社会福祉法人改革等について

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "社会福祉法人改革等について"

Transcription

1 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月

2 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯

3 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者 評 価 受 審 率 目 標 の 策 定 等 日 本 再 興 戦 略 閣 議 決 定 財 務 諸 表 の 公 表 推 進 による 透 明 性 の 確 保 法 人 規 模 拡 大 の 推 進 等 社 会 保 障 制 度 改 革 国 民 会 議 報 告 書 公 表 非 課 税 扱 いにふさわしい 地 域 貢 献 等 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 平 成 27 年 度 介 護 報 酬 改 定 等 における 社 会 福 祉 法 人 の 内 部 留 保 の 状 況 を 踏 まえた 適 正 化 等 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 閣 議 決 定 医 療 介 護 等 を 一 体 的 に 提 供 する 非 営 利 ホールディングカンパニー 型 法 人 制 度 ( 仮 称 )の 創 設 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 介 護 保 育 事 業 等 における 経 営 管 理 の 強 化 とイコールフッティング 確 立 社 会 福 祉 法 人 の 財 務 諸 表 等 の 開 示 義 務 付 け 社 会 福 祉 法 人 の 内 部 留 保 の 位 置 付 けの 明 確 化 福 祉 サービスへの 再 投 資 社 会 貢 献 での 活 用 社 会 福 祉 法 人 の 経 営 管 理 体 制 の 強 化 所 轄 庁 による 指 導 監 督 の 強 化 社 会 福 祉 法 人 に 対 する 社 会 貢 献 活 動 の 義 務 化 等 7 月 12 月 平 成 27 年 1 月 2 月 政 府 税 制 調 査 会 とりまとめ 公 益 法 人 課 税 等 の 見 直 し 収 益 事 業 の 範 疇 であっても 特 定 の 事 業 者 が 行 う 場 合 に 非 課 税 とされている 事 業 で 民 間 と 競 合 しているもの( 例 えば 社 会 福 祉 法 人 が 実 施 する 介 護 事 業 )は その 取 扱 いについて 見 直 しが 必 要 等 社 会 福 祉 法 人 の 在 り 方 等 に 関 する 検 討 会 報 告 書 地 域 における 公 益 的 な 活 動 の 推 進 法 人 組 織 の 体 制 強 化 法 人 運 営 の 透 明 性 の 確 保 等 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 公 益 法 人 等 については 非 収 益 事 業 について 民 間 競 合 が 生 じていないか 収 益 事 業 への 課 税 について 軽 減 税 率 とみなし 寄 附 金 制 度 が ともに 適 用 されることが 過 剰 な 支 援 となっていないかといった 点 について 実 態 を 丁 寧 に 検 証 しつつ その 課 税 のあり 方 について 引 き 続 き 検 討 を 行 う 社 会 福 祉 法 人 改 革 に 関 する 提 言 ( 自 由 民 主 党 社 会 福 祉 法 人 改 革 プロジェクトチーム) 法 人 運 営 におけるガバナンスの 強 化 法 人 運 営 における 透 明 性 の 確 保 内 部 留 保 の 明 確 化 と 福 祉 サービスへの 再 投 下 地 域 における 公 益 的 な 活 動 適 切 かつ 効 果 的 な 行 政 の 関 与 職 員 処 遇 の 改 善 等 社 会 保 障 審 議 会 福 祉 部 会 報 告 書 経 営 組 織 の 在 り 方 の 見 直 し 運 営 の 透 明 性 の 確 保 適 正 かつ 公 正 な 支 出 管 理 地 域 における 公 益 的 な 取 組 の 責 務 内 部 留 保 の 明 確 化 と 福 祉 サービスへの 再 投 下 行 政 の 役 割 と 関 与 の 在 り 方 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し 等 3

4 規 制 改 革 実 施 計 画 ( 抄 )( 社 会 福 祉 法 人 制 度 関 係 )1 財 務 諸 表 の 情 報 開 示 補 助 金 等 の 情 報 開 示 役 員 報 酬 等 の 開 示 ( 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 ) 〇 標 準 的 形 式 を 提 示 各 法 人 が 原 則 としてHP 上 で 開 示 を 行 うよう 指 導 一 覧 性 検 索 性 をもたせた 電 子 開 示 システムの 構 築 補 助 金 社 会 貢 献 活 動 の 支 出 額 等 の 状 況 の 開 示 を 義 務 付 け 国 地 方 自 治 体 からの 補 助 金 等 の 状 況 を 一 元 的 に 把 握 し 開 示 地 方 自 治 体 独 自 の 助 成 補 助 において 経 営 主 体 による 差 異 を 設 けないよう 要 請 役 員 に 対 する 報 酬 退 職 金 等 の 算 定 方 法 の 方 針 や 役 員 区 分 ごとの 報 酬 等 の 総 額 ( 役 員 報 酬 以 外 の 職 員 としての 給 与 等 も 含 む)の 開 示 を 義 務 付 け 内 部 留 保 の 明 確 化 内 部 留 保 の 位 置 付 けを 明 確 化 し 福 祉 サービスへの 再 投 資 や 社 会 貢 献 での 活 用 を 促 す 明 確 な 事 業 計 画 に 基 づく 目 的 別 の 積 立 ( 退 職 給 与 引 当 金 や 修 繕 積 立 金 等 の 別 途 積 立 金 の 活 用 )を 行 うことを 指 導 調 達 の 公 正 性 妥 当 性 の 確 保 社 会 福 祉 法 人 と 役 員 の 親 族 特 別 の 利 害 関 係 を 有 する 者 との 取 引 について 取 引 相 手 取 引 内 容 を 開 示 する 等 調 達 の 公 正 性 や 妥 当 性 を 担 保 する 仕 組 を 構 築 = 措 置 済 み = 法 案 において 取 組 予 定 ( 政 省 令 への 委 任 事 項 を 含 む ) = 今 後 措 置 4

5 規 制 改 革 実 施 計 画 ( 抄 )( 社 会 福 祉 法 人 制 度 関 係 )2 経 営 管 理 体 制 の 強 化 所 轄 庁 による 指 導 監 督 の 強 化 多 様 な 経 営 主 体 による サービスの 提 供 理 事 会 評 議 員 会 役 員 等 の 役 割 権 限 責 任 の 範 囲 等 を 明 定 サービスに 対 する 第 三 者 評 価 のガイドラインの 見 直 し 介 護 保 育 分 野 について 第 三 者 評 価 受 審 率 の 数 値 目 標 を 策 定 一 定 の 事 業 規 模 を 超 える 法 人 に 外 部 機 関 による 会 計 監 査 を 義 務 付 け 監 査 のガイドラインや 監 査 人 材 の 育 成 プログラムを 策 定 その 工 程 表 を 策 定 経 営 の 悪 化 した 法 人 に 対 し 所 轄 庁 が 措 置 命 令 等 に 先 駆 けて 助 言 勧 告 を 行 える 措 置 を 講 じる 特 別 養 護 老 人 ホームの 機 能 の 重 点 化 の 徹 底 低 所 得 者 の 支 援 を 中 心 とした 公 的 性 格 を 強 化 各 市 町 村 が 介 護 サービスの 需 要 を 的 確 に 把 握 し 有 料 老 人 ホーム 等 の 特 定 施 設 も 含 めて 地 域 の 実 情 に 即 して 適 切 なサービス 量 を 見 込 むよう 通 知 福 祉 施 設 における 指 定 管 理 者 制 度 等 の 運 用 の 改 善 社 会 貢 献 活 動 の 義 務 化 業 務 委 託 や 指 定 管 理 者 制 度 等 の 公 募 要 件 に 理 由 なく 株 式 会 社 を 除 外 しな いよう 地 方 自 治 体 に 通 知 社 会 貢 献 活 動 の 実 施 を 義 務 付 け 社 会 貢 献 活 動 の 定 義 を 明 確 化 会 計 区 分 の 整 備 社 会 貢 献 活 動 への 拠 出 制 度 の 創 設 などを 検 討 法 令 等 での 義 務 付 けに 先 駆 けて 一 定 の 事 業 規 模 を 超 える 法 人 に 対 し 社 会 貢 献 活 動 の 実 施 を 要 請 社 会 貢 献 活 動 を 行 わない 法 人 に 対 し 零 細 小 規 模 な 法 人 には 配 慮 しつつ 所 轄 庁 が 所 要 の 措 置 命 令 のほか 業 務 の 全 部 一 部 の 停 止 役 員 の 解 職 勧 告 解 散 命 令 ができることを 明 確 化 5

6 法 人 税 の 改 革 について( 抄 ) ( 平 成 26 年 6 月 27 日 政 府 税 制 調 査 会 とりまとめ) (7) 公 益 法 人 課 税 等 の 見 直 し 1 現 状 公 益 法 人 等 は 収 益 事 業 のみが 課 税 対 象 となり 公 益 目 的 事 業 に 係 る 収 益 は 原 則 非 課 税 とされている 収 益 事 業 に 対 しては 中 小 法 人 と 同 じ 軽 減 税 率 が 適 用 されることに 加 え 収 益 事 業 による 収 入 を 非 収 益 事 業 のために 支 出 し た 金 額 は 寄 附 金 とみなして 一 定 額 まで 損 金 算 入 される(みなし 寄 附 金 制 度 ) ( 後 略 ) 2 改 革 の 方 向 性 公 共 的 とされているサービスの 提 供 主 体 が 多 様 化 し 経 営 形 態 のみによって 公 益 事 業 を 定 義 することが 適 当 では なくなっている こうした 市 場 の 変 化 を 踏 まえ 公 益 法 人 等 や 協 同 組 合 等 に 対 する 課 税 の 抜 本 的 な 見 直 しを 行 う 必 要 がある 特 に 介 護 事 業 のように 民 間 事 業 者 との 競 合 が 発 生 している 分 野 においては 経 営 形 態 間 での 課 税 の 公 平 性 を 確 保 していく 必 要 がある こうした 観 点 から 公 益 法 人 等 の 成 り 立 ちや 果 たしている 役 割 も 踏 まえながら 公 益 法 人 等 の 範 囲 や 収 益 事 業 の 範 囲 を 見 直 すべきである 特 に 収 益 事 業 の 範 疇 であっても 特 定 の 事 業 者 が 行 う 場 合 に 非 課 税 とされている 事 業 で 民 間 と 競 合 しているもの( 例 えば 社 会 福 祉 法 人 が 実 施 する 介 護 事 業 )については その 取 扱 いについて 見 直 し が 必 要 である また 収 益 事 業 の 規 定 方 法 については 従 来 から 現 行 の 限 定 列 挙 方 式 ではなく 対 価 を 得 て 行 う 事 業 は 原 則 課 税 とし 一 定 の 要 件 に 該 当 する 事 業 を 非 課 税 とすべきとの 指 摘 があり このような 方 向 での 見 直 しも 検 討 すべきである ( 後 略 ) ( 参 考 ) 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 介 護 事 業 等 の 法 人 税 の 扱 い 通 所 介 護 訪 問 介 護 特 養 等 ( 社 福 学 校 法 人 等 が 行 う 場 合 以 外 は 収 益 事 業 に 該 当 ) 認 可 保 育 所 幼 稚 園 等 ( 収 益 事 業 に 該 当 しない) 福 祉 用 具 貸 付 等 ( 収 益 事 業 に 該 当 ) 社 会 福 祉 法 人 非 課 税 非 課 税 軽 減 税 率 営 利 法 人 本 則 税 率 本 則 税 率 本 則 税 率 6

7 2. 社 会 福 祉 法 等 改 正 案 について

8 1. 社 会 福 祉 法 人 制 度 の 改 革 2. 福 祉 人 材 の 確 保 の 促 進 社 会 福 祉 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 福 祉 サービスの 供 給 体 制 の 整 備 及 び 充 実 を 図 るため 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 経 営 組 織 のガバナンスの 強 化 事 業 運 営 の 透 明 性 の 向 上 等 の 改 革 を 進 めるとともに 介 護 人 材 の 確 保 を 推 進 するための 措 置 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 しの 措 置 を 講 ずる (1) 経 営 組 織 のガバナンスの 強 化 議 決 機 関 としての 評 議 員 会 を 必 置 ( 小 規 模 法 人 について 評 議 員 定 数 の 経 過 措 置 ) 一 定 規 模 以 上 の 法 人 への 会 計 監 査 人 の 導 入 等 (2) 事 業 運 営 の 透 明 性 の 向 上 財 務 諸 表 現 況 報 告 書 役 員 報 酬 基 準 等 の 公 表 に 係 る 規 定 の 整 備 等 (3) 財 務 規 律 の 強 化 ( 適 正 かつ 公 正 な 支 出 管 理 いわゆる 内 部 留 保 の 明 確 化 社 会 福 祉 充 実 残 額 の 社 会 福 祉 事 業 等 への 計 画 的 な 再 投 資 ) 役 員 報 酬 基 準 の 作 成 と 公 表 役 員 等 関 係 者 への 特 別 の 利 益 供 与 の 禁 止 等 社 会 福 祉 充 実 残 額 ( 再 投 下 財 産 額 ) ( 純 資 産 の 額 から 事 業 の 継 続 に 必 要 な 財 産 額 ( )を 控 除 等 した 額 )の 明 確 化 1 事 業 に 活 用 する 土 地 建 物 等 2 建 物 の 建 替 修 繕 に 要 する 資 金 3 必 要 な 運 転 資 金 4 基 本 金 及 び 国 庫 補 助 等 特 別 積 立 金 社 会 福 祉 充 実 残 額 を 保 有 する 法 人 に 対 して 社 会 福 祉 事 業 又 は 公 益 事 業 の 新 規 実 施 拡 充 に 係 る 計 画 の 作 成 を 義 務 付 け 等 (4) 地 域 における 公 益 的 な 取 組 を 実 施 する 責 務 社 会 福 祉 事 業 及 び 公 益 事 業 を 行 うに 当 たって 無 料 又 は 低 額 な 料 金 で 福 祉 サービスを 提 供 することを 責 務 として 規 定 (5) 行 政 の 関 与 の 在 り 方 所 轄 庁 による 指 導 監 督 の 機 能 強 化 国 都 道 府 県 市 の 連 携 等 (1) 介 護 人 材 確 保 に 向 けた 取 組 の 拡 大 福 祉 人 材 の 確 保 等 に 関 する 基 本 的 な 指 針 の 対 象 者 の 範 囲 を 拡 大 ( 社 会 福 祉 事 業 と 密 接 に 関 連 する 介 護 サービス 従 事 者 を 追 加 ) (2) 福 祉 人 材 センターの 機 能 強 化 離 職 した 介 護 福 祉 士 の 届 出 制 度 の 創 設 就 業 の 促 進 ハローワークとの 連 携 強 化 等 (3) 介 護 福 祉 士 の 国 家 資 格 取 得 方 法 の 見 直 しによる 資 質 の 向 上 等 平 成 29 年 度 から 養 成 施 設 卒 業 者 に 受 験 資 格 を 付 与 し 5 年 間 をかけて 国 家 試 験 の 義 務 付 けを 漸 進 的 に 導 入 等 (4) 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し 退 職 手 当 金 の 支 給 乗 率 を 長 期 加 入 者 に 配 慮 したものに 見 直 し 被 共 済 職 員 が 退 職 し 再 び 被 共 済 職 員 となった 場 合 に 共 済 加 入 期 間 の 合 算 が 認 められる 期 間 を2 年 以 内 から3 年 以 内 に 延 長 障 害 者 支 援 施 設 等 に 係 る 公 費 助 成 を 介 護 保 険 施 設 等 と 同 様 の 取 扱 いに 見 直 し 8 施 行 期 日 平 成 29 年 4 月 1 日 (1の(2)と(3)の 一 部,(4),(5)の 一 部,2の(1),(4)は 平 成 28 年 4 月 1 日 2の(3)は 公 布 の 日 )

9 社 会 福 祉 法 人 制 度 の 改 革 ( 主 な 内 容 ) 公 益 性 非 営 利 性 を 確 保 する 観 点 から 制 度 を 見 直 し 国 民 に 対 する 説 明 責 任 を 果 たし 地 域 社 会 に 貢 献 する 法 人 の 在 り 方 を 徹 底 する 1. 経 営 組 織 のガバナンスの 強 化 理 事 理 事 長 に 対 する 牽 制 機 能 の 発 揮 財 務 会 計 に 係 るチェック 体 制 の 整 備 2. 事 業 運 営 の 透 明 性 の 向 上 財 務 諸 表 の 公 表 等 について 法 律 上 明 記 3. 財 務 規 律 の 強 化 1 適 正 かつ 公 正 な 支 出 管 理 の 確 保 2 いわゆる 内 部 留 保 の 明 確 化 3 社 会 福 祉 事 業 等 への 計 画 的 な 再 投 資 議 決 機 関 としての 評 議 員 会 を 必 置 ( 注 ) 小 規 模 法 人 について 評 議 員 定 数 に 係 る 経 過 措 置 を 設 ける 役 員 理 事 会 評 議 員 会 の 権 限 責 任 に 係 る 規 定 の 整 備 親 族 等 特 殊 関 係 者 の 理 事 等 への 選 任 の 制 限 に 係 る 規 定 の 整 備 一 定 規 模 以 上 の 法 人 への 会 計 監 査 人 の 導 入 等 理 事 等 の 選 任 解 任 や 役 員 報 酬 の 決 定 など 重 要 事 項 を 決 議 閲 覧 対 象 書 類 の 拡 大 と 閲 覧 請 求 者 の 国 民 一 般 への 拡 大 財 務 諸 表 現 況 報 告 書 ( 役 員 報 酬 総 額 役 員 等 関 係 者 との 取 引 内 容 を 含 む ) 役 員 報 酬 基 準 の 公 表 に 係 る 規 定 の 整 備 等 1 役 員 報 酬 基 準 の 作 成 と 公 表 役 員 等 関 係 者 への 特 別 の 利 益 供 与 を 禁 止 等 2 純 資 産 から 事 業 継 続 に 必 要 な 財 産 ( )の 額 を 控 除 し 福 祉 サービスに 再 投 下 可 能 な 財 産 額 ( 社 会 福 祉 充 実 残 額 )を 明 確 化 1 事 業 に 活 用 する 土 地 建 物 等 2 建 物 の 建 替 修 繕 に 必 要 な 資 金 3 必 要 な 運 転 資 金 4 基 本 金 国 庫 補 助 等 特 別 積 立 金 3 再 投 下 可 能 な 財 産 額 がある 社 会 福 祉 法 人 に 対 して 社 会 福 祉 事 業 又 は 公 益 事 業 の 新 規 実 施 拡 充 に 係 る 計 画 の 作 成 を 義 務 づけ(1 社 会 福 祉 事 業 2 地 域 公 益 事 業 3その 他 公 益 事 業 の 順 に 検 討 ) 等 4. 地 域 における 公 益 的 な 取 組 を 実 施 する 責 務 社 会 福 祉 法 人 の 本 旨 に 従 い 他 の 主 体 では 困 難 な 福 祉 ニーズへの 対 応 を 求 める 5. 行 政 の 関 与 の 在 り 方 所 轄 庁 による 指 導 監 督 の 機 能 強 化 国 都 道 府 県 市 の 連 携 を 推 進 社 会 福 祉 事 業 又 は 公 益 事 業 を 行 うに 当 たり 日 常 生 活 又 は 社 会 生 活 上 支 援 を 要 する 者 に 対 する 無 料 又 は 低 額 の 料 金 で 福 祉 サービスを 提 供 することを 責 務 として 規 定 利 用 者 負 担 の 軽 減 無 料 又 は 低 額 による 高 齢 者 の 生 活 支 援 等 都 道 府 県 の 役 割 として 市 による 指 導 監 督 の 支 援 を 位 置 づけ 経 営 改 善 や 法 令 遵 守 について 柔 軟 に 指 導 監 督 する 仕 組 み( 勧 告 等 )に 関 する 規 定 を 整 備 都 道 府 県 による 財 務 諸 表 等 の 収 集 分 析 活 用 国 による 全 国 的 なデータベース の 整 備 等 9 9

10 経 営 組 織 の 在 り 方 について 社 会 福 祉 法 人 について 一 般 財 団 法 人 公 益 財 団 法 人 と 同 等 以 上 の 公 益 性 を 担 保 できる 経 営 組 織 とする 理 事 理 事 長 理 事 会 < 現 行 > 理 事 会 による 理 事 理 事 長 に 対 する 牽 制 機 能 が 制 度 化 されていない 理 事 理 事 長 の 役 割 権 限 の 範 囲 が 明 確 でない ( 注 ) 理 事 会 理 事 長 は 通 知 に 規 定 が 置 かれている < 見 直 し 後 > 理 事 会 を 業 務 執 行 に 関 する 意 思 決 定 機 関 として 位 置 付 け 理 事 理 事 長 に 対 する 牽 制 機 能 を 働 かせる 理 事 等 の 義 務 と 責 任 を 法 律 上 規 定 評 議 員 評 議 員 会 評 議 員 会 は 任 意 設 置 の 諮 問 機 関 であり 理 事 理 事 長 に 対 する 牽 制 機 能 が 不 十 分 ( 審 議 事 項 ) 定 款 の 変 更 理 事 監 事 の 選 任 等 評 議 員 会 を 法 人 運 営 の 基 本 ルール 体 制 の 決 定 と 事 後 的 な 監 督 を 行 う 機 関 として 位 置 付 け 必 置 の 議 決 機 関 とする 小 規 模 法 人 について 評 議 員 定 数 の 経 過 措 置 ( 決 議 事 項 ) 定 款 の 変 更 理 事 監 事 会 計 監 査 人 の 選 任 解 任 理 事 監 事 の 報 酬 の 決 定 等 監 事 監 事 の 理 事 使 用 人 に 対 する 事 業 報 告 の 要 求 や 財 産 の 調 査 権 限 理 事 会 に 対 する 報 告 義 務 等 が 定 められていない 監 事 の 権 限 義 務 ( 理 事 会 への 出 席 義 務 報 告 義 務 等 ) 責 任 を 法 律 上 規 定 会 計 監 査 人 資 産 額 100 億 円 以 上 若 しくは 負 債 額 50 億 円 以 上 又 は 収 支 決 算 額 10 億 円 以 上 の 法 人 は2 年 に1 回 その 他 の 法 人 は5 年 に1 回 の 外 部 監 査 が 望 まし いとしている( 通 知 ) 一 定 規 模 以 上 の 法 人 への 会 計 監 査 人 による 監 査 の 義 務 付 け( 法 律 ) 10

11 運 営 の 透 明 性 の 確 保 について 社 会 福 祉 法 人 の 高 い 公 益 性 に 照 らし 公 益 財 団 法 人 以 上 の 運 営 の 透 明 性 を 確 保 することとし 以 下 の 事 項 を 法 令 上 明 記 定 款 事 業 計 画 書 役 員 報 酬 基 準 を 新 たに 閲 覧 対 象 とすること 閲 覧 請 求 者 を 利 害 関 係 人 から 国 民 一 般 にすること 定 款 貸 借 対 照 表 収 支 計 算 書 役 員 報 酬 基 準 を 公 表 対 象 とすること 既 に 通 知 により 公 表 を 義 務 付 けている 現 況 報 告 書 ( 役 員 名 簿 補 助 金 社 会 貢 献 活 動 に 係 る 支 出 額 役 員 の 親 族 等 との 取 引 内 容 を 含 む )について 規 制 改 革 実 施 計 画 を 踏 まえ 役 員 区 分 ごとの 報 酬 総 額 を 追 加 した 上 で 閲 覧 公 表 対 象 とすること を 法 令 上 明 記 国 民 が 情 報 入 手 しやすいホームページを 活 用 して 公 表 備 置 き 閲 覧 公 表 事 業 報 告 書 財 産 目 録 貸 借 対 照 表 ( 通 知 ) 収 支 計 算 書 ( 事 業 活 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 ) ( 通 知 ) 監 事 の 意 見 を 記 載 した 書 類 現 況 報 告 書 ( 役 員 名 簿 補 助 金 社 会 貢 献 活 動 に 係 る 支 出 額 役 員 の 親 族 等 との 取 引 状 況 を 含 む ) ( 通 知 ) 役 員 区 分 ごとの 報 酬 総 額 定 款 役 員 報 酬 基 準 事 業 計 画 書 ( ) 現 況 報 告 書 に 記 載 現 行 見 直 し 案 公 益 財 団 法 人 備 置 き 閲 覧 ( ) 公 表 ( ) 備 置 き 閲 覧 公 告 公 表 規 制 改 革 実 施 計 画 公 表 ( 通 知 で 措 置 済 ) ( 通 知 で 措 置 済 ) 11

12 公 益 性 を 担 保 する 財 務 規 律 社 会 福 祉 法 人 の 財 務 規 律 について Ⅰ 適 正 かつ 公 正 な 支 出 管 理 Ⅱ 余 裕 財 産 の 明 確 化 Ⅲ 福 祉 サービスへの 再 投 下 Ⅰ 適 正 かつ 公 正 な 支 出 管 理 適 正 な 役 員 報 酬 法 人 による 役 員 報 酬 基 準 の 設 定 と 公 表 役 員 区 分 毎 の 報 酬 総 額 の 公 表 利 益 供 与 の 禁 止 親 族 等 関 係 者 への 特 別 の 利 益 供 与 を 法 律 上 禁 止 関 係 者 との 取 引 内 容 の 公 表 ( 対 象 範 囲 の 拡 大 ) 会 計 監 査 人 一 定 規 模 以 上 の 法 人 に 会 計 監 査 人 の 設 置 義 務 化 社 会 福 祉 法 人 の 事 業 社 会 福 祉 事 業 公 益 事 業 日 常 生 活 社 会 生 活 上 の 支 援 を 必 要 と する 者 に 対 して 無 料 又 は 低 額 な 料 金 に より 福 祉 サービスを 提 供 する 責 務 Ⅲ 福 祉 サービスへの 再 投 下 社 会 福 祉 充 実 計 画 ( 再 投 下 計 画 ) 地 域 のニーズに 対 応 した 新 しいサービスの 展 開 人 材 への 投 資 無 料 又 は 低 額 な 料 金 による 福 祉 サービスの 提 供 等 公 認 会 計 士 又 は 税 理 士 による 計 画 の 記 載 内 容 の 確 認 地 域 協 議 会 による 地 域 の 福 祉 ニーズの 反 映 所 轄 庁 による 計 画 の 承 認 実 績 の 所 轄 庁 への 報 告 と 公 表 等 利 益 Ⅱ 余 裕 財 産 の 明 確 化 会 計 制 度 の 整 備 ( 新 会 計 基 準 の 導 入 ) 評 議 員 会 による 内 部 牽 制 外 部 監 査 ( 会 計 監 査 人 )の 導 入 財 務 諸 表 の 公 表 等 いわゆる 内 部 留 保 事 業 継 続 に 必 要 な 財 産 事 業 に 活 用 する 土 地 建 物 等 建 物 の 建 替 修 繕 手 元 流 動 資 金 1 社 会 福 祉 事 業 等 投 資 額 社 会 福 祉 事 業 等 に 関 する 施 設 の 新 設 増 設 新 たなサービスの 展 開 人 材 への 投 資 2 地 域 公 益 事 業 投 資 額 無 料 又 は 低 額 の 料 金 により 行 う 公 益 事 業 3 公 益 事 業 投 資 額 12

13 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 しについて 1 支 給 乗 率 を 長 期 加 入 者 に 配 慮 したものに 見 直 す 2 被 共 済 職 員 が 退 職 した 日 から 再 び 被 共 済 職 員 になった 場 合 前 後 の 共 済 加 入 期 間 を 合 算 できる 期 間 を 2 年 以 内 から 3 年 以 内 に 拡 充 3 障 害 者 総 合 支 援 法 等 に 関 する 施 設 事 業 ( 児 童 福 祉 法 に 基 づく 障 害 児 を 対 象 とする 施 設 事 業 を 含 む )について 他 の 事 業 主 体 とのイコールフッティングの 観 点 から 公 費 助 成 を 廃 止 ( 既 加 入 者 に 対 する 公 費 助 成 は 維 持 ) 1 給 付 水 準 の 見 直 し ( 支 給 乗 率 ) 共 済 契 約 者 ( 社 会 福 祉 法 人 A) 退 職 日 (H ) 共 済 加 入 期 間 a 在 籍 期 間 が1 年 以 上 改 正 後 復 帰 期 限 (H ) 退 職 日 から 1 日 以 上 2 年 以 内 現 行 2 共 済 加 入 期 間 の 合 算 制 度 の 充 実 3 年 以 内 共 済 加 入 期 間 ( 年 ) 共 済 契 約 者 ( 社 会 福 祉 法 人 B) 共 済 加 入 期 間 b 共 済 加 入 期 間 a と 共 済 加 入 期 間 b を 合 算 加 入 要 件 を 満 たす 雇 用 契 約 3 公 費 助 成 の 見 直 し 給 付 水 準 共 済 加 入 期 間 の 合 算 公 費 助 成 ( 国 1 / 3 都 道 府 県 1 / 3 ) 介 護 障 害 保 育 前 回 改 正 (H 施 行 ) 1 割 引 下 げ 退 職 した 日 から 起 算 して2 年 以 内 廃 止 公 費 助 成 の 取 扱 いは 将 来 の 検 討 課 題 社 会 福 祉 法 人 がサー ビスの 中 核 的 な 担 い 手 となっている 現 状 障 害 者 関 連 施 策 など 制 度 自 体 の 枠 組 みを 検 討 中 今 回 の 見 直 し( 案 ) 長 期 勤 続 に 配 慮 するなどの 見 直 し 出 産 育 児 介 護 等 の 事 由 により 退 職 した 職 員 が 復 職 しやすい 環 境 を 整 えるため 3 年 以 内 に 拡 大 廃 止 障 害 者 関 連 の 新 制 度 への 移 行 が 完 了 社 会 福 祉 法 人 以 外 の 参 入 公 費 助 成 の 取 扱 いは 平 成 29 年 度 までに 検 討 し 結 論 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 平 成 27 年 度 から 施 行 平 成 29 年 度 を 目 標 年 度 にする 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プランが 進 行 中 13

14 3. 評 議 員 会 について

15 ガバナンス( 評 議 員 会 ) 関 係 の 論 点 と 対 応 評 議 員 会 の 必 置 と 理 事 等 への 牽 制 機 能 は 公 益 財 団 法 人 と 同 等 以 上 の 公 益 性 を 担 保 する ための 重 要 な 柱 であり 社 会 福 祉 法 人 非 課 税 の 前 提 条 件 論 点 考 え 方 対 応 1. 評 議 員 の 定 数 (7 人 以 上 ) 1 評 議 員 の 確 保 が 困 難 で はないか 2 小 規 模 法 人 の 経 過 措 置 が 不 十 分 ではないか 2. 評 議 員 会 の 権 限 1 評 議 員 の 権 限 が 強 すぎ るのではないか 2 理 事 の 解 任 権 限 が 濫 用 され 法 人 の 乗 っ 取 り に つながるのではないか 理 事 等 への 牽 制 機 能 を 果 たす 施 行 は 平 成 29 年 度 ため 一 定 数 の 評 議 員 が 必 要 ( 改 正 事 項 の 中 で 最 も 遅 い 時 期 ) ( 現 在 の 評 議 員 会 と 実 質 的 に 評 議 員 の 確 保 を 支 援 する 仕 組 同 じ) みを 設 ける 評 議 員 の 数 が 少 ないほど 乗 っ 取 りのリスクが 高 まるおそれ PT 提 言 の 要 請 ( 小 規 模 法 人 への 配 慮 )とガバナンス 確 保 の 必 要 性 を 考 慮 し 経 過 措 置 を 設 定 公 益 財 団 法 人 と 同 様 の 仕 組 み 法 人 非 課 税 の 前 提 条 件 公 益 財 団 法 人 と 同 様 の 仕 組 み であり 法 人 非 課 税 の 前 提 条 件 小 規 模 法 人 の 評 議 員 定 数 は 施 行 日 から3 年 を 経 過 するまで の 間 は4 人 以 上 評 議 員 の 確 保 を 支 援 する 仕 組 みを 設 ける 評 議 員 の 選 任 方 法 ( 定 款 で 規 定 )は 理 事 又 は 理 事 会 による 選 任 以 外 の 方 法 であれば 許 容 される 旨 解 釈 で 明 示 解 任 規 定 の 運 用 を 通 知 で 明 確 に 定 め 解 任 権 の 濫 用 を 防 止 15

16 小 規 模 法 人 について 配 慮 すべき 事 項 と 対 応 事 項 評 議 員 の 定 数 ( 第 40 条 第 3 項 ) * 定 款 で 定 めた 理 事 の 員 数 を 超 える 数 7 人 以 上 会 計 監 査 人 の 設 置 ( 第 37 条 ) 対 応 一 定 の 事 業 規 模 ( 政 令 事 項 )を 超 えない 法 人 について 施 行 から3 年 間 (29 年 度 から31 年 度 まで) 4 人 以 上 とする ( 附 則 第 10 条 ) * 政 令 :1 法 人 1 施 設 の 小 規 模 法 人 を 想 定 して 基 準 を 策 定 法 人 が 円 滑 に 評 議 員 の 選 任 を 行 えるよう 評 議 員 にふさわし い 人 材 の 例 を 具 体 的 に 分 かり 易 く 示 す 小 規 模 法 人 について 自 治 体 や 社 会 福 祉 協 議 会 等 が 具 体 的 に 相 談 に 応 じ 評 議 員 を 確 保 する 仕 組 みを 設 ける 一 定 の 事 業 規 模 ( 政 令 事 項 ) 以 上 の 法 人 にのみ 設 置 を 義 務 づける ( 第 37 条 ) * 政 令 : 収 益 10 億 円 又 は 負 債 20 億 円 とすることを 検 討 ( 法 人 全 体 の 約 1 割 ) コンプライアンス( 法 令 遵 守 等 ) の 体 制 の 整 備 ( 第 45 条 の13 第 4 項 第 5 号 ) 一 定 の 事 業 規 模 ( 政 令 事 項 ) 以 上 の 法 人 にのみ 整 備 を 義 務 づける ( 第 45 条 の13 第 5 項 ) * 政 令 : 会 計 監 査 人 と 同 じ 基 準 とすることを 検 討 16

17 評 議 員 としての 識 見 を 有 する 人 材 について 法 律 上 評 議 員 は 社 会 福 祉 法 人 の 適 正 な 運 営 に 必 要 な 識 見 を 有 する 者 のうちから 選 任 することとされている 第 39 条 評 議 員 は 社 会 福 祉 法 人 の 適 正 な 運 営 に 必 要 な 識 見 を 有 する 者 のうち から 定 款 の 定 めるところにより 選 任 する 社 会 福 祉 法 人 において 円 滑 に 評 議 員 を 選 任 できるよう 評 議 員 とし ての 識 見 を 有 すると 考 えられる 人 材 の 分 かり 易 い 例 を 示 す ( 評 議 員 としての 識 見 を 有 する 人 材 の 例 ) 社 会 福 祉 事 業 や 学 校 などその 他 の 公 益 的 な 事 業 の 経 営 者 社 会 福 祉 に 関 する 学 識 経 験 者 ( 大 学 教 員 等 ) 社 会 福 祉 法 人 に 関 与 した 経 験 がある 弁 護 士 公 認 会 計 士 税 理 士 等 地 域 の 福 祉 関 係 者 ( 民 生 委 員 児 童 委 員 等 ) * 民 生 委 員 児 童 委 員 数 23.6 万 人 ( 平 成 25 年 ) ( 配 置 の 考 え 方 ) 都 市 部 :220~440 世 帯 に1 人 町 村 部 :70~200 世 帯 に1 人 社 会 福 祉 法 人 職 員 OB( 退 職 後 一 定 期 間 を 経 過 した 者 ) 地 域 の 経 済 団 体 が 適 切 な 者 として 推 薦 する 者 等 17

18 地 域 における 評 議 員 の 確 保 を 支 援 する 仕 組 み 小 規 模 法 人 等 における 評 議 員 の 確 保 を 支 援 するため 社 会 福 祉 法 人 からの 相 談 に 応 じて 評 議 員 としての 識 見 を 有 する 人 材 に 関 する 情 報 を 提 供 する 仕 組 みを 講 ずる 所 轄 庁 や 地 域 の 社 会 福 祉 協 議 会 において 上 記 の 人 材 についての 情 報 を 収 集 する 相 談 経 営 者 学 識 経 験 者 等 自 治 体 評 議 員 会 福 祉 関 係 者 社 会 福 祉 法 人 情 報 の 提 供 評 議 員 としての 識 見 を 有 する 人 材 に 関 する 情 報 の 収 集 社 会 福 祉 協 議 会 18

19 評 議 員 会 による 理 事 等 の 選 任 解 任 について 公 益 性 を 担 保 する 観 点 から 理 事 等 に 対 する 牽 制 機 能 を 働 かせるため 理 事 等 の 選 任 解 任 は 評 議 員 会 の 決 議 によることとしている これは 平 成 18 年 の 公 益 法 人 改 革 で 一 般 財 団 法 人 公 益 財 団 法 人 に 導 入 された 仕 組 みであり 公 益 法 人 と 同 等 以 上 の 公 益 性 を 担 保 するため 社 会 福 祉 法 人 においても 同 様 の 制 度 とすることは 避 けて 通 れない 評 議 員 会 による 理 事 等 の 解 任 については 法 律 上 解 任 事 由 が 制 限 されて おり 評 議 員 が 自 由 に 理 事 等 を 解 任 できるわけではない また 評 議 員 会 の 決 議 の 無 効 の 確 認 又 は 取 消 の 訴 え 等 ができる 社 会 福 祉 法 改 正 案 第 45 条 の4 役 員 が 次 のいずれかに 該 当 するときは 評 議 員 会 の 決 議 によって 当 該 役 員 を 解 任 することが できる 一 職 務 上 の 義 務 に 違 反 し 又 は 職 務 を 怠 つたとき 二 心 身 の 故 障 のため 職 務 の 執 行 に 支 障 があり 又 はこれに 堪 えないとき 一 般 財 団 法 人 公 益 財 団 法 人 において 法 人 の 乗 っ 取 り 等 により 安 定 的 な 法 人 運 営 が 阻 害 される 状 況 とはなっていない 19

20 法 人 の 理 念 や 経 営 状 況 を 理 解 した 上 で 中 立 的 な 立 場 から 審 議 できる 者 を 評 議 員 とし て 選 任 することが 重 要 こうした 視 点 に 立 った 評 議 員 の 選 任 が 可 能 となる 運 用 とする 法 律 上 評 議 員 の 選 任 方 法 は 定 款 に 定 め 所 轄 庁 の 認 可 が 必 要 とされている( 一 般 財 団 法 人 公 益 財 団 法 人 と 同 じ) 理 事 が 評 議 員 等 を 選 任 解 任 する 旨 の 定 めは 法 律 上 認 められていないが それ 以 外 は 基 本 的 に 社 会 福 祉 法 人 が 定 めた 方 式 で 評 議 員 を 選 任 できる 一 般 財 団 法 人 公 益 財 団 法 人 の 運 用 では 評 議 員 は 中 立 的 な 選 定 委 員 会 等 の 方 法 により 選 任 されている 法 定 事 項 定 款 変 更 案 の 決 定 法 定 事 項 所 轄 庁 に よ る 定 款 変 更 の 認 可 評 議 員 の 選 任 方 法 ( 運 用 ) 評 議 員 の 選 任 方 法 の 例 理 事 会 に よ る の 評 設 議 置 員 選 定 委 員 会 理 事 会 に よ る 評 議 員 候 補 者 の 推 薦 経 歴 役 員 等 と の 関 係 を 含 む 理 事 会 に よ る 推 薦 理 由 の 説 明 選 定 委 員 会 に よ る 審 議 決 議 20

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

スライド 1

スライド 1 835.0 840.0 810.0 900.0 800.0 700.0 706.4 751.5 722.2 739.8 771.2 766.8 784.3 774.3 754.8 739.5 731.3 732.8 736.3 653.7 600.0 556.0 602.2 500.0 400.0 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 社 会 福 祉 法 人 の 適 正 な 運 営 について 社 会 福 祉 法 人 制 度 改 正 を 踏 まえて 平 成 28 年 1 月 14 日 東 京 都 福 祉 保 健 局 指 導 監 査 部 指 導 調 整 課 社 会 福 祉 法 人 係 1 東 京 都 における 社 会 福 祉 法 人 の 状 況 1 所 轄 庁 別 所 轄 庁 平 成 26 年 3 月 31 日 平 成 27 年 3

More information

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 連 絡 事 項 企 画 課 145 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 児 施 設 4 肢 体 不 自 由 児 施 設 及 び5 重 症

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

Microsoft Word - law

Microsoft Word - law 民 生 委 員 法 民 生 委 員 法 をここに 公 布 する 民 生 委 員 法 ( 昭 和 二 十 三 年 七 月 二 十 九 日 ) ( 法 律 第 百 九 十 八 号 ) 第 二 回 通 常 国 会 芦 田 内 閣 第 一 条 民 生 委 員 は 社 会 奉 仕 の 精 神 をもつて 常 に 住 民 の 立 場 に 立 つて 相 談 に 応 じ 及 び 必 要 な 援 助 を 行 い もつて

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477>

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477> 平 成 28 年 3 月 行 財 政 局 人 事 部 人 事 課 京 都 市 職 員 の 再 就 職 等 に 関 する 規 制 の 概 要... 2 改 正 地 方 公 務 員 法 及 び 京 都 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 概 要... 1 再 就 職 者 による 働 きかけの 規 制... 2 再 就 職 情 報 の 届 出 及 び 罰 則... 3 再 就 職 状

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F> 外 郭 団 体 の 退 職 手 当 財 源 補 填 廃 止 に 伴 う 助 成 金 支 給 について ~ 見 直 し 方 針 ~ 第 1 背 景 外 郭 団 体 ( 以 下 団 体 )は 高 度 化 複 雑 化 する 市 民 ニーズに 対 し 本 市 が 直 接 実 施 するより 機 動 的 かつ 柔 軟 に 公 共 サービスが 提 供 できるよう 設 立 され 高 い 専 門 性 を 発 揮 しつつ

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

70 愛媛大学

70 愛媛大学 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 役 員 給 与 規 程 により

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C9770817A8267826F93FA967B8CEA81698261826D826F8370838A836F816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C9770817A8267826F93FA967B8CEA81698261826D826F8370838A836F816A> 平 成 22 年 2 月 16 日 ビー エヌ ピー パリバ 証 券 会 社 に 対 する 処 分 について 当 取 引 所 は ビー エヌ ピー パリバ 証 券 会 社 ( 以 下 同 社 という )に 対 して 以 下 のとおり 取 引 参 加 者 規 程 第 34 条 第 1 項 第 8 号 の 規 定 に 基 づき 処 分 を 行 うとともに 取 引 参 加 者 規 程 第 19 条 の 規

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

技術専門委員会

技術専門委員会 資 料 No. 業 務 1-20 自 治 体 業 務 アプリケーションユニット 標 準 仕 様 法 改 正 対 応 状 況 と 留 意 事 項 V2.1 財 団 法 人 全 国 地 域 情 報 化 推 進 協 会 目 次 本 書 の 位 置 づけ 1 1. 業 務 ユニットの 法 改 正 対 応 状 況 および 固 有 の 留 意 事 項 2 2. 法 改 正 への 対 応 の 考 え 方 8 本

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 いよいよ 適 用 開 始 投 信 制 度 改 革 目 論 見 書 運 用 報 告 書 などの 見 直 し 手 数 料 情 報 リスク 情 報 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 2014 年 12 月 8 日 全 15 頁 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2014 年 12 月 1 日 から 一 連 の 投 信 制 度

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

高 松 市 告 示 第 403 号 )に 基 づく 指 名 停 止 期 間 中 でないこと (5) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 のいずれにも 該 当 していないこと 4 提 案 公 募 関 係 資 料 の

高 松 市 告 示 第 403 号 )に 基 づく 指 名 停 止 期 間 中 でないこと (5) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 のいずれにも 該 当 していないこと 4 提 案 公 募 関 係 資 料 の 平 成 28 年 度 路 線 バス 基 幹 系 統 サービスレベル 向 上 策 検 討 業 務 委 託 提 案 公 募 要 領 1 提 案 公 募 の 目 的 中 心 市 街 地 の 公 共 交 通 において 基 幹 的 役 割 を 担 っている 路 線 バスについて 沿 線 住 民 の 意 識 調 査 等 を 実 施 することにより その 需 要 予 測 を 行 うとともに 公 共 交 通 としての

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

マイナンバーガイドライン入門

マイナンバーガイドライン入門 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 事 務 局 長 其 田 真 理 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

 

  新 公 益 法 人 制 度 新 制 度 のポイント 総 論 1- 制 度 のポイント 2- 移 行 申 請 の 検 討 のポイント 移 行 認 定 編 (1) 基 礎 編 - 事 業 と 財 務 の 分 析 (2) 実 践 編 1- 事 業 の 公 益 性 2- 別 表 Gの 作 成 3- 収 支 相 償 公 益 目 的 事 業 比 率 4- 別 表 C(2)の 作 成 控 除 対 象 財 産 5-その

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収 ( 別 添 1) 特 別 の 法 律 により 設 立 される 民 間 法 人 の 運 営 に 関 する 指 導 監 督 基 準 に 基 づく 指 導 監 督 状 況 ( 平 成 2 5 年 度 ) 法 人 名 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 根 拠 法 令 名 1. 法 人 の 概 要 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 法 業 務 の 概 要 ( 平 成 15 年 10

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 1 平 成 28 年 度 中 小 企 業 関 係 概 算 要 求 等 の 概 要 平 成 27 年 9 月 中 小 企 業 庁 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 等 の 推 移 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 の 柱 1. 中 小 企 業 対 策 費 の 推 移 26 年 度 27

More information

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CDG CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 7 月 4 日 株 式 会 社 CDG 代 表 取 締 役 社 長 大 平 孝 問 合 せ 先 :06-6133-5200 証 券 コード:2487 http://www.cdg.co.jp Ⅰコーポレート

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

観光立国・地域活性化戦略

観光立国・地域活性化戦略 通 訳 案 内 士 制 度 の 見 直 し 報 酬 を 受 けて 外 国 人 に 付 き 添 い 外 国 語 を 用 いて 旅 行 に 関 する 案 内 をする 通 訳 案 内 士 になるには 観 光 庁 長 官 が 実 施 する 通 訳 案 内 士 試 験 に 合 格 して 都 道 府 県 に 氏 名 住 所 等 を 登 録 する 必 要 がある この 手 続 きを 踏 まずに 上 記 の 業 務

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです GMO CLICK Holdings,Inc. 最 終 更 新 日 :2015 年 4 月 1 日 GMOクリックホールディングス 株 式 会 社 代 表 執 行 役 社 長 鬼 頭 弘 泰 問 合 せ 先 : 経 営 管 理 部 03 6221 0206 証 券

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

80 鹿児島大学

80 鹿児島大学 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 鹿 児 島 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において

More information

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 改 正 法 案 は 2012 年 3 月 9 日 に 国 会 に 提 出 され 一 部 修 正 の 上 同 年 8 月 29

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査 コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです All About,Inc. 最 終 更 新 日 :2016 年 6 月 30 日 株 式 会 社 オールアバウト 代 表 取 締 役 社 長 江 幡 哲 也 問 合 せ 先 :03-6362-1300 証 券 コード:2454 http://corp.allabout.co.jp/

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASKA Pharmaceutical Co., Ltd. 最 終 更 新 日 :2015 年 7 月 6 日 あすか 製 薬 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 山 口 隆 問 合 せ 先 : 総 務 部 TEL(03)5484-8323 証 券 コード:4514

More information

社会福祉法人 吉寿会定款

社会福祉法人 吉寿会定款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスがその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 し つつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会 において 営 むことができるよう 支 援 することを

More information

NY-11-0129 Word Proposal Template New

NY-11-0129 Word Proposal Template New 2015 年 度 税 制 改 正 Issue 110, April 2015 In brief 2015 年 3 月 31 日 2015 年 度 税 制 改 正 法 ( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ) 及 び 関 連 する 政 省 令 が 公 布 され 法 人 税 については 一 部 の 規 定 を 除

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて に 係 るフォローアップ 調 査 様 式 ( 様 式 1) 所 管 府 省 名 厚 生 労 働 省 法 人 名 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 基 本 方 針 の 記 載 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて 1. 不 要 資 産 の 国 庫 返 納 国 の 資 産 を 有

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information