障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し"

Transcription

1 (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障 害 年 金 の 裁 定 請 求 を 行 ってはどうか といった 助 言 を 初 めて 受 けた この 助 言 にしたがって 私 は 娘 の 疾 患 について 障 害 基 礎 年 金 の 裁 定 請 求 を 行 ったところ 平 成 26 年 4 に9 年 4 を 障 害 認 定 日 とする 裁 定 を 受 けた これに 関 連 して 私 は 年 金 事 務 所 から 次 のような 説 明 を 受 けた 1 障 害 認 定 日 以 降 の 納 付 済 国 民 年 金 保 険 料 (17 年 間 分 )は 返 還 される こととなるが 将 来 障 害 が 軽 快 して 障 害 基 礎 年 金 が 受 給 できなくなっ た 場 合 に 備 えて 保 険 料 を 追 納 することができる 2 追 納 できるのは 裁 定 前 の 10 年 間 のみで それ 以 前 の7 年 間 は 追 納 は できず 未 納 扱 いになる 3 追 納 する 場 合 当 時 納 付 した 保 険 料 額 に 加 算 額 が 上 乗 せされた 保 険 料 を 納 付 しなければならない 私 としては 将 来 障 害 基 礎 年 金 が 受 給 できなくなった 場 合 に 備 えて 老 齢 基 礎 年 金 をできるだけ 多 く 受 給 できるようにしてやりたいが 納 付 済 保 険 料 を 返 還 された 上 加 算 額 が 上 乗 せされたり 保 険 料 を 10 年 しか 納 付 でき ないことに 納 得 ができない (* 相 談 者 の 娘 は 20 歳 に 到 達 後 国 民 年 金 保 険 料 を 約 20 年 間 納 付 し 続 けている ) ( 注 ) 本 件 は 東 京 行 政 評 価 事 務 所 に 相 談 があったものである 2 本 件 の 具 体 的 な 流 れ 本 件 の 国 民 年 金 被 保 険 者 は 表 -1のとおり 20 歳 に 到 達 した 日 の 属 す る である 平 成 5 年 12 から 26 年 3 までの 約 20 年 にわたって 国 民 年 金 保 険 料 ( 以 下 保 険 料 という )を 適 正 に 納 付 していたが 26 年 4 に 障 害 基 礎 年 金 の 裁 定 請 求 を 行 った 結 果 9 年 4 に 遡 及 して 障 害 認 定 日 とされ 障 害 基 礎 年 金 の 受 給 権 が 生 じている これにより 平 成 9 年 3 に 遡 及 して 26 年 3 までの 間 が 法 定 免 除 期 間 となり 保 険 料 が 還 付 されている 当 該 被 保 険 者 及 びその 親 は 今 後 自 分 ( 娘 )の 障 害 が 軽 快 した 場 合 の 老 後 の 最 低 生 活 保 障 に 備 えるため 還 付 された 保 険 料 を 追 納 しようとした ところ 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 以 下 法 という ) 第 94 条 の 規 定 により 追 納 できる 期 間 が 平 成 16 年 4 以 降 の 10 年 分 に 限 られ ていたため それ 以 前 の7 年 間 については 保 険 料 を 納 付 することができ なかった 事 例 である

2 なお 障 害 基 礎 年 金 の 給 付 を 受 ける 権 利 は 法 第 102 条 の 規 定 により 支 給 事 由 が 生 じた 日 から5 年 を 経 過 すると 消 滅 することから 本 件 につい ては 平 成 21 年 3 以 前 の 障 害 基 礎 年 金 は 給 付 されないこととされている 表 -1 相 談 事 案 を 時 系 列 にまとめたもの 年 事 項 平 成 5 年 歳 に 到 達 し 国 民 年 金 の 被 保 険 者 として 保 険 料 の 納 付 を 開 始 する( 平 成 26 年 3 まで 納 付 ) 9 年 3 9 年 4 障 害 認 定 日 ( 障 害 年 金 の 受 給 権 の 発 生 ) 平 成 9 年 3 から 26 年 3 までの 期 間 が 法 定 免 除 期 間 と なり 当 該 期 間 の 納 付 済 保 険 料 が 還 付 される 16 年 4 保 険 料 は 還 付 されるが 大 臣 の 承 認 を 得 て 平 成 16 年 4 から 26 年 3 までの 10 年 間 に 限 り 保 険 料 を 追 納 することができる 21 年 4 平 成 21 年 4 以 降 のものに 限 り 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 される(それ 以 前 は 時 効 により 支 給 されない ) 26 年 3 26 年 4 障 害 基 礎 年 金 の 裁 定 請 求 に 基 づき 平 成 9 年 4 に 遡 及 して 障 害 基 礎 年 金 の 受 給 権 が 発 生 する 相 談 者 は 法 定 免 除 期 間 となった 平 成 9 年 3 から 26 年 3 までの 期 間 に 係 る 保 険 料 を 納 付 しようとしたが 16 年 4 以 降 の 保 険 料 しか 納 付 できなかった ( 注 ) 本 表 は 当 局 が 作 成 した 3 制 度 の 概 要 ⑴ 制 度 の 趣 旨 国 民 年 金 の 給 付 種 類 には 法 第 15 条 の 規 定 により 老 齢 基 礎 年 金 障 害 基 礎 年 金 及 び 遺 族 基 礎 年 金 といった 基 礎 年 金 がある このうち 老 齢 基 礎 年 金 は 老 後 生 活 の 基 礎 的 な 費 用 に 対 応 し その 水 準 は 老 後 の 生 活 の 基 礎 的 部 分 を 保 障 するものとされている このような 国 民 年 金 制 度 は 社 会 全 体 の 世 代 間 扶 養 による 社 会 保 険 方 式 が 採 用 されているものの 財 政 運 営 においては 法 第 4 条 の2 及 び 第 4 条 の3の 規 定 により 長 期 的 にその 均 衡 が 保 たれたものとなるように 保 険 料 国 庫 負 担 積 立 金 の 運 用 収 入 からなる 積 立 金 を 保 持 し その 積

3 立 金 を 取 り 崩 して 後 世 代 の 給 付 に 活 用 することとされている(おおむね 100 年 間 で 財 政 均 衡 を 図 る 方 式 とし 財 政 均 衡 期 間 の 終 了 時 に 給 付 費 1 年 分 程 度 の 積 立 金 を 保 有 することとし 積 立 金 を 活 用 して 後 世 代 の 給 付 に 充 てる ) このような 国 民 年 金 制 度 は 自 助 と 自 律 の 観 点 から 法 第 12 条 の 規 定 により 被 保 険 者 自 らが 被 保 険 者 資 格 を 市 町 村 長 に 届 け 出 て 保 険 料 を 納 付 するという 拠 出 制 が 採 られている この 結 果 被 保 険 者 においては 保 険 料 の 納 付 実 績 が 記 録 され 将 来 の 給 付 の 根 拠 となる なお 法 第 16 条 の 規 定 により 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 す る 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の 請 求 に 基 づいて 厚 生 労 働 大 臣 が 裁 定 することとされており 国 民 年 金 法 施 行 規 則 ( 昭 和 35 年 厚 生 省 令 第 12 号 ) 第 31 条 では 障 害 基 礎 年 金 についての 裁 定 の 請 求 は 当 該 受 給 権 者 が 同 条 第 1 項 に 定 める 事 項 を 記 載 した 請 求 書 を 日 本 年 金 機 構 に 提 出 する ことによって 行 わなければならない 旨 が 規 定 されている ⑵ 障 害 基 礎 年 金 障 害 基 礎 年 金 は 法 第 30 条 の 規 定 により 国 民 年 金 の 被 保 険 者 が 疾 病 又 は 負 傷 について 初 めて 医 師 等 の 診 療 を 受 けた 日 から1 年 6か 又 は1 年 6か 以 内 に 症 状 が 固 定 し 治 療 の 効 果 が 期 待 できない 状 態 に 至 った 日 ( 以 下 障 害 認 定 日 という )において 障 害 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 害 の 状 態 にあるときに 支 給 されることとされている また 障 害 基 礎 年 金 の 受 給 権 は 法 第 16 条 及 び 国 民 年 金 法 施 行 規 則 ( 昭 和 35 年 厚 生 省 令 第 12 号 ) 第 31 条 の 規 定 により 被 保 険 者 の 請 求 に 基 づ き 厚 生 労 働 大 臣 の 裁 定 により 生 じることとされている このように 障 害 認 定 日 が 属 する 以 降 において 当 該 者 が 裁 定 の 請 求 を 行 うことにより 障 害 基 礎 年 金 の 受 給 権 が 裁 定 されることになるため 時 系 列 的 には 障 害 認 定 日 は 裁 定 日 よりも 以 前 に 置 かれるため 本 件 の ように 17 年 も 前 に 遡 って 受 給 権 が 発 生 する 例 もある また 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 者 は 法 第 89 条 の 規 定 により 受 給 権 の 生 じた の 前 から 保 険 料 を 納 付 することを 要 さない( 以 下 法 定 免 除 という )こととされ 法 定 免 除 期 間 については 受 給 資 格 期 間 として 算 定 されることとされている ただし 法 定 免 除 期 間 については 年 金 額 を 算 定 する 場 合 法 第 27 条 第 1 項 第 8 号 及 び 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 16 年 法 律 第 104 号 ) 附 則 第 9 条 の 規 定 により 当 該 期 間 の 数 の2 分 の 1( 平 成 21 年 4 以 降 ) 又 は3 分 の1( 平 成 21 年 3 以 前 )の 数 として 算 定 され る

4 ⑶ 障 害 基 礎 年 金 の 受 給 権 が 遡 及 して 生 じた 場 合 の 保 険 料 の 追 納 ア 平 成 26 年 3 末 までに 納 付 された 保 険 料 公 的 年 金 制 度 の 財 政 基 盤 及 び 最 低 保 障 機 能 の 強 化 等 のための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 24 年 法 律 第 62 号 以 下 年 金 機 能 強 化 法 という )が 施 行 された 平 成 26 年 4 1 日 より 前 におい ては 障 害 基 礎 年 金 の 受 給 権 者 になったときには 図 -1のとおり 法 第 89 条 の 規 定 により 受 給 権 の 発 生 した の 前 から 法 定 免 除 期 間 として 取 り 扱 うこととされ 裁 定 請 求 までの 間 に 納 付 していた 保 険 料 は 還 付 されることとされていた また 当 該 受 給 権 者 が 上 記 の 法 定 免 除 期 間 に 係 る 保 険 料 を 納 付 し たい 場 合 法 第 94 条 第 1 項 の 規 定 により 厚 生 労 働 大 臣 の 承 認 を 受 け た 日 の 属 する 前 10 年 以 内 に 限 り その 法 定 免 除 期 間 に 係 る 保 険 料 を 追 納 することができることとされている その 場 合 法 第 94 条 第 3 項 及 び 法 施 行 令 ( 昭 和 34 年 政 令 第 184 号 ) 第 10 条 の 規 定 により 平 成 26 年 度 に 納 付 する 場 合 24 年 3 以 前 の 保 険 料 については 表 -2のとおり 保 険 料 を 納 付 した 者 との 均 衡 及 び 運 用 収 入 の 確 保 (( 注 ) 年 金 積 立 金 として 運 用 されなかったことに よる 機 会 損 失 の 補 てん)という 観 点 から 当 時 の 保 険 料 額 に 経 過 期 間 に 応 じた 加 算 額 が 上 乗 せされることとされている ( 注 ) 国 民 年 金 厚 生 年 金 改 正 法 の 逐 条 解 説 による なお 当 該 規 定 は 毎 年 度 改 正 されており 保 険 料 免 除 を 受 けた 期 間 の 翌 年 度 から 起 算 して3 年 度 目 以 降 に 保 険 料 を 追 納 する 場 合 に 承 認 を 受 けた 当 時 の 保 険 料 額 に 経 過 期 間 に 応 じた 加 算 額 が 上 乗 せされて いる 図 -1 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 者 が 納 付 した 保 険 料 の 取 扱 い( 従 前 ) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 発 生 裁 定 請 求 保 険 料 を 納 付 していた 期 間 法 定 免 除 期 間 となり 保 険 料 は 還 付 される 保 険 料 を 納 付 したことにする 場 合 10 年 前 までの 保 険 料 を 追 納 ができるが その 場 合 2 年 度 を 超 えた 期 間 に 係 る 保 険 料 には 加 算 額 が 上 乗 せさ れる ( 注 ) 本 図 は 当 局 が 作 成 した

5 表 -2 追 納 する 場 合 に 保 険 料 に 加 算 額 が 上 乗 せされる 理 由 等 加 算 額 が 上 乗 せさ 保 険 料 免 除 を 受 けた 者 と 免 除 を 受 けずに 保 険 料 を 納 付 し れる 理 由 た 者 との 均 衡 及 び 運 用 収 入 の 確 保 ( 保 険 料 を 納 付 した 者 と の 均 衡 及 び 年 金 積 立 金 として 運 用 されなかったことによる 機 会 損 失 の 補 てん)という 観 点 から 一 定 額 の 加 算 を 行 う こととされている 加 算 額 の 根 拠 加 算 額 は 平 成 16 年 度 以 前 の 保 険 料 に 係 る 加 算 額 につい ては 財 政 再 計 算 上 の 予 定 運 用 利 回 りに 基 づいて 決 定 され 平 成 17 年 度 以 降 のものについては 10 年 物 の 新 規 発 行 国 債 の 表 面 利 率 を 踏 まえて 定 められている ( 注 ) 本 表 は 当 局 が 作 成 した イ 平 成 26 年 4 以 降 に 納 付 される 保 険 料 障 害 認 定 の 前 分 以 降 の 保 険 料 については 還 付 することされてい るが 平 成 26 年 4 1 日 からは 年 金 機 能 強 化 法 により 改 正 された 法 第 89 条 第 2 項 の 規 定 により 障 害 基 礎 年 金 の 受 給 権 者 の 申 出 により 保 険 料 納 付 済 期 間 とすることができることとされている これまでは 上 記 アのとおり 保 険 料 を 納 付 したい 場 合 には 納 付 し た 保 険 料 が 還 付 された 後 納 付 した 当 時 の 保 険 料 額 に 加 算 額 を 上 乗 せ された 保 険 料 を 追 納 することされていたが 平 成 26 年 4 1 日 以 降 は 障 害 基 礎 年 金 の 受 給 権 者 からの 申 出 により 納 付 した 保 険 料 が 還 付 さ れることなく そのまま 当 該 期 間 が 保 険 料 納 付 済 期 間 として 扱 われる こととなった しかしながら 年 金 機 能 強 化 法 施 行 日 ( 平 成 26 年 4 1 日 ) 前 の 期 間 に 係 る 保 険 料 については 年 金 機 能 強 化 法 附 則 第 9 条 の 規 定 により なお 従 前 の 例 により 取 り 扱 うこととされている このため 図 -2のとおり 平 成 26 年 3 までに 納 付 した 保 険 料 に ついては 26 年 度 以 降 も 従 前 どおり 還 付 された 上 で 新 たに 法 定 免 除 となった 期 間 について 保 険 料 を 追 納 したい 場 合 には 当 該 保 険 料 に 加 算 額 が 上 乗 せされた 方 法 でしか 保 険 料 を 納 付 することができない こととされている

6 図 -2 障 害 基 礎 年 金 の 受 給 権 者 が 納 付 した 保 険 料 の 取 扱 い( 現 行 ) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 発 生 平 成 26 年 4 1 日 裁 定 請 求 保 険 料 を 納 付 していた 期 間 等 保 険 料 は 還 付 される が 還 付 された 保 険 料 を 追 納 する 場 合 加 算 額 が 上 乗 せされた 保 険 料 を 納 付 しなければならない 還 付 が 原 則 であるが 申 出 により 保 険 料 納 付 済 期 間 となる ( 注 ) 本 図 は 当 局 が 作 成 した 4 本 件 相 談 における 保 険 料 の 追 納 相 談 者 の 娘 は 20 歳 到 達 後 平 成 26 年 3 までの 244 にわたって 保 険 料 を 納 付 し 続 けてきたが 26 年 4 に 障 害 基 礎 年 金 の 裁 定 請 求 を 行 い 9 年 4 に 遡 及 して 障 害 認 定 されたことにより 納 付 済 保 険 料 205 分 が 還 付 され 当 該 期 間 が 法 定 免 除 期 間 となった 相 談 者 と 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 者 である 娘 は 将 来 障 害 が 軽 快 して 障 害 基 礎 年 金 が 失 権 することにより 老 齢 基 礎 年 金 が 支 給 されることになる 場 合 法 定 免 除 期 間 があると 老 後 生 活 の 基 盤 となる 老 齢 基 礎 年 金 額 が 減 額 され 老 後 の 生 活 に 支 障 が 生 じることになることから 法 定 免 除 となった 205 分 の 保 険 料 を 追 納 しようとした しかし 年 金 機 能 強 化 法 附 則 第 9 条 の 規 定 等 に 基 づき 図 -3のとおり 還 付 された 保 険 料 を 追 納 できたのは 120 分 のみで 残 る 85 分 について は 追 納 できずに 法 定 免 除 期 間 となった なお 年 金 額 の 算 定 に 当 たっては 当 該 法 定 免 除 期 間 85 分 は 法 第 27 条 第 1 項 第 8 号 の 規 定 等 により 3 分 の1に 相 当 する 28 分 が 納 付 済 期 間 とされ 元 々は 納 付 済 であり 還 付 された 後 も 納 付 する 意 思 がある 57 分 については 将 来 の 年 金 額 に 反 映 されない 事 態 が 生 じている

7 図 -3 本 件 相 談 のケースにおける 保 険 料 納 付 数 等 2 0 歳 平 9 年 4 障 害 認 定 244 保 険 料 を 適 正 に 納 付 した 期 間 平 26 年 3 39 第 1 号 被 保 険 者 期 間 205 遡 及 して 障 害 基 礎 年 金 を 受 給 することとなった 期 間 ( 保 険 料 が 還 付 された 期 間 ) 85 追 納 できず 法 定 免 除 期 間 と なった 数 120 追 納 できた 数 保 険 料 納 付 済 期 間 とし て 算 定 され る 28 保 険 料 納 付 済 期 間 として 算 定 される 57 保 険 料 納 付 済 期 間 と して 算 定 されない 保 険 納 付 済 期 間 として 算 定 される ( 注 ) 本 図 は 当 局 が 作 成 した また 本 件 においては 平 成 26 年 3 以 前 に 納 付 された 保 険 料 について は 従 前 の 制 度 が 適 用 されるため 保 険 料 が 還 付 された 上 追 納 する 場 合 には 当 初 の 保 険 料 額 に 一 定 額 の 加 算 額 が 上 乗 せされた 保 険 料 を 納 付 する ことになる このため 本 件 の 追 納 保 険 料 額 について 当 局 が 試 算 したところ 表 - 3のとおり 追 納 できる 期 間 である 平 成 16 年 度 から 25 年 度 の 間 の 納 付 済 保 険 料 約 173 万 円 が 還 付 され 当 該 保 険 料 に 約 7 万 円 の 加 算 額 が 上 乗 せさ れた 180 万 円 が 追 納 保 険 料 額 となる これは 相 談 者 の 場 合 国 民 年 金 の 財 政 運 営 においては 納 付 した 保 険 料 により 既 に 運 用 収 入 ( 年 金 積 立 金 により 運 用 された 利 益 )が 確 保 されて いるにもかかわらず 厚 生 労 働 省 は 運 用 収 入 に 相 当 する7 万 円 の 加 算 額 の 納 付 を 相 談 者 に 求 めていると 考 えられる

8 表 -3 追 納 する 場 合 の 保 険 料 額 ( 単 位 : 円 ) 年 度 1か 当 たり 12 か 分 保 険 料 加 算 額 計 保 険 料 加 算 額 計 平 成 16 13,300 1,450 14, ,600 17, , ,580 1,210 14, ,960 14, , , , ,320 11, , , , ,200 9, , , , ,920 7, , , , ,920 4, , , , ,200 2, , , , ,240 1, , , , , , , , , ,480 計 ,728,600 69,240 1,797,840 ( 注 ) 本 表 は 当 局 が 作 成 した 5 関 係 機 関 の 意 見 ( 厚 生 労 働 省 年 金 局 年 金 課 ) ⑴ 保 険 料 の 追 納 期 間 が 10 年 とされている 理 由 について 保 険 料 の 免 除 を 受 けた 方 が その 後 に 拠 出 能 力 を 回 復 する 場 合 を 考 慮 に 入 れて その 方 がより 高 い 年 金 額 を 受 けることを 希 望 する 場 合 免 除 された 保 険 料 を 遡 って 納 付 することを 認 める 仕 組 みとして 追 納 制 度 が 設 けられています 追 納 制 度 に 設 けられている 10 年 という 期 間 については 1 追 納 加 算 額 の 総 額 が 過 大 にならないこと 2 年 金 記 録 の 管 理 が 過 度 に 煩 雑 にならないこと との 観 点 から 設 定 されているものです ( 追 納 期 間 中 は 毎 保 険 料 を 納 付 していただいている 方 との 均 衡 年 金 積 立 金 として 運 用 されなかったことによる 機 会 損 失 などを 考 慮 して 利 子 相 当 分 の 負 担 として2 年 度 を 超 えた 期 間 について 追 納 加 算 額 を 課 すこととしております ) ⑵ 現 行 の 保 険 料 の 追 納 に 関 する 制 度 上 の 見 直 しの 必 要 性 について 年 金 の 受 給 資 格 は 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 とを 合 算 した 期 間 が 一 定 以 上 ある 場 合 に 認 められ 保 険 料 免 除 期 間 の1か は 受 給 資 格 期 間 の1か として 算 定 されます また 障 害 基 礎 年 金 の 受 給 権 が 遡 って 発 生 した 場 合 には 当 該 受 給 権 の 発 生 日 の 属 する の 前 以 降 に 納 付 されていた 保 険 料 は 還 付 されるこ とになりますので 保 険 料 の 掛 け 捨 てには 当 たりません

9 本 件 のようなケースに 関 する 制 度 上 の 措 置 として 平 成 26 年 4 以 降 の 期 間 に 係 る 保 険 料 については 遡 及 して 法 定 免 除 となった 場 合 に 当 該 法 定 免 除 となった 期 間 の 分 として 免 除 該 当 後 に 納 付 されていた 保 険 料 が 必 ず 還 付 される 取 扱 いから 本 人 が 特 に 希 望 する 場 合 には 当 該 期 間 を 保 険 料 納 付 済 期 間 として 取 り 扱 えるようにするという 措 置 が 取 られて おります なお 年 金 機 能 強 化 法 施 行 前 である 平 成 26 年 3 までに 納 付 された 保 険 料 については 従 前 の 例 によることとしています ⑶ 保 険 料 を 納 付 済 みの 者 に 限 り 年 金 機 能 強 化 法 附 則 第 9 条 を 適 用 しな いようにすることについて 年 金 機 能 強 化 法 の 施 行 前 である 平 成 26 年 4 前 の 期 間 に 係 る 保 険 料 に ついても 年 金 機 能 強 化 法 による 改 正 後 の 国 民 年 金 法 第 89 条 の 規 定 を 適 用 することは 1 年 金 制 度 は 社 会 保 険 の 仕 組 みであり 支 給 事 由 が 生 じた 当 時 の 法 律 の 規 定 を 基 に 給 付 を 行 うことが 原 則 であること 2 法 改 正 による 効 果 は 将 来 に 向 かってのみその 効 力 が 生 じることと なるものであること から 困 難 です ⑷ 納 付 済 保 険 料 を 還 付 する 場 合 還 付 金 に 加 算 額 を 上 乗 せしない 理 由 また 保 険 料 を 追 納 する 場 合 に 加 算 額 を 上 乗 せするように 納 付 済 保 険 料 を 還 付 する 場 合 に 還 付 額 を 上 乗 せして 還 付 されるように 制 度 を 改 正 す ることについて 国 民 年 金 保 険 料 を 還 付 することについては それが 法 律 上 の 原 因 なく 受 領 した 金 銭 であることが 改 めて 確 認 されたことにより 民 法 上 の 一 般 原 則 に 基 づき 不 当 利 得 として 還 付 しているところであり 国 民 年 金 法 上 又 は 民 法 上 遅 延 利 息 等 を 付 与 すべき 旨 の 規 定 は 設 けられていないこ とから 保 険 料 を 還 付 する 際 には 加 算 額 を 上 乗 せしておりません また 制 度 改 正 を 行 うことについても 考 えておりません

10 (2) 標 準 報 酬 決 定 における 保 険 者 算 定 の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 毎 年 4 から6 の 収 入 を 基 に 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )の 保 険 料 額 が 見 直 されることとなっている 私 と 同 じ 部 署 にいる 同 僚 は 収 入 が 同 じであるため 社 会 保 険 料 はこれまで 同 じであった しかし 平 成 26 年 度 の 社 会 保 険 料 の 見 直 しでは 私 たち2 人 の4 から6 の 収 入 が 全 く 同 じであったにもかかわらず 1 平 成 26 年 1 に1 万 円 の 定 期 昇 給 があった 同 僚 は 社 会 保 険 料 が9 か ら4 万 1,000 円 2 平 成 26 年 4 に1 万 円 の 定 期 昇 給 があった 私 は 社 会 保 険 料 が7 から 約 6 万 5,000 円 といった 異 なる 決 定 が 行 われた 同 じ 部 署 に 勤 務 し 同 じ 収 入 であるにもかかわらず 定 期 昇 給 が3か も 遅 い 私 が 同 僚 よりも 早 い7 から 額 2 万 4,000 円 も 多 く 社 会 保 険 料 を 徴 収 さ れることに 納 得 ができない ( 本 件 は 本 省 行 政 相 談 業 務 室 が 受 け 付 けた 相 談 事 案 である このほか 類 似 の 相 談 事 案 を 愛 媛 行 政 評 価 事 務 所 が 受 け 付 けている ) 2 制 度 の 概 要 ⑴ 標 準 報 酬 額 の 算 定 ア 定 時 決 定 毎 の 社 会 保 険 料 は 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) 第 41 条 又 は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 ) 第 21 条 の 規 定 により 標 準 報 酬 額 に 保 険 料 率 を 乗 じて 算 定 されることとされている この 標 準 報 酬 額 は 表 -1のとおり 厚 生 労 働 大 臣 が 毎 年 7 1 日 に 使 用 される 事 業 所 において4 から6 までに 受 けた 被 保 険 者 の 報 酬 ( 注 ) の 総 額 を その 数 で 除 して 得 た 報 酬 額 に 基 づき 決 定 ( 以 下 定 時 決 定 という )することとされ 見 直 された 標 準 報 酬 額 により 変 更 された 保 険 料 を9 から 徴 収 することとされている ( 注 ) 報 酬 の 算 定 となるものは 賃 金 給 料 手 当 その 他 名 称 のいかんを 問 わず 労 働 の 対 償 として 事 業 主 が 労 働 者 に 支 払 ったもの また 当 該 決 定 は 図 -1のとおり 健 康 保 険 法 第 48 条 及 び 同 法 施 行 規 則 ( 大 正 15 年 内 務 省 令 第 36 号 ) 第 25 条 並 びに 厚 生 年 金 保 険 法 第 27 条 及 び 同 法 施 行 規 則 18 条 ( 昭 和 29 年 厚 生 省 令 第 37 号 )の 規 定 により 事 業 主 が 届 け 出 ることとされている 被 保 険 者 報 酬 算 定 基 礎 届 に 基 づき 決 定 する こととされている

11 しかしながら 7 から9 に 随 時 改 定 ( 後 述 イ 参 照 )がある 場 合 には 健 康 保 険 法 第 41 条 第 3 項 第 及 び 厚 生 年 金 保 険 法 第 21 条 第 3 項 の 規 定 によ り 定 時 決 定 が 適 用 されず 随 時 改 定 が 優 先 されることとされている イ 随 時 改 定 標 準 報 酬 額 の 決 定 は 定 時 決 定 が 原 則 とされているが 健 康 保 険 法 第 43 条 又 は 厚 生 年 金 保 険 法 第 23 条 の 規 定 により 表 -1のとおり 保 険 者 の 裁 量 により 昇 給 等 の 固 定 的 賃 金 ( 注 1)の 変 動 に 伴 い 継 続 した3か 間 に 受 けた 報 酬 の 総 額 を3で 除 した 額 が 標 準 報 酬 額 の 基 礎 となった 報 酬 額 に 比 べて 著 しく 高 低 を 生 じた 場 合 ( 注 2)は その 翌 から 標 準 報 酬 額 を 改 定 する( 以 下 随 時 改 定 という )ことができることとされて いる ( 注 )1 固 定 的 賃 金 とは 基 本 給 家 族 手 当 通 勤 手 当 住 宅 手 当 勤 務 地 手 当 等 である 2 著 しい 高 低 差 とは 標 準 報 酬 額 等 級 に2 等 級 以 上 の 差 が 生 じる 場 合 のことであ る また 当 該 改 定 は 図 -1のとおり 健 康 保 険 法 施 行 規 則 第 26 条 及 び 厚 生 年 金 保 険 法 施 行 規 則 第 19 条 の 規 定 により 事 業 主 が 届 け 出 でることとさ れている 標 準 報 酬 額 変 更 届 に 基 づき 改 定 することとされている なお 見 直 された 保 険 料 は 改 定 された から 翌 年 の8 までの 間 徴 収 することとされている 表 -1 定 時 決 定 及 び 随 時 改 定 における 標 準 報 酬 額 の 算 定 区 分 定 時 決 定 随 時 改 定 算 定 対 象 通 年 (4 5 6 を 含 む) 定 時 決 定 をす る 理 由 及 び 随 時 改 定 定 をす る 要 件 定 時 決 定 又 は 随 時 改 定 の 除 外 措 置 ベースアップ 及 び 定 期 昇 給 すなわち 固 定 的 賃 金 の 変 動 が4 にあるため 4~6 の 間 の 報 酬 を 基 に9 からの 標 準 報 酬 額 が 決 定 さ れる 3か 間 の 標 準 報 酬 額 が2 等 級 以 上 の 差 が 生 じる 場 合 は 定 時 決 定 ではなく 随 時 改 定 とす る ( 注 )1 本 表 は 当 局 が 作 成 した 2 保 険 者 算 定 については 後 述 ⑵ 参 照 固 定 的 賃 金 の 変 動 があり そ の 以 降 3か 間 の 標 準 報 酬 が 2 等 級 以 上 の 差 が 生 じる 場 合 上 記 3か 目 の 翌 から 標 準 報 酬 額 が 改 定 される なし

12 7 10 日 までに 9 分 給 料 か ら 新 標 準 報 酬 額 を 適 用 事 業 主 は 毎 年 分 の 平 均 報 酬 か ら 社 会 保 険 料 を 算 定 7 分 給 料 か ら 新 標 準 報 酬 額 を 適 用 4 に 固 定 的 賃 金 の 変 動 の 有 無 分 の 平 均 報 酬 が 現 在 の 標 準 報 酬 額 よ り 2 等 級 以 上 上 昇 の 有 無 随 時 改 定 ( 7 ) 有 有 無 無 図 -1 定 時 決 定 及 び 随 時 改 定 ( 例 :7 )の 流 れ ( 注 ) 本 図 は 当 局 が 作 成 した ⑵ 保 険 者 算 定 ア 仕 組 み 保 険 者 算 定 とは 標 準 報 酬 額 の 決 定 を 行 う 際 定 時 決 定 又 は 随 時 改 定 に 用 いられる 方 法 で 算 定 する 額 が 著 しく 不 当 であると 認 めるとき 健 康 保 険 法 第 44 条 及 び 厚 生 年 金 保 険 法 第 24 条 の 規 定 により 保 険 者 ( 厚 生 労 働 大 臣 及 び 健 康 保 険 組 合 )が 算 定 する 額 を 標 準 報 酬 額 とする 特 例 の 取 扱 い である 保 険 者 算 定 について 厚 生 労 働 省 では 健 康 保 険 法 及 び 厚 生 年 金 保 険 法 における 標 準 報 酬 額 の 定 時 決 定 及 び 随 時 改 定 の 取 扱 いについて ( 昭 和 36 年 1 26 日 付 け 保 発 第 4 号 厚 生 省 保 険 局 長 通 知 以 下 36 年 通 知 と いう )に 基 づき 表 -2のとおり ⅰ) 定 時 決 定 においては 給 料 の 遅 配 を 受 けたとき 等 ( 表 -2の1~3) ⅱ) 随 時 改 定 においては 昇 給 が 遡 及 したときのみに 限 り 適 用 することとされていた( 表 -2の5) 定 時 決 定 ( 7 1 日 ) 標 準 報 酬 額 算 定 基 礎 届 提 出 標 準 報 酬 額 変 更 届 提 出 報 酬 額 の 算 定 の 特 例 ( 表 2 の 4 ) の 適 用 が 可 能 報 酬 額 の 算 定 の 特 例 ( 表 2 の 4 ) は 適 用 し な い

13 その 後 36 年 通 知 は 4 から6 の 報 酬 の 平 均 額 と 年 間 の 報 酬 の 平 均 額 が 著 しくかい 離 する 場 合 に 配 慮 することを 理 由 として 平 成 23 年 3 に 定 時 決 定 における 保 険 者 算 定 の 取 扱 いに 表 -2の4の 報 酬 額 の 算 定 の 特 例 措 置 を 加 える 見 直 しが 行 われた しかし 当 該 見 直 しにおいて 随 時 改 定 には 上 述 4の 報 酬 額 の 算 定 の 特 例 措 置 が 追 加 されなかった このため 本 件 のように4 から6 の 報 酬 の 平 均 額 と 年 間 の 報 酬 の 平 均 額 が 著 しくかい 離 した 場 合 でも 随 時 改 定 とされる 場 合 には 報 酬 額 の 算 定 の 特 例 が 適 用 されない 事 態 が 生 じている 表 年 通 知 に 基 づく 保 険 者 算 定 の 取 扱 い 定 時 決 定 1 給 料 の 遅 配 を 受 けたとき 2 低 額 の 休 職 給 を 受 けたとき 3 ストライキによる 賃 金 カットがあった とき 4 当 年 4 から6 の3か 間 に 受 けた 報 酬 の 平 均 額 から 算 定 した 標 準 報 酬 額 と 前 年 の7 から 当 年 の6 までの 間 に 受 けた 報 酬 の 平 均 額 から 算 定 した 標 準 報 酬 額 の 間 に2 等 級 以 上 の 差 を 生 じた 場 合 であって 当 該 差 が 業 務 の 性 質 上 例 年 発 生 することが 見 込 まれるとき 随 時 改 定 5 随 時 改 定 の 場 合 に 行 なう 保 険 者 算 定 は 昇 給 が 遡 及 したため それに 伴 う 差 額 支 給 によって 報 酬 額 に 変 動 が 生 じた 場 合 とすること ( 注 ) 本 表 は 当 局 が 作 成 した イ 随 時 改 定 において 報 酬 額 の 算 定 の 特 例 措 置 を 導 入 しない 理 由 ( 厚 生 労 働 省 による 説 明 ) 随 時 改 定 の 目 的 は 固 定 的 賃 金 の 変 動 があった 場 合 に その 変 動 後 の 給 与 水 準 を 適 切 に 標 準 報 酬 額 に 反 映 させることであるが 過 去 1 年 間 の 報 酬 額 の 平 均 により 標 準 報 酬 額 の 算 定 を 行 おうとする 場 合 固 定 的 賃 金 が 変 動 する 前 の 報 酬 額 をも 含 んで 算 定 されるため 変 動 後 の 給 与 水 準 を 適 切 に 反 映 させることができず 随 時 改 定 の 目 的 を 損 ない その 趣 旨 にそ ぐわないことになる 前 年 7 から 当 年 6 までの1 年 間 の 平 均 を 計 算 して 算 定 するという 報 酬 額 の 算 定 の 特 例 を 随 時 改 定 に 用 いることは 上 記 のような 随 時 改

14 定 の 趣 旨 にそぐわないものと 考 えられることから 従 来 より 随 時 改 定 に おいては 報 酬 額 の 算 定 の 特 例 の 適 用 をしていない ⑶ 定 時 決 定 と 同 じ 時 期 に 行 われる 随 時 改 定 毎 年 4 から6 の3か 間 の 報 酬 の の 平 均 報 酬 から 定 時 決 定 が 行 われ 当 該 定 時 決 定 による 標 準 報 酬 額 は 図 -2のとおり 当 年 9 から 翌 年 の 8 までの1 年 間 適 用 することとされている 一 方 に 行 われる 随 時 改 定 による 標 準 報 酬 額 も 図 -2の とおり 定 時 決 定 の 場 合 と 同 じく 随 時 改 定 が 行 われた から 翌 年 の8 ま での1 年 以 上 の 間 適 用 されることとされている 図 -2 定 時 決 定 及 び 随 時 改 定 による 標 準 報 酬 額 の 取 扱 期 間 算 決 定 定 決 定 別 決 定 による 新 標 準 報 酬 額 の 適 用 期 間 定 時 決 定 から 翌 年 8 までの 12 か 間 随 時 改 定 から 翌 年 8 までの 14 か 間 から 翌 年 8 までの 13 か 間 から 翌 年 8 までの 12 か 間 から 翌 年 8 までの 11 か 間 から 翌 年 8 までの 10 か 間 翌 年 翌 年 6 から 翌 年 8 までの3か 間 ( 注 ) 本 図 は 当 局 が 作 成 した 3 本 件 概 要 本 件 については 表 -3のとおり 毎 年 3 から5 の 間 は 残 業 が 偏 在 して 生 じる 同 一 部 署 に 勤 務 する 相 談 者 及 び 同 僚 は 平 成 25 年 9 からの 標 準 報 酬 等 級 が 同 じ 18 等 級 ( 厚 生 年 金 の 等 級 をいう 以 下 同 じ )であった しかし 毎 年 定 期 に 行 われる 社 会 保 険 の 標 準 報 酬 額 の 見 直 し 時 期 の 平 成 26 年 7 相 談 者 は 定 期 昇 給 が4 のため 定 時 決 定 が 行 われずに 随 時 改 定 と され 標 準 報 酬 額 の 等 級 が7 等 級 上 がる 一 方 で 同 僚 は 1 が 定 期 昇 給 の ため 定 時 決 定 により 当 該 等 級 は 18 等 級 のまま 据 え 置 かれたケースである これは 同 僚 の 標 準 報 酬 額 を 決 定 するとき 相 談 者 と 同 じ3か の 平 均

15 報 酬 から 算 定 してしまうと 標 準 報 酬 額 の 等 級 が 著 しく 上 がるため それを 緩 和 するため 保 険 者 が 報 酬 額 の 算 定 の 特 例 を 適 用 して 年 間 報 酬 の 平 均 で 算 定 されたものである 表 -3 相 談 の 別 の 報 酬 及 び 標 準 報 酬 額 のケース ( 単 位 : 万 円 ) 相 談 者 同 僚 区 分 25 年 年 参 考 給 与 平 成 26 年 4 に1 万 円 の 残 業 手 当 定 期 昇 給 があ 計 った 平 成 27 年 9 定 期 昇 給 額 (1) から 標 準 報 酬 は 19 等 級 標 準 等 級 額 32 万 円 と 報 酬 額 なる 給 与 平 成 26 年 1 に1 万 円 の 残 業 手 当 定 期 昇 給 があ 計 った 平 成 27 年 9 定 期 昇 給 額 (1) から 標 準 報 酬 は 19 等 級 標 準 等 級 額 32 万 円 と 報 酬 なる 額 ( 注 )1 本 表 は 当 局 が 作 成 した 2 平 成 27 年 度 の 相 談 者 及 び 同 僚 の 額 標 準 報 酬 の 算 定 は 平 成 26 年 度 と 同 じ 部 局 で 定 期 昇 給 が 1 万 円 残 業 手 当 が4 5 及 び6 の 残 業 手 当 がそれぞれ 20 万 円 と 仮 定 して 算 定 している 3 標 準 報 酬 等 級 及 び 額 は 厚 生 年 金 の 等 級 である この 結 果 表 -4のとおり 両 者 の 平 成 26 年 7 からの 社 会 保 険 料 に 著 しい 差 異 が 生 じ 9 からの 社 会 保 険 料 ( 被 保 険 者 負 担 分 )に 約 2 万 3,000 円 の 差 が 生 じることとなった

16 表 -4 従 業 員 理 由 別 相 談 者 同 僚 4 に 定 期 昇 給 が あるため 4 に 定 期 昇 給 が ないため 相 談 を 例 とした 標 準 報 酬 額 の 見 直 しの 状 況 標 準 報 酬 額 の 見 直 し 平 均 標 準 報 酬 方 法 保 険 者 算 定 する 報 酬 等 級 額 厚 生 年 ( 万 円 ) 算 定 ( 万 金 保 険 円 ) 料 ( 円 ) 随 時 改 定 定 時 決 定 適 用 さ れない 適 用 さ れる の3 か の 平 均 で 算 定 する で 算 定 するべきとこ ろ 報 酬 額 の 算 定 の 特 例 の 適 用 により 年 間 12 か の 平 均 で 算 定 する 被 保 険 者 負 担 分 健 康 保 険 料 ( 円 ) ( 注 )1 本 表 は 相 談 をモデルケースとして 当 局 が 作 成 した 2 標 準 報 酬 の 等 級 及 び 額 は 厚 生 年 金 保 険 を 用 いている 3 保 険 料 額 は 平 成 26 年 9 分 からの 保 険 料 額 を 基 に 算 定 している また 健 康 保 険 料 は 介 護 保 険 第 2 号 被 保 険 者 に 該 当 しない 場 合 を 用 いて 算 定 している 4 社 会 保 険 審 査 会 が 随 時 改 定 において 保 険 者 算 定 の 適 用 を 認 めた 裁 決 例 社 会 保 険 審 査 会 では 図 -3のとおり 本 件 と 同 様 のケースで 随 時 改 定 に おいて 年 間 平 均 の 報 酬 額 を 基 に 標 準 報 酬 額 を 算 定 する 保 険 者 算 定 の 取 扱 い を 求 める 審 査 請 求 に 対 し 請 求 どおり 随 時 改 定 においても 保 険 者 算 定 を 認 める 裁 決 が 下 されている 計 ( 円 ) ,064 23,570 64, ,211 15,045 41,256 図 -3 社 会 保 険 審 査 会 による 裁 決 例 事 案 概 要 5 の 昇 給 に 伴 う 従 業 員 の 標 準 報 酬 額 の 変 更 において 1 随 時 改 定 の 算 定 方 法 で 算 定 する 場 合 当 該 時 期 に 偏 在 する 残 業 手 当 を 含 めて 算 定 されるため 標 準 報 酬 額 の 等 級 は 21 級 になるのに 対 し 2 前 年 の8 から 当 年 7 まで の 年 間 平 均 報 酬 から 算 定 する 場 合 当 該 等 級 は 18 級 となり 3 等 級 の 差 が 生 じることとなる このため 事 業 主 は 厚 生 年 金 保 険 法 第 24 条 等 の 規 定 によ り 保 険 者 算 定 による 標 準 報 酬 額 を 決 定 するよう 保 険 者 に 求 めた これに 対 し 保 険 者 は 36 年 通 知 に 示 されている 随 時 改 定 の 場 合 に 行 う 保 険 者 算 定 は 昇 給 が 遡 及 したため それに 伴 う 差 額 支 給 によって 報 酬 額 に 変 動 が 生 じた 場 合 にすること に 該 当 しないため 保 険 者 算 定 ではなく 随 時 改 定 により 標 準 報 酬 額 を 決 定 する 処 分 を 行 った 本 事 案 は 当 該 処 分 の 取 り 消 しを 求 めたものである 裁 決 原 処 分 を 取 り 消 す

17 裁 決 理 由 1 年 間 の 平 均 報 酬 を 基 にした 標 準 報 酬 額 等 級 が 18 等 級 であるにもかかわ らず 随 時 改 定 により 算 定 される 標 準 報 酬 額 等 級 は 21 等 級 となる 当 該 標 準 報 酬 額 を 基 準 として 保 険 料 が 1 年 間 にわたり 賦 課 されること は 厚 生 年 金 保 険 法 第 24 条 第 1 項 等 の 著 しく 不 当 であると 認 められる 場 合 に 当 たるというべきである 2 厚 生 年 金 保 険 法 第 24 条 第 1 項 は 第 23 条 の 規 定 によって 算 定 した 額 が 著 しく 不 当 であるときは と 規 定 するのみで どのような 場 合 に 著 し く 不 当 である かについては 何 も 具 体 的 に 規 定 していないことを 考 慮 する と 同 規 定 の 趣 旨 は 36 年 通 知 が 随 時 改 定 における 保 険 者 算 定 を 行 う 場 合 として 掲 げる 昇 給 が 遡 及 したため それに 伴 う 差 額 支 給 によって 報 酬 額 に 変 動 が 生 じた 場 合 以 外 に 著 しく 不 当 である と 認 めることを 許 さない 趣 旨 ではなく その 場 合 に 比 肩 すべき 事 情 があるときにまで 著 しく 不 当 である と 認 めることを 否 定 する 趣 旨 ではないと 解 するのが 相 当 である 3 利 害 関 係 者 が 受 けた 残 業 手 当 は 通 年 例 的 に 受 けるものではなく 当 該 時 期 に 偏 在 するもので 36 年 通 知 の 昇 給 が 遡 及 したため それに 伴 う 差 額 支 給 によって 報 酬 額 に 変 動 が 生 じた 場 合 に 比 肩 すると 評 価 することが できる 4 本 件 について 保 険 者 が 厚 生 年 金 保 険 法 第 24 条 第 1 項 の 規 定 に 該 当 し ないとして 保 険 者 算 定 をしなかった 裁 量 判 断 は 社 会 通 念 上 著 しく 妥 当 性 を 欠 いて 裁 量 権 を 付 与 した 目 的 を 逸 脱 したもので その 妥 当 性 を 否 定 すべ きである( 健 康 保 険 法 も 同 旨 ) 平 成 22 年 健 厚 第 168 号 ( 平 成 23 年 5 31 日 裁 決 ) ( 注 ) 本 図 は 社 会 保 険 審 査 会 裁 決 例 から 当 局 が 作 成 した 5 関 係 機 関 の 意 見 ( 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 ) 社 会 保 険 においては 約 3,500 万 人 もの 膨 大 な 被 保 険 者 に 関 して 個 別 に 報 酬 を 把 握 する 必 要 があるが 限 られた 事 務 処 理 体 制 の 中 でこれらの 事 務 を 効 率 的 に 行 うことを 目 的 に 標 準 報 酬 制 が 導 入 されており 4 から6 の 報 酬 額 の 平 均 により 定 時 決 定 した 標 準 報 酬 額 を その 年 の9 から 翌 年 の8 まで 1 年 間 は 固 定 することを 原 則 としている 定 時 決 定 においては 4 から6 に 受 けた 報 酬 額 の 平 均 により 標 準 報 酬 額 を 決 定 することが 法 定 されている その 際 業 務 の 性 質 上 例 年 4 から6 の 報 酬 額 がその 他 の と 比 べて 著 しく 変 動 する 場 合 には 毎 年 の 定 時 決 定 において 標 準 報 酬 額 と 実 際 の 報 酬 額 とが 大 きく 乖 離 するといった 問 題 が 生 じるため 平 成 23 年 の 定 時 決 定 からは 過 去 1 年 間 の 報 酬 額 の 平 均 により 標 準 報 酬 額 を 決 定 するという 保 険 者 算 定 の 取 扱 いを 定 めて 問 題 の 解 決 を 図 ったところである

18 また 報 酬 額 に 著 しい 変 動 が 生 じた 場 合 において 標 準 報 酬 額 と 実 際 の 報 酬 額 とのかい 離 を 防 ぐため 定 時 決 定 の 原 則 に 対 する 例 外 として 固 定 的 賃 金 に 変 動 があった 時 以 降 3か の 報 酬 の 平 均 が 従 前 の 標 準 報 酬 額 と 比 較 し 2 等 級 以 上 の 差 を 生 じた 場 合 随 時 改 定 を 行 うこととしている したがって 随 時 改 定 は 固 定 的 賃 金 の 変 動 を 契 機 としているため 1 年 を 通 して 行 われる 可 能 性 があり 毎 回 の 随 時 改 定 において 標 準 報 酬 額 と 実 際 の 報 酬 額 とが 大 きくかい 離 するといった 問 題 は 生 じることがない 随 時 改 定 は 固 定 的 賃 金 の 変 動 があった 場 合 に 標 準 報 酬 額 と 実 際 の 報 酬 額 とのかい 離 を 防 ぐことを 目 的 としているが 過 去 1 年 間 の 報 酬 額 の 平 均 に より 標 準 報 酬 額 を 決 定 することは 固 定 的 賃 金 が 変 動 する 前 の 報 酬 額 をも 含 んで 算 定 することとなるため そもそもの 随 時 改 定 の 趣 旨 にそぐわず 必 ず しも 適 切 な 方 法 とはならないものと 考 えている なお 社 会 保 険 審 査 会 における 同 様 の 事 案 に 関 する 過 去 の 裁 決 事 例 ( 平 成 22 年 ( 健 厚 ) 第 168 号 )において 随 時 改 定 において 健 康 保 険 法 第 44 条 第 1 項 及 び 厚 生 年 金 保 険 法 第 24 条 第 1 項 に 該 当 しなかったとして 保 険 者 算 定 をしなか った 裁 量 判 断 は 妥 当 性 を 欠 く とされたこと 等 を 踏 まえつつ 今 後 の 取 扱 い 方 法 等 については 改 めて 十 分 に 検 討 してまいりたい

19 (3) 育 児 休 業 給 付 金 の 給 付 要 件 である みなし 被 保 険 者 期 間 の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 は 平 成 25 年 2 1 日 に 就 職 し 26 年 1 7 日 に 産 前 休 業 を 取 得 した 私 が 就 職 日 から 産 前 休 業 取 得 前 までに 働 いた 期 間 は 11 か で 育 児 休 業 給 付 金 の 給 付 要 件 である 勤 務 数 12 か を 満 たしていなかったため 育 児 休 業 給 付 金 を 受 給 できなかった 私 としては 育 児 休 業 給 付 金 は 出 産 後 の 育 児 休 業 期 間 中 に 女 性 が 離 職 せ ず かつ 生 活 費 用 の 心 配 を 少 なくして 安 定 的 な 生 活 を 過 ごすための 制 度 では ないかと 考 えている 私 が 勤 務 する 会 社 には 出 産 後 も 働 き 続 けようとする 女 性 が 多 数 いるが 勤 務 数 の 多 少 により 育 児 休 業 給 付 金 が 給 付 されたり されなかったりす ることにどうしても 納 得 ができない また 公 務 員 の 場 合 には 共 済 組 合 から 育 児 休 業 給 付 金 に 相 当 するものが 給 付 されるが 勤 務 数 は 給 付 要 件 となっていない 育 児 休 業 給 付 金 の 給 付 に 当 たっては 公 務 員 と 同 様 勤 務 数 にかかわら ず 給 付 できるようにするか 女 性 の 場 合 には 妊 娠 出 産 までの 期 間 を 考 慮 したものとしてほしい ( 注 ) 本 件 は 福 島 行 政 評 価 事 務 所 に 相 談 があったものである

20 2 本 件 相 談 の 具 体 的 内 容 本 件 相 談 は 図 -1のとおり 雇 用 されていた 事 業 所 において 勤 務 してい た 数 が 11 であったため 育 児 休 業 給 付 金 の 給 付 要 件 に 該 当 せず 当 該 給 付 金 が 給 付 されなかったケースである 図 -1 相 談 者 が 入 社 から 育 児 休 業 終 了 までの 流 れ 年 日 事 項 入 社 約 11 か 給 与 支 給 終 了 日 産 前 休 業 開 始 日 出 産 日 産 後 休 業 終 日 育 児 休 業 開 始 日 育 児 休 業 終 了 予 定 日 給 与 支 給 期 間 が 11 か のため 育 児 休 業 給 付 金 の 要 件 を 満 たすことが できない 産 前 産 後 休 業 (85 日 ) 中 は 標 準 報 酬 日 額 の 2/3 に 相 当 する 金 額 が 支 給 さ れる 育 児 休 業 中 (8か 間 )は 給 与 が 支 払 わず それに 対 する 保 障 もない 給 与 未 支 給 期 間 ( H26.1.7~ ) ( 注 ) 本 図 は 本 件 相 談 事 案 に 基 づき 当 局 が 作 成 した 3 育 児 休 業 給 付 金 制 度 の 概 要 ⑴ 目 的 趣 旨 等 育 児 休 業 給 付 金 制 度 は 育 児 休 業 介 護 休 業 等 育 児 又 は 家 族 介 護 を 行 う 労 働 者 の 福 祉 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 76 号 以 下 育 児 休 業 法 という )に 基 づく 育 児 休 業 を 労 働 者 が 取 得 しやすくし 職 業 生 活 の 円 滑 な 継 続 を 援 助 促 進 することを 目 的 として 雇 用 保 険 法 ( 昭 和 49 年 法 律 第 116 号 )を 改 正 して 平 成 7 年 に 開 始 された 制 度 で 雇 用 保 険 法 第 61 条 の 4に 基 づき 原 則 として 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 ( 注 )が1 歳 未 満 の 子 を 養 育 するための 育 児 休 業 を 行 う 場 合 に 給 付 されるもので 育 児 休 業 開 始 前 賃 金 に 一 定 の 割 合 ( 以 下 給 付 率 という )を 乗 じた 額 が 給 付 されることとな っている ( 注 ) 雇 用 保 険 法 第 6 条 に 基 づき 1 一 週 間 の 所 定 労 働 時 間 が 20 時 間 未 満 の 者 2 同 一 の 事 業 主 の 事 業 に 継 続 して 31 日 以 上 雇 用 されることが 見 込 まれない 者 などを 除 いた 原 則 全 ての 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 に 雇 用 される 労 働 者 が 被 保 険 者 となる また 雇 用 保 険 において 育 児 休 業 給 付 金 が 給 付 される 趣 旨 は 労 働 者 が 育 児 のために 働 くことができず 賃 金 が 喪 失 されたままの 状 態 で 放 置 した 場 合 には 子 を 養 育 する 労 働 者 が 職 業 生 活 を 円 滑 に 継 続 するために 必 要 と

21 する 育 児 休 業 の 取 得 を 困 難 にし その 後 の 円 滑 な 職 業 復 帰 にも 支 障 を 生 じ させることになり さらには そのことが 失 業 に 結 び 付 きかねないため このような 状 態 を 解 消 することにより 失 業 という 保 険 上 の 事 故 を 未 然 に 防 止 し もって 安 定 した 雇 用 継 続 を 図 ることによるものであるとされている ( 厚 生 労 働 省 雇 用 保 険 制 度 の 見 直 しについて ( 平 成 14 年 7 19 日 )) このような 育 児 休 業 給 付 制 度 は 上 記 のとおり 雇 用 の 継 続 を 促 進 する という 目 的 趣 旨 で 創 設 された 制 度 であり 失 業 時 の 生 活 保 障 と 同 時 に 再 就 職 活 動 を 円 滑 に 行 えるようにするための 失 業 給 付 とはその 性 格 が 異 なる とされている ⑵ 給 付 要 件 となる 被 保 険 者 期 間 育 児 休 業 給 付 金 は 雇 用 保 険 法 第 14 条 及 び 第 61 条 の4 条 の 規 定 により 過 去 2 年 間 に 賃 金 ( 注 )の 支 払 の 基 礎 となった 日 数 が 11 日 以 上 ある が 12 か 以 上 あること( 以 下 みなし 被 保 険 者 期 間 という )が 給 付 要 件 とさ れている また この みなし 被 保 険 者 期 間 を 12 か にしていることについて 厚 生 労 働 省 では 表 -1のとおり 雇 用 保 険 財 政 の 健 全 な 維 持 のために 設 定 されているとしている ( 注 ) 雇 用 保 険 法 第 4 条 第 4 項 において 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 のいか んを 問 わず 労 働 の 対 償 として 事 業 主 が 労 働 者 に 支 払 ったものとされている 他 方 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 とならない 国 家 公 務 員 も 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 68 条 の2の 規 定 により 育 児 休 業 給 付 金 に 見 合 った 育 児 休 業 手 当 金 が 給 付 されるが 当 該 手 当 金 には みなし 被 保 険 者 期 間 に 相 当 する 要 件 がないため 国 家 公 務 員 が 共 済 組 合 員 になる と 組 合 員 期 間 に 関 係 なく 給 付 されることとなり 公 務 員 の 安 定 した 雇 用 の 継 続 に 寄 与 するものとなっている 表 -1 育 児 休 業 給 付 金 等 において 被 保 険 者 期 間 が 設 けられている 等 の 理 由 被 保 険 者 期 間 を 設 けている 理 由 ( 雇 用 保 険 法 に 基 づく 育 児 休 業 給 付 金 ) 育 児 休 業 給 付 金 は 労 働 者 が 育 児 休 業 のために 働 くことができない 場 合 これ を 失 業 に 準 じた 職 業 生 活 上 の 事 故 と してとらえ 雇 用 の 継 続 を 援 助 促 進 す るための 給 付 を 行 うものであるが 雇 用 保 険 制 度 における 保 険 という 制 度 の 趣 旨 に 照 らし 給 付 要 件 にみなし 被 保 険 者 期 間 を 設 けている また 12 か 間 としているのは 雇 用 保 険 財 政 の 健 全 な 維 持 のためである 組 合 員 期 間 に 関 係 なく 給 付 する 理 由 ( 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 に 基 づく 育 児 休 業 手 当 ) 共 済 組 合 員 となる 常 勤 の 国 家 公 務 員 は 育 児 休 業 手 当 金 の 取 得 を 目 的 とし て 就 職 し 給 付 終 了 直 後 に 退 職 するこ とが 考 えにくいため 給 付 要 件 に み なし 被 保 険 者 期 間 に 類 するものを 設 けていない ( 注 ) 本 表 は 当 局 が 厚 生 労 働 省 及 び 財 務 省 への 照 会 結 果 に 基 づき 作 成 した

22 4 育 児 休 業 給 付 金 制 度 の 見 直 し 育 児 休 業 給 付 金 制 度 においては 表 -2のとおり これまで 雇 用 保 険 財 政 に 影 響 を 与 える 給 付 率 の 引 き 上 げ 等 の 見 直 しが4 回 行 われている 例 として 平 成 26 年 度 改 正 において 厚 生 労 働 省 は 給 付 率 の 引 き 上 げにより 約 800 億 円 の 給 付 増 となると 試 算 している 一 方 で 育 児 休 業 給 付 金 の 給 付 要 件 である みなし 被 保 険 者 期 間 につい ては 雇 用 保 険 財 政 の 健 全 な 維 持 のために 設 定 されているが これまでのと ころ 見 直 しは 行 われておらず また 雇 用 保 険 財 政 の 影 響 についてのデー タもない( 照 会 中 ) この 結 果 本 件 のように みなし 被 保 険 者 期 間 が 不 足 したことにより 安 定 した 雇 用 の 継 続 に 支 障 を 来 す 事 態 が 生 じている 表 -2 育 児 休 業 給 付 金 等 の 改 正 のあらまし 年 度 育 児 休 業 給 付 金 ( 雇 用 被 保 険 者 ) 育 児 休 業 手 当 金 ( 共 済 組 合 員 ) 平 成 3 ( 育 児 休 業 法 公 布 ) ( 育 児 休 業 制 度 関 連 法 令 公 布 ) 7 法 改 正 により 育 児 休 業 給 付 金 制 度 開 始 給 付 率 25% 育 児 休 業 基 本 給 付 金 分 20% 職 場 復 帰 後 給 付 金 分 5% 給 付 率 を 40%に 引 上 げ 13 育 児 休 業 基 本 給 付 金 分 30% 職 場 復 帰 後 給 付 金 分 10% 19 給 付 率 を 50%に 引 上 げ( 平 成 21 年 ま での 暫 定 措 置 ) 育 児 休 業 基 本 給 付 金 分 30% 職 場 復 帰 後 給 付 金 分 20% 22 育 児 休 業 基 本 給 付 金 及 び 職 場 復 帰 給 付 金 を 統 合 し 育 児 休 業 給 付 金 として 育 児 休 業 中 のみ 給 付 同 一 の 子 について 配 偶 者 が 休 業 する 場 合 子 が1 歳 2か に 達 する 日 まで 最 長 1 年 間 給 付 給 付 率 を 休 業 開 始 後 6 につき 67%に 26 引 上 げ 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 等 の 改 正 により 育 児 休 業 手 当 金 制 度 創 設 育 児 休 業 給 付 金 と 同 じ 措 置 ( 給 付 率 を 40%に 引 上 げ ) 育 児 休 業 給 付 金 と 同 じ 措 置 ( 給 付 率 を 50%に 引 上 げ ) 育 児 休 業 給 付 金 と 同 じ 措 置 ( 育 児 休 業 手 当 金 を 育 児 休 業 中 のみ 給 付 等 ) 育 児 休 業 給 付 金 と 同 じ 措 置 ( 給 付 率 を 67%に 引 上 げ ) ( 注 ) 本 表 は 厚 生 労 働 省 の 職 業 安 定 分 科 会 雇 用 保 険 部 会 ( 第 93 回 )の 資 料 などから 作 成 した 5 給 付 要 件 が 出 産 に 対 応 できていない 状 況 女 性 の 妊 娠 から 出 産 までに 要 する 通 常 の 期 間 は 妊 娠 後 満 37 週 (259 日 )か ら 満 42 週 (295 日 )を 要 する( 以 下 正 産 期 という )とされ 医 師 が 出 産 予 定 日 を 算 出 する 場 合 妊 娠 後 満 40 週 (280 日 )で 計 算 されることとされ ている( 注 ) ( 注 ) 産 婦 人 科 診 療 ガイドライン- 産 科 編 2011 ( 日 本 産 婦 人 科 学 会 )による

23 この 出 産 予 定 日 とする 前 6 週 間 以 内 は 母 体 及 び 胎 児 の 保 護 の 観 点 から 出 産 予 定 の 労 働 者 からの 請 求 がある 場 合 労 働 基 準 法 第 65 条 第 1 項 の 規 定 に より その 者 を 就 業 させてはならないこととされており 当 該 休 業 期 間 中 で 賃 金 が 支 払 われない 期 間 は 育 児 休 業 給 付 金 の みなし 被 保 険 者 期 間 の 対 象 外 となる このため 女 性 の 場 合 が 育 児 休 業 給 付 金 の 給 付 により 継 続 的 に 労 働 する 意 思 を 有 していたとしても 図 -2のとおり 入 社 の 時 点 で 妊 娠 した 場 合 母 子 の 保 護 を 目 的 に 設 けられている 産 前 休 業 が 取 得 可 能 となるまでの 36 週 間 しか 勤 務 できず みなし 被 保 険 者 期 間 に 対 し 約 16 週 不 足 することと なり 育 児 休 業 給 付 金 の 給 付 は 受 けられないこととなる このような 育 児 休 業 給 付 金 は 出 産 後 の 育 児 休 業 といった 雇 用 保 険 上 の 事 故 に 対 し それまでの 労 働 により 得 ていた 収 入 を 保 障 するものであるとされ ている これに 対 し 保 険 業 法 ( 昭 和 14 年 法 律 第 41 号 )では 保 険 とは 一 定 の 偶 然 の 事 故 によって 生 ずることのある 損 害 をてん 補 することとされている 上 記 のことを 図 -2のモデル 及 び 相 談 事 案 ( 図 -1)に 当 てはめると 相 談 者 が 入 社 した 時 点 において 継 続 して 労 働 力 を 提 供 することは 当 然 である と 考 え 計 画 的 な 妊 娠 出 産 を 考 えていたとしても 予 期 しない 偶 然 の 妊 娠 及 びその 後 の 育 児 休 業 という 雇 用 保 険 上 の 事 故 に 対 し 給 付 要 件 である み なし 被 保 険 者 期 間 (12 か ) が 不 足 することを 理 由 に 育 児 休 業 給 付 金 とい った 保 険 が 適 用 されないため 安 定 的 な 育 児 休 業 及 びその 後 の 継 続 的 な 労 働 ができないことになる このような 雇 用 保 険 上 の 事 故 を 回 避 するため 女 性 は 入 社 前 から 避 妊 コントロールといったようなものを 行 う 必 要 があり 入 社 後 も 16 週 間 は 当 該 避 妊 コントロールを 行 う 必 要 があるなど 過 度 な 負 担 が 強 いられている 図 -2 入 社 時 点 で 女 性 労 働 者 が 予 期 せずに 妊 娠 した 場 合 の 例 入 社 40 週 ( 妊 娠 期 間 ) 36 週 ( 妊 娠 後 出 産 までに 働 ける 期 間 ) 出 産 4 週 ( 産 前 休 業 ) (12 週 ) 育 児 休 業 給 付 可 約 16 週 が 不 足 給 付 要 件 のみなし 被 保 険 者 期 間 として 12 か ( 約 52 週 )の 勤 務 が 必 要 ( 注 )1 本 例 のモデルには 妊 娠 予 定 日 を 算 出 するために 用 いられている 妊 娠 期 間 (40 週 ) を 用 いた 2 本 図 は 当 局 が 作 成 した

24 6 給 付 実 績 平 成 15 年 度 から 24 年 度 までの 10 年 間 の 育 児 休 業 給 付 金 の 給 付 実 績 をみる と 表 -3のとおり 初 回 受 給 者 数 は 15 年 度 の 約 10 万 人 から 24 年 度 には 約 24 万 人 (240.0%)に 増 加 しているが 女 性 の 占 める 割 合 は 98~99%で 推 移 しており 実 質 上 育 児 休 業 給 付 金 が 女 性 労 働 者 のための 保 険 となってい る 状 況 がうかがえる また 給 付 総 額 は 同 じく 約 763 億 円 から 約 2,567 億 円 ( 平 成 15 年 度 に 比 し 336.4%)に 増 加 しており 給 付 率 の 引 き 上 げが 行 われた 平 成 19 年 度 にお いては 18 年 度 の 約 956 億 円 に 比 べ 約 253 億 円 (26.5%) 増 加 し 約 1,209 憶 円 ( 平 成 15 年 度 に 比 し 158.5%)となっている 表 -3 育 児 休 業 給 付 金 の 給 付 実 績 ( 平 成 15~24 年 度 ) 区 初 回 受 給 受 給 額 年 間 の 給 付 額 分 年 受 給 者 数 うち 女 性 指 数 女 性 の 割 平 均 額 指 数 総 額 指 数 度 ( 人 ) ( 人 ) (%) 合 (%) ( 円 ) (%) ( 百 万 円 ) (%) 平 成 , ,019 (100.0) (99.6) 72,204 (100.0) 76,330 (100.0) , ,416 (108.2) (99.5) 72,119 (99.9) 82,777 (108.4) , ,625 (114.4) (99.4) 71,333 (98.8) 89,542 (117.3) , ,564 (127.1) (99.3) 67,720 (93.8) 95,607 (125.3) 19 ( 注 )2 149, ,824 (144.0) (99.2) 67,648 (93.7) 120,943 (158.4) , ,221 (161.1) (99.1) 67,673 (93.7) 151,192 (198.1) , ,908 (177.4) (99.1) 67,559 (93.6) 171,154 (224.2) , ,745 (199.1) (98.4) 88,195 (122.1) 230,431 (301.9) , ,767 (217.3) (98.2) 111,073 (153.8) 263,112 (344.7) , ,544 (229.4) (98.4) 111,932 (155.0) 256,676 (336.3) ( 注 )1 本 表 は 当 局 が 厚 生 労 働 省 資 料 に 基 づき 作 成 した 2 平 成 19 年 10 1 日 以 降 より 職 場 復 帰 給 付 金 の 給 付 率 (10% 20%)を 引 上 げた 3 初 回 受 給 者 数 は 基 本 給 付 金 ( 平 成 22 年 4 1 日 以 降 の 育 児 休 業 開 始 より 職 場 復 帰 給 付 金 と 統 合 し 育 児 休 業 給 付 金 として 全 額 育 児 休 業 中 に 支 給 している )に 係 る 最 初 の 支 給 を 受 けた 者 の 数 である 4 指 数 は 平 成 15 年 度 の 実 績 を 100 とした 場 合 の 数 値 である 5 給 付 金 額 は 業 務 統 計 値 である 6 平 均 受 給 額 は 基 本 給 付 金 のみの 数 値 である

25 7 関 係 機 関 の 意 見 ⑴ 厚 生 労 働 省 ア みなし 被 保 険 者 期 間 を 短 縮 又 は 延 長 した 場 合 保 険 財 政 にどのよう な 影 響 を 与 えるかを 算 出 した 資 料 について これまで 制 度 改 正 の 議 論 の 中 で みなし 被 保 険 者 期 間 の 短 縮 又 は 延 長 について 論 点 となったことがないため 当 該 資 料 はない イ みなし 被 保 険 者 期 間 が 結 果 として 女 性 にのみ 負 担 を 強 いられてい る 点 について 1 育 児 休 業 給 付 金 は 労 働 者 が 育 児 休 業 のために 働 くことができない 場 合 これを 失 業 に 準 じた 職 業 生 活 上 の 事 故 としてとらえ 雇 用 の 継 続 を 援 助 促 進 するための 給 付 を 行 うものであるが 雇 用 保 険 制 度 における 保 険 という 制 度 の 趣 旨 に 照 らし 給 付 要 件 にみなし 被 保 険 者 期 間 を 設 けている 2 給 付 要 件 として みなし 被 保 険 者 期 間 を 12 か 以 上 必 要 としている のは 雇 用 保 険 制 度 における 保 険 財 政 の 健 全 な 維 持 のためであるが 雇 用 保 険 制 度 においては 性 別 の 区 別 なく 適 用 徴 収 給 付 を 行 って おり 女 性 にのみ 当 該 期 間 を 短 縮 させることは 適 切 ではない ウ みなし 被 保 険 者 期 間 の 見 直 しについて( 例 えば 基 本 給 付 金 と 職 場 復 帰 後 給 付 金 とに 分 け かつ 保 険 料 の 納 付 期 間 に 応 じた 保 険 金 を 給 付 する こと) 1 育 児 休 業 者 職 場 復 帰 後 給 付 金 については 職 場 復 帰 後 6か を 経 過 した 後 支 給 されるものであったが できるだけ 収 入 に 不 安 がない 形 で 育 児 休 業 を 開 始 できるようにするため 一 定 の 収 入 がある 職 場 復 帰 後 に 給 付 金 を 支 給 するよりも 全 額 を 収 入 のない 育 児 休 業 中 に 支 給 する 方 が 効 率 的 との 考 え 方 により 統 合 したものである 2 しかし 平 成 21 年 度 以 前 においても みなし 被 保 険 者 期 間 は 12 か 以 上 必 要 であった また 給 付 金 額 についても 現 在 と 同 様 に 1 歳 ( 保 育 所 における 保 育 が 行 われない 等 の 場 合 は1 歳 6か )に 満 たな い 子 を 養 育 するために 休 業 した 場 合 に その 休 業 期 間 中 について 休 業 開 始 前 の 賃 金 に 応 じた 給 付 金 を 支 給 しており 保 険 料 の 納 付 期 間 に 応 じた 保 険 金 とはしていなかった 3 また 育 児 休 業 給 付 金 が 雇 用 の 継 続 を 援 助 促 進 するための 給 付 を 行 うもの である 以 上 保 険 料 の 納 付 期 間 に 応 じた 保 険 金 とする よりも 現 在 の 休 業 期 間 及 び 休 業 前 賃 金 に 応 じた 給 付 金 とする 方 が 適 切 であると 考 えている 4 育 児 休 業 給 付 は 育 児 休 業 を 失 業 に 準 じた 職 業 生 活 上 の 事 故 ととらえ て 支 給 するものであるが 失 業 者 が 基 本 手 当 を 受 給 するためには 原 則 12 か 以 上 の 被 保 険 者 期 間 が 必 要 であり これとの 均 衡 を 欠 くこと となる 5 育 児 休 業 給 付 金 は 最 大 1 年 間 ( 特 別 の 場 合 1 年 6か 間 ) 給 付 され

26 るものであり 負 担 と 給 付 の 均 衡 を 欠 くことになると 考 えている エ 育 児 休 業 給 付 金 の 給 付 要 件 である 勤 務 数 を 公 務 員 の 場 合 と 同 じにす るなど 見 直 すことについて 育 児 休 業 給 付 金 は 労 働 者 が 育 児 休 業 のために 働 くことができない 場 合 これを 失 業 に 準 じた 職 業 生 活 上 の 事 故 としてとらえ 雇 用 の 継 続 を 援 助 促 進 するための 給 付 を 行 うもので 雇 用 保 険 制 度 における 保 険 という 制 度 の 趣 旨 に 照 らし 給 付 要 件 に 被 保 険 者 期 間 を 設 けている したがって 当 該 制 度 の 趣 旨 に 照 らし 見 直 し 等 は 必 要 ないと 考 えてい る ⑵ 財 務 省 育 児 休 業 手 当 金 の 給 付 要 件 の 見 直 しについて 仕 事 と 子 育 ての 両 立 支 援 策 として 創 設 された 育 児 休 業 の 取 得 を 推 進 す るため 雇 用 保 険 法 においては 育 児 休 業 を 取 得 しやすくし その 後 の 円 滑 な 職 場 復 帰 を 援 助 促 進 することを 目 的 とする 育 児 休 業 給 付 金 の 制 度 が 創 設 され 育 児 休 業 を 取 得 した 者 に 対 して 給 付 を 行 うこととしたと ころ 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 においては 育 児 休 業 給 付 金 制 度 が 創 設 さ れることを 踏 まえ 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 期 間 中 の 経 済 支 援 を 行 うこと を 目 的 とする 育 児 休 業 手 当 金 の 制 度 が 創 設 され 育 児 休 業 を 取 得 した 者 に 対 して 給 付 を 行 うこととしたところ 共 済 組 合 員 となる 常 勤 の 国 家 公 務 員 は 育 児 休 業 手 当 金 の 取 得 を 目 的 として 就 職 し 給 付 終 了 直 後 に 退 職 することが 考 えにくいため 給 付 要 件 に みなし 被 保 険 者 期 間 に 類 するものを 設 けていない

27 (4) 軽 自 動 車 税 の 減 免 に 係 る 申 請 期 限 の 見 直 し( 継 続 案 件 ) 1 相 談 内 容 市 町 村 税 である 軽 自 動 車 税 は 身 体 障 害 者 等 に 対 して 減 免 できることとされており 多 くの 市 町 村 は 減 免 申 請 の 期 限 を 納 期 限 (5 31 日 )の7 日 前 までとしている 一 方 県 税 である 自 動 車 税 も 身 体 障 害 者 等 に 対 して 減 免 できることとされており 都 道 府 県 の 多 くでは 納 期 限 (5 31 日 )までに 減 免 申 請 を 行 えばよいと 聞 いてい る 多 くの 市 町 村 が 軽 自 動 車 税 の 減 免 申 請 の 期 限 を 納 期 限 の7 日 前 と 規 定 しているの は 総 務 省 が 発 出 している 市 ( 町 村 ) 税 条 例 ( 例 ) ( 昭 和 29 年 5 14 日 付 け 自 乙 市 発 第 20 号 以 下 税 条 例 ( 例 ) という )の 中 で 軽 自 動 車 税 の 減 免 を 受 けようと する 身 体 障 害 者 等 は 納 期 限 の7 日 前 までに 申 請 手 続 を 行 うことが 例 示 されているこ とが 大 きく 影 響 していると 思 われる 自 動 車 税 は 割 りでの 還 付 が 認 められる 場 合 があるのに 対 し 軽 自 動 車 税 は 割 り での 還 付 が 認 められていないことを 考 慮 すると 軽 自 動 車 税 の 減 免 申 請 については せめてその 期 限 を 納 期 限 (5 31 日 )までとする 措 置 を 普 及 拡 大 してもらいたい ( 注 ) 本 件 は 行 政 相 談 委 員 意 見 として 提 出 されたものである 2 第 95 回 会 議 ( 平 成 26 年 9 26 日 )での 議 論 の 概 要 税 条 例 ( 例 )では 減 免 申 請 期 限 を 納 期 限 前 7 日 までとしているが 7 日 に 固 執 するこ とはない 実 態 をみると 柔 軟 に 対 応 しているケースもあるので 税 条 例 ( 例 )の 規 定 に 従 う 必 要 はないという 旨 を 市 町 村 に 周 知 してはどうか また この 相 談 内 容 も 納 期 限 前 7 日 までとしている 規 定 を 見 直 してほしいというもので あるから 納 期 限 の7 日 前 と 例 示 したことが 現 実 問 題 として 支 障 を 引 き 起 こしているので これを 少 し 再 考 してもらえないかということを 伝 える 必 要 があるのではないか もう 一 度 自 治 税 務 局 に 対 して 税 条 例 ( 例 )で 減 免 申 請 期 限 を 納 期 限 の7 日 前 までと している 手 続 の 在 り 方 について 現 状 とずれが 起 こっているので これを 見 直 したり ある いは 表 現 を 変 えたりする 余 地 がないのか 確 認 してみてほしい 3 関 係 機 関 の 意 見 ( 総 務 省 自 治 税 務 局 ) (1) 税 条 例 ( 例 )において 軽 自 動 車 税 の 減 免 申 請 期 限 を 納 期 限 前 7 日 までとした 経 緯 理 由 等 について 軽 自 動 車 税 に 係 る 身 体 障 害 者 等 に 対 する 減 免 についての 条 例 ( 例 )の 規 定 について は 下 肢 又 は 体 幹 不 自 由 者 に 対 する 自 動 車 税 又 は 軽 自 動 車 税 の 減 免 について ( 昭 和 41 年 3 28 日 自 治 府 第 31 号 )によって 条 例 ( 準 則 )に 関 連 条 文 を 設 けたところで あるが その 際 に 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 共 に 減 免 の 申 請 期 限 を 納 期 限 前 7 日 とした これについては 既 に 存 在 していた 各 税 目 における 減 免 に 関 する 条 例 ( 準 則 ) の 規 定 において 減 免 申 請 の 期 限 を 納 期 限 前 7 日 としていたことと 同 じ 内 容 の 規 定

28 としたものと 考 えられる 市 ( 町 村 ) 税 条 例 ( 準 則 ) 等 の 一 部 改 正 について ( 平 成 12 年 4 1 日 自 治 市 第 44 号 )により 条 例 ( 準 則 )は 条 例 ( 例 )に 改 められた が 市 町 村 における 執 務 の 参 考 資 料 となるこの 条 例 ( 例 )においても 減 免 の 申 請 期 限 は 納 期 限 前 7 日 とされて 現 在 に 至 っている 減 免 の 申 請 期 限 を 納 期 限 前 7 日 としている 理 由 については 減 免 の 申 請 に 対 す る 審 査 減 免 の 決 定 の 通 知 等 に 要 する 期 間 減 免 とならなかった 場 合 の 納 税 義 務 者 の 納 付 のための 期 間 等 を 勘 案 して 定 められたものと 考 えられる (2) 税 条 例 ( 例 )の 記 載 の 見 直 しの 余 地 について 減 免 の 審 査 決 定 通 知 等 の 事 務 処 理 に 要 する 期 間 の 短 縮 状 況 等 を 踏 まえ 減 免 の 申 請 期 限 を 納 期 限 前 7 日 と 定 める 必 要 がない 市 町 村 もあると 考 えられること 都 道 府 県 の 自 動 車 税 においては 身 体 障 害 者 等 に 対 する 自 動 車 税 の 減 免 の 申 請 期 限 を 納 期 限 まで と 条 例 で 規 定 している 都 道 府 県 が 半 数 以 上 となっていること 等 を 踏 まえ 市 町 村 の 条 例 における 各 税 目 の 減 免 の 申 請 期 限 の 規 定 状 況 も 勘 案 しつつ 条 例 ( 例 ) における 減 免 の 申 請 期 限 を 納 期 限 前 7 日 から 納 期 限 ( 前 日 ) に 改 正 すること 等 について 検 討 したい

29 (5) 自 宅 買 換 えの 際 の 介 護 保 険 料 の 減 免 ( 継 続 案 件 ) 1 相 談 内 容 介 護 保 険 料 は 合 計 所 得 金 額 を 基 に 算 定 されるため 住 宅 ( 自 宅 )を 売 却 し その 売 却 代 金 を 元 手 に 新 たに 住 宅 を 購 入 した 際 売 却 代 金 がほとんど 手 元 に 残 らない 場 合 や 持 ち 出 しになる 場 合 であっても 住 宅 を 売 却 して 得 た 代 金 が 合 計 所 得 金 額 に 反 映 され 介 護 保 険 料 が 以 前 よりも 高 額 になることがある 国 民 健 康 保 険 制 度 や 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 では 住 宅 を 買 い 換 えた 場 合 の 特 別 控 除 が 適 用 される 総 所 得 金 額 等 旧 ただし 書 き 方 式 ( 以 下 総 所 得 金 額 等 という ) を 基 に 保 険 料 を 算 定 しているため 介 護 保 険 制 度 においても 保 険 料 の 算 定 に 総 所 得 金 額 等 を 用 い てほしい また 介 護 保 険 料 の 算 定 において 一 律 に 総 所 得 金 額 等 を 用 いることができない 場 合 であっても 介 護 保 険 法 ( 平 成 9 年 法 律 第 123 号 )では 介 護 保 険 料 について 市 町 村 は 条 例 で 独 自 に 減 免 措 置 を 講 じることができる とされていることから 介 護 保 険 料 の 減 免 措 置 を 講 ずることを 市 町 村 に 対 して 可 能 な 限 り 要 請 してほしい ( 注 ) 本 件 は 行 政 相 談 委 員 意 見 として 提 出 されたものである 2 第 95 回 会 議 ( 平 成 26 年 9 26 日 )での 議 論 の 概 要 (1) 福 祉 保 険 制 度 の 保 険 料 の 算 定 基 礎 は 同 一 が 望 ましいという 議 論 はあるが 総 所 得 金 額 等 による 保 険 料 減 収 は 他 の 第 一 号 被 保 険 者 に 転 嫁 されることになり 自 宅 を 買 い 換 えた 被 保 険 者 が 気 の 毒 というだけでは 論 理 が 弱 い (2) 総 所 得 金 額 等 と 合 計 所 得 金 額 のどちらかでなければならないということはなく 被 保 険 者 は 決 められたルールを 前 提 にして 損 をしないように 自 宅 の 買 換 えを 判 断 する のが 一 つの 筋 (3) 市 町 村 は 条 例 で 自 宅 買 換 えの 際 の 保 険 料 の 減 免 措 置 を 講 じられることについて 厚 生 労 働 省 が 市 町 村 に 周 知 するよう 促 す 方 向 で 検 討 する 3 関 係 機 関 の 意 見 ( 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 ) 本 件 については 市 町 村 の 判 断 により 保 険 料 減 免 の 要 件 として 定 めている 事 例 の1つ であって 同 様 の 減 免 規 定 を 条 例 に 規 定 するか 否 かは 個 々の 市 町 村 が 自 主 的 に 判 断 する ものであり 全 国 一 律 に 当 該 規 定 を 設 けることとすることは 適 当 でないと 考 える なお 介 護 保 険 法 第 142 条 により 市 町 村 において 地 域 の 実 情 に 応 じて 必 要 と 判 断 する 保 険 料 減 免 の 要 件 を 条 例 に 定 めることができることについて 改 めて 周 知 すること は 可 能 であると 考 える

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

<5461726F31322D944E8BE08D5597AA835B837E91E6825589F1814083418362>

<5461726F31322D944E8BE08D5597AA835B837E91E6825589F1814083418362> 年 金 攻 略 ゼミ 第 6 回 厚 生 年 金 保 険 法 2 第 1 1 節 支 給 対 男 法 附 則 13 条 の4) 特 象 者 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 (2) 28 から 36 までの まれた 12 1 支 )であって の 繰 上 げの 特 例 2 昭 和 一 33 般 年 女 4 子 月 2 日 から昭 和 41 年 4 月 していない 1 日 までの もの 間 型 )であって

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63> 厚 生 年 金 基 金 実 務 基 準 第 4 号 [ 平 成 17 年 4 月 改 訂 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 分 配 の 実 務 基 準 [ 内 容 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 基 金 解 散 時 の 分 配 < 参 考 資 料 > 解 散 実 務 の 流 れ( 例 ) [ 留 意 事 項 ] 解 散 時 の 最

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

<5461726F31322D325F81798ED0984A8E6D817A944E8BE08D8E959E814593BE>

<5461726F31322D325F81798ED0984A8E6D817A944E8BE08D8E959E814593BE> 社 労 士 講 座 資 格 の 大 原 年 金 克 服 得 点 アップセミナー 第 2 回 目 ( 年 金 克 服 得 点 アップセミナー 全 3 回 ) 第 1 回 国 民 年 金 法 第 2 回 厚 生 年 金 保 険 法 第 3 回 確 認 テスト 社 労 士 試 験 の 最 大 の 難 関 は 年 金 科 目 です これは1 仕 組 みについて 理 解 が 必 要 であるこ と2 他 の 科

More information

弁護士が精選! 重要労働判例 - 第7回 学校法人専修大学(地位確認等反訴請求控訴)事件 | WEB労政時報(WEB限定記事)

弁護士が精選! 重要労働判例 - 第7回 学校法人専修大学(地位確認等反訴請求控訴)事件 | WEB労政時報(WEB限定記事) 大 第 7 回 学 校 法 人 専 修 大 学 ( 地 位 確 認 等 反 訴 請 求 控 訴 ) 事 件 学 校 法 人 専 修 大 学 ( 地 位 確 認 等 反 訴 請 求 控 訴 ) 事 件 ( 東 京 高 裁 平 25.7.10 判 決 ) 業 務 上 疾 病 ( 頸 肩 腕 症 候 群 )により 休 職 中 で 労 災 保 険 給 付 ( 療 養 補 償 給 付 休 業 補 償 給 付

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 職 員 給 与 規 程 最 終 改 正 平 成 15 年 10 月 1 日 独 信 基 (101) 平 成 15 年 第 35 号 平 成 28 年 4 月 20 日 独 信 基 602 平 成 28 年 度 第 5 号 制 定 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 の 業 務 に 常 時 従 事

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 連 絡 事 項 企 画 課 145 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 児 施 設 4 肢 体 不 自 由 児 施 設 及 び5 重 症

More information

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場 第 2 章 短 期 給 付 の 内 容 と 請 求 手 続 第 1 節 傷 病 等 に 係 る 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 をしたときは 通 常 の 場 合 組 合 員 証 を 保 険 医 療 機 関 に 提 示 する ことによって 療 養 の 給 付 や 家 族 療 養 費 の 現 物 給 付 を 受 けることができます しかし 緊 急 その 他 やむを 得

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

月 経 過 日 等 といいます )まで( 継 続 して 毎 年 所 定 の 時 期 にされる 定 期 給 与 の 額 の 改 定 が3 月 経 過 日 等 後 にされることについて 特 別 の 事 情 があると 認 められる 場 合 にあっ ては 当 該 改 定 の 時 期 )にされた 定 期 給

月 経 過 日 等 といいます )まで( 継 続 して 毎 年 所 定 の 時 期 にされる 定 期 給 与 の 額 の 改 定 が3 月 経 過 日 等 後 にされることについて 特 別 の 事 情 があると 認 められる 場 合 にあっ ては 当 該 改 定 の 時 期 )にされた 定 期 給 役 員 給 与 に 関 するQ&A 平 成 20 年 12 月 ( 平 成 24 年 4 月 改 訂 ) 国 税 庁 役 員 給 与 の 額 の 改 定 には 様 々な 形 態 があるため 最 終 的 には 個 々の 事 情 に 照 らし 税 務 上 の 取 扱 いを 判 断 することになりますが その 判 断 に 当 たり 参 考 になると 考 えられる 事 例 をQ &A 形 式 により 取 りまとめました

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC>

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC> 出 産 育 児 一 時 金 等 の 医 療 機 関 等 への 直 接 支 払 制 度 実 施 要 綱 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 第 1 趣 旨 これまで 出 産 育 児 一 時 金 及 び 家 族 出 産 育 児 一 時 金 ( 以 下 出 産 育 児 一 時 金 等 とい う )については 原 則 として 出 産 後 に 被 保 険 者 等 ( 健 康 保 険 若 しくは 船 員

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

付議資料

付議資料 (1) 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 料 の 超 過 賦 課 分 に 係 る 延 滞 金 の 還 付 又 は 充 当 について( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 の 保 険 料 については 請 求 し 過 ぎ 又 は 払 い 過 ぎによる 納 付 ( 以 下 過 誤 納 付 という )があった 場 合 日 本 年 金 機 構 では 超 過 分

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板 疑 義 照 会 ( ) その 他 3 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 資 格 取 得 日 に 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 に 申 請 日 の 受 理 日 より 以 前 の 日 に 遡 及 することの 可 否 をご 教 示 願 います 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 には 厚 生 年 金 保 険 法 第 10 条 第 1 項

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する 救 済 措 置 である 一 方 資 産 の 使 用 目 的 及 び 状 況

減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する 救 済 措 置 である 一 方 資 産 の 使 用 目 的 及 び 状 況 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 ( 最 終 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 ) 帯 広 市 税 条 例 による 減 免 措 置 減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378> 保 発 0131 第 4 号 平 成 23 年 1 月 31 日 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 長 出 産 育 児 一 時 金 等 の 支 給 申 請 及 び 支 払 方 法 について 出 産 育 児 一 時 金 等 については 緊 急 の 少 子 化 対 策 の 一 環 として 安 心 して 出 産 できる 環 境 を 整 備 する 観 点 から 平 成 21 年 10

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要)

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要) 25-30 第 17 号 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて( 法 改 正 の 概 要 ) 平 成 25 年 6 月 19 日 団 体 年 金 事 業 部 平 成 25 年 6 月 19 日 の 参 議 院 本 会 議 にて 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 し 法 案 ( 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information