「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "「一時預かり事業の実態について」の一部改正について"

Transcription

1

2 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年 7 月 5 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 各 都 道 府 県 知 事 殿 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 長 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 長 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 一 時 預 かり 事 業 の 実 施 について 標 記 については 今 般 別 紙 のとおり 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 を 定 め 平 成 27 年 4 月 1 日 から 適 用 することとしたので 通 知 する ついては 管 内 市 町 村 ( 特 別 区 を 含 む )に 対 して 周 知 をお 願 いするとと 一 時 預 かり 事 業 の 実 施 について 標 記 については 今 般 別 紙 のとおり 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 を 定 め 平 成 27 年 4 月 1 日 から 適 用 することとしたので 通 知 する ついては 管 内 市 町 村 ( 特 別 区 を 含 む )に 対 して 周 知 をお 願 いするとと もに 本 事 業 の 適 正 かつ 円 滑 な 実 施 に 期 されたい もに 本 事 業 の 適 正 かつ 円 滑 な 実 施 に 期 されたい 1

3 なお 本 通 知 の 施 行 に 伴 い 平 成 26 年 5 月 29 日 雇 児 発 0529 第 28 号 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 一 時 預 かり 事 業 の 実 施 について は 平 成 27 年 3 月 31 日 限 りで 廃 止 する なお 本 通 知 の 施 行 に 伴 い 平 成 26 年 5 月 29 日 雇 児 発 0529 第 28 号 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 一 時 預 かり 事 業 の 実 施 について は 平 成 27 年 3 月 31 日 限 りで 廃 止 する 別 紙 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 別 紙 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 1 事 業 の 目 的 1 事 業 の 目 的 保 育 所 等 を 利 用 していない 家 庭 においても 日 常 生 活 上 の 突 発 的 な 事 情 や 社 会 参 加 などにより 一 時 的 に 家 庭 での 保 育 が 困 難 となる 場 合 がある ま た 核 家 族 化 の 進 行 や 地 域 のつながりの 希 薄 化 などにより 育 児 疲 れによる 保 護 者 の 心 理 的 身 体 的 負 担 を 軽 減 するための 支 援 が 必 要 とされている こうした 需 要 に 対 応 するため 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 その 他 の 場 所 において 児 童 を 一 時 的 に 預 かることで 安 心 して 子 育 てができる 環 境 を 整 備 し もって 児 童 の 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 2 実 施 主 体 2 実 施 主 体 実 施 主 体 は 市 町 村 ( 特 別 区 及 び 一 部 事 務 組 合 を 含 む 以 下 同 じ )とする なお 市 町 村 が 認 めた 者 へ 委 託 等 を 行 うことができる 3 事 業 の 内 容 3 事 業 の 内 容 2

4 家 庭 において 保 育 を 受 けることが 一 時 的 に 困 難 となった 乳 児 又 は 幼 児 ( 以 下 乳 幼 児 という )について 主 として 昼 間 において 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 その 他 の 場 所 において 一 時 的 に 預 かり 必 要 な 保 護 を 行 う 事 業 4 実 施 方 法 (1) 一 般 型 4 実 施 方 法 (1) 一 般 型 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 地 域 子 育 て 支 援 拠 点 又 は 駅 周 辺 等 利 便 性 の 高 い 場 所 など 一 定 の 利 用 児 童 が 見 込 まれる 場 所 で 実 施 する こと 主 として 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 等 に 通 っていない 又 は 在 籍 していない 乳 幼 児 とする 主 として 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 等 に 通 っていない 又 は 在 籍 していない 乳 幼 児 とする また 当 分 の 間 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 に ついて の 対 応 方 針 について ( 平 成 28 年 4 月 7 日 雇 児 発 0407 第 2 号 ) に 基 づき 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 ( 以 下 緊 急 対 策 という )を 実 施 する 市 町 村 に 限 り 子 ども 子 育 て 支 援 法 ( 平 成 24 年 法 律 第 65 号 ) 第 19 条 第 1 項 第 2 号 又 は 第 3 号 に 掲 げる 小 学 校 就 学 前 子 どもに 該 当 する 支 給 認 定 子 ども( 以 下 保 育 認 定 子 ども と いう )であって 同 法 第 27 条 に 規 定 する 特 定 教 育 保 育 施 設 又 は 同 法 第 29 条 に 規 定 する 特 定 地 域 型 保 育 事 業 者 ( 以 下 保 育 所 等 という ) 3

5 を 利 用 していない 児 童 について 保 育 所 等 への 入 所 が 決 まるまでの 間 定 期 的 に 預 かること( 以 下 緊 急 一 時 預 かり という )も 本 事 業 の 対 象 とし この 場 合 の 補 助 単 価 については 別 に 定 めることとする 3 設 備 基 準 及 び 保 育 の 内 容 児 童 福 祉 法 施 行 規 則 ( 昭 和 23 年 厚 生 省 令 第 11 号 以 下 規 則 と いう ) 第 36 条 の 35 第 1 号 イ ニ 及 びホに 定 める 設 備 及 び 保 育 の 内 容 に 関 する 基 準 を 遵 守 すること 4 職 員 の 配 置 規 則 第 36 条 の 35 第 1 号 ロ 及 びハの 規 定 に 基 づき 乳 幼 児 の 年 齢 及 び 人 数 に 応 じて 当 該 乳 幼 児 の 処 遇 を 行 う 者 ( 以 下 保 育 従 事 者 とい う )を 配 置 し そのうち 保 育 士 を1/2 以 上 とすること 当 該 保 育 従 事 者 の 数 は2 人 を 下 ることはできないこと ただし 保 育 所 等 と 一 体 的 に 事 業 を 実 施 し 当 該 保 育 所 等 の 職 員 ( 保 育 従 事 者 に 限 る )による 支 援 を 受 けられる 場 合 には 保 育 士 1 人 で 処 遇 ができ る 乳 幼 児 数 の 範 囲 内 において 保 育 従 事 者 を 保 育 士 1 人 とすることが できること また 1 日 当 たり 平 均 利 用 児 童 数 が 概 ね3 人 以 下 である 場 合 には 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 ( 平 成 26 年 厚 生 労 働 省 令 第 61 号 以 下 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 運 営 基 準 という ) 第 23 条 第 2 項 に 定 める 市 町 村 長 が 行 う 研 修 を 修 了 した 保 育 士 と 同 等 以 上 の 知 識 及 び 経 験 を 有 すると 市 町 村 長 が 認 めた 者 ( 以 下 家 庭 的 保 4

6 育 者 という )を 保 育 士 とみなすことができる なお 非 定 期 利 用 が 中 心 である 一 時 預 かり 事 業 の 特 性 に 留 意 し 研 修 内 容 を 設 定 する こと なお 1 日 当 たり 平 均 利 用 児 童 数 とは 年 間 延 べ 利 用 児 童 数 を 年 間 開 所 日 数 で 除 して 得 た 数 とすること 5 研 修 保 育 士 以 外 の 保 育 従 事 者 の 配 置 は 以 下 の 研 修 を 修 了 した 者 とする こと ア 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 の 実 施 について ( 平 成 27 年 5 月 21 日 雇 児 発 0521 第 18 号 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 )の 別 紙 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 実 施 要 綱 の5(3)アに 定 める 基 本 研 修 及 び5(3)イ(イ)に 定 める 一 時 預 かり 事 業 又 は 地 域 型 保 育 の 専 門 研 修 を 修 了 した 者 イ 子 育 ての 知 識 と 経 験 及 び 熱 意 を 有 し 家 庭 的 保 育 事 業 の 実 施 に ついて ( 平 成 21 年 10 月 30 日 雇 児 発 1030 第 2 号 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 )の 別 紙 家 庭 的 保 育 事 業 ガイドライン ( 以 下 ガイドライン という )の 別 添 1の1に 定 める 基 礎 研 修 と 同 等 の 研 修 を 修 了 した 者 ただし 平 成 32 年 3 月 31 日 までの 間 に 修 了 した 者 とする なお 非 定 期 利 用 が 中 心 である 一 時 預 かり 事 業 の 特 性 に 留 意 し 研 修 内 容 を 設 定 すること 6 基 幹 型 施 設 土 曜 日 日 曜 日 国 民 の 祝 日 等 の 開 所 及 び1 日 9 時 間 以 上 の 開 所 を 5

7 行 う 施 設 について 基 幹 型 施 設 とすることができる (2) 幼 稚 園 型 (2) 幼 稚 園 型 幼 稚 園 又 は 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )で 実 施 する こと 主 として 幼 稚 園 等 に 在 籍 する 満 3 歳 以 上 の 幼 児 で 教 育 時 間 の 前 後 又 は 長 期 休 業 日 等 に 当 該 幼 稚 園 等 において 一 時 的 に 保 護 を 受 ける 者 3 設 備 基 準 及 び 教 育 保 育 の 内 容 3 設 備 基 準 及 び 教 育 保 育 の 内 容 規 則 第 36 条 の 35 第 2 号 イ 二 及 びホに 定 める 設 備 及 び 教 育 保 育 の 内 容 に 関 する 基 準 を 遵 守 すること 4 職 員 の 配 置 規 則 第 36 条 の 35 第 2 号 ロ( 附 則 第 56 条 第 1 項 において 読 替 え) 及 びハに 基 づき 幼 児 の 年 齢 及 び 人 数 に 応 じて 当 該 幼 児 の 処 遇 を 行 う 者 ( 以 下 教 育 保 育 従 事 者 という )を 配 置 し そのうち 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 を1/3 以 上 とすること 当 該 教 育 保 育 従 事 者 の 数 は2 人 を 下 ることはできないこと ただ し 幼 稚 園 等 と 一 体 的 に 事 業 を 実 施 し 当 該 幼 稚 園 等 の 職 員 ( 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 免 許 状 所 有 者 に 限 る )による 支 援 を 受 けられる 場 合 に は 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 1 人 で 処 遇 ができる 乳 幼 4 職 員 の 配 置 規 則 第 36 条 の 35 第 2 号 ロ 及 びハに 基 づき 幼 児 の 年 齢 及 び 人 数 に 応 じて 当 該 幼 児 の 処 遇 を 行 う 者 ( 以 下 教 育 保 育 従 事 者 という ) を 配 置 し そのうち 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 を1/2 以 上 とすること 当 該 教 育 保 育 従 事 者 の 数 は2 人 を 下 ることはできないこと ただ し 幼 稚 園 等 と 一 体 的 に 事 業 を 実 施 し 当 該 幼 稚 園 等 の 職 員 ( 教 育 保 育 従 事 者 に 限 る )による 支 援 を 受 けられる 場 合 には 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 1 人 で 処 遇 ができる 乳 幼 児 数 の 範 囲 内 に 6

8 児 数 の 範 囲 内 において 教 育 保 育 従 事 者 を 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 1 人 とすることができること おいて 教 育 保 育 従 事 者 を 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 1 人 とすることができること また 保 育 士 又 は 幼 稚 園 免 許 状 所 有 者 以 外 の 教 育 保 育 従 事 者 の 配 置 は アに 掲 げる 者 又 はイからエまでに 掲 げる 者 で 市 町 村 が 適 切 と 認 める 者 とすること なお イからエまでに 掲 げる 者 を 配 置 する 場 合 に は 園 内 研 修 を 定 期 的 に 実 施 することなどにより 預 かり 業 務 に 従 事 する 上 で 必 要 な 知 識 技 術 等 を 十 分 に 身 につけさせる 必 要 があること ア 市 町 村 長 等 が 行 う 研 修 を 修 了 した 者 イ 小 学 校 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 ウ 養 護 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 エ 幼 稚 園 教 諭 教 職 課 程 又 は 保 育 士 養 成 課 程 を 履 修 中 の 学 生 で 幼 児 の 心 身 の 発 達 や 幼 児 に 対 する 教 育 保 育 に 係 る 基 礎 的 な 知 識 を 習 得 していると 認 められる 者 5 研 修 4(2)4アの 市 町 村 長 等 が 行 う 研 修 を 修 了 した 者 は 以 下 の 者 とすること ア 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 の 実 施 について の 別 紙 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 実 施 要 綱 の5(3)アに 定 める 基 本 研 修 及 び5(3)イ (イ)に 定 める 一 時 預 かり 事 業 又 は 地 域 型 保 育 の 専 門 研 修 を 修 了 した 者 イ 子 育 ての 知 識 と 経 験 及 び 熱 意 を 有 し ガイドラインの 別 添 1の1 に 定 める 基 礎 研 修 と 同 等 の 研 修 を 修 了 した 者 ただし 平 成 32 年 3 5 研 修 保 育 士 及 び 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 以 外 の 教 育 保 育 従 事 者 の 配 置 は 以 下 の 研 修 を 修 了 した 者 とすること ア 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 の 実 施 について の 別 紙 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 実 施 要 綱 の5(3)アに 定 める 基 本 研 修 及 び5(3) イ(イ)に 定 める 一 時 預 かり 事 業 又 は 地 域 型 保 育 の 専 門 研 修 を 修 了 した 者 イ 子 育 ての 知 識 と 経 験 及 び 熱 意 を 有 し ガイドラインの 別 添 1の1 に 定 める 基 礎 研 修 と 同 等 の 研 修 を 修 了 した 者 ただし 平 成 32 年 3 7

9 月 31 日 までの 間 に 修 了 した 者 とする なお 非 定 期 利 用 が 中 心 であ る 一 時 預 かり 事 業 の 特 性 に 留 意 し 研 修 内 容 を 設 定 すること 月 31 日 までの 間 に 修 了 した 者 とする なお 非 定 期 利 用 が 中 心 であ る 一 時 預 かり 事 業 の 特 性 に 留 意 し 研 修 内 容 を 設 定 すること (3) 余 裕 活 用 型 (3) 余 裕 活 用 型 下 記 の 施 設 等 のうち 当 該 施 設 等 に 係 る 利 用 児 童 数 が 利 用 定 員 総 数 に 満 たないもの ア 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 39 条 第 1 項 に 規 定 する 保 育 所 イ 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 6 項 に 規 定 する 認 定 こ ども 園 ウ 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 運 営 基 準 第 22 条 に 規 定 する 家 庭 的 保 育 事 業 所 エ 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 運 営 基 準 第 28 条 第 31 条 及 び 第 33 条 に 規 定 する 小 規 模 保 育 事 業 所 オ 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 運 営 基 準 第 43 条 及 び 第 47 条 に 規 定 する 事 業 所 内 保 育 事 業 所 2 実 施 基 準 規 則 第 36 条 の 35 各 号 に 定 める 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 等 を 遵 守 すること 8

10 (4) 居 宅 訪 問 型 (4) 居 宅 訪 問 型 利 用 児 童 の 居 宅 において 実 施 すること 家 庭 において 保 育 を 受 けることが 一 時 的 に 困 難 となった 乳 幼 児 で 以 下 の 要 件 に 該 当 すること ア 障 害 疾 病 等 の 程 度 を 勘 案 して 集 団 保 育 が 著 しく 困 難 であると 認 められる 場 合 イ ひとり 親 家 庭 等 で 保 護 者 が 一 時 的 に 夜 間 及 び 深 夜 の 就 労 等 を 行 う 場 合 ウ 離 島 その 他 の 地 域 において 保 護 者 が 一 時 的 に 就 労 等 を 行 う 場 合 家 庭 において 保 育 を 受 けることが 一 時 的 に 困 難 となった 乳 幼 児 で 以 下 の 要 件 に 該 当 すること ア 障 害 疾 病 等 の 程 度 を 勘 案 して 集 団 保 育 が 著 しく 困 難 であると 認 められる 場 合 イ ひとり 親 家 庭 等 で 保 護 者 が 一 時 的 に 夜 間 及 び 深 夜 の 就 労 等 を 行 う 場 合 ウ 離 島 その 他 の 地 域 において 保 護 者 が 一 時 的 に 就 労 等 を 行 う 場 合 また 当 分 の 間 緊 急 一 時 預 かりも 本 事 業 の 対 象 とし この 場 合 の 補 助 単 価 については 別 に 定 めることとする 3 職 員 配 置 職 員 の 配 置 は 次 のとおりとする なお 家 庭 的 保 育 者 1 人 が 保 育 す ることができる 児 童 の 数 は1 人 とする ア 職 員 の 資 質 向 上 人 材 確 保 等 研 修 事 業 の 実 施 について ( 平 成 27 年 5 月 21 日 雇 児 発 0521 第 19 号 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 )の 別 添 4に 定 める 研 修 を 修 了 した 保 育 士 等 を 配 置 すること イ 都 道 府 県 又 は 市 町 村 において アの 研 修 の 実 施 体 制 が 整 っていな い 場 合 には 経 過 措 置 として 家 庭 的 保 育 者 基 礎 研 修 を 修 了 した 保 9

11 育 士 家 庭 的 保 育 者 認 定 研 修 及 び 基 礎 研 修 を 修 了 した 者 又 はこれら の 者 と 同 等 以 上 と 認 められる 者 であって アの 研 修 体 制 が 整 い 次 第 速 やかに 当 該 研 修 を 受 講 し 修 了 することとしている 者 を 当 該 研 修 を 修 了 するまでの 間 ( 概 ね2 年 程 度 ) 配 置 することができること とする 4 実 施 要 件 ア 利 用 にあたっては 市 町 村 と 協 議 のうえ 利 用 の 決 定 を 行 うこと イ 一 時 預 かり 事 業 の 他 の 類 型 を 実 施 することができない 場 合 に 実 施 すること (5) 地 域 密 着 Ⅱ 型 (5) 地 域 密 着 Ⅱ 型 地 域 子 育 て 支 援 拠 点 や 駅 周 辺 等 利 便 性 の 高 い 場 所 などで 実 施 するも のとする 主 として 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 等 に 通 っていない 又 は 在 籍 していない 乳 幼 児 とする また 当 分 の 間 緊 急 一 時 預 かりも 本 事 業 の 対 象 とし この 場 合 の 補 助 単 価 については 別 に 定 めることとする 3 設 備 基 準 及 び 保 育 の 内 容 2 設 備 基 準 及 び 保 育 の 内 容 規 則 第 56 条 第 1 項 第 4 項 及 び 第 5 項 に 定 める 設 備 及 び 保 育 の 内 容 に 関 する 基 準 に 準 じて 行 うこと 10

12 4 職 員 の 配 置 3 職 員 の 配 置 規 則 第 56 条 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 に 準 じ 乳 幼 児 の 年 齢 及 び 人 数 に 応 じて 当 該 乳 幼 児 の 処 遇 を 行 う 者 ( 以 下 担 当 者 という )を 配 置 すること 担 当 者 の 数 は2 人 を 下 ることはできないこと また 担 当 者 のうち 保 育 について 経 験 豊 富 な 保 育 士 を1 名 以 上 配 置 すること 5 研 修 4 研 修 保 育 士 資 格 を 有 していない 担 当 者 の 配 置 は 市 町 村 が 実 施 する 研 修 を 受 講 修 了 することを 要 件 とする (6) 震 災 特 例 型 ( 新 規 ) 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 30 条 第 1 項 第 4 号 に 規 定 する 特 例 保 育 を 行 う 施 設 ( 以 下 特 例 保 育 施 設 とい う ) 又 は 同 法 第 43 条 第 1 項 に 規 定 する 地 域 型 保 育 事 業 所 平 成 28 年 熊 本 地 震 ( 以 下 震 災 という )について 災 害 救 助 法 が 適 用 された 市 町 村 に 居 住 する 世 帯 に 属 する 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 20 条 第 4 項 に 規 定 する 支 給 認 定 子 どもであって 震 災 の 影 響 により 在 籍 する 同 法 第 27 条 第 1 項 に 規 定 する 特 定 教 育 保 育 施 設 同 法 第 29 条 第 3 項 第 1 号 に 規 定 する 特 定 地 域 型 保 育 事 業 所 又 は 特 例 保 育 施 設 の 11

13 利 用 が 困 難 となった 乳 幼 児 3 設 備 基 準 及 び 保 育 の 内 容 職 員 の 配 置 及 び 研 修 ア 及 びイに 掲 げる 実 施 場 所 の 区 分 に 応 じ それぞれア 及 びイに 定 め る 事 業 類 型 に 関 して(1) 及 び(2)において 定 める 基 準 により 行 う ア 幼 稚 園 以 外 において 実 施 する 場 合 イ 幼 稚 園 において 実 施 する 場 合 一 般 型 幼 稚 園 型 5 留 意 事 項 (1) 事 故 の 報 告 保 育 中 に 事 故 が 生 じた 場 合 には 特 定 教 育 保 育 施 設 等 における 事 故 の 報 告 等 について ( 平 成 27 年 2 月 16 日 付 府 政 共 生 96 号 26 初 幼 教 第 30 号 雇 児 保 発 0216 第 1 号 通 知 )に 従 い 必 要 に 応 じて 速 やか 5 留 意 事 項 保 育 中 に 事 故 が 生 じた 場 合 には 特 定 教 育 保 育 施 設 等 における 事 故 の 報 告 等 について ( 平 成 27 年 2 月 16 日 付 府 政 共 生 96 号 26 初 幼 教 第 30 号 雇 児 保 発 0216 第 1 号 通 知 )に 従 い 必 要 に 応 じて 速 やかに 国 へ 報 告 す ること に 国 へ 報 告 すること (2) 緊 急 一 時 預 かり 緊 急 一 時 預 かりを 実 施 する 場 合 は 積 極 的 に 地 域 の 余 裕 スペース 等 の 活 用 を 検 討 するとともに 本 来 の 一 時 預 かり 事 業 の 利 用 者 のニーズ にも 十 分 対 応 できるよう 供 給 拡 大 を 図 ること 6 保 護 者 負 担 本 事 業 の 実 施 に 必 要 な 経 費 の 一 部 を 保 護 者 負 担 とすることができる た だし 震 災 特 例 型 については 保 護 者 負 担 を 求 めないこと また 居 宅 訪 問 型 については 利 用 児 童 の 居 宅 までの 交 通 費 を 実 費 徴 収 6 保 護 者 負 担 本 事 業 の 実 施 に 必 要 な 経 費 の 一 部 を 保 護 者 負 担 とすることができる また 居 宅 訪 問 型 については 利 用 児 童 の 居 宅 までの 交 通 費 を 実 費 徴 収 できることとする 12

14 できることとする また 緊 急 一 時 預 かりの 場 合 に 保 護 者 負 担 が 過 大 とならないよう 配 慮 すること 7 費 用 7 費 用 本 事 業 に 要 する 費 用 の 一 部 について 国 は 別 に 定 めるところにより 補 助 するものとする 13

15 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 28 年 7 月 5 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 長 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 一 時 預 かり 事 業 の 実 施 について 標 記 については 今 般 別 紙 のとおり 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 を 定 め 平 成 27 年 4 月 1 日 から 適 用 することとしたので 通 知 する ついては 管 内 市 町 村 ( 特 別 区 を 含 む )に 対 して 周 知 をお 願 いするとともに 本 事 業 の 適 正 かつ 円 滑 な 実 施 に 期 されたい なお 本 通 知 の 施 行 に 伴 い 平 成 26 年 5 月 29 日 雇 児 発 0529 第 28 号 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 一 時 預 かり 事 業 の 実 施 について は 平 成 27 年 3 月 31 日 限 りで 廃 止 する

16 別 紙 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 1 事 業 の 目 的 保 育 所 等 を 利 用 していない 家 庭 においても 日 常 生 活 上 の 突 発 的 な 事 情 や 社 会 参 加 などにより 一 時 的 に 家 庭 での 保 育 が 困 難 となる 場 合 がある また 核 家 族 化 の 進 行 や 地 域 のつながりの 希 薄 化 などにより 育 児 疲 れによる 保 護 者 の 心 理 的 身 体 的 負 担 を 軽 減 するための 支 援 が 必 要 とされている こうした 需 要 に 対 応 するため 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 その 他 の 場 所 において 児 童 を 一 時 的 に 預 かることで 安 心 して 子 育 てができる 環 境 を 整 備 し もって 児 童 の 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 2 実 施 主 体 実 施 主 体 は 市 町 村 ( 特 別 区 及 び 一 部 事 務 組 合 を 含 む 以 下 同 じ )とする なお 市 町 村 が 認 めた 者 へ 委 託 等 を 行 うことができる 3 事 業 の 内 容 家 庭 において 保 育 を 受 けることが 一 時 的 に 困 難 となった 乳 児 又 は 幼 児 ( 以 下 乳 幼 児 という )について 主 として 昼 間 において 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 その 他 の 場 所 において 一 時 的 に 預 かり 必 要 な 保 護 を 行 う 事 業 4 実 施 方 法 (1) 一 般 型 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 地 域 子 育 て 支 援 拠 点 又 は 駅 周 辺 等 利 便 性 の 高 い 場 所 など 一 定 の 利 用 児 童 が 見 込 まれる 場 所 で 実 施 すること 主 として 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 等 に 通 っていない 又 は 在 籍 していない 乳 幼 児 とする また 当 分 の 間 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 につ いて の 対 応 方 針 について ( 平 成 28 年 4 月 7 日 雇 児 発 0407 第 2 号 )に 基 づき 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 ( 以 下 緊 急 対 策 という )を 実 施 する 市 町 村 に 限 り 子 ども 子 育 て 支 援 法 ( 平 成 24 年 法 律 第 65 号 ) 第 19 条 第 1 項 第 2 号 又 は 第 3 号 に 掲 げる 小 学 校 就 学 前 子 どもに 該 当 する 支 給 認 定 子 ども( 以 下 保 育 認 定 子 ども という )であ って 同 法 第 27 条 に 規 定 する 特 定 教 育 保 育 施 設 又 は 同 法 第 29 条 に 規

17 定 する 特 定 地 域 型 保 育 事 業 者 ( 以 下 保 育 所 等 という )を 利 用 してい ない 児 童 について 保 育 所 等 への 入 所 が 決 まるまでの 間 定 期 的 に 預 か ること( 以 下 緊 急 一 時 預 かり という )も 本 事 業 の 対 象 とし この 場 合 の 補 助 単 価 については 別 に 定 めることとする 3 設 備 基 準 及 び 保 育 の 内 容 児 童 福 祉 法 施 行 規 則 ( 昭 和 23 年 厚 生 省 令 第 11 号 以 下 規 則 とい う ) 第 36 条 の35 第 1 号 イ ニ 及 びホに 定 める 設 備 及 び 保 育 の 内 容 に 関 する 基 準 を 遵 守 すること 4 職 員 の 配 置 規 則 第 36 条 の35 第 1 号 ロ 及 びハの 規 定 に 基 づき 乳 幼 児 の 年 齢 及 び 人 数 に 応 じて 当 該 乳 幼 児 の 処 遇 を 行 う 者 ( 以 下 保 育 従 事 者 という ) を 配 置 し そのうち 保 育 士 を1/2 以 上 とすること 当 該 保 育 従 事 者 の 数 は2 人 を 下 ることはできないこと ただし 保 育 所 等 と 一 体 的 に 事 業 を 実 施 し 当 該 保 育 所 等 の 職 員 ( 保 育 従 事 者 に 限 る ) による 支 援 を 受 けられる 場 合 には 保 育 士 1 人 で 処 遇 ができる 乳 幼 児 数 の 範 囲 内 において 保 育 従 事 者 を 保 育 士 1 人 とすることができること また 1 日 当 たり 平 均 利 用 児 童 数 が 概 ね3 人 以 下 である 場 合 には 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 ( 平 成 26 年 厚 生 労 働 省 令 第 61 号 以 下 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 運 営 基 準 という ) 第 23 条 第 2 項 に 定 める 市 町 村 長 が 行 う 研 修 を 修 了 した 保 育 士 と 同 等 以 上 の 知 識 及 び 経 験 を 有 すると 市 町 村 長 が 認 めた 者 ( 以 下 家 庭 的 保 育 者 という ) を 保 育 士 とみなすことができる なお 非 定 期 利 用 が 中 心 である 一 時 預 かり 事 業 の 特 性 に 留 意 し 研 修 内 容 を 設 定 すること なお 1 日 当 たり 平 均 利 用 児 童 数 とは 年 間 延 べ 利 用 児 童 数 を 年 間 開 所 日 数 で 除 して 得 た 数 とすること 5 研 修 保 育 士 以 外 の 保 育 従 事 者 の 配 置 は 以 下 の 研 修 を 修 了 した 者 とするこ と ア 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 の 実 施 について ( 平 成 27 年 5 月 21 日 雇 児 発 0521 第 18 号 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 )の 別 紙 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 実 施 要 綱 の5(3)アに 定 める 基 本 研 修 及 び5 (3)イ(イ)に 定 める 一 時 預 かり 事 業 又 は 地 域 型 保 育 の 専 門 研 修 を 修 了 した 者 イ 子 育 ての 知 識 と 経 験 及 び 熱 意 を 有 し 家 庭 的 保 育 事 業 の 実 施 につい て ( 平 成 21 年 10 月 30 日 雇 児 発 1030 第 2 号 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 )の 別 紙 家 庭 的 保 育 事 業 ガイドライン ( 以 下 ガイ

18 ドライン という )の 別 添 1の1に 定 める 基 礎 研 修 と 同 等 の 研 修 を 修 了 した 者 ただし 平 成 32 年 3 月 31 日 までの 間 に 修 了 した 者 とする なお 非 定 期 利 用 が 中 心 である 一 時 預 かり 事 業 の 特 性 に 留 意 し 研 修 内 容 を 設 定 すること 6 基 幹 型 施 設 土 曜 日 日 曜 日 国 民 の 祝 日 等 の 開 所 及 び1 日 9 時 間 以 上 の 開 所 を 行 う 施 設 について 基 幹 型 施 設 とすることができる (2) 幼 稚 園 型 幼 稚 園 又 は 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )で 実 施 すること 主 として 幼 稚 園 等 に 在 籍 する 満 3 歳 以 上 の 幼 児 で 教 育 時 間 の 前 後 又 は 長 期 休 業 日 等 に 当 該 幼 稚 園 等 において 一 時 的 に 保 護 を 受 ける 者 3 設 備 基 準 及 び 教 育 保 育 の 内 容 規 則 第 36 条 の35 第 2 号 イ 二 及 びホに 定 める 設 備 及 び 教 育 保 育 の 内 容 に 関 する 基 準 を 遵 守 すること 4 職 員 の 配 置 規 則 第 36 条 の35 第 2 号 ロ( 附 則 第 56 条 第 1 項 において 読 替 え) 及 び ハに 基 づき 幼 児 の 年 齢 及 び 人 数 に 応 じて 当 該 幼 児 の 処 遇 を 行 う 者 ( 以 下 教 育 保 育 従 事 者 という )を 配 置 し そのうち 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 を1/3 以 上 とすること 当 該 教 育 保 育 従 事 者 の 数 は2 人 を 下 ることはできないこと ただし 幼 稚 園 等 と 一 体 的 に 事 業 を 実 施 し 当 該 幼 稚 園 等 の 職 員 ( 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 免 許 状 所 有 者 に 限 る )による 支 援 を 受 けられる 場 合 には 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 1 人 で 処 遇 ができる 乳 幼 児 数 の 範 囲 内 において 教 育 保 育 従 事 者 を 保 育 士 又 は 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 1 人 とすることができること また 保 育 士 又 は 幼 稚 園 免 許 状 所 有 者 以 外 の 教 育 保 育 従 事 者 の 配 置 は アに 掲 げる 者 又 はイからエまでに 掲 げる 者 で 市 町 村 が 適 切 と 認 める 者 とすること なお イからエまでに 掲 げる 者 を 配 置 する 場 合 には 園 内 研 修 を 定 期 的 に 実 施 することなどにより 預 かり 業 務 に 従 事 する 上 で 必 要 な 知 識 技 術 等 を 十 分 に 身 につけさせる 必 要 があること ア 市 町 村 長 等 が 行 う 研 修 を 修 了 した 者 イ 小 学 校 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者 ウ 養 護 教 諭 普 通 免 許 状 所 有 者

19 エ 幼 稚 園 教 諭 教 職 課 程 又 は 保 育 士 養 成 課 程 を 履 修 中 の 学 生 で 幼 児 の 心 身 の 発 達 や 幼 児 に 対 する 教 育 保 育 に 係 る 基 礎 的 な 知 識 を 習 得 していると 認 められる 者 5 研 修 4(2)4アの 市 町 村 長 等 が 行 う 研 修 を 修 了 した 者 は 以 下 の 者 とすること ア 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 の 実 施 について の 別 紙 子 育 て 支 援 員 研 修 事 業 実 施 要 綱 の5(3)アに 定 める 基 本 研 修 及 び5(3)イ(イ) に 定 める 一 時 預 かり 事 業 又 は 地 域 型 保 育 の 専 門 研 修 を 修 了 し た 者 イ 子 育 ての 知 識 と 経 験 及 び 熱 意 を 有 し ガイドラインの 別 添 1の1に 定 める 基 礎 研 修 と 同 等 の 研 修 を 修 了 した 者 ただし 平 成 32 年 3 月 31 日 までの 間 に 修 了 した 者 とする なお 非 定 期 利 用 が 中 心 である 一 時 預 かり 事 業 の 特 性 に 留 意 し 研 修 内 容 を 設 定 すること (3) 余 裕 活 用 型 下 記 の 施 設 等 のうち 当 該 施 設 等 に 係 る 利 用 児 童 数 が 利 用 定 員 総 数 に 満 たないもの ア 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 39 条 第 1 項 に 規 定 する 保 育 所 イ 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 す る 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 6 項 に 規 定 する 認 定 こども 園 ウ 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 運 営 基 準 第 22 条 に 規 定 する 家 庭 的 保 育 事 業 所 エ 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 運 営 基 準 第 28 条 第 31 条 及 び 第 33 条 に 規 定 する 小 規 模 保 育 事 業 所 オ 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 運 営 基 準 第 43 条 及 び 第 47 条 に 規 定 する 事 業 所 内 保 育 事 業 所 2 実 施 基 準 規 則 第 36 条 の35 各 号 に 定 める 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 等 を 遵 守 す ること (4) 居 宅 訪 問 型

20 利 用 児 童 の 居 宅 において 実 施 すること 家 庭 において 保 育 を 受 けることが 一 時 的 に 困 難 となった 乳 幼 児 で 以 下 の 要 件 に 該 当 すること ア 障 害 疾 病 等 の 程 度 を 勘 案 して 集 団 保 育 が 著 しく 困 難 であると 認 め られる 場 合 イ ひとり 親 家 庭 等 で 保 護 者 が 一 時 的 に 夜 間 及 び 深 夜 の 就 労 等 を 行 う 場 合 ウ 離 島 その 他 の 地 域 において 保 護 者 が 一 時 的 に 就 労 等 を 行 う 場 合 また 当 分 の 間 緊 急 一 時 預 かりも 本 事 業 の 対 象 とし この 場 合 の 補 助 単 価 については 別 に 定 めることとする 3 職 員 配 置 職 員 の 配 置 は 次 のとおりとする なお 家 庭 的 保 育 者 1 人 が 保 育 する ことができる 児 童 の 数 は1 人 とする ア 職 員 の 資 質 向 上 人 材 確 保 等 研 修 事 業 の 実 施 について ( 平 成 27 年 5 月 21 日 雇 児 発 0521 第 19 号 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 通 知 )の 別 添 4に 定 める 研 修 を 修 了 した 保 育 士 等 を 配 置 すること イ 都 道 府 県 又 は 市 町 村 において アの 研 修 の 実 施 体 制 が 整 っていない 場 合 には 経 過 措 置 として 家 庭 的 保 育 者 基 礎 研 修 を 修 了 した 保 育 士 家 庭 的 保 育 者 認 定 研 修 及 び 基 礎 研 修 を 修 了 した 者 又 はこれらの 者 と 同 等 以 上 と 認 められる 者 であって アの 研 修 体 制 が 整 い 次 第 速 やかに 当 該 研 修 を 受 講 し 修 了 することとしている 者 を 当 該 研 修 を 修 了 する までの 間 ( 概 ね2 年 程 度 ) 配 置 することができることとする 4 実 施 要 件 ア 利 用 にあたっては 市 町 村 と 協 議 のうえ 利 用 の 決 定 を 行 うこと イ 一 時 預 かり 事 業 の 他 の 類 型 を 実 施 することができない 場 合 に 実 施 す ること (5) 地 域 密 着 Ⅱ 型 地 域 子 育 て 支 援 拠 点 や 駅 周 辺 等 利 便 性 の 高 い 場 所 などで 実 施 するもの とする 主 として 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 等 に 通 っていない 又 は 在 籍 していない 乳 幼 児 とする また 当 分 の 間 緊 急 一 時 預 かりも 本 事 業 の 対 象 とし この 場 合 の 補

21 助 単 価 については 別 に 定 めることとする 3 設 備 基 準 及 び 保 育 の 内 容 規 則 第 56 条 第 1 号 第 4 号 及 び 第 5 号 に 定 める 設 備 及 び 保 育 の 内 容 に 関 する 基 準 に 準 じて 行 うこと 4 職 員 の 配 置 規 則 第 56 条 第 2 号 及 び 第 3 号 の 規 定 に 準 じ 乳 幼 児 の 年 齢 及 び 人 数 に 応 じて 当 該 乳 幼 児 の 処 遇 を 行 う 者 ( 以 下 担 当 者 という )を 配 置 する こと 担 当 者 の 数 は2 人 を 下 ることはできないこと また 担 当 者 のうち 保 育 について 経 験 豊 富 な 保 育 士 を1 名 以 上 配 置 す ること 5 研 修 保 育 士 資 格 を 有 していない 担 当 者 の 配 置 は 市 町 村 が 実 施 する 研 修 を 受 講 修 了 することを 要 件 とする (6) 震 災 特 例 型 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 30 条 第 1 項 第 4 号 に 規 定 する 特 例 保 育 を 行 う 施 設 ( 以 下 特 例 保 育 施 設 という ) 又 は 同 法 第 43 条 第 1 項 に 規 定 する 地 域 型 保 育 事 業 所 平 成 28 年 熊 本 地 震 ( 以 下 震 災 という )について 災 害 救 助 法 が 適 用 された 市 町 村 に 居 住 する 世 帯 に 属 する 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 20 条 第 4 項 に 規 定 する 支 給 認 定 子 どもであって 震 災 の 影 響 により 在 籍 する 同 法 第 27 条 第 1 項 に 規 定 する 特 定 教 育 保 育 施 設 同 法 第 29 条 第 3 項 第 1 号 に 規 定 する 特 定 地 域 型 保 育 事 業 所 又 は 特 例 保 育 施 設 の 利 用 が 困 難 となった 乳 幼 児 3 設 備 基 準 及 び 保 育 の 内 容 職 員 の 配 置 及 び 研 修 ア 及 びイに 掲 げる 実 施 場 所 の 区 分 に 応 じ それぞれア 及 びイに 定 める 事 業 類 型 に 関 して(1) 及 び(2)において 定 める 基 準 により 行 う ア 幼 稚 園 以 外 において 実 施 する 場 合 一 般 型 イ 幼 稚 園 において 実 施 する 場 合 幼 稚 園 型 5 留 意 事 項 (1) 事 故 の 報 告 保 育 中 に 事 故 が 生 じた 場 合 には 特 定 教 育 保 育 施 設 等 における 事 故 の

22 報 告 等 について ( 平 成 27 年 2 月 16 日 付 府 政 共 生 96 号 26 初 幼 教 第 30 号 雇 児 保 発 0216 第 1 号 通 知 )に 従 い 必 要 に 応 じて 速 やかに 国 へ 報 告 するこ と (2) 緊 急 一 時 預 かり 緊 急 一 時 預 かりを 実 施 する 場 合 は 積 極 的 に 地 域 の 余 裕 スペース 等 の 活 用 を 検 討 するとともに 本 来 の 一 時 預 かり 事 業 の 利 用 者 のニーズにも 十 分 対 応 できるよう 供 給 拡 大 を 図 ること 6 保 護 者 負 担 本 事 業 の 実 施 に 必 要 な 経 費 の 一 部 を 保 護 者 負 担 とすることができる ただし 震 災 特 例 型 については 保 護 者 負 担 を 求 めないこと また 居 宅 訪 問 型 については 利 用 児 童 の 居 宅 までの 交 通 費 を 実 費 徴 収 で きることとする また 緊 急 一 時 預 かりの 場 合 に 保 護 者 負 担 が 過 大 とならないよう 配 慮 する こと 7 費 用 本 事 業 に 要 する 費 用 の 一 部 について 国 は 別 に 定 めるところにより 補 助 す るものとする

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

平 成 28 年 度 認 可 保 育 所 講 習 会 資 料 日 時 平 成 28 年 7 月 1 日 ( 金 曜 日 ) 場 所 東 京 都 庁 第 一 本 庁 舎 5 階 大 会 議 場 東 京 都 福 祉 保 健 局 指 導 監 査 部 指 導 第 二 課 保 育 施 設 検 査 担 当 平 成 28 年 度 認 可 保 育 所 講 習 会 次 第 1 日 時 平 成 28 年 7 月 1

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考 H25.4.1 版 認 証 保 育 所 施 設 基 準 解 説 平 成 22 年 10 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 少 子 社 会 対 策 部 保 育 支 援 課 0/15 本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

延長保育料について

延長保育料について 資 料 3 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 事 業 及 び 一 時 預 かり 事 業 について 平 成 27 年 1 月 桐 生 市 保 健 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 教 育 委 員 会 教 育 部 学 校 教 育 課 1 1. 事 業 について (1) 概 要 就 労 形 態 の 多 様 化 等 に 伴 う の 需 要 に 対 応 するための 事 業 につい ては 平 成 27

More information

1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履 行 場 所 (1) 東 京 都 八 王 子 市 南 大 沢 1-1 首 都 大 学 東 京 (

1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履 行 場 所 (1) 東 京 都 八 王 子 市 南 大 沢 1-1 首 都 大 学 東 京 ( 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 ( 一 時 保 育 施 設 運 営 業 務 委 託 )に 関 する 要 求 仕 様 書 首 都 大 学 東 京 1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

運営費について

運営費について 運 営 費 補 助 金 に 関 する 勉 強 会 (メモ) 2010 年 2 月 15 日 13:30~ 堺 市 産 業 振 興 センター < 運 営 費 について> 1. 運 営 費 とは 保 育 の 実 施 について 児 童 福 祉 法 第 45 条 の 最 低 基 準 を 維 持 するための 費 用 で 次 の 範 囲 内 の 経 費 をいいます (1) 人 件 費 配 置 基 準 職 員 等

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

甲府市私立幼稚園就園奨励費補助金交付規則について

甲府市私立幼稚園就園奨励費補助金交付規則について 議 題 : 18 号 甲 府 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 規 則 の 一 部 改 正 について 1. 改 正 理 由 本 市 においては 私 立 幼 稚 園 に 通 園 する 児 童 の 保 護 者 における 経 済 的 負 担 を 軽 減 する 観 点 から より 当 該 保 護 者 の 所 得 や 児 童 数 に 応 じた 保 育 料 の 減 免 を 行 う

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

県 民 局 次 世 代 育 成 部 次 世 代 育 成 課 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き ~ 新 設 編 ~ 平 成 27 年 10 月 目 次 はじめに 2 第 1 章 保 育 所 設 置 認 可 の 手 続 き 4 第 2 章 保 育 所 設 置 届 出 の 手 続 き 26 1 はじめに 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き~ 新 設 編 ~ は 児 童 福 祉 法 に 基 づく

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 管 理 規 程 第 1 章 総 則 ( 事 業 所 等 の 名 称 など) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 若 杉 福 祉 会 が 設 置 するこの 保 育 園 の 名 称 及 び 所 在 地 は 次 のとおりにする (1) 名 称 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 (2) 所 在 地 那 覇 市 首 里 大 名 町 1 64 5 ( 施 設

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 平 成 21 年 3 月 島 田 市 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 1. 計 画 策 定 の 背 景 趣 旨 島 田 市 の 人 口 規 模 は 平 成 17 年 5 月 の 旧 島 田 市 と 旧 金 谷 町 との 合 併 及 び 平 成 20 年 4 月 の 旧 川 根 町 との 合 併 により 人 口 10 万 を 超 える 人

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 26 年 度 第 5 回 会 議 資 料 2 子 ども 子 育 て 新 制 度 における 1 号 2 号 3 号 利 用 者 負 担 について 案 平 成 27 年 1 月 29 日 保 健 福 祉 部 子 育 て 推 進 課 1 子 ども 子 育 て 支 援 制 度 における 田 辺 市 の 利 用 者 負 担 について Ⅰはじめに 平 成 24 年 8 月

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程 国 立 大 学 法 人 島 根 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 17 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 16 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 17 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 17 年 6 月 22 日 一 部 改 正 平 成 18 年 3 月 22 日 一 部 改

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

Microsoft Word - 1-①.運用の手引き.doc

Microsoft Word - 1-①.運用の手引き.doc 京 都 市 民 間 保 育 園 職 員 給 与 等 運 用 事 業 実 施 要 綱 ( 昭 和 47 年 4 月 1 日 実 施 ) 改 正 昭 和 58 年 3 月 16 日, 昭 和 60 年 3 月 15 日, 昭 和 61 年 3 月 13 日, 昭 和 63 年 5 月 11 日, 平 成 2 年 5 月 24 日, 平 成 3 年 5 月 24 日, 平 成 4 年 5 月 21 日,

More information

平成15年4月から保育所に入所を希望される乳幼児の申込を次のとおり受付します

平成15年4月から保育所に入所を希望される乳幼児の申込を次のとおり受付します 平 成 27 年 10 月 発 行 多 気 町 平 成 28 年 度 保 育 園 等 入 園 のご 案 内 ( 平 成 28 年 4 月 平 成 29 年 3 月 入 園 分 ) (お 問 合 せ 先 ) 多 気 町 役 場 町 民 福 祉 課 こども 係 電 話 :0598-38-1114 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 とは 子 ども 子 育

More information

00本文

00本文 保 医 発 1 2 2 2 第 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

- は じ め に - 〇 この 資 料 は 保 育 所 整 備 にあたって 基 本 的 な 事 項 について 要 約 したものです 〇 この 資 料 は 作 成 日 ( 表 紙 記 載 ) 現 在 の 内 容 で 整 理 しています 法 令 や 予 算 等 の 関 係 で 補 助 制 度 などは

- は じ め に - 〇 この 資 料 は 保 育 所 整 備 にあたって 基 本 的 な 事 項 について 要 約 したものです 〇 この 資 料 は 作 成 日 ( 表 紙 記 載 ) 現 在 の 内 容 で 整 理 しています 法 令 や 予 算 等 の 関 係 で 補 助 制 度 などは 保 育 所 整 備 の 手 引 き - 整 備 希 望 の 皆 様 へ- - 平 成 24 年 4 月 版 - 横 浜 市 こども 青 少 年 局 保 育 所 整 備 課 1 - は じ め に - 〇 この 資 料 は 保 育 所 整 備 にあたって 基 本 的 な 事 項 について 要 約 したものです 〇 この 資 料 は 作 成 日 ( 表 紙 記 載 ) 現 在 の 内 容 で 整 理 しています

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

認可保育所募集要項

認可保育所募集要項 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 ( 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 一 部 修 正 版 1 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 (6 月 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 24 日 : 下 線 部 修 正 第 1 募 集 概

More information

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については 宮 崎 県 まちなか 商 業 再 生 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 4 月 1 日 商 工 観 光 労 働 部 商 工 政 策 課 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は 商 店 街 等 と 多 様 な 主 体 が 連 携 して 行 う 新 たな 振 興 策 や 起 業 への 取 組 及 び 商 店 街 の 活 性 化 への 取 組 を 促 進 するため 予 算 で

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業 別 記 第 2 号 千 葉 県 道 路 公 社 一 般 競 争 入 札 公 告 第 4 号 千 葉 外 房 有 料 道 路 料 金 徴 収 業 務 委 託 の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 平 成 27 年 12 月 21 日 千 葉 県 道 路 公 社 理 事 長 金 谷 隆 司 1 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 (1) 委 託 名 千 葉 外 房 有 料 道 路

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )は 私 立 の 幼 稚 園 及 び 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )に 在 籍 する 幼 児 の 就 園 に 係 る 父 母 負 担 の 軽

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

目 次 1. 保 育 申 込 みにあたって 2 2. 申 込 み 手 続 きについて 3~4 3. 申 込 み 後 に 必 要 な 類 5~6 4. 保 育 料 について 7~8 ( 平 成 25 年 度 保 育 費 用 一 覧 表 参 考 ) 5. 亀 山 市 保 育 について 9~10 資 料

目 次 1. 保 育 申 込 みにあたって 2 2. 申 込 み 手 続 きについて 3~4 3. 申 込 み 後 に 必 要 な 類 5~6 4. 保 育 料 について 7~8 ( 平 成 25 年 度 保 育 費 用 一 覧 表 参 考 ) 5. 亀 山 市 保 育 について 9~10 資 料 平 成 26 年 度 亀 山 市 保 育 ご 案 内 亀 山 市 健 康 福 祉 部 子 ども 総 合 センター 子 ども 家 庭 室 ( 亀 山 市 総 合 保 健 福 祉 センター あいあい 内 ) TEL 0595-84-3315 FAX 0595-82-8180 保 育 手 続 きやそ 他 詳 しいことについては こちらへお 問 い 合 わせください H26.2.20 版 目 次 1. 保

More information

1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特

1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特 標 準 報 酬 制 の 制 度 概 要 平 成 27 年 8 月 福 岡 市 職 員 共 済 組 合 1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 履 修 規 程 (26.4) ( 趣 旨 ) 第 条 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 ( 以 下 本 科 という )の 履 修 に 関 する 事 項 については 東 京 成 徳 短 期 大 学 学 則 の 規 定 によるほか この 規 程 の 定 めるところによる ( 教 育 課 程 の 編 成 ) 第 2 条 本 科 における

More information

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 21 日 制 定 ) ( 総 則 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 号 以 下 令 という ) 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 ( 以 下 事 業 という )の 円 滑 な 遂 行 に 資

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

平成18年度弥富町私立幼稚園就園

平成18年度弥富町私立幼稚園就園 弥 富 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 3 月 31 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 23 年 4 月 6 日 平 成 23 年 9 月 30 日 平 成 24 年 5 月 30 日 平 成 25 年 6 月 5 日 平 成 26 年 5 月 8 日 平 成 27 年 5 月 13 日 平 成 28 年 5 月 10

More information

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を 平 成 27 年 度 岡 山 県 立 大 学 科 目 等 履 修 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 (1) 一 般 学 部 名 保 健 福 祉 学 部 情 報 工 学 部 デザイン 学 部 募 集 人 員 ( 注 )1 正 規 課 程 の 学 生 の 教 育 に 支 障 のない 範 囲 内 とします 2 保 健 福 祉 学 部 の 授 業 科 目 によっては 次 の(2)の 者 の 履 修 を

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

子 ども 子 育 て 支 援 法 に 規 定 されている 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 内 容 区 分 記 載 事 項 本 審 議 会 部 会 A B 1 教 育 保 育 提 供 区 域 設 定 ( 地 理 的 条 件 人 口 交 通 事 情 社 会 的 条 件 施 設 整 備 状

子 ども 子 育 て 支 援 法 に 規 定 されている 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 内 容 区 分 記 載 事 項 本 審 議 会 部 会 A B 1 教 育 保 育 提 供 区 域 設 定 ( 地 理 的 条 件 人 口 交 通 事 情 社 会 的 条 件 施 設 整 備 状 子 どもに 関 する 計 画 位 置 付 け 八 王 子 市 基 本 構 想 基 本 計 画 他 計 画 ゆめおり 教 育 プラン 生 涯 学 習 プラン 文 化 振 興 計 画 地 域 防 災 計 画 都 市 計 画 マスタープラン など 連 携 地 域 福 祉 計 画 新 こども 育 成 計 画 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ニーズ 調 査 に 基 づく 目 標 事 業 量 決

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まりました これにより 保 育 所 を 利 用 する 際 の 手 続 きがこれまでと 変 わります 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには 保 育 所 は 保 育 を 必 要 とする 乳 児 幼

子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まりました これにより 保 育 所 を 利 用 する 際 の 手 続 きがこれまでと 変 わります 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには 保 育 所 は 保 育 を 必 要 とする 乳 児 幼 磐 梯 町 保 育 所 入 所 ガイド 平 成 28 年 度 版 目 次 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには P1 保 育 の 必 要 時 間 について P1 入 所 できる 年 齢 P2 保 育 実 施 日 P2 〇 開 所 時 間 P2 入 所 までの 流 れ P2 〇 保 育 認 定 ( 入 所 申 込 み)に 必 要 な 書 類 P3 〇 保 育 料 算 定 に

More information

1 基 準 額 は 以 下 の 式 によって 算 定 する 34,500 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 ただし 年 齢 は 平 成 25

1 基 準 額 は 以 下 の 式 によって 算 定 する 34,500 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 ただし 年 齢 は 平 成 25 柏 原 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 園 児 の 保 護 者 に 対 し 入 園 料 及 び 保 育 料 ( 以 下 保 育 料 等 という )の 減 免 その 他 給 付 を 行 う 場 合 に 柏 原 市 が 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 に 対 して 行 う 私

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

(イ) 住 民 票 の 写 し 等 の 作 成 に 関 する 業 務 (ウ) 住 民 票 の 写 し 等 の 引 渡 業 務 ウ 戸 籍 の 届 出 に 関 すること (ア) 戸 籍 の 届 出 の 受 領 に 関 する 業 務 エ 戸 籍 届 出 の 不 受 理 申 出 に 関 すること (ア)

(イ) 住 民 票 の 写 し 等 の 作 成 に 関 する 業 務 (ウ) 住 民 票 の 写 し 等 の 引 渡 業 務 ウ 戸 籍 の 届 出 に 関 すること (ア) 戸 籍 の 届 出 の 受 領 に 関 する 業 務 エ 戸 籍 届 出 の 不 受 理 申 出 に 関 すること (ア) 玉 名 市 岱 明 横 島 天 水 支 所 窓 口 業 務 委 託 仕 様 書 玉 名 市 岱 明 横 島 天 水 支 所 窓 口 業 務 委 託 に 関 する 仕 様 書 は 次 のとおりと し 受 託 者 は 本 仕 様 書 及 び 別 に 締 結 する 業 務 委 託 契 約 書 に 基 づき 業 務 を 履 行 しなければならない また 関 係 法 令 等 を 遵 守 し 業 務 の 公 共

More information

国立大学法人富山大学職員給与規則

国立大学法人富山大学職員給与規則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 給 与 規 則 平 成 17 年 1 0 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 10 月 1 日 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 21 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針 こどもカフェ 設 置 運 営 に 係 る 基 本 方 針 第 1 総 則 1 目 的 こどもカフェ の 設 置 運 営 については 市 基 本 計 画 及 び 第 一 次 実 施 計 画 に 位 置 付 け 市 内 2 か 所 で モデル 運 営 を 実 施 し その 実 績 検 証 等 をもとに 今 後 の 拡 充 について 検 討 することとして おります また こどもカフェ は 次 世 代 育

More information

仕 様 書

仕 様 書 仕 様 書 件 名 : 施 設 入 所 及 び 施 設 利 用 時 食 事 サービス 提 供 業 務 委 託 ( 案 ) 委 託 期 間 : 平 成 24 年 4 月 1 日 ( 予 定 )~ 履 行 場 所 : 山 梨 県 都 留 郡 富 士 河 口 湖 町 船 津 社 会 福 祉 法 人 博 友 会 高 齢 者 関 連 施 設 ( 仮 称 ) Ⅰ 入 所 時 及 び 施 設 利 用 時 食 事

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

<5461726F2D95DB88E78F8A90DD9275944689C2939982CC8AEE8F8082C98AD6>

<5461726F2D95DB88E78F8A90DD9275944689C2939982CC8AEE8F8082C98AD6> 保 育 所 設 置 認 可 等 の 基 準 に 関 する 指 針 第 1 趣 旨 この 指 針 は 児 童 福 祉 施 設 最 低 基 準 ( 昭 和 23 年 12 月 29 日 厚 生 省 令 第 63 号 以 下 最 低 基 準 という ) 等 を 内 容 とする 保 育 所 設 置 認 可 に 関 する 審 査 基 準 及 びその 他 法 令 の 定 めるもののほか 県 が 保 育 所 設

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 計 画 書 福 岡 県 教 育 委 員 会 目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

5 災 害 復 旧 震 災 風 水 害 火 災 その 他 の 災 害 の 復 旧 に 当 たっていること 6 求 職 活 動 求 職 活 動 ( 起 業 の 準 備 を 含 む )を 継 続 的 に 行 っていること 7 就 学 学 校 等 に 在 学 している 又 は 職 業 訓 練 を 受 けて

5 災 害 復 旧 震 災 風 水 害 火 災 その 他 の 災 害 の 復 旧 に 当 たっていること 6 求 職 活 動 求 職 活 動 ( 起 業 の 準 備 を 含 む )を 継 続 的 に 行 っていること 7 就 学 学 校 等 に 在 学 している 又 は 職 業 訓 練 を 受 けて 佐 世 保 市 特 定 教 育 保 育 施 設 の 利 用 基 準 平 成 27 年 12 月 1 日 1 目 的 この 基 準 は 佐 世 保 市 の 特 定 教 育 保 育 施 設 の 利 用 にあたり 円 滑 な 運 用 及 び 公 平 な 利 用 を 行 うため に 必 要 な 事 項 を 定 める 2 用 語 の 定 義 ⑴ 特 定 教 育 保 育 施 設 子 ども 子 育 て 支 援 法

More information

01【事務連絡】障害児通所支援に係る多子軽減措置の実施について(室長+国保連+課長)

01【事務連絡】障害児通所支援に係る多子軽減措置の実施について(室長+国保連+課長) 事 務 連 絡 平 成 26 年 1 月 10 日 各 都 道 府 県 指 定 都 市 児 童 相 談 所 設 置 市 障 害 福 祉 主 管 課 御 中 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 障 害 児 発 達 障 害 者 支 援 室 就 学 前 の 障 害 児 通 所 支 援 に 係 る 利 用 者 負 担 の 多 子 軽 減 措 置 について

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

目 次 はじめに 1 1. 清 瀬 市 の 財 政 状 況 2 2. 保 育 事 業 概 要 3 1 施 設 定 員 待 機 児 童 数 の 状 況 2 保 育 料 の 仕 組 み 3 認 可 保 育 園 の 運 営 費 3. 保 育 料 の 適 正 化 6 4. 付 言 8 資 料 審 議 経 過

目 次 はじめに 1 1. 清 瀬 市 の 財 政 状 況 2 2. 保 育 事 業 概 要 3 1 施 設 定 員 待 機 児 童 数 の 状 況 2 保 育 料 の 仕 組 み 3 認 可 保 育 園 の 運 営 費 3. 保 育 料 の 適 正 化 6 4. 付 言 8 資 料 審 議 経 過 清 瀬 市 認 可 保 育 園 の 保 育 料 について ( 答 申 ) 平 成 25 年 12 月 清 瀬 市 使 用 料 審 議 会 目 次 はじめに 1 1. 清 瀬 市 の 財 政 状 況 2 2. 保 育 事 業 概 要 3 1 施 設 定 員 待 機 児 童 数 の 状 況 2 保 育 料 の 仕 組 み 3 認 可 保 育 園 の 運 営 費 3. 保 育 料 の 適 正 化 6 4.

More information

南 相 馬 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 案 ) ( 概 要 版 ) 平 成 26 年 11 月 南 相 馬 市 1 計 画 の 概 要 (1) 計 画 の 位 置 づけ 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 61 条 第 7 項 に 定 める 市 町 村 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 あるとともに 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 第 8 条

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

Taro-270409_近代化実施要綱

Taro-270409_近代化実施要綱 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 最 終 改 正 健 政 発 第 7 8 6 号 平 成 5 年 1 2 月 1 5 日 医 政 発 0409 第 29 号 平 成 2 7 年 4 月 9 日 1 目 的 この 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 における 患 者 の 療 養 環 境

More information