(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す"

Transcription

1 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同 時 にこれまで 行 われてきた 議 論 を 踏 まえて 論 点 を 整 理 したものが 出 されています 4 つの 視 点 にまとめられていますので 改 めて 整 理 しておきましょう 本 文 は 末 尾 にリンクを 記 載 しております キーワードは 多 職 種 協 働 ( 連 携 ) 機 能 分 化 在 宅 医 療 適 正 化 ICTの 活 用 地 域 包 括 ケア かかりつけ 医 かかりつけ 歯 科 医 師 かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 認 知 症 看 取 り 重 症 化 予 防 リハビリテーション Ⅰ 地 域 包 括 ケアシステムの 推 進 と 医 療 機 能 の 分 化 強 化 連 携 に 関 する 視 点 Ⅰ 1 医 療 機 能 に 応 じた 入 院 医 療 の 評 価 について (1) 一 般 病 棟 用 の 重 症 度 医 療 看 護 必 要 度 項 目 重 症 者 割 合 の 基 準 見 直 し 手 術 直 後 の 患 者 救 急 搬 送 後 の 患 者 認 知 症 せん 妄 の 患 者 等 の 急 性 期 に 密 度 の 高 い 医 療 を 必 要 とする 状 態 が 適 切 に 評 価 されるように (2) 一 般 病 棟 入 院 基 本 料 7 対 1 から 10 対 1 入 院 基 本 料 へ 転 換 する 際 の 配 慮 病 棟 群 単 位 での 届 出 により 雇 用 等 の 急 激 な 変 動 を 緩 和 する 仕 組 みを 設 ける (3) 7 対 1 入 院 基 本 料 等 の 施 設 基 準 見 直 し 在 宅 復 帰 率 に 関 する 基 準 を 見 直 す (4) 特 定 集 中 治 療 室 用 の 重 症 度 医 療 看 護 必 要 度 評 価 見 直 し 重 症 患 者 に 対 する 評 価 A 項 目 見 直 す B 項 目 は 評 価 の 簡 素 化 を 図 る (5) 短 期 滞 在 手 術 等 基 本 料 3 の 対 象 見 直 し 一 定 程 度 治 療 法 の 標 準 化 した 手 術 等 診 療 の 実 態 を 踏 まえ 一 部 の 手 術 等 の 評 価 の 精 緻 化 等 を 行 う (6) 総 合 入 院 体 制 加 算 総 合 的 かつ 専 門 的 な 急 性 期 医 療 を 適 切 に 評 価 1 総 合 入 院 体 制 加 算 1 化 学 療 法 の 要 件 を 見 直 し 急 性 期 患 者 に 対 する 医 療 の 提 供 密 度 に 関 する 要 件 等 を 追 加 2 総 合 入 院 体 制 加 算 2 要 件 見 直 し 実 績 要 件 認 知 症 精 神 疾 患 患 者 等 の 受 入 体 制 に 関 する 要 件 等 を 追 加 (7) 地 域 包 括 ケア 病 棟 入 院 料 の 包 括 範 囲 等 を 見 直 す 比 較 的 軽 度 な 急 性 期 患 者 に 対 する 入 院 医 療 を 整 備 する 観 点 (8) 療 養 病 棟 入 院 基 本 料 2 医 療 区 分 の 高 い 患 者 の 受 入 れに 関 する 基 準 を 設 ける (9) 療 養 病 棟 入 院 基 本 料 を 算 定 する 病 棟 医 療 区 分 の 評 価 を 見 直 し 酸 素 療 法 うつ 状 態 及 び 頻 回 な 血 糖 検 査 の 項 目 1/17

2 (10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 する 脳 卒 中 患 者 等 療 養 病 棟 の 患 者 と 同 一 の 状 態 にある 者 (12) 入 院 中 の 他 医 療 機 関 受 診 時 の 減 算 について 控 除 率 の 緩 和 診 療 科 が 少 ない 医 療 機 関 等 への 配 慮 (13) 診 療 報 酬 上 の 地 域 加 算 について 対 象 地 域 等 を 見 直 す (14) 医 療 資 源 の 少 ない 地 域 対 象 となるよう 対 象 地 域 に 関 する 要 件 等 を 見 直 す (15) 一 類 感 染 症 患 者 入 院 医 療 管 理 料 の 評 価 発 生 時 に 対 応 しやすい 体 系 感 染 症 法 の 入 院 措 置 中 であれば 算 定 できるよう 見 直 す (16) 結 核 病 棟 入 院 基 本 料 標 準 的 な 入 院 期 間 の 患 者 の 早 期 退 院 を 促 すよう 見 直 す Ⅰ-2 チーム 医 療 の 推 進 勤 務 環 境 の 改 善 業 務 効 率 化 の 取 組 等 を 通 じた 医 療 従 事 者 の 負 担 軽 減 人 材 確 保 について (1) 医 師 事 務 作 業 補 助 体 制 加 算 の 加 算 1 評 価 及 び 当 該 加 算 の 算 定 対 象 を 拡 充 (2) 看 護 職 員 の 夜 勤 体 制 月 平 均 夜 勤 時 間 の 計 算 方 法 を 見 直 す 月 平 均 夜 勤 時 間 数 の 基 準 のみ 満 たさなくなった 場 合 については 水 準 等 見 直 し (3) 夜 間 の 看 護 業 務 の 負 担 軽 減 促 進 を 評 価 し 充 実 させる 1 7 対 1 又 は 10 対 1 一 般 病 棟 入 院 基 本 料 看 護 職 員 の 手 厚 い 夜 間 配 置 の 評 価 2 7 対 1 又 は 10 対 1 一 般 病 棟 入 院 基 本 料 看 護 補 助 者 の 夜 間 配 置 の 評 価 3 13 対 1 一 般 病 棟 入 院 基 本 料 看 護 補 助 者 の 夜 間 配 置 の 評 価 を 新 設 (4) 看 護 補 助 業 務 看 護 補 助 者 が 事 務 的 業 務 を 実 施 できることを 明 確 化 する (5) 診 療 報 酬 制 度 上 の 常 勤 の 取 扱 いについて 柔 軟 な 対 応 を 考 慮 産 前 産 後 休 業 育 児 介 護 休 業 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 扱 いを 明 確 化 (6) 脳 卒 中 ケアユニット 入 院 医 療 管 理 料 配 置 医 師 に 関 する 要 件 の 緩 和 医 療 機 関 の 外 にいる 医 師 が 夜 間 等 に 迅 速 に 診 療 上 の 判 断 ができる 体 制 が 整 備 されている 場 合 を 考 慮 (7) 画 像 診 断 管 理 加 算 条 件 の 緩 和 医 療 機 関 の 常 勤 医 師 が 夜 間 休 日 に 当 該 医 療 機 関 以 外 の 場 所 で 読 影 した 場 合 (8) 手 術 処 置 の 時 間 外 等 加 算 1 病 院 全 体 で 届 出 をする 場 合 の 条 件 緩 和 予 定 手 術 の 前 日 における 当 直 等 の 日 数 の 上 限 を 規 模 に 応 じて 緩 和 (9) 周 術 期 口 腔 機 能 管 理 医 療 機 関 相 互 の 連 携 等 の 見 直 しを 行 う 1 周 術 期 口 腔 機 能 管 理 後 手 術 加 算 の 評 価 拡 充 医 科 と 歯 科 の 連 携 を 推 進 評 価 悪 性 腫 瘍 手 術 等 歯 科 医 師 が 周 術 期 口 腔 機 能 管 理 を 実 施 した 場 合 に 算 定 等 2 歯 科 を 標 榜 している 病 院 に 係 る 歯 科 訪 問 診 療 料 の 要 件 を 見 直 す 3 周 術 期 口 腔 機 能 管 理 料 (Ⅲ) 対 象 患 者 及 び 対 象 期 間 を 見 直 し がん 等 に 係 る 放 射 線 治 療 又 は 化 学 療 法 の 治 療 期 間 中 の 患 者 当 該 患 者 に 対 する 周 術 期 専 門 的 口 腔 衛 生 処 置 を 評 価 (10) 院 内 及 び 院 外 の 歯 科 医 師 栄 養 サポートチームの 一 員 として 診 療 を 実 施 した 場 合 を 評 価 2/17

3 Ⅰ-3 地 域 包 括 ケアシステム 推 進 のための 取 組 の 強 化 について Ⅰ-3-1 かかりつけ 医 かかりつけ 歯 科 医 かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 の 機 能 の 評 価 について (1) 地 域 包 括 診 療 料 又 は 地 域 包 括 診 療 加 算 の 対 象 となる 患 者 の 範 囲 を 拡 充 脂 質 異 常 症 高 血 圧 症 糖 尿 病 以 外 の 疾 患 を 有 する 認 知 症 患 者 に 広 げる 等 (2) 小 児 科 のかかりつけ 医 機 能 推 進 適 切 な 専 門 医 療 機 関 等 と 連 携 することにより 継 続 的 かつ 全 人 的 な 医 療 を 評 価 (3) 地 域 包 括 ケアシステムの 中 で 地 域 完 結 型 医 療 を 推 進 する 上 での 歯 科 医 の 評 価 定 期 的 継 続 的 な 口 腔 管 理 により 口 腔 疾 患 の 重 症 化 を 予 防 し 歯 の 喪 失 リスクの 低 減 1 エナメル 質 初 期 う 蝕 に 対 する 定 期 的 かつ 継 続 的 な 管 理 を 評 価 2 歯 周 基 本 治 療 等 終 了 後 の 病 状 安 定 期 にある 患 者 定 期 的 かつ 継 続 的 な 管 理 を 評 価 3 口 腔 機 能 の 低 下 により 摂 食 機 能 障 害 を 有 する 在 宅 患 者 包 括 的 な 管 理 を 評 価 (4) かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 の 評 価 1 薬 学 管 理 料 の 評 価 処 方 医 と 連 携 して 患 者 の 服 薬 状 況 を 一 元 的 継 続 的 に 把 握 した 上 で 患 者 に 対 して 服 薬 指 導 等 を 行 う 業 務 2 1の 評 価 に 加 え 調 剤 料 薬 学 管 理 料 等 に 係 る 業 務 を 包 括 的 な 点 数 で 評 価 することも 可 能 地 域 包 括 診 療 料 又 は 地 域 包 括 診 療 加 算 が 算 定 される 患 者 に 対 して 行 う 場 合 3 基 準 調 剤 加 算 かかりつけ 薬 剤 師 が 役 割 を 発 揮 できる 薬 局 の 体 制 及 び 機 能 を 評 価 在 宅 訪 問 の 実 施 開 局 時 間 相 談 時 のプライバシーへの 配 慮 等 の 要 件 を 見 直 す 4 かかりつけ 薬 剤 師 を 持 つことの 意 義 利 点 等 を 含 め 患 者 に 対 する 丁 寧 な 情 報 提 供 を 推 進 Ⅰ-3-2 医 師 歯 科 医 師 薬 剤 師 看 護 師 等 による 多 職 種 連 携 の 取 組 の 強 化 等 について (1) 特 定 集 中 治 療 室 等 の 高 度 急 性 期 医 療 を 担 う 治 療 室 薬 剤 師 を 配 置 多 職 種 の 連 携 を 評 価 (2) 管 理 栄 養 士 が 行 う 栄 養 食 事 指 導 評 価 と 要 件 緩 和 がん 摂 食 嚥 下 機 能 低 下 低 栄 養 の 患 者 に 拡 大 する 充 実 した 指 導 を 評 価 する (3) 周 術 期 口 腔 機 能 管 理 を 推 進 する 医 療 機 関 相 互 の 連 携 等 見 直 しを 行 う (Ⅰ-2(9) 再 掲 ) 1 周 術 期 口 腔 機 能 管 理 後 手 術 加 算 周 術 期 における 医 科 と 歯 科 の 連 携 を 推 進 するよう 評 価 2 歯 科 を 標 榜 している 病 院 に 係 る 歯 科 訪 問 診 療 料 の 要 件 を 見 直 す 4 周 術 期 口 腔 機 能 管 理 料 (Ⅲ)について 対 象 患 者 及 び 対 象 期 間 の 見 直 しを 行 う 当 該 患 者 に 対 する 周 術 期 専 門 的 口 腔 衛 生 処 置 を 評 価 する (4) 医 科 と 歯 科 の 連 携 による 栄 養 サポートの 推 進 院 内 院 外 の 歯 科 医 師 が 実 施 した 場 合 評 価 (I-2(10) 再 掲 ) Ⅰ-3-3 患 者 が 安 心 納 得 して 退 院 し 早 期 に 住 み 慣 れた 地 域 で 療 養 や 生 活 を 継 続 できるため の 取 組 の 推 進 について (1) 退 院 支 援 に 積 極 的 に 取 り 組 んでいる 医 療 機 関 や 医 療 機 関 間 の 連 携 に 対 する 評 価 を 推 進 1 積 極 的 な 退 院 支 援 病 棟 への 退 院 支 援 職 員 の 配 置 を 行 う 等 評 価 充 実 2 新 生 児 特 定 集 中 治 療 室 からの 退 院 や 地 域 連 携 診 療 計 画 を 活 用 した 医 療 機 関 間 の 連 携 簡 素 化 及 び 更 なる 推 進 を 図 る 観 点 から 評 価 を 見 直 す 3/17

4 3 退 院 支 援 に 係 る 評 価 のうち 算 定 回 数 が 少 ない 一 部 の 項 目 を 廃 止 (3) 退 院 直 後 の 一 定 期 間 退 院 支 援 及 び 訪 問 看 護 ステーションとの 連 携 のために 入 院 医 療 機 関 から 行 う 訪 問 指 導 について 評 価 医 療 ニーズが 高 い 患 者 が 安 心 安 全 に 在 宅 療 養 に 移 行 し 在 宅 療 養 を 継 続 するための 支 援 Ⅰ-4 質 の 高 い 在 宅 医 療 訪 問 看 護 の 確 保 について (1) 患 者 の 状 態 及 び 居 住 場 所 に 応 じたきめ 細 かな 評 価 を 実 施 比 較 的 重 症 患 者 から 軽 症 な 患 者 まで 幅 広 い 患 者 に 対 し 診 療 が 行 われている 1 特 定 施 設 入 居 時 等 医 学 総 合 管 理 料 の 対 象 施 設 を 見 直 すとともに 名 称 の 変 更 を 行 う 2 在 宅 時 医 学 総 合 管 理 料 特 定 施 設 入 居 時 等 医 学 総 合 管 理 料 について( 見 直 し) ア 月 1 回 の 訪 問 診 療 による 管 理 料 の 新 設 イ 重 症 度 が 高 い 患 者 の 評 価 の 拡 充 ウ 同 一 建 物 居 住 者 の 場 合 の 定 義 の 見 直 し 及 び 同 一 建 物 での 診 療 人 数 による 評 価 の 細 分 化 3 在 宅 患 者 訪 問 診 療 料 に 係 る 同 一 建 物 居 住 者 の 場 合 の 評 価 を 見 直 す (2) 機 能 強 化 型 在 宅 療 養 支 援 診 療 所 等 の 実 績 として 重 症 児 に 対 する 医 学 管 理 の 実 績 を 評 価 小 児 在 宅 医 療 に 積 極 的 に 取 り 組 んでいる 医 療 機 関 を 評 価 する 観 点 従 来 どおり 看 取 り 実 績 を 入 れたうえで 評 価 を 検 討 (3) 外 来 応 需 体 制 を 有 しない 在 宅 医 療 を 専 門 に 実 施 する 診 療 所 を 評 価 在 宅 医 療 の 提 供 体 制 を 補 完 (4) 休 日 の 往 診 及 び 十 分 な 看 取 りの 実 績 を 有 する 医 療 機 関 に 関 する 評 価 の 充 実 を 図 る 在 宅 医 療 において より 充 実 した 診 療 を 行 っている 医 療 機 関 を 評 価 するため (5) 在 宅 自 己 注 射 の 適 正 な 評 価 を 行 うため 以 下 のような 見 直 しを 行 う 1 現 行 の 注 射 指 導 回 数 に 応 じた 評 価 の 差 を 縮 小 疾 患 の 医 学 管 理 に 関 する 評 価 に 配 慮 2 1 人 の 患 者 が 2 以 上 の 医 療 機 関 で 異 なる 疾 患 に 対 して 当 該 指 導 管 理 を 受 ける 場 合 の 評 価 それぞれの 医 療 機 関 において 当 該 指 導 管 理 料 を 算 定 できることを 検 討 (6) 在 宅 呼 吸 療 法 の 適 正 な 評 価 のための 見 直 し 円 滑 な 継 続 を 図 る 1 在 宅 酸 素 療 法 指 導 管 理 料 及 び 在 宅 持 続 陽 圧 呼 吸 療 法 指 導 管 理 料 について 医 師 の 判 断 に 基 づき 患 者 が 受 診 しない 月 においても 材 料 等 に 相 当 する 費 用 の 算 定 を 考 慮 2 睡 眠 時 無 呼 吸 症 候 群 又 は 慢 性 心 不 全 を 合 併 している 患 者 に 対 するASV 療 法 について 在 宅 持 続 陽 圧 呼 吸 療 法 指 導 管 理 料 の 評 価 見 直 し 材 料 加 算 を 新 設 (7) 効 果 的 効 率 的 で 質 の 高 い 訪 問 看 護 の 提 供 体 制 を 確 保 するため 以 下 のような 見 直 しを 行 う 1 機 能 の 高 い 訪 問 看 護 ステーションの 実 績 要 件 を 実 情 に 即 して 評 価 重 症 児 の 訪 問 看 護 に 積 極 的 に 取 り 組 む 訪 問 看 護 ステーションを 評 価 2 病 院 診 療 所 からの 訪 問 看 護 の 評 価 の 充 実 在 宅 医 療 のニーズの 増 大 に 対 応 した 訪 問 看 護 の 提 供 体 制 を 確 保 3 在 宅 療 養 に 必 要 な 衛 生 材 料 や 保 健 医 療 材 料 を 提 供 した 場 合 の 評 価 訪 問 看 護 を 指 示 した 医 療 機 関 が 必 要 かつ 十 分 な 量 の 衛 生 材 料 又 は 保 険 医 療 材 料 を 提 供 し た 場 合 について 評 価 4 在 宅 医 療 で 訪 問 診 療 往 診 日 以 外 に 行 った 検 体 採 取 等 への 診 療 報 酬 上 の 取 扱 いの 明 確 化 4/17

5 医 師 の 指 示 に 基 づく 検 体 採 取 使 用 した 特 定 保 険 医 療 材 料 及 び 薬 剤 など 5 病 院 診 療 所 等 と 訪 問 看 護 ステーションの 利 用 複 数 の 訪 問 看 護 ステーションの 組 合 せと 同 様 に 末 期 の 悪 性 腫 瘍 神 経 難 病 等 の 利 用 者 に 限 られるよう 見 直 す 6 医 療 ニーズが 高 く 複 数 の 訪 問 看 護 ステーションからの 訪 問 を 受 けている 利 用 者 同 一 日 に 2 か 所 目 の 訪 問 看 護 ステーションが 緊 急 訪 問 実 施 を 評 価 (8) 歯 科 における 効 率 的 で 質 の 高 い 在 宅 医 療 の 提 供 体 制 を 確 保 するための 以 下 の 見 直 し 1 在 宅 かかりつけ 歯 科 診 療 所 加 算 の 施 設 基 準 及 び 名 称 の 見 直 し 在 宅 を 中 心 としつつ 地 域 の 病 院 等 とも 連 携 して 歯 科 訪 問 診 療 を 実 施 している 歯 科 診 療 所 を 評 価 する 2 口 腔 機 能 が 低 下 し 摂 食 機 能 障 害 を 有 する 患 者 に 対 する 口 腔 機 能 の 管 理 包 括 的 な 評 価 3 歯 科 訪 問 診 療 料 歯 科 訪 問 診 療 の 実 態 に 即 したものとするため 以 下 の 様 な 見 直 しを 行 う ア 同 一 建 物 で 1 人 に 対 して 歯 科 訪 問 診 療 を 行 う 場 合 長 時 間 の 評 価 を 見 直 し 患 者 の 全 身 状 態 等 により 診 療 時 間 が 20 分 未 満 となる 場 合 イ 同 一 の 患 家 において 2 人 以 上 歯 科 訪 問 診 療 を 行 った 場 合 の 評 価 の 見 直 し 同 居 する 同 一 世 帯 の 複 数 の 患 者 に 対 して 診 療 をした 場 合 等 ウ 特 別 の 関 係 にある 施 設 等 に 訪 問 して 歯 科 訪 問 診 療 を 行 った 場 合 の 評 価 を 見 直 す 4 歯 科 訪 問 診 療 料 の 適 正 化 同 一 建 物 において 同 一 日 に 複 数 の 患 者 に 対 して 歯 科 訪 問 診 療 を 行 った 場 合 等 5 歯 科 訪 問 診 療 で 行 う 処 置 等 の 評 価 の 見 直 し 歯 科 訪 問 診 療 で 求 められる 診 療 の 重 要 性 及 び 困 難 性 を 考 慮 6 栄 養 サポートチーム 等 に 加 わり その 評 価 に 基 づいて 歯 科 訪 問 診 療 を 行 った 場 合 を 評 価 する 歯 科 の 標 榜 がない 病 院 に 入 院 中 又 は 介 護 保 険 施 設 に 入 所 中 の 患 者 に 対 して 歯 科 訪 問 診 療 を 行 う 歯 科 医 師 が 訪 問 診 療 した 場 合 (9) 在 宅 薬 剤 管 理 指 導 業 務 を 推 進 する 観 点 から 以 下 のような 見 直 しを 行 う 1 在 宅 薬 剤 管 理 指 導 業 務 医 師 との 連 携 による 薬 剤 師 の 在 宅 業 務 を 推 進 するため 医 師 の 処 方 内 容 に 対 する 疑 義 照 会 に 伴 い 処 方 変 更 が 行 われた 場 合 を 評 価 2 在 宅 患 者 訪 問 薬 剤 管 理 指 導 料 評 価 の 見 直 し 薬 剤 師 1 人 が 行 う 算 定 制 限 の 見 直 し 同 一 世 帯 に 居 住 している 複 数 の 患 者 に 対 して 薬 剤 管 理 指 導 業 務 を 行 った 場 合 の 見 直 し 医 療 機 関 の 薬 剤 師 が 行 うものも 評 価 を 見 直 す 3 介 護 老 人 福 祉 施 設 に 入 所 している 患 者 施 設 訪 問 して 保 険 薬 剤 師 が 行 う 薬 学 的 管 理 を 評 価 施 設 での 適 切 な 服 薬 管 理 等 を 支 援 するため (10) 医 療 機 関 の 薬 剤 師 が 行 う 在 宅 患 者 訪 問 薬 剤 管 理 指 導 料 について Ⅰ-4(9)2に 合 わせて 見 直 す Ⅰ-5 医 療 保 険 制 度 改 革 法 も 踏 まえた 外 来 医 療 の 機 能 分 化 について 5/17

6 (1) 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 見 直 し 1 保 険 医 療 機 関 及 び 保 険 医 療 養 担 当 規 則 等 を 改 正 し 定 額 の 徴 収 を 責 務 とする 特 定 機 能 病 院 及 び 一 般 病 床 500 床 以 上 の 地 域 医 療 支 援 病 院 は 現 行 の 選 定 療 養 の 枠 組 で! 2 定 額 は 徴 収 する 金 額 の 最 低 金 額 として 設 定 する( 最 低 金 額 は 医 科 歯 科 で 異 なる 設 定 ) 3 定 額 負 担 を 求 めない 患 者 ケースを 検 討 現 行 制 度 と 同 様 に 緊 急 その 他 やむを 得 ない 事 情 がある 場 合 とする < 例 > 緊 急 の 患 者 公 費 負 担 医 療 制 度 の 対 象 患 者 無 料 低 額 診 療 事 業 の 対 象 患 者 HIV 感 染 者 /など 4 その 他 定 額 負 担 を 求 めなくて 良 い 患 者 ケースを 定 める Ⅱ 患 者 にとって 安 心 安 全 で 納 得 できる 効 果 的 効 率 的 で 質 が 高 い 医 療 を 実 現 する 視 点 Ⅱ-1 かかりつけ 医 の 評 価 かかりつけ 歯 科 医 の 評 価 かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 の 評 価 について (1) 地 域 包 括 診 療 料 又 は 地 域 包 括 診 療 加 算 の 対 象 となる 患 者 の 範 囲 を 拡 充 (Ⅰ-3-1(1) 再 掲 ) 目 的 は 主 治 医 機 能 の 評 価 を 推 進 するため 脂 質 異 常 症 高 血 圧 症 糖 尿 病 以 外 の 疾 患 を 有 する 認 知 症 患 者 に 広 げる 等 の 拡 充 を 検 討 (2) 小 児 外 来 医 療 について(Ⅰ-3-1(2) 再 掲 ) 継 続 的 に 受 診 する 患 者 の 同 意 の 下 適 切 な 専 門 医 療 機 関 等 と 連 携 することにより 継 続 的 かつ 全 人 的 な 医 療 を 行 うことを 総 合 的 に 評 価 する (3) かかりつけ 歯 科 医 の 機 能 を 評 価 するための 見 直 し(Ⅰ-3-1(3) 再 掲 ) 目 的 は 地 域 包 括 ケアシステムの 中 で 地 域 完 結 型 医 療 を 推 進 することと 定 期 的 かつ 継 続 的 な 口 腔 管 理 により 口 腔 疾 患 の 重 症 化 を 予 防 し 歯 の 喪 失 リスクを 低 減 する 1 エナメル 質 初 期 う 蝕 に 対 する 定 期 的 かつ 継 続 的 な 管 理 を 評 価 2 歯 周 基 本 治 療 等 終 了 後 の 病 状 安 定 期 にある 患 者 に 対 する 定 期 的 かつ 継 続 的 な 管 理 を 評 価 3 口 腔 機 能 の 低 下 により 摂 食 機 能 障 害 を 有 する 在 宅 患 者 に 対 する 包 括 的 な 管 理 を 評 価 (4) かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 を 以 下 のように 評 価 する (Ⅰ-3-1(4) 再 掲 ) 目 的 は 患 者 本 位 の 医 薬 分 業 の 実 現 患 者 の 服 薬 状 況 を 一 元 的 継 続 的 に 把 握 して 業 務 を 実 施 する かかりつけ 薬 剤 師 は 患 者 が 選 択 する 1 薬 学 管 理 料 として 評 価 処 方 医 と 連 携 して 患 者 の 服 薬 状 況 を 一 元 的 継 続 的 に 把 握 した 上 で 患 者 に 対 して 服 薬 指 導 等 を 行 う 業 務 2 調 剤 料 薬 学 管 理 料 等 に 係 る 業 務 を 包 括 的 な 点 数 で 評 価 する 場 合 の 設 定 1の 評 価 に 加 え 地 域 包 括 診 療 料 又 は 地 域 包 括 診 療 加 算 が 算 定 される 患 者 に 対 してかかり つけ 薬 剤 師 が 業 務 を 行 う 場 合 3 在 宅 訪 問 の 実 施 開 局 時 間 相 談 時 のプライバシーへの 配 慮 等 の 要 件 を 見 直 す 6/17

7 かかりつけ 薬 剤 師 が 役 割 を 発 揮 できる 薬 局 の 体 制 及 び 機 能 を 評 価 するため 基 準 調 剤 加 算 について 患 者 のための 薬 局 ビジョン を 踏 まえて 要 件 を 見 直 す 4 患 者 が 薬 局 における 業 務 内 容 及 びその 費 用 を 理 解 できるよう かかりつけ 薬 剤 師 を 持 つこと の 意 義 利 点 等 を 含 め 患 者 に 対 して 丁 寧 な 情 報 提 供 を 推 進 する Ⅱ-2 情 報 通 信 技 術 (ICT)を 活 用 した 医 療 連 携 や 医 療 に 関 するデータの 収 集 利 活 用 の 推 進 に ついて (1) 診 療 情 報 提 供 書 等 の 電 子 的 に 送 受 信 すること 安 全 性 の 確 保 の 担 保 が 必 要 電 子 的 に 署 名 を 行 うこと 安 全 性 を 確 保 した 上 であることが 必 要 また 診 療 情 報 提 供 書 と 併 せて 検 査 結 果 画 像 情 報 等 を 電 子 的 に 送 受 共 有 する 場 合 及 び 電 子 的 に 共 有 された 検 査 結 果 画 像 情 報 を 活 用 した 場 合 について 評 価 する (2) 10 対 1 入 院 基 本 料 についても データの 提 出 に 関 する 基 準 を 新 設 急 性 期 を 担 う 医 療 機 関 の 機 能 及 び 役 割 を 適 切 に 分 析 評 価 するため (3) 遠 隔 モニタリングによる 心 臓 ペースメーカー 指 導 管 理 の 評 価 について 医 師 の 判 断 により 患 者 の 状 態 等 に 応 じて 最 大 12 か 月 までで 受 診 間 隔 を 選 択 その 間 の 月 数 に 応 じて 次 回 来 院 時 に 遠 隔 モニタリングによる 指 導 管 理 に 対 する 評 価 を 上 乗 せすることを 可 能 とする (4) お 薬 手 帳 については 電 子 版 の 手 帳 であっても 紙 媒 体 と 同 等 の 機 能 を 有 する 場 合 算 定 上 紙 媒 体 の 手 帳 と 同 様 の 取 扱 いを 可 能 とする Ⅱ-3 質 の 高 いリハビリテーションの 評 価 等 患 者 の 早 期 の 機 能 回 復 の 推 進 について (1) 回 復 期 リハビリテーション 病 棟 アウトカム 評 価 の 基 準 を 設 定 リハビリテーションの 質 に 応 じた 評 価 を 推 進 するため 一 定 の 水 準 に 達 しない 医 療 機 関 については 疾 患 別 リハビリテーション 料 の 評 価 を 見 直 す (2) 回 復 期 リハビリテーション 病 棟 入 院 料 の 体 制 強 化 加 算 を 届 出 る 医 療 機 関 の 専 従 常 勤 医 師 の 要 件 の 見 直 し 地 域 包 括 ケアシステムの 中 でリハビリテーションを 推 進 する 観 点 入 院 時 と 退 院 後 の 医 療 についてつながりを 保 って 提 供 できるように 入 院 外 の 診 療 にも 一 定 程 度 従 事 可 能 とする 見 直 しを 行 う (3) 現 行 のADL 維 持 向 上 等 体 制 加 算 の 評 価 及 び 施 設 基 準 を 一 部 見 直 す 急 性 期 における 早 期 からのリハビリテーションの 実 施 を 促 進 するため 質 や 密 度 の 高 い 介 入 を 行 っていると 認 められる 病 棟 の 評 価 を 充 実 させる (4) 早 期 からのリハビリテーションを 推 進 するための 評 価 の 適 正 化 疾 患 別 リハビリテーション 料 の 初 期 加 算 及 び 早 期 リハビリテーション 加 算 の 評 価 1 慢 性 疾 患 について 原 則 として 初 期 加 算 及 び 早 期 リハビリテーション 加 算 の 対 象 としない 2 疾 患 別 リハビリテーション 料 における 初 期 加 算 及 び 早 期 リハ 加 算 の 算 定 起 算 日 を 見 直 す 3 疾 患 別 リハビリテーション 料 の 標 準 的 算 定 日 数 等 に 係 る 起 算 日 を 見 直 す 7/17

8 (5) 廃 用 症 候 群 に 対 するリハビリテーションに 対 する 評 価 新 たな 疾 患 別 リハビリテーション 料 として 設 ける 廃 用 症 候 群 の 特 性 に 応 じたリハビリテーションを 実 施 するため (6) 医 療 と 介 護 の 役 割 分 担 の 観 点 から 1 要 介 護 被 保 険 者 に 対 する 維 持 期 リハビリテーションの 介 護 保 険 への 移 行 を 図 る 2 要 介 護 被 保 険 者 等 に 対 するリハビリテーションについて 目 標 設 定 支 援 等 に 係 る 評 価 を 新 設 3 医 療 保 険 と 介 護 保 険 のリハビリテーションに 係 る 併 給 を 拡 大 する (7) 心 大 血 管 疾 患 リハビリテーション 料 の 施 設 基 準 を 緩 和 心 大 血 管 疾 患 リハビリテーションの 普 及 を 図 るため (8) 医 療 機 関 外 におけるリハビリテーションの 対 象 の 検 討 条 件 付 の 算 定 社 会 復 帰 等 を 指 向 したリハビリテーションを 促 進 するため IADL( 手 段 的 日 常 生 活 活 動 ) 及 び 社 会 生 活 における 活 動 能 力 の 獲 得 のために 入 院 患 者 に 対 し 実 際 の 状 況 における 訓 練 を 行 うことが 必 要 な 場 合 に 限 る (9) 施 設 基 準 に 応 じて 疾 患 別 リハビリテーション 料 の 評 価 を 見 直 す (10) 難 病 患 者 リハビリテーション 料 等 における 専 従 規 定 を 緩 和 リハビリテーション 専 門 職 が 効 率 的 に 勤 務 できるようにするため (11) リンパ 浮 腫 に 対 する 複 合 的 治 療 に 係 る 項 目 の 新 設 等 を 行 う リンパ 浮 腫 の 患 者 に 対 する 治 療 を 充 実 する 観 点 から 検 討 (12) 摂 食 機 能 療 法 推 進 する 観 点 1 対 象 となる 患 者 の 範 囲 を 拡 大 し 2 経 口 摂 取 回 復 促 進 加 算 について 要 件 を 緩 和 した 新 たな 区 分 を 設 ける Ⅱ-4 明 細 書 無 料 発 行 の 推 進 について 〇 明 細 書 の 無 料 発 行 について 更 なる 促 進 策 を 講 じる 公 費 負 担 医 療 の 対 象 である 患 者 等 一 部 負 担 金 の 支 払 いがない 患 者 に 対 するものを 設 定 Ⅲ 重 点 的 な 対 応 が 求 められる 医 療 分 野 を 充 実 する 視 点 の 確 保 等 について 実 態 を 踏 まえた 要 件 に 見 なおす Ⅲ-1 緩 和 ケアを 含 む 質 の 高 いがん 医 療 の 評 価 について (1) 小 児 がん 医 療 に 必 要 な 診 療 機 能 を 備 えた 小 児 がん 拠 点 病 院 についても その 体 制 を 評 価 がん 医 療 の 更 なる 均 てん 化 のため 地 域 がん 診 療 病 院 及 び 小 児 がん 医 療 の 診 療 機 能 を 集 約 化 することを 目 的 (2) 終 末 期 に 近 いがん 患 者 について 外 来 から 在 宅 への 連 携 を 評 価 外 来 で 治 療 を 受 けるがん 患 者 が 適 切 な 時 期 に 在 宅 医 療 への 紹 介 を 受 けることで 終 末 期 によ り 質 の 高 い 在 宅 でのケアを 受 けることができるようにする (3) 在 宅 緩 和 ケアを 受 ける 患 者 の 増 悪 時 の 受 入 れ 等 地 域 連 携 の 取 組 等 について 評 価 緩 和 ケア 病 棟 が 在 宅 生 活 を 支 援 する 役 割 を 更 に 果 たすことができるようにする (4) がん 性 疼 痛 緩 和 指 導 管 理 料 がん 診 療 に 関 わる 全 ての 医 師 が 緩 和 ケアに 係 る 研 修 を 要 件 とする (5) 外 来 化 学 療 法 を 更 に 推 進 する 観 点 から 外 来 化 学 療 法 加 算 の 評 価 を 見 直 す 8/17

9 Ⅲ-2 認 知 症 施 策 推 進 総 合 戦 略 を 踏 まえた 認 知 症 患 者 への 適 切 な 医 療 の 評 価 について (1) 病 棟 での 取 組 及 び 多 職 種 チームによる 介 入 を 評 価 する 身 体 疾 患 により 入 院 した 認 知 症 患 者 に 対 する 病 棟 の 対 応 力 及 びケアの 質 の 向 上 を 図 るため (2) 診 療 所 型 認 知 症 疾 患 医 療 センターとかかりつけ 医 が 連 携 した 取 組 について 評 価 を 行 う 診 療 所 型 認 知 症 疾 患 医 療 センターの 設 置 が 開 始 されたことを 踏 まえて Ⅲ-3 地 域 移 行 地 域 生 活 支 援 の 充 実 を 含 めた 質 の 高 い 精 神 医 療 の 評 価 について (1) 地 域 移 行 に 関 する 評 価 を 充 実 する 退 院 支 援 職 種 を 重 点 的 に 配 置 した 上 で 退 院 後 の 地 域 生 活 に 直 結 した 訓 練 退 院 後 に 利 用 可 能 な 障 害 福 祉 サービス 等 の 検 討 準 備 等 の 支 援 を 行 い 長 期 入 院 患 者 の 地 域 移 行 及 び 精 神 病 床 数 の 適 正 化 に 取 り 組 む 精 神 病 棟 への 評 価 を 新 設 する 等 (2) 精 神 科 重 症 患 者 早 期 集 中 支 援 管 理 料 における 障 害 福 祉 サービスを 同 時 に 利 用 する 患 者 の 取 扱 い 夜 間 の 往 診 及 び 訪 問 看 護 の 体 制 の 確 保 等 について 実 態 を 踏 まえた 要 件 に 見 直 す 長 期 入 院 後 の 精 神 疾 患 の 患 者 及 び 病 状 が 不 安 定 な 患 者 に 対 する 集 中 的 な 支 援 の 普 及 を 図 る (3) 長 期 にわたり 頻 回 にデイ ケアを 実 施 している 場 合 についての 必 要 な 適 正 化 就 労 就 学 障 害 福 祉 サービスの 利 用 等 を 含 め より 自 立 した 生 活 への 移 行 を 促 す (4) 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 疾 患 患 者 に 対 する 必 要 な 医 療 提 供 体 制 を 確 保 するための 評 価 を 拡 充 1 身 体 合 併 症 治 療 のため 精 神 疾 患 患 者 の 転 院 を 受 け 入 れた 場 合 の 評 価 精 神 科 病 院 からの 求 めに 応 じて 受 け 入 れた 場 合 の 評 価 を 見 直 す 2 救 急 搬 送 された 際 に 精 神 科 医 が 診 断 治 療 等 を 行 った 場 合 の 評 価 身 体 症 状 と 抑 うつ せん 妄 等 の 精 神 症 状 を 併 せ 持 つ 患 者 の 場 合 の 評 価 3 いわゆる 総 合 病 院 において 精 神 病 棟 に 精 神 科 の 医 師 を 手 厚 く 配 置 した 場 合 の 評 価 身 体 合 併 症 への 対 応 を 強 化 する 観 点 から (5) 精 神 科 リエゾンチーム 加 算 について 評 価 の 充 実 をさせるとともに 施 設 基 準 を 見 直 す 精 神 症 状 を 有 する 入 院 患 者 に 対 する 多 職 種 での 診 療 の 普 及 を 図 るため チームを 構 成 する 看 護 師 精 神 医 療 の 経 験 を 有 する 精 神 保 健 福 祉 士 等 をより 柔 軟 に 確 保 できるよ う (6) 自 殺 企 図 により 入 院 した 重 症 の 精 神 疾 患 の 患 者 入 院 直 後 から 退 院 後 の 一 定 期 間 継 続 的 に 生 活 上 の 課 題 精 神 疾 患 の 治 療 上 の 課 題 等 を 確 認 し 指 導 を 行 った 場 合 の 評 価 を 新 設 する (7) 多 剤 大 量 処 方 が 行 われている 患 者 に 対 する 評 価 を 見 直 す 抗 精 神 病 薬 等 の 適 切 な 処 方 を 促 す 観 点 から (8) 専 門 的 な 外 来 診 療 を 提 供 している 医 療 機 関 について 以 下 の 対 応 を 講 じる 児 童 思 春 期 の 精 神 科 医 療 の 医 療 提 供 体 制 を 確 保 するため 1 16 歳 未 満 の 患 者 の 精 神 療 法 について 一 定 期 間 継 続 して 評 価 を 受 けられる 仕 組 みを 設 ける 入 院 医 療 体 制 を 有 する 病 院 と 同 様 に 2 20 歳 未 満 の 患 者 の 初 診 時 等 に より 専 門 的 な 評 価 や 診 療 方 針 の 検 討 を 行 った 場 合 の 評 価 を 新 設 す 9/17

10 る (9) 薬 物 依 存 症 に 対 する 評 価 の 新 設 一 定 の 効 果 を 有 する 集 団 認 知 行 動 療 法 プログラムを 実 施 した 際 の 評 価 (10) 認 知 療 法 認 知 行 動 療 法 について 医 師 の 指 示 のもと 看 護 師 が 行 える 範 囲 を 拡 大 医 師 の 負 担 を 軽 減 する 観 点 から 医 師 の 指 示 の 下 一 定 の 知 識 と 経 験 を 有 する 看 護 師 が 各 面 接 の 一 部 分 を 実 施 すること (11) 精 神 病 床 における 結 核 等 の 二 類 感 染 症 患 者 の 受 入 れ 及 び 療 養 環 境 の 確 保 について 評 価 を 行 う Ⅲ-4 難 病 法 の 施 行 を 踏 まえた 難 病 患 者 への 適 切 な 医 療 の 評 価 について (1) 難 病 の 患 者 に 対 する 医 療 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 い 医 学 管 理 に 関 する 評 価 を 行 う 新 たに 指 定 された 指 定 難 病 について 希 少 で 長 期 療 養 を 必 要 とする 疾 病 であることから 併 せて 小 児 慢 性 特 定 疾 病 の 患 者 の 医 学 管 理 に 関 する 評 価 を 行 う (2) 指 定 難 病 の 診 断 に 必 須 とされている 遺 伝 学 的 検 査 について 評 価 を 行 う 新 たに 関 係 学 会 が 作 成 する 指 針 に 基 づき 実 施 される 場 合 に 限 り 難 病 の 患 者 に 対 する 医 療 等 に 関 する 法 律 の 施 行 を 踏 まえて 評 価 する Ⅲ-5 小 児 医 療 周 産 期 医 療 の 充 実 高 齢 者 の 増 加 を 踏 まえた 救 急 医 療 の 充 実 について (1) 小 児 入 院 医 療 管 理 料 について 在 宅 医 療 の 導 入 に 係 る 項 目 を 退 院 月 にも 算 定 可 能 とする 在 宅 療 養 指 導 管 理 料 在 宅 療 養 指 導 管 理 材 料 加 算 等 重 症 小 児 の 在 宅 移 行 を 推 進 する 小 児 入 院 医 療 管 理 料 3,4 又 は 5 を 算 定 している 医 療 機 関 であることと 重 症 新 生 児 等 の 受 入 体 制 が 整 っている 医 療 機 関 に 関 する 評 価 の 充 実 を 図 る (2) 入 所 中 の 医 療 処 置 等 について 診 療 報 酬 上 の 取 扱 いを 明 確 にする 医 療 型 短 期 入 所 サービスにおける 重 症 児 の 受 入 れを 促 進 するため (3) 小 児 入 院 医 療 管 理 料 の 算 定 対 象 年 齢 の 延 長 を 行 う 継 続 的 な 医 療 支 援 を 確 保 する 観 点 から 小 児 慢 性 特 定 疾 患 治 療 研 究 事 業 の 対 象 者 等 長 期 にわたって 小 児 科 での 診 療 を 要 する 患 者 について (4) 新 生 児 特 定 集 中 治 療 室 小 児 特 定 集 中 治 療 室 の 算 定 日 数 上 限 を 引 き 上 げる 算 定 日 数 を 超 えて 集 中 的 な 治 療 を 行 う 必 要 性 が 高 い 児 について (5) 精 神 疾 患 合 併 妊 娠 分 娩 の 管 理 を 評 価 する 精 神 疾 患 を 合 併 した 場 合 の 妊 娠 出 産 リスク 等 を 考 慮 (6) 高 齢 化 等 により 増 加 する 救 急 患 者 の 受 入 体 制 を 充 実 するため 以 下 の 評 価 を 行 う 1 夜 間 休 日 における 再 診 後 の 緊 急 入 院 を 評 価 する 2 二 次 救 急 医 療 機 関 における 夜 間 休 日 の 救 急 患 者 の 受 け 入 れの 評 価 を 充 実 する (7) 救 急 医 療 管 理 加 算 1 の 評 価 をより 充 実 するよう 見 直 す 救 急 医 療 管 理 加 算 2 の 対 象 となる 状 態 のうち 脳 梗 塞 で t-pa 等 の 実 施 が 必 要 な 状 態 及 び 狭 心 症 等 で 緊 急 に 冠 動 脈 の 検 査 治 療 が 必 要 な 状 態 などを 評 価 見 直 し (8) 小 児 医 療 の 更 なる 充 実 を 図 る 小 児 等 における 生 体 検 査 画 像 診 断 処 置 及 び 放 射 線 治 療 の 実 施 並 びに 救 急 搬 送 に 係 る 評 価 を 見 直 す 10/17

11 Ⅲ-6 口 腔 疾 患 の 重 症 化 予 防 口 腔 機 能 低 下 への 対 応 生 活 の 質 に 配 慮 した 歯 科 医 療 の 推 進 について (1) 歯 科 外 来 環 境 体 制 加 算 初 診 時 及 び 再 診 時 の 評 価 を 見 直 す 患 者 にとって 安 心 安 全 な 歯 科 外 来 診 療 を 行 うための 総 合 的 な 環 境 整 備 に 係 る 取 組 を 推 進 する (2) 全 身 的 な 疾 患 を 有 する 患 者 に 対 する 歯 科 医 療 の 充 実 を 図 る 観 点 から 1 全 身 的 な 疾 患 を 有 する 患 者 の 歯 科 治 療 を 行 う 際 に 治 療 内 容 等 の 必 要 に 応 じてバイタルサインの モニタリングを 行 った 場 合 を 評 価 する 2 糖 尿 病 を 有 する 患 者 の 歯 周 病 治 療 医 科 と 歯 科 の 連 携 を 含 めて 歯 周 病 患 処 置 の 算 定 要 件 見 直 し 歯 周 組 織 の 炎 症 の 改 善 を 図 り 歯 周 基 本 治 療 をより 効 果 的 に 行 う 観 点 歯 周 基 本 治 療 に 先 行 して 局 所 抗 菌 剤 の 投 与 が 可 能 となるように (3) 口 腔 疾 患 の 重 症 化 を 予 防 し 歯 の 喪 失 リスクを 低 減 する 観 点 から 以 下 のような 見 直 しを 行 う 1 フッ 化 物 塗 布 の 適 応 の 見 直 し エナメル 質 初 期 う 蝕 の 積 極 的 な 再 石 灰 化 を 促 進 し う 蝕 の 重 症 化 を 予 防 する 観 点 2 歯 周 基 本 治 療 等 終 了 後 の 病 状 安 定 期 にある 患 者 に 対 する 歯 周 病 安 定 期 治 療 の 算 定 要 件 を 見 直 す 歯 周 病 の 重 症 化 を 予 防 する 観 点 (4) 各 ライフステージの 口 腔 機 能 の 変 化 に 着 目 して 以 下 のような 見 直 しを 行 う 1 咀 嚼 機 能 検 査 等 を 実 施 した 場 合 を 評 価 有 床 義 歯 又 は 舌 接 触 補 助 床 を 装 着 した 患 者 に 対 して 口 腔 機 能 の 客 観 的 な 評 価 を 行 うため 2 口 唇 口 蓋 裂 患 者 に 対 するホッツ 床 等 の 口 腔 内 装 置 の 装 着 を 行 った 患 者 当 該 装 置 に 係 る 調 整 及 び 指 導 等 を 実 施 した 場 合 を 評 価 する (5) 歯 科 固 有 の 技 術 の 評 価 について 以 下 のような 見 直 しを 行 う 1 マイクロスコープ( 歯 科 用 実 体 顕 微 鏡 ) 及 び 歯 科 用 3 次 元 エックス 線 断 層 撮 影 を 用 いて 歯 の 根 管 の 数 及 び 形 態 を 正 確 に 把 握 した 上 で 根 管 治 療 を 実 施 した 場 合 を 評 価 する 2 歯 科 疾 患 管 理 料 を 含 む 医 学 管 理 等 文 書 提 供 等 の 要 件 を 見 直 し 実 態 に 即 した 評 価 を 行 う 3 抜 歯 手 術 について 抜 歯 部 位 に 応 じた 評 価 となるように 難 抜 歯 の 評 価 を 見 直 す 4 補 綴 時 診 断 料 平 行 測 定 検 査 等 について 臨 床 の 実 態 に 即 した 評 価 となるよう 見 直 す 5 義 歯 新 製 から 6 か 月 以 内 に 実 施 する 有 床 義 歯 内 面 適 合 法 について 有 床 義 歯 修 理 の 評 価 と 整 合 性 を 図 る 6 廃 止 を 含 めて 見 直 す 内 容 歯 科 用 アマルガム 等 歯 科 医 療 技 術 の 進 歩 に 伴 い 実 施 頻 度 が 減 少 している 技 術 及 び 新 たな 材 料 の 普 及 により 使 用 頻 度 が 減 少 している 特 定 保 険 医 療 材 料 について 医 療 技 術 評 価 分 科 会 等 の 検 討 を 踏 まえつつ 適 切 な 評 価 を 行 う 内 容 その 他 歯 科 医 療 の 推 進 に 資 する 技 術 について Ⅲ-7 かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 による 薬 学 管 理 や 在 宅 医 療 等 への 貢 献 度 による 評 価 適 正 化 について 11/17

12 (1) 患 者 本 位 の 医 薬 分 業 の 実 現 に 向 けてかかりつけ 薬 剤 師 薬 局 の 評 価 (Ⅰ-3-1(4) 再 掲 ) 患 者 の 服 薬 状 況 を 一 元 的 継 続 的 に 把 握 して 業 務 を 実 施 する 1 薬 学 管 理 料 の 評 価 処 方 医 と 連 携 して 患 者 の 服 薬 状 況 を 一 元 的 継 続 的 に 把 握 した 上 で 患 者 に 対 して 服 薬 指 導 等 を 行 う 業 務 2 1の 評 価 に 加 え 調 剤 料 薬 学 管 理 料 等 に 係 る 業 務 を 包 括 的 な 点 数 で 評 価 することも 可 能 地 域 包 括 診 療 料 又 は 地 域 包 括 診 療 加 算 が 算 定 される 患 者 に 対 して 行 う 場 合 3 基 準 調 剤 加 算 かかりつけ 薬 剤 師 が 役 割 を 発 揮 できる 薬 局 の 体 制 及 び 機 能 を 評 価 在 宅 訪 問 の 実 施 開 局 時 間 相 談 時 のプライバシーへの 配 慮 等 の 要 件 を 見 直 す 4 かかりつけ 薬 剤 師 を 持 つことの 意 義 利 点 等 を 含 め 患 者 に 対 する 丁 寧 な 情 報 提 供 を 推 進 (2) 薬 剤 師 薬 局 による 対 人 業 務 の 評 価 を 充 実 する 観 点 から 以 下 のような 見 直 しを 行 う 1 薬 剤 服 用 歴 管 理 指 導 料 は 初 回 来 局 時 の 点 数 より 2 回 目 以 降 の 来 局 時 の 点 数 を 低 くする 業 務 の 実 態 も 考 慮 しつつ 患 者 が 同 一 の 保 険 薬 局 に 繰 り 返 し 来 局 することを 進 めるため ( 服 薬 状 況 の 一 元 的 な 把 握 のために) ただし 調 剤 基 本 料 の 特 例 の 対 象 となる 保 険 薬 局 は 除 く 2 医 師 と 連 携 して 服 用 薬 の 減 薬 等 に 取 り 組 んだことを 評 価 重 複 投 薬 相 互 作 用 防 止 加 算 については 算 定 可 能 な 範 囲 を 見 直 す 見 直 しに 伴 い 疑 義 照 会 により 処 方 内 容 に 変 更 がなかった 場 合 の 評 価 は 廃 止 する 3 調 剤 後 における 継 続 的 な 薬 学 的 管 理 を 推 進 するため 以 下 のような 見 直 しを 行 う ア 患 者 宅 にある 服 用 薬 を 保 険 薬 局 に 持 参 させた 上 で 管 理 指 導 を 行 うことで 残 薬 削 減 等 に 取 り 組 むことを 評 価 イ 現 行 の 対 象 に 加 え やむを 得 ない 事 情 がある 場 合 等 に 分 割 調 剤 を 活 用 することを 可 能 とする これに 伴 い 分 割 調 剤 を 行 う 場 合 の 調 剤 基 本 料 等 の 評 価 を 見 直 す 4 継 続 的 な 薬 学 的 管 理 を 評 価 した 服 薬 情 報 等 提 供 料 及 び 長 期 投 薬 情 報 提 供 料 について 類 似 の 業 務 内 容 を 評 価 するものであることから 統 合 する 5 対 物 業 務 から 対 人 業 務 への 構 造 的 な 転 換 を 進 める 内 服 薬 の 調 剤 料 や 一 包 化 加 算 の 評 価 を 見 直 す 対 人 業 務 に 係 る1の 薬 剤 服 用 歴 管 理 指 導 料 等 の 薬 学 管 理 料 を 充 実 する 6 お 薬 手 帳 について (Ⅱ-2(4) 再 掲 ) 電 子 版 の 手 帳 であっても 紙 媒 体 と 同 等 の 機 能 を 有 する 場 合 算 定 上 紙 媒 体 の 手 帳 と 同 様 の 取 扱 いを 可 能 とするお 薬 手 帳 について 7 お 薬 手 帳 について 薬 剤 服 用 歴 管 理 指 導 料 による 点 数 の 差 を 設 けている 現 行 の 取 扱 いを 見 直 し 患 者 が 手 帳 を 持 参 して 来 局 することで1の 低 い 点 数 が 算 定 できるようにする (3) 在 宅 薬 剤 管 理 指 導 業 務 を 推 進 する 観 点 から 以 下 のような 見 直 しを 行 う (Ⅰ-4(9) 再 掲 ) 1 医 師 との 連 携 による 薬 剤 師 の 在 宅 業 務 を 推 進 する 在 宅 薬 剤 管 理 指 導 業 務 において 医 師 の 処 方 内 容 に 対 する 疑 義 照 会 に 伴 い 処 方 変 更 が 行 われた 場 合 を 評 価 する 2 在 宅 患 者 訪 問 薬 剤 管 理 指 導 料 について 薬 剤 師 1 人 が 行 う 算 定 制 限 同 一 世 帯 に 居 住 している 複 数 の 患 者 に 対 して 管 理 指 導 業 務 を 行 った 場 合 の 評 価 を 見 直 す 12/17

13 3 介 護 老 人 福 祉 施 設 に 入 所 している 患 者 への 薬 学 的 管 理 の 評 価 施 設 での 適 切 な 服 薬 管 理 等 を 支 援 するため 薬 局 又 は 当 該 施 設 において 保 険 薬 剤 師 が 行 う 薬 学 的 管 理 を 評 価 する Ⅲ-8 医 薬 品 医 療 機 器 検 査 等 におけるイノベーションや 医 療 技 術 の 適 切 な 評 価 について (1) 参 考 骨 子 平 成 28 年 度 薬 価 制 度 改 革 の 骨 子 薬 価 専 門 部 会 平 成 28 年 度 保 険 医 療 材 料 制 度 改 革 の 骨 子 保 険 医 療 材 料 専 門 部 会 (2) 医 薬 品 医 療 機 器 の 価 格 算 定 に 当 たって 費 用 対 効 果 の 観 点 を 考 慮 することについて 選 定 基 準 に 沿 って 対 象 品 目 を 選 定 し 総 合 的 評 価 (アプレイザル)を 実 施 する 専 門 組 織 を 新 設 することにより 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 において 試 行 的 導 入 を 実 施 する (3) 質 の 高 い 臨 床 検 査 の 適 正 な 評 価 を 進 めるため 以 下 のような 見 直 しを 行 う 1 新 規 臨 床 検 査 として 保 険 適 用 され 現 在 準 用 点 数 で 行 われている 検 査 について 検 査 実 施 料 を 新 設 する 2 体 外 診 断 用 医 薬 品 の 保 険 適 用 に 係 る 取 扱 いについて 保 険 医 療 材 料 専 門 組 織 及 び 保 険 医 療 材 料 専 門 部 会 において 議 論 を 行 う 中 医 協 議 事 規 則 等 の 変 更 を 行 う 3 保 険 適 用 希 望 書 が 提 出 された 体 外 診 断 用 医 薬 品 について 医 療 機 器 と 同 様 に 保 険 適 用 希 望 書 提 出 後 から 保 険 適 用 されるまでの 間 評 価 療 養 に 追 加 し 保 険 外 併 用 療 養 費 の 支 給 の 対 象 とする 4 国 際 標 準 化 機 構 に 定 められた 国 際 規 格 に 基 づく 技 術 能 力 の 認 定 を 受 けている 施 設 において 行 われ る 検 体 検 査 の 評 価 を 行 う (4) 画 像 診 断 の 適 切 な 評 価 を 行 うため 以 下 のような 見 直 しを 行 う 1 64 列 以 上 のマルチスライス 型 CT 及 び 3 テスラ 以 上 のMRIについて 評 価 を 充 実 するとともに 適 正 かつ 効 率 的 な 利 用 を 促 進 する 観 点 から 新 たに 多 施 設 で 共 同 し て 利 用 することを 評 価 する 2 ポジトロン 断 層 撮 影 の 施 設 共 同 利 用 率 の 要 件 について 更 なる 共 同 利 用 の 推 進 を 図 る 観 点 から 要 件 を 見 直 す (5) 新 たなコンセプトの 医 療 材 料 保 険 適 用 を 見 据 え 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 の 放 射 線 治 療 の 部 に 特 定 保 険 医 療 材 料 の 節 を 新 設 (6) 保 険 医 療 機 関 間 の 連 携 による 病 理 診 断 に 関 して 以 下 の 評 価 を 行 う 診 療 情 報 の 提 供 をした 上 で 衛 生 検 査 所 等 と 連 携 を 行 なっている 場 合 外 部 精 度 管 理 に 参 加 し かつ 複 数 の 常 勤 医 師 により 鏡 検 を 行 っている 等 の 質 の 担 保 を 行 って いる 場 合 についても 評 価 を 行 う (7) 胃 瘻 造 設 術 及 び 胃 瘻 造 設 時 嚥 下 機 能 評 価 加 算 について 以 下 のような 見 直 しを 行 う 1 施 設 基 準 要 件 の 経 口 摂 取 回 復 率 35% 以 上 について 当 該 要 件 と 別 途 施 設 における 嚥 下 機 能 及 びその 回 復 の 見 込 みを 適 切 に 評 価 できる 体 制 並 びに 嚥 下 機 能 の 維 持 向 上 に 対 する 取 組 に 関 する 要 件 を 新 たに 設 定 する 2 術 前 の 嚥 下 機 能 検 査 実 施 の 要 件 について 全 例 検 査 の 除 外 対 象 とされている 項 目 を 見 直 す 13/17

14 (8) 手 術 等 の 医 療 技 術 について 以 下 のような 見 直 しを 行 う 1 区 分 C2( 新 機 能 新 技 術 )で 保 険 適 用 された 新 規 医 療 材 料 等 について 技 術 料 の 新 設 等 を 行 う 2 外 保 連 試 案 の 評 価 を 参 考 に 診 療 報 酬 における 手 術 の 相 対 的 な 評 価 をより 精 緻 化 する 外 科 的 手 術 の 適 正 な 評 価 を 行 うため 3 優 先 的 に 保 険 導 入 すべきとされた 新 規 技 術 の 保 険 導 入 及 び 既 存 技 術 の 診 療 報 酬 上 の 評 価 を 見 直 す 医 療 技 術 評 価 分 科 会 における 検 討 結 果 等 を 踏 まえて 医 療 技 術 の 評 価 及 び 再 評 価 を 行 う 4 先 進 医 療 会 議 における 検 討 結 果 を 踏 まえて 先 進 医 療 として 実 施 されている 医 療 技 術 について 検 討 等 を 行 い 優 先 的 に 保 険 導 入 すべきとされた 医 療 技 術 の 保 険 導 入 を 行 う (9) 医 師 主 導 治 験 において 使 用 する 同 種 同 効 薬 の 投 薬 及 び 注 射 に 係 る 費 用 について 保 険 外 併 用 療 養 費 の 支 給 の 対 象 とする Ⅲ-9 DPCに 基 づく 急 性 期 医 療 の 適 切 な 評 価 について (1) 調 整 係 数 については 今 回 を 含 め 2 回 の 診 療 報 酬 改 定 において 段 階 的 に 基 礎 係 数 ( 包 括 範 囲 平 均 出 来 高 点 数 に 相 当 )と 機 能 評 価 係 数 Ⅱに 置 き 換 えることとされており 平 成 28 年 度 改 定 において も 調 整 部 分 の 75%を 機 能 評 価 係 数 Ⅱに 置 き 換 える 等 必 要 な 措 置 を 講 じる (2) 機 能 評 価 係 数 Ⅰ Ⅱについて 以 下 のような 見 直 しを 行 う 1 出 来 高 評 価 体 系 における 当 該 医 療 機 関 の 入 院 患 者 全 員 に 対 して 算 定 される 加 算 入 院 基 本 料 の 補 正 値 等 を 機 能 評 価 係 数 Ⅰとして 評 価 する 2 現 行 の 機 能 評 価 係 数 Ⅱの 7 項 目 (データ 提 出 指 数 効 率 性 指 数 複 雑 性 指 数 カバー 率 指 数 救 急 医 療 指 数 地 域 医 療 指 数 後 発 医 薬 品 指 数 )に 加 え 診 断 群 分 類 点 数 表 で 表 現 しきれない 重 症 患 者 への 対 応 を 評 価 する 重 症 度 指 数 を 導 入 する また 現 行 の 7 項 目 についても 必 要 な 見 直 し を 行 う (3) その 他 1 請 求 の 仕 組 みについて 精 緻 化 簡 素 化 の 観 点 から 必 要 な 見 直 しを 行 う 2 DPC 導 入 の 影 響 評 価 に 係 る 調 査 ( 退 院 患 者 調 査 )については 検 討 に 資 する 調 査 項 目 となるよう 簡 素 化 を 含 めた 必 要 な 見 直 しを 行 う Ⅳ 効 率 化 適 正 化 を 通 じて 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 める 視 点 Ⅳ-1 後 発 医 薬 品 の 使 用 促 進 価 格 適 正 化 長 期 収 載 品 の 評 価 の 仕 組 みの 検 討 について (1) 後 発 医 薬 品 の 更 なる 使 用 促 進 を 図 る 観 点 から 以 下 のような 見 直 しを 行 う 1 薬 局 における 後 発 医 薬 品 調 剤 体 制 加 算 について 新 たな 数 量 シェア 目 標 値 を 踏 まえ 要 件 を 見 直 す 後 発 医 薬 品 調 剤 体 制 加 算 とは 別 の 後 発 医 薬 品 使 用 促 進 策 として 特 定 の 保 険 医 療 機 関 に 係 る 処 方 せんによる 調 剤 割 合 が 高 く 後 発 医 薬 品 の 調 剤 数 量 の 割 合 が 低 い 保 険 薬 局 については 基 準 調 剤 加 算 を 算 定 できないこととする 2 医 療 機 関 における 後 発 医 薬 品 の 使 用 促 進 のため 以 下 のような 見 直 しを 行 う ア 後 発 医 薬 品 使 用 体 制 加 算 の 評 価 について 後 発 医 薬 品 調 剤 体 制 加 算 と 同 様 の 計 算 式 ( 新 指 標 )に 改 める イ 院 内 処 方 における 後 発 医 薬 品 の 使 用 促 進 の 取 組 を 評 価 する 14/17

15 ウ DPC 対 象 病 院 における 後 発 医 薬 品 係 数 の 評 価 上 限 を 見 直 す 3 一 般 名 での 処 方 を 促 進 するための 評 価 の 見 直 しを 行 う 4 処 方 時 に 後 発 医 薬 品 の 銘 柄 を 記 載 した 上 で 変 更 不 可 とする 場 合 処 方 せんにその 理 由 を 記 載 (2) 新 規 後 発 医 薬 品 の 薬 価 は 先 発 品 の 100 分 の 60 を 乗 じた 額 ( 内 用 薬 については 銘 柄 数 が 10 を 超 える 場 合 は 100 分 の 50 を 乗 じた 額 ) とすることとされているが 先 発 品 の 100 分 の 50 を 乗 じた 額 ( 内 用 薬 については 銘 柄 数 が 10 を 超 える 場 合 は 100 分 の 40 を 乗 じた 額 ) とする (3) 長 期 収 載 品 の 薬 価 における 一 定 期 間 を 経 ても 後 発 医 薬 品 への 適 切 な 置 換 えが 図 られていない 場 合 の 特 例 的 な 引 下 げ の 対 象 となる 後 発 医 薬 品 の 置 換 え 率 について 新 たな 数 量 シェア 目 標 を 踏 まえ 20% 未 満 20% 以 上 40% 未 満 40% 以 上 60% 未 満 の 3 区 分 をそれぞれ 30% 未 満 30% 以 上 50% 未 満 50% 以 上 70% 未 満 と 引 き 上 げる Ⅳ-2 退 院 支 援 等 の 取 組 による 在 宅 復 帰 の 推 進 について (1) 退 院 支 援 の 更 なる 推 進 を 図 るため 退 院 支 援 に 積 極 的 に 取 り 組 んでいる 医 療 機 関 や 医 療 機 関 間 の 連 携 に 対 する 評 価 を 推 進 する (Ⅰ-3-3 再 掲 ) 1 積 極 的 な 退 院 支 援 を 実 施 している 医 療 機 関 に 対 する 評 価 を 新 設 病 棟 への 退 院 支 援 職 員 の 配 置 を 行 う 等 2 新 生 児 特 定 集 中 治 療 室 からの 退 院 や 地 域 連 携 診 療 計 画 を 活 用 した 医 療 機 関 間 の 連 携 について 簡 素 化 及 び 更 なる 推 進 を 図 る 観 点 から 評 価 を 見 直 す 3 退 院 支 援 に 係 る 評 価 のうち 算 定 回 数 が 少 ない 一 部 の 項 目 を 廃 止 する (2) 退 院 直 後 の 一 定 期 間 退 院 支 援 及 び 訪 問 看 護 ステーションとの 連 携 のために 入 院 医 療 機 関 から 行 う 訪 問 指 導 について 評 価 (Ⅰ-3-3(2) 再 掲 ) 医 療 ニーズが 高 い 患 者 が 安 心 安 全 に 在 宅 療 養 に 移 行 し 在 宅 療 養 を 継 続 できるようにするため Ⅳ-3 残 薬 や 重 複 投 薬 不 適 切 な 多 剤 投 薬 長 期 投 薬 を 減 らすための 取 組 など 医 薬 品 の 適 正 使 用 の 推 進 について (1) 多 種 類 の 内 服 薬 を 服 用 している 患 者 について 服 薬 に 起 因 する 有 害 事 象 を 防 止 するとともに 服 薬 アドヒアランスを 改 善 するために 当 該 患 者 に 対 して 処 方 薬 剤 を 減 少 させる 取 組 を 行 い 処 方 薬 剤 数 が 減 少 した 場 合 について 評 価 (2) 医 師 と 薬 剤 師 が 連 携 して 患 者 の 処 方 薬 剤 を 適 正 化 する 取 組 を 評 価 する 残 薬 重 複 投 薬 不 適 切 な 多 剤 投 薬 長 期 投 薬 を 減 らすための 取 組 等 薬 物 療 法 の 安 全 性 有 効 性 の 向 上 や 医 療 費 適 正 化 の 観 点 から 1 医 師 と 連 携 して 服 用 薬 の 減 薬 等 に 取 り 組 んだことを 評 価 (Ⅲ-7(2)2 再 掲 ) 重 複 投 薬 相 互 作 用 防 止 加 算 については 算 定 可 能 な 範 囲 を 見 直 す 見 直 しに 伴 い 疑 義 照 会 により 処 方 内 容 に 変 更 がなかった 場 合 の 評 価 は 廃 止 する 2 調 剤 後 における 継 続 的 な 薬 学 的 管 理 を 推 進 するため 以 下 のように 見 直 す(Ⅲ-7(2)3 再 掲 ) ア 患 者 宅 にある 服 用 薬 を 薬 局 に 持 参 させた 上 で 管 理 指 導 を 行 うことで 残 薬 削 減 等 に 取 り 組 むこ とを 評 価 イ 現 行 の 基 準 に 加 え やむを 得 ない 事 情 がある 場 合 等 に 分 割 調 剤 を 活 用 することを 可 能 とする これに 伴 い 分 割 調 剤 を 行 う 場 合 の 調 剤 基 本 料 等 の 評 価 を 見 直 す 15/17

16 3 医 師 との 連 携 による 薬 剤 師 の 在 宅 業 務 を 推 進 するため 在 宅 薬 剤 管 理 指 導 業 務 において 医 師 の 処 方 内 容 に 対 する 疑 義 照 会 に 伴 い 処 方 変 更 が 行 われた 場 合 を 評 価 する (Ⅰ-4(9)1 再 掲 ) 4 保 険 医 療 機 関 と 保 険 薬 局 が 連 携 して 円 滑 に 残 薬 確 認 と 残 薬 に 伴 う 日 数 調 整 を 実 施 できるよう 処 方 等 の 仕 組 みを 見 直 す (3) 薬 剤 師 による 服 薬 管 理 を 推 進 する 観 点 から 保 険 薬 局 及 び 保 険 薬 剤 師 療 養 担 当 規 則 を 改 正 し 正 当 な 理 由 なく 療 養 に 関 する 指 導 に 従 わない 患 者 等 を 把 握 した 場 合 について 保 険 者 への 通 知 義 務 を 規 定 する Ⅳ-4 患 者 本 位 の 医 薬 分 業 を 実 現 するための 調 剤 報 酬 の 見 直 しについて 患 者 本 位 の 医 薬 分 業 を 推 進 する 観 点 から 以 下 のような 見 直 しを 行 う (1) 現 行 の 処 方 せん 受 付 回 数 及 び 特 定 の 保 険 医 療 機 関 に 係 る 処 方 せんによる 調 剤 割 合 に 基 づく 調 剤 基 本 料 の 特 例 対 象 範 囲 について 拡 大 する (2) いわゆる 大 型 門 前 薬 局 については 調 剤 基 本 料 の 評 価 見 直 し 大 型 門 前 薬 局 の 評 価 の 適 正 化 医 療 経 済 実 態 調 査 に 基 づく 薬 局 の 収 益 状 況 医 薬 品 の 備 蓄 等 の 効 率 性 等 も 踏 まえて 規 模 の 大 きい 薬 局 グループであって 特 定 の 保 険 医 療 機 関 に 係 る 処 方 せんによる 調 剤 の 割 合 が 極 めて 高 い 等 で 判 断 される 大 型 薬 局 (3) (1) 又 は(2)で 特 例 の 対 象 となった 保 険 薬 局 であっても かかりつけ 薬 剤 師 としての 業 務 を 一 定 以 上 行 っている 場 合 には 特 例 の 対 象 から 除 外 する これに 伴 い 現 在 の 特 例 対 象 を 除 外 するための 24 時 間 開 局 の 要 件 は 廃 止 する (4) 妥 結 率 が 低 い 場 合 調 剤 基 本 料 の 特 例 対 象 とする 取 扱 いについては 薬 局 における 妥 結 状 況 の 推 移 等 を 踏 まえ 一 部 見 直 す (5) 調 剤 基 本 料 として 算 定 する 点 数 が 随 時 把 握 できるように 算 定 する 基 本 料 の 点 数 を 施 設 基 準 の 内 容 に 含 め 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 へ 届 け 出 ることとする (6) 前 述 の かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 の 評 価 (Ⅰ-3-1(4)) 在 宅 薬 剤 管 理 指 導 業 務 の 推 進 (Ⅰ- 4(9)) 及 び 対 人 業 務 の 評 価 の 充 実 (Ⅲ-7)に 係 る 調 剤 報 酬 の 算 定 回 数 を 踏 まえ かかりつけ 機 能 に 係 る 業 務 を 一 定 期 間 行 っていないと 判 断 される 薬 局 については 評 価 を 見 直 す Ⅳ-5 重 症 化 予 防 の 取 組 の 推 進 について (1) 進 行 した 糖 尿 病 性 腎 症 の 患 者 に 対 する 質 の 高 い 運 動 指 導 を 評 価 糖 尿 病 性 腎 症 の 患 者 が 重 症 化 し 透 析 導 入 となることを 防 ぐため (2) ニコチン 依 存 症 管 理 料 について 要 件 の 緩 和 標 準 的 な 回 数 の 治 療 の 実 施 を 促 す 観 点 から 評 価 を 見 直 す 若 年 層 のニコチン 依 存 症 患 者 にもニコチン 依 存 症 治 療 を 実 施 できるよう 対 象 患 者 の 喫 煙 本 数 に 関 する 要 件 を 緩 和 する (3) 慢 性 維 持 透 析 患 者 の 下 肢 末 梢 動 脈 疾 病 について 下 肢 の 血 流 障 害 を 適 切 に 評 価 し 他 の 医 療 機 関 と 連 携 して 早 期 に 治 療 を 行 うことを 評 価 Ⅳ-6 医 薬 品 医 療 機 器 検 査 等 の 適 正 な 評 価 について 16/17

17 (1) 医 薬 品 医 療 機 器 検 査 等 について 実 勢 価 格 等 を 踏 まえた 適 正 な 評 価 を 行 う (2) 検 査 が 包 括 されている 管 理 料 等 について 検 査 項 目 の 追 加 等 に 対 応 して 記 載 整 備 を 行 う (3) コンタクトレンズを 院 内 で 交 付 する 医 療 機 関 について コンタクトレンズ 検 査 料 の 見 直 し 等 により 患 者 の 自 由 な 選 択 を 担 保 するための 取 組 を 促 す (4) 人 工 腎 臓 の 適 正 な 評 価 を 行 うため 以 下 のような 見 直 しを 行 う 1 人 工 腎 臓 の 評 価 の 中 に 包 括 化 されているエリスロポエチン 等 の 実 勢 価 格 が 下 がっていることを 踏 まえ 評 価 を 適 正 化 する 2 著 しく 人 工 腎 臓 が 困 難 な 障 害 者 等 に 対 する 加 算 の 対 象 となっている 難 病 ( 特 定 疾 患 )について 難 病 の 患 者 に 対 する 医 療 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 い 新 たに 指 定 した 指 定 難 病 についても 評 価 の 対 象 を 拡 大 する 3 在 宅 維 持 透 析 指 導 管 理 料 について 適 切 な 実 施 が 行 われるよう 要 件 の 明 確 化 を 行 う (5) 一 度 に 多 量 に 処 方 される 湿 布 薬 が 一 定 程 度 あり その 状 況 が 地 域 によって 様 々であることを 踏 まえ 残 薬 削 減 等 の 保 険 給 付 適 正 化 の 観 点 から 以 下 のような 見 直 しを 行 う 1 一 定 枚 数 を 超 えて 湿 布 薬 を 処 方 する 場 合 原 則 として 処 方 せん 料 処 方 料 調 剤 料 調 剤 技 術 基 本 料 及 び 薬 剤 料 を 算 定 しない ただし 医 師 が 疾 患 の 特 性 等 により 必 要 性 があると 判 断 し やむを 得 ず 一 度 に 一 定 枚 数 以 上 投 薬 する 場 合 には その 理 由 を 処 方 せん 及 び 診 療 報 酬 明 細 書 に 記 載 する 2 湿 布 薬 の 処 方 処 方 せんや 診 療 報 酬 明 細 書 に 投 薬 全 量 のほか 具 体 的 な 用 量 等 を 記 載 することとする (6) 食 品 である 経 腸 栄 養 用 製 品 について 医 薬 品 である 経 腸 栄 養 用 製 品 との 給 付 額 の 均 衡 を 図 る 観 点 か ら 以 下 のような 見 直 しを 行 う 1 食 品 である 経 腸 栄 養 用 製 品 のみを 使 用 して 栄 養 管 理 を 行 っている 場 合 入 院 時 食 事 療 養 費 等 の 額 について 一 定 の 見 直 しを 行 う 2 特 別 食 加 算 を 算 定 できる 取 扱 いについて 見 直 し 食 品 である 経 腸 栄 養 用 製 品 のみを 使 用 する 場 合 には 入 院 時 食 事 療 養 費 又 は 入 院 時 生 活 療 養 費 に 含 まれることとする < 参 考 資 料 > 諮 問 書 ( 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 について): PDF 総 -3(PDF:452KB) 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 に 係 るこれまでの 議 論 の 整 理 ( 案 ):PDF 総 -4(PDF:562KB) 17/17

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D>

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D> 保 発 第 0305002 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 事 務 局 長 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 局 長 医 療 費 の 内 容 の 分 かる 領 収 証 の 交 付 について の 一 部 改 正 について 標 記 については 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 59 号 )が 制 定 され 同 告

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病 資 料 22 ( 別 紙 第 1 2 号 様 式 ) 平 成 24 年 度 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 における 計 画 評 価 シート 1 の 概 要 神 奈 川 県 ( 金 額 の 単 位 は 千 円 ) 補 助 金 等 名 称 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 補 助 年 度 平 成 24 年 度 担 当 課 神 奈 川 県 保 健 福 祉 局 保 健 医 療

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464>

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464> 健 康 保 険 組 合 事 業 運 営 指 針 ( 案 ) 第 1 本 指 針 の 趣 旨 本 指 針 は 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 事 業 運 営 のうち 組 合 の 判 断 で 実 施 するものについて 適 正 な 事 業 運 営 が 確 保 されるよう 事 業 運 営 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 や 適 正 水 準 望 ましい 事 業 の 例 事

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

各論_1章〜7章.indd

各論_1章〜7章.indd 第 7 章 健 康 指 標 分 野 ( 糖 尿 病 循 環 器 疾 患 がん COPD) 1 推 進 の 方 向 糖 尿 病 (1) 糖 尿 病 の 発 症 を 予 防 するための 生 活 習 慣 の 改 善 あらゆる 機 会 に 多 様 な 伝 達 手 段 を 使 って 県 民 に 糖 尿 病 の 正 しい 知 識 や 糖 尿 病 発 症 予 防 のため の 生 活 習 慣 の 改 善 について

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー 栃 木 県 特 定 医 療 費 ( 指 定 難 病 ) 支 給 認 定 申 請 手 続 きのご 案 内 はじめに 発 病 の 機 構 が 明 らかでなく かつ 治 療 方 法 が 確 立 していない 希 少 な 疾 病 であって 当 該 疾 病 にかか ることにより 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とすることとなるもののうち 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 疾 病 を 指 定 難 病 といいます

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

①表紙

①表紙 子 ども 助 成 事 業 に 係 る 請 求 方 法 及 びレセプト 等 記 載 について 平 成 8 年 月 社 会 報 酬 支 払 基 金 大 分 支 部 大 分 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 請 求 支 払 概 要 並 びに 請 求 要 領 について P ( 調 剤 ) 報 酬 請 求 書 記 載 方 法 について 社 国 P 3 子 ども 助 成 事 業 に 係 るレセプト

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 1 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) セルフメディケーション

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321 平 成 24 年 度 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 千 千 千 23 年 度 16,465 1,969,859 183,816 2,34,765 21.3

More information

毎 月 の 給 与 等 ( )を 一 定 の 等 級 区 分 にあてはめた 標 準 月 額 の 上 限 が 現 行 の47 等 級 から50 等 級 に 改 正 されます ( 別 紙 健 康 保 険 料 額 表 参 照 ) なお 法 改 正 に 伴 い 標 準 月 額 が 改 定 される 方 につい

毎 月 の 給 与 等 ( )を 一 定 の 等 級 区 分 にあてはめた 標 準 月 額 の 上 限 が 現 行 の47 等 級 から50 等 級 に 改 正 されます ( 別 紙 健 康 保 険 料 額 表 参 照 ) なお 法 改 正 に 伴 い 標 準 月 額 が 改 定 される 方 につい 事 業 主 殿 健 保 事 務 担 当 者 殿 平 成 28 3 月 15 日 観 光 産 業 健 康 保 険 組 合 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 法 等 の 一 部 改 正 について 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 当 健 康 保 険 組 合 の 事 業 運 営 に 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 年 度 末 ) A 千 239,272 62,594,887 実 質 収 支 千 2,514,423 件 費 B 千 12,997,986 件 費 率 B/A % 20.8 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ 平 成 26 年 度 公 表 分 留 萌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 25 年 度 の 件 費 率 25 年 度 千 千 千 2 3, 4 4 0 1

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与 電 子 版 職 員 給 与 のあらまし < 公 営 企 業 版 > 平 成 24 年 度 目 次 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 2 工 業 用 水 道 事 業 3 下 水 道 事 業 4 自 動 車 運 送 事 業 5 高 速 度 鉄 道 事 業 6 病 院 事 業 < 問 い 合 わせ 先 > 上 下 水 道 局 総 務 部 総 務 課 交 通 局 総 務 部 労 務 課

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73>

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73> 別 紙 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 8 年 日 ) A B B/A 5 年 度 の 件 費 率 6 年 度,6,9,979 千 千 千 5,5 58,6 8..4 () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E>

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E> 第 5 節 糖 尿 病 の 医 療 体 制 1 現 状 (1) 罹 患 死 亡 の 状 況 北 海 道 では 糖 尿 病 が 強 く 疑 われる 者 は40~74 歳 の 男 性 で183,372 人 ( 14.8% ) 女 性 で98,903 人 (7.1%)で 合 計 282,275 人 と 推 計 され 糖 尿 病 の 可 能 性 が 否 定 で きない 者 は 男 性 で144,963 人

More information

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73>

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73> 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 (H6.1.1 現 在 ) A B B/A ( 参 考 ) 4 年 度 の 人 件 費 率 5 年 度 85,650 人 40,99,763 1,445,080 7,48,057 18.1%

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378> 6 同 行 援 護 について 同 行 援 護 とは 視 覚 障 害 により 移 動 に 著 しい 困 難 を 有 する 障 害 者 等 につき 外 出 時 において 当 該 障 害 者 等 に 同 行 し 移 動 に 必 要 な 情 報 を 提 供 する とともに 移 動 の 援 護 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 便 宜 を 供 与 することをいう ( 障 害 者 自 立 支

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 243,7 2 級 185,8 37,8 3 級 4 級 222,9 354,7 ( 注 )

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 243,7 2 級 185,8 37,8 3 級 4 級 222,9 354,7 ( 注 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 平 成 23 年 度 (23 年 度 末 ) 31,244 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 件 費 率 B/A 千 千 千 21,46,642 97,678 2,698,812 B 12.6 ( 参 考 ) 前 年 度 の 件 費 率 13.1 (2)

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分 健 康 福 祉 政 策 課 低 所 得 者 自 立 更 生 融 資 対 策 費 659,521 (1,516,423) 国 328,209 財 656 1 生 活 福 祉 資 金 貸 付 金 補 助 414,400 滋 賀 県 社 会 福 祉 協 議 会 が 実 施 する 低 所 得 者 等 が 必 要 とする 生 活 福 祉 資 金 の 貸 付 けに 要 する 原 資 を 助 成 する 660,000

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63> 別 紙 3 亀 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 24 年 度 版 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 92,241 32,809,597 千

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

<483233303389FC90B38347834E835A838B976C8EAE81698E7392AC91BA94C5816A81698F4390B394C5816A2E786C73>

<483233303389FC90B38347834E835A838B976C8EAE81698E7392AC91BA94C5816A81698F4390B394C5816A2E786C73> 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) 22 年 度 千 千 千 68,989 藤 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A ( 平 成 23 年 度 ) 24,215,785 679,588 3,67,444 B 15.2

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % % 25 年 度 41,213 25,799,074 423,690 4,234,063 16.4 18.0 (2)

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

月 額 を100として 計 算 した 指 数 2 類 似 団 体 平 均 とは 人 口 規 模 産 業 構 造 が 類 似 している 団 体 のラスパイレス 指 数 を 単 純 平 均 し たものです 3 参 考 値 は 国 家 公 務 員 の 時 限 的 な(2 年 間 ) 給 与 改 定 臨 時

月 額 を100として 計 算 した 指 数 2 類 似 団 体 平 均 とは 人 口 規 模 産 業 構 造 が 類 似 している 団 体 のラスパイレス 指 数 を 単 純 平 均 し たものです 3 参 考 値 は 国 家 公 務 員 の 時 限 的 な(2 年 間 ) 給 与 改 定 臨 時 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 人 口 (24 年 度 末 ) A 人 24 年 度 18,191 10,065,529 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 23 年 度 人 件 費 率 % ( 注 ) 人 件 費 には 町 長 や 副 町

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 81,619 27,450,520 1,365,377 4,783,695 17.4%

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 現 況 ( 平 成 22 1 号 給 の 給 料 月 額 137,9 188,9 226,7 266,4 294,3 最 高 号 給 の 給 料 月 額 247,9 314,9 362,8 399,9 415,1 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 現 況 ( 平 成 22 1 号 給 の 給 料 月 額 137,9 188,9 226,7 266,4 294,3 最 高 号 給 の 給 料 月 額 247,9 314,9 362,8 399,9 415,1 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (21 年 度 末 ) A B B/A 2 年 度 の 件 費 率 21 年 度 61,319 27,554,966 1,5,665 4,594,2 % 16.7 % 19.6 (2) 職 員 給

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 42.8 類 似 団 体 平 均 年 齢 39.5 43.5 42.6 平 均 給 料 月 額 ( ベ

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 42.8 類 似 団 体 平 均 年 齢 39.5 43.5 42.6 平 均 給 料 月 額 ( ベ 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 237,074 62,820,258 千 2,607,274 千 13,549,661 千 21.6 % (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

介護保険制度改正にかかる事業所説明会

介護保険制度改正にかかる事業所説明会 資 料 3 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 へ 移 行 時 のポイント 杉 並 区 役 所 保 健 福 祉 部 高 齢 者 施 策 課 総 合 事 業 整 備 係 1 利 用 者 の 総 合 事 業 への 移 行 時 期 予 防 給 付 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 給 付 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 保 険 法 改 正 予 防 生 活 支 援 サー

More information

技術専門委員会

技術専門委員会 資 料 No. 業 務 1-20 自 治 体 業 務 アプリケーションユニット 標 準 仕 様 法 改 正 対 応 状 況 と 留 意 事 項 V2.1 財 団 法 人 全 国 地 域 情 報 化 推 進 協 会 目 次 本 書 の 位 置 づけ 1 1. 業 務 ユニットの 法 改 正 対 応 状 況 および 固 有 の 留 意 事 項 2 2. 法 改 正 への 対 応 の 考 え 方 8 本

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

(\202g22\214\366\225\\.xls)

(\202g22\214\366\225\\.xls) 別 (1) 紙 3 区 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 分 住 民 基 本 (21 台 年 帳 度 人 末 口 ) 歳 出 額 A 人 件 費 別 海 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (2) 職 員 給 与 16,052 費 の 状 況 ( 普 14,873,338 通 会 計 決 算 ) 586,003千 円 2,316,507 千

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

25年度 全国アンケート結果

25年度 全国アンケート結果 在 宅 医 療 推 進 会 議 日 本 薬 剤 師 会 の 取 り 組 みについて 平 成 28 年 2 月 4 日 公 益 社 団 法 人 日 本 薬 剤 師 会 常 務 理 事 有 澤 賢 二 在 宅 医 療 に 関 する 日 本 薬 剤 師 会 の 取 り 組 み 薬 剤 師 の 関 与 を 必 要 とする 在 宅 患 者 に 過 不 足 なく 訪 問 薬 剤 管 理 指 導 を 提 供 できる

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 国 見 町 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 4.6 歳 3

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 国 見 町 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 4.6 歳 3 国 見 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 年 度 末 ) B B/ 平 成 9 年 度 の 件 費 率 平 成 年 度,478 4,55,53 79,66 94,46 3.. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普

More information

<904588F582CC8B8B975E814592E888F58AC7979D82CC8CF6955C4832322E348DEC90AC2E786C73>

<904588F582CC8B8B975E814592E888F58AC7979D82CC8CF6955C4832322E348DEC90AC2E786C73> 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 幌 延 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (1 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 1 年 度,9,1,468 77,6 76,98 13.8 18.7 () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 燕 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 22 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B / A ( 参 考 ) H21 年 度 の 件 費 率 H22 年 度 83,216 33,869,103 1,012,644 4,927,440 14.5%

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

05_現状把握指標一覧(H28.1.1時点)【20160113確定版】

05_現状把握指標一覧(H28.1.1時点)【20160113確定版】 5 精 神 疾 患 二 次 保 健 医 療 圏 1 2 3 4 5 かかりつけ 医 等 心 の 健 康 対 応 力 向 上 研 修 参 加 者 数 研 修 の 開 催 回 数 平 成 20 年 度 事 業 報 告 回 376 25 ~23 年 度 研 修 の 受 講 者 数 人 21,275 881 GP 連 携 会 議 の 開 催 地 域 数 及 び 紹 介 システム 構 築 地 区 数 GP 連

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 5 内 容 これまで1ヶ 月 の 動 きと 今 後 1ヶ 月 の 予 定 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 備 考 員 の 確 保 状 況 と 地 元 雇 用 率 の 実

東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 5 内 容 これまで1ヶ 月 の 動 きと 今 後 1ヶ 月 の 予 定 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 備 考 員 の 確 保 状 況 と 地 元 雇 用 率 の 実 東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 管 理 対 象 区 域 の 運 用 区 分 及 び 放 射 線 防 護 装 備 の 適 正 化 管 理 対 象 区 域 の 運 用 区 分 に 応 じた 放 射 線 防 護 装 備 の 適 正 化 の 運 用 開 始 (2016 年 3 月 8 日 ~) 労 働 環 境 改 善 スケジュール

More information