Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取"

Transcription

1 資 料 1 地 方 航 空 路 線 活 性 化 プログラムに 係 る 効 果 検 証 に 関 する 懇 談 会 発 表 資 料 平 成 27 年 12 月 11 日 山 形 空 港 利 用 拡 大 推 進 協 議 会 ( 事 務 局 : 山 形 県 ) 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 (フジドリームエアラインズ) プロジェクト 名 発 着 両 側 の 分 野 別 連 携 体 制 の 構 築 による 山 形 名 古 屋 便 の 活 性 化

2 Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取 組 テーマ 発 着 両 側 の 分 野 別 連 携 体 制 の 構 築 による 山 形 名 古 屋 便 の 活 性 化 〇 取 組 目 標 とターゲット 取 組 目 標 運 休 前 ピーク 時 の 需 要 約 23,000 人 3 年 後 年 間 35,000 人 ターゲット 観 光 : 伊 勢 神 宮 は 行 ったことがあるが 出 羽 三 山 は 行 ったことのない 人 及 びその 逆 ビジネス: 県 内 中 京 圏 企 業 関 係 者 ( 特 に 自 動 車 産 業 関 係 者 ) 4. 旅 客 数 座 席 利 用 率 旅 客 数 推 移 ( 月 別 ) ( 目 標 設 定 ) 3 年 後 年 間 35,000 人 超 ( 搭 乗 率 65%)の 利 用 者 定 着 H26 冬 : 搭 乗 率 60% H27 夏 : 搭 乗 率 70% H28 通 年 : 搭 乗 率 65% 2. 対 象 路 線 の 課 題 搭 乗 率 は 提 案 時 想 定 の76 人 乗 り 機 材 で 換 算 運 休 前 機 材 (CRJ 50 人 乗 )では 難 しかった 団 体 観 光 商 品 の 造 成 も 現 行 機 材 (ERJ 76 人 又 は84 人 乗 )であれば 可 能 であることから 観 光 需 要 の 大 幅 な 増 加 (2 倍 超 )が 求 められ ている 中 京 圏 において 観 光 目 的 地 としての 山 形 の 知 名 度 は 高 くなく 継 続 的 な 観 光 誘 客 を 図 るためには 本 県 と 中 京 圏 のつながりを 活 かしたストーリー 作 りなど 独 自 性 の 高 い 特 徴 ある 誘 客 を 行 う 必 要 がある 1 西 の 伊 勢 参 り 東 の 出 羽 三 山 参 り PR 展 開 ビジネス 需 要 については 運 休 前 比 4 割 増 の 利 用 が 求 められる 2 自 動 車 産 業 等 の 交 流 拡 大 3 技 能 五 輪 (H26 愛 知 H28 山 形 )による 利 用 拡 大 需 要 の 継 続 的 な 喚 起 に 向 けては 全 体 の 需 要 のみならず 双 方 向 からのバランスのよ い 需 要 創 出 が 求 められる 3. 実 績 概 要 及 び 目 標 の 達 成 状 況 搭 乗 率 は 76 人 乗 り 機 材 で 換 算 実 施 期 間 H26.11~H ,437 人 搭 乗 率 67.9% H26 夏 ダイヤ(4~10 月 ) 21,954 人 搭 乗 率 68.8% 取 組 前 H26 冬 ダイヤ(11~3 月 ) 14,627 人 搭 乗 率 63.7% H27 夏 ダイヤ(4~10 月 ) 22,810 人 搭 乗 率 71.0% 運 休 前 の23,507 人 (H17-19 平 均 )と 比 較 し 37,437 人 (13,930 人 増 加 )と 目 標 の 35,000 人 を 大 きく 上 回 る 結 果 となった 特 にH27 夏 ダイヤは 就 航 初 年 度 のH26 夏 ダイヤを 上 回 る 実 績 となり 活 性 化 プログラムでの 取 組 みの 成 果 が 見 られる 100% 95% 90% 85% 80% 75% 70% 65% 60% 55% 50% 45% 40% 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 H H26 3,304 3,414 3,345 2,623 3,049 3,142 3,077 3,346 2,904 2,630 2,365 3,382 H27 3,143 3,016 3,381 2,894 3,853 2,915 3,608 就 航 記 念 運 賃 45 割 5,587 円 座 席 利 用 率 は 提 案 時 想 定 の76 人 乗 り 機 材 で 換 算 ( 実 際 は 84 人 乗 り 機 材 の 運 行 の 場 合 も 有 ) 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 H % H % 73.6% 78.6% 57.5% 65.8% 68.9% 65.3% 73.4% 61.6% 55.8% 55.6% 71.8% H % 64.0% 74.1% 61.4% 81.8% 69.7% 76.6% 座 席 利 用 率 推 移 ( 月 別 ) H 年 半 ぶり 運 航 再 開 1

3 Ⅱ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 の 効 果 検 証 1. 実 効 性 (1) 各 取 組 の 効 果 検 証 1. 西 の 伊 勢 参 り 東 の 出 羽 三 山 参 り 相 互 交 流 の 展 開 取 組 費 用 7,205 万 円 1. 取 組 の 実 施 概 要 テーマ 双 方 向 で 共 通 のPRへ (1) 実 施 体 制 ( 双 方 向 連 絡 会 議 )の 整 備 5,932 万 円 (2)~(4)を 含 む 西 の 伊 勢 参 り 東 の 出 羽 三 山 参 り 双 方 向 交 流 推 進 プロジェクトチーム(PT) ワーキンググループ(WG) 会 議 の 開 催 双 方 向 交 流 推 進 プロジェクトチーム 会 議 連 携 推 進 のため 山 形 側 と 三 重 伊 勢 側 の 行 政 観 光 関 係 者 有 識 者 等 からなる 会 議 を 開 催 し 事 業 展 開 方 法 の 検 討 検 証 を 実 施 (2) 西 の 伊 勢 参 り 東 の 出 羽 三 山 参 り の 共 通 PRビジュアルを 制 作 し 広 告 媒 体 への 露 出 WEB 展 開 を 実 施 (3) 山 形 三 重 観 光 フェア 山 伏 ジェットモニターツアー 観 光 PRキャラバン 等 の 開 催 による 名 古 屋 山 形 でのPR 展 開 1 山 形 三 重 両 県 知 事 参 加 によるPRイベント 山 形 愛 知 双 方 向 での 観 光 PRキャラバンの 開 催 2 発 信 力 の 高 い 女 性 が 出 羽 三 山 伊 勢 神 宮 を 巡 る 山 伏 ジェットモニターツアー の 実 施 (H27 年 3 月 7 月 10 月 ) (4) 広 告 宣 伝 共 通 キャンペーンの 展 開 ( 名 古 屋 山 形 ) 1 広 告 宣 伝 共 通 キャンペーンの 展 開 ( 名 古 屋 山 形 での 雑 誌 掲 載 テレビCM 放 映 等 ) 2FDAを 利 用 して 伊 勢 神 宮 と 出 羽 三 山 両 方 を 参 拝 した 方 に 対 する おまいり 帖 プレゼント 3 山 形 県 内 への 観 光 誘 客 を 目 的 としたFDA 機 内 誌 での 情 報 発 信 (H26 年 下 期 H27 年 上 期 下 期 ) (5) 出 羽 三 山 等 を 組 み 込 んだ 旅 行 商 品 の 造 成 販 売 支 援 1,000 万 円 (6) 空 港 アクセスの 充 実 ( 山 形 空 港 ~ 蔵 王 温 泉 出 羽 三 山 など 直 通 / 周 遊 ) 273 万 円 1 出 羽 三 山 の 需 要 の 季 節 性 変 動 ( 冬 季 閉 鎖 )に 対 応 するため 乗 合 タクシー 蔵 王 温 泉 ライナー の 運 行 (H27.1.5~) 2 山 形 空 港 から 羽 黒 山 を 経 由 して 宿 泊 地 までの 観 光 貸 切 タクシー でわ まいる 号 の 運 行 (H ~) 山 伏 ジェット 2. 取 組 の 効 果 成 果 及 び 要 因 分 析 PR 活 動 は 両 地 域 で 連 携 集 中 的 なPR PRイベントを 活 用 した 路 線 の 周 知 活 動 により 効 果 的 なPRを 実 施 できたことがメディア 露 出 や 中 京 圏 での 認 知 度 向 上 の 成 果 (ホームページアクセス 数 の 増 加 )に 結 びつき 良 い 結 果 となった メディア 露 出 目 標 24 回 ( 月 2 回 ) 実 績 56 回 愛 知 三 重 からのHPアクセス 数 目 標 24,000 回 ( 月 2,000 回 ) 35,950 回 ( 月 2,995 回 ) 出 羽 三 山 を 組 み 込 んだ 旅 行 商 品 の 造 成 に 向 け 山 伏 ガイドコースなどの 卸 商 品 を 企 画 カードにまとめ 旅 行 会 社 への 売 り 込 みを 実 施 旅 行 会 社 へのツアー 個 人 旅 行 の 販 売 座 席 数 / 目 標 7,700 席 実 績 7,036 席 開 発 商 品 を 組 み 込 んだツアー 数 / 目 標 5 実 績 14ツアー(223 人 ) 蔵 王 温 泉 へのアクセスを 開 設 利 用 者 数 / 目 標 1,000 人 実 績 1,068 人 羽 黒 山 へのアクセスを 開 設 利 用 者 数 / 目 標 500 人 実 績 29 人 3. 今 後 の 改 善 すべき 点 認 知 度 をあげるために 実 際 に 体 験 したユーザーからSNSで 友 人 知 人 に 情 報 拡 散 してもらえるような 仕 組 みを 検 討 する 旅 のイメージ 広 告 に 加 えて 旅 行 商 品 の 販 売 を 支 援 する 施 策 を 強 化 する 羽 黒 山 へのアクセスについては 旅 行 商 品 に 組 み 込 めるよう 運 行 会 社 と 助 成 制 度 を 含 めて 今 後 の 運 行 方 法 旅 行 会 社 からの 予 約 決 済 方 法 等 を 協 議 する 検 討 会 を 開 催 する 実 証 実 験 の 結 果 を 基 に 活 性 化 プログラム 終 了 後 も 継 続 できるような 二 次 交 通 の 整 備 に 取 り 組 む 2

4 2. 自 動 車 関 連 産 業 を 中 心 とした 経 済 交 流 の 拡 大 取 組 費 用 1,495 万 円 1. 取 組 の 実 施 概 要 テーマ 航 空 便 を 活 用 した 中 京 圏 との 経 済 交 流 の 拡 大 (1) 商 談 会 企 業 訪 問 企 業 視 察 等 に 対 する 運 賃 助 成 10 万 円 (2) 山 形 空 港 サポーターズクラブ 会 員 に 対 する 助 成 による 運 賃 割 引 の 実 施 1,000 万 円 ( 予 定 ) キャッシュバック 型 の 助 成 金 は 旅 費 精 算 上 使 いにくいという 企 業 からの 意 見 が 多 かったため サポーターズクラブ 会 員 限 定 で 助 成 金 額 を 差 し 引 いた 価 格 で 購 入 できる 制 度 をFDAと 連 携 して 構 築 (3) 経 済 交 流 ミッション 団 の 実 施 57 万 円 知 事 をトップとする 経 済 交 流 ミッション 団 を 派 遣 し 愛 知 県 商 工 会 議 所 を 訪 問 (H27 年 2 月 ) (4)おいしい 山 形 空 港 サポーターズクラブ 等 のPR 実 施 428 万 円 とうほく 北 海 道 自 動 車 関 連 技 術 展 示 商 談 会 ( 愛 知 県 刈 谷 市 ) 1 愛 知 県 内 企 業 へのPR( 平 成 27 年 2 月 3 月 5 月 10 月 ) 愛 知 県 での 名 古 屋 小 牧 春 日 井 商 工 会 議 所 の 協 力 により 約 25,000 社 の 会 員 企 業 に 山 形 ~ 名 古 屋 便 サポーターズクラブ 等 をPR 2 山 形 県 内 企 業 個 人 へのPR 内 陸 30 市 町 村 内 企 業 家 庭 への 新 聞 折 込 み(27 万 部 )の 実 施 (H27 年 3 月 ) (5) 山 形 空 港 サポーターズクラブ 専 用 ラウンジの 充 実 やトライアル 助 成 等 のビジネス 利 用 利 便 性 向 上 による 航 空 機 利 用 者 の 発 掘 協 議 会 予 算 2. 取 組 の 効 果 成 果 及 び 要 因 分 析 チラシ 新 聞 折 り 込 みや 割 引 運 賃 協 議 会 独 自 予 算 による 各 種 助 成 制 度 山 形 空 港 内 の 専 用 ラウンジの 充 実 などの 実 施 により サポーターズ クラブの 会 員 は 目 標 を 超 える 入 会 があった おいしい 山 形 空 港 サポーターズクラブ 会 員 数 / 目 標 600 会 員 増 ( 月 50 会 員 増 ) 実 績 1,048 会 員 増 ( 月 87 会 員 増 目 標 比 174.7%) H26 下 期 から 商 談 会 出 展 等 に 対 する 助 成 を 行 ったが 昼 一 便 ダイヤの 不 便 さが 敬 遠 され 助 成 金 等 の 利 用 があまりなかった 商 談 会 出 展 個 別 商 談 企 業 研 修 等 運 賃 助 成 (H26)/ 目 標 180 人 実 績 4 人 (とうほく 北 海 道 自 動 車 関 連 技 術 展 示 商 談 会 ) 観 光 PRキャラバン(H26.11)や 経 済 交 流 PRミッション 団 (H27.2)の 派 遣 愛 知 県 の 県 政 ラジオ 番 組 で 山 形 県 PRの 実 施 毎 号 サポーターズク ラブ 通 信 に 愛 知 県 庁 職 員 から 名 古 屋 情 報 の 寄 稿 など 相 互 の 交 流 が 促 進 された 更 に H27.10には 県 営 名 古 屋 空 港 協 議 会 ( 事 務 局 : 名 古 屋 商 工 会 議 所 )のPRキャラバン 隊 が 山 形 県 内 のマスコミ 等 を 訪 問 し ショッピングセンターでのプロモーションなど 愛 知 県 とFDA 名 古 屋 小 牧 便 のP R 等 を 行 うなど 発 着 地 間 の 相 互 交 流 が 継 続 強 化 されている おいしい 山 形 空 港 サポーターズクラブ 会 員 に 対 する FDA 山 形 = 名 古 屋 便 の 助 成 による 運 賃 割 引 目 標 席 数 1,800 席 実 績 685 席 11/5 現 在 ( 冬 期 の 需 要 減 対 策 のため H28 年 1 月 末 まで 助 成 実 施 ) 需 要 調 査 を 実 施 し 潜 在 需 要 の 把 握 ができたほか 重 点 顧 客 (40~50 代 ビジネス 客 ) 価 格 設 定 (24,000 円 以 下 ) 理 想 ダイヤ( 朝 8 時 ~10 時 夕 17 時 ~20 時 ) ターゲット 毎 のプロモーションの 細 分 化 の 必 要 性 等 今 後 の 利 用 拡 大 に 向 けた 路 線 の 分 析 ニーズ 等 を 把 握 し 課 題 を 整 理 して 来 年 度 の 利 用 拡 大 に 向 けた 取 り 組 みの 方 向 性 を 明 らかにすることができた 3. 今 後 の 改 善 すべき 点 現 行 ダイヤではビジネス 利 用 の 拡 大 が 難 しいため サポーターズクラブ 会 員 限 定 運 賃 割 引 制 度 に 対 して 問 い 合 わせ 要 望 の 多 かったアク ティブシニア 層 を 取 り 込 むため メールマガジン 会 員 制 度 を 設 立 し ビジネス 利 用 に 加 え 潜 在 的 な 個 人 利 用 の 需 要 の 掘 り 起 こしを 行 いたい 需 要 調 査 で 明 らかになった 取 組 の 方 向 性 を 着 実 に 実 践 していくため 価 格 設 定 やダイヤ 改 善 等 を 踏 まえた 需 要 拡 大 取 組 みの 実 施 方 法 など 運 航 するFDAと 更 に 連 携 を 深 め 事 業 を 展 開 する 必 要 がある 3

5 3. 技 能 五 輪 2014in 愛 知 から 技 能 五 輪 2016in 山 形 へ 取 組 費 用 86 万 円 1. 取 組 の 実 施 概 要 テーマ 技 術 先 進 地 中 京 圏 の 力 を 活 用 した 人 材 育 成 やまがた 技 能 五 輪 アビリンピック2016 推 進 協 議 会 と 連 携 して 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 便 や 助 成 事 業 等 の 関 係 者 への 広 報 助 成 を 実 施 (1) 技 能 五 輪 in 愛 知 見 学 ツアーの 造 成 支 援 (H26) 15 万 円 (2) 中 京 圏 企 業 技 術 研 修 促 進 支 援 の 展 開 (H26~28) 36 万 円 若 手 技 術 者 等 による 中 京 圏 企 業 の 研 修 視 察 訪 問 や 中 京 圏 指 導 員 の 山 形 訪 問 に 対 する 運 賃 助 成 等 (3) 中 京 圏 での 技 術 研 修 会 中 京 圏 企 業 訪 問 ツアーなどの 開 催 支 援 (H27~28) 35 万 円 (4) 航 空 便 利 用 企 業 関 係 者 へのPR 展 開 2. 自 動 車 関 連 産 業 を 中 心 とした 経 済 交 流 の 拡 大 と 合 わせて 実 施 (5) 技 能 五 輪 in 山 形 参 加 ツアーの 造 成 支 援 H28 実 施 2. 取 組 の 効 果 成 果 及 び 要 因 分 析 H26 下 期 から 大 会 視 察 や 技 術 研 修 等 に 対 する 助 成 を 行 ったが 昼 一 便 ダイヤの 不 便 さが 敬 遠 され 利 用 があまりなかった サポーターズクラブ 会 員 限 定 割 引 運 賃 を 利 用 しやすい 助 成 制 度 としたことから 技 能 五 輪 関 係 者 も 入 会 が 進 み 一 過 性 で 終 わることなく 活 性 化 プログラム 終 了 後 もサポーターズクラブ 組 織 を 活 かして 接 点 を 持 つことが 可 能 となった ( 企 業 会 員 431 社 のうち 技 能 五 輪 関 係 企 業 24 社 ) 1 若 手 技 能 者 技 能 五 輪 in 愛 知 視 察 等 支 援 (H26) 目 標 60 人 実 績 8 人 2 若 手 技 能 者 技 術 研 修 等 支 援 目 標 50 人 実 績 11 人 3 技 術 研 修 会 企 業 訪 問 ツアーなどの 開 催 支 援 目 標 3 回 3 回 3. 今 後 の 改 善 すべき 点 最 終 年 度 となる 来 年 度 は やまがた 技 能 五 輪 アビリンピック2016 が 開 催 されることから 技 能 五 輪 事 務 局 と 連 携 し 中 京 圏 からの 出 場 者 に 対 する 航 空 機 利 用 の 直 接 的 なアプローチ 方 法 を 検 討 し 実 際 に 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 線 を 利 用 してもらえるような 方 策 を 検 討 する やまがた 技 能 五 輪 アビリンピック は 来 年 度 で 取 組 みが 終 了 するが 今 回 の 技 能 五 輪 協 議 会 と 培 っ たノウハウを 活 かして 引 き 続 き 大 規 模 な 大 会 コンベンションの 開 催 に 際 し 関 係 部 局 などと 連 携 して イベントを 活 用 した 航 空 利 用 の 周 知 体 制 の 構 築 を 検 討 する ( 例 ) 1 全 国 豊 かな 海 づくり 大 会 ~ 山 形 ~ H 全 国 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 (インターハイ) 南 東 北 3 県 開 催 H 旋 盤 フライス 盤 の 東 北 合 同 練 習 会 ( 山 形 市 ) トヨタ 自 動 車 から 講 師 として6 名 招 聘 4

6 Ⅱ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 の 効 果 検 証 2. 継 続 性 実 施 体 制 山 形 空 港 利 用 拡 大 推 進 協 議 会 実 施 連 携 体 制 について 協 議 会 事 務 局 : 山 形 県 ( 実 施 責 任 者 ) 担 当 内 容 交 通 政 策 課 : 全 体 の 進 行 管 理 商 工 労 働 観 光 部 各 課 西 の 伊 勢 参 り 東 の 出 羽 三 山 参 り: 観 光 交 流 課 技 能 五 輪 関 連 : 雇 用 対 策 課 自 動 車 産 業 交 流 : 工 業 戦 略 技 術 振 興 課 山 形 県 名 古 屋 事 務 所 : 中 京 圏 側 との 連 絡 調 整 やまがた 広 域 観 光 協 議 会 ( 県 村 山 総 合 支 庁 ) 庄 内 観 光 コンヘ ンション 協 会 ( 県 庄 内 総 合 支 庁 ) 鶴 岡 市 観 光 物 産 課 羽 黒 町 観 光 協 会 担 当 内 容 いせ でわ 共 通 PR 着 地 型 旅 行 商 品 の 造 成 協 力 会 員 : 山 形 県 観 光 物 産 協 会 担 当 内 容 山 形 及 び 中 京 地 区 での 観 光 PR 物 産 展 等 開 催 会 員 : 山 形 市 など 県 内 市 町 村 担 当 内 容 いせ でわ 共 通 PR 自 動 車 産 業 交 流 サポーターズクラブPR 会 員 : 山 形 県 商 工 会 議 所 連 合 会 山 形 県 企 業 振 興 公 社 担 当 内 容 自 動 車 産 業 交 流 技 能 五 輪 関 係 会 員 :FDA 担 当 内 容 割 引 助 成 運 賃 の 実 施 など 会 員 : 山 形 空 港 ビル 担 当 内 容 企 業 サポーターズクラ ブ 運 営 など 協 力 実 施 機 関 1. 全 般 : 県 営 名 古 屋 空 港 協 議 会 ( 事 務 局 : 名 古 屋 商 工 会 議 所 ) 愛 知 県 名 古 屋 市 等 の 周 辺 自 治 体 地 元 商 工 会 議 所 等 の 各 種 団 体 2. 取 組 別 1 観 光 : 西 の 伊 勢 参 り 東 の 出 羽 三 山 参 り 関 連 三 重 県 伊 勢 市 2ビジネス: 自 動 車 産 業 等 の 経 済 交 流 技 能 五 輪 県 営 名 古 屋 空 港 協 議 会 周 辺 自 治 体 名 古 屋 小 牧 春 日 井 商 工 会 議 所 分 野 ( 観 光 /ビジネス)に より 連 携 に 必 要 な 相 手 方 は 異 なる 山 空 利 拡 協 議 会 では 会 員 が 持 つ ネットワークを 活 用 し 分 野 ごとに 必 要 な 連 携 先 を 選 定 打 診 し 協 力 の 承 諾 を 得 た 国 土 交 通 省 ( 東 北 運 輸 局 観 光 部 中 部 運 輸 局 観 光 部 ): 観 光 分 野 における 助 言 連 携 体 制 西 の 伊 勢 参 り 東 の 出 羽 三 山 参 り :(いせ でわ) 1 観 光 関 係 〇 H26 年 12 月 : 消 費 者 向 けコミュニケーション 推 進 ワーキンググループ(WG) 会 議 双 方 向 交 流 推 進 P T W G * 基 本 コンセプトの 開 発 消 費 者 コミュニケーション 向 けのビジュアル 制 作 広 告 宣 伝 の 立 案 展 開 の 方 向 性 の 検 討 を 実 施 〇 H27 年 1 月 : 第 1 回 プロジェクトチーム(PT) 会 議 * 消 費 者 向 けPRの 展 開 旅 行 商 品 の 造 成 に 関 する 検 討 平 成 27 年 10 月 : 第 2 回 プロジェクトチーム(PT) 会 議 * 事 業 実 施 状 況 の 総 括 これまでの 取 組 の 評 価 と 改 善 策 来 年 度 取 組 内 容 の 方 向 性 について 議 論 ( 発 着 2 地 域 間 における 連 携 体 制 ) 山 形 三 重 両 県 の 観 光 部 局 への 職 員 の 相 互 交 流 人 事 (H27~28 年 度 ) 上 記 PTの 分 科 会 として 山 形 三 重 両 県 の 定 期 的 な 訪 問 打 ち 合 わせを 実 施 (1~2カ 月 に1 回 程 度 ) この 分 科 会 で 具 体 的 な 事 業 企 画 を 策 定 し 山 形 & 三 重 観 光 フェア 等 各 種 事 業 を 実 施 した 2ビジネス 関 係 ( 自 動 車 関 連 産 業 技 能 五 輪 関 係 ) 山 形 県 自 動 車 産 業 振 興 会 議 ( 事 務 局 : 山 形 県 工 業 戦 略 技 術 振 興 課 )と 連 携 調 整 検 討 点 :FDA 山 形 ~ 名 古 屋 便 を 利 用 した 展 示 会 出 展 個 別 商 談 企 業 研 修 等 に 対 する 支 援 方 法 等 H26.10 山 形 県 自 動 車 関 連 技 術 展 示 会 in 三 菱 自 動 車 工 業 ( 愛 知 県 岡 崎 市 )において FDA 山 形 ~ 名 古 屋 便 を 連 携 してPR 山 形 県 内 からの 出 展 者 にアンケート 及 びヒアリングを 連 携 して 実 施 H27.2 とうほく 北 海 道 自 動 車 関 連 技 術 展 示 商 談 会 において FDA 山 形 ~ 名 古 屋 便 をPR 山 形 県 内 からの 出 展 者 に 運 賃 助 成 を 連 携 して 実 施 やまがた 技 能 五 輪 アビリンピック2016 推 進 協 議 会 ( 事 務 局 : 山 形 県 雇 用 対 策 課 )と 連 携 調 整 を 行 いながら 本 事 業 を 実 施 した 自 己 評 価 及 び 今 後 の 改 善 点 1 観 光 関 係 山 形 三 重 の 関 係 者 とのプロジェクトチーム 会 議 を 実 施 することにより 取 組 の 方 向 性 を 定 め 改 善 策 についてそれぞれの 立 場 から 意 見 を 交 わすことができ 今 後 の 方 針 策 定 事 業 実 施 の 方 向 性 が 明 確 になった 本 プログラムにより 三 重 県 や 伊 勢 市 と 連 携 を 構 築 することができ 伊 勢 神 宮 の 知 名 度 を 活 かした 双 方 の 事 業 展 開 について 今 後 も 連 携 を 取 ることが 可 能 になった 2ビジネス 関 係 ( 自 動 車 関 連 産 業 技 能 五 輪 関 係 ) 商 工 関 係 部 局 や 山 形 愛 知 双 方 の 経 済 団 体 と 連 携 して 事 業 を 実 施 することにより 課 題 の 把 握 や 商 談 会 の 出 展 者 技 能 五 輪 の 参 加 者 等 への 担 当 部 局 を 通 じた 直 接 的 なアプローチができた 本 プログラムの 取 組 を 実 施 する 上 で 繋 がりのなかった 名 古 屋 商 工 会 議 所 小 牧 商 工 会 議 所 春 日 井 商 工 会 議 所 等 と 連 携 をとることができ 会 報 誌 へのチラシ 折 込 み 双 方 でキャラバン 隊 や ミッション 団 を 派 遣 し 合 うなどの 実 効 性 のある 取 組 を 進 めることで 今 後 も 連 携 を 図 ることが 可 能 になった 今 後 の 改 善 すべき 点 1 観 光 関 係 伊 勢 側 発 のプロモーションの 実 施 や 現 地 ガイドの 育 成 に 向 けて 伊 勢 側 との 連 携 体 制 の 強 化 について 検 討 を 行 っていく 二 次 交 通 については 運 行 会 社 や 旅 行 会 社 等 と 連 携 した 体 制 の 構 築 を 検 討 する 2ビジネス 関 係 ( 自 動 車 産 業 技 能 五 輪 関 係 ) 山 形 県 自 動 車 産 業 振 興 会 議 や やまがた 技 能 五 輪 アビリンピック2016 推 進 協 議 会 などの 商 工 関 係 団 体 等 と 連 携 して 山 形 ~ 名 古 屋 間 の 往 来 のあるビジネス 利 用 者 大 会 参 加 者 に 名 古 屋 便 の 利 用 拡 大 に 向 けた 実 効 性 のある 支 援 体 制 の 構 築 を 検 討 する 5

7 Ⅱ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 の 効 果 検 証 3. 総 括 及 び 今 後 の 取 組 の 方 向 性 全 体 総 括 3 年 目 の 目 標 搭 乗 者 数 としていた35,000 人 を2,000 人 以 上 上 回 った 要 因 としては 活 性 化 プロ グラム 事 業 の 効 果 に 加 えて 県 や 協 議 会 の 独 自 事 業 として 取 り 組 んだ 二 次 交 通 の 充 実 市 町 村 を 窓 口 とする 空 港 応 援 月 間 事 業 サポーターズクラブの 特 典 充 実 等 との 相 乗 効 果 が 図 られた ためと 考 えられる また 知 事 も 先 頭 となっての 発 着 両 地 域 でのPRイベントやメディア 露 出 により 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 線 の 認 知 度 が 向 上 したためと 思 われる 一 方 自 動 車 関 連 産 業 を 中 心 とした 経 済 交 流 の 拡 大 技 能 五 輪 などのビジネス 客 の 取 り 込 みに ついては 昼 1 便 ダイヤのため 移 動 日 のビジネスに 使 用 する 時 間 が 十 分 に 取 れないことから 利 用 が 伸 びず あまり 成 果 が 上 がらなかった 今 後 の 取 組 の 方 向 性 当 初 の 目 標 搭 乗 者 数 を 達 成 したことから 次 のステップとして 需 要 拡 大 の 課 題 として 明 らかになってきた 昼 一 便 ダイヤの 改 善 としての2 便 化 を 目 指 し 双 方 での 認 知 度 向 上 に 繋 がる 観 光 面 の 取 り 組 みを 継 続 しつつ 山 形 空 港 サポーターズクラブを 活 用 した 事 業 展 開 等 ビジネス 客 の 取 り 込 みを 強 化 していく 必 要 がある 〇 観 光 関 係 今 後 活 性 化 プログラムが 終 了 した3 年 目 以 降 にこの 取 組 の 提 案 を 継 続 していくため 地 元 市 町 村 と 連 携 し 地 元 観 光 協 会 等 を 巻 き 込 ん で 継 続 可 能 な 体 制 について 協 議 調 整 していく 観 光 の 受 入 体 制 の 整 う 三 重 県 を 手 本 に 出 羽 三 山 の 魅 力 を 伝 える 現 地 ガイドの 育 成 当 日 申 込 への 対 応 等 受 け 入 れ 態 勢 の 強 化 を 図 る 二 次 交 通 については 今 回 の 実 証 実 験 の 結 果 を 基 に 運 行 会 社 と 助 成 制 度 を 含 めて 今 後 の 運 行 方 法 等 を 協 議 する 検 討 会 を 開 催 するとと もに 活 性 化 プログラム 終 了 後 も 継 続 できるような 二 次 交 通 の 整 備 に 取 り 組 む 〇 ビジネス 関 係 ( 自 動 車 関 連 産 業 技 能 五 輪 関 係 ) 需 要 調 査 で 明 らかになった 取 組 の 方 向 性 を 着 実 に 実 践 していくため 価 格 設 定 やダイヤ 改 善 等 を 踏 まえた 需 要 拡 大 取 組 みの 実 施 方 法 な ど 運 航 するFDAと 更 に 連 携 を 深 め 事 業 を 展 開 する 必 要 がある 〇 個 人 利 用 ( 観 光 私 用 ) 関 係 サポーターズクラブ 会 員 限 定 の 運 賃 割 引 に 対 して 問 い 合 わせ 要 望 の 多 かったアクティブシニア 層 等 を 取 り 込 むため 新 たにメールマガジン 会 員 制 度 を 設 立 し ビジネス 利 用 に 加 え 潜 在 的 な 個 人 利 用 の 需 要 の 掘 り 起 こしを 行 いたい 事 業 スキーム( 案 ) H 山 形 ~ 名 古 屋 便 3 年 半 ぶり 復 活 1 年 目 :H26 名 古 屋 便 復 活 PR 山 形 県 内 での 認 知 度 向 上 山 形 県 内 需 要 の 掘 り 起 こし 方 向 性 取 組 方 針 の 確 立 旅 行 商 品 の 素 材 発 掘 プロモーションの 実 施 中 京 圏 での 認 知 度 向 上 旅 行 商 品 の 造 成 支 援 路 線 ニーズの 把 握 と 改 善 策 の 検 討 目 的 運 休 前 (H17-19 平 均 ) 目 標 実 績 H26 山 形 ~ 名 古 屋 便 PR 継 続 ビジネス 需 要 の 取 り 込 み 旅 行 商 品 の 販 売 送 客 促 進 潜 在 需 要 を 顕 在 化 するため の 取 組 み 運 休 前 比 仕 事 12,428 17,399 12, % 観 光 5,893 11,786 13, % 私 用 5,186 6,223 11, % 2 年 目 :H27 3 年 目 :H28 搭 乗 者 アンケート 結 果 から 推 計 計 23,507 35,408 37, % 私 用 : 帰 省 冠 婚 葬 祭 など 6

8 モデル 性 がある 取 組 懇 談 会 事 務 局 作 成 転 用 可 能 な 取 組 1. 西 の 伊 勢 参 り 東 の 出 羽 三 山 参 り 相 互 交 流 の 展 開 2. 自 動 車 関 連 産 業 を 中 心 とした 経 済 交 流 の 拡 大 チャレンジングな 取 組 取 組 内 容 消 費 者 向 けPRの 展 開 ( 広 告 媒 体 の 作 成 PRイヘ ント 旅 行 商 品 の 支 援 観 光 キャラバンの 派 遣 ) 西 の 伊 勢 参 り 東 の 出 羽 三 山 参 り 等 をテーマにし た 着 地 型 商 品 の 開 発 販 売 山 形 空 港 と 出 羽 三 山 等 を 結 ぶ2 次 交 通 の 整 備 ( 空 港 ラ イナーの 運 行 支 援 観 光 地 へのアクセス 開 設 等 ) 商 談 会 出 展 個 別 商 談 企 業 研 修 等 支 援 ( 経 済 交 流 支 援 助 成 割 引 運 賃 設 定 FDA 運 行 支 援 等 ) 経 済 交 流 航 空 PRミッション 団 の 派 遣 山 形 = 名 古 屋 便 山 形 空 港 サポーターズクラブPR 強 化 (クラフ PR 会 員 に 対 する 各 種 特 典 等 のPR) 取 組 内 容 技 能 五 輪 アビリンピックあいち 大 会 2014 視 察 等 支 援 ( 運 賃 支 援 ) 実 施 方 法 等 発 着 地 双 方 の 連 携 により メインターゲットの 設 定 旅 行 のコンセプト プロ モーション スケジュールなど 路 線 の 需 要 の 拡 大 に 向 けた 目 標 を 設 定 し 双 方 向 交 流 を 展 開 することにより 新 たな 需 要 創 出 を 図 る 双 方 の 共 通 するテーマの 観 光 資 源 を 活 用 した 旅 行 商 品 を 造 成 し 合 わせて 両 地 域 でPR イベントを 実 施 することにより 新 たな 需 要 創 出 を 図 る 空 港 と 観 光 地 等 を 直 結 する 二 次 交 通 ( 乗 合 タクシー)により 航 空 利 用 者 の 利 便 性 向 上 を 図 る 経 済 交 流 一 環 として 企 業 等 を 対 象 としたい 商 談 企 業 研 修 等 での 航 空 利 用 者 への 助 成 により 航 空 路 線 の 認 知 度 の 向 上 新 たな 需 要 創 出 を 図 る 産 業 を 中 心 とした 経 済 交 流 の 拡 大 に 向 け 双 方 の 連 携 による 経 済 交 流 航 空 P Rミッション 等 の 実 施 により 新 たな 需 要 創 出 を 図 る 企 業 を 対 象 とした 空 港 サポーターズクラブの 活 用 により 航 空 路 線 の 認 知 度 向 上 新 たな 需 要 創 出 を 図 る 実 施 方 法 等 3. 技 能 五 輪 2014in 愛 知 から 技 能 五 輪 2016in 山 形 へ 若 手 技 能 者 技 術 研 修 等 支 援 ( 運 賃 支 援 ) 技 術 研 修 会 中 京 圏 企 業 訪 問 ツアーなどの 開 催 支 援 ( 中 京 圏 企 業 訪 問 ツアーなどの 開 催 ) やまがた 技 能 五 輪 アビリンピック2016 出 場 者 等 支 援 ( 運 賃 支 援 ) 地 域 で 行 われる 産 業 イベント 参 加 者 に 運 賃 助 成 等 の 支 援 を 行 うことにより 航 空 路 線 の 認 知 度 向 上 を 図 る 7

スライド 1

スライド 1 原 子 力 災 害 による 風 評 被 害 を 含 む 影 響 への 対 策 国 土 交 通 省 観 光 庁 目 次 1. 福 島 県 における 観 光 関 連 復 興 支 援 事 業 2. 福 島 県 教 育 旅 行 再 生 事 業 実 績 と 課 題 3. 福 島 県 観 光 戦 略 会 議 4. 東 北 地 域 観 光 復 興 対 策 事 業 5. 訪 日 旅 行 促 進 事 業 (ビジット

More information

① 報 告 事 項 平 成 2 6 年 度 事 業 計 画 当 連 盟 では 平 成 27 年 春 の 北 陸 新 幹 線 の 開 業 や 同 年 秋 のJR 北 陸 三 県 等 と 連 携 した 北 陸 デスティネーションキャンペーン の 実 施 を 見 据 え 今 年 秋 に 本 県 で 開 催 される 全 国 販 売 促 進 会 議 に 向 けて 諸 準 備 を 進 めるとともに 県 や 市 町

More information

<5461726F2D819A8B638E968E9197BF82528E968BC68C7689E68F918145975C>

<5461726F2D819A8B638E968E9197BF82528E968BC68C7689E68F918145975C> 平 成 25年 度 事 業 計 画 書 1. 基 本 方 針 観 光 立 国 の 実 現 を 図 るためには 観 光 の 主 体 である 地 域 におけ る 観 光 振 興 のための 活 動 を 支 援 し その 促 進 を 図 るとともに 地 域 と 産 業 界 の 幅 広 い 連 携 を 促 進 し 提 言 活 動 や 各 種 の 事 業 等 を 行 うことが 重 要 である 今 年 度 より

More information

(部局運営プログラム(仮称)の様式例)

(部局運営プログラム(仮称)の様式例) < 総 括 表 > 平 成 27 年 度 商 工 労 働 観 光 部 観 光 経 済 交 流 局 運 営 プログラム 基 本 的 考 え 方 今 年 度 は おもてなし 山 形 県 観 光 計 画 のスタート 初 年 度 であり 観 光 立 県 山 形 の 実 現 に 向 けて 計 画 に 掲 げる 施 策 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 展 開 し 観 光 に よる 交 流 人 口 の 着

More information

様式1 全体(観光交流局)

様式1 全体(観光交流局) ( 様 式 1: 総 括 表 ) 平 成 22 年 度 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 運 営 プログラム 平 成 22 年 度 における 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 の 運 営 については 以 下 のとおりとする 1 重 点 施 策 及 び 目 標 の 一 覧 施 策 番 号 重 点 施 策 の 名 称 重 点 施 策 の 目 標 1 魅 力 溢 れる 観 光 交 流 山 形

More information

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特 平 成 26 年 度 公 益 社 団 法 人 鹿 児 島 県 観 光 連 盟 事 業 計 画 書 Ⅰ 公 1 事 業 1 観 光 客 の 誘 致 促 進 に 関 する 事 業 本 事 業 は 会 員 非 会 員 を 問 わず 不 特 定 多 数 の 観 光 客 等 に 対 し 県 内 各 地 の 観 光 スポ ットや 旬 のイベントなどを 広 く 情 報 発 信 するほか 国 内 外 の 旅 行 会

More information

平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について

平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について 平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 環 境 認 識 及 び 基 本 方 針 (1) 伊 勢 志 摩 地 域 としての 方 向 性 式 年 遷 宮 後 のおかげ 年 にあたる 平 成 26 年 の 伊 勢 神 宮 参 拝 客 数 は 約 1,086 万 人 で 前 年 に 引 き 続 き 多 くの 人 々で 賑 わい 日 本 人 の 心 の 源 郷 というイメージをさらに 印 象 付 けました

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国 で 学 び 経 験 したことを 元 に 作 成 する 帰 国 後 の 活 動 計 画 です 事 前 準 備 プログラム 中 の 活 動 プログラ

現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国 で 学 び 経 験 したことを 元 に 作 成 する 帰 国 後 の 活 動 計 画 です 事 前 準 備 プログラム 中 の 活 動 プログラ 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム カケハシ プロジェクト (KAKEHASHI Project) 学 生 募 集 要 項 Ⅰ. 事 業 概 要 目 的 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム は 日 本 政 府 が 推 進 する 事 業 であり 日 本 とアジア 大 洋 州 北 米 欧 州 中 南 米 の 各 国 地 域 との 間 で 将 来 各 界 にて 活 躍 が 期 待 される

More information

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光 資 料 1 北 海 道 交 通 ネットワーク 総 合 ビジョン 重 点 プロジェクトの 推 進 状 況 1 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 1 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 2 新 幹 線 駅 における 交 通 情 報 案 内 機 能 の 整 備 3 札 幌 までの 早 期 完 成 青 函 共 用 走 行

More information

補 助 金 等 見 直 し 結 果 2 23 全 国 中 山 間 地 域 振 興 対 策 協 議 会 負 担 金 6 1 3 負 担 金 10,000 農 業 課 支 出 の 必 要 性 について 検 討 を 要 する 24 岩 手 県 緑 化 推 進 委 員 会 会 費 6 2 1 会 費 36,

補 助 金 等 見 直 し 結 果 2 23 全 国 中 山 間 地 域 振 興 対 策 協 議 会 負 担 金 6 1 3 負 担 金 10,000 農 業 課 支 出 の 必 要 性 について 検 討 を 要 する 24 岩 手 県 緑 化 推 進 委 員 会 会 費 6 2 1 会 費 36, 補 助 金 等 見 直 し 結 果 1 1 沿 岸 都 市 議 会 連 絡 会 議 負 担 金 1 1 1 負 担 金 20,000 議 会 事 務 局 2 岩 手 県 市 議 会 議 長 会 負 担 金 1 1 1 負 担 金 201,800 議 会 事 務 局 3 広 域 行 政 圏 市 議 会 連 絡 会 議 負 担 金 1 1 1 負 担 金 15,000 議 会 事 務 局 支 出 の 必

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 27 年 1 14 日 資 料 2 第 31 次 地 方 制 度 調 査 会 第 12 回 専 門 小 委 員 会 資 料 三 原 市 三 原 やっさ 祭 府 中 町 水 分 峡 森 林 公 園 安 芸 高 田 市 神 楽 熊 野 町 筆 まつり 東 酒 蔵 通 り 岩 国 市 錦 帯 橋 広 島 広 域 都 市 圏 の 取 組 まつい かずみ 長 松 井 一 實 竹 原 市 重 要 伝 統

More information

宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ き, 観 光 を 経 済 波 及 効 果 の 大 きい 本 県 経 済 の 成 長 のカギと 位 置 づけ, 県 民 の 参 加 のもと 幅 広 い 分 野 で 観 光

宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ き, 観 光 を 経 済 波 及 効 果 の 大 きい 本 県 経 済 の 成 長 のカギと 位 置 づけ, 県 民 の 参 加 のもと 幅 広 い 分 野 で 観 光 第 3 期 みやぎ 観 光 戦 略 プラン 概 要 版 みやぎ 観 光 創 造 県 民 条 例 に 基 づく 観 光 振 興 に 関 する 基 本 的 な 計 画 ~みやぎの 観 光 の 創 造 的 復 興 とさらなる 飛 躍 へ~ 平 成 26 年 3 月 宮 城 県 宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ

More information

(6) ホームステイ( 高 校 生 のみ) (7) ワークショップ 報 告 会 ( 気 づき 及 び アクションプラン の 作 成 発 表 ) 現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国

(6) ホームステイ( 高 校 生 のみ) (7) ワークショップ 報 告 会 ( 気 づき 及 び アクションプラン の 作 成 発 表 ) 現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国 平 成 27 年 8 月 12 日 一 般 財 団 法 人 日 本 国 際 協 力 センター Ⅰ. 事 業 概 要 目 的 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム カケハシ プロジェクト (KAKEHASHI Project) 北 米 地 域 との 交 流 ( 米 国 カナダ) 短 期 派 遣 事 業 ( 大 学 ( 院 ) 生 高 校 生 ) 参 加 校 団 体 募 集 のご 案 内 対 日

More information

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対 資 料 2 道 内 空 港 活 性 化 ビジョン( 仮 称 ) 策 定 に 関 する 関 係 機 関 団 体 からの 主 な 意 見 ( 新 千 歳 空 港 ) 新 千 歳 空 港 の 課 題 は 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 新 千 歳 空 港 は 日 本 初 の24 時 間 運 用 が 開 始 されているが 深 夜 早 朝 時 間 帯 の 発 着 は1 日 6 枠 に 制 限 欧 米 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

090803MURC標準フォーマット(企画書用)ver2

090803MURC標準フォーマット(企画書用)ver2 ジャンボフェリー 神 戸 ~ 小 豆 島 ( 坂 手 ) 航 路 就 航 に 伴 う 経 済 効 果 目 次 はじめに 02 I.フェリー 航 路 就 航 に 伴 う 経 済 効 果 全 体 像 (とりまとめ) 03 II. フェリー 利 用 実 態 04 III. 観 光 施 設 等 の 入 り 込 み 客 数 05 IV.フェリー 利 用 客 の 意 識 調 査 06 V. 観 光 消 費 に

More information

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 函 館 ブランド 確 立 による 雇 用 創 出 拡 大 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 函 館 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 函 館 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 函 館 市 は 津 軽 海 峡 に 面 した 北 海 道 の

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

スライド 1

スライド 1 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 平 成 27 年 7 月 ~12 月 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 概 要 実 施 期 間 : 平 成 27 年 7 月 から12 月 までの6か 月 間 実 施 主 体 : 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 経

More information

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財 様 式 1) 計 画 書 目 次 [ 経 済 局 ] 5 款 1 項 2 目 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 名 28 年 度 27 年 度 増 減 28-27) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 企 誘 致 促 進 3,174,89 3,173,552 3,158,145 3,157,191 15,944

More information

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが 平 成 26 年 7 月 作 成 平 成 26 年 度 科 学 研 究 費 補 助 金 使 用 のルール 長 浜 バイオ 大 学 研 究 推 進 機 構 事 務 室 center.jim@nagahama-i-bio.ac.jp 1 はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては

More information

2016/8/3 自 動 車 局 環 境 政 策 地 域 交 通 グリーン 化 事 業 の 公 募 について~バス タクシー トラックにおける 電 気 自 動 車 の 導 入 を 支 援 します~ 2016/8/3 航 空 局 交 通 管 制 部 交 通 管 制 企 画 交 通 管 制 部 の 所

2016/8/3 自 動 車 局 環 境 政 策 地 域 交 通 グリーン 化 事 業 の 公 募 について~バス タクシー トラックにおける 電 気 自 動 車 の 導 入 を 支 援 します~ 2016/8/3 航 空 局 交 通 管 制 部 交 通 管 制 企 画 交 通 管 制 部 の 所 発 表 年 月 日 担 当 部 局 件 名 2016/8/1 総 合 政 策 局 国 際 物 流 第 6 回 日 中 韓 物 流 大 臣 会 合 の 開 催 結 果 について 2016/8/1 水 管 理 国 土 保 全 局 河 川 計 画 第 36 回 今 後 の 治 水 対 策 のあり 方 に 関 する 有 識 者 会 議 の 開 催 について 2016/8/1 海 事 局 総 務 等 2016/8/1

More information

マイナンバー 広 報 基 本 方 針 (27 年 9 月 時 点 ) 政 府 広 報 等 での 一 般 国 民 向 け 広 報 と 説 明 会 等 の 民 間 事 業 者 向 け 広 報 を 総 合 的 に 展 開 27 年 1 月 から 準 備 が 必 要 な 民 間 事 業 者 向 けの 説 明

マイナンバー 広 報 基 本 方 針 (27 年 9 月 時 点 ) 政 府 広 報 等 での 一 般 国 民 向 け 広 報 と 説 明 会 等 の 民 間 事 業 者 向 け 広 報 を 総 合 的 に 展 開 27 年 1 月 から 準 備 が 必 要 な 民 間 事 業 者 向 けの 説 明 資 料 2-3 マイナンバー 制 度 の 周 知 広 報 について 平 成 27 年 9 月 マイナちゃん 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 マイナンバー 広 報 基 本 方 針 (27 年 9 月 時 点 ) 政 府 広 報 等 での 一 般 国 民 向 け 広 報 と 説 明 会 等 の 民 間 事 業 者 向 け 広 報 を 総 合 的 に 展 開 27 年 1 月 から

More information

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ 住 宅 建 築 物 省 エネ 改 修 等 緊 急 推 進 事 業 住 宅 建 築 物 ストックの 省 エネ 改 修 等 を 促 進 するため 民 間 等 が 行 う 省 エネ 改 修 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 に 対 して 支 援 を 行 う 事 業 の 要 件 以 下 の 要 件 を 満 たす 住 宅 建 築 物 の 改 修 工 事 1 躯 体 ( 壁 天 井 等 )の 省 エネ 改

More information

業 務 名 業 務 の 意 図 必 須 の 展 開 手 段 委 託 料 上 限 額 1 とちぎブ ラ ン ド 推 進 業 務 すべての 分 野 で 選 ばれると ちぎを 目 指 し 本 県 のブラ ンド 力 向 上 のため 統 一 感 を 持 った 戦 略 的 な 取 組 を 展 開 すること とち

業 務 名 業 務 の 意 図 必 須 の 展 開 手 段 委 託 料 上 限 額 1 とちぎブ ラ ン ド 推 進 業 務 すべての 分 野 で 選 ばれると ちぎを 目 指 し 本 県 のブラ ンド 力 向 上 のため 統 一 感 を 持 った 戦 略 的 な 取 組 を 展 開 すること とち とちぎブランド デザイン 業 務 委 託 仕 様 書 本 仕 様 書 は 栃 木 県 ( 以 下 甲 という )が 発 注 するとちぎブランド デザイン 業 務 を 受 託 する 者 ( 以 下 乙 という )の 業 務 について 必 要 な 事 項 を 定 める 1 委 託 業 務 名 とちぎブランド デザイン 業 務 2 委 託 業 務 の 目 的 〇 本 県 では 栃 木 県 重 点 戦 略

More information

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 乙 部 町 の 魅 力 ある 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 活 性 化 事 業 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 乙 部 町 の

More information

用 機 会 の 増 大 を 目 指 している それぞれの 地 域 の 特 性 を 生 かした 地 方 再 生 が 成 されている 現 状 である しかし これは 一 部 の 限 定 した 地 域 のみであり まだまだ 地 方 再 生 に 至 っていない 地 域 が 数 多 く 存 在 している 私

用 機 会 の 増 大 を 目 指 している それぞれの 地 域 の 特 性 を 生 かした 地 方 再 生 が 成 されている 現 状 である しかし これは 一 部 の 限 定 した 地 域 のみであり まだまだ 地 方 再 生 に 至 っていない 地 域 が 数 多 く 存 在 している 私 地 方 再 生 への 道 群 馬 県 立 利 根 実 業 高 等 学 校 農 業 系 三 年 林 美 穂 1.はじめに 私 の 通 う 群 馬 県 立 利 根 実 業 高 等 学 校 は 農 業 系 工 業 系 それぞれ 合 わせて 四 つの 学 科 か らなる 実 業 高 校 である 地 域 に 根 ざした 日 本 一 の 実 業 高 校 をコンセプトに 様 々な 活 動 を 行 っている 私 の

More information

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微 News Release 2014 年 12 月 5 日 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 の 観 光 政 策 に 関 するアンケート 調 査 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 横 浜 商 科 大 学 高 崎 経 済 大 学 株 式 会 社 JTB 総 合 研 究 所 は 共 同 研 究 により 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 における 観 光 の 位 置

More information

目 次 1 航 路 の 再 編 に 伴 う 渡 船 事 業 の 全 体 収 支 について 1 宗 像 市 渡 船 事 業 全 体 収 支 表 ( 第 1 案 ) 1 別 紙 航 路 損 益 見 込 資 料 ( 大 島 航 路 地 島 航 路 ) 2 2 渡 船 事 業 における 割 引 サービスにつ

目 次 1 航 路 の 再 編 に 伴 う 渡 船 事 業 の 全 体 収 支 について 1 宗 像 市 渡 船 事 業 全 体 収 支 表 ( 第 1 案 ) 1 別 紙 航 路 損 益 見 込 資 料 ( 大 島 航 路 地 島 航 路 ) 2 2 渡 船 事 業 における 割 引 サービスにつ 平 成 22 年 度 第 3 回 宗 像 市 渡 船 事 業 運 営 審 議 会 参 考 資 料 平 成 22 年 9 月 28 日 目 次 1 航 路 の 再 編 に 伴 う 渡 船 事 業 の 全 体 収 支 について 1 宗 像 市 渡 船 事 業 全 体 収 支 表 ( 第 1 案 ) 1 別 紙 航 路 損 益 見 込 資 料 ( 大 島 航 路 地 島 航 路 ) 2 2 渡 船 事 業

More information

<92B79387926E88E68CF68BA48CF092CA918D8D8798418C678C7689E6313030343037814096DA8E9F2E786477>

<92B79387926E88E68CF68BA48CF092CA918D8D8798418C678C7689E6313030343037814096DA8E9F2E786477> Ⅳ 地 域 公 共 交 通 連 携 計 画 の 区 域 この 計 画 では 獅 子 島 航 路 で 結 ばれた 3 市 町 を 事 業 実 施 の 区 域 とし 長 島 町 を 中 心 に 天 草 市 及 び 水 俣 市 との 連 携 のもとで 事 業 を 推 進 する 対 象 区 域 35 Ⅴ 地 域 公 共 交 通 連 携 計 画 の 目 標 基 本 方 針 に 沿 って 具 体 的 な 事 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3233944E937892E88E9E918D89EF82CC93C195CA8D75898982CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3233944E937892E88E9E918D89EF82CC93C195CA8D75898982CC8A5497762E646F63> 平 成 23 年 度 定 時 総 会 の 特 別 講 演 の 概 要 この 内 容 は 講 演 者 久 保 田 晃 司 氏 のご 好 意 により 当 日 の 発 表 資 料 を 掲 載 するものです 従 って 資 料 の 取 り 扱 いはあくまでも 会 員 各 位 の 個 人 の 責 任 範 囲 においてご 利 用 下 さい 当 資 料 の 利 用 希 望 がある 場 合 は 利 用 目 的 を 明

More information

3-(2)-イ

3-(2)-イ 施 策 展 開 3-(2)-イ 主 な 取 組 検 証 票 市 場 特 性 に 対 応 した 誘 客 活 動 の 展 開 施 策 1きめ 細 かな 国 内 誘 客 活 動 の 展 開 ( 施 策 の 小 項 目 ) 国 内 誘 客 の 推 進 主 な 取 組 対 応 する 主 な 課 題 観 光 誘 致 対 策 事 業 1 取 組 の 概 要 (Plan) 取 組 内 容 年 度 別 計 画 担 当

More information

マイナンバー 広 報 基 本 方 針 (28 年 7 月 時 点 ) 政 府 広 報 等 での 一 般 国 民 向 け 広 報 と 民 間 事 業 者 向 け 周 知 広 報 を 総 合 的 に 展 開 制 度 の 理 解 促 進 を 図 るとともに 当 面 マイナンバーの 利 用 場 面 マイナン

マイナンバー 広 報 基 本 方 針 (28 年 7 月 時 点 ) 政 府 広 報 等 での 一 般 国 民 向 け 広 報 と 民 間 事 業 者 向 け 周 知 広 報 を 総 合 的 に 展 開 制 度 の 理 解 促 進 を 図 るとともに 当 面 マイナンバーの 利 用 場 面 マイナン マイナンバー 制 度 の 広 報 平 成 28 年 7 月 マイナちゃん 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 マイナンバー 広 報 基 本 方 針 (28 年 7 月 時 点 ) 政 府 広 報 等 での 一 般 国 民 向 け 広 報 と 民 間 事 業 者 向 け 周 知 広 報 を 総 合 的 に 展 開 制 度 の 理 解 促 進 を 図 るとともに 当 面 マイナンバーの

More information

25 第3部扉

25 第3部扉 第 三 部 県 の 聴 の 概 要 1 の 体 系 伝 え な け れ ば な ら な い 情 ア ピ ー ル し た い 情 関 心 を 持 っ て ほ し い 情 間 接 直 接 ( 道 課 の メ デ ィ ア に よ る) ( パ ブ リ シ テ ィ ) 第 三 部 記 者 会 見 (レクを 含 む) 道 知 事 会 見 ( 定 例 臨 時 ) 部 課 長 会 見 ( 内 2068) 千 葉

More information

北海道の観光における課題等について20140110

北海道の観光における課題等について20140110 2014 年 1 月 10 日 日 本 銀 行 札 幌 支 店 北 海 道 金 融 経 済 レポート 北 海 道 の 観 光 における 課 題 等 について 本 レポートの 執 筆 は 札 幌 支 店 営 業 課 金 森 渉 が 担 当 しました 本 レポートで 示 された 意 見 は 執 筆 者 に 属 し 必 ずしも 日 本 銀 行 札 幌 支 店 の 見 解 を 示 すものではありません 照

More information

①モデルコースの作成

①モデルコースの作成 泉 州 観 光 インバウンド 事 業 運 営 支 援 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 泉 州 観 光 インバウンド 事 業 運 営 支 援 業 務 2 履 行 場 所 泉 州 観 光 プロモーション 推 進 協 議 会 ( 以 下 当 協 議 会 という ) 構 成 市 町 内 台 北 世 界 貿 易 センター( 台 湾 台 北 市 )ほか 当 協 議 会 が 指 定 する 場 所 3 履

More information

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推 平 成 27 年 度 の 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 関 係 事 業 取 組 等 一 覧 実 施 年 度 省 庁 担 当 課 名 事 業 名 等 事 業 概 要 内 閣 官 房 ( 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 連 絡 会 議 担 当 ) 調 べ ( 平 成 27 年 9 月 17 日 現 在 ) 1 27 年 度 沖 縄 県 ( 商 工 労 働 部 国 際 物 流 商 業 課

More information

26第3部扉

26第3部扉 第 三 部 県 の 聴 の 概 要 の 体 系 伝 え な け れ ば な ら な い 情 ア ピ ー ル し た い 情 関 心 を 持 っ て ほ し い 情 間 接 ( パ ブ リ シ テ ィ ) 直 接 記 者 クラブへの 情 提 供 (P.34) 記 者 会 見 ( 記 者 レクを 含 む) 資 料 提 供 ( 投 げ 込 み) 各 所 属 で イベントの 開 催 メディアの 活 用 印

More information

名 古 屋 地 区 平 成 27 年 10 月 7 日 ( 水 ) 大 阪 地 区 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 広 島 地 区 平 成 27 年 11 月 20 日 ( 金 ) 福 岡 地 区 平 成 27 年 11 月 19 日 ( 木 ) 2 提 案 型 受 入 体 制 整

名 古 屋 地 区 平 成 27 年 10 月 7 日 ( 水 ) 大 阪 地 区 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 広 島 地 区 平 成 27 年 11 月 20 日 ( 金 ) 福 岡 地 区 平 成 27 年 11 月 19 日 ( 木 ) 2 提 案 型 受 入 体 制 整 平 成 27 年 度 事 業 報 告 1 宣 伝 紹 介 事 業 山 口 県 観 光 の 紹 介 宣 伝 観 光 客 誘 致 のため 次 の 事 業 を 行 った (1)Webサイト 強 化 及 び 情 報 更 新 業 務 の 実 施 約 1,514 万 ページビュー( 平 成 27 年 4 月 ~ 平 成 28 年 3 月 ) 山 口 県 観 光 情 報 データベースの 更 新 地 域 情 報 書

More information

目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総

目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総 下 條 村 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 平 成 28 年 3 月 下 條 村 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総 合 戦

More information

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 郡 山 市 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 郡 山 市 湖 南 どぶろく 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 郡 山 市 の 区 域 の 一 部 ( 湖 南 町 ) 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 本 市 は 福 島 県 のほぼ 中

More information

2 しまねのものづくり 381,450 ものづくり 企 業 の 経 営 管 理 生 産 管 理 技 術 369,420 事 業 費 精 査 商 工 労 働 部 産 業 活 性 化 プロジェ 力 の 強 化 新 規 取 引 先 の 開 拓 新 分 野 への 進 出 一 部 を 前 倒 して 実 施 [

2 しまねのものづくり 381,450 ものづくり 企 業 の 経 営 管 理 生 産 管 理 技 術 369,420 事 業 費 精 査 商 工 労 働 部 産 業 活 性 化 プロジェ 力 の 強 化 新 規 取 引 先 の 開 拓 新 分 野 への 進 出 一 部 を 前 倒 して 実 施 [ 平 成 27 年 度 当 初 予 算 の 要 求 の 概 要 ( 主 な 事 業 ) Ⅰ 1.ものづくり IT 産 業 の 振 興 1 ものづくり 産 業 生 産 235,526 ものづくり 企 業 のグローバル 競 争 への 対 応 や 235,526 要 求 どおり 商 工 労 働 部 力 受 注 力 強 化 緊 急 国 内 成 長 産 業 への 参 入 に 向 けた 取 組 を 支 援 [ 産

More information

オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 ( 経 済 効 果 ) 観 光 庁 資 料

オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 ( 経 済 効 果 ) 観 光 庁 資 料 資 料 3 第 5 回 ESRI- 経 済 政 策 フォーラム オリンピック パラリンピックを 契 機 とした 地 域 活 性 化 メガスポーツイベントとツーリズム オリンピック パラリンピックを 活 かした 地 域 活 性 化 近 畿 日 本 ツーリスト 株 式 会 社 地 域 誘 客 事 業 部 長 ( 兼 )スポーツ 事 業 部 部 長 青 木 淑 浩 オリンピック パラリンピック 東 京 大

More information

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿 観 光 特 産 品 等 における 福 島 ブランド 活 性 化 方 策 調 査 概 要 本 調 査 では 東 日 本 大 震 災 影 響 により 下 落 した 福 島 県 観 光 客 入 込 客 数 や 県 産 品 売 上 高 を 回 復 させるため 施 策 を 提 言 として 取 りまとめるため 検 討 に 必 要 な 調 査 等 を 実 施 した また 施 策 実 施 によって 福 島 ブランド

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

4 共 同 研 究 に 取 り 組 む 背 景 ( 第 1 章 ) 全 国 の 人 口 動 向 は 平 成 23 年 から2 年 連 続 で 減 少 傾 向 にあり 県 の 人 口 も 平 成 24 年 から3 年 連 続 で 減 少 傾 向 にある 本 市 の 人 口 は 増 加 しているものの

4 共 同 研 究 に 取 り 組 む 背 景 ( 第 1 章 ) 全 国 の 人 口 動 向 は 平 成 23 年 から2 年 連 続 で 減 少 傾 向 にあり 県 の 人 口 も 平 成 24 年 から3 年 連 続 で 減 少 傾 向 にある 本 市 の 人 口 は 増 加 しているものの 平 成 25 年 度 千 葉 市 大 学 等 共 同 研 究 事 業 定 住 人 口 増 加 に 向 けた 千 葉 市 ブランド 構 築 に 関 する 研 究 ~データからみえる 持 続 可 能 な 循 環 型 シティライフの 可 能 性 ~ 報 告 書 ( 概 要 版 ) 東 京 情 報 大 学 総 合 情 報 学 部 千 葉 市 総 合 政 策 局 総 合 政 策 部 政 策 企 画 課 1 研

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

目 次 1 秋 田 米 プロモーション 事 業 の 実 施 状 況 について[ 流 通 販 売 課 ] 1 2 平 成 24 年 産 米 の 生 産 数 量 目 標 について[ 水 田 総 合 利 用 課 ] 4 3 千 秋 丸 代 船 建 造 スケジュールと 現 船 処 分 について[ 水 産 漁

目 次 1 秋 田 米 プロモーション 事 業 の 実 施 状 況 について[ 流 通 販 売 課 ] 1 2 平 成 24 年 産 米 の 生 産 数 量 目 標 について[ 水 田 総 合 利 用 課 ] 4 3 千 秋 丸 代 船 建 造 スケジュールと 現 船 処 分 について[ 水 産 漁 平 成 23 年 9 月 定 例 会 (12 月 議 会 ) 農 林 水 産 委 員 会 ( 所 管 事 項 関 係 ) 提 出 資 料 平 成 23 年 12 月 5 日 農 林 水 産 部 目 次 1 秋 田 米 プロモーション 事 業 の 実 施 状 況 について[ 流 通 販 売 課 ] 1 2 平 成 24 年 産 米 の 生 産 数 量 目 標 について[ 水 田 総 合 利 用 課 ]

More information

Microsoft PowerPoint - 110201 説明資料(地方ブロック説明会)14 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 110201 説明資料(地方ブロック説明会)14 [互換モード] 別 紙 3 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 について 注 意 本 資 料 で 説 明 する 内 容 は 平 成 23 年 1 月 末 時 点 のものであって 今 後 の 調 整 等 により 変 更 がありうる 国 土 交 通 省 総 合 政 策 局 交 通 計 画 課 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 ~ 生 活 交 通 サバイバル 戦 略 ~( 新 規

More information

(f) Googleアナリティクス を 活 用 しうるま 時 間 Web ページのアクセス 状 況 等 に ついてウェブ 解 析 を 実 施 し レポートとして 取 りまとめ 提 出 するとともにより 効 果 的 な 運 営 について 検 討 助 言 を 行 うこと 必 須 のレポート 項 目 等

(f) Googleアナリティクス を 活 用 しうるま 時 間 Web ページのアクセス 状 況 等 に ついてウェブ 解 析 を 実 施 し レポートとして 取 りまとめ 提 出 するとともにより 効 果 的 な 運 営 について 検 討 助 言 を 行 うこと 必 須 のレポート 項 目 等 ( 別 紙 ) 平 成 28 年 度 メディア 活 用 による 戦 略 的 観 光 誘 客 促 進 事 業 仕 様 書 1 事 業 名 メディア 活 用 による 戦 略 的 観 光 誘 客 促 進 事 業 2 委 託 期 間 契 約 締 結 の 日 から 平 成 29 年 3 月 17 日 ( 予 定 ) 3 事 業 の 目 的 うるま 市 観 光 振 興 ビジョン( 平 成 19 年 3 月 )に

More information

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 都 市 間 交 流 を 軸 とした Local o Localの t 観 光 誘 客 九 州 戦 略 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 松 本 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 松 本 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 松 本 市 は 400

More information

Microsoft Word - ■27091726年度観光客動態調査結果(速報)

Microsoft Word - ■27091726年度観光客動態調査結果(速報) 平 成 26 年 度 兵 庫 県 観 光 客 動 態 調 査 結 果 ( 速 報 ) 平 成 27 年 9 月 29 日 1 観 光 入 込 客 数 平 成 26 年 度 に 本 県 を 訪 れた 観 光 入 込 客 数 は133,256 千 人 となり 前 年 度 (130,27 2 千 人 )に 比 べて2,984 千 人 増 加 した(+2.3%) < 参 考 : 調 査 対 象 > 調 査

More information

1. 東 京 都 離 島 航 路 地 域 協 議 会 の 概 要 伊 豆 諸 島 及 び 小 笠 原 諸 島 の 離 島 航 路 の 確 保 維 持 改 善 のための 調 査 検 討 を 行 い 離 島 航 路 確 保 維 持 計 画 を 策 定 し もって 航 路 運 営 のサービス 改 善 地

1. 東 京 都 離 島 航 路 地 域 協 議 会 の 概 要 伊 豆 諸 島 及 び 小 笠 原 諸 島 の 離 島 航 路 の 確 保 維 持 改 善 のための 調 査 検 討 を 行 い 離 島 航 路 確 保 維 持 計 画 を 策 定 し もって 航 路 運 営 のサービス 改 善 地 航 路 改 善 計 画 平 成 23 年 3 月 に 報 告 された 伊 豆 諸 島 航 路 に おける 航 路 改 善 計 画 の 更 なる 調 査 報 告 対 象 航 路 名 神 津 島 ~ 下 田 航 路 運 航 事 業 者 神 新 汽 船 株 式 会 社 平 成 24 年 11 月 30 日 東 京 都 離 島 航 路 地 域 協 議 会 1. 東 京 都 離 島 航 路 地 域 協 議 会

More information

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 4 月 28 日 上 場 会 社 名 京 成 電 鉄 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 9009 URL http://www.keisei.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 三 枝 紀 生 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

民 主 市 民 の 会 会 派 視 察 報 告 書 報 告 者 : 岡 村 繁 美 1. 視 察 日 : 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 ) 2. 視 察 参 加 者 : 尾 田 赤 坂 鈴 木 干 場 内 山 諏 訪 部 岡 村 3. 視 察 先 : 函 館 市 4. 視 察 項 目

民 主 市 民 の 会 会 派 視 察 報 告 書 報 告 者 : 岡 村 繁 美 1. 視 察 日 : 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 ) 2. 視 察 参 加 者 : 尾 田 赤 坂 鈴 木 干 場 内 山 諏 訪 部 岡 村 3. 視 察 先 : 函 館 市 4. 視 察 項 目 平 成 27 年 度 民 主 市 民 の 会 行 政 視 察 報 告 書 1 調 査 年 月 日 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 )~31 日 ( 金 ) 2 調 査 項 目 及 び 調 査 地 調 査 項 目 (1) 陣 川 あさひ 町 会 バス(Jバス)の 取 り 組 みについて (2)バリアフリーホテルあすなろの 取 り 組 みについて (3) 交 流 コンシェルジュ 事 業 について

More information

5 第 3 回 理 事 会 日 時 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 場 所 石 川 県 庁 1109 会 議 室 出 席 者 29 名 審 議 内 容 平 成 27 年 度 第 1 回 補 正 予 算 マイナンバー 制 度 特 定 個 人 情 報 取 扱 規 程 について 他 6

5 第 3 回 理 事 会 日 時 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 場 所 石 川 県 庁 1109 会 議 室 出 席 者 29 名 審 議 内 容 平 成 27 年 度 第 1 回 補 正 予 算 マイナンバー 制 度 特 定 個 人 情 報 取 扱 規 程 について 他 6 平 成 27 年 度 事 業 報 告 Ⅰ 組 織 1 会 員 数 167 団 体 2 役 員 数 理 事 長 1 名 副 理 事 長 5 名 (うち 専 務 理 事 兼 務 1 名 ) 理 事 25 名 監 事 2 名 計 33 名 3 職 員 数 本 部 50 名 (うちJR 西 日 本 派 遣 1 名 県 職 員 兼 務 44 名 ) 石 川 県 金 沢 観 光 情 報 センター 他 10 名

More information

(5) がんばろう 東 北!あおもりアップルナイター の 開 催 (5 月 12 日 ) 青 森 DCを 東 北 の 元 気 回 復 に 繋 げるため 東 北 新 幹 線 全 線 復 旧 を 記 念 し プロ 野 球 読 売 巨 人 軍 の ホームゲームに 合 わせて 告 知 イベントを 行 い 県

(5) がんばろう 東 北!あおもりアップルナイター の 開 催 (5 月 12 日 ) 青 森 DCを 東 北 の 元 気 回 復 に 繋 げるため 東 北 新 幹 線 全 線 復 旧 を 記 念 し プロ 野 球 読 売 巨 人 軍 の ホームゲームに 合 わせて 告 知 イベントを 行 い 県 2011 年 9 月 12 日 青 森 デスティネーションキャンペーン 推 進 委 員 会 東 日 本 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 盛 岡 支 社 東 日 本 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 秋 田 支 社 青 森 デスティネーションキャンペーン 概 況 報 告 青 森 県 青 森 県 観 光 連 盟 青 森 県 に 隣 接 する 秋 田 県 五 市 町 ( 大 館 市 能 代 市 八 峰 町

More information

Microsoft Word - 02 資料2関係 次期産業プランの骨子案

Microsoft Word - 02 資料2関係 次期産業プランの骨子案 次 期 産 業 プラン(とちぎ 産 業 成 長 戦 略 ( 仮 称 ))の 骨 子 案 資 料 2-1 Ⅰ とちぎ 産 業 成 長 戦 略 ( 仮 称 ) 策 定 の 趣 旨 1 策 定 の 背 景 趣 旨 新 とちぎ 産 業 プラン 策 定 後 の 本 県 産 業 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 等 を 踏 まえ 本 県 の 強 みを 活 かし 更 なる 産 業 振 興 施

More information

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 国 の 海 外 展 開 販 路 拡 大 支 援 施 策 について 東 北 経 済 産 業 局 産 業 部 国 際 課 1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 中 小 企 業 海 外 展 開 一 環 支 援 事 業 (F/S( ) 支 援 事 業 ) F/S(フィージビリティ スタディ) : 新 規 事 業 への 参 入

More information

第3章 観光産業振興プランの実現に向けて

第3章 観光産業振興プランの実現に向けて 第 3 章 観 光 産 業 振 興 プランの 実 現 に 向 けて 本 プランの 計 画 期 間 である5 年 間 において より 大 きな 成 果 を 生 み 出 していくた めには 行 政 や 観 光 協 会 等 の 観 光 関 連 団 体 民 間 事 業 者 都 民 等 の 総 力 を 結 集 した 複 合 的 な 取 組 が 必 要 である そこで 本 章 では 第 2 章 の 戦 略 を

More information

協 働 実 施 事 業 事 業 名 総 事 業 費 ( 千 円 ) 実 施 年 度 鹿 角 広 域 観 光 推 進 事 業 23,008 H24~H26 タレント 発 掘 育 成 事 業 18,267 H24~H26 合 宿 大 会 誘 致 事 業 1,192 H24~H26 計 42,467 3

協 働 実 施 事 業 事 業 名 総 事 業 費 ( 千 円 ) 実 施 年 度 鹿 角 広 域 観 光 推 進 事 業 23,008 H24~H26 タレント 発 掘 育 成 事 業 18,267 H24~H26 合 宿 大 会 誘 致 事 業 1,192 H24~H26 計 42,467 3 秋 田 県 市 町 村 未 来 づくり 協 働 プログラム 鹿 角 市 プロジェクト スキーと 駅 伝 のまち 賑 わい 創 出 プロジェクト におけ る 事 後 評 価 調 書 1 プロジェクトの 目 的 東 山 スポーツレクリエーションエリアを 重 点 的 に 施 設 整 備 することにより スポー ツ 拠 点 スポーツ 合 宿 地 としての 環 境 が 充 実 し 市 内 外 から 人 を 呼

More information

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 心 のふるさと おおくら 観 光 交 流 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 の 全 域 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 (1)

More information

00 次第

00 次第 第 1 回 耐 震 改 修 促 進 計 画 改 定 検 討 会 日 時 : 平 成 27 年 6 月 22 日 ( 月 )15:00~17:00 場 所 : 兵 庫 県 庁 第 2 号 館 11 階 A 会 議 室 次 第 1 開 会 2 耐 震 改 修 促 進 計 画 改 定 検 討 会 について 3 議 事 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 に 係 る 現 状 報 告 耐 震 化 率 の 推

More information

第 2 監 査 の 実 施 1 監 査 対 象 事 項 請 求 の 内 容 陳 述 及 び 請 求 の 要 件 審 査 の 結 果 を 総 合 的 に 勘 案 して 監 査 対 象 事 項 及 び 判 断 の 着 眼 点 を 次 のとおりとした 事 実 関 係 の 確 認 (1) 松 山 市 台 北

第 2 監 査 の 実 施 1 監 査 対 象 事 項 請 求 の 内 容 陳 述 及 び 請 求 の 要 件 審 査 の 結 果 を 総 合 的 に 勘 案 して 監 査 対 象 事 項 及 び 判 断 の 着 眼 点 を 次 のとおりとした 事 実 関 係 の 確 認 (1) 松 山 市 台 北 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 請 求 の 受 理 1 請 求 人 住 所 氏 名 省 略 2 請 求 書 の 提 出 日 請 求 書 の 提 出 日 は 平 成 24 年 6 月 25 日 である 3 請 求 の 内 容 請 求 人 提 出 の 松 山 市 職 員 措 置 請 求 書 により 請 求 人 が 主 張 する 請 求 ( 以 下 本 件 請 求 という )の 要 旨 は

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

<874450313481605031358EE597768E968BC688EA97972E786C7378>

<874450313481605031358EE597768E968BC688EA97972E786C7378> 45 ( 単 位 : 千 円 ) 款 民 生 費 項 児 童 福 祉 費 事 業 区 分 新 規 拡 大 保 育 所 外 国 語 指 導 助 手 派 遣 事 業 政 策 (4つの 柱 ) 未 来 づくり 教 育 のまちづくり 担 当 部 局 所 属 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 国 庫 支 出 金 県 支 出 金 市 債 その 他 1,744 一 般 財 源 1,744 認 可 保 育 所 に

More information

供 した 例 がある しかし このような 船 舶 の 利 活 用 が 被 災 地 全 体 に 普 及 しなかったのは 活 用 可 能 な 船 舶 の 情 報 が 把 握 されていないことに 加 え 船 舶 において 医 療 活 動 を 実 施 すること 自 体 の 認 知 が 進 んでいなかったこと

供 した 例 がある しかし このような 船 舶 の 利 活 用 が 被 災 地 全 体 に 普 及 しなかったのは 活 用 可 能 な 船 舶 の 情 報 が 把 握 されていないことに 加 え 船 舶 において 医 療 活 動 を 実 施 すること 自 体 の 認 知 が 進 んでいなかったこと 自 分 を 守 る! ビジネスにつなげる! 社 会 貢 献 をする! 23 円 滑 な 医 療 体 制 を 構 築 している 例 事 例 番 号 174 兵 庫 県 内 の 大 学 と 医 療 団 体 海 事 団 体 で 災 害 時 医 療 支 援 船 構 想 推 進 協 議 会 設 立 取 組 主 体 災 害 時 医 療 支 援 船 構 想 推 進 協 議 会 取 組 の 実 施 地 域 兵 庫

More information

平 成 26 年 度 定 住 促 進 プロジェクトチーム 報 告 書 平 成 27 年 3 月 31 日 作 成 目 次 始 めに 1 1 平 成 25 年 度 の 人 口 の 動 き 2 2 平 成 26 年 度 の 検 討 について 4 3 ヒアリングおよび 調 査 5 (1)ふるさと 回 帰

平 成 26 年 度 定 住 促 進 プロジェクトチーム 報 告 書 平 成 27 年 3 月 31 日 作 成 目 次 始 めに 1 1 平 成 25 年 度 の 人 口 の 動 き 2 2 平 成 26 年 度 の 検 討 について 4 3 ヒアリングおよび 調 査 5 (1)ふるさと 回 帰 庁 議 資 料 報 告 平 成 27 年 4 月 1 日 政 策 部 秘 書 広 報 課 平 成 26 年 度 定 住 促 進 プロジェクトチーム 報 告 書 について 1. 基 本 的 な 考 え 方 本 市 への 流 入 人 口 の 増 加,また 人 口 流 出 の 抑 止 により, 地 域 の 活 性 化 と 住 民 生 活 の 向 上 を 推 進 するため, 定 住 促 進 施 策 について

More information

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版)

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版) 産 物 部 経 営 ビジョン 横 浜 化 の 丁 番 地 へ < 概 要 版 > 平 成 27 年 5 横 浜 市 中 央 卸 売 市 場 本 場 産 物 部 次 ページ はじめに 2 Ⅰ 基 本 理 念 6 Ⅰ-1. 経 営 理 念 7 Ⅰ-2. 行 動 規 範 8 Ⅰ-3.スローガン 9 Ⅱ 内 外 部 環 境 概 要 10 Ⅱ-1. 外 部 環 境 概 要 11 Ⅱ-2. 内 部 環 境 概

More information

住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 とは 債 券 発 行 によって 資 金 を 調 達 する 市 場 公 募 地 方 債 の 一 類 型 購 入 者 を 当 該 債 券 の 発 行 団 体 内 に 居 住 する 個 人 法 人 に 限 定 する 銘 柄 が 多 い 点 が 特 徴 第 1

住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 とは 債 券 発 行 によって 資 金 を 調 達 する 市 場 公 募 地 方 債 の 一 類 型 購 入 者 を 当 該 債 券 の 発 行 団 体 内 に 居 住 する 個 人 法 人 に 限 定 する 銘 柄 が 多 い 点 が 特 徴 第 1 住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 について ~ 商 品 性 市 場 動 向 今 後 の 課 題 ~ 平 成 28 年 8 月 総 務 省 自 治 財 政 局 地 方 債 課 住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 とは 債 券 発 行 によって 資 金 を 調 達 する 市 場 公 募 地 方 債 の 一 類 型 購 入 者 を 当 該 債 券 の 発 行 団 体 内 に 居

More information

<3135303930385F2833298370838F837C8E9197BF5F91E6825189F15F328341836283762E786477>

<3135303930385F2833298370838F837C8E9197BF5F91E6825189F15F328341836283762E786477> 明 日 香 村 総 合 戦 略 検 討 会 議 第 2 回 平 成 27 年 9 月 14 日 ( 月 ) 19:00~ 本 日 のスケジュール 1.はじめに 2.グループディスカッション 3.おわりに 2 1.はじめに 3 本 会 議 のグラウンドルール 全 員 が 思 いついたことを 付 箋 に 書 き メンバーに 話 す 他 人 の 意 見 を 否 定 しない グループとしての 意 見 をまとめ

More information

平成15年度予算理事会

平成15年度予算理事会 公 益 財 団 法 人 神 戸 国 際 協 力 交 流 センター 平 成 27 年 度 事 業 計 画 1. 事 業 計 画 はじめに 現 在 の 神 戸 市 国 際 化 推 進 大 綱 は 平 成 27 年 度 が 目 標 年 次 であり その 最 終 年 度 として 引 き 続 き 神 戸 の 魅 力 を 活 かした 新 たな 国 際 都 市 を 目 指 し 1 開 発 途 上 国 に 対 する

More information

観 光 圏 整 備 による 観 光 旅 客 の 滞 在 の 長 期 化 観 光 圏 整 備 のイメージ 地 域 が 連 携 して 行 う 取 組 への 国 の 主 な 支 援 メニュー 観 光 資 源 の 活 用 促 進 魅 力 ある 観 光 資 源 を 生 かした 観 光 商 品 の 開 発 観

観 光 圏 整 備 による 観 光 旅 客 の 滞 在 の 長 期 化 観 光 圏 整 備 のイメージ 地 域 が 連 携 して 行 う 取 組 への 国 の 主 な 支 援 メニュー 観 光 資 源 の 活 用 促 進 魅 力 ある 観 光 資 源 を 生 かした 観 光 商 品 の 開 発 観 地 域 が いきいき する 創 意 工 夫 とは? キーワードを 探 る 地 域 資 源 素 朴 な 農 村 景 観 と 農 業 海 の 豊 かさと かさと 漁 業 森 の 静 けさと けさと 山 間 地 の 生 活 そぞろ そぞろ 歩 きできる 温 泉 地 産 業 遺 構 と 地 場 産 業 きちんと 保 全 された された 大 自 然 の 生 態 系 伝 統 ある ある 芸 能 工 芸 貴 重

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

性別

性別 Ⅰ 章 事 業 概 要 1. 事 業 背 景 目 的 労 働 者 派 遣 事 業 を 営 む 派 遣 元 事 業 主 中 には 派 遣 労 働 者 雇 用 管 理 教 育 訓 練 等 に 注 力 することで 派 遣 労 働 者 希 望 を 充 足 し 雇 用 安 定 を 確 保 しながら 派 遣 先 ニーズ も 満 たしている 事 業 主 も 見 られるところであるが こうした 取 組 が 真 に

More information

212.2.1 信 州 経 済 戦 略 会 議 外 人 宿 泊 者 数 の 現 状 と 達 成 目 標 ( 万 人 ) 目 標 37. 4 28.1 3.1 3.5 3 2 1 11.7 18.4 23.5 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H24 別 内 訳 名 H22 8.8 オース

212.2.1 信 州 経 済 戦 略 会 議 外 人 宿 泊 者 数 の 現 状 と 達 成 目 標 ( 万 人 ) 目 標 37. 4 28.1 3.1 3.5 3 2 1 11.7 18.4 23.5 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H24 別 内 訳 名 H22 8.8 オース 212.2.1 信 州 経 済 戦 略 会 議 長 野 県 際 観 光 戦 略 ( 案 ) 達 成 目 標 外 人 宿 泊 者 数 & 訪 日 教 育 旅 行 受 入 団 体 数 1 戦 略 1 戦 略 2 戦 略 3 戦 略 4 戦 略 5 戦 略 6 戦 略 7 戦 略 8 ターゲットを 絞 った 効 果 的 な 宣 伝 招 聘 戦 略 2 旅 行 会 社 とのパートナーシップ 戦 略 2 長

More information

調 査 研 究 の 目 的 1 全 国 の 介 護 事 業 所 において 実 施 されている 職 員 の 採 用 定 着 管 理 に 関 する 現 状 と 課 題 の 把 握 2 各 事 業 所 において 行 われている 先 進 的 特 徴 的 な 取 組 事 例 の 収 集 調 査 の 概 要 ヒ

調 査 研 究 の 目 的 1 全 国 の 介 護 事 業 所 において 実 施 されている 職 員 の 採 用 定 着 管 理 に 関 する 現 状 と 課 題 の 把 握 2 各 事 業 所 において 行 われている 先 進 的 特 徴 的 な 取 組 事 例 の 収 集 調 査 の 概 要 ヒ 資 料 提 供 平 成 26 年 9 月 29 日 ( 公 財 ) 介 護 労 働 安 定 センター 業 務 部 雇 用 管 理 課 あまがい 雨 谷 横 田 佐 藤 TEL:03-5901-3041( 代 表 ) 050-3535-9460 9463 9426( 直 通 ) 平 成 25 年 度 介 護 労 働 実 態 調 査 結 果 ( 特 別 調 査 )について ~ 新 たな 知 見 人 材

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

戦略的リピーター創造事業報告書

戦略的リピーター創造事業報告書 戦 略 的 リピーター 創 造 事 業 報 告 書 平 成 2 5 年 3 月 沖 縄 県 文 化 観 光 ス ポ ー ツ 部 戦 略 的 リピーター 創 造 事 業 報 告 書 目 次 I. 戦 略 的 リピーター 創 造 事 業 の 概 要...1 1. 戦 略 的 リピーター 創 造 事 業 の 概 要...2 1-1. リピーターの 規 模 推 移...2 1-2. 事 業 の 背 景 と

More information

平成20年3月4日

平成20年3月4日 212 年 7 月 13 日 日 本 銀 行 福 島 支 店 NHK 大 河 ドラマ 八 重 の 桜 の 放 映 に 伴 う 内 経 済 への 波 及 効 果 ~ 大 河 ドラマ 効 果 を 足 掛 かりに 内 観 光 の 復 活 を 目 指 して~ 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 日 本 銀 行 福 島 支 店 総 務 課 電 話 :24-521- 6353 本 稿 の 内 容 について

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF33817A95BD90AC3235944E93784F4356428A438A4F8376838D8382815B835683878393205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF33817A95BD90AC3235944E93784F4356428A438A4F8376838D8382815B835683878393205B8CDD8AB78382815B83685D> 資 料 3 平 成 25 年 度 OCVB 海 外 誘 客 プロモーション 報 告 日 時 : 平 成 26 年 3 月 7 日 ( 金 ) 場 所 : 自 治 会 館 大 会 議 室 来 沖 外 国 人 観 光 客 数 の 推 移 過 去 5 年 間 外 国 人 来 沖 観 光 客 入 域 数 の 推 移 600000 平 成 25 年 ( 暦 年 ) 550,800 人! 400000 200000

More information

「(仮称)丸の内3-2計画」 着工

「(仮称)丸の内3-2計画」 着工 報 道 関 係 各 位 2015 年 11 月 11 日 三 菱 地 所 株 式 会 社 東 京 商 工 会 議 所 株 式 会 社 東 京 會 舘 三 菱 地 所 東 京 商 工 会 議 所 東 京 會 舘 による 共 同 プロジェクト ( 仮 称 ) 丸 の 内 3-2 計 画 着 工 三 菱 地 所 株 式 会 社 東 京 商 工 会 議 所 及 び 株 式 会 社 東 京 會 舘 は 千 代

More information

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集 第 3 章 酒 田 市 中 長 期 観 光 戦 略 ( 新 酒 田 物 語 ) 前 章 の 酒 田 市 の 観 光 の 現 状 と 課 題 SWOT 分 析 等 を 受 けて あらためて 酒 田 市 の 観 光 における 課 題 を 整 理 し 課 題 に 対 応 した 戦 略 とするため 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 を 策 定 する (1) 酒 田 市 の 観 光 の 課 題 整

More information

25 年 度 アクションプラン 補 助 制 度 目 標 定 住 人 口 :198 人 増 1 九 州 大 学 学 生 への 電 動 バイクレンタル 事 業 学 研 都 市 づくり 課 進 学 糸 島 市 内 に 居 住 する 九 州 大 学 の 学 生 に 民 間 業 者 と 連 携 し て 電 動

25 年 度 アクションプラン 補 助 制 度 目 標 定 住 人 口 :198 人 増 1 九 州 大 学 学 生 への 電 動 バイクレンタル 事 業 学 研 都 市 づくり 課 進 学 糸 島 市 内 に 居 住 する 九 州 大 学 の 学 生 に 民 間 業 者 と 連 携 し て 電 動 直 接 的 施 策 25 年 度 アクションプラン 一 覧 表 補 助 制 度 1. 九 州 大 学 学 生 への 電 動 バイクレンタル 事 業 進 学 期 2. 九 州 大 学 学 生 への 自 転 車 購 入 補 助 事 業 進 学 期 3. 九 州 大 学 と 連 携 した 空 き 家 リノベーション 進 学 期 4. 空 き 家 リフォーム 補 助 金 就 職 期 結 婚 期 子 育 て

More information

巨 大 イベント 会 場 として 展 開 するワイキキ カーニバルで 東 北 観 光 PRを 実 施 各 ステージでは 盛 岡 さんさ 踊 りや 相 馬 野 馬 追 など 東 北 の 伝 統 的 なお 祭 りを 披 露 PRブースには 現 地 の 人 々のみならず 世 界 各 地 から(ハワイへの)

巨 大 イベント 会 場 として 展 開 するワイキキ カーニバルで 東 北 観 光 PRを 実 施 各 ステージでは 盛 岡 さんさ 踊 りや 相 馬 野 馬 追 など 東 北 の 伝 統 的 なお 祭 りを 披 露 PRブースには 現 地 の 人 々のみならず 世 界 各 地 から(ハワイへの) 東 北 観 光 推 進 機 構 活 動 状 況 報 告 2014 年 6 月 Ⅰ. 主 な 活 動 状 況 項 目 1. 第 一 事 業 部 (1) 東 北 ブランド 戦 略 会 議 の 開 催 (2) 東 北 夏 祭 りポスター 展 開 (3) 第 35 回 記 念 まつりインハワイ 出 展 2. 第 二 事 業 部 (1) 台 北 国 際 観 光 博 覧 会 (TTE) (2)シドニー スノートラベルエキスポ

More information

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体 平 成 25 年 度 香 川 県 県 民 経 済 計 算 推 計 結 果 平 成 27 年 12 月 香 川 県 政 策 部 統 計 調 査 課 ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を

More information

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt)

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt) GIFU ECONOMIC AND INDUSTRIAL PROMOTION CENTER 観 光 平 成 27 年 度 担 当 者 : 主 任 調 査 役 堀 邦 裕 報 告 内 容 1 岐 阜 県 の 観 光 の 動 向 2 全 国 から 見 た 岐 阜 県 の 観 光 3 最 近 の 動 向 と 課 題 4 観 光 振 興 等 についての 意 見 要 望 等 5 主 な 観 光 宿 泊 地 の

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

力 発 信 事 業 として 大 神 輿 総 練 事 業 も 実 施 してい この 事 業 は 松 山 神 輿 を 新 たな 観 光 の 資 源 として 市 内 の 神 輿 をはじめ 伝 統 芸 能 の 獅 子 舞 水 軍 太 鼓 野 球 拳 おどり 等 を 創 出 する 場 を 設 け 独 自 の

力 発 信 事 業 として 大 神 輿 総 練 事 業 も 実 施 してい この 事 業 は 松 山 神 輿 を 新 たな 観 光 の 資 源 として 市 内 の 神 輿 をはじめ 伝 統 芸 能 の 獅 子 舞 水 軍 太 鼓 野 球 拳 おどり 等 を 創 出 する 場 を 設 け 独 自 の 松 山 の 観 光 コンベンション 誘 客 事 業 の 取 組 公 益 財 団 法 人 松 山 観 光 コンベンション 協 会 松 山 観 光 コンベンション 協 会 は 平 成 17 年 4 月 1 日 に 財 団 法 人 松 山 コンベンション ビューローと 松 山 市 観 光 協 会 が 統 合 してでき た 組 織 です 平 成 24 年 4 月 1 日 には 公 益 財 団 法 人 として

More information

目 標 設 定 時 の 現 状 と 課 題 国 は 東 日 本 大 震 災 及 び 原 発 事 故 を 受 けて 現 行 のエネルギー 基 本 計 画 を 白 紙 から 見 直 し 平 成 24 年 夏 を 目 途 に 新 しいエネルギー 基 本 計 画 を 議 論 する 予 定 である 中 野 区

目 標 設 定 時 の 現 状 と 課 題 国 は 東 日 本 大 震 災 及 び 原 発 事 故 を 受 けて 現 行 のエネルギー 基 本 計 画 を 白 紙 から 見 直 し 平 成 24 年 夏 を 目 途 に 新 しいエネルギー 基 本 計 画 を 議 論 する 予 定 である 中 野 区 35 地 球 温 暖 化 対 策 分 野 (24 年 度 ) 地 球 温 暖 化 対 策 に 取 り 組 むまち 分 野 目 標 脱 温 暖 化 の 取 組 みが 根 付 いた エコシティなかの の 実 現 を 目 指 し 環 境 基 本 計 画 のアクションプログラムを 改 定 し 着 実 に 進 められるよう なかのエコポイントなどのしくみを 活 用 することにより 省 エネや 再 エネ 利 用

More information

【資料3-2】総合戦略重点プロジェクト事業一覧

【資料3-2】総合戦略重点プロジェクト事業一覧 宮 崎 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 重 点 プロジェクト 事 業 一 覧 資 料 3-2 1 平 成 28 年 度 当 初 予 算 1クリエイティブシティ 推 進 プロジェクト 事 業 (14 事 業 153,850 千 円 ) 課 名 事 業 名 事 業 概 要 1 企 画 政 策 課 地 方 創 生 人 材 育 成 支 援 事 業 市 内 の 大 学 等 が 地 元 企 業 と 連 携

More information

Q7. 地 方 等 でのイベントの 場 合 朝 は 何 時 からの 移 動 が 可 能 でしょうか また 何 時 までであると 行 事 終 了 後 の 宿 泊 が 必 要 となりま A7. ミス 日 本 が 原 則 的 には 朝 7 時 以 前 に 自 宅 を 出 発 することが 必 要 となる 場

Q7. 地 方 等 でのイベントの 場 合 朝 は 何 時 からの 移 動 が 可 能 でしょうか また 何 時 までであると 行 事 終 了 後 の 宿 泊 が 必 要 となりま A7. ミス 日 本 が 原 則 的 には 朝 7 時 以 前 に 自 宅 を 出 発 することが 必 要 となる 場 別 添 2 (2016 年 1 月 18 日 版 ) ミス 日 本 みどりの 女 神 出 演 に 関 する FAQ ミス 日 本 コンテスト 事 務 局 ( 公 社 ) 国 土 緑 化 推 進 機 構 1 出 演 費 について Q1. イベント 等 への 出 演 費 は 1つのイベントで 複 数 の 出 演 機 会 を 設 定 しても 出 演 費 は 変 わらな いのでしょうか A1. イベント 等

More information

1. 熊 本 地 震 による 観 光 への 影 響 (1) 熊 本 地 震 発 生 後 の への 訪 問 状 況 ~ 熊 本 地 震 発 生 後 に を 訪 れる 機 会 があった 人 は 8.1%~ 2016 年 4 月 の 熊 本 地 震 の 発 生 後 に 観 光 等 で を 訪 れる 機 会

1. 熊 本 地 震 による 観 光 への 影 響 (1) 熊 本 地 震 発 生 後 の への 訪 問 状 況 ~ 熊 本 地 震 発 生 後 に を 訪 れる 機 会 があった 人 は 8.1%~ 2016 年 4 月 の 熊 本 地 震 の 発 生 後 に 観 光 等 で を 訪 れる 機 会 くまもとのイメージ 調 査 2016 ~ の 観 光 復 興 に 向 けて~ はじめに 九 州 新 幹 線 鹿 児 島 ルートの 全 線 開 業 から 今 年 3 月 で 5 年 が 経 過 した 全 線 開 業 は 関 西 方 面 から の 入 り 込 み 客 の 増 加 や 時 間 距 離 の 短 縮 による 九 州 エリア 内 の 日 帰 り 出 張 の 増 加 など 県 内 の 観 光 関

More information

公益財団法人ひょうご産業活性化センター

公益財団法人ひょうご産業活性化センター 法 人 県 民 超 過 課 税 を 活 用 した 補 助 金 交 付 事 業 今 女 性 がイノベーションを 起 こし 経 済 を 活 性 化 させる 力 となることが 期 待 されて います 自 分 のアイデアや 経 験 を 活 かすため 女 性 が 日 々 暮 らしている 生 活 環 境 と 両 立 するビジネスライフを 実 現 するため 起 業 という 選 択 肢 にチャレンジしませんか 女

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information