目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準"

Transcription

1 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 平 成 20 年 4 月 1 日 制 定 平 成 23 年 6 月 13 日 最 終 改 定 一 般 社 団 法 人 日 本 冷 凍 食 品 協 会

2 目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準 175 Ⅱ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 試 験 方 法 1. 試 料 の 抽 出 及 び 判 定 方 法 冷 凍 食 品 の 試 験 方 法 食 肉 製 品 鯨 肉 製 品 および 魚 肉 ねり 製 品 の 試 験 方 法

3 平 成 22 年 4 月 1 日 制 定 平 成 23 年 6 月 13 日 最 終 改 定 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 この 基 準 の 中 で 冷 凍 食 品 の 定 義 用 語 の 定 義 は 冷 凍 食 品 の 品 質 基 準 Ⅱ.の 1. 及 び2.に 定 めるところによるものとする 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 水 産 食 品 の 衛 生 基 準 は 食 品 衛 生 法 等 に 準 拠 し 以 下 の 通 り 分 類 し 定 めている ア. 生 食 用 に 供 してよい 旨 の 表 示 があるもの(ただし かき ゆでだこおよびゆでがにを 除 く ) 細 菌 数 1 グラム 当 たり 10 万 以 下 であること 腸 炎 ビ ブ リ オ 1 グラム 当 たり 100 以 下 であること イ.か き( 生 食 用 に 供 してよい 旨 の 表 示 があるもののみ) 細 菌 数 1 グラム 当 り 5 万 以 下 であること E. c o l i 100 グラム 当 り 最 確 数 230 以 下 であること 腸 炎 ビ ブ リ オ 1 グラム 当 り 100 以 下 であること(むき 身 に 限 る) ウ.ゆでだこ 細 菌 数 1 グラム 当 たり 10 万 以 下 であること 腸 炎 ビ ブ リ オ 陰 性 であること エ.ゆでがに 1 飲 食 に 供 する 際 に 加 熱 を 要 しないもの 細 菌 数 1 グラム 当 たり 10 万 以 下 であること 腸 炎 ビ ブ リ オ 陰 性 であること 2 飲 食 に 供 する 際 に 加 熱 を 要 するもの 細 菌 数 1 グラム 当 たり 10 万 以 下 であること 174

4 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 農 産 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 は 次 のとおりとする ア.ブランチングまたは 加 糖 した 農 産 食 品 であって 飲 食 に 供 する 際 に 加 熱 を 要 する 旨 および 凍 結 直 前 に 加 熱 されていない 旨 の 表 示 があるもの 細 菌 数 1 グラム 当 り 300 万 以 下 であること E. c o l i 陰 性 であること イ. 凍 結 直 前 に 加 熱 された 旨 の 表 示 がある 農 産 食 品 であって 飲 食 に 供 する 際 に 加 熱 を 要 す る 旨 の 表 示 があるもの 細 菌 数 1 グラム 当 り 10 万 以 下 であること ウ. 飲 食 に 供 する 際 に 加 熱 を 要 しない 旨 の 表 示 がある 農 産 食 品 細 菌 数 1 グラム 当 り 10 万 以 下 であること 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 衛 生 規 格 及 び 基 準 は 次 のとおりとする ア. 飲 食 に 供 する 際 に 加 熱 を 要 する 旨 および 凍 結 前 に 加 熱 されていない 旨 の 表 示 があるもの 細 菌 数 1 グラム 当 り 300 万 以 下 であること E. c o l i 陰 性 であること ( 注 )1. 微 生 物 の 働 きを 利 用 して 製 造 された 食 品 ( 例 えば 生 地 パン ナチュラルチーズ 入 りパイ 等 )は 細 菌 数 の 適 用 を 省 略 する 2. 生 肉 にパン 粉 を 付 したトンカツ 材 料 味 付 けした 生 肉 等 で 冷 凍 食 肉 である 旨 の 表 示 がある 場 合 は 対 象 外 とする 3. 小 麦 粉 を 主 たる 原 材 料 とし 摂 食 前 に 加 熱 工 程 が 必 要 な 冷 凍 パン 生 地 様 食 品 に ついては E.coli 陰 性 の 成 分 規 格 を 適 用 しない イ. 飲 食 に 供 する 際 に 加 熱 を 要 する 旨 の 表 示 があるものであって 凍 結 直 前 に 加 熱 されてい る 旨 の 表 示 があるもの および 飲 食 に 供 する 際 に 加 熱 を 要 しない 旨 の 表 示 があるもの 細 菌 数 1 グラム 当 り 10 万 以 下 である ( 注 ) 微 生 物 の 働 きを 利 用 して 製 造 された 食 品 ( 納 豆 等 )は 細 菌 数 の 適 用 を 省 略 する 175

5 ウ. 飲 食 に 供 する 際 に 加 熱 を 要 するか 否 かの 表 示 がないもの ( 鯨 肉 製 品 魚 肉 ねり 製 品 ) エ. 冷 凍 食 肉 製 品 1 非 加 熱 食 肉 製 品 E. c o l i 1 グラム 当 り 100 以 下 であること 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 1 グラム 当 り 1000 以 下 であること サ ル モ ネ ラ 属 菌 陰 性 であること 2 特 定 加 熱 食 肉 製 品 E. c o l i 1 グラム 当 り 100 以 下 であること クロストリジウム 属 菌 1 グラム 当 り 1000 以 下 であること 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 1 グラム 当 り 1000 以 下 であること サ ル モ ネ ラ 属 菌 陰 性 であること 3 加 熱 食 肉 製 品 1) 包 装 後 加 熱 殺 菌 したもの クロストリジウム 属 菌 1 グラム 当 り 1000 以 下 であること 2) 加 熱 殺 菌 後 包 装 したもの E. c o l i 陰 性 であること 黄 色 ブ ド ウ 球 菌 1 グラム 当 り 1000 以 下 であること サ ル モ ネ ラ 属 菌 陰 性 であること 東 京 都 の 指 導 基 準 撤 廃 ( 平 成 21 年 3 月 31 日 )により 基 準 は 食 品 衛 生 法 のみとなったが 地 方 自 治 体 により 個 別 に 基 準 が 定 められている 場 合 はそれに 従 うこと 基 準 は 変 更 されたが 従 前 の 基 準 に 基 づいた 自 主 的 な 衛 生 管 理 の 指 標 として 行 うことは 差 支 えない 176

6 Ⅱ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 試 験 方 法 1. 試 料 の 抽 出 及 び 判 定 方 法 ア. 試 料 の 抽 出 と 衛 生 試 験 方 法 は 次 の 通 りとする 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 に 定 める 分 類 別 の 冷 凍 食 品 の 1 日 分 の 製 造 荷 口 から 無 作 為 に 必 要 量 の 試 料 を 抽 出 する 抽 出 した 試 料 ごとに 試 験 を 行 い その 結 果 当 該 試 料 に 係 わる 冷 凍 食 品 の 衛 生 につい ての 基 準 に 適 合 しているときは 衛 生 管 理 は 合 格 であると 判 定 する イ. 衛 生 検 査 項 目 は 細 菌 数 大 腸 菌 群 黄 色 ブドウ 球 菌 腸 炎 ビブリオ サルモネラ 属 菌 E.coli クロストリジウム 属 菌 とし その 試 験 方 法 は 次 のとおりとする 2. 冷 凍 食 品 の 試 験 方 法 検 体 の 採 取 および 試 料 の 調 製 冷 凍 したまま 容 器 包 装 の 表 面 を 70%アルコール 綿 でよくふき 滅 菌 した 器 具 を 用 いて 開 封 し その 内 容 の 全 体 を 細 切 りした 後 無 作 為 に25gを 無 菌 的 に 滅 菌 ホモジナイザーカップまたはストマ ッカー 用 ポリ 袋 にとり 滅 菌 リン 酸 緩 衝 希 釈 水 225ml を 加 えて 細 砕 し これを 試 料 液 とする 細 菌 数 事 項 試 験 方 法 大 腸 菌 群 試 料 液 を 10 倍 希 釈 (100 倍 希 釈 試 料 液 1 平 板 に 30~300 の 集 落 がえられる ように 滅 菌 リン 酸 緩 衝 希 釈 水 で 段 階 希 釈 試 料 液 を 調 製 )し その 1ml を 用 いて 標 準 寒 天 培 地 による 混 釈 平 板 培 養 ( 平 板 2 枚 以 上 使 用 )を 行 い 35.0±1.0 で 24±2 時 間 培 養 後 検 体 1g 当 りの 生 菌 数 を 算 出 する ただし 生 食 用 冷 凍 かきについては 食 品 衛 生 法 の 食 品 添 加 物 等 の 基 準 第 1 食 品 の 部 D 各 条 の 項 の 生 食 用 かきの1. 生 食 用 かきの 成 分 規 格 (3)の 1 およ び 2 に 準 じて 行 う 試 料 液 を 10 倍 希 釈 (100 倍 希 釈 試 料 液 )し その 1ml を 用 いてデソキシコレ ート 寒 天 培 地 による 混 釈 平 板 培 養 ( 平 板 2 枚 を 用 い 平 板 重 層 法 )を 行 い 35.0 ±1.0 で 20±2 時 間 培 養 後 定 型 的 集 落 を 数 え 検 体 1g 当 りの 大 腸 菌 群 数 を 算 出 し 該 当 しない 場 合 は 推 定 試 験 陰 性 とする 推 定 試 験 陽 性 の 場 合 の 確 認 試 験 は 当 該 集 落 の 代 表 的 なものを EMB 培 養 基 に 塗 抹 し 35.0±1.0 で 24±2 時 間 培 養 した 後 大 腸 菌 群 の 定 型 的 な 集 落 ( 定 型 的 集 落 がない 場 合 は 定 型 的 集 落 に 類 似 した 集 落 2 以 上 )を 釣 菌 して 乳 糖 ブイヨン 発 酵 管 および 標 準 寒 天 斜 面 にそれぞれ 移 植 する 乳 糖 ブイヨン 発 酵 は 35.0±1.0 の 温 度 で 48±3 時 間 標 準 寒 天 斜 面 は 35.0 ± 時 間 培 養 し 乳 糖 ブイヨン 発 酵 管 においてガス 発 生 を 確 認 した 場 合 に これと 相 対 する 普 通 寒 天 斜 面 培 養 についてグラム 染 色 後 鏡 検 し グラム 陰 性 無 芽 胞 桿 菌 を 認 めた 場 合 を 大 腸 菌 群 陽 性 とする 177

7 黄 色 ブドウ 球 菌 腸 炎 ビブリオ 試 料 液 (10 倍 段 階 希 釈 液 )の 0.1ml ずつを 2 枚 の 卵 黄 加 マンニット 食 塩 寒 天 培 地 に 塗 抹 し 35.0±1.0 で 48±3 時 間 培 養 し 集 落 の 周 辺 に 真 珠 色 か 乳 黄 色 の 白 濁 環 を 伴 った 黄 色 ブドウ 球 菌 の 定 型 的 集 落 のすべてを 数 え 菌 数 を 算 定 する 定 型 的 集 落 を 形 成 した 場 合 には 定 型 的 集 落 を 釣 菌 して 生 理 食 塩 水 で 所 定 の 濃 度 に 希 釈 した 家 兎 プラズマ 0.5ml に 接 種 し 35.0±1.0 の 温 度 に 放 置 し て 30 分 間 隔 で 4 時 間 プラズマの 凝 固 の 有 無 を 観 察 する プラズマの 凝 固 が 起 こらなかった 場 合 は 更 に 6 時 間 目 及 び 24 時 間 後 まで 観 察 する 凝 固 が 観 察 さ れた 場 合 は 先 に 算 定 した 菌 数 を 黄 色 ブドウ 球 菌 とし 観 察 されなかった 場 合 は 黄 色 ブドウ 球 菌 数 を 0/0.01gとする 1. 冷 凍 食 品 ( 生 食 用 冷 凍 鮮 魚 介 類 生 食 用 かきむき 身 ) 検 体 25g に 滅 菌 リン 酸 緩 衝 希 釈 水 (3% 食 塩 )225ml を 入 れ ストマッキング 処 理 をし 検 体 の 10 倍 希 釈 液 を 作 成 し 試 料 とする 次 に 検 体 の 10 倍 希 釈 液 1 ml を 滅 菌 リン 酸 緩 衝 希 釈 水 (3% 食 塩 )9ml の 入 った 試 験 管 に 入 れ 検 体 の 100 倍 希 釈 液 を 作 成 する( 必 要 に 応 じて 段 階 希 釈 液 を 作 成 する) 検 体 の 10 倍 希 釈 液 及 び 100 倍 希 釈 液 をアルカリペプトン 水 10ml の 入 った3 本 の 試 験 官 にそれぞれ 1ml ずつ 接 種 し また 100 倍 希 釈 液 をアルカリペプト ン 水 10ml の 入 った 3 本 の 試 験 官 に 0.1ml ずつ 接 種 する 37.0±1.0 1 夜 培 養 後 各 試 験 管 の 上 層 の 一 白 金 耳 を TCBS 寒 天 培 地 に 塗 抹 し 37.0±1.0 1 夜 培 養 する 疑 わしい 集 落 を 釣 菌 して TSI 高 層 斜 面 寒 天 培 地 VP 半 流 動 培 地 LIM 高 層 寒 天 培 地 (いずれも 1% 食 塩 添 加 )および 食 塩 (0,3,8,10%) 加 普 通 ブイヨンに 接 種 し 35±1.0 で 24±2 時 間 培 養 する TSI 高 層 斜 面 寒 天 培 地 における 斜 面 赤 色 高 層 黄 色 硫 化 水 素 陰 性 及 びガス 非 産 生 LIM 高 層 寒 天 培 地 におけるリジン 脱 炭 酸 陽 性 インドール 陽 性 IPA 陰 性 運 動 性 陽 性 VP 半 流 動 培 地 における VP 陽 性 普 通 ブイヨン(3% 及 び 8% 食 塩 添 加 )における 発 育 (0% 及 び 10% 食 塩 添 加 には 発 育 しない)チトクロームオ キシダーゼ 陽 性 及 び ONPG テスト 陰 性 をもって 腸 炎 ビブリオ 陽 性 と 判 定 する 判 定 された 腸 炎 ビブリオから 各 段 階 に 希 釈 した 試 験 管 の 陽 性 本 数 を 最 確 数 表 にあてはめて 1g あたりの 最 確 数 を 求 める 注 1 上 記 滅 菌 リン 酸 緩 衝 希 釈 水 (3% 食 塩 )を 滅 菌 リン 酸 緩 衝 希 釈 水 (0.85% 食 塩 )に 代 用 しても 同 等 以 上 の 性 能 を 有 す 注 2 上 記 37.0±1.0 を 35.0±1.0 に 代 えて 培 養 も 可 能 注 3 日 常 検 査 において 腸 炎 ビブリオを 同 定 するにあたり 市 販 同 定 キットを 併 用 すると 迅 速 な 結 果 が 得 られる 2.かに(ゆでかに) ゆでだこ 検 体 25g にアルカリペプトン 水 (225ml)を 入 れ ホモジナイズ 処 理 した 試 料 を 37.0±1.0 1 夜 培 養 後 上 層 の 1 から 2 白 金 耳 を TCBS 寒 天 培 地 に 塗 抹 し 37±1.0 1 夜 培 養 する 疑 わしい 集 落 を 釣 菌 して TSI 高 層 斜 面 寒 天 培 地 VP 半 流 動 培 地 LIM 高 層 寒 天 培 地 (いずれも 1% 食 塩 添 加 )および 食 塩 (0,3,8,10%) 加 普 通 ブイヨ ンに 接 種 し 37.0±1.0 で 24±2 時 間 培 養 する TSI 高 層 斜 面 寒 天 培 地 における 斜 面 赤 色 高 層 黄 色 硫 化 水 素 陰 性 及 びガス 非 産 生 LIM 高 層 寒 天 培 地 におけるリジン 脱 炭 酸 陽 性 インドール 陽 性 IPA 陰 性 運 動 性 陽 性 VP 半 流 動 培 地 における VP 陽 性 普 通 ブイヨン(3% 及 び 8% 178

8 サルモネラ 属 菌 E.coli 食 塩 添 加 )における 発 育 (0% 及 び 10% 食 塩 添 加 には 発 育 しない)チトクローム オキシダーゼ 陽 性 及 び ONPG テスト 陰 性 をもって 腸 炎 ビブリオ 陽 性 と 判 定 する 注 1 上 記 37.0±1.0 を 35.0±1.0 に 代 えて 培 養 を 行 うことができる 注 2 上 記 TCBS 寒 天 培 地 の 代 わりに 酵 素 基 質 添 加 寒 天 培 地 を 使 用 すること ができる 試 料 25g を 無 菌 的 に 細 切 し EEM ブイヨン 225ml に 摂 取 後 ストマッキング 処 理 を 行 い 35.0±1.0 の 温 度 で 18±2 時 間 培 養 する 培 養 液 1ml をセレナイト ブリリアントグリーン 培 地 セレナイトシスチン 培 地 又 はハーナのテトラチオ ン 酸 塩 培 地 15ml に 接 種 して 43.0±1.0 ( 若 しくは 35.0±1.0 )の 温 度 で 20±2 時 間 培 養 し 菌 の 増 殖 を 認 めないものは サルモネラ 属 菌 陰 性 とする 菌 の 増 殖 を 認 めた 場 合 は 培 養 液 の 1 白 金 耳 量 を MLCB 培 地 又 は DHL 培 地 及 び 酵 素 基 質 を 用 いた 培 地 に 画 線 塗 抹 して 35.0±1.0 で 24±2 時 間 培 養 する 各 培 地 からサルモネラの 定 型 集 落 を 釣 菌 して TSI 培 地 又 は LIM 培 地 に 摂 取 し そ の TSI 培 地 又 は LIM 培 地 を 24±2 時 間 (35.0±1.0 ) 培 養 してサルモネラの 性 状 を 示 したもの(TSI 培 地 における 斜 面 赤 色 高 層 黄 色 硫 化 水 素 産 生 ガス 産 生 及 び LIM 培 地 におけるリジン 脱 炭 酸 陽 性 運 動 性 陽 性 インドール 陰 性 IPA 陰 性 )について O 混 合 血 清 で 30 秒 以 内 に 凝 集 するものをサルモネラ 属 菌 陽 性 と 判 定 する 注 1 セレナイト 系 培 地 は 各 自 治 体 のセレンの 排 出 基 準 があるため 使 用 後 の 廃 棄 には 充 分 注 意 が 必 要 である 注 2 近 年 硫 化 水 素 非 産 生 のサルモネラの 存 在 が 見 られるため 選 択 培 地 は 酵 素 基 質 を 用 いた 培 地 を 含 め 2 種 類 以 上 を 併 用 することを 奨 める 注 3 日 常 検 査 においてサルモネラを 同 定 するにあたり 市 販 同 定 キットを 併 用 すると 迅 速 な 結 果 が 得 られる 試 料 液 を 10 倍 希 釈 (100 倍 希 釈 試 料 液 )し その 1ml をそれぞれ 3 本 の EC 発 酵 管 培 地 に 接 種 し 恒 温 水 槽 を 用 いて 44.5±0.2 で 24±2 時 間 培 養 後 発 酵 管 中 にガス 発 生 を 認 めたものを 推 定 試 験 陽 性 認 めないものを 陰 性 とする 推 定 試 験 陽 性 の 場 合 の 確 認 試 験 は 当 該 EC 発 酵 管 より1 白 金 耳 を EMB 培 養 基 にかく 線 塗 抹 し 35.0±1.0 で 24 時 間 培 養 後 E.coliの 定 型 的 集 落 を 釣 菌 して 乳 糖 ブイヨン 発 酵 管 および 標 準 寒 天 斜 面 にそれぞれ 接 種 する 乳 糖 ブ イヨン 発 酵 管 は 35.0 で 48 時 間 寒 天 斜 面 は 時 間 培 養 し 乳 糖 ブ イヨン 発 酵 管 においてガス 発 生 を 確 認 した 場 合 に これと 相 対 する 寒 天 斜 面 に ついて 鏡 検 し グラム 陰 性 無 芽 胞 桿 菌 を 認 めた 場 合 をE.coli 陽 性 とする 生 食 用 冷 凍 かきについては 食 品 添 加 物 等 の 基 準 第 1 食 品 の 部 各 条 の 項 の 生 食 用 かきの 1. 生 食 用 かきの 成 分 規 格 の(3)の 1 及 び 3 に 準 じて 最 確 数 法 で 行 う 3. 食 肉 製 品 鯨 肉 製 品 および 魚 肉 ねり 製 品 の 試 験 方 法 検 体 の 採 取 および 試 料 の 調 製 冷 凍 した 食 肉 製 品 鯨 肉 製 品 及 び 魚 肉 ねり 製 品 にあっては 製 品 (スライスハム 等 細 切 された 製 品 を 除 く )の 切 断 すべき 表 面 を 70%アルコール 綿 でよく 拭 いたのち 滅 菌 した 器 具 を 用 いて 無 菌 的 に 切 断 し その 断 面 の 中 央 部 から 25g を 無 菌 的 にとり 試 料 とする 試 料 に 滅 菌 0.1%ペプトン 加 生 理 食 塩 水 225ml を 加 えて 細 砕 し 試 料 液 とする スライスハム 等 細 切 された 製 品 にあっては 滅 菌 した 器 具 を 用 いて 25g を 無 菌 的 にとり 同 様 に 滅 菌 0.1%ペプトン 加 生 理 食 塩 水 225ml を 加 えて 細 砕 し 試 料 液 とする 179

9 事 項 試 験 方 法 大 腸 菌 群 サルモネラ 属 菌 E.coli 食 肉 製 品 鯨 肉 製 品 及 び 魚 肉 ねり 製 品 の 試 料 液 10ml ずつを 3 本 の 倍 濃 度 BGLB 発 酵 管 にそれぞれ 接 種 し 35.0±1.0 の 温 度 で 48±3 時 間 培 養 (24 時 間 毎 に 観 察 )した 後 ガス 発 生 を 認 めないものは 大 腸 菌 群 陰 性 とする ガス 発 生 を 認 めた 場 合 は 直 ちに 1 白 金 耳 量 を EMB 培 地 にて 塗 抹 培 養 して 独 立 した 集 落 を 形 成 させる 35.0±1.0 で 24±2 時 間 培 養 後 EMB 培 地 から 大 腸 菌 群 の 定 型 的 集 落 を 釣 菌 して 乳 糖 ブイヨン 発 酵 管 及 び 標 準 寒 天 斜 面 培 地 に 移 植 する 乳 糖 ブイヨン 発 酵 管 で 48±3 時 間 培 養 してガス 発 生 を 確 認 した ものと 相 対 する 寒 天 斜 面 培 地 上 の 菌 について 鏡 検 し グラム 陰 性 無 芽 胞 桿 菌 を 認 めた 場 合 を 大 腸 菌 群 陽 性 とし その 他 の 場 合 は 大 腸 菌 群 陰 性 とする 食 肉 製 品 試 料 25g を 無 菌 的 に 細 切 し EEM ブイヨン 225ml に 混 和 し 35.0±1.0 の 温 度 で 18±2 時 間 培 養 した 後 培 養 液 1ml をセレナイトブリリアントグリーン 培 地 セレナイトシスチン 培 地 又 はハーナのテトラチオン 酸 塩 培 地 15ml に 接 種 して 43.0±1.0 ( 若 しくは 35.0±1.0 )の 温 度 で 20±2 時 間 培 養 し 菌 の 増 殖 を 認 めないものは サルモネラ 属 菌 陰 性 とする 菌 の 増 殖 を 認 めた 場 合 は 直 ちに 1 白 金 耳 量 を MLCB 培 地 又 は DHL 培 地 に 塗 抹 して 35.0±1.0 で 24±2 時 間 培 養 し 独 立 した 集 落 を 形 成 させる MLCB 培 地 又 は DHL 培 地 からサルモネラ 属 菌 の 定 型 的 集 落 を 釣 菌 して TSI 培 地 又 は LIM 培 地 に 接 種 し 24±2 時 間 (35.0±1.0 ) 培 養 する サルモネラ 属 菌 の 性 状 を 示 したもの(TSI 培 地 における 斜 面 赤 色 高 層 黄 色 硫 化 水 素 産 生 及 び LIM 培 地 におけるリジン 脱 炭 酸 陽 性 運 動 性 陽 性 インドール 陰 性 IPA 陰 性 ) についてはサルモネラ 属 菌 陽 性 とし その 他 の 場 合 はサルモネラ 属 菌 陰 性 と する 非 加 熱 食 肉 製 品 及 び 特 定 加 熱 食 肉 製 品 試 料 液 及 び 試 料 液 の 10 倍 希 釈 液 (100 倍 希 釈 試 料 液 )の 1ml ずつをそれぞ れ 5 本 の EC 発 酵 管 に 接 種 し 44.5±0.2 の 温 度 で 24±2 時 間 培 養 した 後 ガ ス 発 生 を 認 めないものはE.coli 陰 性 とする ガス 発 生 を 認 めた 場 合 は 直 ちに 1 白 金 耳 量 を EMB 培 地 に 塗 抹 して 35.0 ±1.0 で 24±2 時 間 培 養 する EMB 培 地 から 大 腸 菌 群 の 定 型 的 集 落 を 釣 菌 し て 乳 糖 ブイヨン 発 酵 管 及 び 標 準 寒 天 斜 面 培 地 に 接 種 する 乳 糖 ブイヨン 発 酵 管 で 当 該 集 落 を 48 時 間 培 養 してガス 発 生 を 確 認 したもの と 相 対 する 寒 天 斜 面 培 地 上 の 菌 について 鏡 検 し グラム 陰 性 の 無 芽 胞 桿 菌 を 認 めた 場 合 をE.coli 陽 性 とし その 他 の 場 合 はE.coli 陰 性 とす る 試 料 液 については 陽 性 を 示 すものが 3 以 下 であればE.coliがその 1g につき 10 以 下 試 験 液 の 10 倍 希 釈 液 について 陽 性 を 示 すものが 3 以 下 であ れば E.coliがその 1g につき 100 以 下 とする 加 熱 食 肉 製 品 及 び 乾 燥 食 肉 製 品 試 料 液 15ml をそれぞれ 5 本 の EC 発 酵 管 に 接 種 し 44.5±0.2 の 温 度 で 24 ±2 時 間 培 養 した 後 ガス 発 生 を 認 めないものは E.coli 陰 性 とする ガス 発 生 を 認 めた 場 合 は 直 ちに 1 白 金 耳 量 を EMB 培 地 に 塗 抹 して 35.0 ±1.0 で 24 時 間 培 養 する EMB 培 地 から 大 腸 菌 群 の 定 型 的 集 落 を 釣 菌 して 乳 糖 ブイヨン 発 酵 管 及 び 普 通 寒 天 斜 面 培 地 に 接 種 する 乳 糖 ブイヨン 発 酵 管 で 48 時 間 培 養 してガス 発 生 を 確 認 したものと 相 対 する 寒 天 斜 面 培 地 上 の 菌 に ついて 鏡 検 し グラム 陰 性 無 芽 胞 桿 菌 を 認 めた 場 合 をE.coli 陽 性 とし その 他 の 場 合 はE.coli 陰 性 とする 180

10 クロストリジウム 属 菌 食 肉 製 品 試 料 液 10ml 及 び 試 料 液 の 10 倍 の 希 釈 液 (100 倍 希 釈 試 料 液 )10ml ずつを それぞれ 2 枚 の 滅 菌 パウチ(ラミネートフィルム 製 市 販 品 あり )に 正 確 に 採 り( 必 要 に 応 じて 希 釈 する ) あらかじめ 加 温 して 溶 かし 45~50 の 温 度 に 保 持 したクロストリジウム 培 地 約 15ml をこれに 加 え よく 混 合 し 熱 シー ルした 後 冷 却 凝 固 させる 培 地 が 凝 固 した 後 35.0±1.0 で 24±2 時 間 培 養 する この 場 合 検 体 の 希 釈 に 用 いた 滅 菌 ペプトン 加 生 理 食 塩 水 10ml を 培 地 に 混 合 し 以 下 試 料 の 場 合 と 同 様 に 操 作 して 培 養 したものを 対 照 とし パウチ 滅 菌 生 理 ペプトン 加 食 塩 水 及 び 培 地 が 無 菌 であったこと 並 びに 操 作 が 完 全 であったことを 確 かめ なければならない 菌 数 の 算 定 は 黒 色 集 落 につき 食 品 添 加 物 等 の 基 準 中 第 1 食 品 の 部 D 各 条 の 項 の 氷 雪 の 1 氷 雪 の 成 分 規 格 の(2)の 2a~g に 準 じて 行 い クロストリジウム 属 菌 の 菌 数 とする ( 注 ) 食 肉 製 品 の 黄 色 ブドウ 球 菌 試 験 方 法 は 2. 冷 凍 食 品 の 試 験 法 に 記 載 の 黄 色 ブドウ 球 菌 試 験 法 に 準 ずる 附 則 ( 平 成 20 年 4 月 1 日 制 定 ) この 基 準 は 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 23 年 6 月 13 日 一 部 改 定 ) この 基 準 は 平 成 23 年 9 月 1 日 から 施 行 する 181

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087448AFA8CC090DD92E882CC837C83438393836781695031398160503335816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087448AFA8CC090DD92E882CC837C83438393836781695031398160503335816A2E646F63> 期 限 設 定 の ポ イ ン ト はじめに はじめに 期 限 表 示 には 次 の2とおりの 表 示 方 法 があります 用 語 消 費 期 限 賞 味 期 限 定 められた 方 法 により 保 存 した 場 合 定 義 意 味 腐 敗 変 敗 その 他 の 品 質 の 劣 化 に 伴 い 安 全 性 を 欠 くこととなるおそれがな いと 認 められる 期 限 を 示 す 年 月 日 をい う 品

More information

食品衛生係

食品衛生係 生 衛 第 111 号 の1 平 成 18 年 5 月 2 日 地 域 振 興 局 健 康 福 祉 ( 環 境 ) 部 長 様 保 健 環 境 科 学 研 究 所 長 様 食 肉 衛 生 検 査 センター 所 長 様 福 祉 保 健 部 長 新 潟 県 食 品 の 指 導 基 準 の 改 正 について( 通 知 ) 当 県 は 新 潟 県 食 品 の 指 導 基 準 ( 昭 和 51 年 設 定 平

More information

別 添 ( 別 紙 1) 食 肉 製 品 鯨 肉 製 品 及 び 魚 肉 ねり 製 品 の 試 験 法 第 1 検 体 の 採 取 運 搬 及 び 試 料 の 調 製 1 食 肉 製 品 鯨 肉 製 品 及 び 魚 肉 ねり 製 品 (1) 1 検 体 当 たり 約 100 gを 採 取 する 検

別 添 ( 別 紙 1) 食 肉 製 品 鯨 肉 製 品 及 び 魚 肉 ねり 製 品 の 試 験 法 第 1 検 体 の 採 取 運 搬 及 び 試 料 の 調 製 1 食 肉 製 品 鯨 肉 製 品 及 び 魚 肉 ねり 製 品 (1) 1 検 体 当 たり 約 100 gを 採 取 する 検 食 安 発 0729 第 5 号 平 成 27 年 7 月 29 日 各 検 疫 所 長 殿 医 薬 食 品 局 食 品 安 全 部 長 ( 公 印 省 略 ) 食 品 添 加 物 等 の 規 格 基 準 に 定 めるサルモネラ 属 菌 及 び 黄 色 ブドウ 球 菌 の 試 験 法 の 改 正 について 食 品 添 加 物 等 の 規 格 基 準 ( 昭 和 34 年 厚 生 省 告 示 第 370

More information

Microsoft Word - 原稿 一般衛生管理マニュアル解説書

Microsoft Word - 原稿 一般衛生管理マニュアル解説書 8 食 品 等 の 衛 生 的 な 取 扱 管 理 規 定 の 遵 守 事 項 管 理 運 営 基 準 6 食 品 等 の 取 扱 い (1) 原 材 料 の 仕 入 れに 当 たっては 品 質 鮮 度 包 装 状 態 表 示 等 について 点 検 すること ならびにそれ らの 結 果 および 当 該 原 材 料 の 購 入 先 の 記 録 に 努 めること (2) 原 材 料 は 当 該 原 材

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

5 ウイルス行政検査について

5 ウイルス行政検査について 5 ウイルス 行 政 検 査 について 平 成 12 年 5 月 8 日 健 医 感 発 第 43 号 各 都 道 府 県 ( 政 令 市 特 別 区 ) 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 省 保 健 医 療 局 結 核 感 染 症 課 長 標 記 については 昭 和 42 年 10 月 20 日 衛 防 第 50 号 厚 生 省 公 衆 衛 生 局 防 疫 課 長 通 知 により 実

More information

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 条 例 は 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 二 百 三 十 三 号 以 下 法 という )の 施 行 に ついて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 食 品 衛 生 検 査 施 設 の 設 備 及 び 職 員 の 配 置 の 基 準 ) 第 二 条 食 品 衛 生 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

(Microsoft Word - \216\350\210\370\202\253.doc)

(Microsoft Word - \216\350\210\370\202\253.doc) 衛 生 管 理 マ ニ ュ ア ル 作 成 の 手 引 き -ふりかけ 類 製 造 業 - 広 島 県 -ふりかけ 類 製 造 業 - 目 次 ふ り か け 類 製 造 業 の 定 義 1 第 1 章 個 別 基 準 - ふ り か け 類 製 造 業 - 2 第 2 章 マ ニ ュ ア ル 作 成 の ポ イ ン ト 及 び 記 載 例 1 機 械 器 具 類 の 衛 生 管 理 特 定 原 材

More information

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発 5-(1)-2 高 濃 度 硫 化 水 素 削 減 のための 汚 泥 脱 気 装 置 の 開 発 計 画 調 整 部 技 術 開 発 課 廣 繁 直 治 山 下 博 史 ( 現 経 理 部 業 務 管 理 課 ) 1. 目 的 東 京 都 区 部 で は 汚 泥 処 理 の 効 率 化 を 図 る た め に 集 約 処 理 を 進 め て い る 汚 泥 の 集 約 処 理 の 進 展 と と も

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

非化膿性脳脊髄炎を主徴とする山羊関節炎・脳脊髄炎のウイルス学的分析

非化膿性脳脊髄炎を主徴とする山羊関節炎・脳脊髄炎のウイルス学的分析 西 讃 地 域 における 乳 質 改 善 の 取 り 組 み 西 部 家 畜 保 健 衛 生 所 西 讃 支 所 高 橋 茂 隆 小 野 耕 一 澤 野 一 浩 真 鍋 圭 哲 1. はじめに 近 年 食 の 安 全 安 心 とともに 牛 乳 の 消 費 低 下 も 加 わって 酪 農 家 には 良 質 な 生 乳 の 生 産 が 求 められて いる そのため 乳 質 の 中 でも 体 細 胞 数

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

( 約 9.3ml)を 加 えて 磨 砕 して 粥 状 物 とし それを 10g 採 り メタリン 酸 酢 酸 溶 液 で 100mlに 定 容 した これを 濾 過 後 10ml 採 り 5%メタリン 酸 溶 液 を 20ml 加 えて 試 料 とした これにインドフェノール 試 液 (2,6-ジ

( 約 9.3ml)を 加 えて 磨 砕 して 粥 状 物 とし それを 10g 採 り メタリン 酸 酢 酸 溶 液 で 100mlに 定 容 した これを 濾 過 後 10ml 採 り 5%メタリン 酸 溶 液 を 20ml 加 えて 試 料 とした これにインドフェノール 試 液 (2,6-ジ 発 芽 野 菜 (スプラウト) 1. 目 的 スプラウトとよばれる 発 芽 野 菜 の 種 類 が 以 前 より 増 えているが これら の 野 菜 は 生 食 で 利 用 される 場 合 も 多 い そこで 発 芽 野 菜 を 消 費 者 が 利 用 するときの 参 考 となるよう その 性 質 を 探 るため 包 装 容 器 より 取 り 出 したそのままのものと 煮 沸 した 湯 へ3 秒 間

More information

1

1 -------------------------------------------------------------------------------- 別 添 5-4 事 後 調 査 の 計 画 -------------------------------------------------------------------------------- 1 事 後 調 査 項 目 の 選

More information

第29回 東京大学農学部公開セミナー

第29回 東京大学農学部公開セミナー 東 京 大 学 農 学 部 公 開 セミナー 第 48 回 食 卓 を 彩 る 農 学 研 究 講 演 要 旨 集 ~~~~~~~~~~ プログラム ~~~~~~~~~~ 開 会 の 挨 拶 13:3 5 ~ 1 4 : 2 5 和 食 の 中 心 ~ 米 と 魚 水 圏 生 物 科 学 専 攻 教 授 潮 秀 樹 休 憩 ( 10 分 ) 1 4 : 3 5 ~ 1 5 : 2 5 肉 こそ 豊

More information

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ---

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは --- 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ------------------------------------------------------------------------

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

113066

113066 第 28 回 山 﨑 賞 3 分 解 者 のキチナーゼ 活 性 に 関 する 研 究 1. はじめに 夏 にはいろいろなところでセミの 抜 け 殻 を 見 つけることができる しかし 夏 以 降 になると 発 見 できなくなる 何 がぬけがらを 分 解 しているのだろう これが 先 輩 が 疑 問 に 思 ったことであ り この 研 究 の 始 まりだった 文 献 を 調 べ セミの 抜 け 殻 のキチン

More information

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行)

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行) 凍 り 豆 腐 製 造 業 における 景 品 類 の 提 供 の 制 限 及 び 凍 り 豆 腐 の 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 と 施 行 規 則 規 約 施 行 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 という ) は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 ) 第 31

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し 第 4 鶏 2 章 信 州 黄 金 シャモ 衛 生 管 理 マニュアル 信 州 黄 金 シャモ 飼 育 の 統 一 基 準 で 定 められている 衛 生 管 理 は 下 記 の2 項 目 です 最 寄 りの 家 畜 保 健 衛 生 所 と 協 同 して 防 疫 対 策 に 取 り 組 んでください (1)サルモネラ 検 査 家 畜 保 健 衛 生 所 による 導 入 一 か 月 以 降 のロット 毎

More information

食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令

食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令 資 料 2-1 食 品 衛 生 法 第 十 九 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 表 示 の 基 準 に 関 する 内 閣 府 令 ( 平 成 23 年 内 閣 府 令 第 45 号 ) 第 1 次 平 成 23 年 9 月 22 日 内 閣 府 令 第 51 号 第 2 次 平 成 24 年 7 月 25 日 内 閣 府 令 第 51 号 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法

More information

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫 廃 棄 物 埋 立 地 から 発 生 する 硫 化 水 素 とその 対 策 - 埼 玉 の 環 境 と 地 域 産 業 を 見 据 えた 埋 立 工 法 の 開 発 に 向 けて- 廃 棄 物 管 理 担 当 小 野 雄 策 1 廃 棄 物 埋 立 地 における 硫 化 水 素 問 題 最 近 廃 棄 物 最 終 処 分 場 において 発 生 した によって 処 分 場 の 作 業 員 が 死 亡

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 8 保 安 第 12 号 消 防 特 第 39 号 平 成 8 年 3 月 29 日 関 係 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 殿 通 商 産 業 省 環 境 立 地 局 保 安 課 長 自 治 省 消 防 庁 特 殊 災 害 室 長 新 設 等 の 計 画 の 届 出 に 係 る 審 査 事 務 の 簡 素 合 理 化 に ついて( 通 知 ) 改 正 平 成 10 年 1 月 19

More information

販売の用に供する添加物の表示について

販売の用に供する添加物の表示について 1 食 品 表 示 部 会 第 3 回 生 鮮 食 品 業 務 用 食 品 の 表 示 に 関 する 調 査 会 資 料 販 売 の 用 に 供 する 添 加 物 の 表 示 について 平 成 26 年 3 月 14 日 消 費 者 庁 食 品 表 示 企 画 課 目 次 販 売 の 用 に 供 する 添 加 物 への 表 示 について 3 添 加 物 について 5 販 売 の 用 に 供 する 添

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

8.2 重 大 なハザードに 対 するリスク 分 析 及 びリスク 低 減 措 置 の 結 果 本 品 について JIS T14971 を 参 照 してリスクマネジメントを 実 施 した 結 果 そのリスク 分 析 において 特 定 したハザードのうち リスク 低 減 が 必 要 である 重 大 な

8.2 重 大 なハザードに 対 するリスク 分 析 及 びリスク 低 減 措 置 の 結 果 本 品 について JIS T14971 を 参 照 してリスクマネジメントを 実 施 した 結 果 そのリスク 分 析 において 特 定 したハザードのうち リスク 低 減 が 必 要 である 重 大 な 8. リスク 分 析 8.1 リスク 分 析 実 施 の 体 制 本 品 のリスクマネジメントは 申 請 者 である 製 造 販 売 業 者 テルモ 株 式 会 社 にて JIS T 14971: 2007 医 療 機 器 -リスクマネジメントの 医 療 機 器 への 適 用 (ISO14971:Application of Risk Management to Medical Devices)に

More information

水 道 水 で30 日 間 栽 培 した その 結 果 全 ての 水 槽 でDOが3.0 mg/l 以 下 そのうち2つが 1.0mg/l 以 下 に 減 少 した( 図 2) このことから WHがDOを 低 下 させる 一 因 であるこ とが 確 かめられた このDOの 降 下 が 従 属 栄 養

水 道 水 で30 日 間 栽 培 した その 結 果 全 ての 水 槽 でDOが3.0 mg/l 以 下 そのうち2つが 1.0mg/l 以 下 に 減 少 した( 図 2) このことから WHがDOを 低 下 させる 一 因 であるこ とが 確 かめられた このDOの 降 下 が 従 属 栄 養 第 53 回 日 本 学 生 科 学 賞 入 選 3 等 第 53 回 静 岡 県 学 生 科 学 賞 県 教 育 長 賞 3 ホテイアオイのつくるバイオループ 学 校 法 人 静 岡 理 工 科 大 学 静 岡 北 高 等 学 校 科 学 部 水 質 班 2 年 五 島 菜 々 鈴 木 圭 祐 高 橋 周 平 瀧 田 祐 介 村 田 稔 恭 1.はじめに ホテイアオイ( 以 後 は 英 語 名 がWater

More information

H28知事・国立あて

H28知事・国立あて 28 文 科 初 第 409 号 平 成 28 6 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 殿 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 長 小 松 親 次 郎 ( 印 影 印 刷 ) 平 成 28 度 学 校 給 食 表 彰 に 関 する 被 表 彰 候 補 者 の 推 薦 について( 依 頼 ) 文 部 科 学 省 では 学

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

Microsoft Word - ★【通知】「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について(番号入り)

Microsoft Word - ★【通知】「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について(番号入り) 食 安 発 1022 第 10 号 平 成 25 年 10 月 22 日 都 道 府 県 知 事 各 保 健 所 設 置 市 長 殿 特 別 区 長 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 食 品 安 全 部 長 ( 公 印 省 略 ) 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル の 改 正 について 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル については 大 規 模 食 中 毒 対

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

図 3. ア ル テ ミアの 雌 が 産 む 幼 生 と 耐 久 卵 ( 予 備 実 験 ) 1 ア ル テ ミ ア 耐 久 卵 の 大 き さ 今 回 の 実 験 で は 材 料 と し て テ ト ラ ブ ラ イ ン シ ュ リ ン プ エッグスを 用 いた( 図 4) テ ト ラ ブ ラ イ

図 3. ア ル テ ミアの 雌 が 産 む 幼 生 と 耐 久 卵 ( 予 備 実 験 ) 1 ア ル テ ミ ア 耐 久 卵 の 大 き さ 今 回 の 実 験 で は 材 料 と し て テ ト ラ ブ ラ イ ン シ ュ リ ン プ エッグスを 用 いた( 図 4) テ ト ラ ブ ラ イ 最 強 のシェルター!アルテミアの 耐 久 卵 を させるには? 研 究 者 担 当 職 員 小 山 田 渓 乃 村 上 史 佳 安 江 望 清 水 加 奈 1. ア ル テ ミ ア と は? アルテミアは 節 足 動 物 門 甲 殻 亜 門 無 甲 目 ア ル テ ミ ア 属 に 属 す る 種 の 総 称 で ホウ ネ ン エ ビ と 同 じ 目 に 属 す る 今 回 材 料 に 用 いた a

More information

ア 正 しい 苦 情 処 理 苦 情 は 重 要 な 情 報 源 としてとらえることが 大 切 です いかに 些 細 な 苦 情 であっても 正 確 にその 本 質 を 確 認 し 誠 意 を 持 って 迅 速 に 対 応 することが 大 切 で す このため 苦 情 対 応 の 責 任 者 を 決

ア 正 しい 苦 情 処 理 苦 情 は 重 要 な 情 報 源 としてとらえることが 大 切 です いかに 些 細 な 苦 情 であっても 正 確 にその 本 質 を 確 認 し 誠 意 を 持 って 迅 速 に 対 応 することが 大 切 で す このため 苦 情 対 応 の 責 任 者 を 決 Ⅳ 食 品 製 造 事 業 の 運 営 1 食 品 製 造 に 従 事 する 者 としての 健 康 管 理 食 物 は 人 間 の 生 命 健 康 の 維 持 増 進 になくてはならないものです 食 品 を 製 造 販 売 するということは 同 時 に 消 費 者 の 生 命 健 康 を 預 かっているとい えるでしょう 消 費 者 へ 提 供 される 食 品 は 衛 生 的 に 管 理 された 施

More information

P. 9-2 検 討 を 進 めたが 必 要 に 応 じて 食 品 企 業 団 体 案 および 国 外 の 関 連 資 料 の 内 容 も 考 慮 した 2.ガイドライン 案 の 適 用 対 象 厚 生 労 働 省 自 主 点 検 ガイドライン は 錠 剤 カプセル 状 等 食 品 の 製 造 に

P. 9-2 検 討 を 進 めたが 必 要 に 応 じて 食 品 企 業 団 体 案 および 国 外 の 関 連 資 料 の 内 容 も 考 慮 した 2.ガイドライン 案 の 適 用 対 象 厚 生 労 働 省 自 主 点 検 ガイドライン は 錠 剤 カプセル 状 等 食 品 の 製 造 に P. 9-1 健 康 食 品 の 安 全 性 評 価 ガイドライン (2008 年 6 月 更 新 ) 財 団 法 人 日 本 健 康 栄 養 食 品 協 会 健 康 食 品 安 全 性 評 価 に 係 る 検 討 委 員 会 Ⅰ.ガイドライン 作 成 の 目 的 と 安 全 性 評 価 の 基 本 的 考 え 方 1. 目 的 近 年 国 民 の 健 康 に 対 する 関 心 の 高 まりなどを

More information

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22 図 1-Ⅱ-2 冷 却 塔 の 例 ( 左 : 開 放 型 右 : 密 閉 型 ) < 維 持 管 理 方 法 > 1. 維 持 管 理 の 留 意 点 建 築 物 の 冷 却 水 は 空 調 用 冷 凍 機 などの 熱 を 発 生 する 機 器 と 冷 却 塔 の 間 を 循 環 して 発 生 した 熱 を 冷 却 塔 から 放 出 するのに 用 いられる 冷 却 水 は 夏 期 に 水 温 25~35

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件 イ 理 化 学 細 菌 学 的 検 査 等 1 理 容 所 美 容 所 暖 房 期 及 び 冷 房 期 における 作 業 所 内 の 空 気 検 査 ( 一 酸 化 炭 素 二 酸 化 炭 素 )を 実 施 し 換 気 方 法 について 改 善 指 導 し 事 故 防 止 に 努 めている 2 テトラクロロエチレン 使 用 クリーニング 所 ドライ 溶 剤 の 安 全 な 取 り 扱 いのため テトラクロロエチレン

More information

Microsoft Word - comment18.doc

Microsoft Word - comment18.doc 屋 外 用 木 材 塗 料 1. 屋 外 用 木 材 塗 料 の 定 義 屋 外 用 木 材 塗 料 とは 羽 目 板 窓 枠 ウッドデッキおよび 門 扉 などの 屋 外 木 部 に 適 用 され 高 耐 候 性 防 腐 性 防 かび 性 および 防 蟻 性 などの 性 能 を 有 することを 謳 ったものと 定 義 する 2. 調 査 対 象 商 品 の 選 定 方 法 調 査 対 象 商 品 は

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循 能 代 山 本 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 平 成 22 年 11 月 9 日 平 成 24 年 1 月 1 日 変 更 報 告 平 成 25 年 1 月 7 日 変 更 報 告 平 成 26 年 1 月 8 日 変 更 報 告 能 代 山 本 広 域 市 町 村 圏 組 合 能 代 市 藤 里 町 三 種 町 八 峰 町 目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会

More information

目 次 1 位 置 気 象 1 2 沿 革 1 ~ 2 3 組 織 体 制 ( 1 ) 組 織 の 概 要 3 ( 2 ) 職 員 数 3 ( 3 ) 業 務 分 担 4 ~ 5 4 事 業 概 要 ( 1 ) 当 初 予 算 6 ( 2 ) 用 地 面 積 6 ( 3 ) 主 要 施 設 7 (

目 次 1 位 置 気 象 1 2 沿 革 1 ~ 2 3 組 織 体 制 ( 1 ) 組 織 の 概 要 3 ( 2 ) 職 員 数 3 ( 3 ) 業 務 分 担 4 ~ 5 4 事 業 概 要 ( 1 ) 当 初 予 算 6 ( 2 ) 用 地 面 積 6 ( 3 ) 主 要 施 設 7 ( 平 成 2 7 年 度 秋 田 県 畜 産 試 験 場 業 務 概 要 ( 平 成 2 7 年 4 月 ) 0 1 0-1 7 0 1 秋 田 県 大 仙 市 神 宮 寺 字 海 草 沼 谷 地 1 3-3 TEL 総 務 企 画 室 (0187) 72-2511 FAX 総 務 企 画 室 (0187) 72-4371 飼 料 家 畜 研 究 部 (0187) 72-3814 研 究 部 (0187)

More information

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 9 平 成 2 1 年 3 月 3 1 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報 者 よ り 取 得 効 増 加 財 ち 処 分 制 限 財 よ り 取 得 効 増 加 財 処 分 制 限 期 間 定 め 件 平 成 年 月 日 文 部 科 省 告 示 改 正 : 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年

More information

即席めんの表示に関する公正競争規約

即席めんの表示に関する公正競争規約 即 席 めんの 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 規 約 施 行 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 という )は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 即 席 めんの 取 引 に ついて 行 う 表 示 に 関 する

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

輸入食品監視指導計画

輸入食品監視指導計画 厚 生 労 働 省 Ministry of Health, Labour and Welfare 輸 入 食 品 等 の 安 全 性 確 保 について 平 成 255 年 7 月 23 日 新 潟 検 疫 所 金 沢 七 尾 出 張 所 / 小 松 空 港 出 張 所 新 潟 検 疫 所 食 品 監 視 課 小 松 空 港 分 室 黒 飛 敏 1 内 容 輸 入 食 品 の 現 状 について 輸 出

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 書 平 成 28 年 3 月 31 日 第 1 版 平 成 28 年 3 月 南 但 広 域 行 政 事 務 組 合 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 平 成 28 年 3 月 1 基 本 的 事 項 (1) 計 画 区 域 南 但 地 域 全 域 ( 養 父 市 朝 来 市 の 全

More information

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合 太 田 市 簡 易 専 用 水 道 の 手 引 き 問 い 合 わせ 先 太 田 市 役 所 環 境 政 策 課 電 話 : 0276-47-1893 FAX : 0276-47-1881 1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給

More information

付録2192.ec9

付録2192.ec9 広 島 県 医 師 会 速 報 ( 第 号 ) 付 録 年 ( 平 成 年 ) 月 日 ( ) 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 について 広 島 県 医 師 会 常 任 理 事 渡 邊 弘 司 本 県 における 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 につきましては すでにお 知 らせしておりますが

More information

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高 1.VS34( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VS34は 生 きた 微 生 物 群 で バーミキュライト( 蛭 石 )に 放 線 菌 細 菌 糸 状 菌 酵 母 等 の 有 効 微 生 物 を 培 養 吸 着 した 総 合 的 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 堆 肥 ボカシ 肥 料 づくり 3 連 作 障 害 対 策

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

平成22年6月28日

平成22年6月28日 平 成 22 年 6 月 28 日 海 洋 深 層 水 及 びβ-グルカンを 基 材 に 用 いた 化 粧 品 の 機 能 評 価 皮 膚 における 機 能 性 の 研 究 高 知 大 学 医 学 部 看 護 学 科 臨 床 看 護 学 教 室 渡 部 嘉 哉 溝 渕 俊 二 我 々はこれまで 深 層 水 と ソフィβ グルカン(SBG) の 機 能 性 をそれ ぞれ 独 立 したテーマとして 研

More information

Microsoft PowerPoint - H19_090629.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - H19_090629.ppt [互換モード] 栄 養 摂 取 状 況 調 査 で 得 られた 内 容 から できるだけ 真 の 値 に 近 づけるために 適 切 な 食 品 番 号 の 選 択 調 理 による 変 化 栄 養 素 が 強 化 されている 食 品 のコード 付 けなど 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 栄 養 疫 学 プログラム 国 民 健 康 栄 養 調 査 プロジェクト 野 末 みほ 平 成 19 年

More information

食 品 添 加 物 とは < 食 品 添 加 物 の 定 義 > 食 品 衛 生 法 第 4 条 第 2 項 添 加 物 とは 食 品 の 製 造 の 過 程 にお いて 又 は 食 品 の 加 工 若 しくは 保 存 の 目 的 で 食 品 に 添 加 混 和 浸 潤 その 他 の 方 法 によっ

食 品 添 加 物 とは < 食 品 添 加 物 の 定 義 > 食 品 衛 生 法 第 4 条 第 2 項 添 加 物 とは 食 品 の 製 造 の 過 程 にお いて 又 は 食 品 の 加 工 若 しくは 保 存 の 目 的 で 食 品 に 添 加 混 和 浸 潤 その 他 の 方 法 によっ 食 品 添 加 物 について 平 成 26 年 11 月 22 日 神 奈 川 県 食 品 衛 生 課 食 の 安 全 推 進 グループ 1 食 品 添 加 物 とは < 食 品 添 加 物 の 定 義 > 食 品 衛 生 法 第 4 条 第 2 項 添 加 物 とは 食 品 の 製 造 の 過 程 にお いて 又 は 食 品 の 加 工 若 しくは 保 存 の 目 的 で 食 品 に 添 加 混

More information

学校給食衛生管理基準

学校給食衛生管理基準 一 頁 文 部 科 学 省 告 示 第 六 十 四 号 学 校 給 食 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 百 六 十 号 ) 第 九 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 を 次 の よ う に 定 め 平 成 二 十 一 年 四 月 一 日 か ら 施 行 す る 平 成 二 十 一 年 三 月 三 十 一 日 文 部 科 学 大 臣 塩 谷

More information

目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面

目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面 面 接 ガイドライン 審 判 編 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 27 年 2 月 特 許 庁 目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前

More information

Microsoft Word - 要旨.doc

Microsoft Word - 要旨.doc アレルギー 物 質 を 含 む 食 品 の 検 査 について 新 潟 市 衛 生 環 境 研 究 所 衛 生 科 学 室 技 師 桃 井 拓 也 1 はじめに アレルギー 物 質 を 含 む 食 品 に 起 因 する 健 康 被 害 を 未 然 に 防 止 するため, 厚 生 労 働 省 は 平 成 13 年 4 月 に, 小 麦 など 5 品 目 のアレルギー 物 質 ( 特 定 原 材 料 )について

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の 栄 養 機 能 食 品 として 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 を 行 うには 1 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 に 含 まれる 栄 養 成 分 量 が 国 が 定 めた 下 限 上 限 値 の 基 準 に 適 合 していることが 必 要 です 定 められた 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 のほか 摂 取 す る 上 での 注 意 事 項 や 消 費 者 庁 長 官 の 個 別

More information

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川 大 気 汚 染 防 止 法 第 4 条 第 1 項 の 規 定 による 排 出 基 準 及 び 水 質 汚 濁 防 止 法 第 3 条 第 3 項 の 規 定 による 排 水 基 準 を 定 める 条 例 ( 昭 和 46 年 月 15 日 条 例 第 5 号 ) 改 正 昭 和 48 年 月 19 日 条 例 第 59 号 昭 和 50 年 月 1 日 条 例 第 33 号 昭 和 55 年 3

More information

(5) 特 定 施 設 の 使 用 の 方 法 (6) 色 等 の 処 理 の 方 法 (7) 排 出 水 の 色 等 の 汚 染 状 態 及 び 量 2 一 の 施 設 が 特 定 施 設 となった 際 現 にその 施 設 を 設 置 している 者 ( 設 置 の 工 事 をしている 者 を 含

(5) 特 定 施 設 の 使 用 の 方 法 (6) 色 等 の 処 理 の 方 法 (7) 排 出 水 の 色 等 の 汚 染 状 態 及 び 量 2 一 の 施 設 が 特 定 施 設 となった 際 現 にその 施 設 を 設 置 している 者 ( 設 置 の 工 事 をしている 者 を 含 和 歌 山 市 排 出 水 の 色 等 規 制 条 例 平 成 3 年 10 月 5 日 条 例 第 44 号 改 正 平 成 12 年 3 月 27 日 条 例 第 58 号 平 成 13 年 7 月 9 日 条 例 第 34 号 平 成 14 年 12 月 26 日 条 例 第 52 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 排 出 水 の 色 等 を 規 制 することにより 公 共 用

More information

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一 25 消 安 第 5776 号 環 水 大 土 発 第 1403281 号 平 成 26 年 3 月 28 日 ( 改 正 : 平 成 26 年 11 月 25 日 ) 各 都 道 府 県 知 事 宛 農 林 水 産 省 消 費 安 全 局 長 環 境 省 水 大 気 環 境 局 長 特 定 農 薬 ( 特 定 防 除 資 材 )として 指 定 された 資 材 ( 天 敵 を 除 く )の 留 意

More information

< F2D D312D AC28BAB95DB9153>

< F2D D312D AC28BAB95DB9153> Ⅵ 環 境 保 全 型 農 業 と 土 壌 管 理 1 有 機 質 肥 料 の 利 用 技 術 (1) 水 田 での 利 用 技 術 ア 有 機 質 肥 料 の 種 類 と 特 性 (ア) 有 機 質 肥 料 の 施 用 効 果 有 機 質 肥 料 は 肥 料 取 締 法 では 植 物 油 かす 類 魚 肥 類 骨 粉 類 肉 かす 粉 末 等 の 動 植 物 質 の 普 通 肥 料 をいう 土 壌

More information

表紙_責了.indd

表紙_責了.indd 2012 Vol. 36 環 境 都 市 宣 言 シンボルマーク 稚 内 市 では 生 ごみや 下 水 汚 泥 を 微 生 物 の 発 酵 により 減 容 すると 共 に 発 生 するバイオガスを 回 収 してエネルギーとして 活 用 するため 稚 内 市 バイオエネルギーセンターを 整 備 しました この 施 設 では 生 ごみ(4,200トン/ 年 ) 下 水 汚 泥 (2,100トン/ 年 )を

More information

官 報 公 示 整 理 番 号 官 報 公 示 整 理 番 号 化 学 名 又 は 一 般 名 含 有 率 化 学 式 ( 化 審 法 ) ( 安 衛 法 ) CAS 番 号 EC 番 号 水 酸 化 カリウム 3.3% KOH (1)-369 公 表 メタノ

官 報 公 示 整 理 番 号 官 報 公 示 整 理 番 号 化 学 名 又 は 一 般 名 含 有 率 化 学 式 ( 化 審 法 ) ( 安 衛 法 ) CAS 番 号 EC 番 号 水 酸 化 カリウム 3.3% KOH (1)-369 公 表 メタノ 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 製 品 番 号 :109351 製 品 和 名 : 水 酸 化 カリウムメタノール 溶 液 c(koh) = 0.5 mol/l (0.5 N) チトリピュア 会 社 名 :メルク 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 目 黒 区 下 目 黒 1-8-1 アルコタワー 製 品 取 扱 部 門 :メルクミリポア 事 業 本 部 MSDS

More information

未 だに 自 己 責 任 で 食 べても 構 わないと 主 張 する 人 が 多 い 問 題 は 消 費 者 に 対 して 生 食 のリスクについての 情 報 提 供 の 機 会 が 少 ないことだと 感 じた : 豚 に 限 らないが 肉 の 生 食 についてはリスクがあるということを 小 学 校

未 だに 自 己 責 任 で 食 べても 構 わないと 主 張 する 人 が 多 い 問 題 は 消 費 者 に 対 して 生 食 のリスクについての 情 報 提 供 の 機 会 が 少 ないことだと 感 じた : 豚 に 限 らないが 肉 の 生 食 についてはリスクがあるということを 小 学 校 食 品 安 全 委 員 会 委 員 と 消 費 者 団 体 との 情 報 交 換 会 ( 第 8 回 ) 1. 日 時 : 平 成 27 年 2 月 20 日 ( 金 ) 10:00~12:00 2. 場 所 : 食 品 安 全 委 員 会 委 員 長 室 3. 出 席 者 :( 敬 称 略 ) ( 消 費 者 団 体 ) 主 婦 連 合 会 会 長 全 国 消 費 者 団 体 連 絡 会 事 務

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

表 1 主 な 種 子 伝 染 性 病 害 に 対 する 種 子 消 毒 薬 剤 および 庄 土 消 毒 剤 適 用 病 害 名 ば い ご も 使 用 回 薬 剤 名 有 効 成 分 か も ま み 使 用 時 期 希 釈 倍 数 使 用 方 法 苗 ち 葉 枯 数 の 制 病 病 枯 細 使 用

表 1 主 な 種 子 伝 染 性 病 害 に 対 する 種 子 消 毒 薬 剤 および 庄 土 消 毒 剤 適 用 病 害 名 ば い ご も 使 用 回 薬 剤 名 有 効 成 分 か も ま み 使 用 時 期 希 釈 倍 数 使 用 方 法 苗 ち 葉 枯 数 の 制 病 病 枯 細 使 用 水 稲 病 害 虫 防 除 対 策 (3 月 ~4 月 ) 農 薬 の 登 録 内 容 の 掲 載 については 慎 重 に 校 閲 しておりますが 登 録 内 容 は 随 時 変 更 が 行 われます また 農 薬 名 が 同 じでも 農 薬 製 造 会 社 により 登 録 内 容 が 異 なる 場 合 があります 農 林 水 産 省 のホームページ(http:// www.maff.go.jp/j/nouyaku/)

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要 市 民 の 健 康 ~ が ん の 予 防 と 体 操 で 健 康 づ く り ~ 1 挨 拶 こ ん に ち は 長 久 手 市 役 所 健 康 推 進 課 の 伊 藤 と 申 し ま す 本 日 は よ ろ し く お 願 い し ま す 座 っ た ま ま で 説 明 さ せ て い た だ き ま す 今 回 の タ イ ト ル は 市 民 の 健 康 が ん の 予 防 と 体 操 で 健

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

建物等清掃業務の仕様書、実施要領

建物等清掃業務の仕様書、実施要領 収 集 事 業 課 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 本 業 務 にかかる 実 施 要 領 機 名 実 施 回 数 実 施 月 その 他 は 下 記 のとおりとする 1. 委 託 場 所 明 石 市 大 久 保 町 松 陰 1138 明 石 市 環 境 部 収 集 事 業 課 2. 委 託 業 務 内 容 (1) 建 物 等 業 務 (2) 消 防 用 設 備 等 年 次 点 検

More information

(クイズ案 09

(クイズ案 09 食 パト 検 定 < 働 く 仲 間 編 > 出 題 内 容 食 パト 検 定 < 働 く 仲 間 編 >は 次 の 設 問 から 出 題 しています 心 がまえ 設 問 1 食 品 を 扱 う 作 業 をする 人 の 中 で 衛 生 的 な 取 扱 いに 注 意 しなければならないは 次 のうち 誰 でしょうか? 経 営 者 正 社 員 パート アルバイト a. すべての 立 場 の 人 b. 経

More information

(5) 適 用 方 法 及 び 用 量 アセトアミノフェンの 使 用 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 等 を 以 下 に 示 す 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 使 用 国 休 薬 期 間 となっているものについては 今 回 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号

(5) 適 用 方 法 及 び 用 量 アセトアミノフェンの 使 用 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 等 を 以 下 に 示 す 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 使 用 国 休 薬 期 間 となっているものについては 今 回 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 アセトアミノフェン 今 般 の 残 留 基 準 の 検 討 については 本 剤 について 動 物 用 医 薬 品 としての 製 造 販 売 の 承 認 申 請 がなされたこと 及 び 使 用 禁 止 期 間 の 変 更 について 要 望 書 が 提 出 されたことに 伴 い 薬 事 法 に 基 づく 使 用 基 準 の 変 更 について 農 林 水 産 大 臣 から 意 見 聴 取 があったことから

More information

酒税の基礎知識

酒税の基礎知識 酒 税 の 基 礎 知 識 1 酒 税 の 特 色 酒 類 には 酒 税 法 ( 昭 和 28 年 法 律 第 6 号 )により 酒 税 が 課 されます 酒 税 は 酒 類 を 製 造 場 ( 工 場 )から 移 出 ( 出 荷 )したとき 又 は 輸 入 したとき( 保 税 地 域 から 引 き 取 ったとき)に 課 税 されます したがって 酒 税 の 納 税 義 務 者 は 酒 類 を 製

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089BA908593B982C982A882AF82E995FA8ECB90AB95A88EBF91CE8DF48C9F93A282CC8A54977682C690AC89CA>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089BA908593B982C982A882AF82E995FA8ECB90AB95A88EBF91CE8DF48C9F93A282CC8A54977682C690AC89CA> 下 水 道 における 放 射 性 物 質 対 策 検 討 の 概 要 と 成 果 ~ 平 成 23 年 度 3 次 補 正 予 算 調 査 ~ < 目 的 > 下 水 道 における 放 射 性 物 質 対 策 に 活 用 しうる 技 術 を 広 く 募 集 し 実 証 試 験 等 により 実 用 性 を 評 価 して 対 策 の 促 進 を 図 る < 実 施 概 要 > 対 象 : 下 水 汚 泥

More information

ドで 使 用 されるのは 当 然 にあり 得 ることです 濃 度 や 使 用 量 にも 規 定 を 設 けられないのであれば これは 使 用 者 および 近 隣 者 にとって 危 険 なの は 明 らかであると 考 えます 4 酒 類 ( 焼 酎 ) 焼 酎 は 特 定 農 薬 への 指 定 を 進

ドで 使 用 されるのは 当 然 にあり 得 ることです 濃 度 や 使 用 量 にも 規 定 を 設 けられないのであれば これは 使 用 者 および 近 隣 者 にとって 危 険 なの は 明 らかであると 考 えます 4 酒 類 ( 焼 酎 ) 焼 酎 は 特 定 農 薬 への 指 定 を 進 別 紙 特 定 農 薬 ( 特 定 防 除 資 材 )の 検 討 対 象 としている 資 材 の 取 扱 い( 案 )についての 意 見 の 概 要 及 び 対 応 方 針 について ( 平 成 25 年 2 月 24 日 ~ 平 成 26 年 月 22 日 ) 該 当 箇 所 等 意 見 要 旨 対 応 方 針 件 数 引 き 続 き 検 討 対 象 とする 資 材 に 対 する 意 見 インドセン

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

目 次. 償 却 資 産 とは () 償 却 資 産 とは (2) 償 却 資 産 の 種 類 (3) 建 物 付 属 設 備 の 償 却 資 産 と 家 屋 の 区 分 2 2. 償 却 資 産 の 申 告 について () 申 告 していただく 方 3 (2) 申 告 の 対 象 となる 資 産

目 次. 償 却 資 産 とは () 償 却 資 産 とは (2) 償 却 資 産 の 種 類 (3) 建 物 付 属 設 備 の 償 却 資 産 と 家 屋 の 区 分 2 2. 償 却 資 産 の 申 告 について () 申 告 していただく 方 3 (2) 申 告 の 対 象 となる 資 産 平 成 27 年 度 償 却 資 産 ( 固 定 資 産 税 ) 申 告 の 手 引 き 市 税 につきましては 日 頃 からご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 しあげます 固 定 資 産 税 の 対 象 となる 償 却 資 産 の 所 有 者 は 地 方 税 法 第 383 条 の 規 定 により 毎 年 月 日 現 在 に 所 有 している 償 却 資 産 を 当 該 償 却 資 産 の

More information

食品表示法(生鮮食品)

食品表示法(生鮮食品) 研 修 会 資 料 3 食 品 表 示 法 ( 食 品 添 加 物 ) 茨 城 県 保 健 福 祉 部 生 活 衛 生 課 食 の 安 全 対 策 室 基 準 本 文 総 則 ( 第 1 章 ) 食 品 表 示 基 準 の 概 要 適 用 範 囲 ( 第 1 条 ) 定 義 ( 第 2 条 ) 食 品 区 分 ご と の 表 示 事 項 等 加 工 食 品 ( 第 2 章 ) 生 鮮 食 品 ( 第

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

申出書記載に当たっての注意事項(中間物)

申出書記載に当たっての注意事項(中間物) 申 出 書 記 載 に 当 たっての 注 意 事 項 ( 輸 出 専 用 品 ) Ⅰ. 全 体 を 通 しての 注 意 事 項 申 出 書 及 び 確 認 書 の 様 式 は 新 規 化 学 物 質 の 製 造 又 は 輸 入 に 係 る 届 出 等 に 関 する 省 令 で 定 められているため 項 目 の 名 称 等 が 様 式 と 異 なる 場 合 に は 軽 微 なものであっても 受 け 付

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 に 係 る 水 道 法 第 二 一 条 に 規 定 する 健 康 診 断 の 実 施 等 について( 平 成 八 年 八 月 六 日 )( 衛 水 第 二 三 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 水 道 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 厚 生 省 生 活 衛 生 局 水 道 環 境 部 水 道 整 備 課 長 通 知 ) 伝 染 病 予 防 法

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒)

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒) 第 7 章 維 持 管 理 138 第 7 章 維 持 管 理 7.1 維 持 管 理 給 水 装 置 はお 客 様 ( 需 要 者 )に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり 給 水 装 置 の 的 確 な 維 持 管 理 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えるため 水 を 汚 染 し 又 は 漏 水 のない よう 随 時 又 は 定 期 的 に 行 うこと 給

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

はじめに 食 品 表 示 部 会 において 同 部 会 設 置 運 営 規 程 第 四 条 に 基 づき 部 会 の 下 に 栄 養 表 示 に 関 する 調 査 会 生 鮮 食 品 業 務 用 食 品 の 表 示 に 関 する 調 査 会 加 工 食 品 の 表 示 に 関 する 調 査 会 の3

はじめに 食 品 表 示 部 会 において 同 部 会 設 置 運 営 規 程 第 四 条 に 基 づき 部 会 の 下 に 栄 養 表 示 に 関 する 調 査 会 生 鮮 食 品 業 務 用 食 品 の 表 示 に 関 する 調 査 会 加 工 食 品 の 表 示 に 関 する 調 査 会 の3 食 品 表 示 部 会 栄 養 表 示 に 関 する 調 査 会 報 告 書 平 成 26 年 6 月 12 日 消 費 者 委 員 会 食 品 表 示 部 会 栄 養 表 示 に 関 する 調 査 会 はじめに 食 品 表 示 部 会 において 同 部 会 設 置 運 営 規 程 第 四 条 に 基 づき 部 会 の 下 に 栄 養 表 示 に 関 する 調 査 会 生 鮮 食 品 業 務 用 食

More information