Taro-委託マニュアル【H27

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Taro-委託マニュアル【H27"

Transcription

1 委 託 業 務 に 係 る 事 務 処 理 マニュアル 平 成 2 5 年 3 月 平 成 2 6 年 2 月 改 定 平 成 2 7 年 4 月 改 定 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 目 次 1 本 マニュアルの 位 置 づけ 1 2 委 託 業 務 について 2 3 人 件 費 に 関 する 経 理 処 理 4 4 謝 金 に 関 する 経 理 処 理 7 5 旅 費 に 関 する 経 理 処 理 ついて 8 6 備 品 費 借 料 及 び 損 料 に 関 する 経 理 処 理 9 7 通 信 運 搬 費 に 関 する 経 理 処 理 10 8 印 刷 広 報 費 に 関 する 経 理 処 理 11 9 訓 練 手 当 訓 練 委 託 料 に 関 する 経 理 処 理 再 委 託 費 に 関 する 経 理 処 理 自 社 調 達 に 関 する 経 理 処 理 その 他 の 費 用 に 関 する 経 理 処 理 一 般 管 理 費 に 関 する 経 理 処 理 消 費 税 に 関 する 経 理 処 理 値 引 きに 関 する 経 理 処 理 実 績 報 告 書 の 作 成 検 査 業 務 終 了 後 の 取 扱 い 24 1 本 マニュアルの 位 置 づけ このマニュアルは 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 ( 以 下 当 課 という )が 委 託 する 業 務 の 人 件 費 その 他 の 費 用 の 事 務 処 理 等 における 基 本 的 事 項 を 記 載 し 委 託 業 務 の 適 切 な 実 施 及 び 委 託 業 務 の 実 施 者 ( 以 下 受 託 者 という )と 当 課 との 間 で 適 正 な 検 査 等 が 行 われるようにするこ とを 目 的 とします - 1 -

2 2 委 託 業 務 について (1) 本 マニュアルの 対 象 となる 業 務 について 本 マニュアルは 当 課 が 契 約 手 続 等 を 締 結 する 委 託 業 務 を 対 象 とします ただし 次 の 業 務 については 対 象 外 とします ア 入 札 による 業 務 イ 別 に 経 費 処 理 について 定 めのある 業 務 なお 当 課 担 当 職 員 から 別 途 指 示 がある 場 合 には それに 従 ってください (2) 経 理 処 理 の 基 本 ルール 沖 縄 県 の 実 施 する 委 託 業 務 の 経 費 処 理 には 業 務 終 了 時 に 受 託 者 から 提 出 される 報 告 書 を 基 に 受 託 者 が 業 務 の 実 施 に 要 した 経 費 等 から 支 払 うべき 額 を 確 定 する 精 算 の 方 式 を 採 るも のがあり これを 概 算 契 約 と 呼 んでいます 概 算 契 約 による 業 務 では 通 常 の 商 取 引 や 商 慣 習 と 異 なり 精 算 時 に 業 務 の 実 施 に 要 した 経 費 を 確 認 できるよう 他 の 自 社 業 務 等 と 委 託 業 務 とで 経 費 や 物 品 を 区 分 して 管 理 する 必 要 があるほか 業 務 日 誌 等 の 書 類 を 作 成 し 整 理 して おく 必 要 があります また 精 算 に 当 たっては 報 告 書 の 内 容 を 検 査 しますが 虚 偽 の 報 告 等 により 過 大 に 委 託 費 の 支 払 を 受 けた 場 合 には 契 約 の 中 途 であっても 契 約 を 解 除 したり 契 約 の 一 連 の 手 続 がすべ て 終 了 した 後 であっても 委 託 費 の 一 部 又 は 全 部 ( 利 息 を 含 む)の 返 還 を 求 めたり 今 後 の 契 約 の 相 手 方 としなかったりという 措 置 が 執 られることがあります (3) 委 託 業 務 の 標 準 的 な 流 れ 委 託 契 約 締 結 事 業 開 始 中 間 検 査 事 業 完 了 実 績 報 告 確 定 検 査 額 の 確 定 取 得 財 産 の 管 理 関 係 書 類 の 作 成 整 理 (4) 業 務 実 施 中 の 留 意 事 項 ア 計 上 できる 経 費 業 務 の 実 施 に 要 した 経 費 として 計 上 できるのは 契 約 締 結 日 以 降 に 経 費 が 発 生 ( 発 注 等 ) し かつ 業 務 の 完 了 日 以 前 に 終 了 ( 支 払 等 )したものです ただし 例 外 として 支 払 が 完 了 日 以 降 であっても 支 払 うべき 額 が 完 了 日 以 前 に 確 定 しており 支 払 が 完 了 日 以 降 になる ことに 相 当 の 理 由 があると 認 められる 以 下 のような 経 費 については 計 上 できます (ア) 人 件 費 や 電 話 の 通 話 料 等 翌 月 に 支 払 うことが 通 例 であるもの - 2 -

3 (イ) 完 了 日 間 際 に 経 費 が 発 生 し 処 理 の 都 合 上 完 了 日 までに 支 払 うことが 困 難 なもの イ 銀 行 等 振 込 手 数 料 等 銀 行 等 振 込 により 支 出 を 行 う 場 合 振 込 手 数 料 等 は 本 業 務 に 関 する 支 払 のみを 行 う 場 合 は 計 上 できますが 他 の 委 託 を 含 む 他 の 業 務 に 関 する 振 込 と 併 せて 行 う 場 合 には 計 上 する ことができません ウ 業 務 との 関 連 性 計 上 した 経 費 は 業 務 の 目 的 に 合 致 しており かつ 業 務 のために 使 用 されたことが 確 認 で きるようにしておかなければなりません エ 支 払 帳 票 等 の 保 存 経 費 の 支 出 に 当 たっては 支 払 うべき 額 相 手 方 及 び 支 払 の 事 実 を 確 認 できるよう 請 求 書 及 び 銀 行 振 込 受 領 証 等 を 保 管 整 理 してください また 都 合 により 現 金 クレジットカ ード 小 切 手 等 で 支 払 を 行 った 場 合 も 領 収 書 等 の 同 様 の 事 実 を 証 明 する 資 料 を 保 管 してく ださい - 3 -

4 3 人 件 費 に 関 する 経 理 処 理 業 務 を 実 施 するに 当 たって 実 際 に 業 務 に 従 事 した 者 ( 以 下 従 事 者 という )の 直 接 的 な 作 業 時 間 に 対 する 給 料 その 他 の 手 当 等 をいいます (1) 人 件 費 の 精 算 方 法 人 件 費 の 精 算 方 法 は 原 則 として 従 事 者 の 従 事 1 時 間 当 たりの 額 ( 以 下 時 間 単 価 とい う )と 従 事 者 の 直 接 的 な 作 業 時 間 数 ( 以 下 従 事 時 間 数 という )の 積 により 算 出 しま す 人 件 費 = 時 間 単 価 従 事 時 間 数 時 間 単 価 は 後 述 の 手 法 により 算 出 し 従 事 時 間 数 の 確 認 に 当 たっては 業 務 の 状 況 を 示 す 日 誌 の 提 出 を 求 めます 人 件 費 は 従 事 者 一 人 一 人 について 算 出 します そのため 受 託 者 は 従 事 者 の 役 割 分 担 等 が 確 認 できる 資 料 ( 実 施 体 制 図 等 )を 作 成 し 当 課 に 提 出 する 必 要 があります また 従 事 者 に 変 更 がある 場 合 にはその 都 度 協 議 するものとします 人 件 費 は 当 初 の 見 積 額 の 総 額 を 超 えて 支 出 することはできません やむを 得 ない 理 由 で 当 初 の 見 積 額 を 超 える 場 合 には あらかじめ 当 課 と 協 議 して 承 認 を 得 る 必 要 があります (2) 時 間 単 価 の 算 出 方 法 時 間 単 価 は 従 事 者 に 支 払 われる 給 与 等 の 総 額 を 基 に 算 出 する 方 法 ( 以 下 実 績 単 価 とい う )と 契 約 締 結 時 に 当 課 と 受 託 者 との 間 であらかじめ 定 めた 時 間 単 価 を 計 上 する 方 法 ( 以 下 受 託 単 価 という )のいずれかとします いずれの 方 法 を 選 択 するかは 見 積 等 を 基 に 契 約 時 に 決 定 し 以 後 変 更 しません 実 績 単 価 の 場 合 見 積 時 の 算 定 根 拠 は 前 年 支 給 実 績 等 を 用 いることになりますが 精 算 時 に 確 定 する 単 価 より 過 大 とならないように 適 切 に 見 積 もって ください 時 間 単 価 実 績 単 価 =( 従 事 者 に 支 払 われる 給 与 等 の 総 額 + 法 定 福 利 費 ) 所 定 労 働 時 間 数 一 円 未 満 四 捨 五 入 受 託 単 価 = 契 約 締 結 時 に 当 課 と 受 託 者 間 で 定 める ア 従 事 者 に 支 払 われる 給 与 等 の 総 額 従 事 者 に 支 払 われる 給 与 等 の 総 額 は 基 本 給 管 理 職 手 当 住 宅 手 当 家 族 手 当 通 勤 手 当 等 の 諸 手 当 及 び 賞 与 の 総 額 です ただし 残 業 手 当 休 日 出 勤 手 当 等 の 所 定 労 働 時 間 外 の 労 働 に 対 して 支 払 われる 手 当 及 び 食 事 手 当 等 の 福 利 厚 生 面 の 補 助 として 支 払 われる 助 成 は 含 みません イ 法 定 福 利 費 法 定 福 利 費 は 健 康 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 ( 厚 生 年 金 基 金 の 掛 金 を 含 む) 労 働 保 険 料 児 童 手 当 拠 出 金 労 働 基 準 法 に 基 づく 休 業 補 償 等 の 事 業 者 負 担 分 及 び 事 業 主 が 法 令 等 に 基 づいて 受 けさせるべき 健 康 診 断 に 要 する 費 用 等 をいいます - 4 -

5 ウ 所 定 労 働 時 間 数 所 定 労 働 時 間 数 は 受 託 者 の 就 業 規 則 等 において 勤 務 すべきとされている 日 数 と 1 日 当 た り 勤 務 時 間 数 との 積 をいいます 給 与 の 支 給 の 対 象 とならない 休 憩 時 間 は 時 間 数 から 除 きま す エ 計 算 の 対 象 となる 期 間 実 績 単 価 の 計 算 の 対 象 となる 期 間 は 業 務 の 完 了 の 月 又 はその 前 月 からさかのぼる12か 月 間 とします ただし 賞 与 を 給 与 等 の 総 額 に 含 めない 場 合 は 契 約 した 月 から 業 務 の 完 了 の 月 まで 従 事 者 が 雇 用 されている 期 間 が12か 月 に 満 たない 場 合 には 雇 用 されている 期 間 を 計 算 の 対 象 の 期 間 とすることができるものとします (3) 専 任 従 事 者 の 人 件 費 について 従 事 者 が 本 業 務 の 専 任 である 場 合 の 人 件 費 は 前 述 の 時 間 単 価 によらず 3(2)アで 定 める 従 事 者 に 支 払 われる 給 与 等 の 総 額 及 び3(2)イで 定 める 法 定 福 利 費 の 合 計 を 計 上 する ことができます (4) 受 託 単 価 の 額 について 見 積 時 における 受 託 単 価 の 額 が 当 課 が 想 定 する 基 準 に 比 べ 著 しく 高 額 だと 認 められる 場 合 に は その 詳 細 を 確 認 し 当 課 と 受 託 者 との 間 で 額 について 契 約 前 に 協 議 することがあります その 際 の 検 討 材 料 とするために 3(2)で 示 す 実 績 単 価 を 計 算 できる 資 料 の 提 出 を 求 めるこ とがあります (5) 従 事 時 間 数 について 人 件 費 の 計 算 の 対 象 となる 従 事 時 間 数 については 専 任 兼 任 にかかわらず 業 務 日 誌 を 作 成 し 算 出 します 業 務 日 誌 の 様 式 は 自 由 としますが 次 の 点 に 注 意 してください ア 人 件 費 の 対 象 となる 従 事 者 ごとに 作 成 してください 兼 任 の 場 合 は 他 の 委 託 補 助 によ る 業 務 及 び 自 社 の 独 自 業 務 等 の 従 事 時 間 も 記 載 し 他 の 業 務 と 重 複 することのないように 注 意 してください イ 業 務 日 誌 は 従 事 者 本 人 が 記 入 し 定 期 的 に 管 理 者 が 確 認 するようにしてください 数 週 間 分 をまとめて 記 入 したり 他 の 者 が 記 入 したりすることにより 事 実 と 異 なる 記 載 となる ことがないようにしてください ウ 当 該 業 務 に 従 事 した 時 間 数 を 集 計 して 記 載 してください なお 時 間 外 休 日 の 業 務 につ いては 原 則 として 計 上 を 認 めませんが 次 の 場 合 に 対 象 とします (ア) 業 務 の 内 容 性 質 から 平 日 の 時 間 外 労 働 が 必 要 不 可 欠 な 場 合 で 受 託 者 が 残 業 手 当 を 支 給 している 場 合 (イ) 業 務 の 内 容 性 質 から 休 日 の 勤 務 が 必 要 な 場 合 ( 例 : 休 日 にシンポジウムを 開 催 する 等 )で 受 託 者 が 休 日 手 当 を 支 給 するか 代 休 を 手 当 てしている 場 合 エ 昼 休 みや 休 憩 時 間 は 除 いてください オ 業 務 についての 具 体 的 な 内 容 ( 出 張 打 合 せ 会 議 資 料 作 成 等 )がわかるように 記 載 し てください 出 張 等 による 移 動 時 間 も 従 事 時 間 に 計 上 できますが 通 常 の 始 業 時 間 前 通 常 の 終 業 時 間 後 の 時 間 については 移 動 のみの 業 務 は 従 事 時 間 に 計 上 しません また 他 の 業 務 を 兼 ねて 出 張 するような 場 合 は 移 動 時 間 については 往 復 で 按 分 するなどの 処 理 をしてく ださい - 5 -

6 カ 管 理 者 はタイムカード 出 勤 簿 等 の 書 類 と 矛 盾 がないか 他 の 業 務 との 重 複 記 載 がないか を 確 認 した 上 で 記 名 押 印 してください キ 個 人 情 報 保 護 の 観 点 から 必 要 がある 場 合 は 打 合 せ 相 手 の 名 前 等 を 適 宜 マスキングする 等 の 処 理 をしてください (6) 書 類 の 整 理 について 人 件 費 に 関 する 書 類 は 従 事 者 ごとにおおむね 次 の 順 番 で 整 理 してください ア 実 施 体 制 図 等 従 事 者 の 氏 名 が 確 認 できる 資 料 ( 全 体 で1 部 ) イ 従 業 者 別 月 別 の 人 件 費 集 計 表 ( 全 体 で1 部 ) ウ 実 績 単 価 の 場 合 実 績 単 価 の 計 算 資 料 エ 給 与 台 帳 又 は 給 与 明 細 ( 写 し) 及 び 法 定 福 利 費 の 算 出 根 拠 がわかる 計 算 資 料 オ 従 事 者 が 本 業 務 の 専 任 として 新 たに 雇 用 された 者 である 場 合 は 雇 用 契 約 書 ( 写 し) カ 業 務 日 誌 キ 給 与 支 払 額 相 手 方 支 払 の 事 実 がわかる 書 類 ( 銀 行 振 込 受 領 書 等 ) - 6 -

7 4 謝 金 に 関 する 経 理 処 理 業 務 を 行 うために 必 要 な 会 議 研 修 会 講 演 会 シンポジウム 等 に 出 席 した 外 部 の 専 門 家 等 に 対 する 謝 礼 や 執 筆 に 対 する 原 稿 料 等 をいいます 謝 金 の 支 出 に 当 たっては 次 の 事 項 に 留 意 してください (1) 謝 金 の 支 出 は 業 務 の 実 施 のために 必 要 最 低 限 のものとし 謝 金 の 支 出 の 必 要 性 について 確 認 すること (2) 本 県 の 職 員 及 び 受 託 者 の 従 業 員 に 対 しては 原 則 として 謝 金 を 支 出 しないこと (3) 謝 金 の 額 は 事 前 の 見 積 により 確 認 した 額 の 範 囲 内 とすること 講 演 等 で 特 別 な 事 情 があ る 場 合 には その 事 情 について 説 明 する 資 料 を 作 成 し 事 前 に 当 課 と 協 議 すること (4) 外 部 の 専 門 家 に 業 務 を 依 頼 した 書 類 ( 依 頼 書 承 諾 書 等 )を 整 理 すること (5) 出 欠 を 明 らかにするため 会 議 については 当 日 の 出 席 者 名 簿 又 は 議 事 録 を 研 修 会 講 演 会 シンポジウム 等 についてはそれらの 報 告 書 を 添 付 すること (6) 会 議 について 代 理 による 出 席 で それに 対 する 支 払 を 行 っている 場 合 には 代 理 である ことを 確 認 できる 資 料 ( 委 任 状 等 )を 整 理 すること (7) 謝 金 は 源 泉 徴 収 を 行 い 源 泉 徴 収 額 について 計 算 した 資 料 を 別 途 作 成 すること (8) 謝 金 に 関 する 書 類 は 支 出 ごとにおおむね 次 の 順 番 で 整 理 すること ア 業 務 を 依 頼 した 書 類 ( 依 頼 書 承 諾 書 等 ) 代 理 を 確 認 できる 書 類 ( 委 任 状 等 ) イ 出 席 者 名 簿 議 事 録 又 は 当 日 の 報 告 書 ( 成 果 報 告 書 の 写 し 等 ) ウ 支 払 額 相 手 方 支 払 の 事 実 がわかる 書 類 ( 請 求 書 領 収 書 銀 行 振 込 受 領 書 等 ) エ 源 泉 徴 収 を 行 った 場 合 源 泉 徴 収 額 について 計 算 した 資 料 - 7 -

8 5 旅 費 に 関 する 経 理 処 理 業 務 を 行 うために 必 要 な 国 内 及 び 海 外 出 張 に 係 る 経 費 ( 交 通 費 宿 泊 費 日 当 )をいいます 旅 費 は 従 事 者 及 び 業 務 のために 会 議 への 出 席 講 演 等 を 依 頼 した 外 部 の 専 門 家 等 が 支 出 対 象 に なります 旅 費 の 支 出 に 当 たっては 次 の 事 項 に 留 意 してください (1) 出 張 の 目 的 は 業 務 の 実 施 に 必 要 なものであること (2) 出 張 の 旅 程 人 数 は 業 務 の 実 施 に 必 要 最 小 限 のものであること (3) 出 張 の 行 程 中 に 他 の 業 務 が 含 まれる 場 合 は 本 業 務 に 係 る 部 分 のみを 対 象 とすること( 例 : 初 日 と2 日 目 で 業 務 が 異 なる 場 合 日 ごとに 宿 泊 費 を 分 離 し 旅 費 は 往 復 で 按 分 する) (4) 出 張 命 令 が 内 部 規 定 に 基 づき 適 切 に 行 われ 事 後 には 報 告 がなされていること( 出 張 命 令 に 基 づかない 旅 費 の 支 払 いは 原 則 として 認 めないことから 内 部 規 定 がない 場 合 には 委 託 業 務 における 出 張 命 令 に 関 するルールを 事 前 に 策 定 する 等 適 切 な 運 用 を 心 がけること) (5) 日 当 など 実 費 に 基 づかないで 支 払 われる 旅 費 については その 額 の 根 拠 となる 内 規 等 を 添 付 すること (6) 出 張 ごとに 出 張 者 目 的 地 日 付 目 的 等 を 明 らかにすること (7)ルートが 最 短 でない 場 合 タクシーを 使 用 した 場 合 には その 理 由 を 明 らかにすること (8) 旅 費 に 関 する 書 類 は 出 張 ごとにおおむね 次 の 順 番 で 整 理 すること ア 内 規 等 イ 出 張 命 令 書 ウ 旅 費 計 算 書 エ 出 張 報 告 書 オ ルートが 最 短 でない 理 由 タクシーを 使 用 した 理 由 を 明 らかにする 書 類 カ 支 払 額 相 手 方 支 払 の 事 実 がわかる 書 類 ( 請 求 書 領 収 書 銀 行 振 込 受 領 書 等 ) - 8 -

9 6 備 品 費 借 料 及 び 損 料 に 関 する 経 理 処 理 備 品 費 とは 業 務 を 行 うために 必 要 な 物 品 で 1 年 以 上 継 続 して 使 用 できるものの 購 入 又 は 製 造 に 必 要 な 経 費 をいいます また 借 料 及 び 損 料 とは 業 務 の 実 施 のために 開 催 した 会 議 等 の 会 場 費 会 場 備 品 やバス 等 の 借 料 及 び 物 品 のリース レンタル 料 をいいます 備 品 の 購 入 及 び 製 造 は リース レンタルによっては 調 達 できない 物 品 又 はリース レンタル によるよりも 経 済 性 がある 場 合 にのみ 行 うこととし 事 前 に 当 課 の 了 解 を 得 るようにしてくださ い また 購 入 又 は 製 造 した 物 品 は 業 務 終 了 後 も 業 務 の 目 的 に 沿 って 使 用 する 必 要 があり 同 様 の 業 務 を 行 わなくなったときには 当 課 へ 返 還 していただくことがあります 備 品 費 借 料 及 び 損 料 の 支 出 に 当 たっては 次 の 事 項 に 留 意 してください (1) 受 託 者 が 既 に 使 用 している 部 屋 を 会 場 として 用 いる 場 合 受 託 者 が 所 有 している 物 品 を 会 場 備 品 として 使 用 する 場 合 等 は 費 用 に 計 上 しないこと (2) 受 託 者 (コンソーシアム 事 業 者 を 含 む)の 有 料 会 議 室 等 を 使 用 する 場 合 には 当 課 と 協 議 し 承 認 を 得 たうえで 費 用 に 計 上 すること (3) 会 場 の 広 さ 備 品 等 の 数 量 及 び 機 能 は 業 務 の 実 施 に 必 要 最 小 限 のものであること (4)リース レンタルについては 契 約 の 締 結 日 から 業 務 の 完 了 日 までを 対 象 とすること (5)リース 等 の 期 間 が 契 約 の 期 間 を 超 え 月 払 い 以 外 の 費 用 ( 頭 金 等 )がある 場 合 には 次 の 式 によって 計 上 すべき 額 を 決 定 すること 計 上 すべき 額 =(リース 契 約 総 額 ) (リース 全 期 間 に 占 める 契 約 期 間 ) (リース 全 期 間 ) ( 例 )リース 総 額 120 万 円 リース 期 間 2 年 (24か 月 ) 契 約 期 間 8か 月 の 場 合 120 万 円 (8か 月 24か 月 )=40 万 円 (6) 購 入 又 は 製 造 した 物 品 及 びリース レンタルにより 使 用 する 物 品 は 本 業 務 のみに 使 用 し 他 の 業 務 と 明 確 に 区 別 すること (7)リース レンタルや 会 場 備 品 は 可 能 な 範 囲 で 相 見 積 りを 取 る 等 し 経 済 性 を 確 保 すること (8)リース 契 約 終 了 後 借 り 手 に 所 有 権 の 移 転 が 生 じない 契 約 とすること (9) 借 料 及 び 損 料 に 関 する 書 類 は 支 出 ごとにおおむね 次 の 順 番 で 整 理 すること ア 見 積 書 相 見 積 書 等 イ 受 託 者 (コンソーシアム 事 業 者 を 含 む)の 有 料 会 議 室 を 使 用 する 場 合 その 料 金 が 定 めら れた 使 用 規 定 等 ウ カタログ 仕 様 等 エ リース レンタル 等 の 場 合 使 用 目 的 等 を 説 明 する 資 料 オ 購 入 又 は 製 造 の 場 合 その 必 要 性 を 説 明 する 資 料 カ 発 注 書 請 書 納 品 書 等 キ 支 払 額 相 手 方 支 払 の 事 実 がわかる 書 類 ( 請 求 書 領 収 書 銀 行 振 込 受 領 書 等 ) - 9 -

10 7 通 信 運 搬 費 に 関 する 経 理 処 理 業 務 を 行 う 上 で 必 要 な 電 話 等 の 通 話 料 回 線 使 用 料 手 紙 等 の 郵 送 費 物 品 等 の 輸 送 費 をいい ます 通 常 は 一 般 管 理 費 において 処 理 しますが 業 務 において 特 にこれらの 費 用 を 要 することが 仕 様 に 定 められており かつ 見 積 に 計 上 されている 場 合 には これらの 費 用 を 計 上 することがで きます 通 信 運 搬 費 の 支 出 に 当 たっては 次 の 事 項 に 留 意 してください (1) 電 話 等 の 通 話 回 線 の 使 用 手 紙 等 の 郵 送 物 品 等 の 輸 送 について 業 務 に 関 連 して 使 用 し たことがわかるように 説 明 を 付 けること (2) 電 話 等 の 通 話 については 回 線 を 別 にする 等 により 業 務 による 通 話 を 他 の 通 話 と 明 確 に 区 別 すること 業 務 による 通 話 のみが 行 われるよう 受 託 者 において 適 切 に 管 理 すること (3) 回 線 の 使 用 手 紙 等 の 郵 送 物 品 等 の 輸 送 については それぞれ 目 的 送 付 先 等 を 明 らかに すること (4) 切 手 を 購 入 して 郵 送 等 を 行 う 場 合 には その 使 用 状 況 を 明 らかにすること 契 約 期 間 内 に 切 手 を 購 入 しても 契 約 期 間 内 に 使 用 しなかった 分 については 計 上 しないこと (5) 仕 様 上 専 用 の 電 話 回 線 又 は 携 帯 電 話 等 を 調 達 する 必 要 がある 場 合 で 最 終 月 の 支 出 額 が 契 約 終 了 時 点 では 明 らかにならない 場 合 には 当 課 の 承 諾 を 得 た 上 で 月 額 の 基 本 料 金 のみを 計 上 すること (6) 通 信 運 搬 費 に 関 する 書 類 は 支 出 ごとにおおむね 次 の 順 番 で 整 理 すること ア 回 線 の 使 用 手 紙 等 の 郵 送 物 品 等 の 輸 送 の 目 的 送 付 先 を 明 らかにした 資 料 イ 切 手 等 の 購 入 後 の 使 用 状 況 を 明 らかにした 資 料 ウ 電 話 等 の 最 終 月 の 支 出 額 が 明 らかでない 場 合 それまでの 各 月 の 平 均 額 を 計 算 した 資 料 エ 支 払 額 相 手 方 支 払 の 事 実 がわかる 書 類 ( 請 求 書 領 収 書 銀 行 振 込 受 領 書 等 )

11 8 印 刷 広 報 費 に 関 する 経 理 処 理 業 務 で 使 用 するパンフレット リーフレット 等 業 務 成 果 報 告 書 等 の 印 刷 及 び 業 務 の 広 報 に 要 する 広 告 等 の 経 費 をいいます 印 刷 広 報 費 の 支 出 に 当 たっては 次 の 事 項 に 留 意 してください (1) 印 刷 物 は 業 務 の 実 施 に 必 要 最 小 限 の 数 量 とすること (2) 作 成 した 印 刷 物 は 本 業 務 以 外 に 使 用 しないこと 業 務 終 了 後 残 部 がある 場 合 には 当 課 の 指 示 に 従 い 当 課 に 納 品 するか 処 分 すること (3) 作 成 した 印 刷 物 はすべて 見 本 を1 部 以 上 準 備 すること (4) 発 注 に 当 たっては 可 能 な 範 囲 で 相 見 積 りを 取 る 等 し 経 済 性 を 確 保 すること (5) 広 報 で テレビ ラジオCMや 番 組 とのタイアップ 企 画 を 行 う 場 合 には その 実 施 が 確 認 でき る 資 料 ( 放 送 局 の 放 送 確 認 書 等 ) 及 び 録 音 録 画 した 媒 体 を 添 付 すること (6) 広 報 で 雑 誌 新 聞 等 への 広 告 掲 載 を 行 う 場 合 には 掲 載 が 確 認 できる 資 料 として 当 該 広 告 の 現 物 又 は 写 しを 添 付 すること (7) 印 刷 又 は 広 報 の 業 務 を 受 託 者 又 はコンソーシアムを 構 成 する 企 業 で 実 施 する 場 合 には 再 委 託 費 に 関 する 経 理 処 理 に 準 じて 計 算 すること (8) 作 成 する 印 刷 物 広 報 には 次 の 事 項 を 表 示 すること ただし スペース 等 の 都 合 上 紙 面 等 に 収 めることができない 場 合 にはこの 限 りでない なお 県 章 及 びロゴマークについては 当 課 職 員 から 提 供 を 受 け 本 業 務 以 外 には 用 いないこと ア 沖 縄 県 又 は 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 の 文 言 及 び 県 章 イ 業 務 名 ウ 沖 縄 振 興 特 別 推 進 交 付 金 を 活 用 した 業 務 である 場 合 は 沖 縄 振 興 特 別 推 進 交 付 金 活 用 事 業 の 文 言 エ みんなでグッジョブ 運 動 ロゴマーク (9) 印 刷 広 報 費 に 関 する 書 類 は 支 出 ごとにおおむね 次 の 順 番 で 整 理 すること ア 見 積 書 相 見 積 書 等 イ 発 注 書 請 書 納 品 書 等 ウ 印 刷 物 見 本 放 送 確 認 書 等 広 告 の 現 物 又 は 写 し エ 支 払 額 相 手 方 支 払 の 事 実 がわかる 書 類 ( 請 求 書 領 収 書 銀 行 振 込 受 領 書 等 ) ( 注 )ウについては 別 途 16(1)スで 作 成 する 制 作 物 一 覧 のページ 数 等 を 示 してもよい

12 9 訓 練 手 当 訓 練 委 託 料 に 関 する 経 理 処 理 業 務 によって 職 業 訓 練 等 を 実 施 し その 受 講 者 に 対 して 訓 練 手 当 を 支 給 したり 訓 練 受 入 先 企 業 等 に 委 託 料 を 支 出 したりすることがあります 訓 練 手 当 訓 練 委 託 料 の 支 出 に 当 たっては 次 の 事 項 に 留 意 してください (1) 訓 練 手 当 訓 練 委 託 料 は いずれも 業 務 の 一 部 として 仕 様 に 記 載 がある 場 合 に 支 出 するこ と 一 時 間 当 たり 手 当 額 や 一 日 当 たり 訓 練 委 託 料 を 提 案 書 又 は 見 積 において 定 めた 額 と 異 な る 額 で 支 出 しないこと (2) 訓 練 生 の 訓 練 状 況 は 人 件 費 に 準 じた 形 で 訓 練 日 誌 を 作 成 して 把 握 すること (3) 訓 練 手 当 訓 練 委 託 料 に 関 する 書 類 は 訓 練 生 又 は 訓 練 受 入 先 企 業 等 ごとに おおむね 次 の 順 番 で 整 理 すること ア 訓 練 生 名 簿 イ 個 人 又 は 企 業 等 別 月 別 の 訓 練 手 当 等 集 計 表 ウ 訓 練 生 との 訓 練 実 施 に 当 たっての 承 諾 書 等 訓 練 受 入 先 企 業 との 受 入 れに 関 する 覚 書 等 エ 訓 練 日 誌 オ 支 払 額 相 手 方 支 払 の 事 実 がわかる 書 類 ( 請 求 書 領 収 書 銀 行 振 込 受 領 書 等 )

13 10 再 委 託 費 に 関 する 経 理 処 理 再 委 託 とは 受 託 者 が 委 託 業 務 に 係 る 履 行 の 全 部 又 は 一 部 について 第 三 者 と 委 任 準 委 任 又 は 請 負 に 係 る 契 約 を 締 結 し 役 務 の 提 供 を 得 ることをいい 再 委 託 費 とはこれに 要 する 費 用 をい います 委 託 業 務 の 契 約 金 額 の1/2を 超 える 業 務 のほか 業 務 に 係 る 企 画 判 断 管 理 運 営 指 導 監 督 確 認 検 査 など 委 託 成 果 に 密 接 に 関 わる 統 轄 的 かつ 根 幹 的 な 業 務 など 受 託 者 自 ら 履 行 させる 必 要 が ある 業 務 については 再 委 託 を 原 則 禁 止 とします 再 委 託 を 行 う 場 合 には その 旨 をあらかじめ 明 らかにしておく 必 要 があります 企 画 提 案 によ る 場 合 には 企 画 提 案 書 等 において 再 委 託 の 内 容 を 明 らかにし 随 意 契 約 による 場 合 は 契 約 時 の 見 積 書 等 で 再 委 託 の 内 容 を 明 らかにします ただし 契 約 締 結 後 であっても 契 約 書 に 基 づき 当 課 と 協 議 し 承 認 を 得 ることで 再 委 託 を 行 うことができます 受 託 者 が 第 三 者 に 対 して 再 委 託 を 行 う 場 合 には 原 則 として 事 前 に 当 課 の 書 面 による 承 認 を 受 けることが 必 要 になります 再 委 託 の 申 請 及 び 承 認 手 続 きについては 県 が 指 定 する 再 委 託 承 認 申 請 書 及 び 再 委 託 承 認 書 の 様 式 を 用 いることとします ただし あらかじめ 仕 様 書 等 に 示 されている 資 料 の 収 集 整 理 や 複 写 印 刷 製 本 その 他 単 純 作 業 的 な 業 務 であって 容 易 かつ 簡 易 なものについては これら 承 認 手 続 きを 省 略 できるものとします 再 委 託 費 は 当 初 の 見 積 額 を 超 えて 支 出 することはできません やむを 得 ない 理 由 で 当 初 の 見 積 額 を 超 える 場 合 には あらかじめ 当 課 と 協 議 して 承 認 を 得 る 必 要 があります 再 委 託 費 の 支 出 に 当 たっては 次 の 事 項 に 留 意 してください (1) 再 委 託 先 を 選 定 した 理 由 が 明 らかになる 資 料 を 準 備 すること ただし コンソーシアム 協 定 書 に 基 づきコンソーシアム 構 成 企 業 に 再 委 託 する 場 合 を 除 く (2) 再 委 託 の 内 容 を 明 らかにして 再 委 託 先 に 発 注 すること (3) 再 委 託 した 業 務 は 再 委 託 先 からの 完 了 報 告 書 や 実 地 検 査 等 により 確 認 すること (4) 再 委 託 費 に 関 する 書 類 は 再 委 託 ごとに おおむね 次 の 順 番 で 整 理 すること ア 再 委 託 先 を 選 定 した 理 由 を 記 した 資 料 イ 再 委 託 の 内 容 を 明 らかにして 再 委 託 先 に 発 注 した 資 料 ( 発 注 書 等 ) ウ 再 委 託 先 からの 完 了 報 告 書 実 地 検 査 報 告 書 等 エ 支 払 額 相 手 方 支 払 の 事 実 がわかる 書 類 ( 請 求 書 領 収 書 銀 行 振 込 受 領 書 等 )

14 11 自 社 調 達 に 関 する 経 理 処 理 自 社 調 達 とは メディアへの 広 告 掲 載 や 印 刷 物 の 制 作 など 一 般 に 外 部 に 発 注 して 行 う 業 務 を 受 託 者 自 身 でも 行 っている 場 合 に その 業 務 を 外 注 せずに 受 託 者 で 実 施 し 外 部 から 受 注 した 場 合 と 同 等 の 費 用 を 業 務 の 実 施 に 要 した 経 費 として 計 上 することをいいます 自 社 調 達 を 行 う 場 合 には その 旨 をあらかじめ 明 らかにしておく 必 要 があります 企 画 提 案 に よる 場 合 には 企 画 提 案 書 等 において 自 社 調 達 の 内 容 を 明 らかにし 随 意 契 約 による 場 合 は 契 約 時 の 見 積 書 等 で 自 社 調 達 の 内 容 を 明 らかにします ただし 契 約 締 結 後 であっても 当 課 と 協 議 し 承 認 を 得 ることで 自 社 調 達 を 行 うことができます 自 社 調 達 を 行 う 場 合 には その 額 が 外 部 からその 業 務 を 受 注 して 実 施 する 場 合 に 請 求 する 額 と 同 じ 水 準 を 超 えることはできません 同 じ 水 準 であることを 確 認 するため 外 部 から 同 等 の 業 務 を 受 注 した 際 に 実 際 に 請 求 した 額 を 確 認 できる 資 料 を 複 数 準 備 してください 請 求 書 等 の 書 類 は 必 要 ありませんが 当 該 業 務 に 着 手 した 日 完 了 した 日 実 施 した 内 容 が 明 らかになるよう 受 託 者 内 の 文 書 を 整 備 してください

15 12 その 他 の 費 用 に 関 する 経 理 処 理 このマニュアルに 記 載 のない 各 種 の 経 費 については 他 の 経 費 項 目 に 準 じて 費 用 が 業 務 の 実 施 に 必 要 最 小 限 のものであるか 経 済 性 が 確 保 されているか 等 に 留 意 した 上 で 支 出 してください 支 出 に 関 する 書 類 も 他 の 経 費 項 目 に 準 じて 整 理 して 下 さい なお 次 のような 経 費 は 委 託 契 約 書 仕 様 書 に 明 確 に 記 述 がない 限 り 原 則 として 支 出 対 象 に なりませんので 計 上 が 可 能 かどうかについて 当 課 担 当 者 に 確 認 してください (1) 賃 貸 物 件 の 保 証 金 敷 金 仲 介 手 数 料 (2) 借 入 金 等 の 支 払 利 息 及 び 遅 延 損 害 金 (3) 新 聞 代 等 の 消 耗 品 加 盟 する 団 体 等 の 会 費 (4) 税 務 申 告 決 算 書 作 成 等 のために 税 理 士 公 認 会 計 士 等 に 支 払 う 費 用 及 び 訴 訟 等 のための 弁 護 士 費 用 (5) 公 租 公 課 保 険 料

16 13 一 般 管 理 費 に 関 する 経 理 処 理 一 般 管 理 費 とは 業 務 を 行 うために 必 要 な 経 費 であって 当 該 業 務 に 要 した 経 費 としての 抽 出 特 定 が 困 難 なものについて 契 約 時 の 条 件 に 基 づいて 一 定 割 合 の 支 払 を 認 められた 間 接 経 費 を いいます 受 託 者 において 複 数 の 業 務 に 共 通 して 使 用 する 事 務 所 費 光 熱 水 費 コンピュータ 使 用 料 回 線 使 用 料 等 を 想 定 したものです ( 注 )ただし これらの 費 用 であっても 特 定 の 業 務 に 使 用 したこと 及 び 要 した 費 用 が 明 確 に 区 別 できるもので 契 約 時 に 見 積 で 明 示 しているものについては それぞれの 費 用 に 計 上 するこ とができます その 場 合 は それぞれの 費 用 に 示 す 処 理 の 仕 方 に 基 づいて 書 類 の 整 備 等 を 行 わ なければなりません 一 般 管 理 費 については 次 の 計 算 式 により 算 出 します ( 直 接 人 件 費 + 直 接 経 費 - 再 委 託 費 等 ) 一 般 管 理 費 率 (1) 直 接 経 費 について 旅 費 使 用 料 等 の 単 価 にすでに 消 費 税 が 含 まれている 場 合 は 税 抜 き 額 で 算 出 すること (2) 再 委 託 費 等 には 本 マニュアル 9 訓 練 手 当 訓 練 委 託 料 に 関 する 経 理 処 理 に 記 載 があ る 訓 練 手 当 訓 練 委 託 料 及 び 10 再 委 託 費 に 関 する 経 理 処 理 で 定 める 再 委 託 費 を 計 上 すること (3) 一 般 管 理 費 は 業 務 の 精 算 時 に 実 績 額 に 応 じて 再 計 算 すること その 際 の 一 般 管 理 比 率 は 契 約 締 結 時 に 定 めた 比 率 とすること(ただし 締 結 時 の 比 率 を 下 回 る 場 合 はこの 限 りではな い)

17 14 消 費 税 に 関 する 経 理 処 理 委 託 契 約 は 一 般 に 消 費 税 法 上 役 務 の 契 約 に 該 当 し 原 則 として 経 費 全 体 が 消 費 税 の 課 税 対 象 と なります ただし 受 託 者 が 消 費 税 法 上 の 免 税 事 業 者 である 場 合 はこの 限 りではありません (1) 課 税 事 業 者 の 場 合 受 託 者 が 支 払 う 賃 金 諸 手 当 社 会 保 険 料 等 ( 以 下 賃 金 等 という )の 消 費 税 が 含 まれ ていないものについては その 額 を 税 抜 きの 額 として 計 上 し 通 勤 手 当 等 の 交 通 費 謝 金 旅 費 借 料 及 び 損 料 通 信 運 搬 費 等 の 既 に 消 費 税 額 が 含 まれているもの( 仕 入 税 額 控 除 ができる もの)は 消 費 税 分 を 減 額 して 計 上 します その 後 計 上 した 額 の 総 額 に 消 費 税 率 を 掛 けた 額 を 加 算 します (2) 非 課 税 事 業 者 の 場 合 賃 金 等 を 含 め 実 際 に 支 出 した 額 等 を 計 上 し 消 費 税 率 を 掛 けた 額 の 加 算 は 行 いません ( 例 ) 実 際 の 支 出 額 が 次 のとおりである 場 合 (*は 税 込 み 額 消 費 税 率 8%の 場 合 ) 実 際 の 支 出 額 課 税 事 業 者 の 場 合 非 課 税 事 業 者 の 場 合 賃 金 等 3,000,000 円 賃 金 等 3,000,000 円 賃 金 等 3,000,000 円 通 勤 手 当 等 * 324,000 円 通 勤 手 当 等 300,000 円 通 勤 手 当 等 324,000 円 旅 費 * 216,000 円 旅 費 200,000 円 旅 費 216,000 円 印 刷 広 告 費 * 1,296,000 円 印 刷 広 告 費 1,200,000 円 印 刷 広 告 費 1,296,000 円 一 般 管 理 費 400,000 円 一 般 管 理 費 400,000 円 一 般 管 理 費 400,000 円 小 計 5,100,000 円 消 費 税 408,000 円 計 5,508,000 円 計 5,236,000 円 (3) 端 数 の 取 扱 いについて 消 費 税 の 計 算 では 税 抜 き 額 を 基 礎 として 計 算 し 税 込 みの 額 に 端 数 が 生 じた 場 合 には 1 円 未 満 を 切 り 捨 てるものとします ( 例 ) 税 抜 き 額 が315,259 円 消 費 税 率 8%の 場 合 = 小 数 点 以 下 を 切 り 捨 てて 税 込 み 額 は 340,479 円 とする ( 参 考 : 国 等 の 債 権 債 務 等 の 金 額 の 端 数 計 算 に 関 する 法 律 抄 ) 第 2 条 ( 略 ) 国 及 び 公 庫 等 の 債 務 で 金 銭 の 給 付 を 目 的 とするもの( 以 下 債 務 という )の 確 定 金 額 に 一 円 未 満 の 端 数 があるときは その 端 数 金 額 を 切 り 捨 てるものとする

18 15 値 引 きに 関 する 経 理 処 理 見 積 の 際 には 受 託 者 が 用 いる 通 常 の 単 価 により 見 積 額 を 算 定 した 上 で 仕 様 に 基 づく 契 約 上 限 額 の 範 囲 内 とするために 値 引 き 等 として 計 上 した 額 を 減 じて 見 積 額 とすることがあり ます 値 引 きによる 見 積 は 精 算 時 の 経 理 処 理 が 複 雑 になることから できるだけ 行 わないこ とが 望 ましいですが 値 引 きがある 場 合 には 次 のとおり 処 理 します 見 積 に 値 引 きがある 場 合 には 原 則 として 実 績 報 告 により 計 算 された 額 から 一 律 に 値 引 き 額 を 減 じた 額 を 実 際 の 精 算 額 とします ただし 業 務 の 規 模 が 大 きく 縮 小 されるなど 特 段 の 事 情 がある 場 合 には 値 引 き 額 について 当 課 と 受 託 者 の 間 で 協 議 するものとします ( 例 ) 契 約 上 限 額 1,080 万 円 ( 消 費 税 込 み)の 業 務 について 見 積 書 の 記 載 内 容 実 際 の 費 用 実 績 報 告 額 人 件 費 400 万 円 人 件 費 340 万 円 人 件 費 340 万 円 業 務 費 等 700 万 円 業 務 費 等 620 万 円 業 務 費 等 620 万 円 値 引 き 100 万 円 値 引 き 100 万 円 小 計 1,000 万 円 小 計 960 万 円 小 計 860 万 円 消 費 税 80 万 円 消 費 税 76 万 円 消 費 税 68 万 円 計 1,080 万 円 計 1,036 万 円 計 928 万 円 人 件 費 業 務 費 等 はすべて 税 抜 き 消 費 税 率 は8% 受 託 者 は 課 税 業 務 者 とする

19 16 実 績 報 告 書 の 作 成 業 務 の 終 了 時 には 業 務 による 成 果 を 明 らかにするための 報 告 書 ( 以 下 成 果 報 告 書 とい う )と 業 務 に 要 した 経 費 を 明 らかにするための 報 告 書 ( 以 下 経 費 報 告 書 という )を 作 成 する 必 要 があります (1) 成 果 報 告 書 成 果 報 告 書 には 一 般 に 次 のような 事 項 のほか 必 要 と 思 われる 事 項 を 記 載 します 契 約 書 や 仕 様 協 議 によりこれと 異 なる 内 容 が 示 されている 場 合 には それに 従 います 記 載 事 項 が 膨 大 になる 場 合 には 抜 粋 を 掲 載 し 全 体 は 別 冊 にする 等 の 工 夫 をしてください 成 果 報 告 書 は 特 段 の 指 示 がない 限 り 正 本 を1 部 副 本 を1 部 作 成 してください ア 共 通 事 項 (ア) 業 務 概 要 年 度 委 託 者 ( 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 ) 業 務 名 事 業 期 間 事 業 目 的 業 務 概 要 等 (イ) 実 施 体 制 図 等 業 務 を 実 施 するに 当 たっての 役 割 分 担 及 び 担 当 者 の 氏 名 途 中 で 変 更 がある 場 合 にはそ の 変 更 前 後 の 氏 名 を 含 みます (ウ) 成 果 の 総 論 業 務 を 実 施 したことによる 直 接 的 な 効 果 を イベント 等 であれば 回 数 及 び 参 加 者 数 面 接 会 等 であれば 参 加 企 業 数 参 加 者 数 及 び 就 職 者 数 研 修 職 場 訓 練 を 含 む 業 務 であれば 訓 練 者 数 及 び 就 職 者 数 等 の 数 値 を 含 め 簡 潔 に 文 章 で 記 載 します (エ) 成 果 の 各 論 仕 様 に 示 された 業 務 内 容 の 項 目 ごとに 実 施 の 状 況 をおおむねイ 以 降 のとおり 記 載 しま す イ 会 議 の 開 催 の 場 合 (ア) 会 議 の 名 称 (イ) 開 催 日 時 及 び 場 所 (ウ) 出 席 者 名 簿 (エ) 会 議 の 議 題 議 事 概 要 等 (オ) 複 数 回 開 催 した 場 合 主 要 な 項 目 の 一 覧 表 ウ 講 演 会 シンポジウム 等 の 開 催 の 場 合 (ア) 講 演 会 シンポジウム 等 の 名 称 (イ) 開 催 日 時 及 び 場 所 (ウ) 参 加 者 数 (あれば 参 加 者 の 性 質 別 集 計 ) (エ) 講 演 者 シンポジスト 氏 名 及 びプロフィール (オ) 講 演 概 要 又 はシンポジウム 概 要 (カ) 当 日 の 様 子 を 示 す 写 真 (キ) 複 数 回 開 催 した 場 合 主 要 な 項 目 の 一 覧 表

20 エ 合 同 企 業 面 接 会 説 明 会 等 の 開 催 の 場 合 (ア) 合 同 企 業 面 接 会 説 明 会 等 の 名 称 (イ) 開 催 日 時 及 び 場 所 (ウ) 参 加 企 業 一 覧 ( 業 種 職 種 所 在 地 担 当 部 署 及 び 連 絡 先 を 含 む ) (エ) 参 加 者 数 (あれば 参 加 者 の 性 質 別 集 計 ) (オ) 当 日 の 配 置 図 当 日 の 様 子 を 示 す 写 真 (カ) 説 明 面 接 の 状 況 就 職 内 定 状 況 の 企 業 別 集 計 表 (キ) 複 数 回 開 催 した 場 合 主 要 な 項 目 の 一 覧 表 オ 研 修 職 場 訓 練 を 実 施 した 場 合 (ア) 研 修 職 場 訓 練 の 名 称 (イ) 研 修 の 実 施 場 所 実 施 期 間 (ウ) 研 修 のカリキュラム (エ) 研 修 参 加 者 名 簿 ない 場 合 は 研 修 参 加 者 数 (オ) 資 格 取 得 がカリキュラムに 含 まれる 場 合 資 格 取 得 の 実 績 (カ) 職 場 訓 練 の 受 入 先 企 業 名 訓 練 受 講 者 名 訓 練 期 間 一 覧 表 (キ) 研 修 及 び 訓 練 の 様 子 を 示 す 写 真 ( 抜 粋 ) (ク) 研 修 訓 練 受 講 者 の 就 職 状 況 一 覧 ( 受 入 先 への 就 職 か 否 か 正 社 員 契 約 社 員 の 別 を 含 む ) (ケ) 複 数 回 実 施 した 場 合 主 要 な 項 目 の 一 覧 表 カ コンサルタント 等 専 門 家 の 派 遣 を 実 施 した 場 合 (ア) 派 遣 企 業 数 派 遣 延 べ 回 数 (イ) 派 遣 先 企 業 名 派 遣 した 専 門 家 の 氏 名 派 遣 期 間 (ウ) 実 施 した 専 門 的 援 助 の 内 容 (エ) 派 遣 による 成 果 (オ) 派 遣 の 様 子 を 示 す 写 真 ( 抜 粋 ) (カ) 複 数 回 実 施 した 場 合 主 要 な 項 目 の 一 覧 表 キ 県 外 海 外 へのインターンシップ 派 遣 就 職 活 動 支 援 等 を 実 施 した 場 合 (ア) 派 遣 者 氏 名 学 生 の 場 合 学 校 学 年 年 齢 派 遣 先 ( 訪 問 先 企 業 ) 派 遣 期 間 (イ) 派 遣 の 様 子 を 示 す 写 真 ( 抜 粋 ) (ウ) 派 遣 者 の 属 性 等 の 集 計 表 (エ) 就 職 活 動 支 援 の 場 合 その 合 否 ク その 他 の 助 成 事 業 を 実 施 した 場 合 (ア) 助 成 対 象 者 の 名 称 概 要 助 成 対 象 となった 事 業 等 助 成 額 の 一 覧 表 (イ) 助 成 対 象 者 ごとに 助 成 対 象 となった 事 業 の 状 況 等 ケ 個 別 の 就 職 支 援 を 実 施 した 場 合 (ア) 就 職 支 援 の 対 象 者 数 就 職 者 数 就 職 先 内 訳 の 集 計 表

21 (イ) 就 職 支 援 対 象 者 の 氏 名 (ウ) 行 った 支 援 の 内 容 日 付 (エ) 支 援 の 結 果 ( 就 職 未 就 職 の 別 就 職 先 企 業 名 業 種 職 種 正 社 員 契 約 社 員 の 別 ) コ 印 刷 物 等 の 作 成 又 は 広 報 を 実 施 した 場 合 (ア) 印 刷 物 等 又 は 広 報 の 名 称 (イ) 印 刷 物 の 形 態 作 成 部 数 (ウ) 配 布 方 法 配 布 先 ( 主 なもの) (エ) 内 容 見 本 ( 抜 粋 ) (オ) 広 報 媒 体 の 名 称 種 類 (テレビ ラジオ 雑 誌 等 ) (カ) 広 報 を 実 施 した 方 法 期 間 (キ) 広 報 の 見 本 ( 抜 粋 ) (ク) 複 数 回 実 施 した 場 合 主 要 な 項 目 の 一 覧 表 サ イ~クに 付 随 してアンケートを 実 施 した 場 合 (ア)アンケートの 名 称 (イ)アンケートの 質 問 項 目 内 容 (ウ)アンケートの 対 象 者 数 回 答 者 数 回 答 率 (エ) 回 答 者 の 性 質 別 分 析 (オ)アンケートの 分 析 結 果 シ その 他 の 業 務 前 項 までの 内 容 を 参 考 に 必 要 とされる 事 項 を 記 載 してください 別 途 当 課 担 当 者 から 指 示 がある 場 合 には それに 従 ってください ス 制 作 物 一 覧 及 び 制 作 物 見 本 業 務 に 基 づき 制 作 した 印 刷 物 広 告 放 送 ウェブサイト グッズ 等 について その 一 覧 表 を 作 成 します また 制 作 物 については それぞれ 見 本 を 添 付 します 大 きな 印 刷 物 につ いては 折 りたたむか 縮 小 した 見 本 を 添 付 してください ウェブサイトについてはその 印 字 見 本 又 は 再 現 した 電 子 媒 体 映 像 音 声 についてはそれを 収 録 した 媒 体 等 グッズについて はその 写 真 等 を 添 付 してください (2) 経 費 報 告 書 経 費 報 告 書 には 業 務 の 実 施 に 要 した 経 費 の 内 訳 をおおむね 次 のとおり 記 載 します 契 約 書 や 仕 様 協 議 によりこれと 異 なる 内 容 が 示 されている 場 合 には それに 従 います 経 費 報 告 書 は 特 段 の 指 示 がない 限 り 正 本 を1 部 副 本 を1 部 作 成 してください ア 総 括 表 仕 様 で 示 した 区 分 ごとに 要 した 費 用 を 記 載 します イ 経 費 区 分 ごとの 明 細 表 アの 区 分 ごとに 実 際 に 支 出 した 内 容 1 件 ごとの 費 用 を 明 細 として 記 載 します 明 細 には1 件 ごとに ウのどの 部 分 を 参 照 すればよいかを 番 号 等 で 示 します ウ 整 理 した 書 類 3~15までの 記 載 に 沿 って 書 類 を 整 理 します 書 類 には1 件 ごとに 一 意 となる 番 号 を 付

22 し イの 各 項 目 から 参 照 しやすいようにします 整 理 した 書 類 については 提 出 する 必 要 は ありませんが 検 査 に 当 たっては 経 費 報 告 書 と 突 き 合 わせて 確 認 できるよう 準 備 しなければ いけません ただし 当 課 から 指 示 がある 場 合 には 整 理 した 書 類 一 式 の 写 しを 提 出 してく ださい 書 類 は 原 則 として 原 本 をこのとおりにひとまとめにして 保 管 しますが 社 内 規 程 等 の 関 係 で 原 本 を 保 管 できない 場 合 には 写 しを 保 管 し 当 課 担 当 者 の 求 めがあれば 原 本 を 提 示 でき るようにしておけばよいものとします

23 17 検 査 検 査 とは 業 務 の 適 正 な 執 行 を 確 保 するために 行 う 書 面 検 査 及 び 現 地 調 査 を 言 います 書 面 検 査 は 検 査 に 必 要 な 書 類 を 受 託 者 が 送 付 又 は 持 参 し 当 課 職 員 が 検 査 するもので 現 地 調 査 は 当 課 職 員 が 業 務 実 施 場 所 に 行 き 業 務 の 進 捗 購 入 した 物 品 の 管 理 使 用 状 況 経 費 の 発 生 状 況 書 類 の 整 理 状 況 前 項 までに 記 載 する 処 理 の 状 況 等 を 確 認 するものです 検 査 を 受 けるに 当 たり 受 託 者 が 要 した 費 用 は 委 託 業 務 に 要 した 費 用 として 計 上 することはで きません 検 査 においては 契 約 書 仕 様 提 案 書 等 の 内 容 に 沿 って 実 施 されているか 事 業 目 的 に 適 合 しているか 経 理 処 理 については 本 マニュアルに 沿 った 処 理 がなされているか 等 を 確 認 します 検 査 の 種 類 は 次 のとおりです (1) 中 間 検 査 業 務 終 了 前 に 必 要 に 応 じて 行 う 検 査 で 業 務 期 間 中 に 経 理 処 理 の 状 況 や 受 託 者 内 の 体 制 を 確 認 することにより 年 度 末 における 額 の 確 定 の 負 担 を 軽 減 したり 認 識 の 誤 りや 処 理 の 誤 りを 早 期 に 是 正 したりする 目 的 で 実 施 します (2) 完 了 検 査 業 務 の 終 了 後 実 績 報 告 書 の 提 出 を 受 けた 後 に 行 う 検 査 で 実 績 報 告 書 に 基 づき 業 務 の 成 果 業 務 の 実 施 に 要 した 経 費 を 確 認 するもので 本 検 査 をもって 受 託 者 に 支 払 うべき 委 託 料 の 額 が 確 定 します (3)その 他 の 検 査 業 務 期 間 終 了 後 上 記 以 外 に 必 要 があると 認 めた 場 合 に 行 う 検 査 です

24 18 業 務 終 了 後 の 取 扱 い (1) 文 書 の 保 存 業 務 の 実 施 のために 必 要 とした 文 書 その 他 一 切 の 資 料 は 契 約 書 で 定 めた 期 間 の 間 保 存 して おかなければなりません 期 間 は 原 則 として 業 務 を 行 った 年 度 の 終 了 から 起 算 します ( 例 ) 平 成 25 年 度 に 実 施 した 業 務 について 5 年 間 の 保 存 を 求 められている 場 合 保 存 期 間 平 成 26 年 4 月 1 日 ( 平 成 25 年 度 終 了 )~ 平 成 31 年 3 月 31 日 また 保 存 期 間 中 に 当 課 から 求 めがあった 場 合 には それを 提 示 しなければなりません (2) 財 産 の 管 理 処 分 に 係 る 処 理 について 委 託 業 務 において 税 込 み 単 価 50 万 円 以 上 の 機 械 設 備 等 を 取 得 した 場 合 又 は 改 良 等 により 機 械 設 備 等 の 価 値 が 税 込 み50 万 円 以 上 増 加 した 場 合 には 当 課 からの 指 示 があるまでその 機 械 設 備 等 を 民 法 第 644 条 にいう 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 しなければなりません ア 管 理 期 間 中 は その 機 械 設 備 等 を 自 主 事 業 等 他 の 業 務 に 使 用 することはできません イ 所 定 の 様 式 による 取 得 財 産 等 管 理 台 帳 を 作 成 してください ウ 当 課 からの 指 示 があった 場 合 には 速 やかにその 指 示 に 従 ってください エ 指 示 があるまでの 間 に 善 良 な 管 理 者 の 注 意 義 務 違 反 が 認 められる 場 合 には 契 約 違 反 と してその 損 害 の 回 復 を 求 める 場 合 等 がありますので 注 意 してください ( 参 考 : 民 法 抄 ) 第 644 条 受 任 者 は 委 任 の 本 旨 に 従 い 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 委 任 事 務 を 処 理 する 義 務 を 負 う (3) 沖 縄 県 監 査 会 計 実 地 検 査 等 への 対 応 執 行 した 業 務 については 業 務 の 終 了 後 に 沖 縄 県 監 査 委 員 による 監 査 地 方 自 治 法 に 定 める 包 括 外 部 監 査 契 約 に 基 づく 監 査 を 受 けることがあります また 国 庫 支 出 金 を 受 けて 実 施 する 業 務 については 会 計 検 査 院 による 会 計 実 地 検 査 を 受 けることがあります これらの 監 査 等 に ついて 受 託 者 の 対 応 は 原 則 として 必 要 ありませんが 場 合 によっては 実 際 の 状 況 を 確 認 する ために 受 託 者 による 説 明 を 求 められたり 保 存 してある 書 類 の 提 示 を 求 められたりすること があります この 場 合 には 御 協 力 くださるようお 願 いします

しなければなりません (3) 謝 金 事 業 を 実 施 するために 追 加 的 に 必 要 となる 行 為 ( 資 料 整 理 作 業 補 助 専 門 的 知 識 の 提 供 資 料 の 収 集 等 )に 対 して 謝 礼 として 支 払 う 経 費 です 謝 金 の 単 価 については 業 務

しなければなりません (3) 謝 金 事 業 を 実 施 するために 追 加 的 に 必 要 となる 行 為 ( 資 料 整 理 作 業 補 助 専 門 的 知 識 の 提 供 資 料 の 収 集 等 )に 対 して 謝 礼 として 支 払 う 経 費 です 謝 金 の 単 価 については 業 務 苗 木 安 定 供 給 推 進 事 業 のうち 花 粉 症 対 策 苗 木 への 植 替 促 進 事 業 に 係 る 公 募 要 領 1 総 則 苗 木 安 定 供 給 推 進 事 業 のうち 花 粉 症 対 策 苗 木 への 植 替 促 進 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう)に 係 る 課 題 提 案 の 実 施 については この 要 領 に 定 めるところによるものとします 2 公 募

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx 参 考 ( 改 正 後 全 文 ) 厚 生 労 働 省 発 老 0717 第 2 号 平 成 2 4 年 7 月 1 7 日 最 終 改 正 厚 生 労 働 省 発 老 0309 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 9 日 指 定 都 市 市 長 各 中 核 市 市 長 殿 市 区 町 村 長 厚 生 労 働 事 務 次 官 ( 公 印 省 略 ) 地 域 介 護 福 祉 空 間 整 備 等 施

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

目 次 1 はじめに 1 2 留 意 事 項 2 3 帳 簿 3 4 レシート 類 等 4 5 経 理 のルール 5 6 利 益 等 排 除 6 7 支 出 対 象 経 費 1 旅 費 委 員 旅 費 7 2 賃 金 9 3 謝 金 10 4 会 場 借 料 会 議 費 12 5 通 信 運 搬 費

目 次 1 はじめに 1 2 留 意 事 項 2 3 帳 簿 3 4 レシート 類 等 4 5 経 理 のルール 5 6 利 益 等 排 除 6 7 支 出 対 象 経 費 1 旅 費 委 員 旅 費 7 2 賃 金 9 3 謝 金 10 4 会 場 借 料 会 議 費 12 5 通 信 運 搬 費 補 助 事 業 の 手 引 き 補 助 事 業 者 の 皆 様 へ 平 成 25 年 8 月 本 手 引 きは 補 助 事 業 に 係 る 経 理 処 理 等 を 実 施 する 際 に 準 備 しておくべき 資 料 等 について 基 本 的 事 項 を 記 載 しています 本 手 引 きを 通 じ 補 助 事 業 の 実 施 者 ( 以 下 補 助 事 業 者 という ) 及 び 当 省 の 間 で

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

区 分 項 設 物 備 品 備 品 資 産 として 計 上 すべき 改 造 とは 具 体 的 にどのよ うな 場 合 でしょう 法 人 税 法 上 の 資 本 的 支 出 に 該 当 する 場 合 です 具 体 的 には 固 定 資 産 の 修 理 改 良 等 のために 支 出

区 分 項 設 物 備 品 備 品 資 産 として 計 上 すべき 改 造 とは 具 体 的 にどのよ うな 場 合 でしょう 法 人 税 法 上 の 資 本 的 支 出 に 該 当 する 場 合 です 具 体 的 には 固 定 資 産 の 修 理 改 良 等 のために 支 出 区 分 項 実 用 化 挑 戦 タイプ( 中 小 ベンチャー 開 発 FAQ 平 成 27 年 4 月 17 日 産 学 共 同 開 発 部 業 務 管 理 G 1001 開 発 経 の 請 求 方 法 を 教 えてください 年 度 を4 期 (4 月 ~6 月,7 月 ~9 月,10 月 ~12 月,1 月 ~3 月 に 区 分 し 各 四 半 期 の 初 月 の15 日 までに 開 発 経 概

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

支 出 費 目 別 の 注 意 事 項 ( 別 表 1) 学 術 定 期 刊 行 物 支 出 費 目 品 名 等 ( 例 ) 注 意 事 項 直 接 出 版 費 組 版 代 製 版 代 学 術 誌 の 刊 行 に 直 接 必 要 となる 経 費 のうち 以 下 の 刷 版 代 印 刷 代 経 費 に

支 出 費 目 別 の 注 意 事 項 ( 別 表 1) 学 術 定 期 刊 行 物 支 出 費 目 品 名 等 ( 例 ) 注 意 事 項 直 接 出 版 費 組 版 代 製 版 代 学 術 誌 の 刊 行 に 直 接 必 要 となる 経 費 のうち 以 下 の 刷 版 代 印 刷 代 経 費 に 3-1 補 助 金 の 適 正 な 管 理 執 行 等 について 本 資 料 は 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 研 究 成 果 公 開 促 進 費 )( 以 下 補 助 金 という )につ いて 補 助 金 を 管 理 執 行 する 際 にご 留 意 いただきたい 点 を 簡 潔 にまとめたものです 本 経 費 は 国 の 補 助 金 であり 会 計 検 査 院 等 の 検 査 の 対 象 となっているものですので

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

監査の結果

監査の結果 柳 川 市 監 査 委 員 告 示 第 8 号 地 方 自 治 法 第 199 条 第 1 項 及 び 第 4 項 の 規 定 により 定 期 監 査 を 実 施 したの で 同 条 第 9 項 の 規 定 により その 結 果 を 公 表 します 平 成 28 年 4 月 28 日 柳 川 市 監 査 委 員 松 藤 博 明 柳 川 市 監 査 委 員 近 藤 末 治 平 成 27 年 度 (3

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A>

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A> 政 務 活 動 費 制 度 と 運 用 指 針 平 成 25 年 3 月 施 行 平 成 27 年 4 月 改 訂 静 岡 県 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 制 度 1 制 度 の 目 的 1 2 これまでの 経 緯 1 (1) 制 度 の 創 設 1 (2) 透 明 性 の 確 保 1 (3) 政 務 活 動 費 への 移 行 1 3 政 務 活 動 とは 2 4 根 拠 法 令 等

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容

Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容 公 取 下 第 50 号 平 成 8 年 6 月 4 日 代 表 者 殿 公 正 取 引 委 員 会 下 請 事 業 者 との 取 引 に 関 する 調 査 について 公 印 省 略 公 正 取 引 委 員 会 は, 下 請 取 引 の 公 正 化 を 図 るため, 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 ( 以 下 下 請 法 といいます )を 中 小 企 業 庁 と 協 力 して 運 用

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

平成12年度重点事項実施要領

平成12年度重点事項実施要領 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 実 施 結 果 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 について 実 施 した 結 果 は 次 のとおりであった 第 1 監 査 の 概 要 1 平 成 25 年 度 重 点 事 項 税 外 収 入 未 済 に 対 する 債 権 管 理 は 適 切 か 2 選 定 理 由 平 成 24 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 として

More information

ア 現 金 を 収 納 したときは 原 則 として 収 納 日 の 翌 日 までに 金 融 機 関 に 払 い 込 んでい るか 収 納 した 現 金 を 長 期 間 金 庫 で 保 管 しているようなことはないか イ 現 金 と 収 入 伝 票 の 金 額 とは 一 致 していることを 確 認 し

ア 現 金 を 収 納 したときは 原 則 として 収 納 日 の 翌 日 までに 金 融 機 関 に 払 い 込 んでい るか 収 納 した 現 金 を 長 期 間 金 庫 で 保 管 しているようなことはないか イ 現 金 と 収 入 伝 票 の 金 額 とは 一 致 していることを 確 認 し 財 務 検 査 の 検 査 項 目 現 金 有 価 証 券 の 取 扱 い 1 管 理 体 制 の 整 備 (1)チェック 牽 制 機 能 ア 経 理 担 当 者 ( 現 金 を 取 り 扱 う 担 当 者 )は 必 要 最 小 限 かつ 複 数 名 としてい るか イ 経 理 担 当 者 以 外 の 者 が 現 金 を 取 り 扱 っていないか ウ 経 理 担 当 者 について 定 期 的 に 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031814048323892B789AA8E7396A2978882CC8B4E8BC689C6899E89878E968BC695E28F958BE08CF695E5977697CC202E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031814048323892B789AA8E7396A2978882CC8B4E8BC689C6899E89878E968BC695E28F958BE08CF695E5977697CC202E646F63> 平 成 28 年 度 長 岡 市 未 来 の 起 業 家 応 援 事 業 補 助 金 公 募 要 領 長 岡 市 商 工 部 商 業 振 興 課 1 制 度 の 概 要 長 岡 市 内 への 新 たな 進 出 を 伴 う 起 業 の 促 進 及 び 起 業 後 の 事 業 の 定 着 並 びにこれらによる 地 域 経 済 の 活 性 化 を 図 るため 将 来 的 に 事 業 の 成 長 が 見 込

More information

1 個人研究費計画

1 個人研究費計画 公 的 研 究 費 の 使 用 について 2015 年 4 月 公 立 大 学 法 人 青 森 公 立 大 学 は じ め に 公 的 研 究 費 ( 個 人 研 究 費 を 含 む)とは 国 又 は 地 方 公 共 団 体 若 しくは 独 立 行 政 法 人 などの 公 的 機 関 から 特 定 の 研 究 を 遂 行 するために 配 分 される 研 究 活 動 を 進 める 上 で 欠 くことので

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

Taro-△H28仕様書(案)

Taro-△H28仕様書(案) 仕 様 書 ( 案 ) 1 業 務 の 名 称 岡 山 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 ( 自 立 相 談 支 援 等 業 務 ) 委 託 2 業 務 の 目 的 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )に 基 づき 生 活 困 窮 者 を 早 期 に 把 握 し 多 様 で 複 合 的 な 課 題 を 解 きほぐしながら

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

契約の適正化について

契約の適正化について 平 成 27 年 1 月 5 日 鎌 倉 市 随 意 契 約 ガイドライン 平 成 26 年 1 月 日 改 正 1 趣 旨 このガイドラインは 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の 2 第 1 項 に 定 める 随 意 契 約 の 公 正 性 を 確 保 するため 鎌 倉 市 が 締 結 する 個 々の 契 約 案 件 ごとに 特 殊 性 緊 急 性 経 済 的 合 理 性 等 の

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 号 の 取 引 は 三 井 住 友 信 託 の 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )ができます 1 普 通 預 金 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 由 金 利

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

表紙出力台紙.indd

表紙出力台紙.indd 経 費 の 取 扱 いについて 助 成 活 動 に 係 る 支 出 は 謝 金 旅 費 雑 役 務 費 その 他 経 費 活 動 報 告 書 に 係 る 経 費 という5つの 経 費 項 目 に 分 けられます さらに 経 費 項 目 ごとに 助 成 の 対 象 となる もの ならないものという 経 費 区 分 ( 下 記 参 照 )と 助 成 対 象 となる 場 合 の 上 限 額 が 設 け られています

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

学位記英訳文にかかる専攻(分野)の表記について

学位記英訳文にかかる専攻(分野)の表記について 競 争 的 資 金 等 の 使 用 管 理 に 関 する 事 務 処 理 手 続 きマニュアル 第 4 版 平 成 26 年 10 月 国 立 大 学 法 人 浜 松 医 科 大 学 はじめに 平 成 19 年 2 月 15 日 付 けで 研 究 機 関 における 公 的 研 究 費 の 管 理 監 査 のガイドライン( 実 施 基 準 )( 文 部 科 学 大 臣 決 定 ) ( 以 下 ガイドライン

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

高 松 市 告 示 第 403 号 )に 基 づく 指 名 停 止 期 間 中 でないこと (5) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 のいずれにも 該 当 していないこと 4 提 案 公 募 関 係 資 料 の

高 松 市 告 示 第 403 号 )に 基 づく 指 名 停 止 期 間 中 でないこと (5) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 のいずれにも 該 当 していないこと 4 提 案 公 募 関 係 資 料 の 平 成 28 年 度 路 線 バス 基 幹 系 統 サービスレベル 向 上 策 検 討 業 務 委 託 提 案 公 募 要 領 1 提 案 公 募 の 目 的 中 心 市 街 地 の 公 共 交 通 において 基 幹 的 役 割 を 担 っている 路 線 バスについて 沿 線 住 民 の 意 識 調 査 等 を 実 施 することにより その 需 要 予 測 を 行 うとともに 公 共 交 通 としての

More information

3 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 の 計 算 書 ( 付 表 ) ( 下 段 部 分 )の 記 載 のしかた 社 会 保 険 医 療 分 の 収 入 金 額 欄 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 2 項 の 社 会 保 険 関 係 法 律 等 の 規 定 に 基 づく 給 付 又

3 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 の 計 算 書 ( 付 表 ) ( 下 段 部 分 )の 記 載 のしかた 社 会 保 険 医 療 分 の 収 入 金 額 欄 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 2 項 の 社 会 保 険 関 係 法 律 等 の 規 定 に 基 づく 給 付 又 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 計 算 書 記 載 の 手 引 1 この 計 算 書 の 用 途 等 (1) 医 療 法 人 の 課 税 標 準 の 算 定 については 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 1 項 において 社 会 保 険 診 療 につき 支 払 を 受 けた 金 額 は 益 金 の 額 に 算 入 せず また 当 該 社 会 保 険 診 療 に 係 る 経 費 は 損

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

関税評価

関税評価 平 成 28 年 度 評 価 研 修 平 成 28 年 4 月 14.15 日 名 古 屋 税 関 業 務 部 関 税 評 価 部 門 1 税 関 における 租 税 収 入 額 について 税 関 約 8.9 兆 円 ( 関 税 輸 入 消 費 税 等 ) 事 後 調 査 における 徴 収 額 等 租 税 収 入 約 58 兆 円 ( 平 成 26 年 度 ) 種 別 申 告 漏 れ 課 税 価 格

More information

第1 政務調査費の交付

第1 政務調査費の交付 平 成 25 年 3 月 愛 媛 県 議 会 政 務 活 動 費 のマニュアル 本 マニュアルは 各 議 員 が 政 務 活 動 費 に 係 る 請 求 交 付 充 当 収 支 報 告 書 等 の 提 出 などの 一 連 の 手 続 きを 進 める 際 の 参 考 資 料 である 愛 媛 県 政 務 活 動 費 の 交 付 に 関 する 条 例 が 平 成 24 年 12 月 に 改 正 25 年

More information

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 推 進 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 1. 目 的 南 相 馬 市 が 行 う 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 のインターネットを 利 用 した 受 付 サイ ト 構 築 返 礼 品 等 に 関 連 する 業 務 及 びその 他 関 連 業 務 の 代 行 業 務 に 関 し 事 業 者 を 選 定 するため 公 募 型 プロポーザル(

More information

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」 株 式 会 社 WOWOW 有 料 放 送 サービス 約 款 IPTV 同 時 再 送 信 用 第 1 章 総 則 ( 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 当 社 は この 有 料 基 幹 放 送 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )を 定 め これにより 衛 星 デ ジタル 有 料 放 送 サービスを 提 供 します ( 約 款 の 変 更 ) 第 2 条 当 社 は 本 約 款

More information

Ⅰ Ⅰ. 本 文 Ⅱ. 記 載 例 参 考 例 Ⅲ. 交 付 規 程 Ⅳ. 様 式 等 課 題 設 定 型 産 業 技 術 開 発 費 助 成 事 業 事 務 処 理 マニュアル Ⅱ. 記 載 例 参 考 例 平 成 21 年 度 版 Ⅱ. 記 載 例 参 考 例 目 次 1. 助 成 金 交 付 申 請 の 提 出 書 類 1 課 題 設 定 型 産 業 技 術 開 発 費 助 成 金 交 付 申 請

More information

及 び その 他 食 品 衛 生 及 び 公 衆 衛 生 に 関 する 法 律 等 遵 守 することはもとより 文 部 科 学 省 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 に 準 拠 しつつ 別 添 資 料 4 八 尾 市 中 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 に 基 づき 適 正 に 行 う

及 び その 他 食 品 衛 生 及 び 公 衆 衛 生 に 関 する 法 律 等 遵 守 することはもとより 文 部 科 学 省 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 に 準 拠 しつつ 別 添 資 料 4 八 尾 市 中 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 に 基 づき 適 正 に 行 う 八 尾 市 中 学 校 給 食 調 理 業 務 委 託 プロポーザル 実 施 要 領 1. 目 的 本 市 においては 平 成 26 年 12 月 に 策 定 した 八 尾 市 中 学 校 給 食 の 実 施 に 係 る 基 本 方 針 に 基 づき 平 成 28 年 1 月 より 市 内 中 学 校 11 校 で 平 成 28 年 4 月 より 4 校 で 家 庭 弁 当 と 併 用 した 選 択

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが 平 成 26 年 7 月 作 成 平 成 26 年 度 科 学 研 究 費 補 助 金 使 用 のルール 長 浜 バイオ 大 学 研 究 推 進 機 構 事 務 室 center.jim@nagahama-i-bio.ac.jp 1 はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63>

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63> 遺 失 物 取 扱 いのしおり ( 施 設 占 有 者 の 皆 様 方 へ) 愛 知 県 警 察 は じ め に 皆 様 方 が 管 理 している 建 物 などの 施 設 内 で お 客 様 が 落 とし 物 を 拾 って 届 出 があっても 手 続 が 分 からないために 警 察 に 提 出 せ ず そのままにされているようなことはないでしょうか そのままでは その 落 とし 物 が 持 ち 主

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 概 要 1 基 本 方 針 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等

目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 概 要 1 基 本 方 針 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等 政 務 活 動 費 手 引 き 平 成 26 年 4 月 宗 像 市 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 概 要 1 基 本 方 針 ------------------------------------------------------------------------------- 2 2 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等 ----------------------------------------

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

上 記 の 取 組 を 通 じてNPO 法 人 等 の 運 営 力 強 化 に 資 する 次 のいずれかの 取 組 であること ア 支 援 活 動 の 実 践 を 通 じたNPO 法 人 等 の 人 材 育 成 に 資 する 取 組 支 援 テーマに 即 した 外 部 専

上 記 の 取 組 を 通 じてNPO 法 人 等 の 運 営 力 強 化 に 資 する 次 のいずれかの 取 組 であること ア 支 援 活 動 の 実 践 を 通 じたNPO 法 人 等 の 人 材 育 成 に 資 する 取 組 支 援 テーマに 即 した 外 部 専 平 成 27 年 度 ふるさと きずな 維 持 再 生 支 援 事 業 募 集 要 項 1 概 要 福 島 県 では 東 日 本 大 震 災 及 び 原 子 力 災 害 ( 以 下 震 災 という )からの 本 県 の 復 興 等 に 向 けた 活 動 を 行 う 特 定 非 営 利 活 動 法 人 等 ( 以 下 NPO 法 人 等 という ) を 支 援 する 取 組 を 進 めています 本 事

More information

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性 革 命 投 資 促 進 事 業 費 補 助 金 交 付 規 程 平 成 28 年 2 月 16 日 SII-2 7X- 規 程 -001 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 規 程 は 一 般 社 団 法 人 環 境 共 創 イニシアチ ブ( 以 下 S II という )が 行 う 経 済 産 業 省 からの 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

福岡マンション管理基礎セミナー

福岡マンション管理基礎セミナー 福 岡 マンション 管 基 礎 セミナー 管 組 合 と 管 会 社 が 行 う 業 務 と 役 割 課 題 について ~ 管 会 社 上 手 な 使 い 方 ~ 中 島 法 律 事 務 所 弁 護 士 中 島 繁 樹 1.マンション 管 規 約 国 土 交 通 省 作 成 マンション 標 準 管 規 約 第 32 条 管 組 合 業 務 第 33 条 業 務 委 託 ( 業 務 ) 第 32 条

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

H28_2-外国特許

H28_2-外国特許 平 成 28 年 度 外 国 特 許 出 願 費 用 助 成 事 業 公 募 の ご 案 内 1 事 業 目 的 本 助 成 事 業 は 優 れた 技 術 等 を 有 し かつ それらを 海 外 において 広 く 活 用 しようとする 都 内 の 中 小 企 業 者 等 に 対 し 外 国 特 許 出 願 に 要 する 経 費 の 一 部 を 助 成 することによって 中 小 企 業 の 国 際 競

More information

医療法人等に係る所得金額の計算書

医療法人等に係る所得金額の計算書 (お 知 らせ) 本 手 引 きは 平 成 25 年 度 に 改 正 しました 変 更 点 は 赤 文 字 となっています 申 告 書 作 成 に あたっては 変 更 点 に 留 意 いただきますようお 願 いします なお 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 から 適 用 します ( 主 な 変 更 点 ) 各 種 補 助 金 助 成 金 の 取 扱 い(P9~10)や

More information

各種申請手続及び届出の手引きQ&A

各種申請手続及び届出の手引きQ&A 各 種 申 請 手 続 及 び 届 出 に 関 するQ&A 1 研 修 事 業 者 指 定 申 請 研 修 事 業 指 定 申 請 (Q1-1) 通 学 形 式 の 事 業 者 として 指 定 を 受 けましたが 新 たに 通 信 形 式 での 研 修 を 計 画 した 場 合 研 修 事 業 の 指 定 申 請 のみを 行 えばよいですか (A1-1) 違 います 事 業 者 指 定 された 形

More information

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス -2-2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) -3-3. 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら

More information

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1 第 5 章 第 1 意 義 滞 納 処 分 事 務 第 1 節 通 則 滞 納 処 分 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 ( 納 入 )が 遅 滞 した 場 合 において 原 則 として 督 促 を 前 提 条 件 とし て 徴 税 吏 員 が 滞 納 者 の 財 産 を 差 し 押 さえ その 換 価 代 金 等 を 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 充 てる 行 政 処 分 をいい

More information

目 次 1 政 務 調 査 費 の 使 途 基 準 (1) 基 本 方 針 2 (2) 使 途 項 目 3 (3) 政 務 調 査 費 の 充 当 が 不 適 当 な 経 費 5 2 使 途 基 準 の 運 用 指 針 (1) 政 務 調 査 費 執 行 にあたっての 原 則 7 (2) 実 費 弁

目 次 1 政 務 調 査 費 の 使 途 基 準 (1) 基 本 方 針 2 (2) 使 途 項 目 3 (3) 政 務 調 査 費 の 充 当 が 不 適 当 な 経 費 5 2 使 途 基 準 の 運 用 指 針 (1) 政 務 調 査 費 執 行 にあたっての 原 則 7 (2) 実 費 弁 政 務 調 査 費 運 用 マニュアル 平 成 24 年 4 月 新 潟 県 村 上 市 議 会 - 0 - 目 次 1 政 務 調 査 費 の 使 途 基 準 (1) 基 本 方 針 2 (2) 使 途 項 目 3 (3) 政 務 調 査 費 の 充 当 が 不 適 当 な 経 費 5 2 使 途 基 準 の 運 用 指 針 (1) 政 務 調 査 費 執 行 にあたっての 原 則 7 (2) 実

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

事 業 の 趣 旨 現 在 東 京 は かつて 経 験 したことのないほど 急 速 に 少 子 高 齢 化 が 進 展 しています とりわ け 東 京 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.15( 平 成 26 年 )と 全 国 最 低 であり 少 子 化 の 進 行 は 顕 著 です 少 子 化

事 業 の 趣 旨 現 在 東 京 は かつて 経 験 したことのないほど 急 速 に 少 子 高 齢 化 が 進 展 しています とりわ け 東 京 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.15( 平 成 26 年 )と 全 国 最 低 であり 少 子 化 の 進 行 は 顕 著 です 少 子 化 平 成 28 年 度 東 京 子 育 て 応 援 事 業 公 募 要 項 平 成 28 年 3 月 公 益 財 団 法 人 東 京 都 福 祉 保 健 財 団 事 業 の 趣 旨 現 在 東 京 は かつて 経 験 したことのないほど 急 速 に 少 子 高 齢 化 が 進 展 しています とりわ け 東 京 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.15( 平 成 26 年 )と 全 国 最 低 であり

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

科学研究費補助金使用ルール (文部科学省・日本学術振興会)

科学研究費補助金使用ルール (文部科学省・日本学術振興会) 帝 京 大 学 本 部 会 計 課 2 1ご 挨 拶 2 取 扱 要 項 についての 説 明 3 科 研 費 システムについて 4 本 学 における 不 正 防 止 の 取 組 みについて (コンプライアンス 研 修 ) 3 科 研 費 の 種 類 について ( 要 項 P.15) 新 学 術 領 域 研 究 研 究 活 動 スタート 支 援 特 別 研 究 員 奨 励 費 基 盤 研 究 (B)

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

(Microsoft Word - 00\225\\\216\206\201E\227\240\225\\\216\206)

(Microsoft Word - 00\225\\\216\206\201E\227\240\225\\\216\206) 政 務 活 動 費 の 事 務 処 理 マニュアル 平 成 25 年 3 月 岩 手 県 議 会 ~ は じ め に ~ 岩 手 県 議 会 では 地 方 議 員 の 調 査 活 動 基 盤 を 充 実 させ その 審 議 能 力 を 強 化 させるとともに 併 せて その 使 途 の 透 明 性 を 確 保 する という 地 方 自 治 法 の 趣 旨 を 踏 まえ 平 成 13 年 3 月 に

More information

修正案_Yahoo!_H26.9

修正案_Yahoo!_H26.9 群 馬 県 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン(Yahoo! 版 ) 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 など 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 または 第 2 項 各 号 に

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

契 約 書 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 等 を 次 のとおりまとめましたので 契 約 書 作 成 の 参 考 と してください 1 契 約 書 の 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 契 約 書 の 作 成 に 当 たっては 次 の 点 に 留 意 の 上 作 成 してください

契 約 書 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 等 を 次 のとおりまとめましたので 契 約 書 作 成 の 参 考 と してください 1 契 約 書 の 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 契 約 書 の 作 成 に 当 たっては 次 の 点 に 留 意 の 上 作 成 してください 契 約 書 作 成 の 手 引 ( 建 築 関 係 業 務 用 ) 平 成 17 年 3 月 ( 最 終 改 正 平 成 28 年 5 月 ) 京 丹 後 市 財 務 部 入 札 契 約 課 TEL 0772 69 0170 FAX 0772 69 0903 契 約 書 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 等 を 次 のとおりまとめましたので 契 約 書 作 成 の 参 考 と してください

More information

Microsoft Word - 「改訂版手引き」改正版(一括)印刷用

Microsoft Word - 「改訂版手引き」改正版(一括)印刷用 政 務 活 動 費 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 25 年 3 月 千 葉 県 議 会 改 訂 版 に 寄 せて 本 手 引 きについては 平 成 21 年 度 から 政 務 調 査 費 を 支 出 するに 当 た っての 判 断 基 準 として 活 用 してきたところですが 昨 年 の 地 方 自 治 法 の 一 部 改 正 に 伴 い 2 月 定 例 議 会 において 千 葉 県

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477>

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477> 市 有 財 産 公 売 ( 一 般 競 争 入 札 ) 応 募 要 領 [ 平 成 28 年 度 ] 宇 都 宮 市 経 済 部 商 工 振 興 課 028-632-2433 公 売 物 件 一 覧 表 1 物 件 及 び 現 地 説 明 日 時 物 件 番 号 物 件 の 所 在 実 測 面 積 現 況 地 目 最 低 入 札 価 格 現 地 説 明 日 時 1 宇 都 宮 市 ゆいの 杜 8 丁

More information