聞 き 手 の 側 においては 話 し 手 の 発 話 を 理 解 することが 話 し 手 の 意 図 を 認 知 することと 緊 密 に 結 びつい ている 字 義 通 りの 発 話 において 話 し 手 の 側 と 聞 き 手 の 側 を 結 ぶ 橋 渡 しは 彼 らが 使 用 している 共 通

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "聞 き 手 の 側 においては 話 し 手 の 発 話 を 理 解 することが 話 し 手 の 意 図 を 認 知 することと 緊 密 に 結 びつい ている 字 義 通 りの 発 話 において 話 し 手 の 側 と 聞 き 手 の 側 を 結 ぶ 橋 渡 しは 彼 らが 使 用 している 共 通"

Transcription

1 2014WS 金 曜 3 時 間 2 学 期 題 目 哲 学 的 意 味 論 の 観 点 から 問 いと 推 論 の 関 係 を 分 析 する 第 四 回 講 義 ( ) 第 1 章 問 答 の 観 点 からの 言 語 行 為 論 1 発 語 内 行 為 の 分 類 2 質 問 の 発 語 内 行 為 の 特 殊 性 3 言 語 行 為 はなぜ 成 立 するのか? 1 グライスの 意 味 論 2 グライスの 意 味 論 への 批 判 グライスの 意 味 論 に 対 しては3つの 反 例 の 指 摘 がある (Cf. Jeff Speaks, theory of meaning in Stanford Encyclopedia of Philosophy 反 例 1: 聞 き 手 がすでにpを 信 じていることを 知 っているにもかかわらず 話 し 手 がある 発 話 によってp を 意 味 する 場 合 がある 例 えば 思 い 出 させる 場 合 告 白 する 場 合 反 例 2: 話 し 手 の 意 図 の 認 知 によってではなく 議 論 の 結 論 として pを 信 じさせようとしている 場 合 (これは J. サールが 指 摘 している 批 判 である ) 反 例 3: 思 考 における 言 語 の 使 用 のように 意 図 された 聞 き 手 がいない 場 合 この 内 の 反 例 1と 反 例 2(サールからの 反 例 )に 対 しては グライスは 発 話 者 の 意 味 と 意 図 で 答 えてい る 反 例 3については グライスならば 彼 が 定 義 しようとしたことは S が H に 行 為 xによって 何 かを 非 自 然 的 に 意 味 する であって その 課 題 をこえると 答 えるかもしれない しかし 反 例 3も 非 自 然 的 に 何 かを 意 味 する 事 例 であるので グライスが 論 文 意 味 で 冒 頭 に 掲 げた 課 題 非 自 然 的 意 味 とはなにか に 属 し ているので その 課 題 に 十 分 に 答 えていないという 反 例 にはなる (グライスの 意 味 論 に 関 する 批 判 と 応 答 とその 吟 味 には ここでは 立 ち 入 りません ) 本 日 ここから 3 サールによる 言 語 行 為 成 立 の 説 明 (1)サールのグライス 批 判 サールは 言 語 行 為 で グライスの 論 文 意 味 について2 点 の 批 判 をおこなう 批 判 1 意 味 という 事 柄 が 規 則 や 慣 習 に 関 わる 問 題 であるという 事 情 を 説 明 していない 批 判 2 意 図 された 効 果 というものによって 意 味 というものを 定 義 することによって この 分 析 は 発 語 内 行 為 を 発 語 媒 介 行 為 と 混 同 している (Cf. 邦 訳 p. 77) 批 判 2では グライスの 説 明 は 主 として 発 語 内 行 為 の 説 明 になっており 発 語 内 行 為 の 説 明 にはなっていな いと 批 判 する その 理 由 の 一 つが 上 記 の 反 例 2である p という 主 張 を 聞 き 手 が 受 けいれること( 発 語 媒 介 行 為 )は S の 意 図 の 認 知 によって 成 立 するだろうが しかし 聞 き 手 が p という 主 張 ( 発 語 内 行 為 )を 理 解 するのは S の 意 図 の 認 知 によってではない グライスの 説 明 に 対 する 私 の 二 つの 反 論 は 一 貫 したものである そして その 二 つの 反 論 が 妥 当 である ならば 以 下 の 様 な 見 取 り 図 が 描 かれるであろう すなわち 話 し 手 の 側 においては 何 ごとかを 述 べかつ そのことを 意 味 することが 聞 き 手 の 側 に 何 らかの 効 果 を 生 じさせることと 緊 密 に 結 びついている 他 方 16

2 聞 き 手 の 側 においては 話 し 手 の 発 話 を 理 解 することが 話 し 手 の 意 図 を 認 知 することと 緊 密 に 結 びつい ている 字 義 通 りの 発 話 において 話 し 手 の 側 と 聞 き 手 の 側 を 結 ぶ 橋 渡 しは 彼 らが 使 用 している 共 通 の 言 語 によって 与 えられる この 橋 渡 しは 以 下 のように 機 能 する 1 一 つの 文 を 理 解 することはその 文 の 意 味 を 知 ることである 2 文 の 意 味 は 規 則 によって 決 定 される そして その 規 則 はその 文 の 発 話 の 条 件 を 特 定 するのみならず その 発 話 がいかなるものとして 見 なされるかということをも 特 定 する 3 一 つの 文 を 発 話 してそれを 意 味 するということは a 規 則 の 内 のあるものによって 特 定 されたある 種 の 事 態 が 成 立 しているということを 聞 き 手 に 対 して 知 らせる( 認 知 させる 気 づかせる)ということを 意 図 (i-1)し bこの 意 図 (i-1)を 聞 き 手 に 認 知 させるという 手 段 によってこれらの 事 柄 を 聞 き 手 に 知 らせる( 認 知 させ る 気 づかせる)ということを 意 図 (i-2)し c 発 話 された 文 に 関 する 規 則 について 聞 き 手 が 持 っている 知 識 を 利 用 してこの 意 図 (i-1)を 聞 き 手 に 認 知 させるということを 意 図 するということである [ 訳 文 をパラフレーズした] 4 かくして その 文 は 聞 き 手 においてある 種 の 発 語 内 的 効 果 を 生 じさせるという 意 図 を 達 成 するための 慣 習 的 な 手 段 を 提 供 しているのである 話 し 手 は その 文 を 発 話 してそれを 意 味 するとき この 三 つの 意 図 a,b,cをもつことになる 聞 き 手 がこの 発 話 を 理 解 するということは まさにこれらの 意 図 が 達 成 され るということにほかならない すなわち 一 般 には 聞 き 手 がその 文 を 理 解 するとき すなわち その 文 の 意 味 を 知 っているとき さらに 換 言 するならば その 文 の 各 要 素 を 支 配 する 規 則 を 知 っているときにこれらの 意 図 は 達 成 される (サール 言 語 行 為 邦 訳 pp. 84f) 上 記 の3を 例 で 示 す ハロー を 発 話 して それを 意 味 するということは 条 件 a 自 分 が 挨 拶 されているということを 聞 き 手 に 対 して 知 らせるということを 意 図 1 し 条 件 b この 自 分 が 挨 拶 しているという 意 図 1 を 聞 き 手 に 認 知 させるという 手 段 によって 聞 き 手 が 挨 拶 されているということを 聞 き 手 に 知 らせるということを 意 図 2 し 条 件 c ハロー という 文 に 関 する 規 則 について 聞 き 手 がもっている 知 識 を 利 用 してこの 聞 き 手 に 挨 拶 しようという 意 図 1 を 聞 き 手 に 認 知 させるということを 意 図 3 するということである (サール 言 語 行 為 邦 訳 p. 85) サールはグライスの 条 件 を 次 のように 改 訂 する 非 自 然 的 意 味 に 関 してグライスが 最 初 に 行 なった 分 析 と なにごとかを 述 べてそれを 意 味 するというまっ たく 異 なる 概 念 に 関 する 私 の 改 訂 された 分 析 との 差 異 は 以 下 のように 要 約 できる 1 グライスの 最 初 の 分 析 話 し 手 がXによってなにごとかを 非 自 然 的 に 意 味 するとは a Sは Xの 発 話 が 聞 き 手 Hにおいて 一 定 の 発 語 媒 介 行 為 PEを 生 じさせることを 意 図 (i-1)し b,sは Uがこの 意 図 (i-1)の 認 知 によって(by means of recognition) 効 果 PEを 生 じさせることを 意 図 す ることである 2 改 訂 された 分 析 Sが 文 Tを 発 話 して それを 意 味 する(すなわち 彼 が 述 べることを 文 字 通 りに 意 味 するということ) とは SがTを 発 話 して かつ a Sは Tの 発 話 UがHにおいて Tに 関 する 規 則 (の 内 のあるもの)によって 特 定 された 事 態 の 知 識 17

3 ( 認 知 意 識 )を 生 じさせることを 意 図 (i-1)し (この 効 果 を 発 語 内 的 効 果 IEと 呼 ぼう) b Sは この 意 図 (i-1)の 認 知 によって(by means of recognition) IEを 生 じさせることを 意 図 し c Sは Tの( 要 素 )を 支 配 する 規 則 (の 内 のあるもの)に 関 するHの 知 識 によって(を 手 段 とし て) この 意 図 (i-1)が 認 知 されることを 意 図 することである ( 言 語 行 為 原 文 pp. 49f. 邦 訳 p. 86f) グライスの 論 文 意 味 での 条 件 は 論 文 話 し 手 の 意 味 と 意 図 では 次 のように 定 義 されている U は xを 発 話 することでごとかを 意 味 した が 真 であるのは ある 受 け 手 A に 関 して U が 次 の ことを 意 図 しながらxを 発 話 した 場 合 であり その 場 合 に 限 られる (1)A が 特 定 の 反 応 rを 示 すこと (2)A が U は(1)を 意 図 していると 思 う( 認 識 する)こと (3)A が(2)の 実 現 を 踏 まえて(to be based on the fullfillment of (2)) (1)を 実 現 すること (Studies in the Way of Words, p.105 論 理 と 会 話 訳 139) グライスの 条 件 (1)はaに (2)はcに (3)はbに 書 き 換 えられている (ただし サールは 意 図 してcとbの 順 序 を 逆 転 させたのではない グライスの 論 文 意 味 での 非 自 然 的 意 味 の 成 立 条 件 をグラ イスが 3 条 件 に 整 理 しなおしたのは サールのこの 批 判 の 後 に 書 かれた 話 し 手 の 意 味 と 意 図 だったの で サールは 意 図 して 逆 転 させたのではない ) これを 用 いて サールは 次 のように 言 語 行 為 の 成 立 を 説 明 する (2)サールによる 発 語 内 行 為 の 成 立 の 説 明 1 いかにして 約 束 するか 複 雑 な 方 法 ( ) 話 し 手 Sが 聞 き 手 Hがいるときに 文 Tを 発 話 することにする このとき SがTを 字 義 通 りに 発 話 しつつ かつ 欠 陥 なくHに 対 してpという 約 束 をするならば そして その 場 合 に 限 って 次 の1から9の 条 件 が 成 立 する (1) 正 常 入 出 力 条 件 Normal input and output conditions が 成 立 している これには 話 し 手 と 聞 き 手 が 当 該 言 語 を 使 いこなせるということ 自 分 達 の 行 っていることを 自 覚 している こと 身 体 的 欠 陥 がないこと 劇 中 で 役 を 演 じているのでもなければ 冗 談 をいっているのでもないという ことが 含 まれる (2)SはTという 発 言 において 命 題 pを 表 現 する (3)pと 表 現 することによって Sは S 自 身 について 将 来 の 行 為 Aを 述 定 している 条 件 (2)(3)を 一 括 して 命 題 内 容 条 件 propositional content condition と 呼 ぶ 厳 密 には 対 象 について 述 定 することが 可 能 であるものは 行 為 ではなく 表 現 である 従 って この 条 件 は 本 来 は 次 のように 述 べるこ とができるであろう すなわち pと 表 現 する 際 に Sが 自 分 について ある 表 現 を 述 定 し その 表 現 の 意 味 として その 対 象 についてその 表 現 が 真 であれば その 対 象 が 将 来 の 行 為 Aを 遂 行 するということも 真 で あるという 場 合 が 考 えられる (4)Hは SがAをしないよりはする 方 を 好 むであろう また Sは HがSがAをしないよりは する 方 を 好 むと 思 っている 約 束 と 威 嚇 THREAT との 決 定 的 な 相 違 は 約 束 が 相 手 に 味 方 して 何 事 かをおこなうという 制 約 であり 相 手 に 敵 対 してそのことを 行 うという 制 約 ではないのに 対 して 威 嚇 は 相 手 に 敵 対 して 何 事 かを 行 うという 制 約 であり 相 手 に 味 方 してそのことを 行 うということではないという 点 である さらに 約 束 は 通 常 たとえば 招 待 とは 異 なり 約 束 を 必 要 とする 機 会 や 状 況 を 要 求 する そのような 機 会 や 状 況 に 不 可 欠 の 特 性 は 約 束 の 相 手 がそうしてもらうことを 望 んでいるということ および 約 束 する 本 18

4 人 がその 望 みに 気 づいているということである (5) 事 態 の 通 常 の 推 移 において SがAをするということは SにとってもHにとっても 自 明 のこ とではない (4)(5)を 事 前 条 件 preparatory condition と 呼 ぶ (6)SはAを 行 うことを 意 図 している これを 誠 実 性 条 件 sincerity condition と 呼 ぶ (7)Sは Tという 発 言 によって 自 分 がAを 行 うという 義 務 を 負 うことになるということを 意 図 し ている これを 本 質 条 件 essential condition と 呼 ぶ (8)Sは Tという 発 言 によってSがAを 行 う 義 務 を 負 うことになるという 認 知 (K)をHの 中 に 生 じさせることを 意 図 する(i-1)Sは i-1 の 認 知 recognition によってKを 生 じさせることを 意 図 し さ らに i-1 の 認 知 が Tの 意 味 をHが 知 っていることによってなされるように 意 図 している (9)SおよびHによって 使 用 されている 方 言 の 意 味 論 的 規 則 は Tが 正 しくかつ 誠 実 に 発 せられる とき かつそのときに 限 って 条 件 1ー8が 成 立 するという 規 則 である この 条 件 は 発 せられた 文 が その 言 語 の 意 味 論 的 規 則 において 約 束 をするために 使 用 される 文 であると されるということを 明 らかにするために 述 べられている (2)サールによる 指 示 の 成 立 の 説 明 Sが Cという 脈 絡 において Hを 前 にして 表 現 Rを 発 話 するとしてみよう このとき Sが 単 称 同 定 指 示 という 言 語 行 為 を 首 尾 よくかつ 欠 陥 無 く 遂 行 するためには 以 下 の1-7の 条 件 が 成 立 すること が 必 要 かつ 十 分 である 1 正 常 入 出 力 条 件 が 成 立 している 2 Rという 発 話 は 何 らかの 文 (ないし 文 に 類 似 する 言 語 要 素 )Tの 発 話 の 一 部 として 生 起 している 3 Tの 発 話 は 或 る 一 つの 発 語 内 行 為 の 遂 行 (ないしその 遂 行 を 偽 装 するもの)である 4 なんらかの 対 象 Xが 存 在 して そのXに 関 しては RがXの 同 定 記 述 を 含 んでいるか あるいは SがXの 同 定 記 述 をRに 補 充 することができるかのいずれかである この 条 件 は 存 在 公 理 と 同 定 原 理 を 表 現 している 5 Sは Rの 発 言 がHに 対 してXを 選 び 出 すか あるいは 同 定 するものであるということを 意 図 する 6 Sは Rの 発 言 がHに 対 してXを 同 定 するということが Xを 同 定 しようというSの 意 図 をHが 認 知 するということによってなされるということを 意 図 し さらに この 認 知 そのものがまた Rを 支 配 する 規 則 に 関 するHの 知 識 およびCに 対 するHの 自 覚 によって 達 成 されるということを 意 図 する 7 Rを 支 配 する 意 味 論 的 規 則 は そのRが 正 しく 発 話 されることと 以 上 の1-6の 条 件 すべてが 成 立 することとが 同 値 であるという 内 容 のものである ( 邦 訳 pp. 169f) (3)サールによる 述 定 の 成 立 の 説 明 SがHの 前 で 表 現 pを 発 話 するとしよう このとき Pの 字 義 通 りの 発 話 において Sが 首 尾 よく かつ 欠 陥 のない 仕 方 で 対 象 Xに 関 してPを 述 定 することになるのは 次 の1ー8の 条 件 が 成 立 した 時 であり かつ その 時 に 限 る 1 正 常 入 出 力 条 件 が 成 立 する 2 Pの 発 話 が 何 らかの 文 (または 文 に 類 似 する 言 語 単 位 )の 発 話 の 部 分 として 生 起 する 3 Tの 発 話 は なんらかの 発 語 内 行 為 の 遂 行 であるか またはその 遂 行 を 装 うものである 4 Tの 発 話 のためには Xへの 指 示 に 成 功 することが 必 要 である 5 Xは PがXに 関 して 真 であったり 偽 であったりすることが 論 理 的 に 可 能 であるようなタイプま たは 範 疇 のものである 19

5 6 Sは Tの 発 話 によって Xに 関 してPが 真 であるか 否 かという 疑 問 を 提 起 することを 意 図 して いる(ただしこれは ある 種 の 発 語 内 的 様 式 においてであり その 様 式 は その 文 の 中 の 発 語 内 的 力 表 示 部 分 によって 表 示 されることになる ) 7 Sは Pの 発 話 がXに 関 するPの 真 偽 に 関 する 疑 問 をなんらかの 発 語 内 的 様 式 において 提 起 すると いう 知 識 をHにおいて 生 じさせることを 意 図 する そしてさらに 話 し 手 は その 認 知 が HによるPの 意 味 の 知 識 によって 達 成 されるということを 意 図 する 8 Pを 支 配 する 規 則 は それが 正 しく 発 話 されることの 必 要 十 分 条 件 が 以 上 の1ー7の 条 件 がすべて 満 足 させられているということであるというものである ( 邦 訳 pp. 225f) 20

2 ( 問 ) 次 の 文 はどのような 知 識 を 表 現 しているでしょうか 物 理 学 を 知 っている 日 本 の 首 相 を 知 っている 自 転 車 の 乗 り 方 を 知 っている 彼 の 怒 りを 知 っている 自 分 の 生 き 方 を 知 っている 上 の 問 いから 気 づく

2 ( 問 ) 次 の 文 はどのような 知 識 を 表 現 しているでしょうか 物 理 学 を 知 っている 日 本 の 首 相 を 知 っている 自 転 車 の 乗 り 方 を 知 っている 彼 の 怒 りを 知 っている 自 分 の 生 き 方 を 知 っている 上 の 問 いから 気 づく 1 哲 学 概 論 13 7-5-2012 4 知 識 について 知 識 とはどのようなものかを 最 初 に 組 織 的 に 考 えたのはプラトンである 彼 は メノン で 知 識 と 正 しい 意 見 の 間 には 何 の 違 いもないと 述 べている テアエテトス では 知 識 とは 知 覚 と 同 じで あるとする 考 えからスタートする 知 覚 は 何 ら 意 味 論 的 な 構 造 をもっていないゆえに

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

2 1,384,000 2,000,000 1,296,211 1,793,925 38,000 54,500 27,804 43,187 41,000 60,000 31,776 49,017 8,781 18,663 25,000 35,300 3 4 5 6 1,296,211 1,793,925 27,804 43,187 1,275,648 1,753,306 29,387 43,025

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

定 額 の 範 囲 内 の 寄 附 金 であれば 2 千 円 を 自 己 負 担 額 とするだけで 残 る 税 額 は 全 て 控 除 されることになるのである 2 ふるさと 納 税 制 度 の 問 題 点 とその 検 討 このふるさと 納 税 制 度 に 問 題 点 はないのか 具 体 的 な 設

定 額 の 範 囲 内 の 寄 附 金 であれば 2 千 円 を 自 己 負 担 額 とするだけで 残 る 税 額 は 全 て 控 除 されることになるのである 2 ふるさと 納 税 制 度 の 問 題 点 とその 検 討 このふるさと 納 税 制 度 に 問 題 点 はないのか 具 体 的 な 設 民 間 税 制 調 査 会 寄 稿 平 成 27 年 8 月 29 日 個 人 住 民 税 のふるさと 納 税 制 度 の 疑 問 点 川 村 栄 一 はじめに 最 近 個 人 住 民 税 の ふるさと 納 税 制 度 に 関 する 記 事 や 報 道 等 が 目 立 っている ように 思 える 書 店 では ふるさと 納 税 の 活 用 を 勧 める 書 籍 が 並 べられており 車 内 吊 りの

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

国 際 柔 道 連 盟 或 いは 当 該 大 会 の 主 催 団 体 の 規 則 による 被 選 考 資 格 を 満 たしていること 大 会 に 年 齢 制 限 のある 場 合 はそれを 満 たしていること 英 国 国 籍 保 有 者 であり かつ BJA の 個 人 会 員 であること 現 在 の

国 際 柔 道 連 盟 或 いは 当 該 大 会 の 主 催 団 体 の 規 則 による 被 選 考 資 格 を 満 たしていること 大 会 に 年 齢 制 限 のある 場 合 はそれを 満 たしていること 英 国 国 籍 保 有 者 であり かつ BJA の 個 人 会 員 であること 現 在 の 英 国 柔 道 協 会 国 際 大 会 レベルの 主 な 競 技 会 への 選 考 規 程 1. はじめに 1.1 英 国 柔 道 協 会 (BJA)の 世 界 水 準 戦 績 計 画 (WCPP)の 第 一 の 目 的 はオリンピックとパラリンピックで メダルを 獲 得 することにある この 目 標 のため BJA は 最 高 レベルの 大 会 で 勝 利 しメダルを 取 れる 選 手 だけに 資

More information

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF>

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF> 問 1 キャンプ 座 間 への 米 陸 軍 新 司 令 部 の 移 転 は 世 界 的 な 米 軍 の 改 編 の 一 環 として 行 われ また 沖 縄 の 負 担 軽 減 も 含 む 日 米 再 編 協 議 の 中 で 統 合 任 務 可 能 な 作 戦 司 令 部 として 米 国 本 土 より 移 転 してくる 唯 一 の 基 地 であり ます このことは 機 能 強 化 として 認 められたところでありますが

More information

Microsoft Word - 諮問第82号答申(決裁後)

Microsoft Word - 諮問第82号答申(決裁後) 情 個 審 第 43-1 号 平 成 28 年 1 月 18 日 茨 城 県 教 育 委 員 会 教 育 長 小 野 寺 俊 殿 茨 城 県 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 委 員 長 大 和 田 一 雄 保 有 個 人 情 報 部 分 開 示 決 定 に 対 する 異 議 申 立 てについて( 答 申 ) 平 成 27 年 2 月 27 日 付 け 保 体 諮 問 第 1 号

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及 諮 問 庁 : 検 事 総 長 諮 問 日 : 平 成 25 年 9 月 30 日 ( 平 成 25 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 423 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 439 号 ) 事 件 名 : 級 別 定 数 ( 平 成 24 年 度 当 初 ) 等 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書

More information

職種限定契約

職種限定契約 職 種 限 定 契 約 における 配 転 命 令 の 可 否 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 事 件 東 京 地 判 平 19.3.26 判 時 1965 号 3 頁 佐 藤 敬 二 ( 立 命 館 大 学 ) Ⅰ 事 実 の 概 要 X( 原 告 )は 損 害 保 険 業 等 を 目 的 とするY 社 ( 被 告 )において 損 害 保 険 の 契 約 募 集 等 に 従 事 する 外 勤

More information

の 命 題 従 って 哲 学 とは 何 の 関 係 もないこと これ 以 外 の 何 も 語 らない というものであ る ( 論 考 6.53 奥 雅 博 訳 以 下 同 様 )とか 哲 学 はまさにあらゆることを 立 言 するだ けであって 何 事 も 説 明 せず 何 事 も 推 論 しない (

の 命 題 従 って 哲 学 とは 何 の 関 係 もないこと これ 以 外 の 何 も 語 らない というものであ る ( 論 考 6.53 奥 雅 博 訳 以 下 同 様 )とか 哲 学 はまさにあらゆることを 立 言 するだ けであって 何 事 も 説 明 せず 何 事 も 推 論 しない ( イロニー 的 な 主 体 としてのウィトゲンシュタインについて -WS ウィトゲンシュタイン:その 生 と 思 想 から 受 け 取 りうるもの 提 題 要 旨 - 鬼 界 彰 夫 1.ウィトゲンシュタインから 我 々が 受 け 取 りうるものとしての 哲 学 の 仕 方 ウィトゲンシュタインから 我 々が 受 け 取 りうるもの とは 彼 以 外 からは 受 け 取 ること のできないもの あるいはできそうにないものでなければならないだろう

More information

<5461726F2D88EA94CA8ED092639640906C817597CF979D8B4B92F681458D73>

<5461726F2D88EA94CA8ED092639640906C817597CF979D8B4B92F681458D73> 倫 理 規 程 行 動 規 範 (2015 年 12 月 4 日 施 行 ) 一 般 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 鑑 定 人 協 会 倫 理 規 程 行 動 規 範 目 次 前 文 : 倫 理 規 程 行 動 規 範 制 定 の 趣 旨 第 1 章 倫 理 綱 領 第 1 条 ( 使 命 ) 1 第 2 条 ( 使 命 の 自 覚 ) 1 第 3 条 ( 信 義 誠 実 ) 1 第 4

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀 Title グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 : フラ ンス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( Abstract_ 要 旨 ) Author(s) 橋 本, 周 子 Citation Kyoto University ( 京 都 大 学 ) Issue Date 2012-09-24 URL http://hdl.handle.net/2433/161026

More information

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に 2015.9.1 2015 年 ベトナム 民 法 改 正 ドラフトに 対 する JICA 民 法 共 同 研 究 会 見 解 (エグゼクティブ サマリー) JICA 法 司 法 制 度 改 革 支 援 プロジェクト(フェーズ 2) 民 法 共 同 研 究 会 序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

副 院 長 就 任 挨 拶 1

副 院 長 就 任 挨 拶 1 1 2 3 4 2 0 0 8 2071 1 2 3 4 5 6 7 副 院 長 就 任 挨 拶 1 転 任 挨 拶 2 3 8:3017:00 TEL 028-673-2111 いつでも ご 相 談 に 応 じます 4 5 6 8:3011:00 14:0016:00 9:0012:0013:3016:3014:0015:00 TEL 028-673-2374 FAX 028-673-1961 329-1193

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案)

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案) 地 方 公 務 員 の 新 たな 労 使 関 係 制 度 に 係 る 主 な 論 点 に 対 する 意 見 平 成 24 年 1 月 27 日 全 国 市 長 会 地 方 公 務 員 制 度 改 革 検 討 委 員 会 委 員 長 新 見 市 長 石 垣 正 夫 地 方 公 務 員 の 労 働 基 本 権 の 検 討 のあり 方 については 本 会 として 現 在 の 労 使 関 係 は これまでの

More information

障 がいを 理 由 に 書 面 の 交 付 資 料 の 送 付 パンフレットの 提 供 等 を 拒 む 障 がいを 理 由 に 説 明 会 シンポジウム 等 への 出 席 を 拒 む 事 務 事 業 の 遂 行 上 特 に 必 要 ではないにもかかわらず 障 がいを 理 由 に 来 庁 の 際 に

障 がいを 理 由 に 書 面 の 交 付 資 料 の 送 付 パンフレットの 提 供 等 を 拒 む 障 がいを 理 由 に 説 明 会 シンポジウム 等 への 出 席 を 拒 む 事 務 事 業 の 遂 行 上 特 に 必 要 ではないにもかかわらず 障 がいを 理 由 に 来 庁 の 際 に 吹 田 市 における 障 がいを 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 の 留 意 事 項 平 成 28 年 (2016 年 )4 月 に 施 行 された 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 以 下 障 害 者 差 別 解 消 法 という )は 国 地 方 公 共 団 体 及 び 国 民 が 障 がいを 理 由

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用 環 境 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 告 示 日 : 平 成 28 年 1 月 6 日 環 境 省 告 示 第 2 号 [ 改 定 ] 平 成 28 年 4 月 1 日 環 境 省 告 示 第 44 号 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成

More information

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思 第 4 章 電 子 商 取 引 (10 月 10 日 ) 1 授 業 のねらい 電 子 商 取 引 において 事 業 者 がどのような 事 柄 について 情 報 提 供 を 行 うべきであるか について 理 解 する 電 子 商 取 引 には どのような 法 令 が 適 用 されるのか? 事 業 者 はどの 範 囲 のものをさすのか ネットオークションで 私 人 が 出 品 する 場 合 はどう か?

More information

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 16 期 第 1 四 半 期 第 17 期 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 連 結 累 計 期 間 第 16 期 会 計 期 間 自 平 成 22 年 4 月 1 日 自

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 16 期 第 1 四 半 期 第 17 期 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 連 結 累 計 期 間 第 16 期 会 計 期 間 自 平 成 22 年 4 月 1 日 自 表 紙 提 出 書 類 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 の4の7 第 1 項 提 出 先 関 東 財 務 局 長 提 出 日 平 成 23 年 8 月 9 日 四 半 期 会 計 期 間 第 17 期 第 1 四 半 期 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 23 年 6 月 30 日 ) 会 社 名 e-まちタウン 株 式 会 社 英 訳 名 e-machitown

More information

Microsoft Word 差替_【900】(旧69)「交代」120111CL.docx

Microsoft Word 差替_【900】(旧69)「交代」120111CL.docx 監 査 基 準 委 員 会 報 告 書 900 監 査 人 の 交 代 平 成 23 年 12 月 22 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 監 査 基 準 委 員 会 ( 報 告 書 : 第 6 9 号 ) 項 番 号 Ⅰ 本 報 告 書 の 範 囲 及 び 目 的 1. 本 報 告 書 の 範 囲... 1 2. 監 査 人 の 責 任... 3 3. 本 報 告 書 の 目 的... 4

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

4 特 集 憲 法 改 正

4 特 集 憲 法 改 正 特 集 憲 法 改 正 憲 法 第 9 条 第 二 章 戦 争 の 放 棄 第 九 条 日 本 国 民 は 正 義 と 秩 序 を 基 調 と す る 国 際 平 和 を 誠 実 に 希 求 し 国 権 の 発 動 た る 戦 争 と 武 力 に よ る 威 嚇 又 は 武 力 の 行 使 は 国 際 紛 争 を 解 決 す る 手 段 と し て は 永 久 に こ れ を 放 棄 す る 2 前

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源 1 第 4 回 グループ 法 人 の 税 務 と 会 計 ( 完 全 支 配 関 係 と 課 税 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 1 月 20 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 企 業 会 計 基 準 税 法 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 全 国 研 修 会 グループ

More information

研究紀要.indd

研究紀要.indd 教 育 実 践 研 究 17,2012 25 理 科 教 育 の 読 解 力 育 成 における 研 究 - 概 念 の 形 成 過 程 を 中 心 として- A study on the Improvement of Reading Literacy in Science Education: Focusing on the Concept Formation Process 中 島 雅 子 NAKAJIMA

More information

当 監 査 法 人 は 金 融 商 品 取 引 法 第 193 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 監 査 証 明 を 行 うため 経 理 の 状 況 に 掲 げら れている の 平 成 19 年 4 月 1 日 から 平 成 20 年 3 月 31 日 までの 連 結 会 計 年 度

当 監 査 法 人 は 金 融 商 品 取 引 法 第 193 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 監 査 証 明 を 行 うため 経 理 の 状 況 に 掲 げら れている の 平 成 19 年 4 月 1 日 から 平 成 20 年 3 月 31 日 までの 連 結 会 計 年 度 当 監 査 法 人 は 旧 証 券 取 引 法 第 193 条 の2の 規 定 に 基 づく 監 査 証 明 を 行 うため 経 理 の 状 況 に 掲 げられている の 平 成 18 年 4 月 1 日 から 平 成 19 年 3 月 31 日 までの 連 結 会 計 年 度 の 連 結 財 務 諸 表 すなわち 連 結 貸 借 対 照 表 連 結 損 益 計 算 書 連 結 株 主 資 本 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

得 ている また コンサベーションの 考 え 方 や 方 法 論 が 確 立 したと 言 う 点 も 首 肯 できる しかし コンサベーションへの 理 解 となると プリザベーションと 同 様 に 図 書 館 界 に 普 及 しているとは 言 い 難 い 多 くの 図 書 館 員 が 保 存 = 修

得 ている また コンサベーションの 考 え 方 や 方 法 論 が 確 立 したと 言 う 点 も 首 肯 できる しかし コンサベーションへの 理 解 となると プリザベーションと 同 様 に 図 書 館 界 に 普 及 しているとは 言 い 難 い 多 くの 図 書 館 員 が 保 存 = 修 大 学 図 書 館 における 資 料 保 存 - 戦 略 的 資 料 保 存 試 論 - 東 京 大 学 大 学 経 済 学 部 資 料 室 小 島 浩 之 はじめに 東 京 大 学 経 済 学 部 図 書 館 は 主 として 一 般 書 籍 を 収 集 する 図 書 館 各 種 統 計 資 料 白 書 報 告 書 および 近 現 代 の 一 次 資 料 を 収 集 する 資 料 室 前 近 代 の

More information

テストです

テストです 2011 年 ( 平 成 23 年 )2 月 25 日 国 際 的 な 子 の 奪 取 の 民 事 面 に 関 する 条 約 の 批 准 についての 意 見 書 大 阪 弁 護 士 会 会 長 金 子 武 嗣 第 1 趣 旨 政 府 は,ハーグ 国 際 私 法 会 議 において 制 定 された 国 際 的 な 子 の 奪 取 の 民 事 面 に 関 する 条 約 ( 以 下 ハーグ 条 約 という

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 22 期 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 23 期 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 22 期 会 計 期 間 自 平 成 25 年 4 月 1 日 自

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 22 期 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 23 期 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 22 期 会 計 期 間 自 平 成 25 年 4 月 1 日 自 表 紙 提 出 書 類 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 の4の7 第 1 項 提 出 先 関 東 財 務 局 長 提 出 日 平 成 26 年 8 月 11 日 四 半 期 会 計 期 間 第 23 期 第 1 四 半 期 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 6 月 30 日 ) 会 社 名 株 式 会 社 オールアバウト 英 訳 名 AllAbout,Inc.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内 参 考 資 料 平 成 25 年 6 月 28 日 総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内 法 ) 帰 属 主 義 ( 典 型 例 ) (

More information

検 討 の 対 象 とする 水 中 遺 跡 としては 海 ( 地 方 公 共 団 体 の 区 域 内 )と 湖 沼 にある 遺 跡 (ただし ダムや 溜 め 池 等 人 為 的 要 因 により 水 没 した 遺 跡 は 対 象 としない) 水 中 における 周 知 の 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地

検 討 の 対 象 とする 水 中 遺 跡 としては 海 ( 地 方 公 共 団 体 の 区 域 内 )と 湖 沼 にある 遺 跡 (ただし ダムや 溜 め 池 等 人 為 的 要 因 により 水 没 した 遺 跡 は 対 象 としない) 水 中 における 周 知 の 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地 第 2 回 水 中 遺 跡 調 査 検 討 委 員 会 概 要 日 程 : 平 成 25 年 7 月 17 日 ( 水 ) 会 場 : 長 崎 県 松 浦 市 高 島 支 所 9:30~12:00 西 谷 委 員 長 開 会 に 先 立 ち 長 崎 県 オブザーバー 高 野 氏 急 逝 のお 知 らせ 文 化 庁 記 念 物 課 榎 本 課 長 挨 拶 松 浦 市 長 崎 県 のこれまでの 鷹 島

More information

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 90 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 22 年 4 月 1 日 至 平 成 22 年 6 月 30 日 第 91 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 90 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 22 年 4 月 1 日 至 平 成 22 年 6 月 30 日 第 91 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 表 紙 提 出 書 類 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 の4の7 第 1 項 提 出 先 東 北 財 務 局 長 提 出 日 平 成 23 年 8 月 10 日 四 半 期 会 計 期 間 第 91 期 第 1 四 半 期 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 23 年 6 月 30 日 ) 会 社 名 株 式 会 社 かわでん 英 訳 名 KAWADEN

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

第1回港区心身障害者医療費助成システム導入業務委託事業候補者選考委員会

第1回港区心身障害者医療費助成システム導入業務委託事業候補者選考委員会 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 委 員 事 務 局 会 議 次 第 第 1 回 港 区 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 システム 導 入 業 務 委 託 事 業 候 補 者 選 考 委 員 会 平 成 27 年 1 月 9 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 10 時 から12 時 まで 区 役 所 9 階 914 会 議 室 出 席 5 名 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

Microsoft Word - 秋大会

Microsoft Word - 秋大会 の 地 域 愛 着 醸 成 と 交 通 行 動 ~ 自 動 車 非 利 用 への 積 極 性 の 影 響 について~ 鈴 木 春 菜 1 万 本 怜 司 2 榊 原 弘 之 3 1 正 会 員 山 口 大 学 大 学 院 助 教 理 工 学 研 究 科 ( 755-8611 山 口 県 宇 部 市 常 盤 台 2-16-1) E-mail:suzuki-h@yamaguchi-u.ac.jp 2 会

More information

消 費 生 活 相 談 統 計 によれば 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム (Practical Living Information Online Network System;PIO-NET)における 保 険 の 相 談 は 多 くの 商 品 役 務 の 中 で 毎 年 上

消 費 生 活 相 談 統 計 によれば 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム (Practical Living Information Online Network System;PIO-NET)における 保 険 の 相 談 は 多 くの 商 品 役 務 の 中 で 毎 年 上 消 費 生 活 相 談 情 報 にみる 保 険 契 約 の 現 状 と 課 題 A Review of Consumer Inquiries regarding Insurance contracts Through PIO-NET to Identify Issues 磯 村 浩 子 Hiroko ISOMURA 要 約 生 命 保 険 損 害 保 険 その 他 の 保 険 は 生 活 経 済 の

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ガイドライン 平 成 19 年 3 月 1 日 研 究 推 進 審 議 会 研 究 倫 理 専 門 委 員 会 目 次 1 ガイドラインの 目 的 2 不 正 行 為 対 応 に 関 する 体 制 3 対 象 とする 不 正 行 為 4 告 発 等 の 受 付 5 告 発 等 に 係 る 事 案 の 調 査 を 行 う 機 関 6 告 発 等

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

氏 名 米 山 直 樹 本 籍 学 位 の 種 類 学 位 記 番 号 学 位 授 与 の 日 付 学 位 授 与 の 要 件 学 位 授 与 の 題 目 論 文 審 査 委 員 新 潟 県 博 士 ( 文 学 ) 社 博 甲 第 19 号 平 成 12 年 3 月 22 日 課 程 博 士 ( 学

氏 名 米 山 直 樹 本 籍 学 位 の 種 類 学 位 記 番 号 学 位 授 与 の 日 付 学 位 授 与 の 要 件 学 位 授 与 の 題 目 論 文 審 査 委 員 新 潟 県 博 士 ( 文 学 ) 社 博 甲 第 19 号 平 成 12 年 3 月 22 日 課 程 博 士 ( 学 Title 自 閉 症 児 を 中 心 とした 発 達 障 害 児 への 行 動 論 的 介 入 Author(s) Citation 米 山, 直 樹 金 沢 大 学 大 学 院 社 会 環 境 科 学 研 究 科 博 士 論 文 要 旨, 平 成 12 年 度 6 月 : 12-17 Issue Date 2000-06 Type Others Text version URL http://hdl.handle.net/2297/4675

More information

国の役割はどこへ行った? -ふるさと納税シリーズ(4)ふるさと納税研究会からワンストップ特例制度創設に至るまで

国の役割はどこへ行った? -ふるさと納税シリーズ(4)ふるさと納税研究会からワンストップ特例制度創設に至るまで ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レター 2016-08-26 国 の 役 割 はどこへ 行 った? ふるさと 納 税 シリーズ(4) ふるさと 納 税 研 究 会 からワンストップ 特 例 制 度 創 設 に 至 るまで 金 融 研 究 部 准 主 任 研 究 員 高 岡 和 佳 子 (03)3512-1851 takaoka@nli-research.co.jp 1 はじめに 平 成 27

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A>

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A> 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消

More information

Microsoft Word - 収益認識意見書20160530.doc

Microsoft Word - 収益認識意見書20160530.doc 企 業 会 計 基 準 委 員 会 御 中 2016 年 5 月 30 日 株 式 会 社 プロネクサス プロネクサス 総 合 研 究 所 収 益 認 識 に 関 する 包 括 的 な 会 計 基 準 の 開 発 についての 意 見 の 募 集 に 関 する 意 見 2016 年 2 月 4 日 に 公 表 4 月 22 日 に 改 訂 されました 標 記 公 開 草 案 について 当 研 究 所

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

Taro-resume07.jtd

Taro-resume07.jtd 2012 年 度 春 学 期 刑 法 II( 各 論 ) 講 義 資 料 2012 年 度 春 学 期 刑 法 II( 各 論 ) 講 義 2012 年 5 月 25 日 第 7 回 詐 欺 および 恐 喝 の 罪 (その 1) 1 詐 欺 罪 [246 条 ] 山 口 刑 法 pp. 311-322 / 西 田 各 論 pp. 189-214 山 口 各 論 pp. 244-274 1-1 総 説

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 22 期 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 23 期 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 22 期 会 計 期 間 自 平 成 25 年 4 月 1 日 自

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 22 期 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 23 期 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 22 期 会 計 期 間 自 平 成 25 年 4 月 1 日 自 表 紙 提 出 書 類 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 の4の7 第 1 項 提 出 先 関 東 財 務 局 長 提 出 日 平 成 27 年 2 月 12 日 四 半 期 会 計 期 間 第 23 期 第 3 四 半 期 ( 自 平 成 26 年 10 月 1 日 至 平 成 26 年 12 月 31 日 ) 会 社 名 株 式 会 社 オールアバウト 英 訳 名 AllAbout,Inc.

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63> 企 業 会 計 基 準 第 5 号 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 の 表 示 に 関 する 会 計 基 準 平 成 17 年 12 月 9 日 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 会 計 基 準 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業 会 計 基 準 第 21

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

第 7 章 財 務 諸 表 における 資 産 及 び 負 債 の 測 定 1. はじめに(7.1) この 章 では 資 産 及 び 負 債 の 金 額 を 決 定 する 測 定 の 概 念 を 扱 っている 内 容 は 総 論 的 な 測 定 目 的 資 産 の 測 定 負 債 の 測 定 の 大

第 7 章 財 務 諸 表 における 資 産 及 び 負 債 の 測 定 1. はじめに(7.1) この 章 では 資 産 及 び 負 債 の 金 額 を 決 定 する 測 定 の 概 念 を 扱 っている 内 容 は 総 論 的 な 測 定 目 的 資 産 の 測 定 負 債 の 測 定 の 大 解 説 IPSASB 概 念 フレームワーク2 ( 第 7 章 ~ 第 8 章 ) い ざ わ IPSASB ボードメンバー 伊 澤 ふき や IPSASB テクニカル アドバイザー 蕗 谷 け ん じ 賢 司 た け お 竹 生 国 際 公 会 計 基 準 審 議 会 ( 以 下 IPSASB)は 2006 年 から 概 念 フレームワーク( 以 下 CFW)の 検 討 を 行 ってきた この CFW

More information

なければ 来 ないと 足 元 を 見 られているというところがあり 極 力 このような 点 も 近 隣 の 団 体 をよく 見 て 厳 しめに 設 定 をすること 病 院 の 規 模 について この 医 療 圏 の 中 で 必 要 とされる 今 後 の 病 床 数 と 現 在 の 稼 働 病 床 数

なければ 来 ないと 足 元 を 見 られているというところがあり 極 力 このような 点 も 近 隣 の 団 体 をよく 見 て 厳 しめに 設 定 をすること 病 院 の 規 模 について この 医 療 圏 の 中 で 必 要 とされる 今 後 の 病 床 数 と 現 在 の 稼 働 病 床 数 財 政 運 営 方 針 等 に 関 するヒアリング 指 摘 事 項 1 日 時 平 成 27 年 8 月 10 日 ( 月 ) 午 前 10 時 30 分 ~ 午 後 4 時 45 分 2 場 所 銚 子 市 役 所 3 出 席 者 ( 県 ) 市 町 村 課 : 関 口 課 長 飯 田 副 課 長 ( 行 政 班 ) 石 田 班 長 山 根 副 主 査 東 柳 主 事 ( 財 政 班 ) 林 班

More information

諮 問 庁 の 説 明 は, 理 由 説 明 書 によると,おおむね 以 下 のとおりである 1 行 政 文 書 開 示 請 求 の 対 象 となった 文 書 開 示 請 求 の 内 容 は, 国 家 公 務 員 総 合 職 採 用 試 験 合 格 者 による 官 庁 訪 問 において, 公 正 取

諮 問 庁 の 説 明 は, 理 由 説 明 書 によると,おおむね 以 下 のとおりである 1 行 政 文 書 開 示 請 求 の 対 象 となった 文 書 開 示 請 求 の 内 容 は, 国 家 公 務 員 総 合 職 採 用 試 験 合 格 者 による 官 庁 訪 問 において, 公 正 取 諮 問 庁 : 公 正 取 引 委 員 会 委 員 長 諮 問 日 : 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 平 成 28 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 136 号 ) 答 申 日 : 平 成 28 年 7 月 7 日 ( 平 成 28 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 183 号 ) 事 件 名 : 平 成 27 年 度 総 合 職 官 庁 訪 問 での 対 応 依 頼 等 の 一 部 開

More information

Q IFRSの特徴について教えてください

Q IFRSの特徴について教えてください Q 改 正 後 の 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 と 改 訂 IAS 第 19 号 との 差 異 を 教 え てください A 数 理 計 算 上 の 差 異 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 退 職 給 付 見 込 額 の 期 間 配 分 方 式 および 期 待 運 用 収 益 という 概 念 の 廃 止 が 主 な 差 異 として 残 っています 平 成 24 年 5 月

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン解説編

人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン解説編 人 生 の 最 終 段 階 における 医 療 の 決 定 プロセスに 関 するガイドライン 解 説 編 終 末 期 医 療 の 決 定 プロセスの あり 方 に 関 する 検 討 会 平 成 19 年 5 月 ( 改 訂 平 成 27 年 3 月 ) 人 生 の 最 終 段 階 における 医 療 の 決 定 プロセスに 関 するガイドライン 解 説 編 ガイドラインの 趣 旨 人 生 の 最 終 段

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

2008

2008 No.10-001 No.14-023 2014.7 海 外 危 機 管 理 情 報 ~ 大 学 に 求 められる 海 外 危 機 管 理 ~ はじめに 近 年 社 会 経 済 のグローバル 化 に 伴 い 国 際 的 に 活 躍 できる 人 材 の 育 成 が 求 められていることか ら 多 くの 大 学 が 学 生 の 海 外 留 学 を 積 極 的 に 支 援 している

More information

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし)

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし) 外 務 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 第 1 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 ( 昭 和 45

More information

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初 平 成 23 年 (ワ) 第 21209 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 被 告 渡 邉 光 一 郎 第 2 準 備 書 面 平 成 24 年 3 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 8 部 合 議 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 阪 口 徳 雄 同 金 啓 彦 同 大 住 洋 外 14 名 本 書 面 は, 被 告 準 備 書 面 (1)に 対 する

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ 平 成 28 年 規 程 第 2 号 平 成 28 年 3 月 31 日 制 定 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 ( 以 下 対 応 規 程 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

001-049_論文_青山修一郎.indd

001-049_論文_青山修一郎.indd 債 務 の 株 式 化 に 伴 う 課 税 問 題 に 関 する 一 考 察 1 債 務 の 株 式 化 に 伴 う 課 税 問 題 に 関 する 一 考 察 債 務 消 滅 益 課 税 の 妥 当 性 をめぐる 検 証 青 山 修 一 郎 有 限 会 社 青 山 経 営 経 理 研 究 所 富 士 大 学 大 学 院 経 済 経 営 システム 研 究 科 修 士 課 程 修 了 目 次 はじめに

More information