公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係"

Transcription

1 Ⅴ 長 期 給 付 事 業 1 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 は 都 道 府 県 や 市 町 村 の 区 分 や 職 種 の 相 違 によって 適 用 される 制 度 が 異 なっていたものが 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 全 ての 公 務 員 に 通 ずる 統 一 的 な 制 度 が 設 けられました 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 は 公 的 年 金 制 度 としての 性 格 を 有 するとともに 公 務 員 制 度 の 一 環 としての 性 格 を 併 せ 持 っており 地 方 公 務 員 とその 遺 族 の 生 活 の 安 定 と 福 祉 の 向 上 に 寄 与 する とともに 公 務 の 能 率 的 運 営 に 資 することを 目 的 としています したがって 昭 和 61 年 度 からの 年 金 制 度 の 改 革 においても 公 務 員 の 身 分 の 特 殊 性 を 考 慮 し て 年 金 の 給 付 設 計 において 引 き 続 き 職 域 年 金 相 当 部 分 を 設 けるとともに 公 務 上 の 障 害 や 死 亡 に 係 る 給 付 について 特 別 の 配 慮 をするなどの 措 置 が 講 じられています (1) 公 的 年 金 の 仕 組 み ア 昭 和 61 年 4 月 以 降 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 人 は 原 則 として 国 民 年 金 に 強 制 加 入 とされ 共 済 年 金 や 厚 生 年 金 に 加 入 すると 同 時 に 国 民 年 金 制 度 ( 基 礎 年 金 )にも 加 入 したことに なります イ 基 礎 年 金 ( 定 額 )を 1 階 部 分 とし 2 階 部 分 に 給 料 比 例 の 共 済 年 金 を 積 み 上 げ る 2 階 建 年 金 としています 公 務 員 の 共 済 年 金 は さらに 職 域 年 金 相 当 部 分 ( 給 料 比 例 )を 加 算 して 3 階 建 となっています (2) 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 平 成 24 年 8 月 10 日 に 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 等 を 図 るための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 以 下 被 用 者 年 金 一 元 化 法 という ) が 可 決 成 立 し 同 年 8 月 22 日 に 公 布 されました この 被 用 者 年 金 一 元 化 法 により 公 務 員 共 済 年 金 及 び 私 学 共 済 の 年 金 は 厚 生 年 金 に 統 合 され すべての 被 用 者 が 厚 生 年 金 保 険 法 の 被 保 険 者 となることとなりました ア 被 用 者 年 金 一 元 化 法 の 概 要 被 用 者 年 金 一 元 化 法 は 公 務 員 も 厚 生 年 金 へ 加 入 することとなるものですが その 主 な 改 正 項 目 は 次 の6つがあります (ア) 厚 生 年 金 に 公 務 員 及 び 私 学 教 職 員 も 加 入 することとし 2 階 部 分 の 年 金 は 厚 生 年 金 に 統 一 する (イ) 共 済 年 金 と 厚 生 年 金 の 制 度 的 な 差 異 については 基 本 的 に 厚 生 年 金 に 揃 えて 解 消 する (ウ) 共 済 年 金 の1 2 階 部 分 の 保 険 料 を 引 き 上 げ 厚 生 年 金 の 保 険 料 率 ( 上 限 18.3%)に 統 一 する (エ) 厚 生 年 金 事 業 の 実 施 に 当 たっては 効 率 的 な 事 務 処 理 を 行 う 観 点 から 共 済 組 合 や 私 学 事 業 団 を 活 用 する また 制 度 全 体 の 給 付 と 負 担 の 状 況 を 国 の 会 計 に 取 りまとめて 計 上 す る (オ) 共 済 年 金 にある 公 的 年 金 としての3 階 部 分 ( 職 域 年 金 相 当 部 分 )は 廃 止 する 公 的 年 金 としての3 階 部 分 廃 止 後 の 新 たな 年 金 については 別 に 法 律 で 定 める 160

2 公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係 る 施 行 日 は 次 のとおりです (ア) ~(オ) : 平 成 27 年 10 月 1 日 (カ) 平 成 25 年 8 月 1 日 平 成 27 年 9 月 までに 受 給 権 が 発 生 する 年 金 平 成 27 年 10 月 以 降 に 受 給 権 が 発 生 する 方 で 平 成 27 年 9 月 までの 組 合 員 期 間 がある 方 に ついては 経 過 措 置 として その 期 間 に 応 じた 職 域 部 分 の 年 金 が 支 給 されます 平 成 2 7 年 9 月 までの 組 合 員 期 間 厚 生 年 金 基 金 など 職 域 部 分 職 域 部 分 統 合 平 成 27 年 10 月 以 降 に 受 給 権 が 発 生 する 年 金 厚 生 年 金 共 済 年 金 厚 生 年 金 平 成 2 7 年 1 0 月 以 降 の 組 合 員 期 間 職 域 部 分 年 金 払 い 退 職 給 付 共 済 年 金 独 自 の3 階 部 分 であ る 職 域 部 分 は 廃 止 され 平 成 27 年 10 月 から 新 たな 年 金 制 度 として 年 金 払 い 退 職 給 付 が 設 けられます 2 階 部 分 の 給 付 内 容 は 厚 生 年 金 も 共 済 年 金 も 基 本 的 に 同 じです 1 階 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 自 営 業 者 など 会 社 員 国 家 公 務 員 地 方 公 務 員 私 立 学 校 の 教 職 員 など 年 金 払 い 退 職 給 付 のイメージ 現 行 改 正 後 約 2 万 円 / 月 約 1.8 万 円 / 月 有 期 年 金 (20 年 ) 終 身 年 金 終 身 年 金 一 定 の 前 提 ( 標 準 報 酬 月 額 36 万 円 組 合 期 間 40 年 等 )で 試 算 した 例 2 長 期 給 付 の 概 要 (1) 長 期 給 付 とは 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 による 長 期 給 付 は 退 職 共 済 年 金 障 害 共 済 年 金 障 害 一 時 金 遺 族 共 済 年 金 をいいます 私 たち 共 済 組 合 員 は 毎 月 給 料 から 一 定 率 の 長 期 掛 金 ( 年 金 保 険 料 )が 徴 収 されています その 長 期 掛 金 と 地 方 公 共 団 体 ( 長 野 県 等 )が 負 担 する 長 期 負 担 金 で 長 期 給 付 ( 共 済 年 金 ) 事 業 が 行 われています ( 公 的 年 金 の 財 政 運 営 は 積 み 立 て 方 式 ではなく 賦 課 方 式 となって います ) 161

3 長 期 給 付 とは 組 合 員 として 勤 務 し 退 職 後 一 定 年 齢 に 達 した 時 や 在 職 中 の 傷 病 等 で 障 害 状 態 ( 障 害 等 級 に 該 当 )になった 場 合 又 は 不 幸 にして 死 亡 したときなどに 組 合 員 又 は 遺 族 に 支 給 する 給 付 のことです (2) 長 期 給 付 の 種 類 私 たちは 共 済 組 合 の 組 合 員 であるとともに 国 民 年 金 の 被 保 険 者 であることから 退 職 ( 老 齢 ) 障 害 又 は 遺 族 給 付 に 係 る 年 金 は 共 済 組 合 から 共 済 年 金 が 国 民 年 金 から 基 礎 年 金 が それぞれ 支 給 されることになります 共 済 組 合 の 長 期 給 付 退 職 ( 老 齢 ) 給 付 障 害 給 付 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 (65 歳 に 達 するまで 支 給 ) 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 (65 歳 から 支 給 ) 組 合 員 期 間 等 が 25 年 以 上 ( 特 例 あり)の 方 で 支 給 年 齢 に 達 したとき 障 害 共 済 年 金 組 合 員 期 間 中 に 初 診 日 のある 病 気 やけがにより 法 に 定 める1~3 級 の 障 害 状 態 になったとき 障 害 一 時 金 公 務 外 の 病 気 やけがで 軽 度 の 障 害 状 態 となって 退 職 したとき( 障 害 共 済 年 金 が 支 給 されないとき) 国 民 年 金 か ら の 給 付 遺 族 給 付 老 齢 基 礎 年 金 障 害 基 礎 年 金 遺 族 基 礎 年 金 遺 族 共 済 年 金 在 職 中 や 退 職 後 に 死 亡 したとき 組 合 員 期 間 等 が 25 年 以 上 ある 場 合 65 歳 から 支 給 法 に 定 める1 2 級 の 障 害 等 級 に 該 当 する 状 態 に なった 場 合 に 支 給 組 合 員 の 死 亡 当 時 その 者 によって 生 計 を 維 持 さ れていた 子 のある 配 偶 者 又 は 子 に 支 給 162

4 3 退 職 ( 老 齢 ) 給 付 (1) 退 職 共 済 年 金 の 支 給 要 件 退 職 共 済 年 金 は 本 来 65 歳 から 支 給 されることになっていますが 特 例 により 生 年 月 日 に 応 じて 65 歳 に 達 するまで 特 別 支 給 の 退 職 年 金 が 支 給 されます ア 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 支 給 要 件 昭 和 36 年 4 月 1 日 以 前 に 生 まれた 者 で 次 表 に 掲 げる 生 年 月 日 の 区 分 に 応 じて 右 欄 に 掲 げる 年 齢 以 上 65 歳 未 満 であること 1 年 以 上 の 組 合 員 期 間 ( 注 1)を 有 すること 組 合 員 期 間 等 ( 注 2)が 25 年 以 上 ( 注 3)であること 生 年 月 日 年 齢 昭 和 28 年 4 月 1 日 以 前 60 歳 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 30 年 4 月 1 日 昭 和 30 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 32 年 4 月 1 日 昭 和 32 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 34 年 4 月 1 日 昭 和 34 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 36 年 4 月 1 日 61 歳 62 歳 63 歳 64 歳 イ 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 支 給 要 件 65 歳 以 上 であること 組 合 員 期 間 等 ( 注 2)が 25 年 以 上 ( 注 3)であること 退 職 していること 又 は 在 職 中 の 場 合 で1 年 以 上 の 組 合 員 期 間 を 有 すること ( 注 1) 組 合 員 期 間 とは 国 家 公 務 員 等 又 は 地 方 公 務 員 等 の 共 済 組 合 員 期 間 をいいます なお 組 合 員 期 間 ( 昭 和 61 年 4 月 1 日 以 後 の 期 間 )は 同 時 に 国 民 年 金 に 加 入 した 期 間 とされます ( 注 2) 組 合 員 期 間 等 とは 次 に 掲 げる 期 間 を 合 算 したものをいいます (ア) 組 合 員 期 間 (イ) 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 厚 生 年 金 保 険 の 加 入 期 間 (ウ) 国 民 年 金 納 付 済 期 間 (エ) 国 民 年 金 法 に 規 定 する 保 険 料 免 除 期 間 (オ) 国 民 年 金 法 に 規 定 する 合 算 対 象 期 間 ( 任 意 加 入 期 間 等 ) ( 注 3) 上 記 (ア) (イ)の 期 間 については 組 合 員 の 生 年 月 日 に 応 じ 次 表 の 期 間 以 上 であれば 支 給 要 件 の 25 年 を 満 たすとみなされます 生 年 月 日 受 給 資 格 期 間 昭 和 27 年 4 月 1 日 以 前 20 年 昭 和 27 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 28 年 4 月 1 日 21 年 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 29 年 4 月 1 日 22 年 昭 和 29 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 30 年 4 月 1 日 23 年 昭 和 30 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 31 年 4 月 1 日 24 年 163

5 ウ 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 21 世 紀 の 高 齢 社 会 に 向 けて 雇 用 と 年 金 の 連 携 に 配 慮 し 高 齢 者 の 雇 用 の 推 進 を 図 るこ と 将 来 の 現 役 世 代 に 過 重 な 負 担 が 生 じないよう 給 付 と 負 担 の 均 衡 を 図 ること 公 的 年 金 制 度 の 長 期 安 定 を 図 ることなどを 目 的 に 平 成 6 年 平 成 12 年 及 び 平 成 16 年 に 年 金 制 度 の 改 正 が 行 われ 生 年 月 日 により 支 給 開 始 年 齢 が 段 階 的 に 引 き 上 げられています 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 は 定 額 部 分 ( 老 齢 基 礎 年 金 相 当 部 分 ) 厚 生 年 金 相 当 部 分 職 域 年 金 相 当 部 分 及 び 加 給 年 金 額 とされていましたが これらの 合 算 額 を 受 けられるのは 昭 和 16 年 4 月 1 日 以 前 に 生 まれた 者 までであり それ 以 降 に 生 まれた 者 は 段 階 的 に 厚 生 年 金 相 当 部 分 と 職 域 年 金 相 当 部 分 のみとなり 昭 和 36 年 4 月 2 日 以 降 に 生 まれた 者 に は 支 給 されません 生 年 月 日 による 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 一 覧 表 60 歳 65 歳 昭 和 28 年 4 月 1 日 生 まれ 以 前 退 職 共 済 年 金 ( 特 別 支 給 ) 退 職 共 済 年 金 ( 本 来 支 給 ) 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 30 年 4 月 1 日 生 まれの 人 昭 和 30 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 32 年 4 月 1 日 生 まれの 人 昭 和 32 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 34 年 4 月 1 日 生 まれの 人 昭 和 34 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 36 年 4 月 1 日 生 まれの 人 昭 和 36 年 4 月 2 日 以 降 生 まれ の 人 61 歳 65 歳 老 齢 基 礎 年 金 退 職 共 済 年 金 ( 特 別 支 給 ) 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 ) 62 歳 65 歳 老 齢 厚 生 年 金 63 歳 65 歳 64 歳 65 歳 老 齢 基 礎 年 金 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 65 歳 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 被 用 者 年 金 一 元 化 により 平 成 27 年 10 月 以 降 に 受 給 権 が 発 生 する 年 金 は 老 齢 厚 生 年 金 になります 164

6 (2) 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 と 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 額 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 額 は 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 及 び 厚 生 年 金 相 当 部 分 の 額 を 合 算 した 金 額 となり 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 額 は 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 厚 生 年 金 相 当 部 分 の 額 及 び 加 給 年 金 額 を 合 算 した 金 額 です ア 退 職 共 済 年 金 額 の 算 定 年 金 額 の 算 定 は 組 合 期 間 の 月 数 及 び 平 均 給 料 月 額 ( 平 均 給 与 月 額 ) 等 を 基 礎 として 計 算 します なお 平 成 15 年 4 月 から 総 報 酬 制 が 導 入 されたことに 伴 い 平 成 15 年 3 月 31 日 までの 期 間 と 平 成 15 年 4 月 1 日 以 降 の 期 間 を 別 々に 計 算 し それらを 合 算 して 年 金 額 を 算 出 すること になります 本 来 水 準 ( 法 の 額 )の 計 算 式 64 歳 までの 年 金 額 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 額 A+B 65 歳 からの 年 金 額 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 + 老 齢 基 礎 年 金 の 額 A+B+C+D A 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 1 平 成 15 年 3 月 31 日 までの 期 間 平 均 給 料 月 額 給 付 乗 率 (1.425/1,000) 平 成 15 年 3 月 までの 組 合 員 期 間 の 月 数 2 平 成 15 年 4 月 1 日 以 降 平 成 27 年 9 月 30 日 までの 期 間 平 均 給 与 月 額 給 付 乗 率 (1.096/1,000) 平 成 15 年 4 月 以 降 の 組 合 員 期 間 の 月 数 1+2=A 組 合 期 間 が 20 年 未 満 の 場 合 は 給 付 乗 率 の 分 子 が に が になり ます B 厚 生 年 金 相 当 部 分 の 額 3 平 成 15 年 3 月 31 日 までの 期 間 平 均 給 料 月 額 給 付 乗 率 (7.125/1,000) 平 成 15 年 3 月 までの 組 合 員 期 間 の 月 数 4 平 成 15 年 4 月 1 日 以 降 の 期 間 平 均 給 与 月 額 給 付 乗 率 (5.481/1,000) 平 成 15 年 4 月 以 降 の 組 合 員 期 間 の 月 数 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 は 標 準 報 酬 制 へ 移 行 し 平 均 標 準 報 酬 月 額 により 算 定 し ます 3+4=B 165

7 C 加 給 年 金 額 組 合 員 期 間 20 年 以 上 の 年 金 受 給 者 によって 生 計 を 維 持 していた 65 歳 未 満 の 配 偶 者 18 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 子 及 び 20 歳 未 満 で 障 害 等 級 の1 級 及 び2 級 に 該 当 する 障 害 状 態 にある 子 で 年 収 850 万 円 未 満 の 者 がいる 場 合 に 加 算 されます 平 成 27 年 4 月 現 在 区 分 加 給 年 金 額 内 訳 配 偶 者 分 390,100 円 224,500 円 ( 加 給 年 金 額 )+165,600 円 ( 加 算 額 ) 224,500 円 2 人 まで1 人 につき 子 供 分 74,800 円 3 人 目 から1 人 につき なお 加 給 年 金 の 対 象 となっている 配 偶 者 が 退 職 共 済 年 金 ( 組 合 員 期 間 が 20 年 以 上 のもの) や 老 齢 厚 生 年 金 ( 被 保 険 者 月 数 が 240 月 以 上 のもの) 等 の 支 給 を 受 けることができるときは その 間 加 給 年 金 は 停 止 されます D 老 齢 基 礎 年 金 保 険 料 納 付 済 + 保 険 料 1/4 免 除 保 険 料 + 1/2 免 除 保 険 料 + 3/4 免 除 保 険 料 全 + 額 免 除 月 780,100 円 の 月 数 月 数 7/8 月 数 3/4 月 数 5/8 数 1/2 =D 480 ただし 平 成 21 年 3 月 までは 保 険 料 1/4 免 除 は 5/6 半 額 免 除 は 2/3 3/4 免 除 は 1/2 全 額 免 除 は 1/3 にて それぞれ 計 算 されます 平 成 12 年 改 正 により 職 域 年 金 相 当 部 分 及 び 厚 生 年 金 相 当 部 分 については 平 成 12 年 4 月 から 給 付 水 準 を5% 抑 制 して 算 定 することとなりました( 本 来 水 準 )が 経 過 措 置 として 改 正 前 の 方 法 で 算 定 した 額 が 改 正 後 の 額 を 上 回 る 場 合 は 改 正 前 の 額 を 保 障 することとなっています また 平 成 16 年 改 正 で 物 価 スライド 特 例 措 置 により 年 金 額 の 水 準 が 嵩 上 げされていました ( 特 例 水 準 )が 平 成 27 年 度 に 解 消 されました イ 組 合 員 期 間 年 金 額 の 算 定 の 基 礎 となる 組 合 員 期 間 は 組 合 員 の 資 格 を 取 得 した 日 の 属 する 月 から 組 合 員 の 資 格 を 喪 失 した 日 ( 退 職 の 翌 日 )の 属 する 月 の 前 月 までの 間 の 月 数 となります ウ 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 標 準 報 酬 額 の 算 定 職 域 年 金 相 当 部 分 及 び 厚 生 年 金 相 当 部 分 の 算 定 をする 際 の 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 は 受 給 権 が 発 生 したときまでと 退 職 したときまでのそれぞれの 組 合 員 期 間 の 給 料 及 び 期 末 手 当 等 をもとに 算 出 します なお 平 成 12 年 改 正 の 経 過 措 置 として 改 正 前 の 方 式 で 算 定 した 額 については 保 障 すること とされたため 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 についても 改 正 後 と 改 正 前 の 両 方 の 額 を 算 出 す ることになります また 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 の 期 間 については 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 に 伴 い 厚 生 年 金 と 同 様 に 標 準 報 酬 制 による 計 算 方 法 に 変 更 となります 166

8 (ア) 平 均 給 料 月 額 の 算 定 ( 平 成 15 年 3 月 31 日 まで) 平 均 給 料 月 額 = A+B 平 成 15 年 3 月 31 日 までの 組 合 員 期 間 の 総 月 数 昭 和 61 年 3 月 31 日 までの 給 料 総 額 A 平 均 給 料 月 額 の 算 定 方 法 昭 から 5 年 間 の 掛 金 の 標 準 となった 給 料 に 政 令 で 定 める 率 ( 注 1)を 乗 じて 得 た 額 の 平 均 額 全 期 間 換 算 率 昭 和 61 年 3 月 ま ( 注 2)( 政 令 で 再 評 価 率 ( 注 3) での 組 合 員 期 間 =A 定 める 率 ) の 月 数 昭 和 61 年 4 月 1 日 以 後 の 給 料 総 額 B 平 均 給 料 月 額 の 算 定 方 法 各 月 の 掛 金 の 標 準 とな ( 再 評 価 率 ( 注 3) 1.25( 手 当 率 ) )の 合 計 = B った 給 料 ( 注 4) (イ) 平 均 給 与 月 額 の 算 定 ( 平 成 15 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 9 月 30 日 まで) 平 均 給 与 月 額 = 各 月 の 掛 金 の 標 準 となった 給 料 ( 注 4) 支 給 月 の 掛 金 の 再 評 価 率 再 評 価 率 の 合 計 標 準 となった 期 ( 注 3) ( 手 当 率 ) 末 手 当 等 ( 注 5) ( 注 3) 平 成 15 年 4 月 1 日 以 降 の 組 合 員 期 間 の 総 月 数 (ウ) 平 均 標 準 報 酬 額 の 算 定 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 から) 平 均 標 準 報 酬 額 = 各 月 の 標 準 報 酬 月 額 ( 注 4) 支 給 月 標 準 賞 与 再 評 価 率 + 再 評 価 率 の 合 計 額 ( 注 5) ( 注 3) ( 注 3) 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 の 組 合 員 期 間 の 総 月 数 167

9 ( 注 1) 給 料 を 昭 和 60 年 度 給 与 改 定 後 の 水 準 に 引 き 上 げる 率 ( 昭 和 60 年 再 評 価 率 ) ( 注 2)5 年 間 の 平 均 額 を 昭 和 61 年 3 月 31 日 までの 全 期 間 の 平 均 額 に 換 算 する 率 ( 全 期 間 換 算 率 ) ( 注 3) 給 料 を 現 在 の 水 準 に 引 き 上 げる 率 ( 毎 年 度 改 正 されます ) ( 注 4) 給 料 の 最 高 限 度 額 区 分 一 般 職 の 職 員 である 組 合 員 特 別 職 の 職 員 である 組 合 員 平 成 元 年 12 月 まで 376,000 円 470,000 円 平 成 2 年 1 月 から 424,000 円 530,000 円 平 成 6 年 12 月 から 472,000 円 590,000 円 平 成 12 年 10 月 から 496,000 円 620,000 円 ( 注 5) 期 末 手 当 等 の 最 高 限 度 額 1,500,000 円 給 料 を 昭 和 60 年 度 給 与 改 定 後 の 水 準 に 引 き 上 げる 率 ( 注 1) 表 ( 昭 和 60 年 再 評 価 率 ) 期 間 率 昭 和 56 年 4 月 1 日 から 昭 和 57 年 3 月 31 日 までの 期 間 昭 和 57 年 4 月 1 日 から 昭 和 58 年 3 月 31 日 までの 期 間 昭 和 58 年 4 月 1 日 から 昭 和 59 年 3 月 31 日 までの 期 間 昭 和 59 年 4 月 1 日 から 昭 和 60 年 3 月 31 日 までの 期 間 年 間 の 平 均 額 を 昭 和 61 年 3 月 31 日 までの 全 期 間 の 平 均 額 に 換 算 する 率 ( 注 2) 表 ( 全 期 間 換 算 率 ) 期 間 率 期 間 率 5 年 以 下 年 を 超 え 21 年 以 下 年 を 超 え6 年 以 下 年 を 超 え 22 年 以 下 年 を 超 え7 年 以 下 年 を 超 え 23 年 以 下 年 を 超 え8 年 以 下 年 を 超 え 24 年 以 下 年 を 超 え9 年 以 下 年 を 超 え 25 年 以 下 年 を 超 え 10 年 以 下 年 を 超 え 26 年 以 下 年 を 超 え 11 年 以 下 年 を 超 え 27 年 以 下

10 11 年 を 超 え 12 年 以 下 年 を 超 え 28 年 以 下 年 を 超 え 13 年 以 下 年 を 超 え 29 年 以 下 年 を 超 え 14 年 以 下 年 を 超 え 30 年 以 下 年 を 超 え 15 年 以 下 年 を 超 え 31 年 以 下 年 を 超 え 16 年 以 下 年 を 超 え 32 年 以 下 年 を 超 え 17 年 以 下 年 を 超 え 33 年 以 下 年 を 超 え 18 年 以 下 年 を 超 え 34 年 以 下 年 を 超 え 19 年 以 下 年 を 超 えるもの 年 を 超 え 20 年 以 下 平 成 27 年 再 評 価 率 ( 注 3) 表 期 間 率 期 間 率 昭 和 62 年 3 月 以 前 平 成 14 年 4 月 ~ 平 成 15 年 3 月 昭 和 62 年 4 月 ~ 昭 和 63 年 3 月 平 成 15 年 4 月 ~ 平 成 16 年 3 月 昭 和 63 年 4 月 ~ 平 成 元 年 11 月 平 成 16 年 4 月 ~ 平 成 17 年 3 月 平 成 元 年 12 月 ~ 平 成 3 月 3 月 平 成 17 年 4 月 ~ 平 成 18 年 3 月 平 成 3 年 4 月 ~ 平 成 4 年 3 月 平 成 18 年 4 月 ~ 平 成 19 年 3 月 平 成 4 年 4 月 ~ 平 成 5 年 3 月 平 成 19 年 4 月 ~ 平 成 20 年 3 月 平 成 5 年 4 月 ~ 平 成 6 年 3 月 平 成 20 年 4 月 ~ 平 成 21 年 3 月 平 成 6 年 4 月 ~ 平 成 7 年 3 月 平 成 21 年 4 月 ~ 平 成 22 年 3 月 平 成 7 年 4 月 ~ 平 成 8 年 3 月 平 成 22 年 4 月 ~ 平 成 23 年 3 月 平 成 8 年 4 月 ~ 平 成 9 年 3 月 平 成 23 年 4 月 ~ 平 成 24 年 3 月 平 成 9 年 4 月 ~ 平 成 10 年 3 月 平 成 24 年 4 月 ~ 平 成 25 年 3 月 平 成 10 年 4 月 ~ 平 成 11 年 3 月 平 成 25 年 4 月 ~ 平 成 26 年 3 月 平 成 11 年 4 月 ~ 平 成 12 年 3 月 平 成 26 年 4 月 ~ 平 成 27 年 3 月 平 成 12 年 4 月 ~ 平 成 13 年 3 月 平 成 27 年 4 月 ~ 平 成 28 年 3 月 平 成 13 年 4 月 ~ 平 成 14 年 3 月

11 (3) 既 給 一 時 金 の 返 還 過 去 に 退 職 一 時 金 等 を 受 給 した 者 は 一 時 金 の 額 にその 支 給 を 受 けた 日 の 属 する 月 の 翌 月 から 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 発 生 の 日 の 属 する 月 までの 期 間 に 応 じて 次 の 利 率 で 複 利 計 算 した 利 息 を 加 えた 額 を 返 還 することになります この 額 の 返 還 については 年 金 の 支 給 期 月 ごとに 支 給 額 の 1/2 を 限 度 額 として 返 還 す べき 金 額 に 達 するまで 順 次 控 除 します 返 還 額 ( 円 未 満 切 り 捨 て) = 退 職 一 時 金 支 給 額 + 利 子 期 間 利 率 ( 年 利 ) 期 間 利 率 ( 年 利 ) 平 成 13 年 3 月 まで 5.5% 平 成 22 年 4 月 ~ 平 成 23 年 3 月 1.8% 平 成 13 年 4 月 ~ 平 成 17 年 3 月 4.0% 平 成 23 年 4 月 ~ 平 成 24 年 3 月 1.9% 平 成 17 年 4 月 ~ 平 成 18 年 3 月 1.6% 平 成 24 年 4 月 ~ 平 成 25 年 3 月 2.0% 平 成 18 年 4 月 ~ 平 成 19 年 3 月 2.3% 平 成 25 年 4 月 ~ 平 成 26 年 3 月 2.2% 平 成 19 年 4 月 ~ 平 成 20 年 3 月 2.6% 平 成 26 年 4 月 ~ 平 成 27 年 3 月 2.6% 平 成 20 年 4 月 ~ 平 成 21 年 3 月 3.0% 平 成 27 年 4 月 ~ 平 成 28 年 3 月 1.7% 平 成 21 年 4 月 ~ 平 成 22 年 3 月 3.2% 任 用 退 職 任 用 S 退 職 退 職 一 時 金 受 給 退 職 一 時 金 : 昭 和 54 年 12 月 まで 組 合 員 期 間 が 20 年 未 満 で 退 職 年 金 の 受 給 権 が 生 じない 人 に 対 して 支 給 された 一 時 金 昭 和 44 年 10 月 までに 退 職 した 男 子 組 合 員 及 び 昭 和 53 年 5 月 までに 退 職 した 女 子 組 合 員 には 年 金 を 受 給 する 権 利 を 残 すための 原 資 を 一 時 金 から 控 除 することを 希 望 しない 選 択 権 がありました 昭 和 55 年 1 月 から 退 職 一 時 金 制 度 は 廃 止 されました (4) 障 害 者 及 び 長 期 在 職 者 の 特 例 障 害 等 級 3 級 以 上 に 該 当 する 程 度 の 障 害 の 状 態 にある 者 又 は 44 年 以 上 の 組 合 員 期 間 を 有 する 者 が 退 職 した( 組 合 員 でなくなった) 場 合 は 特 例 として 給 料 比 例 部 分 と 定 額 部 分 を 合 わせた 額 の 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 が 受 給 できます 170

12 (5) 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 繰 上 げ 支 給 組 合 員 期 間 等 の 要 件 を 満 たす 方 は 60 歳 以 降 に 繰 り 上 げ 請 求 を 行 うことにより 支 給 開 始 年 齢 に 達 する 前 から 年 金 を 受 給 することができます この 場 合 繰 り 上 げた 月 数 1ヶ 月 当 たり 0.5% 減 額 され 減 額 は 生 涯 続 きます また 老 齢 基 礎 年 金 をはじめ 老 齢 退 職 を 事 由 とす る 他 の 公 的 年 金 制 度 ( 厚 生 年 金 保 険 私 学 共 済 )の 受 給 権 を 有 する 場 合 同 時 に 繰 上 げ 請 求 す る 必 要 があります ( 全 て 減 額 されます ) 繰 上 げ 請 求 後 は 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 けることができなくなる 等 の 制 約 があります (6) 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 繰 り 下 げ 支 給 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 は 65 歳 ですが その 受 給 権 を 取 得 した 日 から1 年 を 経 過 した 日 前 に 当 該 退 職 年 金 を 請 求 してない 者 は その 支 給 の 繰 下 げの 申 し 出 をするこ とができます この 場 合 の 退 職 共 済 年 金 の 額 は 支 給 の 繰 下 げをしなかった 場 合 の 退 職 共 済 年 金 の 年 金 額 に 繰 下 げ 加 算 額 を 加 算 した 額 となります 年 金 は 当 該 申 出 のあった 月 の 翌 月 から 支 給 されます なお 退 職 共 済 年 金 の 支 給 繰 下 げの 申 出 は 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 繰 下 げの 申 出 と 同 時 に 行 う 必 要 はありません (7) 離 婚 時 等 の 年 金 分 割 制 度 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 者 が 平 成 19 年 4 月 1 日 以 降 に 離 婚 等 をした 場 合 において そ の 当 事 者 からの 請 求 により 婚 姻 期 間 中 の 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 等 を 分 割 することが できます 年 金 分 割 を 請 求 できるのは 原 則 として 離 婚 が 成 立 した 日 から2 年 以 内 となっています インターネットを 利 用 し 組 合 員 自 身 の 年 金 情 報 ( 年 金 加 入 記 録 や 年 金 見 込 額 など)を 確 認 できる 地 共 済 年 金 情 報 Webサイト は 平 成 27 年 3 月 31 日 をもって 終 了 しました 平 成 27 年 10 月 1 日 施 行 の 被 用 者 年 金 一 元 化 に 向 けて 新 たな 地 共 済 年 金 情 報 Webサイトを 開 設 する 予 定 としています 171

13 4 障 害 状 態 になったとき (1) 障 害 共 済 年 金 ア 支 給 要 件 障 害 共 済 年 金 は 組 合 員 が 次 の 各 支 給 要 件 に 該 当 する 場 合 に その 障 害 の 程 度 に 応 じて 支 給 されます 障 害 共 済 年 金 の 請 求 にあたっては 事 前 に 障 害 程 度 の 認 定 を 受 ける 必 要 があり ます (ア) 支 給 要 件 1 病 気 にかかり 又 は 負 傷 した 者 で その 傷 病 について 初 めて 医 師 歯 科 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初 診 日 )に 組 合 員 であった 者 初 診 日 から1 年 6 月 を 経 過 した 日 又 は その 傷 病 が 治 った 日 若 しくは その 症 状 が 固 定 し 治 療 の 効 果 が 期 待 できない 状 態 に 至 った 日 ( 障 害 認 定 日 )に 一 定 の 障 害 の 状 態 ( ) にあること ただし 下 記 a~gの 傷 病 ( 特 例 7 症 例 )による 場 合 は それぞれ 定 められた 日 が 障 害 認 定 日 となります a 上 肢 下 肢 を 離 断 又 は 切 断 b 人 工 骨 頭 又 は 人 工 関 節 を 挿 入 置 換 c 心 臓 ペースメーカー 又 は 人 工 弁 を 装 着 d 人 工 透 析 療 法 施 行 e 人 工 肛 門 人 工 膀 胱 造 設 又 は 尿 路 変 更 術 f 咽 頭 全 摘 出 手 術 g 在 宅 酸 素 療 法 離 断 又 は 切 断 した 日 挿 入 又 は 置 換 した 日 装 着 した 日 透 析 開 始 から3ヶ 月 を 経 過 した 日 手 術 した 日 から6ヶ 月 を 経 過 した 日 ( 人 工 膀 胱 造 設 は 手 術 した 日 ) 手 術 した 日 在 宅 酸 素 療 法 を 開 始 した 日 一 定 の 障 害 の 状 態 とは その 傷 病 により 共 済 組 合 の 定 める 障 害 等 級 の1 級 2 級 又 は3 級 に 該 当 する 障 害 の 状 態 にあることをいい 具 体 的 には 別 表 のとおりです なお この 区 分 は 厚 生 年 金 保 険 法 の 障 害 区 分 と 同 一 であり かつ 障 害 等 級 の1 2 級 は 国 民 年 金 法 の 障 害 基 礎 年 金 に 係 る 障 害 等 級 の1 2 級 と 同 一 です ( 障 害 等 級 は 身 体 障 害 者 手 帳 等 の 基 準 とは 異 なります ) (イ) 支 給 要 件 2( 事 後 重 症 制 度 障 害 認 定 日 以 後 に 障 害 の 状 態 となったとき) 初 診 日 に 組 合 員 であった 者 障 害 認 定 日 に 障 害 等 級 1~3 級 に 該 当 する 程 度 の 障 害 の 状 態 にない 場 合 で 65 歳 に 達 するまでに その 傷 病 により 障 害 等 級 1~3 級 に 該 当 する 障 害 の 状 態 になり その 期 間 内 に 請 求 があったとき ( 病 気 やケガによっては 徐 々に 進 行 するものがあることを 考 慮 して います ) 被 用 者 年 金 一 元 化 後 は 障 害 年 金 を 受 け 取 るためには 保 険 料 納 付 要 件 ( 初 診 日 の 前 日 に 初 診 日 の 属 する 月 の 前 々 月 までの 保 険 料 納 付 済 期 間 及 び 保 険 料 免 除 期 間 を 合 算 した 期 間 が 公 的 年 金 制 度 の 被 保 険 者 期 間 の3 分 の2 以 上 であること 又 は 初 診 日 の 属 する 月 の 前 々 月 までの 直 近 の1 年 間 に 未 納 がないこと)を 満 たしていることが 必 要 です 172

14 別 表 障 害 の 程 度 一 級 二 級 障 害 共 済 年 金 障 害 等 級 表 ( 昭 和 61 年 4 月 1 日 以 降 の 適 用 ) 障 害 の 状 態 1 両 眼 の 視 力 の 和 が 0.04 以 下 のもの 2 両 耳 の 聴 力 のレベルが 100 デシベル 以 上 のもの 3 両 上 肢 の 機 能 に 著 しい 障 害 を 有 するもの 4 両 上 肢 のすべての 指 を 欠 くもの 5 両 上 肢 のすべての 指 の 機 能 に 著 しい 障 害 を 有 するもの 6 両 下 肢 の 機 能 に 著 しい 障 害 を 有 するもの 7 両 下 肢 を 足 関 節 以 上 で 欠 くもの 8 体 幹 の 機 能 に 座 っていることができない 程 度 又 は 立 ち 上 がることができない 程 度 の 障 害 を 有 するもの 9 前 各 号 に 掲 げるもののほか 身 体 の 機 能 の 障 害 又 は 長 期 にわたる 安 静 を 必 要 とす る 病 状 が 前 各 号 と 同 程 度 以 上 と 認 められる 状 態 であって 日 常 生 活 の 用 を 弁 ずるこ とを 不 能 ならしめる 程 度 のもの 10 精 神 の 障 害 であって 前 各 号 と 同 程 度 以 上 と 認 められる 程 度 のもの 11 身 体 の 機 能 の 障 害 若 しくは 病 状 又 は 精 神 の 障 害 が 重 複 する 場 合 であって その 状 態 が 前 各 号 と 同 程 度 以 上 と 認 められる 程 度 のもの 1 両 眼 の 視 力 の 和 が 0.05 以 上 0.08 以 下 のもの 2 両 耳 の 聴 力 レベルが 90 デシベル 以 上 のもの 3 平 衡 機 能 に 著 しい 障 害 を 有 するもの 4 そしゃくの 機 能 を 欠 くもの 5 音 声 又 は 言 語 機 能 に 著 しい 障 害 を 有 するもの 6 両 上 肢 のおや 指 及 びひとさし 指 又 は 中 指 を 欠 くもの 7 両 上 肢 のおや 指 及 びひとさし 指 又 は 中 指 の 機 能 に 著 しい 障 害 を 有 するもの 8 一 上 肢 の 機 能 に 著 しい 障 害 を 有 するもの 9 一 上 肢 のすべての 指 を 欠 くもの 10 一 上 肢 のすべての 指 の 機 能 に 著 しい 障 害 を 有 するもの 11 両 下 肢 のすべての 指 を 欠 くもの 12 一 下 肢 の 機 能 に 著 しい 障 害 を 有 するもの 13 一 下 肢 を 足 関 節 以 上 で 欠 くもの 14 体 幹 の 機 能 に 歩 くことができない 程 度 の 障 害 を 有 するもの 15 前 各 号 に 掲 げるもののほか 身 体 の 機 能 の 障 害 又 は 長 期 にわたる 安 静 を 必 要 とす る 病 状 が 前 各 号 と 同 程 度 以 上 と 認 められる 状 態 であって 日 常 生 活 が 著 しい 制 限 を 受 けるか 又 は 日 常 生 活 に 著 しい 制 限 を 加 えることを 必 要 とする 程 度 のもの 16 精 神 の 障 害 であって 前 各 号 と 同 程 度 以 上 と 認 められる 程 度 のもの 17 身 体 の 機 能 の 障 害 若 しくは 病 状 又 は 精 神 の 障 害 が 重 複 する 場 合 であって その 状 態 が 前 各 号 と 同 程 度 以 上 と 認 められる 程 度 のもの 173

15 障 害 の 程 度 三 級 障 害 の 状 態 1 両 眼 の 視 力 が 0.1 以 下 に 減 じたもの 2 両 耳 の 聴 力 が 40 cm 以 上 では 通 常 の 話 声 を 解 することができない 程 度 に 減 じたも の 3 そしゃく 又 は 言 語 の 機 能 に 相 当 程 度 の 障 害 を 残 すもの 4 脊 柱 の 機 能 に 著 しい 障 害 を 残 すもの 5 一 上 肢 の 三 大 関 節 のうち 二 関 節 の 用 を 廃 したもの 6 一 下 肢 の 三 大 関 節 のうち 二 関 節 の 用 を 廃 したもの 7 長 管 状 骨 に 偽 関 節 を 残 し 運 動 機 能 に 著 しい 障 害 を 残 すもの 8 一 上 肢 のおや 指 及 びひとさし 指 を 失 ったもの 又 はおや 指 若 しくはひとさし 指 を 併 せ 一 上 肢 の 三 指 以 上 失 ったもの 9 おや 指 及 びひとさし 指 を 併 せ 一 上 肢 の 四 指 の 用 を 廃 したもの 10 一 下 肢 をリスフラン 関 節 以 上 で 失 ったもの し 11 両 下 肢 の 十 趾 の 用 を 廃 したもの 12 前 各 号 に 掲 げるもののほか 身 体 の 機 能 に 労 働 が 著 しい 制 限 を 受 けるか 又 は 労 働 に 著 しい 制 限 を 加 えることを 必 要 とする 程 度 の 障 害 を 残 すもの 13 精 神 又 は 神 経 系 統 に 労 働 が 著 しい 制 限 を 受 けるか 又 は 労 働 に 著 しい 制 限 を 加 えることを 必 要 とする 程 度 の 障 害 を 残 すもの 14 傷 病 が 治 らないで 身 体 の 機 能 又 は 精 神 若 しくは 神 経 系 統 に 労 働 が 制 限 を 受 け るか 又 は 労 働 に 制 限 を 加 えることを 必 要 とする 程 度 の 障 害 を 有 するもの 備 考 1 視 力 の 測 定 は 万 国 式 試 視 力 表 によるものとし 屈 折 異 常 があるものについては 矯 正 視 力 によって 測 定 する 2 指 を 失 ったものとは おや 指 は 指 節 間 関 節 その 他 の 指 は 近 位 指 節 間 関 節 以 上 を 失 った ものをいう 3 指 の 用 を 廃 したものとは 指 の 末 節 の 半 分 以 上 を 失 い 又 は 中 手 指 節 関 節 若 しくは 近 位 指 節 間 関 節 (おや 指 にあっては 指 節 間 関 節 )に 著 しい 運 動 障 害 を 残 すものをいう 4 趾 の 用 を 廃 したものとは 第 一 趾 は 末 節 の 半 分 以 上 その 他 の 趾 は 遠 位 趾 節 間 関 節 以 上 を 失 ったもの 又 は 中 足 趾 節 関 節 若 しくは 近 位 趾 節 間 関 節 ( 第 一 趾 にあっては 趾 節 間 関 節 ) に 著 しい 運 動 障 害 を 残 すものをいう 5 この 表 の 三 級 の 項 第 14 号 に 掲 げる 障 害 の 程 度 は 厚 生 年 金 保 険 法 施 行 令 ( 昭 和 29 年 政 令 第 110 号 ) 別 表 第 1の 相 当 規 定 に 基 づいて 厚 生 労 働 大 臣 が 定 めたものに 限 るものとする 174

16 イ 障 害 共 済 年 金 の 額 障 害 共 済 年 金 の 算 出 方 法 は 障 害 の 原 因 が 公 務 又 は 通 勤 による 傷 病 ( 公 務 等 による 傷 病 ) か 否 かによって 異 なります 障 害 共 済 年 金 の 額 は 厚 生 年 金 相 当 部 分 の 額 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 及 び 加 給 年 金 額 を 合 算 した 金 額 です 年 金 額 a 厚 生 年 金 相 b 職 域 年 金 相 当 = + + 当 部 分 の 額 部 分 の 額 c 加 給 年 金 額 (ア) 本 来 水 準 の 年 金 額 ( 現 在 の 法 律 に 基 づく 額 ) a 厚 生 年 金 相 当 部 分 の 額 平 成 15 年 3 月 31 日 までの 期 間 平 均 給 料 月 額 7.125/1,000 平 成 15 年 3 月 までの 組 合 員 期 間 の 月 数 125/100(1 級 ) 300 月 100/100(2 級 3 級 ) 全 組 合 員 期 間 + 平 成 15 年 4 月 1 日 以 後 の 期 間 平 均 給 与 月 額 5.481/1,000 平 成 15 年 4 月 以 後 の 組 合 員 期 間 の 月 数 125/100(1 級 ) 300 月 100/100(2 級 3 級 ) 全 組 合 員 期 間 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 は 標 準 報 酬 制 へ 移 行 し 平 均 標 準 報 酬 月 額 により 算 定 します ( 注 ) 網 かけ 部 分 は 全 組 合 期 間 が 300 月 未 満 の 時 に 適 用 する 厚 生 年 金 相 当 部 分 の 額 の 最 低 保 障 障 害 共 済 年 金 と 同 一 の 給 付 事 由 による 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されない 場 合 ( 障 害 等 級 が3 級 のときなど)で 厚 生 年 金 相 当 部 分 の 額 が 国 民 年 金 法 第 33 条 に 規 定 する 障 害 基 礎 年 金 の 額 に4 分 の3を 乗 じて 得 た 金 額 より 少 ないときは 当 該 金 額 とします b 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 (a) 公 務 等 によらない 場 合 平 成 15 年 3 月 31 日 までの 期 間 平 均 給 料 月 額 1.425/1,000 平 成 15 年 3 月 までの 組 合 員 期 間 の 月 数 125/100(1 級 ) 300 月 100/100(2 級 3 級 ) 全 組 合 員 期 間 + 平 成 15 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 9 月 30 日 までの 期 間 平 均 給 与 月 額 1.096/1,000) 平 成 15 年 4 月 から 平 成 27 年 9 月 30 日 までの 組 合 員 期 間 の 月 数 125/100(1 級 ) 300 月 100/100(2 級 3 級 ) 全 組 合 員 期 間 ( 注 ) 網 かけ 部 分 は 全 組 合 員 期 間 が 300 月 未 満 の 時 に 適 用 する 175

17 (b) 公 務 等 による 場 合 平 成 15 年 3 月 31 日 までの 期 間 平 均 給 料 12 月 額 28.5/100 (1 級 ) 平 均 組 合 員 給 料 1.425/1000 ( 期 間 の-300 月 ) 19/100 月 額 月 数 (2 3 級 ) 125/100 (1 級 ) 100/100 (2,3 級 ) H15.3 までの 組 合 員 期 間 の 月 数 全 組 合 員 期 間 + 平 成 15 年 4 月 1 日 以 後 の 期 間 平 均 給 与 12 月 額 /100 (1 級 ) 平 均 組 合 員 給 与 1.096/1000 ( 期 間 の-300 月 ) /100 月 額 月 数 (2 3 級 ) 125/100 (1 級 ) 100/100 (2,3 級 ) H15.4 以 後 の 組 合 員 期 間 の 月 数 全 組 合 員 期 間 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 は 標 準 報 酬 制 へ 移 行 し 平 均 標 準 報 酬 月 額 により 算 定 します ( 注 ) 網 かけ 部 分 は 全 組 合 員 期 間 が 300 月 を 超 えるときに 適 用 する c 加 給 年 金 額 障 害 等 級 が1 級 又 は2 級 に 該 当 する 者 に 支 給 する 障 害 共 済 年 金 の 額 は 当 該 障 害 共 済 年 金 の 受 給 権 者 によって 生 計 を 維 持 している 65 歳 未 満 の 配 偶 者 又 は 大 正 15 年 4 月 1 日 以 前 に 生 まれた 配 偶 者 があるときは 加 給 年 金 額 を 加 算 した 額 とします また 当 該 障 害 共 済 年 金 の 受 給 権 者 がその 権 利 を 取 得 した 日 の 翌 日 以 後 にその 者 によっ て 生 計 を 維 持 している 65 歳 未 満 の 配 偶 者 を 有 したことにより 加 給 年 金 を 加 算 することと なった 時 は 障 害 共 済 年 金 額 を 改 定 します ( 注 1) 配 偶 者 の 加 給 年 金 額 =224,700 円 賃 金 変 動 等 改 定 率 (イ) 公 務 等 による 障 害 共 済 年 金 の 最 低 保 障 額 算 定 した 額 ( 厚 生 年 金 相 当 部 分 の 額 + 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 )が 次 の 障 害 等 級 に 区 分 に 応 じ それぞれの 額 より 少 ないときは その 額 を 保 障 します 障 害 等 級 1 級 障 害 等 級 2 級 障 害 等 級 3 級 ( 注 2) 4,152,600 円 改 定 率 ( 注 2) 2,564,800 円 改 定 率 ( 注 2) 2,320,600 円 改 定 率 ( 注 1) 賃 金 変 動 等 改 定 率 : 平 成 27 年 度 は 国 民 年 金 法 第 27 条 に 規 定 する 改 定 率 であって 国 民 年 金 法 第 27 条 の3 及 び 第 27 条 の5の 適 用 がないものとして 改 定 したもの ( 注 2) 改 定 率 : 平 成 27 年 度 は 国 民 年 金 法 第 27 条 に 規 定 する 改 定 率 賃 金 変 動 等 改 定 率 改 定 率 ともに 毎 年 度 改 定 される 176

18 ウ 在 職 中 の 支 給 事 前 認 定 の 結 果 公 立 学 校 共 済 組 合 が 定 める1 級 ~3 級 の 障 害 の 状 態 に 該 当 するときは 障 害 共 済 年 金 の 請 求 を 行 い 在 職 中 であっても 年 金 を 決 定 します 在 職 中 の 支 給 については 給 与 収 入 との 調 整 が 行 われます エ 障 害 が2つある 場 合 障 害 等 級 が1 級 又 は2 級 の 障 害 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 更 に 障 害 等 級 が1 級 又 は2 級 の 別 の 障 害 の 状 態 となった 場 合 前 後 の 障 害 を 併 合 した 程 度 による 障 害 共 済 年 金 が 支 給 されま す オ 傷 病 手 当 金 を 受 けるとき 障 害 共 済 年 金 を 現 に 受 給 する 者 が 傷 病 手 当 金 の 支 給 を 受 ける 場 合 傷 病 手 当 金 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 調 整 されます カ 地 方 公 務 員 災 害 補 償 法 等 による 傷 病 補 償 年 金 等 が 支 給 されているとき 公 務 等 による 障 害 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 地 方 公 務 員 災 害 補 償 法 等 による 傷 病 補 償 年 金 等 の 支 給 を 受 けることになったときは これらが 支 給 される 間 一 定 額 の 支 給 を 停 止 すること とされています キ 失 権 次 の 場 合 障 害 共 済 年 金 の 受 給 権 は 消 滅 します (ア) 受 給 権 者 が 死 亡 したとき (イ) 障 害 の 程 度 が 減 退 し 障 害 等 級 に 該 当 しなくなった 者 が 65 歳 に 達 したとき (ウ) 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 に 該 当 しなくなった 日 から 起 算 して 障 害 等 級 に 該 当 すること なく3 年 を 経 過 したとき ただし 3 年 を 経 過 した 日 において 受 給 権 者 が 65 歳 未 満 である 場 合 を 除 く (2) 障 害 基 礎 年 金 障 害 等 級 が1 級 又 は2 級 に 該 当 するとき 日 本 年 金 機 構 から 支 給 されます また 18 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 子 又 は 20 歳 未 満 の 障 害 等 級 が1 級 又 は2 級 の 障 害 の 状 態 にある 子 がいる 場 合 に 加 給 年 金 が 支 給 されます 障 害 基 礎 年 金 の 年 金 額 は 定 額 と 子 の 加 算 額 の 合 計 額 になります 定 額 + 子 の 加 算 額 定 額 は 障 害 等 級 に 応 じた 次 の 額 です 障 害 等 級 定 額 ( 本 来 水 準 ) 1 級 2 級 の 額 125/100 2 級 780,900 円 改 定 率 改 定 率 : 平 成 27 年 度 は P176 参 照 177

19 子 の 加 算 額 は 次 表 のとおりです 加 算 対 象 の 子 加 算 額 ( 本 来 水 準 ) 2 人 まで 1 人 につき 224,700 円 賃 金 変 動 等 改 定 率 3 人 目 以 降 1 人 につき 74,900 円 賃 金 変 動 等 改 定 率 賃 金 変 動 等 改 定 率 : 平 成 27 年 度 は P176 参 照 (3) 障 害 一 時 金 障 害 一 時 金 は 障 害 共 済 年 金 を 支 給 するに 至 らない 軽 度 の 障 害 の 場 合 に 支 給 される 一 時 金 であって 公 務 によらない 原 因 により 生 じたものに 限 られます ア 支 給 要 件 次 の(ア)から(オ)までのすべてを 満 たしている 者 が 退 職 したときに 支 給 されます (ア) 公 務 によらないで 病 気 にかかりまたは 負 傷 した 者 であること (イ) 初 診 日 に 組 合 員 であること (ウ) 退 職 の 日 ( )に 障 害 共 済 年 金 に 該 当 しない 程 度 の 一 定 の 障 害 の 状 態 ( 次 表 )にあるこ と (エ) 退 職 の 日 ( )に 公 的 年 金 各 法 に 基 づく 年 金 である 給 付 の 受 給 権 者 でないこと (オ) その 傷 病 について 地 方 公 務 員 災 害 補 償 法 の 規 定 による 通 勤 による 災 害 に 係 る 障 害 補 償 又 はこれに 相 当 する 補 償 を 受 ける 権 利 を 有 する 者 でないこと 退 職 が 支 給 要 件 とされているので 在 職 中 の 支 給 はありません また 退 職 の 日 にその 傷 病 に 係 る 療 養 の 給 付 等 の 開 始 後 5 年 を 経 過 していない 者 が 継 続 して 療 養 の 給 付 等 を 受 ける 場 合 は 療 養 の 給 付 等 の 開 始 後 5 年 を 経 過 する までの 間 に 治 った 日 又 はその 症 状 が 固 定 し 治 療 の 効 果 が 期 待 できない 状 態 に 至 った 日 を 受 給 権 の 生 じる 日 として 読 み 替 えて 適 用 します イ 障 害 一 時 金 の 額 障 害 等 級 3 級 の 障 害 共 済 年 金 の 額 の2 年 分 に 相 当 する 額 が 一 時 金 として 支 給 されます 178

20 障 害 の 状 態 1 両 眼 の 視 力 が 0.6 以 下 に 減 じたもの 2 一 眼 の 視 力 が 0.1 以 下 に 減 じたもの 3 両 眼 のまぶたに 著 しい 欠 損 を 残 すもの 4 両 眼 による 視 野 が2 分 の1 以 上 欠 損 したもの 又 は 両 眼 の 視 野 が 10 度 以 内 の もの ふくそう 5 両 眼 の 調 節 機 能 及 び 輻 輳 機 能 に 著 しい 障 害 を 残 すもの 6 一 耳 の 聴 力 が 耳 殻 に 接 しなければ 大 声 による 話 を 解 することができない 程 度 に 減 じたもの 7 そしゃく 又 は 言 語 の 機 能 に 障 害 を 残 すもの 8 鼻 を 欠 損 し その 機 能 に 著 しい 障 害 を 残 すもの 9 脊 柱 の 機 能 に 障 害 を 残 すもの 10 一 上 肢 の 三 大 関 節 のうち 一 関 節 に 著 しい 機 能 障 害 を 残 すもの 11 一 下 肢 の 三 大 関 節 のうち 一 関 節 に 著 しい 機 能 障 害 を 残 すもの 12 一 下 肢 を3センチメートル 以 上 短 縮 したもの 13 長 管 状 骨 に 著 しい 転 位 変 形 を 残 すもの 14 一 上 肢 の 二 指 以 上 を 失 ったもの 15 一 上 肢 のひとさし 指 を 失 ったもの 16 一 上 肢 の 三 指 以 上 の 用 を 廃 したもの 17 ひとさし 指 を 併 せ 一 上 肢 の 二 指 の 用 を 廃 したもの 18 一 上 肢 のおや 指 の 用 を 廃 したもの し 19 一 下 肢 の 第 一 趾 又 は 他 の 四 趾 以 上 を 失 ったもの 20 一 下 肢 の 五 趾 の 用 を 廃 したもの 21 前 各 号 に 掲 げるもののほか 身 体 の 機 能 に 労 働 が 制 限 を 受 けるか 又 は 労 働 に 制 限 を 加 えることを 必 要 とする 程 度 の 障 害 を 残 すもの 22 精 神 又 は 神 経 系 統 に 労 働 が 制 限 を 受 けるか 又 は 労 働 に 制 限 を 加 えること を 必 要 とする 程 度 の 障 害 を 残 すもの 備 考 1 視 力 の 測 定 は 万 国 式 試 視 力 表 によるものとし 屈 折 異 常 があるものについては 矯 正 視 力 によって 測 定 する 2 指 を 失 ったものとは おや 指 は 指 節 間 関 節 その 他 の 指 は 近 位 指 節 間 関 節 以 上 を 失 った ものをいう 3 指 の 用 を 廃 したものとは 指 の 末 節 の 半 分 以 上 を 失 い 又 は 中 手 指 節 関 節 若 しくは 近 位 指 節 間 関 節 (おや 指 にあっては 指 節 間 関 節 )に 著 しい 運 動 障 害 を 残 すものをいう 4 趾 を 失 ったものとは その 全 部 を 失 ったものをいう 5 趾 の 用 を 廃 したものとは 第 一 趾 は 末 節 の 半 分 以 上 その 他 の 趾 は 遠 位 趾 節 間 関 節 以 上 を 失 ったもの 又 は 中 足 趾 節 関 節 若 しくは 近 位 趾 節 間 関 節 ( 第 一 趾 にあっては 趾 節 間 関 節 ) に 著 しい 運 動 障 害 を 残 すものをいう 179

21 5 亡 くなったとき (1) 遺 族 共 済 年 金 ア 支 給 要 件 遺 族 共 済 年 金 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 者 が 次 のいずれかに 該 当 するときに その 遺 族 に 支 給 されます (ア) 組 合 員 が 死 亡 したとき (イ) 組 合 員 であった 者 が 退 職 後 に 組 合 員 であった 間 に 初 診 日 がある 傷 病 により 当 該 初 診 日 から5 年 以 内 に 死 亡 したとき (ウ) 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 に 該 当 する 障 害 の 状 態 にある 障 害 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 死 亡 したとき (エ) 退 職 共 済 年 金 従 前 の 制 度 による 退 職 年 金 減 額 退 職 年 金 又 は 通 算 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 死 亡 したとき 若 しくは 組 合 員 期 間 等 が 25 年 以 上 ( 特 例 あり)である 者 が 死 亡 したと き 被 用 者 年 金 一 元 化 後 は 上 記 (ア) (イ)に 該 当 する 場 合 は 遺 族 年 金 を 受 給 するためには 保 険 料 納 付 要 件 ( 死 亡 日 の 前 日 に 死 亡 日 の 属 する 月 の 前 々 月 までの 保 険 料 納 付 済 期 間 及 び 保 険 料 免 除 期 間 を 合 算 した 期 間 が 公 的 年 金 制 度 の 被 保 険 者 期 間 の3 分 の2 以 上 である こと 又 は 死 亡 日 の 属 する 月 の 前 々 月 までの 直 近 の1 年 間 に 未 納 がないこと)を 満 たして いることが 必 要 です イ 遺 族 の 範 囲 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 要 件 となる 遺 族 とは 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 者 の 死 亡 の 当 時 その 者 によって 生 計 を 維 持 していた 者 のうち 850 万 円 以 上 の 収 入 ( 所 得 が 万 円 以 上 の 場 合 に 限 る)を 将 来 にわたって 有 すると 認 められるもの 以 外 の 下 記 1~4に 該 当 する 者 をいいます 1 第 一 順 位 配 偶 者 ( 事 実 婚 を 含 む) 及 び 子 ( 胎 児 含 む) 2 第 二 順 位 父 母 3 第 三 順 位 孫 4 第 四 順 位 祖 父 母 遺 族 共 済 年 金 は まず 先 順 位 の 者 に 支 給 され その 後 先 順 位 の 方 が 失 権 したときは 次 順 位 の 者 に 引 き 続 き 支 給 されます( 転 給 制 度 ) この 転 給 制 度 は 平 成 27 年 10 月 1 日 から 被 用 者 年 金 一 元 化 により 廃 止 されます 180

22 4 祖 父 母 4 祖 父 母 = 遺 族 2 父 2 母 組 合 員 1 配 偶 者 1 子 子 の 配 偶 者 3 孫 子 及 び 孫 とは 18 歳 に 達 する 日 の 属 する 年 度 末 までの 間 にあって まだ 配 偶 者 の いない 者 又 は 組 合 員 であった 者 の 死 亡 当 時 から 引 き 続 き 障 害 等 級 の1 級 若 しくは 2 級 の 障 害 状 態 にある 者 に 限 ります ウ 遺 族 共 済 年 金 の 額 遺 族 共 済 年 金 の 額 は 厚 生 年 金 相 当 部 分 の 額 と 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 の 合 計 額 に 中 高 齢 寡 婦 加 算 額 を 加 算 した 額 です 原 則 として 退 職 共 済 年 金 の 額 の 3/4 に 相 当 する 額 とされています 死 亡 の 原 因 が 公 務 等 によるものか 否 か 支 給 要 件 (ア)~(ウ)( 短 期 要 件 )に 該 当 するか 或 いは 支 給 要 件 (エ)( 長 期 要 件 )に 該 当 するかによって 算 定 方 法 が 異 なります 年 金 額 a 厚 生 年 金 相 b 職 域 年 金 相 当 = + + 当 部 分 の 額 部 分 の 額 c 中 高 齢 寡 婦 加 算 額 支 給 要 件 (ア)~(ウ)に 該 当 する 場 合 で 死 亡 の 原 因 が 公 務 等 によらない 場 合 遺 族 共 済 年 金 額 の 本 来 水 準 の 額 ( 現 在 の 法 律 に 基 づく 額 )a~c については 次 の 算 式 によります a とbは 支 給 要 件 ( 短 期 長 期 )により 計 算 方 法 が 異 なります 181

23 支 給 要 件 (ア)~(ウ)に 該 当 し 公 務 によらない 死 亡 の 場 合 a 厚 生 年 金 相 当 部 分 の 額 平 成 15 年 3 月 31 日 までの 期 間 平 均 給 料 月 額 7.125/1,000 平 成 15 年 3 月 までの 組 合 員 期 間 の 月 数 月 4 全 組 合 員 期 間 + 平 成 15 年 4 月 1 日 以 後 の 期 間 平 均 給 与 月 額 5.481/1,000 平 成 15 年 4 月 以 後 の 組 合 員 期 間 の 月 数 月 4 全 組 合 員 期 間 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 は 標 準 報 酬 制 へ 移 行 し 平 均 標 準 報 酬 月 額 により 算 定 します ( 注 ) 網 かけ 部 分 は 全 組 合 員 期 間 が 300 月 未 満 の 時 に 適 用 する b 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 平 成 15 年 3 月 31 日 までの 期 間 平 均 給 料 月 額 1.425/1,000 平 成 15 年 3 月 までの 組 合 員 期 間 の 月 数 月 4 全 組 合 員 期 間 + 平 成 15 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 9 月 30 日 までの 期 間 平 均 給 与 月 額 1.096/1,000) 平 成 15 年 4 月 以 後 の 組 合 員 期 間 の 月 数 月 4 全 組 合 員 期 間 ( 注 ) 網 かけ 部 分 は 全 組 合 員 期 間 が 300 月 未 満 の 時 に 適 用 する C 中 高 齢 寡 婦 加 算 額 ( 子 のない 中 高 齢 の 妻 に 対 する 加 算 ) 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 18 歳 まで 等 の 子 がいない 妻 の 場 合 本 人 の 老 齢 基 礎 年 金 を 受 給 できるまでの 間 下 記 の 一 定 額 が 遺 族 共 済 年 金 に 加 算 されます ただし 受 給 権 者 が 40 歳 未 満 又 は 遺 族 基 礎 年 金 受 給 中 は 支 給 停 止 となります (a)40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 妻 中 高 齢 寡 婦 加 算 額 = 遺 族 基 礎 年 金 の 額 に 3/4 を 乗 じて 得 た 額 ( 平 成 27 年 4 月 現 在 585,100 円 ) (b) 昭 和 31 年 4 月 1 日 以 前 に 生 まれた 65 歳 以 上 の 妻 は 次 の 額 が 加 算 されます 中 高 齢 寡 婦 加 算 額 - 老 齢 基 礎 年 金 の 額 妻 の 生 年 月 日 に 応 じた 率 エ 遺 族 共 済 年 金 の 支 給 停 止 (ア) 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 夫 父 母 祖 父 母 であるときは 60 歳 に 達 するまで( 障 害 等 級 1 級 又 は2 級 の 者 を 除 く ) 支 給 停 止 となります 182

24 ただし 夫 に 遺 族 基 礎 年 金 が 支 給 されるときは 夫 が 60 歳 未 満 であっても 遺 族 共 済 年 金 が 支 給 されます (イ) 子 に 対 する 遺 族 共 済 年 金 は 配 偶 者 に 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 がある 場 合 支 給 停 止 と なります また 子 に 対 する 遺 族 共 済 年 金 の 支 給 が 停 止 されている 間 その 年 金 は 配 偶 者 に 支 給 されます (ウ) 公 務 等 による 遺 族 共 済 年 金 については その 死 亡 に 関 し 地 方 公 務 員 災 害 補 償 法 の 規 定 による 遺 族 補 償 年 金 等 が 支 給 されるときは その 間 一 定 額 の 支 給 を 停 止 することと されています オ 失 権 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 次 のいずれかに 該 当 したときはその 権 利 を 失 います (ア) 死 亡 したとき (イ) 婚 姻 したとき (ウ) 直 系 血 族 及 び 直 系 姻 族 以 外 の 者 の 養 子 となったとき (エ) 死 亡 した 組 合 員 との 親 族 関 係 が 離 縁 によって 終 了 したとき (オ) 子 又 は 孫 ( 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 に 該 当 する 者 を 除 く )が 18 歳 に 達 する 日 の 属 する 年 度 末 に 達 したとき (カ) 子 又 は 孫 が 障 害 等 級 1 級 又 は2 級 に 該 当 しなくなったとき (18 歳 に 達 する 日 の 属 す る 年 度 末 までにある 者 を 除 く ) (キ) 子 を 有 しない 若 齢 期 の 妻 が 次 の1 又 は2に 該 当 するとき ( 平 成 19 年 4 月 1 日 以 後 に 給 付 事 由 が 生 じたものに 適 用 ) 1 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 を 取 得 した 当 時 30 歳 未 満 である 妻 が 遺 族 共 済 年 金 と 同 一 の 給 付 事 由 に 基 づく 国 民 年 金 法 による 遺 族 基 礎 年 金 の 受 給 権 を 有 しないとき 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 を 取 得 した 日 から5 年 を 経 過 したときに 失 権 2 遺 族 共 済 年 金 と 同 一 の 給 付 事 由 に 基 づく 国 民 年 金 法 による 遺 族 基 礎 年 金 の 受 給 権 を 有 する 妻 が 30 歳 に 到 達 する 日 前 に 当 該 遺 族 基 礎 年 金 の 受 給 権 が 消 滅 したとき 遺 族 基 礎 年 金 の 受 給 権 が 消 滅 した 日 から5 年 を 経 過 したときに 失 権 (2) 遺 族 基 礎 年 金 遺 族 共 済 年 金 を 受 けることのできる 遺 族 が 子 のある 配 偶 者 又 は 子 である 場 合 に は 日 本 年 金 機 構 から 遺 族 基 礎 年 金 が 支 給 されます ただし 子 に 対 する 遺 族 基 礎 年 金 は 父 又 は 母 がいる 場 合 には 支 給 停 止 となります 対 象 者 配 偶 者 又 は 子 ( 配 偶 者 が 遺 族 基 礎 年 金 の 受 給 権 者 でない 場 合 のみ 1 人 目 ) 上 記 以 外 の 子 ( 平 成 27 年 4 月 現 在 ) 本 来 水 準 の 額 780,900 円 改 定 率 2 人 目 まで 1 人 につき 224,700 円 賃 金 変 動 等 改 定 率 3 人 目 以 上 1 人 につき 74,900 円 賃 金 変 動 等 改 定 率 平 成 27 年 度 は P176 参 照 183

25 遺 族 基 礎 年 金 の 請 求 手 続 きは 死 亡 した 組 合 員 が 公 務 員 の 共 済 組 合 以 外 の 公 的 年 金 制 度 ( 厚 生 年 金 私 学 共 済 国 民 年 金 等 )に 加 入 した 期 間 がない 場 合 公 立 学 校 共 済 組 合 で 受 付 けます 他 の 公 的 年 金 の 加 入 期 間 がある 場 合 は 最 寄 りの 年 金 事 務 所 で 請 求 手 続 きを 行 っています が 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 は 公 立 学 校 共 済 組 合 でも 受 付 可 能 となります 6 年 金 の 支 給 調 整 (1) 年 金 の 併 給 調 整 現 行 の 年 金 制 度 では 一 人 一 年 金 を 原 則 としています このため 同 時 に 複 数 の 年 金 の 受 給 資 格 がある 人 は いずれか 一 つの 年 金 を 選 択 することになります この 場 合 他 の 年 金 は 支 給 が 停 止 されます (なお この 選 択 は 変 更 可 能 です ) 例 えば 配 偶 者 の 死 亡 による 遺 族 共 済 年 金 ( 遺 族 厚 生 年 金 等 を 含 む )を 受 給 していたも のが 自 分 の 退 職 共 済 年 金 を 受 ける 権 利 も 取 得 した 場 合 両 方 の 年 金 の 支 給 を 受 けることは できません ただし 厚 生 年 金 等 を 選 択 し 公 務 員 の 共 済 組 合 の 年 金 が 支 給 停 止 となる 場 合 であっても 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 については 支 給 停 止 になりません (2) 併 給 調 整 の 例 外 併 給 調 整 の 例 外 として 複 数 の 年 金 を 受 けることができる 場 合 がありますが そのうち 主 なものは 次 のとおりです ア 退 職 共 済 年 金 と 老 齢 基 礎 年 金 老 齢 厚 生 年 金 等 退 職 共 済 年 金 老 齢 基 礎 年 金 老 齢 厚 生 年 金 等 他 制 度 の 退 職 共 済 年 金 も 同 様 イ 同 一 の 給 付 事 由 に 基 づく 障 害 共 済 年 金 と 障 害 基 礎 年 金 障 害 共 済 年 金 同 一 給 付 事 由 障 害 基 礎 年 金 ウ 同 一 の 給 付 事 由 に 基 づく 遺 族 共 済 年 金 と 遺 族 基 礎 年 金 遺 族 共 済 年 金 同 一 給 付 事 由 遺 族 基 礎 年 金 (3) 再 就 職 した 場 合 退 職 共 済 年 金 等 ( 障 害 共 済 年 金 を 含 む 以 下 同 様 )は 民 間 会 社 県 の 嘱 託 等 に 再 就 職 して 厚 生 年 金 に 加 入 した 場 合 共 済 組 合 の 組 合 員 でいる 場 合 ( 再 任 用 (フルタイム)の 場 184

26 合 を 含 む ) 及 び 雇 用 保 険 法 による 失 業 給 付 ( 基 本 手 当 ) 等 を 受 給 する 場 合 (65 歳 未 満 の 者 に 限 る )に 支 給 額 が 調 整 され 年 金 額 の 一 部 が 支 給 停 止 されます 平 成 27 年 9 月 30 日 までは 下 記 ア 及 びイにより 算 定 されますが 平 成 27 年 10 月 1 日 か らは 支 給 停 止 の 基 準 となる 額 が 65 歳 未 満 は 28 万 円 65 歳 以 上 は 47 万 円 と 年 齢 によって 区 分 されるようになります ア 民 間 会 社 等 に 再 就 職 した 場 合 の 支 給 停 止 退 職 共 済 年 金 等 の 受 給 権 者 である 者 が 常 勤 講 師 や 民 間 会 社 等 に 再 就 職 し 就 職 先 で 厚 生 年 金 保 険 等 の 被 保 険 者 ( 1)となった 場 合 は 厚 生 年 金 保 険 等 の 被 保 険 者 でいる 間 会 社 等 から 支 払 われる 給 与 等 の 額 に 応 じて 退 職 共 済 年 金 等 の 一 部 が 支 給 停 止 され ます (ア) 停 止 額 給 与 等 の 額 ( 基 準 給 与 月 額 相 当 額 )( 2)と 共 済 年 金 額 ( 3)の 月 額 の 47 万 円 に 達 するまでは 全 額 の 年 金 を 支 給 し 47 万 円 を 超 えるときは その 合 計 額 から 47 万 円 を 控 除 して 得 た 額 の 1/2 を 12 倍 した 額 ( 以 下 支 給 停 止 額 という )の 共 済 年 金 額 が 停 止 されます ただし 支 給 停 止 額 が 共 済 年 金 額 以 上 であるときは 当 該 共 済 年 金 額 を 限 度 として 停 止 されます (イ) 支 給 停 止 額 の 計 算 方 法 支 給 停 止 額 =( 共 済 年 金 額 + 給 与 等 の 額 - 47 万 円 ) 1/2 12 ( 年 額 ) ( 基 本 月 額 )( 基 準 給 与 月 額 相 当 額 ) 用 語 の 解 説 1 厚 生 年 金 保 険 等 の 被 保 険 者 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 ( 県 の 嘱 託 の 場 合 を 含 む) 70 歳 以 上 で 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 事 業 所 に 常 時 勤 務 する 者 私 立 学 校 教 職 員 共 済 制 度 の 加 入 者 70 歳 以 上 で 私 立 学 校 に 勤 務 する 者 国 会 議 員 地 方 議 会 議 員 ( 議 員 年 金 ) ( 注 )1 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 及 び 私 立 学 校 教 職 員 共 済 制 度 の 加 入 者 に 対 する 資 格 喪 失 年 齢 は 平 成 14 年 4 月 から 従 来 の 65 歳 から 70 歳 に 引 き 上 げられました 2 70 歳 以 上 で 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 事 業 所 に 常 時 勤 務 する 者 及 び 私 立 学 校 に 勤 務 する 者 についても 平 成 19 年 4 月 から 一 部 支 給 停 止 の 対 象 となりました 2 給 与 等 の 額 停 止 対 象 月 の 前 月 における 標 準 報 酬 月 額 と 停 止 対 象 月 の 前 月 以 前 の1 年 間 の 標 準 賞 与 額 の 総 額 を 12 で 除 して 得 た 額 ( 法 律 上 は 基 準 収 入 月 額 相 当 額 という ) 3 共 済 年 金 額 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 = 特 別 支 給 の 共 済 年 金 額 -( 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 + 加 給 年 金 額 ) 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 = 退 職 共 済 年 金 額 -( 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 + 加 給 年 金 額 + 経 過 的 加 算 の 額 + 繰 下 げ 加 算 額 ) 185

27 支 給 停 止 の 仕 組 み( 月 額 で 計 算 ) 共 済 年 金 額 退 職 共 済 年 金 の 1/12 年 金 額 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 加 給 年 金 額 経 過 的 加 算 額 繰 下 げ 加 算 額 は 除 きます 過 去 1 年 間 の 給 与 等 の 額 * 給 料 + ボーナス 等 の 総 額 1/12 ( 公 務 員 であった 期 間 も 含 みます) * 実 際 に 支 払 われた 給 料 ではなく 年 金 合 算 の 保 険 料 ( 掛 金 )を 徴 収 するための 基 礎 となる 額 のことをいい 報 酬 ( 諸 手 当 を 含 む)を 一 定 の 範 囲 ごとに 区 分 された 等 級 表 にあてはめた 額 となります ( 年 金 + 給 与 )の 収 入 月 額 が 47 万 円 を 超 える はい いいえ 年 金 の 一 部 が 支 給 停 止 となります 収 入 月 額 のうち 47 万 円 を 超 え た 額 の 半 分 に 相 当 する 額 が 支 給 停 止 になります 年 金 は 支 給 停 止 となりません 平 成 27 年 10 月 以 降 被 用 者 年 金 一 元 化 に 伴 い 65 歳 未 満 の 停 止 基 準 額 が 47 万 円 から 28 万 円 に 引 き 下 げられます これにより 65 歳 未 満 の 厚 生 年 金 等 の 被 保 険 者 である 退 職 共 済 年 金 の 受 給 者 については 現 に 受 給 している 年 金 額 が 減 額 されることがあります この 影 響 を 緩 和 するため 平 成 27 年 9 月 までに 年 金 受 給 権 が 発 生 した 者 については 経 過 措 置 として 年 金 と 賃 金 の 合 計 額 の 10% 又 は 年 金 と 賃 金 の 合 計 額 から 35 万 円 を 控 除 した 額 のいずれか 低 い 方 を 改 正 後 の 支 給 停 止 額 の 上 限 とする 予 定 です 186

28 イ 共 済 組 合 の 組 合 員 でいる 間 の 支 給 停 止 ( 再 任 用 (フルタイム)の 場 合 を 含 む ) 退 職 共 済 年 金 は 共 済 組 合 員 である 場 合 は 原 則 支 給 停 止 となりますが 期 末 手 当 等 を 含 む 給 与 と 年 金 の 合 計 額 により 一 部 支 給 されることがあります 計 算 の 結 果 支 給 額 が 生 じた 場 合 には 在 職 中 であってもその 支 給 額 が 支 給 されます 一 部 支 給 の 仕 組 み( 月 額 で 計 算 ) 共 済 年 金 額 退 職 共 済 年 金 の 1/12 年 金 額 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 加 給 年 金 額 経 過 的 加 算 額 繰 下 げ 加 算 額 は 除 きます 過 去 1 年 間 の 給 与 等 の 額 * 給 料 + ボーナス 等 の 総 額 1/12 ( 公 務 員 であった 期 間 も 含 みます) 合 算 * 実 際 に 支 払 われた 給 料 ではなく 掛 金 の 基 準 となった 給 料 のことをいい 1.25 を 乗 じた 額 となります ( 平 成 27 年 9 月 30 日 まで) ( 年 金 + 給 与 )の 収 入 月 額 が 28 万 円 を 超 える はい いいえ はい 年 金 が 28 万 円 を 超 える いいえ 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 を 除 き 年 金 は 支 給 されます 給 与 が 47 万 円 を 超 える 給 与 が 47 万 円 を 超 える はい いいえ はい いいえ 年 金 -( 給 与 -47 万 円 1/2) の 額 が 支 給 されます 年 金 -{(47 万 円 + 年 金 -28 万 円 ) 1/2+( 給 与 -47 万 円 )}の 額 が 支 給 されます 年 金 - 給 与 1/2 の 額 が 支 給 されます 年 金 -( 給 与 + 年 金 - 28 万 円 ) 1/2 の 額 が 支 給 されます 187

29 参 考 : 支 給 概 算 額 表 概 算 額 は1ヶ 月 あたりの 金 額 を 掲 載 しています 基 本 月 額 ( 1)と 基 準 給 与 月 額 相 当 額 ( 2)を 別 に 求 め この 表 にあてはめ 交 差 した 箇 所 の 額 が 一 部 支 給 される 年 金 の 概 算 額 です 加 給 年 金 額 は 年 金 の 支 給 がある 場 合 に 限 り 支 給 されます 基 準 給 与 月 額 相 当 額 給 与 年 金 200, , , , , , , , , ,000 ( 単 位 : 円 ) 基 本 月 額 60,000 80, , , , , ,000 60,000 80,000 90, , , , ,000 50,000 60,000 70,000 80,000 90, , ,000 30,000 40,000 50,000 60,000 70,000 90, ,000 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 70,000 90, ,000 20,000 30,000 50,000 70, ,000 30,000 50, ,000 30, , , ,000 用 語 の 解 説 在 職 中 支 給 基 本 額 ( 共 済 年 金 額 ) 65 歳 未 満 ( 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 )の 受 給 者 厚 生 年 金 相 当 部 分 の 額 + 定 額 部 分 の 額 65 歳 以 上 ( 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 )の 受 給 者 年 金 額 ( 職 域 年 金 相 当 部 分 + 加 給 年 金 額 + 経 過 的 加 算 の 額 + 繰 下 げ 加 算 額 ) 1 基 本 月 額 在 職 中 支 給 基 本 額 12 2 基 準 給 与 月 額 相 当 額 ( 給 与 等 の 額 ) 各 年 の1 月 から8 月 までは 前 年 の5 月 9 月 から 12 月 まではその 年 の5 月 に 1.25( 特 別 職 等 の 者 は1) おける 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 + 当 該 各 月 以 前 1 年 間 の 掛 金 の 標 準 となった 期 末 手 当 等 の 総 額 1/12 188

30 ウ 失 業 給 付 等 を 受 給 する 場 合 の 支 給 停 止 雇 用 保 険 法 の 失 業 給 付 ( 基 本 手 当 )を 受 給 するとき 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 公 共 職 業 安 定 所 に 出 向 き 求 職 の 申 し 込 みをし たときは その 翌 月 から 所 定 給 付 日 数 に 相 当 する 日 数 分 の 失 業 給 付 ( 基 本 手 当 )の 支 給 を 受 け 終 わるまで 職 域 年 金 相 当 部 分 を 除 き 年 金 の 支 給 が 停 止 されます (ア) 基 本 手 当 は 離 職 の 日 以 前 2 年 間 に 雇 用 保 険 に 加 入 していた 月 ( 賃 金 支 払 の 基 礎 とな った 日 数 が 11 日 以 上 ある 月 )が 通 算 して 12 ヶ 月 以 上 あり 働 く 意 思 及 び 能 力 を 有 する にもかかわらず 職 業 につくことができないときに 支 給 されます 雇 用 保 険 に 加 入 するのは 退 職 後 民 間 会 社 等 に 再 就 職 したとき( 雇 用 保 険 に 加 入 する 場 合 に 限 る ) 再 任 用 により 勤 務 するとき( 週 20 時 間 未 満 の 短 時 間 勤 務 を 除 く ) (イ) 基 本 手 当 の 日 額 は 離 職 前 最 後 の 6 ヶ 月 の 日 額 賃 金 と 退 職 時 の 年 齢 によって 決 定 され 勤 続 年 数 と 離 職 時 の 年 齢 によって 支 給 する 日 数 ( 所 定 給 付 日 数 )が 決 まります 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 停 止 イメージ 5 月 に 申 し 込 みをし 失 業 給 付 ( 基 本 手 当 )を 3 ヶ 月 受 給 した 場 合 受 給 申 込 受 給 終 了 失 業 給 付 ( 基 本 手 当 ) 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 年 金 は 6 月 分 から 8 月 分 まで 支 給 停 止 されます エ 自 営 業 又 は 農 林 業 等 に 従 事 する 場 合 退 職 された 後 に 厚 生 年 金 保 険 等 の 被 保 険 者 にならなければ たとえ 所 得 がある 場 合 で も 退 職 共 済 年 金 等 の 支 給 停 止 はありません したがって 就 労 されない 場 合 はもちろんのこと 農 林 業 等 に 従 事 し 農 林 業 等 所 得 があ る 場 合 も 年 金 の 支 給 は 停 止 されません 7 年 金 請 求 等 の 事 務 手 続 き 被 用 者 年 金 一 元 化 に 伴 い 手 続 きが 一 部 変 更 される 場 合 があります 詳 しくは 支 部 までお 問 い 合 わせください (1) 退 職 共 済 年 金 在 職 中 であっても 支 給 開 始 年 齢 に 達 すると 年 金 の 受 給 権 が 発 生 しますので 年 金 請 求 手 続 きが 必 要 です 在 職 中 又 は 退 職 直 後 に 受 給 権 が 発 生 する 場 合 は 長 野 支 部 から 年 金 請 求 手 続 きについて 通 知 します 退 職 時 に 支 給 開 始 年 齢 に 達 していない 場 合 は 退 職 届 書 (P192 参 照 )を 提 出 します 189

31 ア 退 職 時 の 手 続 き 退 職 届 書 の 提 出 ( 組 合 期 間 等 を 共 済 組 合 に 登 録 ) 年 金 待 機 者 のあんない と 一 緒 に 年 金 待 機 者 登 録 通 知 書 を 本 人 に 送 付 ( 年 金 請 求 時 通 知 書 の 年 金 年 金 の 受 給 年 月 日 の 約 2 月 前 に 共 済 組 合 本 部 から 請 求 用 紙 を 自 宅 に 送 付 本 人 が 直 接 共 済 組 合 本 部 へ 手 続 き する 待 機 者 番 号 が 必 要 です ) 在 職 中 の 場 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 決 定 請 求 書 と 添 付 書 類 を 共 済 組 合 本 部 へ 送 付 年 金 決 定 ( 証 書 送 付 ) 受 給 権 発 生 の 翌 月 から 年 金 支 給 合 は 支 部 経 由 イ 退 職 共 済 年 金 の 請 求 公 立 学 校 共 済 組 合 本 部 から 送 付 される 案 内 に 沿 って 年 金 請 求 書 等 を 受 給 権 者 本 人 から 本 部 へ 直 接 郵 送 してください 在 職 中 の 場 合 は 長 野 支 部 から 所 属 所 を 通 して 提 出 依 頼 しますので その 通 知 により 長 野 支 部 へ 提 出 してください (2) 障 害 共 済 年 金 障 害 共 済 年 金 の 支 給 要 件 に 該 当 する 場 合 は 傷 病 名 初 診 日 等 を 電 話 で 連 絡 してください 障 害 程 度 の 事 前 認 定 に 必 要 な 診 断 書 等 の 関 係 書 類 を 送 付 します 障 害 程 度 の 事 前 認 定 後 認 定 通 知 書 と 年 金 請 求 用 紙 を 送 付 します 障 害 共 済 年 金 決 定 請 求 書 を 作 成 し 関 係 書 類 を 添 付 のうえ 所 属 所 長 の 証 明 を 受 けて 長 野 支 部 へ 提 出 します ア 障 害 の 事 前 認 定 提 出 書 類 提 出 部 数 注 意 事 項 障 害 程 度 の 事 前 認 定 請 求 書 1 部 本 人 が 記 入 する 診 断 書 1 部 傷 病 別 の 診 断 書 で 医 師 が 記 入 する 症 状 の 経 過 及 び 日 常 生 活 に 関 する 申 立 書 1 部 本 人 が 記 入 する ( 代 筆 も 可 能 ) イ 障 害 共 済 年 金 の 請 求 提 出 書 類 用 紙 部 数 提 出 対 象 者 障 害 共 済 年 金 決 定 請 求 書 配 付 2(1 部 コピー) 請 求 者 全 員 戸 籍 謄 本 2(1 部 コピー) 加 給 年 金 関 係 提 出 書 類 該 当 者 に 配 付 加 給 年 金 該 当 者 190

32 (3) 遺 族 共 済 年 金 在 職 中 に 死 亡 した 場 合 は 長 野 支 部 へご 連 絡 ください 必 要 事 項 を 確 認 の 上 請 求 関 係 書 類 を 送 付 します 提 出 書 類 用 紙 部 数 提 出 対 象 者 遺 族 共 済 年 金 決 定 請 求 書 配 付 2(1 部 コピー) 請 求 者 全 員 戸 籍 謄 本 2(1 部 コピー) 死 亡 診 断 書 2(1 部 コピー) 生 計 維 持 確 認 書 類 (4) 基 礎 年 金 の 請 求 基 礎 年 金 の 請 求 は 年 金 事 務 所 に 提 出 するものですが 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 者 につ いては 次 表 の 区 分 により 共 済 組 合 が 窓 口 となります 被 用 者 年 金 一 元 化 により 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 は 単 一 共 済 者 ( ) 以 外 も 受 け 付 けま す 年 金 の 種 別 老 齢 基 礎 年 金 障 害 基 礎 年 金 遺 族 基 礎 年 金 共 済 組 合 が 提 出 の 窓 口 となる 場 合 単 一 共 済 者 ( )であるとき 組 合 員 であった 間 に 初 診 日 がある 傷 病 に 係 る 障 害 基 礎 年 金 の 請 求 者 であるとき 死 亡 した 組 合 員 であった 者 が 単 一 共 済 者 ( )であるとき 単 一 共 済 者 : 一 の 共 済 組 合 の 組 合 員 であった 期 間 のみを 有 する 者 191

33 8 退 職 届 書 について 退 職 届 は 退 職 時 に 年 金 請 求 の 資 格 ( 年 金 受 給 資 格 期 間 及 び 支 給 開 始 年 齢 )を 満 たしてい ない 方 が 将 来 の 年 金 受 給 に 備 え 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 を 年 金 の 待 機 者 として 登 録 す るために 提 出 していただくものです 登 録 された 組 合 員 期 間 は 将 来 次 のように 生 かされます 例 1 A B 公 立 学 校 共 済 組 合 他 の 公 的 年 金 制 度 ( 国 民 年 金 厚 生 年 金 の 組 合 員 期 間 退 職 届 書 私 立 学 校 教 職 員 共 済 組 合 等 )の 加 入 期 間 A+Bの 期 間 を 合 算 した 期 間 が 25 年 以 上 となり 支 給 開 始 年 齢 に 到 達 した 時 点 で 公 立 学 校 共 済 組 合 本 部 にAの 期 間 に 係 る 退 職 共 済 年 金 を 請 求 することができます ( 平 成 27 年 9 月 30 日 までは Bの 期 間 に 係 る 年 金 の 請 求 は 加 入 した 他 の 公 的 年 金 制 度 に 対 して 行 うこととなり ますが 被 用 者 年 金 一 元 化 後 はどの 実 施 機 関 でも 行 えます ) 例 2 A B C 公 立 学 校 共 済 組 合 他 の 公 的 年 金 制 度 公 務 員 として 再 就 職 の 組 合 員 期 間 の 加 入 期 間 した 期 間 退 職 届 書 A+B+Cの 期 間 を 合 算 した 期 間 が 25 年 以 上 となり 支 給 開 始 年 齢 に 到 達 した 時 点 で 再 就 職 先 で 加 入 した 共 済 組 合 にA+Cの 期 間 に 係 る 退 職 共 済 年 金 を 請 求 することができます ( 平 成 27 年 9 月 30 日 までは Bの 期 間 に 係 る 年 金 の 請 求 は 加 入 した 他 の 公 的 年 金 制 度 に 対 して 行 うこととなりますが 被 用 者 年 金 一 元 化 後 はどの 実 施 機 関 でも 行 えます ) (1) 提 出 書 類 退 職 予 定 者 報 告 書 (P33 参 照 )により 報 告 があったものについてア~ウの 用 紙 を 送 付 し ます ア 送 付 書 ( 退 職 届 書 用 ) 1 部 イ 経 歴 等 質 問 書 ( 退 職 届 書 用 ア 送 付 書 の 裏 面 ) 1 部 ウ 退 職 届 書 2 部 ( 原 本 1 部 コピー1 部 ) エ 履 歴 書 ( 市 町 村 費 等 支 弁 組 合 員 のみ) 1 部 192

34 (2) 退 職 届 書 提 出 による 処 理 退 職 届 書 の 提 出 があった 者 については 公 立 学 校 共 済 組 合 で 組 合 員 期 間 及 び 在 職 中 の 給 与 ( 料 ) 月 額 を 電 算 登 録 し 将 来 の 年 金 発 生 に 備 え 管 理 します また 退 職 共 済 年 金 の 権 利 保 有 者 であることの 証 明 となる 退 職 共 済 年 金 等 待 機 者 番 号 を 定 め 年 金 待 機 者 のあんない という 冊 子 と 年 金 待 機 者 登 録 通 知 書 を 送 付 します 自 宅 に 郵 送 されますので 大 切 に 保 管 し 将 来 年 金 受 給 年 齢 に 達 したときに 各 自 関 係 裁 定 庁 へ 年 金 の 請 求 をすることになります 9 退 職 後 の 公 的 年 金 制 度 への 加 入 について 昭 和 61 年 4 月 から 公 的 年 金 制 度 が 改 正 され 60 歳 までの 間 はいずれかの 公 的 年 金 制 度 に 加 入 することとされています 保 険 料 ( 掛 金 )を 滞 納 しますと 滞 納 期 間 については 年 金 の 資 格 期 間 となりませんので 必 ず 納 付 してください なお 厚 生 年 金 保 険 又 は 共 済 組 合 に 加 入 されている 者 の 被 扶 養 配 偶 者 となった 方 について も 国 民 年 金 へ 加 入 することとなりますが この 場 合 は 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 は 要 さないこと とされておりますので 国 民 年 金 の 加 入 手 続 きのみを 行 うこととなります 手 続 きは 配 偶 者 の 勤 務 先 へお 尋 ねください 再 就 職 をする 場 合 は 再 就 職 先 の 年 金 制 度 に 加 入 することになり 再 就 職 の 予 定 がない 場 合 には 次 のどちらかの 手 続 きが 必 要 となります なお 任 期 付 採 用 職 員 等 で 月 途 中 に 退 職 ( 末 日 退 職 以 外 )の 場 合 は その 月 は 共 済 年 金 に 未 加 入 ということになりますので 国 民 年 金 の 加 入 手 続 きが 必 要 となります ア 配 偶 者 の 被 扶 養 者 となり 国 民 年 金 の 第 3 号 被 保 険 者 となる 場 合 例 公 立 共 済 届 資 格 取 得 届 国 民 年 金 イ 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 となる 場 合 例 公 立 共 済 届 資 格 取 得 届 国 民 年 金 ( 保 険 料 納 入 ) 193

35 記 入 例 記 入 要 領 に 従 い 楷 書 ではっきりと 記 入 の 上 押 印 してください 退 職 年 月 日 以 降 を 記 入 してください 支 部 公 立 学 校 共 済 組 合 理 事 長 殿 届 出 日 平 成 年 3 月 31 日 フリガナ マツモト タロウ 元 号 年 月 日 松 生 年 退 職 者 ( 氏 ) ( 名 ) 氏 名 月 日 昭 平 松 本 本 印 太 郎 フリガナ 氏 名 訂 正 欄 退 職 元 号 日 年 月 日 平 成 所 属 機 関 名 職 名 氏 組 合 員 番 号 名 ( 氏 ) 年 月 所 属 機 関 名 退 職 届 書 ( 名 ) 共 済 組 合 提 出 用 性 別 旧 姓 旧 姓 改 姓 年 月 日 基 礎 年 金 番 号 昭 和 改 姓 年 月 日 年 月 日 - 平 成 職 名 待 機 者 番 号 ( 前 歴 あり) 種 別 証 書 番 号 青 空 小 学 校 教 諭 印 男 女 必 ず 押 印 してく ださい なお 氏 名 変 更 がある 場 合 は 訂 正 欄 にも 押 印 し てください 氏 名 に 変 更 があ る 場 合 に 記 入 し てください 退 職 者 郵 便 番 号 住 所 長 野 県 長 野 市 の 住 所 等 住 所 等 訂 正 欄 退 職 者 の 配 偶 者 上 欄 住 所 のつづき 配 偶 者 の 有 無 無 有 町 名 番 地 等 電 話 番 号 郵 便 番 号 上 欄 住 所 のつづき フリガナ 町 名 番 地 等 電 話 番 号 大 字 南 長 野 字 幅 下 692 番 地 2 フリガナ 住 所 - 有 の 場 合 は 記 入 して 下 さい 都 道 府 県 配 偶 者 の 生 年 月 日 元 号 昭 平 5 年 6 月 0 6 市 郡 区 ( 東 京 都 ) 日 配 偶 者 を 扶 養 していますか 2 0 している していない 町 村 区 ( 指 定 都 市 ) 退 職 後 の 住 所 が 印 字 されてい る 住 所 と 異 なる 場 合 に 記 入 して ください なお 大 字 字 のフリガナ は 付 けない 丁 目 番 地 等 のフリガナは - で 記 入 して ください 退 職 届 書 の 記 載 事 項 は 事 実 と 相 違 ないものと 認 めます 届 出 日 以 降 の 年 月 日 で 証 明 してください 平 成 年 3 月 31 日 所 属 機 関 名 及 び 職 名 長 野 市 立 青 空 小 学 校 長 支 部 受 付 印 本 部 受 付 印 所 属 機 関 の 長 氏 名 飯 田 太 郎 職 印 印 共 済 組 合 記 入 欄 ( 任 意 ) 重 複 期 間 退 年 減 退 の 受 給 権 みなし25 年 の 退 共 権 退 職 事 由 義 務 非 義 務 所 属 区 分 職 名 給 付 制 限 一 時 金 支 給 額 有 無 有 無 元 号 退 職 年 月 日 年 有 無 月 日 普 通 定 年 勧 奨 失 職 退 職 事 由 義 非 義 務 非 義 務 所 属 区 分 職 名 有 無 給 付 制 限 種 別 一 時 金 額 円 銭 受 給 日 元 号 年 月 日 昭 和 退 職 2 昭 和 平 成 普 通 定 年 勧 奨 失 職 義 非 有 無 昭 和 退 職 3 昭 和 平 成 普 通 定 年 勧 奨 失 職 義 非 有 無 昭 和 退 職 4 昭 和 平 成 普 通 定 年 勧 奨 失 職 義 非 有 無 昭 和 退 職 5 昭 和 平 成 普 通 定 年 勧 奨 失 職 義 非 有 無 審 査 作 成 者 194

36 経 歴 等 質 問 書 ( 退 職 届 書 用 ) 所 属 所 名 青 空 小 学 校 職 名 教 諭 氏 名 松 本 太 郎 松 本 印 公 立 学 校 共 済 組 合 の 長 期 給 付 に 必 要 ですので 下 記 事 項 について 記 入 してください ( 該 当 する 事 項 を で 囲 んでください ) 記 1. 以 前 に 退 職 届 書 を 提 出 したことがありますか ない ある 提 出 した 時 期 年 月 頃 退 共 等 待 機 者 番 号 共 済 組 合 名 2. 退 職 後 再 び 公 務 員 ( 常 勤 )として 就 職 する 予 定 がありますか ない ある 再 就 職 先 就 職 予 定 日 平 成 年 月 日 3. あなたの 健 康 状 態 について 該 当 するものを で 囲 んでください 休 職 する 程 度 の 病 状 の 方 は 障 害 共 済 年 金 の 受 給 権 が 発 生 する 場 合 がありますので 表 の 中 も 記 入 してください 健 康 である 病 気 等 がある( 休 職 程 度 ) 初 診 年 月 昭 和 平 成 年 月 病 名 腎 不 全 ( 人 工 透 析 ) 人 工 透 析 は 年 月 より 開 始 195

3 保 険 料 ( 掛 金 )を 納 めていること 原 則 として 初 診 日 月 前 々 月 まで 国 民 年 金 加 入 期 間 全 体 うち 3 分 2 以 上 きち んと 納 めている( 保 険 料 免 除 期 間 も 含 む)ことが 必 要 です 現 在 は 特 例 として 初 診 日 が

3 保 険 料 ( 掛 金 )を 納 めていること 原 則 として 初 診 日 月 前 々 月 まで 国 民 年 金 加 入 期 間 全 体 うち 3 分 2 以 上 きち んと 納 めている( 保 険 料 免 除 期 間 も 含 む)ことが 必 要 です 現 在 は 特 例 として 初 診 日 が 厚 生 年 金 手 当 金 支 援 制 度 概 要 厚 生 年 金 手 当 金 は 疾 病 (がんも 対 象 )やケガで が 残 った 場 合 生 活 保 をする 給 付 であり 支 給 要 件 を 満 たし 厚 生 年 金 1 2 級 に 該 当 すれば 基 礎 年 金 に 厚 生 年 金 が 上 乗 せされ 支 給 され 厚 生 年 金 3 級 に 該 当 すれば 厚 生 年 金 厚 生 年 金

More information

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金 第 1 共 済 年 金 について 1 公 的 年 金 制 度 (1) 公 的 年 金 制 度 の 概 要 わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 昭 和 61 年 4 月 以 降 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 全 国 民 は 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) の 加 入 が 義 務 づけられ 国 民 は 共 通 の 基 礎 年 金 を 受 けられる 制 度 になりました それにより

More information

パンフレット.indd

パンフレット.indd 障 害 年 ガイド 障 害 年 ガイド 平 成 27 年 度 版 障 害 年 金 とは 1 受 給 要 件 1 請 求 時 期 4 障 害 年 金 障 害 手 当 金 の 額 5 障 害 年 金 に 該 当 する 状 態 7 Q&A 8 手 続 き 10 お 問 い 合 わせ 先 11 障 害 年 金 とは 障 害 年 は 病 気 やけがによって 生 活 や 仕 事 などが 制 限 されるようになった

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

( 前 ページから 続 く) 次 のいずれかに 該 するかたは 受 給 できません 施 設 に 入 所 しているかた 病 院 に3か 月 を 超 えて 続 けて 入 院 しているかた 受 給 者 本 人 または 扶 養 義 務 者 等 の 所 得 が 制 限 額 ( 別 表 1P.135)の 限 度

( 前 ページから 続 く) 次 のいずれかに 該 するかたは 受 給 できません 施 設 に 入 所 しているかた 病 院 に3か 月 を 超 えて 続 けて 入 院 しているかた 受 給 者 本 人 または 扶 養 義 務 者 等 の 所 得 が 制 限 額 ( 別 表 1P.135)の 限 度 心 障 害 者 福 祉 ( 区 の 制 度 ) 難 20 歳 以 上 で 次 のいずれかに 該 するかた 1 愛 の 帳 1~3 度 体 障 害 者 帳 12 級 脳 性 マヒまたは 進 行 性 筋 萎 縮 症 2 愛 の 帳 度 体 障 害 者 帳 3 級 3 区 の 指 定 する 難 病 等 (P.0~1 参 照 )で 医 療 費 助 成 を 受 けているかた 次 のいずれかに 該 するかたは

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

2. 相 談 の 窓 口

2. 相 談 の 窓 口 障 害 年 金 制 度 1. 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 か 1 年 間 の 年 金 額 を 確 かめて 前 年 中 の 年 間 総 所 得 金 額 めてください ください を 確 かめてください 計 算 のしか

給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 か 1 年 間 の 年 金 額 を 確 かめて 前 年 中 の 年 間 総 所 得 金 額 めてください ください を 確 かめてください 計 算 のしか (5) 月 収 額 の 計 算 のしかた 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください (1)あなたの 同 居 親 族 または 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は (2)あなたの 世 帯 の 総 収 入 金 額 または 総 所 得 金 額 は (3)あなたの 世 帯 は 収 入 基 準 に 合 ってますか (1) 同 居 親 族 扶 養 家 族 の

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378> 平 成 21 年 9 月 27 日 社 会 保 険 労 務 士 栗 原 勝 遺 族 の 年 金 について 遺 族 給 付 の 種 類 給 付 の 種 類 死 亡 した 人 の 要 件 遺 族 の 範 囲 遺 族 基 礎 年 金 11 被 保 険 者 の 死 亡 12 被 保 険 者 であった 方 で 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 人 の 死 亡 3

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20985697EE8CFA90B6944E8BE090BF8B8182CC8EE888F85F372E37>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20985697EE8CFA90B6944E8BE090BF8B8182CC8EE888F85F372E37> 老 齢 厚 生 年 金 請 求 の 手 引 年 金 請 求 に 必 要 な 手 続 について 保 存 版 ( 年 金 が 支 給 されるときまで 大 切 に 保 管 してください ) 平 成 27 年 度 定 年 退 職 者 用 公 立 学 校 共 済 組 合 東 京 支 部 目 次 Ⅰ 年 金 制 度 の 概 要 1 老 齢 基 礎 年 金 繰 上 げ 受 給 受 取 り 総 額 ( 累 計 額

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

陸上自衛隊退職手当支給規則

陸上自衛隊退職手当支給規則 陸 上 自 衛 隊 退 職 手 当 支 給 規 則 昭 和 35 年 1 月 29 日 陸 上 自 衛 隊 達 第 32 7 号 改 正 昭 和 36 年 5 月 22 日 達 第 122 32 号 昭 和 38 年 8 月 7 日 達 第 50 10 1 号 昭 和 42 年 9 月 5 日 達 第 32 7 1 号 昭 和 45 年 4 月 8 日 達 第 63 2 号 昭 和 45 年 10

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

8.手当・年金・貸付等

8.手当・年金・貸付等 9 章 手 当 年 金 貸 付 等 手 当 年 金 等 一 覧 対 象 者 や 金 額 の 詳 細 は 該 当 ページを 参 照 してください 年 金 関 係 主 な 対 象 金 額 ページ (1)(2) 障 がい 基 礎 年 金 (3) 特 別 障 がい 給 付 金 (4) 重 度 障 がい 者 特 例 支 援 事 業 (5) 障 がい 厚 生 年 金 障 が い 手 当 金 20 歳 以 上 で

More information

2015-公務員共済年金のお知らせについて-12P.indd

2015-公務員共済年金のお知らせについて-12P.indd 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ について 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ の 目 的 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ は 今 年 度 59 歳 に 到 達 する 方 を 対 象 に 公 務 員 共 済 の 年 金 加 入 状 況 等 について 確 認 していただき 年 金 制 度 への 理 解 を 深 め 近 い 将 来 の 年 金 請 求 手 続 を 意 識 していただくために

More information

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の 8 入 居 収 入 基 準 市 営 住 宅 の 申 込 みには, 世 帯 全 員 の 課 税 対 象 の 収 入 が, 公 営 住 宅 法 で 定 める 一 定 の 基 準 内 ( ) にあることが 必 要 です (1) 市 営 住 宅 の 収 入 基 準 ( )は, 次 の 表 のとおりです 住 宅 種 別 一 般 世 帯 裁 量 階 層 世 帯 ( ) 公 営 住 宅 158,000 以 下 214,000

More information

申告書の書き方HP.indd

申告書の書き方HP.indd 平 成 6 年 度 市 民 税 府 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 日 までです 平 素 は 市 税 務 行 政 につきまして ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 民 税 府 民 税 は 前 年 の 所 得 に 対 して 課 税 されますので 前 年 ( 日 ~ 3 )の 所 得 等 について 申 告 してください 申 告 書

More information

項 目 3 育 ( 満 3 歳 まで 取 ることができる ) 提 出 書 類 添 付 書 類 提 出 期 限 留 意 事 項 提 出 先 ( 部 数 ) ( 部 数 ). 教 育 委 員 会 育 児 業 承 認 請 養 育 する 子 の 戸 籍 抄 本 育 3 週 間 前 特 別 の 事 情 がある

項 目 3 育 ( 満 3 歳 まで 取 ることができる ) 提 出 書 類 添 付 書 類 提 出 期 限 留 意 事 項 提 出 先 ( 部 数 ) ( 部 数 ). 教 育 委 員 会 育 児 業 承 認 請 養 育 する 子 の 戸 籍 抄 本 育 3 週 間 前 特 別 の 事 情 がある から 育 までの 提 出 書 類 一 覧 項 目 1 前 ( 出 も 含 む) 提 出 書 類 提 出 先 ( 部 数 ) 添 付 書 類 ( 部 数 ) 提 出 期 限 留 意 事 項. 教 育 委 員 会 前 暇 願 妊 娠 証 明 書 3 週 間 前 出 予 定 まで56 前 (8 (3 部 ) (3 部 うち2 部 は 写 し)までに 週 ): 逆 算 学 校 長 地 教 委 原 本 は 教

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック 両 立 支 援 ハンドブック ~ 働 くパパママ 子 育 て 応 援 プラン~ 平 成 27 年 9 月 沖 縄 県 教 育 委 員 会 教 育 庁 総 務 課 目 次 1 妊 娠 したら (1) 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 p1 (2) 妊 娠 障 害 休 暇 p1 (3) 妊 婦 通 勤 緩 和 休 暇 p2 (4) 妊 娠 中 の 休 息 又 は 補 食 のための 職

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

税 の 計 算 方 法 税 率 ( 分 離 課 税 の 所 得 がある 場 合 は 計 算 方 法 が 異 なります ) 前 年 総 所 得 金 - 市 民 税 県 民 税 の 税 率 市 民 税 県 民 税 均 等 割 3,500 円 1,900 円 所 得 割 税 率 6% 4% 分 離 課 税

税 の 計 算 方 法 税 率 ( 分 離 課 税 の 所 得 がある 場 合 は 計 算 方 法 が 異 なります ) 前 年 総 所 得 金 - 市 民 税 県 民 税 の 税 率 市 民 税 県 民 税 均 等 割 3,500 円 1,900 円 所 得 割 税 率 6% 4% 分 離 課 税 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 市 民 税 県 民 税 の 申 告 につきましては 毎 年 皆 様 のご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 書 をお 送 りしますので 本 手 引 きと 別 紙 書 き 方 例 を 参 考 にし ご 記 入 の 上 申 告 をお 願 いします 平 成 28 年 度 の 市

More information

児童扶養手当(大阪府)

児童扶養手当(大阪府) 児 童 扶 養 手 当 児 童 扶 養 手 当 は 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない18 歳 到 達 後 最 初 の 年 度 末 までの 児 童 ( 児 童 に 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいがある 場 合 は 20 歳 未 満 の 児 童 ) を 監 護 しているひとり 親 家 庭 の 母 又 は 父 等 に 支 給 されます 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない

More information

申 告 書 の 書 き 方 住 所 氏 名 など 住 所 現 住 所 欄 に 現 在 の 住 所 を 記 入 してください 1 月 1 日 現 在 の 住 所 欄 には 平 成 28 年 1 月 1 日 の 住 所 が 現 住 所 と 異 なる 場 合 に 記 入 してください なお 方 書 または

申 告 書 の 書 き 方 住 所 氏 名 など 住 所 現 住 所 欄 に 現 在 の 住 所 を 記 入 してください 1 月 1 日 現 在 の 住 所 欄 には 平 成 28 年 1 月 1 日 の 住 所 が 現 住 所 と 異 なる 場 合 に 記 入 してください なお 方 書 または 平 成 28 年 度 分 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 1 申 告 書 を 提 出 する 必 要 のある 方 平 成 28 年 1 月 1 日 に 名 古 屋 市 内 に 住 所 があり 平 成 27 年 中 に 所 得 があった 方 は 市 民 税 県 民 税 申 告 書 を 提 出 してください ただし 次 の 方 は 申 告 書 を 提 出 する 必 要 はありません (1)

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

Ⅰ 国民年金

Ⅰ 国民年金 年 金 相 談 事 例 集 1 巻 p.101 Ⅰ 国 民 年 金 1 国 民 年 金 制 度 の 目 的 及 び 沿 革 国 民 年 金 制 度 は, 厚 生 年 金 保 険, 旧 船 員 保 険, 旧 共 済 組 合 など 被 用 者 を 対 象 とする 公 的 年 金 制 度 が 適 用 されていない 農 業 者, 自 営 業 者 等 及 び 被 用 者 の 配 偶 者 などを 対 象 とした

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定 申 告 書 の 書 き 方 申 告 書 の 各 項 目 に 記 入 してください 給 与 公 的 年 等 の 収 入 があった 人 事 業 や 不 動 産 による 収 入 があった 人 平 成 27 年 中 に 収 入 がなかった 人 申 告 書 表 面 カキ 67 10~21 申 告 書 表 面 アイウ 123 10~21 申 告 書 裏 面 (1)(2)(3) 申 告 書 表 面 16~21 申

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日 年 1 年 制 度 の 概 要 1 長 期 給 付 の 種 類 ( 共 済 年 と 基 礎 年 の 種 類 ) 長 期 給 付 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによっ て 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とそ の 家 族 の 生 活 の 安

More information

留 意 事 項 1. 授 業 料 免 除 申 請 者 は 免 除 の 許 可 又 は 不 許 可 の 通 知 があるまで 授 業 料 の 支 払 いが 猶 予 されま す したがって その 間 授 業 料 を 支 払 わないでください 前 期 は4 月 24 日 後 期 は10 月 24 日 ( 銀

留 意 事 項 1. 授 業 料 免 除 申 請 者 は 免 除 の 許 可 又 は 不 許 可 の 通 知 があるまで 授 業 料 の 支 払 いが 猶 予 されま す したがって その 間 授 業 料 を 支 払 わないでください 前 期 は4 月 24 日 後 期 は10 月 24 日 ( 銀 平 成 27 年 度 ( 後 期 ) 小 樽 商 科 大 学 授 業 料 免 除 徴 収 猶 予 申 請 のしおり 目 次 Ⅰ 授 業 料 免 除 の 対 象 者 2 Ⅱ 提 出 書 類 3 Ⅲ 授 業 料 免 除 願 の 記 入 要 領 5 Ⅳ 家 庭 調 書 の 記 入 要 領 5 Ⅴ 授 業 料 免 除 が 許 可 されなかった 場 合 及 び 半 額 免 除 となった 場 合 6 Ⅵ 授 業

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

平成23年度 市民税・県民税申告の手引き

平成23年度 市民税・県民税申告の手引き 平 成 28 度 市 県 申 告 手 引 き 平 素 から 本 市 務 行 政 運 営 につきまして 御 理 解 御 協 力 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます 平 成 28 月 日 現 在 市 に 住 がある 方 は 平 成 27 月 日 から 2 月 3 日 まで 間 収 入 を こ 手 引 きを 御 参 照 上 市 県 申 告 書 に 記 入 していただき 申 告 期 限 [3 月

More information

Microsoft Word - H28事務の手引き表紙・目次.(総合事務)

Microsoft Word - H28事務の手引き表紙・目次.(総合事務) 退 職 手 当 部 門 福 利 厚 生 部 門 事 務 処 理 の 手 引 き ( 事 務 担 当 者 用 ) 平 成 28 年 度 版 岡 山 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 目 次 岡 山 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 について 1 事 業 内 容 及 び 対 象 となる 職 員 1 2 組 合 を 組 織 する 地 方 公 共 団 体 1 給 料 額 等 の 報 告 について

More information

0表紙

0表紙 各 種 手 続 きについて 組 合 員 の 皆 様 が 広 く 理 解 していただけるよう 公 立 学 校 共 済 組 合 給 付 のし おり を 作 成 しましたので ご 活 用 ください なお 手 続 きでご 不 明 な 点 などございましたら 遠 慮 なくお 尋 ねください 平 成 28 年 4 月 給 付 班 一 同 お 問 い 合 わせ 先 862-8609 熊 本 市 中 央 区 水 前

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 1 現 在 の 公 的 年 金 制 度 組 合 員 の 皆 さまは 2つの 公 的 年 金 制 度 と 公 務 員 特 有 の 制 度 に 加 入 しています 1 2 +α 基 礎 年 金 : 全 国 民 に 共 通 する 国 民 年 金 制 度

Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 1 現 在 の 公 的 年 金 制 度 組 合 員 の 皆 さまは 2つの 公 的 年 金 制 度 と 公 務 員 特 有 の 制 度 に 加 入 しています 1 2 +α 基 礎 年 金 : 全 国 民 に 共 通 する 国 民 年 金 制 度 平 成 28 年 3 月 平 成 27 年 度 末 普 通 勧 奨 退 職 者 向 け 年 金 手 続 等 説 明 会 資 料 公 立 学 校 共 済 組 合 東 京 支 部 給 付 貸 付 課 ねんきん 博 士 目 次 Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 P 2 Ⅱ 老 齢 年 金 等 について P 4 Ⅲ 老 齢 年 金 に 関 する 注 意 事 項 P 8 (A 受 給 権 発

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域 退 職 共 済 年 金 制 度 等 について Ⅰ 年 金 制 度 Ⅱ 退 職 共 済 年 金 Ⅲ 年 金 額 Ⅳ 定 年 退 職 後 の 就 労 と 年 金 調 整 Ⅴ 年 金 の 請 求 手 続 Ⅵ その 他 公 立 学 校 共 済 組 合 大 阪 支 部 Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

013死亡見出し2013

013死亡見出し2013 (10) 死 亡 に 伴 う 事 務 No.1 区 分 作 成 書 類 作 成 者 提 出 先 部 本 学 学 教 教 学 書 類 の 名 称 数 人 校 校 委 事 人 共 済 記 載 例 N o 添 付 書 類 備 考 は 必 ず 添 付 は 該 当 者 のみ 添 付 庶 務 電 算 給 与 共 済 組 合 そ の 他 本 人 死 亡 の 場 合 家 族 からの 死 亡 届 4 1 3 1 校

More information

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年 年 1 年 制 度 の 概 要 1 厚 生 年 と 基 礎 年 の 種 類 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによって 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とその 家 族 の 生 活 の 安 定 を 図 ることを 目 的 としています 厚 生 年 (

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

Microsoft Word - ☆事務処理の手引き高梁市H28

Microsoft Word - ☆事務処理の手引き高梁市H28 < 高 梁 市 > < 高 梁 地 域 事 務 組 合 > 福 利 厚 生 部 門 事 務 の 手 引 き ( 平 成 28 年 度 ) 岡 山 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 目 次 岡 山 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 について 3 1 事 業 内 容 及 び 対 象 となる 職 員 3 2 組 合 を 組 織 する 地 方 公 共 団 体 3 給 料 額 等 の 報 告 について

More information

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls 年 金 事 務 所 で 受 付 審 査 を 行 う 電 子 申 請 項 番 手 続 名 称 1 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 所 属 選 択 二 以 上 事 業 所 勤 務 届 2 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 申 出 書 ( 新 規 延 長 ) 3 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 終 了 届

More information

次世代育成支援に係る諸制度について

次世代育成支援に係る諸制度について 平 成 2 8 年 4 月 広 島 県 教 育 委 員 会 事 務 局 管 理 部 総 務 課 教 職 員 課 仕 事 と 子 育 ての 両 立 のためのサポートハンドブック 目 次 目 次 頁 ( 資 料 ) 出 産 育 児 に 関 する 休 暇 休 業 制 度 等 一 覧 1 はじめに 1 2 妊 娠 から 出 産 までに 利 用 できる 制 度 2 特 別 休 暇 (1) 妊 娠 障 害 休

More information

<5461726F31322D944E8BE08D5597AA835B837E91E6825589F1814083418362>

<5461726F31322D944E8BE08D5597AA835B837E91E6825589F1814083418362> 年 金 攻 略 ゼミ 第 6 回 厚 生 年 金 保 険 法 2 第 1 1 節 支 給 対 男 法 附 則 13 条 の4) 特 象 者 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 (2) 28 から 36 までの まれた 12 1 支 )であって の 繰 上 げの 特 例 2 昭 和 一 33 般 年 女 4 子 月 2 日 から昭 和 41 年 4 月 していない 1 日 までの もの 間 型 )であって

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル 年 金 相 談 マニュアル Contents 年 金 相 談 マニュアル 入 門 編 目 次 ( 入 門 編 ) 第 1 章 年 金 相 談 の 心 得... 1 1 相 談 担 当 職 員 としての 心 構 え... 3 2 一 般 的 な 相 談 の 対 応... 7 3 お 客 様 の 声 への 対 応... 17 4 個 人 情 報 保 護... 22 5 相 談 対 象 者 の 確 認...

More information

000

000 4 退 会 の 手 続 き (1) 作 成 書 類 退 会 理 由 により 必 要 な 書 類 が 異 なります 今 回 の 退 会 が 以 下 1~3のいずれに 該 当 するか 確 認 の 上 手 続 きを 進 めてください 1 退 職 や 身 分 切 り 替 え/ 法 人 の 解 散 や 施 設 団 体 の 廃 止 による 退 会 従 事 者 共 済 会 加 入 期 間 1 年 以 上 の 場

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

入 居 者 募 集 申 込 みから 入 居 までの 流 れ 申 込 み 抽 選 空 家 待 ち 待 機 者 の 入 居 案 内 順 位 を 抽 選 で 決 定 します 空 家 が 発 生 した 時 に 順 位 に 従 い 連 絡 し 資 格 審 査 用 書 類 の 交 付 ただし 空 家 が 発 生

入 居 者 募 集 申 込 みから 入 居 までの 流 れ 申 込 み 抽 選 空 家 待 ち 待 機 者 の 入 居 案 内 順 位 を 抽 選 で 決 定 します 空 家 が 発 生 した 時 に 順 位 に 従 い 連 絡 し 資 格 審 査 用 書 類 の 交 付 ただし 空 家 が 発 生 平 成 25 年 1 月 那 覇 市 営 住 宅 入 居 者 募 集 のしおり 市 営 住 宅 の 入 居 申 込 み 資 格 については 収 入 基 準 をはじめ いろ いろな 制 限 がありますので 申 込 みにあたっては この しおり を 最 後 までよくお 読 みになってからお 申 込 みください 那 覇 市 建 設 管 理 部 市 営 住 宅 課 951-3242 入 居 者 募 集 申

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269> 平 成 25 年 度 一 橋 大 学 後 期 授 業 料 免 除 申 請 要 領 授 業 料 免 除 申 請 について 次 に 掲 げる 免 除 対 象 者 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 本 人 の 申 請 に 基 づき 選 考 のうえ 授 業 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 します 免 除 を 希 望 する 者 は 学 期 ごとに 申 請 してください 注 意 申 請 しても

More information

1526452.dsz

1526452.dsz 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 都 民 税 申 告 の 手 引 申 告 書 の 提 出 期 限 は 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )です 特 別 区 民 税 都 民 税 ( 住 民 税 )の 申 告 につきましては 毎 年 ご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりましたので 申 告 書 をお 送

More information

障がい福祉ガイドブック_本文_CS6.indd

障がい福祉ガイドブック_本文_CS6.indd (1) 手 当 児 童 ( 各 手 当 などの 額 は 平 成 27 年 7 月 1 日 現 在 ) 障 がいの 程 度 所 得 の 制 限 などがありますので 詳 しくは にお 問 い 合 わせください 名 称 対 象 給 制 限 手 当 額 給 月 障 害 児 福 祉 手 20 歳 未 満 で 心 身 に 次 のい 1 施 設 に 入 所 している 方 当 ( 国 手 当 ) ずれかの 障 がいがあり

More information

2 年 金 実 務 平 成 平 成 3 4 年 金 実 務 5 年 金 実 務 6 年 金 実 務 7 年 金 実 務 8 年 金 実 務 9 年 金 実 務 10 年 金 実 務 11 年 金 実 務 12 年 金 実 務 13 年 金 実 務 14 年 金 実 務 966,000 15 16 年 金 実 務 55 17 18 年 金 実 務 19 年 金 実 務 20 年 金 実 務 21 年

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

【H.1-4】H28年度在学採用募集要項(高校等)

【H.1-4】H28年度在学採用募集要項(高校等) 平 成 28 年 度 宮 崎 県 育 英 資 金 在 学 採 用 募 集 要 項 高 等 学 校 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ( 高 等 課 程 ) 奨 学 生 1 宮 崎 県 育 英 資 金 の 目 的 将 来 有 能 な 人 材 を 育 成 するため 向 学 心 に 富 み 優 れた 素 質 を 有 しながら 経 済 的 理 由 により 修 学 が 困 難 な 学 生 又 は 生 徒

More information

+

+ 平 成 26 年 度 申 告 の 手 引 き 大 崎 市 総 務 部 税 務 課 市 民 税 担 当 各 総 合 支 所 市 民 福 祉 課 - 0 - 平 成 26 年 度 市 民 税 県 民 税 の 申 告 について 日 ごろ 市 税 の 申 告 や 納 税 にご 協 力 いただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 今 年 も 市 民 税 県 民 税 の 申 告 をしていただく 時 期 がまいりました

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F> 退 職 後 の 年 金 手 続 きガイド ~ 年 金 加 入 や 年 金 受 取 りのために~ 退 職 後 の 年 金 加 入 1 退 職 後 の 年 金 の 受 取 り 6 年 金 相 談 サービス 10 ( 参 考 1) 退 職 後 の 医 療 保 険 12 ( 参 考 2) 退 職 と 年 金 健 康 保 険 の 手 続 き 15 http://www.nenkin.go.jp/ 日 本 年

More information

(2) 国 民 年 金 の 保 険 料 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 および 任 意 加 入 者 は, 保 険 料 を 納 めなければなりま せん また,より 高 い 老 齢 給 付 を 望 む 第 1 号 被 保 険 者 任 意 加 入 者 は, 希 望 により 付 加 保 険

(2) 国 民 年 金 の 保 険 料 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 および 任 意 加 入 者 は, 保 険 料 を 納 めなければなりま せん また,より 高 い 老 齢 給 付 を 望 む 第 1 号 被 保 険 者 任 意 加 入 者 は, 希 望 により 付 加 保 険 1 国 民 年 金 事 業 の 概 要 国 民 年 金 制 度 は, 昭 和 34 年 の 発 足 以 来,50 年 以 上 の 歳 月 を 経 て, 平 成 26 年 3 月 末 には,2,750 万 人 の 被 保 険 者 ( 第 2 号 被 保 険 者 を 除 く)と3,140 万 人 の 受 給 者 を 擁 する 制 度 に 発 展 し, 国 民 の 中 に 広 く 定 着 しています 昭

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63> 平 成 年 度 市 民 県 民 申 告 の 手 引 き 日 頃, 本 市 の 務 事 務 にご 協 力 をいただきましてありがとうございます 市 民 県 民 申 告 は,この 手 引 きをご 参 照 のうえ, 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたし ます ( 申 告 期 限 近 くは, 大 変 混 雑 しますのでお 早 めにお 願 いいたします ) この 申 告 は,あなたの

More information

手 続 様 式 集 ( 抜 粋 版 ) 掲 載 様 式 目 次 様 式 名 どういう 場 に 届 けるの? 提 出 先 ( 担 当 ) 入 社 したとき 1 基 礎 年 金 番 号 届 出 書 入 社 入 社 時 に20 歳 未 満 で 初 めて 就 職 した 方 は これから 基 礎 年 金 標

手 続 様 式 集 ( 抜 粋 版 ) 掲 載 様 式 目 次 様 式 名 どういう 場 に 届 けるの? 提 出 先 ( 担 当 ) 入 社 したとき 1 基 礎 年 金 番 号 届 出 書 入 社 入 社 時 に20 歳 未 満 で 初 めて 就 職 した 方 は これから 基 礎 年 金 標 手 続 様 式 集 ( 抜 粋 版 ) 様 式 は 常 に 改 定 されますので 現 行 のものを 使 用 してください 27 年 1 月 7 日 現 在 員 の 皆 さまに 利 用 の 多 い 手 続 申 請 様 式 を 抜 粋 し 一 括 刷 できるよう PDF 形 式 でとりまとめました 職 場 への 配 備 用 などにご 活 用 ください 手 続 に 必 要 な 各 種 様 式 は ホームページ

More information

平 成 26 年 度 熊 本 県 育 英 資 金 育 英 奨 学 生 募 集 のしおり ( 修 学 貸 与 ) 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 ( 後 期 課 程 ) 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ので 期 限 どおりに 返 還 していただく 必 要 が あ り ま す!! 育 英 資 金 の 返 還 金 は 後 輩 の 将 来 の 奨 学 金 として 再 び 活 用 されてい ます!!

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

春日井市不妊治療費等助成金交付要綱の一部を改正する要綱

春日井市不妊治療費等助成金交付要綱の一部を改正する要綱 28 年 度 春 日 井 市 人 工 授 精 治 療 費 等 助 成 事 業 のご 案 内 本 市 では 不 妊 治 療 を 行 った 夫 婦 に 対 して 人 工 授 精 治 療 に 係 る 費 用 を 一 部 助 成 します 対 象 となる 治 療 一 般 不 妊 治 療 のうち 保 険 診 療 適 用 外 の 人 工 授 精 に 係 る 治 療 対 象 者 以 下 の(1)~(4)の 全 てに

More information

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 平 成 28 年 度 の 市 民 税 県 民 税 は 前 年 中 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ら 12 月 31 日 まで)の 所 得 を 基 に 計 算 されます この 手 引 きは 市 民 税 県 民 税 申 告 に 関 する 概 略 を 載 せています 手 引 きを 参 考 に 前 年 中 の 所 得 について 期

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information