自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令

Size: px
Start display at page:

Download "自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令"

Transcription

1 防 衛 省 訓 令 第 2 9 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 2 9 年 法 律 第 号 ) 第 3 0 条 の 2 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づ き 自 衛 官 以 外 の 隊 員 の 標 準 職 務 遂 行 能 力 を 定 め る 訓 令 を 次 の よ う に 定 め る 平 成 2 6 年 5 月 3 0 日 防 衛 大 臣 小 野 寺 五 典 自 衛 官 以 外 の 隊 員 の を 定 め る 訓 令 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 訓 令 は 自 衛 官 以 外 の 隊 員 の 標 準 職 務 遂 行 能 力 に つ い て 必 要 な 事 項 を 定 め る も の と す る ( 定 義 ) 第 2 条 こ の 訓 令 に お い て 次 の 各 号 に 掲 げ る 用 語 の 意 義 は そ れ ぞ れ 当 該 各 号 に 掲 げ る と お り と す る ⑴ 省 令 を 定 め る 省 令 ( 平 成 2 6 年 防 衛 省 令 第 9 号 ) を い う ⑵ 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 1 欄 に 掲 げ る 職 務 の 種 類 を い う

2 ⑶ 研 究 省 令 本 則 の 表 2 の 項 第 1 欄 に 掲 げ る 職 務 の 種 類 を い う ⑷ 研 修 又 は 教 育 省 令 本 則 の 表 3 の 項 第 1 欄 に 掲 げ る 職 務 の 種 類 を い う ⑸ 医 療 省 令 本 則 の 表 4 の 項 第 1 欄 に 掲 げ る 職 務 の 種 類 を い う ⑹ 調 剤 省 令 本 則 の 表 5 の 項 第 1 欄 に 掲 げ る 職 務 の 種 類 を い う ⑺ 栄 養 管 理 省 令 本 則 の 表 6 の 項 第 1 欄 に 掲 げ る 職 務 の 種 類 を い う ⑻ そ の 他 医 療 技 術 省 令 本 則 の 表 7 の 項 第 1 欄 に 掲 げ る 職 務 の 種 類 を い う ⑼ 看 護 省 令 本 則 の 表 8 の 項 第 1 欄 に 掲 げ る 職 務 の 種 類 を い う ⑽ 看 護 教 育 省 令 本 則 の 表 9 の 項 第 1 欄 に 掲 げ る 職 務 の 種 類 を い う ⑾ 技 能 及 び 労 務 省 令 本 則 の 表 1 0 の 項 第 1 欄 に 掲 げ る 職 務 の 種 類 を い う

3 ⑿ 政 策 企 画 立 案 等 支 援 省 令 本 則 の 表 1 1 の 項 第 1 欄 に 掲 げ る 職 務 の 種 類 を い う ⒀ 部 局 又 は 機 関 等 省 令 本 則 の 表 第 2 欄 各 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 を い う ( ) 第 3 条 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 1 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 以 下 内 部 部 局 等 と い う ) に お け る の は 別 表 第 1 の 1 の と お り と す る 2 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 2 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 1 の 2 に お い て 防 衛 大 学 校 等 と い う ) に お け る の は 別 表 第 1 の 2 の と お り と す る 3 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 3 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 3 に お い て 幕 僚 監 部 と い う ) に お け る の は 別 表 第 1 の 3 の と お り と す る 4 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 4 号 に 掲 げ る 部 局 又 は

4 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 4 に お い て 方 面 総 監 部 等 と い う ) に お け る の は 別 表 第 1 の 4 の と お り と す る 5 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 5 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 5 に お い て 第 5 号 陸 上 自 衛 隊 部 隊 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 5 の と お り と す る 6 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 6 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 6 に お い て 第 6 号 陸 上 自 衛 隊 部 隊 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 6 の と お り と す る 7 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 7 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 7 に お い て 第 7 号 陸 上 自 衛 隊 部 隊 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 7 の と お り と す る 8 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 8 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 8 に お い て 地 方 総 監 部 と い う ) に お け る の は 別

5 表 第 1 の 8 の と お り と す る 9 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 9 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 9 に お い て 自 衛 艦 隊 司 令 部 等 と い う ) に お け る の は 別 表 第 1 の 9 の と お り と す る 1 0 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 1 0 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 1 0 に お い て 第 1 0 号 海 上 自 衛 隊 部 隊 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 1 0 の と お り と す る 1 1 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 1 1 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 1 1 に お い て 第 1 1 号 海 上 自 衛 隊 部 隊 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 1 1 の と お り と す る 1 2 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 1 2 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 1 2 に お い て 第 1 2 号 海 上 自 衛 隊 部 隊 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 1 2 の と お り と す る 1 3 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 1 3 号 に 掲 げ る 部 局

6 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 1 3 に お い て 航 空 総 隊 司 令 部 等 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 1 3 の と お り と す る 1 4 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 1 4 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 1 4 に お い て 航 空 団 等 と い う ) に お け る の は 別 表 第 1 の 1 4 の と お り と す る 1 5 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 1 5 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 1 5 に お い て 第 1 5 号 航 空 自 衛 隊 部 隊 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 1 5 の と お り と す る 1 6 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 1 6 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 1 6 に お い て 第 1 6 号 航 空 自 衛 隊 部 隊 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 1 6 の と お り と す る 1 7 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 1 7 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 1 7 に お い て 第 1 7 号 航 空 自 衛 隊 部 隊 と い う ) に お け る の 標 準

7 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 1 7 の と お り と す る 1 8 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 1 8 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 1 8 に お い て 自 衛 隊 指 揮 通 信 シ ス テ ム 隊 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 1 8 の と お り と す る 1 9 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 1 9 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 1 9 に お い て 学 校 と い う ) に お け る の は 別 表 第 1 の 1 9 の と お り と す る 2 0 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 2 0 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 2 0 に お い て 補 給 処 と い う ) に お け る の は 別 表 第 1 の 2 0 の と お り と す る 2 1 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 2 1 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 2 1 に お い て 自 衛 隊 病 院 と い う ) に お け る の は 別 表 第 1 の 2 1 の と お り と す る 2 2 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 2 2 号 に 掲 げ る 部 局

8 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 2 2 に お い て 自 衛 隊 地 方 協 力 本 部 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 2 2 の と お り と す る 2 3 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 2 3 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 2 3 に お い て 研 究 本 部 と い う ) に お け る の は 別 表 第 1 の 2 3 の と お り と す る 2 4 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 2 4 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 2 4 に お い て 補 給 統 制 本 部 等 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 2 4 の と お り と す る 2 5 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 2 6 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 2 5 に お い て 技 術 研 究 本 部 内 部 部 局 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 2 5 の と お り と す る 2 6 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 2 7 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 2 6 に お い て 研 究 所 及 び 先 進 技 術 推 進 セ ン タ ー と い う ) に お け る 官

9 職 の は 別 表 第 1 の 2 6 の と お り と す る 2 7 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 2 8 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 2 7 に お い て 試 験 場 と い う ) に お け る の は 別 表 第 1 の 2 7 の と お り と す る 2 8 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 2 9 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 2 8 に お い て 装 備 施 設 本 部 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 2 8 の と お り と す る 2 9 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 3 0 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 2 9 に お い て 防 衛 監 察 本 部 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 2 9 の と お り と す る 3 0 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 3 1 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 3 0 に お い て 地 方 防 衛 局 と い う ) に お け る の は 別 表 第 1 の 3 0 の と お り と す る

10 3 1 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 3 2 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 3 1 に お い て 第 3 2 号 地 方 防 衛 事 務 所 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 3 1 の と お り と す る 3 2 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 3 3 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 3 2 に お い て 第 3 3 号 地 方 防 衛 事 務 所 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 3 2 の と お り と す る 3 3 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 3 4 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 3 3 に お い て 第 3 4 号 地 方 防 衛 事 務 所 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 1 の 3 3 の と お り と す る 3 4 省 令 本 則 の 表 1 の 項 第 2 欄 第 3 5 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 の 3 4 に お い て 出 張 所 と い う ) に お け る の は 別 表 第 1 の 3 4 の と お り と す る ( 研 究 ) 第 4 条 省 令 本 則 の 表 2 の 項 第 2 欄 第 1 号 に 掲 げ る 部 局

11 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 2 の 1 に お い て 内 部 部 局 と い う ) に お け る の は 別 表 第 2 の 1 の と お り と す る 2 省 令 本 則 の 表 2 の 項 第 2 欄 第 2 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 2 の 2 に お い て 防 衛 研 究 所 と い う ) に お け る の は 別 表 第 2 の 2 の と お り と す る 3 省 令 本 則 の 表 2 の 項 第 2 欄 第 3 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 2 の 3 に お い て 幕 僚 監 部 と い う ) に お け る の は 別 表 第 2 の 3 の と お り と す る 4 省 令 本 則 の 表 2 の 項 第 2 欄 第 4 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 2 の 4 に お い て 自 衛 艦 隊 司 令 部 航 空 総 隊 司 令 部 及 び 航 空 開 発 実 験 集 団 司 令 部 と い う ) に お け る の は 別 表 第 2 の 4 の と お り と す る 5 省 令 本 則 の 表 2 の 項 第 2 欄 第 5 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 2 の 5 に お い て 自 衛 隊 の 部 隊 と い

12 う ) に お け る の は 別 表 第 2 の 5 の と お り と す る 6 省 令 本 則 の 表 2 の 項 第 2 欄 第 6 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 2 の 6 に お い て 航 空 医 学 実 験 隊 と い う ) に お け る の は 別 表 第 2 の 6 の と お り と す る 7 省 令 本 則 の 表 2 の 項 第 2 欄 第 7 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 2 の 7 に お い て 第 7 号 航 空 自 衛 隊 部 隊 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 2 の 7 の と お り と す る 8 省 令 本 則 の 表 2 の 項 第 2 欄 第 8 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 2 の 8 に お い て 学 校 研 究 本 部 及 び 補 給 統 制 本 部 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 2 の 8 の と お り と す る 9 省 令 本 則 の 表 2 の 項 第 2 欄 第 1 0 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 2 の 9 に お い て 技 術 研 究 本 部 内 部 部 局 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 2 の 9 の と お り と す る

13 1 0 省 令 本 則 の 表 2 の 項 第 2 欄 第 1 1 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 2 の 1 0 に お い て 研 究 所 及 び 先 進 技 術 推 進 セ ン タ ー と い う ) に お け る 官 職 の は 別 表 第 2 の 1 0 の と お り と す る 1 1 省 令 本 則 の 表 2 の 項 第 2 欄 第 1 2 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 2 の 1 1 に お い て 試 験 場 と い う ) に お け る の は 別 表 第 2 の 1 1 の と お り と す る ( 研 修 又 は 教 育 ) 第 5 条 省 令 本 則 の 表 3 の 項 第 2 欄 第 1 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 3 の 1 に お い て 防 衛 大 学 校 と い う ) に お け る の は 別 表 第 3 の 1 の と お り と す る 2 省 令 本 則 の 表 3 の 項 第 2 欄 第 2 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 3 の 2 に お い て 防 衛 医 科 大 学 校 と い う ) に お け る の は 別 表 第 3 の 2 の と お り と す る

14 3 省 令 本 則 の 表 3 の 項 第 2 欄 第 3 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 3 の 3 に お い て 陸 上 自 衛 隊 高 等 工 科 学 校 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 3 の 3 の と お り と す る ( 医 療 ) 第 6 条 省 令 本 則 の 表 4 の 項 第 2 欄 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 4 に お い て 防 衛 大 学 校 及 び 自 衛 隊 病 院 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 4 の と お り と す る ( 調 剤 ) 第 7 条 省 令 本 則 の 表 5 の 項 第 2 欄 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 5 に お い て 防 衛 大 学 校 防 衛 医 科 大 学 校 補 給 処 等 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 5 の と お り と す る ( 栄 養 管 理 ) 第 8 条 省 令 本 則 の 表 6 の 項 第 2 欄 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 6 に お い て 防 衛 大 学 校 防 衛 医 科 大 学 校 及 び 自 衛 隊 の 部 隊 等 と い う ) に お け る

15 の は 別 表 第 6 の と お り と す る ( そ の 他 医 療 技 術 ) 第 9 条 省 令 本 則 の 表 7 の 項 第 2 欄 第 1 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 7 の 1 に お い て 防 衛 大 学 校 及 び 防 衛 医 科 大 学 校 と い う ) に お け る の は 別 表 第 7 の 1 の と お り と す る 2 省 令 本 則 の 表 7 の 項 第 2 欄 第 2 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 7 の 2 に お い て 自 衛 隊 の 部 隊 等 と い う ) に お け る の は 別 表 第 7 の 2 の と お り と す る ( 看 護 ) 第 1 0 条 省 令 本 則 の 表 8 の 項 第 2 欄 第 1 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 8 の 1 に お い て 防 衛 大 学 校 及 び 防 衛 医 科 大 学 校 と い う ) に お け る の は 別 表 第 8 の 1 の と お り と す る 2 省 令 本 則 の 表 8 の 項 第 2 欄 第 2 号 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 8 の 2 に お い て 自 衛 隊 の 部 隊 等 と い う ) に お け る の は

16 別 表 第 8 の 2 の と お り と す る ( 看 護 教 育 ) 第 1 1 条 省 令 本 則 の 表 9 の 項 第 2 欄 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 9 に お い て 防 衛 医 科 大 学 校 及 び 自 衛 隊 地 区 病 院 と い う ) に お け る の 標 準 職 務 遂 行 能 力 は 別 表 第 9 の と お り と す る ( 技 能 及 び 労 務 ) 第 1 2 条 省 令 本 則 の 表 1 0 の 項 第 2 欄 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 0 に お い て 全 機 関 と い う ) に お け る の は 別 表 第 1 0 の と お り と す る ( 政 策 企 画 立 案 等 支 援 ) 第 1 3 条 省 令 本 則 の 表 1 1 の 項 第 2 欄 に 掲 げ る 部 局 又 は 機 関 等 ( 別 表 第 1 1 に お い て 内 部 部 局 と い う ) に お け る の は 別 表 第 1 1 の と お り と す る 附 則 こ の 訓 令 は 国 家 公 務 員 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 (

17 平 成 2 6 年 法 律 第 2 2 号 ) の 施 行 の 日 ( 平 成 2 6 年 5 月 3 0 日 ) か ら 施 行 す る

18 別 表 第 1の1( 第 3 条 第 1 項 関 係 ) 内 部 部 局 等 事 務 次 官 局 長 次 長 課 長 室 長 部 員 2 企 画 立 案 2 企 画 立 案 事 務 事 業 の 実 施 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 部 局 を 横 断 する 課 題 や 省 の 重 要 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 大 局 的 な 視 野 と 将 来 的 な 展 望 に 立 って 所 管 行 政 を 推 進 することができ 部 局 を 横 断 する 課 題 や 省 の 重 要 課 題 について 豊 富 な 知 識 経 験 及 び 情 報 に 基 づき 冷 静 かつ 迅 速 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 行 政 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 特 に 重 要 な 課 題 について 高 次 元 の 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ 国 民 の 視 点 に 立 ち 不 断 の 業 務 見 直 しを 省 内 に 徹 底 することができ 強 い 指 導 力 を 発 揮 し 部 局 及 び 機 関 の 統 率 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 局 の 重 要 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 所 管 行 政 を 取 り 巻 く 状 況 を 的 確 に 把 握 し 先 々を 見 通 しつつ 国 民 の 視 点 に 立 って 局 の 重 要 課 題 について 基 本 的 な 方 向 性 を 示 すことができ 局 の 責 任 者 として その 重 要 課 題 について 豊 富 な 知 識 経 験 及 び 情 報 に 基 づき 冷 静 かつ 迅 速 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 行 政 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 困 難 な 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ 国 民 の 視 点 に 立 ち 不 断 の 業 務 見 直 しに 率 先 して 取 り 組 むことができ 指 導 力 を 発 揮 し 部 下 の 志 気 を 高 め 組 織 を 牽 引 し 成 果 を 挙 げることができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 担 当 分 野 の 重 要 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 所 管 行 政 を 取 り 巻 く 状 況 を 的 確 に 把 握 し 先 々を 見 通 しつつ 国 民 の 視 点 に 立 って 担 当 分 野 の 重 要 課 題 について 基 本 的 な 方 針 を 示 すことができ 局 長 を 助 ける 者 として その 重 要 課 題 について 豊 富 な 知 識 経 験 及 び 情 報 に 基 づき 冷 静 かつ 迅 速 な 判 断 を 行 うことがで き 所 管 行 政 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 局 長 を 助 け 困 難 な 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 するこ とができ 国 民 の 視 点 に 立 ち 不 断 の 業 務 見 直 しに 率 先 して 取 り 組 むことができ 指 導 力 を 発 揮 し 部 下 の 統 率 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 課 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 所 管 行 政 を 取 り 巻 く 状 況 を 的 確 に 把 握 し 国 民 の 視 点 に 立 って 行 政 課 題 に 対 応 するための 方 針 を 示 すことができ 課 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 行 政 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 及 び 的 確 な 指 示 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 するこ とができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 課 題 を 的 確 に 把 握 し 施 策 の 企 画 立 案 を 行 うことができ 担 当 業 務 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 及 び 的 確 な 指 示 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 施 策 の 企 画 立 案 や 事 務 事 業 の 実 施 の 実 務 の 中 核 を 担 うことができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 粘 り 強 く 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 問 題 点 を 的 確 に 把 握 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

19 別 表 第 1の2( 第 3 条 第 2 項 関 係 ) 防 衛 大 学 校 等 学 校 長 副 校 長 部 長 課 長 室 長 2 実 施 施 策 の 立 案 2 実 施 施 策 の 立 案 2 方 策 計 画 の 立 案 事 務 事 業 の 実 施 課 長 補 佐 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 機 関 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 省 の 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 業 務 運 営 の 基 本 的 な 方 針 を 示 すことができ 機 関 の 責 任 者 として 豊 富 な 知 識 経 験 に 基 づき 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 機 関 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 対 外 的 に 機 関 を 代 表 し 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ 不 断 の 業 務 見 直 しに 率 先 して 取 り 組 むことができ 指 導 力 を 発 揮 し 組 織 統 率 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 機 関 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 省 の 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 業 務 運 営 の 基 本 的 な 方 針 を 示 すことができ 学 校 長 を 助 ける 者 として 豊 富 な 知 識 経 験 に 基 づき 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 機 関 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 学 校 長 を 助 け 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 すること ができ 不 断 の 業 務 見 直 しに 率 先 して 取 り 組 むことができ 指 導 力 を 発 揮 し 組 織 統 率 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 担 当 分 野 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 省 等 の 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 業 務 運 営 の 方 針 を 示 すことができ 担 当 分 野 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 分 野 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することが でき コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 組 織 の 業 務 運 営 に 関 し 的 確 な 指 示 を 行 うとともに 部 下 を 統 率 し 成 果 を 挙 げることができ ることができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえた 実 施 施 策 を 立 案 することができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 室 の 所 管 する 業 務 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえた 室 の 実 施 施 策 を 立 案 することができ 室 の 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 室 の 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 具 体 的 な 方 策 計 画 を 立 案 し 又 は 事 務 事 業 を 実 施 することができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

20 別 表 第 1の3( 第 3 条 第 3 項 関 係 ) 幕 僚 監 部 室 長 専 門 官 2 企 画 立 案 2 企 画 立 案 事 務 事 業 の 実 施 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 するこ とができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 課 題 を 的 確 に 把 握 し 施 策 の 企 画 立 案 を 行 うことができ 担 当 業 務 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 及 び 的 確 な 指 示 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 施 策 の 企 画 立 案 や 事 務 事 業 の 実 施 の 実 務 の 中 核 を 担 うことができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 粘 り 強 く 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 問 題 点 を 的 確 に 把 握 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ 別 表 第 1の4( 第 3 条 第 4 項 関 係 ) 方 面 総 監 部 等 室 長 専 門 官 2 実 施 計 画 の 立 案 2 方 策 計 画 の 立 案 事 務 事 業 の 実 施 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 室 の 所 管 する 業 務 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 方 針 に 基 づき 方 面 総 監 等 が 管 轄 する 組 織 の 状 況 を 踏 まえた 実 施 計 画 を 立 案 することができ 室 の 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 室 の 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 具 体 的 な 方 策 計 画 を 立 案 し 又 は 事 務 事 業 を 実 施 することができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

21 別 表 第 1の5( 第 3 条 第 5 項 関 係 ) 第 5 号 陸 上 自 衛 隊 部 隊 部 長 科 長 班 長 2 執 行 方 針 の 立 案 6 部 下 の 育 成 活 用 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 分 野 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 するこ とができ 組 織 方 針 に 基 づき 的 確 な 状 況 認 識 の 下 業 務 の 執 行 方 針 を 示 すことができ 担 当 分 野 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 分 野 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することがで き コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 業 務 の 進 捗 管 理 及 び 的 確 な 指 示 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ ることができ 的 確 に 状 況 を 把 握 し 困 難 な 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 所 管 する 業 務 の 執 行 において 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 業 務 の 執 行 において 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 業 務 の 執 行 方 針 を 徹 底 し 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 十 分 な 知 識 技 術 及 び 経 験 に 基 づき 担 当 する 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 自 ら 進 めるべき 業 務 の 執 行 において 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 についての 知 識 技 術 に 基 づき 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

22 別 表 第 1の6( 第 3 条 第 6 項 関 係 ) 第 6 号 陸 上 自 衛 隊 部 隊 科 長 班 長 6 部 下 の 育 成 活 用 ることができ 的 確 に 状 況 を 把 握 し 困 難 な 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 所 管 する 業 務 の 執 行 において 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 業 務 の 執 行 において 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 業 務 の 執 行 方 針 を 徹 底 し 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 十 分 な 知 識 技 術 及 び 経 験 に 基 づき 担 当 する 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 自 ら 進 めるべき 業 務 の 執 行 において 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 についての 知 識 技 術 に 基 づき 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ 別 表 第 1の7( 第 3 条 第 7 項 関 係 ) 第 7 号 陸 上 自 衛 隊 部 隊 班 長 ることができ 的 確 に 状 況 を 把 握 し 困 難 な 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 所 管 する 業 務 の 執 行 において 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 業 務 の 執 行 において 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 業 務 の 執 行 方 針 を 徹 底 し 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 担 当 業 務 についての 知 識 技 術 に 基 づき 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

23 別 表 第 1の8( 第 3 条 第 8 項 関 係 ) 地 方 総 監 部 課 長 専 門 官 2 実 施 計 画 の 立 案 2 方 策 計 画 の 立 案 事 務 事 業 の 実 施 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 ることができ 組 織 方 針 に 基 づき 地 方 総 監 が 管 轄 する 組 織 の 状 況 を 踏 まえた 実 施 計 画 を 立 案 することができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 具 体 的 な 方 策 計 画 を 立 案 し 又 は 事 務 事 業 を 実 施 することができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ 別 表 第 1の9( 第 3 条 第 9 項 関 係 ) 自 衛 艦 隊 司 令 部 等 専 門 官 2 課 題 対 応 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

24 別 表 第 1の10( 第 3 条 第 10 項 関 係 ) 第 10 号 海 上 自 衛 隊 部 隊 部 長 科 長 2 執 行 方 針 の 立 案 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 分 野 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 するこ とができ 組 織 方 針 に 基 づき 的 確 な 状 況 認 識 の 下 業 務 の 執 行 方 針 を 示 すことができ 担 当 分 野 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 分 野 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することがで き コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 業 務 の 進 捗 管 理 及 び 的 確 な 指 示 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ ることができ 的 確 に 状 況 を 把 握 し 困 難 な 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 所 管 する 業 務 の 執 行 において 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 業 務 の 執 行 において 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 業 務 の 執 行 方 針 を 徹 底 し 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 担 当 業 務 についての 知 識 技 術 に 基 づき 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ 別 表 第 1の11( 第 3 条 第 11 項 関 係 ) 第 11 号 海 上 自 衛 隊 部 隊 科 長 ることができ 的 確 に 状 況 を 把 握 し 困 難 な 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 所 管 する 業 務 の 執 行 において 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 業 務 の 執 行 において 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 業 務 の 執 行 方 針 を 徹 底 し 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 担 当 業 務 についての 知 識 技 術 に 基 づき 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

25 別 表 第 1の12( 第 3 条 第 12 項 関 係 ) 第 12 号 海 上 自 衛 隊 部 隊 専 門 官 班 長 6 部 下 の 育 成 活 用 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 十 分 な 知 識 技 術 及 び 経 験 に 基 づき 担 当 する 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 自 ら 進 めるべき 業 務 の 執 行 において 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 についての 知 識 技 術 に 基 づき 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ 別 表 第 1の13( 第 3 条 第 13 項 関 係 ) 航 空 総 隊 司 令 部 等 課 長 班 長 2 実 施 計 画 の 立 案 2 方 策 計 画 の 立 案 事 務 事 業 の 実 施 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 ることができ 組 織 方 針 に 基 づき 航 空 総 隊 司 令 官 等 が 管 轄 する 組 織 の 状 況 を 踏 まえた 実 施 計 画 を 立 案 することができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 具 体 的 な 方 策 計 画 を 立 案 し 又 は 事 務 事 業 を 実 施 することができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

26 別 表 第 1の14( 第 3 条 第 14 項 関 係 ) 航 空 団 等 班 長 6 部 下 の 育 成 活 用 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 十 分 な 知 識 技 術 及 び 経 験 に 基 づき 担 当 する 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 自 ら 進 めるべき 業 務 の 執 行 において 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 についての 知 識 技 術 に 基 づき 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ 別 表 第 1の15( 第 3 条 第 15 項 関 係 ) 第 15 号 航 空 自 衛 隊 部 隊 部 長 科 長 2 執 行 方 針 の 立 案 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 分 野 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 するこ とができ 組 織 方 針 に 基 づき 的 確 な 状 況 認 識 の 下 業 務 の 執 行 方 針 を 示 すことができ 担 当 分 野 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 分 野 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することがで き コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 業 務 の 進 捗 管 理 及 び 的 確 な 指 示 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ ることができ 的 確 に 状 況 を 把 握 し 困 難 な 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 所 管 する 業 務 の 執 行 において 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 業 務 の 執 行 において 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 業 務 の 執 行 方 針 を 徹 底 し 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 担 当 業 務 についての 知 識 技 術 に 基 づき 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

27 別 表 第 1の16( 第 3 条 第 16 項 関 係 ) 第 16 号 航 空 自 衛 隊 部 隊 科 長 班 長 6 部 下 の 育 成 活 用 ることができ 的 確 に 状 況 を 把 握 し 困 難 な 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 所 管 する 業 務 の 執 行 において 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 業 務 の 執 行 において 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 業 務 の 執 行 方 針 を 徹 底 し 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 十 分 な 知 識 技 術 及 び 経 験 に 基 づき 担 当 する 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 自 ら 進 めるべき 業 務 の 執 行 において 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 についての 知 識 技 術 に 基 づき 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ 別 表 第 1の17( 第 3 条 第 17 項 関 係 ) 第 17 号 航 空 自 衛 隊 部 隊 班 長 6 部 下 の 育 成 活 用 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 十 分 な 知 識 技 術 及 び 経 験 に 基 づき 担 当 する 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 自 ら 進 めるべき 業 務 の 執 行 において 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 についての 知 識 技 術 に 基 づき 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

28 別 表 第 1の18( 第 3 条 第 18 項 関 係 ) 自 衛 隊 指 揮 通 信 システム 隊 担 当 業 務 についての 知 識 技 術 に 基 づき 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ 別 表 第 1の19( 第 3 条 第 19 項 関 係 ) 学 校 部 長 課 長 班 長 2 実 施 施 策 の 立 案 2 方 策 計 画 の 立 案 事 務 事 業 の 実 施 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 担 当 分 野 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 業 務 運 営 の 方 針 を 示 すことができ 担 当 分 野 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 分 野 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することが でき コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 組 織 の 業 務 運 営 に 関 し 的 確 な 指 示 を 行 うとともに 部 下 を 統 率 し 成 果 を 挙 げることができ ることができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえた 実 施 施 策 を 立 案 することができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 具 体 的 な 方 策 計 画 を 立 案 し 又 は 事 務 事 業 を 実 施 することができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

29 別 表 第 1の20( 第 3 条 第 20 項 関 係 ) 補 給 処 部 長 課 長 班 長 2 実 施 方 針 の 立 案 2 実 施 計 画 の 立 案 2 方 策 計 画 の 立 案 事 務 事 業 の 実 施 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 分 野 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 するこ とができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえた 実 施 方 針 を 示 すことができ 担 当 分 野 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 分 野 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することが でき コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 業 務 の 進 捗 管 理 及 び 的 確 な 指 示 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ ることができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえた 実 施 計 画 を 立 案 することができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 具 体 的 な 方 策 計 画 を 立 案 し 又 は 事 務 事 業 を 実 施 することができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

30 別 表 第 1の21( 第 3 条 第 21 項 関 係 ) 自 衛 隊 病 院 病 院 長 部 長 課 長 班 長 2 実 施 施 策 の 立 案 2 方 策 計 画 の 立 案 事 務 事 業 の 実 施 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 機 関 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 業 務 運 営 の 基 本 的 な 方 針 を 示 すことができ 機 関 の 責 任 者 として 豊 富 な 知 識 経 験 に 基 づき 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 機 関 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 対 外 的 に 機 関 を 代 表 し 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ 不 断 の 業 務 見 直 しに 率 先 して 取 り 組 むことができ 組 織 統 率 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 担 当 分 野 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 業 務 運 営 の 方 針 を 示 すことができ 担 当 分 野 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 分 野 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することが でき コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 組 織 の 業 務 運 営 に 関 し 的 確 な 指 示 を 行 うとともに 部 下 を 統 率 し 成 果 を 挙 げることができ ることができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえた 実 施 施 策 を 立 案 することができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 具 体 的 な 方 策 計 画 を 立 案 し 又 は 事 務 事 業 を 実 施 することができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

31 別 表 第 1の22( 第 3 条 第 22 項 関 係 ) 自 衛 隊 地 方 協 力 本 部 本 部 長 2 実 施 方 針 の 立 案 副 本 部 長 課 長 専 門 官 2 実 施 計 画 の 立 案 2 方 策 計 画 の 立 案 事 務 事 業 の 実 施 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 機 関 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 方 針 に 基 づき 地 域 情 勢 を 踏 まえ 業 務 運 営 の 基 本 的 な 方 針 を 示 すことができ 機 関 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 機 関 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 対 外 的 に 機 関 を 代 表 し 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ 不 断 の 業 務 見 直 しに 率 先 して 取 り 組 むことができ 組 織 統 率 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 機 関 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することが でき 組 織 方 針 に 基 づき 地 域 情 勢 を 踏 まえた 実 施 方 針 を 示 すことができ 本 部 長 を 助 ける 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 機 関 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 本 部 長 を 助 け 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 業 務 の 進 捗 管 理 及 び 的 確 な 指 示 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ ることができ 組 織 方 針 に 基 づき 地 域 の 行 政 ニーズを 踏 まえた 実 施 計 画 を 立 案 することができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 具 体 的 な 方 策 計 画 を 立 案 し 又 は 事 務 事 業 を 実 施 することができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

32 別 表 第 1の23( 第 3 条 第 23 項 関 係 ) 研 究 本 部 部 長 班 長 2 方 策 計 画 の 立 案 事 務 事 業 の 実 施 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 担 当 分 野 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえた 業 務 運 営 の 方 針 を 示 すことができ 担 当 分 野 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 分 野 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することが でき コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 業 務 の 進 捗 管 理 及 び 的 確 な 指 示 を 行 うとともに 部 下 を 統 率 し 成 果 を 挙 げることができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 具 体 的 な 方 策 計 画 を 立 案 し 又 は 事 務 事 業 を 実 施 することができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

33 別 表 第 1の24( 第 3 条 第 24 項 関 係 ) 補 給 統 制 本 部 等 部 長 課 長 班 長 2 実 施 施 策 の 立 案 2 方 策 計 画 の 立 案 事 務 事 業 の 実 施 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 部 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 業 務 運 営 の 方 針 を 示 すことができ 部 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 部 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 管 轄 する 組 織 の 業 務 運 営 に 関 し 的 確 な 指 示 を 行 うとともに 部 下 を 統 率 し 成 果 を 挙 げることができ ることができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえた 実 施 施 策 を 立 案 することができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 具 体 的 な 方 策 計 画 を 立 案 し 又 は 事 務 事 業 を 実 施 することができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

34 別 表 第 1の25( 第 3 条 第 25 項 関 係 ) 技 術 研 究 本 部 内 部 部 局 本 部 長 副 本 部 長 部 長 課 長 室 長 2 実 施 施 策 の 立 案 2 実 施 施 策 の 立 案 2 方 策 計 画 の 立 案 事 務 事 業 の 実 施 課 長 補 佐 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 機 関 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 省 の 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 業 務 運 営 の 基 本 的 な 方 針 を 示 すことができ 機 関 の 責 任 者 として 豊 富 な 知 識 経 験 に 基 づき 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 機 関 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 対 外 的 に 機 関 を 代 表 し 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ 不 断 の 業 務 見 直 しに 率 先 して 取 り 組 むことができ 指 導 力 を 発 揮 し 組 織 統 率 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 機 関 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 省 の 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 業 務 運 営 の 基 本 的 な 方 針 を 示 すことができ 本 部 長 を 助 ける 者 として 豊 富 な 知 識 経 験 に 基 づき 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 機 関 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 本 部 長 を 助 け 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 すること ができ 不 断 の 業 務 見 直 しに 率 先 して 取 り 組 むことができ 指 導 力 を 発 揮 し 組 織 統 率 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 担 当 分 野 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 省 等 の 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 業 務 運 営 の 方 針 を 示 すことができ 担 当 分 野 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 分 野 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することが でき コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 組 織 の 業 務 運 営 に 関 し 的 確 な 指 示 を 行 うとともに 部 下 を 統 率 し 成 果 を 挙 げることができ ることができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえた 実 施 施 策 を 立 案 することができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 室 の 所 管 する 業 務 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえた 室 の 実 施 施 策 を 立 案 することができ 室 の 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 室 の 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 具 体 的 な 方 策 計 画 を 立 案 し 又 は 事 務 事 業 を 実 施 することができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

35 別 表 第 1の26( 第 3 条 第 26 項 関 係 ) 研 究 所 及 び 先 進 技 術 推 進 センター 所 長 部 長 課 長 2 実 施 方 針 の 立 案 2 実 施 計 画 の 立 案 2 方 策 計 画 の 立 案 事 務 事 業 の 実 施 課 長 補 佐 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 機 関 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 業 務 運 営 の 基 本 的 な 方 針 を 示 すことができ 機 関 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 機 関 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 対 外 的 に 機 関 を 代 表 し 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ 不 断 の 業 務 見 直 しに 率 先 して 取 り 組 むことができ 組 織 統 率 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 分 野 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 するこ とができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえた 実 施 方 針 を 示 すことができ 担 当 分 野 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 分 野 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 所 長 を 助 け 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 業 務 の 進 捗 管 理 及 び 的 確 な 指 示 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ ることができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえた 実 施 計 画 を 立 案 することができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 具 体 的 な 方 策 計 画 を 立 案 し 又 は 事 務 事 業 を 実 施 することができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

36 別 表 第 1の27( 第 3 条 第 27 項 関 係 ) 試 験 場 副 場 長 班 長 2 執 行 方 針 の 立 案 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 機 関 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することが でき 組 織 方 針 に 基 づき 的 確 な 状 況 認 識 の 下 試 験 場 長 を 助 け 業 務 の 執 行 方 針 を 示 すことができ 試 験 場 長 を 助 ける 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 機 関 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 試 験 場 長 を 助 け 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 業 務 の 進 捗 管 理 及 び 的 確 な 指 示 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ 担 当 業 務 についての 知 識 技 術 に 基 づき 事 案 に 適 切 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 業 務 の 執 行 において 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

37 別 表 第 1の28( 第 3 条 第 28 項 関 係 ) 装 備 施 設 本 部 本 部 長 副 本 部 長 課 長 室 長 2 実 施 施 策 の 立 案 2 実 施 施 策 の 立 案 2 方 策 計 画 の 立 案 事 務 事 業 の 実 施 課 長 補 佐 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 機 関 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 省 の 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 業 務 運 営 の 基 本 的 な 方 針 を 示 すことができ 機 関 の 責 任 者 として 豊 富 な 知 識 経 験 に 基 づき 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 機 関 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 対 外 的 に 機 関 を 代 表 し 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ 不 断 の 業 務 見 直 しに 率 先 して 取 り 組 むことができ 指 導 力 を 発 揮 し 組 織 統 率 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 機 関 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 省 の 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 業 務 運 営 の 基 本 的 な 方 針 を 示 すことができ 本 部 長 を 助 ける 者 として 豊 富 な 知 識 経 験 に 基 づき 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 機 関 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 本 部 長 を 助 け 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 すること ができ 不 断 の 業 務 見 直 しに 率 先 して 取 り 組 むことができ 指 導 力 を 発 揮 し 組 織 統 率 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ ることができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえた 実 施 施 策 を 立 案 することができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 室 の 所 管 する 業 務 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえた 室 の 実 施 施 策 を 立 案 することができ 室 の 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 室 の 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 具 体 的 な 方 策 計 画 を 立 案 し 又 は 事 務 事 業 を 実 施 することができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

38 別 表 第 1の29( 第 3 条 第 29 項 関 係 ) 防 衛 監 察 本 部 防 衛 監 察 監 副 監 察 監 課 長 室 長 2 実 施 施 策 の 立 案 2 実 施 施 策 の 立 案 2 方 策 計 画 の 立 案 事 務 事 業 の 実 施 課 長 補 佐 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 機 関 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 省 の 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 業 務 運 営 の 基 本 的 な 方 針 を 示 すことができ 機 関 の 責 任 者 として 豊 富 な 知 識 経 験 に 基 づき 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 機 関 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 対 外 的 に 機 関 を 代 表 し 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ 不 断 の 業 務 見 直 しに 率 先 して 取 り 組 むことができ 指 導 力 を 発 揮 し 組 織 統 率 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 機 関 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 省 の 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえ 業 務 運 営 の 基 本 的 な 方 針 を 示 すことができ 防 衛 監 察 監 を 助 ける 者 として 豊 富 な 知 識 経 験 に 基 づき 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 機 関 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 防 衛 監 察 監 を 助 け 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 する ことができ 不 断 の 業 務 見 直 しに 率 先 して 取 り 組 むことができ 指 導 力 を 発 揮 し 組 織 統 率 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ ることができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえた 実 施 施 策 を 立 案 することができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 室 の 所 管 する 業 務 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 方 針 に 基 づき 行 政 ニーズを 踏 まえた 室 の 実 施 施 策 を 立 案 することができ 室 の 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 室 の 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 具 体 的 な 方 策 計 画 を 立 案 し 又 は 事 務 事 業 を 実 施 することができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

39 別 表 第 1の30( 第 3 条 第 30 項 関 係 ) 地 方 防 衛 局 局 長 次 長 部 長 部 次 長 課 長 2 実 施 施 策 の 立 案 2 方 策 計 画 の 立 案 事 務 事 業 の 実 施 課 長 補 佐 6 部 下 の 育 成 活 用 2 課 題 対 応 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 機 関 の 重 要 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 省 の 方 針 に 基 づき 地 域 情 勢 を 踏 まえ 業 務 運 営 の 基 本 的 な 方 向 性 を 示 すことができ 機 関 の 責 任 者 として その 重 要 課 題 について 豊 富 な 知 識 経 験 及 び 情 報 に 基 づき 冷 静 かつ 迅 速 な 判 断 を 行 うことができ 機 関 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 対 外 的 に 機 関 を 代 表 し 困 難 な 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ 国 民 の 視 点 に 立 ち 不 断 の 業 務 見 直 しに 率 先 して 取 り 組 むことができ 指 導 力 を 発 揮 し 組 織 統 率 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 機 関 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 省 の 方 針 に 基 づき 地 域 情 勢 を 踏 まえ 業 務 運 営 の 基 本 的 な 方 向 性 を 示 すことができ 局 長 を 助 ける 者 として その 重 要 課 題 について 豊 富 な 知 識 経 験 及 び 情 報 に 基 づき 冷 静 かつ 迅 速 な 判 断 を 行 うことがで き 機 関 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 局 長 を 助 け 困 難 な 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 する ことができ 国 民 の 視 点 に 立 ち 不 断 の 業 務 見 直 しに 率 先 して 取 り 組 むことができ 指 導 力 を 発 揮 し 組 織 統 率 を 行 い 成 果 を 挙 げることができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 部 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 省 等 の 方 針 に 基 づき 地 域 情 勢 を 踏 まえ 業 務 運 営 の 方 針 を 示 すことができ 部 の 責 任 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 部 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 管 轄 する 組 織 の 業 務 運 営 に 関 し 的 確 な 指 示 を 行 うとともに 部 下 を 統 率 し 成 果 を 挙 げることができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 高 い 倫 理 感 を 有 し 部 の 課 題 に 責 任 を 持 って 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 省 等 の 方 針 に 基 づき 地 域 情 勢 を 踏 まえ 業 務 運 営 の 方 針 を 示 すことができ 部 長 を 助 ける 者 として 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 部 の 業 務 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 組 織 方 針 の 実 現 に 向 け 部 長 を 助 け 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 する ことができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 管 轄 する 組 織 の 業 務 運 営 に 関 し 的 確 な 指 示 を 行 うとともに 部 下 を 統 率 し 成 果 を 挙 げることができ ることができ 組 織 方 針 に 基 づき 地 域 の 行 政 ニーズを 踏 まえた 実 施 施 策 を 立 案 することができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 所 管 する 事 案 について 適 切 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 い 合 意 を 形 成 することができ コスト 意 識 を 持 って 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 適 切 に 業 務 を 配 分 した 上 進 捗 管 理 を 行 い 成 果 を 挙 げるとともに 部 下 の 指 導 育 成 を 行 うことができ 国 民 全 体 の 奉 仕 者 として 担 当 業 務 の 第 一 線 において 責 任 を 持 って 課 題 に 取 り 組 むとともに 服 務 規 律 を 遵 守 し 公 正 に 職 務 を 遂 行 することができ 組 織 や 上 司 の 方 針 に 基 づいて 具 体 的 な 方 策 計 画 を 立 案 し 又 は 事 務 事 業 を 実 施 することができ 自 ら 処 理 すべき 事 案 について 適 切 な 判 断 を 行 うことができ 担 当 する 事 案 について 論 理 的 な 説 明 を 行 うとともに 関 係 者 と 調 整 を 行 うことができ 段 取 りや 手 順 を 整 え 効 率 的 に 業 務 を 進 めることができ 部 下 の 指 導 育 成 及 び 活 用 を 行 うことができ 担 当 業 務 に 必 要 な 専 門 的 知 識 技 術 を 習 得 し 課 題 に 対 応 することができ 上 司 部 下 等 と 協 力 的 な 関 係 を 構 築 することができ 担 当 する 事 案 について 分 かりやすい 説 明 を 行 うことができ 計 画 的 に 業 務 を 進 め 担 当 業 務 全 体 のチェックを 行 い 確 実 に 業 務 を 遂 行 することができ 業 務 に 必 要 な 知 識 技 術 を 習 得 することができ 上 司 同 僚 等 と 円 滑 かつ 適 切 なコミュニケーションをとることができ 意 欲 的 に 業 務 に 取 り 組 むことができ

⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ ⑹ ⑺ ⑻ ⑼ ⑽ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ ⑹ ⑺ ⑻ ⑼ ⑽ ⑾ ⑿ ⒀ ⒁ ⒂ ( ), (53.1%) (61.8%) (30.9%) 84.1% 95.7% 13.7% 11.3% 3.3% 4.7% 4.0% 74.6% 6.7 ( ) 64.5% 752 57.1% 565 42.9% 1317 100.0% 90.3% 47.4%52.6% 63.4%36.6%

More information

⑴ ⑵ ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) m3 m3 (1)

More information

屋外広告物のしおり

屋外広告物のしおり 2 1 ⑴ 2 ⑵ 3 ⑴ ⑵ 4 5 ⑴ ⑵ 6 ⑶ 7 ⑴ ⑵ ⑶ 8 ⑷ ⑸ ⑴ ⑵ 9 10 11 ⑴ ⑵ 12 13 14 15 16 17 ⑶ 18 ⑴ ⑵ ⑶ 19 20 21 22 23 24 25 26 27 ⑴ 10 ⑵ ⑴ 28 ⑶ ⑴ ⑴ ⑴ ⑵ 29 ⑶ ⑷ ⑸ 30 ⑹ ⑺ ⑻ ⑼ ⑽ ⑾ 31 ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ 32 ⑴ ⑵ 33 34 35 36 37 38 39 40

More information

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評 総 6 7 総 経 4 1 平 成 26 8 月 15 日 各 都 道 府 県 知 各 政 令 指 都 市 市 各 殿 総 省 自 治 政 局 及 び 独 立 政 改 正 律 運 用 つ 通 知 及 び 独 立 政 改 正 律 平 成 26 律 34 改 正 布 つ 平 成 26 5 月 14 日 付 け 総 42 総 大 臣 通 知 り 知 せろ 改 正 運 用 り 通 知 り 通 知 ほ 記 留

More information

123 ( 17 120 18 ) ( - 1 - - 2 - ⑴ ⑵ - 3 - - 4 - ⑴ - 5 - ⑵ - 6 - ⑶ - 7 - ⑴ ⑵ ⑶ - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - ⑴ ⑵ ⑶ - 12 - ⑴ - 13 - ⑵ 12-14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - ⑴ ⑵ - 19 - ⑴ ⑵ ⑶ - 20 - ⑷ ⑸ ⑹ - 21 -

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑶ ⑵ ⑷ ⑴ ⑵ - 110 - ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - ⑴ - 119 - - 120 - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ - 121 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 124 - ⑶ - 125

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ - 110 - ⑴ ⑵ ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - - 119 - - 120 - ⑴ - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ - 124 - ⑷ - 125 -

More information

0 001212 112468 1 10 2 11 12 13 3 14 15 ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ 4 ⑵ 5 6 ⑴ ⑴ ⑴ ⑵ 7 ⑶ ⑷ ⑵ ⑴ 8 ⑵ ⑴ 9 ⑴ ⑵ ⑴ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ 10 11 ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑵ ⑷ ⑸ ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ 12 ⑵ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ 13 ⑶ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ 14 ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ 15

More information

-2 -

-2 - -1 - -2 - ⑴ ⑵ -3 - ⑶ -4 - ⑴ ⑵ ⑶ -5 - ⑷ 6,268 16 23,256,247.299 39.48 8,385. 34 35 2 2,117. 34 4 3,936 8 16,544,761.1 28.8 5,625. 927 35 14 1,689. 927 6 872 6 7,765,329.122 13.18 3,83. 554 17 7 2,211. 554

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

〔平成27年6月1日〕商品先物取引業務に関する規則第18条第1項に基づく留意事項 一部改正

〔平成27年6月1日〕商品先物取引業務に関する規則第18条第1項に基づく留意事項 一部改正 平 成 27 年 6 月 1 日 商 品 先 物 取 引 業 務 に 関 する 規 則 第 18 条 第 1 項 に 基 づく 留 意 事 項 一 部 改 正 12~17 ページ 新 Ⅲ. 不 招 請 勧 誘 禁 止 の 例 外 の 遵 守 に 関 する 事 項 Ⅳ. 適 合 性 原 則 の 遵 守 に 関 する 事 項 ( 新 設 ) Ⅲ. 適 合 性 原 則 の 遵 守 に 関 する 事 項 5.

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A6D92E894C54832312E31322E31318E968BC68F8A90C58270819582602E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A6D92E894C54832312E31322E31318E968BC68F8A90C58270819582602E646F63> 5 納 税 義 務 者 等 ⑴ 課 税 標 準 となる 床 面 積 は 1,500 m2 12 6=750 m2 本 社 (10 月 ~3 月 ) 1,500 m2 よって 資 産 割 額 は 法 人 の 算 定 期 間 ( 事 業 年 度 ) の 末 日 現 在 免 税 点 (1,000 750 m2 600( 円 /m2)=450,000 円 m2)を 超 えているため A 社 は 課 税

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

長 は10 年 ) にすべきことを 求 める ⑸ 改 善 意 見 として 事 務 引 継 書 にかかる 個 別 フォルダーの 表 示 について 例 えば 服 務 休 暇 全 般 ( 事 務 引 継 書 を 含 む) といったように 又 は 独 立 した 個 別 フォルダーとして 説 明 を 加 え

長 は10 年 ) にすべきことを 求 める ⑸ 改 善 意 見 として 事 務 引 継 書 にかかる 個 別 フォルダーの 表 示 について 例 えば 服 務 休 暇 全 般 ( 事 務 引 継 書 を 含 む) といったように 又 は 独 立 した 個 別 フォルダーとして 説 明 を 加 え さ 情 審 査 答 申 第 56 号 平 成 20 年 7 月 11 日 さいたま 市 長 相 川 宗 一 様 さいたま 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 会 長 小 池 保 夫 答 申 書 平 成 19 年 11 月 14 日 付 けで 貴 職 から 受 けた 課 長 以 上 の 職 にある 者 ( 服 務 規 程 12 条 )で6~ 本 ( 2005 年 度 人 事 異 動

More information

総務関係  4名

総務関係  4名 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 の 概 要 Ⅰ 社 会 福 祉 協 議 会 とは Ⅱ 設 置 目 的 役 職 員 構 成 重 点 目 標 等 Ⅲ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 要 事 業 Ⅳ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 予 算 概 要 Ⅴ 社 会 福 祉 協 議 会 の 組 織 体 制 Ⅰ 社 会 福 祉 協

More information

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 施 策 を 実 施 するための 基 本 的 な 指 針 最 終 改 正 平 成 20 年 2 月 21 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 254 号 平 成 27 年 5 月 29 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 1396 号 ( 平 成 27 年 5 月 29 日 施 行 ) 一 被 害 防 止

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

京都市危険物事務処理規程

京都市危険物事務処理規程 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 昭 和 63 年 4 月 1 日 京 都 市 消 防 局 訓 令 甲 第 2 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 を 次 のように 定 める 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 訓 令 は, 消 防 法, 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令,

More information

...1... 1... 1... 1... 1... 1... 1... 4... 4... 4...5... 5... 5... 9... 12... 12... 13... 15... 21...22... 22... 23... 23... 24

...1... 1... 1... 1... 1... 1... 1... 4... 4... 4...5... 5... 5... 9... 12... 12... 13... 15... 21...22... 22... 23... 23... 24 ...1... 1... 1... 1... 1... 1... 1... 4... 4... 4...5... 5... 5... 9... 12... 12... 13... 15... 21...22... 22... 23... 23... 24 ... 27... 30... 34... 34... 39... 39... 40... 41... 41... 44... 46... 46...

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

所沢市告示第   号

所沢市告示第   号 所 沢 市 告 示 第 282 号 一 般 競 争 入 札 を 執 行 するので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 5 月 13 日 所 沢 市 長 藤 本 正 人 1 入 札 対 象 工 事 ⑴ 工 事 名 所 沢 市 立 美 原 中 学 校 トイレ 改 修 工

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

札幌市道路位置指定審査基準

札幌市道路位置指定審査基準 1 42 1 3 25 11 23 42 1 5 42 1 5 25 338 144 42 2 1.8 25 11 23 42 2 1 2m 3 2 4 7 3 1,000 43 1 2 45 42 1 5 35 35 35 120 12 144 4 1 1 5m2m 10m2m 5m2m 4m5m 5m2m 5m2m 144 4 1 2 144 4 1 3 144 4 1 5 42 1 5 10

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

2 ( 178 9)

2 ( 178 9) ( 1,876.58 km2) 98 ( 11 ) ( 21 ) 4 17 (8 9 ) 28 6 1? H25.12 11,998 489.5 H26.12 13,392 111.6% 565.5 115.5% H27.12 13,828 103.3% 476.8 84.3% H25.12 84 4.5 H26.12 132 157.1% 5 111.1% H27.12 95 72.0 2.56

More information

281

281 m3 m3 m3 280 281 m3 m3 282 283 ⑴ ⑵ m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 284 ⑵ m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 ⑶ ⑷ 285 ⑴ 286 ⑵ ⑶ 287 (1) 92.3 288 289 (2) 40,700 () () () () () () () () () () () ( ) () () () () (ha)

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

⑴ ⑵ ⑶ ⑷ A C B ( D Other A C B ( D 1996/2/1 1996/3/1 1996/6/1 1996/8/1 1996/9/1 1997/3/1 1997/5/1 1997/6/1 1997/6/1 1997/6/1 1997/10/1 1997/10/1 1997/10/1 1997/11/1 1997/11/1

More information

銚子市斎場

銚子市斎場 銚 子 市 斎 場 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 25 年 7 月 銚 子 市 目 次 1 趣 旨 2 2 対 象 施 設 の 概 要 2 3 火 葬 状 況 2 4 斎 場 の 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 2 5 施 設 の 管 理 基 準 3 6 危 機 管 理 体 制 3 7 個 人 情 報 の 保 護 と 情 報 公 開 3 8 指 定 管 理 者 が 行 う 業

More information

財団法人日本相撲連盟寄附行為

財団法人日本相撲連盟寄附行為 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 新 宿 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 我 が 国 におけるアマチュア

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

1

1 1 ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ ⑹ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ 21 700 21-1 - 2006 18 2015 27 10-2 - ⑴ WTO 2002 14 1 7 1500 7 2010 10 2020 16 11.4% 21 2010 1000 21 2003 15 7 VJC ⑵ 17 2004 16 2.00 5%

More information

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A>

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A> - 1 - 省 百 七 旅 客 部 改 省 令 平 成 省 令 伴 並 平 成 省 令 並 ま づ 並 令 づ く 領 平 成 月 大 臣 前 田 武 志 づ く 領 語 お 使 語 監 督 針 平 成 省 千 百 お 使 語 - 2 - 務 名 簿 款 寄 附 為 登 記 証 明 組 織 図 保 制 証 機 器 機 器 設 設 備 記 載 決 算 報 足 経 的 礎 証 績 分 証 程 七 イ 概

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 自 衛 隊 法 施 行 令 ( 昭 和 29 年 政 令 第 179 号 ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 36 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 48 号 )の 全 部 を 次 のように 改 正 する 昭 和 40 年 3 月 20 日 防 衛 庁 長 官 小 泉 純 也 航 空 隊 及

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 京 都 市 防 犯 カメラ 設 置 促 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 地 域 団 体 又 は 事 業 者 等 が 犯 罪 の 抑 止 を 目 的 として 防 犯 カメ ラを 設 置 する 事 業 に 対 する 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 し, 京 都 市 補 助 金 等 の 交 付 等 に 関 する 条

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通 信 研 究 課 中 央 指 揮 システム(

目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通 信 研 究 課 中 央 指 揮 システム( 予 算 執 行 事 前 審 査 等 調 書 ( 平 成 23 年 度 第 1 2 四 半 期 ) 防 衛 省 予 算 監 視 効 率 化 チーム 目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199906C8E968D7390AD82CC8FF38BB58CF6955C816995BD90AC3233944E9378816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199906C8E968D7390AD82CC8FF38BB58CF6955C816995BD90AC3233944E9378816A2E646F63> 南 丹 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 南 丹 市 条 例 第 59 号 )の 規 定 に 基 づき 平 成 23 年 度 における 南 丹 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 公 表 する 南 丹 市 長 佐 々 木 稔 納 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 ⑴ 職 員

More information

公金等取扱基本マニュアル

公金等取扱基本マニュアル 公 金 等 取 扱 事 務 の 管 理 適 正 化 方 針 平 成 25 年 11 月 清 水 町 はじめに 公 金 の 取 扱 事 務 は 法 令 及 びこれに 基 づく 町 の 財 務 規 則 を 根 拠 として これまで 財 務 規 則 の 運 用 通 知 や 適 宜 個 別 の 通 知 を 発 することにより 適 正 な 事 務 処 理 に 努 めてき たところであります そのような 中 で

More information

了 者 に 限 る ) 若 し く は 第 十 五 号 に 掲 げ る 者 又 は 第 十 四 号 に 掲 げ る 者 の う ち 三 級 訪 問 介 護 員 で あ る 者 三 居 宅 介 護 サ ー ビ ス 費 の 注 6 の (1)の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 者 六 号 ( 三

了 者 に 限 る ) 若 し く は 第 十 五 号 に 掲 げ る 者 又 は 第 十 四 号 に 掲 げ る 者 の う ち 三 級 訪 問 介 護 員 で あ る 者 三 居 宅 介 護 サ ー ビ ス 費 の 注 6 の (1)の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 者 六 号 ( 三 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 者 ( 平 成 十 八 年 九 月 二 十 九 日 ) ( 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 四 十 八 号 ) 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サ ー ビ ス に 要 す る 費 用 の 額 の 算 定 に 関 す る 基 準 ( 平 成 十 八 年 厚

More information

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン ( 平 成 27 年 7 月 1 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1675 号 ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 ) 第 8 条 の 規 定 に 基 づき 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン( 平 成

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 建 設 工 事 一 般 競 争 入 札 公 告 第 11 号 袖 ケ 浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 建 築 )の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 一 般 競 争 入 札 を 次 のとおり 実 施 する 平 成 25 年 10 月 2 日 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 理 事

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

28 第 1 章 総 則 第 1 節 前 文 本 県 では 安 全 で 安 心 できる 生 活 空 間 を 創 出 するため 河 川 砂 防 地 すべり 急 傾 斜 地 崩 壊 防 止 海 岸 施 設 等 の 整 備 を 行 っているが 気 象 的 地 形 的 地 質 的 にも 水 災 の 発 生 しやすい 条 件 下 にあり これま でにも 過 去 の 水 災 により 数 多 くの 人 命

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E73904588F582CC88E78E998B788BC6939982C98AD682B782E98B4B91A5939982CC88EA959482F089FC90B382B782E98B4B91A5816990568B8C91CE8FC6955C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E73904588F582CC88E78E998B788BC6939982C98AD682B782E98B4B91A5939982CC88EA959482F089FC90B382B782E98B4B91A5816990568B8C91CE8FC6955C816A2E646F63> 市 川 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 等 の 一 部 改 正 について 現 行 改 正 後 市 川 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 条 の 規 定 による 改 正 ( 勤 務 した 期 間 に 相 当 する 期 間 ) 第 9 条 条 例 第 5 条 の3 第 1 項 の 規 則 で 定 める 期 間 は 休 暇 の 期 間 その 他 勤

More information

法 人 税 確 定 申 告 書 を 提 出 する 際 には 法 人 事 業 概 況 説 明 書 を 添 付 してく 法 人 事 業 概 況 説 明 書 の 書 き 方 税 務 署 1 はじめに (1) この 法 人 事 業 概 況 説 明 書 の 書 き 方 は 特 に 記 載 要 領 を 明 らかにしておく 必 要 があると 思 われる 項 目 のみを 取 りまとめたもので 記 載 事 項 の 全

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 概 要 子 を 養 する 職 員 継 続 的 な 勤 を 促 進 し 職 員 祉 増 進 を 図 るため 男 女 労 働 者 権 として 保 障 す るととも 行 政 円 滑 な 運 営 を 図 るため 一 定 期 間 職 従 せず 専 念 できる 制 度 である 関 係 法 方 公 員 共 済 組 合 法 第 42 53 54 70 70 条 2 114 条 2 ⑵ 公 立 共 済 組 合 定 款

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 我 が 国 においては 少 子 高 齢 化 が 進 展 し 65 歳 以 上 の 高 齢 者 化 率 は 2 0 6 0 年 に は 4 0 % 近 い 水 準 と な る 事 が 推 計 さ れ て おります 本 道 に お い て も 6 5 歳 以 上 の 高 齢 者 人 口 は 2 7 年 1 月 1 日 現 在 で は 1 5 1 万 人 を 超 え

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

○四日市港管理組合港湾施設条例

○四日市港管理組合港湾施設条例 四 日 市 港 管 理 組 合 港 湾 施 設 条 例 改 正 昭 和 41 年 6 月 16 日 条 例 第 30 号 昭 和 42 年 7 月 25 日 条 例 第 1 号 昭 和 44 年 4 月 1 日 条 例 第 1 号 昭 和 45 年 8 月 15 日 条 例 第 8 号 昭 和 47 年 4 月 1 日 条 例 第 5 号 昭 和 49 年 3 月 27 日 条 例 第 6 号 昭

More information

第1編(第1章)総則

第1編(第1章)総則 総 則 風 水 害 対 策 編 第 1 編 総 則 目 次 第 1 編 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 推 進 2 第 2 章 防 災 関 係 機 関 の 責 務 と 処 理 す べ き 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 節 実 施 責 任 3 第 2 節 処

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第076号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第076号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 19 年 3 月 26 日 ( 平 成 19 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 19 年 5 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 76 号 ) 事 件 名 : 自 艦 隊 ( 作 ) 第 27 号 (15.1.14)の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

六 8 日 程 8 日 至 8 日 日 程 日 開 署 括 程 提 由 説 日 日 日 日 日 追 加 程 審 疑 討 採 日 日 文 厚 産 請 願 件 8 日 9 日 日 日 日 日 日 審 疑 討 採 閉 提 ⑴ 専 故 損 賠 償 ⑵ 継 続 繰 越 ⑶ 繰 越 許 繰 越 ⑷ 下 道 繰

六 8 日 程 8 日 至 8 日 日 程 日 開 署 括 程 提 由 説 日 日 日 日 日 追 加 程 審 疑 討 採 日 日 文 厚 産 請 願 件 8 日 9 日 日 日 日 日 日 審 疑 討 採 閉 提 ⑴ 専 故 損 賠 償 ⑵ 継 続 繰 越 ⑶ 繰 越 許 繰 越 ⑷ 下 道 繰 8 8 8 / 編 集 / 編 集 89- 佐 賀 納 富 番 TEL- FAX- 肥 干 潟 湿 周 記 念 オニグセレモニ 及 観 察 隊 日 程 ~P 審 ~P ~9P 交 流 ~P ~P 交 際 P メジキャ 丸 六 8 日 程 8 日 至 8 日 日 程 日 開 署 括 程 提 由 説 日 日 日 日 日 追 加 程 審 疑 討 採 日 日 文 厚 産 請 願 件 8 日 9 日 日 日

More information

yp64030.indd

yp64030.indd 平 成 27 年 度 償 却 資 産 ( 固 定 資 産 税 ) 申 告 の 手 引 き 市 税 につきましては 平 素 から 格 別 のご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 固 定 資 産 税 は 土 地 や 家 屋 のほかに 償 却 資 産 ( 事 業 のために 用 いることが できる 構 築 物 機 械 器 具 備 品 等 )についても 課 税 されます

More information

878 254 2014 求 許 訂 1 身 分 効 新 編 製 組 移 務 管 掌 識 今 回 物 非 東 京 2 破 棄 基 づ 令 来 来 小 廷 3 案 初 断 務 省 供 点 4 今 じ 影 響 与 思 案 非 偶 rtificial nsemination with donorʼ s s

878 254 2014 求 許 訂 1 身 分 効 新 編 製 組 移 務 管 掌 識 今 回 物 非 東 京 2 破 棄 基 づ 令 来 来 小 廷 3 案 初 断 務 省 供 点 4 今 じ 影 響 与 思 案 非 偶 rtificial nsemination with donorʼ s s 877 問 題 非 偶 む び 問 題 小 廷 基 づ 供 務 管 掌 空 氏 名 論 永 沼 淳 878 254 2014 求 許 訂 1 身 分 効 新 編 製 組 移 務 管 掌 識 今 回 物 非 東 京 2 破 棄 基 づ 令 来 来 小 廷 3 案 初 断 務 省 供 点 4 今 じ 影 響 与 思 案 非 偶 rtificial nsemination with donorʼ s semen

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

第 28 節 学 校 等 における 応 急 対 策 -------------------------------------------- 349 第 29 節 文 化 財 応 急 対 策 ---------------------------------------------------- 3

第 28 節 学 校 等 における 応 急 対 策 -------------------------------------------- 349 第 29 節 文 化 財 応 急 対 策 ---------------------------------------------------- 3 第 1 編 震 災 等 共 通 対 策 第 3 章 災 害 応 急 対 策 災 害 応 急 対 策 タイムスケジュール ------------------------------------------------- 156 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 計 画 -------------------------------------- 163 第 2 節 地 震 津

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

当社水産飼料事業部における不適切な取引に関する第三者委員会の最終報告について

当社水産飼料事業部における不適切な取引に関する第三者委員会の最終報告について 各 位 平 成 22 年 8 月 27 日 会 社 名 メルシャン 株 式 会 社 代 表 者 名 取 締 役 社 長 植 木 宏 (コード 番 号 2536 東 証 大 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 CSR CC 推 進 部 長 横 山 清 TEL 03-3231-3910 当 社 水 産 飼 料 事 業 部 における 不 適 切 な 取 引 に 関 する 第 三 者 委 員 会 の 最 終

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 資 料 2 広 域 医 療 の 推 進 について 平 成 23 年 12 月 10 日 広 域 医 療 局 目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 (1)

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63> 職 業 とコンピテンシー ~ 求 められる 人 間 力 ~ 目 次 1. プロジェクト 選 定 理 由 と 目 的 手 段... 2 2. 関 東 学 園 大 学 におけるコンピテンシー... 3 3. 群 馬 県 太 田 警 察 署... 5 (1) 警 察 組 織 の 概 要... 5 (2) 警 察 署 設 置 の 根 拠 規 定... 6 ア 警 察 組 織 の 設 置 Ⅰ( 警 察 本 部

More information

1 こ 告 示 は から 施 道 鶴 崎 南 線 全 域 道 挾 間 線 全 域 市 字 賀 来 1326 番 地 先 から 由 布 市 挾 間 町 下 市 419 番 地 3 先 までを 除 く 道 在 港 線 全 域 道 中 津 高 田 港 線 全 域 道 別 府 庄 内 線 別

1 こ 告 示 は から 施 道 鶴 崎 南 線 全 域 道 挾 間 線 全 域 市 字 賀 来 1326 番 地 先 から 由 布 市 挾 間 町 下 市 419 番 地 3 先 までを 除 く 道 在 港 線 全 域 道 中 津 高 田 港 線 全 域 道 別 府 庄 内 線 別 六 五 水 曜 目 次 道 路 交 通 法 施 細 自 動 車 運 転 代 業 業 務 適 化 法 律 基 づ く 政 処 表 告 示 備 等 検 定 等 第 条 表 六 項 上 欄 定 よ が 必 要 と 認 め 交 通 誘 導 備 業 務 印 管 理 が 保 有 個 人 情 開 示 等 事 務 取 扱 電 話 等 運 用 学 校 教 養 実 施 技 能 指 導 官 職 全 衛 生 管 理 表 彰

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 連 絡 事 項 企 画 課 145 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 児 施 設 4 肢 体 不 自 由 児 施 設 及 び5 重 症

More information