別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電"

Transcription

1

2 別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電 気 事 業 法 施 行 規 則 ( 平 成 7 年 通 商 産 業 省 令 第 77 号 ) 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 の 規 定 による 承 認 は 次 に 定 めるところにより 行 う (1)ボイラー 独 立 過 熱 器 及 び 蒸 気 貯 蔵 器 ( 以 下 ボイラー 等 という ) 並 びに 蒸 気 タービン 1 ボイラー 等 又 は 蒸 気 タービンが 次 のイ~ハの 条 件 を 満 たす 場 合 は1 月 を 蒸 気 タ ービン( 複 数 のボイラーで 稼 働 するものを 除 く )が 次 のイ~ホの 条 件 を 満 たす 場 合 は3 月 を 限 度 として 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 を 承 認 することができる ただ し 当 該 承 認 により 定 められた 時 期 をさらに 延 長 することはできない イ ボイラー 等 又 は 蒸 気 タービンの 使 用 の 状 況 に 応 じて 次 の 運 転 管 理 及 び 日 常 点 検 がなされており また 他 の 火 力 設 備 における 事 故 及 び 故 障 の 状 況 を 踏 まえ 同 種 の 事 故 及 び 故 障 の 防 止 について 適 切 な 処 置 がなされていること (イ) 別 紙 1の 1. 運 転 管 理 に 従 って 運 転 管 理 が 行 われていること (ロ)ボイラー 等 又 は 蒸 気 タービンが 定 格 圧 力 の5%を 超 えて 運 転 された 時 間 が 年 間 12 時 間 以 内 であること (ハ)ボイラー 等 又 は 蒸 気 タービンが 定 格 温 度 より28 以 上 高 い 温 度 で 運 転 さ れておらず 8 以 上 高 い 温 度 で 運 転 された 時 間 が 年 間 400 時 間 以 内 で か つ 14 以 上 高 い 温 度 で 運 転 された 時 間 が80 時 間 以 内 であること (ニ) 別 紙 1の 2. 日 常 点 検 に 従 って 日 常 点 検 が 行 われていること ロ 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 の 結 果 ボイラー 等 又 は 蒸 気 タービンに 特 に 支 障 が 認 めら れていないこと 若 しくは 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 において 異 常 が 認 められた 箇 所 及 び 異 常 が 発 生 するおそれがあるとされた 箇 所 について 適 切 な 措 置 が 行 われている こと ハ 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 の 終 了 後 ボイラー 等 又 は 蒸 気 タービンに 事 故 又 は 故 障 が 発 生 した 場 合 は 事 故 又 は 故 障 が 発 生 した 部 位 に 恒 久 的 な 事 故 及 び 故 障 の 防 止 対 策 が 施 されており かつ 類 似 の 部 位 に 適 切 な 事 故 及 び 故 障 の 防 止 措 置 が 行 われてい ること ニ 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 の 終 了 後 45 月 以 上 経 過 した 日 までの 間 において 軸 受 振 動 による 警 報 発 信 ( 昇 速 中 のものを 除 く )がないこと 1

3 ホ 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 の 終 了 後 45 月 以 上 経 過 した 日 以 降 においてロックアウ トによる 非 常 調 速 装 置 その 他 の 非 常 停 止 装 置 の 作 動 試 験 がされており 当 該 装 置 の 健 全 性 が 確 認 されていること 2 ボイラー 等 が 次 の 条 件 をいずれも 満 たす 場 合 は24 月 を 限 度 として 定 期 事 業 者 検 査 ( 初 回 の 定 期 事 業 者 検 査 を 除 く )の 時 期 の 延 長 を 承 認 することができる ただ し (1)の3に 係 る 場 合 を 除 き 当 該 承 認 により 定 められた 時 期 をさらに 延 長 する ことはできない イ 上 記 1イ.ロ.ハ.を 満 足 していること ロ 保 守 管 理 のための 体 制 が 別 紙 2のとおり 確 立 されていること ハ 起 動 停 止 の 増 加 によるSUSスケール 堆 積 の 増 加 若 しくは 低 サイクル 疲 労 損 傷 の 増 加 又 は 炭 種 追 加 によるエロージョンの 増 加 が 発 生 するおそれのある 箇 所 に は 次 の 防 止 対 策 が 行 われていること (イ) 起 動 停 止 の 増 加 によるもの 管 ベント 部 についてSUSスケール 堆 積 の 管 理 基 準 が 定 められ それに 基 づいて 維 持 管 理 されていること 異 材 溶 接 部 には インコネル 系 溶 接 棒 が 使 用 されていること 管 寄 管 台 はフレキシブル 化 されていること 溶 接 部 端 部 はR 加 工 されていること (ロ) 炭 種 追 加 によるエロージョンの 増 加 によるもの 管 の 耐 摩 耗 性 評 価 に 基 づく 混 炭 等 の 運 用 ニ 累 積 運 転 時 間 が10 万 時 間 を 超 え 若 しくは 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 を 延 長 する ことによって10 万 時 間 を 超 えるボイラー 等 にあっては 別 紙 3の 指 針 に 基 づき 主 要 部 位 の 余 寿 命 診 断 が 適 切 に 実 施 され その 結 果 算 定 された 評 価 余 寿 命 に 達 す る 時 期 に 定 期 事 業 者 検 査 を 延 長 しようとする 時 期 が 達 していないこと ホ 次 のボイラー 等 はエロージョン 対 策 又 は 腐 食 対 策 が 行 われていること (イ)エロージョン 対 策 が 必 要 なもの 石 炭 焚 ボイラー 流 動 床 ボイラー バーク 焚 ボイラー 製 鉄 廃 熱 ボイラー セメント 廃 熱 ボイラー (ロ) 腐 食 対 策 が 必 要 なもの ゴミ 焼 却 廃 熱 ボイラー 黒 液 燃 焼 ボイラー 3 (1)の1の 条 件 により 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 の 承 認 を 受 けようとする 蒸 気 タービン(1 月 を 限 度 として 延 長 するものに 限 る )に 蒸 気 を 供 給 するボイラー 等 2

4 であって (1)の2の 規 定 により 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 の 承 認 を 受 けたもの にあっては 当 該 承 認 により 定 められた 時 期 までに(1)の2の 条 件 の 適 合 性 を 再 度 評 価 し (1)の2の 条 件 を 満 たす 場 合 に 限 り 当 該 蒸 気 タービンの 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 の 承 認 により 定 められた 時 期 を 限 度 として 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 を 承 認 することができる 4 (1)の1 及 び(1)の2のただし 書 きにかかわらず ボイラー 等 にあっては 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 の 負 荷 運 転 の 時 間 ( 以 下 運 転 時 間 という )が4,0 00 時 間 又 は 負 荷 運 転 とした 回 数 ( 以 下 起 動 回 数 という )が120 回 ( 低 サイ クル 疲 労 対 策 を 実 施 しているものにあっては240 回 )になると 見 込 まれるいずれ か 早 い 時 期 を 限 度 として 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 を 承 認 することができる ただし 一 回 の 承 認 による 延 長 期 間 の 限 度 は 最 大 2 年 とする 5 (1)の1のただし 書 きにかかわらず 蒸 気 タービンにあっては 運 転 時 間 が8, 000 時 間 又 は 起 動 回 数 が240 回 ( 低 サイクル 疲 労 対 策 を 実 施 しているものにあ っては480 回 )になると 見 込 まれるいずれか 早 い 時 期 を 限 度 として 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 を 承 認 することができる ただし 一 回 の 承 認 による 延 長 期 間 の 限 度 は 最 大 4 年 とする (2)ガスタービン( 出 力 1 万 キロワット 未 満 のガスタービン( 以 下 小 型 ガスタービ ン という ) 及 び 炉 頂 圧 ガスタービンを 除 く 以 下 本 項 において 同 じ ) 1 次 の 条 件 を 満 たす 場 合 は1 月 を 限 度 として 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 を 承 認 することができる ただし 当 該 承 認 により 定 められた 時 期 をさらに 延 長 すること はできない イ 使 用 状 況 に 応 じて 次 の 運 転 管 理 及 び 日 常 点 検 がなされており また 他 のガ スタービンにおける 事 故 及 び 故 障 の 状 況 を 踏 まえ 同 種 の 事 故 及 び 故 障 の 防 止 に ついて 適 切 な 処 置 がなされていること (イ) 別 紙 1の 1. 運 転 管 理 に 従 って 運 転 管 理 が 行 われていること (ロ) 別 紙 1の 2. 日 常 点 検 に 従 って 日 常 点 検 が 行 われていること ロ 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 の 結 果 ガスタービンに 特 に 支 障 が 認 められていないこ と 若 しくは 異 常 が 認 められた 箇 所 及 び 異 常 が 発 生 するおそれがあるとされた 箇 所 について 適 正 な 措 置 が 行 われていること ハ 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 ガスタービンに 事 故 又 は 故 障 が 発 生 した 場 合 は 当 該 設 備 の 事 故 又 は 故 障 が 発 生 した 部 位 に 恒 久 的 な 事 故 及 び 故 障 の 防 止 対 策 が 施 されており かつ 当 該 設 備 の 類 似 の 部 位 に 適 切 な 事 故 及 び 故 障 の 防 止 対 策 が 施 されていること 2 (2)の1のただし 書 きにかかわらず 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 において 運 転 時 間 が4,000 時 間 又 は 起 動 回 数 が120 回 ( 低 サイクル 疲 労 対 策 を 実 施 してい るものにあっては240 回 )になると 見 込 まれるいずれか 早 い 時 期 を 限 度 として 3

5 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 を 承 認 することができる ただし 一 回 の 承 認 による 延 長 期 間 の 限 度 は 最 大 2 年 とする (3) 小 型 ガスタービン( 炉 頂 圧 ガスタービンを 除 く 以 下 本 項 において 同 じ ) 次 のイからホまでのいずれかに 該 当 するものにあっては それぞれに 掲 げる 時 期 を 限 度 として 検 査 の 時 期 の 延 長 を 承 認 することができる ただし 一 回 の 承 認 による 延 長 期 間 の 限 度 は 最 大 3 年 とする イ 年 間 運 転 時 間 を6,000 時 間 超 とし かつ 分 解 点 検 までの 運 転 時 間 を30, 000 時 間 以 上 として 設 計 製 作 されているものであって 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 の 年 間 運 転 時 間 が2,000 時 間 以 下 のものにあっては 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 における 運 転 時 間 が6,000 時 間 若 しくは 起 動 回 数 が1,000 回 に 又 は 定 期 事 業 者 検 査 の 延 長 後 の 年 間 運 転 時 間 が2,000 時 間 になると 見 込 まれるいずれか 早 い 時 期 ロ 年 間 運 転 時 間 を6,000 時 間 以 下 とし かつ 分 解 点 検 までの 運 転 時 間 を3 0,000 時 間 以 上 として 設 計 製 作 されているものであって 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 の 年 間 運 転 時 間 が1,500 時 間 以 下 のものにあっては 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 における 運 転 時 間 が6,000 時 間 若 しくは 起 動 回 数 が1,00 0 回 に 又 は 定 期 事 業 者 検 査 の 延 長 後 の 年 間 運 転 時 間 が1,500 時 間 になると 見 込 まれるいずれか 早 い 時 期 ハ 年 間 運 転 時 間 を500 時 間 を 超 え2,000 時 間 以 下 とし かつ 分 解 点 検 ま での 運 転 時 間 を8,000 時 間 以 上 として 設 計 製 作 されているものであって 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 の 年 間 運 転 時 間 が500 時 間 以 下 のものにあっては 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 の 起 動 回 数 が1,000 回 に 又 は 定 期 事 業 者 検 査 の 延 長 後 の 年 間 運 転 時 間 が500 時 間 になると 見 込 まれるいずれか 早 い 時 期 ニ 年 間 運 転 時 間 を500 時 間 以 下 とし かつ 分 解 点 検 までの 運 転 時 間 を8,0 00 時 間 以 上 として 設 計 製 作 されているものであって 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 の 年 間 運 転 時 間 が150 時 間 以 下 のものにあっては 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 の 起 動 回 数 が1,000 回 に 又 は 定 期 事 業 者 検 査 の 延 長 後 の 年 間 運 転 時 間 が150 時 間 になると 見 込 まれる 時 期 ホ 年 間 運 転 時 間 を100 時 間 以 下 とし かつ 分 解 点 検 までの 運 転 時 間 を500 時 間 以 上 として 設 計 製 作 されているものであって 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 の 年 間 運 転 時 間 が100 時 間 以 下 のものにあっては 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 の 起 動 回 数 が1,000 回 に 又 は 定 期 事 業 者 検 査 の 延 長 後 の 年 間 運 転 時 間 が1 00 時 間 になると 見 込 まれる 時 期 (4) 炉 頂 圧 ガスタービン 1 高 炉 ガスを 利 用 するもの イ (2)の1のイからハまでの 条 件 を 満 たす 場 合 は1 月 を 限 度 として 定 期 事 業 4

6 者 検 査 の 時 期 の 延 長 を 承 認 することができる ただし 当 該 承 認 により 定 められ た 時 期 を 更 に 延 長 することはできない ロ 上 記 1のイのただし 書 きにかかわらず 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 の 運 転 時 間 が15,000 時 間 になると 見 込 まれる 時 期 又 は 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 後 3 年 を 経 過 する 時 期 のいずれか 早 い 時 期 を 限 度 として 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 を 承 認 することができる 2 石 油 精 製 ガスを 利 用 するもの (2)の1のイからハまでの 条 件 を 満 たす 場 合 は 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 4 年 を 限 度 として 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 を 承 認 することができる ただし 当 該 承 認 により 定 められた 時 期 を 更 に 延 長 することはできない (5) 液 化 ガス 設 備 1 他 の 液 化 ガス 設 備 における 事 故 及 び 故 障 の 状 況 を 踏 まえ 同 種 の 事 故 及 び 故 障 の 防 止 について 適 切 な 処 置 がなされている 場 合 は1 月 を 限 度 として 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 を 承 認 することができる ただし 当 該 承 認 により 定 められた 時 期 を さらに 延 長 することはできない 2 (5)の1のただし 書 きにかかわらず 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 における 運 転 時 間 が4,000 時 間 又 は 起 動 回 数 が120 回 になると 見 込 まれるいずれか 早 い 時 期 を 限 度 として 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 を 承 認 することができる ただし 一 回 の 承 認 による 延 長 期 間 の 限 度 は 最 大 2 年 とする (6)ガス 化 炉 設 備 次 の 条 件 を 満 たす 場 合 は1 月 を 限 度 として 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 を 承 認 す ることができる ただし 当 該 承 認 により 定 められた 時 期 をさらに 延 長 することはで きない イ ガス 化 炉 設 備 の 使 用 状 況 に 応 じて 次 の 運 転 管 理 及 び 日 常 点 検 がなされており また 他 の 火 力 設 備 における 事 故 及 び 故 障 の 経 験 を 踏 まえ 同 種 の 事 故 及 び 故 障 の 防 止 について 適 切 な 処 置 がなされていること (イ) 別 紙 1の 1. 運 転 管 理 に 従 って 運 転 管 理 が 行 われていること (ロ) 別 紙 1の 2. 日 常 点 検 に 従 って 日 常 点 検 が 行 われていること ロ 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 の 結 果 ガス 化 炉 設 備 に 特 に 支 障 が 認 められていないこ と 若 しくは 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 において 異 常 が 認 められた 箇 所 及 び 異 常 が 発 生 するおそれがあるとされた 箇 所 について 適 切 な 措 置 が 行 われていること ハ 前 回 の 定 期 事 業 者 検 査 以 降 当 該 ガス 化 炉 設 備 に 事 故 又 は 故 障 が 発 生 した 場 合 は 当 該 設 備 の 事 故 又 は 故 障 が 発 生 した 部 位 に 恒 久 的 な 事 故 及 び 故 障 の 防 止 対 策 が 施 されており かつ 当 該 設 備 の 類 似 の 部 位 に 適 切 な 事 故 及 び 故 障 の 防 止 対 策 が 施 されていること (7) 休 止 予 定 の 火 力 設 備 5

7 (1)~(6)のただし 書 きにかかわらず 対 象 とする 火 力 設 備 の 使 用 を 休 止 する 場 合 において その 休 止 しようとする 期 間 が 今 回 定 期 事 業 者 検 査 を 行 うべき 時 期 を 経 過 した 後 にわたる 期 間 であって 当 該 設 備 における 保 全 管 理 の 方 法 に 関 することを 定 めているものにあっては 4 年 を 限 度 として 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 を 承 認 することができる なお 当 該 承 認 により 定 められた 時 期 より 早 期 に 当 該 設 備 を 再 び 使 用 しようとする 場 合 は 当 該 承 認 により 定 められた 時 期 に 至 っていなくても 定 期 事 業 者 検 査 を 行 うこ ととする (8) 定 期 事 業 者 検 査 の 延 長 に 際 し 火 力 設 備 の 設 置 者 が 行 う 設 備 点 検 について (1)~(6)において 延 長 の 程 度 を 考 慮 した 点 検 が 適 切 に 行 われていないもの でないものと 認 められない 場 合 は 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 を 承 認 することはで きない ( 別 紙 1の 3. 定 期 点 検 を 一 例 とする ) 2. 申 請 方 法 等 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 の 延 長 に 係 る 承 認 を 受 けようとする 事 業 者 は 申 請 書 及 び 使 用 の 状 況 を 記 載 した 書 類 を 当 該 対 象 火 力 設 備 の 設 置 の 場 所 を 管 轄 する 産 業 保 安 監 督 部 長 に 定 期 事 業 者 検 査 を 行 う1か 月 前 までに 提 出 することが 望 ましい なお 使 用 の 状 況 を 記 載 した 書 類 として 審 査 業 務 の 円 滑 化 の 観 点 から 提 出 されるもの の 一 例 として ボイラー 等 蒸 気 タービン 液 化 ガス 設 備 及 びガス 化 炉 設 備 にあっては 様 式 1 ボイラー 等 であって (1)の2 又 は(1)の3に 該 当 する 設 備 にあっては 様 式 2 ガスタービン( 小 型 ガスタービン 及 び 炉 頂 圧 ガスタービンを 除 く)にあっては 様 式 3 小 型 ガスタービン 及 び 炉 頂 圧 ガスタービンにあっては 様 式 4 休 止 予 定 の 火 力 設 備 によるものにあっては 様 式 5を 示 す 6

8 様 式 1 時 期 変 更 承 認 の 基 準 に 合 致 することを 示 す 資 料 (ボイラー 等 蒸 気 タービン 液 化 ガス 設 備 又 はガス 化 炉 設 備 ) 発 電 所 第 号 1. 運 転 時 間 (1) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 ( 年 月 日 )までの 累 積 運 転 時 間 時 間 (2) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 申 請 時 ( 年 月 日 現 在 )までの 運 転 時 間 時 間 (3) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 次 回 定 期 事 業 者 検 査 開 始 時 ( 年 月 日 )までの 想 定 運 転 時 間 時 間 2. 起 動 回 数 (1) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 ( 年 月 日 )までの 累 積 起 動 回 数 回 (2) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 申 請 時 ( 年 月 日 現 在 )までの 起 動 回 数 回 (3) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 次 回 定 期 事 業 者 検 査 開 始 時 ( 年 月 日 )までの 想 定 起 動 回 数 回 3. 前 回 定 期 事 業 者 検 査 以 降 の 運 転 保 守 状 況 ( 1) (1) 運 転 状 況 1 運 転 管 理 の 状 況 の 概 要 2 停 止 状 況 補 修 整 備 等 のために 停 止 した 際 の 停 止 期 間 停 止 時 間 補 修 等 の 内 容 を 記 載 すること 3 定 格 圧 力 の 5%を 超 える 蒸 気 圧 力 で 運 転 した 時 間 年 月 日 現 在 時 間 4 定 格 温 度 より 8 以 上 高 い 蒸 気 温 度 で 運 転 した 時 間 ( 2) 年 月 日 現 在 時 間 5 定 格 温 度 より 14 以 上 高 い 蒸 気 温 度 で 運 転 した 時 間 ( 2) 年 月 日 現 在 時 間 6 定 格 温 度 より 28 以 上 高 い 蒸 気 温 度 で 運 転 した 時 間 ( 2) 年 月 日 現 在 時 間 (2) 事 故 の 状 況 件 名 発 生 年 月 日 概 要 原 因 対 策 ( 類 似 の 部 位 に 対 する 対 策 を 含 む) 等 を 記 載 すること (3) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 時 の 補 修 の 結 果 主 な 補 修 内 容 を 記 載 すること (4) 日 常 点 検 保 守 の 状 況 1 日 常 における 保 守 点 検 の 状 況 の 概 要 2 事 故 等 に 対 する 防 止 措 置 ボイラー タービン 主 任 技 術 者 ( 3) 氏 名 印 1 承 認 条 件 に 係 るもの 以 外 にあっては 記 載 を 要 しない 7

9 2 0 以 下 で 使 用 する 設 備 にあっては 低 温 側 についても 記 載 すること 3 氏 名 を 記 載 し 押 印 することに 代 えて 署 名 することができる この 場 合 において 署 名 は 必 ず 本 人 が 自 署 するものとする 8

10 様 式 2 時 期 変 更 承 認 の 基 準 に 合 致 することを 示 す 資 料 (ボイラー 等 ) 発 電 所 第 号 1. 保 守 管 理 のための 体 制 の 概 要 2. 運 転 時 間 (1) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 ( 年 月 日 )までの 累 積 運 転 時 間 時 間 (2) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 申 請 時 ( 年 月 日 現 在 )までの 運 転 時 間 時 間 (3) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 次 回 定 期 事 業 者 検 査 開 始 時 ( 年 月 日 )までの 想 定 運 転 時 間 時 間 3. 起 動 回 数 (1) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 ( 年 月 日 )までの 累 積 起 動 回 数 回 (2) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 申 請 時 ( 年 月 日 現 在 )までの 起 動 回 数 回 (3) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 次 回 定 期 事 業 者 検 査 開 始 時 ( 年 月 日 )までの 想 定 起 動 回 数 回 4. 前 回 定 期 事 業 者 検 査 以 降 の 運 転 保 守 状 況 ( 1) (1) 運 転 状 況 1 運 転 管 理 の 状 況 の 概 要 2 停 止 状 況 補 修 整 備 等 のために 停 止 した 際 の 停 止 期 間 停 止 時 間 補 修 等 の 内 容 を 記 載 すること 3 定 格 圧 力 の 5%を 超 える 蒸 気 圧 力 で 運 転 した 時 間 年 月 日 現 在 時 間 4 定 格 温 度 より 8 以 上 高 い 蒸 気 温 度 で 運 転 した 時 間 ( 2) 年 月 日 現 在 時 間 5 定 格 温 度 より 14 以 上 高 い 蒸 気 温 度 で 運 転 した 時 間 ( 2) 年 月 日 現 在 時 間 6 定 格 温 度 より 28 以 上 高 い 蒸 気 温 度 で 運 転 した 時 間 ( 2) 年 月 日 現 在 時 間 (2) 事 故 の 状 況 件 名 発 生 年 月 日 概 要 原 因 対 策 ( 類 似 の 部 位 に 対 する 対 策 を 含 む) 等 を 記 載 すること (3) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 時 の 補 修 の 結 果 主 な 補 修 内 容 を 記 載 すること (4) 日 常 点 検 保 守 の 状 況 1 日 常 における 保 守 点 検 の 状 況 の 概 要 2 事 故 等 に 対 する 防 止 措 置 5. 余 寿 命 診 断 等 の 実 施 状 況 9

11 (1) 余 寿 命 診 断 結 果 ( 3) (2) 起 動 停 止 の 増 加 等 を 考 慮 した 事 故 及 び 故 障 対 策 等 の 状 況 (3) エロージョン 対 策 状 況 ( 4) (4) 腐 食 対 策 状 況 ( 5) ボイラー タービン 主 任 技 術 者 ( 6) 氏 名 印 1 承 認 条 件 に 係 るもの 以 外 にあっては 記 載 を 要 しない 2 0 以 下 で 使 用 する 設 備 にあっては 低 温 側 についても 記 載 すること 3 余 寿 命 診 断 に 関 する 指 針 に 記 載 の 様 式 による 4 対 象 は 以 下 のボイラーに 限 定 する 石 炭 ボイラー 流 動 床 ボイラー バーク 焚 ボイラー 製 鉄 廃 熱 ボイラー セメント 廃 熱 ボイラー 5 対 象 は 以 下 のボイラーに 限 定 する ゴミ 焼 却 廃 熱 ボイラー 黒 液 燃 焼 ボイラー 6 氏 名 を 記 載 し 押 印 することに 代 えて 署 名 することができる この 場 合 において 署 名 は 必 ず 本 人 が 自 署 するものとする 10

12 様 式 3 時 期 変 更 承 認 の 基 準 に 合 致 することを 示 す 資 料 (ガスタービン) 発 電 所 第 号 ガスタービン 1. 運 転 時 間 (1) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 ( 年 月 日 )までの 累 積 運 転 時 間 時 間 (2) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 申 請 時 ( 年 月 日 現 在 )までの 運 転 時 間 時 間 (3) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 次 回 定 期 事 業 者 検 査 開 始 時 ( 年 月 日 )までの 想 定 運 転 時 間 時 間 2. 起 動 回 数 (1) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 ( 年 月 日 )までの 累 積 起 動 回 数 回 (2) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 申 請 時 ( 年 月 日 現 在 )までの 起 動 回 数 回 (3) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 次 回 定 期 事 業 者 検 査 開 始 時 ( 年 月 日 )までの 想 定 起 動 回 数 回 3. 前 回 定 期 事 業 者 検 査 以 降 の 運 転 保 守 状 況 ( 1) (1) 運 転 状 況 1 運 転 管 理 の 状 況 の 概 要 2 停 止 状 況 補 修 整 備 等 のために 停 止 したものの 停 止 期 間 停 止 時 間 補 修 等 の 内 容 を 記 載 すること (2) 事 故 の 状 況 件 名 発 生 年 月 日 概 要 原 因 対 策 ( 類 似 の 部 位 に 対 する 対 策 を 含 む) 等 を 記 載 すること (3) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 時 の 補 修 の 結 果 主 な 補 修 内 容 を 記 載 すること (4) 日 常 点 検 保 守 の 状 況 1 日 常 における 保 守 点 検 の 状 況 の 概 要 2 燃 焼 器 及 び 高 温 部 の 点 検 補 修 の 状 況 の 概 要 3 高 温 腐 食 防 止 の 措 置 の 概 要 4 事 故 等 に 対 する 措 置 の 結 果 ボイラー タービン 主 任 技 術 者 ( 2) 氏 名 印 1 承 認 条 件 に 係 るもの 以 外 にあっては 記 載 を 要 しない 2 氏 名 を 記 載 し 押 印 することに 代 えて 署 名 することができる この 場 合 において 署 名 は 必 ず 本 人 が 自 署 するものとする 11

13 様 式 4 時 期 変 更 承 認 の 基 準 に 合 致 することを 示 す 資 料 ( 出 力 1 万 キロワット 未 満 のガスタービン 及 び 炉 頂 圧 ガスタービン) 発 電 所 第 号 ガスタービン 1. 運 転 時 間 (1) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 ( 年 月 日 )までの 累 積 運 転 時 間 時 間 (2) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 申 請 時 ( 年 月 日 現 在 )までの 運 転 時 間 時 間 (3) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 申 請 時 ( 年 月 日 現 在 )までの 最 長 年 間 運 転 時 間 ( 1) 時 間 (4) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 次 回 定 期 事 業 者 検 査 開 始 時 ( 年 月 日 )までの 想 定 運 転 時 間 時 間 (5) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 から 次 回 定 期 事 業 者 検 査 開 始 時 ( 年 月 日 )までの 想 定 最 長 年 間 運 転 時 間 ( 1) 時 間 2. 起 動 回 数 (1) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 ( 年 月 日 )までの 累 積 起 動 回 数 回 (2) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 申 請 時 ( 年 月 日 現 在 )までの 起 動 回 数 回 (3) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 次 回 定 期 事 業 者 検 査 開 始 時 ( 年 月 日 )までの 想 定 起 動 回 数 回 3. 前 回 定 期 事 業 者 検 査 以 降 の 運 転 保 守 状 況 ( 2) (1) 運 転 状 況 1 運 転 管 理 の 状 況 の 概 要 2 停 止 状 況 補 修 整 備 等 のために 停 止 したものの 停 止 期 間 停 止 時 間 補 修 等 の 内 容 を 記 載 すること (2) 事 故 の 状 況 件 名 発 生 年 月 日 概 要 原 因 対 策 ( 類 似 の 部 位 に 対 する 対 策 含 む) 等 を 記 載 すること (3) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 時 の 補 修 の 結 果 主 な 補 修 内 容 を 記 載 すること (4) 日 常 点 検 保 守 の 状 況 1 日 常 点 検 の 状 況 の 概 要 2 燃 焼 器 の 点 検 保 守 状 況 ( 1) 3 初 段 動 翼 の 点 検 保 守 状 況 4 事 故 等 の 情 報 に 対 する 措 置 の 結 果 4. 設 備 の 構 造 点 検 容 易 な 構 造 であることの 説 明 及 び 高 温 腐 食 のおそれのある 場 合 の 防 食 措 置 の 概 要 を 記 載 すること 12

14 ボイラー タービン 主 任 技 術 者 ( 3) 氏 名 印 1 炉 頂 圧 ガスタービンについては 記 載 を 要 しない 2 承 認 条 件 に 係 るもの 以 外 にあっては 記 載 を 要 しない 3 氏 名 を 記 載 し 押 印 することに 代 えて 署 名 することができる この 場 合 において 署 名 は 必 ず 本 人 が 自 署 するものとする 13

15 様 式 5 時 期 変 更 承 認 の 基 準 に 合 致 することを 示 す 資 料 ( 運 転 休 止 の 火 力 設 備 ) 発 電 所 第 号 設 備 1. 運 転 時 間 (1) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 ( 年 月 日 )までの 累 積 運 転 時 間 時 間 (2) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 申 請 時 ( 年 月 日 現 在 )までの 運 転 時 間 時 間 2. 起 動 回 数 (1) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 ( 年 月 日 )までの 累 積 起 動 回 数 回 (2) 前 回 定 期 事 業 者 検 査 終 了 時 から 申 請 時 ( 年 月 日 現 在 )までの 起 動 回 数 回 3. 休 止 設 備 の 管 理 設 備 について 休 止 時 の 措 置 休 止 設 備 の 日 常 点 検 等 の 管 理 方 法 の 内 容 を 記 載 すること 4. 運 転 再 開 の 場 合 の 措 置 定 期 事 業 者 検 査 を 行 う 旨 その 概 要 を 記 載 する ボイラー タービン 主 任 技 術 者 ( 1) 氏 名 印 ( 1) 氏 名 を 記 載 し 押 印 することに 代 えて 署 名 することができる この 場 合 において 署 名 は 必 ず 本 人 が 自 署 するものとする 14

16 別 紙 1 対 象 火 力 設 備 における 保 守 管 理 について 1. 運 転 管 理 次 の 項 目 について 運 転 管 理 基 準 を 定 め 適 切 な 運 転 管 理 を 行 う 設 備 運 転 管 理 項 目 注 ボイラー 過 熱 器 及 び 再 熱 器 の 出 口 における 蒸 気 の 圧 力 及 び 温 度 1 ボイラーの 蒸 発 量 又 は 給 水 流 量 ドラム 内 の 水 位 2 ドラム 内 の 圧 力 2 ボイラー 水 及 び 給 水 の 水 質 使 用 燃 料 過 熱 器 及 び 再 熱 器 のスプレー 水 量 又 はスプレー 前 後 の 蒸 気 温 度 2 ボイラーの 効 率 3 蒸 気 タービン 発 電 機 の 出 力 主 蒸 気 止 め 弁 の 前 及 び 再 熱 蒸 気 止 め 弁 の 前 の 蒸 気 の 圧 力 及 び 温 度 蒸 気 タービンの 速 度 蒸 気 タービンの 排 気 圧 力 蒸 気 タービンの 抽 気 の 圧 力 及 び 温 度 蒸 気 タービンの 軸 受 の 入 口 における 油 圧 蒸 気 タービンの 軸 受 温 度 又 は 軸 受 の 出 口 における 油 温 潤 滑 油 の 性 状 蒸 気 タービンの 制 御 油 圧 蒸 気 加 減 弁 の 開 度 蒸 気 タービンの 振 動 蒸 気 タービンの 効 率 車 軸 車 室 の 伸 び 及 び 伸 び 差 ( 車 室 が 2 個 以 上 あるものに 限 る) ガスタービン 発 電 機 の 出 力 ガスタービンの 速 度 ガスタービンの 空 気 圧 縮 機 の 吐 出 圧 力 ( 炉 頂 圧 ガスタービンは 除 く ) ガスタービンの 入 口 におけるガスの 温 度 ガスタービンの 軸 受 の 入 口 における 油 圧 ガスタービンの 軸 受 温 度 又 は 軸 受 の 出 口 における 油 温 潤 滑 油 の 性 状 ガスタービンの 制 御 流 体 の 圧 力 ガスタービンの 振 動

17 ガスタービンの 空 気 圧 縮 機 の 入 口 における 空 気 温 度 ( 炉 頂 圧 ガスタービンは 除 く ) 使 用 燃 料 ( 炉 頂 圧 ガスタービンは 除 く ) ガスタービンの 効 率 ( 小 型 ガスタービン 及 び 炉 頂 圧 ガスタービンは 除 く ) 7 8 注 1;ユニット 方 式 の 場 合 は 主 蒸 気 止 め 弁 の 前 及 び 再 熱 蒸 気 止 め 弁 の 前 における 蒸 気 の 圧 力 及 び 温 度 でもよい 注 2; 必 ずしも 記 録 を 要 しない ただし 運 転 管 理 基 準 に 照 らして 異 常 のある 場 合 は 記 録 しておくこと 注 3;ユニット 方 式 の 場 合 は ユニット 総 合 効 率 でもよい 注 4; 発 電 電 力 量 でもよい 注 5;フリータービン 式 ガスタービンにあっては ガス 発 生 機 の 速 度 及 び 出 力 タービンの 速 度 とする また 必 ずしも 記 録 を 要 しないが 運 転 管 理 基 準 に 照 らして 異 常 のある 場 合 は 記 録 しておくこと 注 6;ガスタービンの 出 口 におけるガスの 温 度 でもよい 注 7; 屋 内 設 置 のものにあっては 発 電 装 置 の 吸 気 口 における 空 気 温 度 屋 外 設 置 のものにあっては 大 気 温 度 でもよい また 必 ずしも 記 録 を 要 しないが 運 転 管 理 基 準 に 照 らして 異 常 のある 場 合 は 記 録 しておくこと 注 8; 総 合 効 率 でもよい 16

18 2. 日 常 点 検 次 の 項 目 について 日 常 における 巡 視 点 検 方 法 を 定 め 状 況 を 確 認 する なお 巡 視 点 検 頻 度 は 1 日 に 1 回 以 上 とする 設 備 日 常 点 検 項 目 ボイラー 安 全 弁 シート 部 からの 蒸 気 の 漏 えい 主 要 配 管 ハンガー 類 の 異 常 配 管 からの 蒸 気 ガスの 漏 えい 配 管 の 振 動 火 炉 燃 焼 状 態 火 炉 内 部 の 異 常 蒸 気 タービン 振 動 異 音 車 室 からの 蒸 気 の 漏 えい ボルト ナット 類 のゆるみ 軸 受 の 振 動 異 音 過 熱 及 び 排 油 の 状 態 主 要 熱 交 換 器 等 蒸 気 の 漏 えい 水 位 ガスタービン 振 動 異 音 過 熱 その 他 の 異 常 ガス 潤 滑 油 等 の 漏 えい 架 台 支 持 金 具 類 の 異 常 及 びボルト ナット 類 のゆるみ 軸 受 の 振 動 異 音 過 熱 及 び 排 油 の 状 態 ガスタービン 空 気 圧 縮 機 振 動 異 音 その 他 の 異 常 潤 滑 油 の 漏 えい 架 台 支 持 金 具 類 の 異 常 及 びボルト ナット 類 のゆるみ 軸 受 の 振 動 異 音 過 熱 及 び 排 油 の 状 態 主 要 回 転 機 蒸 気 タービン ガスター ビン ガスタービン 空 気 圧 縮 機 を 除 く 本 体 の 振 動 異 音 温 度 上 昇 グランド 部 からの 蒸 気 ガスの 漏 えい 軸 受 の 油 温 油 面 油 の 漏 えい 主 要 弁 弁 体 の 振 動 異 音 弁 のグランド 部 シート 部 からの 蒸 気 ガス 等 の 漏 えい 17

19 作 動 源 の 異 常 ガスシールタンク 液 位 漏 れ フリータービン 式 ガスタービンにあっては ガス 発 生 機 についてもこの 表 に 準 じて 点 検 を 行 う 3. 定 期 点 検 1 開 放 又 は 分 解 による 機 器 の 点 検 2 機 器 の 作 動 調 整 試 験 3 記 録 の 点 検 を 各 機 器 に 応 じて 適 切 に 組 み 合 わせて 実 施 する なお 具 体 的 な 点 検 内 容 は 別 表 に 沿 って 各 機 器 ごとに 重 要 度 使 用 条 件 等 を 考 慮 し 点 検 の 方 法 頻 度 判 定 基 準 等 を 具 体 的 に 定 め 設 備 の 実 情 に 応 じた 適 切 な 点 検 補 修 を 行 う また 当 該 設 備 にお いて 規 定 されていない 項 目 であって 他 の 設 備 において 規 定 されている 項 目 がある 場 合 はこれに 準 ずる 18

20 別 表 ボイラー 設 備 定 期 点 検 の 時 期 及 び 内 容 19

21 20

22 21

23 22

24 23

25 蒸 気 タービン 設 備 定 期 点 検 の 時 期 及 び 内 容 24

26 25

27 ガスタービン( 内 燃 型 ) 設 備 定 期 点 検 の 時 期 及 び 内 容 1 ガスタービン 本 体 については 設 置 者 が 定 めた 適 切 な 方 法 に 基 づいて 点 検 を 行 う ガスタービン( 外 燃 型 ガスタービン) 設 備 定 期 点 検 の 時 期 及 び 内 容 26

28 1 炉 頂 圧 型 ガスタービンにあっては 本 表 に 掲 げる 方 法 と 同 等 以 上 の 点 検 を 行 うものとする 2 炉 頂 圧 型 ガスタービン 以 外 のものにあっては 本 表 を 参 考 に 適 切 な 点 検 を 行 うこと 3 長 期 間 停 止 したガスタービンを 再 稼 働 するに 際 しては 必 要 な 箇 所 について 十 分 な 点 検 整 備 を 行 うこと 27

29 液 化 ガス 用 燃 料 設 備 定 期 点 検 の 時 期 及 び 内 容 28

30 29

31 液 化 ガス 設 備 ( 液 化 ガス 用 燃 料 設 備 を 除 く ) 定 期 点 検 の 時 期 及 び 内 容 30

32 31

33 ガス 化 炉 設 備 定 期 点 検 の 時 期 及 び 内 容 32

34 33

35 別 紙 2 保 守 管 理 のための 体 制 保 守 管 理 のための 体 制 の 確 立 については 以 下 に 掲 げる 要 求 事 項 を 満 たすものであ ることを 現 地 調 査 等 により 確 認 することとする 1. 組 織 について (1) 発 電 所 の 保 守 管 理 のための 体 制 ( 以 下 組 織 という )は 次 に 掲 げる 部 署 ( 従 業 員 を 含 む 以 下 同 じ )の 責 任 権 限 相 互 関 係 を 明 確 にし 文 書 化 していること 1 運 転 保 全 及 び 安 全 管 理 に 関 する 業 務 を 管 理 する 部 署 2 運 転 保 全 及 び 安 全 管 理 に 関 する 業 務 を 実 施 する 部 署 3 運 転 保 全 及 び 安 全 管 理 に 関 する 業 務 の 妥 当 性 を 検 証 する 部 署 ( 備 考 ) -ここで 安 全 管 理 とは ボイラー 等 の 改 造 等 の 使 用 条 件 の 変 更 に 際 して 事 前 に 安 全 性 を 評 価 し 及 び 社 内 外 のトラブル 事 故 等 に 係 る 情 報 を 運 転 保 全 管 理 に 活 用 することをいう (2) 特 に 次 に 掲 げる 業 務 に 係 る 判 断 及 び 権 限 を 必 要 とする 部 署 における 責 任 権 限 相 互 関 係 を 明 確 にし 文 書 化 し 及 び 実 施 していること 1 運 転 保 全 及 び 安 全 管 理 に 関 する 全 ての 不 適 合 を 予 防 する 行 動 2 運 転 保 全 及 び 安 全 管 理 に 関 する 全 ての 問 題 の 明 確 化 と その 記 録 3 所 定 の 経 路 を 通 じた 解 決 策 の 開 始 勧 告 又 は 提 供 4 解 決 策 の 実 施 の 検 証 5 不 具 合 又 は 不 満 足 な 状 態 が 是 正 されるまでの 管 理 6 社 外 の 検 査 機 関 等 を 活 用 して 検 査 を 実 施 する 場 合 の 検 査 結 果 の 評 価 及 び 判 定 2. 運 転 管 理 及 び 日 常 点 検 基 準 について (1)ボイラー 等 の 別 紙 1の1. 運 転 管 理 について 運 転 管 理 項 目 を 定 めた 適 正 な 基 準 を 定 め その 基 準 に 基 づいて 実 施 し 結 果 を 記 録 し 保 管 していること (2)ボイラー 等 の 別 紙 1の2. 日 常 点 検 の 設 備 について 点 検 箇 所 点 検 項 目 点 検 方 法 適 否 の 基 準 等 を 定 めた 適 正 な 基 準 を 定 め その 基 準 に 基 づいて 実 施 し 結 果 を 記 録 し 保 管 していること 3. 緊 急 時 の 対 応 について (1)ボイラー 等 の 異 常 及 び 事 故 の 対 処 方 法 に 関 する 基 準 を 定 めていること (2) 緊 急 時 の 連 絡 の 体 制 を 定 めていること 34

36 4. 保 全 基 準 について (1) 補 修 等 を 決 定 する 基 準 を 定 めていること (2) 補 修 等 に 係 る 内 容 等 の 記 録 を 管 理 し 保 管 していること 5. 文 書 管 理 について (1) 運 転 保 全 及 び 安 全 管 理 に 関 する 文 書 管 理 の 手 順 を 文 書 化 し 維 持 していること ( 備 考 ) 文 書 は ハードコピー 電 子 的 媒 体 など どのような 媒 体 を 用 いてもよい (2) 発 行 前 に 権 限 のある 部 署 が 文 書 の 適 切 性 を 審 査 し 承 認 していること (3) 最 新 の 版 を 明 確 にするために 台 帳 又 は 同 様 の 管 理 手 順 を 定 めていること (4) 当 該 手 順 は 無 効 文 書 又 は 廃 止 文 書 の 使 用 を 防 ぐため 常 時 利 用 できること (5) 次 に 掲 げる 管 理 を 確 実 に 実 施 していること 1 運 転 保 全 及 び 安 全 管 理 を 行 うすべての 部 署 で 文 書 の 適 切 な 版 が 利 用 できること 2 無 効 又 は 廃 止 文 書 は 全 ての 発 行 部 門 及 び 使 用 部 門 から 速 やかに 撤 去 するか 又 は 意 図 に 反 する 使 用 を 防 ぐ 手 段 を 講 じていること 3 法 律 上 及 び 知 識 保 存 の 目 的 のため 保 持 する 廃 止 文 書 は 適 切 な 識 別 がされているこ と (6) 変 更 の 確 認 承 認 は 特 に 指 示 しない 限 り 文 書 の 作 成 を 最 初 に 行 ったのと 同 一 の 組 織 が 行 っていること (7) 特 に 指 示 のある 場 合 は 指 示 の 手 順 が 明 確 にされていること (8) 特 に 指 示 された 組 織 又 は 部 署 は 確 認 及 び 承 認 の 根 拠 となる 裏 付 け 情 報 を 利 用 でき ること (9) 確 認 及 び 変 更 の 根 拠 となる 裏 付 け 情 報 を 確 認 及 び 承 認 を 行 った 組 織 又 は 部 署 以 外 の 関 係 者 も 利 用 できること (10) 変 更 の 内 容 をその 文 書 中 又 は 適 切 な 添 付 文 書 で 明 確 にしていること 6. 教 育 訓 練 について (1) 運 転 保 全 及 び 安 全 管 理 に 関 する 業 務 に 従 事 するすべての 従 業 員 に 必 要 な 教 育 訓 練 の 内 容 等 を 明 確 にし 文 書 化 し 維 持 し 実 施 し 及 びその 記 録 を 保 管 しているこ と (2) 特 に 定 められた 業 務 に 従 事 する 従 業 員 について 次 に 掲 げる 資 格 認 定 基 準 を 文 書 化 し 維 持 し 実 施 していること 1 必 要 に 応 じて 適 切 な 教 育 訓 練 に 基 づいた 資 格 認 定 2 経 験 に 基 づいた 資 格 認 定 (3) 外 注 先 への 教 育 について 外 注 先 において 教 育 訓 練 等 を 実 施 していること また 外 注 先 の 従 業 員 等 に 対 し 必 要 に 応 じ 社 内 の 教 育 訓 練 等 に 参 加 させていること 35

37 7. 記 録 の 管 理 について (1) 運 転 保 全 及 び 安 全 管 理 に 係 る 次 に 掲 げる 手 順 を 文 書 化 し 維 持 していること 1 記 録 の 識 別 2 記 録 の 収 集 3 記 録 の 見 出 し 付 け 4 記 録 の 利 用 5 記 録 のファイリング 6 記 録 の 保 管 維 持 7 記 録 の 廃 棄 (2) 記 録 が 規 定 要 求 事 項 に 対 する 適 合 性 及 び 管 理 の 効 果 的 な 運 用 を 実 証 するために 維 持 されていること (3) 下 請 負 契 約 者 及 び 外 注 先 から 提 出 された 関 係 記 録 は 含 まれていること (4) 記 録 が 読 みやすいこと (5) 記 録 が 劣 化 損 傷 紛 失 を 防 ぐのに 適 した 環 境 下 で 保 管 されていること (6) 記 録 が 容 易 に 検 索 できるよう 保 管 維 持 されていること (7) 記 録 の 保 管 期 間 を 定 め 記 録 されていること (8) 保 存 している 記 録 について 合 意 がある 場 合 合 意 された 期 間 他 の 機 関 又 はその 代 理 人 が 評 価 のため 利 用 できること ( 備 考 ) - 記 録 は ハードコピー 電 子 的 媒 体 等 どのような 媒 体 でもよい - 記 録 の 保 管 期 間 は 製 品 品 質 に 関 する 法 律 が 定 められている 場 合 には その 期 間 に 沿 ったものであること 8. 検 査 測 定 装 置 の 管 理 について 8.1 一 般 事 項 (1) 使 用 する 検 査 測 定 及 び 試 験 装 置 ( 試 験 用 ソフトウエアを 含 む)を 管 理 校 正 維 持 する 手 順 を 文 書 化 し 維 持 していること (2) 検 査 測 定 及 び 試 験 装 置 の 使 用 に 当 たって 測 定 の 誤 差 を 認 識 し 必 要 な 測 定 能 力 を 満 足 していること (3) 試 験 用 ソフトウエア 又 は 試 験 用 ハードウエアのような 基 準 器 を 検 査 に 適 した 方 式 として 用 いる 場 合 に 次 に 掲 げる 検 証 能 力 を 証 明 すること 1 使 用 前 に 点 検 していること 2 規 定 の 期 間 毎 に 再 点 検 していること 3 点 検 の 範 囲 及 び 頻 度 は 定 められていること 4 管 理 の 記 録 を 保 管 していること (4) 法 令 要 求 事 項 の 場 合 関 係 機 関 から 要 求 があった 場 合 には 検 査 測 定 及 び 試 験 36

38 装 置 が 機 能 的 に 適 切 であることを 証 明 する 技 術 データを 提 供 できること ( 備 考 ) 測 定 装 置 には 測 定 の 器 具 を 含 む 8.2 管 理 の 手 順 について (1) 適 切 な 検 査 測 定 及 び 試 験 装 置 を 選 定 し 測 定 項 目 及 び 必 要 精 度 を 明 確 にすること (2) 品 質 に 影 響 を 与 える 測 定 機 器 を 含 む 全 ての 検 査 測 定 及 び 試 験 装 置 について 識 別 し 校 正 について 国 家 標 準 とのトレーサビリティを 証 明 し 国 家 標 準 がない 場 合 の 校 正 基 準 は 文 書 化 し 及 び 規 定 の 間 隔 若 しくは 使 用 前 に 校 正 し 調 整 していること (3) 検 査 測 定 及 び 試 験 装 置 の 校 正 プロセスは 次 に 掲 げる 項 目 を 明 確 にしていること 1 装 置 の 形 式 2 固 有 の 識 別 番 号 3 配 置 場 所 4 点 検 頻 度 5 点 検 方 法 6 判 定 基 準 7 結 果 が 不 満 足 な 場 合 の 処 置 方 法 (4) 適 切 な 標 識 又 は 承 認 された 識 別 記 録 によって 校 正 状 態 を 表 示 し 検 査 測 定 及 び 試 験 装 置 を 識 別 していること (5) 検 査 測 定 及 び 試 験 装 置 の 校 正 記 録 を 保 管 していること (6) 検 査 測 定 及 び 試 験 装 置 の 校 正 結 果 が 不 満 足 だった 場 合 過 去 の 検 査 試 験 の 結 果 の 妥 当 性 を 評 価 し 文 書 化 していること (7) 校 正 検 査 測 定 及 び 試 験 の 実 施 には 適 切 な 環 境 条 件 を 確 保 していること (8) 検 査 測 定 及 び 試 験 装 置 の 取 扱 い 保 存 及 び 保 管 には 精 度 及 び 使 用 適 合 性 の 維 持 を 確 実 にしていること (9) 試 験 用 ソフトウエア 及 びハードウエアを 含 め 検 査 測 定 及 び 試 験 装 置 には 校 正 (2)の 設 定 を 無 効 にするような 調 整 を 防 ぐ 保 護 手 段 を 講 じていること 9. 是 正 処 置 について 9.1 一 般 事 項 (1) 是 正 処 理 を 実 施 する 手 順 を 文 書 化 し 維 持 していること (2) 実 際 に 発 生 した 不 適 合 又 は 潜 在 的 な 不 適 合 の 原 因 を 除 去 するために 取 られる 是 正 処 置 について 次 に 掲 げる 項 目 を 満 足 すること 1 問 題 の 大 きさに 適 切 な 程 度 であること 2 遭 遇 するリスクに 釣 り 合 う 程 度 であること 3 是 正 処 置 及 び 予 防 処 置 に 伴 い 関 係 する 手 順 書 の 変 更 を 実 施 し 記 録 している こと 37

39 9.2 是 正 の 手 順 について (1) 是 正 処 理 の 手 順 に 下 記 が 含 まれていること 1 不 適 合 箇 所 報 告 書 の 効 果 的 な 取 扱 い 2 設 備 工 程 及 び 管 理 に 関 する 不 適 合 原 因 の 調 査 を 実 施 し 結 果 の 記 録 3 不 適 合 の 原 因 除 去 に 必 要 な 是 正 処 置 の 決 定 4 是 正 処 置 が 効 果 的 であることを 確 実 にする 管 理 38

40 別 紙 3 余 寿 命 診 断 に 関 する 指 針 ボイラー 等 の 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 に 係 る 余 寿 命 診 断 と これに 基 づく 検 査 の 時 期 変 更 の 適 用 可 能 期 間 は 次 のとおりとする 1. 余 寿 命 診 断 (1) 余 寿 命 診 断 の 対 象 とする 劣 化 要 因 余 寿 命 診 断 はクリープ 破 断 寿 命 について 行 うものとする (2) 診 断 対 象 部 位 と 適 用 余 寿 命 診 断 手 法 余 寿 命 診 断 は 設 計 温 度 が 450 以 上 のものを 対 象 とする 診 断 対 象 部 位 としては 保 安 上 重 要 な 次 の 管 寄 又 は 大 径 管 とし それぞれの 対 象 部 位 について 設 計 条 件 で 高 熱 負 荷 部 高 応 力 作 用 部 の 中 から 最 も 過 酷 と 考 えられる 代 表 箇 所 を 選 定 して 行 うものとする また 適 用 する 診 断 手 法 は 各 対 象 部 位 について 1 手 法 以 上 とする 備 考 : 上 記 以 外 の 手 法 については 上 記 手 法 と 同 等 の 精 度 があることが 客 観 的 に 確 認 ( 学 術 経 験 者 の 参 加 する 委 員 会 等 )できることを 条 件 に 適 用 を 可 とする (3) 評 価 余 寿 命 診 断 により 得 られた 余 寿 命 の 50%の 値 を 評 価 余 寿 命 とする この 値 をもって 検 査 の 時 期 変 更 の 適 用 可 能 期 間 を 設 定 することとする 2. 検 査 の 時 期 変 更 の 適 用 可 能 期 間 検 査 の 時 期 変 更 は 余 寿 命 診 断 実 施 以 降 の 運 転 時 間 の 合 計 が 評 価 余 寿 命 を 超 えない 時 期 までとする ここで 運 転 時 間 の 合 計 は 余 寿 命 診 断 実 施 以 降 の 実 績 運 転 時 間 に 延 長 後 の 検 査 予 定 日 までの 暦 日 時 間 を 加 えたものとする 39

41 また 適 用 可 能 期 間 以 降 については 再 度 当 該 部 位 の 余 寿 命 診 断 を 実 施 して 評 価 余 寿 命 を 確 認 することにより 検 査 の 時 期 を 設 定 することとする 検 査 の 時 期 変 更 の 適 用 可 能 期 間 を 下 図 に 示 す 図 1 評 価 余 寿 命 が 十 分 ある 場 合 図 2 評 価 余 寿 命 が24か 月 に 満 たない 場 合 40

42 3. 各 手 法 における 余 寿 命 診 断 の 方 法 (1) 破 壊 試 験 法 a パラメータ 法 診 断 部 位 からサンプルを 4 本 以 上 採 取 し 応 力 又 は 温 度 を 変 えクリープ 破 断 試 験 を 行 う 上 記 で 得 られたテストデータにより 応 力 とラーソンミラーパラメータとの 回 帰 線 を 作 成 し 余 寿 命 を 求 める ラーソンミラーパラメータ b アイソストレス 法 診 断 部 位 からサンプルを 3 本 以 上 採 取 し 実 機 応 力 で 温 度 を 変 えクリープ 破 断 試 験 を 行 う 上 記 で 得 られたテストデータにより 温 度 と 破 断 時 間 との 回 帰 線 を 作 成 し 余 寿 命 を 求 める 破 断 時 間 ( 対 数 ) 41

43 (2) 硬 さ 測 定 法 診 断 部 位 の 硬 さを 測 定 する 上 記 で 得 られた 硬 さ( 又 は 初 期 硬 さ( 又 は 推 定 初 期 硬 さ)からの 低 下 量 低 下 比 )を 使 用 し 硬 さと 損 傷 量 との 関 係 を 示 すマスターカーブ( 評 価 曲 線 )により 損 傷 量 を 求 める 損 傷 量 と 評 価 時 までの 累 積 運 転 時 間 により 余 寿 命 を 求 める 評 価 指 標 ( 硬 さ)とマスターカーブ 余 寿 命 の 算 出 方 法 を 下 図 に 示 す ( 本 例 に 示 す 考 え 方 は 評 価 指 標 とマスターカーブを 各 診 断 手 法 における 適 切 なものとし 結 晶 粒 変 形 法 組 織 対 比 法 ( 母 材 )の 一 部 炭 化 物 組 成 測 定 法 電 気 抵 抗 法 超 音 波 法 Aパラメ ータ 法 ボイド 面 積 率 法 ボイド 個 数 密 度 法 においても 同 様 とする ) (3) 結 晶 粒 変 形 法 a 変 形 係 数 法 診 断 部 位 の 組 織 をレプリカ 等 により 転 写 し 応 力 方 向 と 結 晶 粒 の 最 大 径 の 方 向 との なす 角 度 の 分 布 についての 標 準 偏 差 ( 変 形 係 数 )を 求 める 上 記 で 得 られた 変 形 係 数 を 使 用 し 変 形 係 数 と 損 傷 量 との 関 係 を 示 すマスターカー ブにより 損 傷 量 を 求 める 損 傷 量 と 評 価 時 までの 累 積 運 転 時 間 により 余 寿 命 を 求 める 42

44 b フェレ 径 比 法 診 断 部 位 の 組 織 をレプリカ 等 により 転 写 し 結 晶 粒 を 応 力 方 向 に 投 影 した 長 さと 応 力 方 向 と 垂 直 方 向 に 投 影 した 長 さの 比 (フェレ 径 比 )を 求 める 上 記 で 得 られたフェレ 径 比 を 使 用 し フェレ 径 比 と 損 傷 量 との 関 係 を 示 すマスター カーブにより 損 傷 量 を 求 める 損 傷 量 と 評 価 時 までの 累 積 運 転 時 間 により 余 寿 命 を 求 める (4) 組 織 対 比 法 ( 母 材 ) 診 断 部 位 の 組 織 をレプリカ 等 により 転 写 し 以 下 の3 手 法 により 各 々 損 傷 量 を 求 める 粒 界 に 析 出 した 炭 化 物 の 平 均 粒 径 を 求 め 平 均 粒 径 と 損 傷 量 との 関 係 を 示 すマスターカ ーブにより 損 傷 量 を 求 める 組 織 を 観 察 し 組 織 の 状 況 と 損 傷 量 の 関 係 を 示 す 標 準 組 織 写 真 と 対 比 することにより 損 傷 量 を 求 める 粒 内 炭 化 物 の 析 出 状 況 を 観 察 し 析 出 状 況 と 損 傷 量 の 関 係 を 示 す 標 準 組 織 写 真 と 対 比 す ることにより 損 傷 量 を 求 める 上 記 で 得 られた 結 果 より 損 傷 量 を 総 合 的 に 評 価 する 損 傷 量 と 評 価 時 までの 累 積 運 転 時 間 により 余 寿 命 を 求 める (5) 組 織 対 比 法 ( 溶 接 部 ) 診 断 部 位 の 組 織 をレプリカ 等 により 転 写 し 以 下 の3 手 法 により 各 々 損 傷 量 を 求 める ボイドや 亀 裂 の 発 生 状 況 を 観 察 し これらの 状 況 と 損 傷 量 の 関 係 を 示 す 標 準 組 織 写 真 と 対 比 することにより 損 傷 量 を 求 める 組 織 を 観 察 し 組 織 の 状 況 と 損 傷 量 の 関 係 を 示 す 標 準 組 織 写 真 と 対 比 することにより 損 傷 量 を 求 める 炭 化 物 の 析 出 状 況 を 観 察 し 析 出 状 況 と 損 傷 量 の 関 係 を 示 す 標 準 組 織 写 真 と 対 比 するこ とにより 損 傷 量 を 求 める 上 記 で 得 られた 結 果 より 損 傷 量 を 総 合 的 に 評 価 する 損 傷 量 と 評 価 時 までの 累 積 運 転 時 間 により 余 寿 命 を 求 める (6) 炭 化 物 組 成 測 定 法 診 断 部 位 から 微 少 サンプルを 採 取 し 炭 化 物 を 抽 出 する 炭 化 物 に 含 まれるクロムとモリ ブデンの 重 量 比 を 求 める 上 記 で 得 られた 重 量 比 を 使 用 し 重 量 比 と 損 傷 量 との 関 係 を 示 すマスターカーブにより 損 傷 量 を 求 める 損 傷 量 と 評 価 時 までの 累 積 運 転 時 間 により 余 寿 命 を 求 める 43

45 (7) 析 出 物 粒 間 距 離 法 診 断 部 位 の 組 織 をレプリカ 等 により 転 写 し 析 出 物 の 粒 間 距 離 を 測 定 する 粒 間 距 離 よ りクリープ 速 度 を 求 める 上 記 で 得 られたクリープ 速 度 と 実 機 使 用 温 度 圧 力 によりクリープ 曲 線 を 推 定 し 余 寿 命 を 求 める (8) 電 気 抵 抗 法 診 断 部 位 について 溶 接 部 と 母 材 との 電 気 抵 抗 率 比 を 測 定 する 上 記 で 得 られた 電 気 抵 抗 率 比 と 未 使 用 材 の 電 気 抵 抗 率 比 との 比 を 使 用 し これらと 損 傷 量 との 関 係 を 示 すマスターカーブにより 損 傷 量 を 求 める 損 傷 量 と 評 価 時 までの 累 積 運 転 時 間 により 余 寿 命 を 求 める (9) 超 音 波 法 診 断 部 位 の 超 音 波 ノイズ 値 を 測 定 する 上 記 で 得 られたノイズ 値 と 初 期 ノイズ 値 ( 又 は 推 定 初 期 ノイズ 値 )との 比 (ノイズ 値 比 )を 使 用 し ノイズ 値 比 と 損 傷 量 との 関 係 を 示 すマスターカーブにより 損 傷 量 を 求 める 損 傷 量 と 評 価 時 までの 累 積 運 転 時 間 により 余 寿 命 を 求 める (10) Aパラメータ 法 診 断 部 位 の 組 織 をレプリカ 等 により 転 写 し ボイドが 生 成 している 粒 界 の 割 合 (Aパラ メータ)を 求 める 上 記 で 得 られたAパラメータを 使 用 し Aパラメータと 損 傷 量 との 関 係 を 示 すマスター カーブにより 損 傷 量 を 求 める 損 傷 量 と 評 価 時 までの 累 積 運 転 時 間 により 余 寿 命 を 求 める (11) ボイド 面 積 率 法 診 断 部 位 の 組 織 をレプリカ 等 により 転 写 し 単 位 面 積 当 たりに 占 めるボイドの 面 積 (ボ イド 面 積 率 )を 求 める 上 記 で 得 られたボイド 面 積 率 を 使 用 し ボイド 面 積 率 と 損 傷 量 との 関 係 を 示 すマスター カーブにより 損 傷 量 を 求 める 損 傷 量 と 評 価 時 までの 累 積 運 転 時 間 により 余 寿 命 を 求 める (12) ボイド 個 数 密 度 法 診 断 部 位 の 組 織 をレプリカ 等 により 転 写 し 単 位 面 積 当 たりのボイドの 個 数 (ボイド 個 数 密 度 )を 求 める 上 記 で 得 られたボイド 個 数 密 度 を 使 用 し ボイド 個 数 密 度 と 損 傷 量 との 関 係 を 示 すマス 44

46 ターカーブにより 損 傷 量 を 求 める 損 傷 量 と 評 価 時 までの 累 積 運 転 時 間 により 余 寿 命 を 求 める (13) 解 析 法 診 断 部 位 をモデル 化 し 蒸 気 温 度 圧 力 等 の 運 転 データを 基 に 有 限 要 素 法 等 により 温 度 応 力 解 析 を 行 う この 解 析 結 果 を 用 い クリープ 破 断 強 度 特 性 から 診 断 部 位 の 全 寿 命 を 求 める 全 寿 命 と 評 価 時 までの 累 積 運 転 時 間 の 差 により 余 寿 命 を 求 める 45

47 4. 余 寿 命 診 断 手 法 の 検 出 可 能 範 囲 非 破 壊 的 な 余 寿 命 診 断 手 法 は 材 料 の 劣 化 に 伴 って 発 生 する 組 織 の 変 化 や 物 性 の 変 化 を 指 標 とするものである これらの 指 標 は 必 ずしも 損 傷 量 0%から 100%の 全 領 域 に 亘 って 変 化 するわけでない 従 って 余 寿 命 診 断 を 行 うにあた っては これらの 手 法 で 寿 命 のどの 範 囲 が 検 出 可 能 かを 十 分 考 慮 する 必 要 があ る 参 考 として ボイラー 材 料 として 広 く 使 用 されている 2.25Cr 1Mo 材 につい て 各 評 価 手 法 の 検 出 可 能 範 囲 の 概 略 を 下 図 に 示 す なお 損 傷 率 100%は 部 材 に 数 mm 程 度 のき 裂 が 発 生 する 状 態 としている 硬 さ 測 定 法 母 結 晶 粒 変 形 法 組 織 対 比 法 ( 母 材 ) 材 炭 化 物 組 成 測 定 法 析 出 物 粒 間 距 離 法 硬 さ 測 定 法 溶 炭 化 物 組 成 測 定 法 電 気 抵 抗 法 接 超 音 波 法 Aパラメータ 法 部 ボイド 面 積 率 法 ボイド 個 数 密 度 法 組 織 対 比 法 ( 溶 接 部 ) クリープ 損 傷 率 (%) 46

48 4. 余 寿 命 診 断 手 法 の 検 出 可 能 範 囲 非 破 壊 的 な 余 寿 命 診 断 手 法 は 材 料 の 劣 化 に 伴 って 発 生 する 組 織 の 変 化 や 物 性 の 変 化 を 指 標 とするものである これらの 指 標 は 必 ずしも 損 傷 量 0%から100%の 全 領 域 にわ たって 変 化 するわけでない したがって 余 寿 命 診 断 を 行 うに 当 たっては これらの 手 法 で 寿 命 のどの 範 囲 が 検 出 可 能 かを 十 分 考 慮 する 必 要 がある 参 考 として ボイラー 材 料 として 広 く 使 用 されている2.25Cr 1Mo 材 について 各 評 価 手 法 の 検 出 可 能 範 囲 の 概 略 を 下 図 に 示 す なお 損 傷 率 100%は 部 材 に 数 mm 程 度 の 亀 裂 が 発 生 する 状 態 としている 47

49 改 正 履 歴 平 成 27 年 4 月 3 日 改 正

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ 次 のとおり 条 件 付 一 般 競 争 入 札 に 付 します 入 札 広 告 平 成 28 年 9 月 16 日 契 約 責 任 者 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 岡 山 管 理 センター 所 長 稲 垣 博 記 1. 工 事 概 要 (1) 工 事 名 鴻 ノ 池 SAトイレ 改 修 工 事 (2) 工 事 場 所 自 ) 岡 山 県 倉 敷 市 児 島 塩 生 字

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081793689CE8B5A89F08EDF8169967B91CC816A817A5F88F38DFC9770722E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081793689CE8B5A89F08EDF8169967B91CC816A817A5F88F38DFC9770722E646F63> 発 電 用 火 力 設 備 の 技 術 基 準 の 解 釈 平 成 17 年 12 月 14 日 制 定 平 成 17 年 12 月 27 日 一 部 改 正 平 成 18 年 10 月 27 日 一 部 改 正 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 ボイラー 及 びその 附 属 設 備 ( 第 2 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 蒸 気 タービン 及 びその 附 属 設

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

目 次 1. 実 施 概 要 (1) 保 安 検 査 実 施 期 間 (2) 検 査 担 当 職 員 2. 保 安 検 査 内 容 (1) 保 安 検 査 項 目 (2) 重 点 検 査 項 目 (3) 逐 条 検 査 項 目 (4)フォローアップ 検 査 項 目 3. 保 安 検 査 結 果 (1

目 次 1. 実 施 概 要 (1) 保 安 検 査 実 施 期 間 (2) 検 査 担 当 職 員 2. 保 安 検 査 内 容 (1) 保 安 検 査 項 目 (2) 重 点 検 査 項 目 (3) 逐 条 検 査 項 目 (4)フォローアップ 検 査 項 目 3. 保 安 検 査 結 果 (1 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社 東 海 発 電 所 平 成 25 年 度 ( 第 2 回 ) 保 安 検 査 報 告 書 平 成 25 年 10 月 原 子 力 規 制 委 員 会 目 次 1. 実 施 概 要 (1) 保 安 検 査 実 施 期 間 (2) 検 査 担 当 職 員 2. 保 安 検 査 内 容 (1) 保 安 検 査 項 目 (2) 重 点 検 査 項 目 (3) 逐

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63>

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63> ドライクリーニング 工 場 に 係 る 調 査 状 況 並 びに 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング 工 場 に 係 る 建 築 基 準 法 用 途 規 制 違 反 への 対 応 及 び 同 法 第 48 条 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 に 関 する 技 術 的 助 言 について 平 成 22 年 9 月 10 日 国 土 交 通 省 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

指 定 - 第 2 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 のエネルギーの 使 用 量 及 び 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 平 成 27 年 度 エネルギーの 種 類 単 位 使 用 量 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 数 値 熱 量 GJ 数 値 熱 量 GJ 原 油 (コ

指 定 - 第 2 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 のエネルギーの 使 用 量 及 び 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 平 成 27 年 度 エネルギーの 種 類 単 位 使 用 量 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 数 値 熱 量 GJ 数 値 熱 量 GJ 原 油 (コ 指 定 工 場 等 定 期 報 告 書 (エクセル 形 式 支 援 ツールによる 記 載 例 ) エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 単 位 の 報 告 指 定 - 第 1 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 の 名 称 等 工 業 株 式 会 社 には 三 つの 指 定 工 場 等 が 存 在 しますが 本 記 載 例 は 高 岡 工 場 の 例 を 示 したものです エネルギー 管

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

神戸市防火基準適合表示要綱

神戸市防火基準適合表示要綱 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 運 用 要 領 第 1 目 的 ( 第 1 条 関 係 ) この 要 領 は 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 以 下 実 施 要 綱 という )の 運 用 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 表 示 対 象 物 の 範 囲 ( 第 2 条 関 係 ) 1 ホテル 旅 館 等 ( 消 防 法

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

委託契約書フォーマット02(精算払用)

委託契約書フォーマット02(精算払用) 16 規 総 第 XXX 号 平 成 28 年 度 事 業 名 に 関 する 委 託 契 約 書 ( テ ー マ 名 ) 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 ( 以 下 甲 という )は 再 委 託 事 業 者 ( 以 下 乙 という )と 甲 が 経 済 産 業 省 ( 以 下 丙 という )との 間 に 締 結 した 平 成 28 年 度 事 業 に 関 する 委 託 契 約 書 に

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

申出書記載に当たっての注意事項(中間物)

申出書記載に当たっての注意事項(中間物) 申 出 書 記 載 に 当 たっての 注 意 事 項 ( 輸 出 専 用 品 ) Ⅰ. 全 体 を 通 しての 注 意 事 項 申 出 書 及 び 確 認 書 の 様 式 は 新 規 化 学 物 質 の 製 造 又 は 輸 入 に 係 る 届 出 等 に 関 する 省 令 で 定 められているため 項 目 の 名 称 等 が 様 式 と 異 なる 場 合 に は 軽 微 なものであっても 受 け 付

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H 資 料 No.1-1 高 浜 発 電 所 3 4 号 機 工 事 計 画 の 概 要 について 平 成 27 年 9 月 3 日 関 西 電 力 株 式 会 社 浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

PMK510プライバシーマーク制度における欠格事項及び判断基準

PMK510プライバシーマーク制度における欠格事項及び判断基準 プライバシーマーク 制 度 における 欠 格 事 項 及 び 判 断 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12 制 定 平 成 25 年 6 月 19 日 原 規 技 発 第 1306194 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 7 月 9 日 原 規 技 発 第 1407092 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 8 月 6 日 原 規 技 発 第 1408062 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 11 月

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

があることに 留 意 し 必 要 に 応 じて 例 えば 汚 泥 ( 含 水 率 何 パーセント 以 下 の 無 機 性 のものに 限 る ) のように 限 定 するものであること 具 体 的 な 申 請 書 の 記 載 については 後 述 する 許 可 証 の 記 載 の 例 によるものとするこ

があることに 留 意 し 必 要 に 応 じて 例 えば 汚 泥 ( 含 水 率 何 パーセント 以 下 の 無 機 性 のものに 限 る ) のように 限 定 するものであること 具 体 的 な 申 請 書 の 記 載 については 後 述 する 許 可 証 の 記 載 の 例 によるものとするこ 平 成 25 年 3 月 29 日 環 廃 産 発 第 13032910 号 各 都 道 府 県 政 令 市 産 業 廃 棄 物 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 環 境 省 大 臣 官 房 廃 棄 物 リサイクル 対 策 部 産 業 廃 棄 物 課 長 産 業 廃 棄 物 処 理 業 及 び 特 別 管 理 産 業 廃 棄 物 処 理 業 並 びに 産 業 廃 棄 物 処 理 施 設 の 許

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 消 防 予 第 192 号 平 成 9 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 予 防 課 長 消 防 用 設 備 等 に 係 る 届 出 等 に 関 する 運 用 について( 通 知 ) 消 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 17 条 14 規 定 に 基 づく 消 防 用 設 備 等 着 工 届 法 第 17 条 32 規 定 に 基 づく 消 防

More information

京都市危険物事務処理規程

京都市危険物事務処理規程 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 昭 和 63 年 4 月 1 日 京 都 市 消 防 局 訓 令 甲 第 2 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 を 次 のように 定 める 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 訓 令 は, 消 防 法, 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令,

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 5 年 政 令 第 338 号 以 下 令 とい

岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 5 年 政 令 第 338 号 以 下 令 とい 岡 山 県 の 位 置 の 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 1 年 3 月 制 定 平 成 年 3 月 改 正 平 成 6 年 3 月 改 正 岡 山 県 土 木 部 都 市 局 建 築 指 導 課 岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20355F315F32322E322E32348CC2906C8FEE95F182CC95DB8CEC82C98AD682B782E98EE688B58E77906A8140915395B62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20355F315F32322E322E32348CC2906C8FEE95F182CC95DB8CEC82C98AD682B782E98EE688B58E77906A8140915395B62E646F63> 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 取 扱 指 針 平 成 17 年 3 月 23 日 理 事 会 決 議 平 成 19 年 10 月 24 日 一 部 改 正 平 成 22 年 2 月 24 日 一 部 改 正 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 取 扱 指 針 取 扱 指 針 の 考 え 方 参 照 条 文 ( 目 的 ) 第 1 条 この 取 扱 指 針 は 個 人 情 報 の 保

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

瀬戸内市消防訓令第  号

瀬戸内市消防訓令第  号 〇 うるま 市 防 火 対 象 物 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は ホテル 旅 館 等 不 特 定 多 数 の 者 を 収 容 する 防 火 対 象 物 の 防 火 安 全 対 策 の 重 要 性 に 鑑 み 防 火 対 象 物 の 関 係 者 の 防 火 に 対 する 認 識 を 高 め 防 火 管 理 業 務 の 適 正 化

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

表 2 河 川 管 理 施 設 の 種 類 及 び 設 置 数 ( 単 位 : 施 設 ) 区 分 種 類 設 置 数 堰 103 ゲート 施 設 水 門 309 地 方 整 備 局 等 樋 門 樋 管 等 8,993 ポンプ 施 設 排 水 機 場 425 揚 水 機 場 浄 化 機 場 等 78

表 2 河 川 管 理 施 設 の 種 類 及 び 設 置 数 ( 単 位 : 施 設 ) 区 分 種 類 設 置 数 堰 103 ゲート 施 設 水 門 309 地 方 整 備 局 等 樋 門 樋 管 等 8,993 ポンプ 施 設 排 水 機 場 425 揚 水 機 場 浄 化 機 場 等 78 (5) 河 川 管 理 施 設 ア 河 川 管 理 施 設 の 現 状 現 状 (ア) 河 川 管 理 施 設 の 種 類 設 置 数 等 河 川 は 河 川 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 167 号 ) 第 3 条 第 1 項 に 基 づき 一 級 河 川 ( 指 定 区 間 指 定 区 間 外 ) 及 び 二 級 河 川 に 区 分 され 河 川 管 理 施 設 を 含 むも のとされている

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

点 検 等 維 持 管 理 業 務 一 覧 業 務 名 業 務 の 概 要 ( 詳 細 は 仕 様 書 のとおり) 1 清 掃 業 務 艇 庫 等 の 日 常 清 掃 定 期 清 掃 特 別 清 掃 2 機 械 警 備 業 務 開 場 時 間 外 の 防 犯 火 災 設 備 監 視 駐 車 場 自

点 検 等 維 持 管 理 業 務 一 覧 業 務 名 業 務 の 概 要 ( 詳 細 は 仕 様 書 のとおり) 1 清 掃 業 務 艇 庫 等 の 日 常 清 掃 定 期 清 掃 特 別 清 掃 2 機 械 警 備 業 務 開 場 時 間 外 の 防 犯 火 災 設 備 監 視 駐 車 場 自 滋 賀 県 立 柳 が 崎 ヨットハーバー 現 行 の 仕 様 書 平 成 27 年 9 月 滋 賀 県 教 育 委 員 会 事 務 局 スポーツ 健 康 課 点 検 等 維 持 管 理 業 務 一 覧 業 務 名 業 務 の 概 要 ( 詳 細 は 仕 様 書 のとおり) 1 清 掃 業 務 艇 庫 等 の 日 常 清 掃 定 期 清 掃 特 別 清 掃 2 機 械 警 備 業 務 開 場 時 間

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20392E2088E397C38B408AED82CC90BB91A294CC94848CE392B28DB882CC8CBB8FF382C697AF88D3935F2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20392E2088E397C38B408AED82CC90BB91A294CC94848CE392B28DB882CC8CBB8FF382C697AF88D3935F2E70707478> 医 療 機 器 の 製 造 販 売 後 調 査 の 現 状 と 留 意 点 について 1 本 日 の 内 容 1. 関 連 法 規 2. 信 頼 性 適 合 性 書 面 調 査 の 業 務 の 流 れ 3. 適 合 性 書 面 調 査 において 確 認 された 事 例 4. 相 談 制 度 の 導 入 2 1. 関 連 法 規 3 再 審 査 に 係 る 規 定 < 旧 法 > 薬 事 法 第 14

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各 入 札 参 加 時 の 遵 守 事 項 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 決 裁 ) 羽 生 市 発 注 工 事 及 び 委 託 の 入 札 及 び 施 工 等 に 当 たっては 下 記 の 事 項 を 遵 守 してください なお 請 け 負 った 工 事 等 の 一 部 を 下 請 させるときは 下 請 負 者 に 対 し この 遵 守 事 項 について 周 知 し また これらの 従 事 する

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診 病 院 医 療 監 視 チェック 表 ( 放 射 線 関 係 ) 病 院 名 検 査 日 検 査 者 管 理 調 査 項 目 - 医 療 法 の 手 続 --5 診 療 放 射 線 機 器 の 届 出 - 患 者 入 院 状 況 --5 器 具 同 位 元 素 治 療 患 者 の 放 射 線 治 療 室 以 外 の 入 院 禁 止 --6 放 射 線 治 療 室 への 他 の 患 者 の 入 院 防

More information

-

- 原 子 力 災 害 対 策 指 針 平 成 24 年 10 月 31 日 原 子 力 規 制 委 員 会 ( 平 成 25 年 2 月 27 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 25 年 6 月 5 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 25 年 9 月 5 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 27 年 4 月 22 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 27 年 8 月 26 日 全 部 改 正 )

More information

(3) 外 力 のうち 地 震 を 対 象 とした 主 な 評 価 の 実 施 概 況 は 以 下 のとおり ( 全 事 業 所 の 評 価 概 況 は 別 紙 参 照 ) 1 地 震 に 関 する 評 価 が 終 了 した 施 設 ( 建 屋 セル 及 び GB の 除 染 係 数 (DF: De

(3) 外 力 のうち 地 震 を 対 象 とした 主 な 評 価 の 実 施 概 況 は 以 下 のとおり ( 全 事 業 所 の 評 価 概 況 は 別 紙 参 照 ) 1 地 震 に 関 する 評 価 が 終 了 した 施 設 ( 建 屋 セル 及 び GB の 除 染 係 数 (DF: De 資 料 5 核 燃 料 物 質 使 用 施 設 の 安 全 上 重 要 な 施 設 に 関 する 再 評 価 の 状 況 について ( 中 間 報 告 ) 1. 経 緯 平 成 28 年 1 月 27 日 原 子 力 規 制 庁 ⑴ 核 燃 料 物 質 使 用 施 設 については 原 子 炉 等 規 制 法 においてバックフィット 規 定 が 設 けられていないが 安 全 性 の 更 なる 向 上

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information