平成23年度事業計画(案)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平成23年度事業計画(案)"

Transcription

1 平 成 28 年 5 月 16 日 通 常 総 会 報 告 一 般 社 団 法 人 関 西 経 済 同 友 会 平 成 27 年 度 事 業 報 告 平 成 27 年 度 事 業 計 画 は 次 世 代 のための 国 地 域 企 業 づくり~ 輝 く 日 本 関 西 の 創 生 ~ をテーマに 次 世 代 への 貢 献 多 様 性 の 発 揮 発 信 力 の 強 化 を 重 点 課 題 と 位 置 付 け 次 世 代 に 課 題 を 先 送 りすることなく 解 決 への 道 筋 をつけ 持 続 的 な 成 長 を 図 ることがわれわれの 責 任 と 考 え 次 代 を 見 据 えた 政 策 提 言 を 発 信 するとともに 地 域 及 び 企 業 活 動 の 活 性 化 に 主 体 的 に 取 り 組 んだ 役 員 会 等 の 運 営 状 況 当 会 は 平 成 24 年 4 月 1 日 に 一 般 社 団 法 人 関 西 経 済 同 友 会 に 移 行 しており 一 般 社 団 財 団 法 人 法 及 び 新 しい 定 款 規 程 規 則 などに 基 づく 運 営 を 行 った 平 成 27 年 5 月 14 日 に 通 常 総 会 を 開 催 し 平 成 26 年 度 決 算 を 承 認 平 成 27 年 度 理 事 常 任 幹 事 幹 事 を 選 任 するとともに 理 事 会 に 推 薦 する 代 表 理 事 業 務 執 行 理 事 候 補 者 を 選 出 した 定 款 及 び 役 員 等 選 任 規 程 の 変 更 を 提 案 し 承 認 を 得 た また 幹 事 会 での 審 議 を 経 て 理 事 会 で 承 認 された 平 成 26 年 度 事 業 報 告 及 び 公 益 目 的 支 出 計 画 実 施 報 告 書 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 及 び 収 支 予 算 書 等 についても 報 告 がなされた 理 事 会 は 4 回 開 催 した 平 成 26 年 度 事 業 報 告 及 び 公 益 目 的 支 出 計 画 実 施 報 告 書 通 常 総 会 に 付 議 する 平 成 26 年 度 決 算 案 定 款 及 び 役 員 等 選 任 規 程 変 更 案 の 承 認 代 表 理 事 業 務 執 行 理 事 の 選 定 職 務 執 行 状 況 の 報 告 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 及 び 収 支 予 算 書 の 承 認 など 一 般 社 団 財 団 法 人 法 や 定 款 などで 定 める 項 目 を 審 議 した 本 会 の 運 営 全 般 について 意 思 決 定 を 行 う 幹 事 会 は 8 月 を 除 く 毎 月 1 回 開 催 し 提 言 案 等 の 審 議 月 次 収 支 報 告 などを 行 った 加 えて テーマを 掲 げての 意 見 交 換 も 適 宜 行 った 常 任 幹 事 会 も 8 月 を 除 き 月 1 回 (3 月 のみ 2 回 ) 開 催 し 幹 事 会 の 議 案 の 事 前 協 議 を 中 心 に 討 議 を 行 った また 通 常 総 会 パーティ 歴 代 代 表 幹 事 との 懇 親 懇 談 会 放 談 会 などを 計 12 回 開 催 し 会 員 の 交 流 親 睦 を 図 ることにも 努 めた 委 員 会 等 の 活 動 (1): 同 友 会 全 体 としての 活 動 や 課 題 に 取 り 組 む 委 員 会 の 活 動 1 総 合 政 策 審 議 会 発 信 力 強 化 提 言 などの 実 現 性 実 効 性 の 向 上 などに 向 け 政 治 家 との 意 見 交 換 を 行 った 2 調 査 企 画 委 員 会 諮 問 なし 委 員 会 等 の 活 動 (2): 主 に 特 定 事 業 の 支 援 実 行 に 取 り 組 む 委 員 会 の 活 動 3 サイバー 適 塾 支 援 委 員 会 サイバー 適 塾 の 会 員 増 強 やカリキュラムの 充 実 等 への 支 援 を 行 った 4 お 水 汲 み 祭 り 支 援 委 員 会 堂 島 薬 師 堂 節 分 お 水 汲 み 祭 り(2 月 3 日 ) 等 の 開 催 を 支 援 した - 1 -

2 5 海 外 交 流 委 員 会 恒 例 の 訪 米 代 表 団 (10 月 24~31 日 )の 派 遣 第 23 回 ボストン シンポジウム(10 月 28 日 )の 開 催 に 協 力 するとともに 委 員 会 メンバーが 参 加 した また ベトナム カンボジア 視 察 団 (2 月 21~27 日 )を 派 遣 したほか 4 回 の 講 演 会 視 察 会 合 (6 月 25 日 9 月 16 日 12 月 8 日 12 月 9 日 )の 開 催 来 阪 し た 内 外 の 政 策 担 当 者 海 外 交 流 組 織 との 意 見 交 換 に 努 めた 第 23 回 ボストン シンポジウム(10 月 28 日 ) 次 世 代 をリードする 日 米 をテーマに ハーバード 大 学 ケネディスクール ボストン 日 本 協 会 と 共 催 本 会 からは 村 尾 和 俊 䕃 山 秀 一 両 代 表 幹 事 をはじめ 総 勢 40 名 が 参 加 シンポジウム 前 後 には ワシントン ロサンゼルスで 視 察 を 実 施 した 6 芸 術 文 化 委 員 会 講 演 会 1 回 (10 月 2 日 ) 視 察 鑑 賞 会 2 回 (7 月 31 日 11 月 20 日 ) 委 員 会 2 回 (6 月 23 日 1 月 29 日 ) を 開 催 した また 平 成 26 年 4 月 1 日 に 発 足 した アーツサポート 関 西 (ASK)の 活 動 を 支 援 した 7 大 阪 食 文 化 プロデュース 委 員 会 講 演 会 や 食 文 化 の 体 験 を3 回 (7 月 31 日 2 月 19 日 4 月 20 日 ) 行 った 8 関 西 広 域 インフラ うめきた 委 員 会 講 演 会 1 回 (8 月 6 日 ) 視 察 1 回 (9 月 15 日 )を 行 った 加 えて 自 治 体 や 他 の 経 済 団 体 と 共 同 で 高 速 道 路 網 高 速 鉄 道 網 の 整 備 を 求 める 要 望 活 動 を 行 った 9 経 済 同 友 会 連 携 会 議 京 阪 神 を 中 心 に 中 部 はじめ 他 の 経 済 同 友 会 と 連 携 し 以 下 の 会 合 などを 開 催 した 第 2 回 西 日 本 経 済 同 友 会 代 表 者 会 議 (7 月 17 日 於 : 京 都 市 ) 西 日 本 の18 地 区 経 済 同 友 会 から 代 表 幹 事 及 び 事 務 局 長 44 名 が 参 加 し 西 からの 地 方 創 生 ~ひとが 興 す 地 域 の 未 来 ~ をテーマに 議 論 1ひと( 交 流 人 口 )の 拡 大 活 用 に 向 け まち( 観 光 ) 等 を 活 性 化 しよう 2ひと( 定 住 人 口 )の 維 持 拡 大 に 向 け しごと( 雇 用 )を 創 出 しよう 3 政 府 は 企 業 地 域 の 自 助 努 力 をサポートする 環 境 整 備 を の3 点 を 訴 える 共 同 アピールをまとめ 発 表 した 第 113 回 西 日 本 経 済 同 友 会 会 員 合 同 懇 談 会 (10 月 16 日 17 日 於 : 奈 良 市 ) 全 国 経 済 同 友 会 代 表 幹 事 円 卓 会 議 (11 月 10 日 於 : 福 岡 市 ) 経 済 同 友 会 との 東 西 首 脳 懇 談 会 (12 月 10 日 於 : 東 京 都 ) 第 54 回 関 西 財 界 セミナー(2 月 4 日 5 日 於 : 国 立 京 都 国 際 会 館 ) 関 西 経 済 連 合 会 と 共 催 し 京 都 神 戸 経 済 同 友 会 などの 協 力 を 得 て 関 西 の 経 営 者 約 250 名 を 含 む 657 名 が 参 加 した 次 のために 今 なすべきこと~ 多 様 な 知 と 行 動 がつくるアジアの 力 ~ をメインテーマに 次 世 代 のための 政 治 経 済 日 本 の 安 全 保 障 とグローバルリスクへの 対 応 アジアで 活 躍 する 親 関 西 人 材 の 拡 大 に 向 けて 新 たな 国 土 の 発 展 に 向 けた 広 域 観 光 振 興 のあ り 方 健 康 医 療 産 業 発 展 健 康 社 会 実 現 に 向 けた 挑 戦 最 先 端 技 術 と 変 わる 経 営 の6つの 分 科 会 に 分 かれ 2 日 間 にわたって 討 議 した 最 後 に セミナー 宣 言 をまとめ 発 表 中 部 関 西 経 済 同 友 会 合 同 懇 談 会 ( 平 成 28 年 4 月 5 日 於 : 大 阪 市 ) 京 都 関 西 経 済 同 友 会 懇 談 会 ( 平 成 28 年 4 月 19 日 於 : 大 阪 市 ) 第 29 回 全 国 経 済 同 友 会 セミナー( 平 成 28 年 4 月 14 日 15 日 於 : 岡 山 市 ) 全 国 の 経 済 同 友 会 との 共 同 活 動 である 全 国 経 済 同 友 会 地 方 行 財 政 改 革 推 進 会 議 では 震 災 復 興 部 会 が 岩 手 県 (7 月 22 日 23 日 ) 宮 城 県 視 察 (11 月 11 日 12 日 )を 実 施 した 3 月 10 日 11 日 宮 城 県 南 部 被 災 地 視 察 及 び3 月 11 日 東 日 本 大 震 災 追 悼 シンポジウム ( 於 : 仙 台 市 )も 開 催 集 中 復 興 期 間 5 年 間 を 振 り 返 り これからの 復 興 の 道 筋 専 門 高 校 の 復 興 とIPPO IPPO NIPPON な - 2 -

3 どを 議 論 した また 分 権 改 革 委 員 会 は 東 京 都 名 古 屋 市 で 会 合 を 開 催 (9 月 14 日 2 月 22 日 ) 地 方 創 生 地 方 分 権 改 革 をテーマに 議 論 を 行 った 周 年 記 念 事 業 準 備 委 員 会 平 成 28 年 10 月 に 開 催 する 記 念 式 典 70 年 史 発 行 の 準 備 を 行 った 委 員 会 等 の 活 動 (3): 国 自 治 体 や 企 業 社 会 等 への 提 言 を 主 目 的 とする 委 員 会 の 活 動 ( 国 のあり 方 ) 11 安 全 保 障 委 員 会 講 演 会 5 回 (7 月 27 日 9 月 10 日 10 月 14 日 12 月 1 日 4 月 22 日 )のほか 海 外 調 査 国 内 視 察 など 精 力 的 に 活 動 した 9 月 19 日 の 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 に 際 しては 委 員 長 コメントを 発 表 安 全 保 障 委 員 会 のこれまで 主 張 が 具 体 化 されたことを 評 価 する 一 方 武 力 行 使 の 事 態 に 至 らぬよう 政 府 の 積 極 的 多 角 的 な 外 交 政 策 を 要 望 した 第 14 回 大 韓 民 国 調 査 団 (8 月 24 日 ~26 日 )を 編 成 し 韓 国 を 訪 問 韓 国 では 政 府 関 係 者 国 会 議 員 外 交 安 全 保 障 政 策 関 係 者 らと 懇 談 MERS 戦 後 70 年 安 倍 総 理 談 話 北 朝 鮮 から 韓 国 へ の 砲 撃 など 不 確 定 要 素 の 中 での 訪 問 だったが 友 好 的 な 雰 囲 気 の 中 互 いの 見 解 が 分 かれる 問 題 についても 率 直 な 議 論 を 行 い 両 国 関 係 をより 未 来 志 向 に 発 展 させるため 民 間 交 流 の 活 性 化 が 必 要 であることが 改 めて 確 認 された また 2 月 19 日 20 日 には 呉 江 田 島 岩 国 を 訪 問 海 上 自 衛 隊 呉 地 方 総 監 部 幹 部 候 補 生 学 校 岩 国 航 空 基 地 などを 視 察 した 12 経 済 政 策 委 員 会 4 回 の 講 演 会 (6 月 25 日 8 月 3 日 10 月 1 日 5 月 11 日 ) 宮 城 県 の 復 興 状 況 の 視 察 (3 月 10 日 11 日 )を 行 った 委 員 会 での 討 議 はタイムリーに 行 い 7 月 には 提 言 骨 太 の 方 針 日 本 再 興 戦 略 2015に 対 する 提 言 ~ 次 世 代 へ 誇 れる 改 革 迅 速 果 敢 な 実 行 を~ 11 月 には 提 言 平 成 28 年 度 予 算 税 制 改 正 大 綱 に 望 む~デフレ 脱 却 の 実 現 と 次 世 代 の 貢 献 に 資 する 政 策 の 着 実 な 実 行 を~ をとりまとめ 記 者 発 表 した 3 月 には2 年 間 の 委 員 会 活 動 の 成 果 として 提 言 関 西 の 成 長 戦 略 ~ 競 争 を 勝 ち 抜 き 強 壮 な 経 済 を 実 現 するための 共 創 ~ をとりまとめて 3 月 9 日 に 記 者 発 表 し 関 係 各 方 面 へ 訴 えた 13 新 しい 社 会 保 障 のあり 方 委 員 会 講 演 会 3 回 (4 月 24 日 7 月 13 日 10 月 27 日 )の 開 催 に 加 え デンマーク 視 察 団 (9 月 28 日 ~10 月 5 日 )を 派 遣 し 自 治 体 学 校 施 設 高 齢 者 組 織 を 訪 問 し 幸 福 度 No.1を 獲 得 するデンマークの 実 情 国 民 意 識 を 調 査 した わが 国 の 社 会 保 障 の 現 状 と 課 題 の 洗 い 出 しを 中 心 に 研 究 した 前 年 度 の 中 間 報 告 を 深 化 させ 提 言 地 域 コミュニティでつくる 新 たな 支 縁 社 会 ~ 国 民 全 員 が 社 会 保 障 の 担 い 手 に~ をとりまと めた 平 成 28 年 5 月 2 日 に 記 者 発 表 した ( 地 域 の 多 様 性 関 西 の 強 みの 発 揮 ) 14 地 方 創 生 委 員 会 講 演 会 3 回 (8 月 3 日 11 月 30 日 12 月 14 日 )と 国 内 視 察 4 回 (10 月 29 日 11 月 12 日 13 日 1 月 25 日 26 日 3 月 4 日 )など 精 力 的 に 活 動 した 委 員 会 での 討 議 を 重 ね 提 言 オール&アラウンド 関 西 でネットワークを 充 実 させ 地 方 創 生 を 進 めよう! をとりまとめた 平 成 28 年 4 月 27 日 に 記 者 発 表 した また 健 康 医 療 分 科 会 は 3 回 の 講 演 会 (9 月 3 日 2 月 15 日 3 月 1 日 )を 開 催 した 得 られた 知 見 は 平 成 28 年 度 に 継 承 していく - 3 -

4 15 関 西 大 阪 のあり 方 委 員 会 講 演 会 は1 回 (9 月 15 日 ) 開 催 大 阪 府 知 事 大 阪 市 市 長 ダブル 選 挙 (11 月 22 日 )に 際 しては 委 員 会 が 中 心 となり 立 候 補 予 定 者 に 大 阪 府 政 市 政 に 関 する 公 開 質 問 状 を 送 付 その 回 答 を11 月 2 日 に 本 会 ホームページに 掲 載 した 更 に 11 月 4 日 には 柳 本 顕 氏 と 吉 村 洋 文 氏 を 招 いた 大 阪 市 政 に 関 する 政 策 討 論 会 栗 原 貴 子 氏 と 松 井 一 郎 氏 を 招 いた 大 阪 府 政 に 関 する 政 策 討 論 会 を 報 道 関 係 者 にも 公 開 の 上 で 開 催 大 阪 の 成 長 発 展 を 図 るためにどのような 政 策 に 取 り 組 む のかを 広 く 明 らかにするよう 努 めた また 選 挙 後 も 委 員 会 が 中 心 となり 本 会 のこれまでの 提 言 を 踏 まえた 要 望 書 松 井 大 阪 府 知 事 吉 村 新 大 阪 市 長 に 望 む をとりまとめた 12 月 14 日 に 村 尾 䕃 山 両 代 表 幹 事 加 藤 委 員 長 が 松 井 知 事 吉 村 市 長 を 訪 ね 手 渡 し その 実 現 を 求 めた 16 関 西 委 員 会 講 演 会 4 回 (9 月 11 日 9 月 17 日 11 月 5 日 12 月 22 日 )の 開 催 に 加 え イギリス 視 察 団 (11 月 15 日 ~20 日 )を 派 遣 し 組 織 委 員 会 やクリエイティブプログラマー 観 光 ビジネス 共 同 体 を 訪 問 し ロン ドンオリンピックでの 文 化 プログラム 成 功 の 要 因 やレガシーづくりなどを 調 査 した また 12 月 25 日 に は 京 都 神 戸 経 済 同 友 会 幹 部 と 東 京 オリンピックやワールドマスターズゲームズ2021に 向 けた 取 り 組 みについて 意 見 交 換 した 委 員 会 での 討 議 を 重 ね 提 言 世 界 に 冠 たる 生 涯 スポーツ& 文 化 エリア=KANSAI を 目 指 し て をとりまとめた 平 成 28 年 5 月 10 日 に 記 者 発 表 した 17 関 西 MICE IR 推 進 委 員 会 ビジネスモデル 検 討 分 科 会 PPPプラットフォーム 検 討 分 科 会 MICE 振 興 分 科 会 ウエル ネス リゾート 研 究 分 科 会 の4 分 科 会 を 設 け 精 力 的 な 活 動 を 行 った 2 回 の 講 演 会 (10 月 14 日 11 月 16 日 )に 加 え シドニー メルボルン 視 察 団 (1 月 8 日 ~12 日 )を 派 遣 し 官 民 連 携 による 地 域 開 発 MICEや 各 種 イベント 誘 致 体 制 などを 調 査 した 委 員 会 会 合 は22 回 開 催 した 大 阪 関 西 IRの 経 済 効 果 の 試 算 について もまとめ 3 月 2 日 に 記 者 発 表 した ( 強 い 企 業 づくり 人 材 の 多 様 性 ) 18 企 業 経 営 委 員 会 講 演 会 (7 月 30 日 10 月 22 日 )や 視 察 (7 月 7 日 )の 開 催 に 加 え 米 国 西 海 岸 企 業 視 察 団 (8 月 29 日 ~9 月 5 日 )を 派 遣 し 激 しい 環 境 変 化 の 中 で 次 々とイノベーションを 生 み 出 す 先 進 米 国 企 業 や 持 続 的 に 成 長 する 日 本 企 業 を 訪 問 し その 背 景 や 工 夫 を 調 査 した 昨 年 度 の 中 間 報 告 に 加 え 委 員 会 での 討 議 を 重 ね 提 言 理 念 と 対 応 力 の 両 輪 ~ 持 続 的 成 長 企 業 がしていること~ をとりまとめ 3 月 4 日 に 記 者 発 表 した 19 中 堅 企 業 委 員 会 講 演 会 (7 月 24 日 10 月 5 日 )に 加 え 11 月 13 日 には 恒 例 の 両 代 表 幹 事 と 語 る 会 を 開 催 した 昨 年 度 の 成 果 に 加 え 委 員 会 での 討 議 を 重 ね 提 言 匠 の 技 と おもてなし で 顧 客 価 値 創 造 経 営 の 推 進 をとりまとめた 平 成 28 年 4 月 20 日 に 記 者 発 表 した 20 最 先 端 技 術 ものづくり 委 員 会 講 演 会 は3 回 (7 月 29 日 9 月 7 日 11 月 24 日 ) 開 催 関 西 財 界 セミナーでも 精 力 的 な 議 論 を 行 った 委 員 会 での 討 議 を 重 ね 提 言 匠 の 技 と 最 先 端 技 術 が 融 合 する 関 西 クラスターの 構 築 をとりま とめた 平 成 28 年 4 月 4 日 に 記 者 発 表 した 21 アジア 人 材 委 員 会 講 演 会 4 回 (8 月 6 日 9 月 30 日 11 月 24 日 12 月 15 日 )の 開 催 に 加 え シンガポール ベトナム フ - 4 -

5 ィリピン 視 察 団 (11 月 29 日 ~12 月 5 日 )を 派 遣 し 政 府 機 関 や 企 業 を 訪 問 し 各 国 の 人 材 戦 略 人 材 育 成 企 業 での 取 り 組 みを 調 査 した 委 員 会 での 討 議 を 重 ね 提 言 人 材 鎖 国 日 本 このままでいいのか? ~ 日 本 は 内 なるグロー バル 化 を 推 進 し アジアとの 共 存 共 栄 を 図 れ~ をとりまとめた 平 成 28 年 5 月 13 日 に 記 者 発 表 し た 委 員 会 等 の 活 動 (4): 会 員 相 互 の 交 流 自 己 啓 発 を 主 目 的 とする 委 員 会 の 活 動 22 時 事 問 題 研 究 会 世 界 政 治 経 済 動 向 グローバル 競 争 外 交 政 策 CO2 削 減 など 企 業 経 営 者 の 関 心 が 集 まるテー マをタイムリーにとらえ 4 回 の 講 演 会 (9 月 2 日 11 月 17 日 2 月 24 日 4 月 7 日 )を 開 催 した また 現 場 現 物 を 重 視 し 2 回 の 企 業 訪 問 (9 月 15 日 4 月 21 日 )も 行 った 23 会 員 懇 談 会 時 宜 を 得 た 講 師 を 招 き 4 回 (7 月 6 日 7 月 27 日 10 月 19 日 3 月 18 日 )の 講 演 会 を 開 催 し 会 員 の 相 互 研 鑽 交 流 を 図 る 活 動 を 行 った 24 若 手 の 会 企 業 視 察 や 先 輩 経 営 者 による 講 演 会 京 都 経 済 同 友 会 の 若 手 会 員 との 交 流 会 等 を5 回 (6 月 23 日 7 月 29 日 10 月 13 日 11 月 30 日 4 月 6 日 ) 開 催 し 次 代 の 経 済 人 としての 資 質 向 上 を 図 った また 平 成 27 年 4 月 1 日 から 5 月 13 日 までは 前 年 度 の 事 業 計 画 を 引 き 継 いで 前 委 員 会 の 提 言 などの 発 表 (5 件 )や 中 部 経 済 同 友 会 との 合 同 懇 談 会 ( 平 成 27 年 4 月 8 日 ) 京 都 経 済 同 友 会 との 懇 談 会 ( 平 成 27 年 4 月 13 日 )なども 行 った 他 経 済 団 体 などとの 連 携 強 化 ~ 本 会 の 更 なるプレゼンス 向 上 に 向 けて1 他 の 経 済 団 体 や 自 治 体 などと 共 同 し 以 下 の 要 望 等 を 発 表 実 現 を 働 き 掛 けた 関 西 創 生 のための 高 速 道 路 ネットワークの 早 期 整 備 に 関 する 要 望 ( 関 西 高 速 道 路 ネットワーク 推 進 協 議 会 6 月 実 施 ) 政 府 機 関 の 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 への 移 転 実 現 に 関 する 要 請 書 ( 京 都 神 戸 関 西 経 済 同 友 会 12 月 実 施 ) 関 西 創 生 のための 高 速 道 路 ネットワークの 早 期 整 備 に 関 する 要 望 ~ 大 阪 湾 岸 道 路 西 伸 部 淀 川 左 岸 線 延 伸 部 ~( 関 西 高 速 道 路 ネットワーク 推 進 協 議 会 1 月 実 施 ) また 下 記 のように 他 団 体 と 共 同 で 政 策 決 定 者 や 内 外 のリーダーとの 懇 談 会 も 開 催 した 加 え て 産 業 振 興 都 市 魅 力 向 上 でも 連 携 を 図 った 田 中 新 財 務 事 務 次 官 との 懇 談 会 (8 月 3 日 ) 黒 田 日 本 銀 行 総 裁 との 懇 談 会 (9 月 28 日 ) 財 務 省 幹 部 との 意 見 交 換 会 (11 月 16 日 ) 菅 原 経 済 産 業 事 務 次 官 との 懇 談 会 (12 月 8 日 ) 平 成 28 年 大 阪 新 年 互 礼 会 (1 月 4 日 ) 関 西 広 域 連 合 との 意 見 交 換 会 (1 月 28 日 ) 大 阪 府 市 経 済 3 団 体 首 脳 による 意 見 交 換 会 (2 月 9 日 ) - 5 -

6 水 と 光 のまちづくり 推 進 会 議 大 阪 観 光 局 事 業 の 運 営 に 関 するトップ 会 議 (7 月 7 日 2 月 9 日 ) 関 西 健 康 医 療 創 生 会 議 (7 月 23 日 12 月 22 日 ) シンポジウム 国 土 の 新 たな 発 展 の 姿 を 考 える~スーパーメガリージョンの 形 成 に 向 けて~ (2 月 16 日 リニア 中 央 新 幹 線 全 線 同 時 開 業 推 進 協 議 会 ) 関 西 国 際 観 光 推 進 本 部 設 立 会 合 (3 月 24 日 ) 大 阪 府 政 市 政 改 革 への 協 力 も 行 った とりわけ 大 阪 府 からの 要 請 を 受 けて 11 年 目 となる 大 阪 府 若 手 職 員 民 間 企 業 研 修 を 実 施 会 員 26 社 の 協 力 を 得 て 42 名 を 受 け 入 れた 夢 洲 咲 洲 地 区 への 企 業 誘 致 にも 協 力 した このほか なにわ 淀 川 花 火 大 会 ミナミ 活 性 化 協 議 会 大 阪 スタイリングエキスポ 2015 百 舌 鳥 古 市 古 墳 群 世 界 遺 産 登 録 を 応 援 する 府 民 会 議 など 大 阪 府 市 や 他 団 体 と 協 力 し 大 阪 の 魅 力 賑 わいづくりにも 継 続 的 に 取 り 組 んだ 本 会 が 提 言 して 設 立 された 関 西 サイエンス フォーラム 関 西 キャリア 教 育 支 援 協 議 会 スポ ーツコミッション 関 西 アーツサポート 関 西 (ASK)などの 活 動 に 対 しても 支 援 を 行 なった 発 信 力 の 強 化 ~ 本 会 の 更 なるプレゼンス 向 上 に 向 けて2 報 道 機 関 への 情 報 提 供 をはじめ 事 業 を 広 く 一 般 に 知 らしめるとともに 理 解 を 訴 えるために 下 記 をはじめ 様 々な 活 動 を 行 った 代 表 幹 事 記 者 会 見 を 11 回 開 催 し 記 者 からの 質 問 に 応 じるとともに 本 会 の 主 張 への 理 解 を 訴 えた 大 阪 経 済 記 者 クラブとの 懇 親 パーティ(7 月 10 日 )なども 開 催 し 発 信 に 努 めた 報 道 機 関 からの 要 請 に 応 じて 代 表 幹 事 コメント 14 件 を 発 信 した また 11 月 の 大 阪 府 知 事 大 阪 市 長 ダブル 選 挙 の 結 果 を 受 け 要 望 書 松 井 大 阪 府 知 事 吉 村 新 大 阪 市 長 に 望 む をとりまと め 12 月 14 日 に 知 事 市 長 を 訪 問 建 議 した 本 会 の 活 動 の 概 要 を 掲 載 する 会 報 を 年 間 9 回 発 行 し 会 員 及 び 行 政 自 治 体 報 道 機 関 など に 提 供 した ホームページへの 掲 載 を 通 じて 提 言 をはじめ 本 会 の 活 動 を 積 極 的 に 発 信 した 以 上 附 属 明 細 書 特 記 事 項 なし - 6 -

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

平成19年度 主な組織改正と人事配置について

平成19年度 主な組織改正と人事配置について 平 成 26 年 度 新 た な 組 織 体 制 と 人 事 配 置 に つ い て 暮 らしやすさ 日 本 一 の 県 づくり に 向 けて 山 梨 を 元 気 にする 4つのアクションや 当 面 する 重 要 課 題 へ 的 確 な 対 応 を 行 うとともに 第 二 期 チャレンジ 山 梨 行 動 計 画 に 基 づく 施 策 を 着 実 に 推 進 するため 簡 素 で 効 率 的 な 組

More information

平成23年12月15日

平成23年12月15日 平 成 23 年 12 月 15 日 橋 下 徹 次 期 大 阪 市 長 に 望 む 社 団 法 人 関 西 経 済 同 友 会 代 表 幹 事 大 竹 伸 一 代 表 幹 事 大 林 剛 郎 大 阪 府 市 経 営 改 革 推 進 委 員 会 委 員 長 帯 野 久 美 子 はじめに 関 西 経 済 同 友 会 は 大 阪 維 新 の 会 の 代 表 と 幹 事 長 が 今 回 の 大 阪 市 長

More information

今 後 の 検 討 スケジュール(イメージ) 網 掛 けは, 終 了 した 会 議 ( 文 化 審 議 会 総 会 第 1 回 ) 第 1 回 :3 月 28 日 ( 木 )15:00~17:00 ( 文 化 政 策 部 会 第 1 回 ) 第 1 回 :5 月 15 日 ( 木 )10:00~12:00 文 化 芸 術 立 国 中 期 プラン 説 明, 諮 問 文 説 明, 関 係 省 庁 施 策

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16 平 成 24 年 度 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 警 察 庁 平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16,541 百 万 円 21,026

More information

Microsoft Word - 22年度事業報告.doc

Microsoft Word - 22年度事業報告.doc 平 成 22 年 度 事 業 報 告 1. 総 会 (22.6.16 於 高 松 市 ) 第 48 回 定 時 総 会 1 平 成 21 年 度 事 業 報 告 ならびに 決 算 ( 案 ) 2 平 成 22 年 度 事 業 計 画 ならびに 予 算 ( 案 ) 3 理 事 監 事 の 選 任 の3 議 案 について 審 議 し 原 案 どおり 承 認 された 特 別 講 演 三 菱 UFJモルガン

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788A778D5A9640906C96BE8FF28A7789408E968BC68EC090D195F18D908F91814090B38140>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788A778D5A9640906C96BE8FF28A7789408E968BC68EC090D195F18D908F91814090B38140> 事 業 実 績 報 告 書 平 成 25 年 度 学 校 法 人 明 浄 学 院 学 校 法 人 明 浄 学 院 平 成 25 年 度 事 業 実 績 報 告 書 法 人 の 概 要 建 学 の 精 神 明 (あか)く 浄 (きよ)く 直 (なお)く の 精 神 に 則 り 豊 かな 心 と 深 い 教 養 を 備 え 知 性 に 輝 く 有 為 の 人 材 の 育 成 主 な 沿 革 1921.4

More information

senryaku2013original.doc

senryaku2013original.doc 大 阪 バイオ 戦 略 2013 大 阪 バイオ 戦 略 推 進 会 議 構 成 団 体 ( 構 成 員 ) 50 音 順 独 立 行 政 法 人 医 薬 基 盤 研 究 所 ( 理 事 長 米 田 悦 啓 ) 大 阪 医 薬 品 協 会 ( 会 長 相 良 暁 ) 大 阪 市 ( 市 長 橋 下 徹 ) 大 阪 商 工 会 議 所 ( 会 頭 佐 藤 茂 雄 ) 公 立 大 学 法 人 大 阪 市

More information

財 務 局 の 地 域 経 済 社 会 への 貢 献 2 北 陸 地 域 連 携 プラットフォーム の 設 置 金 沢 市 では 北 陸 経 済 連 合 会 日 本 政 策 投 資 銀 行 北 陸 支 店 などの 協 力 を 得 て 北 陸 財 務 局 の 呼 び 掛 けで 北 陸 地 域 連 携

財 務 局 の 地 域 経 済 社 会 への 貢 献 2 北 陸 地 域 連 携 プラットフォーム の 設 置 金 沢 市 では 北 陸 経 済 連 合 会 日 本 政 策 投 資 銀 行 北 陸 支 店 などの 協 力 を 得 て 北 陸 財 務 局 の 呼 び 掛 けで 北 陸 地 域 連 携 財 務 局 の 地 域 経 済 社 会 への 貢 献 大 臣 官 房 地 方 課 長 保 井 俊 之 財 務 局 の 機 能 強 化 プロジェクトチーム *1 1.はじめに 財 務 局 は 地 域 における 財 務 省 の 総 合 出 先 機 関 として また 金 融 庁 からの 法 令 に 基 づく 事 務 委 任 を 受 けて 財 政 国 有 財 産 金 融 等 に 関 する 施 策 を 実 施

More information

<8349838A839383738362834E967B959489EF8CA98E9197BF2E786477>

<8349838A839383738362834E967B959489EF8CA98E9197BF2E786477> 平 成 26 年 1 月 21 日 市 長 記 者 会 見 資 料 2020 東 京 オリンピック パラリンピック かわさきプロジェクト 推 進 本 部 の 設 置 について 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 の 開 催 決 定 を 受 け 両 大 会 の 成 功 に 関 係 都 市 等 ともに 連 携 協 力 し 本 市 のスポーツ 文 化 や 経 済 の 振 興

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

資 料 1 平 成 28 年 6 月 22 日 関 西 圏 におけるライフサイエンス 産 業 振 興 にかかる 要 望 ~ 日 本 を 牽 引 するライフサイエンスイノベーション 拠 点 形 成 に 向 けて~ 大 阪 商 工 会 議 所 京 都 商 工 会 議 所 神 戸 商 工 会 議 所 ライ

資 料 1 平 成 28 年 6 月 22 日 関 西 圏 におけるライフサイエンス 産 業 振 興 にかかる 要 望 ~ 日 本 を 牽 引 するライフサイエンスイノベーション 拠 点 形 成 に 向 けて~ 大 阪 商 工 会 議 所 京 都 商 工 会 議 所 神 戸 商 工 会 議 所 ライ 記 者 発 表 資 料 平 成 28 年 6 月 22 日 大 阪 経 済 記 者 クラブ 会 員 各 位 ( 同 時 配 布 先 : 京 都 経 済 記 者 クラブ 神 戸 経 済 記 者 クラブ) 初 共 同 提 案 京 阪 神 三 商 工 会 議 所 関 西 圏 におけるライフサイエンス 産 業 振 興 にかかる 要 望 建 議 お 問 合 先 大 阪 商 工 会 議 所 経 済 産 業 部

More information

資 料 5 地 方 公 務 員 法 等 一 部 を 改 正 する 法 律 に 関 する 説 明 会 (H26.6.9) 地 方 公 共 団 体 における 人 事 評 価 制 度 導 入 等 について 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 < 目 次 > 人 事 評 価 ねらい 人 事 評 価 制 度 構 築 1 勤 務 評 定 と 人 事 評 価 比 較 人

More information

資料2-2-2 第10回科学技術予測調査 国際的視点からのシナリオプランニング【科学技術・学術政策研究所】1/2

資料2-2-2 第10回科学技術予測調査 国際的視点からのシナリオプランニング【科学技術・学術政策研究所】1/2 資 料 2-2-2 科 学 技 術 学 術 審 議 会 総 会 ( 第 52 回 ) H27.9.9 第 10 回 科 学 技 術 予 測 調 査 国 際 的 視 点 からの シナリオプランニング 科 学 技 術 学 術 審 議 会 資 料 2015 年 9 月 9 日 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 第 10 回 科 学 技 術 予 測 調 査 の 概 要 概 要

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

第3章 観光産業振興プランの実現に向けて

第3章 観光産業振興プランの実現に向けて 第 3 章 観 光 産 業 振 興 プランの 実 現 に 向 けて 本 プランの 計 画 期 間 である5 年 間 において より 大 きな 成 果 を 生 み 出 していくた めには 行 政 や 観 光 協 会 等 の 観 光 関 連 団 体 民 間 事 業 者 都 民 等 の 総 力 を 結 集 した 複 合 的 な 取 組 が 必 要 である そこで 本 章 では 第 2 章 の 戦 略 を

More information

平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 本 財 団 は 本 年 4 月 の 公 益 財 団 法 人 への 移 行 を 機 に 公 益 法 人 として 果 たすべき 社 会 的 使 命 を 自 覚 し 積 極 的 に 公 益 目 的 事 業 を 展 開 していく 平 成 24 年 に 入 ってからの

平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 本 財 団 は 本 年 4 月 の 公 益 財 団 法 人 への 移 行 を 機 に 公 益 法 人 として 果 たすべき 社 会 的 使 命 を 自 覚 し 積 極 的 に 公 益 目 的 事 業 を 展 開 していく 平 成 24 年 に 入 ってからの 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 財 団 法 人 J K A 0 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 本 財 団 は 本 年 4 月 の 公 益 財 団 法 人 への 移 行 を 機 に 公 益 法 人 として 果 たすべき 社 会 的 使 命 を 自 覚 し 積 極 的 に 公 益 目 的 事 業 を 展 開 していく 平 成 24 年 に 入 ってからの 我

More information

c 各 支 部 は 年 1~2 回 の 講 演 会 を 計 画 実 施 (イ) 水 交 誌 等 の 発 刊 a 水 交 誌 は 年 間 4 回 発 刊 会 員 に 頒 布 するとともに 希 望 する 一 般 の 人 にも 頒 布 また 関 係 諸 団 体 関 係 官 庁 報 道 出 版 関 係 国

c 各 支 部 は 年 1~2 回 の 講 演 会 を 計 画 実 施 (イ) 水 交 誌 等 の 発 刊 a 水 交 誌 は 年 間 4 回 発 刊 会 員 に 頒 布 するとともに 希 望 する 一 般 の 人 にも 頒 布 また 関 係 諸 団 体 関 係 官 庁 報 道 出 版 関 係 国 公 益 財 団 法 人 水 交 会 平 成 26 年 度 事 業 報 告 書 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 ~ 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 1 全 般 平 成 26 年 度 の 事 業 は 年 度 事 業 計 画 及 び 収 支 予 算 に 基 づき 実 施 し 概 ね 計 画 通 り 順 調 に 経 過 2 事 業 等 (1) 海 洋 安 全 保 障 思 想 の 研 究 普 及

More information

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事 ヤマトホールディングス コーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 1. 目 的 ヤマトホールディングス( 以 下 当 社 という)およびヤマトグループにおけるコーポレ ートガバナンス ガイドライン( 以 下 当 ガイドラインという)を 制 定 し 経 営 の 健 全 性 の 確 保 および 迅 速 かつ 適 正 な 意 思 決 定 と 事 業 遂 行 の 実 現 に 向 け 実 効

More information

オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 ( 経 済 効 果 ) 観 光 庁 資 料

オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 ( 経 済 効 果 ) 観 光 庁 資 料 資 料 3 第 5 回 ESRI- 経 済 政 策 フォーラム オリンピック パラリンピックを 契 機 とした 地 域 活 性 化 メガスポーツイベントとツーリズム オリンピック パラリンピックを 活 かした 地 域 活 性 化 近 畿 日 本 ツーリスト 株 式 会 社 地 域 誘 客 事 業 部 長 ( 兼 )スポーツ 事 業 部 部 長 青 木 淑 浩 オリンピック パラリンピック 東 京 大

More information

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

府 民 文 化 総 務 課 府 民 文 化 総 務 課 長 4811 総 務 グループ 総 務 4802 人 事 4803 企 画 グループ 企 画 4808 予 算 4810 万 博 2853 事 業 調 整 4899 FAX 6645 私 学 大 学 課 副 理 事 6646 私 学 大 学 課

府 民 文 化 総 務 課 府 民 文 化 総 務 課 長 4811 総 務 グループ 総 務 4802 人 事 4803 企 画 グループ 企 画 4808 予 算 4810 万 博 2853 事 業 調 整 4899 FAX 6645 私 学 大 学 課 副 理 事 6646 私 学 大 学 課 大 阪 府 027-200-200 知 事 室 2001 小 西 副 知 事 室 2007 植 田 副 知 事 室 2005 竹 内 副 知 事 室 2009 危 機 管 理 監 危 機 管 理 監 4806 長 4840 FAX 6654 防 災 企 画 課 防 災 企 画 課 長 4871 ( 地 域 防 災 計 画 担 当 ) 4849 総 務 企 画 グループ 4866 計 画 推 進 グループ

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

平成14年度 事業報告書

平成14年度 事業報告書 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 自 : 平 成 25 年 4 月 1 日 至 : 平 成 26 年 3 月 31 日 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 公 益 目 的 事 業 日 本 の 精 神 文 化 伝 統 芸 術 である 詩 歌 吟 詠 を 普 及 振 興 継 承 する 事 業 日 本 の 精 神 文 化 である 詩 歌 吟 詠 を 受 け 継 ぐ 人 材 の 育 成 自 主 公 演 一

More information

関東学生陸上競技連盟規約

関東学生陸上競技連盟規約 関 東 学 生 陸 上 競 技 連 盟 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 連 盟 は 関 東 学 生 陸 上 競 技 連 盟 と 称 し 外 国 に 対 しては The Inter-University Athletic Union of Kanto と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 連 盟 の 事 務 所 は 東 京 都 内 に 置 く ( 目 的 ) 第

More information

による 共 同 作 業 を 行 い 同 時 に 分 科 会 幹 事 会 を 組 織 して 幹 事 会 による 分 科 会 間 の 広 域 的 かつ 継 続 的 な 価 格 形 成 要 因 の 分 析 検 討 を 行 うことで 均 衡 のとれた 成 果 を 確 保 する (2) 市 町 村 の 固 定

による 共 同 作 業 を 行 い 同 時 に 分 科 会 幹 事 会 を 組 織 して 幹 事 会 による 分 科 会 間 の 広 域 的 かつ 継 続 的 な 価 格 形 成 要 因 の 分 析 検 討 を 行 うことで 均 衡 のとれた 成 果 を 確 保 する (2) 市 町 村 の 固 定 公 益 社 団 法 人 京 都 府 不 動 産 鑑 定 士 協 会 平 成 27 年 度 事 業 計 画 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 1 不 動 産 鑑 定 評 価 に 関 する 普 及 啓 発 不 動 産 及 び 不 動 産 の 鑑 定 評 価 に 関 する 社 会 一 般 の 理 解 と 信 頼 を 高 めるため 次 の 事 業 を 行 う (1) 講 演 会 の 開 催 時 期 : 年 1 回

More information

Microsoft Word - 02 資料2関係 次期産業プランの骨子案

Microsoft Word - 02 資料2関係 次期産業プランの骨子案 次 期 産 業 プラン(とちぎ 産 業 成 長 戦 略 ( 仮 称 ))の 骨 子 案 資 料 2-1 Ⅰ とちぎ 産 業 成 長 戦 略 ( 仮 称 ) 策 定 の 趣 旨 1 策 定 の 背 景 趣 旨 新 とちぎ 産 業 プラン 策 定 後 の 本 県 産 業 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 等 を 踏 まえ 本 県 の 強 みを 活 かし 更 なる 産 業 振 興 施

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

Cross functional Team-2 地域経済活性化対策

Cross functional Team-2  地域経済活性化対策 Cross functional Team-2 地 域 経 済 活 性 化 対 策 ~ 中 間 報 告 ~ 平 成 27 年 3 月 30 日 1 CFT-2の 構 成 リーダー 黄 瀬 信 之 ( 企 画 財 政 部 企 業 立 地 情 報 化 推 進 室 ) サブリーダー 大 内 規 裕 ( 総 務 部 秘 書 課 秘 書 係 ) メンバー 森 本 紗 緒 里 ( 総 務 部 市 民 連 携 室

More information

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流 資 料 2 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 と 青 少 年 の 国 際 交 流 平 成 22 年 4 月 30 日 ( 金 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 1.スポーツを 通 じた 国 際 交 流 について 11 国 際 競 技 力 の 向 上 と 国 際 スポーツ 界 をリードする 人 材 育 成 の 強 化 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 は 国 際 競 技 力 の

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477>

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477> 第 1 章 組 織 1-1 周 南 市 防 災 会 議 条 例 ( 平 成 15 年 4 月 21 日 条 例 第 15 号 ) 改 正 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項

More information

第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 次 第 1 開 会 2 開 会 あいさつ 横 浜 市 副 市 長 渡 辺 巧 教 3 委 員 紹 介

第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 次 第 1 開 会 2 開 会 あいさつ 横 浜 市 副 市 長 渡 辺 巧 教 3 委 員 紹 介 第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 会 議 録 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 )14 時 ~15 時 40 分 開 催 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 出 席 者 窪 田 吉 信 委 員 長 並 木 裕 之 副 委 員 長 新 井 鷗 子 委 員 稲 田 奈 緒 美 委 員 逢 坂 恵 理 子 委 員 佐 々 木 謙 二

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

躍 を 祈 念 して 激 励 することを 目 的 として 交 付 するもので 類 似 する 大 会 出 場 補 助 金 と はその 趣 旨 を 異 にする ( 国 際 大 会 の 要 件 ) 第 8 条 国 際 大 会 出 場 激 励 金 の 交 付 対 象 者 は 次 の 各 号 の 何 れかの

躍 を 祈 念 して 激 励 することを 目 的 として 交 付 するもので 類 似 する 大 会 出 場 補 助 金 と はその 趣 旨 を 異 にする ( 国 際 大 会 の 要 件 ) 第 8 条 国 際 大 会 出 場 激 励 金 の 交 付 対 象 者 は 次 の 各 号 の 何 れかの 熊 本 市 スポーツ 振 興 基 金 事 業 運 営 に 関 する 内 規 第 1 章 顕 彰 第 1 条 実 施 要 綱 第 3 条 に 規 定 する 顕 彰 の 対 象 者 は 次 の 各 号 の 何 れかの 要 件 に 該 当 す ることが 必 要 である (1) 市 内 に 在 住 又 は 通 学 通 勤 の 高 校 生 以 上 の 個 人 (2) 市 内 の 高 校 大 学 事 業 所 に

More information

2016/8/3 自 動 車 局 環 境 政 策 地 域 交 通 グリーン 化 事 業 の 公 募 について~バス タクシー トラックにおける 電 気 自 動 車 の 導 入 を 支 援 します~ 2016/8/3 航 空 局 交 通 管 制 部 交 通 管 制 企 画 交 通 管 制 部 の 所

2016/8/3 自 動 車 局 環 境 政 策 地 域 交 通 グリーン 化 事 業 の 公 募 について~バス タクシー トラックにおける 電 気 自 動 車 の 導 入 を 支 援 します~ 2016/8/3 航 空 局 交 通 管 制 部 交 通 管 制 企 画 交 通 管 制 部 の 所 発 表 年 月 日 担 当 部 局 件 名 2016/8/1 総 合 政 策 局 国 際 物 流 第 6 回 日 中 韓 物 流 大 臣 会 合 の 開 催 結 果 について 2016/8/1 水 管 理 国 土 保 全 局 河 川 計 画 第 36 回 今 後 の 治 水 対 策 のあり 方 に 関 する 有 識 者 会 議 の 開 催 について 2016/8/1 海 事 局 総 務 等 2016/8/1

More information

なぜ日本はODAを行うのか

なぜ日本はODAを行うのか 気 候 変 動 交 渉 の 見 通 し ~ 国 連 気 候 サミット リマ パリに 向 けて~ 2014 年 9 月 12 日 外 務 省 国 際 協 力 局 気 候 変 動 課 長 中 野 潤 也 1 2020 年 以 降 の 国 際 枠 組 みに 向 けた 国 際 交 渉 2020 年 以 降 の 新 たな 国 際 枠 組 みに, 2015 年 のCOP21で 合 意 すべく, 現 在, 国 連

More information

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 平 成 28 年 度 当 初 予 算 日 向 市 目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 債 残 高 の 状 況 9 10. 基 金 の 状

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832358EC08E7B8C7689E68151915391CC816988C4816A81798DC58F49817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832358EC08E7B8C7689E68151915391CC816988C4816A81798DC58F49817A2E646F63> 教 育 施 策 の 重 点 目 標 6 県 民 だれもが 生 きがいを 持 って 地 域 社 会 に 参 画 する 生 涯 学 習 社 会 づくりを 推 進 します ⑴ 県 民 の 学 習 ニーズに 応 える 社 会 教 育 生 涯 学 習 の 振 興 1 社 会 教 育 施 設 等 生 涯 学 習 基 盤 の 整 備 運 営 県 民 だれもが 生 涯 にわたって 学 習 する 機 会 や 場 を

More information

別 紙 一 般 社 団 法 人 京 都 経 済 同 友 会 代 表 幹 事 増 田 寿 幸 ( 京 都 信 用 金 庫 理 事 長 ) 代 表 幹 事 鈴 木 順 也 ( 日 本 写 真 印 刷 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 ) 会 員 数 584 名 所 在 地 京 都 市 中 京

別 紙 一 般 社 団 法 人 京 都 経 済 同 友 会 代 表 幹 事 増 田 寿 幸 ( 京 都 信 用 金 庫 理 事 長 ) 代 表 幹 事 鈴 木 順 也 ( 日 本 写 真 印 刷 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 ) 会 員 数 584 名 所 在 地 京 都 市 中 京 政 府 機 関 の 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 への 移 転 実 現 に 関 する 要 請 私 たち 京 都 関 西 神 戸 の 京 阪 神 3 経 済 同 友 会 は 京 都 府 への 文 化 庁 大 阪 府 への 中 小 企 業 庁 特 許 庁 ( 西 日 本 を 対 象 とする 特 許 審 査 拠 点 ) 兵 庫 県 への 観 光 庁 の 移 転 を 強 く 要 請 します 政 府 の

More information

Microsoft Word - 5.SCJ第20期-200719-20541000-005(将来構想).doc

Microsoft Word - 5.SCJ第20期-200719-20541000-005(将来構想).doc 記 録 文 書 番 号 SCJ 第 20 期 -200719-20541 000-005 委 員 会 等 名 日 本 学 術 会 議 化 学 委 員 会 アジア 化 学 イニシャティブ 分 科 会 標 題 アジア 化 学 イニシャティブに 関 する 将 来 構 想 作 成 日 平 成 20 年 (2008 年 ) 7 月 19 日 本 資 料 は 日 本 学 術 会 議 会 則 第 二 条 に 定

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日 民 主 党 政 権 の 樹 立 と 崩 壊 - 略 年 表 別 紙 グラフ 参 照 前 史 1986 年 7 月 6 日 第 38 回 衆 院 選 ( 第 14 回 参 院 選 とのダブル 選 挙 )で 中 曽 根 自 民 党 が 圧 勝 1987 年 2 月 中 曽 根 内 閣 は 新 型 間 接 税 売 上 税 ( 5% ) 法 案 を 提 出 5 月 廃 案 に 1988 年 7 月 リクルート

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

Taro-H27第15回(定例会)会

Taro-H27第15回(定例会)会 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 1 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 8 年 3 月 2 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 2 1 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 京 谷 和 幸 佐 藤 眞 理 井 出 元 3 出 席 職

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

決算報告書(案)

決算報告書(案) 事 業 計 画 書 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 平 成 24 年 度 公 益 財 団 法 人 和 敬 塾 平 成 24 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 和 敬 塾 1. 事 業 の 概 要 当 法 人 は 和 敬 塾 設 立 趣 意 書 にあるとおり 創 立 者 前 川 喜 作 が 私 財 を 寄 付 して 昭 和 30 年 に

More information

社 会 還 元 加 速 プロジェクト 情 報 通 信 技 術 を 用 いた 安 全 で 効 率 的 な 道 路 交 通 システムの 実 現 報 告 書 平 成 25 年 3 月 目 次 1.はじめに 1-1. 社 会 還 元 加 速 プロジェクト 1 1-2. 本 プロジェクトが 目 指 す 道 路 交 通 社 会 の 姿 と 目 標 2 1-3. 具 体 的 な 取 り 組 みと 実 施 計 画

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演 . 46 数 :,6 宮 デ 宝 宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 柱 面 ポ 映 像 流 公 合 せ 関 丸 視 察 宮 歓 迎 受 詳 細 面 48-88 通 番 TEL- FAX-644 E-mail info@tokamachi-cci.or.jp UL http:www.tokamachi-cci.or.jp October 宮 構 央 自 由 通 路 設 置

More information

1997年3月13日

1997年3月13日 2010 年 3 月 5 日 主 催 ( 財 )ミズノスポーツ 振 興 会 ( 財 )ミズノ 国 際 スポーツ 交 流 財 団 共 催 ( 財 ) 日 本 体 育 協 会 ( 財 ) 日 本 オリンピック 委 員 会 2009 年 度 ミズノ スポーツメントール 賞 受 賞 者 決 定 ( 財 )ミズノスポーツ 振 興 会 及 び( 財 )ミズノ 国 際 スポーツ 交 流 財 団 では ( 財 )

More information

1 異 動 の 規 模 等 (1) 異 動 規 模 ( 知 事 部 局 ) (2) 昇 任 の 状 況 ( 知 事 部 局 ) ( 単 位 : 人 ) ( 単 位 人 ) 異 動 内 容 H H 増 減 事 務 (うち 男 性 ) (うち 女 性 ) 技 術 (うち 男 性

1 異 動 の 規 模 等 (1) 異 動 規 模 ( 知 事 部 局 ) (2) 昇 任 の 状 況 ( 知 事 部 局 ) ( 単 位 : 人 ) ( 単 位 人 ) 異 動 内 容 H H 増 減 事 務 (うち 男 性 ) (うち 女 性 ) 技 術 (うち 男 性 平 成 28 年 4 月 1 日 付 人 事 異 動 の 概 要 平 成 28 年 3 月 18 日 ( 金 ) 高 知 県 総 務 部 人 事 課 1 異 動 の 規 模 等 (1) 異 動 規 模 ( 知 事 部 局 ) (2) 昇 任 の 状 況 ( 知 事 部 局 ) ( 単 位 : 人 ) ( 単 位 人 ) 異 動 内 容 H27.4.1 H28.4.1 増 減 事 務 (うち 男 性

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63> 平 成 24 年 度 事 業 計 画 社 団 法 人 全 国 競 輪 施 行 者 協 議 会 方 針 我 が 国 の 経 済 は 東 日 本 大 震 災 や 世 界 的 金 融 危 機 などの 影 響 を 受 け 未 だに 景 気 回 復 が 見 えない 状 況 が 続 いている 競 輪 業 界 においても 競 輪 の 認 知 度 向 上 新 た な 市 場 創 設 に 向 けた 企 画 立 案 等

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

富山県商工会議所連合会

富山県商工会議所連合会 平 成 27 年 度 事 業 報 告 Ⅰ. 総 会 1. 通 常 総 会 (1) と き 平 成 27 年 6 月 30 日 ( 火 ) (2) と こ ろ ANA クラウンプラザホテル 富 山 (3) 議 事 議 案 第 1 号 役 員 の 選 任 について 議 案 第 2 号 平 成 26 年 度 事 業 報 告 について 議 案 第 3 号 平 成 26 年 度 収 支 決 算 について 議

More information

平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について

平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について 平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 環 境 認 識 及 び 基 本 方 針 (1) 伊 勢 志 摩 地 域 としての 方 向 性 式 年 遷 宮 後 のおかげ 年 にあたる 平 成 26 年 の 伊 勢 神 宮 参 拝 客 数 は 約 1,086 万 人 で 前 年 に 引 き 続 き 多 くの 人 々で 賑 わい 日 本 人 の 心 の 源 郷 というイメージをさらに 印 象 付 けました

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

第1節 一般状況

第1節 一般状況 第 2 章 内 政 1 憲 法 韓 国 の 憲 法 は 前 文 及 び 130 の 条 項 と6つの 附 則 で 構 成 され 総 則 国 民 の 権 利 と 義 務 国 会 政 府 法 院 ( 裁 判 所 ) 憲 法 裁 判 所 選 挙 管 理 地 方 自 治 経 済 憲 法 改 正 の 10 章 に 分 かれており 国 民 に 対 する 支 配 権 力 の 分 立 南 北 間 の 平 和 民 主

More information

平成26年7月●日

平成26年7月●日 2015 年 ( 平 成 27 年 )11 月 11 日 平 成 28 年 度 予 算 税 制 改 正 大 綱 に 望 む( 概 要 ) ~デフレ 脱 却 の 実 現 と 次 世 代 への 貢 献 に 資 する 政 策 の 着 実 な 実 行 を~ 一 般 社 団 法 人 関 西 経 済 同 友 会 経 済 政 策 委 員 会 はじめに わが 国 はデフレ 脱 却 へ 向 けて 着 実 に 歩 を

More information

<30308A7795F1955C8E86202E6169>

<30308A7795F1955C8E86202E6169> 弘 前 大 学 学 報 リンゴとチューリップのフェスティバル 第 98 号 平 成 24 年 5 月 号 目 次 学 内 ニュース 医 用 システム 開 発 マイスター 養 成 塾 成 果 発 表 会 を 開 催 1 2012 年 度 留 学 説 明 会 を 開 催 2 リンゴとチューリップのフェスティバル を 開 催 3 世 の 中 講 座 in 弘 前 大 学 を 開 催 4 文 部 科 学 省

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

富士通における女性活躍推進の取り組み

富士通における女性活躍推進の取り組み 富 通 における 性 活 躍 推 進 の 取 り 組 み 2016 年 3 8 富 通 株 式 会 社 ダイバーシティ 推 進 室 室 塩 野 典 富 士 通 におけるダイバーシティ 推 進 1 富 通 グループにおける ダイバーシティ&インクルージョンの 針 富 通 グループは ダイバーシティ&インクルージョン( 多 様 性 の 受 容 )の 推 進 を 主 に 以 下 3つを 的 として 9つの

More information

理 事 会          

理 事 会           平 成 23 年 度 事 業 報 告 書 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 < 目 的 及 び 事 業 > * 定 款 第 3 条 第 4 条 より ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 優 秀 でありながら 経 済 的 理 由 により 修 学 が 困 難 な 日 本 国 内 で 学 ぶ 大 学 生 大 学 院 生 に 対 する 奨 学 金 の 貸

More information

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 緑 会 定 款 ( 以 下 定 款 という) 第 59 条 の 規 定 に 基 づき この 法 人 の 運 営 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 第 2 章 役 員 選 挙 ( 役 員 選 挙 の 方 法 ) 第 2 条 この 法 人 の 役 員 の 選 挙 は 定 款

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財 様 式 1) 計 画 書 目 次 [ 経 済 局 ] 5 款 1 項 2 目 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 名 28 年 度 27 年 度 増 減 28-27) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 企 誘 致 促 進 3,174,89 3,173,552 3,158,145 3,157,191 15,944

More information

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc 資 料 基 本 条 例 P36 規 則 P38 委 員 名 簿 P39 基 本 計 画 の 策 定 に 係 る 経 過 P40-35 - 基 本 条 例 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 交 野 の 自 然 環 境 歴 史 文 化 市 民 力 等 の 地 域 資 源 を 有 効 活 用 した 地 域 産 業 の 振 興 についての 基 本 となる 事 項 を 定 め 市 事 業 者 及

More information

Microsoft Word - 150327NO0098

Microsoft Word - 150327NO0098 2015.3.27 No.0098 発 行 / 毎 週 金 曜 日 一 般 社 団 法 人 全 国 住 宅 産 業 協 会 102-0083 東 京 都 千 代 田 区 麹 町 5-3 TEL03-3511-0611 FAX03-3511-0616 全 住 協 HP http://www.zenjukyo.jp/ 発 売 戸 数 は 首 都 圏 2% 減 近 畿 圏 15% 増 ~ 不 動 産 経

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 ) 平 成 27 年 12 月 中 小 企 業 庁 < 主 な 改 正 事 項 > 新 たな 機 械 装 置 の 投 資 に 係 る 固 定 資 産 税 の 特 例 の 創 設 中 小 企 業 者 等 の 少 額 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 の 損 金 算 入 の 特 例 の 延 長

More information

5. 顧 問 新 任 委 員 の 紹 介 運 営 幹 事 の 選 出 ( 片 岡 幹 事 長 ) 資 料 37-2-(2)~(4)に 基 づき 新 任 委 員 顧 問 が 紹 介 され 新 任 委 員 の 自 己 紹 介 (1 名 の 欠 席 者 を 除 く) 新 任 顧 問 の 自 己 紹 介 (

5. 顧 問 新 任 委 員 の 紹 介 運 営 幹 事 の 選 出 ( 片 岡 幹 事 長 ) 資 料 37-2-(2)~(4)に 基 づき 新 任 委 員 顧 問 が 紹 介 され 新 任 委 員 の 自 己 紹 介 (1 名 の 欠 席 者 を 除 く) 新 任 顧 問 の 自 己 紹 介 ( 資 料 38-1 地 震 工 学 委 員 会 平 成 26 年 度 第 1 回 ( 通 算 第 37 回 ) 定 例 委 員 総 会 議 事 録 ( 案 ) Ⅰ 日 時 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 火 )15:00~17:00 Ⅱ 場 所 : 土 木 学 会 講 堂 Ⅲ 委 員 会 成 立 の 確 認 委 員 総 数 121 名 に 対 して 1/2 以 上 に 当 たる 78 名

More information

ワールドマスターズゲームズについて 1 はじめに 2019 年 ラグビーワールドカップ 2021 年 東 京 オリンピック パラリンピックそして 世 界 のスポーツ 愛 好 者 誰 もが 参 加 できる 国 際 総 合 スポーツ 競 技 大 会 であるワールドマス ターズゲームズを2021 年 5

ワールドマスターズゲームズについて 1 はじめに 2019 年 ラグビーワールドカップ 2021 年 東 京 オリンピック パラリンピックそして 世 界 のスポーツ 愛 好 者 誰 もが 参 加 できる 国 際 総 合 スポーツ 競 技 大 会 であるワールドマス ターズゲームズを2021 年 5 第 2 回 レガシー 共 創 フォーラム 関 ワールドマスターズゲームズ2021 進 捗 状 況 報 告 地 域 の 活 性 化 とレガシーの 創 造 大 会 マスコット 般 財 団 法 関 ワールドマスターズゲームズ2021 組 織 委 員 会 ワールドマスターズゲームズについて 1 はじめに 2019 年 ラグビーワールドカップ 2021 年 東 京 オリンピック パラリンピックそして 世 界

More information

2. 4( 火 ) 衆 本 会 議 ( 平 成 25 年 度 補 正 予 算 可 決 ) 2. 5( 水 ) 参 予 算 委 ( 平 成 25 年 度 補 正 予 算 総 括 質 疑 ) 2. 6( 木 ) 参 予 算 委 ( 平 成 25 年 度 補 正 予 算 総 括 質 疑 締 めくくり 質

2. 4( 火 ) 衆 本 会 議 ( 平 成 25 年 度 補 正 予 算 可 決 ) 2. 5( 水 ) 参 予 算 委 ( 平 成 25 年 度 補 正 予 算 総 括 質 疑 ) 2. 6( 木 ) 参 予 算 委 ( 平 成 25 年 度 補 正 予 算 総 括 質 疑 締 めくくり 質 10 国 会 関 係 日 誌 (25.12.9~26.6.22) 年 月 日 事 項 第 185 回 国 会 ( 臨 時 会 ) 閉 会 後 平 成 25 年 12. 17( 火 ) 東 国 原 英 夫 衆 議 院 議 員 議 員 辞 職 12. 17( 火 ) 参 沖 縄 北 方 特 別 委 委 員 派 遣 ( 北 海 道 ~18 日 ) 12. 18( 水 ) 参 農 林 水 産 委 ( 畜 産

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

<3033814081798DC58F49817A32368C888E5A918D8A878B7982D18F64935F8EE6916782CC8EC090D1816930358E598ACF816A303831328F4390B3203237303930328F4390B3>

<3033814081798DC58F49817A32368C888E5A918D8A878B7982D18F64935F8EE6916782CC8EC090D1816930358E598ACF816A303831328F4390B3203237303930328F4390B3> 産 業 観 光 局 決 算 の 概 要 1 決 算 総 括 国 内 外 での 競 争 に 打 ち 勝 ち 所 得 を 稼 ぐ 産 業, 企 業 の 振 興 ( 成 長 戦 略 ) と 雇 用 を 守 り 地 域 を 支 える 企 業 への 支 援 ( 下 支 え) の2 本 の 柱 のもと, 各 分 野 の 施 策 展 開 の 方 向 性 として, 1 京 都 企 業 の 海 外 展 開 支 援 の

More information

目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁

目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁 資 料 3-2 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 投 融 資 分 科 会 参 考 資 料 平 成 26 年 10 月 17 日 文 部 科 学 省 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁 グローバル 人 材 の 育 成 について 海 外 留 学

More information

アフリカの持続可能な成長に貢献するために

アフリカの持続可能な成長に貢献するために アフリカの 持 続 可 能 な 成 長 に 貢 献 するために ~TICAD Ⅵに 向 けた 経 済 界 のアフリカ 戦 略 ~ 2016 年 1 月 19 日 1.はじめに いまや 最 後 のフロンティアともいえるアフリカ 市 場 は 大 きな 成 長 を 遂 げつ つある 人 口 は 2010 年 には 10 億 人 を 突 破 し 2050 年 には 20 億 人 を 超 え 中 国 インドを

More information

主 な 経 歴 氏 名 佐 藤 大 亮 (さとう だいすけ) 学 位 医 学 博 士 (1996 年 3 月 熊 本 大 学 ) 所 属 学 会 日 本 外 科 学 会 認 定 登 録 医 日 本 消 化 器 外 科 学 会 日 本 救 急 医 学 会 学 歴 1988 年 3 月 熊 本 大 学

主 な 経 歴 氏 名 佐 藤 大 亮 (さとう だいすけ) 学 位 医 学 博 士 (1996 年 3 月 熊 本 大 学 ) 所 属 学 会 日 本 外 科 学 会 認 定 登 録 医 日 本 消 化 器 外 科 学 会 日 本 救 急 医 学 会 学 歴 1988 年 3 月 熊 本 大 学 資 料 2 担 当 課 健 康 福 祉 部 東 郷 病 院 地 域 医 療 推 進 室 電 話 番 号 0982-69-2013( 東 郷 病 院 ) 内 線 2183( 地 域 医 療 推 進 室 ) 発 表 事 項 東 郷 病 院 の 常 勤 医 師 の 確 保 について 市 立 東 郷 病 院 におきましては 平 成 27 年 3 月 に 整 形 外 科 同 年 7 月 に 内 科 の 常 勤

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

平成26年度事業報告

平成26年度事業報告 平 成 26 年 度 事 業 報 告 平 成 26 年 度 の 事 業 は 事 業 計 画 に 基 づき 次 の 通 り 実 施 した 1. 試 薬 の 生 産 流 通 及 び 消 費 の 調 査 に 関 する 事 項 官 庁 団 体 等 の 要 請 により 各 種 調 査 に 関 する 回 答 に 協 力 した (1) 水 俣 条 約 に 関 する 調 査 8 月 6 日 に 経 済 産 業 省

More information

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 資 料 3 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 平 成 21 年 4 月 9 日 北 海 道 千 歳 市 長 山 口 幸 太 郎 意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 北 海 道 ( 千 歳 市 )と 防 衛 施 設 自 衛 隊 の 係 わり 北 海 道 千 歳 市 大 正

More information

<4D F736F F F696E74202D E9197BF A8DA18CE382CC93FA967B ED97AA82C982C282A282C42E707074>

<4D F736F F F696E74202D E9197BF A8DA18CE382CC93FA967B ED97AA82C982C282A282C42E707074> 資 料 5 今 後 の 日 本 ブランド 戦 略 について 第 2 回 コンテンツ 日 本 ブランド 専 門 調 査 会 平 成 20 年 3 月 6 日 1 1. 主 な 日 本 ブランド 振 興 策 の 例 日 本 ブランド 戦 略 の 推 進 魅 力 ある 日 本 を 世 界 に 発 信 - (コンテンツ 専 門 調 査 会 日 本 ブランド ワーキンググループ 2005 年 2 月 25 日

More information

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 我 が 国 の 経 済 状 況 は 円 高 の 是 正 や 株 価 の 回 復 等 により 企 業 収 益 の 改 善 が 進 むと 共 に 2020 年 オリンピック パラリンピックの 東 京 開 催 決 定 による 経 済 効 果 への 期 待 なども あり 明 るい 兆 しが 見 え 始 めている 一 方 で 欧 州 債 務 危 機 の 再 燃 や 新

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

平成18年度事業報告書

平成18年度事業報告書 公 益 財 団 法 人 アダチ 伝 統 木 版 画 技 術 保 存 財 団 事 業 報 告 書 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 ( 自 : 平 成 25 年 4 月 1 日 ) ( 至 : 平 成 26 年 3 月 31 日 ) Ⅰ. 事 業 の 状 況 平 成 25 年 度 において 実 施 された 各 事 業 を 定 款 第 3 条 に 定 める 事 業 内 容

More information

委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 11 月 29 日 提 出 井 原 市 議 会 議 長 宮 地 俊 則 様 報 告 者 議 会 運 営 委 員 会 西 田 久 志 期 間 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 )~ 平 成 25 年 11 月 15 日 ( 金 ) 出 張 先 及 び 担 当 職 員 職 名 氏 名 愛 知 県 大 府 市 議 会 静 岡 県 湖 西

More information

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット)

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット) 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 あなたが 和 歌 山 の 未 来 を 創 る! 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 人 事 委 員 会 事 務 局 和 歌 山 県 PRキャラクター きいちゃん 配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ)

More information

Microsoft Word - 事業計画表紙.doc

Microsoft Word - 事業計画表紙.doc 平 成 28 年 度 ( 第 37 期 事 業 年 度 ) 事 業 計 画 JAFBIC 一 般 社 団 法 人 日 本 食 品 バイオ 知 的 財 産 権 センター 平 成 28 年 度 事 業 計 画 本 年 のわが 国 は 昨 年 末 以 降 の 世 界 経 済 の 変 調 の 荒 波 のなかでも 自 民 党 安 倍 政 権 の 成 長 による 富 の 創 出 を 図 る 経 済 財 政 政

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号)

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号) 兵 庫 県 公 報 火 曜 日 第 2741 号 目 発 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 地 方 卸 売 市 場 における 卸 売 業 務 の 許 可 ( 消 費 流 通 課 ) 1 土

More information

スポーツ庁の設置形態に関する研究

スポーツ庁の設置形態に関する研究 5-4 文 部 科 学 省 外 局 型 ( 観 光 庁 型 ) 5-4-1 権 限 ( 政 策 および 法 律 ) (1) 観 光 庁 のケース 前 節 までは 省 庁 横 断 型 スポーツ 庁 と 他 組 織 融 合 型 スポーツ 庁 ( 文 化 観 光 スポーツ 庁 )を 検 討 したが これらはいずれもその 形 態 から 内 閣 府 に 設 置 することを 想 定 して いた これらのパターンは

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information