目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他"

Transcription

1 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議

2 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 18 ( 別 添 )ロードマップ 19

3 Ⅰ.はじめに 国 民 生 活 やあらゆる 社 会 経 済 活 動 は 道 路 鉄 道 港 湾 空 港 等 の 産 業 基 盤 や 上 下 水 道 公 園 学 校 等 の 生 活 基 盤 治 山 治 水 といった 国 土 保 全 の ための 基 盤 その 他 の 国 土 都 市 や 農 山 漁 村 を 形 成 するインフラによって 支 えられている 我 が 国 では 昭 和 39 年 に 開 催 された 東 京 オリンピックと 同 時 期 に 整 備 された 首 都 高 速 1 号 線 など 高 度 成 長 期 以 降 に 集 中 的 に 整 備 されたインフラが 今 後 一 斉 に 高 齢 化 する 例 えば 今 後 20 年 で 建 設 後 50 年 以 上 経 過 する 道 路 橋 ( 橋 長 2m 以 上 )の 割 合 は 現 在 の 約 16%から 約 65%となるなど 高 齢 化 の 割 合 は 加 速 度 的 に 増 加 する これらのインフラの 中 には 建 設 年 度 や 構 造 形 式 等 の 施 設 諸 元 や 劣 化 や 損 傷 等 の 老 朽 化 の 進 展 状 況 など 維 持 管 理 に 必 要 な 情 報 が 不 明 な 施 設 も 多 く 存 在 している また 維 持 管 理 に 係 る 基 準 やマニュアル 等 は 管 理 者 間 で ばらつきが 存 在 するほか 国 地 方 を 通 じ 職 員 定 数 の 削 減 が 進 む 中 地 方 公 共 団 体 の 中 には 維 持 管 理 を 担 当 する 技 術 職 員 が 不 在 若 しくは 不 足 して いる 団 体 も 存 在 するなど 制 度 や 体 制 についても 我 が 国 全 体 として 十 分 とは 言 えないという 指 摘 もある このような 現 状 に 至 った 背 景 には 戦 後 短 期 間 で 集 中 的 にインフラ 整 備 を 進 める 必 要 があったことや 経 年 劣 化 や 疲 労 等 に 伴 う 損 傷 はその 進 行 速 度 が 遅 く 問 題 が 顕 在 化 するまでに 長 期 間 を 要 するため 必 要 な 措 置 が 講 じられてこなかったことなどが 考 えられ 一 刻 も 早 く 取 組 を 開 始 する 必 要 がある 一 方 インフラ 長 寿 命 化 に 資 する 新 技 術 の 研 究 開 発 実 証 やその 導 入 も 重 要 であり 国 として 戦 略 的 に 推 進 していく 必 要 がある センサーやロボット 非 破 壊 検 査 技 術 等 劣 化 や 損 傷 状 況 等 の 様 々な 情 報 を 把 握 蓄 積 活 用 する 技 術 は 研 究 機 関 や 産 業 界 を 中 心 に 開 発 が 進 められており これらを 維 持 管 理 に 活 用 することで インフラの 安 全 性 信 頼 性 や 業 務 の 効 率 性 の 向 上 等 が 図 られることが 期 待 される 今 後 約 800 兆 円 に 及 ぶインフラストックの 高 齢 化 に 的 確 に 対 応 すると ともに 首 都 直 下 地 震 や 南 海 トラフ 巨 大 地 震 等 の 大 規 模 災 害 に 備 え 成 長 著 しいアジアの 新 興 国 との 競 争 に 打 ち 勝 ちながら 世 界 の 先 進 国 として 存 り 続 けるためには 国 土 都 市 や 農 山 漁 村 を 形 成 するあらゆる 基 盤 を 広 く イン フラ として 捉 え これまで 以 上 に 戦 略 的 に 取 組 を 進 めることが 重 要 である このため 国 民 の 安 全 安 心 を 確 保 し 中 長 期 的 な 維 持 管 理 更 新 等 に 係 るトータルコストの 縮 減 や 予 算 の 平 準 化 を 図 るとともに 維 持 管 理 更 新 に 係 る 産 業 (メンテナンス 産 業 )の 競 争 力 を 確 保 するための 方 向 性 を 示 す ものとして 国 や 地 方 公 共 団 体 その 他 民 間 企 業 等 が 管 理 するあらゆるイン フラを 対 象 に インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 ( 以 下 基 本 計 画 という ) を 策 定 し 国 や 地 方 公 共 団 体 等 が 一 丸 となってインフラの 戦 略 的 な 維 持 管 理 更 新 等 を 推 進 する 1

4 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 戦 略 的 な 維 持 管 理 更 新 等 が 行 われた 将 来 の 目 指 すべき 姿 を 示 すとともに 年 次 目 標 等 を 設 定 し その 達 成 に 向 けたロードマップを 明 らかにする (ロードマップは 別 添 ) (1) 安 全 で 強 靱 なインフラシステムの 構 築 我 が 国 は 戦 後 の 厳 しい 社 会 経 済 情 勢 の 中 度 重 なる 大 規 模 災 害 等 の 経 験 を 踏 まえつつ 困 難 な 地 形 条 件 を 克 服 し 多 様 な 気 象 条 件 に 適 応 する ための 取 組 を 進 めてきた その 過 程 において 必 要 なインフラ 整 備 を 推 進 し 新 技 術 を 開 発 導 入 することで 安 全 性 や 利 便 性 に 係 るインフラの 機 能 や 建 設 技 術 の 高 度 化 が 図 られてきた 今 後 は これまでに 整 備 したインフラの 老 朽 化 や 切 迫 する 首 都 直 下 地 震 や 南 海 トラフ 巨 大 地 震 等 の 大 規 模 災 害 に 対 応 し 国 民 の 安 全 安 心 を 確 保 することが 求 められる 未 成 熟 の 維 持 管 理 更 新 に 係 る 技 術 (メンテナンス 技 術 )の 基 盤 強 化 を 図 り 建 設 から 維 持 管 理 更 新 に 至 る 一 連 のサイクルにおいて 世 界 最 先 端 の 技 術 を 開 発 導 入 するなど 将 来 にわたって 安 全 で 強 靱 なインフラを 維 持 確 保 するためのシステムを 構 築 することで 国 土 の 脆 弱 性 に 対 応 する 目 標 国 内 の 重 要 インフラ 老 朽 インフラの 20%でセンサー ロボット 非 破 壊 検 査 技 術 等 の 活 用 により 点 検 補 修 を 高 度 化 (2020 年 頃 ) 新 材 料 の 実 用 化 に 目 途 (2020 年 頃 ) 国 内 の 重 要 インフラ 老 朽 インフラの 全 てでセンサー ロボット 非 破 壊 検 査 技 術 等 を 活 用 した 高 度 で 効 率 的 な 点 検 補 修 を 実 施 (2030 年 ) 老 朽 化 に 起 因 する 重 要 インフラの 重 大 事 故 ゼロ(2030 年 ) (2) 総 合 的 一 体 的 なインフラマネジメントの 実 現 変 化 のスピードが 速 く 複 雑 化 した 社 会 経 済 システムの 下 では 既 存 の インフラを 安 全 に 安 心 して 利 用 し 続 けられるようにするための 取 組 はもとより 時 代 とともに 変 化 する 社 会 の 要 請 に 的 確 に 対 応 していくことが 必 要 である 一 方 厳 しい 財 政 状 況 下 において 人 口 減 少 や 少 子 高 齢 化 が 進 展 する 将 来 を 見 据 えると 維 持 すべきインフラの 機 能 の 適 正 化 を 図 るとともに 官 民 が 連 携 してそれらを 賢 く 使 うなど 戦 略 的 に 維 持 管 理 更 新 等 を 行 うことが 重 要 である アイデアやビジョンにとどまることなく 必 要 な 人 材 の 確 保 育 成 も 含 め 総 合 的 かつ 一 体 的 にインフラをマネジメントすることにより トータルコスト の 縮 減 や 予 算 の 平 準 化 を 図 り 持 続 可 能 で 活 力 ある 未 来 を 実 現 する 目 標 行 動 計 画 で 対 象 とした 全 ての 施 設 について 個 別 施 設 毎 の 長 寿 命 化 計 画 を 策 定 (2020 年 頃 ) 適 切 な 点 検 修 繕 等 により 行 動 計 画 で 対 象 とした 全 ての 施 設 の 健 全 性 を 確 保 (2020 年 頃 ) 2

5 (3)メンテナンス 産 業 によるインフラビジネスの 競 争 力 強 化 インフラの 老 朽 化 への 対 応 は 万 国 共 通 の 課 題 である 今 後 アジアの 新 興 国 などで 整 備 されているインフラが 一 斉 に 老 朽 化 していくことに 鑑 みると その 重 要 性 は 一 層 高 まるものと 考 えられる 今 後 は 世 界 最 先 端 の 技 術 に 支 えられた 安 全 で 強 靱 なインフラを 維 持 確 保 するシステムをインフラビジネスの 柱 の 一 つとして 位 置 付 け メンテナンス 産 業 として 発 展 させることが 重 要 である 研 究 開 発 の 推 進 によるイノベーションの 創 出 や 市 場 の 整 備 国 際 展 開 等 の 取 組 を 通 じ メンテナンス 産 業 において 世 界 のフロントランナーとしての 地 位 を 築 き 我 が 国 のインフラビジネスの 競 争 力 強 化 を 実 現 する 目 標 点 検 補 修 等 のセンサー ロボット 等 の 世 界 市 場 の 3 割 を 獲 得 (2030 年 ) 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- に 記 載 されている 目 標 値 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 1.インフラ 機 能 の 確 実 かつ 効 率 的 な 確 保 (1) 安 全 安 心 の 確 保 国 民 生 活 や 社 会 経 済 活 動 の 基 盤 であるインフラは 時 代 とともに 変 化 する 社 会 の 要 請 を 踏 まえつつ 利 用 者 や 第 三 者 の 安 全 を 確 保 した 上 で 必 要 な 機 能 を 確 実 に 発 揮 し 続 けることが 大 前 提 であり そのために 必 要 な 取 組 を 確 実 に 推 進 する 1 メンテナンスサイクルの 構 築 インフラは 利 用 状 況 設 置 された 自 然 環 境 等 に 応 じ 劣 化 や 損 傷 の 進 行 は 施 設 毎 に 異 なり その 状 態 は 時 々 刻 々と 変 化 する 現 状 では これらの 変 化 を 正 確 に 捉 え インフラの 寿 命 を 精 緻 に 評 価 することは 技 術 的 に 困 難 であるという 共 通 認 識 に 立 ち インフラを 構 成 する 各 施 設 の 特 性 を 考 慮 した 上 で 定 期 的 な 点 検 診 断 により 施 設 の 状 態 を 正 確 に 把 握 することが 重 要 である このため 点 検 診 断 の 結 果 に 基 づき 必 要 な 対 策 を 適 切 な 時 期 に 着 実 かつ 効 率 的 効 果 的 に 実 施 するとともに これらの 取 組 を 通 じて 得 られた 施 設 の 状 態 や 対 策 履 歴 等 の 情 報 を 記 録 し 次 期 点 検 診 断 等 に 活 用 するという メンテナンスサイクル を 構 築 し 継 続 的 に 発 展 させていく 2 多 段 階 の 対 策 維 持 管 理 更 新 に 係 る 技 術 的 知 見 やノウハウは 未 だ 蓄 積 途 上 で ある このため 新 たに 得 られた 知 見 やノウハウを 確 実 に 蓄 積 し それらを 基 に 管 理 水 準 を 向 上 させる 取 組 を 継 続 していく 3

6 一 方 修 繕 や 更 新 の 実 施 時 期 等 の 判 断 には 限 界 があることを 考 慮 する 必 要 がある このため 劣 化 や 損 傷 が 直 ちに 利 用 者 や 第 三 者 の 被 害 につながることがないよう 施 設 の 特 性 に 応 じて 必 要 な 多 段 階 の 対 策 (フェイルセーフ)を 講 じていく (2) 中 長 期 的 視 点 に 立 ったコスト 管 理 厳 しい 財 政 状 況 下 で 必 要 なインフラの 機 能 を 維 持 していくためには 様 々な 工 夫 を 凝 らし 的 確 に 維 持 管 理 更 新 等 を 行 うことで 中 長 期 的 な トータルコストの 縮 減 や 予 算 の 平 準 化 を 図 る 必 要 がある これらを 確 実 に 実 行 することにより インフラ 投 資 の 持 続 可 能 性 を 確 保 する 1 予 防 保 全 型 維 持 管 理 の 導 入 中 長 期 的 な 維 持 管 理 更 新 等 に 係 るトータルコストを 縮 減 し 予 算 を 平 準 化 していくためには インフラの 長 寿 命 化 を 図 り 大 規 模 な 修 繕 や 更 新 をできるだけ 回 避 することが 重 要 である このため 施 設 特 性 を 考 慮 の 上 安 全 性 や 経 済 性 を 踏 まえつつ 損 傷 が 軽 微 で ある 早 期 段 階 に 予 防 的 な 修 繕 等 を 実 施 することで 機 能 の 保 持 回 復 を 図 る 予 防 保 全 型 維 持 管 理 の 導 入 を 推 進 する 2 維 持 管 理 の 容 易 な 構 造 の 選 択 等 維 持 管 理 コストは 管 理 水 準 や 採 用 する 構 造 技 術 等 によって 大 きく 変 化 する このため 新 設 更 新 時 には 維 持 管 理 が 容 易 かつ 確 実 に 実 施 可 能 な 構 造 を 採 用 するほか 修 繕 時 には 利 用 条 件 や 設 置 環 境 等 の 各 施 設 の 特 性 を 考 慮 するなど 合 理 的 な 対 策 を 選 択 する 3 社 会 構 造 の 変 化 や 新 たなニーズへの 対 応 今 後 グローバルな 都 市 間 競 争 や 人 口 減 少 少 子 高 齢 化 地 球 温 暖 化 等 の 進 展 が 見 込 まれる 中 インフラに 求 められる 役 割 や 機 能 も 変 化 していくものと 考 えられる このため 老 朽 化 対 策 の 検 討 に 当 たっては その 時 点 で 各 施 設 が 果 たしている 役 割 や 機 能 を 再 確 認 した 上 で その 施 設 の 必 要 性 自 体 を 再 検 討 する その 結 果 必 要 性 が 認 められる 施 設 については 更 新 等 の 機 会 を 捉 えて 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 に 応 じた 質 的 向 上 や 機 能 転 換 用 途 変 更 や 複 合 化 集 約 化 を 図 る 一 方 必 要 性 が 認 められない 施 設 については 廃 止 撤 去 を 進 めるなど 戦 略 的 な 取 組 を 推 進 する 2. メンテナンス 産 業 の 育 成 一 連 のメンテナンスサイクルを 継 続 し 発 展 させていくためには インフラの 安 全 性 信 頼 性 の 向 上 や 維 持 管 理 更 新 業 務 の 効 率 性 の 向 上 を 図 るための 新 技 術 の 開 発 導 入 が 極 めて 重 要 である このため 4

7 産 学 官 の 連 携 の 下 研 究 開 発 を 推 進 し 生 み 出 される 新 技 術 を 積 極 的 に 活 用 することで メンテナンス 産 業 に 係 る 市 場 の 創 出 拡 大 を 図 る これらを 通 じ 民 間 開 発 を 活 性 化 させ 我 が 国 のメンテナンス 技 術 を 世 界 の 最 先 端 へと 導 くことで 世 界 をリードする 輸 出 産 業 へと 発 展 させる 3. 多 様 な 施 策 主 体 との 連 携 インフラは 社 会 経 済 活 動 の 基 盤 であり インフラ 相 互 はもとより ソフト 施 策 とも 相 まって 様 々な 機 能 を 発 揮 する このため 多 様 な 施 策 や 主 体 との 連 携 により 維 持 管 理 更 新 等 の 効 率 化 を 図 りつつ その 機 能 を 最 大 限 発 揮 させていく (1) 防 災 減 災 対 策 等 との 連 携 インフラがその 機 能 を 発 揮 し 続 けるためには 経 年 劣 化 や 疲 労 に 加 え 地 震 動 等 の 災 害 外 力 にも 耐 える 必 要 がある このため 修 繕 等 の 機 会 を 捉 え インフラの 防 災 耐 震 性 能 や 事 故 に 対 する 安 全 性 能 についても 向 上 を 図 るなど 効 率 的 効 果 的 な 対 策 を 推 進 する (2) 様 々な 主 体 との 連 携 限 られた 予 算 や 人 材 で 安 全 性 や 利 便 性 を 維 持 向 上 していくためには 新 技 術 の 開 発 活 用 や 多 様 な 主 体 との 積 極 的 な 連 携 が 重 要 である この ため 適 切 な 役 割 分 担 の 下 政 府 内 や 地 方 公 共 団 体 内 の 連 携 はもとより 国 と 地 方 公 共 団 体 都 道 府 県 と 市 町 村 官 と 民 地 域 社 会 等 の 相 互 連 携 を 強 化 し 各 々が 責 任 を 持 って 取 組 を 推 進 する Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 各 インフラの 管 理 者 ( 管 理 者 以 外 の 者 が 法 令 等 の 規 定 によりそのインフラ の 維 持 管 理 更 新 等 を 行 う 場 合 にあっては その 者 以 下 同 じ ) 及 び その 者 に 対 して 指 導 助 言 するなど 当 該 インフラを 所 管 する 立 場 にある 国 や 地 方 公 共 団 体 の 各 機 関 ( 以 下 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 という ) は 本 基 本 計 画 に 基 づき インフラの 維 持 管 理 更 新 等 を 着 実 に 推 進 する ための 中 期 的 な 取 組 の 方 向 性 を 明 らかにする 計 画 として インフラ 長 寿 命 化 計 画 ( 以 下 行 動 計 画 という ) を 策 定 する さらに 各 インフラの 管 理 者 は 行 動 計 画 に 基 づき 個 別 施 設 毎 の 具 体 の 対 応 方 針 を 定 める 計 画 として 個 別 施 設 毎 の 長 寿 命 化 計 画 ( 以 下 個 別 施 設 計 画 という ) を 策 定 する 1.インフラ 長 寿 命 化 計 画 必 要 なインフラの 機 能 を 維 持 していくためには メンテナンスサイクル を 構 築 するとともに それらを 支 える 技 術 予 算 体 制 制 度 を 一 体 的 に 5

8 整 備 することが 必 要 である このため 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は 各 施 設 の 特 性 や 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 取 組 状 況 等 を 踏 まえた 上 で 以 下 に 示 す 記 載 事 項 を 基 本 として 行 動 計 画 をできるだけ 早 期 に 策 定 する なお 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 が 既 に 同 種 類 似 の 計 画 を 策 定 し ている 場 合 には 当 分 の 間 当 該 計 画 をもって 行 動 計 画 の 策 定 に 代 える ことができるものとする この 場 合 において 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は 本 基 本 計 画 の 趣 旨 を 踏 まえ できるだけ 早 期 に 必 要 な 見 直 し を 行 うよう 努 める 記 載 事 項 1 対 象 施 設 自 らが 管 理 者 である 又 は 所 管 する 立 場 にあるインフラを 構 成 する 各 施 設 のうち 安 全 性 経 済 性 や 重 要 性 の 観 点 から 計 画 的 な 点 検 診 断 修 繕 更 新 等 の 取 組 を 実 施 する 必 要 性 が 認 められる 全 ての 施 設 について 行 動 計 画 の 対 象 とする 2 計 画 期 間 後 述 の Ⅳ.1.4 中 長 期 的 な 維 持 管 理 更 新 等 のコストの 見 通 し を 踏 まえつつ Ⅳ.1.5 必 要 施 策 に 係 る 取 組 の 方 向 性 で 明 確 化 する 事 項 の 実 施 に 要 する 期 間 を 考 慮 の 上 計 画 期 間 を 設 定 する なお 取 組 の 進 捗 状 況 情 報 や 知 見 の 蓄 積 状 況 等 を 踏 まえ 適 宜 計 画 の 更 新 を 実 施 することで 取 組 を 継 続 し 発 展 させていく ものとする 3 対 象 施 設 の 現 状 と 課 題 対 象 施 設 について 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 取 組 状 況 ( 点 検 診 断 修 繕 更 新 等 の 措 置 の 進 捗 状 況 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 情 報 や 組 織 体 制 基 準 等 の 整 備 状 況 等 )や 行 動 計 画 の 策 定 時 点 で 把 握 可 能 な 施 設 の 状 態 ( 建 設 年 度 利 用 状 況 点 検 診 断 の 結 果 等 ) 等 を 踏 まえ 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 課 題 を 整 理 する 4 中 長 期 的 な 維 持 管 理 更 新 等 のコストの 見 通 し 行 動 計 画 の 策 定 時 点 で 把 握 可 能 な 情 報 に 基 づき 対 象 施 設 の 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 中 長 期 的 なコストの 見 通 しを 明 示 する なお 行 動 計 画 の 策 定 時 点 で 把 握 可 能 な 情 報 が 限 定 的 であるなど 中 長 期 的 なコストの 見 通 しに 一 定 の 精 度 が 確 保 されず 必 要 施 策 に 係 る 取 組 を 検 討 する 上 で 参 考 とすることが 困 難 と 判 断 される 場 合 に あっては 必 要 な 情 報 が 蓄 積 できた 段 階 で 実 施 することとする 6

9 5 必 要 施 策 に 係 る 取 組 の 方 向 性 後 述 の Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 に 掲 げる 施 策 のうち Ⅳ.1.3 対 象 施 設 の 現 状 と 課 題 や Ⅳ.1.4 中 長 期 的 な 維 持 管 理 更 新 等 コストの 見 通 し に 照 らして 必 要 性 が 高 いと 判 断 されるものについて 自 らの 取 組 の 方 向 性 を 明 確 化 する その 際 Ⅳ.2. 個 別 施 設 毎 の 長 寿 命 化 計 画 に 基 づく 個 別 施 設 計 画 の 策 定 方 針 についても 明 らかにする 6 フォローアップ 計 画 Ⅳ.1.5 必 要 施 策 に 係 る 取 組 の 方 向 性 で 明 確 にした 取 組 に ついて 進 捗 状 況 を 定 期 的 に 把 握 するなど 行 動 計 画 を 継 続 し 発 展 させるための 取 組 について 明 記 する 2. 個 別 施 設 毎 の 長 寿 命 化 計 画 各 インフラの 管 理 者 は 各 施 設 の 特 性 や 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 取 組 状 況 等 を 踏 まえつつ 以 下 に 示 す 記 載 事 項 を 基 本 として メンテナンス サイクルの 核 となる 個 別 施 設 計 画 をできるだけ 早 期 に 策 定 し これに 基 づき 戦 略 的 な 維 持 管 理 更 新 等 を 推 進 する なお 各 インフラの 管 理 者 が 既 に 同 種 類 似 の 計 画 を 策 定 している 場 合 には 当 分 の 間 当 該 計 画 をもって 個 別 施 設 計 画 の 策 定 に 代 えることが できるものとする この 場 合 において 各 インフラの 管 理 者 は 本 基 本 計 画 の 趣 旨 を 踏 まえ できるだけ 早 期 に 適 切 な 見 直 しを 行 うよう 努 める 記 載 事 項 1 対 象 施 設 行 動 計 画 において 個 別 施 設 計 画 を 策 定 することとした 施 設 を 対 象 とする 計 画 の 策 定 に 当 たっては 各 施 設 の 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 取 組 状 況 や 利 用 状 況 等 に 鑑 み 個 別 施 設 のメンテナンス サイクルを 計 画 的 に 実 行 する 上 で 最 も 効 率 的 効 果 的 と 考 えられる 計 画 策 定 の 単 位 ( 例 えば 事 業 毎 の 分 類 ( 道 路 下 水 道 等 )や 構 造 物 毎 の 分 類 ( 橋 梁 トンネル 管 路 等 ) 等 )を 設 定 の 上 その 単 位 毎 に 計 画 を 策 定 する 2 計 画 期 間 インフラの 状 態 は 経 年 劣 化 や 疲 労 等 によって 時 々 刻 々と 変 化 する ことから 定 期 点 検 サイクル 等 を 考 慮 の 上 計 画 期 間 を 設 定 し 点 検 結 果 等 を 踏 まえ 適 宜 計 画 を 更 新 するものとする 本 基 本 計 画 で 示 す 取 組 を 通 じ 知 見 やノウハウの 蓄 積 を 進 め 計 画 期 間 の 長 期 化 を 図 ることで 中 長 期 的 な 維 持 管 理 更 新 等 に 係 るコストの 見 通 しの 精 度 向 上 を 図 る 7

10 3 対 策 の 優 先 順 位 の 考 え 方 個 別 施 設 の 状 態 ( 劣 化 損 傷 の 状 況 や 要 因 等 )の 他 当 該 施 設 が 果 たしている 役 割 機 能 利 用 状 況 重 要 性 等 対 策 を 実 施 する 際 に 考 慮 すべき 事 項 を 設 定 の 上 それらに 基 づく 優 先 順 位 の 考 え 方 を 明 確 化 する 4 個 別 施 設 の 状 態 等 点 検 診 断 によって 得 られた 個 別 施 設 の 状 態 について 施 設 毎 に 整 理 する なお 点 検 診 断 を 未 実 施 の 施 設 については 点 検 実 施 時 期 を 明 記 する また Ⅳ.2.3 対 策 の 優 先 順 位 の 考 え 方 で 明 らかにした 事 項 のうち 個 別 施 設 の 状 態 以 外 の 事 項 について 必 要 な 情 報 を 整 理 する 5 対 策 内 容 と 実 施 時 期 Ⅳ.23 対 策 の 優 先 順 位 の 考 え 方 及 び Ⅳ.2.4 個 別 施 設 の 状 態 等 を 踏 まえ 次 回 の 点 検 診 断 や 修 繕 更 新 さらには 更 新 の 機 会 を 捉 えた 機 能 転 換 用 途 変 更 複 合 化 集 約 化 廃 止 撤 去 耐 震 化 等 の 必 要 な 対 策 について 講 ずる 措 置 の 内 容 や 実 施 時 期 を 施 設 毎 に 整 理 する 6 対 策 費 用 計 画 期 間 内 に 要 する 対 策 費 用 の 概 算 を 整 理 する Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 の 実 現 に 向 け 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 取 組 状 況 や 把 握 している 施 設 の 状 態 等 を 踏 まえ 以 下 に 示 す 取 組 の 具 体 化 を 図 るとともに それらを 行 動 計 画 や 個 別 施 設 計 画 としてとりまとめ 必 要 な 取 組 を 確 実 に 実 行 する (1) 点 検 診 断 修 繕 更 新 等 点 検 診 断 各 インフラの 管 理 者 は 行 動 計 画 や 個 別 施 設 計 画 に 基 づき できるだけ 早 期 に 必 要 な 体 制 を 整 備 し 定 期 的 な 点 検 により 劣 化 損 傷 の 程 度 や 原 因 等 を 把 握 するとともに 劣 化 損 傷 が 進 行 する 可 能 性 や 施 設 に 与 える 影 響 等 について 評 価 ( 診 断 )を 実 施 する 一 方 点 検 診 断 に 必 要 な 知 見 やノウハウは 蓄 積 途 上 であることから 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 基 準 等 を 自 ら 有 していない 管 理 者 は 当 分 の 間 国 が 定 めた 基 準 等 を 参 考 に 点 検 診 断 を 実 施 するものとする その 取 組 を 継 続 する 中 で 知 見 やノウハウを 蓄 積 し 必 要 な 基 準 等 の 整 備 や 8

11 一 定 の 技 術 力 を 持 った 人 材 の 確 保 育 成 に 取 り 組 むことで 点 検 診 断 の 精 度 向 上 を 図 る また 実 施 に 当 たっては 安 全 性 の 向 上 やコスト 縮 減 に 配 慮 しつつ 新 技 術 を 積 極 的 に 活 用 することで 有 用 な 新 技 術 の 開 発 導 入 普 及 を 後 押 しする 修 繕 更 新 等 各 インフラの 管 理 者 は 各 施 設 の 健 全 性 や 行 動 計 画 等 の 策 定 時 点 で 果 たしている 役 割 機 能 利 用 状 況 重 要 性 等 を 踏 まえ 対 策 の 優 先 順 位 の 考 え 方 を 明 確 にした 上 で 行 動 計 画 や 個 別 施 設 計 画 に 基 づき 必 要 な 修 繕 更 新 等 を 効 率 的 かつ 効 果 的 に 実 施 する その 際 各 施 設 の 必 要 性 自 体 についても 再 検 討 し 検 討 の 結 果 必 要 性 が 認 められない 施 設 については 廃 止 や 撤 去 を 進 めるほか 必 要 性 が 認 め られる 施 設 にあっては 更 新 等 の 機 会 を 捉 え 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 に 応 じた 用 途 変 更 や 集 約 化 なども 含 めて 対 応 を 検 討 する また 維 持 管 理 更 新 等 に 当 たり 兼 用 工 作 物 や 占 用 物 件 が 存 在 する 施 設 等 については 工 事 内 容 や 実 施 時 期 等 について 事 前 に 十 分 な 調 整 を 行 うなど 効 率 的 に 実 施 する さらに 安 全 性 の 向 上 やコスト 縮 減 に 配 慮 しつつ 新 技 術 を 積 極 的 に 活 用 することで 有 用 な 新 技 術 の 開 発 導 入 普 及 を 後 押 しする (2) 基 準 類 の 整 備 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は 各 施 設 の 特 性 を 踏 まえ 各 々 法 令 や 要 領 基 準 マニュアル 等 の 基 準 類 を 全 体 として 過 不 足 なく 整 合 性 を もって 体 系 的 に 整 備 する 必 要 がある このため 国 は 各 施 設 の 特 性 に 応 じ メンテナンスサイクルを 構 築 し 継 続 発 展 させる 上 で 不 可 欠 な 事 項 について 各 インフラの 管 理 者 の 対 応 の 指 針 となる 基 本 的 な 考 え 方 や 必 要 な 基 準 類 を 策 定 し 各 インフラの 管 理 者 に 提 供 する これを 踏 まえ 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は 各 施 設 の 特 性 に 鑑 み 維 持 管 理 更 新 等 に 必 要 な 基 準 類 を 整 備 する また メンテナンスサイクルの 取 組 を 通 じて 得 られた 新 たな 知 見 や ノウハウは 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 の 間 で 相 互 に 共 有 を 図 り それらを 基 準 類 に 反 映 することで 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 取 組 の 更 なる 高 度 化 を 図 る その 際 同 種 類 似 の 施 設 については 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 の 間 で 連 携 を 図 るほか 各 施 設 の 利 用 状 況 や 重 要 度 等 に 応 じて 点 検 体 制 や 実 施 ルール 等 の 管 理 水 準 を 設 定 するなど 効 率 化 に 向 けた 取 組 も 推 進 する 9

12 (3) 情 報 基 盤 の 整 備 と 活 用 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は メンテナンスサイクルを 継 続 し 発 展 させていくため 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 情 報 を 収 集 蓄 積 する さらに それらを 分 析 利 活 用 するとともに 広 く 国 民 に 発 信 共 有 する ことで 取 組 の 改 善 を 図 る 収 集 蓄 積 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は 建 設 当 初 の 状 態 1 経 年 劣 化 や 疲 労 に 影 響 を 及 ぼす 要 因 2 強 度 機 能 の 回 復 向 上 に 係 る 取 組 の 履 歴 3 4 最 新 の 状 態 等 について その 利 活 用 も 念 頭 に 置 きながら 情 報 の 収 集 蓄 積 を 推 進 する 1 施 設 の 諸 元 ( 建 設 時 期 構 造 形 式 施 設 規 模 建 設 費 用 施 工 者 等 ) 等 2 利 用 状 況 気 象 条 件 災 害 履 歴 等 3 修 繕 更 新 の 履 歴 ( 対 策 の 実 施 時 期 内 容 費 用 施 工 者 等 ) 等 4 点 検 診 断 の 履 歴 ( 劣 化 損 傷 状 況 健 全 性 ) 等 情 報 の 収 集 に 当 たっては 現 在 の 手 法 に 加 え センサーや ICT 等 の 新 技 術 も 活 用 し 情 報 の 高 度 化 作 業 の 省 力 化 コスト 縮 減 を 推 進 する とともに 得 られた 情 報 については 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 で 相 互 に 共 有 すること 等 を 通 じ 情 報 のビッグデータ 化 を 図 る その 際 蓄 積 される 情 報 の 質 を 確 保 することが 重 要 であることから 国 は 劣 化 損 傷 レベルの 判 定 等 の 判 断 を 要 する 事 項 について 実 施 主 体 に よらず 一 定 の 水 準 が 確 保 されるよう 各 施 設 の 特 性 に 応 じた 尺 度 で 評 価 される 仕 組 みを 構 築 する さらに 情 報 の 蓄 積 に 当 たっては 利 活 用 が 容 易 となるよう 国 は 電 子 化 フォーマットの 統 一 はもとより 既 存 のデータベース 等 を 最 大 限 活 用 しつつ 3 次 元 の 形 状 データや 施 設 の 様 々な 属 性 を 一 体 的 にわかり やすい 形 式 で 管 理 できるシステム(Construction Information Modeling (CIM) 等 )の 導 入 や GIS と 衛 星 測 位 を 活 用 した 地 理 空 間 情 報 (G 空 間 ) との 統 合 運 用 についても 検 討 し 将 来 的 には 得 られた 情 報 を 自 動 で 解 析 し 修 繕 や 更 新 の 時 期 内 容 を 明 示 するシステムを 構 築 するなど より 汎 用 性 の 高 いシステムを 目 指 す また 設 計 や 施 工 時 に 作 成 活 用 した 図 面 等 の 図 書 や 記 録 について 各 施 設 の 特 性 等 も 踏 まえつつ 供 用 期 間 中 の 保 存 を 義 務 付 けることなど についても 検 討 する 分 析 利 活 用 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は メンテナンスサイクルの 発 展 に つなげるため 以 下 の 観 点 から 利 活 用 を 推 進 する 設 計 施 工 時 に 検 討 把 握 した 維 持 管 理 上 の 留 意 事 項 等 の 継 承 に よる 効 果 的 な 維 持 管 理 の 実 施 作 業 の 効 率 化 10

13 事 故 等 が 発 生 した 場 合 における 同 種 類 似 のリスクを 有 する 施 設 の 特 定 予 防 的 な 対 策 の 実 施 安 全 の 確 保 や 中 長 期 的 な 維 持 管 理 更 新 等 に 係 るトータルコスト の 縮 減 や 予 算 の 平 準 化 を 図 る 上 で 有 効 な 知 見 ノウハウの 基 準 等 へ の 反 映 や 過 去 に 講 じた 対 策 や 新 技 術 の 導 入 効 果 の 分 析 等 による 対 策 の 高 度 化 インフラの 資 産 価 値 の 評 価 等 国 際 的 な 標 準 化 の 動 きへの 対 応 発 信 共 有 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は インフラの 維 持 管 理 更 新 等 の 必 要 性 や 重 要 性 に 対 する 国 民 の 理 解 を 促 進 するとともに 老 朽 化 が 進 む インフラの 安 全 性 に 対 する 不 安 を 払 拭 し 併 せて 民 間 企 業 等 における 研 究 開 発 等 の 取 組 を 促 すため 必 要 な 情 報 について 広 く 発 信 し 共 有 化 を 図 る 国 は これらの 取 組 が 円 滑 かつ 効 率 的 効 果 的 に 図 られるよう 各 施 設 の 特 性 等 を 踏 まえつつ 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 各 データベース 等 とも 連 携 しながら 情 報 プラットフォームを 構 築 するとともに 情 報 の 取 扱 い のルールを 明 確 化 し メンテナンスサイクルの 取 組 を 進 める 中 でその 改 善 充 実 を 図 る (4) 新 技 術 の 開 発 導 入 老 朽 化 対 策 における 技 術 開 発 導 入 の 重 要 性 必 要 性 予 算 の 制 約 のある 中 で インフラの 老 朽 化 対 策 を 進 め インフラの 安 全 性 信 頼 性 を 確 保 するためには 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 費 用 の 低 減 を 図 りつつ 目 視 等 のこれまでの 手 法 では 確 認 困 難 であった 損 傷 箇 所 等 も 的 確 に 点 検 診 断 対 処 することが 重 要 であり そのためには 技 術 開 発 や 新 技 術 の 導 入 を 積 極 的 に 推 進 することが 必 要 である 技 術 開 発 導 入 の 方 向 性 国 は 技 術 開 発 を 効 果 的 効 率 的 に 進 めるため 技 術 開 発 に 対 する 社 会 ニーズと これに 関 連 する 技 術 シーズを 的 確 に 把 握 するとともに これらのマッチングを 図 る さらに 技 術 開 発 の 成 果 を 速 やかに 社 会 的 な 成 果 へとつなげ メンテ ナンスサイクル 全 体 の 底 上 げを 図 るため 研 究 段 階 における 実 証 実 験 等 の 実 施 や 実 用 化 段 階 における 試 行 の 実 施 等 について 関 連 する 事 業 施 策 とも 連 携 しながら 一 連 の 取 組 を 円 滑 かつ 強 力 に 推 進 する 具 体 的 には ICT センサー ロボット 非 破 壊 検 査 補 修 補 強 新 材 料 等 に 関 する 技 術 研 究 開 発 を 進 め それらを 積 極 的 に 活 用 すると ともに 既 存 の 技 術 や 他 分 野 の 技 術 についてもその 有 用 性 を 認 識 し 有 効 に 活 用 する さらに その 結 果 を 速 やかに 評 価 し 有 用 な 技 術 に 11

14 ついて 基 準 等 に 反 映 することで 現 場 への 導 入 を 加 速 させる 評 価 の 結 果 課 題 がある 場 合 には 改 善 点 等 を 明 らかにし 更 なる 技 術 の 改 善 につなげる (5) 予 算 管 理 各 インフラの 管 理 者 は 厳 しい 財 政 状 況 下 においても 必 要 な 維 持 管 理 更 新 等 を 適 切 に 行 えるよう 新 技 術 の 導 入 等 によりコスト 縮 減 を 図 りつつ 行 動 計 画 や 個 別 施 設 計 画 に 基 づき 投 資 することで 必 要 予 算 の 平 準 化 を 図 る その 際 既 存 インフラのみならず 今 後 新 たに 整 備 されるインフラも 含 め 総 合 的 かつ 計 画 的 見 地 から 維 持 すべきインフラの 機 能 の 適 正 化 を 図 り それらを 賢 く 使 うことで 維 持 管 理 更 新 等 に 係 るインフラ 投 資 の 効 率 化 を 図 る また 費 用 や 効 果 に 関 する 知 見 の 蓄 積 を 図 るとともに 人 口 減 少 少 子 高 齢 化 の 進 展 等 の 社 会 情 勢 の 変 化 等 に 鑑 み 必 要 に 応 じて 受 益 と 負 担 の あり 方 等 についても 再 考 し 必 要 な 取 組 を 推 進 することで 投 資 の 持 続 可 能 性 を 確 保 する (6) 体 制 の 構 築 全 てのインフラにおいてメンテナンスサイクルを 確 実 に 実 行 するため 各 施 設 の 特 性 に 応 じて 人 員 人 材 等 を 確 保 することが 必 要 である 1 国 国 は 自 らが 管 理 所 有 するインフラについて 全 国 各 地 で 発 生 する 劣 化 や 損 傷 災 害 等 に 迅 速 に 対 応 するとともに 地 方 公 共 団 体 をはじめとする 各 インフラの 管 理 者 の 技 術 力 の 維 持 向 上 が 図 られ るよう 本 省 と 地 方 支 分 部 局 更 には 研 究 機 関 等 が 適 切 な 役 割 分 担 の 下 一 体 となって 取 組 を 進 める 体 制 を 構 築 する その 際 新 技 術 の 開 発 活 用 や 民 間 等 の 様 々な 主 体 との 連 携 強 化 を 図 りつつ 組 織 人 員 の 再 配 置 を 行 うことで 職 員 の 技 術 力 の 維 持 向 上 を 図 る 資 格 研 修 制 度 等 の 充 実 インフラの 安 全 を 確 実 に 確 保 するためには 一 定 の 技 術 的 知 見 に 基 づき 基 準 類 を 体 系 化 するとともに それらを 正 確 に 理 解 し 的 確 に 実 行 することが 不 可 欠 である さらに 今 後 新 技 術 の 開 発 導 入 に 伴 い メンテナンス 技 術 の 高 度 化 が 期 待 され それらを 現 場 で 的 確 に 活 用 し 最 大 限 の 効 果 を 発 揮 させることが 重 要 である このため 国 は 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 様 々な 知 見 やノウハウ の 集 約 を 図 るとともに 資 格 制 度 の 充 実 や 外 部 有 識 者 を 交 えた 12

15 教 育 研 修 制 度 を 活 用 するなどにより 各 インフラの 管 理 者 の 技 術 力 の 底 上 げを 図 る また 高 度 な 技 術 力 を 有 する 技 術 者 から 成 る 組 織 の 創 設 等 により 管 理 者 が 実 施 する 点 検 診 断 等 を 踏 まえて 必 要 となる 専 門 的 な 対 応 を 行 うなど 国 や 地 方 公 共 団 体 等 の 管 理 者 の 違 いにかかわらず その 機 能 を 発 揮 させるための 新 たな 制 度 に ついても 検 討 する 技 術 開 発 導 入 を 推 進 するための 体 制 強 化 技 術 開 発 導 入 の 重 要 性 に 鑑 み 国 等 の 研 究 機 関 の 機 能 を 強 化 する とともに 民 間 で 開 発 された 新 技 術 や 新 材 料 等 について その 普 及 が 促 進 されるよう 国 は 評 価 や 認 証 に 係 る 制 度 の 充 実 や 標 準 化 に 向 けた 取 組 を 推 進 する また 各 インフラに 共 通 する 課 題 については 産 学 官 や 関 係 省 庁 の 連 携 を 強 化 し 社 会 ニーズ 及 び 技 術 シーズを 踏 まえた 的 確 な 研 究 開 発 を 推 進 する 適 切 な 役 割 分 担 の 下 で 現 場 と 一 体 となって 取 組 を 推 進 することで 分 野 を 超 えた 技 術 の 統 合 融 合 組 合 せを 実 現 し 効 果 の 向 上 を 図 る なお 具 体 的 な 取 組 内 容 等 については 行 動 計 画 において 研 究 開 発 実 証 導 入 などの 各 段 階 に 対 応 した 新 技 術 の 活 用 推 進 に 係 る 計 画 を 明 記 することで 取 組 を 着 実 に 推 進 する 地 方 公 共 団 体 をはじめとする 各 インフラの 管 理 者 への 支 援 国 は 自 らが 保 有 する 知 見 やノウハウを 必 要 とする 地 方 公 共 団 体 をはじめとする 各 インフラの 管 理 者 に 対 し 常 時 相 談 に 応 じること ができるよう 本 省 や 地 方 支 分 部 局 研 究 機 関 に 相 談 窓 口 を 設 置 する とともに 資 格 研 修 制 度 の 充 実 講 習 会 の 実 施 等 により 国 が 有 する 技 術 的 知 見 やノウハウを 提 供 する また 高 度 な 技 術 力 を 要 する 施 設 の 修 繕 更 新 など 必 要 性 が 認 められるものについては 国 による 代 行 制 度 の 活 用 や 技 術 者 の 派 遣 地 方 公 共 団 体 等 の 先 進 事 例 の 収 集 共 有 等 国 都 道 府 県 市 区 町 村 等 の 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 が 相 互 に 連 携 して 対 策 を 講 じる 仕 組 みを 構 築 する 2 地 方 公 共 団 体 をはじめとする 各 インフラの 管 理 者 人 口 規 模 や 産 業 構 造 地 形 気 象 条 件 等 は 地 域 毎 に 様 々であり これに 呼 応 し 施 設 の 種 類 規 模 健 全 性 等 も 地 域 によって 異 なる 各 インフラの 管 理 者 は 各 々の 置 かれた 状 況 に 応 じ 自 らの 判 断 に より 維 持 すべきインフラの 機 能 を 適 正 化 し 適 切 な 管 理 を 行 うための 体 制 を 整 えることが 重 要 である 13

16 一 方 維 持 管 理 更 新 業 務 を 担 当 する 技 術 職 員 が 不 在 若 しくは 不 足 している 団 体 も 存 在 する 等 現 状 の 体 制 は 必 ずしも 十 分 とは 言 えないとの 指 摘 もあり 厳 しい 財 政 状 況 の 下 インフラの 老 朽 化 が 進 行 しているにも 関 わらず 維 持 管 理 更 新 等 の 必 要 な 対 策 が 講 じられない 事 態 も 発 生 する 恐 れがある このような 現 状 を 打 開 するためには 各 インフラの 管 理 者 は 自 ら の 責 務 に 鑑 み 維 持 管 理 や 更 新 統 廃 合 等 を 含 めた 取 組 実 態 を 再 確 認 するとともに 積 極 的 に 国 の 支 援 制 度 や 民 間 のノウハウ 新 技 術 等 を 活 用 しつつ インフラの 健 全 性 の 把 握 や 必 要 な 対 策 等 を 進 める ことが 必 要 である その 取 組 を 進 める 中 で 維 持 管 理 や 更 新 統 廃 合 等 における 課 題 を 明 確 化 し 組 織 人 員 の 維 持 管 理 更 新 部 門 への 適 正 な 配 置 に ついて 検 討 するほか インフラ 全 体 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 管 理 する ための 体 制 を 組 織 全 体 で 構 築 することが 重 要 である 必 要 な 技 術 職 員 がいない 場 合 には 必 要 とするノウハウのアウトソーシングを 図 る などにより 人 員 人 材 の 両 面 から 体 制 を 構 築 することも 検 討 して いく 必 要 がある 3 維 持 管 理 等 の 担 い 手 財 政 制 約 の 高 まりや 関 係 予 算 の 縮 減 に 伴 い 維 持 管 理 等 の 担 い 手 となる 地 域 の 建 設 産 業 が 疲 弊 している また 若 年 入 職 者 の 減 少 も あり ノウハウや 技 術 の 継 承 に 支 障 が 生 じ 将 来 の 施 工 力 の 低 下 が 懸 念 されている このため 各 インフラの 管 理 者 と 一 体 となって 将 来 にわたってインフラの 維 持 管 理 更 新 等 に 取 り 組 んでいけるよう 対 策 を 講 じる 必 要 がある 一 方 地 域 貢 献 を 目 的 とする 活 動 に 対 する 市 民 意 識 の 高 揚 が 見 られる 限 られた 人 材 予 算 で 膨 大 なインフラの 維 持 管 理 更 新 等 が 求 められる 状 況 下 これらの 積 極 的 な 活 用 が 必 要 である 民 間 企 業 点 検 診 断 修 繕 更 新 等 を 実 行 するためには それらを 担 う 建 設 産 業 における 人 材 の 確 保 育 成 及 びノウハウの 蓄 積 技 術 力 技 能 の 向 上 が 不 可 欠 である 加 えて 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 業 務 の 採 算 性 の 確 保 に 向 けた 取 組 が 必 要 である このため 建 設 企 業 が 維 持 管 理 更 新 等 の 担 い 手 となる 上 で 不 可 欠 な 入 札 契 約 に 係 る 諸 制 度 の 改 善 等 を 図 り 適 正 な 協 力 関 係 を 構 築 する また 民 間 の 技 術 やノウハウ 資 金 等 を 活 用 することにより インフラの 維 持 管 理 更 新 等 の 効 率 化 サービスの 質 的 向 上 14

17 財 政 負 担 の 軽 減 が 図 られる 事 業 については PPP/PFI の 積 極 的 な 活 用 を 検 討 することとする 入 札 契 約 制 度 等 の 改 善 維 持 補 修 工 事 は 施 設 毎 に 構 造 形 式 や 劣 化 損 傷 の 状 況 等 が 異 なることから 新 設 工 事 と 比 べて 多 くの 労 力 を 要 し 人 件 費 や 機 材 のコストも 割 高 になる 場 合 がある また 既 存 の 施 設 の 中 には 老 朽 化 対 策 を 実 施 する 上 で 必 要 となる 構 造 形 式 等 の 情 報 が 保 存 されていない 施 設 も 存 在 しており このような 施 設 の 対 策 実 施 に 当 たっては 目 視 非 破 壊 検 査 等 により 状 態 を 把 握 した 上 で 設 計 を 行 っているものの 施 工 段 階 において 設 計 と 現 場 条 件 が 異 なり 手 戻 りが 生 じるケースも 発 生 している このため 現 場 条 件 に 見 合 った 適 切 かつ 計 画 的 な 発 注 や それら を 実 現 するための 入 札 契 約 制 度 の 改 善 を 推 進 する 具 体 的 には 工 種 や 施 工 条 件 に 応 じた 積 算 基 準 の 見 直 しを 図 る とともに 調 査 設 計 施 工 の 各 段 階 の 連 携 による 発 注 や あらかじめ 工 事 材 料 等 について 単 価 を 契 約 で 定 める 単 価 数 量 精 算 方 式 の 活 用 発 注 者 支 援 のための 新 たな 仕 組 みの 活 用 など 入 札 契 約 制 度 の 見 直 しを 推 進 する さらに 地 方 公 共 団 体 等 が 事 業 の 特 性 に 応 じてこれらの 入 札 契 約 方 式 を 適 切 に 選 択 し 運 用 できるよう 国 が 支 援 していく 技 術 者 技 能 者 の 人 材 確 保 育 成 インフラを 安 全 に 安 心 して 利 用 し 続 けるようにするためには 維 持 管 理 更 新 等 の 担 い 手 となる 建 設 産 業 が 持 続 的 に 発 展 し 将 来 にわたって 建 設 企 業 の 施 工 力 や 維 持 修 繕 を 含 めた 工 事 の 品 質 等 を 確 保 することが 不 可 欠 である このため 企 業 にとって ヒト モノ カネ の 投 資 に 値 する 魅 力 的 な 環 境 整 備 を 図 るとともに 将 来 を 担 う 技 術 者 技 能 者 の 確 保 育 成 に 向 けた 取 組 を 推 進 する 具 体 的 には 積 算 基 準 や 入 札 契 約 制 度 の 見 直 しにより 業 務 の 採 算 性 の 確 保 を 図 るほか 地 域 や 施 設 毎 に 求 められる 技 術 技 能 が 異 なる 状 況 に 鑑 み それらの 習 得 を 地 域 が 一 体 となって 後 押 し する 取 組 や 資 格 制 度 の 充 実 等 を 推 進 する 併 せて 技 能 労 働 者 の 処 遇 改 善 を 図 るため 各 自 が 保 有 する 施 工 力 に 係 る 資 格 や 研 修 履 歴 工 事 経 験 等 の 情 報 を ICT 技 術 により 管 理 蓄 積 活 用 する 仕 組 みの 構 築 を 始 めとした 取 組 に ついても 関 係 者 とともに 検 討 する 15

18 市 民 団 体 等 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は 各 施 設 の 特 性 等 を 踏 まえつつ インフラの 維 持 管 理 の 担 い 手 としての 役 割 を 期 待 されている 地 域 の 市 民 団 体 等 の 活 用 を 検 討 する 活 用 が 可 能 な 施 設 にあっては 情 報 提 供 や 人 材 資 機 材 の 活 用 ルール 等 を 明 確 化 するなどにより 市 民 団 体 等 による 維 持 管 理 を 推 進 する (7) 法 令 等 の 整 備 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 が 共 通 して 取 り 組 むべき 事 項 や 必 要 な 制 度 等 については 各 インフラを 構 成 する 各 施 設 の 特 性 等 を 踏 まえつつ 法 令 等 で 定 めることにより その 責 務 を 明 確 化 すること が 重 要 である このため 国 は 基 準 類 の 体 系 的 な 整 備 や 必 要 施 策 の 制 度 化 を 検 討 する 中 で 機 会 を 捉 えて 必 要 な 法 令 等 を 整 備 するとともに 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 は その 体 系 の 中 で 自 らの 工 夫 や 判 断 が 求 められる 内 容 に ついて 必 要 な 基 準 制 度 等 を 整 備 するものとする Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 インフラの 維 持 管 理 更 新 等 は 一 義 的 に 法 令 等 に 基 づき 各 インフラ の 管 理 者 の 責 任 の 下 で 行 われるべきものである しかしながら 現 状 では 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 体 制 の 整 備 や 予 算 の 確 保 を 自 ら 行 うことが 困 難 な 管 理 者 も 存 在 しており 国 等 が 必 要 な 支 援 を 実 施 しつつ インフラに 求 められる 安 全 や 機 能 を 確 保 し 国 民 生 活 や 社 会 経 済 活 動 を 支 えていく 必 要 がある また 技 術 力 の 向 上 やメンテナンス 産 業 の 発 展 に 資 する 取 組 は 産 学 界 との 連 携 の 下 国 地 方 公 共 団 体 等 が 一 体 となって 推 進 する 必 要 がある 国 の 役 割 国 は インフラの 安 全 や 求 められる 機 能 を 確 保 する 上 で 必 要 な 事 項 を 各 インフラの 法 令 等 において 明 確 化 するとともに それらの 確 実 な 実 施 を 図 るため 管 理 の 実 態 等 を 踏 まえつつ 必 要 な 体 制 や 制 度 等 を 構 築 する 自 らが 管 理 所 有 するインフラについては 他 の 各 インフラの 管 理 者 とも 連 携 を 図 りつつ 効 率 性 にも 配 慮 しながら 適 切 に 管 理 する また 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 に 対 しては 本 基 本 計 画 の 考 え 方 等 に 基 づき 過 去 に 整 備 したインフラの 状 態 配 置 利 用 状 況 さらには 人 口 動 態 市 町 村 合 併 の 進 展 状 況 財 政 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 各 々の 団 体 が 置 かれた 実 情 に 応 じた 行 動 計 画 及 び 個 別 施 設 計 画 を 策 定 するよう 要 請 する さらに その 確 実 な 実 行 に 向 け 各 インフラの 管 理 者 に 対 し 16

19 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 体 制 の 整 備 や 予 算 の 確 保 について 必 要 な 支 援 を 実 施 する あわせて 維 持 管 理 更 新 等 を 進 める 中 で 蓄 積 したデータやノウハウを 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 や 産 学 界 等 と 共 有 し 新 技 術 の 開 発 等 の メンテナンスの 高 度 化 に 向 けた 取 組 を 進 めるとともに それらの 成 果 を 積 極 的 に 活 用 するなどにより 我 が 国 のメンテナンス 産 業 の 発 展 を 全 面 的 に 支 援 していく 地 方 公 共 団 体 の 役 割 地 方 公 共 団 体 は 自 らが 管 理 所 有 するインフラについて 国 が 構 築 した 体 制 や 制 度 等 も 活 用 し 国 やその 他 の 各 インフラの 管 理 者 とも 連 携 を 図 りつつ 効 率 性 にも 配 慮 しながら 適 切 に 管 理 するとともに 出 資 等 を 行 っている 各 インフラの 管 理 者 に 対 し 必 要 に 応 じて 行 動 計 画 及 び 個 別 施 設 計 画 の 策 定 等 を 要 請 するなどにより インフラの 安 全 や 必 要 な 機 能 を 確 保 することが 求 められる その 際 過 去 に 整 備 したインフラの 状 態 配 置 利 用 状 況 さらには 人 口 動 態 市 町 村 合 併 の 進 展 状 況 財 政 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 各 々 の 団 体 が 置 かれた 実 情 に 応 じて インフラの 維 持 管 理 更 新 等 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 行 うことが 重 要 である また データやノウハウの 蓄 積 など メンテナンスの 高 度 化 に 向 けた 国 の 取 組 に 協 力 し 国 全 体 としての 技 術 力 の 向 上 や メンテナンス 産 業 の 発 展 に 協 力 していくことも 求 められる Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 産 業 界 では これまで 様 々な 分 野 において センサーやデータ 解 析 など の 個 別 の 要 素 技 術 の 開 発 活 用 が 進 展 している 一 方 それらをインフラの 維 持 管 理 更 新 等 に 活 用 する 取 組 は 始 まったばかりである また 大 学 や 研 究 機 関 等 においても これまで 維 持 管 理 更 新 等 に 関 する 取 組 は 個 別 性 が 高 い 課 題 との 認 識 の 下 専 門 分 化 が 進 んできた その 結 果 主 に 施 設 分 野 毎 管 理 者 毎 に 知 識 と 技 術 が 蓄 積 され 相 互 の 情 報 共 有 が 十 分 とは 言 えない 状 況 にあり 今 後 更 なる 成 熟 化 や 体 系 化 が 求 められている このような 現 状 を 踏 まえ 今 後 は これまで 以 上 に 産 学 官 の 連 携 を 図 り 適 切 な 役 割 分 担 の 下 取 組 を 進 めていく 必 要 がある 産 の 役 割 これまで 産 業 界 が 自 らの 技 術 開 発 等 の 取 組 を 通 じて 蓄 積 した 知 見 や ノウハウはもとより 今 後 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 が 取 組 を 進 める 中 で 蓄 積 し 共 有 化 を 図 っていく 情 報 も 最 大 限 活 用 しながら 17

20 インフラの 安 全 性 や 信 頼 性 の 向 上 維 持 管 理 更 新 業 務 の 効 率 化 に 資 する 新 技 術 の 開 発 が 進 められることが 求 められる さらに これらの 取 組 によって 生 み 出 される 我 が 国 の 先 進 的 なメンテ ナンス 技 術 で 世 界 の 市 場 を 開 拓 し 世 界 の 最 前 線 で 活 躍 する 人 材 を 育 成 することが 期 待 される 学 の 役 割 維 持 管 理 更 新 等 に 係 る 知 見 やノウハウについて これまでに 蓄 積 された 情 報 に 加 え 今 後 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 により 蓄 積 共 有 化 が 図 られる 情 報 を 含 め 体 系 化 が 図 られることが 求 められる その 中 で 経 年 劣 化 や 疲 労 等 が 施 設 に 及 ぼす 影 響 の 評 価 や それらを 踏 まえた 対 策 の 検 討 さらには 対 策 による 効 果 や 耐 用 年 数 の 評 価 等 メンテナンス 技 術 の 発 展 や より 計 画 的 で 効 果 的 な 維 持 管 理 更 新 等 の 実 現 へとつながる 研 究 開 発 が 進 むことが 期 待 される さらには これらの 取 組 を 通 じて 高 度 な 技 術 力 を 有 する 技 術 者 を 社 会 に 輩 出 することが 期 待 される Ⅷ.その 他 フォローアップ 本 基 本 計 画 の 実 効 性 を 確 保 するため 国 は 各 インフラを 管 理 所 管 する 者 の 取 組 状 況 を 把 握 公 表 することとする その 結 果 に 基 づき 必 要 に 応 じ 追 加 的 な 対 策 を 検 討 する 18

21 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 (ロードマップ) 2013 年 度 2014 年 度 2015 年 度 2016 年 度 2017~ 2020 年 頃 2021~ 2030 年 頃 2019 年 度 2029 年 度 [ 長 寿 命 化 計 画 ( 行 動 計 画 )の 策 定 ] 長 寿 命 化 計 画 ( 行 動 計 画 )の 策 定 [ 点 検 診 断 ] 行 動 計 画 に 基 づき 取 組 を 推 進 取 組 の 進 捗 状 況 や 情 報 知 見 の 蓄 積 状 況 等 をふまえ 計 画 を 更 新 1 9 点 検 未 実 施 の 全 対 象 施 設 に 関 し 点 検 診 断 を 実 施 [ 個 別 施 設 毎 の 長 寿 命 化 計 画 策 定 ] 未 策 定 の 施 設 の 計 画 策 定 を 推 進 [ 修 繕 更 新 ] 点 検 診 断 結 果 を 踏 まえた 緊 急 的 な 修 繕 更 新 への 対 応 [ 情 報 基 盤 の 整 備 活 用 ] 結 蓄 果 積 を 結 蓄 果 積 を 要 領 等 に 基 づく 定 期 的 な 点 検 診 断 を 実 施 電 子 化 フォーマットの 統 一 ルールの 明 確 化 各 インフラ 情 報 の 電 子 化 フォーマット 統 一 各 インフラ 毎 のデータベースの 構 築 運 用 分 析 利 活 用 共 有 発 信 ルールの 明 確 化 [ 新 技 術 の 開 発 導 入 ] 結 蓄 果 積 を 蓄 の積 分 情 析 報 プラットフォームの 構 築 運 用 有 積 用 極 な 活 技 用 術 を 有 積 用 極 な 活 技 用 術 を 点 検 診 断 結 果 や 維 持 更 新 状 況 等 をふまえ 計 画 を 更 新 プラットフォーム 等 を 通 じた 情 報 の 公 開 個 別 施 設 毎 の 長 寿 命 化 計 画 に 基 づく 修 繕 更 新 の 実 施 蓄 の積 分 情 析 報 データベース プラットフォームを 活 用 した データの 蓄 積 共 有 利 活 用 の 推 進 データの 蓄 積 構 造 物 の 諸 元 ( 建 設 年 度 構 造 形 式 規 模 費 用 施 工 者 等 ) 利 用 状 況 や 気 象 災 害 履 歴 修 繕 等 の 履 歴 ( 時 期 内 容 費 用 施 工 者 等 ) 老 朽 化 に 起 因 する 重 要 インフラの 重 大 事 故 ゼロ 劣 化 損 傷 状 況 健 全 性 等 国 内 の 重 要 インフラ 老 朽 インフラの データの 共 有 利 活 用 地 理 空 間 情 報 との 統 合 全 てでセンサー 交 通 等 情 報 との 統 合 等 ロボット 等 を 活 用 国 内 の 重 要 インフラ 老 朽 インフラの20%で センサー ロボット 等 を 活 用 新 材 料 の 実 用 化 に 目 途 点 検 補 修 等 の センサー ロボット 等 の 世 界 市 場 の3 割 を 獲 得 ニーズ シーズの 的 確 な 把 握 各 種 技 術 研 究 開 発 ICT センサー モニタリング ロボット 監 視 観 測 デバイス 非 破 壊 検 査 構 造 物 の 性 能 評 価 補 修 補 強 構 造 材 料 の 信 頼 性 保 証 新 材 料 等 随 時 現 場 導 入 既 存 技 術 も 含 めた 現 場 での 実 証 実 証 結 果 の 分 析 評 価 新 技 術 の 開 発 導 入 体 制 の 見 直 し [ 基 準 類 法 令 等 の 整 備 ] 個 別 施 設 毎 の 基 準 マニュアル 等 の 見 直 し 研 究 機 関 の 機 能 強 化 評 価 認 証 制 度 の 充 実 見 直 された 基 準 マニュアル 等 に 基 づき 運 用 有 用 な 技 術 を 基 準 等 へ 反 映 蓄 積 された 知 見 ノウハウに 基 づき 見 直 し( 評 価 尺 度 の 統 一 新 技 術 の 導 入 等 )

22 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 (ロードマップ) 2013 年 度 2014 年 度 2015 年 度 2016 年 度 2017~ 2019 年 度 2020 年 頃 2021~ 2029 年 度 2030 年 頃 [ 国 の 体 制 構 築 ] 資 格 研 修 制 度 の 充 実 知 見 ノウハウの 集 約 インフラ 管 理 者 向 け 資 格 制 度 の 充 実 外 部 有 識 者 を 交 えた 教 育 研 修 制 度 の 活 用 等 制 度 の 運 用 改 善 地 公 体 等 への 支 援 体 制 制 度 の 充 実 相 談 窓 口 の 設 置 運 用 技 術 者 の 派 遣 修 繕 更 新 などの 代 行 制 度 の 構 築 運 用 等 支 援 内 容 体 制 の 見 直 し [ 地 公 体 の 体 制 構 築 ] 国 の 活 支 用 援 を 地 支 公 援 体 を 取 組 実 態 の 再 確 認 体 制 のあり 方 検 討 国 の 支 援 制 度 活 用 民 間 ノウハウの 活 用 新 技 術 の 活 用 等 体 制 の 確 保 充 実 組 織 人 員 を 維 持 管 理 更 新 部 門 に 適 正 配 置 アウトソーシング 等 2 0 [ 維 持 管 理 等 の 担 い 手 との 協 力 関 係 構 築 ( 民 間 企 業 )] 入 札 契 約 制 度 の 改 善 積 算 基 準 の 見 直 し 調 査 設 計 施 工 の 各 段 階 の 連 携 による 発 注 の 活 用 単 価 数 量 精 算 方 式 の 活 用 発 注 者 支 援 のための 新 たな 仕 組 み 等 効 果 の 検 証 運 用 の 改 善 事 業 特 性 に 応 じた 入 札 契 約 方 式 の 選 択 を 支 援 等 人 材 確 保 育 成 に 向 けた 取 組 の 実 施 人 材 確 保 育 成 に 向 けた 制 度 等 の 構 築 点 検 技 術 者 等 の 資 格 制 度 の 充 実 技 能 労 働 者 情 報 を 管 理 蓄 積 する 仕 組 みの 検 討 等 必 要 な 技 能 習 得 を 地 域 が 後 押 しする 取 組 の 推 進 職 業 訓 練 施 設 を 活 用 したOFF JT 推 進 建 設 業 就 業 者 の 処 遇 改 善 等 企 業 にとって ヒト モノ カネ の 投 資 に 値 する 魅 力 的 な 環 境 整 備 [ 維 持 管 理 等 の 担 い 手 との 協 力 関 係 構 築 ( 市 民 団 体 等 )] 市 民 団 体 等 の 活 用 [ 予 算 管 理 ] 管 理 者 等 からの 情 報 提 供 人 材 資 機 材 の 活 用 ルール 等 の 明 確 化 等 市 民 団 体 等 による 維 持 管 理 を 推 進 する 取 組 の 実 施 維 持 管 理 更 新 費 の 将 来 見 通 しの 想 定 予 算 の 平 準 化 投 資 の 効 率 化 に 向 けた 取 組 の 実 施 新 技 術 によるコスト 縮 減 長 寿 命 化 によるコスト 平 準 化 用 途 変 更 や 集 約 化 による 効 率 的 使 用 等

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

新 宿 区 施 設 白 書 新宿区施設白書 平成 28 年 3 月 新 宿 区 宿 区 平 成 二 十 八 年 三 月 新 目 次 序 章 施 設 白 書 について 第 1 節 施 設 白 書 作 成 の 背 景 3 第 2 節 新 宿 区 基 本 構 想 総 合 計 画 実 行 計 画 4 第 3 節 施 設 白 書 の 内 容 と 構 成 6 第 1 章 新 宿 区 の 概 要 第 1 節 区

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

<5461726F2D819C3235945F90488CA48EC08E7B977697CC816988C48A6D92E8>

<5461726F2D819C3235945F90488CA48EC08E7B977697CC816988C48A6D92E8> 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 実 施 要 領 24 農 会 第 1027 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 農 林 水 産 技 術 会 議 事 務 局 長 第 1 趣 旨 我 が 国 の 農 林 漁 業 は 担 い 手 不 足 の 深 刻 化 や 高 齢 化 といった 厳 しい 状 況 にあり 活 力 も 低 下 している このため 食 と 農 林

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

資料2-2-2 第10回科学技術予測調査 国際的視点からのシナリオプランニング【科学技術・学術政策研究所】1/2

資料2-2-2 第10回科学技術予測調査 国際的視点からのシナリオプランニング【科学技術・学術政策研究所】1/2 資 料 2-2-2 科 学 技 術 学 術 審 議 会 総 会 ( 第 52 回 ) H27.9.9 第 10 回 科 学 技 術 予 測 調 査 国 際 的 視 点 からの シナリオプランニング 科 学 技 術 学 術 審 議 会 資 料 2015 年 9 月 9 日 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 第 10 回 科 学 技 術 予 測 調 査 の 概 要 概 要

More information

既 存 住 宅 のリフォームによる 性 能 向 上 長 期 優 良 化 に 係 る 検 討 会 における 議 論 の 進 め 方 2 論 点 1 : 制 度 フレーム 1 性 能 向 上 / 長 期 優 良 化 リフォームについ て 市 場 が 現 実 的 に 動 く 仕 組 みとすること に 配

既 存 住 宅 のリフォームによる 性 能 向 上 長 期 優 良 化 に 係 る 検 討 会 における 議 論 の 進 め 方 2 論 点 1 : 制 度 フレーム 1 性 能 向 上 / 長 期 優 良 化 リフォームについ て 市 場 が 現 実 的 に 動 く 仕 組 みとすること に 配 既 存 住 宅 のリフォームによる 性 能 向 上 長 期 優 良 化 に 係 る 検 討 会 における 議 論 の 進 め 方 1 既 存 住 宅 に 対 する 既 成 概 念 や 評 価 を 変 える 既 存 住 宅 の 性 能 を 評 価 する ( 優 良 なものとそうでないものが 明 らかになる) 既 存 住 宅 は 新 築 住 宅 より 劣 る というイメージを 払 拭 する 1 性 能

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有 効 活 用 (3) 県 有

目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有 効 活 用 (3) 県 有 山 形 県 県 有 財 産 総 合 管 理 (ファシリティマネジメント) 基 本 方 針 平 成 26 年 12 月 山 形 県 目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

我 が 国 経 済 はデフレからの 脱 却 に 向 けたアベノミクスにより 回 復 しつつあるも のの 個 人 消 費 や 民 間 投 資 は 力 強 さを 欠 き 新 興 国 の 成 長 鈍 化 や 英 国 のEU 離 脱 の 動 き 等 により 成 長 が 減 速 する 恐 れがある このような

我 が 国 経 済 はデフレからの 脱 却 に 向 けたアベノミクスにより 回 復 しつつあるも のの 個 人 消 費 や 民 間 投 資 は 力 強 さを 欠 き 新 興 国 の 成 長 鈍 化 や 英 国 のEU 離 脱 の 動 き 等 により 成 長 が 減 速 する 恐 れがある このような 平 成 29 年 度 住 宅 土 地 関 連 税 制 改 正 住 宅 関 連 予 算 要 望 平 成 28 年 8 月 一 般 社 団 法 人 住 宅 生 産 団 体 連 合 会 我 が 国 経 済 はデフレからの 脱 却 に 向 けたアベノミクスにより 回 復 しつつあるも のの 個 人 消 費 や 民 間 投 資 は 力 強 さを 欠 き 新 興 国 の 成 長 鈍 化 や 英 国 のEU 離

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

琵琶湖流域下水道

琵琶湖流域下水道 琵 琶 湖 流 域 下 水 道 ストックマネジメントガイドライン 概 要 版 平 成 21 年 7 月 滋 賀 県 琵 琶 湖 環 境 部 下 水 道 課 はじめに 我 が 国 のインフラの 多 くは 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 期 に 整 備 され 現 在 では 膨 大 なストックを 有 するに 至 っている それらのストックは 年 々 劣 化 し 修 繕 や 改 築 のコストの 増 大

More information

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 平 成 28 年 7 月 26 日 一 般 社 団 法 人 プレハブ 建 築 協 会 会 長 樋 口 武 男 平 成 28 年 度 補 正 予 算 並 びに 平 成 29 年 度 住 宅 関 連 税 制 及 び 予 算 制 度 改 正 要 望 昨 年 政 府 は 新 三 本 の 矢 として 希 望 を 生 み 出 す 経 済 夢 をつなぐ 子 育 て 支

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

目 次 策 定 の 背 景... 1 防 衛 技 術 戦 略 の 位 置 付 け 及 び 防 衛 省 の 技 術 政 策 の 目 標... 2 技 術 政 策 上 考 慮 すべき 課 題... 4 推 進 すべき 具 体 的 施 策... 6 諸 施 策 の 基 礎 となる 技 術 情 報 の 把

目 次 策 定 の 背 景... 1 防 衛 技 術 戦 略 の 位 置 付 け 及 び 防 衛 省 の 技 術 政 策 の 目 標... 2 技 術 政 策 上 考 慮 すべき 課 題... 4 推 進 すべき 具 体 的 施 策... 6 諸 施 策 の 基 礎 となる 技 術 情 報 の 把 防 衛 技 術 戦 略 ~ 技 術 的 優 越 の 確 保 と 優 れた 防 衛 装 備 品 の 創 製 を 目 指 して~ 平 成 28 年 8 月 防 衛 省 目 次 策 定 の 背 景... 1 防 衛 技 術 戦 略 の 位 置 付 け 及 び 防 衛 省 の 技 術 政 策 の 目 標... 2 技 術 政 策 上 考 慮 すべき 課 題... 4 推 進 すべき 具 体 的 施 策...

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する 資 料 4-4 ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 定 める 際 の 留 意 点 1. 総 論 平 成 28 年 5 月 経 済 産 業 省 ガス 安 全 室 モデル 保 安 業 務 規 程 は ガス 事 業 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 51 号 ) 第 160 条 第 1 項 の 規 定 により ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 作 成 するに

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

水道の安全保障に関する検討会

水道の安全保障に関する検討会 3. 可 能 性 調 査 および 業 務 受 託 者 の 募 集 選 定 の 手 順 3.1 公 民 連 携 導 入 の 事 務 プロセスと 作 業 項 目 公 民 連 携 (= 業 務 委 託 以 下 公 民 連 携 という) 可 能 性 調 査 および 業 務 受 託 者 募 集 選 定 の 各 段 階 で 必 要 となる 事 務 プロセスと 作 業 項 目 を 図 3-1に 示 す 2) 水

More information

共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準 等 に 関 する 統 一 基 準 として 公 共 建 築 計 業 務 委 託 共 通 仕 様

共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準 等 に 関 する 統 一 基 準 として 公 共 建 築 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 業 務 委 託 番 号 第 28 号 平 成 24 年 度 旧 免 田 中 学 校 施 改 修 工 事 計 業 務 委 託 仕 様 書 あさぎり 町 役 場 総 務 課 政 策 推 進 室 1 共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

(2) 設 計 図 書 の 作 成 別 表 1 成 果 品 一 覧 による Ⅱ. 一 般 事 項 1. 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 は 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 平 成 21 年 版 ) ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営

(2) 設 計 図 書 の 作 成 別 表 1 成 果 品 一 覧 による Ⅱ. 一 般 事 項 1. 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 は 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 平 成 21 年 版 ) ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営 設 計 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 度 1. 件 名 中 部 中 学 校 ほか14 校 武 道 場 ほか 吊 天 井 崩 落 対 策 工 事 設 計 業 務 委 託 2. 設 計 対 象 施 設 (1) 場 所 四 日 市 市 西 浦 二 丁 目 ほか14 町 地 内 (2) 既 存 施 設 概 要 記 号 施 設 名 称 構 造 規 模 等 RC 造 4 階 建 ( 対 象 部 分 3

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 に 関 する 要 望 平 成 23 年 3 月 31 日 日 本 商 工 会 議 所 去 る3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 巨 大 な 津 波 を 伴 い 沿 海 部 を 壊 滅 的 に 破 壊 するとともに 東 北 から 関 東 にわたる 広 い 範 囲 に 甚 大 な 被 害 をもたらした 地 震 津 波 原 発 事 故

More information

一般質問通告書

一般質問通告書 一 般 質 問 通 告 書 平 成 28 年 6 月 定 例 会 1 番 松 尾 数 則 議 員 1 山 陽 小 野 田 市 病 院 事 業 改 革 プランについて (1) 市 民 病 院 の 果 たすべき 役 割 を 聞 く (2) 医 療 水 準 の 向 上 について 聞 く (3) 救 急 医 療 について 聞 く (4) 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 について 聞 く (5) 経

More information

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24 平 成 24 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 の 概 要 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) Ⅰ. 暮 らしの 安 全 安 心 確 保 関 連 税 制 1. 住 まいの 質 の 向 上 無 理 のない 負 担 での 住 宅 の 確 保 等 1 新 築 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 ( 戸 建 て3 年 間 マンション5 年 間 1/2)を2 年 間 延 長 2

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

PPP/PFI手法導入優先的検討規程策定の手引

PPP/PFI手法導入優先的検討規程策定の手引 PPP/PFI 手 法 導 入 優 先 的 検 討 規 程 策 定 の 手 引 平 成 28 年 3 月 内 閣 府 民 間 資 金 等 活 用 事 業 推 進 室 目 次 Ⅰ 指 針 の 位 置 付 け 等... 1 1 指 針 の 内 容... 1 2 指 針 のポイント... 2 3 優 先 的 検 討 規 程 の 例... 3 Ⅱ 優 先 的 検 討 の 開 始 時 期... 5 1 指 針

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案)

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案) 地 方 公 務 員 の 新 たな 労 使 関 係 制 度 に 係 る 主 な 論 点 に 対 する 意 見 平 成 24 年 1 月 27 日 全 国 市 長 会 地 方 公 務 員 制 度 改 革 検 討 委 員 会 委 員 長 新 見 市 長 石 垣 正 夫 地 方 公 務 員 の 労 働 基 本 権 の 検 討 のあり 方 については 本 会 として 現 在 の 労 使 関 係 は これまでの

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 樋 樋 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 迂 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

事 会 ( 以 下 幹 事 会 という )を 置 き これらをガイドラインに 基 づいて 定 期 的 な 検 証 を 行 う 場 として 位 置 づけることとする なお 閣 僚 会 議 及 び 幹 事 会 での 検 証 は 閣 僚 会 議 の 構 成 員 となる 各 府 省 の 大 臣 が 所 管

事 会 ( 以 下 幹 事 会 という )を 置 き これらをガイドラインに 基 づいて 定 期 的 な 検 証 を 行 う 場 として 位 置 づけることとする なお 閣 僚 会 議 及 び 幹 事 会 での 検 証 は 閣 僚 会 議 の 構 成 員 となる 各 府 省 の 大 臣 が 所 管 官 民 ファンドの 運 営 に 係 るガイドライン 平 成 2 5 年 9 月 2 7 日 官 民 ファンドの 活 用 推 進 に 関 する 関 係 閣 僚 会 議 決 定 平 成 2 6 年 6 月 2 7 日 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 平 成 2 7 年 7 月 3 1 日 平 成 2 7 年 1 2 月 1 8 日 日 本 経 済 を 停 滞 から 再 生 へ そして 成 長

More information

政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 参 集 者 名 簿 渥 美 由 喜 東 レ 経 営 研 究 所 ダイバーシティ&ワークライフバランス 研 究 部 長 阿 部 正 浩 中 央 大 学 経 済 学 部 教 授 井 部 俊 子 聖 路 加 看 護 大 学 学 長 梅 田 次 郎 行 政 経 営 株 式 会 社 まちづくり 行 政 経 営 プロデューサー 河 北 博 文 社 会 医 療 法

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

(2) 経 営 改 善 目 標 項 目 名 1 顧 客 視 点 での 経 営 に 向 けた 改 革 の 継 続 1 顧 客 満 足 度 2 職 員 満 足 度 2 組 織 と 職 員 個 人 の 能 力 の 向 上 : 職 員 研 修 の 実 施 件 数 3 業 務 の 改 善 改 革 :リスク 管

(2) 経 営 改 善 目 標 項 目 名 1 顧 客 視 点 での 経 営 に 向 けた 改 革 の 継 続 1 顧 客 満 足 度 2 職 員 満 足 度 2 組 織 と 職 員 個 人 の 能 力 の 向 上 : 職 員 研 修 の 実 施 件 数 3 業 務 の 改 善 改 革 :リスク 管 No.13 公 益 財 団 法 人 いわて 産 業 振 興 センター Ⅰ 法 人 の 概 要 平 成 25 年 7 月 1 日 現 在 2 所 管 部 局 1 法 人 の 名 称 公 益 財 団 法 人 いわて 産 業 振 興 センター 商 工 労 働 観 光 部 室 課 商 工 企 画 室 3 設 立 の 根 拠 法 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63> 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 25 年 3 月 改 定 地 震 により 想 定 される 被 害 の 半 減 を 目 指 し 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 および 耐 震 改 修 を 計 画 的 かつ 総 合 的 に 推 進 し 災 害 に 強 いまちづくりを 実 現 するため 平 成 19 年 12 月 に 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計

More information

介護分野におけるロボット活用

介護分野におけるロボット活用 資 料 8 ロボット 新 戦 略 Japan s Robot Strategy -ビジョン 戦 略 アクションプラン- 2015 年 1 月 23 日 ロボット 革 命 実 現 会 議 (2 月 10 日 に 日 本 経 済 再 生 本 部 決 定 ) 1.ロボット 革 命 実 現 会 議 の 設 置 とこれまでの 経 緯 ロボット 革 命 の 背 景 と 考 え 方 昨 年 5 月 OECD 閣

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

新 的 な 技 術 に 対 し 市 場 からベンチャーキャピタル 等 の 資 金 を 呼 び 込 む 仕 組 みを 組 み 込 むことにより 新 エネルギーの 自 立 的 な 発 展 を ナショナルプロジェクトとして 誘 導 加 速 化 させる また イノベーション コースト 構 想 の 推 進 に

新 的 な 技 術 に 対 し 市 場 からベンチャーキャピタル 等 の 資 金 を 呼 び 込 む 仕 組 みを 組 み 込 むことにより 新 エネルギーの 自 立 的 な 発 展 を ナショナルプロジェクトとして 誘 導 加 速 化 させる また イノベーション コースト 構 想 の 推 進 に 新 エネルギーベンチャー 技 術 革 新 事 業 基 本 計 画 P10020 イノベーション 推 進 部 1. 制 度 の 目 的 目 標 内 容 (1) 制 度 の 目 的 1 政 策 的 な 重 要 性 本 事 業 は 2001 年 3 月 に 閣 議 決 定 した 科 学 技 術 基 本 計 画 における 国 家 的 社 会 的 課 題 に 対 応 した 研 究 開 発 の 重 点 分 野

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 ) 2 (

坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 ) 2 ( 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネシ メント 計 画 2015( 平 成 27) 年 4 月 坂 戸 市 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 )

More information

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 平 成 25 年 度 の 業 務 運 営 に 関 する 計 画 ( 年 度 計 画 ) 平 成 25 年 3 月 29 日, 届 出 平 成 25 年 度 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目

More information

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 施 策 を 実 施 するための 基 本 的 な 指 針 最 終 改 正 平 成 20 年 2 月 21 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 254 号 平 成 27 年 5 月 29 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 1396 号 ( 平 成 27 年 5 月 29 日 施 行 ) 一 被 害 防 止

More information

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果)

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果) 学 校 安 全 に 関 する 規 制 ( 学 校 保 健 安 全 法 案 第 27 条 第 28 条 第 29 条 ) 主 管 課 ( 課 長 名 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 学 校 健 康 教 育 課 ( 課 長 : 作 花 文 雄 ) 関 係 課 ( 課 長 名 ) 施 策 目 標 及 び 達 成 目 標 施 策 目 標 2-5 健 やかな 体 の 育 成 児 童 生 徒

More information

男鹿市耐震改修促進計画

男鹿市耐震改修促進計画 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 第 2 期 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 男 鹿 市 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 目 的 2 3 計 画 の 位 置 づけ 2 第 1 章 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 3 1 男 鹿 市

More information

3 / 5 1

3 / 5 1 第 3 回 埼 玉 県 道 路 メンテナンス 会 議 日 時 : 平 成 27 年 1 月 13 日 ( 火 ) 13:30~15:30 場 所 : 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 5 階 大 研 修 室 5A 議 事 次 第 1. 開 会 2. 挨 拶 3. 議 事 (1)これまでの 動 き 資 料 -1 (2) 道 路 インフラの 老 朽 化 対 策 に 関 するアンケート 追

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information