第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給"

Transcription

1 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号 に 掲 げる 者 が 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 適 用 を 受 ける 非 常 勤 職 員 等 につ いて( 昭 和 六 十 年 四 月 三 十 日 付 け 総 人 第 二 百 六 十 号 以 下 総 人 第 二 百 六 十 号 という ) 第 一 項 に 規 定 する 同 項 に 規 定 する 職 員 について 定 められている 勤 務 時 間 以 上 勤 務 した 日 が 一 月 において 十 八 日 に 満 たないことが 客 観 的 に 明 らかとなつた 場 合 には その 日 をもつて 退 職 したものとして 取 り 扱 うものとする 二 国 家 公 務 員 等 退 職 手 当 暫 定 措 置 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 昭 和 三 十 四 年 政 令 第 二 百 八 号 ) 附 則 第 五 項 に 規 定 する 勤 務 した 日 が 引 き 続 いて 六 月 を 超 えるに 至 つた 場 合 とは 総 人 第 二 百 六 十 号 第 一 項 に 規 定 する 勤 務 した 日 が 十 八 日 以 上 ある 月 が 引 き 続 いて 六 月 を 超 えるに 至 つた 場 合 をいう 第 二 条 の 三 関 係 一 本 条 第 一 項 に 規 定 する 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 とは 例 えば 次 に 掲 げる 場 合 をいう イ 地 方 税 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 二 百 二 十 六 号 ) 第 四 十 一 条 及 び 第 五 十 条 の 六 並 びに 第 三 百 二 十 八 条 の 五 及 び 第 三 百 二 十 八 条 の 六 に 基 づく 徴 収 を 行 う 場 合 ロ 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 三 十 三 年 法 律 第 百 二 十 八 号 ) 第 百 一 条 に 基 づく 控 除 を 行 う 場 合 ハ 所 得 税 法 ( 昭 和 四 十 年 法 律 第 三 十 三 号 ) 第 百 九 十 九 条 及 び 第 二 百 一 条 に 基 づく 徴 収 を 行 う 場 合 二 退 職 手 当 の 支 払 方 法 として その 支 給 を 受 けるべき 者 の 預 金 若 しくは 貯 金 への 振 込 み 又 は 隔 地 送 金 の 方 法 によることは 第 二 条 の 三 第 一 項 本 文 に 規 定 する 支 払 方 法 に 含 まれる 三 施 行 令 第 一 条 の 二 に 規 定 する 小 切 手 の 振 出 し は 支 出 官 が 小 切 手 を 振 り 出 す 場 合 のほ か 資 金 前 渡 官 吏 が 小 切 手 を 振 り 出 す 場 合 も 含 まれる 四 本 条 第 二 項 に 規 定 する 特 別 の 事 情 がある 場 合 とは 例 えば 次 に 掲 げる 場 合 をいう イ 死 亡 等 による 予 期 し 得 ない 退 職 のため 事 前 に 退 職 手 当 の 支 給 手 続 を 行 うことができな かった 場 合 や 退 職 手 当 管 理 機 関 が 退 職 手 当 審 査 会 に 諮 問 した 場 合 等 であって 退 職 手 当 の 支 給 手 続 に 相 当 な 時 間 を 要 するとき ロ 基 礎 在 職 期 間 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 昭 和 二 十 八 年 法 律 第 百 八 十 二 号 ) 第 五 条 の 二 第 二 項 第 二 号 から 第 七 号 までに 掲 げる 在 職 期 間 が 含 まれると 考 えられる 場 合 等 であって そ の 確 認 に 相 当 な 時 間 を 要 するとき - 1 -

2 第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 され る 給 与 であつてこれに 相 当 するものをいう 二 前 号 の 場 合 において 賃 金 又 は 手 当 の 支 給 を 受 けている 者 に 対 する 退 職 手 当 の 算 定 の 基 礎 となる 俸 給 月 額 は 次 に 掲 げる 額 とする イ 賃 金 又 は 手 当 の 額 のうち 俸 給 に 相 当 する 部 分 の 額 が 賃 金 又 は 手 当 の 額 の 算 定 上 明 らかで ある 者 については 次 に 掲 げる 額 ⑴ 賃 金 又 は 手 当 の 額 が 月 額 で 定 められている 者 については 当 該 俸 給 に 相 当 する 部 分 の 月 額 ⑵ 賃 金 又 は 手 当 の 額 が 日 額 で 定 められている 者 については 当 該 俸 給 に 相 当 する 部 分 の 日 額 の 二 十 一 倍 に 相 当 する 額 ロ イに 該 当 する 者 以 外 の 者 については 次 に 掲 げる 額 ⑴ 賃 金 又 は 手 当 の 額 が 月 額 で 定 められている 者 については 当 該 月 額 の 八 割 五 分 に 相 当 する 額 ⑵ 賃 金 又 は 手 当 の 額 が 日 額 で 定 められている 者 については 当 該 日 額 の 八 割 五 分 に 相 当 する 額 の 二 十 一 倍 に 相 当 する 額 三 本 条 第 二 項 の 規 定 は 次 に 掲 げる 者 に 対 しては 適 用 しない イ 国 家 公 務 員 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 百 二 十 号 ) 第 八 十 一 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 退 職 した 者 ( 同 法 第 八 十 一 条 の 三 第 一 項 の 期 限 又 は 同 条 第 二 項 の 規 定 により 延 長 された 期 限 の 到 来 により 退 職 した 者 を 含 む ) 又 はこれに 準 ずる 他 の 法 令 の 規 定 により 退 職 した 者 ロ 定 年 に 達 した 日 以 後 その 者 の 非 違 によることなく 退 職 した 者 (イに 該 当 する 者 を 除 く ) ハ 裁 判 官 で 日 本 国 憲 法 第 八 十 条 に 定 める 任 期 を 終 えて 退 職 し 又 は 任 期 の 終 了 に 伴 う 裁 判 官 の 配 置 等 の 事 務 の 都 合 により 任 期 の 終 了 前 一 年 内 に 退 職 したもの ニ 法 律 の 規 定 に 基 づく 任 期 を 終 えて 退 職 した 者 (イに 該 当 する 者 を 除 く ) ホ 定 年 の 定 めのない 職 を 職 員 の 配 置 等 の 事 務 の 都 合 により 退 職 した 者 ヘ 施 行 令 第 三 条 第 四 号 に 掲 げる 職 を 職 員 の 配 置 等 の 事 務 の 都 合 により 定 年 に 達 する 日 前 に 退 職 した 者 四 例 えば 次 に 掲 げる 場 合 に 職 員 をその 者 の 事 情 によらないで 引 き 続 いて 勤 続 することを 困 難 とする 理 由 により 退 職 した 者 として 取 り 扱 おうとするときは その 者 の 事 情 によることな く 辞 職 を 申 し 出 たものかどうかについて 特 に 慎 重 に 判 断 するものとする イ 直 前 において 国 家 公 務 員 法 第 八 十 二 条 に 規 定 する 懲 戒 処 分 又 はこれに 準 ずる 処 分 を 受 け た 職 員 に 対 し その 辞 職 を 承 認 する 場 合 ロ その 者 からの 辞 職 の 申 出 前 又 は 辞 職 の 申 出 後 辞 職 の 承 認 前 に その 者 に 懲 戒 処 分 に 付 す ことにつき 相 当 の 事 由 があると 思 料 するに 至 った 場 合 には 辞 職 の 承 認 を 保 留 し 必 要 な 実 情 調 査 を 行 うべきこととなるが その 結 果 国 家 公 務 員 法 第 八 十 二 条 に 規 定 する 懲 戒 処 分 又 はこれに 準 ずる 処 分 に 付 した 上 で その 辞 職 を 承 認 するとき 第 四 条 関 係 - 2 -

3 一 本 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する これに 準 ずる 他 の 法 令 の 規 定 とは 例 えば 次 に 掲 げる 法 律 の 規 定 をいう イ 私 的 独 占 の 禁 止 及 び 公 正 取 引 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 五 十 四 号 ) 第 三 十 条 ロ 裁 判 所 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 五 十 九 号 ) 第 五 十 条 ハ 検 察 庁 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 六 十 一 号 ) 第 二 十 二 条 ニ 会 計 検 査 院 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 七 十 三 号 ) 第 五 条 ホ 国 会 職 員 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 八 十 五 号 ) 第 十 五 条 の 二 及 び 第 十 五 条 の 三 ヘ 裁 判 所 職 員 臨 時 措 置 法 ( 昭 和 二 十 六 年 法 律 第 二 百 九 十 九 号 ) 本 則 ト 自 衛 隊 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 百 六 十 五 号 ) 第 四 十 四 条 の 二 第 四 十 四 条 の 三 及 び 第 四 十 五 条 二 例 えば 第 三 条 関 係 第 四 号 イ 又 はロに 掲 げる 場 合 に 職 員 をその 者 の 事 情 によらないで 引 き 続 いて 勤 続 することを 困 難 とする 理 由 により 退 職 した 者 として 取 り 扱 おうとするときは そ の 者 の 事 情 によることなく 辞 職 を 申 し 出 たものかどうかについて 特 に 慎 重 に 判 断 するもの とする 三 本 条 第 二 項 の 規 定 の 適 用 については 次 に 定 めるところによる イ 定 年 に 達 した 日 の 計 算 方 法 は 年 齢 計 算 ニ 関 スル 法 律 ( 明 治 三 十 五 年 法 律 第 五 十 号 ) の 定 めるところによる ロ 定 年 に 達 した 日 以 後 その 者 の 非 違 によることなく 退 職 した 者 ( 前 項 の 規 定 に 該 当 する 者 を 除 く ) とは 次 に 掲 げる 者 のうち その 者 の 都 合 により 退 職 した 者 をいう ⑴ 定 年 に 達 した 日 以 後 定 年 退 職 日 の 前 日 までの 間 において その 者 の 非 違 によることな く 退 職 した 者 ⑵ 国 家 公 務 員 法 第 八 十 一 条 の 三 第 一 項 の 期 限 又 は 同 条 第 二 項 の 規 定 により 延 長 された 期 限 の 到 来 前 にその 者 の 非 違 によることなく 退 職 した 者 ⑶ ⑵に 掲 げる 規 定 に 準 ずる 他 の 法 令 の 規 定 により 勤 務 した 後 その 者 の 非 違 によることな く 退 職 した 者 ハ 例 えば 第 三 条 関 係 第 四 号 イ 又 はロに 掲 げる 場 合 には その 者 の 非 違 によることなく 辞 職 を 申 し 出 たものかどうかについて 特 に 慎 重 に 判 断 するものとする 四 附 則 第 二 十 一 項 及 び 国 家 公 務 員 等 退 職 手 当 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 四 十 八 年 法 律 第 三 十 号 ) 附 則 第 五 項 の 規 定 は 本 条 第 二 項 の 規 定 により 退 職 した 者 に 対 し 適 用 されるものと する 第 五 条 関 係 一 本 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する これに 準 ずる 他 の 法 令 の 規 定 とは 第 四 条 関 係 第 一 号 に 定 めるところによる 二 例 えば 第 三 条 関 係 第 四 号 イ 又 はロに 掲 げる 場 合 に 職 員 をその 者 の 事 情 によらないで 引 き 続 いて 勤 続 することを 困 難 とする 理 由 により 退 職 した 者 として 取 り 扱 おうとするときは そ の 者 の 事 情 によることなく 辞 職 を 申 し 出 たものかどうかについて 特 に 慎 重 に 判 断 するもの とする 三 本 条 第 二 項 の 規 定 の 適 用 については 第 四 条 関 係 第 三 号 に 定 めるところによる - 3 -

4 四 附 則 第 二 十 一 項 及 び 第 二 十 三 項 並 びに 国 家 公 務 員 等 退 職 手 当 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 四 十 八 年 法 律 第 三 十 号 ) 附 則 第 五 項 及 び 第 七 項 の 規 定 は 本 条 第 二 項 の 規 定 により 退 職 し た 者 に 対 し 適 用 されるものとする 第 五 条 の 二 関 係 一 俸 給 月 額 の 減 額 改 定 には 職 員 が 引 き 続 いて 地 方 公 務 員 公 庫 等 職 員 又 は 独 立 行 政 法 人 等 役 員 その 他 職 員 以 外 のもの( 以 下 地 方 公 務 員 等 という )となり 再 び 職 員 とな った 場 合 において 当 該 地 方 公 務 員 等 としての 在 職 期 間 中 に 俸 給 月 額 の 減 額 改 定 が 行 われ たことにより 再 び 職 員 となったときの 俸 給 月 額 が 先 の 職 員 として 受 けていた 俸 給 月 額 より 少 なくなった 場 合 を 含 むものとする 二 給 与 の 支 給 の 基 準 とは 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 百 三 号 ) 第 五 十 七 条 第 二 項 に 規 定 する 給 与 の 支 給 の 基 準 をいう 三 俸 給 月 額 が 減 額 されたことがある 場 合 とは 職 員 として 受 ける 俸 給 月 額 が 減 額 され たことがある 場 合 をいい 例 えば 次 に 掲 げる 場 合 はこれに 該 当 しない イ 地 方 公 務 員 等 としての 在 職 期 間 においてその 者 の 本 俸 ( 俸 給 月 額 に 相 当 するものをい う 以 下 同 じ )が 減 額 された 場 合 ロ 地 方 公 務 員 等 から 職 員 となった 場 合 において 地 方 公 務 員 等 を 退 職 した 際 に 受 けていた 本 俸 より 当 該 退 職 に 引 き 続 いて 職 員 となった 際 に 受 けていた 俸 給 月 額 が 少 ない 場 合 四 俸 給 月 額 の 減 額 改 定 以 外 の 理 由 には 職 員 がその 者 の 俸 給 表 の 適 用 を 異 にして 異 動 した 場 合 において 当 該 異 動 後 に 受 けていたその 者 の 俸 給 月 額 が 異 動 前 に 受 けていたその 者 の 俸 給 月 額 より 少 ない 場 合 を 含 む 第 五 条 の 三 関 係 一 定 年 に 達 する 日 の 計 算 方 法 は 第 四 条 関 係 第 三 号 イに 定 めるところによる 二 定 年 に 達 する 日 から 政 令 で 定 める 一 定 の 期 間 の 計 算 方 法 は 民 法 ( 明 治 二 十 九 年 法 律 第 八 十 九 号 ) 第 百 四 十 三 条 の 規 定 を 準 用 するものとする 三 退 職 の 日 におけるその 者 の 年 齢 の 単 位 は 年 齢 のとなえ 方 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 四 年 法 律 第 九 十 六 号 ) 第 一 項 の 定 めるところによる 四 退 職 の 日 において 定 められているその 者 に 係 る 定 年 は 退 職 の 日 に 昇 任 した 自 衛 官 に ついては 当 該 昇 任 前 の 階 級 について 定 められている 定 年 とする 第 六 条 の 四 関 係 一 本 条 第 一 項 に 規 定 する 通 勤 による 傷 病 による 休 職 には 平 成 三 年 四 月 一 日 以 後 に 退 職 した 者 の 同 日 前 の 通 勤 による 傷 病 による 休 職 を 含 む 二 本 条 第 一 項 に 規 定 する その 他 これらに 準 ずる 事 由 により 現 実 に 職 務 をとることを 要 し ない 期 間 には 次 に 掲 げる 期 間 は 含 まれない イ 一 般 職 給 与 法 第 十 五 条 の 規 定 により 給 与 の 減 額 をされた 期 間 ロ 一 般 職 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 法 律 第 十 六 条 に 規 定 する 休 暇 の 期 間 ハ イ 又 はロに 規 定 する 期 間 に 相 当 する 期 間 三 施 行 令 第 六 条 第 三 項 第 二 号 に 規 定 する 育 児 休 業 には 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 一 部 を 改 - 4 -

5 正 する 法 律 ( 平 成 十 七 年 法 律 第 百 十 五 号 ) 施 行 日 前 ( 国 営 企 業 等 職 員 にあっては 適 用 日 前 ) における 国 会 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 百 八 号 ) 第 三 条 第 一 項 の 規 定 による 育 児 休 業 ( 国 会 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 二 十 二 年 法 律 第 六 十 二 号 )による 改 正 前 の 国 会 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 附 則 第 二 条 の 規 定 により 同 法 第 三 条 の 規 定 による 育 児 休 業 の 承 認 とみなされる 育 児 休 業 の 許 可 に 係 る 育 児 休 業 を 含 む ) 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 百 九 号 ) 第 三 条 第 一 項 ( 同 法 第 二 十 七 条 第 一 項 及 び 裁 判 所 職 員 臨 時 措 置 法 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) の 規 定 による 育 児 休 業 ( 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 二 十 二 年 法 律 第 五 十 三 号 ) 附 則 第 七 条 の 規 定 による 改 正 前 の 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 附 則 第 二 条 の 規 定 により 同 法 第 三 条 の 規 定 による 育 児 休 業 の 承 認 とみなされる 育 児 休 業 の 許 可 に 係 る 育 児 休 業 を 含 む ) 及 び 裁 判 官 の 育 児 休 業 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 百 十 一 号 ) 第 二 条 第 一 項 の 規 定 による 育 児 休 業 を 含 む 第 七 条 関 係 本 条 第 五 項 に 規 定 する その 他 の 事 由 とは 自 己 の 意 思 に 基 づく 転 職 異 動 等 すべての 場 合 を 含 む 第 七 条 の 二 関 係 一 本 条 第 一 項 に 規 定 する 要 請 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 を 受 けた 者 が 職 員 に 対 し 公 庫 等 職 員 として 在 職 した 後 再 び 職 員 に 復 帰 させることを 前 提 として 公 庫 等 に 退 職 出 向 す ることを 慫 慂 する 行 為 をいう 二 本 条 第 二 項 に 規 定 する 要 請 とは 公 庫 等 が 公 庫 等 職 員 に 対 し 職 員 として 在 職 した 後 再 び 公 庫 等 職 員 に 復 帰 させることを 前 提 として 国 に 退 職 出 向 することを 慫 慂 する 行 為 を いう 第 八 条 関 係 一 本 条 第 一 項 に 規 定 する 要 請 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 を 受 けた 者 が 職 員 に 対 し 独 立 行 政 法 人 等 役 員 として 在 職 した 後 再 び 職 員 に 復 帰 させることを 前 提 として 独 立 行 政 法 人 等 に 退 職 出 向 することを 慫 慂 する 行 為 をいう 二 本 条 第 二 項 に 規 定 する 要 請 とは 独 立 行 政 法 人 等 が 独 立 行 政 法 人 等 役 員 に 対 し 職 員 として 在 職 した 後 再 び 独 立 行 政 法 人 等 役 員 に 復 帰 させることを 前 提 として 国 に 退 職 出 向 することを 慫 慂 する 行 為 をいう 第 八 条 の 二 関 係 一 本 条 第 一 項 に 規 定 する 定 年 前 とは 定 年 に 達 する 日 前 をいい 定 年 に 達 する 日 の 計 算 方 法 は 年 齢 計 算 ニ 関 スル 法 律 の 定 めるところによる 二 本 条 第 一 項 第 一 号 に 定 める 年 齢 以 上 の 年 齢 の 単 位 は 年 齢 のとなえ 方 に 関 する 法 律 第 一 項 の 定 めるところによる 三 本 条 第 三 項 第 三 号 に 規 定 する 定 年 に 達 する 者 とは 定 年 に 達 する 日 を 迎 える 者 をいい 定 年 に 達 する 日 の 計 算 方 法 は 第 一 号 に 定 めるところによる - 5 -

6 四 本 条 第 三 項 第 四 号 第 五 項 第 二 号 及 び 第 八 項 第 四 号 に 規 定 する これに 準 ずる 処 分 とは 例 えば 次 に 掲 げる 規 定 による 処 分 ( 故 意 又 は 重 大 な 過 失 によらないで 管 理 又 は 監 督 に 係 る 職 務 を 怠 った 場 合 における 処 分 を 除 く )をいう イ 国 会 職 員 法 第 二 十 八 条 及 び 第 二 十 九 条 ロ 裁 判 官 分 限 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 百 二 十 七 号 ) 第 二 条 ハ 自 衛 隊 法 第 四 十 六 条 五 本 条 第 五 項 に 規 定 する 認 定 をし 又 はしない 旨 の 決 定 を 行 うに 当 たっては 応 募 者 の 意 思 の 尊 重 と 応 募 者 間 の 不 公 平 感 の 払 拭 に 留 意 しつつ 厳 正 かつ 公 正 に 対 処 するものとする 六 本 条 第 五 項 第 三 号 に 規 定 する その 他 応 募 者 に 対 し 認 定 を 行 うことが 公 務 に 対 する 国 民 の 信 頼 を 確 保 する 上 で 支 障 を 生 ずると 認 める 場 合 とは 例 えば 次 に 掲 げる 場 合 をいう イ 応 募 者 に 非 違 行 為 があると 思 料 される 場 合 で 例 えば 次 に 掲 げる 場 合 ⑴ 応 募 者 が 逮 捕 され その 逮 捕 の 理 由 となった 犯 罪 又 はその 者 が 犯 したと 思 料 される 犯 罪 に 係 る 法 定 刑 の 上 限 が 禁 錮 以 上 に 当 たるものである 場 合 ⑵ 応 募 者 が 本 条 第 五 項 第 二 号 に 規 定 する 処 分 を 受 けるべき 行 為 をしたと 思 料 されるが その 者 が 行 方 不 明 となり 事 実 の 聴 取 等 ができない 場 合 ロ 応 募 者 が 選 挙 の 公 認 候 補 予 定 者 である 場 合 等 応 募 者 が 選 挙 に 立 候 補 することが 明 らか である 場 合 第 十 一 条 関 係 本 条 第 一 号 に 規 定 する その 他 の 職 員 としての 身 分 を 当 該 職 員 の 非 違 を 理 由 として 失 わせる 処 分 とは 国 家 公 務 員 法 の 適 用 を 受 けない 職 員 が 他 の 法 令 の 規 定 によりこれらに 規 定 する 国 家 公 務 員 法 の 規 定 に 実 質 的 に 該 当 する 場 合 をいう 第 十 二 条 関 係 一 非 違 の 発 生 を 抑 止 するという 制 度 目 的 に 留 意 し 一 般 の 退 職 手 当 等 の 全 部 を 支 給 しないこ ととすることを 原 則 とするものとする 二 一 般 の 退 職 手 当 等 の 一 部 を 支 給 しないこととする 処 分 にとどめることを 検 討 する 場 合 は 施 行 令 第 十 七 条 に 規 定 する 当 該 退 職 をした 者 が 行 った 非 違 の 内 容 及 び 程 度 について 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 に 限 定 する その 場 合 であっても 公 務 に 対 する 国 民 の 信 頼 に 及 ぼす 影 響 に 留 意 して 慎 重 な 検 討 を 行 うものとする イ 停 職 以 下 の 処 分 にとどめる 余 地 がある 場 合 に 特 に 厳 しい 措 置 として 懲 戒 免 職 等 処 分 と された 場 合 ロ 懲 戒 免 職 等 処 分 の 理 由 となった 非 違 が 正 当 な 理 由 がない 欠 勤 その 他 の 行 為 により 職 場 規 律 を 乱 したことのみである 場 合 であって 特 に 参 酌 すべき 情 状 のある 場 合 ハ 懲 戒 免 職 等 処 分 の 理 由 となった 非 違 が 過 失 ( 重 過 失 を 除 く )による 場 合 であって 特 に 参 酌 すべき 情 状 のある 場 合 こ ニ 過 失 ( 重 過 失 を 除 く )により 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられ 執 行 猶 予 を 付 された 場 合 であっ て 特 に 参 酌 すべき 情 状 のある 場 合 三 一 般 の 退 職 手 当 等 の 一 部 を 支 給 しないこととする 処 分 にとどめることとすることを 検 討 す - 6 -

7 る 場 合 には 例 えば 当 該 退 職 をした 者 が 指 定 職 以 上 の 職 員 であるとき 又 は 当 該 退 職 をした 者 が 占 めていた 職 の 職 務 に 関 連 した 非 違 であるときには 処 分 を 加 重 することを 検 討 すること 等 により 施 行 令 第 十 七 条 に 規 定 する 当 該 退 職 をした 者 が 占 めていた 職 の 職 務 及 び 責 任 を 勘 案 することとする 四 一 般 の 退 職 手 当 等 の 一 部 を 支 給 しないこととする 処 分 にとどめることとすることを 検 討 す る 場 合 には 例 えば 過 去 にも 類 似 の 非 違 を 行 ったことを 理 由 として 懲 戒 処 分 を 受 けたこと がある 場 合 には 処 分 を 加 重 することを 検 討 すること 等 により 施 行 令 第 十 七 条 に 規 定 する 当 該 退 職 をした 者 の 勤 務 の 状 況 を 勘 案 することとする 五 一 般 の 退 職 手 当 等 の 一 部 を 支 給 しないこととする 処 分 にとどめることとすることを 検 討 す る 場 合 には 例 えば 当 該 非 違 が 行 われることとなった 背 景 や 動 機 について 特 に 参 酌 すべき 情 状 がある 場 合 にはそれらに 応 じて 処 分 を 減 軽 又 は 加 重 することを 検 討 すること 等 により 施 行 令 第 十 七 条 に 規 定 する 当 該 非 違 に 至 った 経 緯 を 勘 案 することとする 六 一 般 の 退 職 手 当 等 の 一 部 を 支 給 しないこととする 処 分 にとどめることとすることを 検 討 す る 場 合 には 例 えば 当 該 非 違 による 被 害 や 悪 影 響 を 最 小 限 にするための 行 動 をとった 場 合 には 処 分 を 減 軽 することを 検 討 し 当 該 非 違 を 隠 蔽 する 行 動 をとった 場 合 には 処 分 を 加 重 す ることを 検 討 すること 等 により 施 行 令 第 十 七 条 に 規 定 する 当 該 非 違 後 における 当 該 退 職 をした 者 の 言 動 を 勘 案 することとする 七 一 般 の 退 職 手 当 等 の 一 部 を 支 給 しないこととする 処 分 にとどめることとすることを 検 討 す る 場 合 には 例 えば 当 該 非 違 による 被 害 や 悪 影 響 が 結 果 として 重 大 であった 場 合 には 処 分 を 加 重 することを 検 討 すること 等 により 施 行 令 第 十 七 条 に 規 定 する 当 該 非 違 が 公 務 の 遂 行 に 及 ぼす 支 障 の 程 度 を 勘 案 することとする 八 本 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する これに 準 ずる 退 職 とは 例 えば 次 に 掲 げる 規 定 による 退 職 をいう イ 国 会 職 員 法 第 十 条 ( 同 法 第 二 条 第 一 号 に 該 当 する 場 合 を 除 く ) ロ 公 職 選 挙 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 号 ) 第 九 十 条 ハ 自 衛 隊 法 第 三 十 八 条 第 二 項 ( 同 条 第 一 項 第 一 号 に 該 当 する 場 合 を 除 く ) 第 十 三 条 関 係 一 本 条 に 規 定 する 支 払 差 止 処 分 を 行 うに 当 たっては 公 務 に 対 する 国 民 の 信 頼 確 保 の 要 請 と 退 職 者 の 権 利 の 尊 重 に 留 意 しつつ 厳 正 かつ 公 正 に 対 処 するものとする 二 本 条 第 二 項 第 一 号 に 規 定 する その 者 に 対 し 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 を 支 払 うことが 公 務 に 対 する 国 民 の 信 頼 を 確 保 する 上 で 支 障 を 生 ずると 認 めるとき とは 当 該 退 職 者 の 逮 捕 の 理 由 となった 犯 罪 又 はその 者 が 犯 したと 思 料 される 犯 罪 ( 以 下 逮 捕 の 理 由 となった 犯 罪 等 こ という )に 係 る 法 定 刑 の 上 限 が 禁 錮 以 上 の 刑 に 当 たるものであるときをいう 三 本 条 第 四 項 の 規 定 に 基 づき 支 払 差 止 処 分 後 の 事 情 の 変 化 を 理 由 に 当 該 支 払 差 止 処 分 を 受 けた 者 から 当 該 支 払 差 止 処 分 の 取 消 しの 申 立 てがあった 場 合 には 事 情 の 変 化 の 有 無 を 速 やかに 確 認 しなければならない 四 前 号 の 場 合 において 取 消 しの 申 立 てに 理 由 がないと 認 める 場 合 には その 旨 及 び 当 該 認 定 に 不 服 がある 場 合 には 行 政 不 服 審 査 法 ( 平 成 二 十 六 年 法 律 第 六 十 八 号 )に 基 づき 審 査 請 求 ができる 旨 を 速 やかに 申 立 者 に 通 知 するものとする - 7 -

8 五 本 条 第 五 項 ただし 書 に 規 定 する その 他 これを 取 り 消 すことが 支 払 差 止 処 分 の 目 的 に 明 ら かに 反 すると 認 めるとき とは 支 払 差 止 処 分 を 受 けた 者 が 現 に 勾 留 されているときなど その 者 が 起 訴 される 可 能 性 が 極 めて 高 いと 認 められるときをいう 六 本 条 第 七 項 に 規 定 する 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 支 払 を 差 し 止 める 必 要 がなくなった と 認 める 場 合 とは 例 えば 次 に 掲 げる 場 合 をいう イ 退 職 をした 者 の 逮 捕 の 理 由 となった 犯 罪 等 について 犯 罪 後 の 法 令 により 刑 が 廃 止 され た 場 合 又 は 大 赦 があった 場 合 ロ 退 職 をした 者 の 逮 捕 の 理 由 となった 犯 罪 等 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 し 公 訴 を 提 起 しない 処 分 がなされた 場 合 ハ 退 職 をした 者 が その 者 の 逮 捕 の 理 由 となった 犯 罪 等 について 法 定 刑 の 上 限 として 罰 金 以 下 の 刑 が 定 められている 犯 罪 に 係 る 起 訴 をされた 場 合 又 は 略 式 手 続 による 起 訴 をされ た 場 合 第 十 四 条 関 係 本 条 第 一 項 の 規 定 により 一 般 の 退 職 手 当 等 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 処 分 を 行 うにあたっては 当 該 処 分 を 受 ける 者 が 第 十 二 条 第 一 項 各 号 に 該 当 していた 場 合 に 同 項 の 規 定 により 受 けたであろう 処 分 と 同 様 の 処 分 とすることを 原 則 とするものとする 第 十 五 条 関 係 一 本 条 第 一 項 の 規 定 による 一 般 の 退 職 手 当 等 の 返 納 の 手 続 については 国 にあっては 国 の 債 権 の 管 理 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 三 十 一 年 法 律 第 百 十 四 号 )の 定 めるところによる 二 本 条 第 一 項 の 規 定 による 処 分 により 返 納 を 命 ずる 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 は 第 十 二 条 関 係 第 二 号 から 第 七 号 までに 規 定 する 基 準 のほか 同 項 に 規 定 する 当 該 退 職 をした 者 の 生 計 の 状 況 を 勘 案 して 定 める 額 とする 三 本 条 第 一 項 に 規 定 する 当 該 退 職 をした 者 の 生 計 の 状 況 を 勘 案 するに 当 たっては 退 職 手 当 の 生 活 保 障 としての 性 格 にかんがみ 当 該 退 職 をした 者 又 はその 者 と 生 計 を 共 にする 者 が 現 在 及 び 将 来 どのような 支 出 を 要 するか どのような 財 産 を 有 しているか 現 在 及 び 将 来 どのような 収 入 があるか 等 についての 申 立 てを 受 け 返 納 すべき 額 の 全 額 を 返 納 させること が 困 難 であると 認 められる 場 合 には 返 納 額 を 減 免 することができることとする 四 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 支 払 に 際 して 源 泉 徴 収 した 所 得 税 及 び 住 民 税 の 額 については 当 該 源 泉 徴 収 をした 各 省 各 庁 の 長 等 の 債 権 の 管 理 を 行 う 歳 入 徴 収 官 等 が 還 付 請 求 を 行 う した がって 当 該 税 の 額 については 返 納 を 命 ずる 額 からは 減 じないが 当 該 退 職 をした 者 に 対 する 納 入 告 知 の 額 からは 減 ずることとする 第 十 六 条 関 係 一 本 条 第 一 項 の 規 定 による 一 般 の 退 職 手 当 等 の 返 納 の 手 続 については 国 にあっては 国 の 債 権 の 管 理 等 に 関 する 法 律 の 定 めるところによる 二 本 条 第 一 項 の 規 定 による 処 分 により 返 納 を 命 ずる 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 は 第 十 二 条 関 係 第 二 号 から 第 七 号 までに 規 定 する 基 準 のほか 同 項 に 規 定 する 当 該 遺 族 の 生 計 の 状 況 を 勘 案 して 定 める 額 とする - 8 -

9 三 本 条 第 一 項 に 規 定 する 当 該 遺 族 の 生 計 の 状 況 を 勘 案 するに 当 たっては 退 職 手 当 の 生 活 保 障 としての 性 格 にかんがみ 当 該 遺 族 又 はその 者 と 生 計 を 共 にする 者 が 現 在 及 び 将 来 どのような 支 出 を 要 するか どのような 財 産 を 有 しているか 現 在 及 び 将 来 どのような 収 入 があるか 等 についての 申 立 てを 受 け 返 納 すべき 額 の 全 額 を 返 納 させることが 困 難 であると 認 められる 場 合 には 返 納 額 を 減 免 することができることとする 四 当 該 遺 族 が 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 について 納 付 した 又 は 納 付 すべき 相 続 税 の 額 については 当 該 遺 族 が 還 付 請 求 を 行 うことができる したがって 当 該 税 の 額 については 返 納 を 命 ず る 額 からは 減 じない 第 十 七 条 関 係 一 本 条 第 一 項 から 第 五 項 までの 規 定 による 処 分 を 行 うにあたっては 当 該 処 分 を 受 けるべき 者 は 非 違 を 行 った 者 ではないことを 踏 まえ 個 別 の 事 案 ごとに 諸 事 情 を 考 慮 した 運 用 をする ものとする 二 本 条 第 一 項 から 第 五 項 までの 規 定 による 一 般 の 退 職 手 当 等 に 相 当 する 額 の 納 付 の 手 続 につ いては 国 にあっては 国 の 債 権 の 管 理 等 に 関 する 法 律 の 定 めるところによる 三 本 条 第 一 項 から 第 五 項 までの 規 定 による 処 分 により 納 付 を 命 ずる 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 は 第 十 二 条 関 係 第 二 号 から 第 七 号 までに 規 定 する 基 準 のほか 次 の 第 四 号 から 第 八 号 までを 勘 案 して 定 める 額 とする 四 本 条 において 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 には 源 泉 徴 収 された 所 得 税 額 及 び 住 民 税 額 又 はみなし 相 続 財 産 とされて 納 入 した 若 しくは 納 入 すべき 相 続 税 額 を 含 まないものとする 五 施 行 令 第 十 八 条 に 規 定 する 当 該 退 職 手 当 の 受 給 者 の 相 続 財 産 の 額 を 勘 案 するに 当 たっ ては 当 該 相 続 財 産 の 額 が 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 よりも 小 さいときは 当 該 相 続 人 の 納 付 額 の 合 計 額 を 当 該 相 続 財 産 の 額 の 範 囲 内 で 定 めることとする 六 相 続 人 が 複 数 あるときは 原 則 として 相 続 人 が 実 際 に 相 続 ( 包 括 遺 贈 を 含 む )によって 得 た 財 産 の 価 額 に 応 じて 按 分 して 計 算 した 額 を 勘 案 して 各 相 続 人 の 納 付 額 を 定 める ただし 納 付 命 令 の 時 点 で 遺 産 分 割 がなされていない 場 合 には 当 該 相 続 人 が 相 続 放 棄 をした 場 合 を 除 き 民 法 の 規 定 による 相 続 分 により 按 分 して 計 算 した 額 を 勘 案 して 各 相 続 人 の 納 付 額 を 定 めることとする 七 本 条 第 一 項 から 第 五 項 までの 規 定 による 処 分 を 受 けるべき 者 が 納 付 すべき 額 は 当 該 者 が 相 続 財 産 を 取 得 したことにより 納 付 した 又 は 納 付 すべき 相 続 税 の 額 についての 申 立 てを 受 け 当 該 税 の 額 から 当 該 相 続 財 産 の 額 から 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 を 減 じた 額 の 相 続 であれ ば 納 付 したであろう 相 続 税 の 額 を 減 じた 額 を 控 除 して 定 めることとする 八 施 行 令 第 十 八 条 に 規 定 する 当 該 退 職 手 当 の 受 給 者 の 相 続 人 の 生 計 の 状 況 を 勘 案 するに 当 たっては 退 職 手 当 の 生 活 保 障 としての 性 格 にかんがみ 処 分 を 受 けるべき 者 又 はその 者 と 生 計 を 共 にする 者 が 現 在 及 び 将 来 どのような 支 出 を 要 するか どのような 財 産 を 有 してい るか 現 在 及 び 将 来 どのような 収 入 があるか 等 についての 申 立 てを 受 け 納 付 すべき 額 の 全 額 を 納 付 させることが 困 難 であると 認 められる 場 合 には 納 付 額 を 減 免 することができるこ ととする 第 十 九 条 関 係 - 9 -

10 一 本 条 各 項 の 規 定 による 退 職 手 当 審 査 会 等 への 諮 問 事 項 は 本 条 第 一 項 に 該 当 する 処 分 の 処 分 案 とする 二 退 職 手 当 管 理 機 関 は 退 職 手 当 審 査 会 等 に 対 し 前 号 の 処 分 案 とともに 当 該 事 案 の 内 容 及 び 処 分 案 の 理 由 を 併 せて 提 示 するものとする 第 二 十 条 関 係 本 条 第 二 項 に 規 定 する その 他 の 事 由 とは 第 七 条 関 係 に 定 めるところによる 附 則 第 四 項 関 係 一 本 項 に 規 定 する 昭 和 二 十 八 年 七 月 三 十 一 日 に 現 に 在 職 する 職 員 の 同 年 同 月 同 日 以 前 にお ける 勤 続 期 間 については 次 に 掲 げる 区 分 に 応 じ 当 該 区 分 に 掲 げる 施 行 令 の 規 定 すると ころによる イ 未 復 員 者 以 外 の 職 員 の 勤 続 期 間 附 則 第 二 項 から 第 七 項 までの 規 定 ロ 地 方 公 務 員 から 引 き 続 いて 職 員 となつた 者 の 地 方 公 務 員 としての 勤 続 期 間 附 則 第 八 項 及 び 第 九 項 の 規 定 ハ 未 復 員 者 の 勤 続 期 間 附 則 第 十 七 項 中 昭 和 二 十 八 年 七 月 三 十 一 日 以 前 の 未 復 員 者 の 勤 続 期 間 に 関 する 規 定 二 施 行 令 附 則 第 三 項 第 三 号 に 規 定 する 外 国 政 府 には 旧 蒙 古 聯 合 自 治 政 府 旧 冀 東 防 共 自 治 政 府 等 外 国 政 府 に 準 ずる 政 府 を 含 むものとする 三 施 行 令 附 則 第 三 項 第 三 号 又 は 第 六 号 に 規 定 する 外 国 政 府 職 員 等 又 は 外 国 特 殊 機 関 職 員 としての 在 職 期 間 は 外 国 政 府 職 員 等 又 は 外 国 特 殊 機 関 職 員 としての 身 分 を 失 つた 日 の 属 する 月 までを 計 算 する この 場 合 において 外 国 政 府 職 員 等 又 は 外 国 特 殊 機 関 職 員 として の 身 分 を 失 つた 日 は 次 に 掲 げる 日 とする イ 外 国 政 府 職 員 等 又 は 外 国 特 殊 機 関 職 員 で 外 国 政 府 職 員 等 又 は 外 国 特 殊 機 関 職 員 として の 事 務 又 は 事 業 に 現 実 に 従 事 しなくなつた 日 が 明 らかであるものについては その 日 の 前 日 ロ イに 該 当 する 者 以 外 の 者 については 昭 和 二 十 年 八 月 十 五 日 四 施 行 令 附 則 第 六 項 に 規 定 する 法 令 の 規 定 又 は 特 別 の 手 続 によりこれらの 措 置 が 解 除 され た 日 については 次 に 定 めるところによる イ 旧 公 職 に 関 する 就 職 禁 止 退 官 退 職 等 に 関 する 勅 令 ( 昭 和 二 十 一 年 勅 令 第 百 九 号 ) 第 一 条 又 は 旧 公 職 に 関 する 就 職 禁 止 退 職 等 に 関 する 勅 令 ( 昭 和 二 十 二 年 勅 令 第 一 号 ) 第 三 条 の 規 定 により 退 職 させられた 者 については 次 に 定 める 日 とする ⑴ 公 職 に 関 する 就 職 禁 止 退 職 等 に 関 する 勅 令 の 規 定 による 覚 書 該 当 者 の 指 定 の 特 免 に 関 する 政 令 ( 昭 和 二 十 四 年 政 令 第 三 十 九 号 ) 第 四 条 の 規 定 により 覚 書 該 当 者 としての 指 定 を 特 免 された 者 については 当 該 特 免 の 日 ⑵ 公 職 に 関 する 就 職 禁 止 退 職 等 に 関 する 勅 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 昭 和 二 十 六 年 政 令 二 百 二 十 号 )による 改 正 後 の 公 職 に 関 する 就 職 禁 止 退 職 等 に 関 する 勅 令 第 四 条 の 二 の 規 定 により 覚 書 該 当 者 としての 指 定 を 取 り 消 された 者 については 当 該 取 消 の 日 ⑶ 公 職 に 関 する 就 職 禁 止 退 職 等 に 関 する 勅 令 の 規 定 による 覚 書 該 当 者 の 指 定 の 解 除 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 六 年 法 律 第 二 百 六 十 八 号 ) 第 一 条 の 規 定 により 覚 書 該 当 者 として

11 の 指 定 を 解 除 された 者 については 当 該 解 除 の 日 ⑷ ⑴ ⑵ 又 は⑶に 該 当 する 者 以 外 の 者 については 日 本 国 との 平 和 条 約 の 最 初 の 効 力 発 生 の 日 ( 昭 和 二 十 七 年 四 月 二 十 八 日 ) ロ 昭 和 二 十 年 十 月 四 日 付 け 連 合 国 最 高 司 令 官 覚 書 政 治 的 公 民 的 及 び 宗 教 的 事 由 の 制 限 の 撤 廃 に 関 する 件 に 基 づき 罷 免 された 者 については 次 に 定 める 日 とする ⑴ 復 職 解 除 の 申 請 に 対 し 連 合 国 最 高 司 令 部 から 許 可 された 者 については 当 該 許 可 の 日 ⑵ ⑴に 該 当 する 者 以 外 の 者 については 日 本 国 との 平 和 条 約 の 最 初 の 効 力 発 生 の 日 ハ 教 職 員 の 除 去 就 職 禁 止 及 び 復 職 等 に 関 する 勅 令 ( 昭 和 二 十 一 年 勅 令 第 二 百 六 十 三 号 ) 第 一 条 又 は 教 職 員 の 除 去 就 職 禁 止 等 に 関 する 政 令 ( 昭 和 二 十 二 年 政 令 第 六 十 二 号 ) 第 三 条 の 規 定 により 退 職 させられた 者 については 次 に 定 める 日 とする ⑴ 教 職 員 の 除 去 就 職 禁 止 等 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 昭 和 二 十 六 年 政 令 第 二 百 二 十 四 号 )による 改 正 後 の 教 職 員 の 除 去 就 職 禁 止 等 に 関 する 政 令 第 四 条 の 二 の 規 定 により 教 職 不 適 格 者 としての 指 定 を 解 除 された 者 については 当 該 解 除 の 日 ⑵ ⑴に 該 当 する 者 以 外 の 者 については 日 本 国 との 平 和 条 約 の 最 初 の 効 力 発 生 の 日 五 施 行 令 附 則 第 七 項 の 規 定 の 適 用 については 次 に 定 めるところによる イ 職 員 が 昭 和 二 十 一 年 六 月 三 十 日 以 前 に 退 職 手 当 に 相 当 する 給 与 の 支 給 を 受 けている 場 合 において 年 末 賞 与 の 月 割 分 その 他 の 給 与 とともに 当 該 給 付 が 支 給 されたため 当 該 給 付 の 額 が 明 らかでないときは 当 該 給 付 及 び 当 該 給 付 とともに 支 給 された 給 与 の 合 計 額 の 二 分 の 一 に 相 当 する 額 を その 者 が 支 給 を 受 けた 当 該 給 付 の 額 とする ロ 職 員 が 昭 和 二 十 一 年 六 月 三 十 日 以 前 に 退 職 手 当 に 相 当 する 給 与 の 支 給 を 受 けている 場 合 において その 者 の 勤 続 手 当 臨 時 物 価 手 当 臨 時 手 当 又 は 家 族 手 当 の 月 額 が 俸 給 の 月 額 とともに 当 該 給 付 の 計 算 の 基 礎 となつていることが 明 らかであるときは 退 職 の 日 におけ るその 者 の 俸 給 及 び 当 該 手 当 の 月 額 を 退 職 の 日 におけるその 者 の 俸 給 月 額 とする ハ 職 員 が 外 地 官 署 所 属 の 職 員 等 に 対 する 俸 給 給 与 支 給 の 件 ( 昭 和 二 十 一 年 六 月 二 十 日 大 蔵 大 臣 外 務 大 臣 協 議 決 定 )に 基 づき 昭 和 二 十 一 年 七 月 一 日 から 同 件 第 一 号 及 び 第 三 号 に 定 める 職 員 については 昭 和 二 十 四 年 五 月 十 日 までの 間 に 同 件 第 二 号 及 び 第 四 号 に 定 め る 職 員 については 昭 和 二 十 八 年 三 月 三 十 一 日 までの 間 にそれぞれ 退 職 手 当 に 相 当 する 給 付 の 支 給 を 受 けている 場 合 においては 当 該 給 付 の 額 を 退 職 の 日 におけるその 者 の 俸 給 月 額 で 除 して 得 た 数 に 十 二 を 乗 じて 得 た 数 ( 一 未 満 の 端 数 を 生 じたときは その 端 数 を 切 り 捨 てる )に 相 当 する 月 数 を 当 該 給 付 の 計 算 の 基 礎 となつた 在 職 期 間 とする 六 施 行 令 附 則 第 八 項 の 規 定 の 適 用 については 次 に 定 めるところによる イ もとの 外 地 の 地 方 公 共 団 体 に 準 ずるもの とは 居 留 民 団 等 をいう ロ 地 方 公 務 員 が 退 職 により 退 職 手 当 に 相 当 する 給 付 の 支 給 を 受 けているときは 施 行 令 第 七 条 第 一 項 の 規 定 の 例 による この 場 合 においては 前 号 イ 及 びロを 援 用 する 七 施 行 令 附 則 第 十 七 項 の 規 定 は 同 項 ただし 書 に 規 定 する 勤 続 期 間 を 計 算 する 場 合 を 除 き 未 復 員 者 についてはその 全 勤 続 期 間 を 除 算 するという 趣 旨 である 附 則 第 五 項 及 び 附 則 第 六 項 関 係 一 附 則 第 五 項 及 び 附 則 第 六 項 の 規 定 により 適 用 すべき 規 定 中 その 者 の 俸 給 日 額 について

12 は その 者 の 退 職 の 日 における 俸 給 月 額 の 三 十 分 の 一 に 相 当 する 額 をいう ただし その 額 に 銭 位 未 満 の 端 数 を 生 じたときは その 端 数 を 一 銭 として 計 算 する 二 前 項 の 俸 給 月 額 は 第 三 条 関 係 第 一 号 及 び 第 二 号 に 定 める 俸 給 月 額 とする 三 旧 国 家 公 務 員 等 に 対 する 退 職 手 当 の 臨 時 措 置 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 二 号 以 下 旧 法 という ) 第 三 条 第 二 号 又 は 第 三 号 に 規 定 する 控 除 日 数 については 旧 法 第 三 条 第 二 号 又 は 第 三 号 に 規 定 するところによるほか 次 のとおりとする イ 退 職 手 当 の 計 算 の 基 礎 となる 勤 続 期 間 のうち 恩 給 法 ( 大 正 十 二 年 法 律 第 四 十 八 号 )の 規 定 による 恩 給 又 は 国 家 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 以 下 共 済 法 という )による 退 職 給 付 の 支 給 の 対 象 となる 期 間 は 控 除 の 対 象 となる ロ イにおいて 恩 給 法 の 適 用 又 は 準 用 を 受 ける 職 員 であつた 期 間 ( 当 該 期 間 が 引 き 続 いて いない 場 合 は 合 計 した 期 間 とし 以 下 恩 給 公 務 員 期 間 という )については 旧 法 第 三 条 第 二 号 による 控 除 を 共 済 法 の 適 用 又 は 準 用 を 受 ける 職 員 であつた 期 間 ( 当 該 期 間 が 引 き 続 いていない 場 合 は 合 計 した 期 間 とし 以 下 共 済 組 合 員 期 間 という )につい ては 旧 法 第 三 条 第 三 号 による 控 除 を それぞれ 行 うものとする ハ 恩 給 公 務 員 期 間 又 は 共 済 組 合 員 期 間 の 双 方 の 期 間 があり かつ 双 方 の 期 間 に 一 年 未 満 の 月 数 があり 当 該 月 数 の 合 計 月 数 が 十 二 以 上 になる 場 合 は 当 該 月 数 を 共 済 組 合 員 期 間 として 取 り 扱 うものとする 附 則 第 八 項 関 係 本 項 の 規 定 は 未 復 員 者 以 外 の 職 員 として 同 項 に 掲 げる 日 に 現 に 在 職 する 職 員 に 限 り 適 用 す るものとする 附 則 第 十 一 項 関 係 本 項 に 規 定 する 職 員 が 本 邦 に 帰 還 後 引 き 続 き 職 員 として 在 職 し 若 しくは 引 き 続 いて 職 員 と なつて 在 職 する 場 合 又 は 法 第 十 三 条 の 規 定 の 適 用 を 受 け 引 き 続 いて 地 方 公 務 員 となつて 在 職 する 場 合 においては 本 項 の 規 定 により 支 給 を 受 けた 退 職 手 当 の 額 を 退 職 とみなされた 日 にお いてその 者 の 受 けるべき 俸 給 月 額 で 除 して 得 た 数 に 十 二 を 乗 じて 得 た 数 ( 一 未 満 の 端 数 を 生 じ たときは その 端 数 を 切 り 捨 てる )に 相 当 する 月 数 を 施 行 令 附 則 第 二 十 一 項 ただし 書 に 規 定 する 当 該 退 職 手 当 の 計 算 の 基 礎 となつた 在 職 期 間 とみなす 附 則 第 二 十 四 項 関 係 本 項 の 規 定 は 退 職 手 当 の 調 整 額 の 基 礎 となる 俸 給 月 額 についても 適 用 される 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 十 七 年 法 律 第 百 十 五 号 ) 附 則 第 三 条 関 係 本 条 の 規 定 は 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 第 八 条 の 二 第 五 項 に 規 定 する 認 定 を 受 けて 同 条 第 八 項 第 三 号 に 規 定 する 退 職 すべき 期 日 に 退 職 した 者 には 適 用 しない

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

から2.0の 範 囲 内 で 印 刷 局 の 業 務 実 績 に 対 する 評 価 に 応 じて 決 定 する 業 績 勘 案 率 を 乗 じた 額 とする ただし 第 6 条 第 1 項 及 び 第 7 条 後 段 の 規 定 によ り 引 き 続 き 在 職 したものとみなされた 者 の 退 職

から2.0の 範 囲 内 で 印 刷 局 の 業 務 実 績 に 対 する 評 価 に 応 じて 決 定 する 業 績 勘 案 率 を 乗 じた 額 とする ただし 第 6 条 第 1 項 及 び 第 7 条 後 段 の 規 定 によ り 引 き 続 き 在 職 したものとみなされた 者 の 退 職 国 立 印 刷 局 規 則 第 10 号 改 訂 平 15 規 則 第 69 号 改 訂 平 16 規 則 第 4 号 改 訂 平 21 規 則 第 11 号 改 訂 平 24 規 則 第 22 号 改 訂 平 27 規 則 第 11 号 独 立 行 政 法 人 国 立 印 刷 局 役 員 退 職 手 当 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 (

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx 退 職 手 当 制 度 について 制 度 の 概 要 1 退 職 手 当 の 支 給 根 拠 退 職 手 当 は 地 方 自 治 法 第 204 条 第 2 項 ( 諸 手 当 )の 規 定 に 基 づき 地 方 公 共 団 体 が 職 員 に 支 給 する 手 当 の 一 つです 同 条 第 3 項 において その 額 及 びその 支 給 方 法 は 条 例 で 定 めなければならな いとしており

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版 役 員 退 職 手 当 規 程 目 次 第 1 条 総 則 第 2 条 退 職 手 当 の 受 給 者 第 2 条 の2 遺 族 の 範 囲 及 び 順 位 第 3 条 退 職 手 当 の 額 第 4 条 在 職 期 間 の 計 算 第 5 条 再 任 等 の 場 合 の 取 り 扱 い 第 6 条 解 任 された 場 合 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 第 7 条 退 職 手 当 の 支

More information

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129>

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129> 国 立 大 学 法 人 室 蘭 工 業 大 学 役 員 の 給 与, 退 職 手 当, 紀 律, 旅 費 に 関 する 規 則 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 9 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 125 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 164 号 改 正 平 成 17 年 度 室 工 大 規 則 第 25 号 改 正 平 成 17 年

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 12 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 という )

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】 特 定 任 期 付 職 員 ( 特 定 事 務 ) 給 与 規 程 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 19 年 度 規 程 第 56 号 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 20 年 度 規 程 第 45 号 一 部 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 21 年 度 規 程 第 42 号 一 部 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 21

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

平成28年岩手県条例第8号

平成28年岩手県条例第8号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 をここに 公 布 する 平 成 28 年 3 月 25 日 岩 手 県 知 事 達 増 拓 也 岩 手 県 条 例 第 8 号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 岩 手 県 条 例 第 40

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464>

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 7 日 平 成 16 年 規 則 第 41 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 56 条

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD 国 立 大 学 法 人 山 口 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 66 号 改 正 平 成 17 年 1 月 11 日 規 則 第 1 号 平 成 17 年 3 月 24 日 規 則 第 48 号 平 成 18 年 3 月 23 日 規 則 第 38 号 平 成 19 年 3 月 22 日 規 則 第 44 号 平 成 23 年 3 月 31 日

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

職員退職手当規則【 】

職員退職手当規則【 】 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 100 号 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 広 島 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 4 条 及 び 広 島 大 学 船 員 就 業 規

More information

諮問第1号

諮問第1号 平 成 28 年 2 月 諮 問 説 明 資 料 ページ 諮 問 第 1 号 退 職 手 当 支 給 制 限 処 分 に 関 する 審 査 請 求 について 1 総 務 企 画 局 諮 問 第 1 号 退 職 手 当 支 給 制 限 処 分 に 関 する 審 査 請 求 について 第 1 議 会 への 諮 問 の 理 由 酒 気 帯 び 運 転 を 行 った 教 員 に 対 して, 平 成 27 年

More information

陸上自衛隊退職手当支給規則

陸上自衛隊退職手当支給規則 陸 上 自 衛 隊 退 職 手 当 支 給 規 則 昭 和 35 年 1 月 29 日 陸 上 自 衛 隊 達 第 32 7 号 改 正 昭 和 36 年 5 月 22 日 達 第 122 32 号 昭 和 38 年 8 月 7 日 達 第 50 10 1 号 昭 和 42 年 9 月 5 日 達 第 32 7 1 号 昭 和 45 年 4 月 8 日 達 第 63 2 号 昭 和 45 年 10

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案)

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案) 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 給 与 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 19 号 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 1 月 17 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 4 日 改 正 平 成 22 年 10 月 1 日 改 正 平 成 22 年 12 月 22 日 改 正 平 成 23

More information

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63> 国 立 大 学 法 人 和 歌 山 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 和 歌 山 大 学 規 程 第 37 号 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 19 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 以 下 法 人 法 という ) 附 則 第 4 条 の

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

本 給 月 額 という )に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする ただし, 大 学 教 員 基 準 日 後 に 退 職 した 大 学 教 員 に 対 する 勤 続 期 間 は,そ

本 給 月 額 という )に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする ただし, 大 学 教 員 基 準 日 後 に 退 職 した 大 学 教 員 に 対 する 勤 続 期 間 は,そ 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 80 条 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務 する 職 員 ( 国 立 大 学 法 人 三 重 大

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

役員退職金支給規程

役員退職金支給規程 平 成 17 年 10 月 1 日 17( 規 程 ) 第 62 号 ( 改 正 ) 平 成 21 年 12 月 1 日 21( 規 程 ) 第 42 号 ( 改 正 ) 平 成 25 年 3 月 26 日 24( 規 程 ) 第 56 号 ( 改 正 ) 平 成 26 年 6 月 30 日 26( 規 程 ) 第 32 号 ( 改 正 ) 平 成 27 年 4 月 14 日 27( 規 程 ) 第

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464>

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 事 務 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 54 条 及 び 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 教 員 就 業 規 則 ( 以 下 教 員 就 業 規

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

件名

件名 湖 北 地 域 消 防 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 趣 旨 ) 平 成 18 年 4 月 1 日 条 例 第 15 号 改 正 平 成 20 年 3 月 3 日 条 例 第 2 号 平 成 22 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 8 月 26 日 条 例 第 8 号 平 成 22 年 11 月 25 日 条 例 第 12 号 平 成 23

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

Microsoft Word - ac16-8.doc

Microsoft Word - ac16-8.doc 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 6 年 4 月 日 制 定 平 成 6 年 規 程 第 29 号 ( 趣 旨 ) 第 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 6 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 8 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information