<4D F736F F D2091E F189EF8B638E9197BF82512E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63>"

Transcription

1 資 料 2 広 域 的 課 題 の 整 理 のまとめ 方 等 について 目 次 1. 検 討 の 視 点...1 (1) 広 域 的 課 題 の 整 理 の 目 的...1 (2) 課 題 等 のとりまとめ 方 法...1 (3) 広 域 的 課 題 等 として 整 理 することが 考 えられるもの( 例 ) 各 市 の 現 況 の 整 理 に 用 いるデータ 指 標 案...3 参 考 1 県 ヒアリング 結 果 に 見 る 本 地 域 の 広 域 的 課 題...5 参 考 2 東 葛 市 町 広 域 行 政 連 絡 協 議 会 広 域 行 政 研 究 会 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 調 査 報 告 書 ( 平 成 15 年 3 月 )において 整 理 した 広 域 的 課 題... 10

2 本 資 料 は 今 後 研 究 会 において 東 葛 地 域 の 広 域 的 な 課 題 等 を 検 討 していくにあたり 検 討 の 視 点 や 整 理 する 基 礎 データ 項 目 案 などについて 案 を 示 すものである 具 体 的 な 課 題 の 提 示 やデータ 整 理 等 については 中 間 報 告 に 向 け 今 後 作 業 を 行 う 1. 検 討 の 視 点 (1) 広 域 的 課 題 の 整 理 の 目 的 東 葛 地 域 の 将 来 のまちづくりの 方 向 性 を 検 討 するにあたり 地 域 の 現 況 と 広 域 的 に 対 応 すべきと 考 えられる 課 題 の 整 理 を 行 う また 現 況 と 広 域 的 課 題 を 踏 まえ 東 葛 地 域 の 広 域 的 なまちづくりの 方 向 性 を 検 討 する なお 広 域 的 課 題 の 定 義 については 特 に 厳 密 に 定 めるものではないが 概 ね 次 のような 課 題 を 指 すこととする 東 葛 地 域 全 域 に 影 響 がある 広 域 的 に 取 り 組 むべきテーマ( 例 : 環 境 問 題 交 通 利 便 性 向 上 など) 各 市 に 共 通 する 課 題 ( 例 : 公 共 施 設 の 維 持 更 新 など) 市 境 付 近 での 課 題 ( 例 : 住 民 の 利 便 性 やまちづくりの 一 体 性 に 係 る 課 題 ( 小 学 校 や 消 防 署 等 の 効 果 的 効 率 的 配 置 など) など (2) 課 題 等 のとりまとめ 方 法 以 下 のような 検 討 材 料 をもとに とりまとめを 行 う 地 域 特 性 を 表 す 各 種 データ(2. 参 照 )の 整 理 分 析 から 考 察 千 葉 県 市 町 村 合 併 推 進 審 議 会 が 平 成 17 年 12 月 ~ 平 成 18 年 5 月 にかけて 県 内 全 市 町 村 に 対 し 実 施 した 合 併 推 進 構 想 策 定 に 係 る 市 町 村 ヒアリング の 関 連 部 分 を 踏 まえ 考 察 参 考 1 参 照 各 市 が 広 域 的 課 題 ( 広 域 的 に 処 理 すべきと 考 えられる 事 項 )を 持 ち 寄 り その 解 決 の 方 向 性 なども 含 め 議 論 をもとに 整 理 平 成 14 年 度 に 東 葛 市 町 広 域 行 政 連 絡 協 議 会 の 中 に 設 置 した 研 究 会 でまとめた 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 調 査 報 告 書 において 整 理 した 広 域 的 課 題 については 参 考 2 参 照 1

3 (3) 広 域 的 課 題 等 として 整 理 することが 考 えられるもの( 例 ) 例 えば 以 下 のようなものが 課 題 の 一 例 として 考 えられるのではないか 現 時 点 で 他 にどのような 課 題 が 想 定 されるか 第 2 回 研 究 会 においては 意 見 交 換 を 行 いたい 広 域 的 課 題 ( 例 ) 順 不 同 人 口 減 少 社 会 分 権 社 会 において 自 治 体 間 競 争 が 進 む 中 地 域 の 総 合 力 の 向 上 が 求 められる 人 口 急 増 期 に 整 備 した 公 共 施 設 やインフラ 等 の 維 持 更 新 ( 耐 震 改 修 含 む)が 必 要 となっており 住 民 利 便 性 の 維 持 向 上 や 財 源 の 確 保 等 が 課 題 となっている 特 に 市 境 付 近 などにおいて 公 共 施 設 サービ スの 効 果 的 効 率 的 な 提 供 が 課 題 となっている 廃 棄 物 問 題 や 水 質 浄 化 緑 の 保 全 など 環 境 問 題 は 単 独 の 市 だけでは 解 決 が 困 難 な 面 があり 広 域 的 な 対 応 が 課 題 となっている 鉄 道 網 の 一 層 の 充 実 や 利 便 性 の 向 上 が 課 題 とな っている また 域 内 交 通 の 充 実 が 課 題 となって いる 総 合 的 な 医 療 体 制 の 整 備 や 負 担 のあり 方 等 が 課 題 となっている など 政 令 指 定 都 市 となること あるいは 合 併 による 課 題 解 決 の 可 能 性 ( 例 ) 資 料 1の 5. 政 令 指 定 都 市 移 行 により 想 定 される 変 化 影 響 等 に 係 る 論 点 の 分 析 と 合 わせ 今 後 検 討 していく 同 上 同 上 同 上 同 上 同 上 2

4 2. 各 市 の 現 況 の 整 理 に 用 いるデータ 指 標 案 本 研 究 会 の 中 間 報 告 に 向 け 東 葛 6 市 の 現 況 を 整 理 する 上 で 以 下 のようなデータを 整 理 することが 考 えられる データ 整 理 の 目 的 本 地 域 の 特 性 を 整 理 するため 本 地 域 の 広 域 的 な 課 題 等 を 検 討 する 上 での 基 礎 データとするため 本 地 域 の 合 計 値 等 を 他 政 令 指 定 都 市 の 指 標 と 比 較 するため データ 等 の 選 定 の 基 準 地 域 特 性 行 財 政 状 況 を 表 す 基 礎 指 標 広 域 的 なまちづくりに 関 わるもの 6 市 計 の 指 標 を 他 政 令 指 定 都 市 の 指 標 と 比 較 して 有 意 であると 思 われるもの その 他 定 量 データではないが 東 葛 地 域 の 将 来 のまちづくりに 関 わりの 深 いと 思 われる 定 性 的 事 項 データの 種 類 によって 単 年 度 の 状 況 あるいは 経 年 変 化 を 見 るもの 等 を 区 別 整 理 するデータ( 例 ) (1) 人 口 大 項 目 中 項 目 データ 種 類 等 備 考 1 常 住 人 口 国 勢 調 査 人 口 ( 総 人 口 世 代 別 人 口 ) 世 帯 数 ( 総 世 帯 数 1 世 帯 あたり 人 口 ) 2 将 来 人 口 各 市 の 推 計 人 口 世 代 別 人 口 ( 各 市 の 総 合 計 画 のフレーム 及 び 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 推 計 値 ) 3 昼 間 人 口 国 勢 調 査 昼 間 人 口 昼 夜 間 人 口 比 4 交 流 人 口 主 要 駅 の 乗 降 客 数 主 な 商 業 施 設 大 学 観 光 施 設 等 の 利 用 者 数 (2) 1 面 積 総 面 積 可 住 地 面 積 面 積 土 地 利 用 2 土 地 利 用 地 目 別 面 積 (3) 日 常 生 活 圏 (4) 産 業 1 就 業 者 従 業 者 2 農 業 漁 業 3 工 業 4 商 業 5その 他 主 な 施 設 取 り 組 み 等 通 勤 ( 国 勢 調 査 ) 通 学 ( 国 勢 調 査 ) 商 圏 ( 県 の 商 圏 調 査 ) 産 業 別 就 業 者 数 産 業 別 従 業 者 数 農 業 従 事 者 数 主 要 農 作 物 作 付 面 積 内 水 面 漁 業 生 産 量 事 業 所 数 従 業 者 数 製 造 品 出 荷 額 等 商 店 数 従 業 者 数 及 び 年 間 商 品 販 売 額 等 地 元 購 買 率 等 インキュベーション 施 設 等 参 考 値 と して 整 理 する 時 点 が 古 いものと なる 可 能 性 あり 3

5 大 項 目 中 項 目 データ 種 類 等 備 考 (5) 公 共 施 設 公 的 施 設 (6) 地 域 コミュニ ティ (7) 行 財 政 (8) 将 来 のまちづ くりに 関 わる 国 県 及 び 各 市 等 の 施 策 1 小 中 学 校 2スポーツ 文 化 施 設 3 保 育 所 4その 他 福 祉 施 設 5 医 療 機 関 6 消 防 防 災 関 連 施 設 7 上 水 道 下 水 道 8 廃 棄 物 リサイク ル 関 連 施 設 9 今 後 施 設 の 維 持 更 新 等 が 課 題 とな りそうな 施 設 1 基 本 となるコミュ ニティ 単 位 位 置 児 童 生 徒 数 クラス 数 など 位 置 規 模 稼 働 状 況 など 位 置 園 児 数 サービス 概 要 待 機 者 数 など 位 置 施 設 概 要 主 な 医 療 機 関 通 院 状 況 消 防 署 位 置 装 備 概 要 出 動 状 況 避 難 場 所 備 蓄 整 備 状 況 清 掃 工 場 最 終 処 分 場 リサイクルセン ターの 位 置 等 産 業 廃 棄 物 処 理 施 設 等 の 位 置 等 施 設 課 題 の 概 要 2コミュニティ 拠 点 施 設 1 主 要 財 政 指 標 ( 決 算 カード 記 載 の 主 な 項 目 等 ) 2 職 員 数 議 会 議 員 数 などの 状 況 3 広 域 行 政 の 状 況 主 要 な 使 用 料 手 数 料 等 1 国 関 連 2 県 関 連 3 各 市 関 連 4その 他 現 況 職 員 数 については 集 中 改 革 プラン 等 の 概 要 必 要 に 応 じ 次 年 度 の 段 階 で 整 理 する 国 土 形 成 計 画 首 都 圏 基 本 計 画 等 の 策 定 状 況 と 主 な 論 点 都 市 交 通 ネットワーク 等 の 形 成 に 関 わ る 事 項 県 の 各 種 広 域 計 画 等 ( 消 防 広 域 化 医 療 圏 その 他 )の 状 況 と 今 後 の 主 な 論 点 県 実 施 の 事 業 のうち 本 地 域 に 特 に 影 響 があると 考 えられるもの 今 後 想 定 される 主 要 事 業 ( 広 域 的 なまち づくりに 影 響 の 大 きなもの 等 ) 民 間 の 大 規 模 施 設 等 の 移 転 計 画 などの 概 要 4

6 参 考 1 県 ヒアリング 結 果 に 見 る 本 地 域 の 広 域 的 課 題 平 成 17 年 7 月 に 千 葉 県 が 設 置 した 千 葉 県 市 町 村 合 併 推 進 審 議 会 では 平 成 17 年 12 月 ~ 平 成 18 年 5 月 にかけ 県 内 全 市 町 村 に 対 し 合 併 推 進 構 想 策 定 に 係 る 市 町 村 ヒアリングを 実 施 し その 結 果 を 第 2 回 審 議 会 ( 平 成 18 年 2 月 ) 第 3 回 審 議 会 ( 平 成 18 年 6 月 )に おいて 公 表 している ヒアリング 項 目 中 には 広 域 的 課 題 に 係 る 設 問 等 も 盛 り 込 まれており 以 下 に 課 題 等 に 係 る 主 な 設 問 の 中 から 東 葛 6 市 の 回 答 を 抜 粋 する 旧 合 併 特 例 法 下 で 合 併 を 経 験 した 野 田 市 柏 市 と 他 4 市 では 設 問 内 容 は 異 なる 貴 市 町 村 における 重 要 施 策 ( 政 策 的 に 重 要 施 策 と 位 置 付 けているものや 他 市 町 村 との 連 携 が 不 可 欠 で 広 域 的 に 対 応 すべき 課 題 など)とそれに 対 応 するための 課 題 は 何 ですか ま た どのように 対 応 する 方 針 ですか ( 近 年 の 合 併 経 験 市 への 設 問 はなし) 広 域 的 な 取 組 が 必 要 とされるもの 回 答 市 項 目 課 題 対 応 方 針 我 孫 子 市 手 賀 沼 や 利 根 川 古 利 根 沼 など 自 然 環 境 の 保 全 と 活 用 市 民 との 一 体 的 取 り 組 み 外 へ の 情 報 発 信 広 域 連 携 環 境 を 守 るための 用 地 の 取 得 や 環 境 資 源 を 活 かした 交 流 人 口 の 増 加 など 市 民 や 近 隣 自 治 体 と 連 携 し 積 極 的 な 取 り 組 みを 展 開 するととも に その 情 報 を 発 信 していく 財 源 が 課 題 となるもの 回 答 市 項 目 対 応 方 針 松 戸 市 流 山 市 鎌 ケ 谷 市 小 中 学 校 及 び 清 掃 工 場 等 公 共 施 設 の 耐 震 改 修 および 更 新 つくばエクスプレ ス 沿 線 整 備 事 業 義 務 教 育 施 設 の 維 持 補 修 緊 急 性 の 高 い 施 設 から 順 次 対 処 しているが 2015 年 以 降 に 大 規 模 改 築 施 設 が 大 量 に 発 生 する 事 が 想 定 される その 為 計 画 的 な 対 応 が 必 要 国 庫 補 助 金 の 増 額 要 望 を 行 い さらに 保 留 地 の 早 期 処 分 が 可 能 と なるような 事 業 展 開 を 図 っていく 改 修 すべき 校 舎 等 は 多 数 あるが 財 源 の 許 す 範 囲 での 対 応 となっ ている 貴 市 町 村 の 今 後 10 年 間 程 度 を 見 通 した 行 財 政 運 営 についての 認 識 について 下 記 項 目 からのうち 該 当 するものを 一 つ 選 択 してください 1 現 在 の 行 政 サービスの 水 準 を 維 持 向 上 していくことが 可 能 : 柏 市 流 山 市 我 孫 子 市 2 現 在 の 行 政 サービスの 水 準 を 維 持 向 上 していくことは 困 難 : 鎌 ケ 谷 市 3その 他 : 松 戸 市 野 田 市 貴 市 町 村 の2030 年 におけるあるべき 姿 についてどのように 考 えていますか 1 現 状 の 規 模 のまま 行 財 政 改 革 による 効 率 化 を 図 り 住 民 生 活 を 支 えていく : 我 孫 子 市 2 市 町 村 合 併 による 行 財 政 基 盤 の 強 化 を 図 り 地 域 の 総 合 行 政 主 体 として 住 民 生 活 を 支 え ていく : 流 山 市 3 長 期 の 見 通 しは 行 っていない : 鎌 ケ 谷 市 4その 他 : 松 戸 市 野 田 市 柏 市 5

7 貴 市 町 村 の 住 民 の 生 活 圏 行 政 圏 などについて 一 体 性 があると 考 える 市 町 村 はどこです か 回 答 市 対 象 市 町 村 名 状 況 松 戸 市 野 田 市 柏 市 流 山 市 東 京 特 別 区 部 江 戸 川 を 境 界 として 東 京 23 区 に 隣 接 しており 12 年 度 国 勢 調 査 に よると 市 外 への 就 業 者 通 学 者 合 計 153,471 人 のうち99,8 14 人 (65%)が23 区 に 通 勤 通 学 している 柏 市 本 市 北 東 に 隣 接 しており 12 年 度 国 勢 調 査 によると 市 外 への 就 業 者 通 学 者 合 計 153,471 人 のうち 9,752 人 (6.4%)が 柏 市 に 柏 市 からは 松 戸 市 への 市 外 からの 就 業 者 通 学 者 総 計 60,91 2 人 のうち 10,075 人 (16.5%)が 通 勤 通 学 している 市 川 市 本 市 南 部 に 隣 接 しており 12 年 度 国 勢 調 査 によると 市 外 への 就 業 者 通 学 者 合 計 153,471 人 のうち 6,395 人 (4.2%)が 市 川 市 に 市 川 市 からは 松 戸 市 への 市 外 からの 就 業 者 通 学 者 総 計 60, 912 人 のうち 3,840 人 (6.3%)が 通 勤 通 学 している 流 山 市 本 市 北 部 に 隣 接 しており 12 年 の 国 勢 調 査 によると 市 外 への 就 業 者 通 学 者 合 計 153,471 人 のうち 3,017 人 (2.0%)が 流 山 市 へ 通 勤 通 学 し 流 山 市 からは 松 戸 市 への 市 外 からの 就 業 者 通 学 者 総 計 60,912 人 のうち 5,804 人 (9.5%)が 通 勤 通 学 し ている 鎌 ケ 谷 市 本 市 東 に 隣 接 しており 12 年 度 の 国 勢 調 査 によると 市 外 への 就 業 者 通 学 者 合 計 153,471 人 のうち 2,017 人 (1.3%)が 鎌 ヶ 谷 市 に 通 勤 通 学 し 鎌 ヶ 谷 市 からは 松 戸 市 への 市 外 からの 就 業 者 通 学 者 総 計 60,912 人 のうち 3,893 人 (6.4%)が 通 勤 通 学 している 東 葛 5 市 ( 流 山 柏 松 戸 我 孫 子 鎌 ケ 谷 ) 流 山 市 我 孫 子 市 松 戸 市 野 田 市 鎌 ケ 谷 市 松 戸 市 柏 市 野 田 市 野 田 市 は 千 葉 県 の 最 北 端 に 位 置 していて 南 北 に 長 く 茨 城 県 や 埼 玉 県 と の 行 政 境 もあることから 生 活 圏 は 3 県 に 及 んでいること また 行 政 境 の 全 てを 河 川 が 取 り 囲 むという 地 理 的 特 性 を 有 していることから 生 活 圏 行 政 圏 の 両 面 において 県 内 の 市 町 村 と 一 体 性 を 実 感 できる 状 況 がう まれにくいと 考 える ただ 県 内 においては 隣 接 する 流 山 市 柏 市 には 統 計 上 通 勤 通 学 者 が 相 対 的 に 多 いことや 買 い 物 等 で 出 かける 者 が 多 いことから 生 活 圏 として 一 体 性 があると 考 える また 野 田 市 を 含 めた 東 葛 6 市 は 東 葛 広 域 行 政 連 絡 協 議 会 により 広 域 的 な 行 政 課 題 の 調 査 研 究 を 行 っているこ ともあり 行 政 圏 としては 左 記 の 東 葛 5 市 と 一 体 性 があると 考 える 東 葛 中 部 地 区 総 合 開 発 事 務 組 合 で 火 葬 場 知 的 障 害 者 更 生 施 設 などの 事 務 を 共 同 処 理 している また 住 民 票 等 の 共 同 発 行 を 行 っている 東 武 野 田 線 豊 四 季 駅 や 常 磐 線 南 柏 駅 は 流 山 市 民 も 多 く 利 用 しており 一 体 感 は 強 い 東 葛 中 部 地 区 総 合 開 発 事 務 組 合 で 火 葬 場 知 的 障 害 者 更 生 施 設 などの 事 務 を 共 同 処 理 している また 住 民 票 等 の 共 同 発 行 を 行 っている また 手 賀 沼 に 関 連 した 浄 化 対 策 やスポーツ 花 火 などのイベントを 共 同 開 催 し ている 東 葛 6 市 ではこれまで 広 域 行 政 に 関 する 調 査 研 究 や 広 報 紙 への 各 市 の 情 報 掲 載 を 行 っている 東 葛 6 市 ではこれまで 広 域 行 政 に 関 する 調 査 研 究 や 広 報 紙 への 各 市 の 情 報 掲 載 などを 行 っている 柏 白 井 鎌 ヶ 谷 環 境 衛 生 組 合 でし 尿 ごみの 共 同 処 理 を 行 っている また 東 葛 6 市 ではこれまで 広 域 行 政 に 関 する 調 査 研 究 や 広 報 紙 への 各 市 の 情 報 掲 載 を 行 っている 三 市 は 行 政 境 により 隣 接 する 市 町 村 であります 住 宅 については 当 市 と 連 たんしている 地 域 もあり 住 民 視 点 での 一 体 性 も 見 られる 特 に つくばエクスプレス 開 通 により 柏 市 との 都 市 再 生 プロジェクトの 協 働 事 業 も 推 進 され 行 政 圏 の 一 体 性 も 今 後 強 まるものとなります また 市 民 の 商 業 地 利 用 についてでは 柏 駅 周 辺 は 流 山 市 民 にとっても 一 体 性 の ある 商 業 生 活 圏 であります 6

8 回 答 市 対 象 市 町 村 名 状 況 我 孫 子 市 鎌 ケ 谷 市 我 孫 子 市 鎌 ケ 谷 市 柏 市 柏 市 ( 隣 接 市 ) 柏 市 白 井 市 ( 隣 接 市 ) 船 橋 市 習 志 野 市 八 千 代 市 東 葛 中 部 地 区 総 合 開 発 事 務 組 合 ( 流 山 市 柏 市 我 孫 子 市 )の 構 成 市 で あり 障 害 者 厚 生 施 設 及 び 火 葬 場 の 共 同 利 用 を 行 っている また 図 書 館 の 共 同 利 用 も 行 っており 行 政 サービスの 面 でのつながりもあります 流 山 市 を 含 む 6 市 ( 上 記 4 市 を 含 む)で 構 成 される 東 葛 広 域 行 政 連 絡 協 議 会 の 構 成 市 であり 広 域 的 行 政 課 題 について 共 同 研 究 を 行 っている 手 賀 沼 を 挟 んで 隣 接 しており 手 賀 沼 を 生 かしたまちづくり 推 進 協 議 会 を 設 けている また 柏 駅 前 等 の 商 業 施 設 で 買 い 物 をする 我 孫 子 市 民 我 孫 子 市 の 生 涯 学 習 センターを 利 用 する 柏 市 民 は 多 い ゴミ 処 理 ( 旧 沼 南 町 分 )を 環 境 衛 生 組 合 で 共 同 処 理 している し 尿 処 理 を 環 境 衛 生 組 合 で 共 同 処 理 している 特 別 養 護 老 人 ホーム 斎 場 を 四 市 複 合 事 務 組 合 で 共 同 処 理 している 新 合 併 特 例 法 下 での 合 併 検 討 の 意 向 について 現 時 点 での 合 併 検 討 の 意 向 等 について 番 号 に 〇 印 をつけてください 1 検 討 したい: 松 戸 市 野 田 市 柏 市 流 山 市 我 孫 子 市 ( 各 市 とも 時 期 については 期 間 にこだわらず と 回 答 2 検 討 しない: - 3どちらとも 言 えない: 鎌 ケ 谷 市 上 記 の 回 答 の 理 由 など( 記 載 がある 市 のみ 抜 粋 ) ( 野 田 市 ) 現 在 見 通 しが 不 透 明 である 道 州 制 の 議 論 が 深 まった 場 合 には 基 礎 自 治 体 である 市 町 村 に 多 くの 権 限 が 下 りることになるが 今 の 自 治 体 のマンパワーや 財 政 規 模 で 対 応 していくことは 困 難 である つまり それに 見 合 うだけの 財 源 やマンパワ ーが 必 要 であると 考 えられることから 東 葛 地 域 について 言 うなら 大 規 模 な 広 域 合 併 ( 政 令 市 規 模 )について 議 論 する 必 要 があるものと 考 える 政 令 市 では それぞれの 区 に 権 限 をある 程 度 残 し ある 程 度 の 行 政 サービスを 完 結 させなければならず 行 政 改 革 効 果 を 出 すための 行 政 機 構 の 集 中 ができないことから どれだけスケールメリットが 得 られるか どのくらい 税 源 移 譲 がなされるのかを 明 確 にする 必 要 があると 考 える また 東 葛 6 市 で 組 織 する 東 葛 広 域 行 政 連 絡 協 議 会 において 事 務 レベルの 組 織 として 政 令 指 定 都 市 問 題 研 究 会 を 立 ち 上 げ 政 令 指 定 都 市 に 関 するメリット デメリット 等 の 調 査 研 究 を 行 う 予 定 である ( 柏 市 ) 合 併 に 関 するメリット デメリット 等 について 東 葛 6 市 の 市 民 へ 充 分 な 説 明 を 行 う 必 要 があり 議 論 を 通 じて 合 併 に 向 けた 機 運 の 盛 り 上 がりも 必 要 である ( 流 山 市 ) 合 併 については 関 係 市 町 村 との 十 分 なコンセンサスなしに 行 うべきで はなく 県 の 考 えの 中 にあるスケールメリットや 理 念 だけでは 住 民 の 理 解 を 得 ること は 難 しく 十 分 な 調 査 研 究 が 必 要 と 考 えます 当 面 本 市 の 行 政 需 要 に 対 応 した 健 全 な 行 財 政 運 営 の 確 立 が 喫 緊 の 課 題 であると 考 えており このことが 政 令 市 実 現 に 向 けた 合 併 議 論 の 中 で 流 山 市 はそれが 実 現 するときに 吸 収 される 形 ではなく 対 等 に 議 7

9 論 の 筋 道 をつけることに 繋 がると 考 えます ( 我 孫 子 市 ) 政 令 指 定 都 市 を 目 指 した 広 域 の 合 併 の 検 討 は 期 限 にこだわらず 今 後 続 けていきたい ( 都 市 内 分 権 の 拡 充 など 制 度 改 正 も 含 め) ( 鎌 ケ 谷 市 ) 平 成 15 年 10 月 に 実 施 した 鎌 ケ 谷 市 市 民 意 識 調 査 (まちづくりアンケ ート)の 結 果 によれば 鎌 ケ 谷 市 単 独 で 規 模 に 見 合 う 整 備 を 進 める と 近 隣 市 との 広 域 行 政 を 進 める との 意 見 が 合 わせて 46.7%を 占 めており 市 民 の 合 併 への 意 向 は あまり 強 くありませんが 今 後 予 想 される 厳 しい 財 政 状 況 等 を 鑑 みると 検 討 の 必 要 性 を 認 識 しております 合 併 が 想 定 される 具 体 的 な 組 合 せがあればご 記 入 ください 回 答 市 対 象 市 町 村 名 状 況 松 戸 市 野 田 市 柏 市 流 山 市 我 孫 子 市 鎌 ケ 谷 市 柏 流 山 野 田 我 孫 子 鎌 ケ 谷 松 戸 市 川 浦 安 鎌 ケ 谷 松 戸 東 葛 6 市 ( 流 山 柏 松 戸 我 孫 子 鎌 ケ 谷 野 田 ) 域 内 における 人 的 交 流 が 多 い 東 葛 広 域 行 政 連 絡 協 議 会 により 連 携 の 実 績 がある 域 内 都 市 の 異 なる 状 況 が 補 完 関 係 の 可 能 性 将 来 の 東 京 外 郭 環 状 道 路 北 千 葉 道 路 の 整 備 促 進 庁 舎 建 て 替 え 等 イン フラ 面 の 共 通 課 題 市 川 松 戸 の 都 市 状 況 に 共 通 性 が 高 い 野 田 市 は 千 葉 県 の 最 北 端 に 位 置 していて 南 北 に 長 く 茨 城 県 や 埼 玉 県 と の 行 政 境 もあることから 生 活 圏 は 3 県 に 及 んでいること また 行 政 境 の 全 てを 河 川 が 取 り 囲 むという 地 理 的 特 性 を 有 していることから 生 活 圏 行 政 圏 の 両 面 において 県 内 の 市 町 村 と 一 体 性 を 実 感 できる 状 況 がう まれにくいと 考 える ただ 県 内 においては 隣 接 する 流 山 市 柏 市 には 統 計 上 通 勤 通 学 者 が 相 対 的 に 多 いことや 買 い 物 等 で 出 かける 者 が 多 いことから 生 活 圏 として 一 体 性 があると 考 える また 野 田 市 を 含 めた 東 葛 6 市 は 東 葛 広 域 行 政 連 絡 協 議 会 により 広 域 的 な 行 政 課 題 の 調 査 研 究 を 行 っているこ ともあり 行 政 圏 としては 左 記 の 東 葛 5 市 と 一 体 性 があると 考 える 東 葛 6 市 ( 松 東 葛 6 市 ではこれまで 広 域 行 政 に 関 する 調 査 研 究 や 広 報 紙 への 各 市 の 戸 市 流 山 市 情 報 掲 載 などを 行 っており 平 成 18 年 度 から 政 令 指 定 都 市 の 調 査 研 野 田 市 我 孫 究 を 行 う 予 定 子 市 鎌 ケ 谷 市 柏 市 ) 流 山 市 柏 市 松 戸 市 野 田 市 我 孫 子 市 鎌 ケ 谷 市 ( 記 載 なし) ( 記 載 なし) ( 記 載 なし) ( 記 載 なし) いずれも 東 葛 広 域 行 政 連 絡 協 議 会 の 構 成 市 であり 生 活 圏 及 び 行 政 圏 域 での 一 体 性 が 強 いため 合 併 に 向 けた 課 題 とその 対 応 方 針 について 合 併 に 向 けた 課 題 があれば 以 下 の 項 目 から 該 当 するものを 選 択 して を 付 してください ( 複 数 回 答 可 ) また 具 体 的 な 対 応 方 針 等 についても 併 せて 記 入 願 います ( 近 年 の 合 併 経 験 市 への 設 問 はなし) 住 民 サービス 負 担 の 格 差 に 関 するもの ( 流 山 市 ) インフラ 整 備 普 及 率 の 格 差 がある 住 民 意 識 に 関 するもの 8

10 ( 鎌 ヶ 谷 市 ) それぞれの 市 民 が 居 住 する 地 域 によって 生 活 圏 の 違 いがある 地 域 の 個 性 の 維 持 に 関 するもの ( 流 山 市 ) TX 沿 線 の 新 たなまちづくり 戦 略 地 域 とその 他 政 策 との 優 先 順 位 づけ 合 併 の 基 本 4 項 目 ( 期 日 方 式 名 称 事 務 所 の 位 置 )に 関 するもの ( 松 戸 市 ) 合 併 そのものに 大 半 の 賛 成 が 得 られたとしても 合 併 論 議 が 具 体 化 すれば これらの 項 目 が 理 屈 ではなく 感 情 として 受 け 入 れられるか どうかが 最 大 の 課 題 と 考 えられます 本 市 には 何 代 に 渡 って 生 活 してきた 市 民 も 多 く 最 悪 でも 対 等 合 併 市 名 は 新 しいものに 庁 舎 は 合 併 市 のなかの 中 央 付 近 にという 前 提 でないと 例 え 合 併 の 議 論 が 進 んでも 最 終 段 階 で 実 現 しないのではないか と 危 惧 します 9

11 参 考 2 東 葛 市 町 広 域 行 政 連 絡 協 議 会 広 域 行 政 研 究 会 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 調 査 報 告 書 ( 平 成 15 年 3 月 ) において 整 理 した 広 域 的 課 題 10 主 と し て 広 域 的 に 取 り 組 む べ き 地 域 課 題 医 療 鉄 道 道 路 基 盤 整 備 環 境 施 設 利 用 各 市 町 の 考 える 主 として 広 域 的 に 取 り 組 むべき 地 域 課 題 松 戸 市 柏 市 流 山 市 我 孫 子 市 鎌 ケ 谷 市 沼 南 町 国 保 松 戸 市 立 病 院 小 児 医 療 及 び 救 命 救 急 医 療 に 係 る 補 助 に 係 る 施 策 東 京 11 号 線 の 松 戸 延 伸 と 県 北 西 部 延 伸 常 磐 線 の 東 京 駅 乗 入 れ 成 田 新 高 速 鉄 道 首 都 圏 における 樹 林 地 の 相 続 税 軽 減 広 域 交 通 の 充 実 ( 鉄 道 網 の 整 備 促 進 輸 送 力 増 強 ) 広 域 交 通 の 充 実 ( 千 葉 柏 道 路 の 整 備 促 進 ) 広 域 的 一 体 的 な 都 市 基 盤 整 備 広 域 的 な 環 境 問 題 への 取 り 組 み 清 掃 工 場 関 連 住 民 生 活 の 利 便 性 の 向 上 ( 市 民 生 活 教 育 分 野 など) 高 度 専 門 医 療 機 関 の 誘 致 つくばエクスプレ ス 建 設 の 促 進 準 用 河 川 神 明 堀 の 整 備 公 共 施 設 の 相 互 利 用 総 合 的 な 医 療 体 制 の 整 備 JR 成 田 線 の 複 線 化 利 便 性 の 向 上 都 市 間 道 路 の 整 備 栄 橋 の 混 雑 緩 和 手 賀 沼 の 調 整 池 機 能 の 保 全 防 災 対 策 の 連 携 強 化 手 賀 沼 の 水 質 浄 化 地 球 温 暖 化 対 策 公 共 施 設 の 相 互 利 用 注 : 当 時 研 究 会 へ 野 田 市 関 宿 町 はオブザーバー 参 加 東 京 10 号 線 の 延 伸 国 道 464 号 線 の 交 通 渋 滞 船 橋 我 孫 子 線 の 交 通 渋 滞 大 津 川 の 整 備 廃 棄 物 処 理 東 京 10 号 線 およ び11 号 線 の 延 伸 都 市 間 道 路 の 整 備 国 道 16 号 混 雑 解 消 ( 千 葉 柏 道 路 ) 手 賀 沼 の 水 質 浄 化 手 賀 沼 周 辺 斜 面 緑 地 の 保 全 参 考 野 田 市 関 宿 町 新 市 建 設 計 画 県 事 業 の 推 進 と して 道 路 網 の 整 備 拠 点 性 向 上 国 内 外 の 諸 地 域 と の 地 域 間 競 争 への 対 応 業 務 核 都 市 の 位 置 付 けに 向 けた 取 り 組 み 柏 駅 ~ 松 戸 駅 ~ 新 鎌 ヶ 谷 駅 の( 鉄 道 ) 軸 を 活 用 した 都 市 軸 構 想 の 検 討 野 田 市 関 宿 町 については 野 田 市 関 宿 町 新 市 建 設 計 画 の 中 から 広 域 的 に 取 り 組 むことを 想 定 した 記 述 を 抜 粋 しています ただし 野 田 市 総 合 計 画 関 宿 町 総 合 計 画 等 には 上 記 のほか 広 域 的 に 取 り 組 むことを 想 定 した 記 述 ( 鉄 道 の 整 備 など)もあります

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6 羽 島 市 第 六 次 総 合 計 画 策 定 に 関 する 市 民 アンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 平 成 25 年 11 月 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A> 竜 ヶ 崎 牛 久 都 市 計 画 ( 龍 ケ 崎 市, 牛 久 市, 利 根 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備, 開 発 及 び 保 全 の 方 針 茨 城 県 1 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 竜 ヶ 崎 牛 久 1 1) 都 市 計 画 区 域 の 名 称 及 び 範 囲 竜 ヶ 崎 牛 久 1 2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 竜 ヶ 崎 牛 久 1 3) 地 域

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42 5-4 矢 島 都 市 計 画 区 域 旧 矢 島 町 の 矢 島 都 市 計 画 区 域 約 450ha を 対 象 として 地 区 別 の 検 討 を 行 います 1) 区 域 の 現 況 と 課 題 1 現 況 1. 概 況 由 利 高 原 鉄 道 の 矢 島 駅 を 中 心 に 西 部 の 丘 陵 地 と 北 東 部 の 国 道 108 号 や 子 吉 川 を 外 郭 としてコンパクトな 市

More information

位置図

位置図 平 成 28 年 地 価 公 示 価 格 形 成 要 因 等 の 概 要 千 葉 県 代 表 幹 事 佐 藤 元 彦 Ⅰ. 地 価 動 向 の 特 徴 と 要 因 < 住 宅 地 > 1 千 葉 県 全 体 の 地 価 動 向 住 宅 地 の 平 均 地 価 変 動 率 は +0.2%(+0.1)と 若 干 上 昇 しており 上 昇 下 落 地 点 数 に 関 しては 公 示 地 の 上 昇 地 点

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

地 区 追 浜 N0 施 設 名 契 約 年 月 日 備 考 21 追 浜 下 水 ポンプ 場 旧 海 軍 天 神 用 地 235 - - - 平 成 7 年 7 月 18 日 22 市 道 敷 ( 第 4,818 号 ) 旧 第 一 海 軍 技 術 廠 42 - - 昭 和 26 年 3 月 2

地 区 追 浜 N0 施 設 名 契 約 年 月 日 備 考 21 追 浜 下 水 ポンプ 場 旧 海 軍 天 神 用 地 235 - - - 平 成 7 年 7 月 18 日 22 市 道 敷 ( 第 4,818 号 ) 旧 第 一 海 軍 技 術 廠 42 - - 昭 和 26 年 3 月 2 地 区 N0 施 設 名 1 日 向 公 園 旧 海 軍 運 輸 部 日 向 地 区 1,509-3 昭 和 26 年 3 月 2 日 昭 和 26 年 6 月 1 日 2 夏 島 小 学 校 旧 海 軍 鉈 切 山 用 地 21,302-12 昭 和 29 年 12 月 20 日 昭 和 31 年 11 月 7 日 3 鷹 取 公 園 旧 海 軍 追 浜 高 等 官 宿 舎 11,963-17 昭

More information

1 2 3 4 5

1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 1 人 口 及 び 世 帯 数 の 推 移 (3 月 末 現 在 ) 年 別 世 帯 数 人 口 男 女 人 口 伸 指 数 人 口 密 度 平 成 13 年 20,991 43,184 19,620 23,564 100.0 701.6 14 20,931 42,740 19,441 23,299 99.0 694.4 15 21,087 42,582 19,318 23,264

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

総務省は3 月28 日、「地方公共団体における行財政改革の推進のための新たな指針」を公表した

総務省は3 月28 日、「地方公共団体における行財政改革の推進のための新たな指針」を公表した 行 政 経 営 改 革 プラン 行 動 計 画 の 見 直 しについて 平 成 22 年 度 実 績 1 はじめに 本 市 では 昨 年 度 新 たに 平 成 22 年 度 から 平 成 26 年 度 を 計 画 期 間 とする 行 政 経 営 改 革 プラン を 策 定 しました 行 政 経 営 改 革 プランでは 1 成 果 コストを 重 視 した 組 織 制 度 への 転 換 2 持 続 可

More information

H27報告書

H27報告書 平 成 27 年 印 西 市 市 民 満 足 調 査 報 告 書 平 成 28 年 3 月 印 西 市 目 次 第 1 章 調 査 の 概 1 1. 調 査 の 目 的 3 2. 調 査 方 法 3 3. 回 収 状 況 3 4. 調 査 項 目 3 5. 地 域 区 分 4 6. 調 査 結 果 を 見 る 上 での 注 意 事 項 5 7. 考 慮 すべき 標 本 誤 差 6 第 2 章 調

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

Microsoft Word - 00表紙・目次.doc

Microsoft Word - 00表紙・目次.doc 7-4 九 鬼 早 田 地 域 : 九 鬼 地 区 (1) 地 域 の 概 況 1 位 置 環 境 九 鬼 地 区 は 熊 野 灘 のリアス 式 海 岸 の 入 り 組 んだ 入 江 に 位 置 しており 江 戸 時 代 から 回 船 な どの 寄 港 地 として 利 用 されてきたところです 集 落 の 西 端 にJR 九 鬼 駅 があり その 西 側 を 国 道 311 号 が 位 置 しています

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

Microsoft PowerPoint - 要旨.pptx

Microsoft PowerPoint - 要旨.pptx 東 日 本 大 震 災 の 被 災 状 況 と 復 興 への 課 題 ~ 分 野 別 エリア 別 分 析 ~ 目 次 サマリー P. 2 1. 総 括 P. 9 2. 生 活 社 会 インフラ P.11 3. 住 宅 P.19 4. 医 療 福 祉 P. 27 5. 製 造 業 P.35 6. 非 製 造 業 P.43 7. 農 林 水 産 業 P.51 補 論 被 害 額 の 推 定 プロセスの

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

補 助 金 等 見 直 し 結 果 2 23 全 国 中 山 間 地 域 振 興 対 策 協 議 会 負 担 金 6 1 3 負 担 金 10,000 農 業 課 支 出 の 必 要 性 について 検 討 を 要 する 24 岩 手 県 緑 化 推 進 委 員 会 会 費 6 2 1 会 費 36,

補 助 金 等 見 直 し 結 果 2 23 全 国 中 山 間 地 域 振 興 対 策 協 議 会 負 担 金 6 1 3 負 担 金 10,000 農 業 課 支 出 の 必 要 性 について 検 討 を 要 する 24 岩 手 県 緑 化 推 進 委 員 会 会 費 6 2 1 会 費 36, 補 助 金 等 見 直 し 結 果 1 1 沿 岸 都 市 議 会 連 絡 会 議 負 担 金 1 1 1 負 担 金 20,000 議 会 事 務 局 2 岩 手 県 市 議 会 議 長 会 負 担 金 1 1 1 負 担 金 201,800 議 会 事 務 局 3 広 域 行 政 圏 市 議 会 連 絡 会 議 負 担 金 1 1 1 負 担 金 15,000 議 会 事 務 局 支 出 の 必

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の 整 理 合 理 化 5 (3) 補 助 金

目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の 整 理 合 理 化 5 (3) 補 助 金 豊 岡 市 行 政 改 革 取 組 み 結 果 報 告 書 平 成 18 年 度 ~ 平 成 21 年 度 平 成 22 年 12 月 豊 岡 市 目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC89598E738E7390A89776979781798E9197BF95D2817A31343034303592458D652E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC89598E738E7390A89776979781798E9197BF95D2817A31343034303592458D652E646F63> 214 松 浦 市 市 勢 要 覧 資 料 編 チ カ ラ を つ く り 続 け る CONTENTS 位 置 地 勢 2 人 口 3 産 業 4 生 活 環 境 6 行 政 議 会 7 沿 革 8 市 章 松 浦 市 の 頭 文 字 であるアルファベット 大 文 字 の M をモチーフに 産 業 創 造 の 未 来 へ 躍 進 する 都 市 の 姿 をダイナミックに 図 案 化 し ハートの 形

More information

大 阪 市 エリアマネジメント 活 動 促 進 制 度 活 用 ガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 市 都 市 計 画 局 本 ガイドラインについて エリアマネジメントとは 地 域 (エリア)における 公 共 的 な 空 間 などのまちの 質 を 高 め それを 持 続 的 に 維 持 発 展 させていくための 地 域 の 市 民 民 間 事 業 者 等 の 主 体 的 な 取 組 みを

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx 江 別 市 まちづくり 市 民 アンケート 調 査 ~ 市 民 意 識 調 査 へのご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 より 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をいただき 誠 にありがとうございます 江 別 市 では 平 成 16 年 に 策 定 した 第 5 次 江 別 市 総 合 計 画 の 計 画 期 間 が 平 成 25 年 度 に 終 了 することから 平 成 26 年 度 よりスタートする

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口

1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口 一 般 会 計 歳 入 予 算 説 明 書 - 1 - 1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口 の 伸 びや 均 等 割 が3,000 円 から3,500

More information

企 画 部 企 業 等 の 誘 致 に 関 す 事 項 ( 削 除 市 民 協 働 の 推 進 に 関 す 事 項 ( 削 除 ) 市 民 部 市 民 協 働 の 推 進 に 関 す 事 項 ( 追 加 ) 消 生 活 に 関 す 事 項 ( 追 加 ) 経 済 部 企 業 等 の 誘 致 に 関

企 画 部 企 業 等 の 誘 致 に 関 す 事 項 ( 削 除 市 民 協 働 の 推 進 に 関 す 事 項 ( 削 除 ) 市 民 部 市 民 協 働 の 推 進 に 関 す 事 項 ( 追 加 ) 消 生 活 に 関 す 事 項 ( 追 加 ) 経 済 部 企 業 等 の 誘 致 に 関 平 成 27 年 3 月 議 会 議 会 報 告 木 更 津 市 議 会 議 員 白 坂 英 義 1. 会 期 2 月 17 日 ~ 3 月 20 日 32 日 間 2. 議 案 (39 議 案 全 て 採 択 され) < 特 質 議 案 > 議 案 第 1 号 平 成 26 年 度 木 更 津 市 一 般 会 計 補 正 予 算 ( 第 4 号 ) 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 から1 億

More information

1はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 被 災 地 だけではなく 震 源 から 離 れた 戸 田 市 を 含 む 首 都 圏 においても 大 きな 影 響 を 及 ぼした これまで 想 定 してい なかった あるいは 想 定 を 上 回 る 様

1はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 被 災 地 だけではなく 震 源 から 離 れた 戸 田 市 を 含 む 首 都 圏 においても 大 きな 影 響 を 及 ぼした これまで 想 定 してい なかった あるいは 想 定 を 上 回 る 様 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 及 び 防 災 マニュアル 策 定 に 係 る 提 案 書 平 成 24 年 7 月 戸 田 市 議 会 総 務 常 任 委 員 会 1はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 被 災 地 だけではなく 震 源 から 離 れた 戸 田 市 を 含 む 首 都 圏 においても 大 きな 影 響 を 及 ぼした これまで

More information

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を 佐 久 都 市 計 画 ( 佐 久 市 御 代 田 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 長 野 県 変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

テーマ: 放 射 5 号 線 沿 道 の 土 地 利 用 ( 第 3 回 まちづくり 意 見 交 換 会 ) 開 催 日 :6 月 12 日 ( 金 ) / 会 場 : 久 我 山 会 館 2 階 第 1 第 2 集 会 室 / 参 加 人 数 :20 名 放 射 5 号 線 沿 道 のまちづくりの

テーマ: 放 射 5 号 線 沿 道 の 土 地 利 用 ( 第 3 回 まちづくり 意 見 交 換 会 ) 開 催 日 :6 月 12 日 ( 金 ) / 会 場 : 久 我 山 会 館 2 階 第 1 第 2 集 会 室 / 参 加 人 数 :20 名 放 射 5 号 線 沿 道 のまちづくりの 玉 川 上 水 放 射 5 号 線 周 辺 地 区 まちづくりだより No.3 発 行 日 : 平 成 27 年 10 月 / 発 行 : 杉 並 区 都 市 整 備 部 まちづくり 推 進 課 / 編 集 協 力 : 首 都 圏 総 合 計 画 研 究 所 まちづくり 意 見 交 換 会 オープンハウスを 開 催 しました 日 頃 より 杉 並 区 のまちづくりにご 理 解 とご 協 力 をいただきありがとうございます

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

はじめに 近 年 における 地 方 分 権 への 関 心 の 高 まりを 反 映 して 多 くの 市 町 村 において 住 民 と 行 政 の 協 働 の まちづくりの 推 進 が 重 要 な 課 題 となってきている 協 働 のまちづくりの 推 進 には 新 たな 住 民 自 治 組 織 が 求

はじめに 近 年 における 地 方 分 権 への 関 心 の 高 まりを 反 映 して 多 くの 市 町 村 において 住 民 と 行 政 の 協 働 の まちづくりの 推 進 が 重 要 な 課 題 となってきている 協 働 のまちづくりの 推 進 には 新 たな 住 民 自 治 組 織 が 求 今 後 の 地 域 におけるまちづくりに 関 する 提 言 書 平 成 26 年 5 月 地 域 におけるまちづくり 推 進 委 員 会 はじめに 近 年 における 地 方 分 権 への 関 心 の 高 まりを 反 映 して 多 くの 市 町 村 において 住 民 と 行 政 の 協 働 の まちづくりの 推 進 が 重 要 な 課 題 となってきている 協 働 のまちづくりの 推 進 には 新 たな

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

荒川区における新たな住宅政策のあり方について

荒川区における新たな住宅政策のあり方について 荒 川 区 における 新 たな 住 宅 政 策 のあり 方 について 答 申 平 成 20 年 12 月 荒 川 区 住 宅 対 策 審 議 会 目 次 はじめに ----------------------------------------------------------------- 1 1. 新 たな 住 宅 政 策 の 前 提 -------------------------------------------------

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

学校跡地・跡施設利用基本計画(素案)

学校跡地・跡施設利用基本計画(素案) 学 校 跡 地 跡 施 設 利 用 基 本 計 画 平 成 21 年 3 月 高 松 市 目 次 はじめに 1 1 跡 地 跡 施 設 となる 各 学 校 の 施 設 状 況 について 2 2 高 松 市 としての 利 用 構 想 と 各 地 域 からの 要 望 等 3 (1) 高 松 市 としての 利 用 構 想 3 (2) 各 地 域 の 要 望 4 (3) その 他 4 3 学 校 跡 地 跡

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

4 盛 岡 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 27 年 3 月 岩 手 県 Ⅰ. 都 市 計 画 の 目 標 Ⅰ-1. 都 市 計 画 区 域 の 名 称 規 模 等 本 方 針 は 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 ( 以 下 本 区 域 という )を 対 象 とし

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括)

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括) 第 4 次 行 政 改 革 大 綱 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 と 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 平 成 27 年 5 月 企 画 総 務 部 目 次 1 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 P.1~2 2 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 P.2~7 ( 資 料 ) 実 施 状 況 一 覧 表 P.8~20 1 平 成 26 年 度

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

県 出 先 機 関 神 奈 川 県 東 京 事 務 所 048-300-9 調 査 課 2458 FAX( 調 査 課 ) 2459 安 全 防 災 局 -425 温 泉 地 学 研 究 所 観 測 室 研 究 部 長 室 事 務 室 FAX( 観 測 室 ) 9200 安 全 防 災 局 -407

県 出 先 機 関 神 奈 川 県 東 京 事 務 所 048-300-9 調 査 課 2458 FAX( 調 査 課 ) 2459 安 全 防 災 局 -425 温 泉 地 学 研 究 所 観 測 室 研 究 部 長 室 事 務 室 FAX( 観 測 室 ) 9200 安 全 防 災 局 -407 神 奈 川 県 庁 危 機 管 理 対 策 課 維 持 防 災 G 9345 議 会 局 -400 政 策 局 知 事 室 知 事 室 秘 書 G 総 務 G 9210 自 治 振 興 部 市 町 村 課 調 整 G 9211 総 務 局 総 務 G 情 報 通 信 G 9302 9303 消 防 課 企 画 G 9305 工 業 保 安 課 火 薬 電 気 G 9225 危 機 管 理 センター

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

Microsoft Word - 271201答申最終

Microsoft Word - 271201答申最終 なお 立 体 交 差 工 事 の 実 施 にあたっては 交 通 を 確 保 しながらの 施 工 となるため 十 分 安 全 に 配 慮 するとともに 路 線 の 重 要 性 に 鑑 み 早 期 完 成 に 努 められたい また 盛 土 区 間 の 法 面 緑 化 など 緑 の 確 保 にも 配 慮 されたい 海 岸 港 湾 事 業 (2) 福 良 港 海 岸 福 良 地 区 ( 南 あわじ 市 )

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港 平 成 16 年 9 月 公 明 党 代 表 神 崎 武 法 殿 要 望 書 宮 城 県 商 工 会 議 所 連 合 会 会 長 村 松 巖 要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

本 市 の 使 用 料 手 数 料 等 の 単 価 を 改 定 する 場 合 の 指 針 とする 基 準 について 1. 受 益 者 負 担 原 則 の 考 え 方 1 使 用 料 施 設 利 用 にかかる 必 需 性 や 個 人 個 人 の 選 択 性 民 間 による 同 種 のサービス 提 供

本 市 の 使 用 料 手 数 料 等 の 単 価 を 改 定 する 場 合 の 指 針 とする 基 準 について 1. 受 益 者 負 担 原 則 の 考 え 方 1 使 用 料 施 設 利 用 にかかる 必 需 性 や 個 人 個 人 の 選 択 性 民 間 による 同 種 のサービス 提 供 使 用 料 手 数 料 等 の 積 算 基 準 ( 改 訂 版 ) 平 成 25 年 11 月 11 日 習 志 野 市 本 市 の 使 用 料 手 数 料 等 の 単 価 を 改 定 する 場 合 の 指 針 とする 基 準 について 1. 受 益 者 負 担 原 則 の 考 え 方 1 使 用 料 施 設 利 用 にかかる 必 需 性 や 個 人 個 人 の 選 択 性 民 間 による 同 種

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

<4D F736F F D E9197BF A8F5A91EE8E968FEE8AD68C578E9197BF5F DC58F495F2E646F63>

<4D F736F F D E9197BF A8F5A91EE8E968FEE8AD68C578E9197BF5F DC58F495F2E646F63> 第 81 回 住 宅 審 議 会 資 料 7 参 考 資 料 住 宅 事 情 関 係 資 料 ( 案 ) - - 目 次 1. 人 口 世 帯 状 況 1 図 1-1 人 口 動 向 ( 大 阪 ) 図 1-2 一 般 世 帯 数 及 び 世 帯 人 員 推 移 ( 大 阪 ) 図 1-3 外 国 人 登 録 者 数 推 移 ( 大 阪 ) 図 1-4 出 生 数 及 び 合 計 特 殊 出 生 率

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~ 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 3 回 変 更 ) け せ ん ぬ ま し 気 仙 沼 市 ち ゅ う お う ぶ 中 央 部 ち く 地 区 み や ぎ け せ ん ぬ ま し 宮 城 県 気 仙 沼 市 平 成 24 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け

More information

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と 住 宅 団 地 の 再 生 のあり 方 について 取 りまとめ 1. 趣 旨 我 が 国 では 高 度 経 済 成 長 期 以 降 に 都 市 近 郊 を 中 心 に 大 規 模 な 住 宅 団 地 が 供 給 された これらの 中 には 既 に 建 物 や 設 備 の 老 朽 化 が 進 み 建 替 え 改 修 を 含 めた 再 生 を 図 る 必 要 に 迫 られているものも 多 くなっている

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

<95CA8DFB825795C52E656337>

<95CA8DFB825795C52E656337> 1 各 会 当 初 予 算 の 概 要 町 には 一 般 会 のほか 3つの 特 別 会 2つの 企 業 会 があり 平 成 26 年 度 において は 3 月 6 日 開 会 の 第 1 回 定 例 町 議 会 に 提 案 され 3 月 13 日 に 可 決 成 立 しましたので そ の 内 容 をお 知 らせします はじめに 一 般 会 やそれぞれの 会 の 内 容 について 説 明 します 会

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

平成20年度6月補正予算の概要

平成20年度6月補正予算の概要 平 成 20 年 度 6 月 補 正 予 算 の 概 要 西 条 市 目 次 平 成 20 年 度 6 月 補 正 予 算 について 1 会 計 別 予 算 の 規 模 2 一 般 会 計 における 主 な 事 業 3~10 特 別 会 計 における 主 な 事 業 11 平 成 20 年 度 6 月 補 正 予 算 について 今 回 の 補 正 予 算 では ( 仮 称 ) 丹 原 図 書 館 の

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

情報公開事務処理状況(2001年4月分)

情報公開事務処理状況(2001年4月分) 平 成 25 年 度 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 の 報 告 について 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 第 17 条 の 規 定 により 運 営 状 況 を 報 告 する 中 野 区 長 田 中 大 輔 目 次 平 成 25 年 度 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 1 公 開 状 況 及 び 公 開 非

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information