1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意"

Transcription

1 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱 い 9 寄 附 金 の 扱 い 10 各 種 補 助 金 の 扱 い 11 事 業 区 分 間 拠 点 区 分 間 及 びサービス 区 分 間 の 資 金 移 動 12 事 業 区 分 間 拠 点 区 分 間 及 びサービス 区 分 間 の 貸 付 金 ( 借 入 金 ) 残 高 13 共 通 支 出 及 び 費 用 の 配 分 方 法 14 基 本 金 について 15 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 について 16 棚 卸 資 産 の 会 計 処 理 等 について 17 減 価 償 却 について 18 引 当 金 について 19 積 立 金 と 積 立 資 産 について 20 新 たに 導 入 した 会 計 手 法 とその 簡 便 法 について 21 財 務 諸 表 の 勘 定 科 目 及 び 注 記 について 22 関 連 当 事 者 との 取 引 について 23 附 属 明 細 書 について 24 固 定 資 産 管 理 台 帳 について * 本 運 用 指 針 で 使 用 する 略 称 は 次 のとおりとする 会 計 基 準 : 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 注 解 : 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 注 解 1

2 1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 した 業 務 分 担 自 己 点 検 を 行 う 等 適 正 な 会 計 事 務 処 理 に 努 めること (2) 会 計 責 任 者 については 理 事 長 が 任 命 することとし 会 計 責 任 者 は 取 引 の 遂 行 資 産 の 管 理 及 び 帳 簿 その 他 の 証 憑 書 類 の 保 存 等 会 計 処 理 に 関 する 事 務 を 行 い 又 は 理 事 長 の 任 命 する 出 納 職 員 にこれらの 事 務 を 行 わせるものとする (3) 施 設 利 用 者 から 預 かる 金 銭 等 は 法 人 に 係 る 会 計 とは 別 途 管 理 することとするが この 場 合 においても 内 部 牽 制 に 配 意 する 等 個 人 ごとに 適 正 な 出 納 管 理 を 行 うこと なお ケアハウス 有 料 老 人 ホーム 等 で 将 来 のサービス 提 供 に 係 る 対 価 の 前 受 分 と して 利 用 者 から 預 かる 金 銭 は 法 人 に 係 る 会 計 に 含 めて 処 理 するものとする (4) 法 人 は 上 記 事 項 を 考 慮 し 会 計 基 準 に 基 づく 適 正 な 会 計 処 理 のために 必 要 な 事 項 について 経 理 規 程 を 定 めるものとする 2 予 算 と 経 理 (1) 法 人 は 事 業 計 画 をもとに 資 金 収 支 予 算 書 を 作 成 するものとし 資 金 収 支 予 算 書 は 各 拠 点 区 分 ごとに 収 入 支 出 予 算 を 編 成 することとする また 資 金 収 支 予 算 書 の 勘 定 科 目 は 資 金 収 支 計 算 書 勘 定 科 目 に 準 拠 することと する (2) 法 人 は 全 ての 収 入 及 び 支 出 について 予 算 を 編 成 し 予 算 に 基 づいて 事 業 活 動 を 行 うこととする なお 年 度 途 中 で 予 算 との 乖 離 等 が 見 込 まれる 場 合 は 必 要 な 収 入 及 び 支 出 につ いて 補 正 予 算 を 編 成 するものとする ただし 乖 離 額 等 が 法 人 の 運 営 に 支 障 がなく 軽 微 な 範 囲 にとどまる 場 合 は この 限 りではない (3) 会 計 帳 簿 は 原 則 として 各 拠 点 区 分 ごとに 仕 訳 日 記 帳 及 び 総 勘 定 元 帳 を 作 成 し 備 え 置 くものとする 3 決 算 決 算 に 際 しては 資 金 収 支 計 算 書 事 業 活 動 計 算 書 貸 借 対 照 表 及 び 附 属 明 細 書 並 びに 財 産 目 録 を 作 成 し 毎 会 計 年 度 終 了 後 2か 月 以 内 に 理 事 会 ( 評 議 員 会 を 設 置 している 法 人 においては 評 議 員 会 を 含 む )の 承 認 を 受 けなければならない このうち 資 金 収 支 計 算 書 ( 資 金 収 支 内 訳 表 事 業 区 分 資 金 収 支 内 訳 表 及 び 拠 点 区 分 資 金 収 支 計 算 書 を 含 む ) 事 業 活 動 計 算 書 ( 事 業 活 動 内 訳 表 事 業 区 分 事 業 活 動 内 訳 表 及 び 拠 点 区 分 事 業 活 動 計 算 書 を 含 む ) 及 び 貸 借 対 照 表 ( 貸 借 対 照 表 内 訳 表 事 業 区 分 貸 借 対 照 表 内 訳 表 及 び 拠 点 区 分 貸 借 対 照 表 を 含 む )については 社 会 福 祉 法 施 行 規 則 第 9 条 に 基 づき 毎 会 計 年 度 終 了 後 3か 月 2

3 以 内 に 法 人 の 現 況 報 告 に 添 付 する 書 類 として 所 轄 庁 に 提 出 しなければならない 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について (1) 拠 点 区 分 について 拠 点 区 分 は 一 体 として 運 営 される 施 設 事 業 所 又 は 事 務 所 をもって1つの 拠 点 区 分 とする 公 益 事 業 ( 社 会 福 祉 事 業 と 一 体 的 に 実 施 されているものを 除 く) 若 しくは 収 益 事 業 を 実 施 している 場 合 これらは 別 の 拠 点 区 分 とするものとする (2) 拠 点 区 分 の 原 則 的 な 方 法 ア 施 設 の 取 扱 い 次 の 施 設 の 会 計 は それぞれの 施 設 ごと( 同 一 種 類 の 施 設 を 複 数 経 営 する 場 合 は それぞれの 施 設 ごと)に 独 立 した 拠 点 区 分 とするものとする (ア) 生 活 保 護 法 第 38 条 第 1 項 に 定 める 保 護 施 設 (イ) 身 体 障 害 者 福 祉 法 第 5 条 第 1 項 に 定 める 社 会 参 加 支 援 施 設 (ウ) 老 人 福 祉 法 第 20 条 の 四 に 定 める 養 護 老 人 ホーム (エ) 老 人 福 祉 法 第 20 条 の 五 に 定 める 特 別 養 護 老 人 ホーム (オ) 老 人 福 祉 法 第 20 条 の 六 に 定 める 軽 費 老 人 ホーム (カ) 老 人 福 祉 法 第 29 条 第 1 項 に 定 める 有 料 老 人 ホーム (キ) 売 春 防 止 法 第 36 条 に 定 める 婦 人 保 護 施 設 (ク) 児 童 福 祉 法 第 7 条 第 1 項 に 定 める 児 童 福 祉 施 設 (ケ) 母 子 及 び 寡 婦 福 祉 法 第 39 条 第 1 項 に 定 める 母 子 福 祉 施 設 (コ) 障 害 者 自 立 支 援 法 第 5 条 第 12 項 に 定 める 障 害 者 支 援 施 設 (サ) 介 護 保 険 法 第 8 条 第 25 項 に 定 める 介 護 老 人 保 健 施 設 (シ) 医 療 法 第 1 条 の5に 定 める 病 院 及 び 診 療 所 ( 入 所 施 設 に 附 属 する 医 務 室 を 除 く) なお 当 該 施 設 で 一 体 的 に 実 施 されている(ア)から(シ)まで 以 外 の 社 会 福 祉 事 業 又 は 公 益 事 業 については イの 規 定 にかかわらず 当 該 施 設 の 拠 点 区 分 に 含 めて 会 計 を 処 理 することができる イ 事 業 所 又 は 事 務 所 の 取 扱 い 上 記 (ア)から(シ)まで 以 外 の 社 会 福 祉 事 業 及 び 公 益 事 業 については 原 則 として 事 業 所 又 は 事 務 所 を 単 位 に 拠 点 とする なお 同 一 の 事 業 所 又 は 事 務 所 において 複 数 の 事 業 を 行 う 場 合 は 同 一 拠 点 区 分 として 会 計 を 処 理 することがで きる ウ 障 害 福 祉 サービスの 取 扱 い 障 害 福 祉 サービスについて 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づく 指 定 障 害 福 祉 サービス 3

4 の 事 業 等 の 人 員 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 ( 平 成 18 年 厚 生 労 働 省 令 第 171 号 ) ( 以 下 指 定 基 準 という )に 規 定 する 一 の 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 若 しく は 多 機 能 型 事 業 所 として 取 り 扱 われる 複 数 の 事 業 所 又 は 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 者 支 援 施 設 等 の 人 員 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 ( 平 成 18 年 厚 生 労 働 省 令 第 172 号 )( 以 下 指 定 施 設 基 準 という )に 規 定 する 一 の 指 定 障 害 者 支 援 施 設 等 ( 指 定 施 設 基 準 に 規 定 する 指 定 障 害 者 支 援 施 設 等 をいう )として 取 り 扱 わ れる 複 数 の 施 設 においては 同 一 拠 点 区 分 として 会 計 を 処 理 することができる また これらの 事 業 所 又 は 施 設 でない 場 合 があっても 会 計 が 一 元 的 に 管 理 され ている 複 数 の 事 業 所 又 は 施 設 においては 同 一 拠 点 区 分 とすることができる エ その 他 新 たに 施 設 を 建 設 するときは 拠 点 区 分 を 設 けることができる (3) 事 業 区 分 について 各 拠 点 区 分 について その 実 施 する 事 業 が 社 会 福 祉 事 業 公 益 事 業 及 び 収 益 事 業 のいずれであるかにより 属 する 事 業 区 分 を 決 定 するものとする なお 事 業 区 分 資 金 収 支 内 訳 表 事 業 区 分 事 業 活 動 内 訳 表 及 び 事 業 区 分 貸 借 対 照 表 内 訳 表 は 当 該 事 業 区 分 に 属 するそれぞれの 拠 点 区 分 の 拠 点 区 分 資 金 収 支 計 算 書 拠 点 区 分 事 業 活 動 計 算 書 及 び 拠 点 区 分 貸 借 対 照 表 を 合 計 し 内 部 取 引 を 相 殺 消 去 して 作 成 するものとする 5 サービス 区 分 について (1)サービス 区 分 の 意 味 サービス 区 分 については 拠 点 区 分 において 実 施 する 複 数 の 事 業 について 法 令 等 の 要 請 によりそれぞれの 事 業 ごとの 事 業 活 動 状 況 又 は 資 金 収 支 状 況 の 把 握 が 必 要 な 場 合 に 設 定 する (2)サービス 区 分 の 方 法 ア 原 則 的 な 方 法 介 護 保 険 サービス 及 び 障 害 福 祉 サービスについては 会 計 基 準 注 解 ( 注 4)に 規 定 する 指 定 サービス 基 準 等 において 当 該 事 業 の 会 計 とその 他 の 事 業 の 会 計 を 区 分 す べきことが 定 められている 事 業 をサービス 区 分 とする 他 の 事 業 については 法 人 の 定 款 に 定 める 事 業 ごとに 区 分 するものとする なお 特 定 の 補 助 金 等 の 使 途 を 明 確 にするため 更 に 細 分 化 することもできる イ 簡 便 的 な 方 法 次 のような 場 合 は 同 一 のサービス 区 分 として 差 し 支 えない (ア) 介 護 保 険 関 係 以 下 の 介 護 サービスと 一 体 的 に 行 われている 介 護 予 防 サービスなど 両 者 の コストをその 発 生 の 態 様 から 区 分 することが 困 難 である 場 合 には 勘 定 科 目 と 4

5 して 介 護 予 防 サービスなどの 収 入 額 のみを 把 握 できれば 同 一 のサービス 区 分 と して 差 し 支 えない 指 定 訪 問 介 護 と 指 定 介 護 予 防 訪 問 介 護 指 定 通 所 介 護 と 指 定 介 護 予 防 通 所 介 護 指 定 認 知 症 対 応 型 通 所 介 護 と 指 定 介 護 予 防 認 知 症 対 応 型 通 所 介 護 指 定 短 期 入 所 生 活 介 護 と 指 定 介 護 予 防 短 期 入 所 生 活 介 護 指 定 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 と 指 定 介 護 予 防 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 指 定 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 と 指 定 介 護 予 防 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 指 定 訪 問 入 浴 介 護 と 指 定 介 護 予 防 訪 問 入 浴 介 護 指 定 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 と 指 定 介 護 予 防 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 福 祉 用 具 貸 与 と 介 護 予 防 福 祉 用 具 貸 与 福 祉 用 具 販 売 と 介 護 予 防 福 祉 用 具 販 売 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 といわゆる 空 きベッド 活 用 方 式 により 当 該 施 設 で 実 施 す る 指 定 短 期 入 所 生 活 介 護 事 業 (イ) 保 育 関 係 保 育 所 を 経 営 する 事 業 と 保 育 所 で 実 施 される 以 下 の 事 業 については 同 一 のサー ビス 区 分 として 差 し 支 えない 地 域 子 育 て 支 援 拠 点 事 業 一 時 預 かり 事 業 なお 保 育 所 で 実 施 される 上 記 2 事 業 特 定 の 補 助 金 等 により 行 われる 事 業 につ いては 当 該 補 助 金 等 の 適 正 な 執 行 を 確 保 する 観 点 から 同 一 のサービス 区 分 とし た 場 合 においても 合 理 的 な 基 準 に 基 づいて 各 事 業 費 の 算 出 を 行 うものとし 一 度 選 択 した 基 準 は 原 則 継 続 的 に 使 用 するものとする また 各 事 業 費 の 算 出 に 当 たっての 基 準 内 訳 は 所 轄 庁 や 補 助 を 行 う 自 治 体 の 求 めに 応 じて 提 出 できるよう 書 類 により 整 理 しておくものとする (3)サービス 区 分 ごとの 拠 点 区 分 資 金 収 支 明 細 書 及 び 事 業 活 動 明 細 書 の 作 成 について 拠 点 区 分 資 金 収 支 明 細 書 はサービス 区 分 を 設 け 事 業 活 動 による 収 支 施 設 整 備 等 による 収 支 及 びその 他 の 活 動 による 収 支 について 作 成 するものとし その 様 式 は 会 計 基 準 別 紙 3のとおりとする 拠 点 区 分 事 業 活 動 明 細 書 はサービス 区 分 を 設 け サービ ス 活 動 増 減 の 部 及 びサービス 活 動 外 増 減 の 部 について 作 成 するものとし その 様 式 は 会 計 基 準 別 紙 4のとおりとする 介 護 保 険 サービス 及 び 障 害 福 祉 サービスを 実 施 する 拠 点 については それぞれの 事 業 ごとの 事 業 活 動 状 況 を 把 握 するため 拠 点 区 分 事 業 活 動 明 細 書 ( 会 計 基 準 別 紙 4) を 作 成 するものとし 拠 点 区 分 資 金 収 支 明 細 書 ( 会 計 基 準 別 紙 3)の 作 成 は 省 略 する ことができる 保 育 所 運 営 費 措 置 費 による 事 業 を 実 施 する 拠 点 は それぞれの 事 業 ごとの 資 金 収 5

6 支 状 況 を 把 握 する 必 要 があるため 拠 点 区 分 資 金 収 支 明 細 書 ( 会 計 基 準 別 紙 3)を 作 成 するものとし 拠 点 区 分 事 業 活 動 明 細 書 ( 会 計 基 準 別 紙 4)の 作 成 は 省 略 すること ができる また 上 記 以 外 の 事 業 を 実 施 する 拠 点 については 当 該 拠 点 で 実 施 する 事 業 の 内 容 に 応 じて 拠 点 区 分 資 金 収 支 明 細 書 及 び 拠 点 区 分 事 業 活 動 明 細 書 のうちいずれか 一 方 の 明 細 書 を 作 成 するものとし 残 る 他 方 の 明 細 書 の 作 成 は 省 略 することができる 上 記 に 従 い 拠 点 区 分 資 金 収 支 明 細 書 ( 会 計 基 準 別 紙 3) 又 は 拠 点 区 分 事 業 活 動 明 細 書 ( 会 計 基 準 別 紙 4)を 省 略 する 場 合 には 財 務 諸 表 の 注 記 ( 拠 点 区 分 用 ) 4. 拠 点 が 作 成 する 財 務 諸 表 等 とサービス 区 分 にその 旨 を 記 載 するものとする なお 会 計 基 準 第 6 章 第 2(2)に 規 定 する その 他 重 要 な 事 項 に 係 る 明 細 書 に ついては 運 用 指 針 23を 参 照 するものとする 6 本 部 会 計 の 区 分 について 本 部 会 計 については 法 人 の 自 主 的 な 決 定 により 拠 点 区 分 又 はサービス 区 分 とする ことができる なお 介 護 保 険 サービス 障 害 福 祉 サービス 保 育 所 運 営 費 並 びに 措 置 費 による 事 業 の 資 金 使 途 制 限 に 関 する 通 知 において これらの 事 業 から 本 部 会 計 への 貸 付 金 を 年 度 内 に 返 済 する 旨 の 規 定 があるにも 拘 わらず 年 度 内 返 済 が 行 われていない 場 合 は サービ ス 区 分 間 貸 付 金 ( 借 入 金 ) 残 高 明 細 書 ( 別 紙 10)を 作 成 するものとする 法 人 本 部 に 係 る 経 費 については 理 事 会 評 議 員 会 の 運 営 に 係 る 経 費 法 人 役 員 の 報 酬 等 その 他 の 拠 点 区 分 又 はサービス 区 分 に 属 さないものであって 法 人 本 部 の 帰 属 とす ることが 妥 当 なものとする 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 (1) 事 業 区 分 が 社 会 福 祉 事 業 のみの 法 人 の 場 合 拠 点 区 分 を 設 定 した 結 果 すべての 拠 点 が 社 会 福 祉 事 業 に 該 当 する 法 人 は 第 1 号 の2 様 式 第 2 号 の2 様 式 及 び 第 3 号 の2 様 式 の 作 成 を 省 略 できる この 場 合 財 務 諸 表 の 注 記 ( 法 人 全 体 用 ) 5. 法 人 が 作 成 する 財 務 諸 表 等 と 拠 点 区 分 サービス 区 分 にその 旨 を 記 載 するものとする (2) 拠 点 区 分 が1つの 法 人 の 場 合 拠 点 区 分 が1つの 法 人 は 第 1 号 の2 様 式 第 1 号 の3 様 式 第 2 号 の2 様 式 第 2 号 の3 様 式 第 3 号 の2 様 式 及 び 第 3 号 の3 様 式 の 作 成 を 省 略 できる この 場 合 財 務 諸 表 の 注 記 ( 法 人 全 体 用 ) 5. 法 人 が 作 成 する 財 務 諸 表 等 と 拠 点 区 分 サ ービス 区 分 にその 旨 を 記 載 するものとする (3) 拠 点 区 分 が1つの 事 業 区 分 の 場 合 拠 点 区 分 が1つの 事 業 区 分 は 第 1 号 の3 様 式 第 2 号 の3 様 式 及 び 第 3 号 の3 6

7 様 式 の 作 成 を 省 略 できる この 場 合 財 務 諸 表 の 注 記 ( 法 人 全 体 用 ) 5. 法 人 が 作 成 する 財 務 諸 表 等 と 拠 点 区 分 サービス 区 分 にその 旨 を 記 載 するものとする (4)サービス 区 分 が1つの 拠 点 区 分 の 場 合 サービス 区 分 が1つの 拠 点 区 分 は 拠 点 区 分 資 金 収 支 明 細 書 ( 会 計 基 準 別 紙 3) 及 び 拠 点 区 分 事 業 活 動 明 細 書 ( 会 計 基 準 別 紙 4)の 作 成 を 省 略 できる この 場 合 財 務 諸 表 の 注 記 ( 拠 点 区 分 用 ) 4. 拠 点 が 作 成 する 財 務 諸 表 等 とサービス 区 分 に その 旨 を 記 載 するものとする 8 借 入 金 の 扱 い 借 入 金 の 借 り 入 れ 及 び 償 還 にかかる 会 計 処 理 は 借 入 目 的 に 応 じて 各 拠 点 区 分 で 処 理 することとする なお 資 金 を 借 り 入 れた 場 合 については 借 入 金 明 細 書 ( 別 紙 1)を 作 成 し 借 入 先 借 入 額 及 び 償 還 額 等 を 記 載 することとする その 際 独 立 行 政 法 人 福 祉 医 療 機 構 と 協 調 融 資 ( 独 立 行 政 法 人 福 祉 医 療 機 構 の 福 祉 貸 付 が 行 う 施 設 整 備 のための 資 金 に 対 する 融 資 と 併 せて 行 う 同 一 の 財 産 を 担 保 とする 当 該 施 設 整 備 のための 資 金 に 対 する 融 資 をいう ) に 関 する 契 約 を 結 んだ 民 間 金 融 機 関 に 対 して 基 本 財 産 を 担 保 に 供 する 場 合 は 借 入 金 明 細 書 の 借 入 先 欄 の 金 融 機 関 名 の 後 に( 協 調 融 資 )と 記 載 するものとする また 法 人 が 将 来 受 け 取 る 債 権 を 担 保 として 供 する 場 合 には 財 務 諸 表 の 注 記 及 び 借 入 金 明 細 書 の 担 保 資 産 欄 にその 旨 を 記 載 するものとする 9 寄 附 金 の 扱 い (1) 金 銭 の 寄 附 は 寄 附 目 的 により 拠 点 区 分 の 帰 属 を 決 定 し 当 該 拠 点 区 分 の 資 金 収 支 計 算 書 の 経 常 経 費 寄 附 金 収 入 又 は 施 設 整 備 等 寄 附 金 収 入 として 計 上 し 併 せて 事 業 活 動 計 算 書 の 経 常 経 費 寄 附 金 収 益 又 は 施 設 整 備 等 寄 附 金 収 益 として 計 上 するもの とする (2) 寄 附 物 品 については 取 得 時 の 時 価 により 経 常 経 費 に 対 する 寄 附 物 品 であれば 経 常 経 費 寄 附 金 収 入 及 び 経 常 経 費 寄 附 金 収 益 として 計 上 する 土 地 などの 支 払 資 金 の 増 減 に 影 響 しない 寄 附 物 品 については 事 業 活 動 計 算 書 の 固 定 資 産 受 贈 額 として 計 上 するものとし 資 金 収 支 計 算 書 には 計 上 しないものとする ただし 当 該 物 品 が 飲 食 物 等 で 即 日 消 費 されるもの 又 は 社 会 通 念 上 受 取 寄 附 金 と して 扱 うことが 不 適 当 なものはこの 限 りではない なお 寄 附 金 及 び 寄 附 物 品 を 収 受 した 場 合 においては 寄 附 者 から 寄 附 申 込 書 を 受 けることとし 寄 附 金 収 益 明 細 書 ( 別 紙 2)を 作 成 し 寄 附 者 寄 附 目 的 寄 附 金 額 等 を 記 載 することとする (3) 共 同 募 金 会 からの 受 配 者 指 定 寄 附 金 のうち 施 設 整 備 及 び 設 備 整 備 に 係 る 配 分 金 ( 資 産 の 取 得 等 に 係 る 借 入 金 の 償 還 に 充 てるものを 含 む )は 施 設 整 備 等 寄 附 金 収 7

8 入 として 計 上 し 併 せて 施 設 整 備 等 寄 附 金 収 益 として 計 上 する このうち 基 本 金 とし て 組 入 れすべきものは 基 本 金 に 組 入 れるものとする また 受 配 者 指 定 寄 附 金 のうち 経 常 的 経 費 に 係 る 配 分 金 は 経 常 経 費 寄 附 金 収 入 と して 計 上 し 併 せて 経 常 経 費 寄 附 金 収 益 として 計 上 する 一 方 受 配 者 指 定 寄 附 金 以 外 の 配 分 金 のうち 経 常 的 経 費 に 係 る 配 分 金 は 補 助 金 事 業 収 入 及 び 補 助 金 事 業 収 益 に 計 上 する また 受 配 者 指 定 寄 附 金 以 外 の 配 分 金 のうち 施 設 整 備 及 び 設 備 整 備 に 係 る 配 分 金 は 施 設 整 備 等 補 助 金 収 入 及 び 施 設 整 備 等 補 助 金 収 益 に 計 上 し 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 を 積 立 てることとする 10 各 種 補 助 金 の 扱 い 施 設 整 備 等 に 係 る 補 助 金 借 入 金 元 金 償 還 補 助 金 借 入 金 利 息 補 助 金 及 び 経 常 経 費 補 助 金 等 の 各 種 補 助 金 については 補 助 の 目 的 に 応 じて 帰 属 する 拠 点 区 分 を 決 定 し 当 該 区 分 で 受 け 入 れることとする( 別 紙 3 補 助 金 収 益 明 細 書 参 照 ) 11 事 業 区 分 間 拠 点 区 分 間 及 びサービス 区 分 間 の 資 金 移 動 社 会 福 祉 事 業 公 益 事 業 及 び 収 益 事 業 における 事 業 区 分 間 及 び 拠 点 区 分 間 の 繰 入 金 収 入 及 び 繰 入 金 支 出 を 記 載 するものとする( 別 紙 4 事 業 区 分 間 及 び 拠 点 区 分 間 繰 入 金 明 細 書 参 照 ) また 拠 点 区 分 資 金 収 支 明 細 書 ( 会 計 基 準 別 紙 3)を 作 成 した 拠 点 においては サー ビス 区 分 間 の 繰 入 金 収 入 及 び 繰 入 金 支 出 を 記 載 するものとする( 別 紙 9 サービス 区 分 間 繰 入 金 明 細 書 参 照 ) 12 事 業 区 分 間 拠 点 区 分 間 及 びサービス 区 分 間 の 貸 付 金 ( 借 入 金 ) 残 高 社 会 福 祉 事 業 公 益 事 業 及 び 収 益 事 業 における 事 業 区 分 間 及 び 拠 点 区 分 間 の 貸 付 金 ( 借 入 金 )の 残 高 を 記 載 するものとする( 別 紙 5 事 業 区 分 間 及 び 拠 点 区 分 間 貸 付 金 ( 借 入 金 ) 残 高 明 細 書 参 照 ) また 拠 点 区 分 資 金 収 支 明 細 書 ( 会 計 基 準 別 紙 3)を 作 成 した 拠 点 区 分 においては サービス 区 分 間 の 貸 付 金 ( 借 入 金 )の 残 高 を 記 載 するものとする( 別 紙 10 サービス 区 分 間 貸 付 金 ( 借 入 金 ) 残 高 明 細 書 参 照 ) 13 共 通 支 出 及 び 費 用 の 配 分 方 法 (1) 配 分 方 法 について 共 通 支 出 及 び 費 用 の 具 体 的 な 科 目 及 び 配 分 方 法 は 別 添 1のとおりとするが これ によりがたい 場 合 は 実 態 に 即 した 合 理 的 な 配 分 方 法 によることとして 差 し 支 えな い 8

9 また 科 目 が 別 添 1に 示 すものにない 場 合 は 適 宜 類 似 の 科 目 の 考 え 方 を 基 に 配 分 して 差 し 支 えない なお どのような 配 分 方 法 を 用 いたか 分 かるように 記 録 しておくことが 必 要 であ る (2) 事 務 費 と 事 業 費 の 科 目 の 取 扱 について 水 道 光 熱 費 ( 支 出 ) 燃 料 費 ( 支 出 ) 賃 借 料 ( 支 出 ) 保 険 料 ( 支 出 ) については 原 則 事 業 費 ( 支 出 )のみに 計 上 できる ただし 措 置 費 保 育 所 運 営 費 の 弾 力 運 用 が 認 められないケースでは 事 業 費 ( 支 出 ) 事 務 費 ( 支 出 ) 双 方 に 計 上 するものとする 14 基 本 金 について (1) 基 本 金 会 計 基 準 第 4 章 第 4 第 2 項 及 び 会 計 基 準 注 解 ( 注 12)に 規 定 する 基 本 金 として 計 上 する 額 とは 次 に 掲 げる 額 をいう ア 会 計 基 準 注 解 ( 注 12)( 1 ) に 規 定 する 基 本 金 について 会 計 基 準 注 解 ( 注 12)(1)に 規 定 する 社 会 福 祉 法 人 の 設 立 並 びに 施 設 の 創 設 及 び 増 築 等 のために 基 本 財 産 等 を 取 得 すべきものとして 指 定 された 寄 附 金 の 額 とは 土 地 施 設 の 創 設 増 築 増 改 築 における 増 築 分 拡 張 における 面 積 増 加 分 及 び 施 設 の 創 設 及 び 増 設 等 時 における 初 度 設 備 整 備 非 常 通 報 装 置 設 備 整 備 屋 内 消 火 栓 設 備 整 備 等 の 基 本 財 産 等 の 取 得 に 係 る 寄 附 金 の 額 とする さらに 地 方 公 共 団 体 から 無 償 又 は 低 廉 な 価 額 により 譲 渡 された 土 地 建 物 の 評 価 額 ( 又 は 評 価 差 額 )は 寄 附 金 とせずに 国 庫 補 助 金 等 に 含 めて 取 り 扱 うもの とする なお 設 備 の 更 新 改 築 等 に 当 たっての 寄 附 金 は 基 本 金 に 含 めないものとする イ 会 計 基 準 注 解 ( 注 12)( 2 ) に 規 定 する 基 本 金 について 会 計 基 準 注 解 ( 注 12)(2)に 規 定 する 資 産 の 取 得 等 に 係 る 借 入 金 の 元 金 償 還 に 充 てるものとして 指 定 された 寄 附 金 の 額 とは 施 設 の 創 設 及 び 増 築 等 のために 基 本 財 産 等 を 取 得 するにあたって 借 入 金 が 生 じた 場 合 において その 借 入 金 の 返 済 を 目 的 として 収 受 した 寄 附 金 の 総 額 をいう ウ 会 計 基 準 注 解 ( 注 12)( 3 ) に 規 定 する 基 本 金 について 会 計 基 準 注 解 ( 注 12)( 3 ) に 規 定 する 施 設 の 創 設 及 び 増 築 時 等 に 運 転 資 金 に 充 てるために 収 受 した 寄 附 金 の 額 とは 平 成 12 年 12 月 1 日 障 企 第 59 号 社 援 企 第 35 号 老 計 第 52 号 児 企 第 33 号 厚 生 省 大 臣 官 房 障 害 保 健 福 祉 部 企 画 課 長 厚 生 省 社 会 援 護 局 企 画 課 長 厚 生 省 老 人 保 健 福 祉 局 計 画 課 長 厚 生 省 児 童 家 庭 局 企 画 課 連 名 通 知 社 会 福 祉 法 人 の 認 可 について 別 添 社 会 福 祉 法 人 審 査 要 領 第 2(3) に 規 定 する 当 該 法 人 の 年 間 事 業 費 の 12 分 の1 以 上 に 相 当 する 寄 附 金 の 額 及 び 増 9

10 築 等 の 際 に 運 転 資 金 に 充 てるために 収 受 した 寄 附 金 の 額 をいう (2) 基 本 金 の 組 入 れ 会 計 基 準 第 4 章 第 4 第 2 項 及 び 会 計 基 準 注 解 ( 注 12)に 規 定 する 基 本 金 への 組 み 入 れについては 複 数 の 施 設 に 対 して 一 括 して 寄 附 金 を 受 け 入 れた 場 合 には 最 も 合 理 的 な 基 準 に 基 づいて 各 拠 点 区 分 に 配 分 することとする なお 基 本 金 の 組 み 入 れは 会 計 年 度 末 に 一 括 して 合 計 額 を 計 上 することができる ものとする (3) 基 本 金 の 取 崩 し 会 計 基 準 注 解 ( 注 13)に 規 定 する 基 本 金 の 取 崩 しについても 各 拠 点 区 分 において 取 崩 しの 処 理 を 行 うこととする なお 基 本 金 を 取 り 崩 す 場 合 には 基 本 財 産 の 取 崩 しと 同 様 事 前 に 所 轄 庁 に 協 議 し 内 容 の 審 査 を 受 けなければならない (4) 基 本 金 明 細 書 の 作 成 基 本 金 の 組 入 れ 及 び 取 崩 しに 当 たっては 基 本 金 明 細 書 ( 別 紙 6)を 作 成 し それ らの 内 容 を 記 載 することとする 15 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 について (1) 国 庫 補 助 金 等 会 計 基 準 第 4 章 第 4 第 3 項 及 び 会 計 基 準 注 解 ( 注 11)に 規 定 する 国 庫 補 助 金 等 と は 社 会 福 祉 施 設 等 施 設 整 備 費 の 国 庫 負 担 ( 補 助 )について ( 平 成 17 年 10 月 5 日 付 厚 生 労 働 省 発 社 援 第 号 )に 定 める 施 設 整 備 事 業 に 対 する 補 助 金 など 主 と して 固 定 資 産 の 取 得 に 充 てられることを 目 的 として 国 及 び 地 方 公 共 団 体 等 から 受 領 した 補 助 金 助 成 金 及 び 交 付 金 等 をいう また 国 庫 補 助 金 等 には 自 転 車 競 技 法 第 24 条 第 6 号 などに 基 づいたいわゆる 民 間 公 益 補 助 事 業 による 助 成 金 等 を 含 むものとする なお 施 設 整 備 及 び 設 備 整 備 の 目 的 で 共 同 募 金 会 から 受 ける 受 配 者 指 定 寄 附 金 以 外 の 配 分 金 も 国 庫 補 助 金 等 に 含 むものとする また 設 備 資 金 借 入 金 の 返 済 時 期 に 合 わせて 執 行 される 補 助 金 等 のうち 施 設 整 備 時 又 は 設 備 整 備 時 においてその 受 領 金 額 が 確 実 に 見 込 まれており 実 質 的 に 施 設 整 備 事 業 又 は 設 備 整 備 事 業 に 対 する 補 助 金 等 に 相 当 するものは 国 庫 補 助 金 等 とする (2) 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 の 積 立 て ア 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 の 積 立 て 会 計 基 準 第 4 章 第 4 第 3 項 及 び 会 計 基 準 注 解 ( 注 11)に 規 定 する 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 については 国 又 は 地 方 公 共 団 体 等 から 受 け 入 れた 補 助 金 助 成 金 及 び 交 付 金 等 の 額 を 各 拠 点 区 分 で 積 み 立 てることとし 合 築 等 により 受 け 入 れる 拠 点 区 分 が 判 明 しない 場 合 又 は 複 数 の 施 設 に 対 して 補 助 金 を 受 け 入 れた 場 合 には 10

11 最 も 合 理 的 な 基 準 に 基 づいて 各 拠 点 区 分 に 配 分 することとする 設 備 資 金 借 入 金 の 返 済 時 期 に 合 わせて 執 行 される 補 助 金 等 のうち 施 設 整 備 時 又 は 設 備 整 備 時 においてその 受 領 金 額 が 確 実 に 見 込 まれており 実 質 的 に 施 設 整 備 事 業 又 は 設 備 整 備 事 業 に 対 する 補 助 金 等 に 相 当 するものとして 国 庫 補 助 金 等 とさ れたものは 実 際 に 償 還 補 助 があったときに 当 該 金 額 を 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 に 積 立 てるものとする また 当 該 国 庫 補 助 金 等 が 計 画 通 りに 入 金 されなかった 場 合 については 差 額 部 分 を 当 初 の 予 定 額 に 加 減 算 して 再 度 配 分 計 算 を 行 うものとする ただし 当 該 金 額 が 僅 少 な 場 合 は 再 計 算 を 省 略 することができるものとする さらに 設 備 資 金 借 入 金 の 償 還 補 助 が 打 ち 切 られた 場 合 の 国 庫 補 助 金 等 については 差 額 部 分 を 当 初 の 予 定 額 に 加 減 算 して 再 度 配 分 計 算 をし 経 過 期 間 分 の 修 正 を 行 うもの とする 当 該 修 正 額 は 原 則 として 特 別 増 減 の 部 に 記 載 するものとするが 重 要 性 が 乏 しい 場 合 はサービス 活 動 外 増 減 の 部 に 記 載 できるものとする イ 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 の 取 崩 し 会 計 基 準 注 解 ( 注 10)に 規 定 する 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 の 減 価 償 却 等 による 取 り 崩 し 及 び 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 の 対 象 となった 基 本 財 産 等 が 廃 棄 又 は 売 却 された 場 合 の 取 り 崩 しの 場 合 についても 各 拠 点 区 分 で 処 理 することとする また 国 庫 補 助 金 等 はその 効 果 を 発 現 する 期 間 にわたって 支 出 対 象 経 費 ( 主 と して 減 価 償 却 費 をいう)の 期 間 費 用 計 上 に 対 応 して 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 取 崩 額 をサービス 活 動 費 用 の 控 除 項 目 として 計 上 する なお 非 償 却 資 産 である 土 地 に 対 する 国 庫 補 助 金 等 は 原 則 として 取 崩 しという 事 態 は 生 じず 将 来 にわたっても 純 資 産 に 計 上 する さらに 設 備 資 金 借 入 金 の 返 済 時 期 に 合 わせて 執 行 される 補 助 金 のうち 施 設 整 備 時 又 は 設 備 整 備 時 においてその 受 領 金 額 が 確 実 に 見 込 まれており 実 質 的 に 施 設 整 備 事 業 又 は 設 備 整 備 事 業 に 対 する 補 助 金 等 に 相 当 するものとして 積 み 立 てら れた 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 の 取 崩 額 の 計 算 に 当 たっては 償 還 補 助 総 額 を 基 礎 として 支 出 対 象 経 費 ( 主 として 減 価 償 却 費 をいう)の 期 間 費 用 計 上 に 対 応 して 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 取 崩 額 をサービス 活 動 費 用 の 控 除 項 目 として 計 上 する ウ 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 明 細 書 の 作 成 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 の 積 み 立 て 及 び 取 り 崩 しに 当 たっては 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 明 細 書 ( 別 紙 7)を 作 成 し それらの 内 容 を 記 載 することとする 16 棚 卸 資 産 の 会 計 処 理 等 について 棚 卸 資 産 については 原 則 として 資 金 収 支 計 算 書 上 は 購 入 時 等 に 支 出 として 処 理 す るが 事 業 活 動 計 算 書 上 は 当 該 棚 卸 資 産 を 販 売 等 した 時 に 費 用 として 処 理 するものとす る 11

12 17 減 価 償 却 について (1) 減 価 償 却 の 対 象 と 単 位 減 価 償 却 は 耐 用 年 数 が1 年 以 上 かつ 原 則 として1 個 若 しくは1 組 の 金 額 が 10 万 円 以 上 の 有 形 固 定 資 産 及 び 無 形 固 定 資 産 を 対 象 とする 減 価 償 却 計 算 の 単 位 は 原 則 として 各 資 産 ごととする (2) 残 存 価 額 ア 平 成 19 年 3 月 31 日 以 前 に 取 得 した 有 形 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 について 償 却 計 算 を 実 施 するための 残 存 価 額 は 取 得 価 額 の 10%と する 耐 用 年 数 到 来 時 においても 使 用 し 続 けている 有 形 固 定 資 産 については さ らに 備 忘 価 額 (1 円 )まで 償 却 を 行 うことができるものとする イ 平 成 19 年 4 月 1 日 以 降 に 取 得 した 有 形 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 について 償 却 計 算 を 実 施 するための 残 存 価 額 はゼロとし 償 却 累 計 額 が 当 該 資 産 の 取 得 価 額 から 備 忘 価 額 (1 円 )を 控 除 した 金 額 に 達 するまで 償 却 するものとする ウ 無 形 固 定 資 産 無 形 固 定 資 産 については 当 初 より 残 存 価 額 をゼロとして 減 価 償 却 を 行 うもの とする (3) 耐 用 年 数 耐 用 年 数 は 原 則 として 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 等 に 関 する 省 令 ( 昭 和 40 年 大 蔵 省 令 第 15 号 )によるものとする (4) 償 却 率 等 減 価 償 却 の 計 算 は 原 則 として 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 等 に 関 する 省 令 の 定 めによるものとし 適 用 する 償 却 率 等 は 別 添 2( 減 価 償 却 資 産 の 償 却 率 改 定 償 却 率 及 び 保 証 率 表 )のとおりとする (5) 減 価 償 却 計 算 期 間 の 単 位 減 価 償 却 費 の 計 算 は 原 則 として1 年 を 単 位 として 行 うものとする ただし 年 度 の 中 途 で 取 得 又 は 売 却 廃 棄 した 減 価 償 却 資 産 については 月 を 単 位 ( 月 数 は 暦 に 従 って 計 算 し 1か 月 に 満 たない 端 数 を 生 じた 時 はこれを1か 月 とする)として 計 算 を 行 うものとする (6) 減 価 償 却 費 の 配 分 の 基 準 ア 複 数 の 拠 点 区 分 又 はサービス 区 分 に 共 通 して 発 生 する 減 価 償 却 費 のうち 国 庫 補 助 金 等 により 取 得 した 償 却 資 産 に 関 する 減 価 償 却 費 は 国 庫 補 助 金 等 の 補 助 目 的 に 沿 った 拠 点 区 分 又 はサービス 区 分 に 配 分 する イ ア 以 外 の 複 数 の 拠 点 区 分 又 はサービス 区 分 に 共 通 して 発 生 する 減 価 償 却 費 につ いては 利 用 の 程 度 に 応 じた 面 積 人 数 等 の 合 理 的 基 準 に 基 づいて 毎 期 継 続 的 に 12

13 各 拠 点 区 分 又 はサービス 区 分 に 配 分 する 18 引 当 金 について (1) 徴 収 不 能 引 当 金 について ア 徴 収 不 能 引 当 金 の 計 上 は 原 則 として 毎 会 計 年 度 末 において 徴 収 することが 不 可 能 な 債 権 を 個 別 に 判 断 し 当 該 債 権 を 徴 収 不 能 引 当 金 に 計 上 する( 会 計 基 準 別 紙 2 参 照 ) イ ア 以 外 の 債 権 ( 以 下 一 般 債 権 という )については 過 去 の 徴 収 不 能 額 の 発 生 割 合 に 応 じた 金 額 を 徴 収 不 能 引 当 金 として 計 上 する (2) 賞 与 引 当 金 について 賞 与 引 当 金 の 計 上 は 法 人 と 職 員 との 雇 用 関 係 に 基 づき 毎 月 の 給 料 の 他 に 賞 与 を 支 給 する 場 合 において 翌 期 に 支 給 する 職 員 の 賞 与 のうち 支 給 対 象 期 間 が 当 期 に 帰 属 する 支 給 見 込 額 を 賞 与 引 当 金 として 計 上 する (3) 退 職 給 付 引 当 金 について 20(2)を 参 照 のこと (4) 引 当 金 の 計 上 について 引 当 金 については 当 分 の 間 原 則 として 上 記 の 引 当 金 に 限 るものとする 19 積 立 金 と 積 立 資 産 について (1) 積 立 資 産 の 積 立 て 会 計 基 準 注 解 ( 注 20)において 積 立 金 を 計 上 する 際 は 同 額 の 積 立 資 産 を 積 み 立 て ることとしているが 資 金 管 理 上 の 理 由 等 から 積 立 資 産 の 積 立 てが 必 要 とされる 場 合 には その 名 称 理 由 を 明 確 化 した 上 で 積 立 金 を 積 み 立 てずに 積 立 資 産 を 計 上 で きるものとする( 別 紙 8 積 立 金 積 立 資 産 明 細 書 参 照 ) (2) 積 立 資 産 の 積 立 ての 時 期 積 立 金 と 積 立 資 産 の 積 立 ては 増 減 差 額 の 発 生 した 年 度 の 財 務 諸 表 に 反 映 させる のであるが 専 用 の 預 金 口 座 で 管 理 する 場 合 は 遅 くとも 決 算 理 事 会 終 了 後 2か 月 を 越 えないうちに 行 うものとする (3) 就 労 支 援 事 業 に 関 する 積 立 金 就 労 支 援 事 業 については 指 定 基 準 において 就 労 支 援 事 業 収 入 から 就 労 支 援 事 業 に 必 要 な 経 費 を 控 除 した 額 に 相 当 する 金 額 を 工 賃 として 支 払 わなければならない と していることから 原 則 として 剰 余 金 は 発 生 しないものである しかしながら 将 来 にわたり 安 定 的 に 工 賃 を 支 給 し 又 は 安 定 的 かつ 円 滑 に 就 労 支 援 事 業 を 継 続 するため また 次 のような 特 定 の 目 的 の 支 出 に 備 えるため 理 事 会 の 議 決 に 基 づき 就 労 支 援 事 業 別 事 業 活 動 明 細 書 の 就 労 支 援 事 業 活 動 増 減 差 額 から 一 定 の 金 額 を 次 の 積 立 金 として 計 上 することができるものとする 13

14 また 積 立 金 を 計 上 する 場 合 には 同 額 の 積 立 資 産 を 計 上 することによりその 存 在 を 明 らかにしなければならない なお 次 の 積 立 金 は 当 該 年 度 の 利 用 者 賃 金 及 び 利 用 者 工 賃 の 支 払 額 が 前 年 度 の 利 用 者 賃 金 及 び 利 用 者 工 賃 の 支 払 実 績 額 を 下 回 らない 場 合 に 限 り 計 上 できるもの とする ア 工 賃 変 動 積 立 金 毎 会 計 年 度 一 定 の 工 賃 水 準 を 利 用 者 に 保 障 するため 将 来 の 一 定 の 工 賃 水 準 を 下 回 る 工 賃 の 補 填 に 備 え 次 に 掲 げる 各 事 業 年 度 における 積 立 額 及 び 積 立 額 の 上 限 額 の 範 囲 内 において 工 賃 変 動 積 立 金 を 計 上 できるものとする 各 事 業 年 度 における 積 立 額 : 過 去 3 年 間 の 平 均 工 賃 の10% 以 内 積 立 額 の 上 限 額 : 過 去 3 年 間 の 平 均 工 賃 の50% 以 内 なお 保 障 すべき 一 定 の 工 賃 水 準 とは 過 去 3 年 間 の 最 低 工 賃 ( 天 災 等 により 工 賃 が 大 幅 に 減 少 した 年 度 を 除 く )とし これを 下 回 った 年 度 については 理 事 会 の 議 決 に 基 づき 工 賃 変 動 積 立 金 及 び 工 賃 変 動 積 立 資 産 を 取 り 崩 して 工 賃 を 補 填 し 補 填 された 工 賃 を 利 用 者 に 支 給 するものとする イ 設 備 等 整 備 積 立 金 就 労 支 援 事 業 を 安 定 的 かつ 円 滑 に 継 続 するため 就 労 支 援 事 業 に 要 する 設 備 等 の 更 新 又 は 新 たな 業 種 への 展 開 を 行 うための 設 備 等 の 導 入 のための 資 金 需 要 に 対 応 するため 次 に 掲 げる 各 事 業 年 度 における 積 立 額 及 び 積 立 額 の 上 限 額 の 範 囲 内 において 設 備 等 整 備 積 立 金 を 計 上 できるものとする 各 事 業 年 度 における 積 立 額 : 就 労 支 援 事 業 収 入 の10% 以 内 積 立 額 の 上 限 額 : 就 労 支 援 事 業 資 産 の 取 得 価 額 の75% 以 内 なお 設 備 等 整 備 積 立 金 の 積 み 立 てにあっては 施 設 の 大 規 模 改 修 への 国 庫 補 助 高 齢 障 害 者 雇 用 支 援 機 構 の 助 成 金 に 留 意 することとし 設 備 等 整 備 積 立 金 により 就 労 支 援 事 業 に 要 する 設 備 等 の 更 新 又 は 新 たな 業 種 への 展 開 を 行 うため の 設 備 等 を 導 入 した 場 合 には 対 応 する 積 立 金 及 び 積 立 資 産 を 取 り 崩 すものとす る ウ 積 立 金 の 流 用 及 び 繰 替 使 用 積 立 金 は 上 述 のとおり 一 定 の 工 賃 水 準 の 保 障 就 労 支 援 事 業 の 安 定 的 かつ 円 滑 な 継 続 という 特 定 の 目 的 のために 一 定 の 条 件 の 下 に 認 められるものであるこ とから その 他 の 目 的 のための 支 出 への 流 用 ( 積 立 金 の 流 用 とは 積 立 金 の 取 り 崩 しではなく 積 立 金 に 対 応 して 設 定 した 積 立 資 産 の 取 崩 しをいう )は 認 められ ない しかしながら 就 労 支 援 事 業 に 伴 う 自 立 支 援 給 付 費 収 入 の 受 取 時 期 が 請 求 及 びその 審 査 等 に 一 定 の 時 間 を 要 し 事 業 の 実 施 月 から 見 て2か 月 以 上 遅 延 する 場 合 が 想 定 されることから このような 場 合 に 限 り 上 述 の 積 立 金 に 対 応 する 資 金 14

15 の 一 部 を 一 時 繰 替 使 用 することができるものとする ただし 繰 替 えて 使 用 した 資 金 は 自 立 支 援 給 付 費 収 入 により 必 ず 補 填 するこ ととし 積 立 金 の 目 的 の 達 成 に 支 障 を 来 さないように 留 意 すること (4) 授 産 事 業 に 関 する 積 立 金 授 産 施 設 は 最 低 基 準 において 授 産 施 設 の 利 用 者 には 事 業 収 入 の 額 から 事 業 に 必 要 な 経 費 の 額 を 控 除 した 額 に 相 当 する 額 の 工 賃 を 支 払 わなければならない と 規 定 していることから 原 則 として 剰 余 金 は 発 生 しないものである しかしながら 会 計 基 準 第 4 章 第 4(4)に 規 定 する その 他 の 積 立 金 により 人 件 費 積 立 金 修 繕 積 立 金 備 品 等 購 入 積 立 金 工 賃 平 均 積 立 金 等 の 積 立 金 として 処 理 を 行 うことは 可 能 である なお 積 立 金 を 計 上 する 場 合 には 同 額 の 積 立 資 産 を 計 上 することによりその 存 在 を 明 らかにしなければならない 20 新 たに 導 入 した 会 計 手 法 とその 簡 便 法 について (1)リース 会 計 ア リース 会 計 処 理 について 企 業 会 計 においてはリース 取 引 の 会 計 処 理 はリース 会 計 基 準 に 従 って 行 わ れる 社 会 福 祉 法 人 においてもリース 取 引 の 会 計 処 理 はこれに 準 じて 行 うこと となる 土 地 建 物 等 の 不 動 産 のリース 取 引 ( 契 約 上 賃 貸 借 となっているものも 含 む )についても ファイナンス リース 取 引 に 該 当 するか オペレーティン グ リース 取 引 に 該 当 するかを 判 定 する ただし 土 地 については 所 有 権 の 移 転 条 項 又 は 割 安 購 入 選 択 権 の 条 項 がある 場 合 等 を 除 き オペレーティング リース 取 引 に 該 当 するものと 推 定 することとなる なお リース 契 約 1 件 当 たりのリース 料 総 額 ( 維 持 管 理 費 用 相 当 額 又 は 通 常 の 保 守 等 の 役 務 提 供 相 当 額 のリース 料 総 額 に 占 める 割 合 が 重 要 な 場 合 には そ の 合 理 的 見 積 額 を 除 くことができる )が 300 万 円 以 下 のリース 取 引 等 少 額 の リース 資 産 や リース 期 間 が1 年 以 内 のリース 取 引 についてはオペレーティン グ リース 取 引 の 会 計 処 理 に 準 じて 資 産 計 上 又 は 注 解 ( 注 9)に 記 載 されてい る 注 記 を 省 略 することができる 等 の 簡 便 的 な 取 扱 いができるものとする イ 利 息 相 当 額 の 各 期 への 配 分 について リース 資 産 総 額 に 重 要 性 が 乏 しいと 認 められる 場 合 は 次 のいずれかの 方 法 を 適 用 することができる 1 会 計 基 準 注 解 ( 注 9)の 定 めによらず リース 料 総 額 から 利 息 相 当 額 の 合 理 的 な 見 積 額 を 控 除 しない 方 法 によることができる この 場 合 リース 資 産 及 びリース 債 務 は リース 料 総 額 で 計 上 され 支 払 利 息 は 計 上 されず 減 価 15

16 償 却 費 のみが 計 上 される 2 会 計 基 準 注 解 ( 注 9)の 定 めによらず 利 息 相 当 額 の 総 額 をリース 期 間 中 の 各 期 に 配 分 する 方 法 として 定 額 法 を 採 用 することができる なお リース 資 産 総 額 に 重 要 性 が 乏 しいと 認 められる 場 合 とは 未 経 過 リース 料 の 期 末 残 高 ( 会 計 基 準 注 解 ( 注 2)で 通 常 の 賃 貸 借 取 引 に 係 る 方 法 に 準 じて 会 計 処 理 を 行 うこととしたものや 会 計 基 準 注 解 ( 注 9)に 従 い 利 息 相 当 額 を 利 息 法 によ り 各 期 に 配 分 しているリース 資 産 に 係 るものを 除 く )が 当 該 期 末 残 高 有 形 固 定 資 産 及 び 無 形 固 定 資 産 の 期 末 残 高 の 法 人 全 体 の 合 計 額 に 占 める 割 合 が10 % 未 満 である 場 合 とする (2) 退 職 給 付 会 計 ア 期 末 要 支 給 額 による 算 定 について 退 職 給 付 会 計 の 適 用 に 当 たり 退 職 給 付 の 対 象 となる 職 員 数 が 300 人 未 満 の 社 会 福 祉 法 人 のほか 職 員 数 が 300 人 以 上 であっても 年 齢 や 勤 務 期 間 に 偏 りがあ るなどにより 数 理 計 算 結 果 に 一 定 の 高 い 水 準 の 信 頼 性 が 得 られない 社 会 福 祉 法 人 や 原 則 的 な 方 法 により 算 定 した 場 合 の 額 と 期 末 要 支 給 額 との 差 異 に 重 要 性 が 乏 し いと 考 えられる 社 会 福 祉 法 人 においては 退 職 一 時 金 に 係 る 債 務 について 期 末 要 支 給 額 により 算 定 することができるものとする イ 独 立 行 政 法 人 福 祉 医 療 機 構 の 実 施 する 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 会 計 処 理 独 立 行 政 法 人 福 祉 医 療 機 構 の 実 施 する 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 及 び 確 定 拠 出 年 金 制 度 のように 拠 出 以 後 に 追 加 的 な 負 担 が 生 じない 外 部 拠 出 型 の 制 度 については 当 該 制 度 に 基 づく 要 拠 出 額 である 掛 金 額 をもって 費 用 処 理 する ウ 都 道 府 県 等 の 実 施 する 退 職 共 済 制 度 の 会 計 処 理 都 道 府 県 等 の 実 施 する 退 職 共 済 制 度 において 退 職 一 時 金 制 度 等 の 確 定 給 付 型 を 採 用 している 場 合 は 約 定 の 額 を 退 職 給 付 引 当 金 に 計 上 する ただし 被 共 済 職 員 個 人 の 拠 出 金 がある 場 合 は 約 定 の 給 付 額 から 被 共 済 職 員 個 人 が 既 に 拠 出 した 掛 金 累 計 額 を 差 し 引 いた 額 を 退 職 給 付 引 当 金 に 計 上 する なお 簡 便 法 として 期 末 退 職 金 要 支 給 額 ( 約 定 の 給 付 額 から 被 共 済 職 員 個 人 が 既 に 拠 出 した 掛 金 累 計 額 を 差 し 引 いた 額 )を 退 職 給 付 引 当 金 とし 同 額 の 退 職 給 付 引 当 資 産 を 計 上 する 方 法 や 社 会 福 祉 法 人 の 負 担 する 掛 金 額 を 退 職 給 付 引 当 資 産 とし 同 額 の 退 職 給 付 引 当 金 を 計 上 する 方 法 を 用 いることができるものとする (3) 資 産 価 値 の 下 落 会 計 基 準 第 4 章 第 3 第 6 項 に 規 定 する 資 産 の 価 値 が 著 しく 下 落 したとは 時 価 が 帳 簿 価 額 から 概 ね 50%を 超 えて 下 落 している 場 合 をいうものとする (4) 内 部 取 引 の 相 殺 消 去 会 計 基 準 注 解 ( 注 5)に 規 定 する 内 部 取 引 の 相 殺 消 去 には ある 事 業 区 分 拠 点 16

17 区 分 又 はサービス 区 分 から 他 の 事 業 区 分 拠 点 区 分 又 はサービス 区 分 への 財 貨 又 はサ ービスの 提 供 を 外 部 との 取 引 と 同 様 に 収 益 ( 収 入 ) 費 用 ( 支 出 )として 処 理 した 取 引 も 含 むものとする 例 えば 就 労 支 援 事 業 のある 拠 点 区 分 において 製 造 した 物 品 を 他 の 拠 点 区 分 で 給 食 として 消 費 した 場 合 には 就 労 支 援 事 業 収 益 ( 収 入 )と 給 食 費 ( 支 出 )を 内 部 取 引 消 去 欄 で 相 殺 消 去 する 取 扱 いをするものとする (5) 法 人 税 住 民 税 及 び 事 業 税 ア 事 業 活 動 計 算 書 への 記 載 法 人 税 住 民 税 及 び 事 業 税 を 納 税 する 法 人 は 事 業 活 動 計 算 書 等 の 特 別 増 減 差 額 と 当 期 活 動 増 減 差 額 の 間 に 以 下 の 欄 を 追 加 するものとする 勘 定 科 目 当 年 度 決 算 (A) 前 年 度 決 算 (B) 増 減 (A)-(B) 特 別 増 減 の 部 特 別 増 減 差 額 (10)=(8)-(9) 税 引 前 当 期 活 動 増 減 差 額 (11)=(7)+(10) 法 人 税 住 民 税 及 び 事 業 税 (12) 法 人 税 等 調 整 額 (13) 当 期 活 動 増 減 差 額 (14)=(11)-(12)-(13) なお 重 要 性 の 原 則 により 税 効 果 会 計 を 適 用 しない 法 人 は 法 人 税 等 調 整 額 欄 の 追 加 は 不 要 となる 繰 越 活 動 増 減 差 額 の 部 の 各 項 目 に 右 記 した 番 号 は 順 次 繰 り 下 げ るものとする イ 貸 借 対 照 表 への 記 載 確 定 した 法 人 税 住 民 税 及 び 事 業 税 のうちの 未 払 額 については 流 動 負 債 の 部 に 未 払 法 人 税 等 の 科 目 を 設 けて 記 載 するものとする また 税 効 果 会 計 を 適 用 する 場 合 に 生 じる 繰 延 税 金 資 産 及 び 繰 延 税 金 負 債 は その 発 生 原 因 に 関 連 した 資 産 負 債 の 分 類 又 は 将 来 における 税 効 果 の 実 現 する 時 期 が 貸 借 対 照 表 日 の 翌 日 から 起 算 して1 年 以 内 か 否 かにより 当 該 科 目 名 をもって 流 動 資 産 又 は 固 定 資 産 及 び 流 動 負 債 又 は 固 定 負 債 に 区 分 にして 記 載 するものとする 21 財 務 諸 表 の 勘 定 科 目 及 び 注 記 について (1) 財 務 諸 表 の 勘 定 科 目 勘 定 科 目 は 別 添 3に 定 めるとおりとする 財 務 諸 表 の 第 1 号 の1~3 様 式 第 2 号 の1~3 様 式 は 勘 定 科 目 の 大 区 分 のみ を 記 載 するが 必 要 のない 勘 定 科 目 は 省 略 することができる ただし 追 加 修 正 はできないものとする 財 務 諸 表 の 第 1 号 の4 様 式 第 2 号 の4 様 式 は 勘 定 科 目 の 小 区 分 までを 記 載 し 必 要 のない 勘 定 科 目 は 省 略 できるものとする また 第 3 号 の1~4 様 式 は 勘 定 科 目 の 中 区 分 までを 記 載 し 必 要 のない 中 区 分 の 勘 定 科 目 は 省 略 できるものとする 17

18 会 計 基 準 の 別 紙 3 及 び 別 紙 4については 勘 定 科 目 の 小 区 分 までを 記 載 し 必 要 のない 勘 定 科 目 は 省 略 できるものとする 勘 定 科 目 の 中 区 分 についてはやむを 得 ない 場 合 小 区 分 については 適 当 な 勘 定 科 目 を 追 加 できるものとする なお 小 区 分 を 更 に 区 分 する 必 要 がある 場 合 には 小 区 分 の 下 に 適 当 な 科 目 を 設 けて 処 理 することができるものとする また 財 務 諸 表 の 様 式 又 は 運 用 指 針 別 添 3に 規 定 されている 勘 定 科 目 においても 該 当 する 取 引 が 制 度 上 認 められていない 事 業 種 別 では 当 該 勘 定 科 目 を 使 用 すること ができないものとする (2) 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 注 記 は 法 人 全 体 で 記 載 するもの 及 び 拠 点 区 分 で 記 載 するものの2 種 類 とする 法 人 全 体 で 記 載 するものは 会 計 基 準 の 第 5 章 に 定 める(1)から(15)ま での 全 項 目 で 第 3 号 の3 様 式 の 後 に 記 載 する 拠 点 区 分 で 記 載 するものは 会 計 基 準 の 第 5 章 に 定 める 項 目 のうち(1) (12) 及 び(13) 以 外 の 項 目 で 第 3 号 の4 様 式 の 後 に 記 載 するものとする ただし 拠 点 が1つの 法 人 の 場 合 拠 点 区 分 で 記 載 する 財 務 諸 表 の 注 記 を 省 略 することができるものとする なお 法 人 全 体 又 は 拠 点 区 分 で 該 当 する 内 容 がない 項 目 についても (1) (3) (9) 及 び(10)を 除 いては 項 目 名 の 記 載 は 省 略 できない この 場 合 は 当 該 項 目 に 該 当 なし などと 記 載 するものとする 22 関 連 当 事 者 との 取 引 について 会 計 基 準 注 解 の( 注 22)における 関 連 当 事 者 との 取 引 の 内 容 について 財 務 諸 表 に 注 記 を 付 す 場 合 の 関 連 当 事 者 の 範 囲 及 び 重 要 性 の 基 準 は 以 下 のとおりである (1) 関 連 当 事 者 の 範 囲 当 該 社 会 福 祉 法 人 の 役 員 及 びその 近 親 者 とは 以 下 に 該 当 するものとする ア 役 員 及 びその 近 親 者 (3 親 等 内 の 親 族 及 びこの 者 と 特 別 の 関 係 にある 者 なお 親 族 及 びこの 者 と 特 別 の 関 係 にあるもの とは 例 えば 以 下 を 指 すこと とする ) 1 当 該 役 員 とまだ 婚 姻 の 届 け 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 と 同 様 の 事 情 にある 者 2 当 該 役 員 から 受 ける 金 銭 その 他 の 財 産 によって 生 計 を 維 持 している 者 3 1 又 は2の 親 族 で これらの 者 と 生 計 を 一 にしている 者 イ 役 員 及 びその 近 親 者 が 議 決 権 の 過 半 数 を 有 している 法 人 社 会 福 祉 法 人 の 役 員 のうち 対 象 とする 役 員 は 有 給 常 勤 役 員 に 限 定 するものとす る (2) 関 連 当 事 者 との 取 引 に 係 る 開 示 対 象 範 囲 18

19 上 記 (1)ア 及 びイに 掲 げる 者 との 取 引 については 事 業 活 動 計 算 書 項 目 及 び 貸 借 対 照 表 項 目 いずれに 係 る 取 引 についても 年 間 1,000 万 円 を 超 える 取 引 について は 全 て 開 示 対 象 とするものとする 23 附 属 明 細 書 について 社 会 福 法 人 会 計 基 準 第 6 章 に 規 定 する その 他 重 要 な 事 項 に 係 る 明 細 書 とは 以 下 のも のをいう ただし 該 当 する 事 由 がない 場 合 は 当 該 附 属 明 細 書 の 作 成 は 省 略 できるも のとする (1) 法 人 全 体 で 作 成 する 明 細 書 ( 別 紙 1~7) 以 下 の 明 細 書 は 法 人 全 体 で 作 成 するものとし 明 細 書 の 中 で 拠 点 区 分 ごとの 内 訳 を 示 すものとする ( 別 紙 1) 借 入 金 明 細 書 ( 別 紙 2) 寄 附 金 収 益 明 細 書 ( 別 紙 3) 補 助 金 事 業 等 収 益 明 細 書 ( 別 紙 4) 事 業 区 分 間 及 び 拠 点 区 分 間 繰 入 金 明 細 書 ( 別 紙 5) 事 業 区 分 間 及 び 拠 点 区 分 間 貸 付 金 ( 借 入 金 ) 残 高 明 細 書 ( 別 紙 6) 基 本 金 明 細 書 ( 別 紙 7) 国 庫 補 助 金 等 特 別 積 立 金 明 細 書 (2) 拠 点 区 分 で 作 成 する 明 細 書 ( 別 紙 8~19) ア 拠 点 区 分 で 作 成 する 明 細 書 ( 別 紙 8~19) 以 下 の 附 属 明 細 書 は 拠 点 区 分 ごとに 作 成 するものとし 法 人 全 体 で 作 成 する 必 要 はないものとする ( 別 紙 8) 積 立 金 積 立 資 産 明 細 書 ( 別 紙 9)サービス 区 分 間 繰 入 金 明 細 書 ( 別 紙 10)サービス 区 分 間 貸 付 金 ( 借 入 金 ) 残 高 明 細 書 ( 別 紙 11) 就 労 支 援 事 業 別 事 業 活 動 明 細 書 ( 別 紙 12) 就 労 支 援 事 業 別 事 業 活 動 明 細 書 ( 多 機 能 型 事 業 所 等 用 ) ( 別 紙 13) 就 労 支 援 事 業 製 造 原 価 明 細 書 ( 別 紙 14) 就 労 支 援 事 業 製 造 原 価 明 細 書 ( 多 機 能 型 事 業 所 等 用 ) ( 別 紙 15) 就 労 支 援 事 業 販 管 費 明 細 書 ( 別 紙 16) 就 労 支 援 事 業 販 管 費 明 細 書 ( 多 機 能 型 事 業 所 等 用 ) ( 別 紙 17) 就 労 支 援 事 業 明 細 書 ( 別 紙 18) 就 労 支 援 事 業 明 細 書 ( 多 機 能 型 事 業 所 等 用 ) ( 別 紙 19) 授 産 事 業 費 用 明 細 書 イ 就 労 支 援 事 業 に 関 する 明 細 書 ( 別 紙 11~18)の 取 扱 い 就 労 支 援 事 業 に 関 する 明 細 書 の 取 扱 いは 以 下 のとおりとする 19

20 (ア) 対 象 範 囲 就 労 支 援 事 業 の 範 囲 は 以 下 のとおりとする 1 障 害 者 自 立 支 援 法 第 5 条 第 14 項 に 規 定 する 就 労 移 行 支 援 2 同 法 施 行 規 則 第 6 条 第 10 項 第 1 号 に 規 定 する 就 労 継 続 支 援 A 型 3 同 法 施 行 規 則 第 6 条 第 10 項 第 2 号 に 規 定 する 就 労 継 続 支 援 B 型 また 同 法 第 5 条 第 6 項 に 基 づく 生 活 介 護 等 において 生 産 活 動 を 実 施 す る 場 合 については 就 労 支 援 事 業 に 関 する 明 細 書 を 作 成 できるものとする (イ) 就 労 支 援 事 業 別 事 業 活 動 明 細 書 ( 別 紙 11 又 は12)について 就 労 支 援 事 業 別 事 業 活 動 明 細 書 上 の 就 労 支 援 事 業 販 売 原 価 の 計 算 につい ては 以 下 のとおりである 1 就 労 支 援 事 業 所 で 製 造 した 製 品 を 販 売 する 場 合 ( 就 労 支 援 事 業 販 売 原 価 ) =( 期 首 製 品 ( 商 品 ) 棚 卸 高 )+( 当 期 就 労 支 援 事 業 製 造 原 価 )- ( 期 末 製 品 ( 商 品 ) 棚 卸 高 ) 2 就 労 支 援 事 業 所 以 外 で 製 造 した 商 品 を 仕 入 れて 販 売 する 場 合 ( 就 労 支 援 事 業 販 売 原 価 ) =( 期 首 製 品 ( 商 品 ) 棚 卸 高 )+( 当 期 就 労 支 援 事 業 仕 入 高 )- ( 期 末 製 品 ( 商 品 ) 棚 卸 高 ) (ウ) 就 労 支 援 事 業 製 造 原 価 明 細 書 及 び 就 労 支 援 事 業 販 管 費 明 細 書 ( 別 紙 13~16 )について 就 労 支 援 事 業 別 事 業 活 動 明 細 書 の 当 期 就 労 支 援 事 業 製 造 原 価 及 び 就 労 支 援 事 業 販 管 費 に 関 して 就 労 支 援 事 業 製 造 原 価 明 細 書 ( 別 紙 13 又 は14) 就 労 支 援 事 業 販 管 費 明 細 書 ( 別 紙 15 又 は16)を 作 成 するものとするが その 取 扱 いは 以 下 のとおりである 1 製 造 業 務 に 携 わる 利 用 者 の 賃 金 及 び 工 賃 については 就 労 支 援 事 業 製 造 原 価 明 細 書 に 計 上 される また 製 造 業 務 に 携 わる 就 労 支 援 事 業 に 従 事 する 職 業 指 導 員 等 ( 以 下 就 労 支 援 事 業 指 導 員 等 という )の 給 与 及 び 退 職 給 付 費 用 については 就 労 支 援 事 業 製 造 原 価 明 細 書 に 計 上 することができる 2 販 売 業 務 に 携 わる 利 用 者 の 賃 金 及 び 工 賃 及 び 製 品 の 販 売 のために 支 出 された 費 用 については 就 労 支 援 事 業 販 管 費 明 細 書 に 計 上 される また 販 売 業 務 に 携 わる 就 労 支 援 事 業 指 導 員 等 の 給 与 及 び 退 職 給 付 費 用 については 就 労 支 援 事 業 販 管 費 明 細 書 に 計 上 することができる 3 就 労 支 援 事 業 製 造 原 価 明 細 書 及 び 就 労 支 援 事 業 販 管 費 明 細 書 に ついて 多 種 少 額 の 生 産 活 動 を 行 う 等 の 理 由 により 作 業 種 別 ごとに 区 分 することが 困 難 な 場 合 は 作 業 種 別 ごとの 区 分 を 省 略 することができる 20

21 なお この 場 合 において 別 紙 11 又 は12の 就 労 支 援 事 業 別 事 業 活 動 明 細 書 を 作 成 の 際 には 作 業 種 別 毎 の 区 分 は 不 要 とする (エ) 就 労 支 援 事 業 明 細 書 ( 別 紙 17 又 は18)について サービス 区 分 ごとに 定 める 就 労 支 援 事 業 について 各 就 労 支 援 事 業 の 年 間 売 上 高 が 5,000 万 円 以 下 であって 多 種 少 額 の 生 産 活 動 を 行 う 等 の 理 由 により 製 造 業 務 と 販 売 業 務 に 係 る 費 用 を 区 分 することが 困 難 な 場 合 は 就 労 支 援 事 業 製 造 原 価 明 細 書 ( 別 紙 13 又 は14) 及 び 就 労 支 援 事 業 販 管 費 明 細 書 ( 別 紙 15 又 は16) の 作 成 に 替 えて 就 労 支 援 事 業 明 細 書 ( 別 紙 17 又 は18) を 作 成 すれば 足 りることとする この 就 労 支 援 事 業 明 細 書 上 の 材 料 費 の 計 算 については ( 材 料 費 )=( 期 首 材 料 棚 卸 高 )+( 当 期 材 料 仕 入 高 )-( 期 末 材 料 棚 卸 高 ) とする なお この 場 合 において 資 金 収 支 計 算 書 上 は 就 労 支 援 事 業 製 造 原 価 支 出 を 就 労 支 援 事 業 支 出 と 読 み 替 え 就 労 支 援 事 業 販 管 費 支 出 を 削 除 して 作 成 するものとし 事 業 活 動 計 算 書 上 は 当 期 就 労 支 援 事 業 製 造 原 価 を 就 労 支 援 事 業 費 と 読 み 替 え 就 労 支 援 事 業 販 管 費 を 削 除 して 作 成 するものとする また 別 紙 11 又 は12の 就 労 支 援 事 業 別 事 業 活 動 明 細 書 を 作 成 の 際 には 同 明 細 書 上 の 当 期 就 労 支 援 事 業 製 造 原 価 を 就 労 支 援 事 業 費 と 読 み 替 え 就 労 支 援 事 業 販 管 費 を 削 除 して 作 成 するものとす る また 作 業 種 別 ごとに 区 分 することが 困 難 な 場 合 は 作 業 種 別 ごとの 区 分 を 省 略 することもできる ウ 授 産 事 業 に 関 する 明 細 書 ( 別 紙 19)の 取 扱 い 授 産 施 設 で 行 う 授 産 事 業 に 関 する 明 細 書 の 取 扱 いは 以 下 のとおりとする (ア) 対 象 範 囲 授 産 事 業 の 範 囲 は 以 下 のとおりとする 1 生 活 保 護 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 144 号 ) 第 38 条 第 5 項 に 規 定 する 授 産 施 設 2 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 ) 第 2 条 第 2 項 第 7 号 に 規 定 する 授 産 施 設 (イ) 授 産 事 業 費 用 明 細 書 について 授 産 事 業 における 費 用 の 状 況 把 握 を 適 正 に 行 うため 各 法 人 においては 授 産 事 業 費 用 明 細 書 ( 別 紙 19)を 作 成 し 授 産 事 業 に 関 する 管 理 を 適 切 に 行 う ものとする 24 固 定 資 産 管 理 台 帳 について 基 本 財 産 ( 有 形 固 定 資 産 ) 及 びその 他 の 固 定 資 産 ( 有 形 固 定 資 産 及 び 無 形 固 定 資 産 ) 21

22 は 個 々の 資 産 の 管 理 を 行 うため 固 定 資 産 管 理 台 帳 を 作 成 するものとする 22

23 具 体 的 な 科 目 及 び 配 分 方 法 別 添 1 種 類 人 件 費 ( 支 出 ) 想 定 される 勘 定 科 目 職 員 給 料 ( 支 出 ) 配 分 方 法 勤 務 時 間 割 合 により 区 分 職 員 賞 与 ( 支 出 ) ( 困 難 な 場 合 は 次 の 方 法 により 配 分 ) 賞 与 引 当 金 繰 入 職 種 別 人 員 配 置 割 合 非 常 勤 職 員 給 与 ( 支 出 ) 看 護 介 護 職 員 人 員 配 置 割 合 退 職 給 付 費 用 ( 退 職 給 付 支 出 ) 届 出 人 員 割 合 法 定 福 利 費 ( 支 出 ) 延 利 用 者 数 割 合 事 業 費 ( 支 出 ) 介 護 用 品 費 ( 支 出 ) 各 事 業 の 消 費 金 額 により 区 分 医 薬 品 費 ( 支 出 ) ( 困 難 な 場 合 は 次 の 方 法 により 配 分 ) 診 療 療 養 等 材 料 費 ( 支 出 ) 延 利 用 者 数 割 合 消 耗 器 具 備 品 費 ( 支 出 ) 各 事 業 別 収 入 割 合 給 食 費 ( 支 出 ) 実 際 食 数 割 合 により 区 分 ( 困 難 な 場 合 は 次 の 方 法 により 配 分 ) 延 利 用 者 数 割 合 各 事 業 別 収 入 割 合 事 務 費 ( 支 出 ) 福 利 厚 生 費 ( 支 出 ) 給 与 費 割 合 により 区 分 職 員 被 服 費 ( 支 出 ) ( 困 難 な 場 合 は 延 利 用 者 数 割 合 により 配 分 ) 旅 費 交 通 費 ( 支 出 ) 延 利 用 者 数 割 合 通 信 運 搬 費 ( 支 出 ) 職 種 別 人 員 配 置 割 合 諸 会 費 ( 支 出 ) 給 与 費 割 合 雑 費 ( 雑 支 出 ) 渉 外 費 ( 支 出 ) 事 務 消 耗 品 費 ( 支 出 ) 各 事 業 の 消 費 金 額 により 区 分 広 報 費 ( 支 出 ) ( 困 難 な 場 合 は 延 利 用 者 数 割 合 により 配 分 ) 会 議 費 ( 支 出 ) 会 議 内 容 により 事 業 個 別 費 として 区 分 ( 困 難 な 場 合 は 延 利 用 者 数 割 合 により 配 分 ) 水 道 光 熱 費 ( 支 出 ) メーター 等 による 測 定 割 合 により 区 分 ( 困 難 な 場 合 は 建 物 床 面 積 割 合 により 配 分 ) 修 繕 費 ( 支 出 ) 建 物 修 繕 は 当 該 修 繕 部 分 により 区 分 建 物 修 修 繕 以 外 は 事 業 個 別 費 として 配 分 ( 困 難 な 場 合 は 建 物 床 面 積 割 合 で 配 分 ) 賃 借 料 ( 支 出 ) 賃 貸 物 件 特 にリース 物 件 については その 物 件 土 地 建 物 賃 借 料 ( 支 出 ) の 使 用 割 合 により 区 分 ( 困 難 な 場 合 は 建 物 床 面 積 割 合 により 按 分 配 分 ) 保 険 料 ( 支 出 ) 建 物 床 面 積 割 合 により 配 分 自 動 車 関 係 は 送 迎 利 用 者 数 割 合 又 は 使 用 高 割 合 で 損 害 保 険 料 等 は 延 利 用 者 数 割 合 により 配 分 租 税 公 課 ( 支 出 ) 建 物 床 面 積 割 合 により 配 分 自 動 車 関 係 は 送 迎 利 用 者 数 割 合 又 は 使 用 高 割 合 で 配 分 保 守 料 ( 支 出 ) 保 守 契 約 対 象 物 件 の 設 置 場 所 等 に 基 づき 事 業 個 別 費 として 区 分 ( 困 難 な 場 合 は 延 利 用 者 数 割 合 により 配 分 ) 23

24 種 類 想 定 される 勘 定 科 目 配 分 方 法 業 務 委 託 費 ( 支 出 )( 寝 具 ) ( 給 食 ) (その 他 ) 各 事 業 の 消 費 金 額 により 区 分 ( 困 難 な 場 合 は 延 利 用 者 数 割 合 により 配 分 ) 延 利 用 者 数 割 合 実 際 食 数 割 合 建 物 床 面 積 割 合 延 利 用 者 数 割 合 研 修 研 究 費 ( 支 出 ) 研 修 内 容 等 目 的 出 席 者 等 の 実 態 に 応 じて 事 業 個 別 費 として 区 分 ( 困 難 な 場 合 は 延 利 用 者 数 割 合 により 配 分 ) 減 価 償 却 費 建 物 構 築 物 等 に 係 る 減 価 償 却 費 建 物 床 面 積 割 合 により 区 分 ( 困 難 な 場 合 は 延 利 用 者 数 割 合 により 配 分 ) 車 輌 運 搬 具 機 械 及 び 装 置 等 に 係 る 減 価 償 却 費 使 用 高 割 合 により 区 分 ( 困 難 な 場 合 は 延 利 用 者 数 割 合 により 配 分 ) その 他 の 有 形 固 定 資 産 無 形 固 定 資 延 利 用 者 数 割 合 により 配 分 産 に 係 る 減 価 償 却 費 徴 収 不 能 額 徴 収 不 能 額 各 事 業 の 個 別 発 生 金 額 により 区 分 ( 困 難 な 場 合 は 各 事 業 別 収 入 割 合 により 配 分 ) 徴 収 不 能 引 当 金 徴 収 不 能 引 当 金 繰 入 事 業 ごとの 債 権 金 額 に 引 当 率 を 乗 じた 金 額 に 基 繰 入 づき 区 分 ( 困 難 な 場 合 は 延 利 用 者 数 割 合 により 配 分 ) 支 払 利 息 ( 支 出 ) 支 払 利 息 ( 支 出 ) 事 業 借 入 目 的 の 借 入 金 に 対 する 期 末 残 高 割 合 により 区 分 ( 困 難 な 場 合 は 次 の 方 法 により 配 分 ) 借 入 金 が 主 として 土 地 建 物 の 取 得 の 場 合 は 建 物 床 面 積 割 合 それ 以 外 は 延 利 用 者 数 割 合 24

25 減 価 償 却 資 産 の 償 却 率 改 訂 償 却 率 及 び 保 証 率 表 別 添 2 耐 用 年 数 定 額 法 償 却 率 平 成 19 年 4 月 1 日 以 後 取 得 定 率 法 耐 用 年 数 平 成 19 年 3 月 31 日 以 前 取 得 旧 定 額 法 償 却 率 旧 定 率 法 償 却 率 償 却 率 改 訂 償 却 率 保 証 率

26 ( 注 1) ( 注 2) 耐 用 年 数 50 年 以 降 の 計 数 については 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 等 に 関 する 省 令 ( 昭 和 40 年 大 蔵 省 令 第 15 号 ) 別 表 第 九 及 び 第 十 を 用 いること 本 表 における 用 語 の 定 義 は 次 の 通 りであること 保 証 率 = 償 却 保 証 額 の 計 算 において 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 に 乗 ずる 率 をい 改 訂 償 却 率 = 各 事 業 年 度 の 調 整 前 償 却 額 が 償 却 保 証 額 に 満 たない 場 合 に その 最 初 に 満 たないこととなる 事 業 年 度 以 降 の 償 却 費 がその 後 毎 年 同 一 となるように 適 用 される 償 却 率 調 整 前 償 却 額 = 減 価 償 却 資 産 の 期 首 帳 簿 価 額 ( 取 得 価 額 から 既 にした 償 却 費 の 累 計 額 を 控 除 した 後 の 金 額 以 下 同 じ)に 定 率 法 の 償 却 率 を 乗 じて 計 算 した 金 額 (= 各 事 業 年 度 の 償 却 額 )をいう 償 却 保 証 額 = 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 保 証 率 改 訂 取 得 価 額 = 各 事 業 年 度 の 調 整 前 償 却 額 が 償 却 保 証 額 に 満 たない 場 合 に その 最 初 に 満 たないこととなる 事 業 年 度 の 期 首 帳 簿 価 額 をいう ( 調 整 前 償 却 額 ) ( 償 却 保 証 額 )の 場 合 : ( 定 率 法 減 価 償 却 費 )=( 期 首 帳 簿 価 額 ) ( 定 率 法 の 償 却 率 ) ( 調 整 前 償 却 額 )<( 償 却 保 証 額 )の 場 合 : ( 定 率 法 減 価 償 却 費 )=( 改 訂 取 得 価 額 ) ( 改 訂 償 却 率 ) 26

27 勘 定 科 目 説 明 別 添 3 財 務 諸 表 の 第 1 号 の1~3 様 式 第 2 号 の1~3 様 式 は 勘 定 科 目 の 大 区 分 のみを 記 載 するが 必 要 のないものは 省 略 することができる ただし 追 加 修 正 はできないものとする 財 務 諸 表 の 第 1 号 の4 様 式 第 2 号 の4 様 式 は 勘 定 科 目 の 小 区 分 までを 記 載 し 必 要 のない 勘 定 科 目 は 省 略 できる ものとする また 第 3 号 の1~4 様 式 は 勘 定 科 目 の 中 区 分 までを 記 載 し 必 要 のない 中 区 分 の 勘 定 科 目 は 省 略 できるものとする 会 計 基 準 の 別 紙 3 別 紙 4については 勘 定 科 目 の 小 区 分 までを 記 載 し 必 要 のない 勘 定 科 目 は 省 略 できるものとする 勘 定 科 目 の 中 区 分 についてはやむを 得 ない 場 合 小 区 分 については 適 当 な 科 目 を 追 加 できるものとする なお 小 区 分 を 更 に 区 分 する 必 要 がある 場 合 には 小 区 分 の 下 に 適 当 な 科 目 を 設 けて 処 理 することができるものとする 水 道 光 熱 費 ( 支 出 ) 燃 料 費 ( 支 出 ) 賃 借 料 ( 支 出 ) 保 険 料 ( 支 出 ) については 原 則 事 業 費 ( 支 出 )のみに 計 上 できる た だし 措 置 費 保 育 所 運 営 費 の 弾 力 運 用 が 認 められないケースでは 事 業 費 ( 支 出 ) 事 務 費 ( 支 出 )の 双 方 に 計 上 するものとする 財 務 諸 表 の 様 式 又 は 運 用 指 針 Ⅰ 別 添 3に 規 定 されている 勘 定 科 目 においても 該 当 する 取 引 が 制 度 上 認 められていない 事 業 種 別 では 当 該 勘 定 科 目 を 使 用 することができないものとする 1 収 入 の 部 < 事 業 活 動 による 収 入 > 1. 資 金 収 支 計 算 書 勘 定 科 目 の 説 明 大 区 分 中 区 分 小 区 分 説 明 介 護 保 険 事 業 収 入 施 設 介 護 料 収 入 介 護 報 酬 収 入 介 護 保 険 の 施 設 介 護 料 で 介 護 報 酬 収 入 をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 定 する 介 護 福 祉 施 設 サービス 費 介 護 保 健 施 設 サービス 費 療 養 病 床 を 有 する 病 院 における 介 護 療 養 施 設 サービス 費 療 養 病 床 を 有 する 診 療 所 における 介 護 療 養 施 設 サービス 費 老 人 性 認 知 症 疾 患 療 養 病 棟 を 有 する 病 院 における 介 護 療 養 施 設 サービス 費 旧 措 置 入 所 者 介 護 福 祉 施 設 サービス 費 ユニット 型 介 護 福 祉 施 設 サービス 費 ユニット 型 旧 措 置 入 所 者 介 護 福 祉 施 設 サービス 費 ユニット 型 介 護 保 健 施 設 サービス 費 初 期 加 算 退 所 時 等 相 談 援 助 加 算 退 所 時 指 導 等 加 算 緊 急 時 施 設 療 養 費 等 ) 利 用 者 負 担 金 収 入 ( 公 費 ) 利 用 者 負 担 金 収 入 ( 一 般 ) 介 護 保 険 の 施 設 介 護 料 で 利 用 者 負 担 収 入 ( 公 費 )をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 定 する 介 護 福 祉 施 設 サービス 費 介 護 保 健 施 設 サービス 費 療 養 病 床 を 有 する 病 院 における 介 護 療 養 施 設 サービス 費 療 養 病 床 を 有 する 診 療 所 における 介 護 療 養 施 設 サービス 費 老 人 性 認 知 症 疾 患 療 養 病 棟 を 有 する 病 院 における 介 護 療 養 施 設 サービス 費 旧 措 置 入 所 者 介 護 福 祉 施 設 サービス 費 ユニット 型 介 護 福 祉 施 設 サービス 費 ユニット 型 旧 措 置 入 所 者 介 護 福 祉 施 設 サービス 費 ユニット 型 介 護 保 健 施 設 サービス 費 初 期 加 算 退 所 時 等 相 談 援 助 加 算 退 所 時 指 導 等 加 算 緊 急 時 施 設 療 養 費 等 の 利 用 者 負 担 額 の うち 公 費 分 ) 介 護 保 険 の 施 設 介 護 料 で 利 用 者 負 担 収 入 ( 一 般 )をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 定 する 介 護 福 祉 施 設 サービス 費 介 護 保 健 施 設 サービス 費 療 養 病 床 を 有 する 病 院 における 介 護 療 養 施 設 サービス 費 療 養 病 床 を 有 する 診 療 所 における 介 護 療 養 施 設 サービス 費 老 人 性 認 知 症 疾 患 療 養 病 棟 を 有 する 病 院 における 介 護 療 養 施 設 サービス 費 旧 措 置 入 所 者 介 護 福 祉 施 設 サービス 費 ユニット 型 介 護 福 祉 施 設 サービス 費 ユニット 型 旧 措 置 入 所 者 介 護 福 祉 施 設 サービス 費 ユニット 型 介 護 保 健 施 設 サービス 費 初 期 加 算 退 所 時 等 相 談 援 助 加 算 退 所 時 指 導 等 加 算 緊 急 時 施 設 療 養 費 等 の 利 用 者 負 担 額 の うち 一 般 分 ) 居 宅 介 護 料 収 入 ( 介 護 報 酬 収 入 ) 介 護 報 酬 収 入 介 護 保 険 の 居 宅 介 護 料 で 介 護 報 酬 収 入 をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 定 する 訪 問 介 護 費 訪 問 入 浴 介 護 費 通 所 介 護 費 短 期 入 所 生 活 介 護 費 訪 問 看 護 療 養 費 等 ) 介 護 予 防 報 酬 収 入 ( 利 用 者 負 担 金 収 入 ) 介 護 負 担 金 収 入 ( 公 費 ) 介 護 負 担 金 収 入 ( 一 般 ) 介 護 予 防 負 担 金 収 入 ( 公 費 ) 介 護 保 険 の 居 宅 介 護 料 で 介 護 予 防 報 酬 収 入 をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 定 する 介 護 予 防 訪 問 介 護 費 介 護 予 防 訪 問 入 浴 費 介 護 予 防 通 所 介 護 費 介 護 予 防 短 期 入 所 生 活 介 護 費 介 護 予 防 訪 問 看 護 療 養 費 等 ) 介 護 保 険 の 居 宅 介 護 料 で 介 護 負 担 金 収 入 ( 公 費 )をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 定 する 訪 問 介 護 費 訪 問 入 浴 介 護 費 通 所 介 護 費 短 期 入 所 生 活 介 護 費 訪 問 看 護 療 養 費 等 の 利 用 者 負 担 額 のう ち 公 費 分 ) 介 護 保 険 の 居 宅 介 護 料 で 介 護 負 担 金 収 入 ( 一 般 )をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 定 する 訪 問 介 護 費 訪 問 入 浴 介 護 費 通 所 介 護 費 短 期 入 所 生 活 介 護 費 訪 問 看 護 療 養 費 等 の 利 用 者 負 担 額 のう ち 一 般 分 ) 介 護 保 険 の 居 宅 介 護 料 で 介 護 予 防 負 担 金 収 入 ( 公 費 )をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 定 する 介 護 予 防 訪 問 介 護 費 介 護 予 防 訪 問 入 浴 費 介 護 予 防 通 所 介 護 費 介 護 予 防 短 期 入 所 生 活 介 護 費 介 護 予 防 訪 問 看 護 療 養 費 等 の 利 用 者 負 担 額 のうち 公 費 分 ) 介 護 予 防 負 担 金 収 入 ( 一 般 ) 介 護 保 険 の 居 宅 介 護 料 で 介 護 予 防 負 担 金 収 入 ( 一 般 )をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 定 する 介 護 予 防 訪 問 介 護 費 介 護 予 防 訪 問 入 浴 費 介 護 予 防 通 所 介 護 費 介 護 予 防 短 期 入 所 生 活 介 護 費 介 護 予 防 訪 問 看 護 療 養 費 等 の 利 用 者 負 担 額 のうち 一 般 分 ) 地 域 密 着 型 介 護 料 収 入 1

28 ( 介 護 報 酬 収 入 ) 介 護 報 酬 収 入 介 護 保 険 の 地 域 密 着 型 介 護 料 で 介 護 報 酬 収 入 をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 程 する 夜 間 対 応 型 訪 問 介 護 費 認 知 症 対 応 型 通 所 介 護 費 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 費 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 費 地 域 密 着 型 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 費 地 域 密 着 型 介 護 老 人 福 祉 施 設 入 所 者 生 活 介 護 費 ) 介 護 予 防 報 酬 収 入 介 護 保 険 の 地 域 密 着 型 介 護 料 で 介 護 予 防 報 酬 収 入 をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 程 する 介 護 予 防 夜 間 対 応 型 訪 問 介 護 費 介 護 予 防 認 知 症 対 応 型 通 所 介 護 費 介 護 予 防 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 費 介 護 予 防 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 費 介 護 予 防 地 域 密 着 型 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 費 介 護 予 防 地 域 密 着 型 介 護 老 人 福 祉 施 設 入 所 者 生 活 介 護 費 ) ( 利 用 者 負 担 金 収 入 ) 介 護 負 担 金 収 入 ( 公 費 ) 介 護 保 険 の 居 宅 介 護 料 で 介 護 負 担 金 収 入 ( 公 費 )をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 定 する 夜 間 対 応 型 訪 問 介 護 費 認 知 症 対 応 型 通 所 介 護 費 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 費 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 費 地 域 密 着 型 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 費 地 域 密 着 型 介 護 老 人 福 祉 施 設 入 所 者 生 活 介 護 費 の 利 用 者 負 担 額 のうち 公 費 分 ) 介 護 負 担 金 収 入 ( 一 般 ) 介 護 保 険 の 居 宅 介 護 料 で 介 護 負 担 金 収 入 ( 一 般 )をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 定 する 夜 間 対 応 型 訪 問 介 護 費 認 知 症 対 応 型 通 所 介 護 費 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 費 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 費 地 域 密 着 型 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 費 地 域 密 着 型 介 護 老 人 福 祉 施 設 入 所 者 生 活 介 護 費 の 利 用 者 負 担 額 のうち 一 般 分 ) 介 護 予 防 負 担 金 収 入 ( 公 費 ) 介 護 保 険 の 居 宅 介 護 料 で 介 護 予 防 負 担 金 収 入 ( 公 費 )をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 定 する 介 護 予 防 夜 間 対 応 型 訪 問 介 護 費 介 護 予 防 認 知 症 対 応 型 通 所 介 護 費 介 護 予 防 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 費 介 護 予 防 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 費 介 護 予 防 地 域 密 着 型 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 費 介 護 予 防 地 域 密 着 型 介 護 老 人 福 祉 施 設 入 所 者 生 活 介 護 費 の 利 用 者 負 担 額 のうち 公 費 分 ) 介 護 予 防 負 担 金 収 入 ( 一 般 ) 介 護 保 険 の 居 宅 介 護 料 で 介 護 予 防 負 担 金 収 入 ( 一 般 )をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 定 する 介 護 予 防 夜 間 対 応 型 訪 問 介 護 費 介 護 予 防 認 知 症 対 応 型 通 所 介 護 費 介 護 予 防 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 費 介 護 予 防 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 費 介 護 予 防 地 域 密 着 型 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 費 介 護 予 防 地 域 密 着 型 介 護 老 人 福 祉 施 設 入 所 者 生 活 介 護 費 の 利 用 者 負 担 額 のうち 一 般 分 ) 居 宅 介 護 支 援 介 護 料 収 入 居 宅 介 護 支 援 介 護 料 収 入 介 護 保 険 の 居 宅 介 護 支 援 介 護 料 で 居 宅 介 護 支 援 介 護 料 収 入 をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 定 する 居 宅 介 護 支 援 費 ) 介 護 予 防 支 援 介 護 料 収 入 介 護 保 険 の 居 宅 介 護 支 援 介 護 料 で 居 宅 予 防 介 護 支 援 介 護 料 収 入 をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 に 規 定 する 介 護 予 防 支 援 費 ) 利 用 者 等 利 用 料 収 入 施 設 サービス 利 用 料 収 入 介 護 保 険 の 利 用 者 等 利 用 料 収 入 で 施 設 サービス 利 用 料 収 入 をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 において 支 払 いを 受 けることができる こととされている 理 美 容 料 日 常 生 活 サービス 料 等 ) 居 宅 介 護 サービス 利 用 料 収 入 介 護 保 険 の 利 用 者 等 利 用 料 収 入 で 居 宅 介 護 サービス 利 用 料 収 入 をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 において 支 払 いを 受 けることができる こととされている 送 迎 費 おむつ 料 日 常 生 活 サービス 料 等 ) 地 域 密 着 型 介 護 サービス 利 用 料 収 入 食 費 収 入 ( 公 費 ) 食 費 収 入 ( 一 般 ) 介 護 保 険 の 利 用 者 等 利 用 料 収 入 で 地 域 密 着 型 介 護 サービス 利 用 料 収 入 をいう ( 介 護 保 険 法 の 給 付 等 に 関 する 省 令 告 示 において 支 払 いを 受 けることができる こととされているサービス 料 等 ) 介 護 保 険 の 利 用 者 等 利 用 料 収 入 で 食 費 収 入 ( 公 費 )をいう ( 食 費 に 係 る 特 定 入 所 者 介 護 サービス 費 生 活 保 護 の 公 費 請 求 分 等 ) 介 護 保 険 の 利 用 者 等 利 用 料 収 入 で 食 費 収 入 ( 一 般 )をいう ( 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 介 護 老 人 保 健 施 設 等 の 入 所 者 又 は 入 居 者 ( 以 下 入 所 者 等 という ) 並 びに 指 定 通 所 介 護 事 業 所 指 定 短 期 入 所 生 活 介 護 事 業 所 及 び 指 定 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 等 の 利 用 者 が 支 払 う 食 費 (ケアハウスの 生 活 費 として 処 理 されるものを 除 く) 食 費 に 係 る 特 定 入 所 者 介 護 サービス 費 利 用 者 が 選 定 した 特 別 な 食 事 料 ) 居 住 費 収 入 ( 公 費 ) 介 護 保 険 の 利 用 者 等 利 用 料 収 入 で 居 住 費 収 入 ( 公 費 )をいう ( 居 住 費 に 係 る 特 定 入 所 者 介 護 サービス 費 生 活 保 護 の 公 費 請 求 分 等 ) 2

29 居 住 費 収 入 ( 一 般 ) その 他 の 利 用 料 収 入 介 護 保 険 の 利 用 者 等 利 用 料 収 入 で 居 住 費 収 入 ( 一 般 )をいう ( 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 介 護 老 人 保 健 施 設 等 の 入 所 者 等 が 支 払 う 居 住 費 指 定 短 期 入 所 生 活 介 護 事 業 所 の 利 用 者 が 支 払 う 滞 在 費 指 定 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 事 業 所 等 の 利 用 者 が 支 払 う 家 賃 又 は 宿 泊 費 (ケアハウスの 管 理 費 として 処 理 され るものを 除 く) 居 住 費 に 係 る 特 定 施 設 入 所 者 介 護 サービス 費 利 用 者 が 選 定 し た 特 別 な 室 料 ) 介 護 保 険 の 利 用 者 等 利 用 料 収 入 で その 他 の 利 用 料 収 入 をいう ( 前 記 のいずれにも 属 さない 利 用 者 等 からの 利 用 料 ) その 他 の 事 業 収 入 補 助 金 事 業 収 入 介 護 保 険 に 関 連 する 事 業 に 対 して 地 方 公 共 団 体 等 から 交 付 される 補 助 金 事 業 に 係 る 収 入 をいう( 共 同 募 金 からの 配 分 金 ( 受 配 者 指 定 寄 付 金 を 除 く) 及 び 助 成 金 を 含 む ) 補 助 金 事 業 に 係 る 利 用 者 からの 収 入 も 含 む 市 町 村 特 別 事 業 収 入 介 護 保 険 のその 他 の 事 業 で 市 町 村 特 別 事 業 収 入 をいう ( 介 護 保 険 法 第 62 条 に 規 定 する 市 町 村 特 別 給 付 による 収 入 ) 受 託 事 業 収 入 介 護 保 険 に 関 連 する 地 方 公 共 団 体 から 委 託 された 事 業 に 係 る 収 入 をいう 受 託 事 業 に 係 る 利 用 者 からの 収 入 も 含 む ( 介 護 保 険 法 に 基 づく 又 は 関 連 する 地 方 公 共 団 体 から 委 託 された 事 業 に 係 る 収 入 ) その 他 の 事 業 収 入 上 記 に 属 さないその 他 の 事 業 収 入 をいう 利 用 者 からの 収 入 も 含 む ( 文 書 料 など 前 記 に 属 さない 介 護 保 険 事 業 収 入 ) ( 保 険 等 査 定 減 ) 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 等 の 審 査 機 関 による 審 査 減 額 をいう 老 人 福 祉 事 業 収 入 措 置 事 業 収 入 事 務 費 収 入 老 人 福 祉 の 措 置 事 業 で 事 務 費 収 入 をいう ( 老 人 福 祉 法 に 規 定 する 措 置 費 支 弁 額 中 の 人 件 費 及 び 管 理 費 に 係 る 収 入 をい う ) 事 業 費 収 入 老 人 福 祉 の 措 置 事 業 で 事 業 費 収 入 をいう ( 老 人 福 祉 法 に 規 定 する 措 置 費 支 弁 額 中 の 入 所 者 の 処 遇 に 必 要 な 一 般 生 活 費 等 に 係 る 収 入 をいう ) その 他 の 利 用 料 収 入 老 人 福 祉 の 措 置 事 業 で その 他 の 利 用 料 収 入 をいう ( 前 記 のいずれの 利 用 料 にも 属 さない 利 用 者 等 からの 利 用 料 をいう ) その 他 の 事 業 収 入 老 人 福 祉 の 措 置 事 業 で その 他 の 事 業 収 入 をいう ( 前 記 のいずれの 収 入 にも 属 さない 事 業 収 入 をいう ) 運 営 事 業 収 入 管 理 費 収 入 老 人 福 祉 の 運 営 事 業 で 管 理 費 収 入 をいう ( 老 人 福 祉 法 に 規 定 する 軽 費 老 人 ホームにおける 居 住 に 要 する 費 用 の 収 入 をい う ) その 他 の 利 用 料 収 入 老 人 福 祉 の 運 営 事 業 で その 他 の 利 用 料 収 入 をいう ( 老 人 福 祉 法 に 規 定 する 軽 費 老 人 ホームにおける 管 理 費 収 入 を 除 く 利 用 者 等 から の 利 用 料 ( 徴 収 額 を 含 む )をいう ) 補 助 金 事 業 収 入 その 他 の 事 業 収 入 老 人 福 祉 の 運 営 事 業 で 補 助 金 事 業 収 入 をいう ( 老 人 福 祉 法 に 規 定 する 軽 費 老 人 ホーム 事 業 に 対 して 交 付 される 地 方 公 共 団 体 等 からの 補 助 金 等 の 事 業 収 入 をいう ) 老 人 福 祉 の 運 営 事 業 で その 他 の 事 業 収 入 をいう ( 前 記 のいずれの 収 入 にも 属 さない 事 業 収 入 をいう ) その 他 の 事 業 収 入 管 理 費 収 入 老 人 福 祉 のその 他 の 事 業 で 管 理 費 収 入 をいう ( 老 人 福 祉 法 に 規 定 するその 他 の 事 業 で 居 住 に 要 する 費 用 の 収 入 をいう ) その 他 の 利 用 料 収 入 老 人 福 祉 のその 他 の 事 業 で その 他 の 利 用 料 収 入 をいう ( 老 人 福 祉 法 に 規 定 するその 他 の 事 業 で 管 理 費 収 入 を 除 く 利 用 者 等 からの 利 用 料 ( 徴 収 額 を 含 む )をいう ) その 他 の 事 業 収 入 老 人 福 祉 のその 他 の 事 業 で その 他 の 事 業 収 入 をいう ( 老 人 福 祉 法 に 規 定 するその 他 の 事 業 で 前 記 のいずれの 収 入 にも 属 さない 事 業 収 入 をいう ) 児 童 福 祉 事 業 収 入 措 置 費 収 入 事 務 費 収 入 措 置 費 支 弁 額 中 の 人 件 費 及 び 管 理 費 に 係 る 収 入 をいう 事 業 費 収 入 措 置 費 支 弁 額 中 の 入 所 者 の 処 遇 に 必 要 な 一 般 生 活 費 等 に 係 る 収 入 をいう 3

30 私 的 契 約 利 用 料 収 入 措 置 施 設 等 における 私 的 契 約 に 基 づく 利 用 料 収 入 をいう その 他 の 事 業 収 入 補 助 金 事 業 収 入 措 置 受 託 に 関 連 する 地 方 公 共 団 体 等 から 交 付 される 補 助 金 事 業 に 係 る 収 入 をいう ( 共 同 募 金 からの 配 分 金 ( 受 配 者 指 定 寄 附 金 を 除 く) 及 び 助 成 金 を 含 む) 補 助 金 事 業 に 係 る 利 用 者 からの 収 入 も 含 む 受 託 事 業 収 入 措 置 受 託 に 関 連 する 地 方 公 共 団 体 から 委 託 された 事 業 に 係 る 収 入 をいう 受 託 事 業 に 係 る 利 用 者 からの 収 入 も 含 む その 他 の 事 業 収 入 上 記 に 属 さないその 他 の 事 業 収 入 をいう 利 用 者 からの 収 入 も 含 む 保 育 事 業 収 入 保 育 所 運 営 費 収 入 保 育 所 等 における 保 育 の 実 施 等 に 関 する 運 営 費 収 入 をいう 私 的 契 約 利 用 料 収 入 私 立 認 定 保 育 所 利 用 料 収 入 保 育 所 等 における 私 的 契 約 に 基 づく 利 用 料 収 入 をいう 私 立 認 定 保 育 所 における 利 用 者 等 からの 利 用 料 収 入 をいう その 他 の 事 業 収 入 補 助 金 事 業 収 入 保 育 所 等 に 関 連 する 事 業 に 対 して 地 方 公 共 団 体 等 から 交 付 される 補 助 金 事 業 に 係 る 収 入 をいう( 共 同 募 金 からの 配 分 金 ( 受 配 者 指 定 寄 附 金 を 除 く) 及 び 助 成 金 を 含 む) 補 助 金 事 業 に 係 る 利 用 者 からの 収 入 も 含 む 受 託 事 業 収 入 保 育 所 等 に 関 連 する 地 方 公 共 団 体 から 委 託 された 事 業 に 係 る 収 入 をいう 受 託 事 業 に 係 る 利 用 者 からの 収 入 も 含 む その 他 の 事 業 収 入 上 記 に 属 さないその 他 の 事 業 収 入 をいう 利 用 者 からの 収 入 も 含 む 就 労 支 援 事 業 収 入 事 業 収 入 就 労 支 援 事 業 の 内 容 ( 製 造 製 品 の 売 上 仕 入 れ 商 品 の 売 上 受 託 加 工 の 別 等 )を 示 す 名 称 を 付 した 科 目 で 記 載 する 障 害 福 祉 サービス 等 事 業 収 入 自 立 支 援 給 付 費 収 入 介 護 給 付 費 収 入 介 護 給 付 費 の 代 理 受 領 分 をいう 特 例 介 護 給 付 費 収 入 訓 練 等 給 付 費 収 入 特 例 訓 練 等 給 付 費 収 入 サービス 利 用 計 画 作 成 費 収 入 特 例 介 護 給 付 費 の 受 領 分 をいう 訓 練 等 給 付 費 の 代 理 受 領 分 をいう 特 例 訓 練 費 等 給 付 費 の 受 領 分 をいう サービス 利 用 計 画 作 成 費 の 代 理 受 領 分 をいう 障 害 児 施 設 給 付 費 収 入 利 用 者 負 担 金 収 入 補 足 給 付 費 収 入 特 定 費 用 収 入 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 収 入 特 例 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 収 入 特 定 入 所 障 害 児 食 費 等 給 付 費 収 入 障 害 児 施 設 給 付 費 の 代 理 受 領 分 をいう 利 用 者 本 人 ( 障 害 児 においては その 保 護 者 )の 負 担 による 収 入 をいう 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 の 代 理 受 領 分 をいう 特 例 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 の 代 理 受 領 分 をいう 特 定 入 所 障 害 児 食 費 等 給 付 費 の 代 理 受 領 分 をいう 利 用 者 から 支 払 いを 受 けることができることとされている 日 用 品 費 等 をいう その 他 の 事 業 収 入 補 助 金 事 業 収 入 障 害 者 自 立 支 援 法 又 はこれに 関 連 する 事 業 に 対 して 地 方 公 共 団 体 等 から 交 付 さ れる 補 助 金 事 業 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 を 含 む)に 係 る 収 入 をいう( 共 同 募 金 からの 配 分 金 ( 受 配 者 指 定 寄 附 金 を 除 く) 及 び 助 成 金 を 含 む) 補 助 金 事 業 に 係 る 利 用 者 からの 収 入 も 含 む 受 託 事 業 収 入 障 害 者 自 立 支 援 法 又 はこれに 関 連 する 地 方 公 共 団 体 から 委 託 された 事 業 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 を 含 む)に 係 る 収 入 をいう 受 託 事 業 に 係 る 利 用 者 からの 収 入 も 含 む その 他 の 事 業 収 入 上 記 に 属 さないその 他 の 事 業 収 入 をいう 利 用 者 からの 収 入 も 含 む ( 保 険 等 査 定 減 ) 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 等 の 審 査 機 関 による 審 査 減 額 をいう 生 活 保 護 事 業 収 入 措 置 費 収 入 事 務 費 収 入 措 置 費 支 弁 額 中 の 人 件 費 及 び 管 理 費 に 係 る 収 入 をいう 事 業 費 収 入 入 所 者 の 処 遇 に 必 要 な 一 般 生 活 費 として 交 付 される 保 護 費 収 入 をいう 4

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非 記 載 例 1 ( 現 預 金 以 外 に 資 産 負 債 がない 場 合 ) ( 名 称 ) 活 動 計 算 書 ( 注 ) 年 月 日 から 年 月 日 まで Ⅰ 経 常 収 益 1. 受 取 会 費 700,000 2. 受 取 寄 付 金 290,000 3. その 他 収 益 10,000 経 常 収 益 計 1,000,000 Ⅱ 経 常 費 用 1. 事 業 費 臨 時 雇 賃 金 200,000

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 貸 借 対 照 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 当 年 度 前 年 度 ( 注 ) 増 減 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 286,929,827 217,799,894 69,129,933 未 収 金 24,691,586 24,68,834 82,752 前 払 金 2,857,973 2,75,243

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

第316回取締役会議案

第316回取締役会議案 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 30,235,443 流 動 負 債 25,122,730 現 金 及 び 預 金 501,956 支 払 手 形 2,652,233 受 取 手 形 839,303 買 掛 金 20,067,598 売 掛 金 20,810,262

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法 改 正 後 全 文 医 政 指 発 第 0330003 号 平 成 1 9 年 3 月 30 日 最 終 改 正 医 政 指 発 0809 第 3 号 平 成 25 年 8 月 9 日 各 都 道 府 県 医 政 主 管 部 ( 局 ) 長 各 地 方 厚 生 局 健 康 福 祉 部 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 指 導 課 長 医 療 法 人 における 事 業 報 告 書 等 の 様 式

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,424,389 流 動 負 債 1,460,450 現 金 及 び 預 金 988,384 買 掛 金 753 売 掛 金 334,616 短 期 借 入 金 182,000 リ ー ス 債 権 15,287 一 年 内 返 済 予 定 の 長

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 金 額 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 59,772 流 動 負 債 30,678 現 金 及 び 預 金 7,239 支 払 手 形 121 受 取 手 形 1,047 買 掛 金 22,341 売 掛 金 43,230 短 期 借 入 金 5,506 商

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

1_2013BS(0414)

1_2013BS(0414) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 三 井 住 友 金 属 鉱 山 伸 銅 株 式 会 社 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 25,869,002 流 動 負 債 9,707,274 現 金 及 び 預 金 987,167 買 掛 金 3,612,919 受 取 手 形 1,225,710 短 期 借

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については 宮 崎 県 まちなか 商 業 再 生 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 4 月 1 日 商 工 観 光 労 働 部 商 工 政 策 課 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は 商 店 街 等 と 多 様 な 主 体 が 連 携 して 行 う 新 たな 振 興 策 や 起 業 への 取 組 及 び 商 店 街 の 活 性 化 への 取 組 を 促 進 するため 予 算 で

More information

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73>

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73> 平 成 23 年 度 決 算 の 概 要 学 校 法 人 京 都 成 安 学 園 はじめに 1 金 額 は 千 円 未 満 の 端 数 については 四 捨 五 入 し 全 て 千 円 単 位 で 表 記 しているため この 資 料 内 の 表 の 合 計 欄 の 金 額 や この 資 料 と 計 算 書 類 の 金 額 が 一 致 しない 場 合 があります 2 この 資 料 でいう 予 算 額 とは

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 株 主 資 本 ( 単 位 : 千 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 期 首 残 高 2,049,318

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 株 主 資 本 ( 単 位 : 千 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 期 首 残 高 2,049,318 株 主 各 位 第 79 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 情 報 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 上 記 の 事 項 は 法

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

Microsoft Word - y0813040.doc

Microsoft Word - y0813040.doc 桜 井 市 規 程 要 綱 集 y0813040 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 昭 和 58 年 1 月 25 日 告 示 第 9 号 改 正 平 成 12 年 07 月 01 日 告 示 第 82 号 改 正 平 成 14 年 09 月 27 日 告 示 第 146 号 改 正 平 成

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

住民税

住民税 住 民 個 人 住 民 は 平 成 23 年 1 月 1 日 現 在 東 神 楽 町 に 住 がある 方 に 課 されます なお 他 市 町 村 に 住 がある 方 でも 生 活 関 係 の 面 で 東 神 楽 町 に 本 拠 地 をおかれている 場 合 は 課 されます ただし 次 の 方 には 課 されません 割 均 等 割 とも 非 課 生 活 保 護 法 の 規 定 による 生 活 扶 助

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information