<4D F736F F D EF8E9197BF C668DDA94C5817A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>"

Transcription

1 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権 代 位 行 使 の 範 囲 代 位 行 使 の 方 法 等 代 位 債 権 者 の 善 管 注 意 義 務 債 権 者 代 位 権 の 行 使 に 必 要 な 費 用 代 位 行 使 の 相 手 方 の 抗 弁 債 務 者 の 処 分 権 限 訴 えによる 債 権 者 代 位 権 の 行 使 の 場 合 の 訴 訟 告 知 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 としない 債 権 者 代 位 権... 4 第 2 詐 害 行 為 取 消 権 受 益 者 に 対 する 詐 害 行 為 取 消 権 の 要 件 相 当 の 対 価 を 得 てした 行 為 の 特 則 特 定 の 債 権 者 を 利 する 行 為 の 特 則 過 大 な 代 物 弁 済 等 の 特 則 転 得 者 に 対 する 詐 害 行 為 取 消 権 の 要 件 詐 害 行 為 取 消 しの 効 果 詐 害 行 為 取 消 しの 範 囲 逸 出 財 産 の 返 還 の 方 法 詐 害 行 為 取 消 権 の 行 使 に 必 要 な 費 用 受 益 者 の 債 権 の 回 復 受 益 者 が 現 物 の 返 還 をすべき 場 合 における 受 益 者 の 反 対 給 付 受 益 者 が 金 銭 の 返 還 又 は 価 額 償 還 をすべき 場 合 における 受 益 者 の 反 対 給 付 転 得 者 が 現 物 の 返 還 をすべき 場 合 における 転 得 者 の 反 対 給 付 等 転 得 者 が 価 額 償 還 をすべき 場 合 における 転 得 者 の 反 対 給 付 等 詐 害 行 為 取 消 権 の 行 使 期 間

2 第 1 債 権 者 代 位 権 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権 (1) 債 権 者 は, 債 務 者 が 無 資 力 であるときは, 自 己 の 債 権 を 保 全 するため, 債 務 者 に 属 する 権 利 を 行 使 することができるものとする 債 務 者 が 当 該 権 利 を 行 使 しないとすれば 無 資 力 となるときも, 同 様 とするものとする (2) 債 権 者 は, 被 保 全 債 権 の 期 限 が 到 来 しない 間 は, 保 存 行 為 を 除 き, 上 記 (1) の 権 利 の 行 使 をすることができないものとする (3) 次 に 掲 げる 場 合 には, 債 権 者 は, 上 記 (1)の 権 利 の 行 使 をすることができな いものとする ア 当 該 権 利 が 債 務 者 の 一 身 に 専 属 するものである 場 合 イ 当 該 権 利 が 差 押 えの 禁 止 されたものである 場 合 ウ 被 保 全 債 権 が 強 制 執 行 によって 実 現 することのできないものである 場 合 部 会 資 料 35 1 頁,4 頁,16 頁 1 本 文 (1) 前 段 は, 民 法 第 423 条 第 1 項 本 文 を 維 持 した 上 で, 本 来 型 の 債 権 者 代 位 権 ( 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権 )の 要 件 として 債 務 者 の 無 資 力 を 書 き 加 えるも のである 判 例 法 理 ( 最 判 昭 和 40 年 10 月 12 日 民 集 19 巻 7 号 1777 頁 )を 明 文 化 するものであり, 不 動 産 登 記 法 第 59 条 第 7 号 の 代 位 登 記 に 関 する 実 務 を 始 めとして, 現 在 の 実 務 を 変 更 するものではない 無 資 力 要 件 を 明 示 しつつ, 自 己 の 債 権 を 保 全 する ため という 要 件 を 維 持 しているのは, 債 務 者 の 責 任 財 産 の 増 加 に 結 び 付 かないような 権 利 の 代 位 行 使 は, 債 務 者 が 無 資 力 であっても 許 されない 旨 を 示 す 必 要 があるからであ る 本 文 (1) 後 段 は, 債 務 者 が 現 時 点 では 無 資 力 状 態 になくても, 被 代 位 権 利 を 行 使 しない とすれば 無 資 力 状 態 に 陥 るという 場 合 には, 無 資 力 要 件 を 充 足 する 旨 の 規 定 を 追 加 する ものである 無 資 力 要 件 の 解 釈 に 関 する 一 般 的 な 理 解 を 明 文 化 するものである 2 本 文 (2)は, 民 法 第 423 条 第 2 項 の 規 定 による 裁 判 上 の 代 位 の 制 度 を 廃 止 するほかは, 同 項 の 規 定 を 維 持 するものである 裁 判 上 の 代 位 の 制 度 については,その 利 用 例 が 乏 し く, 基 本 的 には 民 事 保 全 の 制 度 によって 代 替 可 能 であると 考 えられること 等 から,これ を 廃 止 する これに 伴 って, 非 訟 事 件 手 続 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 51 号 未 施 行 ) 第 8 5 条 から 第 91 条 までの 規 定 は, 削 除 することとなる 3 本 文 (3)アは, 民 法 第 423 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 を 維 持 するものである 本 文 (3)イ 及 びウは, 債 権 者 代 位 権 を 行 使 することができない 場 合 に 関 して, 解 釈 上 異 論 がないところを 明 文 化 するものである ( 備 考 ) 裁 判 上 の 代 位 の 廃 止 について 公 刊 されている 裁 判 例 で 裁 判 上 の 代 位 に 関 する 判 示 をしたものとして, 宮 崎 地 判 昭 和 4 0 年 3 月 26 日 下 民 集 16 巻 3 号 492 頁 及 び 名 古 屋 地 判 昭 和 58 年 3 月 7 日 判 タ506 号 136 頁 があるが,これらはいずれも 転 用 型 の 債 権 者 代 位 権 の 事 案 に 関 するものである ( 農 地 売 買 の 買 主 である 代 位 債 権 者 が, 農 地 法 上 の 許 可 を 取 得 する 前 に, 売 主 である 債 務 1

3 者 の 第 三 債 務 者 に 対 する 農 地 法 上 の 許 可 申 請 手 続 協 力 請 求 権 などを 代 位 行 使 した 事 案 裁 判 上 の 代 位 の 許 可 を 取 得 しないで 債 権 者 代 位 権 を 行 使 ( 通 常 訴 訟 を 提 起 )したが,その 通 常 訴 訟 の 判 決 において 裁 判 上 の 代 位 の 許 可 の 要 件 を 認 定 した 上 で, 請 求 を 認 容 した ) そ こで, 転 用 型 の 債 権 者 代 位 権 については, 本 文 1(2)の 規 律 を 及 ぼさないこととし( 後 記 9 (3) 参 照 ), 被 保 全 債 権 の 期 限 未 到 来 の 場 合 ( 停 止 条 件 未 成 就 の 場 合 を 含 む )における 転 用 型 の 債 権 者 代 位 権 の 行 使 の 可 否 については, 専 ら 転 用 型 の 債 権 者 代 位 権 の 一 般 的 な 要 件 ( 後 記 9(2) 参 照 )の 解 釈 認 定 に 委 ねることとした 2 代 位 行 使 の 範 囲 債 権 者 は, 前 記 1の 代 位 行 使 をする 場 合 において,その 代 位 行 使 に 係 る 権 利 の 全 部 を 行 使 することができるものとする この 場 合 において, 当 該 権 利 の 価 額 が 被 保 全 債 権 の 額 を 超 えるときは, 債 権 者 は, 当 該 権 利 以 外 の 債 務 者 の 権 利 を 行 使 することができないものとする 部 会 資 料 頁 被 代 位 権 利 の 価 額 が 被 保 全 債 権 の 額 を 超 える 場 合 であっても,その 被 代 位 権 利 の 全 部 を 行 使 することができるとする 一 方,その 場 合 には 他 の 権 利 を 行 使 することができない 旨 を 定 めるものであり, 民 事 執 行 法 第 146 条 第 1 項 及 び 民 事 保 全 法 第 50 条 第 5 項 と 同 様 の 趣 旨 のものである 判 例 ( 最 判 昭 和 44 年 6 月 24 日 民 集 23 巻 7 号 1079 頁 )は, 被 代 位 権 利 を 行 使 することができる 範 囲 を 被 保 全 債 権 の 額 の 範 囲 に 限 定 しており, 本 文 は, これよりも 代 位 行 使 の 範 囲 を 拡 げている 上 記 判 例 は, 債 権 者 代 位 権 についていわゆる 債 権 回 収 機 能 が 認 められていること( 後 記 3の 概 要 参 照 )を 考 慮 したものとの 指 摘 がされて おり, 後 記 3の 見 直 しの 当 否 とも 関 連 する 3 代 位 行 使 の 方 法 等 (1) 債 権 者 は, 前 記 1の 代 位 行 使 をする 場 合 において,その 代 位 行 使 に 係 る 権 利 が 金 銭 その 他 の 物 の 引 渡 しを 求 めるものであるときは,その 物 を 自 己 に 対 して 引 き 渡 すことを 求 めることができるものとする この 場 合 において, 相 手 方 が 債 権 者 に 対 して 金 銭 その 他 の 物 を 引 き 渡 したときは, 代 位 行 使 に 係 る 権 利 は,これによって 消 滅 するものとする (2) 上 記 (1)により 債 権 者 が 相 手 方 から 金 銭 その 他 の 物 を 受 け 取 ったときは, 債 権 者 は,その 物 を 債 務 者 に 対 して 返 還 しなければならないものとする この 場 合 において, 債 権 者 は,その 返 還 に 係 る 債 務 を 受 働 債 権 とする 相 殺 をする ことができないものとする ( 注 ) 上 記 (2)については, 規 定 を 設 けるべきではない( 相 殺 を 禁 止 しない)と いう 考 え 方 もある 部 会 資 料 頁,22 頁 1 本 文 (1)は, 代 位 債 権 者 による 直 接 の 引 渡 しの 請 求 が 認 められる 旨 を 示 すものであり, 2

4 判 例 法 理 ( 大 判 昭 和 10 年 3 月 12 日 民 集 14 巻 482 頁 )を 明 文 化 するものである 2 本 文 (2)は, 代 位 債 権 者 が 直 接 の 引 渡 しを 受 けた 物 を 債 務 者 に 返 還 する 債 務 を 負 うこと, 代 位 債 権 者 はその 返 還 債 務 ( 金 銭 債 務 )を 受 働 債 権 とする 相 殺 をすることができないこ と( 債 権 回 収 機 能 の 否 定 )をそれぞれ 示 すものである 判 例 ( 上 記 大 判 昭 和 10 年 3 月 12 日 等 )は, 本 文 (2)のような 規 定 のない 現 行 法 の 下 で, 債 権 回 収 機 能 は 妨 げられない としている しかし, 同 じ 機 能 を 果 たしている 強 制 執 行 制 度 ( 債 権 差 押 え)と 比 較 する と, 代 位 債 権 者 は, 被 保 全 債 権 の 存 在 が 債 務 名 義 によって 確 認 されず, 債 務 者 や 第 三 債 務 者 の 正 当 な 利 益 を 保 護 するための 手 続 も 履 践 されないままに, 責 任 財 産 の 保 全 という 制 度 趣 旨 を 超 えて 被 保 全 債 権 の 強 制 的 な 満 足 を 得 ており, 制 度 間 の 不 整 合 が 生 じている との 批 判 がされている 本 文 (2)は,このような 不 整 合 を 是 正 する 趣 旨 で, 新 たな 規 定 を 設 けることとするものである 4 代 位 債 権 者 の 善 管 注 意 義 務 債 権 者 は, 前 記 1の 代 位 行 使 をするときは, 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって, これをしなければならないものとする 部 会 資 料 頁 代 位 債 権 者 が 善 管 注 意 義 務 を 負 うことを 示 すものであり, 判 例 法 理 ( 大 判 昭 和 15 年 3 月 15 日 民 集 19 巻 586 頁 )を 明 文 化 するものである なお, 代 位 債 権 者 と 債 務 者 との 間 の 関 係 についての 法 律 構 成 ( 事 務 管 理 や 法 定 委 任 など)については, 引 き 続 き 解 釈 に 委 ねることとなる 上 記 判 例 もこの 法 律 構 成 については 明 らかにしていない 5 債 権 者 代 位 権 の 行 使 に 必 要 な 費 用 債 権 者 は, 前 記 1の 代 位 行 使 をするために 必 要 な 費 用 を 支 出 したときは, 債 務 者 に 対 し,その 費 用 の 償 還 を 請 求 することができるものとする この 場 合 に おいて, 債 権 者 は,その 費 用 の 償 還 請 求 権 について, 共 益 費 用 に 関 する 一 般 の 先 取 特 権 を 有 するものとする 部 会 資 料 頁 債 権 者 代 位 権 の 行 使 に 必 要 な 費 用 を 支 出 した 代 位 債 権 者 が 費 用 償 還 請 求 権 を 取 得 するこ と,その 費 用 償 還 請 求 権 について 共 益 費 用 に 関 する 一 般 の 先 取 特 権 ( 民 法 第 306 条 第 1 号 )を 有 することをそれぞれ 示 すものである 債 権 者 代 位 権 が 行 使 される 場 合 における 費 用 負 担 についての 一 般 的 な 理 解 に 従 った 規 定 を 設 けることにより,ルールの 明 確 化 を 図 る ものである 費 用 償 還 請 求 権 の 共 益 性 については,とりわけ 債 権 回 収 機 能 が 否 定 される 場 合 には, 異 論 のないところであると 考 えられる 6 代 位 行 使 の 相 手 方 の 抗 弁 前 記 1の 代 位 行 使 の 相 手 方 は, 債 務 者 に 対 する 弁 済 その 他 の 抗 弁 をもって, 債 権 者 に 対 抗 することができるものとする 3

5 部 会 資 料 頁 代 位 行 使 の 相 手 方 ( 第 三 債 務 者 )が 債 務 者 に 対 して 有 する 抗 弁 を 代 位 債 権 者 に 対 しても 主 張 することができるとするものであり, 判 例 法 理 ( 大 判 昭 和 11 年 3 月 23 日 民 集 15 巻 551 頁 )を 明 文 化 するものである 債 権 者 代 位 権 に 基 づいて 行 使 される 被 代 位 権 利 が 債 務 者 の 第 三 債 務 者 に 対 する 権 利 であることによる 当 然 の 帰 結 でもある 7 債 務 者 の 処 分 権 限 債 権 者 が 前 記 1の 代 位 行 使 をした 場 合 であっても, 債 務 者 は,その 代 位 行 使 に 係 る 権 利 について, 自 ら 取 立 てその 他 の 処 分 をすることを 妨 げられないもの とする その 代 位 行 使 が 訴 えの 提 起 による 場 合 であっても, 同 様 とするものと する 部 会 資 料 頁 債 権 者 代 位 権 が 行 使 された 場 合 であっても, 被 代 位 権 利 についての 債 務 者 の 処 分 権 限 は 何 ら 制 限 されないとするものである 判 例 には, 代 位 債 権 者 が 債 権 者 代 位 権 の 行 使 に 着 手 し, 債 務 者 がその 通 知 を 受 けるか, 又 はその 権 利 行 使 を 了 知 したときは, 債 務 者 は 被 代 位 権 利 についての 処 分 権 限 を 失 い, 自 ら 訴 えの 提 起 をすることができないとするものがある ( 大 判 昭 和 14 年 5 月 16 日 民 集 18 巻 557 頁 ) これに 対 しては,もともと 債 権 者 代 位 権 は, 債 務 者 の 権 利 行 使 の 巧 拙 などには 干 渉 することができず, 債 務 者 が 自 ら 権 利 行 使 を しない 場 合 に 限 ってその 行 使 が 認 められるものであること 等 から, 債 務 者 の 処 分 権 限 を 奪 うのは 過 剰 であるとの 批 判 があるため, 判 例 と 異 なる 帰 結 を 明 文 化 するものである 8 訴 えによる 債 権 者 代 位 権 の 行 使 の 場 合 の 訴 訟 告 知 債 権 者 は, 訴 えによって 前 記 1の 代 位 行 使 をしたときは, 遅 滞 なく, 債 務 者 に 対 し, 訴 訟 告 知 をしなければならないものとする 部 会 資 料 頁,44 頁 債 権 者 代 位 訴 訟 を 提 起 した 代 位 債 権 者 は 債 務 者 に 対 する 訴 訟 告 知 をしなければならない とするものであり, 株 主 代 表 訴 訟 に 関 する 会 社 法 第 849 条 第 3 項 を 参 考 として, 合 理 的 な 規 律 を 補 うものである 債 権 者 代 位 訴 訟 における 代 位 債 権 者 の 地 位 は, 株 主 代 表 訴 訟 に おける 株 主 と 同 じく 法 定 訴 訟 担 当 と 解 されており,その 判 決 の 効 力 は 被 担 当 者 である 債 務 者 にも 及 ぶとされているにもかかわらず( 民 事 訴 訟 法 第 115 条 第 1 項 第 2 号 ), 現 在 は 債 務 者 に 対 する 訴 訟 告 知 を 要 する 旨 の 規 定 がないため,その 手 続 保 障 の 観 点 から 問 題 がある との 指 摘 がされている 9 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 としない 債 権 者 代 位 権 (1) 不 動 産 の 譲 受 人 は, 譲 渡 人 が 第 三 者 に 対 する 所 有 権 移 転 の 登 記 手 続 を 求 め る 権 利 を 行 使 しないことによって, 自 己 の 譲 渡 人 に 対 する 所 有 権 移 転 の 登 記 4

6 手 続 を 求 める 権 利 の 実 現 が 妨 げられているときは, 譲 渡 人 の 第 三 者 に 対 する 当 該 権 利 を 行 使 することができるものとする (2) 上 記 (1)の 代 位 行 使 のほか, 債 権 者 は, 債 務 者 に 属 する 権 利 が 行 使 されない ことによって, 自 己 の 債 務 者 に 対 する 権 利 の 実 現 が 妨 げられている 場 合 にお いて, 自 己 の 権 利 を 実 現 するために 他 に 適 当 な 方 法 がないときは,その 権 利 を 実 現 するため, 債 務 者 に 属 する 権 利 を 行 使 することができるものとする (3) 上 記 (1) 又 は(2)による 代 位 行 使 については,その 性 質 に 反 しない 限 り, 前 記 1(3) 及 び2から8までを 準 用 するものとする ( 注 ) 上 記 (1)については, 不 要 であるという 考 え 方 がある また, 上 記 (2)に ついては,その 要 件 を 債 権 者 代 位 権 の 行 使 により 債 務 者 が 利 益 を 享 受 し, その 利 益 によって 債 権 者 の 権 利 が 保 全 される 場 合 とすべきであるという 考 え 方 もある 部 会 資 料 頁 1 本 文 (1)は, 転 用 型 の 債 権 者 代 位 権 ( 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 としない 債 権 者 代 位 権 )の 代 表 例 として, 判 例 上 確 立 された 不 動 産 登 記 請 求 権 を 被 保 全 債 権 とする 不 動 産 登 記 請 求 権 の 代 位 行 使 ( 大 判 明 治 43 年 7 月 6 日 民 録 16 輯 537 頁 )を 明 文 化 するものである 転 用 型 の 債 権 者 代 位 権 の 一 般 的 な 要 件 に 関 する 本 文 (2)に 先 立 って,その 具 体 例 を 示 すこ とを 意 図 するものである 2 本 文 (2)は, 転 用 型 の 債 権 者 代 位 権 の 一 般 的 な 要 件 を 定 めるものである この 要 件 に 関 しては, その 権 利 の 行 使 により 債 務 者 が 利 益 を 享 受 し,その 利 益 によって 債 権 者 の 権 利 が 保 全 されるという 関 係 が 存 在 することを 要 する と 説 示 した 判 例 ( 最 判 昭 和 38 年 4 月 23 日 民 集 17 巻 3 号 356 頁 )があり,この 考 え 方 を 本 文 の( 注 )で 取 り 上 げてい る この 判 例 に 対 しては, 具 体 的 な 事 案 に 即 した 判 断 であって 必 ずしも 汎 用 性 のある 要 件 を 定 立 したものではないとの 指 摘 や, 捉 え 方 次 第 で 広 くもなり 狭 くもなり 得 る 不 明 確 な 要 件 であるとの 指 摘 がされている 3 本 文 (3)は, 転 用 型 の 債 権 者 代 位 権 に 関 して,その 性 質 に 反 しない 限 り 本 来 型 の 債 権 者 代 位 権 と 同 様 の 規 律 を 及 ぼすことを 示 すものである 前 記 1(3) 及 び2から8までを 包 括 的 に 準 用 しつつ, 性 質 に 反 するかどうかを 解 釈 に 委 ねることとしており, 例 えば, 前 記 1(3)イ( 差 押 禁 止 債 権 の 代 位 行 使 ),3(2)( 債 権 回 収 機 能 の 否 定 ),5 後 段 ( 共 益 費 用 に 関 する 一 般 の 先 取 特 権 )については, 解 釈 上 準 用 されないと 考 えられる 取 り 上 げなかった 論 点 部 会 資 料 35 第 1,2(1)イ 強 制 執 行 の 前 提 としての 登 記 申 請 権 の 代 位 行 使 の 場 合 の 例 外 [4 頁 ] 部 会 資 料 35 第 1,5(1)イ 代 位 債 権 者 自 身 に 対 して 有 する 抗 弁 [30 頁 ] 部 会 資 料 35 第 1,5(2) 第 三 債 務 者 による 供 託 ( 供 託 原 因 の 拡 張 ) [31 頁 ] 部 会 資 料 35 第 1,6(1) 代 位 権 行 使 の 場 合 の 通 知 の 要 否 [33 頁 ] 部 会 資 料 35 第 1,7 代 位 訴 訟 提 起 後 の 差 押 え [42 頁 ] 5

7 部 会 資 料 35 第 1,8 代 位 訴 訟 への 訴 訟 参 加 [44 頁 ] 第 2 詐 害 行 為 取 消 権 1 受 益 者 に 対 する 詐 害 行 為 取 消 権 の 要 件 (1) 無 資 力 の 債 務 者 が 債 権 者 を 害 する 行 為 をした 場 合 において, 当 該 行 為 が 債 権 者 を 害 することを 債 務 者 が 知 っていたときは, 債 権 者 は, 債 務 者 がした 当 該 行 為 の 取 消 しを 裁 判 所 に 請 求 することができるものとする 債 務 者 が 当 該 行 為 をしたことによって 無 資 力 となった 場 合 も, 同 様 とするものとする (2) 上 記 (1)の 請 求 においては, 債 務 者 及 び 受 益 者 を 被 告 とするものとする (3) 債 権 者 は, 上 記 (1)の 請 求 において, 上 記 (1)の 行 為 の 取 消 しとともに, 受 益 者 に 対 し, 当 該 行 為 によって 逸 出 した 財 産 の 債 務 者 への 返 還 を 請 求 するこ とができるものとする (4) 上 記 (1)の 請 求 は, 被 保 全 債 権 が 上 記 (1)の 行 為 の 前 に 生 じたものである 場 合 に 限 り,することができるものとする (5) 上 記 (1)の 請 求 は, 次 に 掲 げる 場 合 には,することができないものとする ア 受 益 者 が, 上 記 (1)の 行 為 の 当 時, 債 権 者 を 害 すべき 事 実 を 知 らなかった 場 合 イ 債 務 者 が, 上 記 (1)の 行 為 の 後, 無 資 力 でなくなった 場 合 ウ 上 記 (1)の 行 為 が 財 産 権 を 目 的 としないものである 場 合 エ 被 保 全 債 権 が 強 制 執 行 によって 実 現 することのできないものである 場 合 ( 注 ) 上 記 (4)については, 被 保 全 債 権 が 上 記 (1)の 行 為 の 前 の 原 因 に 基 づいて 生 じたものである 場 合 であっても, 詐 害 行 為 取 消 権 を 行 使 することがで きるとすべきであるという 考 え 方 がある 部 会 資 料 頁,56 頁,60 頁,62 頁,63 頁 1 本 文 (1) 前 段 は, 民 法 第 424 条 第 1 項 本 文 を 前 提 とした 上 で, 詐 害 行 為 取 消 権 の 要 件 として 債 務 者 の 無 資 力 を 書 き 加 えるものであり, 判 例 法 理 ( 大 判 昭 和 12 年 2 月 18 日 民 集 16 巻 120 頁 等 )を 明 文 化 するものである 詐 害 行 為 取 消 しの 対 象 を 法 律 行 為 ではなく 行 為 としているのは, 詐 害 行 為 取 消 権 の 対 象 は 厳 密 な 意 味 での 法 律 行 為 に 限 らず, 弁 済 や, 時 効 中 断 事 由 としての 債 務 の 承 認 ( 民 法 第 147 条 第 3 号 ), 法 定 追 認 の 効 果 を 生 ずる 行 為 ( 同 法 第 125 条 )などを 含 むと 解 されているからである 本 文 (1) 後 段 は, 債 務 者 が 詐 害 行 為 の 時 点 では 無 資 力 状 態 になくても,その 詐 害 行 為 に よって 無 資 力 状 態 に 陥 るという 場 合 には, 無 資 力 要 件 を 充 足 する 旨 の 規 定 を 追 加 するも のである 無 資 力 要 件 の 解 釈 に 関 する 一 般 的 な 理 解 を 明 文 化 するものである 2 本 文 (2)は, 詐 害 行 為 取 消 訴 訟 において 受 益 者 のみならず 債 務 者 をも 被 告 としなければ ならないとするものである 判 例 ( 大 連 判 明 治 44 年 3 月 24 日 民 録 17 輯 117 頁 ) は, 詐 害 行 為 取 消 しの 効 果 が 債 務 者 には 及 ばないことを 理 由 に, 債 務 者 を 被 告 とする 必 要 はないとしている しかし, 詐 害 行 為 取 消 しによって 逸 出 財 産 が 債 務 者 の 責 任 財 産 に 回 復 され, 強 制 執 行 の 対 象 となるにもかかわらず, 詐 害 行 為 取 消 しの 効 果 が 債 務 者 に 及 6

8 ばないとするのは, 整 合 的 でないとの 批 判 がされている この 批 判 を 踏 まえ, 詐 害 行 為 取 消 しの 効 果 を 債 務 者 にも 及 ぼすのであれば, 債 務 者 にも 詐 害 行 為 取 消 訴 訟 に 関 与 する 機 会 を 保 障 する 必 要 がある 本 文 (2)は, 以 上 の 観 点 から, 判 例 とは 異 なる 規 律 を 明 文 化 するものである 3 本 文 (3)は, 詐 害 行 為 取 消 訴 訟 の 性 格 について, 詐 害 行 為 の 取 消 しを 求 める 形 成 訴 訟 と しての 性 格 と, 逸 出 財 産 の 返 還 を 求 める 給 付 訴 訟 としての 性 格 とを 併 有 すると 捉 えるも のであり( 折 衷 説 ),この 限 度 において 判 例 法 理 ( 上 記 大 連 判 明 治 44 年 3 月 24 日 )を 明 文 化 するものである 4 本 文 (4)は, 被 保 全 債 権 が 詐 害 行 為 の 前 に 生 じたものであることを 要 件 とするものであ り, 判 例 法 理 ( 最 判 昭 和 33 年 2 月 21 日 民 集 12 巻 2 号 341 頁, 最 判 昭 和 46 年 9 月 21 日 民 集 25 巻 6 号 823 頁 )を 明 文 化 するものである なお, 本 文 (4)は, 被 保 全 債 権 に 係 る 遅 延 損 害 金 については 詐 害 行 為 の 後 に 生 じたものであっても 被 保 全 債 権 たり 得 ること( 最 判 平 成 8 年 2 月 8 日 集 民 178 号 215 頁 )を 否 定 するものではないが, さらに, 被 保 全 債 権 が 詐 害 行 為 の 前 の 原 因 に 基 づいて 生 じたものである 場 合 一 般 につい て, 詐 害 行 為 取 消 権 の 行 使 を 認 めるべきであるという 考 え 方 もある 5 本 文 (5)アは, 民 法 第 424 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 を 維 持 するものである 本 文 (5)イは, 債 務 者 が 資 力 を 回 復 した 場 合 には 詐 害 行 為 取 消 権 を 行 使 することができ ないとする 判 例 法 理 ( 上 記 大 判 昭 和 12 年 2 月 18 日 等 )を 明 文 化 するものである 本 文 (5)ウは, 民 法 第 424 条 第 2 項 の 規 定 を 維 持 するものである 本 文 (5)エは, 詐 害 行 為 取 消 権 を 行 使 することができない 場 合 に 関 して, 解 釈 上 異 論 が ないところを 明 文 化 するものである 2 相 当 の 対 価 を 得 てした 行 為 の 特 則 (1) 無 資 力 の 債 務 者 が,その 有 する 財 産 を 処 分 する 行 為 をした 場 合 において, 受 益 者 から 相 当 の 対 価 を 取 得 しているときは, 債 権 者 は, 次 に 掲 げる 要 件 の いずれにも 該 当 する 場 合 に 限 り,その 行 為 について 前 記 1の 取 消 しの 請 求 を することができるものとする ア 当 該 行 為 が, 不 動 産 の 金 銭 への 換 価 その 他 の 当 該 処 分 による 財 産 の 種 類 の 変 更 により, 債 務 者 において 隠 匿, 無 償 の 供 与 その 他 の 債 権 者 を 害 する 処 分 ( 以 下 隠 匿 等 の 処 分 という )をするおそれを 現 に 生 じさせるもの であること イ 債 務 者 が, 当 該 行 為 の 当 時, 対 価 として 取 得 した 金 銭 その 他 の 財 産 につ いて, 隠 匿 等 の 処 分 をする 意 思 を 有 していたこと ウ 受 益 者 が, 当 該 行 為 の 当 時, 債 務 者 が 隠 匿 等 の 処 分 をする 意 思 を 有 して いたことを 知 っていたこと (2) 上 記 (1)の 適 用 については, 受 益 者 が 債 務 者 の 親 族, 同 居 者, 取 締 役, 親 会 社 その 他 の 債 務 者 の 内 部 者 であったときは, 受 益 者 は, 当 該 行 為 の 当 時, 債 務 者 が 隠 匿 等 の 処 分 をする 意 思 を 有 していたことを 知 っていたものと 推 定 す るものとする 7

9 部 会 資 料 頁 1 本 文 (1)は, 相 当 価 格 処 分 行 為 に 対 する 詐 害 行 為 取 消 権 の 要 件 について, 破 産 法 第 16 1 条 第 1 項 と 同 様 の 規 定 を 設 けるものである 破 産 法 は, 経 済 的 危 機 に 直 面 した 債 務 者 と 取 引 をする 相 手 方 が 否 認 権 行 使 の 可 能 性 を 意 識 して 萎 縮 するおそれがあることなどを 考 慮 し, 相 当 価 格 処 分 行 為 に 対 する 否 認 権 の 対 象 範 囲 を 限 定 しつつ 明 確 化 している こ のように 取 引 の 相 手 方 を 萎 縮 させるおそれがある 点 では, 詐 害 行 為 取 消 権 も 同 様 である との 指 摘 がされている また, 現 状 では, 否 認 権 の 対 象 とはならない 行 為 が 詐 害 行 為 取 消 権 の 対 象 となるという 事 態 が 生 じ 得 るため, 平 時 における 債 権 者 が 詐 害 行 為 取 消 権 を 行 使 することができるのに, 破 産 手 続 開 始 後 における 破 産 管 財 人 は 否 認 権 を 行 使 するこ とができないという 結 果 となってしまうとの 問 題 も 指 摘 もされている 本 文 (1)は, 以 上 の 観 点 から, 破 産 法 と 同 様 の 規 定 を 設 けるものである 2 本 文 (2)は, 破 産 法 第 161 条 第 2 項 と 同 様 の 趣 旨 のものである ( 備 考 ) 同 時 交 換 的 行 為 について 債 務 者 が, 新 たな 借 入 れをするのと 同 時 に, 又 はそれに 先 立 ち,その 有 する 財 産 をもっ て 当 該 借 入 れの 相 手 方 に 対 して 担 保 を 供 与 する 行 為 (いわゆる 同 時 交 換 的 行 為 )について は, 本 文 (1)の 規 律 が 及 ぶという 理 解 を 前 提 として, 特 に 本 文 には 掲 げていない 同 時 交 換 的 行 為 は, 経 済 的 に 見 れば, 担 保 の 目 的 物 を 売 却 して 資 金 調 達 をしたのと 同 様 の 実 態 を 有 すると 考 えられることから, 相 当 価 格 処 分 行 為 と 同 様 の 要 件 の 下 で 詐 害 行 為 取 消 権 を 行 使 することができると 解 することが 可 能 であり, 破 産 法 第 161 条 第 1 項 についても, 同 様 の 解 釈 がされている 3 特 定 の 債 権 者 を 利 する 行 為 の 特 則 (1) 無 資 力 の 債 務 者 が 既 存 の 債 務 についてした 担 保 の 供 与 又 は 債 務 の 消 滅 に 関 する 行 為 について, 債 権 者 は, 次 に 掲 げる 要 件 のいずれにも 該 当 する 場 合 に 限 り, 前 記 1の 取 消 しの 請 求 をすることができるものとする ア 当 該 行 為 が, 債 務 者 が 支 払 不 能 であった 時 にされたものであること た だし, 当 該 行 為 の 後, 債 務 者 が 支 払 不 能 でなくなったときを 除 くものとす る イ 当 該 行 為 が, 債 務 者 と 受 益 者 とが 通 謀 して 他 の 債 権 者 を 害 する 意 図 をも って 行 われたものであること (2) 上 記 (1)の 行 為 が 債 務 者 の 義 務 に 属 せず, 又 はその 時 期 が 債 務 者 の 義 務 に 属 しないものである 場 合 において, 次 に 掲 げる 要 件 のいずれにも 該 当 するとき は, 債 権 者 は,その 行 為 について 前 記 1の 取 消 しの 請 求 をすることができる ものとする ア 当 該 行 為 が, 債 務 者 が 支 払 不 能 になる 前 30 日 以 内 にされたものである こと ただし, 当 該 行 為 の 後 30 日 以 内 に 債 務 者 が 支 払 不 能 になった 後, 債 務 者 が 支 払 不 能 でなくなったときを 除 くものとする 8

10 イ 当 該 行 為 が, 債 務 者 と 受 益 者 とが 通 謀 して 他 の 債 権 者 を 害 する 意 図 をも って 行 われたものであること (3) 上 記 (1) 又 は(2)の 適 用 については, 受 益 者 が 債 務 者 の 親 族, 同 居 者, 取 締 役, 親 会 社 その 他 の 債 務 者 の 内 部 者 であったときは,それぞれ 上 記 (1)イ 又 は (2)イの 事 実 を 推 定 するものとする 上 記 (1)の 行 為 が 債 務 者 の 義 務 に 属 せず, 又 はその 方 法 若 しくは 時 期 が 債 務 者 の 義 務 に 属 しないものであるときも, 同 様 とするものとする (4) 上 記 (1)の 適 用 については, 債 務 者 の 支 払 の 停 止 ( 上 記 (1)の 行 為 の 前 1 年 以 内 のものに 限 る )があった 後 は, 支 払 不 能 であったものと 推 定 するものと する 部 会 資 料 頁 1 本 文 (1)は, 偏 頗 行 為 に 対 する 詐 害 行 為 取 消 権 について,1 債 務 者 が 支 払 不 能 の 時 に 行 われたものであること,2 債 務 者 と 受 益 者 とが 通 謀 して 他 の 債 権 者 を 害 する 意 図 をもっ て 行 われたものであることを 要 件 とするものである 判 例 ( 最 判 昭 和 33 年 9 月 26 日 民 集 12 巻 13 号 3022 頁 )は, 債 務 者 と 受 益 者 とが 通 謀 して 他 の 債 権 者 を 害 する 意 思 をもって 行 われた 弁 済 に 限 り, 詐 害 行 為 取 消 権 の 対 象 になるとする 他 方, 破 産 法 第 162 条 第 1 項 第 1 号 は, 債 務 者 ( 破 産 者 )が 支 払 不 能 になった 後 に 行 われた 偏 頗 行 為 に 限 り, 否 認 権 の 対 象 になるとする 本 文 (1)は,この 判 例 法 理 の 要 件 と 破 産 法 の 要 件 と の 双 方 を 要 求 するものである 支 払 不 能 の 要 件 を 課 すことによって, 否 認 権 の 対 象 にな らない 偏 頗 行 為 が 詐 害 行 為 取 消 権 の 対 象 になるという 事 態 を 回 避 し, 通 謀 詐 害 意 図 の 要 件 を 課 すことによって, 真 に 取 り 消 されるべき 不 当 な 偏 頗 行 為 のみを 詐 害 行 為 取 消 権 の 対 象 にすることを 意 図 するものである なお, 受 益 者 の 主 観 的 要 件 ( 支 払 不 能 の 事 実 や 債 権 者 を 害 すべき 事 実 についての 悪 意 )は, 通 謀 詐 害 意 図 の 要 件 に 包 摂 されると 考 えられる 2 本 文 (2)は, 破 産 法 第 162 条 第 1 項 第 2 号 と 同 様 の 趣 旨 のものである 本 文 (1)と 同 様 に, 破 産 法 上 の 要 件 と 通 謀 詐 害 意 図 の 要 件 との 双 方 を 要 求 している 3 本 文 (3)は, 破 産 法 第 162 条 第 2 項 と 同 様 の 趣 旨 のものである なお, 本 文 (2)の 柱 書 きの 事 実 が 主 張 立 証 されると, 本 文 (3) 後 段 の 要 件 を 充 足 することになるため, 本 文 (2) イの 事 実 が 推 定 されることになる 4 本 文 (4)は, 破 産 法 第 162 条 第 3 項 と 同 様 の 趣 旨 のものである 4 過 大 な 代 物 弁 済 等 の 特 則 無 資 力 の 債 務 者 がした 債 務 の 消 滅 に 関 する 行 為 であって, 受 益 者 の 受 けた 給 付 の 価 額 が 当 該 行 為 によって 消 滅 した 債 務 の 額 より 過 大 であるものについて, 前 記 1の 要 件 ( 受 益 者 に 対 する 詐 害 行 為 取 消 権 の 要 件 )に 該 当 するときは, 債 権 者 は,その 消 滅 した 債 務 の 額 に 相 当 する 部 分 以 外 の 部 分 に 限 り, 前 記 1の 取 消 しの 請 求 をすることができるものとする 部 会 資 料 頁 9

11 破 産 法 第 160 条 第 2 項 と 同 様 の 趣 旨 のものである 債 務 の 消 滅 に 関 する 行 為 には 前 記 3の 規 律 が 及 ぶため, 過 大 な 代 物 弁 済 等 が 前 記 3の 要 件 に 該 当 するときは,その 代 物 弁 済 等 によって 消 滅 した 債 務 の 額 に 相 当 する 部 分 か,それ 以 外 の 部 分 かを 問 わず,その 代 物 弁 済 等 の 全 部 の 取 消 しを 請 求 することができる このことを 前 提 に, 本 文 は, 過 大 な 代 物 弁 済 等 が 前 記 3の 要 件 に 該 当 しない 場 合 であっても, 前 記 1の 要 件 に 該 当 するときは,その 代 物 弁 済 等 によって 消 滅 した 債 務 の 額 に 相 当 する 部 分 以 外 の 部 分 に 限 り, 前 記 1の 取 消 し の 請 求 をすることができるとするものである 5 転 得 者 に 対 する 詐 害 行 為 取 消 権 の 要 件 (1) 債 権 者 は, 受 益 者 に 対 する 詐 害 行 為 取 消 権 を 行 使 することができる 場 合 に おいて,その 詐 害 行 為 によって 逸 出 した 財 産 を 転 得 した 者 があるときは, 次 のア 又 はイに 掲 げる 区 分 に 応 じ,それぞれ 当 該 ア 又 はイに 定 める 場 合 に 限 り, 転 得 者 に 対 する 詐 害 行 為 取 消 権 の 行 使 として, 債 務 者 がした 受 益 者 との 間 の 行 為 の 取 消 しを 裁 判 所 に 請 求 することができるものとする ア 当 該 転 得 者 が 受 益 者 から 転 得 した 者 である 場 合 当 該 転 得 者 が,その 転 得 の 当 時, 債 務 者 がした 受 益 者 との 間 の 行 為 につ いて 債 権 者 を 害 すべき 事 実 を 知 っていた 場 合 イ 当 該 転 得 者 が 他 の 転 得 者 から 転 得 した 者 である 場 合 当 該 転 得 者 のほか, 当 該 転 得 者 の 前 に 転 得 した 全 ての 転 得 者 が,それぞ れの 転 得 の 当 時, 債 務 者 がした 受 益 者 との 間 の 行 為 について 債 権 者 を 害 す べき 事 実 を 知 っていた 場 合 (2) 上 記 (1)の 請 求 においては, 債 務 者 及 び 転 得 者 を 被 告 とするものとする (3) 債 権 者 は, 上 記 (1)の 請 求 において, 上 記 (1)の 行 為 の 取 消 しとともに, 転 得 者 に 対 し, 当 該 行 為 によって 逸 出 した 財 産 の 債 務 者 への 返 還 を 請 求 するこ とができるものとする (4) 上 記 (1)の 適 用 については, 転 得 者 が 債 務 者 の 親 族, 同 居 者, 取 締 役, 親 会 社 その 他 の 債 務 者 の 内 部 者 であったときは, 当 該 転 得 者 は,その 転 得 の 当 時, 債 務 者 がした 受 益 者 との 間 の 行 為 について 債 権 者 を 害 すべき 事 実 を 知 ってい たものと 推 定 するものとする 部 会 資 料 頁 1 本 文 (1)は, 破 産 法 第 170 条 第 1 項 第 1 号 を 参 考 としつつも, 同 号 が 前 者 に 対 する 否 認 の 原 因 についての 転 得 者 の 悪 意 を 要 求 しているため, 前 者 の 悪 意 についての 転 得 者 の 悪 意 (いわゆる 二 重 の 悪 意 )を 要 求 する 結 果 となっていることへの 批 判 を 踏 まえ, そのような 二 重 の 悪 意 を 要 求 せずに, 転 得 者 及 び 前 者 がいずれも 債 権 者 を 害 すべき 事 実 について 悪 意 であれば 足 りるとするものである 判 例 ( 最 判 昭 和 49 年 12 月 12 日 集 民 113 号 523 頁 )は, 民 法 第 424 条 第 1 項 ただし 書 の 債 権 者 を 害 すべき 事 実 について, 受 益 者 が 善 意 で, 転 得 者 が 悪 意 である 場 合 にも, 転 得 者 に 対 する 詐 害 行 10

12 為 取 消 権 の 行 使 を 認 めているが, 破 産 法 は, 取 引 の 安 全 を 図 る 観 点 から, 一 旦 善 意 者 を 経 由 した 以 上,その 後 に 現 れた 転 得 者 に 対 しては,たとえその 転 得 者 が 悪 意 であったと しても, 否 認 権 を 行 使 することができないとしている 2 本 文 (2)は, 前 記 1(2)と 同 様 の 趣 旨 のものである 3 本 文 (3)は, 前 記 1(3)と 同 様 の 趣 旨 のものである 4 本 文 (4)は, 破 産 法 第 170 条 第 1 項 第 2 号 と 同 様 の 趣 旨 のものである 6 詐 害 行 為 取 消 しの 効 果 詐 害 行 為 取 消 しの 訴 えに 係 る 請 求 を 認 容 する 確 定 判 決 は, 債 務 者 の 全 ての 債 権 者 に 対 してその 効 力 を 有 するものとする 詐 害 行 為 取 消 訴 訟 の 判 決 の 形 成 力 が, 債 務 者 の 全 ての 債 権 者 ( 詐 害 行 為 時 や 判 決 確 定 時 の 後 に 現 れた 債 権 者 を 含 む )に 及 ぶことを 示 すものであり, 民 法 第 425 条 の 解 釈 の 問 題 として 議 論 されてきた 点 に 関 して,ルールの 明 確 化 を 図 るものである 7 詐 害 行 為 取 消 しの 範 囲 債 権 者 は, 詐 害 行 為 取 消 権 を 行 使 する 場 合 ( 前 記 4の 場 合 を 除 く )において, その 詐 害 行 為 の 全 部 の 取 消 しを 請 求 することができるものとする この 場 合 に おいて,その 詐 害 行 為 によって 逸 出 した 財 産 又 は 消 滅 した 権 利 の 価 額 が 被 保 全 債 権 の 額 を 超 えるときは, 債 権 者 は,その 詐 害 行 為 以 外 の 債 務 者 の 行 為 の 取 消 しを 請 求 することができないものとする 部 会 資 料 頁 詐 害 行 為 によって 逸 出 した 財 産 又 は 消 滅 した 権 利 等 の 価 額 が 被 保 全 債 権 の 額 を 超 える 場 合 であっても,その 詐 害 行 為 の 全 部 の 取 消 しを 請 求 することができるとする 一 方,その 場 合 には 他 の 詐 害 行 為 の 取 消 しを 請 求 することができない 旨 を 定 めるものであり, 前 記 第 1 の2( 代 位 行 使 の 範 囲 )と 類 似 の 発 想 に 立 つものである 判 例 ( 大 判 大 正 9 年 12 月 24 日 民 録 26 輯 2024 頁 )は, 被 保 全 債 権 の 額 が 詐 害 行 為 の 目 的 である 財 産 の 価 額 に 満 た ず,かつ,その 財 産 が 可 分 であるときは, 被 保 全 債 権 の 額 の 範 囲 でのみ 詐 害 行 為 を 取 り 消 すことができるとしているが, 前 記 第 1の2( 代 位 行 使 の 範 囲 )を 踏 まえ, 詐 害 行 為 取 消 しの 範 囲 を 拡 げる 方 向 で, 判 例 法 理 とは 異 なる 規 律 を 明 文 化 するものである 8 逸 出 財 産 の 返 還 の 方 法 (1) 債 権 者 は, 前 記 1(3) 又 は5(3)により 逸 出 した 財 産 の 現 物 の 返 還 を 請 求 す る 場 合 には, 受 益 者 又 は 転 得 者 に 対 し, 次 のアからエまでに 掲 げる 区 分 に 応 じ,それぞれ 当 該 アからエまでに 定 める 方 法 によって 行 うことを 求 めるもの とする ア 詐 害 行 為 による 財 産 の 逸 出 について 登 記 ( 登 録 を 含 む )がされている 場 11

13 合 ( 後 記 イの 場 合 を 除 く ) 当 該 登 記 の 抹 消 登 記 手 続 又 は 債 務 者 を 登 記 権 利 者 とする 移 転 登 記 手 続 を する 方 法 イ 詐 害 行 為 によって 逸 出 した 財 産 が 債 権 である 場 合 (ア) 当 該 債 権 の 逸 出 について 債 権 譲 渡 通 知 がされているときは, 当 該 債 権 の 債 務 者 に 対 して 当 該 債 権 が 受 益 者 又 は 転 得 者 から 債 務 者 に 移 転 した 旨 の 通 知 をする 方 法 (イ) 当 該 債 権 の 逸 出 について 債 権 譲 渡 登 記 がされているときは, 債 権 譲 渡 登 記 の 抹 消 登 記 手 続 又 は 債 務 者 を 譲 受 人 とする 債 権 譲 渡 登 記 手 続 をする 方 法 ただし, 上 記 (ア)の 債 権 譲 渡 通 知 の 方 法 によって 行 うことを 求 める こともできるものとする ウ 詐 害 行 為 によって 逸 出 した 財 産 が 金 銭 その 他 の 動 産 である 場 合 当 該 金 銭 その 他 の 動 産 を 債 務 者 に 対 して 引 き 渡 す 方 法 この 場 合 におい て, 債 権 者 は, 当 該 金 銭 その 他 の 動 産 を 自 己 に 対 して 引 き 渡 すことを 求 め ることができないものとする エ 上 記 アからウまでの 場 合 以 外 の 場 合 詐 害 行 為 によって 逸 出 した 財 産 の 性 質 に 従 い, 当 該 財 産 の 債 務 者 への 回 復 に 必 要 な 方 法 (2) 上 記 (1)の 現 物 の 返 還 が 困 難 であるときは, 債 権 者 は, 受 益 者 又 は 転 得 者 に 対 し, 価 額 の 償 還 を 請 求 することができるものとする この 場 合 において, 債 権 者 は,その 償 還 金 を 自 己 に 対 して 支 払 うことを 求 めることができないも のとする 部 会 資 料 頁,94 頁,99 頁,101 頁 1 本 文 (1)アは, 詐 害 行 為 による 財 産 の 逸 出 について 登 記 ( 登 録 )がされている 場 合 に 関 する 現 物 返 還 の 方 法 について 定 めるものであり, 判 例 法 理 ( 最 判 昭 和 39 年 7 月 10 日 民 集 18 巻 6 号 1078 頁, 最 判 昭 和 40 年 9 月 17 日 集 民 80 巻 361 頁 )を 明 文 化 するものである 本 文 (1)イは, 詐 害 行 為 による 債 権 の 逸 出 について 債 権 譲 渡 通 知 がされている 場 合 と 債 権 譲 渡 登 記 がされている 場 合 とに 分 けて, 債 権 の 現 物 返 還 の 方 法 について 定 めるもので ある 本 文 (1)ウは, 詐 害 行 為 によって 逸 出 した 財 産 が 金 銭 その 他 の 動 産 である 場 合 には, 債 権 者 は,それを 債 務 者 に 対 して 引 き 渡 すことを 求 めることができる 一 方, 自 己 に 対 する 直 接 の 引 渡 しを 求 めることはできない 旨 を 定 めるものである 判 例 ( 大 判 大 正 10 年 6 月 18 日 民 録 27 輯 1168 頁 )は, 取 消 債 権 者 による 直 接 の 引 渡 請 求 を 認 めており, その 結 果, 取 消 債 権 者 は, 受 益 者 から 直 接 の 支 払 を 受 けた 金 銭 の 債 務 者 への 返 還 債 務 を 受 働 債 権 とする 相 殺 によって, 自 己 の 債 権 の 回 収 を 図 ることができるとされている(い わゆる 債 権 回 収 機 能 ) しかし, 責 任 財 産 の 保 全 という 詐 害 行 為 取 消 権 の 制 度 趣 旨 を 超 え て 被 保 全 債 権 の 強 制 的 な 満 足 を 得 てしまうこと 等 に 対 しては 批 判 があり( 第 1,3(2)の 12

14 概 要 も 参 照 ),この 立 場 からは, 取 消 債 権 者 は 債 務 者 の 引 渡 請 求 権 の 差 押 えによって 債 権 回 収 を 図 るべきであるとの 指 摘 がある このような 考 え 方 によれば, 回 復 される 受 益 者 の 債 権 ( 後 記 10 参 照 )との 関 係 でも 衡 平 を 図 ることが 可 能 となる また,とりわけ 詐 害 行 為 取 消 訴 訟 において 債 務 者 を 被 告 とする 場 合 ( 前 記 1(2),5(2) 参 照 )には, 被 保 全 債 権 の 給 付 訴 訟 を 併 合 提 起 する 等 の 方 法 によって, 通 常 は 詐 害 行 為 取 消 訴 訟 の 判 決 確 定 時 までに 被 保 全 債 権 に 係 る 何 らかの 債 務 名 義 を 取 得 していることが 想 定 されるから, 取 消 債 権 者 に 対 して 債 務 者 の 引 渡 請 求 権 の 差 押 えを 求 めることは,それほど 過 重 な 負 担 ではないとも 考 えられる 本 文 (1)ウは, 以 上 の 観 点 から, 取 消 債 権 者 による 直 接 の 引 渡 請 求 を 否 定 するものである 本 文 (1)エは, 同 アからウまでに 該 当 しない 場 合 の 現 物 返 還 の 方 法 に 関 する 受 皿 的 な 規 定 を 設 けるものである 2 本 文 (2)は, 価 額 償 還 請 求 の 要 件 について 定 めるものである 判 例 ( 大 判 昭 和 7 年 9 月 15 日 民 集 11 巻 1841 頁 等 )は, 原 則 として 現 物 返 還 を 命 じ, 現 物 返 還 が 不 可 能 又 は 困 難 である 場 合 には 例 外 的 に 価 額 償 還 を 認 めているとされている 本 文 (2)は,この 判 例 法 理 を 明 文 化 するものである 価 額 償 還 という 文 言 は, 破 産 法 第 169 条 を 参 照 したものである また, 取 消 債 権 者 による 直 接 の 支 払 請 求 を 否 定 しているのは, 本 文 (1) ウと 同 じ 理 由 による 9 詐 害 行 為 取 消 権 の 行 使 に 必 要 な 費 用 (1) 債 権 者 は, 詐 害 行 為 取 消 権 を 行 使 するために 必 要 な 費 用 を 支 出 したときは, 債 務 者 に 対 し,その 費 用 の 償 還 を 請 求 することができるものとする この 場 合 において, 債 権 者 は,その 費 用 の 償 還 請 求 権 について, 共 益 費 用 に 関 する 一 般 の 先 取 特 権 を 有 するものとする (2) 上 記 (1)の 一 般 の 先 取 特 権 は, 後 記 11(2)の 特 別 の 先 取 特 権 に 優 先 するも のとする 部 会 資 料 頁 1 本 文 (1)は, 詐 害 行 為 取 消 権 の 行 使 に 必 要 な 費 用 を 支 出 した 取 消 債 権 者 が 費 用 償 還 請 求 権 を 取 得 すること,その 費 用 償 還 請 求 権 について 共 益 費 用 に 関 する 一 般 の 先 取 特 権 ( 民 法 第 306 条 第 1 号 )を 有 することをそれぞれ 示 すものである 詐 害 行 為 取 消 権 が 行 使 される 場 合 における 費 用 負 担 についての 一 般 的 な 理 解 に 従 った 規 定 を 設 けることにより, ルールの 明 確 化 を 図 るものである 費 用 償 還 請 求 権 の 共 益 性 については,とりわけ 債 権 回 収 機 能 が 否 定 される 場 合 には, 異 論 のないところであると 考 えられる 2 本 文 (2)は, 取 消 債 権 者 の 一 般 先 取 特 権 ( 本 文 (1))と 受 益 者 の 特 別 先 取 特 権 ( 後 記 1 1(2))との 優 劣 を 示 すものである 取 消 債 権 者 が 詐 害 行 為 取 消 権 の 行 使 のために 必 要 な 費 用 を 支 出 した 場 合 にそれを 最 優 先 で 回 収 することができないのでは 詐 害 行 為 取 消 権 を 行 使 するためのインセンティブが 確 保 されないことや, 悪 意 の 受 益 者 よりも 取 消 債 権 者 を 保 護 する 必 要 性 が 高 いこと 等 を 根 拠 に, 取 消 債 権 者 の 一 般 先 取 特 権 が 優 先 するものと している 13

15 10 受 益 者 の 債 権 の 回 復 債 務 者 がした 債 務 の 消 滅 に 関 する 行 為 が 取 り 消 された 場 合 において, 受 益 者 が 債 務 者 から 受 けた 給 付 を 返 還 し, 又 はその 価 額 を 償 還 したときは, 受 益 者 の 債 務 者 に 対 する 債 権 は,これによって 原 状 に 復 するものとする 部 会 資 料 頁 受 益 者 の 債 権 の 回 復 について 定 めるものであり, 破 産 法 第 169 条 と 同 様 の 趣 旨 のもの である 判 例 ( 大 判 昭 和 16 年 2 月 10 日 民 集 20 巻 79 頁 )も, 債 務 者 の 受 益 者 に 対 す る 弁 済 又 は 代 物 弁 済 が 取 り 消 されたときは, 受 益 者 の 債 務 者 に 対 する 債 権 が 復 活 するとし ている なお, 受 益 者 が 給 付 の 返 還 又 はその 価 額 の 償 還 をする 前 に,その 返 還 又 は 償 還 の 債 務 に 係 る 権 利 が 差 し 押 さえられた 場 合 であっても, 受 益 者 は,その 返 還 又 は 償 還 をする こと( 具 体 的 には 執 行 供 託 をすること)を 停 止 条 件 として 回 復 する 債 権 を 被 保 全 債 権 とし て, 上 記 差 押 えに 係 る 権 利 ( 自 己 を 債 務 者 とする 権 利 )に 対 する 仮 差 押 えをし( 民 事 保 全 法 第 20 条 第 2 項 参 照 ),それによって 上 記 差 押 えに 係 る 執 行 手 続 において 配 当 等 を 受 ける べき 債 権 者 の 地 位 を 確 保 することができる( 民 事 執 行 法 第 165 条 参 照 ) 11 受 益 者 が 現 物 の 返 還 をすべき 場 合 における 受 益 者 の 反 対 給 付 (1) 債 務 者 がした 財 産 の 処 分 に 関 する 行 為 が 取 り 消 された 場 合 において, 受 益 者 が 債 務 者 から 取 得 した 財 産 ( 金 銭 を 除 く )を 返 還 したときは, 受 益 者 は, 債 務 者 に 対 し, 当 該 財 産 を 取 得 するためにした 反 対 給 付 の 価 額 の 償 還 を 請 求 することができるものとする (2) 上 記 (1)の 場 合 において, 受 益 者 は, 債 務 者 に 対 する 反 対 給 付 の 価 額 の 償 還 請 求 権 について, 債 務 者 に 返 還 した 財 産 を 目 的 とする 特 別 の 先 取 特 権 を 有 す るものとする ただし, 債 務 者 が, 当 該 財 産 を 受 益 者 に 処 分 した 当 時,その 反 対 給 付 について 隠 匿 等 の 処 分 ( 前 記 2(1)ア 参 照 )をする 意 思 を 有 しており, かつ, 受 益 者 が,その 当 時, 債 務 者 が 隠 匿 等 の 処 分 をする 意 思 を 有 していた ことを 知 っていたときは, 受 益 者 は,その 特 別 の 先 取 特 権 を 有 しないものと する (3) 上 記 (2)の 適 用 については, 受 益 者 が 債 務 者 の 親 族, 同 居 者, 取 締 役, 親 会 社 その 他 の 債 務 者 の 内 部 者 であったときは, 受 益 者 は, 当 該 行 為 の 当 時, 債 務 者 が 隠 匿 等 の 処 分 をする 意 思 を 有 していたことを 知 っていたものと 推 定 す るものとする 部 会 資 料 頁 1 本 文 (1)は, 判 例 法 理 ( 前 掲 大 連 判 明 治 44 年 3 月 24 日 )と 異 なり 詐 害 行 為 取 消 しの 効 果 が 債 務 者 にも 及 ぶこと( 前 記 1(2) 参 照 )を 前 提 に, 受 益 者 が 現 物 返 還 をした 場 合 に は 直 ちに 反 対 給 付 の 価 額 の 償 還 請 求 をすることができる 旨 を 定 めるものである 現 在 の 判 例 法 理 の 下 では, 受 益 者 が 現 物 返 還 をした 場 合 であっても,その 財 産 によって 取 消 債 14

16 権 者 を 含 む 債 権 者 らが 債 権 の 満 足 を 得 たときに 初 めて, 受 益 者 は 債 務 者 に 対 する 不 当 利 得 返 還 請 求 権 を 行 使 することができるにすぎないとされており,これを 合 理 的 な 規 律 に 改 めるものである 価 額 の 償 還 請 求 のみを 認 めているのは, 反 対 給 付 の 現 物 の 返 還 請 求 を 認 めると, 受 益 者 の 反 対 給 付 の 返 還 請 求 権 が 取 消 債 権 者 の 費 用 償 還 請 求 権 に 優 先 する 結 果 となり, 前 記 9(2)の 趣 旨 に 反 することになるからである 受 益 者 にとっては, 反 対 給 付 の 現 物 の 返 還 を 請 求 する 利 益 を 奪 われる 結 果 となるが, 受 益 者 はもともと 反 対 給 付 の 現 物 を 債 務 者 に 譲 渡 したのであって, 詐 害 行 為 取 消 権 の 行 使 がなければ 当 該 現 物 の 返 還 を 請 求 することができなかったのであるから, 受 益 者 の 利 益 を 重 視 する 必 要 はないと も 考 えられる 2 本 文 (2)は, 破 産 法 第 168 条 第 2 項 と 同 様 の 趣 旨 により, 反 対 給 付 の 価 額 の 償 還 請 求 権 について 優 先 権 を 認 めるものである なお, 本 文 (2)により 受 益 者 が 不 動 産 を 目 的 とす る 特 別 の 先 取 特 権 を 有 する 場 合 については, 当 該 先 取 特 権 に 基 づき 受 益 者 が 配 当 等 を 受 けるべき 債 権 者 の 地 位 を 確 保 するためには, 受 益 者 の 債 務 者 に 対 する 当 該 先 取 特 権 の 登 記 請 求 権 を 認 める 必 要 があると 考 えられるから( 民 事 執 行 法 第 87 条 第 1 項 第 4 号 参 照 民 事 保 全 法 第 53 条, 第 23 条 第 3 項 も 参 照 ),その 規 定 の 要 否 については 引 き 続 き 検 討 をする 必 要 がある 3 本 文 (3)は, 破 産 法 第 168 条 第 3 項 と 同 様 の 趣 旨 のものである 12 受 益 者 が 金 銭 の 返 還 又 は 価 額 償 還 をすべき 場 合 における 受 益 者 の 反 対 給 付 (1) 債 務 者 がした 財 産 の 処 分 に 関 する 行 為 が 取 り 消 された 場 合 において, 受 益 者 が 債 務 者 から 取 得 した 財 産 である 金 銭 を 返 還 し, 又 は 債 務 者 から 取 得 した 財 産 の 価 額 を 償 還 すべきときは, 前 記 8( 逸 出 財 産 の 返 還 の 方 法 )にかかわ らず, 債 権 者 は, 受 益 者 に 対 し, 当 該 金 銭 の 額 又 は 当 該 財 産 の 価 額 から, 当 該 金 銭 又 は 当 該 財 産 を 取 得 するために 受 益 者 がした 反 対 給 付 の 価 額 を 控 除 し た 額 の 返 還 又 は 償 還 のみを 請 求 することができるものとする ただし, 債 務 者 が, 当 該 財 産 を 受 益 者 に 処 分 した 当 時,その 反 対 給 付 について 隠 匿 等 の 処 分 ( 前 記 2(1)ア 参 照 )をする 意 思 を 有 しており,かつ, 受 益 者 が,その 当 時, 債 務 者 が 隠 匿 等 の 処 分 をする 意 思 を 有 していたことを 知 っていたときは, 債 権 者 は, 受 益 者 に 対 し, 当 該 金 銭 の 額 又 は 当 該 財 産 の 価 額 の 全 額 を 請 求 する ことができるものとする (2) 上 記 (1)の 適 用 については, 受 益 者 が 債 務 者 の 親 族, 同 居 者, 取 締 役, 親 会 社 その 他 の 債 務 者 の 内 部 者 であったときは, 受 益 者 は, 当 該 行 為 の 当 時, 債 務 者 が 隠 匿 等 の 処 分 をする 意 思 を 有 していたことを 知 っていたものと 推 定 す るものとする 部 会 資 料 頁 1 本 文 (1)は, 受 益 者 が 金 銭 をもって 返 還 をする 場 合 における 反 対 給 付 の 取 扱 いについて, 現 物 返 還 の 場 合 と 異 なり, 取 消 債 権 者 の 側 に 差 額 の 返 還 又 は 償 還 の 請 求 のみを 認 める 旨 を 定 めるものである 取 消 債 権 者 の 費 用 償 還 請 求 権 が 受 益 者 の 反 対 給 付 の 返 還 請 求 権 に 15

17 劣 後 する 結 果 となるが, 実 際 上, 受 益 者 が 返 還 すべき 差 額 によって 取 消 債 権 者 が 費 用 償 還 請 求 権 の 満 足 すら 得 られない 事 態 はほとんど 生 じない(そのような 事 態 が 生 じ 得 る 場 合 にはそもそも 詐 害 行 為 取 消 権 の 行 使 はされないことがほとんどである)との 指 摘 があ ることを 踏 まえ, 受 益 者 の 反 対 給 付 の 取 扱 いを 可 能 な 限 り 簡 易 に 処 理 することを 優 先 さ せたものである 本 文 (1)ただし 書 は, 前 記 11(2)ただし 書 と 同 様 の 趣 旨 のものである 2 本 文 (2)は, 前 記 11(3)と 同 様 の 趣 旨 のものである 13 転 得 者 が 現 物 の 返 還 をすべき 場 合 における 転 得 者 の 反 対 給 付 等 債 務 者 がした 受 益 者 との 間 の 行 為 が 転 得 者 に 対 する 詐 害 行 為 取 消 権 の 行 使 に よって 取 り 消 された 場 合 において, 転 得 者 が 前 者 から 取 得 した 財 産 を 債 務 者 に 返 還 したときは, 転 得 者 は, 受 益 者 が 詐 害 行 為 取 消 権 を 行 使 されたとすれば 債 務 者 に 対 して 行 使 することのできた 前 記 10 又 は11の 権 利 を, 転 得 者 の 前 者 に 対 する 反 対 給 付 の 価 額 又 は 転 得 者 が 前 者 に 対 して 有 していた 債 権 の 価 額 の 限 度 で, 行 使 することができるものとする 部 会 資 料 頁 転 得 者 が 現 物 返 還 をした 場 合 における 転 得 者 の 前 者 に 対 する 反 対 給 付 又 は 転 得 者 が 前 者 に 対 して 有 していた 債 権 の 取 扱 いについて 定 めるものである 転 得 者 に 対 して 行 使 された 詐 害 行 為 取 消 しの 効 果 は 転 得 者 の 前 者 には 及 ばないため, 転 得 者 が 現 物 返 還 をした 場 合 で あっても, 前 者 に 対 する 反 対 給 付 の 返 還 請 求 や 前 者 に 対 して 有 していた 債 権 の 復 活 は 認 め られず, 現 物 返 還 がされた 財 産 によって 取 消 債 権 者 を 含 む 債 権 者 らが 債 務 者 に 対 する 債 権 の 満 足 を 得 たときに 初 めて, 転 得 者 は 債 務 者 に 対 する 不 当 利 得 返 還 請 求 権 を 行 使 すること ができるにすぎない これに 対 して, 本 文 (1)は, 前 記 10から12までの 受 益 者 の 反 対 給 付 及 び 債 権 の 取 扱 いを 参 考 として, 転 得 者 の 反 対 給 付 及 び 債 権 についても 一 定 の 保 護 を 図 ることを 意 図 するものである ( 備 考 ) 転 得 者 の 前 者 に 対 する 追 及 の 可 否 について 本 文 のように 転 得 者 が 受 益 者 の 行 使 することのできた 権 利 を 行 使 するという 方 法 を 採 る 場 合 には, 転 得 者 の 前 者 に 対 する 反 対 給 付 又 は 債 権 の 価 額 が, 受 益 者 の 債 務 者 に 対 する 反 対 給 付 又 は 債 権 の 価 額 より 大 きいとき,すなわち, 転 得 者 が 受 益 者 の 行 使 することのでき た 権 利 を 行 使 するだけでは, 転 得 者 の 前 者 に 対 する 反 対 給 付 又 は 債 権 の 価 額 に 満 たないと きの 救 済 方 法 が 問 題 となる これについては, 例 えば, 前 者 に 詐 害 行 為 取 消 しの 原 因 があ る 場 合 には, 転 得 者 は 前 者 に 対 して 不 足 分 の 支 払 を 求 めることができるとする 考 え 方 ( 一 種 の 担 保 責 任 の 追 及 という 構 成 )などがあり 得 る もっとも, 転 得 者 から 追 及 を 受 けた 前 者 が 更 にその 前 者 に 対 して 追 及 をすることができるか,できるとして 直 接 の 前 者 ではなく 前 者 の 前 者 に 対 して 追 及 をすることができるか,できるとして 直 接 の 前 者 とその 前 者 に 対 して 同 時 に 追 及 をすることができるか,さらに, 転 得 者 の 後 者 が 存 在 する 場 合 (その 後 者 にも 詐 害 行 為 取 消 しの 原 因 がある 場 合 )にはその 後 者 に 対 しても 追 及 をすることができる 16

18 かなど, 多 くの 問 題 があるため,これについては 引 き 続 き 解 釈 に 委 ねることとしている 14 転 得 者 が 価 額 償 還 をすべき 場 合 における 転 得 者 の 反 対 給 付 等 債 務 者 がした 受 益 者 との 間 の 行 為 が 転 得 者 に 対 する 詐 害 行 為 取 消 権 の 行 使 に よって 取 り 消 された 場 合 において, 転 得 者 が 前 者 から 取 得 した 財 産 の 価 額 を 債 務 者 に 償 還 すべきときは, 前 記 8( 逸 出 財 産 の 返 還 の 方 法 )にかかわらず, 債 権 者 は, 転 得 者 に 対 し, 当 該 財 産 の 価 額 から, 受 益 者 が 詐 害 行 為 取 消 権 を 行 使 されたとすれば 前 記 10により 債 務 者 に 対 して 行 使 することのできた 権 利 又 は 前 記 12により 控 除 された 反 対 給 付 の 価 額 (ただし, 転 得 者 の 前 者 に 対 する 反 対 給 付 の 価 額 又 は 転 得 者 が 前 者 に 対 して 有 していた 債 権 の 価 額 を 限 度 とする ) を 控 除 した 額 の 償 還 のみを 請 求 することができるものとする 部 会 資 料 頁 転 得 者 が 価 額 償 還 をする 場 合 における 転 得 者 の 前 者 に 対 する 反 対 給 付 及 び 転 得 者 が 前 者 に 対 して 有 していた 債 権 の 取 扱 いについて 定 めるものである 現 物 返 還 の 場 合 とは 異 なり, 取 消 債 権 者 の 側 に 差 額 の 償 還 請 求 のみを 認 めるという 方 法 を 採 っているのは, 前 記 12と 同 様 に, 転 得 者 の 反 対 給 付 及 び 債 権 の 取 扱 いの 問 題 を 可 能 な 限 り 簡 易 に 処 理 することを 優 先 させるものである 15 詐 害 行 為 取 消 権 の 行 使 期 間 詐 害 行 為 取 消 しの 訴 えは, 債 務 者 が 債 権 者 を 害 することを 知 って 詐 害 行 為 を した 事 実 を 債 権 者 が 知 った 時 から2 年 を 経 過 したときは, 提 起 することができ ないものとする 詐 害 行 為 の 時 から10 年 を 経 過 したときも, 同 様 とするもの とする 部 会 資 料 頁 民 法 第 426 条 前 段 は, 取 消 しの 原 因 を 債 権 者 が 知 った 時 から2 年 の 消 滅 時 効 を 定 め ているが,これについて, 判 例 ( 最 判 昭 和 47 年 4 月 13 日 判 時 669 号 63 頁 )は, 債 務 者 が 債 権 者 を 害 することを 知 って 法 律 行 為 をした 事 実 を 債 権 者 が 知 った 時 から 起 算 さ れるのであって, 詐 害 行 為 の 客 観 的 事 実 を 債 権 者 が 知 った 時 から 起 算 されるのではない とする 本 文 前 段 は,まず,この 起 算 点 についての 判 例 法 理 を 明 文 化 するものである ま た, 本 文 前 段 は, 詐 害 行 為 取 消 権 が 民 法 第 120 条 以 下 の 取 消 権 などの 実 体 法 上 の 形 成 権 とは 異 なるという 点 に 着 目 し, 詐 害 行 為 取 消 権 の2 年 の 行 使 期 間 を 除 斥 期 間 ないし 出 訴 期 間 ( 会 社 法 第 865 条 第 2 項, 民 法 第 201 条 等 参 照 )と 捉 えるものであり, 時 効 の 中 断 等 の 時 効 障 害 に 関 する 規 定 は 適 用 されないこととなる 本 文 後 段 は, 民 法 第 426 条 後 段 の20 年 の 除 斥 期 間 を10 年 に 改 めるものである 詐 害 行 為 取 消 権 を 行 使 するには 詐 害 行 為 時 から 詐 害 行 為 取 消 権 の 行 使 時 ( 詐 害 行 為 取 消 訴 訟 の 事 実 審 口 頭 弁 論 終 結 時 )まで 債 務 者 の 無 資 力 状 態 が 継 続 することを 要 するから( 前 記 1 (5)イ 参 照 ),20 年 もの 長 期 間 にわたって 債 務 者 の 行 為 や 財 産 状 態 を 放 置 したまま 推 移 さ 17

19 せた 債 権 者 に 詐 害 行 為 取 消 権 を 行 使 させる 必 要 性 は 乏 しいと 考 えられることを 理 由 とする 取 り 上 げなかった 論 点 部 会 資 料 35 第 2,1(2)イ 被 保 全 債 権 に 係 る 給 付 訴 訟 の 併 合 提 起 [56 頁 ] 部 会 資 料 35 第 2,1(2)ウ 詐 害 行 為 取 消 訴 訟 の 競 合 [58 頁 ] 部 会 資 料 35 第 2,2(3)イ(イ) 同 時 交 換 的 行 為 [67 頁 ] 部 会 資 料 35 第 2,2(3)ウ 無 償 行 為 [72 頁 ] 部 会 資 料 35 第 2,2(3)カ 対 抗 要 件 具 備 行 為 [84 頁 ] 部 会 資 料 35 第 2,2(4)ウ 無 償 行 為 による 転 得 の 場 合 [87 頁 ] 部 会 資 料 35 第 2,7 破 産 管 財 人 等 による 詐 害 行 為 取 消 訴 訟 の 受 継 [112 頁 ] 18

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 目 次 第 1 法 律 行 為 総 則 法 律 行 為 の 意 義 ( 民 法 第 1 編 第 5 章 第 1 節 関 係 ) 公 序 良 俗 ( 民 法 第 90 条 関

民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 目 次 第 1 法 律 行 為 総 則 法 律 行 為 の 意 義 ( 民 法 第 1 編 第 5 章 第 1 節 関 係 ) 公 序 良 俗 ( 民 法 第 90 条 関 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 平 成 25 年 6 月 17 日 東 京 弁 護 士 会 倒 産 法 部 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 目 次 第 1 法 律 行 為 総 則... 1 1 法 律 行 為 の 意 義 ( 民 法 第 1 編 第 5 章 第 1 節

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031333032313920959489EF8E9197BF8254825881798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031333032313920959489EF8E9197BF8254825881798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 59 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 のたたき 台 (4)(5) ( 概 要 付 き) 改 訂 版 目 次 第 26 契 約 に 関 する 基 本 原 則 等... 1 1 契 約 内 容 の 自 由... 1 2 原 始 的 に 履 行 請 求 権 の 限 界 事 由 が 生 じていた 契 約 の 効 力...

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

はじめに 1 本 書 面 の 目 的 本 書 面 は, 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 的 な 論 点 整 理 ( 以 下 中 間 論 点 整 理 という )について, 仙 台 弁 護 士 会 ( 以 下 当 会 という )とし ての 意 見 を 述 べるものである

はじめに 1 本 書 面 の 目 的 本 書 面 は, 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 的 な 論 点 整 理 ( 以 下 中 間 論 点 整 理 という )について, 仙 台 弁 護 士 会 ( 以 下 当 会 という )とし ての 意 見 を 述 べるものである 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 的 な 論 点 整 理 に 対 する 意 見 書 平 成 23 年 10 月 20 日 仙 台 弁 護 士 会 i はじめに 1 本 書 面 の 目 的 本 書 面 は, 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 的 な 論 点 整 理 ( 以 下 中 間 論 点 整 理 という )について, 仙 台 弁 護 士

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権 民 法 改 正 論 点 の 検 討 ~ 消 滅 時 効 制 度 その1~ 平 成 27 年 10 月 26 日 弁 護 士 法 人 ほくと 総 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 平 岡 弘 次 弁 護 士 井 田 大 輔 第 1 はじめに 平 成 27 年 2 月 10 日 開 催 の 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 第 99 回 会 議 において 民 法 ( 債 権 関 係 ) の 改

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

民法(債権関係)の改正

民法(債権関係)の改正 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 要 綱 仮 案 が 決 定 通 常 国 会 にも 法 案 提 出 の 可 能 性 法 務 委 員 会 調 査 室 菱 沼 誠 一 1.はじめに 法 制 審 議 会 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 ( 以 下 部 会 という )は 平 成 26 年 8 月 26 日 に 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 要 綱 仮 案 1 ( 以

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

司 法 書 士 2016 年 はどうなる? 改 正 が 司 法 書 士 試 験 にもたらす 影 響 会 社 商 登 の 出 題 傾 向 と 民 法 大 改 正 のゆくえ 0 001921 157422 SU15742 2016 司 法 書 士 試 験 中 上 級 ガイダンス 2016 年 はどうなる? 改 正 が 司 法 書 士 試 験 にもたらす 影 響 司 法 書 士 講 師 根 本 正 次

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

第 7 消 滅 時 効 職 業 別 の 短 期 消 滅 時 効 の 廃 止 債 権 の 消 滅 時 効 における 原 則 的 な 時 効 期 間 と 起 算 点 定 期 金 債 権 の 消 滅 時 効 ( 民 法 第 168 条 第 1 項 関 係 )

第 7 消 滅 時 効 職 業 別 の 短 期 消 滅 時 効 の 廃 止 債 権 の 消 滅 時 効 における 原 則 的 な 時 効 期 間 と 起 算 点 定 期 金 債 権 の 消 滅 時 効 ( 民 法 第 168 条 第 1 項 関 係 ) 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 関 する パブリックコメントに 対 する 意 見 書 目 次 第 1 法 律 行 為 総 則... 10 1 法 律 行 為 の 意 義 ( 民 法 第 1 編 第 5 章 第 1 節 関 係 )... 10 2 公 序 良 俗 ( 民 法 第 90 条 関 係 )... 10 第 2 意 思 能 力... 12 第 3 意

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -200( 順 号 12324) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 すべき 理 由 がない 旨 の 通 知 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 新 宿 税 務 署 長 事 務 承 継 者 日 本 橋 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 10 月 30 日 棄 却 控 訴 判 決 原 告 更 生 会 社

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 26 年 10 月 24 日 及 び 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 576 号 及 び 平 成 27 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 28 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 平 成 27 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 45 号 及 び 同 第 46

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

㈱FESTIVAL PLAZA APPに対する違約金等請求訴訟の提起について

㈱FESTIVAL PLAZA APPに対する違約金等請求訴訟の提起について 費 用 補 償 請 求 事 件 及 び 事 業 配 当 金 請 求 事 件 判 決 概 要 (オスカードリーム) < 判 決 概 要 ( 平 成 23 年 12 月 9 日 )> 費 用 補 償 請 求 事 件 に 係 るみずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 の 請 求 を 認 容 する 事 業 配 当 金 請 求 事 件 に 係 る 大 阪 市 の 請 求 を 棄 却 する この 判 決 は 大

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

6F0C56DFB43BCDF749256C4400256D3

6F0C56DFB43BCDF749256C4400256D3 平 成 14 年 (ワ) 第 1157 号 出 版 差 止 等 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 14 年 5 月 15 日 判 決 原 告 A 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 武 田 博 孝 同 長 島 亘 被 告 株 式 会 社 ポプラ 社 被 告 B 被 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 蜂 須 優 二 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の 滞 納 管 理 費 等 回 収 のための 管 理 組 合 による 措 置 に 係 るフローチャート( 解 説 ) フローチャートにおける 各 手 順 の 概 要 は つぎのとおりである (1) 督 促 管 理 組 合 は 滞 納 者 に 対 して 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 の 督 促 とともに 今 後 も 滞 納 が 継 続 する 場 合 には その 状 況 に 応 じてさらなる 措 置

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 こ の 法 人 は 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 (Izumo Junior Chamber Inc. 以 下 本 会 議 所 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 議 所 は 主 たる 事 務 所 を 島 根 県 出 雲 市 に 置 く ( 目

More information

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論 1 速 報 税 理 御 中 2011.10.20 2000 字 ( 最 大 4000 字 ) 目 安 連 担 建 築 物 設 計 制 度 下 での 余 剰 容 積 率 の 移 転 の 対 価 は 譲 渡 所 得 ではなく 不 動 産 所 得 である 東 京 地 判 平 成 20 年 11 月 28 日 税 資 258 号 順 号 11089TAINS:Z888-1472 立 教 大 学 法 学 部

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1 第 5 章 第 1 意 義 滞 納 処 分 事 務 第 1 節 通 則 滞 納 処 分 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 ( 納 入 )が 遅 滞 した 場 合 において 原 則 として 督 促 を 前 提 条 件 とし て 徴 税 吏 員 が 滞 納 者 の 財 産 を 差 し 押 さえ その 換 価 代 金 等 を 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 充 てる 行 政 処 分 をいい

More information

⑨持分法基準

⑨持分法基準 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 - 1 - 平 成 20 年 3 月 10 日 改 正 平 成 20 年 12 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 会 計 処 理 6 持 分 法 の 適 用 範 囲 6 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 8 持 分 法

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

定 款

定 款 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は, 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき, 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い, もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

6 (1) 可 動 物 件 の 国 際 担 保 権 に 関 する 条 約 ( 本 体 条 約 ) この 条 約 の 締 約 国 は 高 価 な 又 は 特 段 の 経 済 的 重 要 性 を 備 えた 可 動 物 件 の 取 得 及 び 利 用 並 びにそれらの 物 件 の 取 得 及 び 利 用 のため の 効 率 的 な 金 融 の 促 進 を 図 る 必 要 性 を 了 解 し この 目 的 に

More information

【個人情報の取扱い】

【個人情報の取扱い】 リース 契 約 条 項 第 1 条 東 洋 自 動 車 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)は 契 約 書 (1) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 自 動 車 という)をお 客 様 ( 以 下 甲 という)に リースし 甲 はこれを 借 受 けます 第 2 条 リース 期 間 はリース 契 約 書 (2) 記 載 の 期 間 とします 甲 は 契 約 締 結 の 日 からリース 期 間 が

More information

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 本 約 款 は お 客 様 と SBI FX トレード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます)との 間 で 行 なう 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 ( 以 下 本 取 引 といいます)に 関 する 権 利 義 務 関 係 等 を 明 確 にするための 取 り 決 めで ( 定 義 ) 第 2 条 本

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主 平 成 11 年 11 月 24 日 判 例 集 未 掲 載 大 阪 地 判 管 理 費 等 の 徴 収 中 間 取 得 者 の 支 払 義 務 1 特 別 修 繕 費 の 未 納 者 から 区 分 所 有 建 物 を 競 売 により 取 得 し さらに 第 三 者 にこれを 売 却 した 中 間 取 得 者 も 特 定 承 継 人 として 特 別 修 繕 費 等 の 支 払 義 務 を 負 うとした

More information

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応)

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応) 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35に 関 する 覚 書 に 関 する 制 度 リスク 説 明 Ⅰ 制 度 内 容 について< 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 内 容 の 説 明 > 1~17は 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35 の 制 度 内 容 留 意 点 等 についての 説 明 です なお 本 内 容 については

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

問 題 1 個 人 商 人 の 商 号 又 は 営 譲 渡 に 関 する 次 の 記 述 のうち, 正 しいものの 組 合 せとして 最 も 適 切 な 番 号 を 一 つ 選 びなさい ( 5 点 ) ア. 自 己 の 商 号 を 使 用 して 営 を 行 うことを 他 人 に 許 諾 した 商

問 題 1 個 人 商 人 の 商 号 又 は 営 譲 渡 に 関 する 次 の 記 述 のうち, 正 しいものの 組 合 せとして 最 も 適 切 な 番 号 を 一 つ 選 びなさい ( 5 点 ) ア. 自 己 の 商 号 を 使 用 して 営 を 行 うことを 他 人 に 許 諾 した 商 試 験 試 験 問 題 1 試 験 開 始 の 合 図 があるまで,この 問 題 冊 子 や 筆 記 用 具 に 触 れないでください 触 れた 場 合 は, 不 正 受 験 とみなすことがあります 注 意 事 項 2 試 験 中 の 使 用 が 認 められたもの 以 外 は, 全 てかばん 等 の 中 にしまい, 足 元 に 置 いてください 衣 服 のポケット 等 にも 入 れないでください 試

More information

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 平 成 27 年 12 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 名 簿 ( 平 成 27 年 12 月 ) < 委 員 > ( 敬 称 略 五 十 音 順 ) 石 毛

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032337732363639368140834783438375838B91CE83548393834E8358816989BC96BC8F88979D8DCF82DD816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032337732363639368140834783438375838B91CE83548393834E8358816989BC96BC8F88979D8DCF82DD816A2E646F63> 平 成 24 年 10 月 17 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 領 収 裁 判 所 書 記 官 平 成 23 年 (ワ) 第 26696 号 ロイヤルティ 等 請 求 事 件 ( 被 告 株 式 会 社 サンク ス ライフパートナー 関 係 ) 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 24 年 8 月 29 日 判 決 東 京 都 港 区 < 以 下 略 > 原 告 株 式 会 社 エ イ ブ ル

More information

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版)

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版) 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 規 則 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 2010 年 12 月 17 日 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 経 済 法 規 委 員 会 企 画 部 会 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 目 次

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

8B0D5556F6F88CAA49256CFA0007BD2

8B0D5556F6F88CAA49256CFA0007BD2 主 文 一 破 産 者 株 式 会 社 榮 高 破 産 管 財 人 aの 本 件 控 訴 を 棄 却 する 二 原 判 決 の 主 文 第 二 項 を 取 り 消 す 三 1 破 産 者 株 式 会 社 榮 高 破 産 管 財 人 aとアンバサダー 六 本 木 管 理 組 合 法 人 との 間 において 別 紙 預 金 目 録 1 7 及 び14の 各 定 期 預 金 債 権 がアンバサダー 六 本

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の 企 業 会 計 基 準 第 1 号 自 己 株 式 及 び 準 備 金 の 額 の 減 少 等 に 関 する 会 計 基 準 平 成 14 年 2 月 21 日 改 正 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 18 年 8 月 11 日 最 終 改 正 平 成 2 7 年 3 月 2 6 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用

More information

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1 訴 状 2013 年 ( 平 成 25 年 )11 月 7 日 佐 賀 地 方 裁 判 所 御 中 原 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 東 島 浩 幸 同 桑 原 健 同 梶 原 恒 夫 同 八 木 大 和 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 の 通 り 退 職 金 請 求 事 件 訴 訟 物 の 価 額 金 364 万 0745 円 貼 用 印 紙 額 金 2 万

More information

M. Nakamura CHUKYO LAWYER 第 1 はじめに 近 時 債 務 超 過 やそれに 等 しい 窮 状 に 陥 った 会 社 が 会 社 分 割 制 度 とりわけ 新 設 分 割 制 度 を 用 い て 再 建 を 行 う 手 法 が 実 務 上 行 われている その 中 で 会

M. Nakamura CHUKYO LAWYER 第 1 はじめに 近 時 債 務 超 過 やそれに 等 しい 窮 状 に 陥 った 会 社 が 会 社 分 割 制 度 とりわけ 新 設 分 割 制 度 を 用 い て 再 建 を 行 う 手 法 が 実 務 上 行 われている その 中 で 会 CHUKYO LAWYER Vol. 17 2012 法 務 研 修 セミナー 第 30 回 報 告 詐 害 的 会 社 分 割 における 債 権 回 収 方 法 要 件 事 実 の 検 討 を 中 心 として 中 京 大 学 法 科 大 学 院 法 務 研 究 科 研 修 生 中 村 将 成 目 次 第 1 はじめに 第 2 会 社 法 22 条 1 項 類 推 適 用 による 債 権 回 収 方

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

<4D F736F F D20378C8E3393FA838C834E B B B5F92C78B4C94C52E646F6378>

<4D F736F F D20378C8E3393FA838C834E B B B5F92C78B4C94C52E646F6378> 2013 年 7 月 3 日 新 潟 大 学 職 員 組 合 委 員 長 新 潟 大 学 未 払 い 賃 金 請 求 大 学 自 治 侵 害 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 原 告 団 長 世 取 山 洋 介 (よとりやま ようすけ) 本 日 新 潟 地 裁 に 提 訴 した 新 潟 大 学 未 払 い 賃 金 請 求 大 学 自 治 侵 害 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 について 1. 給 与

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

消費者契約法に関連する消費生活相談および裁判の概況

消費者契約法に関連する消費生活相談および裁判の概況 記 者 説 明 会 資 料 2007 年 11 月 9 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 消 費 者 契 約 法 に 関 連 する 消 費 生 活 相 談 および 裁 判 の 概 況 消 費 者 が 商 品 やサービスを 購 入 する 際 に 事 業 者 から 不 当 な 勧 誘 を 受 けたり 不 当 な 契 約 条 項 を 押 し 付 けられることは 多 い こうした 消 費

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され 主 文 1 札 幌 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 告 に 対 して 平 成 24 年 12 月 6 日 付 けでした 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 24 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 のうち, 価 格 1 億 2698 万

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

択一式総合①

択一式総合① MEMO - 1 - ガイダンス 第 1 問 発 起 設 立 アレンジ 度 会 社 法 1 素 材 とした 過 去 問 平 成 21 年 第 27 問 A,B 及 びCが 発 起 設 立 の 方 法 によってD 株 式 会 社 ( 以 下 D 社 という )の 設 立 を 企 図 している 場 合 に 関 する 次 のアからオまでの 記 述 のうち, 誤 っているものの 組 合 せは, 後 記 1

More information