計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月"

Transcription

1 2 3 高 建 管 第 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 ( 平 成 21 年 7 月 21 日 付 け21 高 建 管 第 309 号 土 木 部 長 通 知 )の 一 部 を 別 添 のとおり 改 正 しましたので 通 知 します 改 正 内 容 は 下 記 のと おりです 記 1 概 要 刑 法 の 一 部 改 正 に 伴 い 同 法 の 引 用 規 定 を 整 理 すること 高 知 県 契 約 規 則 及 び 高 知 県 会 計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこと 等 所 要 の 改 正 を 行 うものです 2 改 正 内 容 (1) 刑 法 の 一 部 改 正 に 伴 い 同 法 の 引 用 規 定 を 整 理 することとしました ( 第 1の1( 契 約 書 第 47 条 第 1 項 第 5 号 ) 及 び4(3) 第 6の3(1) 並 びに 別 記 2 の9(5) 関 係 ) (2) 契 約 解 除 時 の 違 約 金 の 納 付 期 限 について 高 知 県 会 計 規 則 の 規 定 との 整 合 を とるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 2の4(6) 及 び 別 紙 5 関 係 ) (3) 契 約 解 除 時 の 前 払 金 等 の 保 証 金 の 納 付 期 限 について 高 知 県 会 計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 別 紙 6 関 係 ) (4) 談 合 が 行 われ 処 分 が 確 定 したときの 賠 償 金 の 納 付 期 限 について 高 知 県 会

2 計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 1 日 から 施 行 することとします

3 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 第 1 契 約 解 除 の 類 型 1 契 約 書 における 契 約 解 除 の 規 定 県 の 標 準 書 式 建 設 工 事 請 負 契 約 書 ( 金 銭 的 保 証 タイプ)( 以 下 契 約 書 という )では 第 46 条 ~53 条 に 契 約 解 除 に 関 する 規 定 が 置 かれている( 契 約 の 保 証 金 免 除 タイプの 契 約 書 では 第 45 条 ~52 条 に 規 定 ) 県 の 解 除 権 は 契 約 書 第 46 条 ~ 第 48 条 に 次 のとおり 定 められている ========================================== ( 発 注 者 の 解 除 権 ) 第 46 条 発 注 者 は 受 注 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは この 契 約 を 解 除 することが できる (1) 正 当 な 理 由 なく 工 事 に 着 手 すべき 期 日 を 過 ぎても 工 事 に 着 手 しないとき (2) その 責 めに 帰 すべき 事 由 により 工 期 内 に 完 成 しないとき 又 は 工 期 経 過 後 相 当 の 期 間 内 に 工 事 を 完 成 する 見 込 みが 明 らかにないと 認 められるとき (3) 第 10 条 第 1 項 第 2 号 に 掲 げる 者 を 設 置 しなかったとき (4) 前 3 号 に 掲 げる 場 合 のほか この 契 約 に 違 反 し その 違 反 により 契 約 の 目 的 を 達 すること ができないと 認 められるとき (5) 第 49 条 第 1 項 の 規 定 によらないでこの 契 約 の 解 除 を 申 し 出 たとき (6) 受 注 者 ( 受 注 者 が 共 同 企 業 体 であるときは その 構 成 員 のいずれかの 者 以 下 この 号 にお いて 同 じ )が 次 のいずれかに 該 当 するとき イ 役 員 等 ( 受 注 者 が 個 人 である 場 合 にはその 者 を 受 注 者 が 法 人 である 場 合 にはその 役 員 又 はその 支 店 若 しくは 常 時 建 設 工 事 の 請 負 契 約 を 締 結 する 事 務 所 の 代 表 者 をいう 以 下 この 号 において 同 じ )が 高 知 県 暴 力 団 排 除 条 例 ( 平 成 22 年 高 知 県 条 例 第 36 号 ) 第 2 条 第 3 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 等 ( 以 下 暴 力 団 員 等 という )であると 認 められるとき ロ 役 員 等 が 業 務 に 関 し 暴 力 団 員 等 であることを 知 りながらその 者 を 使 用 し 又 は 雇 用 して いると 認 められるとき ハ 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 をいう 以 下 この 号 において 同 じ ) 又 は 暴 力 団 員 等 が 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していると 認 められるとき ニ 役 員 等 が 自 己 自 社 若 しくは 第 三 者 の 不 正 の 利 益 を 図 る 目 的 又 は 第 三 者 に 損 害 を 加 える 目 的 をもって 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 等 を 利 用 するなどしたと 認 められるとき ホ 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 等 に 対 して 資 金 等 を 供 給 し 又 は 便 宜 を 供 与 するなど 直 接 的 あるいは 積 極 的 に 暴 力 団 の 維 持 又 は 運 営 に 協 力 し 又 は 関 与 していると 認 められるとき ヘ 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 等 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 していると 認 められる とき ト 下 請 契 約 又 は 資 材 原 材 料 の 購 入 契 約 その 他 の 契 約 に 当 たり その 相 手 方 がイからヘまで のいずれかに 該 当 することを 知 りながら 当 該 者 と 契 約 を 締 結 したと 認 められるとき チ 受 注 者 が イからヘまでのいずれかに 該 当 する 者 を 下 請 契 約 又 は 資 材 原 材 料 の 購 入 契 約 その 他 の 契 約 の 相 手 方 としていた 場 合 (トに 該 当 する 場 合 を 除 く )に 発 注 者 が 受 注 者 に 対 して 当 該 契 約 の 解 除 を 求 め 受 注 者 がこれに 従 わなかったとき 1

4 リ 受 注 者 が 第 55 条 各 項 の 規 定 による 報 告 等 の 義 務 を 履 行 しなかったと 認 められるとき 2 前 項 の 規 定 によりこの 契 約 が 解 除 された 場 合 においては 受 注 者 は 請 負 代 金 額 の 10 分 の1に 相 当 する 額 を 違 約 金 として 発 注 者 の 指 定 する 期 間 内 に 支 払 わなければならない 3 第 1 項 第 1 号 から 第 5 号 までの 規 定 により この 契 約 が 解 除 された 場 合 において 第 4 条 の 規 定 により 契 約 保 証 金 の 納 付 又 はこれに 代 わる 担 保 の 提 供 が 行 われているときは 発 注 者 は 当 該 契 約 保 証 金 又 は 担 保 をもって 前 項 の 違 約 金 に 充 当 することができる 第 47 条 発 注 者 は 受 注 者 がこの 契 約 に 関 して 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 したときは 契 約 を 解 除 することができる この 解 除 により 受 注 者 に 損 害 を 及 ぼしても 発 注 者 はその 責 めは 負 わない (1) 公 正 取 引 委 員 会 が 受 注 者 に 違 反 行 為 があったとして 私 的 独 占 の 禁 止 及 び 公 正 取 引 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 昭 和 22 年 法 律 第 54 号 以 下 独 占 禁 止 法 という ) 第 49 条 第 1 項 に 規 定 する 排 除 措 置 命 令 を 行 い 当 該 排 除 措 置 命 令 が 同 条 第 7 項 又 は 独 占 禁 止 法 第 52 条 第 5 項 の 規 定 によ り 確 定 したとき (2) 公 正 取 引 委 員 会 が 受 注 者 に 違 反 行 為 があったとして 独 占 禁 止 法 第 50 条 第 1 項 に 規 定 する 課 徴 金 の 納 付 を 命 じ 当 該 課 徴 金 納 付 命 令 が 同 条 第 5 項 又 は 独 占 禁 止 法 第 52 条 第 5 項 の 規 定 に より 確 定 したとき (3) 公 正 取 引 委 員 会 が 受 注 者 に 対 して 違 反 行 為 があったとして 行 った 独 占 禁 止 法 第 66 条 の 規 定 による 審 決 ( 同 条 第 3 項 の 規 定 による 原 処 分 の 全 部 を 取 り 消 す 審 決 を 除 く )が 確 定 したと き( 独 占 禁 止 法 第 77 条 の 規 定 によりこの 審 決 の 取 消 しが 提 起 されたときを 除 く ) (4) 受 注 者 が 公 正 取 引 委 員 会 が 受 注 者 に 違 反 行 為 があったとして 行 った 審 決 に 対 し 独 占 禁 止 法 第 77 条 第 1 項 の 規 定 により 当 該 審 決 の 取 消 しの 訴 えを 提 起 し その 訴 えについて 請 求 棄 却 又 は 訴 え 却 下 の 判 決 が 確 定 したとき (5) 受 注 者 ( 法 人 の 場 合 にあっては その 役 員 又 はその 使 用 人 )について 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 45 号 ) 第 96 条 の6 又 は 第 198 条 の 規 定 による 刑 が 確 定 したとき 2 受 注 者 が 共 同 企 業 体 である 場 合 における 前 項 の 規 定 については その 代 表 者 又 は 構 成 員 が 同 項 各 号 のいずれかに 該 当 した 場 合 に 適 用 する 3 前 条 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 は 前 2 項 の 規 定 によりこの 契 約 が 解 除 された 場 合 に 準 用 する 第 48 条 発 注 者 は 工 事 が 完 成 するまでの 間 は 第 46 条 第 1 項 前 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 による ほか 必 要 があるときは この 契 約 を 解 除 することができる 2 発 注 者 は 前 項 の 規 定 によりこの 契 約 を 解 除 したことにより 受 注 者 に 損 害 を 及 ぼしたときは その 損 害 を 賠 償 しなければならない ========================================== 2

5 2 債 務 不 履 行 による 契 約 解 除 最 も 一 般 的 な 契 約 解 除 事 由 は 工 事 請 負 者 の 債 務 不 履 行 であり 契 約 書 第 46 条 第 1 項 第 1 号 及 び 第 2 号 が 該 当 する また 工 事 請 負 者 が 設 計 図 書 に 反 した 施 工 を 行 った 場 合 等 には 同 項 第 4 号 が 該 当 する 設 計 図 書 に 基 づく 適 正 な 施 工 の 有 無 が 債 務 不 履 行 に 当 たるかどうかの 判 断 基 準 であり 設 計 変 更 の 際 には 発 注 者 からの 一 方 的 な 意 思 表 示 では 足 らず 工 事 請 負 者 の 工 事 内 容 変 更 についての 認 識 にずれが 生 じることがないよう 十 分 な 協 議 を 行 わなけれ ばならない 3 契 約 書 の 規 定 に 違 反 した 場 合 の 契 約 解 除 (1) 契 約 書 第 46 条 第 1 項 第 3 号 ( 主 任 技 術 者 又 は 監 理 技 術 者 を 設 置 しなかった 場 合 )のほか 同 項 第 4 号 がある (2) 契 約 書 第 46 条 第 1 項 第 4 号 は 具 体 的 な 解 除 要 件 を 定 めた 他 の 規 定 を 除 き 相 手 方 の 契 約 違 反 を 理 由 に 県 が 契 約 解 除 できる 場 合 をすべて 含 めた 規 定 であり この 規 定 による 契 約 解 除 を 行 うに 当 たっては 契 約 違 反 の 具 体 的 内 容 と その 違 反 によって 契 約 の 目 的 を 達 す ることができないという 明 確 な 根 拠 が 必 要 となる 安 易 にこの 規 定 による 契 約 解 除 を 行 う と その 不 当 性 を 巡 って 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 を 起 こされることもあり 得 るので 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )と 協 議 しながら 慎 重 に 判 断 すること なお 同 号 の 契 約 違 反 に 該 当 する 可 能 性 がある 場 合 を 例 示 すれば 次 のとおりである 1 現 場 代 理 人 を 常 駐 させないとき 又 は 無 断 で 変 更 したとき 2 安 全 管 理 の 不 備 等 工 事 請 負 者 が 適 正 な 施 工 を 行 っていないと 認 められるとき 3 一 括 下 請 負 を 行 っていると 認 められるとき 4 資 材 業 者 下 請 業 者 等 との 契 約 関 係 が 不 適 正 で 対 等 な 関 係 にないと 認 められるとき 5 その 他 工 事 請 負 者 が 建 設 業 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 100 号 )その 他 の 法 令 等 に 違 反 した 施 工 を 行 っているとき 4 その 他 の 契 約 解 除 (1) 契 約 書 第 46 条 第 1 項 第 5 号 は 相 手 方 が 契 約 書 第 49 条 によらない 契 約 解 除 を 申 し 出 てきた 場 合 に 県 が 違 約 金 を 徴 収 して 契 約 解 除 できる 旨 を 定 めている 同 条 は 工 事 請 負 者 側 からの 契 約 解 除 を 認 めるもので 三 つの 対 象 項 目 が 規 定 されている (2) 契 約 書 第 46 条 第 1 項 6 号 は 高 知 県 暴 力 団 排 除 条 例 ( 平 成 22 年 高 知 県 条 例 第 36 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 県 が 実 施 する 事 業 等 から 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 若 しくは 暴 力 団 員 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 する 者 を 排 除 するために 必 要 な 措 置 として 県 が 違 約 金 を 徴 収 して 契 約 解 除 できる 旨 を 定 めている (3) 契 約 書 第 47 条 は 私 的 独 占 の 禁 止 及 び 公 正 取 引 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 昭 和 22 年 法 律 第 54 号 ) 違 反 に 対 する 処 分 や 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 )の 公 契 約 関 係 競 売 等 妨 害 罪 ( 第 96 条 の6) 又 は 贈 賄 罪 ( 第 198 条 )の 刑 が 確 定 したときに 県 が 損 害 を 賠 償 することなく 契 約 解 除 できる 旨 を 定 めている (4) 契 約 書 第 48 条 は 必 要 があれば 県 から 契 約 解 除 できるが その 際 には 損 害 賠 償 をしなけれ ばならない 旨 が 定 められている 第 2 一 般 的 な 契 約 解 除 事 務 の 流 れ 1 是 正 の 催 告 3

6 (1) 第 1の 契 約 解 除 項 目 に 該 当 する 場 合 は 契 約 担 当 機 関 は まず 口 頭 で 違 反 内 容 の 是 正 を 催 告 し それに 工 事 請 負 者 が 従 わないときには 別 紙 1により 文 書 で 相 当 期 間 内 ( 標 準 10 日 間 技 術 者 又 は 現 場 代 理 人 の 未 設 置 等 の 場 合 は 発 送 後 3 日 以 内 )の 是 正 を 指 示 する な お 是 正 されない 場 合 には 2 以 下 により 契 約 解 除 を 行 う (2) 是 正 の 催 告 を 口 頭 に 加 えて 文 書 で 行 うのは 民 法 ( 明 治 29 年 法 律 第 89 号 ) 上 契 約 解 除 に 必 要 な 要 件 として 当 該 契 約 解 除 事 由 の 解 消 の 督 促 が 挙 げられ これを 行 ったことを 明 確 化 するためであること 2 契 約 解 除 の 通 知 (1) 工 事 請 負 者 が 是 正 指 示 に 従 わない 場 合 には 契 約 担 当 機 関 は 別 紙 2( 契 約 の 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 書 による 場 合 は 別 紙 3)により 契 約 解 除 通 知 を 行 う( 通 知 書 が 相 手 方 に 到 達 したときから 契 約 解 除 の 効 力 を 生 じる ) (2)すべての 契 約 解 除 通 知 は 送 達 の 事 実 を 明 確 にするため 配 達 証 明 付 郵 便 として 送 付 する こと (3) 契 約 担 当 機 関 は 当 該 工 事 請 負 者 の 契 約 の 保 証 を 行 っている 保 証 機 関 に 契 約 解 除 の 予 告 を 行 うこと まず 口 頭 で 行 い 文 書 による 予 告 を 求 められた 場 合 には 別 紙 4を 送 付 する ( 債 務 不 履 行 以 外 の 事 由 で 契 約 解 除 が 行 われる 場 合 でも 当 該 保 証 機 関 に 工 事 請 負 契 約 が 解 除 される 点 を 周 知 しておく 必 要 がある ) (4) 契 約 解 除 通 知 の 撤 回 は 認 められないことに 注 意 ( 民 法 第 540 条 第 2 項 ) したがって 契 約 解 除 は 慎 重 に 行 わなければならない 契 約 担 当 機 関 は まず 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )に 照 会 したうえで 契 約 解 除 の 適 否 を 判 断 すること 3 工 事 請 負 代 金 の 精 算 (1) 工 事 出 来 形 検 査 の 実 施 契 約 解 除 が 行 われたら 契 約 担 当 機 関 は 直 ちに 出 来 形 検 査 を 行 い 工 事 の 出 来 形 ( 工 事 の 完 成 度 )を 確 認 しなければならない 保 証 機 関 による 契 約 の 保 証 が 行 われている 場 合 には 必 ず 当 該 保 証 機 関 に 立 会 を 求 めること 出 来 形 に 応 じて 支 払 うべき 工 事 請 負 代 金 額 が 出 来 高 額 となる (2) 出 来 高 額 に 基 づく 精 算 額 の 算 定 出 来 高 額 - 支 払 い 済 みの 前 払 金 及 び 中 間 前 払 金 ( 部 分 払 いを 行 っているときは その 部 分 払 において 償 却 した 前 払 金 の 額 を 控 除 した 額 )= 精 算 額 (3) 精 算 額 がマイナスとなる 場 合 には 支 払 い 済 みの 前 払 金 又 は 中 間 前 金 相 当 額 の 出 来 高 に 達 していない( 過 払 いの 状 態 にある)ということであり 契 約 担 当 機 関 は5の 手 続 きによ り 当 該 マイナス 相 当 額 を 保 証 事 業 会 社 に 請 求 しなければならない (4) 精 算 額 がプラスとなる 場 合 ( 違 約 金 等 の 県 の 債 権 を 相 殺 したうえで なおプラスとなる 場 合 )には 契 約 担 当 機 関 は 当 該 工 事 請 負 者 の 請 求 により 残 額 の 支 払 いを 行 う 4 違 約 金 の 回 収 (1) 契 約 解 除 を 行 った 契 約 担 当 機 関 は 契 約 書 第 46 条 第 2 項 ( 契 約 書 第 47 条 第 3 項 におい て 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 工 事 請 負 代 金 額 ( 税 込 以 下 同 じ )の 10 分 の 1( 低 入 札 価 格 調 査 制 度 適 用 の 低 入 札 工 事 の 場 合 は 10 分 の3 以 下 同 じ )に 相 当 する 違 4

7 約 金 を 工 事 請 負 者 から 徴 収 しなければならない (2) 契 約 の 保 証 が 契 約 の 保 証 機 関 による 保 証 によっている 場 合 には これを 違 約 金 に 充 当 す ることになる( 契 約 書 第 46 条 第 3 項 ) ただし 3の(2)の 精 算 後 に 生 じる 工 事 出 来 高 と 違 約 金 の 債 権 債 務 の 相 殺 ( 第 3 参 照 )をまず 行 い 未 回 収 債 権 が 残 る 場 合 ( 相 殺 によって も 回 収 できなかった 場 合 )に 初 めて 違 約 金 に 充 当 すること( 民 法 第 457 条 第 2 項 の 規 定 に より 保 証 機 関 には 債 権 者 ( 県 )に 対 する 相 殺 の 抗 弁 権 が 認 められている ) (3) 保 証 機 関 の 保 証 が 違 約 金 に 充 当 できるのは 債 務 不 履 行 による 契 約 解 除 に 限 られる (4) 委 託 契 約 及 び 請 負 対 象 金 額 500 万 円 未 満 の 工 事 では 契 約 の 保 証 付 で 契 約 締 結 していな いことから 別 途 違 約 金 の 徴 収 が 必 要 となる (5) 工 事 請 負 代 金 受 領 債 権 の 譲 渡 が 行 われている 場 合 でも 違 約 金 を 請 求 すべき 相 手 方 は 債 権 譲 受 人 ではなく 工 事 請 負 者 であること (6) 違 約 金 は 相 殺 の 結 果 なお 徴 収 すべき 残 額 がある 場 合 に 別 紙 5に 納 付 書 を 添 付 して 工 事 請 負 者 に 請 求 する 納 付 期 限 は 高 知 県 会 計 規 則 ( 平 成 4 年 高 知 県 規 則 第 2 号 ) 第 32 条 第 1 項 の 規 定 により 調 定 の 日 から 起 算 して 閉 庁 日 を 含 み 20 日 以 内 の 日 (20 日 目 が 金 融 機 関 の 休 日 の 場 合 は 直 前 の 営 業 日 )を 指 定 するものとする 5 前 払 金 及 び 中 間 前 払 金 の 回 収 処 理 (1) 契 約 担 当 機 関 は 工 事 出 来 高 が 完 成 出 来 高 の 10 分 の6( 中 間 前 金 払 いのないときは 10 分 の4) 未 満 のときには 建 設 工 事 請 負 契 約 における 契 約 の 保 証 に 関 する 取 扱 要 領 ( 平 成 21 年 7 月 21 日 付 け 21 高 建 管 第 308 号 土 木 部 長 通 知 以 下 契 約 保 証 取 扱 要 領 という ) 第 9の5に 準 じて 回 収 処 理 を 行 うこと (2) 契 約 保 証 取 扱 要 領 では 保 証 金 ( 保 険 金 ) 請 求 書 により 請 求 することとされているが 契 約 解 除 時 の 前 払 金 及 び 中 間 前 払 金 の 保 証 金 請 求 書 様 式 については 別 紙 6とする 6 建 設 管 理 課 への 報 告 (1) 契 約 担 当 機 関 は 契 約 解 除 事 由 が 生 じた 場 合 には まず 口 頭 で 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 ) へ 報 告 すること (2) 契 約 担 当 機 関 は 契 約 解 除 の 事 務 処 理 が 終 わった 段 階 で 正 式 に 別 紙 7により 契 約 解 除 の 顛 末 を 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )へ 報 告 すること (3) 土 木 部 以 外 の 部 局 にあっては 報 告 ( 別 紙 7 送 付 を 含 む )すべき 先 は 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )ではなく 各 契 約 担 当 機 関 を 所 管 する 課 室 であること 7 指 名 停 止 措 置 (1) 県 の 契 約 解 除 権 が 行 使 された 場 合 当 該 工 事 請 負 者 は 高 知 県 建 設 工 事 指 名 停 止 措 置 要 綱 ( 平 成 17 年 8 月 高 知 県 告 示 第 598 号 以 下 指 名 停 止 措 置 要 綱 という )に 規 定 する 指 名 停 止 要 件 の 不 正 又 は 不 誠 実 な 行 為 に 該 当 し 指 名 停 止 措 置 が 必 要 となる (2) 契 約 担 当 機 関 は 指 名 停 止 措 置 要 綱 に 定 める 報 告 様 式 ( 第 2 号 様 式 : 指 名 停 止 事 項 該 当 業 者 報 告 書 )により 指 名 停 止 業 務 を 所 管 する 建 設 管 理 課 ( 建 設 業 担 当 )に 契 約 解 除 を 行 った 旨 を 報 告 しなければならない 8 契 約 解 除 後 の 処 理 (1) 契 約 担 当 機 関 は 契 約 解 除 後 は 新 たな 契 約 手 続 ( 設 計 施 行 伺 入 札 実 施 契 約 締 結 ) 5

8 により 未 完 成 工 事 の 完 成 を 図 らなければならない (2) 契 約 解 除 後 の 契 約 書 については 契 約 担 当 機 関 工 事 請 負 者 双 方 がそのまま 保 有 しなく てはならない 契 約 担 当 機 関 は 契 約 解 除 を 理 由 に 工 事 請 負 者 に 契 約 書 を 返 還 させたりし てはならない 第 3 相 殺 (1) 相 殺 (そうさい)とは 2 人 の 者 が 同 種 の 債 権 を 持 っている 場 合 に 一 方 から 相 手 方 に 対 する 意 思 表 示 によってその 債 務 を 対 当 額 で 消 滅 させることをいう( 民 法 第 505 条 第 1 項 ) (2) 建 設 工 事 請 負 契 約 では 県 と 工 事 請 負 者 の 間 には 工 事 請 負 者 は 契 約 書 の 規 定 を 履 行 し て 工 事 を 完 成 させるという 債 務 を 県 に 対 して 負 い( 債 権 者 = 県 債 務 者 = 工 事 請 負 者 ) 県 は 契 約 書 の 規 定 に 基 づき 対 価 としての 工 事 請 負 代 金 の 支 払 債 務 を 工 事 請 負 者 に 対 して 負 う ( 債 権 者 = 工 事 請 負 者 債 務 者 = 県 )という 関 係 が 成 立 している (3) 県 の 支 払 い 債 務 から 契 約 解 除 に 伴 い 工 事 請 負 者 が 負 担 すべき 違 約 金 又 は 賠 償 金 若 しく は 工 事 請 負 者 が 返 還 すべき 過 払 いの 前 払 金 等 工 事 請 負 者 に 生 じた 県 に 対 するすべての 債 務 ( 県 の 債 権 )を 差 し 引 く 行 為 が 相 殺 である (4) 相 殺 手 続 の 具 体 処 理 は 次 の1( 精 算 額 )-2( 回 収 すべき 債 権 額 )であること 1 精 算 額 = 出 来 高 額 - 支 払 い 済 みの 前 払 金 及 び 中 間 前 払 金 ( 部 分 払 いを 行 っているとき は その 部 分 払 いにおいて 償 却 した 前 払 金 の 額 を 控 除 した 額 ) = 県 の 工 事 請 負 代 金 支 払 債 務 残 額 前 払 金 によることなく すべて 部 分 払 いとなっている 場 合 は 支 払 い 済 みの 部 分 払 金 の 額 であること 2 回 収 すべき 債 権 額 = 賠 償 金 違 約 金 等 (5)1-2がプラスの 場 合 には 債 権 回 収 が 図 られた 分 県 の 工 事 請 負 代 金 支 払 債 務 は 減 少 する マイナスの 場 合 でも その 分 工 事 請 負 者 の 県 に 対 する 債 務 が 減 少 する 相 殺 事 例 1 1が 200 万 円 2が 150 万 円 である 場 合 200 万 -150 万 =50 万 円 150 万 円 の 債 権 回 収 が 相 殺 によって 行 えた ( 県 は 本 来 200 万 円 工 事 請 負 代 金 を 支 払 わなければならないところを 50 万 円 の 支 払 いとなる ) 2 1が 150 万 円 2が 200 万 円 である 場 合 150 万 -200 万 =-50 万 円 200 万 円 の 債 権 回 収 のうち 相 殺 によって 150 万 円 回 収 できた ( 県 は 本 来 200 万 円 の 債 権 回 収 が 必 要 なところを 残 り 50 万 円 の 回 収 となる ) 1は 県 が 支 払 いを 行 い 2は 県 が 徴 収 することになる 点 に 注 意 (6) 相 殺 は 相 手 方 の 同 意 なしに 行 えるが 通 知 が 必 要 である 契 約 担 当 機 関 は 違 約 金 を 相 殺 する 場 合 には 別 紙 8により 賠 償 金 を 相 殺 する 場 合 には 別 紙 9により 工 事 請 負 者 に 通 知 する (7) 契 約 担 当 機 関 は 県 の 承 諾 した 適 法 な 受 領 債 権 の 譲 渡 が 行 われている 工 事 請 負 代 金 を 相 殺 する 場 合 には 別 紙 10 により 当 該 債 権 譲 受 人 に 対 して 通 知 する (8) 別 紙 8~10 の 自 働 債 権 とは 県 からの 契 約 解 除 に 基 づき 生 じた 工 事 請 負 者 が 支 払 うべ 6

9 き 違 約 金 賠 償 金 等 であり 受 働 債 権 は 県 が 支 払 うべき 工 事 請 負 代 金 の 残 額 を 指 す (9) 相 殺 通 知 書 は 相 手 方 に 相 殺 後 の 県 の 債 務 額 ( 相 手 方 からみれば 債 権 額 )を 知 らしめる ものであり 契 約 担 当 機 関 は 精 算 額 確 定 後 速 やかに 通 知 しなければならない 特 に 工 事 請 負 者 倒 産 の 場 合 の 契 約 解 除 では 実 際 の 精 算 額 請 求 ( 納 付 書 の 送 付 )を 行 うのは 相 当 期 間 後 になることが 少 なくないため 納 付 書 送 付 と 同 時 でよいと 考 えてはならない (10) 相 殺 を 行 う 場 合 の 県 の 債 権 は 県 発 注 のすべての 工 事 に 関 してのものが 該 当 する この ため 県 の 複 数 契 約 担 当 機 関 の 発 注 工 事 が 対 象 である 場 合 には 相 殺 手 続 は 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )がまとめて 行 う( 土 木 部 以 外 の 契 約 担 当 機 関 を 含 む ) 関 係 契 約 担 当 機 関 は 工 事 の 債 権 債 務 の 状 況 を 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )に 報 告 しなければならない 第 4 契 約 解 除 によらず 施 工 を 継 続 させる 場 合 の 取 扱 い (1) 工 事 請 負 者 の 事 情 で 工 事 完 成 が 遅 れ 履 行 遅 滞 の 状 況 ( 工 期 中 の 完 成 ができない)にあ るものの 工 事 の 完 成 間 近 であり 契 約 書 第 46 条 第 1 項 第 2 号 の 規 定 により 契 約 解 除 の 上 別 業 者 に 施 工 させて 完 成 させるよりも そのまま 当 該 工 事 請 負 者 に 施 工 完 遂 させる 方 が 適 当 と 契 約 担 当 機 関 が 判 断 した 場 合 には 契 約 書 第 45 条 の 規 定 を 適 用 した 上 で 契 約 解 除 に よらず 施 工 を 継 続 させることができる (2) 契 約 担 当 機 関 は 次 に 該 当 する 場 合 に 施 工 継 続 を 決 定 することができる 1 工 期 中 の 完 成 は 見 込 めないものの 工 事 が 完 成 間 近 であること( 完 成 までに 数 ヶ 月 要 す るような 場 合 は 不 適 当 ) 2 そのまま 工 事 請 負 者 に 施 工 させる 合 理 性 があること 3 工 事 請 負 者 が 確 実 に 施 工 完 遂 できること (3) (2)2では 施 工 業 者 が 代 わるとスムーズな 工 事 進 捗 が 図 りにくくなる 早 期 の 工 事 完 成 が 必 要 であり 再 設 計 入 札 のやり 直 しを 行 う 余 裕 がない 等 客 観 的 に 説 明 できる 理 由 が なければならない (4) (2)3では 資 金 繰 りが 悪 化 して 施 工 に 支 障 が 生 じることはない 等 経 営 上 の 確 実 性 と 現 場 代 理 人 の 常 駐 又 は 配 置 技 術 者 の 確 保 ( 専 任 等 )が 工 期 延 長 後 も 可 能 である 等 施 工 体 制 上 の 確 実 性 の 両 面 から 検 討 しなければならない (5) ここでは 工 期 延 長 の 手 続 きを 取 るのではなく 工 期 はそのままに 工 事 請 負 者 は 施 工 継 続 し 工 期 までに 完 成 しなかったことにつき 県 が 契 約 書 第 45 条 第 2 項 に 規 定 する 損 害 金 を 徴 収 する 取 扱 いであることに 注 意 する (6) 契 約 担 当 機 関 は 工 期 内 の 完 成 が 困 難 なことが 確 実 な 状 況 になったら まず 工 事 請 負 者 の 事 情 聴 取 を 行 い 履 行 遅 滞 を 理 由 とする 契 約 解 除 か 契 約 書 第 45 条 第 2 項 の 損 害 金 を 徴 収 して 工 事 を 完 成 させるか いずれが 適 当 かを 判 断 する (7) 損 害 金 徴 収 による 工 事 施 工 継 続 が 適 当 となった 場 合 には 工 事 請 負 者 から 工 期 到 来 ま でに 工 期 内 完 成 が 困 難 な 理 由 を 付 した 工 事 完 成 遅 延 報 告 書 ( 様 式 任 意 )の 提 出 を 受 け これに 基 づき 別 紙 11 を 送 付 する (8) 契 約 担 当 機 関 は 工 期 到 来 時 には 出 来 形 検 査 を 行 い 建 設 工 事 契 約 事 務 処 理 要 領 ( 平 成 22 年 3 月 31 日 付 け 21 高 建 管 第 1169 号 副 知 事 通 知 )の 規 定 による 出 来 高 検 査 結 果 通 知 書 を 送 付 すること( 通 知 書 のうち 請 求 書 を 提 出 する 旨 の 記 載 は 削 除 して 通 知 する ) (9) 契 約 担 当 機 関 は 工 事 完 成 検 査 までに 損 害 金 徴 収 額 を 確 定 させ 建 設 工 事 契 約 事 務 処 理 要 領 の 規 定 による 完 成 検 査 合 格 通 知 書 送 付 時 に 別 紙 12 に 納 付 書 を 添 付 して 通 知 する 損 害 金 は 保 証 機 関 による 契 約 の 保 証 の 対 象 とはならないことに 注 意 すること 7

10 (10) 実 務 的 には 損 害 金 を 別 途 工 事 請 負 者 に 納 付 させることなく 第 3の 規 定 により 相 殺 す ることが 適 当 である (11) 工 事 完 成 が 遅 れるとしても 工 期 の 延 長 手 続 が 行 われるものではないことから 保 証 機 関 による 契 約 の 保 証 との 関 係 では 一 般 的 に 保 証 期 間 の 延 長 手 続 きも 必 要 ない ただし 個 々 の 保 証 機 関 によって 取 扱 いが 異 なることから 工 事 請 負 者 は 延 長 手 続 の 必 要 性 の 有 無 を 確 認 しなければならない 第 5 倒 産 による 契 約 解 除 事 務 工 事 請 負 者 が 倒 産 したとき( 破 産 手 続 又 は 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 ) 若 しくは 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )による 更 生 ( 再 生 ) 手 続 の 開 始 を 含 む )は 契 約 担 当 機 関 は 当 該 工 事 請 負 者 の 工 事 施 工 継 続 の 可 能 性 を 相 手 方 ( 破 産 管 財 人 等 の 代 理 人 が 定 め られているときは 当 該 管 財 人 等 )と 十 分 協 議 し 施 工 継 続 不 能 と 判 断 された 場 合 に 初 めて 契 約 解 除 の 手 続 きに 移 る 1 工 事 継 続 が 可 能 な 場 合 (1) 契 約 担 当 機 関 は 民 事 再 生 手 続 等 が 行 われる 場 合 でも 工 事 請 負 者 が 工 事 継 続 を 希 望 し かつ 施 工 継 続 可 能 と 認 められる 場 合 には 地 方 裁 判 所 の 再 生 手 続 の 開 始 決 定 後 に 工 事 請 負 者 から 別 紙 13 による 工 事 継 続 願 の 提 出 を 受 けて 工 事 再 着 手 を 図 る (2) 工 事 継 続 願 の 提 出 を 求 めるのは 工 事 請 負 者 側 の 工 事 継 続 意 思 を 確 認 するとともに 協 議 して 定 めた 再 着 日 に 工 事 再 開 がないときは 契 約 解 除 となる 旨 を 相 互 確 認 するためである これにより 民 事 再 生 手 続 の 趣 旨 に 反 して 県 が 一 方 的 に 契 約 解 除 するものではないこと 等 が 明 確 となる (3) 会 社 更 生 法 に 基 づく 会 社 更 生 の 場 合 でも (1) 及 び(2)に 準 じた 取 扱 いを 行 う 2 破 産 に 伴 う 契 約 解 除 破 産 により 工 事 継 続 が 困 難 な 場 合 は 契 約 解 除 を 行 うことになる 契 約 解 除 は 次 の 手 続 に よる (1) 履 行 不 能 届 の 提 出 工 事 請 負 者 からは 別 紙 14 の 履 行 不 能 届 の 提 出 を 受 ける 履 行 不 能 届 の 提 出 を 待 って 別 紙 15 により 契 約 解 除 通 知 を 行 い 契 約 解 除 する 履 行 不 能 届 の 提 出 者 及 び 契 約 解 除 通 知 の 相 手 方 は 次 のとおりとする 申 請 ~ 手 続 開 始 決 定 前 手 続 開 始 決 定 後 破 産 法 手 続 請 負 者 本 人 破 産 管 財 人 法 的 倒 産 民 事 再 生 法 手 続 請 負 者 本 人 請 負 者 本 人 又 は 管 財 人 会 社 更 生 法 手 続 請 負 者 本 人 更 生 管 財 人 法 的 倒 産 以 外 ( 行 方 不 明 等 ) 請 負 者 本 人 ( 内 容 証 明 郵 便 を 使 用 ) (2) 工 事 請 負 者 が 行 方 不 明 等 の 場 合 行 方 不 明 等 の 事 情 により 当 事 者 間 での 協 議 ができない 場 合 には 契 約 担 当 機 関 は 契 約 書 に 記 された 住 所 に 別 紙 16 による 催 告 書 を 内 容 証 明 郵 便 で 送 付 する 催 告 期 限 到 来 後 は 履 行 不 能 届 の 提 出 を 待 つことなく 直 ちに 契 約 解 除 の 手 続 きに 移 る この 場 合 の 契 約 解 除 通 知 ( 別 紙 17)は 催 告 書 と 同 様 内 容 証 明 郵 便 で 行 う 8

11 3 民 事 再 生 手 続 等 に 伴 う 契 約 解 除 (1) 契 約 担 当 機 関 は 別 紙 18 による 工 事 続 行 不 能 届 のほか 別 紙 19 の 協 議 書 の 提 出 を 併 せ て 求 めること (2) (1)の 協 議 書 は 履 行 不 能 ( 契 約 書 第 46 条 第 1 項 第 2 号 )という 原 因 に 加 えて 契 約 書 第 49 条 第 1 項 による 工 事 請 負 者 の 契 約 解 除 権 行 使 ( 県 の 責 により 工 事 続 行 が 困 難 となった 場 合 の 工 事 請 負 者 側 からの 契 約 解 除 の 申 出 )ではない 契 約 解 除 の 申 出 により 契 約 解 除 をす る( 契 約 書 第 46 条 第 1 項 第 5 号 ) 旨 と 県 が 一 方 的 に 契 約 解 除 するものではないことを 明 確 にするためである 契 約 解 除 通 知 は 別 紙 20 によること ここでは 違 約 金 の 徴 収 が 必 要 になることに 注 意 (3) 会 社 更 生 法 に 基 づく 会 社 更 生 の 場 合 でも (1) 及 び(2)に 準 じた 取 扱 いを 行 う 4 民 事 再 生 等 の 手 続 中 の 留 意 点 (1) 民 事 再 生 手 続 の 開 始 が 決 定 されても 再 生 計 画 が 裁 判 所 に 認 められなければ 破 産 手 続 に 移 行 することになる 再 生 計 画 策 定 中 に 工 事 請 負 者 が 民 事 再 生 自 体 を 断 念 することもあ り 得 る また 請 け 負 ったすべての 工 事 が 継 続 されるとは 限 らず 他 の 工 事 は 継 続 するが 県 発 注 の 工 事 は 施 工 断 念 するということもあり 得 ることに 注 意 する (2) 契 約 担 当 機 関 は 民 事 再 生 手 続 が 開 始 された 後 の 工 事 請 負 者 については 常 に 工 事 の 施 工 状 況 を 把 握 していく 必 要 がある 工 事 が 中 断 された 場 合 には 直 ちに 工 事 請 負 者 と 協 議 のうえ これ 以 上 の 施 工 継 続 は 困 難 と 認 められる 場 合 には 契 約 解 除 の 手 続 きに 移 行 しな ければならない (3) 会 社 更 生 法 に 基 づく 会 社 更 生 の 場 合 でも 同 様 である 第 6 その 他 の 契 約 解 除 事 務 の 例 1 工 事 請 負 者 の 建 設 業 法 上 の 許 可 が 取 り 消 されたとき 建 設 業 法 第 29 条 の3 第 1 項 では 許 可 取 消 の 前 に 行 われた 請 負 契 約 に 基 づく 施 工 の 継 続 を 認 めており 第 5と 同 様 の 処 理 により 工 事 の 継 続 について 工 事 請 負 者 との 協 議 を 行 う 工 事 継 続 が 困 難 な 場 合 には 第 5の2に 準 じて 履 行 不 能 届 の 提 出 を 受 けたうえで 契 約 解 除 を 行 う 2 暴 力 団 員 であること 又 は 暴 力 団 若 しくは 暴 力 団 員 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 する 者 であることが 確 認 されたとき( 契 約 書 第 46 条 第 1 項 第 6 号 ) (1) 工 事 請 負 者 が 次 のいずれかに 該 当 するときは 高 知 県 暴 力 団 排 除 条 例 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 原 則 として 契 約 解 除 を 行 う 1 工 事 請 負 者 の 役 員 等 が 暴 力 団 員 等 であると 認 められるとき 2 工 事 請 負 者 の 役 員 等 が 業 務 に 関 し 暴 力 団 員 等 であることを 知 りながらその 者 を 使 用 し 又 は 雇 用 していると 認 められるとき 3 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 等 が 工 事 請 負 者 の 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していると 認 められるとき 4 工 事 請 負 者 の 役 員 等 が 自 己 自 社 若 しくは 第 三 者 の 不 正 の 利 益 を 図 る 目 的 又 は 第 三 者 に 損 害 を 加 える 目 的 をもって 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 等 を 利 用 するなどしたと 認 められるとき 5 工 事 請 負 者 の 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 等 に 対 して 資 金 等 を 供 給 するなど 直 接 的 あ るいは 積 極 的 に 暴 力 団 の 維 持 又 は 運 営 に 協 力 し 又 は 関 与 していると 認 められるとき 6 工 事 請 負 者 の 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 等 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 してい 9

12 ると 認 められるとき 7 工 事 請 負 者 が 下 請 契 約 又 は 資 材 の 購 入 契 約 その 他 の 契 約 に 当 たり 相 手 方 が1から6ま でのいずれかに 該 当 することを 知 りながら 契 約 を 締 結 したと 認 められるとき 8 工 事 請 負 者 が 1から6までのいずれかに 該 当 する 者 を 下 請 契 約 又 は 資 材 の 購 入 契 約 そ の 他 の 契 約 の 相 手 方 としていた 場 合 に 県 がその 契 約 の 解 除 を 求 めたにもかかわらず 従 わなかったとき 9 工 事 請 負 者 が 暴 力 団 員 等 からの 不 当 介 入 に 係 る 県 への 報 告 等 の 義 務 を 履 行 しなかったと 認 められるとき (2) 契 約 担 当 機 関 は 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )と 協 議 のうえ 工 事 の 進 捗 状 況 を 勘 案 して 契 約 解 除 の 可 否 を 判 断 する 契 約 解 除 を 行 う 場 合 には 別 紙 21により 通 知 する (3) この 契 約 解 除 は 債 務 不 履 行 を 原 因 とするものではないので 違 約 金 の 徴 収 につき 保 証 機 関 の 契 約 の 保 証 の 充 当 ができない 違 約 金 は 第 3の 規 定 による 相 殺 により 処 理 する 3 対 象 工 事 に 関 して 談 合 が 行 われ 処 分 が 確 定 したとき( 契 約 書 第 47 条 第 1 項 ) (1) 他 工 事 についての 事 件 は 該 当 しない 対 象 工 事 について 次 の 項 目 が 該 当 する 1 工 事 請 負 者 への 公 正 取 引 委 員 会 の 排 除 措 置 命 令 が 確 定 したとき( 契 約 書 第 47 条 第 1 項 第 1 号 ) 2 工 事 請 負 者 への 公 正 取 引 委 員 会 の 課 徴 金 納 付 命 令 が 確 定 したとき( 契 約 書 第 47 条 第 1 項 第 2 号 ) 3 工 事 請 負 者 への 公 正 取 引 委 員 会 の 審 決 が 確 定 したとき( 契 約 書 第 47 条 第 1 項 第 3 号 ) 4 工 事 請 負 者 への 公 正 取 引 委 員 会 の 審 決 に 対 して 行 った 取 消 の 訴 えに 棄 却 又 は 却 下 の 判 決 が 出 され 確 定 したとき( 契 約 書 第 47 条 第 1 項 第 4 号 ) 5 工 事 請 負 者 の 役 員 又 は 社 員 に 対 して 公 契 約 関 係 競 売 等 妨 害 罪 ( 刑 法 第 96 条 の6) 又 は 贈 賄 罪 ( 同 法 第 198 条 )の 刑 が 確 定 したとき( 契 約 書 第 47 条 第 1 項 第 5 号 ) (2) 契 約 担 当 機 関 は 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )と 協 議 のうえ 工 事 の 進 捗 状 況 を 勘 案 して 契 約 解 除 の 可 否 を 判 断 する (1)5の 場 合 においては 刑 確 定 の 前 に 当 該 工 事 請 負 者 の 役 員 又 は 社 員 が 辞 職 している 場 合 は 対 象 とはならない (3) 契 約 解 除 を 行 う 場 合 には 別 紙 22 により 通 知 する (4) 契 約 担 当 機 関 は (1)に 該 当 する 場 合 には 契 約 解 除 の 有 無 にかかわらず 賠 償 金 ( 当 該 請 負 代 金 額 の 10 分 の2 低 入 札 工 事 であっても この 場 合 は 10 分 の3ではないことに 注 意 )を 徴 収 しなければならない( 契 約 書 第 51 条 第 1 項 ) 契 約 が 履 行 され 工 事 が 完 成 した 後 であっても 対 象 工 事 に 関 する 事 件 であることから 賠 償 を 求 めるものであること (5) 賠 償 金 は 契 約 解 除 に 伴 う 違 約 金 とは 異 なり 契 約 の 保 証 が 充 当 されることはない 工 事 完 成 後 ( 工 事 請 負 契 約 履 行 後 )は 別 紙 23 に 納 付 書 を 添 付 して 送 付 し この 賠 償 金 の 徴 収 を 行 う 納 付 期 限 は 高 知 県 会 計 規 則 第 32 条 第 1 項 の 規 定 により 調 定 の 日 から 起 算 して 閉 庁 日 を 含 み 20 日 以 内 の 日 (20 日 目 が 金 融 機 関 の 休 日 の 場 合 は 直 前 の 営 業 日 )を 指 定 するものとする 契 約 解 除 の 場 合 には 違 約 金 に 加 えて 賠 償 金 を 徴 収 することになるが 別 途 請 求 するものではなく 第 3の 規 定 による 相 殺 により 処 理 する (6)(5)にかかわらず 次 に 該 当 するときは 工 事 完 成 後 の 賠 償 金 の 請 求 はしない ア 工 事 完 成 後 に 賠 償 金 の 請 求 をすることが 適 当 でないと 県 が 特 に 認 めるとき イ 公 正 取 引 委 員 会 の 排 除 措 置 命 令 納 付 命 令 又 は 審 決 の 対 象 となる 行 為 が 不 当 廉 売 であ るとき 10

13 ウ 当 該 工 事 請 負 者 の 役 員 又 は 社 員 に 対 して 確 定 した 罪 が 贈 賄 罪 ( 刑 法 第 198 条 )である とき 4 県 が 当 該 工 事 請 負 者 との 契 約 関 係 を 維 持 することが 道 義 的 に 適 当 でないと 判 断 したとき (1) 次 のような 場 合 が 考 えられる 1 工 事 請 負 者 の 役 員 又 は 社 員 が 談 合 ( 競 争 入 札 を 阻 害 するすべての 不 正 行 為 をいう 以 下 同 じ ) 容 疑 で 逮 捕 され 又 は 公 訴 されたとき 2 工 事 請 負 者 又 は 工 事 請 負 者 の 役 員 若 しくは 社 員 が 社 会 的 な 問 題 で 提 訴 され 又 は 糾 弾 されたとき (2) 契 約 書 第 47 条 第 1 項 各 号 の 規 定 は 単 に 逮 捕 提 訴 等 が 行 われただけでは 足 らず その 刑 や 処 分 が 確 定 することを 要 件 としている これに 対 して たとえば 逮 捕 提 訴 等 には 至 っていない 場 合 でも 報 道 機 関 には 大 きく 取 りあげられ 当 該 工 事 請 負 者 と 契 約 締 結 する ことは 県 民 世 論 が 許 さないといった 状 況 にあるような 場 合 には 契 約 解 除 を 検 討 する 必 要 性 が 生 じる ここでの 契 約 解 除 の 判 断 基 準 は 県 民 から 見 て 県 が 契 約 関 係 を 維 持 するこ とが 道 義 的 に 適 当 かどうかである (3)ここでは 契 約 書 第 58 条 の 協 議 による 合 意 解 除 とする 工 事 請 負 者 と 協 議 のうえ 合 意 に 至 ったときは 別 紙 24 による 合 意 解 除 契 約 書 を 双 方 押 印 のうえ 締 結 する( 貼 附 印 紙 は 請 負 代 金 額 の 大 小 に 関 わらず 200 円 ) 当 初 契 約 書 は そのまま 双 方 が 保 有 する 違 約 金 に ついては 徴 収 しない (4) 協 議 が 調 わず 合 意 に 至 らない 場 合 は 契 約 書 第 46 条 第 1 項 第 4 号 の 契 約 解 除 を 行 うか どうかを 慎 重 に 検 討 する この 契 約 解 除 は 債 務 不 履 行 を 原 因 とするものではないので 違 約 金 の 徴 収 につき 保 証 機 関 の 契 約 の 保 証 の 充 当 ができない 違 約 金 は 第 3の 規 定 によ る 相 殺 により 処 理 する (5)この 契 約 解 除 は 例 外 的 なものであり すべての 契 約 担 当 機 関 は 該 当 事 例 が 生 じた 場 合 には 事 前 に 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )と 協 議 すること 5 事 業 廃 止 に 伴 う 契 約 解 除 (1) 事 業 の 見 直 し 等 により 当 該 工 事 自 体 が 不 要 となって 施 工 途 中 で 当 該 事 業 そのものを 廃 止 する 場 合 などには 契 約 担 当 機 関 は 契 約 書 第 48 条 の 規 定 により 契 約 解 除 を 行 う 同 条 の 規 定 が 第 46 条 第 1 項 前 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 によるほか 必 要 があるときは この 契 約 を 解 除 することができる となっているのはこのためで 工 事 請 負 者 の 債 務 不 履 行 等 の 契 約 違 反 によるものではなく 県 の 都 合 で 契 約 解 除 をするものである (2) 契 約 担 当 機 関 は 工 事 請 負 者 に 事 前 に 説 明 のうえ 別 紙 25 による 契 約 解 除 通 知 書 を 送 付 する その 後 直 ちに 出 来 形 検 査 を 実 施 して 出 来 高 を 確 定 させ 支 払 うべき 工 事 請 負 代 金 額 を 支 払 わなければならない( 過 払 いの 前 払 金 があるときは 工 事 請 負 代 金 と 相 殺 し 保 証 事 業 会 社 の 保 証 は 活 用 しないこと ) 違 約 金 については 徴 収 しない (3) 契 約 書 第 48 条 第 2 項 は この 契 約 解 除 において 損 害 があるときは 工 事 請 負 者 が 県 に 損 害 賠 償 請 求 をすることを 認 めている (4) 事 業 廃 止 に 伴 う 契 約 解 除 は 十 分 工 事 請 負 者 と 協 議 し 理 解 を 得 た 上 で 行 わなければな らない したがって 実 務 的 には 契 約 書 第 48 条 による 契 約 解 除 よりも 契 約 書 第 58 条 の 協 議 による 合 意 解 除 によることが 適 当 である 11

14 第 7 その 他 1 契 約 解 除 事 務 のフロー 等 契 約 解 除 事 務 のうち 代 表 的 な 債 務 不 履 行 に 伴 う 県 側 からの 契 約 解 除 の 事 務 手 続 の 流 れは 別 記 1のとおりである また 契 約 担 当 機 関 の 契 約 解 除 事 務 の 類 型 別 の 取 扱 いは 別 記 2のとおりである 2 指 名 停 止 を 受 けた 工 事 請 負 者 の 取 扱 い 指 名 停 止 中 の 者 は 入 札 への 参 加 はできないが 既 に 契 約 が 締 結 されている 場 合 には 指 名 停 止 措 置 を 受 けても 契 約 解 除 は 行 わない 指 名 停 止 は 入 札 参 加 資 格 の 停 止 であって 契 約 締 結 の 資 格 停 止 ではない ただし 指 名 停 止 事 由 の 重 大 さによっては 第 6の4の 適 用 を 検 討 すべき 場 合 がある 3 委 託 業 務 への 準 用 この 要 領 による 取 扱 いは 建 設 工 事 に 関 わる 委 託 業 務 についても 準 用 する 4 施 行 時 期 この 要 領 は 平 成 21 年 7 月 21 日 から 施 行 する この 要 領 は 平 成 23 年 4 月 1 日 から 施 行 する ただし 改 正 後 の 要 領 の 規 定 中 同 日 付 け の 契 約 書 標 準 書 式 改 正 に 伴 い 改 正 する 部 分 は 同 日 以 後 に 締 結 する 契 約 について 適 用 し 同 日 前 に 既 に 締 結 している 契 約 については なお 従 前 の 例 による この 要 領 は 平 成 24 年 4 月 1 日 から 施 行 する 12

15 別 記 1 債 務 不 履 行 に 伴 う 契 約 解 除 事 務 フローチャート 発 注 者 工 事 請 負 者 契 約 の 保 証 機 関 ( 県 ) 債 務 不 履 行 事 由 の 発 生 債 務 不 履 行 事 由 の 解 消 を 催 告 債 務 不 履 行 事 由 の 解 消 なし 契 約 解 除 の 予 告 ( 口 頭 又 は 文 書 ) 契 契 約 約 解 解 除 除 通 通 知 知 書 契 約 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 書 によ る 場 合 は 除 く 注 契 約 の 保 証 金 の 請 求 ( 違 約 金 ) 工 事 出 来 形 検 査 ( 工 事 請 負 者 契 約 の 保 証 機 関 の 立 会 ) 契 約 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 書 による 場 合 は 除 く 契 約 の 保 証 金 の 支 払 違 約 金 請 求 契 約 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 書 に よる 場 合 のみ 違 約 金 支 払 注 : 前 払 金 ( 中 間 前 払 金 )の 過 払 いがある 場 合 には 契 約 の 保 証 金 と 併 せて 保 証 事 業 会 社 に 前 払 金 ( 中 間 前 払 金 ) 保 証 金 を 請 求 する 13

16 別 記 2 類 型 別 契 約 担 当 機 関 契 約 解 除 事 務 取 扱 一 覧 1 契 約 違 反 の 一 般 的 事 案 ( 債 務 不 履 行 を 事 由 とするもの) (1) 工 事 に 着 手 すべき 期 日 を 過 ぎても 着 手 がないとき (2) 工 事 請 負 者 側 の 事 情 で 工 事 が 工 期 内 に 完 成 しないとき (3) 工 事 請 負 者 が 設 計 図 書 に 違 反 した 施 工 を 行 っているとき 口 頭 で 是 正 指 示 を 行 う ( 第 2の1) 口 頭 指 示 に 従 わない 場 合 は 別 紙 1により 期 限 を 定 めて 催 告 を 行 う ( 第 2の1) 是 正 がない 場 合 には 契 約 解 除 を 決 定 工 事 出 来 形 検 査 実 施 のための 日 程 調 整 ( 第 2の3(1)) 工 事 請 負 者 に 別 紙 2 又 は 別 紙 3により 契 約 解 除 通 知 ( 第 2の2(1)) 契 約 の 保 証 機 関 へ 契 約 解 除 をする 旨 の 予 告 ( 別 紙 4) 及 び 工 事 出 来 形 検 査 立 会 依 頼 ( 第 2の2(3)) 建 設 管 理 課 建 設 業 担 当 へ 報 告 ( 第 2の7) 建 設 管 理 課 契 約 担 当 へ 報 告 ( 第 2の6) 精 算 額 の 確 定 ( 第 2の3(2)) 前 払 金 及 び 中 間 前 払 金 の 回 収 ( 第 2の5) 違 約 金 の 回 収 ( 第 2の4) 違 約 金 はまず 相 殺 で 回 収 する 注 1 ここでは 契 約 解 除 前 提 ではなく まず 是 正 させた 上 での 適 正 な 工 事 施 工 実 現 を 図 る 2 工 期 内 の 完 成 は 困 難 だが 工 事 が 完 成 間 近 であり 契 約 解 除 のうえ 別 業 者 に 施 工 させる より そのまま 施 工 完 遂 させる 方 が 合 理 的 と 判 断 されるときは 契 約 解 除 によらず 工 事 施 工 を 継 続 させる ( 第 4) 2 配 置 技 術 者 の 未 配 置 等 による 契 約 違 反 (1) 現 場 代 理 人 を 常 駐 させないとき (2) 主 任 技 術 者 又 は 監 理 技 術 者 を 配 置 ( 専 任 配 置 が 必 要 な 工 事 にあっては 専 任 配 置 )しないと き (3) 主 任 技 術 者 から 監 理 技 術 者 への 変 更 が 必 要 になったにもかかわらず 監 理 技 術 者 の 専 任 配 置 がないとき (4) 安 全 管 理 の 不 備 等 適 正 な 施 工 管 理 が 行 われていないとき 口 頭 で 不 適 正 のままの 工 事 施 工 を 直 ちに 中 止 させ 適 正 化 を 指 示 する ( 第 2の1) 口 頭 指 示 に 従 わない 場 合 は 別 紙 1により3 日 以 内 の 施 工 適 正 化 を 催 告 する ( 第 2の1) 14

17 是 正 がない 場 合 には 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )と 協 議 のうえ 契 約 解 除 を 決 定 工 事 出 来 形 検 査 実 施 のための 日 程 調 整 ( 第 2の3(1)) 工 事 請 負 者 に 別 紙 2 又 は 別 紙 3により 契 約 解 除 通 知 ( 第 2の2(1)) 契 約 の 保 証 機 関 へ 契 約 解 除 をする 旨 の 予 告 ( 別 紙 4)( 第 2の2(3)) 建 設 管 理 課 建 設 業 担 当 へ 報 告 ( 第 2の7) 建 設 管 理 課 契 約 担 当 へ 報 告 ( 第 2の6) 精 算 額 の 確 定 ( 第 2の3(2)) 前 払 金 及 び 中 間 前 払 金 を 相 殺 により 回 収 ( 第 2の5) 違 約 金 を 相 殺 により 回 収 ( 第 3) 注 1 契 約 解 除 前 提 ではなく まず 是 正 させた 上 での 適 正 な 工 事 施 工 実 現 を 図 る 2 工 事 請 負 者 の 債 務 不 履 行 による 契 約 解 除 ではないので 保 証 機 関 の 保 証 は 適 用 されない ことから 債 権 回 収 は 相 殺 により 行 う 3 配 置 技 術 者 等 の 無 断 変 更 による 契 約 違 反 (1) 主 任 技 術 者 又 は 監 理 技 術 者 の 変 更 が 無 断 で 行 われたとき 変 更 理 由 を 工 事 請 負 者 から 聞 き 監 理 技 術 者 制 度 運 用 マニュアル の 配 置 技 術 者 等 の 変 更 事 由 に 該 当 するか 確 認 ( 監 理 技 術 者 制 度 運 用 マニュアル 2-2(4)) 監 理 技 術 者 制 度 運 用 マニュアル の 配 置 技 術 者 等 の 変 更 事 由 に 該 当 しない 場 合 は 別 紙 1により3 日 以 内 の 変 更 前 の 原 状 回 復 を 催 告 する ( 第 2の1(1)) 是 正 がなく 完 成 間 近 でない 場 合 には 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )と 協 議 のうえ 契 約 解 除 を 決 定 以 下 2と 同 じ 是 正 がなく 完 成 間 近 の 場 合 には 契 約 解 除 はしないが 指 名 停 止 は 行 う ( 不 正 又 は 不 誠 実 な 行 為 に 該 当 ) 建 設 管 理 課 建 設 業 担 当 へ 報 告 ( 第 2の7) 建 設 管 理 課 契 約 担 当 へ 報 告 ( 第 2の6) (2) 現 場 代 理 人 の 変 更 が 無 断 で 行 われたとき 変 更 理 由 を 工 事 請 負 者 から 聞 き 現 場 代 理 人 の 途 中 変 更 禁 止 の 例 外 ( 現 場 代 理 人 の 常 駐 の 取 扱 いについて( 平 成 21 年 5 月 7 日 付 け 21 高 建 管 第 103 号 土 木 部 長 通 知 ) 第 1の6)に 該 当 するか 確 認 現 場 代 理 人 の 途 中 変 更 禁 止 の 例 外 に 該 当 しない 場 合 は 別 紙 1により3 日 以 内 の 変 更 前 の 原 状 回 復 を 催 告 する ( 第 2の1(1)) 是 正 がなく 完 成 間 近 でない 場 合 には 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )と 協 議 のうえ 契 約 解 除 を 決 定 以 下 2と 同 じ 是 正 がなく 完 成 間 近 の 場 合 には 契 約 解 除 はしないが 指 名 停 止 は 行 う ( 不 正 又 は 不 誠 実 な 行 為 に 該 当 ) 15

18 建 設 管 理 課 建 設 業 担 当 へ 報 告 ( 第 2の7) 建 設 管 理 課 契 約 担 当 へ 報 告 ( 第 2の6) 注 1 契 約 解 除 前 提 ではなく まず 是 正 させた 上 での 適 正 な 工 事 施 工 実 現 を 図 る 2 是 正 されない 場 合 完 成 間 近 のときには 契 約 解 除 は 行 わないが 指 名 停 止 措 置 は 行 う 3 工 事 請 負 者 の 債 務 不 履 行 による 契 約 解 除 ではないので 保 証 機 関 の 保 証 は 適 用 されない ことから 債 権 回 収 は 相 殺 により 行 う 4 工 事 請 負 者 の 倒 産 Ⅰ( 破 産 管 財 人 の 決 定 が 行 われる 場 合 ) 工 事 請 負 者 ( 破 産 管 財 人 決 定 後 は 破 産 管 財 人 )と 工 事 の 施 工 継 続 について 協 議 決 定 ( 第 5) 工 事 施 工 継 続 困 難 と 判 断 された 場 合 には 工 事 請 負 者 に 別 紙 14 により 履 行 不 能 の 届 出 をさ せる ( 第 5の2(1)) 履 行 不 能 届 出 書 を 受 理 した 段 階 で 契 約 解 除 を 決 定 以 下 1と 同 じ ( 契 約 解 除 通 知 書 は 別 紙 15 を 使 用 ) 注 工 事 請 負 者 の 建 設 業 許 可 が 取 り 消 された 場 合 も 同 様 の 取 扱 いを 行 う 5 工 事 請 負 者 の 倒 産 Ⅱ( 民 事 再 生 手 続 等 が 行 われるもの) 倒 産 のうち 破 産 手 続 ではなく 民 事 再 生 法 等 により 会 社 再 建 を 目 指 す 場 合 工 事 請 負 者 と 協 議 し 当 該 工 事 の 施 工 継 続 の 可 否 を 判 断 ( 第 5の1) 工 事 継 続 の 場 合 工 事 継 続 が 困 難 な 場 合 再 生 手 続 開 始 決 定 後 ( 再 生 計 画 未 決 定 で 可 ) の 工 事 再 着 が 原 則 別 紙 13 による 工 事 継 続 願 いを 提 出 させた 別 紙 18 による 工 事 続 行 不 能 届 別 紙 19 に 後 に 再 着 を 指 示 ( 第 5の1(1)) よる 協 議 書 を 提 出 させる ( 第 5の3(1)) 再 着 日 に 工 事 が 中 断 したままのときは 工 事 継 続 が 困 難 な 場 合 の 手 続 に 移 行 別 紙 20 による 契 約 解 除 通 知 ( 第 5の3(2)) 施 工 状 況 の 把 握 をこまめに 行 い 工 事 中 断 となった 場 合 は 工 事 請 負 者 と 協 議 の うえ 工 事 継 続 が 困 難 な 場 合 の 手 続 に 移 行 工 事 出 来 形 検 査 実 施 のための 日 程 調 整 ( 第 2の3(1)) 契 約 の 保 証 機 関 へ 契 約 解 除 をする 旨 の 予 告 ( 別 紙 4) 及 び 工 事 出 来 形 検 査 立 会 依 頼 ( 第 2 の2(3)) 建 設 管 理 課 契 約 担 当 へ 報 告 ( 第 2の6) 16

19 精 算 額 の 確 定 ( 第 2の3(2)) 前 払 金 及 び 中 間 前 払 金 の 回 収 ( 第 2の5) 違 約 金 の 回 収 ( 第 2の4) 違 約 金 はまず 相 殺 で 回 収 する 注 1 会 社 更 生 手 続 の 場 合 も 同 様 とする 2 民 事 再 生 手 続 等 に 着 手 した 時 点 で 当 該 工 事 請 負 者 は 指 名 回 避 措 置 を 受 け 入 札 参 加 資 格 をいったん 喪 失 する 6 工 事 請 負 者 の 倒 産 Ⅲ( 行 方 不 明 等 により 連 絡 がとれない 場 合 ) 別 紙 16 により 期 限 を 定 めて 今 後 の 施 工 計 画 を 催 告 ( 第 5の2(2)) 催 告 期 限 到 来 後 別 紙 17 により 契 約 解 除 通 知 ( 第 5の2(2)) 契 約 解 除 手 続 工 事 出 来 形 検 査 実 施 のための 日 程 調 整 ( 第 2の3(1)) 契 約 保 証 機 関 へ 契 約 解 除 をする 旨 の 予 告 ( 別 紙 4) 及 び 工 事 出 来 形 検 査 立 会 依 頼 ( 第 2の2(3)) 建 設 管 理 課 建 設 業 担 当 へ 報 告 ( 第 2の7) 建 設 管 理 課 契 約 担 当 へ 報 告 ( 第 2の6) 精 算 額 の 確 定 ( 第 2の3(2)) 前 払 金 及 び 中 間 前 払 金 の 回 収 ( 第 2の5) 違 約 金 の 回 収 ( 第 2の4) 違 約 金 はまず 相 殺 で 回 収 する 7 暴 力 団 を 排 除 するために 契 約 解 除 を 行 う 場 合 (1) 工 事 請 負 者 の 役 員 等 が 暴 力 団 員 等 であると 認 められるとき (2) 工 事 請 負 者 の 役 員 等 が 業 務 に 関 し 暴 力 団 員 等 であることを 知 りながらその 者 を 使 用 し 又 は 雇 用 していると 認 められるとき (3) 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 等 が 工 事 請 負 者 の 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していると 認 められるとき (4) 工 事 請 負 者 の 役 員 等 が 自 己 自 社 若 しくは 第 三 者 の 不 正 の 利 益 を 図 る 目 的 又 は 第 三 者 に 損 害 を 加 える 目 的 をもって 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 等 を 利 用 するなどしたと 認 められるとき (5) 工 事 請 負 者 の 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 等 に 対 して 資 金 等 を 供 給 するなど 直 接 的 あるい は 積 極 的 に 暴 力 団 の 維 持 又 は 運 営 に 協 力 し 又 は 関 与 していると 認 められるとき (6) 工 事 請 負 者 の 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 等 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 している と 認 められるとき (7) 工 事 請 負 者 が 下 請 契 約 又 は 資 材 の 購 入 契 約 その 他 の 契 約 に 当 たり 相 手 方 が(1)から(6) までのいずれかに 該 当 することを 知 りながら 契 約 を 締 結 したと 認 められるとき (8) 工 事 請 負 者 が (1)から(6)までのいずれかに 該 当 する 者 を 下 請 契 約 又 は 資 材 の 購 入 契 約 そ の 他 の 契 約 の 相 手 方 としていた 場 合 に 県 がその 契 約 の 解 除 を 求 めたにもかかわらず 従 わなかったとき (9) 工 事 請 負 者 が 暴 力 団 員 等 からの 不 当 介 入 に 係 る 県 への 報 告 等 の 義 務 を 履 行 しなかったと 認 17

20 められるとき 工 事 進 捗 状 況 を 勘 案 し 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )と 協 議 のうえ 契 約 解 除 を 決 定 ( 第 6の 2(2)) 工 事 請 負 者 には 別 紙 21により 契 約 解 除 通 知 ( 第 6の2(2)) 工 事 出 来 形 検 査 実 施 のための 日 程 調 整 ( 第 2の3(1)) 契 約 保 証 機 関 へ 契 約 解 除 をする 旨 の 予 告 ( 別 紙 4)( 第 2の2(3)) 建 設 管 理 課 建 設 業 担 当 へ 報 告 ( 第 2の7) 精 算 額 の 確 定 ( 第 2の3(2)) 前 払 金 及 び 中 間 前 払 金 の 回 収 ( 第 2の5) 違 約 金 の 回 収 ( 第 2の4) 違 約 金 はまず 相 殺 で 回 収 する 契 約 解 除 事 務 処 理 の 顛 末 を 建 設 管 理 課 契 約 担 当 へ 報 告 ( 第 2の6) 注 1 完 成 間 近 のときには 契 約 解 除 は 行 わないが 指 名 停 止 措 置 は 行 う 2 工 事 請 負 者 の 債 務 不 履 行 による 契 約 解 除 ではないので 保 証 機 関 の 保 証 は 適 用 されない ことから 債 権 回 収 は 相 殺 により 行 う 8 県 の 裁 量 により 契 約 解 除 を 行 う 場 合 Ⅰ( 賠 償 金 徴 収 なし) (1) 工 事 請 負 者 の 役 員 又 は 社 員 が 談 合 容 疑 で 逮 捕 され 又 は 公 訴 されたとき (2) 工 事 請 負 者 が 社 会 的 な 問 題 で 提 訴 され 又 は 糾 弾 されたとき 工 事 進 捗 状 況 を 勘 案 し 工 事 継 続 又 は 契 約 解 除 のいずれが 適 当 かを 総 合 的 に 検 討 検 討 結 果 を 建 設 管 理 課 契 約 担 当 と 協 議 ( 第 6の4(5)) 契 約 解 除 が 適 当 との 結 論 に 至 った 場 合 は 合 意 解 除 による 契 約 解 除 を 決 定 工 事 請 負 者 と 別 紙 24 により 合 意 解 除 契 約 を 締 結 ( 第 6の4(3)) 工 事 出 来 形 検 査 実 施 のための 日 程 調 整 ( 第 2の3(1)) 契 約 の 保 証 機 関 へ 契 約 解 除 する 旨 の 予 告 ( 別 紙 4)( 第 2の2(3)) 建 設 管 理 課 建 設 業 担 当 へ 報 告 ( 第 2の7) 精 算 額 の 確 定 ( 第 2の3(2)) 前 払 金 及 び 中 間 前 払 金 を 相 殺 により 回 収 ( 第 2の5) 契 約 解 除 事 務 処 理 の 顛 末 を 建 設 管 理 課 契 約 担 当 へ 報 告 ( 第 2の6) 注 1 工 事 請 負 者 の 債 務 不 履 行 による 契 約 解 除 ではないので 保 証 機 関 の 保 証 は 適 用 されない ことから 債 権 回 収 は 相 殺 により 行 う ただし 違 約 金 は 徴 収 しない 2 合 意 解 除 に 応 じないときは 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )と 協 議 のうえ 別 途 契 約 解 除 を 行 う 9 県 の 裁 量 により 契 約 解 除 を 行 う 場 合 Ⅱ( 賠 償 金 徴 収 あり) (1) 工 事 請 負 者 への 公 正 取 引 委 員 会 の 排 除 措 置 命 令 が 確 定 したとき 18

21 (2) 工 事 請 負 者 への 公 正 取 引 委 員 会 の 課 徴 金 納 付 命 令 が 確 定 したとき (3) 工 事 請 負 者 への 公 正 取 引 委 員 会 の 審 決 が 確 定 したとき (4) 工 事 請 負 者 への 公 正 取 引 委 員 会 の 審 決 に 対 して 行 った 取 消 の 訴 えに 棄 却 又 は 却 下 の 判 決 が 確 定 したとき (5) 工 事 請 負 者 の 役 員 又 は 社 員 に 対 して 公 契 約 関 係 競 売 等 妨 害 罪 又 は 贈 賄 罪 の 刑 が 確 定 したと き 工 事 進 捗 状 況 を 勘 案 し 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )と 協 議 のうえ 契 約 解 除 が 適 当 との 結 論 に 至 った 場 合 は 契 約 解 除 を 決 定 ( 第 6の3(2)) 工 事 請 負 者 には 別 紙 22 により 契 約 解 除 通 知 ( 第 6の3(3)) 工 事 出 来 形 検 査 実 施 のための 日 程 調 整 ( 第 2の3(1)) 契 約 保 証 機 関 へ 契 約 解 除 をする 旨 の 予 告 ( 別 紙 4) 及 び 工 事 出 来 形 検 査 立 会 依 頼 ( 第 2の2(3)) 建 設 管 理 課 建 設 業 担 当 へ 報 告 ( 第 2の7) 建 設 管 理 課 契 約 担 当 へ 報 告 ( 第 2の6) 精 算 額 の 確 定 ( 第 2の3(2)) 前 払 金 及 び 中 間 前 払 金 の 回 収 ( 第 2の5) 違 約 金 及 び 賠 償 金 の 回 収 ( 第 2の4 第 6の3(5)) 違 約 金 はまず 相 殺 で 回 収 する 注 1 工 事 請 負 者 の 債 務 不 履 行 による 契 約 解 除 ではないので 保 証 機 関 の 保 証 は 適 用 されない ことから 債 権 回 収 は 相 殺 により 行 う 2 契 約 解 除 を 行 わない 場 合 又 は 工 事 完 成 後 に 当 該 事 由 に 該 当 した 場 合 でも 賠 償 金 は 徴 収 しなければならない 10 工 事 着 手 前 の 契 約 解 除 契 約 締 結 後 工 事 着 手 前 に8と 同 様 の 事 由 が 生 じたとき 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )と 契 約 解 除 の 適 否 を 検 討 工 事 請 負 者 に 事 情 説 明 し 合 意 契 約 解 除 について 協 議 する 別 紙 24 により 合 意 解 除 契 約 を 締 結 ( 合 意 解 除 の 協 議 が 調 わないときは 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )と 協 議 のうえ 別 途 契 約 解 除 を 行 う )( 第 6の4(3)) 契 約 の 保 証 機 関 へ 契 約 解 除 する 旨 の 予 告 ( 別 紙 4)( 第 2の2(3)) 契 約 の 保 証 金 の 返 還 建 設 管 理 課 契 約 担 当 へ 報 告 (この 段 階 では 指 名 停 止 措 置 は 行 わない 指 名 停 止 は 事 件 が 確 定 した 時 点 で 行 われる )( 第 2の6) 注 1 合 意 解 除 では 違 約 金 の 徴 収 は 行 わない 2 ここでは 工 事 出 来 高 はないので 別 紙 24 の6 合 意 内 容 のうち ただし 書 以 下 を 削 除 する 19

22 11 事 業 廃 止 ( 工 事 の 長 期 中 断 の 場 合 を 含 む )に 伴 う 契 約 解 除 施 工 継 続 中 の 工 事 について 当 該 工 事 の 施 工 を 取 りやめるとき 工 事 請 負 者 に 事 情 説 明 し 契 約 解 除 について 協 議 する 別 紙 24 により 合 意 解 除 契 約 を 締 結 ( 合 意 解 除 の 協 議 が 調 わないときは 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )と 協 議 のうえ 別 途 契 約 解 除 を 行 う )( 第 6の4(3)) 工 事 出 来 形 検 査 実 施 のための 日 程 調 整 及 び 工 事 請 負 者 立 会 の 上 検 査 実 施 ( 第 2の3 (1)) 契 約 の 保 証 機 関 へ 契 約 解 除 する 旨 の 予 告 ( 別 紙 4)( 第 2の2(3)) 契 約 の 保 証 金 の 返 還 建 設 管 理 課 契 約 担 当 へ 報 告 ( 第 2の6) 精 算 額 の 確 定 及 び 未 払 出 来 高 分 の 支 払 ( 第 2の3(2)) 注 合 意 解 除 では 違 約 金 の 徴 収 は 行 わない 20

23 別 紙 1 第 号 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 様 高 知 県 知 事 印 催 告 書 平 成 年 月 日 付 けで 請 負 契 約 を 締 結 した 工 事 ( 第 号 )については 下 記 のとおり 契 約 書 の 規 定 に 違 反 する 事 項 が 認 めら れますので 平 成 年 月 日 までに 是 正 をしてください なお 指 定 期 日 までに 契 約 違 反 事 項 の 是 正 がない 場 合 には 契 約 書 第 46 条 第 1 項 第 号 の 規 定 により 工 事 請 負 契 約 を 解 除 しますので 申 し 添 えます 記 注 1 契 約 書 第 46 条 第 1 項 第 号 には 契 約 解 除 事 由 に 応 じて 該 当 するいずれかの 号 を 記 入 する ( 契 約 の 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 書 によっている 場 合 は 契 約 書 第 46 条 は 契 約 書 第 45 条 である ) 2 契 約 違 反 事 項 の 内 容 は 是 正 すべき 内 容 も 含 めて 具 体 的 に 記 入 する 21

24 別 紙 2( 金 銭 的 保 証 タイプ 契 約 書 による 場 合 ) 第 号 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 様 高 知 県 知 事 印 工 事 請 負 契 約 解 除 通 知 書 平 成 年 月 日 付 けで 請 負 契 約 を 締 結 した 工 事 ( 第 号 )については 契 約 書 の 規 定 に 違 反 する 事 項 が 認 められ 平 成 年 月 日 付 け 第 号 でその 是 正 を 催 告 したにもかかわらず 指 定 した 期 日 まで に 是 正 されませんでした つきましては 契 約 書 第 46 条 第 1 項 第 号 の 規 定 により 本 契 約 を 解 除 します なお 本 工 事 に 係 る 出 来 形 検 査 を 下 記 のとおり 実 施 しますので 立 会 をしてください 記 1 実 施 日 時 2 実 施 場 所 注 契 約 書 第 46 条 第 1 項 第 号 は 契 約 解 除 事 由 に 応 じていずれかを 記 載 する 22

25 別 紙 3( 契 約 の 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 書 による 場 合 ) 第 号 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 様 高 知 県 知 事 印 工 事 請 負 契 約 解 除 通 知 書 平 成 年 月 日 付 けで 請 負 契 約 を 締 結 した 工 事 ( 第 号 )については 契 約 書 の 規 定 に 違 反 する 事 項 が 認 められ 平 成 年 月 日 付 け 第 号 でその 是 正 を 催 告 したにもかかわらず 指 定 した 期 日 まで に 是 正 されませんでした つきましては 契 約 書 第 45 条 第 1 項 第 号 の 規 定 により 本 契 約 を 解 除 します なお 本 工 事 に 係 る 出 来 形 検 査 を 下 記 のとおり 実 施 しますので 立 会 をしてください また 契 約 書 第 45 条 第 2 項 の 規 定 による 違 約 金 を 別 途 請 求 することになるので 申 し 添 えます 記 1 実 施 日 時 2 実 施 場 所 注 契 約 書 第 45 条 第 1 項 第 号 は 契 約 解 除 事 由 に 応 じていずれかを 記 載 する 23

26 別 紙 4 平 成 年 月 日 保 証 機 関 名 御 中 高 知 県 知 事 印 工 事 請 負 契 約 解 除 予 告 通 知 貴 社 が 保 証 をし 当 方 が 平 成 年 月 日 付 けで 請 負 契 約 を 締 結 した 工 事 ( 第 号 )については 下 記 事 由 により 工 事 請 負 契 約 書 第 条 第 項 第 号 に 該 当 し 請 負 契 約 を 解 除 する 見 込 みですのでお 知 らせします 記 注 1 工 事 請 負 契 約 書 第 条 第 項 第 号 には 当 該 契 約 解 除 の 根 拠 となる 契 約 書 該 当 条 項 を 記 載 する 2 契 約 解 除 事 由 は 債 務 不 履 行 に 該 当 するか 否 かを 明 確 にしたうえで 具 体 的 に 記 載 する 24

27 別 紙 5 第 号 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 様 高 知 県 知 事 印 工 事 請 負 契 約 の 解 除 に 伴 う 違 約 金 の 請 求 について ( 通 知 ) 平 成 年 月 日 付 けで 工 事 請 負 契 約 の 解 除 を 行 った 工 事 ( 第 号 )については 工 事 請 負 契 約 書 第 46 条 第 2 項 ( 第 47 条 第 3 項 にお いて 準 用 する 第 46 条 第 2 項 )の 規 定 による 下 記 の 違 約 金 を 同 封 の 納 付 書 により 平 成 年 月 日 までに 納 付 してください なお 期 日 までに 納 付 がない 場 合 には 納 付 書 記 載 の 延 滞 金 が 課 せられますので 申 し 添 えま す 記 工 事 請 負 金 額 (A) 円 違 約 金 比 率 (B) 0.1 違 約 金 (A) (B) 円 注 1 違 約 金 は 1 円 未 満 の 端 数 は 切 り 捨 てる 2 納 付 期 限 は 調 定 の 日 から 起 算 して 閉 庁 日 を 含 み 20 日 以 内 の 日 を 指 定 するものとする 3 第 46 条 第 2 項 第 47 条 第 3 項 において 準 用 する 第 46 条 第 2 項 は 契 約 解 除 事 由 に 応 じていずれかを 記 載 する 4 契 約 の 保 証 金 免 除 タイプ 請 負 契 約 書 による 契 約 である 場 合 には 第 46 条 第 2 項 は 第 45 条 第 2 項 第 47 条 第 3 項 において 準 用 する 第 46 条 第 2 項 は 第 46 条 第 3 項 にお いて 準 用 する 第 45 条 第 2 項 であること 5 低 入 札 工 事 の 場 合 には 違 約 金 比 率 は 0.3 とすること 25

28 別 紙 6 保 証 金 請 求 書 平 成 年 月 日 保 証 事 業 会 社 名 御 中 高 知 市 丸 ノ 内 1 丁 目 2-20 高 知 県 知 事 印 工 事 請 負 者 と 締 結 した 建 設 工 事 請 負 契 約 ( 工 事 名 )につ いては 平 成 年 月 日 付 けで 解 除 を 行 い 出 来 形 検 査 を 実 施 した 結 果 下 記 のとおり 県 に 返 還 すべき 前 払 金 ( 中 間 前 払 金 )の 額 が 確 定 しましたので 保 証 金 を 請 求 します つきましては 同 封 の 納 付 書 により 納 付 をお 願 いします 記 工 事 請 負 金 額 (A) 前 ( 中 間 前 ) 払 金 額 (B) 出 来 高 金 額 (C) 保 証 金 請 求 額 (B-C) 円 円 円 円 注 納 付 期 限 をあらかじめ 保 証 事 業 会 社 と 協 議 のうえ 決 定 した 後 に 本 通 知 を 行 うこと 高 知 県 会 計 規 則 第 32 条 第 1 項 の 規 定 により 納 期 の 定 めのないものについては 調 定 の 日 から 起 算 して 20 日 以 内 において 納 期 限 を 適 宜 指 定 するものとされていること 26

29 別 紙 7 平 成 年 月 日 建 設 管 理 課 長 様 土 木 事 務 所 長 契 約 解 除 について( 報 告 ) 平 成 年 月 日 付 けで 請 負 契 約 を 締 結 した 工 事 ( 第 号 )については 下 記 の 事 由 により 平 成 年 月 日 付 けで 契 約 解 除 を 行 いましたが その 顛 末 は 別 添 報 告 書 のとおりです 記 1 工 事 請 負 契 約 金 額 円 2 契 約 解 除 契 約 書 該 当 条 項 第 条 第 項 第 号 3 契 約 解 除 事 由 4 徴 収 すべき 違 約 金 ( 契 約 の 保 証 金 )その 他 の 額 (1) 違 約 金 円 (2) 賠 償 金 円 (3)その 他 返 還 金 額 円 (3)の 内 訳 5 添 付 書 類 (1) 契 約 解 除 顛 末 報 告 書 (2) 催 告 書 の 写 し (3) 契 約 解 除 通 知 書 の 写 し (4)その 他 参 考 となる 書 類 の 写 し 注 1 本 書 は 工 事 出 来 形 検 査 が 完 了 し 違 約 金 ( 契 約 の 保 証 )の 回 収 が 終 わった 段 階 で とり あえず 報 告 する その 後 の 状 況 は 別 添 顛 末 書 に 追 加 する 形 で 記 載 し 必 要 に 応 じて 報 告 す るとともに 最 終 的 な 精 算 完 了 後 に 改 めて 報 告 すること 2 添 付 書 類 (4)その 他 参 考 となるべき 書 類 の 写 しは 土 木 事 務 所 が 報 告 しておくことが 必 要 と 認 める 書 類 又 は 建 設 管 理 課 ( 契 約 担 当 )が 添 付 を 指 示 した 書 類 である 27

30 別 添 契 約 解 除 顛 末 報 告 書 土 木 事 務 所 名 : 工 事 名 : 工 事 番 号 : 第 号 工 事 請 負 金 額 : 円 日 付 処 理 等 の 状 況 注 : 契 約 解 除 事 由 の 発 生 契 約 解 除 事 由 解 消 の 催 告 と 相 手 方 の 対 応 状 況 契 約 解 除 通 知 書 の 送 付 違 約 金 ( 契 約 の 保 証 金 ) 過 払 い 前 払 金 ( 中 間 前 払 金 )の 回 収 等 順 次 記 載 すること 28

31 別 紙 8( 違 約 金 相 殺 通 知 用 ) 第 号 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 様 高 知 県 知 事 印 相 殺 通 知 書 あなたと 締 結 した 工 事 請 負 契 約 について 本 県 があなたに 対 して 有 する 下 記 の 債 権 債 務 を 民 法 第 505 条 第 1 項 の 規 定 により 本 日 対 当 額 で 相 殺 するので 通 知 します なお 相 殺 により 本 県 のあなたに 対 する 債 権 は 消 滅 した( 債 権 は 違 約 金 請 求 権 円 となった)ので 併 せてお 知 らせします 記 ( 請 負 契 約 の 表 示 ) 工 事 名 及 び 工 事 番 号 工 事 ( 第 号 ) 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 請 負 金 額 円 請 負 契 約 年 月 日 平 成 年 月 日 1 自 働 債 権 の 表 示 違 約 金 請 求 権 円 ( 平 成 年 月 日 付 上 記 請 負 契 約 解 除 に 伴 う 違 約 金 請 求 権 ) 2 受 働 債 権 の 表 示 請 負 代 金 請 求 権 円 ( 平 成 年 月 日 付 上 記 請 負 契 約 解 除 に 伴 う 出 来 形 に 相 当 する 請 負 代 金 額 円 から 前 払 金 ( 部 分 払 金 ) 円 を 差 し 引 いた 残 金 円 の 請 負 代 金 請 求 権 ) 注 1 相 殺 によっても 違 約 金 相 当 額 の 残 額 が 残 る 場 合 には 本 文 の( ) 書 を 記 載 す ること 2 賠 償 金 を 合 わせて 相 殺 する 場 合 には 別 紙 9を 参 照 しその 旨 併 記 すること 3 本 通 知 は 配 達 証 明 付 郵 便 として 送 付 すること 29

32 別 紙 9( 賠 償 金 相 殺 通 知 用 ) 第 号 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 様 高 知 県 知 事 印 相 殺 通 知 書 あなたと 締 結 した 工 事 請 負 契 約 について 本 県 があなたに 対 して 有 する 下 記 の 債 権 債 務 を 民 法 第 505 条 第 1 項 の 規 定 により 本 日 対 当 額 で 相 殺 するので 通 知 します なお 相 殺 により 本 県 のあなたに 対 する 債 権 は 消 滅 した( 債 権 は 賠 償 金 請 求 権 円 となった)ので 併 せてお 知 らせします 記 ( 請 負 契 約 の 表 示 ) 工 事 名 及 び 工 事 番 号 工 事 ( 第 号 ) 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 請 負 金 額 円 請 負 契 約 年 月 日 平 成 年 月 日 1 自 働 債 権 の 表 示 賠 償 金 請 求 権 賠 償 金 請 求 権 ) 円 ( 請 負 契 約 書 第 51 条 ( 第 50 条 ) 第 1 項 の 規 定 による 2 受 働 債 権 の 表 示 請 負 代 金 請 求 権 円 ( 平 成 年 月 日 付 上 記 請 負 契 約 解 除 に 伴 う 出 来 形 に 相 当 する 請 負 代 金 額 円 から 前 払 金 ( 部 分 払 金 ) 円 を 差 し 引 いた 残 金 円 の 請 負 代 金 請 求 権 ) 注 1 相 殺 によっても 賠 償 金 相 当 額 の 残 額 が 残 る 場 合 には 本 文 の( ) 書 を 記 載 す ること 2 違 約 金 を 合 わせて 相 殺 する 場 合 には 別 紙 8を 参 照 しその 旨 併 記 すること 3 本 文 中 の 請 負 契 約 書 第 50 条 は 契 約 の 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 書 による 場 合 である 4 本 通 知 は 配 達 証 明 付 郵 便 として 送 付 すること 30

33 別 紙 10( 債 権 譲 受 人 宛 工 事 請 負 代 金 相 殺 通 知 用 ) 第 号 平 成 年 月 日 様 高 知 県 知 事 印 相 殺 通 知 書 あなたが 工 事 請 負 代 金 の 債 権 譲 渡 を 受 けた 工 事 請 負 契 約 について 本 県 が 工 事 請 負 者 に 対 して 有 する 下 記 の 債 権 とあなたが 譲 渡 を 受 けた 工 事 請 負 代 金 受 領 債 権 を 民 法 第 505 条 第 1 項 の 規 定 に より 本 日 対 当 額 で 相 殺 するので 通 知 します なお 相 殺 により 本 県 のあなたに 対 する 債 務 は 消 滅 した( 債 務 は 円 となった) ので 併 せてお 知 らせします 記 ( 請 負 契 約 の 表 示 ) 工 事 名 及 び 工 事 番 号 工 事 ( 第 号 ) 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 請 負 金 額 円 請 負 契 約 年 月 日 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 名 1 自 働 債 権 の 表 示 違 約 金 請 求 権 円 ( 平 成 年 月 日 付 上 記 請 負 契 約 解 除 に 伴 う 違 約 金 請 求 権 ) 賠 償 金 請 求 権 円 ( 請 負 契 約 書 第 51 条 ( 第 50 条 ) 第 1 項 の 規 定 による 賠 償 金 請 求 権 ) 2 受 働 債 権 の 表 示 請 負 代 金 請 求 権 円 ( 平 成 年 月 日 付 上 記 請 負 契 約 解 除 に 伴 う 出 来 形 に 相 当 する 請 負 代 金 額 円 から 前 払 金 ( 部 分 払 金 ) 円 を 差 し 引 いた 残 金 円 の 請 負 代 金 請 求 権 ) 注 1 相 殺 によっても 工 事 請 負 代 金 相 当 額 の 残 額 が 残 る 場 合 には 本 文 の( ) 書 を 記 載 すること 2 1の 部 分 は 違 約 金 又 は 賠 償 金 のいずれを 相 殺 するかにより 選 択 記 載 する 両 方 の 場 合 には 併 記 する 3 本 文 中 の 請 負 契 約 書 第 50 条 は 契 約 の 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 書 による 場 合 である 4 本 通 知 は 配 達 証 明 付 郵 便 として 送 付 すること 31

34 別 紙 11 第 号 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 様 高 知 県 知 事 印 工 事 完 成 遅 延 の 承 認 について( 通 知 ) 平 成 年 月 日 付 けで 工 事 完 成 遅 延 報 告 のあった 下 記 工 事 については 下 記 指 示 事 項 に 基 づき 引 き 続 き 建 設 工 事 請 負 契 約 を 履 行 することを 承 認 します なお 建 設 工 事 請 負 契 約 書 第 45 条 第 2 項 の 規 定 により 請 負 代 金 額 から 出 来 形 部 分 に 相 応 する 請 負 代 金 額 を 控 除 した 額 につき 工 事 完 成 の 遅 延 日 数 に 応 じて 年 3.1%の 割 合 で 計 算 した 額 の 損 害 金 を 別 途 請 求 することになりますので 申 し 添 えます 記 1 工 事 名 2 工 事 番 号 3 工 期 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 4 請 負 代 金 額 5 指 示 事 項 (1) 工 事 完 成 期 限 日 における 出 来 形 検 査 を 受 けること (2) 工 事 継 続 に 伴 う 施 工 計 画 書 を 提 出 のうえ 監 督 職 員 の 確 認 を 受 けた 後 に 施 工 すること 施 工 計 画 に 変 更 が 生 じたときも 同 様 とする (3) 完 成 期 限 後 の 施 工 については 工 事 監 督 職 員 へ 連 絡 協 議 を 行 い その 指 示 又 は 確 認 を 受 けること 注 建 設 工 事 請 負 契 約 書 第 45 条 は 契 約 の 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 書 によっている 場 合 は 第 44 条 であること 32

35 別 紙 12 第 号 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 様 高 知 県 知 事 印 契 約 履 行 遅 滞 に 伴 う 損 害 金 の 請 求 について( 通 知 ) 建 設 工 事 請 負 契 約 書 第 45 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 損 害 金 を 請 求 しますので 同 封 の 納 付 書 により 平 成 年 月 日 までに 納 付 してください なお 期 日 までに 納 付 がない 場 合 には 納 付 書 記 載 の 延 滞 金 が 課 せられますので 申 し 添 えま す 記 工 事 請 負 金 額 履 行 遅 滞 時 工 事 損 害 金 対 象 額 完 成 遅 延 日 数 損 害 金 請 求 額 (A) 出 来 高 (B) (A)-(B) (C) (D) (C) (D) /365 円 円 円 日 円 注 1 損 害 金 請 求 額 が 100 円 未 満 の 場 合 は 請 求 しない 損 害 金 請 求 額 の1 円 未 満 の 端 数 は 切 り 捨 てる 2 建 設 工 事 請 負 契 約 書 第 45 条 は 契 約 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 書 によっている 場 合 は 第 44 条 であること 33

36 別 紙 13 平 成 年 月 日 高 知 県 知 事 様 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 印 工 事 継 続 願 当 社 は 平 成 年 月 日 付 けで 地 方 裁 判 所 へ 民 事 再 生 法 に 基 づく 民 事 再 生 手 続 の 申 立 て( 平 成 年 ( 再 ) 第 号 )を 行 いましたが 平 成 年 月 日 付 けで 貴 県 と 請 負 契 約 を 締 結 した 下 記 工 事 について 継 続 して 施 工 させていただきたくお 願 いします なお 平 成 年 月 日 までに 下 記 工 事 を 再 開 すること 同 日 までに 工 事 再 開 に 至 らな い 場 合 は 再 開 しないことをもって 契 約 解 除 の 申 出 として 取 り 扱 われても 異 存 ないことを 確 約 いた します 記 1 工 事 名 2 工 事 番 号 3 請 負 金 額 4 工 期 注 1 工 事 再 着 日 は 工 事 請 負 者 と 協 議 のうえ 可 能 な 限 り 早 い 日 を 決 定 して 記 入 する 2 会 社 更 生 法 適 用 の 場 合 には 民 事 再 生 法 を 会 社 更 生 法 に 民 事 再 生 手 続 を 会 社 更 生 手 続 にそれぞれ 改 める 34

37 別 紙 14 平 成 年 月 日 高 知 県 知 事 様 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 印 履 行 不 能 届 平 成 年 月 日 付 けで 工 事 請 負 契 約 を 行 った 工 事 ( 第 号 )については 鋭 意 工 事 の 進 捗 に 努 めてまいりましたが 下 記 の 事 由 により 工 事 の 続 行 が 困 難 となりましたので 届 け 出 ます 記 注 1 履 行 不 能 の 事 由 は 平 成 年 月 日 倒 産 し 破 産 手 続 に 着 手 した 等 具 体 的 に 記 入 すること 2 破 産 手 続 等 法 定 の 手 続 により 法 定 代 理 人 が 決 定 した 後 の 発 信 者 は 工 事 請 負 者 ではなく 破 産 管 財 人 等 の 当 該 法 定 代 理 人 であること 35

38 別 紙 15 第 号 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 様 高 知 県 知 事 印 工 事 請 負 契 約 解 除 通 知 書 平 成 年 月 日 付 けで 請 負 契 約 を 締 結 した 工 事 ( 第 号 )については 平 成 年 月 日 付 け 履 行 不 能 届 を 受 理 しま した つきましては 契 約 書 第 46 条 ( 第 45 条 ) 第 1 項 第 2 号 の 規 定 により 本 契 約 を 解 除 します なお 本 工 事 における 出 来 形 検 査 を 下 記 のとおり 実 施 しますので 立 会 してください 記 1 実 施 日 時 2 実 施 場 所 注 1 本 文 の( ) 書 は 契 約 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 によっている 場 合 である 2 本 通 知 の 宛 先 は 履 行 不 能 届 が 破 産 管 財 人 等 法 定 代 理 人 によるものである 場 合 には 工 事 請 負 者 ではなく 当 該 法 定 代 理 人 であること 36

39 別 紙 16 第 号 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 様 高 知 県 知 事 名 催 告 書 平 成 年 月 日 付 けで 請 負 契 約 を 締 結 した 工 事 ( 第 号 )については 平 成 年 月 日 現 在 工 事 施 工 が 中 断 されて おり 進 捗 状 況 から 勘 案 して 工 期 内 の 完 成 が 不 確 実 であると 認 められます つきましては ただちに 施 工 再 開 に 取 り 組 むものとして 今 後 の 施 工 計 画 を 記 載 した 総 合 工 程 表 を 作 成 し 平 成 年 月 日 までに 提 出 してください 同 日 までに 総 合 工 程 表 の 提 出 が ない 場 合 あなたに 工 事 請 負 契 約 履 行 の 意 思 がなく 解 除 の 申 し 出 があったものとみなしますの で 申 し 添 えます 注 内 容 証 明 郵 便 所 定 の 書 式 にしたがって 作 成 し 内 容 証 明 郵 便 として 送 付 すること 37

40 別 紙 17 第 号 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 様 高 知 県 知 事 名 工 事 請 負 契 約 解 除 通 知 書 平 成 年 月 日 付 けで 請 負 契 約 を 締 結 した 工 事 ( 第 号 )については 工 事 施 工 が 中 断 のままであり 工 事 再 開 を 催 告 したに もかかわらず 指 定 した 期 日 までに 当 該 工 事 施 工 の 再 開 に 係 る 総 合 工 程 表 の 提 出 がありませんで した つきましては 契 約 書 第 46 条 ( 第 45 条 ) 第 1 項 第 2 号 の 規 定 により 本 契 約 を 解 除 します なお 本 工 事 における 出 来 形 検 査 を 下 記 のとおり 実 施 しますので 立 会 してください 記 1 実 施 日 時 2 実 施 場 所 注 1 本 文 の( ) 書 は 契 約 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 によっている 場 合 である 2 工 事 請 負 者 の 出 来 形 検 査 立 会 は 期 待 できないが 正 規 の 取 扱 いにしたがって 通 知 する この 場 合 の 出 来 形 検 査 は 当 該 契 約 に 係 る 保 証 機 関 の 立 会 を 求 めて 実 施 して 差 し 支 えない 3 内 容 証 明 郵 便 所 定 の 書 式 にしたがって 作 成 し 内 容 証 明 郵 便 として 送 付 すること 38

41 別 紙 18 平 成 年 月 日 高 知 県 知 事 様 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 印 工 事 続 行 不 能 届 平 成 年 月 日 付 けで 貴 県 と 請 負 契 約 を 締 結 した 下 記 工 事 について 工 事 再 開 に 向 け 鋭 意 努 力 しましたが 今 後 の 資 金 計 画 と 下 請 企 業 の 理 解 が 得 られず 工 事 の 続 行 が 不 能 となりま したので お 届 けします 記 1 工 事 名 2 工 事 番 号 3 請 負 金 額 4 工 期 39

42 別 紙 19 平 成 年 月 日 高 知 県 知 事 様 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 印 協 議 書 平 成 年 月 日 付 けで 貴 県 と 請 負 契 約 を 締 結 した 下 記 工 事 について 工 事 再 開 に 向 け 鋭 意 努 力 しましたが 今 後 の 資 金 計 画 と 下 請 企 業 の 理 解 が 得 られず 工 事 の 続 行 が 不 能 となりま したので 契 約 解 除 をお 願 いいたしたく 建 設 工 事 請 負 契 約 書 第 46 条 ( 第 45 条 ) 第 1 項 第 5 号 により 協 議 します 記 1 工 事 名 2 工 事 番 号 3 請 負 金 額 4 工 期 注 ( )は 契 約 の 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 書 の 場 合 である 40

43 別 紙 20 第 号 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 様 高 知 県 知 事 印 工 事 請 負 契 約 解 除 通 知 書 平 成 年 月 日 付 けで 請 負 契 約 を 締 結 した 工 事 ( 第 号 )については 平 成 年 月 日 付 け 工 事 続 行 不 能 届 を 受 理 しました また 同 日 付 け 協 議 書 により 契 約 解 除 の 協 議 がありました つきましては 建 設 工 事 請 負 契 約 書 第 46 条 ( 第 45 条 ) 第 1 項 第 2 号 及 び 第 5 号 の 規 定 により 本 契 約 を 解 除 します なお 本 工 事 に 係 る 出 来 形 検 査 を 下 記 のとおり 実 施 しますので 立 会 してください 記 1 実 施 日 時 2 実 施 場 所 注 本 文 の( ) 書 は 契 約 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 書 の 場 合 である 41

44 別 紙 21 第 号 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 様 高 知 県 知 事 印 工 事 請 負 契 約 解 除 通 知 書 平 成 年 月 日 付 けで 請 負 契 約 を 締 結 した 工 事 ( 第 号 )については 公 共 の 用 に 供 することを 目 的 に 発 注 した 県 として あなたに 関 して 認 められた 下 記 事 由 により 今 後 あなたとの 契 約 を 維 持 することは 適 当 ではなく 当 該 工 事 をあなたに 請 け 負 わせることは 困 難 と 判 断 しました つきましては 建 設 工 事 請 負 契 約 書 第 46 条 ( 第 45 条 ) 第 1 項 第 6 号 の 規 定 により 本 契 約 を 解 除 します なお 本 工 事 における 出 来 形 検 査 を 下 記 のとおり 実 施 しますので 立 会 してください 記 1 契 約 解 除 の 根 拠 となった 事 由 2 出 来 形 検 査 実 施 予 定 (1) 実 施 日 時 (2) 実 施 場 所 注 1 本 文 の( ) 書 は 契 約 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 書 の 場 合 である 2 記 の1には 契 約 解 除 を 判 断 するに 至 った 具 体 的 事 由 を 記 載 する 42

45 別 紙 22 第 号 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 様 高 知 県 知 事 印 工 事 請 負 契 約 解 除 通 知 書 平 成 年 月 日 付 けで 請 負 契 約 を 締 結 した 工 事 ( 第 号 )については 公 共 の 用 に 供 することを 目 的 に 発 注 した 県 として あなたに 関 して 生 じた 下 記 事 由 により 今 後 あなたとの 契 約 を 維 持 することは 適 当 ではなく 当 該 工 事 をあなたに 請 け 負 わせることは 困 難 と 判 断 しました つきましては 契 約 書 第 47 条 ( 第 46 条 ) 第 1 項 第 号 の 規 定 により 本 契 約 を 解 除 します なお 本 工 事 における 出 来 形 検 査 を 下 記 のとおり 実 施 しますので 立 会 してください 記 1 契 約 解 除 の 根 拠 となった 事 由 2 出 来 形 検 査 実 施 予 定 (1) 実 施 日 時 (2) 実 施 場 所 注 1 本 文 の( ) 書 は 契 約 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 によっている 場 合 であり 第 1 項 第 号 には 該 当 する 各 号 を 記 載 する 2 記 の1には 契 約 解 除 を 判 断 するに 至 った 具 体 的 事 由 を 記 載 する 43

46 別 紙 23 第 号 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 様 高 知 県 知 事 印 賠 償 金 の 請 求 について( 通 知 ) 平 成 年 月 日 付 けで 工 事 請 負 契 約 を 行 った 工 事 ( 第 号 )については あなたが 工 事 請 負 契 約 書 第 47 条 ( 第 46 条 ) 第 1 項 第 号 の 規 定 に 該 当 することから 同 第 51 条 ( 第 50 条 ) 第 1 項 の 規 定 による 下 記 の 賠 償 金 を 同 封 の 納 付 書 により 平 成 年 月 日 までに 納 付 してください なお 期 日 までに 納 付 がない 場 合 には 納 付 書 記 載 の 延 滞 金 が 課 せられますので 申 し 添 えま す 記 工 事 請 負 金 額 (A) 円 賠 償 金 比 率 (B) 0.2 賠 償 金 (A) (B) 円 注 1 賠 償 金 は 1 円 未 満 の 端 数 は 切 り 捨 てる 2 納 付 期 限 は 調 定 の 日 から 起 算 して 閉 庁 日 を 含 み 20 日 以 内 の 日 を 指 定 するものとする 3 本 文 の( ) 書 は 契 約 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 書 の 場 合 であり 第 1 項 第 号 に は 該 当 するいずれかの 号 を 記 載 する 44

47 別 紙 円 印 紙 を 貼 付 のこと 工 事 請 負 合 意 解 除 契 約 書 発 注 者 高 知 県 と 受 注 者 ( 住 所 商 号 又 は 名 称 及 び 代 表 者 職 氏 名 ) との 間 で 平 成 年 月 日 に 締 結 した 下 記 の 請 負 契 約 について 建 設 工 事 請 負 契 約 書 第 58 条 ( 第 57 条 )に 基 づき 合 意 のうえ 解 除 する 記 1 工 事 名 2 工 事 番 号 第 号 3 工 事 場 所 4 工 期 平 成 年 月 日 から 平 成 年 月 日 まで 5 請 負 代 金 円 6 合 意 内 容 発 注 者 と 受 注 者 の 双 方 がそれぞれ 互 いに 有 する 上 記 契 約 に 起 因 する 権 利 及 び 義 務 については すべて 放 棄 する ただし 施 工 済 分 については 発 注 者 は 受 注 者 の 立 会 のもと 出 来 形 検 査 を 実 施 したうえで 出 来 高 額 の 精 算 を 行 う この 契 約 を 証 するため 本 書 2 通 を 作 成 し 発 注 者 と 受 注 者 が 記 名 押 印 のうえ 各 自 その1 通 を 保 有 するものとする 平 成 年 月 日 発 注 者 高 知 県 契 約 担 当 者 職 氏 名 高 知 県 知 事 印 受 注 者 住 所 氏 名 印 注 ( 第 57 条 ) は 契 約 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 書 による 場 合 である 45

48 別 紙 25 第 号 平 成 年 月 日 工 事 請 負 者 商 号 又 は 名 称 代 表 者 職 氏 名 様 高 知 県 知 事 印 工 事 請 負 契 約 解 除 通 知 書 平 成 年 月 日 付 けで 請 負 契 約 を 締 結 した 工 事 ( 第 号 )については 平 成 年 月 日 事 業 廃 止 決 定 に 伴 い 建 設 工 事 請 負 契 約 書 第 48 条 第 1 項 の 規 定 により 解 除 します つきましては 本 工 事 に 係 る 出 来 形 検 査 を 下 記 のとおり 実 施 しますので 立 会 してください 記 1 実 施 日 時 2 実 施 場 所 注 建 設 工 事 請 負 契 約 書 第 48 条 第 1 項 は 契 約 保 証 金 免 除 タイプ 契 約 書 によっている 場 合 は 第 47 条 であること 46

49 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 新 旧 対 照 表 新 第 1 契 約 解 除 の 類 型 1 契 約 書 における 契 約 解 除 の 規 定 省 略 ================================= ( 発 注 者 の 解 除 権 ) 第 46 条 省 略 2 3 省 略 第 47 条 発 注 者 は 受 注 者 がこの 契 約 に 関 して 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 したときは 契 約 を 解 除 することができる この 解 除 により 受 注 者 に 損 害 を 及 ぼしても 発 注 者 はその 責 めは 負 わない (1)~(4) 省 略 (5) 受 注 者 ( 法 人 の 場 合 にあっては その 役 員 又 はその 使 用 人 )について 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 第 96 条 の6 又 は 第 198 条 の 規 定 による 刑 が 確 定 したとき 2 3 省 略 第 48 条 省 略 2 省 略 ================================= 2 3 省 略 4 その 他 の 契 約 解 除 (1) (2) (3) 契 約 書 第 47 条 は 私 的 独 占 の 禁 止 及 び 公 正 取 引 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 昭 和 22 年 法 律 第 54 号 ) 違 反 に 対 する 処 分 や 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 )の 公 契 約 関 係 競 売 等 妨 害 罪 ( 第 96 条 の6) 又 は 贈 賄 罪 ( 第 198 条 )の 刑 が 確 定 したときに 県 が 損 害 を 賠 償 することなく 契 約 解 除 できる 旨 を 定 めている (4) 省 略 旧 第 1 契 約 解 除 の 類 型 1 契 約 書 における 契 約 解 除 の 規 定 省 略 ================================= ( 発 注 者 の 解 除 権 ) 第 46 条 省 略 2 3 省 略 第 47 条 発 注 者 は 受 注 者 がこの 契 約 に 関 して 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 したときは 契 約 を 解 除 することができる この 解 除 により 受 注 者 に 損 害 を 及 ぼしても 発 注 者 はその 責 めは 負 わない (1)~(4) 省 略 (5) 受 注 者 ( 法 人 の 場 合 にあっては その 役 員 又 はその 使 用 人 )について 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 第 96 条 の3 又 は 第 198 条 の 規 定 による 刑 が 確 定 したとき 2 3 省 略 第 48 条 省 略 2 省 略 ================================= 2 3 省 略 4 その 他 の 契 約 解 除 (1) (2) (3) 契 約 書 第 47 条 は 私 的 独 占 の 禁 止 及 び 公 正 取 引 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 昭 和 22 年 法 律 第 54 号 ) 違 反 に 対 する 処 分 や 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 )の 競 売 等 妨 害 罪 ( 第 96 条 の3) 又 は 贈 賄 罪 ( 第 198 条 )の 刑 が 確 定 したときに 県 が 損 害 を 賠 償 することなく 契 約 解 除 で きる 旨 を 定 めている (4) 省 略 第 2 一 般 的 な 契 約 解 除 事 務 の 流 れ 第 2 一 般 的 な 契 約 解 除 事 務 の 流 れ 1

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80>

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80> 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 調 理 室 改 修 設 計 施 工 プロポーザル( 公 募 型 ) 実 施 要 項 平 成 23 年 8 月 飛 騨 市 -1- 1 目 的 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 は 平 成 24 年 度 より 指 定 管 理 者 制 度 を 導 入 する 予 定 です 給 食 については 現 在 3 歳 未 満 児 ( 以 下 未 満 児 という )を 含 め 外

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

Taro-入札説明書(真空巻締め)

Taro-入札説明書(真空巻締め) 入 札 説 明 書 宮 崎 県 水 産 試 験 場 が 行 う 真 空 巻 締 め 機 の 賃 貸 借 に 係 る 入 札 公 告 に 基 づく 一 般 競 争 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 入 札 に 参 加 する 者 は 下 記 事 項 を 熟 知 の 上 で 入 札 しなけれこの 場 合 におい て 当 該 説 明 書

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

5 号 )に 基 づく 排 除 措 置 の 期 間 中 でないこと (6) 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 )に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされて いる 者 又 は 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )に 基

5 号 )に 基 づく 排 除 措 置 の 期 間 中 でないこと (6) 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 )に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされて いる 者 又 は 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )に 基 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 ( 条 件 付 一 般 競 争 入 札 ( 事 後 審 査 型 持 参 方 式 ))を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の 6 の 規 定 に 基 づき 公 告 する 平 成 26 年 4 月 9 日 紀 の 川 市 長 中 村 愼 司 1 入 札 に 付 する 工 事

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

(7) 公 共 施 設 における 建 築 物 (1 敷 地 における 延 床 面 積 の 合 計 が 5,000 m2 以 上 )の 劣 化 につ いての 調 査 ( 劣 化 度 調 査 健 全 度 調 査 等 )の 実 績 があること (8) 公 共 施 設 における 建 築 物 (1 敷 地 に

(7) 公 共 施 設 における 建 築 物 (1 敷 地 における 延 床 面 積 の 合 計 が 5,000 m2 以 上 )の 劣 化 につ いての 調 査 ( 劣 化 度 調 査 健 全 度 調 査 等 )の 実 績 があること (8) 公 共 施 設 における 建 築 物 (1 敷 地 に 西 宮 市 告 示 甲 第 号 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 により 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 09 月 30 日 西 宮 市 長 今 村 岳 司 1 入 札 に 付 する 事 項 (1) 件 名 西 宮 市 役 所 本 庁 舎 保 全 計 画

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

所沢市告示第   号

所沢市告示第   号 所 沢 市 告 示 第 282 号 一 般 競 争 入 札 を 執 行 するので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 5 月 13 日 所 沢 市 長 藤 本 正 人 1 入 札 対 象 工 事 ⑴ 工 事 名 所 沢 市 立 美 原 中 学 校 トイレ 改 修 工

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

連 がある 者 でないこと (5) 自 己 又 は 自 己 の 役 員 等 が 次 のいずれにも 該 当 しない 者 であること 及 び 次 に 掲 げる 者 が その 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していない 者 であること ア 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の

連 がある 者 でないこと (5) 自 己 又 は 自 己 の 役 員 等 が 次 のいずれにも 該 当 しない 者 であること 及 び 次 に 掲 げる 者 が その 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していない 者 であること ア 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 平 成 28 年 3 月 8 日 社 会 医 療 法 人 社 団 大 久 保 病 院 理 事 長 大 久 保 健 作 大 久 保 病 院 救 急 外 来 等 増 改 築 工 事 請 負 契 約 に 係 る 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 について ( 公 告 ) 大 久 保 病 院 救 急 外 来 等 増 改 築 工 事 請 負 契 約 に 係 る 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を

More information

(2) 当 該 物 品 等 と 同 種 の 納 入 実 績 に 関 すること (3) その 他 必 要 な 事 項 ( 公 告 ) 第 4 条 市 長 は 一 般 競 争 入 札 に 付 するときは 施 令 第 167 条 の 6 及 び 契 約 規 則 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 次

(2) 当 該 物 品 等 と 同 種 の 納 入 実 績 に 関 すること (3) その 他 必 要 な 事 項 ( 公 告 ) 第 4 条 市 長 は 一 般 競 争 入 札 に 付 するときは 施 令 第 167 条 の 6 及 び 契 約 規 則 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 次 幼 稚 園 等 施 設 遮 熱 紫 外 線 対 策 業 務 委 託 に 係 る 制 限 付 一 般 競 争 入 札 実 施 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 那 覇 市 立 幼 稚 園 等 施 設 において 窓 ガラスに 遮 熱 紫 外 線 対 策 のため のフィルムを 貼 付 施 工 するための 業 務 を 委 託 するにあたり 地 方 自 治 法 施 令 ( 昭 和 22 年

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

教育資金管理約款

教育資金管理約款 教 育 資 金 管 理 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 といいます )が 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2 の2 第 1 項 の 適 用 を 受 けるため 同 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結 し 同 項 に 規 定 される 要 件 及 び 当 社 との 権 利

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

Taro-2220(修正).jtd

Taro-2220(修正).jtd 株 式 会 社 ( 募 集 株 式 の 発 行 ) 株 式 会 社 変 更 登 記 申 請 書 1. 商 号 商 事 株 式 会 社 1. 本 店 県 市 町 丁 目 番 号 1. 登 記 の 事 由 募 集 株 式 発 行 ( 情 報 番 号 2220 全 25 頁 ) 1. 登 記 すべき 事 項 変 更 ( 注 ) 変 更 の 年 月 日 は, 払 込 期 日 又 は 払 込 期 間 の 末

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

(8) 入 札 に 関 する 事 項 の 問 合 わせ 先 陸 上 自 衛 隊 上 富 良 野 駐 屯 地 第 344 会 計 隊 契 約 班 ( 担 当 : 立 川 ) TEL 0167-45-3101 内 線 :347(FAX:660) 11 公 告 掲 示 場 所 (1) 掲 示 場 所 :

(8) 入 札 に 関 する 事 項 の 問 合 わせ 先 陸 上 自 衛 隊 上 富 良 野 駐 屯 地 第 344 会 計 隊 契 約 班 ( 担 当 : 立 川 ) TEL 0167-45-3101 内 線 :347(FAX:660) 11 公 告 掲 示 場 所 (1) 掲 示 場 所 : 公 告 平 成 28 年 1 月 25 日 分 任 契 約 担 当 官 陸 上 自 衛 隊 上 富 良 野 駐 屯 地 第 344 会 計 隊 長 長 谷 川 洋 三 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 を 行 う 1 競 争 に 付 する 事 項 (1) 件 名 : 毛 布 外 注 洗 濯 ほか3 件 別 紙 第 2 内 訳 書 のとおり (2) 納 入 場 所 : 陸 上 自 衛 隊 上 富

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領 スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 本 要 領 は スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 を 委 託 する 事 業 者 を 選 定 するに 当 たり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 めるものである 1 業 務 の 概 要 (1)

More information

(8) 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 掲 げる 暴 力 団 及 びそれらの 利 益 となる 活 動 を 行 う 者 でないこと (9) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税

(8) 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 掲 げる 暴 力 団 及 びそれらの 利 益 となる 活 動 を 行 う 者 でないこと (9) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 嘉 手 納 町 住 環 境 整 備 基 本 計 画 ( 基 礎 調 査 ) 業 務 に 関 する 企 画 提 案 募 集 要 領 この 要 領 は 嘉 手 納 町 住 環 境 整 備 基 本 計 画 ( 基 礎 調 査 ) 業 務 に 関 する 企 画 提 案 に 係 る 優 先 候 補 者 の 選 定 にあたり 本 募 集 要 領 に 基 づき 広 く 企 画 提 案 を 募 集 し 最 も 適

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 施 設 改 修 工 事 等 に 関 する コンストラクション マネジメント 業 務 委 託 事 業 者 募 集 要 項 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 は 平 成 25 年 度 から 平 成 27 年 度 において 実 施 が 予 定 される 施 設 改 修 工 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

募集要項

募集要項 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 コピー 用 紙 購 入 における 単 価 契 約 の 入 札 参 加 者 募 集 要 領 1 趣 旨 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 ( 以 下 公 社 という )において コピー 用 紙 の 納 入 を 行 う 業 者 を 募 集 する 2 入 札 に 付 する 事 項 (1) 調 達 件 名 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 コピー 用 紙 購 入 における

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A>

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A> 建 設 省 経 振 発 第 8 号 平 成 11 年 1 月 28 日 改 正 国 総 建 第 199 号 国 総 建 整 第 156 号 平 成 20 年 10 月 17 日 都 道 府 県 知 事 政 令 指 定 都 市 長 あて 建 設 省 建 設 経 済 局 長 公 共 工 事 に 係 る 工 事 請 負 代 金 債 権 の 譲 渡 を 活 用 した 融 資 制 度 について 建 設 投 資

More information

「経営者保証に関するガイドライン」に基づく保証債務の整理に係る課税関係の整理

「経営者保証に関するガイドライン」に基づく保証債務の整理に係る課税関係の整理 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン に 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 に 係 る 課 税 関 係 の 整 理 目 次 平 成 26 年 1 月 16 日 制 定 Q1 主 たる 債 務 と 保 証 債 務 の 一 体 整 理 を 既 存 の 私 的 整 理 手 続 により 行 った 場 合... 2 Q2 主 たる 債 務 について 既 に 法 的 整 理 ( 再 生 型 )が 終

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい 小 松 島 市 プロポーザル 方 式 実 施 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 市 が 発 注 する 企 画 調 査, 計 画, 設 計 等 の 業 務 のうち, 高 度 な 技 術 又 は 専 門 的 な 知 識 を 必 要 とする 業 務 等 の 契 約 に 当 たり, 当 該 業 務 に 係 る 提 案 を 求 め, 当 該 業 務 の 目 的 及 び 内 容 に 最 も

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

<5461726F2D8CF68D908A549776816989BA97AC89CD90EC8FF38BB592B28DB8>

<5461726F2D8CF68D908A549776816989BA97AC89CD90EC8FF38BB592B28DB8> 入 札 公 告 をご 覧 いただく 前 に ( 公 告 概 要 のお 知 らせ) この 度 公 告 する 滝 沢 ダム 下 流 河 川 状 況 調 査 の 主 な 内 容 は 以 下 のとおりです ( 入 札 公 告 本 文 は このお 知 らせの 後 段 に 掲 載 しております ) 一. 業 務 内 容 等 について 1 業 務 名 滝 沢 ダム 下 流 河 川 状 況 調 査 2 履 行 期

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

   新潟市市税口座振替事務取扱要領

   新潟市市税口座振替事務取扱要領 昭 和 63 年 4 月 1 日 制 定 平 成 13 年 5 月 1 日 全 部 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 12 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 7 月 17 日 一 部 改 正 平 成

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

るよう 工 事 打 合 せ 簿 ( 様 式 2)により 受 注 者 に 求 めます 5-1 理 由 書 ( 様 式 3)が 提 出 され 特 別 の 事 情 を 有 すると 認 めた 場 合 は 社 会 保 険 等 の 加 入 が 確 認 できる 書 類 を 提 出 するよう 工 事 打 合 せ 簿

るよう 工 事 打 合 せ 簿 ( 様 式 2)により 受 注 者 に 求 めます 5-1 理 由 書 ( 様 式 3)が 提 出 され 特 別 の 事 情 を 有 すると 認 めた 場 合 は 社 会 保 険 等 の 加 入 が 確 認 できる 書 類 を 提 出 するよう 工 事 打 合 せ 簿 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 係 る 手 続 の 流 れ 平 成 28 年 6 月 17 日 総 務 部 契 約 課 建 設 部 建 設 総 務 課 平 成 28 年 7 月 1 日 以 降 に 契 約 を 締 結 する 建 設 工 事 において 社 会 保 険 等 に 未 加 入 の 建 設 業 者 ( 以 下 未 加 入 業 者 という )と 受 注 者 との 一 次 下 請 契

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

スライド 1

スライド 1 総 則 関 係 説 明 資 料 自 治 税 務 局 企 画 課 平 成 27 年 4 月 10 日 ( 金 ) 平 成 26 年 度 税 制 改 正 における 猶 予 制 度 の 見 直 し 平 成 26 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 25 年 12 月 12 日 自 由 民 主 党 公 明 党 )( 抄 ) 4 円 滑 適 正 な 納 税 のための 環 境 整 備 納 税 者

More information

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果 平 成 7 年 度 検 査 結 果 について () 検 査 体 制 等 農 政 部 農 地 整 備 課 の 検 査 員 名 以 上 により 土 地 改 良 区 等 あたり 日 間 から 日 間 実 施 しました 農 業 振 興 事 務 所 の 土 地 改 良 区 指 導 担 当 職 員 及 び 関 係 市 町 職 員 が 立 会 いました () 検 査 件 数 定 期 検 査 8( 土 地 改 良

More information

Ⅴ Ⅵ 目 予 算 編 成 のフローチャートと 決 算 書 類 19 図 表 6 予 算 編 成 のフローチャート 20 図 表 7 収 支 報 告 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 備 品 台 帳 モデル 21 滞 納 金 回 収 に 関 する 管 理 会 社 の 業 務 と 役 割 25

Ⅴ Ⅵ 目 予 算 編 成 のフローチャートと 決 算 書 類 19 図 表 6 予 算 編 成 のフローチャート 20 図 表 7 収 支 報 告 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 備 品 台 帳 モデル 21 滞 納 金 回 収 に 関 する 管 理 会 社 の 業 務 と 役 割 25 目 マンションの 滞 納 管 理 費 等 回 収 実 務 ハンドブック 目 第 1 章 総 論 管 理 費 修 繕 積 立 金 の 重 要 性 と 徴 収 の 論 理 Ⅰ マンション 管 理 組 合 管 理 費 等 2 1 マンションとは 2 2 管 理 組 合 とは 2 3 管 理 費 等 とは 3 Ⅱ 管 理 費 修 繕 積 立 金 徴 収 の 論 理 とその 重 要 性 4 図 表 1 管 理

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

Microsoft Word - ②募集要項.doc

Microsoft Word - ②募集要項.doc 県 営 住 宅 滞 納 家 賃 回 収 弁 護 士 業 務 委 託 提 案 募 集 要 項 静 岡 県 県 営 住 宅 の 退 去 者 の 滞 納 家 賃 回 収 に 係 る 弁 護 士 業 務 委 託 に 関 する 提 案 募 集 について は 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 募 集 要 項 によるものとする 1 業 務 概 要 (1) 目 的 静 岡 県 が 管 理 する 県 営

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

(1) 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 の 確 認 方 法 等 受 注 者 から 提 出 される 施 工 体 制 台 帳 及 び 添 付 書 類 により 確 認 を 行 います (2) 違 反 した 受 注 者 へのペナルティー 違 反 した 受 注 者 に 対 しては 下 記 のペ

(1) 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 の 確 認 方 法 等 受 注 者 から 提 出 される 施 工 体 制 台 帳 及 び 添 付 書 類 により 確 認 を 行 います (2) 違 反 した 受 注 者 へのペナルティー 違 反 した 受 注 者 に 対 しては 下 記 のペ 井 原 市 発 注 工 事 における 一 次 下 請 人 の 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 の 限 定 について 平 成 27 年 9 月 28 日 井 原 市 では 建 設 業 の 持 続 的 な 発 展 に 必 要 な 人 材 の 確 保 等 の 観 点 から 井 原 市 発 注 工 事 における 社 会 保 険 等 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保

More information

工 事 名 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 5 月 24 日 ( 火

工 事 名 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 5 月 24 日 ( 火 能 代 市 建 設 工 事 応 募 型 指 名 競 争 入 札 の 参 加 者 の 募 集 について 次 のとおり 入 札 を 執 行 するので 下 記 により 入 札 参 加 者 を 公 募 する 1 公 募 日 平 成 28 年 5 月 24 日 2 契 約 担 当 者 能 代 市 長 齊 藤 滋 宣 3 工 事 名 4 施 工 場 所 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

(1)1オールゼロ 記 録 ケース 厚 生 年 金 期 間 A B 及 びCに 係 る 旧 厚 生 年 金 保 険 法 の 老 齢 年 金 ( 以 下 旧 厚 老 という )の 受 給 者 に 時 効 特 例 法 施 行 後 厚 生 年 金 期 間 Dが 判 明 した Bは 事 業 所 記 号 が

(1)1オールゼロ 記 録 ケース 厚 生 年 金 期 間 A B 及 びCに 係 る 旧 厚 生 年 金 保 険 法 の 老 齢 年 金 ( 以 下 旧 厚 老 という )の 受 給 者 に 時 効 特 例 法 施 行 後 厚 生 年 金 期 間 Dが 判 明 した Bは 事 業 所 記 号 が 参 考 資 料 2 時 効 特 例 給 付 の 業 務 実 態 等 に 関 す る 調 査 結 果 に つ い て ( 報 告 書 で 取 り 上 げられた 10 ケースに 該 当 する 事 例 の 具 体 的 イメージ) (1)1オールゼロ 記 録 ケース 厚 生 年 金 期 間 A B 及 びCに 係 る 旧 厚 生 年 金 保 険 法 の 老 齢 年 金 ( 以 下 旧 厚 老 という )の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information