Microsoft Word - 000_学校給食.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 000_学校給食.doc"

Transcription

1 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 () 学 校 給 食 設 備 1 共 通 事 項 () 学 校 給 食 設 備 1 共 通 事 項 一 機 械 及 び 機 器 については 可 動 式 にするなど 調 理 過 程 に 合 った 作 業 動 線 となるよう 配 慮 した 配 置 であること 調 理 機 械 及 び 機 器 を 可 動 式 にすること 調 理 機 械 及 び 機 器 を 可 動 式 にすると 献 立 によって 作 業 場 所 を 変 えることが でき 調 理 過 程 に 合 った 作 業 動 線 になります 作 業 終 了 後 は 洗 浄 コーナーあるいは 洗 浄 室 に 移 動 させて 洗 浄 できるため 床 を 濡 らさずに 洗 浄 できます 調 理 機 械 及 び 機 器 は 固 定 すると 機 器 そのものばかりでなく 周 辺 の 洗 浄 が 困 難 です 大 型 の 調 理 機 械 及 び 機 器 で 可 動 できないものでも できるだけ 壁 につけ ないで 裏 面 床 面 が 洗 浄 しやすいように 設 置 します 可 動 式 調 理 機 械 機 器 の 例 移 動 シンクに 載 せた 野 菜 裁 断 機 移 動 式 シンク 30

2 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 () 学 校 給 食 設 備 1 共 通 事 項 二 全 ての 移 動 性 の 器 具 及 び 容 器 は 衛 生 的 に 保 管 するため 外 部 から 汚 染 されない 構 造 の 保 管 設 備 を 設 けること 洗 浄 消 毒 した 食 器 具 や 調 理 器 具 等 は 正 しく 整 理 し 清 潔 な 場 所 に 保 管 する こと 洗 浄 消 毒 した 食 器 具 や 調 理 器 具 等 は 保 管 中 に 汚 染 されることのないよ う 外 部 から 汚 染 されない 構 造 の 保 管 場 所 に 保 管 します また 洗 浄 作 業 終 了 後 は 数 を 確 認 し 整 理 して 保 管 します 次 の 点 に 注 意 します 1 器 具 容 器 のうち 調 理 後 の 食 品 生 食 する 食 品 に 使 用 するものは 扉 が ついた 保 管 庫 内 に 収 納 すること 用 途 を 区 分 してある 器 具 容 器 は 混 同 しないように 保 管 すること 3 器 具 容 器 は 十 分 乾 燥 させ 保 管 すること 4 紫 外 線 殺 菌 灯 のついた 保 管 庫 に 保 管 する 場 合 は 紫 外 線 が 当 たらない 部 分 は 殺 菌 されないため 紫 外 線 殺 菌 灯 の 紫 外 線 が 消 毒 したい 面 に 可 能 な 限 り 直 角 に 近 い 角 度 で 直 接 当 たるようにすること 5 器 具 容 器 を 重 ねすぎないこと 6 戸 棚 や 保 管 庫 には 品 名 と 数 を 明 記 したラベルを 貼 るなどし 誰 にでもわ かるようにしておくこと 31

3 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 () 学 校 給 食 設 備 1 共 通 事 項 三 給 水 給 湯 設 備 は 必 要 な 数 を 使 用 に 便 利 な 位 置 に 設 置 し 給 水 栓 は 直 接 手 指 を 触 れることのないよう 肘 等 で 操 作 できるレバー 式 等 であるこ と 給 水 給 湯 設 備 は 必 要 な 数 を 使 用 に 便 利 な 位 置 に 設 置 すること 給 水 給 湯 設 備 が 不 足 すると 長 いホースの 使 用 や 作 業 動 線 を 乱 すことになり ます 給 水 給 湯 設 備 は 機 械 機 器 の 配 置 の 作 業 動 線 を 考 慮 して 設 置 します 給 水 栓 は 手 指 で 操 作 しないようにレバー 式 にするとともに 次 のことに 注 意 して 設 置 します 1 肘 あるいは 足 で 操 作 する 場 合 は 操 作 しやすい 長 さのレバー 式 にするこ と 取 り 付 け 位 置 及 び 角 度 に 注 意 すること 肘 で 操 作 できるレバー 式 給 水 栓 足 で 操 作 できるレバー 式 給 水 栓 短 かすぎて 肘 で 操 作 できない レバー 式 給 水 栓 取 り 付 け 角 度 が 悪 いレバー 式 給 水 栓 3

4 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 () 学 校 給 食 設 備 1 共 通 事 項 四 共 同 調 理 場 においては 調 理 した 食 品 を 調 理 後 時 間 以 内 に 給 食 できる ようにするための 配 送 車 を 必 要 台 数 確 保 すること 受 配 校 への 配 送 車 は 必 要 台 数 確 保 すること 加 熱 調 理 では 食 品 を 完 全 に 無 菌 にする 事 はできません したがって 食 中 毒 菌 を 発 症 に 必 要 な 菌 数 まで 増 殖 させないよう 調 理 後 時 間 以 内 の 給 食 を 守 る ことが 食 中 毒 予 防 の 絶 対 条 件 です また 共 同 調 理 場 で 調 理 した 食 品 を 調 理 終 了 後 から 時 間 以 内 に 給 食 するこ とを 徹 底 するために 配 送 車 を 必 要 台 数 確 保 することが 必 要 です 調 理 した 食 品 を 調 理 後 時 間 以 内 に 給 食 とは 具 体 的 にどの 時 点 からどの 時 点 までが 時 間 以 内 か 加 熱 終 了 時 から 給 食 始 まりまでが 時 間 以 内 である 調 理 後 時 間 以 内 に 給 食 しなければならない 理 由 細 菌 の 増 殖 は 温 度 と 時 間 に 大 きく 影 響 されます 細 菌 は30 に 保 存 した 場 合 時 間 を 過 ぎると 増 殖 が 認 められます グラフのように 卵 焼 中 のサルモ ネラは10 保 存 では 増 殖 が 見 られませんが 30 では3 時 間 以 降 に 増 殖 が 認 め られることから 時 間 を 経 過 すると 細 菌 の 増 殖 が 活 発 になると 考 えられま す (log) 菌 数 ( /g) h 6h 1h 保 存 時 間 卵 焼 中 におけるサルモネラの 増 殖 ( 参 考 文 献 : 食 品 と 細 菌 汚 染 食 品 中 における 病 原 細 菌 の 動 態 食 品 と 微 生 物 ( 日 本 食 品 微 生 物 学 会 雑 誌 ) 8:85-94,1991 伊 藤 武 氏 ) 33

5 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 () 学 校 給 食 設 備 調 理 用 の 機 械 機 器 器 具 及 び 容 器 調 理 用 の 機 械 機 器 器 具 及 び 容 器 一 食 肉 類 魚 介 類 卵 野 菜 類 果 実 類 等 食 品 の 種 類 ごとに それぞれ 専 用 に 調 理 用 の 器 具 及 び 容 器 を 備 えること また それぞれの 調 理 用 の 器 具 及 び 容 器 は 下 処 理 用 調 理 用 加 熱 調 理 済 食 品 用 等 調 理 の 過 程 ごと に 区 別 すること 食 肉 類 魚 介 類 卵 野 菜 類 果 物 類 等 食 品 の 種 類 ごとに それぞれ 専 用 の 調 理 用 の 器 具 容 器 を 備 えること 食 品 はそれぞれの 生 産 や 加 工 される 過 程 で 微 生 物 に 汚 染 されていることがあ ります 食 肉 類 と 果 実 類 では 汚 染 されている 微 生 物 の 種 類 や 汚 染 の 程 度 が 異 な りますので 食 品 の 種 類 ごとに 色 分 け 等 した 専 用 の 器 具 容 器 が 必 要 です 食 肉 類 魚 介 類 卵 は 検 収 室 で 業 者 搬 入 容 器 から 入 れ 替 え 冷 蔵 庫 で 保 管 した 後 使 用 時 にその 容 器 のまま 調 理 室 に 持 ち 込 みます 調 理 用 の 器 具 容 器 は 下 処 理 用 調 理 用 加 熱 調 理 済 食 品 用 の 区 別 をする こと 原 材 料 と 加 熱 調 理 済 食 品 では 微 生 物 の 種 類 も 数 も 全 く 異 なりますから 汚 染 の 高 いものから 低 いものへ 二 次 汚 染 を 避 けるために 器 具 容 器 は 区 別 する 必 要 があります また 洗 浄 用 のスポンジも 用 途 別 ( 汚 染 作 業 区 域 用 非 汚 染 作 業 区 域 用 及 び 生 食 する 野 菜 や 果 物 用 )に 区 分 けします 下 処 理 時 には 専 用 の 器 具 容 器 を 使 用 すること 下 処 理 時 には 下 処 理 専 用 の 器 具 容 器 類 を 使 用 し 調 理 用 の 器 具 容 器 類 を 使 用 しないことが 必 要 です 1 包 丁 まな 板 その 他 の 調 理 器 具 は 下 処 理 専 用 のものを 用 いること 器 具 容 器 は 次 のように 区 別 します 1 検 収 用 検 収 室 で 納 入 された 野 菜 等 を 入 れ 下 処 理 室 に 持 ち 込 む 下 処 理 用 下 処 理 室 で 皮 を 剥 いた 野 菜 等 を 入 れる 3 調 理 用 三 槽 シンクで 洗 浄 を 終 えた 野 菜 を 入 れ 調 理 室 に 持 ち 込 む 34

6 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 () 学 校 給 食 設 備 調 理 用 の 機 械 機 器 器 具 及 び 容 器 二 調 理 用 の 機 械 機 器 器 具 及 び 容 器 は 洗 浄 及 び 消 毒 ができる 材 質 構 造 であり 衛 生 的 に 保 管 できるものであること また 食 数 に 適 した 大 きさと 数 量 を 備 えること 調 理 用 の 機 械 機 器 器 具 容 器 は 洗 浄 及 び 消 毒 ができる 材 質 構 造 で 使 用 後 に 分 解 して 洗 浄 消 毒 した 後 乾 燥 させること ( 調 理 場 における 洗 浄 消 毒 マニュアルPartⅠ(P0-47) 参 照 ) 調 理 用 の 機 械 機 器 器 具 容 器 は 洗 浄 消 毒 加 熱 などに 耐 える 材 質 で 分 解 が 可 能 な 洗 浄 しやすい 構 造 のものを 使 用 します 食 数 に 適 した 大 きさと 数 量 を 備 えること 食 数 に 適 した 大 きさと 数 量 を 備 えていないために 区 分 出 来 ない 使 い 回 しを するなどの 衛 生 管 理 上 の 問 題 が 生 じます 釜 やシンクに 容 量 に 合 わない 多 量 の 食 品 を 入 れている 木 製 の 調 理 器 具 木 製 の 調 理 器 具 は 長 く 使 用 していると 木 片 が 剥 がれ 異 物 混 入 の 原 因 とな り また 剥 がれたところから 微 生 物 が 入 り 二 次 汚 染 の 原 因 ともなるため 使 用 しないようにします また 学 校 給 食 従 事 者 が 持 ち 手 の 部 分 のささくれ 等 で 手 を 傷 つけることもあ ります 35

7 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 () 学 校 給 食 設 備 調 理 用 の 機 械 機 器 器 具 及 び 容 器 三 献 立 及 び 調 理 内 容 に 応 じて 調 理 作 業 の 合 理 化 により 衛 生 管 理 を 充 実 す るため 焼 き 物 機 揚 げ 物 機 真 空 冷 却 機 中 心 温 度 管 理 機 能 付 き 調 理 機 等 の 調 理 用 の 機 械 及 び 機 器 を 備 えるよう 努 めること 調 理 作 業 を 合 理 化 する 調 理 機 器 を 備 えること 献 立 や 調 理 内 容 に 応 じて 調 理 作 業 を 合 理 化 することができる 調 理 機 器 を 備 え ることが 必 要 です < 焼 き 物 機 揚 げ 物 機 > 調 理 温 度 を 調 節 できる 機 器 を 備 えます < 真 空 冷 却 機 > 加 熱 調 理 された 食 品 を 真 空 状 態 にすることにより 食 品 の 内 部 から 均 一 に 急 速 に 冷 却 することが 可 能 な 機 械 です 食 中 毒 菌 の 多 くは75 で1 分 間 以 上 ノロウイルスも85 で1 分 間 以 上 の 加 熱 で 死 滅 します しかし セレウス 菌 やウエルシュ 菌 などの 食 中 毒 菌 は 芽 胞 を 形 成 し 100 の 加 熱 にも 耐 えます この 芽 胞 が 食 品 の 中 に 残 り30 ぐらいの 室 温 に 放 置 されると 菌 が 増 殖 を 始 めます 加 熱 食 品 の 衛 生 管 理 は 加 熱 温 度 だけで なく その 後 の 温 度 管 理 がきわめて 重 要 です 菌 が 増 殖 しないよう 短 時 間 で 低 温 に 冷 却 するためには 真 空 冷 却 機 の 使 用 が 最 も 効 果 的 です 加 熱 調 理 後 各 食 品 を 速 やかに 冷 却 できる 真 空 冷 却 機 や 和 えるまで 食 品 を 保 管 するための 冷 蔵 庫 を 導 入 し 温 度 管 理 をすることが 必 要 です < 中 心 温 度 管 理 機 能 付 き 調 理 機 等 の 機 器 > 調 理 場 のドライ 運 用 を 進 める 上 からも 食 品 を 釜 でゆでる 調 理 作 業 を 見 直 し パススルー 型 の 中 心 温 度 管 理 機 能 付 き 調 理 機 を 使 用 することにより 蒸 す 調 理 作 業 に 改 善 できます 36

8 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 () 学 校 給 食 設 備 3シンク 3シンク 一 シンクは 食 数 に 応 じてゆとりのある 大 きさ 深 さであること また 下 処 理 室 における 加 熱 調 理 用 食 品 非 加 熱 調 理 用 食 品 及 び 器 具 の 洗 浄 に 用 いるシンクは 別 々に 設 置 するとともに 三 槽 式 構 造 とすること さら に 調 理 室 においては 食 品 用 及 び 器 具 等 の 洗 浄 用 のシンクを 共 用 しな いこと あわせて その 他 の 用 途 用 のシンクについても 相 互 汚 染 しない よう 努 めること 下 処 理 室 のシンクは 加 熱 調 理 用 食 品 非 加 熱 調 理 用 食 品 及 び 器 具 洗 浄 に 用 いるシンクを 別 々に 設 置 し 三 槽 式 構 造 とすること 小 さすぎるシンクは 食 品 や 調 理 器 具 を 十 分 に 洗 浄 することができません 一 方 大 きすぎるシンクは 作 業 効 率 を 下 げてしまいます なお 大 きすぎる シンクに タライなどを 入 れ 工 夫 している 例 もあります シンクは 食 数 に 応 じ たゆとりある 大 きさ 深 さがあり 目 詰 まり 防 止 対 策 が 取 られている 三 槽 式 シ ンクを 設 置 します オーバーフロー 部 に 網 をかけて 目 詰 まりを 防 止 する シンクは 用 途 別 に 区 別 すること シンクは 相 互 汚 染 を 防 ぐため 次 のように 区 別 します 1 下 処 理 室 加 熱 調 理 食 品 用 非 加 熱 調 理 用 食 品 用 器 具 の 洗 浄 用 調 理 室 食 品 用 調 理 室 で 使 用 する 器 具 等 の 洗 浄 用 37

9 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 () 学 校 給 食 設 備 3シンク 三 槽 式 シンクは なぜ 必 要 か 三 槽 式 シンクによる 野 菜 の 洗 浄 は 野 菜 表 面 に 付 着 している 汚 れ 異 物 や 微 生 物 を 洗 い 落 とすために 効 果 的 な 洗 浄 方 法 です センターが 実 施 した 拭 取 り 検 査 によると 三 槽 式 シンクを 使 用 して 野 菜 等 の 食 品 を 十 分 な 流 水 で3 回 洗 浄 することにより 野 菜 表 面 に 付 着 している 一 般 生 菌 数 や 大 腸 菌 群 が 減 少 することがわかっています しかし 三 槽 式 シンクであっても 溜 め 水 状 態 であったりシンクの 容 量 に 対 して 野 菜 を 多 く 入 れ 過 ぎたりすると 洗 浄 効 果 が 不 十 分 になりますので 注 意 し ます < 三 槽 式 シンクによるもやしの 洗 浄 > 38

10 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 () 学 校 給 食 設 備 4 冷 蔵 及 び 冷 凍 設 備 4 冷 蔵 及 び 冷 凍 設 備 一 冷 蔵 及 び 冷 凍 設 備 は 食 数 に 応 じた 広 さがあるものを 原 材 料 用 及 び 調 理 用 等 に 整 備 し 共 用 を 避 けること 冷 蔵 及 び 冷 凍 設 備 は 食 数 に 応 じた 広 さがあるものを 原 材 料 用 及 び 調 理 用 等 に 整 備 し 共 用 を 避 けること ( 調 理 場 における 洗 浄 消 毒 マニュアルPartⅠ(p8) 参 照 ) ( 調 理 場 における 洗 浄 消 毒 マニュアルPartⅡ(p3) 参 照 ) ( (3) 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 衛 生 管 理 二 (p46) 参 照 ) 冷 蔵 及 び 冷 凍 設 備 は 庫 内 の 清 潔 と 温 度 管 理 が 重 要 です 次 のような 点 に 注 意 します 1 冷 気 が 十 分 に 循 環 するような 広 さとすること 食 肉 類 魚 介 類 及 び 卵 類 は ふた 付 きの 専 用 の 容 器 に 入 れ 冷 蔵 庫 の 決 まった 場 所 に 保 管 すること 3 原 材 料 用 と 調 理 用 を 整 備 し 共 用 を 避 けること 4 下 段 の 食 品 を 汚 染 させないため 食 肉 類 などの 汚 染 度 の 高 い 食 品 は 冷 蔵 庫 の 上 段 に 置 かないこと 5 冷 蔵 及 び 冷 凍 設 備 には 正 確 な 隔 測 式 温 度 計 を 設 置 し 庫 内 温 度 を 確 認 記 録 すること 39

11 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 () 学 校 給 食 設 備 5 温 度 計 及 び 湿 度 計 5 温 度 計 及 び 湿 度 計 一 調 理 場 内 の 適 切 な 温 度 及 び 湿 度 の 管 理 のために 適 切 な 場 所 に 正 確 な 温 度 計 及 び 湿 度 計 を 備 えること また 冷 蔵 庫 冷 凍 庫 の 内 部 及 び 食 器 消 毒 庫 その 他 のために 適 切 な 場 所 に 正 確 な 温 度 計 を 備 えること 適 切 な 場 所 に 正 確 な 温 度 計 及 び 湿 度 計 を 備 えること 温 度 計 及 び 湿 度 計 は 検 定 に 合 格 した 正 確 なものを 適 切 な 場 所 に 設 置 しま す 作 業 前 及 び 作 業 中 の 調 理 場 内 の 温 度 及 び 湿 度 を 確 認 し 記 録 します 設 置 位 置 が 高 すぎる 温 湿 度 計 適 切 な 温 度 及 び 湿 度 温 度 は 5 以 下 湿 度 80% 以 下 に 保 つよう 努 めます 適 切 な 場 所 日 光 が 直 接 当 たる 場 所 や 釜 等 の 熱 を 発 生 する 調 理 機 器 の 近 く 空 調 の 風 が 直 接 当 たる 場 所 は 避 けて 床 から 約 1.5mの 高 さに 設 置 します 40

12 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 () 学 校 給 食 設 備 5 温 度 計 及 び 湿 度 計 正 確 な 温 度 計 及 び 湿 度 計 学 校 環 境 衛 生 基 準 では 教 室 等 の 空 気 環 境 の 測 定 にはアスマン 通 風 乾 湿 計 又 はこれと 同 等 以 上 の 測 定 器 で 測 定 することとされていますが 感 温 液 に 水 銀 を 用 いているため 調 理 場 内 では 使 用 できません 感 温 液 にエチルアルコール 等 を 使 用 した 簡 易 乾 湿 球 湿 度 計 でも 高 い 精 度 が 保 証 されているものがあります 乾 球 温 度 計 は 通 常 の 気 温 を 測 定 する 温 度 計 で 湿 球 温 度 計 は 水 で 湿 らせたガ ーゼなどで 温 度 計 の 感 温 部 を 包 んだ 構 造 となっており 空 気 の 乾 燥 状 態 に 応 じて 気 化 熱 により 温 度 が 下 がり 乾 球 温 度 計 との 温 度 差 により 相 対 湿 度 を 求 めるた め 換 算 や 計 算 が 必 要 なタイプや 直 読 式 のタイプなど 種 々のタイプがあります 特 に 感 温 部 である 湿 球 に 巻 きつけるガーゼや 使 用 する 水 の 影 響 を 受 けるた め ガーゼと 水 は 清 潔 な 状 態 を 保 つ 必 要 があります ガーゼを 湿 らせる 水 の 交 換 や 補 充 時 には 水 が 湿 球 に 十 分 いきわたっている か 確 かめてください また ガーゼに 油 分 などの 不 純 物 が 付 着 すると 正 確 な 測 定 ができなくなるため ガーゼは 定 期 的 に 交 換 する 必 要 があります 直 読 式 の 家 庭 用 温 湿 度 計 (バイメタル 式 湿 度 計 等 )は 温 度 湿 度 を 正 確 に 表 示 するまで1~ 時 間 かかるため 調 理 場 の 温 度 湿 度 の 管 理 には 不 向 きです 41

13 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 () 学 校 給 食 設 備 6 廃 棄 物 容 器 等 6 廃 棄 物 容 器 等 一 ふた 付 きの 廃 棄 物 専 用 の 容 器 を 廃 棄 物 の 保 管 場 所 に 備 えること 廃 棄 物 専 用 の 容 器 を 廃 棄 物 の 保 管 場 所 に 備 えること ( (1) 学 校 給 食 施 設 3その 他 の 区 域 の 施 設 一 (p7) 参 照 ) ( 3(4) 調 理 過 程 5 廃 棄 物 処 理 (p113) 参 照 ) 1 容 器 の 材 質 は 耐 水 性 で 清 掃 しやすく 汚 水 悪 臭 が 漏 れないものにす ること 容 器 の 形 状 は ふた 付 きで1 日 の 処 理 量 が 十 分 入 る 大 きさのものにする こと 二 調 理 場 には ふた 付 きの 残 菜 入 れを 備 えること 調 理 場 には ふた 付 きの 残 菜 入 れを 備 えること 調 理 場 には 残 菜 を 飛 散 させないためふた 付 きの 残 菜 入 れを 備 えます ま た 残 菜 を 入 れるときには 周 りに 飛 散 させないよう 注 意 します ふたなしの 残 菜 入 れ 4

14 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 () 学 校 給 食 設 備 7 学 校 給 食 従 事 者 専 用 手 洗 い 設 備 等 7 学 校 給 食 従 事 者 専 用 手 洗 い 設 備 等 一 学 校 給 食 従 事 者 の 専 用 手 洗 い 設 備 は 前 室 便 所 の 個 室 に 設 置 するとと もに 作 業 区 分 ごとに 使 用 しやすい 位 置 に 設 置 すること 二 肘 まで 洗 える 大 きさの 洗 面 台 を 設 置 するとともに 給 水 栓 は 直 接 手 指 を 触 れることのないよう 肘 等 で 操 作 できるレバー 式 足 踏 み 式 又 は 自 動 式 等 の 温 水 に 対 応 した 方 式 であること 学 校 給 食 従 事 者 の 専 用 手 洗 い 設 備 は 前 室 便 所 の 個 室 及 び 作 業 区 分 ごと に 設 置 すること 学 校 給 食 用 手 洗 い 設 備 は 前 室 便 所 の 個 室 調 理 場 の 作 業 区 分 ごとの 使 い やすい 位 置 に 設 置 します 調 理 場 内 の 手 洗 い 設 備 は 手 洗 いの 洗 浄 水 が 他 の 調 理 機 器 器 具 や 食 品 に 飛 散 しないよう 施 設 設 備 の 配 置 作 業 動 線 等 を 考 慮 して 設 置 します 肘 まで 洗 える 大 きさの 洗 面 台 を 設 置 すること 指 先 から 肘 までを 洗 うためには 十 分 な 幅 深 さがある 洗 面 台 が 必 要 です 給 水 栓 は 直 接 手 指 を 触 れないよう 肘 等 で 操 作 できるレバー 式 足 踏 み 式 又 は 自 動 式 等 対 応 した 方 式 であること 給 水 栓 は 手 指 を 介 した 二 次 汚 染 を 防 ぐため 肘 等 で 操 作 できるレバー 式 足 踏 み 式 自 動 式 にします なお 給 水 栓 の 位 置 が 高 すぎると 周 囲 に 洗 浄 水 を 飛 散 させる 原 因 となるた め 適 切 な 位 置 に 設 置 します また 自 動 式 水 洗 の 場 合 は 石 けん 液 を 十 分 にすすぎ 落 とすための 時 間 設 定 が 必 要 です 学 校 給 食 従 事 者 専 用 手 洗 い 設 備 は 温 水 に 対 応 した 方 式 であること 冷 水 による 手 洗 いは 汚 れ 落 ちが 劣 るほか 特 に 冬 期 の 手 洗 い 不 足 につながり ます 手 洗 いを 徹 底 させるため 冬 期 間 でも 十 分 に 手 洗 いが 行 なえるよう 温 水 の 手 洗 い 設 備 を 設 置 する 必 要 があります * 資 料 1 学 校 給 食 従 事 者 専 用 手 洗 い 設 備 (p ) 参 照 * 資 料 学 校 給 食 従 事 者 専 用 便 所 (p ) 参 照 ) * 調 理 場 における 洗 浄 消 毒 マニュアル PartⅡ (p11-1) 参 照 43

15 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 () 学 校 給 食 設 備 7 学 校 給 食 従 事 者 専 用 手 洗 い 設 備 等 三 学 校 食 堂 等 に 児 童 生 徒 等 の 手 洗 い 設 備 を 設 けること 学 校 食 堂 等 に 児 童 生 徒 等 の 手 洗 い 設 備 を 設 けること 安 全 衛 生 に 留 意 した 食 事 の 準 備 喫 食 ができるよう 学 校 食 堂 等 には 児 童 生 徒 用 の 手 洗 い 設 備 を 設 けます 次 の 点 に 注 意 します 1 石 けん 液 を 常 備 し 清 潔 に 保 つこと 手 洗 いを 確 実 に 実 施 し 消 毒 薬 に 頼 らないようにすること 3 清 潔 なハンカチを 持 参 させること 児 童 生 徒 用 手 洗 い 設 備 及 び 石 鹸 等 の 微 生 物 汚 染 状 況 センターで 実 施 した 児 童 生 徒 用 手 洗 い 設 備 及 び 石 けんの 微 生 物 汚 染 調 査 で は 網 から10 7 個 以 上 の 一 般 生 菌 数 が 検 出 されたものがあり さらに 大 腸 菌 群 や 黄 色 ブドウ 球 菌 が 検 出 されたものもありました 固 形 石 けんや 網 は 逆 に 手 を 汚 染 する 原 因 となる 可 能 性 があるので 石 けん 液 の 使 用 が 望 まれます 検 体 名 黄 色 ブドウ ノロ 一 般 生 菌 数 大 腸 菌 群 大 腸 菌 検 体 球 菌 ウイルス 数 <300 ~ <300 ~ 陽 性 数 陽 性 数 陽 性 数 網 固 形 石 けん 石 けん 液 容 器 上 部 石 けん 液 容 器 下 部 給 水 栓 計 管 理 が 悪 く 汚 染 源 になりやすい 石 鹸 や 網 44

16 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 (3) 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 衛 生 管 理 (3) 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 衛 生 管 理 一 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 は 清 潔 で 衛 生 的 であること 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 は 清 潔 で 衛 生 的 であること ( 調 理 場 における 洗 浄 消 毒 マニュアルPartⅡ(p10-9) 参 照 ) 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 は 清 潔 に 保 ち 衛 生 的 な 環 境 を 作 ることが 大 切 です そのためには 以 下 の 点 に 注 意 する 必 要 があります 1 食 品 の 保 管 室 は 専 用 とし 食 品 の 搬 入 及 び 搬 出 の 際 に 非 汚 染 作 業 区 域 の 調 理 室 を 経 由 できないように 配 置 すること 食 品 保 管 室 の 温 度 湿 度 が 適 切 に 保 たれる 構 造 にすること 3 給 水 設 備 及 び 排 水 施 設 は 衛 生 的 であるか 廃 棄 物 専 用 の 容 器 や 掃 除 用 具 は 衛 生 的 に 管 理 されているか 学 校 給 食 従 事 者 用 の 便 所 の 清 掃 は 適 切 か 等 について 定 期 的 に 確 認 すること 45

17 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 (3) 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 衛 生 管 理 二 冷 蔵 庫 冷 凍 庫 及 び 食 品 の 保 管 室 は 整 理 整 頓 すること また 調 理 室 には 調 理 作 業 に 不 必 要 な 物 品 等 を 置 かないこと 冷 蔵 庫 冷 凍 庫 及 び 食 品 の 保 管 室 を 清 潔 に 保 つために 以 下 の 点 に 留 意 する こと ( () 学 校 給 食 設 備 4 冷 蔵 及 び 冷 凍 設 備 一 (p39) 参 照 ) ( 調 理 場 における 洗 浄 消 毒 マニュアルPartⅠ(p8) 参 照 ) ( 調 理 場 における 洗 浄 消 毒 マニュアルPartⅡ(p3) 参 照 ) 調 理 室 には 調 理 作 業 に 不 必 要 な 物 品 等 を 置 かないこと 調 理 室 に 洗 濯 機 お 茶 セット 等 調 理 作 業 に 必 要 のない 物 は 置 かないこと 調 理 室 内 の 不 必 要 な 物 品 洗 濯 機 ホース お 茶 セット 筆 記 用 具 調 理 室 の 冷 蔵 庫 に 私 物 の 飲 み 物 46

18 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 (3) 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 衛 生 管 理 三 調 理 場 は 換 気 を 行 い 温 度 は5 以 下 湿 度 は80% 以 下 に 保 つよ う 努 めること また 調 理 室 及 び 食 品 の 保 管 室 の 温 度 及 び 湿 度 並 びに 冷 蔵 庫 及 び 冷 凍 庫 内 部 の 温 度 を 適 切 に 保 ち これらの 温 度 及 び 湿 度 は 毎 日 記 録 すること 調 理 場 食 品 の 保 管 室 の 温 度 湿 度 及 び 冷 蔵 庫 及 び 冷 凍 庫 の 温 度 を 適 切 に 保 つこと 調 理 場 食 品 の 保 管 室 の 温 度 湿 度 並 びに 冷 蔵 庫 及 び 冷 凍 庫 内 部 の 温 度 は 適 切 に 保 つ 必 要 があります また 調 理 場 は 十 分 な 換 気 を 行 い 温 度 は5 以 下 湿 度 は80% 以 下 に 保 ちます 適 切 な 換 気 とは 換 気 は 清 浄 度 の 低 い 区 域 から 清 浄 度 の 高 い 区 域 に 空 気 が 流 入 しないように 換 気 されていることが 重 要 です 換 気 扇 を 利 用 する 換 気 は 給 気 と 排 気 を 組 み 合 わせることで 部 屋 の 空 気 を 入 れ 替 えます 給 気 と 排 気 のどちらに 機 械 式 換 気 扇 を 使 用 するかによって 換 気 の 効 果 が 変 わってきます 換 気 扇 を 使 った 換 気 方 式 は 下 記 の 通 りです 1 給 気 と 排 気 の 両 方 を 換 気 扇 で 行 う 換 気 方 式 は 安 定 した 換 気 を 行 うこと ができます しかし 換 気 扇 が 多 く 必 要 になるので 設 置 費 用 や 使 用 する 電 気 代 がかかるところが 弱 点 です 給 気 は 自 然 換 気 を 行 い 排 気 を 換 気 扇 で 機 械 換 気 する 方 式 です 水 蒸 気 や 熱 気 臭 気 などを 室 外 に 出 す 際 には 効 果 的 な 方 法 です しかし 給 気 側 を 自 然 に 頼 る 形 なので 風 向 きや 強 風 などによってはう まく 換 気 が 行 えないこともあります また 排 気 用 換 気 扇 の 換 気 量 が 多 す ぎると 床 下 や 屋 根 裏 の 空 気 を 室 内 に 引 き 込 むことにもつながります 換 気 は 給 気 と 排 気 の 換 気 量 をバランスよく 設 定 することが 大 切 です 屋 外 に 出 ていく 排 気 量 と 同 じだけの 量 の 空 気 が 給 気 されないといけませ ん そのためには 給 気 口 の 大 きさは 一 般 には 換 気 扇 の 取 り 付 け 面 積 よ りも 大 きくします 取 り 入 れ 面 積 が 大 きいほど 入 ってくる 風 速 が 弱 く 風 を 感 じにくくなります また 給 気 口 の 位 置 は 換 気 扇 から 可 能 な 限 り 離 れた 場 所 に 設 けるほどよく 換 気 されます 給 気 口 を 換 気 扇 の 近 くに 設 ける と 排 気 が 給 気 口 から 室 内 に 再 び 入 ってきて 換 気 の 効 率 が 下 がります 給 気 口 及 び 排 気 口 には ステンレス 製 等 の 洗 浄 ができる 格 子 幅 1.5mm 以 下 の 防 虫 ネットを 備 え 給 気 口 には 空 気 清 浄 を 目 的 として 空 気 中 の 塵 埃 を 取 り 除 く 為 のフィルターを 設 置 します 47

19 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 (3) 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 衛 生 管 理 調 理 作 業 中 の 温 度 湿 度 管 理 をすること 高 温 多 湿 の 調 理 場 では 細 菌 が 増 殖 しやすくなるとともに 学 校 給 食 従 事 者 の 疲 労 が 増 大 し 注 意 力 が 散 漫 になりやすく また 冬 季 に 低 温 で 高 湿 度 となる 調 理 場 でも 学 校 給 食 従 事 者 の 運 動 能 力 の 低 下 をきたします どちらの 場 合 も 注 意 力 が 散 漫 になり 衛 生 意 識 が 低 下 し けがをしやすく なると 同 時 に 食 中 毒 の 発 生 につながる 恐 れがあります 調 理 作 業 中 には 適 切 な 換 気 及 び 空 調 の 整 備 で 温 度 湿 度 管 理 を 行 うととも に 食 品 の 洗 浄 水 や 水 切 り 水 を 床 へ 落 とさないドライ 運 用 を 行 うことが 重 要 で す 夜 間 の 湿 度 管 理 高 湿 度 の 施 設 環 境 では 床 や 調 理 施 設 器 具 を 洗 浄 した 際 の 残 り 水 が 乾 燥 しないために かび 及 び 細 菌 が 増 殖 します 濡 れた 床 では 1 個 の 大 腸 菌 が 一 晩 で10 万 個 にまで 増 殖 したという 実 験 結 果 もあります かびや 細 菌 の 増 殖 は 食 中 毒 につながるとともに 施 設 及 び 設 備 の 老 朽 化 を 促 進 します 夜 間 の 湿 度 を 低 く 保 つためには ドライ 運 用 を 図 り 食 品 の 洗 浄 水 や 水 切 り 水 を 床 に 落 とさないようにし 調 理 用 の 機 械 及 び 機 器 や 床 などを 洗 浄 した 後 は 確 実 に 乾 燥 させることが 大 切 です さらに 適 切 な 換 気 空 調 の 整 備 も 必 要 で す * 学 校 給 食 における 食 中 毒 防 止 Q&A(p5-6) 参 照 48

20 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 (3) 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 衛 生 管 理 四 調 理 場 内 の 温 度 計 及 び 湿 度 計 は 定 期 的 に 検 査 を 行 うこと 温 度 計 及 び 湿 度 計 は 定 期 的 に 検 査 を 行 うこと ( () 学 校 給 食 設 備 5 温 度 計 及 び 湿 度 計 一 (p40-41) 参 照 ) ガラス 温 度 計 や 湿 度 計 は 振 動 や 衝 撃 により 液 中 の 途 中 が 切 断 され 空 間 が 生 じることがあります これを 液 切 れと 言 います 液 切 れした 状 態 では 正 しい 温 度 は 測 れません また 長 期 間 使 用 していると 次 にガラス 球 部 が 収 縮 し 温 度 が 高 く 示 されま す これを 経 年 変 化 と 言 い ガラス 材 質 によってその 変 化 量 は 異 なります 正 確 に 温 度 を 測 るためには 定 期 的 に 検 査 を 行 い 問 題 があれば 新 しいものと 交 換 します 五 調 理 場 の 給 水 排 水 採 光 換 気 等 の 状 態 を 適 正 に 保 つこと また 夏 期 の 直 射 日 光 を 避 ける 設 備 を 整 備 すること 調 理 場 の 給 水 排 水 採 光 換 気 等 の 衛 生 状 態 を 適 正 に 保 つこと ( (1) 学 校 給 食 施 設 作 業 区 域 内 の 施 設 四 五 (p5) 参 照 ) ( 3(4) 調 理 過 程 使 用 水 の 安 全 確 保 (p87-94) 参 照 ) 次 のような 点 に 注 意 します 1 採 光 は 検 収 調 理 過 程 など 作 業 工 程 に 合 った 適 切 な 明 るさが 確 保 でき るように 考 慮 し 食 品 の 鮮 度 や 異 物 混 入 を 確 認 できるようにする また 光 源 は 不 安 定 な 自 然 採 光 を 主 なものとしないことが 望 ましい 空 気 の 流 れ 換 気 は 常 に 非 汚 染 作 業 区 域 から 汚 染 作 業 区 域 に 向 けて 一 方 向 に 流 れるようにすることが 望 ましい 食 品 の 品 質 鮮 度 が 確 認 できない 色 付 きの 蛍 光 灯 49

21 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 (3) 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 衛 生 管 理 六 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 は ねずみ 及 びはえ ごきぶり 等 衛 生 害 虫 の 侵 入 及 び 発 生 を 防 止 するため 侵 入 防 止 措 置 を 講 じること また ねずみ 及 び 衛 生 害 虫 の 発 生 状 況 を1ヶ 月 に1 回 以 上 点 検 し 発 生 を 確 認 したときには その 都 度 駆 除 をすることとし 必 要 な 場 合 には 補 修 整 理 整 頓 清 掃 清 拭 消 毒 等 を 行 い その 結 果 を 記 録 すること なお 殺 そ 剤 又 は 殺 虫 剤 を 使 用 する 場 合 は 食 品 を 汚 染 しないようその 取 扱 いに 十 分 注 意 すること さらに 学 校 給 食 従 事 者 専 用 の 便 所 につい ては 特 に 衛 生 害 虫 に 注 意 すること 侵 入 防 止 措 置 を 講 じること 施 設 も 定 期 的 に 点 検 し 破 損 箇 所 からねずみ 及 びはえ ごきぶり 等 衛 生 害 虫 の 侵 入 発 生 を 防 止 するため 侵 入 防 止 措 置 を 講 じるとともに 補 修 整 理 整 頓 清 掃 清 拭 及 び 消 毒 等 衛 生 保 持 に 努 める 必 要 があります 次 の 点 を 点 検 し 破 損 個 所 等 は 直 ちに 修 理 します 1 施 設 内 の 網 戸 や 床 壁 等 に 割 れ 目 やすき 間 がないこと 外 へ 向 けられた 排 水 溝 開 口 部 に 取 り 付 けられている 網 等 が 破 損 していな いこと ねずみ はえ ごきぶり 等 の 侵 入 の 防 止 駆 除 を 行 うこと <ねずみ> 1 棲 みかを 与 えないこと 1 雑 物 や 積 荷 を 放 置 しないこと 調 理 室 の 周 囲 の 地 面 にコンクリートなどを 張 ること 通 路 をふさぐこと 1 排 水 溝 のふたを 整 備 すること 防 そ 網 等 を 設 置 すること 3 かじり 穴 をふさぐこと 3 えさを 与 えないこと 1 食 品 や 残 飯 等 のゴミは 密 閉 容 器 に 入 れること 排 水 溝 のゴミを 除 くこと 4 発 生 侵 入 が 確 認 された 時 には 業 者 に 依 頼 し 駆 除 すること 50

22 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 (3) 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 衛 生 管 理 <はえ> 1 発 生 源 となる 生 ごみ 等 は 密 閉 容 器 に 入 れること 生 ごみを 長 期 間 置 いておかないこと 3 出 入 り 口 及 び 窓 にはエアカーテン 或 いは 網 戸 をつけるよう 努 めること <ごきぶり> 1 ごみ 等 は 密 閉 容 器 に 入 れること 食 品 は 可 能 な 限 り 密 閉 容 器 に 入 れること 調 理 室 内 で 捕 獲 されたごきぶり 七 学 校 給 食 従 事 者 専 用 の 便 所 には 専 用 の 履 物 を 備 えること また 定 期 的 に 清 掃 及 び 消 毒 を 行 うこと 学 校 給 食 従 事 者 専 用 の 便 所 は 専 用 の 履 物 を 備 え 定 期 的 に 清 掃 及 び 消 毒 を 行 うこと 便 所 には ノロウイルスや 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 O157をはじめとする 病 原 微 生 物 が 存 在 している 可 能 性 があります これらの 病 原 微 生 物 を 便 所 から 持 ち 出 さ ないために 便 所 は 常 に 清 潔 に 保 つことが 大 切 です 学 校 給 食 従 事 者 専 用 便 所 には 洗 浄 消 毒 乾 燥 が 容 易 な 材 質 の 履 物 を 備 え 便 所 に 入 るときには 必 ず 履 き 替 えます 学 校 給 食 従 事 者 専 用 便 所 の 清 掃 及 び 消 毒 は 調 理 終 了 後 に 行 うほか ノロウイ ルス 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 O157などの 病 原 微 生 物 による 食 中 毒 や 感 染 症 発 症 者 及 び 病 原 微 生 物 保 有 者 の 存 在 が 確 認 されたときは ただちに 清 掃 消 毒 しま す * (1) 学 校 給 食 設 備 3その 他 の 区 域 の 施 設 二 (p8-9) 参 照 * 資 料 学 校 給 食 従 事 者 専 用 便 所 (p ) 参 照 * 調 理 場 における 洗 浄 消 毒 マニュアル PartⅡ (p5-9) 参 照 51

23 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 (3) 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 衛 生 管 理 八 学 校 給 食 従 事 者 専 用 の 手 洗 い 設 備 は 衛 生 的 に 管 理 するとともに 石 け ん 液 消 毒 用 アルコール 及 びペーパータオル 等 衛 生 器 具 を 常 備 すること また 布 タオルの 使 用 は 避 けること さらに 前 室 の 手 洗 い 設 備 には 個 人 用 爪 ブラシを 常 備 すること 学 校 給 食 従 事 者 専 用 の 手 洗 い 設 備 は 石 けん 液 消 毒 用 アルコール 及 びペ ーパータオル 等 衛 生 器 具 を 常 備 すること 布 タオルの 使 用 は 避 けること 前 室 の 手 洗 い 設 備 には 個 人 用 爪 ブラシを 常 備 すること 学 校 給 食 従 事 者 専 用 の 手 洗 い 設 備 は 衛 生 的 に 管 理 するとともに 次 の 衛 生 器 具 を 常 備 します 1 手 洗 い 用 石 けん 液 爪 ブラシ( 前 室 には 個 人 用 調 理 場 内 には 必 要 に 応 じた 個 数 を 整 備 す る ) 3 ペーパータオル 4 消 毒 用 アルコール * () 学 校 給 食 設 備 7 学 校 給 食 従 事 者 専 用 手 洗 い 設 備 等 一 二 (p43) 参 照 * 資 料 1 学 校 給 食 従 事 者 専 用 手 洗 い 設 備 (p ) 参 照 * 学 校 給 食 調 理 場 における 手 洗 いマニュアル 参 照 5

24 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 (3) 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 衛 生 管 理 九 食 器 具 容 器 及 び 調 理 用 の 器 具 は 使 用 後 でん 粉 及 び 脂 肪 等 が 残 留 し ないよう 確 実 に 洗 浄 するとともに 損 傷 がないように 確 認 し 熱 風 保 管 庫 等 により 適 切 に 保 管 すること また フードカッター 野 菜 切 り 機 等 調 理 用 の 機 械 及 び 機 器 は 使 用 後 に 分 解 して 洗 浄 及 び 消 毒 した 後 乾 燥 させること さらに 下 処 理 室 及 び 調 理 室 内 における 機 械 容 器 等 の 使 用 後 の 洗 浄 及 び 消 毒 は 全 ての 食 品 が 下 処 理 室 及 び 調 理 室 から 搬 出 さ れた 後 に 行 うよう 努 めること 食 器 具 容 器 及 び 調 理 用 の 器 具 は 確 実 に 洗 浄 し 損 傷 がないように 確 認 し 熱 風 保 管 庫 等 により 適 切 に 保 管 すること 食 器 具 容 器 及 び 調 理 用 の 器 具 ( 以 下 器 具 等 という )は 汚 染 レベル が 低 いものから 先 に 洗 浄 し 汚 れ や 有 機 物 を 洗 い 落 とした 後 に 十 分 な 流 水 で 洗 浄 剤 をすすぎます また 器 具 等 を 保 管 使 用 する 際 には 損 傷 がないように 確 認 します 調 理 用 機 器 等 は 使 用 後 分 解 し 洗 浄 消 毒 乾 燥 を 正 しく 行 うこと 分 解 可 能 な 部 品 は 分 解 して 洗 浄 消 毒 乾 燥 保 管 し 使 用 前 に 取 りつけま す 下 処 理 室 及 び 調 理 室 内 における 機 械 容 器 等 の 使 用 後 の 洗 浄 及 び 消 毒 は 全 ての 食 品 が 下 処 理 室 及 び 調 理 室 から 搬 出 された 後 に 行 うよう 努 めること 器 具 等 は 汚 染 作 業 用 は 下 処 理 室 で 非 汚 染 作 業 用 は 調 理 室 または 洗 浄 室 で 洗 浄 します 調 理 室 では 食 品 がある 間 は 洗 浄 を 開 始 することができないた め 洗 浄 室 に 持 ち 込 んで 洗 浄 します また ひとつの 釜 を 繰 り 返 し 調 理 に 使 用 する 場 合 は 基 本 的 には 水 洗 いしま す 洗 剤 を 使 用 する 場 合 は 食 品 を 遠 ざけたり 洗 剤 が 飛 ばないように 注 意 した りするなど 洗 剤 が 食 品 に 付 着 しないようにします * 調 理 用 機 器 器 具 等 の 洗 浄 消 毒 方 法 は 調 理 場 における 洗 浄 消 毒 マニュアル Part Ⅰ 調 理 場 における 洗 浄 消 毒 マニュアル PartⅡ を 参 照 食 器 具 類 は 定 期 的 に 残 留 物 の 検 査 をすること 器 具 等 が 確 実 に 洗 浄 消 毒 が 実 施 され 清 浄 度 が 確 保 されているか 否 かを 細 菌 検 査 やATP 清 浄 度 検 査 呈 色 反 応 による 食 器 の 洗 浄 効 果 試 験 などの 科 学 的 手 法 により 検 証 します * 洗 浄 消 毒 の 評 価 の 方 法 は 調 理 場 における 洗 浄 消 毒 マニュアル PartⅡ(p37-48) を 参 照 53

25 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 (3) 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 衛 生 管 理 熱 風 保 管 庫 紫 外 線 殺 菌 保 管 庫 等 の 保 守 点 検 について 次 の 点 に 注 意 して 保 守 点 検 を 行 います 1 熱 風 保 管 庫 については 温 度 計 を 入 れて 設 定 した 殺 菌 温 度 が 保 たれて いることを 確 認 すること 紫 外 線 殺 菌 保 管 庫 については 紫 外 線 で 確 実 に 照 射 されていることをの ぞき 窓 等 で 確 認 できるものを 使 用 すること また 紫 外 線 殺 菌 等 の 有 効 照 射 時 間 に 気 をつけること 十 天 井 の 水 滴 を 防 ぐとともに かびの 発 生 の 防 止 に 努 めること 十 一 床 は 破 損 箇 所 がないよう 管 理 すること 天 井 は 水 滴 を 防 ぎ かびの 発 生 を 防 止 すること 調 理 作 業 中 の 天 井 に 水 滴 が 発 生 した 場 合 水 滴 の 落 下 によって 調 理 中 の 食 品 を 汚 染 する 可 能 性 があり 水 滴 を 放 置 しているとかびの 発 生 につながります 定 期 検 査 では 天 井 にかびや 水 滴 がみられないか 確 認 します 床 は 破 損 箇 所 がないようにすること 床 が 破 損 すると 汚 染 が 溜 まり 易 くなり 衛 生 管 理 上 望 ましくありません ま た 破 損 を 放 置 すると 破 損 部 分 の 拡 大 につながるので 速 やかに 修 理 しま す 十 二 清 掃 用 具 は 整 理 整 頓 し 所 定 の 場 所 に 保 管 すること また 汚 染 作 業 区 域 と 非 汚 染 作 業 区 域 の 共 用 を 避 けること 清 掃 用 具 は 衛 生 的 に 管 理 すること 清 掃 用 具 は 決 められた 場 所 で 洗 浄 し 所 定 の 場 所 に 保 管 します 1 洗 剤 でよく 洗 浄 する すすいだ 後 乾 燥 する 3 所 定 の 場 所 で 吊 り 下 げるなどして 保 管 する 54

26 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 整 備 及 び 管 理 に 係 る 衛 生 管 理 基 準 (3) 学 校 給 食 施 設 及 び 設 備 の 衛 生 管 理 清 掃 用 具 は 汚 染 作 業 区 域 と 非 汚 染 作 業 区 域 の 共 用 を 避 けること 相 互 汚 染 を 避 けるため 清 掃 用 具 は 作 業 区 域 別 に 用 意 します 清 掃 用 具 等 の 不 適 切 な 取 り 扱 清 掃 用 具 がロッカーや 容 器 に 入 っていない 具 調 理 室 床 にホースや 洗 浄 用 が 直 置 きされている 55

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 3 月 山 形 県 企 業 局 第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び

More information

学校給食衛生管理基準

学校給食衛生管理基準 一 頁 文 部 科 学 省 告 示 第 六 十 四 号 学 校 給 食 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 百 六 十 号 ) 第 九 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 を 次 の よ う に 定 め 平 成 二 十 一 年 四 月 一 日 か ら 施 行 す る 平 成 二 十 一 年 三 月 三 十 一 日 文 部 科 学 大 臣 塩 谷

More information

構造設備、機器及び衛生管理

構造設備、機器及び衛生管理 構 造 設 備 機 器 及 び 衛 生 管 理 構 造 設 備 4.1 原 則 構 造 設 備 は 次 のように 設 置 し 設 計 し 建 設 し 利 用 す a) 製 品 の 保 護 を 確 保 する b) 効 率 的 に 清 掃 衛 生 管 理 及 び 保 守 が 行 えるよ うにする c) 製 品 原 料 及 び 包 装 材 料 の 混 同 のリスクを 最 小 限 にする 区 域 の 種 類

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション マンションの 安 全 と 維 持 管 理 ~ 定 期 報 告 を 活 用 しよう~ 株 式 会 社 柴 田 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 柴 田 成 文 マンションの 安 全 と 維 持 管 理 1. 定 期 報 告 の 目 的 概 要 2. 主 な 点 検 項 目 ( 指 摘 事 項 )と 改 善 方 法 の 紹 介 3. 長 期 修 繕 計 画 等 への 反 映 1. 定 期

More information

我孫子市小規模水道条例

我孫子市小規模水道条例 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 施 行 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 46 号 以 下 条 例 という ) の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ( 検 査 項 目 等 ) 第 2 条 条 例 第 3 条 第 2 項 に 規 定 する 基 準 ( 以 下 水 質 基

More information

第 1 章 第 1 節 総 括 事 項 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 金 山 浄 水 場 管 理 本 館 清 掃 業 務 委 託 に 適 用 する 2 委 託 業 務 名 金 山 浄 水 場 管 理 本 館 清 掃 業 務 委 託 3 委 託 業 務 の 概 要

第 1 章 第 1 節 総 括 事 項 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 金 山 浄 水 場 管 理 本 館 清 掃 業 務 委 託 に 適 用 する 2 委 託 業 務 名 金 山 浄 水 場 管 理 本 館 清 掃 業 務 委 託 3 委 託 業 務 の 概 要 長 期 継 続 契 約 金 山 浄 水 場 管 理 本 館 清 掃 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 3 月 山 形 県 企 業 局 最 上 電 気 水 道 事 務 所 第 1 章 第 1 節 総 括 事 項 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 金 山 浄 水 場 管 理 本 館 清 掃 業 務 委 託 に 適 用 する 2 委 託 業 務 名 金

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Microsoft Word - ★【通知】「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について(番号入り)

Microsoft Word - ★【通知】「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について(番号入り) 食 安 発 1022 第 10 号 平 成 25 年 10 月 22 日 都 道 府 県 知 事 各 保 健 所 設 置 市 長 殿 特 別 区 長 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 食 品 安 全 部 長 ( 公 印 省 略 ) 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル の 改 正 について 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル については 大 規 模 食 中 毒 対

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円 平 成 26 年 2 月 19 日 政 策 総 務 財 政 委 員 会 配 付 資 料 財 政 局 平 成 26 年 度 制 改 正 ( 地 方 )の 概 要 について 平 成 26 年 度 制 改 正 のうち に 関 係 する 主 な 改 正 事 項 は 次 のとおりです なお これらの 事 項 について 地 方 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 が 可 決 された 場 合 には

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22 図 1-Ⅱ-2 冷 却 塔 の 例 ( 左 : 開 放 型 右 : 密 閉 型 ) < 維 持 管 理 方 法 > 1. 維 持 管 理 の 留 意 点 建 築 物 の 冷 却 水 は 空 調 用 冷 凍 機 などの 熱 を 発 生 する 機 器 と 冷 却 塔 の 間 を 循 環 して 発 生 した 熱 を 冷 却 塔 から 放 出 するのに 用 いられる 冷 却 水 は 夏 期 に 水 温 25~35

More information

佐 賀 市 立 城 南 中 学 校 (1) 換 気 ( 二 酸 化 炭 素 ) 8 月 2 月 (2) 温 度 8 月 2 月 (3) 一 酸 化 炭 素 8 月 2 月 (4) 揮 発 性 有 機 化 合 物 8 月 理 科 室 や 家 庭 科 室 では 授 業 日 は 常 時 換 気 扇 を 使

佐 賀 市 立 城 南 中 学 校 (1) 換 気 ( 二 酸 化 炭 素 ) 8 月 2 月 (2) 温 度 8 月 2 月 (3) 一 酸 化 炭 素 8 月 2 月 (4) 揮 発 性 有 機 化 合 物 8 月 理 科 室 や 家 庭 科 室 では 授 業 日 は 常 時 換 気 扇 を 使 佐 賀 市 立 成 章 中 学 校 (1) 換 気 ( 二 酸 化 炭 素 ) 8 月 2 月 (2) 温 度 8 月 2 月 (3) 一 酸 化 炭 素 未 実 施 未 実 施 新 校 舎 により 燃 焼 器 具 不 使 用 のため 測 定 省 略 (4) 揮 発 性 有 機 化 合 物 7 月 ホルムアルデヒド 及 びその 他 の 揮 発 性 有 機 化 合 物 についてはすべて 基 準 に 適

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 消 防 予 第 192 号 平 成 9 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 予 防 課 長 消 防 用 設 備 等 に 係 る 届 出 等 に 関 する 運 用 について( 通 知 ) 消 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 17 条 14 規 定 に 基 づく 消 防 用 設 備 等 着 工 届 法 第 17 条 32 規 定 に 基 づく 消 防

More information

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与 電 子 版 職 員 給 与 のあらまし < 公 営 企 業 版 > 平 成 24 年 度 目 次 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 2 工 業 用 水 道 事 業 3 下 水 道 事 業 4 自 動 車 運 送 事 業 5 高 速 度 鉄 道 事 業 6 病 院 事 業 < 問 い 合 わせ 先 > 上 下 水 道 局 総 務 部 総 務 課 交 通 局 総 務 部 労 務 課

More information

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物 第 12 節 廃 棄 物 等 1. 調 査 1.1. 調 査 する 情 報 調 査 する 情 報 は 以 下 のとおりとする 1 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 1.2. 調 査 手 法 (1) 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 については 現 在 業 務 実 施 中 である 今 治 市 新 ごみ 処 理 施 設 に 係 る 環 境 影 響 評 価 および 施 設 発

More information

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診 病 院 医 療 監 視 チェック 表 ( 放 射 線 関 係 ) 病 院 名 検 査 日 検 査 者 管 理 調 査 項 目 - 医 療 法 の 手 続 --5 診 療 放 射 線 機 器 の 届 出 - 患 者 入 院 状 況 --5 器 具 同 位 元 素 治 療 患 者 の 放 射 線 治 療 室 以 外 の 入 院 禁 止 --6 放 射 線 治 療 室 への 他 の 患 者 の 入 院 防

More information

別 紙 1 事 故 の 概 要 と 原 因 教 育 委 員 会 の 対 応 異 物 混 入 防 止 のための 注 意 事 項 事 故 事 案 1 A 町 学 校 給 食 共 同 調 理 場 から 提 供 された 小 中 学 校 4 校 の 給 食 手 ごねハンバーグ の 一 部 に 乾 燥 剤 のシ

別 紙 1 事 故 の 概 要 と 原 因 教 育 委 員 会 の 対 応 異 物 混 入 防 止 のための 注 意 事 項 事 故 事 案 1 A 町 学 校 給 食 共 同 調 理 場 から 提 供 された 小 中 学 校 4 校 の 給 食 手 ごねハンバーグ の 一 部 に 乾 燥 剤 のシ 教 健 体 第 7 0 7 号 平 成 26 年 10 月 8 日 各 教 育 局 長 様 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 長 学 校 給 食 への 異 物 混 入 防 止 と 安 全 確 保 の 徹 底 について( 通 知 ) このことについては 平 成 26 年 6 月 23 日 付 け 教 健 体 第 347 号 で 通 知 し 対 応 いただいている ところですが 8 月 以 降 道

More information

1

1 -------------------------------------------------------------------------------- 別 添 5-4 事 後 調 査 の 計 画 -------------------------------------------------------------------------------- 1 事 後 調 査 項 目 の 選

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定 62 (Q&A) 目 次 1 鑑 定 評 価 の 委 託 は 入 札 か 随 意 契 約 か またその 理 由 は 何 か 2 委 託 料 は 他 県 と 比 べて 妥 当 性 のある 金 額 か 3 地 価 公 示 ( 国 の 調 査 )との 違 いは 何 か また 国 の 調 査 結 果 はどう 活 用 しているか 4 路 線 価 を 利 用 しない 理 由 は 何 か 5 委 託 料 の 算

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516 第 16 節 廃 棄 物 等 161 予 測 及 び 評 価 の 結 果 1. 工 事 中 における 発 生 土 量 建 設 廃 棄 物 伐 採 木 による 影 響 1) 予 測 結 果 工 事 に 伴 う 建 設 発 生 土 量 場 内 再 利 用 量 及 び 場 外 搬 出 量 を 表 5161 に 示 す 建 設 発 生 土 については 工 事 計 画 において 盛 土 作 業 と 掘 削 作

More information

Microsoft PowerPoint - 06 資料6 技術基準.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 06  資料6 技術基準.ppt [互換モード] 資 料 6 通 信 放 送 の 法 体 系 における 技 術 基 準 について 平 成 21 年 2 月 27 日 現 行 の 技 術 基 準 の 概 要 放 送 中 止 事 故 への 対 処 1 現 在 の 技 術 基 準 の 概 要 1.コンテンツに 係 る 技 術 基 準 (1) 目 的 放 送 の 品 質 の 確 保 受 信 端 末 の 安 定 的 な 供 給 の 確 保 等 (2) 概 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために 第 6 次 出 入 国 管 理 政 策 懇 談 会 新 宿 区 1 新 宿 区 は 外 国 人 住 民 が 全 国 で 一 番 多 く 暮 らす 自 治 体 で 全 区 民 の10%を 超 えています 地 域 別 全 国 平 成 26 年 1 月 1 日 現 在 住 民 記 録 人 口 総 数 ( 人 ) 日 本 人 住 民 人 口 外 国 人 住 民 人 口 人 数 ( 人 ) 割 合 (%) 人

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

V OICE V OICE V OICE OICE V OICE V V OICE 2.7 V OICE 963.2 kcal 7 10 22%~26% V OICE V OICE シマダヤグループでは 2008 年 度 より 製 造 を 委 託 し ている 工 場 へも 環 境 取 り 組 みを 拡 大 しています 順 次 ISO14001 適 用 事 業 所 として 登 録 されました (p.3

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 一 肉 作 線 維 芽 作 表 活 発 肉 芽 コ ラ ゲ ン 線 維 呼 増 殖 埋 縮 併 進 先

More information

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 条 例 は 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 二 百 三 十 三 号 以 下 法 という )の 施 行 に ついて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 食 品 衛 生 検 査 施 設 の 設 備 及 び 職 員 の 配 置 の 基 準 ) 第 二 条 食 品 衛 生 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以 下 の 性 能 評 価 に 適 用 する (1) 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 20 条 の7 第 1 項 第 二 号 表 及 び 令 第 20 条 の 8 第 2 項 の 認 定 に 係 る 性 能 評

第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以 下 の 性 能 評 価 に 適 用 する (1) 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 20 条 の7 第 1 項 第 二 号 表 及 び 令 第 20 条 の 8 第 2 項 の 認 定 に 係 る 性 能 評 一 般 財 団 法 人 ベターリビング 平 成 16 年 7 月 23 日 制 定 平 成 19 年 6 月 20 日 改 定 平 成 23 年 12 月 1 日 改 定 シックハウス 対 策 に 関 する 居 室 等 の 性 能 評 価 業 務 方 法 書 注 ) 本 業 務 方 法 書 は 予 告 なく 変 更 することがあります 1 第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以

More information

場 日 に 開 場 し 又 は 開 場 日 に 休 場 することができる (コース 管 理 ) 4. 芝 の 育 成 管 理 については 次 の 条 件 により 転 圧 施 肥 芽 土 散 布 薬 品 散 布 散 水 刈 込 み 等 必 要 な 処 置 を 施 し 良 好 なコース 状 態 を 維

場 日 に 開 場 し 又 は 開 場 日 に 休 場 することができる (コース 管 理 ) 4. 芝 の 育 成 管 理 については 次 の 条 件 により 転 圧 施 肥 芽 土 散 布 薬 品 散 布 散 水 刈 込 み 等 必 要 な 処 置 を 施 し 良 好 なコース 状 態 を 維 別 紙 2 石 巻 市 かなんパークゴルフ 場 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 石 巻 市 かなんパークゴルフ 場 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は この 仕 様 書 によるもの とする ( 業 務 の 目 的 ) 1. 石 巻 市 かなんパークゴルフ 場 管 理 運 営 業 務 は 石 巻 市 かなんパークゴルフ 場 条 例 ( 平 成 17 年

More information

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 四 日 市 市 告 示 第 356 号 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 8 月 10 日 田 中 俊 行 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 のリフォームを 促 進 し 地 域 経 済 の 活 性 化 をより 確 かなも

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

第1号様式 その1

第1号様式 その1 別 記 第 1 号 様 式 ( 第 6 条 関 係 ) ( 宛 先 ) 大 田 区 長 ( 第 1 面 ) 事 業 計 画 書 ( 提 出 者 ) 現 住 所 ( - ) 年 月 日 企 業 名 代 表 者 役 職 氏 名 印 大 田 区 研 究 開 発 企 業 等 拠 点 整 備 助 成 事 業 実 施 要 綱 第 6 条 の 規 定 により 次 のとおり 提 出 します 1 業 種 大 分 類

More information

1 書 誌 作 成 機 能 (NACSIS-CAT)の 軽 量 化 合 理 化 電 子 情 報 資 源 への 適 切 な 対 応 のための 資 源 ( 人 的 資 源,システム 資 源, 経 費 を 含 む) の 確 保 のために, 書 誌 作 成 と 書 誌 管 理 作 業 の 軽 量 化 を 図

1 書 誌 作 成 機 能 (NACSIS-CAT)の 軽 量 化 合 理 化 電 子 情 報 資 源 への 適 切 な 対 応 のための 資 源 ( 人 的 資 源,システム 資 源, 経 費 を 含 む) の 確 保 のために, 書 誌 作 成 と 書 誌 管 理 作 業 の 軽 量 化 を 図 平 成 2 8 年 3 月 25 日 NACSIS-CAT 検 討 作 業 部 会 NACSIS-CAT/ILL の 軽 量 化 合 理 化 について( 基 本 方 針 )( 案 ) これからの 学 術 情 報 システム 構 築 検 討 委 員 会 ( 以 下, これから 委 員 会 ) は これか らの 学 術 情 報 システムの 在 り 方 について ( 平 成 27 年 5 月 29 日 )

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

[各種動物の拡散防止措置の要件]②

[各種動物の拡散防止措置の要件]② カイコ [ 遺 伝 子 組 換 え 動 物 の 拡 散 防 止 措 置 の 例 ]2 協 力 : 九 州 大 学 大 学 院 農 学 研 究 院 准 教 授 伴 野 豊 先 生 京 都 工 芸 繊 維 大 学 工 芸 科 学 研 究 科 応 用 生 物 学 部 門 教 授 森 肇 先 生 東 京 大 学 大 学 院 農 学 生 命 科 学 研 究 科 教 授 嶋 田 透 先 生 1. 動 物 の 特

More information

工 事 設 計 書 施 行 年 度 平 成 26 年 度 契 約 番 号 4261000060 工 事 名 平 成 26 年 度 水 道 広 域 化 促 進 事 業 舗 装 復 旧 工 事 ( 佐 那 具 工 業 団 地 工 区 ) 施 工 場 所 千 歳 地 内 課 長 係 長 工 種 開 削 工 事 及 び 小 口 径 推 進 工 事 積 算 者 検 算 者 設 計 金 額 円 内 消 費 税

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D204C454483568393837C8376838C835B839381698A43976D90858E598B5A8F7081408EF088E4816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D204C454483568393837C8376838C835B839381698A43976D90858E598B5A8F7081408EF088E4816A2E707074> 1.LED 漁 技 術 開 発 の 推 移 2.20 年 度 終 了 時 における 課 題 と 21 年 度 実 証 事 業 結 果 1サンマ 棒 受 網 漁 業 への 導 入 事 例 2イカ 釣 り 漁 業 への 導 入 事 例 平 成 22 年 4 月 22 日 ( 木 ) ( 株 ) 海 洋 水 産 技 術 酒 井 拓 宏 3.LED 漁 実 証 試 験 に 係 る 現 状 の 到 達 点 1.LED

More information

平 成 25 年 度 修 繕 費 事 業 計 画 書 様 式 E 自 動 車 事 業 費 ( 款 ) 営 業 費 用 ( 項 ) 車 両 保 存 費 ( 目 ) 車 両 修 繕 費 ( 節 ) 自 動 車 本 部 運 輸 課 車 両 係 (02.01.30.38.38.02) 担 当 者 名 堤 智

平 成 25 年 度 修 繕 費 事 業 計 画 書 様 式 E 自 動 車 事 業 費 ( 款 ) 営 業 費 用 ( 項 ) 車 両 保 存 費 ( 目 ) 車 両 修 繕 費 ( 節 ) 自 動 車 本 部 運 輸 課 車 両 係 (02.01.30.38.38.02) 担 当 者 名 堤 智 平 成 25 年 度 修 繕 費 事 業 計 画 書 様 式 E 自 動 車 事 業 費 ( 款 ) 営 業 費 用 ( 項 ) 車 両 保 存 費 ( 目 ) 車 両 修 繕 費 ( 節 ) 自 動 車 本 部 運 輸 課 車 両 係 (02.01.30.38.38.01) 担 当 者 名 堤 智 彦 24 年 度 予 算 A 25 年 度 計 画 B 差 引 (BA) 予 算 額 394,136

More information

薬食発第●●●号

薬食発第●●●号 都 道 府 県 知 事 各 保 健 所 設 置 市 長 殿 特 別 区 長 薬 食 発 第 0206002 号 平 成 21 年 2 月 6 日 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 長 薬 事 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 告 示 の 公 布 について 薬 事 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 69 号 以 下

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

(現行版)工事成績書と評定表をあわせた_docx

(現行版)工事成績書と評定表をあわせた_docx ( 現 行 の 様 式 ) 多 治 見 市 工 事 成 績 書 兼 報 告 書 業 種 コード( ) 工 事 担 当 部 課 名 部 課 工 事 番 号 第 号 工 事 名 工 事 工 事 場 所 多 治 見 市 町 丁 目 地 内 請 負 業 者 名 技 術 者 氏 名 監 理 主 任 技 術 者 現 場 代 理 人 契 約 金 額 ( 最 終 契 約 額 ) 円 工 期 年 月 日 から 年 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63> 広 島 県 動 物 愛 護 センター 犬 猫 譲 渡 要 領 第 1 趣 旨 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 ) 第 35 条 及 び 広 島 県 動 物 愛 護 管 理 条 例 ( 昭 和 55 年 条 例 第 2 号 ) 第 11 条 及 び 犬 及 び 猫 の 引 取 り 並 びに 負 傷 動 物 等 の 収 容 に 関

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

青少年教育施設の施設管理者点検マニュアル 25ページ~32ページ

青少年教育施設の施設管理者点検マニュアル 25ページ~32ページ 外 部 建 具 1 窓 開 閉 動 作 は 良 好 か 雨 水 の 浸 入 や 結 露 水 があふれた 痕 はないか 方 法 頻 度 の 種 類 目 視 触 診 日 常 事 後 保 全 劣 化 スチー 製 又 は 木 製 のサッシに 著 しい 腐 食 開 閉 不 良 がないか 確 認 する 窓 の 下 部 に 雨 水 の 侵 入 や 結 露 水 が 室 内 にあふれた 等 の 痕 跡 がないか 確

More information

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料 別 添 72 後 退 灯 の 技 術 基 準 1. 適 用 範 囲 等 この 技 術 基 準 は 自 動 車 に 備 える 後 退 灯 に 適 用 する( 保 安 基 準 第 40 条 関 係 ) ただし 法 第 75 条 の2 第 1 項 の 規 定 によりその 型 式 について 指 定 を 受 けた 白 色 の 前 部 霧 灯 が 後 退 灯 として 取 付 けられている 自 動 車 にあっては

More information

第1章 設計マニュアル 本 編

第1章 設計マニュアル 本 編 第 1 章 総 論 1-1 1. 目 的 本 マニュアル( 案 )は 本 市 の 老 朽 化 した 下 水 道 管 路 施 設 の 機 能 を 適 正 に 維 持 する ため 管 きょ 更 生 工 法 により 管 路 の 状 況 に 応 じた 修 繕 改 築 を 実 施 するための 考 え 方 と 手 順 等 を 示 すことを 目 的 とする 2. 適 用 本 マニュアル( 案 )は 本 市 の 下

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 81,619 27,450,520 1,365,377 4,783,695 17.4%

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

西関東書式

西関東書式 No.1 件 名 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 金 の 誤 支 給 助 成 額 計 算 時 に 象 者 の 加 入 保 険 情 報 を 確 認 し な か っ た た め に 計 算 を 誤 り 過 払 い が 発 生 し た も の < 過 払 い 金 額 76,002 円 > 職 員 の 計 算 時 の 確 認 不 足 象 者 に 経 緯 を 説 明 し お 詫 び し ま し

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

第 6 条 この 事 業 による 助 成 を 受 けようとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は, 宇 土 市 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 申 請 書 ( 式 第 1 号 )に, 次 に 掲 げる 書 類 を 添 付 し, 当 該 年 度 の 市 が 指 定 する 日 までに 市 長

第 6 条 この 事 業 による 助 成 を 受 けようとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は, 宇 土 市 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 申 請 書 ( 式 第 1 号 )に, 次 に 掲 げる 書 類 を 添 付 し, 当 該 年 度 の 市 が 指 定 する 日 までに 市 長 宇 土 市 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 実 施 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 市 民 の 居 住 環 境 の 向 上 及 び 市 内 の 商 工 業 等 の 活 性 化 を 図 るため 市 民 が 自 己 の 居 住 の 目 的 に 使 用 する 住 宅 のリフォームを 施 工 業 者 によって 行 う 場 合 に 要 した 経 費 に 対 し, 予 算 の 範 囲

More information

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版 添 付 資 料 東 京 事 務 所 版 BCP 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 非 常 時 における 具 体 的 な 対 応 方 法 必 要 な 人 員 体 制 連 携 体 制 を 想 定 し これを 実 現 するために 事 前 に 準 備 しておかなければならないこと 等 について 定 めるものです 実 施 要 領 は 次 のように 構 成 します 項 目 非 常 時 事 前 の 備 え(

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx 様 式 (7)~1 建 売 住 宅 共 同 住 宅 宅 地 分 譲 公 営 住 宅 公 共 施 設 関 係 1. 転 用 目 的 とその 内 容 イ. 建 売 住 宅 ロ. 共 同 住 宅 ハ. 宅 地 分 譲 ニ. 公 営 住 宅 ホ. 公 共 施 設 ( ) 転 用 敷 地 総 面 積 ( 内 農 地 面 積 その 他 ) 土 地 利 用 計 画 住 宅 用 地 店 舗 集 会 所 等 施 設

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申 資 料 3-1 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 進 捗 状 況 平 成 28 年 7 月 1 日 資 源 エネルギー 庁 小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全

More information

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を 様 式 3の 記 載 方 法 基 本 要 件 基 準 の 基 本 的 考 え 方 ( 別 紙 3)も 併 せて 参 照 すること チェックリストの 作 成 にあたっては 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いること 注 意 改 正 基 準 であっても 規 定 書 式 に 整 合 させるために 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いて 作 成 すること( 不 欄 適

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63> 第 13 章 鉄 道 付 近 での 工 事 第 1 節 事 前 協 議 及 び 事 前 調 査 1. 適 用 線 路 に 近 接 して 列 車 運 転 に 影 響 を 及 ぼすおそれのある 土 木 工 事 に 適 用 する なお 鉄 道 の 線 路 内 で 土 木 工 事 を 施 工 する 場 合 は 鉄 道 事 業 者 と 十 分 協 議 のうえ その 指 示 に 従 うこと 2. 事 前 協 議

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

1 平 成 27 年 度 土 地 評 価 の 概 要 について 1 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えとは 地 価 等 の 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 資 産 価 値 の 変 動 に 応 じ その 価 格 を 適 正 で 均 衡 のとれたものに 見 直 す 制 度 である 3 年 ご

1 平 成 27 年 度 土 地 評 価 の 概 要 について 1 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えとは 地 価 等 の 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 資 産 価 値 の 変 動 に 応 じ その 価 格 を 適 正 で 均 衡 のとれたものに 見 直 す 制 度 である 3 年 ご 平 成 27 年 度 固 定 資 産 ( 土 地 ) 評 価 替 えについて - 県 内 市 町 の 基 準 宅 地 の 評 価 額 - 市 町 名 区 分 所 在 地 ( 参 考 ) 27 年 度 27 年 度 24 年 度 修 正 率 評 価 額 評 価 額 評 価 額 変 動 率 H26.1.1~ H26.1.1 基 準 H26.7.1 修 正 H23.7.1 修 正 B/C-1 H26.7.1

More information

2

2 1 2 3 4 5 Ⅰ 復 興 支 援 住 宅 エコポイント 231121 241031 1 A 窓 の 断 熱 改 修 発 行 されるポイントは 戸 あたり 万 ポイントが 上 限 となります ( 耐 震 改 修 を 伴 う 場 合 は45 万 ポイントが 上 限 となります ) 改 修 後 の 窓 が 省 エネ 基 準 ( 平 成 11 年 基 準 )に 規 定 する 断 熱 性 能 に 適 合

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

<5461726F2D817966696E616C817A91E68250825782588D868FF096F189BC>

<5461726F2D817966696E616C817A91E68250825782588D868FF096F189BC> 切 仕 号 総 理 ジ ュ ネ ー ブ 招 集 月 回 本 原 則 宣 言 公 地 球 模 化 社 義 宣 言 目 標 達 成 人 切 仕 促 進 決 留 族 責 任 男 女 賃 金 増 高 齢 障 害 児 童 育 増 大 見 多 額 得 転 含 世 界 経 済 重 要 貢 献 認 識 依 然 過 小 評 価 軽 視 主 女 子 わ 女 子 多 差 人 侵 害 被 害 や 立 地 域 社 構 成 員

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BC90DD8D5A8EC995F18D908F918CF68A4A97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BC90DD8D5A8EC995F18D908F918CF68A4A97702E646F63> 仮 設 校 舎 室 内 環 境 に 関 する 意 識 調 査 とその 分 析 結 果 からの 改 善 方 策 平 成 21 年 1 月 早 稲 田 大 学 理 工 学 術 院 小 松 幸 夫 研 究 室 アンケート 結 果 と 分 析 と 対 策 1 体 感 温 度 夏 季 本 設 校 舎 と 比 較 しての 夏 季 仮 設 校 舎 体 感 温 度 すみれが 丘 小 東 学 校 名 前 不 明 の

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

(5) 特 定 施 設 の 使 用 の 方 法 (6) 色 等 の 処 理 の 方 法 (7) 排 出 水 の 色 等 の 汚 染 状 態 及 び 量 2 一 の 施 設 が 特 定 施 設 となった 際 現 にその 施 設 を 設 置 している 者 ( 設 置 の 工 事 をしている 者 を 含

(5) 特 定 施 設 の 使 用 の 方 法 (6) 色 等 の 処 理 の 方 法 (7) 排 出 水 の 色 等 の 汚 染 状 態 及 び 量 2 一 の 施 設 が 特 定 施 設 となった 際 現 にその 施 設 を 設 置 している 者 ( 設 置 の 工 事 をしている 者 を 含 和 歌 山 市 排 出 水 の 色 等 規 制 条 例 平 成 3 年 10 月 5 日 条 例 第 44 号 改 正 平 成 12 年 3 月 27 日 条 例 第 58 号 平 成 13 年 7 月 9 日 条 例 第 34 号 平 成 14 年 12 月 26 日 条 例 第 52 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 排 出 水 の 色 等 を 規 制 することにより 公 共 用

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

(Microsoft Word - \203}\203j\203\205\203A\203\213\226{\221\3140111.doc)

(Microsoft Word - \203}\203j\203\205\203A\203\213\226{\221\3140111.doc) Ⅰ 入 学 者 選 抜 にあたって 希 望 する 進 路 の 実 現 に 向 けて 真 剣 に 取 り 組 んでいる 受 検 者 の 心 に 十 分 応 えることができるよう 適 正 かつ 公 正 な 入 学 者 選 抜 を 行 う 採 点 をはじめ 入 学 者 選 抜 に 係 るミスは 受 検 生 や 保 護 者 に 不 安 感 を 与 え 高 校 教 育 に 対 する 不 信 を 招 く 重 大

More information

今後の原子力発電所の安全確保に係る 取り組みについて(高経年化関連) 添付資料

今後の原子力発電所の安全確保に係る 取り組みについて(高経年化関連)  添付資料 本 書 の 内 容 を 本 来 の 目 的 以 外 に 使 用 する ことや 当 社 の 許 可 なくして 複 製 転 載 す ることはご 遠 慮 下 さい 東 京 電 力 株 式 会 社 福 島 県 原 子 力 発 電 所 所 在 町 情 報 会 議 説 明 資 料 高 経 年 化 に 対 する 原 子 力 発 電 所 の 取 り 組 みについて 平 成 21 年 11 月 27 日 東 京 電

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

任意整理について | 多重債務Q&A | 公益財団法人 日本クレジットカウンセリング協会

任意整理について | 多重債務Q&A | 公益財団法人 日本クレジットカウンセリング協会 第 5 章 任 意 整 理 について Q25 任 意 整 理 のポイント 任 意 整 理 とはどういうことですか そのポイントを 教 えてください 1. 任 意 整 理 とは 任 意 整 理 とは 支 払 能 力 を 超 える 債 務 を 負 っている 債 務 者 について 支 払 能 力 に 応 じた 返 済 計 画 を 立 て その 返 済 計 画 にしたがって 個 々の 債 権 者 との 間

More information

<483233303389FC90B38347834E835A838B976C8EAE81698E7392AC91BA94C5816A81698F4390B394C5816A2E786C73>

<483233303389FC90B38347834E835A838B976C8EAE81698E7392AC91BA94C5816A81698F4390B394C5816A2E786C73> 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) 22 年 度 千 千 千 68,989 藤 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A ( 平 成 23 年 度 ) 24,215,785 679,588 3,67,444 B 15.2

More information