また 厚 生 年 金 法 の 一 部 が 昭 和 40 年 法 律 第 104 号 により 改 正 され 旧 陸 海 軍 等 の 軍 属 として 旧 令 共 済 組 合 員 であった 期 間 が 同 年 金 に 通 算 されることになり この 手 続 に 要 する 軍 歴 証 明 書 を 発 行 し

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "また 厚 生 年 金 法 の 一 部 が 昭 和 40 年 法 律 第 104 号 により 改 正 され 旧 陸 海 軍 等 の 軍 属 として 旧 令 共 済 組 合 員 であった 期 間 が 同 年 金 に 通 算 されることになり この 手 続 に 要 する 軍 歴 証 明 書 を 発 行 し"

Transcription

1 11. 旧 軍 人 軍 属 等 の 援 護 (1) 旧 軍 人 軍 属 の 恩 給 ア 旧 軍 人 軍 属 の 恩 給 事 務 旧 軍 人 軍 属 及 びこれらの 遺 族 に 対 する 恩 給 は 昭 和 21 年 2 月 1 日 以 降 傷 病 恩 給 を 除 いてすべて 廃 止 されていたが 平 和 条 約 の 発 効 に 伴 い 昭 和 28 年 に 復 活 され 以 来 短 期 実 在 職 年 の 通 算 措 置 ( 昭 和 33 年 法 124 号 ) 地 域 加 算 年 の 算 入 (36 年 法 139 号 ) 抑 留 加 算 年 の 算 入 ( 昭 和 40 年 法 82 号 ) 昭 和 46 年 には 戦 地 外 戦 務 加 算 年 及 び 各 種 職 務 加 算 年 の 算 入 と 旧 軍 人 等 の 短 期 実 在 職 年 に 対 する 一 時 恩 給 の 支 給 など 受 給 範 囲 の 拡 大 とその 内 容 が 充 実 されるに 至 った また 昭 和 48 年 10 月 以 降 70 歳 以 上 の 者 妻 子 増 加 恩 給 及 び 傷 病 年 金 受 給 者 について 加 算 年 を 恩 給 額 計 算 年 数 に 算 入 することとなり 昭 和 50 年 法 改 正 により 加 算 年 の 算 入 年 齢 が 65 歳 に 更 に 昭 和 54 年 法 改 正 により 60 歳 まで 引 き 下 げられた 一 時 恩 給 についても 従 来 の 下 士 官 以 上 の 要 件 が 廃 止 され 兵 にも 支 給 されることとなり 昭 和 53 年 10 月 からは 旧 軍 人 に 対 して 一 時 金 支 給 の 特 例 措 置 も 設 けら れた しかし これらの 恩 典 を 知 らない 未 請 求 者 がまだ 潜 在 していたため その 請 求 指 導 並 びに 進 達 事 務 の 促 進 に 努 めてきている 進 達 状 況 年 度 進 達 件 数 恩 給 種 別 普 通 恩 給 普 通 扶 助 料 初 度 請 求 傷 病 恩 給 傷 病 賜 金 公 務 扶 助 料 一 時 恩 給 一 時 扶 助 料 一 時 金 計 加 算 改 定 合 計 イ 軍 歴 証 明 終 戦 後 旧 軍 人 軍 属 等 であった 者 の 軍 歴 証 明 は 就 職 海 外 渡 航 手 続 等 のために 行 われていたも のが 軍 人 恩 給 の 復 活 に 伴 い 一 般 公 務 員 に 軍 人 の 実 在 職 年 の 通 算 制 度 が 復 活 し 昭 和 34 年 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 の 制 定 昭 和 31 年 公 共 企 業 体 職 員 共 済 組 合 法 の 制 定 昭 和 37 年 地 方 公 務 員 共 済 組 合 法 の 制 定 により 旧 軍 人 期 間 を 各 組 合 員 期 間 に 算 入 するために 軍 歴 証 明 が 行 われてきた Ⅲ11(1)

2 また 厚 生 年 金 法 の 一 部 が 昭 和 40 年 法 律 第 104 号 により 改 正 され 旧 陸 海 軍 等 の 軍 属 として 旧 令 共 済 組 合 員 であった 期 間 が 同 年 金 に 通 算 されることになり この 手 続 に 要 する 軍 歴 証 明 書 を 発 行 して いる 発 行 状 況 年 度 発 行 件 数 区 分 国 家 公 務 員 公 共 企 業 体 地 方 公 務 員 そ の 他 計 (2) 未 帰 還 者 等 の 援 護 今 次 戦 争 では 多 くの 高 知 県 出 身 者 が 外 地 で 終 戦 を 迎 えているが その 後 帰 還 し あるいは 生 存 の 確 認 及 び 死 亡 処 理 等 の 措 置 を 行 った 結 果 における 未 帰 還 者 は 8 人 である この 8 人 は 本 人 から 来 信 あるいは 帰 還 者 の 証 言 により 生 存 が 確 実 なものはなく 全 員 が 終 戦 前 後 の 混 乱 期 に 消 息 を 絶 った 者 で 現 在 なお 生 死 等 の 調 査 を 行 っている また 日 中 国 交 回 復 ( 昭 和 47 年 9 月 ) 以 来 中 国 残 留 日 本 人 孤 児 等 の 生 存 が 相 次 いで 確 認 され 帰 国 した 後 に 高 知 県 内 に 定 住 している 中 国 残 留 邦 人 は 69 名 である ( 平 成 23 年 3 月 現 在 うち 残 留 孤 児 53 人 残 留 婦 人 等 16 名 ) 未 帰 還 者 現 況 身 分 別 地 域 別 中 国 北 朝 鮮 軍 人 軍 属 一 般 邦 人 計 備 考 平 成 22 年 度 に 戦 時 死 亡 宣 告 1 名 ( 北 朝 鮮 ) 計 ア 未 帰 還 者 留 守 家 族 等 援 護 法 ( 昭 28.8 施 行 ) 及 び 未 帰 還 者 に 対 する 特 別 措 置 法 ( 昭 34.3 施 行 )に よる 援 護 さきの 大 戦 によって 海 外 に 残 留 を 余 儀 なくされた 未 帰 還 者 が 帰 還 した 場 合 は 帰 郷 旅 費 等 が 国 か ら 支 給 される また 未 帰 還 者 のうち 国 がその 状 況 に 関 し 調 査 究 明 した 結 果 なおこれを 明 らかにすることがで きない 者 について 戦 時 死 亡 宣 告 の 措 置 を 行 い 遺 族 に 対 しては 弔 慰 料 葬 祭 料 が 国 から 支 給 さ れる Ⅲ11(1)(2)

3 イ 中 国 残 留 日 本 人 孤 児 等 調 査 国 の 行 う 各 種 調 査 への 協 力 を 行 うとともに 過 去 に 判 明 した 県 関 係 孤 児 等 の 資 料 を 保 管 している (3) 中 国 等 からの 帰 国 者 に 対 する 援 護 終 戦 当 時 の 混 乱 により 中 国 東 北 地 区 ( 旧 満 州 )に 残 留 を 余 儀 なくされた 中 国 残 留 邦 人 等 の 帰 国 を 促 進 するとともに 帰 国 後 の 定 着 自 立 を 図 るため 平 成 6 年 10 月 に 中 国 残 留 邦 人 等 の 円 滑 な 帰 国 の 促 進 及 び 永 住 帰 国 後 の 自 立 の 支 援 に 関 する 法 律 ( 帰 国 者 支 援 法 )が 施 行 された これにより 対 象 とな る 残 留 邦 人 等 には 帰 国 旅 費 自 立 支 度 金 が 国 から 支 給 されるほか 日 本 に 定 住 するための 研 修 住 宅 供 給 の 促 進 等 の 措 置 が 講 じられている また 永 住 帰 国 者 世 帯 には 定 住 後 の 生 活 について 支 援 し 相 談 を 受 ける 支 援 相 談 員 の 設 置 や 各 種 手 続 き 医 療 機 関 受 診 時 の 通 訳 を 行 う 自 立 支 援 通 訳 の 派 遣 などに より 地 域 社 会 への 適 応 自 立 促 進 を 図 っている 平 成 19 年 12 月 に 帰 国 者 支 援 法 が 改 正 され 平 成 20 年 4 月 から 国 費 で 帰 国 した 残 留 孤 児 残 留 婦 人 等 を 対 象 として 老 齢 基 礎 年 金 の 満 額 支 給 やそれを 補 完 する 生 活 支 援 給 付 金 の 支 給 などの 新 たな 支 援 が 始 まった 県 では 上 記 の 支 援 策 に 加 えて 平 成 11 年 7 月 から 中 国 帰 国 者 就 労 生 活 相 談 室 を 開 設 し 帰 国 者 の 生 活 上 の 問 題 や 就 労 等 に 係 る 相 談 を 受 けるとともに 帰 国 者 を 対 象 とする 日 本 語 教 室 を 開 設 し 日 本 語 の 習 得 と 帰 国 者 の 生 活 の 質 の 向 上 を 支 援 している ア 高 知 県 中 国 帰 国 者 就 労 生 活 相 談 室 の 実 施 状 況 開 設 場 所 開 設 日 時 相 談 件 数 高 知 市 週 4 日 ( 月 ~ 木 ) 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 10 時 ~16 時 イ 中 国 帰 国 者 日 本 語 教 室 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 高 知 市 開 設 場 所 市 立 潮 江 南 小 学 校 ( 生 涯 学 習 室 ) 横 浜 県 営 住 宅 集 会 所 北 竹 島 市 営 住 宅 集 会 所 開 催 内 容 夜 間 週 3 回 入 門 初 級 中 級 昼 間 週 1 回 入 門 初 級 昼 間 週 1 回 初 級 中 上 級 (4) 戦 傷 病 者 の 援 護 ア 恩 給 法 及 び 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 等 援 護 法 による 援 護 戦 傷 病 者 に 対 する 援 護 については 恩 給 法 ( 大 正 12 年 施 行 ) 及 び 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 等 援 護 法 ( 昭 和 27 年 施 行 )により 行 われているが 軍 人 の 大 半 は 恩 給 法 により 処 遇 され 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 等 援 護 法 では 軍 属 及 び 準 軍 属 が 主 な 対 象 となり 障 害 年 金 等 が 支 給 されている 以 来 順 次 援 護 の 対 象 の 拡 大 及 び 充 実 がなされている Ⅲ11(2)(3)(4)

4 障 害 年 金 受 給 者 数 ( ) 25 名 イ 戦 傷 病 者 特 別 援 護 法 による 援 護 昭 和 38 年 に 施 行 され 軍 人 軍 属 等 であった 者 の 公 務 傷 病 に 関 し 国 家 補 償 の 精 神 に 基 づき 療 養 の 給 付 等 を 行 っている (ア) 療 養 の 給 付 (イ) 療 養 手 当 の 支 給 (ウ) 葬 祭 費 の 支 給 (エ) 更 生 医 療 の 給 付 (オ) 国 立 療 養 所 への 入 所 (カ) 補 装 具 の 支 給 及 び 修 理 (キ) 戦 傷 病 者 手 帳 の 交 付 (ク) JR 無 賃 乗 車 券 引 換 証 の 交 付 なお 航 空 旅 客 運 賃 の 割 引 が 昭 和 55 年 6 月 15 日 から 実 施 されている 援 護 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 実 績 ) 区 分 人 ( 件 ) 数 金 額 ( 千 円 ) 入 院 1 人 5,196 療 養 の 給 付 通 院 10 人 942 計 11 人 6,138 療 養 手 当 受 給 者 0 人 0 葬 祭 費 受 給 者 0 人 0 補 装 具 の 支 給 及 び 修 理 2 件 377 JR 無 賃 乗 車 ( 船 ) 券 引 換 証 交 付 者 117 人 区 分 人 数 備 考 戦 傷 病 者 手 帳 交 付 者 ( 交 付 台 帳 登 載 者 数 ) 467 人 前 年 比 55 人 ウ 戦 傷 病 者 等 の 妻 に 対 する 特 別 給 付 金 支 給 法 による 援 護 昭 和 41 年 に 施 行 され 戦 傷 病 者 等 の 妻 のおかれている 社 会 的 家 庭 的 立 場 を 考 慮 して 特 別 給 付 金 が 支 給 されることとなった その 後 数 次 にわたり 法 改 正 が 行 われ 障 害 の 程 度 により 10 万 円 及 び 5 万 円 の 国 債 ( 第 2 回 い 号 ~ぬ 号 10 年 償 還 無 利 子 )が 支 給 された 昭 和 51 年 からは これら 国 債 の 償 還 の 終 わった 戦 傷 病 者 等 の 妻 に 対 して 障 害 の 程 度 に 応 じて 30 万 円 及 び 15 万 円 の 国 債 ( 第 6 回 い 号 ~ぬ 号 10 年 償 還 無 利 子 )がそれぞれ 継 続 として 支 給 された 昭 和 54 年 の 法 改 正 では 昭 和 48 年 4 月 2 日 以 降 新 たに 戦 傷 病 者 等 の 妻 となった 者 に 障 害 の 程 度 に 応 じて 5 万 円 及 び 2 万 5 千 円 の 国 債 ( 第 8 回 い 号 ~は 号 5 年 償 還 無 利 子 )が 支 給 され 昭 和 59 年 の 法 改 正 によりこれら 国 債 の 償 還 の 終 わった 戦 傷 病 者 の 妻 に 対 して 障 害 の 程 度 に 応 じて 2 Ⅲ11(4)

5 万 円 及 び 1 万 円 の 国 債 ( 第 11 回 い 号 ~は 号 2 年 償 還 無 利 子 )が 継 続 として 支 給 された また 昭 和 61 年 の 法 改 正 により 基 準 日 変 更 ( 昭 和 58 年 4 月 1 日 )による 支 給 範 囲 の 拡 大 によ る 支 給 として 30 万 円 ( 軽 度 は 15 万 円 ) 第 6 回 国 債 (い 号 ~り 号 )を 受 けている 戦 傷 病 者 の 妻 に は 再 継 続 として 60 万 ~33 万 円 ( 軽 度 は 30~16.5 万 円 ) 第 8 回 国 債 (い 号 ~は 号 )を 受 けている 妻 には 継 続 として 30 万 円 ( 軽 度 は 15 万 円 )の 国 債 ( 第 12 回 い 号 10 年 償 還 無 利 子 )が 支 給 さ れた この 改 正 では 第 2 回 ぬ 号 第 6 回 い 号 ~へ 号 第 11 回 い 号 ~は 号 の 国 債 を 受 けている 妻 で 戦 傷 病 者 が 昭 和 58 年 3 月 31 日 までに 平 病 死 した 場 合 にも その 国 債 の 償 還 終 了 後 に 5 万 円 の 国 債 ( 第 13 回 い 号 ~と 号 5 年 償 還 無 利 子 )が 支 給 された さらに 平 成 3 年 の 基 準 日 変 更 ( 平 成 3 年 4 月 1 日 )による 支 給 範 囲 の 拡 大 による 支 給 ( 第 15 回 い 号 重 度 15 万 円 / 軽 度 7.5 万 円 5 年 償 還 無 利 子 ) 及 び 昭 和 58 年 4 月 1 日 から 昭 和 61 年 9 月 30 日 までに 平 病 死 した 場 合 の 支 給 ( 第 13 回 へ~ぬ 号 5 万 円 5 年 償 還 無 利 子 )がされた 平 成 8 年 には 基 準 日 変 更 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 )による 支 給 範 囲 の 拡 大 による 支 給 及 び 第 6 回 ぬ 号 第 12 回 い 号 第 15 回 い 号 の 各 号 国 債 償 還 が 終 了 したものに 対 する 継 続 支 給 (3 回 目 2 回 目 の 継 続 含 む) が 開 始 され( 第 18 回 い 号 重 度 90 万 ~30 万 円 / 軽 度 45 万 ~15 万 円 10 年 償 還 無 利 子 ) また 昭 和 61 年 10 月 1 日 から 平 成 5 年 3 月 31 日 までに 平 病 死 した 場 合 の 支 給 ( 第 13 回 る 号 5 万 円 5 年 償 還 無 利 子 )がされた 平 成 13 年 の 法 改 正 では 基 準 日 変 更 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 )により 新 た に 対 象 者 となる 妻 に 第 20 回 国 債 い 号 ( 重 度 15 万 円 / 軽 度 7.5 万 円 5 年 償 還 無 利 子 )が また 戦 傷 病 者 等 が 平 成 5 年 4 月 1 日 から 平 成 8 年 9 月 30 日 までに 平 病 死 した 妻 に 第 13 回 国 債 を 号 (5 万 円 5 年 償 還 無 利 子 )が 支 給 された さらに 平 成 18 年 の 法 改 正 により 基 準 日 変 更 ( 平 成 15 年 4 月 1 日 )による 支 給 範 囲 の 拡 大 に よる 支 給 及 び 第 18 回 い 号 第 20 回 い 号 の 各 号 国 債 が 終 了 したものに 対 する 継 続 支 給 ( 第 23 回 い 号 重 度 100 万 ~30 万 / 軽 度 50 万 ~15 万 10 年 償 還 無 利 子 ) 平 成 15 年 3 月 31 日 までに 戦 傷 病 者 等 が 平 病 死 した 妻 に 第 13 回 国 債 わ 号 (5 万 円 5 年 償 還 無 利 子 )が 支 給 された エ 戦 傷 病 者 相 談 員 この 制 度 は 昭 和 40 年 に 設 置 され 16 名 の 相 談 員 ( 大 臣 委 託 )が 県 下 全 域 を 分 担 して 戦 傷 病 者 の 援 護 等 について 相 談 業 務 に 従 事 している 年 度 相 談 件 数 (5) 遺 族 の 援 護 ア 恩 給 法 及 び 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 等 援 護 法 による 援 護 戦 没 者 遺 族 等 の 援 護 については 昭 和 27 年 に 国 家 補 償 の 精 神 に 基 づいて 戦 傷 病 者 戦 没 者 遺 族 等 援 護 法 が 施 行 されて 遺 族 年 金 等 が 支 給 され ついで 昭 和 28 年 8 月 に 旧 軍 人 恩 給 の 復 活 により 恩 給 法 の 処 遇 を 受 ける 遺 族 は 遺 族 年 金 から 公 務 扶 助 料 へ 移 行 し 以 来 順 次 援 護 の 拡 大 及 び 充 実 がなされ Ⅲ11(4)(5)

6 ている 遺 族 年 金 等 受 給 者 数 区 分 該 当 人 員 備 考 遺 族 年 金 受 給 者 遺 族 給 与 金 受 給 者 弔 慰 金 受 給 者 ( 累 計 ) ,604 死 亡 失 権 等 により 絶 えず 異 動 がある イ 戦 没 者 等 の 妻 に 対 する 特 別 給 付 金 支 給 法 による 援 護 昭 和 38 年 に 施 行 され 戦 没 者 等 の 妻 が 先 の 大 戦 により 夫 を 失 い 心 に 大 きな 痛 手 を 受 けながら 戦 後 の 混 乱 の 中 を 生 きなければならなかった 精 神 的 痛 苦 に 対 して 国 として 特 別 の 慰 謝 を 行 うため 特 別 給 付 金 が 支 給 されることとなった その 後 数 次 にわたり 法 改 正 が 行 われ 20 万 円 の 国 債 (い 号 ~よ 号 10 年 償 還 無 利 子 )が 支 給 された また 昭 和 48 年 からは これらの 国 債 の 償 還 を 終 わった 戦 没 者 等 の 妻 に 対 して 60 万 円 の 国 債 ( 第 4 回 い 号 ~な 号 10 年 償 還 無 利 子 )がそれぞれの 継 続 として 昭 和 58 年 からは 第 4 回 の 国 債 の 償 還 を 終 わった 戦 没 者 等 の 妻 に 対 して 120 万 円 の 国 債 ( 第 10 回 い 号 ~つ 号 10 年 償 還 無 利 子 )がそれぞれの 再 継 続 として 支 給 されている そして 更 に 平 成 5 年 から 第 10 回 の 国 債 の 償 還 を 終 わった 戦 没 者 等 の 妻 に 対 して 180 万 円 の 国 債 ( 第 17 回 い 号 ~か 号 10 年 償 還 無 利 子 )が 再 々 継 続 として 支 給 され 更 に 平 成 15 年 から 第 17 回 の 国 債 の 償 還 を 終 わった 戦 没 者 等 の 妻 に 対 して 200 万 円 の 国 債 ( 第 22 回 い 号 ~に 号 10 年 償 還 無 利 子 )が 4 回 目 継 続 として 支 給 されてい る ウ 戦 没 者 の 父 母 等 に 対 する 特 別 給 付 金 支 給 法 による 援 護 昭 和 42 年 に 施 行 され 戦 没 者 の 父 母 等 が 先 の 大 戦 により 全 ての 子 あるいは 最 後 の 一 人 であった 子 を 失 った 父 母 及 び 同 様 の 立 場 にある 孫 を 失 った 祖 父 母 に 対 して その 最 愛 の 子 や 孫 を 失 い しか もそのために 子 孫 が 絶 えるという 特 別 の 事 情 を 考 慮 して 国 として これらの 者 の 精 神 的 痛 苦 に 対 して 特 別 の 慰 謝 を 行 うため 特 別 給 付 金 が 支 給 されることとなった その 後 数 回 にわたり 法 改 正 が 行 われ 10 万 円 の 国 債 ( 第 3 回 い 号 ~よ 号 5 年 償 還 無 利 子 )が 支 給 された また 昭 和 48 年 からはこれらの 国 債 の 償 還 を 終 わった 者 に 30 万 円 の 国 債 ( 第 5 回 い 号 ~つ 号 5 年 償 還 無 利 子 )が 継 続 支 給 昭 和 53 年 から 第 5 回 国 債 の 償 還 を 終 わった 者 に 60 万 円 の 国 債 ( 第 7 回 い 号 ~そ 号 5 年 償 還 無 利 子 )が 再 継 続 支 給 昭 和 58 年 から 第 7 回 国 債 の 償 還 の 終 わった 者 に 60 万 円 の 国 債 ( 第 9 回 い 号 ~れ 号 5 年 償 還 無 利 子 )が 再 々 継 続 支 給 昭 和 63 年 からは 再 々 継 続 分 の 国 債 の 償 還 の 終 わった 者 に 4 回 目 の 継 続 として 75 万 円 の 国 債 ( 第 14 回 い 号 ~た 号 5 年 償 還 無 利 子 )が 支 給 された 平 成 5 年 からは 4 回 目 継 続 分 の 国 債 の 償 還 の 終 わった 者 に 5 回 目 の 継 続 と して 90 万 円 の 国 債 ( 第 16 回 い 号 ~よ 号 5 年 償 還 無 利 子 )が 支 給 され 平 成 10 年 からは 5 回 目 継 続 分 の 国 債 の 償 還 の 終 わった 者 に 6 回 目 の 継 続 として 100 万 円 の 国 債 ( 第 19 回 い 号 ~ぬ 号 5 年 償 Ⅲ11(5)

7 還 無 利 子 )が 支 給 され 平 成 15 年 からは 6 回 目 継 続 分 の 国 債 の 償 還 の 終 わった 者 に 7 回 目 の 継 続 として 100 万 円 の 国 債 ( 第 21 回 い 号 ~へ 号 5 年 償 還 無 利 子 )が 支 給 されている さらに 平 成 20 年 からは 7 回 目 継 続 分 の 国 債 の 償 還 の 終 わった 者 に 8 回 目 の 継 続 として 100 万 円 の 国 債 ( 第 24 回 い 号 5 年 償 還 無 利 子 )が 支 給 されている エ 戦 没 者 等 の 遺 族 に 対 する 特 別 弔 慰 金 支 給 法 による 援 護 昭 和 40 年 に 施 行 され 終 戦 20 周 年 にあたり 国 が 改 めて 戦 没 者 等 の 遺 族 に 対 して 弔 意 の 意 を 表 す ため 特 別 弔 慰 金 が 支 給 されることとなった その 後 数 次 にわたる 法 改 正 により 昭 和 50 年 ( 終 戦 30 周 年 ) 昭 和 54 年 昭 和 60 年 ( 終 戦 40 周 年 ) 平 成 元 年 平 成 7 年 ( 終 戦 50 周 年 ) 平 成 11 年 平 成 17 年 ( 終 戦 60 周 年 )に 支 給 された 昭 和 40 年 からは 3 万 円 の 国 債 (い 号 ~に 号 10 年 償 還 無 利 子 ) 昭 和 50 年 には 20 万 円 の 国 債 ( 第 2 回 い~ろ 号 10 年 償 還 無 利 子 ) 昭 和 54 年 には 12 万 円 の 国 債 ( 第 三 回 い 号 6 年 償 還 無 利 子 ) 昭 和 60 年 には 30 万 円 の 国 債 ( 第 四 回 い 号 10 年 償 還 無 利 子 ) 平 成 元 年 には 18 万 円 の 国 債 ( 第 五 回 い 号 6 年 償 還 無 利 子 ) 平 成 7 年 には 40 万 円 の 国 債 ( 第 六 回 い 号 10 年 償 還 無 利 子 ) 平 成 11 年 には 24 万 円 の 国 債 ( 第 七 回 い 号 6 年 償 還 無 利 子 ) 平 成 17 年 には 40 万 円 の 国 債 ( 第 八 回 い 号 10 年 償 還 無 利 子 )が 支 給 された 平 成 21 年 4 月 から 24 万 円 の 国 債 ( 第 九 回 い 号 6 年 償 還 無 利 子 )が 支 給 されている オ 戦 没 者 遺 族 相 談 員 この 制 度 は 昭 和 45 年 に 設 置 され 23 名 の 相 談 員 ( 大 臣 委 託 )が 県 下 全 域 を 分 担 して 遺 族 の 相 談 業 務 に 従 事 している 年 度 相 談 件 数 (6) 戦 没 者 の 慰 霊 ア 戦 没 者 に 対 する 叙 位 叙 勲 (ア) 閣 議 決 定 昭 和 39 年 1 月 7 日 (イ) 概 要 先 の 大 戦 における 戦 没 者 の 行 賞 叙 勲 は 昭 和 17 年 9 月 決 定 の 内 規 により 叙 勲 事 務 が 進 められ 発 令 されていたが 終 戦 に 伴 い 連 合 軍 総 司 令 部 の 指 示 により 昭 和 22 年 4 月 に 事 務 半 ばで 打 ち 切 ら れた このため 死 没 後 未 だ 叙 勲 がなされていない 者 が 多 数 あり ( 以 下 未 上 申 者 という ) また 叙 勲 の 内 示 のあった 者 ( 以 下 内 報 済 者 という )に 対 しても 勲 記 勲 章 はほとんど 授 与 されていなかった 本 県 においてはこの 対 象 者 を 約 28,000 人 と 推 定 し 各 市 町 村 の 協 力 を 得 て 遺 族 調 査 を 実 施 し 伝 達 の 事 務 処 理 を 進 めてきたが 昭 和 60 年 7 月 に 事 務 の 概 了 方 針 が 出 され 昭 和 63 年 度 末 をもって 事 務 は 概 了 された 今 後 は 積 極 的 な 調 査 は 行 わず 関 係 者 からの 申 し 出 を 待 って 処 理 を 行 うこととされた Ⅲ11(5)(6)

8 なお 賞 賜 物 件 は 賞 勲 局 厚 生 労 働 省 県 の 順 に 交 付 され 県 から 市 町 村 を 通 じて 各 遺 族 に 伝 達 されている (ウ) 範 囲 昭 和 12 年 7 月 7 日 から 昭 和 20 年 9 月 1 日 までの 今 次 戦 争 における 戦 没 軍 人 軍 属 及 びこれに 準 ずる 者 またはこれに 関 連 して 昭 和 27 年 4 月 27 日 までに 死 没 した 者 但 し 昭 和 15 年 4 月 29 日 以 前 の 死 没 者 で 死 没 に 際 し 叙 位 叙 勲 された 者 は 除 かれることにな っている (エ) 事 務 処 理 状 況 区 分 対 象 者 発 令 済 数 ( )は 位 記 の 内 数 内 報 済 者 13,868 13,666 (575) 上 申 未 了 者 14,115 13,432 (309) 合 計 27,983 27,098 (884) イ 戦 没 者 追 悼 式 (ア) 全 国 戦 没 者 追 悼 式 政 府 が 主 催 し 昭 和 38 年 から 毎 年 8 月 15 日 に 日 本 武 道 館 において 実 施 されており 22 年 度 は 本 県 から 67 名 の 遺 族 代 表 が 参 列 した (イ) 高 知 県 戦 没 者 追 悼 式 本 県 主 催 の 追 悼 式 も 全 国 戦 没 者 追 悼 式 の 趣 旨 に 応 じて 昭 和 38 年 から 毎 年 実 施 しており 22 年 度 は 11 月 1 日 に 高 知 市 文 化 プラザかるぽーとで 遺 族 代 表 約 600 名 を 招 待 して 実 施 した. (ウ) 各 市 町 村 及 び 関 係 団 体 が 主 催 する 慰 霊 祭 には 知 事 等 が 参 列 して 弔 意 を 表 している (7) 定 期 未 伝 達 位 記 並 びに 定 例 未 伝 達 勲 記 勲 章 ア 閣 議 了 解 昭 和 45 年 10 月 16 日 ( 定 例 未 伝 達 勲 章 ) 閣 議 了 解 昭 和 47 年 8 月 22 日 ( 定 例 未 伝 達 位 記 ) イ 概 要 勲 記 勲 章 は 叙 勲 内 則 に 基 づき 昭 和 15 年 5 月 から 昭 和 21 年 4 月 30 日 までの 間 に 定 例 叙 勲 の 発 令 のあった 判 任 官 以 上 の 軍 人 軍 属 位 記 は 位 階 令 及 び 叙 位 進 階 内 則 により 昭 和 19 年 1 月 以 降 昭 和 21 年 4 月 30 日 までの 間 に 発 令 された 軍 人 軍 属 のうち 諸 般 の 事 情 から 賞 賜 物 件 の 伝 達 が 行 われ なかった 者 に 対 し 未 交 付 物 件 の 交 付 に 関 する 事 務 処 理 を 行 ってきたが 昭 和 60 年 7 月 に 事 務 の 概 了 方 針 がだされ 昭 和 63 年 度 末 をもって 事 務 を 概 了 した 今 後 は 積 極 的 な 調 査 は 行 わず 関 係 者 からの 申 し 出 を 待 って 処 理 を 行 うこととなった なお 賞 賜 物 件 の 各 決 定 又 は 遺 族 への 伝 達 は 賞 勲 局 厚 生 労 働 省 県 市 町 村 長 の 順 序 で 行 Ⅲ11(6)(7)

9 われている 事 務 処 理 状 況 区 分 対 象 者 決 定 者 数 定 期 未 伝 達 位 記 2,465 2,453 定 例 未 伝 達 勲 記 勲 章 5,070 5,064 Ⅲ11(6)(7)

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

厚生白書(昭和41年度版)

厚生白書(昭和41年度版) 第 1 節 総 説 過 ぐる 大 戦 中 に 軍 人 軍 属 として 動 員 され 戦 没 した 者 負 傷 して 不 具 廃 疾 となつた 者 は200 万 人 をこえて いる これらの 者 は 戦 争 による 最 大 の 犠 牲 者 であり 終 戦 前 においては 戦 没 者 遺 族 戦 傷 病 者 に 対 しては 軍 人 文 官 雇 員 等 の 身 分 に 応 じて それぞれ 恩 給 法 雇

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

(2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 職 員 給 与 費 とは 職 員 に 支 給 する 給 与 の 総 額 をいいます 職 員 数 給 与 費 1 人 当 たりの 給 与 費 (B/A) (A) 給 料 職 員 手 当 期 末 勤 勉 手 当 計 (B) 6

(2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 職 員 給 与 費 とは 職 員 に 支 給 する 給 与 の 総 額 をいいます 職 員 数 給 与 費 1 人 当 たりの 給 与 費 (B/A) (A) 給 料 職 員 手 当 期 末 勤 勉 手 当 計 (B) 6 広 域 大 和 斎 場 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 地 方 公 務 員 法 及 び 広 域 大 和 斎 場 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 の 規 定 により 広 域 大 和 斎 場 組 合 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 を 次 のとおり 公 表 します 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls 年 金 事 務 所 で 受 付 審 査 を 行 う 電 子 申 請 項 番 手 続 名 称 1 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 所 属 選 択 二 以 上 事 業 所 勤 務 届 2 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 申 出 書 ( 新 規 延 長 ) 3 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 終 了 届

More information

申告書の書き方HP.indd

申告書の書き方HP.indd 平 成 6 年 度 市 民 税 府 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 日 までです 平 素 は 市 税 務 行 政 につきまして ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 民 税 府 民 税 は 前 年 の 所 得 に 対 して 課 税 されますので 前 年 ( 日 ~ 3 )の 所 得 等 について 申 告 してください 申 告 書

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

§5 被扶養者の認定及び取消し

§5 被扶養者の認定及び取消し 7 被 扶 養 者 の 認 定 及 び 取 消 し( 法 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 施 行 令 第 条, 運 用 方 針 第 2 条 関 係, 法 第 55 条, 施 行 規 程 第 94 条 ) 共 済 組 合 の 被 扶 養 者 主 として 組 合 員 の 収 入 により 生 計 を 維 持 し, 組 合 員 と 一 定 の 身 分 関 係 にある 人 は, 被 扶 養 者 とし て

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保 県 契 約 における 適 正 な 労 働 条 件 の 確 保 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 県 契 約 において 当 該 県 契 約 に 基 づく 業 務 に 関 わる 労 働 者 の 適 正 な 労 働 条 件 を 確 保 し もって 労 働 者 の 生 活 の 安 定 を 図 り 公 共 工 事 及 び 公 共 サービス の 質 の 向 上 に 資 するために

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準 公 益 財 団 法 人 伊 勢 丹 奨 学 会 大 学 奨 学 生 推 薦 選 考 基 準 [1] 奨 学 生 の 資 格 1. 人 物 学 習 活 動 その 他 生 活 の 全 般 を 通 じて 態 度 行 動 が 学 生 にふさわしく 将 来 良 識 ある 社 会 人 として 活 動 できる 見 込 みがあり かつ 東 京 大 学 一 橋 大 学 横 浜 国 立 大 学 慶 應 義 塾 大 学

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3> Shinsong Bldg. Rm.902,9Fl. 25-4Yeouido-dong,Yeongdeungpo-gu Seoul,150-010, Korea TEL : +82-2-3215-1300 FAX : +82-2-761-6640 退 職 給 付 制 度 (1) 勤 労 者 退 職 給 付 保 障 法 の 制 定 施 行 韓 国 政 府 は 2005 年 1 月 27 日 付 で 従

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

税 の 計 算 方 法 税 率 ( 分 離 課 税 の 所 得 がある 場 合 は 計 算 方 法 が 異 なります ) 前 年 総 所 得 金 - 市 民 税 県 民 税 の 税 率 市 民 税 県 民 税 均 等 割 3,500 円 1,900 円 所 得 割 税 率 6% 4% 分 離 課 税

税 の 計 算 方 法 税 率 ( 分 離 課 税 の 所 得 がある 場 合 は 計 算 方 法 が 異 なります ) 前 年 総 所 得 金 - 市 民 税 県 民 税 の 税 率 市 民 税 県 民 税 均 等 割 3,500 円 1,900 円 所 得 割 税 率 6% 4% 分 離 課 税 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 市 民 税 県 民 税 の 申 告 につきましては 毎 年 皆 様 のご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 書 をお 送 りしますので 本 手 引 きと 別 紙 書 き 方 例 を 参 考 にし ご 記 入 の 上 申 告 をお 願 いします 平 成 28 年 度 の 市

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

平成23年度 市民税・県民税申告の手引き

平成23年度 市民税・県民税申告の手引き 平 成 28 度 市 県 申 告 手 引 き 平 素 から 本 市 務 行 政 運 営 につきまして 御 理 解 御 協 力 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます 平 成 28 月 日 現 在 市 に 住 がある 方 は 平 成 27 月 日 から 2 月 3 日 まで 間 収 入 を こ 手 引 きを 御 参 照 上 市 県 申 告 書 に 記 入 していただき 申 告 期 限 [3 月

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 緑 会 定 款 ( 以 下 定 款 という) 第 59 条 の 規 定 に 基 づき この 法 人 の 運 営 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 第 2 章 役 員 選 挙 ( 役 員 選 挙 の 方 法 ) 第 2 条 この 法 人 の 役 員 の 選 挙 は 定 款

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

○ ○都道府県(市町村)の職員の任免状況について

○ ○都道府県(市町村)の職員の任免状況について 地 方 公 務 員 法 第 58 条 の 2 及 び 大 崎 上 島 町 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 における 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 を 次 のとおり 公 表 します 平 成 26 年 4 月 大 崎 上 島 町 長 高 田 幸 典 空 欄 としている 事 項 については 地

More information

表紙 雛形(都道府県、市町村、関係団体)3課連名

表紙 雛形(都道府県、市町村、関係団体)3課連名 老 発 0930 第 3 号 平 成 27 年 9 月 30 日 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 老 健 局 長 ( 公 印 省 略 ) 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 等 を 図 るための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 厚 生 労 働 省 関 係 政 令 等 の 整 備 に 関 する 政 令 の 公 布 について

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

3 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 の 計 算 書 ( 付 表 ) ( 下 段 部 分 )の 記 載 のしかた 社 会 保 険 医 療 分 の 収 入 金 額 欄 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 2 項 の 社 会 保 険 関 係 法 律 等 の 規 定 に 基 づく 給 付 又

3 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 の 計 算 書 ( 付 表 ) ( 下 段 部 分 )の 記 載 のしかた 社 会 保 険 医 療 分 の 収 入 金 額 欄 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 2 項 の 社 会 保 険 関 係 法 律 等 の 規 定 に 基 づく 給 付 又 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 計 算 書 記 載 の 手 引 1 この 計 算 書 の 用 途 等 (1) 医 療 法 人 の 課 税 標 準 の 算 定 については 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 1 項 において 社 会 保 険 診 療 につき 支 払 を 受 けた 金 額 は 益 金 の 額 に 算 入 せず また 当 該 社 会 保 険 診 療 に 係 る 経 費 は 損

More information

申 告 する および は 平 成 7 年 月 日 から 平 成 7 年 月 日 まで 年 間 分 です 記 載 例 平 成 8 年 度 申 告 書 会 社 員 業 種 又 は 職 業 (あて 先 ) 住 輪 島 二 ツ 屋 町 字 9 番 地 輪 島 長 ( 自 宅 勤 務 先 携 帯 ) 電 話

申 告 する および は 平 成 7 年 月 日 から 平 成 7 年 月 日 まで 年 間 分 です 記 載 例 平 成 8 年 度 申 告 書 会 社 員 業 種 又 は 職 業 (あて 先 ) 住 輪 島 二 ツ 屋 町 字 9 番 地 輪 島 長 ( 自 宅 勤 務 先 携 帯 ) 電 話 平 成 8 年 度 申 告 書 手 引 き 申 告 書 提 出 期 限 は 月 5 日 ( 火 )です 申 告 しなければならない 人. 平 成 8 年 月 日 現 在 輪 島 にお 住 まい 方 で 平 成 7 年 月 から 月 まで 間 に 各 種 ( 内 職 パート 日 雇 い 等 も 含 みます )あった 人. 給 与 公 的 年 等 者 で 医 療 費 生 命 保 険 料 などを 受 けようとする

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

概況

概況 平 成 27 年 7 月 2 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 世 帯 統 計 室 室 長 中 村 年 宏 室 長 補 佐 松 下 英 嗣 ( 担 当 内 線 ) 世 帯 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 一 係 (7587) 所 得 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 二 係 (7588) ( 電 話 代 表 )03(5253)1111

More information

<483233944E937895AA8CF6955C976C8EAE904588F58B8B975E2E786C73>

<483233944E937895AA8CF6955C976C8EAE904588F58B8B975E2E786C73> 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 (22 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 44,247 千 千 千 24,155,948 435,246 3,573,53 14.8 14.2

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

陸上自衛隊退職手当支給規則

陸上自衛隊退職手当支給規則 陸 上 自 衛 隊 退 職 手 当 支 給 規 則 昭 和 35 年 1 月 29 日 陸 上 自 衛 隊 達 第 32 7 号 改 正 昭 和 36 年 5 月 22 日 達 第 122 32 号 昭 和 38 年 8 月 7 日 達 第 50 10 1 号 昭 和 42 年 9 月 5 日 達 第 32 7 1 号 昭 和 45 年 4 月 8 日 達 第 63 2 号 昭 和 45 年 10

More information

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定 申 告 書 の 書 き 方 申 告 書 の 各 項 目 に 記 入 してください 給 与 公 的 年 等 の 収 入 があった 人 事 業 や 不 動 産 による 収 入 があった 人 平 成 27 年 中 に 収 入 がなかった 人 申 告 書 表 面 カキ 67 10~21 申 告 書 表 面 アイウ 123 10~21 申 告 書 裏 面 (1)(2)(3) 申 告 書 表 面 16~21 申

More information

Microsoft Word - 87医療法人

Microsoft Word - 87医療法人 Volume 87 吉 田 正 一 税 理 士 事 務 所 一 人 医 療 法 人 の 税 金 ( 節 税 ポイント) 一 人 医 療 法 人 の 税 金 は じ め に こんにちは 税 理 士 の 吉 田 正 一 です 一 人 医 療 法 人 (= 分 院 なしの 医 療 法 人 )の 税 金 テーマをまとめました 税 金 テーマとは 生 涯 税 率 世 帯 税 率 を 下 げるにはどうするか という

More information

学務

学務 宇 都 宮 大 学 授 業 料 免 除 に 関 する 取 扱 要 領 学 長 裁 定 昭 和 60 年 9 月 12 日 一 部 改 正 昭 和 61 年 4 月 4 日 昭 和 62 年 3 月 30 日 昭 和 62 年 5 月 18 日 昭 和 63 年 3 月 31 日 平 成 3 年 7 月 1 日 平 成 4 年 4 月 1 日 平 成 6 年 5 月 16 日 平 成 8 年 5 月

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

医療法人等に係る所得金額の計算書

医療法人等に係る所得金額の計算書 (お 知 らせ) 本 手 引 きは 平 成 25 年 度 に 改 正 しました 変 更 点 は 赤 文 字 となっています 申 告 書 作 成 に あたっては 変 更 点 に 留 意 いただきますようお 願 いします なお 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 から 適 用 します ( 主 な 変 更 点 ) 各 種 補 助 金 助 成 金 の 取 扱 い(P9~10)や

More information

目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1 1 給 与 水 準 に つ い て P 2 2 給 料 表 に つ い て P 6 3 昇 格 昇 給 基 準 等 に つ い て P 8 4 技 能 労 務 職 給 料 表 に つ い て P 10 5 勤 務 成 績 の 評 定 について P 1

目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1 1 給 与 水 準 に つ い て P 2 2 給 料 表 に つ い て P 6 3 昇 格 昇 給 基 準 等 に つ い て P 8 4 技 能 労 務 職 給 料 表 に つ い て P 10 5 勤 務 成 績 の 評 定 について P 1 平 成 24 年 度 市 町 村 職 員 の 給 与 定 員 管 理 勤 務 条 件 等 の 状 況 平 成 25 年 2 月 高 知 県 総 務 部 市 町 村 振 興 課 担 当 : 行 政 担 当 寺 村 ( 給 与 ) 坂 本 ( 定 員 管 理 勤 務 条 件 ) 山 元 ( 福 利 厚 生 ) 野 瀬 電 話 :088-823-9313 目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1

More information

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成 職 員 の 旅 費 に 関 する 条 例 の 一 部 を する 条 例 等 の 施 行 に 伴 う 旅 費 の 取 扱 いについて 平 成 18 年 3 月 29 日 17 高 教 職 第 1370 号 教 育 長 通 知 平 成 19 年 1 月 4 日 18 高 教 政 第 486 号 教 育 長 通 知 平 成 20 年 11 月 12 日 20 高 総 福 第 646 号 教 育 長 通 知

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

2. 相 談 の 窓 口

2. 相 談 の 窓 口 障 害 年 金 制 度 1. 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初

More information

「医療法人等に係る所得区分計算書」

「医療法人等に係る所得区分計算書」 医 療 法 人 等 に 係 る 所 得 区 分 計 算 書 記 載 の 手 引 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 ) 目 次 ページ 1 計 算 の 基 礎 とする 収 入 金 額 の 計 算 ( 計 算 書 下 段 部 分 ) 1 1 社 会 保 険 診 療 に 係 る 収 入 金 額 (A 欄 ) 1 2 その 他 の 収 入 金 額 (B 欄

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

京都市職員共済組合被扶養者認定基準

京都市職員共済組合被扶養者認定基準 京 都 市 職 員 共 済 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 平 成 22 年 12 月 1 日 最 近 改 正 平 成 26 年 3 月 5 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

Microsoft Word - 主な用語・事務事業の解説H24 2

Microsoft Word - 主な用語・事務事業の解説H24 2 資 料 主 な 用 語 事 務 事 業 の 解 説 一 般 1 医 療 保 険 制 度 医 療 保 険 は 疾 病 や 負 傷 の 際 の 医 療 費 を 補 償 し 十 分 な 医 療 が 受 けられることを 目 的 とする 保 険 制 度 で 次 のように 分 類 されている 現 在 国 民 の 全 てがいずれかの 制 度 に 加 入 しており こ れがいわゆる 国 民 皆 保 険 といわれている

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 2 級 185,8 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである 3 級

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 2 級 185,8 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである 3 級 伊 江 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 4,822 8,663,924 25,2 91,719 1.4 17.1 (2) 職 員 給 与 費

More information

c 各 支 部 は 年 1~2 回 の 講 演 会 を 計 画 実 施 (イ) 水 交 誌 等 の 発 刊 a 水 交 誌 は 年 間 4 回 発 刊 会 員 に 頒 布 するとともに 希 望 する 一 般 の 人 にも 頒 布 また 関 係 諸 団 体 関 係 官 庁 報 道 出 版 関 係 国

c 各 支 部 は 年 1~2 回 の 講 演 会 を 計 画 実 施 (イ) 水 交 誌 等 の 発 刊 a 水 交 誌 は 年 間 4 回 発 刊 会 員 に 頒 布 するとともに 希 望 する 一 般 の 人 にも 頒 布 また 関 係 諸 団 体 関 係 官 庁 報 道 出 版 関 係 国 公 益 財 団 法 人 水 交 会 平 成 26 年 度 事 業 報 告 書 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 ~ 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 1 全 般 平 成 26 年 度 の 事 業 は 年 度 事 業 計 画 及 び 収 支 予 算 に 基 づき 実 施 し 概 ね 計 画 通 り 順 調 に 経 過 2 事 業 等 (1) 海 洋 安 全 保 障 思 想 の 研 究 普 及

More information

< F2D824F C CF092CA8E968CCC91B98A F9E>

< F2D824F C CF092CA8E968CCC91B98A F9E> 交 通 事 故 損 害 賠 償 の 項 目 について 1 はじめに 交 通 事 故 にあったときに 加 害 者 に 対 して 損 害 賠 償 請 求 をします そのときの 項 目 について 説 明 をします 損 害 の 項 目 は 様 々なものがありますが 積 極 損 害 ( 交 通 事 故 による 被 害 のために 実 際 に 出 費 したもの) と 消 極 損 害 ( 交 通 事 故 による 被

More information

đ) 人 民 軍 事 専 従 の 士 官 軍 人 人 民 公 安 専 従 の 士 官 下 士 官 及 び 技 術 専 門 の 仕 官 下 士 官 軍 人 と 同 じく 給 与 を 受 ける 情 報 管 理 に 関 わる 業 務 に 従 事 する 者 e) 人 民 軍 事 および 人 民 公 安 の

đ) 人 民 軍 事 専 従 の 士 官 軍 人 人 民 公 安 専 従 の 士 官 下 士 官 及 び 技 術 専 門 の 仕 官 下 士 官 軍 人 と 同 じく 給 与 を 受 ける 情 報 管 理 に 関 わる 業 務 に 従 事 する 者 e) 人 民 軍 事 および 人 民 公 安 の 国 会 --------- 法 律 番 号 :58/2014/QH13 号 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 独 立 自 由 幸 福 ---------------- ハノイ 2014 年 11 月 20 日 社 会 保 険 法 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 の 憲 法 に 基 づき 国 会 は 社 会 保 険 法 を 公 布 する 第 1 章 総 則 第 1 条 適 用 範 囲 本 法

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を

役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を 一 般 社 団 法 人 長 崎 県 診 療 放 射 線 技 師 会 規 程 役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 第 3 条 選

More information

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新 事 務 取 扱 要 領 この 事 務 取 扱 要 領 は 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 契 約 約 款 第 37 条 に 基 づき 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 に 係 る 市 町 村 特 別 区 及 び 市 町 村 の 一 部 事 務 組 合 ( 以 下 市 町 村 等 という )と 公 益 財 団 法 人 日 本 消 防 協 会 ( 以 下 協 会 という

More information

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係 Ⅴ 長 期 給 付 事 業 1 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 は 都 道 府 県 や 市 町 村 の 区 分 や 職 種 の 相 違 によって 適 用 される 制 度 が 異 なっていたものが 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 全 ての 公 務 員 に 通 ずる 統 一 的 な 制

More information

2 地 域 手 当 ての 見 直 し 平 成 26 年 度 の 支 給 割 合 見 直 し 後 の 支 給 割 合 平 成 27 年 度 の 支 給 割 合 国 基 準 による 支 給 割 合 0 0 0 魚 沼 市 の 支 給 割 合 0 0 0 3その 他 の 見 直 し 内 容 管 理 職 員

2 地 域 手 当 ての 見 直 し 平 成 26 年 度 の 支 給 割 合 見 直 し 後 の 支 給 割 合 平 成 27 年 度 の 支 給 割 合 国 基 準 による 支 給 割 合 0 0 0 魚 沼 市 の 支 給 割 合 0 0 0 3その 他 の 見 直 し 内 容 管 理 職 員 1 総 括 魚 沼 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 千 千 千 40,272 27,751,216 1,487,094 3,834,368

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

員 及 び 消 団 員 )の 出 動 状 況 をみると 火 等 ( 火 救 助 活 動 風 水 害 等 の 害 捜 索 誤 報 等 及 び その 他 をいう )への 出 動 回 数 は106 万 8,127 回 で 出 動 延 人 員 は 781 万 8,611 人 である また 1 日 平 均 に

員 及 び 消 団 員 )の 出 動 状 況 をみると 火 等 ( 火 救 助 活 動 風 水 害 等 の 害 捜 索 誤 報 等 及 び その 他 をいう )への 出 動 回 数 は106 万 8,127 回 で 出 動 延 人 員 は 781 万 8,611 人 である また 1 日 平 均 に 第 2 章 消 の 組 織 と 活 動 第 2 節 消 職 団 員 の 活 動 第 1 活 動 状 況 (1) 消 団 員 の 活 動 状 況 東 日 本 大 震 における 被 地 消 団 の 活 動 をはじ め 平 成 25 年 台 風 第 26 号 における 住 民 の 避 難 誘 導 等 の 消 団 員 の 献 身 的 な 活 動 は 地 域 に 大 きく 貢 献 している このように 全 国

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

被扶養者の認定取扱について

被扶養者の認定取扱について 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63> 平 成 年 度 市 民 県 民 申 告 の 手 引 き 日 頃, 本 市 の 務 事 務 にご 協 力 をいただきましてありがとうございます 市 民 県 民 申 告 は,この 手 引 きをご 参 照 のうえ, 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたし ます ( 申 告 期 限 近 くは, 大 変 混 雑 しますのでお 早 めにお 願 いいたします ) この 申 告 は,あなたの

More information

Ⅰ 国民年金

Ⅰ 国民年金 年 金 相 談 事 例 集 1 巻 p.101 Ⅰ 国 民 年 金 1 国 民 年 金 制 度 の 目 的 及 び 沿 革 国 民 年 金 制 度 は, 厚 生 年 金 保 険, 旧 船 員 保 険, 旧 共 済 組 合 など 被 用 者 を 対 象 とする 公 的 年 金 制 度 が 適 用 されていない 農 業 者, 自 営 業 者 等 及 び 被 用 者 の 配 偶 者 などを 対 象 とした

More information

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 県 民 税 申 告 の 手 引 き 渋 川 市 市 民 税 県 民 税 につきましては 日 ごろからご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 県 民 税 の 申 告 は 皆 様 からの 申 告 に 基 づいて 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 手 続 きです 今 回 申 告 していただく 所 得 は 平 成 27

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378>

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378> 平 成 19 年 度 決 算 の 概 要 長 期 経 理 長 期 経 理 は 地 方 公 共 団 体 及 び 組 合 員 から 徴 した 負 担 金 及 び 掛 金 等 を 財 源 に 退 職 共 済 年 金 等 の 長 期 給 付 並 びに 資 産 の 運 用 を 行 う 経 理 である 前 年 度 繰 越 長 期 給 付 積 立 金 9,954,376,826 流 動 資 産 481,436,803

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

兵庫県公報(平成25年3月5日 第2号外)

兵庫県公報(平成25年3月5日 第2号外) 発 兵 庫 県 公 報 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 平 成 25 年 3 月 5 日 火 曜 日 第 2 号 外 目 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 規 則 ヘ ーシ 本 人 確 認 情 報 の 提 供 利 用 及 び 保 護 に

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

Microsoft Word - 01 表紙

Microsoft Word - 01 表紙 高 校 生 等 に 対 する 修 学 支 援 制 度 ガイドブック 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 教 育 委 員 会 事 務 局 高 校 教 育 課 目 次 ページ はじめに 1 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 2 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 6 兵 庫 県 内 の 各 市 町 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 25 兵 庫

More information

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億 池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 目 次 1 総 括 1 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 3 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 職 員 の 手 当 の 状 況 56 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 7 6 職 員 数 採 用 試 験 の 状 況 811 7 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条

More information

被扶養者の資格確認を行います

被扶養者の資格確認を行います H28.8.16 改 訂 重 要 被 扶 養 者 認 定 に 係 る 添 付 書 類 について 被 保 険 者 と 同 じように 保 険 給 付 を 受 けられる 被 扶 養 者 は 健 康 保 険 法 等 によ って 定 められた 家 族 が 対 象 で 被 扶 養 者 として 認 定 されるには 主 として 被 保 険 者 の 収 入 により 生 計 維 持 されていることが 必 要 です この

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250> 税 理 士 試 験 相 続 税 法 の 計 算 は 相 続 税 全 般 に 関 する 理 解 度 を 測 定 するため 個 別 の 財 産 評 価 課 税 価 格 の 算 定 相 続 税 の 総 額 及 び 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 税 額 までの 算 出 を 求 め る 総 合 問 題 となっています 限 られた 制 限 時 間 の 中 で 合 格 点 をとるためには 総 合 問 題

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

資料1-2 被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律案要綱

資料1-2 被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律案要綱 元 化 図 案 綱 趣 旨 多 様 や 社 障 目 指 閣 議 決 社 障 税 革 綱 づ 元 化 展 望 今 後 熟 化 や 少 子 高 化 層 進 展 財 政 範 囲 拡 安 性 高 民 通 将 来 向 同 報 酬 ば 同 負 担 同 受 性 確 全 民 信 頼 高 教 統 資 格 教 教 総 称 適 資 -2 外 削 差 異 解 消 資 格 歳 設 2 総 報 酬 老 本 老 又 全 仕 み

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

5 市 民 県 民 申 告 が 必 要 かどうかフローチャート 確 定 申 告 をされますか? 市 民 県 民 申 告 は 必 要 ありません 平 成 28 年 月 日 現 在 市 に 住 ( 住 民 登 録 )がありましたか? 月 日 現 在 住 地 で 申 告 してください 公 的 年 受 給

5 市 民 県 民 申 告 が 必 要 かどうかフローチャート 確 定 申 告 をされますか? 市 民 県 民 申 告 は 必 要 ありません 平 成 28 年 月 日 現 在 市 に 住 ( 住 民 登 録 )がありましたか? 月 日 現 在 住 地 で 申 告 してください 公 的 年 受 給 平 成 28 年 度 市 民 県 民 ( 国 民 健 康 保 険 ) 申 告 ご 案 内 申 告 書 を 提 出 する 必 要 ある 方 平 成 28 年 月 日 に 市 内 に 住 があり 平 成 27 年 中 に があった 方 は 市 民 県 民 申 告 書 を 提 出 してください ただし 次 方 は 申 告 書 を 提 出 する 必 要 はありません () 確 定 申 告 書 を 提 出 した

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868 議 案 第 36 号 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 利 用 及 び 特 定 個 人 情 報 提 供 に 関 する 条 例 制 定 について 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番

More information