目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他"

Transcription

1 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議

2 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 18 ( 別 添 )ロードマップ 19

3 Ⅰ.はじめに 国 民 生 活 やあらゆる 社 会 経 済 活 動 は 道 路 鉄 道 港 湾 空 港 等 の 産 業 基 盤 や 上 下 水 道 公 園 学 校 等 の 生 活 基 盤 治 山 治 水 といった 国 土 保 全 の ための 基 盤 その 他 の 国 土 都 市 や 農 山 漁 村 を 形 成 するインフラによって 支 えられている 我 が 国 では 昭 和 39 年 に 開 催 された 東 京 オリンピックと 同 時 期 に 整 備 された 首 都 高 速 1 号 線 など 高 度 成 長 期 以 降 に 集 中 的 に 整 備 されたインフラが 今 後 一 斉 に 高 齢 化 する 例 えば 今 後 20 年 で 建 設 後 50 年 以 上 経 過 する 道 路 橋 ( 橋 長 2m 以 上 )の 割 合 は 現 在 の 約 16%から 約 65%となるなど 高 齢 化 の 割 合 は 加 速 度 的 に 増 加 する これらのインフラの 中 には 建 設 年 度 や 構 造 形 式 等 の 施 設 諸 元 や 劣 化 や 損 傷 等 の 老 朽 化 の 進 展 状 況 など 維 持 管 理 に 必 要 な 情 報 が 不 明 な 施 設 も 多 く 存 在 している また 維 持 管 理 に 係 る 基 準 やマニュアル 等 は 管 理 者 間 で ばらつきが 存 在 するほか 国 地 方 を 通 じ 職 員 定 数 の 削 減 が 進 む 中 地 方 公 共 団 体 の 中 には 維 持 管 理 を 担 当 する 技 術 職 員 が 不 在 若 しくは 不 足 して いる 団 体 も 存 在 するなど 制 度 や 体 制 についても 我 が 国 全 体 として 十 分 とは 言 えないという 指 摘 もある このような 現 状 に 至 った 背 景 には 戦 後 短 期 間 で 集 中 的 にインフラ 整 備 を 進 める 必 要 があったことや 経 年 劣 化 や 疲 労 等 に 伴 う 損 傷 はその 進 行 速 度 が 遅 く 問 題 が 顕 在 化 するまでに 長 期 間 を 要 するため 必 要 な 措 置 が 講 じられてこなかったことなどが 考 えられ 一 刻 も 早 く 取 組 を 開 始 する 必 要 がある 一 方 インフラ 長 寿 命 化 に 資 する 新 技 術 の 研 究 開 発 実 証 やその 導 入 も 重 要 であり 国 として 戦 略 的 に 推 進 していく 必 要 がある センサーやロボット 非 破 壊 検 査 技 術 等 劣 化 や 損 傷 状 況 等 の 様 々な 情 報 を 把 握 蓄 積 活 用 する 技 術 は 研 究 機 関 や 産 業 界 を 中 心 に 開 発 が 進 められており これらを 維 持 管 理 に 活 用 することで インフラの 安 全 性 信 頼 性 や 業 務 の 効 率 性 の 向 上 等 が 図 られることが 期 待 される 今 後 約 800 兆 円 に 及 ぶインフラストックの 高 齢 化 に 的 確 に 対 応 すると ともに 首 都 直 下 地 震 や 南 海 トラフ 巨 大 地 震 等 の 大 規 模 災 害 に 備 え 成 長 著 しいアジアの 新 興 国 との 競 争 に 打 ち 勝 ちながら 世 界 の 先 進 国 として 存 り 続 けるためには 国 土 都 市 や 農 山 漁 村 を 形 成 するあらゆる 基 盤 を 広 く イン フラ として 捉 え これまで 以 上 に 戦 略 的 に 取 組 を 進 めることが 重 要 である このため 国 民 の 安 全 安 心 を 確 保 し 中 長 期 的 な 維 持 管 理 更 新 等 に 係 るトータルコストの 縮 減 や 予 算 の 平 準 化 を 図 るとともに 維 持 管 理 更 新 に 係 る 産 業 (メンテナンス 産 業 )の 競 争 力 を 確 保 するための 方 向 性 を 示 す ものとして 国 や 地 方 公 共 団 体 その 他 民 間 企 業 等 が 管 理 するあらゆるイン フラを 対 象 に インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 ( 以 下 基 本 計 画 という ) を 策 定 し 国 や 地 方 公 共 団 体 等 が 一 丸 となってインフラの 戦 略 的 な 維 持 管 理 更 新 等 を 推 進 する 1

4 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 戦 略 的 な 維 持 管 理 更 新 等 が 行 われた 将 来 の 目 指 すべき 姿 を 示 すとともに 年 次 目 標 等 を 設 定 し その 達 成 に 向 けたロードマップを 明 らかにする (ロードマップは 別 添 ) (1) 安 全 で 強 靱 なインフラシステムの 構 築 我 が 国 は 戦 後 の 厳 しい 社 会 経 済 情 勢 の 中 度 重 なる 大 規 模 災 害 等 の 経 験 を 踏 まえつつ 困 難 な 地 形 条 件 を 克 服 し 多 様 な 気 象 条 件 に 適 応 する ための 取 組 を 進 めてきた その 過 程 において 必 要 なインフラ 整 備 を 推 進 し 新 技 術 を 開 発 導 入 することで 安 全 性 や 利 便 性 に 係 るインフラの 機 能 や 建 設 技 術 の 高 度 化 が 図 られてきた 今 後 は これまでに 整 備 したインフラの 老 朽 化 や 切 迫 する 首 都 直 下 地 震 や 南 海 トラフ 巨 大 地 震 等 の 大 規 模 災 害 に 対 応 し 国 民 の 安 全 安 心 を 確 保 することが 求 められる 未 成 熟 の 維 持 管 理 更 新 に 係 る 技 術 (メンテナンス 技 術 )の 基 盤 強 化 を 図 り 建 設 から 維 持 管 理 更 新 に 至 る 一 連 のサイクルにおいて 世 界 最 先 端 の 技 術 を 開 発 導 入 するなど 将 来 にわたって 安 全 で 強 靱 なインフラを 維 持 確 保 するためのシステムを 構 築 することで 国 土 の 脆 弱 性 に 対 応 する 目 標 国 内 の 重 要 インフラ 老 朽 インフラの 20%でセンサー ロボット 非 破 壊 検 査 技 術 等 の 活 用 により 点 検 補 修 を 高 度 化 (2020 年 頃 ) 新 材 料 の 実 用 化 に 目 途 (2020 年 頃 ) 国 内 の 重 要 インフラ 老 朽 インフラの 全 てでセンサー ロボット 非 破 壊 検 査 技 術 等 を 活 用 した 高 度 で 効 率 的 な 点 検 補 修 を 実 施 (2030 年 ) 老 朽 化 に 起 因 する 重 要 インフラの 重 大 事 故 ゼロ(2030 年 ) (2) 総 合 的 一 体 的 なインフラマネジメントの 実 現 変 化 のスピードが 速 く 複 雑 化 した 社 会 経 済 システムの 下 では 既 存 の インフラを 安 全 に 安 心 して 利 用 し 続 けられるようにするための 取 組 はもとより 時 代 とともに 変 化 する 社 会 の 要 請 に 的 確 に 対 応 していくことが 必 要 である 一 方 厳 しい 財 政 状 況 下 において 人 口 減 少 や 少 子 高 齢 化 が 進 展 する 将 来 を 見 据 えると 維 持 すべきインフラの 機 能 の 適 正 化 を 図 るとともに 官 民 が 連 携 してそれらを 賢 く 使 うなど 戦 略 的 に 維 持 管 理 更 新 等 を 行 うことが 重 要 である アイデアやビジョンにとどまることなく 必 要 な 人 材 の 確 保 育 成 も 含 め 総 合 的 かつ 一 体 的 にインフラをマネジメントすることにより トータルコスト の 縮 減 や 予 算 の 平 準 化 を 図 り 持 続 可 能 で 活 力 ある 未 来 を 実 現 する 目 標 行 動 計 画 で 対 象 とした 全 ての 施 設 について 個 別 施 設 毎 の 長 寿 命 化 計 画 を 策 定 (2020 年 頃 ) 適 切 な 点 検 修 繕 等 により 行 動 計 画 で 対 象 とした 全 ての 施 設 の 健 全 性 を 確 保 (2020 年 頃 ) 2

5 (3)メンテナンス 産 業 によるインフラビジネスの 競 争 力 強 化 インフラの 老 朽 化 への 対 応 は 万 国 共 通 の 課 題 である 今 後 アジアの 新 興 国 などで 整 備 されているインフラが 一 斉 に 老 朽 化 していくことに 鑑 みると その 重 要 性 は 一 層 高 まるものと 考 えられる 今 後 は 世 界 最 先 端 の 技 術 に 支 えられた 安 全 で 強 靱 なインフラを 維 持 確 保 するシステムをインフラビジネスの 柱 の 一 つとして 位 置 付 け メンテナンス 産 業 として 発 展 させることが 重 要 である 研 究 開 発 の 推 進 によるイノベーションの 創 出 や 市 場 の 整 備 国 際 展 開 等 の 取 組 を 通 じ メンテナンス 産 業 において 世 界 のフロントランナーとしての 地 位 を 築 き 我 が 国 のインフラビジネスの 競 争 力 強 化 を 実 現 する 目 標 点 検 補 修 等 のセンサー ロボット 等 の 世 界 市 場 の 3 割 を 獲 得 (2030 年 ) 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- に 記 載 されている 目 標 値 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 1.インフラ 機 能 の 確 実 かつ 効 率 的 な 確 保 (1) 安 全 安 心 の 確 保 国 民 生 活 や 社 会 経 済 活 動 の 基 盤 であるインフラは 時 代 とともに 変 化 する 社 会 の 要 請 を 踏 まえつつ 利 用 者 や 第 三 者 の 安 全 を 確 保 した 上 で 必 要 な 機 能 を 確 実 に 発 揮 し 続 けることが 大 前 提 であり そのために 必 要 な 取 組 を 確 実 に 推 進 する 1 メンテナンスサイクルの 構 築 インフラは 利 用 状 況 設 置 された 自 然 環 境 等 に 応 じ 劣 化 や 損 傷 の 進 行 は 施 設 毎 に 異 なり その 状 態 は 時 々 刻 々と 変 化 する 現 状 では これらの 変 化 を 正 確 に 捉 え インフラの 寿 命 を 精 緻 に 評 価 することは 技 術 的 に 困 難 であるという 共 通 認 識 に 立 ち インフラを 構 成 する 各 施 設 の 特 性 を 考 慮 した 上 で 定 期 的 な 点 検 診 断 により 施 設 の 状 態 を 正 確 に 把 握 することが 重 要 である このため 点 検 診 断 の 結 果 に 基 づき 必 要 な 対 策 を 適 切 な 時 期 に 着 実 かつ 効 率 的 効 果 的 に 実 施 するとともに これらの 取 組 を 通 じて 得 られた 施 設 の 状 態 や 対 策 履 歴 等 の 情 報 を 記 録 し 次 期 点 検 診 断 等 に 活 用 するという メンテナンスサイクル を 構 築 し 継 続 的 に 発 展 させていく 2 多 段 階 の 対 策 維 持 管 理 更 新 に 係 る 技 術 的 知 見 やノウハウは 未 だ 蓄 積 途 上 で ある このため 新 たに 得 られた 知 見 やノウハウを 確 実 に 蓄 積 し それらを 基 に 管 理 水 準 を 向 上 させる 取 組 を 継 続 していく 3

6 一 方 修 繕 や 更 新 の 実 施 時 期 等 の 判 断 には 限 界 があることを 考 慮 する 必 要 がある このため 劣 化 や 損 傷 が 直 ちに 利 用 者 や 第 三 者 の 被 害 につながることがないよう 施 設 の 特 性 に 応 じて 必 要 な 多 段 階 の 対 策 (フェイルセーフ)を 講 じていく (2) 中 長 期 的 視 点 に 立 ったコスト 管 理 厳 しい 財 政 状 況 下 で 必 要 なインフラの 機 能 を 維 持 していくためには 様 々な 工 夫 を 凝 らし 的 確 に 維 持 管 理 更 新 等 を 行 うことで 中 長 期 的 な トータルコストの 縮 減 や 予 算 の 平 準 化 を 図 る 必 要 がある これらを 確 実 に 実 行 することにより インフラ 投 資 の 持 続 可 能 性 を 確 保 する 1 予 防 保 全 型 維 持 管 理 の 導 入 中 長 期 的 な 維 持 管 理 更 新 等 に 係 るトータルコストを 縮 減 し 予 算 を 平 準 化 していくためには インフラの 長 寿 命 化 を 図 り 大 規 模 な 修 繕 や 更 新 をできるだけ 回 避 することが 重 要 である このため 施 設 特 性 を 考 慮 の 上 安 全 性 や 経 済 性 を 踏 まえつつ 損 傷 が 軽 微 で ある 早 期 段 階 に 予 防 的 な 修 繕 等 を 実 施 することで 機 能 の 保 持 回 復 を 図 る 予 防 保 全 型 維 持 管 理 の 導 入 を 推 進 する 2 維 持 管 理 の 容 易 な 構 造 の 選 択 等 維 持 管 理 コストは 管 理 水 準 や 採 用 する 構 造 技 術 等 によって 大 きく 変 化 する このため 新 設 更 新 時 には 維 持 管 理 が 容 易 かつ 確 実 に 実 施 可 能 な 構 造 を 採 用 するほか 修 繕 時 には 利 用 条 件 や 設 置 環 境 等 の 各 施 設 の 特 性 を 考 慮 するなど 合 理 的 な 対 策 を 選 択 する 3 社 会 構 造 の 変 化 や 新 たなニーズへの 対 応 今 後 グローバルな 都 市 間 競 争 や 人 口 減 少 少 子 高 齢 化 地 球 温 暖 化 等 の 進 展 が 見 込 まれる 中 インフラに 求 められる 役 割 や 機 能 も 変 化 していくものと 考 えられる このため 老 朽 化 対 策 の 検 討 に 当 たっては その 時 点 で 各 施 設 が 果 たしている 役 割 や 機 能 を 再 確 認 した 上 で その 施 設 の 必 要 性 自 体 を 再 検 討 する その 結 果 必 要 性 が 認 められる 施 設 については 更 新 等 の 機 会 を 捉 えて 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 に 応 じた 質 的 向 上 や 機 能 転 換 用 途 変 更 や 複 合 化 集 約 化 を 図 る 一 方 必 要 性 が 認 められない 施 設 については 廃 止 撤 去 を 進 めるなど 戦 略 的 な 取 組 を 推 進 する 2. メンテナンス 産 業 の 育 成 一 連 のメンテナンスサイクルを 継 続 し 発 展 させていくためには インフラの 安 全 性 信 頼 性 の 向 上 や 維 持 管 理 更 新 業 務 の 効 率 性 の 向 上 を 図 るための 新 技 術 の 開 発 導 入 が 極 めて 重 要 である このため 4

7 産 学 官 の 連 携 の 下 研 究 開 発 を 推 進 し 生 み 出 される 新 技 術 を 積 極 的 に 活 用 することで メンテナンス 産 業 に 係 る 市 場 の 創 出 拡 大 を 図 る これらを 通 じ 民 間 開 発 を 活 性 化 させ 我 が 国 のメンテナンス 技 術 を 世 界 の 最 先 端 へと 導 くことで 世 界 をリードする 輸 出 産 業 へと 発 展 させる 3. 多 様 な 施 策 主 体 との 連 携 インフラは 社 会 経 済 活 動 の 基 盤 であり インフラ 相 互 はもとより ソフト 施 策 とも 相 まって 様 々な 機 能 を 発 揮 する このため 多 様 な 施 策 や 主 体 との 連 携 により 維 持 管 理 更 新 等 の 効 率 化 を 図 りつつ その 機 能 を 最 大 限 発 揮 させていく (1) 防 災 減 災 対 策 等 との 連 携 インフラがその 機 能 を 発 揮 し 続 けるためには 経 年 劣 化 や 疲 労 に 加 え 地 震 動 等 の 災 害 外 力 にも 耐 える 必 要 がある このため 修 繕 等 の 機 会 を 捉 え インフラの 防 災 耐 震 性 能 や 事 故 に 対 する 安 全 性 能 についても 向 上 を 図 るなど 効 率 的 効 果 的 な 対 策 を 推 進 する (2) 様 々な 主 体 との 連 携 限 られた 予 算 や 人 材 で 安 全 性 や 利 便 性 を 維 持 向 上 していくためには 新 技 術 の 開 発 活 用 や 多 様 な 主 体 との 積 極 的 な 連 携 が 重 要 である この ため 適 切 な 役 割 分 担 の 下 政 府 内 や 地 方 公 共 団 体 内 の 連 携 はもとより 国 と 地 方 公 共 団 体 都 道 府 県 と 市 町 村 官 と 民 地 域 社 会 等 の 相 互 連 携 を 強 化 し 各 々が 責 任 を 持 って 取 組 を 推 進 する Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 各 インフラの 管 理 者 ( 管 理 者 以 外 の 者 が 法 令 等 の 規 定 によりそのインフラ の 維 持 管 理 更 新 等 を 行 う 場 合 にあっては その 者 以 下 同 じ ) 及 び その 者 に 対 して 指 導 助 言 するなど 当 該 インフラを 所 管 する 立 場 にある 国 や 地 方 公 共 団 体 の 各 機 関 ( 以 下 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 という ) は 本 基 本 計 画 に 基 づき インフラの 維 持 管 理 更 新 等 を 着 実 に 推 進 する ための 中 期 的 な 取 組 の 方 向 性 を 明 らかにする 計 画 として インフラ 長 寿 命 化 計 画 ( 以 下 行 動 計 画 という ) を 策 定 する さらに 各 インフラの 管 理 者 は 行 動 計 画 に 基 づき 個 別 施 設 毎 の 具 体 の 対 応 方 針 を 定 める 計 画 として 個 別 施 設 毎 の 長 寿 命 化 計 画 ( 以 下 個 別 施 設 計 画 という ) を 策 定 する 1.インフラ 長 寿 命 化 計 画 必 要 なインフラの 機 能 を 維 持 していくためには メンテナンスサイクル を 構 築 するとともに それらを 支 える 技 術 予 算 体 制 制 度 を 一 体 的 に 5

8 整 備 することが 必 要 である このため 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は 各 施 設 の 特 性 や 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 取 組 状 況 等 を 踏 まえた 上 で 以 下 に 示 す 記 載 事 項 を 基 本 として 行 動 計 画 をできるだけ 早 期 に 策 定 する なお 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 が 既 に 同 種 類 似 の 計 画 を 策 定 し ている 場 合 には 当 分 の 間 当 該 計 画 をもって 行 動 計 画 の 策 定 に 代 える ことができるものとする この 場 合 において 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は 本 基 本 計 画 の 趣 旨 を 踏 まえ できるだけ 早 期 に 必 要 な 見 直 し を 行 うよう 努 める 記 載 事 項 1 対 象 施 設 自 らが 管 理 者 である 又 は 所 管 する 立 場 にあるインフラを 構 成 する 各 施 設 のうち 安 全 性 経 済 性 や 重 要 性 の 観 点 から 計 画 的 な 点 検 診 断 修 繕 更 新 等 の 取 組 を 実 施 する 必 要 性 が 認 められる 全 ての 施 設 について 行 動 計 画 の 対 象 とする 2 計 画 期 間 後 述 の Ⅳ.1.4 中 長 期 的 な 維 持 管 理 更 新 等 のコストの 見 通 し を 踏 まえつつ Ⅳ.1.5 必 要 施 策 に 係 る 取 組 の 方 向 性 で 明 確 化 する 事 項 の 実 施 に 要 する 期 間 を 考 慮 の 上 計 画 期 間 を 設 定 する なお 取 組 の 進 捗 状 況 情 報 や 知 見 の 蓄 積 状 況 等 を 踏 まえ 適 宜 計 画 の 更 新 を 実 施 することで 取 組 を 継 続 し 発 展 させていく ものとする 3 対 象 施 設 の 現 状 と 課 題 対 象 施 設 について 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 取 組 状 況 ( 点 検 診 断 修 繕 更 新 等 の 措 置 の 進 捗 状 況 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 情 報 や 組 織 体 制 基 準 等 の 整 備 状 況 等 )や 行 動 計 画 の 策 定 時 点 で 把 握 可 能 な 施 設 の 状 態 ( 建 設 年 度 利 用 状 況 点 検 診 断 の 結 果 等 ) 等 を 踏 まえ 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 課 題 を 整 理 する 4 中 長 期 的 な 維 持 管 理 更 新 等 のコストの 見 通 し 行 動 計 画 の 策 定 時 点 で 把 握 可 能 な 情 報 に 基 づき 対 象 施 設 の 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 中 長 期 的 なコストの 見 通 しを 明 示 する なお 行 動 計 画 の 策 定 時 点 で 把 握 可 能 な 情 報 が 限 定 的 であるなど 中 長 期 的 なコストの 見 通 しに 一 定 の 精 度 が 確 保 されず 必 要 施 策 に 係 る 取 組 を 検 討 する 上 で 参 考 とすることが 困 難 と 判 断 される 場 合 に あっては 必 要 な 情 報 が 蓄 積 できた 段 階 で 実 施 することとする 6

9 5 必 要 施 策 に 係 る 取 組 の 方 向 性 後 述 の Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 に 掲 げる 施 策 のうち Ⅳ.1.3 対 象 施 設 の 現 状 と 課 題 や Ⅳ.1.4 中 長 期 的 な 維 持 管 理 更 新 等 コストの 見 通 し に 照 らして 必 要 性 が 高 いと 判 断 されるものについて 自 らの 取 組 の 方 向 性 を 明 確 化 する その 際 Ⅳ.2. 個 別 施 設 毎 の 長 寿 命 化 計 画 に 基 づく 個 別 施 設 計 画 の 策 定 方 針 についても 明 らかにする 6 フォローアップ 計 画 Ⅳ.1.5 必 要 施 策 に 係 る 取 組 の 方 向 性 で 明 確 にした 取 組 に ついて 進 捗 状 況 を 定 期 的 に 把 握 するなど 行 動 計 画 を 継 続 し 発 展 させるための 取 組 について 明 記 する 2. 個 別 施 設 毎 の 長 寿 命 化 計 画 各 インフラの 管 理 者 は 各 施 設 の 特 性 や 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 取 組 状 況 等 を 踏 まえつつ 以 下 に 示 す 記 載 事 項 を 基 本 として メンテナンス サイクルの 核 となる 個 別 施 設 計 画 をできるだけ 早 期 に 策 定 し これに 基 づき 戦 略 的 な 維 持 管 理 更 新 等 を 推 進 する なお 各 インフラの 管 理 者 が 既 に 同 種 類 似 の 計 画 を 策 定 している 場 合 には 当 分 の 間 当 該 計 画 をもって 個 別 施 設 計 画 の 策 定 に 代 えることが できるものとする この 場 合 において 各 インフラの 管 理 者 は 本 基 本 計 画 の 趣 旨 を 踏 まえ できるだけ 早 期 に 適 切 な 見 直 しを 行 うよう 努 める 記 載 事 項 1 対 象 施 設 行 動 計 画 において 個 別 施 設 計 画 を 策 定 することとした 施 設 を 対 象 とする 計 画 の 策 定 に 当 たっては 各 施 設 の 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 取 組 状 況 や 利 用 状 況 等 に 鑑 み 個 別 施 設 のメンテナンス サイクルを 計 画 的 に 実 行 する 上 で 最 も 効 率 的 効 果 的 と 考 えられる 計 画 策 定 の 単 位 ( 例 えば 事 業 毎 の 分 類 ( 道 路 下 水 道 等 )や 構 造 物 毎 の 分 類 ( 橋 梁 トンネル 管 路 等 ) 等 )を 設 定 の 上 その 単 位 毎 に 計 画 を 策 定 する 2 計 画 期 間 インフラの 状 態 は 経 年 劣 化 や 疲 労 等 によって 時 々 刻 々と 変 化 する ことから 定 期 点 検 サイクル 等 を 考 慮 の 上 計 画 期 間 を 設 定 し 点 検 結 果 等 を 踏 まえ 適 宜 計 画 を 更 新 するものとする 本 基 本 計 画 で 示 す 取 組 を 通 じ 知 見 やノウハウの 蓄 積 を 進 め 計 画 期 間 の 長 期 化 を 図 ることで 中 長 期 的 な 維 持 管 理 更 新 等 に 係 るコストの 見 通 しの 精 度 向 上 を 図 る 7

10 3 対 策 の 優 先 順 位 の 考 え 方 個 別 施 設 の 状 態 ( 劣 化 損 傷 の 状 況 や 要 因 等 )の 他 当 該 施 設 が 果 たしている 役 割 機 能 利 用 状 況 重 要 性 等 対 策 を 実 施 する 際 に 考 慮 すべき 事 項 を 設 定 の 上 それらに 基 づく 優 先 順 位 の 考 え 方 を 明 確 化 する 4 個 別 施 設 の 状 態 等 点 検 診 断 によって 得 られた 個 別 施 設 の 状 態 について 施 設 毎 に 整 理 する なお 点 検 診 断 を 未 実 施 の 施 設 については 点 検 実 施 時 期 を 明 記 する また Ⅳ.2.3 対 策 の 優 先 順 位 の 考 え 方 で 明 らかにした 事 項 のうち 個 別 施 設 の 状 態 以 外 の 事 項 について 必 要 な 情 報 を 整 理 する 5 対 策 内 容 と 実 施 時 期 Ⅳ.23 対 策 の 優 先 順 位 の 考 え 方 及 び Ⅳ.2.4 個 別 施 設 の 状 態 等 を 踏 まえ 次 回 の 点 検 診 断 や 修 繕 更 新 さらには 更 新 の 機 会 を 捉 えた 機 能 転 換 用 途 変 更 複 合 化 集 約 化 廃 止 撤 去 耐 震 化 等 の 必 要 な 対 策 について 講 ずる 措 置 の 内 容 や 実 施 時 期 を 施 設 毎 に 整 理 する 6 対 策 費 用 計 画 期 間 内 に 要 する 対 策 費 用 の 概 算 を 整 理 する Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 の 実 現 に 向 け 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 取 組 状 況 や 把 握 している 施 設 の 状 態 等 を 踏 まえ 以 下 に 示 す 取 組 の 具 体 化 を 図 るとともに それらを 行 動 計 画 や 個 別 施 設 計 画 としてとりまとめ 必 要 な 取 組 を 確 実 に 実 行 する (1) 点 検 診 断 修 繕 更 新 等 点 検 診 断 各 インフラの 管 理 者 は 行 動 計 画 や 個 別 施 設 計 画 に 基 づき できるだけ 早 期 に 必 要 な 体 制 を 整 備 し 定 期 的 な 点 検 により 劣 化 損 傷 の 程 度 や 原 因 等 を 把 握 するとともに 劣 化 損 傷 が 進 行 する 可 能 性 や 施 設 に 与 える 影 響 等 について 評 価 ( 診 断 )を 実 施 する 一 方 点 検 診 断 に 必 要 な 知 見 やノウハウは 蓄 積 途 上 であることから 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 基 準 等 を 自 ら 有 していない 管 理 者 は 当 分 の 間 国 が 定 めた 基 準 等 を 参 考 に 点 検 診 断 を 実 施 するものとする その 取 組 を 継 続 する 中 で 知 見 やノウハウを 蓄 積 し 必 要 な 基 準 等 の 整 備 や 8

11 一 定 の 技 術 力 を 持 った 人 材 の 確 保 育 成 に 取 り 組 むことで 点 検 診 断 の 精 度 向 上 を 図 る また 実 施 に 当 たっては 安 全 性 の 向 上 やコスト 縮 減 に 配 慮 しつつ 新 技 術 を 積 極 的 に 活 用 することで 有 用 な 新 技 術 の 開 発 導 入 普 及 を 後 押 しする 修 繕 更 新 等 各 インフラの 管 理 者 は 各 施 設 の 健 全 性 や 行 動 計 画 等 の 策 定 時 点 で 果 たしている 役 割 機 能 利 用 状 況 重 要 性 等 を 踏 まえ 対 策 の 優 先 順 位 の 考 え 方 を 明 確 にした 上 で 行 動 計 画 や 個 別 施 設 計 画 に 基 づき 必 要 な 修 繕 更 新 等 を 効 率 的 かつ 効 果 的 に 実 施 する その 際 各 施 設 の 必 要 性 自 体 についても 再 検 討 し 検 討 の 結 果 必 要 性 が 認 められない 施 設 については 廃 止 や 撤 去 を 進 めるほか 必 要 性 が 認 め られる 施 設 にあっては 更 新 等 の 機 会 を 捉 え 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 に 応 じた 用 途 変 更 や 集 約 化 なども 含 めて 対 応 を 検 討 する また 維 持 管 理 更 新 等 に 当 たり 兼 用 工 作 物 や 占 用 物 件 が 存 在 する 施 設 等 については 工 事 内 容 や 実 施 時 期 等 について 事 前 に 十 分 な 調 整 を 行 うなど 効 率 的 に 実 施 する さらに 安 全 性 の 向 上 やコスト 縮 減 に 配 慮 しつつ 新 技 術 を 積 極 的 に 活 用 することで 有 用 な 新 技 術 の 開 発 導 入 普 及 を 後 押 しする (2) 基 準 類 の 整 備 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は 各 施 設 の 特 性 を 踏 まえ 各 々 法 令 や 要 領 基 準 マニュアル 等 の 基 準 類 を 全 体 として 過 不 足 なく 整 合 性 を もって 体 系 的 に 整 備 する 必 要 がある このため 国 は 各 施 設 の 特 性 に 応 じ メンテナンスサイクルを 構 築 し 継 続 発 展 させる 上 で 不 可 欠 な 事 項 について 各 インフラの 管 理 者 の 対 応 の 指 針 となる 基 本 的 な 考 え 方 や 必 要 な 基 準 類 を 策 定 し 各 インフラの 管 理 者 に 提 供 する これを 踏 まえ 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は 各 施 設 の 特 性 に 鑑 み 維 持 管 理 更 新 等 に 必 要 な 基 準 類 を 整 備 する また メンテナンスサイクルの 取 組 を 通 じて 得 られた 新 たな 知 見 や ノウハウは 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 の 間 で 相 互 に 共 有 を 図 り それらを 基 準 類 に 反 映 することで 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 取 組 の 更 なる 高 度 化 を 図 る その 際 同 種 類 似 の 施 設 については 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 の 間 で 連 携 を 図 るほか 各 施 設 の 利 用 状 況 や 重 要 度 等 に 応 じて 点 検 体 制 や 実 施 ルール 等 の 管 理 水 準 を 設 定 するなど 効 率 化 に 向 けた 取 組 も 推 進 する 9

12 (3) 情 報 基 盤 の 整 備 と 活 用 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は メンテナンスサイクルを 継 続 し 発 展 させていくため 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 情 報 を 収 集 蓄 積 する さらに それらを 分 析 利 活 用 するとともに 広 く 国 民 に 発 信 共 有 する ことで 取 組 の 改 善 を 図 る 収 集 蓄 積 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は 建 設 当 初 の 状 態 1 経 年 劣 化 や 疲 労 に 影 響 を 及 ぼす 要 因 2 強 度 機 能 の 回 復 向 上 に 係 る 取 組 の 履 歴 3 4 最 新 の 状 態 等 について その 利 活 用 も 念 頭 に 置 きながら 情 報 の 収 集 蓄 積 を 推 進 する 1 施 設 の 諸 元 ( 建 設 時 期 構 造 形 式 施 設 規 模 建 設 費 用 施 工 者 等 ) 等 2 利 用 状 況 気 象 条 件 災 害 履 歴 等 3 修 繕 更 新 の 履 歴 ( 対 策 の 実 施 時 期 内 容 費 用 施 工 者 等 ) 等 4 点 検 診 断 の 履 歴 ( 劣 化 損 傷 状 況 健 全 性 ) 等 情 報 の 収 集 に 当 たっては 現 在 の 手 法 に 加 え センサーや ICT 等 の 新 技 術 も 活 用 し 情 報 の 高 度 化 作 業 の 省 力 化 コスト 縮 減 を 推 進 する とともに 得 られた 情 報 については 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 で 相 互 に 共 有 すること 等 を 通 じ 情 報 のビッグデータ 化 を 図 る その 際 蓄 積 される 情 報 の 質 を 確 保 することが 重 要 であることから 国 は 劣 化 損 傷 レベルの 判 定 等 の 判 断 を 要 する 事 項 について 実 施 主 体 に よらず 一 定 の 水 準 が 確 保 されるよう 各 施 設 の 特 性 に 応 じた 尺 度 で 評 価 される 仕 組 みを 構 築 する さらに 情 報 の 蓄 積 に 当 たっては 利 活 用 が 容 易 となるよう 国 は 電 子 化 フォーマットの 統 一 はもとより 既 存 のデータベース 等 を 最 大 限 活 用 しつつ 3 次 元 の 形 状 データや 施 設 の 様 々な 属 性 を 一 体 的 にわかり やすい 形 式 で 管 理 できるシステム(Construction Information Modeling (CIM) 等 )の 導 入 や GIS と 衛 星 測 位 を 活 用 した 地 理 空 間 情 報 (G 空 間 ) との 統 合 運 用 についても 検 討 し 将 来 的 には 得 られた 情 報 を 自 動 で 解 析 し 修 繕 や 更 新 の 時 期 内 容 を 明 示 するシステムを 構 築 するなど より 汎 用 性 の 高 いシステムを 目 指 す また 設 計 や 施 工 時 に 作 成 活 用 した 図 面 等 の 図 書 や 記 録 について 各 施 設 の 特 性 等 も 踏 まえつつ 供 用 期 間 中 の 保 存 を 義 務 付 けることなど についても 検 討 する 分 析 利 活 用 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は メンテナンスサイクルの 発 展 に つなげるため 以 下 の 観 点 から 利 活 用 を 推 進 する 設 計 施 工 時 に 検 討 把 握 した 維 持 管 理 上 の 留 意 事 項 等 の 継 承 に よる 効 果 的 な 維 持 管 理 の 実 施 作 業 の 効 率 化 10

13 事 故 等 が 発 生 した 場 合 における 同 種 類 似 のリスクを 有 する 施 設 の 特 定 予 防 的 な 対 策 の 実 施 安 全 の 確 保 や 中 長 期 的 な 維 持 管 理 更 新 等 に 係 るトータルコスト の 縮 減 や 予 算 の 平 準 化 を 図 る 上 で 有 効 な 知 見 ノウハウの 基 準 等 へ の 反 映 や 過 去 に 講 じた 対 策 や 新 技 術 の 導 入 効 果 の 分 析 等 による 対 策 の 高 度 化 インフラの 資 産 価 値 の 評 価 等 国 際 的 な 標 準 化 の 動 きへの 対 応 発 信 共 有 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は インフラの 維 持 管 理 更 新 等 の 必 要 性 や 重 要 性 に 対 する 国 民 の 理 解 を 促 進 するとともに 老 朽 化 が 進 む インフラの 安 全 性 に 対 する 不 安 を 払 拭 し 併 せて 民 間 企 業 等 における 研 究 開 発 等 の 取 組 を 促 すため 必 要 な 情 報 について 広 く 発 信 し 共 有 化 を 図 る 国 は これらの 取 組 が 円 滑 かつ 効 率 的 効 果 的 に 図 られるよう 各 施 設 の 特 性 等 を 踏 まえつつ 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 各 データベース 等 とも 連 携 しながら 情 報 プラットフォームを 構 築 するとともに 情 報 の 取 扱 い のルールを 明 確 化 し メンテナンスサイクルの 取 組 を 進 める 中 でその 改 善 充 実 を 図 る (4) 新 技 術 の 開 発 導 入 老 朽 化 対 策 における 技 術 開 発 導 入 の 重 要 性 必 要 性 予 算 の 制 約 のある 中 で インフラの 老 朽 化 対 策 を 進 め インフラの 安 全 性 信 頼 性 を 確 保 するためには 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 費 用 の 低 減 を 図 りつつ 目 視 等 のこれまでの 手 法 では 確 認 困 難 であった 損 傷 箇 所 等 も 的 確 に 点 検 診 断 対 処 することが 重 要 であり そのためには 技 術 開 発 や 新 技 術 の 導 入 を 積 極 的 に 推 進 することが 必 要 である 技 術 開 発 導 入 の 方 向 性 国 は 技 術 開 発 を 効 果 的 効 率 的 に 進 めるため 技 術 開 発 に 対 する 社 会 ニーズと これに 関 連 する 技 術 シーズを 的 確 に 把 握 するとともに これらのマッチングを 図 る さらに 技 術 開 発 の 成 果 を 速 やかに 社 会 的 な 成 果 へとつなげ メンテ ナンスサイクル 全 体 の 底 上 げを 図 るため 研 究 段 階 における 実 証 実 験 等 の 実 施 や 実 用 化 段 階 における 試 行 の 実 施 等 について 関 連 する 事 業 施 策 とも 連 携 しながら 一 連 の 取 組 を 円 滑 かつ 強 力 に 推 進 する 具 体 的 には ICT センサー ロボット 非 破 壊 検 査 補 修 補 強 新 材 料 等 に 関 する 技 術 研 究 開 発 を 進 め それらを 積 極 的 に 活 用 すると ともに 既 存 の 技 術 や 他 分 野 の 技 術 についてもその 有 用 性 を 認 識 し 有 効 に 活 用 する さらに その 結 果 を 速 やかに 評 価 し 有 用 な 技 術 に 11

14 ついて 基 準 等 に 反 映 することで 現 場 への 導 入 を 加 速 させる 評 価 の 結 果 課 題 がある 場 合 には 改 善 点 等 を 明 らかにし 更 なる 技 術 の 改 善 につなげる (5) 予 算 管 理 各 インフラの 管 理 者 は 厳 しい 財 政 状 況 下 においても 必 要 な 維 持 管 理 更 新 等 を 適 切 に 行 えるよう 新 技 術 の 導 入 等 によりコスト 縮 減 を 図 りつつ 行 動 計 画 や 個 別 施 設 計 画 に 基 づき 投 資 することで 必 要 予 算 の 平 準 化 を 図 る その 際 既 存 インフラのみならず 今 後 新 たに 整 備 されるインフラも 含 め 総 合 的 かつ 計 画 的 見 地 から 維 持 すべきインフラの 機 能 の 適 正 化 を 図 り それらを 賢 く 使 うことで 維 持 管 理 更 新 等 に 係 るインフラ 投 資 の 効 率 化 を 図 る また 費 用 や 効 果 に 関 する 知 見 の 蓄 積 を 図 るとともに 人 口 減 少 少 子 高 齢 化 の 進 展 等 の 社 会 情 勢 の 変 化 等 に 鑑 み 必 要 に 応 じて 受 益 と 負 担 の あり 方 等 についても 再 考 し 必 要 な 取 組 を 推 進 することで 投 資 の 持 続 可 能 性 を 確 保 する (6) 体 制 の 構 築 全 てのインフラにおいてメンテナンスサイクルを 確 実 に 実 行 するため 各 施 設 の 特 性 に 応 じて 人 員 人 材 等 を 確 保 することが 必 要 である 1 国 国 は 自 らが 管 理 所 有 するインフラについて 全 国 各 地 で 発 生 する 劣 化 や 損 傷 災 害 等 に 迅 速 に 対 応 するとともに 地 方 公 共 団 体 をはじめとする 各 インフラの 管 理 者 の 技 術 力 の 維 持 向 上 が 図 られ るよう 本 省 と 地 方 支 分 部 局 更 には 研 究 機 関 等 が 適 切 な 役 割 分 担 の 下 一 体 となって 取 組 を 進 める 体 制 を 構 築 する その 際 新 技 術 の 開 発 活 用 や 民 間 等 の 様 々な 主 体 との 連 携 強 化 を 図 りつつ 組 織 人 員 の 再 配 置 を 行 うことで 職 員 の 技 術 力 の 維 持 向 上 を 図 る 資 格 研 修 制 度 等 の 充 実 インフラの 安 全 を 確 実 に 確 保 するためには 一 定 の 技 術 的 知 見 に 基 づき 基 準 類 を 体 系 化 するとともに それらを 正 確 に 理 解 し 的 確 に 実 行 することが 不 可 欠 である さらに 今 後 新 技 術 の 開 発 導 入 に 伴 い メンテナンス 技 術 の 高 度 化 が 期 待 され それらを 現 場 で 的 確 に 活 用 し 最 大 限 の 効 果 を 発 揮 させることが 重 要 である このため 国 は 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 様 々な 知 見 やノウハウ の 集 約 を 図 るとともに 資 格 制 度 の 充 実 や 外 部 有 識 者 を 交 えた 12

15 教 育 研 修 制 度 を 活 用 するなどにより 各 インフラの 管 理 者 の 技 術 力 の 底 上 げを 図 る また 高 度 な 技 術 力 を 有 する 技 術 者 から 成 る 組 織 の 創 設 等 により 管 理 者 が 実 施 する 点 検 診 断 等 を 踏 まえて 必 要 となる 専 門 的 な 対 応 を 行 うなど 国 や 地 方 公 共 団 体 等 の 管 理 者 の 違 いにかかわらず その 機 能 を 発 揮 させるための 新 たな 制 度 に ついても 検 討 する 技 術 開 発 導 入 を 推 進 するための 体 制 強 化 技 術 開 発 導 入 の 重 要 性 に 鑑 み 国 等 の 研 究 機 関 の 機 能 を 強 化 する とともに 民 間 で 開 発 された 新 技 術 や 新 材 料 等 について その 普 及 が 促 進 されるよう 国 は 評 価 や 認 証 に 係 る 制 度 の 充 実 や 標 準 化 に 向 けた 取 組 を 推 進 する また 各 インフラに 共 通 する 課 題 については 産 学 官 や 関 係 省 庁 の 連 携 を 強 化 し 社 会 ニーズ 及 び 技 術 シーズを 踏 まえた 的 確 な 研 究 開 発 を 推 進 する 適 切 な 役 割 分 担 の 下 で 現 場 と 一 体 となって 取 組 を 推 進 することで 分 野 を 超 えた 技 術 の 統 合 融 合 組 合 せを 実 現 し 効 果 の 向 上 を 図 る なお 具 体 的 な 取 組 内 容 等 については 行 動 計 画 において 研 究 開 発 実 証 導 入 などの 各 段 階 に 対 応 した 新 技 術 の 活 用 推 進 に 係 る 計 画 を 明 記 することで 取 組 を 着 実 に 推 進 する 地 方 公 共 団 体 をはじめとする 各 インフラの 管 理 者 への 支 援 国 は 自 らが 保 有 する 知 見 やノウハウを 必 要 とする 地 方 公 共 団 体 をはじめとする 各 インフラの 管 理 者 に 対 し 常 時 相 談 に 応 じること ができるよう 本 省 や 地 方 支 分 部 局 研 究 機 関 に 相 談 窓 口 を 設 置 する とともに 資 格 研 修 制 度 の 充 実 講 習 会 の 実 施 等 により 国 が 有 する 技 術 的 知 見 やノウハウを 提 供 する また 高 度 な 技 術 力 を 要 する 施 設 の 修 繕 更 新 など 必 要 性 が 認 められるものについては 国 による 代 行 制 度 の 活 用 や 技 術 者 の 派 遣 地 方 公 共 団 体 等 の 先 進 事 例 の 収 集 共 有 等 国 都 道 府 県 市 区 町 村 等 の 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 が 相 互 に 連 携 して 対 策 を 講 じる 仕 組 みを 構 築 する 2 地 方 公 共 団 体 をはじめとする 各 インフラの 管 理 者 人 口 規 模 や 産 業 構 造 地 形 気 象 条 件 等 は 地 域 毎 に 様 々であり これに 呼 応 し 施 設 の 種 類 規 模 健 全 性 等 も 地 域 によって 異 なる 各 インフラの 管 理 者 は 各 々の 置 かれた 状 況 に 応 じ 自 らの 判 断 に より 維 持 すべきインフラの 機 能 を 適 正 化 し 適 切 な 管 理 を 行 うための 体 制 を 整 えることが 重 要 である 13

16 一 方 維 持 管 理 更 新 業 務 を 担 当 する 技 術 職 員 が 不 在 若 しくは 不 足 している 団 体 も 存 在 する 等 現 状 の 体 制 は 必 ずしも 十 分 とは 言 えないとの 指 摘 もあり 厳 しい 財 政 状 況 の 下 インフラの 老 朽 化 が 進 行 しているにも 関 わらず 維 持 管 理 更 新 等 の 必 要 な 対 策 が 講 じられない 事 態 も 発 生 する 恐 れがある このような 現 状 を 打 開 するためには 各 インフラの 管 理 者 は 自 ら の 責 務 に 鑑 み 維 持 管 理 や 更 新 統 廃 合 等 を 含 めた 取 組 実 態 を 再 確 認 するとともに 積 極 的 に 国 の 支 援 制 度 や 民 間 のノウハウ 新 技 術 等 を 活 用 しつつ インフラの 健 全 性 の 把 握 や 必 要 な 対 策 等 を 進 める ことが 必 要 である その 取 組 を 進 める 中 で 維 持 管 理 や 更 新 統 廃 合 等 における 課 題 を 明 確 化 し 組 織 人 員 の 維 持 管 理 更 新 部 門 への 適 正 な 配 置 に ついて 検 討 するほか インフラ 全 体 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 管 理 する ための 体 制 を 組 織 全 体 で 構 築 することが 重 要 である 必 要 な 技 術 職 員 がいない 場 合 には 必 要 とするノウハウのアウトソーシングを 図 る などにより 人 員 人 材 の 両 面 から 体 制 を 構 築 することも 検 討 して いく 必 要 がある 3 維 持 管 理 等 の 担 い 手 財 政 制 約 の 高 まりや 関 係 予 算 の 縮 減 に 伴 い 維 持 管 理 等 の 担 い 手 となる 地 域 の 建 設 産 業 が 疲 弊 している また 若 年 入 職 者 の 減 少 も あり ノウハウや 技 術 の 継 承 に 支 障 が 生 じ 将 来 の 施 工 力 の 低 下 が 懸 念 されている このため 各 インフラの 管 理 者 と 一 体 となって 将 来 にわたってインフラの 維 持 管 理 更 新 等 に 取 り 組 んでいけるよう 対 策 を 講 じる 必 要 がある 一 方 地 域 貢 献 を 目 的 とする 活 動 に 対 する 市 民 意 識 の 高 揚 が 見 られる 限 られた 人 材 予 算 で 膨 大 なインフラの 維 持 管 理 更 新 等 が 求 められる 状 況 下 これらの 積 極 的 な 活 用 が 必 要 である 民 間 企 業 点 検 診 断 修 繕 更 新 等 を 実 行 するためには それらを 担 う 建 設 産 業 における 人 材 の 確 保 育 成 及 びノウハウの 蓄 積 技 術 力 技 能 の 向 上 が 不 可 欠 である 加 えて 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 業 務 の 採 算 性 の 確 保 に 向 けた 取 組 が 必 要 である このため 建 設 企 業 が 維 持 管 理 更 新 等 の 担 い 手 となる 上 で 不 可 欠 な 入 札 契 約 に 係 る 諸 制 度 の 改 善 等 を 図 り 適 正 な 協 力 関 係 を 構 築 する また 民 間 の 技 術 やノウハウ 資 金 等 を 活 用 することにより インフラの 維 持 管 理 更 新 等 の 効 率 化 サービスの 質 的 向 上 14

17 財 政 負 担 の 軽 減 が 図 られる 事 業 については PPP/PFI の 積 極 的 な 活 用 を 検 討 することとする 入 札 契 約 制 度 等 の 改 善 維 持 補 修 工 事 は 施 設 毎 に 構 造 形 式 や 劣 化 損 傷 の 状 況 等 が 異 なることから 新 設 工 事 と 比 べて 多 くの 労 力 を 要 し 人 件 費 や 機 材 のコストも 割 高 になる 場 合 がある また 既 存 の 施 設 の 中 には 老 朽 化 対 策 を 実 施 する 上 で 必 要 となる 構 造 形 式 等 の 情 報 が 保 存 されていない 施 設 も 存 在 しており このような 施 設 の 対 策 実 施 に 当 たっては 目 視 非 破 壊 検 査 等 により 状 態 を 把 握 した 上 で 設 計 を 行 っているものの 施 工 段 階 において 設 計 と 現 場 条 件 が 異 なり 手 戻 りが 生 じるケースも 発 生 している このため 現 場 条 件 に 見 合 った 適 切 かつ 計 画 的 な 発 注 や それら を 実 現 するための 入 札 契 約 制 度 の 改 善 を 推 進 する 具 体 的 には 工 種 や 施 工 条 件 に 応 じた 積 算 基 準 の 見 直 しを 図 る とともに 調 査 設 計 施 工 の 各 段 階 の 連 携 による 発 注 や あらかじめ 工 事 材 料 等 について 単 価 を 契 約 で 定 める 単 価 数 量 精 算 方 式 の 活 用 発 注 者 支 援 のための 新 たな 仕 組 みの 活 用 など 入 札 契 約 制 度 の 見 直 しを 推 進 する さらに 地 方 公 共 団 体 等 が 事 業 の 特 性 に 応 じてこれらの 入 札 契 約 方 式 を 適 切 に 選 択 し 運 用 できるよう 国 が 支 援 していく 技 術 者 技 能 者 の 人 材 確 保 育 成 インフラを 安 全 に 安 心 して 利 用 し 続 けるようにするためには 維 持 管 理 更 新 等 の 担 い 手 となる 建 設 産 業 が 持 続 的 に 発 展 し 将 来 にわたって 建 設 企 業 の 施 工 力 や 維 持 修 繕 を 含 めた 工 事 の 品 質 等 を 確 保 することが 不 可 欠 である このため 企 業 にとって ヒト モノ カネ の 投 資 に 値 する 魅 力 的 な 環 境 整 備 を 図 るとともに 将 来 を 担 う 技 術 者 技 能 者 の 確 保 育 成 に 向 けた 取 組 を 推 進 する 具 体 的 には 積 算 基 準 や 入 札 契 約 制 度 の 見 直 しにより 業 務 の 採 算 性 の 確 保 を 図 るほか 地 域 や 施 設 毎 に 求 められる 技 術 技 能 が 異 なる 状 況 に 鑑 み それらの 習 得 を 地 域 が 一 体 となって 後 押 し する 取 組 や 資 格 制 度 の 充 実 等 を 推 進 する 併 せて 技 能 労 働 者 の 処 遇 改 善 を 図 るため 各 自 が 保 有 する 施 工 力 に 係 る 資 格 や 研 修 履 歴 工 事 経 験 等 の 情 報 を ICT 技 術 により 管 理 蓄 積 活 用 する 仕 組 みの 構 築 を 始 めとした 取 組 に ついても 関 係 者 とともに 検 討 する 15

18 市 民 団 体 等 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は 各 施 設 の 特 性 等 を 踏 まえつつ インフラの 維 持 管 理 の 担 い 手 としての 役 割 を 期 待 されている 地 域 の 市 民 団 体 等 の 活 用 を 検 討 する 活 用 が 可 能 な 施 設 にあっては 情 報 提 供 や 人 材 資 機 材 の 活 用 ルール 等 を 明 確 化 するなどにより 市 民 団 体 等 による 維 持 管 理 を 推 進 する (7) 法 令 等 の 整 備 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 が 共 通 して 取 り 組 むべき 事 項 や 必 要 な 制 度 等 については 各 インフラを 構 成 する 各 施 設 の 特 性 等 を 踏 まえつつ 法 令 等 で 定 めることにより その 責 務 を 明 確 化 すること が 重 要 である このため 国 は 基 準 類 の 体 系 的 な 整 備 や 必 要 施 策 の 制 度 化 を 検 討 する 中 で 機 会 を 捉 えて 必 要 な 法 令 等 を 整 備 するとともに 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は その 体 系 の 中 で 自 らの 工 夫 や 判 断 が 求 められる 内 容 に ついて 必 要 な 基 準 制 度 等 を 整 備 するものとする Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 インフラの 維 持 管 理 更 新 等 は 一 義 的 に 法 令 等 に 基 づき 各 インフラ の 管 理 者 の 責 任 の 下 で 行 われるべきものである しかしながら 現 状 では 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 体 制 の 整 備 や 予 算 の 確 保 を 自 ら 行 うことが 困 難 な 管 理 者 も 存 在 しており 国 等 が 必 要 な 支 援 を 実 施 しつつ インフラに 求 められる 安 全 や 機 能 を 確 保 し 国 民 生 活 や 社 会 経 済 活 動 を 支 えていく 必 要 がある また 技 術 力 の 向 上 やメンテナンス 産 業 の 発 展 に 資 する 取 組 は 産 学 界 との 連 携 の 下 国 地 方 公 共 団 体 等 が 一 体 となって 推 進 する 必 要 がある 国 の 役 割 国 は インフラの 安 全 や 求 められる 機 能 を 確 保 する 上 で 必 要 な 事 項 を 各 インフラの 法 令 等 において 明 確 化 するとともに それらの 確 実 な 実 施 を 図 るため 管 理 の 実 態 等 を 踏 まえつつ 必 要 な 体 制 や 制 度 等 を 構 築 する 自 らが 管 理 所 有 するインフラについては 他 の 各 インフラの 管 理 者 とも 連 携 を 図 りつつ 効 率 性 にも 配 慮 しながら 適 切 に 管 理 する また 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 に 対 しては 本 基 本 計 画 の 考 え 方 等 に 基 づき 過 去 に 整 備 したインフラの 状 態 配 置 利 用 状 況 さらには 人 口 動 態 市 町 村 合 併 の 進 展 状 況 財 政 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 各 々の 団 体 が 置 かれた 実 情 に 応 じた 行 動 計 画 及 び 個 別 施 設 計 画 を 策 定 するよう 要 請 する さらに その 確 実 な 実 行 に 向 け 各 インフラの 管 理 者 に 対 し 16

19 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 体 制 の 整 備 や 予 算 の 確 保 について 必 要 な 支 援 を 実 施 する あわせて 維 持 管 理 更 新 等 を 進 める 中 で 蓄 積 したデータやノウハウを 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 や 産 学 界 等 と 共 有 し 新 技 術 の 開 発 等 の メンテナンスの 高 度 化 に 向 けた 取 組 を 進 めるとともに それらの 成 果 を 積 極 的 に 活 用 するなどにより 我 が 国 のメンテナンス 産 業 の 発 展 を 全 面 的 に 支 援 していく 地 方 公 共 団 体 の 役 割 地 方 公 共 団 体 は 自 らが 管 理 所 有 するインフラについて 国 が 構 築 した 体 制 や 制 度 等 も 活 用 し 国 やその 他 の 各 インフラの 管 理 者 とも 連 携 を 図 りつつ 効 率 性 にも 配 慮 しながら 適 切 に 管 理 するとともに 出 資 等 を 行 っている 各 インフラの 管 理 者 に 対 し 必 要 に 応 じて 行 動 計 画 及 び 個 別 施 設 計 画 の 策 定 等 を 要 請 するなどにより インフラの 安 全 や 必 要 な 機 能 を 確 保 することが 求 められる その 際 過 去 に 整 備 したインフラの 状 態 配 置 利 用 状 況 さらには 人 口 動 態 市 町 村 合 併 の 進 展 状 況 財 政 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 各 々 の 団 体 が 置 かれた 実 情 に 応 じて インフラの 維 持 管 理 更 新 等 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 行 うことが 重 要 である また データやノウハウの 蓄 積 など メンテナンスの 高 度 化 に 向 けた 国 の 取 組 に 協 力 し 国 全 体 としての 技 術 力 の 向 上 や メンテナンス 産 業 の 発 展 に 協 力 していくことも 求 められる Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 産 業 界 では これまで 様 々な 分 野 において センサーやデータ 解 析 など の 個 別 の 要 素 技 術 の 開 発 活 用 が 進 展 している 一 方 それらをインフラの 維 持 管 理 更 新 等 に 活 用 する 取 組 は 始 まったばかりである また 大 学 や 研 究 機 関 等 においても これまで 維 持 管 理 更 新 等 に 関 する 取 組 は 個 別 性 が 高 い 課 題 との 認 識 の 下 専 門 分 化 が 進 んできた その 結 果 主 に 施 設 分 野 毎 管 理 者 毎 に 知 識 と 技 術 が 蓄 積 され 相 互 の 情 報 共 有 が 十 分 とは 言 えない 状 況 にあり 今 後 更 なる 成 熟 化 や 体 系 化 が 求 められている このような 現 状 を 踏 まえ 今 後 は これまで 以 上 に 産 学 官 の 連 携 を 図 り 適 切 な 役 割 分 担 の 下 取 組 を 進 めていく 必 要 がある 産 の 役 割 これまで 産 業 界 が 自 らの 技 術 開 発 等 の 取 組 を 通 じて 蓄 積 した 知 見 や ノウハウはもとより 今 後 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 が 取 組 を 進 める 中 で 蓄 積 し 共 有 化 を 図 っていく 情 報 も 最 大 限 活 用 しながら 17

20 インフラの 安 全 性 や 信 頼 性 の 向 上 維 持 管 理 更 新 業 務 の 効 率 化 に 資 する 新 技 術 の 開 発 が 進 められることが 求 められる さらに これらの 取 組 によって 生 み 出 される 我 が 国 の 先 進 的 なメンテ ナンス 技 術 で 世 界 の 市 場 を 開 拓 し 世 界 の 最 前 線 で 活 躍 する 人 材 を 育 成 することが 期 待 される 学 の 役 割 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 知 見 やノウハウについて これまでに 蓄 積 された 情 報 に 加 え 今 後 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 により 蓄 積 共 有 化 が 図 られる 情 報 を 含 め 体 系 化 が 図 られることが 求 められる その 中 で 経 年 劣 化 や 疲 労 等 が 施 設 に 及 ぼす 影 響 の 評 価 や それらを 踏 まえた 対 策 の 検 討 さらには 対 策 による 効 果 や 耐 用 年 数 の 評 価 等 メンテナンス 技 術 の 発 展 や より 計 画 的 で 効 果 的 な 維 持 管 理 更 新 等 の 実 現 へとつながる 研 究 開 発 が 進 むことが 期 待 される さらには これらの 取 組 を 通 じて 高 度 な 技 術 力 を 有 する 技 術 者 を 社 会 に 輩 出 することが 期 待 される Ⅷ.その 他 フォローアップ 本 基 本 計 画 の 実 効 性 を 確 保 するため 国 は 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 の 取 組 状 況 を 把 握 公 表 することとする その 結 果 に 基 づき 必 要 に 応 じ 追 加 的 な 対 策 を 検 討 する 18

21 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 (ロードマップ) 2013 年 度 2014 年 度 2015 年 度 2016 年 度 2017~ 2020 年 頃 2021~ 2030 年 頃 2019 年 度 2029 年 度 [ 長 寿 命 化 計 画 ( 行 動 計 画 )の 策 定 ] 長 寿 命 化 計 画 ( 行 動 計 画 )の 策 定 [ 点 検 診 断 ] 行 動 計 画 に 基 づき 取 組 を 推 進 取 組 の 進 捗 状 況 や 情 報 知 見 の 蓄 積 状 況 等 をふまえ 計 画 を 更 新 1 9 点 検 未 実 施 の 全 対 象 施 設 に 関 し 点 検 診 断 を 実 施 [ 個 別 施 設 毎 の 長 寿 命 化 計 画 策 定 ] 未 策 定 の 施 設 の 計 画 策 定 を 推 進 [ 修 繕 更 新 ] 点 検 診 断 結 果 を 踏 まえた 緊 急 的 な 修 繕 更 新 への 対 応 [ 情 報 基 盤 の 整 備 活 用 ] 結 蓄 果 積 を 結 蓄 果 積 を 要 領 等 に 基 づく 定 期 的 な 点 検 診 断 を 実 施 電 子 化 フォーマットの 統 一 ルールの 明 確 化 各 インフラ 情 報 の 電 子 化 フォーマット 統 一 各 インフラ 毎 のデータベースの 構 築 運 用 分 析 利 活 用 共 有 発 信 ルールの 明 確 化 [ 新 技 術 の 開 発 導 入 ] 結 蓄 果 積 を 蓄 の積 分 情 析 報 プラットフォームの 構 築 運 用 有 積 用 極 な 活 技 用 術 を 有 積 用 極 な 活 技 用 術 を 点 検 診 断 結 果 や 維 持 更 新 状 況 等 をふまえ 計 画 を 更 新 プラットフォーム 等 を 通 じた 情 報 の 公 開 個 別 施 設 毎 の 長 寿 命 化 計 画 に 基 づく 修 繕 更 新 の 実 施 蓄 の積 分 情 析 報 データベース プラットフォームを 活 用 した データの 蓄 積 共 有 利 活 用 の 推 進 データの 蓄 積 構 造 物 の 諸 元 ( 建 設 年 度 構 造 形 式 規 模 費 用 施 工 者 等 ) 利 用 状 況 や 気 象 災 害 履 歴 修 繕 等 の 履 歴 ( 時 期 内 容 費 用 施 工 者 等 ) 老 朽 化 に 起 因 する 重 要 インフラの 重 大 事 故 ゼロ 劣 化 損 傷 状 況 健 全 性 等 国 内 の 重 要 インフラ 老 朽 インフラの データの 共 有 利 活 用 地 理 空 間 情 報 との 統 合 全 てでセンサー 交 通 等 情 報 との 統 合 等 ロボット 等 を 活 用 国 内 の 重 要 インフラ 老 朽 インフラの20%で センサー ロボット 等 を 活 用 新 材 料 の 実 用 化 に 目 途 点 検 補 修 等 の センサー ロボット 等 の 世 界 市 場 の3 割 を 獲 得 ニーズ シーズの 的 確 な 把 握 各 種 技 術 研 究 開 発 ICT センサー モニタリング ロボット 監 視 観 測 デバイス 非 破 壊 検 査 構 造 物 の 性 能 評 価 補 修 補 強 構 造 材 料 の 信 頼 性 保 証 新 材 料 等 随 時 現 場 導 入 既 存 技 術 も 含 めた 現 場 での 実 証 実 証 結 果 の 分 析 評 価 新 技 術 の 開 発 導 入 体 制 の 見 直 し [ 基 準 類 法 令 等 の 整 備 ] 個 別 施 設 毎 の 基 準 マニュアル 等 の 見 直 し 研 究 機 関 の 機 能 強 化 評 価 認 証 制 度 の 充 実 見 直 された 基 準 マニュアル 等 に 基 づき 運 用 有 用 な 技 術 を 基 準 等 へ 反 映 蓄 積 された 知 見 ノウハウに 基 づき 見 直 し( 評 価 尺 度 の 統 一 新 技 術 の 導 入 等 )

22 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 (ロードマップ) 2013 年 度 2014 年 度 2015 年 度 2016 年 度 2017~ 2019 年 度 2020 年 頃 2021~ 2029 年 度 2030 年 頃 [ 国 の 体 制 構 築 ] 資 格 研 修 制 度 の 充 実 知 見 ノウハウの 集 約 インフラ 管 理 者 向 け 資 格 制 度 の 充 実 外 部 有 識 者 を 交 えた 教 育 研 修 制 度 の 活 用 等 制 度 の 運 用 改 善 地 公 体 等 への 支 援 体 制 制 度 の 充 実 相 談 窓 口 の 設 置 運 用 技 術 者 の 派 遣 修 繕 更 新 などの 代 行 制 度 の 構 築 運 用 等 支 援 内 容 体 制 の 見 直 し [ 地 公 体 の 体 制 構 築 ] 国 の 活 支 用 援 を 地 支 公 援 体 を 取 組 実 態 の 再 確 認 体 制 のあり 方 検 討 国 の 支 援 制 度 活 用 民 間 ノウハウの 活 用 新 技 術 の 活 用 等 体 制 の 確 保 充 実 組 織 人 員 を 維 持 管 理 更 新 部 門 に 適 正 配 置 アウトソーシング 等 2 0 [ 維 持 管 理 等 の 担 い 手 との 協 力 関 係 構 築 ( 民 間 企 業 )] 入 札 契 約 制 度 の 改 善 積 算 基 準 の 見 直 し 調 査 設 計 施 工 の 各 段 階 の 連 携 による 発 注 の 活 用 単 価 数 量 精 算 方 式 の 活 用 発 注 者 支 援 のための 新 たな 仕 組 み 等 効 果 の 検 証 運 用 の 改 善 事 業 特 性 に 応 じた 入 札 契 約 方 式 の 選 択 を 支 援 等 人 材 確 保 育 成 に 向 けた 取 組 の 実 施 人 材 確 保 育 成 に 向 けた 制 度 等 の 構 築 点 検 技 術 者 等 の 資 格 制 度 の 充 実 技 能 労 働 者 情 報 を 管 理 蓄 積 する 仕 組 みの 検 討 等 必 要 な 技 能 習 得 を 地 域 が 後 押 しする 取 組 の 推 進 職 業 訓 練 施 設 を 活 用 したOFF JT 推 進 建 設 業 就 業 者 の 処 遇 改 善 等 企 業 にとって ヒト モノ カネ の 投 資 に 値 する 魅 力 的 な 環 境 整 備 [ 維 持 管 理 等 の 担 い 手 との 協 力 関 係 構 築 ( 市 民 団 体 等 )] 市 民 団 体 等 の 活 用 [ 予 算 管 理 ] 管 理 者 等 からの 情 報 提 供 人 材 資 機 材 の 活 用 ルール 等 の 明 確 化 等 市 民 団 体 等 による 維 持 管 理 を 推 進 する 取 組 の 実 施 維 持 管 理 更 新 費 の 将 来 見 通 しの 想 定 予 算 の 平 準 化 投 資 の 効 率 化 に 向 けた 取 組 の 実 施 新 技 術 によるコスト 縮 減 長 寿 命 化 によるコスト 平 準 化 用 途 変 更 や 集 約 化 による 効 率 的 使 用 等

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農 国 営 かんがい 排 水 事 業 石 垣 島 地 区 事 業 の 概 要 本 事 業 は 沖 縄 本 島 から 南 西 約 400kmにある 石 垣 島 に 位 置 する 石 垣 市 の4,338haの 農 業 地 帯 において 農 業 用 水 の 安 定 供 給 を 図 るため 農 業 水 利 施 設 の 改 修 整 備 を 行 うものである 事 業 の 目 的 必 要 性 本 地 区 は さとうきびを

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

官報掲載【セット版】

官報掲載【セット版】 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 厚 生 労 働 省 告 示 第 二 百 八 十 四 号 ( ) 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 る 事 業 分 野 別 指 針 を 次 の よ う に 策 定 し た の で 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 告 示 す る 介 護 分 野 に 係 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

新 宿 区 施 設 白 書 新宿区施設白書 平成 28 年 3 月 新 宿 区 宿 区 平 成 二 十 八 年 三 月 新 目 次 序 章 施 設 白 書 について 第 1 節 施 設 白 書 作 成 の 背 景 3 第 2 節 新 宿 区 基 本 構 想 総 合 計 画 実 行 計 画 4 第 3 節 施 設 白 書 の 内 容 と 構 成 6 第 1 章 新 宿 区 の 概 要 第 1 節 区

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門 新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051101 86 取 組 施 策 地 方 政 府 を 担 う 職 員 像 の 策 定 と 人 材 育 成 ( 新 人 材 育 成 ビジョンの 策 定 ) 平 成 17 年 度 静 岡 市 人 材 育 成 ビジョン を 策 定 平 成 20 年 度 進 捗 管 理 に 伴 う 一 部 改 訂 職 員 セッションの 試 行 を 行 った

More information

学校安全の推進に関する計画の取組事例

学校安全の推進に関する計画の取組事例 学 校 安 全 の 推 進 に 関 する 計 画 と Ⅱ 学 校 安 全 を 推 進 するための 方 策 項 目 1. 安 全 に 関 する 教 育 の 充 実 方 策 (1) 安 全 教 育 にお ける 主 体 的 に 行 動 する 態 度 や 共 助 公 助 の 視 点 (2) 教 育 手 法 の 改 善 被 災 地 へのボランティア 活 動 を 行 う 学 校 等 の 生 きる 力 をはぐくむ

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

<3034204832358EE597768E968BC688EA97972D372E786477>

<3034204832358EE597768E968BC688EA97972D372E786477> (2) 生 活 再 建 支 援 プロジェクト 全 県 民 が 将 来 の 生 活 設 計 を 描 くことができ 生 活 再 建 を 進 めることができるようにするため 早 期 に 帰 還 する 避 難 者 長 期 避 難 者 など 被 災 者 それぞれのおかれた 状 況 に 応 じた よりきめ 細 かな 支 援 を 行 う 取 組 を 進 め 1 県 内 避 難 者 支 援 一 新 1 里 山 いきいき

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63> 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 25 年 3 月 改 定 地 震 により 想 定 される 被 害 の 半 減 を 目 指 し 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 および 耐 震 改 修 を 計 画 的 かつ 総 合 的 に 推 進 し 災 害 に 強 いまちづくりを 実 現 するため 平 成 19 年 12 月 に 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計

More information

0439 研究開発推進事業(防衛省所管計上)250614

0439 研究開発推進事業(防衛省所管計上)250614 事 業 番 号 0439 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 防 衛 省 設 置 法 第 4 条 第 1 号 経 理 装 備 局 技 術 計 画 官 現 用 防 護 マスク(00 式 個 人 用 防 護 装 備 )と 同 等 防 護 性 能 を 有 し 広 視 野 化 放 射 能 除 染 呼 吸 追 随 ブロワー 小 型 化 及 び 現 用 通 信 装 置 (

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可 ミスミグループ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 本 基 本 方 針 は ミスミグループ( 以 下 当 社 グループ という)のコーポレートガバナン スに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 定 めるものである 1. コーポレートガバナンスの 原 則 (1) 当 社 グループのコーポレートガバナンスは 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上 上 士 幌 町 住 生 活 基 本 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 27 年 2 月 上 士 幌 町 1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担

推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担 アクションプラン 全 体 計 画 ( 平 成 23~27 年 ) H25 推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担 当 取 組 年 H23 ~

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

<5461726F2D819C3235945F90488CA48EC08E7B977697CC816988C48A6D92E8>

<5461726F2D819C3235945F90488CA48EC08E7B977697CC816988C48A6D92E8> 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 実 施 要 領 24 農 会 第 1027 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 農 林 水 産 技 術 会 議 事 務 局 長 第 1 趣 旨 我 が 国 の 農 林 漁 業 は 担 い 手 不 足 の 深 刻 化 や 高 齢 化 といった 厳 しい 状 況 にあり 活 力 も 低 下 している このため 食 と 農 林

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定 62 (Q&A) 目 次 1 鑑 定 評 価 の 委 託 は 入 札 か 随 意 契 約 か またその 理 由 は 何 か 2 委 託 料 は 他 県 と 比 べて 妥 当 性 のある 金 額 か 3 地 価 公 示 ( 国 の 調 査 )との 違 いは 何 か また 国 の 調 査 結 果 はどう 活 用 しているか 4 路 線 価 を 利 用 しない 理 由 は 何 か 5 委 託 料 の 算

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則 第 323 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (5)-4 2015 年 11 月 6 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 - 合 理 的 な 説 明 に 関 する 取 扱 い 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 公 開 草 案 第 54 号 繰

More information

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378>

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378> 平 成 27 年 度 施 策 評 価 調 書 施 策 の 名 称 等 整 理 番 号 22 評 価 担 当 課 営 業 戦 略 課 職 氏 名 施 策 名 ( 基 本 事 業 ) 商 業 の 活 性 化 総 合 計 画 の 位 置 づけ 基 本 目 主 要 施 策 4 想 像 力 と 活 力 にあふれたまちづくり 商 業 の 振 興 2 施 策 の 現 状 分 析 と 意 図 施 策 の 対 象 意

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別 第 9 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 平 成 2 0 年 6 月 1 9 日 資 料 1-8 高 齢 者 雇 用 と 整 合 的 な 仕 組 み( 在 職 老 齢 年 金 等 )について 現 行 制 度 の 仕 組 み 趣 旨 在 職 老 齢 年 金 制 度 厚 生 年 金 の 適 用 事 業 所 に 勤 務 する70 歳 未 満 の 者 は 被 保 険 者 として 適 用 され

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63> 土 木 部 建 築 設 計 及 び 工 事 監 理 等 委 託 業 務 成 績 評 定 要 領 の 運 用 ( 建 築 設 計 等 委 託 業 務 編 ) ( 評 定 の 方 法 ) 第 1 評 定 者 は 評 定 を 行 おうとする 業 務 ( 以 下 対 象 業 務 という )について 別 添 の 採 点 表 により 評 定 を 行 うものとし 評 価 項 目 評 価 の 視 点 及 び 評 価

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

Microsoft Word - 通達(参考).doc

Microsoft Word - 通達(参考).doc 参 考 1 基 発 第 0909001 号 平 成 20 年 9 月 9 日 都 道 府 県 労 働 局 長 殿 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 ( 公 印 省 略 ) 多 店 舗 展 開 する 小 売 業 飲 食 業 等 の 店 舗 における 管 理 監 督 者 の 範 囲 の 適 正 化 について 小 売 業 飲 食 業 等 において いわゆるチェーン 店 の 形 態 により 相 当

More information

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF 資 料 厚 生 年 金 基 金 今 後 方 向 性 について 1 ( 総 論 ) 2 厚 生 年 金 基 金 制 度 改 革 基 本 構 造 厚 生 年 金 被 保 険 者 を 含 めたリスク 分 かち 合 いによる 代 行 割 れ 早 期 決 代 行 割 れを 再 び 起 こさない ため 制 度 的 措 置 代 行 部 分 に 対 す る 積 立 比 率 6.0 5.0 4.0 3.0 2.0 1.5

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより

1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより 資 料 5 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 について 平 成 28 年 6 月 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより 相 対 的 により

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

<5461726F2D819A8B638E968E9197BF82528E968BC68C7689E68F918145975C>

<5461726F2D819A8B638E968E9197BF82528E968BC68C7689E68F918145975C> 平 成 25年 度 事 業 計 画 書 1. 基 本 方 針 観 光 立 国 の 実 現 を 図 るためには 観 光 の 主 体 である 地 域 におけ る 観 光 振 興 のための 活 動 を 支 援 し その 促 進 を 図 るとともに 地 域 と 産 業 界 の 幅 広 い 連 携 を 促 進 し 提 言 活 動 や 各 種 の 事 業 等 を 行 うことが 重 要 である 今 年 度 より

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

建設特別・資産運用の基本方針

建設特別・資産運用の基本方針 建 設 業 退 職 金 特 別 共 済 事 業 資 産 運 用 の 基 本 方 針 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 変 更 平 成 22 年 12 月 27 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 変 更 平 成 28 年 3 月 1 日 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information