Microsoft Word - P01-12.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - P01-12.doc"

Transcription

1

2 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 種 雄 馬 管 理 規 程 設 定 昭 和 50 年 7 月 1 日 改 正 昭 和 54 年 9 月 26 日 改 正 昭 和 60 年 6 月 7 日 改 正 平 成 5 年 4 月 1 日 改 正 平 成 14 年 3 月 18 日 改 正 平 成 17 年 11 月 1 日 改 正 平 成 19 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 25 日 改 正 平 成 23 年 11 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 ( 以 下 協 会 という )が 馬 の 改 良 及 び 馬 産 の 振 興 を 図 るため 全 国 主 要 馬 産 地 に 対 してする 種 雄 馬 の 配 置 及 び 配 置 された 種 雄 馬 の 管 理 については この 規 程 による ( 配 置 する 種 雄 馬 ) 第 2 条 協 会 が 配 置 する 種 雄 馬 は 協 会 が 所 有 する 種 雄 馬 ( 以 下 会 有 馬 という ) 独 立 行 政 法 人 家 畜 改 良 センターが 所 有 する 種 雄 馬 及 びその 他 の 団 体 が 所 有 する 種 雄 馬 とする ( 配 置 先 ) 第 3 条 種 雄 馬 の 配 置 を 受 けることができるものは 農 業 協 同 組 合 農 業 協 同 組 合 連 合 会 公 社 ( 地 方 公 共 団 体 が 出 資 している 法 人 をいう ) 馬 産 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする 非 営 利 団 体 ( 代 表 者 の 定 めがあり -1-

3 かつ 組 織 及 び 運 営 についての 規 約 の 定 めがあるものに 限 る ) 及 び 協 会 の 会 長 ( 以 下 会 長 という )が 馬 産 の 振 興 上 特 に 必 要 と 認 め たもの( 以 下 種 雄 馬 管 理 団 体 という )とする ( 配 置 の 申 請 ) 第 4 条 種 雄 馬 管 理 団 体 は 種 雄 馬 の 配 置 を 希 望 する 場 合 は 会 長 が 定 める 日 までに 様 式 第 1 号 による 申 請 書 を 協 会 に 提 出 しなければなら ない ( 配 置 の 決 定 ) 第 5 条 協 会 は 申 請 内 容 及 び 実 馬 審 査 の 結 果 を 踏 まえ 種 雄 馬 の 適 正 な 配 置 を 決 定 する この 場 合 必 要 に 応 じ 種 雄 馬 配 置 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )を 開 催 し その 意 見 を 参 考 にするものとする 2 委 員 会 は 協 会 の 役 職 員 ( 支 部 職 員 を 含 む ) 関 係 道 県 の 職 員 及 び 学 識 経 験 者 若 干 名 をもって 構 成 する 第 6 条 協 会 は 前 条 の 規 定 により 配 置 される 種 雄 馬 ( 以 下 配 置 種 雄 馬 という )を 決 定 したときは 精 液 検 査 証 明 書 を 添 え 馬 名 品 種 毛 色 特 徴 生 年 月 日 血 統 配 置 期 間 引 渡 しの 日 時 及 び 場 所 担 当 者 等 を 種 雄 馬 管 理 団 体 に 通 知 する ( 配 置 料 ) 第 7 条 種 雄 馬 管 理 団 体 は 種 雄 馬 の 配 置 を 受 けたときは 協 会 が 別 に 定 めるところにより 配 置 料 を 協 会 に 支 払 わなければならない -2-

4 ( 供 託 金 ) 第 8 条 種 雄 馬 管 理 団 体 は 第 5 条 第 1 項 の 規 定 により 会 有 馬 である 配 置 種 雄 馬 が 決 定 した 場 合 であって その 配 置 種 雄 馬 が 地 方 競 馬 全 国 協 会 の 補 助 を 受 けて 購 入 されたもの( 以 下 特 定 配 置 種 雄 馬 という ) であるときは 当 該 特 定 配 置 種 雄 馬 の 購 入 価 格 の10パーセントに 相 当 する 額 を 供 託 金 として 協 会 に 納 付 しなければならない ( 保 管 証 ) 第 9 条 種 雄 馬 管 理 団 体 は 第 6 条 の 規 定 による 通 知 を 受 けたときは その 通 知 に 従 い 配 置 種 雄 馬 を 引 き 取 り 引 取 り 後 5 日 以 内 に 様 式 第 2 号 による 保 管 証 を 協 会 に 提 出 しなければならない ( 輸 送 保 険 及 び 家 畜 共 済 への 加 入 ) 第 10 条 種 雄 馬 管 理 団 体 は 前 条 の 規 定 により 配 置 種 雄 馬 を 引 き 取 る 際 には 当 該 配 置 種 雄 馬 を 輸 送 保 険 に 付 し 飼 養 地 へ 到 着 後 は すみ やかに 当 該 配 置 種 雄 馬 の 加 入 し 得 る 最 高 金 額 の 家 畜 共 済 に 加 入 しな ければならない ( 共 済 加 入 の 報 告 ) 第 11 条 種 雄 馬 管 理 団 体 は 配 置 種 雄 馬 の 家 畜 共 済 に 加 入 し 又 は 更 新 したときは 様 式 第 3 号 による 報 告 書 を 協 会 に 提 出 しなければならな い ( 共 済 金 の 報 告 ) 第 12 条 種 雄 馬 管 理 団 体 は 配 置 種 雄 馬 の 死 亡 又 は 廃 用 事 故 による 共 済 金 の 支 払 いを 受 けたときは 様 式 第 4 号 による 報 告 書 をすみやかに -3-

5 協 会 に 提 出 しなければならない ( 配 置 期 間 ) 第 13 条 特 定 配 置 種 雄 馬 の 配 置 期 間 は 6 年 とする ( 配 置 換 え) 第 14 条 種 雄 馬 管 理 団 体 は 配 置 期 間 内 に 近 親 交 配 を 回 避 する 等 の 理 由 により 配 置 種 雄 馬 の 配 置 換 え( 転 出 又 は 転 入 以 下 同 じ )を 希 望 する 場 合 は 協 会 に 配 置 換 えの 申 請 をすることができる この 場 合 の 配 置 期 間 は 当 該 配 置 種 雄 馬 の 配 置 期 間 の 残 期 間 とする 2 種 雄 馬 管 理 団 体 は 前 項 の 配 置 換 えをしようとする 場 合 は あらか じめ 協 会 に 連 絡 のうえ 様 式 第 5 号 による 申 請 書 を 協 会 に 提 出 しなけ ればならない 3 前 2 項 の 規 定 による 配 置 換 え 後 は 配 置 換 えを 受 けた 種 雄 馬 管 理 団 体 に 本 規 程 を 適 用 する ( 特 定 配 置 種 雄 馬 の 配 置 期 間 満 了 時 等 の 措 置 ) 第 15 条 協 会 は 特 定 配 置 種 雄 馬 の 配 置 期 間 が 満 了 したときは 現 に 配 置 を 受 けている 者 に 当 該 特 定 配 置 種 雄 馬 を 譲 渡 する この 場 合 配 置 決 定 時 に 納 付 された 供 託 金 は 返 還 しない 特 定 配 置 種 雄 馬 が 配 置 期 間 中 に 死 亡 又 は 廃 用 になったときも 同 様 とする ( 繁 殖 ) 第 16 条 種 雄 馬 管 理 団 体 ( 会 長 が 特 に 指 定 した 団 体 を 除 く 次 項 にお いて 同 じ )は 飼 養 管 理 に 必 要 な 細 則 を 定 めるとともに 配 置 種 雄 馬 ごとに 管 理 担 当 者 を 定 め 善 良 なる 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 し -4-

6 配 置 種 雄 馬 を 種 付 け 及 び 家 畜 人 工 授 精 用 精 液 の 採 取 の 用 に 供 さなけ ればならない 2 種 雄 馬 管 理 団 体 は 管 理 担 当 者 を 変 更 しようとするときは あらか じめ 文 書 をもって 協 会 と 協 議 しなければならない ( 精 液 採 取 の 便 宜 供 与 ) 第 17 条 種 雄 馬 管 理 団 体 は わが 国 の 馬 の 改 良 増 殖 に 供 するため 協 会 から 配 置 種 雄 馬 の 精 液 採 取 の 申 し 入 れがあった 場 合 には 種 雄 馬 管 理 団 体 の 業 務 遂 行 に 支 障 のない 範 囲 で 当 該 配 置 種 雄 馬 を 精 液 採 取 に 供 するとともに そのための 便 宜 供 与 をしなければならない ( 供 用 計 画 の 報 告 ) 第 18 条 種 雄 馬 管 理 団 体 は 配 置 種 雄 馬 について 毎 年 1 月 15 日 まで に 様 式 第 6 号 による 供 用 計 画 書 を 協 会 に 提 出 しなければならない ( 種 付 台 帳 ) 第 19 条 種 雄 馬 管 理 団 体 は 様 式 第 7 号 による 種 付 台 帳 を 備 え 付 け 種 付 け( 人 工 授 精 を 含 む 以 下 同 じ )に 関 する 事 項 を 記 載 しなけれ ばならない 2 種 雄 馬 管 理 団 体 は 種 付 けした 雌 馬 の 飼 養 者 から 請 求 のあったとき は その 事 実 を 確 認 し 種 付 けに 関 する 証 明 書 を 発 行 しなければなら ない 3 種 雄 馬 管 理 団 体 は 毎 年 10 月 31 日 までに 第 1 項 の 種 付 台 帳 の 写 し 及 び 様 式 8 号 による 配 置 種 雄 馬 の 繁 殖 成 績 報 告 書 を 協 会 に 提 出 しなければならない -5-

7 ( 種 付 料 ) 第 20 条 種 付 料 の 額 については 原 則 として 毎 年 配 置 種 雄 馬 ごとに 協 会 と 種 雄 馬 管 理 団 体 が 協 議 するものとする ( 種 畜 検 査 ) 第 21 条 種 雄 馬 管 理 団 体 は その 配 置 種 雄 馬 につき 家 畜 改 良 増 殖 法 に よる 種 畜 検 査 を 受 けなければならない ( 経 費 ) 第 22 条 種 雄 馬 管 理 団 体 は 配 置 種 雄 馬 の 引 取 り 飼 養 管 理 疾 病 の 治 療 健 康 検 査 引 上 げ 等 に 要 する 一 切 の 経 費 を 負 担 しなければならな い ( 事 故 報 告 ) 第 23 条 種 雄 馬 管 理 団 体 は 配 置 種 雄 馬 について 疾 病 傷 害 盗 難 失 そう 死 亡 その 他 重 大 な 事 故 が 発 生 した 場 合 には 直 ちに 適 切 な 処 置 を 講 じるとともに すみやかにその 内 容 を 協 会 に 通 報 のうえ 次 の 書 類 を 添 えた 様 式 第 9 号 による 報 告 書 を 協 会 に 提 出 しなければならな い 1 疾 病 傷 害 又 は 死 亡 の 場 合 は 獣 医 師 の 診 断 書 又 は 検 案 書 2 重 大 な 事 故 及 び 死 亡 の 場 合 は その 状 況 が 明 らかとなる 写 真 ( 損 害 の 賠 償 ) 第 24 条 種 雄 馬 管 理 団 体 は 故 意 又 は 重 大 な 過 失 により 配 置 種 雄 馬 に 関 し 協 会 に 損 害 を 与 えた 場 合 は 協 会 に 対 しその 損 害 を 賠 償 しなけれ ばならない -6-

8 ( 損 害 の 弁 償 ) 第 25 条 種 雄 馬 管 理 団 体 は 会 有 馬 である 配 置 種 雄 馬 に 疾 病 傷 害 盗 難 失 そう 死 亡 その 他 の 廃 用 事 故 があったときは 前 条 に 該 当 す る 場 合 を 除 き 協 会 に 対 し 別 表 に 定 める 損 害 弁 償 額 の 弁 償 金 を 支 払 わ なければならない ただし 協 会 は 特 別 の 事 情 があると 認 めたとき は 弁 償 金 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 することができる ( 事 故 馬 の 廃 用 処 分 ) 第 26 条 協 会 は 配 置 種 雄 馬 をやむを 得 ぬ 事 故 等 により 廃 用 するとき は あらかじめ 関 係 機 関 の 承 認 を 得 るものとする 2 種 雄 馬 管 理 団 体 は やむを 得 ぬ 事 故 等 により 配 置 種 雄 馬 を 廃 用 する ことが 適 切 と 判 断 したときは あらかじめ 協 会 に 連 絡 のうえ 様 式 第 10 号 による 種 雄 馬 廃 用 処 分 申 請 書 に 関 係 書 類 を 添 えて 協 会 に 申 請 しなければならない ( 用 途 変 更 処 分 ) 第 27 条 協 会 は 配 置 種 雄 馬 をやむを 得 ぬ 事 故 等 により 用 途 変 更 する ときは あらかじめ 関 係 機 関 の 承 認 を 得 るものとする 2 種 雄 馬 管 理 団 体 は 配 置 種 雄 馬 をやむを 得 ぬ 事 故 等 により 用 途 変 更 することが 適 切 であると 判 断 したときは あらかじめ 協 会 に 連 絡 のう え 様 式 第 11 号 による 種 雄 馬 用 途 変 更 申 請 書 に 関 係 書 類 を 添 えて 協 会 に 申 請 しなければならない 3 協 会 は 前 項 の 規 定 により 種 雄 馬 管 理 団 体 から 用 途 変 更 の 連 絡 を 受 けたときは 当 該 配 置 種 雄 馬 の 再 活 用 のため 新 たな 配 置 先 の 確 保 に 努 めるものとする 4 協 会 は 新 たな 配 置 先 の 確 保 が 困 難 と 判 断 したときに 限 り 第 2 項 -7-

9 の 申 請 を 受 理 するものとする ( 引 上 げ) 第 28 条 協 会 は 配 置 種 雄 馬 について 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 は その 配 置 種 雄 馬 を 引 き 上 げるものとする この 場 合 種 雄 馬 管 理 団 体 は これによって 生 じた 損 害 の 賠 償 を 協 会 に 請 求 することは 出 来 ない 1 飼 養 管 理 が 不 良 であると 認 められた 場 合 2 種 付 頭 数 が 著 しく 少 なく 翌 年 以 降 も 増 加 する 見 込 みのない 場 合 3 配 置 目 的 に 反 し 他 の 目 的 に 使 用 した 場 合 4 配 置 目 的 を 果 たし 新 たな 配 置 先 に 配 置 することが 適 当 と 判 断 さ れる 場 合 2 協 会 は 前 項 の 規 定 により 引 上 げをする 場 合 には あらかじめ 日 時 場 所 等 必 要 な 事 項 を 種 雄 馬 管 理 団 体 に 通 知 するものとし 種 雄 馬 管 理 団 体 は これに 従 わなければならない ( 指 示 ) 第 29 条 協 会 は 必 要 があると 認 めるときは 種 雄 馬 管 理 団 体 に 対 し 飼 養 管 理 その 他 の 事 項 を 指 示 するものとし 種 雄 馬 管 理 団 体 は これ に 従 わなければならない 2 協 会 は 前 項 の 規 定 により 指 示 する 場 合 は 次 条 に 規 定 する 協 会 の 支 部 等 と 協 議 するものとする ( 協 会 の 支 部 等 の 任 務 等 ) 第 30 条 協 会 の 支 部 及 び 協 会 から 馬 事 振 興 に 関 する 事 務 の 委 託 を 受 け ている 団 体 ( 以 下 協 会 の 支 部 等 という )は 管 内 の 配 置 種 雄 馬 の 配 置 及 び 管 理 の 適 正 化 を 図 るため 配 置 種 雄 馬 を 含 む 種 雄 馬 の 配 置 -8-

10 及 び 配 置 種 雄 馬 の 管 理 の 実 情 を 把 握 するよう 努 めなければならない 2 種 雄 馬 管 理 団 体 と 協 会 との 往 復 文 書 は 全 て 協 会 の 支 部 等 ( 北 海 道 事 務 所 を 含 む )を 経 由 するものとする 附 則 1 この 規 程 は 昭 和 50 年 7 月 1 日 から 実 施 する 2 日 本 馬 事 協 会 種 雄 馬 配 置 規 程 ( 昭 和 40 年 6 月 29 日 設 定 ) 及 び 種 雄 馬 の 管 理 委 託 規 程 ( 昭 和 48 年 4 月 1 日 設 定 )は 廃 止 する 3 種 雄 馬 の 配 置 管 理 に 関 してこの 規 程 に 定 める 事 項 のほか 借 受 けた 国 有 貸 付 種 雄 馬 については 家 畜 等 の 無 償 貸 付 及 び 譲 与 等 に 関 する 省 令 ( 昭 和 25 年 4 月 26 日 農 林 省 令 第 43 号 )の 規 制 に 地 方 競 馬 全 国 協 会 の 補 助 により 取 得 した 種 雄 馬 については 地 方 競 馬 全 国 協 会 の 規 制 に それぞれ 従 うものとする 附 則 この 規 程 の 改 正 は 昭 和 54 年 10 月 1 日 から 実 施 する 附 則 この 規 程 の 改 正 は 昭 和 61 年 4 月 1 日 から 実 施 する 附 則 この 規 程 の 改 正 は 平 成 5 年 4 月 1 日 から 実 施 する 附 則 この 規 程 の 改 正 は 平 成 14 年 4 月 1 日 から 実 施 する -9-

11 附 則 この 規 程 の 改 正 は 平 成 17 年 11 月 1 日 から 実 施 し 平 成 17 年 度 の 新 規 貸 付 馬 から 対 象 とする 附 則 この 規 程 の 改 正 は 平 成 19 年 7 月 1 日 から 実 施 する 附 則 1 この 規 程 の 改 正 は 平 成 22 年 8 月 25 日 に 施 行 し 配 置 期 間 に 関 する 改 正 規 定 は 平 成 22 年 7 月 1 日 から 適 用 する 2 この 改 正 規 程 の 施 行 の 際 現 に 改 正 前 の 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 種 雄 馬 管 理 規 程 ( 以 下 旧 規 程 という ) 第 4 条 の 規 定 により 提 出 されて いる 申 請 書 は 改 正 後 の 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 種 雄 馬 管 理 規 程 ( 以 下 新 規 程 という ) 第 4 条 の 規 定 により 提 出 された 申 請 書 とみなす 3 この 改 正 規 程 の 施 行 の 際 現 に 旧 規 程 第 7 条 の 規 定 により 納 付 されて いる 種 雄 馬 供 託 金 は 新 規 程 第 8 条 の 規 定 により 納 付 された 供 託 金 と みなす 4 この 改 正 規 程 の 施 行 の 際 現 に 旧 規 程 第 9 条 第 2 項 の 規 定 により 提 出 されている 申 請 書 は 新 規 程 第 14 条 第 2 項 の 規 定 により 提 出 された 申 請 書 とみなす 附 則 1 この 規 程 は 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 第 106 条 第 1 項 に 定 める 公 益 法 人 の 設 立 の 登 記 の 日 ( 平 成 23 年 11 月 1 日 )から 施 行 する -10-

12 2 この 規 程 の 施 行 の 際 現 に 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 種 雄 馬 管 理 規 程 第 4 条 の 規 定 により 提 出 されている 申 請 書 は 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 種 雄 馬 管 理 規 程 第 4 条 の 規 定 により 提 出 された 申 請 書 とみなす -11-

13 別 表 死 亡 廃 用 事 故 の 場 合 の 損 害 弁 償 額 死 亡 廃 用 事 故 の 時 期 引 取 り 地 から 飼 養 地 までの 輸 送 期 間 中 配 置 期 間 の 満 了 日 まで 損 害 弁 償 額 ( 支 払 いを 受 けた 当 該 馬 の 輸 送 保 険 金 - 輸 送 保 険 掛 金 ) 80/100 相 当 額 支 払 いを 受 けた 当 該 馬 の 死 亡 廃 用 による 共 済 金 80/100 相 当 額 ただし 当 該 馬 が 死 亡 廃 用 する 日 から 遡 って 1ヵ 月 の 期 間 中 の 疾 病 にかかる 診 療 治 療 費 及 び 死 亡 診 断 書 等 共 済 金 の 支 給 申 請 に 伴 う 各 種 証 明 書 の 発 行 に 要 する 経 費 については 上 記 金 額 から 減 額 することができる -12-

14 様 式 第 1 号 平 成 年 種 雄 馬 配 置 申 請 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 種 雄 馬 の 新 規 配 置 を 受 けたいので 種 雄 馬 管 理 規 程 第 4 条 の 規 定 によ り 申 請 します 記 1. 新 規 配 置 希 望 品 種 別 配 置 希 望 頭 数 区 分 センター 有 馬 会 有 馬 その 他 団 体 有 馬 計 2. 新 規 配 置 希 望 理 由 管 理 担 当 予 定 者 の 住 所 氏 名 摘 要 注 ) 配 置 希 望 が 複 数 頭 ある 場 合 は それぞれの 馬 ごとに 希 望 理 由 を 記 述 すること -13-

15 様 式 第 2 号 種 雄 馬 保 管 証 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 下 記 の 種 雄 馬 の 配 置 を 受 けたので 種 雄 馬 管 理 規 程 第 9 条 の 規 定 によ り 保 管 証 を 提 出 します 記 センター 有 会 有 その 他 有 馬 の 別 配 置 番 号 馬 名 品 種 毛 色 生 年 月 日 特 徴 配 置 期 間 管 理 担 当 者 の 住 所 氏 名 自 平 成 年 月 日 至 平 成 年 月 日 -14-

16 様 式 第 3 号 種 雄 馬 家 畜 共 済 加 入 報 告 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 下 記 の 種 雄 馬 について 家 畜 共 済 に 加 入 ( 更 新 )したので 種 雄 馬 管 理 規 程 第 11 条 の 規 定 により 報 告 します 記 配 置 番 号 馬 名 共 済 組 合 名 種 雄 馬 一 般 馬 の 別 共 済 金 額 共 済 掛 金 額 共 済 加 入 期 間 加 入 ( 更 新 ) 年 月 日 加 入 者 の 氏 名 -15-

17 様 式 第 4 号 種 雄 馬 家 畜 共 済 金 受 領 報 告 書 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 平 成 年 月 日 下 記 の 種 雄 馬 について 死 亡 廃 用 事 故 による 家 畜 共 済 金 の 支 払 いを 受 けたので 種 雄 馬 管 理 規 程 第 12 条 の 規 定 により 報 告 します 記 1 受 領 共 済 金 配 置 番 号 馬 名 共 済 組 合 名 共 済 金 額 残 存 価 格 補 償 金 支 払 を 受 けた 共 済 金 受 領 年 月 日 受 領 者 の 氏 名 2 死 亡 廃 用 に 伴 って 要 した 経 費 区 分 金 額 内 訳 死 亡 廃 用 前 1ヵ 月 間 の 診 療 治 療 費 共 済 金 支 給 申 請 に 要 し た 各 種 証 明 に 係 る 経 費 合 計 -16-

18 様 式 第 5 号 種 雄 馬 配 置 換 ( 転 出 転 入 ) 申 請 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 下 記 の 種 雄 馬 について 配 置 換 え( 転 出 転 入 )をしたいので 種 雄 馬 管 理 規 程 第 14 条 第 2 項 の 規 定 により 申 請 します 記 1 配 置 換 え( 転 出 転 入 ) 希 望 内 訳 配 置 番 号 馬 名 品 種 配 置 換 先 団 体 ( 転 入 にあっては 現 配 置 団 体 ) 名 称 配 置 換 期 日 平 成 年 月 日 2 配 置 換 え( 転 出 転 入 ) 希 望 理 由 注 ) 配 置 換 え 希 望 が 複 数 頭 ある 場 合 は 1 頭 ごとに 記 述 すること -17-

19 様 式 第 6 号 平 成 年 種 雄 馬 供 用 計 画 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 種 雄 馬 管 理 規 程 第 18 条 の 規 定 に 基 づき 供 用 計 画 を 下 記 のとおり 提 出 します 記 配 置 番 号 馬 名 供 用 地 域 ( 市 町 村 単 位 ) 交 配 見 込 数 供 用 地 域 の 雌 馬 数 種 付 料 摘 要 -18-

20 様 式 第 7 号 種 畜 証 明 書 番 号 種 付 台 帳 ( 精 液 採 取 台 帳 ) 種 名 前 家 家 畜 登 録 機 関 名 畜 登 録 登 録 番 号 種 類 及 び 品 種 畜 生 年 月 日 血 統 父 母 種 畜 飼 養 者 住 所 氏 名 又 は 名 称 備 考 種 付 台 帳 は 書 面 により 作 成 する 場 合 にあっては 種 畜 ごとに 別 冊 とし てつづり 電 磁 的 記 録 により 作 成 する 場 合 にあっては 種 畜 ごとに 明 確 に 区 分 すること -19-

21 様 式 第 7 号 の2 ( 自 然 種 付 けに 関 する 事 項 ) 備 考 1.この 帳 簿 には 自 然 種 付 けに 関 する 事 項 を 記 載 し 又 は 記 録 する こと 2.10 月 31 日 までにこの 写 しを 協 会 に 提 出 すること -20-

22 様 式 第 7 号 の3 ( 家 畜 人 工 授 精 用 精 液 の 注 入 に 関 する 事 項 ) 備 考 1. 注 入 を 受 けた 雌 畜 の 飼 養 者 から 授 精 証 明 書 の 交 付 を 要 求 される 前 においては 家 畜 人 工 授 精 用 精 液 証 明 書 を 添 付 しておくこと ただ し 家 畜 人 工 授 精 簿 を 電 磁 的 記 録 により 作 成 する 場 合 にあっては 家 畜 人 工 授 精 用 精 液 証 明 書 を 必 要 な 時 に 速 やかに 照 合 できるよう 適 切 に 保 管 しておくこと 2.10 月 31 日 までにこの 写 しを 協 会 に 提 出 すること -21-

23 様 式 第 8 号 平 成 年 繁 殖 成 績 報 告 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 種 雄 馬 管 理 規 程 第 19 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 繁 殖 成 績 報 告 書 を 提 出 します 注 ) 1 本 年 並 びに 前 年 供 用 した 全 ての 種 雄 馬 について 記 載 すること 2 前 年 種 付 けとその 受 胎 分 娩 状 況 等 の 種 付 頭 数 の 欄 は 前 年 報 告 書 の 本 年 種 付 頭 数 と 同 じ 頭 数 を 記 入 すること 3 10 月 31 日 までに 報 告 すること 4 飼 養 場 所 欄 は 市 町 村 名 を 記 載 すること 5 種 雄 馬 の 所 属 は 協 会 有 センター 有 道 県 有 市 町 村 有 その 他 とする 6 種 付 け 台 帳 の 写 しを 添 付 すること -22-

24 様 式 第 9 号 種 雄 馬 事 故 報 告 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 下 記 の 種 雄 馬 に 事 故 があったので 種 雄 馬 管 理 規 程 第 23 条 の 規 定 に より 報 告 します 1 種 雄 馬 配 置 番 号 馬 名 品 種 毛 色 生 年 月 日 特 徴 管 理 担 当 者 の 氏 名 記 2 事 故 の 種 類 3 事 故 の 経 過 4 平 素 の 飼 養 管 理 状 況 5 添 付 書 類 : 獣 医 師 の 診 断 書 又 は 検 案 書 状 況 が 明 らかとなる 写 真 -23-

25 様 式 第 10 号 種 雄 馬 廃 用 処 分 申 請 書 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 平 成 年 月 日 下 記 の 種 雄 馬 は 別 紙 事 故 等 報 告 書 のとおり 種 雄 馬 として 供 用 するこ とが 困 難 な 状 況 ですので 廃 用 処 分 といたしたく 種 雄 馬 管 理 規 程 第 26 条 第 2 項 の 規 定 により 申 請 します 記 1 種 雄 馬 配 置 番 号 馬 名 品 種 毛 色 生 年 月 日 管 理 担 当 者 の 氏 名 2 廃 用 処 分 の 方 法 (1) 家 畜 市 場 への 上 場 によるセリ 売 りの 方 法 の 場 合 1セリ 売 り 予 定 家 畜 市 場 名 : 2セリ 売 り 予 定 年 月 日 : 平 成 年 月 日 3セリ 売 りが 終 了 した 場 合 には 様 式 第 10 号 の5の 借 受 種 雄 馬 セ リ 売 り 報 告 書 を 提 出 すること (2) 家 畜 市 場 への 上 場 ができない 場 合 1 様 式 第 10 号 の2の 廃 用 処 分 種 雄 馬 調 書 を 添 付 すること 2 様 式 第 10 号 の3の 見 積 書 を3 名 以 上 の 者 より 徴 し 添 付 すること 注 ) 1 廃 用 処 分 に 当 たっては 上 記 (1) (2)のいずれかを 選 択 すること 2 様 式 第 10 号 の4の 種 雄 馬 事 故 等 報 告 書 を 添 付 すること -24-

26 様 式 第 10 号 の2 注 ) 1 現 状 欄 には 廃 用 処 分 申 請 書 を 提 出 する 時 点 における 当 該 種 雄 馬 の 健 康 状 態 ( 痩 削 肉 付 き 毛 艶 等 一 般 外 貌 ) 種 付 及 び 産 駒 成 績 等 の 状 況 を 具 体 的 に 記 入 すること 2 算 定 基 礎 の 時 価 相 場 は 最 寄 り 市 場 と 場 における 当 該 種 雄 馬 と 同 等 の 年 齢 疾 病 等 を 勘 案 した 額 とする 3 調 書 作 成 者 は 原 則 として 地 方 公 共 団 体 職 員 とする 4 見 積 りに 当 たっては 馬 名 品 種 年 齢 体 重 を 公 表 すること -25-

27 様 式 第 10 号 の3 見 積 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 下 記 のとおり 見 積 りします 記 見 積 額 金 円 也 ( 消 費 税 込 み) 見 積 内 訳 馬 名 品 種 年 齢 生 体 重 キロ 歩 留 % 枝 肉 量 キロ 枝 肉 キロ 単 価 円 銭 摘 要 注 ) 1 見 積 りに 当 たっては 馬 名 品 種 年 齢 体 重 は 公 表 された 名 称 数 値 を 使 うこと 2 見 積 りに 当 たっては 摘 要 欄 以 外 は 全 て 記 入 すること 3 見 積 りに 当 たっては 現 畜 飼 養 場 所 での 引 き 渡 しを 条 件 とする 従 って 見 積 内 訳 の 枝 肉 単 価 は 現 畜 飼 養 場 所 から 枝 肉 になるまで の 諸 経 費 を 考 慮 して 見 積 ること 4 見 積 書 を 提 出 し 現 畜 の 引 き 取 りが 決 定 した 者 は 見 積 額 に 記 入 された 金 額 を 指 定 された 口 座 に 入 金 ( 振 込 手 数 料 は 振 り 込 み 者 負 担 )することにより 書 類 上 の 現 畜 引 き 渡 しが 完 了 したことになる -26-

28 様 式 第 10 号 の4 種 雄 馬 事 故 等 報 告 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 下 記 の 種 雄 馬 に 事 故 等 があったので 報 告 します 1 馬 名 : 記 2 事 故 等 の 内 容 ( 事 故 の 場 合 はその 種 類 と 経 緯 を 事 故 以 外 の 場 合 は 種 雄 馬 として 供 用 できなくなった 経 緯 状 況 等 ) 3 平 素 の 飼 養 管 理 状 況 4 添 付 書 類 ( 事 故 の 場 合 は 種 雄 馬 として 供 用 困 難 となった 疾 病 等 の 獣 医 師 の 診 断 書 等 事 故 以 外 の 場 合 は 供 用 できなくなった 経 緯 状 況 を 裏 付 ける データ 等 ) -27-

29 様 式 第 10 号 の5 借 受 種 雄 馬 セリ 売 り 報 告 書 馬 名 品 種 年 齢 体 重 体 高 胸 囲 管 囲 売 払 精 算 内 訳 内 訳 1. 家 畜 市 場 落 札 額 円 (A) 平 成 年 月 日 開 催 家 畜 市 場 上 場 2. 諸 経 費 ( 消 費 税 込 み) 円 (B) B= 輸 送 費 ( ~ ) 円 2 家 畜 市 場 経 費 円 2=ⅰ+ⅱ+ⅲ ⅰせり 手 数 料 (せり 価 格 の %) 円 ⅱ 入 場 料 円 ⅲその 他 経 費 ( ) 円 3 上 場 手 数 料 (せり 価 格 の3%) 円 3. 精 算 額 (A) -(B) = 円 市 場 売 払 委 託 団 体 住 所 団 体 名 代 表 者 名 -28-

30 様 式 第 11 号 種 雄 馬 用 途 変 更 申 請 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 下 記 の 種 雄 馬 は 別 添 理 由 書 のとおり 将 来 種 雄 馬 として 供 用 すること が 困 難 な 状 況 ですので 用 途 変 更 のため 有 償 譲 り 受 け 願 いたく 種 雄 馬 管 理 規 程 第 27 条 第 2 項 の 規 定 により 有 償 譲 受 種 雄 馬 調 書 及 び 用 途 変 更 理 由 書 を 添 えて 申 請 します 記 1 種 雄 馬 配 置 番 号 馬 名 品 種 毛 色 生 年 月 日 管 理 担 当 者 の 氏 名 2 有 償 譲 渡 後 の 再 活 用 の 方 法 注 ) 1 様 式 第 11 号 の2の 有 償 譲 受 種 雄 馬 調 書 を 添 付 すること 2 様 式 第 11 号 の3の 用 途 変 更 理 由 書 を 添 付 すること -29-

31 様 式 第 11 号 の2 有 償 譲 受 種 雄 馬 調 書 馬 名 品 種 年 齢 体 重 体 高 胸 囲 管 囲 現 状 評 価 額 算 定 基 礎 1. 生 体 重 ( キロ) 歩 留 ( %)= 枝 肉 量 キロ 2. 時 価 相 場 ( 消 費 税 込 み) 採 用 単 価 円 A 月 日 市 場 1キロ 当 り 価 格 円 B 月 日 市 場 1キロ 当 り 価 格 円 3. 諸 経 費 ( 消 費 税 込 み) A 輸 送 費 ( ~ ) 円 B と 場 経 費 円 C その 他 経 費 円 4. 枝 肉 量 ( キロ) 単 価 ( 円 )- 諸 経 費 = 差 引 額 円 都 道 府 県 畜 産 課 ( 家 畜 保 健 衛 生 所 等 ) 技 術 史 員 氏 名 注 ) 1 現 状 欄 には 有 償 譲 受 申 請 書 を 提 出 する 時 点 における 当 該 種 雄 馬 の 健 康 状 態 ( 痩 削 肉 付 き 毛 艶 等 一 般 外 貌 ) 種 付 及 び 産 駒 成 績 等 の 状 況 を 具 体 的 に 記 入 すること 2 算 定 基 礎 の 時 価 相 場 は 最 寄 り 市 場 と 場 における 当 該 種 雄 馬 と 同 等 の 年 齢 疾 病 等 を 勘 案 した 額 とする 3 調 書 作 成 者 は 原 則 として 地 方 公 共 団 体 職 員 とする -30-

32 様 式 第 11 号 の3 用 途 変 更 理 由 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 記 馬 名 品 種 年 齢 生 体 重 キロ 用 途 変 更 理 由 所 属 理 由 書 作 成 責 任 者 役 職 氏 名 注 ) 種 雄 馬 として 供 用 が 困 難 となった 繁 殖 障 害 を 証 明 する 獣 医 師 の 診 断 書 又 は 種 付 け 状 況 等 のデータ 等 を 添 付 すること -31-

33

34 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 種 雄 馬 配 置 料 規 程 制 定 平 成 22 年 8 月 25 日 改 正 平 成 23 年 11 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 種 雄 馬 管 理 団 体 ( 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 種 雄 馬 管 理 規 程 ( 昭 和 50 年 7 月 1 日 設 定 以 下 規 程 という ) 第 3 条 の 種 雄 馬 管 理 団 体 をいう 以 下 同 じ )が 規 程 第 7 条 第 1 項 の 規 定 により 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 ( 以 下 協 会 という )に 支 払 う 種 雄 馬 の 配 置 料 に ついては この 規 程 の 定 めるところによる ( 配 置 料 の 対 象 ) 第 2 条 配 置 料 を 支 払 わなければならない 種 雄 馬 ( 日 本 在 来 馬 を 除 く 以 下 同 じ )は 毎 年 7 月 1 日 ( 以 下 基 準 日 という ) 現 在 において 配 置 さ れている 種 雄 馬 とする ( 協 会 が 所 有 する 農 用 種 雄 馬 の 配 置 料 ) 第 3 条 協 会 が 所 有 する 農 用 種 雄 馬 の1 頭 1 年 当 たりの 配 置 料 の 額 は その 購 入 価 格 に 次 の 各 号 の 配 置 料 率 を 乗 じて 得 た 額 とする (1) 配 置 後 第 1 回 目 の 基 準 日 から 第 3 回 目 の 基 準 日 までは 毎 年 3% (2) 配 置 後 第 4 回 目 の 基 準 日 から 第 6 回 目 の 基 準 日 までは 毎 年 2.5% 2 協 会 が 所 有 する 農 用 種 雄 馬 であって 配 置 後 7 年 目 以 降 の 基 準 日 に 配 置 されているものの1 頭 1 年 当 たりの 配 置 料 の 額 は 5,000 円 とする -33-

35 ( 協 会 が 所 有 する 乗 用 種 雄 馬 の 配 置 料 ) 第 4 条 協 会 が 所 有 する 乗 用 種 雄 馬 ( 寄 贈 を 受 けたものを 除 く 以 下 次 項 において 同 じ )の1 頭 1 年 当 たりの 配 置 料 の 額 は その 購 入 価 格 に 次 の 各 号 の 配 置 料 率 を 乗 じて 得 た 額 とする (1) 配 置 後 第 1 回 目 の 基 準 日 から 第 3 回 目 の 基 準 日 までは 毎 年 1.5% (2) 配 置 後 第 4 回 目 の 基 準 日 から 第 6 回 目 の 基 準 日 までは 毎 年 1.0% 2 協 会 が 所 有 する 乗 用 種 雄 馬 であって 配 置 後 7 年 目 以 降 の 基 準 日 に 配 置 されているものの1 頭 1 年 当 たりの 配 置 料 の 額 は 5,000 円 とする (センター 有 種 雄 馬 等 の 配 置 料 ) 第 5 条 独 立 行 政 法 人 家 畜 改 良 センターその 他 の 団 体 が 所 有 する 農 用 種 雄 馬 及 び 乗 用 種 雄 馬 並 びに 協 会 が 寄 贈 を 受 けて 所 有 する 乗 用 種 雄 馬 の1 頭 1 年 当 たりの 配 置 料 の 額 は 配 置 後 6 回 目 の 基 準 日 までは 10,000 円 配 置 後 7 回 目 の 基 準 日 以 降 は5,000 円 とする ( 配 置 料 の 支 払 い 期 限 ) 第 6 条 第 2 条 に 規 定 する 種 雄 馬 の 配 置 を 受 けている 種 雄 馬 管 理 団 体 は 毎 年 9 月 30 日 までに 協 会 の 発 行 する 配 置 料 支 払 請 求 書 により 配 置 料 を 支 払 わなければならない ( 配 置 料 の 免 除 ) 第 7 条 協 会 は 配 置 先 の 責 に 帰 し 得 ない 種 付 事 故 等 により 種 雄 馬 とし ての 機 能 を 全 く 発 揮 し 得 なかったと 協 会 の 会 長 が 認 めたときは 配 置 料 の 支 払 いを 免 除 することができる -34-

36 附 則 1 この 規 程 は 平 成 22 年 8 月 25 日 に 施 行 する 2 特 別 賦 課 金 賦 課 等 徴 収 規 程 ( 昭 和 50 年 7 月 1 日 設 定 )は 廃 止 する 3 平 成 22 年 7 月 1 日 現 在 に 配 置 してある 種 雄 馬 の 廃 止 前 の 特 別 賦 課 金 賦 課 等 徴 収 規 程 による 平 成 22 年 の 基 準 日 に 係 る 特 別 賦 課 金 及 び 事 務 手 数 料 の 額 及 びその 徴 収 方 法 については なお 従 前 の 例 による 附 則 この 規 程 は 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 第 106 条 第 1 項 に 定 める 公 益 法 人 の 設 立 の 登 記 の 日 ( 平 成 23 年 11 月 1 日 )から 施 行 する -35-

37

38 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 乗 用 種 雌 馬 貸 付 規 程 制 定 昭 和 56 年 8 月 20 日 改 正 平 成 9 年 6 月 5 日 改 正 平 成 10 年 2 月 1 日 改 正 平 成 19 年 6 月 5 日 改 正 平 成 22 年 8 月 25 日 改 正 平 成 23 年 11 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 ( 以 下 協 会 という )が 乗 用 馬 生 産 用 繁 殖 雌 馬 の 充 実 と 資 質 の 向 上 を 図 るため 全 国 主 要 馬 産 地 に 対 し てする 乗 用 種 雌 馬 ( 以 下 種 雌 馬 という )の 貸 付 け 及 び 貸 付 けさ れた 種 雌 馬 の 管 理 については この 規 程 による ( 貸 し 付 ける 種 雌 馬 ) 第 2 条 協 会 が 貸 し 付 ける 種 雌 馬 は 日 本 中 央 競 馬 会 独 立 行 政 法 人 家 畜 改 良 センター 又 はその 他 の 団 体 から 助 成 を 受 けて 購 入 し 又 は 貸 付 け 若 しく は 寄 贈 を 受 けた 種 雌 馬 とする ( 貸 付 先 ) 第 3 条 種 雌 馬 の 貸 付 けを 受 けることができるものは 農 業 協 同 組 合 農 業 協 同 組 合 連 合 会 公 社 ( 地 方 公 共 団 体 が 出 資 している 団 体 をい う ) 馬 産 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする 非 営 利 団 体 ( 代 表 者 の 定 め があり かつ 組 織 及 び 運 営 についての 規 約 の 定 めがあるものに 限 る ) 及 び 協 会 の 会 長 ( 以 下 会 長 という )が 馬 産 の 振 興 上 特 に 必 -37-

39 要 と 認 めたもの( 以 下 種 雌 馬 管 理 団 体 という )とする ( 貸 付 申 請 ) 第 4 条 種 雌 馬 管 理 団 体 は 種 雌 馬 の 貸 付 けを 希 望 する 場 合 は 会 長 が 定 める 日 までに 様 式 第 1 号 による 乗 用 種 雌 馬 借 受 申 請 書 を 協 会 に 提 出 しなければならない ( 貸 付 先 の 決 定 ) 第 5 条 協 会 は 申 請 内 容 を 審 査 し 貸 付 けについて 決 定 し 種 雌 馬 管 理 団 体 に 通 知 する 2 協 会 は 前 項 の 貸 付 けについて 決 定 したときは 当 該 種 雌 馬 の 馬 名 品 種 毛 色 特 徴 生 年 月 日 血 統 貸 付 期 間 引 渡 日 時 等 を 種 雌 馬 管 理 団 体 に 通 知 する ( 輸 送 保 険 への 加 入 ) 第 6 条 種 雌 馬 管 理 団 体 は 前 条 の 規 定 により 貸 付 けを 受 けた 種 雌 馬 を 引 き 取 る 際 には 当 該 種 雌 馬 を 輸 送 保 険 に 付 さなければならない ( 借 受 証 の 提 出 ) 第 7 条 種 雌 馬 管 理 団 体 は 種 雌 馬 の 引 渡 しを 受 けたときは すみやか に 様 式 第 2 号 による 乗 用 種 雌 馬 借 受 証 を 協 会 に 提 出 しなければなら ない ( 転 貸 ) 第 8 条 第 5 条 の 規 定 により 種 雌 馬 の 貸 付 けを 受 けた 種 雌 馬 管 理 団 体 は その 貸 付 けを 受 けた 種 雌 馬 ( 以 下 借 受 種 雌 馬 という )を 自 ら -38-

40 乗 用 馬 の 生 産 の 用 に 供 する 場 合 を 除 き 乗 用 馬 の 生 産 を 行 うのに 適 当 と 認 めるその 構 成 員 又 はその 他 の 者 に 転 貸 するものとする 2 種 雌 馬 管 理 団 体 は 第 7 条 の 規 定 により 提 出 した 乗 用 種 雌 馬 借 受 証 に 記 載 されている 種 雌 馬 管 理 団 体 から 借 受 種 雌 馬 の 転 貸 を 受 けた 者 又 は 借 受 種 雌 馬 を 自 ら 乗 用 馬 の 生 産 の 用 に 供 する 種 雌 馬 管 理 団 体 ( 以 下 転 借 人 等 と 総 称 する )を 変 更 した 場 合 は 様 式 第 3 号 により 協 会 へ 報 告 しなければならない ( 家 畜 共 済 への 加 入 等 ) 第 9 条 前 条 の 規 定 により 転 借 人 等 は 当 該 借 受 種 雌 馬 の 加 入 し 得 る 最 高 金 額 の 家 畜 共 済 に 加 入 しなければならない 第 10 条 種 雌 馬 管 理 団 体 は 転 借 人 等 が 前 条 の 規 定 により 当 該 借 受 種 雌 馬 の 家 畜 共 済 に 加 入 し 又 は 更 新 したときは 様 式 第 4 号 による 報 告 書 を 協 会 に 提 出 しなければならない ( 飼 養 管 理 ) 第 11 条 転 借 人 等 は 借 受 種 雌 馬 を 善 良 なる 管 理 者 の 注 意 をもって 飼 養 管 理 を 行 うとともに 乗 用 馬 の 繁 殖 に 供 さなければならない ( 貸 付 料 の 支 払 い) 第 12 条 毎 年 7 月 1 日 に 種 雌 馬 を 借 り 受 けている 種 雌 馬 管 理 団 体 は 次 の 各 号 に 定 める1 頭 1 年 当 たりの 貸 付 料 を 協 会 に 支 払 わなければ ならない (1) 借 受 種 雌 馬 の 貸 付 期 間 が6 年 を 経 過 するまでの 間 は10,000 円 (2) 借 受 種 雌 馬 の 貸 付 期 間 が6 年 を 経 過 した 後 は5,000 円 -39-

41 2 種 雌 馬 管 理 団 体 は 毎 年 9 月 30 日 までに 協 会 が 発 行 する 貸 付 料 支 払 請 求 書 により 前 項 の 貸 付 料 を 支 払 わなければならない 3 協 会 は 貸 付 先 の 責 に 帰 し 得 ない 繁 殖 障 害 等 により 種 雌 馬 としての 機 能 を 全 く 発 揮 しなかったと 会 長 が 認 めた 場 合 は 貸 付 料 の 支 払 いを 免 除 することができる ( 産 子 の 帰 属 等 ) 第 13 条 借 受 種 雌 馬 の 貸 付 期 間 中 の 産 子 は その 借 受 種 雌 馬 の 転 借 人 等 に 帰 属 するものとし 当 該 転 借 人 等 は 当 該 産 子 を 販 売 したときは 種 雌 馬 管 理 団 体 を 通 じ 販 売 先 及 び 販 売 価 格 を 協 会 に 報 告 しなければ ならない ( 費 用 の 負 担 ) 第 14 条 借 受 種 雌 馬 の 引 取 り 飼 養 管 理 等 に 要 する 一 切 の 費 用 は 転 借 人 等 の 負 担 とする ( 繁 殖 成 績 の 報 告 ) 第 15 条 種 雌 馬 管 理 団 体 は 借 受 種 雌 馬 の 繁 殖 成 績 を 毎 年 10 月 末 日 までに 様 式 第 5 号 により 協 会 に 報 告 しなければならない ( 事 故 報 告 ) 第 16 条 種 雌 馬 管 理 団 体 は 借 受 種 雌 馬 について 疾 病 傷 害 盗 難 失 そう 死 亡 その 他 重 大 な 事 故 が 発 生 した 場 合 は 直 ちに 適 切 な 措 置 を 講 じるとともに すみやかにその 内 容 を 協 会 に 通 報 のうえ 様 式 第 6 号 による 報 告 書 を 協 会 に 提 出 しなければならない -40-

42 ( 共 済 金 の 報 告 ) 第 17 条 種 雌 馬 管 理 団 体 は 転 借 人 等 が 借 受 種 雌 馬 の 死 亡 廃 用 事 故 による 共 済 金 の 支 払 いを 受 けたときは 様 式 第 7 号 による 報 告 書 をす みやかに 協 会 に 提 出 しなければならない ( 損 害 の 賠 償 ) 第 18 条 転 借 人 等 は 故 意 又 は 重 大 な 過 失 により 借 受 種 雌 馬 に 関 し 協 会 に 損 害 を 与 えた 場 合 は 協 会 に 対 しその 損 害 を 賠 償 しなければならな い ( 損 害 の 弁 償 ) 第 19 条 転 借 人 等 は 借 受 種 雌 馬 が 死 亡 し 又 は 疾 病 傷 害 盗 難 失 そうその 他 の 廃 用 事 故 があったときは 前 条 に 該 当 する 場 合 を 除 き 協 会 に 対 し 別 表 に 定 める 損 害 弁 償 額 の 弁 償 金 を 支 払 わなければなら ない ただし 協 会 は 特 別 の 事 情 があると 認 めたときは 弁 償 金 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 することができる ( 廃 用 処 分 ) 第 20 条 協 会 は 貸 し 付 けた 種 雌 馬 をやむを 得 ない 事 由 により 廃 用 す るときは あらかじめ 当 該 種 雌 馬 の 購 入 に 対 する 助 成 又 は 貸 付 け 若 し くは 寄 贈 をした 者 の 承 認 を 得 るものとする 2 種 雌 馬 管 理 団 体 は 借 受 種 雌 馬 をやむを 得 ない 事 由 により 廃 用 する ときは あらかじめ 協 会 に 連 絡 のうえ 様 式 第 8 号 による 乗 用 種 雌 馬 廃 用 処 分 申 請 書 を 関 係 書 類 を 添 えて 協 会 に 提 出 しなければならない -41-

43 ( 引 上 げ) 第 21 条 協 会 は 貸 し 付 けた 種 雌 馬 について 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 は 当 該 種 雌 馬 を 引 き 上 げるものとする この 場 合 種 雌 馬 管 理 団 体 は これによって 生 じた 損 害 を 協 会 に 請 求 することは 出 来 ない (1) 飼 養 管 理 が 不 良 であると 認 めた 場 合 (2) 繁 殖 用 馬 として 供 用 されていないと 認 められた 場 合 (3) 目 的 に 反 し 他 の 目 的 に 使 用 した 場 合 (4)その 他 種 雌 馬 管 理 団 体 の 長 が 必 要 と 認 めた 場 合 2 協 会 は 前 項 の 規 定 により 貸 し 付 けた 種 雌 馬 の 引 上 げを 行 う 場 合 に は 種 雌 馬 管 理 団 体 に 対 し あらかじめ 日 時 場 所 等 必 要 な 事 項 を 通 知 するものとし 種 雌 馬 管 理 団 体 は これに 従 わなければならない 3 引 上 げの 費 用 は 転 借 人 等 の 負 担 とし 輸 送 保 険 に 加 入 しなければ ならない ( 用 途 変 更 ) 第 22 条 協 会 は 貸 し 付 けた 種 雌 馬 をやむを 得 ぬ 事 由 により 用 途 変 更 するときは あらかじめ 当 該 種 雌 馬 の 購 入 に 対 する 助 成 又 は 貸 付 け 若 しくは 寄 贈 した 者 の 承 認 を 得 るものとする 2 種 雌 馬 管 理 団 体 は やむを 得 ぬ 事 由 により 貸 し 付 けた 種 雌 馬 の 用 途 変 更 をすることが 適 切 と 判 断 したときは あらかじめ 協 会 に 連 絡 のう え 様 式 第 9 号 による 乗 用 種 雌 馬 用 途 変 更 申 請 書 を 協 会 に 提 出 しなけ ればならない 3 協 会 は 用 途 変 更 が 適 切 と 判 断 したときに 限 り 前 項 の 申 請 を 受 理 するものとする -42-

44 ( 返 納 ) 第 23 条 種 雌 馬 管 理 団 体 は 借 受 種 雌 馬 の 貸 付 期 間 が 満 了 した 場 合 は 当 該 借 受 種 雌 馬 を 協 会 の 指 示 に 従 って 返 納 しなければならない 2 返 納 の 費 用 は 転 借 人 等 の 負 担 とし 輸 送 保 険 に 加 入 しなければな らない 附 則 この 規 程 は 昭 和 58 年 8 月 20 日 から 実 施 する 附 則 この 規 程 は 平 成 9 年 6 月 5 日 から 適 用 する 附 則 この 規 程 は 平 成 10 年 2 月 1 日 から 適 用 する 但 し 第 5 条 第 2 項 の 規 程 は 平 成 10 年 度 以 降 に 購 買 し 貸 付 した 種 雌 馬 から 適 用 する 附 則 この 規 程 は 平 成 19 年 7 月 1 日 から 実 施 する 附 則 1 この 改 正 規 程 は 平 成 22 年 8 月 25 日 に 施 行 する 2 平 成 22 年 7 月 1 日 に 貸 し 付 けられている 種 雌 馬 の 種 雌 馬 管 理 団 体 が その 種 雌 馬 の 平 成 22 年 に 支 払 う 事 務 手 数 料 の 額 及 びその 納 入 につ いては なお 従 前 の 例 による -43-

45 附 則 この 規 程 は 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 第 106 条 第 1 項 に 定 める 公 益 法 人 の 設 立 の 登 記 の 日 ( 平 成 23 年 11 月 1 日 )から 施 行 する -44-

46 別 表 死 亡 廃 用 事 故 の 場 合 の 損 害 弁 償 額 死 亡 廃 用 事 故 の 時 期 貸 付 引 上 げ 及 び 返 納 に 係 る 輸 送 期 間 中 貸 付 期 間 の 満 了 日 まで 損 害 弁 償 額 ( 支 払 いを 受 けた 当 該 馬 の 輸 送 保 険 金 - 輸 送 保 険 掛 金 ) 80/100 相 当 額 支 払 いを 受 けた 当 該 馬 の 死 亡 廃 用 による 共 済 金 80/100 相 当 額 ただし 当 該 馬 の 死 亡 廃 用 の 日 から 遡 って 1ヵ 月 の 期 間 中 の 疾 病 にかかる 診 療 治 療 費 及 び 死 亡 診 断 書 等 共 済 金 の 支 給 申 請 に 伴 う 各 種 証 明 書 の 発 行 に 要 する 経 費 については 上 記 金 額 から 減 額 することができる -45-

47

48 様 式 第 1 号 平 成 年 乗 用 種 雌 馬 借 受 申 請 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 下 記 のとおり 乗 用 馬 生 産 の 用 に 供 する 馬 を 借 り 受 けたいので 乗 用 種 雌 馬 貸 付 規 程 第 4 条 の 規 定 により 申 請 します 1 借 受 馬 の 総 頭 数 2 借 受 希 望 理 由 3 転 借 人 等 ( 予 定 )の 内 訳 繋 養 牧 場 の 概 況 転 借 予 定 人 記 氏 名 ( 才 ) 住 所 職 員 現 飼 養 家 畜 の 状 況 概 要 施 設 等 所 在 地 の 繋 養 予 定 施 設 等 の 概 要 注 ) 借 受 馬 を 借 受 団 体 自 ら 飼 養 する 予 定 の 場 合 は 転 借 予 定 人 の 氏 名 欄 に 自 ら 飼 養 と 記 入 すること -47-

49 様 式 第 2 号 乗 用 種 雌 馬 借 受 証 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 平 成 年 月 日 住 所 氏 名 又 は 名 称 下 記 の 乗 用 種 雌 馬 を 借 り 受 けたので 乗 用 種 雌 馬 貸 付 規 程 第 7 条 の 規 定 により 借 受 証 を 提 出 します 記 1 借 受 馬 の 明 細 貸 付 番 号 馬 名 品 種 毛 色 生 年 月 日 産 地 特 徴 備 考 2 借 受 馬 の 転 借 人 等 飼 養 場 所 ( 牧 場 ) 名 転 借 人 等 住 所 氏 名 備 考 注 ) 借 受 馬 を 借 受 団 体 自 ら 飼 養 する 場 合 は 転 借 人 等 住 所 氏 名 欄 に 自 ら 飼 養 と 記 入 すること -48-

50 様 式 第 3 号 乗 用 種 雌 馬 転 借 人 変 更 報 告 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 現 在 借 り 受 けている 乗 用 種 雌 馬 の 転 借 人 を 変 更 したので 乗 用 種 雌 馬 貸 付 規 程 第 8 条 第 2 項 の 規 定 により 報 告 書 を 提 出 します 1 旧 転 借 人 等 貸 付 番 号 馬 名 転 借 人 等 住 所 氏 名 備 考 記 2 新 転 借 人 等 飼 養 場 所 ( 牧 場 ) 名 転 借 人 等 住 所 氏 名 備 考 -49-

51 様 式 第 4 号 乗 用 種 雌 馬 家 畜 共 済 加 入 報 告 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 下 記 の 乗 用 種 雌 馬 について 家 畜 共 済 に 加 入 ( 更 新 )したので 乗 用 種 雌 馬 貸 付 規 程 第 10 条 の 規 定 により 報 告 します 記 貸 付 番 号 馬 名 共 済 組 合 名 共 済 金 額 共 済 掛 金 額 共 済 加 入 期 間 加 入 ( 更 新 ) 年 月 日 加 入 者 氏 名 -50-

52 様 式 第 5 号 平 成 年 繁 殖 成 績 報 告 書 種 雄 馬 名 品 種 最 終 種 付 月 日 種 付 回 数 摘 要 前 年 種 付 後 受 胎 不 受 胎 別 受 胎 後 流 死 産 等 正 常 出 産 馬 名 性 別 生 年 月 日 摘 要 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 乗 用 種 雌 馬 貸 付 規 程 第 15 条 の 規 定 に 基 づき 繁 殖 成 績 報 告 書 を 提 出 します 乗 用 貸 付 番 号 種 雌 馬 名 馬 転 借 人 等 の 氏 名 本 年 種 付 成 績 前 年 種 付 後 状 況 本 年 産 駒 成 績 注 ) 1 本 年 種 付 けで2 頭 以 上 の 種 雄 馬 を 交 配 した 場 合 は 別 枠 とし また 種 付 月 日 は 全 部 記 入 すること 2 人 工 授 精 によるものは 種 付 け 月 日 を 朱 書 すること 3 10 月 31 日 までに 報 告 すること 4 本 年 種 付 成 績 欄 の 摘 要 欄 には 結 果 について 記 入 し 不 受 胎 の 場 合 には 原 因 等 について 記 入 すること 5 本 年 産 駒 成 績 欄 の 摘 要 欄 には 事 故 等 があった 場 合 の 状 況 について 記 入 すること -51-

53 様 式 第 6 号 乗 用 種 雌 馬 事 故 報 告 書 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 平 成 年 月 日 住 所 氏 名 又 は 名 称 下 記 の 借 受 中 の 乗 用 種 雌 馬 に 事 故 が 発 生 したので 乗 用 種 雌 馬 貸 付 規 程 第 16 条 の 規 定 により 報 告 します 記 1 乗 用 種 雌 馬 貸 付 番 号 馬 名 品 種 毛 色 生 年 月 日 産 地 特 徴 備 考 2 事 故 の 種 類 3 事 故 の 経 過 4 事 故 の 状 況 が 明 らかとなる 写 真 注 ) 1 盗 難 失 そうの 場 合 にあっては これを 証 するに 足 る 書 類 を 添 付 すること 2 疾 病 傷 害 及 び 死 亡 の 場 合 にあっては 獣 医 師 の 診 断 書 又 は 検 案 書 を 添 付 すること -52-

54 様 式 第 7 号 乗 用 種 雌 馬 共 済 金 受 領 報 告 書 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 平 成 年 月 日 下 記 の 乗 用 種 雌 馬 について 死 亡 廃 用 事 故 による 共 済 金 の 支 払 いを 受 けたので 乗 用 種 雌 馬 貸 付 規 程 第 17 条 の 規 定 により 報 告 します 記 1 受 領 共 済 金 貸 付 番 号 馬 名 共 済 組 合 名 共 済 金 額 残 存 価 格 補 償 金 支 払 を 受 けた 共 済 金 受 領 年 月 日 受 領 者 氏 名 2 死 亡 廃 用 に 伴 って 要 した 経 費 区 分 金 額 内 訳 死 亡 廃 用 前 1ヵ 月 間 の 診 療 治 療 費 共 済 金 支 給 申 請 に 要 し た 各 種 証 明 に 係 る 経 費 合 計 -53-

55 様 式 第 8 号 乗 用 種 雌 馬 廃 用 処 分 申 請 書 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 平 成 年 月 日 下 記 の 乗 用 種 雌 馬 は 別 紙 事 故 報 告 書 のとおり 将 来 種 雌 馬 として 供 用 することが 困 難 な 状 況 ですので 廃 用 処 分 といたしたく 乗 用 種 雌 馬 貸 付 規 程 第 20 条 第 2 項 の 規 定 により 申 請 します 1 乗 用 種 雌 馬 貸 付 番 号 馬 名 品 種 毛 色 生 年 月 日 転 借 人 等 氏 名 記 2 廃 用 処 分 の 方 法 (1) 家 畜 市 場 への 上 場 によるセリ 売 りの 方 法 の 場 合 1セリ 売 り 予 定 家 畜 市 場 名 : 2セリ 売 り 予 定 年 月 日 : 平 成 年 月 日 (2) 家 畜 市 場 への 上 場 ができない 場 合 1 様 式 第 8 号 の2の 廃 用 処 分 種 雌 馬 調 書 を 添 付 すること 2 様 式 第 8 号 の3の 見 積 書 を3 名 以 上 の 者 より 徴 し 添 付 すること 注 ) 1 廃 用 処 分 に 当 たっては 上 記 (1) (2)のいずれかを 選 択 すること 2 様 式 第 8 号 の4の 乗 用 種 雌 馬 事 故 等 報 告 書 を 添 付 すること -54-

56 様 式 第 8 号 の2 廃 用 処 分 種 雌 馬 調 書 馬 名 品 種 年 齢 体 重 体 高 胸 囲 管 囲 現 状 評 価 額 算 定 基 礎 1. 生 体 重 ( キロ) 歩 留 ( %)= 枝 肉 量 キロ 2. 時 価 相 場 ( 消 費 税 込 み) 採 用 単 価 円 A 月 日 市 場 1キロ 当 り 価 格 円 B 月 日 市 場 1キロ 当 り 価 格 円 3. 諸 経 費 ( 消 費 税 込 み) A 輸 送 費 ( ~ ) 円 B と 場 経 費 円 C その 他 経 費 円 4. 枝 肉 量 ( キロ) 単 価 ( 円 )- 諸 経 費 = 差 引 額 円 都 道 府 県 畜 産 課 ( 家 畜 保 健 衛 生 所 等 ) 技 術 史 員 氏 名 注 ) 1 現 状 欄 には 廃 用 処 分 申 請 書 を 提 出 する 時 点 における 当 該 乗 用 種 雌 馬 の 健 康 状 態 ( 痩 削 肉 付 き 毛 艶 等 一 般 外 貌 ) 繁 殖 成 績 等 の 状 況 を 具 体 的 に 記 入 すること 2 算 定 基 礎 の 時 価 相 場 は 最 寄 り 市 場 と 場 における 当 該 種 雌 馬 と 同 等 の 年 齢 疾 病 等 を 勘 案 した 額 とする 3 調 書 作 成 者 は 原 則 として 地 方 公 共 団 体 職 員 とする 4 見 積 りに 当 たっては 馬 名 品 種 年 齢 体 重 を 公 表 すること -55-

57 様 式 第 8 号 の3 見 積 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 下 記 のとおり 見 積 りします 記 見 積 額 金 円 也 ( 消 費 税 込 み) 見 積 内 訳 馬 名 品 種 年 齢 生 体 重 キロ 歩 留 % 枝 肉 量 キロ 枝 肉 キロ 単 価 円 銭 摘 要 注 ) 1 見 積 りに 当 たっては 馬 名 品 種 年 齢 体 重 は 公 表 された 名 称 数 値 を 使 うこと 2 見 積 りに 当 たっては 摘 要 欄 以 外 は 全 て 記 入 すること 3 見 積 りに 当 たっては 現 畜 飼 養 場 所 での 引 き 渡 しを 条 件 とする 従 って 見 積 内 訳 の 枝 肉 単 価 は 現 畜 飼 養 場 所 から 枝 肉 になるまで の 諸 経 費 を 考 慮 して 見 積 もること 4 見 積 書 を 提 出 し 現 畜 の 引 き 取 りが 決 定 した 者 は 見 積 額 に 記 入 された 金 額 を 指 定 された 口 座 に 入 金 ( 振 込 手 数 料 は 振 り 込 み 者 負 担 )することにより 書 類 上 の 現 畜 引 き 渡 しが 完 了 したことになる -56-

58 様 式 第 8 号 の4 乗 用 種 雌 馬 事 故 等 報 告 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 下 記 の 乗 用 種 雌 馬 に 事 故 等 があったので 報 告 します 1 馬 名 : 記 2 事 故 等 の 内 容 ( 事 故 の 場 合 はその 種 類 と 経 緯 を 事 故 以 外 の 場 合 は 種 雌 馬 として 供 用 できなくなった 経 緯 状 況 等 ) 3 平 素 の 飼 養 管 理 状 況 4 添 付 書 類 ( 事 故 の 場 合 は 種 雌 馬 として 供 用 困 難 となった 疾 病 等 の 獣 医 師 の 診 断 書 等 事 故 以 外 の 場 合 は 供 用 できなくなった 経 緯 状 況 を 裏 付 ける データ 等 ) -57-

59 様 式 第 9 号 乗 用 種 雌 馬 用 途 変 更 申 請 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 下 記 の 乗 用 種 雌 馬 は 別 添 理 由 書 のとおり 将 来 種 雌 馬 として 供 用 する ことが 困 難 な 状 況 ですので 用 途 変 更 のため 有 償 譲 り 受 け 願 いたく 乗 用 種 雌 馬 貸 付 規 程 第 22 条 第 2 項 の 規 定 により 有 償 譲 受 種 雌 馬 調 書 及 び 用 途 変 更 理 由 書 を 添 えて 申 請 します 記 1 乗 用 種 雌 馬 貸 付 番 号 馬 名 品 種 毛 色 生 年 月 日 転 借 人 等 氏 名 2 有 償 譲 渡 後 の 再 活 用 の 方 法 注 ) 1 様 式 第 9 号 の2の 有 償 譲 受 種 雌 馬 調 書 を 添 付 すること 2 様 式 第 9 号 の3の 用 途 変 更 理 由 書 を 添 付 すること -58-

60 様 式 第 9 号 の2 有 償 譲 受 種 雌 馬 調 書 馬 名 品 種 年 齢 体 重 体 高 胸 囲 管 囲 現 状 評 価 額 算 定 基 礎 1. 生 体 重 ( キロ) 歩 留 ( %)= 枝 肉 量 キロ 2. 時 価 相 場 ( 消 費 税 込 み) 採 用 単 価 円 A 月 日 市 場 1キロ 当 り 価 格 円 B 月 日 市 場 1キロ 当 り 価 格 円 3. 諸 経 費 ( 消 費 税 込 み) A 輸 送 費 ( ~ ) 円 B と 場 経 費 円 C その 他 経 費 円 4. 枝 肉 量 ( キロ) 単 価 ( 円 )- 諸 経 費 = 差 引 額 円 都 道 府 県 畜 産 課 ( 家 畜 保 健 衛 生 所 等 ) 技 術 史 員 氏 名 注 ) 1 現 状 欄 には 有 償 譲 受 申 請 書 を 提 出 する 時 点 における 当 該 種 雌 馬 の 健 康 状 態 ( 痩 削 肉 付 き 毛 艶 等 一 般 外 貌 ) 繁 殖 成 績 等 の 状 況 を 具 体 的 に 記 入 すること 2 算 定 基 礎 の 時 価 相 場 は 最 寄 り 市 場 と 場 における 当 該 種 雌 馬 と 同 等 の 年 齢 疾 病 等 を 勘 案 した 額 とする 3 調 書 作 成 者 は 原 則 として 地 方 公 共 団 体 職 員 とする -59-

61 様 式 第 9 号 の3 用 途 変 更 理 由 書 平 成 年 月 日 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 会 長 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 記 馬 名 品 種 年 齢 生 体 重 キロ 用 途 変 更 理 由 所 属 理 由 書 作 成 責 任 者 役 職 氏 名 注 ) 種 雌 馬 として 供 用 が 困 難 となった 繁 殖 障 害 を 証 明 する 獣 医 師 の 診 断 書 又 は 繁 殖 成 績 等 のデータ 等 を 添 付 すること -60-

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

(3) 登 録 後 において 市 が 指 定 する 研 修 会 等 に 構 成 員 を 参 加 させる 意 思 があり 動 物 の 適 正 な 飼 養 及 び 愛 護 の 推 進 について 自 己 啓 発 に 努 める 団 体 (4) 手 術 の 費 用 負 担 等 の 責 任 を 自 ら 負 うこ

(3) 登 録 後 において 市 が 指 定 する 研 修 会 等 に 構 成 員 を 参 加 させる 意 思 があり 動 物 の 適 正 な 飼 養 及 び 愛 護 の 推 進 について 自 己 啓 発 に 努 める 団 体 (4) 手 術 の 費 用 負 担 等 の 責 任 を 自 ら 負 うこ 飼 い 猫 等 避 妊 去 勢 手 術 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 )の 趣 旨 に 基 づき 猫 の 飼 い 主 及 び 所 有 者 不 明 猫 ( 市 内 に 生 息 する 所 有 者 及 び 飼 い 主 が 不 明 である 猫 をいう 以 下 同

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

( 延 納 ) 第 6 条 前 第 5 条 第 1 項 の 期 日 までに 学 費 の 納 入 ができない 者 は 次 の 期 日 までに 延 納 願 いを 提 出 し 許 可 を 得 なければならない 前 期 分 延 納 願 い 4 月 15 日 後 期 分 延 納 願 い 9 月 10 日 2

( 延 納 ) 第 6 条 前 第 5 条 第 1 項 の 期 日 までに 学 費 の 納 入 ができない 者 は 次 の 期 日 までに 延 納 願 いを 提 出 し 許 可 を 得 なければならない 前 期 分 延 納 願 い 4 月 15 日 後 期 分 延 納 願 い 9 月 10 日 2 人 間 環 境 大 学 学 費 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 人 間 環 境 大 学 学 則 第 55 条 から 第 60 条 人 間 環 境 大 学 大 学 院 学 則 第 54 条 か ら 第 59 条 に 基 づき 学 費 及 びその 他 の 納 付 金 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 学 費 ) 第 2 条 学 費 とは 入 学 金 授 業

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8A7797BF81438EF68BC697BF96C68F9C8ED28B7982D192A58EFB9750975C8ED291498D6C8AEE8F802D312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8A7797BF81438EF68BC697BF96C68F9C8ED28B7982D192A58EFB9750975C8ED291498D6C8AEE8F802D312E646F63> 九 州 工 業 大 学 入 学 料, 授 業 料 免 除 者 及 び 徴 収 猶 予 者 選 考 基 準 平 成 16 年 5 月 12 日 制 定 改 正 平 成 23 年 4 月 27 日 平 成 23 年 11 月 7 日 平 成 26 年 3 月 24 日 平 成 26 年 11 月 21 日 九 州 工 業 大 学 入 学 料, 授 業 料 免 除 者 及 び 徴 収 猶 予 者 選 考

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )は 私 立 の 幼 稚 園 及 び 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )に 在 籍 する 幼 児 の 就 園 に 係 る 父 母 負 担 の 軽

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果 平 成 7 年 度 検 査 結 果 について () 検 査 体 制 等 農 政 部 農 地 整 備 課 の 検 査 員 名 以 上 により 土 地 改 良 区 等 あたり 日 間 から 日 間 実 施 しました 農 業 振 興 事 務 所 の 土 地 改 良 区 指 導 担 当 職 員 及 び 関 係 市 町 職 員 が 立 会 いました () 検 査 件 数 定 期 検 査 8( 土 地 改 良

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については 宮 崎 県 まちなか 商 業 再 生 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 4 月 1 日 商 工 観 光 労 働 部 商 工 政 策 課 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は 商 店 街 等 と 多 様 な 主 体 が 連 携 して 行 う 新 たな 振 興 策 や 起 業 への 取 組 及 び 商 店 街 の 活 性 化 への 取 組 を 促 進 するため 予 算 で

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新 事 務 取 扱 要 領 この 事 務 取 扱 要 領 は 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 契 約 約 款 第 37 条 に 基 づき 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 に 係 る 市 町 村 特 別 区 及 び 市 町 村 の 一 部 事 務 組 合 ( 以 下 市 町 村 等 という )と 公 益 財 団 法 人 日 本 消 防 協 会 ( 以 下 協 会 という

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

スライド 1

スライド 1 生 産 効 率 化 プラン( 記 入 上 の 注 意 点 ) 参 考 様 式 第 3 号 攻 めの 農 業 実 践 緊 急 対 策 事 業 申 請 書 は 必 要 事 項 を 全 て 記 載 して 下 さい A4 片 側 印 刷 でお 願 いします 効 率 的 機 械 利 用 体 系 構 築 事 業 取 組 計 画 書 兼 取 組 参 加 者 助 成 金 申 請 書 ( 生 産 効 率 化 プラン)

More information

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 平 成 28 年 度 臨 時 福 祉 給 付 金 の 申 請 に 係 る 留 意 事 項 1. 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 28 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 平 成 28 年 1 月 1 日 において 枝 幸 町 の 住 民

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

Microsoft Word - 4 家計基準

Microsoft Word - 4 家計基準 授 業 料 免 除 に 係 る 家 計 基 準 1 授 業 料 免 除 の 対 象 となる 者 の 総 所 得 金 額 授 業 料 免 除 の 対 象 となる 者 は その 者 の 属 する ( 住 所 が 異 なる 場 合 でも 生 計 を 一 に する 者 を 含 む )の1 年 間 の 総 所 得 金 額 が 別 表 第 1 2に 定 める 収 入 基 準 表 の 収 入 基 準 額 以 下

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63> 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 府 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 上 方 落 語 を 中

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

二 川 幹 線 水 路 の 改 修 及 び 川 支 線 水 路 の 新 設 三 地 区 の 区 画 整 理 四 地 区 全 域 にわたる 農 道 の 維 持 管 理 五 地 区 において 一 体 事 業 として 施 行 するかんがい 施 設 の 新 設 並 びに 区 画 整 理 及 び 農 用 地

二 川 幹 線 水 路 の 改 修 及 び 川 支 線 水 路 の 新 設 三 地 区 の 区 画 整 理 四 地 区 全 域 にわたる 農 道 の 維 持 管 理 五 地 区 において 一 体 事 業 として 施 行 するかんがい 施 設 の 新 設 並 びに 区 画 整 理 及 び 農 用 地 土 地 改 良 区 定 款 例 昭 和 40 年 3 月 22 日 40 農 地 B 第 881 号 改 正 - 昭 和 48 年 6 月 4 日 48 構 改 B 第 1845 号 昭 和 60 年 2 月 28 日 60 構 改 B 第 199 号 平 成 26 年 4 月 1 日 25 農 振 第 2467 号 平 成 28 年 4 月 1 日 27 農 振 第 2205 号 農 地 局 長

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領 石 巻 市 立 病 院 クレジットカード 納 付 導 入 に 伴 う 指 定 代 理 納 付 者 選 定 に 係 る プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 この 実 施 要 領 は 石 巻 市 立 病 院 におけるクレジットカード 納 付 導 入 に 関 し 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 231 条 の2 第 6 項 に 規 定 する 指 定 代 理 納

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63> 広 島 県 動 物 愛 護 センター 犬 猫 譲 渡 要 領 第 1 趣 旨 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 ) 第 35 条 及 び 広 島 県 動 物 愛 護 管 理 条 例 ( 昭 和 55 年 条 例 第 2 号 ) 第 11 条 及 び 犬 及 び 猫 の 引 取 り 並 びに 負 傷 動 物 等 の 収 容 に 関

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information