Microsoft Word ガイドライン構成11(最終).docx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 20150512ガイドライン構成11(最終).docx"

Transcription

1

2 はじめに 1 Ⅰ. 地 区 計 画 の 概 要 2 Ⅱ. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 概 要 3 Ⅲ. 地 区 計 画 案 申 し 出 までの 流 れ( 地 元 の 取 り 組 み) 8 Ⅳ. 地 区 計 画 案 申 し 出 後 の 流 れ( 地 元 市 の 続 き) 29 Ⅴ. 地 区 計 画 原 案 の 作 成 法 と 留 意 点 ( 市 の 続 き) 31 参 考 資 料 34

3 はじめに 1

4 Ⅰ-1 地 区 計 画 の 的 等 Ⅰ. 地 区 計 画 の 概 要 Ⅰ-2 地 区 計 画 の 構 成 地 区 計 画 の 標 地 区 計 画 の 針 地 区 整 備 計 画 Ⅰ-3 地 区 計 画 の 種 類 地 区 計 画 防 災 街 区 整 備 地 区 計 画 歴 史 的 致 維 持 向 上 地 区 計 画 沿 道 地 区 計 画 集 落 地 区 計 画 2

5 Ⅱ. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 概 要 Ⅱ-1 地 区 計 画 の 活 的 市 街 化 調 整 区 域 = 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 域 地 区 計 画 区 域 然 環 境 の 保 全 と 活 地 区 計 画 の 活 的 既 存 集 落 における 良 好 な 居 住 環 境 の コミュニティの 地 域 の 活 性 化 維 持 増 進 維 持 増 進 3

6 Ⅱ-2 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 1. 市 街 化 調 整 区 域 の 性 格 から 外 れないこと 市 街 化 調 整 区 域 の 性 格 を 逸 脱 しない 範 囲 で 定 められ 計 画 的 な 市 街 化 に 支 市 運 用 基 準 障 がないこと 第 3 条 第 1 項 第 2 号 周 辺 における 市 街 化 を 促 進 することがない 等 当 該 都 市 計 画 区 域 における 計 画 的 な 市 街 化 を 図 る 上 で 支 障 がないように 定 めること 法 第 13 条 第 1 項 法 運 用 指 針 第 14 号 イ 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 域 であるという 市 街 化 調 整 区 域 の 性 格 を 変 えない 範 囲 とすべきであること 運 用 指 針 Ⅳ-2-1.G. 地 区 計 画 1(1)3 2. 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 針 と 整 合 していること 栗 東 市 都 市 計 画 マスタープラン 等 上 位 計 画 との 整 合 が 図 られていること 第 3 条 第 1 項 第 1 号 市 運 用 基 準 一 建 築 物 の 建 築 あるいは 一 敷 地 の 開 発 を 可 能 とするための 便 宜 的 手 法 とし て 活 用 されるものでないこと 第 3 条 第 1 項 第 3 号 都 市 計 画 区 域 マスタープラン 又 は 都 市 計 画 マスタープランにおいて 示 され 法 運 用 指 針 る 市 街 地 像 を 実 現 するため 総 合 的 なまちづくりのための 計 画 の 一 環 とし て 定 めること 運 用 指 針 Ⅳ-2-1.G. 地 区 計 画 1(1)1 3. 住 が 主 体 となってまちづくりを 進 めること 市 運 用 基 準 法 運 用 指 針 地 区 計 画 の 素 案 は 区 域 内 の 土 地 の 所 有 者 又 は 利 害 関 係 人 の 合 意 形 成 の 下 に 作 成 すること 第 12 条 第 1 項 地 区 計 画 の 素 案 の 作 成 及 びこれに 伴 い 必 要 となる 協 議 は 利 害 関 係 人 を 構 成 員 に 含 むまちづくり 協 議 会 が 行 い 当 該 地 区 計 画 区 域 の 利 害 関 係 人 全 員 の 同 意 を 得 ること 第 12 条 第 2 項 同 第 4 項 地 区 計 画 の 素 案 の 作 成 にあたっては 検 討 の 段 階 から 当 該 地 区 及 び 周 辺 住 民 の 参 加 の 機 会 を 設 け 説 明 会 等 を 実 施 し 住 民 の 意 見 を 地 区 計 画 に 反 映 させるよう 努 めること 第 12 条 第 3 項 地 区 計 画 の 内 容 から 住 民 や 区 域 内 の 土 地 に 権 利 を 有 する 者 及 びその 代 理 人 が 主 体 的 に 関 与 して 定 めること 運 用 指 針 Ⅳ-2-1.G. 地 区 計 画 1(2) 4. 地 区 計 画 の 区 域 は 次 の 条 件 を 満 たすこと 市 運 用 基 準 P.5~6 に 示 す 既 存 集 落 型 宅 地 活 用 継 続 型 駅 近 接 型 計 画 整 備 型 のいず れかに 適 合 すること 第 5 条 地 区 計 画 の 区 域 には P.13 に 示 す 区 域 又 は 地 域 を 含 まないこと 第 4 条 地 区 計 画 の 対 象 となる 区 域 は 対 象 区 域 の 周 辺 において 円 滑 な 交 通 を 維 持 できる 道 路 十 分 な 流 下 能 力 を 有 する 水 路 又 は 河 川 及 び 義 務 教 育 施 設 並 び に 上 水 道 施 設 等 の 公 共 公 益 施 設 が 良 好 な 生 活 を 営 むに 足 りる 水 準 で 整 備 さ れており 新 たな 行 政 投 資 を 行 う 必 要 がないこと 第 3 条 第 1 項 第 4 号 4

7 Ⅱ-3 地 区 計 画 の 類 型 適 地 区 の イ メ ー ジ (1) 既 存 集 落 型 運 指 針 Ⅳ-2-1.G. 地 区 計 画 1(4)1 17 滋 賀 県 の 運 針 一 団 の 街 区 を 形 成 する 既 存 の 集 落 及 びその 周 辺 (おおむね 50 戸 以 上 の 建 築 物 が 連 たんしている 土 地 の 区 域 )の 区 域 において 必 要 な 公 共 施 設 等 の 整 備 が 担 保 されており 良 好 な 居 住 環 境 を 形 成 することが 可 能 な 地 区 で 集 落 のコ ミュニティを 維 持 改 善 する 等 の 目 的 で 行 う 地 区 計 画 一 団 の 街 区 を 形 成 する 既 存 集 落 及 びその 周 辺 にお いて 必 要 な 公 共 施 設 等 の 整 備 が 担 保 されており 栗 東 市 の 良 好 な 住 環 境 を 形 成 することが 可 能 な 地 区 で 集 運 基 準 落 のコミュニティを 維 持 改 善 する 必 要 性 がある と 認 められる 地 区 策 定 区 域 の 要 件 0.5ha 以 上 かつ 原 則 として 既 存 集 落 の 面 積 の 1.5 倍 以 下 地 区 施 設 の 配 置 及 び 規 模 適 地 区 の イ メ ー ジ 当 該 地 区 の 策 定 区 域 は 交 通 安 全 上 問 題 なく かつ 6m 以 上 の 幅 員 の 道 路 に 接 しているものとする 地 区 施 設 は 当 該 地 区 の 敷 地 形 成 周 辺 の 道 路 状 況 等 を 勘 案 のうえ 6m 以 上 の 区 画 道 路 及 び 公 園 緑 地 広 場 その 他 の 公 共 空 地 を 配 置 するとともに 必 要 に 応 じて 雨 水 調 整 施 設 を 配 置 するものとし 当 該 地 区 施 設 は 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 行 為 に 関 する 技 術 基 準 ( 平 成 21 年 4 月 栗 東 市 ) に 適 合 するものとする (2) 宅 地 活 継 続 型 運 指 針 Ⅳ-2-1.G. 地 区 計 画 1(4)1 20 滋 賀 県 の 運 針 栗 東 市 の 運 基 準 策 定 区 域 の 要 件 地 区 施 設 の 配 置 及 び 規 模 既 存 集 落 を 除 いて 既 に 造 成 されている 住 宅 団 地 等 における 地 区 計 画 工 場 事 業 所 等 の 立 地 により 既 に 宅 地 化 されている 地 区 又 は 都 市 計 画 法 及 び その 他 の 法 律 により 整 備 された 地 区 において 周 辺 環 境 との 調 和 を 図 りなが ら 継 続 的 な 土 地 利 用 を 図 っていく 地 区 計 画 既 存 集 落 を 除 いて 既 に 造 成 されている 住 宅 団 地 等 における 地 区 工 場 事 業 所 等 の 立 地 により 既 に 宅 地 化 され ている 地 区 又 は 法 及 びその 他 の 法 律 により 整 備 された 地 区 において 周 辺 環 境 との 調 和 を 図 りながら 継 続 的 な 土 地 利 用 を 図 ることが 必 要 と 認 められる 地 区 0.5ha 以 上 (ただし 工 場 跡 地 等 で 周 辺 の 土 地 利 用 状 況 等 によりやむを 得 な い 場 合 は 最 小 面 積 を 0.3ha とすることができる ) 当 該 地 区 の 策 定 区 域 は 交 通 安 全 上 問 題 なく かつ 6m 以 上 の 幅 員 の 道 路 に 接 しているものとする 地 区 施 設 は 当 該 地 区 の 敷 地 形 成 周 辺 の 道 路 状 況 等 を 勘 案 のうえ 6m 以 上 の 区 画 道 路 及 び 公 園 緑 地 広 場 その 他 の 公 共 空 地 を 配 置 するとともに 必 要 に 応 じて 雨 水 調 整 施 設 を 配 置 するものとし 当 該 地 区 施 設 は 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 行 為 に 関 する 技 術 基 準 ( 平 成 21 年 4 月 栗 東 市 ) に 適 合 するものとする 5

8 適 地 区 の イ メ ー ジ (3) 駅 近 接 型 運 指 針 Ⅳ-2-1.G. 地 区 計 画 1(4)1 17 滋 賀 県 の 運 針 栗 東 市 の 運 基 準 既 存 集 落 や 鉄 道 駅 に 面 する 及 び 近 接 する 地 域 で 既 に 住 宅 が 点 在 しているよ うな 地 区 において 地 域 の 特 性 を 活 かし 住 宅 及 び 居 住 者 のための 利 便 施 設 等 を 計 画 的 に 配 置 していく 地 区 計 画 鉄 道 駅 から 概 ね1km 以 内 の 地 域 で 既 に 住 宅 が 点 在 している 地 区 において 地 域 の 特 性 を 活 か し 住 宅 及 び 居 住 者 のための 利 便 施 設 等 を 計 画 的 に 配 置 していく 必 要 があると 認 められる 地 区 策 定 区 域 の 要 件 地 区 施 設 の 配 置 及 び 規 模 適 地 区 の イ メ ー ジ 運 指 針 滋 賀 県 の 運 針 栗 東 市 の 運 基 準 策 定 区 域 の 要 件 地 区 施 設 の 配 置 及 び 規 模 1.0ha 以 上 当 該 地 区 の 策 定 区 域 は 交 通 安 全 上 問 題 なく かつ 6.5m 以 上 の 幅 員 の 道 路 に 接 しているものとする 地 区 施 設 は 当 該 地 区 の 敷 地 形 成 周 辺 の 道 路 状 況 等 を 勘 案 のうえ 6m 以 上 の 区 画 道 路 及 び 公 園 緑 地 広 場 その 他 の 公 共 空 地 を 配 置 するとともに 必 要 に 応 じて 雨 水 調 整 施 設 を 配 置 するものとし 当 該 地 区 施 設 は 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 行 為 に 関 する 技 術 基 準 ( 平 成 21 年 4 月 栗 東 市 ) に 適 合 するものとする (4) 計 画 整 備 型 Ⅳ-2-1.G. 地 区 計 画 2(2)1 市 街 化 調 整 区 域 における 20ha 以 上 ( 産 業 の 振 興 居 住 環 境 の 改 善 等 都 市 機 能 の 維 持 又 は 増 進 に 著 しく 寄 与 する 開 発 行 為 にあっては5ha 以 上 )の 一 団 の 開 発 行 為 であって 市 街 化 区 域 における 市 街 化 の 状 況 から 見 て 当 該 都 市 計 画 区 域 における 計 画 的 な 市 街 化 を 図 るうえで 支 障 がなく かつ 計 画 の 内 容 地 権 者 の 合 意 等 の 状 況 から 判 断 して 確 実 に 見 込 まれるものに 関 する 事 業 が 行 われる 土 地 の 区 域 における 地 区 計 画 ( 大 規 模 開 発 型 ) 産 業 の 振 興 その 他 都 市 機 能 の 維 持 増 進 を 図 るた め 都 市 計 画 マスタープラン 等 の 上 位 計 画 を 踏 ま え 個 別 具 体 的 な 土 地 利 用 の 方 針 が 定 められてい る 地 域 において この 方 針 に 基 づく 土 地 利 用 を 適 切 に 誘 導 し 秩 序 ある 街 区 環 境 の 形 成 を 図 る 地 区 ( 市 長 が 法 第 12 条 の 5 第 1 項 第 2 号 に 規 定 す る 地 区 計 画 の 適 用 区 域 のいずれかに 該 当 すると 認 め かつ 地 区 計 画 制 度 の 活 用 を 図 ることが 適 当 であると 認 める 場 合 に 限 る ) 1.0ha 以 上 当 該 地 区 の 策 定 区 域 は 交 通 安 全 上 問 題 なく かつ 9m 以 上 の 幅 員 の 道 路 に 接 しているものとする 地 区 施 設 は 当 該 地 区 の 敷 地 形 成 周 辺 の 道 路 状 況 等 を 勘 案 のうえ 6m 以 上 の 区 画 道 路 及 び 公 園 緑 地 広 場 その 他 の 公 共 空 地 を 配 置 するとともに 必 要 に 応 じて 雨 水 調 整 施 設 を 配 置 するものとし 当 該 地 区 施 設 は 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 行 為 に 関 する 技 術 基 準 ( 平 成 21 年 4 月 栗 東 市 ) に 適 合 するものとする 6

9 Ⅱ-4 地 区 計 画 の 変 遷 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 創 設 ( 平 成 4 年 ) 市 街 化 調 整 区 域 においても 地 域 の 特 性 を 踏 まえた 良 好 な 都 市 環 境 の 維 持 形 成 に 向 けた 土 地 利 用 を 図 るため 地 区 計 画 制 度 を 活 用 することが 可 能 になった 集 落 地 域 整 備 法 に 基 づき 指 定 された 集 落 地 域 以 外 で 開 発 事 業 が 行 われる 又 は 行 われた 区 域 及 び 現 に 良 好 な 居 住 環 境 その 他 優 れた 街 区 の 環 境 が 形 成 されている 区 域 等 が 対 象 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 策 定 対 象 地 域 の 拡 大 ( 平 成 10 年 ) 市 街 化 調 整 区 域 の 地 区 計 画 の 策 定 対 象 区 域 について 個 別 の 小 規 模 な 開 発 行 為 等 を 計 画 的 に 誘 導 し 適 正 な 土 地 利 用 の 整 序 を 図 っていくべき 区 域 が 追 加 された また 地 区 計 画 に 適 合 する 開 発 行 為 が 開 発 許 可 の 対 象 となった 地 区 計 画 の 策 定 対 象 地 域 の 拡 大 ( 平 成 12 年 ) 地 域 住 民 や 利 害 関 係 人 から 地 区 計 画 の 決 定 変 更 地 区 計 画 案 の 申 し 出 について 市 町 村 の 条 例 に 定 めることが 可 能 になった ( 参 考 ) 用 途 地 域 が 定 められている 区 域 では 線 引 き 都 市 計 画 区 域 非 線 引 き 都 市 計 画 区 域 を 問 わず 地 区 計 画 を 定 めることが 可 能 となった 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 開 発 の 廃 止 に 伴 う 活 用 機 会 の 拡 大 ( 平 成 18 年 ) 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 許 可 制 度 の 見 直 しにより 大 規 模 開 発 を 例 外 的 に 許 可 する 規 定 を 廃 止 し 原 則 として 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 開 発 を 制 限 したうえで 計 画 的 な 市 街 地 を 図 るうえで 支 障 がないと 認 められるものは 地 区 計 画 により 対 応 することになった 平 成 18 年 法 律 第 46 号 による 改 正 前 の 法 第 34 条 第 10 号 イ 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 策 定 ( 平 成 22 年 4 月 ) 線 引 き 制 度 を 適 切 に 運 用 するため 制 度 の 趣 旨 を 踏 まえ 市 として 備 えるべき 最 低 限 の 基 準 として 運 用 基 準 を 策 定 7

10 Ⅲ. 地 区 計 画 案 申 し 出 までの 流 れ( 地 元 の 取 り 組 み) Ⅲ-1 地 区 計 画 案 の 申 し 出 までの 流 れ STEP1.まちづくりのきっかけ(P.9) 市 が 確 認 する 内 容 (P.4) 市 街 化 調 整 区 域 における STEP2.まちの 将 来 を 考 える(P.10) 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 に 即 した 内 容 かどうか 住 民 ( 地 元 組 織 ) STEP3. 地 区 計 画 活 用 の 発 意 (P.12) STEP4. 地 元 組 織 の 設 立 (P.14) STEP5. 地 区 計 画 案 の 検 討 (P.15) まちづくりビジョンの 確 認 共 有 地 区 計 画 ( 目 標 等 地 区 整 備 計 画 )の 検 討 説 明 修 正 STEP6. 地 区 計 画 案 の 申 し 出 (P.27) 事 前 相 談 相 談 協 議 市 が 助 言 する 内 容 (P.10~14) まちの 将 来 像 について 地 区 計 画 の 活 用 について 地 元 組 織 について 市 が 助 言 する 内 容 (P.17~28) 目 標 方 針 について 地 区 整 備 計 画 について 区 域 の 設 定 について 地 区 施 設 ( 道 路 公 園 広 場 等 )について 手 続 き 方 法 について 案 の 申 し 出 栗 東 市 地 区 計 画 案 申 し 出 の 受 理 及 び 審 査 地 区 計 画 案 申 し 出 後 の 流 れ(P.29) へ 8

11 Ⅲ-2 地 区 計 画 案 の 作 成 法 と 順 STEP1.まちづくりのきっかけ ここでは 住 民 のみなさんが 自 分 のまち( 地 域 )やそこでの 暮 らし 方 などに 関 心 をもち 地 区 計 画 制 度 を 活 用 してまちづくりの 実 現 を 目 指 していく 取 り 組 みの 流 れ ポイントについて 説 明 します 1まちづくりのきっかけ 動 機 若 い 世 代 が 地 区 外 に 出 ていってしまった 住 みたい 人 がいるのに 家 を 建 てられない 道 が 狭 くて 危 ない 身 近 に 公 園 がない 2まちづくりの 輪 を 広 げる まちに 活 気 が なくなってきた 祭 りや 行 事 ができ なくなってきた 地 域 への 想 いは 人 それぞれですが 全 てがまちづくりの きっかけ 動 機 になります! 緑 豊 かな 環 境 で 暮 らしたい 駅 の 近 くなど 便 利 な 場 所 で 暮 らしたい コミュニティを 活 発 にしたい のどかな 農 山 村 の 風 景 を 守 りたい 9

12 STEP2.まちの 将 来 を 考 える 地 域 の 個 性 を 活 かしたまちづくりは 自 分 の 住 む 地 域 をよく 知 り 今 後 どうし ていきたいかを 考 えることから 始 まります ここでは そのための 代 表 的 な 取 り 組 み 方 について 説 明 します 1まちの 特 性 の 把 握 まちあるき 街 並 みの 状 況 や 雰 囲 気 危 険 箇 所 や 改 善 すべき 場 所 な ど 地 域 の 状 況 を 的 確 に 把 握 するため 実 際 に 地 域 を 歩 いて 自 分 の 目 で 確 認 します 普 段 から 見 慣 れた 地 域 でも 新 たに 気 付 かされること も 多 いはずです まちあるきのイメージ 2まちの 問 題 課 題 の 共 有 まちづくりワークショップ 住 民 が 意 見 を 出 し 合 い それらを 元 に 意 見 を 取 りまと めていく 手 法 です 意 見 を 出 しやすい 雰 囲 気 づくりのほか 様 々な 視 点 か ら 検 討 するため 年 齢 層 や 性 別 人 数 等 にも 配 慮 する ことが 重 要 です ワークショップのイメージ アンケート 調 査 地 域 住 民 や 関 係 権 利 者 等 の 方 から 広 く 意 見 集 約 を 図 るための 方 法 として アンケー ト 調 査 があります アンケート 調 査 により 様 々な 意 見 を 数 多 く 集 めることができ また 意 思 決 定 の 際 の 拠 り 所 とすることができます アンケート 調 査 は まちの 特 性 や 問 題 課 題 の 把 握 だけでなく 将 来 どのようなま ちにしていきたいか などのニーズを 把 握 するうえでも 有 効 です 10

13 3まちの 将 来 像 を 考 える 11

14 STEP3. 地 区 計 画 活 の 発 意 ここでは 地 区 計 画 を 活 用 したまちづくりを 発 意 してから 具 体 的 な 検 討 を 進 め ていくまでの 流 れ ポイントを 説 明 します 1 地 域 の 現 状 課 題 の 再 確 認 地 域 の 位 置 交 通 条 件 地 域 の 歴 史 や 謂 れ 人 々のつながり(コミュニティ) 人 口 や 世 帯 数 の 推 移 土 地 利 用 の 状 況 周 辺 の 環 境 や 特 性 これらから 見 えてくる 地 域 の 課 題 など 2 地 域 の 将 来 像 の 検 討 3 地 区 計 画 を 活 する 概 ねの 区 域 の 検 討 12

15 4 地 区 計 画 に 含 めることができない 区 域 制 限 される 地 域 等 ア) 自 然 公 園 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 16 号 ) 第 13 条 第 1 項 に 規 定 する 特 別 地 域 イ) 滋 賀 県 立 自 然 公 園 条 例 ( 昭 和 40 年 滋 賀 県 条 例 第 30 号 ) 第 5 条 1 項 に 規 定 する 滋 賀 県 立 自 然 公 園 ウ) 文 化 財 保 護 法 ( 昭 和 25 年 法 律 214 号 ) 第 109 条 第 110 条 に 規 定 する 史 跡 名 勝 天 然 記 念 物 に 指 定 又 は 仮 指 定 された 区 域 エ) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 昭 和 44 年 法 律 第 58 号 ) 第 8 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 農 用 地 区 域 オ) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 まれる 農 用 地 カ) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の 2 第 1 項 第 41 条 第 1 項 に 規 定 する 保 安 林 又 は 保 安 施 設 地 区 キ) 砂 防 法 ( 明 治 30 年 法 律 第 29 号 ) 第 2 条 に 規 定 する 砂 防 指 定 地 ク) 地 すべり 等 防 止 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 30 号 ) 第 3 条 第 1 項 に 規 定 する 地 すべり 防 止 区 域 ケ) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 に 関 する 法 律 ( 昭 和 44 年 法 律 第 57 号 ) 第 3 条 1 項 に 規 定 する 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険 区 域 コ) 土 砂 災 害 警 戒 区 域 等 における 土 砂 災 害 防 止 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律 第 57 号 ) 第 6 条 第 1 項 に 規 定 する 土 砂 災 害 警 戒 区 域 サ) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 八 十 八 号 ) 第 28 条 第 1 項 に 規 定 する 鳥 獣 保 護 区 シ) 都 市 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 44 年 政 令 第 158 号 ) 第 8 条 第 1 項 第 2 号 ロからニまでに 掲 げる 土 地 の 区 域 5 地 区 計 画 活 に 向 けた 考 え 等 の 確 認 ( 事 前 相 談 ) 地 域 の 現 状 や 課 題 地 域 の 将 来 像 やまちづくりの 考 え 方 地 区 計 画 区 域 設 定 の 考 え 方 など 13

16 STEP4. 地 元 組 織 の 設 ここでは 地 区 計 画 案 の 検 討 や 地 区 計 画 を 活 用 したまちづくりの 母 体 となる 地 元 組 織 の 設 立 に 関 する 流 れ ポイントについて 説 明 します 1 地 元 組 織 の 役 割 2 地 元 組 織 の 構 成 3 治 会 や 住 の への 理 解 協 の 呼 び 掛 け 地 域 の 将 来 像 や 活 性 化 の 進 め 方 など まちづくり を 考 えます まちづくりの 目 標 や 地 区 計 画 の 案 を 検 討 します 関 係 権 利 者 との 調 整 住 民 への 情 報 発 信 意 見 収 集 合 意 形 成 を 行 います 市 や 関 係 機 関 等 との 協 議 を 行 います 基 本 は 予 定 区 域 内 の 住 民 や 事 業 者 関 係 権 利 者 等 を 中 心 に 構 成 します まちづくりの 観 点 から 地 域 の 成 り 立 ちに 詳 しい 方 地 域 の 将 来 を 担 う 子 どもたち の 意 見 も 反 映 させるため 年 齢 層 や 性 別 にも 配 慮 します 地 元 組 織 が 地 域 のまちづくりのあり 方 を 検 討 し 地 区 計 画 の 案 を 作 成 する 主 体 で あることを 地 域 の 方 に 理 解 していただくことが 重 要 です 必 要 に 応 じて 規 約 等 を 作 成 し 氏 名 委 員 の 任 期 活 動 内 容 等 を 明 確 にします 14

17 STEP5. 地 区 計 画 案 の 検 討 ここからは 地 区 計 画 案 の 作 成 に 向 けた 具 体 的 な 検 討 内 容 について 順 を 追 って 説 明 します 1 案 作 成 の 基 本 的 な 流 れ ア)まちづくりビジョン まちづくりビジョンの 再 確 認 P.10~11 で 検 討 した 内 容 に 基 づきます 関 係 住 民 等 への 説 明 周 知 イ) 地 区 計 画 の 標 等 ウ) 地 区 整 備 計 画 市 の 助 言 指 導 等 地 区 計 画 の 目 標 地 区 計 画 の 方 針 地 区 計 画 の 区 域 の 検 討 地 区 施 設 の 配 置 の 検 討 区 域 の 確 定 住 民 への 情 報 提 供 及 び 意 見 収 集 関 係 権 利 者 との 調 整 合 意 形 成 建 築 物 等 に 関 する 事 項 の 検 討 市 に 申 し 出 す る 案 は 関 係 権 利 者 の 2/3 以 上 の 同 意 が 必 要 です 地 区 計 画 案 の 内 容 が 概 ねまとまったら 市 に 相 談 をします まちづくりビジョンの 考 え 方 地 区 計 画 の 目 標 方 針 の 考 え 方 地 区 計 画 区 域 設 定 の 考 え 方 地 区 整 備 計 画 の 考 え 方 地 区 施 設 ( 道 路 公 園 広 場 等 ) 考 え 方 等 15

18 STEP1~3で 検 討 した 内 容 を 踏 まえ 地 区 計 画 の 目 標 や 地 区 整 備 計 画 を 検 討 し ます 2 地 区 計 画 案 の 作 成 ア)まちづくりビジョンの 確 認 共 有 (a)まちづくりビジョンの 再 確 認 (b) 関 係 住 等 への 説 明 周 知 全 体 説 明 会 まちづくりビジョンや 地 区 計 画 で 定 める 内 容 は 今 後 地 域 として 進 むべきまちづ くりの 方 向 性 を 決 定 するものであることから 住 民 のみなさんで 十 分 に 話 し 合 いな がら 合 意 形 成 を 得 ることが 重 要 です 各 検 討 の 節 目 となる 場 面 において 適 宜 説 明 会 を 開 催 し 住 民 や 関 係 権 利 者 等 の 理 解 を 高 めていきましょう まちづくりニュース 各 段 階 での 取 り 組 み 内 容 を 広 く 知 らせるとともに 最 終 的 な 合 意 形 成 を 円 滑 に 進 めるため 検 討 の 過 程 を 住 民 や 関 係 権 利 者 等 の 方 に 周 知 していくことが 重 要 です ワークショップや 説 明 会 アンケートの 結 果 などを まちづくりニュースとして 取 りまとめ 定 期 的 に 発 行 しましょう ニュースのイメージ 16

19 イ) 地 区 計 画 の 標 等 の 検 討 まちづくりビジョンを 踏 まえ 地 区 計 画 の 活 用 により 実 現 を 目 指 す 地 区 の 目 標 土 地 利 用 のあり 方 や 建 築 物 等 のルールに 関 する 方 針 を 検 討 します (a) 地 区 計 画 の 標 定 める 項 目 検 討 する 内 容 ( 例 ) 地 区 計 画 を 定 める 目 的 まちづくりの 目 標 地 域 の 将 来 像 などを 検 討 します その 際 地 域 の 位 置 最 寄 りの 駅 や 交 通 機 関 代 表 的 な 場 所 などの 位 置 関 係 地 区 計 画 を 活 用 することとなった 地 域 の 背 景 や 動 機 現 状 と 課 題 などを 踏 まえます (b) 地 区 計 画 の 針 定 める 項 目 検 討 する 内 容 ( 例 ) 現 在 の 土 地 利 用 の 状 況 や 地 域 が 抱 える 課 題 等 を 踏 まえ まちづくり の 目 標 を 実 現 するための 土 地 利 用 の 方 針 や 考 え 方 等 を 検 討 します 現 在 の 道 路 公 園 等 の 状 況 や 地 域 が 抱 える 課 題 等 を 踏 まえ 良 好 な 地 域 環 境 を 形 成 するために 必 要 な 道 路 公 園 等 についての 整 備 方 針 や 考 え 方 を 検 討 します 現 在 立 地 している 建 築 物 等 の 状 況 や 町 並 みの 特 徴 課 題 等 を 踏 まえ その 環 境 の 維 持 改 善 や 良 好 な 地 域 環 境 を 形 成 するために 建 築 物 等 についての 整 備 方 針 や 考 え 方 を 検 討 します 地 域 における 自 然 環 境 や 景 観 コミュニティ 等 の 特 性 を 踏 まえ 地 域 の 環 境 を 維 持 改 善 するため これらの 保 全 や 活 用 形 成 に 対 す る 方 針 考 え 方 を 検 討 します 1 当 該 地 区 の 目 指 す 将 来 像 に 関 すること 2 自 然 環 境 の 保 全 に 関 すること 3 周 辺 環 境 及 び 景 観 との 調 和 に 関 すること 4 地 区 コミュニティの 維 持 及 び 活 性 化 に 関 すること 5 土 地 利 用 の 安 定 性 持 続 性 の 確 保 に 関 すること 17

20 ウ) 地 区 整 備 計 画 の 検 討 地 区 整 備 計 画 は 目 指 すまちづくりを 実 現 するための 内 容 (ルール)を 具 体 的 に 定 めるものであり 開 発 や 建 築 の 行 為 の 指 針 となります (a) 地 区 整 備 計 画 に 定 める 内 容 地 区 施 設 の 配 置 及 び 規 模 建 築 物 等 に 関 する 事 項 地 区 整 備 計 画 に 定 めることができる 事 項 道 路 公 園 緑 地 広 場 その 他 公 共 空 地 用 途 の 制 限 容 積 率 の 最 高 限 度 定 めの 有 無 容 積 率 の 最 低 限 度 建 ぺい 率 の 最 高 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 建 築 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 の 制 限 高 さの 最 高 限 度 ( 北 側 斜 線 含 む) 高 さの 最 低 限 度 形 態 又 は 色 彩 その 他 の 意 匠 の 制 限 ( 日 影 規 制 含 む) 緑 化 率 の 最 低 限 度 ( 土 地 の 利 用 の 制 限 ) かき さくの 構 造 の 制 限 土 地 の 利 用 に 関 する 事 項 樹 林 地 草 地 等 の 保 全 ( : 必 ず 定 める 事 項 : 定 めることが 望 ましい 事 項 : 定 めることができる 事 項 : 定 めない 事 項 ) 地 区 整 備 計 画 は まちづくりビジョンに 基 づいて 定 めた 地 区 計 画 の 目 標 や 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 を 実 現 するために 地 区 計 画 の 区 域 における 建 築 物 等 に 関 する 具 体 的 なルールを 定 めるものです 地 域 住 民 みなさんの 生 活 に 大 きく 関 わる 部 分 であることから 住 民 や 関 係 権 利 者 等 と 充 分 に 意 見 を 交 換 しながら, 検 討 を 進 めていくことが 重 要 です 18

21 (b) 地 区 計 画 の 区 域 の 検 討 区 域 設 定 の 考 え できる 限 り 整 形 とし 地 域 としての 一 体 性 が 確 保 されるようにしま す 地 区 計 画 区 域 の 内 外 で 制 限 が 異 なるため その 境 界 は 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 など 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 当 なものを 原 則 とします いたずらに 区 域 を 広 げるのではなく 地 区 計 画 の 目 標 の 実 現 に 必 要 な 範 囲 とし かつ 将 来 的 な 営 農 意 欲 や 建 築 土 地 活 用 の 意 向 など を 踏 まえます 区 域 が 道 路 等 でしか つながらない 場 合 ( 地 域 としての 一 体 性 が ないと 判 断 される 場 合 ) 農 地 穴 抜 けが 生 じる 場 合 参 考 道 路 河 川 農 地 著 しい 凹 凸 が 生 じる 場 合 特 に 優 良 な 農 地 を 含 める 場 合 1 又 は2の 建 築 敷 地 のみを 指 定 する 場 合 農 業 委 員 会 との 相 談 19

22 (c) 地 区 施 設 の 配 置 の 検 討 地 区 施 設 は 道 路 や 公 園 等 の 公 共 用 地 をあらかじめ 確 保 して 建 築 行 為 等 を 適 正 に 誘 導 し 計 画 的 な 居 住 環 境 を 形 成 するために 定 めるものです 地 区 施 設 として 定 める 道 路 地 区 施 設 の 整 備 に 係 る 費 用 は 原 因 者 ( 関 係 住 民 又 は 開 発 事 業 者 等 )の 負 担 となります 地 区 施 設 として 定 めた 道 路 や 公 園 の 区 域 には 建 築 物 ( 塀 や 柵 も)を 建 築 で きません このほか 道 路 の 形 態 ( 通 り 抜 け 行 き 止 まり)や 形 状 ( 整 形 不 整 形 )などに ついて 技 術 基 準 への 配 慮 も 必 要 です 参 考 地 区 計 画 の 指 定 の 有 無 に 関 わらず 建 築 物 等 の 敷 地 は 原 則 として 幅 員 4m 以 上 の 道 路 に2m 以 上 接 していなければ 原 則 として 建 築 物 を 建 築 することができません その 他 の 地 区 施 設 ( 公 園 緑 地 広 場 ) 20

23 (d) 区 域 の 確 定 地 区 計 画 及 び 地 区 整 備 計 画 の 区 域 は 都 市 計 画 の 制 限 を 受 ける 範 囲 を 示 すもの であり 区 域 の 境 界 は 明 確 にします このことは 指 定 後 における 建 築 物 の 建 築 等 や 土 地 の 売 買 などに 関 するトラブルを 防 止 することにもつながります 地 区 計 画 及 び 地 区 整 備 計 画 の 区 域 の 確 定 原 則 として 道 路 河 川 その 他 の 都 市 施 設 その 他 の 地 形 地 物 等 とします 上 記 が 困 難 な 場 合 に 限 り 町 界 字 界 等 を 用 います 関 係 権 利 者 のリストアップ 基 本 的 には 土 地 の 所 有 者 や 建 物 所 有 者 借 地 権 を 有 する 利 害 関 係 者 です 地 権 者 と 建 物 の 居 住 者 ( 借 家 人 の 方 を 含 む)が 異 なる 場 合 なども 想 定 されま すので 地 区 の 実 情 を 踏 まえて 関 係 権 利 者 を 把 握 します 正 確 な 情 報 を 得 るため 法 務 局 の 登 記 簿 謄 本 で 確 認 します 関 係 権 利 者 が 遠 方 におられる 場 合 や 所 在 不 明 の 場 合 等 も 想 定 されますので あらかじ め 意 向 確 認 の 方 法 を 検 討 しておくことも 重 要 です 21

24 (e) 建 築 物 等 に 関 する 事 項 の 検 討 地 域 の 特 性 やまちづくりビジョン 等 を 踏 まえて 建 築 物 の 用 途 や 形 態 意 匠 に 関 するルールを 検 討 します 建 築 物 のルールは まちづくりビジョンの 実 現 に 向 けた 具 体 的 な 制 限 事 項 を 定 めるものであり 地 域 の 特 性 や 実 状 を 踏 まえるとともに 周 辺 の 環 境 等 にも 配 慮 し 適 切 な 内 容 で 定 めることが 重 要 です また 建 築 物 等 の 形 態 意 匠 につい ては 栗 東 市 景 観 計 画 や 栗 東 市 景 観 条 例 の 基 準 に 配 慮 します 建 築 物 途 の 制 限 類 型 用 途 の 制 限 備 考 既 存 集 落 型 宅 地 活 用 継 続 型 駅 近 接 型 計 画 整 備 型 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 の 範 囲 内 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 の 範 囲 内 ( 計 画 の 内 容 に 基 づく) 戸 建 専 用 住 宅 を 主 体 ( 長 屋 共 同 住 宅 寄 宿 舎 又 は 下 宿 は 建 築 できない) 緩 和 措 置 については 用 途 が 不 適 格 となった 日 すなわち 地 区 計 画 が 決 定 された 日 を 基 準 として 適 用 されます ( 他 の 項 目 について 同 様 です ) 容 積 率 の 最 限 度 類 型 容 積 率 の 最 高 限 度 既 存 集 落 型 宅 地 活 用 継 続 型 80% 駅 近 接 型 200% 計 画 整 備 型 200% 容 積 率 ( 建 築 面 積 / 敷 地 面 積 ) のイメージ 100 m2 ( 例 )2 階 建 延 べ 面 積 200 m2 100 m2 敷 地 面 積 200 m2 延 べ 面 積 200 m2 容 積 率 = = =100% 敷 地 面 積 200 m2 22

25 建 ぺい 率 の 最 限 度 類 型 建 ぺい 率 の 最 高 限 度 既 存 集 落 型 宅 地 活 用 継 続 型 50% 駅 近 接 型 60% 計 画 整 備 型 60% 建 ぺい 率 ( 建 築 面 積 / 敷 地 面 積 )のイメージ 10m 敷 地 面 積 建 築 面 積 10m 30% 40% 50% 60% 70% 80% 建 ぺい 率 = 建 築 面 積 敷 地 面 積 23

26 敷 地 積 の 最 低 限 度 類 型 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 既 存 集 落 型 宅 地 活 用 継 続 型 200m2 駅 近 接 型 180m2 計 画 整 備 型 200m2 : 建 築 できる : 建 築 できない 地 区 計 画 を 定 めた 際 に 既 に 基 準 を 下 回 っていた 敷 地 及 び 土 地 の 区 域 は 現 状 の 敷 地 のままであれば 建 築 物 等 を 建 築 すること ができます ( 図 C) 敷 地 を 分 割 しても 基 準 以 上 であれば 建 築 することができます ( 図 D) 地 区 計 画 の 指 定 後 に 敷 地 を 分 割 して 基 準 を 下 回 った 場 合 は 建 築 物 等 を 建 築 することができません ( 図 E) 最 低 敷 地 規 模 :Am2 B C B A C<A 分 割 前 分 割 D D A E E<A 分 割 後 24

27 壁 の 位 置 の 制 限 類 型 壁 面 の 位 置 の 制 限 既 存 集 落 型 道 路 及 び 隣 地 境 界 から1m 以 上 の 後 退 宅 地 活 用 継 続 型 駅 近 接 型 ( 必 要 に 応 じて 定 める) 計 画 整 備 型 ( 必 要 に 応 じて 定 める) さの 最 限 度 類 型 建 築 物 等 の 高 さの 最 高 限 度 既 存 集 落 型 10m 宅 地 活 用 継 続 型 駅 近 接 型 12m 計 画 整 備 型 ( 周 辺 環 境 景 観 との 調 和 に 配 慮 して 定 める) 建 築 物 等 の 形 態 は 彩 その 他 の 意 匠 の 制 限 25

28 建 築 物 の 緑 化 率 の 最 低 限 度 かき さくの 構 造 の 制 限 地 の 利 に 関 する 事 項 (f) 市 の 助 指 導 関 係 機 関 との 協 議 26

29 STEP6. 地 区 計 画 案 の 申 し 出 地 区 計 画 案 がまとまったら 都 市 計 画 の 手 続 きを 受 けるため 市 に 申 し 出 を 行 い ます ここでは 地 区 計 画 案 の 申 し 出 に 必 要 な 事 項 やポイントについて 説 明 しま す 1 地 元 最 終 案 のとりまとめ 地 区 計 画 を 都 市 計 画 に 定 めるにあたって 市 に 申 し 出 する 地 区 計 画 の 案 について は 関 係 権 利 者 の2/3 以 上 の 同 意 が 必 要 であり 案 の 申 し 出 において 同 意 書 を 提 出 していただくことになります 円 滑 な 合 意 形 成 に 向 けて P.10 P.16 に 示 した 手 法 を 必 要 な 段 階 において 適 宜 実 施 してください 2 地 区 計 画 案 の 申 し 出 (1) 地 区 計 画 等 の 区 域 図 ( 縮 尺 2,500 分 の 1 以 上 ) (2) 現 況 図 ( 縮 尺 500 分 の 1 以 上 ) (3) 土 地 利 用 計 画 図 ( 縮 尺 500 分 の 1 以 上 ) (4) 区 域 内 の 土 地 所 有 者 等 の 一 覧 表 (5) 同 意 書 ( 実 印 と 印 鑑 証 明 書 ( 申 し 出 の3 箇 月 前 以 内 に 発 行 されたもの)が 必 要 ) (6) 関 係 自 治 会 の 同 意 書 (ただし 市 長 がやむを 得 ないと 判 断 した 場 合 は 省 略 することができる ) (7) 土 地 所 有 者 等 に 対 する 説 明 会 報 告 書 (8) 周 辺 住 民 等 への 説 明 に 関 する 報 告 書 (9) 周 辺 環 境 等 への 配 慮 に 関 する 資 料 (10) 雨 水 排 水 計 画 検 討 報 告 書 (11) 対 象 となる 土 地 の 登 記 所 備 付 の 地 図 の 写 し 27

30 地 区 計 画 の 案 の 申 出 書 の 書 式 様 式 第 2 号 ( 第 3 条 関 係 ) 地 区 計 画 等 の 案 等 に 関 する 申 出 書 年 月 日 栗 東 市 長 様 提 出 者 住 所 ( 法 人 の 場 合 は 所 在 地 ) 氏 名 印 ( 法 人 の 場 合 は 名 称 及 び 代 表 者 の 氏 名 ) 連 絡 先 栗 東 市 地 区 計 画 等 の 案 の 作 成 手 続 に 関 する 条 例 第 5 条 第 1 項 の 規 定 により 次 のとおり 申 し 出 ま す 1 地 区 計 画 の 種 類 2 地 区 計 画 の 名 称 3 地 区 計 画 の 位 置 4 地 区 計 画 の 区 域 面 積 地 区 計 画 等 に 関 する 都 市 計 画 の 決 定 5 申 出 の 区 分 地 区 計 画 等 に 関 する 都 市 計 画 の 変 更 地 区 計 画 等 の 案 の 内 容 となるべき 事 項 地 区 計 画 の 目 標 土 地 利 用 の 方 針 6 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 7 地 区 整 備 計 画 地 区 施 設 の 整 備 方 針 建 築 物 等 の 整 備 方 針 その 他 当 該 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 に 関 する 方 針 地 区 施 設 の 配 置 及 び 規 模 建 築 物 等 に 関 する 事 項 土 地 の 利 用 に 関 する 事 項 P.17 で 検 討 した 内 容 に 基 づいて 記 入 します P.18~26 で 検 討 した 内 容 に 基 づいて 記 入 します 備 考 この 様 式 のほか 都 市 計 画 の 申 出 に 係 る 理 由 書 が 必 要 です 28

31 Ⅳ. 地 区 計 画 案 申 し 出 後 の 流 れ( 地 元 市 の 続 き) Ⅳ-1 地 区 計 画 案 申 し 出 後 の 流 れ まちづくり 協 議 会 ( 地 元 組 織 ) 地 区 計 画 案 の 申 し 出 通 知 に 対 する 対 応 関 係 機 関 協 議 地 区 計 画 素 案 の 作 成 及 び 提 出 栗 東 市 地 区 計 画 案 の 審 査 関 係 課 への 意 見 照 会 総 合 調 整 会 議 での 審 議 都 市 計 画 審 議 会 への 意 見 聴 取 総 合 調 整 会 議 での 審 議 申 し 出 に 対 する 通 知 関 係 課 への 通 知 都 市 計 画 決 定 の 手 続 き 約 5 箇 月 農 林 担 当 部 局 農 業 委 員 会 景 観 担 当 部 局 公 園 担 当 部 局 開 発 担 当 部 局 建 築 指 導 部 局 道 路 担 当 部 局 河 川 担 当 部 局 上 下 水 道 担 当 部 局 (その 他 必 要 に 応 じて 協 議 するもの) 消 防 防 災 担 当 部 局 環 境 担 当 部 局 文 化 財 担 当 部 局 教 育 委 員 会 等 29

32 Ⅳ-2 地 区 計 画 案 審 査 のポイント 参 考 保 全 すべき 緑 地 等 を 区 域 に 含 んでいないか 保 全 すべき 緑 地 等 への 配 慮 がなされているか 自 然 環 境 の 保 全 建 築 物 の 立 地 等 により 周 辺 の 自 然 環 境 への 負 荷 を 与 えることが 予 想 されないか 地 域 特 性 やまちづくりビジョンを 踏 まえた 計 画 ゆとりある 良 好 な 市 街 地 となっているか 環 境 の 維 持 及 び 形 成 建 築 物 に 関 する 制 限 内 容 は 適 切 か 地 区 施 設 の 配 置 及 び 規 模 は 適 切 か 周 辺 の 景 観 との 調 和 建 築 物 の 形 態 意 匠 に 関 する 制 限 内 容 は 適 切 か 営 農 条 件 との 調 和 地 域 の 活 性 化 周 辺 の 営 農 環 境 に 支 障 をきたすことがないか 地 域 の 活 性 化 に 寄 与 する 内 容 となっているか 30

33 参 考 資 料 語 解 説 (あ) 一 団 の 街 区 街 区 とは 道 路 鉄 道 河 川 路 など 恒 久 的 な 施 設 で 囲 まれた の 区 画 をいい 複 数 の 街 区 が 連 たんして 形 成 された 定 のまとまりのある 区 画 をさす (か) 関 係 権 利 者 当 該 地 の 所 有 権 を 有 する 建 物 の 所 有 を 的 とする 地 上 権 若 しくは 賃 借 権 を 有 する をいう 地 所 有 者 等 と 呼 ぶ 場 合 もある 北 側 斜 線 敷 地 境 界 線 は 北 側 前 道 路 の 反 対 側 の 境 界 線 から 真 南 向 に ち 上 がる 斜 線 による さ 制 限 で 北 側 に 位 置 する 敷 地 の 照 を 妨 害 しないことを 的 とする 既 存 不 適 格 建 築 物 建 築 当 時 は 適 法 であったものの その 後 の 法 改 正 等 により 現 状 の 基 準 に 適 合 しなくなった 建 築 物 のことをいう なお 建 築 物 を 建 て 替 える 場 合 ( 増 築 や 改 築 等 )などは 原 則 として 現 状 の 基 準 に 適 合 させ ることが 求 められる 区 域 区 分 ( 線 引 き) 区 域 区 分 とは 無 秩 序 な 市 街 化 を 防 し 計 画 的 な 市 街 化 を 図 るため 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 に 区 分 する 制 度 都 市 計 画 図 上 にその 境 界 の 線 を 引 くことから 線 引 きとも われる 建 ぺい 率 建 築 物 の 建 築 積 の 敷 地 積 に 対 する 割 合 のこと (さ) 市 街 化 区 域 都 市 計 画 法 に 基 づく 都 市 計 画 区 域 のうち 市 街 地 として 積 極 的 に 開 発 整 備 する 区 域 で 既 に 市 街 地 を 形 成 している 区 域 及 びおおむね 10 年 以 内 に 優 先 的 かつ 計 画 的 に 市 街 化 を 図 るべ き 区 域 をいう これに 対 して 市 街 化 を 抑 制 する 区 域 を 市 街 化 調 整 区 域 といい この2つの 区 域 区 分 を 基 礎 として 各 種 の 都 市 計 画 を 定 めるとともに 開 発 許 可 制 度 を 併 することによって 計 画 的 段 階 的 な 都 市 の 発 展 を 図 ろうとするものである 34

34 (さ) 市 街 化 調 整 区 域 都 市 計 画 法 に 基 づく 都 市 計 画 区 域 のうち 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 域 これに 対 して 市 街 地 として 積 極 的 に 整 備 開 発 する 区 域 を 市 街 化 区 域 という 市 街 化 調 整 区 域 内 では 農 林 漁 業 の 建 物 や 定 規 模 以 上 の 計 画 的 開 発 などを 除 き 開 発 為 は 許 可 されず また 原 則 として 途 地 域 を 定 めないこととされ 市 街 化 を 促 進 する 都 市 施 設 は 定 めないものとされている (た) 地 区 施 設 定 の 地 区 を 対 象 に その 居 住 者 の 利 する 道 路 公 園 広 場 といった 施 設 で 地 区 計 画 に おいて 定 めたもの (な) 日 影 規 制 住 宅 地 における 照 を 確 保 するため 中 層 建 築 物 が 周 囲 に 落 とす 影 の 時 間 を 制 限 する ことにより 照 条 件 の 悪 化 を 防 ごうとするもの 影 規 制 を 受 ける 建 築 物 は 途 地 域 ごと に さや 階 数 で 定 められている 農 地 転 用 農 地 を 農 地 以 外 の 的 に 転 することであり 農 地 を 農 地 以 外 の 的 に 転 する 場 合 は 農 地 法 第 4 条 第 5 条 により 農 林 産 (4ha を 超 える 場 合 ) は 滋 賀 県 (4ha 以 下 の 場 合 ) の 許 可 が 必 要 である 権 利 者 が 農 地 を 転 する 場 合 は 農 地 法 第 4 条 に 規 定 されており 所 有 権 の 移 転 や 貸 借 によって 農 地 を 転 する 場 合 は 農 地 法 第 5 条 に 規 定 されている (は) 平 成 18 年 法 律 第 46 号 による 改 正 前 の 法 第 34 条 第 10 号 イ 開 発 区 域 の 積 が 政 令 で 定 める 積 を 下 らない 開 発 為 で 市 街 化 区 域 における 市 街 化 の 状 況 等 からみて 当 該 申 請 に 係 る 開 発 区 域 内 において うことが 当 該 都 市 計 画 区 域 における 計 画 的 な 市 街 化 を 図 るうえで 障 がないと 認 められるもの (や) 容 積 率 建 築 物 の 延 べ 積 の 敷 地 積 に 対 する 割 合 のこと (ら) 利 害 関 係 人 地 の 所 有 者 は 地 について 対 抗 要 件 を 備 えた 地 上 権 若 しくは 賃 借 権 は 登 記 した 先 取 特 権 質 権 もしくは 抵 当 権 を 有 する 者 及 びその 地 若 しくはこれらの 権 利 に 関 する 仮 登 記 そ の 地 若 しくはこれらの 権 利 に 関 する 差 押 えの 登 記 はその 地 に 関 する 買 い 戻 し 特 約 の 登 記 の 名 義 をいう 35

35 (ら) 栗 東 市 景 観 計 画 景 観 法 に 基 づき 景 観 づくりの 針 や 具 体 的 な 為 の 制 限 など 格 都 市 栗 東 の 実 現 に 必 要 な 事 項 を 定 めたもの 百 年 先 のあなたに 渡 す 栗 東 市 景 観 計 画 という 栗 東 市 景 観 条 例 市 事 業 者 専 家 及 び 政 の 協 働 により 本 市 固 有 の 然 歴 史 及 び 化 等 を 活 かした 個 性 的 で 魅 ある 景 観 形 成 を 推 進 するために 必 要 な 事 項 及 び 景 観 法 の 施 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めたもの 栗 東 市 都 市 計 画 マスタープラン 都 市 計 画 法 第 18 条 の2に 基 づく 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 針 栗 東 市 における 都 市 の 将 来 像 や 地 利 などの 基 本 向 を 明 らかにするとともに 地 域 ご とのまちづくりの 針 を 定 めており 本 市 における 都 市 づくりの 総 合 的 な 指 針 となるもの 都 市 計 画 区 域 マスタープラン 都 市 計 画 法 第 6 条 の2に 基 づく 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 針 都 市 計 画 区 域 や 複 数 の 都 市 計 画 区 域 を 対 象 とし 都 市 計 画 の 標 区 域 区 分 の 有 無 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 針 等 について 都 道 府 県 が 定 めたもの 市 町 村 の 都 市 計 画 マスタープランは これに 即 して 定 められることとなる 36

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保 延 岡 市 市 街 化 調 整 区 域 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 17 年 3 月 28 日 策 定 平 成 18 年 8 月 12 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 区 計 画 の 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 内 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 当 該

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378> 東 広 島 市 街 化 調 における 運 用 基 準 の 1 作 目 的 成 この に 関 運 し 用 必 基 要 準 な は 事 項 本 を 市 定 の めることにより 市 街 化 調 整 区 域 内 市 における 街 化 調 整 地 区 区 域 計 における 画 制 度 の 良 運 好 用 な 及 環 び 境 地 の 区 維 計 持 画 及 の び 素 形 案 成 に 寄 与 することを 目 的

More information

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基 千 早 赤 阪 村 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 千 早 赤 阪 村 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

市街化調整区域の保全と活用の方針

市街化調整区域の保全と活用の方針 市 街 化 調 整 区 域 の 保 全 と 活 用 の 方 針 ( 平 成 18 年 3 月 29 日 市 長 決 裁 ) ( 平 成 22 年 11 月 22 日 最 終 改 正 ) Ⅰ 方 針 策 定 にあたって 2 1 方 針 策 定 の 背 景 2 2 目 的 と 位 置 づけ 4 Ⅱ 札 幌 市 都 市 計 画 マスタープランにおける 基 本 方 針 5 1 市 街 地 の 範 囲 5 2

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参 考 資 料 > 79

序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参 考 資 料 > 79 静 岡 市 中 山 間 地 域 ( 市 街 化 調 整 区 域 等 ) 土 地 利 用 ガイドライン 平 成 21 年 10 月 静 岡 市 序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc Ⅳ. 実 現 方 策 ここでは まちづくり 基 本 方 針 に 基 づき 地 区 計 画 の 導 入 を 前 提 に 分 野 別 方 針 を 実 現 し ていくための 方 策 を 明 らかにするとともに 住 民 と 行 政 の 協 働 で 取 り 組 むまちづくりの 進 め 方 と 都 市 計 画 の 見 直 しの 考 え 方 を 示 して います Ⅳ-1 分 野 別 の 実 現 方 策 ここでは

More information

市街化調整区域における地区計画の

市街化調整区域における地区計画の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 運 用 方 針 平 成 23 年 8 月 日 野 市 1. 背 景 及 び 目 的 平 成 18 年 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 については 大 規 模 な 開 発 計 画 などを 開 発 許 可 制 度 により 認 める 制 度 が 廃 止 され 改 正 後 地 区 計

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

1 道 路 位 置 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 4 月 横 須 賀 市 都 市 部 目 次 位 置 指 定 編 道 路 の 位 置 の 指 定 とは 1 目 的 1 道 路 位 置 指 定 申 請 と 関 係 手 続 きの 流 れ 2 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 事 前 審 査 3 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 本 申 請 5 道 路 の 位 置 の 表 示

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477>

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477> 豊 島 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 豊 島 区 都 市 整 備 部 平 成 25 年 10 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹 線

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節 建 築 行 為 建 設 行 為 の 許 可 法 第 43 条 第 2 節 許 可 の 条 件 令 第 36 条 第 3 節 既 存 宅 地 における 建 築 物 に 係 る 暫 定 措 置 法 第 43 条 - 201 - 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節

More information

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 21 日 制 定 ) ( 総 則 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 号 以 下 令 という ) 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 ( 以 下 事 業 という )の 円 滑 な 遂 行 に 資

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

越谷の都市計画2012.indd

越谷の都市計画2012.indd LAND USE それぞれの 地 域 に 見 合 った 土 地 の 使 い 方 や 建 物 の 建 て 方 な どのルールを 定 めていくことが 都 市 で 生 活 する 私 たちに は 必 要 なのです 都 市 計 画 区 域 City Planning Areas 区 域 区 分 ( 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ) Urbanization Promotion

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

福山市都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例に係る許可基準について必要な事項を定めるものとする

福山市都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例に係る許可基準について必要な事項を定めるものとする 市 街 化 調 整 区 域 における 立 地 に 関 する 許 可 基 準 2015 年 ( 平 成 27 年 )3 月 福 山 市 1 福 山 市 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 行 為 等 の 許 可 の 基 準 に 関 する 条 例 に 係 る 許 可 基 準 第 1 条 この 許 可 基 準 は, 福 山 市 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 行 為 等 の 許 可 の 基

More information

○道路位置指定申請と関係手続きの流れ

○道路位置指定申請と関係手続きの流れ 豊 中 市 道 路 位 置 指 定 申 請 のしおり 平 成 20 年 4 月 都 市 計 画 推 進 部 開 発 審 査 課 はじめに 建 築 物 の 敷 地 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 43 条 の 規 定 により 同 法 第 42 条 に 定 められる 道 路 に 接 しなければなりません その 道 路 として 認 められるものの 一 つとして

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

<3120955C8E86>

<3120955C8E86> けやき 台 二 丁 目 地 区 地 区 計 画 の 手 引 き 白 井 市 目 次 1. 地 区 計 画 制 度 について 1 2. 地 区 計 画 の 内 容 1 けやき 台 二 丁 目 地 区 地 区 計 画 の 内 容 2 2 地 区 計 画 の 区 域 4 3 壁 面 の 位 置 の 制 限 5 3. 地 区 計 画 の 運 用 基 準 1 建 築 物 等 の 用 途 制 限 6 2 敷 地

More information

2 業 務 目 的 (1) 本 業 務 は 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 らし 空 間 創 生 推 進 区 域 における 住 宅 地 整 備 事 業 を 推 進 するために 行 う 調 査 事 業 計 画 策 定 等 業 務 を 行 うも のである (2) 静 波 地 区 安 全 で 豊

2 業 務 目 的 (1) 本 業 務 は 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 らし 空 間 創 生 推 進 区 域 における 住 宅 地 整 備 事 業 を 推 進 するために 行 う 調 査 事 業 計 画 策 定 等 業 務 を 行 うも のである (2) 静 波 地 区 安 全 で 豊 平 成 27 年 度 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 らし 空 間 創 生 住 宅 地 整 備 事 業 に 伴 う 調 査 及 び 計 画 策 定 事 業 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 1 本 特 記 仕 様 書 は 平 成 27 年 度 都 市 計 画 総 務 費 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 ら し 空 間 創 生 住 宅 地 整

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

<303034205F8CBB8D735F93DF94658E73918D8D8790DD8C768B9689C28EE681453F>

<303034205F8CBB8D735F93DF94658E73918D8D8790DD8C768B9689C28EE681453F> 那 覇 市 総 合 設 計 許 可 取 扱 要 綱 平 成 8 年 4 月 目 次 第 1 総 合 設 計 制 度 1. 総 合 設 計 制 度 の 目 的 2. 許 可 取 扱 要 綱 の 制 定 第 2 総 合 設 計 許 可 取 扱 要 綱 1. 基 本 目 標 2. 運 用 に 当 たっての 基 本 姿 勢 第 3 技 術 基 準 1. 用 語 の 定 義 2. 基 本 要 件 (1) 法

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に

More information

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 等 の 審 査 基 準 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 14 号 編 ) 平 成 26 年 11 月 1 日 沼 津 市 都 市 計 画 部 まちづくり 指 導 課 目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物

More information

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土 地 利 用 方 針 3. 市 街 化 調 整

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土 地 利 用 方 針 3. 市 街 化 調 整 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 ガイドライン 酒 々 井 町 平 成 28 年 4 月 策 定 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件

More information

柏 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 基 準 柏 市 平 成 10 年 10 月 制 定 平 成 24 年 4 月 改 正 目 次 第 1 総 則.........1 1 趣 旨...1 2 運 用 方 針...1 3 用 語 の 定 義...2 第 2 基 本 要 件.........3 1 一 般 総 合 設 計...3 2 市 街 地 住 宅 総 合 設 計...7 3 環 境 配

More information

土地の利用状況、形状等客観的に判断して一団の区画とみなされる土地を建築物の建築又は特定工作物の建設のために変更する場合は開発行為となります

土地の利用状況、形状等客観的に判断して一団の区画とみなされる土地を建築物の建築又は特定工作物の建設のために変更する場合は開発行為となります 第 4 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 許 可 基 準 法 第 34 条 令 第 29 条 の5 第 29 条 の6 第 29 条 の7 第 30 条 規 則 第 28 条 本 条 は 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 立 地 性 についての 規 制 を 定 めたものです 1 公 益 上 必 要 な 建 築 物 又 は 日 常 生 活 に 必 要 な 物 品 等 の

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申 先 着 申 込 順 による 市 有 財 産 ( 土 地 ) 売 却 実 施 要 領 物 件 案 内 平 成 27 年 度 阿 賀 野 市 - 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A817989FC90B388C4817A88CA92758E7792E882CC82B582A882E881693133303531338F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A817989FC90B388C4817A88CA92758E7792E882CC82B582A882E881693133303531338F4390B3816A2E646F63> 横 浜 市 位 置 指 定 申 請 のしおり 平 成 25 年 5 月 横 浜 市 建 築 局 本 しおりで 引 用 した 主 な 法 令 名 は 次 のような 略 称 名 を 用 いました 法 : 建 築 基 準 法 令 : 建 築 基 準 法 施 行 令 条 例 : 横 浜 市 建 築 基 準 条 例 細 則 : 横 浜 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 目 次 第 1 章 位 置 指 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

目  次

目  次 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 許 可 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 1 月 台 東 区 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 許 可 申 請 の 手 引 目 次 1 開 発 許 可 制 度 の 概 要 について 1 開 発 許 可 制 度 とは? 3 2 開 発 行 為 とは? 3 3 開 発 許 可 申 請 に 係 わる 手 続

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

Taro11-第5章.jtd

Taro11-第5章.jtd 第 5 章 法 第 43 条 令 第 34 条 令 第 35 条 令 第 36 条 規 則 第 34 条 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 以 外 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 法 第 四 十 三 条 何 人 も 市 街 化 調 整 区 域 のうち 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 以 外 の 区 域 内 においては 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378> 小 金 井 市 風 致 地 区 の 手 引 き 風 致 地 区 は 自 然 的 景 観 を 維 持 するため 都 市 における 風 致 の 特 に 優 れた 区 域 を 指 定 する 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 7 号 に 定 める 地 域 地 区 です 東 京 都 風 致 地 区 条 例 第 3 条 の 規 定 における 許 可 等 について 小 金 井 市 内 では 武 蔵

More information

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 平 成 27 年 度 申 請 要 領 申 請 の 受 付 期 間 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 )~ 平 成 27 年 6 月 30 日 ( 火 ) 問 い 合 わせ 先 一 般 財 団 法 人 計 量 計 画 研 究 所 道 路 経 済 研 究 室 河 上 森 尾 162-0845 東 京 都 新 宿 区 市 谷 本 村 町 2-9

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

Ⅰ Ⅰ. 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 この 基 準 は 開 発 審 査 会 へ 附 議 する 基 準 であり 許 可 基 準 ではありません 平 成 26 年 8 月 1 日 石 川 県 土 木 部 建 築 住 宅 課 目 次 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 1 法 第 34 条 第 14 号 の 規 定 により 附 議 することが 妥 当 と 考 える 開 発 行

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB> 大 村 市 位 置 指 定 申 請 手 続 きの 手 引 き 平 成 23 年 4 月 1 日 大 村 市 建 築 住 宅 課 目 次 1. 適 用 1 2. 事 前 協 議 及 び 取 扱 基 準 について (1) 事 前 協 議 1 (2) 取 扱 基 準 1 1) の 位 置 指 定 から 指 定 を 延 長 する 場 合 の 取 り 扱 い 1 2) 関 係 規 定 の 適 用 における 指

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

東京都高度利用地区

東京都高度利用地区 新 宿 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 新 宿 区 都 市 計 画 部 平 成 2 7 年 11 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 目 黒 区 決 定 ) 都 市 計 画 を 次 のように 変 更 する す 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 高 又 は 低 備 考 高 第 1 種 17m 第 1 種 第 2 種 17m 第 2 種 20m 第 2 種 30m 第 2 種 587.2 64.4 (66.6) 4.7 480.6 (478.4)

More information

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc)

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc) 資 料 4 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 集 団 指 導 ~ 居 宅 介 護 支 援 ~ 香 川 県 健 康 福 祉 部 長 寿 社 会 対 策 課 在 宅 サービスグループ 高 松 市 健 康 福 祉 局 介 護 保 険 課 平 成 25 年 3 月 18 日 - 0 - 1 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 実 地 指 導 等 における 主 な 指 導 内

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

目 次 はじめに 1 1 府 中 基 地 跡 地 の 概 要 と 経 過 2 2 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 現 状 4 3 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 課 題 8 4 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 活 用 の 基 本 理 念 と 基 本 原 則 9 5 府 中 基 地

目 次 はじめに 1 1 府 中 基 地 跡 地 の 概 要 と 経 過 2 2 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 現 状 4 3 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 課 題 8 4 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 活 用 の 基 本 理 念 と 基 本 原 則 9 5 府 中 基 地 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 活 用 基 本 方 針 平 成 28 年 2 月 府 中 市 目 次 はじめに 1 1 府 中 基 地 跡 地 の 概 要 と 経 過 2 2 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 現 状 4 3 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 の 課 題 8 4 府 中 基 地 跡 地 留 保 地 活 用 の 基 本 理 念 と 基 本 原 則 9 5 府 中 基 地 跡

More information