用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた"

Transcription

1 平 成 27 年 6 月 国 税 庁

2 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 9 年 法 律 第 110 号 )をいいます 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 9 年 政 令 第 363 号 )をいいます 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 平 成 9 年 大 蔵 省 令 第 96 号 )をいいます 平 成 25 年 3 月 29 日 付 課 総 8-1ほか3 課 共 同 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に 関 する 法 律 ( 国 外 財 産 調 書 及 び 財 産 債 務 調 書 関 係 )の 取 扱 いについて ( 法 令 解 釈 通 達 )をいいます 昭 和 45 年 7 月 1 日 付 直 審 ( 所 )30 所 得 税 基 本 通 達 をいいます 昭 和 39 年 4 月 25 日 付 直 資 56 ほか1 課 共 同 財 産 評 価 基 本 通 達 を いいます

3 目 次 要 Ⅰ 通 則 制 度 の 概 要 等 Q1 財 産 債 務 調 書 の 提 出 制 度 の 概 要 について 教 えてください 1 Q2 財 産 債 務 調 書 を 提 出 しなければならない 場 合 について 具 体 的 に 教 えてくだ さい 4 Q3 12 月 31 日 において 保 有 する 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が3 億 円 以 上 であるかどうか 又 は 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 であるかどうかを 判 定 するに 当 たって 含 み 損 があるデリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 の 価 額 も 含 める 必 要 がありますか 5 Ⅱ 財 産 債 務 調 書 の 記 載 事 項 等 基 本 的 な 考 え 方 ( 注 Q4 財 産 債 務 調 書 には 氏 名 及 び 住 所 ( 又 は 居 所 等 ) 及 び 個 人 番 号 ) のほか 財 産 の 種 類 数 量 価 額 所 在 並 びに 債 務 の 金 額 等 を 記 載 することとされていま すが 記 載 事 項 を 具 体 的 に 教 えてください 6 Q5 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 所 在 並 びに 債 務 の 金 額 等 は その 財 産 債 務 の 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 )に 記 載 することとされています 保 有 する 財 産 債 務 の 用 途 が 一 般 用 であるのか 事 業 用 であるのかについ ては どのように 判 定 すればよいのですか 9 Q6 財 産 債 務 の 用 途 が 一 般 用 及 び 事 業 用 の 兼 用 である 場 合 財 産 債 務 調 書 にはどのように 記 載 すればよいのですか 9 Q7 避 暑 用 のリゾートマンション( 土 地 付 建 物 )を 保 有 しています 売 買 契 約 書 を 確 認 しても 土 地 と 建 物 の 価 額 に 区 分 することができません このような 財 産 の 場 合 財 産 債 務 調 書 にはどのように 記 載 すればよいのですか 9 Q8 証 券 会 社 に 特 定 口 座 を 開 設 しています この 口 座 内 で 保 有 する 上 場 株 式 等 につ いては 財 産 債 務 調 書 にどのように 記 載 すればよいのですか 10 Q9 証 券 会 社 に 非 課 税 口 座 を 開 設 しています この 口 座 内 で 保 有 する 上 場 株 式 等 に ついては 財 産 債 務 調 書 にどのように 記 載 すればよいのですか 11 事 業 用 の 財 産 の 価 額 及 び 債 務 の 金 額 の 記 載 Q10 個 人 で 事 業 を 営 んでいます 12 月 31 日 現 在 の 事 業 上 の 売 掛 金 が 多 数 あります この 売 掛 金 についても 所 在 別 に 記 載 する 必 要 がありますか 11 Q11 不 動 産 賃 貸 業 を 営 んでいます 12 月 31 日 現 在 の 未 払 金 や 預 り 保 証 金 が 多 数 あり ます これらの 債 務 についても 所 在 別 に 記 載 する 必 要 がありますか 11 財 産 の 所 在 の 記 載 事 項 Q12 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 所 在 は どのように 判 定 するのですか 12 Q13 財 産 の 所 在 について 基 本 的 には 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 によ

4 り 判 定 するとのことですが 相 続 税 法 以 外 の 規 定 により 所 在 を 判 定 する 財 産 もあ るのですか 15 Q14 社 債 株 式 等 の 有 価 証 券 等 の 所 在 は 具 体 的 にどのように 記 載 するのですか 15 土 地 の 記 載 事 項 Q15 借 地 権 を 保 有 していますが 財 産 債 務 調 書 にはこの 借 地 権 をどのように 記 載 す ればよいのですか 16 委 託 証 拠 金 の 記 載 事 項 Q16 先 物 取 引 を 行 うに 当 たり 保 有 するA 社 の 株 式 ( 上 場 株 式 )を 委 託 証 拠 金 とし て 証 券 会 社 に 預 託 しました この 預 託 した 株 式 について 財 産 債 務 調 書 にはどの ように 記 載 すればよいのですか 16 債 務 に 係 る 所 在 Q17 債 務 に 係 る 所 在 については 財 産 債 務 調 書 にどのように 記 載 するのです か 17 国 外 財 産 調 書 との 関 係 Q18 国 外 財 産 調 書 には 国 外 財 産 を 記 載 して 提 出 することとされていますが 国 外 財 産 調 書 を 提 出 する 場 合 でも 所 得 金 額 が2 千 万 円 を 超 え かつ 保 有 する 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が3 億 円 以 上 又 は 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 である 場 合 は 財 産 債 務 調 書 を 提 出 する 必 要 があるのですか 17 Ⅲ 財 産 の 価 額 等 基 本 的 な 考 え 方 Q19 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 価 額 は その 年 の12 月 31 日 における 時 価 によら なければならないのですか 20 Q20 財 産 の 時 価 とは どのような 価 額 をいうのですか 20 Q21 財 産 の 見 積 価 額 とは どのような 価 額 をいうのですか 20 Q22 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 価 額 は 財 産 評 価 基 本 通 達 で 定 める 方 法 により 評 価 した 価 額 でもよいのですか 21 財 産 の 見 積 価 額 Q23 財 産 の 見 積 価 額 の 合 理 的 な 算 定 方 法 について 財 産 の 種 類 ごとに 具 体 的 に 教 えてください 21 有 価 証 券 の 価 額 等 Q24 金 融 商 品 取 引 所 等 に 上 場 等 していない 法 人 の 株 式 を 保 有 しています その 法 人 の 決 算 期 は 毎 年 12 月 末 ですが 各 期 の 決 算 が 確 定 する 時 期 が 翌 年 の3 月 末 です この 場 合 この 株 式 の 見 積 価 額 をどのように 算 定 すればよいのですか 25 Q25 ストックオプションに 関 する 権 利 を 保 有 していますが その 価 額 はどのように 算 定 すればよいのですか 25 Q26 財 産 債 務 調 書 には 有 価 証 券 等 の 取 得 価 額 を 記 載 する 必 要 があるとのことです が どのように 取 得 価 額 を 算 定 すればよいのですか 26 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 の 価 額

5 Q27 匿 名 組 合 に 出 資 をしています その 匿 名 組 合 の 計 算 期 間 は 毎 年 12 月 末 日 に 終 了 しますが 計 算 書 は 翌 年 の3 月 末 に 送 付 されています この 場 合 その 出 資 の 持 分 の 見 積 価 額 をどのように 算 定 すればよいのですか 26 家 庭 用 動 産 の 価 額 Q28 自 宅 に 多 数 の 家 庭 用 動 産 を 保 有 しています この 家 庭 用 動 産 について 財 産 債 務 調 書 にはどのように 記 載 すればよいのですか 27 Q29 自 宅 に 多 数 の 指 輪 やネックレスなどを 所 有 しています( 事 業 用 ではありません ) この 場 合 財 産 債 務 調 書 にはどのように 記 載 すればよいのですか 27 保 険 に 関 する 権 利 の 価 額 Q30 生 命 保 険 に 加 入 していますが この 生 命 保 険 の 価 額 はどのように 算 定 すればよ いのですか なお 加 入 している 生 命 保 険 契 約 は 満 期 返 戻 金 のあるものです 28 定 期 金 に 関 する 権 利 の 価 額 Q31 生 命 保 険 契 約 に 基 づく 定 期 金 ( 年 金 )を 受 け 取 っていますが その 価 額 はどの ように 算 定 すればよいのですか 28 民 法 に 規 定 する 組 合 契 約 等 その 他 これらに 類 する 契 約 に 基 づく 出 資 の 価 額 Q32 不 動 産 投 資 を 目 的 とした 民 法 上 の 組 合 に 対 して 出 資 していますが 財 産 債 務 調 書 には 出 資 額 を 記 載 すればよいのですか 29 信 託 に 関 する 権 利 の 価 額 Q33 保 有 している 国 債 を 金 融 機 関 に 信 託 して 運 用 しています このような 財 産 の 価 額 は どのような 方 法 で 算 定 すればよいのですか 29 預 託 金 等 の 価 額 Q34 リゾート 施 設 を 利 用 するための 会 員 権 を 保 有 しています 会 員 権 を 取 得 する 際 に リゾート 施 設 経 営 会 社 に 預 託 金 を 支 払 っていますが この 預 託 金 も 財 産 債 務 調 書 の 対 象 になりますか 30 無 体 財 産 権 の 価 額 Q35 特 許 権 ( 無 体 財 産 権 )を 保 有 していますが その 価 額 はどのような 方 法 で 算 定 すればよいのですか 30 共 有 財 産 の 価 額 Q36 外 国 に 別 荘 を 保 有 していますが その 別 荘 は 配 偶 者 との 共 有 財 産 として 取 得 し ており 持 分 が 明 らかではありません このような 財 産 の 価 額 はどのような 方 法 で 算 定 すればよいのですか 31 相 続 により 取 得 した 財 産 の 価 額 Q37 財 産 の 相 続 があった 場 合 における 財 産 債 務 調 書 の 提 出 義 務 について 教 えてく ださい 31 借 入 金 で 取 得 した 財 産 の 価 額 Q38 財 産 を 金 融 機 関 からの 借 入 金 で 取 得 している 場 合 その 財 産 の 価 額 の 算 定 に 当 たり 借 入 金 元 本 を 差 し 引 いてよいのですか 32 外 貨 で 表 示 されている 財 産 の 邦 貨 換 算 の 方 法 Q39 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 価 額 は 邦 貨 ( 円 )によることとされていますが

6 外 貨 で 表 示 されている 財 産 の 価 額 はどのような 方 法 で 邦 貨 に 換 算 すればよいので すか 32 Ⅳ 債 務 の 金 額 基 本 的 な 考 え 方 Q40 債 務 の 金 額 とは どのような 金 額 をいうのですか 34 連 帯 債 務 等 の 金 額 Q41 金 融 機 関 からの 借 入 金 について 連 帯 して 債 務 を 負 っている 場 合 財 産 債 務 調 書 にはどのように 記 載 すればよいのですか 34 外 貨 で 表 示 されている 債 務 の 邦 貨 換 算 の 方 法 Q42 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 債 務 の 金 額 は 邦 貨 ( 円 )によることとされていますが 外 貨 で 表 示 されている 債 務 の 金 額 はどのような 方 法 で 邦 貨 に 換 算 すればよいので すか 34 Ⅴ 過 少 申 告 加 算 税 等 の 特 例 特 例 の 概 要 Q43 財 産 債 務 調 書 を 提 出 等 している 場 合 の 過 少 申 告 加 算 税 等 の 特 例 措 置 について 教 えてください 35 加 重 措 置 の 適 用 要 件 Q44 所 得 税 等 の 申 告 漏 れが 生 じた 場 合 の 過 少 申 告 加 算 税 等 の 加 重 措 置 の 適 用 要 件 について 教 えてください 36 加 重 措 置 における 財 産 債 務 に 関 する 所 得 税 等 の 申 告 漏 れ とは Q45 過 少 申 告 加 算 税 等 の 加 重 措 置 における 財 産 債 務 に 関 する 所 得 税 等 の 申 告 漏 れ とは 具 体 的 にどのようなことをいうのですか 36 年 の 中 途 で 財 産 債 務 を 有 しなくなった 場 合 Q46 平 成 28 年 中 に 国 内 で 保 有 していたB 社 株 式 の 全 てを 譲 渡 し これに 伴 い 生 じた 所 得 の 申 告 漏 れがあった 場 合 過 少 申 告 加 算 税 の 加 重 措 置 の 適 用 を 判 断 すべき 財 産 債 務 調 書 は どの 年 分 の 財 産 債 務 調 書 になりますか 37 提 出 期 限 後 に 提 出 された 財 産 債 務 調 書 の 取 扱 い Q47 提 出 期 限 内 に 財 産 債 務 調 書 を 提 出 することができなかった 場 合 過 少 申 告 加 算 税 等 に 係 る 軽 減 措 置 の 適 用 を 受 けることはできないのですか 38 Ⅵ その 他 提 出 した 財 産 債 務 調 書 に 誤 りがあった 場 合 Q48 提 出 した 財 産 債 務 調 書 の 記 載 内 容 に 誤 りのあった 場 合 の 訂 正 方 法 について 教 えてください 39

7 Ⅰ 通 則 制 度 の 概 要 等 Q1 財 産 債 務 調 書 の 提 出 制 度 の 概 要 について 教 えてください 財 産 債 務 調 書 制 度 は 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 を 提 出 しなければならない 方 が その 年 の 総 所 得 金 額 及 び 山 林 所 得 金 額 の 合 計 額 が2 千 万 円 を 超 え かつ その 年 の 12 月 31 日 において 価 額 の 合 計 額 が3 億 円 以 上 の 財 産 又 は 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 である 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 を 有 する 場 合 に 財 産 の 種 類 数 量 価 額 並 びに 債 務 の 金 額 などを 記 載 した 財 産 債 務 調 書 を 翌 年 の3 月 15 日 までに 所 得 税 の 納 税 地 の 所 轄 税 務 署 長 に 提 出 していただく 制 度 です( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 ) 財 産 債 務 調 書 を 提 出 しなければならない 方 の 詳 細 についてはQ2を 財 産 債 務 調 書 の 記 載 事 項 についてはQ4~Q18 をご 参 照 ください -1-

8 [ 参 考 ] 財 産 債 務 調 書 また 財 産 債 務 調 書 の 提 出 に 当 たっては 財 産 債 務 調 書 に 記 載 した 財 産 の 価 額 及 び 債 務 の 金 額 をその 種 類 ごとに 合 計 した 金 額 を 記 載 した 財 産 債 務 調 書 合 計 表 を 添 付 する 必 要 があり ます( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 四 備 考 4) -2-

9 [ 参 考 ] 財 産 債 務 調 書 合 計 表 財 産 債 務 調 書 及 び 財 産 債 務 調 書 合 計 表 は 税 務 署 の 窓 口 で 入 手 することができます また 国 税 庁 ホームページ( 申 請 届 出 様 式 ( 法 定 調 書 関 係 ) にも 掲 載 しています 財 産 債 務 調 書 合 計 表 は カラープリンタで 出 力 した 場 合 そのまま 提 出 用 として 使 用 で きます -3-

10 Q2 財 産 債 務 調 書 を 提 出 しなければならない 場 合 について 具 体 的 に 教 えてください 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 を 提 出 する 必 要 がある 方 で 次 の⑴ 及 び⑵のいずれ にも 該 当 する 場 合 には 財 産 債 務 調 書 を 提 出 しなければなりません( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の2 1 本 文 ) ( 注 ⑴ その 年 の 総 所 得 金 額 及 び 山 林 所 得 金 額 の 合 計 額 1) が2 千 万 円 を 超 えること ( 注 2) ⑵ その 年 の 12 月 31 日 においてその 価 額 の 合 計 額 が3 億 円 以 上 の 財 産 又 はその 価 額 の 合 ( 注 計 額 が1 億 円 以 上 である 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 3) を 有 すること ( 注 1) 申 告 分 離 課 税 の 所 得 がある 場 合 には それらの 特 別 控 除 後 の 所 得 金 額 の 合 計 額 を 加 算 した 金 額 です( 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の25) ただし 次 の 繰 越 控 除 を 受 けている 場 合 は その 適 用 後 の 金 額 をいいます 純 損 失 や 雑 損 失 の 繰 越 控 除 居 住 用 財 産 の 買 換 え 等 の 場 合 の 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 特 定 居 住 用 財 産 の 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 上 場 株 式 等 に 係 る 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 特 定 中 小 会 社 が 発 行 した 株 式 に 係 る 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 先 物 取 引 の 差 金 等 決 済 に 係 る 損 失 の 繰 越 控 除 ( 注 2) 国 内 に 所 在 する 財 産 のほか 国 外 に 所 在 する 財 産 を 含 みます ( 注 3) 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 とは 国 外 転 出 時 課 税 制 度 ( 所 得 税 法 60 の2 60 の3)の 対 象 とな る 次 の 財 産 をいいます( 国 内 に 所 在 するか 国 外 に 所 在 するかを 問 いません )( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 所 得 税 法 60 の21~3) 1 所 得 税 法 第 2 条 第 1 項 第 17 号 に 規 定 する 有 価 証 券 又 は 所 得 税 法 第 174 条 第 9 号 に 規 定 す る 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 2 決 済 していない 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 156 条 の 24 第 1 項 に 規 定 す る 信 用 取 引 又 は 所 得 税 法 施 行 規 則 第 23 条 の4に 規 定 する 発 行 日 取 引 に 係 る 権 利 3 決 済 していない 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 20 項 に 規 定 するデリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 [ 参 考 ] 所 得 税 の 確 定 申 告 をする 必 要 がある 方 の 例 その 年 分 の 所 得 金 額 の 合 計 額 が 所 得 控 除 の 合 計 額 を 超 える 場 合 で その 超 える 額 に 対 する 税 額 が 配 当 控 除 額 と 年 末 調 整 の 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 額 の 合 計 額 を 超 える 方 は 原 則 とし て 確 定 申 告 をしなければなりません ただし 給 与 の 収 入 金 額 が 2,000 万 円 以 下 で かつ 1 か 所 から 給 与 等 の 支 払 を 受 けてお り その 給 与 の 全 部 について 源 泉 徴 収 される 方 で 給 与 所 得 及 び 退 職 所 得 以 外 の 所 得 金 額 が 20 万 円 以 下 である 方 等 一 定 の 場 合 には 確 定 申 告 をしなくてもよいことになっています このほか 所 得 税 の 申 告 義 務 の 有 無 に 関 しては 国 税 庁 ホームページ( の パンフレット 手 引 き 確 定 申 告 に 関 する 手 引 き 等 をご 覧 ください なお 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 までの 間 (その 年 の 翌 年 の3 月 15 日 までの 間 )に 財 産 債 務 調 書 を 提 出 しないで 死 亡 したときは 財 産 債 務 調 書 の 提 出 を 要 しないこととされています ( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21ただし 書 ) -4-

11 また 年 の 中 途 で 死 亡 した 場 合 には その 死 亡 した 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 を 提 出 する 必 要 がある 場 合 であっても その 死 亡 した 年 の 12 月 31 日 分 の 財 産 債 務 調 書 を 提 出 する 必 要 はありません Q3 12 月 31 日 において 保 有 する 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が3 億 円 以 上 であるかどうか 又 は 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 であるかどうかを 判 定 するに 当 たって 含 み 損 があるデリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 の 価 額 も 含 める 必 要 がありますか その 年 の 12 月 31 日 において 保 有 する 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が3 億 円 以 上 であるかどうかを 判 定 するに 当 たっては 含 み 損 のあるデリバティブ 取 引 や 信 用 取 引 等 に 係 る 権 利 の 価 額 を 含 めて 判 定 します なお その 年 の 12 月 31 日 において 決 済 していない 信 用 取 引 等 又 はデリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 の 価 額 については 見 積 価 額 として その 年 の 12 月 31 日 において 決 済 したとみなして 算 出 し た 利 益 の 額 又 は 損 失 の 額 とすることができます(Q21 をご 確 認 ください ) この 場 合 含 み 損 のある 信 用 取 引 等 又 はデリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 について その 価 額 ( 見 積 価 額 )が 負 (マイナス)となる 場 合 には 財 産 の 価 額 の 合 計 額 を 算 定 する 際 に 他 の 財 産 の 価 額 と 通 算 して 計 算 します これは その 年 の 12 月 31 日 において 保 有 する 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 であるかどうかを 判 定 するに 当 たっても 同 様 です -5-

12 Ⅱ 財 産 債 務 調 書 の 記 載 事 項 等 基 本 的 な 考 え 方 ( 注 Q4 財 産 債 務 調 書 には 氏 名 住 所 ( 又 は 居 所 等 ) 及 び 個 人 番 号 ) のほか 財 産 の 種 類 数 量 価 額 所 在 並 びに 債 務 の 金 額 等 を 記 載 することとされていますが 記 載 事 項 を 具 体 的 に 教 えてください 財 産 債 務 調 書 には 財 産 の 種 類 数 量 価 額 及 び 所 在 並 びに 債 務 の 金 額 その 他 必 要 な 事 項 を 記 載 することとされています 具 体 的 には 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 上 欄 に 規 定 する 財 産 債 務 の 区 分 に 応 じて 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に その 財 産 の 数 量 及 び 価 額 又 はその 債 務 の 金 額 を 記 入 します( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 151) なお 事 業 用 とは この 財 産 債 務 調 書 を 提 出 する 方 の 不 動 産 所 得 事 業 所 得 又 は 山 林 所 得 を 生 ずべき 事 業 又 は 業 務 の 用 に 供 することをいい 一 般 用 とは 当 該 事 業 又 は 業 務 以 外 の 用 に 供 することをいいます また 財 産 債 務 の 区 分 のうち ( 六 ) 有 価 証 券 ( 七 ) 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 ( 八 ) 未 決 済 信 用 取 引 等 に 係 る 権 利 及 び ( 九 ) 未 決 済 デリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 に 区 分 され る 財 産 については 取 得 価 額 の 記 入 も 必 要 です( 取 得 価 額 の 例 については Q26 をご 参 照 ください ) ( 注 ) 個 人 番 号 の 記 載 は 平 成 29 年 1 月 1 日 以 後 に 提 出 すべき 財 産 債 務 調 書 から 必 要 とされていますの で 平 成 27 年 12 月 31 日 における 財 産 債 務 について 平 成 28 年 3 月 15 日 までに 提 出 すべき 財 産 債 務 調 書 には 個 人 番 号 を 記 載 する 必 要 はありません( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 9 号 ) 附 則 1014) [ 参 考 ] 財 産 債 務 の 区 分 及 び 記 載 事 項 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 ) 財 産 債 務 の 区 分 記 載 事 項 ( 一 ) 土 地 用 途 別 及 び 所 在 別 の 地 所 数 面 積 及 び 価 額 ( 二 ) 建 物 用 途 別 及 び 所 在 別 の 戸 数 床 面 積 及 び 価 額 ( 三 ) 山 林 用 途 別 及 び 所 在 別 の 面 積 及 び 価 額 ( 四 ) 現 金 用 途 別 及 び 所 在 別 の 価 額 ( 五 ) 預 貯 金 種 類 別 ( 当 座 預 金 普 通 預 金 定 期 預 金 等 の 別 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 価 額 ( 六 ) 有 価 証 券 種 類 別 ( 株 式 公 社 債 投 資 信 託 特 定 受 益 証 券 発 行 信 託 貸 付 信 託 等 の 別 及 び 銘 柄 の 別 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 並 びに 取 得 価 額 ( 七 ) 匿 名 組 合 契 約 の 出 種 類 別 ( 匿 名 組 合 の 別 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 並 びに 取 得 価 額 資 の 持 分 ( 八 ) 未 決 済 信 用 取 引 等 に 係 る 権 利 種 類 別 ( 信 用 取 引 及 び 発 行 日 取 引 の 別 並 びに 銘 柄 の 別 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 並 びに 取 得 価 額 ( 九 ) 未 決 済 デリバティ ブ 取 引 に 係 る 権 利 種 類 別 ( 先 物 取 引 オプション 取 引 スワップ 取 引 等 の 別 及 び 銘 柄 の 別 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 並 びに 取 得 価 額 ( 十 ) 貸 付 金 用 途 別 及 び 所 在 別 の 価 額 ( 十 一 ) 未 収 入 金 ( 受 取 用 途 別 及 び 所 在 別 の 価 額 手 形 を 含 む ) -6-

13 ( 十 二 ) 書 画 骨 とう 及 び 種 類 別 ( 書 画 骨 とう 及 び 美 術 工 芸 品 の 別 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 (1 点 美 術 工 芸 品 10 万 円 未 満 のものを 除 く ) ( 十 三 ) 貴 金 属 類 種 類 別 ( 金 白 金 ダイヤモンド 等 の 別 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 ( 十 四 ) ( 四 ) ( 十 二 ) 及 種 類 別 (( 四 ) ( 十 二 ) 及 び( 十 三 )に 掲 げる 財 産 以 外 の 動 産 について 適 宜 に 設 けた 区 び( 十 三 )に 掲 げる 財 分 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 (1 個 又 は 1 組 の 価 額 が 10 万 円 未 満 のものを 除 産 以 外 の 動 産 く ) ( 十 五 )その 他 の 財 産 種 類 別 (( 一 )から( 十 四 )までに 掲 げる 財 産 以 外 の 財 産 について 預 託 金 保 険 の 契 約 に 関 する 権 利 等 の 適 宜 に 設 けた 区 分 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 ( 十 六 ) 借 入 金 用 途 別 及 び 所 在 別 の 金 額 ( 十 七 ) 未 払 金 ( 支 払 手 用 途 別 及 び 所 在 別 の 金 額 形 を 含 む ) ( 十 八 )その 他 の 債 務 種 類 別 ( 前 受 金 預 り 金 など 適 宜 に 設 けた 区 分 ) 用 途 別 及 び 所 在 別 の 数 量 及 び 金 額 また 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 上 欄 に 規 定 する 財 産 債 務 の 区 分 のうち 次 に 掲 げる 財 産 債 務 の 区 分 に 該 当 する 財 産 債 務 の 所 在 の 記 載 に 当 たっては その 他 必 要 な 事 項 として 所 在 地 のほか 債 務 者 等 の 氏 名 又 は 名 称 を 記 載 してください( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 通 達 6の2-4 6の2-6 6の2-7) [ 参 考 ] 財 産 債 務 の 所 在 ( 氏 名 又 は 名 称 )の 記 載 要 領 財 産 債 務 の 区 分 氏 名 又 は 名 称 ( 五 ) 預 貯 金 預 貯 金 を 預 入 れている 金 融 機 関 の 名 称 ( 支 店 名 を 含 む ) ( 六 ) 有 価 証 券 有 価 証 券 取 引 に 係 る 金 融 機 関 の 名 称 ( 支 店 名 を 含 む ) ( 七 ) 匿 名 組 合 契 約 の 出 営 業 者 等 の 氏 名 または 名 称 資 の 持 分 ( 八 ) 未 決 済 信 用 取 引 等 信 用 取 引 等 に 係 る 金 融 機 関 の 名 称 ( 支 店 名 を 含 む ) に 係 る 権 利 ( 九 ) 未 決 済 デリバティ デリバティブ 取 引 に 係 る 金 融 機 関 の 名 称 ( 支 店 名 を 含 む ) ブ 取 引 に 係 る 権 利 ( 十 ) 貸 付 金 貸 付 金 に 係 る 債 務 者 の 氏 名 又 は 名 称 ( 十 一 ) 未 収 入 金 ( 受 取 未 収 入 金 に 係 る 債 務 者 の 氏 名 又 は 名 称 手 形 を 含 む ) ( 十 五 )その 他 の 財 産 預 託 金 等 の 預 入 れ 先 の 氏 名 又 は 名 称 ( 十 六 ) 借 入 金 借 入 金 に 係 る 債 権 者 の 氏 名 又 は 名 称 ( 十 七 ) 未 払 金 ( 支 払 未 払 金 に 係 る 債 権 者 の 氏 名 又 は 名 称 手 形 を 含 む ) ( 十 八 )その 他 の 債 務 預 り 金 等 の 預 り 先 の 氏 名 又 は 名 称 財 産 の 所 在 の 判 定 についての 詳 細 は Q12 をご 確 認 ください 財 産 債 務 調 書 の 記 載 例 については 国 税 庁 ホームページ( 申 請 届 出 様 式 ( 法 定 調 書 関 係 ) に 掲 載 していますのでご 覧 ください -7-

14 各 財 産 及 び 債 務 共 通 1 それぞれの 財 産 債 務 を 事 業 用 と 一 般 用 に 区 分 し 更 に 所 在 の 別 に 区 分 します 2 所 在 については それぞれの 財 産 債 務 の 所 在 地 を 記 入 してください 各 財 産 債 務 において 記 載 例 が 示 されている 場 合 には 各 財 産 債 務 の 書 き 方 に 従 って 記 入 してください 3 財 産 の 価 額 については その 年 の 12 月 31 日 における 財 産 の 時 価 又 は 時 価 に 準 ずる 価 額 として 見 積 価 額 を 記 入 してください 4 一 の 財 産 及 び 債 務 の 区 分 について 複 数 の 財 産 及 び 債 務 を 記 入 する 場 合 に は 財 産 及 び 債 務 の 区 分 ごとに 価 額 ( 小 計 )を 記 入 してください 5 事 業 用 の 財 産 債 務 で 未 収 入 金 その 他 の 財 産 未 払 金 その 他 の 債 務 に 区 分 される 債 権 又 は 債 務 について その 価 額 又 は 金 額 が 100 万 円 未 満 のもの については 所 在 別 に 区 分 することなく その 件 数 及 び 総 額 を 記 入 して 差 し 支 えありません 6 国 外 財 産 調 書 を 提 出 する 場 合 には 国 外 財 産 調 書 に 記 載 した 国 外 財 産 の 価 額 の 合 計 額 及 び 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 を 財 産 債 務 調 書 にも 記 入 して ください 土 地 数 量 欄 の 上 段 に 地 所 数 を 下 段 に 面 積 を 記 入 してください 建 物 1 数 量 欄 の 上 段 に 戸 数 を 下 段 に 床 面 積 を 記 入 してください 2 2 以 上 の 財 産 区 分 からなる 財 産 を 一 括 して 記 入 する 場 合 には 備 考 欄 に 一 括 して 記 入 する 財 産 の 区 分 等 を 記 入 してください 有 価 証 券 1 上 記 各 財 産 及 び 債 務 共 通 の 1 に 加 え 有 価 証 券 の 種 類 ( 株 式 公 社 債 投 資 信 託 特 定 受 益 証 券 発 行 信 託 貸 付 信 託 等 ) 及 び 銘 柄 の 別 に 区 分 します 2 種 類 欄 に 有 価 証 券 の 種 類 及 び 銘 柄 を 記 入 してください なお 株 式 については 上 場 株 式 と 非 上 場 株 式 に 区 分 して 記 入 してください 3 所 在 欄 は 有 価 証 券 の 保 管 等 を 委 託 している 場 合 には 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 所 在 地 名 称 及 び 支 店 名 を 記 入 してください 4 価 額 欄 の 上 段 には 取 得 価 額 を 記 載 してください 貸 付 金 及 び 未 収 入 金 所 在 欄 は 債 務 者 の 氏 名 又 は 名 称 及 び 住 所 を 記 入 してください その 他 の 動 産 右 記 貴 金 属 類 に 準 じて 記 入 してください その 他 の 動 産 とは 家 庭 用 動 産 ( 家 具 什 器 備 品 や 自 動 車 などの 動 産 ( 現 金 書 画 骨 とう 美 術 工 芸 品 貴 金 属 類 を 除 きます )) 棚 卸 資 産 減 価 償 却 資 産 を いいます 貴 金 属 類 のうち いわゆる 装 身 具 として 用 いられるものは 家 庭 用 動 産 として 取 り 扱 って 差 し 支 えありません 借 入 金 及 び 未 払 金 所 在 欄 は 債 権 者 の 氏 名 又 は 名 称 及 び 住 所 を 記 入 してください その 他 の 債 務 右 記 書 画 骨 とう に 準 じて 記 入 してください その 他 の 債 務 とは 借 入 金 未 払 金 に 当 てはまらない 債 務 例 えば 前 受 金 預 り 金 保 証 金 敷 金 などをいいます 財 産 債 務 調 書 の 記 載 例 平 成 年 12 月 31 日 分 財 産 債 務 調 書 整 理 番 号 0XXXXXXX 住 所 又 は 事 業 所 財 産 債 務 を 有 す る 者 事 務 所 居 所 など 氏 名 ( 電 話 ) - - 財 産 債 務 の 区 分 種 類 用 途 所 在 数 量 ( 上 段 は 有 価 証 券 等 の 取 得 価 額 ) 財 産 の 価 額 又 は 債 務 の 金 額 備 考 土 地 事 業 用 東 京 都 千 代 田 区 m2 250,000,000 建 物 事 業 用 東 京 都 港 区 建 物 一 般 用 東 京 都 品 川 区 m2 110,000,000 1 土 地 を 95 m2 89,000,000 含 む 建 物 計 (199,000,000) 事 業 用 預 貯 金 普 通 預 金 銀 行 支 店 一 般 用 38,961,915 5,000 有 価 証 券 上 場 株 式 (B 社 ) 一 般 用 証 券 支 店 株 東 京 都 港 区 匿 名 組 合 出 資 一 般 用 100 口 株 式 会 社 B 未 決 済 デリバテ 先 物 取 引 ( ) 一 般 用 証 券 支 店 100 口 ィブに 係 る 権 利 6,500,000 6,450, ,000, ,000,000 30,000,000 29,000,000 貸 付 金 事 業 用 東 京 都 目 黒 区 ,000,000 未 収 入 金 事 業 用 東 京 都 豊 島 区 株 式 会 社 C 1,500,000 未 収 入 金 事 業 用 その 他 10 件 2,300,000 未 収 入 金 計 (3,800,000) 貴 金 属 類 ダイヤモンド 一 般 用 東 京 都 品 川 区 個 6,000,000 その 他 の 財 産 家 庭 用 動 産 一 般 用 東 京 都 品 川 区 個 3,000,000 その 他 の 財 産 委 託 証 拠 金 一 般 用 証 券 支 店 10,000,000 借 入 金 事 業 用 銀 行 支 店 20,000,000 未 払 金 事 業 用 東 京 都 港 区 株 式 会 社 D 1,500,000 東 京 都 台 東 区 その 他 の 債 務 保 証 金 事 業 用 株 式 会 社 E 2,000,000 国 外 財 産 調 書 に 記 載 し た 国 外 財 産 の 価 額 の 合 計 額 89,000,000 ( う ち 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 ( 34,000,000 ) 円 ) 財 産 の 価 額 の 合 計 額 778,211,915 債 務 の 金 額 の 合 計 額 23,500,000 ( 摘 要 ) (1) 枚 のうち(1) 枚 目 預 貯 金 1 左 記 各 財 産 及 び 債 務 共 通 の 1 に 加 え 預 貯 金 の 種 類 ( 当 座 預 金 普 通 預 金 定 期 預 金 等 )の 別 に 区 分 します 2 種 類 欄 に 預 貯 金 の 種 類 を 記 入 してください 3 所 在 欄 は 預 貯 金 を 預 入 れている 金 融 機 関 の 所 在 地 名 称 及 び 支 店 名 を 記 入 してください 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 1 左 記 各 財 産 及 び 債 務 共 通 の 1 に 加 え 匿 名 組 合 の 別 に 区 分 します 2 所 在 欄 は 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 取 引 を 委 託 している 場 合 には その 名 称 及 び 支 店 名 を 記 載 してください 3 価 額 欄 の 上 段 には 取 得 価 額 を 記 入 してください 未 決 済 信 用 取 引 等 に 係 る 権 利 及 び 未 決 済 デリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 1 左 記 各 財 産 及 び 債 務 共 通 の 1 に 加 え 未 決 済 信 用 取 引 に 係 る 権 利 及 び 未 決 済 デリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 の 種 類 及 び 銘 柄 の 別 に 区 分 します 2 種 類 欄 に 未 決 済 信 用 取 引 に 係 る 権 利 及 び 未 決 済 デリバティ ブ 取 引 に 係 る 権 利 の 種 類 及 び 銘 柄 を 記 入 してください 3 所 在 欄 は 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 取 引 を 委 託 している 場 合 には その 名 称 及 び 支 店 名 を 記 載 してください 4 価 額 欄 の 上 段 には 取 得 価 額 を 記 入 してください 貴 金 属 類 1 左 記 各 財 産 及 び 債 務 共 通 の 1 に 加 え 貴 金 属 の 種 類 ( 金 白 金 ダイヤモンド 等 )の 別 に 区 分 します 2 種 類 欄 に 貴 金 属 類 の 種 類 を 記 入 してください 3 数 量 欄 に 点 数 又 は 重 量 を 記 入 してください 書 画 骨 とう 及 び 美 術 工 芸 品 1 左 記 各 財 産 及 び 債 務 共 通 の 1 に 加 え 書 画 骨 とうの 種 類 ( 書 画 骨 とう 美 術 工 芸 品 )の 別 に 区 分 します 2 種 類 欄 に 書 画 骨 とうの 種 類 を 記 入 してください 3 数 量 欄 に 点 数 を 記 入 してください その 他 の 財 産 上 記 貴 金 属 類 に 準 じて 記 入 してください その 他 の 財 産 とは 上 記 のどの 種 類 にも 当 てはまらない 財 産 例 えば 保 険 契 約 に 関 する 権 利 民 法 に 規 定 する 組 合 契 約 等 その 他 これらに 類 す る 契 約 に 基 づく 出 資 信 託 受 益 権 などをいいます 財 産 の 価 額 の 合 計 額 債 務 の 金 額 の 合 計 額 欄 2 枚 以 上 の 調 書 を 作 成 提 出 する 場 合 でも 合 計 額 は1 枚 目 の 調 書 に 記 入 してください 価 額 等 の 記 入 に 当 たっては 裏 面 を 参 照 してください -8-

15 Q5 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 所 在 並 びに 債 務 の 金 額 等 は その 財 産 債 務 の 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 )に 記 載 することとされています 保 有 する 財 産 債 務 の 用 途 が 一 般 用 であるのか 事 業 用 であるのかについては ど のように 判 定 すればよいのですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 すべき 財 産 債 務 の 用 途 が 一 般 用 であるのか 事 業 用 であるのか については 次 のとおり 判 定 します 事 業 用 の 財 産 債 務 とは その 財 産 債 務 を 財 産 債 務 調 書 を 提 出 する 方 の 不 動 産 所 得 事 業 所 得 又 は 山 林 所 得 を 生 ずべき 事 業 又 は 業 務 の 用 に 供 している 財 産 債 務 をいいます また 一 般 用 の 財 産 債 務 とは 当 該 事 業 又 は 業 務 の 用 に 供 する 以 外 の 財 産 債 務 をいいます( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 備 考 一 ) Q6 財 産 債 務 の 用 途 が 一 般 用 及 び 事 業 用 の 兼 用 である 場 合 財 産 債 務 調 書 にはどのよ うに 記 載 すればよいのですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 及 び 所 在 並 びに 債 務 の 金 額 等 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 に 規 定 する 財 産 債 務 の 区 分 に 応 じて 同 別 表 の 記 載 事 項 に 規 定 する 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に 記 載 することとされ ています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 151) なお 財 産 債 務 調 書 に 記 載 すべき 財 産 債 務 の 用 途 が 一 般 用 及 び 事 業 用 の 兼 用 であ る 場 合 には 財 産 債 務 調 書 を 提 出 する 方 の 事 務 負 担 を 軽 減 する 観 点 から 一 般 用 部 分 と 事 業 用 部 分 とを 区 分 することなく 財 産 債 務 調 書 に 記 載 することができます( 通 達 6の2-4 6の 2-6) したがって 財 産 債 務 調 書 の 記 載 に 当 たり 用 途 欄 には 一 般 用 事 業 用 と 記 載 し 価 額 欄 は 用 途 別 に 区 分 することなく 算 定 した 財 産 の 価 額 又 は 債 務 の 金 額 を 記 載 して 差 し 支 えあり ません Q7 避 暑 用 のリゾートマンション( 土 地 付 建 物 )を 保 有 しています 売 買 契 約 書 を 確 認 しても 土 地 と 建 物 の 価 額 に 区 分 することができません このような 財 産 の 場 合 財 産 債 務 調 書 にはどのように 記 載 すればよいのですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 及 び 所 在 並 びに 債 務 の 金 額 等 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 に 規 定 する 財 産 の 区 分 に 応 じて 同 別 表 の 記 載 事 項 に 規 定 す る 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に 記 載 することとされてい ます( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 15 1) -9-

16 なお 財 産 債 務 調 書 に 記 載 すべき 財 産 が 同 別 表 に 規 定 する2 以 上 の 財 産 の 区 分 からなる 財 産 で それぞれの 財 産 の 区 分 に 分 けて 財 産 の 価 額 を 算 定 することが 困 難 な 場 合 には 財 産 債 務 調 書 を 提 出 される 方 の 事 務 負 担 を 軽 減 する 観 点 から これらの 財 産 は 一 体 のものとしてその 財 産 の 価 額 を 算 定 し いずれかの 財 産 の 区 分 にまとめて 記 載 することができます( 通 達 6の2-4) お 尋 ねのリゾートマンション( 土 地 付 建 物 )については 財 産 債 務 調 書 の 各 欄 に 次 のとおり 記 載 してください [ 参 考 ]2 以 上 の 財 産 からなる 財 産 債 務 に 係 る 財 産 債 務 調 書 ( 各 欄 )の 記 載 要 領 各 欄 記 載 要 領 財 産 債 務 の 区 分 建 物 用 途 一 般 用 所 在 リゾートマンションが 所 在 する 住 所 数 量 上 段 に 戸 数 下 段 に 床 面 積 価 額 建 物 及 び 土 地 の 合 計 額 備 考 価 額 には 土 地 を 含 む 旨 Q8 証 券 会 社 に 特 定 口 座 を 開 設 しています この 口 座 内 で 保 有 する 上 場 株 式 等 については 財 産 債 務 調 書 にどのように 記 載 すればよいのですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 及 び 所 在 等 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 に 規 定 する 財 産 の 区 分 に 応 じて 同 別 表 の 記 載 事 項 に 規 定 する 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に 記 載 することとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 151) また 有 価 証 券 に 区 分 される 財 産 については 種 類 別 は 株 式 公 社 債 投 資 信 託 特 定 受 益 証 券 発 行 信 託 貸 付 信 託 等 の 別 及 び 銘 柄 の 別 とすることとされています( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 ) しかしながら 特 定 口 座 内 に 保 有 する 上 場 株 式 等 については 種 類 別 のうち 銘 柄 の 別 の 記 載 をせず 所 在 別 株 式 公 社 債 投 資 信 託 等 の 別 に 一 括 して 価 額 及 び 取 得 価 額 を 記 載 し て 差 し 支 えありません( 通 達 6の2-4⑷) なお 特 定 口 座 内 で 上 場 株 式 等 の 信 用 取 引 又 は 発 行 日 取 引 を 行 っている 場 合 で その 年 の 12 月 31 日 において 決 済 していないものについては 財 産 債 務 の 区 分 のうち 未 決 済 信 用 取 引 等 に 係 る 権 利 に 区 分 される 財 産 に 該 当 しますが 当 該 口 座 内 の 当 該 信 用 取 引 等 に 係 る 権 利 につ いても 種 類 別 のうち 銘 柄 の 別 の 記 載 をせず 所 在 別 株 式 公 社 債 投 資 信 託 等 の 別 に 一 括 して 価 額 及 び 取 得 価 額 を 記 載 して 差 し 支 えありません -10-

17 Q9 証 券 会 社 に 非 課 税 口 座 を 開 設 しています この 口 座 内 で 保 有 する 上 場 株 式 等 については 財 産 債 務 調 書 にどのように 記 載 すればよいのですか 非 課 税 口 座 内 に 保 有 する 上 場 株 式 等 については 種 類 別 のうち 銘 柄 の 別 に 記 載 せず 所 在 別 株 式 公 社 債 投 資 信 託 等 の 別 に 一 括 して 価 額 及 び 取 得 価 額 を 記 載 して 差 し 支 えあり ません( 通 達 6の2-4⑷) 事 業 用 の 財 産 の 価 額 及 び 債 務 の 金 額 の 記 載 Q10 個 人 で 事 業 を 営 んでいます 12 月 31 日 現 在 の 事 業 上 の 売 掛 金 が 多 数 あります この 売 掛 金 についても 所 在 別 に 記 載 する 必 要 がありますか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 及 び 所 在 等 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 に 規 定 する 財 産 の 区 分 に 応 じて 同 別 表 の 記 載 事 項 に 規 定 する 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に 記 載 することとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 151) したがって 財 産 債 務 調 書 の 記 載 にあたり 売 掛 金 など 事 業 上 の 債 権 についてはその 所 在 別 ( 相 手 方 の 住 所 又 は 本 店 若 しくは 主 たる 事 務 所 の 所 在 )にその 価 額 を 記 載 することとなります しかしながら 財 産 債 務 調 書 を 提 出 する 方 の 事 務 負 担 を 軽 減 する 観 点 から 未 収 入 金 又 は その 他 の 財 産 に 区 分 される 財 産 のうち 不 動 産 所 得 事 業 所 得 又 は 山 林 所 得 を 生 ずべき 事 業 又 は 業 務 の 用 に 供 する 債 権 であり かつ その 年 の 12 月 31 日 における 価 額 が 100 万 円 未 満 のものについては 所 在 別 に 記 載 をせず その 件 数 と 総 額 を 記 載 することとして 差 し 支 えあ りません( 通 達 6の2-4⑸) Q11 不 動 産 賃 貸 業 を 営 んでいます 12 月 31 日 現 在 の 未 払 金 や 預 り 保 証 金 が 多 数 あります こ れらの 債 務 についても 所 在 別 に 記 載 する 必 要 がありますか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 債 務 の 金 額 等 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 に 規 定 する 債 務 の 区 分 に 応 じて 同 別 表 の 記 載 事 項 に 規 定 する 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に 記 載 することとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 151) したがって 財 産 債 務 調 書 の 記 載 にあたり 未 払 金 や 預 り 保 証 金 など 事 業 上 の 債 務 について はその 所 在 別 ( 相 手 方 の 住 所 又 は 本 店 若 しくは 主 たる 事 務 所 の 所 在 )にその 金 額 を 記 載 するこ ととなります しかしながら 未 払 金 又 は その 他 の 債 務 に 区 分 される 債 務 のうち 不 動 産 所 得 事 業 所 得 又 は 山 林 所 得 を 生 ずべき 事 業 又 は 業 務 の 用 に 供 する 債 務 であり かつ その 年 の 12 月 -11-

18 31 日 における 金 額 が 100 万 円 未 満 のものについては 所 在 別 に 記 載 をせず その 件 数 と 総 額 を 記 載 することとして 差 し 支 えありません( 通 達 6の2-6⑵) 財 産 の 所 在 の 記 載 事 項 Q12 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 所 在 は どのように 判 定 するのですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 所 在 については 基 本 的 には 財 産 の 所 在 の 判 定 について 定 め る 相 続 税 法 第 10 条 の 規 定 によることとされ 同 条 第 1 項 及 び 第 2 項 に 掲 げる 財 産 については これらの 規 定 の 定 めるところによることとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の23 国 外 送 金 等 調 書 令 の21) ( 注 なお 有 価 証 券 等 1) が 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 等 に 開 設 された 口 座 に 係 る 振 替 口 ( 注 座 簿 2) に 記 載 等 がされているものである 場 合 等 におけるその 有 価 証 券 等 の 所 在 については 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 等 の 規 定 にかかわらず その 口 座 が 開 設 された 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 等 の 所 在 によることとされています( 国 外 送 金 等 調 書 令 の21 国 外 送 金 等 調 書 規 則 123ただし 書 通 達 6の2-5) ( 注 1) 有 価 証 券 等 とは 具 体 的 には 次 のものをいいます 1 貸 付 金 債 権 ( 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 第 7 号 に 掲 げる 財 産 )に 係 る 有 価 証 券 2 社 債 若 しくは 株 式 法 人 に 対 する 出 資 又 は 外 国 預 託 証 券 ( 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 第 8 号 に 掲 げる 財 産 ) 3 集 団 投 資 信 託 又 は 法 人 課 税 信 託 に 関 する 権 利 ( 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 第 9 号 に 掲 げる 財 産 ) に 係 る 有 価 証 券 4 国 債 又 は 地 方 債 ( 相 続 税 法 第 10 条 第 2 項 に 規 定 する 財 産 ) 5 外 国 等 の 発 行 する 公 債 ( 相 続 税 法 第 10 条 第 2 項 に 規 定 する 財 産 ) 6 抵 当 証 券 又 はオプションを 表 示 する 証 券 若 しくは 証 書 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 第 12 条 第 3 項 第 2 号 に 規 定 する 財 産 ) 7 組 合 契 約 等 に 基 づく 出 資 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 第 12 条 第 3 項 第 3 号 に 規 定 する 財 産 )に 係 る 有 価 証 券 8 信 託 に 関 する 権 利 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 第 12 条 第 3 項 第 4 号 に 規 定 する 財 産 )に 係 る 有 価 証 券 ( 注 2) 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 等 に 開 設 された 口 座 に 係 る 振 替 口 座 簿 とは 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 平 成 13 年 法 律 第 75 号 )に 規 定 する 振 替 口 座 簿 をいい 外 国 におけるこれに 類 するものを 含 みます その 年 の 12 月 31 日 において 保 有 する 各 財 産 の 所 在 の 具 体 的 な 記 載 については その 財 産 の 現 況 により 次 表 により 記 載 します -12-

19 4 漁 業 権 又 は 入 漁 権 漁 場 に 最 も 近 い 沿 岸 の 属 する 市 町 村 又 はこれに 相 当 する 行 政 区 画 ( 注 8) 所 等 の 所 在 16 預 託 金 又 は 委 託 証 拠 金 その 他 の 保 証 金 (5に 該 当 する 財 産 を 除 きます ) 左 記 の 預 託 金 等 の 受 入 れをした 営 業 所 又 は 事 務 所 その 他 これらに 類 するものの 所 在 口 座 が 開 設 された 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 等 の 所 在 ( 注 8) 財 産 の 所 在 の 記 載 一 覧 表 財 産 及 び 債 務 の 種 類 所 在 の 記 載 1 動 産 若 しくは 不 動 産 又 は 不 動 産 の 上 に 存 する 権 利 その 動 産 又 は 不 動 産 の 所 在 2 1のうち 船 舶 又 は 航 空 機 ( 注 1) 船 籍 又 は 航 空 機 の 登 録 をした 機 関 の 所 在 3 鉱 業 権 若 しくは 租 鉱 権 又 は 採 石 権 鉱 区 又 は 採 石 場 の 所 在 5 金 融 機 関 に 対 する 預 金 貯 金 積 金 又 は 寄 託 金 ( 注 2) その 預 金 等 の 受 入 れをした 営 業 所 又 は 事 業 所 の 所 在 口 座 が 開 設 された 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 ( 注 8) 所 等 の 所 在 保 険 金 ( 保 険 の 契 約 に 関 する 権 利 を 含 みます ) ( 注 3) その 保 険 の 契 約 に 係 る 保 険 会 社 等 の 本 店 等 又 は 主 たる 事 務 所 の 所 在 7 退 職 手 当 金 功 労 金 その 他 これらに 準 ずる 給 与 ( 一 定 の 年 金 又 は 一 時 金 に 関 する 権 利 を 含 みます ) ( 注 4) その 給 与 を 支 払 った 者 の 住 所 又 は 本 店 若 しくは 主 たる 事 務 所 の 所 在 8 貸 付 金 債 権 ( 注 5) その 債 務 者 の 住 所 又 は 本 店 若 しくは 主 たる 事 務 所 の 所 在 9 社 債 若 しくは 株 式 ( 株 式 に 関 する 権 利 ( 株 式 を 無 償 又 は 有 利 な 価 額 で 取 その 社 債 若 しくは 株 式 の 発 行 法 人 その 出 資 のされている 法 人 又 は 外 国 預 託 証 券 得 することができる 権 利 その 他 これに 類 する 権 利 を 含 みます )が 含 ま に 係 る 株 式 の 発 行 法 人 の 本 店 又 は 主 たる 事 務 所 の 所 在 ( 注 6 7) れます ) 法 人 に 対 する 出 資 又 は 外 国 預 託 証 券 10 集 団 投 資 信 託 又 は 法 人 課 税 信 託 に 関 する 権 利 これらの 信 託 の 引 受 けをした 営 業 所 事 務 所 その 他 これらに 準 ずるものの 所 在 11 特 許 権 実 用 新 案 権 意 匠 権 若 しくはこれらの 実 施 権 で 登 録 されている もの 商 標 権 又 は 回 路 配 置 利 用 権 育 成 者 権 若 しくはこれらの 利 用 権 で その 登 録 をした 機 関 の 所 在 登 録 されているもの 12 著 作 権 出 版 権 又 は 著 作 隣 接 権 でこれらの 権 利 の 目 的 物 が 発 行 されているも の これを 発 行 する 営 業 所 又 は 事 業 所 の 所 在 13 1から 12 までの 財 産 を 除 くほか 営 業 所 又 は 事 業 所 を 有 する 者 の 営 業 上 又 は 事 業 上 の 権 利 営 業 所 又 は 事 業 所 の 所 在 14 国 債 又 は 地 方 債 この 法 律 の 施 行 地 ( 国 内 ) 口 座 が 開 設 された 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 15 外 国 又 は 外 国 の 地 方 公 共 団 体 その 他 これに 準 ずるものの 発 行 する 公 債 その 外 国 17 抵 当 証 券 又 はオプションを 表 示 する 証 券 若 しくは 証 書 左 記 の 有 価 証 券 の 発 行 者 の 本 店 又 は 主 たる 事 務 所 の 所 在 18 組 合 契 約 等 に 基 づく 出 資 左 記 の 組 合 契 約 等 に 基 づいて 事 業 を 行 う 主 たる 事 務 所 事 業 所 その 他 これらに 類 するものの 所 在 19 信 託 に 関 する 権 利 その 信 託 の 引 受 けをした 営 業 所 事 務 所 その 他 これらに 類 するものの 所 在

20 これらの 取 引 に 係 る 契 約 の 相 手 方 である 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 事 業 所 その 他 これらに 類 するも 20 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 のの 所 在 21 1から 20 までに 掲 げる 財 産 以 外 の 財 産 その 財 産 を 有 する 者 の 住 所 ( 住 所 を 有 しない 場 合 は 居 所 ) ( 注 1) 船 籍 のない 船 舶 については 相 続 税 法 基 本 通 達 10-1 に 基 づき 動 産 としてその 所 在 を 判 定 します ( 注 2) 金 融 機 関 に 対 する 預 金 貯 金 積 金 又 は 寄 託 金 とは 相 続 税 法 施 行 令 第 1 条 の 13 に 規 定 するものをいいます ( 注 3) 保 険 の 契 約 に 関 する 権 利 の 所 在 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 第 12 条 第 2 項 の 規 定 の 適 用 があります ( 注 4) 一 定 の 年 金 又 は 一 時 金 に 関 する 権 利 とは 相 続 税 法 施 行 令 第 1 条 の3に 定 める 年 金 又 は 一 時 金 に 関 する 権 利 (これらに 類 するものを 含 みます )をいいます ( 注 5) 債 務 者 が2 以 上 ある 場 合 には 主 たる 債 務 者 とし 主 たる 債 務 者 がないときは 相 続 税 法 施 行 令 第 1 条 の 14 により 判 定 した 一 の 債 務 者 となります ( 注 6) 外 国 預 託 証 券 とは 相 続 税 法 施 行 令 第 1 条 の 15 有 価 証 券 に 規 定 する 外 国 預 託 証 券 をいいます ( 注 7) 株 式 に 関 する 権 利 ( 株 式 を 無 償 又 は 有 利 な 価 額 で 取 得 することができる 権 利 その 他 これに 類 する 権 利 を 含 みます ) の 所 在 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 第 12 条 第 2 項 の 規 定 の 適 用 があります ( 注 8) 左 記 の 財 産 に 係 る 有 価 証 券 が 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 等 に 開 設 された 口 座 に 係 る 振 替 口 座 簿 に 記 載 等 がされているものである 場 合 の 取 扱 いです -14-

21 Q13 財 産 の 所 在 について 基 本 的 には 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 により 判 定 す るとのことですが 相 続 税 法 以 外 の 規 定 により 所 在 を 判 定 する 財 産 もあるのですか 相 続 税 法 に 規 定 する 社 債 株 式 等 の 有 価 証 券 等 のうち 一 定 のものについては 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 にかかわらず 国 外 送 金 等 調 書 令 第 12 条 の2 第 1 項 が 準 用 する 同 第 10 条 第 2 項 の 規 定 により 所 在 を 記 載 します( 詳 細 はQ14 を 参 照 ) また 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 財 産 以 外 の 財 産 で 次 に 掲 げる 財 産 に ついては 国 外 送 金 等 調 書 規 則 第 12 条 第 3 項 の 規 定 により それぞれ 次 によりその 所 在 を 記 載 します( 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 ) ⑴ 預 託 金 又 は 委 託 証 拠 金 その 他 の 保 証 金 預 託 金 又 は 委 託 証 拠 金 その 他 の 保 証 金 の 受 入 れをした 営 業 所 又 は 事 務 所 その 他 これらに 類 するものの 所 在 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 123 一 ) ⑵ 抵 当 証 券 又 はオプションを 表 示 する 証 券 若 しくは 証 書 等 これらの 有 価 証 券 の 発 行 者 の 本 店 又 は 主 たる 事 務 所 の 所 在 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 123 二 ) ⑶ 組 合 契 約 等 に 基 づく 出 資 これらの 契 約 に 基 づいて 事 業 を 行 う 主 たる 事 務 所 事 業 所 その 他 これらに 類 するものの 所 在 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 123 三 ) ⑷ 信 託 に 関 する 権 利 ( 集 団 投 資 信 託 又 は 法 人 課 税 信 託 に 関 する 権 利 及 び 上 記 ⑴から⑶までの 財 産 に 該 当 するものを 除 きます ) その 信 託 の 引 受 けをした 営 業 所 事 務 所 その 他 これらに 類 するものの 所 在 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 123 四 ) ⑸ 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 これらの 取 引 に 係 る 契 約 の 相 手 方 である 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 事 業 所 その 他 これ らに 類 するものの 所 在 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 123 五 ) ⑹ 上 記 以 外 の 財 産 その 財 産 を 有 する 方 の 住 所 ( 住 所 を 有 しない 方 にあっては 居 所 )の 所 在 ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 123 六 ) なお 上 記 ⑵から⑷の 財 産 に 係 る 有 価 証 券 のうち 一 定 のものについては 国 外 送 金 等 調 書 規 則 第 12 条 第 3 項 ただし 書 の 規 定 により 所 在 を 記 載 します( 詳 細 はQ12 を 参 照 ) Q14 社 債 株 式 等 の 有 価 証 券 等 の 所 在 は 具 体 的 にどのように 記 載 するのですか 財 産 の 所 在 の 記 載 については 基 本 的 には 財 産 の 所 在 について 定 める 相 続 税 法 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 によることとされ これらの 項 に 規 定 する 財 産 については これらの 項 の 定 めるところによることとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 の21) ただし 社 債 株 式 等 の 有 価 証 券 等 ( 以 下 有 価 証 券 等 といいます )が 金 融 商 品 取 引 業 -15-

22 者 等 の 営 業 所 等 に 開 設 された 口 座 に 係 る 振 替 口 座 簿 に 記 載 等 がされているものである 場 合 に おけるその 有 価 証 券 等 の 所 在 については その 口 座 が 開 設 された 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 等 の 所 在 により 記 載 することとされています( 国 外 送 金 等 調 書 令 の21 国 外 送 金 等 調 書 規 則 123ただし 書 通 達 6の2-5) 土 地 の 記 載 事 項 Q15 借 地 権 を 保 有 していますが 財 産 債 務 調 書 にはこの 借 地 権 をどのように 記 載 すればよいの ですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 及 び 所 在 等 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 に 規 定 する 財 産 の 区 分 に 応 じて 同 別 表 の 記 載 事 項 に 規 定 する 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に 記 載 することとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 151) お 尋 ねの 借 地 権 については 財 産 債 務 の 区 分 のうち 土 地 に 該 当 するものとして 記 載 してください 委 託 証 拠 金 の 記 載 事 項 Q16 先 物 取 引 を 行 うに 当 たり 保 有 するA 社 の 株 式 ( 上 場 株 式 )を 委 託 証 拠 金 として 証 券 会 社 に 預 託 しました この 預 託 した 株 式 について 財 産 債 務 調 書 にはどのように 記 載 すればよい のですか 先 物 取 引 オプション 取 引 などのデリバティブ 取 引 や 信 用 取 引 等 を 行 う 際 に 委 託 証 拠 金 その 他 の 保 証 金 として 現 金 又 は 有 価 証 券 を 証 券 会 社 等 に 預 託 することがあります この 委 託 証 拠 金 その 他 の 保 証 金 として 預 託 した 現 金 又 は 有 価 証 券 については 次 のように 取 り 扱 います ⑴ 預 託 した 現 金 財 産 の 区 分 のうち その 他 の 財 産 に 該 当 し 財 産 債 務 調 書 には 種 類 別 用 途 別 所 在 別 の 数 量 及 び 価 額 を 記 載 します ⑵ 預 託 した 有 価 証 券 (いわゆる 代 用 有 価 証 券 ) 財 産 の 区 分 のうち 有 価 証 券 に 該 当 し 財 産 債 務 調 書 には 種 類 別 用 途 別 所 在 別 の ( 注 ) 数 量 及 び 価 額 並 びに 取 得 価 額 を 記 載 します( 通 達 6の2-2⑴イ) ( 注 ) 価 額 は 委 託 証 拠 金 その 他 の 保 証 金 として 取 り 扱 われた 金 額 (いわゆる 代 用 価 格 に 基 づく 金 額 ) ではなく 当 該 有 価 証 券 の 時 価 又 は 見 積 価 額 を 記 載 します したがって ご 質 問 の 委 託 証 拠 金 として 預 託 した 株 式 については 区 分 欄 には 有 価 証 券 と 種 類 欄 には 上 場 株 式 (A 社 ) と 記 載 します -16-

23 債 務 に 係 る 所 在 Q17 債 務 に 係 る 所 在 については 財 産 債 務 調 書 にどのように 記 載 するのですか 債 務 に 係 る 所 在 については 次 のとおり 記 載 することとされています( 通 達 6の2-7) ⑴ その 債 務 の 相 手 方 の 住 所 又 は 本 店 若 しくは 主 たる 事 務 所 の 所 在 を 記 載 します ⑵ 所 在 は 所 在 地 のほか 氏 名 又 は 名 称 を 記 載 します 国 外 財 産 調 書 との 関 係 Q18 国 外 財 産 調 書 には 国 外 財 産 を 記 載 して 提 出 することとされていますが 国 外 財 産 調 書 を 提 出 する 場 合 でも 所 得 金 額 が2 千 万 円 を 超 え かつ 保 有 する 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が3 億 円 以 上 又 は 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 である 場 合 は 財 産 債 務 調 書 を 提 出 する 必 要 があるのですか 国 外 財 産 調 書 の 提 出 が 必 要 な 方 であっても 所 得 金 額 が2 千 万 円 を 超 え かつ その 年 の 12 月 31 日 において 価 額 の 合 計 額 が3 億 円 以 上 である 財 産 又 は 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 で ある 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 を 有 する 方 は 財 産 債 務 調 書 の 提 出 も 必 要 になります( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 ) 財 産 債 務 調 書 の 提 出 基 準 の 詳 細 については Q2をご 確 認 ください この 場 合 財 産 債 務 調 書 には 国 外 財 産 に 係 る 事 項 ( 国 外 財 産 の 価 額 を 除 く )の 記 載 を 要 しないこととされていますので( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の22) 財 産 債 務 調 書 及 び 財 産 債 務 調 書 合 計 表 には 国 外 財 産 調 書 に 記 載 した 国 外 財 産 の 価 額 の 合 計 額 及 び 国 外 財 産 調 書 に 記 載 した 国 外 財 産 のうち 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 を 記 載 してください(18 頁 [ 参 考 ] 財 産 債 務 調 書 に 係 る 国 外 財 産 の 記 載 例 及 び 19 頁 [ 参 考 ] 財 産 債 務 調 書 合 計 表 に 係 る 国 外 財 産 の 価 額 の 記 載 例 を 参 照 ください ) なお 国 外 に 存 する 債 務 については 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 必 要 があります -17-

24 [ 参 考 ] 財 産 債 務 調 書 に 係 る 国 外 財 産 の 記 載 例 ( 国 外 財 産 調 書 を 提 出 する 場 合 ) 平 成 年 12 月 31 日 分 財 産 債 務 調 書 住 所 財 産 債 務 を 又 は 事 業 所 事 務 所 居 所 など 有 す る 者 氏 名 ( 電 話 ) - - 財 産 債 務 ( 上 段 は 有 価 証 券 等 の 取 得 価 額 ) 種 類 用 途 所 在 数 量 の 区 分 財 産 の 価 額 又 は 債 務 の 金 額 土 地 事 業 用 東 京 都 千 代 田 区 m2 250,000,000 建 物 事 業 用 東 京 都 港 区 m2 110,000,000 建 物 一 般 用 東 京 都 品 川 区 m2 89,000,000 備 考 土 地 を 含 む 建 物 計 (199,000,000) 事 業 用 預 貯 金 普 通 預 金 銀 行 支 店 一 般 用 38,961,915 6,500,000 有 価 証 券 上 場 株 式 (B 社 ) 一 般 用 証 券 支 店 5,000 株 6,450,000 東 京 都 港 区 ,000,000 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 一 般 用 100 口 株 式 会 社 B 140,000,000 未 決 済 デリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 30,000,000 先 物 取 引 ( ) 一 般 用 証 券 支 店 100 口 29,000,000 貸 付 金 事 業 用 東 京 都 目 黒 区 ,000,000 未 収 入 金 事 業 用 東 京 都 豊 島 区 株 式 会 社 C 1,500,000 未 収 入 金 事 業 用 その 他 10 件 未 収 入 金 計 貴 金 属 類 ダイヤモンド 一 般 用 東 京 都 品 川 区 個 その 他 の 動 産 家 庭 用 動 産 一 般 用 東 京 都 品 川 区 個 その 他 の 財 産 委 託 証 拠 金 一 般 用 証 券 支 店 2,300,000 (3,800,000) 6,000,000 3,000,000 10,000,000 借 入 金 事 業 用 銀 行 支 店 20,000,000 未 払 金 事 業 用 東 京 都 港 区 株 式 会 社 D 1,500,000 その 他 の 債 務 保 証 金 事 業 用 東 京 都 台 東 区 株 式 会 社 E 2,000,000 国 外 財 産 調 書 に 記 載 し た 国 外 財 産 の 価 額 の 合 計 額 ( う ち 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 ( 34,000,000 ) 円 ) 89,000,000 財 産 の 価 額 の 合 計 額 778,211,915 債 務 の 金 額 の 合 計 額 23,500,000 ( 摘 要 ) (1) 枚 のうち(1) 枚 目 国 外 財 産 調 書 に 記 載 した 国 外 財 産 の 価 額 の 合 計 額 及 び 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 を 記 載 する -18-

25 [ 参 考 ] 財 産 債 務 調 書 合 計 表 に 係 る 国 外 財 産 の 記 載 例 ( 国 外 財 産 調 書 を 提 出 する 場 合 ) 国 外 財 産 調 書 の 提 出 をする 場 合 には 国 外 財 産 調 書 に 記 載 した 国 外 財 産 の 価 額 の 合 計 額 及 び 国 外 転 出 特 例 対 象 財 産 の 価 額 の 合 計 額 を 記 載 する -19-

26 Ⅲ 財 産 の 価 額 等 基 本 的 な 考 え 方 Q19 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 価 額 は その 年 の 12 月 31 日 における 時 価 によらなければ ならないのですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 価 額 は その 年 の 12 月 31 日 における 時 価 又 は 時 価 に 準 ずるものとして 見 積 価 額 によることとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の23 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の22 国 外 送 金 等 調 書 規 則 ) これは 財 産 の 価 額 について その 年 の 12 月 31 日 における 時 価 の 算 定 が 困 難 な 場 合 等 も 考 えられることから 財 産 債 務 調 書 を 提 出 される 方 の 事 務 負 担 等 を 軽 減 する 観 点 から 時 価 に 準 ずるものとして 見 積 価 額 によることを 認 めることとしているものです したがって 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 価 額 は その 財 産 の 時 価 ではなく 見 積 価 額 を 算 定 し 記 載 しても 差 し 支 えありません なお 時 価 についてはQ20 を 見 積 価 額 についてはQ21 をそれぞれご 確 認 ください Q20 財 産 の 時 価 とは どのような 価 額 をいうのですか 財 産 の 時 価 とは その 年 の 12 月 31 日 における 財 産 の 現 況 に 応 じ 不 特 定 多 数 の 当 事 者 間 で 自 由 な 取 引 が 行 われる 場 合 に 通 常 成 立 すると 認 められる 価 額 をいいます( 通 達 6の2-8 前 段 ) その 価 額 は 財 産 の 種 類 に 応 じて 動 産 及 び 不 動 産 等 については 専 門 家 による 鑑 定 評 価 額 ( 注 上 場 株 式 等 については 金 融 商 品 取 引 所 等 ) の 公 表 する 同 日 の 最 終 価 格 等 となります ( 注 ) 金 融 商 品 取 引 所 等 とは 金 融 商 品 取 引 所 のほか 店 頭 登 録 等 の 公 表 相 場 があるものを 指 しま す Q21 財 産 の 見 積 価 額 とは どのような 価 額 をいうのですか 財 産 の 見 積 価 額 とは その 財 産 の 種 類 等 に 応 じて 次 の 方 法 で 算 定 した 価 額 をいいます ( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 6の2-8 後 段 6の2-9 6の2-10) 1 事 業 所 得 の 基 因 となる 棚 卸 資 産 その 年 の 12 月 31 日 における 棚 卸 資 産 の 評 価 額 2 不 動 産 所 得 事 業 所 得 山 林 所 得 又 は 雑 所 得 に 係 る 減 価 償 却 資 産 その 年 の 12 月 31 日 における 減 価 償 却 資 産 の 償 却 後 の 価 額 3 上 記 1 及 び2 以 外 の 財 産 -20-

27 その 年 の 12 月 31 日 における 財 産 の 現 況 に 応 じ その 財 産 の 取 得 価 額 や 売 買 実 例 価 額 な どを 基 に 合 理 的 な 方 法 により 算 定 した 価 額 なお 見 積 価 額 の 具 体 的 な 算 定 方 法 については Q23 以 降 をご 確 認 ください Q22 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 価 額 は 財 産 評 価 基 本 通 達 で 定 める 方 法 により 評 価 した 価 額 でもよいのですか 財 産 評 価 基 本 通 達 では 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 課 税 価 格 計 算 の 基 礎 となる 各 財 産 の 評 価 方 法 に 共 通 する 原 則 や 各 種 の 財 産 の 評 価 単 位 ごとの 評 価 の 方 法 を 定 めています 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 価 額 についても 財 産 評 価 基 本 通 達 で 定 める 方 法 により 評 価 した 価 額 として 差 し 支 えありません 財 産 の 見 積 価 額 Q23 財 産 の 見 積 価 額 の 合 理 的 な 算 定 方 法 について 財 産 の 種 類 ごとに 具 体 的 に 教 えてくだ さい 財 産 債 務 調 書 に 記 載 すべき 財 産 ( 事 業 所 得 の 基 因 となる 棚 卸 資 産 及 び 不 動 産 所 得 事 業 所 得 雑 所 得 又 山 林 所 得 に 係 る 減 価 償 却 資 産 を 除 きます )の 見 積 価 額 については その 年 の 12 月 31 日 における 財 産 の 現 況 に 応 じ その 財 産 の 取 得 価 額 や 売 買 実 例 価 額 などを 基 に 合 理 的 な 方 法 により 算 定 する 必 要 があります 合 理 的 な 方 法 により 算 定 された 財 産 の 見 積 価 額 とは 例 えば 次 のような 方 法 により 算 定 された 価 額 をいいます( 通 達 6の2-9) 財 産 の 種 類 見 積 価 額 の 算 定 方 法 土 地 次 のいずれかの 方 法 により 算 定 した 価 額 ⑴ その 年 の 12 月 31 日 が 属 する 年 中 に 課 された 固 定 資 産 税 の 計 算 の 基 となる 固 定 資 産 税 評 価 額 ( 地 方 税 法 第 381 条 ( 固 定 資 産 課 税 台 帳 の 登 録 事 項 ) の 規 定 により 登 録 された 基 準 年 度 の 価 格 又 は 比 準 価 格 をいいま す なお その 財 産 に 対 して 外 国 又 は 外 国 の 地 方 公 共 団 体 の 定 める 法 令 により 固 定 資 産 税 に 相 当 する 租 税 が 課 される 場 合 には その 年 の 12 月 31 日 が 属 する 年 中 に 課 された 当 該 租 税 の 計 算 の 基 となる 課 税 標 準 額 とします ) ⑵ 取 得 価 額 を 基 にその 取 得 後 における 価 額 の 変 動 を 合 理 的 な 方 法 によ って 見 積 もって 算 出 した 価 額 ⑶ その 年 の 翌 年 1 月 1 日 から 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 までにその 財 産 を 譲 渡 した 場 合 における 譲 渡 価 額 建 物 次 のいずれかの 方 法 により 算 定 した 価 額 ⑴ その 年 の 12 月 31 日 が 属 する 年 中 に 課 された 固 定 資 産 税 の 計 算 の 基 となる 固 定 資 産 税 評 価 額 ( 地 方 税 法 第 381 条 ( 固 定 資 産 課 税 台 帳 の 登 録 事 項 ) の 規 定 により 登 録 された 基 準 年 度 の 価 格 又 は 比 準 価 格 をいいま -21-

28 財 産 の 種 類 見 積 価 額 の 算 定 方 法 す なお その 財 産 に 対 して 外 国 又 は 外 国 の 地 方 公 共 団 体 の 定 める 法 令 により 固 定 資 産 税 に 相 当 する 租 税 が 課 される 場 合 には その 年 の 12 月 31 日 が 属 する 年 中 に 課 された 当 該 租 税 の 計 算 の 基 となる 課 税 標 準 額 とします ) ⑵ 取 得 価 額 を 基 にその 取 得 後 における 価 額 の 変 動 を 合 理 的 な 方 法 によ って 見 積 もって 算 出 した 価 額 ⑶ その 年 の 翌 年 1 月 1 日 から 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 までにその 財 産 を 譲 渡 した 場 合 における 譲 渡 価 額 ⑷ 業 務 の 用 に 供 する 財 産 以 外 のものである 場 合 には その 財 産 の 取 得 価 額 から その 年 の 12 月 31 日 における 経 過 年 数 に 応 ずる 償 却 費 の 額 を 控 除 した 金 額 ( 注 ) 経 過 年 数 に 応 ずる 償 却 費 の 額 は その 財 産 の 取 得 又 は 建 築 の 時 からそ の 年 の 12 月 31 日 までの 期 間 (その 期 間 に1 年 未 満 の 端 数 があるときは その 端 数 は 1 年 として 計 算 します )の 償 却 費 の 額 の 合 計 額 また 償 却 方 法 は 定 額 法 によるものとし その 耐 用 年 数 は 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 等 に 関 する 省 令 に 規 定 する 耐 用 年 数 によります 山 林 次 のいずれかの 方 法 により 算 定 した 価 額 ⑴ その 年 の 12 月 31 日 が 属 する 年 中 に 課 された 固 定 資 産 税 の 計 算 の 基 となる 固 定 資 産 税 評 価 額 ( 地 方 税 法 第 381 条 ( 固 定 資 産 課 税 台 帳 の 登 録 事 項 ) の 規 定 により 登 録 された 基 準 年 度 の 価 格 又 は 比 準 価 格 をいいま す なお その 財 産 に 対 して 外 国 又 は 外 国 の 地 方 公 共 団 体 の 定 める 法 令 により 固 定 資 産 税 に 相 当 する 租 税 が 課 される 場 合 には その 年 の 12 月 31 日 が 属 する 年 中 に 課 された 当 該 租 税 の 計 算 の 基 となる 課 税 標 準 額 とします ) ⑵ 取 得 価 額 を 基 にその 取 得 後 における 価 額 の 変 動 を 合 理 的 な 方 法 によ って 見 積 もって 算 出 した 価 額 ⑶ その 年 の 翌 年 1 月 1 日 から 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 までにその 財 産 を 譲 渡 した 場 合 における 譲 渡 価 額 預 貯 金 その 年 の 12 月 31 日 における 預 入 高 ( 注 ) 定 期 預 金 ( 定 期 貯 金 を 含 む 以 下 定 期 預 金 等 といいます )で その 年 の 12 月 31 日 において 当 該 定 期 預 金 等 に 係 る 契 約 において 定 める 預 入 期 間 が 満 了 していないものについては 当 該 契 約 の 時 に 預 け 入 れした 元 本 の 金 額 を 見 積 価 額 として 差 し 支 えありません 有 価 証 券 次 の⑴ ⑵ 又 は⑶の 方 法 により 算 定 した 価 額 ( 金 融 商 品 取 引 所 等 ⑴ その 年 の 12 月 31 日 における 売 買 実 例 価 額 ( 同 日 における 売 買 実 例 に 上 場 等 されている 価 額 がない 場 合 には 同 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 におけるその 年 中 の 売 有 価 証 券 以 外 の 有 価 買 実 例 価 額 )のうち 適 正 と 認 められる 売 買 実 例 価 額 証 券 ) ⑵ ⑴による 価 額 がない 場 合 には その 年 の 翌 年 1 月 1 日 から 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 までにその 有 価 証 券 を 譲 渡 した 場 合 における 譲 渡 価 -22-

29 財 産 の 種 類 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 未 決 済 信 用 取 引 等 に 係 る 権 利 未 決 済 デリバ ティブ 取 引 に 係 る 権 利 見 積 価 額 の 算 定 方 法 額 ⑶ ⑴ 及 び⑵がない 場 合 には 次 の 価 額 イ 株 式 については 当 該 株 式 の 発 行 法 人 のその 年 の 12 月 31 日 又 は 同 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 において 終 了 した 事 業 年 度 における 決 算 書 等 に 基 づき その 法 人 の 純 資 産 価 額 ( 帳 簿 価 額 によって 計 算 した 金 額 )に 自 己 の 持 株 割 合 を 乗 じて 計 算 するなど 合 理 的 に 算 出 した 価 額 ロ 新 株 予 約 権 については その 目 的 たる 株 式 がその 年 の 12 月 31 日 における 金 融 商 品 取 引 所 等 の 公 表 する 最 終 価 格 がないものである 場 合 には 同 日 におけるその 目 的 たる 株 式 の 見 積 価 額 から1 株 当 たり の 権 利 行 使 価 額 を 控 除 した 金 額 に 権 利 行 使 により 取 得 することがで きる 株 式 数 を 乗 じて 計 算 した 金 額 ( 注 ) 同 日 におけるその 目 的 たる 株 式 の 見 積 価 額 については ⑴ ⑵ ⑶イの 取 扱 いに 準 じて 計 算 した 金 額 とすることができます ⑷ ⑴ ⑵ 及 び⑶がない 場 合 には 取 得 価 額 匿 名 組 合 事 業 に 係 るその 年 の 12 月 31 日 又 は 同 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 において 終 了 した 計 算 期 間 の 計 算 書 等 に 基 づき その 組 合 の 純 資 産 価 額 ( 帳 簿 価 額 によって 計 算 した 金 額 ) 又 は 利 益 の 額 に 自 己 の 出 資 割 合 を 乗 じて 計 算 するなど 合 理 的 に 算 出 した 価 額 ただし 営 業 者 等 から 計 算 書 等 の 送 付 等 がない 場 合 には 出 資 額 による こととして 差 し 支 えありません 金 融 商 品 取 引 所 等 において 公 表 された 当 該 信 用 取 引 等 に 係 る 有 価 証 券 の その 年 の 12 月 31 日 の 最 終 の 売 買 の 価 格 ( 公 表 された 同 日 における 当 該 価 格 がない 場 合 には 公 表 された 同 日 における 最 終 の 気 配 相 場 の 価 格 とし 公 表 された 同 日 における 当 該 価 格 及 び 当 該 気 配 相 場 の 価 格 のいずれもない 場 合 には 最 終 の 売 買 の 価 格 又 は 最 終 の 気 配 相 場 の 価 格 が 公 表 された 日 で その 年 の 12 月 31 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 におけるその 最 終 の 売 買 の 価 格 又 は 最 終 の 気 配 相 場 の 価 格 とします )に 基 づき 同 日 において 当 該 信 用 取 引 等 を 決 済 したものとみなして 算 出 した 利 益 の 額 又 は 損 失 の 額 に 相 当 する 金 額 次 の⑴ 又 は⑵の 方 法 により 算 定 した 価 額 ⑴ 金 融 商 品 取 引 所 等 に 上 場 等 されているデリバティブ 取 引 取 引 所 において 公 表 されたその 年 の 12 月 31 日 の 最 終 の 売 買 の 価 格 ( 公 表 された 同 日 における 当 該 価 格 がない 場 合 には 公 表 された 同 日 における 最 終 の 気 配 相 場 の 価 格 とし 公 表 された 同 日 における 当 該 価 格 及 び 当 該 気 配 相 場 の 価 格 のいずれもない 場 合 には 最 終 の 売 買 の 価 格 又 は 最 終 の 気 配 相 場 の 価 格 が 公 表 された 日 でその 年 の 12 月 31 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 におけるその 最 終 の 売 買 の 価 格 又 は 最 終 の 気 配 相 場 の 価 格 とします )に 基 づき 同 日 において 当 該 デリバティブ 取 引 を -23-

30 財 産 の 種 類 見 積 価 額 の 算 定 方 法 決 済 したものとみなして 算 出 した 利 益 の 額 又 は 損 失 の 額 に 相 当 する 金 額 ( 以 下 ⑵において みなし 決 済 損 益 額 といいます ) ⑵ 上 記 ⑴ 以 外 のデリバティブ 取 引 イ 銀 行 証 券 会 社 等 から 入 手 した 価 額 ( 当 該 デリバティブ 取 引 の 見 積 将 来 キャッシュ フローを 現 在 価 値 に 割 り 引 く 方 法 オプション 価 格 モデルを 用 いて 算 定 する 方 法 その 他 合 理 的 な 方 法 に 基 づいて 算 定 されたこれらの 者 の 提 示 価 額 に 限 ります( 以 下 イにおいて 同 じ ) ) に 基 づき 算 出 したみなし 決 済 損 益 額 (その 年 の 12 月 31 日 における 価 額 がこれらの 者 から 入 手 できない 場 合 には これらの 者 から 入 手 したその 年 の 12 月 31 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 における 価 額 に 基 づ き 算 出 したみなし 決 済 損 益 額 ) ロ 上 記 イにより 計 算 ができない 場 合 には 備 忘 価 額 として1 円 貸 付 金 その 年 の 12 月 31 日 における 貸 付 金 の 元 本 の 額 未 収 入 金 その 年 の 12 月 31 日 における 未 収 入 金 の 元 本 の 額 ( 受 取 手 形 を 含 む ) 書 画 骨 とう 及 次 の⑴ ⑵ 又 は⑶の 方 法 により 算 定 した 価 額 び 美 術 工 芸 品 ⑴ その 年 の 12 月 31 日 における 売 買 実 例 価 額 ( 同 日 における 売 買 実 例 価 額 がない 場 合 には 同 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 におけるその 年 中 の 売 買 実 例 価 額 )のうち 適 正 と 認 められる 売 買 実 例 価 額 ⑵ ⑴による 価 額 がない 場 合 には その 年 の 翌 年 1 月 1 日 から 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 までにその 財 産 を 譲 渡 した 場 合 における 譲 渡 価 額 ⑶ ⑴ 及 び⑵による 価 額 がない 場 合 には 取 得 価 額 貴 金 属 類 次 の⑴ ⑵ 又 は⑶の 方 法 により 算 定 した 価 額 ⑴ その 年 の 12 月 31 日 における 売 買 実 例 価 額 ( 同 日 における 売 買 実 例 価 額 がない 場 合 には 同 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 におけるその 年 中 の 売 買 実 例 価 額 )のうち 適 正 と 認 められる 売 買 実 例 価 額 ⑵ ⑴による 価 額 がない 場 合 には その 年 の 翌 年 1 月 1 日 から 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 までにその 財 産 を 譲 渡 した 場 合 における 譲 渡 価 額 ⑶ ⑴ 及 び⑵による 価 額 がない 場 合 には 取 得 価 額 上 記 以 外 の 動 家 具 什 器 備 品 自 動 車 船 舶 や 航 空 機 などの 動 産 で 業 務 の 用 に 供 産 する 財 産 以 外 の 動 産 である 場 合 は 取 得 価 額 から その 年 の 12 月 31 日 ( 現 金 書 画 骨 とう における 経 過 年 数 に 応 ずる 償 却 費 の 額 を 控 除 した 金 額 美 術 工 芸 品 貴 金 属 ( 注 )1 経 過 年 数 に 応 ずる 償 却 費 の 額 は その 財 産 の 取 得 又 は 建 築 の 時 から 類 を 除 く ) その 年 の 12 月 31 日 までの 期 間 (その 期 間 に1 年 未 満 の 端 数 があるとき は その 端 数 は1 年 として 計 算 します )の 償 却 費 の 額 の 合 計 額 また 償 却 方 法 は 定 額 法 によるものとし 耐 用 年 数 は 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 等 に 関 する 省 令 に 規 定 する 耐 用 年 数 によります 2 家 庭 用 動 産 で かつ その 取 得 価 額 が 100 万 円 未 満 のものである 場 合 -24-

31 財 産 の 種 類 見 積 価 額 の 算 定 方 法 には その 年 の 12 月 31 日 における 当 該 財 産 の 見 積 価 額 については 10 万 円 未 満 のものであると 取 り 扱 って 差 し 支 えありません 有 価 証 券 の 価 額 等 Q24 金 融 商 品 取 引 所 等 に 上 場 等 していない 法 人 の 株 式 を 保 有 しています その 法 人 の 決 算 期 は 毎 年 12 月 末 ですが 各 期 の 決 算 が 確 定 する 時 期 が 翌 年 の3 月 末 です この 場 合 この 株 式 の 見 積 価 額 をどのように 算 定 すればよいのですか 金 融 商 品 取 引 所 等 に 上 場 等 されていない 株 式 については その 年 の 12 月 31 日 又 は 同 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 において 終 了 する 事 業 年 度 における 決 算 書 等 に 基 づき その 法 人 の 純 資 産 価 額 ( 帳 簿 価 額 によって 計 算 した 価 額 )に 自 己 の 持 株 割 合 を 乗 じて 計 算 するなど 合 理 的 に 算 出 し た 金 額 を 見 積 価 額 とすることができます( 法 令 解 釈 通 達 6の2-9⑸) しかしながら その 決 算 の 確 定 が 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 である 翌 年 3 月 15 日 を 超 える 場 合 もあることから その 場 合 には 当 該 事 業 年 度 の 一 つ 前 の 事 業 年 度 の 決 算 書 等 に 基 づいて 見 積 価 額 を 算 定 しても 差 し 支 えありません Q25 ストックオプションに 関 する 権 利 を 保 有 していますが その 価 額 はどのように 算 定 すれば よいのですか ストックオプションに 関 する 権 利 の 価 額 については その 目 的 となっている 株 式 の 種 類 に 応 じて 例 えば 次 の 算 式 で 計 算 した 金 額 をその 財 産 の 価 額 として 差 し 支 えありません( 通 達 6 の2-9⑸) 計 算 式 ( その 年 の 12 月 31 日 におけるストックオプションの 対 象 となる 株 式 の 価 額 - 1 株 当 たりの 権 利 行 使 価 額 ) 権 利 行 使 により 取 得 することができる 株 式 数 また 上 記 算 式 の その 年 の 12 月 31 日 におけるストックオプションの 対 象 となる 株 式 の 価 額 に ついては 例 えば 金 融 商 品 取 引 所 等 に 上 場 等 されている 株 式 の 場 合 には 金 融 商 品 取 引 所 等 が 公 表 するその 年 の 12 月 31 日 の 最 終 価 格 により また 金 融 商 品 取 引 所 等 に 上 場 等 されていない 株 式 の 場 合 には 純 資 産 価 額 に 自 己 の 持 分 割 合 を 乗 じるなどによって 価 額 を 算 定 します なお その 年 の 12 月 31 日 が 権 利 行 使 可 能 期 間 内 に 存 しないストックオプションに 関 する 権 利 については 財 産 債 務 調 書 への 記 載 を 要 しません( 通 達 6の2-2⑴ロ 注 書 ) -25-

32 Q26 財 産 債 務 調 書 には 有 価 証 券 等 の 取 得 価 額 を 記 載 する 必 要 があるとのことですが どのよ うに 取 得 価 額 を 算 定 すればよいのですか 財 産 債 務 の 区 分 のうち ( 六 ) 有 価 証 券 ( 七 ) 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 ( 八 ) 未 決 済 信 用 取 引 等 に 係 る 権 利 及 び ( 九 ) 未 決 済 デリバティブ 取 引 に 係 る 権 利 に 区 分 される 財 産 については その 年 の 12 月 31 日 における 価 額 のほか 取 得 価 額 の 記 載 が 必 要 です( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 ) これらの 財 産 に 係 る 取 得 価 額 については 次 のように 算 定 することができます( 通 達 6の2-11) 財 産 の 種 類 取 得 価 額 の 算 定 方 法 有 価 証 券 匿 名 次 の⑴ ⑵ 又 は⑶の 方 法 により 算 定 した 価 額 組 合 契 約 の 出 ⑴ 金 銭 の 払 込 み 又 は 購 入 により 取 得 した 場 合 には 当 該 財 産 を 取 得 し 資 の 持 分 たときに 支 払 った 金 銭 の 額 又 は 購 入 の 対 価 のほか 購 入 手 数 料 など 当 該 財 産 を 取 得 するために 要 した 費 用 を 含 めた 価 額 ⑵ 相 続 ( 限 定 承 認 を 除 く ) 遺 贈 ( 包 括 遺 贈 のうち 限 定 承 認 を 除 く ) 又 は 贈 与 により 取 得 した 場 合 には 被 相 続 人 遺 贈 者 又 は 贈 与 者 の 取 得 価 額 を 引 き 継 いだ 価 額 ⑶ ⑴ ⑵その 他 合 理 的 な 方 法 により 算 出 することが 困 難 である 場 合 に は 次 の 価 額 イ 当 該 財 産 に 額 面 金 額 がある 場 合 には その 額 面 金 額 ロ その 年 の 12 月 31 日 における 当 該 財 産 の 価 額 の 100 分 の5に 相 当 する 価 額 未 決 済 信 用 取 当 該 財 産 のその 年 の 12 月 31 日 における 価 額 を 同 日 においてそれらの 引 等 に 係 る 権 取 引 を 決 済 したものとみなして 算 出 した 利 益 の 額 又 は 損 失 の 額 に 相 当 する 利 未 決 済 デリ 金 額 により 記 載 する 場 合 には(Q23 参 照 ) 当 該 財 産 の 取 得 価 額 はゼロとし バティブ 取 引 ます に 係 る 権 利 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 の 価 額 Q27 匿 名 組 合 に 出 資 をしています その 匿 名 組 合 の 計 算 期 間 は 毎 年 12 月 末 日 に 終 了 しますが 計 算 書 は 翌 年 の3 月 末 に 送 付 されています この 場 合 その 出 資 の 持 分 の 見 積 価 額 をどのよ うに 算 定 すればよいのですか 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 の 価 額 については 組 合 事 業 に 係 るその 年 の 12 月 31 日 又 は 同 日 前 の 同 日 に 最 も 近 い 日 において 終 了 した 計 算 期 間 の 計 算 書 等 に 基 づき その 組 合 の 純 資 産 価 額 ( 帳 簿 価 額 によって 計 算 した 金 額 ) 又 は 利 益 の 額 に 自 己 の 出 資 割 合 を 乗 じて 計 算 するなど 合 理 的 に 算 出 した 価 額 によることができます( 通 達 6の2-9⑹) しかしながら 当 該 計 算 期 間 に 係 る 計 算 書 等 の 送 付 が 財 産 債 務 調 書 の 提 出 期 限 であるその -26-

33 年 の 翌 年 3 月 15 日 までに 行 われない 場 合 には 当 該 計 算 期 間 の 一 つ 前 の 計 算 期 間 の 計 算 書 等 に 基 づいて 見 積 価 額 を 算 出 しても 差 し 支 えありません 家 庭 用 動 産 の 価 額 Q28 自 宅 に 多 数 の 家 庭 用 動 産 を 保 有 しています この 家 庭 用 動 産 について 財 産 債 務 調 書 には どのように 記 載 すればよいのですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 及 び 所 在 等 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 に 規 定 する 財 産 の 区 分 に 応 じて 同 別 表 の 記 載 事 項 に 規 定 する 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に 記 載 することとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 151) 家 庭 用 動 産 については 財 産 の 区 分 のうち 現 金 書 画 骨 とう 及 び 美 術 工 芸 品 又 は 貴 金 属 類 に 区 分 されるものを 除 き その 他 の 動 産 に 区 分 されます( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 ) その 他 の 動 産 に 区 分 される 財 産 については 提 出 義 務 者 の 事 務 負 担 を 軽 減 する 観 点 から 一 個 又 は 一 組 の 価 額 が 10 万 円 未 満 のものについては 財 産 債 務 調 書 への 記 載 を 要 しないこと とされています したがって 家 庭 用 動 産 を 財 産 債 務 調 書 に 記 載 するに 当 たっては 一 個 又 は 一 組 の 価 額 が 10 万 円 以 上 の 家 庭 用 動 産 について 種 類 別 所 在 別 にその 数 量 と 価 額 を 記 載 することとなります ただし 家 庭 用 動 産 のうち 一 個 又 は 一 組 の 取 得 価 額 が 100 万 円 未 満 のものについては そ の 動 産 の 12 月 31 日 における 見 積 価 額 が 10 万 円 未 満 のものと 取 り 扱 って 差 し 支 えないことと されていますので( 通 達 6の2-9⑿( 注 )) その 動 産 については 財 産 債 務 調 書 への 記 載 を 要 しないこととなります Q29 自 宅 に 多 数 の 指 輪 やネックレスなどを 所 有 しています( 事 業 用 ではありません ) この 場 合 財 産 債 務 調 書 にはどのように 記 載 すればよいのですか 財 産 債 務 調 書 に 記 載 する 財 産 の 種 類 数 量 価 額 及 び 所 在 等 については 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 に 規 定 する 財 産 の 区 分 に 応 じて 同 別 表 の 記 載 事 項 に 規 定 する 種 類 別 用 途 別 ( 一 般 用 及 び 事 業 用 の 別 ) 及 び 所 在 別 に 記 載 することとされています( 国 外 送 金 等 調 書 法 6の21 本 文 国 外 送 金 等 調 書 令 12 の26 国 外 送 金 等 調 書 規 則 151) 家 庭 用 動 産 については 財 産 の 区 分 のうち 現 金 書 画 骨 とう 美 術 工 芸 品 又 は 貴 金 属 類 に 区 分 されるものを 除 き その 他 の 動 産 に 区 分 されますが( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 通 達 6の2-2⑶) 貴 金 属 類 のうち 装 身 具 として 用 いられるものについては そ の 用 途 が 事 業 用 のものを 除 き その 他 の 動 産 に 該 当 するものと 取 り 扱 って 差 し 支 えありま せん( 通 達 6の2-2⑶ 注 書 ) -27-

34 また その 他 の 動 産 に 区 分 される 財 産 については 一 個 又 は 一 組 の 価 額 が 10 万 円 未 満 の ものについては 財 産 債 務 調 書 への 記 載 を 要 しないこととされています( 国 外 送 金 等 調 書 規 則 別 表 第 三 ) したがって お 尋 ねの 指 輪 やネックレスなどの 装 身 具 については 一 個 又 は 一 組 の 価 額 が 10 万 円 以 上 のものについて 財 産 債 務 調 書 においては その 他 の 動 産 に 区 分 される 財 産 とし て 記 載 することとなります なお 家 庭 用 動 産 のうち 一 個 又 は 一 組 の 取 得 価 額 が 100 万 円 未 満 のものについては その 動 産 の 12 月 31 日 における 見 積 価 額 が 10 万 円 未 満 のものと 取 り 扱 って 差 し 支 えないこととさ れていますので( 通 達 6の2-9⑿( 注 )) お 尋 ねの 装 身 具 についても 同 様 に 取 り 扱 うことが できます 保 険 に 関 する 権 利 の 価 額 Q30 生 命 保 険 に 加 入 していますが この 生 命 保 険 の 価 額 はどのように 算 定 すればよいのです か なお 加 入 している 生 命 保 険 契 約 は 満 期 返 戻 金 のあるものです 保 険 ( 共 済 を 含 む )に 関 する 権 利 の 価 額 は その 年 の 12 月 31 日 にその 生 命 保 険 契 約 を 解 約 することとした 場 合 に 支 払 われることとなる 解 約 返 戻 金 の 額 をその 財 産 の 価 額 として 差 し 支 えありません( 通 達 6の2-9⒀イ) なお 加 入 している 生 命 保 険 契 約 が 満 期 返 戻 金 を 定 期 金 ( 年 金 形 式 )で 受 け 取 ることがで きる 内 容 のものであっても 同 様 の 方 法 により 価 額 を 算 定 します ( 注 ) 損 害 保 険 契 約 に 関 する 権 利 の 価 額 についても 同 様 の 方 法 で 算 定 します ただし 保 険 会 社 等 から その 年 中 の 12 月 31 日 前 の 日 においてその 生 命 保 険 契 約 を 解 約 す ることとした 場 合 に 支 払 われることとなる 解 約 返 戻 金 の 額 を 入 手 している 場 合 には その 額 を その 財 産 の 価 額 として 差 し 支 えありません( 通 達 6の2-9⒀イただし 書 ) 定 期 金 に 関 する 権 利 の 価 額 Q31 生 命 保 険 契 約 に 基 づく 定 期 金 ( 年 金 )を 受 け 取 っていますが その 価 額 はどのように 算 定 すればよいのですか 給 付 事 由 が 発 生 している 生 命 保 険 契 約 に 基 づく 定 期 金 についても 保 険 ( 共 済 を 含 む )に 関 する 権 利 の 価 額 は その 年 の 12 月 31 日 にその 生 命 保 険 契 約 を 解 約 することとした 場 合 に 支 払 われることとなる 解 約 返 戻 金 の 額 をその 財 産 の 価 額 として 差 し 支 えありません( 通 達 6の2-9⒀イ) ( 注 ) 損 害 保 険 契 約 に 関 する 権 利 の 価 額 についても 同 様 の 方 法 で 算 定 します ただし 保 険 会 社 等 から その 年 中 の 12 月 31 日 前 の 日 においてその 生 命 保 険 契 約 を 解 約 す -28-

35 ることとした 場 合 に 支 払 われることとなる 解 約 返 戻 金 の 額 を 入 手 している 場 合 には その 額 を その 財 産 の 価 額 として 差 し 支 えありません( 通 達 6の2-9⒀イただし 書 ) 民 法 に 規 定 する 組 合 契 約 等 その 他 これらに 類 する 契 約 に 基 づく 出 資 の 価 額 Q32 不 動 産 投 資 を 目 的 とした 民 法 上 の 組 合 に 対 して 出 資 していますが 財 産 債 務 調 書 には 出 資 額 を 記 載 すればよいのですか 民 法 に 規 定 する 組 合 契 約 のように 営 利 を 目 的 として 事 業 を 行 うことができる 組 合 に 対 する 出 資 の 価 額 は その 組 合 の 実 情 に 応 じて 例 えば 次 の 金 額 をその 財 産 の 価 額 として 差 し 支 え ありません ⑴ その 事 業 体 が 行 う 事 業 に 係 る 計 算 書 等 の 送 付 等 がある 場 合 その 年 の 12 月 31 日 又 は 同 日 前 の 最 も 近 い 日 において 終 了 した 計 算 期 間 の 計 算 書 等 に 基 づき 計 算 したその 事 業 体 の 純 資 産 価 額 又 は 利 益 の 額 自 己 の 出 資 割 合 ⑵ その 事 業 体 が 行 う 事 業 に 係 る 計 算 書 等 の 送 付 等 がない 場 合 出 資 額 信 託 に 関 する 権 利 の 価 額 Q33 保 有 している 国 債 を 金 融 機 関 に 信 託 して 運 用 しています このような 財 産 の 価 額 は どのような 方 法 で 算 定 すればよいのですか 信 託 の 利 益 を 受 ける 権 利 には 信 託 財 産 の 運 用 等 によって 生 ずる 利 益 を 受 ける 権 利 と 信 託 終 了 後 において 信 託 財 産 自 体 を 受 ける 権 利 とがあり 前 者 を 収 益 の 受 益 権 後 者 を 元 本 の 受 益 権 といい 両 者 を 含 めて 信 託 受 益 権 といいます 信 託 受 益 権 の 価 額 は 次 に 掲 げる 区 分 に 従 い それぞれ 次 に 掲 げる 方 法 により 価 額 を 算 定 す ることとして 差 し 支 えありません( 通 達 6の2-9⒀ニ) ⑴ 元 本 と 収 益 との 受 益 者 が 同 一 人 である 場 合 信 託 財 産 の 見 積 価 額 ( 注 ) 信 託 財 産 の 見 積 価 額 は 信 託 財 産 の 種 類 に 応 じて 前 記 Q23 の 方 法 で 算 定 して 差 し 支 えありませ ん ⑵ 元 本 と 収 益 との 受 益 者 が 元 本 及 び 収 益 の 一 部 を 受 ける 場 合 ⑴の 価 額 受 益 割 合 ⑶ 元 本 の 受 益 者 と 収 益 の 受 益 者 とが 異 なる 場 合 イ 元 本 を 受 益 する 場 合 ⑴の 価 額 - ロにより 算 定 した 価 額 ロ 収 益 を 受 益 する 場 合 次 のいずれかの 方 法 により 算 定 した 価 額 1 受 益 者 が 将 来 受 けると 見 込 まれる 利 益 の 額 の 複 利 現 価 の 額 の 合 計 額 2 その 年 中 に 給 付 を 受 けた 利 益 の 額 信 託 契 約 の 残 存 年 数 -29-

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250> 税 理 士 試 験 相 続 税 法 の 計 算 は 相 続 税 全 般 に 関 する 理 解 度 を 測 定 するため 個 別 の 財 産 評 価 課 税 価 格 の 算 定 相 続 税 の 総 額 及 び 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 税 額 までの 算 出 を 求 め る 総 合 問 題 となっています 限 られた 制 限 時 間 の 中 で 合 格 点 をとるためには 総 合 問 題

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切 別 表 一 ( 一 ) 及 び 別 表 一 ( 一 ) 次 葉 普 通 ( 特 定 医 療 を 除 く ) 一 般 社 団 等 及 び 格 ない 社 団 等 分 申 告 書 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 以 後 開 始 事 業 年 度 等 用 ) 1 こ 表 用 途 こ 表 は 普 通 ( 措 置 第 67 条 2 第 1 項 ( 特 定 医 療 率 特 例 )) 規 定 により 承 認

More information

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出 036-8900-1090-19 税 16 第 6 6 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

配 当 所 得 は 他 の 所 得 と 総 合 し 累 進 税 率 を 適 用 して 税 額 を 計 算 し ますが 一 定 の 上 場 株 式 等 の 配 当 等 については 他 の 所 得 と 分 離 して 税 額 を 計 算 する 申 告 分 離 課 税 を 選 択 することができます ただし

配 当 所 得 は 他 の 所 得 と 総 合 し 累 進 税 率 を 適 用 して 税 額 を 計 算 し ますが 一 定 の 上 場 株 式 等 の 配 当 等 については 他 の 所 得 と 分 離 して 税 額 を 計 算 する 申 告 分 離 課 税 を 選 択 することができます ただし 各 所 得 の 内 容 と 計 算 P26~P55 10 種 類 に 区 分 される 所 得 がどのようなものか また 所 得 金 額 はどのよ うにして 計 算 されるのかを 簡 単 にみてみましょう 1 利 子 所 得 P27 利 子 所 得 とは 預 貯 金 や 公 社 債 の 利 子 合 同 運 用 信 託 公 社 債 投 資 信 託 及 び 公 募 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

Microsoft Word - 20150915_資産税ニュース(財産債務調書)_FINAL(clean).docx

Microsoft Word - 20150915_資産税ニュース(財産債務調書)_FINAL(clean).docx 財 産 債 務 調 書 制 度 の 創 設 Issue 16, September 2015 In brief 2015 年 度 税 制 改 正 により 制 定 された 財 産 債 務 調 書 制 度 について 2015 年 6 月 に 国 税 庁 よりFAQ(Frequently Asked Questions)が 公 表 され 財 産 債 務 調 書 制 度 の 適 用 に 関 する 具 体 的

More information

申 告 書 の 作 成 手 順 ( 特 定 課 税 仕 入 れがない 場 合 ) 申 告 書 の 作 成 は 次 の 手 順 で 行 います 課 税 標 準 額 及 び 消 費 税 額 の 計 算 控 除 対 象 仕 入 税 額 等 の 計 算 付 表 2 の 作 成 納 付 ( 還 付 ) 税 額

申 告 書 の 作 成 手 順 ( 特 定 課 税 仕 入 れがない 場 合 ) 申 告 書 の 作 成 は 次 の 手 順 で 行 います 課 税 標 準 額 及 び 消 費 税 額 の 計 算 控 除 対 象 仕 入 税 額 等 の 計 算 付 表 2 の 作 成 納 付 ( 還 付 ) 税 額 法 人 用 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 書 ( 一 般 用 )の 書 き 方 税 務 署 この 書 き 方 では 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 書 ( 一 般 用 ) 及 び 別 表 特 定 課 税 仕 入 れがある 場 合 の 課 税 標 準 額 等 の 内 訳 書 と こ れ に 添 付 す る 付 表 2 課 税 売 上 割 合 控 除 対 象 仕

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

fukkouqa120606.pdf

fukkouqa120606.pdf 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する Q&A 平 成 24 年 6 月 日 本 証 券 業 協 会 目 次 Ⅰ. 復 興 特 別 所 得 税 について Q1 復 興 特 別 所 得 税 とは どのようなものに 課 税 されるの 3 頁 ですか Ⅱ. 復 興 特 別 所 得 税 額 の 計 算 方 法 について Q2 復 興 特 別 所 得 税 額 は 具 体 的 にどのように 計 算 されま 3

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

月 に 締 結 )し それぞれについて 教 育 資 金 非 課 税 申 告 書 を 提 出 ( 教 育 資 金 管 理 契 約 の 締 結 日 にそれぞれ 提 出 )して 教 育 資 金 の 非 課 税 の 特 例 の 適 用 を 受 けることはできますか 15 [Q2-8] 平 成 25 年 4

月 に 締 結 )し それぞれについて 教 育 資 金 非 課 税 申 告 書 を 提 出 ( 教 育 資 金 管 理 契 約 の 締 結 日 にそれぞれ 提 出 )して 教 育 資 金 の 非 課 税 の 特 例 の 適 用 を 受 けることはできますか 15 [Q2-8] 平 成 25 年 4 別 添 直 系 尊 属 から 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 非 課 税 に 関 するQ&A 資 金 FAQ 平 成 25 年 4 月 国 税 庁 目 次 1 制 度 全 体 に 関 するQ&A [Q1-1] 直 系 尊 属 から 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 非 課 税 ( 以 下 教 育 資 金 の 非

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

④(参考)税額控除手引(厚労省)

④(参考)税額控除手引(厚労省) 税 額 控 除 に 係 る 証 明 事 務 ~ 申 請 の 手 引 き~ 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 福 祉 基 盤 課 2015 年 4 月 1 日 Ⅰ 総 論 1. 税 額 控 除 制 度 について (1) 概 要 現 下 の 厳 しい 経 済 状 況 及 び 雇 用 情 勢 に 対 応 して 税 制 の 整 備 を 図 るための 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A>

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A> 1-1 相 続 税 又 は 贈 与 税 の 納 税 義 務 者 及 び 課 税 財 産 の 範 囲 1 3の 下 線 部 分 を 修 正 する 1. 相 続 税 の 納 税 義 務 者 次 の 者 は 相 続 税 を 納 める 義 務 がある 居 住 無 制 限 納 税 義 務 者 ( 法 1の3 一 ) 相 続 又 は 遺 贈 により 財 産 を 取 得 した 個 人 でその 財 産 を 取 得

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する 上 場 準 備 会 社 における 資 本 政 策 上 の 税 務 の 留 意 点 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 木 ) 新 日 本 監 査 法 人 EYCベンチャーアカデミー アクティベートジャパン 税 理 士 法 人 代 表 社 員 公 認 会 計 士 税 理 士 尾 崎 充 目 次 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 Ⅱ 税 務 上 の 時 価 概 念 法 人 税 所 得 税

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

1 法律の目的と法人格取得の効果

1 法律の目的と法人格取得の効果 第 1 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 答 ) NPO 法 人 のうち 一 定 の 基 準 等 に 適 合 するものとして 所 轄 庁 の 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けた 法 人 ( 以 下 認 定 NPO 法 人 等 といいます )に 対 して 支 出 した 寄 附 について 次 のような

More information

Microsoft Word - 06-00表紙.doc

Microsoft Word - 06-00表紙.doc 外 形 標 準 課 税 Q&A 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 23 年 4 月 埼 玉 県 では 納 税 者 から 寄 せられた 質 問 や 実 地 調 査 から 収 集 した 事 例 を 中 心 に 外 形 標 準 課 税 Q&A を 作 成 しました 外 形 標 準 課 税 に 係 る 申 告 業 務 にお 役 立 てくだ さい < 目 次 > 付 加 価 値 額 総 論 番 号 質

More information

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 平 成 28 年 度 の 市 民 税 県 民 税 は 前 年 中 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ら 12 月 31 日 まで)の 所 得 を 基 に 計 算 されます この 手 引 きは 市 民 税 県 民 税 申 告 に 関 する 概 略 を 載 せています 手 引 きを 参 考 に 前 年 中 の 所 得 について 期

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

<4D F736F F D D918DDB90C596B18EC096B1837D836A B B95B681698F4090C A98E5290C5816A2E646F63>

<4D F736F F D D918DDB90C596B18EC096B1837D836A B B95B681698F4090C A98E5290C5816A2E646F63> 3 日 本 の 居 住 者 が 国 際 投 資 を 行 う 場 合 の 税 務 に 関 する 基 礎 知 識 (1) 居 住 者 と 非 居 住 者 の 区 分 の 重 要 性 個 人 が 国 際 取 引 を 行 った 場 合 海 外 と 国 内 の 課 税 を 考 える 上 で その 個 人 がわが 国 の 居 住 者 に 該 当 するのか あるいは 非 居 住 者 に 該 当 するのか 又 は

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

法 人 税 確 定 申 告 書 を 提 出 する 際 には 法 人 事 業 概 況 説 明 書 を 添 付 してく 法 人 事 業 概 況 説 明 書 の 書 き 方 税 務 署 1 はじめに (1) この 法 人 事 業 概 況 説 明 書 の 書 き 方 は 特 に 記 載 要 領 を 明 らかにしておく 必 要 があると 思 われる 項 目 のみを 取 りまとめたもので 記 載 事 項 の 全

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63> 添 付 書 面 作 成 基 準 ( 指 針 ) 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 日 本 税 理 士 会 連 合 会 一 はじめに 税 理 士 の 使 命 は 税 理 士 法 第 1 条 に 規 定 する 独 立 した 公 正 な 立 場 において 国 民 の 納 税 義 務 の 適 正 な 実 現 を 図 ることであり この 使 命 に 沿 って 税 理 士 業 務 を 遂 行 することで

More information

凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による 改 正

凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による 改 正 輸 出 物 品 販 売 場 制 度 に 関 するQ&A 平 成 26 年 8 月 国 税 庁 消 費 税 室 凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ 1 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 注 記 表 個 別 注 記 表 第 146 期 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) 上 記 の 事 項 につきましては 法 令 および 当 社 定 款 第 15 条 の 規 定 に 基 づき インターネット 上 の 当 社 ホームページ (http://www.nipponseika.co.jp/)に

More information

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477>

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477> 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 手 引 きQ&A 163 164 第 1 章 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 概 要 第 2 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 問 2) 認 定 等 を 受 けたいと 考 えていますが どこに 相 談 すればよいでしょうか

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な 復 興 特 別 法 人 あらまし 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 する ために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 関 係 平 成 24 3 月 国 庁 平 成 23 12 月 2 日 に 公 布 された 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

1. 制 度 全 般 Q1 A1 エンジェル 税 制 は 個 人 法 人 ともに 対 象 となりますか 個 人 投 資 家 のみ 対 象 です Q2 A2 エンジェル 税 制 は 上 場 企 業 へ 投 資 した 場 合 も 対 象 となりますか 未 上 場 ベンチャー 企 業 へ 投 資 した 場

1. 制 度 全 般 Q1 A1 エンジェル 税 制 は 個 人 法 人 ともに 対 象 となりますか 個 人 投 資 家 のみ 対 象 です Q2 A2 エンジェル 税 制 は 上 場 企 業 へ 投 資 した 場 合 も 対 象 となりますか 未 上 場 ベンチャー 企 業 へ 投 資 した 場 2010 年 4 月 改 訂 エンジェル 税 制 ~ Q&A 集 ~ 本 Q&A 集 は エンジェル 税 制 についての 質 問 を 中 心 に 判 断 に 迷 う 内 容 をまとめたもの です エンジェル 税 制 に 関 わる 方 々が 当 該 税 制 を 理 解 する 一 助 となれば 幸 いです 今 後 も 内 容 の 充 実 を 図 って 参 ります 目 次 1. 制 度 全 般 2ページ

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 27 年 1 月 14 日 閣 議 決 定 ) k 主 な 改 正 内 容 k l 相 続 税 節 税 にも 有 効! 若 年 層 への 資 産 移 転 スムーズに 結 婚 子 育 て 資 金 一 括 贈 与 の 非 課 税 措 置 の 創 設 など l 法 人 税 率 引 下 げ! 各 租 税 特 別 措 置 も 拡 充 所 得 拡 大 促

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当 第 102 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 9 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 10 上 記 事 項 につきましては 法 令 および 当 社 定

More information

-- 平 成 6 年 度 市 県 申 告 手 引 き 市 県 計 算 しくみについて 市 県 には, 住 方 に 均 に 負 担 していただく 均 割 と, 所 に 応 じて 負 担 していただく 所 割 ( 前 年 所 金 を 基 礎 として 計 算 します )とがあり, 市 と 県 をそれぞれ

-- 平 成 6 年 度 市 県 申 告 手 引 き 市 県 計 算 しくみについて 市 県 には, 住 方 に 均 に 負 担 していただく 均 割 と, 所 に 応 じて 負 担 していただく 所 割 ( 前 年 所 金 を 基 礎 として 計 算 します )とがあり, 市 と 県 をそれぞれ -- 4 配 当 所 がある 方 で 次 に 該 当 する 場 合 5 平 成 8 年 度 市 県 申 告 手 引 き 平 素 から, 当 市 務 行 政 に 格 別 ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて, 平 成 8 年 度 市 県 申 告 期 間 は, 平 成 8 年 月 6 日 ( 火 )から3 月 5 日 ( 火 )までです 申 告 書 に 平 成 7

More information

Ⅴ 個 別 評 価 貸 倒 引 当 金 ( 法 51)3 不 動 産 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 事 業 と 称 するに 至 らない 業 務 として 行 う 者 は その 業 務 の 遂 行 上 生 じた 未 収 家 賃 等 の 貸 倒 による 損 失 の 見 込 額 について 貸 倒 引

Ⅴ 個 別 評 価 貸 倒 引 当 金 ( 法 51)3 不 動 産 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 事 業 と 称 するに 至 らない 業 務 として 行 う 者 は その 業 務 の 遂 行 上 生 じた 未 収 家 賃 等 の 貸 倒 による 損 失 の 見 込 額 について 貸 倒 引 035-8900-1091-19 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

申告書の書き方HP.indd

申告書の書き方HP.indd 平 成 6 年 度 市 民 税 府 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 日 までです 平 素 は 市 税 務 行 政 につきまして ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 民 税 府 民 税 は 前 年 の 所 得 に 対 して 課 税 されますので 前 年 ( 日 ~ 3 )の 所 得 等 について 申 告 してください 申 告 書

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN DISCLOSURE 2016 1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN 2016 DISCLOSURE 1 2 貸 借 対 照 表 注 記 1. 記 載 金 額 は 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 2. 有 価 証 券 の 評 価 基 準 および 評 価 方 法 有 価 証 券 の 評 価 は 子 会 社 株 式 については 移

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

+

+ 平 成 26 年 度 申 告 の 手 引 き 大 崎 市 総 務 部 税 務 課 市 民 税 担 当 各 総 合 支 所 市 民 福 祉 課 - 0 - 平 成 26 年 度 市 民 税 県 民 税 の 申 告 について 日 ごろ 市 税 の 申 告 や 納 税 にご 協 力 いただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 今 年 も 市 民 税 県 民 税 の 申 告 をしていただく 時 期 がまいりました

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 義 務 付 けられている 報 告 認 定 NPO 法 人 等 になると より 多 くの 支 援 者 に 対 して 説 明 責 任 があることから 一 般 のNPO 法

認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 義 務 付 けられている 報 告 認 定 NPO 法 人 等 になると より 多 くの 支 援 者 に 対 して 説 明 責 任 があることから 一 般 のNPO 法 4 運 営 1 認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 103 2. 事 業 年 度 終 了 後 3か 月 以 内 の 報 告 103 3. 助 成 金 の 支 給 を 行 った 場 合 の 報 告 109 4. 海 外 への 送 金 または 金 銭 の 持 ち 出 しを 行 う 場 合 の 報 告 110 5. 代 表 者 を 変 更 した 場

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド < 購 入 換 金 手 数 料 なし> ニッセイTOPIXインデックスファンド 投 資 信 託 説 明 書 ( 請 求 目 論 見 書 ) < 訂 正 事 項 分 > 2016.01.26 ニッセイアセットマネジメント 株 式 会 社 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 詳 細 情 報 を 記

More information

目 次 はじめに 1 青 色 申 告 の 主 な 特 典 2 青 色 申 告 の 節 税 効 果 4 青 色 申 告 をするには 6 青 色 申 告 に 必 要 なこと 8 消 費 税 もお 忘 れなく! 10 所 得 税 の 源 泉 徴 収 制 度 について 10 記 帳 の 仕 方 がわからない

目 次 はじめに 1 青 色 申 告 の 主 な 特 典 2 青 色 申 告 の 節 税 効 果 4 青 色 申 告 をするには 6 青 色 申 告 に 必 要 なこと 8 消 費 税 もお 忘 れなく! 10 所 得 税 の 源 泉 徴 収 制 度 について 10 記 帳 の 仕 方 がわからない 目 次 はじめに 1 青 色 申 告 の 主 な 特 典 2 青 色 申 告 の 節 税 効 果 4 青 色 申 告 をするには 6 青 色 申 告 に 必 要 なこと 8 消 費 税 もお 忘 れなく! 10 所 得 税 の 源 泉 徴 収 制 度 について 10 記 帳 の 仕 方 がわからない 方 へ 11 確 定 申 告 書 等 作 成 コーナーで 決 算 書 等 申 告 書 が 作 成 できます

More information

Q1 不 動 産 取 得 税 とは どのような 税 金 ですか? 不 動 産 取 得 税 とは 不 動 産 ( 土 地 や 家 屋 )を 売 買 贈 与 新 築 増 築 改 築 などによって 取 得 したときに かかる 税 金 です この 場 合 有 償 無 償 の 別 登 記 の 有 無 取 得

Q1 不 動 産 取 得 税 とは どのような 税 金 ですか? 不 動 産 取 得 税 とは 不 動 産 ( 土 地 や 家 屋 )を 売 買 贈 与 新 築 増 築 改 築 などによって 取 得 したときに かかる 税 金 です この 場 合 有 償 無 償 の 別 登 記 の 有 無 取 得 平 成 27 年 7 月 1 日 現 在 不 動 産 取 得 税 Q&A 不 動 産 取 得 税 について Q 1 不 動 産 取 得 税 とは どのような 税 金 ですか? Q 2 税 額 の 計 算 方 法 は どのようになっていますか? Q 3 土 地 や 家 屋 を 取 得 すると 不 動 産 取 得 税 は 必 ず 課 税 されますか? Q 4 不 動 産 取 得 税 が 非 課 税 になる

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information