その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の"

Transcription

1 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度 の 会 計 処 理 4 退 職 給 付 債 務 及 び 勤 務 費 用 4 退 職 給 付 見 込 額 の 見 積 り 7 退 職 給 付 見 込 額 の 期 間 帰 属 11 退 職 給 付 債 務 の 計 算 14 勤 務 費 用 の 計 算 15 利 息 費 用 の 計 算 16 年 金 資 産 17 年 金 資 産 の 範 囲 17 退 職 給 付 信 託 18 年 金 資 産 の 評 価 20 期 待 運 用 収 益 の 計 算 21 数 理 計 算 において 用 いる 計 算 基 礎 22 複 数 の 退 職 給 付 制 度 における 計 算 基 礎 23 割 引 率 24 長 期 期 待 運 用 収 益 率 25

2 その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 費 用 処 理 方 法 35 過 去 勤 務 費 用 41 過 去 勤 務 費 用 の 内 容 41 過 去 勤 務 費 用 の 費 用 処 理 方 法 42 年 金 資 産 の 返 還 に 伴 う 会 計 処 理 44 代 行 返 上 があった 場 合 の 会 計 処 理 46 小 規 模 企 業 等 における 簡 便 法 47 確 定 給 付 制 度 の 開 示 52 注 記 事 項 52 複 数 事 業 主 制 度 の 会 計 処 理 及 び 開 示 63 適 用 時 期 等 66 議 決 71 結 論 の 背 景 72 経 緯 72 確 定 給 付 制 度 の 会 計 処 理 73 退 職 給 付 債 務 及 び 勤 務 費 用 73 退 職 給 付 債 務 の 計 算 73 退 職 給 付 見 込 額 の 期 間 帰 属 75 年 金 資 産 78 退 職 給 付 信 託 78 数 理 計 算 において 用 いる 計 算 基 礎 93 割 引 率 決 定 の 基 礎 となる 期 間 93 割 引 率 の 基 礎 となる 債 券 95 長 期 期 待 運 用 収 益 率 98 その 他 の 計 算 基 礎 99 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法

3 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 過 去 勤 務 費 用 102 費 用 処 理 方 法 102 退 職 金 規 程 等 改 訂 の 施 行 日 が 翌 期 である 場 合 の 取 扱 い 105 年 金 資 産 の 一 部 返 還 の 場 合 の 取 扱 い 106 代 行 返 上 についての 取 扱 い 107 代 行 部 分 に 係 る 退 職 給 付 債 務 の 会 計 処 理 107 小 規 模 企 業 等 における 簡 便 法 109 確 定 給 付 制 度 の 開 示 114 注 記 事 項 114 複 数 事 業 主 制 度 の 会 計 処 理 及 び 開 示 118 適 用 時 期 等 127 設 例 [ 設 例 1] 退 職 給 付 債 務 及 び 勤 務 費 用 の 計 算 例 ( 期 間 定 額 基 準 )- 退 職 一 時 金 制 度 [ 設 例 2] 退 職 給 付 見 込 額 の 期 間 帰 属 方 法 ( 給 付 算 定 式 基 準 の 考 え 方 ) [ 設 例 3] 適 用 初 年 度 の 取 扱 い [ 設 例 4-1] 退 職 一 時 金 制 度 [ 設 例 4-2] 退 職 一 時 金 制 度 ( 個 別 財 務 諸 表 における 当 面 の 取 扱 い) [ 設 例 5-1] 企 業 年 金 制 度 [ 設 例 5-2] 企 業 年 金 制 度 ( 個 別 財 務 諸 表 における 当 面 の 取 扱 い) [ 設 例 6] 従 業 員 拠 出 がある 企 業 年 金 制 度 ( 会 計 基 準 ( 注 4)の 処 理 ) [ 設 例 7] 年 金 資 産 が 返 還 された 場 合 の 処 理 [ 設 例 8-1] 退 職 給 付 信 託 の 設 定 [ 設 例 8-2] 退 職 給 付 信 託 の 信 託 財 産 が 返 還 された 場 合 の 処 理 [ 設 例 9] 簡 便 法 による 計 算 例 [ 設 例 10] 厚 生 年 金 基 金 の 代 行 返 上 参 考 ( 開 示 例 ) [ 開 示 例 1] 確 定 給 付 制 度 及 び 確 定 拠 出 制 度 に 係 る 注 記 [ 開 示 例 2] 小 規 模 企 業 等 における 簡 便 法 を 採 用 している 場 合 の 注 記 [ 開 示 例 3] 複 数 事 業 主 制 度 に 係 る 注 記 - 3 -

4 資 料 資 料 1 昇 給 率 の 係 数 資 料 2 割 引 率 の 係 数 - 4 -

5 目 的 1. 企 業 会 計 基 準 第 26 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 という )が 平 成 24 年 5 月 17 日 に 公 表 されている 本 適 用 指 針 は 当 該 会 計 基 準 を 適 用 する 際 の 指 針 を 定 めるものである 適 用 指 針 範 囲 2. 本 適 用 指 針 を 適 用 する 範 囲 は 会 計 基 準 における 範 囲 と 同 様 とする なお 厚 生 年 金 基 金 制 度 及 び 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 に 含 まれる 役 員 部 分 は 会 計 基 準 の 適 用 対 象 となる その 計 算 にあたって 従 業 員 部 分 と 合 わせることができる 用 語 の 定 義 3. 本 適 用 指 針 における 用 語 の 定 義 は 会 計 基 準 と 同 様 とする 確 定 給 付 制 度 の 会 計 処 理 退 職 給 付 債 務 及 び 勤 務 費 用 4. 会 計 基 準 第 16 項 から 第 19 項 に 定 める 退 職 給 付 債 務 の 計 算 には 次 を 含 む([ 設 例 1] の 表 1-1 及 び 表 1-3) (1) 退 職 により 見 込 まれる 退 職 給 付 の 総 額 ( 以 下 退 職 給 付 見 込 額 という )の 見 積 り( 第 7 項 及 び 第 8 項 参 照 ) (2) 退 職 給 付 見 込 額 のうち 期 末 までに 発 生 していると 認 められる 額 の 計 算 ( 第 11 項 から 第 13 項 参 照 ) (3) 退 職 給 付 債 務 の 計 算 ( 第 14 項 参 照 ) ( 退 職 給 付 債 務 の 計 算 における 計 算 単 位 グルーピング) 5. 退 職 給 付 債 務 は 原 則 として 個 々の 従 業 員 ごとに 計 算 する([ 設 例 1]の 表 1-1 及 び 表 1-3) ただし 会 計 基 準 ( 注 3)の 合 理 的 な 計 算 方 法 を 用 いることもできる この 場 合 の 合 理 的 な 計 算 方 法 とは 従 業 員 を 年 齢 勤 務 年 数 残 存 勤 務 期 間 及 び 職 系 ( 人 事 コース) 等 によりグルーピングし 当 該 グループの 標 準 的 な 数 値 を 用 いて 計 算 する 方 法 であり 個 々の 従 業 員 ごとに 計 算 した 場 合 と 退 職 給 付 債 務 額 に 重 要 な 差 異 がないと 想 定 される - 5 -

6 場 合 に 認 められるものとする 当 該 グループの 標 準 的 な 数 値 は 実 績 等 に 基 づき 合 理 的 に 設 定 する 年 数 によりグルーピングを 行 う 場 合 はおおむね 1 年 を 基 準 とする ( 貸 借 対 照 表 日 前 のデータの 利 用 ) 6. 貸 借 対 照 表 日 における 退 職 給 付 債 務 は 原 則 として 貸 借 対 照 表 日 現 在 のデータ( 給 与 データや 人 事 データ 等 ) 及 び 計 算 基 礎 ( 以 下 データ 等 という )を 用 いて 計 算 する ただし 次 のような 方 法 により 貸 借 対 照 表 日 前 のデータ 等 を 用 いて 退 職 給 付 債 務 を 計 算 することができる (1) 貸 借 対 照 表 日 前 の 一 定 日 をデータ 等 の 基 準 日 として 退 職 給 付 債 務 等 を 算 定 し デ ータ 等 の 基 準 日 から 貸 借 対 照 表 日 までの 期 間 の 勤 務 費 用 等 を 適 切 に 調 整 して 貸 借 対 照 表 日 現 在 の 退 職 給 付 債 務 等 を 算 定 する 方 法 (2) データ 等 の 基 準 日 を 貸 借 対 照 表 日 前 の 一 定 日 とするが 当 該 一 定 日 から 貸 借 対 照 表 日 までの 期 間 の 退 職 者 等 の 異 動 データを 用 いてデータ 等 を 補 正 し 貸 借 対 照 表 日 における 退 職 給 付 債 務 等 を 算 定 する 方 法 いずれの 場 合 にも データ 等 の 基 準 日 から 貸 借 対 照 表 日 までに 重 要 なデータ 等 の 変 更 があったときは 退 職 給 付 債 務 等 を 再 度 計 算 し 合 理 的 な 調 整 を 行 う( 第 72 項 参 照 ) 退 職 給 付 見 込 額 の 見 積 り 7. 会 計 基 準 第 18 項 の 退 職 給 付 見 込 額 は 予 想 退 職 時 期 ごとに 従 業 員 に 支 給 されると 見 込 まれる 退 職 給 付 額 に 退 職 率 ( 第 26 項 参 照 ) 及 び 死 亡 率 ( 第 27 項 参 照 )を 加 味 して 見 積 る 退 職 給 付 見 込 額 の 計 算 において 退 職 事 由 ( 自 己 都 合 退 職 会 社 都 合 退 職 等 )や 支 給 方 法 ( 一 時 金 年 金 )により 給 付 率 が 異 なる 場 合 には 原 則 として 退 職 事 由 及 び 支 給 方 法 の 発 生 確 率 を 加 味 して 計 算 する なお 期 末 時 点 において 受 給 権 を 有 していない 従 業 員 についても 退 職 給 付 見 込 額 の 計 算 の 対 象 となる 8. 退 職 給 付 見 込 額 の 見 積 りにおいては 合 理 的 に 見 込 まれる 退 職 給 付 の 変 動 要 因 には 予 想 される 昇 給 等 が 含 まれる ( 会 計 基 準 ( 注 5))ため 予 想 昇 給 率 等 ( 第 28 項 参 照 ) を 見 積 ることが 必 要 である したがって 退 職 給 付 額 が 給 与 に 比 例 して( 給 与 の 一 定 部 分 に 比 例 している 場 合 も 含 む ) 定 められている 退 職 給 付 制 度 の 場 合 には 給 与 が 将 来 どのように 上 昇 するかを 推 定 し それに 基 づき 算 定 された 昇 給 額 を 反 映 して 退 職 給 付 見 込 額 を 見 積 る ( 予 定 退 職 加 算 金 ) 9. 年 齢 加 算 金 及 び 役 職 又 は 資 格 に 応 じて 加 算 される 資 格 加 算 金 等 一 定 要 件 を 満 たした - 6 -

7 場 合 に 退 職 給 付 額 に 加 算 される 給 付 金 は 年 齢 等 一 定 要 件 を 満 たすことが 合 理 的 に 予 測 できる 場 合 にのみ 退 職 給 付 見 込 額 の 見 積 りに 含 める ( 早 期 割 増 退 職 金 ) 10. 一 時 的 に 支 払 われる 早 期 割 増 退 職 金 は 勤 務 期 間 を 通 じた 労 働 の 提 供 に 伴 って 発 生 し た 退 職 給 付 という 性 格 を 有 しておらず むしろ 将 来 の 勤 務 を 放 棄 する 代 償 失 業 期 間 中 の 補 償 等 の 性 格 を 有 するものとして 捉 えることが 妥 当 であるため 退 職 給 付 見 込 額 の 見 積 りには 含 めず 従 業 員 が 早 期 退 職 金 制 度 に 応 募 し かつ 当 該 金 額 が 合 理 的 に 見 積 ら れる 時 点 で 費 用 処 理 する 退 職 給 付 見 込 額 の 期 間 帰 属 11. 会 計 基 準 第 19 項 では 退 職 給 付 見 込 額 の 期 間 帰 属 方 法 として 次 の 2 つの 方 法 の 選 択 適 用 が 認 められている (1) 退 職 給 付 見 込 額 について 全 勤 務 期 間 で 除 した 額 を 各 期 の 発 生 額 とする 方 法 ( 以 下 期 間 定 額 基 準 という ) (2) 退 職 給 付 制 度 の 給 付 算 定 式 に 従 って 各 勤 務 期 間 に 帰 属 させた 給 付 に 基 づき 見 積 った 額 を 退 職 給 付 見 込 額 の 各 期 の 発 生 額 とする 方 法 ( 以 下 給 付 算 定 式 基 準 と いう ) 12. 給 付 算 定 式 基 準 を 適 用 する 場 合 給 付 算 定 式 に 基 づく 退 職 給 付 の 支 払 が 将 来 の 一 定 期 間 までの 勤 務 を 条 件 としているときであっても 当 期 までの 勤 務 に 対 応 する 債 務 を 認 識 するために 当 該 給 付 を 各 期 に 期 間 帰 属 させる なお この 場 合 には 従 業 員 が 当 該 給 付 の 支 払 に 必 要 となる 将 来 の 勤 務 を 提 供 しない 可 能 性 を 退 職 給 付 債 務 及 び 勤 務 費 用 の 計 算 に 反 映 しなければならない([ 設 例 2]) 13. 給 付 算 定 式 基 準 を 適 用 する 場 合 における 会 計 基 準 第 19 項 (2)なお 書 きの 当 該 期 間 とは 次 の 期 間 をいうものとする([ 設 例 2]) (1) 従 業 員 の 勤 務 により はじめて 退 職 給 付 を 生 じさせる 日 から( 当 該 給 付 の 支 払 が 将 来 のさらなる 勤 務 を 条 件 としているか 否 かに 関 係 しない ) (2) それ 以 降 の 勤 務 により それ 以 降 の 昇 給 の 影 響 を 除 けば 重 要 な 追 加 の 退 職 給 付 が 生 じなくなる 日 まで 退 職 給 付 債 務 の 計 算 14. 予 想 退 職 時 期 ごとの 退 職 給 付 見 込 額 のうち 期 末 までに 発 生 したと 認 められる 額 ( 会 計 基 準 第 19 項 )を 退 職 給 付 の 支 払 見 込 日 までの 期 間 ( 以 下 支 払 見 込 期 間 という ) を 反 映 した 割 引 率 ( 第 24 項 参 照 )を 用 いて 割 り 引 く 当 該 割 り 引 いた 金 額 を 合 計 して 退 職 給 付 債 務 を 計 算 する - 7 -

8 勤 務 費 用 の 計 算 15. 会 計 基 準 第 17 項 に 定 める 勤 務 費 用 の 計 算 には 退 職 給 付 債 務 の 計 算 に 準 じて 次 を 含 む なお 勤 務 費 用 の 計 算 においては 期 首 時 点 で 当 期 の 勤 務 費 用 を 計 算 する 手 法 を 用 いる([ 設 例 1]の 表 1-2) (1) 退 職 給 付 見 込 額 の 見 積 り 退 職 給 付 見 込 額 は 退 職 給 付 債 務 の 計 算 において 見 積 った 額 である( 第 7 項 及 び 第 8 項 参 照 ) (2) 退 職 給 付 見 込 額 のうち 当 期 において 発 生 すると 認 められる 額 の 計 算 予 想 退 職 時 期 ごとの 退 職 給 付 見 込 額 のうち 当 期 において 発 生 すると 認 められる 額 を 計 算 する 当 期 において 発 生 すると 認 められる 額 は 退 職 給 付 債 務 の 計 算 において 用 いた 方 法 と 同 一 の 方 法 により 当 期 分 について 計 算 する( 第 11 項 から 第 13 項 参 照 ) (3) 勤 務 費 用 の 計 算 予 想 退 職 時 期 ごとの 退 職 給 付 見 込 額 のうち 当 期 に 発 生 すると 認 められる 額 を 割 引 率 を 用 いて 割 り 引 く 当 該 割 り 引 いた 金 額 を 合 計 して 勤 務 費 用 を 計 算 する 利 息 費 用 の 計 算 16. 利 息 費 用 は 期 首 の 退 職 給 付 債 務 に 割 引 率 を 乗 じて 計 算 する( 会 計 基 準 第 21 項 )こ とを 原 則 とするが 期 中 に 退 職 給 付 債 務 の 重 要 な 変 動 があった 場 合 には これを 反 映 さ せる([ 設 例 10]) 年 金 資 産 年 金 資 産 の 範 囲 17. 年 金 資 産 とは 特 定 の 退 職 給 付 制 度 のために その 制 度 について 企 業 と 従 業 員 との 契 約 ( 退 職 金 規 程 等 ) 等 に 基 づき 積 み 立 てられたものであり 一 定 の 要 件 を 満 たした 特 定 の 資 産 をいう( 会 計 基 準 第 7 項 ) 厚 生 年 金 基 金 制 度 及 び 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 において 保 有 する 資 産 は 年 金 資 産 にあ たるが 年 金 資 産 として 適 格 な 資 産 とは 退 職 給 付 の 支 払 に 充 当 できる 資 産 であるため 厚 生 年 金 基 金 制 度 及 び 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 における 業 務 経 理 に 係 る 資 産 は 年 金 資 産 に 含 まれない また 企 業 年 金 制 度 において 計 上 されている 未 収 掛 金 は 事 業 主 が 未 払 掛 金 を 計 上 した 場 合 その 金 額 を 限 度 として 年 金 資 産 に 含 める(この 場 合 未 払 掛 金 と 同 額 退 職 給 付 に 係 る 負 債 を 減 額 する ) なお 企 業 年 金 制 度 における 剰 余 金 に 相 当 する 資 産 は 事 業 主 に 返 還 されるまでは 年 金 資 産 に 含 まれる - 8 -

9 退 職 給 付 信 託 18. 退 職 給 付 ( 退 職 一 時 金 及 び 退 職 年 金 ) 目 的 の 信 託 ( 以 下 退 職 給 付 信 託 という ) を 用 いる 場 合 退 職 給 付 に 充 てるために 積 み 立 てる 資 産 は 下 記 のすべての 要 件 を 満 た しているときは 会 計 基 準 第 7 項 の 年 金 資 産 に 該 当 する (1) 当 該 信 託 が 退 職 給 付 に 充 てられるものであることが 退 職 金 規 程 等 により 確 認 で きること 年 金 資 産 は 退 職 給 付 制 度 を 前 提 として 退 職 給 付 債 務 に 対 応 するものである した がって 信 託 から 支 払 われる 退 職 給 付 も 退 職 給 付 制 度 の 枠 組 みの 中 にあることが 退 職 金 規 程 等 により 確 認 できれば 当 該 信 託 財 産 と 退 職 給 付 債 務 との 対 応 関 係 が 認 め られることになる (2) 当 該 信 託 は 信 託 財 産 を 退 職 給 付 に 充 てることに 限 定 した 他 益 信 託 であること 信 託 財 産 を 複 数 の 退 職 給 付 に 充 てることとする 場 合 には 信 託 受 益 権 の 内 容 等 に より 支 払 の 対 象 となる 退 職 給 付 や 処 理 方 法 の 明 確 化 が 必 要 である (3) 当 該 信 託 は 事 業 主 から 法 的 に 分 離 されており 信 託 財 産 の 事 業 主 への 返 還 及 び 事 業 主 による 受 益 者 に 対 する 詐 害 的 な 行 為 が 禁 止 されていること 事 業 主 の 倒 産 時 において 事 業 主 の 債 権 者 に 対 抗 できること 及 び 信 託 財 産 の 信 託 の 目 的 に 従 った 処 分 が 実 行 できる 仕 組 みとなっていることが 必 要 である (4) 信 託 財 産 の 管 理 運 用 処 分 については 受 託 者 が 信 託 契 約 に 基 づいて 行 うこと 1 事 業 主 との 分 離 の 実 効 性 を 確 保 するため 例 えば 信 託 管 理 人 を 置 く 方 法 が あるが その 場 合 は 当 該 信 託 管 理 人 が 事 業 主 から 独 立 するための 措 置 が 必 要 である 2 信 託 財 産 の 管 理 運 用 処 分 について 事 業 主 と 分 離 することが 必 要 であり したがって 信 託 の 設 定 に 伴 い 信 託 財 産 の 所 有 権 は 受 託 者 に 移 転 すること( 信 託 財 産 が 株 式 の 場 合 その 名 義 も 受 託 者 に 移 転 すること) 及 び 受 託 者 は 事 業 主 からの 信 託 財 産 の 処 分 等 の 指 示 について 拒 否 できないような 内 容 を 含 まない こと などの 契 約 であることが 必 要 である 3 信 託 は 退 職 給 付 に 充 てる 目 的 で 設 定 されるものであり 信 託 した 資 産 を 事 業 主 の 意 思 により 基 本 的 に 事 業 主 の 資 産 と 交 換 することはできないことが 必 要 である なお 退 職 給 付 信 託 は 退 職 一 時 金 制 度 及 び 企 業 年 金 制 度 における 退 職 給 付 債 務 の 積 立 不 足 額 を 積 み 立 てるために 設 定 するものであり 資 産 の 信 託 への 拠 出 時 に 退 職 給 付 信 託 財 産 及 びその 他 の 年 金 資 産 の 時 価 の 合 計 額 が 対 応 する 退 職 給 付 債 務 を 超 える 場 合 には 当 該 退 職 給 付 信 託 財 産 は 退 職 給 付 会 計 上 の 年 金 資 産 として 認 められない 19. 退 職 給 付 信 託 は 現 金 による 払 込 を 主 とする 企 業 年 金 制 度 の 年 金 掛 金 とは 相 違 し 事 業 主 の 保 有 資 産 を 退 職 給 付 に 充 てる 目 的 で 直 接 受 託 機 関 に 信 託 するものである 信 託 財 産 を 会 計 基 準 のもとで 年 金 資 産 とするには 事 業 主 から 当 該 資 産 が 時 価 で 拠 出 されたと - 9 -

10 同 様 の 会 計 処 理 を 行 うこととなる([ 設 例 8-1]) 年 金 資 産 の 評 価 20. 年 金 資 産 の 額 は 期 末 における 時 価 により 計 算 する( 会 計 基 準 第 22 項 ) 時 価 とは 公 正 な 評 価 額 をいい 資 産 取 引 に 関 して 十 分 な 知 識 と 情 報 を 有 する 売 り 手 と 買 い 手 が 自 発 的 に 相 対 取 引 するときの 価 格 によって 資 産 を 評 価 した 額 をいう なお 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 における 数 理 的 評 価 額 は 会 計 基 準 における 時 価 には 該 当 しない 期 待 運 用 収 益 の 計 算 21. 期 待 運 用 収 益 は 期 首 の 年 金 資 産 の 額 に 長 期 期 待 運 用 収 益 率 ( 第 25 項 参 照 )を 乗 じ て 計 算 する( 会 計 基 準 第 23 項 )ことを 原 則 とするが 期 中 に 年 金 資 産 の 重 要 な 変 動 が あった 場 合 には これを 反 映 させる([ 設 例 7]) 数 理 計 算 において 用 いる 計 算 基 礎 22. 退 職 給 付 債 務 の 計 算 ( 第 14 項 参 照 )における 割 引 率 期 待 運 用 収 益 の 算 定 ( 第 21 項 参 照 )に 用 いる 長 期 期 待 運 用 収 益 率 退 職 給 付 見 込 額 の 見 積 り( 第 7 項 及 び 第 8 項 参 照 ) に 用 いる 退 職 率 や 予 想 昇 給 率 等 の 計 算 基 礎 の 設 定 については 第 23 項 から 第 28 項 に 従 う 複 数 の 退 職 給 付 制 度 における 計 算 基 礎 23. 同 一 事 業 主 が 複 数 の 退 職 給 付 制 度 を 採 用 している 場 合 における 各 計 算 基 礎 は 同 一 で なければならない ただし 単 一 の 加 重 平 均 割 引 率 年 金 資 産 のポートフォリオ 又 は 運 用 方 針 等 が 異 なる 場 合 の 長 期 期 待 運 用 収 益 率 等 退 職 給 付 制 度 ごとに 異 なる 計 算 基 礎 を 採 用 することに 合 理 的 な 理 由 がある 場 合 を 除 く 割 引 率 24. 退 職 給 付 債 務 等 の 計 算 ( 第 14 項 から 第 16 項 参 照 )における 割 引 率 は 安 全 性 の 高 い 債 券 の 利 回 りを 基 礎 として 決 定 する( 会 計 基 準 第 20 項 )が この 安 全 性 の 高 い 債 券 の 利 回 りには 期 末 における 国 債 政 府 機 関 債 及 び 優 良 社 債 の 利 回 りが 含 まれる( 会 計 基 準 ( 注 6)) 優 良 社 債 には 例 えば 複 数 の 格 付 機 関 による 直 近 の 格 付 けがダブル A 格 相 当 以 上 を 得 ている 社 債 等 が 含 まれる 割 引 率 は 退 職 給 付 支 払 ごとの 支 払 見 込 期 間 を 反 映 するものでなければならない 当 該 割 引 率 としては 例 えば 退 職 給 付 の 支 払 見 込 期 間 及 び 支 払 見 込 期 間 ごとの 金 額 を 反 映 した 単 一 の 加 重 平 均 割 引 率 を 使 用 する 方 法 や 退 職 給 付 の 支 払 見 込 期 間 ごとに 設 定 さ れた 複 数 の 割 引 率 を 使 用 する 方 法 が 含 まれる

11 長 期 期 待 運 用 収 益 率 25. 長 期 期 待 運 用 収 益 率 は 年 金 資 産 が 退 職 給 付 の 支 払 に 充 てられるまでの 時 期 保 有 し ている 年 金 資 産 のポートフォリオ 過 去 の 運 用 実 績 運 用 方 針 及 び 市 場 の 動 向 等 を 考 慮 して 設 定 する その 他 の 計 算 基 礎 ( 退 職 率 ) 26. 退 職 率 とは 在 籍 する 従 業 員 が 自 己 都 合 や 定 年 等 により 生 存 退 職 する 年 齢 ごとの 発 生 率 のことであり 在 籍 する 従 業 員 が 今 後 どのような 割 合 で 退 職 していくかを 推 計 する 際 に 使 用 する 計 算 基 礎 である したがって 将 来 の 予 測 を 適 正 に 行 うために 計 算 基 礎 は 異 常 値 (リストラクチャリングに 伴 う 大 量 解 雇 退 職 加 算 金 を 上 乗 せした 退 職 の 勧 誘 に よる 大 量 退 職 等 に 基 づく 値 )を 除 いた 過 去 の 実 績 に 基 づき 合 理 的 に 算 定 しなければな らない( 第 72 項 参 照 ) 退 職 率 は 個 別 企 業 ごとに 算 定 することを 原 則 とするが 事 業 主 が 連 合 型 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 において 勤 務 環 境 が 類 似 する 企 業 集 団 に 属 する 場 合 には 当 該 集 団 の 退 職 率 を 用 いることができる ( 死 亡 率 ) 27. 死 亡 率 とは 従 業 員 の 在 職 中 及 び 退 職 後 における 年 齢 ごとの 死 亡 発 生 率 をいう 年 金 給 付 は 通 常 退 職 後 の 従 業 員 が 生 存 している 期 間 にわたって 支 払 われるものであるこ とから 生 存 人 員 数 を 推 定 するために 年 齢 ごとの 死 亡 率 を 使 うのが 原 則 である この 死 亡 率 は 事 業 主 の 所 在 国 における 全 人 口 の 生 命 統 計 表 等 を 基 に 合 理 的 に 算 定 する ( 予 想 昇 給 率 ) 28. 予 想 昇 給 率 は 個 別 企 業 における 給 与 規 程 平 均 給 与 の 実 態 分 布 及 び 過 去 の 昇 給 実 績 等 に 基 づき 合 理 的 に 推 定 して 算 定 する 過 去 の 昇 給 実 績 は 過 去 の 実 績 に 含 まれる 異 常 値 ( 急 激 な 業 績 拡 大 に 伴 う 大 幅 な 給 与 加 算 額 急 激 なインフレによる 給 与 テーブルの 改 訂 等 に 基 づく 値 )を 除 き 合 理 的 な 要 因 のみを 用 いる 必 要 がある( 第 72 項 参 照 ) なお 予 想 昇 給 率 等 には 勤 務 期 間 や 職 能 資 格 制 度 に 基 づく ポイント により 算 定 する 場 合 が 含 まれる 予 想 昇 給 率 は 個 別 企 業 ごとに 算 定 することを 原 則 とするが 連 合 型 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 において 給 与 規 程 及 び 平 均 給 与 の 実 態 等 が 類 似 する 企 業 集 団 に 属 する 場 合 には 当 該 集 団 の 予 想 昇 給 率 を 用 いることができる 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29. 会 計 基 準 ( 注 8)は 割 引 率 等 の 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じていない 場 合 には これ

12 を 見 直 さないことができる としている( 重 要 性 基 準 )が 重 要 な 変 動 が 生 じていな い かどうかについては 第 30 項 から 第 32 項 に 従 って 判 断 を 行 う ( 割 引 率 変 更 の 要 否 ) 30. 割 引 率 は 期 末 における 安 全 性 の 高 い 債 券 の 利 回 りを 基 礎 として 決 定 されるが( 会 計 基 準 第 20 項 ) 各 事 業 年 度 において 割 引 率 を 再 検 討 し その 結 果 少 なくとも 割 引 率 の 変 動 が 退 職 給 付 債 務 に 重 要 な 影 響 を 及 ぼすと 判 断 した 場 合 にはこれを 見 直 し 退 職 給 付 債 務 を 再 計 算 する 必 要 がある 重 要 な 影 響 の 有 無 の 判 断 にあたっては 前 期 末 に 用 いた 割 引 率 により 算 定 した 場 合 の 退 職 給 付 債 務 と 比 較 して 期 末 の 割 引 率 により 計 算 した 退 職 給 付 債 務 が 10% 以 上 変 動 す ると 推 定 されるときには 重 要 な 影 響 を 及 ぼすものとして 期 末 の 割 引 率 を 用 いて 退 職 給 付 債 務 を 再 計 算 しなければならない( 第 72 項 参 照 ) ( 長 期 期 待 運 用 収 益 率 変 更 の 要 否 ) 31. 当 年 度 の 退 職 給 付 費 用 の 計 算 に 用 いられる 長 期 期 待 運 用 収 益 率 は 当 期 損 益 に 重 要 な 影 響 があると 認 められる 場 合 のほかは 見 直 さないことができる (その 他 の 計 算 基 礎 の 変 更 の 要 否 ) 32. 予 想 昇 給 率 や 退 職 率 等 その 他 の 計 算 基 礎 の 重 要 性 の 判 断 にあたっては それぞれの 企 業 固 有 の 実 績 等 に 基 づいて 退 職 給 付 債 務 等 に 重 要 な 影 響 があると 認 められる 場 合 は 各 計 算 基 礎 を 再 検 討 し それ 以 外 の 事 業 年 度 においては 見 直 さないことができる 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33. 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 は 次 のように 会 計 処 理 する([ 設 例 4-1] 及 び[ 設 例 5-1]) (1) 当 期 に 発 生 した 数 理 計 算 上 の 差 異 ( 第 34 項 参 照 ) 及 び 過 去 勤 務 費 用 ( 第 41 項 参 照 )のうち 当 期 に 費 用 処 理 された 部 分 ( 第 35 項 から 第 40 項 及 び 第 42 項 参 照 ) については 退 職 給 付 費 用 として 当 期 純 利 益 を 構 成 する 項 目 に 含 めて 計 上 する( 会 計 基 準 第 14 項 ) (2) 当 期 に 発 生 した 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 過 去 勤 務 費 用 のうち 当 期 に 費 用 処 理 され ない 部 分 ( 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 となる )については その 他 の 包 括 利 益 で 認 識 した 上 で 純 資 産 の 部 のその 他 の 包 括 利 益 累 計 額 に 計 上 す る( 会 計 基 準 第 15 項 第 24 項 及 び 第 25 項 ) (3) その 他 の 包 括 利 益 累 計 額 に 計 上 されている 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 のうち 当 期 に 費 用 処 理 された 部 分 について その 他 の 包 括 利 益 の 調 整 ( 組 替 調 整 )を 行 う( 会 計 基 準 第 15 項 )

13 (2) 及 び(3)のその 他 の 包 括 利 益 及 びその 他 の 包 括 利 益 累 計 額 の 処 理 にあたっては 税 効 果 を 調 整 する 数 理 計 算 上 の 差 異 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34. 数 理 計 算 上 の 差 異 とは 年 金 資 産 の 期 待 運 用 収 益 ( 第 21 項 参 照 )と の 運 用 成 果 との 差 異 退 職 給 付 債 務 の 数 理 計 算 に 用 いた 見 積 数 値 と 実 績 との 差 異 及 び 見 積 数 値 の 変 更 等 により 発 生 した 差 異 をいう( 会 計 基 準 第 11 項 ) 数 理 計 算 上 の 差 異 には あらかじめ 定 めた 計 算 基 礎 ( 第 22 項 から 第 28 項 参 照 )に 基 づく 数 値 と 各 事 業 年 度 における の 数 値 との 差 異 及 び 計 算 基 礎 を 変 更 した 場 合 に 生 じる 差 異 が 含 まれる 数 理 計 算 上 の 差 異 の 費 用 処 理 方 法 ( 費 用 処 理 方 法 の 選 択 ) 35. 数 理 計 算 上 の 差 異 は 原 則 として 各 年 度 の 発 生 額 について 発 生 年 度 に 費 用 処 理 する 方 法 又 は 平 均 残 存 勤 務 期 間 ( 第 37 項 参 照 ) 以 内 の 一 定 の 年 数 で 按 分 する 方 法 ( 以 下 定 額 法 という [ 設 例 4-1])により 費 用 処 理 するが 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 の 残 高 の 一 定 割 合 を 費 用 処 理 する 方 法 ( 会 計 基 準 ( 注 7))( 以 下 定 率 法 という [ 設 例 5-1]) によることもできる 定 額 法 と 定 率 法 とは 選 択 適 用 できるが いったん 採 用 した 費 用 処 理 方 法 は 正 当 な 理 由 により 変 更 する 場 合 を 除 き 継 続 的 に 適 用 しなければならない ( 定 率 法 による 費 用 処 理 ) 36. 定 率 法 では 数 理 計 算 上 の 差 異 を 発 生 年 度 ごとに 管 理 せず その 残 高 に 一 定 年 数 に 基 づく 定 率 を 乗 じた 金 額 が 当 年 度 の 費 用 処 理 額 となる 一 定 年 数 に 基 づく 定 率 は 数 理 計 算 上 の 差 異 の 費 用 処 理 期 間 以 内 で 当 該 発 生 金 額 の おおむね 90%が 費 用 処 理 されるように 決 定 する この 方 法 を 採 用 した 場 合 例 えば 費 用 処 理 期 間 5 年 の 定 率 は 年 の 定 率 は である ( 平 均 残 存 勤 務 期 間 の 算 定 方 法 ) 37. 平 均 残 存 勤 務 期 間 は 在 籍 する 従 業 員 が 貸 借 対 照 表 日 から 退 職 するまでの 平 均 勤 務 期 間 であり 原 則 として 退 職 率 ( 第 26 項 参 照 )と 死 亡 率 ( 第 27 項 参 照 )を 加 味 した 年 金 数 理 計 算 上 の 脱 退 残 存 表 を 用 いて 算 定 する( 第 72 項 参 照 )が 標 準 的 な 退 職 年 齢 か ら 貸 借 対 照 表 日 現 在 の 平 均 年 齢 を 控 除 して 算 定 することもできる 標 準 的 な 退 職 年 齢 は 定 年 年 齢 退 職 給 付 算 定 上 の 終 了 年 齢 及 び 退 職 者 の 平 均 年 齢 等 実 態 に 即 した 年 齢 を 用 いる

14 38. 平 均 残 存 勤 務 期 間 は 原 則 として 毎 年 度 末 に 算 定 する ただし 従 業 員 の 退 職 状 況 に 大 きな 変 化 がみられない 場 合 は 直 近 時 点 で 算 定 した 平 均 残 存 勤 務 期 間 を 用 いることもで きる 他 方 従 業 員 の 年 齢 構 成 が 大 きく 変 化 した 場 合 や 企 業 年 金 制 度 において 財 政 再 計 算 時 の 計 算 基 礎 を 見 直 した 場 合 には 平 均 残 存 勤 務 期 間 についても 見 直 しの 要 否 を 検 討 しなければならない ( 数 理 計 算 上 の 差 異 に 係 る 費 用 処 理 年 数 の 変 更 ) 39. 数 理 計 算 上 の 差 異 の 費 用 処 理 年 数 は 発 生 した 年 度 における 平 均 残 存 勤 務 期 間 以 内 の 一 定 の 年 数 ( 第 35 項 参 照 )を 継 続 的 に 適 用 する 必 要 がある したがって 一 度 採 用 し た 費 用 処 理 年 数 を 変 更 する 場 合 には 合 理 的 な 変 更 理 由 が 必 要 となる ( 平 均 残 存 勤 務 期 間 を 費 用 処 理 年 数 として 採 用 する 場 合 の 変 更 ) 40. 平 均 残 存 勤 務 期 間 を 費 用 処 理 年 数 として 採 用 する 場 合 で リストラクチャリングによ る 従 業 員 の 大 量 退 職 などにより 平 均 残 存 勤 務 期 間 の 再 検 討 を 行 った 結 果 平 均 残 存 勤 務 期 間 が 短 縮 又 は 延 長 されたことにより 再 検 討 後 の 年 数 が 従 来 の 費 用 処 理 年 数 を 下 回 る 又 は 上 回 ることとなったときには 費 用 処 理 期 間 を 短 縮 又 は 延 長 する (1) 定 額 法 による 場 合 の 費 用 処 理 年 数 の 短 縮 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 の 期 首 残 高 は 短 縮 後 の 平 均 残 存 勤 務 期 間 - 既 経 過 期 間 にわたって 費 用 処 理 する なお 短 縮 後 の 平 均 残 存 勤 務 期 間 - 既 経 過 期 間 がゼロ 又 はマイナスとなる 場 合 は 当 期 に 残 高 のすべてを 一 括 して 費 用 処 理 する (2) 定 率 法 による 場 合 の 費 用 処 理 年 数 の 短 縮 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 の 期 首 残 高 に 短 縮 後 の 費 用 処 理 年 数 に 基 づく 定 率 を 乗 じた 額 を 費 用 処 理 する (3) 費 用 処 理 年 数 の 延 長 定 額 法 による 場 合 及 び 定 率 法 による 場 合 ともに 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 の 期 首 残 高 については 変 更 前 の 平 均 残 存 勤 務 期 間 に 基 づく 費 用 処 理 年 数 を 継 続 して 適 用 し 変 更 後 の 費 用 処 理 年 数 は 当 年 度 発 生 の 数 理 計 算 上 の 差 異 から 適 用 する 過 去 勤 務 費 用 過 去 勤 務 費 用 の 内 容 41. 過 去 勤 務 費 用 とは 退 職 給 付 水 準 の 改 訂 等 に 起 因 して 発 生 した 退 職 給 付 債 務 の 増 加 又 は 減 少 部 分 ( 会 計 基 準 第 12 項 )であり 退 職 金 規 程 等 の 改 訂 に 伴 い 退 職 給 付 水 準 が 変 更 された 結 果 生 じる 改 訂 前 の 退 職 給 付 債 務 と 改 訂 後 の 退 職 給 付 債 務 の 改 訂 時 点 におけ る 差 額 を 意 味 する 退 職 給 付 水 準 の 改 訂 等 の 等 には 初 めて 退 職 給 付 制 度 を 導 入 した 場 合 で 給 付 計 算 対 象 が 現 存 する 従 業 員 の 過 年 度 の 勤 務 期 間 にも 及 ぶときが 含 ま れる

15 なお 給 与 水 準 の 変 動 ( 以 下 ベースアップ という )による 退 職 給 付 債 務 の 変 動 は 過 去 勤 務 費 用 には 該 当 しない( 第 34 項 参 照 ) 過 去 勤 務 費 用 の 費 用 処 理 方 法 42. 過 去 勤 務 費 用 の 費 用 処 理 方 法 は 数 理 計 算 上 の 差 異 の 費 用 処 理 方 法 ( 第 35 項 から 第 40 項 参 照 )に 準 じる(この 場 合 第 35 項 の 会 計 基 準 ( 注 7) については 会 計 基 準 ( 注 9) に 読 み 替 えるものとする ) ただし 退 職 金 規 程 等 の 改 訂 による 過 去 勤 務 費 用 については 頻 繁 に 発 生 するものでない 限 り 発 生 年 度 別 に 一 定 の 年 数 にわたって 定 額 法 による 費 用 処 理 を 行 うことが 望 ましい 43. 過 去 勤 務 費 用 と 数 理 計 算 上 の 差 異 は 発 生 原 因 又 は 発 生 頻 度 が 相 違 するため 費 用 処 理 年 数 はそれぞれ 別 個 に 設 定 することができる 年 金 資 産 の 返 還 に 伴 う 会 計 処 理 44. 年 金 資 産 が 退 職 給 付 債 務 を 超 過 した 場 合 その 制 度 上 年 金 財 政 計 算 による 年 金 掛 金 の 減 少 又 は 剰 余 金 として 企 業 に 返 還 される 場 合 があるが 返 還 にあたっては 返 還 され る 予 定 の 資 産 及 び 返 還 されなかった 資 産 とも 会 計 基 準 第 7 項 の 年 金 資 産 としてのすべ ての 要 件 を 満 たすことが 必 要 である 45. 年 金 資 産 が 事 業 主 へ 返 還 された 場 合 には 返 還 額 を 事 業 主 の 資 産 の 増 加 と 退 職 給 付 に 係 る 資 産 の 減 少 ( 又 は 退 職 給 付 に 係 る 負 債 の 増 加 )として 処 理 する また 返 還 前 の 年 金 資 産 に 占 める 返 還 額 の 割 合 が 重 要 な 場 合 には 返 還 時 点 における 年 金 資 産 に 係 る 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 のうち 当 該 返 還 額 に 対 応 する 金 額 については 一 時 の 費 用 としない 理 由 ( 会 計 基 準 第 67 項 )は 失 われているものと 考 えられることか ら 当 該 差 異 の 重 要 性 が 乏 しい 場 合 を 除 き 返 還 時 に 損 益 として 認 識 する この 場 合 返 還 された 年 金 資 産 に 個 別 に 対 応 する 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 が 明 らかであれば 当 該 対 応 額 を 損 益 に 計 上 し 返 還 された 年 金 資 産 に 個 別 に 対 応 する 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 を 特 定 することが 困 難 であれば 返 還 時 の 年 金 資 産 の 比 率 等 により 合 理 的 に 按 分 した 金 額 を 損 益 に 計 上 する(その 他 の 包 括 利 益 の 組 替 調 整 となる )([ 設 例 7] 及 び[ 設 例 8-2]) 代 行 返 上 があった 場 合 の 会 計 処 理 46. 確 定 給 付 企 業 年 金 法 に 基 づき 厚 生 年 金 基 金 制 度 を 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 へ 移 行 し 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 代 行 部 分 ( 以 下 代 行 部 分 という )を 返 上 ( 以 下 代 行 返 上 という )した 場 合 代 行 部 分 に 係 る 退 職 給 付 債 務 は 当 該 返 還 の 日 にその 消 滅 を 認 識 する また 将 来 分 返 上 認 可 過 去 分 返 上 認 可 及 び 返 還 に 関 して それぞれ 次 のとおりに 会 計 処 理 する([ 設 例 10]) (1) 将 来 分 返 上 認 可 を 受 けたときは 当 該 認 可 の 直 前 の 代 行 部 分 に 係 る 退 職 給 付 債 務

16 と 将 来 分 支 給 義 務 免 除 を 反 映 した 退 職 給 付 債 務 との 差 額 を 代 行 部 分 に 係 る 過 去 勤 務 費 用 ( 第 41 項 参 照 )として 認 識 し 将 来 分 返 上 認 可 の 日 以 後 は 将 来 分 支 給 義 務 免 除 を 反 映 した 退 職 給 付 債 務 の 金 額 に 基 づき 退 職 給 付 費 用 を 算 定 するとともに 当 該 過 去 勤 務 費 用 を 企 業 が 採 用 する 方 法 及 び 期 間 ( 第 42 項 及 び 第 43 項 参 照 )で 費 用 処 理 する (2) 過 去 分 返 上 認 可 を 受 けたときは 次 による 1 過 去 分 返 上 認 可 の 直 前 の 代 行 部 分 に 係 る 退 職 給 付 債 務 を 国 への 返 還 相 当 額 ( 最 低 責 任 準 備 金 )まで 修 正 し その 差 額 を 損 益 に 計 上 する 2 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 会 計 基 準 変 更 時 差 異 ( 第 130 項 参 照 )の 未 処 理 額 のそれぞれの 残 高 のうち 過 去 分 返 上 認 可 の 日 におけ る 代 行 部 分 に 対 応 する 金 額 を 退 職 給 付 債 務 に 占 める 代 行 部 分 の 比 率 その 他 合 理 的 な 方 法 により 算 定 し 損 益 に 計 上 する(その 他 の 包 括 利 益 の 組 替 調 整 とな る ) (3) 返 還 の 日 において 過 去 分 返 上 認 可 により 修 正 された 退 職 給 付 債 務 ( 上 記 (2)1 参 照 )と 返 還 額 との 間 に 差 額 が 生 じた 場 合 には 原 則 として 当 該 差 額 を 損 益 に 計 上 する なお 上 記 (2)1 及 び2において 認 識 される 損 益 ((2)と(3)が 同 一 事 業 年 度 の 場 合 は (3)の 損 益 を 含 む )は 代 行 返 上 という 特 別 な 同 一 事 象 に 伴 って 生 じたものであるため 特 別 損 益 に 純 額 で 計 上 する 小 規 模 企 業 等 における 簡 便 法 ( 小 規 模 企 業 等 における 簡 便 法 の 適 用 範 囲 ) 47. 会 計 基 準 第 26 項 に 基 づき 従 業 員 数 が 比 較 的 少 ない 小 規 模 な 企 業 等 において 簡 便 な 方 法 を 用 いて 退 職 給 付 に 係 る 負 債 及 び 退 職 給 付 費 用 を 計 上 する 場 合 第 48 項 から 第 51 項 に 従 った 会 計 処 理 ( 以 下 簡 便 法 という )を 行 う 簡 便 法 を 適 用 できる 小 規 模 企 業 等 とは 原 則 として 従 業 員 数 300 人 未 満 の 企 業 をいう が 従 業 員 数 が 300 人 以 上 の 企 業 であっても 年 齢 や 勤 務 期 間 に 偏 りがあるなどにより 原 則 法 による 計 算 の 結 果 に 一 定 の 高 い 水 準 の 信 頼 性 が 得 られないと 判 断 される 場 合 に は 簡 便 法 によることができる なお この 場 合 の 従 業 員 数 とは 退 職 給 付 債 務 の 計 算 対 象 となる 従 業 員 数 を 意 味 し 複 数 の 退 職 給 付 制 度 を 有 する 事 業 主 にあっては 制 度 ごとに 判 断 する 従 業 員 数 は 毎 期 変 動 することが 一 般 的 であるので 簡 便 法 の 適 用 は 一 定 期 間 の 従 業 員 規 模 の 予 測 を 踏 まえて 決 定 する ( 簡 便 法 による 退 職 給 付 に 係 る 負 債 の 計 算 ) 48. 小 規 模 企 業 等 において 簡 便 法 を 適 用 する 場 合 次 の 金 額 を 退 職 給 付 に 係 る 負 債 ( 又 は

17 退 職 給 付 に 係 る 資 産 )とする (1) 非 積 立 型 の 退 職 給 付 制 度 については 第 50 項 及 び 第 51 項 の 方 法 により 計 算 され た 退 職 給 付 債 務 の 額 (2) 積 立 型 の 退 職 給 付 制 度 ( 退 職 一 時 金 制 度 に 退 職 給 付 信 託 を 設 定 したものを 含 む 以 下 同 じ )については (1)の 金 額 から 年 金 資 産 の 額 を 控 除 した 金 額 期 末 日 における 年 金 資 産 の 額 については 時 価 を 入 手 する 代 わりに 直 近 の 年 金 財 政 決 算 における 時 価 を 基 礎 として 合 理 的 に 算 定 された 金 額 ( 例 えば 直 近 の 時 価 に 期 末 日 までの 拠 出 額 及 び 退 職 給 付 の 支 払 額 を 加 減 し 当 該 期 間 の 見 積 運 用 収 益 を 加 算 した 金 額 )を 用 いることができる ( 簡 便 法 による 退 職 給 付 費 用 の 計 算 ) 49. 小 規 模 企 業 等 において 簡 便 法 を 適 用 する 場 合 次 の 差 額 を 当 年 度 の 退 職 給 付 費 用 とす る (1) 非 積 立 型 の 退 職 給 付 制 度 については 期 首 の 退 職 給 付 に 係 る 負 債 残 高 から 当 期 退 職 給 付 の 支 払 額 を 控 除 した 後 の 残 高 と 期 末 の 退 職 給 付 に 係 る 負 債 ( 第 48 項 (1) 参 照 )との 差 額 (2) 積 立 型 の 退 職 給 付 制 度 については 期 首 の 退 職 給 付 に 係 る 負 債 残 高 から 当 期 拠 出 額 を 控 除 した 後 の 残 高 ( 事 業 主 が 退 職 給 付 額 を 直 接 支 払 う 場 合 当 該 給 付 の 支 払 額 も 控 除 する )と 期 末 の 退 職 給 付 に 係 る 負 債 ( 第 48 項 (2) 参 照 )との 差 額 ( 簡 便 法 による 退 職 給 付 債 務 の 計 算 ) 50. 小 規 模 企 業 等 において 簡 便 法 を 適 用 する 場 合 次 の 方 法 のうち 各 事 業 主 の 実 態 から 合 理 的 と 判 断 される 方 法 を 選 択 して 退 職 給 付 債 務 を 計 算 する いったん 選 択 した 方 法 は 原 則 として 継 続 して 適 用 する (1) 退 職 一 時 金 制 度 1 会 計 基 準 ( 又 は 平 成 10 年 6 月 に 企 業 会 計 審 議 会 から 公 表 された 退 職 給 付 に 係 る 会 計 基 準 ( 以 下 平 成 10 年 会 計 基 準 という ))の 適 用 初 年 度 の 期 首 における 退 職 給 付 債 務 の 額 を 原 則 法 に 基 づき 計 算 し 当 該 退 職 給 付 債 務 の 額 と 自 己 都 合 要 支 給 額 との 比 ( 比 較 指 数 )を 求 め 期 末 時 点 の 自 己 都 合 要 支 給 額 に 比 較 指 数 を 乗 じた 金 額 を 退 職 給 付 債 務 とする 方 法 ( 翌 年 度 以 後 においては 計 算 基 礎 等 に 重 要 な 変 動 がある 場 合 は 比 較 指 数 を 再 計 算 する ) なお 原 則 法 により 計 算 された 親 会 社 の 比 較 指 数 を 用 いることに 合 理 性 があ ると 判 断 される 場 合 には 親 会 社 の 比 較 指 数 を 自 社 の 期 末 自 己 都 合 要 支 給 額 に 乗 じた 金 額 を 退 職 給 付 債 務 とする 方 法 も 適 用 することができる 2 退 職 給 付 に 係 る 期 末 自 己 都 合 要 支 給 額 に 資 料 1 及 び 資 料 2 に 示 され ている 平 均 残 存 勤 務 期 間 に 対 応 する 割 引 率 及 び 昇 給 率 の 各 係 数 を 乗 じた 額 を

18 退 職 給 付 債 務 とする 方 法 ([ 設 例 9]1.) 3 退 職 給 付 に 係 る 期 末 自 己 都 合 要 支 給 額 を 退 職 給 付 債 務 とする 方 法 (2) 企 業 年 金 制 度 1 会 計 基 準 ( 又 は 平 成 10 年 会 計 基 準 )の 適 用 初 年 度 の 期 首 における 退 職 給 付 債 務 の 額 を 原 則 法 に 基 づき 計 算 し 当 該 退 職 給 付 債 務 の 額 と 年 金 財 政 計 算 上 の 数 理 債 務 との 比 ( 比 較 指 数 )を 求 め 直 近 の 年 金 財 政 計 算 における 数 理 債 務 の 額 に 比 較 指 数 を 乗 じた 金 額 を 退 職 給 付 債 務 とする 方 法 ( 翌 年 度 以 後 においては 計 算 基 礎 等 に 重 要 な 変 動 がある 場 合 は 比 較 指 数 を 再 計 算 する ) なお 原 則 法 により 計 算 された 親 会 社 の 比 較 指 数 を 用 いることに 合 理 性 があ ると 判 断 される 場 合 には 親 会 社 の 比 較 指 数 を 自 社 の 直 近 の 年 金 財 政 計 算 にお ける 数 理 債 務 の 額 に 乗 じた 金 額 を 退 職 給 付 債 務 とする 方 法 も 適 用 することが できる 2 在 籍 する 従 業 員 については 上 記 (1)2 又 は(1)3の 方 法 により 計 算 した 金 額 を 退 職 給 付 債 務 とし 年 金 受 給 者 及 び 待 期 者 については 直 近 の 年 金 財 政 計 算 上 の 数 理 債 務 の 額 を 退 職 給 付 債 務 とする 方 法 3 直 近 の 年 金 財 政 計 算 上 の 数 理 債 務 をもって 退 職 給 付 債 務 とする 方 法 ([ 設 例 9]2.) 51. 退 職 一 時 金 制 度 の 一 部 を 企 業 年 金 制 度 に 移 行 している 事 業 主 においては 次 のいずれ かの 方 法 で 退 職 給 付 債 務 を 計 算 する (1) 退 職 一 時 金 制 度 の 未 移 行 部 分 に 係 る 退 職 給 付 債 務 と 企 業 年 金 制 度 に 移 行 した 部 分 に 係 る 退 職 給 付 債 務 を 前 項 の 方 法 によりそれぞれ 計 算 する 方 法 (2) 在 籍 する 従 業 員 については 企 業 年 金 制 度 に 移 行 した 部 分 も 含 めた 退 職 給 付 制 度 全 体 としての 自 己 都 合 要 支 給 額 を 基 に 計 算 した 額 を 退 職 給 付 債 務 とし 年 金 受 給 者 及 び 待 期 者 については 年 金 財 政 計 算 上 の 数 理 債 務 の 額 をもって 退 職 給 付 債 務 とす る 方 法 ([ 設 例 9]3.) 確 定 給 付 制 度 の 開 示 注 記 事 項 ( 会 計 方 針 に 係 る 注 記 ) 52. 退 職 給 付 の 会 計 処 理 基 準 に 関 する 事 項 ( 会 計 基 準 第 30 項 (1))には 次 の 項 目 が 含 まれる (1) 退 職 給 付 見 込 額 の 期 間 帰 属 方 法 ( 会 計 基 準 第 19 項 ) (2) 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 過 去 勤 務 費 用 の 費 用 処 理 方 法 ( 第 35 項 第 39 項 及 び 第 42 項 参 照 ) 並 びに 会 計 基 準 変 更 時 差 異 の 費 用 処 理 方 法 ( 第 130 項 参 照 )

19 ( 退 職 給 付 に 係 る 注 記 ) 53. 企 業 の 採 用 する 退 職 給 付 制 度 の 概 要 ( 会 計 基 準 第 30 項 (2))には 企 業 の 採 用 す る 退 職 給 付 制 度 の 種 類 の 一 般 的 説 明 を 記 載 する 54. 退 職 給 付 債 務 の 期 首 残 高 と 期 末 残 高 の 調 整 表 ( 会 計 基 準 第 30 項 (3))を 注 記 する にあたっては 次 の 項 目 を 含 む 主 な 内 訳 が 分 かるように 記 載 する なお 重 要 性 が 乏 し い 項 目 については その 他 に 含 めることができる (1) 勤 務 費 用 (2) 利 息 費 用 (3) 数 理 計 算 上 の 差 異 の 当 期 発 生 額 ( 費 用 処 理 されたものを 含 む ) (4) 退 職 給 付 の 支 払 額 (5) 過 去 勤 務 費 用 の 当 期 発 生 額 ( 費 用 処 理 されたものを 含 む ) (6) その 他 55. 年 金 資 産 の 期 首 残 高 と 期 末 残 高 の 調 整 表 ( 会 計 基 準 第 30 項 (4))を 注 記 するにあ たっては 次 の 項 目 を 含 む 主 な 内 訳 が 分 かるように 記 載 する なお 重 要 性 が 乏 しい 項 目 については その 他 に 含 めることができる (1) 期 待 運 用 収 益 (2) 数 理 計 算 上 の 差 異 の 当 期 発 生 額 ( 費 用 処 理 されたものを 含 む ) (3) 事 業 主 からの 拠 出 額 (4) 退 職 給 付 の 支 払 額 (5) その 他 56. 退 職 給 付 債 務 及 び 年 金 資 産 と 貸 借 対 照 表 に 計 上 された 退 職 給 付 に 係 る 負 債 及 び 資 産 の 調 整 表 ( 会 計 基 準 第 30 項 (5))を 注 記 するにあたっては 退 職 給 付 債 務 について 積 立 型 制 度 と 非 積 立 型 制 度 の 内 訳 を 記 載 する 57. 退 職 給 付 に 関 連 する 損 益 ( 会 計 基 準 第 30 項 (6))を 注 記 するにあたっては 当 期 純 利 益 を 構 成 する 項 目 に 計 上 された 次 の 退 職 給 付 費 用 の 項 目 について 記 載 する なお 重 要 性 が 乏 しい 項 目 については 集 約 して 記 載 することができる (1) 勤 務 費 用 (2) 利 息 費 用 (3) 期 待 運 用 収 益 (4) 数 理 計 算 上 の 差 異 の 当 期 の 費 用 処 理 額 (5) 過 去 勤 務 費 用 の 当 期 の 費 用 処 理 額 (6) その 他 ( 会 計 基 準 変 更 時 差 異 の 費 用 処 理 額 臨 時 に 支 払 った 割 増 退 職 金 等 ) 58. その 他 の 包 括 利 益 に 計 上 された 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 過 去 勤 務 費 用 の 内 訳 ( 会 計 基 準 第 30 項 (7))を 注 記 するにあたっては 次 の 項 目 ごとに 当 期 発 生 額 及 び 費 用 処 理 に 係 る 組 替 調 整 額 の 合 計 を 記 載 する また 貸 借 対 照 表 のその 他 の 包 括 利 益 累 計 額 に 計 上 された 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 内 訳 ( 会 計 基 準 第 30 項

20 (8))を 注 記 するにあたっては 次 の 項 目 ごとの 残 高 が 分 かるように 記 載 する なお 重 要 性 が 乏 しい 項 目 については 集 約 して 記 載 することができる (1) ( 未 認 識 ) 数 理 計 算 上 の 差 異 (2) ( 未 認 識 ) 過 去 勤 務 費 用 (3) 会 計 基 準 変 更 時 差 異 (の 未 処 理 額 ) 59. 年 金 資 産 に 関 する 事 項 ( 会 計 基 準 第 30 項 (9))を 注 記 するにあたっては 次 の 項 目 について 記 載 する (1) 年 金 資 産 の 主 な 内 訳 として 株 式 債 券 などの 種 類 ごとの 割 合 又 は 金 額 なお 退 職 給 付 信 託 が 設 定 された 企 業 年 金 制 度 について 年 金 資 産 の 合 計 額 に 対 する 退 職 給 付 信 託 の 額 の 割 合 が 重 要 である 場 合 には その 割 合 又 は 金 額 を 別 に 付 記 する (2) 長 期 期 待 運 用 収 益 率 の 設 定 方 法 に 関 する 記 載 ( 年 金 資 産 の 主 要 な 種 類 との 関 連 ) 60. 数 理 計 算 上 の 計 算 基 礎 に 関 する 事 項 ( 会 計 基 準 第 30 項 (10))として 次 の 項 目 を 注 記 する (1) 割 引 率 (2) 長 期 期 待 運 用 収 益 率 (3) その 他 の 重 要 な 計 算 基 礎 ( 予 想 昇 給 率 等 ) ( 代 行 返 上 があった 場 合 の 注 記 ) 61. 第 46 項 による 代 行 返 上 に 関 して 将 来 分 返 上 認 可 の 日 の 属 する 事 業 年 度 から 返 還 の 日 の 属 する 事 業 年 度 までの 各 事 業 年 度 の 財 務 諸 表 に 次 の 注 記 を 行 う (1) 将 来 分 返 上 認 可 を 受 けたときは 当 該 認 可 の 日 の 属 する 事 業 年 度 から 過 去 分 返 上 認 可 の 日 の 属 する 事 業 年 度 の 直 前 事 業 年 度 までの 各 事 業 年 度 に 係 る 財 務 諸 表 に 1 将 来 分 返 上 認 可 の 日 2 期 末 日 現 在 において 測 定 された 返 還 相 当 額 ( 最 低 責 任 準 備 金 ) 及 び3 期 末 日 現 在 において 測 定 された 返 還 相 当 額 ( 最 低 責 任 準 備 金 )の 支 払 が 期 末 日 に 行 われたと 仮 定 して 第 46 項 を 適 用 した 場 合 に 生 じる 損 益 の 見 込 額 (2) 過 去 分 返 上 認 可 を 受 けたとき 又 は 現 金 納 付 が 完 了 したときは 当 該 認 可 の 日 又 は 当 該 返 還 の 日 の 属 する 事 業 年 度 に 係 る 財 務 諸 表 に その 旨 及 び 損 益 に 与 えている 影 響 額 なお 将 来 分 返 上 認 可 と 過 去 分 返 上 認 可 又 は 現 金 納 付 の 完 了 が 同 一 事 業 年 度 内 にあっ た 場 合 は 上 記 (1)の2 及 び3の 記 載 を 要 しない ( 小 規 模 企 業 等 における 簡 便 法 の 注 記 ) 62. 簡 便 法 ( 第 47 項 参 照 )を 適 用 した 退 職 給 付 制 度 がある 場 合 次 の 事 項 を 注 記 する この 場 合 当 該 制 度 については 会 計 基 準 第 30 項 及 び 本 適 用 指 針 第 52 項 から 第 60 項 の 注 記 を 要 しない (1) 退 職 給 付 の 会 計 処 理 基 準 に 関 する 事 項 として 適 用 した 退 職 給 付 債 務 の 計 算 方 法

21 ( 第 50 項 及 び 第 51 項 参 照 ) (2) 退 職 給 付 制 度 の 概 要 として 簡 便 法 を 適 用 した 制 度 の 概 要 (3) 簡 便 法 を 適 用 した 制 度 の 退 職 給 付 に 係 る 負 債 ( 又 は 資 産 )の 期 首 残 高 と 期 末 残 高 の 調 整 表 ( 退 職 給 付 費 用 退 職 給 付 の 支 払 額 拠 出 額 の 内 訳 を 示 す ) (4) 退 職 給 付 債 務 及 び 年 金 資 産 と 貸 借 対 照 表 に 計 上 された 退 職 給 付 に 係 る 資 産 及 び 負 債 の 調 整 表 ( 簡 便 法 を 適 用 した 退 職 給 付 制 度 以 外 の 制 度 について 第 56 項 の 注 記 をする 場 合 その 内 訳 に 合 算 することができる ) (5) 退 職 給 付 費 用 ( 簡 便 法 を 適 用 した 退 職 給 付 制 度 以 外 の 制 度 について 第 57 項 の 注 記 をする 場 合 その 内 訳 に 追 加 することができる ) 複 数 事 業 主 制 度 の 会 計 処 理 及 び 開 示 ( 自 社 の 負 担 に 属 する 年 金 資 産 等 の 計 算 に 用 いる 合 理 的 な 基 準 ) 63. 複 数 事 業 主 制 度 を 採 用 している 場 合 の 自 社 の 負 担 に 属 する 年 金 資 産 等 の 計 算 を 行 う ときの 合 理 的 な 基 準 ( 会 計 基 準 第 33 項 (1))としては 次 に 例 示 する 額 についての 制 度 全 体 に 占 める 各 事 業 主 に 係 る 比 率 によることができるものとする (1) 退 職 給 付 債 務 (2) 年 金 財 政 計 算 における 数 理 債 務 の 額 から 年 金 財 政 計 算 における 未 償 却 過 去 勤 務 債 務 を 控 除 した 額 (3) 年 金 財 政 計 算 における 数 理 債 務 の 額 (4) 掛 金 累 計 額 (5) 年 金 財 政 計 算 における 資 産 分 割 の 額 ( 自 社 の 拠 出 に 対 応 する 年 金 資 産 の 額 の 合 理 的 な 計 算 ができない 場 合 ) 64. 複 数 事 業 主 制 度 の 企 業 年 金 制 度 において 自 社 の 拠 出 に 対 応 する 年 金 資 産 の 額 を 合 理 的 に 計 算 することができないとき ( 会 計 基 準 第 33 項 (2))とは 複 数 事 業 主 制 度 に おいて 事 業 主 ごとに 未 償 却 過 去 勤 務 債 務 に 係 る 掛 金 率 や 掛 金 負 担 割 合 等 の 定 めがなく 掛 金 が 一 律 に 決 められている 場 合 をいうものとする ただし これに 該 当 する 場 合 であっても 親 会 社 等 の 特 定 の 事 業 主 に 属 する 従 業 員 に 係 る 給 付 等 が 制 度 全 体 の 中 で 著 しく 大 きな 割 合 を 占 めているときは 当 該 親 会 社 等 の 財 務 諸 表 上 自 社 の 拠 出 に 対 応 する 年 金 資 産 の 額 を 合 理 的 に 計 算 できないケースにはあた らないものとする ( 確 定 拠 出 制 度 に 準 じた 場 合 の 開 示 ) 65. 会 計 基 準 第 33 項 (2)の 注 記 事 項 である 直 近 の 積 立 状 況 等 とは 年 金 制 度 全 体 の 直 近 の 積 立 状 況 等 ( 年 金 資 産 の 額 年 金 財 政 計 算 上 の 数 理 債 務 の 額 と 最 低 責 任 準 備 金 の 額

22 との 合 計 額 及 びその 差 引 額 ) 及 び 年 金 制 度 全 体 の 掛 金 等 に 占 める 自 社 の 割 合 並 びにこれ らに 関 する 補 足 説 明 をいうものとする 年 金 財 政 計 算 上 の 数 理 債 務 の 額 と 最 低 責 任 準 備 金 の 額 との 合 計 額 について 厚 生 年 金 基 金 の 場 合 は 両 者 の 合 計 額 となり 確 定 給 付 企 業 年 金 の 場 合 は 代 行 部 分 の 給 付 がな いため 年 金 財 政 計 算 上 の 数 理 債 務 の 額 のみとなる( 第 72-2 項 及 び 第 項 参 照 [ 開 示 例 3]) なお 重 要 性 が 乏 しい 場 合 には 当 該 注 記 を 省 略 できる 適 用 時 期 等 66. 平 成 24 年 改 正 の 本 適 用 指 針 ( 以 下 平 成 24 年 改 正 適 用 指 針 という )の 適 用 時 期 は 会 計 基 準 と 同 様 とする 67. 会 計 基 準 第 35 項 に 掲 げた 定 め( 退 職 給 付 債 務 及 び 勤 務 費 用 の 定 め 並 びに 特 別 損 益 に おける 表 示 の 定 め)を 適 用 する 場 合 平 成 24 年 改 正 適 用 指 針 における 退 職 給 付 債 務 及 び 勤 務 費 用 の 定 め( 第 4 項 から 第 16 項 参 照 ) 計 算 基 礎 の 定 め( 第 22 項 から 第 32 項 参 照 ) 並 びに 複 数 事 業 主 制 度 の 定 めの 一 部 ( 第 63 項 及 び 第 64 項 参 照 )についても 平 成 26 年 4 月 1 日 以 後 開 始 する 事 業 年 度 の 期 首 から 適 用 する ただし 平 成 26 年 4 月 1 日 以 後 開 始 する 事 業 年 度 の 期 首 から 適 用 することが 実 務 上 困 難 な 場 合 には 所 定 の 注 記 ( 会 計 基 準 第 35 項 )を 行 うことを 条 件 に 平 成 27 年 4 月 1 日 以 後 開 始 する 事 業 年 度 の 期 首 から 適 用 することができる なお 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 開 始 する 事 業 年 度 の 期 首 から 適 用 することができる 68. 会 計 基 準 第 34 項 の 適 用 後 前 項 に 掲 げた 定 めを 適 用 しない 期 間 ( 会 計 基 準 第 36 項 が 定 める 期 間 )がある 場 合 当 該 期 間 については 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 13 号 退 職 給 付 会 計 に 関 する 実 務 指 針 ( 中 間 報 告 ) ( 以 下 改 正 前 指 針 とい う )における 退 職 給 付 債 務 及 び 勤 務 費 用 の 定 め 計 算 基 礎 の 定 め 並 びに 複 数 事 業 主 制 度 の 定 め( 改 正 前 指 針 第 2 項 から 第 5 項 第 10 項 から 第 21 項 第 32 項 及 び 第 33 項 ) に 従 う 69. 会 計 基 準 第 37 項 が 定 める 会 計 方 針 の 変 更 の 影 響 額 の 算 定 にあたっては 税 効 果 会 計 の 影 響 も 反 映 する([ 設 例 3]) 平 成 27 年 改 正 の 本 適 用 指 針 ( 以 下 平 成 27 年 改 正 適 用 指 針 という )は 公 表 日 以 後 最 初 に 終 了 する 事 業 年 度 の 年 度 末 に 係 る 財 務 諸 表 から 適 用 する ( 個 別 財 務 諸 表 における 当 面 の 取 扱 い) 70. 個 別 財 務 諸 表 上 当 面 の 間 第 33 項 (2) (3) 及 び 第 58 項 については 適 用 しない( 会 計 基 準 第 39 項 )([ 設 例 4-2] 及 び[ 設 例 5-2])

23 議 決 71. 平 成 24 年 改 正 適 用 指 針 は 第 243 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 に 出 席 した 委 員 11 名 全 員 の 賛 成 により 承 認 された 平 成 27 年 改 正 適 用 指 針 は 第 308 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 に 出 席 した 委 員 13 名 全 員 の 賛 成 により 承 認 された

24 結 論 の 背 景 経 緯 72. 平 成 24 年 改 正 適 用 指 針 は 平 成 10 年 会 計 基 準 の 実 務 上 の 指 針 として 日 本 公 認 会 計 士 協 会 から 公 表 されていた 改 正 前 指 針 を 改 正 するものであり 主 として 改 正 前 指 針 に おける 退 職 給 付 見 込 額 の 期 間 帰 属 方 法 の 見 直 し 及 び 開 示 項 目 の 拡 充 を 行 っている この ほか 日 本 公 認 会 計 士 協 会 から 公 表 されていた 退 職 給 付 会 計 に 関 する Q&A ( 以 下 Q&A という )についても 必 要 な 見 直 しを 行 った 上 で 以 下 に 示 した 考 え 方 の 中 に 引 き 継 いでいる なお 改 正 前 指 針 では 退 職 給 付 債 務 及 び 勤 務 費 用 の 算 定 に 用 いるデータ 等 ( 第 6 項 参 照 )の 基 準 日 の 考 え 方 退 職 率 ( 第 26 項 参 照 )や 予 想 昇 給 率 ( 第 28 項 参 照 ) の 考 え 方 期 末 において 割 引 率 の 変 更 を 必 要 としない 範 囲 ( 第 30 項 参 照 )について 退 職 給 付 会 計 に 係 る 実 務 基 準 ( 日 本 アクチュアリー 会 日 本 年 金 数 理 人 会 )の 一 部 を 抜 粋 したものを 改 正 前 指 針 の 末 尾 に 資 料 として 掲 載 し また 平 均 残 存 勤 務 期 間 ( 第 37 項 参 照 )の 計 算 例 も 資 料 として 掲 載 していたが 平 成 24 年 改 正 適 用 指 針 はこれらの 資 料 を 引 き 継 いでいない 平 成 24 年 1 月 31 日 付 で 厚 生 労 働 省 通 知 厚 生 年 金 基 金 の 財 政 運 営 について 等 の 一 部 改 正 及 び 特 例 的 扱 いについて 及 び 確 定 給 付 企 業 年 金 の 規 約 の 承 認 及 び 認 可 の 基 準 等 について 及 び 厚 生 年 金 基 金 から 確 定 給 付 企 業 年 金 に 移 行 ( 代 行 返 上 )する 際 の 手 続 及 び 物 納 に 係 る 要 件 手 続 等 について の 一 部 改 正 について ( 以 下 合 わせて 平 成 24 年 厚 生 労 働 省 通 知 という )が 発 出 され 厚 生 年 金 基 金 及 び 確 定 給 付 企 業 年 金 に おける 財 務 諸 表 の 表 示 方 法 の 変 更 が 行 われた 厚 生 年 金 基 金 における 財 務 諸 表 の 表 示 方 法 については 平 成 26 年 3 月 24 日 付 けで 発 出 された 厚 生 労 働 省 通 知 厚 生 年 金 基 金 の 財 政 運 営 について 等 の 一 部 改 正 等 について ( 以 下 平 成 26 年 厚 生 労 働 省 通 知 という ) による 変 更 も 行 われた 具 体 的 には 厚 生 年 金 基 金 及 び 確 定 給 付 企 業 年 金 における 貸 借 対 照 表 について 平 成 24 年 厚 生 労 働 省 通 知 による 変 更 前 は 数 理 債 務 ( 負 債 ) 及 び 未 償 却 過 去 勤 務 債 務 残 高 ( 資 産 )が 表 示 されていたが 平 成 24 年 厚 生 労 働 省 通 知 による 変 更 後 は 数 理 債 務 から 未 償 却 過 去 勤 務 債 務 残 高 を 控 除 した 純 額 が 厚 生 年 金 基 金 の 場 合 は 責 任 準 備 金 (プラスアルファ 部 分 ) ( 負 債 )として 確 定 給 付 企 業 年 金 の 場 合 は 責 任 準 備 金 ( 負 債 )として 表 示 されることとなった 数 理 債 務 の 額 と 未 償 却 過 去 勤 務 債 務 残 高 の 額 は 原 則 として 貸 借 対 照 表 の 欄 外 に 注 記 されることとなった また 厚 生 年 金 基 金 の 場 合 は 平 成 24 年 厚 生 労 働 省 通 知 による 変 更 前 は 数 理 債 務 ( 負 債 )と 代 行 部 分 に 該 当 する 最 低 責 任 準 備 金 ( 継 続 基 準 ) ( 負 債 )を 合 計 した 額 が 貸 借 対 照 表 に 給 付 債 務 ( 負 債 )として 表 示 されていたが 平 成 24 年 厚 生 労 働 省 通 知 による 変 更 に 伴 い 給 付 債 務 ( 負 債 )は 貸 借 対 照 表 には 表 示 されなくなった さらに

25 平 成 24 年 厚 生 労 働 省 通 知 により 最 低 責 任 準 備 金 ( 継 続 基 準 ) ( 負 債 )が 最 低 責 任 準 備 金 ( 負 債 ) 及 び 最 低 責 任 準 備 金 調 整 額 ( 負 債 )に 変 更 され 平 成 26 年 厚 生 労 働 省 通 知 により 最 低 責 任 準 備 金 ( 負 債 ) 及 び 最 低 責 任 準 備 金 調 整 額 ( 負 債 )が 最 低 責 任 準 備 金 ( 負 債 )に 変 更 されている これらの 結 果 責 任 準 備 金 (プラスア ルファ 部 分 ) ( 負 債 )と 最 低 責 任 準 備 金 ( 負 債 )を 合 計 した 額 が 責 任 準 備 金 ( 負 債 )として 表 示 されることとなった 厚 生 年 金 基 金 及 び 確 定 給 付 企 業 年 金 の 変 更 後 の 表 示 方 法 における 貸 借 対 照 表 の 表 示 科 目 と 欄 外 注 記 との 関 係 は 次 のとおりである( 厚 生 年 金 基 金 及 び 確 定 給 付 企 業 年 金 の 貸 借 対 照 表 のイメージ 図 は 参 考 ( 開 示 例 ) の[ 開 示 例 3]において 示 されている ) (1) 厚 生 年 金 基 金 の 場 合 1 責 任 準 備 金 (プラスアルファ 部 分 ) ( 負 債 )= 数 理 債 務 ( 欄 外 注 記 の 額 ) - 未 償 却 過 去 勤 務 債 務 残 高 ( 欄 外 注 記 の 額 ) 2 責 任 準 備 金 ( 負 債 )= 責 任 準 備 金 (プラスアルファ 部 分 ) ( 負 債 )+ 最 低 責 任 準 備 金 ( 負 債 ) (2) 確 定 給 付 企 業 年 金 の 場 合 責 任 準 備 金 ( 負 債 )= 数 理 債 務 ( 欄 外 注 記 の 額 )- 未 償 却 過 去 勤 務 債 務 残 高 ( 欄 外 注 記 の 額 ) 平 成 27 年 改 正 適 用 指 針 は 厚 生 年 金 基 金 及 び 確 定 給 付 企 業 年 金 における 貸 借 対 照 表 の 表 示 方 法 のこれらの 変 更 に 伴 い 必 要 と 考 えられる 改 正 を 行 ったものである 確 定 給 付 制 度 の 会 計 処 理 退 職 給 付 債 務 及 び 勤 務 費 用 退 職 給 付 債 務 の 計 算 ( 貸 借 対 照 表 日 前 のデータの 利 用 ) 73. 貸 借 対 照 表 日 における 退 職 給 付 債 務 は 貸 借 対 照 表 日 現 在 のデータ 等 を 用 いて 計 算 す ることが 原 則 であるが の 計 算 のためには 一 定 の 期 間 を 必 要 とすることも 少 なく ないことなどから 従 来 より 貸 借 対 照 表 日 前 の 一 定 日 をデータ 等 の 基 準 日 とすること が 認 められている ただし データ 等 の 基 準 日 から 貸 借 対 照 表 日 までに 重 要 なデータ 等 の 変 更 があった 場 合 は 退 職 給 付 債 務 等 を 再 度 計 算 し 合 理 的 な 調 整 を 行 わなければなら ないことに 留 意 する( 第 6 項 参 照 ) ( 中 間 又 は 四 半 期 における 退 職 給 付 債 務 の 数 理 計 算 ) 74. 退 職 給 付 会 計 における 中 間 会 計 期 間 又 は 四 半 期 累 計 期 間 に 負 担 すべき 退 職 給 付 費 用 は 期 首 において 算 定 した 退 職 給 付 債 務 に 基 づく 当 年 度 の 勤 務 費 用 ( 第 15 項 参 照 ) 利

26 息 費 用 ( 第 16 項 参 照 ) 期 首 の 年 金 資 産 に 基 づく 期 待 運 用 収 益 ( 第 21 項 参 照 ) 期 首 の 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 及 び 会 計 基 準 変 更 時 差 異 ( 第 130 項 参 照 ) の 未 処 理 額 の 費 用 処 理 額 等 により 算 定 される 年 間 の 退 職 給 付 費 用 を 按 分 して 計 算 した ものとなるため( 中 間 財 務 諸 表 作 成 基 準 注 解 ( 注 2)ハ 及 び 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 14 号 四 半 期 財 務 諸 表 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 第 24 項 から 第 26 項 ) 中 間 期 末 又 は 四 半 期 末 時 点 で 退 職 給 付 債 務 の 数 理 計 算 を 行 い これらの 費 用 金 額 を 改 めて 算 定 する 必 要 はない なお 中 間 会 計 期 間 又 は 四 半 期 累 計 期 間 において その 他 の 包 括 利 益 累 計 額 に 計 上 さ れていた 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 及 び 会 計 基 準 変 更 時 差 異 の 未 処 理 額 を 費 用 処 理 した 場 合 には その 他 の 包 括 利 益 の 調 整 ( 組 替 調 整 )が 生 じる( 改 正 前 指 針 の 処 理 によったならば 退 職 給 付 に 係 る 負 債 が 増 減 する )ことになる( 第 33 項 (3) 参 照 )( 当 該 費 用 に 係 る 法 人 税 等 調 整 額 についても その 他 の 包 括 利 益 の 調 整 ( 組 替 調 整 )が 生 じる ) ただし 個 別 財 務 諸 表 においては 当 面 の 間 第 33 項 (2) 及 び(3)の 定 めを 適 用 しないことに 留 意 が 必 要 である( 第 70 項 参 照 ) 退 職 給 付 見 込 額 の 期 間 帰 属 ( 給 付 算 定 式 に 従 う 給 付 が 著 しく 後 加 重 であるかどうかの 判 定 ) 75. 会 計 基 準 第 19 項 では 国 際 的 な 会 計 基 準 との 整 合 性 を 図 る 観 点 から 退 職 給 付 見 込 額 の 期 間 帰 属 方 法 として 給 付 算 定 式 基 準 の 選 択 適 用 を 認 めている( 第 11 項 参 照 ) こ の 方 法 による 場 合 給 付 算 定 式 に 従 う 給 付 が 著 しく 後 加 重 であるときには 当 該 後 加 重 である 部 分 ( 第 13 項 参 照 )の 給 付 については 均 等 に 期 間 帰 属 させる 必 要 がある( 会 計 基 準 第 19 項 (2)なお 書 き) しかし 国 際 的 な 会 計 基 準 では 給 付 算 定 式 に 従 う 給 付 が 著 しく 後 加 重 といえるのはどのような 場 合 であるかなどについては 具 体 的 に 定 めてい ない 審 議 の 過 程 では これらについて より 具 体 的 な 考 え 方 を 本 適 用 指 針 の 中 で 示 すべき かが 検 討 されたものの そのような 考 え 方 を 特 定 することにより かえって 国 際 的 な 会 計 基 準 との 整 合 性 が 図 れないおそれがあると 考 えられたことから これを 示 さないこと とした このため 給 付 算 定 式 に 従 う 給 付 が 著 しく 後 加 重 であるかどうかの 判 断 にあた っては 個 々の 事 情 を 踏 まえて 検 討 を 行 う 必 要 がある ( 給 付 算 定 式 基 準 と 支 給 倍 率 基 準 ポイント 基 準 との 関 係 ) 76. 退 職 給 付 見 込 額 の 期 間 帰 属 方 法 について 改 正 前 指 針 は 支 給 倍 率 の 増 加 が 各 期 の 労 働 の 対 価 を 合 理 的 に 反 映 していると 認 められる 場 合 には 支 給 倍 率 基 準 ( 退 職 給 付 見 込 額 のうち 全 勤 務 期 間 における 支 給 倍 率 に 対 する 各 期 の 支 給 倍 率 の 増 加 分 の 割 合 に 基 づい た 額 を 各 期 の 発 生 額 とする 方 法 )の 選 択 を 認 めており また ポイント 制 度 を 採 用 して いる 場 合 で そのポイントの 増 加 が 各 期 の 労 働 の 対 価 を 合 理 的 に 反 映 していると 認 めら

27 れるときには ポイント 基 準 ( 退 職 給 付 見 込 額 のうち 全 勤 務 期 間 におけるポイントに 対 する 各 期 のポイントの 増 加 分 の 割 合 に 基 づいた 額 を 各 期 の 発 生 額 とする 方 法 )の 選 択 を 認 めていた 会 計 基 準 はこれらの 方 法 を 選 択 適 用 の 対 象 に 含 めないこととしたが 例 えば 給 付 算 定 式 が 支 給 倍 率 で 表 現 される 最 終 給 与 比 例 制 度 において 給 付 算 定 式 基 準 ( 第 11 項 (2) 参 照 )を 適 用 する 場 合 には 会 計 基 準 第 19 項 (2)なお 書 きによる 均 等 補 正 が 必 要 になる 場 合 を 除 き 結 果 的 に 支 給 倍 率 基 準 と 類 似 した 方 法 になるものと 考 えられる 一 方 国 際 的 な 議 論 の 中 では 給 与 等 の 累 積 に 基 づく 退 職 給 付 制 度 ( 我 が 国 のポイン ト 制 度 やキャッシュ バランス プランを 含 む 場 合 があるものと 考 えられる )に 対 し て 給 付 算 定 式 基 準 を 適 用 する 場 合 その 適 用 方 法 が 必 ずしも 明 確 でないとされており このような 制 度 と 経 済 的 に 同 一 な 平 均 給 与 比 例 制 度 に 対 して 給 付 算 定 式 基 準 を 適 用 し た 場 合 と 同 様 の 方 法 になるという 意 見 がある 一 方 で このような 制 度 では 将 来 の 昇 給 の 要 素 を 織 り 込 むべきではない( 結 果 的 にポイント 基 準 と 類 似 した 方 法 になる )という 意 見 がある この 点 我 が 国 の 実 務 における 不 必 要 な 混 乱 を 避 けるため 本 適 用 指 針 の 適 用 にあた って 給 付 算 定 式 基 準 には 会 計 基 準 第 19 項 (2)なお 書 きによる 均 等 補 正 が 必 要 になる 場 合 を 除 き ポイント 基 準 と 類 似 した 方 法 も 含 まれると 考 えることが 適 当 である ( 退 職 給 付 見 込 額 の 期 間 帰 属 方 法 の 統 一 の 要 否 ) 77. 第 11 項 に 示 した 退 職 給 付 見 込 額 の 期 間 帰 属 方 法 の 選 択 は 会 計 方 針 の 選 択 適 用 にあ たるため 本 来 は 連 結 会 社 間 で 統 一 すべきであるが 財 務 諸 表 に 与 える 影 響 や 連 結 上 の 事 務 処 理 の 経 済 性 等 を 考 慮 し 必 ずしも 統 一 する 必 要 はないものと 考 えられる 年 金 資 産 退 職 給 付 信 託 ( 退 職 給 付 信 託 に 関 する 従 来 の 考 え 方 の 継 続 ) 78. 退 職 給 付 信 託 ( 第 18 項 参 照 )は 退 職 給 付 制 度 における 退 職 給 付 債 務 の 積 立 不 足 額 を 積 み 立 てるために 設 定 するものであり 平 成 10 年 会 計 基 準 の 導 入 に 合 わせる 形 で 改 正 前 指 針 が 会 計 上 の 取 扱 いを 示 していた 79. 改 正 前 指 針 では 退 職 給 付 信 託 に 拠 出 した 資 産 は 通 常 事 業 主 に 返 還 されないことが 想 定 されていたが( 第 90 項 参 照 ) 当 委 員 会 が 平 成 21 年 1 月 に 公 表 した 退 職 給 付 会 計 の 見 直 しに 関 する 論 点 の 整 理 ( 以 下 論 点 整 理 という )では 企 業 年 金 制 度 の 掛 金 の 額 が 退 職 給 付 信 託 の 有 無 に 関 係 なく 積 立 不 足 を 解 消 するよう 計 算 されることから いずれは 退 職 給 付 信 託 が 積 立 超 過 となって 事 業 主 に 返 還 される 可 能 性 が 高 いという 点 で 退 職 給 付 信 託 を 年 金 資 産 とすることは 不 適 当 ではないかという 見 方 が 示 され さら に 平 成 10 年 会 計 基 準 の 導 入 時 点 で 必 要 とされた 会 計 基 準 変 更 時 差 異 を 速 やかに 費

28 用 処 理 するという 政 策 的 な 役 割 についても 現 状 に 即 した 見 直 しが 必 要 になったのでは ないかという 見 方 も 示 された 一 方 論 点 整 理 では 退 職 給 付 信 託 に 係 る 取 扱 いを 見 直 す 必 要 はないという 見 方 も 示 された 80. 当 委 員 会 は ステップ 1 の 見 直 し( 会 計 基 準 第 48 項 )で 扱 う 項 目 を 検 討 する 中 で 退 職 給 付 信 託 の 取 扱 いについては 対 象 としないこととし 平 成 24 年 改 正 適 用 指 針 にお いては 改 正 前 指 針 及 び Q&A の 取 扱 いとその 考 え 方 を 原 則 としてそのまま 踏 襲 することと した(ただし 平 成 10 年 会 計 基 準 の 導 入 当 初 の 退 職 給 付 信 託 設 定 時 における 会 計 基 準 変 更 時 差 異 の 取 扱 いに 関 連 する 定 めについては 該 当 する 事 象 が 今 後 は 生 じないことか ら 引 き 継 いでいない ) ( 退 職 給 付 信 託 が 年 金 資 産 に 該 当 するための 要 件 ) 81. 信 託 契 約 は 契 約 自 由 の 原 則 の 下 に 事 業 主 と 信 託 銀 行 等 の 受 託 機 関 との 間 で 締 結 され るものである 契 約 によって 多 様 な 信 託 形 態 が 予 想 されるが 会 計 基 準 第 7 項 における 年 金 資 産 に 該 当 するといえるためには 第 18 項 の 要 件 を 満 たし かつ 第 82 項 から 第 92 項 までの 考 え 方 に 沿 うことが 必 要 である 退 職 給 付 信 託 契 約 が 本 適 用 指 針 に 従 ってい ないと 認 められる 場 合 拠 出 した 資 産 は 退 職 給 付 会 計 上 の 年 金 資 産 に 該 当 しないことに なる ( 退 職 給 付 信 託 の 設 定 時 における 考 え 方 ) 82. 退 職 給 付 信 託 は 退 職 給 付 制 度 における 退 職 給 付 債 務 の 積 立 不 足 額 を 積 み 立 てるため に 設 定 するものであり( 第 18 項 なお 書 き 参 照 ) 1 つの 退 職 給 付 信 託 を 複 数 の 退 職 給 付 制 度 に 対 して 設 定 する 場 合 には 各 退 職 給 付 制 度 との 対 応 関 係 を 明 確 にして 退 職 給 付 制 度 ごとに 対 応 する 退 職 給 付 信 託 の 年 金 資 産 額 を 区 分 計 算 することが 必 要 になる 例 え ば 退 職 給 付 制 度 に 優 先 順 位 を 設 けて 退 職 給 付 信 託 における 年 金 資 産 額 を 特 定 の 退 職 給 付 制 度 から 他 の 退 職 給 付 制 度 へと 順 次 優 先 的 に 振 り 当 てることはできない 83. 資 産 の 退 職 給 付 信 託 への 拠 出 時 に 信 託 財 産 及 びその 他 の 年 金 資 産 の 時 価 の 合 計 額 が 対 応 する 退 職 給 付 債 務 を 超 える 場 合 には 当 該 退 職 給 付 信 託 財 産 は 退 職 給 付 会 計 上 の 年 金 資 産 としては 認 められないため( 第 18 項 なお 書 き 参 照 ) 退 職 給 付 信 託 設 定 時 にこの 状 況 に 至 った 場 合 には 即 時 に 超 過 資 産 を 退 職 給 付 信 託 から 事 業 主 に 返 還 することが 必 要 になる ただし 単 に 見 積 りの 違 いや 時 価 評 価 の 時 点 の 相 違 等 による 超 過 であり か つ 当 該 金 額 に 重 要 性 がなければ 超 過 資 産 の 事 業 主 への 返 還 を 要 せず 退 職 給 付 信 託 財 産 は 年 金 資 産 として 認 められるものと 考 えられる 84. 親 会 社 が 退 職 給 付 信 託 を 設 定 できるのは 親 会 社 の 未 積 立 退 職 給 付 債 務 額 であり 子 会 社 の 未 積 立 退 職 給 付 債 務 を 親 会 社 が 退 職 給 付 信 託 によって 積 み 立 てることができる のは 子 会 社 の 従 業 員 が 親 会 社 に 在 籍 しており 親 会 社 からの 出 向 の 形 態 をとり 子 会 社 の 従 業 員 に 係 る 退 職 給 付 債 務 は 親 会 社 の 退 職 給 付 制 度 に 属 しているという 場 合 のみ

29 と 考 えられる ( 退 職 給 付 信 託 の 設 定 時 点 の 会 計 処 理 ) 85. 退 職 給 付 信 託 では 例 えば 事 業 主 の 保 有 株 式 を 信 託 することにより 当 該 株 式 は 事 業 主 から 分 離 されるが 契 約 により 議 決 権 に 係 る 指 図 の 権 利 を 留 保 することが 可 能 であ る( 第 88 項 参 照 ) また 退 職 給 付 信 託 は 退 職 給 付 に 充 てるために 設 定 するものである が 受 益 者 ( 将 来 において 退 職 給 付 の 支 払 を 受 ける 者 )は 信 託 設 定 時 点 では 特 定 されな い このような 信 託 へ 拠 出 された 資 産 についても 退 職 給 付 会 計 上 の 年 金 資 産 とするた めには 当 該 資 産 の 退 職 給 付 信 託 への 拠 出 取 引 は 事 業 主 から 当 該 資 産 が 時 価 で 拠 出 され たと 同 様 の 会 計 処 理 を 行 う( 第 19 項 参 照 [ 設 例 8-1]) ( 他 益 信 託 の 要 件 ) 86. 退 職 給 付 信 託 へ 拠 出 した 資 産 を 退 職 給 付 会 計 上 の 年 金 資 産 とするためには 収 益 ( 配 当 )を 事 業 主 に 帰 属 させる 自 益 信 託 は 認 められない 収 益 を 受 ける 権 利 を 事 業 主 に 帰 属 させる 信 託 方 式 を 認 めないとする 理 由 は いったん 退 職 給 付 信 託 に 入 金 された 収 益 金 たる 現 金 を 事 業 主 に 返 還 することになり 信 託 財 産 を 退 職 給 付 に 充 てることに 限 定 した 他 益 信 託 の 趣 旨 に 反 することになると 考 えられるか らである ( 退 職 給 付 信 託 の 長 期 期 待 運 用 収 益 率 の 見 積 り) 87. 例 えば 事 業 主 の 保 有 する 単 一 銘 柄 の 株 式 を 退 職 給 付 信 託 に 拠 出 したときなど その 評 価 損 益 及 び 実 現 損 益 に 基 づく 長 期 期 待 運 用 収 益 率 の 見 積 りが 難 しい 場 合 も 考 えられ る 過 去 の 実 績 などから 合 理 的 な 見 積 りが 容 易 なものは 配 当 金 のみであるが 期 待 運 用 収 益 の 算 定 が 困 難 なときにはこれを 見 積 らずに 当 年 度 の 実 績 運 用 損 益 を 数 理 計 算 上 の 差 異 として 処 理 することも 必 要 になる 場 合 がある また 状 況 によっては 長 期 期 待 運 用 収 益 率 のマイナス 値 すなわち 予 想 運 用 損 失 率 を 見 積 ることも 考 えられる ( 議 決 権 行 使 の 指 示 ) 88. 退 職 給 付 信 託 へ 拠 出 した 資 産 が 株 式 である 場 合 には 当 該 株 式 の 名 義 は 受 託 者 に 移 る が 議 決 権 行 使 の 指 示 ( 白 紙 委 任 賛 否 の 指 示 )は 事 業 主 に 残 る 場 合 も 考 えられる こ の 場 合 議 決 権 の の 行 使 は 受 託 者 が 行 うが その 指 示 を 行 うことにより 意 思 は 事 業 主 に 残 されていることになる 退 職 給 付 信 託 方 式 での 株 式 について 議 決 権 行 使 の 指 示 権 が 事 業 主 に 残 されたとしても 信 託 として 拠 出 した 株 式 を 退 職 給 付 会 計 上 年 金 資 産 としても 差 し 支 えないと 考 えられる ( 信 託 財 産 の 処 分 等 の 指 示 )

30 89. 受 託 者 は 信 託 目 的 に 沿 って 信 託 財 産 を 管 理 する 受 託 者 責 任 を 有 しているため それに 反 するような 指 示 があった 場 合 に 当 該 指 示 について 拒 否 できないということが 信 託 契 約 書 上 明 示 されている 契 約 では 受 託 者 責 任 を 全 うできず 退 職 給 付 のために 信 託 を 設 定 したのかどうか 疑 わしいことになる そこで 当 初 から いかなる 指 示 も 拒 否 できない と 明 示 された 契 約 における 信 託 財 産 は 退 職 給 付 会 計 上 の 年 金 資 産 として 認 められない ものと 考 えられる ( 退 職 給 付 信 託 の 資 産 の 入 替 え) 90. 退 職 給 付 信 託 は 退 職 給 付 の 支 払 又 は 他 の 企 業 年 金 制 度 への 拠 出 を 行 うことを 目 的 と して 設 定 されるので 事 業 主 との 間 で 現 金 による 入 替 え 又 は 時 価 が 同 等 の 他 の 資 産 との 入 替 えは 通 常 生 じないと 考 えられる すなわち 退 職 給 付 信 託 に 拠 出 した 資 産 は 事 業 主 に 返 還 されないことが 基 本 的 な 考 え 方 である つまり 資 産 の 買 戻 しが 行 われると 会 計 上 は 当 該 資 産 の 信 託 設 定 時 における 損 益 ( 第 19 項 参 照 )は 結 局 実 現 しなかったこと になる また 現 金 と 入 れ 換 えることは 資 産 の 買 戻 しと 同 様 であり 信 託 した 資 産 が 事 業 主 に 戻 ることになるので 認 められない さらに 時 価 が 同 等 の 他 の 資 産 との 交 換 につ いては これを 可 能 とすると 退 職 給 付 信 託 の 資 産 の 入 替 えを 理 由 に 取 引 の 実 現 が 客 観 的 に 判 断 しにくい 損 益 が 計 上 されるという 弊 害 が 残 ることになりかねない ただし 退 職 給 付 信 託 が 超 過 積 立 の 状 況 となった 場 合 信 託 した 資 産 が 株 式 であり 当 該 株 式 が 上 場 廃 止 等 により 流 動 性 がなくなり 信 託 目 的 を 達 成 できない 場 合 及 び 買 収 合 併 により 年 金 資 産 に 自 己 株 式 が 生 じるおそれがある 場 合 のほか これらと 同 等 の 状 況 の 発 生 ( 通 常 はほとんど 発 生 しないものと 考 えられる )により 入 替 えが 必 要 と 認 めら れる 特 別 の 事 由 ( 時 価 の 下 落 はこれに 含 まれない )が 存 在 するに 到 った 場 合 はこの 限 りではない ( 退 職 給 付 信 託 の 拠 出 対 象 資 産 ) 91. いかなる 資 産 が 拠 出 により 年 金 資 産 となり 得 るかは 会 計 上 の 直 接 の 問 題 ではないが 退 職 給 付 信 託 に 拠 出 できる 資 産 は 一 般 に 上 場 有 価 証 券 等 時 価 の 算 定 が 客 観 的 かつ 容 易 であり 換 金 性 の 高 い 資 産 であることが 求 められる したがって 土 地 などの 有 形 固 定 資 産 については 通 常 拠 出 対 象 資 産 とすることは 適 当 ではないと 考 えられる これは 退 職 給 付 信 託 に 拠 出 した 資 産 は 退 職 給 付 会 計 における 年 金 資 産 に 該 当 し 事 業 主 は 拠 出 時 に 拠 出 資 産 の 時 価 により 資 産 の 売 却 と 同 様 の 会 計 処 理 を 行 い( 第 19 項 参 照 ) 年 金 資 産 は 期 末 に 時 価 評 価 を 行 う( 第 20 項 参 照 )ことから 退 職 給 付 信 託 に 拠 出 した 資 産 は 時 価 の 算 定 が 客 観 的 かつ 容 易 であることが 求 められ また 退 職 給 付 信 託 か ら 対 応 する 退 職 給 付 制 度 への 拠 出 又 は 退 職 給 付 の 支 払 に 充 てられるものであるため 換 金 性 の 高 い 資 産 であることが 適 当 と 考 えられることによる 92. 退 職 給 付 信 託 に 拠 出 した 資 産 が 子 会 社 株 式 及 び 関 連 会 社 株 式 である 場 合 においては

31 連 結 財 務 諸 表 作 成 上 次 の 点 に 留 意 することが 必 要 である (1) 子 会 社 及 び 関 連 会 社 の 範 囲 の 決 定 においては 退 職 給 付 信 託 に 拠 出 した 株 式 の 受 託 者 は 企 業 会 計 基 準 第 22 号 連 結 財 務 諸 表 に 関 する 会 計 基 準 第 7 項 (2)1に 定 める 自 己 の 意 思 と 同 一 の 内 容 の 議 決 権 を 行 使 することに 同 意 している 者 とみな す (2) 連 結 決 算 上 子 会 社 の 資 本 と 親 会 社 の 投 資 勘 定 の 相 殺 がなされるため 連 結 財 務 諸 表 上 に 子 会 社 株 式 は 存 在 しない このため 連 結 対 象 である 子 会 社 の 株 式 を 信 託 し た 場 合 には 連 結 決 算 上 信 託 への 拠 出 に 伴 い 発 生 した 退 職 給 付 信 託 設 定 損 益 はな かったものとする また 退 職 給 付 信 託 に 拠 出 した 株 式 の 持 分 については 親 会 社 持 分 損 益 の 計 算 上 持 分 比 率 を 減 少 させる 必 要 がある (3) 関 連 会 社 株 式 について 連 結 決 算 上 持 分 法 を 適 用 している 場 合 には 退 職 給 付 信 託 に 拠 出 した 株 式 の 持 分 について 持 分 法 会 計 上 持 分 比 率 を 減 少 させる 必 要 がある 数 理 計 算 において 用 いる 計 算 基 礎 割 引 率 決 定 の 基 礎 となる 期 間 93. 改 正 前 指 針 は 割 引 率 決 定 の 基 礎 となる 債 券 の 期 間 について 退 職 給 付 の 支 払 見 込 日 までの 平 均 期 間 を 原 則 としながらも 実 務 上 は 従 業 員 の 平 均 残 存 勤 務 期 間 に 近 似 した 年 数 とすることができることとしていた 本 適 用 指 針 では 時 期 や 金 額 が 異 なる 支 払 から 構 成 される 退 職 給 付 債 務 をより 適 切 に 割 り 引 くべきと 考 えたことや 国 際 的 な 会 計 基 準 における 考 え 方 との 整 合 性 を 図 るために 退 職 給 付 支 払 ごとの 支 払 見 込 期 間 を 反 映 した 割 引 率 を 使 用 することとした( 第 24 項 参 照 ) 94. 退 職 給 付 支 払 ごとの 支 払 見 込 期 間 を 反 映 した 割 引 率 としては 第 24 項 に 例 示 した 退 職 給 付 の 支 払 見 込 期 間 及 び 支 払 見 込 期 間 ごとの 金 額 を 反 映 した 単 一 の 加 重 平 均 割 引 率 を 使 用 する 方 法 や 退 職 給 付 の 支 払 見 込 期 間 ごとに 設 定 された 複 数 の 割 引 率 を 使 用 す る 方 法 が 考 えられる 割 引 率 の 基 礎 となる 債 券 95. 退 職 給 付 債 務 ( 及 び 退 職 給 付 費 用 )の 計 算 に 用 いる 割 引 率 は 貸 借 対 照 表 日 現 在 の 退 職 給 付 債 務 を 求 めるために 用 いるものであるから 金 銭 的 時 間 価 値 のみを 反 映 させるべ きであり したがって 信 用 リスクフリーレートに 近 い 期 末 における 安 全 性 の 高 い 債 券 の 利 回 り を 用 いることとされている 我 が 国 において 安 全 性 の 高 い 債 券 とは 国 債 政 府 機 関 債 及 び 優 良 社 債 が 含 まれるが 優 良 社 債 には 例 えば 複 数 の 格 付 機 関 による 直 近 の 格 付 けがダブル A 格 相 当 以 上 を 得 ている 社 債 が 含 まれると 考 えられる( 第 24 項 参 照 ) 96. 退 職 給 付 債 務 等 の 計 算 に 用 いる 割 引 率 は 期 末 における 安 全 性 の 高 い 債 券 の 利 回 りを 用 いるため 企 業 年 金 制 度 における 年 金 資 産 の 運 用 収 益 率 をそのまま 割 引 率 として 用 い

32 ることはできない ( 合 理 的 な 補 正 方 法 の 利 用 ) 97. 退 職 給 付 債 務 ( 及 び 勤 務 費 用 )の 計 算 は 期 末 における 安 全 性 の 高 い 債 券 の 利 回 りを 基 礎 とした 割 引 率 を 用 いることが 原 則 であるが 例 えば 単 一 の 加 重 平 均 割 引 率 を 使 用 する 場 合 における 事 前 に 計 算 をした 割 引 率 のみ 異 なる 複 数 の 計 算 結 果 に 基 づく 二 点 補 正 のような 合 理 的 な 補 正 方 法 によって 期 末 の 割 引 率 による 退 職 給 付 債 務 ( 及 び 勤 務 費 用 )の 計 算 結 果 を 求 める( 会 計 基 準 第 65 項 なお 書 き)こともできるものと 考 えられる 長 期 期 待 運 用 収 益 率 98. 長 期 期 待 運 用 収 益 率 ( 第 25 項 参 照 )の 設 定 の 際 に 考 慮 すべき 事 項 については 改 正 前 指 針 における 取 扱 いを 引 き 継 いでいるが 年 金 資 産 が 将 来 の 退 職 給 付 の 支 払 に 充 てる ために 積 み 立 てられ 長 期 的 に 運 用 されている 点 を 踏 まえ 長 期 期 待 運 用 収 益 率 の 算 定 は 退 職 給 付 の 支 払 に 充 てられるまでの 期 間 にわたる 期 待 に 基 づくことを 明 らかにした なお これは 従 来 の 考 え 方 を 改 めるものではなく 取 扱 いの 明 確 化 にすぎないため 会 計 方 針 の 変 更 には 該 当 しないことに 留 意 が 必 要 である その 他 の 計 算 基 礎 ( 予 想 昇 給 率 ) 99. 改 正 前 指 針 は 予 想 昇 給 率 について 確 実 に 見 込 まれるものを 合 理 的 に 推 定 して 算 定 することとし また ベースアップについても 確 実 かつ 合 理 的 に 推 定 できる 場 合 以 外 は 予 想 昇 給 率 の 算 定 には 含 めないこととしていた しかしながら 会 計 基 準 では 合 理 的 に 見 込 まれる 退 職 給 付 の 変 動 要 因 について 確 実 に 見 込 まれる 昇 給 等 ではなく 予 想 される 昇 給 等 を 考 慮 するよう 変 更 されたことから ( 会 計 基 準 第 57 項 ) 本 適 用 指 針 では 上 記 のベースアップに 関 する 定 めについては 引 き 継 がないこととし また 予 想 昇 給 率 は 確 実 に 見 込 まれるものに 限 らないものとした ( 第 28 項 参 照 ) ( 計 算 基 礎 の 連 結 会 社 間 での 統 一 の 要 否 ) 100. 加 重 平 均 された 割 引 率 ( 第 24 項 参 照 ) 長 期 期 待 運 用 収 益 率 ( 第 25 項 参 照 )は 同 一 事 業 主 の 複 数 の 制 度 間 で 異 なり 得 るが( 第 23 項 参 照 ) これらに 加 えて その 他 の 計 算 基 礎 ( 退 職 率 予 想 昇 給 率 等 第 26 項 から 第 28 項 参 照 )も 各 会 社 間 において 異 なる のが 通 常 であり 連 結 会 社 間 で 統 一 する 必 要 はないものと 考 えられる 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 (その 他 の 計 算 基 礎 の 変 更 の 要 否 )

33 101. 予 想 昇 給 率 や 退 職 率 等 について 企 業 年 金 制 度 における 財 政 再 計 算 時 の 計 算 基 礎 の 見 直 しがあった 場 合 退 職 給 付 債 務 の 計 算 に 反 映 させるようにこれらを 見 直 すべきか 検 討 をすることが 適 当 である( 第 32 項 参 照 ) 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 過 去 勤 務 費 用 費 用 処 理 方 法 ( 費 用 処 理 方 法 の 統 一 の 要 否 ) 102. 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 過 去 勤 務 費 用 の 費 用 処 理 方 法 である 定 額 法 又 は 定 率 法 の 選 択 ( 第 35 項 参 照 )は 会 計 方 針 の 選 択 適 用 にあたるため 本 来 は 連 結 会 社 間 で 統 一 すべ きであるが 財 務 諸 表 に 与 える 影 響 や 連 結 上 の 事 務 処 理 の 経 済 性 等 を 考 慮 し 必 ずしも 統 一 する 必 要 はないものと 考 えられる ( 費 用 処 理 年 数 の 決 定 ) 103. 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 過 去 勤 務 費 用 の 費 用 処 理 は 平 均 残 存 勤 務 期 間 以 内 の 一 定 の 年 数 にわたり 行 う( 会 計 基 準 第 24 項 及 び 第 25 項 ) 複 数 の 退 職 給 付 制 度 を 有 する 場 合 に は それぞれの 制 度 の 加 入 従 業 員 の 構 成 により 平 均 残 存 勤 務 期 間 ( 第 37 項 参 照 )が 異 なることもあるため 数 理 計 算 上 の 差 異 又 は 過 去 勤 務 費 用 の 費 用 処 理 年 数 は 制 度 ごとに 個 別 に 決 定 することができるものと 考 えられる また 平 均 残 存 勤 務 期 間 は 連 結 会 社 間 においても 異 なるのが 通 常 であるため 過 去 勤 務 費 用 及 び 数 理 計 算 上 の 差 異 の 費 用 処 理 年 数 を 連 結 会 社 間 で 統 一 する 必 要 もないもの と 考 えられる ( 費 用 処 理 年 数 の 変 更 ) 104. 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 過 去 勤 務 費 用 の 費 用 処 理 年 数 の 決 定 方 法 としては 次 の 方 法 が 考 えられる (1) 発 生 年 度 に 全 額 を 費 用 処 理 する 方 法 (2) 平 均 残 存 勤 務 期 間 とする 方 法 (3) 平 均 残 存 勤 務 期 間 以 内 の 一 定 の 年 数 とする 方 法 上 記 (1) (2) 及 び(3)の 費 用 処 理 年 数 の 決 定 方 法 が 合 理 的 な 理 由 により 変 更 される 場 合 には 会 計 方 針 の 変 更 となる( 第 39 項 参 照 ) また 企 業 が 採 用 している 費 用 処 理 年 数 の 決 定 方 法 内 で その 費 用 処 理 年 数 を 変 更 し た 場 合 次 の 取 扱 いに 従 う((1)を 採 用 している 場 合 には 該 当 はない ) (2)の 方 法 を 採 用 している 場 合 で 平 均 残 存 勤 務 期 間 が 短 縮 されたときは 期 首 残 高 の 費 用 処 理 年 数 の 変 更 を 行 うため 会 計 事 実 の 変 更 に 伴 う 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 となる ( 第 40 項 参 照 ) (3)の 方 法 を 採 用 している 場 合 には 変 更 を 行 う 理 由 により 会 計 方 針 の 変 更 又 は 会

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の 企 業 会 計 基 準 第 1 号 自 己 株 式 及 び 準 備 金 の 額 の 減 少 等 に 関 する 会 計 基 準 平 成 14 年 2 月 21 日 改 正 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 18 年 8 月 11 日 最 終 改 正 平 成 2 7 年 3 月 2 6 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

⑨持分法基準

⑨持分法基準 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 - 1 - 平 成 20 年 3 月 10 日 改 正 平 成 20 年 12 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 会 計 処 理 6 持 分 法 の 適 用 範 囲 6 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 8 持 分 法

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表 資 料 4 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 する Q& と ( 案 )の 新 旧 対 照 表 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 1. 有 形 固 定 資 産 の 譲 渡 取 引 に 係 る 会 計 処 理 の 見 直 し Q31 5 有 形 固 定 資 産

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに 生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 損 益 計 算 書 は 事 業 年 度 経 営 成 績 を 表 すもです こ 章 では まず 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 説 明 し さらに 主 な 項 目 について どように 損 益 を 計 算 しているかを 解 説 していきます 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 知 る 生 命 保 険 会 社 損 益

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63> 厚 生 年 金 基 金 実 務 基 準 第 4 号 [ 平 成 17 年 4 月 改 訂 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 分 配 の 実 務 基 準 [ 内 容 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 基 金 解 散 時 の 分 配 < 参 考 資 料 > 解 散 実 務 の 流 れ( 例 ) [ 留 意 事 項 ] 解 散 時 の 最

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非 記 載 例 1 ( 現 預 金 以 外 に 資 産 負 債 がない 場 合 ) ( 名 称 ) 活 動 計 算 書 ( 注 ) 年 月 日 から 年 月 日 まで Ⅰ 経 常 収 益 1. 受 取 会 費 700,000 2. 受 取 寄 付 金 290,000 3. その 他 収 益 10,000 経 常 収 益 計 1,000,000 Ⅱ 経 常 費 用 1. 事 業 費 臨 時 雇 賃 金 200,000

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63>

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 8 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築 物 機 械 装 置

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

スライド 1

スライド 1 勤 務 地 限 定 職 種 限 定 に 関 わる 判 例 資 料 2 1 エールフランス 事 件 ( 東 京 高 判 昭 49.8.28) 雇 用 契 約 において 配 置 場 所 が 明 定 されている 場 合 には 使 用 者 は 当 該 労 働 者 の 同 意 なくしてこれを 配 転 できないのを 本 則 とすべき 東 京 ベースの 合 意 に 反 して 為 した 本 件 配 転 命 令 つき

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

平成25年度決算への新会計基準の影響

平成25年度決算への新会計基準の影響 平 成 25 年 度 決 算 への 新 会 計 基 準 の 影 響 枚 方 市 上 下 水 道 局 2015/03/31 新 会 計 基 準 適 用 による 決 算 への 影 響 解 説 目 次 平 成 25 年 度 決 算 の 概 況... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 の 特 徴... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 しの 概 要... 3 借 入 賅 本 金 制 度

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 改 正 概 要 について < 趣 旨 > 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 改 正 については 総 務 省 資 料 では4つの 背 景 を 掲 げ ているが その 趣 旨 は 公 営 企 業 が 経 営 の 実 態 をより 正 確 に 把 握 し それに 基 づいた 経 営 戦 略 を 立 てることができるようにするとともに その 戦 略 を 主 体

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応)

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応) 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35に 関 する 覚 書 に 関 する 制 度 リスク 説 明 Ⅰ 制 度 内 容 について< 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 内 容 の 説 明 > 1~17は 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35 の 制 度 内 容 留 意 点 等 についての 説 明 です なお 本 内 容 については

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 12 号 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 平 成 11 年 3 月 31 日 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 項 Ⅰ 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 はじめに 1-1-2 研 究 開 発 の 範

More information

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお マイナンバー 法 等 に 関 するガイドラインとその 取 扱 に 関 するQ&Aについて ( 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 作 成 分 の 抜 粋 ) (1) 定 義 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 2 用 語 の 定 義 等 (3 頁 ) 参 照 (2) 個 人 番 号 関 係 事 務 マイナンバー 法 第 9 条 第 3 項 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-1-⑴

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63> 企 業 会 計 基 準 第 5 号 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 の 表 示 に 関 する 会 計 基 準 平 成 17 年 12 月 9 日 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 会 計 基 準 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業 会 計 基 準 第 21

More information

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要)

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要) 25-30 第 17 号 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて( 法 改 正 の 概 要 ) 平 成 25 年 6 月 19 日 団 体 年 金 事 業 部 平 成 25 年 6 月 19 日 の 参 議 院 本 会 議 にて 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 し 法 案 ( 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金

More information

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF 年 金 資 産 運 用 に 関 する 実 務 ガイドライン 実 務 ガイドラインは 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 各 社 に 提 示 した 運 用 ガイドラインの 内 容 を 補 完 するものとして 策 定 したものである 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 運 用 ガイドライ ンの 内 容 について 実 務 上 必 要 な 解 説 を 加 え 内 容 を 具

More information

) 1. 2. [ ] [ ] 個 別 決 算 4 貸 借 対 照 表 平 成 25 年 3 月 31 日 資 産 の 部 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 単 位 : 百 万 円 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 10,721 高 速 道 路 事 業 営 業 未 収 入 金 5,882 未 収 入 金 144 未 収 還

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

(9) 宇 都 宮 市 心 身 障 害 者 福 祉 作 業 所 福 祉 作 業 所 受 託 事 業 が 平 成 18 年 度 においては 資 金 収 支 計 算 上 では 実 質 的 に 赤 字 であることから, 今 後 の 指 定 管 理 者 への 募 集 に 際 して, 報 酬 の 算 定 にお

(9) 宇 都 宮 市 心 身 障 害 者 福 祉 作 業 所 福 祉 作 業 所 受 託 事 業 が 平 成 18 年 度 においては 資 金 収 支 計 算 上 では 実 質 的 に 赤 字 であることから, 今 後 の 指 定 管 理 者 への 募 集 に 際 して, 報 酬 の 算 定 にお Ⅵ 監 査 の 結 果 1. 指 定 管 理 者 制 度 等 (2) 宇 都 宮 市 への 報 告 宇 都 宮 市 に 提 出 された, 事 業 報 告 書 を 閲 覧 したところ, 記 載 の 誤 りが あった 適 正 な 事 業 報 告 書 を 作 成 して 報 告 すべきである (5) 宇 都 宮 市 老 人 福 祉 センター バス 運 行 業 務 は, 契 約 開 始 年 度 に 指 名 競

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 22 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 22 年 5 月 14 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information