発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関"

Transcription

1 Ⅲ オブズマの 発 意 による 調 査 ( 平 成 25 年 度 ) 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 については 持 分 に 関 係 なく 共 有 者 全 員 が 連 帯 納 税 義 務 を 負 っていますが 札 幌 市 の 場 合 共 有 代 表 者 のみに 納 税 通 知 書 を 送 っているため 他 の 共 有 者 は 自 身 が 共 有 名 義 人 であるこ とや 連 帯 納 税 義 務 を 負 っていることを 知 らない 場 合 があります そのため 共 有 代 表 者 が 滞 納 を 続 けた 場 合 他 の 共 有 者 が 滞 納 につ いて 知 らずに 突 然 多 額 の 納 税 告 知 を 受 け その 支 払 に 苦 慮 するこ とがあり 実 際 にオブズマへの 苦 情 申 立 てがなされたこともあり ます 健 全 な 税 の 徴 収 の 実 現 のため これまでのやり 方 を 踏 襲 するだけで はなく 時 代 の 変 化 に 合 わせ 様 々な 方 策 を 検 討 し 実 行 すべきでは ないかと 考 え 調 査 を 実 施 しました 2 都 市 計 画 法 違 反 建 築 物 を 防 止 する 体 制 平 成 25 年 度 オブズマに 対 し 市 街 化 調 整 区 域 内 にある 都 市 計 画 法 に 違 反 する 建 築 物 について 行 政 の 毅 然 とした 対 応 を 求 める 苦 情 申 立 てがありました 違 反 建 築 物 が 建 築 された 後 市 がどのように 対 応 するかは 市 に 相 応 の 裁 量 があり 除 却 命 令 等 の 不 利 益 処 分 に 慎 重 であることも 理 解 で きます しかしながら 同 じ 市 街 化 調 整 区 域 の 土 地 所 有 者 でありながら 法 律 を 順 守 している 者 と 法 令 に 違 反 する 建 築 物 を 建 築 して 利 用 してい る 者 との 不 公 平 は 土 地 の 利 用 価 値 の 観 点 からも 顕 著 です オブズマは こうした 違 反 建 築 物 の 建 築 を 未 然 に 防 止 するため の 体 制 について 改 善 すべき 点 はないかという 問 題 意 識 を 持 ち 発 意 による 調 査 を 実 施 しました 44

2 発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関 係 なく 共 有 者 全 員 が 連 帯 納 税 義 務 を 負 っています 札 幌 市 では 二 人 以 上 の 者 が 同 一 の 固 定 資 産 を 所 有 している 場 合 共 有 者 の うちの 一 人 を 共 有 代 表 者 として 納 税 通 知 書 を 送 付 しています そのため 共 有 代 表 者 以 外 の 共 有 者 が 自 身 がその 固 定 資 産 の 共 有 名 義 人 であることに 気 付 い ていない 場 合 や 共 有 者 自 身 も 連 帯 納 税 義 務 を 負 っていることを 知 らない 場 合 も あり 実 際 に オブズマにそのような 苦 情 申 立 てがあったこともあります また 共 有 代 表 者 が 税 の 滞 納 を 続 けた 場 合 共 有 代 表 者 がそのことを 他 の 共 有 者 に 告 げない 限 り 他 の 共 有 者 がそれを 知 る 術 はありません その 結 果 他 の 共 有 者 が 滞 納 となっていることを 知 らずに ある 日 突 然 多 額 の 納 税 告 知 を 受 け その 支 払 に 苦 慮 することもあります 共 有 代 表 者 以 外 の 共 有 者 への 納 税 通 知 書 の 送 付 には 共 有 代 表 者 を 変 更 する ことが 必 要 ですが 原 則 として 新 旧 代 表 者 が 署 名 捺 印 した 代 表 者 変 更 届 を 提 出 しなければなりません しかし 共 有 者 同 士 の 関 係 が 良 好 な 場 合 はともかく 共 有 者 間 での 意 思 疎 通 が 困 難 である 場 合 など 共 有 代 表 者 変 更 の 協 議 ができな い 場 合 もあるでしょう オブズマが 調 べたところ 神 奈 川 県 綾 瀬 市 では 平 成 20 年 度 から 共 有 代 表 者 に 納 税 通 知 書 を 送 付 するほか 他 の 共 有 者 に 対 しても 税 額 納 期 限 土 地 家 屋 の 評 価 額 等 を 確 認 する 共 有 物 件 課 税 通 知 書 を 送 付 しているとのことで した Ⅲ オ ブ ズ マ の 発 意 に よ る 調 査 このように 共 有 者 に 対 しても 共 有 物 件 課 税 通 知 書 を 送 付 することは 共 有 代 表 者 だけではなく 共 有 者 も 連 帯 納 税 義 務 を 負 っていることを 認 識 させるこ とにつながりますし 届 いた 課 税 通 知 書 を 基 に 納 税 状 況 を 市 に 問 い 合 わせる といったこともできるでしょう もちろん 札 幌 市 と 綾 瀬 市 では 人 口 等 の 規 模 が 大 きく 異 なっており 綾 瀬 45

3 市 でできることが そのまま 札 幌 市 でもできるとは 限 りません しかしながら 健 全 な 税 の 徴 収 を 実 現 するために これまでのやり 方 を 踏 襲 するだけではなく 時 代 の 変 化 に 合 わせ 様 々な 方 策 を 検 討 し 実 行 すべきで はないかと 考 え 本 件 調 査 に 着 手 することにいたしました 市 の 回 答 ( 要 約 ) 平 成 24 年 度 における 札 幌 市 における 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 ( 以 下 固 定 資 産 税 等 という )の 納 税 義 務 者 は 約 593,000 人 です そのうち 共 有 代 表 者 数 は 約 82,000 人 共 有 代 表 者 以 外 の 共 有 者 数 は 約 98,000 人 ですが 一 共 有 に 係 る 共 有 者 の 人 数 は 2 人 のものが 全 体 の 88.4%を 占 めており その 多 くは 姓 が 同 一 であることから 親 族 間 による 共 有 と 推 測 されます 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 の 年 度 ごとの 滞 納 件 数 や 滞 納 額 滞 納 処 分 件 数 は 把 握 することはできませんが 平 成 25 年 8 月 6 日 現 在 における 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 の 滞 納 額 ( 納 期 未 到 来 分 を 含 む)は 339,474 千 円 です 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 については 共 有 者 全 てが 連 帯 納 税 義 務 を 負 ってお り 連 帯 納 税 義 務 については 地 方 税 法 第 10 条 により 民 法 第 432 条 から 第 434 条 第 437 条 及 び 第 439 条 から 第 444 条 までの 規 定 が 準 用 されます 札 幌 市 では 原 則 として 連 帯 納 税 義 務 者 のうち 一 名 を 共 有 代 表 者 とし その 者 に 対 して 納 税 の 告 知 を 行 っています 共 有 代 表 者 は 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 共 有 代 表 者 変 更 届 出 書 ( 以 下 代 表 者 変 更 届 出 書 という )を 提 出 していただくことによって 変 更 することができ ますが 新 旧 代 表 者 の 署 名 捺 印 が 必 要 です 共 有 代 表 者 が 死 亡 し 他 の 共 有 者 が 生 存 している 場 合 等 であっても 他 の 共 有 者 に 連 絡 を 取 って 代 表 者 変 更 届 出 書 を 提 出 していただき 共 有 代 表 者 を 変 更 することとしています 共 有 代 表 者 が 固 定 資 産 税 等 を 滞 納 した 場 合 共 有 代 表 者 から 収 入 支 出 状 況 資 産 保 有 状 況 滞 納 の 原 因 納 付 意 欲 等 を 確 認 したうえで 総 合 的 に 勘 案 し 自 主 納 付 あるいは 滞 納 処 分 による 全 額 徴 収 が 可 能 かを 市 として 判 断 します その 結 果 共 有 代 表 者 からの 全 額 徴 収 が 困 難 であると 判 断 した 場 合 は 共 有 代 表 者 以 外 の 共 有 者 ( 連 帯 納 税 義 務 者 )に 滞 納 処 分 を 行 うことを 前 提 に 共 有 者 への 納 税 の 告 知 を 行 います 46

4 オブズマは 共 有 者 全 員 が 連 帯 納 税 義 務 を 負 っていることを 認 識 させる 方 法 の 一 つの 例 として 神 奈 川 県 綾 瀬 市 で 実 施 している 他 の 共 有 者 への 共 有 物 件 課 税 通 知 書 の 送 付 を 挙 げています 綾 瀬 市 によると 滞 納 整 理 の 際 の 事 務 が 円 滑 になったというメリットがあった 反 面 送 付 された 共 有 物 件 課 税 通 知 書 が そもそも 何 なのかという 問 合 せが 寄 せられる 共 有 物 件 課 税 通 知 書 と 納 付 書 と の 混 同 が 生 じた 発 送 業 務 や 返 戻 調 査 に 係 る 費 用 面 や 業 務 面 の 負 担 が 増 大 した というデメリットもあったとのことでした 綾 瀬 市 の 場 合 平 成 24 年 度 の 納 税 義 務 者 数 が 22,380 人 ですが 札 幌 市 の 場 合 上 述 のとおり 納 税 義 務 者 は 約 593,000 人 おり 費 用 面 や 業 務 面 の 負 担 は 綾 瀬 市 と 比 べてもかなり 重 くなると 思 われます 固 定 資 産 税 等 の 収 納 率 は 9 割 を 超 えており また 収 入 未 済 額 に 占 める 固 定 資 産 税 等 の 割 合 は 徐 々に 減 少 し ています 現 在 のところ 共 有 物 件 課 税 通 知 書 の 送 付 の 導 入 等 は 検 討 しておら ず これまでどおり 納 税 者 それぞれのケースに 合 わせ 個 別 に 対 応 してまい りたいと 考 えております オブズマの 判 断 ( 要 約 ) 1 固 定 資 産 税 等 の 賦 課 課 税 方 式 について 札 幌 市 における 固 定 資 産 税 等 は 平 成 24 年 度 において 市 税 収 入 の 約 46% を 占 める 基 幹 的 な 税 です 固 定 資 産 税 等 は 徴 収 側 である 札 幌 市 が 税 額 を 確 定 する 賦 課 課 税 方 式 が 採 られています 共 有 物 件 については 地 方 税 法 第 10 条 の2 第 1 項 により 共 有 者 全 員 が 固 定 資 産 税 等 を 連 帯 して 納 税 する 義 務 を 負 うとされており また 同 法 第 10 条 では 固 定 資 産 税 等 の 連 帯 納 付 義 務 については 民 法 の 連 帯 債 務 の 規 定 を 準 用 することとされています したがって 共 有 者 全 員 が 連 帯 債 務 者 となる 連 帯 納 税 義 務 者 となります 共 有 者 全 員 の 租 税 債 権 を 確 定 させるためには 共 有 者 全 員 に 対 して 固 定 資 産 税 等 額 の 納 税 通 知 書 を 送 付 して 賦 課 する 必 要 がありますが そうすること によって 徴 収 側 の 業 務 が 増 大 し 固 定 資 産 税 等 の 重 複 納 付 による 還 付 事 務 が 発 生 するなど 円 滑 な 課 税 収 納 業 務 に 影 響 が 出 るおそれがあります そ こで 前 記 の 地 方 税 法 第 10 条 の 2 第 1 項 及 び 同 法 第 10 条 による 民 法 の 連 帯 債 務 の 規 定 の 準 用 から 共 有 者 の 中 から 共 有 代 表 者 を 一 人 決 めて 共 有 代 表 Ⅲ オ ブ ズ マ の 発 意 に よ る 調 査 47

5 者 に 納 税 通 知 書 を 送 付 して 賦 課 することにより 共 有 者 全 員 にその 効 力 を 生 じさせる 取 扱 いが 一 般 的 となっています 共 有 代 表 者 の 決 め 方 については 納 税 義 務 者 の 同 意 を 必 要 とせず 徴 収 側 の 代 表 者 選 定 基 準 に 従 って 決 められますが 札 幌 市 の 場 合 は 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 賦 課 事 務 取 扱 要 領 に 示 される 基 準 に 従 って 共 有 代 表 者 を 決 めて います 徴 収 側 としては 賦 課 した 固 定 資 産 税 等 全 額 が 期 限 内 に 収 納 できれば 良 い ことであって 共 有 物 件 の 課 税 内 容 ( 固 定 資 産 の 評 価 額 税 額 等 )について 他 の 共 有 者 が 共 有 代 表 者 から 知 らされなかったとしても それは 納 税 者 側 の 問 題 であり 徴 収 側 の 関 知 しない 事 柄 として 位 置 付 けられています その 結 果 共 有 代 表 者 に 税 の 滞 納 等 の 問 題 が 発 生 したとしても 最 終 的 には 他 の 共 有 者 に 対 して 差 押 え 等 の 手 続 きをとる 取 扱 いを 行 っています このように 賦 課 課 税 方 式 は 徴 収 側 に 有 利 にできていると 言 えます 法 律 では 他 の 共 有 者 は 定 められた 期 間 内 に 指 定 された 場 所 で 固 定 資 産 課 税 台 帳 を 縦 覧 する 縦 覧 制 度 を 利 用 して 課 税 内 容 を 知 ることができます また 税 額 に 対 して 不 服 申 立 てができるほか 固 定 資 産 の 評 価 額 に 不 服 がある 場 合 に は 共 有 者 単 独 で 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 に 対 して 審 査 の 申 出 を 行 う 制 度 が あります このように 他 の 共 有 者 は 各 自 の 努 力 により 課 税 内 容 の 把 握 や 税 額 に 対 する 不 服 申 立 て 固 定 資 産 の 評 価 額 に 対 する 不 服 審 査 の 申 出 を 行 うこと ができます しかし 徴 収 側 が 共 有 代 表 者 のみに 課 税 内 容 を 記 した 納 税 通 知 書 を 送 付 して 他 の 共 有 者 に 知 らせないという 取 扱 いは 納 税 義 務 者 の 目 線 に 立 っ た 行 政 サービスの 観 点 から 公 平 性 に 欠 けているように 思 われます また 他 の 共 有 者 に 対 して 納 税 義 務 者 としての 意 識 を 希 薄 なものにさせているように 思 います 2 賦 課 課 税 方 式 における 行 政 サービスについて 固 定 資 産 税 等 については 賦 課 課 税 方 式 を 原 則 としながら 円 滑 な 税 の 徴 収 業 務 のために 行 政 サービスとして 一 定 の 条 件 の 下 に 共 有 代 表 者 の 変 更 や 共 有 持 分 に 応 じた 分 割 納 付 等 が 認 められています 課 税 内 容 についても 他 の 共 有 者 に 共 有 物 件 課 税 通 知 書 等 の 名 称 で 通 知 書 を 送 付 する 市 町 村 が 近 年 増 加 する 傾 向 にあるように 思 います しかし 48

6 札 幌 市 を 含 めて 納 税 義 務 者 の 多 い 政 令 指 定 都 市 においては まだ 導 入 して いるところはないようです 共 有 物 件 の 課 税 内 容 について 共 有 代 表 者 と 同 様 に 他 の 共 有 者 の 知 る 権 利 を 擁 護 する 行 政 サービスをいかに 行 うかは 事 実 上 の 税 の 徴 収 業 務 の 公 平 性 の 観 点 からも 検 討 されなければならないと 考 えます 3 共 有 物 件 課 税 通 知 書 送 付 の 導 入 について 共 有 物 件 課 税 通 知 書 送 付 の 導 入 について 市 は 次 の 事 柄 を 説 明 し 消 極 的 な 意 見 を 述 べています 1 共 有 物 件 課 税 通 知 書 は 共 有 代 表 者 に 送 付 する 納 税 通 知 書 と 混 同 されや すい 2 多 数 に 上 る 他 の 共 有 者 への 発 送 業 務 や 返 戻 調 査 に 係 る 費 用 面 や 業 務 面 の 負 担 が 増 大 する 3 札 幌 市 の 固 定 資 産 税 等 の 収 納 率 は 9 割 を 超 えており また 収 入 未 済 額 に 占 める 固 定 資 産 税 等 の 割 合 が 減 少 している しかし 他 の 共 有 者 の 納 税 義 務 者 としての 意 識 を 高 め 固 定 資 産 の 税 額 の 不 服 申 立 てや 固 定 資 産 の 評 価 額 の 不 服 審 査 の 申 出 の 機 会 を 共 有 代 表 者 と 同 様 に 保 障 するためには 札 幌 市 においても 共 有 物 件 課 税 通 知 書 送 付 の 導 入 を 検 討 する 必 要 があると 考 えます 1 については 共 有 物 件 課 税 通 知 書 についての 説 明 を ホームページや 同 封 文 書 広 報 誌 等 で 分 かりやすく 説 明 することで 納 税 通 知 書 との 混 同 を 防 ぐことができると 思 います 2 については 共 有 者 全 員 に 共 有 物 件 課 税 通 知 書 を 送 付 するとなると そ の 業 務 負 担 の 過 重 は 容 易 に 想 像 できます しかし 市 の 回 答 によると 一 共 有 物 件 に 係 る 共 有 者 の 人 数 が 2 人 のものが 全 体 の 88.4%を 占 めており その 多 くは 親 族 間 の 共 有 と 推 測 されることから 共 有 代 表 者 と 同 居 する 他 の 共 有 者 は 相 当 数 に 上 ると 思 われます したがって 住 民 基 本 台 帳 に 基 づき 共 有 物 件 課 税 通 知 書 の 送 付 対 象 者 を 共 有 代 表 者 と 住 所 を 異 にする 場 合 に 限 れば 通 知 を 希 望 する 他 の 共 有 者 を 含 めたとしても 送 付 対 象 者 数 は 相 当 減 少 する と 思 います 3 については 固 定 資 産 税 等 の 収 納 率 が9 割 を 超 えているなどの 現 状 は 徴 税 側 の 努 力 であり 大 変 喜 ばしいことです ただ 納 税 義 務 者 の 立 場 から Ⅲ オ ブ ズ マ の 発 意 に よ る 調 査 49

7 すると 課 税 内 容 についての 情 報 通 知 が 共 有 代 表 者 にのみなされ 他 の 共 有 者 になされないということは 公 平 性 の 観 点 から 見 直 される 必 要 があると 考 えます 4 共 有 物 件 に 対 する 現 状 分 析 について オブズマは 市 に 対 し 平 成 20 年 ~24 年 度 決 算 における 収 入 未 済 額 のう ち 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 の 金 額 及 び 収 入 未 済 額 に 占 める 割 合 や 共 有 物 件 に 対 して 行 われた 滞 納 処 分 件 数 について 各 年 度 の 数 値 を 求 めましたが 市 からは 現 在 のコピュータシステムでは 把 握 することができないとの 回 答 でした 市 税 収 入 の 基 幹 的 な 固 定 資 産 税 等 について 平 成 24 年 度 には 納 税 義 務 者 数 のうち 共 有 代 表 者 数 が 約 14%を 占 めている 状 況 の 中 で 共 有 物 件 の 現 状 分 析 が 十 分 に 行 われてこなかったことは 効 率 的 な 徴 収 業 務 の 遂 行 のみならず 納 税 義 務 者 の 立 場 を 考 慮 した 行 政 サービスの 更 なる 工 夫 へのモチベーショ を 喚 起 できなくさせているように 思 います 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 徴 収 業 務 にまつわる 種 々の 問 題 を 解 決 するために も きちんと 共 有 物 件 について 現 状 分 析 のできる 体 制 を 構 築 することが 必 要 であると 考 えます 今 回 オブズマは 共 有 物 件 の 共 有 代 表 者 以 外 の 共 有 者 から 申 し 立 て られた 苦 情 をきっかけに 本 発 意 調 査 を 行 いました 共 有 物 件 課 税 通 知 書 の 送 付 については 中 小 規 模 の 都 市 において 導 入 しているところもありますが 札 幌 市 のような 政 令 指 定 都 市 においては まだ 導 入 されているところはない ようです 新 たに 共 有 代 表 者 以 外 の 共 有 者 に 対 しても 共 有 物 件 課 税 通 知 書 の 送 付 を 行 い また 共 有 物 件 についても 滞 納 処 分 等 の 現 状 分 析 ができる 体 制 を 整 えるとなると 市 職 員 の 負 担 が 増 大 するとともに 多 額 の 費 用 がかか ることも 予 想 されます 昨 今 の 厳 しい 財 政 状 況 の 中 で 多 額 の 費 用 をかけて 新 たなシステムを 作 ること また 限 られた 職 員 の 中 で 新 たな 職 務 上 の 負 担 が 増 えることがどれだけ 大 変 なことかはオブズマも 重 々 承 知 していま す しかしながら 行 政 サービスは 常 に 市 民 の 権 利 利 益 を 擁 護 する 観 点 から 行 われるべきものです 市 におかれては 費 用 や 職 員 の 負 担 増 といった 観 点 のみならず 常 に 市 民 の 目 線 に 立 ち 市 民 のために 何 ができるか 何 をすべ きなのかという 観 点 から 実 現 に 向 けて 創 意 工 夫 をしていただきたいと 思 い 50

8 ます 本 調 査 が 市 の 行 政 サービスの 更 なる 向 上 への 一 助 となることを 願 い ます 市 の 改 善 等 の 状 況 平 成 26 年 5 月 フォローアップ 調 査 他 の 共 有 者 に 納 税 通 知 書 を 送 ることとする 場 合 電 算 システムの 大 規 模 な 改 修 等 が 必 要 になるため 当 面 は 他 の 共 有 者 から 納 税 通 知 書 の 発 行 を 求 め られた 場 合 その 都 度 応 じた 上 で 次 年 度 以 降 も 確 実 に 送 付 するよう 申 し 送 る という 現 行 の 取 り 扱 いを 徹 底 することとし 他 の 共 有 者 に 納 税 通 知 書 を 送 ることについては 今 後 も 検 討 を 続 けます 同 様 に 共 有 に 係 る 税 額 収 入 未 済 額 滞 納 処 分 件 数 等 の 把 握 についても 大 規 模 な 電 算 システム 改 修 等 を 行 わなければ 困 難 であることから 今 後 の 検 討 課 題 といたします また 共 有 に 係 る 固 定 資 産 税 について 滞 納 が 生 じた 場 合 は 納 税 課 と 固 定 資 産 税 課 で 連 携 をしながら 適 時 他 の 共 有 者 に 告 知 するなど 個 別 に 的 確 な 対 応 をいたします 今 後 他 の 共 有 者 からの 要 望 の 増 減 や 他 都 市 の 動 向 を 注 視 した 上 で 共 有 物 件 に 係 る 滞 納 状 況 や 他 の 共 有 者 への 通 知 が 与 える 効 果 等 について 引 き 続 き 調 査 検 討 していきます Ⅲ オ ブ ズ マ の 発 意 に よ る 調 査 51

9 発 意 による 調 査 2 都 市 計 画 法 違 反 建 築 物 を 防 止 する 体 制 札 幌 市 オブズマ 三 木 正 俊 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 平 成 25 年 度 オブズマに 対 し 市 街 化 調 整 区 域 内 にある 都 市 計 画 法 に 違 反 する 建 築 物 ( 以 下 違 反 建 築 物 という )について 除 却 命 令 や 刑 事 告 訴 など 行 政 の 毅 然 とした 対 応 を 求 める 苦 情 申 立 てがありました 違 反 建 築 物 が 建 築 された 後 市 がどのように 対 応 するかは 市 に 相 応 の 裁 量 があり 都 市 計 画 法 に 基 づく 不 利 益 処 分 をすることに 慎 重 であることは 理 解 で きます しかしながら 同 じく 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 所 有 者 でありながら 法 律 を 順 守 している 者 と 法 律 に 違 反 する 建 築 物 を 建 築 して 利 用 している 者 との 不 公 平 は 土 地 の 利 用 価 値 の 観 点 からも 顕 著 であり 決 して 好 ましいものではあり ません そこで オブズマとしては 違 反 建 築 物 が 建 築 されないよう 未 然 に 防 止 するための 体 制 について 改 善 すべき 点 がないかという 問 題 意 識 を 持 ちました それというのも 前 記 の 苦 情 を 調 査 した 際 の 市 の 説 明 は パトロールによる 違 反 建 築 物 の 発 見 に 言 及 しているものの パトロールの 実 態 からすると 実 効 性 に 疑 問 があるように 思 われたからです この 点 違 反 建 築 物 を 防 止 するためには 1 違 反 建 築 物 の 未 然 防 止 2 完 成 前 の 早 期 発 見 3 発 見 後 の 迅 速 な 対 応 4 行 政 指 導 や 行 政 処 分 を 無 視 した 場 合 の 毅 然 とした 対 応 などの 総 合 的 な 対 応 体 制 が 必 要 と 考 えます 以 上 のことから 発 意 による 調 査 を 実 施 することにいたしました 市 の 回 答 ( 要 約 ) 1 札 幌 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 違 反 建 築 物 の 現 状 札 幌 市 では 市 街 化 調 整 区 域 の 違 反 建 築 物 については 都 市 局 市 街 地 整 備 部 宅 地 課 が 対 応 しています 市 街 化 調 整 区 域 の 違 反 建 築 物 については 昭 和 45 年 の 区 域 区 分 制 度 が 設 け 52

10 られて 以 降 平 成 24 年 度 まで 違 反 件 数 は 1334 件 違 反 棟 数 は 2334 棟 とな っています その 内 訳 は 倉 庫 1011 棟 工 場 487 棟 事 務 所 310 棟 住 宅 208 棟 車 庫 61 棟 その 他 257 棟 です また 区 別 にみると 多 い 順 に 南 区 583 棟 白 石 区 420 棟 北 区 416 棟 となっています 2 市 街 化 調 整 区 域 における 違 反 建 築 物 への 市 の 対 応 (1) 対 応 の 枠 組 み 市 街 化 調 整 区 域 における 違 反 建 築 物 に 対 し 市 はまず 行 政 指 導 で 対 応 し 一 度 の 行 政 指 導 で 是 正 されない 場 合 には 再 度 の 行 政 指 導 を 実 施 する こともあります さらに これによっても 違 反 建 築 物 の 是 正 がなされない 場 合 には 都 市 計 画 法 第 81 条 第 1 項 に 基 づき 建 築 物 その 他 の 工 作 物 若 しくは 物 件 の 改 築 移 転 若 しくは 除 却 等 を 命 ずる 監 督 処 分 を 行 いますが これによっても 是 正 がなされない 場 合 は 刑 事 訴 訟 法 に 基 づく 告 発 ( 同 法 第 239 条 第 2 項 ) 及 び 行 政 代 執 行 法 の 規 定 に 基 づく 行 政 代 執 行 ( 同 法 第 2 条 )を 行 うことにな ります これらの 対 応 について 市 は 現 在 都 市 計 画 法 違 反 是 正 指 導 要 綱 ( 以 下 要 綱 という ) 及 び 都 市 計 画 法 違 反 是 正 指 導 要 領 ( 以 下 要 領 という )に 基 づいて 実 施 していますが 要 綱 及 び 要 領 の 内 容 については 札 幌 市 情 報 公 開 条 例 が 非 開 示 情 報 として 規 定 する 監 査 検 査 取 締 り 又 は 試 験 に 係 る 事 務 に 関 する 情 報 であって 公 にすることにより 正 確 な 事 実 の 把 握 を 困 難 にし 又 は 違 法 若 しくは 不 当 な 行 為 を 容 易 にし 若 しくは その 発 見 を 困 難 にすると 認 められるもの ( 同 条 例 第 7 条 第 5 号 (ア))に 該 当 すると 判 断 しております Ⅲ オ ブ ズ マ の 発 意 に よ る 調 査 (2) 実 際 の 対 応 市 が 平 成 20 年 度 から 平 成 24 年 度 までの 5 年 間 において 行 政 指 導 と して 是 正 勧 告 を 実 施 したのは 152 件 です また このうちの 2 件 については 悪 質 かつ 重 大 な 違 反 であったことか ら 都 市 計 画 法 第 81 条 に 基 づく 監 督 処 分 の 必 要 があるものと 判 断 し 除 却 命 令 を 実 施 しています その 際 違 反 者 に 対 し 除 却 命 令 を 書 面 で 通 知 し 現 地 に 標 識 を 設 置 する とともに( 同 法 第 81 条 第 3 項 ) 市 役 所 の 掲 示 場 に 掲 示 し 是 正 を 命 じた 53

11 旨 を 公 示 しました( 同 法 第 81 条 第 3 項 ) また 水 道 事 業 者 に 対 しては 当 該 違 反 建 築 への 水 道 供 給 の 申 込 みについて 承 諾 の 保 留 を 要 請 いたしま した なお この 案 件 については 除 却 命 令 によっても 是 正 がされなかったこ とから 当 該 命 令 違 反 を 理 由 として 告 発 を 行 っております 3 違 反 建 築 物 を 未 然 に 防 止 するために 札 幌 市 が 行 ってきた 活 動 札 幌 市 では 市 街 化 調 整 区 域 の 市 民 の 目 に 留 まりやすい 場 所 に 建 築 規 制 標 識 板 を 約 350 か 所 設 置 しています また 広 報 さっぽろには 毎 年 4 月 に 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 の 利 用 や 購 入 について 注 意 を 喚 起 する 記 事 を 掲 載 するとともに 札 幌 市 ホームペ ージにおいても 啓 発 を 行 っています このほか 過 去 には 市 街 化 調 整 区 域 の 分 譲 地 の 分 譲 者 及 び 購 入 者 に 対 し 必 要 に 応 じて 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 規 制 についての 周 知 文 を 送 付 する あるいは 違 反 建 築 物 に 対 する 融 資 について 各 金 融 機 関 農 協 に 文 書 で 協 力 を 依 頼 する 等 の 対 応 を 行 ってきました 4 違 反 建 築 物 を 早 期 に 発 見 するために 札 幌 市 が 行 ってきた 具 体 的 方 策 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 物 の 建 築 は 原 則 として 認 められておりませ んが 例 外 的 に 建 築 が 認 められるケースも 存 在 します そのため 市 街 化 調 整 区 域 にある 建 築 物 であれば 直 ちに 違 反 建 築 物 というわけではなく 一 見 して 法 違 反 であると 判 断 することはできない 状 況 にあります 宅 地 課 では 関 係 する 課 に 対 し その 所 管 する 法 令 に 基 づく 許 認 可 等 を 行 うに 際 し 都 市 計 画 法 に 違 反 する 疑 いがある 事 案 については 宅 地 課 に 事 前 相 談 するように 要 請 しています また 平 成 23 年 度 からは 違 反 行 為 が 集 中 する 地 域 又 はそのおそれがある 地 域 を 重 点 的 に 現 地 調 査 是 正 指 導 を 行 っております さらに 十 分 なパトロールを 行 うことが 困 難 な 地 域 などについては ヘリ コプターによる 空 中 査 察 を 年 1 回 実 施 しています なお 平 成 24 年 度 においては 市 街 化 調 整 区 域 における 違 反 建 築 物 が 19 件 発 見 されています このうち 市 民 による 通 報 が 10 件 関 係 する 課 からの 情 報 提 供 が 4 件 パトロールが 3 件 来 所 相 談 が 2 件 となっています また 発 見 時 の 状 況 として 建 築 済 が 9 件 建 築 中 が 6 件 建 築 済 と 建 築 中 が 混 在 54

12 する 案 件 が 4 件 です 5 今 後 の 対 応 市 としては 今 後 もこれまで 同 様 市 街 化 調 整 区 域 における 違 反 建 築 物 の 未 然 防 止 に 努 めるとともに 違 反 建 築 物 が 発 見 された 場 合 には 是 正 を 図 る ことができるよう 適 切 に 対 応 してまいります オブズマの 判 断 ( 要 約 ) 1 都 市 計 画 とは 都 市 計 画 は まちづくりの 基 本 的 な 構 想 に 基 づき 土 地 利 用 都 市 施 設 面 的 整 備 などの 計 画 を 総 合 的 一 体 的 に 定 めるもので これらの 都 市 計 画 の 内 容 や 制 限 などについて 定 めているのが 都 市 計 画 法 です 同 法 は 基 本 的 な 土 地 利 用 規 制 について 定 めている 法 律 であり 他 の 土 地 関 係 法 令 とも 密 接 な 関 連 を 有 しています 2 都 市 計 画 区 域 について 都 市 計 画 区 域 とは 一 体 の 都 市 として 総 合 的 に 整 備 開 発 及 び 保 全 すべき 区 域 のことであり 都 市 計 画 法 等 の 規 制 を 受 ける 土 地 の 範 囲 のことです 都 市 計 画 では 都 市 計 画 区 域 のうち 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 域 を 市 街 化 調 整 区 域 として 定 めることができるとされています 市 街 化 調 整 区 域 においては 都 市 計 画 法 により 建 築 が 認 められるものを 除 いては 原 則 として 建 築 物 を 建 築 または 増 改 築 することはできず 農 業 用 倉 庫 などの 建 築 が 認 められた 建 築 物 についても 工 場 や 貸 倉 庫 などに 使 用 する 行 為 ( 用 途 変 更 )が 規 制 されています 札 幌 市 では 市 街 化 調 整 区 域 の 土 地 利 用 に 関 する 施 策 の 運 用 方 針 として 市 街 化 調 整 区 域 の 保 全 と 活 用 の 方 針 を 定 めています そこでは 日 常 生 活 に 必 要 な 機 能 は 市 街 化 区 域 内 に 立 地 することを 基 本 と し 札 幌 市 の 市 街 化 調 整 区 域 においては 優 良 な 農 地 良 好 な 自 然 環 境 を 有 する 区 域 災 害 の 発 生 のおそれがある 区 域 等 の 保 全 を 原 則 とする とされてい ます Ⅲ オ ブ ズ マ の 発 意 に よ る 調 査 55

13 3 違 反 行 為 の 未 然 防 止 策 の 検 討 市 の 違 反 建 築 物 の 未 然 防 止 の 方 策 について 市 の 説 明 にあるとおり 市 に おいても この 視 点 に 基 づいた 取 組 がなされてきたことが 認 められます そこで これまでの 市 の 対 応 実 績 を 踏 まえて 違 反 行 為 の 未 然 防 止 策 として 今 後 どのような 工 夫 が 考 えられるべきか 等 について 以 下 検 討 いたします (1) 早 期 発 見 のためのパトロール 市 は 違 反 行 為 の 早 期 発 見 及 び 是 正 指 導 後 の 確 認 等 のために 随 時 パト ロールを 実 施 することとし あらかじめ 実 施 計 画 を 定 め 計 画 的 に 行 うこ とを 基 本 的 な 方 針 としていると 解 されます しかしながら 現 状 においては 具 体 的 な 計 画 書 が 策 定 されておらず 計 画 的 にこれを 行 っているとは 言 えないように 思 われます そこで 違 反 行 為 の 早 期 発 見 のためには 対 応 可 能 な 範 囲 の 一 定 の 地 域 をパトロール 対 象 として 定 めて 第 一 段 階 は 現 況 の 調 査 確 認 をし 第 二 段 階 には 外 形 上 の 変 動 で 違 反 行 為 と 疑 われる 建 築 物 を 発 見 できるような パトロールを 計 画 的 に 実 施 するなど なお 工 夫 の 余 地 はあると 考 えられ ます 違 反 行 為 の 早 期 発 見 に 実 効 的 なパトロール 体 制 の 構 築 について 検 討 をお 願 いしたいと 思 います (2) 監 督 処 分 の 活 用 市 の 説 明 によれば 市 街 化 調 整 区 域 における 違 反 建 築 物 についての 監 督 処 分 ( 行 政 処 分 )は 事 案 の 悪 質 性 重 大 性 等 を 勘 案 して 謙 抑 的 に 運 用 していると 認 められます 確 かに 監 督 処 分 としての 違 反 建 築 物 の 除 却 命 令 は これを 受 けた 者 に 重 大 な 不 利 益 を 及 ぼすこと また 都 市 計 画 法 第 81 条 第 1 項 において 監 督 処 分 の 要 件 として 都 市 計 画 上 必 要 な 限 度 において という 限 定 が 付 さ れていること さらに 行 政 の 権 力 行 使 は 謙 抑 的 であるべきという 考 え 方 が 一 般 的 であることなどからすると 市 の 考 え 方 には 合 理 性 が 認 められま す しかし 悪 質 性 等 の 判 断 基 準 には 若 干 の 疑 問 があります 例 えば 違 反 建 築 物 を 建 築 中 に 発 見 し 工 事 停 止 の 是 正 指 導 や 是 正 勧 告 をしたにもかかわらず これを 無 視 して 工 事 を 続 行 し 建 築 物 を 完 成 させた 場 合 には 監 督 処 分 をするこ とについて 慎 重 になりすぎるべきではないとも 考 えられます 56

14 前 述 のとおり 違 反 建 築 物 の 早 期 発 見 のための 方 策 を 工 夫 するとともに 早 期 発 見 により 工 事 停 止 の 是 正 指 導 や 是 正 勧 告 が 速 やかになされることが 必 要 ですから その 対 応 態 勢 の 確 立 についても 検 討 していただきたいと 考 えます (3) 監 督 処 分 と 行 政 代 執 行 や 刑 事 告 発 との 関 係 次 に 監 督 処 分 と 行 政 代 執 行 や 刑 事 告 発 との 関 係 をどう 考 えるべきか 若 干 の 考 察 をいたします この 点 に 関 し 監 督 処 分 を 行 ってもこれに 従 わ ない 場 合 には 行 政 代 執 行 や 刑 事 告 発 を 当 然 にすることになると 市 は 考 えているようにも 解 されます 確 かに 行 政 が 監 督 処 分 の 履 行 確 保 を 図 るのは 当 然 であると 言 えます しかし 行 政 代 執 行 法 第 2 条 は 行 政 代 執 行 を 行 う 要 件 として 他 の 手 段 によつてその 履 行 を 確 保 することが 困 難 であり 且 つその 不 履 行 を 放 置 す ることが 著 しく 公 益 に 反 すると 認 められるとき と 定 めており 監 督 処 分 がなされたからといって 当 然 に 行 政 代 執 行 を 行 うことにはならないと 考 えます また 監 督 処 分 を 行 う 以 上 は 刑 事 告 発 をすべきだということにもなりま せん 刑 事 訴 訟 法 第 239 条 第 2 項 は 官 吏 又 は 公 吏 は その 職 務 を 行 うこ とにより 犯 罪 があると 思 料 するときは 告 発 をしなければならない と 定 めていますが これは 訓 示 規 定 と 解 されており 行 政 にはその 目 的 達 成 のた め 適 切 かどうかを 考 えた 上 で 刑 事 告 発 をするかどうかについて 相 応 の 裁 量 が 認 められると 考 えるからです 従 って 監 督 処 分 は 行 うが 刑 事 告 発 は 見 合 わせるということには 何 らの 問 題 がないと 考 えます 以 上 から 監 督 処 分 をした 場 合 には 行 政 代 執 行 と 刑 事 告 発 が 必 然 であ るということを 理 由 として 監 督 処 分 に 消 極 的 になる 必 要 はないと 考 えま すので この 点 を 念 のため 指 摘 しておくことといたします Ⅲ オ ブ ズ マ の 発 意 に よ る 調 査 (4) 監 督 処 分 の 公 示 都 市 計 画 法 は 監 督 処 分 としての 命 令 をした 場 合 において その 旨 の 公 示 をしなければならないと 定 めています( 同 法 第 81 条 第 3 項 ) また 同 法 は 公 示 の 方 法 として 標 識 の 設 置 ( 同 項 )について 規 定 しており 札 幌 市 も 監 督 処 分 を 行 った 場 合 には 現 地 に 標 識 を 設 置 するとともに 市 の 掲 示 場 に 掲 示 をすることで 是 正 を 命 じた 旨 の 公 示 をしているということです 57

15 前 述 のとおり 市 は 監 督 処 分 の 発 動 に 慎 重 であり そのことについては オブズマも 理 解 するところです しかしながら ひとたび 監 督 処 分 を 行 った 場 合 には 法 の 実 効 性 を 確 保 することや 違 反 建 築 物 と 知 らずに 購 入 する 等 第 三 者 が 不 利 益 を 被 るこ とを 防 ぐという 観 点 からは 市 民 に 対 し 広 く 情 報 を 提 供 するべく これ までよりも より 積 極 的 な 対 応 をすることが 検 討 されてしかるべきであ ると 考 えます この 点 法 令 には 公 示 の 手 段 として 標 識 の 設 定 のほかにも 市 の 公 報 への 掲 載 が 規 定 されていますが( 同 法 施 行 規 則 第 59 条 の 2) 横 浜 市 では 都 市 計 画 法 等 に 違 反 する 建 築 物 に 対 する 除 却 命 令 等 を 発 した 場 合 には 市 報 に 掲 載 し 市 のホームページへの 掲 載 を 行 う 等 広 く 情 報 提 供 を 行 って いることが 参 考 になるものと 思 われます (5) 周 知 広 報 活 動 の 工 夫 市 がこれまで 都 市 計 画 法 違 反 となる 行 為 について 効 果 的 な 方 法 で 市 民 に 周 知 する 必 要 があるとの 認 識 に 基 づき 広 報 等 を 行 ってきたことにつ いては 一 定 の 評 価 ができます ただ その 視 点 は 違 反 となる 行 為 を 周 知 させるということにあり そ の 意 味 での 限 界 もあるように 思 われます オブズマとしては どのよ うな 行 為 が 都 市 計 画 法 違 反 となるのかの 説 明 だけではなく そもそも 都 市 計 画 とは 何 であるのか 区 域 区 分 がなされている 理 由 は 何 か 札 幌 市 の 都 市 計 画 の 現 在 の 基 本 方 針 は 何 か 特 に 市 街 化 調 整 区 域 をどのように 保 全 し 活 用 しようとしているのか などを 市 民 に 分 かりやすく 説 明 し その 上 で 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 の 規 制 への 協 力 を 求 めていくという 姿 勢 の 広 報 啓 発 が 必 要 であると 考 えます また まちづくり 全 体 の 中 で 市 街 化 調 整 区 域 の 土 地 利 用 の 規 制 の 意 味 を 説 き 協 力 を 要 請 するなど まちづくりの 参 加 者 としての 自 覚 を 促 すような 働 きかけが 必 要 であると 考 えられます この 視 点 からすると 市 街 化 調 整 区 域 の 保 全 と 活 用 の 方 針 の 内 容 を 分 かりやすく 解 説 し 理 解 を 求 めるということも 一 考 に 値 すると 思 われます 市 街 化 調 整 区 域 が 市 街 地 の 外 において 優 良 な 農 地 や 自 然 環 境 を 守 るための 地 域 として 保 全 を 原 則 としながら それらとの 調 和 の 中 の 土 地 利 用 の 許 容 が 検 討 されていることを 具 体 的 に 理 解 することは 土 地 を 所 有 することに 58

16 よるまちづくりへの 貢 献 という 意 識 につながるなど 違 反 行 為 の 防 止 に 資 するものと 考 えるからです 以 上 のような 視 点 から 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 所 有 者 へのメッセージ 性 を 有 する 文 書 等 の 啓 発 物 を 作 成 し 配 布 することが 検 討 されるべきであ ると 考 えます 本 件 発 意 調 査 は 違 反 建 築 物 を 未 然 に 防 止 する 方 策 の 検 討 を 中 心 課 題 と して 始 めましたが 調 査 を 進 める 経 過 で 違 反 行 為 を 未 然 に 防 止 するため には 都 市 計 画 法 だけでは 実 効 性 を 確 保 することが 難 しい 面 もあることを 理 解 いたしました その 上 でも なお 現 行 法 の 枠 組 みの 中 で 未 然 防 止 策 を 工 夫 していくことは 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 所 有 者 に 対 し その 不 公 平 感 を 解 消 し 都 市 計 画 のための 規 制 に 協 力 を 求 めていくために 必 要 である と 思 います また 都 市 計 画 法 の 理 念 と 市 の 基 本 方 針 などについて 調 査 を 進 めていく 中 で 市 街 化 調 整 区 域 の 土 地 所 有 者 に 対 し まちづくりの 参 加 者 としての 自 覚 をいただくことが 大 事 であり 規 制 の 内 容 だけではなく その 背 景 に ある 市 街 化 調 整 区 域 の 保 全 と 活 用 のあり 方 を 具 体 的 に 理 解 していただくこ とが 違 反 行 為 の 最 も 有 効 な 防 止 策 ではないかと 考 えました 未 然 防 止 策 の 効 果 を 客 観 的 に 把 握 することが そもそも 困 難 な 面 がある など 様 々な 課 題 があることを 理 解 しますが 市 には 違 反 行 為 の 未 然 防 止 のための 対 応 等 に 今 後 も 努 力 していただければと 考 えます そのために 本 発 意 調 査 の 結 果 が 一 つの 視 点 として 参 考 になればと 願 うところです 市 の 改 善 等 の 状 況 平 成 26 年 5 月 フォローアップ 調 査 Ⅲ オ ブ ズ マ の 発 意 に よ る 調 査 違 反 の 早 期 発 見 のパトロールについては 既 に 平 成 26 年 度 におけるパトロ ール 実 施 計 画 を 策 定 し その 計 画 に 基 づき パトロールを 開 始 いたしました 監 督 処 分 については オブズマの 意 見 を 踏 まえて 違 反 の 軽 重 や 周 辺 環 境 への 影 響 等 を 考 慮 しながら 適 正 な 処 分 に 取 り 組 むよう 努 めます また 監 督 処 分 の 情 報 提 供 については 従 前 からの 違 反 物 件 の 敷 地 内 に 標 識 を 設 置 することに 加 え 今 後 は ホームページへの 掲 載 も 他 都 市 の 公 表 状 況 等 を 参 考 にしながら 検 討 いたします なお 市 民 への 広 報 啓 発 については 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 所 有 者 へ のメッセージ 性 を 有 する 啓 発 物 を 市 街 化 調 整 区 域 の 土 地 利 用 方 針 を 所 管 し ている 市 民 まちづくり 局 と 連 携 し 作 成 中 です 59

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

160801TOKYO 辰 已 法 律 研 究 所 &リーダーズ 総 合 研 究 所 行 政 法 実 力 診 断 テスト 試 験 問 題 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 開 いてはいけません ( 注 意 事 項 ) 1 問 題 は 1 ページから 9 ページまで 10 問 あり 時 間 は 30 分 です 2 解 答 は 別 紙 の 答 案 用 紙 に 記 入 してください 3 答 案 用

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

資 料 5 地 方 公 務 員 法 等 一 部 を 改 正 する 法 律 に 関 する 説 明 会 (H26.6.9) 地 方 公 共 団 体 における 人 事 評 価 制 度 導 入 等 について 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 < 目 次 > 人 事 評 価 ねらい 人 事 評 価 制 度 構 築 1 勤 務 評 定 と 人 事 評 価 比 較 人

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82508140904588F582CC94858F9E90D3944382C98C5782E98B4B91A582CC90A792E8646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82508140904588F582CC94858F9E90D3944382C98C5782E98B4B91A582CC90A792E8646F632E646F63> 第 5 回 神 戸 市 経 理 適 正 化 推 進 本 部 会 議 資 料 1 違 法 な 予 算 執 行 行 為 等 に 係 る 職 員 の 賠 償 責 任 に 関 する 規 則 ( 地 方 自 治 法 第 243 条 の 2 第 1 項 後 段 の 規 則 ) 目 次 1 規 則 制 定 の 経 緯 1 2 規 則 の 意 義 4 3 具 体 的 に 指 定 する 職 員 5 4 留 意 すべき

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

1 物品管理の内部統制について

1 物品管理の内部統制について 22 高 行 管 第 135 号 平 成 22 年 6 月 30 日 高 知 県 監 査 委 員 様 高 知 県 知 事 平 成 21 年 度 行 政 監 査 結 果 に 対 する 措 置 について( 通 知 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 付 け 21 高 監 報 第 15 号 で 報 告 のありました 平 成 21 年 度 行 政 監 査 結 果 に 対 して 下 記 のとおり 措 置

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378>

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378> 地 縁 団 体 規 約 作 成 例 と 作 成 上 の 留 意 事 項 資 料 1 規 約 の 例 を 示 すと 次 のとおりです ただし これは 一 般 的 な 例 を 示 したものに 過 ぎないの で 各 地 縁 団 体 で 規 約 作 成 に 当 たっては 規 約 例 及 び 留 意 点 を 参 考 としながら 各 地 縁 団 体 の 実 情 に 合 った 定 めをすることが 必 要 です なお

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法 Ⅲ 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 務 手 続 き 1. 概 要 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 例 は 全 国 ではまだ 例 が 少 なく 膨 大 な 事 務 量 と 専 門 知 識 を 必 要 とする 割 には 具 体 的 な 事 務 手 続 きを 示 した 知 見 が 少 ない のが 現 状 である

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4

厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4 厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 するQ & 目 次 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか Q2. 基 金 の 解 散 方 法 について Q3. 基 金 の 解 散 日 について Q4. 基 金 解 散 後 確 定 給 付 企 業 年 金 へ 移 行 するなどの 後 継 制 度 の 選 択 肢 について Q5. 解 散 に 向 けて 事 業 所 は 何 をすればよいのか Q6.

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

合弁契約の実務(その5)

合弁契約の実務(その5) ( 月 刊 国 際 法 務 戦 略 2000 年 9 月 号 掲 載 ) 中 国 ビジネス ローの 最 新 実 務 Q & A 第 8 回 合 弁 契 約 の 実 務 (その5) 黒 田 法 律 事 務 所 黒 田 健 二 黒 須 克 佳 Kenji Kuroda, Katsuyoshi Kurosu/Kuroda Law Offices 今 回 も 合 弁 契 約 に 関 する 法 律 問 題 のうち

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

(Microsoft Word - \201\232\201y\222\350\212\274\201z)

(Microsoft Word - \201\232\201y\222\350\212\274\201z) 大 曲 通 町 地 区 市 街 地 再 開 発 組 合 定 款 大 曲 通 町 地 区 市 街 地 再 開 発 組 合 1 総 則 1 2 参 加 組 合 員 3 費 用 の 分 担 2 4 役 員 4 5 総 会 及 び 理 事 会 の 会 議 及 び 議 事 9 6 事 務 局 及 び 職 員 12 7 会 計 12 8 審 査 委 員 13 9 章 価 額 の 確 定 及 び 清 算 14 10

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

平 成 1 3 年 度

平 成 1 3 年 度 27 豊 建 維 第 33-3 号 平 成 27 年 7 月 31 日 豊 前 市 監 査 委 員 初 山 吉 治 様 豊 前 市 監 査 委 員 鈴 木 正 博 様 豊 前 市 長 後 藤 ( 建 設 課 ) 元 秀 定 期 監 査 等 の 結 果 について( 回 答 ) 平 成 27 年 5 月 に 実 施 されました 定 期 監 査 等 においてご 指 摘 いただきました 事 項 について 下

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領 でんさいサービス 利 用 規 定 愛 知 信 用 金 庫 ( 以 下 当 金 庫 といいます)は 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク( 以 下 でんさい ネット といいます)の 窓 口 金 融 機 関 として 利 用 者 ( 以 下 お 客 様 といいます)に 提 供 するでんさい サービス( 以 下 本 サービス といいます)について 次 のとおり 取 扱 いを 行 います なお

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

等 に 問 い 合 わせたものの 適 切 な 回 答 が 得 られないまま 除 斥 期 間 が 経 過 し 課 税 権 が 消 滅 してしまったものであった 所 有 権 移 転 登 記 された 不 動 産 について 該 当 する 課 税 台 帳 が 当 該 市 町 村 になく 事 実 が 判 明 し

等 に 問 い 合 わせたものの 適 切 な 回 答 が 得 られないまま 除 斥 期 間 が 経 過 し 課 税 権 が 消 滅 してしまったものであった 所 有 権 移 転 登 記 された 不 動 産 について 該 当 する 課 税 台 帳 が 当 該 市 町 村 になく 事 実 が 判 明 し 平 成 26 年 度 岡 山 県 包 括 外 部 監 査 結 果 報 告 書 概 要 包 括 外 部 監 査 人 井 上 信 二 第 1 包 括 外 部 監 査 の 概 要 1 選 定 した 特 定 の 事 件 (テーマ) 県 税 の 賦 課 徴 収 に 係 る 事 務 の 執 行 について 2 監 査 の 対 象 岡 山 県 総 務 部 税 務 課 及 び 県 民 局 税 務 部 なお 特 定 の

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

ヤマダカード規約 2008年4月版

ヤマダカード規約 2008年4月版 第 1 章 前 提 事 項 第 1 条 ( 各 条 項 の 適 用 ) 次 条 以 下 の 規 定 は 契 約 者 が 本 件 融 資 申 込 書 ( 以 下 本 件 融 資 申 込 書 という ) 所 定 の 事 項 を 記 入 のうえ 株 式 会 社 セディナ( 以 下 当 社 という )に 対 して 融 資 を 申 し 込 み 当 社 が 所 定 の 審 査 手 続 を 経 てこの 申 込 を

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CANOX CORP. 最 終 更 新 日 :2015 年 10 月 28 日 株 式 会 社 カノークス 取 締 役 社 長 木 下 幹 夫 問 合 せ 先 :052-564-3525 証 券 コード:8076 http://www.canox.co.jp Ⅰコーポレート

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです GMO CLICK Holdings,Inc. 最 終 更 新 日 :2015 年 4 月 1 日 GMOクリックホールディングス 株 式 会 社 代 表 執 行 役 社 長 鬼 頭 弘 泰 問 合 せ 先 : 経 営 管 理 部 03 6221 0206 証 券

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

平成17年度予算案事業本部・局別記者発表日程表(案)

平成17年度予算案事業本部・局別記者発表日程表(案) 横 浜 市 記 者 発 表 資 料 平 成 27 年 2 月 3 日 建 築 局 違 反 対 策 課 緑 区 白 山 四 丁 目 の 宅 地 造 成 等 規 制 法 違 反 に 対 して 行 政 代 執 行 法 に 基 づく 代 執 行 令 書 を 交 付 しました 平 成 26 年 10 月 の 台 風 18 号 による 大 雨 に 伴 い 違 反 造 成 地 において 大 規 模 な 崖 崩 れが

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度 3 Ⅳ. 金 商 業 者 の 事 業 年 度 規 制 の 見 直 し 4 Ⅴ.

目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度 3 Ⅳ. 金 商 業 者 の 事 業 年 度 規 制 の 見 直 し 4 Ⅴ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 44 号 )に 係 る 説 明 資 料 平 成 2 6 年 5 月 金 融 庁 目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度

More information