1 国 民 医 療 費 増 減 率 の 要 因 別 内 訳 の 年 次 推 移 ( 単 位 :%) 要 因 増 減 率 診 療 報 酬 改 定 及 び 薬 価 基 準 改 正 による 影 響 人 口 増 人 口 の 高 齢 化 そ の 他 昭 和 60 年 度 (1985)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1 国 民 医 療 費 増 減 率 の 要 因 別 内 訳 の 年 次 推 移 ( 単 位 :%) 要 因 増 減 率 診 療 報 酬 改 定 及 び 薬 価 基 準 改 正 による 影 響 人 口 増 人 口 の 高 齢 化 そ の 他 昭 和 60 年 度 (1985) 6.1 1.2 0.7"

Transcription

1 Ⅴ 参 考 資 料

2 1 国 民 医 療 費 増 減 率 の 要 因 別 内 訳 の 年 次 推 移 ( 単 位 :%) 要 因 増 減 率 診 療 報 酬 改 定 及 び 薬 価 基 準 改 正 による 影 響 人 口 増 人 口 の 高 齢 化 そ の 他 昭 和 60 年 度 (1985) ( '86) ( '87) ( '88) 平 成 元 年 度 ( '89) ( '90) ( '91) ( '92) ( '93) ( '94) ( '95) ( '96) ( '97) ( '98) ( '99) (2000) ( '01) ( '02) ( '03) ( '04) ( '05) ( '06) ( '07) ( '08) ( '09) ( '10)

3 2 医 療 保 険 制 度 の 沿 革 点 数 表 改 定 の 年 表 診 療 報 酬 改 定 薬 価 基 準 全 面 改 定 昭 和 26 年 12 月 点 数 単 価 改 定 甲 地 12.5 円 乙 地 11.5 円 (1951) 昭 和 29 年 4 月 日 雇 労 働 者 健 康 保 険 医 療 給 付 費 ( 療 養 の 給 付 (1954) 療 養 費 家 族 療 養 費 )に 対 し 国 庫 負 担 1/10 30('55) 6 健 康 保 険 保 険 料 率 60/ / 国 民 健 康 保 険 療 養 給 付 費 ( 療 養 の 給 付 及 び 療 養 費 の 支 給 に 関 する 費 用 額 ) に 対 し 国 庫 補 助 を 決 定 2/10を 下 らないものとする 日 雇 労 働 者 保 険 給 付 期 間 0.5 年 1 年 歯 科 補 綴 を 給 付 範 囲 に 含 める 31('56) 4 医 薬 分 業 の 実 施 32('57) 3 原 子 爆 弾 被 爆 者 の 医 療 等 に 関 する 法 律 施 行 4 国 民 皆 保 険 推 進 本 部 を 設 置 し 国 民 健 康 保 険 全 国 普 及 4か 年 計 画 を 決 定 健 康 保 険 標 準 報 酬 額 改 定 日 雇 労 働 者 健 康 保 険 医 療 給 付 費 に 対 し 国 庫 負 担 10/100 15/100 7 健 康 保 険 一 部 負 担 ( 本 人 ) 初 診 時 100 円 入 院 時 1 日 30 円 1か 月 を 限 度 国 庫 補 助 の 明 確 化 33('58)10 新 点 数 表 ( 甲 表 乙 表 歯 科 )を 設 定 し 単 価 を 33('58) 4 日 雇 労 働 者 健 康 保 険 医 療 給 付 費 に 対 し 国 庫 負 担 10 円 とする 総 医 療 費 で8.5% 引 上 げ 15/100 25/100 5 児 童 福 祉 法 改 正 により 未 熟 児 に 養 育 医 療 の 給 付 34('59) 1 国 民 健 康 保 険 法 全 文 改 正 市 町 村 に 設 置 義 務 5 割 給 付 療 養 給 付 費 補 助 金 20/100 財 政 調 整 交 付 金 5/100 4 日 雇 労 働 者 健 康 保 険 医 療 給 付 費 に 対 し 国 庫 負 担 25/100 30/100 35('60) 3 健 康 保 険 保 険 料 率 65/ / 月 ~36 年 春 病 院 スト 全 国 的 に 続 発 36('61) 7 点 数 表 改 定 総 医 療 費 で12.5% 引 上 げ 入 院 料 看 36('61) 4 国 民 健 康 保 険 が 全 国 に 普 及 し 国 民 皆 保 険 達 成 護 加 算 往 診 料 歯 科 補 綴 料 の 特 別 引 上 げ 調 剤 報 6 日 雇 労 働 者 健 康 保 険 特 別 療 養 費 支 給 酬 について 他 との 均 衡 を 図 る 7 日 雇 労 働 者 健 康 保 険 給 付 期 間 1 年 2 年 12 点 数 表 改 定 総 医 療 費 で2.3% 引 上 げ 乳 幼 児 加 算 10 国 民 健 康 保 険 世 帯 主 の 結 核 精 神 障 害 の 給 付 を 特 定 疾 患 加 算 深 夜 診 察 料 加 算 基 準 給 食 料 の 特 5 割 7 割 この 給 付 に 対 し 国 庫 補 助 20/100 別 加 算 処 方 箋 料 をそれぞれ 新 設 結 核 予 防 法 第 35 条 ( 命 令 入 所 )の 適 用 強 化 精 神 衛 生 法 第 29 条 ( 措 置 入 院 )の 国 庫 負 担 割 合 を 50/100 80/100 37('62) 4 国 民 健 康 保 険 療 養 の 給 付 費 に 対 する 国 庫 補 助 を 20/100 25/00 10 制 限 診 療 の 緩 和 ( 抗 生 物 質 等 使 用 基 準 の 改 正 ) 12 地 方 公 務 員 共 済 組 合 法 施 行 38('63) 9 地 域 差 撤 廃 乙 地 の 診 療 報 酬 を 甲 地 なみに 引 上 げ 38('63) 4 健 康 保 険 給 付 期 間 3 年 転 帰 まで 継 続 給 付 に この 結 果 総 医 療 費 で3.7% 引 上 げが 見 込 まれる ついては3 年 5 年 国 民 健 康 保 険 給 付 期 間 の 制 限 撤 廃 ただし 昭 和 40 年 3 月 31 日 まで 経 過 措 置 として 制 限 を 認 める 10 国 民 健 康 保 険 世 帯 主 の 給 付 率 を5 割 7 割 調 整 交 付 金 市 町 村 の 療 養 給 付 費 用 見 込 額 の5/100 10/100(ただし38 年 は8.8/100) 11 戦 傷 病 者 特 別 援 護 法 施 行 40('65) 1 点 数 表 改 定 総 医 療 費 で9.5% 引 上 げ 初 診 時 基 本 40('65) 1 国 民 健 康 保 険 4ケ 年 計 画 で 世 帯 員 の 給 付 率 を 診 療 料 初 診 料 入 院 料 関 係 及 び 歯 科 の 充 てん イ 5 割 7 割 ( 開 始 ) ンレー 補 綴 関 係 の 点 数 引 上 げ 調 剤 報 酬 について 4 国 民 健 康 保 険 療 養 の 給 付 範 囲 制 限 撤 廃 も 他 との 均 衡 を 図 る 10 精 神 衛 生 法 第 32 条 により 通 院 医 療 が 実 施

4 昭 和 40 年 11 月 薬 価 基 準 の 全 面 改 定 総 医 療 費 の4.5% 薬 価 引 下 げ (1965) を 行 い このうち 約 3%を 医 師 の 技 術 料 にふりかえ た 乳 幼 児 入 院 加 算 時 間 外 麻 酔 加 算 を 新 設 乳 幼 児 初 診 加 算 特 定 疾 患 加 算 深 夜 診 療 加 算 写 真 診 断 料 を 引 上 げた 調 剤 報 酬 についても 他 との 均 衡 を 図 った 昭 和 41 年 4 月 健 康 保 険 標 準 報 酬 上 限 の 引 上 げ 保 険 料 率 を (1966) 63/ / 国 民 健 康 保 険 療 養 給 付 費 国 庫 補 助 を 市 町 村 25/100 40/100 国 保 組 合 25/100 調 整 交 付 金 市 町 村 10/100 5/100 42('67)10 薬 価 基 準 の 全 面 改 定 薬 剤 費 に 対 して10.2% 引 下 げ 42('67) 8 健 康 保 険 特 例 法 により 保 険 料 率 65/ / 点 数 表 改 定 医 科 7.68% 歯 科 12.65%の 引 上 げ 9 健 康 保 険 特 例 法 により 一 部 負 担 ( 本 人 ) 初 診 時 主 なものとしては 入 院 料 (14%) 手 術 料 (80%) 100 円 200 円 入 院 時 1 日 30 円 60 円 の 引 上 げ 及 び 歯 科 材 料 技 術 料 部 分 の 分 離 療 養 担 当 10 健 康 保 険 特 例 法 により 外 来 投 薬 時 一 部 負 担 ( 本 人 ) 規 則 改 正 乙 表 における 注 射 及 び 措 置 で 薬 の 使 用 を 新 設 し 1 日 1 剤 15 円 の 負 担 に 伴 う 技 術 料 加 算 の 廃 止 処 方 料 の 適 正 化 12 地 方 公 務 員 災 害 補 償 法 施 行 43('68) 1 国 民 健 康 保 険 世 帯 員 7 割 給 付 完 全 実 施 4 国 立 病 院 特 別 会 計 法 改 正 診 療 費 の 割 引 制 度 廃 止 44('69) 1 薬 価 基 準 の 全 面 改 定 薬 剤 費 に 対 して5.6% 引 下 げ 44('69) 9 健 康 保 険 法 特 例 法 廃 止 保 険 料 率 70/1000 一 部 負 担 ( 本 人 ) 初 診 時 200 円 入 院 時 1 日 60 円 外 来 投 薬 時 一 部 負 担 は 廃 止 12 公 害 にかかる 健 康 被 害 の 救 済 に 関 する 特 別 措 置 法 施 行 ( 医 療 については45 年 2 月 実 施 ) 東 京 都 老 人 医 療 費 の 給 付 を 開 始 45('70) 2 点 数 表 改 定 医 科 8.77% 歯 科 9.73%の 引 上 げ 45('70) 6 日 雇 労 働 者 健 康 保 険 疑 似 適 用 廃 止 なお7 月 1 日 から 医 科 をさらに0.97% 引 上 げ 9.74%の 引 上 げとなる 主 なものとしては 初 診 料 再 診 料 入 院 料 等 の 引 上 げ 入 院 時 医 学 管 理 料 の 新 設 内 科 加 算 は 甲 表 では 廃 止 し 乙 表 では 内 科 再 診 料 とする 歯 科 の 手 術 料 を 約 80% 引 上 げ 歯 冠 修 復 及 び 欠 損 補 綴 について 新 項 目 を 設 ける 8 薬 価 基 準 の 全 面 改 定 薬 剤 費 に 対 して3.0%の 引 下 げ 47('72) 2 点 数 表 改 定 医 科 13.70% 歯 科 13.70% 薬 局 ('71) 7 日 本 医 師 会 保 険 医 総 辞 退 (1 日 ~31 日 ) %の 引 上 げ 47('72) 4 特 定 疾 患 治 療 研 究 事 業 費 の 開 始 1 医 科 5 沖 縄 県 の 本 土 復 帰 に 伴 い 国 民 健 康 保 険 法 適 用 初 診 料 処 置 理 学 療 法 精 神 病 特 殊 療 法 手 10 身 体 障 害 者 福 祉 法 に 内 部 障 害 適 用 を 追 加 (これに 術 麻 酔 等 の 技 術 料 を 重 点 的 に 引 上 げるととも より 人 工 透 析 にも 適 用 される) に 甲 乙 一 本 化 を 促 進 し 診 療 報 酬 の 適 正 化 を 行 う 乙 表 に 慢 性 疾 患 指 導 料 を 新 設 薬 剤 料 の 算 定 に 関 し 平 均 薬 価 制 を 廃 止 基 準 看 護 の 特 類 を 新 設 入 院 料 を 室 料 看 護 料 等 に 分 け 甲 表 の 入 院 期 間 による 点 数 差 額 は 廃 止 入 院 時 医 学 管 理 料 を 病 院 診 療 所 ( 甲 表 では 更 に 入 院 期 間 ) 別 に 区 分 けし それぞれ 引 上 げ 2 歯 科 補 綴 時 診 断 料 歯 冠 形 成 の 区 分 を 新 設 するとと もに 歯 冠 修 復 及 び 欠 損 補 綴 の 区 分 の 整 理 3 薬 局 調 剤 保 険 調 剤 における 調 剤 報 酬 に 調 剤 基 本 料 を 新 設 自 家 製 剤 加 算 の 対 象 剤 型 を 拡 大 するとともに 加 算 額 を 引 上 げ

5 昭 和 47 年 2 月 薬 価 基 準 の 全 面 改 定 薬 剤 費 に 対 して3.9% 引 下 げ (1972) 昭 和 48 年 1 月 老 人 福 祉 法 により70 歳 以 上 の 老 人 医 療 費 無 料 化 (1973) 10 老 人 福 祉 法 により65 歳 以 上 のねたきり 者 医 療 費 無 料 化 健 康 保 険 家 族 給 付 率 5 割 7 割 給 付 家 族 高 額 療 養 費 新 設 ( 同 一 月 同 一 病 院 等 からうけた 家 族 療 養 費 の 患 者 負 担 限 度 額 を3 万 円 とする) 標 準 報 酬 額 を 改 定 保 険 料 率 70/ /1000 国 庫 補 助 10/100 保 険 料 率 が72/1000を 越 えるときは その 越 える 保 険 料 率 1/1000につき8/1000の 補 助 率 を 上 乗 せ 日 雇 労 働 者 健 康 保 険 給 付 期 間 2 年 3.5 年 国 民 健 康 保 険 高 額 療 養 費 任 意 給 付 昭 和 49 年 2 月 点 数 表 改 定 医 科 19.0% 歯 科 19.9% 薬 局 8.5% 49('74) 3 政 府 管 掌 健 康 保 険 48 年 度 末 累 積 赤 字 3,033 億 円 棚 ('74) の 引 上 げ 上 げ 1 医 科 5 レセプト 一 本 化 5 月 請 求 分 から 国 保 と 老 人 医 療 再 診 料 の 引 上 げ 乙 表 における 内 科 再 診 療 の 引 の 組 み 合 わせ 上 げを 行 うとともに 時 間 外 加 算 深 夜 引 上 げ 9 公 害 健 康 被 害 補 償 法 施 行 と 休 日 加 算 の 新 設 11 レセプト 一 本 化 11 月 請 求 分 から 国 保 と 老 人 医 療 入 院 時 医 学 管 理 料 を 重 点 に 看 護 料 室 料 等 入 以 外 の 組 み 合 わせ 院 関 係 項 目 全 般 にわたり 引 上 げ 健 康 保 険 保 険 料 率 72/ /1000 国 庫 補 助 身 体 障 害 者 作 業 療 法 精 神 科 デイ ケア 等 リハ 10/ /1000いずれも 調 整 規 定 適 用 による ビリ 関 係 項 目 の 新 設 処 置 注 射 等 甲 乙 一 本 化 の 未 実 施 項 目 等 につ いて 措 置 2 歯 科 初 診 料 の 引 上 げ 心 身 障 害 者 加 算 等 の 新 設 のほ か 歯 科 独 自 の 技 術 料 の 引 上 げを 行 うとともに 咬 合 採 得 仮 床 試 適 の 新 設 医 科 と 同 一 項 目 について 医 科 の 場 合 に 準 じて 改 正 3 薬 局 調 剤 調 剤 基 本 料 調 剤 料 の 引 上 げ 薬 価 基 準 の 全 面 改 定 薬 剤 費 に 対 して3.4%の 引 下 げ( 抗 生 物 質 製 剤 等 の 再 評 価 による 削 除 を 含 む) 49('74)10 点 数 表 改 定 医 科 16.0% 歯 科 16.2% 薬 局 6.6% の 引 上 げ 1 医 科 再 診 料 検 査 料 手 術 料 等 について 引 上 げを 行 い 特 に 高 度 な 技 術 を 要 する 手 術 及 び 検 査 並 び に 往 診 料 処 方 せん 料 等 について 大 幅 な 引 上 げ 入 院 料 については 看 護 料 入 院 時 医 学 管 理 料 室 料 給 食 料 等 全 般 について 引 上 げを 行 うほか 特 二 類 看 護 を 新 設 2 歯 科 初 診 時 基 本 診 療 用 処 置 及 び 手 術 料 歯 冠 修 復 及 び 補 綴 料 理 学 療 法 料 等 について 引 上 げを 行 うとともに 吸 入 鎮 静 法 等 の 新 設 その 他 医 科 と 同 一 項 目 について 医 科 の 場 合 に 準 じて 改 正 3 薬 局 調 剤 調 剤 基 本 料 内 科 薬 剤 料 の 引 上 げ

6 昭 和 50 年 1 月 薬 価 基 準 の 全 面 改 定 薬 剤 費 に 対 して1.55%の 引 下 昭 和 50 年 1 月 日 雇 労 働 者 健 康 保 険 家 族 給 付 率 5 割 7 割 家 (1975) げ( 精 神 神 経 用 剤 等 の 再 評 価 に 伴 う 削 除 を 含 む) (1975) 族 高 額 療 養 費 ( 患 者 負 担 限 度 額 3 万 円 ) 給 付 期 間 3.5 年 5 年 へ 10 国 民 健 康 保 険 高 額 療 養 費 法 定 給 付 診 療 報 酬 全 国 決 済 制 度 実 施 (ただし 一 部 従 来 通 り) 51('76) 4 点 数 料 改 定 医 科 9.0% 薬 局 4.9% 引 上 げ 51('76) 7 健 康 保 険 標 準 報 酬 額 改 定 1 医 科 歯 科 差 額 徴 収 制 度 は7 月 31 日 をもって 廃 止 該 当 初 診 料 時 間 外 加 算 レントゲン 診 断 料 注 射 診 療 は8 月 1 日 からは 保 険 外 診 療 となる 料 等 について 引 上 げを 行 い 検 査 料 処 置 及 び 8 家 族 高 額 療 養 費 患 者 負 担 限 度 額 3 万 円 3.9 万 円 手 術 料 について 項 目 の 新 設 10 健 康 保 険 保 険 料 率 76/ /1000 国 庫 補 助 入 院 料 については 室 料 看 護 料 給 食 料 等 全 132/ /1000 いずれも 調 整 規 定 適 用 般 について 引 き 上 げたほか 病 衣 加 算 を 新 設 11 レセプト 一 本 化 11 月 請 求 分 より 政 管 組 合 日 2 薬 局 調 剤 雇 船 保 と 公 費 の 組 み 合 わせの 場 合 調 剤 基 本 料 内 服 薬 剤 料 の 引 上 げ 8 点 数 表 改 定 歯 科 9.6% 引 上 げ 初 診 料 時 間 外 加 算 歯 冠 修 復 及 び 欠 損 補 綴 等 について 引 上 げ その 他 医 科 と 同 一 項 目 については51.4.1の 改 正 に 準 じた 52('77) 2 予 防 接 種 による 健 康 被 害 救 済 措 置 実 施 53('78) 2 点 数 表 改 正 医 科 11.5% 歯 科 12.7% 薬 局 5.6% 53('78) 1 健 康 保 険 標 準 報 酬 額 改 定 特 別 保 険 料 を 臨 時 措 の 引 上 げ 薬 剤 費 引 き 下 げを 含 めた 実 質 ベースでは 置 として 新 設 ( 賞 与 の1% 当 面 の 間 被 保 険 者 負 医 科 9.3% 歯 科 12.5% 薬 局 1.6%の 引 上 げ 担 分 の2/5を 免 除 し この 額 を 国 庫 補 助 とする) 1 医 科 一 部 負 担 ( 本 人 ) 初 診 時 200 円 600 円 入 院 時 診 察 料 検 査 料 レントゲン 診 断 料 理 学 療 法 60 円 200 円 料 精 神 病 特 殊 療 法 料 処 置 及 び 手 術 料 麻 酔 2 健 康 保 険 保 険 料 率 78/ /1000 国 庫 補 助 料 等 について 引 上 げるとともに コンピュータ 148/ /1000 いずれも 調 整 規 定 適 用 ー 断 層 撮 影 腎 移 植 術 等 の 開 発 技 術 等 の 導 入 4 国 民 健 康 保 険 国 保 組 合 に 対 し 療 養 給 付 費 の 人 工 透 析 の 再 評 価 等 を 行 う 40/100に 相 当 する 額 に 達 するまでの 範 囲 国 庫 補 助 入 院 料 については 最 近 のいわゆる 保 険 外 負 担 問 題 の 改 善 を 図 るための 関 連 項 目 の 重 点 的 な 引 上 げ 及 び 医 療 食 加 算 特 定 集 中 治 療 室 管 理 加 算 二 類 特 別 加 算 を 新 設 2 歯 科 根 管 治 療 等 歯 内 療 法 歯 冠 修 復 欠 損 補 綴 等 を 中 心 に 引 上 げるとともに 4 歳 未 満 の 乳 幼 児 の 診 療 に 対 する 加 算 の 新 設 材 料 差 額 制 度 の 一 部 実 施 従 来 の 保 健 給 付 外 診 療 の 保 険 導 入 を 行 う その 他 医 科 と 同 一 項 目 について 医 科 の 場 合 と 同 様 の 改 正 3 薬 局 調 剤 調 剤 基 本 料 調 剤 料 自 家 製 剤 加 算 内 服 薬 計 量 混 合 加 算 の 対 象 製 剤 に 湯 剤 を 新 設 薬 価 基 準 の 全 面 改 定 薬 剤 費 に 対 して5.8%の 引 下 げ 銘 柄 別 薬 価 収 載 方 式 を 適 用 54('79)10 国 民 健 康 保 険 保 健 婦 が 市 町 村 へ 移 管 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 基 金 法 施 行 ( 給 付 開 始 は 55 年 4 月 以 降 ) 56('81) 6 点 数 表 改 定 医 科 8.4% 歯 科 5.9% 薬 局 3.8% 56('81) 3 健 康 保 険 保 険 料 率 80/ /1000 家 族 給 付 平 均 8.1% 引 上 げ 薬 剤 費 引 下 げを 含 めた 実 質 ベー 率 入 院 7 割 8 割 へ 一 部 負 担 ( 本 人 ) 初 診 時 スでは 平 均 2.0%の 引 上 げとなり 更 に 材 料 費 等 の 600 円 800 円 入 院 時 1 日 200 円 500 円 国 庫 補 引 下 げを 含 めると 実 質 1.4%の 引 上 げとなる 助 164/1000~200/1000の 範 囲 内 で 政 令 で 定 める 割 合 ( 調 整 規 定 廃 止 ) ただし 当 分 の 間 164/1000 家 族 高 額 療 養 費 市 町 村 民 税 非 課 税 者 ( 本 人 家 族 )に 対 しては 限 度 額 を1 万 5 千 円 とする

7 昭 和 56 年 6 月 1 医 科 昭 和 56 年 10 月 健 康 保 険 標 準 報 酬 額 改 定 (1981) 技 術 料 重 視 の 観 点 から 初 診 料 等 の 診 察 料 入 院 (1981) 時 医 学 管 理 料 の 引 上 げを 図 ったほか 手 術 料 につ 11 健 康 保 険 保 険 料 率 84/ /1000( 保 険 料 調 いては 約 40% 引 上 げ 腹 水 濾 過 濃 縮 再 静 注 法 等 の 新 整 規 定 の 適 用 ) 開 発 技 術 を 導 入 する 一 方 人 口 腎 臓 について 物 と 技 術 の 分 離 を 行 う 更 に リハビリテーション 関 連 を 中 心 に 大 幅 な 引 上 げを 図 り 理 学 療 法 科 を 約 80 % 引 上 げ プライマリーケアの 充 実 等 のため 慢 性 疾 患 指 導 管 理 料 開 発 型 病 院 共 同 指 導 料 その 他 の 管 理 料 の 大 幅 引 上 げ 新 設 を 行 った このほか 検 査 料 関 係 については 全 面 的 な 見 直 しを 行 ったほか イン シュリン 製 剤 及 びヒト 成 長 ホルモン 剤 の 自 己 注 射 を 導 入 保 険 外 負 担 の 解 消 を 図 るため 重 傷 者 について 室 料 特 別 加 算 看 護 特 別 加 算 を 創 設 し 差 額 ベッ ド 問 題 付 添 看 護 問 題 に 対 処 2 歯 科 歯 科 独 自 の 技 術 料 である 処 置 のうちの 欠 損 補 綴 等 を 中 心 に 改 善 を 図 ったほか 心 身 障 害 者 の 歯 科 医 療 の 確 保 を 図 るため 著 しく 歯 科 診 療 の 困 難 な 心 身 障 害 者 に 対 する 診 療 に 加 算 を 新 設 するとともに 4 歳 未 満 の 乳 幼 児 加 算 を6 歳 未 満 に 引 上 げた また 検 査 については 医 科 甲 表 により 取 り 扱 うこととし 歯 科 独 自 の 検 査 を 新 設 その 他 医 科 と 同 一 項 目 について 医 科 の 場 合 と 同 様 の 改 正 3 薬 局 調 剤 インシュリン 製 剤 及 びヒト 成 長 ホルモン 剤 の 自 己 注 射 の 導 入 に 伴 い 新 たな 特 定 治 療 器 材 料 の 支 給 を 認 める その 他 調 剤 基 本 料 自 家 製 剤 加 算 計 量 混 合 調 剤 加 算 ( 従 来 内 服 薬 のみを 対 象 にしていたが 頓 服 薬 も 含 めることにした)について 引 上 げ 薬 価 基 準 の 全 面 改 定 薬 剤 費 に 対 して18.6%の 引 下 げ 57('82) 9 家 族 高 額 療 養 費 患 者 負 担 限 度 額 3.9 万 円 4.5 万 円 ( 被 保 険 者 が 市 町 村 民 税 非 課 税 者 の 場 合 は1.5 万 円 ) 老 人 保 健 法 が 施 行 されるまでの 間 70 歳 以 上 の 者 ねたきり 老 人 等 は 限 度 額 を3.9 万 円 とする 日 雇 労 働 者 健 康 保 険 3.9 万 円 10 厚 生 省 国 民 医 療 費 適 正 総 合 対 策 推 進 本 部 設 置 58('83) 1 薬 価 基 準 の 全 面 改 定 薬 剤 費 に 対 して4.9%の 引 下 58('83) 1 家 族 高 額 療 養 費 患 者 負 担 限 度 額 げ 90%バルクライン 実 質 81%バルクライン 4.5 万 円 5.1 万 円 2 老 人 点 数 表 の 設 定 これに 伴 い 医 科 歯 科 点 数 を 微 2 老 人 保 健 法 施 行 調 整 一 部 負 担 ( 入 院 1 日 300 円 2か 月 を 限 度 外 来 1 月 400 円 ) 59('84) 3 点 数 表 改 定 医 科 3.0% 歯 科 1.1% 調 剤 1.0% 59('84) 3 健 康 保 険 保 険 料 率 85/ /1000 平 均 2.8% 引 上 げ 薬 剤 費 引 下 げを 含 めた 実 質 ベー 10 健 康 保 険 法 改 正 日 雇 労 働 者 健 康 保 険 法 の 廃 止 スでは 平 均 2.3%の 引 下 げ 政 府 管 掌 健 康 保 険 に 統 合 される 退 職 者 医 療 制 度 の 発 足 給 付 率 本 人 8 割 家 族 入 院 8 割 入 院 外 7 割 被 用 者 保 険 本 人 に 一 割 自 己 負 担 導 入

8 昭 和 59 年 3 月 1 医 科 昭 和 59 年 10 月 高 額 療 養 費 の 改 善 (1984) 救 命 救 急 センターなど 救 急 医 療 の 重 点 評 価 と (1984) 世 帯 合 算 による 償 還 払 い( 自 己 負 担 額 が 月 3 万 入 院 時 医 学 管 理 料 入 院 料 の 引 上 げ 円 以 上 の 同 一 月 のレセプトを 同 一 世 帯 で 合 算 プライマリケアの 充 実 で 基 礎 的 な 技 術 料 の 引 し 合 算 額 から5.1 万 円 を 控 除 した 額 ) 上 げ 慢 性 疾 患 指 導 管 理 料 の 対 象 疾 患 の 中 で 相 高 額 多 数 該 当 世 帯 の 負 担 軽 減 ( 直 近 の12ヶ 月 間 談 指 導 に 効 果 があると 考 えられる 疾 病 につい に 合 算 により 支 給 される 高 額 療 養 費 に 係 る 療 養 て 重 点 的 に 評 価 するとともに 緊 急 往 診 料 の 加 が4 回 以 上 あった 世 帯 について 4 回 目 以 降 の 算 を 新 設 患 者 負 担 限 度 額 は3 万 円 ) CAPDの 在 宅 医 療 への 導 入 レーザーメスの 市 町 村 民 税 非 課 税 者 等 に 対 しては 合 算 基 準 額 対 象 手 術 についての 加 算 の 拡 大 デジタルアン 2.1 万 円 負 担 限 度 額 3 万 円 多 数 該 当 の 場 合 ギオグラフィ(コンピュータ 血 管 造 影 装 置 )の の 負 担 限 度 額 は2.1 万 円 導 入 等 の 新 医 療 技 術 の 導 入 長 期 間 にわたっての 高 額 な 治 療 の 自 己 負 担 限 度 在 宅 医 療 の 推 進 と 長 期 入 院 の 是 正 額 は1 万 円 とし 越 える 部 分 は 現 物 給 付 2 歯 科 特 定 療 養 費 制 度 の 創 設 歯 冠 修 復 及 び 欠 損 補 綴 技 術 料 の 引 上 げ レジン 健 康 保 険 標 準 報 酬 額 改 定 表 面 滑 沢 硬 化 法 の 新 設 国 民 健 康 保 険 の 国 庫 補 助 率 を 医 療 費 の45%から 医 薬 価 基 準 の 全 面 改 定 薬 剤 費 に 対 して16.6%の 引 下 療 給 付 費 の50%( 医 療 費 ベースで39% 程 度 )に 改 げ 定 60('85) 3 点 数 表 改 定 医 科 3.5% 歯 科 2.5% 調 剤 0.2% 60('85) 4 生 活 保 護 法 精 神 衛 生 法 29 条 ( 措 置 入 院 ) 等 の 国 平 均 3.3% 引 上 げ 薬 剤 費 引 下 げを 含 めた 実 質 のベ 庫 負 担 割 合 を80/100 70/100 ースでは 平 均 1.2% 引 上 げ 10 高 度 先 進 医 療 の 実 施 1 医 科 NMR ( 磁 気 共 鳴 CT ) 経 皮 的 冠 動 脈 形 成 術 超 音 波 メスなどの 新 医 療 技 術 の 保 険 導 入 技 術 料 重 視 の 面 から 手 術 料 の 平 均 14%の 引 上 げ 人 工 透 析 は4 時 間 で 区 切 り 4 時 間 ~5 時 間 未 満 の 点 数 引 上 げ 5 時 間 以 上 の 点 数 引 下 げ そ の 代 わり 導 入 期 については 加 算 を 新 設 処 方 料 処 方 せん 料 の 包 括 化 乙 表 では 入 院 時 医 学 管 理 料 に 処 方 料 を 包 括 オートマティックにできる 多 項 目 検 査 の 引 下 げ 内 視 鏡 検 査 病 理 学 的 検 査 の 引 上 げ 病 院 入 院 診 療 所 入 院 外 を 重 点 評 価 病 院 と 診 療 所 の 機 能 連 携 等 を 地 域 医 療 計 画 の 中 でつくるた めの 誘 導 策 の1つとして 診 療 情 報 提 供 料 ( 入 退 院 患 者 紹 介 料 の 名 称 を 変 更 )を 新 設 2 歯 科 診 療 報 酬 の 合 理 化 の 観 点 から 再 診 料 歯 内 療 法 歯 冠 修 復 の 合 理 化 を 進 める 一 方 技 術 料 重 視 も 合 理 化 の 線 で 行 っている また 歯 槽 膿 漏 指 導 管 理 料 乳 幼 児 学 童 思 春 期 妊 娠 中 の 患 者 に 対 する 歯 科 口 腔 衛 生 指 導 料 を 新 設 3 薬 局 調 剤 調 剤 技 術 料 における 劇 薬 調 剤 加 算 の 引 上 げ 61('86) 4 点 数 表 改 定 医 科 2.5% 歯 科 1.5% 調 剤 0.3% 61('86) 3 健 康 保 険 保 険 料 率 84/ /1000 任 意 継 続 平 均 2.3% 引 上 げ 被 保 険 者 については4 月 1 日 から( 保 険 料 率 調 整 薬 剤 費 引 下 げ 等 を 含 めた 実 施 ベースでは 平 均 0.7 規 定 の 適 用 による) % 引 上 げ 5 高 額 療 養 費 患 者 負 担 限 度 額 5.1 万 円 5.4 万 円 1 医 科 ( 市 町 村 民 税 非 課 税 者 等 の 患 者 負 担 限 度 額 は3 万 合 理 化 と 医 業 経 営 の 安 定 を 柱 に1 病 院 診 療 所 円 の 据 え 置 き) の 機 能 別 に 評 価 2 在 宅 医 療 の 促 進 3 長 期 入 院 超 過 入 院 の 是 正 4 技 術 料 の 重 視 5 高 度 先 進 医 療 の 保 険 導 入 6 検 査 料 の 合 理 化 が 行 われた 老 人 診 療 報 酬 では より 適 切 効 率 的 な 老 人 診 療 報 酬 の 改 定 という 観 点 から1 在 宅 医 療 の 促 進 2 入 院 医 療 の 適 正 化 3 老 人 病 院 にふさわし い 診 療 報 酬 の 設 定

9 昭 和 61 年 4 月 2 歯 科 (1986) 1 技 術 料 重 視 の 診 療 報 酬 の 確 率 2 前 装 鋳 造 冠 を 保 健 給 付 へ 導 入 3 重 度 心 身 障 害 者 等 の 歯 科 診 療 の 確 保 4 歯 科 材 料 価 格 基 準 の 改 正 等 による 歯 科 材 料 の 適 正 化 5 老 人 診 療 報 酬 の 適 正 化 昭 和 62 年 1 月 老 人 保 健 法 改 正 1 一 部 負 担 入 院 1 日 300 円 (1987) 400 円 無 制 限 入 院 外 1 月 400 円 800 円 ( 市 町 村 民 税 非 課 税 者 等 は 据 え 置 き) 2 老 人 医 療 費 拠 出 金 加 入 者 按 分 率 の 引 上 げ(44.7% 80%) 老 人 保 健 施 設 モデル 事 業 を 新 設 国 民 医 療 総 合 対 策 本 部 設 置 3 老 人 医 療 費 拠 出 金 加 入 者 按 分 率 90%となる 6 国 民 医 療 総 合 対 策 本 部 中 間 報 告 63('88) 4 点 数 表 改 定 医 科 3.8% 調 剤 1.7% 平 均 3.4% 引 63('88) 3 公 害 健 康 被 害 補 償 法 の 第 1 種 の 地 域 指 定 を 解 除 上 げ 公 害 健 康 被 害 の 補 償 等 に 関 する 法 律 と 改 正 医 科 4 老 人 保 健 施 設 の 開 始 良 質 で 効 率 的 な 医 療 の 確 保 の 上 から1 診 療 所 のプ 6 国 民 健 康 保 険 法 一 部 改 正 ライマリケア 機 能 病 院 の 高 次 機 能 の 評 価 ( 高 度 専 7 精 神 衛 生 法 を 精 神 保 健 法 に 改 正 門 病 院 への 紹 介 外 来 制 導 入 ) 2 長 期 入 院 の 是 正 3 在 宅 医 療 の 推 進 ( 在 宅 医 療 の 部 の 新 設 ) 4 検 体 検 査 全 体 の 再 編 成 5 基 本 看 護 料 の 新 設 6 高 度 医 療 技 術 の 再 評 価 が 行 われた 6 歯 科 1.0% 引 上 げ 薬 剤 歯 科 材 料 の 引 下 げを 含 め た 実 質 ベースでは0.5% 引 上 げ 平 成 元 年 4 点 数 表 改 定 平 均 0.11% 引 上 げ 平 成 元 年 4 生 活 保 護 法 精 神 保 健 法 29 条 等 の 国 庫 負 担 割 合 を ('89) 薬 価 基 準 の 引 上 げ 2.4%を 含 めた 実 質 ベースでは ('89) 7/10 3/4として 恒 久 化 0.76%の 引 上 げ 6 高 額 療 養 費 患 者 負 担 限 度 額 5.4 万 円 5.7 万 円 ( 消 費 税 の 導 入 に 伴 う1か 月 分 の 在 庫 調 整 ( 市 町 村 民 税 非 課 税 者 等 の 患 者 負 担 限 度 額 は3 万 したもの) 円 3 万 1800 円 ) 消 費 税 の 導 入 に 伴 い その 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 を 確 保 する 観 点 から 消 費 税 の 影 響 が 明 らかであると 考 えられる 代 表 的 な 診 療 報 酬 点 数 について 引 上 げを 行 った 2('90) 4 点 数 表 改 定 医 科 4.0% 歯 科 1.4% 調 剤 1.9% 2('90) 3 老 人 医 療 費 拠 出 金 加 入 者 按 分 率 が100%となる 平 均 3.7%の 引 上 げとなっており 薬 価 基 準 の9.2% 健 康 保 険 保 険 料 率 83/ /1000 の 引 下 げ( 医 療 費 ベースで2.7%)と 併 せて 実 質 国 民 健 康 保 険 法 一 部 改 正 %の 引 上 げとなった 技 術 料 重 視 の 方 針 の 下 に 診 療 報 酬 の 合 理 化 を 図 る 見 地 から 診 療 報 酬 の 決 定 を 行 うとともに 医 療 機 関 の 機 能 特 質 に 応 じた 評 価 入 院 の 適 正 化 在 宅 医 療 の 推 進 検 査 の 適 正 化 老 人 医 療 の 見 直 しを 行 っ た ( 老 人 診 療 報 酬 に 特 例 許 可 老 人 病 院 入 院 医 療 管 理 料 が 新 設 された) 3('91) 5 高 額 療 養 費 患 者 負 担 限 度 額 5.7 万 円 6 万 円 ( 市 町 村 民 税 非 課 税 者 等 の 患 者 負 担 限 度 額 は3 万 1800 円 3 万 3600 円 ) 9 老 人 保 健 法 の 改 正 1 老 人 訪 問 看 護 制 度 の 新 設 (4 年 4 月 ) 2 介 護 に 着 目 した 公 費 負 担 割 合 の 拡 大 30% 50%(4 年 1 月 ) 3 一 部 負 担 金 の 額 の 改 正 とスライド 制 の 導 入 (4 年 1 月 ) 4 老 人 保 健 施 設 入 所 対 象 者 の 拡 大 (4 年 1 月 ) (65 歳 未 満 の 初 老 期 痴 呆 患 者 可 )

10 平 成 4 年 4 月 点 数 単 価 改 定 平 成 4 年 1 月 老 人 医 療 費 一 部 負 担 入 院 1 日 400 円 600 円 (1992) 医 科 5.4% 歯 科 2.7% 調 剤 1.9% 平 均 5.0%の 引 (1992) 入 院 外 1 月 800 円 900 円 上 げ 薬 価 基 準 の8.1% 引 下 げ( 医 療 費 ベースで2.5 %)と 併 せて 実 質 2.5%の 引 上 げとなった 4 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 病 院 診 療 所 の 評 価 の 明 確 化 医 療 機 関 の 機 能 1 健 康 保 険 料 率 84/ /1000 特 質 に 応 じた 評 価 を 行 うとともに 基 準 看 護 の 適 正 国 庫 補 助 率 の 引 下 げ164/ /1000 な 評 価 等 良 質 な 看 護 サービスの 安 定 化 効 率 的 供 給 ( 老 人 保 健 拠 出 金 は164/1000で 据 え 置 き) の 確 保 に 努 める ( 甲 乙 表 二 の 差 違 の 縮 小 ) 2 標 準 報 酬 等 級 の 上 下 限 改 定 (10 月 ) 薬 価 算 定 方 式 をバルクラインから 加 重 平 均 方 式 に 下 限 68,000 円 80,000 円 肝 炎 の 薬 インターフェロン 保 険 適 用 上 限 710,000 円 980,000 円 白 内 障 患 者 の 眼 内 レンズ 保 険 適 用 7 医 療 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 1 医 療 のめざすべき 方 向 2 医 療 施 設 機 能 の 体 系 化 (1 年 以 内 ) ( 特 定 機 能 病 院 療 養 型 病 床 群 ) 3 医 療 に 関 する 適 切 な 情 報 提 供 (1 年 以 内 ) 4 業 務 委 託 の 水 準 確 保 5 医 療 法 人 の 業 務 範 囲 として 疾 病 予 防 施 設 の 明 示 看 護 婦 等 の 人 材 確 保 の 促 進 に 関 する 法 律 1 厚 生 労 働 文 部 の 三 省 が 看 護 婦 養 成 などの 基 本 指 針 を 策 定 する 2 看 護 婦 が 一 定 配 置 基 準 より 少 ない 病 院 に 看 護 婦 等 確 保 推 進 者 を 置 く 5('93) 4 点 数 表 改 定 5('93) 4 国 民 健 康 保 険 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 4 年 7 月 の 医 療 法 改 正 により 特 定 機 能 病 院 及 び 療 養 1 国 保 財 政 安 定 化 支 援 事 業 の 制 度 化 型 病 床 群 が 制 度 化 されたことを 受 け これら 施 設 の 2 保 険 基 盤 安 定 制 度 にかかる 国 庫 負 担 の 変 更 機 能 及 び 特 性 に 応 じ 適 切 な 評 価 を 行 うとともに 特 (1/2の 定 率 負 担 から100 億 円 の 定 額 負 担 ) 定 療 養 費 制 度 の 活 用 を 図 る 老 人 医 療 費 一 部 負 担 入 院 1 日 600 円 700 円 入 院 外 1 月 900 円 1,000 円 5 高 額 療 養 費 患 者 負 担 限 度 額 6 万 円 6.3 万 円 ( 市 町 村 民 税 非 課 税 者 等 の 患 者 負 担 限 度 額 は3 万 3600 円 3 万 5400 円 ) 12 医 療 保 険 審 議 会 建 議 保 健 給 付 の 範 囲 内 容 の 見 直 しに 関 する 建 議 6('94) 4 点 数 表 の 改 定 新 設 6('94)10 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 医 科 3.5% 歯 科 2.1% 調 剤 2.0% 平 均 3.3%の 引 健 康 保 険 法 国 民 健 康 保 険 法 等 の 医 療 保 険 制 度 上 げ 薬 価 基 準 の6.6% 引 下 げ( 医 療 費 ベースで2.1 及 び 老 人 保 健 福 祉 制 度 を 一 括 して 改 正 ( 保 険 給 付 %)と 併 せて 実 質 1.2%の 引 上 げとなった の 内 容 質 に 関 する 改 正 ) 中 医 協 診 療 報 酬 基 本 問 題 小 委 員 会 の 報 告 の 検 討 の 1 療 養 の 給 付 の 規 定 の 整 備 方 向 を 踏 まえ 昭 和 33 年 以 来 の 現 行 診 療 報 酬 体 系 を 2 付 添 看 護 療 養 費 の 廃 止 改 革 するとともに 医 療 機 関 の 機 能 特 質 に 応 じた 3 訪 問 看 護 療 養 費 の 創 設 評 価 技 術 の 重 視 在 宅 医 療 の 推 進 老 人 患 者 の 心 4 入 院 時 食 事 療 養 費 の 創 設 身 の 特 性 にふさわしい 医 療 の 推 進 薬 剤 使 用 検 査 ( 定 額 の 患 者 一 部 負 担 導 入 ) の 適 正 化 などを 図 り 診 療 報 酬 の 合 理 化 を 推 進 しな 入 院 時 食 事 療 養 費 に 係 る 標 準 負 担 額 がら 患 者 ニーズの 多 様 化 に 対 応 する 一 般 600 円 甲 乙 二 つの 点 数 表 の 一 本 化 ( 新 診 療 報 酬 点 数 表 の 市 町 村 民 税 非 課 税 世 帯 等 制 定 ) 3ヶ 月 目 までの 入 院 450 円 改 定 を4 月 と10 月 の 二 段 階 実 施 4ヶ 月 目 以 降 の 入 院 300 円 (10 月 は 健 康 保 険 法 等 の 改 正 に 伴 うもの) 老 齢 福 祉 年 金 受 給 権 者 200 円 地 域 差 の 導 入 ( 入 院 環 境 料 の 加 算 ) 5 移 送 費 の 現 金 給 付 化 6 出 産 育 児 一 時 金 の 創 設 7 標 準 報 酬 月 額 の 下 限 改 定 80,000 円 92,000 円 8 療 養 取 扱 機 関 の 廃 止 保 険 医 療 機 関 へ 統 合 9 社 会 福 祉 施 設 入 所 者 に 対 する 住 所 地 主 義 の 特 例 (7 年 4 月 )

11 平 成 6 年 10 月 点 数 表 の 改 定 平 成 6 年 10 月 10 老 人 保 健 施 設 等 の 整 備 に 対 する 助 成 制 度 の 創 (1994) 医 科 1.7% 歯 科 0.2% 調 剤 0.1% 平 均 1.5%の 引 (1994) 設 上 げ 11 老 人 保 健 福 祉 審 議 会 の 創 設 疾 病 リスクに 対 する 経 済 的 不 安 の 解 消 サービ スの 質 の 向 上 や 患 者 ニーズの 多 様 化 への 対 応 費 用 負 担 の 公 平 化 給 付 の 重 点 化 を 基 本 理 念 とし て 行 われた 医 療 保 険 制 度 老 人 保 健 福 祉 制 度 の 改 定 と 一 体 のものとして 1 新 看 護 体 系 の 創 設 と 付 添 看 護 介 護 の 解 消 2 在 宅 医 療 推 進 のための 評 価 3 基 準 給 食 の 見 直 し 及 び 食 事 の 質 の 向 上 に 対 する 評 価 などを 行 い 良 質 かつ 適 切 な 医 療 を 提 供 するもので ある 患 者 2 人 に 対 し 看 護 要 員 1 人 体 制 づくりの 推 進 訪 問 看 護 ステーションによる 訪 問 看 護 事 業 の 対 象 を 難 病 患 者 重 度 障 害 者 精 神 障 害 者 等 に 拡 大 基 準 給 食 を 入 院 時 食 事 療 養 費 に 改 編 し 多 様 なメ ニューの 提 供 食 堂 での 食 事 入 院 時 の 栄 養 食 事 指 導 など 入 院 患 者 の 食 事 の 質 の 向 上 7('95) 4 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 1 国 保 財 政 安 定 化 支 援 事 業 及 び 保 険 基 盤 安 定 制 度 に 係 る 暫 定 措 置 の2 年 間 継 続 2 応 益 割 合 に 応 じた 保 険 料 ( 税 ) 軽 減 制 度 の 創 設 3 精 神 結 核 医 療 に 係 る 住 所 地 特 例 の 創 設 4 老 人 医 療 費 拠 出 金 の 算 定 に 用 いられる 老 人 加 入 率 の 上 下 限 を 引 上 げ 5 公 費 負 担 割 合 5 割 となる 老 人 医 療 費 の 対 象 の 拡 大 老 人 医 療 費 一 部 負 担 入 院 外 1 月 1,000 円 1,010 円 ( 入 院 は1 日 700 円 据 え 置 き) 7 原 子 爆 弾 被 爆 者 に 対 する 援 護 に 関 する 法 律 原 子 爆 弾 被 爆 者 に 対 する 医 療 等 に 関 する 法 律 と 原 子 爆 弾 被 爆 者 に 対 する 特 別 措 置 に 関 する 法 律 を 一 本 化 精 神 保 健 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 結 核 予 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 法 律 の 題 名 を 精 神 保 健 法 から 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 に 改 正 精 神 医 療 及 び 結 核 医 療 に 係 る 公 費 負 担 医 療 の 公 費 優 先 の 仕 組 みを 保 険 優 先 の 仕 組 みに 改 正

12 平 成 8 年 4 月 点 数 表 の 改 定 平 成 8 年 4 月 らい 予 防 法 廃 止 (1996) 医 科 3.6% 歯 科 2.2% 調 剤 1.3% 平 均 3.4%の 引 (1996) 老 人 医 療 費 一 部 負 担 入 院 1 日 700 円 710 円 上 げ 薬 価 基 準 の6.8% 引 下 げ( 医 療 費 ベースで2.6 入 院 外 1 月 1,010 円 1,020 円 %)と 併 せて 実 質 0.8%の 引 上 げとなった 6 高 額 療 養 費 患 者 負 担 限 度 額 63,000 円 63,600 円 療 養 型 病 床 群 の 整 備 の 促 進 急 性 期 医 療 と 長 期 療 ( 市 町 村 民 税 非 課 税 者 等 の 患 者 負 担 限 度 額 は 養 の 適 正 な 評 価 病 院 診 療 所 の 機 能 分 担 の 推 進 等 35,400 円 ) 診 療 報 酬 の 面 から 医 療 機 関 の 機 能 分 担 と 連 携 を 積 極 7 国 民 医 療 総 合 政 策 会 議 設 置 的 に 推 進 するとともに 薬 価 の 設 定 方 式 の 見 直 しと 10 入 院 時 食 事 療 養 費 に 係 る 標 準 負 担 額 併 せて 医 薬 品 の 適 正 使 用 や 適 正 な 医 薬 分 業 を 推 進 一 般 600 円 700 円 する 診 療 報 酬 上 の 措 置 を 講 ずることにより 薬 剤 費 市 町 村 民 税 非 課 税 世 帯 等 の 問 題 について 構 造 的 な 施 策 を 講 ずる 等 診 療 報 酬 3ヶ 月 目 までの 入 院 450 円 650 円 の 合 理 化 に 取 り 組 もうとするものである 4ヶ 月 目 以 降 の 入 院 300 円 500 円 また 薬 剤 費 の 適 正 化 等 の 一 方 急 性 期 医 療 小 老 齢 福 祉 年 金 受 給 権 者 200 円 300 円 児 医 療 精 神 医 療 歯 周 疾 患 治 療 等 ニーズの 高 い 分 野 については 技 術 料 を 重 点 的 に 評 価 し 良 質 な 医 療 を 確 保 しようとするものである さらに 患 者 の 医 療 ニーズの 高 度 化 等 に 対 応 する ため 患 者 に 対 する 情 報 提 供 を 推 進 するとともに 患 者 の 選 択 を 前 提 に 特 定 療 養 費 制 度 の 活 用 を 図 るこ ととしている 一 般 病 院 から 療 養 型 病 床 群 への 転 換 の 促 進 病 院 診 療 所 の 機 能 分 担 を 踏 まえた 適 正 な 評 価 等 によ り 医 療 機 関 の 機 能 分 担 を 推 進 3 歳 未 満 児 の 外 来 診 療 を1 日 単 位 で 包 括 化 老 人 の 慢 性 疾 患 に 対 する 外 来 医 療 の 包 括 化 9('97) 4 点 数 表 の 改 正 9('97) 8 21 世 紀 の 医 療 保 険 制 度 ( 厚 生 省 案 )- 医 療 保 険 及 消 費 税 引 上 げに 伴 う 改 正 は0.77%( 診 療 報 酬 分 0.32 び 医 療 提 供 体 制 の 抜 本 的 改 革 の 方 向 - 発 表 %( 医 科 0.32% 歯 科 0.43% 調 剤 0.15%) 薬 価 基 9 健 康 保 険 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 準 等 分 0.45% ) 診 療 報 酬 の 合 理 化 を 図 るための 改 1 健 康 保 険 法 の 一 部 改 正 定 は0.93% ( 医 科 0.32% 歯 科 0.32% 調 剤 1.00% ) 1 被 保 険 者 本 人 の 療 養 の 給 付 等 に 係 る 一 部 負 担 併 せて1.70%の 引 上 げで 薬 価 基 準 は4.4%( 医 療 費 の 割 合 について1 割 とする 経 過 措 置 を 廃 止 ベースで1.27%) 特 定 保 険 医 療 材 料 0.05% 併 せ し 法 律 本 則 に 規 定 する2 割 とする て 医 療 費 ベースで1.32%の 引 上 げとなり 全 体 では 2 入 院 外 の 薬 剤 の 支 給 に 一 部 負 担 を 設 ける 実 質 0.38%の 引 上 げとなっている 内 服 薬 1 日 分 につき 1 種 類 0 円 消 費 税 率 の 引 上 げに 伴 う 臨 時 特 例 的 な 措 置 とし 2~3 種 類 30 円 て 保 険 医 療 機 関 等 の 消 費 税 負 担 について 診 療 報 4~5 種 類 60 円 酬 の 所 要 の 改 定 を 行 うとともに 医 療 保 険 制 度 改 革 6 種 類 以 上 100 円 と 一 体 になって 診 療 報 酬 の 合 理 化 適 正 化 を 推 進 外 用 薬 1 種 類 50 円 していくものである このため 我 が 国 の 平 均 在 院 2 種 類 100 円 日 数 は 諸 外 国 と 比 べても 長 いこと 等 に 鑑 み 長 期 入 3 種 類 以 上 150 円 院 の 是 正 に 取 り 組 む 一 方 在 院 機 関 の 短 い 急 性 期 入 頓 服 薬 1 種 類 につき 10 円 院 については 充 実 を 図 るほか 医 療 の 効 率 化 に 向 け *6 歳 未 満 の 者 の 薬 剤 負 担 は 免 除 た 医 療 技 術 等 の 評 価 診 療 報 酬 体 系 の 見 直 しに 向 け 3 政 府 管 掌 健 康 保 険 の 保 険 料 率 の 引 上 げ た 国 立 病 院 等 における 入 院 医 療 定 額 払 い 方 式 の 試 行 8.2% 8.5% 等 に 取 り 組 む 4 医 療 保 険 福 祉 審 議 会 ( 政 令 で 定 める)の 設 置 保 険 医 療 機 関 の 平 均 在 院 日 数 に 応 じた 入 院 時 医 学 2 国 民 健 康 保 険 法 の 一 部 改 正 管 理 料 の 体 系 化 1 入 院 外 の 薬 剤 の 支 給 に 一 部 負 担 を 設 ける 医 療 の 効 率 化 に 向 けた 医 療 技 術 等 の 評 価 健 康 保 険 法 の 一 部 改 正 と 同 じ 内 容 国 立 病 院 等 における 入 院 医 療 定 額 払 い 方 式 の 試 行 2 保 険 基 盤 安 定 制 度 に 係 る 国 庫 負 担 額 の 特 例 措 点 数 表 の 簡 素 合 理 化 置 を 平 成 10 年 度 までとし 段 階 的 に 増 額 3 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 国 庫 補 助 見 直 し

13 平 成 9 年 9 月 3 老 人 保 健 法 の 一 部 改 正 (1997) 1 老 人 医 療 費 の 一 部 負 担 入 院 1 日 710 円 1,000 円 (9 年 度 ) 1,100 円 (10 年 度 ) 1,200 円 (11 年 度 ) 低 所 得 者 300 円 500 円 入 院 外 1 月 1,020 円 1 回 につき500 円 ( 同 一 保 険 医 療 機 関 月 4 回 限 度 ) ( 注 ) 入 院 入 院 外 の 一 部 負 担 の 額 は 2 年 ご とに1 日 当 たり 医 療 費 の 額 に10 円 以 上 の 変 動 がある 場 合 改 定 する 入 院 外 は 平 成 11 年 度 入 院 は 平 成 13 年 度 以 降 2 入 院 外 の 薬 剤 の 支 給 に 一 部 負 担 を 設 ける 健 康 保 険 法 の 一 部 改 正 と 同 じ 内 容 * 低 所 得 者 ( 市 町 村 民 税 非 課 税 世 帯 等 に 属 する 老 齢 福 祉 年 金 受 給 者 )の 薬 剤 負 担 は 免 除 10 臓 器 の 移 植 に 関 する 法 律 施 行 平 成 10 年 4 月 点 数 表 の 改 定 (1998) 医 科 1.5% 歯 科 1.5% 調 剤 0.7% 平 均 1.5%の 引 上 げ 薬 価 基 準 平 均 9.7%( 医 療 費 ベース2.8%)の 引 下 げと 併 せて 実 質 1.3%の 引 下 げとなった 医 療 機 関 等 における 人 件 費 物 件 費 の 上 昇 に 相 当 する ものとして1.5%の 改 定 を 行 うとともに 医 科 につ いては 長 期 入 院 の 是 正 や 検 査 画 像 診 断 の 適 正 化 等 の 合 理 化 を 行 い その 合 理 化 相 当 分 の 財 源 を 急 性 期 医 療 の 評 価 や 患 者 に 対 する 情 報 提 供 の 推 進 等 に 充 てることとしたものである 11('99) 4 老 人 医 療 費 入 院 1 日 1,100 円 1,200 円 一 部 負 担 入 院 外 1 日 500 円 530 円 7 老 人 医 療 費 一 部 負 担 薬 剤 の 一 部 負 担 を 国 が 代 わ って 支 払 うことを 内 容 とする 臨 時 特 例 措 置 を 実 施 12(2000)4 点 数 表 の 改 定 12(2000)4 介 護 保 険 制 度 施 行 医 科 2.0% 歯 科 2.0% 調 剤 0.8% 平 均 1.9%の 引 上 げ 薬 価 基 準 平 均 7.0%の 引 下 げ( 医 療 費 ベース 1.7%)と 併 せて 実 質 0.2%の 引 上 げとなった 改 正 の 主 要 事 項 としては 1 入 院 基 本 料 の 創 設 等 包 括 化 の 推 進 と 逓 減 制 の 見 直 し 2 急 性 期 特 定 病 院 加 算 や 再 診 料 の 継 続 管 理 加 算 等 医 療 機 関 の 機 能 に 応 じた 評 価 の 充 実 3 手 術 料 の 体 系 的 な 見 直 しや 処 方 料 の 引 上 げ 等 もの と 技 術 の 適 正 評 価 のほか 介 護 保 険 制 度 の 施 行 に 向 けた 評 価 を 充 実 させている 13('01) 1 改 正 健 康 保 険 法 等 の 施 行 1 老 人 の 患 者 負 担 の 見 直 し 入 院 定 額 負 担 1 日 1,200 円 定 率 1 割 負 担 ( 月 額 上 限 37,200 円 低 所 得 者 は 上 限 24,600 円 ) 入 院 外 定 額 負 担 1 日 530 円 ( 月 4 回 まで) + 薬 剤 一 部 負 担 定 率 1 割 負 担 ( 月 額 上 限 3,000 円 大 病 院 (200 床 以 上 )5,000 円 ) 診 療 所 は 定 額 負 担 1 日 800 円 ( 月 4 回 まで)と 定 率 1 割 負 担 とを 選 択

14 平 成 13 年 1 月 2 高 額 療 養 費 の 見 直 し (2001) 一 般 63,600 円 一 般 63,300 円 ( 平 均 月 収 の22%) +( 医 療 費 -318,000 円 ) 1% 上 位 所 得 者 ( 月 収 56 万 円 以 上 ) 121,800 円 ( 月 収 56 万 円 の22%) +( 医 療 費 -609,000 円 ) 1% ( 低 所 得 者 は35,400 円 に 据 置 き) 3 保 険 料 率 上 限 の 見 直 し 一 般 保 険 料 率 + 介 護 保 険 料 率 91 (*) 一 般 保 険 料 率 91 (*) (* 健 保 組 合 は95 4 その 他 1 老 人 に 係 る 薬 剤 一 部 負 担 臨 時 特 例 措 置 法 の 廃 止 2 入 院 時 食 事 療 養 費 標 準 負 担 額 の 見 直 し 一 般 760 円 780 円 ( 低 所 得 者 は 据 え 置 き) 平 成 14 年 4 月 点 数 表 の 改 定 14('02)10 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 (2002) 診 療 報 酬 本 体 をはじめて1.3% 引 き 下 げ 薬 価 改 定 Ⅰ 高 齢 者 医 療 制 度 の 改 革 等 1.4% 引 き 下 げと 併 せて 全 体 として2.7%の 引 き 1. 患 者 負 担 の 見 直 し(*1) 下 げとなった 170 歳 以 上 の 高 齢 者 の 患 者 負 担 は 定 率 1 割 負 主 な 改 正 内 容 は1 効 率 的 な 医 療 提 供 体 制 の 評 価 担 ( 一 定 以 上 の 所 得 の 者 は 定 率 2 割 負 担 ) 2 患 者 の 特 性 に 応 じた 医 療 の 評 価 3 医 療 技 術 の 適 外 来 の 月 額 上 限 制 及 び 診 療 所 における 定 額 正 評 価 4 薬 剤 使 用 の 適 正 化 と 薬 剤 関 連 技 術 料 の 見 負 担 選 択 制 は 廃 止 直 し 5 特 定 療 養 費 制 度 の 見 直 し 2 自 己 負 担 限 度 額 について 低 所 得 者 に 配 慮 しつつ 見 直 し 2. 老 人 医 療 費 拠 出 金 等 に 係 る 見 直 し(*1) 1 老 人 医 療 の 対 象 年 齢 を70 歳 以 上 から75 歳 以 上 に5 年 間 で 段 階 的 に 引 上 げ 2 公 費 負 担 の 割 合 を3 割 から5 割 に5 年 間 で 段 階 的 に 引 上 げ( 一 定 以 上 の 所 得 の 者 に 係 る 医 療 費 は 公 費 負 担 の 対 象 外 ) 3 老 人 医 療 費 拠 出 金 の 算 定 に 係 る 老 人 加 入 率 上 限 ( 現 行 30%)の 撤 廃 4 退 職 者 に 係 る 老 人 医 療 費 拠 出 金 は 退 職 者 医 療 制 度 において 全 額 負 担 5 保 険 者 の 保 険 財 政 に 占 める 老 人 医 療 費 拠 出 金 の 持 ち 出 し 額 の 割 合 に 係 る 調 整 措 置 につ いては 現 行 維 持 3. 老 人 医 療 費 の 伸 びを 適 正 化 するための 指 針 (*1) Ⅱ 医 療 保 険 制 度 の 改 革 1. 保 険 給 付 ( 患 者 負 担 )の 見 直 し 17 割 給 付 で 保 険 間 の 給 付 率 を 統 一 (*2) 2 外 来 薬 剤 一 部 負 担 の 廃 止 (*2) 33 歳 未 満 の 乳 幼 児 に 係 る 給 付 率 は8 割 (*1) 4 自 己 負 担 限 度 額 について 低 所 得 者 に 配 慮 しつつ 見 直 し(*1) 2. 保 険 料 の 見 直 し(*2) 1 被 用 者 保 険 について 総 報 酬 制 を 導 入 2 政 管 健 保 の 保 険 料 率 の 見 直 し 3. 国 民 健 康 保 険 制 度 の 財 政 基 盤 の 強 化 保 険 料 ( 税 )の 算 定 方 法 の 見 直 し(*2) 等

15 平 成 16 年 4 月 点 数 表 の 改 定 (2004) 医 科 ±0 歯 科 ±0 調 剤 ±0 平 均 ±0 薬 価 基 準 平 均 3.8%( 医 療 費 ベース1.0%)の 引 下 げと 併 せて 実 質 1.0%の 引 下 げとなった 主 な 改 正 内 容 1 医 療 技 術 の 適 正 な 評 価 1 難 易 度 時 間 技 術 力 等 を 踏 まえた 評 価 2 医 療 技 術 の 評 価 再 評 価 3 歯 科 固 有 の 技 術 の 評 価 4 調 剤 技 術 の 評 価 2 医 療 機 関 のコスト 等 の 適 切 な 反 映 1 疾 病 の 特 性 等 に 応 じた 評 価 急 性 期 入 院 医 療 等 の 評 価 小 児 医 療 の 評 価 精 神 医 療 の 評 価 在 宅 医 療 の 評 価 2 医 療 機 関 等 の 機 能 に 応 じた 評 価 ( 医 師 の 新 臨 床 研 修 制 度 の 導 入 に 併 せ 臨 床 研 修 機 能 の 整 備 に 伴 う 医 療 の 質 の 向 上 の 評 価 及 び 外 来 医 療 におけ る 医 療 機 関 の 機 能 分 担 の 明 確 化 の 観 点 から 病 院 診 療 所 間 の 初 診 料 の 格 差 の 是 正 外 来 診 療 料 の 包 括 範 囲 の 拡 大 ) 3 患 者 の 視 点 の 重 視 1 情 報 提 供 の 推 進 2 患 者 による 選 択 の 重 視 4 診 療 報 酬 体 系 の 在 り 方 加 算 減 算 逓 減 制 算 定 制 限 等 について 簡 素 合 理 化 の 第 一 歩 として 一 部 項 目 について 見 直 しを 行 うとともに 事 務 処 理 についても 簡 素 合 理 化 を 図 る 老 人 の 診 療 特 性 等 を 踏 まえた 見 直 しの 第 一 歩 として 歯 科 診 療 報 酬 の 一 部 項 目 につ いて 一 般 老 人 診 療 報 酬 の 統 合 を 図 る 5その 他 酸 素 価 格 の 特 例 及 び 入 院 基 本 料 における 離 島 加 算 の 新 設 により 特 定 地 域 へのきめ 細 かな 対 応 を 図 る 平 成 14 年 10 月 Ⅲ その 他 (2002) 1. 医 療 保 険 制 度 の 改 革 等 2. 関 係 制 度 の 改 正 船 員 保 険 共 済 制 度 について 健 康 保 険 に 準 じて 改 正 3.その 他 注 :( *1) 平 成 14 年 10 月 実 施 (*2) 平 成 15 年 4 月 実 施 17('05) 4 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 都 道 府 県 調 整 交 付 金 の 導 入 ( 負 担 割 合 7/100) ( 平 成 17 年 度 は5/100) 国 庫 財 政 調 整 交 付 金 10/100 9/100 療 養 給 付 費 等 国 庫 負 担 金 40/100 34/100 ( 平 成 17 年 度 は36/100) 保 険 基 盤 安 定 制 度 ( 保 険 料 軽 減 分 ) 国 庫 1/2 0 都 道 府 県 1/4 3/4 市 町 村 1/4 1/

16 平 成 18 年 4 月 点 数 表 の 改 定 平 成 18 年 3 月 石 綿 健 康 被 害 救 済 制 度 の 創 設 (2006) 医 科 1.5% 歯 科 1.5% 調 剤 0.6% 平 均 (2006) 1.36% 薬 価 基 準 平 均 6.7%( 医 療 費 ベース 自 立 支 援 医 療 制 度 の 創 設 %)と 併 せて 実 質 3.16%の 引 き 下 げとなった 精 神 通 院 医 療 ( 精 神 保 健 福 祉 法 ) 更 生 医 療 ( 身 主 な 改 正 内 容 体 障 害 者 福 祉 法 ) 育 成 医 療 ( 児 童 福 祉 法 ) は 1 患 者 から 見 て 分 かりやすく 患 者 の 生 活 の 質 ( Q 障 害 者 自 立 支 援 法 にもとづく 自 立 支 援 医 療 に 移 OL)を 高 める 医 療 を 実 現 する 視 点 行 される 1 診 療 報 酬 体 系 の 簡 素 化 2 医 療 費 の 内 容 の 分 か る 領 収 証 の 交 付 3 患 者 の 視 点 の 重 視 4 生 活 習 入 院 時 食 事 療 養 費 に 係 る 標 準 負 担 額 慣 病 等 の 重 症 化 予 防 に 係 る 評 価 5 手 術 に 係 る 評 一 般 1 日 780 円 1 食 260 円 価 ( 1 日 3 食 を 限 度 以 下 同 ) 2 質 の 高 い 医 療 を 効 率 的 に 提 供 するために 医 療 機 市 町 村 民 税 非 課 税 世 帯 等 能 の 分 化 連 携 をを 推 進 する 視 点 3ヶ 月 目 までの 入 院 1 日 650 円 1 食 210 円 1 在 宅 医 療 に 係 る 評 価 2 初 再 診 に 係 る 評 価 4ヶ 月 目 以 降 の 入 院 1 日 500 円 1 食 160 円 3DPCに 係 る 評 価 4リハビリテーションに 係 老 齢 福 祉 年 金 受 給 権 者 1 日 300 円 1 食 100 円 る 評 価 5 精 神 医 療 に 係 る 評 価 3 我 が 国 の 医 療 の 中 で 今 後 重 点 的 に 対 応 していく べきと 思 われる 領 域 の 評 価 の 在 り 方 について 検 討 する 視 点 1 小 児 医 療 及 び 小 児 救 急 医 療 に 係 る 評 価 2 産 科 医 療 に 係 る 評 価 3 麻 酔 に 係 る 評 価 4 病 理 診 療 に 係 る 評 価 5 急 性 期 入 院 医 療 に 係 る 評 価 6 医 療 のIT 化 に 係 る 評 価 7 医 療 安 全 対 策 等 に 係 る 評 価 8 医 療 技 術 に 係 る 評 価 4 医 療 費 の 配 分 の 中 で 効 率 化 余 地 があると 思 われ る 領 域 の 評 価 の 在 り 方 について 検 討 する 視 点 1 慢 性 期 入 院 医 療 に 係 る 評 価 2 入 院 時 の 食 事 に 係 る 評 価 について 3コンタクトレンズに 係 る 診 療 の 評 価 4 検 査 に 係 る 評 価 5 歯 科 診 療 報 酬 かかりつけ 歯 科 医 初 再 診 料 の 廃 止 歯 科 医 師 臨 床 研 修 の 評 価 患 者 の 視 点 の 重 視 ( 指 導 管 理 等 における 患 者 への 情 報 提 供 ) 歯 科 疾 患 の 指 導 管 理 体 系 の 見 直 し( 歯 科 疾 患 総 合 指 導 料 の 新 設 等 ) 歯 周 疾 患 の 評 価 の 見 直 し( 機 械 的 歯 面 清 掃 加 算 の 新 設 歯 周 基 本 治 療 及 び 歯 周 外 科 手 術 の 見 直 し) 6 調 剤 報 酬 調 剤 基 本 料 の 見 直 し 調 剤 料 の 見 直 し 調 剤 報 酬 における 指 導 管 理 料 の 見 直 し 医 薬 品 品 質 情 報 提 供 料 の 見 直 し 7その 他 後 発 医 薬 品 の 使 用 促 進 のための 環 境 整 備 を 図 る 観 点 から 処 方 せんの 様 式 を 変 更 する 医 療 法 上 の 医 師 看 護 師 等 の 人 員 配 置 数 を 一 定 の 比 率 以 上 欠 く 場 合 に 入 院 基 本 料 の 減 額 を 行 う 現 行 の 取 り 扱 いについて 再 構 成 する 複 合 病 棟 における 看 護 職 員 の 配 置 基 準 は 一 般 病 床 については 平 成 18 年 3 月 以 降 医 療 法 上 の 人 員 配 置 標 準 を 下 回 ることから 平 成 18 年 9 月 30 日 限 りで 廃 止 する

17 平 成 18 年 4 月 慢 性 維 持 透 析 患 者 外 来 医 学 管 理 料 に 係 る 評 価 平 成 18 年 10 月 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 (2006) の 引 き 下 げ 人 工 腎 臓 の 夜 間 及 び 休 日 加 算 に (2006) Ⅰ 保 険 給 付 の 内 容 範 囲 の 見 直 し 係 る 評 価 の 引 き 下 げ エイリスロポエチン 製 1 高 齢 者 の 患 者 負 担 の 見 直 し 剤 の 人 工 腎 臓 への 包 括 評 価 など 透 析 医 療 に 1 現 役 並 み 所 得 の70 歳 以 上 の 者 は3 割 負 担 係 る 評 価 の 適 正 化 を 行 う ( 平 成 18 年 10 月 ~) 長 期 投 薬 に 係 る 評 価 を 引 き 上 げるとともに 2 新 たな 高 齢 者 医 療 制 度 の 創 設 に 併 せて 高 齢 併 せて 処 方 せん 料 を 引 き 下 げる 者 の 負 担 の 見 直 し( 平 成 20 年 4 月 ~) 薬 や 材 料 の 価 格 決 定 方 式 との 整 合 を 図 る 観 点 70 歳 ~74 歳 1 割 2 割 から 酸 素 価 格 についても 告 示 価 格 の 適 正 75 歳 以 上 1 割 ( 現 行 どおり) 化 を 行 う 特 別 の 軽 減 措 置 ( 平 成 20 年 度 のみ) 70 歳 ~74 歳 1 割 のまま 据 え 置 き 2 療 養 病 床 に 入 院 している 高 齢 者 の 食 費 居 住 費 の 負 担 引 き 上 げ( 平 成 18 年 10 月 ~) 入 院 時 生 活 療 養 費 (Ⅰ) 食 費 1 食 460 円 居 住 費 1 日 320 円 入 院 時 生 活 療 養 費 (Ⅱ) 食 費 1 食 420 円 居 住 費 1 日 320 円 1 低 所 得 者 対 策 として 所 得 の 状 況 に 応 じて 食 費 及 び 居 住 費 の 標 準 負 担 額 を 設 定 し 負 担 の 軽 減 を 図 る 2 新 たな 高 齢 者 医 療 制 度 の 創 設 に 伴 う 措 置 として 平 成 20 年 4 月 から65 歳 以 上 70 歳 未 満 の 者 について 同 様 の 負 担 の 見 直 しを 行 う 3 高 額 療 養 費 の 基 準 額 ( 自 己 負 担 限 度 額 )の 見 直 し 1 低 所 得 者 に 配 慮 しつつ 賞 与 を 含 む 報 酬 総 額 に 見 合 った 水 準 に 引 き 上 げ 2 人 工 透 析 患 者 のうち 所 得 の 高 い 者 につい て 自 己 負 担 限 度 額 の 引 き 上 げ 1 万 円 2 万 円 ( 平 成 18 年 10 月 ~) 3 高 齢 者 医 療 制 度 の 創 設 に 併 せ 70 歳 以 上 75 歳 未 満 の 患 者 負 担 が 変 更 となることに 伴 い 自 己 負 担 限 度 額 を70 歳 未 満 の 者 (80,100 円 )と75 歳 以 上 の 者 (44,400 円 ) の 中 間 水 準 に 設 定 する( 平 成 20 年 4 月 ~) 低 所 得 者 の 自 己 負 担 限 度 額 については 据 え 置 く 4 乳 幼 児 に 対 する 自 己 負 担 軽 減 措 置 の 拡 大 乳 幼 児 に 対 する 自 己 負 担 軽 減 (2 割 負 担 ) の 対 象 年 齢 を3 歳 未 満 から 義 務 教 育 就 学 前 ま で 拡 大 ( 平 成 20 年 4 月 ~) 5 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 創 設 医 療 保 険 及 び 介 護 保 険 の 自 己 負 担 の 合 計 額 が 著 しく 高 額 になる 場 合 に 負 担 を 軽 減 する 仕 組 みを 設 ける( 平 成 20 年 4 月 ~) 6 保 険 外 併 用 療 養 費 の 創 設 ( 従 来 の 特 定 療 養 費 を 再 編 したもの )( 平 成 18 年 10 月 ~) 評 価 療 養 ( 先 進 医 療 など 将 来 的 に 保 険 給 付 の 対 象 として 認 めるかどうかについて 評 価 が 必 要 な 療 養 ) 選 定 療 養 ( 特 別 療 養 室 への 入 院 など 保 険 導 入 を 前 提 としない 被 保 険 者 被 扶 養 者 の 選 定 による 療 養 )は その 基 礎 部 分 が 保 険 外 併 用 療 養 費 として 現 物 給 付 され 評 価 療 養 選 定 療 養 にかかる 料 金 は 患 者 が 自 費 で 支 払 う

18 平 成 18 年 10 月 Ⅱ 新 たな 高 齢 者 医 療 制 度 の 創 設 ( 平 成 20 年 4 月 ) (2006) 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 については その 心 身 の 特 性 や 生 活 実 態 等 を 踏 まえ 平 成 20 年 度 に 独 立 した 医 療 制 度 を 創 設 する あわせて 65 歳 から74 歳 の 前 期 高 齢 者 につ いては 退 職 者 が 国 民 健 康 保 険 に 大 量 に 加 入 し 保 険 者 間 で 医 療 費 の 負 担 に 不 均 衡 が 生 じ ることから これを 調 整 する 制 度 を 創 設 する 現 行 の 退 職 者 医 療 制 度 は 廃 止 する ただ し 現 行 制 度 からの 円 滑 な 移 行 を 図 るため 平 成 26 年 度 までの 間 における65 歳 未 満 の 退 職 者 を 対 象 として 現 行 の 退 職 者 医 療 制 度 を 存 続 させる 経 過 措 置 を 講 ずる Ⅲ 都 道 府 県 単 位 を 軸 とした 保 険 者 の 再 編 統 合 都 道 府 県 単 位 を 軸 とする 医 療 保 険 者 の 再 編 統 合 19('07) 4 改 正 医 療 法 施 行 1 患 者 等 への 医 療 の 情 報 提 供 の 推 進 2 医 療 計 画 制 度 の 見 直 し 等 を 通 じた 医 療 機 能 の 分 化 連 携 の 推 進 3 地 域 や 診 療 科 による 医 師 不 足 問 題 への 対 応 4 医 療 安 全 の 確 保 5 医 療 従 事 者 の 資 質 の 向 上 6 医 療 法 人 制 度 改 革 7 有 床 診 療 所 に 対 する 規 制 の 見 直 し(19 年 1 月 実 施 ) 標 準 報 酬 月 額 の 区 分 を 上 下 に 拡 大 第 1 級 98,000 円 ~ 第 39 級 980,000 円 第 1 級 58,000 円 ~ 第 47 級 1,210,000 円 標 準 賞 与 月 額 の 上 限 改 定 1か 月 当 たり200 万 円 年 度 の 累 計 額 540 万 円 健 康 保 険 法 第 3 条 第 2 項 被 保 険 者 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 ) 標 準 賃 金 日 額 の 下 限 改 定 1 級 1,334 円 2 級 2,000 円 3 級 3,000 円 1 級 3,000 円 70 歳 未 満 の 者 の 入 院 等 に 係 る 高 額 療 養 費 が 現 物 給 付 化 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 結 核 予 防 法 を 廃 止 し 結 核 医 療 について 取 り 扱 う 平 成 20 年 4 月 点 数 表 の 改 定 20('08) 4 高 齢 者 の 医 療 の 確 保 に 関 する 法 律 施 行 (2008) 医 科 0.42% 歯 科 0.42% 調 剤 0.17% 平 均 老 人 保 健 法 を 法 の 目 的 や 趣 旨 を 踏 襲 しつつ 0.38% 薬 価 基 準 平 均 5.2% ( 医 療 費 ベース 1. それを 発 展 させるものとして 高 齢 者 の 医 療 の 2%)と 併 せて 実 質 0.82%の 引 き 下 げとなった 確 保 に 関 する 法 律 へと 改 正 主 な 改 正 内 容 緊 急 課 題 産 科 や 小 児 科 をはじめとする 病 院 勤 務 医 1 高 齢 者 を65~74 歳 の 前 期 高 齢 者 と75 歳 以 の 負 担 の 軽 減 上 の 後 期 高 齢 者 に 分 けて 後 期 高 齢 者 につ 1 産 科 小 児 科 への 重 点 評 価 2 診 療 所 病 院 の いては 老 人 保 健 制 度 を 廃 止 し 独 立 した 役 割 分 担 等 3 病 院 勤 務 医 の 事 務 負 担 の 軽 減 4 医 療 制 度 を 創 設 する 後 期 高 齢 者 の 患 者 負 救 急 医 療 対 策 担 は2 割 だが 平 成 22 年 3 月 まで1 割 に 凍 結

19 平 成 20 年 4 月 1 患 者 から 見 て 分 かりやすく 患 者 の 生 活 の 質 (Q 平 成 20 年 4 月 2 65~74 歳 の 前 期 高 齢 者 については 退 職 (2008) OL)を 高 める 医 療 を 実 現 する 視 点 (2008) 者 が 国 民 健 康 保 険 に 大 量 に 加 入 し 保 険 者 1 医 療 費 の 内 容 の 情 報 提 供 2 分 かりやすい 診 療 間 で 医 療 負 担 の 不 均 衡 が 生 じていることか 報 酬 体 系 等 3 生 活 を 重 視 した 医 療 4 保 険 薬 局 ら これを 調 整 する 制 度 を 創 設 し 現 行 の の 機 能 強 化 退 職 者 医 療 制 度 は 廃 止 する 2 質 の 高 い 医 療 を 効 率 的 に 提 供 するために 医 療 機 ただし 平 成 26 年 度 までの 間 に65 歳 未 満 能 の 分 化 連 携 を 推 進 する 視 点 の 退 職 者 ( 被 用 者 保 険 に20 年 以 上 加 入 )と 1 質 の 高 い 効 率 的 な 入 院 医 療 の 推 進 2 質 の 評 価 なる 者 については 引 き 続 き 退 職 者 医 療 制 手 法 の 検 討 について 3 医 療 ニーズに 着 目 した 評 度 の 対 象 者 とする 経 過 措 置 を 講 ずる 価 4 在 宅 医 療 の 推 進 5 精 神 障 害 者 の 療 養 生 活 支 援 6 歯 科 医 療 の 充 実 7 調 剤 報 酬 の 見 直 し 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 療 養 費 制 度 3 我 が 国 の 医 療 の 中 で 今 後 重 点 的 に 対 応 していく 1 年 間 ( 毎 年 8 月 1 日 ~ 翌 年 7 月 31 日 )の 医 療 保 険 べきと 思 われる 領 域 の 評 価 の 在 り 方 について 検 討 と 介 護 保 険 における 自 己 負 担 の 合 算 額 が 著 しく する 視 点 高 額 となる 場 合 に 自 己 負 担 を 軽 減 する 仕 組 み 1がん 医 療 の 推 進 2 脳 卒 中 対 策 3 自 殺 対 策 を 設 ける 支 給 限 度 額 は 一 般 で 年 間 56 万 円 子 どもの 心 の 対 策 4 医 療 安 全 の 推 進 と 新 しい 技 10 健 康 保 険 法 の 一 部 改 正 術 等 の 評 価 5オンライン 化 IT 化 の 促 進 政 府 管 掌 健 康 保 険 の 公 法 人 化 4 医 療 費 の 配 分 の 中 で 効 率 化 の 余 地 があると 思 わ 政 府 管 掌 健 康 保 険 は 平 成 20 年 10 月 より 国 れる 領 域 の 評 価 の 在 り 方 について 検 討 する 視 点 から 公 法 人 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 )を 保 険 者 とし 1 新 しい 技 術 への 置 換 え 2 後 発 医 薬 品 の 使 用 促 て 設 立 進 等 3その 他 の 効 率 化 や 適 正 化 すべき 項 目 等 5 後 期 高 齢 者 の 診 療 報 酬 船 員 保 険 制 度 改 正 1 入 院 医 療 2 在 宅 医 療 3 外 来 医 療 4 終 末 期 職 務 上 の 疾 病 による 医 療 費 が 労 災 保 険 制 度 に 統 医 療 合 22('10) 4 点 数 表 の 改 定 22('10) 1 医 療 保 険 制 度 の 安 定 的 運 営 を 図 るための 国 民 健 康 医 科 1.74% 歯 科 2.09% 調 剤 0.52% 平 均 1.55% 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 薬 価 基 準 平 均 5.75%( 医 療 費 ベース 1.36%)と 平 成 22 年 度 から24 年 度 までの 間 協 会 けんぽの 併 せて 実 質 0.19%の 引 き 上 げとなった 国 庫 補 助 割 合 を13%から16.4%に 引 き 上 げ 主 な 改 正 内 容 ( 平 成 22 年 7 月 1 日 施 行 ) 重 点 課 題 への 対 応 22('10) 5 平 成 22 年 度 から24 年 度 までの 間 後 期 高 齢 者 支 1 救 命 救 急 センター 二 次 救 急 医 療 機 関 の 評 価 援 金 の 算 定 の 特 例 として その3 分 の1の 部 分 2ハイリスク 妊 産 婦 管 理 の 充 実 ハイリスク 新 生 について 各 被 用 者 保 険 者 の 負 担 能 力 に 応 じた 児 に 対 する 集 中 治 療 の 評 価 3 手 術 料 の 引 き 上 分 担 方 法 ( 現 行 の 加 入 者 数 割 から 総 報 酬 割 に 変 げ 小 児 に 対 する 手 術 評 価 の 引 き 上 げ 4 医 師 事 更 )を 導 入 ( 平 成 22 年 7 月 1 日 施 行 ) 務 作 業 補 助 体 制 加 算 の 評 価 の 充 実 多 職 種 からな るチーム 医 療 の 評 価 4つの 視 点 ( 充 実 が 求 められる 領 域 の 評 価 患 者 か ら 見 てわかりやすい 医 療 の 実 現 など) がん 医 療 認 知 症 医 療 感 染 症 対 策 肝 炎 対 策 の 推 進 明 細 書 の 無 料 発 行 など 後 期 高 齢 者 医 療 の 診 療 報 酬 75 歳 という 年 齢 に 着 目 した 診 療 報 酬 体 系 の 廃 止 1 救 急 医 療 の 評 価 の 充 実 1 救 急 入 院 医 療 の 充 実 2 地 域 の 連 携 による 救 急 外 来 の 評 価 2 産 科 小 児 医 療 の 評 価 の 充 実 1ハイリスク 妊 産 婦 管 理 の 充 実 拡 大 2 新 生 児 集 中 治 療 の 評 価 3 小 児 の 入 院 医 療 の 充 実 3 病 院 勤 務 医 の 負 担 の 軽 減 1 病 院 勤 務 医 の 負 担 の 軽 減 2 手 厚 い 人 員 体 制 に よる 入 院 医 療 の 評 価 3 多 職 種 からなるチームに よる 取 り 組 みの 評 価

20 平 成 22 年 4 月 4 手 術 料 の 適 正 な 評 価 (2010) 1 外 保 連 試 案 を 活 用 した 手 術 料 の 引 き 上 げ 2 小 児 に 対 する 手 術 評 価 の 引 き 上 げ 3 新 規 医 療 技 術 の 保 険 導 入 5 明 細 書 発 行 の 推 進 1 明 細 書 発 行 の 推 進 2 診 療 報 酬 上 の 支 援 24('12) 4 点 数 表 の 改 定 医 科 1.55% 歯 科 1.70% 調 剤 0.46% 平 均 1.38% 薬 価 基 準 平 均 6.00%( 医 療 費 ベース 1.38%)と 併 せて 実 質 0.004%の 引 き 上 げとなった 主 な 改 正 内 容 重 点 項 目 1 負 担 の 大 きな 医 療 従 事 者 の 負 担 軽 減 1 救 急 周 産 期 医 療 の 推 進 2 病 院 医 療 従 事 者 の 勤 務 体 制 の 改 善 等 の 取 組 3 救 急 外 来 や 外 来 診 療 の 機 能 分 化 4 病 棟 薬 剤 師 や 歯 科 等 を 含 むチーム 医 療 の 促 進 2 医 療 と 介 護 等 との 機 能 分 化 や 円 滑 な 連 携 在 宅 医 療 の 充 実 1 在 宅 医 療 を 担 う 医 療 機 関 の 役 割 分 担 や 連 携 の 促 進 2 看 取 りに 至 るまでの 医 療 の 充 実 3 在 宅 歯 科 在 宅 薬 剤 管 理 の 充 実 4 訪 問 看 護 の 充 実 医 療 介 護 の 円 滑 な 連 携 3 がん 治 療 認 知 症 治 療 などの 医 療 技 術 の 進 歩 の 促 進 と 導 入 1 医 療 技 術 の 適 切 な 評 価 がん 医 療 や 生 活 習 慣 病 対 策 精 神 疾 患 認 知 症 対 策 リハビリの 充 実 生 活 の 質 に 配 慮 した 歯 科 医 療 2 医 療 安 全 対 策 患 者 への 相 談 支 援 対 策 の 充 実 3 病 院 機 能 にあわ せた 入 院 医 療 慢 性 期 入 院 医 療 の 適 正 評 価 資 源 の 少 ない 地 域 への 配 慮 診 療 所 の 機 能 に 応 じた 評 価 4 後 発 医 薬 品 の 使 用 促 進 長 期 入 院 の 是 正 市 場 実 勢 価 格 を 踏 まえた 医 薬 品 等 の 適 正 評 価 資 料 : 国 民 健 康 保 険 事 業 年 報 厚 生 労 働 省 保 険 局 厚 生 省 20 年 史 厚 生 省 20 年 史 編 集 委 員 会 国 民 健 康 保 険 40 年 史 厚 生 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 国 民 健 康 保 険 中 央 会 編 集

21 3 診 療 報 酬 と 薬 価 基 準 改 定 の 推 移 診 療 報 酬 薬 価 基 準 改 定 年 月 引 き 上 げ 率 ( % ) 改 定 年 月 引 き 下 げ 率 (%) 薬 価 ベース 医 療 費 昭 和 40 年 (1965) 1 月 総 医 療 費 で9.5 昭 和 40 年 (1965) 11 月 ( '65) 11 総 医 療 費 で ( '67) ( '67) 12 医 科 7.68 歯 科 ( '69) ( '70) 2 医 科 8.77 歯 科 ( '70) 年 7 月 1 日 から 医 科 をさらに0.97 引 上 げ 47 ( '72) 2 医 科 歯 科 薬 局 ( '72) ( '74) 2 医 科 19.0 歯 科 19.9 薬 局 ( '74) ( '74) 10 医 科 16.0 歯 科 16.2 薬 局 ( '75) ( '76) 4 医 科 9.0 薬 局 ( '76) 8 歯 科 ( '78) 2 医 科 11.5 歯 科 12.7 薬 局 5.6 平 均 ( '78) ( '81) 6 医 科 8.4 歯 科 5.9 薬 局 3.8 平 均 ( '81) ( '83) 2 老 人 点 数 表 を 設 定 医 科 ( '83) ( '84) 3 医 科 3.0 歯 科 1.1 調 剤 1.0 平 均 ( '84) ( '85) 3 医 科 3.5 歯 科 2.5 調 剤 0.2 平 均 ( '85) 治 療 材 料 ( '86) 4 医 科 2.5 歯 科 1.5 調 剤 0.3 平 均 ( '86) 歯 科 材 料 ( '88) 4 医 科 3.8 調 剤 1.7 平 均 ( '88) ( '88) 6 歯 科 1.0 平 成 元 年 ( '89) 4 平 均 0.11 平 成 元 年 ( '89) 引 き 上 げ 0.65 引 き 上 げ 2 ( '90) 4 医 科 3.8 歯 科 1.4. 調 剤 1.9 平 均 ( '90) ( '92) 4 医 科 5.4 歯 科 2.7 調 剤 1.9 平 均 ( '92) 治 療 材 料 ( '93) 4 医 療 法 改 定 に 伴 う 改 定 6 ( '94) 4 医 科 3.5 歯 科 2.1 調 剤 2.0 平 均 ( '94) 治 療 材 料 ( '94) 10 医 科 1.7 歯 科 0.2 調 剤 0.1 平 均 ( '96) 4 医 科 3.6 歯 科 2.2 調 剤 1.3 平 均 ( '96) 治 療 材 料 ( '97) 4 医 科 1.31 歯 科 0.75 調 剤 1.15 平 均 ( '97) 治 療 材 料 0.05 消 費 税 率 改 定 に 伴 う 引 き 上 げ 分 ( '98) 4 医 科 1.5 歯 科 1.5 調 剤 0.7 平 均 ( '98) 治 療 材 料 (2000) 4 医 科 2.0 歯 科 2.0 調 剤 0.8 平 均 (2000) 治 療 材 料 ( '02) 4 医 科 1.3 歯 科 1.3 調 剤 1.3 平 均 ( '02) 治 療 材 料 ( '04) 4 医 科 ±0 歯 科 ±0 調 剤 ±0 平 均 ±0 16 ( '04) 治 療 材 料 ( '06) 4 医 科 1.5 歯 科 1.5 調 剤 0.6 平 均 ( '06) 治 療 材 料 ( '08) 4 医 科 0.42 歯 科 0.42 調 剤 0.17 平 均 ( '08) 治 療 材 料 ( '10) 4 医 科 1.74 歯 科 2.09 調 剤 0.52 平 均 ( '10) 治 療 材 料 ( '12) 4 医 科 1.55 歯 科 1.70 調 剤 0.46 平 均 ( '12) 治 療 材 料

22 4 平 成 22 年 度 の 人 口 一 人 当 たり 国 民 医 療 費 算 出 に 用 いた 人 口 5 歳 階 級 男 女 別 人 口 ( 総 人 口 ) ( 単 位 : 千 人 ) 平 成 22 年 10 月 1 日 現 在 年 齢 階 級 総 人 口 男 女 総 数 ~ 4 歳 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 歳 以 上 ( 再 掲 ) 65 歳 未 満 65 歳 以 上 70 歳 以 上 75 歳 以 上 資 料 : 総 務 省 統 計 局 人 口 推 計 ( 平 成 22 年 国 勢 調 査 による 基 準 人 口 )

23 国 民 医 療 費 の 医 療 保 険 給 付 額 及 び 高 額 療 養 費 の 年 次 推 移 ( 単 位 : 億 円 ) 年 次 推 移 国 民 医 療 費 ( 再 掲 ) 医 療 保 険 給 付 額 高 額 療 養 費 ( 現 物 + 現 金 給 付 支 給 金 額 ) 2) 国 民 健 康 後 期 高 齢 者 国 民 健 康 後 期 高 齢 者 被 用 者 保 険 被 用 者 保 険 保 険 医 療 保 険 医 療 1) 1) 平 成 9 年 (1997) ('98) ('99) (2000) ('01) ('02) ('03) ('04) ('05) ('06) ('07) ('08) ('09) ('10) 注 :1) 平 成 20 年 3 月 に 老 人 保 健 制 度 が 廃 止 となり 平 成 20 年 4 月 から 新 たに 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 が 創 設 された 2) 高 額 療 養 費 は 厚 生 労 働 省 医 療 保 険 に 関 する 基 礎 資 料 による

24 ( 単 位 :%) 年 6 社 会 保 障 給 付 費 ( 対 国 民 所 得 比 )の 年 次 推 移 次 対 国 民 所 得 比 計 医 療 年 金 福 祉 そ の 他 昭 和 45 年 度 (1970) ( '71) ( '72) ( '73) ( '74) ( '75) ( '76) ( '77) ( '78) ( '79) ( '80) ( '81) ( '82) ( '83) ( '84) ( '85) ( '86) ( '87) ( '88) 平 成 元 年 度 ( '89) ( '90) ( '91) ( '92) ( '93) ( '94) ( '95) ( '96) ( '97) ( '98) ( '99) (2000) ( '01) ( '02) ( '03) ( '04) ( '05) ( '06) ( '07) ( '08) ( '09) ( '10) 資 料 : 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 社 会 保 障 給 付 費 注 : 医 療 には 医 療 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 の 医 療 給 付 生 活 保 護 の 医 療 扶 助 労 災 保 険 の 医 療 給 付 結 核 精 神 その 他 の 公 費 負 担 医 療 等 が 含 まれる 年 金 には 厚 生 年 金 国 民 年 金 等 の 公 的 年 金 恩 給 及 び 労 災 保 険 の 年 金 給 付 等 が 含 まれる 福 祉 その 他 には 社 会 福 祉 サービスや 介 護 対 策 に 係 る 費 用 生 活 保 護 の 医 療 扶 助 以 外 の 各 種 扶 助 児 童 手 当 等 の 各 種 の 手 当 医 療 保 険 の 傷 病 手 当 金 労 災 保 険 の 休 業 補 償 給 付 雇 用 保 険 の 失 業 給 付 が 含 まれる

25 7 国 民 医 療 費 に 含 まれないもの に 関 連 する 主 な 統 計 数 値 など 国 民 医 療 費 の 範 囲 の 概 念 図 (5 頁 )のうち 国 民 医 療 費 に 含 まれないもの について 関 連 する 主 な 統 計 数 値 ( 費 用 額 件 数 )を 以 下 に 示 す (1) 病 院 一 般 診 療 所 歯 科 診 療 所 1 評 価 療 養 ( 先 進 医 療 ( 高 度 医 療 を 含 む) 等 ) に 関 する 統 計 数 値 評 価 療 養 とは 先 進 医 療 ( 高 度 医 療 を 含 む)などの 将 来 的 な 保 険 導 入 の ための 評 価 を 行 うものとして 保 険 診 療 との 併 用 を 厚 生 労 働 大 臣 が 認 めたもの を 指 す 先 進 医 療 の 実 績 報 告 計 先 進 医 療 技 術 数 123 種 類 医 療 機 関 数 522 医 療 機 関 全 患 者 数 14,505 人 総 金 額 約 173 億 5 千 万 円 保 険 外 併 用 療 養 費 ( 保 険 診 療 分 ) 注 2) 約 75 億 4 千 万 円 先 進 医 療 費 用 ( 保 険 適 用 外 ) 約 98 億 円 資 料 : 厚 生 労 働 省 平 成 23 年 6 月 30 日 時 点 で 実 施 されていた 先 進 医 療 の 実 績 報 告 注 :1) 上 記 は 平 成 22 年 7 月 1 日 ~ 平 成 23 年 6 月 30 日 までの 数 値 である 2) 保 険 外 併 用 療 養 費 ( 保 険 診 療 分 )は 国 民 医 療 費 に 含 まれている 2 選 定 療 養 ( 室 料 差 額 歯 科 材 料 差 額 等 ) に 関 する 統 計 数 値 選 定 療 養 とは 特 別 の 病 室 の 提 供 に 伴 う 室 料 差 額 や 歯 科 材 料 費 差 額 など の 被 保 険 者 の 選 定 に 係 る 保 険 導 入 を 前 提 としないものを 指 す 室 料 差 額 とは 特 別 の 療 養 環 境 が 提 供 される 病 室 ( 病 床 ごとにプライバシー が 十 分 に 確 保 されている 病 室 )に 入 院 することを 患 者 が 選 択 した 場 合 に 医 療 保 険 の 自 己 負 担 とは 別 に 要 した 費 用 を 指 す 特 別 の 療 養 環 境 の 提 供 特 別 の 療 養 環 境 の 1 日 当 たり 提 供 に 係 る 病 床 数 平 均 徴 収 額 ( 推 計 ) 及 び 構 成 割 合 (%) 合 計 250,779 (19.0) 5,828 円 1 人 室 159,875 (12.1) 7,558 円 2 人 室 52,771 ( 4.0) 3,158 円 3 人 室 5,531 ( 0.4) 2,774 円 4 人 室 32,602 ( 2.5) 2,485 円 当 該 医 療 機 関 における 1,319,446(100.0) 総 病 床 数 資 料 : 厚 生 労 働 省 主 な 選 定 療 養 に 係 る 報 告 状 況 注 : 上 記 は 平 成 22 年 7 月 1 日 時 点 の 数 値 である 歯 科 材 料 差 額 とは 金 合 金 や 白 金 加 金 (プラチナ)などの 材 料 を 用 いて 歯 科 治 療 を 行 うことを 患 者 が 選 択 した 場 合 に 医 療 保 険 の 自 己 負 担 とは 別 に 要 した 費 用 を 指 す 金 属 床 による 総 義 歯 の 提 供 平 成 22 年 7 月 1 日 現 在 報 告 医 療 機 関 数 17,250 1 床 当 たり 平 均 額 ( 推 計 ) 304,546 円 資 料 : 厚 生 労 働 省 主 な 選 定 療 養 に 係 る 報 告 状 況 注 : 上 記 は 平 成 22 年 7 月 1 日 時 点 の 数 値 であり 歯 科 材 料 差 額 の 一 部 である

26 3 正 常 な 妊 娠 分 娩 産 じょくの 費 用 に 関 する 統 計 数 値 異 常 及 び 合 併 症 を 有 さない 妊 娠 分 娩 産 じょくに 要 した 費 用 ( 健 康 保 険 等 適 用 外 )を 指 す 性 別 出 生 数 単 産 複 産 別 出 生 数 出 生 数 ( 人 ) 出 生 数 ( 人 ) 総 数 1,071,304 総 数 1,071,304 男 性 550,742 単 産 1,051,103 女 性 520,562 複 産 20,201 資 料 : 厚 生 労 働 省 平 成 22 年 人 口 動 態 統 計 注 : 日 本 における 日 本 人 の 出 生 数 である ( 正 常 分 娩 以 外 のものを 含 む) 分 娩 件 数 一 般 病 院 ( 平 成 20 年 9 月 中 ) 一 般 診 療 所 分 娩 件 数 帝 王 切 開 分 娩 に 分 娩 件 数 帝 王 切 開 分 娩 に ( 正 常 分 摘 出 手 術 占 める ( 正 常 分 摘 出 手 術 占 める 娩 を 含 件 数 割 合 娩 を 含 件 数 割 合 む) ( 再 掲 ) (%) む) ( 再 掲 ) (%) 平 成 20 年 47,626 11, ,792 5, 資 料 : 厚 生 労 働 省 平 成 20 年 医 療 施 設 調 査 4 不 妊 治 療 における 生 殖 補 助 医 療 に 関 する 統 計 数 値 不 妊 治 療 には 保 険 適 用 されている 一 般 的 な 不 妊 治 療 と 保 険 適 用 されて いない 生 殖 補 助 医 療 がある ここの 不 妊 治 療 における 生 殖 補 助 医 療 と は 保 険 適 用 されていない 人 工 授 精 体 外 受 精 を 指 す 5 美 容 整 形 費 に 関 する 統 計 数 値 美 容 外 科 手 術 に 要 した 費 用 を 指 す 診 療 科 目 に 美 容 外 科 を 標 榜 する 施 設 数 診 療 科 目 施 設 数 施 設 数 に 対 する 割 合 (%) 一 般 病 院 7, うち 美 容 外 科 を 標 榜 する 施 設 数 一 般 診 療 所 99, うち 美 容 外 科 を 標 榜 する 施 設 数 資 料 : 厚 生 労 働 省 平 成 20 年 医 療 施 設 調 査 6 集 団 健 診 検 診 費 に 関 する 統 計 数 値 企 業 学 校 地 方 公 共 団 体 などが 行 う 集 団 健 康 診 断 検 診 に 要 した 費 用 を 指 す 保 健 所 市 区 町 村 などが 実 施 した 健 康 診 査 等 の 受 診 者 数 受 診 者 数 ( 人 ) 健 康 診 断 12,260,076 妊 産 婦 幼 児 健 康 診 査 5,912,630 歯 周 疾 患 検 診 228,872 骨 粗 鬆 症 検 診 259,760 特 定 健 康 診 査 *) 22,586,005 健 康 診 査 85,351 がん 検 診 24,347,916 肝 炎 ウイルス 検 診 1,088,245 資 料 : 厚 生 労 働 省 平 成 22 年 度 地 域 保 健 健 康 増 進 事 業 報 告 * 平 成 22 年 度 特 定 健 康 診 査 特 定 保 健 指 導 の 実 施 状 況 ( 速 報 値 ) 注 : 平 成 22 年 度 は 東 日 本 大 震 災 の 影 響 により 一 部 の 市 町 村 保 健 所 が 含 まれていない

27 7 個 別 健 診 検 診 費 人 間 ドック 等 に 関 する 統 計 数 値 個 人 単 位 で 医 療 機 関 において 行 う 健 康 診 断 や 人 間 ドックを 受 けた 際 に 発 生 す る 費 用 を 指 す 8 短 期 入 所 療 養 介 護 等 介 護 保 険 法 における 居 宅 サービス に 関 する 統 計 数 値 介 護 療 養 型 医 療 施 設 へ 短 期 入 所 して 受 ける 看 護 医 学 的 管 理 下 の 介 護 と 機 能 訓 練 等 の 必 要 な 医 療 日 常 生 活 上 の 世 話 などの 介 護 保 険 サービスに 要 した 費 用 を 指 す 短 期 入 所 療 養 介 護 等 介 護 保 険 法 における 居 宅 サービスの 費 用 ( 単 位 : 百 万 円 ) 費 用 額 利 用 者 負 担 額 ( 再 掲 ) 介 護 予 防 短 期 入 所 療 養 介 護 ( 病 院 等 ) 37 4 短 期 入 所 療 養 介 護 ( 病 院 等 ) 5, 資 料 : 厚 生 労 働 省 平 成 22 年 度 介 護 給 付 費 実 態 調 査 9 介 護 療 養 型 医 療 施 設 における 施 設 サービス に 関 する 統 計 数 値 医 療 法 に 規 定 する 医 療 施 設 で かつ 介 護 保 険 法 による 都 道 府 県 知 事 の 指 定 を 受 けた 施 設 において 入 院 する 要 介 護 者 が 受 ける 療 養 上 の 管 理 看 護 医 学 的 管 理 下 における 介 護 その 他 の 世 話 機 能 訓 練 その 他 必 要 な 医 療 などの 施 設 サービスに 要 した 費 用 を 指 す 介 護 療 養 型 医 療 施 設 における 施 設 サービスの 費 用 ( 単 位 : 百 万 円 ) 費 用 額 利 用 者 負 担 額 ( 再 掲 ) 介 護 療 養 型 医 療 施 設 における 施 設 サービス 402,996 37,153 資 料 : 厚 生 労 働 省 平 成 22 年 度 介 護 給 付 費 実 態 調 査 10 その 他 に 関 する 統 計 数 値 病 院 一 般 診 療 所 歯 科 診 療 所 において 行 われた 医 療 行 為 のうち 上 記 ( 1) の1~9 以 外 の 保 険 診 療 の 対 象 となり 得 ない 傷 病 の 治 療 に 要 した 費 用 を 指 す 保 健 所 及 び 市 区 町 村 が 実 施 した 定 期 の 予 防 接 種 の 接 種 者 数 接 種 者 数 ( 人 ) DPT 及 びDT 注 1) 5,312,571 急 性 灰 白 髄 炎 2,075,649 麻 しん 風 しん 3,981,712 日 本 脳 炎 4,368,181 BCG 990,964 インフルエンザ 15,644,780 資 料 : 厚 生 労 働 省 平 成 22 年 度 地 域 保 健 健 康 増 進 事 業 報 告 注 :1)DPTとは 沈 降 精 製 百 日 せきジフテリア 破 傷 風 混 合 ワクチン DTと は 沈 降 ジフテリア 破 傷 風 混 合 トキソイドの 接 種 者 である 2) 平 成 22 年 度 は 東 日 本 大 震 災 の 影 響 により 一 部 の 市 町 村 保 健 所 が 含 まれていない ワクチン 類 ( 生 物 学 的 製 剤 )の 生 産 金 額 生 産 金 額 ( 百 万 円 ) ワクチン 類 73,090 毒 素 及 びトキソイド 類 916 資 料 : 厚 生 労 働 省 平 成 22 年 薬 事 工 業 生 産 動 態 統 計

28 (2) 介 護 老 人 保 健 施 設 介 護 保 険 法 における 居 宅 施 設 サービス に 関 する 統 計 数 値 介 護 保 険 法 による 都 道 府 県 知 事 の 開 設 許 可 を 受 けた 介 護 老 人 保 健 施 設 におい て 入 所 する 要 介 護 者 が 受 ける 看 護 医 学 的 管 理 下 における 介 護 機 能 訓 練 その 他 必 要 な 医 療 日 常 生 活 上 の 世 話 などの 居 宅 施 設 サービスに 要 した 費 用 を 指 す 介 護 保 険 法 における 居 宅 施 設 サービスの 費 用 ( 単 位 : 百 万 円 ) 費 用 額 利 用 者 負 担 額 ( 再 掲 ) 介 護 予 防 短 期 入 所 療 養 介 護 ( 老 人 保 健 施 設 ) 短 期 入 所 療 養 介 護 ( 老 人 保 健 施 設 ) 52,057 5,052 介 護 保 健 施 設 サービス 1,147, ,932 資 料 : 厚 生 労 働 省 平 成 22 年 度 介 護 給 付 費 実 態 調 査 (3) 訪 問 看 護 事 業 所 1 介 護 保 険 法 における 訪 問 看 護 費 に 関 する 統 計 数 値 居 宅 において 介 護 福 祉 士 等 から 受 ける 入 浴 排 せつ 食 事 等 の 介 護 そ の 他 の 日 常 生 活 の 世 話 などの 介 護 保 険 サービスに 要 した 費 用 を 指 す 介 護 保 険 法 における 訪 問 看 護 費 の 費 用 ( 単 位 : 百 万 円 ) 費 用 額 利 用 者 負 担 額 ( 再 掲 ) 介 護 予 防 訪 問 看 護 9, 訪 問 介 護 138,383 12,314 資 料 : 厚 生 労 働 省 平 成 22 年 度 介 護 給 付 費 実 態 調 査 2 基 本 利 用 料 以 外 のその 他 の 利 用 料 等 の 費 用 に 関 する 統 計 数 値 基 本 利 用 料 以 外 の 訪 問 看 護 費 交 通 費 及 びおむつ 代 などの 実 費 特 別 サービ ス( 営 業 時 間 外 の 対 応 等 )などの 費 用 を 指 す (4) 助 産 所 正 常 な 妊 娠 分 娩 産 じょくの 費 用 に 関 する 統 計 数 値 助 産 所 における 異 常 及 び 合 併 症 を 有 さない 妊 娠 分 娩 産 じょくに 要 した 費 用 ( 健 康 保 険 等 適 用 外 )を 指 す 助 産 所 の 出 生 数 出 生 数 ( 人 ) 助 産 所 9,533 資 料 : 厚 生 労 働 省 平 成 22 年 人 口 動 態 統 計 注 : 日 本 における 日 本 人 の 出 生 のうち 助 産 所 において 出 生 した 数 である (5) 薬 局 買 薬 の 費 用 に 関 する 統 計 数 値 医 師 による 処 方 箋 を 必 要 とせずに 購 入 できる 一 般 用 医 薬 品 の 購 入 にかかる 費 用 を 指 す 医 薬 品 薬 効 分 類 別 用 途 区 分 別 出 荷 生 産 金 額 出 荷 生 産 金 額 ( 百 万 円 ) 出 荷 一 般 用 医 薬 品 国 内 602,502 出 荷 配 置 用 家 庭 薬 国 内 27,556 一 般 用 医 薬 品 生 産 輸 入 10,880 配 置 用 家 庭 薬 生 産 輸 入 331 資 料 : 厚 生 労 働 省 平 成 22 年 薬 事 工 業 生 産 動 態 統 計 注 : 上 記 の 出 荷 生 産 金 額 には 一 部 国 民 医 療 費 に 含 まれている ものがある

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 における 主 要 改 定 項 目 について( 案 ) 1 / 30 目 次 重 点 課 題 1 救 急 産 科 小 児 外 科 等 の 医 療 の 再 建 重 点 課 題 1-1 地 域 連 携 による 救 急 患 者 の 受 入 れの 推 進 について 救 急 入 院 医 療 の 充 実 に 係 る 評 価... 1 地 域 の 連 携 による 救 急

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 津 島 市 民 病 院 病 院 年 報 [ 平 成 22 年 度 ] 2 0 1 0 目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 10 年 度

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 介 護 保 険 制 度 の 改 正 及 び 介 護 報 酬 改 定 について 神 奈 川 県 平 成 24 年 2 月 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 介 護 保 険 制 度 の 対 応 について 12 13 14 15 16 17 18 19 社 会 保 障 税 一 体 改

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

第 96 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 議 事 次 第 平 成 28 年 7 月 14 日 ( 木 ) 16 時 00 分 ~18 時 00 分 場 所 :ベ ル サ ー ル 半 蔵 門 ( 議 題 ) 1. 骨 太 2016 規 制 改 革 実 施 計 画 等 の 報 告 について 2. 骨 太 2016 経 済 財 政 再 生 計 画 改 革 工 程 表 の 指 摘 事

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

01

01 保 医 発 0 3 2 5 第 6 号 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464>

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464> 健 康 保 険 組 合 事 業 運 営 指 針 ( 案 ) 第 1 本 指 針 の 趣 旨 本 指 針 は 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 事 業 運 営 のうち 組 合 の 判 断 で 実 施 するものについて 適 正 な 事 業 運 営 が 確 保 されるよう 事 業 運 営 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 や 適 正 水 準 望 ましい 事 業 の 例 事

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 年 度 末 ) A 千 239,272 62,594,887 実 質 収 支 千 2,514,423 件 費 B 千 12,997,986 件 費 率 B/A % 20.8 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場 第 2 章 短 期 給 付 の 内 容 と 請 求 手 続 第 1 節 傷 病 等 に 係 る 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 をしたときは 通 常 の 場 合 組 合 員 証 を 保 険 医 療 機 関 に 提 示 する ことによって 療 養 の 給 付 や 家 族 療 養 費 の 現 物 給 付 を 受 けることができます しかし 緊 急 その 他 やむを 得

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

Taro-270409_近代化実施要綱

Taro-270409_近代化実施要綱 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 最 終 改 正 健 政 発 第 7 8 6 号 平 成 5 年 1 2 月 1 5 日 医 政 発 0409 第 29 号 平 成 2 7 年 4 月 9 日 1 目 的 この 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 における 患 者 の 療 養 環 境

More information

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63>

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63> ~ 健 全 で 自 立 した 病 院 経 営 を 目 指 して~ 第 1 次 改 訂 ( 平 成 23~25 ) 平 成 23 年 11 月 岡 山 県 備 前 市 目 次 1 はじめに 1 2 計 画 期 間 1 3 備 前 病 院 1 (1) 現 況 及 び 役 割 1 (2) 経 営 効 率 化 計 画 3 4 日 生 病 院 5 (1) 現 況 及 び 役 割 5 (2) 経 営 効 率 化

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

に 正 当 な 理 由 がない 限 り 無 償 で 交 付 しなければならないものであるとともに 交 付 が 義 務 付 けられている 領 収 証 は 指 定 訪 問 看 護 の 費 用 額 算 定 表 における 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 訪 問 看 護 管 理 療 養 費 訪 問 看 護

に 正 当 な 理 由 がない 限 り 無 償 で 交 付 しなければならないものであるとともに 交 付 が 義 務 付 けられている 領 収 証 は 指 定 訪 問 看 護 の 費 用 額 算 定 表 における 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 訪 問 看 護 管 理 療 養 費 訪 問 看 護 保 発 0 3 0 4 第 1 1 号 平 成 2 8 年 3 月 4 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 長 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 局 長 ( 公 印 省 略 ) 医 療 費 の 内 容 の 分 かる 領 収 証 及 び 個 別 の 診 療 報 酬 の 算 定 項 目 の 分 かる 明 細 書 の 交 付 について 標 記 については 電 子 情 報 処 理 組 織 の

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73>

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73> 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 (H6.1.1 現 在 ) A B B/A ( 参 考 ) 4 年 度 の 人 件 費 率 5 年 度 85,650 人 40,99,763 1,445,080 7,48,057 18.1%

More information

別紙3

別紙3 亀 山 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について これは 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の2 及 び 亀 山 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 条 例 第 1 号 )の 規 定 に 基 づき 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 公 表 するものです

More information

Ⅰ Ⅰ 方 法 等 について 1 介 護 給 付 費 書 等 の 受 付 について (1) 直 接 ( 窓 口 ) 受 付 ( 国 保 連 合 会 へ 直 接 書 等 を 持 ち 込 む 方 法 ) (ア) 締 切 毎 月 1 まで (イ) 時 間 午 前 8 時 分 から 午 後 5 時 15 分 受 付 最 終 1 については 土 曜 曜 及 び 祝 に 関 わらず 受 付 を 行 います (ウ)

More information

13_1304_ xlsx

13_1304_ xlsx 160-0017 東 京 都 新 宿 区 左 門 町 18 診 療 時 間 やアクセス 方 法 等 情 報 はこちら 機 能 区 分 選 択 状 況 (2014( 平 成 26) 年 7 月 1 日 時 点 機 能 ) 病 床 機 能 区 分 高 度 急 性 期 急 性 期 回 復 期 慢 性 期 未 回 答 機 能 区 分 選 択 状 況 (6 年 が 経 過 した 日 における 病 床 機 能

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

00本文

00本文 保 医 発 1 2 2 2 第 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁 平 成 26 年 度 第 1 回 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 平 成 26 年 11 月 保 健 福 祉 局 高 齢 福 祉 部 国 保 年 金 医 療 課 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁

More information

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について 江 戸 川 区 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 単 位 = 千 円 ( 参 考 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 (A) 実 質 収 支 人 件 費 (B) 24 年 度 の ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ) (B/A) 人 件 費 率 26 年 度 680,262 人 234,193,267

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

① 公 告 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 公 表 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 25 年 3 月 29 日 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (23 年 度 末 ) 23 年 度 2,973,174 A 1,165,215,035

More information

スライド 1

スライド 1 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 26 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても 指 定 介 護 予 防 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 第 一 届 出 手 続 の 運 用 1 届 出 の 受 理 (1) 届 出 書 類 の 受 取 り 指 定 事 業 者 側 から 統 一 的 な 届 出 様 式 及 び 添 付 書 類 により サービス 種 類 ごとの1 件 書 類 の 提

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

(\202g22\214\366\225\\.xls)

(\202g22\214\366\225\\.xls) 別 (1) 紙 3 区 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 分 住 民 基 本 (21 台 年 帳 度 人 末 口 ) 歳 出 額 A 人 件 費 別 海 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (2) 職 員 給 与 16,052 費 の 状 況 ( 普 14,873,338 通 会 計 決 算 ) 586,003千 円 2,316,507 千

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464>

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464> 京 都 府 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 平 成 27 年 12 月 京 都 府 この 報 告 書 は 京 都 府 における 職 員 数 や 給 与 勤 務 条 件 人 件 費 の 状 況 などを 広 く 府 民 の 皆 様 に 公 表 することにより 本 府 の 人 事 行 政 の 透 明 性 をさらに 高 めるとともに その 適 正 な 運 営 を 確 保 するた め 職 員

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った 資 料 1-1 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 について これまでの 経 緯 1986 年 1 月 :B 型 肝 炎 母 子 感 染 防 止 事 業 において 乳 児 に 対 する 感 染 防 止 事 業 を 開 始 1992 年 3 月 : WHOがB 型 肝 炎 ワクチンのユニバーサル 化 を 推 奨 2012 年 5 月 : 厚 生 科 学 審 議 会 感 染 症 分 科 会

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

<93EC89EF92C392AC8FE18A51959F8E C C9288EA8DEC90AC816A2E786C7378>

<93EC89EF92C392AC8FE18A51959F8E C C9288EA8DEC90AC816A2E786C7378> 目 次 各 種 手 帳 について 1 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 保 健 福 祉 手 帳 医 療 について 2~3 更 生 医 療 育 成 医 療 精 神 通 院 医 療 重 度 心 身 障 がい 者 医 療 費 助 成 人 工 透 析 通 院 交 通 費 助 成 事 業 手 当 について 4 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 制 度 特 別 障 害 者 手 当 障 害 児

More information

2. 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 23 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 件 費 とは 一 般 職 員 に 支 給 される 給 与 と 市 長 や 議 員 など 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 手 当 の 他 共 済 費 ( 社 会 保 険 料 の 事 業 主 負 担

2. 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 23 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 件 費 とは 一 般 職 員 に 支 給 される 給 与 と 市 長 や 議 員 など 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 手 当 の 他 共 済 費 ( 社 会 保 険 料 の 事 業 主 負 担 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1. 職 員 の 構 成 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 に 在 職 する 職 員 は 3,290 人 で 市 民 生 活 にかかわるさまざまな 仕 事 に 携 わっています 市 行 政 の 部 門 別 職 員 構 成 はグラフ1 職 種 別 の 職 員 構 成 はグラフ2のとおりです 部 門 別 職 員 構 成 3,290 3,421 3,374

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 21 年 度 末 ) 海 南 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 56,936 歳 出 額 A 人 件 費 人 件 費 率 21 年 度 人 24,714,658 実 質 収 支 B B/A ( 参 考 ) 平 成 20 年 度 の 人 件 費 率 210,690

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 42.8 類 似 団 体 平 均 年 齢 39.5 43.5 42.6 平 均 給 料 月 額 ( ベ

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 42.8 類 似 団 体 平 均 年 齢 39.5 43.5 42.6 平 均 給 料 月 額 ( ベ 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 237,074 62,820,258 千 2,607,274 千 13,549,661 千 21.6 % (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

2. 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

2. 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 平 成 25 年 度 人 件 費 とは 一 般 職 の 給 料 諸 手 当 退 職 手 当 共 済 組 合 負 担 金 公 務 災 害 補 償 費 のほか 市 議 員 等 特 別 職 の 給 料 報 酬 などを 含 みます ( 注 ) 1.

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任 別 紙 3 平 成 25 年 度 赤 平 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) 23 年 度 A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 12,234 8,75,43 376,599 1,329,315 15.2

More information

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する 資 料 2-2 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 に 関 する 意 見 書 ( 案 ) 平 成 28 年 1 月 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機

More information

26 年 4 月 1 日 のラスパイレス 指 数 が 13 年 前 に 比 べ1ポイント 以 上 上 昇 している 場 合 23 年 連 続 で 上 昇 して いる 場 合 31 を 超 えている 場 合 について その 理 由 及 び 改 善 の 見 込 み 該 当 なし (4) 給 与 制 度

26 年 4 月 1 日 のラスパイレス 指 数 が 13 年 前 に 比 べ1ポイント 以 上 上 昇 している 場 合 23 年 連 続 で 上 昇 して いる 場 合 31 を 超 えている 場 合 について その 理 由 及 び 改 善 の 見 込 み 該 当 なし (4) 給 与 制 度 八 幡 浜 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 2 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (26 年 1 月 1 日 ) 37,38 出 額 A 18,314,46 実 質 収 支 36,717 件 費 B 2,86,4 件 費 率 B/A % 1.6 ( 参 考 ) 24 年 度 の 件 費 率 % 1.7 (2) 職

More information

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収 ( 別 添 1) 特 別 の 法 律 により 設 立 される 民 間 法 人 の 運 営 に 関 する 指 導 監 督 基 準 に 基 づく 指 導 監 督 状 況 ( 平 成 2 5 年 度 ) 法 人 名 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 根 拠 法 令 名 1. 法 人 の 概 要 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 法 業 務 の 概 要 ( 平 成 15 年 10

More information

Microsoft Word - 999_○北区の国保 .docx

Microsoft Word - 999_○北区の国保 .docx 北 区 の 国 保 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 25 年 度 実 績 ) 東 京 都 北 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次. 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 第 10 組 織 と 事 務 分 掌 2 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 3 被 保 険 者 4 給 付 状 況 12 保 険 料 31 財 政 40 特 定 健 康 診

More information

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与 電 子 版 職 員 給 与 のあらまし < 公 営 企 業 版 > 平 成 24 年 度 目 次 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 2 工 業 用 水 道 事 業 3 下 水 道 事 業 4 自 動 車 運 送 事 業 5 高 速 度 鉄 道 事 業 6 病 院 事 業 < 問 い 合 わせ 先 > 上 下 水 道 局 総 務 部 総 務 課 交 通 局 総 務 部 労 務 課

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378> 保 発 0131 第 4 号 平 成 23 年 1 月 31 日 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 長 出 産 育 児 一 時 金 等 の 支 給 申 請 及 び 支 払 方 法 について 出 産 育 児 一 時 金 等 については 緊 急 の 少 子 化 対 策 の 一 環 として 安 心 して 出 産 できる 環 境 を 整 備 する 観 点 から 平 成 21 年 10

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

<87508CF6955C8CB48D652E786C73>

<87508CF6955C8CB48D652E786C73> 1 総 括 吹 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 16 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 平 成 15 年 度 の 人 件 費 率 平 成 16 年 度 345,51 人 1,2,449 千 268,4 千

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A 平 成 27 年 10 月 ( 第 3 版 ) 兵 庫 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 給 料 表 の 見 直 し ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 について, 国 の 見 直 し 内 容 を 踏 まえ 平 均

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 給 料 表 の 見 直 し ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 について, 国 の 見 直 し 内 容 を 踏 まえ 平 均 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 25 78,620 28,350,60,043,224 5,35,540 8.7 7.5 (2) 職 員 給 与 費 の 状

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 区 分 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 412,128 412,194 66 0.02 ( 注

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 区 分 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 412,128 412,194 66 0.02 ( 注 2 職 員 の 給 与 の 状 況 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 千 千 千 937,146 367,677,948 1,140,255 59,319,473 16.13 15.93 (

More information

Taro-27近代化要領本文

Taro-27近代化要領本文 新 潟 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 領 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 29 日 1 目 的 こ の 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 し つつ 病 院 に おける 患 者 の 療 養 環 境 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 衛 生 環 境 等 の 改 善 及 び へき 地

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

別紙1

別紙1 平 塚 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 (A ) 実 質 収 支 人 件 費 (B ) 人 件 費 率 (B / A ) ( 参 考 ) 平 成 22 年 度 の 人 件 費 率 平 成 平 成 24 年 3 月 31 日 %

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D>

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D> 保 発 第 0305002 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 事 務 局 長 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 局 長 医 療 費 の 内 容 の 分 かる 領 収 証 の 交 付 について の 一 部 改 正 について 標 記 については 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 59 号 )が 制 定 され 同 告

More information

Microsoft Word - 主な用語・事務事業の解説H24 2

Microsoft Word - 主な用語・事務事業の解説H24 2 資 料 主 な 用 語 事 務 事 業 の 解 説 一 般 1 医 療 保 険 制 度 医 療 保 険 は 疾 病 や 負 傷 の 際 の 医 療 費 を 補 償 し 十 分 な 医 療 が 受 けられることを 目 的 とする 保 険 制 度 で 次 のように 分 類 されている 現 在 国 民 の 全 てがいずれかの 制 度 に 加 入 しており こ れがいわゆる 国 民 皆 保 険 といわれている

More information

Taro-H25給与定員管理

Taro-H25給与定員管理 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 沖 縄 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 状 況 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 平 成 23 ( 平 成 24 年 度 末 ) A 実 質 収 支 B B A 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 平 成 24 年 度 1,437,994

More information

(3) 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 標 準 的 な 職 務 内 容 職 員 数 構 成 比 8 級 部 長 9 人 2.5% 7 級 次 長 監 6 人 1.6% 6 級 課 長 主 幹 42 人 11.4%

(3) 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 標 準 的 な 職 務 内 容 職 員 数 構 成 比 8 級 部 長 9 人 2.5% 7 級 次 長 監 6 人 1.6% 6 級 課 長 主 幹 42 人 11.4% 半 田 市 告 示 第 122 号 半 田 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 半 田 市 条 例 第 2 号 )6 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 における 半 田 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 26 年 12 月 9 日 半 田 市 長 榊

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

医療法人等に係る所得金額の計算書

医療法人等に係る所得金額の計算書 (お 知 らせ) 本 手 引 きは 平 成 25 年 度 に 改 正 しました 変 更 点 は 赤 文 字 となっています 申 告 書 作 成 に あたっては 変 更 点 に 留 意 いただきますようお 願 いします なお 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 から 適 用 します ( 主 な 変 更 点 ) 各 種 補 助 金 助 成 金 の 取 扱 い(P9~10)や

More information

<81798AAE90AC94C5817A483236906C8E968D7390AD81694832372E348C668DDA94C5816A288F4390B3292E786C73>

<81798AAE90AC94C5817A483236906C8E968D7390AD81694832372E348C668DDA94C5816A288F4390B3292E786C73> 函 館 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 25 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 (25 年 12 月 31 日 ) 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B/A 人 274,485 135,133,615 1,560,497 17,631,082 B 人 件 費 率 13.1 ( 参 考 ) 24

More information

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知)

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知) 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

Microsoft Word - 24kyuyoteiinkanri.doc

Microsoft Word - 24kyuyoteiinkanri.doc 芦 屋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A 人 23 年 度 94,463 35,526,420 1,552,807 7,922,645 22.3 ( 参 考 ) 22 年 度 の

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ア 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ア 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 森 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 24 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 割 合 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 %

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63> 別 紙 3 亀 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 24 年 度 版 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 92,241 32,809,597 千

More information