第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会

Size: px
Start display at page:

Download "第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会"

Transcription

1 策 定 年 度 策 定 地 域 平 成 21 年 度 琴 平 町 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 ビジョン 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 推 進 協 議 会

2 目 次 1. 地 域 水 田 農 業 の 改 革 の 基 本 的 な 方 向 について 1) 地 域 水 田 農 業 の 特 性 について 1 2) 作 物 振 興 及 び 水 田 利 用 の 将 来 方 向 1 1 地 域 の 水 田 の 活 用 方 策 について 1 2 売 れる 米 づくりの 取 り 組 みについて 1 3 麦 大 豆 の 生 産 振 興 について 2 4 野 菜 の 生 産 振 興 について 2 5 畜 産 と 飼 料 作 物 の 循 環 型 農 業 の 推 進 について 3 3) 担 い 手 の 状 況 と 担 い 手 育 成 の 将 来 方 向 について 3 2. 具 体 的 な 目 標 について 1 認 定 農 業 者 の 育 成 確 保 について 3 2 集 落 営 農 について 3 1) 作 物 作 付 け 計 画 について 6( 別 表 1) 2) 作 物 販 売 計 画 について 7( 別 表 2) 3) 担 い 手 の 育 成 について 4 4) 担 い 手 への 土 地 利 用 集 積 について 4 3. 地 域 水 田 農 業 ビジョン 実 現 のための 手 段 について 1) 水 田 農 業 構 造 改 革 交 付 金 ( 産 地 確 立 交 付 金 )の 活 用 方 法 4 1 円 滑 な 生 産 調 整 の 推 進 4( 別 表 4) 2 重 点 作 物 の 振 興 5 2)その 他 の 活 用 事 業 5 4. 担 い 手 の 明 確 化 について 1) 担 い 手 リスト 8( 別 表 3)

3 1. 地 域 水 田 農 業 の 改 革 の 基 本 的 な 方 向 について 1) 地 域 水 田 農 業 の 特 性 について 琴 平 町 は 香 川 県 の 中 西 部 に 位 置 し 金 刀 比 羅 宮 が 鎮 座 する 象 頭 山 の 東 部 に 広 がる 平 野 の 一 角 を 占 め 町 全 体 の 面 積 が 8.46km2と 狭 い 気 候 は 瀬 戸 内 海 気 候 で 温 暖 であり 町 の 南 西 部 を 金 倉 川 が 流 れ 溜 池 は 少 ないが 出 水 は 多 く 農 業 用 水 は 出 水 とともに 香 川 用 水 と 満 濃 池 の 利 用 により 耕 地 状 態 はほぼ 潤 沢 な 農 地 となっている しかし 農 家 数 は 平 成 12 年 の397 戸 から 平 成 17 年 は380 戸 に 減 少 し 平 成 17 年 総 農 家 の 耕 地 面 積 は256ha(2005 年 農 林 業 センサスより)となっている また 農 家 のほとんどが 零 細 経 営 であり( 平 均 経 営 面 積 58a) 経 営 形 態 は 水 稲 や 麦 が 中 心 で あるが 零 細 性 を 補 う 為 に 農 地 の 高 度 利 用 が 盛 んであり 地 域 特 産 物 としてレタス にんにく なばな 黒 大 豆 ブロッコリー オクラ キャベツの 栽 培 を 取 り 入 れた 複 合 経 営 で 生 産 性 を 向 上 してきた 2) 作 物 振 興 及 び 水 田 利 用 の 将 来 方 向 1 地 域 の 水 田 の 活 用 方 策 について 当 地 域 は 米 の 生 産 調 整 政 策 が 展 開 されてきたなか 最 近 では 兼 業 化 や 農 業 従 事 者 の 高 齢 化 減 少 化 などに 伴 う 労 働 力 の 低 下 が 進 行 しており 農 用 地 の 宅 地 化 による 耕 地 の 減 少 や 利 用 効 率 の 低 下 農 地 の 遊 休 化 が 進 むなど 地 域 農 業 の 維 持 が 難 しくなってきている そして 農 家 の 零 細 経 営 による 収 益 性 の 悪 化 や 後 継 者 不 足 が 深 刻 化 してきている これには 生 産 性 の 向 上 と 経 営 の 安 定 が 実 現 するよう 大 型 機 械 による 効 率 の 向 上 や 作 物 の 団 地 化 農 業 経 営 の 多 角 化 の 推 進 作 業 受 委 託 や 土 地 利 用 集 積 の 推 進 集 落 営 農 などの 生 産 組 織 の 推 進 が 不 可 欠 と なっている 一 方 では 宅 地 化 が 進 み 農 地 は 今 後 も 減 少 すると 思 われるが 立 地 的 にも 門 前 町 であることを 活 かした 観 光 産 業 への 地 産 地 消 の 働 き 掛 けや 高 付 加 価 値 の 都 市 近 郊 型 農 業 の 推 進 をしていかな ければならない そのためには 今 後 も 長 期 的 に 地 域 特 産 物 の 振 興 と 開 発 生 産 基 盤 の 整 備 担 い 手 の 育 成 と 確 保 農 業 流 通 対 策 の 改 善 に 取 り 組 んでいく 必 要 がある また 中 山 間 部 と 住 宅 密 集 地 域 に 隣 接 した 耕 作 不 利 地 においては 不 作 付 け 地 が 拡 大 してきた このような 農 地 は 大 型 の 農 作 業 機 械 の 搬 入 が 出 来 ず 維 持 管 理 や 農 地 の 流 動 化 が 難 しくなってい る こうしたなか 平 成 18 年 特 定 農 業 団 体 を 設 立 するとともにふれあい 農 園 学 童 農 園 の 設 置 等 生 産 者 と 消 費 者 を 併 せた 地 域 ぐるみの 環 境 保 全 に 図 るとともに 水 田 の 維 持 と 食 料 自 給 力 自 給 率 向 上 の 観 点 から 調 整 水 田 等 不 作 付 地 への 作 物 作 付 拡 大 の 推 進 につとめる 2 売 れる 米 づくりへの 取 り 組 みについて 当 地 域 の 米 生 産 は コシヒカリとヒノヒカリを 中 心 にはえぬき オオセトやクレナイモチが 栽 培 されている コシヒカリ はえぬきにおいては 良 食 味 品 種 として 県 内 市 場 での 販 売 中 心 である が 品 質 と 食 味 の 向 上 が 急 務 であり 普 通 期 栽 培 へのスライドと 作 付 けの 拡 大 を 推 進 していきた い ヒノヒカリは 県 外 向 け 業 務 用 途 主 体 の 販 売 が 中 心 となっているが 品 質 の 向 上 が 急 務 となっ ている また オオセトは 酒 造 用 米 として 需 要 があり カントリーエレベーター 利 用 を 条 件 として 栽 培 を 行 っている そこで 消 費 者 の 多 様 なニーズに 対 応 した 特 色 のある 米 産 地 を 目 指 すため JA 香 川 米 等 地 域 の 自 然 立 地 条 件 を 生 かした 食 味 重 視 の 生 産 と 安 全 安 心 を 基 本 としたトレーサビリティの 確 立 を 図 る また 直 播 等 の 省 力 栽 培 技 術 の 推 進 や 環 境 に 配 慮 した 栽 培 方 法 への 転 換 を 図 る a) 地 区 別 の 米 の 品 種 選 定 と 推 進 方 向 について - 1 -

4 町 内 の 農 地 面 積 は 少 ないので 地 区 を 分 けることは 困 難 であるが 全 体 としてはヒノヒカリ はえぬき オオセト 等 の 業 務 用 対 応 米 と 普 通 期 コシヒカリを 推 進 する また 冬 野 菜 作 付 け の 熱 心 な 地 区 では はえぬき ヒノヒカリ オオセト 等 の 業 務 用 対 応 米 を 主 に 推 進 すること とする そして 野 菜 作 付 けの 少 ない 地 区 では 普 通 期 コシヒカリとともにヒノヒカリやオ オセト 等 の 業 務 用 対 応 米 を 推 進 し 麦 大 豆 の 生 産 推 進 を 基 本 として 担 い 手 と 生 産 集 団 の 育 成 を 図 り 良 質 麦 生 産 と 併 せはだか 麦 生 産 の 拡 大 を 図 るとともに 野 菜 産 地 の 育 成 を 図 る b) 品 質 食 味 向 上 対 策 品 種 別 の 適 期 移 植 を 誘 導 するとともに 仲 多 度 カントリーエレベーターの 利 用 推 進 により 均 一 で 高 品 質 に 調 製 仕 上 げした 米 を 多 様 化 する 販 売 先 に 即 応 し 市 場 競 争 力 の 強 化 に 努 める また 食 味 重 視 の 栽 培 に 取 り 組 むためには 土 壌 改 良 資 材 の 機 械 散 布 支 援 活 動 の 展 開 や 栽 培 指 針 の 作 成 による 施 肥 改 善 と 病 害 虫 雑 草 防 除 の 安 全 使 用 の 徹 底 を 図 る 特 にコシヒカ リは 多 肥 による 倒 伏 の 回 避 と 食 味 品 質 の 向 上 のために 野 菜 あとでは 栽 培 を 避 け 普 通 期 栽 培 を 推 進 する c) 生 産 コストの 低 減 について 零 細 農 家 が 多 い 当 地 域 において 高 額 な 農 業 機 械 施 設 を 農 家 戸 々で 資 本 装 備 しており 農 業 経 営 を 大 きく 圧 迫 しているうえに 生 産 資 材 の 予 約 共 同 購 入 や 配 送 コストの 低 減 を 図 って はいるものの 米 価 の 下 落 幅 の 方 が 大 きいのが 現 状 である 今 後 特 定 農 業 団 体 を 核 とした 農 業 機 械 施 設 の 共 同 化 や 農 作 業 受 委 託 の 推 進 を 行 うととも に 農 作 業 受 託 者 組 織 の 育 成 に 努 める さらに 土 壌 診 断 に 基 づく 適 正 施 肥 により 生 産 コス トの 低 減 を 図 る 3 麦 大 豆 の 生 産 振 興 について 当 地 域 の 水 田 裏 作 の 基 幹 作 物 である 麦 は 県 内 でも 有 数 の 良 質 麦 産 地 であり 播 種 期 や 収 穫 時 期 の 天 候 により 品 質 や 収 量 が 多 少 影 響 するものの はだか 麦 ではイチバンボシ 小 麦 では 製 麺 適 性 に 優 れたさぬきの 夢 2000が 栽 培 されている 今 後 栽 培 面 積 の 拡 大 を 行 い 経 営 の 安 定 を 図 るため 地 域 や 土 壌 にあった 麦 種 での 作 付 けの 取 り 組 みを 推 進 し はだか 麦 と 小 麦 を 組 み 合 わせた 栽 培 ほ 場 の 選 択 と 期 間 借 地 の 推 進 による 農 地 の 集 積 に 努 める また カントリーエレベーター 利 用 により 実 需 者 からの 要 望 である 品 質 の 均 一 化 と 流 通 の 簡 素 化 によるコストの 削 減 をはかる 大 豆 については 黒 大 豆 を 中 心 にコストの 低 減 を 図 るとともに 共 同 加 工 施 設 と 近 隣 の 産 地 直 売 施 設 や 観 光 産 業 等 との 連 携 により 契 約 栽 培 を 行 い 豆 腐 や 味 噌 等 の 地 元 加 工 品 のブランド 化 と 地 産 地 消 を 推 進 する 4 野 菜 の 生 産 振 興 について 当 地 域 では 軽 量 野 菜 であるブロッコリー オクラ なばな などが 作 業 支 援 体 制 の 整 備 とと もに 作 付 け 面 積 は 増 加 している 特 に なばなの 作 付 けは 県 内 でも 取 り 組 みが 早 く 安 定 生 産 を 今 後 とも 推 進 していく また にんにくにおいては 県 内 有 数 の 産 地 であり 今 後 も 収 益 性 の 確 保 と 生 産 量 の 安 定 を 目 指 し マルチ 栽 培 の 技 術 徹 底 を 推 進 する レタス キャベツについては 経 営 の 安 定 を 図 るため 地 域 や 土 壌 にあった 作 付 けの 取 り 組 み を 推 進 し 地 域 担 い 手 育 成 総 合 支 援 協 議 会 農 業 委 員 会 連 携 のもとで 農 地 の 利 用 増 進 や 期 間 借 地 の 推 進 による 農 地 の 集 積 に 努 める a) 共 同 育 苗 施 設 集 出 荷 貯 蔵 施 設 の 強 化 と 利 用 促 進 b) 機 械 化 一 貫 体 系 の 確 立 - 2 -

5 c) 高 付 加 価 値 化 への 取 り 組 み 等 ブランド 産 品 開 発 d)トレーサビリティ システムの 確 立 e) 土 壌 診 断 に 基 づく 適 正 施 肥 f) 環 境 に 配 慮 した 栽 培 技 術 への 取 組 み g) 学 校 給 食 への 食 材 供 給 等 地 産 地 消 推 進 5 畜 産 と 飼 料 作 物 の 循 環 型 農 業 の 推 進 について 当 地 域 の 畜 産 は 肥 育 牛 養 鶏 が 営 まれているが 高 齢 化 の 進 行 などから 経 営 規 模 縮 小 してい る そのうえ 飼 料 は 輸 入 品 で 賄 われているが 消 費 者 には 飼 育 はもとより 飼 料 においても 国 産 を 使 用 した 安 全 安 心 な 畜 産 物 が 求 められている 畜 産 農 家 から 生 産 される 堆 肥 は 品 質 価 格 に 格 差 が 大 きく 耕 種 農 家 からの 需 要 は 少 ない しかし 耕 種 農 家 の 土 作 りに 対 する 意 識 は 高 く 良 質 堆 肥 の 施 用 が 良 品 質 な 作 物 生 産 と 減 化 学 肥 料 にも 繋 がっている こうしたなか 畜 産 農 家 と 耕 種 農 家 の 連 携 を 密 にし 耕 種 農 家 による 飼 料 作 物 の 契 約 栽 培 に 取 り 組 むとともに 良 質 堆 肥 安 定 供 給 システムの 確 立 を 図 る 必 要 がある 3) 担 い 手 の 状 況 と 担 い 手 の 将 来 方 向 について 1 認 定 農 業 者 の 育 成 確 保 について 意 欲 ある 農 業 者 の 取 り 組 みにより 現 に 展 開 されている 優 良 な 農 業 経 営 の 事 例 を 踏 まえながら 地 区 において 多 少 の 格 差 はあるものの 他 産 業 従 事 者 と 比 べて 遜 色 ない 年 間 労 働 時 間 ( 主 たる 農 業 従 事 者 1 人 当 たり 2,000 時 間 程 度 )の 達 成 と 生 涯 所 得 に 相 当 する 年 間 農 業 所 得 (1 経 営 体 当 たり 450 万 円 程 度 )を 確 保 することができるような 効 率 的 かつ 安 定 的 な 農 業 経 営 を 営 める 経 営 体 の 育 成 を 目 指 す このため 関 係 機 関 との 連 携 の 強 化 を 図 るなど 支 援 体 制 の 充 実 強 化 をより 一 層 進 め コスト 計 算 や 労 務 管 理 のできる 企 業 的 センスを 備 えた 経 営 体 の 育 成 を 図 る また これらの 経 営 体 の 規 模 拡 大 や 生 産 方 式 の 合 理 化 に 向 けた 取 り 組 みに 対 し 集 中 的 かつ 積 極 的 に 支 援 する 2 集 落 営 農 について 地 域 水 田 農 業 において 個 別 担 い 手 経 営 の 育 成 確 保 は 重 要 な 課 題 である しかし, 担 い 手 の 高 齢 化 や 小 規 模 経 営 での 機 械 の 過 剰 投 資 のため 個 別 経 営 ではもはや 農 業 を 維 持 発 展 が 非 常 に 困 難 な 状 況 にある 地 域 の 農 家 を 集 落 営 農 に 組 織 化 することを 通 じて 営 農 組 織 が 土 地 利 用 計 画 や 作 業 計 画 を 立 て 琴 平 町 全 体 を 一 つの 農 場 として 経 営 することや 担 い 手 の 育 成 を 推 進 していく また 関 係 機 関 と 連 携 し 特 定 農 業 団 体 が 早 期 に 法 人 化 できるよう 支 援 をする 2. 具 体 的 な 目 標 について 1) 作 物 作 付 け 計 画 について 別 表 1 のとおり 2) 作 物 販 売 計 画 について 別 表 2 のとおり - 3 -

6 3) 担 い 手 の 育 成 について 企 業 的 経 営 感 覚 を 持 ち 地 域 水 田 農 業 に 貢 献 できる 優 れた 農 業 経 営 者 の 育 成 を 図 るとともに 意 欲 ある 青 年 農 業 者 や 新 規 就 農 希 望 者 が 円 滑 に 就 農 できるよう 受 入 体 制 等 の 整 備 を 図 る a) 町 農 協 地 域 担 い 手 育 成 総 合 支 援 協 議 会 など 関 係 機 関 が 一 体 となった 指 導 受 入 体 制 の 整 備 b) 営 農 技 術 や 地 域 水 田 農 業 の 経 営 能 力 の 習 得 を 踏 まえた 研 修 会 の 開 催 c) 生 産 から 販 売 までの 一 貫 した 知 識 や 技 能 を 高 める 講 習 会 の 開 催 d) 農 業 機 械 園 芸 施 設 のリースシステムの 整 備 e) 新 規 就 農 希 望 者 相 談 窓 口 の 充 実 認 定 農 業 者 ( 個 別 経 営 体 ) 集 落 営 農 等 組 織 経 営 体 現 状 ( 平 成 20 年 度 ) 目 標 ( 平 成 22 年 度 ) 目 標 ( 平 成 25 年 度 ) 現 状 ( 平 成 20 年 度 ) 目 標 ( 平 成 22 年 度 ) 目 標 ( 平 成 25 年 度 ) 14 人 15 人 16 人 2 団 体 2 団 体 2 団 体 4) 担 い 手 への 土 地 利 用 集 積 について 地 域 水 田 農 業 の 改 善 による 望 ましい 経 営 の 育 成 を 図 るため 土 地 利 用 型 農 業 による 発 展 を 図 ろ うとする 意 欲 的 な 農 業 者 を 中 心 に 現 在 実 施 している 琴 平 町 農 業 委 員 会 を 核 とした 活 動 をより 一 層 活 発 化 させ 認 定 農 業 者 琴 平 町 営 農 組 合 に 対 して 農 地 集 積 を 図 る 農 地 の 出 し 手 と 受 け 手 に 係 る 情 報 の 一 元 的 把 握 のもと 両 者 を 結 びつけて 利 用 権 設 定 を 推 進 していく また これらの 農 地 の 流 動 化 等 に 関 しては 集 落 を 単 位 とした 土 地 利 用 調 整 を 全 町 的 に 展 開 し 集 団 化 連 坦 化 した 条 件 で 担 い 手 農 業 者 に 農 用 地 が 利 用 集 積 されるよう 努 める 担 い 手 の 利 用 集 積 面 積 の 目 標 認 定 農 業 者 ( 個 別 経 営 体 ) 集 落 営 農 等 組 織 経 営 体 現 状 ( 平 成 20 年 度 ) 目 標 ( 平 成 22 年 度 ) 目 標 ( 平 成 25 年 度 ) 現 状 ( 平 成 20 年 度 ) 目 標 ( 平 成 22 年 度 ) 目 標 ( 平 成 25 年 度 ) 37.4ha 40.0ha 42.0ha 170.0ha 170.0ha 170.0ha 15% 16% 17% 68% 68% 68% 3. 地 域 水 田 農 業 ビジョン 実 現 のための 手 段 について 1) 水 田 農 業 構 造 改 革 交 付 金 ( 産 地 確 立 交 付 金 )の 活 用 方 法 < 交 付 要 件 > 助 成 水 田 は 生 産 調 整 実 施 水 田 ( 利 用 権 設 定 に 対 する 助 成 はこの 限 りではない )であり 助 成 対 象 者 は 生 産 調 整 の 達 成 者 で かつ 集 荷 円 滑 化 対 策 の 生 産 者 拠 出 金 を 納 付 している 者 とする ただし 重 点 作 物 担 い 手 対 策 への 助 成 はさらに 別 途 要 件 を 設 ける また 稲 作 構 造 改 革 促 進 交 付 金 については 基 本 部 分 及 び 担 い 手 集 積 加 算 部 分 とも 産 地 確 立 交 付 金 に 全 額 融 通 し 産 地 確 立 交 付 金 の 中 で 活 用 を 図 る 1 円 滑 な 生 産 調 整 の 推 進 農 家 への 意 向 調 査 を 基 にした 生 産 調 整 を 確 実 に 実 行 するため その 者 が 属 する 集 落 が 生 産 調 整 を 達 成 した 場 合 定 額 ( 奨 励 金 )を 助 成 する - 4 -

7 2 重 点 作 物 の 振 興 ア 麦 品 質 的 にも 評 価 の 高 い 本 地 域 産 麦 の 面 積 維 持 拡 大 と 水 田 の 土 地 利 用 率 の 向 上 並 びに 国 内 自 給 率 向 上 を 図 るため 一 定 額 を 麦 共 済 加 入 者 に 助 成 する イ 大 豆 水 稲 作 付 け 期 間 の 水 稲 以 外 の 土 地 利 用 型 作 物 として 面 積 維 持 拡 大 及 び 国 内 自 給 率 の 向 上 を 図 るため 大 豆 作 付 け 面 積 に 対 し 一 定 額 を 大 豆 作 付 け 者 に 助 成 する ウ にんにく オクラ レタス なばな ブロッコリー キャベツ JAを 主 体 に 作 付 けを 推 進 中 であり 農 地 利 用 率 の 向 上 のため 作 付 け 面 積 に 対 し 一 定 額 を 助 成 する 2)その 他 の 活 用 事 業 a) 土 地 利 用 型 農 業 構 造 改 革 加 速 化 事 業 b) 水 田 等 有 効 活 用 促 進 交 付 金 c)その 他 国 県 町 による 補 助 事 業 4. 担 い 手 の 明 確 化 について 1) 担 い 手 リスト 経 営 が 一 元 化 された 特 定 農 業 団 体 認 定 農 業 者 及 び 種 子 生 産 組 合 リストは 別 表 3のとおり - 5 -

8 別 表 1 具 体 的 な 目 標 について 作 物 名 品 種 名 作 物 作 付 け 計 画 現 状 平 成 20 年 度 目 標 年 度 単 位 :ha 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 25 年 度 コシヒカリ オオセト 水 稲 ヒノヒカリ はえぬき その 他 (もち 含 む) 計 はだか 麦 イチハ ンホ シ 麦 小 麦 さぬきの 夢 計 白 大 豆 (フクユタカ) 大 豆 黒 大 豆 ( 香 川 黒 1 号 ) 計 野 菜 にんにく レタス なばな オクラ ブロッコリー キャベツ 計

9 別 表 2 具 体 的 な 目 標 について 作 物 名 品 種 名 作 物 販 売 計 画 現 状 平 成 20 年 度 目 標 年 度 単 位 :t 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 25 年 度 コシヒカリ オオセト 水 稲 ヒノヒカリ はえぬき その 他 (モチ 含 む) 計 はだか 麦 イチハ ンホ シ 麦 小 麦 さぬきの 夢 計 白 大 豆 (フクユタカ) 大 豆 黒 大 豆 ( 香 川 黒 1 号 ) 計 にんにく レタス なばな 野 菜 オクラ ブロッコリー キャベツ 計

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性 斐 川 町 地 域 農 業 再 生 協 議 会 水 田 フル 活 用 ビジョン 1 地 域 の 作 物 作 付 の 現 状 地 域 が 抱 える 課 題 当 地 域 は 全 耕 地 面 積 に 占 める 主 食 用 米 面 積 の 割 合 が 約 61%で 転 作 作 物 については 大 麦 大 豆 加 工 用 米 ハトムギ 飼 料 作 物 を 中 心 として 作 付 が 行 われている また 農

More information

平成14年度

平成14年度 村 上 農 業 振 興 地 域 整 備 計 画 書 平 成 23 年 9 月 新 潟 県 村 上 市 目 第 1 農 用 地 利 用 計 画 1 1 土 地 利 用 区 分 の 方 向 1 (1) 土 地 利 用 の 方 向 1 ア. 土 地 利 用 の 構 想 1 イ. 農 用 地 区 域 の 設 定 方 針 2 (2) 農 業 上 の 土 地 利 用 の 方 向 5 ア. 農 用 地 等 利 用

More information

平成19年度水稲・園芸作物振興計画

平成19年度水稲・園芸作物振興計画 平 成 28 年 度 水 稲 園 芸 作 物 振 興 計 画 島 根 おおち 地 区 本 部 1. 水 稲 の 生 産 振 興 平 成 27 年 における 全 国 の 水 稲 作 付 け 面 積 は 140 万 6 千 ha で 飼 料 米 等 の 新 規 需 要 米 が 増 えた ことが 影 響 し 前 年 産 に 比 べ 6 万 8 千 ha の 減 少 となっています 米 の 全 国 作 況

More information

Microsoft PowerPoint - 【統計部】270901名古屋大学講義資料「農林統計でみる我が国の農業構造」(ファイルサイズ縮小版) [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 【統計部】270901名古屋大学講義資料「農林統計でみる我が国の農業構造」(ファイルサイズ縮小版) [互換モード] 名 古 屋 大 学 特 別 講 義 農 林 統 計 でみる 我 が 国 の 農 業 構 造 東 海 農 政 局 統 計 部 長 秋 山 研 一 平 成 27 年 9 月 1 日 Ⅰ 統 計 調 査 の 種 類 実 施 体 系 Ⅱ 農 林 水 産 統 計 の 役 割 Ⅲ 2015 年 農 林 業 センサスの 役 割 見 直 し 等 Ⅳ 農 業 センサスでみる 農 業 構 造 等 Ⅴ 東 海 3 県 の

More information

○○地域農業再生協議会水田フル活用ビジョン

○○地域農業再生協議会水田フル活用ビジョン 河 北 町 農 業 再 生 協 議 会 水 田 フル 活 用 ビジョン 1 地 域 の 作 物 作 付 の 現 状 地 域 が 抱 える 課 題 本 町 の 農 業 は 風 水 害 の 自 然 災 害 が 比 較 的 少 なく 肥 沃 で 恵 まれた 土 地 条 件 のもと 水 稲 を 基 幹 作 物 とし さくらんぼなどの 果 樹 野 菜 花 き 等 の 園 芸 作 物 を 組 み 合 わせた 複

More information

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組 別 記 様 式 第 1 号 計 画 期 間 平 成 年 度 ~ 平 成 3 年 度 福 井 県 酪 農 肉 用 牛 生 産 近 代 化 計 画 書 平 成 3 年 3 月 福 井 県 目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持

More information

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B>

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B> 農 業 者 用 中 山 間 地 域 等 直 接 支 払 交 付 金 集 落 協 定 書 等 の 書 き 方 記 入 マニュアル 平 成 25 年 5 月 16 日 < 集 落 協 定 を 申 請 する 場 合 > 参 考 様 式 第 6 号 共 通 の 申 請 書 ( 記 入 例 ) 番 号 年 月 日 市 町 村 長 殿 集 落 協 定 代 表 者 氏 名 印 中 山 間 地 域 等 直 接 支

More information

国営農地開発事業の概要

国営農地開発事業の概要 Ⅲ 大 邑 地 区 の 概 要 1 地 区 の 概 要 本 地 区 は 島 根 県 のほぼ 中 央 部 に 位 置 する 大 田 市 及 び 邑 智 郡 美 郷 町 にあり 東 には 標 高 1,126m の 三 瓶 山 西 に 808m の 大 江 高 山 があって これを 主 峰 とする 連 山 に 囲 まれていることから 平 担 地 に 乏 しく 全 体 の 80%が 山 林 原 野 で 耕

More information

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農 第 6 次 総 合 計 実 施 計 施 策 シト(~) ( 様 式 ) 政 策 名 第 7 章 地 域 の 活 力 をつくりだす 産 業 経 済 の 振 興 施 策 名 第 節 農 水 産 業 の 振 興 施 策 の 目 標 良 質 な 農 水 産 物 の 提 供 と 農 水 産 業 の 持 続 的 発 展 を 図 る 事 業 費 ( : 千 円 ) 事 業 数 細 事 業 数 予 算 額 合 計

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63> 鷹 栖 町 農 業 ビジョン 平 成 28 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ( 第 1 期 ) 平 成 28 年 3 月 北 海 道 鷹 栖 町 目 次 第 1 章 ビジョンの 策 定 にあたって 1 ビジョン 策 定 の 目 的 1 2 ビジョンの 性 格 1 3 ビジョンの 計 画 期 間 2 4 鷹 栖 町 未 来 づくり 構 想 ( 一 部 抜 粋 ) 3 第 2 章 鷹 栖 町 の 現

More information

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc 環 境 負 荷 低 減 をめざした 水 稲 栽 培 技 術 の 体 系 化 と GIS を 利 用 した 負 荷 予 測 モデルによる 検 証 - 先 端 技 術 を 活 用 した 農 林 水 産 研 究 高 度 化 事 業 の 研 究 成 果 報 告 - 滋 賀 県 農 業 技 術 振 興 センター( 研 究 総 括 者 ) 柴 原 藤 善. 研 究 の 概 要 近 畿 地 域 では 4 万 人

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

品目横断的経営安定対策下における集落営農の課題

品目横断的経営安定対策下における集落営農の課題 茨 城 県 作 物 研 究 会 講 演 要 旨 2007 年 3 月 13 日 品 目 横 断 的 経 営 安 定 対 策 下 に おける 集 落 営 農 の 課 題 独 立 行 政 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 中 央 農 業 総 合 研 究 センター 農 業 経 営 研 究 チーム 高 橋 明 広 報 告 の 構 成 1. 問 題 意 識 2. 集 落 営 農

More information

Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林 業 基 本 計 画 に 基 づく 諸 施 策 並 びに

Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林 業 基 本 計 画 に 基 づく 諸 施 策 並 びに Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサス の 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 2010 年 世 界 農 林 業 センサスマスコットキャラクター Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林

More information

Microsoft Word - 再H25ディスクロージャーHP用 (1).docx

Microsoft Word - 再H25ディスクロージャーHP用 (1).docx 8 7. 事 業 の 概 況 ( 平 成 25 年 度 ) 主 要 な 事 業 活 動 の 内 容 信 用 事 業 貯 金 業 務 は 年 度 前 半 はいわゆるアベノミクスの 影 響 を 受 けた 投 資 ブームのあおりにより 貯 金 残 高 は 伸 び 悩 みましたが 冬 季 のボーナスキャンペーンを 積 極 的 に 展 開 した 結 果 純 増 額 に 大 きく 寄 与 し 個 人 貯 金 については

More information

白 ねぎ 1. 白 ねぎ 栽 培 の 魅 力 2. 白 ねぎ 栽 培 導 入 のメリット 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ねぎたん 夏 秋 どり 秋 冬 どり ねぎたん の 紹 介!(こんな 白 ねぎもあります) 7

白 ねぎ 1. 白 ねぎ 栽 培 の 魅 力 2. 白 ねぎ 栽 培 導 入 のメリット 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ねぎたん 夏 秋 どり 秋 冬 どり ねぎたん の 紹 介!(こんな 白 ねぎもあります) 7 経 営 複 合 化 に 向 けた 取 り 組 みを 進 めましょう! ~ 特 色 ある 園 芸 作 物 生 産 のすすめ ~ 10aあたりの 売 上 が 大 きい 一 連 の 省 力 機 械 が 整 備 されている 多 様 な 作 型 の 組 み 合 わせで 継 続 出 荷 ができる 周 年 的 な 労 働 力 活 用 ができる ( 大 麦 枝 豆 ) 後 作 の 高 度 利 用 に 最 適 県 産

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

目 次 第 1 農 用 地 利 用 計 画 1 1 土 地 利 用 区 分 の 方 向 1 (1) 土 地 利 用 の 方 向 1 ア 土 地 利 用 の 構 想 1 イ 農 用 地 区 域 の 設 定 方 針 2 (2) 農 業 上 の 土 地 利 用 の 方 向 4 ア 農 用 地 等 利 用

目 次 第 1 農 用 地 利 用 計 画 1 1 土 地 利 用 区 分 の 方 向 1 (1) 土 地 利 用 の 方 向 1 ア 土 地 利 用 の 構 想 1 イ 農 用 地 区 域 の 設 定 方 針 2 (2) 農 業 上 の 土 地 利 用 の 方 向 4 ア 農 用 地 等 利 用 地 域 指 定 年 度 計 画 策 定 年 度 計 画 見 直 し 年 度 昭 和 44 年 度 昭 和 46 年 度 昭 和 52 年 度 昭 和 61 年 度 平 成 9 年 度 川 俣 農 業 振 興 地 域 整 備 計 画 書 平 成 18 年 5 月 福 島 県 伊 達 郡 川 俣 町 目 次 第 1 農 用 地 利 用 計 画 1 1 土 地 利 用 区 分 の 方 向 1 (1) 土

More information

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業 別 記 第 1 号 様 式 番 号 年 月 日 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 市 町 村 長 氏 名 印 強 い 農 業 づくり 事 業 ( ) 画 承 認 申 請 書 強 い 農 業 づくり 事 業 補 助 金 交 付 事 務 取 扱 要 領 ( 平 成 17 年 7 月 15 日 付 け 支 援 第 432 号 北 海 道 農 政 部 長 通 知 ) 第 2に 基 づき 関

More information

Taro-H27果振計画3.30

Taro-H27果振計画3.30 計 画 期 間 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 栃 木 県 果 樹 農 業 振 興 計 画 平 成 28 年 3 月 栃 木 県 目 次 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 本 県 果 樹 農 業 の 現 状 と 課 題 2 (1) 果 樹 経 営 (2) 果 実 の 生 産 販 売 (3) 担 い 手 (4) 加 工 (5) 輸 出 の 取 組 3 果 樹 農 業 の 振 興

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

<5461726F2D97988DAA9286899B81698DC58F4994C5816A2E6A7464>

<5461726F2D97988DAA9286899B81698DC58F4994C5816A2E6A7464> とねちゆうおう 事 業 名 国 営 かんがい 排 水 事 業 地 区 名 利 根 中 央 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 か ぞ し か ぞ し きたさいだまぐん お お と ね ま ち か す か べ し か す か べ し きたかつしかぐんしようわ 加 須 市 ( 旧 加 須 市 北 埼 玉 郡 大 利 根 町 ) 春 日 部 市 ( 旧 春 日 部 市 北 葛 飾 郡 庄 和 まち はにゆうし

More information

本文1

本文1 策 定 年 月 変 更 年 月 平 成 16 年 4 月 平 成 17 年 4 月 平 成 18 年 4 月 平 成 19 年 4 月 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 4 月 平 成 22 年 4 月 平 成 23 年 4 月 平 成 24 年 4 月 平 成 25 年 4 月 平 成 26 年 4 月 平 成 27 年 4 月 平 成 28 年 4 月 三 川 町 地 域 水 田 農

More information

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水 おおさと 事 業 名 国 営 総 合 農 地 防 災 事 業 地 区 名 大 里 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 く ま が や し おおさとまち こうなんまち ぎ よ う だ し みなみかわらむら こ う の す し 熊 谷 市 ( 旧 熊 谷 市 旧 大 里 町 旧 江 南 町 ) 行 田 市 ( 旧 行 田 市 旧 南 河 原 村 ) 鴻 巣 市 ふきあげまち ふ か や し かわもとまち

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030325F816988C431816A82BD82A294EC82F08FE38EE882C99798977082B582E682A4819435>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030325F816988C431816A82BD82A294EC82F08FE38EE882C99798977082B582E682A4819435> 堆 肥 の 利 用 ガイド 堆 肥 の 施 用 効 果 堆 肥 は 作 物 への 養 分 供 給 だけでなく 土 壌 の 化 学 性 物 理 性 生 物 性 を 総 合 的 に 改 善 し 地 力 の 向 上 を 図 ることができます 1 養 分 供 給 土 壌 化 学 性 の 改 善 効 果 窒 素 リン 酸 カリの 他 石 灰 苦 土 等 の 多 量 要 素 やホウ 素 鉄 等 の 微 量 要

More information

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2 JAいわき 市 の 地 域 農 業 への 支 援 対 応 その 2 福 島 県 JA 系 統 機 関 の 原 発 被 害 への 取 組 みレポート 2012.10.05 農 林 中 金 総 合 研 究 所 理 事 研 究 員 渡 部 喜 智 福 島 県 いわき 市 ( 以 下 同 市 )を 管 内 とするJAいわき 市 ( 以 下 同 JA )が 東 日 本 震 災 と 福 島 第 一 原 子 力

More information

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17 資 料 2 北 海 道 における 農 業 農 村 整 備 の 概 況 等 について 平 成 27 年 11 月 13 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

特 用 林 産 物 13 施 設 ハウスフル 活 用 プロジェクト 水 産 14 ズワイガニ 活 魚 特 産 物 化 プロジェクト 事 業 実 施 主 体 : 有 限 会 社 後 藤 農 場 ( 飯 豊 町 ) 既 存 の 花 きハウスを 活 用 し 新 たにシイタケ 栽 培 を 導 入 して ハウ

特 用 林 産 物 13 施 設 ハウスフル 活 用 プロジェクト 水 産 14 ズワイガニ 活 魚 特 産 物 化 プロジェクト 事 業 実 施 主 体 : 有 限 会 社 後 藤 農 場 ( 飯 豊 町 ) 既 存 の 花 きハウスを 活 用 し 新 たにシイタケ 栽 培 を 導 入 して ハウ 11 転 作 田 を 活 用 した 枝 豆 の 長 期 出 荷 体 制 の 確 立 による 所 得 向 上 12 新 たに 取 り 組 むハウスのフル 活 用 事 業 実 施 主 体 :イズミ 共 同 農 産 ( 長 井 市 ) 事 業 実 施 主 体 : 五 十 川 生 産 組 合 ( 長 井 市 ) 地 域 の 転 作 地 を 借 り 受 けて 枝 豆 の 栽 培 面 積 を 拡 大 するとともに

More information

農業収支ノート(25年分)

農業収支ノート(25年分) 平 成 年 分 農 業 収 支 ノ ー ト 氏 名 : 住 所 : 電 話 番 号 : このノートに 記 載 した 金 額 を 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所 得 用 ) に 転 記 することで 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所 得 用 ) を 作 成 することができます 農 産 物 の 棚 卸 高 など 別 に 計 算 が 必 要 な 項 目 もあります 記 載 されている 項 目 や 事

More information

目 次 第 1 章 農 地 保 有 合 理 化 事 業 制 度 第 1 節 農 地 保 有 合 理 化 事 業 の 創 設 と 変 遷 1 農 地 保 有 合 理 化 事 業 とは 何 か 1 P 2 の 創 設 と 変 遷 1 3 の 事 業 内 容 2 第 2 節 農 地 保 有 合 理 化 法

目 次 第 1 章 農 地 保 有 合 理 化 事 業 制 度 第 1 節 農 地 保 有 合 理 化 事 業 の 創 設 と 変 遷 1 農 地 保 有 合 理 化 事 業 とは 何 か 1 P 2 の 創 設 と 変 遷 1 3 の 事 業 内 容 2 第 2 節 農 地 保 有 合 理 化 法 平 成 23 年 度 版 2011( 平 成 23) 年 8 月 ( 社 ) 岩 手 県 農 業 公 社 目 次 第 1 章 農 地 保 有 合 理 化 事 業 制 度 第 1 節 農 地 保 有 合 理 化 事 業 の 創 設 と 変 遷 1 農 地 保 有 合 理 化 事 業 とは 何 か 1 P 2 の 創 設 と 変 遷 1 3 の 事 業 内 容 2 第 2 節 農 地 保 有 合 理 化

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部 平 成 28 年 5 月 18 日 10 時 15 分 ~ 第 一 特 別 会 議 室 平 成 28 年 熊 本 地 震 復 興 推 進 本 部 第 7 回 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 議 事 次 第 1 開 会 2 本 部 長 御 発 言 ( 大 臣 ) 3 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 被 災 農 林 漁

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

新農中政第号

新農中政第号 平 成 25 年 分 の 農 業 所 得 計 算 上 の 留 意 事 項 平 成 2 6 年 1 月 JA 新 潟 中 央 会 この 資 料 の 仕 訳 例 の 科 目 のあとの( )は 消 費 税 の 取 扱 いを 示 す 課 : 課 税 不 : 不 課 税 非 : 非 課 税?: 個 別 内 容 により 判 断 1. 米 の 仮 渡 金 の 入 金 共 計 における 精 算 払 いの 処 理 (1)

More information

32 農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正)

32  農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正) 一 定 農 事 組 合 法 人 に 係 る 法 人 事 業 税 課 税 標 準 算 定 方 法 等 について(お 知 らせ) 平 成 23 年 4 月 大 分 県 地 方 税 法 第 72 条 4 第 3 項 規 定 により 一 定 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされていますが 大 分 県 では そ 具 体 的 な 取 扱 いについて 以

More information

−œ230502Šî–{fi\‘z−i•ÏfiXŁ\?‚…−ifi−ŁìŒ§−jŽQfilŽ‘—¿‚È‚µ

−œ230502Šî–{fi\‘z−i•ÏfiXŁ\?‚…−ifi−ŁìŒ§−jŽQfilŽ‘—¿‚È‚µ 地 域 産 業 資 源 活 用 事 業 の 促 進 に 関 する 基 本 的 な 構 想 香 川 県 1. 地 域 産 業 資 源 活 用 事 業 の 促 進 に 関 する 基 本 的 な 方 針 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 によると 本 県 の 平 成 17 年 度 の 県 内 総 生 産 は 3 兆 8806 億 円 余 ( 全 国 比 0.7%)となっている 産 業 構 造 別

More information

農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行 期 に 米 の 生 産 量 が 増 大 し 政 府 において 米 の 売 買 に 伴 う

農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行 期 に 米 の 生 産 量 が 増 大 し 政 府 において 米 の 売 買 に 伴 う 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の2の 規 定 に 基 づく 報 告 書 米 の 生 産 調 整 対 策 の 実 施 状 況 等 について 平 成 2 8 年 7 月 会 計 検 査 院 農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行

More information

2 主 要 品 目 の 概 要 (1)キク 昭 和 30 年 頃 から 急 激 な 生 産 拡 大 が 図 ら れたが 昭 和 50 年 代 をピークに 作 付 面 積 は 減 少 を 続 けている 平 成 24 年 の 作 付 面 積 は133ha( 前 年 比 9 8%) 生 産 量 は3,60

2 主 要 品 目 の 概 要 (1)キク 昭 和 30 年 頃 から 急 激 な 生 産 拡 大 が 図 ら れたが 昭 和 50 年 代 をピークに 作 付 面 積 は 減 少 を 続 けている 平 成 24 年 の 作 付 面 積 は133ha( 前 年 比 9 8%) 生 産 量 は3,60 Ⅳ 花 き 1 振 興 方 針 (1) 生 産 販 売 の 現 況 本 県 の 花 き 生 産 は 夏 期 の 冷 涼 な 気 候 や 南 北 に 長 く 標 高 差 のあるほ 場 の 立 地 条 件 等 を 活 かして 多 種 多 様 な 切 花 鉢 花 が 栽 培 されていることが 特 徴 である 切 花 類 では 出 荷 量 全 国 第 1 位 のカーネーション トルコギキョウ アルストロメリ

More information

常陸太田市における農業の現状

常陸太田市における農業の現状 県 北 中 山 間 地 域 常 陸 太 田 市 における 農 業 振 興 施 策 の 主 な 取 り 組 み 多 様 な 担 い 手 の 育 成 確 保 地 産 地 消 6 次 産 業 化 の 促 進 ブランドの 創 出 田 舎 力 を 活 かした 都 市 との 交 流 促 進 茨 城 県 常 陸 太 田 市 1. 常 陸 太 田 市 における 農 業 の 現 状 と 課 題 産 業 別 就 業 者

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

「レンゲ」で安全で美味しいお米ができる

「レンゲ」で安全で美味しいお米ができる 9H22.2 第 1 回 デジタルカメラ 写 真 コンクール ( 主 催 : 全 国 農 業 改 良 普 及 支 援 協 会 ) 大 賞 越 前 にんじん 坂 井 農 林 総 合 事 務 所 農 業 経 営 支 援 部 田 中 秀 幸 氏 目 次 ホテルでのランチバイキングで 高 志 地 区 の 農 産 加 工 品 をPR!! 福 井 農 林 総 合 事 務 所 2 企 業 などへ さつき 半 ば

More information

栃木県酪肉近代化計画1

栃木県酪肉近代化計画1 計 画 期 間 平 成 28 年 度 ~ 平 成 37 年 度 栃 木 県 酪 農 肉 用 牛 生 産 近 代 化 計 画 書 平 成 28 年 3 月 栃 木 県 目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 をめぐる 近 年 の 情 勢 の 変 化 1 2 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 競 争 力 の 強

More information

新 規 就 農 者 新 たなチャレンジ!~ 飛 騨 地 域 トマト 研 修 所 入 所 式 ~ 4 月 1 日 JAひだが 運 営 する 飛 騨 地 域 トマト 研 修 所 の 第 2 期 生 の 入 所 式 がJAひだ 及 び 飛 騨 市 の 共 催 によりJAひだ 古 川 支 店 で 開 催 さ

新 規 就 農 者 新 たなチャレンジ!~ 飛 騨 地 域 トマト 研 修 所 入 所 式 ~ 4 月 1 日 JAひだが 運 営 する 飛 騨 地 域 トマト 研 修 所 の 第 2 期 生 の 入 所 式 がJAひだ 及 び 飛 騨 市 の 共 催 によりJAひだ 古 川 支 店 で 開 催 さ 今 月 の 重 点 活 動 飛 騨 農 林 事 務 所 の 普 及 活 動 状 況 平 成 28 年 4 月 28 日 現 在 担 い 手 経 営 改 善 と 地 域 発 展 への 尽 力 が 認 められる ~ 大 西 洋 介 さん 中 日 農 業 賞 受 賞 ~ 3 月 26 日 に 名 古 屋 市 の 中 日 パレスで 第 75 回 中 日 農 業 賞 の 贈 呈 式 が 開 催 され 高 山

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

労 働 の 取 扱 い 等 の 改 正 を 行 った 平 成 10 年 には 農 業 における 労 働 実 態 をより 適 切 に 生 産 費 結 果 へ 反 映 させるため 家 族 労 働 評 価 について それまでの 男 女 別 評 価 から 男 女 同 一 評 価 ( 当 該 地 域 で 男

労 働 の 取 扱 い 等 の 改 正 を 行 った 平 成 10 年 には 農 業 における 労 働 実 態 をより 適 切 に 生 産 費 結 果 へ 反 映 させるため 家 族 労 働 評 価 について それまでの 男 女 別 評 価 から 男 女 同 一 評 価 ( 当 該 地 域 で 男 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 畜 産 物 生 産 費 統 計 は 牛 乳 子 牛 乳 用 雄 育 成 牛 交 雑 種 育 成 牛 去 勢 若 齢 肥 育 牛 乳 用 雄 肥 育 牛 交 雑 種 肥 育 牛 ( 以 下 乳 用 雄 育 成 牛 及 び 交 雑 種 育 成 牛 を 育 成 牛 去 勢 若 齢 肥 育 牛 乳 用 雄 肥 育 牛 及 び 交

More information

総務省は3 月28 日、「地方公共団体における行財政改革の推進のための新たな指針」を公表した

総務省は3 月28 日、「地方公共団体における行財政改革の推進のための新たな指針」を公表した 行 政 経 営 改 革 プラン 行 動 計 画 の 見 直 しについて 平 成 22 年 度 実 績 1 はじめに 本 市 では 昨 年 度 新 たに 平 成 22 年 度 から 平 成 26 年 度 を 計 画 期 間 とする 行 政 経 営 改 革 プラン を 策 定 しました 行 政 経 営 改 革 プランでは 1 成 果 コストを 重 視 した 組 織 制 度 への 転 換 2 持 続 可

More information

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油 林 業 木 材 産 業 関 係 税 制 の 概 要 H28.4 税 目 山 林 の 伐 所 得 税 < 山 林 所 得 に 係 る 所 得 税 の 計 算 > 所 得 税 額 速 算 表 採 譲 ( 山 林 所 1 山 林 所 得 の 計 算 課 税 所 得 の 金 額 (A) 算 式 渡 林 業 得 ) 概 算 経 費 控 除 ( 必 要 経 費 計 算 の 簡 便 化 ) 195 万 円 以 下

More information

−yfiÅflI−zfi−ŁìŒ§—£“‡ŁU–¬??−i25_12ŒŽ•ÏfiX−j−iH25−`34−j

−yfiÅflI−zfi−ŁìŒ§—£“‡ŁU–¬??−i25_12ŒŽ•ÏfiX−j−iH25−`34−j 小 豆 島 地 域 振 興 計 画 1 第 1 章 離 島 の 現 状 と 課 題 1-1 概 要 本 地 域 の 有 人 島 は 平 成 22 年 現 在 小 豆 島 ( 土 庄 町 小 豆 島 町 30,167 人 153.29km2) 沖 之 島 ( 土 庄 町 75 人 0.18km2) 豊 島 ( 土 庄 町 1,018 人 14.50km2) 小 豊 島 ( 土 庄 町 15 人 1.09km2)の

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 53 回 インナー 大 会 国 内 農 業 の 海 外 市 場 参 入 専 修 大 学 望 月 ゼミ 国 際 比 較 班 大 里 尚 史 勝 亦 ありさ 北 川 美 有 香 発 表 の 流 れ 問 題 提 起 国 内 農 業 の 現 状 分 析 オランダの 農 業 現 状 政 策 提 言 問 題 提 起 大 テーマ 持 続 的 可 能 な 経 済 成 長 の 実 現 日 本 経 済 再 生 プロジェクト

More information

農業申告のしおり

農業申告のしおり 農 業 申 告 のしおり 79-86 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 役 所 財 務 部 市 民 税 課 TEL (82)42-9( 直 通 ) FAX (82)422-68 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 農 業 所 得 の 申 告 農 業 所 得 申 告 が 必 要 な 人 p 2 農 業 所

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

H12 正

H12 正 平 成 26 年 度 県 内 優 良 果 樹 技 術 経 営 事 例 第 16 回 全 国 果 樹 技 術 経 営 コンクール 全 国 果 樹 研 究 連 合 会 会 長 賞 受 賞 者 鳥 取 西 部 農 業 協 同 組 合 米 子 梨 果 実 部 長 谷 川 彰 一 氏 長 谷 川 美 保 子 氏 1. 推 薦 要 旨 長 谷 川 彰 一 氏 は 大 山 山 系 である 孝 霊 山 の 麓 という

More information

2013 年 倉 吉 市 市 勢 要 覧 統 計 資 料 編 市 章 市 民 憲 章 はク はラ は 吉 で クとラと 吉 を 組 み 合 わせてまとめたものです 円 形 を 型 どるは 円 満 なる 融 和 を 示 し 市 民 の 強 固 なる 団 結 を 表 現 また 中 央 の 突 起 は 将 来 倉 吉 市 の 発 展 を 表 徴 しています 昭 和 29 年 3 月 29 日 議 決 わたくしたち

More information

は じ め に この 統 計 書 は 二 つのアルプスに 抱 かれた 自 然 共 生 都 市 伊 那 市 の 自 然 人 口 産 業 経 済 社 会 教 育 文 化 など 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 資 料 を 総 合 的 に 収 録 したも のです 市 民 の 皆 様 をはじめ

は じ め に この 統 計 書 は 二 つのアルプスに 抱 かれた 自 然 共 生 都 市 伊 那 市 の 自 然 人 口 産 業 経 済 社 会 教 育 文 化 など 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 資 料 を 総 合 的 に 収 録 したも のです 市 民 の 皆 様 をはじめ 伊 那 市 統 計 書 平 成 2 7 年 版 長 野 県 伊 那 市 平 成 28 年 3 月 は じ め に この 統 計 書 は 二 つのアルプスに 抱 かれた 自 然 共 生 都 市 伊 那 市 の 自 然 人 口 産 業 経 済 社 会 教 育 文 化 など 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 資 料 を 総 合 的 に 収 録 したも のです 市 民 の 皆 様 をはじめ 各

More information

農業所得収支計算ノート

農業所得収支計算ノート 平 成 年 分 農 業 所 得 収 支 算 ノート 住 所 米 原 市 氏 名 この 収 支 算 ノート 領 収 書 などは 7 年 間 保 存 してください 滋 賀 県 米 原 市 役 所 市 民 部 税 務 課 この 資 料 は 収 支 算 書 ( 農 業 所 得 用 )を 作 成 するためのものであり 資 料 中 の 1 や イ 等 の 記 号 番 号 は 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所

More information

目 次 (1) 施 策 の 実 行 状 況 について 農 林 水 産 業 地 域 の 活 力 創 造 プラン に 基 づく 農 政 改 革 について 1 1 国 内 外 の 需 要 拡 大 ( 品 目 別 輸 出 団 体 輸 出 環 境 整 備 新 たな 国 内 市 場 の 開 拓 ) 2 2 バリ

目 次 (1) 施 策 の 実 行 状 況 について 農 林 水 産 業 地 域 の 活 力 創 造 プラン に 基 づく 農 政 改 革 について 1 1 国 内 外 の 需 要 拡 大 ( 品 目 別 輸 出 団 体 輸 出 環 境 整 備 新 たな 国 内 市 場 の 開 拓 ) 2 2 バリ 資 料 1 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 KPIの 進 捗 及 び 施 策 の 実 行 状 況 について 平 成 26 年 11 月 目 次 (1) 施 策 の 実 行 状 況 について 農 林 水 産 業 地 域 の 活 力 創 造 プラン に 基 づく 農 政 改 革 について 1 1 国 内 外 の 需 要 拡 大 ( 品 目 別 輸 出 団 体 輸 出 環 境 整 備 新 たな

More information

1. 市 民 農 園 の 開 設 手 順 市 民 農 園 を 開 設 する 場 合 には 農 地 が 確 保 できるかどうかなどいく つかのキーポイントがありますが 一 般 的 な 流 れとしては 次 のようにな ります なお 実 際 に 市 民 農 園 の 開 設 を 進 める 場 合 には 必

1. 市 民 農 園 の 開 設 手 順 市 民 農 園 を 開 設 する 場 合 には 農 地 が 確 保 できるかどうかなどいく つかのキーポイントがありますが 一 般 的 な 流 れとしては 次 のようにな ります なお 実 際 に 市 民 農 園 の 開 設 を 進 める 場 合 には 必 市 民 農 園 をはじめよう!! 市 民 農 園 とは? 一 般 に 市 民 農 園 とは サラリーマン 家 庭 や 都 市 の 住 民 の 方 々がレクリエー ションとしての 自 家 用 野 菜 花 の 栽 培 高 齢 の 生 きがいづくり 生 徒 児 童 の 体 験 学 習 などの 多 様 な 目 的 で 小 面 積 の 農 地 を 利 用 して 野 菜 や 花 を 育 てるた めの 農 園 のことをいいます

More information

Microsoft Word - 卒論計画書_稲葉_ 修正w.docx

Microsoft Word - 卒論計画書_稲葉_ 修正w.docx 卒 論 研 究 計 画 書 稲 葉 栞 農 協 組 織 の 実 態 はじめに JA 農 協 は 現 在 全 国 すべての 地 域 に 存 在 し 本 来 下 からの 積 み 上 げによる 自 主 的 な 活 動 組 織 であるはずの 協 同 組 合 とは 異 なり 行 政 組 織 と 類 似 したトップダウンの 巨 大 組 織 となっ ている 近 年 組 織 の 非 効 率 さがよく 指 摘 されるようになったが

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information

4( 北 諸 県 ) 肉 用 牛 肥 育 における 産 地 改 革 支 援 活 動 に 係 る 検 討 会 の 開 催 16 日 JA 都 城 肥 育 牛 課 の 営 農 指 導 班 会 議 において 産 地 改 革 支 援 活 動 に 係 る 検 討 会 を 行 いました 2 年 目 の 分 析

4( 北 諸 県 ) 肉 用 牛 肥 育 における 産 地 改 革 支 援 活 動 に 係 る 検 討 会 の 開 催 16 日 JA 都 城 肥 育 牛 課 の 営 農 指 導 班 会 議 において 産 地 改 革 支 援 活 動 に 係 る 検 討 会 を 行 いました 2 年 目 の 分 析 平 成 25 年 8 月 普 及 活 動 月 報 西 臼 杵 支 庁 各 農 林 振 興 局 ( 農 業 改 良 普 及 センター)の 主 な 普 及 活 動 を 紹 介 します I 主 な 普 及 指 導 活 動 等 の 取 組 1( 中 部 ) みんなで 取 り 組 む 鳥 獣 被 害 対 策 プロジェクト 23 日 宮 崎 市 加 江 田 萩 原 集 落 において 事 業 により 電 気 柵

More information

Microsoft Word - P001.doc

Microsoft Word - P001.doc 平 成 18 年 (2006 年 ) 伊 万 里 市 目 次 変 遷 図 5 土 地 及 び 気 象 6 人 口 及 び 労 働 力 9 産 業 事 業 所 24 農 業 28 林 業 41 水 産 業 42 製 造 業 45 商 業 51 財 政 54 市 民 所 得 58 社 会 福 祉 60 教 育 文 化 63 観 光 70 保 健 衛 生 73 建 設 76 電 気 ガス 水 道 79 治

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

香川県公共建築物等における県産木材の利用の促進に関する方針

香川県公共建築物等における県産木材の利用の促進に関する方針 香 川 県 公 共 建 築 物 等 における 県 産 木 材 の 利 用 の 促 進 に 関 する 方 針 平 成 24 年 3 月 香 川 県 香 川 県 公 共 建 築 物 等 における 県 産 木 材 の 利 用 の 促 進 に 関 する 方 針 この 方 針 は 公 共 建 築 物 等 における 木 材 の 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 22 年 法 律 第 36

More information

<5461726F2D819A91E63389F1959489EF97708179915391CC94C5817A8DC5>

<5461726F2D819A91E63389F1959489EF97708179915391CC94C5817A8DC5> 資 料 9-2 鶏 の 改 良 増 殖 目 標 ( 案 ) 平 成 22 年 7 月 Ⅰ まえがき 食 料 は 人 間 の 生 命 の 維 持 に 欠 くことができないものであり かつ 健 康 で 充 実 した 生 活 の 基 礎 として 重 要 なものである 中 でも 鶏 肉 鶏 卵 はたんぱく 質 に 富 み 国 民 の 健 康 増 進 に 大 きく 貢 献 しており 将 来 にわたって 良 質

More information

1

1 秋 田 県 家 畜 改 良 増 殖 計 画 平 成 28 年 3 月 1 Ⅰ 乳 用 牛 1 改 良 目 標 酪 農 経 営 の 安 定 化 と 生 乳 の 安 定 供 給 を 図 るため 優 良 な 種 雄 牛 を 選 抜 するための 後 代 検 定 と 雌 牛 の 能 力 測 定 を 行 う 牛 群 検 定 を 柱 とし 遺 伝 的 多 様 性 を 確 保 するとともに 能 力 体 型 の 両

More information

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63> 付 属 入 出 金 取 引 の 一 覧 表 (Version Version4.1 以 降 ) 第 1 章 出 金 取 引 の 一 覧 表 税 に 記 載 されているものは 消 費 税 の 課 税 情 報 です 課 課 税 仕 入 不 不 課 税 仕 入 非 非 課 税 仕 入 [ 資 金 移 動 ]--- 取 引 内 容 区 分 借 方 勘 定 科 目 税 青 色 決 算 科 目 預 金 の 場

More information

(トン) 30,000 図 1 日 本 の 国 別 冷 凍 いんげん 豆 等 輸 入 量 の 推 移 25,000 20,000 15,000 855 1,773 1,073 1,286 1,554 9,819 10,481 9,566 8,369 7,623 その 他 タイ 10,000 5,00

(トン) 30,000 図 1 日 本 の 国 別 冷 凍 いんげん 豆 等 輸 入 量 の 推 移 25,000 20,000 15,000 855 1,773 1,073 1,286 1,554 9,819 10,481 9,566 8,369 7,623 その 他 タイ 10,000 5,00 海 外 情 報 タイのいんげんの 生 産 および 輸 出 動 向 調 査 情 報 部 要 約 タイのいんげんは 冷 涼 な 北 部 で 栽 培 されており 冷 凍 加 工 向 けは 冷 凍 加 工 企 業 との 契 約 栽 培 となっている 主 な 仕 向 け 先 の 日 本 が 冷 凍 いんげんの 発 注 先 をタイから 価 格 の 安 い 中 国 にシ フトしているため 作 付 面 積 生 産

More information

<8E8E8CB18CA48B868B408AD688EA97972E786477>

<8E8E8CB18CA48B868B408AD688EA97972E786477> Ⅰ 試 験 研 究 機 関 の 沿 革 明 治 大 正 昭 和 明 治 33.5 昭 和 11.8 昭 和 31.7 昭 和 37.3 農 事 試 験 場 ( 安 倍 郡 豊 田 村 曲 金 ) ( 静 岡 市 北 安 東 ) 農 業 試 験 場 改 築 昭 和 33.4 三 方 原 田 畑 転 換 試 験 地 ( 浜 松 市 東 三 方 町 ) 昭 和 40.4 西 遠 農 業 昭 和 11.3

More information

農用地利用計画の変更について(H26.10一部改正)

農用地利用計画の変更について(H26.10一部改正) 農 用 地 利 用 計 画 の 変 更 マニュアル 平 成 25 年 7 月 策 定 平 成 26 年 4 月 一 部 改 正 平 成 26 年 10 月 一 部 改 正 長 岡 市 農 林 部 農 振 除 外 ( 農 用 地 区 域 からの 除 外 ) 又 は 用 途 変 更 ( 例 : 農 機 具 格 納 庫 等 の 建 築 を 目 的 とし た 農 業 用 施 設 用 地 への 用 途 区 分

More information

本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景

本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景 平 成 17 年 (2005 年 ) 伊 万 里 市 本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景 に 伊 万 里 市 からは 里 小 路 の 小

More information

(Microsoft PowerPoint - \202R\201`15)

(Microsoft PowerPoint - \202R\201`15) 露 地 ショウガの 安 定 生 産 と 産 地 振 興 策 の 実 践 実 施 地 区 高 知 市 対 象 :JA 高 知 市 朝 生 姜 生 産 組 合 23 年 度 の 目 標 1 環 境 に 配 慮 した 生 産 体 制 の 構 築 2 産 地 振 興 ビジョンの 実 現 に 向 けた 実 践 活 動 3 加 工 用 仕 向 け 量 の 拡 大 取 り 組 み 結 果 現 地 検 討 会 1

More information

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要 熊 本 森 林 管 理 署 の 国 有 林 のあらまし 平 成 27 年 度 版 九 州 森 林 管 理 局 熊 本 森 林 管 理 署 私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの

More information

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 乙 部 町 の 魅 力 ある 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 活 性 化 事 業 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 乙 部 町 の

More information

Microsoft Word - P1

Microsoft Word - P1 ( 1) 平 成 26 年 5 月 1 日 第 63 巻 5 号 千 葉 の園 芸 園 芸 産 出 額 全 国 第 1 位 の 奪 還 に 向 けた 力 強 い 産 地 づくり の 推 進 千 葉 県 農 林 水 産 部 生 産 振 興 課 課 長 飯 田 秀 雄 平 成 26 年 度 全 農 千 葉 県 本 部 園 芸 事 業 の 取 り 組 み 全 農 千 葉 県 本 部 園 芸 部 長 木 村

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

目 次 1.はじめに 1 2. 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 方 針 (1) 花 粉 発 生 源 対 策 の 現 状 と 課 題 2 (2) 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 6 3. 花 粉 発 生 源 対 策 区 域 (1) 花 粉 症 対

目 次 1.はじめに 1 2. 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 方 針 (1) 花 粉 発 生 源 対 策 の 現 状 と 課 題 2 (2) 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 6 3. 花 粉 発 生 源 対 策 区 域 (1) 花 粉 症 対 山 梨 県 スギ 花 粉 発 生 源 対 策 推 進 プラン 平 成 20 年 12 月 策 定 ( 至 平 成 30 年 3 月 31 日 ) 山 梨 県 森 林 環 境 部 目 次 1.はじめに 1 2. 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 方 針 (1) 花 粉 発 生 源 対 策 の 現 状 と 課 題 2 (2) 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考

More information

1-2-2 計 画 の 名 称 及 び 策 定 時 期 評 価 関 係 する 既 存 の 行 政 計 画 の 評 価 新 生 太 田 総 合 計 画 平 成 19 年 度 民 の 手 づくりによる の 憲 法 にあたる 太 田 まちづくり 基 本 条 例 の 前 文 人 と 自 然 環 境 と 産

1-2-2 計 画 の 名 称 及 び 策 定 時 期 評 価 関 係 する 既 存 の 行 政 計 画 の 評 価 新 生 太 田 総 合 計 画 平 成 19 年 度 民 の 手 づくりによる の 憲 法 にあたる 太 田 まちづくり 基 本 条 例 の 前 文 人 と 自 然 環 境 と 産 環 境 モデル 都 提 案 書 ( 様 式 1) タイトル 群 馬 県 太 田 環 境 モデル 都 提 案 書 ~ 地 球 のみらいを 太 田 から~ 提 案 団 体 群 馬 県 太 田 人 口 : 218,981 人 ( 平 成 20 年 4 月 1 日 現 在 ) 担 当 者 名 及 担 当 者 の 所 属 産 業 環 境 部 環 境 政 策 課 び 連 絡 先 氏 名 石 川 光 昭 茂 木

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3234944E93788DC0926B89EF82CC82B288D38CA982CC89F1939A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3234944E93788DC0926B89EF82CC82B288D38CA982CC89F1939A2E646F63> 平 成 24 年 度 支 部 座 談 会 および 各 地 域 別 座 談 会 ご 意 見 ご 質 問 の 回 答 について 以 下 のとおり とおり 各 会 場 でいただきましたご 意 見 ご 質 問 に 対 し 主 なものについてお 答 えいたします しま P.1~3 農 地 利 用 集 積 円 滑 化 事 業 について P.4 JA 大 井 川 農 業 振 興 支 援 対 策 について P.4~5

More information

特 定 農 作 業 従 事 者 とは 次 の1~3の 全 てに 該 当 する 人 をいいます 1 年 間 の 農 業 生 産 物 ( 畜 産 及 び 養 蚕 に 係 るものを 含 む)の 総 販 売 額 が300 万 円 以 上 または 経 営 耕 地 面 積 が2ヘクタール 以 上 の 規 模 (

特 定 農 作 業 従 事 者 とは 次 の1~3の 全 てに 該 当 する 人 をいいます 1 年 間 の 農 業 生 産 物 ( 畜 産 及 び 養 蚕 に 係 るものを 含 む)の 総 販 売 額 が300 万 円 以 上 または 経 営 耕 地 面 積 が2ヘクタール 以 上 の 規 模 ( のしおり 農 業 者 の 方 も 労 災 保 険 に 加 入 できます 労 災 保 険 は 本 来 労 働 者 の 業 務 または 通 勤 による 負 傷 疾 病 障 害 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 を 行 う 制 度 で す が 労 働 者 以 外 で も そ の 業 務 の 実 情 災 害 の 発 生 状 況 などからみて 特 に 労 働 者 に 準 じて 保 護 すること が 適 当

More information

育 Business Labor Trend.9 広 逆 説 じ 打 党 始 競 争 激 質 評 億 弱 ぎ 飲 混 味 真 珠 億 標 準 波 及 疑 耕 ヘ ヘ 都 ヘ ぎ 米 ヘ 豪 ヘ 陸 諸 隔 絶 差 欧 ヘ 欧 ヤ 伴 動 針 ヘ 散 弟 離 複 雑 障 壁 ィ 概 ぶ 曖 昧 簡 整

育 Business Labor Trend.9 広 逆 説 じ 打 党 始 競 争 激 質 評 億 弱 ぎ 飲 混 味 真 珠 億 標 準 波 及 疑 耕 ヘ ヘ 都 ヘ ぎ 米 ヘ 豪 ヘ 陸 諸 隔 絶 差 欧 ヘ 欧 ヤ 伴 動 針 ヘ 散 弟 離 複 雑 障 壁 ィ 概 ぶ 曖 昧 簡 整 育 Business Labor Trend.9 世 右 肩 苦 ぜ 稿 概 捉 察 訳 米 樹 ダ ナ ニ ベ G D 動 弱 歴 史 ピ 減 少 純 ピ 減 背 ブ 崩 壊 志 少 護 複 肥 燃 供 寡 硬 騰 動 投 転 嫁 交 易 継 刻 広 既 就 口 歳 歳 著 再 困 局 交 渉 T 極 税 ゼ 由 透 層 刻 反 質 礎 席 寄 稿 6 96 6 8 8 9 9 純 推 移 6 8

More information

JAにおける新規就農支援の取り組みの特徴と課題

JAにおける新規就農支援の取り組みの特徴と課題 研 究 レポート JAにおける 新 規 就 農 支 援 の 取 り 組 みの 特 徴 と 課 題 ( 社 )JA 総 合 研 究 所 基 礎 研 究 部 主 席 研 究 員 鴻 巣 正 (こうのす ただし) 1.はじめに 米 国 のサブプライム 問 題 に 端 を 発 した 金 融 危 機 は 実 体 経 済 にも 深 刻 な 影 響 を 及 ぼし 緊 急 雇 用 対 策 が 喫 緊 の 課 題 となった

More information

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

高 齢 者 社 会 参 加 活 動 支 援 事 業 平 成 27 年 度 福 島 県 高 齢 者 生 きがい 就 労 モデル 事 業 活 動 報 告 書 福 島 県 目 次 高 齢 者 生 きがい 就 労 モデル 事 業 報 告 書 P1 実 績 報 告 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ふくしま 成 年 後 見 センター P2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 しんぐるまざあず ふぉーらむ

More information

Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx

Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx (2) 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 あ ま ち ょ う 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 事 例 島 根 県 海 士 町 平 成 23 年 から25 年 の 社 会 増 減 をみると 24 年 25 年 は 転 入 超 過 に 転 じてい る 平 成 20 年 と25 年 の 年 齢 階 層 別 の 人 口 を 比 較 すると 25 歳 から44 歳 の 年 齢 層 ( 平 成 25

More information

イ 説 明 会 研 修 会 等 への 参 加 年 月 日 活 動 内 容 会 場 H 農 業 経 営 改 善 セミナー JA 水 戸 本 店 7. 8 茨 城 県 農 業 改 革 推 進 大 会 茨 城 県 民 文 化 センター 7.29 茨 城 県 と 県 認 定 農 業 者 協 議

イ 説 明 会 研 修 会 等 への 参 加 年 月 日 活 動 内 容 会 場 H 農 業 経 営 改 善 セミナー JA 水 戸 本 店 7. 8 茨 城 県 農 業 改 革 推 進 大 会 茨 城 県 民 文 化 センター 7.29 茨 城 県 と 県 認 定 農 業 者 協 議 平 成 26 年 度 ( 一 財 ) 水 戸 市 農 業 公 社 事 業 報 告 書 (1) 営 農 対 策 事 業 1 認 定 農 業 者 の 状 況 ア 認 定 農 業 者 数 年 度 経 営 体 数 備 考 平 成 25 年 度 184 平 成 26 年 度 206 新 規 認 定 33 件, 未 更 新 9 件, 死 亡 2 件 イ 地 区 別 内 訳 ( 単 位 : 経 営 体 ) 渡 里

More information

26補正リース実施要領一部改正

26補正リース実施要領一部改正 別 紙 様 式 第 1 号 年 月 日 一 般 社 団 法 人 全 日 本 畜 産 経 営 者 協 会 理 事 長 青 野 正 宣 殿 住 所 末 端 借 受 者 印 TEL E-mail(ある 場 合 ) 平 成 年 度 畜 産 収 益 力 強 化 緊 急 支 援 事 業 参 加 申 請 書 畜 産 収 益 力 強 化 緊 急 支 援 事 業 を 下 記 のとおり 実 施 したいので 独 立 行

More information

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 66 (2) 68 (3) 69 (1) 70 (2) 74 (3) 76 (1) 77 (2) 79 (3) 80 (1) 81 (2) 82 (3)

More information

<5461726F2D89D495B291CE8DF4826F827382DC82C682DF8169967B91CC816A>

<5461726F2D89D495B291CE8DF4826F827382DC82C682DF8169967B91CC816A> 今 後 の 花 粉 発 生 源 対 策 の 推 進 方 策 について ~ 花 粉 発 生 源 対 策 プロジェクトチーム 検 討 報 告 ~ 1 プロジェクトチームの 設 置 と 任 務 我 が 国 のスギ 人 工 林 は 約 452 万 haで 森 林 面 積 の2 割 を 占 め これらの 森 林 は 木 材 供 給 はもとより 国 土 の 保 全 水 源 のかん 養 地 球 温 暖 化 の 防

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information