事 委 員 会 が 設 置 されていないため 勧 告 はありません 1 月 例 給 民 間 給 与 公 務 員 給 与 A B 24 年 度 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 AB ( 改 定

(5) 給 与 改 定 の 状 況 には 事 委 員 会 が 設 置 されていないため 勧 告 はありません 1 月 例 給 民 間 給 与 公 務 員 給 与 A B 24 年 度 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 AB ( 改 定 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 千 千 千 46,445 2,239,554 454,172 3,386,243 16.73 15.69

More information

(Microsoft Word - H24\213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235.doc)

(Microsoft Word - H24\213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235.doc) 1 ⑴ 総 人 括 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 幕 別 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 区 分 住 民 (23 基 27,557 年 本 台 度 帳 末 人 ) 口 15,498,898 歳 出 額 千 円 A 実 174,531 質 収 千 支 円 2,003,753 人 件 費 千 円 B 人 B/A 件 費 率 %( 参 22 考 年 ) 度 の 14.6

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 135,600 185,800 222,900 2

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 135,600 185,800 222,900 2 日 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 年 度 (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 人 件 費 率 22 71,889 39,061,738 人 % % 1,444,329 6,050,275

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改 柳 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 34,890 16,214,109 468,464 2,650,321 16.3 16.5 (2)

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 般 行 政 職 区 分 牟 岐 町 徳 島 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 42.9 歳

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 般 行 政 職 区 分 牟 岐 町 徳 島 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 42.9 歳 牟 岐 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 23 年 度 (23 年 度 末 ) 4,848 A 3,276,514 243,821 691,524 21.1 B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23.1 (2)

More information

別紙3

別紙3 美 濃 加 茂 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 (24 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 55,018 人 17,404,089 1,057,991 2,446,300

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

<3234944E93788CF6955C976C8EAE8169974E908592AC816A2E786C73>

<3234944E93788CF6955C976C8EAE8169974E908592AC816A2E786C73> ( 地 方 公 共 団 体 における 職 員 給 与 等 の 公 表 について の 一 部 改 正 について( 平 成 2 年 3 月 29 日 付 け 総 行 給 第 2 号 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 )に 基 づき, 今 回 の 公 表 から 様 式 を 一 部 変 更 している ) 別 紙 3 総 括 ⑴ 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民

More information