用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた"

Transcription

1 平 成 27 年 6 月 国 税 庁

2 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 9 年 法 律 第 110 号 )をいいます 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 9 年 政 令 第 363 号 )をいいます 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 平 成 9 年 大 蔵 省 令 第 96 号 )をいいます 平 成 25 年 3 月 29 日 付 課 総 8-1ほか3 課 共 同 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に 関 する 法 律 ( 国 外 財 産 調 書 及 び 財 産 債 務 調 書 関 係 )の 取 扱 いについて ( 法 令 解 釈 通 達 )をいいます 昭 和 45 年 7 月 1 日 付 直 審 ( 所 )30 所 得 税 基 本 通 達 をいいます 昭 和 39 年 4 月 25 日 付 直 資 56 ほか1 課 共 同 財 産 評 価 基 本 通 達 を いいます

3 目 次 要 Ⅰ 通 則 制 度 の 概 要 等 Q1 財 産 債 務 調 書 の 提 出 制 度 の 概 要 について 教 えてください 1 Q2 財 産 債 務 調 書 を 提 出 しなければならない 場 合 について 具 体 的 に 教 えてくだ さい 4 Q3 12 月 31 日 において 保 有 する 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が3 億 円 以 上 であるかどうか 又 は 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 であるかどうかを 判 定 するに 当 たって 含 み 損 があるデリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 の 価 額 も 含 める 必 要 がありますか 5 Ⅱ 財 産 債 務 調 書 の 記 載 事 項 等 基 本 的 な 考 え 方 ( 注 Q4 財 産 債 務 調 書 には 氏 名 及 び 住 所 ( 又 は 居 所 等 ) 及 び 個 人 番 号 ) のほか 財 産 の 種 類 数 量 価 額 所 在 並 びに 債 務 の 金 額 等 を 記 載 することとされていま すが 記 載 事 項 を 具 体 的 に 教 えてください 6 Q5 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 所 在 並 びに 債 務 の 金 額 等 は その 財 産 債 務 の 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 )に 記 載 することとされています 保 有 する 財 産 債 務 の 用 途 が 一 般 用 であるのか 事 業 用 であるのかについ ては どのように 判 定 すればよいのですか 9 Q6 財 産 債 務 の 用 途 が 一 般 用 及 び 事 業 用 の 兼 用 である 場 合 財 産 債 務 調 書 にはどのように 記 載 すればよいのですか 9 Q7 避 暑 用 のリゾートマンション( 土 地 付 建 物 )を 保 有 しています 売 買 契 約 書 を 確 認 しても 土 地 と 建 物 の 価 額 に 区 分 することができません このような 財 産 の 場 合 財 産 債 務 調 書 にはどのように 記 載 すればよいのですか 9 Q8 証 券 会 社 に 特 定 口 座 を 開 設 しています この 口 座 内 で 保 有 する 上 場 株 式 等 につ いては 財 産 債 務 調 書 にどのように 記 載 すればよいのですか 10 Q9 証 券 会 社 に 非 課 税 口 座 を 開 設 しています この 口 座 内 で 保 有 する 上 場 株 式 等 に ついては 財 産 債 務 調 書 にどのように 記 載 すればよいのですか 11 事 業 用 の 財 産 の 価 額 及 び 債 務 の 金 額 の 記 載 Q10 個 人 で 事 業 を 営 んでいます 12 月 31 日 現 在 の 事 業 上 の 売 掛 金 が 多 数 あります この 売 掛 金 についても 所 在 別 に 記 載 する 必 要 がありますか 11 Q11 不 動 産 賃 貸 業 を 営 んでいます 12 月 31 日 現 在 の 未 払 金 や 預 り 保 証 金 が 多 数 あり ます これらの 債 務 についても 所 在 別 に 記 載 する 必 要 がありますか 11 財 産 の 所 在 の 記 載 事 項 Q12 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 所 在 は どのように 判 定 するのですか 12 Q13 財 産 の 所 在 について 基 本 的 には 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 によ

4 り 判 定 するとのことですが 相 続 税 法 以 外 の 規 定 により 所 在 を 判 定 する 財 産 もあ るのですか 15 Q14 社 債 株 式 等 の 有 価 証 券 等 の 所 在 は 具 体 的 にどのように 記 載 するのですか 15 土 地 の 記 載 事 項 Q15 借 地 権 を 保 有 していますが 財 産 債 務 調 書 にはこの 借 地 権 をどのように 記 載 す ればよいのですか 16 委 託 証 拠 金 の 記 載 事 項 Q16 先 物 取 引 を 行 うに 当 たり 保 有 するA 社 の 株 式 ( 上 場 株 式 )を 委 託 証 拠 金 とし て 証 券 会 社 に 預 託 しました この 預 託 した 株 式 について 財 産 債 務 調 書 にはどの ように 記 載 すればよいのですか 16 債 務 に 係 る 所 在 Q17 債 務 に 係 る 所 在 については 財 産 債 務 調 書 にどのように 記 載 するのです か 17 国 外 財 産 調 書 との 関 係 Q18 国 外 財 産 調 書 には 国 外 財 産 を 記 載 して 提 出 することとされていますが 国 外 財 産 調 書 を 提 出 する 場 合 でも 所 得 金 額 が2 千 万 円 を 超 え かつ 保 有 する 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が3 億 円 以 上 又 は 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 である 場 合 は 財 産 債 務 調 書 を 提 出 する 必 要 があるのですか 17 Ⅲ 財 産 の 価 額 等 基 本 的 な 考 え 方 Q19 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 価 額 は その 年 の12 月 31 日 における 時 価 によら なければならないのですか 20 Q20 財 産 の 時 価 とは どのような 価 額 をいうのですか 20 Q21 財 産 の 見 積 価 額 とは どのような 価 額 をいうのですか 20 Q22 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 価 額 は 財 産 評 価 基 本 通 達 で 定 める 方 法 により 評 価 した 価 額 でもよいのですか 21 財 産 の 見 積 価 額 Q23 財 産 の 見 積 価 額 の 合 理 的 な 算 定 方 法 について 財 産 の 種 類 ごとに 具 体 的 に 教 えてください 21 有 価 証 券 の 価 額 等 Q24 金 融 商 品 取 引 所 等 に 上 場 等 していない 法 人 の 株 式 を 保 有 しています その 法 人 の 決 算 期 は 毎 年 12 月 末 ですが 各 期 の 決 算 が 確 定 する 時 期 が 翌 年 の3 月 末 です この 場 合 この 株 式 の 見 積 価 額 をどのように 算 定 すればよいのですか 25 Q25 ストックオプションに 関 する 権 利 を 保 有 していますが その 価 額 はどのように 算 定 すればよいのですか 25 Q26 財 産 債 務 調 書 には 有 価 証 券 等 の 取 得 価 額 を 記 載 する 必 要 があるとのことです が どのように 取 得 価 額 を 算 定 すればよいのですか 26 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 の 価 額

5 Q27 匿 名 組 合 に 出 資 をしています その 匿 名 組 合 の 計 算 期 間 は 毎 年 12 月 末 日 に 終 了 しますが 計 算 書 は 翌 年 の3 月 末 に 送 付 されています この 場 合 その 出 資 の 持 分 の 見 積 価 額 をどのように 算 定 すればよいのですか 26 家 庭 用 動 産 の 価 額 Q28 自 宅 に 多 数 の 家 庭 用 動 産 を 保 有 しています この 家 庭 用 動 産 について 財 産 債 務 調 書 にはどのように 記 載 すればよいのですか 27 Q29 自 宅 に 多 数 の 指 輪 やネックレスなどを 所 有 しています( 事 業 用 ではありません ) この 場 合 財 産 債 務 調 書 にはどのように 記 載 すればよいのですか 27 保 険 に 関 する 権 利 の 価 額 Q30 生 命 保 険 に 加 入 していますが この 生 命 保 険 の 価 額 はどのように 算 定 すればよ いのですか なお 加 入 している 生 命 保 険 契 約 は 満 期 返 戻 金 のあるものです 28 定 期 金 に 関 する 権 利 の 価 額 Q31 生 命 保 険 契 約 に 基 づく 定 期 金 ( 年 金 )を 受 け 取 っていますが その 価 額 はどの ように 算 定 すればよいのですか 28 民 法 に 規 定 する 組 合 契 約 等 その 他 これらに 類 する 契 約 に 基 づく 出 資 の 価 額 Q32 不 動 産 投 資 を 目 的 とした 民 法 上 の 組 合 に 対 して 出 資 していますが 財 産 債 務 調 書 には 出 資 額 を 記 載 すればよいのですか 29 信 託 に 関 する 権 利 の 価 額 Q33 保 有 している 国 債 を 金 融 機 関 に 信 託 して 運 用 しています このような 財 産 の 価 額 は どのような 方 法 で 算 定 すればよいのですか 29 預 託 金 等 の 価 額 Q34 リゾート 施 設 を 利 用 するための 会 員 権 を 保 有 しています 会 員 権 を 取 得 する 際 に リゾート 施 設 経 営 会 社 に 預 託 金 を 支 払 っていますが この 預 託 金 も 財 産 債 務 調 書 の 対 象 になりますか 30 無 体 財 産 権 の 価 額 Q35 特 許 権 ( 無 体 財 産 権 )を 保 有 していますが その 価 額 はどのような 方 法 で 算 定 すればよいのですか 30 共 有 財 産 の 価 額 Q36 外 国 に 別 荘 を 保 有 していますが その 別 荘 は 配 偶 者 との 共 有 財 産 として 取 得 し ており 持 分 が 明 らかではありません このような 財 産 の 価 額 はどのような 方 法 で 算 定 すればよいのですか 31 相 続 により 取 得 した 財 産 の 価 額 Q37 財 産 の 相 続 があった 場 合 における 財 産 債 務 調 書 の 提 出 義 務 について 教 えてく ださい 31 借 入 金 で 取 得 した 財 産 の 価 額 Q38 財 産 を 金 融 機 関 からの 借 入 金 で 取 得 している 場 合 その 財 産 の 価 額 の 算 定 に 当 たり 借 入 金 元 本 を 差 し 引 いてよいのですか 32 外 貨 で 表 示 されている 財 産 の 邦 貨 換 算 の 方 法 Q39 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 価 額 は 邦 貨 ( 円 )によることとされていますが

6 外 貨 で 表 示 されている 財 産 の 価 額 はどのような 方 法 で 邦 貨 に 換 算 すればよいので すか 32 Ⅳ 債 務 の 金 額 基 本 的 な 考 え 方 Q40 債 務 の 金 額 とは どのような 金 額 をいうのですか 34 連 帯 債 務 等 の 金 額 Q41 金 融 機 関 からの 借 入 金 について 連 帯 して 債 務 を 負 っている 場 合 財 産 債 務 調 書 にはどのように 記 載 すればよいのですか 34 外 貨 で 表 示 されている 債 務 の 邦 貨 換 算 の 方 法 Q42 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 債 務 の 金 額 は 邦 貨 ( 円 )によることとされていますが 外 貨 で 表 示 されている 債 務 の 金 額 はどのような 方 法 で 邦 貨 に 換 算 すればよいので すか 34 Ⅴ 過 少 申 告 加 算 税 等 の 特 例 特 例 の 概 要 Q43 財 産 債 務 調 書 を 提 出 等 している 場 合 の 過 少 申 告 加 算 税 等 の 特 例 措 置 について 教 えてください 35 加 重 措 置 の 適 用 要 件 Q44 所 得 税 等 の 申 告 漏 れが 生 じた 場 合 の 過 少 申 告 加 算 税 等 の 加 重 措 置 の 適 用 要 件 について 教 えてください 36 加 重 措 置 における 財 産 債 務 に 関 する 所 得 税 等 の 申 告 漏 れ とは Q45 過 少 申 告 加 算 税 等 の 加 重 措 置 における 財 産 債 務 に 関 する 所 得 税 等 の 申 告 漏 れ とは 具 体 的 にどのようなことをいうのですか 36 年 の 中 途 で 財 産 債 務 を 有 しなくなった 場 合 Q46 平 成 28 年 中 に 国 内 で 保 有 していたB 社 株 式 の 全 てを 譲 渡 し これに 伴 い 生 じた 所 得 の 申 告 漏 れがあった 場 合 過 少 申 告 加 算 税 の 加 重 措 置 の 適 用 を 判 断 すべき 財 産 債 務 調 書 は どの 年 分 の 財 産 債 務 調 書 になりますか 37 提 出 期 限 後 に 提 出 された 財 産 債 務 調 書 の 取 扱 い Q47 提 出 期 限 内 に 財 産 債 務 調 書 を 提 出 することができなかった 場 合 過 少 申 告 加 算 税 等 に 係 る 軽 減 措 置 の 適 用 を 受 けることはできないのですか 38 Ⅵ その 他 提 出 した 財 産 債 務 調 書 に 誤 りがあった 場 合 Q48 提 出 した 財 産 債 務 調 書 の 記 載 内 容 に 誤 りのあった 場 合 の 訂 正 方 法 について 教 えてください 39

7 Ⅰ 通 則 制 度 の 概 要 等 Q1 財 産 債 務 調 書 の 提 出 制 度 の 概 要 について 教 えてください 財 産 債 務 調 書 制 度 は 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 を 提 出 しなければならない 方 が その 年 の 総 所 得 金 額 及 び 山 林 所 得 金 額 の 合 計 額 が2 千 万 円 を 超 え かつ その 年 の 12 月 31 日 において 価 額 の 合 計 額 が3 億 円 以 上 の 財 産 又 は 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 である 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 を 有 する 場 合 に 財 産 の 種 類 数 量 価 額 並 びに 債 務 の 金 額 などを 記 載 した 財 産 債 務 調 書 を 翌 年 の3 月 15 日 までに 所 得 税 の 納 税 地 の 所 轄 税 務 署 長 に 提 出 していただく 制 度 です( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 ) 財 産 債 務 調 書 を 提 出 しなければならない 方 の 詳 細 についてはQ2を 財 産 債 務 調 書 の 記 載 事 項 についてはQ4~Q18 をご 参 照 ください -1-

8 [ 参 考 ] 財 産 債 務 調 書 また 財 産 債 務 調 書 の 提 出 に 当 たっては 財 産 債 務 調 書 に 記 載 した 財 産 の 価 額 及 び 債 務 の 金 額 をその 種 類 ごとに 合 計 した 金 額 を 記 載 した 財 産 債 務 調 書 合 計 表 を 添 付 する 必 要 があり ます( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 四 備 考 4) -2-

9 [ 参 考 ] 財 産 債 務 調 書 合 計 表 財 産 債 務 調 書 及 び 財 産 債 務 調 書 合 計 表 は 税 務 署 の 窓 口 で 入 手 することができます また 国 税 庁 ホームページ( 申 請 届 出 様 式 ( 法 定 調 書 関 係 ) にも 掲 載 しています 財 産 債 務 調 書 合 計 表 は カラープリンタで 出 力 した 場 合 そのまま 提 出 用 として 使 用 で きます -3-

10 Q2 財 産 債 務 調 書 を 提 出 しなければならない 場 合 について 具 体 的 に 教 えてください 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 を 提 出 する 必 要 がある 方 で 次 の⑴ 及 び⑵のいずれ にも 該 当 する 場 合 には 財 産 債 務 調 書 を 提 出 しなければなりません( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の2 1 本 文 ) ( 注 ⑴ その 年 の 総 所 得 金 額 及 び 山 林 所 得 金 額 の 合 計 額 1) が2 千 万 円 を 超 えること ( 注 2) ⑵ その 年 の 12 月 31 日 においてその 価 額 の 合 計 額 が3 億 円 以 上 の 財 産 又 はその 価 額 の 合 ( 注 計 額 が1 億 円 以 上 である 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 3) を 有 すること ( 注 1) 申 告 分 離 課 税 の 所 得 がある 場 合 には それらの 特 別 控 除 後 の 所 得 金 額 の 合 計 額 を 加 算 した 金 額 です( 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の25) ただし 次 の 繰 越 控 除 を 受 けている 場 合 は その 適 用 後 の 金 額 をいいます 純 損 失 や 雑 損 失 の 繰 越 控 除 居 住 用 財 産 の 買 換 え 等 の 場 合 の 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 特 定 居 住 用 財 産 の 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 上 場 株 式 等 に 係 る 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 特 定 中 小 会 社 が 発 行 した 株 式 に 係 る 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 先 物 取 引 の 差 金 等 決 済 に 係 る 損 失 の 繰 越 控 除 ( 注 2) 国 内 に 所 在 する 財 産 のほか 国 外 に 所 在 する 財 産 を 含 みます ( 注 3) 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 とは 国 外 転 出 時 課 税 制 度 ( 所 得 税 法 60 の2 60 の3)の 対 象 とな る 次 の 財 産 をいいます( 国 内 に 所 在 するか 国 外 に 所 在 するかを 問 いません )( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 所 得 税 法 60 の21~3) 1 所 得 税 法 第 2 条 第 1 項 第 17 号 に 規 定 する 有 価 証 券 又 は 所 得 税 法 第 174 条 第 9 号 に 規 定 す る 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 2 決 済 していない 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 156 条 の 24 第 1 項 に 規 定 す る 信 用 取 引 又 は 所 得 税 法 施 行 規 則 第 23 条 の4に 規 定 する 発 行 日 取 引 に 係 る 権 利 3 決 済 していない 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 20 項 に 規 定 するデリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 [ 参 考 ] 所 得 税 の 確 定 申 告 をする 必 要 がある 方 の 例 その 年 分 の 所 得 金 額 の 合 計 額 が 所 得 控 除 の 合 計 額 を 超 える 場 合 で その 超 える 額 に 対 する 税 額 が 配 当 控 除 額 と 年 末 調 整 の 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 額 の 合 計 額 を 超 える 方 は 原 則 とし て 確 定 申 告 をしなければなりません ただし 給 与 の 収 入 金 額 が 2,000 万 円 以 下 で かつ 1 か 所 から 給 与 等 の 支 払 を 受 けてお り その 給 与 の 全 部 について 源 泉 徴 収 される 方 で 給 与 所 得 及 び 退 職 所 得 以 外 の 所 得 金 額 が 20 万 円 以 下 である 方 等 一 定 の 場 合 には 確 定 申 告 をしなくてもよいことになっています このほか 所 得 税 の 申 告 義 務 の 有 無 に 関 しては 国 税 庁 ホームページ( の パンフレット 手 引 き 確 定 申 告 に 関 する 手 引 き 等 をご 覧 ください なお 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 までの 間 (その 年 の 翌 年 の3 月 15 日 までの 間 )に 財 産 債 務 調 書 を 提 出 しないで 死 亡 したときは 財 産 債 務 調 書 の 提 出 を 要 しないこととされています ( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21ただし 書 ) -4-

11 また 年 の 中 途 で 死 亡 した 場 合 には その 死 亡 した 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 を 提 出 する 必 要 がある 場 合 であっても その 死 亡 した 年 の 12 月 31 日 分 の 財 産 債 務 調 書 を 提 出 する 必 要 はありません Q3 12 月 31 日 において 保 有 する 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が3 億 円 以 上 であるかどうか 又 は 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 であるかどうかを 判 定 するに 当 たって 含 み 損 があるデリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 の 価 額 も 含 める 必 要 がありますか その 年 の 12 月 31 日 において 保 有 する 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が3 億 円 以 上 であるかどうかを 判 定 するに 当 たっては 含 み 損 のあるデリバティブ 取 引 や 信 用 取 引 等 に 係 る 権 利 の 価 額 を 含 めて 判 定 します なお その 年 の 12 月 31 日 において 決 済 していない 信 用 取 引 等 又 はデリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 の 価 額 については 見 積 価 額 として その 年 の 12 月 31 日 において 決 済 したとみなして 算 出 し た 利 益 の 額 又 は 損 失 の 額 とすることができます(Q21 をご 確 認 ください ) この 場 合 含 み 損 のある 信 用 取 引 等 又 はデリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 について その 価 額 ( 見 積 価 額 )が 負 (マイナス)となる 場 合 には 財 産 の 価 額 の 合 計 額 を 算 定 する 際 に 他 の 財 産 の 価 額 と 通 算 して 計 算 します これは その 年 の 12 月 31 日 において 保 有 する 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 であるかどうかを 判 定 するに 当 たっても 同 様 です -5-

12 Ⅱ 財 産 債 務 調 書 の 記 載 事 項 等 基 本 的 な 考 え 方 ( 注 Q4 財 産 債 務 調 書 には 氏 名 住 所 ( 又 は 居 所 等 ) 及 び 個 人 番 号 ) のほか 財 産 の 種 類 数 量 価 額 所 在 並 びに 債 務 の 金 額 等 を 記 載 することとされていますが 記 載 事 項 を 具 体 的 に 教 えてください 財 産 債 務 調 書 には 財 産 の 種 類 数 量 価 額 及 び 所 在 並 びに 債 務 の 金 額 その 他 必 要 な 事 項 を 記 載 することとされています 具 体 的 には 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 上 欄 に 規 定 する 財 産 債 務 の 区 分 に 応 じて 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に その 財 産 の 数 量 及 び 価 額 又 はその 債 務 の 金 額 を 記 入 します( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 151) なお 事 業 用 とは この 財 産 債 務 調 書 を 提 出 する 方 の 不 動 産 所 得 事 業 所 得 又 は 山 林 所 得 を 生 ずべき 事 業 又 は 業 務 の 用 に 供 することをいい 一 般 用 とは 当 該 事 業 又 は 業 務 以 外 の 用 に 供 することをいいます また 財 産 債 務 の 区 分 のうち ( 六 ) 有 価 証 券 ( 七 ) 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 ( 八 ) 未 決 済 信 用 取 引 等 に 係 る 権 利 及 び ( 九 ) 未 決 済 デリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 に 区 分 され る 財 産 については 取 得 価 額 の 記 入 も 必 要 です( 取 得 価 額 の 例 については Q26 をご 参 照 ください ) ( 注 ) 個 人 番 号 の 記 載 は 平 成 29 年 1 月 1 日 以 後 に 提 出 すべき 財 産 債 務 調 書 から 必 要 とされていますの で 平 成 27 年 12 月 31 日 における 財 産 債 務 について 平 成 28 年 3 月 15 日 までに 提 出 すべき 財 産 債 務 調 書 には 個 人 番 号 を 記 載 する 必 要 はありません( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 9 号 ) 附 則 1014) [ 参 考 ] 財 産 債 務 の 区 分 及 び 記 載 事 項 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 ) 財 産 債 務 の 区 分 記 載 事 項 ( 一 ) 土 地 用 途 別 及 び 所 在 別 の 地 所 数 面 積 及 び 価 額 ( 二 ) 建 物 用 途 別 及 び 所 在 別 の 戸 数 床 面 積 及 び 価 額 ( 三 ) 山 林 用 途 別 及 び 所 在 別 の 面 積 及 び 価 額 ( 四 ) 現 金 用 途 別 及 び 所 在 別 の 価 額 ( 五 ) 預 貯 金 種 類 別 ( 当 座 預 金 普 通 預 金 定 期 預 金 等 の 別 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 価 額 ( 六 ) 有 価 証 券 種 類 別 ( 株 式 公 社 債 投 資 信 託 特 定 受 益 証 券 発 行 信 託 貸 付 信 託 等 の 別 及 び 銘 柄 の 別 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 並 びに 取 得 価 額 ( 七 ) 匿 名 組 合 契 約 の 出 種 類 別 ( 匿 名 組 合 の 別 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 並 びに 取 得 価 額 資 の 持 分 ( 八 ) 未 決 済 信 用 取 引 等 に 係 る 権 利 種 類 別 ( 信 用 取 引 及 び 発 行 日 取 引 の 別 並 びに 銘 柄 の 別 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 並 びに 取 得 価 額 ( 九 ) 未 決 済 デリバティ ブ 取 引 に 係 る 権 利 種 類 別 ( 先 物 取 引 オプション 取 引 スワップ 取 引 等 の 別 及 び 銘 柄 の 別 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 並 びに 取 得 価 額 ( 十 ) 貸 付 金 用 途 別 及 び 所 在 別 の 価 額 ( 十 一 ) 未 収 入 金 ( 受 取 用 途 別 及 び 所 在 別 の 価 額 手 形 を 含 む ) -6-

13 ( 十 二 ) 書 画 骨 とう 及 び 種 類 別 ( 書 画 骨 とう 及 び 美 術 工 芸 品 の 別 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 (1 点 美 術 工 芸 品 10 万 円 未 満 のものを 除 く ) ( 十 三 ) 貴 金 属 類 種 類 別 ( 金 白 金 ダイヤモンド 等 の 別 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 ( 十 四 ) ( 四 ) ( 十 二 ) 及 種 類 別 (( 四 ) ( 十 二 ) 及 び( 十 三 )に 掲 げる 財 産 以 外 の 動 産 について 適 宜 に 設 けた 区 び( 十 三 )に 掲 げる 財 分 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 (1 個 又 は 1 組 の 価 額 が 10 万 円 未 満 のものを 除 産 以 外 の 動 産 く ) ( 十 五 )その 他 の 財 産 種 類 別 (( 一 )から( 十 四 )までに 掲 げる 財 産 以 外 の 財 産 について 預 託 金 保 険 の 契 約 に 関 する 権 利 等 の 適 宜 に 設 けた 区 分 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 ( 十 六 ) 借 入 金 用 途 別 及 び 所 在 別 の 金 額 ( 十 七 ) 未 払 金 ( 支 払 手 用 途 別 及 び 所 在 別 の 金 額 形 を 含 む ) ( 十 八 )その 他 の 債 務 種 類 別 ( 前 受 金 預 り 金 など 適 宜 に 設 けた 区 分 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 金 額 また 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 上 欄 に 規 定 する 財 産 債 務 の 区 分 のうち 次 に 掲 げる 財 産 債 務 の 区 分 に 該 当 する 財 産 債 務 の 所 在 の 記 載 に 当 たっては その 他 必 要 な 事 項 として 所 在 地 のほか 債 務 者 等 の 氏 名 又 は 名 称 を 記 載 してください( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 通 達 6の2-4 6の2-6 6の2-7) [ 参 考 ] 財 産 債 務 の 所 在 ( 氏 名 又 は 名 称 )の 記 載 要 領 財 産 債 務 の 区 分 氏 名 又 は 名 称 ( 五 ) 預 貯 金 預 貯 金 を 預 入 れている 金 融 機 関 の 名 称 ( 支 店 名 を 含 む ) ( 六 ) 有 価 証 券 有 価 証 券 取 引 に 係 る 金 融 機 関 の 名 称 ( 支 店 名 を 含 む ) ( 七 ) 匿 名 組 合 契 約 の 出 営 業 者 等 の 氏 名 または 名 称 資 の 持 分 ( 八 ) 未 決 済 信 用 取 引 等 信 用 取 引 等 に 係 る 金 融 機 関 の 名 称 ( 支 店 名 を 含 む ) に 係 る 権 利 ( 九 ) 未 決 済 デリバティ デリバティブ 取 引 に 係 る 金 融 機 関 の 名 称 ( 支 店 名 を 含 む ) ブ 取 引 に 係 る 権 利 ( 十 ) 貸 付 金 貸 付 金 に 係 る 債 務 者 の 氏 名 又 は 名 称 ( 十 一 ) 未 収 入 金 ( 受 取 未 収 入 金 に 係 る 債 務 者 の 氏 名 又 は 名 称 手 形 を 含 む ) ( 十 五 )その 他 の 財 産 預 託 金 等 の 預 入 れ 先 の 氏 名 又 は 名 称 ( 十 六 ) 借 入 金 借 入 金 に 係 る 債 権 者 の 氏 名 又 は 名 称 ( 十 七 ) 未 払 金 ( 支 払 未 払 金 に 係 る 債 権 者 の 氏 名 又 は 名 称 手 形 を 含 む ) ( 十 八 )その 他 の 債 務 預 り 金 等 の 預 り 先 の 氏 名 又 は 名 称 財 産 の 所 在 の 判 定 についての 詳 細 は Q12 をご 確 認 ください 財 産 債 務 調 書 の 記 載 例 については 国 税 庁 ホームページ( 申 請 届 出 様 式 ( 法 定 調 書 関 係 ) に 掲 載 していますのでご 覧 ください -7-

14 各 財 産 及 び 債 務 共 通 1 それぞれの 財 産 債 務 を 事 業 用 と 一 般 用 に 区 分 し 更 に 所 在 の 別 に 区 分 します 2 所 在 については それぞれの 財 産 債 務 の 所 在 地 を 記 入 してください 各 財 産 債 務 において 記 載 例 が 示 されている 場 合 には 各 財 産 債 務 の 書 き 方 に 従 って 記 入 してください 3 財 産 の 価 額 については その 年 の 12 月 31 日 における 財 産 の 時 価 又 は 時 価 に 準 ずる 価 額 として 見 積 価 額 を 記 入 してください 4 一 の 財 産 及 び 債 務 の 区 分 について 複 数 の 財 産 及 び 債 務 を 記 入 する 場 合 に は 財 産 及 び 債 務 の 区 分 ごとに 価 額 ( 小 計 )を 記 入 してください 5 事 業 用 の 財 産 債 務 で 未 収 入 金 その 他 の 財 産 未 払 金 その 他 の 債 務 に 区 分 される 債 権 又 は 債 務 について その 価 額 又 は 金 額 が 100 万 円 未 満 のもの については 所 在 別 に 区 分 することなく その 件 数 及 び 総 額 を 記 入 して 差 し 支 えありません 6 国 外 財 産 調 書 を 提 出 する 場 合 には 国 外 財 産 調 書 に 記 載 した 国 外 財 産 の 価 額 の 合 計 額 及 び 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 を 財 産 債 務 調 書 にも 記 入 して ください 土 地 数 量 欄 の 上 段 に 地 所 数 を 下 段 に 面 積 を 記 入 してください 建 物 1 数 量 欄 の 上 段 に 戸 数 を 下 段 に 床 面 積 を 記 入 してください 2 2 以 上 の 財 産 区 分 からなる 財 産 を 一 括 して 記 入 する 場 合 には 備 考 欄 に 一 括 して 記 入 する 財 産 の 区 分 等 を 記 入 してください 有 価 証 券 1 上 記 各 財 産 及 び 債 務 共 通 の 1 に 加 え 有 価 証 券 の 種 類 ( 株 式 公 社 債 投 資 信 託 特 定 受 益 証 券 発 行 信 託 貸 付 信 託 等 ) 及 び 銘 柄 の 別 に 区 分 します 2 種 類 欄 に 有 価 証 券 の 種 類 及 び 銘 柄 を 記 入 してください なお 株 式 については 上 場 株 式 と 非 上 場 株 式 に 区 分 して 記 入 してください 3 所 在 欄 は 有 価 証 券 の 保 管 等 を 委 託 している 場 合 には 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 所 在 地 名 称 及 び 支 店 名 を 記 入 してください 4 価 額 欄 の 上 段 には 取 得 価 額 を 記 載 してください 貸 付 金 及 び 未 収 入 金 所 在 欄 は 債 務 者 の 氏 名 又 は 名 称 及 び 住 所 を 記 入 してください その 他 の 動 産 右 記 貴 金 属 類 に 準 じて 記 入 してください その 他 の 動 産 とは 家 庭 用 動 産 ( 家 具 什 器 備 品 や 自 動 車 などの 動 産 ( 現 金 書 画 骨 とう 美 術 工 芸 品 貴 金 属 類 を 除 きます )) 棚 卸 資 産 減 価 償 却 資 産 を いいます 貴 金 属 類 のうち いわゆる 装 身 具 として 用 いられるものは 家 庭 用 動 産 として 取 り 扱 って 差 し 支 えありません 借 入 金 及 び 未 払 金 所 在 欄 は 債 権 者 の 氏 名 又 は 名 称 及 び 住 所 を 記 入 してください その 他 の 債 務 右 記 書 画 骨 とう に 準 じて 記 入 してください その 他 の 債 務 とは 借 入 金 未 払 金 に 当 てはまらない 債 務 例 えば 前 受 金 預 り 金 保 証 金 敷 金 などをいいます 財 産 債 務 調 書 の 記 載 例 平 成 年 12 月 31 日 分 財 産 債 務 調 書 整 理 番 号 0XXXXXXX 住 所 又 は 事 業 所 財 産 債 務 を 有 す る 者 事 務 所 居 所 など 氏 名 ( 電 話 ) - - 財 産 債 務 の 区 分 種 類 用 途 所 在 数 量 ( 上 段 は 有 価 証 券 等 の 取 得 価 額 ) 財 産 の 価 額 又 は 債 務 の 金 額 備 考 土 地 事 業 用 東 京 都 千 代 田 区 m2 250,000,000 建 物 事 業 用 東 京 都 港 区 建 物 一 般 用 東 京 都 品 川 区 m2 110,000,000 1 土 地 を 95 m2 89,000,000 含 む 建 物 計 (199,000,000) 事 業 用 預 貯 金 普 通 預 金 銀 行 支 店 一 般 用 38,961,915 5,000 有 価 証 券 上 場 株 式 (B 社 ) 一 般 用 証 券 支 店 株 東 京 都 港 区 匿 名 組 合 出 資 一 般 用 100 口 株 式 会 社 B 未 決 済 デリバテ 先 物 取 引 ( ) 一 般 用 証 券 支 店 100 口 ィブに 係 る 権 利 6,500,000 6,450, ,000, ,000,000 30,000,000 29,000,000 貸 付 金 事 業 用 東 京 都 目 黒 区 ,000,000 未 収 入 金 事 業 用 東 京 都 豊 島 区 株 式 会 社 C 1,500,000 未 収 入 金 事 業 用 その 他 10 件 2,300,000 未 収 入 金 計 (3,800,000) 貴 金 属 類 ダイヤモンド 一 般 用 東 京 都 品 川 区 個 6,000,000 その 他 の 財 産 家 庭 用 動 産 一 般 用 東 京 都 品 川 区 個 3,000,000 その 他 の 財 産 委 託 証 拠 金 一 般 用 証 券 支 店 10,000,000 借 入 金 事 業 用 銀 行 支 店 20,000,000 未 払 金 事 業 用 東 京 都 港 区 株 式 会 社 D 1,500,000 東 京 都 台 東 区 その 他 の 債 務 保 証 金 事 業 用 株 式 会 社 E 2,000,000 国 外 財 産 調 書 に 記 載 し た 国 外 財 産 の 価 額 の 合 計 額 89,000,000 ( う ち 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 ( 34,000,000 ) 円 ) 財 産 の 価 額 の 合 計 額 778,211,915 債 務 の 金 額 の 合 計 額 23,500,000 ( 摘 要 ) (1) 枚 のうち(1) 枚 目 預 貯 金 1 左 記 各 財 産 及 び 債 務 共 通 の 1 に 加 え 預 貯 金 の 種 類 ( 当 座 預 金 普 通 預 金 定 期 預 金 等 )の 別 に 区 分 します 2 種 類 欄 に 預 貯 金 の 種 類 を 記 入 してください 3 所 在 欄 は 預 貯 金 を 預 入 れている 金 融 機 関 の 所 在 地 名 称 及 び 支 店 名 を 記 入 してください 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 1 左 記 各 財 産 及 び 債 務 共 通 の 1 に 加 え 匿 名 組 合 の 別 に 区 分 します 2 所 在 欄 は 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 取 引 を 委 託 している 場 合 には その 名 称 及 び 支 店 名 を 記 載 してください 3 価 額 欄 の 上 段 には 取 得 価 額 を 記 入 してください 未 決 済 信 用 取 引 等 に 係 る 権 利 及 び 未 決 済 デリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 1 左 記 各 財 産 及 び 債 務 共 通 の 1 に 加 え 未 決 済 信 用 取 引 に 係 る 権 利 及 び 未 決 済 デリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 の 種 類 及 び 銘 柄 の 別 に 区 分 します 2 種 類 欄 に 未 決 済 信 用 取 引 に 係 る 権 利 及 び 未 決 済 デリバティ ブ 取 引 に 係 る 権 利 の 種 類 及 び 銘 柄 を 記 入 してください 3 所 在 欄 は 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 取 引 を 委 託 している 場 合 には その 名 称 及 び 支 店 名 を 記 載 してください 4 価 額 欄 の 上 段 には 取 得 価 額 を 記 入 してください 貴 金 属 類 1 左 記 各 財 産 及 び 債 務 共 通 の 1 に 加 え 貴 金 属 の 種 類 ( 金 白 金 ダイヤモンド 等 )の 別 に 区 分 します 2 種 類 欄 に 貴 金 属 類 の 種 類 を 記 入 してください 3 数 量 欄 に 点 数 又 は 重 量 を 記 入 してください 書 画 骨 とう 及 び 美 術 工 芸 品 1 左 記 各 財 産 及 び 債 務 共 通 の 1 に 加 え 書 画 骨 とうの 種 類 ( 書 画 骨 とう 美 術 工 芸 品 )の 別 に 区 分 します 2 種 類 欄 に 書 画 骨 とうの 種 類 を 記 入 してください 3 数 量 欄 に 点 数 を 記 入 してください その 他 の 財 産 上 記 貴 金 属 類 に 準 じて 記 入 してください その 他 の 財 産 とは 上 記 のどの 種 類 にも 当 てはまらない 財 産 例 えば 保 険 契 約 に 関 する 権 利 民 法 に 規 定 する 組 合 契 約 等 その 他 これらに 類 す る 契 約 に 基 づく 出 資 信 託 受 益 権 などをいいます 財 産 の 価 額 の 合 計 額 債 務 の 金 額 の 合 計 額 欄 2 枚 以 上 の 調 書 を 作 成 提 出 する 場 合 でも 合 計 額 は1 枚 目 の 調 書 に 記 入 してください 価 額 等 の 記 入 に 当 たっては 裏 面 を 参 照 してください -8-

15 Q5 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 所 在 並 びに 債 務 の 金 額 等 は その 財 産 債 務 の 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 )に 記 載 することとされています 保 有 する 財 産 債 務 の 用 途 が 一 般 用 であるのか 事 業 用 であるのかについては ど のように 判 定 すればよいのですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 すべき 財 産 債 務 の 用 途 が 一 般 用 であるのか 事 業 用 であるのか については 次 のとおり 判 定 します 事 業 用 の 財 産 債 務 とは その 財 産 債 務 を 財 産 債 務 調 書 を 提 出 する 方 の 不 動 産 所 得 事 業 所 得 又 は 山 林 所 得 を 生 ずべき 事 業 又 は 業 務 の 用 に 供 している 財 産 債 務 をいいます また 一 般 用 の 財 産 債 務 とは 当 該 事 業 又 は 業 務 の 用 に 供 する 以 外 の 財 産 債 務 をいいます( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 備 考 一 ) Q6 財 産 債 務 の 用 途 が 一 般 用 及 び 事 業 用 の 兼 用 である 場 合 財 産 債 務 調 書 にはどのよ うに 記 載 すればよいのですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 及 び 所 在 並 びに 債 務 の 金 額 等 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 に 規 定 する 財 産 債 務 の 区 分 に 応 じて 同 別 表 の 記 載 事 項 に 規 定 する 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に 記 載 することとされ ています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 151) なお 財 産 債 務 調 書 に 記 載 すべき 財 産 債 務 の 用 途 が 一 般 用 及 び 事 業 用 の 兼 用 であ る 場 合 には 財 産 債 務 調 書 を 提 出 する 方 の 事 務 負 担 を 軽 減 する 観 点 から 一 般 用 部 分 と 事 業 用 部 分 とを 区 分 することなく 財 産 債 務 調 書 に 記 載 することができます( 通 達 6の2-4 6の 2-6) したがって 財 産 債 務 調 書 の 記 載 に 当 たり 用 途 欄 には 一 般 用 事 業 用 と 記 載 し 価 額 欄 は 用 途 別 に 区 分 することなく 算 定 した 財 産 の 価 額 又 は 債 務 の 金 額 を 記 載 して 差 し 支 えあり ません Q7 避 暑 用 のリゾートマンション( 土 地 付 建 物 )を 保 有 しています 売 買 契 約 書 を 確 認 しても 土 地 と 建 物 の 価 額 に 区 分 することができません このような 財 産 の 場 合 財 産 債 務 調 書 にはどのように 記 載 すればよいのですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 及 び 所 在 並 びに 債 務 の 金 額 等 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 に 規 定 する 財 産 の 区 分 に 応 じて 同 別 表 の 記 載 事 項 に 規 定 す る 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に 記 載 することとされてい ます( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 15 1) -9-

16 なお 財 産 債 務 調 書 に 記 載 すべき 財 産 が 同 別 表 に 規 定 する2 以 上 の 財 産 の 区 分 からなる 財 産 で それぞれの 財 産 の 区 分 に 分 けて 財 産 の 価 額 を 算 定 することが 困 難 な 場 合 には 財 産 債 務 調 書 を 提 出 される 方 の 事 務 負 担 を 軽 減 する 観 点 から これらの 財 産 は 一 体 のものとしてその 財 産 の 価 額 を 算 定 し いずれかの 財 産 の 区 分 にまとめて 記 載 することができます( 通 達 6の2-4) お 尋 ねのリゾートマンション( 土 地 付 建 物 )については 財 産 債 務 調 書 の 各 欄 に 次 のとおり 記 載 してください [ 参 考 ]2 以 上 の 財 産 からなる 財 産 債 務 に 係 る 財 産 債 務 調 書 ( 各 欄 )の 記 載 要 領 各 欄 記 載 要 領 財 産 債 務 の 区 分 建 物 用 途 一 般 用 所 在 リゾートマンションが 所 在 する 住 所 数 量 上 段 に 戸 数 下 段 に 床 面 積 価 額 建 物 及 び 土 地 の 合 計 額 備 考 価 額 には 土 地 を 含 む 旨 Q8 証 券 会 社 に 特 定 口 座 を 開 設 しています この 口 座 内 で 保 有 する 上 場 株 式 等 については 財 産 債 務 調 書 にどのように 記 載 すればよいのですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 及 び 所 在 等 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 に 規 定 する 財 産 の 区 分 に 応 じて 同 別 表 の 記 載 事 項 に 規 定 する 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に 記 載 することとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 151) また 有 価 証 券 に 区 分 される 財 産 については 種 類 別 は 株 式 公 社 債 投 資 信 託 特 定 受 益 証 券 発 行 信 託 貸 付 信 託 等 の 別 及 び 銘 柄 の 別 とすることとされています( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 ) しかしながら 特 定 口 座 内 に 保 有 する 上 場 株 式 等 については 種 類 別 のうち 銘 柄 の 別 の 記 載 をせず 所 在 別 株 式 公 社 債 投 資 信 託 等 の 別 に 一 括 して 価 額 及 び 取 得 価 額 を 記 載 し て 差 し 支 えありません( 通 達 6の2-4⑷) なお 特 定 口 座 内 で 上 場 株 式 等 の 信 用 取 引 又 は 発 行 日 取 引 を 行 っている 場 合 で その 年 の 12 月 31 日 において 決 済 していないものについては 財 産 債 務 の 区 分 のうち 未 決 済 信 用 取 引 等 に 係 る 権 利 に 区 分 される 財 産 に 該 当 しますが 当 該 口 座 内 の 当 該 信 用 取 引 等 に 係 る 権 利 につ いても 種 類 別 のうち 銘 柄 の 別 の 記 載 をせず 所 在 別 株 式 公 社 債 投 資 信 託 等 の 別 に 一 括 して 価 額 及 び 取 得 価 額 を 記 載 して 差 し 支 えありません -10-

17 Q9 証 券 会 社 に 非 課 税 口 座 を 開 設 しています この 口 座 内 で 保 有 する 上 場 株 式 等 については 財 産 債 務 調 書 にどのように 記 載 すればよいのですか 非 課 税 口 座 内 に 保 有 する 上 場 株 式 等 については 種 類 別 のうち 銘 柄 の 別 に 記 載 せず 所 在 別 株 式 公 社 債 投 資 信 託 等 の 別 に 一 括 して 価 額 及 び 取 得 価 額 を 記 載 して 差 し 支 えあり ません( 通 達 6の2-4⑷) 事 業 用 の 財 産 の 価 額 及 び 債 務 の 金 額 の 記 載 Q10 個 人 で 事 業 を 営 んでいます 12 月 31 日 現 在 の 事 業 上 の 売 掛 金 が 多 数 あります この 売 掛 金 についても 所 在 別 に 記 載 する 必 要 がありますか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 及 び 所 在 等 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 に 規 定 する 財 産 の 区 分 に 応 じて 同 別 表 の 記 載 事 項 に 規 定 する 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に 記 載 することとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 151) したがって 財 産 債 務 調 書 の 記 載 にあたり 売 掛 金 など 事 業 上 の 債 権 についてはその 所 在 別 ( 相 手 方 の 住 所 又 は 本 店 若 しくは 主 たる 事 務 所 の 所 在 )にその 価 額 を 記 載 することとなります しかしながら 財 産 債 務 調 書 を 提 出 する 方 の 事 務 負 担 を 軽 減 する 観 点 から 未 収 入 金 又 は その 他 の 財 産 に 区 分 される 財 産 のうち 不 動 産 所 得 事 業 所 得 又 は 山 林 所 得 を 生 ずべき 事 業 又 は 業 務 の 用 に 供 する 債 権 であり かつ その 年 の 12 月 31 日 における 価 額 が 100 万 円 未 満 のものについては 所 在 別 に 記 載 をせず その 件 数 と 総 額 を 記 載 することとして 差 し 支 えあ りません( 通 達 6の2-4⑸) Q11 不 動 産 賃 貸 業 を 営 んでいます 12 月 31 日 現 在 の 未 払 金 や 預 り 保 証 金 が 多 数 あります こ れらの 債 務 についても 所 在 別 に 記 載 する 必 要 がありますか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 債 務 の 金 額 等 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 に 規 定 する 債 務 の 区 分 に 応 じて 同 別 表 の 記 載 事 項 に 規 定 する 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に 記 載 することとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 151) したがって 財 産 債 務 調 書 の 記 載 にあたり 未 払 金 や 預 り 保 証 金 など 事 業 上 の 債 務 について はその 所 在 別 ( 相 手 方 の 住 所 又 は 本 店 若 しくは 主 たる 事 務 所 の 所 在 )にその 金 額 を 記 載 するこ ととなります しかしながら 未 払 金 又 は その 他 の 債 務 に 区 分 される 債 務 のうち 不 動 産 所 得 事 業 所 得 又 は 山 林 所 得 を 生 ずべき 事 業 又 は 業 務 の 用 に 供 する 債 務 であり かつ その 年 の 12 月 -11-

18 31 日 における 金 額 が 100 万 円 未 満 のものについては 所 在 別 に 記 載 をせず その 件 数 と 総 額 を 記 載 することとして 差 し 支 えありません( 通 達 6の2-6⑵) 財 産 の 所 在 の 記 載 事 項 Q12 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 所 在 は どのように 判 定 するのですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 所 在 については 基 本 的 には 財 産 の 所 在 の 判 定 について 定 め る 相 続 税 法 第 10 条 の 規 定 によることとされ 同 条 第 1 項 及 び 第 2 項 に 掲 げる 財 産 については これらの 規 定 の 定 めるところによることとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の23 国 外 送 金 等 調 書 令 の21) ( 注 なお 有 価 証 券 等 1) が 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 等 に 開 設 された 口 座 に 係 る 振 替 口 ( 注 座 簿 2) に 記 載 等 がされているものである 場 合 等 におけるその 有 価 証 券 等 の 所 在 については 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 等 の 規 定 にかかわらず その 口 座 が 開 設 された 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 等 の 所 在 によることとされています( 国 外 送 金 等 調 書 令 の21 国 外 送 金 等 調 書 規 則 123ただし 書 通 達 6の2-5) ( 注 1) 有 価 証 券 等 とは 具 体 的 には 次 のものをいいます 1 貸 付 金 債 権 ( 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 第 7 号 に 掲 げる 財 産 )に 係 る 有 価 証 券 2 社 債 若 しくは 株 式 法 人 に 対 する 出 資 又 は 外 国 預 託 証 券 ( 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 第 8 号 に 掲 げる 財 産 ) 3 集 団 投 資 信 託 又 は 法 人 課 税 信 託 に 関 する 権 利 ( 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 第 9 号 に 掲 げる 財 産 ) に 係 る 有 価 証 券 4 国 債 又 は 地 方 債 ( 相 続 税 法 第 10 条 第 2 項 に 規 定 する 財 産 ) 5 外 国 等 の 発 行 する 公 債 ( 相 続 税 法 第 10 条 第 2 項 に 規 定 する 財 産 ) 6 抵 当 証 券 又 はオプションを 表 示 する 証 券 若 しくは 証 書 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 第 12 条 第 3 項 第 2 号 に 規 定 する 財 産 ) 7 組 合 契 約 等 に 基 づく 出 資 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 第 12 条 第 3 項 第 3 号 に 規 定 する 財 産 )に 係 る 有 価 証 券 8 信 託 に 関 する 権 利 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 第 12 条 第 3 項 第 4 号 に 規 定 する 財 産 )に 係 る 有 価 証 券 ( 注 2) 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 等 に 開 設 された 口 座 に 係 る 振 替 口 座 簿 とは 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 平 成 13 年 法 律 第 75 号 )に 規 定 する 振 替 口 座 簿 をいい 外 国 におけるこれに 類 するものを 含 みます その 年 の 12 月 31 日 において 保 有 する 各 財 産 の 所 在 の 具 体 的 な 記 載 については その 財 産 の 現 況 により 次 表 により 記 載 します -12-

19 4 漁 業 権 又 は 入 漁 権 漁 場 に 最 も 近 い 沿 岸 の 属 する 市 町 村 又 はこれに 相 当 する 行 政 区 画 ( 注 8) 所 等 の 所 在 16 預 託 金 又 は 委 託 証 拠 金 その 他 の 保 証 金 (5に 該 当 する 財 産 を 除 きます ) 左 記 の 預 託 金 等 の 受 入 れをした 営 業 所 又 は 事 務 所 その 他 これらに 類 するものの 所 在 口 座 が 開 設 された 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 等 の 所 在 ( 注 8) 財 産 の 所 在 の 記 載 一 覧 表 財 産 及 び 債 務 の 種 類 所 在 の 記 載 1 動 産 若 しくは 不 動 産 又 は 不 動 産 の 上 に 存 する 権 利 その 動 産 又 は 不 動 産 の 所 在 2 1のうち 船 舶 又 は 航 空 機 ( 注 1) 船 籍 又 は 航 空 機 の 登 録 をした 機 関 の 所 在 3 鉱 業 権 若 しくは 租 鉱 権 又 は 採 石 権 鉱 区 又 は 採 石 場 の 所 在 5 金 融 機 関 に 対 する 預 金 貯 金 積 金 又 は 寄 託 金 ( 注 2) その 預 金 等 の 受 入 れをした 営 業 所 又 は 事 業 所 の 所 在 口 座 が 開 設 された 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 ( 注 8) 所 等 の 所 在 保 険 金 ( 保 険 の 契 約 に 関 する 権 利 を 含 みます ) ( 注 3) その 保 険 の 契 約 に 係 る 保 険 会 社 等 の 本 店 等 又 は 主 たる 事 務 所 の 所 在 7 退 職 手 当 金 功 労 金 その 他 これらに 準 ずる 給 与 ( 一 定 の 年 金 又 は 一 時 金 に 関 する 権 利 を 含 みます ) ( 注 4) その 給 与 を 支 払 った 者 の 住 所 又 は 本 店 若 しくは 主 たる 事 務 所 の 所 在 8 貸 付 金 債 権 ( 注 5) その 債 務 者 の 住 所 又 は 本 店 若 しくは 主 たる 事 務 所 の 所 在 9 社 債 若 しくは 株 式 ( 株 式 に 関 する 権 利 ( 株 式 を 無 償 又 は 有 利 な 価 額 で 取 その 社 債 若 しくは 株 式 の 発 行 法 人 その 出 資 のされている 法 人 又 は 外 国 預 託 証 券 得 することができる 権 利 その 他 これに 類 する 権 利 を 含 みます )が 含 ま に 係 る 株 式 の 発 行 法 人 の 本 店 又 は 主 たる 事 務 所 の 所 在 ( 注 6 7) れます ) 法 人 に 対 する 出 資 又 は 外 国 預 託 証 券 10 集 団 投 資 信 託 又 は 法 人 課 税 信 託 に 関 する 権 利 これらの 信 託 の 引 受 けをした 営 業 所 事 務 所 その 他 これらに 準 ずるものの 所 在 11 特 許 権 実 用 新 案 権 意 匠 権 若 しくはこれらの 実 施 権 で 登 録 されている もの 商 標 権 又 は 回 路 配 置 利 用 権 育 成 者 権 若 しくはこれらの 利 用 権 で その 登 録 をした 機 関 の 所 在 登 録 されているもの 12 著 作 権 出 版 権 又 は 著 作 隣 接 権 でこれらの 権 利 の 目 的 物 が 発 行 されているも の これを 発 行 する 営 業 所 又 は 事 業 所 の 所 在 13 1から 12 までの 財 産 を 除 くほか 営 業 所 又 は 事 業 所 を 有 する 者 の 営 業 上 又 は 事 業 上 の 権 利 営 業 所 又 は 事 業 所 の 所 在 14 国 債 又 は 地 方 債 この 法 律 の 施 行 地 ( 国 内 ) 口 座 が 開 設 された 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 15 外 国 又 は 外 国 の 地 方 公 共 団 体 その 他 これに 準 ずるものの 発 行 する 公 債 その 外 国 17 抵 当 証 券 又 はオプションを 表 示 する 証 券 若 しくは 証 書 左 記 の 有 価 証 券 の 発 行 者 の 本 店 又 は 主 たる 事 務 所 の 所 在 18 組 合 契 約 等 に 基 づく 出 資 左 記 の 組 合 契 約 等 に 基 づいて 事 業 を 行 う 主 たる 事 務 所 事 業 所 その 他 これらに 類 するものの 所 在 19 信 託 に 関 する 権 利 その 信 託 の 引 受 けをした 営 業 所 事 務 所 その 他 これらに 類 するものの 所 在

20 これらの 取 引 に 係 る 契 約 の 相 手 方 である 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 事 業 所 その 他 これらに 類 するも 20 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 のの 所 在 21 1から 20 までに 掲 げる 財 産 以 外 の 財 産 その 財 産 を 有 する 者 の 住 所 ( 住 所 を 有 しない 場 合 は 居 所 ) ( 注 1) 船 籍 のない 船 舶 については 相 続 税 法 基 本 通 達 10-1 に 基 づき 動 産 としてその 所 在 を 判 定 します ( 注 2) 金 融 機 関 に 対 する 預 金 貯 金 積 金 又 は 寄 託 金 とは 相 続 税 法 施 行 令 第 1 条 の 13 に 規 定 するものをいいます ( 注 3) 保 険 の 契 約 に 関 する 権 利 の 所 在 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 第 12 条 第 2 項 の 規 定 の 適 用 があります ( 注 4) 一 定 の 年 金 又 は 一 時 金 に 関 する 権 利 とは 相 続 税 法 施 行 令 第 1 条 の3に 定 める 年 金 又 は 一 時 金 に 関 する 権 利 (これらに 類 するものを 含 みます )をいいます ( 注 5) 債 務 者 が2 以 上 ある 場 合 には 主 たる 債 務 者 とし 主 たる 債 務 者 がないときは 相 続 税 法 施 行 令 第 1 条 の 14 により 判 定 した 一 の 債 務 者 となります ( 注 6) 外 国 預 託 証 券 とは 相 続 税 法 施 行 令 第 1 条 の 15 有 価 証 券 に 規 定 する 外 国 預 託 証 券 をいいます ( 注 7) 株 式 に 関 する 権 利 ( 株 式 を 無 償 又 は 有 利 な 価 額 で 取 得 することができる 権 利 その 他 これに 類 する 権 利 を 含 みます ) の 所 在 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 第 12 条 第 2 項 の 規 定 の 適 用 があります ( 注 8) 左 記 の 財 産 に 係 る 有 価 証 券 が 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 等 に 開 設 された 口 座 に 係 る 振 替 口 座 簿 に 記 載 等 がされているものである 場 合 の 取 扱 いです -14-

21 Q13 財 産 の 所 在 について 基 本 的 には 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 により 判 定 す るとのことですが 相 続 税 法 以 外 の 規 定 により 所 在 を 判 定 する 財 産 もあるのですか 相 続 税 法 に 規 定 する 社 債 株 式 等 の 有 価 証 券 等 のうち 一 定 のものについては 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 にかかわらず 国 外 送 金 等 調 書 令 第 12 条 の2 第 1 項 が 準 用 する 同 第 10 条 第 2 項 の 規 定 により 所 在 を 記 載 します( 詳 細 はQ14 を 参 照 ) また 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 財 産 以 外 の 財 産 で 次 に 掲 げる 財 産 に ついては 国 外 送 金 等 調 書 規 則 第 12 条 第 3 項 の 規 定 により それぞれ 次 によりその 所 在 を 記 載 します( 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 ) ⑴ 預 託 金 又 は 委 託 証 拠 金 その 他 の 保 証 金 預 託 金 又 は 委 託 証 拠 金 その 他 の 保 証 金 の 受 入 れをした 営 業 所 又 は 事 務 所 その 他 これらに 類 するものの 所 在 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 123 一 ) ⑵ 抵 当 証 券 又 はオプションを 表 示 する 証 券 若 しくは 証 書 等 これらの 有 価 証 券 の 発 行 者 の 本 店 又 は 主 たる 事 務 所 の 所 在 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 123 二 ) ⑶ 組 合 契 約 等 に 基 づく 出 資 これらの 契 約 に 基 づいて 事 業 を 行 う 主 たる 事 務 所 事 業 所 その 他 これらに 類 するものの 所 在 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 123 三 ) ⑷ 信 託 に 関 する 権 利 ( 集 団 投 資 信 託 又 は 法 人 課 税 信 託 に 関 する 権 利 及 び 上 記 ⑴から⑶までの 財 産 に 該 当 するものを 除 きます ) その 信 託 の 引 受 けをした 営 業 所 事 務 所 その 他 これらに 類 するものの 所 在 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 123 四 ) ⑸ 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 これらの 取 引 に 係 る 契 約 の 相 手 方 である 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 事 業 所 その 他 これ らに 類 するものの 所 在 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 123 五 ) ⑹ 上 記 以 外 の 財 産 その 財 産 を 有 する 方 の 住 所 ( 住 所 を 有 しない 方 にあっては 居 所 )の 所 在 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 123 六 ) なお 上 記 ⑵から⑷の 財 産 に 係 る 有 価 証 券 のうち 一 定 のものについては 国 外 送 金 等 調 書 規 則 第 12 条 第 3 項 ただし 書 の 規 定 により 所 在 を 記 載 します( 詳 細 はQ12 を 参 照 ) Q14 社 債 株 式 等 の 有 価 証 券 等 の 所 在 は 具 体 的 にどのように 記 載 するのですか 財 産 の 所 在 の 記 載 については 基 本 的 には 財 産 の 所 在 について 定 める 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 によることとされ これらの 項 に 規 定 する 財 産 については これらの 項 の 定 めるところによることとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 の21) ただし 社 債 株 式 等 の 有 価 証 券 等 ( 以 下 有 価 証 券 等 といいます )が 金 融 商 品 取 引 業 -15-

22 者 等 の 営 業 所 等 に 開 設 された 口 座 に 係 る 振 替 口 座 簿 に 記 載 等 がされているものである 場 合 に おけるその 有 価 証 券 等 の 所 在 については その 口 座 が 開 設 された 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 等 の 所 在 により 記 載 することとされています( 国 外 送 金 等 調 書 令 の21 国 外 送 金 等 調 書 規 則 123ただし 書 通 達 6の2-5) 土 地 の 記 載 事 項 Q15 借 地 権 を 保 有 していますが 財 産 債 務 調 書 にはこの 借 地 権 をどのように 記 載 すればよいの ですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 及 び 所 在 等 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 に 規 定 する 財 産 の 区 分 に 応 じて 同 別 表 の 記 載 事 項 に 規 定 する 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に 記 載 することとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 151) お 尋 ねの 借 地 権 については 財 産 債 務 の 区 分 のうち 土 地 に 該 当 するものとして 記 載 してください 委 託 証 拠 金 の 記 載 事 項 Q16 先 物 取 引 を 行 うに 当 たり 保 有 するA 社 の 株 式 ( 上 場 株 式 )を 委 託 証 拠 金 として 証 券 会 社 に 預 託 しました この 預 託 した 株 式 について 財 産 債 務 調 書 にはどのように 記 載 すればよい のですか 先 物 取 引 オプション 取 引 などのデリバティブ 取 引 や 信 用 取 引 等 を 行 う 際 に 委 託 証 拠 金 その 他 の 保 証 金 として 現 金 又 は 有 価 証 券 を 証 券 会 社 等 に 預 託 することがあります この 委 託 証 拠 金 その 他 の 保 証 金 として 預 託 した 現 金 又 は 有 価 証 券 については 次 のように 取 り 扱 います ⑴ 預 託 した 現 金 財 産 の 区 分 のうち その 他 の 財 産 に 該 当 し 財 産 債 務 調 書 には 種 類 別 用 途 別 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 を 記 載 します ⑵ 預 託 した 有 価 証 券 (いわゆる 代 用 有 価 証 券 ) 財 産 の 区 分 のうち 有 価 証 券 に 該 当 し 財 産 債 務 調 書 には 種 類 別 用 途 別 所 在 別 の ( 注 ) 数 量 及 び 価 額 並 びに 取 得 価 額 を 記 載 します( 通 達 6の2-2⑴イ) ( 注 ) 価 額 は 委 託 証 拠 金 その 他 の 保 証 金 として 取 り 扱 われた 金 額 (いわゆる 代 用 価 格 に 基 づく 金 額 ) ではなく 当 該 有 価 証 券 の 時 価 又 は 見 積 価 額 を 記 載 します したがって ご 質 問 の 委 託 証 拠 金 として 預 託 した 株 式 については 区 分 欄 には 有 価 証 券 と 種 類 欄 には 上 場 株 式 (A 社 ) と 記 載 します -16-

23 債 務 に 係 る 所 在 Q17 債 務 に 係 る 所 在 については 財 産 債 務 調 書 にどのように 記 載 するのですか 債 務 に 係 る 所 在 については 次 のとおり 記 載 することとされています( 通 達 6の2-7) ⑴ その 債 務 の 相 手 方 の 住 所 又 は 本 店 若 しくは 主 たる 事 務 所 の 所 在 を 記 載 します ⑵ 所 在 は 所 在 地 のほか 氏 名 又 は 名 称 を 記 載 します 国 外 財 産 調 書 との 関 係 Q18 国 外 財 産 調 書 には 国 外 財 産 を 記 載 して 提 出 することとされていますが 国 外 財 産 調 書 を 提 出 する 場 合 でも 所 得 金 額 が2 千 万 円 を 超 え かつ 保 有 する 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が3 億 円 以 上 又 は 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 である 場 合 は 財 産 債 務 調 書 を 提 出 する 必 要 があるのですか 国 外 財 産 調 書 の 提 出 が 必 要 な 方 であっても 所 得 金 額 が2 千 万 円 を 超 え かつ その 年 の 12 月 31 日 において 価 額 の 合 計 額 が3 億 円 以 上 である 財 産 又 は 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 で ある 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 を 有 する 方 は 財 産 債 務 調 書 の 提 出 も 必 要 になります( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 ) 財 産 債 務 調 書 の 提 出 基 準 の 詳 細 については Q2をご 確 認 ください この 場 合 財 産 債 務 調 書 には 国 外 財 産 に 係 る 事 項 ( 国 外 財 産 の 価 額 を 除 く )の 記 載 を 要 しないこととされていますので( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の22) 財 産 債 務 調 書 及 び 財 産 債 務 調 書 合 計 表 には 国 外 財 産 調 書 に 記 載 した 国 外 財 産 の 価 額 の 合 計 額 及 び 国 外 財 産 調 書 に 記 載 した 国 外 財 産 のうち 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 を 記 載 してください(18 頁 [ 参 考 ] 財 産 債 務 調 書 に 係 る 国 外 財 産 の 記 載 例 及 び 19 頁 [ 参 考 ] 財 産 債 務 調 書 合 計 表 に 係 る 国 外 財 産 の 価 額 の 記 載 例 を 参 照 ください ) なお 国 外 に 存 する 債 務 については 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 必 要 があります -17-

24 [ 参 考 ] 財 産 債 務 調 書 に 係 る 国 外 財 産 の 記 載 例 ( 国 外 財 産 調 書 を 提 出 する 場 合 ) 平 成 年 12 月 31 日 分 財 産 債 務 調 書 住 所 財 産 債 務 を 又 は 事 業 所 事 務 所 居 所 など 有 す る 者 氏 名 ( 電 話 ) - - 財 産 債 務 ( 上 段 は 有 価 証 券 等 の 取 得 価 額 ) 種 類 用 途 所 在 数 量 の 区 分 財 産 の 価 額 又 は 債 務 の 金 額 土 地 事 業 用 東 京 都 千 代 田 区 m2 250,000,000 建 物 事 業 用 東 京 都 港 区 m2 110,000,000 建 物 一 般 用 東 京 都 品 川 区 m2 89,000,000 備 考 土 地 を 含 む 建 物 計 (199,000,000) 事 業 用 預 貯 金 普 通 預 金 銀 行 支 店 一 般 用 38,961,915 6,500,000 有 価 証 券 上 場 株 式 (B 社 ) 一 般 用 証 券 支 店 5,000 株 6,450,000 東 京 都 港 区 ,000,000 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 一 般 用 100 口 株 式 会 社 B 140,000,000 未 決 済 デリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 30,000,000 先 物 取 引 ( ) 一 般 用 証 券 支 店 100 口 29,000,000 貸 付 金 事 業 用 東 京 都 目 黒 区 ,000,000 未 収 入 金 事 業 用 東 京 都 豊 島 区 株 式 会 社 C 1,500,000 未 収 入 金 事 業 用 その 他 10 件 未 収 入 金 計 貴 金 属 類 ダイヤモンド 一 般 用 東 京 都 品 川 区 個 その 他 の 動 産 家 庭 用 動 産 一 般 用 東 京 都 品 川 区 個 その 他 の 財 産 委 託 証 拠 金 一 般 用 証 券 支 店 2,300,000 (3,800,000) 6,000,000 3,000,000 10,000,000 借 入 金 事 業 用 銀 行 支 店 20,000,000 未 払 金 事 業 用 東 京 都 港 区 株 式 会 社 D 1,500,000 その 他 の 債 務 保 証 金 事 業 用 東 京 都 台 東 区 株 式 会 社 E 2,000,000 国 外 財 産 調 書 に 記 載 し た 国 外 財 産 の 価 額 の 合 計 額 ( う ち 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 ( 34,000,000 ) 円 ) 89,000,000 財 産 の 価 額 の 合 計 額 778,211,915 債 務 の 金 額 の 合 計 額 23,500,000 ( 摘 要 ) (1) 枚 のうち(1) 枚 目 国 外 財 産 調 書 に 記 載 した 国 外 財 産 の 価 額 の 合 計 額 及 び 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 を 記 載 する -18-

25 [ 参 考 ] 財 産 債 務 調 書 合 計 表 に 係 る 国 外 財 産 の 記 載 例 ( 国 外 財 産 調 書 を 提 出 する 場 合 ) 国 外 財 産 調 書 の 提 出 をする 場 合 には 国 外 財 産 調 書 に 記 載 した 国 外 財 産 の 価 額 の 合 計 額 及 び 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 を 記 載 する -19-

26 Ⅲ 財 産 の 価 額 等 基 本 的 な 考 え 方 Q19 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 価 額 は その 年 の 12 月 31 日 における 時 価 によらなければ ならないのですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 価 額 は その 年 の 12 月 31 日 における 時 価 又 は 時 価 に 準 ずるものとして 見 積 価 額 によることとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の23 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の22 国 外 送 金 等 調 書 規 則 ) これは 財 産 の 価 額 について その 年 の 12 月 31 日 における 時 価 の 算 定 が 困 難 な 場 合 等 も 考 えられることから 財 産 債 務 調 書 を 提 出 される 方 の 事 務 負 担 等 を 軽 減 する 観 点 から 時 価 に 準 ずるものとして 見 積 価 額 によることを 認 めることとしているものです したがって 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 価 額 は その 財 産 の 時 価 ではなく 見 積 価 額 を 算 定 し 記 載 しても 差 し 支 えありません なお 時 価 についてはQ20 を 見 積 価 額 についてはQ21 をそれぞれご 確 認 ください Q20 財 産 の 時 価 とは どのような 価 額 をいうのですか 財 産 の 時 価 とは その 年 の 12 月 31 日 における 財 産 の 現 況 に 応 じ 不 特 定 多 数 の 当 事 者 間 で 自 由 な 取 引 が 行 われる 場 合 に 通 常 成 立 すると 認 められる 価 額 をいいます( 通 達 6の2-8 前 段 ) その 価 額 は 財 産 の 種 類 に 応 じて 動 産 及 び 不 動 産 等 については 専 門 家 による 鑑 定 評 価 額 ( 注 上 場 株 式 等 については 金 融 商 品 取 引 所 等 ) の 公 表 する 同 日 の 最 終 価 格 等 となります ( 注 ) 金 融 商 品 取 引 所 等 とは 金 融 商 品 取 引 所 のほか 店 頭 登 録 等 の 公 表 相 場 があるものを 指 しま す Q21 財 産 の 見 積 価 額 とは どのような 価 額 をいうのですか 財 産 の 見 積 価 額 とは その 財 産 の 種 類 等 に 応 じて 次 の 方 法 で 算 定 した 価 額 をいいます ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 6の2-8 後 段 6の2-9 6の2-10) 1 事 業 所 得 の 基 因 となる 棚 卸 資 産 その 年 の 12 月 31 日 における 棚 卸 資 産 の 評 価 額 2 不 動 産 所 得 事 業 所 得 山 林 所 得 又 は 雑 所 得 に 係 る 減 価 償 却 資 産 その 年 の 12 月 31 日 における 減 価 償 却 資 産 の 償 却 後 の 価 額 3 上 記 1 及 び2 以 外 の 財 産 -20-

27 その 年 の 12 月 31 日 における 財 産 の 現 況 に 応 じ その 財 産 の 取 得 価 額 や 売 買 実 例 価 額 な どを 基 に 合 理 的 な 方 法 により 算 定 した 価 額 なお 見 積 価 額 の 具 体 的 な 算 定 方 法 については Q23 以 降 をご 確 認 ください Q22 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 価 額 は 財 産 評 価 基 本 通 達 で 定 める 方 法 により 評 価 した 価 額 でもよいのですか 財 産 評 価 基 本 通 達 では 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 課 税 価 格 計 算 の 基 礎 となる 各 財 産 の 評 価 方 法 に 共 通 する 原 則 や 各 種 の 財 産 の 評 価 単 位 ごとの 評 価 の 方 法 を 定 めています 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 価 額 についても 財 産 評 価 基 本 通 達 で 定 める 方 法 により 評 価 した 価 額 として 差 し 支 えありません 財 産 の 見 積 価 額 Q23 財 産 の 見 積 価 額 の 合 理 的 な 算 定 方 法 について 財 産 の 種 類 ごとに 具 体 的 に 教 えてくだ さい 財 産 債 務 調 書 に 記 載 すべき 財 産 ( 事 業 所 得 の 基 因 となる 棚 卸 資 産 及 び 不 動 産 所 得 事 業 所 得 雑 所 得 又 山 林 所 得 に 係 る 減 価 償 却 資 産 を 除 きます )の 見 積 価 額 については その 年 の 12 月 31 日 における 財 産 の 現 況 に 応 じ その 財 産 の 取 得 価 額 や 売 買 実 例 価 額 などを 基 に 合 理 的 な 方 法 により 算 定 する 必 要 があります 合 理 的 な 方 法 により 算 定 された 財 産 の 見 積 価 額 とは 例 えば 次 のような 方 法 により 算 定 された 価 額 をいいます( 通 達 6の2-9) 財 産 の 種 類 見 積 価 額 の 算 定 方 法 土 地 次 のいずれかの 方 法 により 算 定 した 価 額 ⑴ その 年 の 12 月 31 日 が 属 する 年 中 に 課 された 固 定 資 産 税 の 計 算 の 基 となる 固 定 資 産 税 評 価 額 ( 地 方 税 法 第 381 条 ( 固 定 資 産 課 税 台 帳 の 登 録 事 項 ) の 規 定 により 登 録 された 基 準 年 度 の 価 格 又 は 比 準 価 格 をいいま す なお その 財 産 に 対 して 外 国 又 は 外 国 の 地 方 公 共 団 体 の 定 める 法 令 により 固 定 資 産 税 に 相 当 する 租 税 が 課 される 場 合 には その 年 の 12 月 31 日 が 属 する 年 中 に 課 された 当 該 租 税 の 計 算 の 基 となる 課 税 標 準 額 とします ) ⑵ 取 得 価 額 を 基 にその 取 得 後 における 価 額 の 変 動 を 合 理 的 な 方 法 によ って 見 積 もって 算 出 した 価 額 ⑶ その 年 の 翌 年 1 月 1 日 から 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 までにその 財 産 を 譲 渡 した 場 合 における 譲 渡 価 額 建 物 次 のいずれかの 方 法 により 算 定 した 価 額 ⑴ その 年 の 12 月 31 日 が 属 する 年 中 に 課 された 固 定 資 産 税 の 計 算 の 基 となる 固 定 資 産 税 評 価 額 ( 地 方 税 法 第 381 条 ( 固 定 資 産 課 税 台 帳 の 登 録 事 項 ) の 規 定 により 登 録 された 基 準 年 度 の 価 格 又 は 比 準 価 格 をいいま -21-

28 財 産 の 種 類 見 積 価 額 の 算 定 方 法 す なお その 財 産 に 対 して 外 国 又 は 外 国 の 地 方 公 共 団 体 の 定 める 法 令 により 固 定 資 産 税 に 相 当 する 租 税 が 課 される 場 合 には その 年 の 12 月 31 日 が 属 する 年 中 に 課 された 当 該 租 税 の 計 算 の 基 となる 課 税 標 準 額 とします ) ⑵ 取 得 価 額 を 基 にその 取 得 後 における 価 額 の 変 動 を 合 理 的 な 方 法 によ って 見 積 もって 算 出 した 価 額 ⑶ その 年 の 翌 年 1 月 1 日 から 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 までにその 財 産 を 譲 渡 した 場 合 における 譲 渡 価 額 ⑷ 業 務 の 用 に 供 する 財 産 以 外 のものである 場 合 には その 財 産 の 取 得 価 額 から その 年 の 12 月 31 日 における 経 過 年 数 に 応 ずる 償 却 費 の 額 を 控 除 した 金 額 ( 注 ) 経 過 年 数 に 応 ずる 償 却 費 の 額 は その 財 産 の 取 得 又 は 建 築 の 時 からそ の 年 の 12 月 31 日 までの 期 間 (その 期 間 に1 年 未 満 の 端 数 があるときは その 端 数 は 1 年 として 計 算 します )の 償 却 費 の 額 の 合 計 額 また 償 却 方 法 は 定 額 法 によるものとし その 耐 用 年 数 は 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 等 に 関 する 省 令 に 規 定 する 耐 用 年 数 によります 山 林 次 のいずれかの 方 法 により 算 定 した 価 額 ⑴ その 年 の 12 月 31 日 が 属 する 年 中 に 課 された 固 定 資 産 税 の 計 算 の 基 となる 固 定 資 産 税 評 価 額 ( 地 方 税 法 第 381 条 ( 固 定 資 産 課 税 台 帳 の 登 録 事 項 ) の 規 定 により 登 録 された 基 準 年 度 の 価 格 又 は 比 準 価 格 をいいま す なお その 財 産 に 対 して 外 国 又 は 外 国 の 地 方 公 共 団 体 の 定 める 法 令 により 固 定 資 産 税 に 相 当 する 租 税 が 課 される 場 合 には その 年 の 12 月 31 日 が 属 する 年 中 に 課 された 当 該 租 税 の 計 算 の 基 となる 課 税 標 準 額 とします ) ⑵ 取 得 価 額 を 基 にその 取 得 後 における 価 額 の 変 動 を 合 理 的 な 方 法 によ って 見 積 もって 算 出 した 価 額 ⑶ その 年 の 翌 年 1 月 1 日 から 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 までにその 財 産 を 譲 渡 した 場 合 における 譲 渡 価 額 預 貯 金 その 年 の 12 月 31 日 における 預 入 高 ( 注 ) 定 期 預 金 ( 定 期 貯 金 を 含 む 以 下 定 期 預 金 等 といいます )で その 年 の 12 月 31 日 において 当 該 定 期 預 金 等 に 係 る 契 約 において 定 める 預 入 期 間 が 満 了 していないものについては 当 該 契 約 の 時 に 預 け 入 れした 元 本 の 金 額 を 見 積 価 額 として 差 し 支 えありません 有 価 証 券 次 の⑴ ⑵ 又 は⑶の 方 法 により 算 定 した 価 額 ( 金 融 商 品 取 引 所 等 ⑴ その 年 の 12 月 31 日 における 売 買 実 例 価 額 ( 同 日 における 売 買 実 例 に 上 場 等 されている 価 額 がない 場 合 には 同 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 におけるその 年 中 の 売 有 価 証 券 以 外 の 有 価 買 実 例 価 額 )のうち 適 正 と 認 められる 売 買 実 例 価 額 証 券 ) ⑵ ⑴による 価 額 がない 場 合 には その 年 の 翌 年 1 月 1 日 から 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 までにその 有 価 証 券 を 譲 渡 した 場 合 における 譲 渡 価 -22-

29 財 産 の 種 類 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 未 決 済 信 用 取 引 等 に 係 る 権 利 未 決 済 デリバ ティブ 取 引 に 係 る 権 利 見 積 価 額 の 算 定 方 法 額 ⑶ ⑴ 及 び⑵がない 場 合 には 次 の 価 額 イ 株 式 については 当 該 株 式 の 発 行 法 人 のその 年 の 12 月 31 日 又 は 同 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 において 終 了 した 事 業 年 度 における 決 算 書 等 に 基 づき その 法 人 の 純 資 産 価 額 ( 帳 簿 価 額 によって 計 算 した 金 額 )に 自 己 の 持 株 割 合 を 乗 じて 計 算 するなど 合 理 的 に 算 出 した 価 額 ロ 新 株 予 約 権 については その 目 的 たる 株 式 がその 年 の 12 月 31 日 における 金 融 商 品 取 引 所 等 の 公 表 する 最 終 価 格 がないものである 場 合 には 同 日 におけるその 目 的 たる 株 式 の 見 積 価 額 から1 株 当 たり の 権 利 行 使 価 額 を 控 除 した 金 額 に 権 利 行 使 により 取 得 することがで きる 株 式 数 を 乗 じて 計 算 した 金 額 ( 注 ) 同 日 におけるその 目 的 たる 株 式 の 見 積 価 額 については ⑴ ⑵ ⑶イの 取 扱 いに 準 じて 計 算 した 金 額 とすることができます ⑷ ⑴ ⑵ 及 び⑶がない 場 合 には 取 得 価 額 匿 名 組 合 事 業 に 係 るその 年 の 12 月 31 日 又 は 同 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 において 終 了 した 計 算 期 間 の 計 算 書 等 に 基 づき その 組 合 の 純 資 産 価 額 ( 帳 簿 価 額 によって 計 算 した 金 額 ) 又 は 利 益 の 額 に 自 己 の 出 資 割 合 を 乗 じて 計 算 するなど 合 理 的 に 算 出 した 価 額 ただし 営 業 者 等 から 計 算 書 等 の 送 付 等 がない 場 合 には 出 資 額 による こととして 差 し 支 えありません 金 融 商 品 取 引 所 等 において 公 表 された 当 該 信 用 取 引 等 に 係 る 有 価 証 券 の その 年 の 12 月 31 日 の 最 終 の 売 買 の 価 格 ( 公 表 された 同 日 における 当 該 価 格 がない 場 合 には 公 表 された 同 日 における 最 終 の 気 配 相 場 の 価 格 とし 公 表 された 同 日 における 当 該 価 格 及 び 当 該 気 配 相 場 の 価 格 のいずれもない 場 合 には 最 終 の 売 買 の 価 格 又 は 最 終 の 気 配 相 場 の 価 格 が 公 表 された 日 で その 年 の 12 月 31 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 におけるその 最 終 の 売 買 の 価 格 又 は 最 終 の 気 配 相 場 の 価 格 とします )に 基 づき 同 日 において 当 該 信 用 取 引 等 を 決 済 したものとみなして 算 出 した 利 益 の 額 又 は 損 失 の 額 に 相 当 する 金 額 次 の⑴ 又 は⑵の 方 法 により 算 定 した 価 額 ⑴ 金 融 商 品 取 引 所 等 に 上 場 等 されているデリバティブ 取 引 取 引 所 において 公 表 されたその 年 の 12 月 31 日 の 最 終 の 売 買 の 価 格 ( 公 表 された 同 日 における 当 該 価 格 がない 場 合 には 公 表 された 同 日 における 最 終 の 気 配 相 場 の 価 格 とし 公 表 された 同 日 における 当 該 価 格 及 び 当 該 気 配 相 場 の 価 格 のいずれもない 場 合 には 最 終 の 売 買 の 価 格 又 は 最 終 の 気 配 相 場 の 価 格 が 公 表 された 日 でその 年 の 12 月 31 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 におけるその 最 終 の 売 買 の 価 格 又 は 最 終 の 気 配 相 場 の 価 格 とします )に 基 づき 同 日 において 当 該 デリバティブ 取 引 を -23-

30 財 産 の 種 類 見 積 価 額 の 算 定 方 法 決 済 したものとみなして 算 出 した 利 益 の 額 又 は 損 失 の 額 に 相 当 する 金 額 ( 以 下 ⑵において みなし 決 済 損 益 額 といいます ) ⑵ 上 記 ⑴ 以 外 のデリバティブ 取 引 イ 銀 行 証 券 会 社 等 から 入 手 した 価 額 ( 当 該 デリバティブ 取 引 の 見 積 将 来 キャッシュ フローを 現 在 価 値 に 割 り 引 く 方 法 オプション 価 格 モデルを 用 いて 算 定 する 方 法 その 他 合 理 的 な 方 法 に 基 づいて 算 定 されたこれらの 者 の 提 示 価 額 に 限 ります( 以 下 イにおいて 同 じ ) ) に 基 づき 算 出 したみなし 決 済 損 益 額 (その 年 の 12 月 31 日 における 価 額 がこれらの 者 から 入 手 できない 場 合 には これらの 者 から 入 手 したその 年 の 12 月 31 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 における 価 額 に 基 づ き 算 出 したみなし 決 済 損 益 額 ) ロ 上 記 イにより 計 算 ができない 場 合 には 備 忘 価 額 として1 円 貸 付 金 その 年 の 12 月 31 日 における 貸 付 金 の 元 本 の 額 未 収 入 金 その 年 の 12 月 31 日 における 未 収 入 金 の 元 本 の 額 ( 受 取 手 形 を 含 む ) 書 画 骨 とう 及 次 の⑴ ⑵ 又 は⑶の 方 法 により 算 定 した 価 額 び 美 術 工 芸 品 ⑴ その 年 の 12 月 31 日 における 売 買 実 例 価 額 ( 同 日 における 売 買 実 例 価 額 がない 場 合 には 同 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 におけるその 年 中 の 売 買 実 例 価 額 )のうち 適 正 と 認 められる 売 買 実 例 価 額 ⑵ ⑴による 価 額 がない 場 合 には その 年 の 翌 年 1 月 1 日 から 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 までにその 財 産 を 譲 渡 した 場 合 における 譲 渡 価 額 ⑶ ⑴ 及 び⑵による 価 額 がない 場 合 には 取 得 価 額 貴 金 属 類 次 の⑴ ⑵ 又 は⑶の 方 法 により 算 定 した 価 額 ⑴ その 年 の 12 月 31 日 における 売 買 実 例 価 額 ( 同 日 における 売 買 実 例 価 額 がない 場 合 には 同 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 におけるその 年 中 の 売 買 実 例 価 額 )のうち 適 正 と 認 められる 売 買 実 例 価 額 ⑵ ⑴による 価 額 がない 場 合 には その 年 の 翌 年 1 月 1 日 から 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 までにその 財 産 を 譲 渡 した 場 合 における 譲 渡 価 額 ⑶ ⑴ 及 び⑵による 価 額 がない 場 合 には 取 得 価 額 上 記 以 外 の 動 家 具 什 器 備 品 自 動 車 船 舶 や 航 空 機 などの 動 産 で 業 務 の 用 に 供 産 する 財 産 以 外 の 動 産 である 場 合 は 取 得 価 額 から その 年 の 12 月 31 日 ( 現 金 書 画 骨 とう における 経 過 年 数 に 応 ずる 償 却 費 の 額 を 控 除 した 金 額 美 術 工 芸 品 貴 金 属 ( 注 )1 経 過 年 数 に 応 ずる 償 却 費 の 額 は その 財 産 の 取 得 又 は 建 築 の 時 から 類 を 除 く ) その 年 の 12 月 31 日 までの 期 間 (その 期 間 に1 年 未 満 の 端 数 があるとき は その 端 数 は1 年 として 計 算 します )の 償 却 費 の 額 の 合 計 額 また 償 却 方 法 は 定 額 法 によるものとし 耐 用 年 数 は 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 等 に 関 する 省 令 に 規 定 する 耐 用 年 数 によります 2 家 庭 用 動 産 で かつ その 取 得 価 額 が 100 万 円 未 満 のものである 場 合 -24-

31 財 産 の 種 類 見 積 価 額 の 算 定 方 法 には その 年 の 12 月 31 日 における 当 該 財 産 の 見 積 価 額 については 10 万 円 未 満 のものであると 取 り 扱 って 差 し 支 えありません 有 価 証 券 の 価 額 等 Q24 金 融 商 品 取 引 所 等 に 上 場 等 していない 法 人 の 株 式 を 保 有 しています その 法 人 の 決 算 期 は 毎 年 12 月 末 ですが 各 期 の 決 算 が 確 定 する 時 期 が 翌 年 の3 月 末 です この 場 合 この 株 式 の 見 積 価 額 をどのように 算 定 すればよいのですか 金 融 商 品 取 引 所 等 に 上 場 等 されていない 株 式 については その 年 の 12 月 31 日 又 は 同 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 において 終 了 する 事 業 年 度 における 決 算 書 等 に 基 づき その 法 人 の 純 資 産 価 額 ( 帳 簿 価 額 によって 計 算 した 価 額 )に 自 己 の 持 株 割 合 を 乗 じて 計 算 するなど 合 理 的 に 算 出 し た 金 額 を 見 積 価 額 とすることができます( 法 令 解 釈 通 達 6の2-9⑸) しかしながら その 決 算 の 確 定 が 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 である 翌 年 3 月 15 日 を 超 える 場 合 もあることから その 場 合 には 当 該 事 業 年 度 の 一 つ 前 の 事 業 年 度 の 決 算 書 等 に 基 づいて 見 積 価 額 を 算 定 しても 差 し 支 えありません Q25 ストックオプションに 関 する 権 利 を 保 有 していますが その 価 額 はどのように 算 定 すれば よいのですか ストックオプションに 関 する 権 利 の 価 額 については その 目 的 となっている 株 式 の 種 類 に 応 じて 例 えば 次 の 算 式 で 計 算 した 金 額 をその 財 産 の 価 額 として 差 し 支 えありません( 通 達 6 の2-9⑸) 計 算 式 ( その 年 の 12 月 31 日 におけるストックオプションの 対 象 となる 株 式 の 価 額 - 1 株 当 たりの 権 利 行 使 価 額 ) 権 利 行 使 により 取 得 することができる 株 式 数 また 上 記 算 式 の その 年 の 12 月 31 日 におけるストックオプションの 対 象 となる 株 式 の 価 額 に ついては 例 えば 金 融 商 品 取 引 所 等 に 上 場 等 されている 株 式 の 場 合 には 金 融 商 品 取 引 所 等 が 公 表 するその 年 の 12 月 31 日 の 最 終 価 格 により また 金 融 商 品 取 引 所 等 に 上 場 等 されていない 株 式 の 場 合 には 純 資 産 価 額 に 自 己 の 持 分 割 合 を 乗 じるなどによって 価 額 を 算 定 します なお その 年 の 12 月 31 日 が 権 利 行 使 可 能 期 間 内 に 存 しないストックオプションに 関 する 権 利 については 財 産 債 務 調 書 への 記 載 を 要 しません( 通 達 6の2-2⑴ロ 注 書 ) -25-

32 Q26 財 産 債 務 調 書 には 有 価 証 券 等 の 取 得 価 額 を 記 載 する 必 要 があるとのことですが どのよ うに 取 得 価 額 を 算 定 すればよいのですか 財 産 債 務 の 区 分 のうち ( 六 ) 有 価 証 券 ( 七 ) 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 ( 八 ) 未 決 済 信 用 取 引 等 に 係 る 権 利 及 び ( 九 ) 未 決 済 デリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 に 区 分 される 財 産 については その 年 の 12 月 31 日 における 価 額 のほか 取 得 価 額 の 記 載 が 必 要 です( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 ) これらの 財 産 に 係 る 取 得 価 額 については 次 のように 算 定 することができます( 通 達 6の2-11) 財 産 の 種 類 取 得 価 額 の 算 定 方 法 有 価 証 券 匿 名 次 の⑴ ⑵ 又 は⑶の 方 法 により 算 定 した 価 額 組 合 契 約 の 出 ⑴ 金 銭 の 払 込 み 又 は 購 入 により 取 得 した 場 合 には 当 該 財 産 を 取 得 し 資 の 持 分 たときに 支 払 った 金 銭 の 額 又 は 購 入 の 対 価 のほか 購 入 手 数 料 など 当 該 財 産 を 取 得 するために 要 した 費 用 を 含 めた 価 額 ⑵ 相 続 ( 限 定 承 認 を 除 く ) 遺 贈 ( 包 括 遺 贈 のうち 限 定 承 認 を 除 く ) 又 は 贈 与 により 取 得 した 場 合 には 被 相 続 人 遺 贈 者 又 は 贈 与 者 の 取 得 価 額 を 引 き 継 いだ 価 額 ⑶ ⑴ ⑵その 他 合 理 的 な 方 法 により 算 出 することが 困 難 である 場 合 に は 次 の 価 額 イ 当 該 財 産 に 額 面 金 額 がある 場 合 には その 額 面 金 額 ロ その 年 の 12 月 31 日 における 当 該 財 産 の 価 額 の 100 分 の5に 相 当 する 価 額 未 決 済 信 用 取 当 該 財 産 のその 年 の 12 月 31 日 における 価 額 を 同 日 においてそれらの 引 等 に 係 る 権 取 引 を 決 済 したものとみなして 算 出 した 利 益 の 額 又 は 損 失 の 額 に 相 当 する 利 未 決 済 デリ 金 額 により 記 載 する 場 合 には(Q23 参 照 ) 当 該 財 産 の 取 得 価 額 はゼロとし バティブ 取 引 ます に 係 る 権 利 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 の 価 額 Q27 匿 名 組 合 に 出 資 をしています その 匿 名 組 合 の 計 算 期 間 は 毎 年 12 月 末 日 に 終 了 しますが 計 算 書 は 翌 年 の3 月 末 に 送 付 されています この 場 合 その 出 資 の 持 分 の 見 積 価 額 をどのよ うに 算 定 すればよいのですか 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 の 価 額 については 組 合 事 業 に 係 るその 年 の 12 月 31 日 又 は 同 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 において 終 了 した 計 算 期 間 の 計 算 書 等 に 基 づき その 組 合 の 純 資 産 価 額 ( 帳 簿 価 額 によって 計 算 した 金 額 ) 又 は 利 益 の 額 に 自 己 の 出 資 割 合 を 乗 じて 計 算 するなど 合 理 的 に 算 出 した 価 額 によることができます( 通 達 6の2-9⑹) しかしながら 当 該 計 算 期 間 に 係 る 計 算 書 等 の 送 付 が 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 であるその -26-

33 年 の 翌 年 3 月 15 日 までに 行 われない 場 合 には 当 該 計 算 期 間 の 一 つ 前 の 計 算 期 間 の 計 算 書 等 に 基 づいて 見 積 価 額 を 算 出 しても 差 し 支 えありません 家 庭 用 動 産 の 価 額 Q28 自 宅 に 多 数 の 家 庭 用 動 産 を 保 有 しています この 家 庭 用 動 産 について 財 産 債 務 調 書 には どのように 記 載 すればよいのですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 及 び 所 在 等 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 に 規 定 する 財 産 の 区 分 に 応 じて 同 別 表 の 記 載 事 項 に 規 定 する 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に 記 載 することとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 151) 家 庭 用 動 産 については 財 産 の 区 分 のうち 現 金 書 画 骨 とう 及 び 美 術 工 芸 品 又 は 貴 金 属 類 に 区 分 されるものを 除 き その 他 の 動 産 に 区 分 されます( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 ) その 他 の 動 産 に 区 分 される 財 産 については 提 出 義 務 者 の 事 務 負 担 を 軽 減 する 観 点 から 一 個 又 は 一 組 の 価 額 が 10 万 円 未 満 のものについては 財 産 債 務 調 書 への 記 載 を 要 しないこと とされています したがって 家 庭 用 動 産 を 財 産 債 務 調 書 に 記 載 するに 当 たっては 一 個 又 は 一 組 の 価 額 が 10 万 円 以 上 の 家 庭 用 動 産 について 種 類 別 所 在 別 にその 数 量 と 価 額 を 記 載 することとなります ただし 家 庭 用 動 産 のうち 一 個 又 は 一 組 の 取 得 価 額 が 100 万 円 未 満 のものについては そ の 動 産 の 12 月 31 日 における 見 積 価 額 が 10 万 円 未 満 のものと 取 り 扱 って 差 し 支 えないことと されていますので( 通 達 6の2-9⑿( 注 )) その 動 産 については 財 産 債 務 調 書 への 記 載 を 要 しないこととなります Q29 自 宅 に 多 数 の 指 輪 やネックレスなどを 所 有 しています( 事 業 用 ではありません ) この 場 合 財 産 債 務 調 書 にはどのように 記 載 すればよいのですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 及 び 所 在 等 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 に 規 定 する 財 産 の 区 分 に 応 じて 同 別 表 の 記 載 事 項 に 規 定 する 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に 記 載 することとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 151) 家 庭 用 動 産 については 財 産 の 区 分 のうち 現 金 書 画 骨 とう 美 術 工 芸 品 又 は 貴 金 属 類 に 区 分 されるものを 除 き その 他 の 動 産 に 区 分 されますが( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 通 達 6の2-2⑶) 貴 金 属 類 のうち 装 身 具 として 用 いられるものについては そ の 用 途 が 事 業 用 のものを 除 き その 他 の 動 産 に 該 当 するものと 取 り 扱 って 差 し 支 えありま せん( 通 達 6の2-2⑶ 注 書 ) -27-

34 また その 他 の 動 産 に 区 分 される 財 産 については 一 個 又 は 一 組 の 価 額 が 10 万 円 未 満 の ものについては 財 産 債 務 調 書 への 記 載 を 要 しないこととされています( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 ) したがって お 尋 ねの 指 輪 やネックレスなどの 装 身 具 については 一 個 又 は 一 組 の 価 額 が 10 万 円 以 上 のものについて 財 産 債 務 調 書 においては その 他 の 動 産 に 区 分 される 財 産 とし て 記 載 することとなります なお 家 庭 用 動 産 のうち 一 個 又 は 一 組 の 取 得 価 額 が 100 万 円 未 満 のものについては その 動 産 の 12 月 31 日 における 見 積 価 額 が 10 万 円 未 満 のものと 取 り 扱 って 差 し 支 えないこととさ れていますので( 通 達 6の2-9⑿( 注 )) お 尋 ねの 装 身 具 についても 同 様 に 取 り 扱 うことが できます 保 険 に 関 する 権 利 の 価 額 Q30 生 命 保 険 に 加 入 していますが この 生 命 保 険 の 価 額 はどのように 算 定 すればよいのです か なお 加 入 している 生 命 保 険 契 約 は 満 期 返 戻 金 のあるものです 保 険 ( 共 済 を 含 む )に 関 する 権 利 の 価 額 は その 年 の 12 月 31 日 にその 生 命 保 険 契 約 を 解 約 することとした 場 合 に 支 払 われることとなる 解 約 返 戻 金 の 額 をその 財 産 の 価 額 として 差 し 支 えありません( 通 達 6の2-9⒀イ) なお 加 入 している 生 命 保 険 契 約 が 満 期 返 戻 金 を 定 期 金 ( 年 金 形 式 )で 受 け 取 ることがで きる 内 容 のものであっても 同 様 の 方 法 により 価 額 を 算 定 します ( 注 ) 損 害 保 険 契 約 に 関 する 権 利 の 価 額 についても 同 様 の 方 法 で 算 定 します ただし 保 険 会 社 等 から その 年 中 の 12 月 31 日 前 の 日 においてその 生 命 保 険 契 約 を 解 約 す ることとした 場 合 に 支 払 われることとなる 解 約 返 戻 金 の 額 を 入 手 している 場 合 には その 額 を その 財 産 の 価 額 として 差 し 支 えありません( 通 達 6の2-9⒀イただし 書 ) 定 期 金 に 関 する 権 利 の 価 額 Q31 生 命 保 険 契 約 に 基 づく 定 期 金 ( 年 金 )を 受 け 取 っていますが その 価 額 はどのように 算 定 すればよいのですか 給 付 事 由 が 発 生 している 生 命 保 険 契 約 に 基 づく 定 期 金 についても 保 険 ( 共 済 を 含 む )に 関 する 権 利 の 価 額 は その 年 の 12 月 31 日 にその 生 命 保 険 契 約 を 解 約 することとした 場 合 に 支 払 われることとなる 解 約 返 戻 金 の 額 をその 財 産 の 価 額 として 差 し 支 えありません( 通 達 6の2-9⒀イ) ( 注 ) 損 害 保 険 契 約 に 関 する 権 利 の 価 額 についても 同 様 の 方 法 で 算 定 します ただし 保 険 会 社 等 から その 年 中 の 12 月 31 日 前 の 日 においてその 生 命 保 険 契 約 を 解 約 す -28-

35 ることとした 場 合 に 支 払 われることとなる 解 約 返 戻 金 の 額 を 入 手 している 場 合 には その 額 を その 財 産 の 価 額 として 差 し 支 えありません( 通 達 6の2-9⒀イただし 書 ) 民 法 に 規 定 する 組 合 契 約 等 その 他 これらに 類 する 契 約 に 基 づく 出 資 の 価 額 Q32 不 動 産 投 資 を 目 的 とした 民 法 上 の 組 合 に 対 して 出 資 していますが 財 産 債 務 調 書 には 出 資 額 を 記 載 すればよいのですか 民 法 に 規 定 する 組 合 契 約 のように 営 利 を 目 的 として 事 業 を 行 うことができる 組 合 に 対 する 出 資 の 価 額 は その 組 合 の 実 情 に 応 じて 例 えば 次 の 金 額 をその 財 産 の 価 額 として 差 し 支 え ありません ⑴ その 事 業 体 が 行 う 事 業 に 係 る 計 算 書 等 の 送 付 等 がある 場 合 その 年 の 12 月 31 日 又 は 同 日 前 の 最 も 近 い 日 において 終 了 した 計 算 期 間 の 計 算 書 等 に 基 づき 計 算 したその 事 業 体 の 純 資 産 価 額 又 は 利 益 の 額 自 己 の 出 資 割 合 ⑵ その 事 業 体 が 行 う 事 業 に 係 る 計 算 書 等 の 送 付 等 がない 場 合 出 資 額 信 託 に 関 する 権 利 の 価 額 Q33 保 有 している 国 債 を 金 融 機 関 に 信 託 して 運 用 しています このような 財 産 の 価 額 は どのような 方 法 で 算 定 すればよいのですか 信 託 の 利 益 を 受 ける 権 利 には 信 託 財 産 の 運 用 等 によって 生 ずる 利 益 を 受 ける 権 利 と 信 託 終 了 後 において 信 託 財 産 自 体 を 受 ける 権 利 とがあり 前 者 を 収 益 の 受 益 権 後 者 を 元 本 の 受 益 権 といい 両 者 を 含 めて 信 託 受 益 権 といいます 信 託 受 益 権 の 価 額 は 次 に 掲 げる 区 分 に 従 い それぞれ 次 に 掲 げる 方 法 により 価 額 を 算 定 す ることとして 差 し 支 えありません( 通 達 6の2-9⒀ニ) ⑴ 元 本 と 収 益 との 受 益 者 が 同 一 人 である 場 合 信 託 財 産 の 見 積 価 額 ( 注 ) 信 託 財 産 の 見 積 価 額 は 信 託 財 産 の 種 類 に 応 じて 前 記 Q23 の 方 法 で 算 定 して 差 し 支 えありませ ん ⑵ 元 本 と 収 益 との 受 益 者 が 元 本 及 び 収 益 の 一 部 を 受 ける 場 合 ⑴の 価 額 受 益 割 合 ⑶ 元 本 の 受 益 者 と 収 益 の 受 益 者 とが 異 なる 場 合 イ 元 本 を 受 益 する 場 合 ⑴の 価 額 - ロにより 算 定 した 価 額 ロ 収 益 を 受 益 する 場 合 次 のいずれかの 方 法 により 算 定 した 価 額 1 受 益 者 が 将 来 受 けると 見 込 まれる 利 益 の 額 の 複 利 現 価 の 額 の 合 計 額 2 その 年 中 に 給 付 を 受 けた 利 益 の 額 信 託 契 約 の 残 存 年 数 -29-

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

fukkouqa120606.pdf

fukkouqa120606.pdf 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する Q&A 平 成 24 年 6 月 日 本 証 券 業 協 会 目 次 Ⅰ. 復 興 特 別 所 得 税 について Q1 復 興 特 別 所 得 税 とは どのようなものに 課 税 されるの 3 頁 ですか Ⅱ. 復 興 特 別 所 得 税 額 の 計 算 方 法 について Q2 復 興 特 別 所 得 税 額 は 具 体 的 にどのように 計 算 されま 3

More information

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な 復 興 特 別 法 人 あらまし 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 する ために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 関 係 平 成 24 3 月 国 庁 平 成 23 12 月 2 日 に 公 布 された 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

税金読本(8-5)特定口座と確定申告

税金読本(8-5)特定口座と確定申告 と 確 申 告 8-5 複 数 の 証 券 会 社 で 源 泉 徴 収 を 開 設 している 場 合 の 損 益 通 算 の 方 法 における 株 式 債 券 投 資 信 託 と 税 金 源 泉 徴 収 と 確 申 告 源 泉 徴 収 の 場 合 内 の 譲 するか 否 かは 1つの ごとに 選 渡 益 については 確 申 告 は 不 要 です 択 することができます つまり 投 資 家 が 内 の

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引 第 1 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 給 与 支 払 報 告 書 ) 1 提 出 する 必 要 がある 者 平 成 22 年 中 に 俸 給 給 料 賃 金 歳 費 賞 与 その 他 これらの 性 質 を 有 する 給 与 ( 以 下 給 与 等 といいます ) を 支 払 った 者 です 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 提 出 範 囲 年 末 調 整 を し た も の 年 末

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算 7. 損 益 通 算 繰 越 控 除 損 益 通 算 の 対 象 となる 損 失 原 則 不 動 産 所 得 事 業 所 得 山 林 所 得 譲 渡 所 得 に 生 じた 損 失 ( 赤 字 ) 一 定 の 順 序 によって 他 の 黒 字 の 所 得 から 控 除 して 相 殺 できる これら4つ 以 外 の 所 得 は 赤 字 でも 控 除 できない 例 外 損 益 通 算 できる 所 得 の

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

ただし 区 分 は 同 一 の 譲 渡 所 得 であっても 不 動 産 の 譲 渡 損 益 は 不 動 産 の 譲 渡 損 益 どうしで また 株 式 等 の 譲 渡 損 益 は 株 式 等 の 譲 渡 損 益 どうしで それぞれ 通 算 を 行 うことになっています( 次 項 の 損 益 通 算

ただし 区 分 は 同 一 の 譲 渡 所 得 であっても 不 動 産 の 譲 渡 損 益 は 不 動 産 の 譲 渡 損 益 どうしで また 株 式 等 の 譲 渡 損 益 は 株 式 等 の 譲 渡 損 益 どうしで それぞれ 通 算 を 行 うことになっています( 次 項 の 損 益 通 算 相 談 所 得 税 の 損 益 通 算 吉 田 覚 部 東 京 室 所 得 税 では 一 定 の 区 分 の 所 得 において 生 じた 損 失 は 他 の 区 分 の 所 得 との 通 算 が 認 められています この 措 置 は 損 益 通 算 といい 適 用 には 一 定 の 決 まりがあります 最 近 は 平 成 26 年 度 税 制 改 正 において 平 成 26 年 4 月 1 日 以

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378> ( 別 様 式 第 4の1-1/3-) 復 興 産 業 集 積 区 域 における 研 究 開 発 税 制 の 特 例 等 ( 法 第 39 条 ) 指 定 を 行 った 認 定 地 方 公 共 法 人 の 場 合 事 業 年 度 又 は 連 結 事 業 年 度 終 了 後 団 体 の 長 の 氏 名 を 載 してく 1か 月 以 内 に 提 出 し ださい 個 人 の 場 合 事 業 年 度 ( 暦

More information

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当 平 成 20 年 度 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 報 告 書 金 融 資 産 負 債 台 帳 の 作 成 手 引 き 平 成 20 年 6 月 30 日 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

 

  (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する 上 場 準 備 会 社 における 資 本 政 策 上 の 税 務 の 留 意 点 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 木 ) 新 日 本 監 査 法 人 EYCベンチャーアカデミー アクティベートジャパン 税 理 士 法 人 代 表 社 員 公 認 会 計 士 税 理 士 尾 崎 充 目 次 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 Ⅱ 税 務 上 の 時 価 概 念 法 人 税 所 得 税

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控 除 等 Q&A( 源 泉 所 得 税 関 係 ) 平 成 27 年 9 月 国 税 庁 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 9 号 )により 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 支 払 うべき 給 与 等 及 び 公 的 年 金 等 から 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控

More information

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出 036-8900-1090-19 税 16 第 6 6 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となります なお 利 子 の 支 払 いを 受 ける 際 に 源

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51,

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51, 平 成 2 3 年 度 収 支 決 算 書 1. 収 支 計 算 書 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅰ 事 業 活 動 収 支 の 部 1. 事 業 活 動 収 入 特 定 資 産 運 用 収 入 174,685 120,519 54,166 特 定 資 産 受 取 利 息 収 入 174,685 120,519

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

教育資金管理約款

教育資金管理約款 教 育 資 金 管 理 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 といいます )が 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2 の2 第 1 項 の 適 用 を 受 けるため 同 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結 し 同 項 に 規 定 される 要 件 及 び 当 社 との 権 利

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

kyoukai.indd

kyoukai.indd 個 人 投 資 家 の 皆 さまへ 主 なポイント 株 式 の 売 買 益 については 特 定 口 座 ( 源 泉 徴 収 選 択 口 座 ) の 利 用 で 税 務 署 に 申 告 しなくてもよくなり 預 貯 金 並 みの 手 軽 さで 株 式 投 資 を 行 うことができます 株 式 売 買 益 税 率 ( 平 成 15 年 1 月 1 日 ~ 平 成 19 年 12 月 31 日 ) 年 間

More information

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A>

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A> 1-1 相 続 税 又 は 贈 与 税 の 納 税 義 務 者 及 び 課 税 財 産 の 範 囲 1 3の 下 線 部 分 を 修 正 する 1. 相 続 税 の 納 税 義 務 者 次 の 者 は 相 続 税 を 納 める 義 務 がある 居 住 無 制 限 納 税 義 務 者 ( 法 1の3 一 ) 相 続 又 は 遺 贈 により 財 産 を 取 得 した 個 人 でその 財 産 を 取 得

More information

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切 別 表 一 ( 一 ) 及 び 別 表 一 ( 一 ) 次 葉 普 通 ( 特 定 医 療 を 除 く ) 一 般 社 団 等 及 び 格 ない 社 団 等 分 申 告 書 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 以 後 開 始 事 業 年 度 等 用 ) 1 こ 表 用 途 こ 表 は 普 通 ( 措 置 第 67 条 2 第 1 項 ( 特 定 医 療 率 特 例 )) 規 定 により 承 認

More information

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得 政 令 第 十 六 号 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する 政 令 内 閣 は 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 二 十 三 年 法 律 第 百 十 七 号 ) 第 四 章 の 規 定 に 基 づき この 政 令 を 制 定 する ( 定 義 ) 第 一 条 この 政

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 予 定 納 税 額 の 減 額 申 請 ( 平 成 19 年 以 降 用 ) ( 平 成 24 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 ( 平 成 25 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等

所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 予 定 納 税 額 の 減 額 申 請 ( 平 成 19 年 以 降 用 ) ( 平 成 24 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 ( 平 成 25 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 被 相 続 人 の 国 税 に 関 する 書 類 の 受 領 に 係 る 相 続 人 代 表 者 の 指 死 亡 した 者 の 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 付 表 ( 兼 相 続 人 の 代 表 者 指 定 の 届 出 定 届 出 書 ) 被 相 続 人 の 国 税 に 関 する 書 類 の 受 領 に 係 る 相 続 人 代 表 者

More information

1_2013BS(0414)

1_2013BS(0414) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 三 井 住 友 金 属 鉱 山 伸 銅 株 式 会 社 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 25,869,002 流 動 負 債 9,707,274 現 金 及 び 預 金 987,167 買 掛 金 3,612,919 受 取 手 形 1,225,710 短 期 借

More information

国税

国税 Guide to Metropolitan Taxes for 2016 (3) 年 金 所 得 者 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 が400 万 円 以 下 であり かつ その 公 的 年 金 等 の 全 部 が 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 場 合 において 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 以 外 の 所 得 金 額 が20 万 円 以 下 である 場 合 には 確 定

More information

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 28 年 4 月 国 税 庁 平 成 28 年 4 月 の 熊 本 地 震 により 被 害 を 受 けられた 方 を 支 援 するために 熊 本 県 下 や 大 分 県 下 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いや

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非 記 載 例 1 ( 現 預 金 以 外 に 資 産 負 債 がない 場 合 ) ( 名 称 ) 活 動 計 算 書 ( 注 ) 年 月 日 から 年 月 日 まで Ⅰ 経 常 収 益 1. 受 取 会 費 700,000 2. 受 取 寄 付 金 290,000 3. その 他 収 益 10,000 経 常 収 益 計 1,000,000 Ⅱ 経 常 費 用 1. 事 業 費 臨 時 雇 賃 金 200,000

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

配 当 所 得 は 他 の 所 得 と 総 合 し 累 進 税 率 を 適 用 して 税 額 を 計 算 し ますが 一 定 の 上 場 株 式 等 の 配 当 等 については 他 の 所 得 と 分 離 して 税 額 を 計 算 する 申 告 分 離 課 税 を 選 択 することができます ただし

配 当 所 得 は 他 の 所 得 と 総 合 し 累 進 税 率 を 適 用 して 税 額 を 計 算 し ますが 一 定 の 上 場 株 式 等 の 配 当 等 については 他 の 所 得 と 分 離 して 税 額 を 計 算 する 申 告 分 離 課 税 を 選 択 することができます ただし 各 所 得 の 内 容 と 計 算 P26~P55 10 種 類 に 区 分 される 所 得 がどのようなものか また 所 得 金 額 はどのよ うにして 計 算 されるのかを 簡 単 にみてみましょう 1 利 子 所 得 P27 利 子 所 得 とは 預 貯 金 や 公 社 債 の 利 子 合 同 運 用 信 託 公 社 債 投 資 信 託 及 び 公 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託

More information

002363-016第6号様式記載の手引.indd

002363-016第6号様式記載の手引.indd 第 6 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1)この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 び これらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します なお 事 業 税 及 び 地 方 法

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

第1章 外国為替証拠金取引の税金

第1章 外国為替証拠金取引の税金 税 金 について 2013 年 2 月 16 日 から 3 月 15 日 までの 確 定 申 告 用 (2012 年 1 月 から 12 月 までのお 取 引 が 対 象 ) 2012 年 2 月 27 日 セントラル 短 資 FX 株 式 会 社 目 次 個 人 の 確 定 申 告 第 一 章 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 の 税 金 第 二 章 申 告 分 離 課 税 における 所 得 税

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

個人向け国債の事務取扱いに関する細則

個人向け国債の事務取扱いに関する細則 個 人 向 け 国 債 の 事 務 取 扱 いに 関 する 細 則 目 次 1.この 細 則 の 適 用 2. 用 語 の 定 義 3. 募 集 に 関 する 事 務 4. 払 込 等 に 関 する 事 務 5. 中 途 換 金 に 関 する 事 務 6. 手 数 料 に 関 する 事 務 7. 振 替 先 口 座 の 確 認 8. 所 要 事 項 の 決 定 等 9. 雑 則 [ 参 考 1] 計

More information

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総 郵 便 局 において 提 供 されるユニバーサルサービスについて 日 本 郵 政 株 式 会 社 及 び 日 本 郵 便 株 式 会 社 は その 業 務 の 運 営 に 当 たっては 郵 便 の 役 務 簡 易 な 貯 蓄 送 金 及 び 債 権 債 務 の 決 済 の 役 務 並 びに 簡 易 に 利 用 できる 生 命 保 険 の 役 務 を 利 用 者 本 位 の 簡 便 な 方 法 により

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 震 災 で 家 財 道 具 を 失 ってしまいました この 損 害 を 税 金 で 控 除 する 制 度 があると 聞 きました 雑 損 控 除 について 教 えてください Q2 私 は サラリーマン(または 年 金 受 給 者 )なのですが 震 災 による 被 害 を 受 けた 場 合 支 給 される 給 与 (または 年 金 )について 源 泉 徴 収 の 猶 予 や 源 泉 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

   新潟市市税口座振替事務取扱要領

   新潟市市税口座振替事務取扱要領 昭 和 63 年 4 月 1 日 制 定 平 成 13 年 5 月 1 日 全 部 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 12 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 7 月 17 日 一 部 改 正 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法 改 正 後 全 文 医 政 指 発 第 0330003 号 平 成 1 9 年 3 月 30 日 最 終 改 正 医 政 指 発 0809 第 3 号 平 成 25 年 8 月 9 日 各 都 道 府 県 医 政 主 管 部 ( 局 ) 長 各 地 方 厚 生 局 健 康 福 祉 部 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 指 導 課 長 医 療 法 人 における 事 業 報 告 書 等 の 様 式

More information

32 農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正)

32  農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正) 一 定 農 事 組 合 法 人 に 係 る 法 人 事 業 税 課 税 標 準 算 定 方 法 等 について(お 知 らせ) 平 成 23 年 4 月 大 分 県 地 方 税 法 第 72 条 4 第 3 項 規 定 により 一 定 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされていますが 大 分 県 では そ 具 体 的 な 取 扱 いについて 以

More information

第 41 期

第 41 期 決 算 公 告 平 成 24 年 6 月 28 日 各 位 大 阪 市 中 央 区 南 船 場 一 丁 目 17 番 26 号 株 式 会 社 アプラス 代 表 取 締 役 社 長 野 口 郷 司 第 3 期 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 及 び 個 別 注 記 表 貸 借 対 照 表 損 益 計 算

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 金 額 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 59,772 流 動 負 債 30,678 現 金 及 び 預 金 7,239 支 払 手 形 121 受 取 手 形 1,047 買 掛 金 22,341 売 掛 金 43,230 短 期 借 入 金 5,506 商

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後 ( 様 式 第 K66 号 ) 処 理 コード 7464 01 特 定 処 分 対 象 農 地 等 及 び 特 定 農 業 用 施 設 処 分 届 ( 特 例 付 加 年 金 ) (1) 特 例 付 加 年 金 証 書 の 記 号 番 号 (2) (フリガナ) 記 号 番 号 新 制 度 (H26.4) K66 号 1/9 A 面 氏 名 印 () 生 年 月 日 昭 和 2 年 月 日 各 事 由

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,424,389 流 動 負 債 1,460,450 現 金 及 び 預 金 988,384 買 掛 金 753 売 掛 金 334,616 短 期 借 入 金 182,000 リ ー ス 債 権 15,287 一 年 内 返 済 予 定 の 長

More information

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個 所 得 税 ( 国 税 )のあらまし 税 額 の 計 算 方 法 市 県 民 税 所 得 割 の 計 算 方 法 とほぼ 同 じです 総 合 課 税 ( 所 得 金 額 - 所 得 控 除 額 ) 税 率 - 税 額 控 除 額 ( 課 税 される 所 得 金 額 ) 分 離 課 税 退 職 所 得 山 林 所 得 土 地 建 物 株 式 等 の 譲 渡 所 得 などは 他 の 所 得 と 分 離

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information