2. 航 路 開 発 以 前 の 江 戸 期 における 物 資 の 集 散 2.1 商 業 都 市 と 交 通 結 節 点 としての 大 坂 (1) 商 業 都 市 としての 大 坂 航 路 開 発 ( ) 以 前 においても 大 坂 ( 現 在 の 大 阪 )は 全 国 の 物 資

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2. 航 路 開 発 以 前 の 江 戸 期 における 物 資 の 集 散 2.1 商 業 都 市 と 交 通 結 節 点 としての 大 坂 (1) 商 業 都 市 としての 大 坂 航 路 開 発 (1670 1672) 以 前 においても 大 坂 ( 現 在 の 大 阪 )は 全 国 の 物 資"

Transcription

1 江 戸 期 における 物 流 システム 構 築 と 都 市 の 発 展 衰 退 苦 瀬 博 仁 ( 東 京 海 洋 大 学 海 洋 工 学 部 教 授 ) 目 次 1.はじめに 2. 航 路 開 発 以 前 の 江 戸 期 における 物 資 の 集 散 2.1 商 業 都 市 と 交 通 結 節 点 としての 大 坂 2.2 消 費 都 市 江 戸 の 物 流 からみた 特 徴 2.3 廻 船 航 路 開 発 の 必 要 性 と 内 容 3. 江 戸 の 都 市 計 画 と 物 流 3.1 江 戸 を 選 定 した 背 景 3.2 物 資 輸 送 路 ( 水 路 と 運 河 )の 建 設 3.3 物 資 輸 送 路 の 河 川 と 物 流 施 設 の 河 岸 4. 江 戸 期 から 現 代 までの 物 資 輸 送 機 関 の 変 遷 4.1 水 運 から 鉄 道 さらに 道 路 へ 4.2 物 資 輸 送 機 関 の 変 遷 と 都 市 の 盛 衰 5. 江 戸 期 から 現 代 までの 都 心 の 変 遷 5.1 都 心 の 原 型 である 魚 河 岸 の 変 遷 5.2 物 流 施 設 としての 木 場 の 変 遷 6.おわりに 1.はじめに 東 京 ロンドン パリなどの 世 界 の 大 都 市 の 多 くは 海 や 河 川 に 面 している これは 市 民 に 生 活 物 資 を 供 給 できなければ 都 市 が 成 立 しなかったため 自 動 車 のない 時 代 の 都 市 は 海 運 や 河 川 舟 運 の 便 の 良 い 場 所 につくられたからである そして 同 時 に 物 資 供 給 の ために 幹 線 輸 送 や 都 市 内 配 送 の 物 流 システムが 考 えられていた 生 活 物 資 の 輸 送 は いつの 時 代 にもあったはずであるが 我 が 国 で 物 流 システムが 確 立 した 時 期 は 江 戸 時 代 と 考 えて 良 いだろう というのは 廻 船 航 路 開 発 や 河 川 舟 運 のため の 河 川 改 修 などを 通 じて 輸 送 体 系 が 整 備 されたからである そこで 本 稿 では 江 戸 期 に 物 資 輸 送 を 担 った 廻 船 航 路 や 河 川 舟 運 さらには 輸 送 を 支 え た 湊 (みなと)や 河 岸 (かし)の 役 割 を 考 えながら これらが 現 在 の 都 市 形 態 に 与 えた 影 響 を 考 察 することにする

2 2. 航 路 開 発 以 前 の 江 戸 期 における 物 資 の 集 散 2.1 商 業 都 市 と 交 通 結 節 点 としての 大 坂 (1) 商 業 都 市 としての 大 坂 航 路 開 発 ( ) 以 前 においても 大 坂 ( 現 在 の 大 阪 )は 全 国 の 物 資 集 散 地 であっ たが その 理 由 は 以 下 の3 点 が 考 えられる 第 1に 畿 内 が 米 味 噌 醤 油 などの 主 要 消 費 物 資 の 生 産 地 だったので 大 坂 が 消 費 物 資 の 集 散 地 であった 第 2に 大 坂 は 京 都 に 近 かったため 商 業 活 動 が 活 発 であり 江 戸 とは 大 きな 違 いがあった 第 3に この 結 果 大 坂 への 物 資 の 集 中 量 が 江 戸 よりもはるか に 多 く 全 国 の 物 資 の 集 散 地 であった 特 に 米 は 加 賀 越 後 中 国 九 州 ( 特 に 薩 摩 ) から 集 まり それとともに 各 地 の 特 産 品 も 大 坂 へ 輸 送 され 取 り 引 きされた また 木 綿 酒 油 酢 醤 油 味 噌 などの 日 用 品 も 輸 送 された ( 表 1) (2) 輸 送 結 節 点 としての 大 坂 次 に 輸 送 結 節 点 としての 大 坂 の 特 徴 は 以 下 の2 点 が 考 えられる 第 1に 瀬 戸 内 海 を 利 用 した 大 坂 への 物 資 輸 送 は 沿 海 航 路 に 比 較 して 安 全 であり か つ 輸 送 日 数 が 短 かったため 大 坂 は 物 資 の 集 散 に 適 していた 第 2に 大 坂 とその 周 辺 は 河 川 と 内 陸 の 舟 運 が 発 達 していた 特 に 淀 川 は 中 世 から 重 要 な 交 通 路 だった たとえば 江 戸 幕 府 成 立 直 後 の 慶 長 12 年 (1607)に 角 倉 了 以 ( )が 保 津 川 や 高 瀬 川 を 開 削 した 結 果 丹 波 の 物 資 が 高 瀬 川 を 通 じて 淀 川 へ 運 ばれ 途 中 の 京 都 の 経 済 活 動 に 影 響 を 与 えるとともに 大 坂 の 商 業 活 動 の 活 発 化 に 寄 与 した また 元 和 6 年 (1620)に 大 坂 が 幕 府 の 直 轄 領 になり 大 坂 城 が 修 築 され 淀 川 や 安 治 川 などが 開 削 され たため 淀 川 とそれに 連 なる 運 河 は 物 資 輸 送 路 となった 表 1 廻 船 航 路 開 発 の 背 景 内 容 影 響

3 2.2 消 費 都 市 江 戸 の 物 流 からみた 特 徴 (1) 物 流 からみた 江 戸 の 特 徴 物 流 からみた 江 戸 の 特 徴 は 以 下 の3 点 が 考 えられる 第 1に 江 戸 初 期 の 関 東 地 域 は 江 戸 の 人 口 に 見 合 う 農 産 物 などの 消 費 物 資 の 生 産 力 は なかった また 寛 永 12 年 (1635)に 始 まる 参 勤 交 代 制 度 により 江 戸 の 人 口 が 増 加 し 消 費 物 資 の 需 要 も 増 加 した 第 2に 当 時 の 徴 税 制 度 の 一 環 として 各 藩 の 城 米 を 江 戸 へ 確 実 に 輸 送 しなければならなかった 第 3に 明 暦 3 年 (1657)の 大 火 により 江 戸 城 修 復 藩 邸 の 再 建 など 巨 大 な 建 築 工 事 と 土 木 工 事 がおこなわれたために 建 設 資 材 の 需 要 も 急 増 した しかし 江 戸 幕 府 の 鎖 国 政 策 にもとづき 複 数 の 帆 を 持 つ 大 型 船 の 建 造 が 禁 止 されてい たために 海 難 事 故 も 頻 発 していた (2) 廻 船 航 路 開 発 以 前 の 江 戸 への 輸 送 当 時 の 陸 上 輸 送 手 段 である 大 八 車 や 荷 駄 などは 輸 送 容 量 が 小 さく 輸 送 量 には 限 界 が あった また 事 故 に 対 する 危 険 や 荷 の 傷 みがあった このため 関 東 地 域 からの 江 戸 への 物 資 輸 送 では 利 根 川 や 荒 川 を 利 用 した 舟 運 が 盛 ん だった 特 に 承 応 3 年 (1654)に 利 根 川 の 本 流 が 銚 子 で 太 平 洋 に 注 ぐようになってから 利 根 川 を 経 由 し 江 戸 川 や 荒 川 などを 経 て 奥 羽 の 物 資 も 江 戸 に 輸 送 されるようになった そして これらの 河 川 沿 岸 には 多 くの 河 岸 が 設 けられた しかし このような 輸 送 手 段 や 航 路 では 大 型 の 船 から 小 型 の 舟 に 積 み 替 えることも 多 く 大 量 輸 送 も 不 可 能 だった このため 江 戸 への 安 全 で 確 実 な 海 上 輸 送 方 法 の 確 立 が 必 要 になった 2.3 廻 船 航 路 開 発 の 必 要 性 と 内 容 廻 船 航 路 開 発 は 江 戸 の 人 口 増 加 による 生 活 物 資 の 輸 送 と 安 全 な 海 上 輸 送 のために 安 全 かつ 大 量 の 物 資 輸 送 をおこなう 目 的 があった ( 図 1 表 2) 図 1 東 廻 りと 西 廻 りの 廻 船 航 路

4 表 2 江 戸 期 の 輸 送 機 関 と 輸 送 量 一 般 に 物 流 システムの 構 築 のためには 単 に 航 路 (リンク 航 路 整 備 )だけの 整 備 では 不 十 分 であり 結 節 点 (ノード 港 湾 整 備 )や 交 通 機 関 (モード 船 舶 建 造 )を 含 めてハー ドな 交 通 施 設 整 備 が 不 可 欠 である また 同 時 に 交 通 管 理 や 商 品 管 理 などのソフトな 流 通 システムの 整 備 も 必 要 となる それゆえ 江 戸 への 廻 船 航 路 開 発 の 第 1の 目 的 は 寄 港 地 を 整 備 し 潮 流 風 波 を 勘 案 して 多 少 大 回 りでも 目 的 地 へ 物 資 を 安 全 に 輸 送 する 方 法 を 確 立 すること であった 第 2の 目 的 は 物 流 システムを 構 築 するために 単 にハードの 施 設 整 備 だけでなく 商 品 管 理 などの 商 取 引 システムや 税 制 改 革 と 事 故 補 償 制 度 創 設 や 安 全 管 理 をおこなうこ と にあった ( 図 2 写 真 1 写 真 2) 図 2 菱 垣 廻 船 の 復 元 絵 図 ( 絵 : 谷 井 建 三 )

5 写 真 1 高 瀬 舟 ( 京 都 の 高 瀬 川 ) 写 真 2 江 戸 期 の 陸 上 輸 送 用 のべか 車 (なにわの 海 の 時 空 館 ) 3. 江 戸 の 都 市 計 画 と 物 流 3.1 江 戸 を 選 定 した 背 景 次 に 江 戸 の 都 市 計 画 と 物 流 の 関 係 を 考 えてみたい 徳 川 家 康 が 関 東 の 任 地 として 江 戸 を 選 んだ 理 由 には 幾 つかの 説 があるが この 中 には 物 資 供 給 上 の 利 点 を 重 視 したとの 説 がある 岡 野 友 彦 は 伊 勢 と 品 川 を 結 ぶ 太 平 洋 海 運 と

6 銚 子 関 宿 から 浅 草 に 通 じていた 利 根 川 常 陸 川 水 系 に 着 目 し 中 世 を 通 じて 東 国 水 上 交 通 の 要 衝 であった 江 戸 を 家 康 が 選 ぶのは あまりにも 当 然 の 選 択 であった としている 近 年 ビジネス 用 語 として 定 着 したロジスティクス(Logistics: 兵 站 )は そもそも 食 糧 や 軍 需 品 の 供 給 補 充 輸 送 を 意 味 し 戦 略 (Strategy)と 戦 術 (Tactics)とともに 三 大 軍 事 用 語 であった ロジスティクスに 優 れていた 戦 国 武 将 が 都 市 の 成 立 に 必 要 な 上 水 と 物 資 供 給 の 重 要 性 に 気 付 かなかったはずはないと 思 うのである 3.2 物 資 輸 送 路 ( 水 路 と 運 河 )の 建 設 物 流 システムは 単 に 幹 線 輸 送 システムだけでなく 都 市 内 への 配 送 システムがなけれ ば 成 立 しない このため 廻 船 航 路 の 到 着 地 である 江 戸 においても 内 陸 部 への 配 送 のため に 物 資 輸 送 路 としての 水 路 や 運 河 が 建 設 され 結 節 点 としての 河 岸 ができあがっていく 天 正 18 年 (1590)に 江 戸 城 直 下 まで 舟 が 入 れるように 日 比 谷 入 江 の 埋 立 てに 際 して 平 川 の 流 入 を 止 め 道 三 堀 が 開 削 された また 同 じ 年 に 隅 田 川 の 対 岸 で 小 名 木 川 が 開 削 された この 理 由 としては 関 東 最 大 の 塩 の 生 産 地 である 行 徳 から 日 比 谷 入 江 までの 物 資 輸 送 路 の 確 保 が 有 力 な 説 である さらに 元 和 6 年 (1620)につくられた 神 田 川 放 水 路 は 隅 田 川 につながる こうして 全 国 からの 年 貢 米 や 生 活 物 資 は 廻 船 航 路 を 利 用 して 菱 垣 廻 船 や 樽 廻 船 で 江 戸 に 輸 送 され 隅 田 川 河 口 付 近 の 江 戸 湊 で 高 瀬 舟 に 積 み 替 えられてから 河 岸 に 運 ばれたので ある それゆえ 鈴 木 理 生 によれば 江 戸 の 都 市 計 画 は 当 時 唯 一 の 大 量 輸 送 手 段 としての 水 運 と その 基 地 を 確 保 するためのものであった そのため 従 来 の 自 然 的 条 件 を 利 用 した 形 の 湊 (みなと)を 埋 立 て 運 河 舟 入 堀 といった 人 工 を 加 えることによって 近 世 的 な 湊 に 再 編 成 する 作 業 をともなった のである ( 図 3) 図 3 江 戸 期 の 江 戸 川 と 沿 岸 の 街 画 面 下 半 分 に 江 戸 湾 に 流 れ 込 む 隅 田 川 ( 左 )と 江 戸 川 ( 右 )とその 沿 岸 の 町 々 左 から 江 戸 城 浅 草 深 川 野 田 松 戸 など 上 半 分 関 東 平 野 の 向 こうに 関 東 山 地 間 に 流 れる 利 根 川 が 見 える

7 図 4 江 戸 の 城 下 と 隅 田 川 ( 嘉 永 6 年 1853 年 ) 3.3 物 資 輸 送 路 の 河 川 と 物 流 施 設 の 河 岸 大 坂 をはじめとする 全 国 から 生 活 物 資 が 運 ばれるとともに 関 東 近 郊 からも 野 菜 や 醤 油 などの 生 活 物 資 が 利 根 川 江 戸 川 隅 田 川 などを 経 て 高 瀬 舟 により 運 ばれた ( 図 4) このとき 隅 田 川 中 流 日 本 橋 川 神 田 川 などの 河 川 沿 岸 と それぞれ 河 川 を 結 ぶ 水 路 運 河 の 沿 岸 の 舟 着 場 はすべて 河 岸 であった 米 の 蔵 前 魚 の 日 本 橋 野 菜 の 神 田 材 木 の 木 場 酒 の 新 川 など 品 目 別 に 集 積 地 が 決 まっていた 図 5 日 本 橋 河 岸 ( 江 戸 名 所 図 会 )

8 河 岸 以 外 の 江 戸 期 の 物 流 施 設 には 物 揚 場 (ものあげば) 蔵 があった 河 岸 が 町 人 専 用 であるのに 対 し 物 揚 場 は 武 家 専 用 であった 蔵 は 貯 蔵 保 管 施 設 である 御 蔵 は 江 戸 幕 府 や 諸 藩 の 年 貢 米 などを 収 納 する 倉 庫 であり 蔵 屋 敷 は 大 名 旗 本 らが 領 内 の 米 や 産 物 を 保 管 する 倉 庫 兼 住 宅 ないし 倉 庫 兼 取 引 場 であり 河 岸 蔵 は 河 岸 に 蔵 が 付 随 したもので あった 日 本 橋 の 魚 河 岸 は 天 正 18 年 (1590)に 徳 川 家 康 が 江 戸 に 入 ったときに 摂 津 国 西 成 郡 図 6 名 所 江 戸 百 景 に 描 かれている 日 本 橋 写 真 3 日 本 橋 魚 河 岸 の 模 型

9 写 真 4 新 川 河 岸 の 模 型 ( 東 京 みなと 館 ) 佃 村 の 住 民 が 江 戸 近 辺 の 河 海 の 漁 業 に 従 事 する 許 しを 受 け 漁 獲 した 魚 の 余 りを 拝 領 した 小 田 原 河 岸 で 江 戸 市 民 に 販 売 したのが 始 まりとされている その 後 日 本 橋 川 沿 岸 ( 本 小 田 原 町 本 船 町 安 針 町 長 浜 町 元 四 日 町 : 現 在 の 室 町 一 二 丁 目 本 町 一 二 丁 目 の 一 部 )に 魚 河 岸 が 広 がり 商 業 の 中 心 地 として 発 展 していった ( 図 5 6 写 真 3 4) つまり 魚 河 岸 は 販 売 活 動 を 行 うようになって 変 化 し 最 終 的 には 市 場 (いちば:マーケッ ト)を 形 成 し いわゆる 商 業 中 心 となっていく 4. 江 戸 期 から 現 代 までの 物 資 輸 送 機 関 の 変 遷 4.1 水 運 から 鉄 道 さらに 道 路 へ 明 治 以 降 になると 鉄 道 が 発 達 し 主 要 な 物 資 輸 送 機 関 は 水 運 と 鉄 道 の 共 存 時 代 に 入 る 明 治 15 年 (1882)に 始 まる 高 崎 線 建 設 の 主 目 的 は 生 糸 の 生 産 地 と 輸 出 港 横 浜 を 結 ぶこ とにあった 当 時 長 距 離 通 勤 があったわけではないから 鉄 道 整 備 は 産 業 振 興 のための 物 流 インフラ 整 備 であった ( 表 3) 特 に 水 運 と 鉄 道 の 連 携 では 明 治 23 年 (1890)に 神 田 の 野 菜 河 岸 に 接 して 秋 葉 原 貨 物 駅 が 設 置 され 明 治 29 年 (1896)に 隅 田 川 に 接 した 千 住 貨 物 駅 が 設 置 される 昭 和 4 年 (1929) の 貨 物 支 線 ( 亀 戸 小 名 木 川 間 )や 小 名 木 川 貨 物 駅 の 整 備 と その 後 の 鉄 道 延 伸 によって 艀 不 要 の 近 代 的 な 港 湾 の 修 築 と 倉 庫 の 整 備 も 進 んだ 一 方 で 軌 間 600 1,000mm 程 度 の 軽 便 鉄 道 が 明 治 中 期 から 昭 和 初 期 にかけて 主 に 木 材 や 石 炭 などの 物 資 輸 送 のために 活 躍 した このように 歴 史 を 振 り 返 れば 水 運 や 鉄 道 の 計 画 は 物 流 を 意 識 していたと 考 えて 良 い 戦 後 になって 道 路 整 備 が 進 むにつれて 貨 物 自 動 車 による 輸 送 ネットワークが 整 備 さ

10 表 3 物 流 の 交 通 手 段 の 変 遷 れていく 昭 和 40 年 代 には 路 線 トラックによるネットワークが 整 備 され 昭 和 50 年 代 になっ て 宅 配 便 が 成 長 し ドアトゥドアの 利 便 性 を 背 景 に 主 要 交 通 機 関 が 自 動 車 に 代 わっていっ た 4.2 物 資 輸 送 機 関 の 変 遷 と 都 市 の 盛 衰 地 図 を 前 にすると 陸 地 に 目 がいってしまうから 半 島 は 奥 地 にあり 島 は 陸 地 から 切 り 離 された 土 地 に 思 える しかし 陸 と 海 を 逆 転 させてみると 別 のことが 浮 かび 上 がる た とえば 伊 豆 の 下 田 は 廻 船 航 路 からすれば どうぞ 寄 ってください というような 地 点 に ある それゆえ 廻 船 航 路 にとって 重 要 な 寄 港 地 であった しかし 陸 地 からみれば 半 島 の 先 端 近 くの 不 便 な 場 所 にあるので 鉄 道 や 道 路 などの 陸 上 交 通 ネットワークの 恩 恵 は 受 けなかった 現 在 の 下 田 は 保 養 地 として 名 高 いが 交 通 の 拠 点 とは 言 い 難 い 同 じように 備 前 の 下 津 井 や 佐 渡 の 小 木 も 往 時 の 繁 栄 を 面 影 だけに 留 めている 全 国 に 小 京 都 と 呼 ばれる 街 があり 関 東 には 川 越 や 佐 原 など 小 江 戸 と 呼 ばれる 街 があ る これらの 街 には 必 ずといって 良 いほど 郷 愁 を 誘 う 蔵 や 古 い 街 並 みが 河 川 沿 いにある このことこそ 往 時 に 物 流 で 栄 えた 街 の 証 なのである その 後 鉄 道 の 発 達 により 街 の 中 心 が 水 辺 から 駅 前 に 移 動 し 駅 前 都 市 へと 変 わっていく ( 写 真 5 6) このような 変 化 のなかで ある 都 市 は 鉄 道 や 道 路 と 疎 遠 になって 衰 退 し ある 都 市 は 水 運 から 鉄 道 や 道 路 への 物 資 輸 送 機 関 の 変 遷 の 波 を 乗 り 継 ぎ 大 都 市 へと 成 長 していった 江 戸 は 東 京 と 名 前 が 変 わり 発 展 していく 過 程 で 水 運 鉄 道 道 路 のいずれの 交 通 機 関 においても 重 要 な 結 節 点 であった つまり 物 資 輸 送 のための 主 要 交 通 機 関 の 変 化 の 波 を 上 手 に 乗 り 継 ぐことができた だからこそ 大 都 市 として 発 展 し 続 けることができ 河 岸 に 始 まる 東 京 の 都 心 も 拡 大 と 発 展 を 続 けてきた 10

11 写 真 5 栃 木 市 の 運 河 と 蔵 写 真 6 近 江 八 幡 の 運 河 と 蔵 5. 江 戸 期 から 現 代 までの 都 心 の 変 遷 5.1 都 心 の 原 型 である 魚 河 岸 の 変 遷 江 戸 期 の 河 岸 は 荷 揚 げ 場 としての 物 流 機 能 を 持 つとともに 現 代 の 繁 華 街 や 商 店 街 の ような 商 業 中 心 としての 都 心 の 原 型 であった そして 江 戸 後 期 から 明 治 期 にかけて そ の 機 能 の 移 転 や 拡 大 を 通 じて 少 しずつ 様 相 を 変 えていく 11

12 日 本 橋 魚 河 岸 の 機 能 の 移 転 は 天 保 の 改 革 (1841 年 ) 時 の 築 地 深 川 の 魚 商 による 取 引 場 に 始 まり その 後 大 森 市 場 (1879 年 )や 浜 町 魚 市 場 (1880 年 : 現 八 丁 堀 )の 開 設 が 続 く こうして 日 本 橋 魚 河 岸 の 機 能 は 他 の 地 区 にも 広 がっていった 新 橋 東 京 間 鉄 道 開 通 の1872 年 には 東 京 府 知 事 の 命 令 により 魚 市 場 は 納 屋 のような 建 物 構 造 になった 東 京 市 区 改 正 条 例 (1888 年 日 本 ではじめての 都 市 計 画 制 度 )で 市 場 の 移 転 が 正 式 に 決 定 されたが 反 対 により1912 年 まで 実 施 が 延 期 される その 後 大 正 12 年 (1923)に 中 央 卸 売 市 場 法 ができ 同 年 の 関 東 大 震 災 を 機 に 築 地 に 移 転 する この 間 の 商 業 中 心 は 日 本 橋 から 神 田 や 上 野 広 小 路 までに 広 がり 金 融 ビジネス 街 とし て 兜 町 問 屋 街 としての 小 伝 馬 町 や 掘 留 などが 都 心 として 栄 えた そして 水 運 の 便 と 無 関 係 の 商 業 業 務 機 能 は さらに 大 手 町 や 丸 の 内 などへと 拡 大 していき 現 在 では 虎 ノ 門 や 赤 坂 まで 都 心 が 拡 大 している ( 図 7 8) 図 7 東 京 の 都 心 の 成 立 と 発 展 図 8 日 本 橋 に 始 まる 東 京 の 都 心 の 拡 大 と 発 展 12

13 5.2 物 流 施 設 としての 木 場 の 変 遷 一 方 の 物 流 施 設 は 大 量 輸 送 に 限 界 のある 運 河 や 水 路 から 逃 れ 水 運 の 利 便 性 を 確 保 す るために 隅 田 川 の 対 岸 の 深 川 へと 移 転 していく 木 材 を 貯 蔵 するための 木 場 は 慶 長 9 年 (1604)に 徳 川 家 康 が 江 戸 城 本 丸 建 設 の 際 駿 河 三 河 紀 伊 から 材 木 商 人 を 集 めたことに 由 来 し 工 事 終 了 後 に 営 業 の 免 許 が 与 えられ 日 本 橋 神 田 に 店 舗 を 構 えた 明 暦 の 大 火 (1657 年 ) 以 後 防 災 のために 佐 賀 福 住 永 代 の 深 川 元 木 場 に 移 転 し 元 禄 12 年 (1699)には 猿 江 に 移 転 し さらに 元 禄 14 年 (1701) に 現 在 の 木 場 二 五 丁 目 に 移 転 した このように 木 場 や 米 蔵 のような 物 流 施 設 は 隅 田 川 の 対 岸 にある 深 川 に 移 転 していく 最 終 的 に 昭 和 に 入 り 昭 和 47 年 (1972)には 防 災 拠 点 計 画 により 東 京 湾 埋 立 地 の 新 木 場 に 移 転 した 6.おわりに 以 上 のように 物 流 システムと 都 市 の 発 展 を 比 較 しながら 考 えてみると 3つのことが 明 らかになる 第 1は 都 市 の 成 立 に 物 資 輸 送 路 の 確 保 が 必 須 条 件 だったために 当 初 水 辺 に 接 してい た 都 市 が 主 要 輸 送 機 関 の 変 遷 にともない 発 展 したり 衰 退 したりした 蔵 や 商 人 町 のある 小 江 戸 や 小 京 都 と 呼 ばれる 街 は 往 時 に 繁 栄 した 街 でもある 一 方 で 東 京 や 大 阪 は 主 要 輸 送 機 関 の 変 遷 の 波 を 乗 り 継 ぎながら 発 展 を 続 けてきたのである 第 2は 都 心 の 変 遷 である 江 戸 期 の 日 本 橋 を 源 とする 東 京 の 都 心 は 商 業 業 務 機 能 と 物 流 機 能 を 分 離 させながら オフィス 街 は 銀 座 京 橋 丸 の 内 大 手 町 虎 ノ 門 赤 坂 へと 拡 がっていった 一 方 の 物 流 施 設 は 隅 田 川 沿 いや 対 岸 の 深 川 に 移 転 し いまも 東 京 湾 岸 沿 いに 集 積 している このような 東 京 の 都 市 形 態 や 都 心 の 形 成 の 源 は 江 戸 期 にある そして400 年 の 時 を 貫 いて 江 戸 の 都 市 計 画 がいまも 息 づいているのである 第 3は 過 去 には 交 通 施 設 整 備 の 主 目 的 が 物 流 にあったが 道 路 交 通 が 主 流 になるにつ れ 人 や 乗 用 車 の 交 通 が 注 目 される 一 方 で 物 や 貨 物 車 の 交 通 の 影 は 薄 くなっていったこ とである 我 々が 学 んだ 教 科 書 でも 物 流 の 記 述 はわずかだった 日 本 の 道 路 ネットワー クは 東 京 で 言 えば 丸 ノ 内 とか 銀 座 を 中 心 に 環 状 線 を 造 ることは 良 いけど 貨 物 用 にはど うなっているのかというと ないわけです と 都 市 計 画 中 央 審 議 会 の 会 長 を 務 めた 井 上 孝 でさえ 物 流 のための 交 通 ネットワークの 不 備 を 指 摘 している 都 市 や 国 家 の 発 展 には 物 流 ネットワークが 欠 かせないし 江 戸 の 河 岸 に 始 まる 東 京 の 都 心 のように 一 度 都 市 形 態 が 形 づくられると 数 百 年 にわたって 影 響 を 及 ぼすことさえあ る 国 際 物 流 を 担 う 国 際 海 運 とともに 都 市 のための 物 流 システムが 縁 の 下 の 力 持 ちとし て 我 が 国 の 発 展 を 支 えている だからこそ ゆとりと 配 慮 に 満 ちた 物 流 のインフラづくりを 通 じて 次 世 代 のために 資 産 を 引 き 継 いでいきたいものである 13

14 参 考 文 献 1) 仲 野 光 洋 苦 瀬 博 仁 (2000): 物 流 システム 構 築 の 視 点 からみた 江 戸 期 における 廻 船 航 路 開 発 の 意 義 と 影 響 に 関 する 研 究 pp79-84 日 本 都 市 計 画 学 会 論 文 集 第 35 巻 2) 苦 瀬 博 仁 原 田 祐 子 (1998): 隅 田 川 河 口 部 沿 岸 域 の 江 戸 期 における 物 流 施 設 の 機 能 と 分 布 に 関 す る 研 究 pp 日 本 都 市 計 画 学 会 論 文 集 第 33 巻 3) 岡 野 友 彦 (1999): 家 康 はなぜ 江 戸 を 選 んだか pp 教 育 出 版 4) 鈴 木 理 生 (1991): 幻 の 江 戸 百 年 pp96-98 pp 筑 摩 書 房 5) 庄 野 新 (1996): 運 びの 社 会 史 pp 白 桃 書 房 6) 内 藤 晶 (1966): 江 戸 と 江 戸 城 pp 鹿 島 出 版 会 7) 岡 本 信 男 木 戸 憲 成 (1985): 日 本 橋 魚 市 場 の 歴 史 pp pp 水 産 社 8) 鈴 木 理 生 (1989): 江 戸 の 川 東 京 の 川 pp pp 平 凡 社 9) 井 上 研 究 会 編 (2002): 井 上 孝 : 都 市 計 画 を 担 う 君 たちへ pp 計 量 計 画 研 究 所 10)なにわの 海 の 時 空 館 : 海 と 大 阪 p16 大 阪 市 立 中 学 校 教 育 研 究 会 11) 船 の 科 学 館 : もの 知 りシート 25/36 日 本 海 事 科 学 振 興 財 団 12) 野 田 市 郷 土 博 物 館 : 図 録 江 戸 川 誕 生 物 語 pp8-9 13) 国 立 歴 史 民 俗 博 物 館 : ガイドブック p29 14

コンテナクレーンの整備について

コンテナクレーンの整備について 釜 石 港 の 沿 革 について 出 典 釜 石 市 誌 ( 通 史 ): 昭 和 52 年 3 月 10 日 発 行 ) 昭 和 52 年 に 発 行 された 釜 石 市 誌 ( 通 史 ) の 中 には 釜 石 を 築 いてきた 先 人 達 の 未 来 予 想 図 とも 受 け 取 れる 以 下 のような 興 味 深 い 記 述 があります いま 釜 石 は 鉄 と 魚 の 二 大 柱 を 市

More information

H27県報別冊表紙

H27県報別冊表紙 平 成 2 7 年 9 月 1 7 日 千 葉 県 報 号 外 特 第 1 号 別 冊 平 成 27 年 基 準 地 の 単 位 面 積 当 たりの 価 格 等 千 葉 県 目 次 千 葉 市 中 央 区 1 酒 々 井 町 62 千 葉 市 花 見 川 区 4 栄 町 63 千 葉 市 稲 毛 区 5 神 崎 町 63 千 葉 市 若 葉 区 7 多 古 町 63 千 葉 市 緑 区 8 東 庄

More information

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩 都 道 府 県 所 属 名 住 所 北 海 道 大 麻 高 等 学 校 江 別 市 大 麻 147 番 地 北 海 道 士 別 翔 雲 高 校 士 別 市 東 六 条 北 6 丁 目 24 番 地 北 海 道 旭 川 北 高 校 旭 川 市 花 咲 町 3 丁 目 北 海 道 富 良 野 高 校 富 良 野 市 末 広 町 1 1 北 海 道 札 幌 開 成 高 校 札 幌 市 東 区 北 22 条

More information

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378>

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378> 引 越 サービス 名 称 : 日 本 通 運 株 式 会 社 事 業 者 名 : 日 本 通 運 株 式 会 社 お 客 様 窓 口 : 電 話 :03-6251-1111 事 業 所 名 住 所 電 話 番 号 札 幌 支 店 札 幌 コンテナ 支 店 北 海 道 札 幌 市 流 通 セン4 丁 目 5-1 011-864-3311 札 幌 支 店 千 歳 支 店 営 業 係 北 海 道 千 歳

More information

凡 例 1. 本 目 録 は 慶 應 義 塾 大 学 古 文 書 室 が 所 蔵 する 史 料 のうち 農 村 文 書 ( 武 蔵 国 )を 収 めた 本 史 料 は 故 野 村 兼 太 郎 経 済 学 部 教 授 が 収 集 したものである 2. 本 目 録 は 高 度 情 報 化 推 進 特 別

凡 例 1. 本 目 録 は 慶 應 義 塾 大 学 古 文 書 室 が 所 蔵 する 史 料 のうち 農 村 文 書 ( 武 蔵 国 )を 収 めた 本 史 料 は 故 野 村 兼 太 郎 経 済 学 部 教 授 が 収 集 したものである 2. 本 目 録 は 高 度 情 報 化 推 進 特 別 慶 應 義 塾 大 学 所 蔵 古 文 書 目 録 農 村 文 書 武 蔵 国 上 2008 年 3 月 慶 應 義 塾 大 学 古 文 書 室 凡 例 1. 本 目 録 は 慶 應 義 塾 大 学 古 文 書 室 が 所 蔵 する 史 料 のうち 農 村 文 書 ( 武 蔵 国 )を 収 めた 本 史 料 は 故 野 村 兼 太 郎 経 済 学 部 教 授 が 収 集 したものである 2. 本 目

More information

しいた 堀 田 正 睦 (まさよし)の 子 育 奨 励 の 触 書 や 天 保 改 革 時 の 家 作 取 締 りなど 興 味 深 い 資 料 があります 3. 嘉 永 二 年 小 金 原 御 鹿 狩 ~ 四 街 道 に5300 人 の 勢 子 が 集 まる~ 井 岡 家 の 先 祖 治 郎 左 衛

しいた 堀 田 正 睦 (まさよし)の 子 育 奨 励 の 触 書 や 天 保 改 革 時 の 家 作 取 締 りなど 興 味 深 い 資 料 があります 3. 嘉 永 二 年 小 金 原 御 鹿 狩 ~ 四 街 道 に5300 人 の 勢 子 が 集 まる~ 井 岡 家 の 先 祖 治 郎 左 衛 古 文 書 が 伝 える 四 街 道 の 歴 史 展 の 解 説 はじめに 今 回 の 展 示 会 にご 協 力 をいただきました 四 街 道 市 長 岡 地 区 の 井 岡 家 は 江 戸 時 を 通 じて 市 域 16か のひとつである 長 岡 の 名 主 や 組 頭 を 勤 め 当 主 は 治 郎 左 衛 門 を 名 乗 られた 家 です 明 治 以 後 も 長 岡 の 用 掛 や 連 合 戸

More information

   

    C. 古 地 図 絵 図 ( 明 治 期 以 前 刊 行 図 の 複 製 ) [1] 一 般 地 図 地 図 帳 江 戸 城 下 変 遷 絵 図 集 - 御 府 内 沿 革 図 書 - 1~20, 別 巻 1~2( 原 書 房 1985-1988 1~20 T0 290/66/1~20, 別 巻 1~2 RT0 280/3001/1~2) 安 政 5 年 (1858 年 ) 幕 府 普 請 奉 行

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

地 区 追 浜 N0 施 設 名 契 約 年 月 日 備 考 21 追 浜 下 水 ポンプ 場 旧 海 軍 天 神 用 地 235 - - - 平 成 7 年 7 月 18 日 22 市 道 敷 ( 第 4,818 号 ) 旧 第 一 海 軍 技 術 廠 42 - - 昭 和 26 年 3 月 2

地 区 追 浜 N0 施 設 名 契 約 年 月 日 備 考 21 追 浜 下 水 ポンプ 場 旧 海 軍 天 神 用 地 235 - - - 平 成 7 年 7 月 18 日 22 市 道 敷 ( 第 4,818 号 ) 旧 第 一 海 軍 技 術 廠 42 - - 昭 和 26 年 3 月 2 地 区 N0 施 設 名 1 日 向 公 園 旧 海 軍 運 輸 部 日 向 地 区 1,509-3 昭 和 26 年 3 月 2 日 昭 和 26 年 6 月 1 日 2 夏 島 小 学 校 旧 海 軍 鉈 切 山 用 地 21,302-12 昭 和 29 年 12 月 20 日 昭 和 31 年 11 月 7 日 3 鷹 取 公 園 旧 海 軍 追 浜 高 等 官 宿 舎 11,963-17 昭

More information

伊豆のカツオ文化と歴史

伊豆のカツオ文化と歴史 鰹 節 の 歴 史 鰹 節 の 歴 史 西 伊 豆 田 子 の 歴 史 カネサ 鰹 節 商 店 の 歴 史 鰹 節 の 歴 史 人 類 は5 万 年 ぐらい 前 から 舟 で 外 洋 航 海 をしていたらしい 1 万 2 千 年 前 ごろから 漁 をしていたらしいこともわかっている 東 ティモールでは 4 万 年 前 の 釣 り 針 らしき 物 が 見 つかっている 日 本 では 縄 文 時 代 からカツオを

More information

かった 船 の 規 模 は 200~300 石 積 みのものが 多 かった 弁 才 船 は 瀬 戸 内 海 で 発 綿 池 綿 酒 酢

かった 船 の 規 模 は 200~300 石 積 みのものが 多 かった 弁 才 船 は 瀬 戸 内 海 で 発 綿 池 綿 酒 酢 .,...,.,.,...,,~ 嶋 ~,..,...,~.,..,..~.,...,..,.,...,...,.,...,..~.,...,c,...-:,c,o.r.,~c,--,.,_.,c.,...-,~.,,...,~~c.,...-,~v.,:,~.,.,..~~.,...,...,v.,,v..-. (ちゅうま) である 中 馬 は, 当 時 の 常 識 を 覆 して 一 人 の 人

More information

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭 県 移 22-1 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 一 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 16~17 4-1 一 覧 表 有 県 移 22-2 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 二 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 18~28 5-1 一 覧 表 有 県 移 22-3 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台

More information

注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利

注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利 注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利 用 のお 客 様 は 店 内 ご 利 用 は11 時 30 分 まででお 願 い 致 します 注 4)

More information

22 2013. 11 194 195 196 ⑴ 196 196 197 ⑵ 197 197 198 198 10 1839 198 200 200 200 201 ⑴ 201 201 201 201 ⑵ 201 201 201 202 ⑶ 204 205 1970 A B A (1) (2) (

22 2013. 11 194 195 196 ⑴ 196 196 197 ⑵ 197 197 198 198 10 1839 198 200 200 200 201 ⑴ 201 201 201 201 ⑵ 201 201 201 202 ⑶ 204 205 1970 A B A (1) (2) ( 22 2013. 11 SUMMARY 1970 24 11 14 25 10 31 193 22 2013. 11 194 195 196 ⑴ 196 196 197 ⑵ 197 197 198 198 10 1839 198 200 200 200 201 ⑴ 201 201 201 201 ⑵ 201 201 201 202 ⑶ 204 205 1970 A B A (1) (2) (3) (4)

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

’V3000Form−®’¬.xls

’V3000Form−®’¬.xls 1821 姓 3034 本 SET 1-5 コート 姓 数 量 184 天 野 383 池 野 556 入 江 728 梅 林 910 大 上 あ 190 雨 宮 391 池 本 559 入 沢 729 梅 原 912 大 内 3 阿 久 津 197 綾 部 395 石 井 567 岩 井 731 梅 村 913 大 浦 12 阿 部 201 荒 井 397 石 上 570 岩 上 732 梅 本

More information

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水 警 察 の 名 称 位 置 及 び 管 轄 区 域 平 成 18 年 4 月 1 日 現 在 名 称 位 置 管 轄 区 域 兵 庫 県 東 灘 警 察 神 戸 市 東 灘 区 神 戸 市 のうち 東 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 灘 警 察 神 戸 市 灘 区 神 戸 市 のうち 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警

More information

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477>

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477> 第 10 章 交 通 輸 送 10-1 緊 急 輸 送 道 路 路 線 一 覧 道 路 種 別 路 線 名 管 理 者 機 能 区 分 経 過 地 高 速 自 動 車 国 道 中 国 自 動 車 道 西 日 本 高 速 道 路 1 次 広 島 県 境 - 鹿 野 IC(R315)- 徳 地 IC(R489)- 山 口 IC(R262)- 山 口 JCT( 山 陽 自 動 車 道 )- 小 郡 IC(R9)-

More information

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退 資 料 3の 参 考 2 平 成 27 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 平 成 27 年 度 国 有 財 産 監 査 の 結 果 について の 2 ページに 記 載 した の 主 な 内 容 を 別 に 表 しています 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理

More information

Microsoft Word - H270401_発表鏡.doc

Microsoft Word - H270401_発表鏡.doc 平 成 27 年 3 月 31 日 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 お 知 ら せ 1. 件 名 中 部 地 方 整 備 局 人 事 異 動 について 2. 概 要 平 成 27 年 4 月 1 日 付 の 人 事 異 動 をお 知 らせします 3. 配 布 先 中 部 地 方 整 備 局 記 者 クラブ 名 古 屋 港 記 者 クラブ 4. 解 禁 指 定 なし 5.その 他 本

More information

(2) 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 1 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 旧 石 巻 市 ( 単 位 :ha) ( 単 位 :ha) 変 更 都 市 計 画 区 域 行

(2) 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 1 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 旧 石 巻 市 ( 単 位 :ha) ( 単 位 :ha) 変 更 都 市 計 画 区 域 行 1. 都 市 計 画 区 域 等 について (1) 全 体 総 括 表 (H27.3.31 現 在 ) 行 政 区 域 都 市 計 画 区 域 石 巻 市 (A) (B) 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 B/A (C) C/A C/B (D) D/A D/B ha ha % ha % % ha % % 旧 石 巻 市 11,765.0 21.2 3,001.2 5.4 25.5 8,763.8

More information

2 旅 行 命 令 権 者 は 旅 行 命 令 等 の 執 行 上 支 障 がある 場 合 には 旅 行 命 令 等 を 発 する 権 限 ( 以 下 旅 行 命 令 権 という )を 別 表 第 1に 定 める 旅 行 命 令 権 の 範 囲 及 び 区 分 において 当 該 部 局 の 所 管

2 旅 行 命 令 権 者 は 旅 行 命 令 等 の 執 行 上 支 障 がある 場 合 には 旅 行 命 令 等 を 発 する 権 限 ( 以 下 旅 行 命 令 権 という )を 別 表 第 1に 定 める 旅 行 命 令 権 の 範 囲 及 び 区 分 において 当 該 部 局 の 所 管 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 旅 費 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 規 程 第 3-20 号 平 成 19 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 4 月 1 日 一 部

More information

6 T140229-1(4) 日 通 トランスポート 株 式 会 社 横 浜 中 央 支 店 神 奈 川 県 横 浜 市 鶴 見 区 大 黒 町 9 番 17 号 DPL 横 浜 大 黒 5 階 2010/09/10 2016/09/10 2018/09/09 7 T140229-2(4) 日 通

6 T140229-1(4) 日 通 トランスポート 株 式 会 社 横 浜 中 央 支 店 神 奈 川 県 横 浜 市 鶴 見 区 大 黒 町 9 番 17 号 DPL 横 浜 大 黒 5 階 2010/09/10 2016/09/10 2018/09/09 7 T140229-2(4) 日 通 平 成 28 年 9 月 9 日 発 行 分 グリーン 経 営 認 証 登 録 事 業 者 認 証 登 録 された 環 境 にやさしい 運 輸 事 業 者 一 覧 はこちら http://www.green-m.jp/#list 新 規 登 録 トラック 事 業 者 ( )は 登 録 回 数 5630 T110256(1) 日 隆 産 業 株 式 会 社 東 京 営 業 所 埼 玉 県 加 須 市

More information

水 準 点 使 用 にあたっての 注 意 とお 願 い 1 水 準 点 を 使 用 する 方 へ (1) 水 準 点 の 蓋 (ふた)が 開 けたままになっていますと 大 きな 事 故 につな がる 事 もありますので 使 用 後 は 確 実 に 蓋 掛 けを 行 って 下 さい (2) 私 有 地

水 準 点 使 用 にあたっての 注 意 とお 願 い 1 水 準 点 を 使 用 する 方 へ (1) 水 準 点 の 蓋 (ふた)が 開 けたままになっていますと 大 きな 事 故 につな がる 事 もありますので 使 用 後 は 確 実 に 蓋 掛 けを 行 って 下 さい (2) 私 有 地 千 葉 市 水 準 測 量 成 果 表 [ 基 準 日 1 日 ] 3 月 千 葉 市 環 境 局 環 境 保 全 部 水 準 点 使 用 にあたっての 注 意 とお 願 い 1 水 準 点 を 使 用 する 方 へ (1) 水 準 点 の 蓋 (ふた)が 開 けたままになっていますと 大 きな 事 故 につな がる 事 もありますので 使 用 後 は 確 実 に 蓋 掛 けを 行 って 下 さい

More information

Bエリア Fエリア D01 a 駅 前 1 2 丁 目 25 0 25 F01 c 富 田 町 字 権 現 林 他 208 58 266 D02 a 大 町 1 2 丁 目 93 322 415 F02 a 富 田 町 字 上 ノ 台 他 238 87 325 D03 b 中 町 38 71 109

Bエリア Fエリア D01 a 駅 前 1 2 丁 目 25 0 25 F01 c 富 田 町 字 権 現 林 他 208 58 266 D02 a 大 町 1 2 丁 目 93 322 415 F02 a 富 田 町 字 上 ノ 台 他 238 87 325 D03 b 中 町 38 71 109 まかせて 郡 山 エリア 一 覧 表 日 付 2016/4/1 配 布 料 金 (R=ランク) a:@6.0 円 b:@6.8 円 c:@7.6 円 ( 全 戸 配 布 ) 集 合 住 宅 の 中 でも2ルーム 以 上 の 集 合 を2R 集 合 とします 集 合 の 数 の 中 に 含 まれます チラシの 配 布 を 禁 止 している 住 宅 や 空 き 家 など( 特 に 集 合 住 宅 )は

More information

ÿþ

ÿþ (2) 騒 音 振 動 悪 臭 の 防 止 ア 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 (ア) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 と 地 域 類 型 指 定 時 の 区 分 地 域 類 型 夜 ( 午 前 6 時 ~ 午 後 10 時 ) ( 午 後 10 時 ~ 午 前 6 時 ) A 55 デシベル 以 下 5 デシベル 以 下 類 型 指 定 地 域 ( 概 要 ) 第 1 種 低 層 住 居

More information

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196 正 会 員 ブロック 正 会 員 所 属 校 郵 便 番 号 住 所 URL 1 北 海 道 旭 川 大 学 079-8501 北 海 道 旭 川 市 永 山 3 条 23 丁 目 1-9 http://www.asahikawa-u.ac.jp/ 2 北 海 道 札 幌 学 院 大 学 069-8555 北 海 道 江 別 市 文 京 台 11 http://www.sgu.ac.jp 3 北 海

More information

Microsoft Word - siryo8-2

Microsoft Word - siryo8-2 [ 危 険 ] 1 河 川 法 一 二 級 河 川 一 覧 表 < 資 料 8-3> 表 1 河 川 法 一 級 河 川 ( 単 位 :m)< 県 土 整 備 部 河 川 環 境 課 > 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 河 川 名 指 定 延 長 河 川 名 指 定 延 長 1 利 根 川 左 岸 22,500m 右 岸 100,640m 45 富 ヶ 沢 川 左 右 岸 各 510m 2

More information

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度

More information

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28:

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28: ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 19 歳 以 上 39 歳 以 下 1 118 中 橋 秀 明 香 川 県 0:35:35.17 2 1:30:41.01 4 2:06:16.18 2 124 茶 屋 孝 三 広 島 県 0:44:02.95 10 1:25:27.58 1 2:09:30.53 3 109 久 保 真 一 鳥 取 県 0:39:58.90 6 1:30:10.43

More information

歳入金等取扱庁一覧

歳入金等取扱庁一覧 ア 00036256 相 生 税 務 署 国 税 収 納 金 整 理 資 金 678-0055 相 生 市 那 波 本 町 6-1 管 理 運 営 徴 収 部 門 0791(23)0231 ア 00008837 愛 光 女 子 学 園 一 般 会 法 務 省 201-0001 狛 江 市 西 野 川 3-14-6 庶 務 課 0424(480)2178-9 ア 00077445 愛 知 県 一 般

More information

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池 平 成 27 年 期 P.1 1 日 辞 職 総 務 部 総 括 調 整 官 事 関 根 伸 章 1 日 総 務 部 総 括 調 整 官 総 務 部 調 査 官 事 渡 邉 猛 雄 1 日 総 務 部 調 査 官 主 任 監 査 官 事 五 味 田 文 和 1 日 主 任 監 査 官 総 務 部 財 産 管 理 官 事 八 子 康 幸 1 日 総 務 部 財 産 管 理 官 道 路 部 路 政 調

More information

〈例言〉

〈例言〉 (2) 飛 騨 国 の 中 世 近 世 飛 騨 国 は 現 在 の 岐 阜 県 の 概 ね 北 側 半 分 を 占 め 南 側 半 分 が 美 濃 国 であった 岐 阜 県 は 飛 山 濃 水 と 言 い 表 され 美 濃 は 水 場 の 国 飛 騨 は 山 岳 に 象 徴 されてきた 標 高 3000 メートルの 日 本 の 屋 根 であ る 飛 騨 山 脈 から 海 抜 零 メートルの 海 津

More information

市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月

市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月 付 付 録 録 市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月 日 昭 和 42 年 月 日 鳴 門 市 明 治 22 年 0 月 日 昭 和 22

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC89598E738E7390A89776979781798E9197BF95D2817A31343034303592458D652E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC89598E738E7390A89776979781798E9197BF95D2817A31343034303592458D652E646F63> 214 松 浦 市 市 勢 要 覧 資 料 編 チ カ ラ を つ く り 続 け る CONTENTS 位 置 地 勢 2 人 口 3 産 業 4 生 活 環 境 6 行 政 議 会 7 沿 革 8 市 章 松 浦 市 の 頭 文 字 であるアルファベット 大 文 字 の M をモチーフに 産 業 創 造 の 未 来 へ 躍 進 する 都 市 の 姿 をダイナミックに 図 案 化 し ハートの 形

More information

Microsoft Word - Ⅰ 01 表紙(土地利用審査会用)

Microsoft Word - Ⅰ 01 表紙(土地利用審査会用) 解 禁 日 時 ラジオ テレビ インターネット:3 月 18 日 ( 水 )16 時 50 分 以 降 解 禁 ( 記 者 発 表 資 料 ) 新 聞 :3 月 19 日 ( 木 ) 付 朝 刊 以 降 解 禁 参 考 2 ( 取 扱 注 意 ) 記 者 発 表 ( 発 表 資 料 配 付 ) 月 / 日 ( 曜 ) 担 当 課 電 話 番 号 発 表 者 名 ( 担 当 主 幹 名 ) その 他

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14 全 日 本 学 生 柔 道 優 勝 大 会 ( 男 子 ) 赤 字 は オリンピック 世 界 選 手 権 全 日 本 選 手 権 のいずれかで3 位 以 内 に 入 ったことがある 選 手 四 年 連 続 で 優 秀 選 手 に 選 ばれたのは 山 下 泰 裕 正 木 嘉 美 斎 藤 制 剛 棟 田 康 幸 高 井 洋 平 回 日 時 優 勝 準 優 勝 第 3 位 優 秀 選 手 1 1952(

More information

平 成 25 年 度 府 歌 山 県 予 選 会 男 子 ダブルス 小 清 水 拓 生 南 泉 達 政 1 辻 尚 輝 附 若 林 主 馬 南 泉 若 林 64 竹 内 蓮 永 松 航 高 槻 市 立 2 箕 面 市 立 三 23 石 川 雅 也 久 市 亘 燿 阿 武 竹 内 石 川 谷 藤 川

平 成 25 年 度 府 歌 山 県 予 選 会 男 子 ダブルス 小 清 水 拓 生 南 泉 達 政 1 辻 尚 輝 附 若 林 主 馬 南 泉 若 林 64 竹 内 蓮 永 松 航 高 槻 市 立 2 箕 面 市 立 三 23 石 川 雅 也 久 市 亘 燿 阿 武 竹 内 石 川 谷 藤 川 平 成 25 年 度 府 歌 山 県 予 選 会 男 子 シングルス 1 小 清 水 拓 生 附 藤 本 達 朗 高 槻 市 立 八 39 小 清 水 中 井 2 石 瑞 基 辺 中 井 悠 仁 茨 木 市 立 三 島 川 中 井 小 清 水 中 井 76(5) 堺 市 立 3 川 祐 輝 枚 方 市 立 枚 方 口 魁 深 井 中 央 4 岩 瀬 健 志 交 市 立 三 尻 純 同 志 社 香 里

More information

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1 職 員 派 遣 に 係 る3 県 合 同 訪 問 要 請 について 平 成 27 年 7 月 2 日 から11 月 25 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 41 都 道 府 県 日 程 7 月 2 日 7 月 3 日 7 月 10 日 岡 山 県 岡 山 県 4 宮 城 県 3, 東 松 島 市 1 岡 山 市 2 石 巻 市 1, 気 仙 沼 市 1 倉 敷 市 1 塩 竈 市 新 見 市

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

x x な 別 添 6 規 制 の 特 例 措 置 等 の 提 案 書 提 案 団 体 名 : 長 崎 県 長 崎 市 佐 世 保 市 西 海 市 政 策 課 題 解 決 策 との 関 係 区 分 ( 1) 現 行 の 規 制 制 度 の 所 管 関 係 官 庁 ( 該 当 に を 記 載 ) 提

More information

茨城県指定有形文化財・取手市指定史跡

茨城県指定有形文化財・取手市指定史跡 茨 城 県 指 定 有 形 文 化 財 取 手 市 指 定 史 跡 旧 取 手 宿 本 陣 染 野 家 住 宅 取 手 市 教 育 委 員 会 はじめに 旧 取 手 宿 本 陣 染 野 家 住 宅 は 寛 政 7 年 (1795)に 建 築 されました 江 戸 時 代 参 勤 交 代 の 制 度 により 大 名 は 江 戸 と 国 元 の 間 を 往 復 しましたが その 道 中 で 宿 泊 や 休

More information

<2334358BBD92A02E707562>

<2334358BBD92A02E707562> 古 文 書 #45 ごうちょう むらめいさいちょう 郷 帳 村 明 細 帳 作 者 : 郷 帳 = 大 名 代 官 幕 府 村 明 細 帳 = 村 方 村 役 人 成 立 : 郷 帳 = 江 戸 期 村 明 細 帳 = 江 戸 初 期 から 明 治 初 年 解 題 Keyword 国 絵 図 村 高 慶 長 郷 帳 正 保 郷 帳 元 禄 郷 帳 天 保 郷 帳 村 差 出 明 細 帳 村 鑑 帳

More information

JAS認定事業者一覧

JAS認定事業者一覧 1 4 6 15 18 21 22 23 26 30 38 44 45 48 52 54 56 60 62 64 大 黒 醤 油 株 式 会 社 岩 手 県 九 戸 郡 軽 米 町 大 字 円 子 2-4-108 鏡 政 治 商 店 鏡 新 一 山 形 県 上 山 市 新 丁 6-18 山 口 阿 武 農 協 加 工 場 明 木 工 場 山 口 県 萩 市 大 字 明 木 3137-2 倉 繁 醸

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

4a.xls

4a.xls 道 路 整 備 特 別 会 計 予 算 で 建 築 した 職 員 宿 舎 リスト 国 土 交 通 省 管 理 事 務 所 宿 舎 名 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 55.79 8,283 2 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 11.57 793 15 北 海 道 開 発 局 平 岸 宿 舎 (2) 43.20 5,079 1 北 海 道 開 発 局 平 岸

More information

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重 高 崎 学 検 定 講 座 / 高 崎 市 市 民 活 動 センター ソシアス/ 平 成 28 年 5 月 21 日 ( 土 ) 真 田 丸 時 代 の 高 崎 群 馬 県 立 歴 史 博 物 館 簗 瀬 大 輔 1 真 田 丸 の 時 代 - 戦 国 時 代 の 最 終 段 階 - 戦 国 時 代 前 期 (15 世 紀 後 半 ) 中 期 (16 世 紀 前 半 ) 後 期 (16 世 紀 後

More information

一 紅 会 歴 史 研 究 会 平 成 25 年 11 月 17 日 演 題 黄 金 の 国 甲 斐 の 通 貨 甲 州 金 ~その 誕 生 から 終 焉 まで~ 日 本 文 藝 家 協 会 会 員 渡 辺 房 男 かつて 甲 斐 の 国 は 黄 金 の 国 ジパングを 象 徴 する 豊 富 な 金

一 紅 会 歴 史 研 究 会 平 成 25 年 11 月 17 日 演 題 黄 金 の 国 甲 斐 の 通 貨 甲 州 金 ~その 誕 生 から 終 焉 まで~ 日 本 文 藝 家 協 会 会 員 渡 辺 房 男 かつて 甲 斐 の 国 は 黄 金 の 国 ジパングを 象 徴 する 豊 富 な 金 一 紅 会 第 15 回 渡 辺 房 男 先 生 を 囲 ん で 歴 史 研 究 同 好 会 参 加 者 名 簿 ( 敬 称 略 ) 黄 金 の 国 の 通 貨 甲 州 金 ~その 誕 生 から 終 焉 まで~ 平 成 25 年 (2013)11 月 17 日 ( 日 ) 午 後 1:30~3:30( 受 付 開 始 1:00~) 於 中 野 ゼロホール 酉 館 2F 学 習 室 1 中 野 区 中

More information

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73>

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73> 北 畠 顕 家 年 譜 和 暦 西 暦 月 日 出 来 事 史 料 文 保 2 年 1318 北 畠 親 房 の 子 として 誕 生 元 応 3 年 1321 1 月 1 日 顕 家 従 五 位 下 となる 正 中 2 年 1325 12 月 30 日 顕 家 侍 従 となる 嘉 暦 3 年 1328 3 月 16 日 顕 家 少 納 言 となる 嘉 暦 3 年 1328 4 月 19 日 顕 家

More information

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城 平 成 26 年 度 対 口 支 援 要 請 訪 問 の 概 要 平 成 26 年 6 月 3 日 から11 月 7 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 40 都 道 府 県 日 程 長 野 県 1 金 野 秘 書 広 報 課 長 長 野 県 市 長 会 定 例 会 6 月 3 日 長 野 県 1 宮 城 県 長 野 市 2 塩 竈 市 松 本 市 2 石 巻 市 1, 女 川 町 1 岡 谷

More information

<5461726F2D906C8CFB93AE91D48A773134816991E6313389F1816A2E6A7464>

<5461726F2D906C8CFB93AE91D48A773134816991E6313389F1816A2E6A7464> 第 13 回 東 京 の 社 会 空 間 構 造 (2) 脱 工 業 化 と 社 会 階 層 別 居 住 分 化 1. 郊 外 化 と 脱 工 業 化 1965 年 以 降 の 大 都 市 の 郊 外 化 過 程 は 同 時 に 都 市 経 済 の 脱 工 業 化 の 過 程 であった 脱 工 業 化 の 2 つの 意 味 1 大 都 市 からの 工 場 (とくに 量 産 工 場 )の 郊 外 地

More information

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73>

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73> 男 子 団 体 戦 第 1ステージ リーグ 戦 1 A ブロック 1 青 森 山 田 2 天 竜 3 双 葉 勝 敗 順 位 1 青 森 山 田 ( 青 森 県 ) 2 天 竜 ( 静 岡 県 ) 3 双 葉 ( 滋 賀 県 ) B ブロック 1 桐 花 2 相 陽 3 加 津 佐 勝 敗 順 位 1 桐 花 ( 北 海 道 ) 2 相 陽 ( 神 奈 川 県 ) 3 加 津 佐 ( 長 崎 県 )

More information

28.07.01【税関】.xlsm

28.07.01【税関】.xlsm 平 成 28 年 7 月 1 日 発 令 税 関 発 令 事 項 氏 名 現 官 職 函 館 税 関 総 務 部 部 付 高 田 薫 神 戸 税 関 監 視 部 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 土 屋 孝 文 函 館 税 関 苫 小 牧 税 関 支 署 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 猪 瀬 裕 神 戸 税 関 ポートアイランド 出 張 所 辞 職 東 京 税 関 総

More information

Taro-zyorei.jtd

Taro-zyorei.jtd 沖 縄 県 港 湾 管 理 条 例 - 抄 - ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 港 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以 下 法 という )の 規 定 により 県 が 管 理 する 港 湾 の 利 用 及 び 管 理 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めるもの とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語

More information

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A>

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A> 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 主 任 教 官 ) 1 等 陸 佐 佐 藤 末 明 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 帯 広 駐 屯 地 業 務 隊 長 ) 1 等 陸 佐 土 生 円 徳 防 衛 医 科 大 学 校 学 生 部 主 任 訓 練 教 官 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 東 北

More information

施設リスト

施設リスト 1 北 海 道 北 海 道 大 学 医 学 部 附 属 病 院 2 北 海 道 札 幌 医 科 大 学 附 属 病 院 3 北 海 道 市 立 旭 川 病 院 4 北 海 道 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 北 海 道 医 療 センター 5 北 海 道 砂 川 市 立 病 院 6 北 海 道 製 鉄 記 念 室 蘭 病 院 7 北 海 道 名 寄 市 立 総 合 病 院 8 北 海

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

会 社 名 所 在 地 名 推 薦 務 所 多 田 工 業 ( 株 ) 徳 島 県 海 部 郡 海 陽 町 久 保 字 松 本 111-1 平 成 25ー26 年 度 長 安 口 ダム 用 道 路 設 置 (その1) ( 株 ) 那 賀 建 設 徳 島 県 阿 南 市 才 見 町 野 中 3 桑 野

会 社 名 所 在 地 名 推 薦 務 所 多 田 工 業 ( 株 ) 徳 島 県 海 部 郡 海 陽 町 久 保 字 松 本 111-1 平 成 25ー26 年 度 長 安 口 ダム 用 道 路 設 置 (その1) ( 株 ) 那 賀 建 設 徳 島 県 阿 南 市 才 見 町 野 中 3 桑 野 務 所 優 良 (53 社 ) 会 社 名 所 在 地 名 推 薦 務 所 井 原 工 業 ( 株 ) 愛 媛 県 四 国 中 央 市 三 島 宮 川 4 丁 目 2 番 18 号 四 国 中 央 職 安 耐 震 改 修 その 他 (2) 営 繕 部 ( 株 ) 井 上 組 徳 島 県 美 馬 郡 つ るぎ 町 半 田 字 西 久 保 342-3 加 茂 第 二 堤 防 佐 々 木 建 設 ( 株

More information

(審40)参考1 福島県内の宅地の調査

(審40)参考1 福島県内の宅地の調査 調 査 報 告 書 平 成 27 年 1 月 福 島 県 内 の 宅 地 の 調 査 一 般 財 団 法 人 日 本 不 動 産 研 究 所 [ 目 次 ] Ⅰ. 調 査 の 基 本 的 事 項... 1 1. 調 査 の 目 的... 1 2. 調 査 事 項... 2 (1) 調 査 対 象 都 (2) 調 査 項 目 3. 調 査 の 方 法... 2 Ⅱ. 調 査 結 果... 3 1. 各

More information

変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街 石 灰 輸 送 五 日 街 薪 炭 輸 送 削 丘 陵 山 岸 岸 岸 豪 乗 豪 章 き 七 紀 ひ 七 紀

変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街 石 灰 輸 送 五 日 街 薪 炭 輸 送 削 丘 陵 山 岸 岸 岸 豪 乗 豪 章 き 七 紀 ひ 七 紀 目 次 口 絵 序 凡 例 目 次 じ 序 章 き ひ 南 北 伸 古 都 府 結 ぶ イ メ ー ジ 最 も 古 痕 跡 東 山 路 遺 跡 鎌 倉 各 結 ぶ 7 士 団 鎌 倉 府 鎌 倉 街 鎌 倉 街 承 変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街

More information

<4372797374616C205265706F7274733A208341838B837983938C768E9E8F88979D8356835883658380>

<4372797374616C205265706F7274733A208341838B837983938C768E9E8F88979D8356835883658380> 全 日 本 スキー 連 盟 B 級 公 認 男 子 大 回 転 公 式 成 績 表 ジュリー 技 術 代 表 前 原 力 [SAJ] テクニカルデータ コース 名 大 沢 大 回 転 コース 主 審 山 崎 幸 男 [ ] スタート 地 点 640m フィニッシュ 地 点 380m 競 技 委 員 長 大 竹 直 人 [ ] 標 高 差 260m 全 長 1050m ホモロゲーション SAJ20-GS47/97

More information

ごあいさつ

ごあいさつ ( 浅 利 氏 ) 檜 山 安 東 氏 脇 本 湊 戸 沢 氏 角 館 赤 尾 津 氏 岩 屋 氏 本 堂 氏 六 郷 氏 内 越 氏 石 沢 氏 滝 沢 氏 仁 賀 保 氏 祢 々 井 氏 矢 島 氏 下 村 氏 小 野 寺 氏 横 手 ごあいさつ 秋 田 藩 家 蔵 文 書 歴 史 上 の 人 物 と 秋 田 秋 田 藩 家 蔵 文 書 に 見 る 秋 田 の 戦 国 時 代 戦 国 時 代

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料 補 足 資 料 主 要 庁 舎 の 移 転 再 配 置 計 画 (イメージ) 第 2 期 初 築 地 の 海 洋 情 報 部 を 臨 海 部 に 仮 移 転 (1) 第 2 期 末 東 京 国 税 局 を 築 地 に 移 転 気 象 庁 を 霞 が 関 近 辺 ( 虎 ノ 門 )に 移 転 (2) 25 年 内 閣 府 新 合 同 庁 舎 建 設 (3) 第 3 期 初 大 手 町 を (4) 第

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

57 毛 馬 中 央 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 4 丁 目 1 58 毛 馬 北 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 4 丁 目 13 59 毛 馬 東 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 5 丁 目 5 60 城 北 緑 道 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬

57 毛 馬 中 央 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 4 丁 目 1 58 毛 馬 北 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 4 丁 目 13 59 毛 馬 東 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 5 丁 目 5 60 城 北 緑 道 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 1 扇 町 公 園 大 阪 市 北 区 扇 町 1 丁 目 1 2 南 天 満 公 園 大 阪 市 北 区 天 神 橋 1 丁 目 3ほか 3 西 天 満 公 園 大 阪 市 北 区 西 天 満 5 丁 目 7 4 東 天 満 公 園 大 阪 市 北 区 天 満 橋 1 丁 目 7 5 滝 川 公 園 大 阪 市 北 区 天 満 4 丁 目 7 6 菅 北 公 園 大 阪 市 北 区 菅 栄 町 4

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732>

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732> 第 4 うみ と みなと ( 港 湾 課 ) 第 4 うみ と みなと 1 海 岸 (1) 概 要 福 岡 県 の 海 岸 線 延 長 は 約 669kmに 及 び このうちの261kmと 二 線 堤 ( )30kmを 合 わせた 291kmを 海 岸 保 全 区 域 に 指 定 して 海 岸 事 業 を 行 っています この 海 岸 保 全 区 域 は3 省 庁 ( 国 土 交 通 省 水 管 理

More information

★01 表紙

★01 表紙 第 1 回 定 例 会 平 成 24 年 度 予 算 案 関 係 資 料 ( 補 正 ) 茨 城 県 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 第 1 回 県 議 会 定 例 会 提 出 議 案 等 一 覧 ( 1) Ⅱ 平 成 24 年 度 補 正 予 算 案 の 概 要 1 今 回 補 正 額 ( 2) 2 今 回 補 正 の 主 なもの ( 2) 3 繰 越 明 許 費 ( 3) 4 一 般 会 計 補

More information

<8D8190EC8CA72E786C73>

<8D8190EC8CA72E786C73> 香 川 県 戦 時 船 舶 と 徴 用 船 戦 没 船 (20-299 総 トン) 1 在 県 隻 数 船 籍 地 区 分 船 籍 港 在 籍 隻 数 船 名 船 舶 番 号 18 年 所 有 者 22 年 所 有 者 総 トン 数 1 香 川 相 生 1 杉 尾 37078 新 田 新 吾 29 T11 製 造 年 18 年 増 減 22 年 増 減 船 種 徴 用 先 徴 用 区 分 配 属 先

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

東日本大震災の社会保険料特例措置

東日本大震災の社会保険料特例措置 Legal and Tax Report 東 日 本 大 震 災 の 社 会 保 険 料 特 例 措 置 2011 年 5 月 13 日 全 5 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 是 枝 俊 悟 被 災 した 事 業 所 の 厚 生 年 金 健 康 保 険 雇 用 保 険 労 災 保 険 の 保 険 料 を 免 除 [ 要 約 ] 2011 年 5 月 2 日 に 東 日 本 大

More information

( 金 象 嵌 銘 ) 羽 柴 五 郎 左 衛 ニッカリ 青 江 門 尉 長 重 要 美 術 品 丸 亀 市 資 料 館 無 銘 特 別 重 要 剣 個 人 蔵 ( 剣 博 物 館 ) 無 銘 特 別 保 存 剣 さむらい 剣 博 物 館 無 銘 剣 博 物 館 無 銘 個 人 蔵 ( 名 古 屋

( 金 象 嵌 銘 ) 羽 柴 五 郎 左 衛 ニッカリ 青 江 門 尉 長 重 要 美 術 品 丸 亀 市 資 料 館 無 銘 特 別 重 要 剣 個 人 蔵 ( 剣 博 物 館 ) 無 銘 特 別 保 存 剣 さむらい 剣 博 物 館 無 銘 剣 博 物 館 無 銘 個 人 蔵 ( 名 古 屋 工 銘 名 物 号 文 化 財 登 録 所 蔵 ( 見 た 場 所 ) 肥 前 忠 国 播 磨 大 掾 藤 原 忠 国 根 津 美 術 館 太 肥 前 住 播 磨 大 掾 藤 原 忠 国 栃 木 県 有 形 文 化 日 財 光 東 照 宮 宝 物 館 忠 廣 近 江 守 藤 原 忠 廣 さむらい 剣 博 物 館 肥 前 国 住 近 江 大 掾 藤 原 忠 広 重 要 剣 岩 国 美 術 館 短 近

More information

小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 ( 月 次 ) 産 業 全 体 の 業 況 過 去 10 年 のトレンド 悪 化 好 転 DI 10 0-10 -20-30 -40-50 -60-70 -80-90 2006 年 2 月 2007 年 2 月 2008 年 2 月 2009 年 2 月

小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 ( 月 次 ) 産 業 全 体 の 業 況 過 去 10 年 のトレンド 悪 化 好 転 DI 10 0-10 -20-30 -40-50 -60-70 -80-90 2006 年 2 月 2007 年 2 月 2008 年 2 月 2009 年 2 月 小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 [ 平 成 28 年 1 月 期 調 査 ] ~ 全 業 種 で 売 上 額 が 落 ち 込 んだ 小 規 模 企 業 景 況 ~ 2016 年 2 月 23 日 全 国 商 工 会 連 合 会 < 調 査 概 要 > 調 査 対 象 : 全 国 約 300 商 工 会 の 経 営 指 導 員 調 査 時 点 :2016 年 1 月 末 調 査 方 法 :

More information

H24.11.8 坂 ノ 下 急 傾 斜 地 崩 壊 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務 所 H24.10.25 山 のみち 第 13 号 幹 線 林 道 開 設 事 業 中 村 大 正 線 2 工 区 工 事 高 知 県 幡 多 林 業 事 務 所 H24.9.29 海 陸 常 第 09-

H24.11.8 坂 ノ 下 急 傾 斜 地 崩 壊 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務 所 H24.10.25 山 のみち 第 13 号 幹 線 林 道 開 設 事 業 中 村 大 正 線 2 工 区 工 事 高 知 県 幡 多 林 業 事 務 所 H24.9.29 海 陸 常 第 09- * 工 事 名 はこちらで 分 かる 範 囲 を 明 記 しており ます H26.11.1 平 成 26 年 度 山 伏 トンネル 取 付 道 路 改 良 工 事 国 土 交 通 省 中 筋 川 総 合 開 発 事 務 所 H26.10.20 道 交 国 防 安 ( 防 災 ) 第 9116-006-1 号 国 道 321 号 防 災 安 全 交 付 金 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

           3か4か 

           3か4か  - 日 本 の 漁 船 - 和 船 の 登 場 と 発 達 三 浦 福 助 日 本 の 船 の 歴 史 を 見 ると 縄 文 時 代 の 丸 木 舟 から 始 まり やがて 木 材 を 組 合 わせた 構 造 船 ( 和 船 と 呼 ぶことにします)が 出 現 します これがいつの 時 代 かはわかりませんが 古 墳 時 代 になるとそのような 船 が 海 に 浮 かんだものと 思 います 1 遣

More information

ÿþ

ÿþ (1) 提 案 のコンセプト 1 資 産 名 称 2 概 要 1 資 産 名 称 - 非 西 洋 世 界 における 近 代 化 の 先 駆 け The Modern Industrial Heritage in Kyushu and Yamaguchi Pioneer of Modernization in the non-western World 2 概 要 我 が 国 の 近 代 化 は, 幕

More information

60本文.ec7

60本文.ec7 地 震 日 誌 平 成 21 年 1 月 1 日 ~ 平 成 21 年 12 月 31 日 (from January to December,2009) 神 奈 川 県 温 泉 地 学 研 究 所 行 竹 番 号 月 日 時 分 震 源 地 深 さkm 最 大 有 感 地 ( 震 度 ) 緯 度 経 度 規 模 1 1 3 16 13 福 島 県 沖 51 福 島 県 : 田 村 市 川 内 村

More information

漁港漁場関係事業優良請負者表彰歴代受賞者名簿

漁港漁場関係事業優良請負者表彰歴代受賞者名簿 歴 代 受 賞 者 名 簿 昭 和 60 年 昭 和 61 年 昭 和 62 年 昭 和 63 年 平 成 元 年 平 成 2 年 平 成 3 年 平 成 4 年 平 成 5 年 平 成 6 年 平 成 7 年 平 成 8 年 平 成 9 年 平 成 10 年 平 成 11 年 平 成 12 年 平 成 13 年 平 成 14 年 平 成 15 年 平 成 16 年 平 成 17 年 平 成 18

More information

<483139937397A7926391CC8C8B89CA2E786C73>

<483139937397A7926391CC8C8B89CA2E786C73> 1 西 平 成 19 年 度 東 京 都 立 対 抗 テニス 大 会 男 子 第 51 回 女 子 第 45 回 男 子 の 部 結 果 大 会 期 日 7 月 21 日 22 日 23 日 決 勝 八 王 子 東 76 2 翔 陽 松 が 谷 三 鷹 77 3 杉 並 工 青 井 78 4 葛 西 工 南 多 摩 40 井 草 79 5 砂 川 荒 川 工 80 6 深 川 40 31 鷺 宮 81

More information

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く 調 べて GO! 志 筑 た ん け ん 隊 志 筑 小 4 年 秋 山 遥 浅 野 琴 美 安 達 未 来 石 井 敬 太 市 ノ 澤 翔 一 梅 沢 幸 斗 大 山 陽 人 釜 津 田 優 花 久 保 田 健 太 小 松 崎 永 遠 杉 本 梨 奈 鈴 木 花 佳 冨 田 明 日 香 友 常 瑞 稀 長 澤 龍 人 中 島 綾 香 中 島 唯 沼 田 博 樹 長 谷 川 晴 香 長 谷 川 莉

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

講 師 プロフィール 鈴 木 輝 明 (すずき てるあき) S47.3 京 都 大 学 農 学 部 水 産 学 科 卒 業 S49.3 東 北 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 S49.4 愛 知 県 水 産 試 験 場 調 査 研 究 科 技 師 H6.7 農 学 博

講 師 プロフィール 鈴 木 輝 明 (すずき てるあき) S47.3 京 都 大 学 農 学 部 水 産 学 科 卒 業 S49.3 東 北 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 S49.4 愛 知 県 水 産 試 験 場 調 査 研 究 科 技 師 H6.7 農 学 博 平 成 28 年 度 地 球 環 境 自 然 学 講 座 第 5 回 テ マ 干 潟 の 機 能 とその 保 全 講 師 名 城 大 学 大 学 院 総 合 学 術 研 究 科 特 任 教 授 鈴 木 輝 明 先 生 平 成 28 年 6 月 11 日 ( 土 ) NPO 法 人 シニア 自 然 大 学 校 講 師 プロフィール 鈴 木 輝 明 (すずき てるあき) S47.3 京 都 大 学 農

More information

大阪港臨港地区における構築物の規制について

大阪港臨港地区における構築物の規制について 大 阪 臨 地 の 分 における 構 築 物 の 規 制 に 関 する 条 例 制 定 昭 40. 4. 1 条 例 32 改 正 昭 54.12.27 条 例 37 改 正 昭 62. 2.20 条 例 3 改 正 平 13. 3. 5 条 例 20 改 正 平 28. 5. 26 条 例 82 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF95D2825081699841978D918B8CFB816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF95D2825081699841978D918B8CFB816A2E646F63> 資 料 編 1 関 係 機 関 の 連 絡 窓 口 (1) 指 定 行 政 機 関 等 (2) 国 の 関 係 出 先 機 関 ( 指 定 地 方 行 政 機 関 自 衛 隊 等 ) (3) 県 関 係 機 関 (4) 関 係 指 定 公 共 機 関 (5) 指 定 地 方 公 共 機 関 (6) 市 町 村 (7) 消 防 本 部 ( 局 ) (8) 水 道 事 業 体 (9) 関 係 報 道 機

More information

INDEX 第 1 章 肥 前 佐 賀 城 下 本 庄 町 の 伊 丹 家 第 1 節 江 戸 時 代 から 続 く 伊 丹 家 の 家 系 図 第 2 節 伊 丹 文 右 衛 門 は 明 治 期 の 佐 賀 近 代 インフラの 先 駆 者 第 3 節 土 木 請 負 業 振 業 社 と 仁 比 山

INDEX 第 1 章 肥 前 佐 賀 城 下 本 庄 町 の 伊 丹 家 第 1 節 江 戸 時 代 から 続 く 伊 丹 家 の 家 系 図 第 2 節 伊 丹 文 右 衛 門 は 明 治 期 の 佐 賀 近 代 インフラの 先 駆 者 第 3 節 土 木 請 負 業 振 業 社 と 仁 比 山 考 察 佐 賀 財 閥 と 呼 ばれた 実 業 家 伊 丹 弥 太 郎 と 伊 丹 文 右 衛 門 伊 丹 弥 太 郎 ( 伊 丹 家 提 供 ) 伊 丹 文 右 衛 門 ( 伊 丹 家 提 供 ) 浄 土 真 宗 西 本 願 寺 門 徒 に 始 まる 西 日 本 鉄 道 の 源 流 九 州 電 力 への 継 承 そして 仁 比 山 別 邸 九 年 庵 は 残 った 平 成 27 年 6 月 特 定

More information

2011年8月29日

2011年8月29日 各 県 別 海 事 産 業 の 経 済 学 青 森 県 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1401 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 情 報 課 長 奈 良 孝 1. 県 勢 青 森 県 は 日 本 の 本 州 最 北 端 に 位 置 し 北 は 津 軽 海 峡 を 隔 てて 北 海 道 に 相 対 し 東 は 太 平 洋 西 は 日 本 海 に 面 し 南 は 岩

More information

< BA689EF8E7B8D488EC090D1955C32372E313294C52E786C7378>

< BA689EF8E7B8D488EC090D1955C32372E313294C52E786C7378> 柱 状 体 圧 入 補 強 協 会 施 工 実 績 表 Kui Taishin - SSP 工 法 PCウェル - リフレ 工 法 ピア - リフレ 工 法 ピア - リフレ 工 法 ( 曲 げ 補 強 仕 様 ) 平 成 7 年 月 Kui Taishin-SSP 工 法 道 路 橋 耐 震 補 強 5 上 今 泉 跨 道 橋 外 耐 震 補 強 工 事 7, 袋 井 大 須 賀 線 ( 馬 伏

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

untitled

untitled 区 政 概 要 平 成 27 年 版 名 古 屋 市 目 次 1 市 勢 概 況 (1) 16 区 の 概 要 図 1 (2) 市 域 拡 張 の 変 遷 図 2 (3) 市 域 拡 張 の 変 遷 図 ( 港 区 詳 細 図 ) 3 (4) 区 域 の 移 りかわり 4 (5) 区 の 面 積 世 帯 人 口 の 推 移 7 (6) 区 の 特 色 11 2 区 役 所 庁 舎 等 概 況 (1)

More information

別紙2

別紙2 運 輸 事 情 調 査 中 国 東 北 地 方 ( 遼 寧 省 吉 林 省 黒 龍 江 省 ) ( 出 展 : 中 国 統 計 年 鑑 29 遼 寧 統 計 年 鑑 29 吉 林 統 計 年 鑑 29 黒 龍 江 統 計 年 鑑 29) 基 本 情 報 図 1. 中 国 東 北 三 省 地 図 図 2. 中 国 東 北 地 方 と 日 本 の 位 置 関 係 表 1. 東 北 三 省 の 基 本 情

More information

山 陽 新 幹 線 千 種 川 橋 梁 兵 庫 県 国 鉄 熊 谷 組 6, 山 陽 新 幹 線 白 水 橋 梁 国 鉄 三 井 建 設 2,500 阪 急 電 鉄 宝 塚 南 口 兵 庫

山 陽 新 幹 線 千 種 川 橋 梁 兵 庫 県 国 鉄 熊 谷 組 6, 山 陽 新 幹 線 白 水 橋 梁 国 鉄 三 井 建 設 2,500 阪 急 電 鉄 宝 塚 南 口 兵 庫 1 1964 営 団 5 号 線 営 団 馬 場 駅 東 京 都 東 京 都 大 成 建 設 10,000 1964 1964 1965 1965 1966 1967 1967 1968 1968 1968 1968 1969 1969 1969 1970 1970 1970 営 団 5 号 線 営 団 竹 平 東 京 都 東 京 都 間 組 13,000 渋 谷 駅 道 地 下 道 東 京 都 東

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

Microsoft Word - 社会_問題用紙.doc

Microsoft Word - 社会_問題用紙.doc 平 成 年 度 洛 陽 総 合 高 等 学 校 社 会 第 次 入 学 考 査 問 題 選 択 (50 分 ) 受 験 番 号 Ⅰ. 以 下 の 地 図 を 見 て あとの 問 いに 答 えなさい ( 氏 名 は 書 かないこと) コペンハーゲン A B 東 京 リオデジャネイロ () 地 図 中 のAとBの 大 陸 の 名 称 を 下 の 語 群 よりそれぞれ 一 つずつ 選 び 記 号 ア~カで

More information